第二幕

  • (研究で根を詰めたのか、今日も遅く帰ってきてみれば部屋の鍵が開いている)
    (うっかり鍵を閉め忘れた記憶はないし、合鍵を持ってるとすれば一人だ。 とはいえ部屋に明かりは灯っていない) -- 数多 2010-10-26 (火) 02:02:31
    • …あれ、鍵が。数多君……?
      (暗がりの中を進む。勝手知ったる我が家ということで、滞りなく玄関から居間へと入っていくが……?)
      -- 2010-10-27 (水) 00:07:47
      • (進めば予想の通りに彼はいて、声に答えることはなく。 響の方をゆっくりと振り向けば表情薄く、にごった瞳で見つめて) -- 数多 2010-10-27 (水) 00:55:35
      • (月明かりのみが照らす部屋の中、淀んだ視線に戸惑いのそれを返して)
        …数多、君?(どうしたの、とは聞けない。自分は何故こうなっているのか。どれほどの気持ちなのかを感じる事はできないのだから……ゆっくりと歩み寄り、数多の前へと)
        -- 2010-10-27 (水) 00:59:36
      • (近づいてきた響の胸倉を掴んで、壁に押し付ける。言葉は無い、自分でも何がしたいのか分からない。ただ息だけが荒い) -- 数多 2010-10-27 (水) 01:12:22
      • きゃ……!(痛みに眉根を寄せつつも、抵抗はしない。ただ、自分では力になれないことが悔しく、悲しい)
        これで、少しでも数多君の気が紛れるなら…私は、いいよ(だから、そう言って体の力を抜く)
        -- 2010-10-27 (水) 01:16:00
      • (ずっと諦めたままだったら、こんな気持ちにはならなかったのに。 生きる為に保ってきた思いも今は深く暗い)
        ……っっ(その抵抗をしない様も何処か気に入らなくて、思わず頬を張って乾いた音が響く)
        (胸倉を掴んだ手で引っ張って、乱暴に床に押し倒した) -- 数多 2010-10-27 (水) 01:36:04
      • っ、ぅ……(頬を張られ、押し倒されて背中をしたたかに床に打ち付けた)
        (どうすべきなのか、分からない。分からない故に、今はただ数多のやすらぎとなりたい、と強く思い、腕を回して頭を抱き寄せる)
        -- 2010-10-27 (水) 02:09:01
  • こんにちはヒビキちゃん。(頑張って声を低くしている、そんな高めの声でお菓子を差し出す少年っぽい
    これはボクからのホワイトデーのお菓子、よかったら食べて。(本人は変装しきっている心算らしく、役を演じることに徹している) -- 謎の少年? 2010-10-21 (木) 00:35:04
    • あ、え?(こんな人知り合いに居たっけなぁ…?と訝しみつつお菓子は受け取る)
      あー、その。ありがとうございます……? でもその声、どこかで聞いたような……?
      -- 2010-10-21 (木) 00:36:31
      • それは熱烈な告白なのかな?(にやりと笑う少年っぽい)
        残念だけどボクはもう行かないと。 またね、ヒビキちゃん

        (暫く離れた所で帽子を取って大笑いする妖精) -- 謎の少年? 2010-10-21 (木) 00:43:11
      • いえべつにそういう訳ではー…あ、はい。どうもありがとうございます……?
        (結局最後まで誰だったんだろうと悩んだ挙句、数日後に気づいて研究室で大声をあげてしまった響であった)
        -- 2010-10-21 (木) 00:45:20
  • 着てみてから何でこんな服買っちゃんただろうと頭を抱える25歳) -- 2010-10-18 (月) 23:47:17
    • ………!? お邪魔、しました……(開けたばかりの玄関のドアをそっと閉じる) -- 数多 2010-10-19 (火) 00:49:13
      • え、えぇぇぁぁぁ!? ちょ、ちょっとたんまー!!(その服装のまま追いかけてドアに鼻をおもいっきりぶつける)へぶ -- 2010-10-19 (火) 00:54:04
      • !?(閉じた直後にドアが響かせた派手な音にびくっとなって) …っだ、だい、大丈夫か……… -- 数多 2010-10-19 (火) 01:01:36
      • だ、だい、じょうぶ……(鼻頭を抑えつつ数歩後ずさり)
        いやその、コスプレがしたかったとかそういう訳ではなくて、その……いえ、したかったんですけど
        -- 2010-10-19 (火) 01:06:31
      • (赤くなった鼻をみておろおろしつつ) ……いいんだ。 -- 数多 2010-10-19 (火) 01:22:27
      • 分かり合えた…!!
        それはともかくようこそ。いつも通り、散らかってるけど。(言葉から受ける印象よりは整頓された部屋の中へと薦める)
        -- 2010-10-19 (火) 01:25:28
      • (どこに売ってたんだろうこんな服、と背をまじまじと見ながら追いつつ)
        ん…教室は冬休みだし、することなくってさ。 何か、変わったことはあった? -- 数多 2010-10-19 (火) 01:46:44
      • (そんな視線に気付きつつも突っ込まれると曖昧な笑みを浮かべざるを得ないので内心戦々恐々な恋人)
        変わったこと…えーと、富豪って呼ばれるようになったとかついに魔導器拾ったとか…闇属性だけど。どうせなら炎が良かったんだけどなぁ……数多君の方は?
        -- 2010-10-19 (火) 01:52:01
      • (……色々といいたいことはあるけれどどう突っ込んだものか分からない、本当に分からないので攻めあぐねてる恋人)
        いーなぁ……おめでとう。 こっちゃそういうのは相変わらずだ、魔導器だけはちょくちょく拾うんだけどな。 まぁ、冒険の方はこれといってなんともねえ。
        やぁっと教師生活も板についてきたんじゃないかな、卒業生も送れたしね。 -- 数多 2010-10-19 (火) 02:06:59
      • (流れ始める石川智晶)
        ギリギリギリ……いやまぁ嫉妬しても仕方ないしー…
        そっか、卒業生・・・どうだった? やっぱり、ずっと見てきた生徒を卒業させるのは…私達がその場に居た時とは、違う?
        -- 2010-10-19 (火) 02:17:41
      • 響が剣の一本でも拾ってりゃ、思う所はあったかもしんねえけどな。
        ん……そんなに…変わんなかったよ、やっぱり寂しいもんだったし。 でも、僕はもうあいつらを護ってやれない。帰りを待つ権利もない。 -- 数多 2010-10-19 (火) 02:29:10
      • (実は拾った近接武器は錬成の参考用に解析してバラバラになってるとかいえない)
        んー……護ってやれない、ってのはそうかも。っていうか、護られるだけの存在じゃないから、卒業して一人前の冒険者になったんだろうし
        …でもさ、帰りを待つ権利が無いって訳じゃないんじゃないかな?(にっこりと、ふやけるような笑顔で)
        -- 2010-10-19 (火) 02:33:02
      • (見渡してみて武器の部品が見当たらないのは整頓の賜物だろう、見つけたら悲しい顔になるかもしれない)
        それは…そうなんだけどな。 そうなんだけど……(へらっとした笑顔をわしわし撫でて)んあぁ、なんだろうな、言葉に出来ない。 -- 数多 2010-10-19 (火) 04:17:02
      • (大半を研究室に持って行ってて良かったと胸を撫で下ろした瞬間であった)
        んぅ。……大丈夫。数多君はきっと、卒業して行った子達にとってずーっと「先生」だよ。(ウィンクしつつ、心地良さそうに撫でられている)
        -- 2010-10-19 (火) 04:40:24
      • ぅむ…………(なんだか言われた事が妙に気恥ずかしくって俯く)
        こいっつ。(顔をまっすぐ見たくないのでそのまま抱き寄せて) -- 数多 2010-10-20 (水) 00:41:07
      • わ。(抱き締められたのが突然だったので、少し驚いた声を出すが、すぐに抱き返して)
        照れてる。可愛いね、数多くんは……(くすくすと喉奥で笑いながら、後ろ髪を撫でて)
        -- 2010-10-20 (水) 00:58:32
      • ……くうぅ、そんな事言う奴だったっけ、響は……(実の所、未だに教壇で先生言われるのも少しむず痒い)
        …………この服、生地うっすいな。 -- 数多 2010-10-20 (水) 01:16:26
      • それなりに色々経験してきましたから(おかしそうに笑み)
        …え、あ、そ、そうかな……?(若干慌てた様子が声に見て取れる。数多の言葉どおり、ボディラインを浮き出させる生地は学生の頃からも成長した響の身体の柔らかさを伝え)
        -- 2010-10-20 (水) 01:32:11
      • まったく、敵わねえな……(溜息交じりに苦笑、でも……こういうの空気が決して嫌いではなかった)
        ……ん、うん。(少し身体を離すと、おなかから胸にかけてをつい、まじまじと見て) ………何処で買ってきたんだい、こういうの。(少しムラついた表情で見つめて) -- 数多 2010-10-20 (水) 02:07:30
      • (視線を感じると恥ずかしそうに胸の下で腕を組み)あー……何か酒場の近くでフリマやってて、つい。
        って、やらしい目してるよ数多くん(ジト目で見つつも満更ではない様子で)
        -- 2010-10-20 (水) 02:17:05
      • (腕を組んで、自然押し出された胸が迫ってきて)へぇー………つい。
        へっへっへ。 否定はしねー、最近ご無沙汰だったし?(指でふよっとつつきながら、顔と顔を近づけて) -- 数多 2010-10-21 (木) 00:56:53
      • わぁ、発情モードだ……ん、もぅ。
        (嘆息しつつも唇を突き出し、近づいた顔のそれと重ねる)……ん、ふ……
        -- 2010-10-21 (木) 00:58:57
      • へへぇ、ん……っ(にぃっと笑顔を見せから、唇を合わせてすぐに舌を割り入れてくる)
        は、む……っ、んっ(舌を絡めながら、肩を持ってゆっくりと倒していく) -- 数多 2010-10-21 (木) 01:12:26
      • んっ、ちゅ……ちゅむ、は、ぁ……(舌を絡ませ、互いの唾液を交換して。口を離すと潤んだ瞳で見上げる)
        あ……ベッドでする? それともこのまま……?(と、囁く声には期待感が漏れ出ていて)
        -- 2010-10-21 (木) 01:16:04
      • (顔を離せば、つうっと二人の間に糸が引く)……響も、そういう顔してるじゃん、へへ。
        ん…っ、このまま。 したい。(頬に当てた手を首を伝って胸元まで滑らせて)
        (……………脱がし方…わかんねえ………まぁ、いいや、このままで) -- 数多 2010-10-21 (木) 01:45:58
      • わ、私そんなエッチじゃないし……(などと言いつつも、掌で数多の股間をさする)
        んっ、ぁ…(あ、脱がせるの諦めたのかな、とどこか頭の中の冷静な部分で考えつつも、触れる手に身を任せ――)
        -- 2010-10-21 (木) 01:50:47
      • ――
        ―――
        ――――
        ―――――(貪るような行為の後。 まだ日の昇り始めた直後に魘されたように目を覚ます)
        …………っ、っは……(隣では生まれたままの姿の恋人が安らかな寝息を立てていて、優しい現実に少しほっとする。 とはいえ)
        はぁ…………く、そ。(今、青年の胸中に迫る焦燥はかつての比ではなく。) -- 2010-10-21 (木) 10:16:00
  • (朝日に目が覚める。寝乱れた髪を振って起きると、それ以上に乱れたベッドの上が)
    ……ぁー……数多くんもう仕事行ったかな。(前日何があったかは語るも野暮かも知れないし、存外他愛ない事かもしれない)
    -- 2010-10-12 (火) 01:26:17
  • \かいらーん。かいらんばんでおますー/(郵便受けにうまいこと入らなかったので無理くり突っ込んだ。ちょっと郵便受け壊れたけど気にならないよね)
    \ちゃんとまわしといてやー/ -- ネフライト 2010-10-10 (日) 18:10:49
    • ……あれ、なんか郵便受け壊れてるんですけど……(破壊された郵便受けの前でうな垂れる私)
      うーん…近頃研究室に泊まりこみが続いたからなぁ……回してもいいものやら
      -- 2010-10-11 (月) 23:49:35
  • はぴばれ!(ようせいポケモンがあらわれた!)
    今年はモンスターボール型でね、ランダムでモンスターチョコが入ってるの 何が当たるかは〜お楽しみだよ -- 名簿/387104 2010-10-07 (木) 21:35:25
    • …ポケモンだー!?(予想外に浸透している任天堂の魔手に驚く研究生)
      ありがとうございます…ってホント何が出るんだろ
      -- 2010-10-08 (金) 14:56:25
  • ……ガンフレイム!(錬成した剣を突き立てて火柱を立ててみる) -- 2010-10-05 (火) 01:51:45
    • ……うん、これは……うん……(微妙な一人遊びにちょっと悲しくなった夜) -- 2010-10-05 (火) 01:52:43
      • (その様子をバッチリ目撃してしまった幼女) -- アトリア 2010-10-05 (火) 23:31:03
      • (アパートの外、窓に何かひっついてるのを見かけて一瞬ドン引きして)…………そんな所で何してるんだい、アトリア・ベールト。 -- 数多 2010-10-05 (火) 23:34:20
      • おや、アマタ・キボウホウじゃないですか。いえ、おもしろそうなこえがきこえたからデバがめしてるんです -- アトリア 2010-10-05 (火) 23:46:42
      • 君の旦那程面白い相手もそうそう……バレる前に下りてきて何があったか教えてくれてもいいんですよ。 -- 数多 2010-10-05 (火) 23:48:24
      • ……そういえばキミ、まだかんちがいしたまんまだったんだっけ。レイドくんはじつはそういうあいだがらじゃないんよ。
        ん?んー……まあいっか。ヒビキちゃんがへやでひとりで「ガンフレイム!」かな! -- アトリア 2010-10-05 (火) 23:54:41
      • ……… ………………マジで!?  ………マジで!!?(2回聞き返した)
        え、あ、はい。 徹頭徹尾意味がわかりません…… -- 数多 2010-10-06 (水) 00:14:37
      • うん、マジで。アマタくんがあんまりにもおもしろいからずっとだましてたの、ごめんね?
        つまり、ひとりでこっそりひっさつわざのれんしゅうです -- アトリア 2010-10-06 (水) 00:29:55
      • 良かった……ネクロマンサーの嫁はいなかったんだ…………まぁいいさ。
        今更、奴がダチって事もかわんねーよ。 最近顔見てないけどな。
        …………安心した!それなら僕も良くやるからな!! -- 数多 2010-10-06 (水) 00:54:28
      • まあ、ナカはいいんですがねー。(ふふ、と嬉しそうに) んー、カレはずっとしょさいにひきこもってけんきゅーしてますよ
        まったくです。だれしもいちどはするよね!(うんうん頷いて -- アトリア 2010-10-06 (水) 01:16:48
    • (画像は一日開けたら恥ずかしい所を見られていたらしくしかも顔出すのもアレな空気になっていたのを察知してとりあえず剣山でも仕込むかなぁ…などと思いつつ用事に出かける私の表情) -- 2010-10-07 (木) 01:26:15
  • 一月遅れのハッピーバレンタインー!(ちょこんと箱の上に座っている)
    今年はチョコレートたるとだよ キャラメルを絡めたナッツとブランデー、ビターチョコレートを使ったほろ苦いタルトなの
    大人の味をどうぞ♪ -- ラゼンシア 2010-09-26 (日) 21:38:57
    • 相変わらずラゼンシアさんはかわいいなぁ!
      単純なチョコの甘さだけじゃなくて、色々な甘みとほろ苦さがスゥーっと効いて…これは…
      美味しい! ありがとうございます!
      -- 2010-09-27 (月) 16:11:31
  • ほう……誰かと思えば……。(依頼書を片手に訪ねてくる)来月は同行のようだ、宜しく頼むぞ響よ!
    (いつか闘技場でまみえた男は爽快に笑っている) -- ガスト 2010-09-06 (月) 23:43:48
    • えっと…(闘技場で戦った剣士。確か名は)ガスト、さん
      あ、足手まといにはならないように頑張ります…っ!
      -- 2010-09-07 (火) 11:27:38
  • さてさて、また響の惚気話でも聞いて見ようかな(いつの間にか部屋に侵入しながら) -- マオウ 2010-09-06 (月) 10:16:05
    • なんだか最近勝手に侵入されていることが多い気がしますこんにちはマオウさん
      …え、え? ナニモアリマセンデシタヨ……?(思いっきり目を逸らしつつ)
      -- ? 2010-09-07 (火) 11:24:11
      • オレの場合はサイズ的にも潜り込むのは簡単だし、何より防犯がそんな厳重じゃないアパートだからなー、まぁオレと響の仲じゃねーか(にひーと笑いながら)
        その様子は何かあったな、しかも良い事!ほらキリキリ白状するんだ! -- マオウ 2010-09-07 (火) 11:36:22
      • まぁ、マオウさんなら困りませんけどね、確かに(苦笑しつつ)
        い、いえ!? そ、そんなに大イベントがあった訳じゃないですし!? ただちょっとこれまで以上に近くなったと言うか…えへへ(頬を染めてちょっと俯く)
        -- 2010-09-07 (火) 11:44:18
      • ん、悪いヤツはオレの侵入ルートに物理的に入って来れねーし、侵入されたから危険って事はねーさ
        (ピコーンと閃く黒いの)なるほどなぁ、そっかそっか数多って奥手かと思ったけどそんな事なかったって訳か(にまにま)
        以外と近年の学園カップルでの子供第一号は響んトコになるのかもしれねーや、最近は良い話ばっかでこっちが嬉しくなっちまうし(ごろごろ) -- マオウ 2010-09-07 (火) 11:50:15
      • いえその、それが意外とそっちは積極的っていうか……って何言わせてるんですかーーー!!?
        まだ早い!早いですって子供とか! (真っ赤になってぷるぷる首を横に振る)
        ……色々片付けてからじゃないと、やっぱりちょっと…ね
        -- 2010-09-07 (火) 11:53:08
      • オレが誘導したみたいに言うなー!響が口を滑らせたんじゃねーかよー、積極的良い事じゃんか(によによ)
        色々片付ける?あーそっか、確かに挙式が先だもんな!ドレス姿の響きが楽しみ、カメラは是非持って居かねーと
        なんて、そろそろ怒られそうなのでここまで、数多の件をどーにかしないと安心できねーもんなぁ、それで進み具合はどんな感じなんだ? -- マオウ 2010-09-07 (火) 12:10:45
      • 挙式…は、話にはのぼりましたけどっ! ああでもやっぱり花嫁には憧れますよねぇ…マオウさんの方はどうなんです? 進展とか
        やっと手掛かりが掴めてきた…って所ですね。条件を揃えるのがかなり大変なのと、半ば博打みたいな手段しか思い付いてないんですけぢね…
        -- 2010-09-07 (火) 12:18:46
      • 流石は数多、良く分かってるー!うんうん、やっぱ憧れだよなあの白いドレスはさって矛先こっち来た!?進む事は進んでるぞ響の所ほど早くはねーけどさ(てれてれ)まぁ見合ったスピードってところで
        それでも手掛かりすら見つからなかった以前に比べたら格段の進歩じゃねーか、リスクを完璧に0には出来ないのは仕方が無いとしても、一人より二人、響がいるしきっと上手く行くって
        そして何やら怪しいくも知っている気配を感じた……!そっちの話も聞いて見たいもんだなー(誰にとは言わずに) -- マオウ 2010-09-07 (火) 12:28:57
      • ほぅほぅ微速前進と……ドレス着ることあったら、見せ合いとかします?
        そうですね……まだまだ詰めなきゃいけない部分も多いですけど、それでも、十分前進です(ぐっと拳を作って笑いかける)
        そうですねー是非聞いてみたい事が色々とありますよねー…!(ざーとらしい口調)
        -- 2010-09-07 (火) 12:38:13
      • 常に微速前進よーそろーなのがオレ達だし(えへん)見せあいかぁ、それもいいな!どうせなら他のそう言う知り合い呼んでみんなでやると、うぐ、肝心なのに逃げられた気配……まー今じゃなくても聞く機会はいくらでもあるか、きっと誰々の惚気話聞こうぜーとか言えばホイホイついて来ると思うからそこで捕獲してだな(にんまり)
        取り合えず今は響の研究が最優先か、成功する事祈ってるぜ!(ぐっとサムズアップしてから依頼の時間なので帰って行った) -- マオウ 2010-09-07 (火) 12:48:02
      • 式を挙げるにしても挙げないにしても、一度くらいは着て誰かに見て貰いたいですもんね
        ……あー。確かにそれにさらっと引っ掛かりそうな(苦笑しながら頬を掻く)
        ええ、ありがとうございます、マオウさん。そちらも色々と頑張って!(サムアップを返して、自身も依頼へと)
        -- 2010-09-07 (火) 13:00:35
    • (こっそり聞き耳を立てている12cm) -- ラゼンシア 2010-09-07 (火) 11:56:29
      • …怪しい気配を感じる……? -- 2010-09-07 (火) 11:59:44
      • (動かざること人形の如し また無心也)
        (なんとかやりすごそうとする) -- ラゼンシア 2010-09-07 (火) 12:03:30
      • こんなところに妖精さんの人形置いてたっけ…(っていうかラゼンシアさんだし…と思っても口には出さないことにした。) -- 2010-09-07 (火) 12:13:48
      • ………(小さく舌打ちして飛び去った!!!!) もっと聞きたかったのに〜 -- ラゼンシア 2010-09-07 (火) 12:36:12
  • ふん、ふん……なかなかいい部屋だねえ。安いアパートなりに小奇麗にしてるじゃあないか。
    (なんの気無しにそういう発言が飛び出したのは、実に唐突 数瞬前までそこに存在しなかった男が、背後で部屋を眺めていた)
    研究はかどってるかい?ははは。 -- ザンマ 2010-09-05 (日) 00:42:44
    • …!? (驚きに声を殺し、振り向いて)
      お、驚かせないで下さいザンマさん…普通に犯罪ですよ!? …研究はまぁ、それなりには
      -- 2010-09-05 (日) 01:24:48
      • 何、気にしないで欲しいな。ちょいとノックと玄関を通る仮定をはしょっただけじゃあないか、ははは。そう考えればたいした事もないだろう?
        さ、君は今ヒマなんだろう?さっき「少し休憩しよう」と言っていたようだし。いやなに、外でそう言う声が聞こえたのでね。ははは。 -- ザンマ 2010-09-05 (日) 01:30:47
      • …流石に気にしないって訳には行きませんよ…プライバシーってものがですね
        ……(疑問は疑念に。呟いた言葉は殆ど聞こえない程度の声量だったはずだが)
        -- 2010-09-05 (日) 01:44:16
      • ……はは。そう睨まないでくれたまえよ。判った判った……今度からはノックすればいいかい?ははは。
        (疑念の目を向ける響に近寄ると、ポケットから紙を取り出して、机に載せる)僕の研究所の地図だ。
        君が鍛えたいなら是非……というのもあるんだけど、単純に君の実力も見て見たいと思っててねえ。僕の研究所のことは……もう説明したよね? -- ザンマ 2010-09-05 (日) 01:51:10
      • ……そういう問題でも無いとは思いますが…まぁ、はい。ノックはお願いします
        (紙片を受け取り、目を落とす)……研究所
        (オウム返しに呟いて、ザンマの瞳に視線を移し)そうですね……覚悟が決まったら行くことにします。興味は、ありますから
        -- 2010-09-05 (日) 04:38:41
      • 実生活に影響ないんだから、覚悟なんて必要ないよ。まあ、気楽に来たまえ。
        ちょっとしたレジャー感覚でね……ははは。(バーイ、と手を振ると、光の粒になってその場から消え去った) -- ザンマ 2010-09-05 (日) 04:41:29
  • しかし響は本当に少人数依頼が好きだな…… -- 数多 2010-09-04 (土) 23:16:19
    • べ、別に好きな訳じゃなくて何だか知らないけどそういうのを回されるだけだよ…!?
      ……まぁそういう依頼が来る方針じゃないと情熱がね…? っていうのが無い訳ではないんだけど
      -- 2010-09-04 (土) 23:30:08
      • 酒場の意向にゃおいそれと逆らえないもんな……、でも、最近怪我して帰ってくる事多いからさ……
        うーんー……方針をどうこうしろって言いたいわけじゃねえっとは言っとくけど。そんな情熱に困った事あったっけ。 -- 数多 2010-09-05 (日) 00:03:19
      • あはは…うん、それは大分心配かけてるとは思うけどね…?
        情熱は失われてからでは遅いからね…
        -- 2010-09-05 (日) 00:12:37
      • (苦笑顔で溜息をついて)まー……心配掛けてんのはお互い様だけどなー。
        (ベッドにぼふっと腰掛けて)…ん、ごもっともで……かくいう僕もちょっと五月病気味でね…… -- 数多 2010-09-05 (日) 00:47:00
      • 戦いたくない…って最初は思っていたけどね、……今が大切だから戦うんだと思うんだけど
        (ふふっ、と苦笑し隣に腰かけて)五月病かぁ…私も相変わらず外に出ずに本の虫かな
        -- 2010-09-05 (日) 01:18:07
      • そうだった?(戦いたくない、と聞いて少し意外そうに声を上げて)……まぁ、命懸けのと、そうでないのとじゃ話は違うか。
        (気だるそうに上体をベッドに倒して、響を見上げて)最初に出会った時の事ととか、覚えてたりする? -- 数多 2010-09-05 (日) 01:52:30
      • ……んー…っていうか、争いごと全般、苦手なんだけどね? ホントは。未だに闘技場とかでも足、震えちゃうし(本当に困ったような笑みを浮かべて)
        最初に会った時……(記憶の糸を手繰り、思い出したのは)
        ――サバゲーの時!
        -- 2010-09-05 (日) 04:44:52
      • そういえば見た事無かったな…闘技場での。 行ってるのは知ってたんだけど……
        (きょとんと目をぱちくりさせた後、凄く嬉しそうな顔に変わって)……正解!ああ、こんな顔して笑うんだなって。  多分、あの時からだ。 殆ど一目ぼれだった。 -- 数多 2010-09-05 (日) 18:54:49
      • あんまり見せるものでもない気は…いつも必死だし。帰ったら白衣血まみれだったとかざらだし…
        い、いやぁそれはもうお恥ずかしい所をお見せしました……(一目惚れと聞いて頬が熱くなる。はじめて聞いた)
        …そ、そうだったの…?
        -- 2010-09-05 (日) 20:19:50
      • (白衣のスペアがあんなにあるのはそれでか……)
        へへ……(ショットガンを構える仕種をしながら笑って)言ったろ、ずっと前から見てたって。
        スクーネットが無かったら、自分から話しかけられもしなかったけど……っていうか、多分その事に気付くことも無かった。 -- 数多 2010-09-05 (日) 22:32:45
  • 響ちゃ〜ん、ハッピーバレンタイン!(ホットチョコレートを差し出し)
    数多君との時間を邪魔しないようにささーっと帰るね、まったね〜♪ -- ラゼンシア 2010-09-02 (木) 00:08:39
    • あ、ラゼンシアさんありがとうございま(「数多君との時間」を聞いた段階で転がる)
      その心遣いが今は…ありがたくもあり照れくさくもあり……!
      -- 2010-09-02 (木) 00:12:23
  • (地面からドリルみたいに回転しながら現れる幼女) -- アトリア 2010-08-29 (日) 23:17:38
    • 何か出たぁっ!? (仰け反りつつ)
      ……ってああ、アトリアちゃんじゃないですか。なんでそんな無闇にエキセントリックな登場の仕方なんですか……
      -- 2010-08-30 (月) 08:23:14
      • ふう……(土を払って)ああ、ヒビキさんのところにでましたか、こりゃきぐう。
        いやね、いまちちゅうツアーちゅうだってん。たまたまでたとこがヒビキさんちだったってわけ。 -- アトリア 2010-08-30 (月) 22:41:08
      • ……? すいません地中ツアーってなんですか?
        言葉だけを聞くに地中を掘り進んで旅遊ぶ感じですけどまさかそんな?
        -- 2010-08-30 (月) 22:42:31
      • いやもうまったくどうしてそのとおりで。とくにたのしいことはない!!
        まああれですね、ヒマすぎるとこういうきこうにはしるってことでひとつ。 -- アトリア 2010-08-30 (月) 22:43:45
      • (いじける幼女) -- アトリア 2010-09-01 (水) 01:33:07
      • (土下座style)
        というか、何だか留年決定したって聞いたんですが…大丈夫だったんですか? アトリアさん
        -- 2010-09-01 (水) 01:47:13
      • いいんだいいんだ、どーせアトなんてなまごみのなかにはいってるおかしのほうそうビニールくらいのかちしかないんだ……(めそめそ)
        ああうん、ぼうけんいってるのはアトのぶんしんだからアトはてんいむほうだぜ(意味不明) -- アトリア 2010-09-01 (水) 01:50:19
      • な、なんですかその自己卑下の方向性…ああもう泣かないで下さいよー!(おろおろしつつハンカチで鼻水拭く)
        あ、あやまれ! 真面目に冒険者してるひとたちにあやまれ! でも留年なんですよね?(言葉のナイフを投げる院生)
        -- 2010-09-01 (水) 01:52:04
      • まずハンカチでふくのがはなみずかよ!なみだがさきじゃね?(ずびばび)
        うっせー!よのなかラクしたもんがちじゃい!くやしかったらぶんしんつくれるだけのまりょくこさえてこいやオラッ!! YES!りゅうねん!(死んだ目でヒートスマイル) -- アトリア 2010-09-01 (水) 01:55:18
      • えっ…あmはいすいません……(綺麗に洗濯されたもう一枚のハンカチをしまいつつ)
        この強者の理論…! 常人には分身を維持する魔力がありませんよ!?
        (心の底からストレート卒業でよかったという表情)
        -- 2010-09-01 (水) 01:58:41
      • うむ、くるしゅうない。(なんか偉そうなポーズで涙を拭かれてる幼女)
        それはじょうじんなのがわるい。じょうじんがいきていけるほどこのセカイはあまくない……!カラをやぶれ!ハリーハリー!
        ちゃうねん、アトはあたらしくてにはいったちょぉつよいつえをわたしたつもりやってん、なぜかそれがロングボウだったってわけで…… -- アトリア 2010-09-01 (水) 02:04:25
      • 吸血鬼みたいな事いってるー!? …ええはい。まぁ、常人のその先位は目指したいですけどね(苦笑しながら)
        ……ベアるって本当にあるんですね……
        -- 2010-09-01 (水) 02:12:28
      • さいきんのきゅうけつきはぐんじんきしつだな!? おうめざせめざせ。ニンゲンはかのうせいのいきものだ、どうにでもなる。
        ベアるとかいうなしー!?そのなまえのもととなったひととトモダチなのよねアト……フクザツだわ。 -- アトリア 2010-09-01 (水) 02:15:06
      • ああいえ、漫画に出てきた吸血鬼ですけど……元の世界の漫画でして、はい。
        可能性のその先、もっと先へ…って、口で言うのは簡単なんですけどね。まだまだ経験、積まないとです
        えっ……凄いですね龍の人は…ものすごい昔の話って聞いたんですけど…
        -- 2010-09-01 (水) 02:23:11
      • マンガ?へぇーそんなマンガあるんだ……アトはマンガっていうとあれだな、ローゼンメイデンがすき(単にその漫画を知らなかっただけみたいだ)
        しょうじんせえよ!なあにさいきんはべんりなおクスリとかいろいろあるしためせばええ
        うむ……かなりむかしで、むかしすぎててんまつをわすれたよあっはっは!まああれですね……そうびはちゃんとかくにんしよう!おねーさんとのやくそくだよ? -- アトリア 2010-09-01 (水) 02:26:48
      • …いや、薬は駄目でしょう!? ノードーピングですよ!? …あーでも魔法薬とかそっち方面はノータッチですねー私。研究者として興味はないでもないですが…
        はい、身につまされます…説得力がありすぎて。(どっちにしても初期武器な響ちゃんであった…)
        -- 2010-09-01 (水) 02:30:39
      • じょうしき、ルール、モラル……そういったものをつきやぶったさきにこそ、さいきょうがみえるのです!さあ、これからまいにちヤクをのもうぜ?ちょうどええのがはいったんや……(と怪しげな粉末をちらつかせる 中身はただの小麦粉)
        くう……なけるで……アトにもヒビキちゃんにも。しょきそうびはあれですねー……もっとマシなもんよういしてほしい、ていうかせめてぼうぐもくれ -- アトリア 2010-09-01 (水) 02:37:54
      • (慌てて奪って燃やす響ちゃん)聞いたなこいつ!
        あはは…皮の服相当でもいいから何か欲しい所ですよね……というか冒険に出た先で質が良かったりする武器防具を拾えるのってまさかそこに乗り込んだ犠牲者の…?
        -- 2010-09-01 (水) 02:40:29
      • あぁ〜っ、きちょうなヤクが〜!?くそっ、ヒビキちゃんはまおうのてしたかよッ!おゆるしください、ヒビキはかせ!(水鉄砲でビューッ)
        まったくだ……もうちょっとてごころをだね!えっ、あっ、うっ……ヒビキちゃん。よのなかにはしらないほうがいいこともヤマほどあるんだ。わかったね?……でも、きになるようならアイテムひろったらおはらいしてもらうんだよ? -- アトリア 2010-09-01 (水) 02:46:53
      • \うひゃあ!?/(水がおもいっきり顔にかかった)クスリ好きかい? って言うべきでしたか!?
        (がくがくと頷いて)……本当は怖い冒険者の真実、みたいな……
        -- 2010-09-01 (水) 03:21:21
      • ダメじゃないか、とうとつにきえなくちゃ! うん、だいすきSA☆でもさっきのはこむぎこです
        うーむ、でもまあ、いちおうそうびはずせるってことはのろわれてはないよね……なぞのおんがくもならないし。 -- アトリア 2010-09-01 (水) 03:34:18
      • …ま、紛らわしいことしないでくださいよ…でも小麦粉なら安心ですね。…小麦粉で能力値アップ?(プラシーボ効果的な何かが脳裏にひらめいた響ちゃんだ)
        呪いの武器防具とか…無いことはないでしょうけど流石にその手の拾って試しに持ったら外せなくなるとか泣きます。ゲームじゃないんですから……
        そして私はそろそろ寝るのでした…おやすみなさーい(ベッドに入って3秒で寝息を立て始める院生)
        -- 2010-09-01 (水) 03:42:40
      • だいたいいまヒビキちゃんがかんがえたのであってますよ。……それともモノホンがほしい?(ゴソゴソしだす幼女)
        うむ……そのうえのろいをといたらぶきがはい(灰)になっちゃうんだよね、おかねもとられるしトクすることがいっこもない……
        あい、おやsってはやっ!?(のび太君クラスのスリーピングスピードにこんなところで人間の可能性を見せなくてもいいのに、とささやいて帰った -- アトリア 2010-09-01 (水) 03:47:02
  • (ベッドの上、ワンピースに下着姿でどきどきしながら数多を見上げる)
    えっと……(早鐘のように鼓動を刻む心臓がうるさい)
    -- 2010-08-28 (土) 23:30:55
    • (シャツを脱いで、ぎしりと音を立てて覆い被さるようにベッドに乗る)
      (響の額にかかる前髪をそっとどけて顔を見つめると今までに無いぐらいドキドキする)
      ……大丈夫、優しくするから。  ……ったぶん。(髪をのけた手を頬に当てて、首筋を滑らせて、ワンピースの肩紐を触る) -- 数多 2010-08-28 (土) 23:50:27
      • (緊張して見上げた顔は、自分と同じように緊張していて。髪を退ける為に撫でられるのでさえ、すこし身体を身じろぎさせて)
        あ……う、うん。(うなずき、身を委ねる。汗ばんだ肌の上を指が滑って肩紐まで到達するまでが妙に長く感じた)
        -- 2010-08-28 (土) 23:59:14
      • (指をひっかけて、肘の辺りまで下ろすとごくりと唾を飲む音を立てる。改めてその不釣合いな大きさを感じる)
        いくよ……(深呼吸して気持ちを整えると、胸の間に顔を埋めて、下着越しに触り始める) -- 数多 2010-08-29 (日) 00:12:27
      • (するりと下ろされるワンピース。下着越しにもその大きさを主張して)
        …あ、んっ……直接、触ってもいいよ……?(埋もれるほどの柔肉は、下着越しでも指に十分な弾力を返し)
        -- 2010-08-29 (日) 00:25:38
      • そうさせて、もらう……あー、なんか今までで一番緊張してっかも。(おどけた風に苦笑しながらフロントホックを外して、白い柔肉の谷間から響の顔を見上げて)
        (桜色の乳首を指で挟んで、もう片方には舌先を這わせて) -- 数多 2010-08-29 (日) 00:40:12
      • (かぁっと赤くなった顔で)あ、う……私だって緊張してるよ…? …変じゃないかな、私の胸
        (両の胸の先端を違う刺激が襲い)…ふ、ぁ……っ、なんかこれ、ぴりぴり来る、かも……
        (思わず胸の所の数多の後ろ髪に手を這わせ)
        -- 2010-08-29 (日) 00:48:07
      • 綺麗だよ……っていうか、…エロい………
        ん……(後ろ髪を触る髪がくすぐったい。時折響の顔に目を向けながら乳首に吸い付き)
        (そして手は、ワンピースを下ろしながらおなかの方に這わせていく) -- 数多 2010-08-29 (日) 00:56:46
      • エロいって……んっ、ほめられてるの……?(思わず苦笑しつつも、吸い上げるのに合わせて軽く震える)
        ひゃ……(脱がし易いように尻を浮かせ、ワンピースがずり下ろされていくと白い腹の先には飾り気の無い下着)
        ぁぅ、ぅー……(羞恥に言葉にならない呻きをあげつつ、お返しとばかりにすぐ横にある数多の耳たぶを甘噛みした)
        -- 2010-08-29 (日) 01:03:54
      • そら、だって…今…すげー興奮してるからさ……(ヘソの周りを指で弄りながら、身体を密着させると響の太股に固いものがあたって)
        ふぃ…っ!?(不意打ちに思わず変な声が出る。また一つ弱点を知られてしまった、やったな、と顔を上げて唇を塞いで指で乳首を虐める) -- 数多 2010-08-29 (日) 01:15:52
      • ぅ、あ……ほんとだ。硬くなってる……(ぐりぐりと太ももを、硬くなったそれに押し付け)
        (口を耳朶から離し、耳の穴の中に舌を這わせる。間近な鼓膜に吐息と水音が聞こえ)ん…ぺろ、ちゅじゅっ……ぁっ、ふっ……っ!!
        (先端を責める動きに声を上げ、舌の動きが鈍る)
        -- 2010-08-29 (日) 01:26:47
      • ふ…っ、んっく…… っちょ……(耳からゾクゾクした感覚が背中に広がる。直接吹き掛かる息がそれに拍車をかけて)
        (響が一際声を上げたのを聞いて、気持ちいいのかな、と確認するように顔を少し見て、軽く爪を立てて乳首を抓る) -- 数多 2010-08-29 (日) 01:41:18
      • は、ひゃっ……ぅ、だめぇ…(爪を立てられるとより鋭敏な刺激が背筋を走り、ぞくぞくと身震いする)
        も、胸ばっかり……数多くん、子供みたい……(くすくすと含み笑いしつつ、抱き寄せた頭を撫で)
        好きにしていいよ…私のこと
        -- 2010-08-29 (日) 02:09:01
      • そう言われると弱いな…いいじゃん、響の胸、好きだ。(頭を撫でられて母性にほだされにぃっと笑って)
        (顔を胸に埋めたまま、下腹部を這いながら指を下へ下へ、下着の上から股間をまさぐる)
        僕のも、触って……(もう1方の手でジッパーを降ろすと、響の手をとって自分の物にあてがう) -- 数多 2010-08-29 (日) 02:18:09
      • ん、はっ……(下着の上からその部分を触ると、微かな湿り気を感じられる。胸を責められるよりも強い刺激に目を閉じ、眉根を寄せて)
        うん、直接…触って? 気持ちいいから……
        すご…こんなに熱いんだ……(握らされたソレの熱を掌で感じ、思わず声をある。ぎこちなく、ゆっくりと上下に扱く)
        -- 2010-08-29 (日) 02:27:42
      • (濡れてる事が分かると余計に興奮してくる。下着に指を入れて秘裂をなぞるとくちゅりと水音)
        ん……っ、そう、響だから、こんなに……っ(上下に擦られながら陰茎が脈打ち) -- 数多 2010-08-29 (日) 02:37:33
      • っ、〜〜〜〜〜っ!!(直接秘唇を指がなぞると、比較にならない快感が背筋を流れる。思わず涙目になって強く数多の顔を胸に押し付け)
        (秘所を這う数多の指は、漏れ出た蜜に、すぐに塗れる)
        私で、こんなに興奮してくれてるんだ……(呆けたような口調で言うと、鈴口に指を這わせ先走りを亀頭に塗りつけ、細い指で包む)
        -- 2010-08-29 (日) 02:44:24
      • かふ……(息苦しそうに顔を上げると、涙目の彼女がいて、なんだかもっといじめたくなってしまって)
        (十分に濡れた秘部に中指を沈めると、わざと水音を立てるように指の腹でひっかく)
        ……っ、そこ…っうん。気持ちいい……(恐らく一番感じる所に指が触れ、電気のような感覚が背中を上ってくる) -- 数多 2010-08-29 (日) 02:57:23
      • あ、うんそこ……入って、は……っ!(ぬち、くちゅと水音を立てながら数多の指が沈む。きゅうきゅうと締め付ける膣内は、男根を受け入れられるとは思い難い程にきつく、狭い)
        は、んっ…数多くんも、気持ちいい…?(包んだ指を竿に絡ませ、先程よりは滑らかに上下に動かす)ぴくぴく震えてて、なんか、可愛い……
        -- 2010-08-29 (日) 03:02:36
      • (くちゅくちゅと水音が激しくなると、太股がぎゅっと手を締め付けてくる。自分の手一つで響が身体を震わせるのがなんだか堪らない)
        う、ん…うん……っ、可愛いって…ちょ、んく、ごめん響、そろそろ我慢きかない…… -- 数多 2010-08-29 (日) 03:09:29
      • んっ、くぅ……何か、変な気分…(異物感と快感で蕩けそうな頭で、充血したペニスを扱く。数多の言葉も半ばまでしか耳に入らず)
        我慢…? いいよ、しなくて。したいようにしてくれたらいいから……
        -- 2010-08-29 (日) 03:14:37
      • わかった……(指を引き抜いて、響の手を止めさせて、身体を起こす)
        (改めて見下ろす響の身体は小柄で、大丈夫か?という疑問が頭を過る)
        ………痛かったら、ごめん。(足を開かせて、脈動する先端を響の入り口にあてがう) -- 数多 2010-08-29 (日) 03:19:53
      • ぁ……(身体の内に入っていた指の抜ける感覚。つぷ、と愛液の糸を引いて)
        (我に返って数多を見上げる。約30cmの身長差は完全に覆い被さられる形で、先程手に触れていたソレの大きさと自分の体躯を比較して)
        あ、ちょ…うん、し、しなない程度に(こんな時だというのにムードも何も無い言葉を漏らす)
        -- 2010-08-29 (日) 03:22:49
      • ん…じゃあ、頑張って。 死なれたら立ち直れなくなりそうだしさ。(冗談めかすように苦笑して、それでも萎えるはずもなく)
        いくよ……、む……っ(挿れようとすると、入り口でいきなりキツい。腕と腰に力を入れて徐々に徐々に割り開く) -- 数多 2010-08-29 (日) 03:29:21
      • ……あ、うん(ごくりと唾を飲み込み、その衝撃に耐えるべく身体を強ばらせた直後)
        ッ、ぎ……はぁ、はっ…ぁ、ぁぁぁ……!(半ば暴力的なまでの締め付けが、陰茎を襲う。濡れているとは言え半ば征服するような感覚を覚える挿入)
        (分け入った先端がひときわ強い抵抗に行き当たった時には、響は涙を浮かべながら息を吐くので精一杯である)
        -- 2010-08-29 (日) 03:35:20
      • ……っ、きっつ………っく、ぅ(痛みすら感じる程の締め付けに少しの苦悶)
        ごめ…、は…ちか、ら、抜いて……っ(苦しそうな表情を見て、それでも押し込む。ゆっくりと。響を全部自分の物にしたくて) -- 数多 2010-08-29 (日) 03:42:41
      • はぁーっはぁーっ、はぁーっ……い、いた……っ!!(何かを貫く感触と共に、肉棒が全て響の中に収まる)
        っ、あぁっ……すご、あまたくん、私のなか一杯で……っ!(目尻に浮かんだ涙をこぼしつつ、痛みを堪えて必死に力を抜こうとする)
        -- 2010-08-29 (日) 03:48:46
      • はい…った……っっ(そのまま思わずぎゅうと抱きしめる。シーツには破瓜の血が一筋伝って)
        はぁ、は…うん、分かる……響きと、繋がってるの……大丈夫……?(中では陰茎が熱く脈打つ) -- 数多 2010-08-29 (日) 03:54:31
      • (縋るように抱きしめ返し、荒い息をつく)だいじょぶ、じゃないけど……数多くんが、大丈夫じゃないでしょ…?
        動い、て……びくびくしてるの、分かるから……(背中に指を立てて抱きしめながら、耳元へかすれた声でそう言って)
        -- 2010-08-29 (日) 04:01:15
      • う、ん……、キツい、のもあるけど……もっと気持ちよくなりたいって。そうなってるからさ……
        動く、よ…本当に辛かったら、言って……(響の中を全部擦り上げて、ゆっくり堪能しながら入り口近くまで引き上げる) -- 数多 2010-08-29 (日) 04:06:44
      • ん、あぁ……ふっ、くぅん……っ!(引き抜かれるソレが膣壁を擦る感覚。痛みとは少し違うそれに、苦悶の声の中にも少しだけ甘い響きが混じり)
        これなら、だいじょぶ、かも……(肉棒が収まっていた所から愛液が溢れ、より潤滑し始める)
        -- 2010-08-29 (日) 04:11:44
      • んっ、わかった……っふぅっ!(もう一度ゆっくりと押し込むつもりだったのに、つい一気に奥まで打ち付けてしまう)
        (もう一度引き抜いて、また一気に。とろとろと満たされる愛液が潤滑すると同時により密着感を高めて)
        は…っ、響…っ(名前を呼びながらそれを繰り返す) -- 数多 2010-08-29 (日) 04:19:37
      • っか、はっ……ぁ、(一気に奥まで打ち付けられ、声にならない呼気を吐く)
        くっぁ、も、きもちい、かな…っ?(いつしか内側から感じる痛みは、甘い痛みに変わって)
        きもちいい、よっ……ひゃ、ぅぁんっ! もっと、わたしのこと…んぁっ、感じて……?
        -- 2010-08-29 (日) 04:23:31
      • ああ…すっげ、気持ちいい……っ(意識しなくても、もう腰が勝手に動く)
        んっく……響っ、ひび、き……っっ(甘く変わった響の喘ぎが耳を衝くと、自然と動きも早くなって、何度も何度も名前を呼ぶ) -- 数多 2010-08-29 (日) 04:29:41
      • (ぎしぎしと軋むベッド。それに合わせて揺れる身体。黒く長い黒髪を振り乱し、男の下で乱れる)
        あまた、くん…っ! だいすき、だいすきだよ……っ!(愛しい人の名前を呼び、突き上げられる度に甘い声をあげて)
        -- 2010-08-29 (日) 04:34:30
      • はっ、はっ…ん…っ、っちゅ、う…っ、っつは…っ(乱れる彼女の姿があまりに愛しくて、腰を打ちつけながら唇を交わす)
        ああっ!僕もだ…っ、響っ!好きだ、響…っっ!!(昂る心が抽送を1段大きく速めて、それは達するのが近い事も示していて) -- 数多 2010-08-29 (日) 04:43:25
      • はっあぁっ! ん、ふっ……(唇を塞がれ、深く口づけて吸う。全てが欲しいと言う代わりに)
        (恋人の昂ぶりに合わせ、それ自体が一つの生き物のように襞がペニスを包み、締め付ける。突き入れに合わせ、絞りとるように蠕動して)
        -- 2010-08-29 (日) 04:47:35
      • ひびき…っ、一緒、に……っっ(もう何も考えず、本能の赴くままに一つになって…突然、一番奥で止まって)
        っ、〜〜〜っっ……(響を一際強く抱きしめながら、熱い精を放った) -- 数多 2010-08-29 (日) 04:54:42
      • はっ、ぁぁっ! いく、いっちゃ……っ(痛いのか、気持ちいいのか分からない。ただ白く混濁した意識は、愛する人を求めて)
        ――――っ!!(抱きしめ返したまま、胎内に撒かれる熱い感触に「あ、中で出されてる」とやけに冷静な感想を抱き)
        …はぁーっ、はぁーっ……
        -- 2010-08-29 (日) 04:59:53
      • ふぅ…っふぅ、はぁ……(荒い息を吐き出しながら、満足そうな顔ですぐ真下の恋人の顔を見て、頬に手を触れ)
        すげ……何か途中からわけわかんなかった…………(繋がったまま響に身体を預ける)
        ……………(やべっ、中に出した……、少し冷えて来た頭がその事をやっと認識してばつの悪そうな顔に) -- 数多 2010-08-29 (日) 05:08:09
      • はふ……(とろんとした目で見上げ、頬に触れた手に手を重ねる)
        ん……私も、夢中だったから……(開いた手を背に回し、背筋を撫でながらそうぽつりと呟き)
        (責任取って、とか言うべきなのかなぁなどと思いながら、心地良い疲労感に包まれて微睡み始めた……)
        -- 2010-08-29 (日) 05:12:10
      • ん……そういってくれんなら……(まぁ、いいか。 いや良くはないけど……)
        (身体を響の横に倒して自分も仰向けになり、腕枕。微睡む響の顔を横目に)
        はふ……こんな幸せいいのかな……(二人が横になるには少しだけ狭いベッドで、しっかり身を寄せて)
        あ… ん。 いいよ、寝ちゃっても……(心地よさそうな笑みで、響の髪を撫でて) -- 数多 2010-08-29 (日) 05:19:30
  • この動きまわる気にならない感じはなんなんだろー……(ベッドの上でごろごろ) -- 2010-08-27 (金) 23:32:28
    • 人としゃべるのが嫌な訳じゃないけど腰が重いよう -- 2010-08-27 (金) 23:33:37
      • なんだかアンニュイなかんじかい…? まだ残暑がキツいからかな。 -- 数多 2010-08-27 (金) 23:35:02
      • 出歩くのがねー……うん、暑さの所為にしておくよー -- 2010-08-27 (金) 23:47:22
      • (勝手知ったる恋人の部屋、冷たい麦茶を注いで)
        いいんじゃないか。別に大学サボってるわけじゃないんだろ。
        こないだはフィールドワークだったっけ。どんな事してきたの。 -- 数多 2010-08-28 (土) 00:08:47
      • ん。(麦茶を一息に飲み干し)…はぁ
        んー……霊地とか聖域とか、この近辺で呼ばれてる所を何箇所か回ったりっていう。レポート用のフィールドワークだしね……色々な所を見てまわるのは楽しかったけど
        -- 2010-08-28 (土) 00:25:44
      • 研究科でも自由に研究ばかりってわけじゃないんだな。
        僕もこの街に来るまでは色んな所を巡ったよ。……冒険以外で遠出とか、もうずっとしてないな…… -- 数多 2010-08-28 (土) 00:44:35
      • むしろ自由に研究する為にやることはやりなさいよって言う……まぁ、レポート自体は問題なく出せたんだけど
        へぇ……何だかんだで、私はこっちの世界に来てからあんまりこの街から出てないんだよねぇ(困ったような笑みを浮かべつつ、数多の顔を見て)回った中で面白い所とか、あった?
        -- 2010-08-28 (土) 00:56:20
      • なるほど、奔放たるは礎の上に……ん、まぁレポートとかは心配してないけどね。 泊まり込みも多いんだろ、ちゃんと寝てるんだろうな。
        んん……そうだな。(天井を見て指折り数えながら、見てきた物を思い起こす)宙に浮いてる寺院とか、山みたいに大きな墳墓とか、真っ赤な湖とか……色々あったけど。
        強く覚えてるのは、さっきも墳墓っていったけど霊廟の類かな……旅してた頃は、そういうのずっと考えてたから。 -- 数多 2010-08-28 (土) 01:13:21
      • あはは…そっちの方も心配しなくても大丈夫だよ?
        へぇ……霊廟、ピラミッドとかもそうだよね。こっちの世界にあるのかどうかは分かんないけど……
        (隣に座り、上目遣いで覗き込んで)…今は、どうかな?
        -- 2010-08-28 (土) 01:20:48
      • そうそう!ピラミッドっていった。 (腕を大きく広げて)四角錘の形でさ、こんなでっかくて。
        ん……思う所はあるよ。だって、いつかは必ず死ぬんだからさ。(「6年後」ではなく、いつかは、と。)
        (覗き込む顔に自分の額をくっつけて)生きていたいからこそ、そう思う。 そりゃ…まだ糸口も掴めないけど、もう、そういう心配は要らない。 -- 数多 2010-08-28 (土) 01:31:06
      • それで中にはミイラがうじゃうじゃ居たりするんだよね、きっと!
        (安心した。この答えが聞けるならば…と笑みを浮かべて)そう、いつかは…だよね。そしてそれまでは二人、一緒に。
        -- 2010-08-28 (土) 01:38:36
      • へっへ、戦々恐々だな……困った事にあいつら強ぇからなぁ……、包帯巻いてる以外にゾンビと何が違うんだ。
        …死が二人を分かつまで、ってか。うん……そうしよう、一緒に……
        ……響は。響がもし死んだら、やっぱり次の世界へ? -- 数多 2010-08-28 (土) 01:50:12
      • 包帯飛ばして攻撃してくるとか…? 燃やすけど
        …わ、そう言われると…うん、照れる(まんざらでも無い表情で笑い返し)
        う…ん。多分、そうなるんだろうとは思うけど……なんでそうなるのかも全然分からないからね。それを調べるのもぼちぼちやって行こうかな、と思ってるよ
        -- 2010-08-28 (土) 01:55:46
      • つくずく炎は便利だな……剣を絡め取られたらどうしよう。
        (にっと口を曲げて、脇腹に手をあてて)いいじゃん。 これ…治ったらさ。 結婚でもすっか。
        ……そっか、記憶だって殆どなくなっちゃうんだもんな。うん……前に言ってたね、出来る事は人を救うことだけだって。 -- 数多 2010-08-28 (土) 02:09:02
      • け、結婚!? …あ、でもそっか。お互いそういう歳だよね…(そして断る理由もない、無いのではあるが気恥ずかしく、俯いてしまう)
        ……諦めてる訳じゃないけどね。でもきっと、今までずっとそうだったから。……挫折する自分を、「見て」きたから
        -- 2010-08-28 (土) 02:23:58
      • 今までも、ずっと……か。(その話を最初に聞かされてからずっと、朧気に考えてきた事がある)
        (挫折に終わる事もありながら、そうやって幾多の世界を救っていつまでも移ろい続ける彼女を)
        僕は……( ……「救う事は出来るだろうか」   結局口にはしなかった。そもそも何を持って救いとするのかも思いつかない)
        ううん、やっぱ、なんでもね……(一瞬だけ、すぐ傍にいる彼女が酷く儚げに見えて、唐突に強く抱きしめる) -- 数多 2010-08-28 (土) 02:40:44
      • ん…? どうかしっ…!?(急に抱きしめられ、目を白黒させつつもなんとなく、その理由を悟り)
        あの……いたいよ、数多くん……私は、大丈夫だからね?(思ったよりも強い腕の締め付けにそう言うが、言葉とは裏腹にその声は穏やかで)
        -- 2010-08-28 (土) 02:58:51
      • ……悪い。(腕を緩めて顔を向き合わせる。互いの息が掛かる距離)
        (きっと今自分は酷く不安そうな顔をしているに違いない、穏やかな声に少しだけ安堵する。 でも…)
        響……ッ(足りない。そう思った瞬間にはもう、一言名前を叫んで、倒れこむように口付けをした) -- 数多 2010-08-28 (土) 20:23:54
      • …っ!? んっ……(少し驚いて身体をこわばらせるも、すぐにその力を抜き、数多に委ねる)
        んっ、ふ……ちゅ、んぅ……(舌を差し入れ、歯列をなぞり、深く繋がるようにキスをして)
        -- 2010-08-28 (土) 21:42:41
      • ん…っ、ちゅ、う……、っぷぁ、ふ……っ(もっと、もっと、求めるようなキス。ゆっくりと、覆いかぶさるように横たえて)
        (絡み合う舌を離すと、つうっと糸が引く。 床に手をついて、響の顔をもう一度じっと見つめ)
        ……もっと、一つになっていたい。(目で是非を問いながら、心臓は高鳴り) -- 数多 2010-08-28 (土) 22:25:31
      • (見上げると、間近に数多の顔。赤面しているのが気取られそうで、でも横を向く気にはなれなくて)
        すごいドキドキする…うん、いいよ。
        …で、でも続きはベッドで…ね?
        -- 2010-08-28 (土) 22:38:47
      • じゃあ……(再び唇を重ねる前にベッドで、と言われて少しだけ冷静さを取り戻し)
        あ、あ、うん……(気恥ずかしそうに立って、響の手を引く) -- 数多 2010-08-28 (土) 22:51:46
  • (軽くノックをした後に顔を出す)
    一年遅れだが、卒業おめでとうと言うべきか。有耶・リーヴステインだ。数多から話くらいは聞いたことがあるか? -- 有耶 2010-08-24 (火) 22:06:04
    • …あ、はい。ありがとうございます岡本響です。いつも数多君がお世話になってます(深々と礼をする。がすぐに怪訝そうな表情になり)
      あの…有耶先輩は一体今日はどのようなご用事で…?
      -- 2010-08-24 (火) 22:39:06
      • こちらこそ数多が世話になっている。(頭を下げた後に)
        確かに、これまで顔を合せなかった後輩を突然訪れるのも不思議な話だな。
        少しばかり情報が欲しいだけだ。タツマ・ベルモンドについてな。あの男を知っていると、数多に聞いた。 -- 有耶 2010-08-24 (火) 22:43:16
      • (お茶を出して話を聞く構え)
        …ああ、何だか依頼が来てるみたいな話が。でも、私が知ってる事なんてちょっとだけですよー
        (うーんと腕を組み、何から話すべきか考え)…お菓子屋さんの店員さんで、妖精さんのパートナーが居て、高位の魔術師で……あと、怒ると怖い、とか。それくらいでしょうか?
        -- 2010-08-24 (火) 22:50:05
      • (妖精のパートナーとはクリスタだろう。他人の色恋について簡単に話すとも思えなかったが)
        少し突っ込んだ話を聞かせてもらおう。タツマ・ベルモンドが働いている甘味所の店主は、ラゼンシアといったかな。
        その二人の関係について、何かあればと思ってな。
        ……恋人同士、だとか。 -- 有耶 2010-08-24 (火) 22:55:12
      • ああ、ラゼンシアさん。いい人ですよ…妖精ですけど
        ……。(有耶の言葉にふむ、と吐息を吐く)いえ、私もその辺りの突っ込んだ事情はちょっと分からないんですけど……ラゼンシアさん本人に聞いてもなんというか、要領を得ない感じですし
        …あの、有耶先輩。探偵がそういうお仕事だっていうのは分かってはいるんですが……何の為にタツマさんについて調べてるかとか、聞いちゃ……いけませんよねごめんなさい
        -- 2010-08-24 (火) 23:00:36
      • (妖精と言われ、自分に依頼を持ちこんだ存在を思い浮かべる。あれも確か妖精だった)
        妖精はもう少し、人間社会から離れて生活しているイメージがあったがな。どうにも人慣れしている奴が多すぎる。
        何のために、か。(息を吐いて笑い) 弱点探し、だったりしてな。……冗談だ。
        大体納得した。時間を割いてもらい、悪かったな。 -- 有耶 2010-08-24 (火) 23:15:45
      • ……ん、逆、じゃないですかね。変わり者の妖精だから、こういう多種族の入り交じった街に来て人と交わる…とか。あくまで推論ですけど
        ……んー、まぁ、そう簡単にやられそうな人じゃないですけどね(ある意味信頼しているとも言える言葉と共に苦笑を返す)
        お役に立てたなら良いんですが…あ、これ本人に伝えるのもNGですか?
        -- 2010-08-24 (火) 23:22:43
      • 変わり者の妖精がこれだけいるんだ、全世界ではどれだけの妖精が人目につかず暮らしているんだろうな。
        その時は、お前の抑え切れなかった好奇心のおかげで、数多が犠牲になるかもしれんな……。
        と不安がらせてもどうかと思うので釘を刺そう、言うな。じゃあな。 -- 有耶 2010-08-24 (火) 23:27:32
      • えぇっ……って、そういう事ですか……(流石は探偵、こういう駆け引きはお手の物なんだなぁと感心しつつ)
        分かりました。それではー……(背中を見送り暫し黙考)
        …大丈夫、だよね……?
        -- 2010-08-24 (火) 23:32:39
  • 誰かと手をつなぎたくなる薬が振りまかれた -- 2010-08-24 (火) 17:37:58
    • ……うん? 無性に数多くんの手を握りたく…… -- 2010-08-24 (火) 22:37:57
      • ひ、響? いる?(妙にそわそわした様子でアパートを訪ねて) -- 数多 2010-08-24 (火) 23:18:48
  • (2度目の死亡報告が出回ってから数日後。足を引きずりながらアパートまではやってきたものの、やっぱり顔を出し辛くうろうろしている)
    (自分から足を向けた辺りは以前より若干の成長を経たのかもしれないが)ひょっとしたら研究室に篭ってるかもしれないしな、うん。
    それならしょうがないし、今日は引き返そう……(と、誰が聞いてるわけでもないのに言い訳をして、気配の有無を扉越しに伺った) -- 数多 2010-08-23 (月) 23:03:33
    • あ。(丁度戻ってきた所で気配を伺ってる数多の姿を認める)
      ……むぅ(ささっと物陰に隠れてそのまま様子を伺うことにした)
      -- 2010-08-23 (月) 23:24:07
      • (音は……聞こえない、いやでも寝てるだけかもしれないし、じゃあ起こすのもどうなんだ。やっぱりここは……)
        いやダメだろっ、何しにきたんだって。(かぶりを振っていい加減覚悟を決めて、扉をノックする)響? 響、いる……?
        (何度かノックしても、返事は無い)……やっぱりいないのかな。 -- 数多 2010-08-23 (月) 23:29:35
      • (何だか葛藤している様を暫く見て悪いことをしているような気になってきた)…ぅーん
        (なので身を隠していた物陰から、さぞ恨めしげな雰囲気を作って出てきた)い〜る〜よ〜……
        -- 2010-08-23 (月) 23:33:42
      • 仕方ない、出直すか………ごめんな、心配かけぅおぉあっ!!?
        (素でびっくりして松葉杖を踏み外し、その場に転倒する。 グキリ、と嫌な音がした)〜〜〜〜っっ!! -- 数多 2010-08-23 (月) 23:40:27
      • あ、あ、あ!?(慌てて近寄り、そっと抱き起こす)ご、ごめん!
        大丈夫…? っていうか大丈夫だった? っていうか…うん。心配したんだよ?(コケさせておいてそんな事を言う。黒髪が数多の顔にかかった)
        -- 2010-08-23 (月) 23:42:24
      • あっづ……、ひ、響……? いつつ……
        あ、う、うん。 えっと、あー……(すぐ目前に恋人の顔。 髪の香りが鼻をくすぐる。さっきまで考えてた事が何もかもどうでもよくなる)
        …うん、ごめん。 ただいま。(そのまま、そっと頬に手を触れて、唇を………)……?……!? っく、首、うごかな……っっ -- 数多 2010-08-23 (月) 23:48:19
      • うん。…おかえり(どきどきして、口づけを待っていると苦しげな呻き。心配するより先に、思わず苦笑してしまう)…あはは
        うん、とりあえず…うちの中、入ろう?(数多を支えて立ち上がり、室内へ)
        …それにしても卒業してすぐとは……
        -- 2010-08-23 (月) 23:52:57
      • す、すまない……(支えられるままに室内へお邪魔して)
        卒業してすぐってのは、なんかジンクスでもあるのかな……、あっつ、いででで…… -- 数多 2010-08-23 (月) 23:58:45
      • ストレート卒業なら、それなりに実力が認められて危険な依頼が回されてくる時期って考える事もできるけど…
        数多くんの場合は……まぁ、ジンクスとか気の所為って思っておけばいいんじゃないかなぁ、うん
        (はいお茶、とお茶を出しつつ)
        -- 2010-08-24 (火) 00:04:16
      • うぐ……その気遣いが刺さる……、面目次第も御座いません……
        あ、ありがと。 む……(湯のみを掴んで戴こうとするも、首が若干上向きで固定されてて上手く飲めない) -- 数多 2010-08-24 (火) 00:08:00
      • …んー。まぁ、仕方ないよね。心配はしたけど、こうして戻ってきてくれてる訳だし
        あ……首しんどい?(ちょっと待ってね、と言い置いてストローを持ってこようとしがたよく考えたらお茶にストローってどうなんだろうと葛藤する)
        ……。(次に湯呑みを持って無理やり飲ませる自分の様を想像してみる。)…いやぁ、そりゃ、ないでしょう私……
        (この間数分。数多を放置していることに気付き、慌てて新しくコップにアイスティをついで持って来た)ご、ごめんお待たせ!!
        -- 2010-08-24 (火) 00:18:44
      • へへ、そりゃ………置いてったら後が怖そうでさ。
        ん、うん……なんか、変な捻り方したみたいで…っ、いででで……(頭を掴んで戻そうとしてみると、鈍痛だけが走る)
        っはー…ダメだ。 …? ……?? え、いや、何が?(なんかうろうろしたり悩む響を見て当惑しつつも、出て来たアイスティを見て)
        (なんでこうなったんだろうと思考の経過を気にしつつ、ささったストローに口をつけた)はー……生き返る、こんなナリだろ。 殆ど何も食べてなくってさ…… -- 数多 2010-08-24 (火) 00:24:37
      • …え? あー……(置いて行ったら、の意味を把握してすごく困った笑み)
        ……わ、私考えなしなんかじゃありませんっ(ぼそっと呟く)
        あー…そっか。食べるの大変そうだよね、その怪我だと……って殆ど食べてないの!?(こりゃ偉いことじゃあ…みたいな表情で慌てる)
        それじゃ、お粥とか作ったら食べられそうかな…?
        -- 2010-08-24 (火) 00:32:40
      • (呟きが聞こえてくすっと笑い、ちょっと悪いと思ったのか胸中でごめん、と)
        ん……お粥は、正直ありがたいかも…… -- 数多 2010-08-24 (火) 00:40:23
      • それじゃ、ちょっと待っててね。ご飯残ってた筈だし……(再び台所へ。暫くすると、なんとも良い匂いが部屋に漂いはじめ……)

        という訳で、栄養補充も考えて…簡単だけど卵粥にしてみました!(ちょっと出汁の匂いもする卵粥の入った土鍋を持って満面の笑み)
        …さて(一匙掬って真剣な表情)…ここは、はい、あーんすべき所だよね…!
        -- 2010-08-24 (火) 00:48:20
      • (待ってる間、キッチンの音に耳を傾ける、土鍋の音、くつくつ煮込む音、良い匂い)………なんか、いいな。 これ。

        (なんとも言えない心地いい待ちぼうけにぼーっとしてると、出来上がり)お、へへ、待ってました。 えーっと……
        …!お、おう……!? じゃ、じゃあ。 あ、あーん…… -- 数多 2010-08-24 (火) 00:54:30
      • (ごくりと喉を鳴らす)うん。じゃ、じゃあ……いくよ
        はい、あーん……(湯気の立つ玉子がゆを数多の口元に近づける。若干緊張で手が震えていて危なかっしい)
        -- 2010-08-24 (火) 00:59:07
      • (緊張の面持ちで待ち構える)あ……、は、はふ…っっ!(あっつい。舌を少し火傷した気がする、けど意地でも溢せないので頑張って飲み込む) -- 数多 2010-08-24 (火) 01:04:34
      • あっ……ごめん、熱かったよね(二さじ目を掬い、ふーふーとある程度冷まして)
        はい、あーん♪(二度目はちょっと楽しくなってきた)
        -- 2010-08-24 (火) 01:10:38
      • んっ、いや……大丈夫、美味しいよ……(妙に顔が紅潮する、何時にも増して照れる)
        あ、あれ、なんか楽しんでな…あ、あーん…… -- 数多 2010-08-24 (火) 01:17:19
      • やっぱりこういうシチュエーション、憧れるしね……?(はにかみながらも慣れてきたのか、匙を動かす手を止めず)
        (土鍋の中身が無くなった頃には、満足しきった表情だったとさ……)
        -- 2010-08-24 (火) 01:26:17
  • お久しぶりでーす…元気ですか響さん? 随分前に前闘技場で戦ってたのを見て以来かな(彼氏さんとどうぞ、と店のショートケーキ二人分入った物を差し出しながら) -- タツマ 2010-08-23 (月) 00:33:57
    • あ、お久しぶりですタツマさん。……あー、えっと……ガストさん、でしたっけ。あの人と戦った時、かな…?(やぁやぁこれはありがとうございますと嬉しそうにショートケーキを保管)
      研究科も二年目ですよ。大分慣れてきたとは言え文献研究主体なので資料をさがすのがつらい…
      -- 2010-08-23 (月) 00:37:38
      • 確か風の精霊を呼んで剣を振るってた人だと思いますけど…ガストさんっていうんですか。仲良くしてますか?
        そういえば研究科は卒業とかないんでしたっけ…? 文献は…タイトルが分かれば探すの手伝いますけども -- タツマ 2010-08-23 (月) 00:40:30
      • (画像はうっかり挨拶に行くのを忘れていた院生の表情)……い、行かないと
        明確には決まって無いんじゃないでしょうか? 十分知識と経験を蓄えられたと判断したら研究科を抜ける人もいるでしょうし……んー。今のところ、明確な文献は。強いて言えば東洋の呪詛に関する文献でしょうか。あまり学園の方にも蔵書が無いんですよね…
        -- 2010-08-23 (月) 00:44:17
      • (彼氏さんと仲良くしてますかとちゃんと聞けばよかった…! という顔)…ま、まぁ間に合いますよきっと
        なるほど。心行くまで研究ですか…東洋の呪詛…東洋には縁がありますけど呪詛はさっぱりですねー…すいません。でもまぁ、本当にお困りなら蔵書量膨大な所から探してきますよ -- タツマ 2010-08-23 (月) 00:48:27
      • だ、大丈夫ですよねー……あはははっ、はは……(引きつった笑い)
        (あ、やっぱり、という顔)タツマさんって東洋系のお名前ですもんね。…って、ホントですか!? (目を輝かせて身を乗り出す)
        -- 2010-08-23 (月) 00:51:18
      • 忘れられてはないでしょうし…あはははは(苦笑するしかなかった)
        ええ、向こうの字でもちゃんと書けますしね。ええ、心当たりがあるので…蔵書ならあそこか遠くの知識の街くらいでしょうしね…ただ、差し支えなければなんで呪詛について調べているのか聞きたいですね -- タツマ 2010-08-23 (月) 00:56:28
      • へぇ……血縁に東方の方が居らっしゃるのかな…? 知識の街……聞いた事がありますけど、何処で聞いたんだったっけ……(うーんと額に指を当て考え込みそうになったところで、タツマの言葉に我に返り)
        っはぃ!? …あー……その。(少し、言いづらそうにした後、頷きを一つ)大事な人が、そっちの呪詛で…命を落とす事が運命づけられてる、んです
        -- 2010-08-23 (月) 01:08:06
      • 父が東方の出身でして。僕はハーフになりますね…僕も一度しか行った事は無いんですが、あそこは凄かったですねー…ご存知でしたか?
        ……(思ったより重い話だったために真剣になり)…生命の危険がある呪詛ですか…わかりました。じゃあ少し方向性を変えて…それらしい文献をこちらで漁ってクリスタにここに運ばせましょうか。御迷惑でなければ -- タツマ 2010-08-23 (月) 01:14:59
      • いえ……誰かに聞いた事が……誰だっただろう……?(どうしても思い出せない。だが、話を聞いたという事実のみは記憶に在る)
        …! はい! 出来るのであれば是非! …今は一つでも、手がかりが欲しいですから!
        -- 2010-08-23 (月) 01:18:19
      • ……ふむ。何か記憶に引っ掛かるんでしたら覚えておいた方がいいかもしれませんね?
        分かりました、さすがに命かけとあれば協力は惜しみませんよ…さて。探す折に、条件を絞るのにいいキーワードとかはありませんか? -- タツマ 2010-08-23 (月) 01:26:51
      • …ええ、何しろ記憶、戻ってきてるって言っても全然歯抜けですからね……
        ありがとうございます…!(土下座しかねない勢い)……「鬼」について。鬼の呪詛について、何か分かることがあれば…
        -- 2010-08-23 (月) 01:41:09
      • 人間の記憶はデリケートですからね…ちょっとした事で壊れちゃいますし(経験があるかのように笑い)
        どういたしまして…あまり気にしないで下さい。今度また模擬戦でもどうかと思ったんですが頼める状況でもなさそうですねぇ…と(メモを取り出し)…鬼、鬼の呪詛ですか…分かりました(書きとるとしっかり頷いた) -- タツマ 2010-08-23 (月) 01:46:11
      • あぁ、いえ。模擬戦自体は都合が合えばいつでも。
        何だか色々お世話になりっぱなしで…有り難いんですけど申し訳ないっていうか。いつか恩返し出来たらいいんですけどね……
        -- 2010-08-23 (月) 01:59:02
      • いいんですか? では、都合があえばお願いしますね。もう、響さんなら手加減し無くてもよさそうですし(冗談半分本気半分くらいで笑い)
        そこまで気にしなくても…まぁ、僕が響さんに助けられる場面だってあるでしょうし。困った時はお互い様くらいの気持ちで…さて、では今日はこの辺りで。次はクリスタをよこしますね(軽く一礼すると帰っていった) -- タツマ 2010-08-23 (月) 02:05:42
  • あけましておめでとう、響。 いい初夢は見れた? -- 数多 2010-08-19 (木) 22:18:20
    • ん、あけましておめでとう。初夢は……実は、覚えてない(えへへ、と苦笑する) -- 2010-08-19 (木) 22:29:00
      • おいおい……、んっ、まぁ。 僕も人に話す程大した夢を見たわけじゃないけどね。 
        初詣に行く体力は残ってるかい。 -- 数多 2010-08-19 (木) 22:42:21
      • 実生活が充実してるから、印象に残る程の夢を見てないのかもね。今割と幸せだし
        初詣? うん、大丈夫だけど…この辺神社、(と、この街の特異性を思い出し)…うん、ありそうだね
        -- 2010-08-19 (木) 22:48:09
      • (腕を組んでうーんと)僕は一時期似たような夢を良く見ることがあってさー……まぁ、最近はそうでもないんだけど。 うん、幸せだからかもしんないな。
        そうそう、探せばありそうだろ。 寺も教会もあるんだし。(行く当てがあったわけではないけれど、なんとかなる、と楽観的に) -- 数多 2010-08-19 (木) 22:58:58
      • 似たような夢……あんまり良い夢じゃなかったのかな?
        …ふふっ、要は一緒に二人で出かける事が第一義、だよね?(外出の準備をしつつ、笑顔で)
        -- 2010-08-19 (木) 23:11:06
      • ……そうなるね。 んー……あんまり面白い話じゃないから、また今度な。
        はは、バレたか。 ん……待ってるから、準備出来たら呼んで。(ドア横の壁に背をついて、帽子をくるくる回す。) -- 数多 2010-08-19 (木) 23:14:56
      • ん。じゃあ、また今度、言いたくなった時で。
        (暫くして、外出着に着替えて)ごめん、お待たせ。…で、何処行こっか?
        -- 2010-08-19 (木) 23:21:47
      • (検索完了……)どこも初詣スポットとしてはうーん…大仏?大仏はないか………、っと。
        んじゃ、そうだな……適当な社で御参りしてから、公園でのんびりしてこっか。 -- 数多 2010-08-19 (木) 23:42:35
      • …大仏はないよねぇ(困ったような笑み)
        ん、了解。…っと(数多の腕に、腕を絡ませ)行きますかっ♪
        -- 2010-08-19 (木) 23:47:08
  • 新年の挨拶の回覧板が回ってきた、新年ならではで普段よりちょっと豪華に飾りつけられてある
    次に回す場所が書いているが、回さずに玄関に置いていても問題ないかもしれない) -- 2010-08-19 (木) 16:59:35
    • こちらですねー…って一方的に知ってる相手ですねこれ -- 2010-08-19 (木) 18:21:08
  • うおぉ…地面が垂直にみえる……(引き摺られてきた) -- 数多 2010-08-18 (水) 00:28:05
    • 数多くん、飲み過ぎ。(言いながらも結構自分も酒臭い)
      あー…ちょっと、今日かなり散らかってる。ごめんベッドの上片すね…(部屋の中まで連れてきて散らばった本を片付けている。S科の資料のようだ)
      -- 2010-08-18 (水) 00:29:44
      • 悪い、つい……(片付けている間、壁によっかかって頭を抑えている)
        家でも研究? ほんとに熱心な………これは……(気まぐれで、紙を1枚拾い上げてみる)
        学園の資料……?随分前の…… -- 数多 2010-08-18 (水) 00:34:10
      • 楽しかったけどね、私も。…椛島先輩、少なくとも無理はしてないみたいで良かった。(とりあえずベッドの上が片付いたのでコップに水を入れて)
        はい、お水……ああ、それね。研究っていうか、色々、気になった事があってね?(数多が拾い上げた書類の文末に、Okamotoのサイン)
        -- 2010-08-18 (水) 00:37:36
      • うん……ソーニャさんの話、なるべくしないつもりだったけど。 杞憂だったかな……
        ありがと。 ……ぷは。(水を一口、おもいっきり息を吐いて) ……ふぅん……でもこれって、昔のS科、の……(O? k...a...m.....)おか、もと? -- 数多 2010-08-18 (水) 00:41:54
      • …辛くない訳ないんだけど。でも、椛島先輩が私たちと一緒に楽しみたいって思うなら、ね
        ん……昔、私がお世話になってた人。昔って言うか、前回この世界に来た時かな(実はここも、その時その人と住んでた部屋なんだ、と言って笑って)
        それがね、苗字が一緒ってだけで私は住まわせてくれるお人好しで! ……非常勤の王城先生、知ってる?
        -- 2010-08-18 (水) 00:53:26
      • うん……平気だったとしても。取り繕ってるだけだとしても。 …失礼な事したかな。
        (酩酊覚めぬ、ぼーっとした頭で話に聞き入る。昔の資料で何回か目にした事がある、元S科の教諭。 オカモト レンジ……どんな人だったんだろう)
        んあっ、高嶺センセ? ん……とんでもなく強いよね、何度もズタボロにされたよ。 -- 数多 2010-08-18 (水) 01:02:35
      • …ん、そんな事ないと思うけど。そう思うなら、私達誘ったりしてないだろうし
        うん、高嶺先生。あの人がその人の教え子だったらしく。色々お話聞かせて貰ったんだけどね。お陰で、色々思い出せた
        …調べて何しよう、とか。そういうことは全然考えてないんだけどね?(困ったように笑いつつ、隣に腰掛け同じように壁にもたれる)
        -- 2010-08-18 (水) 01:05:26
      • ん…………心配することもない、か。(逆に心配かけても、持っての他なのだし)
        (思考力がとっくにゼロの頭でぐるぐる考える、高嶺先生を指導してた程の人ならさぞ出来た恩師なのだろう)
        ……うん。そりゃ、自分の過去の事が分からなくって、手掛かりがあったら、僕だってそうすると思うし。(そう、笑い返す。まぁ内心ちょっともやっとしつつも) -- 数多 2010-08-18 (水) 01:16:16
      • (恋人のぼーっとした視線にあ、これはかなり回ってるなぁと判断し)
        …ん、ありがと。ごめんね、何だか気を使わせちゃって。(言いながら身体を支えてベッドまで連れて行き)
        父親…とか、兄とかそんな感じだったかなぁ……
        -- 2010-08-18 (水) 01:23:26
      • ……わり……(覚束ない足取りで、転がるように仰向けに。 電灯が少しまぶしい)
        (ごめん、やっぱりちょっとだけ嫉妬してるかも。そんな必要ないのに、と胸中で一人ごちる。    父親で、兄、か……)……塰音の話って、したっけ…… -- 数多 2010-08-18 (水) 01:30:09
      • (数多を寝かせてそのまま、ベッドに背を預ける)……え? 塰音さん…保護者だって事しか知らないかな
        顔合わせて挨拶した位しか……
        -- 2010-08-18 (水) 01:33:44
      • そっか……何から話そうかな…………(何となく響に触っていたくて、手を伸ばして)
        ずっと旅をしていたんだ……、二人で。(回らない頭で指折りしながら数えて)……10年近く。 -- 数多 2010-08-18 (水) 01:43:50
      • ん……(数多の手が、滑らかな黒髪に振れる。大人しく触られるに任せ)
        二人で旅を……そんなに。じゃあ、数多くんにとっても、父親とか、兄とか…そんな感じなの?
        -- 2010-08-18 (水) 01:45:26
      • (髪に触れてると、少し安心したような顔)……そうなる、かな。 親で、兄で、師で……そんな人。
        (視界がぼやける。ああ、もうだめそうだ……)起きたら。 起きたら……少し聞いて欲しいんだ。 僕の、むかしのこと……、まだ、あんまり話してなかったから。 -- 数多 2010-08-18 (水) 02:02:27
      • (眠気を帯びる声にくすりと笑みを浮かべて)うん、わかった。私ももっと、数多くんの事知りたいから
        だから、起きたら、聞かせて? (優しく言って、自分も欠伸を一つ。このまま寝るのもいいかな……)
        -- 2010-08-18 (水) 02:04:36
      • (もう、ちょっと……酒、強くなっとこ……  おぼろげにそう思いながら、寝息を立て始めた……) -- 数多 2010-08-18 (水) 02:06:10
  • それにしても暑い……異常気象?(部屋に残されていた本を読んでる) -- 2010-08-16 (月) 21:09:56
  • ふふふふふ……夏フェスでは見事ならぶらぶっぷりでしたね…(窓から半分だけ姿を見せてにやにや) -- ラゼンシア 2010-08-16 (月) 00:10:21
    • (ビクッと反応して、左を見て右を見て、部屋の隅っこに縮こまる)
      あ、あの時は…その…テンションが上がりすぎて……
      -- 2010-08-16 (月) 00:17:40
      • いいんだよ…恥ずかしがらなくたって… 数多君かっこよかったもんねえ…(にやにやにや そのまま身体をもぐりこませて部屋の中へ) -- ラゼンシア 2010-08-16 (月) 00:26:43
      • あああ、いやその……ま、まぁ。凄いかっこよくてびっくりしたというか。
        あ、いえ普段もかっこいいんですけど普段とはちょっと違う表情というか……(てれてれ)
        …ふと気付きましたけど、何だか私最近さらっと恥ずかしい事を言ういきものになってませんか……(ベッドの上で悶える)
        -- 2010-08-16 (月) 00:29:32
      • ……(それはそれは楽しそうな、三日月型の目。 耳をよく立ててしっかりと聞いている)そっかー普段もかっこいいけどもっとカッコイイ、ね………
        気にしないでもっと惚気てくれていいんだよ? いいんだよ?(続きを楽しみにしている) -- ラゼンシア 2010-08-16 (月) 00:43:53
      • うぁぁぁぁ……(ごろごろごろ)
        いやその、ギターすっごい頑張って練習したんだなぁ、とか、あーこんな表情もするんだ、とかそんな事を考えてきゅんってなったとかそんな……(しかし結局は惚気たいお年頃ではあったのだ!)
        ……ところで、ラゼンシアさんの方こそタツマさんとはどうなんですか?
        -- 2010-08-16 (月) 00:46:11
      • ふむふむ、頑張ってた姿にきゅんきゅんしたんだね! そして会場のハイテンションも相まってああなったと……(メモメモ)
        ほえええ!? わ、私とタツマ君がどうって、どういうことっ -- ラゼンシア 2010-08-16 (月) 00:55:43
      • いまははんせいしている(事情聴取を受ける被疑者の心境)
        ……あ、あれ? 何ですかその反応。(話題を逸らしつつカマをかけたつもりだったらしい)もしや……!
        聞かせてもらいますよーラゼンシアさん! そのご様子だと何かしら進展があったのではっ!?
        -- 2010-08-16 (月) 00:57:28
      • いいじゃない、ああいう場所でちょっとくらい派手なことしてもー! 誰も咎めないよ♪ それにステージの上でラブラブしてた人もいたしね
        い………いやいやっ 私は響ちゃんと数多君のことを聞かせてもらいにきたのであって! そんなことはどーでもいいことなの!(話を巻き戻そうと必死) -- ラゼンシア 2010-08-16 (月) 01:02:20
      • と、咎める咎められないというよりもむしろ、自分よくあんな事言えたなぁと……あぁ、有也先輩とシヨン先輩ですね。…確かに。(夫婦凄いなぁと思ったとか思わなかったとか)
        いやいやどうでもよくないですよ!? ここはこう、フェアに行きませんかラゼンシアさん…! っていうかその反応何かあったって言ってるようなものですから!
        -- 2010-08-16 (月) 01:26:31
      • あれは録音しておくべきだったかなーって思うよ もうちょっと早くついてたら…(ブツブツ) 知り合いなんだ!?
        フェア…? や、やだよ…私はおいしいところだけ頂きたいのー!!(身構える) -- ラゼンシア 2010-08-16 (月) 01:40:04
      • 知り合いっていうか…顔と名前だけは知ってる、って感じでしょうか。数多くん、有也先輩の興信所でバイトしてますし(その繋がりでバンドすることになったんでしょうけどねーと続けて)
        …ろ、録音…(されなくて良かったなぁと思いながら冷たい麦茶とよく冷えた葛餅を出して帰らせない構え)
        うわ、この妖精さん言い切った…! でも私だけ恥ずかしいとか我慢できないですし! っていうか気になりますよ!(無意味に手をワキワキさせてみる)
        -- 2010-08-16 (月) 01:43:37
      • へええーー…しらなかった、興信所なんてあったんだ…………
        卑怯だーっ(ちゃっかり落ち着いてお茶を頂きながら) おいしいところだけ頂くのが私の特権なのに…… だいたい、なんにも、ないよ、そう、ないない!(いかにもあやしい態度で目を泳がせながら) -- ラゼンシア 2010-08-16 (月) 01:48:10
      • あの人達も学園の卒業生ですしね。(科が違うから交流全然無かったんですけどね、と言い置いていい笑顔になる)
        ラゼンシアさん。これは卑怯なんじゃなくて戦術です。所謂兵法な訳です
        …まぁ、それじゃ何があったかはいいんですけど。ラゼンシアさんとタツマさん、お似合いだと思うんですけどねー(口笛吹きそうな勢いでカマかけに入った)
        -- 2010-08-16 (月) 01:51:51
      • 学園の繋がりはすごいなぁ……(笑顔、笑顔なのに背筋が凍った)
        響ちゃんが怖い……… ふ、そんな、手には、のらない、もんね………!!!(真っ赤) -- ラゼンシア 2010-08-16 (月) 02:05:15
      • (おぉっと?と片眉を釣り上げる。にやーと口元には底意地の悪い笑みが)…つまり裏返せば「その手に乗ると不味い」、と
        ま、あまり深く聞きすぎるのもアレですから(と言って麦茶を一口。「してやったり」な表情)
        -- 2010-08-16 (月) 02:09:00
      • うぐぐぐぐぐぐぐ………… 今日は、ここまでにしてあげるよっ
        まったねー!!(ちゃっかり葛餅は頂いて逃げ帰った) -- ラゼンシア 2010-08-16 (月) 02:32:23
      • はーい、また来てくださいねー(一転攻勢に成功して満足気な表情でヒラヒラ手を振る)
        ……やりすぎたかなぁ、でも私も恥ずかしい事色々言ったしおあいこだよね……
        -- 2010-08-16 (月) 02:34:20
  • (日付変更線を大きく回った頃にアパートの扉をノック)お、起きてるかな…… -- 数多 2010-08-15 (日) 01:44:13
    • \あいてますよー/(部屋の中から聞こえる声) -- 2010-08-15 (日) 01:45:03
      • 良かった……(もたれかかるように扉を開けて)
        打ち上げでちょっと飲みすぎちゃって……(要は自宅まで辿り着けるか怪しいので街中の方のこっちに足を向けたと) -- 数多 2010-08-15 (日) 01:49:54
      • わ……大丈夫数多くん!?(慌てて戸口で支える)
        あんまりお酒強くないんだから……でも、しょうがないよね。頑張ってたもん……お疲れ様。かっこよかったよ(ベッドの方までずるずると引っ張って行く)
        -- 2010-08-15 (日) 01:51:53
      • っと、と、悪い……(壁に手をついて体重をかけないように)
        へへへへへぇ(にへっと顔を崩して) うん……見に来るって知らなかったから、すげー嬉しかった。 -- 数多 2010-08-15 (日) 01:54:06
      • も、モーディさんとジュキ先輩がハッピとかハチマキとか用意してて…うん。なんかごめん凄い恥ずかしいことした気がする
        ……私も、まさか数多くんが出るって知らなかったし。練習、頑張ってたんだね……(よ、と勢いをつけてベッドに寝かせて)
        -- 2010-08-15 (日) 01:57:10
      • (いつのまにあんなもん、と疑問は尽きないけど、まぁ、いいや……)ん……この2ヶ月全然会いにこなかったからね。悪かった。
        (仰向けに転がされて上気した顔に手を当てる。酒くさくないかな、と気にしつつ大きくあくび) -- 数多 2010-08-15 (日) 02:02:09
      • ううん、そんな事ないよ。(お互い、色々と忙しいもんね…と言って、水を持ってこようとして)
        (数多の大あくびに気づき、くすりと笑う。枕元に腰掛け、そっと髪を撫でて)ん、今日はこのままウチに泊まる?
        -- 2010-08-15 (日) 02:06:58
      • ん……(今更やっぱ悪いなとか床に寝ようかとかぐるぐる考えるけどもう無理、動けない、体温の上がった頭に響の手が気持ちいい)
        …………そーする…… -- 数多 2010-08-15 (日) 02:11:42
      • (ふむ、と一つ頷いて、明日の予定を確認。大丈夫、一日休日だ)
        それじゃ、今日はゆっくりおやすみなさい……お疲れ様、数多くん(慈しむような笑みを浮かべながら、寝付くまで髪を撫でる)
        -- 2010-08-15 (日) 02:13:25
  • みーんみーんみーん(樹に張り付いてセミごっこしてる幼女) -- アトリア 2010-08-14 (土) 23:09:31
    • あれ、小さい女の子がセミごっこしてますね(アパートの窓から外を見てのほほんとつぶやく)
      ……ってどんな状況ですかそれぇ!!?(窓を開けて叫んだ)
      -- 2010-08-14 (土) 23:36:11
      • みーんみーん(窓を開けると、幼女のツインテールが羽に変化して部屋の中に飛んできた!) -- アトリア 2010-08-14 (土) 23:40:03
      • ううううわぁぁ!?(びっくりして仰け反って恐ろしいものを見る目で部屋の中に入ってきた幼女を見る院生) -- 2010-08-15 (日) 01:09:25
      • フッフッフッ、まんまとひっかかりましたね!こうしてセミのものまねをしていれば、マドをあけるだろうことはよそうがついていた……!
        というわけでまどをひらきしものよ!なんじがなをいうがいい! -- アトリア 2010-08-15 (日) 01:23:28
      • し、しまったぁぁぁ!!!? …ってリアクションで正解ですかこれ…(ぷるぷる震えながら)
        あ、はい。岡本響です。お嬢ちゃんはなんて名前なの?
        -- 2010-08-15 (日) 01:29:18
      • うん、だいたいあってる。(パンパンと埃を払いつつ)
        ヒビキさんですね、アトはアトリア!とおりすがりのドラゴンです!きょうはエサをさがしにきたよ!がおーたーべちゃうぞー!! -- アトリア 2010-08-15 (日) 01:35:23
      • アトリア…ドラゴンね(はーなるほどそういうことも有るのかと思いつつ)…え、ドラゴンって言いました?
        食べられます!? 私食べられちゃいます!?(がくがくぶるぶる)
        -- 2010-08-15 (日) 01:36:38
      • そうですよーたべちゃいますよー!!ヒビキさんにくづきいいからきっとおいしいんでしょうねえ!うりゃー!!(飛び掛る -- アトリア 2010-08-15 (日) 01:43:18
      • の、ノゥ! 絶対にノゥ!!(伏せる。背中は隙だらけだ!) -- 2010-08-15 (日) 01:44:02
      • ふぎっ(急に伏せられたので壁に顔からごちーん!ずるずる落ちて、動かなくなる) -- アトリア 2010-08-15 (日) 01:48:09
      • (脳裏に響く例のテーマ)こ、これは…
        あ、あの…大丈夫? アトリアちゃん……(恐る恐ると言った風情で肩を叩いてみる)
        -- 2010-08-15 (日) 01:50:28
      • (瞬間、しゅるるっとマフラーハンドが響の手足を拘束する確定ロールが炸裂する!)
        ぬぐっふっふっふ……ごあんしんください、みっしつさつじんじけんはおきませんから……(むくりと顔を上げて)つーかまえた♡ -- アトリア 2010-08-15 (日) 01:51:56
      • おぁっ!?(ずるぺたーんと尻餅をつく)
        ひぃっ!? 食べられるならそれは密室殺人なのではないでしょーかー……
        -- 2010-08-15 (日) 01:53:17
      • ……それもそっか。(にひっと笑んで)だいじょーぶ!いたくしないから!!(すっと顔を近づけて -- アトリア 2010-08-15 (日) 01:59:19
      • や、やばい食われる…っ!? (と、はたと気づいたように)
        ところでドラゴンって人間食べるんですかね?
        -- 2010-08-15 (日) 02:00:18
      • たべるよー?ただし、アトはたべないけどね!(そのままほっぺにちゅーして)へへっ、じょーだんでした!
        ドラゴンはひとたべるだいめいしじゃないかな? -- アトリア 2010-08-15 (日) 02:05:51
      • (呆気に取られたような表情)…お、驚かさないで下さいよぉ……
        あ、やっぱ食べるんですね。……人間って美味しいんですかね?
        -- 2010-08-15 (日) 02:08:49
      • いやー、あんまりにもしょうどうぶつなうごきしてたからつい……ごめんね?
        うん、たべるよ。んー……モノによるかな。アトはあんましすきじゃないかも。 -- アトリア 2010-08-15 (日) 02:20:12
      • そ、そりゃあ確かにM科にいた頃は小動物キャラとか言われてましたけどね……
        個人差あるんですね。確かにガタイのいい男の人とかはあんまり美味しくなさそうな……
        -- 2010-08-15 (日) 02:22:46
      • でしょ?だってびくびくふるえてるし……かわいいなあ!!
        うん、スジばっててまずいよ。ヒビキさんみたいなこはおいしいかもね?にくがやわらかくて…… -- アトリア 2010-08-15 (日) 02:37:56
      • 可愛くないですし!可愛くないですし!(うずくまりつつ)
        ……人の肉食べる系の怪物の前には出ないでおこうと思います、はい。(がくがくと頷く基本的に小心者)
        -- 2010-08-15 (日) 02:39:19
      • なんですか、かわいいといわれたくないんですか?なんてぜいたくななやみなんだ……
        うん、それがいいとおもうよ。と、いうわけであぶなっかしいヒビキちゃんのためにいいものをあげよう!(と、一枚の古い羊皮紙を渡す。なにやら呪文が書かれていて) -- アトリア 2010-08-15 (日) 02:44:47
      • 自覚ないのに言われると凄いこう、悶えるってことはありませんか……
        あ、危なっかしい!? あ、はいなんでしょうかこれ……(羊皮紙を受け取り、眺める。自分の知識と呪文を照らし合わせ)
        -- 2010-08-15 (日) 02:50:47
      • すなおにうけとろうぜ!ヒビキちゃんかわいい!!!ちゅっちゅしたい!
        おいしそうで、しょうどうぶつってかなりキケンだとおもう!うん、これはしょうらいふっていってね。これをおもいっきりやぶくと、じぶんのまわりにちょうこうあつのライトニングボルテックスがあめのようにふりそそぐのさ!くわれそうになったらつかうといいです。 -- アトリア 2010-08-15 (日) 02:56:37
      • え、あ、はい。ちゅっちゅは彼氏とよく…(てれてれ)
        招雷符…なるほど、使いきりの魔術符ですか。これは……ありがたい……
        私、専門は火属性でしかも広域破壊に向いてないですからホントにありがたいですね。危なくなったら使わせてもらいます(にっこり笑いかける)
        -- 2010-08-15 (日) 02:59:45
      • カレシもちかよ!しかもノロケられたぞアト!?じゃあいいじゃんかわいいとかいわれなれてんだろ!?
        そーいうこと。たりなくなったらまたつくってあげるよ。
        うん、つかってつかって。ヒビキちゃんみたいなかわいいこはしんだらいけないよ。(どことなく遠い目をして)
        さて、じゃあぞんぶんにおれつえーもしたしアトはかえるぜ!またあいましょうね、ヒビキちゃん!(ウインクひとつすると、身体が霧状に変化し四散して消えた -- アトリア 2010-08-15 (日) 03:05:13
      • それはもう……いや、でも彼氏は照れ屋でなかなか言ってくれないのがこう。
        ん…そうですね。まだまだ、死にたくはないですし。死ぬわけにもいきませんから
        あ、はい。またお会いしましょ……(霧散するアトリアに目を丸くして)……ほ、ホントに強キャラっぽいなぁ……
        -- 2010-08-15 (日) 03:08:25
  • 頭痛薬を飲むほどではないけど微妙に頭痛があるこの状況ー…ッ! -- 2010-08-12 (木) 23:02:02
    • まぁまぁ、楽にしてるといいよ。(水を差し出しながら) -- 数多 2010-08-12 (木) 23:16:22
      • ごめんねぇ、数多くんもあんまり体調よろしくなさそうなのにー……(部屋着(Tシャツにハーフパンツ)でベッドに伏せてぐだーってなってる) -- 2010-08-12 (木) 23:18:07
      • 僕はもう平気。 まぁこんな事もあるだろ。(ぐだってる横にぼふっと腰掛けて頭を撫でる) -- 数多 2010-08-12 (木) 23:23:06
      • (大分なおった)……んー……
        (ベッドの上をずるずる這って数多の膝に頬を乗せる)
        -- 2010-08-13 (金) 01:17:54
      • んー……?  おやおや。 (上を向けている頬に触れたり、髪をいじったり)
        ……少しはよくなった? -- 数多 2010-08-13 (金) 01:29:14
      • (くすぐったそうに笑みを浮かべる)うん、大分よくなった。
        えへへー……数多くんの膝気持ちいい……(気の抜けきった表情で膝枕を楽しんでいる)
        -- 2010-08-13 (金) 01:31:47
      • ん……(それを見て、優しい笑みを返して)
        こんなのでよけりゃいくらでも。(ちらりと時計を見る、まだ遅いって程でもない時間だけど) ……今日はずっとこうしてようか。 -- 数多 2010-08-13 (金) 01:39:15
      • …ん。(ころんと寝返りを打ち、数多の顔を見上げて)
        なら、このまま寝ちゃってもいいかな……ごめんね、わざわざ来てくれてるのに……(言いながら欠伸を一つ。腕を伸ばし、数多の頬をそっと撫でて)
        -- 2010-08-13 (金) 01:43:43
      • (響の顔を見つめながら、頬に当る手を取る)これは、これで、って。
        ん、ゆっくりおやすみ…………腹減ったら起こしていい? -- 数多 2010-08-13 (金) 01:50:00
      • (見上げる顔は、満足そうに微笑んで)うん。何かつくるか、一緒にどこか食べにいくか…どうしよっかな……えへ……
        (言葉は呟きとなり、やがて安らかな寝息となる。豊かな胸が規則的に上下を繰り返して)
        -- 2010-08-13 (金) 01:53:27
  • というわけで卒業者の所を回ってみる運動!響は卒業してからどんな感じだー?まぁプライベートは充実してそうだけどさ(にんまり) -- マオウ 2010-08-11 (水) 22:43:06
    • …情報回るの早いですよね…!
      卒業してからはのんびり研究室に入り浸ってますねー。早くも寝袋持ち込んでますよ!
      -- 2010-08-11 (水) 22:49:03
      • 早いというかオレも言いふらしてたしー、大体卒業式終わって食堂で抱き合ってたらあっという間に広がるって!(にんまり)
        研究室?ってことは院に進んだんだ、あ、そっかーなるほどな(にまにま)数多はちょっと迂闊だったもんな、一緒の学び屋で卒業を待つって感じかぁ -- マオウ 2010-08-11 (水) 22:51:40
      • 言いふらさないで下さいよ! ああ、ええと、それはまぁ。その(俯いて赤面)
        だだだ、だから違いますよ!? 数多くんが留年擦る前から院に行くのは決めてましたしー!?
        -- 2010-08-11 (水) 22:54:15
      • なーに言ってんだよ響!こういうのはみんなに祝福して貰った方が良いに決まってんじゃねーか!(これはとりあえずのお祝い、とケーキを渡して)
        あれ、そうなのか?じゃあそう言う事にして置いて、寝袋まで持ち込むってそういう…… -- マオウ 2010-08-11 (水) 23:00:56
      • あ、それは…はい。ありがとうございます……(ぐんにゃりしながらケーキを受け取る)
        だ、だからなんで全部そっち方面につなげるんですか!!? 大体ふたりっきりになりたいならもう学生寮じゃないんですし、このアパートに呼びます!!
        -- 2010-08-11 (水) 23:07:13
      • むむむ、響はこう言うのひっそりとしていた方が良いのかな?ならもうからかったりしないけど……(しゅん)
        おー!大胆発言だし!数多も良い彼女を見つけたよなーうんうん、こほん、これはここまでにして置いてっと、真面目な話、響は素性とか全部話したとか?それなら良いんだけど、ちょっと気になってさ -- マオウ 2010-08-11 (水) 23:14:14
      • あ、…か、からかってたんですよね!? まぁ、いいですけどね……今更ではありますし
        だっ……(今更言葉の意味に気付いてベッドの上で転がる)
        (マオウの言葉に顔を上げて)ん……思い出せた事は全部。あっちはあっちで、かなりの訳ありみたいですけどね……
        -- 2010-08-11 (水) 23:20:56
      • だってこう言うのって絶好の弄る話題じゃんかー、まぁ調子に乗ってたのは認めるけど……(頬ぽりぽり)
        あーもぅ!響はかわいいなぁ!(ぺしんぺしん)まぁまぁ、そのまま言ってあげれば数多喜ぶぞー?
        そっか、みんな話したし数多のことも聞いたんだ、それなら安心かな?お互い分かった上で一緒になった訳だし
        そこはあれだ二人で何とか解決策をだな、って……もしかして響の研究ってそこにも関連する話か? -- マオウ 2010-08-11 (水) 23:28:07
      • …まぁ、それは認めますけど。私も弄りたいですしねーそういうシチュエーションになったら
        ぐへぇー(乱れた髪をぐしぐししつつ)
        ……そうですね。そっち方面も色々と調べてますけど……糸口すら、見えないですね(笑みに少しだけ苦みが走る)
        -- 2010-08-11 (水) 23:32:43
      • ほーら、やっぱ響もそうじゃんかさ!にひひ、こういう響ってなかなか見れないもんな、生徒会長然ってしてるのが印象強くてさ
        (真面目な顔になる)糸口すら、か……でもま、院に進んでから2ヶ月、この世界の来てからとしてもまだ3年だ、焦らず地道に進めるしかねーさ -- マオウ 2010-08-11 (水) 23:42:11
      • …どうなんでしょう? 人から見た評価って、分からないものだから……
        それは…そうなんですけどね。どうしても焦ってしまいますからね……
        …焦って失敗する訳にはいかないですからね
        -- 2010-08-11 (水) 23:52:36
      • そりゃそっか、自分の評価と他人の評価なんて違って当たり前だもんな、オレから見ると優等生っぽかった
        ん、響と数多の未来がかかってるんだもんな、何度もチャレンジすればいいって物でもないか……もしオレに何か手伝えることがあったら遠慮なく言ってくれよ?
        ってところでオレはそろそろ帰るな!焦らず頑張れよ!応援しかできねーけど……んじゃ! -- マオウ 2010-08-11 (水) 23:59:07
      • 優等生っぽい……よし!あ、いえ。それなりに頑張ってた自負くらいはありますから(満足そう)
        はい、私一人でどうにもならないときは、勿論頼らせて頂きますよー…応援だけでも十分ありがたいです!それではまた!
        -- 2010-08-12 (木) 03:09:48
  • (数多と何か親しげに約束している姿を家政婦の表情で影から見ながら)
    と、それは置いといて響も卒業おめでとー、学園生活に悔いは残らなかったかねー? -- ジュキ 2010-08-10 (火) 16:59:38
    • ナズェミテルンディス!!?
      ありがとうございます、ジュキ先輩。悔いは…残らなかったですけど、忘れ物があるみたいなので研究科に進むことにしました。魔術の理論を学ぶのは嫌いじゃないですからねー
      -- 2010-08-10 (火) 21:34:18
      • ウェイ!?(びくっ)……そういう関係?(首をかしげながら
        あ、そうなんだ、響は進学かぁ、みんな結構卒業したあとだらだらしてるけど響は偉いな…! -- ジュキ 2010-08-10 (火) 22:00:17
      • …あ、はい。恥ずかしながら……(うぇへへへ、とだらしない笑みを浮かべる)
        まぁ、何かやってないと冒険者は無職に限りなく近い人種ですから……!
        -- 2010-08-10 (火) 22:24:41
      • も、ものすごく乙女が恥じらってるようには見えない笑みだけど、マジか、おめでとー、ほほう、ついに響もその胸の使いどころがやってきた…!
        な、なんだと、こんなに命賭けてしかも大金も稼げるのに!?いやまぁあたしは使い魔としても働いてるけどさ! -- ジュキ 2010-08-10 (火) 22:40:41
      • あ、いや、これはその。違うんですよジュキ先輩……(赤面してうつむく。今更。)…ありがとうございます…って胸をどう使わせるおつもりなんですか!?
        だって冒険者専業だと長くて一週間依頼に行く以外は殆どダラダラしてるだけじゃないですか…!定職を持っているとは言い難いですよ!
        -- 2010-08-10 (火) 22:49:47
      • とりあえず響の嬉しさは伝わったわ…!え、どう使うって……押し当てたり、挟んだり、ですかね……前あたしがあげた服とか着てみても喜ばれるんじゃないかな!
        違うよ、全然違うよ、片道一週間だから行って帰ってくるので二週間かかるわよ!最初の内はそんな時間掛からないけどさ!二日とかで終わるけどさ!
        ……そういえば、研究ってあれ?元の世界に戻る為の方法探すの? -- ジュキ 2010-08-10 (火) 22:57:12
      • お、押し当てたりって。挟んだりって……いや、アレは痴女すぎてちょっと。(目の前で着てる人が居るのに酷い言いようであった)
        片道一週間の依頼が来るようになるのは相当な実力がついてからじゃないですか……あ、いえ
        そういうつもりはないんですけどね。自分の使う方向性を伸ばしつつ……後は、各種呪いの解呪方法とかも研究しようかな、と
        -- 2010-08-10 (火) 23:06:02
      • ちなみに今の挟んだりと聞いてどこを挟むと思い浮かべたのかで響のエッチ度が変わります、謝れ!あれが普段着のあたしに謝れ!
        まぁこっちの世界で幸せもつかんだ事だしねぇ、呪いかぁ、何か解きたい呪いでもあるのかしら
        ま、これからもがんばってね?進学してもっと勉強すればそのまま教師になったりとかも出来るだろうしー、それじゃ今日はこれでお暇するわ、ほいじゃね! -- ジュキ 2010-08-10 (火) 23:18:21
      • え…そんな、どっちにしても恥ずかしいし…(ゲザりながら)
        ちょっと色々と、込み入ってまして。幸せ維持の為と言いますか
        はーい、また遊びに来て下さいねー
        -- 2010-08-11 (水) 12:51:48
  • なぁ響、今月冒険終わったらどっか行かないか、買い物とか。
    ほら…遅くなったけど、先月お返ししそびれたしさ。 なんか奢るよ。 -- 数多 2010-08-10 (火) 12:58:56
    • ん、分かった。じゃあ、予定は開けておくね?
      ……あぁ〜(納得したように頷いて苦笑する)気にしなくてもいいのに…でも、一緒にどこか出かけるのは楽しみだな
      -- 2010-08-10 (火) 21:33:13
      • (それから暫くして、お互いに冒険を終えて数日)悪い、待たせたかな。
        S科の新入生歓迎の準備に手間取っちゃってさ。 -- 数多 2010-08-10 (火) 22:29:44
      • ん、大丈夫。私も引越しとか、色々あったから
        (顎に指をあて、首をかしげて考える)……んー、どこいこっか? 数多くん何か、欲しいものとかある?
        -- 2010-08-10 (火) 22:33:36
      • そっか、じゃあ引っ越し祝いも兼ねないと。
        (腕を組み、頭を捻る)僕の欲しいもの? んー………、最近米が減ってきたし、刀も大分磨り減って………いやいやいや!? 今日そういうんじゃねえよ!?
        響こそ、なんかないの? 欲しいものとか、食べたいものとか。 -- 数多 2010-08-10 (火) 22:39:15
      • あ、あんまり無理しなくていいよ? 学費とか、稼がなきゃなんでしょ?
        (色々と質実剛健だなーと苦笑し)んー……食べたいものかぁ。なんか、あんまりそういうの、ないかも
        …うーん(デートの場所として楽しそうなところが概ね埋まっているというメタ情報を得て困る私であった)
        -- 2010-08-10 (火) 22:48:05
      • うぐ、そこを突かれると…今はなんとも言えない……(ざーっと見てみて、なるほど、こりゃ困る。 とメタい思案)
        んー………ほら、一応ホワイトデーのって事でさ。何か甘いものでもって思ったんだけど。 -- 数多 2010-08-10 (火) 22:57:50
      • あはは…安めではあるけど、払うのは大変だもんね、学費
        甘いもの……(暫く考え、頭上に豆電球が灯った)
        そうだ、エクチュア行こう
        -- 2010-08-10 (火) 23:02:50
      • 最初の学費は出してもらったからね。 これ以上は流石に頼れくって。
        お。(豆電球が見えた)何かひらめいた……?
        Ek Chuah……あ、名前だけは何度も聞いた事ある。タツマさんも働いてるんだよね、確か。 -- 数多 2010-08-10 (火) 23:07:01
      • 出してもらった…って、ん? 誰に?
        そうそう、タツマさんが働いてる…ラゼンシアって妖精の店長さんがいるところ
        そうと決まればー(白衣のままでお店の方へ出かける準備を完了する院生)
        -- 2010-08-10 (火) 23:11:29
      • ………あ、そっか。 此間は丁度いなかったからな……、二人暮らしなんだうち。
        そこらへんも後で話すよ。 ……あ、そのまま行くんだ。  ん、案内お願い。 -- 数多 2010-08-10 (火) 23:14:21
  • (冒険者向けの安アパート。卒業後、私はそこに居を構える事になった。かなり年配の大家の女性は、暫く入居者が絶えていたというこのアパートの一室を快く貸してくれた) -- 2010-08-10 (火) 21:31:58
    • 「ここも前は学園生が何人か住んでたんだけどねぇ、最近はさっぱりだよ。まぁ、アンタみたいな若い子が入ってくれるなら、うちとしてもありがたいんだけどね」
      (随分とシワの寄った顔を笑みの形にして、彼女は私に言う。鍵を受け取った私は、その部屋に足を踏み入れた) -- 2010-08-10 (火) 21:37:23
      • (……微かに香る煙草の匂い。この部屋に住む人間が居なくなって久しい。それでも、未だにその匂いは、ほんの少しだけ残っていて)
        『なんだお前、行くトコねーのか。』
        『勝手に冒険者にさせられただァ? ったくあのマスターもめんどくせェと思ったらすぐ冒険者にしやがって』
        (うっすらと埃の積もった台所。スプリングが軋む、安いベッド。そして) -- 2010-08-10 (火) 21:42:27
      • (入り口に控えていた大家に聞く。あの本棚は処分しなかったのか、と)
        「ああ、あれねぇ。前に住んでた子がね、そのままにしておいてくれって言っててね。……お金は十分払うからって、何十年分もの家賃、置いて行っちゃって」
        (埃の積もったその本棚の上、写真立てが目に入った。気の強そうな若い女性と、どことなく居心地の悪そうな、でも、とても嬉しそうな顔をした青年が並んで写った写真)
        『行くとこねーなら俺ントコ来るか?』
        『…心配すんな、手は出さねェよ。これでも教師だぜ?』
        (大家に、少し一人になりたいと告げて、その部屋の中で一人、佇む) -- 2010-08-10 (火) 21:49:58
      • (指先は、写真立ての表面を滑る。埃の積もったそこに、一つの名前が刻まれて)
        『へェ…奇遇じゃねェか。同じ苗字とはね……』
        『ま、これも奇縁ってェ奴か? よろしくな、俺の名前は――』
        (写真立てを伏せる。いつか、遠く。僅かな間だったけれど、ここで過ごした思い出を懐かしむように。)
        (私はそうして、少しの間遠いあの人へと想いを馳せた)
        -- 2010-08-10 (火) 21:54:49

Last-modified: 2010-10-27 Wed 02:09:02 JST (3307d)