アファナシー・F・マシンスキー 422467 Edit

http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp000414.pngID:422467
名前:アファナシー・F・マシンスキー
出身家:イモゲ
年齢:28
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
引退:ステータス/戦歴/名簿Edit
その6:ステータス/戦歴/名簿Edit
妻?主?





男の人生の価値とは女性の胸に顔を埋めた時に解るもんだ。

レフ・H・マシンスキー      

つまりそう所謂アレだよアレ Edit

時折発作に襲われる。胸が締め付けられるように苦しくなり、息も乱れて落ち着かず
立つ事もままならず、膝から地面に崩れ落ちることすらある。

発作は時と場所を選ばない、朝目覚めて直ぐに起こることも多い
眠ろうと床につくが発作に襲われ、眠れぬ夜を過ごした日々。
彼は貴族であった。騎士であった。しかしそれはもはや過ぎ去った。
このような病気を持つ彼は当主になることなど叶わず、家を出て冒険者となった

今日も発作に襲われた彼は…膝から崩れ落ち苦しげに額を地面に擦り付け…
そして目の前の女性にこう言った

「何も言わず…理由も聞かず…胸に顔を埋めさせてください!

つまりそう所謂彼は、頭の病気だった。

設定 Edit

qst069079.png
  • 長身痩躯 身長は180ジャストほど
  • 冒険者らしい軽装に、緑がかった紺色のフード付のマントで表情や視線を隠すようにしている
  • 髪も目も黒いが東洋ではなく西洋系の顔つき
  • 家から持ち出したのは愛用の双剣のみ
  • 特技は土下座。
  • 尊敬する人は遠い親戚のレフお爺さんとジェントルマン山下
  • さらに本気になると服とマントが弾け飛び半裸になる(上下はランダム)
    本気になったときの発言が秒数下1桁が0・偶数なら上半身・奇数なら下半身
  • 貴族。だった 勘当された 当たり前だ

その他色々 Edit

  • おっぱいに顔埋めてぇ
  • ので
  • 土下座して頼み込む男
  • 嫌がれば普通に帰る。二度とくんな!と言えば二度と来ない
  • 別にエロールがしたいわけではない!おっぱいに顔を埋めたいだけだ!

http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst069077.jpg

戦闘用設定 Edit

  • 実家から持ち出した無名の双剣を使う
    http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp000533.png
    それぞれ刀身が水晶のようなもので出来ており、質素な作りながら扱いやすく軽い。
  • それぞれがロングソードとショートソードほどであり。長身の腕からのリーチは長い
    しかしアファナシー自体さほど力が強いほうでもなく、剣自体も軽いので一撃はかなり軽く手数で補う
  • 必殺技はドゲザービート:連続8時間までは土下座することが可能だ

おっぱいリンク Edit

シュザンナさん?バストサイズ推定100前後 超素敵おっぱいの持ち主
理由も聞かずに埋めさせてくださいとの言葉に親身に話を聞き
尚且つ1時間近く顔を埋めさせてくれた女神のような人
サービス精神も旺盛…胸もだが笑顔もとても素敵であった
宿を経営しているらしい。今はお休みらしい。少し残念だが元気であることを祈る
リムレットさん?「見っとも無さ過ぎて見てられない」
「笑い話にもならないから忘れてあげる」とのお言葉と拒否を頂く
ファーエル様お悩み相談を受付中とのことで発作を相談。
病院にいってください「頭」のとのお言葉を頂くが
頼み込んで少しだけ胸でハグ、あと鎮静作用のある芳香剤を頂く。天使様の香り
死んだら煉獄に連れて行ってくれるらしい。
煉獄がどんな所か知らないが楽しみだ
レイレイさんタートルネックおっぱい少女レイレイさん15歳
ゲザった瞬間ゾクゾクしながらクネクネしつつ即OKくれた将来有望な少女。
頭を踏んでくださいとはいえなかったので今度言おうと思う
ただ自分が言うのもなんだが、色々とノーガードすぎるので心配になった
どうやら旅に出たらしい。
ディアーナさん泣いて逃げられた
今度会ったら謝罪しよう。
謎の魔法少女男 の 子 だ っ た
ハキナルノダン殿過去・現在・未来を司ると言われるドラゴンニュート
理知に富み、冷静に私に対処にあたる。
過去・未来・現在の人格で否定と予言された後
統一人格のハキナルノダン殿がサービスでメガネ付きで胸を堪能させて頂く
さらに罵りのサービス付き。これはたまらない。
ただ自重を覚えろとの言葉もあり、未来の予言通りならぬよう心に留める
リセリアさんとある教会のシスター。自分の懺悔を聞き
そして胸を貸して頂いたまさに聖職者の鏡のような人
少ししつこすぎたのか鈍器のようなもので頭部を殴打される。
おかげで胸の感触の記憶がないのでまた訪ねようと思う
控えめだが確かに女性を主張するほどには胸があったような…やはり曖昧である
ナコルさん胸とかは大事な人以外はダメです!と納得の理由で断られる
妹ラブで今は胸は妹だけにしか許さないらしい
でも頭に正座で乗ってくれて。柔らかかった。モチモチ
名も知らぬ少女100G
鍛冶屋の店主双剣の修繕を頼みにいった。
胸が素敵おっぱいすぎたのでついカっとなって土下座した
…最初は嫌がったが了承してくれ。優しく胸で包んでくれた
…鉄と炭の臭いと共に優しい香りがした。素敵な竜の店主
リルカ殿修練会にて受付をしてくれた猫耳の女性。どうやら創設者の一人らしい
よろしく頼みますついでに土下座。すごい剣幕で怒られる
少し他の会員への心象も悪かったかもしれない。上手くやっていけるか不安である
ヤチコくん心優しくつるぺた少女。酒場で立ったら遊びに来てくれた
土下座したらそのまま寝オチてしまったようなので紳士的にベッドに寝かせておいた
起きたらまた土下座で出迎えようと思う
ルキオくん酒場で見かけた素敵おっぱい。
即訪ねて土下座…軽いノリでOKして貰う。
自分では大きくないと言っているがそれを聞いたら怒る子が良そうなほどのモチモチおっぱいだった
オープンな性格のようで、胸に埋めた時のように気持ちの良い性格の子だった
どうやら良い人を見つけ。幸せに暮らしているとの噂を聞く
コノエ殿乳輪CDサイズ

ボッコボコにされて話すらまともに聞いてもらえなかった
どれくらいボコボコにされたかというと後日3日ほど意識が回復せず、その間夢の中で凄いいっぱい胸に顔を挟んでもらう夢を見続けるほど
今度また頼みに行こうと思う

Last-modified: 2010-09-27 Mon 00:04:59 JST (3333d)