イービー家出身 ナムタラ・イービー 418692 Edit

ID:418692
名前:ナムタラ・イービー
出身家:イービー
年齢:???
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
いわゆる:企画/幼馴染
その他:ステータス/戦歴/名簿Edit

3K Edit

  • 汚い
    • 臭い
      • クズい
        この街で過ごした時期5さいから12歳ほどまでをこの町で過ごしている その後夜逃げで行方不明に
        その頃どんな子だったかまさに悪童で泥棒や詐欺を散々やっていた その上性格も悪く臭い汚いで、有名だが交流は少ないの典型
        その他知っておいて欲しい事一つか二つ大体ねずみ男っぽい奴という認識であってる
その後妖怪乞食のねずみ女として公園をねぐらにずっと暮らしている
2・3・4期幼馴染も、公園に何度も出入りしていればこの乞食を見た事があるかもしれない
容姿色あせたフード付きコートを着ている
肌はボロボロ、裸足
臭い
フードの下にネズミ耳がある
Edit
履歴極貧生活を送り、12歳で夜逃げ
近年父親が死亡し、戻ってきた
その後すったもんだあって死亡→妖怪化
以後この町の公園で過ごしている
Edit
性格詐欺や泥棒を平気でする小悪党 根っから悪人でもないEdit
特技異様な速さの逃げ足
そこそこ立つ弁舌
Edit
能力妖気をある程度嗅ぎ分けられる
歯がムチャクチャ丈夫、本気で何でも食べれるように
寿命がクソ長くなった
Edit
好きな物金、金、とにかく金
あと人を騙すこと
Edit
嫌いな物説教臭い奴
服に傷をつける奴
Edit
RP方針完全にねずみ男っぽい感じ
でもあそこまで堂に入った姑息さが出せるかどうか不安
Edit
一言連絡意外とエロスに抵抗なしEdit

嫌なにおいが漂うねぐらの木の中 Edit

&color(#add1b7){};
編集
お名前:
  • そういうことでスカウトしに来たわ -- イルゼ 2011-08-29 (月) 03:58:12
    • おまっ……本気かよ!それこそジョークだったのに……ドラムが鳴り響く、カーテン で閉めてくれよ! -- 2011-08-29 (月) 04:01:43
      • いやー死神から面白い人材がいるって聞いたのよ (死神とは飲み仲間のイルゼ)
        しかし……まあ。何ともまあ汚い住処ね -- イルゼ 2011-08-29 (月) 04:05:43
      • おめぇ……あのクソッタレの知り合いかよ。うわー妖怪かよ!ちくしょう、シャバでまで妖怪に会いたくなかった!
        うるせぇなあ、何十年住んでると思ってんだ。ねずみ妖怪の住処なんざこんなもんが相場だろ?
        -- 2011-08-29 (月) 04:09:12
      • # 合法ロリ
        # を利用したウマいもうけ話

        おまわりさんこいつらです! -- 2011-08-29 (月) 04:10:34
      • 誰が妖怪よ!だ・れ・が!サキュバス舐めんじゃないわよ! (角と羽を生やして)
        何十年もこんなところに?よく気が触れないわね -- イルゼ 2011-08-29 (月) 04:11:07
      • ほぉおそいつは確かに儲かりそう……違うわ!まだそんな話し合いしてねぇよ!外野はすっこんでろ!
        ったく……うるせえなあ魔物も妖怪も似たようなもんじゃねえか……妖怪学校におめえみたいなのいたよ?いたよ?ウン。
        普通の生活なんざしたことねえからコレで十分満足してんだよ。おめえは……いひひひ。いい暮らししてそーだな。(服装を見つつ)
        -- 2011-08-29 (月) 04:14:25
      • 解釈次第ではサキュバスも西洋妖怪だけど……うん
        いい暮らし?とんでもない。私が前に街を治めてたときに比べたらすずめの涙ほどよ -- イルゼ 2011-08-29 (月) 04:19:13
      • だら?だら?そんじゃおめえも妖怪だ。アタシはねずみ妖怪、ねずみ女のナムタラだ。
        おお……おめぇブルジョアだな、町一つ治めてたとか。おめぇと組めば儲け話もあるかもしれねぇなあ……いひひひ。
        -- 2011-08-29 (月) 04:23:58
      • アタシはイルゼ、サキュバスのイルゼよ。この街では少しは名の通った名士かしら
        ちなみに前の街は領主からぶん取って堕落と享楽の背徳の都にしたわ。今はアタシの子供が治めてるけど
        (なら組んでみる?と、身を乗り出してその耳元で囁く) -- イルゼ 2011-08-29 (月) 04:27:13
      • イルゼ……あーあー。聞いたことあるような。名前だけな……なるほどなあ。有名人が光栄なこって。
        うわ、サキュバスらしいえげつねえ事やってんなあ!くわばらくわばら……(と、耳元でささやかれて、びくっと身体を跳ねさせた)
        おおお……おめえ、今ぞわっとしたぞ。サキュバスらしいナデ声だなあ……ていうか、おめえから乗ってくんのかよ!
        アタシみたいな超低級妖怪と組んでもろくなことねえぞ?
        -- 2011-08-29 (月) 04:34:19
      • アタシとしては体つきがエロければそれでいいわけで (カメラ目線のドヤ顔)
        乗ればこんなみすぼらしいねぐらともおさらばできるわよ?乗るの?乗らないの?
        (甘い声と香りで誘惑するように) -- イルゼ 2011-08-29 (月) 04:37:08
      • ……はは(苦笑する)アタシの体つきがエロかったら……多分もー少しマシな生活してたんじゃねえかなあ。
        ほらよ。(そう言うと、がば、とコートを脱ぐ すると色気の無い下着に色気の無い貧相な身体 しかも身体には斑点もあり、不潔感が強い)
        やめとけやめとけ、おめえの評判が落ちるだけだぞ?アタシが組むっつーのは裏方でサギでもやるかって話でよ……お色気方面じゃお呼びじゃねーよ、マジ。
        (誘惑声に乗らないのは、妖怪ならではか、すさんだ人生経験によるものか)
        -- 2011-08-29 (月) 04:45:45
      • 確かに貧相な体してるわねえ…… (臆しもせず触れ、腰つきから太もも、胸にいたるまでを確かめて)
        けどどんな原石だって磨かなきゃ光らないわ (ニヤッと口端を歪めるとねずみ女の頬を舐め)
        詐欺?アタシを誰だと思ってるの。策謀と誘惑でのし上がった女よ
        ………アナタみたいにどこにでもいて、アタシの手足となる人間が欲しいのよ -- イルゼ 2011-08-29 (月) 04:53:01
      • うぉぉっ!?(頬を舐められて身体が跳ねた)……よ、よくこんな臭え女、舐められるな!
        ……は、は。(まいったね、と呟く)こりゃ、肝の据わった上等な妖怪だぜ。……考えとくよ。アタシャ忙しいんでな。
        ……そう、言えば……(ふと、思い出したように)クラリッツって奴、知らねえか?……アタシと同年代かそこらの幼馴染だけどよ、まえにあいつが住んでた家の近くを通ったら、こう……
        (指をぴ、とイルゼに指し)そう。おめえみたいな匂いがした。男を誘う妖怪の匂いだ。そんときゃ本人がいなかったんで確認してなかったが……知り合いとか、じゃねえか?
        -- 2011-08-29 (月) 04:58:22
      • その臭さが逆にそそるのよ (ゾクゾクとした背徳感を感じて)
        気が向いたらアタシの屋敷を訪ねなさい。いい夢みさせてあげるわよ
        ………は?クラリッツ?それならアタシの配下よ、今はアタシの屋敷の住人だし -- イルゼ 2011-08-29 (月) 05:03:00
      • オオゥ、変態してんなあおめえ。……まあ、アタシも久々にゾクゾク来たけどよ。(ぶるる、と身震いして)
        いい夢ってな、ごめんだな。アタシャリアリストなんでなあ。安全に甘い汁が吸えりゃあ、ついてくぜ?いひひひ。
        っておめえの配下かよ!……アイツ割と、ていうかすげえ純真そーな奴だったからにわかに信じがたかったんだがなあ……そうか……
        -- 2011-08-29 (月) 05:07:13
      • 馬鹿ね。現実を忘れるほどにいい気分にさせてあげるってことよ
        (そういえば以前のクラリッツってそういう感じだったわねと思い出して)
        そうね、純真で穢れを知らないからあっさり染まってくれたわ
        アナタも至上の快楽を求めたかったらいつでもいらっしゃい (羽を広げ、朝焼けの空の彼方へと飛んで行く) -- イルゼ 2011-08-29 (月) 05:09:57
      • へん。(空を飛んでいくイルゼを見上げて)サキュバスの言葉ってのはどうしてこうサギ臭ぇのかね。アタシのほうがセールストーク上手いんじゃねえか?
        まあ、色気でいくらでもカバーできてんだろーけどよ……(ふぅ、とため息をついて)誰かと組む、か。……(目を閉じて、少し昔を思い出す)
        ………………相棒がいなくなって、ずいぶん経つしなあ。……(そう呟いて、穴倉に入り込んだ)
        -- 2011-08-29 (月) 05:14:43
  • ……よーっす。(ナムタラが塒にしていた木の前に数年ぶりに青年は立っていた…実際は共同墓地辺りにでも葬られたのだろうか、今は騎士団との伝手が無いのもあって調べようが無いのもあって一番記憶に残っている場所に来た訳だが) -- フィンレイ? 2010-11-08 (月) 17:56:57
    • 一応供え物……まあ、お前の場合食い物の方がいいんだろうけど(暫く眺めた後、肩に担いでいた花束を洞の前に置いて) -- フィンレイ? 2010-11-08 (月) 18:08:31
      • 近況報告、っていってもお前と仲良かった奴ってティナくらいしか知らないな……あいつの事は言わなくてもお前知ってそうだし
        まあ、あれから何か吹っ切れたみたいで傍目にもいい女になったよ…荒事も止めたし、駄目亭主でも拾わなきゃこの先も大丈夫だろうぜ?
        ついでに俺の話も聞いとけ。冒険生活で一山当てました。
        騙しとかやんないでもコツコツやってりゃ芽もあるって事だな、この界隈で育った俺らでもさ -- フィンレイ? 2010-11-08 (月) 18:27:00
      • ま、あとは特に言っておきたい事も今どうこう話す事ないし……帰るとすっかな
        老練とか言われるぐらいには俺も大富豪だろうし、その位になったら聞きたくなかろうとまた自慢話ついでに来てやるよ……
        んじゃ……またな、ナムタラ -- フィンレイ? 2010-11-08 (月) 18:33:59
      • ……(にゅ、と木の裏から顔を出して帰る背中を見た)ふーん。……いひひ。 -- 2010-11-12 (金) 19:42:54

最新の2件を表示しています。 コメントページを参照

常駐してる公園 Edit

編集
お名前:
  • そして気が付くともう秋広場
    • うん、時間立つの早いよね……ボーッとしてると置いてかれそう -- レイト(弱) 2014-11-29 (土) 22:06:25
      • いやー、ほんと。気付いたらすっかり秋も深まった感じー…… -- オニキス 2014-11-29 (土) 22:27:20
      • せっかくだから私も裸になるわね芸術の秋で -- ヒュウノ 2014-11-29 (土) 23:26:59
      • ナチュラルに裸になってる!?いや確かに絵画だと裸婦の絵は多いけど! -- レイト(弱) 2014-11-29 (土) 23:29:53
      • 特に深い意味はないけど久しぶりなんでつい。公園なら焚き火だのなんだのできっと暖かいだろうし -- ヒュウノ 2014-11-29 (土) 23:39:24
      • むぅ、丸々とたわわに…なんか前より育った?(チラ見してぼそっと)
        (…ヒュウノ的には青少年ズが観衆でいた方が出し甲斐あるんだろうなぁと察するが) -- オニキス 2014-11-30 (日) 00:02:33
      • うーん、94が98くらいになったかもしんない。そんなボールっぱい
        人前で脱ぐ方がいいんだけど、まぁ今回は久し振りの挨拶代わりってことで本来の露出道から外れた露出ね -- ヒュウノ 2014-11-30 (日) 00:21:39
      • やるねェ…!(露出を極める修行中と聞いて見物に来る) -- ゲま 2014-11-30 (日) 00:26:17
      • 前に見かけた気がする露出にも手慣れた風の女性が来たわ…露出濃度が高まりつつあるわね(簡単なベーコン白菜鍋を出しておく) -- ヒュウノ 2014-11-30 (日) 00:37:40
      • これは…ありがたい…(鍋いいよね…しつつ例のテーマで盛り上げておく) -- ゲま 2014-11-30 (日) 00:44:18
      • 確かにおっぱいにも色々あって、それぞれに似合う音の表現もあるわ…露出道に関わってくるかも。ちなみに私はボインとかブルンね
        温まると露出もしやすいですしね。今日はマジ露出というよりはおまけみたいなもんだけど -- ヒュウノ 2014-11-30 (日) 00:57:42
      • 弾力重視って感じの音ねえ(アタイむにゅうとかにゅむぅっていう指を飲み込む系の音ーと自己申告しつつ、なんか熱くね!?と脱ぐ) -- ゲま 2014-11-30 (日) 01:08:42
      • だぷんとかドプルンって感じの人もいますよ。胸のパラメータによって露出時の効果的な動きも変わってくるわね(ノートにメモる)
        噂に聞くヌーディストガーデンがここに。まぁとりあえず他に誰か来ないかなんておもいつつ裸で鍋をつつきましょう -- ヒュウノ 2014-11-30 (日) 01:12:53
      • 確かこのへんでもいたわね、どぷるんって感じの子(アークちゃんだっけ?と温泉での事を思い出し鍋を…あつっ!はだかで鍋くうと汁はねたとき熱い!) -- ゲま 2014-11-30 (日) 01:20:01
      • この辺でいたっけ……?おっぱいも色々あるってことね…裸での食事は跳ねない様に気をつけないと。しばらく全裸生活すると結構慣れるわ -- ヒュウノ 2014-11-30 (日) 01:35:32
      • 食うときもそうだけど肉焼くときとかも地獄だよね…(油が跳ねる!)
        …せっかくだしはだかエプロンでもやる?(取り出すエプロン) -- ゲま 2014-11-30 (日) 01:37:17
      • 調理時はさすがにエプロンをつけた方がいいですよ……食べる時なら大丈夫、日々訓練した箸さばきが見せられるわ
        でも、露出に鍋は向いていないというデータは取れたわ。同じ暖かい物でも別のが良さそうね -- ヒュウノ 2014-11-30 (日) 01:58:14
      • そして気が付いたらもう秋も終りだね、これから本格的に冬になるよ、寒い… -- テッサロッサ 2014-12-05 (金) 09:54:34
      • 年末かー……いや、テッサくんはいつも寒そう? -- オニキス 2014-12-05 (金) 20:35:46
      • フォルダみてたらそういえばオニキス姉さん描いてたの思い出した(すっ) -- アーク 2014-12-05 (金) 20:51:05
      • アーくん……ありがとう、私引退しちゃってねー(はぐ) -- オニキス 2014-12-05 (金) 21:13:36
      • 僕なんて茜の攻撃で1回死んでるからね、引退しても大丈夫だよオニキス姉さん!
        んわぁ!(ハグされて超どぎまぎしつつ胸が…胸が!…これは…天国となりつつ) -- アーク 2014-12-05 (金) 21:17:06
      • ははっ、それは確かに……あと雫三個で再出発ってもあるしねー。
        これはあったか……しばらくぼんやりチャージに励もう、かなー(生身カイロにしながら) -- オニキス 2014-12-05 (金) 21:34:55
      • ん、まあ焦らないでゆっくり…オニキス姉さんのペースでやれれば僕はいいと思うな。
        あ、それと何時もありがとうねーオニキス姉さん! -- アーク 2014-12-06 (土) 02:49:06

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照

小汚いメモ Edit

マリノ銀貨一枚(150G)
ハック?( ゚д゚)、ペッ
リッドコッペパン、ソーダ味の飴ちゃん
ミサまずい固形食糧
クーム先行投資
ヘクトール( ゚д゚)、ペッ
ラモン( ゚д゚)、ペッ 死ねっ
ティナ毎度の飯、母親、ピンクの手袋
ラグ干し肉
セイセイ?( ゚д゚)、ペッ 死ねっ
フィンレイ?豆、ざくろ
アファナシー( ゚д゚)、ペッ

生い立ち Edit

ナムタラ・イービー。
幼少期、この町に住んでいた人間は、大抵は彼女のことを多分、知っている。
だが、交流はほとんどないと言っていいだろう。

彼女は町をいつも徘徊している、汚い服の少女だった。
貧乏で服も替えない、風呂にも入らない。近寄れば臭くて思わず距離を置いてしまう。
そんな境遇の彼女を見かねて誰かが話しかけてみれば、
何かにつけてその人をだまそうとしたり、見下したり、小馬鹿にしたりするのだ。
さらには万引きは常套手段、泥棒なんて当然のようにやる。
当然、そんな少女に人は寄り付かず、彼女はいつも一人だった。
別にそれを悲しむような性格でもなかった。

ある日、そんな彼女はふっと街からいなくなった。
両親が借金を抱え、夜逃げをしたのだ。
その後の行方はようとして知れなかった。

そして今になって、彼女はこの町に舞い戻ってきた。
相変わらず、汚い服の一張羅。
相変わらず、きつい体臭。
相変わらず、人をだます。
彼女の目的はただひたすら生きること。
そのためになら、他人はいくらでも利用してやる――と、
彼女はずっと昔に誓ったのだ。

特徴・性格 Edit

  • とにかく汚い。そして臭い。
    • 公衆便所の匂いと言えば判るだろうか。
  • 色あせたコートにフードをかぶり、いつも素足。
    • 不潔さによるものか、肌はぼろぼろで、全身に皮膚炎による赤い斑点が出来ている。
  • キツネ目に、猫口。
    • 実は口を開けると出っ歯気味で、唯一気にしてる部分。
      • 瞳の色は彩度の低いグリーン。
  • 性格はとにかく意地汚い。
    • その上卑怯ですぐ人をだます。
      • いわゆるろくでなし。
  • とにかく金になるならなんでもする。
    • 泥棒・詐欺・ゴミ漁りはもはや日課レベル。
      • しかもそれを知り合いにやるからたちが悪い。
  • 別に根っからの悪人ではない。
    • クズではあるが、たまーに、たまにいいことをしたりする。
      • それを鼻にかけなければもっと良いのだが。
  • これでいて案外臆病。
    • 要するに、脅せば逃げるし、刃物でも見せれば言う事を聞いたりもする。
      • しかしすぐ裏切る。 http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst068200.jpg

ぶっちゃけどう絡めばいいのこいつ? Edit

  • ウザがってください。ウザがってもウザがっても絡んできますので心配ないです。
    • むしろ説得とか無闇に親密になろうとかすると騙されます。
      • それはそれで楽しいという方は是非どうぞ。騙します。
    • まったく友情が築けないってわけではないですヨ。
      • 多少歪んだ友情ですが。
  • 設定にあるとおり、殆どの人の顔を知ってはいますが過去に交流はほぼないです。
    • しかし金づるになりそうなら親友面して寄って来ます。
      • 「親友だったのかな?」と本当に親友だと思わないでください。多分嘘です。
      • 「親友とかどういうことなの……何コイツ」と思った貴方。正解です。
  • 正直中の人的にもこのキャラはちょっと合わない、と思ったら以下の方法をお願いします。
    • 門前払いをする
      • つまり会った瞬間に帰る、もしくはドアを閉めるなどの行為を短文でやってください。そうするともう来ません。

後日談 Edit

ラモンの恨みもなんだかモヤモヤしたし、ティナには迷惑かけたし。
なんだか色々テンション下がっちゃったナムタラは、ため息をつくと空を見上げた。
「もー成仏すっか」
光が差し込み、その姿がふわりと浮いて登っていく
彼女はやっと現世から解放される―――

どたっ

「痛ぇ!」
落ちた。途中で見事に浮遊力をなくしたナムタラは地べたに尻から落下して呻いた。
するとそこにやってきたのはドクロ顔の男。
「だめよん」
「死神!?おめえなんでここに……」
その男は死神。ナムタラが死んだ直後、ナムタラの願いを聞き届けて悪霊にしてくれた男だ。
「だめだめ。お前はタダで悪霊になれると思ったのか」
「えっ。……まさか……地獄行き?」
「ちがうね。妖怪化決定。」
「ウソ!?」
目を丸くしてナムタラは唖然顔。
「ねずみの霊がお前とふかーくシンクロしちゃったんで、お前はもうねずみ女って妖怪になっちゃったんだよ」
「そんなバカな!?アタシャそんな弱そうな妖怪に……」
「ていうか正直、歯が丈夫で寿命が無い以外は人間並みかそんなもんだなこの妖怪は。」
「なんてこった……」
がっくりとナムタラはうなだれたが、さらに死神は続けた。
「あとそんな妖怪でもちゃんと修行して立派な妖怪にならないといけないんで、妖怪世界に行ってもらう。」
「は?なにそれ。……ていうか修行って何すんだおめえ。」
「学校行くんだよ学校。」
「ええええええええ!!!」
「軽く100年くらい。」
「えええええええええええええええええええええ!!!!!!」



かくしてナムタラは妖怪世界で100年もの間ひたすら面倒な学業を続けさせられた。
おかげでますます面倒嫌いな性格になったが、一応卒業は出来た。
さてもういいだろ、と人間界に戻っては来たが途中で渡し守が言う。
「人間界じゃ数年しか経ってないよ」
「マジで」

こそこそ Edit


Last-modified: 2012-08-29 Wed 11:43:44 JST (3146d)