edit/refer
召 喚 士 S T A T U S
  顔Class.冒険者  
Name.ソーン・アリエティス
Partner.ラナ
Resist.
Rank.
exp001337.png
 【外見】
黒髪無精ひげ鋭い眼光。ボロ布の外套に軽装
というのが戦争が無いときの非常にダメなときの姿である
戦時は邪魔になるので髭そったり髪切りそろえたりしてる

【性格】
戦争が好きで好きでたまらないロクデナシの戦争狂ウォーモンガー。戦争狂い。戦争が無かったら生きていけない。心が死ぬ
得意なことは『夜討ち朝駆け』『火計』

【設定】
各地を転戦している中、いろんな都合で出会った召喚師から「戦力になりますから」だの部下から「そろそろ護衛ぐらいつけてくださいよ、おかしら」
とか言われたから護衛獣召喚。いわば召喚目的は『戦争利用のため』に護衛獣を呼び出す。誰もが口を揃えて外道だという程には外道
でも別に強制しない。それが俺のルール、マイルール。やりたくなかったら還す。そういうわけで召喚即送還をだいぶ繰り返している
戦争で日常的に召喚術ぶっぱとかしたりされたりする戦場ばかり歩いているのでAT>>>DEF>>MDEF極振り

所持している自在剣ナイトゴートは縦横斜め自在自在という蛇腹剣のような大剣と剣の複合武器
戦場で召喚師を多々殺すことも多いのではぐれ召喚獣増加の片棒担いでいるようなものでもある

ステータス■/略歴■フェイス
EQUIPMAGIC
http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst069140.gifhttp://notarejini.orz.hm/up2/file/qst069229.png自在剣ナイトゴートhttp://notarejini.orz.hm/up2/file/qst027691.pnghttp://notarejini.orz.hm/up2/file/qst069162.pngシャインセイバー
http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst069141.gifhttp://notarejini.orz.hm/up2/file/qst069246.pngカーボンシェルhttp://notarejini.orz.hm/up2/file/qst027691.pnghttp://notarejini.orz.hm/up2/file/qst069162.png反魔の水晶
http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst069142.gif鬼火のランタン

コメント RUN Edit

&br; 
ソーン>サモナイ/冒険者傭兵
お名前:
  •   -- 2011-01-09 (日) 21:32:02
  •   -- 2011-01-09 (日) 21:31:59

最新の2件を表示しています。 コメントページを参照


戦場 Edit

二人群像劇とも言わない

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照

  • qst070402.jpg -- 2011-01-15 (土) 20:23:39
    • 火焔に因って起こされた、阿鼻叫喚の地獄絵図。それを尻目に、異界の門はひっそりと閉じられた。 -- 2011-01-15 (土) 20:25:51
      • 故郷、メイトルパに帰ったラナは、ソーンとの別れを悲しみながらも、久々に会う家族や仲間との再会を喜び……。
        “向こう”の世界で何があったのか、そんなことを話し、その世界を少なからず惜しむ。
        月日が経つにつれ、その記憶は風化して、平和な世の中でのんびり暮らしました、とさ。 -- 2011-01-15 (土) 20:28:02
      • そう続けばどんなに良かったことでしょう。故郷に戻ったラナは、悲しみも喜びも、お預けを喰らってしまいました。
        理由は、故郷の異様な雰囲気。嵐の前の……といった、生気のない、張り詰めた空気。 -- 2011-01-15 (土) 20:29:16
      • 人々はラナを見て、一応は喜んでくれたようでした。しかしながらに、その空気の中では、それも長くは続きません。
        土産話も手に持ったまま、「どうして?」と聞いてみると、成る程その訳がわかりました。 -- ラナ 2011-01-15 (土) 20:31:11
      • とある、オルフルの一部族の侵攻。それが、つい目の前まで迫っているというのです。……どうしたことでしょう。
        この世界は、弱肉強食、自然の世界。しかし、強者が何もかも口にする世界ではありません。
        小さな競り合いはあっても、大きな侵攻はない、そんな世界です。 -- ラナ 2011-01-15 (土) 20:33:53
      • ……その均衡が崩れたわけは、簡単でした。異界から、戻ってきた者がラナの他にも居り……その者が、“人の争い”を知っていたから。
        それは少し悲しいことでした。ラナは、異界でオルフルの一人と出会って居ますが、それは決して決して、悪いオルフルではなかったし、他もそうだろうと思っていたからです。 -- ラナ 2011-01-15 (土) 20:35:59
      • にわかに、集落が騒がしくなりました。襲撃です。……元々、気性の穏やかなポルル族の集落は、火を打ったように。 -- ラナ 2011-01-15 (土) 20:39:01
      • ラナが、飛び出しました。 -- 2011-01-15 (土) 20:39:52
      • (オルフルの群。一糸乱れぬ、軍隊のような足の運び。まさに獣といったしなやかな体躯、鋭い嗅覚。その量、視界を埋め尽くす程)
        (しかし、こちらの世界に戻る前、見た光景よりはずっとずっと小さい。人の真似事では、人の怖さには通じない)
        (今は、もう、背中を守ってくれる人は居ないけれど、それでも、足を踏み出せる。懐かしい臭いがする)
        シャァアアアアッ!!! -- ラナ 2011-01-15 (土) 20:45:24
      • qst070403.jpg -- 2011-01-15 (土) 20:47:10
      • 異界から持ち込まれた争いが、異界での大切な記憶とぶつかる。火花を散らす。血の華を咲かす。
        これは、本当におしまいの話。ちょっとした所であった、ちょっとした出来事の完結編。 -- ラナ 2011-01-15 (土) 20:50:03
      • その後のラナは…………平和な世の中でのんびりと暮らしましたとさ。おしまい。 -- 2011-01-15 (土) 20:52:55
お名前:

相談所 Edit

メイアイヘルプユー
お名前:
  • わー(パチパチ) めでたしめでたし! (いい大人でも悪夢に出そうな顔に旋律しつつ)  いい お話でした.... -- ソーン 2011-01-15 (土) 21:04:52
    • 見られていた!? 絵描くのに軽く5日ほどかけたのでひっそりとエピローグを置いといて、気づいたらほくそ笑んでくれたらいいなと思ってたのに!
      文字通り死ぬほど血なまぐさいことしてるのになぜか爽やかにまとまりました。というわけで、これで本当に締め!
      お疲れ様でした。また会いましょう! -- ラナ 2011-01-15 (土) 21:12:22

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照


Last-modified: 2010-10-05 Tue 20:04:11 JST (3804d)