アット家出身 ハイト・P・アット 432922 Edit

ID:432922
名前:ハイト・P・アット
出身家:アット
年齢:15
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
方針:
edit/refer
難易度:
edit/refer
信頼性:
edit/refer
その他:ステータス/戦歴/冒険中?Edit
学園/施設/TOP
霊圧
edit/refer



あなたは精霊の種別を感知できる、もしくは植物の精霊で相手が同種族であるかどうかが分かる Edit

+  YES
+  NO




→ ハイト・ファーレン・アットは Edit

・・・緑色の目 Edit

・・・茶色のポニーテール Edit

・・・誰かを探している Edit

その他いろいろ Edit

  • 髪質は基本まっすぐ。先にいくにつれてウェーブが強くなる
  • 耳は尖っていない
  • 露出の多い服をよく着ている
  • 気配が他の人に紛れやすく、ふっといなくなる
  • 住んでいる場所はどの名簿にも書かれていない
    私立ゴルロア学園
    学生証(身分証明書)
    http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp003718.jpg学生番号75-S01
    学科S科
    氏名ハイト・ファーレン・アット
    生年月日
    現住所
    上記の者は、本校の生徒であることを証明する。




学園/野外施設 Edit

-&size(14){&color(cadetblue){''グラウンド''};};
-&size(14){&color(cadetblue){''武道館''};};
-&size(14){&color(cadetblue){''教会''};};
-&size(14){&color(cadetblue){''屋上''};};
http://notarejini.orz.hm/?cmd=edit&page=%B3%D8%B1%E0%2F%A5%B3%A5%E1%A5%F3%A5%C8%2F%B2%B0%B3%B0%B3%E8%C6%B0  http://notarejini.orz.hm/?cmd=diff&page=%B3%D8%B1%E0%2F%A5%B3%A5%E1%A5%F3%A5%C8%2F%B2%B0%B3%B0%B3%E8%C6%B0
お名前:
  • 野外施設 -- 2013-02-03 (日) 16:39:37
    • プール -- 2013-02-03 (日) 16:40:04
      • (プールサイドで生徒たちを見守っている。)
        (だが、身に着けている黒いドレスは普段着ているものではなかった。夏用の薄手のもので、かなり寒いはずだが顔色ひとつ変えていない) -- 月影千草 2013-02-03 (日) 16:42:34
      • (プールサイドに立つだけでも寒い 風が吹くたびにぶるるっと震える) -- クレナ 2013-02-03 (日) 21:33:56
      • だ、だめ…っ(こんなところで水に入ったら死ぬ…っ)
        (そう思ってギブアップしようと月影先生に目を向ける)
        あ…(ふと違和感に気づく)
        (あの服は…夏服だわ!!月影先生も私と同じようにこの寒い中、ああして見守っていてくれてるんだわ…身体が悪いというのに!)
        (ごくりとつばを飲む 覚悟を決めて、次の瞬間、さすような冷たさを持った水の中に飛び込んだ) -- クレナ 2013-02-03 (日) 21:44:17
  • 野外施設 -- 2012-12-29 (土) 20:08:48
    • 屋上 -- 2012-12-29 (土) 20:33:10
      • (まだ授業をしている時間ではあるが、授業はほっぽりだして、屋上に上り、学生が活動するのを見ている。) -- 永子 2012-12-29 (土) 20:38:52
      • 若者は良い。元気な姿を見てるのは面白いが、授業などは中々今更受ける気にもならんな。
        彼のものどもは、既にこの街にやってきている……あれの計画はなんとしても未然に防がねばならん。
        (腕を組み、一人呟きながら) -- 永子 2012-12-29 (土) 22:59:29
      • サボりかい?ははは、僕と同じだねえ。(背後から声 見れば、異様な魔導機械を顔に……いやおそらく全身に施している白髪白衣の男)
        でも君は最近入学したばかりの子だろう?しかられるんじゃあないか、先生に?ははは。 -- ザンマ 2012-12-29 (土) 23:06:18
      • (背後からの声に振り向く少女。そこにいたのは機械を全身に纏った……いや、その身が機械なのだろうか。そう思えるような男であった。)
        いかにもサボりだ。学生とは一つ授業をサボるのも普通だと思ったのでな。
        ほんの数か月前に入学したものではあるが……何、私は教師に叱られたとてどうも思わんさ。私は今、この学生たちを見守っているのだから。 -- 永子 2012-12-29 (土) 23:19:27
      • ずいぶんと尊大な態度……というか、まるでロール・プレイだねえ。君は学生を演じているようだ。
        自己紹介がまだだったね。(ぎちゃり、と機械音が義手らしきものから響く)ザンマ・クリフォ。この学園の第1期生だ。今は大学部に在籍してる、ずっとね。 -- ザンマ 2012-12-29 (土) 23:41:26
      • 私はお前より……いや、お前の年齢を知らないのでわからんが、私はここの学生たちよりも年上だ。若くもない。 ロールプレイか、面白い表現だ。確かにそうとも言える。私は転校生としてここに来た。世界の大敵を倒すためにな。
        なんと、一期生とは珍しいものに出会えた。とすれば、私よりもお前は年上やもしれんな。
        では私も自己紹介をしよう。私は呉川永子、転校生としてこの学校に編入した。私はこの手で、世界の大敵を倒し、この学園を、世界を、護らんとするものだ。今は、「旭光研究所」という部活の部長をしている。
        よろしく頼むぞ、先輩。 -- 永子 2012-12-29 (土) 23:57:57
      • ……君を正義の戦士と見るか、サイコパスと見るかはずいぶん悩ませてくれるね。(とんとんと自分の頭を突き)
        だが目的は僕と似ているな、僕は「魔物の根絶」を目的にしている。一匹たりとも残さず、ね。
        とはいえ、僕にそんな力はないから、そういう人材を作る研究をしているわけだけどね……君はどんな研究を? -- ザンマ 2012-12-30 (日) 00:25:54
      • 私の戦う所を、敵を見たことがないのだ。現段階で、私の妄想だと思うならばそれはそれでいい。
        ……ほう、「魔物の根絶」か。それは、この世界の異業種……人間以外のもの含む全てということか?(目を細め、相手の顔を覗き込むようにして言う)
        私の研究は、魔術と科学の融合だ。蒸気機関、電力、魔術――それらを掛け合わせた果てを見ようとするものだ。
        科学の隆盛により、消え去る運命にある幻想……かつて人々が信じていたものを護る。世界の大敵を滅ぼす。そのために、その研究成果を我が身に宿し、悪と戦う。そのような研究をしている。 -- 永子 2012-12-30 (日) 00:51:05
      • いいや、「魔物」と呼ばれるものさ。人間に仇名すものすべてだよ、全滅させるのさ。
        身体中を機械にしてでも生き続けて、根絶やしにしてやるのさ。そうすればきっと死んだ妻も報われるだろうしねえ。
        どうにも君のしゃべりは抽象的で劇場的だね。ま、とにかく悪をつぶしてくれるなら何よりだ。潰して潰して潰して潰して潰し続けてほしい。
        全部死ぬまで、潰して潰したまえ。僕もそうする。(覗き込んだ金色の瞳には狂気と執念が宿っている) -- ザンマ 2012-12-30 (日) 01:10:02
      • 全滅、か。中々過激なことを言う。
        ……そうか、復讐か。体を機械に買えてもなお、果たさんとする思いか。
        それならば、その目に浮かぶ憎しみも思いも、理解できるというものだ。
        正義の味方というものはそういうものだ。人々に希望を与えるには、それくらいの演出もまた必要だ。
        ああ、悪は倒すとも。ただ、私はその悪の回心にもかけたい。若きものが一つ道を踏み外したのならば、それを戻してやりたい。それが、私の正義だ。
        夢と希望ある若者の未来を奪うものを私は赦すことはない。お前と道が同じものかはわからんが、そう、似てはいるはずだ。お互いにな。 -- 永子 2012-12-30 (日) 01:47:16
  • 野外施設 -- 2012-12-05 (水) 12:50:12
    • グラウンド -- 2012-12-05 (水) 12:50:30
      • 此処が学校ねえ…(バンダナとマントの褐色顔 いかにも異国人な男がぶらぶらはいってきた) -- アラム 2012-12-11 (火) 20:46:33
      • ティエナ、クノーゲル…ディートハルトもそうだったかね(広いグラウンドを眺めながら隅っこを歩き、見えてる校舎に向かう) -- アラム 2012-12-11 (火) 20:49:50
      • お(人影が見える 制服姿を見れば判る)おい、手前様ぁこの学校の生徒だろう?ちょっとー
        (しかし気弱そうな生徒は逃げ出した!人相の悪い傷顔の男がにやりと笑い…本人は愛想良くのつもりだったが…話しかけてきたのだ、驚いてしまったようで) -- アラム 2012-12-11 (火) 21:00:09
      • …あー…(残された男は情けない顔で頭を掻き、しかたないと溜息をついて歩き出す 校舎を見上げて、其れに沿って歩き出した) -- アラム 2012-12-11 (火) 21:00:58
      • ↓ -- アラム 2012-12-11 (火) 21:11:18
    • 武道館 -- 2012-12-05 (水) 12:50:43
      • (元気な声に釣られて近づく建物 窓から覗く)おお、戦ってる戦ってる(武道場の中での活動を眺める部外者) -- アラム 2012-12-11 (火) 21:12:33
      • へぇー…ああやって実戦練習をしてんのか…(見るからに不審者だが、本人は無邪気に楽しむ)
        なるほどな、じっくり稽古を出来る環境ってのは確かに強いわなあ(窓から離れ、校舎を、武道館を眺める)砂漠にゃあなかった施設だ -- アラム 2012-12-11 (火) 21:34:13
      • うん?(声に振り返る 見ると、先ほど逃げた生徒が警備員を連れてきていた 一瞬考えてから)えっ、いやっ、違うんだ! -- アラム 2012-12-11 (火) 21:41:50
      • (不審者は追い掛け回され、慌てて逃げていったのだった) -- アラム 2012-12-11 (火) 21:42:08
    • 屋上 -- 2012-12-05 (水) 12:51:00
      • ん〜、いい風だなー(扉を開けて足を踏み入れる。雨の切れ目のような晴れの日で、偶然とはいえ幸運ではあった)
        一度来てみたかったんだよね、ここ。ついでに練習もかねて、と(マフラーが変化して、背中で羽の形になる)
        この前は飛び過ぎたから、宙に浮く感じで……(強く地面を蹴るのではなく、とん、と。軽く床を蹴って羽を羽ばたかせる)
        よし、こんな感じかなぁ……?(バサリバサリと青い羽をはばたかせて、空中にて小さく上下してるが浮遊している) -- アルマ 2012-12-12 (水) 00:27:54
      • 上手くいってるけど、こうやってしてるのは疲れるなぁ、やっぱり(十数分浮遊した後で着地する)
        さて、お腹もすいたしごはんごはん……(隅に寄せておいた鞄から弁当を取り出して)それでは、いただきます(ぺこり、まぐまぐ) -- アルマ 2012-12-12 (水) 01:23:34
  • 野外施設
    • グラウンド
    • 武道館
    • 教会
    • 屋上
      • 気がつけば此処に来てから1年経ったうえにメイド的なことを何一つしていない私に今私がびっくりしている
        (腕を組んで風にスカートをたなびかせ) -- リリアナ 2012-12-05 (水) 03:47:26
      • ……っくしゅん! -- リリアナ 2012-12-05 (水) 03:48:34
      • (ガタガタと円形のテーブルを持ってくる) -- リリアナ 2012-12-05 (水) 03:50:21
      • マドモワゼル、風邪引くぜ……これで温まりな(ダンディな表情でそっとそばに現れてチクワを差し出すチビ) -- クノーゲル? 2012-12-05 (水) 03:50:40
      • ……ん?(両手にひとつずつ椅子を持って引きずっているとチクワを差し出され)
        都会じゃチクワで暖を取るのか? まぁ良い、もらえる物は貰う主義だ
        (チクワを受け取り、口に咥えると火をつけ、チクワの穴から黙々と煙を立ち上らせる) -- リリアナ 2012-12-05 (水) 03:55:46
      • ゲェーッ、ボケ殺し!! ……クソ、この学園の人たちゃどいつもこいつも二筋縄じゃいかねェ……(崩れ落ちる)
        ま、そりゃさておき。こんなとこで何やってんのアンタ、ちゃぶ台返しの連中でもすんの(テーブルを見ながら) -- クノーゲル? 2012-12-05 (水) 03:57:24
      • なにか間違っていただろうか……不快にしていたらすまない(ボケている感覚すらない天然
        うむ、せっかく見晴らしの良いところに来たのでな、メイドらしくお茶の準備というものをしている最中だ(椅子を設置し終えるとテーブルクロスを敷いて
        少しテーブルにアクセントが欲しいな……少年…(三つ編みを見て)いや少女……?
        どっちでもいい、このテーブルにアクセントとして置くとしたら君なら何を置くだろうか -- リリアナ 2012-12-05 (水) 04:05:14
      • いやいや男男(見りゃ分かるっしょと男子制服をアピールして)……えっ、こんなとこで!? しかもテーブルの準備から!?
        あ、ちなみにオレクノーゲルっての。その様子からすっとメイド科なのかな……(教室にいたネズミ捕りに捕まった変な男子を思い出しつつ)
        えっ、しかも何その質問。……うーん、そもそもロケーション最悪って話もあるけど……。
        ……風見鶏、とかどう、だ……!? -- クノーゲル? 2012-12-05 (水) 04:08:54
      • シュノーケルみたいなんやな、私はリリアナだ。なぜ私がメイド科だと分かったんだ……(信じられないという顔
        風見鶏か……確かにこの風が強い時期主人の風避けになるために風の動きを知るために便利そうだ
        いい案だが今風見鶏の持ち合わせがなくてな、これで代用するか(手斧をど真ん中にブッ刺して)さて……どうだ少女…じゃないクノーゲル君。時間があればお茶でも一杯ご馳走するが(椅子を引いて -- リリアナ 2012-12-05 (水) 04:13:30
      • メイドらしくとか言っといてその顔もないだろ!? いやオレだってアンタがメイドのタマゴなんて信じたくねえけど!
        えっしかも割と高評価!? いやーオレのセンスってやっぱこういうとこで光っt斧だー!?(ガビーン)近似値どこにあんだオイ!
        ぜえっ、ぜえっ、ツッコミすぎで喉痛くなってきた……あ゛ーOK、じゃあお茶もらおうかな、何出てくるかわかんねーけど(恐る恐る椅子に座る) -- クノーゲル? 2012-12-05 (水) 04:18:53
      • 風見鶏は大抵鉄製だ、斧も鉄製だ、つまり斧は風見鶏だと判断したまでだ、そう褒めるな
        よろしい……今日は寒いからな、少し温まる者をチョイスしよう
        (そういってテーポットに茶葉とか湯とかを良い感じに入れる、頭の中でリリアナよ……そこでお茶漬けをだすのだ…と声が響いたが無視して)
        うん…クノーゲル君はしょうがは大丈夫かな。答えは聞いてないが(そこからカップに入れたお茶にいつの間にやらすったしょうがを少々入れて
        こうして出来上がったのがお茶漬け……じゃないジンジャーティーだ、飲みたまえ(それを相手の目の前に置く -- リリアナ 2012-12-05 (水) 04:26:24
      • 血が出るなら殺せる並のアバウトな判断すぎる……前衛アートすぎる……。
        (シュールな光景でびゅうびゅう吹く風の中茶を待つ。そもそも暖まれる場所にしろや、と思いつつ)
        アッハイ。チョイスは意外とまともだな、今茶漬けって言った気がするけど聞こえなかったことにしよう。
        ……ジンジャーティーっておろし汁だけ入れんじゃねえっけ? まあいいや、頂きます……(恐る恐る口に含む)
        (何か妙なもんを入れてやしないかリリアナの方をちらちら上目遣いに見る。毒見役の気分だ)……まともに旨いなオイ。 -- クノーゲル? 2012-12-05 (水) 04:41:29
      • あまり細かい事を気にするな、汁だけより身も入ってたほうが良いに決まっている
        そんなに警戒するものでもないと思うがな……ほう、素直に褒めてくれるのか(自分も椅子に座り、お茶を淹れて
        (それを一口飲んでひと時の静寂)……寒いな、少し前に登校した時はまだ春だった気がしたのだが -- リリアナ 2012-12-05 (水) 04:45:09
      • このロケーションで黄昏ても全然かっこよくねえからな言っとくけど! 口当たりはいいけどこれのみ進めてくと沈殿した生姜辛そうだな……。
        つーか、いきなり斧出したりあまりにもメイドらしからぬすぎだろ近似値遠すぎだろ。
        なんだってそんなのがメイド目指そうとしてんだ? 熱意があるのは分かる。 -- クノーゲル? 2012-12-05 (水) 04:51:43
      • なんだなさけない、私が居た場所じゃ皆ジンジャーティーと称してしょうがを丸かじりしていたぞ
        何故目指したと聞かれたら少し困ってしまうな……そうだな、きっかけで言えばあれは10年ほど前の事だろうか
        私がまだ山賊をしていた頃でな、別のグループと連合を組んでとある街にある大きな館を襲ったのだ
        最後に焼き討ちをして引き上げようとした時に、一人のメイドが主人と思わしき人物をかばいながら死んでるのを見てな、それ以来メイドを目指す事にしたのだ
        たまには誰かに仕え守ってみるのも良いかと思ってな……ちなみに現在絶賛御主人様募集中だ(アピールするように手斧を持って -- リリアナ 2012-12-05 (水) 04:58:30
      • 大悪党だー!?(ボボボーボ・ボーボボのビュティみたいな顔で驚く)
        アウトローもアウトロー、銀河裁判所にジャッジメント要請したら二秒でギルティになりそうなレベルだこれ!
        ……ま、まあ更生してるからいい、のか……? とりあえず、一つ言うと、メイドって斧振り回す職業じゃねーから。
        はあ……たく、とりあえずお茶はごっそさん(飲み干そうとしてやっぱり辛いので顔をしかめつつ、席を立ち)ご主人様見つかんのかね……山賊やるよりゃ二億倍いいと思うけどさ。
        んじゃ、オレこれで。オレはA科だけど同じ学生だしそのうちまた会うだろ、アデュー。 -- クノーゲル? 2012-12-05 (水) 05:02:48
      • 冒険者という立場の人間にそこまで言われるのは少々心外だな……(少し不満げな顔
        どうだろうな、こればかりはめぐり合わせだ、見つからなければまた山賊稼業に戻るだけだ。なんだ同じ学生だったのか(今まで同級生だと思っておらず
        それならまた会えるだろう……出来れば次会う時は立派になって私を雇ってくれ(椅子に座りながら相手を見送って -- リリアナ 2012-12-05 (水) 05:08:43
      • うん(貰ったちくわを咥えて煙をふかし)……寒いっ! -- リリアナ 2012-12-05 (水) 05:10:08
    • 特設プール

最新の4件を表示しています。 コメントページを参照


Last-modified: 2010-12-24 Fri 00:29:05 JST (3624d)