※ここは一人遊びを纏めた自己満足ページです

これまでのあらすじ Edit

川端荘に引っ越した春真・モッキンバードは、幼馴染の連中や愉快な隣人達と騒がしくも楽しい毎日を送っていた。
冒険者を辞してからもそれは変わらず、紆余曲折ありながらも向かいの住人、リリィリア・サントーレと恋人関係となり穏やかな暮らしを享受する。
刺激に満ちた冒険者生活からは程遠い、だが今までに無い幸福な日常。
しかし、リリィリアの実家の破産により、その日常は終わりを告げた。

借金と引換に売られたリリィリア。真相を知り、彼女を取り戻す為に動き出す春真。
運命は二人を翻弄し、舞台は動乱続く遥か北方帝国へと移るのであった。


戦場において春真は多くの出逢いと敗北を重ねつつ、ただひたすらに失った想い人を求めて手を伸ばす。

一方リリィリアは軍付娼婦として人形のように扱われる毎日の中、愛しく遠い人を想いながら涙を流すのであった……

登場人物 Edit

春真知謀系どチンピラ。元冒険者で器用。
何かと不幸。三歩進んで二歩下がる類いの人間。
リリィリア世間知らず系お嬢さん。春真の恋人。
軍付娼婦から性奴隷になりました
ファビオラ川端荘の隣人。メイド。
一般人代表。
エカテリーナ北方帝国王位継承権第四位。
ドヤ顔系武闘派王女。疵面。
ナターリアエカテリーナの侍女。セメント系。
リボンでズバーとかザクーとかな王女ラヴ。最近影が薄い。
シラエカテリーナの部下。エルフ系長寿族で狙撃兵。
腹黒天然系前髪枠。
『ルサールカ』航空艦『ウラディーミル』統括制御用自動人形。
──以上。
『先生』航空艦『ウラディーミル』所属の軍医。元北方帝国白蓮騎士団所属。
お節介焼きで寂しがり屋だが腕は確かな女性。
”フリッカー”傭兵団『シュクヴァール』首魁。
目のハイライト消えてるセメント系機工魔術士。紅茶が不味い。
クロウ『クロウ・クルワッハ』の通称を持つ魔導鎧使い。
朱色の四本腕の魔導鎧を操るウォーモンガー系傭兵。

エピソード Edit


川端荘の日々 Edit

一般人から見た冒険者って? Edit

+  −一般人から見た冒険者って?−
+  −続・一般人から見た冒険者って?−

リリィリア・サントーレの日常 Edit

+  −喫茶エリタージュの日々−
+  −続・喫茶エリタージュの日々−

春真・モッキンバードのその後の生活 Edit

+  −Any−
+  −Please catch me at a maze of maiden.−
+  −春と修羅−
+  −伸ばしたその手は求めるように−
+  −幕間、或いは切り取られた風景−
+  −コーヒーブレイク−

『交差点の相対者』 Edit

+  『交差点の相対者』

春真・モッキンバードの復調期間 Edit

+  −行き先確認−
+  −Garden of Love−

『客間の勧誘者』 Edit

+  『客間の勧誘者』

『選択場の先行者』 Edit

+  『選択場の先行者』

リリィリア・サントーレの奮闘 Edit

+  −"Want to be the wind."−
+  −続・"Want to be the wind."−

Edit

Round 0 『予感の先行き』 Edit

+  『予感の先行き』

1st stage 『遠きの問いかけ』 Edit

+  『遠きの問いかけ』

2nd stage 『急ぎの用事』 Edit

+  『急ぎの用事』

3rd stage 『銃火の行く先』 Edit

+  『銃火の行く先』

4th stage 『思い出の嘆くところ』 Edit

+  『想い出の嘆くところ』

5th stage 『阿修羅のごとく』 Edit

+  『阿修羅のごとく』

6th stage 『伏臥の夕暮れ』 Edit

+  『伏臥の夕暮れ』

7th stage 『再起の朝焼け』 Edit

+  『再起の朝焼け』

8th stage 『奪いの継続』 Edit

+  『奪いの継続』

9th stage 『見下しの失速』 Edit


Last-modified: 2012-01-13 Fri 18:39:08 JST (3376d)