達見家出身 達見あさき 464560 Edit

ID:464560
名前:達見あさき
出身家:達見
年齢:19
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
その他:ステータス/戦歴/名簿Edit
所属:企画/ノタレガタリ

序説・とある地方の廃屋の前で Edit

「へい、どうなさった旅の御方」

「そこの大屋敷かい? 昔はここらを治めてた、大名どのの一門がお住まいだったのさ」

「しかし将軍様に対する謀反の疑いで、主は打ち首で一家は離散ときた。恐ろしいことで」

「わしらから見ても、そんな大それた事を企む御方には見えなかったがなあ。お優しい方だったで」

「まだ小さい娘もおったのにのう。あれから十年、今頃どうなっとるやら」

「なんだいあんたも物好きだね旅の御方。ほら、名前くらい表札に書いてあるだろう」

「随分汚れちまってるな。たつみ、って読むんだよ」

棘の道でもどうぞ喜んで Edit

とある地方で権力を握っていた達見の姓を持つ娘 とは昔の姿。 世間の荒波に揉まれ夢見る少女じゃいられないと知った今では、金に貪欲な女賞金稼ぎ。
損得勘定で動き、人外の存在は偏見の目で見ます。

倭人には珍しい桃色の髪なのでよく目立つ。
おまけにツインテールに編んでるので更によく目立つ。

口は悪い。性格も悪い。
熱しやすく冷めにくい性質の悪いタイプ。
背は低く体重は軽い。あまりいい食事を与えられなかったために発育不良。
貧相な身体がバレないように男物の和装を身につけたりする。
退魔手形は目立たせるために腰から下げている。

男の魅力を感じる箇所は乳首。

もしも今夜が最後の夜と謂うなら Edit

とある地方で権力を握っていた達見家の長女。
現在の達見家は、隆盛をよく思わなかった人間の策略により没落してしまっている。
謀反の首謀とされた父親は打ち首。その他の縁者は流罪や投獄など、今後真っ当な生活を送ることはなくなった。

達見一門の中でもどうにか難を逃れ、身分を隠し雌伏の時を待った者たちがいた。
あさきもその一人である。
「金品の献上という形での忠誠を見せれば、達見の不名誉を削ごう」と将軍は言った。
そして「首を取るのは化生だけでいいのかい?」とあさきは問い返した。
将軍はあさきを恐れた。「この娘は鬼の子じゃ。人の世に放ってはならぬ。殺してしまえ」

そして今、あさきは英雄町にいる。
真実を知るのは、天と月と―

風に散り行く宵桜 Edit

戦闘設定コーナー

お名前:

最新の3件を表示しています。 コメントページを参照


Last-modified: 2011-10-16 Sun 21:58:21 JST (3428d)