名簿/464560

  • せりやぼ2期への参加について話し合うております。意見や参加表明などくだされ
  • チラシが届けられた!内容はどうもイベントのお知らせらしい。
    メイドの祭典、メイドフェステバル!参加者募集中!
    受付日時は11/20〜より!参加希望や質問などはこちらまでどうぞ!
  • (妖怪の罠だ!突然ねぐらに煙が吹き込む!深く吸い込めば十歳の頃にまで若返ってしまう!)
  • あーさーきーさんっ!また同行ですね!お元気でしたか?(にこにこ) -- 礼蓮
  • あ、いつかの喧嘩売ってきた桃色じゃないの。なんか次の仕事で一緒らしいからよろしくなー!(笑いながら同行挨拶) -- 諏訪しかみ
  • (珍しい髪色だ、と思った 思ったので、話しかけた) それは生来か、それとも傾いて居るのか どちらだ、娘 -- 吉正
  • どーもあさきさん、お仕事上手く行ってますか!私の方は何とかなってます、次組む時が会ったらもっと役に立ちますよ!
    所で中々珍しい髪ですねぇ、ちょっとうらやましいです!自前ですか? -- 一片
    • (一片に話し掛けられたあさきは、男の首を締め上げていた。声を聞いてようやく男の首を掴む腕が緩み、慌てて男が逃げだす)
      今度会ったら二度と泣いたり笑えなくするからな! 娑婆僧が!
      (ぷんすか怒りが治まると一片に顔を向け)雪乃か、それなりだな。退治してるのは小物ばかりだ、もっと大物を獲りたい。
      (桃色の髪を自分で触ると、ふわりと髪が風に流れ)遺伝だよ。目立つから嫌いなんだよな。さっきみたいに、気の触れた男も寄って来るしな! -- あさき
      • あややや、お取り込み中だったでしょうか?いやー、事情は存じませんがそれは魅了と言う名の狂気だったりしないのですかねぇ〜?
        まま、大物もよろしいですがいきなりは危ないと思いますよ?大百足などには結構敗走も出ていると聞きますし…… -- 一片
      • 何でも、読者雑誌のでるも?とやらをあたしに頼みたかったそうだ。
        聞いて驚けよ、男役でだ。あたしは女だよ! 女なんだよォ! あー思い出したらまた腹立って来た! 畜生!
        (ガンガンゴミ箱を蹴る。町民が何事かと振り返り、関わりにならないよう目を背ける)
        大百足、大蜥蜴、大蠍あたりが高額の討伐対象だな。敗走? 結構じゃないか。あいつらが逃した得物をあたしが狙えるんだからな。
        (そう冗談めいて笑い) -- あさき
      • ああー……とにかく男だと思われた訳ですか、それは良くないですね!見る目無いです!でもあさきさんももっと女らしい格好しても良いかと思いますよ!多分にあいます!
        そうですね、もっともっと強くなればでいだらぼっち何かとも戦えるようになると聞きますけど……あはは、そう言う考え方もありますね!なるほどそれはいいです、好機と見ます!もうちょっと強くなればより安心なのですけどねぇ -- 一片
      • てめー雪乃、自分が少し可愛いからって調子に乗ってるだろ! すざけんな!(褒められたので照れ隠しに一片の頭をくしくし撫でて)
        どうしろって言うんだよ、着物なんて一着も持ってないぞ。お前のは尺が合わないだろ。 -- あさき
      • そんな事無いですよー、まぁ美人か可愛いかだと可愛い部類に入ると自負してはおりますが!(撫でられながら調子に乗る)
        そうですねぇ、これはちょっと小さいでしょうねぇ……そのつんつるてんな様が良い!と言う向きもあるようですが、いかが?もうひとつ私が提案できるとすれば……買い物、ですね!(ぴっと人差し指を立てつつ) -- 一片
      • ぐあー! 遊廓に投げ込んでやろうかこの小さいの! お前の死因は可愛がられなかったことによる精神的抑圧だ!(苛ついたので一片の髪の毛を引っ張る)
        ンなもん誰が喜ぶんだ、あたしが晒し者だろう!
        かいもの?(首を横に傾げて) かいものってなんだ、くえるのか? -- あさき
      • ぐえー!に、人間同士くらい仲良く!出来れば無害な妖怪とも仲良くが信条です!不必要暴力はんたーい!(あいだだだーとかやりながら)
        いえいえ、そこで恥らう姿がきっと殿方の心の琴線に触れるのかと存じますれば……はい、物によっては食べられます!じゃ無くてですね、買い物ですよ買い物!服を買いましょうって言ってるのですよ!たまたま呉服屋さんを知っているのですけど……あ、安いかどうかは存じません! -- 一片
      • あたしは別に、男に好かれたいとか思ってねーし! どちらかというとお前だろ。小さな未成熟な体を巧みに使って、男をたらしこんでるんだろ!
        服ゥー? あたしこの一帳羅で足りるぜ。(腕ごと男物である小袖を伸ばして) それに服って高いじゃん。 -- あさき
      • 好かれるのも良し悪しですからねぇ、程々が何よりではないでしょうか!いやいや私の方はそんな達者じゃございません、精々時々ご飯を奢って貰えるくらいなのでありますよ
        汚れたりしたら困るでしょう一張羅だと!まぁ私も人の子といえないですけど……ええ、高いです!とても高いですけどいい服を着て姿身に映して見ると中々良い気分ではございますよ?紅を引くまではそんなにやりませんけど -- 一片
      • 十分だろ……こいつ、自分の武器を自覚してるな。このまま成長しなければいいのにって内心思ってるな。どうせお前は一生珍竹林のままだよ!
        だから汚れないように気を使うんだよ! 化物の帰り血を浴びないよう立ち回り、雨の日は当然外へ出ない。飯時に味噌汁や醤油を溢すなんてもってのほかだ。
        じゃああれか、雪乃が一緒にあたしの服選んでくれるのか?
        //ごめんなさいぶんつうで! -- あさき
      • ひ、ひどい!育ったら武器を持ち替えるつもりですのに!やっぱりほら、年齢が行くと子供扱いでは満足できないものなのです!
        むむ、確かにそれは緊張感が生まれそうな……私なんかはちょっと雨なら濡れて行きますけどね、これも風流でありますよ!
        そうですね、残念ながら奢って差し上げる事は叶いませんがお見立ての一助くらいはできるかと……今度ご一緒いたしますか?//了解です、遅くまですみません -- 一片
  • 遅くなりましたーこちら集計結果です。ご協力ありがとうございました! -- ???
  • おや…ご近所さんかい?早起きってのはいいもんだねぇ…(近くの旅籠から出てきた夜一が若者に声をかけた)
    若いのに、早起きってのも大したもんだね…あたしの若い時なんざまだ寝てたもんだよ(カラカラと笑うその顔には人にしては長すぎる耳)
    (それを見てどう判断するかは人によるだろう) -- 夜一
    • (朝は勿論郵便受け。新聞には町の噂話やお上の施政、化生の情報までが連ねられている)
      目新しい情報は零か。(軽く紙面に目を通し、長屋の中へ戻ろうと軒下を潜った時。その女が現れた)
      (衣装からの佇まいは完全に人間のそれ。唯一奇妙だと感じる点は、あまりに尖った耳)
      若い若いって、そっちも随分若いだろ。あたしを餓鬼扱いするにはあと十年でも年を重ねな。
      (……とりあえず、賞金首ではない。高額の的なら飛び掛かるところだ) -- あさき
      • そりゃそうさ、あたいだってうら若き乙女だからね。それでも年下には違いないんだろう?(口の悪さもなんのその、気にした様子もない)
        それでも十年も年を取りたくはないもんだよ…アンタも、そう思うだろ?(男装とは言え、同性であることは気付けた様子だ) -- 夜一
      • あんたいくつだよ。
        (じろじろと上から下へ舐めまわす。肌の張りや顔立ちからすると、自分より多少は年上か。とは別に、成熟とは別の隔世的な雰囲気を漂わせている)
        増えて嬉しいのは小判だけってな。頼まれたって若さは売りゃしねえ。
        (そういえば若さを食う妖怪もいたな、と頭を過る。この女がその妖怪ならば)
        あんたさあ、人かい?(率直に意見をぶつける。同時に半眼でいかにも「私はあなたを信用していませんよ」と意思表示している) -- あさき
      • 女に年を聞くのは失礼って教わらなかったのかい?ま、別にいいんだけどね…あたいは夜一、22さ…(で、アンタは?と言いたそうに年下の娘を見る)
        (見た目からしても人間のように見えるし、人間であれば間違いなく年下であろうことは判断がつく)
        …若さのない答えだねぇ…ま、若さなんてものは売りに出すものじゃないのは同感だけどさ(潤いの欠片もなさそうな答えに苦笑い)
        あたいかい?それは…もちろん人間に決まってるじゃないか、それにあたいはアンタの同業だよ?(カラカラ笑いながら、袖から手形を取り出してみせた) -- 夜一
      • 女の年齢はむしろ武器だろ。あたしはあさき、十九になったばかりだよ。(年上と知っても臆することなく)
        はァん?(現れた手形に目を丸くする。まさかこの女も、同じ退魔の資格を持っている者だったとは。無言で腰に下げた退魔手形を掲げると、指で一弾きして)
        とりあえず、あんたが敵じゃないってことは分かったよ。(それは表向きの話。より多くの報奨金を得るために、仲間を手に掛ける外法物も数多い)
        退魔師同士の争いはご法度だ。これからは穏便に、仲良くやろうじゃないか。
        (口元の端を吊り上げると、思い直し)姓はなんていうんだ? 良く考えれば、名前で呼ぶほどあんたのことを知ったつもりはないね。 -- あさき
      • くっくっ、違いないね。ただそれだけに、若さの代わりのものを持つようになっておかないとその分苦労するってことだからねぇ…男が羨ましい限りさ
        そんなに驚かないでおくれよ…まるであたいが酔狂でこんなもの持ってるようじゃないか(自分の指先でペシッと銃をはじく)
        そうさね、お互い仲良くしていこうじゃないか。共同戦線だって来ることもあるだろうからね…うん?あたいの姓かい?
        雑賀(さいか)…変わった姓だろう?言いにくいし、あたいとしちゃ夜一(よいち)でいいんだけどねぇ(雑賀と言えば銃使いで知られる一族でもある) -- 夜一
      • (いつ長銃を出した? 尺を省みれば、一応は背中やら傍に隠せる範疇ではある。
        得物を見せたということは、少なからず夜一が自分に対して警戒心を持ち、それがようやく解かれた、ということだろう)
        ちっ。(一枚上手の相手に遊ばれ、始末が悪そうに舌打ちする)
        雑賀ァ?(退魔師の世界に足を踏み入れた時に噂ばかりは聞いたことがある。代々鉄の銃を使い戦場を駆けたという一族が、退魔の仕事にも手を出したと)
        そうか、鳴り物入り、ってわけだ。これからは本当、騒がしくなりそうだな。 -- あさき
      • (//あぁ…出す描写を最初の3行目に入れてたつもりだったのに…入ってなかった、ごめんなさい!)
        …おや、どうしたんだい?(何事かと首をひねる女、素知らぬ顔をしてるようにも見えるだろう)
        …あぁ、やっぱり…だから家名を出すのは嫌だったんだけどねぇ…(何か勘ぐっているあさきに苦笑い)
        …別に一族の命でもないんだけど…ま、これから騒がしくなるのは確かなんだろうけれど(これだけの退魔と妖怪が集まってるのは夜一の記憶にもなかったからだ)
        あたいとしちゃ、そうなるのは勘弁しておくれって感じなんだけどねぇ(これに関しては小声、サボリとも妖怪に肩を持ってるとも取られるからだ) -- 夜一
      • //ああ描写なしでよかったんだよね 見逃してたかと思った
        退魔師になる人間なんて、たかが知れてるよ。復讐者か賞金稼ぎさ。(暗に自分がどちらか、またはどちらでもあると示唆し)
        雑賀はそういう風には見えないな。強い妖怪を倒して、ただ名前を売りたいってヤツもいるみたいだ。あたしには到底理解できないね。
        戦いに浪漫なんて求めるなよ。生きるか死ぬかの瀬戸際だぜ。
        (最後の夜一の声は聞き取れず、首を傾げるも元に戻り)さあさ朝餉の時間だ。戻ってお互い飯といこうぜ。 -- あさき
      • …それは、違いないねぇ…もちろん、それぞれに事情があるんだろうけどさ(そして己も事情ありなので遠回しに同意)
        元々は田舎の農民だからね、成り上がりたい若者も当然出てくるさ…よしときなって言ったこともあるんだけどね(銃を担いだ姿で肩をすくめる)
        浪漫って訳じゃないけどさ…余裕がない人ほど死にやすいって言うじゃないか、地獄の沙汰も金次第…とは言うけど、命あってのなんとやらでもあるからね
        おやもうそんな時間かい?それじゃあ、また顔を合わせると思うけどよろしく頼むよ(踵を返すと自分の旅籠へと戻っていった) -- 夜一
  • いつの間にか、小さな茶封筒が置いてある。表にはこう書かれていた―[桝村藩 非公式 アンケート]

    (人間の方のシートはこちら。妖怪の方のシートはこちら
    (中立の方は近い方の立場を選択して答えてもいいですし、無回答でも構いません)
    (回答はこのコメントへのレス、もしくはこちらのコメント欄で答えて頂いてもOKです。捨てた事にして無回答でもOKです) -- ???
    • (朝は勿論郵便受け。新聞の他に入っていたものは、珍しい一般市民を対象にした意見書だ)
      ほお。(珍しげに封筒を見ると、次の瞬間には興味を失い封を勢いよく破る)
      化生についてか。今の世で共存できるなどとは思わないね。 -- あさき
  • セックス!! -- 2011-10-16 (日) 20:49:35
    • この脳無しが! 油売ってる暇があるなら情報の一つでも取ってきなッ! -- あさき 2011-10-16 (日) 21:31:51

Last-modified: 2012-03-12 Mon 23:37:02 JST (4505d)