ブレイド家出身 ヴィエルド・アーティン 498766 Edit

ID:498766
名前:ヴィエルド・アーティン
出身家:ブレイド
年齢:15
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
方針:
edit/refer
難易度:
edit/refer
信頼性:
edit/refer
その他:ステータス/戦歴/名簿Edit
企画/洋上学園都市

設定 Edit

白銀の髪と赤錆色の目の少年。
小柄な体故、年相応に見られることは少ない。
わりと大人しい系、色々よくわかってない、メカ好き。

細かいことは後で Edit

ヴィエルド>名簿/498766
お名前:
  • やほう、後輩クン。次は一緒にキノコ探しみたいね。まぁ、特にどって事なさそうな感じだし、ゆったり頑張ろうねー -- トランセ 2013-05-23 (木) 23:24:14
  • キスしたくなっちゃう薬が振りまかれた -- 2013-05-16 (木) 18:44:07
    • んっ? なんだったんだろ、今の……
      (においを嗅いでみたりするが、さっぱり分からなくて首をかしげ)びっくりさせようとしてたのかな? -- ヴィエルド 2013-05-18 (土) 22:02:17
  • コンコン
    扉をノックする音は、電動工具の機械音にかき消される。耳慣れた小うるさいモーター音に小さな異音が混じっていることに気がつくのは、果たして何度目のノックなのだろうか?
    扉の外には、小柄な少女が立っていた。ドアをノックしようと引いた手で、危うく殴りつけそうになっている。
    銀髪に赤いマフラー。鮮やか過ぎる青い瞳。この少女を覚えているのだろうか?
    「さっき、英雄通りのショッピングモールに行ったんですよ。そしたら、どのお店もバレンタイン一色で、すっごい綺麗だったんです。それでつい、チョコを買っちゃいまして。自分で食べるのも何かなと思って、そういえば近くに工房があったのを思い出したんですよ。あまり良いチョコじゃないんですが、どうぞ。」
    ニコリ。笑顔で小さな包みを差し出す。中身は開ければわかることだが、バレンタインもののネタチョコで、女の子が受けを狙って義理で贈るようなものだ。
    だが、目に付くのは包みのすみについた血痕。
    きちんと拭ったようだが、かすかに跡が残っていた。
    「ちょっと事故に巻き込まれちゃいまして。中身はまったく問題ないですよ。」
    えへへと照れくさそうに笑いながら、ぐいと包みを差し出した。 -- ヒト 2013-05-13 (月) 01:50:53
    • はい、はーいっ……っとわ!? あ、こんにちはー
      そっか、珍しいのとか見てるとつい買っちゃいたくなるよねぇ……
      えっ、いいの? 貰っちゃって。良いなら、喜んで
      (言いながら、包みに目を向ける。そこに赤い色があるのはおかしくないが、どうも不自然なつき方を……)
      って事故!? や、中身より君は大丈夫……みたい、だね
      ありがとう(笑顔を見て、とりあえず安心。こちらも少し照れつつ、両手でしっかり受け取る) -- ヴィエルド 2013-05-13 (月) 22:06:05
  • ヴィー君は確か科学者の卵ですし、多分めっちゃ頭を使いそうですからね
    そういうわけで普通にチョコレートをお出ししましょう…食べてくださいね? -- イルミア 2013-05-13 (月) 00:12:55
    • いやぁ……それほどでも。あ、ありがとうございます!
      もちろん、甘いものとか好きなんで(子供っぽい笑みを浮かべつつ受け取った) -- ヴィエルド 2013-05-13 (月) 21:51:08
  • (ヴィエルドと同じか下手をすれば下の背丈の少年が、廊下を歩くヴィエルドを見つけるなり偉そうにやってきた)
    そこの少年、大丈夫? 道に迷ってるのかい? 二年生のボクをたよってくれていいんだよ!(年下に見ているらしい。こっちもチビなのに) -- レジェム? 2013-05-10 (金) 01:05:33
    • えっ……大丈夫、ですけど……(迷っているように見えただろうか、と不思議そうな顔をし)
      あっ、先輩だったんですか! 僕は1年のヴィエルドです、よろしくお願いします(自己紹介をし、頭を下げ) -- ヴィエルド 2013-05-10 (金) 21:12:35
      • ふふん、やっぱり一年生だ!(全然道に迷っているようには見えないのだが、そういうことにして少年は頼られたいらしい)
        センパイって、いい響きだよねえ……(じぶんは上級生を敬わないくせにこの体たらく)で、ヴィエルドくんはどの科の新入生なの? -- レジェム? 2013-05-11 (土) 00:39:51
      • そういうものですか……?(自分も2年生になったら分かるだろうか、と考え)
        あ、はい。普通科の……先輩は何科ですか? あ、それと名前、まだ聞いてないですよね? -- ヴィエルド 2013-05-11 (土) 20:42:13
      • ボクは冒険科だよ! ……ふふふ、ふふふふ……いいね、この「センパイ」という響き……いい……!!
        (ぞくぞくと恍惚に浸っていると名前を聞かれ)あ、えーと、レジェム! 冒険科の二年生で、狩人なんだ(得意げにハンチング帽のつばを握って) -- レジェム? 2013-05-11 (土) 23:21:27
      • 冒険科……冒険専門なんですか? あ、あの……今まで呼ばれたこと無かったんですか、先輩?
        狩人のレジェム先輩、ですね? じゃあ、やっぱり武器は弓なんですか? -- ヴィエルド 2013-05-12 (日) 05:59:06
      • いやいや、猟師とはまた違うからね。ボクの場合は鎖を使うんだ、こういうのでもないとおとなしくさせられない獲物だしね。
        ま、夜に会うことがあったら実際どういうものか見せられると思うよ。それじゃボクは用事があるから、またね? 後輩くん(得意げに言ってその場をあとにした) -- レジェム? 2013-05-13 (月) 03:43:20

最新の5件を表示しています。 コメントページを参照

細かいこと Edit

  • 機械関係の研究者が両親。
  • 日夜仕事に没頭する両親と愉快な仲間たちと一緒に施設で暮らし、育つ。
  • そんな引きこもり集団の中で育ったため、外に出ることは少なかった。
    • 故に、人付き合いの経験も限定的で、同年代の子供との交流などは殆ど無い。
  • 研究対象は機械工学、特に人型機械の開発。
  • 成長するうちに機械操作の適性が高いことが判明。
    • 小柄であることも相まって、試作機の操縦を担当する。
  • 知識の偏り等が問題視され、学園都市での社会勉強を提案され、今に至る。

Last-modified: 2013-05-26 Sun 17:31:48 JST (3412d)