ミット・デム・シュトゥーカ家出身 ルーデル 80645 Edit

ID:80645
名前:ルーデル
出身家:ミット・デム・シュトゥーカ
年齢:30
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
その他:ステータス/戦歴
テーマソングHans Ulrich Rudel
stukalied
戦いの光景Ju−87の勇姿
相棒:http://notarejini.orz.hm/up/d/hero20227.png
http://1st.momo.net/uploader/img/adv001862.png
見つけたよ
「ここが私に与えられた新たなる戦場ならば!」

http://notarejini.orz.hm/up/d/hero20225.png

旧ステータス

天寿を全うしても気付いたら別世界の戦場に居た!!! Edit

本名、ハンス・ウルリッヒ・ルーデル。
最終階級ドイツ空軍大佐
急降下爆撃機「Ju-87シュトゥーカ」のパイロットにして人類史上最強の戦車キラー。
牛乳と爆撃機さえあれば敵対した者全てを恐怖のどん底に叩き落す空の魔王である。
脚がもげても義足をつけて即出撃。
敵陣のど真ん中に放り出されて数百人に追われても単独徒歩で味方陣地まで復帰する存在自体がギャグな人外なのだ。
脆弱なシュトゥーカB型をベースに改修を続け、機動性・攻撃力共に強力なG-2型に改造を完了。
ただし、ウィリアムの基地にある設備と最新の航空力学・技術、更には魔法技術をも取り込み、進化し続けている。


が、トロル討伐戦にて改修を続けた機体は大破し、二人も大怪我を負った。
おかげで戦闘能力は一から鍛えなおしとなってしまったのだ。
一方で不思議な事に、肉体そのものはこの世界に来た当初に戻ってしまった。
まだまだ世界は、彼に戦いを強要しているのである。

更に酒場に着陸する手前でとても上質な相棒のガーデルマンを落っことしたため捜索中だったが、遂に発見。
だが長らくコボルトの集落で囚人生活を強いられたため、衰弱。
しかし長らく戦ううち、ブランクを克服し、現在は”非常に出来のいい後方機関銃手”である

現世に嫁さんが居たが20歳以上も離れた相手であり15歳の若妻だった。

飛行機乗りなのにティーガーだったわけである。

無線 Edit


 通信ラディオ -- COLOR(PURPLE){}
 ボリューム調整   SIZE(){}

周波数調整

お名前:
  • ふが -- フランドル 2008-06-15 (日) 02:54:47
  • ちょっと遅くなっちゃったけど、妖精ちゃん達はご希望があればお渡しするわよ〜♪
    ・・・って、え・・・? -- アーシュラ 2008-06-10 (火) 02:08:19
  • (・・・大丈夫なのだろうか) -- ウィリアム 2008-06-10 (火) 01:31:05
    • 部隊の基地?が移転したことを伝える手紙を置いてそっと立ち去った) -- ウィリアム 2008-06-12 (木) 21:25:11
  • 去年のこの時期は色々あったみたいだから心配したんだけど・・・無事そうで何よりだわぁ・・・
    それじゃあ、はいコレ♪ 妖精ちゃん達と一緒にチョコをプレゼントよ〜♪ -- アーシュラ 2008-06-05 (木) 04:36:01
    • む、すまんな・・・去年の今頃、あの憎っくきトロル共に撃墜されたのだったな・・・むう
      ほう、随分と華やかなショコラーテではないか。この妖精たちは、ここに居つくのかね?
      -- 2008-06-05 (木) 20:38:59
  • バレンタインなのでブランデー生チョコを持ってきました。ご健常そうで何よりです。 -- アルティア 2008-06-04 (水) 23:23:17
    • むう・・・先日は申し訳がなかったな
      君たちの祝賀に行くつもりは在ったのだが、少々疲労が溜まってしまったようだ・・・情けのない話だが
      ショコラーテは好物だ。すまぬな(カッと踵を鳴らし、敬礼)
      -- 2008-06-04 (水) 23:25:43

最新の5件を表示しています。 コメントページを参照

戦闘記録 「自らを価値無しと思っている者こそが,真に価値無き人間なのだ」 Edit

出撃回数2530回(こちらに来てから+62)
被撃墜回数30回(こちらに来てから+0)
戦闘による負傷5回(こちらに来てから+3)
ソ連軍によってかけられた賞金10万ルーブル
〈戦果〉
戦車519輌
装甲車・トラック800台以上
火砲(100mm口径以上)150門以上
装甲列車4両
戦艦1隻撃沈(ガングート級戦艦マラート)
巡洋艦1隻
駆逐艦1隻
上陸用舟艇70隻以上
航空機9機(戦闘機2、爆撃機5、その他2)
大鼠1匹
大蝙蝠3匹
雑魚(1)手練(9)
狼男通常(4)熟練(2)精鋭(2)
ゴブリン雑魚(3)精鋭(2)ロード(1)
オーク雑魚(3)精鋭(1)ロード(1)
ゾンビ雑魚(5)手練(4)
コボルト雑魚(9)衛兵(2)手練(2)キャプテン(1)熟練(2)精鋭(4)キング(1)
グール雑魚(18)
リザードマン通常(8)手練(4)熟練(17)精鋭(2)キャプテン(1)ロード(1)
死霊通常(1)
インプ通常(6)手練(2)熟練(2)
ムカデ巨大(1)超巨大(1)
オーガ手練(1)精鋭(5)キャプテン(1)
ミイラ通常(3)
2枚

※ルーデル豆知識

ルーデルのスコアは半ば間違いである。
なぜなら彼は部下に休暇を取らせるためにスコアを譲り分けたり、病院から抜け出した事が発覚しないように、スコアを改竄していたためである。
つまり彼の最終撃破スコアはこの表記より遥かに多いのだ。

戦闘報告 Edit

黄金暦97年 3月 某日
私は生きている

通信記録 Edit

ワルプルギス・ナハト:女医だ。美人だが医者の世話になりたくはない。今は恋のレースの渦中にあるようだな。
ケーニヒス・ティーガー?:女戦車兵だ。戦争当時我が国最強を誇った戦車だが、燃料を食いすぎる。
ウィリアム・マクスウェル:トミーだ。英兵は大嫌いだが英国人らしからぬ謙虚さからあの男は別格だ。敬愛に値する男だ。
エルンスト・フォン・バウアー大尉?:噂に名高い黒騎士中隊の長だ。東部戦線の勇士にこんな所で会い見え様とは。空にまで響く勇名である。奮起して貰いたい。
ディアーネ・ストライト?:鉤爪を付けた少女の忍者だ。偶然飛行中に知り合ったが、初めてこの世界で我が機に搭乗した人物である。無邪気に喜ぶ様は在りし日の私を思い出させてくれた。
伊号 晴嵐?:気弱な忍者の少女だ。ウィリアムの所で見かけた。正義を志すわりには己に自信が無い。牛乳を飲ませ、強い女性にしようと画策している。
スダールガ・ングラチャ?:蛇人間。最初は敵かと思ったが、幾度も共に戦ううちに、連中なりのロジックというものが理解できた。今では酒を酌み交わす仲間だ。
アルティア・ベルモンド:孤児院「ベルモンド」の家族の一員である。私を度々酒宴に招いてくれる点は感謝せねば。凶暴と聞くが、そうは見えん。謎だ。
アルベルト・グレイブナー:ヴァンツァーと呼ばれる二足歩行型機甲兵器のパイロットだ。沈着冷静に見え、その実熱く、また仲間を見捨てぬ男でもある。理想的な戦友と言えるだろう。
ピップ・ベルナドット?:喧しく、礼節も教養も欠けている傭兵隊長だ。・・・とは言え、戦いの腕は一流。更に人を纏め上げる力を持っている。とどのつまりは、人格者である。
トーコ・シィナ:不思議な縁者である。詳しくは私にも解らんが、以前から知っていた様な気がする。正義を語るだけあり、強く美しいサムライソードの様な女だ。
機動警察家出身 パトレイバー:作業用二足歩行型ロボットから発展した、ポリツァイ(警察)用のロボットとその仲間たちだ。非常にコミカルな連中だが、なかなかの戦力だ。
護国鬼・震電:インパクト。国を護る鬼。だがその実態は偽りの神であり、搭乗者の命すら奪いかねない存在である。それに子供が乗るというのは、あまり良い事ではない。

トーマス・ベケット?:アミーだ。兵隊が何かを良く知っている男で、最高峰の狙撃手だ。
ソヴレメンヌイ級ミサイル駆逐艦・グムラク(艦長:アレクセイ・シモノフ海軍大尉):兵士として勤めを果たし、眠った。今は愛する者と共にあるのだと信じている。
ガンタンク開発部?:技術屋だ。スコアはもう稼げそうもない

補給物資 Edit

差出人不明:笑顔の私だ。礼を誰に言えばいいのだ!エルフだということはわかる!

秘匿回線 Edit

 


Last-modified: 2008-10-18 Sat 02:47:33 JST (4068d)