夜襲ニ突入ス!

戦場選択 / 編集:個人イベント会場/戦場選択
qst045388.png
砂漠の旅路


【ロダ:サムネ】 [[http://notarejini.orz.hm/up2/s/.jpg>http://notarejini.orz.hm/up2/file/]]
【ロダ3:サムネ】 [[http://notarejini.orz.hm/up3/s/.jpg>http://notarejini.orz.hm/up3/img/]]
''''' ''''' &size(){}; &ruby(){}; &color(#5A322A){レク}; &color(#008080){風色}; &color(#180614){烏羽}; &color(red){赤}; &color(blue){青}; &color(green){緑};
編集:滅ビヲ運ブ黒キ風トナリテ 連絡欄 旅行者募集依頼と同じような形式で、文通気味にOK! 予定:ナーゼルと接触→アルクワリ戦→首都潜入Edit
お名前:
  • 過去からの訪問者
    http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst087508.jpg -- 2016-11-04 (金) 22:04:06
    • 戦場となっている国境に近いル・クァヴィー東部。砂の砂漠は終わり、ゴツゴツした岩の多い風景となっている
      アマージと共に小高い岩の上で君達は3人で待機していた。それはこの場にいないレクトールの指示だ
      アジール将軍をはじめとする戦争中の部隊と首都の連絡を担うナーゼル将軍の隊がこの付近を通ることはアマージが事前に調べた
      そして君達は1週間近くこの岩場に潜伏し、ナーゼル将軍の出現を待ち構えていたのだ。そしてレクトールはその視力で目標を見つけた
      ……彼は1人で接触を試みる決断をし、君達に告げると岩山を降りていった。今は姿が見えない
      -- 2016-11-04 (金) 22:14:09
      • ほ、本当に大丈夫でしょうか……? (双眼鏡で岩山の下を覗いて様子を窺っている) -- ア・マージド 2016-11-04 (金) 22:18:01
      • (顔を出さないようにするため、アマージの後ろに控える)ナーゼルの事を聞いた限りじゃ半々って所ね・・・あっさり協力してくれるかもしれないし、衝突する可能性も否定できないわ・・・だからちゃんと見てなさい?
        ・・・ただ大勢で出て行って警戒させるよりは、旧知の人ひとりに任せた方が穏便に済む可能性が高いでしょう?・・・(準戦闘態勢でぐっぐとストレッチをしている) -- カレリア 2016-11-04 (金) 22:27:39
      • レクトールさんだけがいけばきっと向こうも話のテーブルに乗ってくれる……と思うんだよね
        逆に言うと私達が見つかると何か策略ありって思われて交渉が決裂するかも……(乾パンを摘みながらブルーマロウのハーブティーを飲んでいる 酸性で色を変えるその花は身を隠す術の備えでもある) -- アニー 2016-11-04 (金) 22:56:44
      • 君達が大人しくしていると、やがて西北の方角から砂埃を立てて近付く集団が見えてくる……ナーゼルの隊だ
        人数は少ない。30人ほどのキャラバンのようにも見えるが、乗っている動物は馬でもなければラクダでもない
        ダチョウのように脚が速く、大きなニワトリ…と表現するのが最も近いか。その鳥の背に補給物資を沢山載せて移動していた
        そして一行は君達が潜伏している岩山の麓まで近付いてきた。日陰となっているそこで休憩を取るらしい……
        鳥の背から降りてくる兵士達は皆屈強で、よく訓練されているのが分かる。彼らはそれぞれの鳥の顔に付いた砂埃をまず掃除し始めた
        -- 2016-11-04 (金) 23:17:48
      • うーん……あ、いました! 最後尾にいるのがナーゼル将軍です! 将軍自ら輜重任務とは…流石ナーゼル様ですねぇ
        (ちなみに君達と共にいる元ブラハム将軍の副官であるアマージ君は、今すぐにでも殴り倒せそうなほど貧弱そうだ) -- ア・マージド 2016-11-04 (金) 23:21:02
      • あれがナーゼル将軍……なるほど威厳のありそうな(馬鳥の足音が隊の来訪を知らせ、顔を上げれば件の補給部隊が近づいてくる)
        (が、その隊は岩陰の側まで寄ってくる 見られてはコトだ)……まずいかな まずいよね 私は隠れるけど、お二人は? 鮮やかな蒼の果てに残るは 色褪せた灰色の景色 ディスカラード
        (ハーブティーに使っていたブルーマロウを一房取って念じれば、アニーの姿は岩陰の色と馴染んで紛れていく じっとしてればバレないはず)
        (最後に紛れたまま花を握った右手だけ振って光学迷彩術が必要か、カレリアとア・マージドに指し示して) -- アニー 2016-11-04 (金) 23:40:54
      • ・・・・・・・・遠すぎて分からないわ(眼鏡は伊達じゃない)悪いけど任せたわよ
        (アニーの誘いを断る理由はなかったが、完全に死角に入っている自分よりアマージを優先するように示して返す) -- カレリア 2016-11-05 (土) 01:53:05
      • (それじゃこっちに、と手前に寄らせ先にアマージドに光学迷彩術を掛ける 相手は人ならざる翼人、僅かな息遣いも感づかれる可能性があると、詠唱は囁き声)
        (そしてカレリアの方への迷彩術もナーゼルがいきなり不審がり岩陰を調べない限りは間に合うだろう 離れた位置への迷彩は時間が掛かるのか、じわじわとカレリアの方へ伸ばしていく) -- アニー 2016-11-05 (土) 20:04:55
      • (いざとなれば旅人を装う手が残っている・・・焦る事はないので静かに掛けられるのを待つ) -- カレリア 2016-11-05 (土) 21:12:24
      • ひゃっ!?きっ、気付かれた…!!(と、急いで引っ込むがそれよりも早くアニーの隠形術が間に合ってナーゼルの視線からアマージを隠す)
        ……って、あれ? セーフなんです…??? (恐る恐る顔を出す) -- ア・マージド 2016-11-05 (土) 21:59:27
      • 騒がないの(それだけぴしゃりと言って)
        ・・・それで?・・ナーゼルはどうしてるの? -- カレリア 2016-11-05 (土) 23:19:45
      • そ、そうでした……ええと、こちらには気付いてないと思うのですが…あっ 部隊から離れていくようですね…トイレかな? -- ア・マージド 2016-11-05 (土) 23:48:27
      • (目を離したらダメよとアマージに告げつつ浮足立つ気持ちを抑えて腰を落ち着ける・・・今はレクトールに任せてじっくり待つしかない) -- カレリア 2016-11-06 (日) 15:47:02
      • (あまり身を乗り出さないように、とア・マージドを制止しつつじっと行く末を見守る)
        (ディスカラードはあくまで視界をごまかす術でしかない ナーゼルが人ならざる嗅覚によって、あるいは見える景色とそぐわぬ風の流れを持ってこちらを感知したら?為す術はない レクトールの介入がそれ以前にあることを祈るのみだ) -- アニー 2016-11-07 (月) 00:14:42
    • ……よし、1時間の休憩だ。各自食事と水分補給を取れ。ジオトリスの世話も忘れないように (端的に指示を出すと部下達はすぐに動き出す)
      ……誰かに視られている気がしますけど、気のせいかな…?(独り言を呟きつつ岩山の上に視線を向ける) -- ナーゼル 2016-11-04 (金) 23:39:53
      • 今、何かいたような…(しかし何も見えない) 気のせいか……いや、少し風の流れがおかしい…ですかね
        (そもそもこの日、ナーゼルは起床してからずっと妙な予感を覚えていた…それは虫の報せとでも言うべき些細な違和感だが
         今回の戦争が始まってから何度も通っているこの道…「風」がいつもと違うというのは彼をナーバスにするには十分だった)
        こんな場所に賊がいるわけはありません。敵国の斥候が入り込んでいる? …まさか。しかし今日の自分はどこかおかしい
        気分転換のために何も無いことを確認しに行くのも悪くありませんね……(ナーゼルは部下達から離れ、1人で行動し始めた) -- ナーゼル 2016-11-05 (土) 22:15:24
  • 〜小休止〜  -- 2016-11-02 (水) 21:05:30

最新の2件を表示しています。 コメントページを参照




+  
ログ

Last-modified: 2016-11-07 Mon 00:14:42 JST (1169d)