名前:マルレーネ・ファウゼンexp036852.jpg
年齢:200以上
性別:女?
出身地:不明(ゼイム在住)
立ち位置:イベントボス
企画:アルミネラ王立学院
全身図:
BGM:虚飾の魔女
戦闘BGM:魔獣決戦
3行
  • お師様
  • 参戦!
  • 一行余ったわ

おやーぁ、ご用ですかーぁ? Edit

無かったことにしましょう

お名前:
  • (緊張の面持ちで貴族街の邸宅を訪れて)あの、すいませんっ! ユイ・キサラギです!
    (と声を上げて)ええと……大きな屋敷ってどうやって人を呼ぶんだっけ…(やがて悲しき平民出) -- ユイ 2022-06-20 (月) 21:08:53
    • (そんな一部始終をしっかり目撃してしまったちょうど帰宅のタイミング)あぁ、ボクにご用ですかーぁ? それとも他の方に……?
      (門扉を開けると、屋敷へ続く道を案内し)いずれにしてもどうぞぉ、ユイさん…と聞こえましたがぁ、もしや…うちの弟子がお世話になっていらっしゃる方でしょうかーぁ…?
      -- マルレーネ 2022-06-20 (月) 21:12:49
      • ひゃあっ(ビクッと声を上げて振り返り)あ、あの。ノエ……くんのお師匠様のマルレーネさんですかっ。
        私はノエくんに大変お世話になっております者でして……(大混乱、汗をハンカチで拭う)
        それでマルレーネさんには挨拶をしたほうが良いと思いまして……(ちら、と彼女を見る。小柄ながら独特の存在感を持つヒト) -- ユイ 2022-06-20 (月) 21:15:49
      • はぁーい、いかにもボクがぁ…マルレーネ・ファウゼンですよーぉ(にこにこしながら先導し、屋敷へ招き入れる)
        おやーぁ、ノエ君から聞いてた話と真逆ですねーぇ…?(きょとん、として)なんでも、家事まで手伝って頂いてるとかー…(洗濯の件だろう)
        まぁ、ある意味彼の身柄を預かる身としましてはぁ、保護者に近い立場にありますゆえにーぃ……お付き合いしている女性がどんな方か、知っておきたいとは思っていたんですよーぉ
        礼儀正しく…優しそうな子で良かったぁ、というのが現在の感想ですねーぇ
        -- マルレーネ 2022-06-20 (月) 21:20:20
      • ユイ・キサラギです。(ぺこりと頭を下げて屋敷に招かれる)
        ノエちゃ……くんのお世話は無限にしたいとは思っていますが。(テンパって呼び方まで怪しくなってきた)
        ……そうなんですか?(ほっと胸をなでおろして)私もノエくんのお師匠様が優しそうな人で良かったと思っています。
        あ、これはショコラティエ『チョコレートスマイル』のケーキです、どうぞ。(手土産) -- ユイ 2022-06-20 (月) 21:26:23
      • (公爵家の別荘ではあるが、調度品も華美なものは使っていない極めて実用的な内装だ)
        無限……無限ですかーぁ、あんまりあの子が堕落しない範囲でお願いしますねーぇ…?(普段の呼び方が垣間見えると、くすりと笑って)
        まぁー、弟子にはそこまで優しくもないんですけどねーぇ…ふふ、ではぁ、お茶を用意いたしましょうかぁ…ありがとうございますねーぇ(手土産を受け取れば、早速テーブルにティーセットを用意し)
        せっかくですからぁ、ご一緒にどうぞぉ(切り分けたケーキと紅茶の入ったカップをユイにも出して)あの子のぉ、どこが気に入ったのかー…聞いてみちゃってもいいでしょうかぁ?
        -- マルレーネ 2022-06-20 (月) 21:33:24
      • (別荘というものに馴染みはないけれど、なんだか不思議と落ち着く内装だった)
        ええと……気をつけます。(相手の笑みが見えると幾分かリラックスして)
        ありがとうございます、厳しく稽古をつけていられるのですね。(一礼して着席して)
        ……ノエくんの。(ううんとしばらく長考して)全部です。と言いたいところですが…芯の強さ、でしょうか。 -- ユイ 2022-06-21 (火) 20:51:55
      • あの子もあの子でぇ、際限なく甘えてしまいそうなんですよねーぇ…彼から、聞ーいてますかぁ?家庭事情の事…
        弟子である以上、恥はかかせたくないですからねーぇ…まぁ、時々息抜きもさせて貰ってますけどーぉ…ふふ(ミスコンの時を思い出して笑いを堪える 水着はこやつの差し金だ!)
        あらぁ、予想外の答えが出てきましたーぁ……芯、ですかぁ となると…どうやら学院生活が彼に齎した変化はぁ…思った以上に大きいようですねーぇ
        (少なくとも、入学以前を知る身としては 芯の強さという点では評価し難かったのだろう)
        -- マルレーネ 2022-06-21 (火) 20:57:30
      • はい……それは聞いています。(視線を下げる、親に愛されないのはどんなに苦しいだろう)
        そういうことですか。(笑いを堪える姿を見て、ミスコンの時のお礼を言いそうになって必死に我慢した)
        はい、今の彼は芯の強さを見せてくれる、恋人として誇らしい精神性を持っています。
        それ以外にも色々あるのですが……お師匠様はどうしてノエくんを見出したのでしょうか。(紅茶を口にして)興味があります。 -- ユイ 2022-06-21 (火) 21:05:43
      • それでしたらぁ、いいんですよぉ……そうですかーぁ、話してくれましたかー。(ケーキを一口食べてから)当然ながらぁ…信頼されている、という事ですねーぇ。
        そーぉなんですかぁ…男子三日会わざれば、ですねーぇ。(左目を瞑った)…ですがーぁ、未だ実力的にはユイさんとの差が大きいようにお見受けしますねーぇ(魔術の素質もあるんですねーぇなどと言って)
        本当に、ただの偶然でしたよーぉ 誰がどうやっても…このボクでさえ起動できなかったあの杖…ルーキス・オルトゥスを起動させたのが、あの子だったからですよぉ
        -- マルレーネ 2022-06-21 (火) 21:15:12
      • そうですね、お互いを信頼できていると思います。(自分もケーキを食べた、甘いけど今は話のほうが気になって)
        はい、それはあると思います。ですが、ノエくんなら絶対に私に追いついてくれます。そう信じていますから。
        ……あの杖を起動させたのが、ノエくん………?(それは聞いていたけど、お師匠様にもできないとは知らなかった) -- ユイ 2022-06-21 (火) 21:26:48
      • んふー…ボク好みのいい甘さですねぇ、このケーキぃ ご両親の事を聞き出すのにーぃ、ボクは何か月かかった事かぁ…
        それはぁ、何かしらの根拠あっての事でしょうかーぁ…それとも、恋人補正含む諸々の感情から、で…?(左目を見開き、そう訊ねる)
        えーぇ…ボク程ではないにせよぉ、名だたる魔術師からぁ…弟子入り志願の命知らずにぃ、あらゆる人間に試してダメだったんですけどねーぇ…
        -- マルレーネ 2022-06-21 (火) 21:31:25
      • 私もよく行くお店で買いました。(眉根を寄せて)やっぱり、ご両親のこと気にしてるんだ……(不安そうに)
        強くなる人間は目が違いますから。(それは道場の跡取りとしての認識でもあり)
        特別な資質のようなものがあるのでしょうか………気になりますね。(紅茶の液面には、少し不安そうな自分の顔が映っていた) -- ユイ 2022-06-21 (火) 21:56:35
      • 親の事は関係ない、心配いらないの一点張りでしたからねーぇ…ああ見えて、頑固なとこもぉ…あるんですよーぉ
        目、ですかぁ……嗚呼、なるほどーぉ…納得いってしまいましたよぉ 今まであの子に感じていたよく分からない何かの正体がーぁ…
        これからお話することはぁ、なーんの確証もない…ボクの勝手な憶測にすぎない事とお考え下さいねぇ…?(そう前置きして)
        彼はぁ…恐らく…滅亡した古代文明、ザリアの民の末裔。 それゆえにぃ、ゼイムの民とも異なる「血」が、杖を眠りから…目覚めさせたのではぁ…と、思うのですよーぉ
        -- マルレーネ 2022-06-21 (火) 22:06:52
      • ……誰にでもある心の傷が、人よりちょっと大きいから…優しく、悲しく、立派に成長したのかも知れませんね。
        はい。もちろん、恋人としての盲目さもあるとは思いますが。そこに関しては間違いがないと思っています。
        ……!(ザリアの民の末裔? なら)それが本当なら……ノエちゃんは先祖を滅ぼした力を握ってしまっているんですね…
        (悲しげに俯いて) -- ユイ 2022-06-21 (火) 22:20:16
      • ユイさんに惹かれたのもぉ、自分と似たような何かをー…感じ取ったから、とかではないでしょうかぁ
        似て、いるんですよねーぇ……あの頃の、戦場で会ったトーマ君の、まっすぐな目にぃ… 懐かしいですねーぇ…(しみじみと、そんな言葉)
        ひょっとすればぁ、親族、親戚もー…杖を扱えるやもしませんがぁ ザリアが滅びたのは大昔…もはや遠い過去のお話ですよーぉ
        そこまで遠い祖先に、何かしらの感慨をぉ…抱けるものでしょうかーぁ(紅茶をゆっくりと飲んで)
        -- マルレーネ 2022-06-21 (火) 22:25:32
      • ……私は。(私は悲しみに一人で直面することができずに仲間を頼った。だから、ノエちゃんにも同じことをしてほしかった)
        トーマ……? もしかして、英雄トーマの……?(だとしたら、すごいことだ。伝説の生き証人といえる)
        でも……(運命。宿命。そんな言葉を感じずにはいられない)
        ……今日はありがとうございました。それでは私はこれで。 -- ユイ 2022-06-21 (火) 22:41:00
      • あの子も、きっとぉ…あなたを必要としているでしょぉねぇ… それこそ、自分が思っている以上にー…ですよぉ。
        もぉ、ボクが会った時にはぁ、勇者と呼ばれてましたねーぇ…二百年以上前、でしたかぁ あの頃はぁ、ゼイムの一兵士に過ぎませんでしたよーぉ ふふ…
        んん、そぉですかーぁ…少々重たい話になってしまいましたがぁ、力になってあげて下さいねーぇ…?
        こちらこそぉ、わざわざありがとうございますよぉー…(話を終えると、門の所まで見送ったのだった)
        -- マルレーネ 2022-06-21 (火) 22:45:54
  • (どこからかマルレーネの所在を突き止め、彼女に会いに行く楽師、そして彼女を見つけるなり旋律魔術を奏で…)
    ふふーん、どうかなマルレーネさん!(ばばーん、と見せたのは、ルビーのような赤色と、トパーズのような黄色と、スフェーンのような茶色の三色の結晶剣)
    (つまりは、三属性の同時結晶化、それに成功したのだとでも言いたげに胸を張るのだ)いやぁ、発想の転換だったよ、うんうん(何やらしみじみ言う) -- フルラ 2022-06-15 (水) 22:01:41
    • (前回渡した花束が、時間経過とともに住所のメモに変わった。そういう事にしておこう!)
      ほわー……まさか3属性を、結晶剣にて再現するとはぁ… やりますねーぇ…単純に言葉通りではなく、自分流のアレンジへと昇華したところは見事といえますよぉ
      それに各属性の色合いも、喧嘩しない系統で合わせてあるのがぁ…見た目にも美しいですねーぇ(ぱちぱち、拍手して結晶剣を観察する)
      発想の転換、というのはぁ…通常の魔法としてではなく、剣に展開させるー…という意味でしょうかー?
      -- マルレーネ 2022-06-15 (水) 22:28:11
      • (流石はマルレーネさんやでぇ。と何故かミオ風に唸っていたとかなんとか。という感じで!)
        そうそう、その辺も気をつけたんだ。いずれは相性が悪いものも合わせたいけど、まずは感覚を掴まなきゃだしね。感覚派魔術師だし私(などと笑って)
        いや、最初はマルレーネさんの言ってたことを真似したんだよ。同じような術式で複数構成し、干渉しあわない仕切りを構築する、っての。でも上手くいかなくてさ(苦笑し)
        ほら、私の魔術って音が基盤じゃない。範囲は制御できるとはいえ、隣に似たような曲があるんじゃどうしても混ざっちゃう。……だから、もう、寧ろ混ぜちゃえ、って考えたんだ。 -- フルラ 2022-06-15 (水) 22:35:17
      • 感覚派の方がぁ、大成しやすいイメージがありますねーぇ……理論なんてものはぁ、後からついてきますからぁ…
        もしその結晶剣でー、やろうとすると…そーですねぇ、隙間の開いた刃が3本という形になってしまいそうで…
        ……!(ぽん、と手を叩き)和音にした、という訳ですかーぁ。となればぁ、反発する属性では不協和音となってぇ、一気に難易度が跳ね上がりそうですねーぇ…
        -- マルレーネ 2022-06-16 (木) 19:36:44
      • (マルレーネが手を叩けば、楽師はにんまりと笑みを見せる)正解!流石マルレーネさんだ!(と、三色の剣を軽く掲げる)
        (注意深く聞けば、それぞれの色の結晶から、異なるピッチの音がすることが分かるだろう。それらはそれぞれを引き立て、調和している)
        (響くメジャー・トライアド。それは軽やかに)ふふふ、その辺りも対策は考えてるんだよね。属性そのものが相性悪い旋律については、そもそもの鳴らす楽器の種類を変える。
        場合によっては弦楽器、打楽器、管楽器を二種類ずつ同時に鳴らすことになるかもだけど…まあ、三つくらいなら私、実際の楽器でも普通に同時に演奏できるしね(と、ちょっと芸人みたいな事言う) -- フルラ 2022-06-16 (木) 20:52:54
      • 旋律を奏でるとなればーぁ、やはりそういう事ですよねーぇ……(丸い耳を傾けて聞き入る)あはぁ、やはりこれは…芸術の域ですねぇ
        ではぁ、既に問題はクリアされているようなものー…ですよねぇ 楽器の種類、という応用はフルラさんならではですねーぇ
        現実の楽器でも似たようなことがぁ…? 器用すぎませんかぁそれ…えーと、足とかも使うようなやつでしょーかねぇ…(すごい体勢で演奏してそうな想像だ)
        そしてぇ、この和音剣(仮称)ですがーぁ……美しさ、旋律、いずれも良しです。 しかしぃ、これは通常の結晶剣に対して…メリットはあるのでしょうかーぁ…
        -- マルレーネ 2022-06-16 (木) 21:29:31
      • ふふふ、マルレーネさんに芸術と言ってもらえると自信が持てるね!(と楽しそうな笑みを浮かべて言い、結晶和音剣を撫ぜるように指先を滑らせ)
        利点としては、出力が高くできる。普通は一つの旋律を高めるけど、それぞれの属性分を高めることで最終的な合奏の力が総合的に伸びるね(結晶和音剣が、強い音を放つ。その力強さはあの夜の剣よりも)
        まあ…比例して消耗も激しくなるけど、それは仕方ない(と苦笑し)それと、単純に多属性を使うことで敵の弱点を突きやすくなる、とかなぁ。
        ちなみにそういう時はもちろん足も使います(笑う。現実的に出来るのは、太鼓、ギター、ハーモニカだろうか、それ以外の組み合わせとなると流石に補助器具が必要になる) -- フルラ 2022-06-16 (木) 21:42:05
      • ですがぁ、ボクはそこまで芸術に造詣が深いわけではないのでぇ……あくまで素人評価とお考え下さいねーぇ?(専門分野ではないので、と付け足して)
        おぉ…? これはこれはーぁ……一人でコンサートが開催できてしまう代物、というわけじゃないですかーぁ…(左目を瞑る。以前見たそれとは比較にならない出力と理解し)
        何事にもリスクは付き物ですからぁ、選択肢を増やし…戦いの幅を広げる、という意味ではぁ 確かに十分なメリットを見せて頂きましたぁ
        ですよねーぇ、手がもう1対欲しくなってしまいそうですからぁ… ところでフルラさん、その剣についてなのですがぁ…日頃から持ち歩いてらっしゃるので?
        -- マルレーネ 2022-06-16 (木) 21:50:05
      • ふふ、まあ色んな楽器を一つの曲として鳴らすのは元からやってるから、既にコンサートはやってるようなものだけどね。
        (そうして彼女が左目をつぶるのを見て、はて、と)……今、"どっち"で見たんだい?音を聴いた…という感じでもなかったし。
        ん?(と剣をまた示せば)ああ、流石に普段は結晶の刃は付けないけれど、まあ大体の場所では持ってるね。一応大事なものだし(一応、とつけて良いのやらな顔する) -- フルラ 2022-06-16 (木) 22:00:06
      • 戦場にあっても、曲を奏でるというのはぁ…他では真似できない専売特許ですねーぇ…んん…?(ゆっくり、左目を開き)
        見た、というかぁ…視た、というかぁ。診た、あるいはぁ…観たかもしれませんねーぇ…敢えて言うならぁ、心の目とでも…(にこにこしながらそう語り)
        近々ですねぇ、ボクの研究について大きな進展がありますのでぇ…その発表会も兼ねてぇ、お茶会でも開こうと考えているんですよーぉ
        もしよければ、フルラさんにはその席で…演奏をして頂ければぁ、なんてお願いをしたかったところでしてぇ
        -- マルレーネ 2022-06-16 (木) 22:07:14
      • (繰り返される同音異義。それはそれぞれが似て、どこか違う。まるで彼女の多属性魔術のように。どう違うのだろうか?と首を少しかしげつつも)
        心の目、かぁ。普通の人が言ってたらどんなスピリチュアルか、って思っちゃう所だけど、マルレーネさんが言うと説得力あるね(と微笑みつつ)
        ふむふむ?おー…、それは素晴らしいことだね!貴方の研究の発表会なんて、それは凄いことになりそうな気がする!(と楽しそうな声をあげて)
        私でよければ、ぜひぜひ演らせてもらうよ。ささやかにでも、その研究を彩らせてもらえたなら、それはとても光栄さ(言いつつ、優雅に礼をする) -- フルラ 2022-06-16 (木) 22:18:10
      • そう言って頂けるとぉ、こっちとしても恥ずかしい思いはせずに済みますねーぇ…
        といっても、学会のような堅苦しーいものではありませんのでぇ うちの弟子と、そのご学友の皆さんをお招きしようとー…考えているとこですよーぉ
        ではではぁ、日程が決まりましたらぁ…改めて招待状を出させて頂きますねぇ その時は宜しくお願いしますよーぉ…
        -- マルレーネ 2022-06-16 (木) 22:22:26
      • あはは、そういうお硬い場でもどんとこいさ。仕事柄、貴族の会合とか、お高く止まってる人たちに演奏を披露することもあるからね。
        うん、でもそういうことなら楽しみだ。貴方が大きな進展、と言うくらいのものを聞けるのは、魔術師としてはどうしても興味深い(言って、結晶剣の物質化を解く)
        (さすれば三色の煌めきは心地よい和音を立てて虚空に消える)承知したよ。ではお茶会に相応しいような曲を考えておこう。ではね(さて、どんな曲を作ろう?と考えている顔をして、去っていった) -- フルラ 2022-06-16 (木) 22:26:45
      • 歌劇場でのお仕事はぁ、むしろそういった面の方が大きいのでしたねーぇ…それは心強いですよーぉ
        えぇ、えぇ…サプライズを用意しておきますのでぇ 嗚呼ー、余韻も綺麗じゃないですかーぁ……(フェードアウトしていく音色に耳を傾ける)
        はぁい、それではまたぁ…(お辞儀して、その背を見送った)
        -- マルレーネ 2022-06-16 (木) 22:31:08

最新の2件を表示しています。 コメントページを参照


設定 Edit

ノエの師匠にあたる人物
地属性魔法のエキスパートにして、百年近く前からゼイムのリートフェルト公爵家相談役の地位にある魔法使い
弟子を一切取らない事で有名だったが、2年ほど前に初めて弟子をとった
右目に眼帯をつけたアルビノの狸人で、少女の姿をしている 常に眠そうな妙に間延びした口調
めちゃくちゃ強いらしいが戦う事なんて滅多にないので、実際に見た人は少ない

眼帯の下は魔族から抉り出した目であるが、眼帯の隠蔽魔術によって人から魔族と認識される事はない
眼帯を着けたままでも魔眼の能力をある程度行使することはでき、眼帯中央の魔石を通すことで無意味に他者を魅了したりしないよう調整している
また、眼帯着用のままでの魔眼使用は左目を瞑る必要がある

現在、長期休暇でミネラに滞在中
貴族街にある小さな屋敷を借りて住んでいる
観光がてら街をぶらつく姿を見かけることもあるかもしれない

装備
名称分類説明
アリアケ武器(杖)紫の魔石を中心として、複数の水晶が浮かぶ杖。全属性に対応する
サギリ武器(刀)刀身が折れ、柄だけとなった刀。それだけでは武器として機能しない
大魔術師のドレス防具桁外れの魔法防御と動きやすさを両立 物理防御は皆無
欺きの眼帯防具幾重にも複雑な隠蔽魔術が編み込まれた眼帯。中央には希少魔石が嵌まっている
アイヒベルガーの魔眼???第二次人魔大戦にて戦死した魔界の将軍、アイヒベルガーの右目 その存在は秘匿されている

同居人 Edit

  • リシャルト・リートフェルト
    リートフェルト公爵家次男、15歳。ノエの友人であり傲岸不遜が服を着て歩いているような男である。
    家督は兄が継ぐ為、紅の兵団の指揮官となるべく武道に勉学に勤しむ日々。
    マルレーネの行動に懐疑的であり、この度監視役としてミネラに同行している
    魔法剣士であり、魔術剣術どちらにも優れた才覚を示す。結晶魔法で作ったレイピアを愛用
  • レン・ニューウェル
    紅の兵団に属する一兵士の牛人。14歳。リシャルトの従者として同行。
    見かけによらず膂力があり、戦い方も大斧と盾を用いた脳筋そのものなスタイル
    角に付けた飾りは夜間に明かりとなる魔石付きである
    普段は執事服で屋敷の雑用を一手に担う。意外に家事スキルに優れた存在だ

相談も大事ですよーぉ Edit

無かったことにしましょう

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照

  • 30分ごろ植え替えます!そこで最終ターンですっ -- ノエ 2022-06-25 (土) 22:17:51
    • オッケ!(和音剣素振っておく楽師) -- フルラ 2022-06-25 (土) 22:19:51
      • ご安全に!(崩落するドラゴンを前にヘルメットを被る) -- ユイ 2022-06-25 (土) 22:20:51
      • 遅くてすみません…この人数でも大変ですねほんと!最終ターンで全力攻撃してコアまでの道を切り開く感じで…! -- ノエ 2022-06-25 (土) 22:30:09
      • 念のためだけど全力攻撃ってマルレーネさんへでいいよね?(素振りしつつ超音速が嬉しい楽師) -- フルラ 2022-06-25 (土) 22:36:01
      • あ、そっちでもいいですけどやりづらい状況にしちゃいました… -- ノエ 2022-06-25 (土) 22:40:12
      • あ、こっちのがスムーズだね!ふふふデケェ的だぜ…!(口調が怪しくなる楽師) -- フルラ 2022-06-25 (土) 22:42:16
      • あとユイ姉、合体技の準備 お願いしますっ! -- ノエ 2022-06-25 (土) 22:43:58
      • フフフ、これは流れをよく理解せずに書いちゃってすまないのサインだよ
        これは空中にいる間にぶっ壊してくれって事か -- テンバー 2022-06-25 (土) 22:44:53
      • わかった!!(先んじてボロボロになっておく) -- ユイ 2022-06-25 (土) 22:45:02
      • ボロボロになったユイ先輩を見てノエ君がスーパーゼイム人になるのか…! -- バルター 2022-06-25 (土) 22:46:06
      • はいっ、落ちてくるまでに思いっきり攻撃して下さい!
        なんかこう、重力魔法でうまいこと制御して危険な箇所に当てないようにしますので!
        -- ノエ 2022-06-25 (土) 22:47:26
      • そしてテンバーさんが一つ前のツリーに書き込んでくれてた事にようやく気付きつつ…すみません
        説明不足かつ慌ててしまって色々伝わりづらくなってますねこれ…
        -- ノエ 2022-06-25 (土) 22:50:50
      • (超音速への対処もいれたら無駄に長くなってしまったな…というとおいめ) -- フルラ 2022-06-25 (土) 22:58:58
      • いやいいんだ、俺以外はそんな事になってないからノエが気にする事じゃない、気を付ける様にするよ -- テンバー 2022-06-25 (土) 22:59:46
      • 爆発するって言ってんのに近接攻撃を仕掛ける、頑張って逃げるよ -- テンバー 2022-06-25 (土) 23:05:51
      • (テンバーさんの元盗賊仕込みの逃走術は天下一品だからね…という顔) -- フルラ 2022-06-25 (土) 23:13:33
      • あわわ、このままでは日付が変わってしまうのです…! ひとまず戦闘はここでおしまい、ネタばらしです!
        時間的に厳しい場合、明日でも大丈夫ですよ!
        -- ノエ 2022-06-25 (土) 23:30:40
      • 一応いけるけどー今からだと大分遅くなりそうだな -- テンバー 2022-06-25 (土) 23:38:26
      • 私は今からしばらくはいけるけど、明日はちょっと難しいかなぁ。
        まあ明日にずれ込むようなら私は背景にしておいてくだち! -- フルラ 2022-06-25 (土) 23:40:18
      • 次のレスで最後になる予定ですけど、ここで文通モードでもOKですっ
        遅くてすみませんでしたー…遅くまでお付き合い頂き、感謝ですっ!
        -- ノエ 2022-06-25 (土) 23:41:28
      • ネタばらしががっつり続くなら明日の方がいいかな…? というくらい。 -- バルター 2022-06-25 (土) 23:41:36
      • あ、そこまでは続きません!もうちょいで解散になりますね -- ノエ 2022-06-25 (土) 23:47:28
      • 次で最後ならこのまま行ってよさそうね -- テンバー 2022-06-25 (土) 23:48:01
      • 了解いたしたー! -- フルラ 2022-06-25 (土) 23:49:10
      • わかりました!! -- ユイ 2022-06-25 (土) 23:53:37
      • 了解いたした(ズオ) -- バルター 2022-06-25 (土) 23:54:09
      • なんか物凄く説明不足感ありますがこれでラストです!(ぜーぜー) -- ノエ 2022-06-25 (土) 23:58:10
      • お疲れ様でしたーっ -- テンバー 2022-06-26 (日) 00:10:01
      • お疲れ様でしたー!! -- ユイ 2022-06-26 (日) 00:12:13
      • お疲れ様ー!! -- バルター 2022-06-26 (日) 00:13:34
      • 水晶竜の時点でここにも龍が…と思ってたら更に龍がいた!かわいそうなのが!ということでお疲れ様ー!
        和音剣のアイディア貰えたのが楽しくてやりすぎた気はちょっとした(ちょっとぺこぺこしながらスゥー楽師) -- フルラ 2022-06-26 (日) 00:17:22
      • なんかもう色々と至らない点ありましたが、最後までお付き合いいただきありがとうございます!
        やりたいこと全部やれたので僕的にも大満足でした! お疲れ様ですっ!
        竜がテーマになっていたので、ついつい2匹も出してしまいました… 和音剣は見た目にも綺麗そうなので使って貰えてありがたいのですよ!
        -- ノエ 2022-06-26 (日) 00:20:04
お名前:

Last-modified: 2022-06-11 Sat 19:51:16 JST (115d)