《セントヘレナの生存者》虎落宮 枢 Edit

exp035774.png
🐙 🐙 🐙
基礎情報
名前虎落宮(もがりのみや) (くるる)
性別女性
年齢
身長161
体重53
所属七姉妹通信社(セブンシスターズ)
出自
出身
種族
行動方針
RP傾向
好み暗くて狭い場所・食べること
苦手社会生活・働くこと
その他
近影全身 / ゆるいの
企画サルベージ船団 / 海底探索
🐙 🐙 🐙

三行で Edit

  • 太古の海魔が
  • 古代文明の海底ケーブルを
  • 探したりする

コメント欄 Edit

最新の3件を表示しています。 コメントページを参照

  • 🐙
  • 🐙
  • へぇい!ちょっとこの前巨大タコに襲われたんだけどああいうのって枢君はどう思うーーーーーー!?
    あっこれ引き続きの供物(だいぶ前に釣り上げて冷凍しておいた大トロの塊を差し出す)あの…なんか…大半は売って残りは保存しといたけど…サク一つ消費したら本当にきつくなった…
    (大トロのサクは筋目も良く見て切り取られており中々上質そうだ、だが脂っけが在る年齢を過ぎると重く感じるだろう) -- ヴィイ 2020-12-04 (金) 22:38:50
    • それは我が手の者である……不遜なる赤毛の男に酷い目に遭わされたと嘆いていた 汝の仕業であったか………(相変わらず怪しさ全開のテンションに生暖かい目を向ける)
      これなるはそなたより捧げられし崇敬の証…枢は嬉しく思う……(冷蔵庫は向こうである、と無表情に指さす いくつかある冷蔵庫のどれかには収まるスキマもあるだろうと見込んで)
      ヴィオラよ、魚の味には……倦んでしまったと見える…(元々獣肉も嗜んでいたものが魚ばかりになればこうもなろうかと推測して)加熱、して味わうも……よかろうかと、枢は思う…ものである……
      -- 2020-12-04 (金) 23:42:16
      • なんか空を飛ぶ巨大サメとかいう南洋の神話に出てきそうな感じの洒落にならん奴と戦った後に触手に絡められれば齧りつきもしよう!
        まあ大体あの海域はどれもこれもアグレッシブで巨大だが…いやー開拓に骨が折れる、海流も滅茶苦茶だしね
        (そう言いつつ示された冷蔵庫に仕舞う)そう言われると確かにグランドスターズのジャーキーが恋しくなる、本当に肉だったか限りなく怪しい奴だったが…
        トロは加熱しても濃い…!ああでも今は干しタラなんかが食べたい気分だね、寒い土地に…土地という言い方もおかしいか。海域に来るとタラの味を思い出すから -- ヴィイ 2020-12-05 (土) 00:31:18
      • 海洋にあっては、大気中にはなき浮力の作用が生物の巨大化を促す……などと海洋寺プレナより聞かされたことがある…
        太古より水底に永らえるものどもは…………他の生物種と異なるものなれば、その例に漏れるものとて……少なからずいようというもの……であるが…
        異なる出会い方をしていれば、その蛸もよき友となり……あるいは汝のつがいとなったやもしれぬ いずれにせよ、不運なことであったな…ヴィオラよ……
        …して、こたびは魚を届けに参ったばかりではあるまい……と枢は推察するものである 銀の鍵のひとつやふたつ、すでに手に入れておろうか?
        -- 2020-12-05 (土) 23:46:26
      • うん、とはいえ単純に水嵩が増せば水中の栄養は減り食物連鎖の最底辺の部類に強い影響が出る…んだが…
        (まるで何処かの先生の様にプランクトンやら魔力やら海流のぶつかり合いやらを説明して簡単には増えない事、つまり現状この世界は違和感があると伝え)
        ああ、この前はイルカと殴り合ったがついこの前はイルカと助け合ったからね…言いたい事は良く分かるよ、出来れば良い出会いであって欲しいものなんだが
        しかし流石は巫女様…お鋭い、銀の鍵は勿論欲しいが知識も欲しい、星の並びに関して現状私の計算が正しいか聞いて欲しいんだが……この世界にも銀の鍵があるのかい? -- ヴィイ 2020-12-06 (日) 00:02:40
      • そなたの持ち合わせし学識は異界の者であろう 海洋に呑まれしこの世界には異なる理もあろうかと枢は考える次第である………
        銀の鍵は存在する 枢がここに在ることは、逆説的に銀鍵の存在を証明するものである………呪器を用いるもの、正しき知識なくしては重き代償を求められようが…
        汝は星辰の符合について語っていたか………星を見る業はそなたら人の守り伝えたる旧き叡智であろう 深遠なる星々のきらめきは…水底の深みまでは届かぬと知れ……
        -- 2020-12-06 (日) 00:11:15
      • そうそう、しかも私あくまで考古学者だから土壌の栄養の影響力とかもちょっと分からんしね…根本的に違う部分もあるだろうし
        そうか確かに、そもそも君達という星より舞い降りた神話体系が存在するのならそれに影響を受けた人物は確実に居たはずだ
        特にグランドスターズ号が停泊していた辺りの海域…かつて君等にとっての一大都市があったんじゃないかい?(あの近辺でなら引き揚げられたかも、と考えて)
        (水底までは届かないと言われるとそうかーと残念そうだ)かつて君を巫女としたモノは宇宙より飛来したという説を聞いたので可能性を感じていたんだが
        その辺りは詰められないのは諦めるとしよう、一応元々持っていた銀の鍵が無くはないしね…やはり第二案用意しといて良かった -- ヴィイ 2020-12-06 (日) 00:21:42
      • 汝は学識あるもの……考古学者、とは…(実践的海洋学者のことを調べたときにいろいろな学問のあることを知ったことを思い起こして)……古の事跡を追う者らであったな
        であれば、そなたには解くべき謎があろう 我が永き時を眠れるあいだに、世界は大きく姿を変えた 人類は、もはや滅びの縁に立つ滅亡の民である………
        この謎を捨ておき、汝の世界への帰還を目指すもよかろうが………この星の変生を遂げし事由、そなたは何と考える……?
        (ヴィオラの推測には黙って首を振る)遠き古の事跡は永き眠りのうちに夢と消えた……第二案、とは何か…?
        -- 2020-12-06 (日) 22:26:12
      • そう言われると弱い、弱いが…これから起きる事を叩き潰すのに比べ既に終わってしまっている事を覆すのはあまりに困難だ
        恐らくはだが…この星で起こった海面上昇は大規模な地殻変動が原因の均一化ではなく、温暖化による海面上昇でもないだろう
        まず前者であれば大量絶滅は逃れられず後者であれば現状環境が安定しすぎている、そして気になる情報もつい最近得た…
        この星は別の星や次元から水を注がれたのではないか、という物だ。何分情報源が古い映像一つな為断言は出来ないがそれが事実なら海洋の多くの問題は確かに解決する
        ただそうなると私個人ではお手上げだよ、…方法が無い訳ではないとは思うが(なんとも歯切れの悪い様子で)
        メモは大事だね…ああ、で第二案っていうのは細かいズレがあるなら修正しちゃおう案。星の並びをぐるっとね(上を指差して荒唐無稽な事を男は口にする) -- ヴィイ 2020-12-06 (日) 22:53:55
      • その水に数多の生物と限りなき滋養が含まれてあったことを考慮するならば……海洋生物の巨大化までも説明が可能である、と推測し得るものである…
        だが、星ひとつを水瓶と化すまでの莫大なる水量………奪われし異界はさぞかし渇き餓えたることであろうな(そこまで口にして、ふと思い当たることがあった)
        記憶の定かならぬところもあるが……我が企図せしことではない、とは申し置くこととする…(少なくとも自分の仕業ではないとは言明しておくべきか、と)
        この世界で何ごとをなし、何を残すも汝次第である 我が関知せしことにもあらず……しかして…これなる世界の様相を、枢は認めるものである………
        (相変わらずこの男は何を言っているのか、という表情をする)………わからぬ……そなたの言うことは枢の理解を超えるものである………
        -- 2020-12-06 (日) 23:13:38
      • ああハッキリ言って正気の沙汰ではない、そもそも水を満たした所で…(枢の弁明を受ければ最初から疑っていないのか笑って頷いた)
        今は馴染んだろうがかつては海は君にとって単なる抑圧だった筈だ、ソレを示す様に水底に眠る者達の強大な精神波を海は強く遮断している
        それは元々この星の存在ではなかった事を証明している、法則が合わず波長が乱されているんだ
        (そう語る男はまるでそうした外なる者達を良く研究しているかのような様子だ、だがそれは本来有り得ない事だろう…ソレを理解する事は狂気の果てへ至る事と同義だ)
        うむ!私もちょっとよく理屈は分かってないがね!副王を呼ぶのはその意図もあり擬似的に星辰を揃えるという…まあなんか出来るみたいだ!
        (男の言う事は妙にふわふわしている…信憑性に欠けている。ただ男が描いている魔法陣を見ればそれが真実だとも分かるだろう)
        ともあれ私が帰った後の事は頼むね、さてそれでは…ああ大タコの彼等には宜しく言っておいてくれ!私も気遣うから!(じゃあねーと帰っていった) -- ヴィイ 2020-12-06 (日) 23:29:45
      • (放っておけばこの世の終わりまで得意満面滔々と語り続けるのではないかと思われる男であった)汝こそ正気ではなかろう 汝は薄皮の一枚を取り繕っている……
        不定の狂気に囚われしものが、狂気を脱したふりをしている…とでも申したものか そなたは我が崇敬者ならず、たまさか二、三の言葉を交わしたにすぎぬ客人である
        ゆえに汝の精神の器、いかなる変容を遂げようと枢の案ずるべきところにあらず……さらばである(アイデアロールの向こう側に至ってしまった男を見送った)
        -- 2020-12-06 (日) 23:59:02
お名前:
編集:名状しがたい
&color(#617f90){}; 枢>SLV/0001

設定 Edit

虎落宮 枢(もがりのみや・くるる)
・魔の海域で難破船の残骸に乗って漂流していたところを保護された女
 豪華客船《セントヘレナ号》遭難事故の唯一の生存者と推定されている
・事故後は重度の記憶喪失と心身喪失の状態にあったが、現在では社会復帰を果たしている
反社会的生物
・中所得者層向けの集合住宅艦《メゾン・ル・ルイエ》を棲家としており、海の見える部屋に住んでいる
・私生活は完全に破綻しており、食事と入浴と排泄以外は何もできない
 三日に一度のペースで魚みたいな顔をした人々が訪れ、掃除洗濯などの世話をしていく
・終日水風呂に浸かっていたり、閉所への執着を示すなどの習性がある
・表情を変えられるかどうかが賭けの対象になるレベルで表情筋が死んでいる
太古の海魔
・その正体は、名もなき海底神殿に祀られていた太古の海魔
 偶然にも夥しい数の生贄を捧げられ、旧き盟約に従って顕現を果たした
・人間としての器は、犠牲者のひとりを模して分柱の依代として再現されたもの
 その肉体は柔らかく、中国雑技団もドン引きする驚異の柔軟性を誇る
海底神殿(すみなれたわがや)は《セントヘレナ号》の衝突で木っ端微塵になった
・水棲生物を従える《呼び声》の権能を有し、太古の昔には豊漁の加護をもたらしていた
七姉妹通信社(セブンシスターズ)
・海洋世界で最大とも噂される海底通信網を保有する多国籍企業
 世界各地の洋上基地局を介し、都市中枢艦をつなぐ電報サービスを提供している
・通信社側は枢の能力を関知しており、海底ケーブル遺跡の発掘調査員(アンダーテイカー)として雇用している
What's New!
・6月中旬:海洋寺プレナの中型調査船『ソラナム・ニグラム掘拗罎謀召り込んだ
・7月下旬:海カカポの『くるっぽ』を飼いはじめた
・9月上旬:空賊『ネコマンマ団』と交戦、ネコマンマ団の水上機一機を鹵獲した

海洋寺プレナ との共通コメント欄 Edit

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照

  • ふー…これで準備よし…(春先の穏やかな天気の中、船にたっぷりと資源や資材、食料を積み込んで)
    とりあえずこれだけあれば、最低でも3ヶ月…節約すれば4ヶ月は無補給でもなんとかなりますね…!
    予定は1ヶ月ですけど…1ヶ月後くらいだと天気荒れやすいですから余裕をもって…です…あ、くるる様、つまみ食いしちゃダメですよ?
    -- 2021-04-04 (日) 04:04:02
    • これは枢に捧げられし財貨をもって贖われたる供物である つまみぐいではない………(キャベツひと玉を生のまま抱えてかじっていた)
      (七姉妹から振り込まれた給与の2/3が野菜と果物に、残りは菓子になった)海洋寺プレナは研究旅行と称していたが、枢には汝の意図するところがわからぬ……説明を求めんとする次第である
      -- 2021-04-05 (月) 02:01:17
      • もう…本当にキャベツお好きですね(自分お給料で買ったやつならいいんですけどとかじりついてる姿を見て少し笑う)
        前回のサルベージしているときにレーダーに珍しくそれなりの広さの陸地が見つかったので…!
        たぶん元は山岳だったと思われる部分で…研究と…その…くるる様との旅行みたいな感じで1ヶ月くらいのんびりと過ごしたいなと…
        (船団都市とあとで合流するのも余裕を見て3ヶ月分ということですと説明しながら)
        …(あと人がいないところなら…普段しづらいこともいっぱいできるかな…っと思ったのはナイショにしておく)
        -- 2021-04-05 (月) 19:37:25
      • 野菜も果物も足が早い、と人間が言っていた だが、そなたの艦は氷室を備えるものなれば……氷室で寝かせておれば半月は楽しめよう、と枢は目論むものである
        望みとあらば汝に呉れてやってもよい………枢は与えるものであり、人の願いを叶えるものである(プレナの分もある、と言いたいらしい)
        海洋寺プレナは実践的海洋学者であろう 海に生きる者らは陸に生きること能わざるが道理である………解せぬ……(髪のくるくる部分がバラバラに動きだす)
        -- 2021-04-05 (月) 21:30:21
      • 冷凍できる野菜はもう少し長持ちさせれますね…キャベツも煮込みとかに使うのなら冷凍してても大丈夫ですねぇ(果物などは冷凍したらまた別の美味しさがありますよーなんていいつつも)
        ふふ、それじゃあとで頂きますね…もう少し積荷のチェックをしっかりと…コンテナもヨシ…(甲板に少し大きめのコンテナがあり、中を確認しつつも)
        これなら雨風を凌ぐことも問題ないですね(コンテナの天井部分にはソーラーパネルなども貼り付けられている)
        いえ、それは違いますよくるる様…海上では見れない生態…浅瀬などに生息する甲殻類や貝類は多いですから
        今となっては陸地が減り、それらを観察できる機会はすくないんですよ!(と興奮気味に)
        -- 2021-04-07 (水) 20:53:31
      • 貝……そうか、貝を探しにゆくのか 海洋寺プレナは貝が好きか(干潟をほじくり返して貝を集める古代人たちの姿が頭をよぎる)
        海に生きる者らを探し求めるならば、汝はただ願えばよい 枢はそなたらの願いを叶えるものなれば(窓ガラスを突き破って何かが飛び込んでくる)
        (でっかいオウムガイだ! 触手がうねうね動いているのを抱えて渡す)水底に住まう者らの悉く、我が召命に応えぬものなし……
        しかし、我が権能も陸には及ばぬ 枢は渚に打ち上げられし、無力なる蛸も同然のありさまと成り果てよう……(無表情ながらに世を儚んで膝をかかえる)
        -- 2021-04-16 (金) 20:57:10
      • ひゃっ!?い、今から向かう所ですよぉ!?(窓ガラス突き破って出てきたオウムガイに興味ひかれつつも、窓ガラスをダクトテープで補修しながら)
        も、もぉ…何いってるんですかくるる様…私と一緒なら大丈夫ですよ…ほら、ちょっと遊びにいくくらいの気持ちで…あまりみたことないものとか珍しいものとか
        何かしら新しい発見が色々あるかもしれませんよ…!冒険ですよ!(オウムガイを撫でつつ、窓の補修もなんとか終わりつつ)
        …うーん…期間が期間だけに…行くのを少し遅らせて窓ガラス補修してたほうがいい気がしますね(最長3ヶ月なのでダクトテープ補修では不安になり、急いで工廠で窓ガラスなおしてもらいつつ)
        -- 2021-04-17 (土) 22:02:37
      • 発見……冒険というのは、それほどまでに佳きことであるか(海上であれば、海洋寺プレナの身を守ることは赤子の手を捻るよりも容易い)
        (海中には脅威となるものが存在しない 人間たちの文明も後退して久しく、この身を脅かす力はもはや存在しない)
        (だが、陸上となれば話が別だ 万能たり得ぬことを認めたくはないが)それが汝の願いであれば、叶えぬわけにはゆかぬであろうな
        枢はそなたらの願いを叶えるものなれば(プレナの意志が固いことを知り、体育座りをやめて手伝いを再開した)
        -- 2021-04-22 (木) 00:00:11
      • (改めて修理が終わり)では出発です…!暫くお別れですね都市船団も…位置はわかるので戻るのは問題ないですが…!
        (というわけで自動航行にしながら枢様を膝に乗せて暫しゆっくり)
        あ、地上部分自体はまぁそこまで広くなく…大型の哺乳類などもいなくて、いても鳥類や小型哺乳類と昆虫の類なので危険はありませんよ?
        ふふふ…くるる様ったら私のこと守ってくださるつもりで気を揉んでくださったんですね
        (わかりづらい表現は多くとも、最近のくるるは、私のため、という行動が多いので嬉しそうに)
        …バケーションみたいなものだと思ってください私と一緒に楽しみましょ…?えっとその…くるる様と誰にも邪魔されず二人きりになれるってのも私の楽しみですから…♡
        -- 2021-04-25 (日) 19:58:17
お名前:
編集::螺湮城本伝
&color(#617f90){}; 枢>SLV/0001

収集品の記録 Edit

+  
Log:過去のサルベージ品
8月中旬:金貨3000枚
・誉れ高い知り合いのパンツ:邪悪なイルカに持っていかれたプレナの下着
・ビッグなタキシード
8月下旬:金貨900枚
・大きなドレス
・綺麗な服だけ分解する粉
・フジツボまみれのラジオ
9月上旬:金貨1600枚+高額賞金
・魔力を帯びた競泳水着
・アルフィンにぴったりの水着
・聖なるモノキニ
・壊れたオトナ水着
・イシュナの名前が書かれた水着
・ネコマンマ団の水上機
・かっこいい服:某イカが墨を吐きあうゲームの柄のビキニトップ

// Edit

やられパパから頂きました。感謝……!!

Last-modified: 2020-11-18 Wed 00:36:50 JST (385d)