震電

  • 傭兵部隊の演習記録映像ではなかなか見応えの有る戦争力を誇示していた
    可能なうちに一戦交えておくべきだったな、お前が相手であればどんな武装も試せただろう -- マワタ?
  • 震電殿……久方ぶりの挨拶が別れのそれになってしまうとは……
    小さきその身体で戦い続けるのは辛かったであろう……今はゆっくり休んでくれ……。 -- パルフイシュトラープ?
  • ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
  • 既に衛兵のトップクラスにいるな・・・震電。それはさておきここ最近部隊が動いておらず。活気もないのでどうにかしたいところ。四月五月(土日)に渡って会議室にて会議を行いたいのだが・・・ できれば出席してほしい -- ウィリアム
    • まだまだこれからにござる。上には上がおり申す。英雄と呼ばれるその日まで、拙者のお役目は果たされぬよ。
      会議の件、承知いたした。 -- 震電?
  • (歴戦か……こんな小さな女の子が……)
    震電嬢、夏みかん持ってきたんだ。嫌いじゃなかったら食べてくれ -- ヒロシ?
    • これはかたじけない・・・・んっ・・・・すっぱい(目を細める)
      なんぞ、わしの顔についておるか? -- 震電?
  • と、いうことで基地も思い切って移転だ?、震電。なんだかんだで来るのも最近は遅れがちだ、施設は好きなだけ使ってくれ。 -- ウィリアム
    • ほう。確かに個人の土地で運営するには少々規模がおおきゅうなってござったな。拙者もそちらに移りもうす。 -- 震電?
  • 同行していた剣の名手がやられたようですね……いくら強くなっても死は平等に訪れる。それでも強さを求め冒険に飛び込む冒険者……
    それを虚しいと思う俺は、この仕事に向いてないんでしょうね……
    って、震電嬢からすれば下らない話だったかな? -- ヒロシ?
    • 剣の名手なればこそ、此度の戦のようにおめおめと逃げ帰り生き恥を晒すよりも潔し。
      どう生きるかでなく、どう死ぬかが寛容にござる。もののふとは、かくのごときもの。 -- 震電?
      • どう死ぬか……ね。そういうアプローチもあるわけか、なるほどなー……
        震電嬢は是非大切な人に看取られてお死に下さいませね?(不自然に丁寧な口調で話しかけつつ、ぽふぽふと頭に手を乗せた) -- ヒロシ?
      • 我らはもののふであれば、戦場にて名を残す事を望み申す。我らが果てるは戦場でのみ。
        もののふの頭を叩くのは無礼でござる! -- 震電?
      • もののふゥ?俺にとっちゃあ震電嬢もその辺にいる普通の女の子と変わりないね!
        だからもふる!!……「もふる」と「もののふる」って似てるなぁ どうでもいいどころか意味分からん  -- ヒロシ?
      • むぅ・・・おのれ無礼な・・・。武士道に生きるものにとって何よりの侮辱にござる!
        ギギギ -- 震電?
  • シンデンさん、かなりの傷を受けたと聞いてお見舞いに来たけれど…大丈夫かい。 -- フォックス
    • 心配・・・ございませぬ。我が身よりも、使命を果たせなんだ事が口惜しゅうございます・・・。ぎりり -- 震電?
  • 久しぶり、弓矢を手に入れたんだってね。お祝いになるかと思ってダックワーズを包んできたよ、実は結構自信があるんです。 -- フォックス
    • おひさしうございます。弓は主殿が取り付けてくださっている最中にございます。
      これは・・・洋菓子でございますね。とても甘うございます。(目を細める) -- 震電?
  • やぁ震電嬢。奇遇だね、俺も今回の依頼でリザードマンの撃破数20体超えたんですよ
    あはははは!お揃いお揃い〜♪(何故か上機嫌で震電の頭を撫でている) -- ヒロシ?
    • ふっふふ。次は拙者のほうが先に称号を得申す!
      ぶ、ぶれいであろう!(頭を撫でられて、頬を膨らます) -- 震電?
      • へえ、見かけによらず結構負けず嫌いなんだねぇ……まぁそんな震電ちゃんだからこそ可愛いわけだがな!
        (両手でわしゃわしゃ撫でつつ) -- ヒロシ?
      • やーめーぬーかー!
        武士である以上、ひくことまかりならぬ。 -- 震電?
  • 明けましておめでとう、震電!と、言うわけでお年玉だ!(勘違いしたのか綺麗な巾着に入れて渡す)・・・しかし改装した後の震電も立派だな・・・//今回は早めにトカゲ討伐の話し合おうかなと思いますので喫煙室までお越しください -- ウィリアム
    • おめでとうござる。これはかたじけない。この巾着は美しゅうござるな。この国にて作られた布地でござろうか? -- 震電?
  • わん!(年越し蕎麦と豚バラ肉を置いていった) -- わんこ?
    • あら、いただきます・・・。つるつる・・・。獣のお肉・・・。何のお肉でしょうか・・・? -- 震電?
  • 今月もお疲れ様、かなりの連戦だったって聞いたけど大丈夫かな? -- フォックス
    • ただいまもどりました、フォックス様。もとより、鬼は敵中にあって真価を発揮するもの、問題はございませんでした。 -- 震電?
  • ≪ザーザザザザー≫(謎の通信が入る・・・// 喫煙室にてトカゲ討伐依頼を何時に再開か決めようと思います) -- 通信兵
  • 今月は連戦とはいえムカデでは大して力を示せなかったね…お疲れ様。
    僕もリザードマンキングのくbげふんごほんうおっほん!騎士団の仕事が巧く進んだんだ! 五月だからね、柏餅を持って来たよ。 -- フォックス
    • これはフォックス様・・・。しかし、どんな相手を向うに回そうと、油断はいけません。斬ったと思った瞬間が、一番危ないのでございます。刀を打ち下ろした後も気を抜かず心を戦場にとどめ置く事を私の国では残心と申します。
      少々お話がそれてしまいましたね(見上げてにこりと笑う)ありがとうございます・・・。ふふふ・・・甘い・・・。 -- 震電?
      • 今月もお疲れ様、リザードマンキングあたりが連戦で丁度いいぐらいなのかな。
        クロスグリのシャーベットを持ってきたよ、良かったら一緒に食べられないかな? -- フォックス
      • もう少し歯ごたえのある相手で無ければ、私に与えられた命を全うすること叶いませぬ・・・。
        クロスグリ・・・でございますか?いただきます! -- 震電?
  • わん!(ランダムジャンプで飛んできたのでお土産に蕎麦を置いていくわんこ) -- わんこ?
    • あら・・・可愛らしい。(目を細め、頭から背中を撫でる)
      このお蕎麦、私にですか?ふふふ、ありがとう。
      つるつる・・・美味しいお蕎麦ですね。 -- 震電?
  • お疲れ様、少しも苦戦しなかったのは凄いね…。
    4月だから、お団子と桜の枝を包んできたんだ。満開の木の下で見るのもいいけれど、一輪挿しにでも活けて置くのも綺麗だよね。 -- フォックス
    • いつもありがとうございます。罠があったとはいえ、向うに回したリザードマンは少数。造作ない戦でございました。
      こうして見る桜は可憐で、愛らしゅうございますね。(じっと見つめて目を細める) -- 震電
  • 心配をかけたな、震電・・・すまん、許して欲しい(松葉杖を片手にまとめ、頭を下げた) -- ルーデル
    • ルーデル様・・・ご無事でしたか!謝ることなど、ございませぬ。もののふの本懐を遂げられず、さぞやご無念でございましょう・・・。 -- 震電?
      • フム?本懐か・・・ヤパーニシュのそこだけは理解できん
        我等シュツーカ隊の本懐、望むことは・・・この身、この命の最後の一片までもが朽ちるまで、一分一秒でも長く戦い、祖国を、そしてそこに生きる女子供を守ることだ
        故に・・・生きて震電に会い、再び戦える事は、至上の喜びだ -- ルーデル
      • 多分・・・。やろうとしていることは一緒なのでしょうね・・・。
        死は誰もが恐れる物でございますから、そこを超える事という事がひとかどのもののふであると言うことであり、何かのために果てるという事が本懐を遂げるということなのでございましょう。 -- 震電?
      • そういう事だ。死への恐れを超え、何を目指すかが重要だ
        ただその終着が死を良しとするか、それともその先を目指すか、それは価値観と文化の違いだ
        まあ、そのような議論も生きているからできる事だ・・・生きているからこうして話せるのだよ、震電(頭を撫でる) -- ルーデル
      • (なでられると、気持ちよさそうに目を細めた) -- 震電?
  • やぁ震電、今月作戦もあるが・・・成功させ晴れやかな気持ちで来月の新年度会兼花見、公園でやるものだが・・・これで祝おう。 -- ウィリアム
    • 今月でござったか・・・要綱を確認せねば。
      お花見も恒例でござるな・・・。早いものでござる。 -- 震電?
  • 今月の依頼お疲れ様、剣の名手シンデンさん。どんどん強くなられますね…さてと。(踵を合わせ、居住まいを正して身を整える)
    3月はホワイトデーですから日頃の感謝を込めて紅茶の缶をお持ちしました、アーリーファーストフラッシュのアッサムです。
    ただお渡しするのも芸がないと思いまして、僕が直接お入れしようと思いこのような格好でお邪魔しました。お時間よろしければ、少しだけお付き合い下さい。(優雅に一礼する) -- フォックス(ウェイター)
    • これはフォックス様・・・。これは・・・こ・・・こ・・・こっ・・・そう、コスプレというものでございましょうや? -- 震電?
      • え?ああ、これは先月、以前からお世話になっている先輩の結婚式があって、それでお手伝いするために貸して頂いたんです。
        自分でも割と合っているかな、と思って依頼のほうしゅげふんげふん、お給料で払い下げてもらいました。 -- フォックス(ウェイター)
  • ふ、今日の依頼はご苦労。少しは役に立つではないか。もっとも私が手を下すまでもない相手だったがな。次があれば同様に励めよ -- イルドゥン
    • 護国鬼は無敵にござる。ふふふ、次に轡を共にする機会があったとして、果たしてそのときはイルヅン殿の出番はあるかな? -- 震電?
  • こんちわでやんす。えぇっとたしか孤児院の完成祝賀会のときにいたでやんすよな?
    あ、えっと来月一緒の依頼みたいでやんすからよろしくでやんす。サソリ・・でやんすかね? -- フロイ
    • これはわざわざあいすまぬ。某は震電と申す。これなるは鬼でござる。
      事を成す前に計算をし、何も成さぬは卑怯者のすること。彼我の力量を考慮した時、既に敗北しているのでござる。
      困難であろうと、覚悟を持って進み打ち勝つのが、もののふとしての道にござる。 -- 震電?
  • あけましておめでとう、震電。そういえば今年は外装がない状態の鬼を見ていて思ったのだがさ、これの鎧を近代的に改修しても良さそうではないかなと思ったりもしてたんだ。こちらではわからんが基地にある戦車などのように正面装甲に力を入れたりなどどうかと思うんだ。どうも二足歩行で大型となると被弾の関係で通常の人間のままの倍化では無理がでるのでは?とおもったりな・・・ -- ウィリアム
    • あけましておめでとうござる。鬼は砲撃戦でなく乱戦を想定しておるゆえ、特に正面を守るようなつくりをしていないのでござるよ。
      主からの受け売りでござるが・・・。
      傭兵部隊の武具の話をお伝えしたところ、主が興味を示されたゆえ、いずれそのような具足を纏う時が来るかも知れぬ。 -- 震電?
      • なるほど、単独戦闘・・・もしくは強襲戦闘が多いのかそれとも・・・
        ふむ、そうか・・・いやはや、そうなると機能は増えるが整備の手間は増えそうだな。//なぜかちょっと想像して描いてみたけどだめだね、これ。上半身だけでギブアップだよ・・・ -- ウィリアム
      • 鬼はこれ一鬼のみでござれば・・・。何より、拙者の故国では、戦は歩兵戦がおもでござる。戦の形が違えば、用いる武具もまた、違い申そう。//鬼という形に落ち着いたのもメカが描けないからで、メカは難しいです。 -- 震電?
      • ん、そうなのか・・・確かに量産体制はしけそうにないな。歩兵戦闘が主とは・・・ふむ、こちらの武器を使えばそちらの国の力関係が変わりそうだが・・・戦争の誘発になりそうだ。いや、まったくだな・・・。//そうだったんですか・・・でも豪和の倉にあったあれかっこいいですよね。想像したら大体こんな感じに、まぁ上半身だけの上に雑ですが。一部装甲をソリッドなフォルムに〜とか感じたので。 -- ウィリアム
      • 結局、戦をするのは人であるから、武具の違いはさほど問題にあらず。勝敗の差は覚悟の差でござるよ。
         //こりゃ、がらりと印象が変わりますね!クガイはかっこいいですね。あれは暴走エヴァ+エスカフローネという印象があります。ドリルを手の内側に移動したのは、手でつかんだままねじ込めるからなんです。 -- 震電?
      • 勝負は始まる前に決まっている、故にあとは心か・・・
        //色も軍事的な色ですしかくばった部分が増えるかなぁと。いいえですねぇ、MFを撃たれようがボッコボコにしたのは怖かったですが。実は打ち出すドリルパイルだと思っていたなんていえない・・・それで炸薬式にとかなんて! リボルビングランス?は軽量化して白兵戦時に取り回しがよいようにとかそれ対鬼とか機動兵器戦じゃないみたいなことを・・・ -- ウィリアム
      • いかな達者といえど、覚悟無しには何者にも勝利しえぬ物でござるよ。
         //どう考えても、槍は対人兵器じゃないので、攻城兵器!今決めた!ゴルロアでは巨大怪物が出るので問題ありませんが。火薬を使うのは槍のほうですね。銃で弾を打ち出すように、穂先を伸ばすのです。ドリルは、オーガとかの頭をつかんでそのままねじ込むとか、怖いかなぁっておもって・・・。 -- 震電?
      • うむ・・・やはり歩を出すのは覚悟也か さて、新年そうそう良い言葉も聞けたことだしそろそろ失礼するか。今年もよろしくな震電
        //槍は合戦用みたいなイメージですしね日本のだと。よしじゃぁもっと重くしようぜ!攻城兵器を人や怪物に使うとひどいことになりますしね! あぁ・・・こわいなぁ。オーガを地面に刀で縫い付けてまたがってズバーン ビクビクビク プラーン   -- ウィリアム
  • あけましておめでとう!震電ちゃんも、元気そうで何よりね。こっちは今年から挨拶再開よ
    あ、リリィも11ヶ月になったのよ。前あったときからすると随分大きくなったでしょ?
    あぅ……(リリィは護国鬼をじぃーと見つめている) -- ユリエ&リリィ
    • あけましておめでとうございます。元気に動き回れるようになられたのでしたら、何よりでございます。
      お、お、お・・・。赤子として、ひとかどの者となられましたね・・・。
      鬼のことも気に入ってもらえたのでありましょうか?(赤子の愛くるしい様に、にこりと笑みを向ける) -- 震電?
      • ひとかどと言うほどじゃないけど、可愛く育ってて私と嬉しいわよ(と笑いつつ)
        んー、この子って結構物怖じげしないから。意外と気に入ったのかもしれないわねぇ
        あぃっ!(リリィは震電の笑顔を見ながら元気よく返事をした) -- ユリエ&リリィ
      • 愛らしゅうございますね・・・。私もいつか、このような子を持ちたいものです。(思わず手を伸ばし、赤子を優しく撫でる) -- 震電
      • 震電ちゃんならその気になればすぐにでもいい人が見つかるわよ(と笑いながら言う)
        (リリィが嬉しそうに頭を撫でられてから)さてと、それじゃそろそろ帰るわね
        また来るからそれまで元気でねー(とリリィの手を持って小さく振ってから帰っていった) -- ユリエ&リリィ
      • そ、そのようなお戯れを・・・。それに、私には・・・。私には、主より賜りました、大切な使命がございます・・・。
        はい。ユリエ様もりりぃ様も、まだまだ冷え込みますから、どうか御身体を御大事に。(名残惜しげに微笑を返し、見送る) -- 震電?
  • あけましておめでとうございます、年始周りに参りました。今年も平穏無事に一年を過ごせる事を祈っています。
    先々月の借りをお返しになったようで何よりです、今後も頑張って下さい! -- フォックス
    • あけましておめでとうございます。もう新年なのですね・・・。早いものです。
      今年こそは、与えられた使命を全うしとうございます。
      はい、雪辱を果たすこと、相成りました。しかしながら、鬼の威を示すにはまだまだ足りませぬ。 -- 震電?
      • ええ、使命の為に頑張るシンデンさんは素敵です、影ながら応援させていただきますね。
        ああ、年始の挨拶回りだったんです。お土産をどうぞ。(缶入りのざらめ煎餅を渡す) -- フォックス
  • 次の依頼で一緒ですね。よろしくお願いします -- ゲーマーズビジョン?
    • これはわざわざあいすまぬ。ゲーセン・・・?というのは、ピコピコが一杯あるところでござろうか? -- 震電?
  • 震電さん、依頼で大怪我したと聞いてお見舞いに参りました……傷の具合はどうですか?
    あ、見舞いの品として柿を持ってきました。具合が良くなったら召し上がってくださいね? -- 奪人ヒロシ?
    • 身体の方は問題ござらぬが、少々鬼が深手を負い申した。
      修復に少々魂を吸われ申した・・・。布団にて失礼いたす。 -- 震電?
  • 今月もお疲れ様です、シンデンさん。栗が実家から届いたので渋皮煮にしてみたんです。 -- フォックス
    • これはフォックス様。いつもかたじけのうございます。
      ん〜〜〜〜〜。これは甘うございますね。(栗の甘みを楽しむと、笑顔で見上げる) -- 震電?
      • いいんですよ、いつも頑張っておいでですから。それに僕も丁度いrげふんげふん、修行の途中に立ち寄らせてもらっただけですから。
        ゴコクキもそうですが、シンデンさん自身も随分お強くなりました。見違えるようです。 -- フォックス
      • 慣れてきて、身の内のもののふの記憶をより鮮明にすばやく鬼へ伝える事が出来る様になったと思います。 -- 震電?
    • シンデンさん…ご無事ですか!ゴコクキがボロボロになっていたと酒場で聞いて、慌てて…! -- フォックス
      • 問題ありません。甲冑の改修を終えていなければ即死でした。が、今は基部の再生を終え、自然治癒に任せて居るところにございます。
        わざわざ来ていただいたのですね。(フラフラと立ち上がると、頭を下げた) -- 震電?
      • ああ、お立ちにならないで!(肩を抑えて寝かせる)
        シンデンさんが強いのは分かっていますけど、それでもこうして怪我をしていると心配になります。 -- フォックス
      • 怪我はありませんが、鬼の再生に魂を可也吸われてしまいました・・・。快復までには少しかかると思います・・・。 -- 震電?
  • ≪傭兵部隊各隊員へ通達、依頼が入りました。≫
    ≪作戦目的は巨大トカゲの討伐、日時は黄金暦97年2月から3月(23、24日)を予定≫
    ≪作戦メンバーは6名。≫
    ≪選考や作戦詳細の件があるで9月〜12月までに基地発令所でブリーフィングを受けること。≫
    ≪以上です≫ -- 通信兵
  • 次回俺の分身のひとりが一緒する見たいなんでご挨拶に・・・ 震電・・さん?(なにやらバカでかいものを見つめて) -- リスキー?
    • 某はこっちにござるよ。これなる鬼は護国鬼。この国で言う、ロボットのようなものでござろうか?
      来月は宜しく頼み申す。 -- 震電?
  • 5月に続いて今回も盾ゲットですか。うん、女の子はガード固めた方がいいからね……うん(何かすごく納得している様子) -- 奪人ヒロシ?
    • 折角ゆえ、鬼の装甲を強化するらしゅうござる。多少機動力は落ちるが、堅いほうが良いこともあるでござるよ。 -- 震電?
  • 今月は不確かな依頼で心配でしたけれど、簡単な方で何よりです。あの程度ではもう相手にもなりませんね。
    蕎麦寿司を作って来ました、冷やした麦茶とご一緒に頂きましょう。 -- フォックス
    • 路傍の石を蹴るがごとき依頼でございました・・・。
      この様にしてお蕎麦を頂くのは初めてです。フォックス様は、料理にもお詳しいのですね。 -- 震電?
      • それでも近くの村に降りて危害を与えている物達を駆逐できたんです、シンデンさんは皆さんのお役に立てていますよ。
        (麦茶を注いで渡し)家訓なんです、自らの生活を己一人でこなせる事は戦地において最も長く生き抜く力だ、って。 -- フォックス
      • 私の役目は鬼の威を広く示すことでございます・・・。でも、感謝されるというのも、少々妙な心持でございますね・・・。
        冷たい!仕事の後の冷たい麦茶のよさがわかるのは、ごうけつだと聞いた事がございます・・・。
        冷たくて美味しい・・・。 -- 震電?
  • よーォ震電! ほれ、これやるよ。 (そう言って手渡したのは、純白のリボンの付いた可愛らしい日除け帽子。)
    誕生日だったろォ? 前に来てたワンピースに似合いそうだったから、プレゼントだ。
    散歩行く時にでも被って行ってくれや。 絶対似合うぜェ。 -- オウ
    • これは・・・。かたじけのうございます・・・。被ってみてもよろしいのでしょうか? -- 震電?
      • あァ、勿論。 サイズ大丈夫かね。 (頬を掻いて、少し心配そうに眺める。) -- オウ
      • (そーっと壊れ物を扱うように、頭に乗せる)
        大きさもぴったりのようです。(オウを見上げるとひさしの影が小さくなり、漏れた日差しに目を細める) -- 震電?
      • そりゃ良かった。 (見上げる震電が目を細めるのを見て、穏やかに笑う青年。) よっしゃ、似合ってる。
        まァ、気が向いた時にでも被ってくれや。 (満足げに頷き、そういったのだった。) -- オウ
      • 似合うておりますか。(嬉しそうに笑う)
        はい、大切にいたしまする。 -- 震電?
  • ・・・・・戦神が、何故、ここに・・・? -- 菊璃?
    • ・・・?
      これなるは、護国鬼と申す。鬼の身体を祖にし、数多の英霊の肉体と魂をより合わせてつくりし・・・その・・・えっと・・・ああ、ろぼっとでござる!本当は全く異なるものなのだが、ここの者にはそのほうが聞こえが良いようにござる。
      某はこれを駆り、国の威を示すのが与えられしお役目にござるよ。 -- 震電?
      • ・・・知っているのです・・・”これ”と良く似たものを・・・
        戦術鎧”雷電”・・・似ています、ひどく・・ -- 菊璃?
      • 申したとおりのものにて、そうそう同じ物を作れるような類のものではござらぬが、ふむ・・・。ここに来て、某の理解を超えるものをいくつか見申した。
        もしかしたら、かような鬼が世界にはもう一体あるのかも知れぬな・・・。 -- 震電?
  • お疲れ様ですシンデンさん、盾を頂いたようで何よりですね。(同行した隠し子がもって行かれてギギギしながら) 5月ですから柏餅をお持ちしました。 -- フォックス
    • ただいま戻りましてございます。今回も、ニコレット殿がいっしょでございました。
      柏餅ですか!?その・・・頂いてもよろしいのでしょうか? -- 震電?
      • ベウルクさんですか、明るくて楽しい方ですね。はい!シンデンさんにお持ちした物ですから。今お茶を淹れますね。 -- フォックス
      • で、では遠慮なくいただきます。(ごくり・・・) -- 震電?
      • シンデンさんも大きくなりました、嬉しい事ですね。これからも頑張りましょう…うん、いい感じに入りました。どうぞ。 -- フォックス
      • 幸い、それほどは大きくなって居ないようですが、あまり成長すると鬼に入れなくなってしまいます・・・。いただきます。ふーふーずずず・・・。 -- 震電?
  • adv011114.jpg(庭先に信管を抜かれたハープーンが着弾、中にはかわいい字で
    「新しく傭兵団に入ったよ♥よろしくね!」と書かれた手紙が) -- マリ子
    • 変わった字体でござる・・・。 -- 震電?
  • お久しぶりです、騎士団の仕事の帰りですので甲冑姿で失礼しますね。ホワイトデーですので、お世話になった方にちょっとした物をお贈りしていまして。(鎖の付いた小さな石英の柱を渡す)
    石英に閃光魔法を込めてあります、鎖を握ればその方の普段まとっている魔力で明かりの代わりになるんですよ。
    巨大トカゲ討伐、お疲れ様でした。僕も…いつか、いつか倒したいですね。 -- フォックス
    • (きらきら光る石英に目を輝かす)お、お、お!これは不思議なものでございますね・・・。
      (受け取ると、飽きずに延々と鎖を握ったり離したりしている) -- 震電?
  • あ、あれ?護国鬼前と随分変わった?…何だか、ちょっと怖い気もする、かも
    あ、そうそう。それでこの子が先月産まれた子でリリィって言うの!
    (と気を取り直して自分の子供を嬉しそうな顔で見せる) -- ユリエ
    • それでこの子が旦那のヘルト・ベルモンドと申します。水筒、ありがとな。冒険行くとき愛用させてもらってるよ。
      ふふ、ユリエに似てきっと美人になるぞー(子供の頬を突付きながら) -- ヘルト
      • 貴殿はたしか・・・。貴殿がユリエ様のよき人でございましたか・・・。水筒、役に立っているならようございました・・・。 -- 震電?
    • 丁度今、鎧を取り外したところでございます。過日の試し合いでの反省を生かしての改修中にございまする。鎧を取り付ければ、以前と同じでございますよ。
      おお、おなごでございますか?愛らしゅうございますな・・・。(思わずなでようと手を伸ばしかけて、顔をあげてユリエをうかがう) -- 震電?
  • 成し遂げた?いいやまだまださ・・・戦うものとしての、傭兵を率いるものとしての役目はまだ終わっていない。こんな姿だが私は私、またよろしく頼む雷電。
    それはさて置き四月に公園で花見を行いたいと思う。時間が合えば参加して欲しい・・・それでは、な -- ウィリアム
    • おお!喋る鼠さんです!なんと愛くるしい・・・。(抱き上げて撫でる)
      ・・・え?ウィリアム・・・様?
      こ、これは失礼をいたした!ふむ・・・再来月でござるな・・・。いくさばに立つ身、確約は出来ぬが命ながらえる事が出来たなら、かならずや・・・。 -- 震電?
      • (なぜ撫でられる・・・前より軍人らしいと思うのは私の勘違いか)
        コホン、21:00から開始さ。何、生きて帰ってくるのも務めさ。私が言うのもなんだが、な。いつも皆が無事帰還できるように出来ることはしているつもりだ・・・それでは、な! -- ウィリアム
      • 死を恐れぬ覚悟といえど、無駄に散らせる事も無いでござるな。時間、覚えておくでござる(名残惜しそうに鼠さんを見送る) -- 震電?
  • あけましておめでとう、震電
    あちらで答えたとおりの輸送力を我が機は持つ・・・君のその躯骸程度なら、輸送できよう
    しかし今回の依頼・・・やはり、空中戦は良い物だ、HAHAHA -- ルーデル
    • お、お、お!と、言うことは、こう下にぶら下げて、ぶわーんと降下して、低空で地面に下ろすとか出来そうでござるな!
      己が得意とする場で戦うのは、兵法の基本でござるよ。空中戦、拙者もみとうござった・・・。 -- 震電?
      • 出来るぞ。居心地は保障せんがね(にやりと笑う)
        あれとの戦闘は骨が折れたぞ・・・何分、戦闘機よりおかしな機動で逃げるのでな
        37mmを叩き込むのも一苦労だった -- ルーデル
      • 鬼の内にあるときは、拙者の感覚は鬼の感覚と同化し、死んでおるゆえ、そこは問題ないでござるよ。
        なるほど・・・拙者から見ればルーデル殿は鳥のように飛んでござったが、鳥とは違うのでござるな・・・。 -- 震電?
  • こちらからも新年のご挨拶に参った、震電殿。
    最近は、失った魔術師としての技量を取り戻すため旅籠に篭りっきりだったゆえな。
    久方ぶりの来客で嬉しかったよ。 ふふ……。 -- パルフイシュトラープ?
    • 勉学の邪魔でなければよかったが・・・。
      なぁに、一度身に付けた技なら、そうは身体が忘れはせぬでござるよ。 -- 震電?
  • お久しぶりです、シンデンさん!今年もよく頑張られて…僕も見習いたいです。
    これは聖誕祭の贈り物です、お布団がないと伺ったのでマットレスとご一緒に! -- フォックス
    • そんなことはございません・・・。私の力及ばず、今年も主の命を果たすことかないませんでした・・・。
      こ、これは・・・。な、なんだかふかふかしておりますね。お、お、お・・!?(身体が沈む様子に歓声をあげる) -- 震電?
  • よォ震電! 今年もよく頑張ったみてェじゃねェか。 前みてェに一緒の冒険では戦えねェけどよ。
    一応、毎月酒場の親父から安否は聞かせて貰ってたぜェ。 お疲れさん。 (震電の頭をわしわし撫で。)
    ほれ、ご褒美っちゃァ足りねェかもしれねェけどさ、これやるよ。 (震電には一抱え必要な大きさの、長靴の菓子詰め合わせ!)
    来年もぶっ倒れねェ程度にァ頑張っていこうぜ、お互いよ。 そンじゃなァ! -- オウ
    • これは・・・鬼用の靴でございましょうか?(受け取って両手で抱えてふらつく)
      なにか、中に入っていますね・・・?(下に置いて覗き込む)
      これは・・・洋菓子でございますね。ありがとうございます!
      鬼の威を示すには、まだまだでございます・・・。来年こそは、与えられし命を果たしたいものでございます。
      オウ様も、出オチにはお気をつけくださいませ・・・。 -- 震電?
  • ご挨拶遅れちゃってごめんね…でも、この通りもう元気から…トウモロコシありがとね
    あ、それと…実は妊娠してたのよね(とマタテニィ姿で恥ずかしがりつつ)
    今度来る時は赤ちゃんの顔見せに来るから…楽しみにしててね?(と笑顔で言った) -- ユリエ
    • にん・・・しん・・・?
      それは、つまり、おなかの中に赤子がいるということでございましょうか!?
      元気なおのこが生まれるとようございますね!(瞳を輝かせてじっとお腹を見つめ、満面の笑みで見上げた) -- 震電?
  • お久し振りです、ヒロシです。今月の依頼は大変だったみたいですね……そのお見舞いってわけじゃなかったんですが……
    (小包みを手渡し)震電嬢が好きそうな和菓子を持ってきたんですよ。クリキントン、嫌いじゃなかったらどうぞ -- 奪人ヒロシ?
    • サソリごときにこの体たらく・・・。腹を斬れぬ身がもどかしい・・・。
      これが・・・くりきんとん!ごくり・・・頂くでござる・・・。 -- 震電?
  • 久しぶり!元気にしてたー?うんうん、少しずつ育ってる…育ってるよね?
    まぁいいや!さぁ、今日こそえっちな事するよ!(ボロン) -- ボロント
    • (上空からぽろぽろと爆撃) -- ルーデル
      • 我が人民の敵、我が人民の敵じゃないか!…くっ、今日はどこもかしこも妨害だらけだ!(必死に避けながら) -- ボロント
      • (わざと直撃させないように、しかし紙一重で小型爆弾をばら撒く) -- ルーデル
      • しかもまた来た!?いや、紙一重って爆弾だからじゅうしょ(至近距離で爆発)
        …ぐふっ…冒険中の爆発食らった感じだよ(重傷になりながら) -- ボロント
      • な、何ごとでござるか・・・?(穴だらけになった地面を見ながら) -- 震電?
      • おや?お帰り…そっちも依頼大変だったみたいだねー、でも今は好機を考えるよ!
        と言う事で、えっちな事しよう!(仕切りなおしてボロン) -- ボロント
      • (今度は震電を巻き込まないように37mm) -- ルーデル
      • まだいたのか!?ん?今回は爆弾じゃなく狙いが!…なら震電ちゃんの近くにいれば安全だよね
        と言うか、普通に回りの家の人とかに迷惑だよね… -- ボロント
      • <<股間むき出しの来訪者も中々ではないか?HAHAHA!>>(この男、航空機で狐狩りとか分けの解らん射撃の名手である) -- ルーデル
      • ル、ルーデル殿!?こは一体なにごとぞ?(機銃に当たらないように走り出す。必然、ボロントからも距離を取る事になる) -- 震電?
      • <<久方ぶりに同僚の家を訪れてみれば、股間剥き出しの男が居たのでな、追い払おうと>>
        (離れたワンチャンスを逃さず、トリガーを引く。着弾と同時に猛烈な土煙)
        <<そう思っただけだ、震電よ>> -- ルーデル
      • と言うか、震電ちゃん。ボク一度も見てないよね!?って、あー!離れたらダメ!ボク死んじゃ、ギャアァ!(ミンチより酷くなって消滅していった) -- ボロント
      • ・・・はて?今、誰かが機銃に巻き込まれたような・・・。
        けほけほ・・・土煙で確認できぬが・・・。たしか、コカンムキダシノオトコ・・・とか言っていたような・・・? -- 震電?
  • トカゲ退治は割とあっさりでしたけど、まーお疲れ様でした(じっとサーベルを見る)
    とりあえず部屋の片付けやらあるんでこれでお暇しますわー次があればその時もよろしくー -- タントラ?
    • お疲れ様でござる。少々物足りぬ戦ではあったな。某のほうこそ宜しく頼むでござるよ。(改修された太刀の留め具を確認しながら) -- 震電?
  • シンデンさん、ご健在ですか!? -- フォックス
    • 大事ございませぬ・・・。 -- 震電?
      • そうですか、良かった…。音信不通でどうされているか心配で。
        ああそうだ、近くにクレープの屋台が出てたんでした。お暇でしたらご一緒しませんか? -- フォックス
      • くれーぷ・・・でございますか? -- 震電?
  • な、何が起きたのだ・・・ -- ウィリアム
    • 拙者の理解を超えまする・・・。 -- 震電?
      • 飢沙羅・・・(文献を読んでいる) -- ルーデル
      • (ぞくり・・・) -- 震電?
      • 部隊の基地の奥にいつの間にか鉄扉ができているなんてことはないと思うが・・・ -- ウィリアム
      • これが・・・飢沙羅・・・(数ヶ月の時の停止を恐怖しながら) -- 震電?
  • インパクト・・・・ああ、私の精神に何者かが干渉した
    訓練で負った傷はその後どうかね? -- ルーデル
    • (呼び戻さないで・・・恐怖を!)
      鬼の修復はほぼ終り申した。稽古磨きの経験を元に、主が改修を施しているところにござるよ! -- 震電?
      • ならば良い。フィードバックという事か。ふむ、成長する兵器とは恐ろしいものだな
        そういえば文化交流でヤパンに行ったユーゲントが確かこんな踊りを・・・
        (隗は隗〜と不思議な声が聞こえてくる) -- ルーデル
      • 武装や外装の強化もさることながら、中身は生き物でござるから、成長もいたすし波もあり申す。もっとも、波があるのは拙者の力量不足でござるが・・・。
        それは、能でござろうか?見たことはござらぬが、身の内の魂に記憶がござるよ。(不意に空から光が降り、ドスンドスンという衝撃と共に傭兵部隊基地の一部にミステリーサークル状の円形の穴が穿たれる) -- 震電?
      • !?(強靭な精神と驚きとで舞を止めた。幸いそれ以上の変化は無いようだが・・・)
        ・・・なんだあれは(跡地に蛹のような者が転がっている) -- ルーデル
      • どこかで見たような記憶もござるが・・・なんでござろうか・・・?ウィリアム殿に頼み、知識に明るい者による調査を行ったほうが良いかも知れぬ・・・。(ぞくりと身を振るわせる) -- 震電?
      • (何も考えずにちょっと蹴ってみる大佐だ) -- ルーデル
      • ((キャラの設定を動かしきる前にステータス画面に赤文字がでる)恐怖に身がすくみ、身体を庇うような格好でその場に膝をつく) -- 震電?
      • これはいかん、私も撤退することだ・・医務室に運んでおこう(蛹は適当なところに押し込んで、震電を抱えて脱兎した) -- ルーデル
      • これからにござる・・・まだ・・・これからにござる・・・(もう1クールは欲しかったと思いながら運ばれる) -- 震電?
      • (その通りだった、掘り下げが足りなさすぎたなと頷きつつ) -- ルーデル
  • おう、噂の鬼ロボ嬢ちゃんってのはお前さんか。 俺はベルナドットだ、よろしくな……何か食うか? -- ベルナドット?
    • ロボではござらぬ。鬼でござる。
      む・・・うーん・・・お正月でござるから、拙者、御節料理という物が食べてみとうござる -- 震電?
      • 鬼、か…まあ何でもいいや、今更気にしても仕方ねえしな(ニコニコ)
        御節ぃ? ……ほれ(おせち弁当) -- ベルナドット?
      • 鬼はカラクリではなく生き物にござるよ。
        お、お、お!!食べてようござるか?まことか?うそではござらぬか!?(目を輝かせてお弁当を見ている) -- 震電?
      • んあ?まことでござるよ、美味いでござるよ(自分の分を先に食べる) …さっさと食わんと不味くなっちまうぞ -- ベルナドット?
      • お、お、お!!いただきます!(ぱかりとあけ、美味しいのでちびちびと少しづつ食べ始める) -- 震電?
      • 子供なんだからもっと豪快に食ってもいいんだがぁな……うり、俺の分もやろう(箸でおかずを弁当に入れていく) -- ベルナドット?
      • か、かたじけない!よいのでござるか!?(宝物を見るように自分のお弁当箱を見つめる) -- 震電?
      • 応! 一杯食ってさっさとデカくなれ!出来れば俺好みの女に…ゲホゲホ、なんでもねぇ
        俺にはコイツがあるしな(ポケットから出したレーションを食べる) -- ベルナドット?
      • 拙者は大きくなったら、鬼に入らなくなってしまうでござるよ。(伊達巻をほおばりながら)
        それは、ヨウヘイブタイのみなが良く食べてござるな。 -- 震電?
      • ハッハッハ、言いやがる!お前みたいな歳の頃はなぁ…俺は何も知らなかったんだ…。 実家が傭兵一族だったりとか、女の抱き心地とかな(遠い目)
        味は悪いが栄養抜群だ、美味いモン食った方が良いけどな。 そいじゃー帰るぜ… -- ベルナドット?
      • 拙者も、あまり物は知らぬでござるよ。ここでは驚嘆することばかりでござる。(数の子を少しずつ口に含んではプチプチしながら)
        帰られるか。道中気をつけられよ。(大きく手を振って見送る) -- 震電?
  • お疲れ様です、一週間を超える長旅はお身体に堪えますね…。
    ホワイトシチューを沢山作り過ぎたのでお配りしているんです、シンデンさんはお食べになりますか? -- フォックス
    • 稽古では、鬼の中に入りまするは一月が限界でございました・・・。
      毎年ちゅう?食べると申しますならば、食べ物なのでありましょうね?如何様なものでしょうか? -- 震電?
      • 牛乳と小麦粉でとろみをつけた煮込み汁です、寒い時は温まりますよ。パンもご一緒に浸してどうぞ。 -- フォックス
      • 芋鍋のようなものでございますね。白銀で、とても綺麗です。いただきます! -- 震電?
      • ジャガイモも入っているからそんなような物ですね、乳製品をあまり用いないそうなので風味は異なるでしょうが…。 -- フォックス
      • あつっ・・・。ふーふー・・・ずずず・・・。
        不可思議な味でございますね. -- 震電?
      • お口に合えばよろしいのですけれど…。あ、パンは少し残しておいて…こう、最後にお皿に残った飲み残しを吸わせて全部頂くんです。 -- フォックス
      • なるほど・・・。ご馳走様でした・・・。(手を合わせる)
        おいしゅうございました。身のうちより温まった気がいたします。 -- 震電?
      • あはは、僕も喜んで頂けて嬉しいですよ。次も何かお持ちします! -- フォックス
      • いつも頂いてばかりで、申し訳ございません。
        あ・・・よろしければこれをどうぞ。(粗末な木の盆の上に雪を盛り、葉っぱと木の実で耳と目をつけた小さな雪兎を手渡す) -- 震電?
      • ああ、僕も作りましたこれ!(嬉しそうに息を吐く) 嬉しいな…ありがとうございます。
        (近くの踏まれていない雪を一掴み手に取り、媒介にして印を切る)移ろい行く姿を…一時だけ留めろ。
        …うん、軽いですが永続化魔法を掛けました。数日はこのままだと思います、飾らせて頂きますね! -- フォックス
      • そのようなことも出来るのですね・・・。(フォックスの所作を目を輝かせながらじっと見つめる) -- 震電?
  • ご挨拶に来るのが遅れましたが、先日の演習ではどうもありがとうございました。 -- エロ
    • ぐぬぬ・・・。稽古磨きのための戦とはいえ・・・命を賭したもののふ同士の戦い・・・卑怯だったとは思わぬ・・・ぎぎぎ。 -- 震電?
  • 今日は何だか物々しい人たちの出入りが多いけど、何かあったの?(と不思議そうに聞く)
    あ、それと祝賀会に来てくれてありがとね。改めて御礼に来たわよ。あとヘルトもプレゼント喜んでたしね -- ユリエ
    • ヨウヘイブタイとマオーグンの皆々様にござる。先月、演習場で稽古磨きのための戦をいたした。
      左様にござるか・・・。喜んでいただけ申したか・・・。(ユリエを見上げ、嬉しそうに目を細める) -- 震電?
  • 先日はおつかれさまでした。映像記録を見ましたが、まさしく鬼神の如き働きでしたね
    機会があれば、共に戦ってみたいものです -- セイジロー?
    • お疲れ様でござった。首級をあげるどころか、戦闘不能までに鬼を駄目にしてしまい申した・・・。
      セイジロー殿の相手はなかなかに姑息な手を使ったと聞き申した。拙者もセイジロー殿のように落ち着かねばなりませぬ・・・。 -- 震電?
  • はーっはっはっはっは! 昨日はお疲れ様でしたね震電さん! 直接は戦いませんでしたが、貴女の勇猛さは聞いていますよ! ……しかし、可愛らしい貴女には無骨な刀よりもこのような華の方が相応しい(流し目を送って花束を渡す) -- カイゼル
    • むぅ・・・もののふにたいしてそのような物言い。罵られているのでござろうか・・・ぐぬぬ・・・。 -- 震電?
  • 俺がもっと早く援護に向かえていれば、もう少し君の被害も少なくて済んだのかもしれないな…すまない
    ともかく、また機会があればよろしく頼む 次は先に倒れたりしない様頑張るよ -- アルベルト
    • 首級の一つもあげられず、申し訳ござらぬ・・・。ぐすん。 -- 震電
  • よく、あの場を支えたものだ。君は一人前の戦士だぞ(撫でる) -- ルーデル
    • 稽古磨きの場とはいえ、情けない姿をお見せいたした・・・。ぐぬぬ・・・。 -- 震電
  • やぁ震電嬢、先程はどうも……傷の具合は如何かな?薬草を持ってきたので必要とあれば使って下さい……
    にしても君は……その小さき身体でなんと力強く戦うんだ……! -- 奪人ヒロシ?
    • 心配御無用にござる。胸を裂こうが腕を落とそうが、このとおり、すぐに元通りでござるよ。
      直接鬼の神経を拙者の神経につなげるゆえ、そのくらいでないと死んでしまうのでござる。
      その・・・わ、私はまだまだ精進が足りませぬ・・・。稽古磨きの模擬戦とはいえ、無様な姿をお見せしました・・・。 -- 震電
      • 無様だなんてまたまたご謙遜を……敵に立ち向かう力強いお姿、戦いが終わり糸が切れた人形のように倒れるお姿……
        痛々しくはありますが、思わず見惚れてしまうほどの美しさでしたよ(爽やかに微笑む)
        ……今度は是非、戦場ではない場所で君の美しい笑顔が見れるといいなぁ -- 奪人ヒロシ?
      • 殿方が・・・そのような事を軽々しく口にするものではごじあませぬ・・・。 -- 震電?
  • こんにちわ、めっきり寒くなりましたね…。石英に強い閃光魔法を封じて綿布で巻いた懐石です。
    身に付けた方の帯びている魔力で魔法が維持されるので、数週間ぐらいのかなり長い間温かいと思いますよ。 -- フォックス
    • 私、寒さには慣れておりまする。
      これは・・・暖こうございまするな・・・。フォックス様の操られる妖術は、おやさしうございます。(そっと石を両手で包む) -- 震電
  • 傭兵部隊からのお知らせ
    黄金暦94年11月(土曜日)に演習場の方でイベントを行います。
    その際大規模な戦闘演習を行う予定ですので演習場に張り出されたレギュレーション?をお読みください
    何か質問などがあればウィリアム・マクスウェルまでお願いします。
  • 「新しい孤児院の完成の祝賀会のお誘い」を書かれた封筒が届いてある、裏にはベルモンド家一同と書かれてある
    封筒の中にはその招待状が入ってあるようだ
    • これは・・・ユリエ殿でござろうか・・・。ぷれぜんとこうかん?ふむ・・・贈り物を用意せねばならぬのか・・・。どうしたものか・・・。 -- 震電?
  • お疲れ様です、サソリだったんですね…。敗走を喜ぶのはとても恥ずかしい事ですけれど…生きて帰ってきて頂いて本当に良かったです。 -- フォックス
    • ・・・鬼の名を・・・汚してしまって・・・もはや我が主に顔向けできぬ・・・。
      だのに、この身では腹を切ることも出来ず・・・。(顔をぐしゃぐしゃにして鼻をすする) -- 震電?
      • …僕は、それは違うと思います。力が及ばないのは、往々にしてある事です。人生はきっとそれの繰り返しなんだ…と。
        大事なのは、自分の力量を正しく見極め…いつの日か勝つために努力する事です。 -- フォックス
      • もののふに・・・ぐすっ・・・「また」はござらぬ・・・ずずー・・・。
        「そのとき」役目を果たせねば・・・意味がないのでござる・・・ずずー。 -- 震電?
      • シンデンさんはモノノフである前に人間です、人間はどうしても失敗する時があるんですよ。
        今はその時ではなかっただけです…きっと次は成功します。(服が濡れるのも構わずに抱き締めて背筋を撫でる)
        よく頑張りました、恐ろしかったでしょうに…もう大丈夫ですよ。 -- フォックス
      • (ぎゅーと抱きついて鼻をすする)拙者は・・・わしは・・・某は・・・己は・・・。
        ・・・私は・・・・っ。 -- 震電?
      • シンデンさんはシンデンさんです、優しくてお強い方ですよ。
        そういう良い所を、僕もシンデンさんのお友達も知っています。(ハンカチで濡れた顔を拭く)
        悔やむのを止めろとは言いません、沢山お泣きになった後に笑えるようになって下さい。 -- フォックス
      • ちーーーーーん・・・。・・・ずずっ・・・。 -- 震電?
  • 今月もお疲れ様、残暑が厳しいからウォーターメロンを持ってきたよ。良く冷やしてあるからご一緒にどうですか? -- フォックス
    • フォックス様!ウォーターというのは水のことでありましょう?メロン味の水でございましょうや? -- 震電?
      • えーと、東方の言葉でスイカですね。クーラーボックスから出します、お皿はありますか? -- フォックス
      • 西瓜でございますか・・・。食べた事がございませぬが、さぞや甘いものなのでありましょうね。
        部隊で支給された食事の空き皿か、竹林で取ってまいりました笹の葉がございますが、どちらがよろしいでしょう? -- 震電?
      • 笹の葉にしましょう、風情がありますから。(笹の葉の上に小玉スイカを置き、手を上に当てる)
        少し待っててくださいね…。(目を閉じるのと同じくして体から小さな光の粉が湧き上がってきた) -- フォックス
      • (目を輝かせながら所作をじっと見つめている) -- 震電?
      • 魔法の練習に使うのも失礼ですけど、余興ですから…それでは。 疾れ!
        (光が反転するかのように一瞬にしてスイカの中に入り込み、そっと手を離すと綺麗に四等分されて放射状に分かれた)
        うん、練習の成果は上々ですね。お目汚し失礼しました、どうぞ召し上がって下さい。 -- フォックス
      • おお、いただきまする!
        なにか、ガリガリいたしますな。(種ごと噛んで食べる) -- 震電?
      • た、種はお出しになって下さい!(ハンカチを口に寄せた)
        種の中身だけを食べる種類の物もあるそうですけど、普通に食べている種類はそうではありませんからね。 -- フォックス
      • なるほど・・・。これは食べてはいけないものなのですね。(べろで種を口外に出す)
        んっ・・・これは甘くておいしうございますが・・・ふっ・・・食べるのにコツがいりますね・・・ぷっ・・・。 -- 震電?
      • あはは、すぐに慣れますよ。…僕の大事な方も、来月は巨大討伐なんです。
        お二人の強さは僕も知っているんです、ですが…。こうして涼んでいる今も、どこかに焦燥感が付きまとって。 -- フォックス
      • 私の・・・ぷっ・・・ことは・・・ぺっ・・・心配御無用でございます。
        心配でございますなら、フォックス様も一緒について行ってしまわれればよろしいかと。 -- 震電?
      • あはは、僕が着いて行っても今はまだ…それに冒険者としての契約違反ですしね。勿論だからといって腐っている訳ではありません。 -- フォックス
      • 一緒に行くのは、違反なのですか・・・?(きょとんとした顔で見上げる)
        私は、幾百と言う英霊と共に、戦に赴いておりまするが、それも違反なのでありましょうか・・・?(心配そうな顔になる) -- 震電?
      • 規定以上の人数で行くのは違反ですけれど…シンデンさんの英霊はお一人ずつ冒険者登録している訳ではありませんから、大丈夫ですよ。
        そうですね、シンデンさんには沢山の方がついておられますからきっと大丈夫ですね。 -- フォックス
      • では、こっそり後からついて行けば問題ありません!フォックス様は、心配なのでありましょう・・・?
        それも駄目なのですか? -- 震電?
      • …その人を、本当に信じているなら待たないといけないんです。帰って来てくれると信じられる、そういう強い方なんです。 -- フォックス
      • (フォックスの顔をじーっと見つめる)
        フォックス様がそう申されるのであれば、そうなのでありましょうね。(にこりと笑う) -- 震電?
      • はい…僕なんかより余程強い方です、心が…。シンデンさんの事も信じています、またこうしてご一緒に過ごせると。 -- フォックス
      • はい!(西瓜にかじりつく) -- 震電?
      • うん、元気があるのはとてもいい事です。お帰りになられたら今度は僕が自分でお菓子を作ってきますね! -- フォックス
      • お菓子ですか!それでは、急いで帰ってまいります! -- 震電?
  • 来月◎2の巨大…◎2は結構ランダムで来るから怖いのよねー…
    強い敵だったら、無茶しないで逃げてもいいからね?逃げるのは恥じゃないんだから -- ユリエ
    • 拙者は武士でござるから、困難な使命を果たしてこそ役に立つという事にござる。必ず討ち果たして帰還いたす。
      心配御無用でござるよ! -- 震電?
      • …んー、雷電ちゃんならそう言うと思ったけど…まぁ、この子もいるから大丈夫よね?
        (と護国鬼をそっと撫でる(護ってくれる存在と思ってますので設定の事は知りません -- ユリエ
      • 人型を超える体躯の敵であるなら、寧ろ本懐。護国鬼は無敵にござる。(と、屈託無く笑ってみせる) -- 震電?
      • そっか…なら、安心ね(と同じように笑う)あ、それじゃそろそろ帰るわね。またね(と最後に頭を撫でて帰っていく) -- ユリエ
      • 応!ユリエ殿こそ、気をつけられよ。(大きく手を振って見送る) -- 震電?
  • (冒険から戻った震電がいつもの様にコクピットを出ると、突然ばさ、と頭にタオルがかけられた。) -- 長身の青年
    • わふっ・・・!な、何奴じゃ!?(あわててタオルから顔を出して、見上げる)
      (見覚えのないその顔に一瞬戸惑うが、その魂はとても懐かしかった)
      オ・・・ウ・・・様? -- 震電?
      • よく判ったな。 (昔よりもずっと低い、落ち着いた声。 昔よりもずっと大きく、暖かい手。)
        (驚いた顔をする震電の頭を、タオルの上からワシワシと撫でて。) 帰ってきたぜェ、震電。
        良い子にしてたかよ? …久しぶりだなァ。 -- オウ
      • オウ様なのですね!良くぞご無事で・・・。(タオルが落ちるのも構わずに抱きつく)
        少々雰囲気が変わられたようですが、魂の感じに面影がありまする・・・。
        最後にお会いしたのは1年でしょうか半年でしょうか・・・? -- 震電?
      • ああ、御蔭さんで。 まァ、ちィと欠けちまったがよ。 (抱きついた少女を抱き締める隻腕。)
        元気そうで安心したぜ。 はは、魂に面影たァ面白ェや。 (そう言って少女を離し、視線を合わせるようにしゃがんだ。)
        (震電と似て、複数の魂が混ざり合ったような、不思議な色になっていた。) ちと、普通じゃなくなっちまったけどな。 -- オウ
      • (不思議そうにオウの瞳を見つめる)普通とは、どのような物でありましょうか?私は、知り合いもあまりおりませんから、どのような人が普通なのかよくわかりません。
        私にわかるのは、オウ様の魂は今もまだオウ様の魂であるということくらいです・・・。(見つめ返す震電の瞳は透明な赤い色をしている。) -- 震電?
      • 普通ってなァ…、 (説明しようとして、青年も言い詰まった。 眉を上げ、頬を掻いてから、笑う。) 何だろうな?
        はは、そうかい。 震電がそう言うなら、それで良ィか! (そう言って明るく笑い、見つめる震電の頭を撫でる。)
        腹ァ減ってねェか? …久しぶりに、一緒に飯でも食いに行こうぜ。  -- オウ
      • はい!お供いたします!(タオルを拾って水道まで行くと、軽く身体をすすいでから制服を身に付ける。)
        (以前よりも手馴れた様子で着ていたが、ボタンは互い違いにずれていた) -- 震電?
      • …まァ、前よか上手く着れる様になってるみてェで安心はしたよ。
        (服のボタンを見れば、軽く苦笑し、しゃがんでそのボタンを一つ一つ、片手だけで器用に止め直した。)
        焦らねェでも、俺ァ逃げやしねェからな。 落ち着いてやれや。 …そんじゃま、行くか。
        (立ち上がり、ゆっくりと震電の歩幅に合わせて歩き出す。) -- オウ
      • やはり、オウ様はオウ様です。ちゃんと、片腕をなくしたらそのまんまなのですから。
        生えて来たりしないのですから、普通です!
        ・・・・・・もう勝手にいなくなってしまうのは・・・嫌ですよ。 -- 震電?
      • 生えやしねェよ、流石にな。 (眉を上げて笑い、自分の肩口に手を置いた。 頼りなく揺れる、外套の右袖。)
        (そして、不意に声を落とす少女を見、足を止めて。) 震電…。 悪かった。 (しゃがみ、少女の頭を優しく肩に抱き寄せ、背を叩いた。)
        ま、次居なくなる時ァ、冒険に飽きた時さ。 そン時ァちゃんと前もって言っとくよ。
        (身体を離し、悪戯な笑み。) いつになるか判ンねェけどな! はは、さ、行こうぜ。 (左手を差し出す。) -- オウ
      • はい、参りましょう!
        (私は・・・生えてくるのですけれど・・・ね・・・。) -- 震電?
  • フム、面白い・・(各所を眺める
    これは”乗る”というより”成る”という操作機構といえるな。
    精密且つ臨機応変な行動が取れるが、その代わり操縦者にかかる負担は従来の比ではあるまい。
    ・・・君は自分はの意志でこれに志願したのかね?だとするなら、我々大人の責任だ・・ -- ルーデル
    • 武家の家に生まれたる身において、主の意思は己が意思にござる。
      それに、拙者は鬼に乗るために生かされておるのであれば、操者に選ばれたるにこれ以上の喜びはござらぬ。 -- 震電?
  • 失礼します、シンデンさんはおられますか?ただいま戻りました、ご心配をお掛けしました。 -- フォックス
    • フォ・・・クス・・・さま・・・?フォックス様!!一体何がどうして・・・? -- 震電?
      • ハウンド様、僕のご先祖が憎まれ役を買って下さって…僕が入っていた鎧を壊して下さったんです。
        僕は皆さんに力を貸して頂くばかりで申し訳ないですが、諦めないで前に進む事を教えて頂きました。
        また一緒に、甘い物を頂きましょう。 -- フォックス
      • ・・・はい・・・。・・・はいっ!(勢いよく抱きつく) -- 震電?
      • ははは、ありがとうございます!心配して頂いて嬉しいです。(抱え上げてくるっと回ってからそっと降ろす) -- フォックス
      • よくぞ帰ってまいりました・・・。よくぞ・・・。(フォックスの顔を見上げて笑顔を向ける) -- 震電?
  • もうムカデと戦ったりするんだ…早いわねー、流石に凄いのに載ってるだけあるわね
    でも、耐久低いからやっぱり巨大は心配なのよね…来月も危険そうだし、ムリしないでね? -- ユリエ
    • 心配御無用。護国鬼は無敵にござる!
      ユリエ殿にもう、寂しい思いはさせぬでござるよ!えへへ。 -- 震電?
      • んー、雷電ちゃんはやっぱりいい子ね!(とぬいぐるみを抱きしめるみたいにする)
        …この子の事守ってあげてね(と護国鬼をそっと撫でる) -- ユリエ
      • むぎゅー・・・苦しゅうござる・・・。
        (撫でると、装甲内の生体パーツがドクンと脈打ったような気がした) -- 震電?
  • ほう・・・君はかつて我が祖国と共に戦った同盟国の人々と実によく似た文化の持ち主のようだな
    そして今もまたウィリアムの下で盟友として闘うことになるわけだが・・
    宜しく御願いするぞ、ヤパーニッシュによく似た少女よ -- ルーデル
    • 某、己が祖国以外の国についてはあまりよく知らぬのでござる。もしかしたら、兄弟がごとき国なのかも知れんな。
      某は震電。宜しくお頼み申す。 -- 震電?
  • お久しぶりだな、震電殿。昨年の夏に海でお会いして以来か。 改めてご挨拶に参った。
    ……私たちの仲を取り持ってくれたオウ君はもういないが、我々の縁と、彼の思い出は永遠だ。
    改めて、よろしく頼むよ。 -- パルフイシュトラープ?
    • おひさしうござるパリィ殿・・・。もうそろそろ春も近いのでござるな。光陰矢のごとしか・・・。
      拙者こそ、宜しくお頼み申す。 -- 震電
  • 雷電ちゃんいる…?(買い物を付き合ったけれど、まだ挨拶に来てなかったので来たらしいが)
    (オウの死で落ち込んでないか、かなり心配しているらしい) -- ユリエ
    • ここにおり申す。ユリエ殿ではござらぬか?いかがされたか? -- 震電?
      • あ、こないだの買い物の服の手入れどうしてるからって思ってきてみたの
        あとは…元気かなって思ったんだけど…(雷電の様子を伺う) -- ユリエ
      • 手入れでござるか?川で洗っているでござるよ。
        ・・・落ち込んでいるように見えたのでござろうか・・・?オウ殿も・・・動物殿も・・・立派に・・・武人としての最後を遂げられた・・・。まことに喜ばしいことでござる・・・。(顔をくしゃくしゃにして涙を流す) -- 震電?
      • あー…もぅ…ほら、せっかくの可愛い顔が台無しよ?(ハンカチで顔を拭いてあげ)
        でも、武人としては喜ばしくても…友達としては死は悲しいものよね(と優しく抱きしめる) -- ユリエ
      • 心配・・・御無用にござる・・・。わらてみおくらねば・・・二人とも、安心して成仏できぬでござるよ・・・。(無理に笑顔を作る) -- 震電?
      • 雷電ちゃんは強い子ね…でも、悲しい時は泣かないと、それこそ心配させちゃうわよ?
        それでも、泣く所を見せたくないなら…(ぎゅっと抱きしめ)これなら、バレないでしょ?(と優しく言う) -- ユリエ
      • 某も・・・もののふの端くれにござる・・・涙はけして流さぬものでござるよ(抱きしめられたまま静かに泣く) -- 震電?
      • そういうものらしいわねー…まぁ、今は…私が抱きたいだけだからしばらく我慢してね?
        (と抱きしめながら頭を撫でてあげる) -- ユリエ
      • 委細・・・承知・・・(ぎゅーっと抱きつく) -- 震電?
    • 死んだと決め付けるのは早計に過ぎる気もするが、な。四本足の方は見事に討ち死にしたようだが…。 -- ハウンド
      • えっと、はじめまして…ですよね?んー、確かに早計かも知れないですけど
        まぁ、その時は泣いた分返してよって言って怒ればいいんですよ(と笑って言う) -- ユリエ
      • 初めまして娘さん、エッジ家開祖ハウンド・ブレスト・エッジ、齢二百八十に少々足らず。
        当代のフォックスはクレイタリス、アルティアと見知った仲らしいがな、俺は直接は知らんよ。 -- ハウンド
      • ココで長話もなんですから、また後日改めてご挨拶に伺いますね(と丁寧にお辞儀する) -- ユリエ
      • フォックス様・・・?ではございませぬね・・・。 -- 震電?
      • ああ、またいずれ伺おう。お幸せに。(向き直る)
        …ほう、気付いたのか童。お前も似たような者だった故か?
        フォックスの家を開いた者だ。死んでからは鎧にこもっていたが、死にかけた奴の体を腐らんように遊ばせている。 -- ハウンド
      • それはやはり、フォックス殿は死んだという事にござろうか? -- 震電?
      • 確かに死にかけたが、傷は深かった。だが急いで止めれば死ぬ物ではなかった。(ローブをめくると焼き焦がして止血した右脇腹の裂き傷)
        だが先に魂が折れかけていてな、あれでは助かる物も助からん。だから…鎧の中と替わってやったのさ(着てきた鎧を蹴り転がして遊ぶ)
        お前も遊ぶか、童。情けない未熟者の魂そのものを足蹴にできるぞ。 -- ハウンド
      • やめぬか!フォックス殿のような心優しき方の魂を足蹴にするなど、赦されざるでござる!(鎧を庇うように抱きしめる) -- 震電?
      • 武人として本懐を遂げられもせず、騎士として自分の領地を守るための行いもできず…。
        男として、恋焦がれた者の所に帰る事もできなかった半端者に情けを掛けるのか、モノノフとは随分と優しいのだな?(フンと軽く笑って「俺の物だ」と鎧を付け直す) -- ハウンド
      • (自分の言った言葉と相手の言葉に困惑する)拙者は・・・拙者はただ・・・(言葉が見つからずに沈黙する) -- 震電?
      • 今取った行いが本当のお前の心なのだよ、小童。(くつくつと笑う)
        それを殺してただ主の命を行うだけの木偶人形になるか、それを育てて人として己の信ずる所に従い使命に生きるか。
        好きにすればよいのではないかな。それでは時間だ、冒険に遅れるなよ。 -- ハウンド
      • (何か言おうとするが、とっさの言葉がでずに、キッと一睨みして着物を脱ぎ、鬼の胎内にはいる) -- 震電?
  • ……………(じーっと見つめながら遠方からスッスッっとしっかりした足取りで歩いてくる) -- リャマ
    • お、お、お・・・。動物にござる・・・!馬では無いでござるな・・・。猪でも無いでござるし・・・。鹿に近いようだが、毛並みがようござる・・・。(なでなで) -- 震電?
      • (撫でられて、ぺろんと震電の頬を嘗める) -- リャマ
      • んーっ・・・こそばゆいでござるよ・・・。(撫でながら、くすぐったそうに目を細める) -- 震電?
  • 今月は外套ですか、おめでとうございます!ちょうど良かった、フレッシュチーズのアイスクリームをお持ちしたんです。
    僕一人には多いので…ご一緒にお召し上がりになられますか? -- フォックス
    • 有難うございます。早速主殿が鬼用の兵装へと仕立て直してくれました。
      ふれっしゅちーずのあいすくりーむですか?どのような食べ物でございましょう? -- 震電?
      • ええと…(行商人から買った東方の言葉の載っている冊子をめくる)ああ、ありました。
        新鮮なダイ…醍醐と砂糖、泡立てた卵白などを牛乳で良く練り合わせて凍らせた物です。まずはお食べになって下さい、冷却魔法もこの日差しでは長く持ちませんから。 -- フォックス
      • え・・・?あ、は、はい。(あわてて口に運ぶ)
        ん〜〜〜〜〜っ(冷たさと甘さにぎゅうと目を瞑って足をばたばたさせる) -- 震電
      • ああっと、落とされる所でした。(断ってから器を持ち、落ち着くのを待つ)大丈夫でしたか?夏に頂く氷菓は良いものですよね…。
        でも一度に頬張り過ぎると頭痛がします、はい、どうぞお召し上がりに。(すくって食べさせてあげようと)
        えっと、あーん…です、お口を開けて頂いて…あーん。 -- フォックス
      • す、すみませぬ。記憶にも経験にもない体験でした!
        あーん・・・。 -- 震電
      • (相手の口にスプーンを運ぶ)ああ、それは嬉しいな…!シンデンさんの初めて学ばれる事をさせて貰えるなんて。
        冷却魔法はまだ解けていませんから焦らなくても溶けませんよ、ゆっくりとお召し上がりになって下さいね。 -- フォックス
      • (ぎゅーっと目を瞑って口の中でアイスが溶けるのを待って飲み込む)
        ぷはっ・・・。甘くてつめとうございます!
        あーん・・・。 -- 震電
      • あはは、息はしていいんですよ。口の中で転がして溶かせばいいんです。はいあーん…喜んで頂けたのならこれ以上嬉しい事はないですから。 -- フォックス
      • 難しいことを申されますな・・・。ん〜〜〜〜っ。(意識を集中し、鼻で息をする)
        ふぅ・・・あーん・・・。 -- 震電?
      • はい…と、無くなってしまいましたね。沢山お食べになりましたが…お腹を冷やさないよう注意して下さい、お下しになられたら申し訳ないです。
        でもお気に召してくれてありがとうございます、折に触れてまた何かお持ちしますね。 -- フォックス
      • ごちそうさまでした!美味しかったです。
        いつも頂いてばかりなのに、申し訳ない・・・。 -- 震電?
      • いいんです、気にされる事はありません。喜んで頂けたらそれだけで僕も嬉しくなりますから。
        青二才の僕でも誰かを笑顔にできるんだって思うと、頑張ろうって力が沸いて来るんです。生きてるって嬉しいなって思えるんです! -- フォックス
      • そういうものなので・・・ございますか・・・。(気恥ずかしそうにうつむく) -- 震電?
      • はい!ですから、来月の依頼も必ず帰ります。僕が帰って来ると信頼して下さる皆さんに応えるために全力を出して戦います。今日もすっかり長居をしてしまいました、申し訳ありません…。 -- フォックス
      • わたし一人の家でございますから、気になさることはございません。
        フォックス様・・・ご武運を・・・。 -- 震電?
      • ありがとうございます、シンデンさんもご武運を!瑣末ではありますが僕からも祈らせて頂きます、それでは! -- フォックス
      • あ、はい。有難うございます。ごきげんよう。(恥ずかしそうに小さく手を振る) -- 震電?
  • ご依頼お疲れ様です!ゴブリン討伐お見事です、レイピアを手に入れたと聞いてお祝いに参りました!おめでとうございます! -- フォックス
    • あ・・・(ぺこりとお辞儀をする)
      その・・・改修に使うから持って帰ってくるようにとの命を受けまして・・・。あ、有難うございます!
      あ、干物を頂いたので、よろしければどうでしょうか? -- 震電?
      • 何よりシンデンさんがご活躍されたから他の方も快くお譲りしてくれたのでしょうね、誇って良いと思いますよ。
        乾物ですね、鱈の乾燥させたのは冒険の夜食でスープに入れたりしますよ。ありがたく頂きます、嬉しいなあ…。 -- フォックス
      • わたしは・・・自分の務めを果たしただけです・・・。(赤くなってうつむく)
        あ、オウ様から頂いたのです!お礼は是非オウ様に・・・。 -- 震電?
      • そうなのですか、僕の方からもお礼を言いに上がりますね。
        でも、頂いたこれをおすそ分けして下さったのはシンデンさんです。そのご好意が僕にはどのような品よりも嬉しい事です! -- フォックス
      • そんな・・・わたしは、その・・・一人では食べ切れませんので・・・そのように感謝されるほどのことはしておりませぬ。(真っ赤になってうつむく) -- 震電?
      • 感謝の大きさは受け取った側が計る事です、僕はシンデンさんに頂いた事がとても嬉しいですよ。また何かしが珍しい物がありましたらお持ちします、ありがとうございました!(一礼して駆け出し、門の前で大きく手を振って走り去る) -- フォックス
      • あ・・・(顔をあげてフォックスの後姿をじっと見送り、小さく手を振った) -- 震電?
    • 今月もお疲れ様です。その…先日破いてしまわれたお召し物の代わりになるかと思いまして。
      (薄桜色のワンピースが紙包みに入っている)励まして下さってありがとうございます、シンデンさんのおかげで狼王に雑念なく対峙できました。 -- フォックス
      • あ・・・。よ、よいのです!着物など着れれば良いのですから、多少痛んだとて、用を成さなくなるものではありませんから!
        で、でも、これは・・・大切に着させていただきます・・・。(紙包みを大事そうにぎゅーっと抱きしめる) -- 震電?
      • ご自分の着ておられる物をお破きになられてまでも僕を勇気付けようとして下さった事に応えたかったんです、受け取って下さってありがとうございました!
        あの頂いた切れ端、ローブの裏に縫いとめさせて頂きました。怪物の爪から守って下さるような気がします。 -- フォックス
      • 困ります・・・ただの布にございます・・・。あ、あの、着てみても宜しいのでありましょうか・・・? -- 震電?
      • ただの布じゃありません、シンデンさんが拭いて下さった布です。はい!是非お見せ下さい! -- フォックス
      • で、では遠慮なく・・・。(着物を脱いで紙包みをあける)
        これは・・・洋装ですね。どう着れば良いのでしょう?(上にしたりひっくり返したりしながら不思議そうに服を見つめる。) -- 震電?
      • こちら側が背中で、ここに止め具があります。向こうで肌着になっていただいたら、外した状態で袖を通して…。 -- フォックス
      • こう・・・ですか?(ふくに袖を通す)
        背中に止め具があるのですか?んっ・・・えい・・・よっ・・・(手が届かなくて四苦八苦する) -- 震電?
      • とと…こうです、ここにあって…。(付けてあげながら位置を教える)
        ああ、とてもお似合いですよ!綺麗でお可愛らしいです。 -- フォックス
      • 着慣れぬ服装ですから、少々気恥ずかしくあります・・・。有難うございます。(赤くなってうつむく) -- 震電?
      • お気に召して下さったのなら幸いです!ありがとうございましたっ! -- フォックス
      • お礼を言わねばならぬのはわたしのほうでございます!お顔をおあげくださいっ!! -- 震電?
      • そ、そうですか?でもお贈りした物を喜んでいただくととても嬉しいです、皆が笑顔になるのなら僕の戦う意味もあるという物です。 -- フォックス
      • 笑顔・・・ですか?そのようなことのために、命を賭けられるものなのでございましょうか・・・?(不思議そうな顔でフォックスの顔を見上げる) -- 震電?
      • 僕は…そうですね。領地を守るために与えられた使命を全うする…それも勿論大事です。
        でも、土地だけを守ってもそこに人がいなければただの土です。僕は守るべき土地に住んでいる人の生活、笑顔を何より守りたいと思います。 -- フォックス
      • そのように使命に対し己が考えを介在させることは、使命を歪めてしまいませんか?使命を果たす事が出来るのでありましょうか? -- 震電?
      • そう…ですね、使命を果たすという目的のみからすれば、僕はそれを歪めてしまっているのかも知れません。
        でも、使命にはそれを果たすための目的が必ずあるはずです。最終的にその目的を達する為には、僕は使命を歪めて罵られようと誰にも恥じる事無く向き合えるはずだと…自分を信じています。
        皆が僕を信じて下さるように、僕も自分自身を信じてみたいんです。 -- フォックス
      • ふぉっくす様は、いらっしゃるたびに震電に難しい話をなさいます・・・。
        わたしにはまだよくわかりませんが、フォックス様がそうなさっておいでなのですから、それは良いことなのでしょう。 -- 震電?
      • すみません、つい熱くなってしまって。(直さないとな、と頬をかく)
        機械のように、人形のように与えられた命令に向かう事は簡単です。人間が人間であるためには…その先を考え続ける事だと思います。
        長々と失礼しました。ワンピース、とても似合っておいでです。ありがとうございましたっ! -- フォックス
      • わたしのほうこそ、お話し相手にもなれずに申し訳ありません・・・。
        そ、そんな!頂いたのはわたしのほうなのですから、お礼を申さねばならぬのはわたしのほうです! -- 震電?
  • ようガキんちょ、元気かァ! ほれ、道に迷わねェように、街の地図買って来てやったぜェ!
    (羊皮紙の巻物を渡して、それから鬼を見上げて笑った。) ま、こいつの頭に登ゃ、地図が無くても場所が判りそうなもんだけどな。
    今度また乗せてくれよ。 そんじゃなァ! -- オウ
    • これはかたじけない・・・。
      乗せるくらいお安い御用でござるよ。・・・しかしこれは、どう読めば良いのでござろうか・・・。(上にしたり下にしたり地図を見ている) -- 震電?
  • …猫?さんにトライデントをお譲りしたんですね、少しもったいない気もしますが…シンデンさんはお優しいですね。 -- フォックス
    • 鬼には、少し小さすぎますし、わたしには爆射十文字槍がございますから・・・。利を思案した結果であって、そのようなわたしの勝手な感情でのことでは・・・ないのです。 -- 震電?
  • 前の僕の名簿と似てるIDだぁ…ちょっと外した悔しい感じ!(元ID77776) -- ルージィ
    • ふふふ・・・拙者、口惜しくなどないのでござる・・・。 -- 震電?
  • 先月のお礼に今度は桜を一輪挿しに入れてきました、それに桜餅とお団子を冒険者の甘味好きの方の同盟に融通して頂いて。 -- フォックス
    • これはかたじけのうございます。ボウケンシャにはそのような集まりもあるのですね。何をなさる集まりなのでありましょうや?(ひび割れた湯飲みに瓶から水を汲んで持ってくる) -- 震電?
      • 甘い物好きの方が集まる所ですね、僕の師父であるオリオナエ様は辛い物好きの同盟にお入りになられています。
        皆様頑張っておいでですから、息抜きの時にはおいしい物を味わいたいという事ですね。(水出し用の煎茶の紙袋を湯飲みに入れて暫く待つ) -- フォックス
      • 甘い物を食べるためだけの集まりでございますか・・・。ボウケンシャというのは、風変わりな方なのですね・・・。(不思議そうな顔でフォックスの所作を見つめる) -- 震電?
      • 生き甲斐を同じくする人の集まり、と言えばご理解できるでしょうか。
        勿論一番大事な物はその人によって違いますけど、同じ気持ちを一緒に楽しみたい人の集まりですね。
        冷茶も入りました…と。(桜の花びらを一枚拝借して湯飲みに浮かべて手渡す)それでは、ご一緒しましょうか。 -- フォックス
      • 同じ気持ち・・・ですか・・・。(暫く考え込む)わたしには、やはり少し難しい話しのようです・・・。
        !?これは・・・お茶でございますか・・・?フォックス様は妖術もお使いになられるのですね! -- 震電?
      • 自分の時間は好きな事をしてみていいと思いますよ、まだ僕もシンデンさんも年若いから使命だけでは押しつぶされてしまいます。
        妖術だなんてそんな、ただの冷茶ですよ!水でもゆっくり時間を掛ければ茶葉の中のお茶の素はちゃんと出てくるんです。 -- フォックス
      • その包みの中はお茶なのですね。なるほど・・・便利なものです。
        自分の時間・・・でございますか・・・。わたしの全ては主の物であり、全てその役目を果たすため。自分の時間などと考えたことはございませんでした・・・。 -- 震電?
      • 良かったら今度お持ちします、戦地で飲めるように水筒に一袋入れておいたりするんですよ。
        僕も騎士としての役目、修行を終えて領地を守るための任に一日でも早く着く事を考えています。でも、人生は使命だけの為にあるわけじゃないと思いますよ。
        嬉しかったり楽しかったりする、そういう気持ちを親しい人と一緒に味わう。そういう大切な思い出があるからその場所を守りたいって思うんです。 -- フォックス
      • やはり、わたしには少し難しい話でございますね・・・。
        主が守れと申さば命をとして守り、攻めよと申さば死を覚悟して攻めるのがもののふの道にございます。
        主より賜った使命というものは果たすべきものであり、そこに自己が介在する余地はないのです。 -- 震電?
      • モノノフとはとても厳しい地位なのですね…それでも、自分のしている事について考えることが使命を果たす上で大切なのではないでしょうか。
        人間は生きているだけの人形じゃないはずです、それならシンデンさんには心はない事になってしまう。
        こうして二人で過ごしてる時間、僕は楽しいと思っていますよ。それがシンデンさんに心がある事の証明にはならないでしょうか…。 -- フォックス
      • 賜った使命の是非を考えることは、役目を果たす上で不要なものかと・・・。わたしの行動の是非は主が決めることであり、わたしが決めることではないのです・・・。
        でも・・・でも・・・わたしも、こうしている時間は少しだけ心躍るものでございます・・・。(罪を告白する子供のように、うつむいて湯飲みの中のはなびらを見つめる) -- 震電?
      • 今はそれでいいと思います、僕が勝手にくよくよ悩む性格なだけだって事もありますし。
        でも、シンデンさんがご自分の意思で守りたい物が見つかれば…その時何が大事なのか、考えないといけないのではないでしょうか。
        …じゃあ、僕とシンデンさんの秘密にしましょう。こうしている時間が楽しいのは、僕とシンデンさんだけの秘密。内緒の隠し事ってずるいけど楽しいんです。 -- フォックス
      • わたしは・・・武士でありますから、その・・・わたしの意思で行動を決めることは、できないのです・・・。
        ・・・は、はい。二人だけの・・・秘密でございます・・・。(ほんのわずかに顔がほころぶ) -- 震電?
      • はい、確かに約束しました。他の誰にも言いません。それでは僕はおいとましますね、今日はお付き合い頂いてありがとうございました!(一礼して帰っていく) -- フォックス
      • こちらこそ・・・。(深々と頭を垂れる。部屋の外まで見送る。) -- 震電?
    • (なんか小難しい話になってんなー)o。 -- LEGO?
      • これはれご様・・・?何かご用でありましょうか?// -- 震電?
      • あ 見つかっちゃった。// -- LEGO?
  • シンデンはさ 大きくなったら何になりたいんヨ。 -- LEGO?
    • 大きく・・・でございますか・・・。わたしは主に仕える身でありますから、そのようなことは考えたこともございませんでした・・・。わたしは、主の望むままに生き、主の望むままに果てる身でございます。 -- 震電?
      • そっか、まぁいろんな生き方が有るわな…(身長57メートルに成長した震電を想像しながら -- LEGO?
      • それが武士の本懐でございます。(LEGOの体重はそのうち550tになるのかなぁと一瞬思いつつ) -- 震電?
  • …えーと、出来ればそこから降りてくれると助かるなー、なんて。ハハハ(一応ボロンと出しながら) -- ボロント
    • (「一度繋がると、容易に乗ったり降りたりが可能なものではないゆえ、服を着てしばし待たれよ」と言おうとしたが、搭乗中は発声が不可能であった。) -- 震電?
  • 失礼します、オーク討伐成功おめでとうございます!今月は男性から女性に日頃の感謝を形にする時なので、プレゼントをお持ちしました!
    シンデンさんは書き物をスミとフデでされると伺っていたので、東方から来た香具師に矢立を譲って頂きました。ゴコクキさんには背負い物ができるように麻の大網を編んでみたのですが…使用に耐えられるでしょうか? -- フォックス
    • かたじけのうござる。これで外でも筆がつかえるでござる(甲冑の修復箇所に墨で丸を書きながら)
      ほう・・・これは便利でござるな。ふむ・・・あげた首級を樽漬けにして持ち帰れそうでござるな・・・。 -- 震電?
  • 討伐達成おめでとうございます、僕も負けないように精進を重ねますね。寒さの底ですが、お加減は大丈夫ですか?座り仕事が楽なように膝掛けをお持ちしました、出来ればお使い下さい! -- フォックス
    • 鬼の威を示すにはまだまだ足りのうござる。
      これはかたじけない。ありがたく使わせていただくでござる。 -- 震電?
  • よぅ、シンデン新年おめでとうな ちょっくら模倣させてもらったゼ! -- LEGO?
    • これはよう出来ておるわい!ワシもうかうかしていられんのう!! -- 震電?
  • あけましておめでとうございます、ご依頼達成おめでとうございますね。93年の年明けをこうしてシンデンさんやゴコクキさんとお祝いできるのは幸せです。 -- フォックス
    • あけましておめでとう。そういえば、ここ最近は年中行事というものに久しく縁がなかったでござるな・・・。 -- 震電?
  • ん、入ってもらって早速年中行事には何かしら料理を作っている私から君へだ
    東方の国から来たらしい故にこちらにかぶれた物は、と思ってな。
    ちょっとがんばってオゾウニ、というものとトシコシソバを作って来たんだ。最近は冷えるからな・・・これで暖まってくれ。
    ・・・と言ってもあまり自信がなくてな、同伴してもいいかな? -- ウィリアム
    • これは・・・。ウィリアム様のお心遣いに感謝いたします・・・。私でよろしければ、是非・・・。 -- 震電?
      • あの、失礼します!僕もご同席させて頂いてもよろしいでしょうか、食事はなくても構いませんので…。
        こう寒いとお体に触るかと思いまして、酒類とミネストローネをお持ちしたんです。 -- フォックス
      • フォックス様もよくいらっしゃいました。(座布団を持ってくる。)殺風景な部屋でございますが、どうぞ。 -- 震電?
      • ありがとうございます!シンデンさんも旧年中はお世話になりました、自分の見識を広める事ができて…いかに今までの自分が小さい物事しか見えていなかったか知る事が出来ました。
        お会いできた事は僕の幸せです、今年もよろしくお願いします! -- フォックス
      • 過分なお言葉、痛み入ります。(ぺこり)どうか、よしなにお願いいたします。 -- 震電?
  • こんちわー。ん、あんたは年を越せそうか。よかったよかった。うん。 -- LEGO?
    • 心配御無用!護国鬼は無敵でござる! -- 震電?
  • 失礼、先程はどうも・・・。私は表向き警備の派遣を仮面にして傭兵部隊を率いているのですがもしよければ我々と共に戦ってはくれませんか?詳しい話は後ほど・・・ -- ウィリアム
    • これはウィリアム殿。見たところ、なかなか大規模な軍を率いている様子。某は既に主君を持っているが、ここでの活動においては主君よりそれなりの裁量をまかされておるゆえ、つかえることはできぬが轡を共にしよう。おぬしの軍であれば、護国鬼の武を示すことも出来よう。 -- 震電?
      • えぇ、もちろん仕えるのではなく参加していただく、ということですので。護国鬼の武、特と見せていただきましょう・・・貴方の参加を歓迎します -- ウィリアム
      • 応、よろしく頼み申す。 -- 震電?
  • お疲れ様ですシンデンさん。東方の習慣は存じ上げませんが、こちらでは年の瀬に聖誕祭を行うのが慣わしとなっています。
    よろしければ…と思ったのですが。(了解を得、髪の端に白い飾り付きのリボンを一束結ぶ) うん、よく似合っておいでです。 -- フォックス
    • あ・・・か、かたじけない・・・(褐色の肌でわかりづらいがうっすらと赤面して目を逸らす) -- 震電?
      • お礼には及びません、女性の魅力を引き出す手助けが出来ることは男としてとても名誉な事ですから。
        主はいつでも善い行いを見てくれています、今日はその事に感謝して更なる善行を積む日なんですよ。
        だから、嬉しいとか有難うと思って頂けたのなら…その気持ちを他の誰かに分け与えていただければいいんです。 -- フォックス
      • 成る程、それが貴殿の主君の考えか。拙者の故郷にも、一日一善という言葉があったでござる。 -- 震電?
      • はい!善行は必ず自分の心の糧になります、他人からの善行を期待するのではなく、自分の心に生まれた感謝の気持ちこそが大事なのだと。
        ゴコクキさんにもお贈りしようと思っていたんです、甲冑の磨き粉です。とても目が細かいので、丹念に擦り込めば鏡のように光ると思いますよ。 -- フォックス
      • 貴殿の主君はまるで僧のようでござるな。これはあいすまぬ。戦うためのものゆえ、かような心配りは出来なんだ・・・。 -- 震電?
  • おい、そこの鬼 そう、テメェだ テメェ……
    暇か? 暇だな、喧嘩に付き合えよ、暇なんだよ ハハハッ -- ミスト?
    • 常在戦場・・・と言いたいところだが、拙者はこれから少し休みを取るところでござる。いずれまたの機会にでもお手合わせ願おう。 -- 震電?
      • なんだ、寝んのか? ジャマしたな、わりぃ
        また来るわ -- ミスト?
      • 仮眠程度ではあるが、取ると取らぬとでは天地の差があるゆえ・・・。失礼いたす。 -- 震電?
  • 失礼します!酒場でお見かけした方に挨拶をして回っているのですが…大きな方ですね、僕ではとても敵いそうにないや…。
    東方からお越しになられたとお聞きしました、よければ今度お話を聞かせてください! -- フォックス 2008-04-03 (木) 03:20:30
    • その・・・そちらは、鬼でございます。(影からひょこりと顔を出す)
      私でよければ、いつでも。よろしくお願いいたします。(ぺこり) -- 震電? 2008-04-03 (木) 03:38:03
      • うわっ!?お、鬼…オーガを使役するとは、高名な術師なのですね…。フォックス・ジ・エッジと言います、よろしくお願いします! -- フォックス 2008-04-03 (木) 04:00:11
      • 大鋸・・・?鬼を使役するのは、わたしの主の術にございます。わたしは言うなれば、その仲介をするクグツがごときもの・・・。
        失礼いたしました。震電と申します。お見知りおきを・・・。 -- 震電?
      • こちらにいる鬼ですね、オーガとかトロルとか種類がありますが…丁度このオニと同じぐらいの体躯でしょうか。
        クグツ…ええと…(メモ帳をめくる)ああ、依代ですか…大変なお役目、ご苦労様です。シンデン様ですね、僕の方こそよろしくお願いします! -- フォックス
      • こちらの国の単位では、4〜5mほどになりましょうか?おうがやとろると申します鬼とは、まみえたことはございませんね・・・。いずれうちはたし、護国鬼の力を知らしめねば・・・。 -- 震電?
      • 大体そのぐらいですね、いつかは討ち果たしたい物です。しかし大きいなあ…。(印を組んだ手に魔力を溜め、小さな光球を鬼に当てる…) !?
        …霊…が、何人もの…。 -- フォックス
      • 護国鬼は、鬼を素体に数百の侍の肉体や魂を組上げて作り上げたものでございます。いまだ体躯にはたくさんの英霊が宿っているのでございます。 -- 震電?
      • それでこのような魂の声が…。どこか禍々しい物を感じますが、シンデン様の動かされる物に向かってそんな失礼な事は言えませんよね。 -- フォックス
      • 進んで護国の礎となられた方達でございますれば・・・。 -- 震電?
  • ロボット…俺とガンダムファイトしようぜ! -- ラスティ 2008-04-02 (水) 17:56:08
    • ろぼっと・・・?がんだむふぁいと?よくはわからぬが、それは果し合いということでござろうか? -- 震電? 2008-04-02 (水) 22:58:58
      • ああ、ガンダム同士の熱い殴り合い、それがガンダムファイトだ! -- ラスティ 2008-04-02 (水) 23:24:11
      • がんだむ・・・?というのは何でございましょうや?これなるは、只の鬼でございますれば・・・。 -- 震電? 2008-04-02 (水) 23:34:40
      • 鬼?鬼って食えるかな、食べていい? -- ラスティ 2008-04-02 (水) 23:37:36
      • いけません!鬼の肉は毒にございます。口にすればその身は鬼となりはて、鬼と同化してしまいましょう。 -- 震電? 2008-04-02 (水) 23:49:59
      • ダメかぁ、残念だ、またくるよ… -- ラスティ 2008-04-02 (水) 23:59:51
      • またくるがいい!鬼を見せて回るのが、わしが殿より賜った使命であるから、な! -- 震電? 2008-04-03 (木) 00:06:26
  • おっ かっけー!スゲェなぁ。へぇ、お嬢ちゃんが動かしてるんだ。 -- LEGO? 2008-04-02 (水) 17:31:46
    • 拙者が護国鬼の操者にござる。動かすというより、動くと申したほうがより正確にござろうか・・・。 -- 震電? 2008-04-02 (水) 22:58:11
      • なるほど、二人で一人みたいな?ちょっと違うか。でもそんな感じ? -- LEGO? 2008-04-02 (水) 23:03:48
      • 某が頭、護国鬼が身体というたところであろうか・・・?二人で一人という表現も、言い得て妙といったところか。 -- 震電? 2008-04-02 (水) 23:17:12
      • じゃぁあれだ、片方は風呂に入りながらもう片方は火の加減したり覗きを追っ払ったりが自前で出来るんだな。変な例えだけど。 -- LEGO? 2008-04-02 (水) 23:23:23
      • 残念ながらこやつが動くのは、わしが中でこやつと繋がっておるときだけよ。動かねば、さしもの鬼も只の木偶人形じゃわい。 -- 震電? 2008-04-02 (水) 23:33:51
      • ちゅうことはなんだ、ええと…この身体自体が鎧というか服というか、特殊な肉襦袢みたいなもんかな -- LEGO? 2008-04-03 (木) 00:50:45
      • そうさのう・・・。あくまで鎧の延長線と言うたところかのう。 -- 震電? 2008-04-03 (木) 02:31:03
  • こんなタイプの機動兵器があるのか・・・ -- ウィリアム 2008-04-02 (水) 17:27:51
    • 主武装は爆射十文字槍。右肩に備え付けてござる。格闘戦しかこなせぬが、機動力は獣と同様にござる。 -- 震電? 2008-04-02 (水) 22:57:11

Last-modified: 2008-07-18 Fri 21:15:03 JST (4575d)