FA/0036

  • 今日の宿はここにしよう… -- グロード 2017-09-18 (月) 01:44:55
  • あンた…(往来ですれ違ったフードをかぶった女が黒い翼の背中に声をかける)
    宇宙人だな!!(「翼がある→上から来た→宇宙人」という目下最有力説に従ってとりあえず翼もちに声をかけている) -- あざり 2017-09-18 (月) 12:10:05
    • なんだ、いきなり…宇宙人?(面倒そうなのに絡まれたな、と眼鏡の奥の瞳が語る)
      宇宙人がどう言うものを指すのかよくわからないけど、逆に聞くが君は宇宙人じゃないのか?
      -- グロード 2017-09-18 (月) 12:48:02
      • 宇宙人っつったらアレだよ、星空のずーっと遠くからUFOっつー平べったいのに乗ってだな…(とにかく空の上の方からくる奴らというふわっとした説明)
        たりめーだろ!俺飛べねえし、UFOも持ってねえし(だから飛べることが宇宙人の証明だとソースもなくトンデモ本作家のごとく断言する) -- あざり 2017-09-18 (月) 12:54:06
      • あーね(一応わかった振りをしておくのが得策だろうと)
        では、僕もきっと宇宙人じゃない。証拠に、僕はなんか平べったいのと言われて持っているのは硬貨だけだし、さらに(指をたて)
        僕は飛べない
        -- グロード 2017-09-18 (月) 13:06:08
      • なん…だと…!?(そのときあざりに電流走る)
        だってそれ羽だろ!?羽があれば飛べるんじゃ…(見事に宇宙人かどうかから飛べるかどうかに話をそらされているぞ!) -- あざり 2017-09-18 (月) 13:15:58
      • いいところに気がついたな。そう、羽があれば飛べる。当たり前だ
        では、宇宙人とはそんな当たり前の存在なのか?
        むしろ、羽がないのに飛ぶのが宇宙人、ではないか?
        先に言ったことの否定になってしまうけど、僕も飛べない訳じゃない。ただ、飛距離がショボいから飛べるって言いたくないだけだ
        だから、探すならあからさまに飛べそうな奴じゃなく、飛べなさそうなのに飛んでる奴を当たるべきだ
        -- グロード 2017-09-18 (月) 13:21:29
      • 天才かよ…!(そう、宇宙人というのは証拠を残さないし普段は宇宙人であることを隠している)
        (その証拠になりそうなものをわざわざ身に着けているだろうか?答えはノーである)
        (むしろ見た感じの宇宙人度の低い奴こそ疑えというのは理に適っている…)
        それに気づいてるってことはお前も…!(宇宙人ハンターなんだな!と握手を求めたりするあたり仲間を見る目になっている!) -- あざり 2017-09-18 (月) 13:31:48
      • (あっこいつスッゴい騙されやすいな大丈夫か…と思いながらも手を握り)
        わかってもらえたかい?人は見た目が九割とよく言うが、それも絶対ではないと
        そう、僕も…真実を、真理を求め、流離う者だ。君とは、仲良くやれそうだね?
        僕の名はグロード。友よ、君は?
        -- グロード 2017-09-18 (月) 13:45:11
      • (対峙したものを思わず素に戻すレベルのチョロさは呆れられたり心配されたりされるもとであることにあまり自覚はない)
        俺はあざり、UFOハンターズのリーダーだ!(メンバーはいまのところ自分を入れて三人!などと言いつつ名刺を手渡し…あなたはこういった活動に巻き込まれた被害者が二人はいることに同情をしてもよい)
        流離人のグロード…呼び止めちまって悪かったな、またなんか分かったら教えてくれよな!(連絡先もそこに書いてあるから!と継続的な情報収集を頼むといった雰囲気を出しつつ意気揚々と帰っていく…) -- あざり 2017-09-18 (月) 13:53:36
      • UFOハンターズのあざり…覚えておくよ。君がいつの日か、真実の宇宙人に辿り着けると祈っておこう
        いや、思ったよりも楽しい時間だった。何かあれば、顔を出そう。またな、UFOハンター
        -- グロード 2017-09-18 (月) 14:29:13
  • ウワァ堕天使だぁー! -- クウネル 2017-09-19 (火) 19:44:07
    • そう、僕はこの地に流れ着きし黒翼の天使…!(超ノリノリでかっこいいポーズをとる)
      やはり解るモノには解っ…うわっ天使だ!?
      -- グロード 2017-09-19 (火) 20:20:11
      • おのれ堕天使め、私を地獄へ誘おうというのか…!休暇中とは言え襲われるとあっては戦わざるを得ない!
        (両手に集まってくる天使パワー、凄く光属性っぽい…このままだと多分ビームとかそんな感じの物を飛ばしてくるぞ) -- クウネル 2017-09-19 (火) 20:26:35
      • ちょっ、まっ!?何そのあからさまに食らったらアカン系の飛び道具は!?
        すみません堕天使じゃないですし天使ですらないんですよ僕ー!(勢いでジャンピング土下座)
        -- グロード 2017-09-19 (火) 20:31:20
      • 魔を打ち滅ぼし浄化する神の光輪である!(光属性斬首系即死狙い攻撃)
        …ん?堕天使じゃない?まあ…天使じゃないのは分かるけれど…とするとただの黒い羽根の翼人…!
        いやあこれはこちらこそ申し訳ない、早とちりをして…(土下座をし合う妙な光景が) -- クウネル 2017-09-19 (火) 20:35:50
      • すみません調子に乗ってすみません…(このガキ中身は超小心者なので互いに飽きるまで土下座し合う地獄絵図だ)
        (しばらくした後)
        う、うん…ここは、お互いに悪かった、ということで…ゴホン(わざとらしい咳払いを一つ)
        僕はグロード。黒翼という種族の、ろくに飛べない翼人だ。君は…本当に天使なのかな?
        -- グロード 2017-09-19 (火) 20:40:42
      • (きっと微妙な時間が流れた事でしょう)
        クロ…じゃなくグロード、か…黒翼と言う種族はよく知らないが前に会った娘とはまた違う種族ではあるようだなあ
        本当にも嘘にもお兄さんは天使さ…今は休暇中なので職務がどうという事はないけれどね、悪魔が居ても…仕事中ではないから討伐しなくてはならないという事でもないのさ、オフの日でも悪魔死すべし!と言うタイプもいるだろうけど、お兄さんは違うねえ -- クウネル 2017-09-19 (火) 20:47:40
      • (若干引っかかるものを感じながらもその言葉に頷き)なるほど…
        天使にも、休暇があるのだな。神だって一日は休んだのだしそれはそうか…それはそれとして
        違うって割にはノリノリで僕の首を狙っていたよな!?(結局引っかかりに突っかかっていた。若さか)
        -- グロード 2017-09-19 (火) 20:53:23
      • 不眠不休で働き続けたら神様も参ってしまうだろうよ、他所のブラック宗派だとそういうのも居るかもしれないが…
        いやあお兄さんをSATUGAIなり堕天仲間に引き込もうとしたりして来ているのかなと、直接害をなされるなら…斃さないとね(倒すの雰囲気が違う) -- クウネル 2017-09-19 (火) 20:58:56
      • なるほど…なるほど(こいつやべえな。もう二度とこの人の前であのテンションになるのはやめようとグロードは密かに決意した)
        なかなか早とちりがすぎるね…僕は個人的にはあまりこの世界自体を好きではないけど、だからといって人に手を出そうとまでは思わない
        というか…堕天というのはそこまでしなければならないほどのことなのか…
        -- グロード 2017-09-19 (火) 21:03:19
      • 堕天する事そのものは正直そこまででもないと思うんだけどねえ(割とその辺は適当のようだ)
        一番の問題は堕天すると神様を敵に回してしまう…って所かな、そんな恐ろしい事とてもお兄さんには出来ないよ…
        怒った時の神様はマジパないからもう敵対するような事はしたくないからね…(苦手意識みたいなものがあるようだ) -- クウネル 2017-09-19 (火) 21:06:52
      • なるほど…なるほど。巻き込まれて怒られたくないのか…(アホの脳ではそういう解釈になった)
        まあ…なんたって神だものな…とばっちりで世界も無くなりそうだし…(想像してるのは破壊神的なサムシングだった)
        お兄さんは休暇でこちらに来て、人間観察かい?そういえば、僕以外にも翼人がいる…的なことを言っていたけれど
        -- グロード 2017-09-19 (火) 21:13:09
      • 巻き込みと言うか…堕天したのがバレて呼び出し喰らったらもうアウトじゃないかな…
        その時の機嫌にもよるだろうけど流石に世界全部が滅びはしない…と思いたいね、怒らせ方が悪いとガッツリ行きかねないのが悩みの種さ(勢いでノア的な状況が起こったり…?)
        人間…と言うよりも文化体験かねえ、特に今は食文化にはまっているよ、酒!飲まずにはいられない!
        他の翼人…と言うのはそのついでに見かけたくらいだね、鳥っぽい羽根の手をしていて…卵で生まれるタイプだろうか、などと考えていたら普通におでんの具として卵を食べるような娘だったよ、別に卵生ではないだろうね…多分 -- クウネル 2017-09-19 (火) 21:17:28
      • ご機嫌伺いも楽じゃないのはよく伝わってきたよ…そりゃ過激に警戒するようにもなる…
        (酒呑むのはいいんだ、という言葉はぐっと呑み込んだ。酒だけに)
        ああ、腕が翼のタイプの…多分、そういうのは自分が卵生でも卵は食べるだろう
        例えば、蛇が他の生き物の卵を狙うように
        -- グロード 2017-09-19 (火) 21:24:52
      • よっぽどでなければ下っ端の方は気にされない…と思うけれどね、それでもねー…怖い物がねー…(今はオフなのでセーフなのである、仕事中に酒を飲んだらアウトと言うしごく普通の理由)
        そうそう、腕が翼で物を持つのは…人の世の物は少々苦労をしそうだったがねえ…えっ、卵生でも卵を?
        ああー…異種卵ならよいと…人が獣肉を食べるのと同じような感覚になりそうだねえ…(なるほどとガテンがいった様子) -- クウネル 2017-09-19 (火) 21:29:16
      • 極まれば共食いすらするのが生物だからね。他者を食い物にするのは、何も特殊なことじゃない(中二病)
        天使だって羽があっても鶏肉は美味しいと思うだろう?食べたことがなければ失礼、おすすめはフライドチキンだよ
        僕も聞いた話だけでしかないけれど、人魚だって魚を食べるそうだ。そう、生でね(頭からバリっとやるジェスチャー)
        -- グロード 2017-09-19 (火) 21:37:48
      • 命奪わずに生きられないのは仕方ないにしても、同じ生き物同志と言うのはなかなか刺激が強いねえ…
        鶏肉…はまだだね、フライドチキン…ふむ、今度食べに行ってみよう…!(次の住まいはフライドチキン屋になる事でしょう)
        上半身が魚だとしっくりくるが、上半身が人のタイプだとそれはそれはなかなかインパクトのある図になりそうだ、生きるための食事とは難しいねえ
        ちなみにグロードは卵生だったりするのかい?自分の産んだ卵を食べたり…とか -- クウネル 2017-09-19 (火) 21:41:45
      • 僕の種族は胎生だよ。普通に人のように産まれるし人のように死ぬよ…だから、そういうのは特にないね
        何より、割と希少種族なんだ、僕はこう見えてね。天使は、オフ以外だと何を食べてたんだい?
        やはり、パンとか…?
        -- グロード 2017-09-19 (火) 21:47:19
      • 胎生だったか、だとしたら食生活もほぼほぼ人間と変わらない感じかねえ
        希少?ふーむ、その辺りは詳しくはわからないけれど、絶滅しないよう、種が絶えないよう繁殖は頑張るのだよ
        えっ、オンの時かい?そうだねえ…やたらカッチカチで美味しくないパンと、酸っぱいばかりでワインほど味が形になっていないぶどう酒とかかな…それだけに地上の食事が…ウマい!
        フフフ…そんな話をしていたらそのフライドチキンを食べたくなってきたよ、それじゃあお兄さんはこれで、またね -- クウネル 2017-09-19 (火) 21:57:55
      • (新手のセクハラだろうか、と一瞬思ったものの諸々の都合で押し黙る中二病)
        あぁ…それは、何を食べても素晴らしく感じるだろうね…(それらを想像して顔を顰めて)
        ああ、おすすめはそこの路地を裏手に入って二店舗目のがいい感じだよ。量と値段とがいい具合なんだ…またね、本当の天使
        -- グロード 2017-09-19 (火) 22:02:52
  • おい!ハコ星人の情報ガセだったぞ!!(ハコ星人じゃないがハコは手に入れながら) -- あざり 2017-09-22 (金) 23:27:05
    • あ、やっぱり違ったんだ(しれっと言ってのける)
      いいかい、僕は最初から言っていたはずだ。その可能性があると。ゴシップの中から真実を掴み取れと
      だからまあ…今回は、残念だったね(顔には別に残念でもなさそうな笑みを浮かべて)
      -- グロード 2017-09-22 (金) 23:44:27
      • やっぱりじゃねーよ!ったく…(ハコ買ってきたのはほくほくなのでその話はここまでにしてトントンにしておく)
        頼むぜ!なんせ近々宇宙パワーの滾った神社を探索しねーといけねーんだからよ!(遠征にいくのだと語る) -- あざり 2017-09-23 (土) 00:22:53
      • あははは、まあでも、面白い人間ではあっただろ?話が長いのにシンプルなのが好きという矛盾を抱えた人間だからね
        宇宙パワーの滾った神社って。大丈夫かい?変なお守り売ってたらお土産に頼むよ(観光か何かだと思っている調子で)
        -- グロード 2017-09-23 (土) 00:28:07
      • 急かしたら急かした分話長くなったかんな…(結論から言えと言ったらそのぶん伸びる…あれは自分のペースで話をさせたほうが短く済むタイプだとあざりは思い出す)
        へっ!俺は俺を信仰してるからそーいうのはノーサンキューだぜ!(ツキが落ちる!と自信満々に語り…)
        んじゃちょっくら例のとこで食料調達してくるわー(量販店よりお安く買える例の店に向かってまた歩き始めた) -- あざり 2017-09-23 (土) 00:35:31
      • まさかの現人神論者。拝むとなにかいいことがあるのかあざりに…まあ、自信に溢れてるのはいいことだけど
        ああ、例の…僕もそのうち行ってみようかな。じゃあねあざり、何か収穫があることを祈ってるよ
        -- グロード 2017-09-23 (土) 00:41:20
  • (若そうだけど…冒険者…っぽい格好をしているので)あの〜宿をお探しではないでしょうかぁ〜(町中で貴方にチラシを渡してくるチラシには冒険者向けの宿:石畳の雄牛亭 長期滞在者募集中!と書かれている) -- セティ 2017-09-23 (土) 22:10:27
    • …あ、もしかして僕に?(チラシを受け取り、ざっと眺め)
      なるほど、悪い宿じゃないけど…(チラシを畳もうとした次の瞬間目に止まった文言は)夕食あり…!(食いついたのはそこだった)
      値段もそこそこ、か…確かに、悪くないけれど…(顎に手を当て、考える)
      -- 2017-09-23 (土) 22:22:43
      • は…はい…冒険者様…かと思いまして…?(ゴシックパンクな格好が、レザー装備にしっかり鉄鋲などで、軽装用の冒険着かなにかに見えたようだ、若く見えるけどこのまちの冒険者には若者も多いのでそのあたりは気にせず)
        夕食は…日替わりで色々…でます…(土日とかも関係なく365日ともうひと押し…みたいに説明しながら)
        先日はからあげを…今日はコロッケなどが…でましたよ… -- セティ 2017-09-23 (土) 22:28:34
      • なるほど…なるほど。いや…うぅん(懐中時計を取り出し、開き、眺め、しまう。因みにこの行動に何らかの意味はない)
        …うん。考えておくよ。ありがとう、チラシ配りの人。貴方も、この宿の人間なのかい?
        (それにしてもこの少年驚くほど低い身長の割にやたらとでかい態度で聞いてくる)
        -- 2017-09-23 (土) 22:34:55
      • (時間を気にしてるのかな…足止めしちゃって申し訳ないと思いつつ)あっ…はい…!宿で従業員をしています…
        ベッドメイキングや…お掃除…一部料理の手伝いなど…他諸々をしております…!
        (逆に、こちらのメイドは必要以上におどおどして、自信なさげで) -- セティ 2017-09-23 (土) 22:36:32
      • なるほど…なるほど。大変ではないかい?長期の客がいると(要は自分も長期で泊まることにすると負担が増えるのでは、と聞きたいのだが言葉が足りず)
        それに…(背の翼を指し)僕が泊まると、髪以外に羽も抜けるからね。やはり掛ける迷惑が常人よりも多い訳なのだけど
        -- 2017-09-23 (土) 22:42:41
      • 仕事ですから…そ、それにお客様が多いほうが…店主も機嫌が良いので…仕事しやすくもありますし…!
        …あ、そこは大丈夫です…既に獣人の方や…翼人の方などいらっしゃいますし……それで言うと私も狐なので(抜け毛とか多いですからと笑って) -- セティ 2017-09-23 (土) 22:48:39
      • 狐…なるほど。獣人…いや、人化けの方…?(首を捻るも、まあいいかと気を取り直し)
        よし。ではしばらくご厄介になることにしよう(先ほど考えておくといった矢先の即決)
        時に、その翼人というのはこう…ハルピュイアタイプの?いや、客個人の情報に関わることだ、答えてくれなくても自分で確かめるけれど、一応ね
        -- 2017-09-23 (土) 22:54:06
      • 獣人です…生まれついての耳と尻尾ですので…!あっ本当ですか…?ではお時間あるときに店主のほうに受付してくだされば…!
        え、えーっとそうですね…お客様の情報ですので…実際に見てくださったほうが…(たぶんきっと想像している人物であっている)
        つい先日…半年契約されたお客様で長期滞在の予定でございますね… -- セティ 2017-09-23 (土) 23:01:39
      • うん、個人情報の管理もしっかりしている、余計気に入ったよ(もちろん最初からそんなカマかけのつもりなどなかったが結果良ければいいだろう精神)
        うん、今度こちらから宿の方に向かうことにするよ。ありがとう、宿の人。割りと、毎回泊まる宿には悩まされていたんだ、助かるよ
        -- 2017-09-23 (土) 23:05:46
      • (ここまでストレートにお客様が決まったのは実ははじめてなので嬉しそうに何度も何度も頭を下げる)
        で、では…お待ちしております…!わ、私はチラシ配りがありますから…そ、それではまた…!
        (どこか軽やかな足取りで、チラシ配りに戻っていくメイドさんなのでした) -- セティ 2017-09-23 (土) 23:08:44
      • ああ、またそのうち。さて…今日はもう、決めてしまっているからなあ(頭を掻きつつ今日限りの宿に向け足を運ぶ) -- 2017-09-23 (土) 23:13:57
  • ……居た。ちょっとごめんなさい、もしかして…あなたがグロード…?(ある日のこと、町中で声を掛けてくる者が居た) -- トリカ 2017-09-24 (日) 20:41:01
    • (街中、ハンバーガーを貪りながら歩いていると不意にかけられた声に)むぁ…
      ん…(ちゃんと飲み込んでから口を開き)ああ、そうだよ。僕がグロードだ。わかりやすい看板もあるしね(そう言って背の翼を指し)
      そういう君は…ふむ。なるほど…うん。宇宙人だな?
      -- 2017-09-24 (日) 21:24:39
      • お食事中失礼したかしら。…分かる?そうなの「宇宙人」なのよ…(何かを察したかのように苦笑した)あなたもあの子に宇宙人にされちゃったクチのようね。分かるわよ
        天使から…有翼人が「あっちの方に居る」って聞いてね。…ふぅん、たしかに同族ではなかったけれども、良い翼を持ってるわね(指された翼をまじまじと見る) -- トリカ 2017-09-24 (日) 21:41:16
      • いや、今しがた終えたから大丈夫だよ(カラになった包み紙を振り)
        ああ、アイツ面白いのはいいんだけどちょっと猪突猛進にすぎるからね…通じなかったら僕がおかしい奴だったから良かったよ
        天使の人の紹介なのか。あの人もお節介というか…ああ、君も翼の手入れが行き届いているようで
        -- 2017-09-24 (日) 21:52:11
      • 一歩間違えると私達がウチュウジンになっちゃうわね…。でもかなーりそそっかしいけど…とても面白くて、ひたむきで。あった人はだいた口に出さなけれ気が済まない…面白い子よ
        お褒め頂きどうも(翼を持つ者同志、挨拶のようなものらしく愉快そうに笑いながら)何というか、同族どころか有翼人もあまり見ないから…天使は近いかと思ったけど別物でびっくりしたし…。だからちょっと、貴方みたいなのが居ると安心するわ
        近くから来たの?それとも…遠く?(適当にそこいらに腰掛けながら) -- トリカ 2017-09-24 (日) 21:58:55
      • そのお陰で君も僕も合う前からお互いを知っていた訳で、それはそれとして感謝はしておかないとね&br僕も少しばかり離れた方で申し訳ない(肩をすくめて)しかし、ある程度の苦労を分かち合うくらいならできるだろう
        僕は割りと遠くからだね。西の方の、亜人種が肩を寄せあった国の方からね(対面に腰掛けて)
        -- 2017-09-24 (日) 22:05:04
      • UFOマニアと天使に導かれて…導かれて?(額に手を置く。あまりいい絵にならなかった)
        申し訳ないことはないわよ、人種のるつぼのような街だけど…それでもバッチリ同族との遭遇ってのはそうそうないわね。人間以外は(頭を振る。矢張り年月がたっても人は多い)
        西…。私はもっと南の方から来たんだけど、そう言えばずっと里にいたからそっちの事全くわからなかったわ…
        色んな亜人が暮らしている所…それだけ聞けば面白そうなところとも思っちゃうけど(しかし、彼がここに来ているということは何らかの理由があるのだろう、と) -- トリカ 2017-09-24 (日) 22:33:23
      • あはは、最高に間抜けで面白いじゃないか、この街にはあってると思うよ(心底楽しそうに)
        人間種は今や地上の支配者と言って差し支えないからね。これからもっと増えるだろう
        ふむ…地域差などもあるのかな…?(生まれた地方の差に頭をかしげ)
        僕はただ個人的な理由によってことにいる。土地としては愉快な街だよ…僕は、嫌いじゃなかったね
        そういう君のところはどうだった?面白い場所だったかい?
        -- 2017-09-24 (日) 22:40:44
      • …ふ、そうね。どこを切り取っても奇想天外なこの街らしい…(つられて思わず笑ってしまう)
        いいね、愉快な街…私も空を飛べるようになれば見に行ってみたいものよ。…グロードは気兼ねなく帰る場所があるってことね
        ……(どうか、と聞かれると、少なくとも楽しそうな話口では無い)少なくとも、悪いところではなかった
        でも…小さくて、停滞している里…だったのよ。だからつい、飛び出してきちゃってね(苦笑しながら) -- トリカ 2017-09-24 (日) 22:55:27
      • へぇ…ということは。君も、飛べないのか…(少しだけ意外そうに顔を驚きの色に染め)
        なるほど…なるほど。やはりこういう街である以上、故郷に対する思い入れはあまり代わり映えしないみたいだね
        実のところ、僕も翼はあれど飛べなくてね。どんどんと飛ぶ能力が下がっているらしい…どうにも、魔法にでも頼らなければ飛べないらしい(そう言って首を振る
        -- 2017-09-24 (日) 23:11:03
      • 君「も」…?(聞いた側も驚愕を隠せなかった)…驚いたわね、まさか貴方も飛べないだなんて思わなかったわ…
        ………徐々に、失っていく…それは…(目を反らす。もとから余り飛べない自分よりも辛そうだ、そう思ってしまい、その先を口に出すことも憚られた)
        …私は、もとから余り種族的に飛ぶのが上手くなくて、だから今、この町で魔法を学んで…また飛ぼうと思ってる
        飛び出したのもそのせいだしね。皆飛ぶことを諦めてる…そんな中に居たくなかったから -- トリカ 2017-09-24 (日) 23:35:34
      • なるほど…なるほど。君は…格好いいな。眩しいと言ってもいいと思う
        僕は、飛べずとも良いという側の気持ちがわかってしまうからね(眼鏡の奥の瞳に自虐的な色を載せ)
        僕が飛び出した理由は、君とは真逆だな。だからこそ、僕は君を応援しようと想う
        僕は魔法のことは何一つわからないが。いつか、君が羽ばたける日を祈ろうじゃないか(言葉は格好つけてはいるが、載せた思いは本気である)
        -- 2017-09-24 (日) 23:40:49
      • 負けず嫌いなだけよ、人一倍ね。諦めたとしてもそれは…イレギュラーじゃないの(目を反らしたまま言う。間接的にグロードを責めてしまったような気がしたのだ)
        祈ってくれるのは…嬉しいわ。有り難う(言葉とは裏腹に、名残惜しく釈然としない声色が残る)…そうね、もし飛べたら…貴方にも見せてあげる。どれぐらい先になるか分からないけどね
        (ふうっ、と一息つくと、立ち上がる)……話ができて楽しかったわ。また来るわね…また遭遇できれば、だけど(気を切り替えて冗談を残す) -- トリカ 2017-09-25 (月) 00:05:17
      • 君が気に病むことはないさ、僕がこの翼に対する思いがネガティブなだけなのだから(逸らされた目の意味を汲み取り、言葉を重ね)
        ああ、期待しているよ。その翼が風を掴めることを
        そして多分…それはあまり、心配いらないんじゃあないだろかと、言っておこうかな…ああ、またね
        -- 2017-09-25 (月) 00:12:10
  • (クウネルから噂を聞いた、黒い翼の少年を探す)
    (確かこの辺りだと聞いたのだが……)…… -- ウルガン 2017-09-25 (月) 21:14:25
    • ふぅ…やはりこの店のモノが今まで食べた中で一番しっくり来るね…
      (お目当ての少年は公園のベンチに座りますます春めくの陽気の中もそもそと焼きそばパンを貪っていた)
      -- 2017-09-25 (月) 21:21:52
      • (目的の人物を発見して目を細めた。確かに黒い翼だ。目立つ)
        (徐に近づくと)グロードというのはお前か?(と、よく通る声で話しかけたこの男、春の日差しが似合わない) -- ウルガン 2017-09-25 (月) 21:28:42
      • (最後の一欠を口に放り込んだタイミングでかけられた言葉に顔を上げ)んぁ…(飲み込み)
        …ん、ああ。そう、僕がグロードだよ。なんだか最近色々な奴に声をかけられるね、どうも(首の後、結んだ髪の根元を掻いて)
        (黒ずくめの男を見た少年の包み隠さない正直な本音は)ふむ…そういうのも悪くないな(ファッションセンスに対する共感と少々の憧れだった)
        -- 2017-09-25 (月) 21:34:35
      • ウルガンだ。黒い羽を持った、俺に似た奴が居ると自称天使に聞いた。……なるほど。
        (「クロ、いいよね……」「いい……」)
        (プロ同士多く語らない。そんな空気が流れた) -- ウルガン 2017-09-25 (月) 21:40:00
      • ウルガン…なるほど、覚えたよ。そしてあの天使の人、またそんな人のことを…
        どうにも気になるんだけど、僕はどういう風に紹介されたのかな。いや、だって気になるだろ?僕に対する他人の評価は
        (少々の期待に満ちた顔を向ける。ネガティブな意見だったらどうしようという不安は少しも感じさせなかった
        -- 2017-09-25 (月) 21:45:27
      • そういうものか。……確か、「黒い羽根を持つどこか残念な少年」だったか。(気を使わない。率直に覚えている通りを語った)
        今のところ、どこが残念なのかはよく分からないが。(自分の顎を撫でる) -- ウルガン 2017-09-25 (月) 21:54:29
      • なるほど…残念。なるほど。フム(言葉を吟味し)
        ……あれ?もしかしてあんまり褒められてないな…?(んん?って顔)
        まあ、でもいいさ。僕をどう捉えようと人の自由だ、うん。ウルガンにそう見えていないならそれでいい(見えない何かを置いとくジェスチャー)
        しかし、そんな残念な僕に何か用だろうか。宇宙人に関する情報なら僕はまだ掴んじゃないぜ
        -- 2017-09-25 (月) 21:59:06
      • ウチュウジン?知らんな。(ウチュウジンが何かもよく分かっていない、とばかりに)
        明確な用事はない。気になったので、話に来ただけだ。俺が「残念似」でないことを確かめにな。
        その翼は、悪くない。 -- ウルガン 2017-09-25 (月) 22:12:52
      • いや待って欲しい、まず僕が残念だっていう認識のままでいるのはやめてくれないかいや今から払拭しろよとはその通りなのだが(捲し立てる姿が既にそれ)
        いや宇宙人については忘れてくれ。知り合いがどうにもそういうのが好きだからね、つい
        そうかい?どうもありがとう。僕も嫌いじゃない…が、好きでもない、かな。飛べず、手入れは大変な取り外しもできないお飾りだ
        -- 2017-09-25 (月) 22:16:38
      • 第一印象というのは、染みつくものだな。すまない。
        (宇宙人に関しては、忘れてくれといわれればよくわかってなさそうなまま頷いた)
        ……飛べないのか。だとしても、飾りとしては悪くはない。 -- ウルガン 2017-09-25 (月) 22:23:54
      • 仕方ないさ…僕も少し解決を急ぎすぎた。いずれ塗り替えてみせるよ、必ずね(無暗に格好つけた笑みを見せ)
        ああ、飛べない。このように…(少しだけ、翼が動き)軽く羽ばたく程度はできる。ただ、それだけだ
        まあ…褒められたら悪い気はしないけどね(頭を振って苦笑を浮かべ)うん。君の優しさを感じるよ
        -- 2017-09-25 (月) 22:30:12
      • む。(役者の眼が笑顔のわざとらしさを鋭敏に察知して「なるほどこれか!」という納得をもたらした)
        訓練次第、というレベルでも無さそうだな。(羽ばたきを目にして頷く)
        どうして生えているのかはよく分からんが……(生えているからには、と言いかけて)いや、よそう。出過ぎた言葉だ。
        俺はそろそろ行く。台本の読み合わせがあるのでな。……良ければ今度、笑い方を教えてやる。(一度自然な笑顔を浮かべると、すぐに元の仏頂面に戻って。春の陽気の中を歩き去っていく) -- ウルガン 2017-09-25 (月) 22:45:20
      • …なんだか今不本意な納得をされた気配がする…!
        ?ふむ。言いかけたなら引かないほうがいいぜ。そのうち引き出してやろう
        台本…えっ…役者なのか!?(立ち居振る舞いから只者ではないとは思っていたがそうか、と頷き)
        ああ、ぜひ教授願いたいね
        -- 2017-09-25 (月) 22:51:43
  • -- 2017-09-27 (水) 21:46:11
  • 掃除 -- 2017-09-27 (水) 21:46:30
  • 完了! -- 2017-09-27 (水) 21:46:44
  • (おや、この宿にしては男と言うのは珍しいな?まぁ俺も男なんだが、と宿の廊下でばったりと)
    (そして翼をチラ見してなんか最近翼ある奴と縁があるなと思いながら、軽く会釈してから)
    …103の、リッキーだ…(それだけの言葉だが、まぁ無口な男にしては頑張った自己紹介で) -- リッキー 2017-09-28 (木) 20:13:51
    • (低い背を猫背気味にして歩くためその背の黒い翼がやけに目立つ少年は顔を上げ)
      やぁ、君もここの客かな?僕は203のグロード。よろしく、リッキー
      君は一階の客なんだな。どうだい?共用の浴場は使いやすいかな?
      -- 2017-09-28 (木) 20:43:42
      • (まさか、年下にしか見えない相手に君と呼ばれ目を丸くするが、しかし相手が見た目年齢と違う可能性を思い出し)
        …まぁまぁ、だな…(とはいえ、誰かと入る文化もなければ度胸もないだけに常に一人で入っていて)
        …食事は、いいな(それだけは言えて、まぁそれは働いてる看板娘のお陰でもあるが) -- リッキー 2017-09-28 (木) 20:56:57
      • (この少年、自分より背が大きかろうが年が大きかろうが男だろうが女だろうがだいたい君付けで呼ぶ困ったやつで)
        まあまあ、ね。一人で大きい風呂に入れるならいいんだが…どうも、誰かが入ってくる危険性があるというだけで僕にはどうにも(聞かれてもいないことを話し始め)
        ああ、そうだね夕食が出るという点が素晴らしい。それに、作りのおかげか防音がしっかりしているのも良い点だね
        一度泊まった別の宿は隣の部屋の歯ぎしりが聞こえてきたからな…あれは驚いたし寝られなかった(げっそりした顔で)
        -- 2017-09-28 (木) 21:05:04
      • (あぁなるほど、この翼があると確かに1人用だとちょっと狭いか?と納得しながら、誰かが入って来るのはなーという意見には頷いて)
        (本当に適当な料理な宿もあるだけに、選んで良かったと自分でも思うが、作りに関しての意見も同意だがよく分かるなとも思い)
        (自分の場合は盗賊スキルもあるためか、やけに一部の作りが頑丈な宿だなという印象はリッキーにもあって)
        …よくある話だ(肩を竦めるようにして言うと小さく笑い) -- リッキー 2017-09-28 (木) 21:17:03
      • そう、よくある話なんだ…特に冒険者向けではね(釣られたように、小さく笑って)
        ただ、気になることはある。ここ、防音が行き届きすぎてはいないかってことだ
        例えば隣人が強盗被害にあっていたとして、気づけるかどうかは…ってね。いい宿を捕まえて言う話じゃないが、僕はどうにも気になってしまうよ
        (やれやれ、と言葉と身振りで語る少年は、簡単に言えば年頃の、そう…中二病というやつだった)
        -- 2017-09-28 (木) 21:20:49
      • (ふむ、行き届きすぎてるというのはまぁ分からなくもない。特にあの宿の主の見た目からして勘繰りたくもなったりもする、が)
        …その点は、自己責任だ(防音すぎて強盗気づけない!と言うのは文句のいう点ではないし、強盗にやられる冒険者と言うのも頼りない話だからで)
        …問題が起きない限り、問題ではない(そう、泊っている女性陣に異常があるなら別だが、その様子がないうちは何も動く気はなく) -- リッキー 2017-09-28 (木) 21:42:36
      • あぁ。そうだね、取り越し苦労や杞憂で終わればそれでいい話だものな(そのとおりだと笑い)
        しかし考えておくのは悪いことじゃない、と思うよ。まあ、この宿に泊まってる人種はある程度自分の身くらい守れるだろう
        問題は自衛の手段だよな。僕は獲物がナイフだからある程度は対応できるけれど
        -- 2017-09-28 (木) 21:48:28
      • …まぁ、な…(備えるのは悪い事じゃない、無駄になったとしても当人が納得してるのなら、いい話であって)
        …ナイフ、か…(似たような短剣使いなので、試しにマントの下から軽く手の中で回しながら取り出して見せ)
        …室内では、強いぞ?(槍はもちろん剣ですら狭い室内でも短剣は不利なく使えるだけに) -- リッキー 2017-09-28 (木) 22:01:09
      • へぇ…奇遇だね、お互い短刀使いとは(一つは普通にわかりやすく腰につけた物、もう一つはどこから出したのか二振りのそれを抜き取り)
        リーチでは頼りないけれど、それぞれの武器にはそれぞれの良さがあるからね
        不意をついたり、室内では取り回しの良さこそが強みだからね。最悪、投げるのもいい…そのナイフとお別れするつもりでひと思いにやるしかない状況ならね
        今の状況では、僕が圧倒的不利だな。羽の分、攻撃される対象が増え…体格差も歴然だしね
        と、まあ。こんな風に。相手を分析してる余裕がある時はやっておいた方がいいと僕は思ってるよ
        いざって時のためになるし、最悪冒険者としての依頼次第ではかちあいかねないしね
        -- 2017-09-28 (木) 22:12:47
      • (冒険中は主に弓を多用してるが、どちらかというと適正の問題で、閉所の依頼なら短剣を使うつもりなので)
        (そして器用に忍ばせた短剣を持つのを見て、腕はそんなに悪くなさそうだなと思いながら)
        …さて、どうだろうな(確かに体格差や翼の有無はあれど、人間なんて急所で勝負が決まる事など多いにありえるので)
        (街中でそこまで気にする事もない、とは思うんだがな…と内心肩を竦めるが、こればかりは人によるので指摘もせずに)
        …お互い敵にならないことを、祈るか(そう言い終えるとそのまま自室へと向かい) -- リッキー 2017-09-28 (木) 22:22:48
      • なんだか、僕ばかりが喋ってしまってすまないね。話が長い上に僕の話ばかりですまない…(「間」を気にした少年はそう言って苦笑とともに謝罪を述べ)
        そうだね。顔見知りとやりあうのは悲しいことだ、禍根が残る。僕も酒を飲めれば笑い飛ばすこともできるんだろうけど…うん。また食堂ででも(自分も部屋へ戻っていった)
        -- 2017-09-28 (木) 22:28:21
  • (窓から降臨する天使)ちょりーっす(手土産のビッグマックセットを差し出す)
    フランクに挨拶をしたところで気になったことがあるがいいかね? -- クウネル 2017-09-28 (木) 23:08:33
    • チョリ…?なんだか無駄に神々しい登場をされるとマジで天使なんだなって若干の感動があるよ
      なんだい?僕は聞かれたらなんでも答える主義の人間だよ(受け取ったビッグマックを早速かぶりつきながら)
      -- 2017-09-28 (木) 23:13:17
      • ジョニーデップ似の彼の挨拶をちょっと真似てみただけさ、無駄にとはなんだね無駄にとは!そこに何の必要性もないじゃないか!それは無駄だったという事か…?
        黒翼の人が減ってるような話は聞いた気がするんだが、さてそれでなぜこの辺りに出てきているかは聞いたかどうか…と思ってねえ
        聞いた記憶がないのできっと聞いていないハズである、と、聞かせて貰おう!こちらの街に来た理由を…ね -- クウネル 2017-09-28 (木) 23:17:02
      • いやだってオフなんだよね…?仕事の時ならともかくさ…
        ああ、減ってるね。そもそも多い種族ではないんだけれど…今は集落一つが限界なんじゃないか?
        で、僕がここにいる理由、か。さて、なんだと思う?例えば、僕が同族を殺したから追い出された、といえば信じる?
        -- 2017-09-28 (木) 23:22:11
      • そう言われてみればそれもそうである、まあ…お兄さんは基本的に裏方だから神々しく登場する事はほぼないんだけどね、有名な天使が注意を引いてる隙にこっそり何かをしでかしたりするよ
        集落…と言うと100人程度だろうか、あまり想像し辛い単位だ…しかも少子高齢化の波が押し寄せているとなるとさらに大変な事になりそうだねえ
        同族を殺した?うーん…(じっとグロードを見る)それは信じられないな(逆に殺されそうになったから逃げて来たという方が納得がいくとは心の声である) -- クウネル 2017-09-28 (木) 23:27:01
      • ぶっちゃけた話、もはや滅びるだけの種族だと思うぞ(自分の種族に対してなんとも冷ややかな反応で)
        うん、だろうね。まあ、嘘だし(しれっと頷き)では、僕がここにいる理由で考えられるのはなんだろうね
        じゃあ、こんなのはどうだろうか。未だいつか僕らは空を飛べると信じる奴らに、勝手に期待を向けられ子を残せと迫られたとするだろう
        これは、逃げる理由にはならないかな?まあ、人によるかもしれないけどね(淡々と言葉を重ねる。さっきの嘘と同じテンション)
        -- 2017-09-28 (木) 23:34:29
      • 種族再建!とかは特に考えていなかったという事か、まあ個人があがいたところでどうにかなるものでもなさそうだしねえ
        ここにいる理由で考えられるもの…(顎をさすり考えるそぶりで)
        いつか空を飛べる…うん?飛べたりはしないのかね、まあ…お兄さんも羽根で飛んでる訳ではないけれど
        ふーむ、それなら逃げる理由になる場合もありそうだねえ、なにしろ自由が全く無い実験動物みたいな扱いだ
        嫁候補が押しかけて来るくらいならまだしも下手をすると家畜を増やすような扱いを受けそうだしねえ -- クウネル 2017-09-28 (木) 23:41:01
      • 飛べないよ。これは本当。今はうん…飛ぶというよりは跳ぶ、と言った方が近いかな
        そのうち見せる時も来るかもね…え、天使の人はどうやって飛ぶんだ…?
        しかも相手が肉親ってのもつけとこうかな。盛りすぎだと思うかい?
        (無理やり、笑い飛ばそうとするように声を上げ)いや、ごめんそれも嘘だ、すまないね(どうにも、逸らかすのが下手な性分)
        僕がここにいる理由なんて、冒険者を夢見たからにすぎないよ。そんな深い理由なんて、ある訳がない…うん、今はこれを信じてくれないか
        -- 2017-09-28 (木) 23:47:14
      • 跳ぶ…か、立派な羽ではあるがそうだなあ…鶏!(鶏のように羽ばたいても空を飛べない、といいたいのだろうがずいぶん言葉が足りなかった)
        ううん、血を濃くしようとかそう言う具合なのだろうか…(母を!は逃げ出したくもなるだろうなと納得し、それ以上追及する事は無かった)
        夢見るほどのものなのか…いや、お兄さんはてっきり武者修行だとかかと思っていたよ -- クウネル 2017-09-28 (木) 23:52:15
      • 全くその通りなんだけどなんかイヤだな!鶏に失礼ではあるけれども!(なんとも微妙そうな表情)
        え、大体の人ってそういうもんじゃないのか…?夢見ないのかな、一攫千金とか…(付け焼き刃がつかないタイプ)
        武者修行はいいよね、なんかかっこいいし。僕はナイフ捌きくらいしか、その手の技能では自慢できないから…
        僕も天使の人のように光線とか出したいな…!コツとかないのかい、裏技みたいな
        -- 2017-09-28 (木) 23:57:01
      • あと空を飛べない鳥と言うとダチョウ…くらいだろうけれど、太ももがパンパンに膨れ上がるぐらいのスプリンターだったらそっちでもいいかもしれないねえ
        お金欲しい!と思う物は居るかもしれないが、命の危険と天秤にかけたらどうなんだろうね?ゼロから目指すのではなく極度のマイナススタートで他に選択肢がないなら仕方ないだろうけど…
        ナイフかあ、バスタードソードとかは振るわない…ああ(逆に振り回されそうだな…と体格、というか背を見て)なら魔法剣とかどうだろうねえ…
        うーむ、お兄さんのは基本的に種族的なものだからねえ、いわゆる通常攻撃の部類に入るんだアレはね
        どこかで魔法を習うのがいいのではないかと思うけれど…二本のナイフに光と闇の属性をそれぞれ付与する事で最強に見える -- クウネル 2017-09-29 (金) 00:02:08
      • 天使の人、天使のくせに世間の評価が的確すぎない…?僕もそう思うし実際やってみて思うのはハイリスクハイリターンすぎるってことだね…
        魔法、ねえ(唐突に冷ややかに戻る視線)
        それが使えていたら僕らは飛べていたんだろうね、という話でね…そりゃ、僕なら気が狂って死ぬ、なんてことはないだろうけど(忘れず盛り込む根拠なしの自信)
        ああ、だから…そうだね。天使の人、外付けの魔力装置みたいなものってないのかい?長く生きてるんだろう?そういうの、記憶に引っかかったりしないかな
        -- 2017-09-29 (金) 00:16:26
      • 地上の文化は楽しいからね…主に食文化だけど、冒険者って言うのも誰に勧められたか忘れたけれど面白そうだとちょっとやってみてねえ…チョコレート工場でバックドロップしてきたよ
        魔法で空を飛ぶって?そう言う魔法もあるのかい、お兄さんは魔法と言うとどうしても破壊魔法のイメージが強くてねえ(物騒な話である)
        魔力装置…と言う訳ではないけれど…(自分の額についてる冠っぽい物を指さして)ここ十字架には魔力…魔と言うのは良くないかな、天力…?(魔力には違いないけど表現だけの問題である)を蓄えたりしているよ
        それ以外だと最近見かけた道具やらが面白いものがあったねえ -- クウネル 2017-09-29 (金) 00:21:55
    • チョコ工場…?(ピンときてない表情で)しかし、休日とは言え割りと地上をエンジョイしすぎだな天使…
      実際、攻撃魔法は花形だよね。うちの種族は生き残りに特化していってしまったが故に羽までお飾りにしちまったけれど
      へえ、道具。そうそう、そういうのがいいんだ…こう…電池的なさ。で、どんな道具なんだい?
      -- 2017-09-29 (金) 00:32:25
      • そういう依頼があったのさ、チョコレート工場を襲うテロリストを殺さぬよう退治してほしいという…ね、エンジョイ&エキサイティングの精神を忘れてはいけないからねえ、はっはっは
        黒翼の種族的な何かこう、得意な技術でもあれば伸ばせるのかもしれないねえ、手先が器用だとか…
        この十字架でよければあげるけれどね、溜めても使い道は無いものだし(気分的には1円玉や5円玉を貯めるのに近い、ただし経年数が長いのでそれなりにはなっているのだろうが…蓄えた分を有効活用する方法など全く何も考えていなかったので無駄チャージである)
        道具は…そう、冷凍してカッチカチであったハンバーガーをものの数分でアッツアツに仕上げる道具だったよ、まあ…戦用ではないだろうけれど、あそこならそう言う道具を探す役にも立つかも…しれないかな? -- クウネル 2017-09-29 (金) 00:40:12
      • なるほど…なるほど。なかなかに面倒そうな依頼だね…まあ、E&Eできたならいい、のか…?
        得意な技術ね。なら、そのうち見せてあげよう。このハンバーガーのお礼にね…ちょっと引くかもしれないが
        いやー…ううん。もらっていいのかなそれ…十字架だけ外せるの?
        なにそれすごい。どんな効果だ…時間を戻してるのか…?(中二病的考察)
        で、それはどこで?どこかの遺跡とか、かな…?
        -- 2017-09-29 (金) 00:47:15
      • お兄さんはむしろ人を殺してはいけないからねえ、というより無駄に殺生してはいけないんだ、お仕事で誅殺はいいけど自由意思での殺害をしてしまうと一発アウト即堕天使ちゃうだろうねえ(へいわしゅぎ)
        引くような技術って一体…(耳の穴の中に耳を収納できるとかだったら確かに引きそうだなと想像したりして)
        十字架部分は取り外しが効くよ、シークレット十字架と言うのかな…ファッションを演出しつつ背丈を大きく見せる…そんな十字架だよ(そのものに神の加護などはなく、本人がなんとなく蓄えているだけである)
        さあ…お兄さんには原理はよくわからなかったけれどあっちの方にある図書館の人が見せてくれたのさ
        図書館と言ってもただの図書館ではなく、魔術書の図書館のようでねえ、それだけにそうしたマジックアイテムがごろごろしているのだと思うよ -- クウネル 2017-09-29 (金) 00:54:57
      • なるほど…なるほど。天使が手を下すには大義名分が必要なんだな…なにそれかっこよくない…?(わくわくした顔)
        なら、せっかくだから貰っておこうかな…今はこんなでも、大天使の力の篭った十字架なんてアイテム貰って置かずになんとする…!
        へえ、図書館…?なるほど、ちょっと面白そうだね。魔術図書館…響きも最高じゃあないか…!
        -- 2017-09-29 (金) 01:04:17
      • 勝手に殺戮したりして回ってはいけないからねえ、殺して迎え入れてって悪質な客引きみたいになっちゃうし…信仰に由来するから異教徒はOK!っていう過激派もいるにはいるねえ
        えっ、カッコいいって堕天使お兄さんがかい?(カッコいいポーズ)うん、でもそうなったら神様と敵対だからそれはちょっとね…
        じゃああげるね(すっごい軽い感じで渡す、悪人ではないと思っているのでまあ大丈夫だろうと)
        お兄さんはルームサービスのハンバーガーを食べて帰って来たけど、本自体も何か時空魔術で守られて傷ついたり汚れたりせず、マグマの海に沈んでも戻ってくる優れものらしいからねえ…
        何か面白いものがあるかもしれないし、管理人さんと話してみるのもいいかもしれないね
        さてそれじゃあ夜も更けて来たからお兄さんは帰るとするよ、それじゃあまたね(最初の方で言っていた通り、窓から飛び立っていくのだが確かに翼は微動だにしていたなかったという) -- クウネル 2017-09-29 (金) 01:14:10
      • そう考えるとなんかこう…天使の仕事大変だな…?僕天使じゃなくてよかったな…
        いやお兄さんがではなく要素が(スパッと言い切って十字架を受取って)でもありがとう、どう使えるかはともかく、お守りとしてこの上なく心強いよ
        な、何それ…時空魔術…!?マグマに沈もうが戻る本…!ぁあ…なんて痺れる世界…!(ビンビン来るワードだらけで興奮してきたちび)
        ああ、また会おう天使の人…!(あっほんとだ凄い…なんかハヴォック神の加護みたい…と思いながら見送る少年だった
        -- 2017-09-29 (金) 01:19:30
  • エッチな巨乳になっちゃう薬が振り撒かれた -- 2017-10-01 (日) 12:41:42
    • ふっ…僕がこの程度のモノにかかる訳がない…!(吸わないように気をつけながらせっせとかき集めて瓶に詰めた) -- 2017-10-01 (日) 18:15:33
  • -- 2017-10-01 (日) 18:16:42
  • -- 2017-10-01 (日) 18:16:58
  • -- 2017-10-01 (日) 18:17:07
  • 此処かしら(来客としてノックをする) -- ビエネッタ 2017-10-01 (日) 19:34:28
    • ふぁ…誰だい…古墳探索帰りで…(やたらと乙女チックなかわいい寝巻き姿、寝ぼけ眼で扉をあけ)
      (閉めた)
      し、少々、お待、待って!仕切り直すから、待って!
      -- 2017-10-01 (日) 20:01:10
      • あら可愛いパジャ…ちょっ、ちょっと!何でしめるのかしら!? -- ビエネッタ 2017-10-01 (日) 20:12:09
      • (扉の向こうから慌てた声で)ぼ、僕にも都合ってもんがある!だからちょっと待って!
        (数分後…けろっとした顔で)
        フッ…僕に、何かようかい…?魔術図書館の長よ
        (やたらと格好つけて再登場、今度はいつものゴシックパンクなパンツルックだったが髪の毛は跳ねていた)
        -- 2017-10-01 (日) 20:15:23
      • 長じゃなくて管理人よ。別に、そのままでも良かったのだけれど?(グロードをみればくすっと笑って)
        この前は紹介し損ねた、私が作った魔導具を持ってきたのよ、興味ないかしら? -- ビエネッタ 2017-10-01 (日) 20:22:16
      • いや、僕の方に問題があるんだよ…(言うまでもなくさっき着ていた服は女物であり、隠したい事だった)
        そうだったね、管理人…ん、ということは持ち主が別に…?(ちょっとした疑問を抱くが)
        なにそれ見る見る!超見るよ興味あるよ!さあほら、中に!
        (興味にきらめく瞳で部屋の中へどうぞと)
        -- 2017-10-01 (日) 20:25:26
      • あら、そうなの?それなら、寝ぼすけで来客の扉は開けないほうが良いわね(くすくすと笑いながらグロードをからかいつつ、気付いているのか居ないのか特に触れようともせず…)
        ええ、それではお邪魔するわね(そのまま招き入れられるままに部屋に上がりこめば早速)
        今回持って来たのは私の自信作の一つである、絶対安眠枕よ!沢山試作品を作ったうちの一つなのだけれど、なんとこの魔導具はどんなに寝れない人でも、あっと言う間に昏す…安眠する事が出来るの! -- ビエネッタ 2017-10-01 (日) 20:33:11
      • いや…さっきのは疲れのせいで…普段、こんな事は…(実際初めてだったが二度がないとは言い切れなかった)
        ほう…絶対安眠…枕!(わざとらしさの激しい衝撃顔)
        絶対とは大きく出たね…しかも今の僕にはうってつけと来ている…(実際ちょっと眠そうな顔をしている)
        いやしかし、なんか安眠の前に不審な言い淀みがあった気がするんだけれど…僕の気のせいかな…?疲れからか…?
        -- 2017-10-01 (日) 20:41:45
      • ふふ、気をつけることね。私が悪い魔物か、狼だったのなら。貴方は今頃食べられていたわよ?
        ないない、ありません!安眠と言う事場に嘘偽りはないわ!本来なら金貨30000はするのだけど、グロードは特別…10分の1の金貨3000で売ってあげるわ!それも…複数!!
        たった金貨3000で、これからもう不眠に悩むことも無い…安眠を手に入れられるのよ!どうかしら! -- ビエネッタ 2017-10-01 (日) 20:48:57
      • ふっ…貴女のような美しい狼なら望むところだと言っておこう(もちろん虚勢だ、その証に目が泳いでいる)
        いやー。冒険者をやっていると割りと端た金に見える金額だけどね(途端に胡散臭いものを見る目になって)
        それを格安、しかも複数。怪しい…怪しすぎる…
        それ、今試しに使わせてもらってもいいかい…?
        -- 2017-10-01 (日) 20:51:50
      • あら、そんな事を言っていると…本当にそうしてしまいそうになるわね?(卑しい笑みを浮かべつつ)
        私は冒険者と言う職業はあまり好きではないのだけれど、お金廻りが良いのは良いわね♪あっ、なによその目!本当!本当なのよ!(と、言いつつ、試しに使わせて欲しいと言われれば)
        えっ…あ、え、ええ…も、勿論よ…(少し悩む様にしながらも…持っている魔術書らしき本を開けば…)
        (なにやら魔法陣の描いてある本である。数あるページのうちの1ページが開かれれば、突如空間に穴が空くように開き…ぼすん!っとふわふわな枕が三つ程出現した)
        まずはこれね!これ。(その内の一つの枕を差し出せば、なにやら怪しいキノコのマークが刺繍されており) -- ビエネッタ 2017-10-01 (日) 21:04:49
      • い、いや…うんきっと大丈夫…うん、僕はビエネッタを信じてる…(その笑みに少しだけ恐怖ではない別の感情を覚え顔を背け)
        いやもうその悩む姿があからさまに不安感を煽ってくるんだけど…(でも展開される物質転移のプロセスに瞳は輝き)
        (直後曇った)これ…これもうダメな感じすごい!絶対使っちゃいけないやつだって!絶対やばいよこれ!
        でも残念ながら…そういう奴ほど試したくなっちゃう…!(困った性分だった)これ、普通に寝ればいいのかい?(説明を聞く前にもう寝ていた)
        -- 2017-10-01 (日) 21:13:40
      • そこまで節操なしでは無いわ、私は強引にされるのは嫌いじゃないけれど、するのは苦手なの(くっくっくと笑って)
        そんなこと無いわよ!大丈夫だって!絶対大丈夫!大丈夫だから!ちょっとだけ!ちょっとだけだから!(そしてグロードが説明もする前に枕に頭を預ければ)
        ごほん。それは…ええと。アレよ。あの…ほら、魔物の…よくいる奴、眠らせてくる奴よ(その途端、枕がグロードを感知したのだろう、マタンゴ…と一般的に呼ばれる植物型の魔物特有の催眠胞子を極小量だが撒き散らし、グロードに襲い掛かる)アイツをちょこっと加工して…ね -- ビエネッタ 2017-10-01 (日) 21:20:41
      • 良かった信じてたよ…!でもそれ強引じゃなきゃやるって宣言にも取れる…!
        なるほどマタン…マタンゴぉ!?(飛び起きようとしてもう遅かった。めっちゃ胞子を吸い込み)
        この…確かに、寝れるかも…しれな…い…がぁ…(そしてそのまま少年は寝こけた。控えめな表現として確かに安眠していた)
        -- 2017-10-01 (日) 21:24:20
      • 可愛い子限定よ。そう、例えば貴方の様な…?
        そういう事、ただちょっと魔物素材だから、利きすぎてしまうのが難点ね。元々マタンゴはそうして人間を眠らせ、キノコの苗床にしてしまう恐ろしい魔物で……って試しで寝てしまったらセールスにならないじゃない!?…(はっとして起こそうとするも…先程冒険で疲れていると言っていた少年の安眠を見れば、はぁと溜息をつき)
        …ま、仕方ないわね。ちゃんと寝て回復して、精々冒険で長生きをすることだわ(苦笑すれば、グロードを起こさない様にし、そっと部屋を去るのであった) -- ビエネッタ 2017-10-01 (日) 21:34:32
      • (僕は可愛くないとか、反論したくとも夢の世界に旅立っている少年は目をさますことができず)
        (結果普段着のまま胞子の効果が切れるまで眠りこけていた)
        -- 2017-10-01 (日) 21:41:39
  • やぁこんにちは宿仲間さん 210にいるダー・フェンザーだよ たまに顔を見るね -- メスフェンザー 2017-10-01 (日) 23:30:30
    • …ああ、確かに。たまに見るね…僕はあまり食堂にも顔を出さないからどうにもすれ違う程度だけれど
      ……いや、待ってほしい。ちょっと、記憶と違わないか…?あれ…?(こんな感じだったか…?と首を捻りまくっている)
      -- 2017-10-01 (日) 23:32:23
      • ああ、ダー・フェンザーの姿の事なら気にしないでほしいよ まぁもこもこの猫のぬいぐるみが歩いているならたぶんダー・フェンザーさ
        ふむ、君は冒険をしていると聞いたが… ずいぶん小さいね?ははぁ、もしかしてハーフフットかな? -- メスフェンザー 2017-10-01 (日) 23:39:07
      • そうか…?割とのっぴきならない事情のような…まあ、本人がそう言うならいいのだけれど…
        ああ、冒険をしている。この宿にいる者は、ほとんどそうだと思うけどね(わざとらしい作り笑いを浮かべ)
        いや、僕はハーフフットじゃあない。身長は、これから伸びる。いいかい、大事だからもう一度言うぜ?身長は、これから、伸びる
        僕の種族は…うん。黒翼という。知らなくても、仕方のない数少ない種族だよ
        -- 2017-10-01 (日) 23:42:05
      • 慣れれば性別が変わるくらいはどうってことないさ 住めば都と人間の言葉にあるんだろう? …少し用法が違うかな?
        ダー・フェンザーは冒険はしていないけれど、冒険に役立つ薬やなんかを作ってあげれるよ、錬金術師をしているんだ たまに変なにおいがしたりするだろう
        ははぁ これから伸びるね… うんそうだね きっと伸びるさ ダー・フェンザーは信じてあげるよ(優しい顔) -- メスフェンザー 2017-10-01 (日) 23:59:54
      • その都は多分、なんだか退廃的なものだと思うよ…(首を振り)
        …ああ。あれ、君だったのか。あとその優しさというよりは哀れみタイプの笑顔をやめてほしい…!
        (ゴホン、とわざとらしく咳払いして)それはともかく、興味深いことを言ったね。錬金術師?ポーションの類や、爆発物も作れるのかい?
        -- 2017-10-02 (月) 00:09:19
      • もちろんさ、それがダー・フェンザーの仕事だ 怪我の薬、病気の予防 気付けに毒に、もちろん火薬や霊薬もさ
        もちろんお代は良心的な範囲でいただくけどね どんなものが欲しいんだい? 何ができるかより、何が欲しいかが大事だよ -- メスフェンザー 2017-10-02 (月) 00:13:16
      • 何がほしいかが大事、か。それはある程度なら応えられるという自信の表れかい…?
        そうだな…うん。なら、優しい顔のダー・フェンザー。背が伸びる、薬をくれ
        もしくは、空が…(言いかけ、淀んで)いや、これはいい。背が伸びる方だけで行こう。できるかい?
        -- 2017-10-02 (月) 00:21:40
      • ああ、たいていの事はね ふむ…(グロードの言いかけた言葉に耳をヒクヒクさせつつ)
        空でも飛びたいのかい? 錬金術の持つ力は無限だ 空を飛ぶ方法もあるし背を伸ばすこともできる
        だが最初に言っておくけれど、副作用は起こり得るよ 特に肉体を大きく変化させるものはどうなるか分からない 骨格や性機能に異常が起こるかもしれない
        脅すように聞こえるかもしれないが、薬を扱う以上はそれを伝える義務がある それでも金を出すなら作ってあげよう  -- メスフェンザー 2017-10-02 (月) 00:30:06
      • ちっ(わざとらしく舌打ち)耳ざといな、猫獣人…!そっちはいいって、自分でやるさ
        骨格や、性機能、ねえ…いや、多少は構わない。副作用も、作用だとして受け入れるよ。もちろん、言い値で買おう
        …ほ、本当に作れちまうのか…?(わざと無茶目なことを言っていた少年は多少怖気づいた)
        -- 2017-10-02 (月) 00:33:33
      • もちろんさ、ダー・フェンザーはできると言ったことは必ずやる男だ …今は女だったね
        大体君の体格と年齢ならそうだね… まぁそれほど強い薬は要らないだろうが、まぁ概算で一センチあたり金貨30枚という所だろう
        肉体変化の薬は霊薬の類だから材料の調達や調合にどうしても手間と金がかかるんだ -- メスフェンザー 2017-10-02 (月) 00:41:32
      • やっぱり、気になるわ!姿入れ替わってるんじゃないか、それが件の副作用ってやつか!?
        よしわかった600枚までは出そう(怖気づいた心も魅惑の言葉にノックアウトだった)
        で、どれくらいかかるものなんだい?僕の住んでいた場所では、錬金術は結構珍しい技術だったからね、どうにも察しがたい
        -- 2017-10-02 (月) 00:47:46
      • 20センチもかい? それは一遍にやるのは危ない、下手するとを骨と筋肉が崩れてしまうよ だから時間をかけて伸ばすほうがいいね
        だいたいの限界が月に5センチくらいだ それ以上はおすすめはしないよ それでも成長痛にだいぶ苦しむことになる
        まぁ材料の調達さえできればあとは早いよ 1.2週間かそこら待ってくれれば最初の1便を渡そう あとは出来があり次第でどうかな? -- メスフェンザー 2017-10-02 (月) 00:56:20
      • なるほど…なるほど。確かに、一度に大量に摂取したらヤバそうだな…(制止の言葉に冷静さを取り戻し)
        月5cm…!(それでもかなりの魅力的数値)飲もう。それで行こう。大丈夫耐える(学習する訳じゃなかった)
        なるほど…うん。了解だ。それでよろしく頼むよ、ダー・フェンザー(言って、深く腰を折る)
        -- 2017-10-02 (月) 01:00:03
      • ああ任せておいてくれ、きっと大事な隣人の君を失望させないと誓うよ それじゃぁさっそく買い出しと探索だ
        それではまたね 君の旅が心地よいものでありますように -- メスフェンザー 2017-10-02 (月) 01:08:28
      • ああ、期待しているよ錬金術師のダー・フェンザー。それから…元の姿に戻れると、いいな
        それとも、すぐさま戻れるから楽しんでるのか…?(掴み難いやつだな、と思いながら)…抜け毛すごいな!(いそいそと毛を集め始めた
        -- 2017-10-02 (月) 01:13:11
      • ぴょいんぴょいん -- ノミ? 2017-10-02 (月) 01:28:51
      • あの猫ォー!!!僕の羽についたらどうする気だよぉー!(その後しばらくノミ胎児に没頭した) -- 2017-10-02 (月) 01:31:04
  • グロード!グロードはいるかしら! -- ビエネッタ 2017-10-02 (月) 21:28:22
    • どうかしたかい、ビエネッタ。ところでちょうど良かった、僕も君に話があったのさ -- 2017-10-02 (月) 21:44:49
      • 特にどうもしないわ、顔を見に来ただけよ!(意訳すると暇だった)
        あら、私にお話?儲け話かしら? -- ビエネッタ 2017-10-02 (月) 21:46:56
      • なるほど、暇潰しの相手に選ばれたのは光栄だね。君の相手をするのは僕も楽しいからね(本人的には不敵な笑み、普通の笑顔で)
        君としては儲け話になるはずだった話…つまり!あの安眠枕のことさ!
        確かにぐっすり眠れはしたけども、あれは危ないよ!?下手したら今起きれてないからね!?
        //そして来ていただいて申し訳ない、今週は末まで夜勤でね…!文通ぎみでお願いします…!
        -- 2017-10-02 (月) 22:45:44
      • グロードみたいな将来有望な子は、私から退屈を置き去りにしてくれるわ。
        う、うぐっ…そ、それは…ぐ、グロードが説明も聞かずに、直ぐに使うからじゃない…(赤面しながら横を向いて)
        違うの!ちーがーうーのっ聞いて頂戴!アレは試作品の一つでしかないの!まだあるのよ!そっちは大丈夫!そっちは大丈夫だから! -- ビエネッタ 2017-10-02 (月) 22:54:33
      • そう思ってもらえているのも喜ばしいよ。君さえよければ気兼ねなく訪ねてほしい
        いやだって…あのときは疲れていたし渡りに舟でそんなもの出されたら試したくなるじゃないか!
        本当かー?本当に大丈夫かー?じゃあその大丈夫だという方も試してみようじゃないか!
        -- 2017-10-02 (月) 23:25:02
      • ええ、そうするわ。折角貴方みたいな子を見つけたのだもの…ふふ…
        次は大丈夫!次の絶対安眠枕はこれよ!(ぽんっと魔道書から枕を取り出せば)
        これは錬金術の方面からアプローチした安眠枕…使えばたちまちに疲れは回復し、天国にいけるという枕よ!どう?すごいでしょう?(ばぁぁん) -- ビエネッタ 2017-10-02 (月) 23:41:15
      • なるほど…なるほど。錬金術というのはかなり引かれる要素だね
        魔物由来でないだけ以前の奴よりは遥かにマシだがまた待って欲しい部分があるよ!
        天国って比喩だよな!?そこ、そこ重要だぞ!そこが文字通りだと安眠じゃなくて永眠枕だぞ!?
        -- 2017-10-02 (月) 23:51:13
      • 大丈夫、大丈夫、次の奴は30000ゴールド…なのを、3000ゴールドで買ってくれるわよね!ね!大丈夫だから!安心して身を任せて!(言いながら絶対安眠枕プロト2を差し出す)
        これは…錬金術からのアプローチで…特性のエキスを染み込ませた布で作ってあるのよ。
        一度枕を頭を預けてしまえば、まるでアロマポットの様に使用者をリラックスさせ…疲労や辛い事を忘れ去れ、頭がぼんやりして幸せになるというすごいハーブを利用していて…副作用はちょっと依存性が強かったり、性的欲求が高まったりする程度だから、安心して良いわ。(得意げに説明してみせ) -- ビエネッタ 2017-10-03 (火) 00:23:05
      • まだ買うとは限らないがやっぱり値引率が怪しすぎる!!
        なるほど…なるほど。マタンゴよりは良さそうだね、確かに
        でもマタンゴ、いやさまたんかい!ならまず君が使ってみてくれないか!副作用のところが気になりすぎるだろうこれ!
        -- 2017-10-03 (火) 01:52:14
      • そうでしょうそうでしょう?マタンゴの胞子は少し危険なのに比べれば、これはちょっと頭がパーになる程度ですむわ。なんと人道的なアイテムなのかしら。素晴らしい…実に素晴らしいですね?(ぐいっとグロードにハーブ案件になる枕を押し付けようとしていたが、君がと言われれば)
        …えっ…い、嫌よ…!(ぶんぶんと首を振って拒否するポーズ) -- ビエネッタ 2017-10-03 (火) 02:22:25
      • 君素直すぎない!?大丈夫、ちょっとだけだから!なにもしないから!ちょっと休むだけだから!
        (押し付けられそうだった絶対安眠枕プロト2を逆にぐいぐい押し付けながら)
        実際のとこなんでこれイケる!って思ったのさ!?特殊な楽しみ方したいカップル以外には向かなさすぎだよこの商品!
        -- 2017-10-03 (火) 02:27:58
      • だめぇー!イヤーっ!わ、私をアヘ顔ダブルピースにしようと言うつもりね!?グロード…!(抵抗!抵抗です!)
        うっ…だ、だって、ほら…ちゃんと安眠できるし、疲労も回復できるのよ?嘘偽りは無いかなー…なんて…えへ、えへへ。(100年近く売れ残っている品物である。上手く騙しこんで売りさばいてやろう…!!という思惑がこの管理人にはあった!!)
        うう、じゃあ、そうね…これなんかどうかしら…これよ。これが最後よ(むぅーと言う顔をしながらも最後の絶対安眠枕を取り出して) -- ビエネッタ 2017-10-03 (火) 03:00:55
      • もう逆に聞くけどじゃあ君は僕にその状態になってほしかったの?前みたいに僕がよく聴かずに突っ込んで取り返しつかない事態にしたかったの…?
        えへへじゃないよ、全く…そんなむくれてもダメだからね!
        (言葉とは裏腹に楽しみそうに次を待つ)
        -- 2017-10-03 (火) 03:08:13
      • まあどうせそんな状態になってもほら、寝るだけだし、寝たら忘れるかな…って思ったのよ(口笛を吹きながらごまかしつつ)
        これはつまんないわよ?まあ、普通というか…昔友人の為に作ったものなのだけれど。
        睡魔の魔術のルーンを刺繍してあるものなのだけど、魔力を流して発動すれば、睡魔の魔術が発動し、眠くなる…という、ストレートな品物ね
        裏側には眠気覚ましのルーンが刺繍してあって、任意の時間に設定しておけば好きな時に起きる事も可能だわ。魔力は、魔力が使えない人でも使える様に、大気中のマナを集めるチャージ式の特殊な魔石を使っているから普通の人間にも使える枕なのよ(最後は普通のそれっぽい魔導具であった) -- ビエネッタ 2017-10-03 (火) 03:35:55
      • めっちゃ目覚め悪かろう!?絶対その…そういう夢!見ちゃうでしょうが!(顔を真っ赤にしながら怒るちび翼人)
        ま、まぁ…それはともかく。最後のはすっごいまともだね!?すごい…そう、こういうのを求めてたんだ!(一転、瞳も輝く食い付き)
        もう最初からこれを出してくれたら良かったのに。大気中からチャージできるってところが気が利いているね!
        (テンション高めで最後の絶対安眠枕を眺めて)でも…お高いんでしょう?
        -- 2017-10-03 (火) 04:33:48
      • 人間、そう言う欲求もたまには発散しないといけない物なのよ…グロードはまだ子共だからわからないでしょうけれど。まだ子共だから。
        まあ、普通すぎてこう…面白くないかなって…?ほら、なんかアイテムにはすごい呪い?みたいなのがついていたほうが、かっこいいとは思わないかしらっ?強いけれど、すごいデメリットがあるとか、そういう奴よ!
        その点で言えばこれは普通…ザ・普通の安眠枕よ…!値段はそうね、30000ゴールド…ですね(笑顔でグロードに) -- ビエネッタ 2017-10-03 (火) 05:25:14
      • 悪かったね子供で…!いやさ、ならなんでいやがったんだい君は、大人なんだろ。…まあひとんちでなにする気だとは思うが…
        (ビエネッタの言葉に、愕然とした表情になって)た、確かに…!しかも、結果的には目的は果たしてる…す、すごい…!(とてつもなくちょろかった)
        たっ、高い…!すごい普通なのに…いや普通だから高い…!?くっ…これは何となく前のやつで妥協してしまうパターン…!
        -- 2017-10-03 (火) 06:12:11
      • わ、私は自分の部屋ではっ…発散してるもの!そうよ!こんな所で何かあったら、あっという間に衛兵に捕まってしまうじゃない!
        そう…それが、幻想の正体よ…憧れが憧れたる所以は、そういった「人の手には余る」所が、人の心を何時の時代も魅了して止まない…魔導具や魔道器というのは、そういったロマンがつまっているのよ(それふうな事を言うぞ!)
        魔石と言うのは、とても希少な物よ。熟練の冒険者をもってして、そういった物は中々手に入らないでしょうね…それも特殊な魔石ともなれば、宝石よりもずっと希少で価値がある物なの。だからまあ、最近は人工的に作る魔石が主な素材となるのだけど…それでも、それくらいはするわね。
        ふふふっ、でも私は最初から三つセットで3000gで売ってあげるつもりだったわ!なので、三つセットなら10分の1の3000!3000で手を打とうじゃないか! -- ビエネッタ 2017-10-03 (火) 06:27:04
      • あ…ごめん、そんなことを言わせたい訳じゃなかったんだ、すまない…恥ずかしいことを、言わせてしまった(頭を下げる)
        なるほど…なるほどなあ…!ロマン。いいことを言うね、さすが魔術図書館の管理人だ…!
        よし、買おう、買おうじゃあないか!他のも合わせて、その値段で!(バーンと一括、キャッシュで買うぞ!)
        -- 2017-10-03 (火) 07:15:28
      • くっ…これが…誘導尋問と言う奴かしら?!グロード…侮れない奴…
        ロマンが無ければ、不思議なんて存在しない物…そう、私は世界の不思議の体現者…魔術図書館の管理人、なのだから!
        はいはい、お買い上げありがとうだわ。これでグロード、貴方はもう不眠に悩まされる事はなくなったわ!毎晩三つの枕を代わる代わる使うもよし、気になる子に差し入れて昏睡させてもよし…良い買い物をしたわね!(すっとキャッシュででてきた3000ゴールドを頂けば頷き)
        それじゃあ、私はこの辺りで帰るわ。まだまだ沢山面白い魔導具があるのよ。次は商品じゃない奴をもってくるわ!またあいましょうグロード!ひゃっほう今夜はこの金で酒盛りだわー!(グロードに枕を売りつければ、そのまま流れるように部屋を去っていく) -- ビエネッタ 2017-10-03 (火) 07:27:14
      • 僕にそんなスキルはないよ…!気がついたらビエネッタが喋ってただけで…!
        ああ、活用させてもらうよ(主にプロト3を)って唐突に困る発言を残しやがって!差し入れねーからね!?
        しかも酒盛りに使うのかい。困った大人だな…!しかし、いい買い物をした…早速使おう…(困った試作品達は仕舞い込み使えるやつだけ残し)
        -- 2017-10-03 (火) 07:32:02
    • //気にしないでくださーい!私も元々文通推奨ですのでー! -- ビエネッタ 2017-10-02 (月) 22:55:37
  • おーいグロ野ー!野球調査しにいこうぜー!(どっかの親友キャラみたいな事をいいつつ家の外から声をかける) -- あざり 2017-10-02 (月) 22:57:11
    • グロ野って誰だよぉ!(宿屋の2階、窓からから顔をだし)&brしかし、;調査か…よし。普段何してるか興味あるしな。付き合うよ(しばらくしたあと、横にならんで)
      で、調査って具体的になにするんだい
      -- 2017-10-02 (月) 23:53:43
      • 呼んだら顔出してるじゃねーか!(あ、いたいたと手を振って)
        おう!メンバーのアコヤッスから有力情報がだな…(謎の存在がいるという怪奇の森に調査に向かおうというのだ!) -- あざり 2017-10-03 (火) 00:02:58
      • なるほど…なるほど。噂に聞いたことはあるが、あの森か
        (難しそうな顔をして)ふぅむ。もう少し日を置いてからで構わないかい?少し、準備もあるからね
        //主に霊圧の準備をね…!
        -- 2017-10-03 (火) 00:10:46
      • いいぜ!俺もオヤツとかオヤツとか…あとオヤツとか準備するからな!(山育ちにしてみればアウトドアサバイバルはお手の物、山で手に入らないおやつこそむしろ最重要なのである)
        たぶんこの森に宇宙人がいて、薬とかブチまいてくるだろーからマスクもわすれんなよ!(約束を取り付けたのならこちらもグッズの準備をしにむかう…)
        //りょうかい…! -- あざり 2017-10-03 (火) 00:13:37
      • ほぼ間食じゃないか!いや、森を行軍するなら甘味はあった方がいいけれども!
        全く、忙しない奴だな…まあ、退屈しなくてすむけどさ
        (あざりの背に手を振ってから、自分も準備をしようと部屋に戻る)
        -- 2017-10-03 (火) 01:50:04
  • (雄牛亭で話しかける)グロードさん・・・羽根が・・魔力を別の事に・・転用しちゃうって・・言ってました・・けど・・・
    具体的には・・どんな風に・・変換されちゃうんです? -- リリア 2017-10-03 (火) 21:05:29
    • ん…あぁ、魔女見習いのリリアちゃん(共有スペースでぼんやりしていたところ)
      んー。リリアちゃんのところに来たかはわからないけど、この前、この街に無差別テロが行われたようなのだけど(その時撒かれた薬を瓶に容れたものを見せ)
      これ、人によるだろうけど、どのくらいで完治するものと思うかい?
      -- 2017-10-03 (火) 21:41:14
      • へ?そ、それ・・ひょっとしてあの時の・・(きょとんと、少し考えて)えっと・・・私は・・一日で治りました・・けど・・・本当に・・まちまちみたいで・・・まだ、治ってない人もいるっぽくて・・・ちょっとわからないです(すみませんと肩を落とす)
        あ、で、でも・・・ダーさん・・・ダー・フェンザーさんが・・解毒剤を持ってるので・・それほど心配しなくても大丈夫・・・かもです・・も、もちろん・・被らないに・・越したことはないんですけど・・・・どう・・されるんです?・・それ・・・(思い出すかの様に不安げに) -- リリア 2017-10-03 (火) 21:50:57
      • おや、そんな程度で治るのか。君が魔女だからかな…?それに、なんだあの錬金術士、もうそんな商売してるのか
        なら、これは彼にはもう売れないだろうな。使ってしまおう(いそいそと、共有スペースに置いてある膝掛けを何枚か集め)
        どれくらい変化があるかわからないからね、もし服が破れてもいやだし…(マントのように膝掛けを羽織り、胸元を隠せば)
        では、人体実験ショーの始まりだ(言うが早いか瓶を傾け飲み干した)
        -- 2017-10-03 (火) 23:15:20
      • ・・・流体・・えと・・・私は・・確かに魔法で治癒力を上げられましたけど・・・他の人も・・一日で治ってる人も多いみたいで
        へ?使ってって・・・え・・えぇ!?わ、私・・服・・伸びて・・破けちゃいもして・・・あ、あんまりお勧めは・・・(なんてわたわたとしている内に一気に飲み干されてしまう)あ・・ぁぁ・・・(噴霧ならともかく一気はまずいんじゃぁとあわあわ眺めている) -- リリア 2017-10-03 (火) 23:19:47
      • (起こる変化は覿面で、膝掛けで隠しもしなければその場であらわになったろうというほどに大きくなった胸を眺め)
        本当に、バカな薬を撒いたもんだな!あぁ、前を開けておいて助かったよ、全く…
        (見た目の変化以外はけろりとしたもので)あ、言うのを忘れていたね。もし、魔力の流れ的なものが見えるなら、見ておくと良いよ
        (いっている間にも、膨張したとしか表現できなかった胸は進行形で縮んでいる)
        -- 2017-10-03 (火) 23:26:04
      • わ・・・わわわ・・・(目の前で大きくなったそれを見てやってしまったと焦るも)
        ・・へ?・・・えと・・(残念ながらその手の技能はあまり高くない、だからつぶさに観察をする)ち、縮んでる・・・・(はっとして)翼・・は? -- リリア 2017-10-03 (火) 23:32:12
      • だとすれば、この薬自体がさほどの物ではないということかな(翼を見れば、燐光を放っているのが観察できる。どうにも、これが翼の効果らしく)
        (光が途絶えると、変化も終わり…胸元はすっかり元の平坦さに戻っており)と、まあ…こういうわけさ
        簡単に言えば、この翼は僕の魔力を糧に、僕自身の体を正常な状態にリセットさせるのさ
        それも、今見て貰ったように全自動で。便利だけど、厄介でもある、というわけだ
        -- 2017-10-04 (水) 01:09:59
      • 光ってる・・・(ほうっと呆けたようにその光を見つめていたが・・・やがてそれも途絶えて)ぁ・・治ってる・・・
        魔力を・・糧に・・正常な状態に・・・・じゃぁ・・あの光は・・・その余剰分・・とか・・反応の・・・光・・・
        こ、これが・・・全部無意識・・なら・・・すごく・・・便利に・・思えます・・不便な所・・も・・あるんです・・か?・・・魔力・・が勝手に使われちゃうのは・・・辛いけど・・それとは別に・・鍛えればいい・・・んだし・・・ま、魔導器とか・・は・・・使えないん・・です? -- リリア 2017-10-04 (水) 03:04:13
      • 翼の中に溜め込んだ魔力を体に押し戻すときに、反応して淡く光るそうだよ。自分のは見たことないんだけどね
        そう、便利に思うよね…でもこいつが厄介でね、他のことに魔力を割かせてくれないんだ
        鍛えれば鍛えた分、翼が上前を跳ねていくんだよ。魔導器も、ないではないんだけど
        こっちから流して起動してやる分の魔力も寄越しやしないからね、強欲なんだ、この羽は(もう諦めたけどね、と笑って)
        その分、腕が千切れようが腹に穴が開こうが、心臓か頭がやられない限りはどんな状態からも戻される。例外は、子を儲けたときだけだね
        -- 2017-10-04 (水) 03:20:57
      • 翼の・・・中に魔力を・・・じゃぁ・・エネルギー源は・・むしろ翼の方・・・
        (魔力の管理権限がほぼ翼にあるような現状を聞いて)命を守る・・為に・・・そうなってるんでしょう・・か・・・(それ以外の理由が浮かばなかった)
        子供・・・赤ん坊・・に・・・エネルギーが・・・注がれる・・とかですか? -- リリア 2017-10-04 (水) 04:19:10
      • だからか、僕らの羽は割りと狙われるんだよ。生きた魔力電池としてね…あ、ごめんあんまり気分の良い話じゃなかったね(両手を合わせ謝罪し)
        恐らくね。元々が少ない種族だから、生き残りたくて必死なんだろう(まるで他人事のように言葉を続け)
        そういう面もあるし、もっと単純に、妊娠した状態を体の異常だとは認識しないって言うだけの話でもあるね
        -- 2017-10-04 (水) 04:25:25
      • はぅ・・・(ちょっぴりしゅんとしつつ謝られると)い、いいんです・・・話を・・振ったのは・・私だから・・・
        そういう風に・・・進化したから・・反面・・・翼で飛ぶことができなくなった・・・と・・グロードさん・・は・・・そうでもない・・んです?(他人事のような言葉にそんな印象をうけて)
        (なるほどと頷く、どちらにせよ自分や子供を守る為の措置なのだと)自然と・・・飛べるようになるには・・安全に・・ならないとダメ・・・なのかも・・ですね -- リリア 2017-10-04 (水) 04:51:25
      • ごめん、僕が気を使うべきだった。なんでもベラベラ話してしまうのも気を付けないとな…(首の後ろを指で掻き)
        まあ、僕は、だけど。生きてる以上いつか死ぬだろ?なら、なるようにしかならないかなってね(達観している訳ではなく、ただの思春期的な奴)
        そうだね、多分種として広まればきっと翼も飛ぶ気になるだろう
        今は、それでもどうにか無理矢理飛んでやろうと色々考えてみている訳だよ
        -- 2017-10-04 (水) 05:36:59
      • 落ち着いて・・るんです・・ね・・・でも‥結構そんなもの・・なのかも・・・しれませんね・・・(周りから見れば悲惨でもそこで生きる者たちにとっては当たり前で、それ故あっけらかんとした物・・・そういう認識をした)
        (それでも飛びたいという意思を見せるグロードに)いい・・ですね・・・そういう・・考え方・・・いいと思います・・っ(こくこくと)そう・・なると・・・どう飛ぶかは・・結構重要・・・ですね?・・魔法で・・・飛ぶのに・・こだわるなら・・・どうにかして・・まず・・力の流れを認識・・・しないと・・です(こくこく) -- リリア 2017-10-04 (水) 09:37:20
      • 多分、死ぬときはもっと無様に暴れるだろうけどね…(肩を竦めて)
        そうなるね。翼から魔力を引き出すには傷つく必要があるから、これはひとまずおいといて
        今は魔導具、特に使用者の魔力量が影響しないものを探し中でね…なかなか難しいけれど
        -- 2017-10-04 (水) 19:43:45
      • (どうにかして翼からの魔力供給を制限すれば枯渇状態から流れ込んでくる様子を強く感じられるかも・・・あるいは自傷してから供給してくる流れを利用して思いっきり引っ張り出すかとか考えてたら)あ、な、なるほど・・・・そういう・・方向性・・ですね(こくこく)
        使用者の・・影響しない・・・周りから・・エネルギーを吸って・・・扱うか・・・魔導器その物に・・チャージしておくか・・・ですね・・・(ふむ・・と考えて)
        それ・・ならダーさん・・・ダー・フェンザーさんが・・・魔力を持つ・・お薬とか・・・造れるかも・・・あとは・・リリネさん・・は・・・自分の周りにある・・・水の精霊に・・協力してもらう術を・・・持っているそう・・です・・(と助けになりそうな人を上げてみる) -- リリア 2017-10-04 (水) 20:12:42
      • だってみたくないだろ。飛ぶためにその都度リストカットする奴…それに、痛くない訳じゃないからねぇ。治ると言ってもさ
        猫の錬金術士には別方面で世話になる予定だからね…彼におんぶに抱っこは、性にあわない
        その…リリネという魔法使いには一度会ってみたいね。トリカの役にも立ちそうだしな…紹介してもらっても?
        -- 2017-10-04 (水) 22:42:47
      • 確かに・・・酷い事・・考えちゃいました・・・
        そう・・なんですか・・・ぇぇ・・大丈夫・・です・・・お話・・しておきます・・ね?(と頷いて)トリカさん・・は・・・そういえば・・境遇・・似てるの・・かな?(うんうんと) -- リリア 2017-10-04 (水) 23:19:17
      • うん、そうしてくれると助かるよ。僕はあまり他人に話しかけるの、得意じゃない方だからね。君が事前に話しておいてくれると、やり易いから(頼んだよ、と両手を合わせ)
        僕は彼女ほどポジティブではないけどねぇ。最初はこの翼を切り落とす方法を探そうと思ってこの街に来たくらいだ
        (冗談めかした語り口だが半分は本当だった。だが今は、と付け足して)彼女にあてられた、といってもいいかも。熱意は人を動かすものだからね
        -- 2017-10-05 (木) 00:00:06
      • わ、分かりました・・・ま、任せて下さい!(使命を帯びてぐっと握りこぶし)
        切り落とす・・それは・・・(明らかに動揺するが、続く言葉には)そ、そうです・・・トリカさんが・・頑張ってるん・・ですから・・・グロードさんも・・(うんうんと)
        そ、それじゃぁ・・・私・・今日は・・この辺りで・・・(失礼しますと告げると部屋に戻っていく・・・後日リリネと連絡を取り、彼女の方から会いに来ると約束を取り付けたそうな) -- リリア 2017-10-05 (木) 02:30:57
      • うん、頼りにしてるよ、小さな魔女!(拳を握る姿に立てた親指を見せ)
        ああ、またねリリアちゃん。親切に、ありがとう…さて。僕も戻るか…(胸元を隠すのに使っていた膝掛けを片付けてから部屋に戻った)
        -- 2017-10-05 (木) 02:57:19
  • グロード!グロード!遊びにきたわ!! -- ビエネッタ 2017-10-04 (水) 04:04:54
    • わかるぞ、君今暇潰しに来てるだろ!それはともかくいいところに来たねビエネッタ
      最近なんだか無性に寝付けなかったりして悩んでいないかい?
      -- 2017-10-04 (水) 04:11:24
      • 管理人たる私は、夜になると元気になるのだけど、それは同時に退屈を呼ぶ事になってしまうのよ…あぁ!なんと罪な事なのかしら、生きているだけで、私は平穏には暮らせない運命の元に生まれてしまっただなんて…
        えっ?大丈夫よ、どうせ昼間なんてお客さんもこないし、雑誌読んでお昼ねして過ごしてるの。見なさい、図書館に並んだこの緑のニューを。
        どうしてかしら…?(満面の笑みをうかべて、視線をそらした) -- ビエネッタ 2017-10-04 (水) 04:20:28
      • なるほど…なるほど。それは君のところへ向かおうとする人のところに君が先んじているからかもね
        実際、僕も今日あたり図書館へ赴こうとしていたところだからね。君の方から来てくれて僕はうれしいけれど
        ふむ、しかし君が安眠できているとなると…この枕誰に押し付けよう…
        (つい先日購入した枕の使わない方を押し付けようとしていたらしく両脇に抱えていた)
        -- 2017-10-04 (水) 05:30:09
      • 元々そんなに活動的ではないのよ、まあ、人がこない位が丁度良いのだわ、私は
        …誰かに押し付けようと言う考えが既に、破壊的…破滅的だとは思わないのかしら!?グロード…!(自分で売りつけたとはいえ、その効果の程を良く理解している管理人である)
        でもそうね、、そこまで言うなら…うけてたとうじゃない!その代わり、私が勝てばその枕で寝る事になるのは貴方よ、グロード!…貴方とは、こんな結末を迎えたくは無かった…私達はもっと…分かり合えることが出来たのに…っ(厨ニ病っぽい台詞をはいてファイティングポーズをとるぜ!!) -- ビエネッタ 2017-10-04 (水) 05:47:51
      • それはそれで…いや、寂しくはないのか。そうなれば今のように自ら来るものな、君は(仕方ないな、と笑って)
        ふっ…悲しいけれど、僕はこれ以上枕は要らないのさ…わかりあうというのは、斯くも難しい…!(片方の枕を床に落とし、もう片方を構え))
        さぁ…熨斗つけて返してやろう!(そして思いっきりぶん投げた。中二病患者達による枕投げが始まる…!)
        -- 2017-10-04 (水) 05:56:28
      • あ、ちょっとまって!まって!私の武器画、武器がなくない?ねえ、グロードこれは不公へぶっ!(ばすんっと絶対安眠枕が顔面にヒットする)
        (その瞬間グロードは恐ろしい光景を目の当たりにするだろう…怪しげなハーブを素材に作られた枕はまたも怪しげなガスを噴射し、枕に触れた者に襲い掛かるのだ!)ひ、卑怯なっ!こ、この私がっ…こん、こんなっ…はーぶなんかに、ぜったいにまけなひゃぁあっ、あっ、あっ、ああぁーっ(ビクンビクンと激しく痙攣して)
        あーっ♡あーっ♡(ばたーんとその場に倒れた…末路!これが末路である!) -- ビエネッタ 2017-10-04 (水) 06:09:58
      • これが地の利というものだよ…!(バシーンと良い具合に当たったのを確認してからちょっと格好つけ)
        (その後、自分の投げた方がハーブ仕様のプロト2だったことが思ったよりひどい形で判明したことに顔を覆った)
        これ、使うとこうなるんだな…いやぁ、使わないで良かった…おぉい、大丈夫かいビエネッタ…ビエネッタ?
        (肩を揺すり、とりあえず起こそうと試みる)
        -- 2017-10-04 (水) 06:18:26
      • んああ♡あー、あー…(虚ろな目をしてなんだか幸せそうな顔をして)&brんああ…うぅ♡ゆ、ゆすらなひっれえ!ぐろーろぉ…♡♡(びくんびくんと身体を跳ねさせて、あられも無い姿を晒す。感度100万倍と言った感じで) -- ビエネッタ 2017-10-04 (水) 06:27:34
      • うぅん…思ったよりエグいなこの枕…(心底迂闊に使わなくて良かったという思いを強くしながら)
        わかった、揺すらない。でも、流石に見てられないから僕が使ってる奴で悪いけどベッドに移すからね…
        (知人の艶かしい姿に少々どぎまぎしながらとりあえず変なところに触れないよう気を使ってベッドに寝かせ)
        ふぅ…まさかこんなことになるとは(肉体的よりも精神的な疲労ですぐ横に腰掛け、一息ついて)
        -- 2017-10-04 (水) 06:40:45
      • (その時不思議な事が起こった!管理人か首にかけている赤い魔石が眩く煌いたかと思えば…)あ〜〜♡あ〜…は…はっ!!(グロードのベッドでむくリと起き上がる)
        はあはあ…な、なんと言う事…危なかったわ、実に危なかった…(顔を真っ赤にしながらグロードのほうを向けば)
        も、もう!不意打ちでそんなものを投げつけてくるなんて!死んだらどうするつもり?!(別に死にはしないがなんか適当な事を言いつつ、ぷんすこ) -- ビエネッタ 2017-10-04 (水) 06:47:45
      • (背後で起こった不思議なことを見ていればまた少しははしゃいだかもしれないが残念ながら見逃してしまい)
        おや…おはよう、ビエネッタ。良い朝だね!素敵な夢は見られたかな?(勢いでごまかそうと試みるものの)
        アッハイ…すみませんでした…!まさかあんな感じになるとは思わず…ご、ごめんね?(両手を合わせ、頭を下げる)
        -- 2017-10-04 (水) 06:53:58
      • 見れたわよなんだか天国にいたわ。くっ…しかし売りつけたのは私…い、いいわ、特別にゆるします。(ゆるした。ゆるしはしたが、恥ずかしそうにしつつ)
        もう、今日は折角、貴方にまた面白いアイテムをもってきたと言うのに、失礼してしまうわ -- ビエネッタ 2017-10-04 (水) 07:05:49
      • さて…服もびちょびちょよ。これではアイテムの紹介!…と言う訳にもいかないわ
        私は一旦帰って着替えるわ。じゃあねグロード、また会いましょう(のっそりとベッドから立ち上がれば、グロードの部屋を後にした) -- ビエネッタ 2017-10-04 (水) 08:41:31
      • //私は寝落ちしました看板を首から下げつつ)
        この埋め合わせは、必ず…!う、埋め合わせられるかはともかく、だけど…(しりすぼみになる語尾)
        ああ、また会おう…せっかく、新しいアイテムも持ってきてくれていたのに…
        (少ししょぼくれる少年だった)
        -- 2017-10-04 (水) 09:09:15
  • (音もなく現れるは黒衣の男 その姿尋常ならざるも気配もなく 薄暗く、ただ時計の針の刻む規則的ノイズだけが支配するその部屋へと溶けるように滑り込む
    深く着込まれた外套から鋭利な形状のガラス瓶がのぞく) ……例のものだ -- ダー・フェンザー 2017-10-04 (水) 23:07:08
    • (開けていた懐中時計の蓋を閉じ、箱にしまうと声にした方へと振り向き)…へぇ…早かったじゃないか
      (わざと明度を落とした灯りの中、その瓶を受け取り)報酬は、以前の話の通りに
      これだけ早いなら、上乗せしてもいいくらいの気分だ(まじまじと、その瓶を観察しながら)
      -- 2017-10-05 (木) 00:03:05
      • (そっと外套かてだけを出して金を受け取り)いいかい?一月に一瓶だ、それと副作用で猛烈に腹が減るが我慢せずに食べた方がいいよ
        あと、体が急に延びるから特に膝のあたりが炎症を起こしてとても痛むけど、それが普通さ  -- ダー・フェンザー 2017-10-05 (木) 00:13:32
      • なるほど…なるほど。了解したよ、一月に一瓶、食いたいときは食う、成長痛だと思え、だね
        早速、飲んでみても?(蓋に手をかけ、確認するように)
        -- 2017-10-05 (木) 00:25:11
      • ああ、もちろんさ 一気にぐいっといくといいよ まぁでも突然伸びたりはしないけどね -- ダー・フェンザー 2017-10-05 (木) 00:50:30
      • (言われた通り、一気に呷る。期待できそうにはない味などを感じないように、いっぺんに流し込むように飲む)
        (喉をならし、顔を戻せば)ふぅ…これで、僕も悩みのひとつとおさらばさ…
        (無意味に格好つけて言う少年の翼は、淡い燐光を放っていた)
        -- 2017-10-05 (木) 00:56:23
      • そんなに悩んでいたのかい? そのままでも十分可愛いと思うんだけどね -- ダー・フェンザー 2017-10-05 (木) 01:05:41
      • そういう感想を持たれたくないからだよ!どちらかと言えば僕はかっこいいといってもらいたいんだよ!
        ……あれ、そういえば君、元に戻っているな。例の薬の効果が切れたのか…メリットがなくなったのかい?
        -- 2017-10-05 (木) 01:08:27
      • カッコいいね… なるほど、それはそんなに大事なことなんだね ああ、まぁそろそろ飽きてきたからね、解毒剤を作ってもとにもどったのさ
        それとも前の方が話しやすかったかい?  -- ダー・フェンザー 2017-10-05 (木) 01:19:02
      • 僕にとっては大事なことさ。性別を感じせない、というのはね
        なるほど…なるほど。いや、話しやすさは変わらないよ。人が変わった訳じゃないんだから(気にしないでくれとにこやかに笑い)
        飽きが原因と言うのが面白いけどそうか元にもどっ…あっ…ああ!?(突然、なにかに気がついたように声を上げ)
        -- 2017-10-05 (木) 01:32:33
      • 性別を感じさせない…? ふーむ?人間は複雑だね べつにどちらでもいいと思うけれども
        …なんだい、どうした 変な副作用でもでたのかい? -- ダー・フェンザー 2017-10-05 (木) 01:54:31
      • 君の種族的に伝わりやすい例えが思い付かないな…例えば、毛並みを気にする感覚に近いのかな…(唸りながら腕を組み)
        いや、副作用じゃない…そもそも、作用がでないってことを思い出したんだよ…(悲しげな嗚咽と共に)
        僕には、こういう薬の効果、効かないんだ…種族的に…!(なんだかむやみに悔しそうだった)
        -- 2017-10-05 (木) 03:24:45
      • 薬の効果がないだって? そんなまさか・・・ そんな種族がいるのかい?
        ふーむ、そいつはどうにかできないのか・・・ 例えばなんらかの方法で耐性をさげるとか -- ダー・フェンザー 2017-10-05 (木) 13:06:46
      • ああ、信じられないかもしれないが…事実、以前の無差別テロの際撒かれた薬も効かなかったしね…
        できない、少なくとも方法がわからない。僕に翼がある以上は、付き合い続ける特性だ
        耐性を下げる、か……うぅーん。外傷を治癒しているうちに飲むとかなら効くのか…?やったことないからね、わからないな…
        -- 2017-10-05 (木) 19:37:47
  • さて山ほど枕を買ったと言うグロード君は一体どうなっているのだろうか、枕の在庫数そのものの量がわからない…けれど(ドアを開けたらマクラがドバーッ!って事にならないだろうか、と危惧して窓から襲来する) -- クウネル 2017-10-05 (木) 21:40:04
    • (ちょうど部屋に戻ってきたタイミングで窓から侵入しようとする天使を目撃)
      衛兵ーーー!!(とりあえず叫んでいた)
      -- 2017-10-05 (木) 22:05:08
      • ちがっ、そんなつもりじゃ…(連行されていく) -- クウネル 2017-10-05 (木) 22:10:00
      • 天使の癖に不法侵入しようとするからだよ…チンピラじゃあるまいし…
        (しばらくしてから身元引き取り人となり)懲りたら僕の部屋に忍び込もうとはしないことだよ
        -- 2017-10-05 (木) 23:20:38
      • (カツ丼を食べてきた天使)いやあ…枕の在庫をすべて押し付けられたと聞いて…じゃあ、夥しい量の昏睡枕が…?と思ったら安全のため窓から行かないかね? -- クウネル 2017-10-05 (木) 23:21:46
      • じゃあ君次の居候先そこにしなよカツ丼食い放題だろ(冷ややかな視線を送り)
        在庫…?いや、僕は三つともひとつしか買っていないよ。試作品と言っていたからね、現品限りなんじゃないか?
        試して、見るかい?
        -- 2017-10-06 (金) 00:02:35
      • なんと言う事だろうか、そうなったらお兄さんが取り締まる側に転職しかねない…いや、ロウ属性としてはありなのだろうか…?(テンプルナイツめいた想像をしてみて)
        三つ…?ああー…そうかそうか、全てがハンドメイドだと言っていたから別に量産している訳ではない…つまり在庫と言ってもそんなに多くは無いわけか!(なぜか1000個も2000個も枕地獄になっていると思い込んでいた様だ)
        3つ…ねえ、お兄さんが聞いたのは何だったかな、マタンゴの胞子がどうのと言う…他の二つはどんなのなんだい…?(マグカップを取り出しつつ) -- クウネル 2017-10-06 (金) 00:10:45
      • いやどう考えても君は檻の中だろ珍獣みたいなもんだし…(動物園的な想像しながら)仕方ない、僕の淹れた地獄のような飲み物を上げよう(カップにコーヒーを注ぎ)
        いくらなんでも僕もそこまで考えなしに買わないからね…?しかし、そうかマタンゴの奴しか知らないのか
        じゃあせっかくだからこれは君に上げるよ!活用してくれ!ハーブの効果でぐっすり眠れるらしいぜ!(ぐいぐい押し付ける)
        -- 2017-10-06 (金) 00:53:03
      • そんなことは無いと思うのだけどな、お兄さん檻の中じゃなくて控室みたいな方しか入ったことがないよ、酔いつぶれて寝ているとそこで一晩寝て良い冷まして行けってねえ
        おっと!それを入れるならこれを使って貰おうか…フフフ、お兄さんもビエネッタ君に魔道器を売ってもらってねえ、コーヒーを作ったりするのに最適な魔道器だよ
        (底に攪拌装置がついていて自動的に飲み物をまぜまぜしてくれる便利魔道器「SELF STIRRING MUG」を取り出す)
        考えるも何も押し付けられたのではないかと…確かマタンゴのしか聞いていなかったような、残り二つは一体どんなものだったんだい?
        ぬわー!?ちょ、ちょっと待つんだ!これ触れても大丈夫なのかい、触れただけで昏睡しちゃわないかい! -- クウネル 2017-10-06 (金) 20:52:14
      • 酔いつぶれる天使とかイメージ悪いからあまりよそで言わない方がいいよ…
        それはさておき、コーヒーに最適な魔道器。そういうのもあるのか…なんか素敵な気配がする…!(マグに興味津々といった様子で)
        大丈夫、頭乗せなきゃ平気だって多分!ちなみにこれではないもう片方がスッゴい普通で仕方なく抱き合わせで買ったにすぎないから遠慮なくもらってくれ!
        (押し付けてるこの枕、特殊なハーブで眠ることはできるがもれなくアへ顔という無体な品物であった)
        -- 2017-10-06 (金) 23:04:22
      • この界隈ではすでに手遅れだからねえ、初めて酔いつぶれた時は輪っかまで無くしてしまったし
        流石にサイフォンを使うような本格的な物には合わないけれど、こうしてインスタントコーヒーの粉とお湯を入れてスイッチを入れると…
        (ウィーンと攪拌装置が回りだして自動的に混ぜ混ぜしている、コーヒーに渦が…!)ここにミルクを垂らすと見た目も楽しいかもしれないねえ
        普通とマタンゴとハーブだったのか…ちょっと待った!それを使って大丈夫かわからないし、安全なところを見せておくれ
        お兄さんだって怖いものは…怖い、ちゃんと目覚ましとかで起きられるのだろうね…? -- クウネル 2017-10-06 (金) 23:12:11
      • おぉ…これは、割りとすごいな…(渦を見ながら)確かに、ミルクを入れたら綺麗そうだね
        ばっかやろう安全かつ普通に使えるならタダで押し付けようとするかよ!(突然の逆ギレ)
        これを顔面から食らったビエネッタはもう…見るも不憫な…あ、いやそれはさておき
        大丈夫、大丈夫だから!たぶん起きられるから!夢見悪いことこの上なかろうけども!あ、天使なら性欲無さそうだし平気だってイケルイケル!
        -- 2017-10-06 (金) 23:53:53
      • こうして自分で混ぜることなく自動的に混ぜてくれるのさ…たまに魔力が漏れるらしいけれど特には問題はないらしい(らしい、らしい)
        そんな物騒なもんを押し付けようとしないでくれたまえ!?お兄さんだって我が身は大事なんだから…
        見るも無残っていったい何があったんだ…夢見ってどういうことだよ!
        …グロード君、まずは落ち着こうか(肩に手を置いてステイする、させる)夢見が悪いだの性欲だのって…これ、サキュバスでも入っているのかい…?
        もしそうなら魔物起因の物を使う訳にはいかないよ、これでも天使だしねえ…ハーブって聞いてはいたけれど… -- クウネル 2017-10-07 (土) 00:01:00
      • 魔力が漏れるってところもなんか微妙にそそるものがあるね…それで飲み物に影響出たらちょっとあれだけど…
        いや、純粋にハーブの効果っぽいぞ。少なくともサキュバスだのの説明は受けてないからね…僕は詳しく知らないから詳細が知りたければ詳しい人に聞いてみたらいいんじゃないか…?
        なっ!だから大丈夫だって!(大丈夫ではない)ちょっと頭お花畑になるだけ(らしい)ぞ!(いい笑顔で)
        -- 2017-10-07 (土) 06:01:40
      • 味に影響があるような話もしていたけれどコーヒーを試した所では影響を感じなかったねえ、もっと味の薄いものだと影響が感じられるかもしれないけれど…味の薄い物を混ぜて飲む事もないだろうからね
        ハーブの効果かい…詳しい人って作成者本人以外居ないのでは…?この危険なブツの説明を果たしてまともにするのだろうか…?
        とりあえず試してみるかな…(枕を置いて)大丈夫なのだよね…?(念押し) -- クウネル 2017-10-07 (土) 06:13:47
      • ふむ…そうなるとそれなりに良いものを買っているね君…僕は昏睡枕だというのに
        あ、待って。待ってくれ。使ってみてもいいけど僕の部屋ではやめてくれよ危ないハーブで気持ちよくなっちゃった君を僕が処理するとか地獄みたいな光景になるだろだからとにかく試すにしても公園のベンチとか誰にも迷惑がかからないところでやってくれ頼むよ(ノンブレスで言い切って)
        いやしかしね、天使なら効かないかもしれないね…?という気持ちもあってね?うん多分大丈夫なんだけどね(念押しにどんどん胡乱になっていく人)
        -- 2017-10-07 (土) 06:19:57
      • 面白いものをと頼んで見せてもらったらこれがフフフ…たったの金貨1600だったよ、高いのか安いのかはよくわからない…と言うか投げつけて昏睡が通るならそれはもう立派な武器なのでは…?バステ付与系の…
        誰にも迷惑ってそんな迷惑が掛かるような状態になるもの流石に要らんよ!?お兄さんは冒険者と言う訳ではないから武器としてもいらないしねえ…
        かと言って一人で試して二度と目を覚ましませんでしたって言うのも困るし…って言うかいま危ないハーブって言ったね!?リラックス効果とかじゃなく思いっきり危ないって言ったね! -- クウネル 2017-10-07 (土) 06:24:11
      • いや最後の一個がすっごいまともでタイマー機能付きでスッキリ目覚められるしで良い買い物だったんだけどこの2つがただの武器でしかない上に枕抱えて移動してたらどう考えても僕が変なやつだしね…?
        そう、要らないんだよね!僕も同意見なんだよ!だから貰ってくれ!(身も蓋もない最悪さだった)
        二度とっていうのはないんじゃないかなぁ。僕使ってないから知らないけど、ハーブの効果でリラックスしてちょっと…言葉を選ぶと大人向けみたいな感じになってしまった人なら知っているんだけど(そうビエネッタのことです)
        僕にとっては危険なものでも君には危険じゃないかもしれないじゃあないかあ!(もはや論理もクソもなかった)
        くっ…やはり武器として使うしかないのかこれは…いやそれもなんかなぁ…
        -- 2017-10-07 (土) 06:30:31
      • 凄い…お兄さんの知らなかったラストワンが凄くまともでどうして他の二つを生み出した!状態だ…あー、枕は効果的でもでかすぎるって事かな
        冒険先に持って行ってうっかり仲間の人がちょっと貸してしたら目も当てられないだろうしねえ…あ、いらないです(サッと否定した)
        リラックスして大人向けって一体どういう事なの…全身脱力しすぎて溶けた…?
        お兄さんに危険があるかなイカをここで試すかどうかだけど…もう一つの案はこれをベースに別の物を生み出して貰うくらいかねえ
        鍛冶屋さんに頼んで効果を武器に付与して貰う…のができるかどうか?あとはそうだね、ダー・フェンザーと言う錬金術師が居るので彼に枕を見て貰えば新しい使い道が出るやも…
        いや、ハーブやマタンゴの調整をしたら普通に使えるようになる…かも…? -- クウネル 2017-10-07 (土) 06:37:51
      • いやさ、ほら…なんて言うのかな…な!そういう違法な感じの、ちょっとこういやんな感じの目的に使うハーブが!(自分では言いたくなさでなんとも回りくどい古めかしい言い方になりつつ)
        ダー・フェンザーか。彼は腕利きだからね、信頼はしているが…これを持っていって事情説明しても僕の正気が疑われそうで…
        うぅん…難しいな。もう少し色々考えてみるよ。押し付けようとして悪かったね、天使の人
        -- 2017-10-07 (土) 06:44:32
      • スケベアイテムだったのかい…安眠枕と言うよりもそう言った夢を見るための枕なのかもしれないねえ(大体わかった、と頷いて)
        おや知っているのかい、ならば話は早い…正気を疑われると言われても、そう言うものがある以上は仕方ないのではないかなあ?
        なんだったらお兄さんがその枕をダーさんの所に持って行って話を聞いてみるかい?自分で使うと言う気はないけれど…(そこまで聞かされちゃねって顔) -- クウネル 2017-10-07 (土) 06:54:02
      • 平たく言うとそういうアイテムだね。これ絶対安眠枕として開発されたものじゃないと思う(真顔で頷き)
        いや…これを買ったのは僕だ。確かに押し付けようとはしたけど、責任は僕にあるからね…
        でも、せっかくだから天使の人に託そう…事の顛末を教えてもらえたら僕は満足さ…(途中まで格好つけようとしたが結局妥協する)
        -- 2017-10-07 (土) 07:00:18
      • 開発順序が気になったりもするね、安眠を最初は目指して1号2号は危険物だが3号で成功したのか…逆に普通過ぎてつまんないと変な方に走り出して明後日の方向になったのがこれか…
        オーケー…ハーブの方だけで問題ないね?一度にマタンゴまで抱えるとどうしていいか…逆でもいいけれど、マタンゴはただ昏睡するだけだからまだましなのではないかなって…(マシと言うほどでもないが)
        ダーさんから別の所へ…とまた移ったりするかもしれないけれどまあそこはそれ、しかし一応作成者本人にもどういうものか聞いておいた方がいいかな -- クウネル 2017-10-07 (土) 07:09:16
      • その辺気になるから今度聞いてみよう…多分後者の変なテンションになっちゃったほうだと思うけど…
        マタンゴの方は完全に武器だからねもう。なんの衒いもなく危険物だよこれ…こっちは僕の方でどうにかするさ
        うーん、まあ…確かにそれが筋な気もするね。その辺は任せるよ
        -- 2017-10-07 (土) 07:17:07
      • 徹夜で作ったテンションとかならまあ…納得できるかもしれないな…(頷く)
        ハーブは効果を聞くだけで取り扱い注意案件だけど、マタンゴはまあ…うっかり眠っても起こせる…起こせはするのだよね?
        了解したよ、それじゃあちょっと改造できるかはさておき本人にも了承を得ておこうか…(ハーブ枕を手にして)
        願わくば改善版の何かを持ってこれるといいねえ…(いったいどうなるかはわからないがともかくとして、ハーブ枕を手に図書館へとまず向かうのだった) -- クウネル 2017-10-07 (土) 07:22:38
      • ああ、起きれるよ。実際、僕は起きたしね…
        ただ、本当にマタンゴに昏睡させられたのと同じ眠りだから…ちょっとビビるよ…
        ああ、任せたよ天使の人…!うまいことリサイクルさせてやってくれ…!
        -- 2017-10-07 (土) 07:30:46
  • さて、リリアの隣の部屋ということだけれど……(コンコン、ノックし) ごめんください、リリアに言われて来た……ええと、魔女っぽい人です -- リリネ 2017-10-06 (金) 00:27:30
    • (ノックに応じ、扉を開けば)ああ、君が…噂の、リリネさん?(ウルガンに仕込まれた笑顔を作り)
      すまないね、わざわざ来てもらって。立ち話もなんだし、コーヒーくらいは出すよ(言って、部屋へ招くように体をずらし道を開ける)
      -- 2017-10-06 (金) 01:11:00
      • ほう、コーヒーですか……いいね。正直男子の部屋に一人で来るのは勇気が必要だったが…コーヒーとなると踏ん切りがつく
        (と、冗談っぽく微笑しながら入る。ただコーヒー好きというのは事実であった……)
        それにしても、ボクが噂になってるとは聞き捨てならないね? こんな地味な女の子に語るところなど無いだろうに… -- リリネ 2017-10-06 (金) 01:16:53
      • ああ、その辺は言葉の綾だよ。君を噂したのはリリアちゃんで、その噂を聞いたのは僕だけだ
        だから、君が気にするほどのことはいかほどもない。でも、ひとつ言わせてもらうなら…
        (その、分かりやすい魔女ルックを指し)その格好の女性を、僕はあまり地味だとは思わない、かな?(二人分のコーヒーを入れ、片方を差し出しながら)
        -- 2017-10-06 (金) 01:20:44
      • あー……リリアか、そうだね…あの子はボクのことを結構買い被っているから、あの子なら噂を広めかねない。ふふっ…
        (そしてツッコミに対しては) おや、心外だね? こんなにも暗い色の外套だというのに…なんてね (もしかしたらボケだったのかもしれない)
        ああ、コーヒーありがとう。知ってはいるだろうけど、自己紹介しておこうかな? ボクはトリリネアー・クロムウェル。ただの修行中の魔女に過ぎない
        呼び方は短く「リリネ」とでもしてくれたまえ。そして君はグロード……で、よかったかな? -- リリネ 2017-10-06 (金) 01:26:04
      • あの子が買い被るんだ、相当の物だと僕も期待させて貰うよ(悪戯っぽく笑い)
        丁寧にどうも、お言葉に甘えて、リリネと呼ぶことにするよ、僕にはあだ名をつけるセンスなんてないからね(右手を差し出し)
        僕は…グロード・ウェイベル。以後よろしく…ところで、いくつ使うかな?(差し出していない方の手には角砂糖の入ったリンゴ型の容器を持って)
        -- 2017-10-06 (金) 03:48:48
      • ゼロで。 (と、砂糖について即答しつつ握手に応える苦党だ)
        ――さて、期待されている身として先に言っておくけれど…ボクに出来ることなんてそんなに無いからね?
        そうだな……詳しく聞いてはいないが見たところ、「空を飛ぶ」方法あたりの相談だろうか? それも、魔術的なアプローチを考えている
        そこでボクにできることと言えば…まずは、君の魔術の才能を軽く調べるところからかな? -- リリネ 2017-10-06 (金) 20:14:33
      • なるほど、了解(自分の分だけ二つ落として砂糖をしまい)
        そう、ご明察!(笑顔で拍手を送り)もしかして、リリアちゃんから聞いていたかな?
        なるほど…なるほど。使えるかはともかく、才能のあるなしは是非知ってみたいところだね、どう調べるんだい?
        -- 2017-10-06 (金) 23:11:05
      • いえ、もし空を飛ぶのがメインの翼人でしたらもっと脚が細く筋肉が少ないなと考えてね…グロード君は普段から歩いてそうな脚に見えた
        (どう調べるか、と問われれば軽い説明を始める) ボクは自然界に存在する無数の神秘存在…「精霊」と呼んでいるが、その精霊の助力を受けて魔術を使う
        そのため、精霊を視る「眼」を鍛えているんだ。集中して他人を見れば、その人を取り巻く精霊の様子が分かり…好かれている「属性」を割り出せる
        とは言え、それは傾向に過ぎないから絶対的指標にはならないかもしれないが……グロード君も、調べるかい? -- リリネ 2017-10-06 (金) 23:22:08
      • すごい洞察力だね、探偵も兼業してておかしくないほどだ
        (説明をひとしきり聞いて)なるほど…なるほど。つまり、本人の持つ魔力とは関係のない、精霊との関わり方が見える、というわけだね
        うん、是非やってみて欲しいな。もし、精霊に嫌われていなければ糸口のひとつになりそうだからね
        (よろしく頼む、と腰を曲げ)
        -- 2017-10-06 (金) 23:57:25
      • …一人旅が長くてね。相手の体格を見るのはただの癖、みたいなものかな…だから大したことじゃないさ
        (グロードの返しに頷き) そう、ボク自身も魔力量は人並みより少しいい程度で…この流派は魔力量依存度の低い魔術体系なんだ
        よし、では早速見てみよう。んー…… (と、左目でグロードを凝視する。さて、一体何の属性の精霊が見えるのか? それはグロードの素質次第だ…) -- リリネ 2017-10-07 (土) 00:04:18
      • …ふむ。かなり、大変な一人旅だったのかな。相手の体格や所作からそういった点を見抜ける人は、やはり苦労した証拠だからね
        うん、そうあれば僕にもうってつけ…と、なってくれればいいな。ああ、よろしく頼むよ(その方が見やすかろうかと手を広げて立ち)
        (リリネの瞳に映るのは、一種奇妙な光景。グロード自身は火の精霊に好かれているようだが、しかし何故か翼の付近には近寄るまいとする流れを感じるだろう)
        -- 2017-10-07 (土) 06:09:52
      • (確かに奇妙な光景である。精霊が身体の一部を好き嫌いするなど本来はありえない…リリネとしても初めての経験だ)
        ――うん、分かったよ。君は炎魔術の適性がある……が、不思議なことに君の「翼」は彼等に嫌われているようだ。非常に特殊なケースと言える
        考えられるのは、君のご両親が相反する特性を持つ種族で…両者の特性が発現し喧嘩している可能性
        もしくは……その翼が「君自身のモノではない」可能性か。後天的に与えられた、または呪いの類――あ、いや…これ以上の考察は冗長に過ぎる。やめておこう
        何にせよ、グロードが取るべき選択の結論は見えてきた。一つ、炎魔術を用いるが「翼」は用いない飛翔魔術を目指す
        二つ、炎ではない別の属性の可能性を模索する……そう、風や雷あたりならば君の翼との相性も良いかもしれない -- リリネ 2017-10-07 (土) 18:24:35
      • なるほど…なるほど。いや、翼は生まれつきのものだ、両親も…うぅん。同じ種族の…筈だ
        だから、おそらくは呪いか…調べてみなければわからないかな。ありがとう、ともあれこいつが厄介なのはわかったよ
        しかし…そうか。翼と相性の良い物を探す前に一度、今わかってる炎の方向で行ってみることにするよ
        …まあ、どうするかはこれから考えるけど。例えば、空を行くだけなら気球で行けるとは思うが…できれば身一つで飛びたいからなあ
        -- 2017-10-07 (土) 18:31:22
      • まぁ、結論を決めるのはグロードだからね…あくまでボクの話は参考意見に過ぎない。にしても、炎の飛翔魔術か…
        ああそう言えば、足の裏からジェット噴射で飛ぶという炎魔術なら文献で読んだことがあるな…! よし、それで試してはくれまいか?(※期待の眼差し)
        さて…それでは用件は済んだしボクはこれで。また何か相談事があればこちらまで来てくれたまえ?(と言って宿住所のメモを渡す)
        ……ちなみに、女性の部屋だからと言って尻込みしなくてもいいよ。「君」なら歓迎するから…ふふっ コーヒーご馳走様。じゃあね
        (最後に不敵な笑顔でそんな事を言って部屋を出て行く。何を察したかは直接聞かなければ分からないだろうが…) -- リリネ 2017-10-07 (土) 20:04:18
      • ジェット噴射か…うぅーむ。試してみてもいいが…(少年的にはピンとこなかった様子で腕を組み)
        そう言われたら別に気兼ねもなく訪ねるけれど…君、何を見た?(わかりやすく、睨みつける表情を作り)
        …いや、それも今度伺ったときにしよう。ではね、精霊魔法のリリネ、今度は君の部屋で、だ
        -- 2017-10-07 (土) 22:21:38
  • グロード、遊びに来たわよ。グロードの所はいつも随分盛況の様で二の足を踏んでしまうわ -- ビエネッタ 2017-10-07 (土) 03:32:21
    • そうだろうか…?まあ、好かれているようだと言われれば悪い気はしないね(照れたように頬を掻き)
      そして、それでも踏み込んできてくれる君にもありがたいと思っているよ。この前もやはり迷惑をかけてしまった気がするしね…
      -- 2017-10-07 (土) 06:12:16
      • 別に私に限っては迷惑とかないから安心しなさい。そんなことより突然にクイズを出すわ
        エッチになればなるほど硬くなるものってなーんだ? -- ビエネッタ 2017-10-07 (土) 06:29:36
      • えっ、クイズ…?ふむ…(問題を聞き、考えた結果)
        女の子がはしたないことを聞くんじゃあない!(少年は顔を真赤にして叫んだ!)
        -- 2017-10-07 (土) 06:31:55
      • あらあらあらー?!これはクイズよ?はしたないとは一体何の事かしら??(にやにやしながらグロードの周りをうろうろするぞ!) -- ビエネッタ 2017-10-07 (土) 06:55:03
      • に、にやにやするなよぉ!だって、え、えっちになればなるほど…って…!そ、そういうことではないの…?(赤くなった頬を両手ではさみつつ)
        な、何だ…?違うのか…?(冷静になれ、と自分にい聞かせながら考えを巡らせ)
        すみませんわかりません…(結果両手を上げた)
        -- 2017-10-07 (土) 07:03:42
      • 正解は鉛筆でした。一体どんな物を想像していたの?鉛筆以外の答えがあるのか、逆に聞きたいわね?ねぇ…? -- ビエネッタ 2017-10-07 (土) 07:08:42
      • 鉛筆…鉛筆!?あ、なるほど…Hになれば…(恥ずかしくなってうずくまりました)
        そりゃあ…その…い、言わなきゃだめかい…?と、いうかなんだってそんなクイズを…?
        -- 2017-10-07 (土) 07:23:49
      • 思春期の男の子に出すと面白いクイズだと思って、ふふふ(うずくまったグロードを見てご満悦な顔)
        折角遊びに来たのだもの、まあ、話しの種の一つに、と言う奴ね? -- ビエネッタ 2017-10-07 (土) 07:35:25
      • うぅ…からかわないで…って、あ…この前の意趣返しか…!(壁ドンした時のことを思い出し)
        なるほど…してやられたという訳だ…うう…満足していただけたかい…?(少し拗ねたような口調で)
        -- 2017-10-07 (土) 07:41:19
      • と言っても、そこまで恥ずかしがるものかしら?男の子なのに…
        ええ、大満足よ!これで今夜は良い夢が見れそうだわ。(そしてグロードの口調に、楽しそうにして)ふふふ、まあそう拗ねないで頂戴
        今日はちゃんと冒険に役に立つ魔導具を持ってきたのよ! -- ビエネッタ 2017-10-07 (土) 07:55:21
      • 恥ずかしいものは恥ずかしいの!そういうものなの!もういいじゃないかそれは!(むぅ、と頬を膨らませ)
        ほう…?どんなものだろうか、正直ビエネッタの出してくれる道具は面白くて楽しみなんだ(一転してワクワクしたような顔になる)
        -- 2017-10-07 (土) 08:02:15
      • はいはい、わかったわ。シャイねーグロードはーきっとエッチになっても硬くならないのね、いや、鉛筆の話よ?
        ふふん、そうでしょうそうでしょう。私はこの街の青タヌキといわれたこともあるかもしれない存在…今回はこれよ!(てけてけーんという効果音と共にビエネッタの持つ魔道書から現れるのはなにやら不思議な形をしたコンパスだ)
        http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp032830.png 
        これは魔導羅針盤…物体に特定の魔力波を飛ばし、羅針盤に記憶した物の方向をいかなる場合や状況でも指し示すとっても便利な魔導具よ。(懐中時計の様に、装飾に凝った蓋をあけるとなかには光る粒子の様な物が浮いている不思議な見た目をしている) -- ビエネッタ 2017-10-07 (土) 08:25:32
      • お、女の子がはしたない…!うんそうだね鉛筆だねううっ覚えてろよ…!(拳を握って)
        青たぬきは褒められてるのかな…?(訝しがりながらも出されたコンパスを見て)
        おぉー…きれい…(その光る粒子を眺めつつ)つまり、これに記憶させておけば困難な道でも必ず戻れる…アリアドネの糸という訳か
        どうしたんだいビエネッタ、今回すごいまともじゃないか!?(ちょっと失礼な少年だった)
        -- 2017-10-07 (土) 18:06:20
      • あいにく私はもう女の子って年齢じゃないの。お姉さんと言う奴なのよ…!
        ええ、これがあればどんな人間でも簡単にストー…おほん。挨拶しにいけるし、眼鏡をなくしたりもなくなる優れものなの…(そこまで言って)
        なっ…何よ、私だってマトモなアイテムの一つや二つ…三つや四つくらい、つ、つくれるのだわ!(むきーっとなって手をブンブンと振る) -- ビエネッタ 2017-10-07 (土) 20:49:41
      • 20って言ってなかった…?まだ女の子でいいんじゃない…?(難しいなって顔で)
        …今、かなりアウトよりな使い方を紹介しようとしなかったかい!?道具は使い方次第だけどさ!&brふふふ、ビエネッタはかわいいね…!(したり顔で先程弄られた分は取り返したと)
        で、これの欠陥はどこなんだい…?(もはや絶対何らかの欠陥があるだろうみたいな思考になってしまった哀れな少年
        -- 2017-10-07 (土) 22:28:45
      • ぐぬぬ…べ、別にかわいいとかじゃないわよ!も、もう…!
        いつも欠陥があると思わないで頂戴!これは普通に冒険でも使える道具なのだから、欠陥と言う欠陥は無いわよ。しいていれば、製作コスト…かしら。
        中々数が作れないのよ。 -- ビエネッタ 2017-10-07 (土) 22:49:21
      • ふむ…なるほどコストか。それはあまりモノ作りに励んだことのない僕にはない視点だったな…
        でも、これ…つまり、高いのでは…!?いやしかし…(そのデザインの秀逸さに見入っていた)
        で…お、おいくらなんだい…と、いうか。売ってもらっていいのだろうか…(まずはそこだろうと、伺うように)
        -- 2017-10-07 (土) 23:05:26
      • ふふ…まあ、本来は結構なお値段がする物なのだけれど…
        グロード、貴方にこれはあげるわ。冒険者してるなら、役に立つかもしれないし、ね?(私物のアイテムなのだが、グロードに対しては何か思う事があるのだろう。何かと世話を焼きたいと言う事らしい) -- ビエネッタ 2017-10-07 (土) 23:33:29
      • だ、だろう?やはり…(と、続く言葉に顔は複雑な表情へ変わり)
        い、いいのかい…?ほ、本当に…?でも…(不意のプレゼントに動揺し、喜色を隠せず)
        …大切にするよ。これがあれば、僕はどんな死地からも戻ってくると、そう思えるよ。素敵なものを、ありがとう…ビエネッタ(心からの、満面の笑みを向け)
        -- 2017-10-07 (土) 23:41:42
      • ええ、まあ…そのために持ってきたのだし、ガラクタばかり作っていると思われたくは無いもの(クスクスと笑って)
        使い方は簡単よ。記録したい物へ向けて側面のスイッチを押すと、ターゲットをロックするわ。後はこの中の光粒子が常にロックしたターゲットがある方向に矢印となって示すわ。登録は一つまで。ロックを解除するには、側面のスイッチを長押しすれば、解除となるわ。
        ロックした物体が破壊、もしくは死んだ場合にも解除されるの。まあ、人の生存確認なんかにも使えるわね。(概要を説明しながら、魔導羅針盤をグロードに手渡し…)
        貴方には、精々長生きして貰いたいだけよ。別に、深い意味は無いのよっ?(少し恥ずかしそうにしながらも、他意はないと言う説明をする) -- ビエネッタ 2017-10-07 (土) 23:53:58
      • そ、そんなことは…少しだけ、思っていたよ…すまない…(本音を打ち明け頭を下げ)
        (熱心に説明を聞き、頭に叩き込む。といっても、操作自体はシンプルで)なるほど…わかりやすくて、助かるね
        …心配してくれてありがとう。確かに、冒険者をやっている以上は、普通に生活するよりは死ぬ確率は高いものな。ああ、深いところまで探ろうなんて思わないよ…それとも、何かウラがあると、疑ってほしいのかい?
        -- 2017-10-08 (日) 00:04:27
      • わかるわよ!グロードの私を見る目が…そういう目をしたッ!って感じだもの!
        便利な物なのよ?これがあれば100年前に埋めたタイムカプセルだって、見事に掘り当てることができるわ!基本的には、ダンジョンや遺跡に潜る前に、入り口あたりを記録しておくのが主な使い方になるのかしら。
        ええ、まあ…貴方がさっさと死んでしまうと、私が退屈をする事になるもの。ふふ…あら、それとも何か裏があったほうがよいかしら?(意味深な事を言いながら)
        さて、今日はこれで帰るわね?グロード、また会いましょう(ちゃんとグロードにプレゼントを渡す事が出来て、上機嫌な様子で帰っていきました) -- ビエネッタ 2017-10-08 (日) 00:29:54
      • す、すまない…隠し事のできない質で…!
        あ、なるほど。そういう…ダウジング的な使い方もあるのか。いいな…!なんて便利…!
        い、いや…別にそういうわけでは…むぅ…!あ、ああまた会おうビエネッタ。今日はいいものをありがとう、ほんとに!(めっちゃいい笑顔で見送ったという)
        -- 2017-10-08 (日) 00:45:54
  • 例の天使から、何やらバタバタしていると聞いたが(気に掛ったのか、訪ねてきて)
    ……どうやら、大丈夫そうだな? -- ウルガン 2017-10-07 (土) 22:38:57
    • やあ、ウルガン。僕はいつもなにがしかバタバタしている気がするよ…今はそうでもないけどね
      ウルガンも忙しそうだね?次の公演が近いのではないかな
      -- 2017-10-07 (土) 22:51:40
      • 大事がないならいい。(と、薄く笑って)在庫がどうとか、詐欺にでも遭ったのかと思ったが。
        七月の上旬に決まった。準備も大詰めだな(と語る顔には、ほんの少しの疲れが滲む) -- ウルガン 2017-10-07 (土) 22:55:40
      • いや、詐欺ではないよ。ただ、あるだろう?これは欲しい!と思ったものにそうでもない、どう使うんだこれ…?みたいなおまけがついてくることが
        なんだか君のほうがお疲れ気味だね、そんな時にわざわざ顔を見に来てくれるとは恐悦だ
        僕にはコーヒーくらいしか出せるものがないが、息抜きはできると思うよ(言いながら、二人分のカップを用意し)君はやはり黒がいいのかな?
        -- 2017-10-07 (土) 23:14:39
      • 俺は経験がないが……。ついてきたのか、オマケが。
        ああ、すまない。顔に出ていたか?(役者として不甲斐ないな、と苦笑して)少々、煮詰まり気味でな。
        ありがたい。砂糖とミルクを大目に頼む。……子供舌でな、ブラックはどうにも苦手だ(と、頬を掻く) -- ウルガン 2017-10-07 (土) 23:20:06
      • 日々も役作りの鍛錬に当てるのは見上げた精神だと思うが、疲れた時はつかれた表現をしていいものだと僕は思うぞ
        へえ、意外だ…と言っても、僕も砂糖がなくては飲めないのだけどね(苦笑しながら入れたコーヒーを渡し)
        さ、地獄の飲み物の完成、というわけだ。ミルクはこれを使うといいよ(瓶入りのミルクを取り出してきて)
        -- 2017-10-07 (土) 23:33:02
      • 役者は人気商売だからな。あまり疲れた顔を見せていると、ファンを失望させる……(眉間を揉んで)
        だが、ここでくらいは、言葉に甘えよう(誰が見ているわけでもないと、表情を緩めて)
        苦いだけの飲み物のどこが美味いのかと不思議になる。格好はつくのだろうが、どうにもな。
        (礼を言って、たっぷりとミルクを入れた)美味い。やはり疲れた時には、甘いものが効く。 -- ウルガン 2017-10-07 (土) 23:43:38
      • なるほど…人気商売も辛いな、しかし。どこかでうまく空気を抜かないとね
        苦味で覚醒するという話も聞いたことがないわけではないが、僕も概ね同意だよ
        味は人の好みの範疇とはいえ、ね…しかし、本当に意外だ。ギャップ萌えというやつだろうか…?
        -- 2017-10-07 (土) 23:54:09
      • それがどうにも下手でな。散歩や食事で抜いているつもりでも、どうにも周囲を気にしてしまう。職業病だな。
        (甘くした珈琲を啜ると、脳の奥が解れる思いがする。ほう、と息をついた)
        ギャップもえ?(知らない言葉だって顔)どういう意味だ? -- ウルガン 2017-10-08 (日) 00:06:08
      • それは…(どちらかと言うと、と前置きをして)周囲に怯えてるのでは…?何か、こう…
        (引っ掛かりを覚えるものの、言葉にするには要素が足りず)まあ、いいか。倒れない程度に頑張ってくれよ、ウルガン
        例えば、君の甘いもの好きとかね。人は外見が9割というからね。そこから連想できない要素が見えた時に魅力を感じる…それがギャップ萌えだ
        -- 2017-10-08 (日) 00:17:52
      • (「怯え、か。……怯えるようなことなど、俺は」)
        (「……いや」 確かにそうだ。自分は、怯えている……役者としての仮面が剥がれることに。この日常を喪うことに)
        勿論だ。公演前に倒れるなどありえない。(薄く笑って、肩を竦める。息抜きに来たはずが、結局演じている。やはり病だな、と内心に自嘲して)
        ふむ……(顎を撫でて)分からないでもないが。それが自分にあると言われると、少々むず痒い。……そういう視点で見ると、グロードはどうだろうな(首を傾げて観察する) -- ウルガン 2017-10-08 (日) 00:32:17
      • 大丈夫かい。なんだか余計疲労を増させてしまったような気配があるが…?(コーヒー啜りつつ)&brまあ、そういうものだろうね。要は、隙と言って差し支えないからね、ギャップというのは
        な、なんだい…?そんな目で見たところで、僕は普段からあまりギャップのない生活をしているが…!?(つまり常に残念だということだ)
        -- 2017-10-08 (日) 00:52:05
      • そんなことはない。気遣いに感謝する(微笑して珈琲を啜る。湯気の向こうの表情は、これまで通りの、ほんの少しの疲れ顔)
        ……うむ。さっぱり見当たらん(きっぱり)隙といえば、隙だらけだ。ありのままに隙だな。
        だが、無いよりは好い。よほどな(くつくつと笑ってから、珈琲を飲み干して)……そろそろ戻ろう。良い息抜きになった。
        (ご馳走様、美味かった。そういって立ち上がり)詐欺とおまけには気をつけろよ(肩を竦めて去っていった) -- ウルガン 2017-10-08 (日) 01:10:24
      • それはそれでなんかこう…傷つくな…!?僕はそんなに隙だらけだろうか…(ううむと悩み)
        あ、ああ。それは何よりだよ何だか少し釈然としない物は残ったが…
        いやさ、だから詐欺ではなくてね…?まあ、気をつけるよ。僕に限っては大丈夫だと思うが。また会おう、ウルガン
        -- 2017-10-08 (日) 01:26:50
  • 例の枕は一件落着の様相を見せたので結果を報告しよう!

    その ▲咼┘優奪燭砲匹ΔいΔ發里聞く
     どやら枕は失敗2つの上で3つ目で成功と呼べる作品となったらしい、かわいい子が使ったら楽しい!と失敗作でも使わせようと試みた…
     魔道器の他に作成当時は脱法で現在では違法性のあるハーブが使われている可能性があるらしかった、ここのハーブの種類についてはお兄さんはわからないので割愛するよ

    その◆▲澄次Ε侫Д鵐供爾鵬良を依頼する
     錬金術で作られた枕だけに、他の腕のいい錬金術師となると彼しかいないだろう
     ハーブが脳に作用するためにバランスの調整が難しい…という事だが、彼はチョイチョイ…少なくともそう見えるほどあっけなく改良して見せたよ
     1からあの枕を作り上げるのは彼にも難しいらしいけれど調整はあっさりと…恐らくこれはビエネッタとダー・フェンザーそれぞれの得意分野の違いなのかもしれないね
     こうして改良された枕はアヘ顔という特性が消え…頭を置けば無理なく快眠できる枕へと生まれ変わったんだ
     ただし問題点として枕に頭が乗っている間自力で簡単には起きられないと言う点があげられる…お兄さんは実験使用した時に顔に落書きをされたが全く起きられなかったんだ
     彼の所では起床と言う面でここに何かを加えなければならないという課題が出来た所までだね
     なお…おまけとして枕を医療用麻酔に流用するSINOGIを考えたらしいけれどあの枕は1つしかないので商用化はビエネッタと相談するように告げて改良まではおしまいさ

    その、リリアに贈呈
     安眠枕になった枕をこの宿のリリアと言う子に見せたところ興味を示し…使ってみたところ同じように安眠は出来るが髪にリボンを結わえる程度では目を覚まさなかった…
     起床面で不安が残っていたがここで思わぬ解決を見せる事となる、彼女には使い魔のスライムが居たのだ
     目覚まし時計をセットして起きられるかわからないところに、スライムによって枕をどかす事で起きられるシステムが生まれた…
     本人も気に入った様子もあり、グロード自身は完成品の3号を持っているかつ、こちらの枕は第三者の手助けがないと起床し辛いためにそのままあげて来たよ


    三行で!
    「ビエネッタ」が錬金術で作った失敗作1号か2号かどちらかでかわいい子に使わせたいと押し付けた
    「ダー・フェンザー」によってアヘ顔効果は消えて「起床に不安のある快眠枕」となった
    「リリア」が使い魔を用いて起床補助が出来て丁度いいので贈呈した

    という具合に、改良された枕は恐らくもっとも手にするのに都合の良い人物の手に渡ったのだと思う -- クウネル 2017-10-08 (日) 12:51:58
    • ああ、結局そういう形で落ち着いたのか。あれやっぱり危ないハーブだったんだね、いやぁ使わなくて良かったね!
      しかも巡りめぐって落ち着いた先もなかなかだ。良かったんじゃあないかな?
      で、そろそろ言っていいと思うからいうんだけど
      いやなげえな顛末!!
      -- 2017-10-08 (日) 19:25:53
      • ダーさん曰く脳に作用するのはやばいのが多いとかなんとか…
        同じ宿でもあるのだし使っている心地を聞きに行ってみるのもいいのかもしれないねえ…
        うむ、しかし…あの枕に訪れたこれが真実さ!(ズバーン) -- クウネル 2017-10-08 (日) 20:38:50
      • 僕としてはもう枕云々よりリリアの使い魔の方が気になって仕方ないよ!…何それかっこ良くない…
        しかもスライムっていうのが渋いじゃないか。とても気になる…!(拳を握り)&br;天使の人はなんかこう、そういうのはないのかい?破壊光線とか以外で
        -- 2017-10-08 (日) 20:55:03
      • 使い魔のほうに食いついた!?渋いと言うのはまあ…しかしスライムは格好よくはないと思うのだけどねえ
        気になるならば見せてもらえばいいのではないだろうか、お兄さんにも別に隠している存在ではないようであったしね
        ええ?お兄さんに使い魔…かい?それはないねえ、どちらかと言うとお兄さん自身が神の使い魔みたいなものだもの、時折人間のデビルサマナーなんかと契約して使い魔になる天使もいるようではあるけれど… -- クウネル 2017-10-08 (日) 21:03:38
      • そう、だからだよ天使の人。格好良くないからこそ、格好いいんだ…!(中二的理論力説)
        そうか。そもそも字面的におかしいもんな天使の使い魔。二つの属性が合わさって最強に見えなくもないが
        悪魔召喚師か。憧れなくもないな、やはり格好いいよね…!あ、じゃあ天使の人僕の使い魔になってくれよ(雑な無茶ぶり)
        -- 2017-10-08 (日) 21:16:58
      • だからなのかい!?…カッコよくないからカッコいい…渋い趣味と感じるけれどそういうものなのかなあ…グロード君的にはどういう使い魔が理想なのだい?石造からなるガーゴイルなどがよくあるもの言う気分だけれど…
        「魔」とは言うけれど邪悪なものとしての魔と言うより、魔力や気功や神通力の賜物などだろうから…従えるのもある…かもしれないけどねえ、上位の天使にとっては下位の天使は使い魔も同然じゃないだろうか(契約による使い魔と言うよりも、パシリなどの方が近いかもしれないが)
        これもまた悪魔…と言っておきながら妖精や天使、邪神等々…様々な種族と契約したりするからねえ…ええ、お兄さんがグロード君の使い魔にかい?
        (顎に手を当てて考える)んー、今のお兄さんは正式な大天使じゃない…っていうのと、グロード君自身が正式なサマナーじゃないって言うのがあるからねえ、仮契約って形なら構わないよ
        本契約はグロード君が召喚道具を手に入れないとどうあがいても無理だろうからね -- クウネル 2017-10-08 (日) 21:27:46
      • だって格好良いだけじゃあ格好悪いだろう?ネクロマンサーの使い魔はゾンビと言えなくもないが、格好悪いわけじゃないだろう(やはり中二的理論)
        そういうものなんだよ…理想は、そうだね。ゴーレムかな…リビングメイルを部分的に着て戦ったりするのもイカすと思う
        彼らは僕らを人類として括るのと同じ感覚で人類以外の超常を悪魔と呼ぶからね…
        あ、案外気さくだな!?もうちょっと渋るかと思っていたよ…しかし、契約したところでその後どうするかって考えてないんだよね…
        -- 2017-10-08 (日) 21:44:59
      • カッコイイは強さに結びつくものでは…スライムは弱そう…いや、でもリリア君のスライムが弱いかどうかはわからないなあ…実は強かったりするんだろうか…?ネクロマンサーかあ、そう言われるとゾンビやらスケルトンなどのアンデッドを使役するね…お兄さんらにとってはわりと絶許しないといけない方の人だけど…(仕事中ならね、と付け加えて)
        ゴーレムは基本的って感じがするねえ、それこそビエネッタの所で作れたりしないだろうか?石の人形に魔道の力で命を吹き込むような…リビングメイル装着はインテリジェンスソードなどの流れを汲みそうでいいねえ、剣の魔物をそのままインテリジェンスソードとして扱うのもいいのではないかな
        天使と言う種族で力天使やら能天使やら上位の方を纏めてしまったりねえ…(彼は種族天使のアークエンジェルな方の大天使である、間違ってもメタトロンなどと肩を並べられるものではない)
        今のお兄さんは休暇中だからねえ、その辺はフランクさ…だけど休暇期間の間だけの仮契約…になるけどねえ、大体あと99年くらいかな?
        まあ…その後どうするか思いついたらでいいんじゃないかな、本契約は召喚道具に収納されたりとあるようだけど…仮契約の方法とかはまあ…やるとしたらでいいし、お任せするよ
        互いの親指に斜めに傷をつけ、傷口をクロスするように合わせるとかでもいいしね -- クウネル 2017-10-08 (日) 21:52:32
      • 君割りとスライムを舐めているな…?スライムは強い…というより厄介なんだ、体が液状だから色んな所に忍び込むしね
        顔に張り付かれたら悲惨だよ、下手したらアイツら鼻から入り込もうとするからね。相手をしたくないやつランキングを作ったら結構上位なんじゃあないかな
        こういう話をしていると夢が広がるね…いいなあ魔剣。焦がれる単語だ…ま、僕に扱いやすい獲物はこの程度なんだけど(言って、普段使いの短剣を鞘ごと抜いて見せ)
        休暇長いな!?いや、天使の人から見たら時間感覚違うのか…そうか(なっとく顔)
        相棒的なものならともかく、なんか召喚獣的な物って僕にはあまりピンとこない(性格的に)からね…うん、与太話に付き合ってくれてありがとうな
        -- 2017-10-08 (日) 21:59:20
      • 突いたらプルンとしていて弱そうだったのでねえ…液状で…ああ、そう言えば枕にしみこませて使うという事も話していたっけ…
        そんなものが窒息させて来るとしたら大変だねえ…手で引きはがそうとしても千切れて肝心の部分が引きはがせずに…となってしまいそうだ(窒息ダメージは入る天使、故に身震いしていて)
        それは普通の剣だから…じゃないかな?魔剣と呼ばれる剣であってもそこまでは変わらないだろうけれど…自立行動する生きた剣ならば一人の力で振るうのではなく、2人?の力を合わせて振れるのではないだろうかねえ
        貯めに貯めた有休…と言う奴さ、上限がないのはいい事だねえ…(その代わり何千何万という歳月は有給なしで所定の休暇のみで過ごしている…大半のまじめ天使はまあそんなものだろう)
        なあに…お兄さんと仮契約するにしても何か思いついたらまた言いに来るといいよ、他の人と契約していないなら問題はないからねえ
        さてそれじゃあ伝えるべきことは伝えたし、お兄さんは戻るとするよ…それじゃあまたね -- クウネル 2017-10-08 (日) 22:19:12
      • あぁーなるほど、そのレベルで自立してくれる剣はいいなぁー相棒感出るなぁーどっかで手に入らないかなぁー!
        あ、うん。そうだね…一緒に何か飯食べに行くくらいしか思いつかないけど…ああ、またね天使の人
        -- 2017-10-08 (日) 22:35:55
  • ヘイヘイヘーイ!グロ山モテ期きてるぅー!(冷やかしにくる) -- あざり 2017-10-08 (日) 22:44:51
    • 何を指していってるのかさっぱりわからないが、何だモテ期って…!
      あ、それとかなりいいアイテムを手に入れたし件の森、いつでも行けるぞ。どうする?
      (//具体的に言うと森さんの方も基本文通進行だったのを思い出したのでこれいつでもいいな…?ってなりました…!)
      -- 2017-10-08 (日) 22:54:52
      • とぼけんなってー!女に水着見せてって言われるってこたあモテモテのモテじゃねーの!(ビエネッタからの猛烈アピールのことを言ってるらしい)
        まじかよ!行こうぜ!(チョコバーとかめっちゃ買って来たし!と乗り気でぐいぐいグロ山をひっぱる)
        (//やはり森か!わたしも同行したい!…まさかコンパスがこんなはやく活躍するとは…) -- あざり 2017-10-08 (日) 22:57:15
      • 僕は着ねえっての!そういうの、僕の領分じゃあないんだよ!(赤くなって腕を振り)
        よし、では行こう…!いざ冒険へ!(引っ張られるままついていく)
        -- 2017-10-08 (日) 22:59:25

Last-modified: 2017-10-08 Sun 22:59:25 JST (791d)