英雄候補生墓場(黄金暦99年) Edit


黄金暦99年12月(6/26) Edit

セスリス・ガーニエ Edit

同行者の19歳女性の肌を見て羨ましがってたらうっかりうっかり
なんとか死亡を取り消しはしたけれど胸の脂肪もかなり取り消されていたので悩んでいる

ユミ・タキガワ Edit

不幸なのは異世界でも変わらなかった。
皆も出オチには気をつけよう

ヴェリヴ・リボルテック Edit

討伐対象にたどり着く前に、死霊によって破壊される
にしても、元となったヴェリヴ本人と同じ巨大トカゲ討伐で散る事になるとは…

越前康助 Edit

だから言っただろう。この銃に関わると、不幸が襲う!

アルファ・プロトソルジャー Edit

黄金暦99年12月、巨大な怪物討伐依頼にて戦闘続行も帰還も不可能な損傷を受け、
『現場の判断』により機密保持のための自爆装置を作動。
同行者ごと吹き飛んだとかなんとかそんな感じ。

ジャスティス・フラッテリー Edit

何者かに刺殺され死亡、通り魔の仕業と思われる
遺品のスーツとスカーフは現在彼の自宅に置かれている

ナギ・クリトヤ Edit

故郷の森を救う為に冒険者になった男は、夢を果たすことのないまま永遠の眠りについた。
偶然にも討伐で赴いた先が森であった事が少なからず彼の心を慰めたかもしれない

エルルーン・ヴァルキューレ Edit

状況、ガス それは二日酔いの彼女にとって致命的だった
やはり薬草売りではだめじゃったか

ビルド・ベーレンドルフ Edit

黄金暦99年12月、怪物討伐依頼にて巨大トカゲと遭遇。
重傷を負って動けなくなった姿が同行者に確認されているが、その後の捜索でも死体は見つからなかった。

黄金暦99年11月(6/25) Edit

ジャン・マルクール Edit

Lv適正外の超巨大トカゲと戦い、足に大きな傷を追い、動きが鈍くなった所を深々と牙と突きたてられた
その後、超巨大トカゲは瀕死か即死したジャンを放置し、残りの仲間たちを襲い次々と殺していった
その大混乱の中一人生き残った生存者のアマクサは、アレでは生きてはいない、と証言した
アマクサの証言とその後も誰一人戻ってきていない事もあり、ジャンは死亡扱いとされた
165組の事もあり、来月早々には部屋は片付けられ、新しい住人は住まうそうだ

GLaDOS・ケーキノレシピ Edit

冒険中余所見をしてジャン君にケーキの材料をわけようとしたところ、
うっかり攻撃を食らってコアが落下、突如開いたポータルから出てきたシュジンコウによって、焼却炉に投げ込まれてしまった。
5人の死亡者を出す憂き冒険となったが、トカゲの敗北条件に「アマクサを4ターン以内で撃破できない」が追加された為、
戦闘そのものは勝利したという。

ゴースト・X-9 Edit

リミッター解除したYF-21に体当たりされ墜落
多大なる戦果を考慮し正式採用されたが性能は大幅に削られた

オナホ職人 Edit

う〜〜〜〜オナホオナホ

今 オナホの題材を求めて全力疾走している俺は
オナホ職人のごく一般的な漢の子

強いて違うところをあげるとすれば
オナホに興味があるってとこかナ――
名前はクリストファー・アインモールドゲイラ

そんなわけで冒険途中にある
ワイバーンの棲家にやって来たのだ

ふと見ると
切り株の上に一匹の若いワイバーンが座っていた

ウホッ!いいワイバーン…

ハッ

そう思っていると突然そのワイバーンは


(中略)


――――こうして、彼はお星様になった。

クドリャフカ・ライカ(6代目) Edit

遺書にみえない小さなメモ紙がおいてあったって話だ

真紅主・ザイコ・ウヒョー Edit

こうして夫婦二人は夜空の星となって末永く幸せに暮らしましたとさ
めでたしめでたし

わさ

オレルド・ベルモンド Edit

「ふはははは!!男に戻った俺に敵など居ねぇーーー!!」
などとまたも調子に乗ってモンスターたちを浮かれて
切り倒していたら、いつかと同じようにムカデにがぶぅ。
逃げ帰る道すがら、生存者たちは、ムカデと社長はいつか殺す
ぜってー全殺しにする…と呟く声が聞こえたと証言したという。

バイド・ラヴィ Edit

冒険先にてスライムに同行者共に溶かされ戦闘不能となる
しかし怨霊の集合体はその無数の魂を消費しながら自分の最も安らぐ場所へ向かい
自分の死すらも理解せず 来たる日常を思い描きながら
最後の魂を消費し 消滅した

レン・プー Edit

冒険中にミッキーマウスマーチを歌っていたところ、黒い服のお兄さん達に連れて行かれ行方不明に。
……あれ?こんな時間に誰だろ

黄金暦99年10月(6/24) Edit

クメキチ・バーガンディ Edit

今月、ひとりの男が死んだ

戦って戦って ひっそり死んだ
あいつは何の取り柄もない
素寒貧な若者だった

コキョウニシキーナ・カガヤクユウキックス Edit

小さな墓守は戻ってこなかった

「・・・早いものね、来月でもう半年になるわ」
「……だなあ 何とか1年、乗り切れそうだな…」

先月、そんな会話をしてたとかしてないとか

  • 軌跡
  • 2人部屋?だった一室には引き続き兄が住んでいる

カフィラオーシュ・ボンキュッボン Edit

彼女の言葉は口先だけで、家族の仇も討てずに眠る
屍骸は野ざらし、窪んだ眼窩は虚空を睨む
行動を起こさなかった復讐者、蛆に食われて静かに眠る

黄金暦99年9月(6/23) Edit

ナグ・リーシャ Edit

や医駄な

パシュミナ Edit

超巨大トカゲとの戦いにおいて一人大きな傷を負い、それが元で倒れる
最後まで身なりに気を遣い、人に自分の弱い一面を見せるまいとしたひねくれ者らしい最期だった。

チーズ蒸しパン Edit

ブレイクがかわいくて死亡

ミーフェ・プリストン Edit

良く一緒になる酒場の同行者も守れずに死亡 新しいミーフェが旅に出された
今までのミーフェ死亡数は15

開発部の妹 Edit

中の人が忙しすぎて死亡

アリーシャ・クルピンスキー Edit

黄金暦99年9月、銀鉱の捜索依頼においてパーティが壊滅したところを狼男に浚われ、肉便器兼食料としてその人生を終えた
最後まで、自分が平行世界に来た事を知ることは無かった

黄金暦99年8月(6/22) Edit

アド・フラット Edit

帰って来る事は無かった。

トム・アトー Edit

虎に食われてお陀仏。
「肉かと思ったのに野菜の味がした。がっかりだ」(虎・談)

ビルキース・ハーヴェスト Edit

連戦の末、自己再生能力の限界を超える負傷により倒れる。
力尽きる前にシュビースの肉体を光の中に消し去る。怪物の手にかかる事は無かった。
そして、今度こそ寄り代を無くした魂は現世に留まる事無く、僅かな時間を共にした親友の下へと旅立っていった。

フラクチャー・ホタカ Edit

オークに心臓を突かれ死んだと思われていたが復活
しかし本来の使命を思い出した際に生きる気力を無くし、そのまま洞窟で生きる屍となった

リンセイ・シノンデル Edit

例えひとときの夢であったとしても、満足して死んでいった。

ハピネス・メイカー Edit

死体になっしったい

黄金暦99年7月(6/21) Edit

スワロウ・グリード Edit

皆が必死に闘ってる中苗床にされてる女性を連れてとんずらしようとしたところを見つかり
敵味方両方からリンチされ死亡
後の生存者の話では「皆の心が一つになった瞬間だった」という。

マンクー・マンクーサ Edit

出発前に二人も襲って腰がガクガクになってるところをゴブリンの衛兵に襲われる
ああ、襲われるってそういう…とか言ってる間に後ろからふかぶかと貫かれて逝った
ああ、貫かれるって、逝くって、嗚呼、そういう…

  • 軌跡
  • 遺影は無い、写真や絵すらも、誰も残せなかった
  • 名簿?

シラス・スター Edit

ウーズとの戦いの混乱で行方が分からなくなる

クドリャフカ・ライカ Edit

遺書が置いてあった。それは預言者めいていて、ある種本当に怒りそうだった
冒険者はそれを見て、ちょっと怖くなったので、たぶん破り捨てるだろう
遺書にはこう書いてあった
ボクがしんでも第二第三のクドリャフカがこやすたちを襲うだろう

カルネラ・ネイア Edit

かみさまやライカちゃんとにゃんにゃん楽しみすぎて疲れちゃって、サソリにぶん殴られたわ
ま、そのショックで寝てたロザリアが目覚めたから良しとしましょ…

黄金暦99年6月(6/20) Edit

フェイエン・チャオ・ミハイロフ Edit

討伐者・フェイエン・チャオ・ミハイロフ
──黄金暦99年 6月、巨大な怪物討伐依頼にて死亡──
ワイバーンに貫かれた肉体は砕け散り、光となって風に消えた……

博麗霊夢 Edit

リザードマンロードにやられるがコンティニューが面倒でそのまま死亡

黄金暦99年5月(6/19) Edit

張・大人 Edit

珍しい茸が取れるよとホイホイついて行ったら、コボルトの精鋭が出て来て重傷を負う
意識が朦朧とする中どこからともなく老子が現れ、『死亡確認っっ!』と言われる

『致命傷を負っていた筈でしたが、そんな事はありませんでした ええ』

ワイアード・シノンデル Edit

超巨大トカゲから命からがら逃げ延びるも、お目付役の同僚の手により処刑。
養成所には首無しの彼の遺体だけが回収された

ハーツ・プー Edit

巨大女王蟻を交えて格ゲー話で盛り上がるも「闘神伝といったら昴だわ!」の発言が大顰蹙を買う
クソ性能の地獄門でタコられて死亡

イズ・フィルデ Edit

箱明け下手なうっかり職人、一世一代のうっかりで崖の底へとすってんころりん
その後同行者たちは、はい上がって来た彼を加えて6人で戦っているかのような幻覚を見ていたと語る
だがボス戦に臨むに当たり「一人足りなくね!?」と誰かが気付きパーティは撤退
討伐が完了していないため、捜索隊も派遣されていない

ウィリアム・マクスウェル Edit

前回の依頼でとても出来のよい戦闘ヘリ、アパッチ・ロングボウを手に入れ意気揚々と出撃するも
森林でのオーガ掃討作戦中にベトナムのブタにはめられて墜落、同乗した仲間はRPGーーー!と叫びつつ落下
まさにアパッチロングボウ・ダウン。
救援部隊の到着によりなんとか生還し「ここがソマリアの紛争地帯なら死んでいた」と語る

黄金暦99年4月(6/18) Edit

アイカ・トゥルーホワイト Edit

死んだ、それはもう容赦無くボロ雑巾の用に。

チャーマン Edit

冒険途中、力が尽きたわけでもないのに急に身体が炒飯に戻ってしまう。
勿論美味しくいただかれました。こんな美味しい炒飯を食べられるモンスターは特別な存在だったのでしょう。
今では私が炒飯屋。貴方の心に捧ぐのは勿論久原オリジナル。
何故なら貴方もまた私にとって特別な存在だからです。

アルティア・ベルモンド Edit

ミイラ討伐依頼にて、連戦に次ぐ連戦で体力を奪われ、その後のミイラの強烈な一撃により左足を失う。
これ以上戦えぬと判断し、己の全魔力を掛けて炎の防護壁を作り、残された仲間と共に退却する。
足一本と魔力の殆どを代償とするも生還を果たした。

黄金暦99年3月(6/17) Edit

オウ・エレメンタル・サックナー Edit

罠で弱っている所に、超巨大サソリに襲われ、酒場の面子と共に野垂れ死に。
死ぬ瞬間、何か輝く黒いものがサソリの身体から飛んでいったのが確認されている。
精霊である為正確には死亡ではないが、冒険者としての登録は抹消。

飛空挺マルコ・ポーロには、今は、一人の少女が住んでいる…。

酒呑童子(トウコ) Edit

超巨大源頼光とその仲間達が出した酒は、卑怯にも酒ではなく牛乳だった。
牛乳を飲んで力の抜けたトウコの首を超巨大源頼光が刎ねたが、トウコは首だけになっても千鳥足で超巨大源頼光の兜にがぶぅする。
雷電「むぅ、あれは酔拳・・・。」
しかし、毎日牛乳を飲んでいた超巨大源頼光のカルシウム12730kgで構成された外殻を徹ることはなかった・・・。
「わらしは、牛乳に負けたのかもしれないッスね・・・。」

シンシア・シンセミア Edit

怪物討伐にてワイバーンと遭遇し、瀕死の状態で所属している騎士団の部隊の元へと帰る
隊長と斬りあった末、仲間に看取られて眠りにつく

キョウジ・クズノハ Edit

そろそろどっかのビルに現れたピシャーチャ共を皆殺しにしなければいけないことを思い出したので帰った

スケッギォルド・ヴァルキューレ Edit

巨大トカゲに前貼りを破かれたのでヴァルハラに還る

グラミス・シノンデル Edit

怪物討伐依頼にて死亡

エクセル・ショタゲッター Edit

人型怪物依頼のトロル戦にて、ショタ好きのトロルに「お前ショタちゃうやん!」と致命傷なツッコミを入れられ死亡
最後は胸のコアに魔力を全て注ぎ込み、遺跡一帯を消滅させるほどのツッコミ返しの爆発
遺跡も残らない大穴の開いた場所には小さなコアの破片のみが残った

ヘルベルト・フォン・マンシュタイン Edit

人型怪物討伐依頼時、コボルトキャプテンに二股マユゲが気に入らないとの理由から目の敵にされ致命傷を受ける。
同行者は思いのほかドライで、勝利した喜びもあり、ヘルベルトをすっかり忘れ、致命傷を受けた彼を放置して帰還した。

レンブルート・ソリチュード Edit

ようやく安定してきた捜索生活に突如としてやってきた銀鉱捜索
ガケから落ちて死に掛けてたところに虎だなんて中の人も初めて見た怪物に遭遇し、大打撃を受けて再びガケから落下したので同行者から死んだものと思われたようだ
が、しかしにゃ王さま?のご加護か、はたまたガケ落ち自体よくある生存フラグだったからか全身ボロボロになったものの生還する
とはいえ生きていたのが不思議なくらいの大怪我なのでしばらくは寝たきりのような生活に

黄金暦99年2月(6/16) Edit

メルカトル・ドロウラ Edit

リザードマン討伐に向かうも、所詮ナイトメア。
1人置き去りにされる。
「モンスター同士、仲良くやんな」

ヴィットーリオ・スカルラッティ Edit

黄金暦99年2月、ワイバーン討伐依頼にて、仲間を逃がすための時間稼ぎを買って出る
目的は果たされるが、彼はワイバーンの爪牙を受け、死亡した

黄金暦99年1月(6/15) Edit

ペーター・プロゴヨヴィツ Edit

超巨大ムカデの攻撃で原型を止めぬほどに体が粉砕
その後ムカデの餌となったために、復活も適わず没する事となった

キョウカ・ミダレザキ Edit

超巨大ムカデ戦中、仕掛けた地雷に自分でひっかかり爆死。
魂は魔界へ回収されたという噂があるが真偽は不明。

イノ・サイゴウ Edit

トカゲの依頼にブツブツ文句を言っていたらミイラを回され死霊に憑かれそうになり
はたまた虎男に殴り殺されそうになり。そして遂にスライムにボッコボコにされて死亡
最後の手段の大砲はスライムで火薬が湿って撃てなかったと言う

シケイダ・アール Edit

黄金暦99年 1月 手練れのトロルとの戦闘にて致命傷を受け、大破
その後、友軍を逃がすため敵を巻き込んで爆散する
数日後、捜索隊が現地を捜索 装備品や残骸などが回収されるも
コアブロックだけは何者かに持ち去られたのか発見されなかった

ぼたもち Edit

99年1月 超巨大トカゲに一飲みにされる。指輪が混入したぼたもちにトカゲからクレームがついたが製造元は突っぱねた
その後ヌラヌララ・リリアーヌ・ケンチャナヨの掌から、物言う奇怪な和菓子が生まれる事は二度となかったという

ミューゼル・ローゼンハイム Edit

ワイバーンの爪や牙が体を穿とうとも、背を向けず目を逸らさず、敵を討つ為だけにのみ研ぎ澄ませたその魔力は灰燼に帰した。
霧散するその間際、不敵に笑っていたとかいなかったとか。
「私が君を覚えている限り君は死なない、そしてそれは逆も然り。」

GOGO夕張 Edit

  財
 再
失 政
 建

プール・ル・メリット Edit

『大統領』と書かれた左手を頬張っていたらウーズに体中にゅるにゅるされた
あまりの気持ち悪さと、手がのどちんこに触れた勢いで吐寫りそうになり
涙が滲んだ危うい所で実体解除、泣きながら同行者に楽器ごと持ち帰ってもらう


Last-modified: 2010-10-12 Tue 15:38:01 JST (3461d)