名簿/477135

  •   -- 2012-05-19 (土) 05:17:01
  •   -- 2012-05-19 (土) 05:16:55
  •   -- 2012-05-19 (土) 05:16:49
  • や、飛鳥君。はしゃいでるときのキミも可憐だけど、やっぱり誰より深海君のそばにいるキミが一番、美しいね。
    これからキミはどうするんだろう、彼の帰りを待つのかな。ううん、あるいは彼についていくのかな?
    どんな道であれ、その前途に幸福あれ。じゃあね、またいずれ会おうじゃないか。 -- ショーテル? 2012-04-13 (金) 05:11:45
    • あ、せいとかいちょーだ!美しいとかてれます!てれますので!
      わたしはこの街で、待つことにしました。だって迎えに来てくれるって約束しましたから・・・。
      なので名誉騎士のお話はざんねんですけど!ではまた!おつかれさまでした! -- 飛鳥 2012-04-13 (金) 20:28:39
  • 卒業おめでとう。そして、今までありがとう。俺からの最後のホワイトデーは、花見団子
    この4年間で俺の人生はきっと大きく変わった。みんなのおかげ
    ありがとう。本当に、本当にありがとう。……達者でな -- サツキ 2012-04-12 (木) 21:53:13
    • わーいおだんごー!(もっちゃもっちゃ)
      サツキありがとなー! -- 飛鳥 2012-04-13 (金) 19:57:26
  •   -- 2012-04-12 (木) 02:17:25
  •   -- 2012-04-12 (木) 02:17:19
  •   -- 2012-04-12 (木) 02:17:15
  • 時間は少しさかのぼる、夕景の空が次第に高さを増してきた8月も末の頃だ
    里帰りの時期だ、人気のない校舎、寮の部屋もカーテンが閉められたまま、静かな部屋が多い。

    ヒグラシの声を背に小さなシルエットから長い影が伸びている。 -- 司令@ 2012-04-10 (火) 22:54:34
    • (夕暮れ。今日も部活動を二人で終え、帰路に着く)
      (そんな生活がいつしか当たり前に。飛鳥の心は幸せだった)
      ねぇふかみー、今度ね・・・(いつものように、他愛の無い話題を振る。ここまでは、いつもどおりだった。)

      ザァ・・・!
      (風が、吹きぬけた。そして・・・) -- 飛鳥 2012-04-10 (火) 23:19:05
      • (並木道の角を曲がる前から、側にその白い少女がいることは気づいていた。)
        (あえて足は止めなかった。やらなければいけないことがある。)
        (飛鳥を腕で後ろへかばうようにして、前に立つ。)
        司令・・・ -- 深海 2012-04-10 (火) 23:44:24
      • 再三に渡り警告はした。命令不履行は本来即座に処断されるものである。
        が、任務の特殊性、懸念事案の影響予測の困難さ、これまでの期待以上の功績を
        考慮して私は自主対応を求めるに留めてきた。
        (あたりは張り詰めたような無音の夕暮れに沈んで、熱気を吸った地面だけが)
        (陽炎が立つほどに熱い。)
        ・・・人間の精神に配慮するのは本当に難解で不条理ばかりだ。
        これが最後の警告だ。私をこれ以上手間取らせるな。 -- 司令@ 2012-04-10 (火) 23:44:31
      • ・・・。(白い少女の警告。それは何度も聞いている。)
        (頭では理解していた。だが、感情は押さえられない。そして深海は、そんな自分を・・・受け入れてくれたのだ。)
        ・・・ふかみー、だいじょ・・・ぶ?(表情を崩すことが少ない深海が、今動揺している。そして、司令と呼ばれる白い少女の恐ろしさも、彼女は知っていた。)
        (だが。)
        ・・・わたしが遠慮する必要なんて・・・無いんだもん・・・!(ボゥと光り輝く篭手。その手に握られいているのは二対の刀。)
        ・・・あなたなんかに絶対負けない・・・!(刀を構え、司令と対峙する。) -- 飛鳥 2012-04-10 (火) 23:56:28
      • まって、飛鳥。・・・司令、俺も彼女も向こう側との接触がどれだけ危険なものか十分にわかっています。混乱を招くつもりはありません。
        (話しを続けながら、取り出した黒いコートを着込む深海。話し合いだけで終わらないことは彼もわかっていた。)
        でも、彼女だけは・・・許してあげて欲しいんです。彼女の行動を縛る危険なものはここには何も無い。
        ・・・それに、接面が繋がる度、何度も危険なことがあってもこの街の人達は一度も俺達の敵に負けなかった。
        そして今は何も問題なくやれてます。 -- 深海 2012-04-11 (水) 00:24:27
      • たとえどんなに小さな危険も私は許す事はできない。一度我々の戦いの火種が
        こちらへ燃え移れば、同じ人類の故郷を大火に投げ込むことになる。
        (司令と、深海と飛鳥が互いに向き合ったまま、耳が痛くなるほどの無音が戻った。) -- 司令@ 2012-04-11 (水) 00:24:34
      • ・・・・・・・・・私と深海、どちらの意見も正しく同じだけ不確定要素を孕んでいる。
        議論は結論を出すための条件に欠けた。
        (ヒュンッと鳴り、司令の周りを黒い球体が4つ回り始めた。)
        ・・・徒な意思の変更は混乱を招き統率を阻害する。私を変えたければ
        誰もが困難と知り挑みすらしない試練を越えろ。さもなくば・・・
        (一歩、司令の黒いブーツが地面を踏んだ。その踏み出した足の一点にかかった重量で)
        (周りの空気が引きずり込まれて歪むように感じるほど、重い一歩だった。)

        恐怖を持って恭順を示せ。 -- 司令@ 2012-04-11 (水) 00:24:44
      • ・・・やって見なければ分からない事をやらないなんて、あきらめてるのと同じ!
        わたしは、わたしの道を自分で斬り開く・・・!(刀を構えて突進。彼女には結局これしかないのだ。)
        ヒュッ(そよ風のような風切り音を響かせ。狙うは首。躊躇ったら、こっちが殺される。なので彼女は躊躇いも無く。的確に。命をそぎ落としにかかるのだ) -- 飛鳥 2012-04-11 (水) 00:47:53
      • 飛鳥・・・!
        (先に飛び出した飛鳥を追う形で、深海も黒い板のような剣を抜き走る。)
        (正直、焦った。今になって気づいた。彼女は置いて独りで来るべきだったと。) -- 深海 2012-04-11 (水) 01:03:54
      • (切っ先が鳴らす風切り音に被さるように重たい衝突音が響いた。顔料を溶かしたような赤い滴が飛ぶ。)
        (飛鳥の刃が無造作に立てられた、白い少女の腕に食い込んで止められる。)
        (切り裂かれた黒いコートの下にある腕は本当に花の茎のように細くて、赤い血を流していた。)

        (少女の足元で地面が爆ぜた。その場でダンスをするようなターン。)
        (まだ宙にある赤い飛沫の中を、真っ白な髪が扇型に広がった。一切の無駄を削ぎ落とされた)
        (躍動でもって。飛び込んできた飛鳥と深海を衝撃すら伴った蹴りが襲った。) -- 司令@ 2012-04-11 (水) 01:04:02
      • (防がれた?当然だ。あまりにも正確すぎる。ならば読まれるのはたやすい。)
        ・・・!(土埃を上げる地面。震脚だ。そしてそこから来る蹴りと言うには凶器じみた死の風。)
        くっ!(刀を手放し。跳ねて距離をとる。手から離れた刀は一筋の光となって消える)
        ・・・・おっそろしいナァ・・・でも・・・!(ニヤリ、と笑う。なぜなら彼女もまた、「鬼」なのだ) -- 飛鳥 2012-04-11 (水) 01:14:19
      • (かかとを鳴らして、蹴りを繰り出す前とまったく同じ姿勢で少女はピタリと静止した。)
        (顔だけを飛鳥の方に向ける。愛玩人形じみた立ち姿よりも動き出した今のほうが寄り人間離れて恐ろしげに。)
        手足くらい、落としても問題無かったはずだな。
        (白い少女の周囲を回る黒い球体が、発光部を飛鳥へ向ける。ジリッと大気が焦がされる臭いが強まる。) -- 司令@ 2012-04-11 (水) 01:34:45
      • うぉおおお!
        (その背後から吹き飛ばされて歩道脇に半ばめり込んでいた深海が剣を振るった。)
        (3人の頭上を暴風の塊が抜けていく。)
        (黒い球体が爆発する、歩道の並木が薪藁みたいに綺麗に両断され。大量の葉を舞い上げながら)
        (飛鳥と白い少女の間に倒れ落ちる!ひどく青臭い夏の草木の香りがした。)
        (深海の斬撃は何百mも刃渡りがある剃刀が当たりをなで斬りにしたような威力を見せた。)
        (並木道から遥かに離れた場所の森の木々まで倒れて梢の枝を折る音を響かせる。) -- 深海 2012-04-11 (水) 01:34:53
      • (あれはいけない、そう考えるよりも早くわって入った深海)
        う・・・・そ・・・(その斬撃を目の当たりにする。やはりこの二人は、自分たちの生きる世界の人間とは違うのだ。だが。)
        (引いてなどやるものか。なぜなら勝ち取らねばならないのだ。二人の明日を。)
        ・・・深海!よけて!(ボゥと輝く篭手。手に握られるのは炎龍剣。剣を振りかぶり、思いっきり振り下ろせば)
        グオゥア!(地獄のような劫火が、白い少女を焼きつくさんと包み込む!) -- 飛鳥 2012-04-11 (水) 01:48:47
      • (飛鳥の意図をすぐに読み取った。その上でさらにもう一手押す、なぜなら今2人が相手をしている)
        (この白い少女は・・・もしも人類の擁護者ではなく、敵になっていたら。)
        (深海達の住む世界は存在しなかった、それだけの力を持った相手。)

        (飛鳥の声は当然、少女も聞いていた。その場を地を蹴り砕いてその場を離れようとする)
        (その一瞬。深海の手から落ちた剣が地面で鳴った。退路に回りこみむ、そして即座に少女の喉に右腕を押し付け、左手で少女の腕をつかんだ。)
        (深く切られて一瞬だけ反応の遅れたその腕を。そして、地面に向かって叩きつける!)
        (一瞬の早業だ、彼がこの数週間烏汕先生から特訓を受けた直線的はない、柔らかな攻め手。)
        (叩きつけた反動を利用して、深海は即座その場から飛びのく。) -- 深海 2012-04-11 (水) 02:09:13

      • (仰向けに地面にたたきつけられた白い少女の目の前を夕焼けよりも赤い炎が覆った。)
        (一瞬で倒れた並木が乾き、炭になって崩れていく。)
        (地上に口をあけた貪欲な業火が何もかもその中に飲み込んでいくいくかのように。)
        (あたりに大量の白い煙が立ち込め、目を喉をヤニに焼く。) -- 司令@ 2012-04-11 (水) 02:09:21
      • はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・!(息は荒い。鬼の力を振るうのは、負担が大きい。だが。)
        ・・・!(剣を握り締めた篭手を突き出し、篭手の水晶部分が輝きだした)
        (少女や深海には理解できないであろう。彼らには見えない、無数の魂を取り込む飛鳥を・・・。)・・・はぁっ!(鬼の力を充填し、三度、篭手が輝きだす。握られるのは雷の刃)
        ・・・この一撃で・・・!(刀を構える。白煙と誇りがまだ舞う敵を見据えて。) -- 飛鳥 2012-04-11 (水) 02:26:35
      • (飛鳥の側に深海が駆け寄った。徒手空拳、だが構える拳はしっかりとここで学んだ4年の記憶が生きている。)
        ・・・司令が俺とのリンクを切った。
        (深海がそうつぶやいたのと同時だった。) -- 深海 2012-04-11 (水) 02:35:55

      • (白煙の中でゆらり、立ち上がった小さな影がある。) -- 司令@ 2012-04-11 (水) 02:36:02
      • ・・・なるほど、寝。(つまりは明確に敵に回った証。ならば。殺される前に、殺るしかない。)
        ・・・・っはあああぁぁぁぁ!(裂帛の気合とともに。)

        (握られた刀を)

        (白い少女に向かって)

        (突き立てる)

        -- 飛鳥 2012-04-11 (水) 02:44:34
      • (深海が静止する間もなく、飛鳥は飛び出した。真っ直ぐ勝利を疑うこともなく。)
        (目の前の小さな少女が、いかなる存在か思い出す事もなく。)
        (ただ、煙に巻かれながら立ち尽くす少女に対して、飛鳥の突進は雷光にも等しい速さで迫る。)
        (被っていたリボン付きの大きなベレー帽焼き捨てられて、少し恨めしそうな目をするその白い少女に)
        (防ぐ手立てなどあろうはずも無い。)
        (だというのに。)
        (大音響が鼓膜を殴打。街路樹の梢を一斉に打ち鳴らした突風が立ち込めていた煙を吹き散らす。)

        (飛鳥の切っ先が止められていた。青白い放電を放ちながら、何の準備も詠唱もなく、突然現れたのは・・・)
        (黒い、巨大な鎌だった。曲線はほとんどない、鋼板を張り合わせたような、機械的で工業的質感の)
        (少女の身の丈を越える、重金属の塊。それは刃物というより・・・巨大な工業用機械の切断器を思わせた。)
        (カツンッ 音がする。白い少女が突き立てられた飛鳥の刃の切っ先から少女の鎌を引き剥がし。)
        (ゆっくりと、鎌を振り上げていく。) -- 司令@ 2012-04-11 (水) 03:10:12
      • 飛鳥!!
        (あたりに突風が吹き荒れた瞬間、深海も駆け出した。) -- 深海 2012-04-11 (水) 03:10:20
      • えっ・・・!?(防がれた、それよりも攻撃が来る逃げないとでも深海が呼んでるどうすればいいどうすればいいどうすれば・・・!?)
        (あわてて引こうとするも、間に合うはずもなく) -- 飛鳥 2012-04-11 (水) 03:20:28
      • (緩慢な動作で鎌は上がる、頭に突きつけた銃の撃鉄をゆっくり起こしていくように。)
        (その間に、追撃でも逃げることでも、飛鳥には出来ただろうに。白い裸身に黒を纏った)
        (少女はそれを許さなかった。)

        (深海が飛鳥の腕を引く。二人が離れていく。そんなこともまったく気にも留めずに鎌の形をした重金属の塊を持ち上げ。)
        (振り下ろした。)
        (ただ、それだけ。それだけで、深海の斬撃が広大な範囲を斬り払ったように。)
        (少女の鎌は周囲の一切を圧倒し、押しつぶし、圧壊させた。)
        (並木道が無い、道に沿って盛られた土手の沿道も、みな一様に、数十mの範囲総ての高度差が0になっていた。)
        (音すらも押しつぶされ、真っ平になった地面に、鎌の柄がつきたてられる音がするまで、世界が声を殺しひれ伏した。) -- 司令@ 2012-04-11 (水) 03:34:58
      • 大丈夫か・・・飛鳥・・・ッ
        (真っ平になった地面を押上げるように深海が腰をあげる) -- 深海 2012-04-11 (水) 03:36:04
      • う・・・うん・・・(理由は分からない、が深海が助けてくれたのか、とりあえずは死んではいない。)
        大丈夫・・・ほ・・・・げふっ!(口元から鮮血が迸る。飛鳥にとっては未知の攻撃、かなりのダメージを負ったようだ・・・) -- 飛鳥 2012-04-11 (水) 03:50:29
      • ・・・ッ
        (砕かれて、皹だらけになった地面に赤い血が落ちる。深海が拳を強く握った。)
        すまない・・・飛鳥、ほんとうは俺一人でやるべきだった。
        (黒いコートを脱ぎながら、飛鳥の身体にそれをかける。)
        これ以上は危険だ・・・ -- 深海 2012-04-11 (水) 03:58:22
      • (夜闇が端から登ってきた空を背に、白い少女はタダたって居る。立ち上がらない者など考慮に値しないとでもいうように。) -- 司令@ 2012-04-11 (水) 03:59:19
      • だめ・・・わたしも・・・ぐふっ!(立ち上がれない。さしもの鬼武者も、内臓に関わるダメージは効く)
        やだよ、ふかみー・・・わたしも・・・わたしも戦うって約束したんだから・・・(しかし、立ち上がれない。今はただ、二人の戦いを見守るのみ) -- 飛鳥 2012-04-11 (水) 04:16:55
      • このままだと飛鳥が危ない・・・。
        (今のこの無謀なかけは、すべて目の前の飛鳥が居たからこそやろうと思えたものだ。)
        (少しでも彼女を悲しさから遠ざけようと・・・。それが飛鳥を傷つけることになったら・・・)
        ・・・!
        (相手は微動だにせず、コチラをみている。もし抵抗すればその瞬間に勝負はつく。) -- 深海 2012-04-11 (水) 04:26:50
      • くっ・・・(よろよろと、刀を杖にして立ち上がる)
        こんなことで・・・くじけてたら・・・がはっ・・・いつまで立っても、変わらないよ・・・!
        あきらめないで。わたしは絶対にあきらめない・・・。信じていれば、努力すれば、出来ないことなんか・・・ないんだから・・・・!(今にも倒れそうな、だが彼女は叫ぶ。己の心底を。)
        (口元を拭う。血まみれの女子高生は刀を構える。)
        ・・・今、この壁を越えなければ、わたしたちに未来なんか・・・ないんだから!(突進する、足取りは遅く、力もない。それでも彼女は前に進むのを、やめない) -- 飛鳥 2012-04-11 (水) 04:40:27
      • (また深海は出遅れた。立ち上がれば、容赦なく叩き潰される、司令はあの状態になっても)
        (やっぱり殺しはしないだろう、殺されたほうがマシなくらい痛めつけるだろうが・・・。)
        (赤黒く藍色に燃え尽きていく空の下で、白い少女が再び大鎌を振り上げるのが見えた。)

        (飛鳥を止め様として、深海が立ち上がる。)
        (もう、いい。これ以上傷つく必要はないんだ!と叫ぼうとして・・・だったら何故)
        (もはや命がけに近いこんな戦いを彼女は投げ出さないのか。疑問が深海の手を止めた。)
        (深海にとって戦うことは当たり前だった、だから意味なんて考えたこともなかった。)
        (生きることが命がけなのも当たり前だった、だから冒険者もみんなそんなものだと)
        (思っていた。)

        (それが、この4年間で一番最初に気づくべき、もっとも単純で大事な事だったのだ。)
        (深海達に比べれば遥かに傷つきやすい、脆い身体で包んだ、たった一つしかない命。)
        (それをかけるに値するものがあるから、彼らは冒険者なのだと。)
        (例えばそれは、友を想うが故に全力で戦い在っていた彼らであり。)
        (仲間の死にも臆する事のなかった彼らであり。)
        (・・・今、自分の前を進んでいく彼女なのだ。)

        (深海は駈けた。気づいたらさっきまでの整然と整えられた脳神経内をめぐっていた)
        (思考がすべてどうでもよくなった。)
        (振り下ろされる鎌の刃の前に飛び出す。黒い重金属のの淵を白くぎらつかせる刃)
        (その刃が身体を切り裂いていく、顔料を混ぜたような深海の赤い血が飛ぶ。)
        (まだ、動かない・・・狙うのは・・・その膨大な出力が爆ぜる一瞬前!)
        (自分よりも遥かに巨大な力に抗わず、その軌道を変えるため・・・。)
        (血を噴出しながら、深海は思わず笑った。『これなら、ウズにパワーアシストを付けた)
        (時の方が、よっぽど凶悪だった』と。) -- 深海 2012-04-11 (水) 05:20:48
      • (総てを圧倒する、圧力が。軌道をそらされ、無軌道に爆ぜた。)
        (一撃目の整然とした無音のプレッシャーではない。制御を乱された力は暴発を産み)
        (何も無い空間が連続して破裂した。破裂はさらなる爆発を産み、白い少女と深海)
        (もろとも爆轟の中に飲み込む!少女の手放した大鎌が宙高く飛んだ。)

        (だが2人ともまだその爆心に踏みとどまっていた。) -- 司令@ 2012-04-11 (水) 05:20:58
      • (飛鳥が辿り着くよりも早く、動き出した深海。)
        っふかみーーーーーーーー!(目の前で起こる爆発、飲まれる二人、吹っ飛ばされる飛鳥。)
        ・・・くっ・・・深海・・・ふかみー!(半ば半狂乱。目の前で起こったものは常人なら死んでいると思われる爆発)
        (だが、立っている・・・二人とも。ならば。)
        ・・・・・ぁあああぁぁぁぁぁああ!(最後の力を振り絞り、駈け出す。雷の力を宿した刀を手にして。速く、速く。) -- 飛鳥 2012-04-11 (水) 05:54:35
      • (一瞬で収まるはずの爆発が、いつまでもあたりを噛み砕く。巨大な怪物の口のなかで
        食われているように辺り一面が爆発を繰り返し、瓦礫を吹き上げた。)
        (白い少女は何も言わず、表情も変えずに、作動する。再び雷光を纏った飛鳥を知覚すれば。)
        (深海めがけ、拳を繰り出す。一発、二発・・・繰り出すたびに加速し。)
        (周囲の爆発を上書きするほどの衝撃が、削岩機のように連打される拳から生まれた!) -- 司令@ 2012-04-11 (水) 06:08:36
      • (繰り出される無数の拳の連打。その機械的打ち込みに深海もまったく同じ打撃を返した。)
        ッおおおおおおおおおおおおおおおおお!!
        (吼える、本来彼の身体には必要の無い行為、だが腹の底から吼えた。)
        (秒間に何十発と乱打される拳同士がぶつかり合い、砕けた骨と爆ぜた拳から)
        (噴出した赤い血潮が霧になる。)
        (撃ち合い、最後の一発が深海の身体に深くめりこんだ。深海の腕がだらりと垂れ下がり・・・)
        (深く打ち込まれた、少女の腕を動かなくなった指の代わり、腕と肘ので完全に絡め取った!)
        (深海が深く、足を地面に突き刺す。今、強壮を誇ったその白い少女の躯体が)
        (地に根を生やしたように立つ深海に完全に繋ぎとめられる!) -- 深海 2012-04-11 (水) 06:08:45
      • (確かに見えた、命がけで作ってくれた、一瞬の隙。ならば)

        これで・・・・・おわりっ!(残る力を全てを刃に込めて)

        ぞぶり(白い少女のわき腹に突き刺さる!)

        っだぁぁっぁああ!(叫ぶと同時に荒れ狂う雷光。雷斬刀に込められた力が炸裂する!) -- 飛鳥 2012-04-11 (水) 06:22:35
      • (飛鳥の刃は、鋼の装甲にも等しい、馴染まない黒色のコートを切り裂くだけの力を持っていて。)
        (どれほど力をかけようと。その小さな白い体は遥かに背後の深海よりも強い出力を秘めているはずなのに。)
        (その拘束からは脱せず。刃に纏いついた稲妻は突き通されたその穴を通じ、白の少女の内を暴れまわった。)

        (いつしか沈黙が降りていた、焦げた土煙が風に吹き流されていく。) -- 司令@ 2012-04-11 (水) 06:31:03
      • (粘りつくような、沈黙の後、深海が手を離し膝をついた。限界だった。) -- 深海 2012-04-11 (水) 06:31:12
      • もう、十分だ
        (白い少女が後ろに後ずさる。深く貫いていた刃がその身体から抜き出されていく。)
        これ以上は、完全な殺し合いにしかならない。我々にその必要はない。
        (あれだけの攻防の後で、この少女はまだ倒れていなかった。ゆっくりと、地面に突き刺さった大鎌へと歩いていく・・・。)
        私は当初の方針を変更する気はない。深海、彼女は我々についてすでに多くを知っている。
        ・・・・・・・・・任務の完了するまで、周囲へ危険の及ばないよう、しっかりと側で見張っていろ。
        彼女だけが我々と接面の向こう側を知る唯一の存在となるよう、善処せよ、以上だ。 -- 司令@ 2012-04-11 (水) 06:52:59
      • (2人が何か言う前に、鎌を地面から引き抜きながら、それから、と言葉を続けた。)
        アスカ・ヤマガタ、私の帽子を焼いた件に関して、いずれツケを払ってもらうからな。アレは私のお気に入りだったんだ。
        (後は深海にまかせる、早期に治療をほどこせというと。夜のなかでも白い髪をなびかせながら、消えた。) -- 司令@ 2012-04-11 (水) 07:00:32
      • (力を使い果たし息も絶え絶え。それでも彼女はまだ立っていた。)
        ・・・かはっ・・・(目の前に立つ白い少女を見つめながら、紡がれた言葉を聞く)
        え・・・それって・・・つまり・・・。(わずかながら笑顔、そして、ぺたんとその場にしゃがみこんで)
        つまり、内緒なら・・・ってこと・・・なのかな?はは・・・やった・・・。(力なく笑うが、名前を呼ばれて一瞬硬直し)
        それは、お互い様・・・ですよ(ばたりと、その場に倒れ付した) -- 飛鳥 2012-04-11 (水) 07:08:21
      • (遠ざかっていく、白となじまない黒の背中を見送る。深海はその生涯で始めて白い少女・・・司令)
        (に逆らい、そして始めて1つ勝った。)
        (地につけた膝をやっと地面からひきはがすと、倒れた飛鳥へ手を伸ばして抱き起こした。)
        -- 深海 2012-04-12 (木) 00:40:36
      • (西の端にわずかだけ赤紫の帯が敷かれている、月はまだ昇っていなかった。)
        (だからまだ宵の明星輝く空でも、もうよく見えている。遥かに何光年も離れた、遠い場所からの星の光が)
        (この地上から手の届きそうなすぐ側に来ていた。) -- 2012-04-12 (木) 00:59:46
  •   -- 2012-04-10 (火) 22:43:31
  •   -- 2012-04-10 (火) 22:43:26
  •   -- 2012-04-10 (火) 22:43:20
  • 卒業後どうするかの進路調査の紙が配られた、街を出る、出ないの欄が一番上にあるのでそれを選べばいいらしい
    もちろん何をするかも()で記入できるようになっているが、特にない・面倒なら書かなくてもいいらしい -- 2012-04-07 (土) 10:06:50
    • うーんと、とりあえずこの街にいようかな。なのでこっち・・・っと(出ないに○) -- 飛鳥 2012-04-07 (土) 16:14:54
  • よっす! 俺はレオ、養成校の奴ら全員と友達になる男だ!よろしく!
    キャラ被ってるよって言われたこともあったけど、全然やな。主に幸せ度が絶対的過ぎる差をつけられている…… -- レオ 2012-04-07 (土) 02:03:39
    • わたしは山縣飛鳥!綺麗で可愛い女子高生です!にゃ?キャラかぶり?そんなことは気にしてはいけません!マイロードをいきましょう! -- 飛鳥 2012-04-07 (土) 16:14:13
      • オーイエー! 突き進むぜー! んで、その篭手はなんなの?俺のみたいに喋ったりするの? -- レオ 2012-04-10 (火) 04:02:35
      • いえ、しゃべったりはしません。でも武器が出ますよ! -- 飛鳥 2012-04-10 (火) 04:03:45
  • あなただけを -- 2012-04-05 (木) 04:59:02
    • どう見てもバカップルでした、本当にありがとうございます(夏フェス参加の景品スタッフTシャツ置いてった) -- レディング 2012-04-05 (木) 22:36:07
      • 飛鳥のとこにもTシャツとどいてるな -- 深海 2012-04-05 (木) 22:59:58
      • 参加賞ですね!バカップルじゃないもーん! -- 飛鳥 2012-04-05 (木) 23:00:50
      • 方々で言われるな、バカップルって・・・頭悪そうにみえるのだろうか・・・ -- 深海 2012-04-05 (木) 23:09:21
      • そうなると知的なお付き合いを要求されるのかな?
        えーっと/// -- 飛鳥 2012-04-05 (木) 23:12:16
      • ぼんそわーる?あかんたれぶー? -- 飛鳥 2012-04-05 (木) 23:12:45
      • えすかるご -- 深海 2012-04-05 (木) 23:14:06
      • しるぶぷれー?カレオレェイ!(情熱的ポーズ -- 飛鳥 2012-04-05 (木) 23:17:08
      • スパーニーッシュ! (情熱的なポーズ返し) -- 深海 2012-04-05 (木) 23:24:48
      • (そっと門からその様子を見守り)完璧なるバカップルやった…というかただのバカではないかこれ?(帰ってく) -- レディング 2012-04-05 (木) 23:27:12
      • (きゃっきゃしながらイチャイチャ開始) -- 飛鳥 2012-04-05 (木) 23:43:45
      • なんだか生暖かい視線を感じたけど・・・(きゃっきゃうふふ) -- 深海 2012-04-05 (木) 23:49:08
  • ずっとずっと -- 2012-04-05 (木) 04:58:54
  • 見つめてる -- 2012-04-05 (木) 04:58:43
  • (夏の夕暮れ時だ、空は紅いのにまだがんばっているセミの声が校内の植木、あちこちからする。)
    (近くなった夏フェスの準備のため、人気のなくなった校舎から寮への道・・・。不意に飛鳥の長く延びた影に、誰かの小さな影が重なった。) -- 2012-04-04 (水) 22:24:30
    • アスカ・ヤマガタ話がある。
      (半年ほど前、冬のあの日に見た白い小さな少女が立って居た。)
      (銀色に光る色素の薄い髪が夕日を照り返し、茜色の糸が宙に浮いているよう。)
      (その白い少女を包むコートのような黒衣は周囲の何にも馴染まない黒。)
      (セミの声がいつのまにか止んでいた。) -- 司令 2012-04-04 (水) 22:24:38
      • (夏風が心地いい。そう思いながら歩いていた飛鳥、不意に呼び止められ振り向く)
        ・・・あなたは・・・。(そこには白と黒に彩られた少女。あの日、飛鳥と深海の絆に、皹を入れてしまった人物。)
        ・・・確か、しれい、とか言う人ですね・・・!(やや、敵意を見せる。再び仲を裂く気なのなら・・・と左腕を構えて) -- 飛鳥 2012-04-04 (水) 22:28:34
      • 司令という呼称は我々の間で狭義に私を示す言葉だが、不都合がないならばそう呼ぶがいい。
        (吊りあがった眉と、肩書きにふわしく鋭い目つきだが。まるで人形のように無表情のままだ。)
        (敵意を向ける飛鳥の正面に立ち、淡々と言葉を繋げる。)
        現在、刈人・深海は重大な規定違反を犯している。私は自己解決を求めたが、
        改善される気配はない・・・。原因はアスカ・ヤマガタ、お前にあると判断した。 -- 司令 2012-04-04 (水) 22:37:53
      • ・・・(自分よりも年下な少女。しかしその言動は高圧的であり、飛鳥もまた目を吊り上げてしまう)
        ・・・ふかみーが何をしてるのかは知らない。でも・・・っ(言葉に詰まる。自分のせいだと知ってる。だけど言わずにはいられない)
        わたしは、深海と一緒にいたいの!邪魔するんなら・・・!(ボゥと手元が輝き、蒼き雷の刃が出現する) -- 飛鳥 2012-04-04 (水) 22:41:35
      • ・・・
        (飛鳥が鬼の篭手から雷斬刀を呼び出した瞬間。 ジッ と鋭く大気が熱をもって収束する音がした。)
        話があると先に明言している。私は人類を擁護する立場にある、その立場はこちら側でも同じだ。

        (石の地面が飛鳥を避けて囲うように、多角形に深く焼切られていた。白い少女の周りを)
        (レーザーを射出した野球ボール大の黒い球体が周回していた。力に訴えるのならば、答えることも辞さないという、無言の威圧。)
        (小柄な飛鳥よりもさらに小さな少女のものとは到底思えないほどに巨大な。)
        お前はすでに我々について知識を得ている。だが、それは断片的なものだ。正しくない認識は
        危険な誤解を呼ぶ、情報開示の必要があると判断した。
        我々が何者か、何故正体を秘としたのか、すべて知った上で同意を求める。
        (にらみ合い状態も意に介さず、少女が飛鳥に歩み寄り。小さな黒い板を差し出す。) -- 司令 2012-04-04 (水) 22:54:27
      • ・・!?(一瞬。油断などしてない。だがそれは現れた。)
        (改めて理解する。この少女は見た目以上の怪物であり、また深海もそれに属するものなのだと)
        ・・・つまり、今日は、あなたたちについて教えてくれる、と言うことですね?これは?(黒い板を受け取る、無警戒ではあるが少女が危害を加える様子はなさそうだったので) -- 飛鳥 2012-04-04 (水) 23:01:20
      • その判断は正しい。
        (飛鳥の手にちいさな黒い板を握らせる)
        深海や私のいる世界がこちら側にとって、どれほど危険なものか。正しく認識し我々の判断に従ってもらえることを要請する。以上だ。
        (黒衣の白い少女は背をむけた。遠ざかっていく、夜を地平の端に張り付かせ始めた空の下へと。)

        (黒い板切れに記録されているのは膨大な情報。都市が惑星そのものを一部に取り込んだ世界の景観。)
        (生まれてくる人の半数近くが寿命を迎えられず、機械人形との戦いで死んでいく世界。そして・・・)
        (異系接面とよばれる扉がこちら側と繋がる度に、あふれ出した力が、幾たびも多くの人の命を危険に晒す。)
        (そんな人の手ではどうしようもできない威力を秘めた世界、それと戦った冒険者たちの断片的な記憶が記されていた。) -- 司令 2012-04-04 (水) 23:28:38
      • (握られた板、そして少女を見やる。しかしその姿はすでに遠く、声をかける間すらなかった。)
        (自宅で、記録された情報を閲覧する。最初はよくわからなかったが、だんだん操作に慣れて、概要を理解したころには深夜になっていた。)
        (わかったことは二つ。深海の生きる世界はとても過酷な世界であること。もうひとつ、こちら側への介入自体がすでに危険な行為であると言うこと)
        でも・・・でも・・・わたしは・・・。(与えられた事実、それを処理するので精一杯だった。) -- 飛鳥 2012-04-04 (水) 23:35:21
  • ちょいーっす、挨拶回りやでー。……ってアレやん、ダンパでマーチやってた子やないですか!ありがとうございます!ありがとうございます!(緑派)
    んで、えーっと飛鳥ちゃんやったっけ、深海の彼女の。…あの深海に彼女が出来るとはな…予想もしてなかったな… -- レディング 2012-04-02 (月) 23:55:31
    • ゆうきりんりん!直球勝負!(ドヤがお
      キュアマーチいいですよねー!って彼女だなんて!そのとおりなんですけどっ!(いやんいやんしてる) -- 飛鳥 2012-04-02 (月) 23:57:56
      • キャー!なおかーさーん!髪の毛浴びせてー!変身直後のブワッってところの髪の毛浴びせてー!(興奮する患者)
        時に深海のどちらに惹かれたのかお聞きしてもよろしいでしょうか。いや確かにいい奴やし、イケメンやとは思うけどどういう状況から付き合うに至ったのか全ッ然想像つかへんし -- レディング 2012-04-03 (火) 00:12:24
      • うっ・・・さすがにそれはちょっとドンびきますよ!?
        うんとねー・・・ふかみーとはー・・・内緒ですっ!でもわたしはふかみーの全部が好きなので、どこと言うわけではありません!(ぺかー -- 飛鳥 2012-04-03 (火) 00:15:24
      • 欲望には素直に生きていきたい系男子(キリッ)
        えー、そんな事言わずに先っちょだけ、先っちょだけでええから!って言うのも野暮やしまぁそこまで詳しくは聞かんけども。わぁ超バカップルの香り漂うー…深海に聞いても同じ答え返って来たらちょい殴ってしまいそうな位のバカップル臭が鼻をつくー。ここらバカップルしかおらんけどな -- レディング 2012-04-03 (火) 00:25:57
      • あんまり素直すぎると女の子逃げます。もしくは斬ります。
        気づいたときには大好きでしたので!でもそれでいいと思います!
        バカップルじゃないですー!ひどいー! -- 飛鳥 2012-04-03 (火) 00:28:31
      • せやけど思った事はすぐ口に出てまう性質やからな…斬られない程度に押さえ込めるよう気ぃつけます、はい…
        そんなもんなんか、ふうむ…(何処か感心したように頷く)経験者の話はやはり違う、と
        いや今の発言聞いてたら何処をどうやってもバカップル。こいつら、ホントバカップル…って感じ。片割れおらんけど -- レディング 2012-04-03 (火) 00:38:40
      • わたしはともかく、他の女の子だったら逃げますよ確実に!
        経験者ってなんでしょうかー?ぐぬぬ!ばかっぷるじゃないもーん! -- 飛鳥 2012-04-03 (火) 00:53:04
      • はい…気をつけます…でもここらにそんなんで狼狽えるような弱い女子はいない気もする不思議
        恋愛経験者って感じですかね、俺からしたらカップルは皆それなんですよ。人生の先駆者みたいな
        ばかっぷるはみんなそう言うんよ。したら二人の時間おじゃましてもなんやしこれにて失敬、したらなっ -- レディング 2012-04-03 (火) 00:58:31
      • 女の子は繊細なのです!これ大事ポイントですよ!!(ぷんすか
        んー?だったらレッド君も誰かを好きになればいいとおもうの?そうすればすごいよ!あ、もうかえるの?じゃあねー! -- 飛鳥 2012-04-03 (火) 04:07:54
  • やー飛鳥さんダンパお疲れさまでした、とっても似合ってましたよ?普段から髪をあげれば、と思ったり思わなかったりするくらいには -- 白華 2012-04-02 (月) 12:46:15
    • おつかれさまー!ま、前髪は勘弁して欲しいです! -- 飛鳥 2012-04-02 (月) 18:28:56
      • えー!何でですか、ダンスの時はあんなにはりきって前髪上げてたのに、これはきっと何か理由があるんですね!? -- 白華 2012-04-02 (月) 18:46:20
      • あ、あの時はコスプレしてたし・・・お化粧も・・・い、今はだめですからー!(わたわたしてる) -- 飛鳥 2012-04-02 (月) 18:48:40
      • ふむー、つまり飛鳥さんと思われなければ髪を上げてもOKっと……ハッ(この時直感する、きっと何者かに狙われているのではないかと)
        そっか、飛鳥さんも色々大変なんですね……無理に上げさせることはやめておきます、はい -- 白華 2012-04-02 (月) 18:59:59
      • わたし目の下クマがひどいんだよねー、寝不足なので!(あっさりゲロる -- 飛鳥 2012-04-02 (月) 19:04:03
      • それだけかーい!(突っ込み)じゃあファンデーションを厚めに塗ってクマを隠しましょう、髪で隠すのは邪道、邪道です! -- 白華 2012-04-02 (月) 19:14:52
      • きゃうっ!(ぺしっとされる
        いいいんですよぅ、お化粧苦手だし!一応目がくれキャラですので!ですのでー! -- 飛鳥 2012-04-02 (月) 19:18:21
      • あ、飛鳥さん以外と可愛い……ほら、やっぱり目隠れだと以外とって枕詞がついちゃいますし
        やっぱり可愛いになるためにお化粧の勉強をするべきです!(びしっ) -- 白華 2012-04-02 (月) 19:42:41
      • べ、別にかわいくないですし!あうー、白華ちゃん強引だー!(普段は人の事言えない -- 飛鳥 2012-04-02 (月) 19:44:44
      • 可愛くないわけないですし!マーチ似合ってたし!私は良いと思ったことに向かって一直線ですから!(お化粧セットを置く)
        とはいえやるのはクマを消すだけです、ぴちぴちのうちからお化粧してると肌が荒れやすいと聞きましたから -- 白華 2012-04-02 (月) 22:15:19
      • にゃ、にゃー!やめてー!(じたじた)
        むぐぐ・・・白華ちゃんの根気に負けました・・・にるなりやくなり・・・!(観念した様子 -- 飛鳥 2012-04-02 (月) 22:24:17
  • こんな感じで問題ないだろうか。もしこういう風に…というのがあったら教えて貰えると嬉しいよ。 -- カゲタケ 2012-04-01 (日) 21:51:39
    • わっもう写真取れたんだ!すごいなー!
      (//ありがとうございます!OKです! -- 飛鳥 2012-04-02 (月) 03:19:14
  • 今年もホワイトデー、3月の季節だ。……来年の今頃はもう卒業式かね。早いものだ…… -- サツキ 2012-04-01 (日) 04:39:54
    • ……って肝心の菓子渡し忘れてどうすんだ俺。今年は草餅を作ってきたぞ -- サツキ 2012-04-01 (日) 04:40:18
      • サツキーありがとなー!おいしそう! -- 飛鳥 2012-04-02 (月) 03:18:14
  • //\寝過ごした!/あとうちの相談コメいますいつもの -- 司令 2012-03-30 (金) 19:46:45
  • 行かないで -- 2012-03-29 (木) 07:00:10
  • 離れないで -- 2012-03-29 (木) 06:59:45
  • そばにいて -- 2012-03-29 (木) 06:59:35
  • 『演劇イベントによる、生徒会通信が届いた』
    演目内容は既存から選択でも、やりたいものを持ち込んでも構いません!原型がないほど話を崩すのも有りだ!個人でもいい、グループで挑んでも構わない!
    詳細は養成校/生徒総会?をご覧ください。締め切りは29日21時!悩んで立ち止まるより、動いてしまえばいいさ! -- 生徒会伝達? 2012-03-29 (木) 05:26:14
    • みるほうでいいかなー・・・? -- 飛鳥 2012-03-29 (木) 06:58:28
  • 山……が、た? ううん、難解な漢字だな。こんにちは飛鳥君、いや、こうして落ち着いて話すのは初めてだから、はじめましてと言っておこうかな。
    その左手、カゲタケ君のようないわくつきの品に見えるけど。やはり、彼女同様に取り外すことはできないのかな。 -- ショーテル? 2012-03-29 (木) 02:36:30
    • ネコがしゃべってるにゃ?(ネコ耳装着するか迷う)
      うん?この左手?これはー鬼の篭手ー!外す?何で?(心底不思議そうな顔で -- 飛鳥 2012-03-29 (木) 03:00:55
      • 猫だけど僕は生徒会長だよ飛鳥君、ショーテルだ(若干呆れた様子で苦笑しつつ、耳を揺らしてみせ)以後お見知りおきを。
        え? そりゃあ、手を洗ったりするときに不便じゃないかい? 武具とは行住坐臥つねに身につけるものではないと思うけど……。 -- ショーテル? 2012-03-29 (木) 03:03:57
      • あー、そうだったそうだったー!かいちょーでした!わたしは山縣飛鳥です!
        一応手先でてるし慣れれば別にー?どっちにしても外せないので!でも生活に不便はありません -- 飛鳥 2012-03-29 (木) 03:06:59
      • まあ、外せないならキミくらいの考え方の方が前向きなぶんマシなのかなあ(カゲタケ君といい難儀だな、と考えつつ)
        しかし、鬼の小手、か。また物々しい名前だね、相応しく鬼の力の一つでも使えるのかな。 -- ショーテル? 2012-03-29 (木) 03:08:21
      • お、かいちょーは興味があるごようす?みたいですか? -- 飛鳥 2012-03-29 (木) 03:16:03
      • 猫は好奇心旺盛なものさ。見せてもらえるならぜひ。 -- ショーテル? 2012-03-29 (木) 03:35:54
      • しょうがないわねーーーーーーーー!(すっごいドヤ顔)
        では見せてあげるのでよく見ておくのです!(なぜか胸を張りながら)
        ・・・!(ボゥと左手から青白い炎が浮かび上がったかと思うと、それは蒼い刀へと変化する)
        これが鬼の力なのです(刀を構え、ショーテルに見せる) -- 飛鳥 2012-03-29 (木) 03:39:05
      • (あ、この子すっごい見せたかったんだなあ、という生暖かい笑みで見守る)
        うんうん、見せてくれたまえ。興味深い、この世界で見るものはどれもとても意欲をそそられるよ……っと。
        ほう……鬼火、というものかな? 格好いいね。その刀自体もなにか曰くが有りそうだけど。
        武器を収納して取り出せる、というだけでも利便性に目を見張るね。 -- ショーテル? 2012-03-29 (木) 03:41:04
      • ふっふーん。すごいでしょー!?・・・あれ、リアクション薄いですぞー!?(ややご不満な様子)
        武器が出せるだけではございません!この武器は鬼の武器なので軽くて高強度、しかも元手なし!必殺技までついてます!(どやぁ)
        ほかにもあるよー?(再び左手が輝いたと思えば、握られる赤い西洋の剣) -- 飛鳥 2012-03-29 (木) 03:54:40
      • え? そうかい? ……こほん。ええっ、すごい! 必殺技まであるなんて、さすがは鬼の篭手!
        迷宮でも鬼族は人類の隣人であり、それゆえにもっとも恐れられるもの。その力を振るうとあれば無双もやむなし、僕でさえ震えが起きそうだよ!(深夜番組みたいな適当なノリで)
        と、ほう、色いろあるのだね……うーん、なるほどキミが前向きでいれるのも納得だ。取れないデメリットより持っているメリットが多いからね。見せてくれてありがとう、飛鳥君。 -- ショーテル? 2012-03-29 (木) 04:00:47
      • ふっふーん、さすがですなかいちょー!ですがこれはわたし専用なのでーす!ざんねん!
        これがあるから今生きてるのもありますし!あ、必殺技も見てー!(手近な木に向かい、炎龍剣を振りかぶり――)
        ゴウァ!(振り下ろされた瞬間巻き起こる炎が、木を一本包み込み、焼き尽くす) -- 飛鳥 2012-03-29 (木) 04:04:53
      • 残念だなー、僕もほしかったなー(あっチョロイなこの子、と思いつつちょっと本当に羨ましい国王)
        ほうほう、それまで見せてくれるのかい? うんうん、見るよ(いつの間にか「見せてあげる」じゃなくて「見て」になってることには突っ込まない優しさ)
        おわ! ……おお、これは本当に驚いた(恐るべき威力に目を丸める)キミはすごいねえ、飛鳥君。僕の国に騎士として欲しいくらいだ。 -- ショーテル? 2012-03-29 (木) 04:07:48
      • すごいでしょー(えへん)
        騎士?国?(じろじろとショーテルを見て)
        むむむ、さては王様ですね!?この飛鳥ちゃんのめはごまかせないのだー!(再三どやぁ -- 飛鳥 2012-03-29 (木) 04:13:35
      • えっ遅い(でも言ってなかったから仕方ないか、という顔)う、うん、そうとも、僕は国王なんだ。
        ふふ、キミのその鬼の力、実に興味深いね。気が向いたら卒業後は僕の国に来たまえ、名誉騎士として歓迎するよ。
        さて、いいものを見せてもらったし僕はこれで。ごきげんよう飛鳥君、またいずれ。 -- ショーテル? 2012-03-29 (木) 04:14:50
      • やはりわたしの推理は正しかったか・・・!でも王様がなんでこんなところに?よくわかりませんぞー?
        名誉騎士ですか!考えておきましょう!ではまたー!(ブンブンと手を振って見送る -- 飛鳥 2012-03-29 (木) 04:18:28
  • (ベッドにそぉい!・・・はしないで静かに下ろした。) -- 深海 2012-03-29 (木) 01:58:31
    • すぴー・・・むにゃむにゃ・・・(寝返りを打つ。 -- 飛鳥 2012-03-29 (木) 02:03:48
      • (農園からここまで、足が地を踏むタイミングも一切乱さず飛鳥を寝台へ運び下ろした。)
        (その様は忠実な執事か修行僧のような卒のなさで。)
        ・・・!
        (そして今飛鳥の立てた寝返りの音に反応してシュバッと振り返るその様は練達のラッキースケベゲッターである。スタイリッシュなポーズでガン見) -- 深海 2012-03-29 (木) 02:14:44
      • ううーん・・・(ごろり、とまた寝返り。おへそがちらり) -- 飛鳥 2012-03-29 (木) 02:15:43
      • ふふ・・・飛鳥、おなかを出して寝ていたら風邪をひいてしまう・・・(そっと毛布をもちあげる)
        しっかりと見守っておこう・・・(毛布もちあげたまま、いい笑顔である) -- 深海 2012-03-29 (木) 02:24:07
      • うん・・・?ふかみー・・・?(起きた。寝ぼけてる
        ・・・(無言で抱きついて引っ張り倒す) -- 飛鳥 2012-03-29 (木) 02:26:12
      • あ・・・っ布団をかけようとしただけで・・・ 
        (しまった寝技狙いか!がーど!首をガード!それは見当違いであったのでガードしそこねて正解。)
        (前かがみの状態だったせいで、前のめりに引っ張り倒された。) -- 深海 2012-03-29 (木) 02:34:19
      • うにゃー・・・あったかい・・・・((ぬいぐるみを抱くように抱きしめてる。抱きついてる相手は誰かは認識してない様子
        ・・・?えっ・・・なんでふかみーここにいるの?(だんだん意識が戻ったらしく、自分の目の前にいる深海の顔に驚く) -- 飛鳥 2012-03-29 (木) 02:37:20
      • (ベッドのに両手ついてつんのめってる深海は。飛鳥の方からは見えてないだろうけど、すごくイイマヌケ面で顔真っ赤です。)
        農園部で寝ちゃったから連れてもどってきただけです・・・やましいことなど、なにも・・・。
        (//ちょう様子見してたのポーズ) -- 深海 2012-03-29 (木) 02:55:05
      • あ・・・ねちゃってた・・・!?ごめん!(がばっと起きる!
        え?え、ええ?(えーっとどういうことだ?ととりあえず状況整理)
        つまり、寝ちゃったわたしを送ってくれた、そう言うわけですね?(見るからに真っ赤な顔 -- 飛鳥 2012-03-29 (木) 02:58:31
      • あ、はい・・・そういうわけです。(のそのそと申し訳なさそうに立ち上がりながら。)
        ・・・いつも抱きついてきたりするのに今日はやけにあわてるね飛鳥 (自分のことを棚上げしつつ呼吸を整えてさわやかさを取り戻す深海。) -- 深海 2012-03-29 (木) 03:02:57
      • うー・・・それは・・・恥ずかしいところ見られたから・・・(すっごいもじもじしながら見上げる)
        それに、目を覚ましたらふかみーの顔がドアップだもん・・・びっくりするよ・・・ -- 飛鳥 2012-03-29 (木) 03:05:06
      • (見られてたー!!これが漫画なら顔を両手で覆い隠して悶える深海の後ろでウニフラッシュがでてくる。)
        (大丈夫、まだ見られて無いとおもっていたフヌケ面はしっかりと、至近距離から観測された事実となっていたのだ。)
        (取り繕ったのが台無しである。具体的にいうとさっきの澄まし顔のことである。)
        ・・・大丈夫、飛鳥は別に変な顔してなかったよ・・・うん。 -- 深海 2012-03-29 (木) 03:09:05
      • わたしねー、ちょっとした隙に寝ちゃうんだよねー・・・恥ずかしい。(深海の顔よりも、自分の痴態を照れるのに意識集中)
        寝ぼけて変なことしなかった・・・?わたし寝相悪いんだよね・・・(やっぱりもじもじしてる。よっぽど恥ずかしかったらしい -- 飛鳥 2012-03-29 (木) 03:15:07
      • あ・・・そういえば (今更思い出した飛鳥は不眠症だといっていた。転寝していたのが異常だったのだ。)
        (普段眠る必要のない深海には、睡眠に対する意識が希薄なため、すっかり忘れていた。)
        いや、変なことはしていない。ほとんど覚醒時と変わりはなかった。
        (急に真面目な顔してベッドに膝をのせ飛鳥に顔を近づける。) -- 深海 2012-03-29 (木) 03:20:57
      • 普段、寝れたいときに寝れないんだけど、時々ふっと意識がなくなっちゃうんだよねー・・・ありがとふかみー、運んでくれて
        う、うん?どどうしたのふかみー、顔が近いよ?(迫られると弱いご様子) -- 飛鳥 2012-03-29 (木) 03:25:01
      • ・・・(何を考えているのか分かり辛い生真面目な表情でじっと飛鳥の体を見ていた。)
        ・・・・・・・・・大丈夫なようだ、一応生体組織に異常の兆候は見られない。
        (そのまま特に何をするでもなく顔を離す) -- 深海 2012-03-29 (木) 03:29:35
      • うー・・・?(よくわからないと言った様子)
        あ、前にいってた見ただけでわかっちゃう、ってやつかなー?すごいなふかみーはー!(ようやく平静を取り戻したらしくいつもの調子)
        ふかみー、心配してくれてありがとね?(にっとわらう。ややはにかむように -- 飛鳥 2012-03-29 (木) 03:32:26
      • うん、俺達の所では胎児の段階で脳神経を言語基体に合わせてプラットフォーム化するから。
        そう、特別ってことでもないんだけど・・・ああ、どういたしまして。元気そうでよかった。
        もしも何かあったら大変だもんな (そういいながら、笑い返す。) -- 深海 2012-03-29 (木) 03:39:33
      • ????ぷらっとふぉーむ?げんご?(難しい単語はよくわからない様子)
        大丈夫、女子高生はタフなのです!これくらいへっちゃら!
        あ、そういえば・・・ききたいことあるけど、いいのかなー? -- 飛鳥 2012-03-29 (木) 03:49:37
  • (飛鳥が理解できなくても、特に疑問には思わない。同じ世界でもまったく違う場所で育ったのだからと、そう思ってる。)
    クリスマスの準備とかいろいろあったからなぁ。・・・聞きたい事? -- 深海 2012-03-29 (木) 03:55:40
  • うん、ふかみー、わたしのこと、好き?(悪戯っぽく聞く。なぜそんな事を聞いたのか。簡単だ。気まぐれである。 -- 飛鳥 2012-03-29 (木) 04:00:01
  • ああ、好きだよ。 (笑顔で躊躇なくうなずく、この男にそんな甲斐性が存在するとはいかなる奇跡か)
    飛鳥は俺に一番近い仲間だ、同じ学校の生徒で、部活も同じだし、故郷も一緒だ。同じ時間を生きられる大切な仲間だよ。
    (特に奇跡とかはなかった。) -- 深海 2012-03-29 (木) 04:08:09
  • あ、よかった!じゃあわたしとしっしょだ!(にぱーっと笑う、極上の笑み)
    でもね、そうじゃなくて・・・(すっと近寄り、首に手を回す。キスの体勢だ! -- 飛鳥 2012-03-29 (木) 04:11:41
  • (飛鳥の笑顔に吊られるように、深海も笑った。こいつはそういう男だ。)
    え・・・違うって・・・?
    (言い終わったときには、さすがに鉛よりも鈍い深海でも気づいていた。深海の言ったのはつまり同属意識であり、友情であり、隣人愛に近いものであり。)
    (今、今まで以上に熱量を帯びて接近する飛鳥の言うのは・・・まさに男女の愛である。)
    ・・・!
    (それが嫌なはずはない、というか四六時中暇さえあれば、いいや暇がなければ積極的に捻出し。男女の睦事について思い馳せるスケベ小僧が)
    (あまりに奥手であったが故に、ついに女性の方から最後の城門へと討ち入ってこようとは!)
    (しかもクリスマスの夜に、女の子の部屋で2人きりで、期せずしてベッドに腰掛体を密着させているのである!)
    (これ拒んだらむしろ、負け戦です殿!とばかりに、最後の門を守る理性の将も持場を早々に放棄した。)
    飛鳥・・・
    (深海の腕が首に手を回す飛鳥の体を抱きしめようと・・・。して止まった。)
    (怖気づいたのはではないことだけは、ここに記して置こう。)
    あ、飛鳥!ちょっとまって・・・クリスマスプレゼントがあるんだ!(スッとポケットから何かを取り出す) -- 深海 2012-03-29 (木) 04:24:51
  • (前髪越しに見えるうるんだ瞳、赤い頬、そして差し出される唇――)
    (が、それはさえぎられ、一瞬、自分が何をしようとしたのか我に帰り)
    な、なに!?何かな!?(思わず上ずった声で返答する -- 飛鳥 2012-03-29 (木) 04:31:13
  • あっえと、その・・・(飛鳥に釣られて同様する、こいつはそういう男だ。)
    こ、これ!! (取り出したのは、薄い、金属ともプラスチックともつかない奇妙な材質の板だ。それを飛鳥の手を取って腕にあてがうと・・・)
    (シュッ とかすかな音をたてて、ひとりでに飛鳥の右手手首に腕時計のように巻きついた。)
    それ・・・携帯型の端末なんだ・・・。本当は刈人(かりと)専用のなんだけど。
    ちょっと本部に頼み込んで1個予備を貰って来たんだ・・・。これつけてれば、連絡とか取るの簡単だからさ
    (袖をまくって左手首を見せる深海にも同じものが嵌っている) -- 深海 2012-03-29 (木) 04:40:28
  • わ、なにこれ、すごい!(右手を見て感心してる)
    えーっとつまりこれがけーたい電話とかになるのかな?どうやって使うの?(手首を眺め不思議そうな顔)
    あ、でもおそろい!ペアルックー!うん、ありがとうふかみー! -- 飛鳥 2012-03-29 (木) 04:44:48
  • 非インプラントの人でも使えるものだから、大丈夫。頭で考えるだけで操作できるものらしいから。
    あんまり、気の利いた感じのプレゼントじゃなくて、喜んでくれてうれしいよ。
    (自分の矜持を守るために今は上手くやれたと深海は思った。だけど、無邪気に喜ぶ飛鳥の姿と)
    (紛れもなく、同じ仲間であるからこそ渡せた、同じ形の機械を腕にはめたその姿をみて、さすがにこの夜ばかりは彼も揺れた。)
    あの・・・それで飛鳥・・・さっきの話の事なんだけど・・・。俺・・・
    (再び距離を縮める、今度は深海の方から。飛鳥のしようとしたことの続きを・・・) -- 深海 2012-03-29 (木) 04:52:36
  • ジィー・ジィー・と、耳障りな電子音が鳴る。発信源は2人が腕につけた携帯端末からだ。) -- 2012-03-29 (木) 04:52:44
  • すごーい、便利だね・・・ふふーん♪(とてもご機嫌なご様子)
    ううん、ふかみーのプレゼント、他ではもらえない特別でしょ?すっごいうれしい!ありがとう!(無邪気に笑う。そして揺れ動く深海を見て、一瞬だけきょとんとしたが・・・)
    !!な、なにこれ!?(突然響く音にビックリする! -- 飛鳥 2012-03-29 (木) 04:55:43
  • (それは唐突に、耳触りな前触れだけをともなってやってきた。飛鳥の部屋に突風が吹き荒れる。)
    (高速回転する金属板面を衝突させたようなギィィンという鋭い音。虚空に現れた)
    (無数の黒い鞭のごとくしなる帯が、周囲の何者にも干渉せず、床を天井をベッドを机をすり抜けて。)
    (針金細工のように1つの形を編み上げた。)
    (それは・・・特大の白いベレー帽と、フリルのついた衣装を、黒い材質不明のコートで包んだ、小さな女の子の姿だ。その肌のいろは色白な深海よりもさらに白い。) -- 2012-03-29 (木) 05:01:23
  • (飛鳥をかばう様にして、顔をあげておどろく)
    ・・・し、司令!? -- 深海 2012-03-29 (木) 05:02:03
  • なんかすごい登場シーンだーーー!この人が言ってたしれー?
    あ、もしかして・・・(あらぬ勘違いをしつつある) -- 飛鳥 2012-03-29 (木) 05:04:29
  • (夜の静寂が戻ると供に、少女が目を開いた。恐縮する深海を余所に、飛鳥の方へ歩み寄る)
    お前が報告にあったアスカ・ヤマガタだな。 -- 司令 2012-03-29 (木) 05:14:47
  • あ、はい山縣飛鳥です(きょとーんとした顔で、司令と呼ばれた少女を眺める) -- 飛鳥 2012-03-29 (木) 05:17:19
  • (ベッドの脇で直立不動の姿勢になる深海にはかまわず、少女は飛鳥へ近づき、そして見る、無機質な瞳の構造が飛鳥を。)
    ・・・・・・・・・確認した。
    (少女が飛鳥から顔を離し立ち上がる、窓から差し込む月明かりのなかに、長い髪が舞った。)
    芦原刈、刈人、深海。おまえの行った先日の報告には誤りがある。
    ・・・この人間は我々とはまったく別の世界に生きる個体である可能性が限りなく高い。 -- 司令 2012-03-29 (木) 05:28:24
  • えっ・・・?ええっ・・・!!?(何がなんだかわからない。突然現れた少女。告げる真実。否定された絆)
    (混乱する飛鳥、その表情は、あまりに無表情。ゆっくりと深海のほうへ振り向くが、言葉は出ない) -- 飛鳥 2012-03-29 (木) 05:35:58
  • え・・・そんな。飛鳥が違うって・・・司令?
    (深海は突然現れた少女の方を見ている。今まで見たことも無いような、焦燥の表情は)
    (その少女の言葉が、深海にとってどれだけ重いか、如実に語っていた。) -- 深海 2012-03-29 (木) 05:44:22
  • 任務の特殊性、影響力の分析から、今回の誤判断は処罰対象とはならない。
    今まで私も判断を下しかねていた。だが・・・
    (少女が深海を飛鳥の2人に顔を向ける。とても綺麗な、だが近寄りがたい雰囲気の顔。)
    今後の影響拡散の懸念を加味し、規定に基づきこれ以上の接触は禁ずる。以上だ
    (言い終わると、現れたときと同じように、唐突に司令と呼ばれた少女は姿を消した。) -- 司令 2012-03-29 (木) 05:44:31
  • ・・・(あまりに色々な出来事が起こり、脳が処理しきれない)
    (だが理解できることはひとつ。「これ以上、深海とは一緒にいられない・・・?」)
    ふ、ふかみー・・・?(ゆっくりと、縋ろうとする。まるで置いてけぼりを喰らいそうな子供のように) -- 飛鳥 2012-03-29 (木) 05:48:54
  • (深海は司令の消えた方を見ていた。拳を硬く握り締めたまま。)
    (縋る飛鳥の声に答えることはできなかった、ただ、思いつめたような無言で。わずかに震える拳に角度を変えた揃いの腕輪。)
    (その腕輪が冷たい月明かりを反射して、一瞬だけ暗がりに光った。・・・ただ、それだけ) -- 深海 2012-03-29 (木) 05:54:21
  • ねぇ、何で一緒にいちゃいけないの・・?どうして?
    世界が違うから・・・?どう言うことなの・・・ねぇ・・・ふかみー、答えてよ・・・(縋り付き、疑問をぶつけていく。答えはわかってるくせに) -- 飛鳥 2012-03-29 (木) 05:57:42
  • ・・・・・・・・・ごめん。ごめん飛鳥・・・!
    多分・・・理由を話すことくらいは、司令は許してくれるだろうけど・・・。今はだめなんだ
    (縋りつく飛鳥をなるべくやさしく、押しかえす。そうしたつもりで、そっとベッドの上に飛鳥を押して、離れる。)
    ・・・今は答えられない。すこし、待っていてくれ・・・すまない。
    (歩いて、その場に背をむける。だが、走っているわけでもないのに、その背中はきっと追いすがっても今は何も答えないだろう。)
    (こいつはそういう男だ。) -- 深海 2012-03-29 (木) 06:13:53
  • ・・・(深海から聞いた謝罪の言葉。待ってて欲しいと言う言葉。それがどんなに空虚であっても。)
    ・・・うん・・・。(頷いてしまう。彼女はそう言う娘だった。)
    (ゆっくりと遠ざかる深海の背中。だけど追いすがることは出来ずに。声を殺して・・・泣いた) -- 飛鳥 2012-03-29 (木) 06:17:51
  • (幸せな奇跡を運ぶはずの夜に。2人の間に降りてきたのは見えざる暗い壁で。)
    (冬の夜に、月の西へ傾きかけた、澄み切った夜空。夏の日に見上げた夜空と同じくらい)
    (冴え冴えと輝いているのに、今はその青い光がとても冷たい。) -- 2012-03-29 (木) 06:32:35
  • 名前はちょっと違いますが…偽名ということで(見知らぬ女の訪問)2ヶ月連続同行のようです、よろしくお願いしますね -- ソライマ 2012-03-28 (水) 21:59:28
    • \あい、よろしくー!/ -- 飛鳥 2012-03-29 (木) 02:07:32
  • 私のハロウィンはまだロスタイム、ロスタイムです というわけでお菓子ください めっちゃください(にじりより -- メイ@とんがり帽 2012-03-27 (火) 12:58:59
    • \なんでにじりよりんですか!?/ -- 飛鳥@ぬ 2012-03-27 (火) 18:45:54
      • それはお菓子切れのタイミングを狙ってのいたずらチャンスだからにきまってるじゃないですか さぁトリックorトリートですよ飛鳥さん -- メイ@とんがり帽 2012-03-27 (火) 19:37:54
      • \しまった品切れにゃ!/(ごそごそとポケットとかを探す) -- 飛鳥@ぬ 2012-03-27 (火) 19:41:21
      • 私も探すの手伝ってあげるよ(にこっ) -- メイ@とんがり帽 2012-03-27 (火) 19:59:28
      • \そう簡単にいくとおもうなよ!/(あらぶるねこのポーズ) -- 飛鳥@ぬ 2012-03-27 (火) 20:01:30
      • 難しいほうが燃える! あらぶるタチのポーズ! -- メイ@とんがり帽 2012-03-27 (火) 20:07:34
      • ボゥッ(両手に出現するエモノ、鬼の武器である)
        \さぁ、どこからでもかかってきなさい!/ -- 飛鳥@ぬ 2012-03-27 (火) 20:12:36
      • では将軍さま 後ろから襲い掛かるので後ろを向いてください(自分のこめかみをくりくりして一休さんのポーズになりながら) -- メイ@とんがり帽 2012-03-27 (火) 20:16:27
      • はい。はいじゃないが?襲うといわれて後ろ向くわけがないでしょーーーー!(ツッコミ -- 飛鳥@ぬ 2012-03-27 (火) 20:20:13
      • ぎにゃー! 鬼の手での突っ込みは禁止!!禁止です! ブラしかないのに焦げたらどうするんですかーっ -- メイ@とんがり帽 2012-03-27 (火) 20:22:48
      • 切り刻まなかっただけやさしさはあるとおもいます! -- 飛鳥@ぬ 2012-03-27 (火) 20:30:23
      • んもぅ それじゃーお菓子は諦めるから、クリプレは用意しておいてよね♪
        ではまた次回・インガオホー慈悲は無いでお会いしましょう! でゅわっ -- メイ@とんがり帽 2012-03-27 (火) 20:45:31
      • プレゼント用意できるほど裕福ではないのです・・・ -- 飛鳥 2012-03-28 (水) 02:44:28
  • じょしようせいこうせいはいじょっおー!(キー高く歌う)飛鳥ぁー!お菓子をくれないとイタズラしちゃうぞー!
    部屋のDVD全部まじぽかにする勢いだよっ -- 姫美ロッテ 2012-03-27 (火) 09:01:58
    • まじぽか二期はあります!みんなの心の中に!
      にゃ?おかしほしいの?じゃあこれあげる!(差し出される明治チョコレート -- 飛鳥@ぬ 2012-03-27 (火) 18:43:37
      • …ゆるす!わーいチョコだ!どうもありがとうね飛鳥!ハッピーハロウィーンっ
        これは僕からのお返しだよー(渡されるトリュフチョコの包み) -- 姫美 2012-03-27 (火) 22:33:46
      • はっ姫ちゃんのほうが数段上のアイテムをっ!これが格差か!でもありがたくいただくのです -- 飛鳥 2012-03-28 (水) 02:39:58
  • にゃ -- 2012-03-27 (火) 06:34:53
  • にゃ -- 2012-03-27 (火) 06:34:47
  • にゃ -- 2012-03-27 (火) 06:34:39
  • \ねこみみはあざとい/ -- 深海/黒奇居子 2012-03-27 (火) 02:15:24
    • だ、だれだー!(ふーっ!
      その声はふかみーかー!? -- 飛鳥@ぬ 2012-03-27 (火) 02:21:58
      • 正解だ、ハロウィンらしいから腹ペコごうなの怪物の格好をね (ずぼっと頭の部分を脱ぎながら)) -- 深海/黒奇居子 2012-03-27 (火) 02:25:25
      • \びっくりした!/
        とりっくおあとりーと?って言うんだよ! -- 飛鳥@ぬ 2012-03-27 (火) 02:32:37
      • とりっくおあとりーと?・・・ああ、合言葉みたいなものだっけ -- 深海/(スキンスーツ) 2012-03-27 (火) 02:42:33
      • うん、あ、でもお菓子食べちゃった・・・(よく見ると口元にたべかす -- 飛鳥@ぬ 2012-03-27 (火) 02:49:06
      • (黒髪ぱっつん美少女のねこみみというあざといプレミア感に浮上する選択肢。)
         ・さりげなく、紳士的に食べかすを指でとる。
         ・飛鳥は食いしん坊だな、といちゃこらムードをだしながら取る。
         ・そしてそっと顔をよせ・・・
        >・そんな事できたら童貞やってねぇわ!
        (脳内でいちゃこら独り相撲である。)
        ああ、そのようだ飛鳥、口元にお菓子がついている。
        (結局いつもの調子で言うに留まる奴、ここまでの思考は全部無駄足である。) -- 深海/黒奇居子 2012-03-27 (火) 03:00:01
      • え、ほんと?(ごしごし、ぬこっぽく)
        ふかみーお菓子ちょうだい!でないと悪戯するぞー?(にじり -- 飛鳥@ぬ 2012-03-27 (火) 03:05:02
      • その猫娘にいたずらされのはやぶさかではない! (とくに逡巡することなくあふれ出た本音。) -- 深海/(スキンスーツ) 2012-03-27 (火) 03:10:50
      • じゃあふかみー、ちょっとしゃがんで?(背中に回りこみながら
        えいっ!(耳ふー -- 飛鳥@ぬ 2012-03-27 (火) 03:14:12
      • (あ、この展開なんとなく予想できるぞ・・・そうこうやってしゃがんでだな・・・。)
        うっわぁはぁ!? (ほらきたー!予想されていた事態を甘んじて受けるその姿を愚かしいとそしるなかれ、これはご褒美なのだから。)
        耳は反則・・・だ。 (若干うれしそうに地に膝をつきながら) -- 深海/黒奇居子 2012-03-27 (火) 03:28:34
      • おー?今回はよゆーですなー?だがー!(キュピーン・・・と目が光る
        はむっ・・・(左耳をアマガミしつつ右手で頬を撫でる -- 飛鳥@ぬ 2012-03-27 (火) 03:33:05
      • さすがに慣れてきたからなふっ!? (吐息以上に柔らかくて熱くてくすぐったい感触。)
        (スーツ越しのはずなのに、熱を感じる気がするほど体が近い・・・。)
        ちょっちょっとまった飛鳥!これは悪戯なのかほんとうに? 
        (戦闘状態以外で始めて味わう緊張感にどかせばいいのに硬直してる) -- 深海/(スキンスーツ) 2012-03-27 (火) 03:42:20
      • へ?なーにー?(熱い吐息が耳に被る)
        こーすれば男はいちころって聞いた!誰から、とは言わない
        あ、痛かった?ごめんねにゃふかみー?(ぱっと離れて見上げる) -- 飛鳥@ぬ 2012-03-27 (火) 03:44:44
      • ああ、その情報は・・・正しいようだ。 (若干息をあらげながら立ち上がる。)
        いや、痛くはないんだ・・・痛くは・・・むしろ、ありがとう。・・・いや、なんでもない。
        しかしこれ以上悪戯されると大変かもしれないのでお菓子をあげるよ・・・ハロウィンクッキーがあるんだ。 -- 深海/黒奇居子 2012-03-27 (火) 03:59:34
      • ありがとう?悪戯されてよろこぶのー?なんではーはーしてるのー?(頭に浮かぶ????マーク
        わ、やったーふかみー大好きー!(むぎゅう -- 飛鳥@ぬ 2012-03-27 (火) 04:02:33
      • 飛鳥が本当に猫みたいだ!いやいつもこんな感じだったか・・・。その、スーツに抱きついたら痛くないか?これけっこう硬いから・・・
        -- 深海/黒奇居子 2012-03-27 (火) 04:06:53
      • 大丈夫ー(ぐりぐりと頭を押し付けるぬ
        わたしはネコスキー!いぬもいいけどねこのほうがいいにゃ(すりすり -- 飛鳥@ぬ 2012-03-27 (火) 04:08:59
      • そうか、飛鳥も頑丈だな。俺はどっちも好きなんだけど、猫にはあんまり懐かれないなぁ
        (そうだ、これは猫だ、猫だとおもうと・・・ほら、平常心お帰りなさい。飛鳥が猫耳つけててよかった。)
        (しかしそれが一歩踏み外せばさらなる精神的大崩落を招きかねない選択だったことは今はまだ深海は知る由もない。)
        猫は夜行性の生物らしいな、飛鳥が夜も元気なのはそのせいか? -- 深海/黒奇居子 2012-03-27 (火) 04:22:13
      • 今時の女子高生はタフでないと生き残れないにゃ?(ごきげん
        なつかれないの?さみしーね?でもわたしがいるから平気だね?
        えっとねー、わたしあんまり夜寝れないんだー不眠しょうってやつ?
        でもそんなに寝なくても疲れないから平気! -- 飛鳥@ぬ 2012-03-27 (火) 04:37:36
      • (飛鳥ねこっぽいからなー、あっはっは、とさわやかに流しながら)
        眠れ無い?眠らないんじゃなくってか?俺もあまり眠らないでも平気なようにはなってるんだけど・・・
        ・・・そういえば、いつも寝不足っぽい顔してたな、それメイクとかじゃなかったんだ・・・ -- 深海/黒奇居子 2012-03-27 (火) 04:44:49
      • うん、たぶんこれのせいだと思う・・・。(左手を見せる。そこにあるのは異形の篭手)
        これつけてからなんだよねー、寝れなくなったの。最近は慣れたけど、最初はきつかったなー -- 飛鳥@ぬ 2012-03-27 (火) 04:52:26
      • それは・・・たしか飛鳥の武装だっけ? うーん、やっぱり見たこと無いタイプだ。
        たぶん俺と同じ身体機能強化の改造かなんかだと思うけど。施術された時のこととか覚えてないの? -- 深海 2012-03-27 (火) 04:58:03
      • これはねー、鬼の篭手って言うんだって!こっちに来たときもらったの!
        説明だと、これを使って魔物を退治して、その魂を集めるんだって!うん?改造なのかなこれ?サイボーグ女子高生?(ニコニコしながら語っている -- 飛鳥@ぬ 2012-03-27 (火) 05:01:18
      • アバウトな説明だなぁ・・・?いや、飛鳥の体は未調整な人間の形質が多く見られるから、たぶんほとんど生身なんだろう。
        着けてて、そんなに苦しくないなら、まぁ大丈夫なのかな? (にこにこしてるし、体の中を走査しても異常は見当たらないし、と)
        (CTスキャンのような機能までもった目で飛鳥を観た結果そう思った。この情報はやましいことには使いません。ほんとうです。)
        あ、でも、その篭手興味あるな、いちどよく調べさせてもらってもいいかな? -- 深海/黒奇居子 2012-03-27 (火) 05:07:18
      • あ、あとね武器出るんだよ武器!ちょっと見てて!(目を閉じ深呼吸・・・するとぼぅと両手から白い炎が沸き立ち)
        (握られたのは双刀。光の力が凝縮した超常の武器である9
        すこいでしょ?出し入れも自由自在!えう?調べるの?痛いことしない?(若干不安そう -- 飛鳥@ぬ 2012-03-27 (火) 05:22:50
      • おお、ほんとうに出た。前に言ってた奴だね。 (飛鳥が刀を取り出すのを観てうなずく。)
        ああ、心配しないで、基本的には見せてもらうだけでいいんだ、今みたいに。うん、まえに司令が武装を造喚するところを見たことあるけど
        飛鳥のやつの方が綺麗だね、光っててさ。 -- 深海/黒奇居子 2012-03-27 (火) 05:28:41
      • うん、これは天双刀!軽くて丈夫!刃こぼれしないんだって!(ちゃきっと構えて見せたりする。でもぬこ耳つき)
        見るだけでわかっちゃうんだ!\すげぇ!/
        しれー?ふかみーのお友達?今度あって見たいなー! -- 飛鳥@ぬ 2012-03-27 (火) 05:37:04
      • ああ、観るだけで十分だ、その武装の構造的強度が非常に高いことも今でもすぐわかる。
        (猫耳JK日本刀・・・いいぞ!まるでアニメの世界だ!ひゃっほーう!というクールな表情の下の感想である。)
        司令は俺の上司だよ、たぶん飛鳥にも近いうち会ってもらうことになるとおもう。
        それじゃあ、そろそろ戻るよ、あんまり遅く寮に帰るとおこられるし、データも転送しなきゃ。
        //飛鳥ってどこ住んでんだろ、女子寮? -- 深海/黒奇居子 2012-03-27 (火) 05:41:33
      • \軽くてじょうぶ、しかもタダ!すばらしい!/
        ふーん、じゃあこんどあわせてねー!お友達は一杯のほうがいい!(上司と言うのは聞いてなかったらしい
        うん、わかったお菓子ありがとうねふかみー!おいしかった!
        //(基本的に女子寮ですが場面は自由で! -- 飛鳥@ぬ 2012-03-27 (火) 05:45:29
      • ああ、もちろんだ、それじゃあ!
        //(今日も長々お疲れ様です、ゲざる。そして持ち帰られたデータは行間や幕間で処理され、司令召喚のキーとなるのです、gff・・・あい、おつかれさま) -- 深海/黒奇居子 2012-03-27 (火) 05:47:50
  • はっちゃ系女子のあなたには小林ゆうの「るんるんりる らんらんらら」 -- 2012-03-25 (日) 22:41:22
    • 聞いててすごいたのしい!ありがとうございます! -- 飛鳥 2012-03-26 (月) 01:20:29
  • なげぇ! -- 2012-03-24 (土) 19:24:37
  • 3行に -- 2012-03-24 (土) 19:24:32
  • まとめろ! -- 2012-03-24 (土) 19:24:24
  • なにか同じようなシンパシーを感じたので100円を入れておくよ
    (淡い期待感をもって乗り込んではみたけど、実力不足を再認識させられたシンパシーという具体的内容は)
    (キャラ崩れ防止のために行間にうめこみながら。無人販売所の集金箱に投入) -- 深海 2012-03-24 (土) 04:43:12
    • \おもちかえりですか!こちらでお召し上がりですか!/ -- 飛鳥 2012-03-24 (土) 04:44:31
      • お持ち帰り!そういうのもあるのか・・・じゃあこの、煮込み雑炊をひとつ・・・ -- 深海 2012-03-24 (土) 04:47:26
      • すいませんそれ来世からなんです -- 飛鳥 2012-03-24 (土) 04:48:04
      • じゃあ、待ちます -- 深海 2012-03-24 (土) 04:50:48
      • その反応は予想外です!気に入りました!深海君だっけ?
        同じ部活なのにまだみんなの名前覚え切れてないや!あははははは! -- 飛鳥 2012-03-24 (土) 04:52:41
      • うん、芦原刈深海だ、飛鳥も入れて19人だからな。農園で作業してればすぐに覚えられるとおもうよ -- 深海 2012-03-24 (土) 04:56:41
      • なるべくがんばります!今日は男の子ばっかりだったね、ネーアは女の子だけどガンダム持っててすごい! -- 飛鳥 2012-03-24 (土) 04:58:27
      • ネーアのガンダムもすごいけどフラウ部長やサイフの魔法もすごいな、シオンとマリーは原理の似た武装を持ってた
        ウズは小さいけどすごく力が強いし、ポーリの装備はものすごく重いらしい、げんじゅうは外側も中身も謎だらけだ、フェリックスは料理がすごくうまい。
        ほかのみんなもみんな色々すごいよ、飛鳥も何か特別な力をもってるようだし -- 深海 2012-03-24 (土) 05:08:07
      • \しゃあわたしは鬼武者!/
        みんないろいろできるのなー!すごいなー!げんじゅうってなんだろう?まだみたことないかな?中身?(???が一杯浮かんでる -- 飛鳥 2012-03-24 (土) 05:18:48
      • いや、今日石釜作ってたときにもう会ってるよ、10って名前の銀髪美少年がたしかげんじゅうの中身だったはずだ (不正確な情報)
        飛鳥は鬼武者か・・・どんなものか分からないけど、凄いものだということは今までの行動から推察できる
        (あ、見た目だけクールなアホの子だ!かわいい!とかクールな表情の下で思いながら) -- 深海 2012-03-24 (土) 05:25:30
      • 銀髪イケメン・・・あーあーあーいたようないなかったような?(ピザのほうが印象に残ってたようだ)
        そう、すごいのです!空前絶後のバッサリ感!簡単に言えばすごい武器出せます!
        んー?どーしたの?(じーっと見上げながら -- 飛鳥 2012-03-24 (土) 05:28:59
      • 武器作出能力か・・・便利だな。・・・・・・・・・いえ、なにもやましいことなど考えていません。(見上げる飛鳥の視線から目を逸らしながら) -- 深海 2012-03-24 (土) 05:35:01
      • お話するときは人の目を見ないとダメなのです!こっちをみろぉーーーー!(背中に回りこんで耳元でささやく) -- 飛鳥 2012-03-24 (土) 05:36:42
      • ・・・!新手のスタンドか!?いや、背中をとられるのは違うやつだった!
        あふっ!?(耳元と息で情けない声出した。) -- 深海 2012-03-24 (土) 05:42:02
      • あ、このイケメン耳が弱点だ!ほーれほれ(甘い吐息アタック) -- 飛鳥 2012-03-24 (土) 05:46:42
      • あっやめて!よして!? (吐息に反応してびくっびくっと深海の体が時計の針みたいに傾いていくもんだから)
        (しまいには上半身と下半身の角度が90度くらいになった。)
        そ、その攻撃は非常に強力だ・・・飛鳥にはこんな力もあったんだな・・・! -- 深海 2012-03-24 (土) 05:53:28
      • あはははははは!おもしろいなーふかみー!ここか!ここがええんのかー!(鶴光師匠(のスタンドが見えるかもしれない)
        攻撃って言うか?うーんなんだろう?わかんないけど本で読んだ!男の弱点だって!(ティーン誌の情報 ◎◎○○○) -- 飛鳥 2012-03-24 (土) 05:56:43
      • くっ・・・柔和そうな表情をしたおじさんのビジョンが見える・・・! (ドドドドドドドドっと見えた)
        こちら側のハードカバーにはそんな情報まで乗っているのか!?そんなことについての情報まで記述があるとは・・・やっぱりすごいな・・・(攻撃がやんだのでしゃんっと直立した) -- 深海 2012-03-24 (土) 06:03:07
      • うん?こっち?ふかみーもどっかから来た系? -- 飛鳥 2012-03-24 (土) 06:06:36
  • どっかからって・・・それはここじゃない場所からだけど (耳フー攻撃で興奮冷めやらぬのぼせた頭でぼんやり考えた結果の答えがそれだ) -- 深海 2012-03-24 (土) 06:15:40
  • じゃあわたしと一緒だー!あははははは!仲間だ仲間ー!(素直に喜んでるらしい
    わたしもねー、別の世界から来たんだよー、もっと平和なところだけど。でもこっちのが面白いかなー!色々あって! -- 飛鳥 2012-03-24 (土) 06:18:03
  • 別の世界・・・一緒? ・・・飛鳥もそうだったのか (まだ耳フー激刺激的問題の余韻を引きずりながら出した答えがそれでした。)
    (弁解しておけば右も左も規格外存在だらけのこの街で、今まで異世界から来たアピールは聞いたことが無かったので、勘違いしちゃったじゃないということで。)
    驚いたな・・・他にもこっち側に通じてる接面があったなんて。いや、知らなくて当然か、俺と飛鳥では大分違う遺伝情報を持ってるようだし。
    ああ、でも感想は同じだな、ここはすごくいいところだ -- 深海 2012-03-24 (土) 06:30:51
  • うん?どしたん変な顔して?(不思議そうな顔をする)
    わたしはねー、ニホンってところにいたんだけどねーなんかよくわからないうちにこっち来ちゃったんだよねー
    みんな変わってるけどいい人ばかりだし、なんか冒険?も面白いし!魔物倒して平和な世界目指さねばー!\うおー!/(やたらあがるテンション) -- 飛鳥 2012-03-24 (土) 06:36:04
  • (ニホン、それが飛鳥の居たコロニーの名前なんだな、と勝手に納得)
    ああ、みんないい人たちばかりだ。そうか、依頼で行う戦闘もここに暮らしてる人たちの平和を守るためと考えると
    面白いことなんだな(妙に納得したようすでうなずく)
    俺もなんかテンションあがってきたなー!(一緒に\うおー!/)
    ああ、きっと平和でいい世界にできるといいな、ここみたいに -- 深海 2012-03-24 (土) 06:51:25
  • //ごめん調子のって長居しすぎた、撤収します、すんません -- 深海 2012-03-24 (土) 07:12:56
  • わかってくれましたか!じゃあふかみーは仲間だ!やったー!(ばんざーい)
    //い い ん だ -- 飛鳥 2012-03-24 (土) 13:23:57
  • 挨拶からのラブメイク、いかがですか?(謎の誘い文句) -- 夏九 2012-03-23 (金) 01:48:49
    • \ナンパされた!すげぇ!/ -- 飛鳥 2012-03-23 (金) 01:50:17
      • \その反応は予想外です!/ 一応同学の草宮司夏九っつーんだけど、こないだ酒場で見たから挨拶しになー。
        というかさっきの文句をよくナンパと看破したな……なかなかできておる喃。 -- 夏九 2012-03-23 (金) 01:55:47
      • まじで、ありがとー!わたしは飛鳥!今どきあんなくっさい台詞でナンパする人見たことないけどなー!あははははは! -- 飛鳥 2012-03-23 (金) 01:57:10
      • くっさい通り越して意味不明では……? と思うオレだった。飛鳥ちゃんか、飛鳥ちゃんは案外先進的と見えて古風なとこがあると見た。 -- 夏九 2012-03-23 (金) 02:18:15
      • \いわんとしてることはなんとなくわかる!/
        女子高生と言えば最先端、世界でもトップスピードに流行に敏感ですよー? -- 飛鳥 2012-03-23 (金) 02:21:17
      • わかるんだ……フィーリングあっちゃうんだ……アラヤダ、これもしかして逆ナン……?
        冗談はさておいても女子高生か。若いっていいねえ、若さをオレに分けてくれよ飛鳥ちゃ〜ん(※うざい) -- 夏九 2012-03-23 (金) 02:39:38
      • (こいつ絶対わたしに気があるわね!)
        ナツクサンだってまだ若いでしょーおじさんみたーい!あははははは! -- 飛鳥 2012-03-23 (金) 02:42:28
      • (モノローグに無理やりないないそれはないと挿入する)
        オイ誰がオジサンだコラァ“!?” まだ二十歳だオラッ! クソ馬鹿にしやがって……いいぜ、そっちがその気ならオレはここで……
        このお前の部屋で勝手に寝てやる!(カッ) おやすみ! -- 夏九 2012-03-23 (金) 03:13:39
      • うおー!横暴だー!肉食系男子だー!
        って本当に寝てる!わたし寝らんないんだけどどうしよっかなー? -- 飛鳥 2012-03-23 (金) 03:15:48
      • (しばらくナツクの寝顔を観察したり、漫画を読んだししていたが、眠くなったらしく、ナツクのそばで雑魚寝をはじめる) -- 飛鳥 2012-03-23 (金) 03:17:07
  • 折角なので同じ酒場で立ってたやつにあいさーつ!クマとか酷いし眠かったら寝ろ!
    しっかし暗そうな姉ちゃんだな!見た目的に!人生楽しんでるか!物焼いてるか!? -- カーシャ? 2012-03-22 (木) 03:01:38
    • そのまえにわたしの質問に答えろー!あなたは悪い魔物ですか?そうでないならセーフです! -- 飛鳥 2012-03-22 (木) 03:04:19
      • あれ意外と元気だな!アハハハハいーねぇ!
        ……って何?悪い魔物?……悪いの基準が分からねー!!まぁ悪くないんじゃね?放火で裁かれたくらいだ! -- カーシャ? 2012-03-22 (木) 03:09:10
      • 人を殺したりする悪い魔物ならデストーローイ!(ガッデム!)
        なのです!物を焼くのは出来ますだってわたしは鬼武者だから!(炎龍剣を取り出しながら) -- 飛鳥 2012-03-22 (木) 03:14:57
      • ならセーフ!最近まで魔界に居たから人間はまだ焼いたことない!やべぇそう考えると焼きたい!(トキメキ!)
        なんだと!?急に熱い剣出せるとかいいな鬼武者!何もんだ鬼武者! じゃあ手始めにそれでここ焼こうぜ!(飛鳥の住居指さして) -- カーシャ? 2012-03-22 (木) 03:19:14
      • 焼くなよ!焼いたら最後この町には住めなくなるぞ!
        鬼武者=ジャスティス?ってわたしんち燃えたら路頭に迷うんだけど責任取ってくれるの。(急に素になる) -- 飛鳥 2012-03-22 (木) 03:23:33
      • えー?(露骨がっかり)……焼きたいんだけどなぁ…っておぉ!ジャスティスになるのか!じゃあ私も鬼武者やるわ!悪い人間燃やしていいんだろ!
        ……って何?急に冷めんなよ?寒いのはNGだ! 責任?って言われてもなぁ…路頭でも物燃やせばあったかいぞ! -- カーシャ? 2012-03-22 (木) 03:30:44
      • あれかー!物を燃やす以外興味ないだろー!
        人間燃やしたら許されないよ具体的には水かけられるよ -- 飛鳥 2012-03-22 (木) 03:39:16
      • 初対面なのにすげぇな!?これがエスパーって奴かー……だがすべてエスパーされたら悔しいんで事前に名前は言っておく!カーシャ・ジジだ!好きなものは炎!
        水だと!?そんな劇物日常の中に置くんじゃねぇよ!……チィ!水は怖いからな!帰る!(口惜しそうに走り去る、残ったものはあったかさ、現在室温35℃) -- カーシャ? 2012-03-22 (木) 03:44:26
  • 生徒会長選挙の投票が開始されております、投票締め切りは22日16時迄です? -- 生徒会伝達? 2012-03-22 (木) 00:19:55
    • 投票終わってるよー! -- 飛鳥 2012-03-22 (木) 00:21:12
      • (投票ありがとうございます) -- 生徒会伝達? 2012-03-22 (木) 00:39:51
  • \飛鳥文化アターック!/ -- イヴェール 2012-03-21 (水) 02:10:16
    • \聖徳太子カウンター!/ -- 飛鳥 2012-03-21 (水) 03:30:51
      • ぐえーっ!!(ばちーん)ぐぬぬ、腕を上げたね飛鳥chang……! -- イヴェール 2012-03-21 (水) 03:42:29
      • フフフ、女子は三日あわなければレボリューション!(ぺかー! -- 飛鳥 2012-03-21 (水) 03:48:55
      • 飛鳥ちゃん見た目の割にめっちゃテンション高いから好きよ っていうかその腕なに? グロいんだけど -- イヴェール 2012-03-21 (水) 03:54:34
      • あ、これ?おにのこてー!(例のドラっぽい台詞)
        エーっと、簡単に言うとすごいパワー! -- 飛鳥 2012-03-21 (水) 04:18:48
      • 鬼の篭手? なんかすげー曰く有りげな……呪われてたりしない? 大丈夫?
        おう……どう凄いのか全くわからんが兎に角凄いんですね! 力が上がるとかかな -- イヴェール 2012-03-21 (水) 04:22:57
      • たしかー説明だと「これからお前に降りかかる災難を払うために我はやってきた。我が力存分に振るえ!」
        って鬼っぽい人が出てきてーこれくれたん。はずせないけど軽いしすっごい力あるんだよ!(バシュゥ!と篭手から光がほとばしると赤い大剣が出てくる)
        すごいでしょこれー!まじつよい! -- 飛鳥 2012-03-21 (水) 04:25:02
      • おお、なんかそれっぽい! でもなんで飛鳥ちゃんなんだろうね、はっ、まさか選ばれし勇者……!
        っておおおお! ゴツい! これはすごいなー、威力もとんでもなさそう……篭手は軽いみたいだけど、剣も軽いの? -- イヴェール 2012-03-21 (水) 04:34:31
      • この剣はねー、炎龍剣!鬼の力で練られた武器なんだって!
        うん、わたしが持つと軽いよ!人には貸せないんだ。でね、魔物の魂を集めるとこれがもっと強くなるんだって! -- 飛鳥 2012-03-21 (水) 04:40:08
      • ほうほう、鬼の力で? なんか禍々しいな……あ、やっぱりその篭手がないと装備できない的なあれなんだ。
        魂を? ますます魔剣だな……ソウルイーターだな……いずれ剣に心が飲まれちゃうんだわ…… -- イヴェール 2012-03-21 (水) 04:46:43
      • うん、そういう感じー。でもまず篭手を鍛えないといけないから大変!
        呪いとかそう言うのじゃないからへーきへーき!空前絶後のバッサリ感です! -- 飛鳥 2012-03-21 (水) 15:05:19
      • でも冒険やってれば嫌でも魂集まると思うし大丈夫、すぐ強くなると思うよ!
        爽快アクションなんだ……無双しちゃうんだ……
        さて、挨拶もこれくらいにそろそろ帰ろうかな。一緒に学園生活エンジョイしようね! -- イヴェール 2012-03-21 (水) 18:59:27
      • またねーーーーーーー!ばいばーーーーーい! -- 飛鳥 2012-03-21 (水) 20:41:21
  • やったー!新しい後輩が増えたっ!(喜ぶ低身長)僕は姫美っていうんだ!よろしくねー -- 姫美 2012-03-20 (火) 07:13:48
    • え、なに子のちびっ子わたしの先輩なの?\かわいい!/ -- 飛鳥 2012-03-20 (火) 20:03:00
      • 可愛いだなんてそんなぁー照れるよぉ!(嬉しくて落ち着かなくてぴょこぴょこ)髪長くて黒くて
        それでいてさらさらでうらやましいなぁー!うん、僕これでも2年目終わるんだよーっ -- 姫美 2012-03-20 (火) 20:07:12
      • ふふーいいでしょー、これはわたしの自慢なんだ。わたしはアスカ!よろしくねー!
        ところでサ、学校ってあと何年あるの?わたし転入だからついていけるかなーって -- 飛鳥 2012-03-20 (火) 20:09:42
      • 大丈夫、うまくいかなくてあすかと同じくらいの難易度の冒険の人も結構居るからさ!
        丁度今年で折り返しでーあと2年間もあるよっ!まだまだいけるっ -- 姫美 2012-03-20 (火) 20:47:13
      • よし、なんとかなりそうだ!がんばる! -- 飛鳥 2012-03-21 (水) 03:30:11
  • ということで転校生のお前にもホワイトデーの桜餅をプレゼント。俺の名前は蔵原皐月だ。ふじわらじゃなくて、くらはらだ
    交流にちょうどよく、来月に特別帰宅部主催のお泊まり花見会がある。場所はラヴァミピド邸。良かったら参加してくれ -- ぴうん 2012-03-20 (火) 04:01:43
    • ぴうロックサンキュー!\うめぇ!/
      なにその舌噛みそうな名前!こっちにも花見あるのなー! -- 飛鳥 2012-03-20 (火) 04:04:43
      • 名前は皐月だ。さーつーきー!OK? -- ぴうん 2012-03-20 (火) 04:32:05
      • 女の名前みたいだな!じゃあぴうロックってなに? -- 飛鳥 2012-03-20 (火) 04:34:56
      • あだな。よくあるだろ、なんかやらかしてしまってあだ名が定着することって -- ぴうん 2012-03-20 (火) 04:38:03
      • あーわかるわかるそんなもんだなあだなって! -- 飛鳥 2012-03-20 (火) 04:39:22
  • どうやら学校があるらしいですけど今から入学していいんでしょうかね!なんか大きなイベントのあとですし! -- 飛鳥 2012-03-19 (月) 23:59:41
    • コメントついてる!やったーと思ったら自分・・・ -- 飛鳥 2012-03-20 (火) 02:12:21
      • 今動いてる人ほぼ養成校の人だから入学しないとハードモード極まると思うよ! -- 2012-03-20 (火) 02:35:03
      • \マジで!でもぼっちになりそう!/ -- 飛鳥 2012-03-20 (火) 02:41:52
      • \入学して新しく部活を作ろう/ -- 2012-03-20 (火) 02:45:02
      • でも学校あるなら入ったほうがいいかなー。なんとかなるかなっ! -- 飛鳥 2012-03-20 (火) 02:48:46
  • オセセセックス -- 2012-03-19 (月) 20:22:40
    • (ビンタ) -- 飛鳥 2012-03-19 (月) 20:42:36
  • (ご同輩かと思ったら関係なしに思いの外若い子でショックを受ける) -- 司書? 2012-03-19 (月) 20:20:16
    • はなの女子高生よ! -- 飛鳥 2012-03-19 (月) 20:42:14
      • 学生さん、か…(自分の学生時代を振り返りつつ)
        …若い子には中々厳しい仕事だとは思うけど、めげずに。それと気をつけてね? -- 司書? 2012-03-19 (月) 20:48:35
      • だいじょうぶです!何とかします!多分! -- 飛鳥 2012-03-19 (月) 20:49:52
      • それもそうかしら……専門外の武器でも案外何とかなる事もあるし
        でも若いとやっぱり元気でいいわね……(微かに笑んで頑張ってと告げて) -- 司書? 2012-03-19 (月) 21:00:55
      • 勢いだけでも何とかなると思います!心配してもらってありがとうございます! -- 飛鳥 2012-03-19 (月) 23:12:45
  • \過積載/ -- 飛鳥 2012-03-19 (月) 19:56:20
    • あげる/ -- 2012-03-19 (月) 20:07:29
      • \まじで!ありがとうございます!/ -- 飛鳥 2012-03-19 (月) 20:40:57

Last-modified: 2012-05-19 Sat 05:17:01 JST (3259d)