MQ/0019

  • (カピバラとウォンバットを並べてその背中の谷間に挟まっている妖精)
    斑の迷宮探索、終わりましたねぇ ベイセルさんは絶賛歴史書執筆中なのでしょうか? -- イリス 2020-02-24 (月) 23:14:41
    • (すっかり旅支度を整えているジジイ。手元にある紙束を示し)
      相変わらず動物に乗るのが好きじゃなー…ああ、碑文の書き写しは結構進んだぞい
      しかし全部終わる前にまた仕事が入ってのう、旅にでて移動中に続きは書こうと思ってな。お主はどうするんじゃ、借金は返しとらんと思うが -- ベイセル 2020-02-24 (月) 23:18:24
      • もふいものは正義なのですよ…(ごろんごろん)
        もう次の旅ですか はやいですねえ… ………会う人に大体借金の心配をされてそろそろ悲しくなってきました…… それなりに返しますよ、ええ。
        秘宝の願いはお金にならないものにしてしまったので、またコツコツ別のところで働きますかね…(一度でもまともに稼いだことがあったかどうか) -- イリス 2020-02-24 (月) 23:21:09
      • じゃあそのカピバラはお主が連れて行ってくれんかの。わしの旅に連れて行くわけにもいかんしのう
        もともと遺跡の攻略が生業だからのう、攻略が終われば旅立つのが常よ。お主の事がわかるとまあ素直に返さんと皆わかるじゃろうからな(軽く笑いながら)
        金にならんもの…そういえば宝石に何か仕込んでもらっておったのう、あの宝石はなんという名前になるんじゃ? -- ベイセル 2020-02-24 (月) 23:27:28
      • えええ……それはかわいそうなのではないでしょうか…… カピバラさんがそれでもいいというなら吝かではありませんが…
        次はどのあたりに向かうのですか?(借金に関しては笑顔でスルーすることにした!)
        女神の神秘をほんの少しだけ宿した、でも何の力もない宝石なのです 消えゆく神秘に対して少しだけ寂しくなったので……そうですね、頂いた称号からとって追憶のダイヤモンド、ですかね
        ヒトが永遠に思いを馳せるダイヤモンドに消えゆくものを宿すなんて、皮肉っぽくて良いと思いませんか? -- イリス 2020-02-24 (月) 23:41:14
      • わし、定住せんしカピバラが生きていけないような場所にもいくからのう(カピバラは、何も考えていない顔をしている!)
        ここからだと北の方じゃのう。次に行く場所はだいぶ寒くなりそうじゃ、防寒着も買っていくかの
        消えゆく神秘か。濃い神秘は中々に現存が難しくなっていくもんじゃのう…なるほど。手記にはそう記しておこう(軽く頷き)
        永遠の輝きじゃったか? 確かに皮肉は効いておる、価値も比例して上がろうというもんじゃ -- ベイセル 2020-02-24 (月) 23:49:31
      • ………本人は何も考えていません……………(結局引き取ったって話だ)
        寒いところですか…凍ったりしないよう気を付けてくださいね 面白そうなものが見つかったら呼ぶのも忘れないでください
        私にとっては悲しいことですけど、どの世界もヒトはすぐに神秘や幻想を追いやって忘れてしまうのですよね
        永遠の輝き、永遠の絆…そういったものが望まれるのです  …………これは売ったりしませんよ(淡い黄金の星々を包含したダイヤモンドを手のひらに浮かべて見せた) -- イリス 2020-02-24 (月) 23:54:43
      • (カピバラは飯をくれればなんでもいいたくましいありふれたカピバラだったのだ。完)
        うっかり凍死せんように気をつけねばのう。呼ぶ…だいぶ離れても呼べば来るんかお主?(それとも魔法で連絡? みたいな顔)
        結局の所は、それを望む者が多ければ世界の常識が変化していくからのう。多数派にならねば抗いようがあるまいて(仕方のない事だと頷き)
        ま、手に入らないものを追うというのはわしにもわかる気がするがの。ロマンを追う仕事じゃし。売る心配はせんよ、じゃが盗まれたり借金のかたにされんようにな? -- ベイセル 2020-02-25 (火) 00:01:03
      • あれ?伝えていませんでしたっけ…? ナビ妖精スキルを習得しているので、私を呼ぶ意思を込めて名前を呼んでいただければ大体聞こえますよ(来るかどうかは気分次第ですけどねと付け加え)
        (そもそも今まで待ったく日時を決めた待ち合わせをしなくてもなぜか集合できていたのはこういうわけだったのだ 別れ際に明かされる真実…!)
        ロマンだなんてなんだか似合わないですねえ…やはりもっと口調を若々しくしたらよいのでは……
        ええ、大事にしまっておきますよ 借金のカタなどと言い出すようであれば…そうですね、徹底的に抵抗しましょう……
        …………さて、それではそろそろお別れの挨拶をしましょうか… いってらっしゃい、良い旅を!(この時ばかりはちゃんと起きて ベイセルの前まで飛んできて手を振った) -- イリス 2020-02-25 (火) 00:09:19
      • 呼んだらどこからか来るのはわかっておったがそんな名前のスキルがあったのは初耳じゃぞ…!?
        (今明かされた真実に驚愕しつつ)
        いい加減子ども扱いにも飽きたんでのう、露骨な老人の口調はやめられんわい…まあ一度くらいはいいか
        (コホンと咳ばらいをし)
        抵抗もいいがこう、そういう事態にならない立ち回りが大事だ? 罠にひっかからんようにな
        ああ、ありがとう。イリスも面白い事に出会う旅路でありますように。じゃあまたな
        (若々しい口調で返すと、歩き出していった) -- ベイセル 2020-02-25 (火) 00:18:19
  • やあやあヴィオラさんだよ、そしてこれはベイセル君の物と思しき落とし物
    (油紙で包まれた物をベイセルに差し出す)恐らくは君の備品か何かだと思うんだが確認はしていないよ、あの迷宮でそう感じたらそう判断する事にしているからね -- ヴィオラ 2020-02-20 (木) 23:17:33
    • やあヴィオラ君。落とし物とな、心当たりはないんじゃが何も落としていないとも言えんという…どれ
      (油紙を受け取り開くと、棘のついた指輪のようなものが出てくる)角指か。落としとったのか…助かったわい -- ベイセル 2020-02-20 (木) 23:41:16
      • 実際の所落としたのかそれとも取られているのかという疑問は常に付き纏うよねぇ、手癖の悪いリス君も居るようだし全体的に手癖が悪いんじゃ?とね
        ほう暗器だったか、ちらりと見たそれをベイセル君の物だと思うのだからよく出来た迷宮だ…
        しかし君も日常で苦労が多いようだね(それが対人道具だという事を理解しているのだろう、実際に使われた事があるのかも知れないが) -- ヴィオラ 2020-02-20 (木) 23:48:30
      • ドッペルゲンガーが出た時点で持ち物ごと複製されてる可能性も検討しとったが謎のままじゃのう
        傷薬を盗まれて死んだ者もおるかと思うとなんとも恐ろしいなリスども…
        ここの連中は比較的行儀が良いのが多いからもっぱら人型の魔物相手に使っておったがの(自分の指に角指を嵌め、自分の首筋にあてるポーズ)
        これを知っているという事はヴィオラ君は東方にも行ってるんかのう? -- ベイセル 2020-02-20 (木) 23:57:49
      • 以前似たような存在の出てくる遺跡を踏破した時は最深層にその答えがあったように今回もそうかも知れない
        あの時は遺跡全体で侵入者を測定し最深層で複製し至る所に仕掛けられていた転移の術式で現れるといった手口だった
        (そのため最深部に到達するまで止める事も出来ず厄介だったと語り)
        如何なる事情があれ全てを盗み尽くすのは許される事ではないね、フフフ考古学者の言う事ではないか
        (頷く)あちらにも興味深い遺跡や遺物は多いから足を運ぶ事も多いよ、毎度死にかけるが…いや文化と相性悪いのかな?それも忍者にぎゅっとされた経験がある -- ヴィオラ 2020-02-21 (金) 00:11:12
      • ほうほう。そんな遺跡が…大がかりな仕掛けが最深層というのはよくある話じゃな
        三層の奥底にいるのはどうも魔神らしいが…魔神な上に測定でこちらの手の内が割れてたら洒落にならんのう
        わはは、そりゃ学者だけじゃなくわしも耳が痛い話じゃのう。見れる所は全て見るしな
        東方は刀一本でオーガを殺して回るようなのがおるから確かに相性悪そうじゃなヴィオラ君…わしも忍者に出会ってこれを知ってのう(実はわしも殺されかけたと遠い目になる) -- ベイセル 2020-02-21 (金) 00:18:37
      • (//文通スイッチが押されました) -- ベイセル 2020-02-21 (金) 00:19:06
      • うーむそれは有り得るな…迷宮全体からのフィードバックは無いだろうが三層は彼の支配域と見ても問題無さそうだ
        そうなれば注意深い支配者であればそうした機構も盛り込んでいる可能性はある…強者特有の油断を持っていて欲しいものだね
        (お互いに笑って)まあ、なので彼等に盗まれんよう対策に留めておこうじゃないか、もしかしたら病気で寝込んでるリスの妹が居るやもだ
        ああ…あちら特有の心眼なるもので正体を見破ってくる事も多かったしもうチャンバラはゴメンさ
        その分得られる物も多かったが…いや鬼の美女はもう勘弁だな、肝が冷えるどころか抜かれる。しかしベイセル君もだったか、やはり探検かい? -- ヴィオラ 2020-02-21 (金) 00:28:34
      • //了解致した -- ヴィオラ 2020-02-21 (金) 00:28:43
      • 魔神の支配域っちゅーことなら3層の敵の強さも頷けるという話じゃなあ…
        せっかくの上位存在なら思う存分に慢心しておいてほしいもんじゃが。意外と抜け目ない奴もいたりするからいかん
        侍というやつじゃなー…わしも刀を少しばかり教えてもろうたがあの域には達しなんだ。鬼の美女。そういうのもおるのか
        うむ、遺跡を見つけて探索しておったらこう、忍び寄られてな。協力しないと殺すときたもんじゃ(首を掻き切るモーションを素振り) -- ベイセル 2020-02-21 (金) 21:55:46
      • うむ、特にああしたカチッとした迷宮を作るタイプは頂けない。細かい事に気が回る者である可能性が高いからだ
        いやあ私はその分逃げる技術だけはモリモリ鍛えられたよ!ハハハ!逃げ切れないと首が飛ぶからね!
        鬼も鬼で中々気まぐれでハラハラドキドキだったね!気前は良いので目的の物を目に出来る事は多かったけど勝負に負けたら確実に死ぬ空気が凄かった
        (覚えがあるのか少ししぶそうな顔をして頷いている)その手口好きだよねぇ暗部の連中…しかし忍者が動く辺り国に関わり遺物かな -- ヴィオラ 2020-02-21 (金) 22:12:41
      • 逃げ足と引き際は長生きの秘訣じゃのー…そういえば侍の中になんか妙に足の速いのがおったのう。あれはやばかった
        東の方はどうも死生観が極まっとるのが多いのう。常に命かけてるみたいのはなんなのか…その分生きとるのは強いからあれか、蟲毒か
        ご明察、かの国の神話にかかる碑文やらギミックやらがわんさかあってのう。あれいらい他の探索者に武人やら暗殺者っぽいのがいたら気を付けるようになったわ… -- ベイセル 2020-02-21 (金) 22:20:44
      • なんだろうねあの…鬱屈とした階級社会で煮詰められた特殊な価値観は、未だに慣れずに地雷を踏みそうになる
        ああやはりか…あの地も王権神授の国だからね、それに連なる碑文などは彼等にとって極めて重大な情報だ
        私も世界各国の冥界を研究していた折色々と厄介な事になったしその辺りはどうしてもね
        その分未だに神との繋がりの強い土地で研究のしがいがあるんだが、まあ何事も程々にだな
        さてそれではこれで…そろそろ最深層も近い、魔神…持てる対策の全てを取ろうじゃないか(じゃあねーと手を振り帰っていく) -- ヴィオラ 2020-02-21 (金) 22:30:03
      • 10年くらい滞在したんでなんとなく察するくらいならできるようになったが、ありゃ独特じゃなー
        うむ、お家騒動みたいのまで絡んできてあん時は鉄火場続きじゃったな
        ヴィオラ君は手広くやっておるのう…冥界やら神々やら。いやまあ遺跡探検をしてればしょっちゅう出会うからわかるが
        ああ。お互い死なずに済むように準備をしようぞ…ううむ。やはり持ち出すかのう…剣と盾 -- ベイセル 2020-02-21 (金) 22:41:50
  • (宿屋の食堂にて)
    実は時間と場所を決めてこうして待ち合わせをするのは初なのではないかと思ってしまいますが、それはしまっておきましょう…(いつも実に妖精らしく思い立ったら行くスタイル イリスはイリスで呼べば大体どこからか現れる)
    それに適当に注文してしまいましたが、むう………やはりなれないことはするべきではないと思ってしまいます……
    (暇を持て余しながらベイセルが来るのを、注文した品が届くのを待っている) -- イリス 2020-02-16 (日) 23:30:29
    • (注文を待っていると注文の品に甘味と紅茶が追加されて運ばれてきた。そのすぐあとにひょっこり現れる)
      なんじゃな、お主が時間指定するなんぞ珍しいのう。なんか改まって用事かの
      (予定の時間の少し前に厨房の方から歩み寄る) -- ベイセル 2020-02-17 (月) 22:30:37
  •  
  •  
  • ふっふっふ…ベイセル先生!宿題やってきました!ずばり、ベイセルさんは…吸血鬼混じりと見たね!(ばばーん、と指差して胸張って言う) -- エメス 2020-02-14 (金) 22:26:37
    • おお…なぜわかった! という所も聞いておこうかの
      (先に景品として…とリンゴを食べやすく剥いて差し出す) -- ベイセル 2020-02-14 (金) 23:13:17
      • 怪力、ってだけだと割とオーガとか他にも当てはまる種族も居なくもなくも、なんだけど、赤い瞳、となるとそうなるかなー、と。
        種族として瞳が赤い種族なんて後はウサギの獣人さんくらいしか思いつかないし、それだと力が、ってのはねぇ(とリンゴが差し出されれば、遠慮なしにぱくりと)ん!美味しい!甘さと酸っぱさがナイスバランス! -- エメス 2020-02-14 (金) 23:22:09
      • よろしい、例の脳内の知識でなく自力で調べたんかの。えらいえらい…正確にいうとわしは人間でいうダンピール、エルフと吸血鬼のハーフとなる
        まあ見ての通りに日光で火傷したりせん体なんで怪力以外の特殊能力はないんじゃがの。いい食べっぷりじゃ(既に次を剥いているジジイが2個目を差し出す) -- ベイセル 2020-02-14 (金) 23:26:03
      • はい!街の本屋さんなんて初めて入ったよ…本を読んで色々知るのも楽しいねぇ。んんー、となるとお父さんかお母さんが吸血鬼だったのかな?
        そなんだ…コウモリ化や、吸血による眷属化、あとは…魔術の才能とか、もか。その辺りは遺伝しなかったんだね。弱点が無いっていうなら仕方ないって感じだけど(と、二つ目もぱくり、と。しゃくしゃくもしゃもしゃ) -- エメス 2020-02-14 (金) 23:33:43
      • (本屋に初めて入ったと聞くと目を細め)うむ、よい体験ができたようで何より。そうなるのう、ちなみに母がエルフじゃよ
        吸血は一度試して飲もうとした血を吐いたという苦い思い出が…いやあ無理はもんは無理じゃわい。三個目もいるかの? -- ベイセル 2020-02-14 (金) 23:41:53
      • 当たり前だけどお父様の知識にないような本とかもあったしねー。お料理の本とか買っちゃった!えへへ(と楽しそうに言って)
        とゆーことはお父さんが吸血鬼かー。二人とはまだ会ってたりするの?元気?…まあでもベイセルさんのご両親って言うと、更にすごいお年って感じするけど…。
        おおう…生き血ってあんまり美味しくないもんね…味付けすれば結構いけるんだけど(ちなみに私が食べたのは豚です。とか笑って付け加えつつ、三個目には元気に頷き)…あれ?でも…(んー、と思い出す)
        ベイセルさん、傷の治りが凄い早かったよね…?あれは?回復薬がよっぽどいいのだったとか?(盾でいい感じに守ってたのは盾のおかげとしてもー、という顔) -- エメス 2020-02-14 (金) 23:52:10
      • ほう、脳内の図書館にない知識もすぐみつかるもんなんじゃな。料理か、よい趣味になるぞい…………あの洞窟にキッチンとかあるんかの?
        親父殿は行方知らずで母上は既に看取ったのう……生きていたらうむ、1000は超えるじゃろな
        (三個目をすっと渡すジジイ)エメスのお嬢ちゃんなぜ生き血とか試しとるんじゃそこまで飢えたんか!?
        傷の治りも吸血鬼の血のおかげだと思うが…うーむ。他の要素もあるかもしれん、昔色々あって呪い(まじないと発音した)をかけられてのう -- ベイセル 2020-02-15 (土) 00:02:31
      • お父様はお料理は上手いとはあんまり言えなかったからねぇ(苦笑し)洞窟に、というかその中の私の家には一応。お茶くらいしか使ったこと無かったけどね。魚とか肉とか焼くだけなら外で済ませたりも…。
        あー…そっかぁ。お母さんはもう居ないんだ…(と残念そうに言い)…ってやっぱり凄い歳だった。それだけ長く生きてるなら、お父さんとか結構すごい人になってるんでは?(所謂エルダーな感じ、という顔をして)
        (三個目は流石にちょっとゆっくりと味わって食べつつ、てへ、って顔)いやだって、そのままでも美味しいのか気になるじゃない?でもお店で食べた豚の血を固めてゼリーみたいにしてスープに入れたりするのとかには敵わなかったけど。
        ほほー…?呪い?傷の治りが良くなる呪いってのはあまり聞かないタイプだねー?やっぱり探検とかしてる時にえらそーな存在とかにやられちゃった感じ?(と興味深そうに聞き) -- エメス 2020-02-15 (土) 00:15:02
      • フルメル氏だったかの、優秀な錬金術師でも不得手なもんなんじゃのう(料理と錬金術ってなんか似てないかのうと呟き) ふうむ、本格的な施設はなしか…そういえばそもそも何故宿屋ではなく洞窟に?
        まあ大往生じゃったよ、早くから独り立ちしたんで親孝行じゃったかはわからんがの(実際は追われてすぐに引き離されたのだがそういった暗さは感じさせないように軽く言い) エルダヴァンパイア…ありえなくもないが会いたくもない響きじゃなぁ
        (微笑ましく見守る。一方宿屋で待つカピバラは自分の餌が減った気配に戦慄した かもしれない) 好奇心旺盛なのが裏目に出とる…そういった加工がなければまず食べるものじゃないのう
        いやあ呪いというのはこう、気分というか…うむ、旅の最中じゃが。気まぐれに出会う超存在には気を付けるんじゃぞ(どうも詳しく思い出すと嫌な思い出らしく苦笑い) -- ベイセル 2020-02-15 (土) 00:26:07
      • (//ありふれた文通スイッチが押されました) -- ベイセル 2020-02-15 (土) 00:26:47
      • (割とそう、と呟きには頷きを。しかしフルメルは所謂食えれば何でもいい派だったのだと苦笑する)んー、お父様と暮らしてた地下工房に似てたからかな。薄暗くて狭い方が落ち着くんだよね。
        そっかー、ベルセルさんって自立心高そうだからちょっと納得かも(とそれに気づかぬ少女はくすくす笑う)あれ?その言い方だと顔合わせたくない系?まー家庭の事情は色々ありそうだけどさ。
        あー…、つまりは、押し付けられた感じかー。大いなる呪い、或いは大いなる祝福。みたいな。…って気まぐれなんじゃ気をつけようがないじゃない(苦笑には、苦笑を返して小さな肩を竦め)
        それに…そういうのなら、ある意味私自身がそれだしねぇ。私のこれ、そういうのの"落とし物"だからね(と、襟元を軽く開いて、首に埋まった黒い珠を見せて微笑む) -- エメス 2020-02-15 (土) 00:40:46
      • (//了解です!この非常に上質なスイッチを喰らえー!(ぽちぽちぽち) -- エメス 2020-02-15 (土) 00:41:45
      • なるほど生まれ故郷と似ておると……薄暗くて狭いというとフラスコ的な場所かの…?(ホムンクルスの生まれ方がはっきりとはわからないので首を捻り)
        はは、この年で自立できとらんかったらどうかという話じゃしの。別に顔を会わせたら戦ったりするような敵対もしとらんのだがこう…あまりにも没交渉で何話すかも思いつかん奴じゃな
        迷宮でも似たような事はあるから気を付けるんじゃぞ…事、大きな存在ほど気まぐれじゃ。妖精くらいならいたずらもマシじゃが
        大いなる存在の落とし物…? む(開かれた襟元から覗く球体を興味深げに見つめ)…ふむ、お主と融合している感じなのかの。これは一体? -- ベイセル 2020-02-15 (土) 21:28:53
      • それも正解!私はフラスコ生まれだからねぇ、こーんな(と両手をめいっぱい広げて)おっきいフラスコで培養してもらって生まれたんだよー。私がちょっと泳げるくらいの!
        おおう良かった…顔を合わせたら即殺し合い!みたいなすごい関係じゃなくて…それならいつかお話することもあるかもよ。もうお話できないよりは、よっぽど…(とほんの少しだけ目を伏せ)
        …そんな感じするよね。この前の姫竜さんもあそこの守護者だったろうに、気前よく質問に答えたりしてくれたし…。もう開き直って自然体でいる方がマシかもって思うよね(などと笑い)
        融合、っていうか…これが私、とも言えるね。『久遠の種』っていう私の核になってる物。もしこれが壊れたり、私から切り離されたりしたら、私は崩壊しちゃうの(その珠は、金属のような鉱物のような不思議な輝きを見せ) -- エメス 2020-02-15 (土) 22:28:26
      • 人間の成人少し前の子供(エルフ的視点)のお嬢ちゃんがすっぽり入って泳げるほどか…そりゃあでかかったろうな…
        会えたらまあ邪険にはせんよ…いやうむ、ちゃんと話すこととしよう(この様子だとフルメル氏は亡くなられてるのう、と思いながら目を伏せるエメスに気を使って頷いた)
        約定で縛られる部分もあるが抵抗できたあたり中々の大物じゃったな…うむ、自然体がよい
        久遠の種…不思議な輝きじゃな。そしてお主のコアか…なるほど、お主髪の長さが全く変わらんと思ったがこれが身体を維持してるからかの -- ベイセル 2020-02-15 (土) 22:40:20
      • (//こっそり自分の誤字を修正したポーズ) -- ベイセル 2020-02-15 (土) 22:50:10
      • (割とあってる)そだよー、ベイセルさんなら10人くらい入っちゃうくらい!…いいすぎかも?(くすくす笑って)
        うん!親なんだったらさ、ベイセルさんのことちょっとは気にしてるはずだし!ベイセルさんがどういう風に生きてきたとか報告してあげれば喜ぶよ!きっと!(無邪気に断言する。知らぬが故に、望むな在り方を、彼らに重ね)
        そそ、そゆことー。私を私の形に維持してる機能も、この珠にめっちゃ複雑な術式にして込めてある感じだね。
        というか図書館とか、ゴーレム創造術とか、言っちゃえばこうやって話している心、そんなのもこの中だよ。だから、これが私(などとおどけて言い) -- エメス 2020-02-15 (土) 22:51:04
      • そりゃ、ある意味プールみたいなもんじゃな…しかしなぜそんな大きさにしたんかのう?
        ほっほう。そういう事もあるのかもしれんのう。お互い長生きしそうじゃしそういう事があればお主にも知らせて進ぜよう
        (あえてその無邪気さを糾しはせずに、今はそれでよいと見守る。その無邪気さに躓くのもいずれ糧になろうと考えて)
        うーむ。それはどうかのう、いや疑うというよりは単に物の見方の話じゃが。魔術やら図書館の機能的な話はいいとして
        特に心とは他人との接触で少しずつ彫刻されていく作品みたいなものじゃ。お主の心はフルメル氏が作り、刻んだ後に後はお主が触れた全てモノに刻まれてその形になっているもんだと思うぞい
        (あまり自分を他者と違うものと見んようにな、という気持ちで語る) -- ベイセル 2020-02-15 (土) 23:06:54
      • たぶんだけど……造形の自由度を高くしたかったんじゃないかな。私が私くらいなら大丈夫だけど、仮に熊さんみたいなホムンクルスにしたかったなら、物理的な広さはどうしても必要だしね。
        ぜひぜひ!どんなお話したのとか教えてね!…ま、まあ喧嘩になっちゃったりとかだったら、それはそれで?それも親子の対話だしね!…たぶん。
        (知ったふうなことを言って微笑む。重ねた年の功には、やはり気づかずに。そうして、彼が穏やかに語る様には、目をぱちくりとさせ)
        …ほあー、なるほどー。そっか、彫刻かぁ。…うん、分かる気がする。私はここに来て、色んな人と出会って色んな考え方を知った(言いつつ、思い出すようにし)
        そうやって知った分…私っていう形が変化して、今の私になってる。うん、そうだね。きっとそうだ。……ふふ、ベイセルさん、なんだか本当にお爺ちゃんみたい。
        そうやって後を付いてくる子の、手を優しく引いてくれて。……ベイセルさんのお弟子さんも、きっとベイセルさんに感謝してただろうねぇ(などと思いを馳せつつも)
        っと、それじゃ私はそろそろ行くね!あ、そだちなみにもらったバーはまだ取っておいてあるよ!4つとも!保存ちゃんとしてます!(などとけらけら笑って言って、手をふりふり去っていった) -- エメス 2020-02-15 (土) 23:19:15
      • 熊…熊のホムンクルス…はともかく。なるほど(つまり、エメス作成以前から使われていたフラスコか?という推測にいたり頷いた)
        (ゆっくりと呟くエメスを見て微笑みながら頷く)
        そう、人。モノ。出会う全てがお主を傷つけ、研磨するじゃろう。この街でも味わっているはずじゃ(自らも宴会で一緒だったものが欠けているのを思い出し)
        本当にお爺ちゃんじゃぞ? さぁてわしの弟子らがどう思ってるか…はそれこそ聞いて回らんとわからんがのう
        おお。成長しておるの、それならば補充はあと一回くらいで済むな……期待しておるぞエメスのお嬢ちゃん(色々な意味を込めて、応援のように手を振り返した) -- ベイセル 2020-02-15 (土) 23:42:57
  • はいこれ迷宮で助けて貰ったお礼のレンバス的な物(そう言って差し出されたのは土産物屋で売っていた箱入りゴーフレットだ)
    本物と比べるべくも無いだろうが気分的に良い感じかと思って、いやあしかし出たねぇ巨人種!堕ちたる神族!魔物の中でもメジャーリーガークラスだ!お陰で助かった! -- ヴィオラ 2020-02-12 (水) 23:21:45
    • 迷宮で助け合うのはお互い様じゃが、せっかくなんで頂くとするかのう…レンバスはなかなか手に入らんの
      3層に入ってから急にデーモンやらなんやら強い魔物が出寄ると思ったがついに出たのう…1階層の守護者でもいい格のはずだがの、ジャイントは
      こちらこそ、助けられ…というかずいぶんいいモノをスリングに使っておったのう? -- ベイセル 2020-02-12 (水) 23:28:35
      • ハッハッハ!得られる機会があればラエリエル君共々進呈しよう!やはり故郷の味というのは大事だからね!
        と言った所でどうやら味を知っている様子、であれば親のどちらかが森のエルフだったのかな?
        いやあ私としても同族と戦うのは心苦しい…何故なら私に倒されたという事は田舎のカッペに負けたという事なのだから!(冗談めかして笑う、どうやら同族と戦う事を全く気にしていないらしい)
        巨人種でもキュクロープスは兎も角それ以外は神性の凋落も激しいからね、やはり上のエルフの英傑とは比べるべくもなくはあるよ…ああ宝石?あの迷宮で拾ってね、加速の効果があるようなので宝石そのものに加速して貰った
        (本来ならば身体能力強化に用いる物なのだが武器として用いたらしい、曰く魔道具なので頑丈だし形も整っているから弾に向いていたと) -- ヴィオラ 2020-02-12 (水) 23:37:15
      • (どちらかの親が森のエルフかと問われれば)左様。とはいえもう百年(適当)は食べておらんわい、あまり森には寄り付かんもんでの
        おや意外…なような意外でもないような。同族と戦うのに忌避感もなさそうじゃの…ちなみに遭遇して会話になったりはせんのか?
        神話に出とるような神人じゃなくだいぶ若い末裔じゃったという事か…ほう、加速の宝石。その使い方は見習うべきじゃな…イリスに似たようなもんを作ってもらうかの -- ベイセル 2020-02-12 (水) 23:45:24
      • 君にも色々ある訳だね、分かるよ…私もこの前妹を引き取ってと連絡をしたらまた頭が壊れたのか?もういいから帰ってこいと言われてね…中々実家に足を向けたくない
        まあね(飄々とした様子)彼等からすれば私は彼等の王に属さない余所者だ、言葉を交わしてはくれないしインタビューも上手く行かない
        彼等の口を割るには彼等の王以上の恐怖を以て当たらねばならないだろうし面倒なんだよ敵対関係の魔族同士で話すのって
        (これがベイセルやイリス…もしくはスヴェンなど別の種族であれば多少は可能性があるのだろう、だが魔族同士のルールというのがあるらしい)
        (若い末裔には頷きつつ)だがキュクロープスそのものの存在も確認されている、これは恐ろしい事だ(恐ろしいとは言うが考古学者らしい締まった表情で語る)彼等は間違いなく鍛冶神、神の位階を持つ。
        便利だなイリス君…どうもそうした装身具の類も増えてきたようだから探すのもアリかもね?やはりと言うかグッと装備の質も上がってきた -- ヴィオラ 2020-02-12 (水) 23:56:42
      • なんせ生まれが生まれなんで色々面倒は多かったの、おおむね若い頃に解決したが(苦笑い)…そりゃ存在しない妹の話したら頭を疑われるじゃろ(迷宮でついてきたんじゃろ? という推測)
        王に属さない余所者…魔族の協定でもあるんかの。魔族の王なんてすなわち魔王じゃろうし…うむ、この話は横に置いておこう
        (前も魔王の話になりかけたのう、などと思いつつ)
        (キュクロープスそのものがいたと言われれば顔を顰めた)…確認済みか、誤報ならよかったのにのう…対策できるまでは逃げの一手じゃな
        位階が高いだけあって器用じゃのあの子は、便利とかいってると痛い目見ると思うが。装備…そうなのか。わしもマシな物を拾いたいわい(装備は芳しくないらしく肩を竦めた) -- ベイセル 2020-02-13 (木) 00:09:02
      • (//文通スイッチを押しますぞー) -- ベイセル 2020-02-13 (木) 00:09:53
      • ハーフの暮らしづらさは何処でも変わらないか、そればかりは古来から変わらないのが悲しい所だ
        そうなんだよね…まあ置いていくのも何だし何とか受け入れて貰うつもりだよ(参ったなーと上を向いてため息)
        そうしよう、魔族の慣習なんてのは語ると長い(手で横に置いといて、とやって)
        (顔を顰めるベイセルに対し大丈夫と言う様に男は手を横に振る)どうやら友好的な存在らしいよ、いや私も報告書を読んでいる程度なんだけどさ
        二層のドワーフの様に勝手にこっちの装備を剥いで強化して返してくるようだ、それと元々彼等は巨人種で数少ない温厚で知性の高い者達でね
        万能さは発明の母を休ませやすいからねぇ、むっそうか…必要なら言ってくれたまえ、調査済みの物で良ければ都合しよう
        ここから先は個人レベルでどうこうするには厳しいのもあるし、何が得意なんだい?弓?
        //了解致した! -- ヴィオラ 2020-02-13 (木) 00:23:04
      • いやはや、あの頃はしんどかった。おかげさまで鍛えられた…と今では思えるがの
        面倒みがいいのう、まあついてきてしまうなら付き合うしかあるまい…説明はうむ、頑張れ
        (魔族の慣習自体は興味があったが脇に置いたのでスルーし)
        ふむ、友好的…!? なんとまあ、二層のドワーフと同じ類の存在とは驚いた。それなら是非お目にかかりたいもんじゃ
        発明の母を休ませるか、万能というのが面白みのない理由よな。む、それは助かる…イリスと組んでると前に出る機会が多くてのう
        近接武器ならなんでもいいんじゃがあれば頼めるかの -- ベイセル 2020-02-13 (木) 22:19:42
      • まあこの仕事をしているとうっかり命を預かってしまう事も無くはないから何とかするかぁ!&br;(以前にも似たような事があったのだろう、それが両親から心配される理由でもあるようだが)
        それが鍛冶神の一族としての使命からか彼等を閉じ込めた者の命令によるものかは分からないがね
        なのでやはり言葉を交わす事は難しいらしい、いやただ単に神代の巨人語など現代に記録の無い言語を使用している可能性もあってその場合は最高にインタビューしたい
        だからこそ人が手にした万能は万能に届かなくなってしまう、足りぬこそが真の万能への道さ(そう言うと男はマントの中に手を入れる)
        (すると明らかにマントでは隠しきれない武器が幾つも出てきた)これが強靭な刀でこれが雷の魔力を帯びたハンドアックス
        それでこっちが祝福されたショートソードでこっちも祝福されだダガーだ、これが魅惑のフレイルで…あっこれは私のパンツ(スッとパンツを戻す)
        後は非常に上質なレイピアと媚毒の滲むショートスピア辺りが質が良くて安全な装備だ(好きなのをと両手を開いて並べた装備を示す)呪いの品も幾つかあるよ -- ヴィオラ 2020-02-13 (木) 22:38:48
      • 遺跡に友好的な生き物がいたり眠りについていた魔法生物がついてきたりするとか…あるのう。わかる
        (似たような経験があったらしく深く頷いた)
        ううむ、古代の神の使う言語か…分かればよかったがさっぱりじゃのー。念話とかできる探索者はいないもんか
        (万能についての話は大いに頷き) 足りたら飽きてしまうからの、歩みを止めぬ事が一番よい
        お主だいぶ拾っておるな…なぜパンツが出た?(色々と触って確かめていくが…レイピアには指も触れさせなかった)
        ではこのハンドアックスを譲り受けたい、使いやすそうだし雷が役に立つ場面はありえそうじゃ -- ベイセル 2020-02-13 (木) 22:53:29
      • そういう点ではあの迷宮には他にかけっこしてる友好的な小人さん達と出会ったしウォンバット…モドキを拾ったよ
        (今回の迷宮は特に多いらしいと動物を拾ってしまったので苦笑して)
        ああイリス君が精神感応で対話出来るようだ、私も昔学びたかったんだがどうにもその辺り才能が無くてね…あると便利なんだけど
        (ベイセルの歩みを止めぬ事にこちらは大いに頷いた、男にとって歴史とは歩みであり止めて貰っては困るからだ)
        いやさっきの迷宮で拾ったパンツだから妖しくてさ…私のだという自覚もその通りなのか怪しみ調査中なの
        (大分拾った事には手癖が悪いのさと笑って他の武器を再びマントに仕舞っていく、どうやら魔法のマントの様だ)
        お目が高い!クラーケンも出てきたし水路もあるから役立つだろう、一番は安全な道ばかり通れる事だけどこればかりはね
        しかし…失礼な事を聞くかも知れないがレイピアには触れなかったね、何か呪いでも?君自身の、精神的なそれも含んでね -- ヴィオラ 2020-02-13 (木) 23:06:56
      • 小人までおるのか…カピバラなら拾ったしウォンバット…ドッペルゲンガーがおるようだし迷宮の中に生き物を複製する装置でもあるのかと思っておったがまだ見つからんのう
        調査結果がでたら是非教えておくれ、装備ごとドッペルゲンガーになってるんかのー…ううむ
        む、収納用の魔術がかかっておるのかそれ。さすがにいいものを使っておるな…うむ、水路があるし雷は欲しかった。さらに手斧というのがよい
        目ざといのう!呪いと祝福は紙一重というか……ちょっと剣は嫌な思い出があってのう。よほどの事がなければ使わんようにしとるんじゃ -- ベイセル 2020-02-13 (木) 23:17:46
      • 見つけたい場合は宝箱を開けると良い…(腕を組みうーんと唸る)宝箱の中に居たんだよねぇ…ウォンバット
        勿論だとも、他には自分の物が迷宮に持ち去られているという可能性も十分あるにはあるがね
        ただ見た事も無い他者の装備を本人の物と認識出来てしまう以上調査は難航しそうだ
        (だろう?と少し自慢気にマントの裾を持ち)身軽にはしたいが体温も保ちたく物も運びたい欲張りな私の良き友さ
        ふむ…では今は聞かない事にしておこう、そういうのは焚き火でも囲んでポツリと語る方が気楽なものだからね
        ではそろそろ行くとしようか、良い探検となりますよう!(バイバーイと手を振りながら帰っていった) -- ヴィオラ 2020-02-13 (木) 23:26:07
      • 宝箱。宝箱か…なぜ宝箱に生き物が生きたまま…ううむ。謎が深まるのう
        …そういえばその話もあったな、言われてみれば誰かに似合いそうだの、誰の落とし物だの…普通はよほどよく知る相手しかわからんはずなのにのう
        わしも探してみるかのう…まあ披露する機会があれば昔話と共にでも語るかの
        (ヴィオラを見送り)…さてハンドアックスの礼はどうしたもんか。新たな碑文でも見つかればいいんじゃが… -- ベイセル 2020-02-13 (木) 23:41:41
  • (カピバラの背にあおむけに転がっている)
    (時々屑石を投げてカピバラに歩いてもらったりしている)
    (つまり…ごろごろしている) -- イリス 2020-02-12 (水) 21:27:22
    • (このカピバラはありふれたカピバラなのでありふれた行動しかしない)
      (石より餌がいいというそぶりも見せるがそれなりに動いたり動かなかったりした)
      だいぶだらけておるのう… -- ベイセル 2020-02-12 (水) 21:59:57
      • (わずかなエーテルを込めて作っている屑石(といってもそれなりに綺麗)をぽいぽい投げて気まぐれなカピバラと遊ぶ優雅なひと時)
        エサを所望しているのが分かります…カピバラって何を食べるのでしょう?
        なんだか…こう…ごろごろな気分なのです…(全身でごろごろ) -- イリス 2020-02-12 (水) 22:17:40
      • (たまに石もがりがり噛むカピバラ)
        野菜とか果物を食うぞい。草食じゃな…ごろごろ気分…何かあったんかの? それとも何もなくて退屈なんかのう
        (リンゴをそのままカピバラに与えるジジイ。まったり空間) -- ベイセル 2020-02-12 (水) 22:26:55
      • 今度果物を持ってきますね…(ころろろろ…とカピバラの背中の上で転がる)
        第2階層の主を倒してなんだか気が抜けてしまっているのですよね… -- イリス 2020-02-12 (水) 22:36:53
      • (カピバラは器用に体を傾けてスライダーを作っている!)
        ふぅむ。まだ秘宝にたどり着いたわけでもなし、これからだと意気込んでよさそうじゃが
        ガーフジーの言葉が気になるとかかの? 正体ばれておったし -- ベイセル 2020-02-12 (水) 22:44:20
      • (いい感じの坂をころがる妖精)
        だってぇ…万能の権能なんて、鵜呑みにしたらいけない言葉ナンバーワンくらいですよ?
        ベイセルさんはもし手に入ったらどうするのですか? -- イリス 2020-02-12 (水) 22:48:49
      • (カピバラは飽きた! うずくまって寝る態勢だ!)
        まやかしを言ったようには感じなかったがのう。少なくともあの竜をして全能と言わしめる力はあるんじゃろ
        ふぅむ、真に全能なら寝てろとでも命ずるかのう? -- ベイセル 2020-02-12 (水) 22:59:42
      • (カピバラが動かなくなったので自力でころころ転がる妖精 結構じゃまだ)
        まやかしかどうかが胡散臭いのではなく、本物だったとしてもどうせ裏があるというものですよ
        本当に言葉通り万能なら国が亡んだりは…… ……ふふ、そうですね そのくらいでいいのですよ(寝てろというベイセルに微笑んだ)
        しかし…そうなるとベイセルさんはなぜ迷宮に潜るのです? -- イリス 2020-02-13 (木) 22:32:14
      • (スヤァ…しているのでゆったり呼吸で揺れるカピバラ)
        裏っちゅーとつまりなにかの? まあ真に全能であるならそもそも世界はとっくに停滞しておるという意味なら分かる
        国が滅びたというなら何かしら制約なり、他の神格の横やりでもあったんじゃろうて(微笑むイリスを見てふむ、と頷き)
        …ふーむ。あえて端的にいうから宝探し屋になったからじゃな。迷宮に潜り、なぜ出来たのかを探り、何者が何を残したのかを識る(それに意義を感じ、楽しんでいると)
        お前さんはそのあたりはどうなんじゃ? -- ベイセル 2020-02-13 (木) 22:44:26
      • (頭の方まで転がったり尻の方まで転がったりしている)
        そう、つまり真っ当に万能ではないと思うわけなのです。 期待しているならろくなことにならなさそうなのでお尋ねしましたが、問題なさそうですね
        ベイセルさんは回りくどいですねえ…端的に言えば楽しいからですよね? 結論だけなら私も楽しいからなので、一緒ですね
        意義とかは別に気にしないのが妖精ですが、日々刺激になりますし、地味に借金返済にもなりますし。 -- イリス 2020-02-13 (木) 22:49:13
      • (目が覚めそうで震えるカピバラ。ぶるる)
        ははは、わしも長生きしとるからの。万能の秘宝という触れ込みのもんを拾ったこともあるぞい(誇張され、拡大解釈された魔道具だったと笑い)
        この年になると物事を真っ直ぐに語るのは面映ゆくてかなわんわい、お主はあまり年齢を感じさせないのう
        妖精は自分の感じる楽しさに正直じゃな…そういや温泉でまた借金増えてそうじゃったが減ったんか? -- ベイセル 2020-02-13 (木) 22:59:19
      • (べしょりと落ちた)むぐぅ…
        ベイセルさんは見た目とは反対に枯れ果ててるようですが、私は妖精の中では若輩者ですので、若さに満ち溢れているのです
        温泉分はとっくに返しましたよ 元ある方をじみ〜に返しているところなのです(遠い目) -- イリス 2020-02-13 (木) 23:06:13
      • (ぬーっと顔をよせるカピバラ)
        わし、だいぶ年いってるからのー…あと数百年前の頃は老人に思われるために演技じゃったんじゃがもう定着してもうた
        だいぶ長い事かかっておるな…宝石で稼いでおらんからしょうがないがの -- ベイセル 2020-02-13 (木) 23:21:30
      • (寄ってきたところからよじ登りを始める)
        何歳くらいなのですか? そろそろ原点に戻って若々しい口調にしてみるのもいいと思うのです(面白がってるだけ)
        お酒やスイーツにもお金かかりますし、最近はイスナさんのマッサージにもはまっているのですよ そうすると返済はゆっくりになりますよね(うむうむと頷く妖精)
        返済に行くと毎回宝石買い取りますって言われますけど、きっと売ることはないでしょう。 そうするくらいなら別の方に売ります -- イリス 2020-02-13 (木) 23:29:54
      • (オッケェーと素直に受け入れ宿屋の部屋周回コースに入る)
        真面目にはっきり覚えてないんじゃよな…500は超えてるはずなんじゃが…いや今更無理じゃな!
        享楽に制限設けたりせんなお主ら…マッサージ…? …筋肉とかないじゃろお主?
        まあ金貸しも宝石目当てじゃろうしのう…おおいかん、二層で借りたルビーを返してなかったのう(ブレスからほぼ完璧に身を守った最上質のルビーを返却する) -- ベイセル 2020-02-13 (木) 23:37:08
      • (キャッキャッ)
        500歳超えたなら開き直ってもいいではないですか
        筋肉はありませんがエーテルの巡りはあります。 そしてイスナさんのマッサージはエーテルの巡りさえよくしてくれるのですよ…!!
        あら…? てっきり消費されて消えたと思っていましたが、まさか触媒として必要なだけで対価として消えることはないのですか…?!(ルビーを受け取りつつ驚愕の顔 ルビーが変質してないかどうかを確認する) -- イリス 2020-02-13 (木) 23:47:16
      • (3週くらいで力つきて餌欲しい顔をする)
        どういう基準かさっぱりわからんぞ?
        エーテルの巡りに干渉できるならそりゃもはや魔術とかそういった類のマッサージじゃなあ…
        わしのち(力…と言おうとして咳払い)…知識によるとそういう事は起きないのう(変質はない。戦闘中に盾を使っていたので細かい傷はあるかもしれないが) -- ベイセル 2020-02-14 (金) 00:00:25
      • (収納鞄を漁ってりんごを落とす)
        基準? それは私が聞きたくなった時が若々しい口調にするべき時というものです(つまり基準などない)
        ふふふ…とにもかくにも最高なので一度おススメしますよ?
        ……(変質はないと聞いて目を閉じてルビーを確認する たしかに内包された力そのものに変化がない 表面を磨きなおせば元に戻るとわかる)
        そんな…全く変わりないのです。 あの盾、一体どういうものなのですか? 対価もなく強力な結界を展開できるなんて…少し信じられないのです -- イリス 2020-02-14 (金) 00:21:40
      • (ムシャア…ムシャア…)
        なるほど非常に妖精らしい回答ありがとう、また今度にのう
        対価…うーむ。あの盾は宝石をはめる部品がついてるもんじゃが見てみるかの
        (以前使った丸盾を出して見せる。部品以外は普通の盾でしかない。魔力も感じないだろう) -- ベイセル 2020-02-14 (金) 23:13:00
      • ふむ…?(あらゆる角度から眺め) 何の変哲もないのです
        一体どういうことでしょうか……?
        (ひとしきり盾を眺めてから首を傾げて帰った) -- イリス 2020-02-14 (金) 23:56:21
  •  
  •  
  • (ベルトに付属している魔道具を叩けば、組織との通信がつながる。もっぱら資材の注文ばかりであったが今回は別件だ)
    (三層の道が開けた事を報告する。秘宝について情報を得た事も。だが…全能という単語は重い)
    (単語だけで同業が群がるに決まっている。いずれ知れ渡る事ではあるが早めることもない)
    (結局、秘宝の正体について信憑性の非常に低い情報として報告を入れた。ついでに新たな支援物資の要求と支払いも手続する)
    (最終的にはやはり、真実を己の目で確かめる。それしかない)
  • た、助かったぞ、じーさん・・・(ぐったりしてボスバトルのお礼を言う猫、こげてる) -- ダーマオ 2020-02-10 (月) 20:22:55
    • おお、ガーフジーの翼に突進していった猫族の子ではないか。はしっこいのは知っとったがああも勇敢だとは思わんかった
      お互い無事で何よりじゃったのう -- ベイセル 2020-02-10 (月) 20:51:34
      • なんかこう、そういう気分だったんだ・・・そういう日もあるって奴だぞ・・・もう二度とご免だけどなー!
        じーさんも尻尾びんたくらってたなーあれは効くだろー(大丈夫だったかー?って顔) -- ダーマオ 2020-02-10 (月) 20:56:31
      • 気分のう…まああの場が逃げようとしたら逆にブレスがよけきれずに死ぬとかありえたし結果的に正しかったんじゃないかの
        あばらが折れとったようじゃがアネモネのお嬢ちゃんやら医療班に直して貰えたぞい(それにしても直りは速い)…お主まだちょっと焦げとるな -- ベイセル 2020-02-10 (月) 21:01:08
      • (そうかな・・そうかも?ってなってるこげ猫)
        はえー・・・そんなに早く治るもんだったかアレ(焦げた所をぺろぺろ舐めて)生え変わるのを待つしかないと思ってたけど、そういう事ならちょっと行ってみるかぁ
        この迷宮も、次の階層くらいで終わりが見える、なんとなくそんな気がするぞ、お互いがんばってこーなー(じゃーなーと手を振って別れる) -- ダーマオ 2020-02-10 (月) 21:35:15
      • 実際先行して消し炭になった者の中にはそういうのもいるんじゃないかと思ってのう。うむ、医療班は有能じゃぞ
        ああ、おそらく次が本番じゃろうなあ…そのあとすんなり秘宝にたどり着けるとは限らんがの。幸運を祈るぞい(軽く手を振り見送った) -- ベイセル 2020-02-10 (月) 21:44:34
  • 広場の掲示板、見ましたか? 第2階層の最奥が見つかったようなのです。
    つまり第2階層の主との戦いが近いということですねえ -- イリス 2020-02-09 (日) 21:24:43
    • 見てきたぞい
      また先行した者が倒されたらしいのう…2層の主か、次は何がでるやら。対策を練っていかんとな(おやつのチョコバーとお茶を出す) -- ベイセル 2020-02-09 (日) 21:30:21
      • まずは私が知っている情報を共有しますね。 伝え聞いた話では、碑文に『洞窟の貴婦人、炎の囁き、地の底を統べるガーフジー』という記述があったそうです。
        迷宮の第2階層の有様からみてまずこのガーフジーという方が今回の主なのでしょう -- イリス 2020-02-09 (日) 21:36:57
      • (チョコバーにすかさずかじりつくのもわすれない) -- イリス 2020-02-09 (日) 21:37:16
      • (碑文の中身をじっくり聞いて頷き)地の底…地の底か。地の底というと火山…の中身の溶岩やらを思い浮かべるのう
        イリスは地の底・貴婦人と聞いて他に思い浮かべるものはあるかの?
        (お茶をズズズと飲みながら貴婦人…とつぶやく) -- ベイセル 2020-02-09 (日) 21:43:24
      • 思い浮かべるような知り合いはおりません。 ですが…ですが!!!
        私、絶対に燃やされるわけにはいかないので守ってください!!!!!!!!!!!!!
        (ダイヤモンドはよく燃えるで炎耐性が低いのだ!) -- イリス 2020-02-09 (日) 21:55:31
      • おおう(そう来たか。という顔)
        …なるほど石はだいたい燃えるのう…炎から守ると来たか。ううむ…(荷物の中をごそごそ漁り、小さい円形の盾を取り出した)
        こう、これの中央につける炎属性の宝石をくれるかの…ルビー -- ベイセル 2020-02-09 (日) 22:03:48
      • 普段から防火魔術は展開していますけど相手がどの程度の炎を使ってくるかわかりませんので、できることはすべてやっておきたいのです…
        (取り出された盾を首を傾げながら見る) ルビーですか?(帽子をあさってルビーをいくつか取り出す)
        こちらがぴったりはまりそうですね(ひとつ手渡し) -- イリス 2020-02-09 (日) 22:15:28
      • ふむ、それならドラゴンの火炎のブレスだと想定しておくとよい…防げそうかの?(仮想敵を指定して質問し)
        ありがとう…帽子に入ってたんか(ルビーを受け取り、盾にルビーを嵌める)
        (ベイセルが触れている間、盾は赤い魔力の輝きに包まれ防御力が急上昇したが…「げ」とベイセルが手を離すと消えた)
        ……もうちょい安物はないかの?(あんまりな言い方) -- ベイセル 2020-02-09 (日) 22:19:39
      • 火吹きトカゲ程度のものから地獄の業火なものまでドラゴンにもたくさん種類があるではないですか〜〜!
        高価なものは帽子の方に入れているのです(帽子の収納魔術は鞄の収納魔術よりも上級のもので内容物の干渉も起こらないし時間も進まない系らしい)
        私が燃えるかどうかがかかっているので高品質のものを選びましたが問題があるのですか? -- イリス 2020-02-09 (日) 22:29:11
      • 1層のあの英傑の強さから類推するんじゃ、つまりドラゴンの中でも英雄級の炎……いってて対策がない気がしてきたのう
        何か便利そうな帽子じゃのー…ああー、いやー…(珍しく歯切れ悪く、しかも苦い顔で説明の言葉を探し)
        いや…まあ…好みというか…確かにこの品質のルビーならこうなるかというか…(盾を構えるとぶわっと赤い領域が広がりイリスを包んだ。炎から守られる加護を感じるだろう)
        げえ…
        (虫を嫌いな人がやむを得ず虫を食べた時のような顔) -- ベイセル 2020-02-09 (日) 22:34:38
      • 英雄級のドラゴン…やはり最高級でいくべきでは…?(最初に手渡したものよりもさらに深い紅を持つルビーを取り出そうとして)
        …?(強い加護を感じ) これはかなりの効果が期待でき…(カエルを踏み潰した時の声がしてベイセルに視線を送り)
        なにやらベイセルさんの方に大問題が起きているようです……… 大丈夫ですか?
        ルビーと相性が悪いのでしょうか? それとも魔力酔いですか…?
        一応もう少し育っていないものをお渡ししますね(2ランクほど低いものを渡す) -- イリス 2020-02-09 (日) 22:51:41
      • うぼぼぼ…やはりまだ抜けておらんのだな(よくわからない事を呟きながら質の悪いルビーを受け取り嵌めなおすと)
        (ベイセルだけを包む程度の加護に収まった)
        ルビーも悪くないし魔力酔いでもないんじゃがうむ、昔のトラウマみたいなもんじゃ今は触らんといてくれ…
        (うんざりと首を振り溜息)
        しかしお主の命とは変えられんのう…この盾につけられそうで一番いいのをくれるかの -- ベイセル 2020-02-09 (日) 22:57:46
      • トラ…ウマ……?(そういえばベイセルはあまり過去の話をしないので珍しいワードだ)
        ふむ…いつか教えてくださいね(だがとりあえず今は潔く退いた)
        いいのですか? 無理して逆に戦闘中に気分が悪くなってしまっては元も子もないので、ダメそうならやめてくださいね?(さきほど取り出そうとしたものを手渡す)
        (目の覚めるような鮮やかで深い紅色のルビーを渡す イリスが最高級というだけあって恐ろしく美しくヒトを魅了してやまないルビーだ) -- イリス 2020-02-09 (日) 23:04:35
      • うむ…まあ機会があればのう…
        さすがに戦闘中の緊張感があればまあ抑えが効くじゃろ…むう。お主、借金が増えたらしいがこれを売ればお釣りがくるのではないんか…?
        (恐る恐る盾に装着し、ベイセルが構えると……盾が深紅に染まり。ベイセルとイリスと寝ていたカピバラに加護が入り赤く輝くカピバラが生まれる…!)
        (ついで床が赤く染まり滞在している宿屋の全体が赤くなりかけた所でベイセルが手を離した)
        これは制御が効かん…! 何持ってきたんじゃお主!? -- ベイセル 2020-02-09 (日) 23:10:26
      • 自分の気に入らない用途に使う宝石は一つもないのですよね…(つまり気に入らない相手には売りたくないわがまま)
        まあ! 炎耐性MAXなカピバラが誕生しましたよ!?(大興奮な妖精 カピバラに乗ってもふもふ)
        ……あら…?(しかしそれでは収まらずどんどん赤の領域が広がっていくのを首を傾げてみていた)
        何って…言葉通り、最高級のルビーですよ? 色合い、含有物、組成、構造、すべて何一つ問題のないものです -- イリス 2020-02-09 (日) 23:26:06
      • お主こだわりがあるのう…(このくらいならわがままに入らないらしい)
        (イリスを乗せたカピバラはベイセルが盾から手を離した辺りから元の色に戻った。もふられても動じない)
        あまりにも質が良すぎて加護の領域が広がりすぎたわい…何一つ問題がないからここまで広がるんじゃなー…
        まあ念のためこれも借りておくぞい。さすがに貰うにはいいもの過ぎる…所で武器も探すべきかのう? -- ベイセル 2020-02-09 (日) 23:30:18
      • 妖精ですからね(答えにならない答え)
        元の色に戻りました…ふむふむ、あくまで発動中のみの加護なのですね(動じないのをいいことにもふもふ続行)
        強ければ強ければ良いので、遠慮せずに使ってくださいね
        武器…ですか?(どういう意味なのか分かっていないようだ) -- イリス 2020-02-09 (日) 23:38:29
      • 妖精ってみんなそんなもんか…うむ?(首を捻る)
        相手がドラゴンみたいなもんじゃったら並みの武器では通じない可能性が…というやつじゃな
        魔術の方は大丈夫そうかの?
        (カピバラはひたすらもふられている…目が覚めた!) -- ベイセル 2020-02-09 (日) 23:41:14
      • そうですよ、自由気ままが妖精なのです(持論)
        ああ、そういうことでしたか…私の方は相手に合わせて媒体の宝石と使用魔力を変えるだけですので一瞬何のことかわからなかったのです
        (もふ…もふ… 起きてもまだもふれるか?と限界までチャレンジする) -- イリス 2020-02-09 (日) 23:44:56
      • ふぅむ、なら攻撃については考えなくていいのう。
        後は攪乱のためにいろいろ小道具を用意するかのー…
        そういえば応急手当用のダイヤに魔力を籠めたものは作ってもらったんでの、それは持参するぞい
        (カピバラは……ゆっくり歩きだした! 振り落とす感じではない。まったり) -- ベイセル 2020-02-09 (日) 23:50:24
      • ベイセルさんの武器は問題ないのですか?
        ええ、ちょっとでも危ないなーとおもったら使ってしまってくださいね。 こちらも治癒魔術を込めた宝石をいつもより多めに用意しました。
        (のったりのったりと歩くカピバラにまたがって一緒に移動するほんわかした光景) -- イリス 2020-02-09 (日) 23:56:14
      • わしの武器でドラゴンにまともに通用しそうなものはないのう…一応色々持って行くぞい(刀や剣を微妙な顔で見ている)
        よしよし、治療もなんとかなりそうじゃな…いざとなれば他のけが人にも使えそうじゃ
        ……なぜそこだけ平和に?(カピバラと妖精が部屋をゆっくり散歩するほんわかした風景) -- ベイセル 2020-02-10 (月) 00:01:20
      • ふむ…ベイセルさんの武器の強化が必要かもしれませんね…(などなど話しつつ準備するのでした) -- イリス 2020-02-10 (月) 00:09:10
  • (真っ白で真ん丸でふくふくな鳥が小さなくちばしにカードを咥えて運んできた)
    『夏真っ盛りの㋇上旬に、温泉付きパジャマパーティを開催します!
    温泉でしっぽり温まって、そのあとはパジャマで軽食をつまみつつざっくばらんなお話をするパーティなのです
    温泉付きパジャマパーティではお酒類はなしとしますので、どんな年齢の方でも安心安全です!
    ぜひぜひご参加くださいね。
    なお、温泉は露天風呂で混浴形式ですので水着か沐浴着の着用をお願いします。
    パジャマパーティなので普段とは違ってパジャマのようなリラックスできる服もお持ちいただけるとより楽しめると思います。
    それでは会場で会えることを楽しみにしています。
    日時:黄金歴黄金歴 XX1年 8月上旬 (2020/02/8) 21:30〜 (入退場自由)
    会場:とある貴族の別荘
    持ち物:パジャマ(リラックスできる服)、水着(沐浴着)
    P.S. 浴衣ってどうやって着るのですか? 不思議な布ですね……? イリス』
    (カードの端にはパジャマ姿のベイセルらしきイラストが添えられている) -- イリス 2020-02-06 (木) 00:30:14
    • うむ? 手紙…(内容を確認し)…なるほど
      これはまたわしそっくりな…浴衣は着るの楽なんじゃがイリスのサイズは特注になりそうじゃのう…水着も調達せんといかんな(と準備をはじめた) -- ベイセル 2020-02-06 (木) 00:34:40
  • 掃除
  • ぞい
  • のじゃ
  • (お見舞いとして滋養強壮によい飲み物や回復薬、治癒速度向上(1日)魔術を込めた宝石などを持ってくる妖精)
    お加減はいかがですか? 大丈夫ですか? -- イリス 2020-01-29 (水) 21:02:42
    • おお。これはかたじけないのう(貰えるものは素直に貰っておく。と受け取りつつ…宝石を見てどう使ったものかと首を捻る)
      アネモネとかいったかの、あのお嬢ちゃんの魔法のおかげで傷は塞がっとったしもう問題ないわい。イリスは大けがせんでよかったのう -- ベイセル 2020-01-29 (水) 21:13:13
      • (淡い白い色の宝石を指差して)それは持っているだけで治癒速度向上の効果があるので、念のため今日は身に着けるようにしてくださいね。 ぽっけなどに入れておいてもらえれば問題ないです。
        アネモネさんは素晴らしい癒し手ですね!(安心したように頷き)
        ええ…おかげさまと言いますか何と言いますか…私の方はほとんど損傷はありませんでした………。
        ですが、……(もっとうまく動けたなら、もっと連携のしようがあったのでは、考えても仕方のない後悔が止まらない)パーティーを組んでいただいたのに、お役に立てず…申し訳ありません。
        実は、もうお分かりだと思いますが…あまり戦闘経験がなくて……戦闘が始まってすぐに頭が真っ白になってしまっていたのです。 -- イリス 2020-01-29 (水) 21:17:53
      • ふむふむ。それはまた貴重なものをもろうたのう…ではありがたく(小さい革の袋を取り出すと宝石を収め、ポケットに入れた)
        よいことではないか、お主の魔法は効いておったしのう(わしはさっぱりじゃったと苦笑し)
        気にせんでもよい、そもそも戦闘経験を見込んで声をかけとったわけではないし…ほれ、妖精は体が弱いからな わしの方が頑丈じゃ(適材適所だと頷く)
        生きておってまだ迷宮に潜るんなら経験は積まれていくもんじゃ -- ベイセル 2020-01-29 (水) 21:27:51
      • あの規模の宝石つかってあれっぽちしかダメージを与えられなかったので何とも言えません……(渋い顔、それなりに良い宝石を使った魔術だったようだ 期待してくださいと言っておきながらあれでは残念すぎる)
        でも………あんなに血が出て、本当に危なかったと思うのです。 だから……っ(違う、言いたいのはそんなことではない これではただのふがいない自分への苛立ちをベイセルに八つ当たりしているだけである)
        ………………。 そうですね。 次こそはもう少しマシになって…意気揚々と凱旋できるようにならなくては!(いきなりビッグな夢である)
        とりあえず1層の主だけの共闘の約束でしたが、私に挽回の機会をもらえませんか? まだまだ先のありそうな迷宮ですので、このままパーティを続けたいのです。 -- イリス 2020-01-29 (水) 21:39:59
      • ほほう(そんなに大層な魔術だったのか…というのが判断できていなかったらしい)
        つまり出し惜しみして失敗したわけじゃないんじゃのう(ならば良しと頷き)それなら見込みがある。まあ血ははほれ、すぐ止まったじゃろ
        (意気揚々というなんとも微笑ましい目標に笑い)
        よかろう、わしもリハビリが必要じゃし願ったりかなったりじゃ。ついでに迷宮に潜る手解きもして進ぜよう
        代わりに人間用の武器があれば他に流す前にわしにくれんかの、代金は払うぞい -- ベイセル 2020-01-29 (水) 21:47:21
      • 出し惜しみもなにも、宝石を選ぶ余裕すらなかったですよ(苦笑)
        それでは…! 改めて、よろしくお願いしますね! 今までのんきに探索していたので色々教えていただけると嬉しいです。
        もちろんその代わりに人間用の武器は差し上げますよ。 私が持っていても使い道がありませんから。
        ……という具合に落ち着いてきたところでですね、私はベイセルさんにいくつか質問があるのですよ
        一つ目、やたらと治癒速度が速くないですか?
        二つ目、第1階層の主のエルフは…お知り合いなのですか?
        (ずばずばと問いかける) -- イリス 2020-01-29 (水) 21:54:21
      • それはいかんのう、予めどういう時に何を使うか決める所からじゃな
        (交渉成立じゃなと頷き)
        質問とな?(内容を聞いて顔を顰め)…うーむ。第一の質問はあれじゃなあ、謎にしておこう(秘密だと笑い)
        第二の質問は…否じゃな。ただ…昔聞いたエルフの英雄の容姿と技が似ておったんじゃ、それで気になった所はあるのう -- ベイセル 2020-01-29 (水) 23:10:34
      • それなりに整理して持ってたのですけどねえ…それだけじゃ足りなかったみたいです。
        ふむ……秘密ですか…?(じぃっとベイセルの瞳を見つめ) それでは情報には情報を、お互いの素性を明かすというのはどうですか?
        それなりに信頼していたほうがきっと連携も取りやすいとおもいます
        そうでしたか。てっきり長生き友達なのかと思っていましたが…ですが、その似ているという話には興味があります! 差し支えなければ詳しく教えていただけませんか? -- イリス 2020-01-29 (水) 23:25:06
      • まあ後は反復して訓練するのみじゃの。何事も経験よ
        ふむ、信頼…互いの素性を明かす…か。うぅむ…まあよいか。わしはあれよ、純然たるエルフではなく片親が吸血鬼でのう。かといって血を吸ったりせんのじゃが(一度やって吐いたと笑い) それが傷の治りが速い理由じゃ
        あとは宝探し屋の組織に所属してるというくらいかの(組織の説明はめんどうだったのか割愛)
        さすがに知り合いではないのう…まあ伝承どおりならあれはサリオンという名前のはずじゃ…それがなんであそこにおったのかはわからんが -- ベイセル 2020-01-30 (木) 20:47:04
      • 吸血鬼とエルフのハーフさんだったのですね…(ふむふむと頷き) それはますます長生きしそうです
        宝探し屋というのもなかなかに気になりますが、また今度聞きますね
        さて…では、私は妖精です…というのは前もお伝えしたので、もう少し詳しく話すと宝石妖精です。 その名の通り宝石を生み出せますので、バレると大体愉快ではないことになります。
        もし、あの方がサリオンという名でしたら…何かがどこかでつながっているのでしょうか -- イリス 2020-01-30 (木) 22:18:27
      • 人間と吸血鬼のハーフはダンピールというらしいが、エルフの場合はどうなるんかのう?
        トレジャーハンターだと思っておけばよい。組織については業務的に話せない事が多いので知りたいならおぬしも入るしかないの
        宝石妖精…なるほど石っぽいという勘は当たりじゃったのう。なるほどバレたら追われそうじゃ(何か共感したらしく深く頷き)
        もう少し深く潜るかして新たな手掛かりがないとなんとものう…そもそもおとぎ話か何かで聞いたはずじゃからまさか実在したのか、という思いの方がわしとしては強いのう -- ベイセル 2020-01-30 (木) 22:24:47
      • ふむふむ…。 エルフのハーフはそのままハーフエルフと聞きますね。
        私は組織に属するような柄ではないですので、残念ですがあきらめます!
        バレると何かと忙しい日々になりますので、どうかご内密にお願いしますね(しー、指を立てて微笑んだ)
        第2階層の探索も始まりましたから、気合を入れて探すしかないですね。 迷宮がおとぎの世界であるなら私にも分があると思うのです! -- イリス 2020-01-30 (木) 22:29:12
      • はは、まあ約束通り遺跡に潜る技術は教えていくから安心するんじゃ。それはもうしっかりな
        宝石は未だに価値が高いからのう…ちなみにさきほど貰ったあれもイリスが作ったんかの?
        うむ。何が待ち受けているか楽しみにせんとな…ふと思ったんじゃがイリスはなんで潜るんじゃ、探し物があるとかかの? -- ベイセル 2020-01-30 (木) 22:33:57
      • ふふー楽しみにしてますね!(と言った後に迷宮で自称ペットに追い掛け回されたときの対処法を聞くことになるのだが)
        もちろんです! 昨日寝て、今朝方できていた出来立ての宝石ですよ
        私の目的は…借金返済が5割、残りは娯楽です(宝石が作れるのに借金を返していない変わった妖精) -- イリス 2020-01-30 (木) 22:43:26
      • (後日頭を抱えることになるのだった。しらん…!)
        ほほー…たくさん作れるなら一度依頼してみたいもんじゃのう。魔力をたくさん使いそうじゃが
        借金。お主借金なんぞあったんか…宝石で返せそうなもんじゃが(娯楽の方はなるほど似たようなもんじゃなと笑う) -- ベイセル 2020-01-30 (木) 22:46:39
      • 作ると疲れるので基本寝ている間にゆったりと作るようにしています。(起きてても作れるけどあまりしません宣言) 何か欲しい宝石がある場合は、余裕をもって依頼してくださいね
        30年くらい寝ていたら周囲が勝手に開発されていて家賃のようなものを請求されたのですよ。 あとは起きた時に籠にいれられていたので壊して出たらそれも器物損害で請求されています。 まあ相手の目的は主に私とのコネクションのようですから、のらくらとのんびり返したり返さなかったりしますよ。
        妖精は基本楽しいことが好きですからね!(当然ですというように胸を張る)
        さて…死にかけた方のところにこれ以上居座るのもご負担でしょうから、そろそろ戻りますね。(ぺこりとお辞儀をして飛んでった) -- イリス 2020-01-30 (木) 22:54:01
      • なるほどのう…せっかくだから頼みたいものもあるから今度依頼するとしようかの
        ははあ、なるほどやり手の商人に目をつけられた…といった所かのう、いろいろあるもんじゃなあ
        ではまたの…ウーム久しぶりに素性を語ったわい(今日は治療に専念しようと寝ることにした) -- ベイセル 2020-01-30 (木) 22:58:40
  • んんー?(買い食いコロッケをはむはむしながら街をゆけばベイセルを見かけ)あ、この前のおじーちゃんみたいなエルフっぽい。
    ねね、あの宴会に居たってことはあなたも迷宮に潜ってるの?冒険者?(と無警戒にてくてく近づいてきて聞くぞ) -- エメス 2020-01-28 (火) 23:28:50
    • おんや(声をかけられればのんびり振りむく) 旨そうなもの食べてるのうお嬢ちゃん
      うむ、正確には宝探し屋といってのう、迷宮や遺跡の探索を生業にしておるベイセルじゃ、おじいちゃんであってるぞい -- ベイセル 2020-01-28 (火) 23:32:00
      • でしょー?最近見つけた屋台で買ったんだよ、向こうの通りの突き当りのとこ!おじーちゃんも食べる?(と、引き連れた土人形に持たせた袋から一個取り出す。明らか袋がパンパンに詰まってる)
        宝探し!へーへー、秘宝目当てってことかー。でもでも、そーゆーのって収入不安定そー。いや、まぁ私達も大概だけど。ちなみにー何歳くらいなの?エルフの人って全然わかんない! -- エメス 2020-01-28 (火) 23:39:53
      • 何やらすごい量を収めておるのう、それなら一つ…おお思い出した。酒宴でゴーレムを連れておったお嬢ちゃんではないか。名前はなんというんじゃ?(コロッケくれと手を差し出しつつ)
        わはは、安定しない収入もそれもまた楽しみのうちじゃよ。年…年か…数百…くらいだと思うぞい。途中からもう数え忘れたんじゃ -- ベイセル 2020-01-28 (火) 23:46:20
      • ふふふ、私あんまり燃費良くないからねぇ。はーい、揚げたておひとつどーぞー(とベイセルの手に一つ、まだ暖かいコロッケが置かれる)エメスだよ!おじーちゃんは?
        む…!結構貫禄のあることを…!いつでも確実にご飯を食べられる安心感とかとは無縁そーだ!…って数百!!それじゃおじいちゃんになるのも仕方ないや。私とかまだ二歳なのに。ふふふ、おじーちゃんに取っては瞬きの間だね(くすくす笑い) -- エメス 2020-01-28 (火) 23:58:20
      • かたじけない。では頂くぞい…燃費?(もぐもぐ)……いけるな! エメスとな、わしはベイセルじゃよ
        わしの生ではそういうのは無縁じゃったのう…二歳? はて…お嬢ちゃんもしやホムンクルスの類かの? 燃費とかいっとるし -- ベイセル 2020-01-29 (水) 00:08:05
      • でしょでしょ!?だからこそ私は思わず揚がってるやつを全部買っちゃった訳なのです!(むふー、と満足げ)
        ええー……数百年もあってベイセルさんオールタイム波乱万丈?どっかに腰を据えて落ち着いてた時期がー、とかなかったの?
        あ、うん!そだよ!私は生まれたばかりのホムンクルスです!応援してくださいね☆お友達には教えなくてもいいけども!(ばばーん、と手を広げて) -- エメス 2020-01-29 (水) 00:14:48
      • よく食べる子は育つぞい…といいたいがなるほどホムンクルスではなあ。栄養と魔力補充かの
        数年間腰を据えて修行…みたいなのでよければあるが基本わしは旅暮らしじゃのう、旅はいいぞ
        応援しとるぞい…というか15歳くらいと自己紹介しておけばばれづらくなるんじゃないかの? -- ベイセル 2020-01-29 (水) 00:26:07
      • あはは、肉体的には成長しないからねー。そそ、体組織維持と魔力変換のためだねー(いいつつどんどこコロッケを更に食う)
        旅かー、確かにそれもいいねぇ。私もフラスコの中から外に出て歩いただけで、すっごく楽しかったし。ねね、私はまだそんな遠く行ったことはないんだけど、旅の一番の楽しみってなに?(と顔を輝かせ)
        …その時私に衝撃はしるーー!そういやそうだね!(素で気づいてなかった顔)んんー、まあ、でもいっかな!バレるとまずそーな邪悪な魔術師さんとかに知られなければいいし!(と能天気に言う) -- エメス 2020-01-29 (水) 00:44:44
      • 成長せんのか…まあわしもだいぶ子供の頃に成長止まってこんな感じじゃったな
        旅の楽しみはな…やはり初めて見るものがある事じゃよ。お嬢ちゃんの場合はほれ、知らない食べ物に出会うなんてのはどうじゃ
        能天気じゃのう…(若干心配そう)まあ、悪い奴もいい奴も同じくらいいるからの、いい友人を作っておく事じゃぞ -- ベイセル 2020-01-29 (水) 00:52:37
      • あれ?そなんだ?ベイセルさんの種族だと数百年でもまだ子供って感じなのかと思ってた。むむむー、不思議だねぇ?(と首かしげ)
        あはは、いいねー!知らないものを知るって、私のやるべきこととも一致してるし!それが知らない食べ物なら更に大歓迎だ!(楽しそうに笑って言い)
        悪い人に合っても悪いって気づけなかったりもするんだよねー…なのでベイセルさんもいい方の友達になってくれたりするととても助かるのです!(などとおどけて言ったりして)
        じゃ、私はそろそろ行くねー、ベイセルさんも良ければコロッケ買ってあげて私のお気に屋台の売上貢献してあげてね!(などと笑って言いながら去っていった) -- エメス 2020-01-29 (水) 01:23:19
      • その辺はエルフといっても色々で寿命次第だからのう…1000年以上生きる部族であればわしも若者かもしれん
        うむ。それがやるべきことというのは実によいの、この街のグルメから網羅するんじゃぞー
        はは、ホムンクルスの友人というのもよいな。是非よい友人付き合いをするとしよう
        …しかしあのお嬢ちゃんはいかにも抜けておりそうだからまあ…騙そうとしてくるのも多そうじゃのー(心配をしつつ見送るのだった) -- ベイセル 2020-01-29 (水) 21:13:00
  • 掃除じゃのう
  • (探検の最中に合流した為共に幾つかの罠を乗り越えながら)という訳で私が考古学者のヴィオラさんさ
    モットーは未知なる神秘にレッツラゴー、ヤバそうな遺跡は拳でヒアウィゴー、出してる本はあんまり売れてないそんな感じの紳士だね
    (男の語り口は大分ネジが外れているが意外と冒険者としては年輪を感じさせる事だろう、その視線が耳に注がれ)不躾ながら君の種族はエルフかい? -- ヴィオラ 2020-01-27 (月) 21:39:03
    • (遺跡で出会った同業と同行する。というのも珍しいのだが、幸い酒宴で見知った顔だったため協力するのもスムーズだった)

      むう。自分で潜る学者さんかの、お前さんのように自分で遺跡に潜る者ばかりだとわしらも商売あがったりじゃが…ああ、わしはベイセルじゃ(190cmという長身を高みに見上げ、一つ頷いた)
      いかにもエルフじゃ、そういうお前さんは……背が高い人間じゃな!(魔術的な勘は…悪い!)
      それにしても本とな、探索した迷宮についての本でも書いておるのか? -- ベイセル 2020-01-27 (月) 21:47:44
      • 私はこれで想像力が足りていないものでねぇ、冒険者が運んでくる遺物を眺めてばかりだとどうしても当時の名残というのを感じにくいんだ!となれば直に見るしかあるまいよ!
        しかし君達トレジャーハンターのお財布を冷やすつもりはないのでご安心、時々…いやちょくちょくポケットに入れたりはするが基本的には学術的な調査こそが私の本懐さ
        (背が高いと言われればニコッと微笑んで)まあね!子供の頃に好き嫌いなく食べて走り回ったお陰さ、チーズも良く食べた
        そして私の本だが基本的には古代の豆知識みたいな本ばかり出してる(古代ビールの醸造、古代のレシピ、古代の建築様式等々)私の冒険譚は老いてから書き上げるつもりなんだ、老後の楽しみって奴? -- ヴィオラ 2020-01-27 (月) 21:59:35
      • いやいや良きかな。やはり迷宮も遺跡も内部でその空気を吸わないとわからんものよ、毒ガスはごめんじゃが
        学術調査も拾い物も結構結構、おぬしの懐に入ったものはその迷宮がおぬしに与えたもの、遠慮せずに持っていくんじゃ
        (同行中に欲しいものがあれば持って行っていいと暗に示し)
        豆知識。豆知識とな…微妙に興味を惹かれるような、街に置いてあるかの? 老後のう…わしが長生きしてる経験からするともったいぶっておると…わりと忘れる(キリッ) -- ベイセル 2020-01-27 (月) 22:10:42
      • おやこれは嬉しいお言葉だ…悲しいかなこの業界はお宝を巡ってトラブルも多い、そうした時君の言葉は実に助けになるだろう
        特にそれが同じ考古学者同士で起きると本当に悲しくなるよ…具体的に言うと尻に銃弾を打ち込まれた経験がとても多い
        (街に置いてあるか聞かれるとどうだろうかなーと顎に手を当てて思案)あんまり数刷ってないからね、見つかったらラッキーぐらいかもだ
        ハッハッハ!であれば忘れてもいいぐらい沢山の思い出を作ろうじゃないか!しかし外見にそぐわぬ時を生きておいでか、それだけ成長が遅いと上のエルフかな? -- ヴィオラ 2020-01-27 (月) 22:27:10
      • 全く嘆かわしい事じゃのう…ま、わしも宝探し屋同士の争いは何度もやったんで他人事ではないんじゃが
        迷宮も遺跡も本来、そこを訪れる者を待っておるんじゃ。出会えたものは拾えばよいし、眠らせておいた方がよいものはそっとしておく。それだけでいいはずなんじゃがの
        (独特の思想?を語り)
        数はないか…うむ。それもまた宝探しじゃな、暇を見て探してみるかの
        ヴィオラ君は元気じゃのう…よきかなよきかな。(指折り数え)…ううむ。数百はは生きたと思うが正確に数えるのは諦めてしもうたの -- ベイセル 2020-01-27 (月) 22:41:49
      • ううむ耳心地良い言葉と共に耳が痛くなる言葉も飛び出したね、そっとしておけないのが我ら考古学者の悪い癖
        そして傲慢にもこの世の手に余るなら封印してしまうのが私の悪癖だ、封印どころか壊しちゃった事も多い
        (考古学者としてはある種最も許されぬ行為を苦笑いしつつも語る、その辺りは冒険者としての性分が強いのかも知れない)
        そう言うベイセル君は枯れ気味だが幾つになっても肩肘を張って空元気も良いものだよ!朝起きて膝が痛くても空元気は何とかしてくれる!!
        しかし思ったよりも生きていた…!だがそれでもこうして未知に魂は震えるんだろう? -- ヴィオラ 2020-01-27 (月) 23:05:11
      • わしとてご立派に言ったとおりに出来とるわけではない。遺跡の主を倒して遺跡全体を崩してしもうた事もあったでな…(遠い目をした)
        封印とな。ヴィオラ君は魔術にも精通しておるのかの? 多芸じゃのう(その行為そのものを責めた響きはない)
        わし、このくらい年齢を意識して喋らんと宿で酒がすぐにでてこんのじゃよ
        ……うむ、未だ知らぬという事は素晴らしい。人の何倍も生きたわしにすら世界はまだ歓迎してくれておる、生に飽きるなと(両手を広げて、それを感謝するように笑った。その一瞬は少年の顔で) -- ベイセル 2020-01-27 (月) 23:19:17
      • 分かるー…時々そこまでしなくていいだろうってぐらい遺跡と紐付けされた何かがあるんだよね
        (同じくまったくの想定外に遺跡を駄目にした事があるようだ、だが魔術に関しては首を横に振り)
        いや基本はその遺跡の機構を動かなくなるよう何かを抜き取ったりさ、私の魔術なんて炎とか簡単なものさ(一応自身の正体を隠す程度も出来るが)
        だろう?この世界は実に素晴らしい!更に加えるならば空を埋め尽くす星々の中にも未踏の遺跡などがあるそうだよ!
        (拳をぐっと握り力説するその笑顔はとても無邪気だ、同じ喜びを知る者に向けるそれは熱意に満ちている)
        (そして進んできた通路はY字に別れていた)む…どうやら此処からは分かれるようだ、いや今回スリルが無かったので有り難い一時だったよ
        ではまた何処かで会おうベイセル君!多分普通に街中でも会うだろうけど!(手を振り左側へ向かっていった) -- ヴィオラ 2020-01-27 (月) 23:35:41
      • あるんじゃよな……それもまた迷宮の意思なんかのう。ああ、なるほどそれならわかる
        (封印の話に頷いた。仕掛けに細工はしたことがある)
        星々に…なんとまあ、それが本当なら生きているうちに拝んでみたいもんじゃ
        うむ、ではなヴィオラ君。よい探索を(Y字を別の方向に向かい、この後マリーシアと同行するがそれはまた別の話)
        たまには、他の探索者と同行というのも悪くないの(いい時間を過ごせた、と頷くのだった) -- ベイセル 2020-01-27 (月) 23:55:13
  • よっこらせ -- ベイセル 2020-01-24 (金) 21:35:36
    • むむ…? 初めて見るお方のような…こんにちはー!(いきなり声をかけてくる小さな妖精) 最近迷宮にこられた方ですか? -- イリス 2020-01-24 (金) 23:13:31
      • む、こんにちは。妖精じゃ妖精じゃ…久しぶりに見たのう(金髪の少年は頷き)
        うむ。今月ようやく到着したハンターがわしじゃ -- ベイセル 2020-01-24 (金) 23:18:45
      • この見た目と中身がちぐはぐな感じ…エルフさんですか?(ズバッと聞いた!)
        ハンターということは本業な方ですね、むむぅ…ということはもしや強力なライバル出現…… -- イリス 2020-01-24 (金) 23:20:42
      • なにかよくがっかりされるんじゃがエルフであっとる
        ライバル……? 同業ということはお嬢ちゃんも迷宮に潜るのか。わしはベイセルというがおぬしはなんというんじゃね -- ベイセル 2020-01-24 (金) 23:29:45
      • 見た目は繊細な美少年って感じですからねぇ…
        ええ、私も迷宮探索をしています。 私は妖精のイリスです、よろしくお願いしますねベイゼルさん
        迷宮内でどなたかとばったり会ったり、落し物を拾ったりするのでどうぞよしなに。 -- イリス 2020-01-24 (金) 23:43:37
      • さすがに老けてきていいと思うんじゃがどうにも老けなくてのう
        そういえば落とし物なんてあったのう…なるほどイリスというんじゃな。ところで妖精にもいろいろおるがお前さんは……石っぽいのう(魔術への理解がなくセンスしかないエルフの微妙な感想) -- ベイセル 2020-01-24 (金) 23:52:41
      • いつ頃から変化があるとか、決まってないのですか?
        いし。(宝石妖精としてはぐぬぬ顔であるが正体は明かしたくないので渋々飲み込む) ぐ、ぐむ…ぐむむ……
        ……エルフさんなら年齢的に問題なさそうですしお誘いしますが、近々迷宮探索者同士の親睦もかねてお酒の場を設けようと思っているのでよろしければぜひ! 最近来られた方ならいいきっかけになるのではないかと思います。
        目玉は時間制限がありますけど持ち主が望む酒が望むだけ湧き出るというものですよー(営業スマイルで小さなカードを手渡し)
        『酒宴のお誘い
         暁闇の盃(レプリカ)をご用意してお待ちしております。
         おつまみ等々の持ち込みや、ご友人の招待などは大歓迎です。
         会場:暁闇の酒宴
         日時:01/25 21:30〜 ※入退場自由です 』 -- イリス 2020-01-25 (土) 00:08:02
      • 決まっとらんのう…いや先達はすでに老けていたかのう…(遠い目)
        うむ(触れてほしくなさそうなのは察せたのでそれ以上は追求せず)
        酒か…酒か! いいのう、酒場にいっても出してくれん所の方が多いからな…(見た目の問題)
        このカードを持っていけばいいんじゃな? -- ベイセル 2020-01-25 (土) 00:17:11
      • ……このままなのでは…(ぼそり)
        当日誤解を招くのもアレですから「成人済み」というたすきでも用意しましょうか……
        カードは持参しなくても大丈夫ですよ お気軽に、です
        (他にも他愛のないことを話してから戻っていった) -- イリス 2020-01-25 (土) 00:20:04

Last-modified: 2020-02-25 Tue 00:18:19 JST (36d)