名簿/410760

  • (薄く罅の入ったグラスと、平謝りする何者かの気配) -- ゴメン…( ) 2010-08-12 (木) 23:46:57
    • いや、罅のことは今さら構わないんだけど…(名簿に貼ってあるスラムのコメント欄を見る)
      …君、そんなこともできたのか。うん、なんだか面白いから構わないよ。…グラスは返してもらうけど(片手でお気に入りのグラスを確保し、もう一方の手で「世界の捩じれ」を撫でる)
      -- ヴェール 2010-08-13 (金) 00:36:20
  • っていうかヴェールもそのまま住んじゃえばよかったのに(旅の土産の蠍酒を持ってエルフの塒にやってくる)
    旅に出てる間村に逗留してたんだって? -- スレット? 2010-08-06 (金) 00:10:58
    • ちょっと、湯治にね。いろいろ無理をしちゃって…(やあ、コレは有難いな…と蠍酒を受け取る)
      この近くの森で、酒造りをしているから…まだ暫くは村に引っ越せそうに無いな
      いくらか成果を上げれたら、僕も村にお世話になるよ。水を分けてもらいに行くついでに、酒造りによさそうな樹も見繕っているからね(//中野限界です…来てくれたばかりなのにゴメン
      -- ヴェール 2010-08-06 (金) 00:26:14
      • あはは、冗談だよ 前にも一度断られてるしね?
        ふぅん、湯治か……村の温泉は怪我の治療にも効くのかな?
        あんまり無理しないでよ、最近とくにスラムは物騒だって噂だし//了解いたしたー -- スレット? 2010-08-06 (金) 00:29:58
  • えぇと、ここでいいのかな…? もしもーし、ヴェールさん?(控えめにノック) チャリスです -- チャリス 2010-08-05 (木) 22:45:59
    • どうぞ、チャリス。開いているよ(安宿の二階の部屋…ドアを開けば真正面の窓が大きく開いているのと、月明かりで酒を呑むエルフの姿が見えるだろう)
      雪が降る前に買出し、かな?(今晩は、と微笑みかけグラスを掲げる)
      -- ヴェール 2010-08-05 (木) 22:53:19
      • あ、はーい (ドアを開けて入室すると、月明かりに照らされる酒飲みエルフに一瞬目を奪われる。腐っても(失礼)エルフ、画になる) 
        ……あ、いえ、その。それもありますけれど、先月頂いたお酒を使って、ロールケーキを焼いたんです。良かったら食べてもらいたくて、部屋を探していたんですけれど…ここ、場所がわかりづらくって…こんばんは(笑いながら、こちらは箱詰めケーキの袋を掲げる) -- チャリス 2010-08-05 (木) 23:09:07
      • シーマ村も、真冬となると雪に閉ざされるからね…(クスクス笑い)
        へぇ…。そいつは、美味しそうだ。…村を出て何が一番変わったかといえば、おやつの時間がなくなったことだね(笑いながら、簡素な作りの椅子を勧める)
        帰りは、送るよ。少しばかり、物騒な場所だからね(安宿は、スラムの外れに建っている)
        -- ヴェール 2010-08-05 (木) 23:16:25
      • 一応出かける人は出かけるんですけれど… わたしは無理です(きっぱり)
        あ、あはは… ソーニャさんみたいにバッグで移動できればいいんですけどね。それなら毎日届けられますし… 失礼します(適当な棚の上に袋を置くと、勧められた椅子に座り) 
        これ、お酒入りですから日持ちもしますし。出来ればお茶と一緒に…っていうのが好ましいんですけれど…(ちら、と部屋の中を見まわして。茶葉のちの字も無さそうな部屋)
        あ、はい… 確かにその、普通とは雰囲気が違うっていうか(おっかなびっくりやってきたメガネだ) あ、でも街の門までで結構ですよ?そこから後は道なりですから… -- チャリス 2010-08-05 (木) 23:28:53
      • ああ、とっておきのお茶で頂くよ。稀にだけど、甘いものを貰うこともあるから…切らさないようにしているのさ(視線の意を察してか、ふふっと笑う)
        …じゃあ、門までね。冒険者の街の明かりが見えたら…振り返らないように。…村は、どんな様子だい?スレットが帰ってきたのはこの目で見たけど
        -- ヴェール 2010-08-05 (木) 23:41:12
      • あ、そうなんですか?(失礼しました、と恥ずかしそうに)
        あ、はい…?わかりました(なにか引きとめようとするものでもいるのだろうか?と小首を傾げて)
        村ですか?えぇと、先日ヴェールさんが帰られたその直後にですね…なんと!住民が一人増えたんですよ!(ぱんぱかぱーん、と謎の効果音)
        勇者軍のクラーニオンさんが、そのまま村に滞在してくれることになったんです。それで歓迎会して…(そのあたりで素に戻り)……あ、えぇと… そろそろ冬支度が始まります… -- チャリス 2010-08-05 (木) 23:49:55
      • 勇者軍の…それは、リックも心強いね。スレットが戻ってくるまでずっと一人で村を護っていたから…見上げたものだよ(テーブルに頬杖を突き、ハイテンションのチャリスを珍しげに眺めつつ)
        冬支度か…人が増えれば、村に篭っての冬越しだってきっと楽しいだろうね。充分に、準備をして帰るといいよ。酒も買うなら、行きつけの酒屋を教えようか?シーマ村くらいまでならきっと配達もしてくれるだろうしね
        -- ヴェール 2010-08-05 (木) 23:57:52
      • はい。スレットさんも帰ってきたし、村の警備の負担はかなり減ったと思います…(安堵の表情。数ヶ月にわたり昼夜逆転気味だったのを密かに心配していたメガネだ。寝てたけど)
        ええ。あとは、来訪された方の持て成しもしっかりしないと… せっかく来ていただいたのに、悪い印象を与えちゃ今後に響きますし…
        あ、よろしいんですか?…って、そういうお店はたぶん、リックさんやソーニャさんあたりがもう知ってそうですね…(でも一応教えてください、と続けて)
        っと、そろそろ村に戻らないと… できればスラムのお話も伺ってみたかったですけれど、時間も時間ですし。また今度、よろしいですか? -- チャリス 2010-08-06 (金) 00:07:35
      • 酔っ払いエルフの紹介だといえば、おまけしてくれる店もあるよ。まあ、ソーニャならばそれこそ仕入れ値で買ってきてくれそうだけど(ふふっと笑いつつ、サラサラとメモを書いて渡す)
        じゃあ、送ろうか。スラムの話は、おいおいね…(そう言うと席を立ち、スラムの反対側…冒険者の街への門までチャリスを送っていったという)
        -- ヴェール 2010-08-06 (金) 00:14:17
  • http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst051864.gif http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst051864.gif http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst051864.gif http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst051864.gif http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst051864.gif --
    • (半年振りの…スラムの安宿、一室に乏しい私財がまだ残っているのを奇跡だと感嘆し、軋む窓を開けて町並みを見下ろすエルフ)
      …戻るなり、賑やかだね。この街は(ふぅ、と溜息ひとつ…苦笑が零れる)
      -- ヴェール 2010-07-31 (土) 22:30:57
  • http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst051864.gif http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst051864.gif http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst051864.gif http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst051864.gif http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst051864.gif --
  • http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst051864.gif http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst051864.gif http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst051864.gif http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst051864.gif http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst051864.gif --
  • http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst051864.gif http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst051864.gif http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst051864.gif http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst051864.gif http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst051864.gif --
  • どうも、ヴェールさん。お加減いかがですか?(部屋の扉をノックしてやってくるメガネ)
    世間はバレンタイン、ということで、せっかくなのでガトーショコラを作ったんですけど、もしよければ食べてくれませんか?(といってトレイを差し出す。ガトーショコラのほか、暖かい紅茶の入ったポットとカップが載っている) お口に合えばいいんですけど… -- チャリス 2010-07-27 (火) 23:16:08
    • 宿舎に居るとなにかと食べるものが出てくるのがいいね…これは、紅茶もいいけどブランデーも合いそうだな(ガトーショコラをもぐもぐと)
      ありがとう。おかげで、体調のほうは上々だよ。まだ暫くは世話になると思うし…少し村のことも手伝わないとね(ふふっ、と笑う)
      -- ヴェール 2010-07-28 (水) 21:29:21
  • ヴェールさん、いらっしゃいますかー?(宿舎の一室。その扉をノックするメガネ。挨拶は行間で以下略)
    お食事をお持ちしましたー -- チャリス 2010-07-26 (月) 20:33:03
    • ああ、チャリス。…いつもすまないねぇ(芝居がかった様子で咳き込むエルフ)
      この村の温泉と、みんなのおかげで随分ラクになったよ。そろそろ、食事も食堂で取れそうだ。…ありがとう
      -- ヴェール 2010-07-26 (月) 20:39:51
      • いいえ。ヴェールさん、それは言わないお約束ですよ(あははと笑いながらトレイを室内に運ぶメガネ)
        まあ、そうですか。それは良かったです(ぱぁ、と表情を明るくする。食堂まで出歩くのも困難なのにどうやって温泉まで行くのだろうと思ったけどきっとリック辺りが背負ってくれてることにしようぜ) 
        最初の頃よりは随分と顔色も良くなりましたし、村の温泉と村長のお薬は本当に効きますねえ…(一応薬膳(混ぜただけだけど)ということで) -- チャリス 2010-07-26 (月) 21:00:12
      • …シーマにも、随分と「借り」が出来てしまったな。精霊たちへの「借り」よりも怖いことになりそうだね(肩をすくめ、苦笑)
        エルフ薬膳は香りが強いから…作るのも、大変だろう?(不快とまではいかないが鼻を刺すような刺激臭…これゆえに食卓をともにすることを遠慮していた。…ということで)
        明日からは、みんなと同じ食事でいいよ。…薬酒以外の酒も恋しいし、ね(いただきます、と手を合わせ木彫りの匙を手に取った)
        -- ヴェール 2010-07-26 (月) 21:17:33
      • いえ、そんな借りだなんて…(わたわたと) その困ったときはお互い様ですし(あははと笑う)
        そ、そうですね…(ぽりぽり)。確かに最初はちょっと辛かったですけれどその、もう慣れましたし(にこりと笑う。慣れたというか鼻が麻痺したというか)
        そ、そうですか?無理はなさらないでくださいね……って、そこになるんですか 本当、聞いたとおりのお酒好きなんですね(呆れたように笑う) はい、どうぞ召し上がれ。それじゃ、終わった頃にまた伺いますので(そういうと一礼して去っていくメガネだった) -- チャリス 2010-07-26 (月) 21:31:02
      • (チャリスを見送ると、そっと匙で薬膳に手をつける)…スラム暮らしが長かったから、誰かに食事を用意してもらうのなんて久しぶりだね
        なんだか、あの「宿」のことを思い出すな(薬膳のエグ味に顔を顰めつつも、ふふっと笑う)
        …きっと、みんな元気でやっているのだろうね(薬膳の効果のひとつ、強い鎮静作用が効いたのか食べ終えるやそそくさと横になる)
        (食器が下げられる頃には深く、深く夢の世界に…)
        -- ヴェール 2010-07-26 (月) 21:48:02
      • (寝起きエルフの食事がいきなり餅(きなこ、つぶあん、または雑煮)だったりしたことをここに付け加えておく) -- チャリス 2010-07-26 (月) 23:56:16
  • http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst051864.gif http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst051864.gif http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst051864.gif http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst051864.gif http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst051864.gif --
    • …スラムの一件で必死になるあまり、精霊界への「貸り」が随分溜まってしまったな(うつ伏せに、伸びきった姿で)
      力量を超えた召喚や使役のせいで体もガタガタだし、暫く荒事は無理だね…(シーマ村で湯治中)
      -- ヴェール
  • ザ・スラムーズなのだ(同行する依頼書を見せながら)
    まさかこーゆー時が来るとは……スラムパワーを炸裂させる時なのな! -- オウディス 2010-07-22 (木) 19:55:22
    • どれどれ…(背を丸めてオウディスの依頼書を覗き込む)ああ、本当だ(クスっと笑う)
      来月は、君と僕とでダブルエルフだね。…チーム全裸に負けないコンビネーションで攻めるとしようか(にっこり笑顔でサムズアップ)
      -- ヴェール 2010-07-22 (木) 21:40:00
      • チーム全裸は永遠だけど無くなってしまったのな(服も着てるし)寂しいものなのだ
        そういえばダブルスラムエルフなのだった。スラムとエルフを合わせた全く新しい技で戦うのなー(サムズアップを返して去っていった) -- オウディス 2010-07-22 (木) 22:31:41
      • …さては、自分がエルフなのを忘れていたね?(苦笑しつつ見送る)
        その服、似合っているよオウディス。ああ、酒場の皆の度肝を抜いてやろうじゃないか(クスクス笑い、宿の部屋へ)
        -- ヴェール 2010-07-22 (木) 22:46:26
  • (ポストにビラが入っている。近々学園祭が行われるようだ) -- 2010-07-21 (水) 01:17:05
    • 学園祭か。成る程ね…。ジナは卒業したけど、学園の生徒さんとよく同行することだし観にいってみようかな(ビラを畳み、仕舞いこむ) -- ヴェール 2010-07-21 (水) 20:01:33
  • http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst051864.gif http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst051864.gif http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst051864.gif http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst051864.gif http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst051864.gif --
    • (早朝、死人のような顔色で帰ってくるエルフ)…スラム街の悪魔、か
      まるで、悪い酒でも呑み過ぎたような気分だ。…リックにはお礼を言わないとね(そのまま、簡素なベッドに倒れ伏す)
      -- ヴェール 2010-07-18 (日) 09:41:17
  • 《 燃料をお持ちしましたよ、ヴェール? 》(さる北の王国産アイスワインをゴトリと置き)《 最近お世話になりっぱなしでしたしね 》
    《 酩酊状態でなければエンジンがかからないなんて褒められた体質ではありませんけど…まぁいいでしょう、来月もよろしくお願いしますっ! 》 -- シヨン 2010-07-17 (土) 23:40:36
    • …うん、学生さんとは本当に縁があるね(これは珍しいな…とアイスワインを受け取り)
      ああ。来月も宜しく。…冒険帰りに、一杯やろうか?(クスクス笑い) -- ヴェール 2010-07-17 (土) 23:46:24
  • この間来たばかりで間も開けずくるのもあれですが…実は旅に出ることになりまして
    …短い間でしたが、お世話になりました。エルフは長寿と聞きます、もしまたここに帰ってくることができたら
    その時はまた、良いお酒を教えてくださいね…それでは…お元気で(微笑むと深々と礼をし、立ち去っていった) -- キャッツァ 2010-07-17 (土) 01:32:43
    • 呑み友達なら毎日でも大歓迎さ(クスクス笑い)…ああ、それは寂しくなるね
      90年もすれば故郷に帰るかもしれないけど…それまでなら多分、この街に居るよ
      そうだね。そのときは土産話を肴に、呑もうか(ふふっ、と笑い優美に一礼)…道中気をつけて。またね、キャッツァ
      -- ヴェール 2010-07-17 (土) 01:41:18
  • ねえヴェール…シーマ村に来ない? -- スレット? 2010-07-16 (金) 21:24:14
    • やあ、スレット。…そうだね、いずれは(手にしていたグラスを置き、煮え切らない返事)
      スラムも、住み慣れると愛着があってね…この近くで酒造りも始めてしまったし。僕なりに区切りになるような時期が来れば、きっと移り住ませてもらうよ(…すまない、と苦笑しつつ手刀を切る)
      -- ヴェール 2010-07-16 (金) 22:41:29
      • そっか…実はこのまえリックやギルデのおっさんと村の名産品があるといいねって話してて
        地酒なんかいいんじゃないかって思ったんだけど、酒造りなんてオレたちじゃできないしね
        それでヴェールが村の住人になってくれればな…と思ったんだけど、突然持ちかけてごめんね! -- スレット? 2010-07-16 (金) 22:47:08
      • 名産品か。成る程、村興しと言うやつだね…(ふむ、と考え込む)
        シーマのポーションも、立派な名産品だとは思うけど…一般受けはしないのかな?エルフのポーションと薬草料理、天然温泉を軸にした癒しの村なんて素敵だと思うけど
        冒険帰りに立ち寄りたくなる、そんな村になりそうじゃないか(//申し訳ない…現在霊圧がとても不安定なので、身の回りが落ち着くまで半隠遁生活なのです)
        -- ヴェール 2010-07-16 (金) 22:57:28
      • うぅん、言われれば確かにそんな気がしてきたぞ…(他人の影響を受けやすい)
        本当にほんの思いつきだから気にしないでね!そうだ、これこの間のお酒のお返しよかったら食べて(自家製の干し肉の束を置く)
        それじゃまた! -- スレット? 2010-07-16 (金) 23:01:33
      • スレットが作ったのかい?…これは、期待できそうだ(満面の笑顔で干し肉を受け取る)
        ああ、また。…僕も、また村に行かなくてはね(グラスを手に取り、スレットを見送った)
        -- ヴェール 2010-07-16 (金) 23:08:27
  • バレンタインですのでチョコを…と思いましたが、お酒の方が良かったかもしれないですね…
    …随分片付いたように思えます(超軽い) -- キャッツァ 2010-07-16 (金) 01:21:58
    • もともと、物の無い部屋だからね…(殺風景なスラムの安宿、その一角にある自室を見回し)
      酒瓶だけ片付ければそれなりに見れるようにはなった…かな(苦笑する)
      やあ、キャッツァ。…僕も、そこまで酒一辺倒じゃないよ。量が多いと辛くなるけど、甘いものも好きだとも(ウサギのチョコを受け取る)…ありがとう。
      -- ヴェール 2010-07-16 (金) 22:22:58
  • http://lh5.ggpht.com/_n_yRvuI5EDg/TD67i4zLdiI/AAAAAAAAAe8/DLa8CXQJqv4/%E3%82%B0%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%BC_22.png -- 2010-07-15 (木) 20:52:43
    • やあ、グノーミー。ちょうど今、生原酒の封を切ったところだよ(新しいグラスを用意する)
      えっと…それは、僕に?(差し出すタガメ?を見て、ちょっと困惑)
      -- ヴェール 2010-07-15 (木) 20:59:28
      • バレンタガメ。 -- グノーミー 2010-07-15 (木) 21:05:17
      • 実在するのかと思ってしまったよ…バレンタガメ。ああ、成る程…バレンタインデーか。これは、嬉しいね(気持ちが…という言葉をぐっと飲み込む)
        そうだね…砂糖醤油で焼いてみようか(隙間風吹くスラムの宿、火鉢に丸まった火の精に精霊語で声をかける)
        酒はあるけど、肴を切らしていてね…(生原酒を注いだグラスを差し出し)タガメ、半分こするかい?
        -- ヴェール 2010-07-15 (木) 21:13:03
      • ぜんぶくっていいぞ! -- グノーミー 2010-07-15 (木) 21:17:01
      • そうかい?…じゃあ、有難く頂こうか(油を塗り、じっくり遠火でカリカリになるまで…タガメをかざされた火の精霊が嫌そうな顔をしている)
        そろそろ、いいかな…(パチパチと音を立てるそれを、下ろし生姜と砂糖を混ぜた醤油にジュワッと漬ける)ああ、香ばしいね…
        -- ヴェール 2010-07-15 (木) 21:30:03
      • こうばしい・・・こうだしん・・・こうだシャーミン・・・中の人、眠いみん・・・。 -- グノーミー 2010-07-15 (木) 21:42:09
      • 倖田來未…?(ポリポリとタガメを縁から齧りつつ、原酒を飲む)
        ああ、無理は良くないね。…おやすみ、グノーミー。タガメ、美味しかったよ(精霊語で大地に感謝を捧げた)
        -- ヴェール 2010-07-15 (木) 21:48:06
  • おっつ〜。学園生が三人もお世話さまで (じーっと耳を見てる) -- リタ 2010-07-15 (木) 09:08:06
    • そういえば、近頃よく見かけるね…その制服(年の瀬に失った知人も、そういえば…)
      君とは、来月もだね。… 珍しいかい?(視線に気づき、苦笑)
      -- ヴェール 2010-07-15 (木) 20:15:09
      • うn。短いね耳 -- リタ 2010-07-15 (木) 20:26:30
      • 僕らは…コモンエルフはこんなものさ(耳にかかる髪を梳き)でも、君たちよりは長いだろう?
        ああ、そうか。学園にはジナが居るのだったね(納得した様子)…確かに、ハイエルフの耳にはとうてい、かなわないな(クスクス笑い)
        -- ヴェール 2010-07-15 (木) 20:31:25
      • あ、ジナの知り合いなんだ。そっかエルフ同士だもんね。すごいよね〜あの耳、飛んできそう
        お疲れちゃんでした。あ、ジナはね、来月卒業なんだ。来てあげたら卒業式? 仲間なんでしょ? -- リタ 2010-07-15 (木) 20:35:57
      • 仲間というと畏れ多いけどね…卒業式か。酒断ちしとかないとなぁ…(冗談を言いつつ、微笑む)
        ああ、遅くからの参加にはなるだろうけど…是非列席させてもらうよ。…教えてくれてありがとう
        -- ヴェール 2010-07-15 (木) 20:48:25
  • フッフッフ…フフハハハハハハハハハ!どうだヴェーーーール!出落ちていた僕も最後の戦いでこんなに立派になれました!と言わんばかりに年を越せたわ!
    という訳で先月のお礼に餅と栗きんとんと置いていこう、正月気分を存分に味わうがいい!(右手を円状に一回転させた後前に突き出す) -- シャドウ? 2010-07-14 (水) 22:10:53
    • シャドは逆境に強いタイプだろうね…。おっと、これは嬉しいな。…シャドらしいチョイスだね(笑顔で受け取り、こちらも右手を…シャドウの拳に軽く当てる)
      さらなるビルドアップを期待してるよ
      -- ヴェール 2010-07-15 (木) 19:42:34
  • 今月の依頼お疲れ様でした!ええと、なんていうか…アシストありがとうございました… -- アレッシオ 2010-07-14 (水) 18:14:45
    • こちらこそ、君の魔法には助けられたよ。…ああ、お疲れ様。また縁があれば、宜しくね -- ヴェール 2010-07-15 (木) 19:38:34
  • 引退はしなかったけど情熱は持ち直してないというね…まだ祝杯はあげれないかしら -- アフォルス? 2010-07-13 (火) 22:24:52
    • 銀狼亭はおあずけだね。持ち直してから…だよ(クスクス笑いつつ、火精のわだかまる火鉢からホットワインの入った小鍋を下ろしカップに注ぐ)
      とりあえず、ウエルカムドリンク。…スラムのはずれまで来るのに、冷えただろう?(シナモンとクローブの香りも鮮烈な極甘ワインだ)
      -- ヴェール 2010-07-13 (火) 22:34:43
      • たったの1だものねぇ…(はぁ、とため息を吐く頬は紅に染まり)
        いやはや、ほんとにね ドラム缶の焚き火がちらほらあるのはありがたかったわ(赤くなった手先でカップをくいっ、とカップを一口傾ける) -- アフォルス? 2010-07-13 (火) 22:44:53
      • 千里の道も一歩から…だね。情熱4桁台回復のための、大切な一歩だよ(クスクス笑い、羽織っていた毛布をアフォルスの肩にかける…引きずるかもしれない)
        軌道に乗るまではまだヒヤヒヤものだろうけどね。変に気に負わず、自然体で行こう。…情熱800を超えたら、一席設けようか
        -- ヴェール 2010-07-13 (火) 22:52:02
      • 来月もまったやばそうなのよね 狼だし…はふ、あま…(カップを開ければ、幸せそうな息をつく)
        ま、なるようにしかならないわねー…っとありがと(毛布がかかれば床につき、どうにかしようと身を捩らす)800ね、長いけど頑張るわ -- アフォルス? 2010-07-13 (火) 23:01:36
      • 討伐だろう?うまく財宝を抱え込んだ親玉を仕留めれば…早ければ春先には祝杯だよ(苦笑しつつ毛布を折り返し)
        ああ、なるようにしか…ね。自然に逆らうのは体力の無駄だと、精霊たちも言っているよ(こちらもホットワインを傾ける…隙間風の吹くスラムの宿だった)
        -- ヴェール 2010-07-13 (火) 23:15:34
  • おそらく酒を持ってきてくれたのは紛れもなくヴェールだと思うんだが、あんな陽の射すところに放置するくらいなら開けてみんなに振舞っちまったほうがよかったぜ(遠慮なくそう言って)
    でもまー、ありがとな。お前のおかげで、酒の楽しさを知ったわけだし。ほんと感謝してるわ。 んじゃ、またな(そう言うと去っていった) -- タイト(半透明) 2010-07-09 (金) 22:14:55
    • (去っていくタイトを呆然と見送り)…そうか、お盆というやつだね
      …またな。か(クスクス笑い)ああ 。…またね、タイト。…また、一緒に呑もう
      -- ヴェール 2010-07-09 (金) 23:04:52
  • なぜか分かりませんが…ここは凄い重力ですね…(意訳:なぜかここの名簿が火狐を落としかけるほど重いです…!)
    先日はありがとう御座いました…お礼が遅れて申し訳ありません(空の徳利とワインの入った紙袋を下げてやってくる)
    残念ながら酩酊…とまでは行きませんが…多少の高揚感は味わえました、確かにあれは少し…癖になるかもしれませんね… --キャッツァ
    • ふむ、重力ね…心当たりは無いんだけど、ちょっと整理してみるとしようか(転がる酒瓶たちを苦笑しつつ眺め)
      …やあ、キャッツァ。わざわざすまないね(徳利と…ワインを受け取れば相好を崩す)
      火酒でもほろ酔いとはね…けど、世の中には君を酔わせる美酒がまだまだあるはずさ。…酒を楽しもうとする心を忘れなければ、きっと出会えるよ(ありがとう、と言ってワインを仕舞った)
      -- ヴェール 2010-07-09 (金) 22:55:50
  • おいーっす、久しぶりー。クリスマス以来かな、酒持ってきたからのもうぜー。(大量に酒の入った紙袋を抱えてやってくる) -- リック 2010-07-06 (火) 21:52:19
    • (大量の酒を見れば、苦笑)やあ、リック。…ああ、そうだね。呑もうか(通す部屋には既にいくつも転がる空瓶と…ベッドを占拠する未開封の酒瓶) -- ヴェール 2010-07-06 (火) 22:05:47
      • いつも通り変わらないねー。(こちらも苦笑して適当なところに腰かける)
        酒作りはどんな感じ? なにか進展あったかな。(常より饒舌で紙袋から取り出したのは強い酒ばかり。さっそく開けて勝手に自分とヴェールのグラスに注ぐ) -- リック 2010-07-06 (火) 22:11:25
      • 手詰まりだね(肩をすくめ、苦笑)今は、自分を高めるのに精一杯かな…(まだ捜索に回ってもキノコだろうから探検で下積み中)
        ヒントになるのかどうか…とても珍しい薬草があるかもしれないというので、フィールドワークみたいなこともしてるよ。…ちょっと、物騒な場所なんだけどね(このエルフの常になく…こちらもやや饒舌に、注がれる酒を受ける)
        -- ヴェール 2010-07-06 (火) 22:19:27
      • そっか、でも自己鍛練はいいものだよ。(グラスを傾けながらぱらぱらと冒険履歴をめくる)
        危険な場所……犠牲地区かな、そのくらいしか思い浮かばないってだけだけど。(酒は絶やせないとばかりに自分にも、ヴェールにも空いたそばから注いでいく)
        たださ、鍛えるのはいいけれど死んだら何にもならないのだけは覚えておいてほしい。 -- リック 2010-07-06 (火) 22:35:05
      • リックも知っているんだね…ああ、その犠牲地区だよ
        …それは、人間の考えかたかい?(くーっと、酒を流し込み)
        どうだろうね。目標を高く持ち、そのために早くに倒れるものが居たとして…(リックと、自分の杯に酒を足し)
        自らの願いは実らなくても、その姿を知るものに何かを残しはしないかな…(落ち着いた声…しかし、杯を持つ手に篭る力)
        -- ヴェール 2010-07-06 (火) 23:01:18
      • 行ってみたことはないけどね、話は酒場で何度か……。
        人間の考えってよりは俺の考え方かな。死んだ人間はたくさんの物を残す、それは痛いほどに分かってる。
        でも、それは駄目なんだ。死んで何かを残すのは違うんだ。何が違うのか上手く言えないけど生きて、生き延びていて欲しい。(注がれた酒をまた呷る)
        傲慢だって分かるけど……どういう覚悟だったのかってのは分かってるつもりなんだけど。(グラスに目を落とす)
        ごめん、酒不味くしたね。グダグダ考えるより頭空っぽにして飲もう。 -- リック 2010-07-06 (火) 23:13:37
      • 心配してくれているのは、とてもよく伝わってるよ…リック。今日は、僕も言葉がうまく出てこないな(もどかしげに、苦笑する)僕のほうこそ、済まない
        突然だったからね…僕も、彼自身が多くの実りを得るのを見たかった。…今日の酒は、どうしたってしょっぱいよ(もうひとつ、グラスを取り出し酒を注ぐ)
        呑みなおそうか。…僕らは、笑顔で居よう。彼がいつも、そうだったようにね(寂しげに…それでも微笑み、杯を掲げた)
        -- ヴェール 2010-07-06 (火) 23:22:58
      • 前にヴェールが冒険で大怪我した時も血の気が引いた。俺、近しい人がそうなるのは本当に駄目なんだよ……。
        割り切ったように見せてるけどこんなの見せられるのはヴェールにジェイナスに、あと一人……誰かがいた気がするんだけど思い出せない。
        あいつはいつだって自信満々で、英雄になるって疑わなくて……うん、飲み直そう、こんな俺見られたら多分馬鹿にされる。
        (グラスを掲げ、そしてもう一つのグラスにも軽く当ててぐいっと飲んだ)
        何か明るい話をしよう!(ムチャぶり -- リック 2010-07-06 (火) 23:35:04
      • そうだね。きっと、笑われてしまうだろうね(クスクスと…いつもの笑顔)
        ジェイナスか…。今も、元気に商売をしているのだろうね(穏やかに、酒を注ぎ)
        今、ジェイナスが居たらきっと「商会」の中心人物だっただろうね。…シーマは、商会に入ったのかな?
        -- ヴェール 2010-07-06 (火) 23:42:07
      • だろうねー、ついぞ商品を見ることはなかったけれど商人の中の商人って風情はあったかな。(瓶を受け取るとヴェールに注ぎ返す)
        そういえば今は商会なんてのもあったっけ、上納金とかそういうの面倒くさそうだねえ。
        あぁ、そういえば村長も薬屋やってたっけ、どうなんだろう……。 -- リック 2010-07-06 (火) 23:49:22
      • すっかり村にもご無沙汰だね。…また、温泉に入りに行かなくちゃ(注ぎ返された杯からそのまま一口)
        シーマには、そのへん自分で聞いてみようか。…ポーション原料の安定供給がどうとか前に言っていたから、きっと一枚噛むと思うけどね(片目を閉じ、肩をすくめる)
        -- ヴェール 2010-07-06 (火) 23:57:39
      • おう、来い来い。現在学園卒業生を狙った説明会を計画中なんだ、これで来てくれるといいんだけどねー。
        横のつながりが無いよりはやっぱりあった方がいいよね、入ると面倒事も多々あれど色々便利なこともあるだろう。
        (二人で飲めば酒が進む、そうして夜が更け持ってきた酒を全て空けるまで日々の雑談に花を咲かせた) -- リック 2010-07-07 (水) 00:07:53
      • 村は街からも近いしね…定住者も大事だけど、街から気軽に尋ねて来てくれる人も増えるといいね(底なしに飲むリックとなら、酒瓶の山も瞬く間だ)
        …きっと、村にとってもプラスになるよ。ああ、残り少ないね…空けちゃおうか(クスクス笑い…他愛も無い話は、酒瓶が全て空になるまで続いたという)//お付き合いありがとう
        -- ヴェール 2010-07-07 (水) 00:13:20
  • よーっす。ヴェールいるかー(ずかずかやってくる。いなくてもやってくる) んー……まあいいや。先月ヴェールになんか貰った記憶は皆無だけど、酒のこと教えてくれた礼とか改めてしよーと思ったんだが…(居るかどうかもわからぬ相手にそう言って肉キャンディの入った包みを置いておく) 酒の肴に…ならんだろうな。口直しにはなんだろ(そう呟くと去っていった) -- タイト 2010-07-04 (日) 23:49:23
    • もらいものが続くね…(ふふっ、と笑い)嬉しいな
      へぇ…キャンディか。どれどれ…?(牛キャンディを手に取り、口へ…)
      これは…なんとうか(複雑な表情)昔食べた「スキヤキ」のような味だね。…ニホンシュ、あったかな?(酒を探しはじめたという)
      -- ヴェール 2010-07-05 (月) 00:14:23
  • ぬーん(サムズアップした拳大のチョコレートを届けておく) -- オウディス 2010-07-03 (土) 23:26:21
    • 急須かと思ったら…(チョコ塊を手に取り)
      この豪放さは…たぶんオウディスかな
      真冬だけど…変わらずあの格好なのだろうね(ふぅ、と溜息ひとつ)
      温まる酒でも、差し入れようか(ガキリ、とチョコ塊をひと齧り…苦笑しつつ夜のスラムを眺める)…ありがとう
      -- ヴェール 2010-07-04 (日) 01:24:03
  • (兎を模したチョコレートが届けられた。ブランデーの香りが仄かに漂う) -- ジナ 2010-07-03 (土) 23:09:17
    • このモチーフは…ジナかな
      (ふふっと笑い)いい香りだね。…食べるのが勿体無くなるほどに
      (大切そうに仕舞い…後日口にしたという)
      -- ヴェール 2010-07-04 (日) 00:30:14
  • あ、ヴェールさん、こんにちはー・・・先日は居酒屋では、お疲れ様でした・・・
    こうしてまた、お話出来るようになって、ボクとしては嬉しい限りなんですけど・・・
    ・・・今度も時々、こうしてお話してもいいですか?お酒の話とか、それ以外でも・・・よければ、ですけど -- ロック 2010-07-03 (土) 18:38:17
    • やあ、ロック。…ああ、あのときは結局途中で席をはずすことになったな(寝落ちたエルフ)
      …もちろん、かまわないよ。呑みながら、語ろう(クスクス笑い)
      飲み友達が増えたとなれば、祝杯をあげなくてはね(手馴れた様子でグラスを二つ用意し、深い赤色のワインを注いだ)
      -- ヴェール 2010-07-03 (土) 21:34:28
      • いえ、十分初回だけでも楽しかったですからー・・・ちょっと阿鼻叫喚めいたものもありましたけど・・・
        あ、それではまたよろしくお願いします・・・サイラスさんとも、ちょっと前に会えたりしたんですよねぇ・・・
        あ、はい、有難うございます・・・これでって強さはどのくらいなんでしょうか?
        先日飲んだ時は・・・確か・・・チューハイという飲み物の缶を12本くらいあけたところで・・・吐きたくなってしまって・・・ -- ロック 2010-07-03 (土) 22:00:32
      • チューハイよりは強いし、あまりハイペースで呑む酒じゃない…かな(芳醇な葡萄の香り立つグラスを手に取り)
        物にもよるけれど、酸味と甘みで呑みやすく仕上がっているからね…油断をしていると呑みすぎるかもしれないね(初々しい話に目を細める)
        一本あけたら、背筋を伸ばして深呼吸してみるといい。体の軸がブレるようならストップだろうね。…ロックは、今は何処に住んでいるんだい?
        -- ヴェール 2010-07-03 (土) 22:09:27
      • なるほどー・・・それなら、大丈夫かも・・・では、頂きます(グラスを手に取ると、普通に半分以上飲み)
        ・・・ん・・・ちょっと苦いですけど・・・でもブドウの風味が凄いですね・・・美味しいです(止める間もなく、二口目でグラスの中身を全部飲み)
        ・・・なるほど、今後はそうしてみます・・・あ、ボクですか?今は学園に通っているので、学園の寮に -- ロック 2010-07-03 (土) 22:17:59
      • 生徒なのはこの間知ったけど…そうか、寮もあるのか(へえ…と目を丸くしつつ、ロックのグラスにワインを注ぐ)
        生徒や先生も、このあいだ見かけたかな…賑やかな毎日だろうね(自分もグラスを傾け、ふふっと笑う)
        -- ヴェール 2010-07-03 (土) 22:25:40
      • はい、全員が入ってるわけじゃないですけど、学園にも近くて、家賃もただですからねぇ
        灰、とても賑やかです!・・・賑やか過ぎて、大変な面もありますけど・・・(頬をかきつつ2杯目を入れてもらい)
        (結局、ストップになるまでハイペースで飲み続けて、若干フラフラ帰ることになって) -- ロック 2010-07-03 (土) 22:49:26
      • 結構呑んだね…(ゆっくり話し込み、満足げに見送る)またね、ロック
        …それにしても、僕の暮らしとは大違いだな(スラムのはずれ…静かな安宿に帰っていった) -- ヴェール 2010-07-03 (土) 22:56:53
  • ヴェールくんっ♡ お酒ありがとね〜♡ ばいばいっ♡ -- 桃色の小鬼 2010-06-27 (日) 22:04:26
    • バイバイは、いつだって突然だね…(聞き覚えのある声に…しかし振り向けば消えてしまう、そんな気がして身を竦める)
      …どうか、よい旅を。ノノ先輩(振り向かずとも、声の主は行ってしまうのだろう。ならば、せめてと思いなおし…ゆっくりと笑顔を向け、真夏の宵闇に杯を掲げた)
      …お元気で
      -- ヴェール 2010-06-27 (日) 22:19:49
      • (グラスの先に、空の星がきらきらと輝いておりました) -- 2010-06-27 (日) 22:22:10
  • 全高4mはある、珍妙なロボが送られてきた …胸部はどうやら冷蔵庫の様だ? -- 2010-06-26 (土) 17:15:08
    • これは…すごいな(届けられたロボをキラキラした目で見上げる)
      しかも酒を冷やしておけるのか…今の季節とてもありがたいね(買いたての白ワインを仕舞おうとするが届かない…胸部は軽く地上3メートル付近だ)
      …うん、2階の窓から開け閉めしよう。そうしよう

      //おおっ…特徴がとてもよく出てます。大感謝! -- ヴェール 2010-06-26 (土) 18:02:34
  • 実は飲もうぜっつったの俺なんだ 飲むか(安いチューハイ開けつつ) -- タイト 2010-06-26 (土) 02:16:01
    • って不在表記に今気づいた 飲もう…(酒場に帰りつつ) -- タイト 2010-06-26 (土) 02:20:50
      • 反応遅れ済まない…作業片手間に酒場を覗いていたんだ
        少しまったりペースになるけどね…是非呑もう(買い置きの日本酒を野菜室から取り出し)
        -- ヴェール 2010-06-26 (土) 02:28:45
      • (くるっとターン) ちなみに肴が饅頭(粒あん)と柿ピーという体たらくなんだよね… -- タイト 2010-06-26 (土) 02:33:09
      • こちらは、半端に残った夏野菜かな…(小鉢をいくつか取り出す)
        柿ピーは悪くないね…饅頭は「胡瓜のラー油漬け」とトレードしないかい?
        -- ヴェール 2010-06-26 (土) 02:37:04
      • お、いいね つっても粒あんの摂取もしたいから、半分トレードで(割って渡してもらう)
        しかしあれだなー 学園生増えたよな。街に制服姿の多いこと多いこと -- タイト 2010-06-26 (土) 02:45:05
      • 確かに。気付けば知人まで学生になっているしね…(クスクス笑い)
        さすがに酒造りは教えていないだろうから…僕には縁の無い世界だけど(半分もらった饅頭を肴に辛口の日本酒を呑む)…タイトは入学したりしないのかい?
        -- ヴェール 2010-06-26 (土) 02:52:07
      • だよなー。…そのうちあれだ。なんだっけ、学園都市っての? そういうのになっちまいそうだよな(それはそれでやばい)
        あー、どうなんだろうな。酒の製法もひとつの文化ってことで、継承する名目で学生募ったりとか出来るんじゃね?そういやこの街禁酒法ってないんだっけ?
        あー、俺?俺はいいや(手をパタパタ振って) -- タイト 2010-06-26 (土) 03:06:22
      • どうだろうね。優れた冒険者の育成が目的の学園だったようにも思うから、J科(醸造コース)は難しいんじゃないかな…(ナスと紫蘇の味噌炒めを勧める)
        …禁酒法があったなら、僕らの通う酒場は地下酒場だったろうね(浮上させると叱られる酒場はある意味地下酒場かもしれない…と思い、ふふっと笑う)
        -- ヴェール 2010-06-26 (土) 03:15:13
      • そうなんか… そりゃ残念だな(炒め物をパクつきつつ)
        それもそうだな っと、わりーけどぼちぼち行くわ。今度もーちょいゆっくり呑もうぜ。んじゃなー(最後にひとつ摘んで食いながら帰って行った) -- タイト 2010-06-26 (土) 03:22:42
      • ああ、気をつけて。…またね、タイト
        さて、僕はもう少し呑むとしようか(大根の切れ端を黒胡椒入りの甘酢に漬けたものを取り出し、グラスに酒を注ぎ足す…)
        -- ヴェール 2010-06-26 (土) 03:27:53
      • (よいどれエルフの晩酌はもう少しだけ続いたという)//こっちも退席ー -- ヴェール 2010-06-26 (土) 03:31:19
  • (石榴の濃縮果汁が入った瓶を置いて)やはり薬草売り…険しい道のりのようだなヴェール! -- シャドウ? 2010-06-22 (火) 16:51:50
    • (さっそくウォッカとテキーラに石榴ジュースを合わせてステア)…綺麗な色だね
      ありがとう、シャド。まあどうにか、3連続「2ヶ月」は避けられたよ
      …それでも、僕は薬草の専門家だからね。前職薬草売りでハーブマスターを目指す…それが僕の、天命なんだ。きっと(ふふっ、と笑う)
      -- ヴェール 2010-06-22 (火) 21:21:49
      • 栄養も満点だ、俺が子供の頃は庭に生っていたので度々食べていたがあの透き通る赤さ…血よりも宝石と言うべきだな
        今は下るばかりか…しかーし!終わらぬ坂道は無い!何時か必ずや終わり昇る日が来る筈だ!
        応援しているぞヴェール!それでは俺はこれで、養生するのだぞ!さらばだ!(飛んでいった) -- シャドウ? 2010-06-22 (火) 21:53:16
      • 宝石か…確かに(もらった瓶を軽く灯りにかざす)
        ああ、もう帰るのか…判った、飲み歩きは我慢して大人しくしておくよ(クスクス笑いで見送った)
        -- ヴェール 2010-06-22 (火) 21:58:17
  • (蓮の葉に包まれた焼き菓子が窓際に置かれている。ブランデーが多目のケーキのようだ) -- ジナ 2010-06-21 (月) 22:50:14
    • これは…まさかレンバス?(手に取り、ブランデーの香りに目を細める)
      いや、流石にかの「命のパン(レンバス)」ではないか…それでも、この柔らかな小麦の香気には心癒されるな
      エルフの古式ゆかしい包み方…とすれば、ジナかな。…良い酒を造っておかなくては、だね(窓の外…広がる雑木林に一礼し、ケーキのためにお茶を淹れた)
      -- ヴェール 2010-06-21 (月) 23:10:45
  • 気づいたらまた依頼しくじってたのね…ヴェルロックと呼べばいいのかしら?
    と、まぁお見舞い代わりのチョコよ ちゃんとお酒入りのね(ウイスキーボンボンをひょいと渡す) -- アフォルス? 2010-06-21 (月) 20:40:21
    • 語呂から言えばそうなるだろうね。呼びやすく「ベルロック」でいいよ…よくない(独り突っ込み)
      …やあ、アフォルス。おや、これは…(ウイスキーボンボンをまじまじと)とても、可愛らしいね
      ひとつだけ、火酒が入っていたりはしないだろうね?(クスクス笑い、大事そうに仕舞う)…ありがとう。楽しみに戴くよ
      -- ヴェール 2010-06-21 (月) 20:47:00
      • ちょっと可哀想さに涙が出てくるわベルロック
        可愛らしいのは私には似合わないかしら?(冗談をこめて)火酒なんてはいってるような悪趣味なのだと自分で作るしかないわね
        残念ながら普通のういすきーよ 市場で買ったものだもの -- アフォルス? 2010-06-21 (月) 20:55:59
      • あつらえたように、似合っているよアフォルス(いつもの調子)…君は可憐だからね
        …こうした菓子を作る技術はエルフには無いね。人間が甘いものに傾ける情熱には舌を巻くよ…これほどのものが街の市場で手に入るのだからね
        -- ヴェール 2010-06-21 (月) 21:13:39
      • 可憐ねぇ…鳥肌立っちゃうわ 私から縁遠い言葉よそれ
        エルフ達は自然のものが好きってイメージがあるわ ま、この街大きいから…他の街だとそうはいかないんじゃない? -- アフォルス? 2010-06-21 (月) 21:30:38
      • ドワーフと僕らじゃ可憐さの基準が違うのかもしれないね…(僕は可憐だと思うけど?とクスクス笑いで付けたし)
        そうだね、菓子の類もあるけれど…チョコレートのように自然の姿を留めない菓子は見かけないね。まるで噂に聞く「錬金術」の産物のようだ…
        そういえば、ドワーフはどんな菓子を好むんだい?…なんだか、むやみに硬そうなイメージがあるのだけど
        -- ヴェール 2010-06-21 (月) 21:43:22
      • 錬金術…あの欲張りな学問ね 人間が好みそうな…
        ふむ、冒険に行く時はこれ持ってってるわ(腰袋から包にはいった四角形の茶色いクッキーを取り出し)
        噛じってみる?ドワーフ印の岩クッキー -- アフォルス? 2010-06-21 (月) 21:50:56
      • 僕らの精霊魔法は世の中の在りようを霊的側面から変えるのだけど、錬金術は純粋に物質側面から変えていくらしいね…(興味があるのか、少し遠い目をする)
        おっと、これは…名前からするに硬そうだ。ありがたく、頂くよ(ひょい、と摘み口の中へ…)
        -- ヴェール 2010-06-21 (月) 22:09:10
      • (口にいれるとその堅さはまさに岩 鍛えられた歯がなければ噛むのも難しいだろう) -- アフォルス? 2010-06-21 (月) 22:22:04
      • (噛めど揺るがず、飲み込むに飲み込めず…話すこともできないのでペンを手に取り「美味しいよ」と書く)
        (「クラーケンのスルメを食べたこともあるけど…それ以上の硬さだね」…なおも、クッキーとの格闘は続く)
        -- ヴェール 2010-06-21 (月) 22:33:03
      • 無理すると口のなか傷つくわよ(おかしそうな笑いを噛み堪え)
        じゃ、今日はここらへんでお暇するわ バレンタインなのにクッキーまであげちゃったわね ばいばーい -- アフォルス? 2010-06-21 (月) 22:37:01
      • (無言のまま、苦笑と手振りで見送る)
        ………。持ち歩くだけでDEF+1だね、アレは
        -- ヴェール 2010-06-21 (月) 22:45:31
  • (前回と前々回の結果報告を聞き) つくづく今の探索は茨の道だと痛感せざるをえない内容ね……まぁ飲んだくれがしぶといのも良ーく知ってるけどね?
    (置かれた酒瓶や薬瓶をちらりと見る) あたしが言うのもなんだけど、さすがにこの時期の深酒は回復を遅らせるだけだから程々にね -- プレマ 2010-06-19 (土) 13:51:59
    • 百薬の長と言われるのも、適量までだからね…里に居た頃もよく癒し手の氏族に言われたものさ(クスクス笑う)
      ああ、ようこそプレマ。…貴女という腕のいい医師が居るのだから、冒険後一番に訪ねるべきだったかな?
      -- ヴェール 2010-06-19 (土) 17:42:16
  • 酒のニオイばかりしているかと思ったら、ロックのにおいしみついてーむせる…
    …だ、なんて大したものねヴェール。でもまあ生還してくれて何よりだわ。とりあえず、これを飲みなさい?
    (ほれ、と薬の小瓶を差し出す。肉体再生薬だ)ところで今思い出したんだけど…
    貴方、今でも薬草取りをしているのよね? -- シーマ? 2010-06-19 (土) 13:34:41
    • 酒とロックは切っても切れない…か。いや、まだ…あわてるような時間じゃない(例のポーズで首を振る)
      …ようこそ、シーマ。おや、こんな高価なものを…いいのかい?(小瓶を受け取り)
      そうだね、依頼の薬草取りにはまた暫く携わらせてもらえないだろうけど…付近の森や丘にはよく出かけているよ
      -- ヴェール 2010-06-19 (土) 17:41:14
      • 誰が上手い事を言えと。まあ確かにロック号を得るには足りてないわよね。
        いいのよ、値段なんて村の運営のために基本高めに付けているんだもの。
        で、その薬を安くするためにも原料になる薬草を安く仕入れたいと思ってるのよね。
        貴方か、でなければ知り合いに薬草を安く扱ってる人はいないかしら? -- シーマ? 2010-06-19 (土) 17:53:48
      • 成る程ね。じゃあ井戸水を分けてもらっているお礼に、多めに取れた薬草を村に還元するようにしようか。とはいえ、僕の薬草収集は完全に酒造り目当てだからね…たいして役には立てないだろうね(ふむ、と思案顔)
        …薬草を商っている知人は居ないけど、珍しい薬草を分けてくれそうな人には心当たりがあるかな
        -- ヴェール 2010-06-19 (土) 18:35:16
      • まずは、ニナ博士…村を出てすぐの川沿いに薬草園つきの塔があってね、百果千草が青々としているよ。精霊力からするに…塔の中でもいろいろと(表に出しにくいようなものも)育てているんじゃないかな?
        博士はダークエルフだけど、折り紙つきの人格者だよ。…まあ、そもそもこの街では種族の違いなんて瑣末な問題なのだけどね
        -- ヴェール 2010-06-19 (土) 18:35:28
      • あとは…リリアナも魔法薬を作っていたと思うよ。材料の仕入れ方法だけでなく、いろいろと情報が交換できるんじゃないかな…彼女とは
        村がある森とは別の…街のすぐ傍の森に庵を結んでいるよ
        そして、魔法を用いない薬ならプレマが詳しいかな。魔法薬と共通して使う薬草もあるだろうし、街で開業している医者だから…街で買えるレベルの薬草なら安定した仕入れルートなんかにも明るそうだね
        彼女もダークエルフで…僕と同じくらいの酒好きだよ(クスクス笑い)

         //霊圧落ちまーす -- ヴェール 2010-06-19 (土) 18:35:43
      • それは助かるわ。薬草園で栽培もしているけど、やっぱり専門家の薬草には及ばないのよね。
        おー。流石町に住んでるだけはあるわね…て!ままま待って!メモをとるわ…!
        (ものすごい勢いで話し出された情報を、メモ帳に必死で書き書き)ニナ博士に、リリアナにプレマ…と。
        うむー。妙にダークエルフ率が高いわねー。…でもありがと、あちこち回ってみるわ。
        それじゃ、ケガ人のトコに長いするのも悪いし、わたしはこれで失礼するわね。お大事に! -- シーマ? 2010-06-19 (土) 19:03:40
  • (なんかしばらく来れないうちに半ばロック化してきていると聞き及んでやってきた少年) おーい、生きてっかー? (見舞い用の酒を持参して) -- タイト 2010-06-19 (土) 08:49:42
    • …やあ、タイト。まあ、まだ本調子ではないけどね…大丈夫だよ
      今月オーカーゼリーにやられた傷より、先々月グリフォンにやられた傷の方が深いかな(軽く胸元から脇腹を撫でてみせる)

      -- ヴェール 2010-06-19 (土) 08:56:42
      • お、生きてた。まあ、生きてりゃいいさ。これ、土産な(といって酒瓶を渡す)
        (ヴェールが撫でた範囲を確認し、顔をしかめた)結構きつそうだな、そりゃ。まあ、しばらくは養生するこったな
        んで本題だけど、ひょっとしたら間が悪いかなこれ。今度温泉行こうっつー話あんだけど、どうする?怪我してるときって、温泉はやめといたほうがいいんかな?(パンフとヴェールを交互に見つつ)
        //一応一般参加予定な感じでひとつ -- タイト 2010-06-19 (土) 09:22:54
      • おや、嬉しいな(見舞いを受け取り)このあたり(スラム)じゃまともな酒が手に入らないからね…買い物のおっくうな今は特に有り難い
        温泉か。泉質にもよるけれどね…傷に湯治はむしろアリだよ(笑顔でパンフに手を伸ばす)温泉の湧くような土地は精霊の力も強いしね
        …へえ、村興しか。楽しそうだ(ふむ、と思案し)見に行くだけになるかもしれないけど、是非参加させてもらおうか

          -- ヴェール 2010-06-19 (土) 10:04:58
      • なんか必要なもんあったら言えよ。買いに行くし。
        そう言うモンか。あんま行ったことねーからよくわかんねーんだけど、そういう温泉だったら良いな
        お、やった。あとは、こないだのときもそうだけど、暇そーな奴居たら声かけてかねえ?ま、出来たらでいいんだけどな -- タイト 2010-06-19 (土) 10:24:43
      • 酒があれば生きていけるよ。ツマミも…缶詰を大量に貰ったしね(肩をすくめ)
        暇そうな知り合いか…そうだね、遠出は難しいかもしれないけど…まあ、手の届く範囲でやってみるよ(//深夜まで終日微霊圧予定…文通モード継続です)

          -- ヴェール 2010-06-19 (土) 11:39:30
      • そうか(こくりと肯き)
        ああ まー、無理しない程度にな(//あいあい。朝からお邪魔しやしたー) -- タイト 2010-06-19 (土) 11:55:39
  • (主なき部屋の前でしばしの間祈祷を続け、スラムの住人たちに迷惑をかけぬうちに退散した。後には幾つもの酒瓶が残されている……おそらく選びきれずに候補全てを持ってきたのだろう)
    ヴェール殿、ご無事であることを信じていますぞ……ペイロアよ、かの者に慈悲を与え給え。(去り際に呟き、祈りを捧げ姿を消す) -- ヤードバーズ? 2010-06-18 (金) 23:15:05
    • …これは、さすがに飲みきれないね(一日では…と付け足し、いつものクスクス笑い…しかし、それも一瞬のこと)
      随分、心配させてしまったようだね…。はやく、元気な姿を見せてあげないと…な(酒瓶を抱え、部屋に戻った)
      -- ヴェール 2010-06-19 (土) 00:14:15
    • …グリフォンの次はオーカゼリーに丸呑み…まったく、付いていないな
      しかし、オーカーゼリーが酒に酔うとはね…未完成品とはいえさすが霊酒。持ち歩いていて、正解だったな(クスクス一人笑い)
      -- ヴェール 2010-06-18 (金) 23:14:23
  • またか!ヴェールもどうやら運命と言う奴と戦う運命にあるようだな!(太陽を背に現れる)
    病中見舞いだ!沢山食べて体を早く治すのだな!(鳥の照り焼きや鯖の味噌煮などの缶詰が沢山入った袋を差し出す)酒のつまみだ!たんぱく質豊富だぞ! -- シャドウ? 2010-06-17 (木) 21:12:37
    • 運命に抗っているのか受け入れているのか…よく判らないね、その言い方だと(ベッドから身を起こしクスクスと笑う)
      ああ、これは嬉しいな…再出発前に、しっかり体力をつけておかないとね。…ありがとう、シャド
      -- ヴェール
  • (グリフォンに重傷を負わせられたというエルフの部屋の前、いつのまにか聖別された果実やパンなどが籠に入れて置かれていた。
    唯一収められた酒瓶……とはいっても非常に度数の低いそれには達筆な文字で「ご自愛ください」と。無事を知った友からの差し入れであるらしい)
    //機会を伺っていたら時間切れ……ッ! 置き土産だけして退散、名簿のリンク編集しておいてくれてありがとね! -- ヤードバーズ? 2010-06-17 (木) 01:59:00
    • これは…ヤードバーズかな?(籠を手に取り、中身を見れば相好を崩す)…いかにも、彼らしいね
      …調子が戻ったら、お礼に行かなくてはね(ふふっと笑い自室に戻ると、籠をテーブルに置きベッドに倒れこむ)
      先ずは、養生かな… zzz
      //電池切れ間近までイベントッポイしててすみませんでした。うむむ、付き合ってくれたリック以外にもご迷惑を…次はもう少しやり方を考えます -- ヴェール 2010-06-17 (木) 19:31:26
  • さて……簡単に死ぬとは思えないけれど。(金鉱捜索依頼の失敗を聞いて住処にやってくる) -- リック 2010-06-16 (水) 22:30:34
    • (「禁酒」「面会謝絶」と張り紙のされたドアの前…いかにもスラムの住人といった風情の、険のある目つきの男が居座る)
      エルフの大将なら寝込んじまってるよ。もう何日も、目を覚まさねえ
      …アンタは?(警戒心を顕に、何者だと誰何する
      -- 2010-06-16 (水) 22:57:40
      • (禁酒の張り紙に思わず吹き出しそうになる、飲まなくて大丈夫なのだろうか)
        あ、うんヴェールの友達で様子を見に……今はどんな感じなの? -- リック 2010-06-16 (水) 23:00:49
      • 三日ほど前だったかな…この辺じゃ見ないエルフが旦那を抱えてきて、俺に金貨を握らせて見張り番をしろ…って
        旦那の腕っ節は知ってるけどよ、さすがに寝たきりでスラムの宿は拙いだろうさ…旦那にゃ酒を分けてもらったり、危ないところを助けてもらったりしてたし、恩返しと思ってこうして見張ってるってわけよ
        けど、一向に起きる気配は無えな…どうなってんのかね?
        -- 2010-06-16 (水) 23:08:41
      • ふぅん……?(見ないエルフとは一体誰だろう、冒険者かそれとも別の友人か、首を捻る)
        なるほどね、ちょっと入ってみてもいいかな。中にはヴェールだけ? それともその運んできたエルフが? -- リック 2010-06-16 (水) 23:13:52
      • 中ぁ旦那だけだけどよ…兄ちゃん、本当に旦那の友達か?
        あんま、ウラがありそうにも見えねぇけどよぉ…(値踏みするような目でリックを見る)
        …本当に旦那の見舞いなら、「アレ」持って来てんじゃないか?…見してみな(何かを提げる仕草…この男からも、確かにする酒の匂い)
        -- 2010-06-16 (水) 23:24:34
      • あんまり上等なものでもないけれどね。(知り合いの錬金術士から買ってきた琥珀酒を取り出す)
        まぁ……この分じゃ無駄になっちゃいそうだけども。(張り紙を見て苦笑する) -- リック 2010-06-16 (水) 23:56:32
      • 旦那ぁ注がれる酒に文句言う人じゃねえよ。…俺らと同じだな(リックに目を向けたままキシシと笑う)
        …いいぜ。そいつを一杯、自分で飲みな(真鍮だろうか…いびつな形のぐい呑みを投げて寄越す)
        それで最後だ。ヘンなものが入ってなきゃ、兄ちゃんを信じる。…悪ぃが、こっちも義理があるんでな
        -- 2010-06-17 (木) 00:01:32
      • (飛んでくるぐい呑みを受け取り琥珀酒を注ぐ、名の通り琥珀色の液体がぐい呑みから溢れそうなほどだ)
        しかしヴェールはなにかやったんだろうか……。(ぐいっとそれを飲み干しニカッと笑って男の方を見る) -- リック 2010-06-17 (木) 00:04:40
      • どうだろうな…ココで身奇麗に生きていこうと思えば、それだけで敵は出来ちまうと思うけどよ
        (リックの笑顔を見れば初めて目を細めて笑い、貼り紙のされたドアをアゴで指す)…上等だ。入んな
        (ドアを開ければ簡素な客室…ベッドに横になる何者かの影は、陽炎のように揺らめいている)
        (見えるものには、幾多の精霊たちがその体を取り巻いているのが見えたかもしれない)
        -- 2010-06-17 (木) 00:10:50
      • そんなもんかな? ありがとう、ちょっと様子見てくるよ。(男に礼を言うとドアを開け踏み込む)
        ……ふむ?(まずはその雰囲気に気付いた。一種の魔力溜りのような感覚が部屋に入った途端感じられた)
        ヴェールはあれか。(その目にはぼんやりと精霊のようなものが見える、治療だろうか?) -- リック 2010-06-17 (木) 00:22:26
      • (揺らぐ景色の向こう、緑の髪の男がゆっくりと身を起こす)
        …リック、かい?
        と、いうことは…助かったのかな?(血痕も賑やかな服のポケットを探る)
        …? スキットル…落としてきたかな。リック、そのへんに酒はあるかい?(よくは見て取れないが、寝ぼけなまこといった様子だ)
        -- 2010-06-17 (木) 00:33:54
      • 無自覚? 夢遊病なのかな?(ヴェールの言葉を聞きそう呟く)
        差し入れに持ってきた酒があるよ、これでも飲んで早めに治しな。(近寄りヴェールの手に琥珀酒の瓶を握らせる) -- リック 2010-06-17 (木) 00:41:28
      • あり難いね…(ぐい、と酒瓶から喉へ…淡い飴色の酒を流し込む)
        (刹那、靄のようだった精霊の群れは花々が咲き競うように一斉に彩りを帯び、狭苦しい宿の客室を飛び回る…さながら、花吹雪のように)…ふは、生き返る
        この一杯のために生きている…ってやつだね(いつもの、クスクス笑い…見慣れた酔いどれエルフが、其処に居た)
        -- ヴェール 2010-06-17 (木) 00:48:53
      • おぉう……なんだこれは……。(その様子はリックの目にも見えたようで、その光景を目に焼き付ける)
        そっか、なら良かった。おかえりヴェール。 -- リック 2010-06-17 (木) 00:56:39
      • ただいま。…いや、酷い依頼だった(顔を顰めつつ、もうひと口ラッパであおる)
        …助けてくれたのはリックかい? どうやら、長く寝ていたようだね…僕は&br(思い出したように、酒瓶を掲げ…)お見舞い、有難う(にっこりと微笑む)
        -- ヴェール 2010-06-17 (木) 01:03:25
      • たしか金鉱捜索依頼だったっけ……実力ズレな依頼を送り込んでくるもんだなあ。
        いや、ここまで連れてきたのは俺じゃない。このへんじゃ見ないエルフだったらしい。
        この街にエルフ友達も多いみたいだしその中の誰かかな? -- リック 2010-06-17 (木) 01:10:43
      • エルフか…そうだね、傷が癒えたら知り合いを当たってみるかな(ふむ、と息をつく)
        冒険者として…杜氏として、また再出発だね(ベッドサイドの簡素なテーブルに酒瓶を置く…空の)
        もう少し、眠れと体が言っているかな? …起きたら村にも顔を出すよ(済まないね…、そう言って、再び横になるエルフ。すぐに、静かな寝息を立て始める)
        //こちらで長い前置きしておいて申し訳ないですが限界…お付き合いありがとうございましたー -- ヴェール 2010-06-17 (木) 01:22:14
      • あぁ、ゆっくり寝て体調戻して遊びにおいで。(寝るヴェールを布団の上からぽんぽんと叩いて出て行った)
        //こちらこそ返信のろのろで申し訳ありませんでした、おやすみなさいませ。 -- リック 2010-06-17 (木) 01:24:36
      • (リックの去った部屋、静かに降り積もる雪のように…部屋を舞っていた精霊たちが布団の上に舞い降り、積もってゆく…)
        (部屋を出るといつのまにか目つきの鋭い男の姿は消えていた//返信遅れはこちらこそ…おやすみなさいませー -- 2010-06-17 (木) 01:29:14
  • あなたはいつもはどこで呑んでいるのかしら? -- アフォルス? 2010-06-15 (火) 21:50:35
    • 酒場や広場…あと、やっぱり自分の部屋かな。飲み友達が訪ねてきてくれるからね(クスクス笑いつつ、早くも酒瓶と…スラムの宿には似合わない上品なグラスを並べる)
      …ようこそ、アフォルス。元気そうで何よりだ(キュ、とコルク栓を緩め、笑顔で迎える)
      -- ヴェール? 2010-06-15 (火) 21:56:26
      • 酒場…自分の部屋はわかるけど…広場?あぁ、そういや私には呑み友達ってのがあまりいないわねぇ…
        挨拶が遅れたけどこんにちわ、ヴェール あなたも元気そうでなによりよ いやはや準備が手早いわねエルフは(並べられた酒の用意を見て -- アフォルス? 2010-06-15 (火) 22:09:51
      • 通りの酒場や露店で酒を買って、ね。素焼きのカップに入れてくれるところもあるし…紙コップなんてものを使う露店もある
        …今みたいな真夏はさすがに厳しいけどね、青空の下で飲むのも悪くはないよ(グラスに注がれるのは晩秋の夜を切り取ってきたような…澄んだ深紫色のリキュール)
        …君たちドワーフを迎えるのに、酒が要らないはずは無いからね(ふふっと笑い、涼しげな宵闇のたゆたうグラスを差し出す)さ、呑もうか
        -- ヴェール? 2010-06-15 (火) 22:20:00
      • あぁ、そういえば露天も幾つか出てるわね ただ…ああいうところのやつはなんか質が悪い気がするのよ
        ふぅん…秋になれば行ってみようかしらね
        やぁねぇ 四六時中お酒飲んでばっかりってワケでもないのよ? ま、ありがたく頂くのだけど…(グラスを受けとれば乾杯、と一口) -- アフォルス? 2010-06-15 (火) 22:51:38
      • スラムならともかく、大通りに店を並べてる露店はそう悪い品は扱わないよ。この街には騎士団や断罪の剣といった組織もあることだしね&br:(サラリとした口当たり…甘味はさほど強くなく、ほどよい果実の酸味と全身に行き渡るベリーの香り)
        …日陰でしか実をつけないダーク・ベリーを漬け込んだリキュールだよ。お口に合えばいいんだけどね
        (味とも香りとも違う感覚…ドワーフにとっては懐かしく感じるかもしれない、闇の精霊の気配が確かにする。それは、そういう酒だった)
        -- ヴェール? 2010-06-15 (火) 23:07:30
      • あぁ、スラムで売ってるのなんて考慮にさえ値しないわよ 下手すりゃ泥水以下だわ
        断罪の剣?(グラスを傾けながら、聞き慣れない単語を耳にすれば眉を寄せ)
        ヴェールは果実系のが好きなのかしら?森の恵みって感じでさ
        そうそう、こないだの霊酒なのだけど 精霊力…がどうとか言ってたじゃない?あれは魔術の力で手が加えてある…ってことなの? -- アフォルス? 2010-06-15 (火) 23:21:46
      • 確かに、このあたりではまともな酒は手に入らないね(苦笑するスラム住まいのエルフ)
        …断罪の剣はこの街の治安維持組織だね。近しい上位精霊がメンバーなんで覚えたんだ。…何故、人間の街の治安維持をしているのかは知らないけどね(改めて疑問に思ったのか、はて…と首を捻る)
        ああ、僕らエルフの酒造りは…そもそも酒造りの精霊の力を借りた精霊魔法なんだ。ブレンドと熟成にかけては、ドワーフの酒造りより先んじていると思っているよ(自分もグラスを傾け、少しだけ得意げに語る)
        -- ヴェール? 2010-06-15 (火) 23:29:13
      • あなたも物好きよね 冒険者なんだからお金はあるでしょうになんだってスラムに?
        へぇ…騎士団よりは身近な存在…自警団みたいなものなのかしら
        上位精霊…ヒトを守るってよりもこの街の住民を守るって考えとかじゃないの
        私精霊とか魔法とかの才能からっきしなのよ エルフのものは根底から普通の酒とは違うのね
        (それまでは流すように聞いていたが先んじてると聞けば反応し)あら、なかなか言ってくれるわねぇ こっちのモノもそれ相応の歴史はあるのよ 今度また飲ませてあげるわ ドラゴンキラーはないけど、ね -- アフォルス? 2010-06-15 (火) 23:45:55
      • 呑むにも造るにも、結構かかるから…お金はいくらあっても足りなくてね(あはは、と笑う)
        土霊だしね…守護精霊なのかな?それか…高位の術者と契約しているのかもしれないと思っているよ
        …機械を用いた蒸留酒の製法こそエルフには真似のできないものだけど、他に僕らの舌を巻かせるような酒があるというのかい?(計画通り!の笑顔をぐっと堪え、わざと素っ気無く続ける)ああ、楽しみにしているよ(クスクス…)
        -- ヴェール? 2010-06-15 (火) 23:59:22
      • どうせ高級酒ばっか呑んでるんでしょう 高いのもは天文学的な値段のやつとかもあるもの…
        えぇ、今度とっときの酒を仕入れておくわよ 覚悟してなさいな(少し頭に血が上ったドワーフは載せられたことに全く気付かず)
        じゃ、今日はこれで 今日振舞われたのよりは間違いなく勝るのを出してやるんだから! -- アフォルス? 2010-06-16 (水) 00:09:31
      • さすがに手の出ないものも多いね…けど、このあたりで造られている酒はだいたい試したかな?(さらりと言ってのけるエルフ)
        勉強のために、そろそろ飲み歩きの旅にも出たいんだけど…まあ、そんなわけで幾らあっても足りないのさ(苦笑してみせる)
        ああ、グラスを…じゃなかった。首を洗って待っているよ(クスクス)それじゃ、気をつけて…
        またね、アフォルス
        -- ヴェール? 2010-06-16 (水) 00:19:28
  • エルフってやっぱり耳も良いの?(先日の列車旅行で知り合った犬耳の少年が訊ねてくる) -- スレット? 2010-06-14 (月) 22:45:49
    • 森の中だと自信はあるけど…街中だとどうだろうね?(ふむ、と思案顔に)
      精霊の助けを借りないならば、勘の鋭い人間には負けることもあるんじゃないかな?
      …もちろん、君たち獣人には及びようもないだろうけどね(クスリと微笑む)
      やあ、いらっしゃい。確か…リックの友達だったよね(簡素な宿の部屋、簡素な椅子を勧め…グラスを用意する)…イケる口かな?
      -- ヴェール? 2010-06-14 (月) 23:02:03
      • へえ…(耳をピンピンと立てながら) お酒?うーん…ちょっとなら あんまり強くはないけど
        そう言えば列車の時もずっと飲んでたね(グラスを受け取りぶらぶらと) -- スレット? 2010-06-14 (月) 23:04:27
      • なら、少しだけだね(手にした酒瓶から澄み切った蜂蜜酒を注ぎ、自分のグラスにも…)
        寝ているときと、酒を作っているときと…貴人に会うとき以外は呑んでいると思うよ。僕は(さらりと言ってのける)
        -- ヴェール? 2010-06-14 (月) 23:11:52
      • いただきますー(グラスの蜂蜜酒を軽く舐める) うん、おいしい
        へえ…そういえばなんだか目がトロンとしているような…もしかして旅行の時もずっと酔っぱらっていたの? -- スレット? 2010-06-14 (月) 23:21:47
      • さて、ね。人間の貴人も乗り合わせているということだったから、出発したときは素面だったようにも思うんだけど…(クスクス笑い)
        …そういえば、最近村の方はどうだい?(以来の行き返り立ち寄っては井戸水を分けてもらっている)
        -- ヴェール? 2010-06-14 (月) 23:35:06
      • うん、この間新しい住人も増えてね…って知ってたんだ。
        のんびりとではあるけど、段々形になってきてるみたいだよ。 村長はどのくらい大きくしたいのか分からないけど、そんなに悪くないペースじゃないんじゃないかな?
        (蜂蜜酒の味が気に入ったのか、ペロリと平らげてしまう) -- スレット? 2010-06-14 (月) 23:41:17
      • 時々お邪魔してるからね…遠目には、何度か会っているんじゃないかな(住人が増えたという話を聴けば目を細める)
        …イケる口だね。もう一杯、蜂蜜酒が気に入ったなら…コレなんてどうかな?(春の陽だまりから切り抜いてきたような、輝く山吹色の蜂蜜酒)
        …これからも、リックとシーマをよろしく頼むよ(空になったスレットのグラスにお日様色の酒をなみなみと注いだ)
        -- ヴェール? 2010-06-14 (月) 23:56:14
      • なんだか力仕事がしたいみたい。畑も大きくなるのかな?へぇ…奇麗な色だね。(遠慮無くグラスを差し出して山吹色の蜂蜜酒を受ける)
        ははは、頼むったってこっちがお世話になってるんだけどね!いただきます(並々と注がれた葡萄酒を零さないように受けると、ゆっくりと喉を潤していく)
        んー…美味しい お酒好きだけあって飲むお酒にもこだわってるのかな? -- スレット? 2010-06-15 (火) 00:01:30
      • 気に入ってもらえて、良かったよ(よい飲みっぷりに顔をほころばせ)
        こだわりも、あるにはあるけどね…今のは僕が造った酒なんだ(少し気恥ずかしげにそう言うと、キュと酒瓶に栓をする)
        シーマ村の井戸水はとても酒造りに向いているからね。村を護ってくれている君に、是非にと思って
        …新しい住人さんにも会ってみたいね。そのときは、矢倉にも顔を出せるようにするよ
        -- ヴェール? 2010-06-15 (火) 00:13:23
      • へぇ、自家製なんだ…(ちょっと尊敬の眼差し) うん、あそこの井戸水は美味しいね、故郷の湧き水には負けるけど…ヘヘヘ
        それなら遠慮はいらないかな?うん、みんなもきっと歓迎すると思うよ!(上機嫌で蜂蜜酒を口に含む) -- スレット? 2010-06-15 (火) 00:21:09
      • 君たちの味覚は確かだからね…一度、君の故郷の水も試してみたいな(釣られて、ふふっと笑みをこぼし)
        …ああ、近いうちに。必ずね(こちらも上機嫌、手品のように真新しい酒瓶を取り出す)
        (エルフと獣人のささやかな宴会は、さらに少しだけ続いたという)
        //すみません、中野オチますー -- ヴェール? 2010-06-15 (火) 00:29:41
      • あはは、ここからだとかなり遠いよ?今じゃ獣くらいしかいないから、相当苦労するんじゃないかな…(笑顔で杯を傾けながら酒宴は続く)
        (少年はついつい飲みすぎてしまい、そのあと酷い二日酔いに悩まされたという…)//はーいおやすみなさい -- スレット? 2010-06-15 (火) 00:33:33
  • こんばんはこんばんは!ソムリエナイフってゆーの?なにそれー!?
    それがあればコルクぬきがなくてもコルクぬけちゃうのー!? -- ノノ 2010-06-14 (月) 20:13:33
    • 言ってしまえばこれもコルク抜きだね…一見すると折りたたみナイフのようだけど、ナイフの部分は短くて…コルクを包む外装を剥がすためだけに付いているようなものかな
      …実際に折りたたまれているのはコルク抜き用のスクリューで、たいていの場合それを半端に覆うように引っ掛けのある金具もたたみ込まれている
      スクリューを深く挿したら金具を瓶に当てて、もう一方の端を持ち上げると「てこ」の原理でコルクが抜けるという代物だよ
      …たいていは栓抜きとしての機能も備えているから、一家に一本…お勧めしたいな
      (語り終えれば我に返り)…やあ、ようこそお嬢さん。どうやら同好の志のようだね…歓迎するよ(クスクス笑う)
      -- ヴェール? 2010-06-14 (月) 22:56:01
      • うんうんうん・・・ほーーー!十徳ナイフのワインバージョンのみってかんじなのかな?
        なるほどなるほどー・・・こーやって、こう・・・(教えられながら手首を返すしぐさをするわたし)
        えへへ〜♡ どうもどうも!わたしノノってゆいます!おしゃけ好き〜なのですよ〜♡ ワインも大好き! -- ノノ 2010-06-14 (月) 23:10:53
      • そうそう…上手いものだね(ノノの身振りに満足げな笑顔)
        僕はヴェール。ははっ、なら…飲み友達になれるね。宜しく、ノノ(言いつつ、既に手は一本の酒瓶とふたつのグラスを並べている)…飲んでいくかい?
        -- ヴェール? 2010-06-14 (月) 23:17:07
      • そして・・・こうやって・・・こう!(見よう見まねでソムリエナイフの使いかたを覚えました これでコルク抜きがなくてもワインが飲める!もう飲んでるけどネ!)
        ヴェールさん!えっへへ〜♡ よろしくおねがいしますっ♡ わおーいつの間にかおしゃけが〜♡
        いいんですか?やったっ♡ それじゃーせっかくだから、およばれしちゃうかしら♡ (唇に人差し指を当ててイロッポイポーズをとるわたし) -- ノノ 2010-06-14 (月) 23:21:29
      • 飲み友達が増えたとなれば…祝杯をあげないわけにはいかないからね(暗く深い朱色のワイン、グラスに満ちれば芳醇な香りを振りまくそれの一方を差し出す)
        …それじゃ、乾杯。(イロッポイポーズを見れば、本当に酒が好きなんだなとしみじみ思い…微笑ましいものを見た顔でグラスを掲げた)
        -- ヴェール? 2010-06-14 (月) 23:29:12
      • んん〜♡ いい香り・・・ぶどうがぱあぁーって花開いて咲き乱れるかのような〜♡ (グラスを回して香りを楽しむわたし)
        乾杯・・・♡ ちーん・・・くいっ(軽くグラスを合わせて一口含むわたし)
        ほぅっ・・・これは・・・渋みがそんなになくって酸味がちょっとある・・・若いワインですね〜♡ はぅ〜♡ おいひっ♡ -- ノノ 2010-06-14 (月) 23:35:31
      • 喜んでもらえたなら、何よりだね(こちらも笑顔で、グラスを傾ける)…ところで
        …ノノ、といえば…捜索系冒険者の現役トップの名前だけど。ひょっとして、貴女がそうなのかな?(慎重に、言葉を選ぶように問いかける)
        -- ヴェール? 2010-06-14 (月) 23:46:39
      • ノノあんまり古くって高いワイン飲んだことなくて〜♡ こーゆー若くていいワインだとすぐわかっちゃう♡ (小指を立ててグラスを傾けるわたし)
        現役トップ!?そーだっけ・・・やーでもでも、しがないただのキノ鉱の弱っちい冒険者ですよ〜♡
        スティラクフューチル家のノノエスリファノン・フォーアジェノンクスとゆいます!ながーーーいのでノノってよんでねっ♡ -- ノノ 2010-06-14 (月) 23:56:58
      • ああ、矢張り…(ながーーーい名乗りを長い耳で聞けば深々と頷き)
        僕はエルフの中でも薬酒などを造る氏族の出なのだけどね…このあたりの薬草に親しむために捜索系の道を歩み始めたばかりなんだ。人づてに紹介され、ニナ博士に指導を賜ったけどね…ノノ、貴女もまた偉大な先達に他ならないな
        こうして酒を酌み交わせる縁に感謝だね(トン、とグラスを机に置き…軽く目礼)
        -- ヴェール? 2010-06-15 (火) 00:07:30
      • おおー!捜索系とはほんとにノノの後輩さん・・・ニナ先生のー!先生すっごいいー人だよね〜♡
        せんせーすっごいやさしくって♡ いろんな魔術にたけてて現役もすっっごい長かったし!目標だよね〜♡ (ぽやーんとしながら先生を称えるわたし)
        ノノはそんな、危険なの避けて捜索ばっかやってるよーな感じだし・・・すごくないよ!ほんとほんと!(両手をぶんぶん振って違うよアピールするわたし)
        やーやーやー、ヴェールくんがおしゃけに詳しかったのがきっかけですので〜♡ こちらこそ出会いに感謝っ♡ (ぴょこんと礼するわたし)
        それではノノはこのへんで♡ ワインありがとっ♡ またいっしょにのもーねっ♡ (グラスを返して去ってゆきました) -- ノノ 2010-06-15 (火) 00:15:09
      • ああ、また…ね。気をつけて(スラムのはずれに住んでいるエルフ)
        思いがけず、良い縁に恵まれたな…(ノノを見送り、静かに呑みなおす)
        もちろん、飲み友達としても…ね。得難い存在だ(楽しそうにワインを飲む姿を思い出し…ふふっ、と微笑んだ)
        -- ヴェール? 2010-06-15 (火) 00:25:18
  • そういえば…ヴェール、貴様もあの列車に乗り込んでいなかったか?
    (酒のつまみになりそうな落花生やら塩辛やらが入った詰め合わせを手に) -- シャドウ? 2010-06-13 (日) 20:35:39
    • やあ、シャド。…?もちろん、乗っていたとも。誘いに行ったじゃないか
      まあ、遠出は暫く懲り懲りだね(苦笑しつつ、スッとおつまみ詰め合わせに目が行けば無意識に手が傍らの酒瓶を掴んでいる)
      -- ヴェール? 2010-06-13 (日) 20:44:16
      • やはりか…別便の列車だったら良かったと思ったが同じ時間帯に乗り込んでしまっていたようだな
        随分とな出来事だったな、フッ俺は大活躍だったがな!(ぽろぽろと鉛弾がローブから落ちつつおつまみ詰め合わせを手渡す)あの後一人で別の場所に気分転換の旅行に行ってな、土産だ -- シャドウ? 2010-06-13 (日) 20:47:20
      • 奇遇だね…僕もあの後、事故現場からほど近い温泉宿に行ったんだ
        ? …ね(むやみに力強く)
        おみやげは、うっかり忘れてしまったな(クスクスと笑って誤魔化す)
        -- ヴェール? 2010-06-13 (日) 20:56:42
      • そうか…あの事故では怪我もしていただろうしな、温泉は実に体にいい、丁度いい湯治になっただろう
        まあなんだ、友人と共に入ったと納得するがいい!そうでなければ泣いても構わん! -- シャドウ? 2010-06-13 (日) 21:11:17
      • いや、泣くような事ではないけどね…世話になった宿のどぶろくが美味しかったし
        実際、怪我にもよく効いたね(まだ包帯に包まれた両手をわきわきと動かし)火傷となるともう少し、治るのが遅いものだけど
        -- ヴェール? 2010-06-13 (日) 21:20:44
      • そうか…それならば良し!色々あったが最後はそうしてやんわりと休めたのならばな!
        成程随分と良くなったという訳か、火傷は最初の頃は引きつって動かしづらいからな…だが油断は禁物だ、突然膿んだりと厄介だからな!俺は昔それでお尻が酷い事になった!何故焼けどしたかは聞くな!
        うむ思っていたよりも元気そうで良かった、無事も確認出来たしこれで行くとしよう…ではさらばだ!(窓から空へと飛び立っていった) -- シャドウ? 2010-06-13 (日) 21:27:10
      • お尻をか…清潔を保ち辛い場所を火傷すると大変だよね(訳知り顔に頷く)
        ああ、ご心配有難う。…次は、お土産買ってくるよ(窓から裏手の雑木林に消える後姿に軽くグラスを掲げ)…おやすみ、シャド
        -- ヴェール? 2010-06-13 (日) 21:33:39
  • 出立なさっていたようですなヴェール殿、旅はいかがでしたか。なにやらずいぶん大事になったとかならないとか、と聞きましたが。
    ともあれご無事で何より、なにせいずれ「酒の楽しみ方」を教えていただきたいものでして、な。……おっと、こういう時には手土産をやはり用意しておくべきだったのでしょうか?
    申し訳ありません、このような不勉強で。 -- ヤードバーズ? 2010-06-13 (日) 11:08:04
    • そうだね…暫く遠出は懲り懲りかな?(包帯を巻いた手で不便そうに酒を…暗く深い朱色のワインをグラスに注ぎ、勧める)
      けど、そうだね…旅先で呑むのも楽しかったよ(クスクス笑う)
      …ああ、僕を訪ねるのに気を使う必要は無いよ。僕が手持ちの酒を飲み尽くしていないか心配になるのか…酒を差し入れてもらうことは多いけれどね(いつもの、軽口)
      -- ヴェール? 2010-06-13 (日) 12:48:50
      • それでも中々手痛い経験をなされたようで、危ないところだったようですな(感謝を述べつつ勧められた葡萄酒を受け取り一口。赤い瞳が強く輝いた)甘露、甘露。
        それは人徳でしょう。私が今ここに参ったように、貴方から薫る匂い……ああ、無論酒臭ではなく、魅力のようなものがそうさせるのです、おそらくは(対するはいつもの大仰さ)
        友ならばこそ気の一つも回してみたいものですが、いやはやなんとも。私に出来るのはこのくらいです(酒瓶を受け取り、返礼するようにヴェールの盃に注いだ) -- ヤードバーズ? 2010-06-13 (日) 12:58:28
      • 無事に済んだから、こうして君と酒が飲めるけど…間一髪、だったね(目を閉じ、しみじみと思い返す)
        普段は顔を合わさない人たちにも、随分と助けられたよ…また、お礼に伺わないとね(静かにグラスを傾ける)
        おっと、これは…(空いた杯に酌をうけ)ありがたいな。…いや、これこそ僕の望むものだよ(変わらぬ大仰な物言い…根が軽いこのエルフには当初苦手意識もあったのだが、今は判る…それはもって生まれた性質であり、また揺ぎ無きことこそ眼前の武人の魅力なのだと)…改めて、乾杯
        -- ヴェール? 2010-06-13 (日) 13:15:26
      • ペイロアに曰く、「慈悲の重みを知りて善とする」とのこと。与えるだけではなく、他者から享けたものを本当の意味で知るのもまた善きことなのです。
        (ヤードバーズにとって相対した人物は魅力的で、憧れてもいた。自らの立つ場所とその理由を自分で知っているからだ)神と精霊、そしてヴェール殿に感謝を(応じてグラスを鳴らし、冒険に赴くまでの間ゆるゆると呑み続けたとか) -- ヤードバーズ? 2010-06-13 (日) 13:31:59
  • よーっす。元気ー?(スラムにずかずかやってくる)言うの遅くなったけど、こないだは酒とかサンキューな。まぁそれはそれとして、今度どっかいかねー? -- タイト 2010-06-12 (土) 18:42:45
    • やあ。元気そうだね(手にしていたグラスを置いて)
      旅か…確かに行楽シーズンかな?このあたりの地酒は呑みつくしたし、美味い酒のある土地がいいね(クスクス笑う)
      -- ヴェール? 2010-06-12 (土) 18:51:08
      • お、話せるじゃん、さっすが(何が流石かはともかく) まあまだどこ回るかは決まってねーけど、なんか列車に乗ってまわるっぽいわ
        で、今他にも何人か声かけてんだけど、あんたも知り合いに暇そうなのいたら誘ってみてくんね? -- タイト 2010-06-12 (土) 18:55:50
      • 列車か…面白そうだ。是非、参加させてもらうよ
        知り合いか…ああ、判った。とはいえ、このあと出かける予定があってね…あまり期待はしないでくれ(申し訳無さそうに微苦笑)
        -- ヴェール? 2010-06-12 (土) 19:02:58
      • よっしゃ。現地集合なー。まあ見つかんなくても列車に乗ればどっかで会えるだろ
        いいよ。頼んでるのこっちだかんな。ま、いいや。んじゃなー(そういうと去っていく少年) -- タイト 2010-06-12 (土) 19:05:46
  • (ドアをべん!と勢いよく開け)こんなボロい宿にいるとは思わなかったわ、ヴェール。随分と探すのに手間を…て、うわ、お酒臭っ!
    もぅ春なんだし窓くらいちゃんと開けときなさい?で、この間は村に来てくれてどうも。
    それにいい剣士を紹介してくれたようで感謝してるわ。 -- シーマ? 2010-06-11 (金) 20:48:13
    • 窓を開けなくとも換気できるのがこの宿の一番の美点だよ…(すきま風の吹くような安普請…窓から入る光に目を細め、グラス片手にクスクスと笑う)
      …ようこそ、シーマ。リックは働き者だろう?…そのぶん、良く食べるけどね
      -- ヴェール? 2010-06-11 (金) 23:04:57
      • …冬は室内で軽く凍死できそうね、これ。て、昼間から飲んでるし、いいご身分だわね。
        本当、彼の爪の垢でも醸造して飲んだらいいんじゃないかしら?…とか言いつつ、はい、これ。
        (ドン、と目の前のテーブルに酒瓶を置く)わたしの故郷から取り寄せたエルフィンワインよ。
        お礼に差し上げるからじっくり味わってね。 -- シーマ? 2010-06-11 (金) 23:26:14
      • これは…「妖精の涙」?(瓶を手に取る…普段死んだ魚のように淀んでいる目が活き活きと)
        違う里で造られた酒はとても興味深いものだね。王無き後のフェアリー…これは失意の涙か、はたまた新王即位に沸く歓喜の涙か(コトン、と簡素なテーブルに瓶を戻し)
        ありがとう。おろそかには、呑まないよ(にっこり、笑顔で頭を下げた)
        -- ヴェール? 2010-06-11 (金) 23:35:09
      • 霊酒に及ばないのはもちろん、魔法の品ではなくて恐縮だけど味の方は最高級のものよ…
        と、酒造りの氏族の方に言うのは釈迦に説法よね。ふふ、喜んでいただけて嬉しいわ。
        それじゃわたしは、お酒との対話を邪魔しないよう、早々に引き上げさせてもらうわね。
        また何かあれば遊びに来るわ。…それじゃ、元気で。精霊の加護があなたの肝臓にあらんことを。}; -- シーマ? 2010-06-11 (金) 23:43:22
      • 美味しい酒というのはそれだけで魔法の品だよ…冗談ではなくね(ふふっ、と笑う)
        誰かと呑むのも良いものだけど…そうかい?それじゃ、お言葉に甘えて…お土産をゆっくり味わわせて貰おうかな(//霊圧に配慮、申し訳ない…)
        呑みながら、村の発展を祈っているよ。…気をつけて(スラムでは相当目立つであろう、歳若い同族をそっと見送った)
        -- ヴェール? 2010-06-11 (金) 23:55:44

Last-modified: 2010-08-13 Fri 00:36:20 JST (4560d)