名簿/309125

  • さてと・・・ここに来るのは何年ぶりだろうな・・・街も移転する最後のお盆だからやってきたぞ
    あの当時は俺も無茶をやったもんだが…信じられるか?今じゃ4人のかみさんと7人の子持ちの父親だぞ?
    まぁ眞子なら蔑む目で信じるかもだが…出来れば眞子の子も見たかったもんだなー…そんじゃ、最後に日本酒でも飲んでくれ(墓に日本酒をそえて) -- リュッケ 2010-05-22 (土) 21:15:14
  • (かつての家の前に花を添えていった) -- ハイネ 2009-06-20 (土) 07:36:23
  • ・・・もう落ちたか・・・もろい玩具だ・・・・・・せっかくお前も「こっちの道」を行けると思ったんだが・・・まぁいい(鞄から紙の束を取り出す。また養成所からの資料か)
    ・・・お前の国・・・独立運動が始まったらしいな・・・よかったじゃないか・・・これでまた戦争が始まるんだからな・・・
    殺して殺され・・・そう・・・お前がいなくてもこの輪廻が終わるわけじゃない・・・人の世が在る限り永遠に・・・楽しいな・・・実に楽しい・・・
    もし戦争が始まって・・・そのときまだ私が生きてたら・・・また傭兵として参加してやるよ・・・あぁ・・・楽しみだ・・・
    (紙の束を空に放り投げる。大きめの紙吹雪の中、仔犬は尾を揺らしながら去っていった) -- ネグ 2009-06-19 (金) 18:59:30
  • とうほうのおんなのこ・・・死んじゃだめだよ・・・死んじゃ、だめだよ・・・ -- キッス 2009-06-19 (金) 01:05:15
  • …はー…自殺はもうしないと思ってたんだがな…(自殺した眞子の姿を見た後、家の玄関で一人座り込み)
    …俺との決着や、ネグとの決着をしないまま死ぬなんて眞子らしくない…首一つになっても果たすのがお前だったろうに
    でも…いずれ俺も後を追うだろうから…地獄で決着をつけような、眞子(そう言うと立ち上がり)
    (形見として生前宣言していた通り、軍服だけを頂いて、もう一度振り返った後寂しそうに帰って) -- リュッケ 2009-06-18 (木) 21:28:49
  • -- 2009-06-18 (木) 20:19:47
  • -- 2009-06-18 (木) 20:19:42
  • -- 2009-06-18 (木) 20:19:38
  • -- 2009-06-18 (木) 20:19:35
  • -- 2009-06-18 (木) 20:19:30
  • マコは今日も鍛錬頑張ってるなー、えらいぞー…どうどう、落ち着け。今日は朗報を持ってきてやったんだ
    なんとな…俺はあと一回刺されただけで本当に死ぬようになったぞ!つまりまた命が一回減った訳だ
    まあ冒険以外で減るのはどうかとも思ったがなー…(肩を竦めながら、正直に打ち明けて) -- リュッケ 2009-06-15 (月) 18:45:32
    • ……(刀の柄にかけていた手を離して)
      ふん……そうか。(無表情で言う)
      ……ならば、最後の決闘まで余生を楽しむことだな。貴様の命は俺が取る……必ずだ。 -- 眞子 2009-06-15 (月) 19:43:20
      • マコたんったらつれないなー…未来の旦那さんが不幸な目にあってるって言うのに(ため息をついて)
        最後の決闘かー…まあ最後と言うのは残念だが、その日までのんびり色々と楽しむか(笑いながら答えて)
        あ、ちなみに今日とかどうだ。子作り、やっぱり子孫は残さないとな -- リュッケ 2009-06-15 (月) 19:47:12
      • ……(ぷるぷると身を震わせ、修羅のごとき瞳でリュッケを睨みつけた)
        戯れるな。今此処で最後の命を終えたいか。(刀の柄に手をかけて) -- 眞子 2009-06-15 (月) 19:56:19
      • ハッハッハ、やっぱりマコは可愛いな。そういう所俺は好きだぞ(慣れたもので、笑いながら睨む目を受け止め)
        まあ今後どうなるかは分からんから…やるときはちゃんと知らせてくれよー、んじゃまたな -- リュッケ 2009-06-15 (月) 20:05:10
      • ふんっ……! そういうことを言っているのも今のうちだ。
        貴様は我が日本刀の露と消えるのだからな…… -- 眞子 2009-06-15 (月) 20:08:10
  • よー、マコー。最近めっきり来ないんで寂しいんだが元気にしてるかー…ってうぉぅ(筋力アップなマコを見て)
    マッチョではないが…細身なマコとは思えぬ筋肉量だな…一体どうしたんだ? -- リュッケ 2009-06-07 (日) 20:36:18
    • ふんっ、勝手に寂しがっていろ。敵の家に行くほど俺は迂闊でも愚かでもない。
      貴様に教える義理など無い……だが、だがやっとこれで……お前を殺せる。今の我が力は貴様以上……貴様の腕など一ひねりだ -- 眞子 2009-06-07 (日) 22:29:11
      • 今までは何だったんだ…まあ学習したって事は非常に残念だが(ため息をついて)
        いや、落ち着けマコたん。そんな本来の自分の力ではなさそうな力に頼って勝っていいのか!?
        (ヤバそうな雰囲気にとりあえず理詰めで) -- リュッケ 2009-06-07 (日) 22:35:23
      • っ……! ふん……確かにこれは我が真の力ではない。だが、これは高天原の神々が、我に与えた一つの力……奇跡とも言えるものなり。
        祖国の解放という大義のために、我が汚名を晴らすために、貴様を冥府へと送らねばならぬのだ……(凄まじい気迫と共に) -- 眞子 2009-06-07 (日) 22:42:09
      • 本当にかー?…付近に聞きまわって何か薬が撒かれていても神々のした事なのか?
        まあ問答無用で襲いかかるなら相手になるが…その場合は手段を選ばず撃退するぞ?
        (剣も携えてないが、何やら自信があるようで) -- リュッケ 2009-06-07 (日) 22:48:37
      • それは偶然であり運命であつたのだ……
        貴様のように、決闘を穢し、大和魂を理解せぬ輩に、武士として接するつもりは無い……!
        ふん……舐められたものだな。剣も構えず、そのような台詞を吐くとはな……!(日本刀を抜くと、素早い動きで宙に跳び、リュッケへと日本刀を振り下ろす) -- 眞子 2009-06-07 (日) 22:58:11
      • ハッハッハ、甘いなーマコは…それこそ、こっちの主戦場だぞ?(ニヤリと笑いながら)
        まあ…決闘でないのなら、遠慮なく(切り掛かる数歩前に、目を瞑ると猫だましと同じように手を叩き)
        (同時に指にはめた雷の魔導器を発動させ、強烈なフラッシュを発生させながら体を反らして) -- リュッケ 2009-06-07 (日) 23:08:40
      • 何……!? 魔術だと……!? く、ぅぅっ!(強烈なフラッシュに目が眩み、リュッケを斬らずに空を斬る) -- 眞子 2009-06-07 (日) 23:15:31
      • さてな、科学でも同じ事は出来るぞ…これもな(すれ違い様に、指輪をつけた左手をマコの肩に当て)
        (触れたところで、スタンガンのような電撃を直接マコに浴びせようとして)
        (ただし、まだまだ弱いリュッケの魔力なのだが) -- リュッケ 2009-06-07 (日) 23:21:16
      • ひ、ぐ、ぅぅぁぁっ……!(与えられた電撃に背を反らせ、叫びをあげるが、筋力が増加したこととの因果関係は不明であるものの、電撃を喰らいつつも、リュッケに一撃を喰らわせようと拳が迫る) -- 眞子 2009-06-07 (日) 23:28:11
      • チィッ、やっぱり俺の電気じゃまだまだかっ!(動きが鈍った程度のマコを見て舌打ちしながら)
        ぐぅっ…いったー…ガードの上でもこれか(右手でガードしたものの、右手は衝撃に痺れ後ろに数歩下がって) -- リュッケ 2009-06-07 (日) 23:34:57
      • ……これならば、いける……! まだだっ……! やぁぁぁっ!(リュッケに渾身の一撃を喰らわせようとしたとき、突如筋肉が収縮し始め――元の筋力へと戻った) -- 眞子 2009-06-07 (日) 23:43:38
      • くっ…ヤバッ、今日は負けるかもしれん…(焦りの表情を浮かべながら、左手でガードしようとして)
        …うん?(覚悟を決めて受け止めたが、先ほどとは全然威力の違う攻撃に驚き)
        …あ、戻ってるな…(元の姿に戻ったマコを見てポツリと) -- リュッケ 2009-06-07 (日) 23:49:04
      • ……!? 馬鹿、なっ……くっ……これも、慢心の結果、か……!? -- 眞子 2009-06-07 (日) 23:53:37
      • ハッハッハ、これは神々の名前を勝手に使った天罰かもな!それはまあ置いておいて…
        ちょっとがダメなら…(力が弱まった眞子をあがいじめるように抱きしめると、電撃を浴びせ続けて)
        (//気を失えば明日リュッケ宅でエロール展開、それがダメならどうするかは任せた) -- リュッケ 2009-06-08 (月) 00:00:12
      • ひ、ぎぁぁっ! ひ、ぁ、ぁぁあぁあぁ!?(電撃をまともに喰らい、暫く何度も体を痙攣させた後、がっくりを気を失った) -- 眞子 2009-06-08 (月) 00:14:47
      • あ゛あ゛あ゛…自分も電撃浴びるよな、そりゃ…でも、マコの方が先に気絶、したか
        (抱きしめる=自分も食らうと言う間抜けなことをしながら、目標は達成する事が出来て)
        そんじゃ、お持ち帰りするか…休憩してから(とりあえず両手を縛りつつ座り込んで)
        (そして、おんぶするように眞子を自宅に連れていくリュッケの姿があったとか//んじゃ、明日いける時間に来てくれー) -- リュッケ 2009-06-08 (月) 00:23:02
      • //了解siました -- 2009-06-08 (月) 00:25:49
  • 筋肉ムッキムキになる薬が振り撒かれた -- 2009-06-06 (土) 15:29:00
    • !? ごほっ、ごほっ……また何か……うおぉぉお!? ふ、腹筋が割れた……!?(筋肉がついた!) -- 眞子 2009-06-06 (土) 18:35:07
  • (そういえばネグの騒動以来ロクに顔あわせてないな…まあ居酒屋ではあったが、と思いながら)
    さってと、ネグの事で俺の事がどうなってるか(堂々と玄関から入って) -- リュッケ 2009-06-03 (水) 18:38:35
    • ……(精神を集中し、紙に筆で何かを書いているらしい。表題には遺書と書かれている。)
      ……何の用だ。俺はもう貴様に構っている場合ではない。去れ(自分の恨みより親の仇らしく、リュッケは眼中に無いかの様にに言う) -- 眞子 2009-06-03 (水) 19:53:33
      • …てぇい!(紙を破くのはなんだから、とりあえず筆を没収しながら)
        あの時以来そういうのなくなったと思ったらまたこんなの書いて!おかあちゃん悲しいよ!
        まあマコは俺に用はなくても、俺は用があってな(腕を伸ばして筆を取れないようにして) -- リュッケ 2009-06-03 (水) 19:59:52
      • 馬鹿が。自決をするというわけではない。これは覚悟だ……西洋人の貴様にはわからんだろうが、我が国には我が国の文化がある。貴様にそれを否定される言われはない。
        何かのために覚悟して、命を懸けることは悪ではない。死を覚悟してこそ、真の強さを得るのだ。
        武士は起つべきときに起ち、死ぬべきときに死ぬ。俺はそのときが来るまで死なん。……返せ、お前にこの我が覚悟が否定できるのか。(冷ややかな目で見つめて)
        ……ならばさっさと用を済ませて失せろ。俺の体に一指でも触れるなら無事で済むとは思うな。 -- 眞子 2009-06-03 (水) 20:05:36
      • ふむ…なるほどな、そういう事ならいいか…(ある程度は納得したので筆は返して)
        でも、相手を道連れにして死ぬような事はするなよ?…復讐の相手はまだ俺もいるんだからな
        ハッハッハ、流石に今日ナニをする気はないさ…でも(返すついでに不意打ち気味に頬にキスして)
        おぉっと!まあこれくらいは貰ってもいいだろ(攻撃を紙一重で避けながら下がり) -- リュッケ 2009-06-03 (水) 20:10:35
      • 我が恨みなどは、俺が背負うだけのこと。俺に汚名を残すだけのこと。
        だが、父と母の仇……それだけは、何をしても、絶対に、絶対に無念を晴らさなければ。それに対しては死も辞さぬ。
        貴様には理解できぬかもしれんが、家族の無念を晴らすことが出来てこそ、この命に意味はある。俺の死は俺のものだ。貴様に決められることではない。
        くっ……! 貴様、そろそろいい加減にしておけ……そうまでして俺を嘲笑いたいか。(頬にキスをされ、嫌悪の表情をし、リュッケの頬を叩こうとするが避けられて) -- 眞子 2009-06-03 (水) 20:18:51
      • マコの両親がそれを望むのか…って説得は月並みだし、俺はしようとは思わんが
        まあ俺の決める事でもないのは確かだが…無茶はするなよー、マコはすぐ無茶するからな
        いや、嘲り笑う気なんてないぞ。マコの事を気に入ってるからしたまでだしな(笑顔で言いながら、背中を向けて)
        んじゃ、またくるからそれまで元気でいろよー -- リュッケ 2009-06-03 (水) 20:29:28
      • 貴様に、我が父も母も兄も見たことの無い者に何か分かると思うか。思うならそれは貴様の思い上がりだ。
        ふん……俺は貴様を許さん。貴様に好かれようが、俺は貴様が嫌いだ。貴様は必ず殺す……(リュッケのほうも見ずに言った) -- 眞子 2009-06-03 (水) 20:33:11
  • ああ、御身らの武勲こそ、一億民のまごころを
    一つに結ぶ大和魂……(縁側で一人歌謡を歌っている)
    ……何としても、父と母の仇を。しかし、あの者に、犬は攻撃しても治癒する。あのような化け物にどう対応するか…… -- 眞子 2009-06-01 (月) 22:51:46
    • (似たような再生体質の人を色々当たってみるのはどうか、といういずこからかの声) -- 2009-06-02 (火) 00:40:36
      • ……!? 何だ、天の声か……? 素晴らしい、なるほどそれはそうだ。
        しかし、如何にしてあ奴と同じような体質の者を探すか…… -- 眞子 2009-06-02 (火) 00:51:31
      • (不死なら身近なのが居るじゃないか!そしてそこから他の心当たりも色々聞いてみるのもアリじゃないか!といういずこからの声) -- 2009-06-02 (火) 02:14:58
      • 不死……そうだ、いるではないか。聞いてみるとするか…… -- 眞子 2009-06-02 (火) 20:16:08
  • この辺は東洋系の顔が多い -- 2009-06-01 (月) 01:29:34
    • む、何だ貴様は……(軍服姿の少女がそこにいた)
      貴様……東洋人、か……?(怪訝そうに凛の顔を見つめて) -- 眞子 2009-06-01 (月) 19:49:59
  • (こそこそ……) -- マルナ 2009-05-31 (日) 18:53:20
    • ……何者だぁっ!(軍服を着た少女が日本刀を携えて飛び出してくる) -- 眞子 2009-05-31 (日) 18:54:24
      • わぁ!びっくりした……、ナ、ナニモシテナイデスヨ。(わたわたと戸惑いながら) -- マルナ 2009-05-31 (日) 18:56:10
      • ……ふんっ、西洋人か。我が家に何用だ。こそこそしおって……盗人でもあろうものなら此処で斬るぞ! -- 眞子 2009-05-31 (日) 18:59:26
      • や、やだなぁ。こんな堂々と物を盗んでいく人なんて普通居ないって!(目を逸らしながら) -- マルナ 2009-05-31 (日) 19:02:48
      • ……俺は西洋人が嫌いだ。ましてや盗人ならば、尚更だ。(日本刀を構え、マルナを睨んで) -- 眞子 2009-05-31 (日) 19:07:04
      • (やばいところに忍び込んじゃったかも……と思いながら)
        わわわっ!ちょっと危ない危ない!もっと友好的にしようよ!(両手を上げながら) -- マルナ 2009-05-31 (日) 19:11:54
      • 友好……? はんっ、笑わせてくれるな!!
        我が家族は、祖国は西洋により殺されたのだぞ……友好など……できるかっ!(首に日本刀を突きつけながら) -- 眞子 2009-05-31 (日) 19:14:06
      • わーっ!わーっ!せ、戦略的撤退ー!(するりするりと抜け出すと部屋を飛び出しあっという間にどこかへ走り去ってしまった) -- マルナ 2009-05-31 (日) 19:23:10
      • 賊めが……まぁ、いい。どうせ盗られる様なものはないのだからな -- 眞子 2009-05-31 (日) 19:26:31
  • …ネグが何かする気だったみたいだが…どうなったのやら、今日は様子だけ見てみるか…
    (ネグがやりすぎてないか心配になったようで) -- リュッケ 2009-05-30 (土) 17:15:06
    • ……(日本刀を握り締め、家族の墓前で直立不動。かなりの時間そうしていたようだ。)
      遂に、母様の仇が目の前に現れました。あ奴だけは、あ奴だけは絶対に、許さない……絶対に、殺す……(今までと比べ物にならないほどの鬼気と憎悪、怒りの念が感じ取れるだろう。泣いているようにも見える。唇をかみ締め、狂気に走らぬよう、正常な精神を保とうと努力している) -- 眞子 2009-05-30 (土) 19:08:34
      • 母親の仇?ネグが?…よく分からんが…よっぽどの事をしたみたいだな(鬼気迫る有様に苦笑しながら)
        今はそっとしとくか…ネグにも聞きたい話が出来たしな(気づかれぬようその場を後にして) -- リュッケ 2009-05-30 (土) 19:18:44
  • ・・・よー・・・メスガキ・・・相変らず牡の臭いが酷いな?(いつからそこにいたのだろう。仔犬がのんびりと腰掛けていた)・・・そんなナリで復讐か・・・笑わせる・・・
    ・・・・・・たっぷり後悔はしたか?・・・あの世の家族に渡す土産は買ったか?・・・・・・貴様の悪夢が・・・遊びに着たぞ・・・
    (まるで人形のように可憐に、優しく、生気の無い微笑み) -- ネグ 2009-05-29 (金) 20:03:07
    • ……!? 貴様……貴様はぁっ!(ネグを見るなり憎悪と怒りの形相に)
      貴様がっ、貴様が我が友を……! おの、れえっ……!
      牡の臭い……!? な、くっ……き、貴様には関係のないことだ! 俺はどんなことをされようが日本人として、挫けなどせん!(顔を真っ赤にし、牡の臭いを嗅ぎつけられたことに心を苛まれる)
      ……後悔? あの世? はんっ……戯れるな、犬が。貴様は俺の悪夢でもなんでもない。お前は俺が乗り越えるべき障害の一つでしかない。
      我が大和魂を舐めるな!(力強く叫んだ) -- 眞子 2009-05-29 (金) 20:11:23
      • ・・・された?・・・「した」んだろ?・・・貴様自身の盛りのついた雌の臭いがぷんぷんしてるぞ・・・実にクセェ・・・メスガキの臭いだ・・・(形相が変わった眞子を見て嬉しそうに尻尾が揺れる)
        ・・・ったく・・・気の利いた台詞を言ってやったのに・・・(そう言って鞄から一纏めにされた紙束を取り出す)
        ・・・・・・ほら・・・あの大戦の時の・・・資料だよ・・・元居た養成所に問い合わせたら複製してくれてな・・・って・・・この文字は読めんか・・・
        (そう言って自分で資料をめくり始める)・・・えーっと・・・「国交正常化を望まぬ、蛮国敷島への制裁」・・・だ、そうだが・・・?
        ・・・ま・・・ただの障害の言うことは・・・どうでもいいよな?・・・・・・蛮国のゴミ・・・(眞子に対して挑発を繰り返している) -- ネグ 2009-05-29 (金) 20:27:27
      • ……っ違う!! 俺は、俺はっ……あ奴に、辱められて……!
        何、資料……。な、ぁっ……(資料に書かれたことを見ると、今までにないほどの怒りの形相になり、暫く声も出せないほどになっていた)
        ……我々は、我々は戦争を起こさぬよう努力をしたというのに、無理難題を押し付け、開戦へと持ち込み……さらに、蛮国だと……!?
        西洋は……貴様らの国は……おのれ! おのれ! おのれえええぇぇぇっ! 東洋を蹂躙し、我が家族を、戦友を虐殺し、日本国を、我が民族を、嘲笑い、罵った……許さん。
        あぁあぁぁあっ! 貴様は! 貴様ら、この国だけは絶対に許すものか! 我が祖国を踏みにじる貴様ら蛮族めぇえぇあぁぁぁあっ! 我が祖国は! 誇り高き! 皇国なりぃぃぃぃ!
        (恐らく今までで一番の怒りと憎しみを爆発させ、日本刀を抜くと、泣き叫びながら、凄まじい速さでネグへと接近し、切りかかろうとする) -- 眞子 2009-05-29 (金) 20:36:01
      • //ご飯食べてきます -- 眞子 2009-05-29 (金) 20:38:07
      • //はーい、いってらっしゃーい -- ネグ 2009-05-29 (金) 20:40:02
      • (焚き付けに成功したのを喜んでいるんだろう、また尻尾を揺らし、そのまま眞子を迎え撃つ)・・・ま・・・後ちょっとか・・・(だがまだ足りないらしい。そう呟くと同時に横移動。攻撃をかわすと同時に足を引っ掛ける)
        ・・・残念だがなメスガキ・・・これは歴史書の一部だ・・・つまりこれが「歴史」であり「真実」だ・・・貴様の言い分なんて誰も耳にしちゃいねぇよ・・・
        (腰にかけてあった黒剣を取り出すが、構えはしない)・・・そして何より・・・私はただの傭兵だ・・・どっちの正義も私には・・・・・・どうでもいいことだよ・・・
        (黒剣で自分の頭をつつく)・・・言っている意味が分かるかい?・・・・・・能無しの蛮国のメスガキ・・・ -- ネグ 2009-05-29 (金) 20:46:05
      • な、がぁぁぁっ!(あまりの怒りに何も見えていなかったのか、足を引っ掛けられ、バランスを崩す)
        真実……? 真実だと!? 我が祖国を蹂躙し、侵略したことを棚に上げ、制裁だと!? 勝てば官軍……このようなことが許されてたまるか!
        我らは東洋の平和の為に戦い、そして世界平和と民族の独立の為に戦ったのだぞ! それを、こんなっ……! がああああっ! 正義も考えずに、我が同胞たちと戦い、殲滅したというのか! 貴様の、貴様の言うことなど理解してたまるか! 死ね……死ねぇええぇぇっ!(悲痛な叫びをあげながら立ち上がり、ネグに向かって神風の如く斬りかかる) -- 眞子 2009-05-29 (金) 21:30:06
      • (口笛を吹きながら剣を突き出す。とは言っても反撃ではない。眞子の斬撃の軌道を反らす為のいなし技だ)
        ・・・・・・くっそ・・・やっぱりこの体じゃ・・・こんなガキとも同等か・・・(眞子には聞こえない小声で呟く)
        ・・・・・・そうだろ?・・・勝てば正義だ・・・・・・それが正義で無いというのなら・・・貴様の復讐も正義じゃない・・・
        (そらした剣がネグの頬を裂き。眞子の腹部に軽いジャブが入る)・・・そうそして・・・私はそんな貴様らの考えなんてどうでもいい・・・・・・
        ・・・・・・あぁ・・・そうだ・・・いい事を教えてやろう・・・この時の戦争じゃな・・・国の正規軍は騎士道だの何だの・・・クソくだらん道理で戦ってた・・・
        ・・・・・・が・・・だ・・・(仔犬の笑顔が爽やかに広がる)・・・当然傭兵の私にはそんなものは無い・・・お前・・・家族が殺されたってな・・・?
        ・・・・・・それは・・・私達が楽しませて貰った跡だよ・・・・・・一般人だろうが何だろうが・・・男は殺し・・・女を犯し・・・子供を甚振った・・・楽しかったぞ・・・お前の持っていたおもちゃは・・・ -- ネグ 2009-05-29 (金) 21:52:59
      • か、はっ……!(軽いジャブを腹部に受け、攻撃が少しの間止まる。)
        (そして、ネグの発言を聞いたとき、凍りついたような顔になった)え……? な、に……? じゃ、あ、じゃあっ、じゃああっ……!(がくがくと体が震え、怒りと憎しみと、そういう言葉では表せないほどの感情が沸き起こり始める)
        楽しませてもらった……? あ、ぁ……お前が、お前たちが、母様を、父様を……あ、ぁ、あぁぁぁぁぁぁああぁぁ!!
        (天地を轟かせるほどの大音声。悲しみと怒りと憎しみと狂気の叫びが響き、涙を流し、日本刀を持つ手に力を入れる)
        ……きえろ、この世界から、宇宙から、消えろ! 消えろおぉおぉおぉおぉお!(日本刀を力強く握り締め、今までの何倍もの速さ、どこにそのような力があったのかと思う力強さで、そして自分の命も全く考えず、相手を殺すことのみを考えた特攻の突きを放った) -- 眞子 2009-05-29 (金) 22:13:06
      • ・・・ま・・・これぐらいか・・・(仔犬が剣を構え、防御の体制に入る)・・・・・・グ・・・ガッ(しかし、非力になった仔犬の力では全てを受けきれず、眞子の剣が体へと突き刺さり、衝撃で弾き飛ばされた)
        ・・・・・・っ・・・はっ・・・これだこれ・・・やっといい顔をするようになった・・・
        (胸の中心から大量の血を噴出しながらも仔犬は平然としている)・・・後は・・・あれだな・・・・・・お前の家族・・・母親のほうか・・・もし普通じゃない死に方・・・食い殺されたりした後があるなら・・・(銃器を取り出し)
        ・・・・・・それなら喜んだほうがいい・・・張本人は・・・目の前に居るぞ?(仔犬の舌が艶かしく動いた。まるで食った人の味を思い出すかのように)
        (銃器を構え、発砲。それと同時に豪速の仔犬の剣が追撃となって襲い掛かった) -- ネグ 2009-05-29 (金) 22:31:14
      • 死ねっ! 死ね! 死ねぇぇっ!(何度も体へと突き刺し、ネグを殺そうとするが、当の本人は平然としている)
        ……敵の、残虐なる兵器で、……違ったのか。お前だったのか……あの残虐な……殺し……。
        母様は優しかった。戦時中でも俺の面倒を、家族の面倒を、見てくれて。俺の……私の未来を祈ってくれていたというのに。
        お前が。お前が、お前が、お前がぁぁあぁぁぁぁあぁ!
        (大粒の涙を流し、今にも壊れてしまいそうな心を奮い立たせ、日本刀を構え、もう一度斬ろうとする)
        ぐ、が、ぁぁあっ! ああぁぁっ!(銃弾が眞子の腹部の左側に当たり、叫び声をあげる。追撃する剣にも、避けようとして逆に左足に掠り、斬られてしまう)
        こんな、こんなもの、家族の、痛みに……くらぶればぁあっ!(それほどのダメージを受けていながらも再び駆け出し、自らも拳銃を取り出し、ネグへと発砲する。傷ついているはずのに、高く跳躍すると、そのまま落下し、ネグの頭を突き刺そうとしている) -- 眞子 2009-05-29 (金) 22:47:47
      • ・・・楽しかったぞ・・・?・・・激痛に泣き叫びながら自分が食われていく様を見ることしか出来ない・・・異国の雌は・・・
        (眞子の復讐の顔を見てビンゴとでも思ったのか再び尻尾が揺れだす)・・・さぁ・・・こい・・・(せまりくる銃弾により、再び体に穴が開く。胸部以外からも血が噴出し、仔犬の足が震えだす)・・・・・・仕留めて見せろ・・・ヒーロー・・・
        ズン(ネグの額から後頭部に向かって日本刀が綺麗に貫かれる)
        ・・・・・・いい・・・一撃だ・・・が・・・(そのまま仔犬の体は地面へと突っ伏した) -- ネグ 2009-05-29 (金) 22:57:17
      • は、ぁっ……はぁっ、はぁっ……。はぁ、っ、ぁっ……(返り血に染まりながら、荒い息を吐く。相手は斃れた。仇を取ったという喜びが沸き起こるわけでもなく、何も言わず、その斃れた姿を睨みつけていた)
        かあ、さん……く、ぅぅ……どう、して、なんで……こんな、ことになるんだ……(一人泣きじゃくっている) -- 眞子 2009-05-29 (金) 23:06:50

      • ・・・どうして?・・・だと?(いつの間にか仔犬はそこにいなかった)
        (突如眞子の肩に日本刀が刺さる。さっきまで仔犬の頭にあったはずなのに)
        ・・・・・・そんなの・・・簡単だ・・・貴様も・・・こっちの道に来ただけだ・・・(いつの間にか仔犬は後ろに立っていた。頭からも血を噴出しながら)
        ・・・言っただろう?・・・私は・・・貴様の悪夢さ・・・・・・終わりの無い輪廻にようこそ
        (血だらけの笑顔と混沌の死眼を眞子に向けた) -- ネグ 2009-05-29 (金) 23:17:48
      • ひぎいぃぁっ!? が、は、ぁっ……!? な、に……あ、ぁがっ!(日本刀が肩に突き刺さり、甲高い叫び声を上げ、噴出す血を浴びつつ気を失いそうになる。)
        ……何故だ!? 殺した、はずっ……何を、いっ、てっ……く、ぅぅぅ(死んだと思っていたネグが動いており、驚愕の表情を見せつつ、睨みつける) -- 眞子 2009-05-29 (金) 23:22:29
      • ・・・・・・なーに・・・こういう体の作りなだけさ・・・(よく見ると頭部は依然血が噴出しているが、最初に刺さった胸部からはすでに血が出ていない)
        (意識がもつれた眞子の隙を狙い、そのまま押し倒す)・・・・・・さて・・・貴様も母親と同じように・・・・・・犯してみようか・・・・・・(ベロンと眞子の頬に仔犬の舌が這う)
        ・・・ま・・・それはまた今度にしよう・・・(眞子の首筋に激痛が走る。注射器が刺さっていた)・・・睡眠薬だ・・・ちゃんと回復効果もある奴だから安心して眠れ・・・
        ・・・・・・お互い冒険者でもあるんだ・・・ほどほどに遊んでおこう・・・なぁ・・・・・・(眞子の鼻の先でネグが優しい笑顔と共に語りかける) -- ネグ 2009-05-29 (金) 23:32:10
      • く、ぁぁっ! やめ、……やめろぉぉおっ! ひ、ぃっ!(母親と同じように、というのを聞いて、更に怒りが増し、涙が溢れる。頬を舐められるとぷるぷると身を震わせる)
        ひ、ぎ、ぁぁっ! な、にを……いやだっ、お前は絶対に、絶対に、許さない……私の、家族を……よく、もぉっ……絶対に殺してやる、絶対に、絶対……(ネグを射殺すような目で睨みつけるも、睡眠薬は徐々に効き、睡魔に意識が奪われていく) -- 眞子 2009-05-29 (金) 23:44:33
      • ・・・ゆっくり眠って・・・・・・色々忘れるといい・・・・・・そして純真な・・・復讐心をしっかり養え・・・
        (眞子の肩から日本刀を抜き、鞘に収める。ついでに薬草を傷に貼り付ける)・・・・・・ふぅ・・・(仔犬のほうも傷はすっかり癒えていた)
        ・・・さぁて・・・どれだけ楽しめるかな・・・このおもちゃは・・・(煙草をふかしながら去っていった)
        // -- ネグ 2009-05-29 (金) 23:51:08
  • // -- 2009-05-28 (木) 21:37:16
    • // -- 眞子 2009-05-28 (木) 21:41:32
      • // -- 2009-05-29 (金) 00:00:39
  • さてと…あの日から全然会ってないが、眞子のやつは元気でやってるだろうか
    まああの時の気概なら…また訓練とかして再起を頑張ってそうだが(まずは様子を伺って) -- リュッケ 2009-05-28 (木) 19:05:26
    • ……(部屋には眞子の姿はなく脱がれた軍服が綺麗にたたまれている。庭からは、家の近くにある滝に打たれている姿が見えるだろう。
      斎服を身に纏い、精神を集中させているようだ) -- 眞子 2009-05-28 (木) 19:56:01
      • むっ、軍服だけがある…つまりどこかにいるって事なのか?(悩みながら、庭を歩いて)
        水の音…これは滝か?そんなのがあるとはなー…(滝の音がする方を近づいて)
        …なるほど、精神修行って奴か。季節的にも風邪は引かないだろうが(草陰で見守って) -- リュッケ 2009-05-28 (木) 19:59:50
      • (滝に打たれる行は暫く続き、行を終え、滝の中から水に濡れた眞子が現れる) -- 眞子 2009-05-28 (木) 20:06:45
      • …なんというか、これは暇だな。いや、濡れて透ける眞子の体はエロくはあるが
        …ぐぅ…ハッ、終わったか…よし(居眠りしかけてた所で、眞子が現れるのを見て)
        眞子、久しぶりだな!(草陰をとおりかかった所を引っ張り、抱き寄せて) -- リュッケ 2009-05-28 (木) 20:08:38
      • なっ……!?(いきなり抱き寄せられて)……貴様! 何をする! 離せっ!
        (リュッケの脛を蹴ろうとして) -- 眞子 2009-05-28 (木) 20:13:48
      • いや、久しぶりだったもんでつい…いたっ!こら、暴れるな!(両手で体と手を挟み込んだまま吊り上げて)
        全く、マコとは落ち着いて話も出来んな(とりあえずそのままにして) -- リュッケ 2009-05-28 (木) 20:19:36
      • 伴侶でもなき男に触れられて暴れぬものなどいるか!
        く、そぉっ! 俺は貴様に会っても何も嬉しくない……!(宙で暴れながら) -- 眞子 2009-05-28 (木) 20:27:55
      • //ご飯食べてきます -- 眞子 2009-05-28 (木) 20:30:31
      • まあそれもそうか…でも、もう何回も肌を重ねたんだから、そろそろ許してもいいとかはないか?
        俺は嬉しいんだがなー…(顔のすぐそばにあるうなじに舌を這わせながら)
        それと、そんなに足を動かすと…可愛いお尻が丸見えだぞ?(はだけて生のお尻が見えて) -- リュッケ 2009-05-28 (木) 20:33:40
      • 貴様、本気で言っているのか……? この、下種め!(怒りに満ちた声で叫ぶ)
        ひ、ぃぃっ! 舐めるなぁっ! く、ひぃっ……やめっ、みるなぁっ!(顔を真っ赤にして何とか見えないようにと努力する) -- 眞子 2009-05-28 (木) 21:00:59
      • 下種なのは、マコも分かってるだろうに…まあ俺はこんな男だからな(肩を竦めて)
        じっとしてれば見えないぞー?…もっとも、じっとしてなければ…(吊り上げている手が斎服の襟に届き)
        こうなっちゃうんだが(二の腕まではだけるように脱がし) -- リュッケ 2009-05-28 (木) 21:13:55
      • ひ、ぃっっ!? ぬが、すなぁっ! く、うぅぅぅ!(水に濡れた眞子の肌が露になる。斎服は白いので透け、肌に張り付いている) -- 眞子 2009-05-28 (木) 21:20:23
      • よしよし、こないだの毒液は跡に残ってないな…綺麗な肌に跡がついたら嫌だからな
        (言いながら、露になった背中まで舌でなぞり、また首筋に戻すと今度は舌を咥え)
        (直接聞こえるよう、舌先でぴちゃぴちゃと) -- リュッケ 2009-05-28 (木) 21:25:02
      • や、ぁっ! やめ、ろぉっ! 貴様ぁっ! う、ぅっ! 気持ちの、わるひぃっ……!(ぞくぞくと身を震わせ、反抗的な叫びを続ける) -- 眞子 2009-05-28 (木) 21:30:37
      • そんな事言って…マコも嫌いじゃないだろ?(何度も抱いただけに大体分かっていて)
        でもこのままじゃヤル事も出来ないか…よっと(吊り上げたまま近くの小屋まで連れていき)
        そんじゃ、今日も始めるか!(後ろから押し倒すようにマコを床に伏せさせて//暗転でもいいぞー?) -- リュッケ 2009-05-28 (木) 21:36:55
      • ……きらい、きらいだぁっ! こんな、こんなことぉっ……!
        い、やぁっ! どこにぃっ……くぁっ!(床に伏せさせられる)
        く、そぉっ、これ以上されたら、体が、おかしくなるぅっ……!(力を入れて這い上がり、這って逃げようとしている。今日はいつにもまして抵抗している。逃がせば恐らく通報されるだろう。しかし、秘所からはいやらしい愛液の音が動くたびに響いている。
        抵抗し、自分の体に素直ではない眞子にはお仕置きが必要かもしれない。二人しかいない小屋なので、どんなことでもできるだろう。)
        //暫くしたら暗転かなー -- 眞子 2009-05-28 (木) 21:50:13
      • 全く、強情だなー…マコたんは(押しつぶすように上から体重をかけ、動きを止めて)
        あまりしたくはなかったが…お仕置きが必要か…(手をあげると、はだけて丸見えになってるお尻を思い切りぶって)
        まだ足りないか?足りないよな、マコの場合は(泣き出すまで何度も) -- リュッケ 2009-05-28 (木) 21:55:22
      • お仕置きだと……く、ぅっ! 笑わせるな! 俺は貴様のものではな……ひぎいぃっ!?(尻への一撃に悲痛な叫び声をあげる)
        ひ、ぎぁっ! ひゃぁっ、ひ、ぁぁぁっ! 何を、何をして……あぁあぁぁぁ!(何度も尻をぶたれ叫び声をあげるも、かなりの時間耐えていた。尻を叩く音が小屋に響き、赤く尻は染まり、遂にその屈辱と痛みに絶えかねたのか泣き出してしまう)
        日、ぐっ、なんで、なんでっ、こんなぁっ……く、うぅぅうぅ! ぜったいに、ゆるさん……う、ひぃぃっ!(反抗的な態度は変わらないが) -- 眞子 2009-05-28 (木) 22:02:26
      • //風呂入ってきます -- 眞子 2009-05-28 (木) 22:06:05
      • 本当、芯が強いな。マコは…なら(手も痛くなったのかようやく止めて後ろに立つと)
        これはいつもの事、だが…(愛液をこぼす秘所に、後ろから突き入れ、奥まで入れてから)
        こんなのはどうだ?(顔を強引にこちらにむけると薬を押し込み) -- リュッケ 2009-05-28 (木) 22:10:39
      • う、ぅ、痛……(かなり効果はあったようで、体力をかなり消耗したらしい)
        ひぃんっ!?(痛みの後の快楽は凄まじいようで、体は跳ね、甘い声が上がる。)
        お、くにぃひっ……ん、んんん!?(薬をそのまま飲み込まされてしまう)な、にをっ……! -- 眞子 2009-05-28 (木) 22:54:00
      • 中の締め付けが普段よりいいな…久しぶりだからか?それともお仕置きが良かったのか?
        (耳元で囁きながら、早速腰を動かし、リュッケの肉棒に馴染んだ膣内を擦りたて)
        さっきのは、不妊治療に使う薬だ…あまりに孕まないから必要だと思ってな(腰を動かし続けながら)
        (本当はどうなのかは眞子には確認出来ずに) -- リュッケ 2009-05-28 (木) 23:12:31
      • 血がっ、そんな、よくなひぃっ!(言葉責めに弱いようだ。リュッケによって開発されてしまった体は敏感に反応してしまう)
        不、妊……!? な、何っ……! それは、まさかっ……(真っ青な顔になり、今にも泣き出しそうだ)いやぁっ! いやぁぁあっ!(体を振って孕まされるという恐怖から逃れようと、リュッケから逃げ出そうとするも、動く体は逆にリュッケのものを締め付ける結果となる) -- 眞子 2009-05-28 (木) 23:21:58
      • そうか、気持ちいいか…(眞子の言うことより、体の、膣の絡みつきを信じ)
        流石のマコも…孕めば折れるかもな…っと、締め付けが増したな。俺との子が欲しいのか?
        (締め付けが増しさらにリュッケは腰を早めてながら、膣の中は肉棒で、外は指で眞子の性感帯を攻め続け)
        (小屋の中に激しい水音を立てながら、膣内で今にも出しそうに亀頭が張り詰めて) -- リュッケ 2009-05-28 (木) 23:29:22
      • ひ、んっ! ひにぃぃつ! ひゃぁぁっっ! きもちよくなんてぇっ! ひ、ぃぃぃ!
        いやぁっ! いらないっ! いらないぃぃい! いやぁぁぁぁ!(泣き叫びながら)く、ぅっ……! 何がっ! ひぃんっ! あってもぉっ、俺は、俺の心は、お前になど、負けるかぁっ! ひ、ぁぁぁっ!
        ひ、んっ! や、ぁっ、はげ、しっ……! や、あぁぁっ! だすな! だす、なぁぁぁっ!(性感帯を責め続けられ、今にも絶頂しそうになっている) -- 眞子 2009-05-28 (木) 23:36:29
      • そんなになっても、そんな風に言えるマコは、凄いな(顔は泣き崩れながら甘い吐息を漏らし)
        (愛液は溢れ、膣内は恋人のものを受け入れるようになってるのを刺激しながら)
        いや、これもお仕置きの一つ、だからな…ご褒美、かもしれんが(嫌がる眞子を無視して腰を打ち続け)
        出すぞ…今日こそ、孕むかもな…くぅっ!(ほぼ同時に絶頂して、びゅるるっ、びゅるっと大量のドロドロした精液を流し込んで)
        (さらに出しながら、腰を突き出す事で奥の奥まで届けようとして) -- リュッケ 2009-05-28 (木) 23:47:25
      • いやぁぁっ! やぁぁっ、やあぁっぁっ! ひ、ぁぁっ、あひっ、あひぃぃぁぁんんっ!(首を振って射精を拒むが、ついに子宮へとたっぷり精液を注がれ、それと同時に絶頂する。
        孕まされるかもしれないということに恐怖するあまり、失禁もしてしまった。これに対するお仕置きも必要かもしれない。今晩はこの小屋の中で眞子を自由に調教し、犯し、性奴隷とできるだろう) -- 眞子 2009-05-29 (金) 00:04:33
      • ふっ…まずは一発目…うん?なんだ、マコ…またおもらしか?(ちょろろと小屋に響く音を聞いて)
        これもまたお仕置きだな…まずは、これでも(胸に手を這わせると、乳首をギリッと摘みあげて)
        むっ…お仕置きしたら中を締めるぞ?これじゃお仕置きかどうか分からんなー(楽しげに笑いながら腰を突き上げ)
        (小屋に響く泣き声は誰に聞かれる事もなく、調教とレイプは夜をとして続けられて) -- リュッケ 2009-05-29 (金) 00:11:34
      • ――暗転――// -- リュッケ 2009-05-29 (金) 00:12:11
  • ・・・・元気そうだね、マコちゃん・・良かった(こくこく頷き) -- ジュン 2009-05-24 (日) 23:57:34
    • 当然だ。祖国を解放するまで俺が倒れることがあってはならぬのだ……。この身が砕け、桜と散り往くことこそ我が本懐。日本の解放と共に我が桜は散るのだ。
      だがな、マコちゃんというなと言ったはずだ……! 武人に対する侮辱なるぞ! -- 眞子 2009-05-25 (月) 20:56:00
      • むぅ・・・それは間違って広がった武士道だぞ?
        本当の武士(もののふ)は、散ることが本懐なんじゃない・・・散る覚悟を持って主の為に何かをすることだ
        って、俺の先生が言ってたけどねぇ -- ジュン 2009-05-25 (月) 23:17:39
      • そんなことはわかっている。だが、祖国の為に散ったものたちに殉ずることは俺が望むことだ。
        俺は陛下のため、臣民のため、多くの英霊のために日本を解放せんとす。俺は死処を見つけたのだ。多くの友や、俺の家族に続きたい……日本を解放できれば、もう未練はないのだ。 -- 眞子 2009-05-26 (火) 00:09:01
      • ていっ(でこピン)若い子が死に場所だなんて軽々しく言うなっての
        まだ君なんていない事だらけじゃないか?それにね、全部が終わったら居なくなるのはヒーr・・・いや、英雄がすることだ
        君はヒトだろ?だったら、折角取り戻した国がまた誤らない様に、ちゃんと見てる義務があるんだ -- ジュン 2009-05-26 (火) 00:12:43
      • くぅっ! 貴様ァッ! 何をするか!
        義は山嶽よりも重く死は鴻毛よりも軽しである。死して俺は護国の鬼となり国が誤らぬよう見守るのだ。父や母や、兄と共にな。
        確かに今の俺は人に過ぎぬ。だが、潔く散って、靖国の花と咲いて、国を見守るのだ! -- 眞子 2009-05-26 (火) 00:17:41
      • だーかーらーさー(ちょっぷ ぺしぺし)
        何でそこで死ぬ必要があるのさ・・・君のお父さんやお母さんはどうした?この世に生きた証に君を残しただろ?
        君の意志は、想いはすごいと思うけど・・・君が死んじゃあ、意味が無いんだよ
        いやむしろ逆に・・・君みたいな子は、生きろ(そう言った男の目は底無しの沼のような、そんな絶望を超えた者の瞳だった) -- ジュン 2009-05-26 (火) 00:22:18
      • 敷島をする事こそが我がこの世に生まれ、育ってきた意味なのだ!
        俺が生きた証は敷島そのものとなって、解放した日本となって永久に残るのである! これ以上の誉れと誇りがあろうか、いや、ない!
        死で全てが終わるとは我らは考えぬ。靖国の神となりて、祖国を永久に護るのだ。何故それが否定されなければならぬことか? 多くの若人がそれを信じ、戦い、散った。俺もその後を追うだけだ。
        大君の為に、国の為に、俺が願うのはそれだけだ。国を救うという大使命に、命がある保障などないのだ。命を懸けずして国が救えるものか、国の為に散るものは、その最後は、俺だけでいいのだ!
        俺は靖国の桜となり、日本を見守ることを決めたのだ。貴様がどう言おうと……(超越者のようなジュンの瞳も睨み返し)
        我が信念は曲がらん!(そう叫ぶと、そのまま布団に入ってしまった)
        //そろそろ寝ますー -- 眞子 2009-05-26 (火) 00:41:03
      • ・・・やれやれ・・・(ぽりぽりと頭を掻くと、ずれていた布団をただし、背を向けて)
        それでもね、ヒトが死ぬのは見たくないんだ・・・俺は
        身勝手なのさ・・・じゃあね、まっきー(苦笑ひとつを残し、男は去っていた)//お疲れサマー -- ジュン 2009-05-26 (火) 00:48:01
  • (相変わらず元気そうに演説をしているわ……) -- エーフィアス? 2009-05-24 (日) 19:59:30
    • ……起ちあがれ、同胞よ。先の大戦の最大の戦犯たるこの国の国王を捕らえ、世界の手によって裁くのだ。
      彼奴らが我らに行ったような不正なる裁判ではなく、公平なる裁判により、然るべき罰を与えるのである。我らが祖国を取り戻し、亜細亜の平和を勝ち取るため、起つのだ!
      我々は祖先が命を賭して護った敷島を植民地としてはならぬ! 最早多くの臣民の命を失う戦はしてはならぬ。国の為に死するのは最早私だけで十分である。友よ、同胞よ、共に想起せよ、彼の「後に続くを信ずる」の言葉を! -- 眞子 2009-05-24 (日) 20:55:33
      • (それ以上は、何も言わずに過ぎ去ったのだった)
        ……私も、違う運命に選ばレ帝たら、ああなっていたのかしら? -- エーフィアス? 2009-05-24 (日) 21:28:06
  • おー…マコも結構剣の扱いが上手くなってきたなー…独学か?それとも誰かに教えて貰ってるのか?
    (剣の修行をしているマコにいつものように気軽に話しかけて) -- リュッケ 2009-05-21 (木) 19:50:53
    • (少女の表情は今までと違っていた。覚悟を決めたような、精神的に成長したような、死を前にして悟りを開いた武士のような、凛々しい表情だ)
      ……戦に勝つために、鍛錬を怠けることはなし。国を護るための戦いに最早個人の悩みや恨みなどは超えるべし。
      (リュッケのほうを見ずに、鍛錬を続けている) -- 眞子 2009-05-21 (木) 20:10:22
      • おぉぅ、表情まで…何だか嬉しいような、寂しいような…そんな感じだなー
        と言う事はもう俺を殺そうとする気はないって事なのか?(3m弱の距離で座りながら) -- リュッケ 2009-05-21 (木) 20:18:31
      • 無辜の市民に刃を向けるがごときは皇軍のすべき行いではない。それでは西洋と同じである。
        俺は国のために散った英霊の遺志を継ぐ。亜細亜を開放し、世界に平和を齎す。そのためには、かつての我が行いを猛省せねばならぬ。
        ……だが、貴様は違う。武士ならば、受けた恥は雪がねばならぬ。貴様に弄ばれたのも、全て己の弱さ故なり。
        我が身を鍛え、必ず恥は雪ぐ。貴様の血を以ってして。 -- 眞子 2009-05-21 (木) 20:24:03
      • なるほどなー…そりゃいい事だ、ツンケンしてるマコも可愛いがあのままじゃ危険だったしな
        そうやって丸くなれば…すぐに友達も増えるだろうさ、頑張れよ!(笑顔で応援しながら)
        おぉぅ…俺はやっぱりダメか…まあそれは覚悟の上だしな、今後どうなるかは分からんが
        また決闘する気があればいつでも受けるから、その時は言ってくれなー -- リュッケ 2009-05-21 (木) 20:32:55
      • ……西洋は嫌いだ。だが、事態はそのような恨みなどを言っている場合ではない。
        貴様にいくら体を弄ばれようとも、我が信念は折れぬ……それを決闘で証明してくれる。覚えておけ……
        //ご飯食べてきます -- 眞子 2009-05-21 (木) 20:36:56
      • …まだまだ雪解けってレベルじゃないか、まあでもいずれ溶かしてくれる相手も見つかるか
        だなー…その点ではマコの精神は大したもんだ…おぅ、ちゃんと覚えておくぞ!
        まあこれ以上は練習の邪魔だろうから帰るか…でも、たまにはお茶でも飲みに来いよー(立ち上がるとそのまま帰って) -- リュッケ 2009-05-21 (木) 20:41:51
      • そのような相手は要らぬ。俺は死んでいった者たちと運命を同じくするのみだ。日本を解放し、英霊達の元へと行くのだ
        ……何れ決闘を申し込む。それで仕舞いとなるだろう。覚悟しておけ
        ……(リュッケの誘いには答えず、剣の鍛錬を続けていた) -- 眞子 2009-05-21 (木) 22:06:23
  • 一回分の発情薬が届いた -- 2009-05-19 (火) 18:23:09
    • ……ん? また何やら不審なものが……これは、薬か……
      毒であっても困る。置いておくとするか……(英語が読めないので何の薬かわからず、とりあえず机の上に置いておいた) -- 眞子 2009-05-19 (火) 18:24:44
  • ((一心不乱に素振りを行う眞子に向かいカードを飛ばす黒髪の女)) -- 一文字? 2009-05-18 (月) 22:21:38
    • ……! 何者だ!(飛ばされたカードに気づき、カードをすっと避けると、黒髪の女のほうを向いて) -- 眞子 2009-05-18 (月) 22:23:24
      • ((問いには答えず軽く腰を落とし、映画に出てくる忍者が十字手裏剣をかまえるかのようにカードを持つ黒髪の女
        眞子がどう動くか探っているようにも思える)) -- 一文字? 2009-05-18 (月) 22:34:37
      • 名乗らぬとは……! ならば俺から教えてやろう、我が名は東眞子、日本を解放するために戦う憂国の士である!
        (日本刀を構え、一文字の隙を伺いながら)汝の名を名乗れ! -- 眞子 2009-05-18 (月) 22:37:51
      • ((眞子が構えるのを確認し、カードを「裏返し」て飛ばす黒髪の女
        眞子が注意深くカードを見ているならば漢字で「一文字」と書かれている事に気がつくかもしれない)) -- 一文字? 2009-05-18 (月) 22:51:42
      • また紙切れか……! 何、これは……!(カードに一文字と書かれているのを見る)
        一文字……それが貴様の名前か!(カードは地面に突き刺さった)俺に何の用だ……貴様が西洋人ならば、容赦はせんぞ…… -- 眞子 2009-05-18 (月) 22:55:46
      • ((女は無表情のままカードを2枚取り出し眞子に見せる 片方には「正」もう片方には「誤」
        そして文字が見えないように構えなおし、髪同様に黒い瞳で眞子を見つめる)) -- 一文字? 2009-05-18 (月) 23:06:46
      • 正に、誤……? どういうことだ……。西洋人ではないということか……?(鋭い目で睨みかえして) -- 眞子 2009-05-18 (月) 23:09:02
      • ((女はニコリともせず能面のような無表情さで左右のカードを何度か交差させ・・・同時に眞子に向かって飛ばす
        カーブを描きクルクルと眞子の元に飛んでいく2枚のカード 先ほどから投げられるカードを見る限り何の仕掛けも無い紙切れのようだが・・・
        右を斬るか、左を斬るか あるいは・・・)) -- 2009-05-18 (月) 23:29:57
      • 読めん……なんだこやつは……!&brええい、一体何のつもりだ! こんなものおぉぉっ……!(飛んでくる二枚のカードを日本刀で二枚とも両断する) -- 眞子 2009-05-18 (月) 23:32:02
      • ((やはり、どちらも只の紙でしかない 万一当たっていたとしても痛くも痒くもないだろう
        「正」「誤」と記された2枚のカードはそれぞれ見事に一刀両断され地面に落ちる
        その様子を腕を組んで見ている女 無表情のままだがどこか楽しそうにも見える)) -- 2009-05-18 (月) 23:44:49
      • 正、誤……俺が進むのは真に正しき道、俺が信じるのは誠のみだ!
        貴様……俺をからかっているのか……? 一体何がしたいのか! この不届きものめが!(日本刀を構えたまま走ってくる) -- 眞子 2009-05-18 (月) 23:49:00
      • ((憤慨し詰め寄ってくる眞子の姿を見て、悪戯がばれた子供のようにペロリと舌を出しておどける黒髪の女
        その舌は素人が見ても半分以上壊死しているのが判る))
        // -- 一文字? 2009-05-19 (火) 00:04:11
      • ……!?(その舌の様子を見て、動きが止まる)
        舌が……壊死している……生身の人間なのか……!?// -- 眞子 2009-05-19 (火) 00:07:50
      • ((気を取られた隙に足早にその場を立ち去る一文字
        曲がり角を折れた先には・・・その姿は既に無かった)) -- 一文字? 2009-05-19 (火) 00:21:32
      • ……しまった! まてえっ……!(相手を追うも、その姿はすぐに消えて)
        奴は、なんだったのだ…… -- 眞子 2009-05-19 (火) 00:24:58
  • ……今までの俺の精神は弱く、日本人たらぬものであった。日本人としての本文を忘れ、ただ徒に私怨を撒き散らし、国の為に何を成すべきか忘れていた。
    人の心を掴まずして独立は成らず、戦にも勝てぬ。身体弱ければ命無駄に散れり。神国の民として、今こそ世界平和と国々の自立のため、立ち上がらん。我が命、国の為に散るこそ本位なり!(そう叫ぶと、一人庭での素振りや、日本の精神について学び始めたようだ) -- 眞子 2009-05-18 (月) 21:19:42
    • 敵に勝つためには敵を知り、そして己のことを知ることが絶対なり。
      いみじ悔しけれど、敵の情報を得るため、西洋人と少し融和するも已む無しか…… -- 眞子 2009-05-18 (月) 22:15:50
  • さて、マコは本当にDVDを叩き割ったのやら…割ってそうだなー(今日も様子を見に来て) -- リュッケ 2009-05-17 (日) 17:50:14
    • この中に大量の情報が入っているならば、この技術を応用すれば西洋に負けぬ兵器が作れるやもしれぬ……
      (一人呟きながら、DVDを研究している。研究と言っても機械も何もないので、再生もできず、ただ表裏をひっくり返してみているだけである) -- 眞子 2009-05-17 (日) 17:54:59
      • …何やってるんだ、あれは…そうか、使い方が分からんのか(裏表ひっくり返す様にため息つきながら)
        よし、それならば…(一旦家に帰って、宅配便の制服と帽子と鼻眼鏡をつけて戻ってきて)
        スミマセーン、宅急便デース!(DVDデッキを手に、声色を使って) -- リュッケ 2009-05-17 (日) 17:59:37
      • 何……? 宅急便だと……頼んだ覚えはないが……。
        何だ!(ドアを開けて) -- 眞子 2009-05-17 (日) 18:15:56
      • 冒険者組合からのご褒美だそうデース、受け取ってクダサーイ(無理やり渡しながら)
        使い方はー、DVDを入れるだけデース。説明書も、ついてマース!
        それでは、サヨナラサヨナラ!(バレる前に押し付けて帰って) -- リュッケ 2009-05-17 (日) 18:19:04
      • は、はぁ? 貴様何を言って……というかお前、まさか……お、おい! まてえっ!
        (無理やりDVDデッキを押し付けられ、宅配員にも逃げられてしまった)
        何だったのだ……しかし、これでDVDとやらが再生できるといっていたな……
        ……こ、これは研究のためだ、西洋に勝つためのな……(一人言い訳をしながら、箱をあけ、DVDデッキを取り出した) -- 眞子 2009-05-17 (日) 18:31:50
      • あー、バレるかと思った。バレた気もしたがまあいいか、あれで喜んで貰えれば…
        …使えるのか心配になってきたな、陰から見守るか(戸を開け覗きながら) -- リュッケ 2009-05-17 (日) 18:36:42
      • ……(説明書を読んでいる。かなり難しそうな顔をしているが、理解したようだ。//DVDプレーヤーはモニター一体型と想像させてもらいました)
        ……待て、これを再生することというのは、あの屈辱の記憶が再び蘇るということ……く、うぅぅ……(顔を真っ赤にして、奥歯を噛み締め、悔しさに震えている)
        ……だが、このようなレコードよりも小さい板切れに映像が入るはずがない……奴の与太話かもしれぬ。……これは研究のためだ……。(あたりを見回し、誰もいない、というかいるはずはないのだが、確認し、DVDをセットする)
        …… -- 眞子 2009-05-17 (日) 18:45:48
      • おー…良かった良かった、使い方は分かったか…頭固いからダメかと思ったが機械オンチではなかったか
        確か、DVDは最初からに…やっぱりそうだ(DVDは唐突に始まり、あぐらの上の眞子の姿が映りだされ)
        (胸元や袴の中に手を入れられ愛撫される様が流れて) -- リュッケ 2009-05-17 (日) 18:50:51
      • ひ、ぃっ……! う、うぅ……こ、こんな……!(自分が愛撫され、身を震わせている姿を見て、顔を真っ赤にし、震えるが画面から目をそらせない) -- 眞子 2009-05-17 (日) 18:56:54
      • 見入ってるなー…まあ我ながらよく撮れてるしな(ビデオは次第に感じ始めた所で半脱ぎにして)
        (ずらした下着から見える秘所に、肉棒が入れられていく様が無修正でありありと映されていて)
        (足を広げた背面座位の姿で揺さぶられる姿が続いて) -- リュッケ 2009-05-17 (日) 19:00:49
      • あ、ぁ……こんな、っ……! う、ぁ……入って……西洋人の、汚らわしい……(嫌悪感に眉をひそめるも、ずっぷりと秘所に突き刺さった肉棒により、犯されていく姿に見入っている)
        く、そぉっ……なんでっ、何でこんな、体にぃ……う、ぅ……(暫く脚をもじもじさせていたが、遂にリュッケが見ているとは知らずに、ズボンの中へ、下着の中へと手を突っ込み、自慰を始めてしまった)
        は、ぁっ、ぁっ……! こんな、あさましいっ……! 日本の、恥、だっ……う、……ぁんっ!(くちゅくちゅと淫らな音と、DVDの音声が部屋に響く) -- 眞子 2009-05-17 (日) 19:13:43
      • いやー…マコたんもイヤラしくなってきたもんだ、開発してきたかいがあった(満足そうに言いながら)
        (ビデオは腰の動きがどんどん早まり、以前リュッケの家でも見た中出しされるシーンになって)
        (根元まで入れられた肉棒を、離すまいと吸い付く膣口から零れる精液まで映されていて)
        よし、そろそろ入るか…(自慰に夢中になってる眞子の真後ろまで忍び寄って) -- リュッケ 2009-05-17 (日) 19:23:33
      • ひ、ぁっ! あんっ! ふ、ぁっ……ひぁぁぁっ!(ぐちゅぐちゅと淫らな音が響き、下着の中の秘所は愛液で溢れ、糸を引いている。指を二本膣内に入れ、かき回す。
        甘い声を堪えようとしているものの、誰もいないと思っているからか、声は漏れてしまう。いやらしい匂いが部屋に充満し、自慰に夢中なため、後ろに立つリュッケにも気づかない) -- 眞子 2009-05-17 (日) 19:30:02
      • (ビデオは2回目へと移り、ビデオの中の眞子が押し倒され後背位の姿勢にされたところで)
        よっと(現実でも自慰に夢中な眞子を後ろから押し、尻をあげた同じ姿勢にしながらズボンを下着ごとずりおろし)
        頂きますっと(抵抗させる前に男を求めて蠢く膣内に挿入して) -- リュッケ 2009-05-17 (日) 19:36:38
      • はぁっ、はぁっ……ひぃっ!? な、何……!? ひぃんっ!(自慰に夢中だったせいで、リュッケに気づかず、そのまま倒され、下着は愛液を糸引かせながら脱がされ、抵抗する間もなく、愛液でたっぷり濡れた秘所に挿入された)
        ひ、ぁっ!? ひぁっ! ひゃぁぁっぁんっ!(無防備なまま挿入され、奥を突かれたので、嬌声を上げながら、入れられただけで絶頂してしまった) -- 眞子 2009-05-17 (日) 19:48:07
      • なんだ、もう絶頂したのか?ビデオのマコは耐えてるのになー…(絶頂してようが構わず腰を動かし)
        ほら、ビデオのマコと同じにしてやってるぞ(ビデオの中と同じ格好で犯しながら)
        (あがる声や表情などは、ビデオの時より違っていて) -- リュッケ 2009-05-17 (日) 19:52:10
      • なんで、っ、おまえっ……! ひ、あぁぁぁっ! いまっ! いまはらめぇっ! ひ、ぃぃぃ!(敏感なまま犯され、体が何度も跳ねる)
        や、ぁっ! そんな、ことっ! しなくて、ひぃぃっ! あっ、ひ、ぁぁっ!
        にげ、ひぃっ……ない、とぉっ……!(快楽に震えながら、逃げようと体を前へ動かす) -- 眞子 2009-05-17 (日) 20:04:39
      • んー、なんだ…同じのよりもっと違うのも模索したいのか?性に貪欲だな!(勝手に解釈しながら)
        (膣内をこする位置を、入り口からGスポットの浅い位置に集中させて腰を動かしながら)
        (前に動いても抜けないように、腰をしっかり掴んで) -- リュッケ 2009-05-17 (日) 20:08:59
      • ちが、うぅっ! そんなの、ちがぁっ……! ひぃぃぃぃんっ!(今までとは違う、強い快楽を得られる所を責められ、逃げられないようになり、涙を流しつつ快楽に悶える)
        ひっ、ぁんっ! ひぃぃぁっ! ゆるし、てっ……ひゃぁんっ!(愛液は溢れ続け、床に水溜りを作るほどになっている) -- 眞子 2009-05-17 (日) 20:14:03
      • 許してやりたいところだけど…もう俺も限界だからな(浅い動きを止めて、全力で腰を突き出しながら)
        (再び絶頂を迎えようとする膣内を容赦なく肉棒で責め立て、肉棒も限界を迎え)
        ほら、中に出すぞ…(根元まで突き入れた直後、ビデオと同じように膣内射精をたっぷりして) -- リュッケ 2009-05-17 (日) 20:19:15
      • ひ、ぃ、ぁぁぁぁ!? や、あぁぁぁっ!(激しく突かれはじめ、秘所は精液を求めるように締まり、絡みつく)
        ひ、ぁぁっ! あぁぁぁん! や、ぁぁっ! だすなぁぁっ! なかは、だめだぁぁっ! ひ、ぁぁぁぁぁ!(子宮に大量の精液が射精されると同時に、絶頂する。あまりの快楽に潮まで噴いてしまい、痴態を晒してしまう。)
        う、ぁ、ぁっ……あ、つい……ひ、ぃ……西洋人の、子なんて、い、やぁっ……(ひくひくと膣内は動き、快楽の余韻に浸っている。涎をたらしてしまうほどの激しい絶頂だった。かなりリュッケに体を開発されてしまったようだ) -- 眞子 2009-05-17 (日) 20:24:44
      • はー…まあ出来たらそれはそれで俺は望む所なんだけどな(ポンポンを頭を撫でて)
        あーあー、可愛い顔がベタベタだな(絶頂に震える眞子の顔を拭いてやって)
        でもまあ…続きはするんだけどな(今度は対面座位の姿勢にしながら腰を再び動かし始め)
        (ビデオが止まった後、今宵も何度も中出しするまで解放されずに)
        ――暗転―― -- リュッケ 2009-05-17 (日) 20:28:49
  • まこたんまたレイプされてよー -- 2009-05-17 (日) 00:42:44
    • ……貴様ぁ! 俺を侮辱するか! 誰がされるものか! 西洋の蛮族にこの体を穢されるなど、死に値する!
      貴様もここで日本刀の露と消えたいか! -- 眞子 2009-05-17 (日) 00:45:24
      • じゃあなんで死んでないのー? 汚されても生きてられるのー? 敷島の人間って恥知らずー(からかうようにくすくすと笑う) -- 2009-05-17 (日) 00:48:19
      • ……俺にはまだすべきことがあるからだ。父母、兄の仇を討つまでは、死ねん……! たとえどんな屈辱を受けようともな!
        なん、だとぉ……貴様ぁ! 我が敷島の者を侮辱するのは許さんぞ! ええい、死ぬがいい!(日本刀を抜いて) -- 眞子 2009-05-17 (日) 00:51:30
      • ふふふ、老練の俺にはそんな太刀筋簡単に見切れるさ ただ万が一殺されちゃたまらないからここらでトンズラかまさせてもらうぜ! -- 2009-05-17 (日) 00:57:04
      • ちぃっ! 男と男の勝負を逃げるか貴様ぁぁぁ!
        ふんっ、所詮西洋人などこんなものか!! -- 眞子 2009-05-17 (日) 01:00:54
  • (演説をしているらしい眞子に目を向ける) -- エーフィアス? 2009-05-17 (日) 00:12:43
    • ……よって、我々日本人は立ち上がらなければならない! 西洋の侵略に負けず、この植民地支配から脱出するべきなのである!
      多くの若者は日本の未来を信じ、戦い、散っていった……その英霊達に報いるため、我らが祖国を焼き払ったものどもに鉄槌を食らわせるため、我々は立ち上がるべきなのだ!
      起て同胞よ若人よ! 日本の心を思い出せ! 我らは心を一にして、今こそ叛旗を翻すのだ!
      我らが日本を取り戻せ! 神国の誇りを忘れるな! 今こそ我らは亜細亜解放の願いを遂げるのだ!!

      ……ふう。ん……? 何だ、貴様は。(不機嫌そうな顔で、エーフィアスを睨みつける) -- 眞子 2009-05-17 (日) 00:37:45
      • 別に……往来の誰も聞いてなさそうだな、と思って。
        (値踏み、とでも言うべきか。眞子の様子を観察しているようだ) -- エーフィアス? 2009-05-17 (日) 00:41:40
      • ふんっ、元々西洋の蛮族になど聞かせる話ではないわ。貴様らのような蛮族に話すことなどなにもない。
        ええい、俺を見るな! -- 眞子 2009-05-17 (日) 00:43:11
      • ……よく分からないけど、故郷を追われたのかしら?
        だったら、むしろ幸せなことじゃないかしら。
        ふるさと、と呼べる存在を持ってない人間もいるのに。 -- エーフィアス? 2009-05-17 (日) 00:45:19
      • 追われたのではない。西洋に、この国により侵略され、植民地とされたのだ!
        幸せだと……? 黙れ!! 我が誇り高き祖国を失うことが幸せであるはずがない! 我が家族も、友も、皆この国の残虐なる兵器により死んだ……俺はこの国に叛旗を翻し、祖国を解放するのだ! -- 眞子 2009-05-17 (日) 00:48:58
      • 零れ落ちる砂時計を止めることは、誰にもできやしない。
        あなたの国が滅んだというのなら、それが歴史の必然だったの。
        生者であるあなたにできるのは、過去を切り捨て思い出に留めることだけ。
        ……本気で、一人の力で世界が変えられるとでも? -- エーフィアス? 2009-05-17 (日) 00:54:47
      • 歴史の必然? あのような暴虐が必然であってたまるか!!
        西洋人の貴様には我らの苦しみなどわからぬ、軽々しく口を開くな! ふんっ、誰が一人で戦うなどと言った。一人でこの大国を相手にして勝てるなど、そんなうぬぼれたことは思っておらぬわ!
        反乱軍だ。既に何人か同志がいる……我が祖国と東洋を開放するための軍がな! -- 眞子 2009-05-17 (日) 00:57:44
      • 確かに、分からないわ。
        私は支配を受けたことも、国家に義理を感じたこともない。
        ……これ以上は、平行論になるだけかしら。いずれあなたも現実を知るわ。
        考えている以上に、私たちは狭い枠の中で生きているの。忘れないで。

        (眞子の下を去った後)……何を言っているのかしらね、私は。自分を棚に上げて。 -- エーフィアス? 2009-05-17 (日) 01:05:35
      • ふん……貴様がどんな人生を歩んできたかはしらんが、俺は祖国が好きだ、国に、陛下に忠義を尽くしている。
        それを貴様にどうこういわれる筋合いなどない。俺の意思は動かん。国の為に命を懸け戦うのが俺の使命だ! -- 眞子 2009-05-17 (日) 01:11:09
  • ふひーまだまだ残暑は厳しいねぇ(往来で堂々と寝っ転がってるモビルスーツ 超ジャマ) -- ジムキャ? 2009-05-16 (土) 00:22:13
    • ……おい、貴様。そこをどけ! 貴様のような馬鹿でかい図体は邪魔だ、どけ! -- 眞子 2009-05-16 (土) 00:45:37
      • あっはっは、嫌ですねぇお穣さん 道はみんなの物と言う訳で自動的に俺っちの物でもある訳でして(微妙に歩くスペースを開けて義務を果たした気になってるMS ゴロゴロゴロ) -- ジムキャ? 2009-05-16 (土) 01:02:39
      • っ……! それでも邪魔なものは邪魔だ! 陰になるだろうが……! おらあ!(ジムキャノンに向かって拳銃を向け、発砲する) -- 眞子 2009-05-16 (土) 01:04:05
      • y=ーΣ(凸;)ぁ痛ー!? (チュインチュインチュイン 飛びまくる兆弾) 痛っ!?なんか顔面が割れるよーに痛い!?(ゴロゴロバッターンと暴れるMS 大惨事一歩手前)  -- ジムキャ? 2009-05-16 (土) 01:14:59
      • ふん……西洋の大地がどうなろうと知ったことか。転べ転べ!(拳銃を撃つのをやめず、そのまま続ける) -- 眞子 2009-05-16 (土) 01:54:37
      • キャーキャーキャー!(何故かたのしそーにドッスンバッタンして  ごめきゃっ)                 あ   (大変だ!眞子さんの家の一角がプチッと!)
        …………………………………軽々しく暴力で解決しようとすると酷い目に遭うよというお話(汗たらりしながら) -- ジムキャ? 2009-05-16 (土) 01:58:34
      • なっ……わ、私の家が!(思わず一人称が素になる)
        ……貴様ぁぁぁ! なんて事をしてくれる! 早く直せぇえぇぇぇえ!(怒りの表情となり、拳銃を乱射しつつ日本刀で向かってくる) -- 眞子 2009-05-16 (土) 02:05:35
      • ぎゃあああΣ(凸;)!? も、もちつくんだまこまこりん、教訓は次に生かさなきゃ意味がないチックなのよー!?(ぎゃーすかキンキンペチペチポキッ と大騒ぎしてる内に、慣れた様子でせっせと家を直してしまった小ボール隊だ) -- ジムキャ? 2009-05-16 (土) 02:13:23
      • 誰がまこまこりんだあぁぁぁぁっ! 俺を馬鹿にしているのかぁぁぁ! おおおおお!(そうやってジムキャノンに向かって攻撃しているうちに、家は直っていた)
        おお……直っている! -- 眞子 2009-05-16 (土) 02:15:00
      • はっはっは、見たか俺様の力!(まったく何もしてないのにやたら踏ん反り返り すると遠くからパーポーパーポーとサイレンが) げ、やべぇ当局だ!?こりゃいけねぇズラかるぜまこりん!(凄い勢いでガショガショ逃げ出した)
        (§ -◎)ノ(その背後で「穣ちゃん真昼間からヒカリモンだのハジキだのは止めとけやー」とばかりに肩ポムしてった小ボール隊だ) -- ジムキャ? 2009-05-16 (土) 02:27:09
      • 貴様ぁ! まこりんなどというなぁっ! ちっ……!
        な、何っ……機械風情にそんなことを言われる筋合いなどないっ! ちっ……俺とてそのくらいわかっている! -- 眞子 2009-05-16 (土) 02:37:24
  • あずまきよひこ -- 2009-05-15 (金) 21:11:07
    • む……誰だそれは。俺の知り合いにそのようなものは居らぬ
      //漫画家だっけ? -- 眞子 2009-05-15 (金) 21:22:10
  • こんばんはーッス。暑いけど元気ッスか?今度こんなのをやるッスから宣伝に来たッスすよ
    (渡されたチラシにはサーカスメンバーの集合写真と、『ジャガバタサーカス第2回公演!10月某日19時から、場所 : ベルモンド孤児院特設テントにて』と書かれていた)
    国のことで色々大変な気持ちもわかるけどたまには気分転換息抜きも必要ッスよ!
    同士の方々と見に来て欲しいッス! -- ハイネ 2009-05-15 (金) 04:29:22
    • ふん……誰が西洋人の技芸などを見るか、くだらん……(ちらしを受け取ると、忌々しげに破り捨てようとするが)
      っ……。ふんっ、俺に息抜きなど必要ない。だが……仕方ない、もし暇ならば見に行ってやるっ……!(ハイネを見ると、チラシを破ることはしなかった) -- 眞子 2009-05-15 (金) 17:28:39
      • えへへ。楽しみに待ってるッスよ! -- ハイネ 2009-05-16 (土) 00:46:36
  • 掃除をしておくか… -- 眞子 2009-05-14 (木) 17:20:43
    • 亜細亜解放、八紘一宇、白人達の専横から亜細亜を解放し、東洋人の自由を勝ち取るのだ……
      大東亞聖戦は敗北し、戦勝国による報復の裁判を受け、多くのものたちが、言われもない罪で死刑となった……
      ご英霊たちよ、きっと貴方達の仇を取って見せます。どうか、安らかに… -- 眞子 2009-05-14 (木) 18:20:54

Last-modified: 2010-05-22 Sat 21:15:15 JST (3697d)