リヒター家出身 リュッケ 285004 Edit

ID:319536
名前:リュッケ
出身家:リヒター
年齢:46(見た目40台)
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
その他:ステータス/戦歴
http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst037974.png玄関から入るか?
<リストを見たいのか?×
二つ名:灼熱招来
CV:子安武人 中村 悠一
イメージソング:強く儚いもの

国辱っぽくなったリヒター家の実家 Edit

せっかくだし自分も何かあった時のための連絡用名簿を持とう、ということでリュッケの名簿を改良してみた
まぁあまりそういう機会はないだろうが、何かあったら使ってくれていい 
現在休止中:最後の企画があればいいんだが、無ければ削除前くらいは顔を出したいところ
理由について:コメとかであまり長々と書くのもなんだから興味がある人だけ//を見ればいいと思う
お名前:
  • リヒター家は眠りにつきました -- 2015-02-23 (月) 02:11:53

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照

実家にいる人々 Edit

  • リュッケ・リヒター
    • ご存知リヒター家の初代、酒場の街から北西の山岳に屋敷を構える雷魔法を操る元冒険者
    • 4人の嫁を貰い子供に囲まれながら過ごす楽隠居だが性的には未だ現役
    • ただし寿命はアトリアの血があっても一五〇歳(トーネと同じ)くらいにしてあるのでいずれ寿命で死ぬ予定
    • ちなみに未だ嫁は募集中で、嫁たちを悲しませない程度に色々と近隣にちょっかいは出している模様
  • リート・リヒター
    • リュッケとトーネの間の子で2世キャラ、雷を弓の形にして扱う元冒険者
    • 父親のリュッケと違い冒険失敗で片腕を失ってしまうが本人は片腕も気にしていない
    • 一人の嫁を貰い実家に帰って過ごしているが、いろんな意味で父親と同じく現役
    • さらに実の妹であるアルセリアとデキていて実家に帰っても関係を持ち続けている(子が出来たかは不明)
    • ある意味リュッケより始末に負えないがちゃんと嫁は大事にしているつもり
  • リーノ・ソガノ(リヒター)
    • リートと沙耶の間の子で3世キャラ、微弱な魔力だが磁力を操る元冒険者
    • 砂鉄を集めて戦ったりするが、本職は冒険者ではなく鍛冶屋
    • 一人の嫁を貰い実家に帰って過ごしているが、祖父や父親と違い一人だけを愛し続けるタイプ
    • 祖父などは尊敬しているが反面教師にもしているので、そうなっている
    • 養成で知り合った親友の乱蔵の子と自分の子との間に許嫁になればいいなと話し合った事もある(4世に繋がる予定)

エピローグっぽいもの Edit

  • リヒター家
    • 生ける伝説の末裔たちとしてその地では有数の名家になっていったようだ
    • 特に闇魔術では国内有数の使い手を輩出する名門として知られていくが
    • 銃火器にも似た武器開発をする者たちやネクロマンサーにも似た魔術を使う者たちがいた事でも有名となっていった
    • 事業でも成功を収め、特に花屋ではその地方では誰もが知ってるチェーン店となったようだ
    • そんな中初代から一夫多妻を奨励しておりそれが問題視された時期もあったようだが 感化されてこの地に一夫多妻の文化が根付いたと言う噂もあるようだ
  • リュッケ
    • 女好きで酒好きで最後までとても名の知れた名家の初代には見えなかったと言う彼
    • 引っ越してからの彼は子作りと子育てに日々奮闘する日々だったようだが
    • 近隣の街や村に買い物などで出かけた折には女性をナンパする事を忘れなかった
    • ただし以前と違い本気ではなく昔宣言した通り余程がない限り手を出さなかったと本人は語っているのだが
    • 近隣では実は隠し子がいるなどと言う噂が流れたのは言うまでもなかった
    • 最終的には四人の妻と多くの子を作りリヒター家の基盤を作り上げた人物でもあり
    • 女好きながら大変な愛妻家でも知られており生涯妻たちを愛し続けた
    • 四人の妻が亡くなるまでそばに居続け、最後の一人が死んだその日後を追うように満足そうな顔で息を引き取ったという逸話が残っている
+  リュッケ本人の設定など

//とか Edit


Last-modified: 2014-05-30 Fri 20:02:29 JST (2000d)