名簿/440887

  • 早過ぎるよシバルさん、まだ全然お話しもしてなかったのに…ちゃんと故郷に、帰れたのかな…(南に向かい祈りをささげ) -- ヒメカ 2011-03-23 (水) 08:09:24
  • シバル先生…俺は…どれだけの器があるか解らないけど頑張りますよ。…寂しいですね -- レイル 2011-03-22 (火) 03:01:47
  • えう…シーちゃんまだ先生から魔導器借りて無いの…約束を破るのはダメなんだよ……えっく -- シーリス 2011-03-22 (火) 00:21:38
  • 挨拶返す前に…結局どういう奴か、計りきれなかったなー(花を供えて) -- ゼーラ? 2011-03-22 (火) 00:17:52
  • あんたが死んだと言われても、いまいちピンと来ないな。
    そうそう、事件は解決した。……安らかに眠ってくれ。 -- クラージュ 2011-03-22 (火) 00:03:34
  • 私は君に借りを作ったままだと言うのに、何と言う事だ…すまない…。 -- レリア 2011-03-21 (月) 23:50:19
  • ふむ、せっかく知己になったというのに、ろくに話さぬまま、か……惜しいものだ -- エーヴィヒ 2011-03-21 (月) 23:47:34
  • ほゎ…シバル先生もまだ帰ってきてない……
    ……本当にもう戻ってこないのですか…? -- アルセリア 2011-03-21 (月) 22:38:09
  • シャキーンさん…シャキーンさんの真似してワックスで髪尖らせてみたけどべたべたして気持ち悪かったよ…
    僕がツッコミに回る程の人だったのに…さようならシャキーンさん……ありがとう。 -- クラエス 2011-03-21 (月) 19:26:45
  •   -- 2011-03-21 (月) 16:32:32
  •   -- 2011-03-21 (月) 16:32:29
  • 失礼する、君とは居酒屋以来だな。(扉をノックして名を名乗る)
    私は君のように弁が立つ訳ではない、簡潔に用件を話すと物探しをしているので何か手掛かりがあればと思い君を頼りに来た。 -- レリア 2011-03-19 (土) 23:09:37
    • 冷たい石の我が家へ…ようこそ… 私でお役に立てる事でしたらなんなりとお申し付けください
      捜し物…ですか それは、実際に形のあるものでしょうか?
      -- シバル 2011-03-19 (土) 23:18:28
      • (ずい、と買ってきたのであろうシュークリームの箱を差し出す)まずは不躾に訪ねてきた非礼の詫びに。
        探しているのは霊薬エリクシール…錬金術の極致にある薬だ。…簡単に見つかる物でない事は理解している。 -- レリア 2011-03-19 (土) 23:24:59
      • (宝物を賜るようにうやうやしく箱を受け取り) ……エルクシル 不老不死になると言われる霊薬
        ……結論から言いますと 私にもさっぱり…(あっさりと言い、りょうてを開く) そもそも、錬金術は畑違いでしてね…
        ですが… おそらく… 少なくとも私よりは詳しい方を知っていますよ
        -- シバル 2011-03-19 (土) 23:34:07
      • そうか…うむ、正直な所駄目元、と言う奴だ。(肩をすくめてフッと口元を緩める)
        魔術に明るい存命の知人が君ぐらいしか思い当たらなかったのでな、すまない…む、伝があれば頼みたい。
        詳しくは話せないのだが、人命が掛かっているのだ。 -- レリア 2011-03-19 (土) 23:37:30
      • なるほど…… それでは(手元のメモ紙にさらさらと書付)こちらを頼ってみてください
        私の研究している分野は紙とペンだけで出来るものでして… 調合や実験とは無縁の世界なのです
        ですが… この方… プレマと言う名の女性のエルフです 彼女ならばその手の話も詳しいはず
        ………人命が掛かっているのでしたらお急ぎなのでしょうね(大げさに悲しそうな態度をとる教師である)
        -- シバル 2011-03-19 (土) 23:43:43
      • (折り目正しい仕草で頭を下げながらメモを受け取る)…聞いた事がある、学園の教師だったように記憶しているが…。
        本当に感謝している…同じ団員の為に探しているのだ。何せ私には全く畑違いの事でな、君がいてくれて助かった。 -- レリア 2011-03-19 (土) 23:53:34
      • なるほど…それは一大事… それでは…貴女をディナーにお誘いするのはまた今度といたしましょう
        貴女の往くところに、神の導きのあらんことを…
        -- シバル 2011-03-19 (土) 23:56:11
      • ふふ、私のような堅物を誘った所で労力の無駄と言う物だ。互いに知人でも誘えば別だがな…うむ、それならば良いかも知れん。
        本当に世話になった、感謝している、それでは。 -- レリア 2011-03-20 (日) 00:01:48
      • いえ… 今、その笑顔の見れただけでも 実に嬉しい限りでございます…
        それではまた… あなたの事が成るよう祈っております
        -- シバル 2011-03-20 (日) 00:11:29
  • 魔力子にも…フェルミやボースのような関係があるのだろうか… -- シバル 2011-03-19 (土) 21:38:38
    • (むずかしくなるからやめようと思った) -- シバル 2011-03-19 (土) 21:46:20
  • おっはよーシャキーンさーーん!(すたたー) -- クラエス 2011-03-18 (金) 19:26:31
    • おや……… 聞き慣れぬ声…… どちらさまかな?
      (しゃきんと踵から優雅なターンで振り返りながら)
      -- シバル 2011-03-18 (金) 21:11:32
      • ぼくだよぼく、ぼくぼく。そういえばお金貸しましたよねー…ってなんだこの僕僕詐欺は -- クラエス 2011-03-18 (金) 21:47:05
      • ああ・・ クラエス君だったかな おはよう… ああ、すまない… 僕は低血圧でね 朝はあまりテンションが上がらない…
        何か用だったのかな?
        -- シバル 2011-03-18 (金) 21:50:51
      • 低血圧なのかー、なんか髪凍ってるもんね、そりゃ低血圧にもなるワケだー。
        ああ、別に用などない!(キリッ) -- クラエス 2011-03-18 (金) 21:52:41
      • フフ…整髪料を使用して髪型を完璧に保つのは難しい…
        ですが、このようにしておけば…いかなる場合にも最高の形を保っていられる…しかも時間も金もかからず
        成分などに頭を悩ませる必要もない…とても合理的な方法でしょう?君もいかがかな?
        -- シバル 2011-03-18 (金) 22:00:52
      • う〜ん、でもカッチカチヘアーはちょっとなぁ……僕はサラサラヘアーで十分よ〜(さらさら〜とご自慢の長髪を指で梳いてみせて) -- クラエス 2011-03-18 (金) 22:03:13
      • ふむ…わかりませんかね… 例えば髪を凍らせずに居た状態をθとした場合、今の私の状態θに対して-のt(タイム)M(マネー)となり、θ>θtMという式が……
        いえ… これ以上はやめておこう 僕は教師をしていてね… そういえば君は、職業は?
        -- シバル 2011-03-18 (金) 22:13:26
      • よくわかんねー…むつかしい数式+V系の先生とか見たことねー!
        僕はなんだろう?なんでも屋?ホストクラブからキャバクラ嬢までなんでもやるよ。 -- クラエス 2011-03-18 (金) 22:15:46
      • ホストはわかるけれど… キャバクラ…? 女装癖が…… ああ、なるほど…だから髪が長くて… -- シバル 2011-03-18 (金) 22:17:05
      • おもしろいからやってるだけでーす。皆僕の事女装癖がどうたら言いますけどもね〜……
        フツウの格好してる事のが多いのよ〜? -- クラエス 2011-03-18 (金) 22:21:41
      • では何故シナを作る(一歩後ずさりながら) まぁ…判らない訳では無い…
        美しさとは… つまり女性的部分にあると、僕は思います なんでもや…ですか
        君は… この辺りの事に関しては詳しいですか? できれば、いわゆるパワースポットの様な場所があれば教えてもらいたい
        -- シバル 2011-03-18 (金) 22:31:08
      • ふんふん、美しさか〜。女性的な部分って男の子にもあるもんね〜。わかる気がする。
        パワースポットというとテンブエン神社どーかな?可愛い巫女さんもいるよ〜。 -- クラエス 2011-03-18 (金) 22:44:18
      • 可愛い巫女さん…… ああ、なるほど… そちらでしたら以前に一度… 
        ……それで他に 可愛いの部分を気持ち多めに… よいところがあったら教えていただきたいっ
        -- シバル 2011-03-18 (金) 22:53:17
      • あらま、行っちゃってたかー……うーん、じゃあ…人気歌手宝野アリサちゃんちの地図でも書いてあげよう(さらさらっと) -- クラエス 2011-03-18 (金) 22:59:46
      • 人気歌手…… ですか …ああ、たしかこの子はS科の…
        なるほど ちなみに私は、女性的な体系の方が好みでして…
        -- シバル 2011-03-18 (金) 23:05:41
      • あー、先生だもんね。顔知ってたりはするのかー。アリサちゃん結構スタイルいいですよ?身長低いけど
        あとお菓子作りがとてもお上手なので是非作ってもらってね!(◎○○○○ うさんくさい情報) -- クラエス 2011-03-18 (金) 23:16:34
      • いいですよね、身長差カップル… そう、き、キスをする時に 私は腰を折り曲げ… 彼女はうーんと背伸びをする…
        つま先でたって…あるいは階段の段差を利用して…… あぁ……
        -- シバル 2011-03-18 (金) 23:20:24
      • この人自分の世界に浸ってるワ……あとは想像の中の二人でごゆっくり……(邪魔しちゃ悪いので静かに立ち去る空気読んだ男) -- クラエス 2011-03-19 (土) 00:02:28
  • 学園の皆さんに辻似合いそうな楽器判定でございますー
    シバル先生にはピアノみたいな感じで、でも繊細で美しい「アルモニカ」を -- 2011-03-16 (水) 22:19:27
    • おや……アルモニカ…不思議な響きだ…
      手に入れられるのら手に入れてみよう…どんな音色なのか興味が湧きます…ありがとう
      -- シバル 2011-03-16 (水) 22:29:09
      • 私自身はピアノが好きなのですがね
        それとパイプオルガンが…こちらは音色よりも、その複雑な機構に惹かれます
        -- シバル 2011-03-16 (水) 22:57:29
      • パイプオルガンと「少年」
        シバル・シャーキンの父親は自らの「息子」に、様々な英才教育を施した それは必ずしも自らの野心や征服欲のためだけではなく
        彼なりにわが子を可愛く思っての事であった事は付けて加えておく とにかく、シバルはおよそ普通の子供とは違う 大きな期待をその小さな方の上に乗せられていた
        魔法の稽古や礼儀作法、数学、歴史学、様々なものを教え込まれたが、中でも興味を示したのはオルガンとピアノだった
        ほとんど何も要求する事のなかったシバルは、ある時突然に、パイプオルガンの構造を知りたいと言い出した
        そして父親は国中をめぐり、あちこちの教会でオルガン技師を探して やっとの事でちょうど、オルガンの修理を行っていた教会を見付け出した -- 2011-03-16 (水) 23:33:57
      • オルガンは実の所、ハーモニカなどのほとんどの笛と原理的には同じである 指で穴を塞ぐ代わりにスライダーがその役割を果たす
        ストップレバーと言われる音栓を操作して様々な音色を響かせる事ができるのだ 鍵盤がy軸だとしたら、ストップはx軸の座標を決める
        そうして、クラリネットのファ リコーダーのソ と言った具合に音が出せるのだ
        そしてその内部には近代的な工業地帯の様に整然と、無数のパイプが突き出している
        音の波長は長ければ低く、短ければ高くなる なので長いパイプは低い音を、短いパイプが高い音を受け持つのだその美しさシバルは見惚れた
        まるで自分がラッパをくわえた天使達の一人になったような感覚を覚えたのだった -- 2011-03-16 (水) 23:44:45
      • パイプは空気の入った平べったい風箱から並んでいる ある音程で、異なるストップに属したパイプが縦軸、つまりX軸に沿って並び
        X軸は同じだが、異なる音程のものはY軸にそって並んでいる 風箱の中には目当てのパイプにだけ空気を送る仕組みがある
        シバル少年はそれまで、バッハの大フーガの如く複雑な機構を想像していたのだが、驚くほどシンプルな構造である事に驚かされた そしてストップの多くは他のストップと組み合わされて使われる さらに興味を引かれたのはプリセットと言われる仕掛けだ
        これは予め決めておいた特定の組み合わせを瞬時に選べる機構だ ボタンひとつで、オルガンはまったく違う音色を持った別の楽器へと変貌するのだった
        単純な仕組みを持った機械が、無限とも思えるような組み合わせを持つ その事に少年は感嘆し それは後に自身の魔法学へと昇華されるに至る -- 2011-03-17 (木) 00:04:14
  • シバル・シャーキン、少し尋ねたい。(シバルの姿を発見した後にどれだけ走ったのか、息は切れ次の言葉が続かない)
    ……ふう。以前にあんたの姿をスラムで見かけた。堅気の人間があんな場所に近付くとは考え辛いんだ。
    何かしらの目的があって近づいていたのか? -- クラージュ 2011-03-15 (火) 20:56:21
    • (息せき切らす、クラージュの声に長い足を止め 軍人のように踵から身体を返す)
      おや…… 君は… 特に目的と言えるものは何も ……こうして散歩をするのが、言ってみれば趣味のようなものです
      ……その御様子ですと、何か、厄介ごとにでも巻き込まれましたな?
      -- シバル 2011-03-15 (火) 21:00:19
      • (額に流れる汗を拭う。シバルの様子を見るに、後ろめたい行動はなく感じるも)
        長期の大きなヤマを追ってるんだ。最近は落ちついてるが、一時期のスラムでは毎月変死体が発見されていた。
        猟奇事件として、俺たち断罪の剣が捜査しててな。
        (いかにもな様子で顔を伏せ)知人が犠牲者となるのは心苦しいな。
        (わざとらしい演技は暗に「今後スラムに近付くのは控えろ」と示唆している) -- クラージュ 2011-03-15 (火) 21:07:14
      • ……・なるほど しかしながら、スラムで死人など珍しくも無いでしょう?
        ………なるほど、察するによほどの相手なのでしょうな フフ…(シバルは苦笑し、クラージュの目をまっすぐに見返した
        それは三文芝居に乗るか乗らざるか… 「君の言わんとしている事には気づいているよ」というサインでもあった)
        わかりました… あそこは散歩のルートから外しましょう 他に何かご協力できることは?
        -- シバル 2011-03-15 (火) 21:18:36
      • とにかく犯人についての情報が著しく不足している。
        首謀者とされる人物は自らを"絵本の魔女"と名乗っており、妊婦だと報告されている。この時点で荒唐無稽だ。悪い冗談であればどれほど楽か。
        (と口で言いつつも、内心は「絶対首突っ込むんだろうな……それなら別にいいや」と半ば諦めている。
        手数は多いほど役に立つ。シバルの立ち振る舞いからすれば、随分な手だれだ)
        もし"絵本の魔女"についての情報を入手した場合、俺か断罪の剣まで報告してくれ。
        義憤に駆られて自分で捕縛しようなんて思わないでくれよ。 -- クラージュ 2011-03-15 (火) 21:29:30
      • なるほど よほど手を焼いているようですね… フフ…義憤…ですか 私がそんなタイプに見えますか?
        絵本の魔女……絵本の魔女… 興味深い… ええ、もちろん、このシバル・シャーキン 貴方に全面的に協力するとお約束しましょう
        -- シバル 2011-03-15 (火) 21:37:19
      • ……冷たそう(初めてあった時を思い出し)だな。頼んだぜ。 -- クラージュ 2011-03-15 (火) 21:43:06
      • 冷たい…ですか ええ、そうよく言われます 私の名前、シバルとは冷たいという意味なのです
        最も…… 私の国では冷たいとは、「心地良い」という意味合いの言葉でしてね
        それで…… その魔女というのは、ただスラムの哀れな人々を殺す意外の事は何も?
        -- シバル 2011-03-15 (火) 21:50:25
      • そりゃ夏の間は冷やされた空間が心地いいよな。でも風体や肌の色からすると、南の国の出身とは考え辛い。
        その点も疑問の一つだな。変死体は上がれど、他の事件が皆無だ。
        もう少し動きを見せるかとスラムの監視も続けてたが、そこにこないだの震災だ。
        瓦礫の下敷きになってでもくれりゃな。 -- クラージュ 2011-03-15 (火) 21:54:59
      • さぁて… はたして何を目的としているのでしょうね… スラムで人が殺されたとして
        はたして誰がそんな事を気にするでしょうか? 人々の暮らしにはまるで何も影響もなし…
        しかも、それ食べる訳でも何かに使う訳でもないのでしょう? たとえば… 死体とセックスをするとか…
        そうでもなく人を殺す理由は?
        -- シバル 2011-03-15 (火) 22:01:39
      • (自分の過去が抉られる感触を覚える。かつて身の上に襲いかかった理不尽と今回の事件は重なる。一種の妄執で事件を追い続けている原因の一つだ)
        殺しに大層な理由が必要かよ。人間は考えてるほど理知的に生きてない。金がないから殺す、気分がいいから殺す、腹が減ったから殺す、そんな生き物だ。
        確かに目を背ければ済む、普段は街の裏側に隠されている事件だ。手を引くのも簡単、しかしな。
        (瞳の奥には暗い炎が灯る。真面目な街の青年はこの瞬間、魔女という得物を追う猟犬へと変質した)
        この事件は必ず解決する。これ以上、俺の生まれ育った街でふざけた真似をさせてたまるか。 -- クラージュ 2011-03-15 (火) 22:12:56
      • (そんなクラージュとは逆に シバルの振る舞いはあくまで冷静で クラージュの言う通り、その表情は冷たいものだった)
        なるほど、「ふざけた真似」…ですか…  まぁ詳しい事は後日またお伺いいたしましょう…
        正直な所、私はこの街にも、その人々に対してもなんら特別な感情はいだいておりません ですが… あなたの気持ちもよく判る…
        私がごとき者は履いて捨てるほどおりましょうが、少しは魔法の知恵がございます いつでも知恵をお貸しいたしましょう
        -- シバル 2011-03-15 (火) 22:27:35
  • 魔法の最大の問題は 万能であるがゆえに、何も出来ない所だ
    もしも貴方が戦場に身を投げるとしたら 相手の剣を避けるために鎧をつけ、盾もって挑むだろう
    当たり前の事だろうが、魔法を使う相手のために、君は魔法に対しての知識を叩き込み 魔法を防ぐためのお守りを持っていく
    さらに君が魔術を習うものであれば 魔法の恐ろしさを熟知する者は誰しも、過剰なまでに魔法に対する防護を張り巡らせる
    それが国家ともなれば それがどれほどのものであるか… 実際にどこかの街で貴族を殺す呪いをしてみればわかる
    呪いに必要な品物を集めた所で、君は大勢の衛兵に囲まれその用途を詰問され財産を没収されるだろう -- 2011-03-15 (火) 20:30:35
    • 魔法は学べば誰でも使える 故に簡単に真似もできる それが単純な魔法であればあるほどだ
      もちろん、種族や体質によって、まったく魔力を放出できない者もいるだろうがそれはさておき
      ここで問題となるのは魔法の秘匿性だ 魔法は発動させようとすれば当然ながら魔力を放出する 魔法に通じたものならば放出された魔力の残骸から、どういった魔法を使おうとしているのか
      または、どんな魔法を使ったのか それらを簡単に把握する事ができてしまう そこからその魔法を模倣する事もできるだろう
      さらに、前出の通り魔法と言うのはその実、奥の制約でがんじがらめにされている
      魔道士の多くが必要以上に魔法に頼らず、また無鉄砲な事件を起こさないのは、なにも魔道士がすべてがパウロのごとく聖人ばかりなのではなく
      ただ単にそうでなくては生きていけないからに過ぎないのだ さて、話を本題へ戻そう -- 2011-03-15 (火) 20:46:56
      • 魔力を暗号化する
        何十年、あるいは何百年もの間、月日を重ね 魔法の研究に精進し
        強靭なる魔術を持った魔術師 それは人々に恐れられる存在かもしれないが、同業者からしてはそうでもない
        魔力とは何かを知るものからすれば、魔法などと言うものが、実はガラス窓にぶつかるミソサザイのごとく弱々しいものであると知っている
        それでは我ら魔術師が、狡猾な後輩達や さらに恐ろしい同業者 あるいは敵に対して
        如何に身を守るべきか それこそがこの魔力そのものを暗号化する理論の発端となった考えである -- 2011-03-15 (火) 20:56:51
  • …………(外の木々を、採集するでもなく、スケッチするでもなく見ている) -- オルクス 2011-03-14 (月) 19:37:11
    • 暖かい春の昼…しかしその庭には長閑な鳥の声はせず
      変わりにキィキィと甲高い声をあげる毛の長いネズミ達があたりを徘徊していた
      そして庭に植わっているのは針葉樹…北国の木…
      そう、その屋敷の、オリンピックが開けそうな庭は冬のような寒さだった
      ふとスケッチを続ける学者に一匹の白ネズミが近寄ってきた
      -- 2011-03-14 (月) 21:22:16
      • (以前に来たときと変わらず、寒がる様子もなく立っている)
        …………(近寄ってくるネズミに気がつく。警戒をするでもなく、不思議がるでもなく見ている) -- オルクス 2011-03-14 (月) 21:31:27
      • (雪のように真っ白な毛 都会のネズミとは違い、木の実や昆虫ばかりを食べている野ネズミだ
        「彼」はオルクスの足元まで来ると二本足で立ち上がり)…
        やぁ、オルクス先生 よくいらっしゃいました…今日は散歩に?(ネズミはシバルの声で喋りだした)
        -- 2011-03-14 (月) 21:38:49
      • …………(立ったのには、少しだけ目を開いた)
        ……シバル先生……? …………(ひょいと持ち上げようとする) -- オルクス 2011-03-14 (月) 21:41:49
      • こんにちわ先生、実は悪い魔法使いにこんな姿にされてしまいましてね
        呪いを解くにはお姫様のキスが必要で…なんて事はありませんが
        こいつはあまり清潔ではないのでそれくらいで… 今、そちらに参りますよ
        -- シバル 2011-03-14 (月) 21:48:56
      • …………(真剣に聞いていた) …………(ぱちくり) …………(ネズミを放す) -- オルクス 2011-03-14 (月) 22:02:38
      • (ねずみが庭というよりは森に近いその庭園に姿を消し、五分ほどしてからようやくシバル・シャーキンが現れた)
        やぁどうも、お待たせして申し訳ありません先生 ……何か面白いもので見られましたかな?それとも世紀の発見を?
        -- シバル 2011-03-14 (月) 22:13:45
      • …………いや…… ……ここは……………過ごし良い………
        ……君の……故郷が……この様な……? -- オルクス 2011-03-14 (月) 22:16:32
      • なるほど…… ここは涼しいですからね ……実は私は南国の生まれでして
        とても暑い、砂漠の国でした まぁ、つまり僕はエアコン替わりだったわけですな
        高貴な方に仕えておりましたが……まぁ色々とありましてね…… 今は自分の研究と学園での生活に満足しております
        -- シバル 2011-03-14 (月) 22:23:59
      • ……砂漠の…… ……そうは……見えなかった…… ………そうか……
        ………私も…… ……ここでの……生活に…満足を……している…… ……少々……暑いが…… -- オルクス 2011-03-14 (月) 22:29:40
      • なので、せめて家だけでも涼しくしようと思いましてね ここがお気に召しましたらいつでも
        ええ、部屋はいくらでも開いてますし、なんなら研究室をそっくり持ってきてもかまいませんよ、フフッ
        私は魔法における情報理論について研究しておりまして 魔力を使った暗号通信とその暗号方式についてですね
        これがなかなかに奥が深い
        -- シバル 2011-03-14 (月) 22:36:01
      • (小さく頷く)………時折……訪れさせて……貰いたい…ものだ………
        ……魅力的な……申し出だが………移す事は……難しい…… …この…気候に……不向きな……機器も…ある……
        ………情報…か…… ……私の……研究とも………通じる…所が…ある……
        …………(ぐー) ………… …………(お腹がすいたので、小さく会釈をして戻っていった) -- オルクス 2011-03-14 (月) 22:49:49
      • おや…… 今のは、ネズミの声ではないようだ… フフッ それではまた… いつでもお越しください、先生 -- シバル 2011-03-14 (月) 22:57:06
  • さて…生徒達の訪問などいたしましょうか……ああ、そのまえにオルクス先生の所へ行かなくては…
    彼とは…気があいそうだ…
    -- シバル 2011-03-13 (日) 21:41:33
  • 魔術師たるもの常に冷静でなくてはならない……
    ならないのだが…

    同行者がたびたび犠牲となるのは…力不足が歯痒いな…
    -- シバル 2011-03-11 (金) 23:35:00
    • …………(入ってきて、小さく会釈) ……済まない…… ………立ち聞きを…する……つもりは……無かったが……
      ………… ………君の……無事が……確認できて……良かった…… -- オルクス 2011-03-11 (金) 23:39:04
      • 大丈夫、僕は殺されても死にませんよ
        貴方もお元気そうで何よりです フフッ
        …失礼 貴方は思っていたよりも社交的だなと…
        -- シバル 2011-03-11 (金) 23:46:27
      • …………? ……失礼などと……
        ……君の……自由な…様に……感じ取ると……いい……(小さく会釈をして、戻っていった) -- オルクス 2011-03-11 (金) 23:50:47
      • それではまた、お気をつけて…
        また今度、御礼にまいります
        -- シバル 2011-03-11 (金) 23:55:37
  • 素敵のお屋敷アルけどー…っくしゅ! 寒すぎヨー!!(ぶるぶる震えながら主の姿を探しまわる中国だ) -- フェイフェイ 2011-03-10 (木) 00:04:40
    • (薄暗く、冷え切った石の屋敷 奥へと入るほどに冷えていくようだ…… いくつめかの角を曲がったとき
      不意にキィキィと甲高い小動物の声が聞こえた それは注意を引こうとするかのようだった
      声の先… 石の廊下のその壁に 少女にはやや大きめなサイズのコートがかかっている) -- 2011-03-10 (木) 00:11:25
      • うぅ、フェイフェイもしかして迷子なたアル? おぉぅ何の声ヨ??(コウモリかも、と見上げる 何もいない)
        (ふと暖かそうなコートに気付いて)んぅー…後でありがと言て返すネ(ちょっと拝借してチャイナの上から羽織ることにした) -- フェイフェイ 2011-03-10 (木) 00:34:01
      • (キィキィと小さな声が、今度は足元で聞こえる ……声の主は白い毛をしたねずみ達
        彼等はフェイフェイの先を進んでいき、やがてある部屋の戸の前で立ち止まった) -- 2011-03-10 (木) 00:38:38
      • シバルーそのお部屋にいるアル? ねずみサンありがとネー(足元に気をつけながらドアに手をかけて)お邪魔しますアルー -- フェイフェイ 2011-03-10 (木) 00:41:50
      • どうぞ、おかけくださいフェイフェイ…… 少し寒いかもしれませんが… そこはご愛嬌で…
        私は、美しいご来客に暑いくらいに感じますけれどね 
        -- シバル 2011-03-10 (木) 00:47:41
      • やと見つけたアル! シバルー遊びにきたヨー(謝謝、と腰かけて)お手伝いサンいなかたネ 一人で住んでるアル? -- フェイフェイ 2011-03-10 (木) 00:55:17
      • ええ、いつでも歓迎いたします …… 使用人はおりません、僕一人なんです
        でも、小さな友人達がいろいろと気を聞かせてくれる それに…… 
        実は家事の類は自分でするのが好きなほうでして なので不自由はしておりません …訪ねてくる人も少ないですいね
        -- シバル 2011-03-10 (木) 00:59:42
      • 親切のお友達ネー(ちら、と背もたれ越しに扉の方を振りかえり)でも広い広いのお家アル お掃除大変アルヨ?
        そうヨーシバルどしてこの街来たネ 冒険者サンなりたかたアル?(剣士のようにも、魔術師のようにも見えるいでたちを見つめて) -- フェイフェイ 2011-03-10 (木) 01:09:27
      • ええ、僕は彼等の事はとても信頼しています ……掃除も趣味のようなものですから、むしりもっと広くても良いくらいですよ
        何故……ですか ふと私の足がこの街にとどめました もしかたら、貴女に出会うの予感していたのかもしれないですね、フフ… 
        (しばしの沈黙 その物憂げな表情からはあまり多くは読み取れない…) 自らを試してみたいと… そんな気持ちからですかね… 
        -- シバル 2011-03-10 (木) 01:16:47
      • //すいません そろそろお時間の様子でございます -- 2011-03-10 (木) 01:20:57
      • フェイフェイもお掃除好きヨ! お部屋きれいきれいなたら気持ちいいアル(磨き上げられた家具や調度の類に目をとめて)
        ふふ、ただの偶然ヨー?(美貌の青年にいだく一抹の違和感 何か根本的な部分でこの人を誤解している、ような)
        (いくら見つめてみても答えは出ない 釈然としないものをかかえてメガネに手をのばす)シバルーちょとこっち向くネ -- フェイフェイ 2011-03-10 (木) 01:39:12
      • //晩安! おやすみなさいアルー(文通スイッチポチりながら -- フェイフェイ 2011-03-10 (木) 01:40:39
      • おや…?私になにか…?(微笑みを浮かべたまま
        得に抵抗も見せず、むしろフェイフェイにおじぎをするように腰を曲げて顔を近づけた)
        -- シバル 2011-03-10 (木) 22:20:07
  • ……寒い!と言うかこの辺はなんだかいっそう寒いですねー…
    あ、ココですかね……すみませーん、居ますでしょうかー? -- アルセリア 2011-03-09 (水) 11:08:38
    • (薄暗く、底冷えのする石の廊下…かつかつと響く足の音……
      ふいに足音が自分のものだけではないと気付く…)
      ご機嫌ようお嬢さん、その説は(慇懃にも上品に、腰を深く折り曲げる男 手にはファーのついたコートを提げていた)} -- シバル &new{2011-03-09 (水) 22:16:48
      • …はっ、そこにいたのにいなかった!?
        あ、こんばんはですよー。今月はお疲れ様でしたー!無事に終われてよかったのですよー -- アルセリア 2011-03-09 (水) 22:25:26
      • お互いに(優しく微笑みながら手にしたコートを広げ)
        どうぞ、ここは冷えます…私の屋敷ですのでね、フフ
        お時間がよろしければ暖炉のある部屋をご用意いたしましょう…
        生憎、使用人は僕しかおりませんけれどね(そう言ってウインクしてみせるのだった)
        -- シバル 2011-03-09 (水) 22:33:38
      • はい!3ヶ月目も無事に超えて自己新記録!また組む時はよろしくなのですよー
        あ、暖かい部屋があるですか?助かるですー、私は寒いのニガテなのですー……(と付いていく) -- アルセリア 2011-03-09 (水) 22:44:20
      • (シバルは大袈裟にうやうやしく、一つの木からくり抜かれた扉を開き
        こじんまりとした部屋に通した…あまり使われいないらしく暖炉には真新しい薪が置かれていた)
        ……火の魔法はあまり得意ではないのですが………(ブツブツと暖炉に向かって何事が呟くと薪が黒く変色し、やがて炎が立ち上がる)
        これでよし… アルセリアはたしか学生だったね?楽しいのかい、学園は
        -- シバル 2011-03-09 (水) 22:51:40
      • ほわー…ありがとうございますなのですー。はー、暖かい……
        はい、学園に通ってるですよー。と言っても出オチが多くて中々顔を出せなかったですが……でも友達とも会えるし色んなこともあってとっても楽しいのです!(にっこり) -- アルセリア 2011-03-09 (水) 23:01:54
      • なるほど、君がそう言うのなら本当に楽しいのだろうね(小さなやかんのようなものを暖炉な側によせ)
        …実は僕はその学園に入ろうと思っていてね、勿論、教師としてだ どう思う?
        -- シバル 2011-03-09 (水) 23:07:45
      • はい!楽しいのですよー♪(くるりくるり)
        ほほぅー……私は大歓迎なのですよー?知り合いが来るならもっとニギヤカ、知り合いじゃなかったとしてももっとニギヤカになるのです!いいことなのですー -- アルセリア 2011-03-09 (水) 23:18:10
      • 友人だからと言っても、えこひいきはしないからね?
        と暖炉に置いた、金属容器を傾けてコップへ温かいレモネード
        ご存知の通り、私は氷雪の魔法を使う
        だから私が教えるのは魔法学となるだろう…君のような可愛い生徒が持てると思うとうれしいね
        -- シバル 2011-03-09 (水) 23:24:35
      • もちろんなのです!学園は情け無用なのですよー!(意味がわからない)
        ありがとうなのです……私はM科ですから教わる事も多そうなのですねー。えへへー、カワイイだなんてそんなー(てれてれ) -- アルセリア 2011-03-09 (水) 23:36:03
      • ああ、そういえば君は変わった魔法の使い方をしていたね… 魔法はその人の個性が強くでるものだ
        君は君の… 天から授かった力をより伸ばしていくといい そのために何が必要か それを教えるのが教師だ
        魔法は筋肉のように、トレーニングだけで強くはならないし、使い方を間違えては意味が無い
        心も頭も鍛えて行くことが必要だ ……これは課外の個人レッスンと行った所かな(少し照れたように笑い)
        それじゃぁ… よかったら学園まで案内してもらえるかいアルセリア?
        -- シバル 2011-03-09 (水) 23:40:58
      • 変わった……まー、確かに個性的とはいわれますねー。魔導器が欲しいところなのです……
        おー、教師って感じがするです……はい、その時はよろしくですよー!(でも意味はやっぱりよくわかってない)
        がってんしょうち!なのです。では早速出発しましょうかー?あ、ごちそうさまでしたよー(コップを置いて立ち上がり) -- アルセリア 2011-03-09 (水) 23:51:49
      • フフ、このコートはお礼に代わりに…… これからもっと寒くなる……
        アルセリアには少し大きい、上質な本物の毛皮のコートをアルセリアの肩にかけ
        長い足でゆっくりと… 歩調を合わせて学園へと向かうのであった) 
        -- シバル 2011-03-09 (水) 23:57:29
  • 今日こそは…学園へ行ってみるか… -- シバル 2011-03-09 (水) 09:36:57
    • 自分の活動時間の短さがなんともツライ所ですね… -- シバル 2011-03-11 (金) 09:17:55
      • …………(小さく会釈) ……学園には……馴染めそう…だろうか…… -- オルクス 2011-03-11 (金) 09:24:24
      • 今日はとても印象深い…或は悪夢を見たのでメモしておこう
        魔術を行う者として、自分の精神状態の投影としての夢は興味深い
        -- シバル 2011-03-11 (金) 09:33:48
      • おや、これはオルクス先生ようこそいらっしゃいました
        ハハ…僕は少し、彼らと馴染むにはきまじめ過ぎるらしいです
        -- シバル 2011-03-11 (金) 09:36:21
      • (もう一度頭を小さく下げる)……生真面目か…… ……私も………言われる…事はある……
        (真冬、この城で、薄い白衣の下は袖なしのタンクトップ。しかし寒がる様子もなく無表情)
        ………シバル先生は…… ……話いい…… ……すぐに…馴染めるとも…… -- オルクス 2011-03-11 (金) 09:51:02
      • ありがとうございます先生 貴方にそう言っていただけると、とても励みになる
        僕はこれまで人生の間の長い期間を他人に行儀よく使われる為の作法を教えこまれました…
        しかし、今は自分のために時間を使おうと思います
        よろしくお願いします、先生(手の込んだ細工物のような、身長にしては小さな手の平をさしだした)
        -- シバル 2011-03-11 (金) 10:01:24
      • (握手に応じる)…………
        ……自分の…為と…… ……人を…支える……教師職を……選ぶか……
        ……優しい人だ……
        ……良い……これからを……祈らせて…貰う……(小さく会釈をして、帰っていった) -- オルクス 2011-03-11 (金) 10:30:45
  • (寒々しい館を薄い布一枚纏い裸足でぺたぺたひたひた歩いてくる少女が一人。足に繋がれた鉄球がごろごろと石臼をひくような重々しい音を立て引きずられている) -- アリエルティルテイル 2011-03-08 (火) 17:44:37
    • (まだ夏の香を残る頃だと言うのに、石を積み上げて作られた屋敷は底冷えした
      まさに、ストーン・コールドと言う訳だ 素足で石の上を歩くのはかなり辛い事だろう…
      とそこへ、暗い廊下の奥、石の地面が奇妙に盛り上がり何が近付くのが見えた
      それは……白を基調とした仕立ての良いガウンだった…それがモコモコと内側からうごめいている…)
      -- 2011-03-08 (火) 22:10:20
  • 夢に出てきた人が偶然同じ姿だったらしいので差し上げます 好きにしてください まる -- 2011-03-08 (火) 16:25:33
    • 仕事から帰ったら…キャラ絵が出来ている……!?
      意味が解らないとは思うが…わたしにも解らない……
      深き感謝と喜びとを捧げます
      -- シバル 2011-03-08 (火) 22:09:05
  • さて、私はてこ入れに何をすべきであろうか…… -- シバル 2011-03-07 (月) 23:28:47
    • 今更学生というのも無理があるな…… ならば教師というのも良いか -- シバル 2011-03-07 (月) 23:31:19
      • 医者………というのはどうだろうか それなりに知識はある -- シバル 2011-03-07 (月) 23:38:16
      • 教師…教師か……私が教えられるのは魔法くらい…いや、メイド科も… -- シバル 2011-03-08 (火) 22:28:51
  • セックス!! -- フェン 2011-03-07 (月) 21:36:43
    • またか…… なんだか判らないがお引き取り願いた…… ほう…
      (氷を思わせる青く透き通る瞳で少年を見つめ)君は…? あいにくだが、私にはその… 同性愛というのは あ… 理解はできるが趣味は無くてだね…
      -- シバル 2011-03-07 (月) 21:40:23
      • ハハハ、良い男を見かけたらセックスって言うのはこの街の慣わしさ!良い夜だねお兄さん
        オレ様はフェンリスというのだが、お兄さんがあんまりにも綺麗だった物でな?つい声をかけてしまったのだ、がはは!
        趣味はないか…?同性愛もいいものだぞ!…所でおにーさんはこの街にきて間もないのかい?見ない顔だが… -- フェン 2011-03-07 (月) 21:48:18
      • え、良い男… う、うん、それはそうだな…たしかに僕ほどの男はそうは居ないだろう(平静を装っているが明らかに肩が笑っている)
        フェンリス… なるほど… 僕はシバルと言う よろしく頼むよ ………き、君は本当にそんな趣味があるのか…?
        まぁいい…(眼鏡をくいっとかけ直し) ああ、この屋敷を買い取ったのはつい先月の事だ 君はこの街の生まれなのかい…?
        -- シバル 2011-03-07 (月) 21:55:26
      • シバル君か、良い名前だね、オレ様好みだぜ?(くすくすと笑い)
        オレ様は綺麗な物がすきだからな、男でも、女でもな!がはは
        うむ、オレ様はこの街生まれなのだが…もう30年はいるでな。ほう、、やはり新人君か…この街は色んな奴が居るからな?シバル君は良い男だし、いろいろ気おつけるんだぜー?(笑ってそう言って) -- フェン 2011-03-07 (月) 22:15:15
      • それでは君は先輩といった所だね、フェンリス ああ、フェンリスと呼ばせてもらって構わないね?
        (少年の見た目をしたフェンの「30年」の言にもとくに驚いた様子は見せないでいた)
        色々か…… 美しいものを愛でる心は理解するが 僕はそれは異性である事が好ましいな…
        それはさておき… ここはすこし「冷える」だろう?暖炉のある部屋に行こう 私はあまり使っていないが……
        ああ、君になら判ると思うが、私は氷の魔術を使う者でね この屋敷の精霊たちも私も 寒いほど休まるんだ
        -- シバル 2011-03-07 (月) 22:21:08
      • はは、まあ、冒険者家業なんて幾らもしてないけどな…!いいぜー、堅苦しいのはオレ様も苦手だ。
        あー、これは振られちまったってやつかねぇ、がはは(笑いながら手をひらひらとさせて)
        っと、気を使わないで良いぜ!オレ様はシバル君の美貌に惹かれてきただけだからな、挨拶も済ませたし 今日はこれ位で引き上げるさ
        ではなー、武器は拾ったら装備しないと意味がないから、気おつけるんだぜ!(そう言い残して闇に消えていった) -- フェン 2011-03-07 (月) 22:39:52
      • クス…… まるで始めての冒険に降り立った勇者の気分です(歯を出さないように目元と口元だけを歪めて笑みを浮かべ)
        おや、もうおかえりですか フフ… 君の方こそ、もし僕が… もしも、もしもですよ? もしも私が女であったら魅入ってしまうでしょうね
        ごきげんようフェンリル 心地良く、涼しい日々を
        -- シバル 2011-03-07 (月) 22:45:00
  • セックス! -- 2011-03-07 (月) 21:13:18
    • ……これが噂の まるで恐怖新聞か何かのようだな -- シバル 2011-03-07 (月) 21:17:04
  • フッ…… さて、カラーはどうしようかな -- シバル 2011-03-07 (月) 21:10:40
    • こうかな…… -- シバル 2011-03-07 (月) 21:14:53

Last-modified: 2011-03-23 Wed 08:09:24 JST (3636d)