名前アロンディ・クロステイルドhttp://notarejini.orz.hm/up3/img/exp031800.jpg
性別
年齢17歳
瞳の色黄金
肌の色
髪の色橙色
B/W/H92/60/89
出身地ベルトヘル・キャラバン
職業怪物狩人
理由己を鍛えるため
外見大きめ/
BGM英雄の証
http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp031381.png


編集:info/黄昏歴
黄昏歴 1104年10月(西暦 2020-01-19)
NEXT : 6/22
カレンダー

剥ぎ取り三回 Edit

  • モンスターを狩って生計を立て素材を利用して強化する
  • それってモンハンじゃないの!?はいモンスター狩人です
  • ハックライドという技術でエキスパワーアップもするよ

http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp031827.png ここをキャンプ地とする Edit

ステータス Edit

  • 身長:166cm / 体重:56kg
  • 一人称:「私」
  • 口調:丁寧かつ普通な女子口調。誰に対しても
  • 好物:ドス強走薬
  • 好きな言葉:勝利の星
  • 嫌いな怪物:凄瀑竜ナガラグリア
  • 武器:
    • 大剣・ゴランバオール
      • ゴラムバウスの強固な背鱗を用いた大剣。重い一振りが敵の骨肉を斬り砕く。
    • 太刀・セツナ五月雨ツルギ
      • リュリュトトガの鋭いヒレが水気を纏う斬撃を生む。滴る水が血を洗う流麗な太刀。
    • 片手剣・アモパイクエッジ
      • 破針竜の素材を使用しその能力を再現した片手剣。斬り裂けば、爆烈が更に傷を抉る。
    • ハンマー・徹蹄ユージドン
      • 震馬獣の蹄を加工した重槌。馬に蹴られて地獄に落ちる気分を味わえるという。
    • ボウガン・カペラプレッシャー
      • 透き通った碧い銃身が美しい軽弩。滑らかに回る装弾機構は驚きの連射力を実現した。
    • 弓・炎星流弓
      • カカドゥゴッカの素材を使ったしなやかで軽い弓。放たれる矢は疾走する炎となって獲物を焼き尽くす。
  • 性格
    • 狩人にしては妙に丁寧、物腰大人しく親切で優しい。服を整えれば令嬢として騙せなくもない。とても常識的な感覚の持ち主。
      大胆に切りかかる為にまず慎重に準備をするタイプで、必要であれば敵に背を向ける事も選択できる。猫車で運ばれて投げ出されても最後まで諦めない。
      その分、失敗は自分が至らないせいと考えがちで、やるべき事は自分一人でこなそうとする個人プレイな面も。クヨクヨしないので男らしく見えなくもないが…。
      流浪のキャラバン出身で、自然の知識は豊富だが街の暮らしには慣れていない。
      怪物の話をする時には早口で喋るマニアな側面も。
      生活の為にモンスターを狩って利用してきたので、そういう部分はドライ。というよりそうでないと暮らしていけなかった。
  • 外見
    • オレンジ系の赤毛で長髪。女子にしてはそこそこに背があり、引き締まったナイスバディをしている。
      黄金の瞳が少し珍しいかもしれない。
      常にモンスター素材から作った防具を着ている。状況に応じて着替えるので、何着か持っているようだ。ちなみに鎧を着たまま眠れる。
      服っぽいインナーをちゃんと着ているので、鎧が脱げない訳ではない。
  • 能力
    • 凄くタフで頑丈。
    • 多様な武器を扱う事ができる。自信があるもので6種類だが実際には更に多く使えるという。
      その分魔法にはからっきし。魔法めいたモンスターの攻撃には詳しくても人が使う魔法はその存在を知っている程度。
    • ハックライドの技術を継承している恐らく最後の一人。
      キャラバンが壊滅した為、果たして他にも残されているのかわからなくなってしまった。
      モンスターの素材からエキスを取りだし、そのエキスで武器や自身を強化する技。人類種からもエキスを取れるようだが、特殊な力を持った人でなければあまり意味はない。
      一見凄い技術のようだが効果時間には限りがあり、しかも飛び抜けた力を得られる訳でもなく、超常に含まれるかは微妙なラインの技。
  • 道具
    • 調合ボックス
      調合の名がついているが素材の簡単な加工も行える小型(といっても1.3m四方はある。彼女は背負ってきた)の作業箱。
      エキスの取り出し等はここで行う。
      この一台しか残っていないので、早い内に同じものが作れないかと考えている所。

ハンターノート Edit

  • ベルトヘル・キャラバン
    • 大きな街から辺境の町村まで、広い範囲を渡っていた小規模隊商。大型草食動物に牽引される家屋兼馬車数台で構成されていた、ありふれた形のキャラバン。
      アロンディはこのキャラバンが立ち寄った村の廃墟(大型モンスターの襲撃に会った模様)で赤子の内に発見され、キャラバンで育ち怪物狩人になった。
      通常、狩人は独り立ちするとキャラバンに専属するより大きな町や組織に雇われる様になるので、アロンディもそろそろ道を選択する時期であった。
  • 凄瀑竜ナガラグリア
    • 現れると大気が変動し、滝の様な豪雨をもたらすことから凄瀑竜の名で呼ばれる大型モンスター。
      ベルトヘル・キャラバンが立ち寄った山村に出現。アロンディを始めその場に居た狩人達が挑んだのだが、豪雨による地滑りと土砂崩れが発生し村とキャラバンは壊滅。
      ナガラグリアは逃走した。
      その後、通りがかった赤い旅人に救われ九死に一生を得たアロンディは近くの街へ避難、数少ない生存者達と合流。
      冒険者協会にも依頼して残る遭難者を探していたが、数ヵ月後には若干名を除いて遺体を確認。キャラバンは消滅した。
      (村は生き残りがゆっくりと復興させていくとの事)
      アロンディは狩人として独立し、より己を鍛える為に、冒険者達が集まりつつある酒場の街へやってきたのだった。

Edit


Last-modified: 2016-07-27 Wed 02:53:14 JST (1271d)