夜の街を覗いてみる?

  • (ベッドでだらーん)
    • なんだか、とても久しぶりな気配を感じたようなー -- ニナ
      • (だらーんしたまま両腕を広げてみせる。カモンカモンのポーズ)
      • (ぽふん、とハグし合う柔らかい2人。リラックスし切った表情) -- ニナ
      • うーん懐かしい感覚だわ…(もふもふぎゅー) 一時の帰郷みたいな感じねおほほ
  • ふー…四月だというのに寒い…(ぶるる -- 踊り子
    • (ペットボトルにお湯を入れたのを渡す)
      • わーぬくい…ぬくいわ…(タオルで包んでカイロ代わりにする)
        雪が降るとかどうなってるの天変地異なの世界が終わるの
        -- 踊り子
  • ホントに時間の流れが緩やかになっちゃったわねここ -- 踊り子
    • 緩やかな時間は嫌いかい?
      • 嫌いじゃないけど、最新60が11dとかなってるのを見ると思うものはあるわねー… -- 踊り子
      • 思うところは確かに大きいよね…。でも変わらずにあるということが安心感があっていいかな
        全盛期は時間とれた人たちも生活が変わって毎日が忙しいということもあるけど
        そんなときに変わらずにここがあって遊べるときに遊べたらいいなって。最近はそう思うようになったね
  • はふー…まーわるまわるよじだいはまわるー -- 踊り子
    • 青年が渋みを増し(よろこび)ショタは大人の階段を(かなしみ)…くりかえし
      • ルビまで振って力作すぎる… -- 踊り子
      • ルビがわからないブラウザの悲しみ(かなしみ)
      • とり〜むし〜けもの〜
      • えっ私これ解説しないといけないの?
        そして時代は異種姦とかそういうのなの?
        -- 踊り子
      • 今やってた映画の歌だけど見てなかったんだ…
      • ごめんねテレビ見るのに移動しないといけない部屋にいるの…かぐや姫のだったかしら(いそいそ) -- 踊り子
      • なるほどー、それで今はデレマスのために移動かな
      • その通り戻ってきました いやぁ頭空っぽにして見れるお話いい… -- 踊り子
      • なんというか前回とは違うけど違った意味でいい回だったね…
      • 前回というか今までテーマがしっかりと見えていたけど今回はこう、ぼやけちゃったのかなーって感じ
        まあ三人それぞれ出番や見せ場を作ろうとすればこうもなろう! ってところ
        -- 踊り子
      • でも杏をきらりんと組ませずにこういうユニットにして杏が引っ張りやまとめをするというのは新しくていいと思うよ
        あともう幸子が幸子だっただけにもうそれで満足って面もあるよね…
      • そうだね幸子はもう幸子ぉだったね…CPにメイン入りしなかったのはなんでだろう…
        ちえりちゃんはしっかりと立ち直ってやる気を見せたし杏は本気モードのすごさを見せたし、それを魅せたかったんだろうなってわかるの
        でもかな子は何を見せたかったんだろうね…って今振り返ってる
        -- 踊り子
      • その辺りどうしてこの面子なのかはちょっとよく分からないけどまぁこういう風に出してくれてるしいいかなとも
        …かな子は本当なんだろう、そこそこおいしいシーンはあったにせよ魅力を引き出せてるかはちょっと微妙でもあるけどまぁまだ機会はありそうだし
      • 幸子が幸子すぎてこれもう他のメインを食うんだろうねって自己解決しました!
        メタ的な読み方になるけど、多分メイン回かもしくは深く掘り下げるときに原作ゲーのほうでカードを配布するのかなって予想してる
        しかしセクシーギルティいい…私もああいうタイプででびゅーしたい…
        -- 踊り子
      • しかしまだまだ幸子以外にもメンバー外でメイン食うの残ってるしね…どうなることやら
        あー…あるといいねぇ、ただその前に前川ァ!をもっと優しくというかデビューさせてあげて…きらりんはお姫様だっこ回があれば満たされると思うよ
        いいよね…大丈夫ヴェネッサさんも見た目なら負けてない!若さに関しては…
    • 今週もよく働きましたー -- 踊り子
      • お疲れ様でしたー(肩を揉む) -- ニナ
      • ありがとさまー…あ゛ー効くー(ぷるぷる) -- 踊り子
  • こう、動きたくはあるけどどう動いたらいいのかわからず日がくれる… -- 踊り子
    • 思うが侭に踊ればいいのさ…
      • それは若さ故に許されることなの… -- 踊り子
      • とりあえず、ごろごろしてはいかがでしょうかー
        別の名簿にまで転がり込むくらいのダイナミックごろごろでも良いですし
        プチごろごろでも動いたことには変わりありません……! -- ニナ
      • あっすごい すごい久しぶりの気配を感じる -- 踊り子
    • (奮発したベッドの上でごろごろ) -- 踊り子
      • (床にぺたんと座ってベッドの手触りを楽しむ) -- ニナ
      • わーいニナだわー久しぶりだわー(もふもふ) -- 踊り子
      • くすぐったいのです。私もベッド買い換えたくなってきました。長年使って傷んできましたしー(めっちゃ柔らか温かいのでもふり心地はばつぐんだ!) -- ニナ
      • あー人肌が温い…(はふー)
        生活家電ほどじゃないけど頻繁に買い換えたくなる、それが家具…!
        せっかくだしこのベッドにくるくる回る機能とか仕込むべきだったかもしれない
        -- 踊り子
      • 寒いとこう、人の温もりが恋しくなりますよね(ヴェネッサをもふりかえすダークエルフ)
        それ、色々な意味で落ち着かなくなりそうです! -- ニナ
      • ホントにねー…猫でもいいんだけど、布団に潜り込んでくるような猫でも(ふにふにした抱き心地である)
        そこは照明をムーディーにして気分を盛り上げれば
        -- 踊り子
      • 猫でなくて申し訳ないのですが、少しお邪魔させてください。外は寒かったのです(布団にもぐりこんでくる黒猫ならぬ黒エルフ)
        私には新感覚ですねー、案外良いものかもしれません。ちょっと楽しい……かも -- ニナ
      • 思う存分ぬくぬくしていくといいわあー男の子一人いるともっといいんだけどいろんな意味で -- 踊り子
      • お言葉に甘えちゃいます……! いいですよね、男の子。大人にしてみたくなー……なんでもありません -- ニナ
      • お盛ん?(にやにや) -- 踊り子
      • (否定するでもなく、肯定するわけでもなく。両の頬に手を当てて困り笑い) -- ニナ
      • ニナに手ほどきされるんじゃあかなり期待株になる気がするわねー(ごろんごろん) -- 踊り子
      • 手ほどきだなんて……!
        (ヴェネッサの髪を指で梳きつつ)問題はそんな男の子がなかなか見つからないことですねー -- ニナ
      • (指が髪を梳いていく感覚がくすぐったい。ふるふると頭を振る仕草は猫のようだ)
        まあ、そうよね。なかなかそういう機会は…時たま知らずに劇場に迷い込むような子はちらほらいるんだけど
        -- 踊り子
      • (猫を可愛がるように、彼女の長く美しい髪を撫で撫で) 仔猫のような仔犬のようなー。迷子には優しくしてあげませんと、ね -- ニナ
      • そう、優しくよね、優しく。間違ってもトラウマ刻んだらダメよね -- 踊り子
  • (ごろごろにゃん -- 踊り子
    • (毛布を掛ける)
      • 湯たんぽが欲しい…それか天然の温かい何か! -- 踊り子
      • 天然物の白くてぬるぬるしたものとか思ってすまない…
      • ああ、天然の山芋を擦り下して作るってとろろですやーん(力のないツッコミ)
        わかりました、では言い直しましょう
        布団に潜り込んでくるようなペット感覚の何かが欲しいわ!!
        -- 踊り子
      • っ[ダイオウグソクムシ]
      • ダイオウグソクムシは温かくないのではないかしら…? -- 踊り子
      • っ[ダイオウグソクムシに懐炉を張りつけたもの]
      • 素直に猫か犬かをご用意していただきたいわ!! -- 踊り子
      • スマヌ…スマヌ…。普通に可愛いモノ好きな踊り子さん可愛い
      • 虫より犬猫のほうがいいのは人類の共通項だし…たまには一日中犬猫と一緒に寝たいし… -- 踊り子
      • (大きな犬と毛の長いぬこをその巨乳に押し付けておく)
      • やったー!!(即布団即就寝) -- 踊り子
  • 何時の段階のかわかんないけど、合ってるのかな…コレ
    • (こっちでも五体投地しておく踊り子である)
      • (お布団を掛けておく)
  • にゃーん -- 踊り子
    • ぷらすにゃーん
      • ぷらすにゃーん -- エニル
      • アォーン
      • (そこはぷらすにゃーんでしょう! と忍法ハリセンツッコミをかましていく忍者) -- 五十鈴
    • 温もりが恋しい季節です(はふー) -- 踊り子
      • はい、あーん…(アツアツおでんのハンペン)
      • 私芸人じゃないんですけど!! 舞台の上で踊るのが仕事なんですけdあっつ! これあっつ!!! -- 踊り子
      • あったかいからはふはふして食べるのよ……最近ごろごろじゃないですかー?ネコですかー?
      • 玉子玉子玉子にもひとつ玉子(はふはふもぐもぐ)
        もう数か月ごろごろしてるなー膝枕が欲しいなー
        出歩ける場所もないのでずっとここにいてしまうという悪循環
        -- 踊り子
      • 鍋なら白子もいい……そして膝枕、いいよね…
        V後に動いてた馴染み勢も勢い落ちたようだしー…全体的にひっそり気味である
      • 欲しいなー膝枕ー(ちらちらっ)
        定期的に回復してくるロールプレイ欲を持て余してる感じはするのよね
        -- 踊り子
      • しょうがないにゃー…いいよ(ぽんぽん)
        …でも後で交代ね!ガッチガチのRP寄りの方向性でもこういう時ならよさそー…
      • わーい!(ごろんごろん)
        じんるいはすいたいしましたとは案外こういうときのことを言うのかもしれない
        -- 踊り子
  • (ごろごろー) -- 踊り子
    • 雷だわ……
      • ライド・ザ・ライトニングー(雷の球体を纏いながら突進) -- 踊り子
      • こんにち…グワーッ(ビリビリ) --
      • ギルティギアもブレイブルーもそろそろ話を一つにまとめて語り聞かせていただきたいと思う私はストーリー重点派
        おおー、いい感じに黒焦げ…大丈夫か生きてるか、生きていないなら返事をするのよー(棒でつつく)
        -- 踊り子
      • え、エロガゾウ・クレヨー!!(嗚呼…という感じの叫び)
        棒で突いちゃうんだ…作数増えると渾沌とするのは宿命だね
      • ああっイイッ…じゃなくて、しんでまーす(ちーん)
        アークシステムワークス25周年記念 公式キャラクターコレクションというのがそれに最も近い様な…あ、イラスト目的だと微妙なのでご注意を --
      • えっ棒でつくって他に何か意味があるのかなー? 私わかんなーい!
        そんなことより古典SFいいわね…いい…楽園追放…
        -- 踊り子
      • えっちな要素はありましたか? --
  • 微妙にやる気をもてあましぎみったらないわねー(3DSで狩りに勤しみながら) -- 踊り子
    • やる気があっても何をしてもいいのかわからない
      • やりたいことをやろう
        キャッキャウフフしてもいいし剣同士で斬りつけ合ってもいい
        そういう世界よここは!
        -- 踊り子
      • てんよろいだまくだち…(あつまらない…) -- ゲま
      • さあG級ギルクエにいこうねえ -- 踊り子
  • 今の最新60を見てるとなんとも言えない気分になるわね… -- 踊り子
    • これもまた時勢だよ…。でも変わらずに遊んでいける人がいるということは幸せだということも確認できる
      • 人はどんなところでも生きていけるのだということがわかるわね -- 踊り子
      • 前みたいな馬鹿騒ぎは出来ないけど、気の合う人同士で遊べるならそれでもいいかなって
        踊り子さんも遊べるときに遊んでいくのじゃよー
    • どんなネタで遊ぼうかー -- 踊り子
      • どんな事をしたいのー?
      • 変身ヒーローものとかかなー? -- 踊り子
      • 巨乳ライダー…
      • 私どれだけ巨乳属性で認知されてるの…あとそれナチュラルに変身ヒロインもの -- 踊り子
      • 男性がTSするとしたらヒーローなのかヒロインなのか
      • 今はやりのテイルオン!ですねわかります
        私ポニーテール属性のほうがいいんだけども
        うーん…些細なことなのかもしれない
        -- 踊り子
      • ポニーテールは大事なことだよ!! (ガシッと握手)
      • (うんうん) -- エニル
      • そんなエニルさんに巨乳属性をシューッ (属性玉を投げる)
      • もうきょにゅーなんですけどー(ぽよーん) -- エニル
      • やったー!(もみーん)
      • えっやだ(アームロック) -- エニル
      • がああああ
      • それ以上いけない -- 踊り子
      • (踊り子を見て数秒沈黙してから、アームロックに力を込めだす) -- エニル
  • おはようございました!(朝ちゅん) -- 踊り子
    • おはようございました
      • ゆうべは おたのしみでしたね。
  • (ひょこっ) -- 踊り子
    • 踊り子さんの霊圧久しぶりに見た
      • 数か月ぶりに帰ってきた気がする(真顔ダブルピース)
        その後お変わりはないかしら?
        -- 踊り子
      • Vになっててんやわんやだけど、今は落ち着いてるかな (お帰りなさいの祝杯)
      • いやその頃にはいたけどね! まだギルドも立ち上げてないのよねたはー
        まーとりあえず私の奢りで飲むといいわ!(かんぱーい)
        -- 踊り子
      • わはーい! かんぱーい!
        踊り子さんは霊圧戻して何かしたい事とかあるのかな
      • んんんんーーーー
        特にないかなーーーー(ごくごく)
        -- 踊り子
      • こづ
        くり
        スイッチ♪
      • ははは、お互いにゆるゆると遊べたり時には情熱を燃やすような応酬をしてみたいですね (ぐびぐび)
      • こんなスイッチ置いてったの誰ー?(16連射する)
        やっぱり大家主のアレがばっさり消されて復旧不可になったのがね…ちょっとトドメになっちゃったみたいな
        -- 踊り子
      • できる限り復旧を試みようとはしたんだけどねえ…。力及ばずでごめんなさい
      • やあ、仕方ないよ、仕方ない。
        (16連射を繰り返しながら)
        -- 踊り子
      • ところで子作りスイッチはしたいのかされたいのかどっちなんだい! (連鎖で相殺ぷよしながら)
      • その二つに明確な違いがあるの…?(ぽーんとスイッチを投げてベッドに転がる。足ばたばた) -- 踊り子
      • 同じと言いきるその剛毅さ…。見習いたいものだね (ルパンダイブ)
  • girudoka -- 踊り子
    • 直そうとは思ったんだけどブラウザが固まってどうしようもなかったんです… -- 踊り子
      • どんまい!名前考える作業が久々に大変だね!
      • うーん…ギルド名かあ… -- 踊り子
      • 漢字とか使えるといいんだけどね、字数絞られてるし…
      • “女のヴェネッサは突如ギルド名のアイデアがひらめく
        ∈任蘯知されてるもしくは気に入ってる子の家名を流用する
        6δ明瀋蠅砲靴討觜駝召筌哀襦璽很召鬚弔韻
        せ廚い弔ない。現実は非情である -- バスコ
      • H屬妊▲轡絅織奪匹一番早いかなーとは思うけどそうなると私が目立たない…!(来客もふもふ) -- 踊り子
      • そうか、国名*1…! 迷ってたけどそうしよう。ありがとう --
    • わぁい手に入れてきたー(ないとうぃざーど3rdのルールブックを掲げる) -- 踊り子
  • わふぅ…(ごろごろ) -- 踊り子
    • おはよーございまーす…ふぁあ(欠伸 -- 踊り子
      • おやすみぃー…(すぅ)
      • そんなすやすや寝てる間にえらい事になってるよ…ごるろあ、残り一週間……!
      • どうやらそうらしいわね…(ベッドに腰掛けて意味ありげに組んだ手に顎を乗せる) -- 踊り子
      • 補完に色眼鏡と白手袋もつけちゃう?
        まあ、そのままVに移行するらしいけど……まさかβが終わるとは
      • 性別転換も必要じゃないのかなそれ…。
        というか正式稼働するつもりがあったとは…て思ってる
        -- 踊り子
      • そのまま異性装でも様になりそうだけどねー…
        正規に移行となると集金の目処が立ったのか
        …課金できそうな要素が見つからなくてつらそうと常々言われてたけど
      • 異性装はやってみたいかもなぁ…
        いや課金するったってどこにそんな要素が…トミヲ系みたいに絵師でもご用意するとか?
        -- 踊り子
      • いいよね、男装麗人…色々派閥はあるんだろうけど、サラシ巻いても押さえきれなくて学ランぱっつんぱっつんになってるとか大好きです!
        …なんか画像添付は個人ではみれるけど周りにはみれない?影響しない仕様っぽいから、
        エンブレとかサイファとはまた違うよね…というか死亡率が桁違いに高いから遺影以外に使えなくなるケースが多そうだし
        …ちょっとよさげな依頼選べるとかそっち系、かなー?あとは情熱補充系とかあると心はつい動く…
      • …何にしても今更にもかかわらず、ちょっとワクワクしている自分がいてビックリ。
  • 休日なう!
    • れっつ調教?
      • 別料金になります? -- 踊り子
      • (ゾクトさんの身柄を金券代わりに差し出す)
      • 正直☆4をくださいって気分になる…プレミアムで☆3が一回か二回出たのが最高です…(米連攻撃1500アップ☆2が三枚になった攻撃デッキを眺めながら) -- 踊り子
      • お米はおたまの人とか好みかなー…がっつり防御だけど。
        うちはCPのチケで迎えたイングリッドが唯一…魔族の数値補強系が揃わないんで
        事前登録しないでもらえたゆきかぜちゃんに頼ってるけど…
        (フタナリ魔族と雪女で囲みながら)
    • わふー!!(ベッドに飛びこんでごろごろする) -- 踊り子
      • はー…今日も一日が終わるわー… -- エニル
      • そして月がやってくる……
      • 帰れ、とも言えない…金曜日は新しい魔法が解禁される日… -- 踊り子
  • おはよう ぐう…Zzz -- 踊り子
    • おはyo……おやすみ…
      • うへへ…(だらしない顔をして抱き枕を抱える仕草) -- 踊り子
      • (抱き枕してるのをさらに抱き枕すると気持ち良さそうだなぁーと思いつつも)
        いい夢みるのよ……風邪を引かないようにね…
        (口元を軽くぬぐって布団を被せてく)
    • 普通にのんびり遊べそうでよい塩梅に感じるなあ対魔忍そーしゃる(カチカチ -- 踊り子
      • ログイン規制解除されたん?
      • ふふふ実は午前中のスタートダッシュ組…(満面の笑顔ダブルピース) -- 踊り子
      • ぬかりないなー…対魔忍がやっぱ多い?
        (はーい脚広げてー!と合図出しながら)
      • 午前にお休みいただいていたのが功を奏した形だわー、私も含めてだけど米連が多いかな? 一番クセのないヒロイン効果!
        (M字開脚に移行する)
        -- 踊り子
      • お米が主流かー…いや結構濃い気がするよ!?
        (ひらひらチラリズム、いいよね…と微妙な隠れ加減を撮りながら)
    • あら、いつの間にか「小劇場の舞台」が復活していました! 一度、バスと一緒にお客として来てみたいものですね -- ニナ
      • 大家主の家が跡形もない更地になってまして…親切な通りすがりが劇場のほうを再構築してくださってですね
        ニナお久しぶりー、元気だったー?
        -- 踊り子
      • それも貴女のファンの方でしょうかねー……よかった。一安心です(ふぅ、と胸を撫で下ろし)
        はい。とっても元気ですよ。元気が有り余ってるくらいです……! -- ニナ
      • 有り余ってるのは元気だけかなぁ…。
        やー、大家主たちと一緒に遠くへ旅立つのも考えたんだけど、もう少しぶらぶら遊んでいこうかなって
        -- 踊り子
      • 時間も有り余っていればもっと良いのですがー……(残念そうな笑顔)
        (ぎゅっと握手) -- ニナ
      • そうね、それが一番必要よね…(ぎゅむぎゅむ握手し返す) -- 踊り子
  •  
    • 新規学園企画かあ -- 踊り子
      • いいよね、セーラー服とかブレザーとか……ミリタリー要素入ったファンタジー制服とかも
      • れっとうせい! なんとかのれっとうせいね!!
        試しに着てみようと思いましたけど風俗だこれ! になるのに気付いて止めました、褒めてくれていいわ!
        -- 踊り子
      • 上のこやすくんとは違うこやすだが、どう見てもイメクラな感じのお姉さんは大好物なのでもっとやってもいいと思った
      • ではやりましょう…(セーラー服を取り出す どう想像してもぱっつんぱっつんになること請け合い) -- 踊り子
      • やったぜ。
      • (想像図は皆の心の中でどうぞ!) -- 踊り子
    • 土曜も終わってお休みよー!(ごろーん) -- 踊り子
  • 魔導書ねー…こう、触手世界から召喚する! とかそういうのないかしら -- 踊り子
    • モノ足りない時に奉仕者喚んでぬるぐちょずぼるんです…?
      • そうするとボンデージスーツの魔導書もいい
      • むう、触手アーマー……
      • そう、あとはどっきりとして仕掛けるのもいい… -- 踊り子
      • 罠だ!触手部屋に堕ちた…か
      • いいなあ、すごくいい…! -- 踊り子
      • 風来のシレンというゲームに踏むと装備をはずす罠があるけれど、触手そっくりなのを思い出した
      • そういえばそんなのあったわね。どこに転がってるかなーあれ 洞窟とかにないかなー -- 踊り子
      • 強制全裸トラップと考えればありがたい
      • 装備も転送されてしまってそれを探しながら探索するも道中には触手回廊や発情した魔物がうようよしているわけね!!! -- 踊り子
      • それなんてジーコ?
      • 攻撃を受けると満腹度の代わりに正気度が下がって0になるとアヘる
      • ないとめあなんとかみたいな探索系アクションRPGであるんじゃないかしらこれ -- 踊り子
      • せっかくだからローグライクのほうがいいな
      • …そういえばローグライクからこんな話になったんでした(てへぺろ★)
        こー久々に表に出てくるとダメね、脳みそがピンクいわ!
        -- 踊り子
      • ゴルロアのRPもレスを交互にやるのである意味ではローグライクかもしれない
      • 初めての物の見方だわ、なるほどねえ…
        ローグライクSEX…!
        -- 踊り子
      • 1ターンセックスするたびに1ターンのセックスが帰ってくる
      • …抜かずの二発と何か違いが? -- 踊り子
      • 合間合間に道具を使ったりもできます?
      • そういえばそれこそローグライク風のジーコあったわね、何とかメイデン -- 踊り子
  •  
  • 昏睡姦…難しいわ -- ヴェネッサ
    • (ごろろん) -- ヴェネッサ
      • (転がす)
      • (回す)
      • …えっ!? え、あれ!?(飛び起きる) -- 踊り子
      • ヴェネッさんがここ復旧させてたんじゃないの?
      • そんなことしてないなぁ!?(いきなり起こされておろおろする) -- 踊り子
      • (修復してごろごろしてると思ったこやす1号)
      • うん、凍結のコメアウ見てもらえれば……ごめん…
      • あー…うん、修復ありがとうねー?
        大家主のところは跡形もなくなっちゃってさてどうしよう、とは思ってたんだけど(ごろごろ)
        -- 踊り子
      • 差分保存などは全く作っていなかった子安だ
      • ホントにねー 隠しページのほうもすっかり更地にされて卒業ゲージが一気にこう 溢れそう、というか溢れてもいいかなって ね! -- 踊り子
      • そっちは持ってないや…例のサン=オカザキ式で拾える可能性はあるけど…
      • (なでなで)
      • しっかしまあ…ここが他の人の手で復旧されたってことになんかこう、感慨深いものを感じるわね…(素直に撫でられる)
        拾えはするんだけどコメントページが…って青いのが疲れてるのよねー
        -- 踊り子
      • そこはニューゲームと思って・・・
      • せっかくだし、しばらくこのページを使うことにするわ! -- 踊り子
      • やったー!
      • 何が「やったー!」なのかな? うん? -- 踊り子
      • なんでしょうね…?
      • えーへーへー(ごろごろ) -- 踊り子
      • むう…
      • ふふふ機嫌を直すがよいよい -- 踊り子
      • 不機嫌じゃないけど手玉だなーって
      • 回収済なら余計かなー…とも思ったんだけど、紛らわしい感じで重ね重ね申し訳ない
        それじゃ後はごゆるりと……(そのまま霊圧の薄くなるこや3)
      • 4人もいたのか…(驚く転がしこやす)
      • ねーなんだか人数多い…レアポップに群がるMMOプレイヤー… -- 踊り子
      • 狩り待ちなんですねわかります
      • どっちが狩られる立場なのかしらね〜? -- 踊り子
      • 装備を整えないと返り討ちにあいそう!
      • 立派な業物を用意してきてね! -- 踊り子
      • E そまつなぼう
      • (製錬する) -- 踊り子
      • E 包茎マンジカブリ
      • これはダメだ、使い物にならないわね… -- 踊り子
      • どんな業物なら太刀打ちできるんだろう
  • ぐだぽよー(ごろごろ) -- ヴェネッサ
    • 新しい学園かぁ…青春よもう一度… -- ヴェネッサ
      • っ[制服] -- ニナ
      • ●REC -- バス
      • (ニナにも着せてからプライベートな撮影会を開催する) -- ヴェネッサ
      • 私達に案外似合うのか、それとも無理してる感がすごいのか。難しいところですね -- ニナ
      • (企画AV…とは口が裂けても言えない…) -- バス
      • 無理してる感がパないんじゃないかしら。主に胸の大きさ的な意味で(むにむに)
        だがそれがいいってバスも言ってるよー?(にやにや)
        -- ヴェネッサ
      • (バスコ先生の表情を見て、やっぱりそんな感じですよねえ、と苦笑するダークエルフ) -- ニナ
      • 実際の学生とはまた違った種類のエロスが漂う…俺が生徒指導の教師役という設定でどうか一つ頼む! -- バス
      • 若い学生さんでも発育が良すぎたりすることだってあります!だからセーフ。セーフなのです。何が?って言われると答えに窮します!
        はい、バスコ先生(満面の笑みで、お願いされました) -- ニナ
      • えーだってほら、こう、裾がぴっちぴちでお腹が丸見えで…
        えー何で指導されるんですかせんせー?
        -- ヴェネッサ
      • その君たち二人の発育のおかげで校内の風紀が乱れているのだ!男子生徒たちが目のやり場に困り前屈みで歩かなければならないという…自覚があるのかね、んー?(指し棒で二人の胸をつつく超ノリノリ) -- バス
      • (バスはこういうのが趣味なのね…と言いたげなアイコンタクト)
        それはもちろんですってばー。むしろ見てもらいたいし?(程よい弾力で揺れつつ棒先を押し返す)
        -- ヴェネッサ
      • (踊り子と目線を交わして頷き合い。大きな乳房がプニと凹む)
        すみません先生。でも男性にそういう目で見られることは、私の里ではむしろ誇りとするところですしー…… -- ニナ
      • 君たちはよくても多感な時期の青少年は確実に毒されてしまうのだぞ!きっと毎日勉強も手につかず
        目に焼き付けた二人の胸や尻をおかずにごしごしと…できることならこの乳や…このスカートの奥に(と指し棒でめくりあげつつ)辿り着きたかった若い男性器たち…彼らに成り代わって俺が無念を晴らしてやらねばなるまい(ノリノリなままジッパーを下げ早くも大きくなっているものを二人の目の前に晒す) -- バス
      • (本当にノリノリだわ…)
        ごめんなさーい反省してまーす(やっぱり丈の短いスカートがめくり上げられれば、反省の色など欠片も伺えない透けた黒のティーバック、際どい下着)
        無念だなんてそんな、実際ヤラせてくれって言ってくる同級生も何人もいたし…きゃあ♡(恥ずかしがる振りをしつつも肉棒に視線が釘付け)
        -- ヴェネッサ
      • (見えたのは、褐色の太ももを際立たせる白い薄布。ワンポイントの小さなリボンが可愛らしさをアピールしている)
        (スカートめくりされた経験は余り無かったのか──そもそも、まずスカートを穿かない──、少し恥ずかしそうにして)
        バスってばいつになく……! あら…大きい
        (見慣れているとはいえ、こうも見せつけられるとドキリとする。息が当たるくらい顔を近づけると、華奢な指でそそり立つそれに触れた) -- ニナ
      • ヴェネッサ君の下着は校則違反だぞ。後で処罰しなければ…ニナ君は違反ではないが逆にいやらしいからやはりダメだ!
        さあ反省の気持ちを込めて、先生のペニスに二人の生意気な口で奉仕したまえ(座ってる二人の顔の間に赤黒い屹立を突き出すように) -- バス
      • だ、ダメですか先生?! は、はーい(温かい舌でバスコの陰嚢から裏筋を何度も何度も、愛おしげに舐め上げ、先端にキス)
        ん、ちゅっ……。それで、させてあげたのですか?
        (「教師」に奉仕しながら、ヴェネッサに尋ねる。先程の「ヤラせてくれと言ってきた同級生」のことについて) -- ニナ
      • あ、ニナってばずっこい。この前のオーバックはどうしたの、お尻丸見えのはー。
        はぁい…ん、む…(ニナの反対側に陣取り、先端やカリ首を唇や舌先で擽る。愛情たっぷりのニナの奉仕とは違い、からかいや悪戯交じりの奉仕を繰り返す)
        ん、ちゅぅ…だって、「一回だけでいいから」って言うし。すっごく美味しかったし?
        -- ヴェネッサ
      • あれはですね(この格好には)合わないかな、って思いましたから、かわいい系のを着けてきました
        あら、ヴェネッサはエッチ大好き、なのですねー。私も好きですけどね。フフッ(2つの女の舌が男のペニスに這う淫猥な音、交差する楽しそうな視線) -- ニナ
      • う、な、慣れた舌の使い方をしてけしからん…っ(両サイドからのじれったいようで的確な責めに思わず声もうわずり)
        そんなものを所持してるとはやはり罰を与えねば…なに、不純異性交遊まで…その身体を好きにした男子がいるなど…(その様子の妄想でさらに硬化する肉棒)
        ええい、罰として先生の精液を受け止めるんだ、二人とも発射まで両方から奉仕を続けるように!(自分で根元をしごきつつ両サイドから唇で奉仕を促して) -- バス
      • はい先生(ペニスをくすぐる様に当たる甘い息。舌の使い方は貴方に仕込まれたんですよ?とでも言いたげな瞳で見上げ)
        (執拗に亀頭をしゃぶると、彼の先走り液と舌との間に糸を引く) -- ニナ
      • 不純じゃないから問題ないでしょう? ちゃんと純粋だもん(性的な意味で、と呟いて)
        (時折歯を立てつつ、陰茎を舐めあげ吸い付き、その奥で煮えたぎるものをぶちまけさせようと、慣れた手管を惜しみなく発揮する)
        -- ヴェネッサ
      • (交互にまた同時に肉棒を舐め吸われるとその快楽と背徳的な光景による興奮があいまって急速に腰奥からこみ上げ)
        く、もう限界だ…っ、口を開けて先生の罰をしっかり受けるんだぞ…!(ニナの口めがけて一射目を勢いよく噴出させ、続けざまそれに劣らぬ量をヴェネッサの口内にも迸らせる) -- バス
      • せんせ……あっ……ふ(目を閉じ、言われた通りに口を開いて、勢いよく跳ぶ精液を舌で受けた。舌に絡む粘液を彼に見せるようにしてから……呑み込む)
        (頬に跳ねた分は指ですくって舐めとった)あは、素敵。元気一杯ですね、先生? -- ニナ
  • なんだかいろいろ情熱が低下してる毎日… -- ヴェネッサ
    • では気が向くまで、ぐったりだらだらしませんかー? -- ニナ
      • (ぐだぐだ) -- ニナ
      • こういうときはなんて言うんだっけ…ぐだぽよ〜?(ごろごろ) -- ヴェネッサ
  • なにか好き放題言われていた気がする…どこかの神話の女神じゃあるまいし、そんなことで簡単に釣られてやって来たりはしないぞ!(入り口から覗き込んで) -- バス
    • …本当に? 本当に釣られない? -- ヴェネッサ
      • も、もちろんだとも…!どんな甘い罠だろうとも決して俺には通用しない…!(自分の家に帰ってきたときのような自然さで中に上がりこむ) -- バス
      • (ならばこのタイミングでニナを召喚…!!) -- ヴェネッサ
      • (窓が開く)タイミング逃しましたか!? -- ニナ
      • うううんちょーっと遅かったかなぁ!?(セーフ? セーフ?? とジェスチャーで) -- ヴェネッサ
      • (お尻がつかえてなかなか入って来られない)間が悪いわたしです!(きゅぽん、と抜けて落っこちる) -- ニナ
      • きわどい!! ってなにがだ!? -- バス
      • いいのよ…間の悪さなんてあってないようなものなんだし。
        ほらそこにバスいるし!!
        -- ヴェネッサ
      • Operation「天岩戸」を始めるにはタイミングが! どうしましょうねぇ(ヴェネッサをポンと軽く押し倒してみる) -- ニナ
      • むしろ岩戸をこじ開けてもらうのでは?(きゃー、とか叫びつつ背中から柔らかいベッドに倒れ込む。ニナを抱きしめてむぎゅむぎゅ) -- ヴェネッサ
      • バスは天手力雄神ポジションでしたか。いいですね……私の知らないバスの荒々しい一面が(ほぅ…と、うっとりした様子で、ヴェネッサと柔らかな胸を押し付け合う)
        男性の逞しい胸板はとてもいいものですが、女同士の感触もなかなか、良いものかも……ですねー
        (絡み合うホワイトとチョコレート色の脚。波打つお尻と太もも) -- ニナ
      • むう、なんだか妬けるような…(むぎゅー、と力強く抱きかえす。こりこりとした突起同士を、薄布の上から擦り合わせ)
        …そういえばニナはノーマルだった。つまり私がリードしないといけないのよね…(両極端の肌の色が、交互に絡み合う。ニナの太腿の間に自分の太腿を割り込ませつつ、そっと首筋をなぞって)
        -- ヴェネッサ
      • ふふふ……(豊かな塊が目いっぱい歪み、昂り始めた胸の先端は形がよく判る)
        そうしてくださると助かります。私、男性としか経験なくて……っ(首筋を触られれば詰まったような声、ダークブルネットの髪がヴェネッサの白い手をくすぐる) -- ニナ
      • むう、あまりタチは得意じゃないんだけどなあ…まあ、アブノーマルなのは確かだしね…んっ。
        (指でなぞった首筋を、もう一度、今度は舌先でなぞる。唾液で濡れた筋が一本、褐色の肌の上に出来上がり)
        (体を離すように起こすと、解放されて揺れる乳房に手を伸ばし、根元から揉み始める。時折伸ばした人差し指で、昂ぶりの証、布地を押し上げる突起を擦り、弾いた)ん、固くて敏感そう…
        -- ヴェネッサ
      • あぁ……あっ……(長い耳がピンと張り、バスコには聞き覚えのある艶がかった声を発する)
        (よく実った果実は、踊り子の繊細にして大胆な手の動きに翻弄されて揺れに揺れ)
        貴女のも、敏感になっています……よね(彼女の胸に当てられた薄布の位置を、乱す。ヴェネッサの乳輪を外気に晒した) -- ニナ
      • いつの間にかおっぱじまっていた…だがこういうポジションというのもなかなか(二人の横で絡み合う様子を見つめ)
        自分がしている時はこうじっくりとは観察できないしな。む、どちらも美味そうに熟れた果実が…(揺れ弾む色違いの胸を見比べるように) -- バス
      • あんっ…ふふ、その通りだけどね?(ぷるん、と豊かに揺れる乳房、その頂点の桜色の乳首はすでに固くなっていた)
        (ベッドの脇の芸術家に目線を送りつつ、自分もニナの乳房を曝け出させる。再び体を重ね、潰れて柔らかく形を変える乳房を愉しみつつ、膝で彼女の股間をぐにぐにと擦り上げた)
        -- ヴェネッサ
      • なんだかバスの視線が妙に、はぅ…気分が高まります
        (芸術家が何度も描き、触れ、口にも含んだであろう淡いチェリー色の乳輪が晒され)
        (踊り子の膝が女性の部分を往復すると、体の芯に電気が走ったような、鈍い快感。瞳も、そこも潤み始める)
        本当、きれいな肌ですねー……男性でなくても思わず触ってみたくなります。こんな風に…!
        (笑みを浮かべ、胸をほぐすように。互いに肌を触れさせる女2人、踊り子の腰布も、ダークエルフの下を覆う布も、ずれ始めて) -- ニナ
      • 他人の愛撫の仕方というのもこう参考になる…のか?俺より上手いと思われてないか若干不安を覚えつつ…(参加するタイミングが難しいなあとはやる気持ちをいなして)
        おお…そちらのほうも攻防が…女同士なら弱い箇所も心得ていそうだなあ(ごくりと生唾を飲み込みつつ下腹部を隠すものの向こうに視線を惹きつけられて) -- バス
      • 大丈夫ですよー。あなたの手つきはもう、最高です。男性の中では一番ですねー(布1枚隔てた先にある、複雑な形の唇。その輪郭が布の表面に薄ら浮かんでいるようにも見える) -- ニナ
      • まあ、お互い自分が弱いところから確かめていくのが定石よね…ん…(指で胸をまさぐられ、声を零す。熱い吐息を繰り返せば、いつしか肌には汗が浮き、滑り落ちていた)
        (膝でニナを優しく昂ぶらせつつ、自分も濡れ始めた秘所を、布越しに太腿に擦り付ける。見学者を誘い寄せるように、ゆっくりとした腰の振り。僅かにめくれ上がる股布の下は、しかし芸術家の目には入らずもどかしい)
        -- ヴェネッサ
      • 嬉しいこと言ってくれるじゃないの。一流の楽器を奏でる演奏家のように繊細かつ大胆に…いや、手つきが最高って考えると微妙な褒め言葉では?
        俺がただのスケベ男かのように…ううむ、もうそれでいいや。そろそろ仲間に入れてもらわないとこっちが限界だしな(ズボン越しに腫れあがった股間をアピールするかのように二人の顔のそばに膝でにじり寄るとそこから手を伸ばしてニナの背筋を指でなぞり) -- バス
      • あら、すっかり枯れて干上がった河も、それはそれで趣がありますがー……旺盛な人は好きですよ?
        (バスコの滾りを見て、潤んだ唇が笑みを形作る。小柄ながら雌の美にあふれた背を指が這えば、身を軽く震わせて)
        (長耳がピクンとまた動いた)
        (女同士の温もりと柔らかさも良いが、やはり男性の刺激が欲しい。踊り子と2人、高め合いながら彼の指先に期待が膨らむ) -- ニナ
      • (待ってました、とばかりに動き始める。まずはダークエルフの体を抱え起こし、背中から抱きついた。そして踊り子自身の両の手で、褐色の太腿を大きく開かせ、芸術家へと晒させる)
        さあ、ここから本番。ちゃんと開いてあげてね芸術家様! 上の方は私にお任せ!(首筋やぴくぴく震える耳に舌を這わせつつ、芸術家を急かす踊り子)
      • なにか急展開だな…!まあいい、それではお言葉に甘えてと…(指をニナの内太股から股布の奥へと滑り込ませる。そこの濡れ具合を確かめるように何度かなぞり)
        この様子なら準備は問題ないかな…ではいくぞ(素早く自分の下半身を露にすると聳え立つものですでに半ば開かれた扉を軽くノックし) -- バス
      • (耳は特に弱い。くすぐったさを越えた先にある快感。ヴェネッサの妖しく這う舌に時折ビクッ、ビクッ、と小さな痙攣が…)
        (バスコの指が恥骨の上の 厚みがあって柔らかく、そして愛液に濡れたそこに触れると、上の唇からは甘い息が漏れた)
        (股布をずらす。整えられたブルネットの茂みの下、チョコレート色の割れ目を開くとピンクの粘膜。バスコの鈴口とそこがキスをする)
        急展開なのは…よくあることです! はい、来て…ください
        (踊り子とダークエルフが貝合わせしてる部分に芸術家の筆が潜り込んでダブル素股→そのまま放つorどちらかの中で。とかいうシチュも思いつきましたが卑猥ですね) -- ニナ
  • ヴェネッサさん居られますかー?
    (「舞台」がひと段落したようなので差し入れを持ってきた。餡子やカスタード、チョコなど入った鯛焼き) -- ニナ
    • あら、珍しいお客が。お久しぶりー♪(おお、甘味! と汗をぬぐう手を止めて袋を受け取る)
      いやホントにどうしたの? こんな場末の劇場に何か御用?
      -- ヴェネッサ
      • こんばんはー。ええ、特に用が!ってわけではないのですが、何となく貴女に逢いたくてですねー。ほら、私たち「バス仲間」ですし。ふふ
        んー(ボディラインに見惚れつつ)やっぱり運動されている人の身体は素敵ですね。わたしも引き締めないと……! -- ニナ
      • んー? ふふ、そうねバス仲間! でもたまにはニナをつまみ食いしてみようかしらー(つんつくと脇腹を突いてみる)
        えーニナはそれくらいでちょうどいいんじゃないかしらねー。バスはふくよかな方が好みっぽいし(たい焼きもぐもぐ)
      • ……え、え? 「そっち」もイケるクチなのですか!?(ぷにぷに柔らかい)さすがというか!
        そうですかー……。ええ。慣れないことをするのもなんですし、ではこの方向で行きましょう
        (チラとヴェネッサの豊かなバストを見る)バスはー、絶対大きい方が好みですよね(自分の胸を寄せて放す) -- ニナ
      • ん、もちろんいけるわよー? あれ、知らなかった?
        そうね、大きいほうが好みだと思うけど…ニナも大きい方よね?(たゆんと揺れるその様子を眺めながら)
        -- ヴェネッサ
      • …はい。知りませんでした(ごくり、と唾を呑む音。緊張している様子がありありと)
        バスに初めて会ったときよりも大きくなりましたし、大きい方だと思います。弓を使わなければ邪魔にはなりませんし、胸枕は喜んで貰えますから
        いいですよね。大きいの -- ニナ
      • あらまー緊張しちゃって。別にとって食うわけじゃないから安心して?(けらけらと笑う踊り子)
        ホントあの芸術家は胸好きなんだからー。肩こったりしてない? 大丈夫??
        -- ヴェネッサ
      • それもそうですね(ふぅ、と一息つく。ああでも、ふたりの絡み→バス乱入→ふたりとも性的に食べられる、というのもありかもしれませんね……とか考えてる顔)
        豊かな乳房は太古の昔より芸術のテーマ、らしいですからね
        どうでしょう?多少は凝ってるとは思いますが、あまり気にしていませんでした -- ニナ
      • …基本的にさ、ニナってスケベよね(ズバァッ) -- ヴェネッサ
      • あっ、ずいぶん昔にも似たようなこと言われた覚えが! 好きな人と「気持ち良いこと」するの、好きですよ -- ニナ
      • うん、いいわよねー、気持ちいいこと♡(悪びれない笑顔でにこー)
        まああの画家様出不精なところあるし、ニナの予想通りに上手くいくかしらねー(ぷへー)
        -- ヴェネッサ
      • はい。とっても(笑顔には笑顔で返す。明るい表情) そう上手くは運びませんね。ふふ…バスは自由な人ですものー -- ニナ
  • 今年ももうじき過ぎ去っていくわ… -- ヴェネッサ
    • 来年もよろしくお願いします
      • はいよろしくお願いいたします …いや今年もよろしくしてたかちょっと不安なんですけど
      • まあ確かによろしくされてないけれど…
      • ほらやっぱり! じゃあ年をまたぐ形でよろしくしましょう!! -- ヴェネッサ
      • よろしくお願いします!
      • (「お風呂」と「ベッド」、二つの看板を掲げる) -- ヴェネッサ
      • じゃあ…お風呂で!(洗面器を用意する)
      • つまりこういうことね!(ローションを人肌に温める) -- ヴェネッサ
      • 煩悩が増えそうでこれは…浴槽内部じゃなくてマットプレイの予感!
      • 浴槽のほうがいい?(大きめのお風呂に程よい温度の湯をちゃぽちゃぽ) -- ヴェネッサ
      • 間を取ってローション風呂と言うのを考えてみたけど、滑って上がれずに溺れそうだね…得意な方でお願いします!
      • 滑って頭打ったりしたら営業停止だし…(普通のお風呂に裸で肩まで浸かる。向かい側に入れるくらいの隙間) -- ヴェネッサ
      • そりゃ大変だ…腹上死が起きたらどうなるんだろう
        失礼しまーす(裸になって向かい合うように浸かる)
      • それは…名誉? よくわからないけど
        はーいいらっしゃーい(笑顔で手招き 水を弾くような瑞々しい肌に、惜しげもなく晒される大きな乳房、肉付のいい太腿やその内側までも僅かに波の立つ湯船の中)
        -- ヴェネッサ
      • そっちじゃ営業停止にはならないんだね…いらっしゃいましたー
        絶景かな絶景かな、揺らぐ水面のせいで細部がよく見えないのもまたそそる(太ももの位置を確かめるように指を滑らせ、やわやわと触れて)
      • まあそもそもそういう店じゃないしね!(てへ☆ぺろ)
        あまりそこらではないシチュよねー。いろいろ温かくなって私は好きなんだけど…(触れやすいように少し足を開きつつ、自分も同じように太腿を撫でさする)
        -- ヴェネッサ
      • 劇場は劇場でもストリップ劇場とか?でも流石にこんなサービスはないか
        温かくなり過ぎてのぼせてしまわない様にしないとね、それにここはとても…熱いから(太ももを伝って開かれた足の中心部へ、指先で秘裂を擦る)
      • あまりお客もこないからー、仕方ないわねー…こういう時間が取れるのはすごい久しぶりだし
        んふっ…貴方のここよりは落ち着いてるかも…すごく、堅くなってきてる…(指先に感じるのは、湯とは違う粘ついた感触。触れてくるものに吸い付くよう。同時に自分は、相手の股間に手を伸ばし、指先で何度も裏筋を擦り上げていく)
        -- ヴェネッサ
      • いつまで時間が取れるんだろう、しばらくは大丈夫なのかな
        これは痛い所を付かれちゃったかな…(カリ首をもたげ触れる感触は柔らかいものから硬い物へと変わり、脈動が感じられて)
        でもヴェネッサさんもほら、指が吸い込まれてしまいそうだ(粘つく液をたっぷりと、吸い付くものの奥へと指を小刻みに出し入れを繰り返す)
      • もうちょっと、かなー…頑張らないと、ん…あっ…(浅目の襞を指の腹で擦られて、鼻にかかった吐息を零す。微かに桜の色に染まる肌が艶めかしい)
        (勃起し始めたそれを擦る手つきは、さらに激しくなっていく。露わになったカリを指で作った輪で小刻みに擦りつつ、親指で鈴口をぐにぐにと弄り回し。ちら、と流し目を送る)…浴槽に腰掛けてくれる?
        -- ヴェネッサ
      • 時間が取れるのはいい事だけど、取れすぎてもね…(女の反応に気を良くし、舌なめずりをしてもう少し深い位置へ指を刺し入れようとしたが…)
        いきなりそんなにしたら湯船の中に…ん、浴槽に?(既に親指には鈴口より湧き出たぬめる何かを感じた事だろう、流し目にため息を一つつくと注文どおりに浴槽に腰掛けて)
      • …なんで今ため息ついたの?(むー、とふくれっ面を見せつつも、腰かけてもらえば自分の顔の高さに屹立。躊躇うことなく顔を近づけ、血管の浮く茎に、湯に濡れた頬を摺り寄せた。睾丸をきゅう、と指先で揉みほぐしつつ、伸ばした舌先でちろり、と血管をなぞるように舐めあげて) -- ヴェネッサ
      • 別に悪い意味じゃ…刺激が途絶えた安堵のため息、かな(あのまま続けられればあっけなく果ててしまいそうで)
        くひっ…(自慰でもほぼ触れることのない睾丸はある種の処女地であったようで、弱点を握られた恐怖ともどかしく腹の底から湧き上がる情念に声が漏れた)
        咥えるのはよく聞くけれど、そんなテクまで…(すぐにでも精を放ってしまいそうであるが堪え、透明な粘液が肉の棒を伝っていく)
      • そう? ならいいかな…んっ(重たげな乳房を湯船から上がらせる。柔らかく形を変えるそれを開いて、谷間に屹立を挟み込んだ。しっとりとした感触に飲み込まれそうな、そんな錯覚を覚えるかもしれない)
        そんな大したことしてないですけどー…?(あどけなく見える笑顔を浮かべつつ、腕で抱きしめた乳房を、ゆっくりと上下に揺らし始める。先走りが胸の谷間に擦り付けられ、少しずつ、少しずついやらしい音を響かせ始めた)私の胸よりちょっと大きい、かしら?
        -- ヴェネッサ
      • 折角出すのなら中に出したいじゃない?こりゃ温かい…(握力に由来する強い刺激ではない、柔らかいものに包まれ蕩けてしまいそうで)
        これはこれで…結構クるものが…(一体化した肉体が上下するようなえもいわれぬ感触に背筋を振るわせつつも、水中では立つことのなかった音に耳を澄まして)
        奥まで届きそう…かな?
      • あんまり大きすぎても痛いだけだし…べすとふぃっとってなかなかねー。あ、でもこういうことができるくらいなら十分十分♡(わざとらしいくらいにゆっくりと胸を持ち上げ、扱き下ろす。かとおもえば、屹立を包み込んだそのままで胸を押し付け、捏ね回し、刺激を送り込む)
        (谷間から顔を出すそれに唇を寄せ、軽く吸い上げてから舌を這わせ、先走りを掬い取りその雄の味を堪能した。それから艶やかな唇を大きく開き、先端をゆっくりと含んで、締め付けつつ首を振る。所作で跳ねる水の音すら卑猥に聞こえてくるのは興奮のためだろうか)ん…んむ…ちゅぅ…(濡れて頬に張り付く髪を掻き揚げる仕草が艶めかしい)
        -- ヴェネッサ
      • 将来子供を産む場所なだけあって太い分にはいいんだろうけれど、長すぎるのは問題なのかな
        (自慰の乱暴だか強力な圧迫と比べて力は弱いが胸のぬくもりと女の技術はペニスそのものがうねっているかのような錯覚を覚える)
        (気を抜けばすぐにでも精を放出してしまいそうでもあるが、女の中に注ぎ込みたいと言う情欲で堪えて)
        うっ、うぅぅぅっ(しかしとうとう先端を含まれれば精巣の奥から吸い出されてしまいそうで…女の仕草に男はとうとう堪える事が出来なくなってしまった)
        ヴェネッサさん、ごめん!(女の頭を掴み乱暴に腰を突き動かす、昂ぶった性欲に突き動かされてしまったのだ)
      • んぶっ…!?(目を見開いたのもつかの間、すぐにされるがままの口壺になる。根元まで飲み込んだ屹立を、唇と喉奥で締め付け、吸い上げる。腰を引こうとする動きに合わせて、自分も首を傾け、快感から逃げれなくする)
        (ただでさえ張り詰めていた亀頭が膨らむのを感じ取ると、その動きはさらに激しさを増していき―)
        -- ヴェネッサ
      • (もどかしさから目の前の女を道具のように扱うことに対する罪悪感はあった、しかし今は与えられる肉欲の方が勝り動作は止まらない)
        (二段締めに尿道を満たす透明な粘液が吸い取られるとついには限界を超えて)出る、出るっ!(股間を押し付け、亀頭を喉の奥に突き入れるようにしてしばらくぶりの黄色みがかった精がどろりと放たれ…浴槽に再び腰を下ろした、息切れをしているようだ)
      • (濃厚な黄ばみがかった白濁を、無理やりに喉に流し込まれる。僅かに目元を潤ませるが、それでも口を離さないのは、雄の匂いに思考を蕩かされたためだろうか)
        んぶ…げほ、けほ…んー…(口の中でもごもごとさせていた精液を、広げた両手の上に零し)…すごい、溜まってた?(弱みでも握ったかのようなにんまりとした笑顔で、息を吐く男を見上げた)
        -- ヴェネッサ
      • ふぅ…ごめん、大丈夫?(射精する事で少し落ち着いたのだろう、謝罪の言葉をかけて)
        (図星である、ここしばらくはそうした事から縁遠くご無沙汰だったようだ)まあその…中々機会がね?
      • ハニバニとかいろいろあるでしょーに、こんなの持ってるのに使わないなんてもったいない…んっ…(ずず、と精液をすすり、今度こそ喉を鳴らして飲み干す) -- ヴェネッサ
      • 年末年始でお金があんまり…これもある意味、中に注いでるのかな
      • 確かに、そうなるのかしら? …思惑と違ってちょっと残念?(再び湯船に浸かり直して、身を伸ばす。均整のとれたスタイルを惜しげもなく晒す踊り子) -- ヴェネッサ
      • 出来れば孕ませてみたいけどね、このお仲を…(腹部をへその筋に沿って指でなぞりあげる)
      • んっ…残念ながら、それはNGかなー 私身重にはなりたくないし…んっ(くすぐったそうに身をよじる。ちゃぷ、と水面に波が立つ) -- ヴェネッサ
      • 残念だなあ、それでもいつか子供を儲けたりはするのかな(指先は脇腹の方へと、追い討ちをかけて)
  • (ごろろんろん)
    • たまに早く帰れると嬉しいわ…(ぽかぽか湯上り) -- ヴェネッサ
      • わーん -- ヴェネッサ
      • にゃーん -- むせお
      • あーむせちゃん久しぶりだわー(もふもふぎゅー) -- ヴェネッサ
      • 鳴き声が聞こえたから…きゅーはみ出るー… -- むせお
      • (これもおねショタになるのだろうか…)
      • おねこうもり…??(胸の谷間に挟んでもふる) -- ヴェネッサ
      • 一瞬なにかいやな体験をした気がするけど、それはそれとして極楽じゃー(お湯に浸かってるような満足げな顔) -- むせお
      • ちょっとマウスポインタが滑っただけようふふ!(ぬるま湯に実際に漬けておく)
        とりあえず人肌恋しい時期だわー(ごろごろ)
        -- ヴェネッサ
      • こうもり肌の僕ではお役に立てないようなのだった(洗面器風呂に浮かびつつ)
        今考えてる新キャラも人外系だしにゃー。でもヴェネッサさんならツバメ囲うことも可能じゃない? -- むせお
      • 踊り子ハーレムとな…!
      • 私はとうに時代に取り残された女ですので…
        こうもりショタ肌ならお役に立てるどころではありませんが??
        -- ヴェネッサ
      • しょうがないにゃあ…(人型変身)あたためるぐらいなら…いいよ -- むせお
  • (ごろんごろん)
    • (転がす)
      • <にゃー!?(ぽいんぽいん) -- ヴェネッサ
      • にゃーん?(てしてし)
      • どっから潜り込んだのかしらこのぬこはー(ぷにぷに太腿 持ち上げてみる) -- ヴェネッサ
      • にゃーん?(持ち上がるサーベルタイガー)
      • …………あらあらやーねーすごいきばだわー(そのままの姿勢で汗ダラダラ) -- ヴェネッサ
      • (がぶぅ)
      • はうっ(頭から血ぃだらだら) -- ヴェネッサ
      • にゃーん(のっしのっし帰る)
      • 一体なんだったのかしら…ぬこなら可愛がってやれたのに… -- ヴェネッサ
  • うーん蒸し暑い…こういう時は涼むに限るわ…(プールを用意する)
    • (アヒルを浮かべる)
      • わー隊長だわ隊長だわ…そういえば昔、こんなアヒルが近くに住んでたわねえ(アヒル隊長目掛けて水鉄砲を撃ちながら) -- ヴェネッサ
      • (水が当たると反対側に揺らめき衝撃を殺す体長)
        うわっ懐かしい話、自称最強だったような記憶が…一体どれくらい前だろう
      • ああ、こやすも覚えてるのねー、無茶ブリ上等の黄色い子だったわ…懐かしいなあ(三点バーストでの正確な射撃を繰り出す) -- ヴェネッサ
      • ちょっとは絡んだ事があったはず…
        (衝撃を逃がしきれず割れる隊長、中から浮力のバブがプールの底に転がり落ち気泡を発生させている)
      • この隊長脆すぎる…ってあら、これは温泉の元とかそういう?(ちゃぽちゃぽ手を入れてみる踊り子) -- ヴェネッサ
  • (ごろんごろん)
    • …やる気って結構戻らないものねー…(ころんころん
      • ではヤる気を回復させましょうか
      • ほう、どうやって回復させようというのでしょう? -- ヴェネッサ
      • 電池とか・・・
      • (直列に4つくらいつなげてみる。リード線を両手に持ってにじりよる)
      • なんですかそれ、何が待ってるんですか!?
      • え、本当に電池でやる気が回復するのかどうか実験しようと…直列四つだと足りない?(にじりにじり) -- ヴェネッサ
      • ふ フゥー 直列に電池アナルパールされるのかと思った・・・
      • 特殊性癖すぎる…あ、隙ありっ(両手に剥き出しの導線を握らせる。それぞれの両端には直列電池!) -- ヴェネッサ
      • ビビーンッ(6Vの高電圧が電気的刺激により血流を活性化させ、ズボンを押し上げる)
      • ああ男の人の電球ってそういう…(並列つなぎにしてみる) -- ヴェネッサ
      • ビーン…(電圧が1/4になった事で燃え上がるような活力は見出せなくなってしまった、しかしその代わり4倍長持ちするのだろう)
      • …ああ、低周波マッサージとかそういうものなのかしらこれ、良い子は真似しないでね!!(電池を片付ける) -- ヴェネッサ
      • ウッ ポキンッ(電力が切れるとディックも寿命を迎え、ぽきんと折れて床に転がった)
        このように電気の取り扱いは一歩間違えば取り返しのつかない事になるんです
      • アッハイ …大惨事に思えないのは私が悪いのかしらこれ(とりあえず拾って返す)
        予期せぬ形でTSした気分はどうかしら?
        -- ヴェネッサ
      • エロに走りすぎるのもワンパターンかと思って(飲み込む、生える)
        怪奇ふぐり女!と言う気分でした
      • …離れたものを刺激することによる遠隔操作プレイを思いついたけど異常すぎるので封印したいと思うの。
        体はいたわるのよこやす…
        -- ヴェネッサ
      • リモコンバイブによるリモート羞恥プレイ!
        むらむらしても暑さでしぼんでしまうこんなひだもの
      • そういうときは! 真夏の解放を求めてプールとか海とかに!! いけたらいいなぁ(トーンダウン ぐってり) -- ヴェネッサ
      • (「プールも海もいいけどもいいですよー」と宣伝をして行くダークエルフ) -- ニナ
      • 海は後が面倒なんですよねー、川は行ったことないなあ…
      • 宣伝までされてこれは…行くしかない…(水着を探す)
      • (様子を観察する)
  • いるかい?
    • おりますわ?(アーシュラをベッドに寝かしつけつつ)
      • おぉ本物だ。ここはメタ会話はNGだろうか
      • いえいえ大丈夫よー? 何かしら、聞きたいことでも?
      • 君はその…普段着もこんな感じなのだろうか
      • ええ、その通りですけどー(腰布を少し持ち上げつつ) こういう恰好のほうが楽だし…
      • おぉぅ…おじちゃんには刺激が強すぎるようだ。ありがとう(前屈みになりながら)
        それともう一つなんだが…ミリスティアくんは中の人も別人なのかね?
      • 嫌ですわおじさまったら、私もそんなに若いわけではないのに照れたりして。
        ああいえ、彼女も中の人は同じ、ですわ?
      • がっはっは。ワシが現役だったら放ってはおかなかったよ。安心しなさい、君にはまだのびしろがある
        あぁ、ミリスくんの”奉仕系の性格”ってそういう…
      • 今頃になってまだ伸びしろがあると言われるとは思ってもみなかったわ…!! 真面目に!!
      • ええ、そういうことです、間違いありませんとも(すっ) -- ミリィ
      • 凍結名簿に来て何寝言いってんだと言われても仕方ないな。はっはっは
        ほほぅ…ヴェネッサくんは両刀使いだったか…(2人のおっぱいサイズを目で計測しながら)
      • まあ両刀といえば両刀、のような気もしますけど…ねえ? -- ミリィ
      • なんでそこで私を見るのかしら。あんたがここにいるのは行き先がなかったからでしょー?
        (二人とも同じようなサイズではある。ただ柔らかさでは踊り子が、張りの良さや形は修道女がやや上、といったところ)
      • ふむふむ…揉みやすさでいうとヴェネッサ君の方に軍配があがりそうだ
        今日はこの辺りでお暇しよう。協力感謝するよ
  • うーん…ちょっと気力復活かしら?(ごろごろ)
    • (いつの間にか居て横でゴロゴロしているアーシュラさんだ) -- アーシュラ
      • まあいいわよね、大の大人が二人してベッドの上でごろごろしていても、自由とはそういう…… ん?
        (アーシュラを二度見する踊り子だ)
      • にゃ〜?(丁寧に魔術で猫耳尻尾を生やしてごろんごろんしている) -- アーシュラ
      • …うん、まあいいか。アーシュラも疲れてるんだワ…(いつの間にかいるのもいつものことであるゆえに。膝の上にアーシュラの頭を乗せつつ、髪を梳くように撫でる踊り子。よしよしよし、なんて言ってしまうのは、はて何が理由なのか)
      • なぁ〜ん♪(本物の猫の様に膝に頭を乗せると嬉しそうに鳴きながら撫でられる。耳や尻尾の動きから見ても、ご満悦の様で) -- アーシュラ
      • …しっかし相変わらずよくできてるわよねーこれ…その手の風俗で教えたらいい商売になりそうな気がするんだけどなあ
        (感心しつつも耳の付け根をこちょこちょ)
      • にゅ〜ん・・・(耳を触られるとくすぐったそうに尻尾をパタパタする。ちゃんと根元まで繋がっているようだ) -- アーシュラ
      • …アーシュラがここに来るたびにこういうやり取りをしている気がしてこれは…デジャビュ…?
        これも一種の退行みたいなものなのかしらねー…いつもお疲れ様、アーシュラ(よしよし)
      • 細かい事は〜、気にしにゃい〜・・・(ごろごろぐてぐて) -- アーシュラ
      • (しゃべった…!)
        疲れたときにはリフレッシュ、リフレッシュよね!!
      • 普通に喋ろうと思えば喋れるけど、やっぱり猫っぽくにゃりたいし・・・(仰向けでだる〜ん) -- アーシュラ
      • ああ、猫ってそういう…(隙を突くように満面の笑みで横腹に指を添わせ揉みほぐす踊り子) そーれそれそれ
      • ふにゃ!?にゃうぅぅ・・・!(尻尾を振り回しながら悶える。かなり弱いようだ) -- アーシュラ
      • こうすることで普段は使われない筋肉が緊張してその後いい具合にリラックスできるという…えーとなんだっけ…? とにかくもっとやろうと思います!!(もみもみもみもみ)
      • それ絶対てきと・・・ふにゅ、にゃぉぅん・・・!(尻尾を真っ直ぐ伸ばして震えさせながら成すがままになる猫) -- アーシュラ
      • たっぷり十分くらいは楽しんだ踊り子)…っあー…! う、腕疲れた…!! やり過ぎた…!!
      • (もみくちゃにされてピクピクしている猫シュラさんだ) -- アーシュラ
    • (物陰から見つめる) -- ゲま子
  • うーねむ…(ごろごろ)
    • (なでなで) -- ゲま子
      • (ごろごろ喉を鳴らす猫のよう) …あれどちら様? -- ヴェネッサ
      • アタイ?ゲま子っていうの、よろしく(もふもふ) -- ゲま子
      • ゲま子、ゲま子ねよろしくー グランバニアの王様をころころしそうな名前だわ…!(獣耳をさわさわ -- ヴェネッサ
      • とんでもねえアタイメラゾーマ連打とかしねーわよ…あひィ(ビクンビクン) -- ゲま子
      • あ、やっぱり敏感なんだわ…(さわさわさわさわ) -- ヴェネッサ
      • らめぇぇぇぇぇ(転がって逃げてく) -- ゲま子
  • (勝手に作ったものをそっと出すアーシュラさんだ) -- アーシュラ
    • この 他に他意ありありの ちょうひっさつわざ!!(笑顔)
      わぁいありがとうありがとうアーシュラ!
      -- ヴェネッサ
      • うふふ、気に入ってもらえて良かったわぁ♪(とても良い笑顔でさむずあっぷ)
        このカードがあれば協会でバトルもできるから、時間が有る時にどうかしらぁ? -- アーシュラ
      • 前にも許可証もらってた気がするけど、これも許可証になるかしら…重ねてありがとうアーシュラ!
        バトル…ちょっと気にはなるなあ、最近運動してないし…(二の腕ぷにぷに)
        -- ヴェネッサ
      • これは仮のものじゃなくて正式なものとして使えるから、これからは堂々と入れるわよ♪
        あら、それじゃあ運動がてらって事で。連休も近いし、気が向いたら誘ってね♪(二の腕をツンツンしようとしつつ) -- アーシュラ
  • うう、寒い…六月なのに寒い…! -- ヴェネッサ
    • 夏を経過したはずなんだが相変わらず寒いな… -- バス
      • ああ画家様だわーやふー(ベッドでぬくぬく)
      • 忙しい季節だからこそゆったりした時間を…といきたいものだなあ(ベッドの端に腰かけ) -- バス
      • 時期が時期ですものねー。青春群像劇、いろいろと盛り上がっているようですし(毛布にくるまったままバスの背中からのしかかる)
      • 俺にもあんな甘酸っぱい時代があった…かもしれない。盛り上がってるというと今俺の背中にも盛り上がってるものが… -- バス
  • (ぽつねんごろごろ) -- ヴェネッサ
    • 週も半ばを過ぎました…はふ、息抜きしたーい
      • そういえばクラニオンに性的な闇のゲームをする計画には結局ノるのかな?
      • 性的な闇のゲーム、それは! タイミングがあえば向かいたいところー…公開罰ゲーム? 公開なのこれ?
      • ヴェネッサさんは分からないけどクラニオンは両者(ヴェネッサ&アーシュラ)がOKだせば:付けずにまるっと公開しそうな人だと思うよ(ナッツさーんの公開オナニー思い出して)
        アーシュラさんを通してそれとなく聞いてみてもいいかもしれない
      • この場合の分からないってのはヴェネッサさんが公開OKかどうか分からないって事ね!誤解を招くような言い方でゴメン!
      • ああいえいえ、公開するにふさわしい罰ゲームは何かなって考えて(てへぺろ☆)
        なんやかやで私は秘匿すること多いけれどね、うん。
        -- ヴェネッサ
      • 性的なのを公開となると色々夢が広がる…とりあえず一ポーシャerとしてワクワクを止まらなくさせておるよ…(去る)
    • ・・・で、その例の件の時間が今日なら合いそうだけど、どうするぅ? -- アーシュラ
  • お酒で体を温めるにはよい夜ですわー -- ヴェネッサ
    • (ごろごろにゃ〜ん) -- アーシュラ
      • あら、珍しい来客が。甘口だけど飲むー?(ワイングラスを取り出して) -- ヴェネッサ
      • ええ、頂くわぁ♪(グラスを受け取り)ちょっと時間が出来たから、ひさしぶりにね♪ -- アーシュラ
      • 毎日お仕事ご苦労様だわ…議長が抜けるだけで頓挫する計画もあるんでしょう?(赤ワインを注いで) -- ヴェネッサ
      • ん、まぁ一応これでも「そういう立場」だからね。それで何かが動くなら、それで良いと思ってるわぁ。(ワインを受け取ると口に運び)
        うふふ、いいワインねぇ♪ -- アーシュラ
      • 人の上に立つ、大変なことだわね…せめてここでは少しでも吐き出していきましょう!
        ここから西のほうだったかなあ、産地。旅行する時間には事欠かないから、いろいろ買い込んできたけど、お気に召したようで何より何より♪
        -- ヴェネッサ
      • でも、誰かがやらなきゃいけない仕事だしね。うふふ、ありがとぉ♪
        西の方かぁ、最近は冒険者依頼や仕事以外だとあんまり遠くには行ってないわね〜。たまには足を運んでみようかしらぁ? -- アーシュラ
      • なーに、アーシュラだったらすぐでしょすぐ。ほら、転送の魔法とかでしゅぱーんと!
        温泉とかも行きたいところだわー、ここのところご無沙汰で…
        -- ヴェネッサ
      • それはそうなんだけど・・・ほら、旅行の楽しみって、目的地に着くまでの風景観賞とか寄り道にもあるじゃない?
        だから、できればゆっくり行きたいのよね〜。温泉かぁ、いいわねぇ♪ ご無沙汰・・・うふふ、どういうご無沙汰かしらぁ? -- アーシュラ
      • ああなるほど、それも確かに…ついついぶらぶら寄っていったりね!&brん? それはもちろん温泉に浸かってのんびりすることがですが他に何かございまして?(にやぁ) -- ヴェネッサ
      • お土産とか見たりね♪  そうよね〜、温泉だし。・・・でも、本当にそれだけ?(にやにや) -- アーシュラ
      • …似た者同士すぎて牽制し合う意味もないわねー。最近おいしそうな子とかいた? -- ヴェネッサ
      • あはは、まぁそういう仲だし♪ ん〜、さっきも言ったけど最近は出歩きもあんまりしてないから・・・
        ああ、クラーニオン君っていう協会の子に少し色々するかもって話は出てるけどね。 -- アーシュラ
      • え、なに、それはアーシュラが? それともアーシュラのほかに+αあり? スケベだわー、アーシュラショタ好きだわー! -- ヴェネッサ
      • お姉ちゃんの方から色々するかもって話だけど・・・うふふ、なんだったらヴェネッサさんも混ざるぅ?(クスクス) -- アーシュラ
      • ああいや、なんだか口ぶりで、アーシュラのほかに誰かがその子に悪戯するのかなって。よく考えてみると職権乱用プレイじゃないこれ? 危なくない?
      • いえいえ、前にお姉ちゃんがクラーニオン君とカードバトルして勝利してね。その罰ゲームって扱いだから大丈夫♪(さむずあっぷ) -- アーシュラ
      • ああ罰ゲームってそういう…なら割り込みするのはルール違反な気がするわねー(んむんむ、とワインを飲み) -- ヴェネッサ
      • ん〜、別に良いと思うけどねぇ?クラーニオン君ってドMみたいだし。(こちらもワインを一口) -- アーシュラ
      • Mですって…!? -- ヴェネッサ
      • 噂では後ろでもイけちゃう子だとか・・・ -- アーシュラ
      • 待ちなさい、まだ噂の段階で決めつけるには早計だわ…(ふるふる -- ヴェネッサ
      • ・・・試してみちゃう? -- アーシュラ
      • 流石にそっち側のお相手の経験はあまりないわよ私…(ひそひそ) -- ヴェネッサ
      • じゃあ経験を増やすって言う事で・・・ -- アーシュラ
      • ふふふ、アーシュラ、おぬしも悪よのう…?(悪代官的笑み) -- ヴェネッサ
      • いえいえ、ヴェネッサさんこそ・・・(ふふふふふ、と笑い)・・・で、実際どうするぅ?実行するなら話をしてくるけど・・・ -- アーシュラ
      • うーん、そういうことなら時間が合えば同席したいところだわねー。何分ご無沙汰で…(じゅる) -- ヴェネッサ
      • おっけ〜♪ やっぱり、こういうのは皆でやる方が楽しいもんねぇ。それじゃ、話しておくわぁ♪
        うふふ・・・これはワインが美味しい・・・ -- アーシュラ
      • ああ、皆でってそういう…実は協会ってそういうサバト的なことも…(くい、とワイングラスを傾けて -- ヴェネッサ
      • ん〜、今はやってないわよ?少なくとも、お姉ちゃんが議長になってからはね。・・・まぁ、協会員から意見が出れば考えるけど? -- アーシュラ
      • アーシュラが禁欲生活を…ああでもだからこそ時たま爆発するのね、うん。 -- ヴェネッサ
      • そういう事〜。まぁ時々どば〜っと発散しないと、ね? -- アーシュラ
    • ・・・と、いう訳で。クラーニオン君側の時間の予定は、明日の12時〜16時と23時以降、
      それがダメなら29日の予定を見てから追って連絡、だそうよ。どうするぅ? -- アーシュラ
      • 今週もがんばった(がんばった)
        まさか即返事があったとは露知らず…ごめんなさいアーシュラ…(しゅーん)
        -- ヴェネッサ
  • (ごろごろん)
    • そぉい!(景気付け)
      • \わきゃー!?/(布団から転がり落ちる) -- ヴェネッサ
      • (夜の街に色っぽくない悲鳴が響く……よくある事さとそのまま布団を被る)
      • (私の布団を返せー とぺちぺち叩く)
      • (暴力反対!と涙ながらに訴えながら半分開ける…結局退いてない)
      • ……そぉい!(ひっくり返し)
      • あべし……新年早々荒っぽいなぁー!
        (枕を抱えながら天井を仰いでごろごろ)
  • 夜更かししつつよく眠るのが休日での仕事よね!
    • 仕事でなく醍醐味なら後ろめたさは隠せたのに……
      • 休日ではっちゃけすぎると週初めの仕事にすごい響くから…(ぐんにょり)
      • がんばれ…!あと半分だよ!(ぐいぐい)
      • ぶっちゃけ明日終われば祝日お休み! そして土曜出勤(ぐえー)
      • 土日出勤かと思ったら実際そうじゃったか…救いはなくても、生きて……(大変そうなのでぐにぐに)
      • 今は休日! 休日なので仕事は考えない!(足ばたばた)
      • イブ前の休日満喫できたかい?
      • それなりには! 明日一日でまたお休みだし
      • 前向きでよろしい!(きっとイブは残業過多になるんだろうなぁと思いながら)
      • 土曜は基本的に仕事は少ないし、問題ないと思うのだけどね、どうなることやら…うーん
      • 寂しい夜でも温かい美味いものでも食べて英気を養うのだよ…!
      • 後は適度な温度の抱き枕を用意すれば!
      • ぬことか抱き抱えると無茶苦茶あったかいよ!重いし、夏場辛いけど!
        (抱き枕ってそういう…的な視線)
  • (お掃除お掃除) -- ミリィ
    • (ごろごろ) -- ヴェネッサ
      • んぅ…こう、時間を持て余してるわねー… -- ヴェネッサ
      • 時間を持て余す、などと言っていた数週間前の私を蹴り飛ばしてやりたいわ…!
      • セルフスパンキングはよくないわよ!がんばれ、マジがんばれ……!
        (年末入って大変なのかなー…的な顔)
      • 元気してるかなぁ
  • にゃーん(だらだらごろごろ)
    • (暇そうだ…) -- バス
      • そういう画家様もお暇なのでは?(ごろごろぴたっ)
      • 暇そうに見えるかい?見える。はい
        踊りでも見せてもらおうかと思ったけどそういう気分でもなさそう? -- バス
      • あらまあ劇場のお客様だったなんて…物珍しいこともあるものだわー。
        覗き客が一人いるけども、まあそれはそれとして…どんなものをご所望で?(扇やらタンバリンやら取り出しながら)
      • 一度個人的に目の前で踊ってもらうという贅沢を味わいたくて…
        そうだなあ、気持ちが盛り上がるようないろいろ盛り上がるような扇情的なのがいいな。扇だけに -- バス
      • 上手いこと言えてるようで言えてない感覚…。扇、とくると日本舞踊かなとも思ってたのだけど、こういうのもいいかしら?
        (扇を手に小さく舌を出して腰を振り始める)
      • そこは軽く流してほしい…なんだか無性に懐かしさを感じるぞこのダンスは!
        ヒューヒュー!(喜んでリズムを取りながら大胆な腰使いに目が釘付け) -- バス
      • 確かにちょっと選曲がふるかったような気が…そこは気にしないでほしいわ!(汗を流しつつ、円を描くように腰を回したり前後に振ったり。時折舞い上がる前掛けの下から覗く太腿が目にまぶしい) -- ヴェネッサ
      • あ、はい。じゃあ踊りに集中して…やはり鍛えてるんだなあ。腰の動きがすばらしい(内腿が露わになるたび前に身を乗り出し) -- バス
      • それはもう、本職ですもの、っと。顔が近すぎではありませんかしら?(自分の股間の目と鼻の先にいつの間にか画家の頭。ぺちん、と閉じた扇で叩きながらにやにや笑い) -- ヴェネッサ
      • あたっ。これはしかたがないんだ…美しい花に引き寄せられる蜜蜂のように本能のなせる業だよ
        (照れ笑いをしながら)それじゃ次はもっとムーディでしっとりした感じのが見たいな -- バス
      • お上手なことをおっしゃってー。悪い気はしないのがまた困りものですけれど。
        ムーディー…そういうことなら、お手を拝借しても?(片手を取って立ち上がらせる。もう片方の手は相手の肩に乗せて)チークダンス、ご存じかしら?
        -- ヴェネッサ
      • 根が正直なもので思ったままを口に出してしまうのさ…おっ?チークダンスか…踊ったこともあるが、何分遠い昔のことで。手ほどきしてもらいながらということになりそうだ(腰に手を回して) -- バス
      • まあそんなに難しいものではないですし。のんびり踊ればいいのよ、こういうのは(微笑みつつ、手を回された腰をさらに画家に寄り添わせながら、ゆったりと体を振る。ゆらゆらとしたリズムで、時折長い髪から微かな柑橘系の香が漂い) -- ヴェネッサ
      • のんびりとね。それなら得意な方だな(ヴェネッサに合わせて動きながら密着するかしないかの近さにある女の肢体と鼻をくすぐる甘い芳香に気もそぞろ)
        それにしてもあれだな、君のような魅力的な女性を今この瞬間だけでも一人占めできる…人生においてこれほどの幸運もそうはないだろうな… -- バス
      • 画家がせわしなくなるときなんて、あんまり想像つかないわねーそういえば。
        さっきから本当に口がお上手。もっといい幸運なんて山ほどあるでしょう? それに…魅力的な女性にはお困りではないのでは?(笑みを深めながら、さらに腰をゆらめかせて目を閉じる)
      • まあ確かに、気がつけば時間が過ぎてることはあっても忙しいという感覚ではないね
        いやいや、そう言わざるを得ない抗い難い美しさというやつだよ。昔のことは忘れたし、俺の瞳には今は君しか映ってないさ(そっと腰を引き寄せ互いの息がかかるほどの距離に) -- バス
      • 不誠実ですこと。一夜の恋多い人はいつか刺されますわよ?(屈託のない笑顔で物騒なことを告げつつ、両腕を画家の首に回して) -- ヴェネッサ
      • 殺したくたるほど愛されるならむしろ本望というものだな…(次第に顔が近づき、そのまま唇を触れ合わせる) -- バス
      • 男女の想いの違いには要注意ですわ、色男様…ん(唇を奪われれば、目を細めてついばみを繰り返し) -- ヴェネッサ
      • まあその前にせいぜい今を楽しむとするよ。こんな風にね(次第に熱を帯び始める唇の接触とともに、腰に回した手は背中を撫で擦りさらに下の丸みへと) -- バス
      • (しっとりと汗ばんだ背中を僅かにくねらせつつ、自分の体を画家へと押し付ける。豊満な胸をつぶしつつ、口づけを繰り返し。舌を唇の間に滑り込ませ、歯茎をなぞり)
        (ただそれも、丸みと張りを持つ尻肉をやんわりと揉まれるまでのこと。指が軽く食い込むと、ん、と小さな声を漏らして感じ入る)
      • ああ…柔らかくていい触り心地だ…(両手で双臀を捏ね布地越しに擦る。時折谷間の奥へと指が伸びるが軽く触れるだけでまた離れ)
        (密着した踊り子の下腹部に存在を誇示するように硬くなったものが当たる) -- バス
      • お気に召していただけて何より…ん、はむっ…(捏ねれば捏ねるほど、弾力が指先を楽しませる。時折潜り込み、股間を掠めていかれると、ついついその指を追うように、腰がくねった)
        (その動きで、相手の興奮の証拠を知る。銀糸を伸ばしつつ唇を離し、蕩けた瞳で微笑みながら、ズボンの上から根元を押さえ、やんわりと上下に扱き始めた)
      • ずっとこうして玩んでいたいぐらいだ…う、くっ…恥ずかしながらすっかり元気になってしまったようだよ(触れられるとびくりと腰を震わせるがその後はむしろ身を預けるように愛撫を堪能する)
        (それと同時に今度はやや隙間のできた体の前面、先程まで重量と柔らかさを存分に伝えてきていた踊り子の乳房を下から掬い上げるように掴んで揉みはじめ) -- バス
      • まだまだお若い、ということですわよね。恥ずかしがることなんてないと思いますけど…恥ずかしいなら、こんな風に手を出しもしないでしょう?(片手で収まりきらない程度の、柔らかい胸。尻肉ほどの張りはないが、手のひらに吸い付くような感触は極上だ、薄い布の上からでも心地よい)
        だんだん…ん…腰が、前に出てきていらっしゃいません?(ふふ、と笑みを交えて指を離す。そのままズボンを下し、下着をずりおろし…動作がいちいち緩慢で、明らかに焦らしのそれとわかるだろう)
      • こんな美味しそうな果実が目の前になっていて手を出さない男は不能に違いないさ…(ぎゅっと力を込めると指が沈む。しばらく揉みしだきその感触を楽しむと、悪戯っぽく笑いながら胸を包む布に指先をかけずり下ろす)
        んむ…て、手馴れてるね…(もどかしげに腰を反らし、下着から跳ね出たすでにパンパンに膨らみきった肉棒の先からは焦らされて早くも透明の液が滲み出し) -- バス
      • あんっ…(布をずりおろせば、一度だけひっかかりを覚える。その直後、露になった果実は大きく震えて、男を魅惑する。頂点の粒はすでに勃起していて、目を誘う)
        経験豊富な情婦のお相手は嫌かしら?(意味のない問いかけを送りながら、親指を先端に押し付け、ぐりぐりと擦りまわす。にちゃ、といやらしい音が響き)…このまま、手で? それとも…(意味ありげに上目づかいで見つめつつ、もう片方の手で自身の唇をなぞってみせ)
      • (劣情をそそる光景に満足の笑みを溢した後、その先端を軽く指で摘みぐにぐにと玩ぶ)
        とんでもない…あー…(言葉の先を理解すると年甲斐もなくゴクリと喉を鳴らし)じゃあ…口でお願いしようかな -- バス
      • ん、あっ…んふっ…(こりこりとした固い実を摘まみ解せば、その度に踊り子の裸身が弾み、甘い声が零れる。踊り子の興奮が、如実に伝わる)
        (艶めかしい笑みを浮かべたまま、画家の脇腹や腰をなぞるように手を滑らせて、びくびくと脈打つ肉棒を目の前へ。ふう、と息を吹きかけ、舌を伸ばしてちろちろと先走りを舐めとる。もどかしい刺激)
      • く、ふっ…(見下ろすと赤黒く醜悪な男性器の先端を踊り子の舌が這う扇情的な光景に否が応にも更なる強い刺激を求め)
        お、お願いだから意地悪をせず…その、ね…?(踊り子の髪をなだめるように撫で下ろしながら切なげな眼で合図を送り) -- バス
      • ちゅ…あら、こんなところでも意見の違い。これはサービスですけれど?(根元を指で作った輪で締め付けて、緩く上下に擦っていく。さらに膨張していく醜悪かつ淫靡な形状の肉棒に、我知らず喉が鳴った)
        (髪を撫でられれば、童女のように屈託のない笑みを浮かべつつ、上目使いで男を見上げる。そしてそのまま、赤くぬめる唇を大きく開き…亀頭を、口に含んだ。熱くしっとりとしたものが、裏筋や亀頭を這いまわり)
      • うーむ…いや確かに興奮はそそられたが…うっ…ふぅ…(眼下で己のペニスが女の唇に呑み込まれていく淫らな光景と温かく湿った口内の感触、それに続く蕩けるような舌の愛撫)
        はぁ…ヴェネッサの口の中、すごく気持ちいいよ…溶けてしまいそうだ(優しく髪を撫でつけつつ、敏感な部分が刺激されるたび背筋を痺れるような感覚が走り) -- バス
      • (亀頭まで飲み込んでいたそれを、さらに奥まで咥えこんでいく。すぼめた頬の内側の粘膜が、ごつごつとした茎を包み、擦り)
        (同時に裏筋に張り付く舌は粘膜とは違う感覚で肉棒を削り、抗いがたい快感を肉棒から画家の腰の奥へと注ぎ込んでいく)
        (ずず、と先走りをすすりあげながら、片手で睾丸を握り、こりこりと揉み回し、手管を尽くして男を悦ばせようと)
      • (男の官能の全てに働きかけるような踊り子の奉仕を受け、口内で涎に塗れた肉棒は極限まで膨張して脈を打ち)
        そっちのほうまで…くっ、このままだと早々と出してしまいそうだ…!(歯を食いしばりこみ上げてくる射精感を必死でこらえようと) -- バス
      • ん、それはいけませんわね?(口を、肉棒から離す。零れた涎を拭いもせずに、締め付けを増した指の輪で根元を小刻みにしごきながら、上目使いに耐える男を見上げた)
        どうします? このまま出してしまってもいいでしょうけれど…(問いかけつつ、すす、と前掛けを持ち上げ。いつぞやのように、露わになる太腿の内側は、いつの間にか粘ついた汁で濡れていた)
      • (絶え間ない快感から解放されほっとしたのと残念さとの入り混じった気持ちでつい今しがたまでペニスを咥えていた踊り子の濡れ光る唇を眺め、さらにその下方、示された男の欲望が求める場所へと視線を移すと)
        …ああ、そうだな。せっかくなら注ぎ込むのは…(言葉の途中でゆっくりと女を仰向けに押し倒し)こっちの方がいいかな(わずかにそこを覆う湿った下着に手をかけて引き下ろしていく) -- バス
      • (堅い床の上に押し倒されれば、仕方なさそうに笑って男を見上げる。腰を浮かせて下着を脱がしやすくさせながら、男に身を任せて)
        (湿り気をにじませた黒く薄い下着をはぎ取れば、整った茂みと、蜜を湛える秘密の入り口がそこにある。だらしなく蕩けた女陰が花開き、雄を誘っていた)
        さあ…どうぞ? 歓迎いたしますわ、画家様。
      • (白くまぶしい太股の奥、隠すものもなく露わになった女の濡れそぼった秘裂を満足げに見やると、手を添えながら肉棒を押し当て何度か上下に擦りあげ)
        行く…よ…っ!(徐に狭い膣口へとペニス沈めていけば、淫肉をこじ開けていく官能と征服感が背中を駆け昇っていく) -- バス
      • ん、ふっ…そんなに、焦らさなくても…は、あっ…!(鰓が、剥き出しになった肉芽を擦りあげると、それだけでびくりと腰が跳ねる。零れる蜜はさらに勢いを増して、瞬く間に肉棒を濡れ光らせた)
        んあ、く…ん、んぅっ…!(どろどろに蕩けた穴を擦りあげられて、白い喉を逸らしながら身悶える。締まりのいい肉は侵入者を荒々しく迎え入れ、ゆっくりと、奥の奥まで導くようにやわやわと蠢き、絡みついて男の芯を蕩けさせていく)
      • っ…まずい、さっきまで口でしてもらってたせいか…(滑つく粘膜に包まれた肉棒は微細な蠕動だけで高みに達しかねないほどに切迫してい)
        (それならばと腰は浅くに留めたまま上体を覆いかぶさるようにしてから踊り子の呼吸とともに揺れる白い胸を両手で掬い上げその先端に吸い付く) -- バス
      • んくっ…! や、あ…そんな、擦りながら、乳首まで弄るなんて…は、あうっ…!
        (汗ばむ柔肉を揉み込めば、屹立する乳首。それを食めば肉棒に絡みつく膣襞の締め付けが強まった。亀頭を、裏筋を、雁首を、まるで吸い上げるかのように蕩けた肉が絡みつき、溶かしていく)
        や、あ…せつな…奥、うずいて…! もっと、奥に…あなたのこの杭、打ち込んでくださらない…?(足を画家の腰に絡めながら、蕩けた瞳を細めて、さらなる刺激を強請る雌)
      • じゅる…っぷ…うむ、美味い…(両の突起を交互に吸い、舌で転がしつつ腰は淫壷の浅い部分を引っかくように動かしていたが)
        うっ…あ、ああ…突いて突きまくってあげるよ…!(腰まで快楽で蕩けさせる肉襞の蠢きと女の情欲的な懇願がたちまち男を翻意させ)
        (入り口近くまでゆっくり引き抜いた肉棒を一気に深く突き刺し、奥を抉るようなピストンをはじめる) -- バス
      • きゃ、うっ…! あ、は…お、奥まで…一番奥まで、入って…♡(この上ない充足感と、突き抜ける快感に身も心も形を失い、蕩けていく。そこにいるのは肉欲におぼれた一人の女だ)
        す、すごい…ぐちゅぐちゅに、される…されちゃうっ…あ、はあぁっ…!(全身を押し付けるようにしてしがみつく。突き上げられる度に漏れそうになる喘ぎ声を堪えつつ、押し付けた腰をくねらせ、肉棒を根元から締め付けて捻り回す。ざらついた襞が今までとは違う蠢き方を見せ、感じさせて。腰と腰がぶつかりあう度に、ぱちゅ、じゅぷ、と卑猥な水音が零れた)
        ん、んむっ…んくっ…(唇を押し付け、こじ開ける。舌を絡めあってそのぬめる感触に酔いしれ)
      • うあ、うねって…搾り取られそうだ…(何も考えずひたすら腰を引いては打ち付ける。嬌声をあげしがみつく女と、暴れるペニスをきゅうきゅうと締め付ける膣穴だけが彼の感じられる全てとなっていく)
        んぷ…じゅる…(女を抱き締め夢中でその熱い唇を跳ねる舌を甘い唾液を貪る)
        も、もう…出すよ、ヴェネッサ…君の中へ…っ…!(最後の爆発へ向けて極限まで膨張したペニスが狂騒的に膣壁を擦りたて子宮口を突き上げる。存分に女の中を蹂躙すると張り詰めた竿先から痙攣とともに二度三度と白濁が迸り膣奥を叩く) -- バス
      • あ、ああっ…き、て…きて…! ん、くぅ…ふあああぁっ!
        (己の一番奥底に、男の欲が流れ込む。その熱さと勢いに、満たされるものを感じた。ぴんと張り詰めた足を震わせ、中で脈動する男を感じながら、女も頂きへ上り詰める。過敏になった肉棒を、容赦なく締め上げて)
        …っはー…はー…(荒い呼吸を繰り返しながら、精射の余韻に浸って)
      • (本能的なものか一番奥へと腰を押し付け最後の一滴まで注ぎ込もうと肉棒を震わせる)
        …っ…はあー…すごい、俺の全てを吸い取られていくみたいだ…(息の上がった身体を踊り子に預けるようにしてしばらくは膣内の感触を反芻しながら)
        …あの、ちょっと今回は余裕がなくて…回復したらもう一度…(照れたように囁き女の首筋に指を這わせて…) -- バス
      • //このへんで〆かしらん?
      • …ホントにお若いことで(その言葉は、画家の言葉に対しての返答か、それとも自らの中で再び硬さを取り戻し始める雄の証への賞賛なのか、それは誰にもわからない)
        (ただ女は男を抱き返して、その耳元に小さく何かを囁き…)
        (その晩、夢幻のような蕩ける睦事は、途切れることなく繰り返されたという…)(暗転
        (//あい、お疲れさまでございまし…!)
  • (お掃除お掃除)
    • 昏睡姦はなんというか、見てる分にはすごくそそるんですけどね…。ロールする立場になるとすごく難しいもののひとつなのかもしれません…。 -- ミリィ
      • スライムとかー触手とかー異種とかー。こう、そそられるわよね…!
  • 名簿の元は完成したのであとはヴェネッサさんの帰りを待つだけ!
    と言うかその前に作っておいた方がいいか…今から作ろう!
    • (その後頭部をはたく) -- 舞い手?
      • 即・完・成! って何故叩くのヴェネッサさん!?
      • 1時間前からいましたのよ! -- ヴェネッサ
      • そうだったのか!…タダイマーも二日前で、コメにもタダイマーがないからてっきり…
        と言う訳でこんなキャラ原案ですよ、ヴェネッサさん。相手の鱒や鯖を襲っちゃえるくらいの悪ですよ
      • 聖杯の相談なら向こうの方がいいのかなって。んー、マスター悪役タイプかあ。こっちはそこまで好戦的でないけどいいのかしら? -- ヴェネッサ
      • 元々ヴェネッサさんの性格上そんなに好戦的って訳でもなさそうだしね、こっちの鱒基因の戦闘の方がいいと思ったのと
        せっかく聖杯で相手を負けさせれるのなら、エッチ方向も出来たら楽しいだろうなと思って
        ヴェネッサさんに問題がなければこの方式でやるよ…あと、決定したらあっちで話そうかー。コメは一緒の方がよさそう?
      • あまりそういうエッチ方向を突き詰めないようにしましょうね、わかってるとは思うけれども。基本は戦闘RPだと思うし。禍根が残るようなことはしないに限ります、と。 -- ヴェネッサ
      • 大丈夫大丈夫、もちろん最初からそれ目的な訳じゃないから。流石にそこまで空気読めてない訳はないと思うから
        こっちの日常もエロエロよーはそんなにはしないと思うし…ただどこと当たるかにもよるよね
        それで、お互い契約すると言う事でよろしいかな。舞い手(ダンサー)
      • だから私は別になくてもいいのよそういうのは!  猫的性格をお忘れなく!
        不安が渦巻いてきてるけど本当に頼むわよマスター。 -- 舞い手?
      • その辺りもここでのやりとりで干からびるほど学習してるから大丈夫! でもあまりそっけなくすると犬みたいにしょぼんとしてるけど
        「引き返すんなら今のうちだぜ?今ならまだアンタも引き取り手がいるって聞いたしな(フルートで自分の肩を叩きながら)」
      • 見かねて止めるくらいはさせてもらおうかと思う中立タイプ。お手柔らかにね? -- ヴェネッサ
      • 「それじゃあ、お互いの野望を叶えるために…頼むぜ?俺は戦闘からっきしだからよ」(以降は舞い手のコメで) -- 奏者?
  • はて、クラス:ダンサーなんて作ってしまっていいものか?
    • >A.勿論です。参加者の独創力かつ既存の枠に捉われない柔軟な発想を期待しております
      だよ、ヴェネッサさん。と言う訳でこんばんはでお帰りかな?
      • あ、ちょっと15分ほどお風呂はいってくる
      • 何この即反応、もしかして見張られているの…?(盗撮用カメラを探す旅が始まる) はーいいってらしゃい
      • ただいま、シャワーはいいね…帰宅後にお風呂入った後でもスッキリする…
        キャラ動いてたから最新60の動きを見てればすぐにわかるものだよ、分からなかったりもするけど
      • おかえりなさいませ、と。この時間にここにいられることは珍しいくらいだと心得ていただけると幸いです(平伏)
        じゃあちょっとサンプル参考にして名簿作ってくるわねー
      • お互い平日は動かずに休日オンリーと考えるとその方が気楽かつ他人も絡みやすいかもしれないね
        こっちは平日も自由がきくから、その辺りなんとでもなるんだろうけど…あい、こっちはそっちを見てから作るべきか。設定の兼ね合いもあるし
      • (今見てみたらなんか同じ演奏家っぽいリーアがいてちょっときまずく思いながら)
      • まだステータスとか弄ってないけど一応作ってきたわー?
      • なるほどー…国を建てるだなんて目的があったんだ、こっちはどんなキャラにしようか…
        鯖ヴェネッサの性格とかはほとんど同じなんですよね?
      • その辺りを語るにもいい機会かな、って思ってたり思わなかったり。
        清楚系でもいいけれど? キャラ作ってたり。あとステ振りも一応これで。宝具をもう少しあげたい気もするけどこれ以降は相談かなぁ。
      • それなら丁度いいかもしれないねー、こちらとしてもやり残したことをやってくれるなら誘った身としては嬉しいし
        どうしたものかな…こっちは今こうして話してる性格じゃなくナンパ系の小悪党にしようか悩んでるけど
        能力的に、ハーメルンのバイオリン弾きの魔曲使いだから全うな性格じゃないだろうと思って…でも今のこやすな感じがいい?
      • 演じやすい方でいいのよー。あんまりセクハラし過ぎたらつねるくらいはするつもりだけど!(いい笑顔)
      • 気付いたら勧誘されてるヴェネッサさんに人気を感じる!…身を引いた方がヴェネッサさんのためになるんじゃと思い始める中の人だ
        演じやすい方かー…ぶっちゃけるとこっちの方が話しやすくはあるんだけどね!シリアス向きじゃないんだよね…この感じ
      • そこは負けん気を出していただかないと…。ナンパ系もシリアスには向かないと思うけど、まあ基本ゆるゆるお姉さんですし。気負わずでも頑張って
      • そんな心臓を貫かれても頑張れるほどの負けん気はないんだけど!
        「ヒュー!面白ぇ、そんじゃ一曲やるとするか…ヴェネッサ、頼んだぜ!(楽器を構えながら)」と言う感じで戦いそうだよ、今考える鱒
      • ロックだこれ。きっととんがり頭なんだわ…。なるべく早く形にしてくださいましねマスター(スキルを選ぶのに苦労しながら)
      • ロックにしようと思ったんだけど残念ながらクラシックの方が詳しくて困る…フルートにしようとか思ってたりする
        ほら、チンピラっぽい服装でフルートの演奏が凄いってギャップがいいかなって…大体形が出来てるよ、明日までには出来るはず
  • ついにヴェネッサさん始動か!(ガタッ) と言うか何でこんな微妙なタイミングに…聖杯もあと一週間ちょっとで始まったのに
    • 聖杯は別にいいかなって…そうか、私が参加するという芽もなくはなかった?
      • うn、仮名簿の登録次第にもよるけど自分の中では候補にあったんだけど…
      • ホントに? 言ってくれればよかったのに…。私も含めて、聖杯に出て喜ばれそうな子はいないと思ってるから、いつも見送ってるのよね…。
      • その代りヴェネッサさんを鯖として何が出来るかなーと考えるとやや難しそうだし
        スネ傷なしの方で出そうだから誘わずにいたんだけどね…多分エロエローよーな日々に近い気もするし
      • 割とルール厳しいものね、聖杯は。うーん、私は改めて登録し直してもいいけれど?
      • 例えばヴェネッサさんが参加するとしたら何が出来るー?そして何かしたい事がある?
        こっちとしては登録するなら演奏者で踊り子との共演で何か戦闘で来たら面白いかなとは思ってた
      • うーん、戦闘スキルならソードダンサーとかしたいわねー。舞踏による自己強化、とか。
        したいこと、というか願いたいこととかはあるけど。
      • あと言っておきますけども別にエロエロじゃないとダメとかないから勘違いしないでね!
      • 演奏者でその能力アップとか?まずは舞踏だけで戦って苦戦してから、これが真の舞踏よ…的な感じで演奏+で戦うとか
        願いたいこと…あぁ、若さを取り戻したいね!大丈夫、微妙な年齢のヴェネッサさん可愛い!
      • マスターとの連携が特徴的なペアになりそうねー。そういう願いじゃありませんー、サーヴァントなら歳とらないし、今回は最盛期での召喚になるんでしょう?
      • そういう連携とか面白そうだと思って…でも、これアニメとかゲームなら一度っきりの戦闘で後はフェードアウトしそうなペアだよね…
        うん、そうなるかな…しかしそうなるとやっぱりこっちが鱒でそっちが鯖がいいのかな?
      • もちろん最終奥義も宝具もあるしうふふ。最初に頑張って後はだらだらでもいい、いいの…!
        逆になると私が新規でマスター作ることになるかなあ? また話が変わってきそう
      • おぉ!あるんだ!ただ踊ってるだけじゃなかったんだねー…まぁ、最後まで残るのは心苦しいし、割と早めに脱落が望ましいかもだけど
        ただこっちが鯖になると既存キャラになっちゃうから、残念ながら奏者のキャラなんて今までにいなくって…
      • うん、だから話が変わっちゃうってこと。また違う設定にしないとねー。
      • まぁ普通に考えたらこっち鱒でそっち鯖で参加かー…どうするー?本気で参加するー?
        とりあえずはヴェネッサさんも他の鱒見てみたりしたいだろうから、いま即決でなくていいと思うけど
      • 他に誘ってきそうな人もいないだろうし、私でよければ。基本土日、平日も十二時過ぎるとアウトな活動時間だけど…。
      • その辺りは相手の打ち合わせ次第…しかしそうか、ほぼ土日オンリーか…そこが難題だね
        あ、そうなると今日はもうお開き?まぁ、明日のお楽しみだろうか…
      • まず10時くらいの帰宅になるからー…時には11時回るときもある、かと。平日は25時まで頑張れるように体に気を付けてるんだけどー…(ベッドの布団に潜り込む。めくりあげて手招き)
      • んもー、抱き枕になるのも男として大変なのにー…まぁその辺りは了解いたした!(そのまま布団にお邪魔して)
      • おやすみなさる…くぅ…
  • (にゃーん) -- ヴェネッサ
    • なんかヴェネッサさんに同居人が増えておる…まぁレズレズな日々を送るのね!
      • &ccolor(#e4007f){1時間前からいましたのよ!}; -- ヴェネッサolor(#e4007f){すね傷持ちを住まわせるところにしようかなって思って。第二の国辱宿、って感じ?}; -- [[ヴェネッサ
      • あ、お客様ですか。いらっしゃいませー(にこにこ修道女) -- ミリィ
      • ヴェネッサさんはすね傷と言うほどでもない気はするが、ミリィさんは見た目普通だけど内情はすね傷どころじゃない気も
      • まあそれはねえ…(微苦笑しつつ) 私もすね傷の範囲だとは思ってたんだけどね -- ヴェネッサ
      • リアルではすね傷と言うレベルではないと思うけど、ゴルロア的にはすね傷になっちゃうのかもしれないね
        前に恋人がいたりした人がまた相手を見つけるなんて皆無と言っていいほどだし
      • まああまり気にせずにいきましょう。こうして来てくれる人もいるんだし -- ヴェネッサ
      • そう言う事かもしれないね、変に気にしちゃうよりは ところで新しく冒険出たんじゃなかったっけ?
      • (実は部屋の掃除とか私のこととかでまだ…)(ひそひそ) -- ミリィ
      • 時間かかりすぎだー!?…ま名簿/440716#o02a9bb7]]
      • ぁ、のんびり気楽に頑張ってね。こっちはちょっと帰還までお買いものいかないと
    • (にゃふーん)
      • (アリアンロッド2Eにてキャラメイク中) ヴァーナの猫でシーフ/ダンサーかなー。ダンサー外したら私ではない…!
  • 朝からだらだらしようと思います(ごろごろ) -- ヴェネッサ
    • (ごろごろ転がす) -- サビニャ
      • <わー(高速回転)
      • ライクアローリングヴェネッサ… -- サビニャ
      • 夜勤から帰ってきてヴェネッサさんがいると思ったらダブルおっぱいになっておる…
        あとサビニャが動いてるの久しぶりに見た…うちの幼馴染が冒険組んだりしておるよ
      • って、今見たら8月に死んでおったかサビニャ…ヴェネッサさんは登録したんだっけ?
      • おほほほほ…(こっそり再登録しておく) -- サビニャ
      • しかも地味に熟女っぽくなっておられるサビニャだ…きっとショタ食いばっかりしてるんだわ
      • ちょーおっきいのよねサビにゃんこですにゃ! んー、帰還タイム過ぎたら弄りましょうそうしましょう(だらだら)
      • アラサーだよ!何言わせるの!弄られてしまうわ…わたしこわい -- サビニャ
      • サビにゃんこのおっぱいが育ちすぎておっぱいビンタ喰らったら死にそうです、でもなんか相手の希望で元の体に戻れそうだよねサキュバスだし
        スク水とネコミミが似合っててウインク下手なのかいサビニャさん…あと弄ると言いながら弄らないヴェネッサさんはネコすぎる
      • あーはーはーのんびり今からのんびり改装するわー(ハダカエプロン)
      • すっきりした?(お尻なでながら) -- サビニャ
      • まだもっと弄らないといけないけどー(すべすべふにふに)
  • やっとお休みーお休みだわー!(ごろごろごろごろー!)
    • んあー、お休みはのんびりできてさいっこー…(ごろごろ)
      • そんなごろごろばっかりしてたらお腹が…(ぷにぷにお腹を押しながら)
      • ちゃんと日々絞ってるから大丈夫ですー(程よい弾力の引き締まったお腹をぷにぷにされて、くすぐったそうに)
      • あぁ絞ってるってそういう…でもそう言う事は踊りのための運動を欠かしてないとか?
        まぁ踊り子なんて体形維持しないといけない筆頭だろうしなー
      • ん、そういう(右手を筒を掴むような形にしつつ上下に軽く振って流し目)
        なーんてまあそれはともかく、基本的に腰をよく使うから体力ないとダメだしー…
      • でも、今のヴェネッサさんだとそれをしてあげる相手もいないような…あとそれ運動になりませんよね?
        それなら冒険に出たら良かったのに…ただ、ヴェネッサさんの冒険姿って思い浮かばないけど
      • 誰が独身で体を持て余してる女ですって!?(羽交い絞めロック)
        全盛期は斧持って冒険してたわよ私ー。ぶんぶん振り回してたかしら(きゃっ☆)
      • 事実でしょー!?外に出ればいくらでも縁があるはずなのに、引きこもってるし…あと、当たってるんですけど?(羽交い絞めにされながれテンプレ)
        …ヴェネッサさん年考えようよ、いや登録初期年齢でもそのきゃっはないと思うな
      • もーこやすはキャラでくる元気はないのに正論ばかりー(てしてしパンチパンチ)
      • キャラできてもいいんだけどね! でもこやすの方がヴェネッサさんも気楽だろうしー(両手で受け止めながら)
        キャラだと繋がりが出来ちゃうし、リンクもつけちゃうことになるし
      • いいのよ、茶飲み友達でも(もふもふ)
        一応冒険登録だけはしておこうかな…
      • でもー、エッチな事もちょっとしたいしー…(もふもふのお返しにおっぱいをもみもみしながら)
        それがいいけど、完璧に時期外してるよね…まぁ、幼馴染と組むと忙しすぎるか
      • こやすは度胸なし、私知ってる(片手では収まりきらない上に柔らかく指が沈む)
        まあね…土日くらいにしかフルパワーで動けないし、今は
      • 違うね、度胸がないからこやすなんだ!…言ってて涙が出てきた…(でも手はずっと動かしながら)
        そうなのかー…そういうキャラがいてもいいとは思うし、冒険頑張ろうぜ!
      • おもちゃじゃないんだからそんなに遊ばないー。それとも遊んでいかれるのかしら?(手の甲をつねりながらにまーと笑う)
      • いたたた…遊んでる訳じゃないのになー…まぁ、このままごろごろでもいいかー(ごろごろしながら)
        あ、それと土日しかいないことを書いておくといいかも。来る人も分かりやすいし
      • あら、それは失礼いたしました! ん、後でちょこっと名簿修正でもしていきましょう…(こやすの膝の上にすっぽり収まる)
      • あらジャストフィット…流石はぬこみたいなヴェネッサさんだ(肩に顔を置きながら、後ろから腰の辺りに手を回して)
        やっぱりいついるか分かってた方が絡みやすいもんねぇ…
      • そして猫は興味をなくすのも早いのよー(肉付きのよい腰を抱き寄せられながら屈託なく笑う)
      • なら、興味を失って逃げないように捕まえておかないとね(ぎゅっと抱きしめながら、耳たぶにキスをして)
        …ヴェネッサさん抱きしめるの久しぶりだけど、変わってないなー…(肌などを撫でさすって)
      • 首に鈴をつけるつもりなら精一杯抵抗しようと思います。やっぱり前にもちょくちょく遊びにきてたのかしら?(しっとりすべすべ、だんだん赤みを増してくる肌)
      • ヴェネッサさんなら首輪とかそういうアクセサリーも似合いそうだけど…引っかかれるのは嫌だから止めておこうかな(笑いながら手を乳房の下に回して)
        そりゃあもう、でないとこういう所に顔出したりしないと思うよ(持ち上げながら、先に絞るように揉んで)
      • (そのままの体勢で不貞寝しながら)
      • これも猫ゆえ…(お茶をお出しする)
  • (ころころ)
    • こやすをころころしてるわ!きっと腹上死でなんだわ!
      • そう、こうやってころころをね(粘着する例のアレをころころ転がしながら) -- ヴェネッサ
      • こやすにころころとか、この薄汚いブタめ!とか思ってるんだわ!汚物を消毒なんだわ!
        それはそうと、ヴェネッサさんも登録すればいいのにー今なら新人一杯だよー?
      • そんなことないわよー、でもこれをあそこに使ったら倒錯プレイだなーとは思う、うん。
        えー確かに幼馴染以上の時間を過ごしてるかもしれないけどー。隠れ娼館みたいな感じでいいと思わない? 知る人ぞ知る、みたいな。
      • そんな変なプレイはあまり… いや楽しい人には楽しいかもしれないから止めはしないけど
        あぁ、じゃなくて冒険者に 流石に幼馴染は…厳しいんじゃないかな(年齢を見ないようにしながら)
      • (やっぱり? っていう顔)普通に撫でる方がいいかしら。丁寧に丁寧に…。
        永遠の二十八歳です! 一番熟してる頃です! いや冗談だけどー。冒険者かあ…新しい出会いもあるかなぁ(もふもふぎゅー) -- ヴェネッサ
      • こっちとしても年齢は止まってた方がいいけどね!ヒツギさんみたいな年の取り方嫌いじゃないけど
        それはあるでしょー?ただ、幼馴染で手一杯って人も多いから来る人は割合少ないかもだけどー(谷間に埋もれながら)
  • くら寿司!くら寿司をよろしく!(お勧めする -- マッスルーサ北村
    • すごいブームになってしまったくら寿司はこれからどこへ行こうというの…
  • (ごーろごーろ)
    • ヴェネッサさんが復活したって事知ってる人がいなさすぎると思うんだ、コメも;だし(ごーろごーろ)
      • 活発に動くし名前も絵もあるけど動きを悟られない、そんなスナッパー的スタイルを目指そうと思うの嘘だけど
        結構、やりすぎちゃいました☆ が多いと思うし…(こやすをもふもふぎゅーする)
        -- ヴェネッサ
      • そんなむなしさだけが募りそうな生活止めようよ!あぁ嘘ならよし!
        別にやりすぎちゃっても誰も言わないようになってると思うよ!特にエロ方面は…ってぎゃー!(もふられながら)
      • まあもう下火になってるでしょうしねー、そういうエロ系は。
        むしろ動かないと思っていたところにすぐに来訪者がきてすごいな、と思っているレベル…!(にゃーん)
        -- ヴェネッサ
      • こないだ乱交久々にあったくらい?でもエロい事はあちらこちらで細々としてる印象
        凍結なんて今時珍しいって踏んでみたらまさかの!まぁ、でも久しぶりに話せてうれしくもあるよー(ごろごろ)
      • 今すぐ検索、なさらなくてよろしくてよ!
        まあ自分も少し不便に思うし、これはとっぱらっちゃいましょうか…(さっそくボタンを操作する)
        あ、前にも絡んだことがあったのかしら?
      • あ、封印が解かれた これで気づく人は気付くと思うよ、やったねヴェネッサちゃん!
        前に何度かごろごろにゃーにゃーしあったこやすでございます(深く頭を下げながら)
      • 今更ながらに昔のコメントページの名前ははっちゃけていたなあと振り返る私…。
        ああにゃあにゃあってそういう?(ねこじゃらしを持って振る)
      • エロエロよーは個人的に好きだったよ、目立ってたけど…あとこういうのはむしろヴェネッサさんの方だったような(テシテシしながら)
        あとはぽるのああーまーを見て時代を感じたりもするね、今も作れば流行る気もするけど
      • うん…目立ってたわね…。えーでも私を猫っぽく扱う人いないしー(猫じゃらしで喉こちょこちょ)
        今はパイロットスーツとかが静かなブーム! レオタードでもいいと思うのー -- ヴェネッサ
      • そうかもしれないけど、でもこやすを猫扱いする理由にはならないと思う!(ゴロゴロ喉をならして)
        え、それもちょっと前の話のような…今の時代は巫女レオタード!
      • 以前のこやすはブラウニー扱いでした、私覚えてる!
        成功したのかな、巫女レオタード…すごいニッチな恰好よね…大人がやったらどうなるのか…
  • よいしょ、っと
    • こんな感じでいいかしら?
      • 何故復活したし
      • そういう気分だったからよ…!(くわっ)
      • なら乱交とかに参加すればよかったのに!
      • のー、別にそっちに気分を傾けるのではなく…またこういう気楽にごろごろできるのもいいかなと…はい -- ヴェネッサ
      • どうせなら冒険に出てみては?
      • もうちょっと落ち着いたらそうしようかな。ちょっと気分だったから、ってページ復活させたのは早まったかもしれないし
        あとこうして気軽にもふもふできるのは私ならではー(もふぎゅー)
        -- ヴェネッサ
      • 他の子でも出来るような気がむぎゃー!
      • なんというか、結構その辺りはキャラによって頻度が変わるのよね。初対面の相手をもふぎゅーとかまず他の子にはできないなあ…(背中からのしかかる) -- ヴェネッサ
      • そういうの出来るキャラって貴重だよね、動かす方にとっても…お、重い(ぐえー)
      • 重いとか失礼千万すぎる…! うん、気楽にいられるのは素直に楽しい…!
        まあ時折顔でも覗かせてくれれば歓迎するわー
        -- ヴェネッサ
      • ヴェネッサさんは程よい重さ、と言う感じだけどのっかられると普通に重たいと思うんだ人って
        あいあいー、キャラで来るかもしれないし匿名で来るかもしれないー
      • ああ、重いってそういう…(ぱっと離れる)
        明日はお休みだししばらくだらだら話していってもいいのよー
        -- ヴェネッサ

*1 グループ名?

Last-modified: 2016-04-01 Fri 22:55:25 JST (1527d)