スィー家出身 イーリィ 378330 Edit

ID:372332
名前:イーリィ
出身家:スィー
年齢:20
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
方針:
edit/refer
難易度:
edit/refer
信頼性:
edit/refer
その他:ステータス/戦歴
霊圧:
edit/refer

三行 Edit

物凄い陰鬱そうな子が
幸せを求めて
やってきた!

長文 Edit

  • 10年ほど前から記憶喪失
    • 一般的な智識は持っているが、自分のことは何一つとして知らない
  • 記憶喪失に陥った直後から毎晩悪夢にうなされてしまっている
    • そのせいで安らかに眠る事もできずに、夜が来るのを恐れている節がある
  • また頻繁に幻覚症状に悩まされている
    • 最近では取り乱す事はなくなったが、たまに人と話している最中でも幻覚を恐れて傷つけようとしてしまう
  • これらに悩まされ続ける日々のせいで瞳に正気は薄い
    • また口数も少なく、人との交流を怖がる面もある
      • 中の人はこの限りではないので、普通に出歩くよ
  • 世の中に絶望感のようなものを抱いていて、早く楽になれる事を願っている
    • その反面、幸せになりたいという欲求も非情に強く常に何かを求めている節が見受けられる
      • 二律背反する感情ではあるが、絶望の方が若干勝っているせいか自らが傷つく事に対しては欠片も躊躇いをみせない
      • 必要とあれば手足といった四肢や視覚聴覚といった感覚をなくす事になっても平気だろう
  • 冒険者になった理由も、色んなお仕事をこなして人から感謝されたら幸せになれるかも知れないから
    • それから悪夢と幻覚の理由が失われた過去にあるのなら、それを何とかして振り払いたいと思っている
      • 故に自らの過去に通じる手段があれば、何としても掴みたい
  • 何かあった時に、人間を傷つける事に対する躊躇いは一切ない
  • どちらかといえば一人がいるのが好きで、大勢の人が集まる場所に行ってもつい孤立してしまう
    • そのせいもあってか非常に喋るのが苦手で俯きがち
  • 冗談を理解する程の心の余裕は存在してはいるが、何事も真面目に受け止めてしまう
  • 彼女の目的はただ一つ
    • 安らかに眠り、笑い、幸せな日々を過ごしたい
  • 墓守だから武器は斧ですよね?
  • 黄金暦143年 10月  怪物討伐依頼を最後に消息不明
    • 同行し、生還した者達にも彼女の行方を知る者は存在しておらず
    • 遺体・遺品の類も発見されていない事から、死亡扱いの行方不明、と組合は認定
    • 冒険者としてその存在を抹消される事となった
    • 偶然にも混戦の中で彼女の姿を最後に見る事が出来た者はこう語る
    • 「先に死んだ者達の死体を見て、うわ言を呟き震えていた、その次の瞬間には姿が見えなくなっていた」と

リンク作るの面倒だ Edit

最新の3件を表示しています。 コメントページを参照

  • ン…?(部屋の様子が変わった様な気がして、何とはなしに覗く)
    …戻っちゃ…いねェか… もう五ヶ月位になンだな…
    (暫し未練有りげに部屋を見ていたが、やがて自室へと戻って行った) -- レコ 2009-12-13 (日) 02:36:29
  • ふむ…。この間の娘が小僧(レコ)の。世は無常とはいえ…残酷なもんだな。
    バカ正直に落し物を届けるような娘が、何も死ぬことはないだろうに。なあ? -- ベリタス 2009-12-13 (日) 17:48:34
  • イーリィーイーリィー遊ぼうー遊ぼうー -- ユーヴァ 2009-12-17 (木) 21:36:16
お名前:

安宿の一室 Edit


Last-modified: 2009-12-08 Tue 09:36:34 JST (3659d)