グラスオルベルグ界出身 グラベール・ジルオール 434999 Edit

exp004305.jpg
ID:434999
名前:グラベール・ジルオール
出身家:グラスオルベルグ
年齢:1億2千
性別:
edit/refer
前職:魔王
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
その他:ステータス/戦歴/名簿Edit
企画企画/魔王ロワイヤル

世界の支配者 フォルトゥナ Edit

おぉ運命の女神フォルトゥナよ、貴女は月の如く満ちたり欠けたり、常に定まらない。

人生も同じこと、確かなものは何もなく、運命に弄ばれ貧者も権力も 氷のように無に帰する。

恐るべき空虚な運命よ、おまえは車輪の如く回ってゆく。 信頼能わず、隠れたら現れ

健康と徳を授けたらすぐに 欲情と背反をよこす。 我らは常に憂悶しながら、たえず恐れ戰く。

さあ、運を掴んだ者も投げ落とされた者も、私と共に運命に血と涙を流そう。

運命に傷つけられ Edit

運命に傷つけられて、私の目からは涙がこぼれる。

せっかく手にした幸運もすでに遠い。 幸運はあっという間に通り過ぎ

気づけば何も残らない。言い伝えのとおりだ。

栄光など所詮は心許なく気づけばすぐに崩壊する。 運命の輪は回り、一方が沈めばもう一方が昇る

玉座の順番が回ってきたら、次は破滅に警戒せねばならん!

運命の車軸に刻まれたトロイの女王ヘクバの名も、 かつては頂上で輝いていたが今となっては車軸の下なのだ。


断崖に聳え立つ城 Edit

お名前:
  • (城の門の近くまで来ると城を見上げる老人、その瞳はこの城の本質を見抜くかのように鋭い)
    この地に在りしモノではないか…翌々異邦の者と縁があるようだな(門を見据えて)…開けよ、老人が一つ挨拶に参ったぞ? -- アキベドル 2012-02-25 (土) 23:11:39
  • わぅ、大きなお城なのです…
    グラベールさんという方はいらっしゃいますか?来月同行するポルナですー… -- ポルナ 2012-01-23 (月) 17:50:25
    • …犬の子か。挨拶にくるとはよきかなよきかな、入るがよい(扉が開き広間で寝転がった姿で) -- グラベール 2012-01-23 (月) 20:37:55
      • わう!お、お邪魔しますです…ええと、グラベールさん、でしょうか?大きいお城ですけど、ここに一人で? -- ポルナ 2012-01-23 (月) 23:16:56
      • そうじゃ。ワシがグラベール・ジルオール。本人である(巨大な竜の首のようなものを背もたれにして、足を組みながら)
        うむ、この城にはワシ一人じゃな。別に従者の類もいらぬでな…ほれこのようにな(そういった瞬間。ポルナの前にテーブルと椅子が現れ、グラスに注がれたワインが現れる) -- グラベール 2012-01-24 (火) 00:00:22
      • このお城の主だけあって、なんだかとっても凄いひとです…
        わ、わうっ!?テーブルがっ!ふぁ…便利な魔法です(呆気にとられたままテーブルを見つめ)
        (//わ、わぅっ!グラベールさんっ!?) -- ポルナ 2012-01-24 (火) 18:08:36
      • ぐえー!(ビターン)
        (もてなしとかして冒険あって色々あってかえってくる)ふふふ…犬の子よ無事か
        …ワシ?ワシか?あぁ見ての通り大丈夫じゃぞ(頭に巨大ムカデが食いついたままで血を流しながら) -- グラベール 2012-01-24 (火) 20:37:01
      • グラ兄ーっ!
        わっ、私はなんとか…ですけど、全然大丈夫に見えませんよ!最初に会った時と印象がひっくり返っちゃってます!
        ムカデ、連れて来ちゃったんですね…(退治した方が良いのかと悩み) -- ポルナ 2012-01-24 (火) 20:47:30
      • 大丈夫じゃ(戻れば巨大な竜が一口でその巨大ムカデを丸呑みにしてバリバリと音を立てて食らう)
        うむ。ご苦労であったな…いや、ワシ全然印象とか変わっておらんし…王の風格に満ち溢れておるし -- グラベール 2012-01-24 (火) 20:49:44
      • でっでも、頭から血が…食べました!?(びくぅっ)
        ええと、お疲れ様でした…?(もの凄くどうして良いのか解らなくなった顔) -- ポルナ 2012-01-24 (火) 20:56:12
      • …うむ。王たるもの…先陣にたって他のものを守ってこそであるからな…うむ(ごまかした)
        暫くは一緒することはないとおもうでな。息災であるがよいぞ犬の子よ -- グラベール 2012-01-24 (火) 21:03:29
      • お陰で他の皆さんはなんとか無事に逃げ帰れました…ありがとうございました…?(腑に落ちない気分で帽子を取って頭を下げ)
        再出発するんですか?その時は気をつけて…何やら冒険者の中ではロックの呪いというものがあるそうですから、それではですっ! -- ポルナ 2012-01-24 (火) 21:08:22
      • 王はくじけぬものである。その首が斬首台にあがるそのときであろうともな。
        (気をつけてかえられよと見送る)…さてどうしたものかのう・・・ま、再登録しておくかの -- グラベール 2012-01-24 (火) 21:12:07
  • お、お城だ……知ってるのとは違うけどお城…あ、あわぅわわわ……(城の中へとおっかなびっくり、そろりそろりとやってくる、緊張しぃのケンタウロス)
    …こ…この度はぁ…恐縮ながら冒険で御一緒させて頂きまして有難く…苦い結果とはなりましたけども…(地に座りこみ、手をやっとこ地面につけてお辞儀、土下座のようだができてない) -- ぶぶ? 2012-01-13 (金) 22:39:48
    • …ふむ。(王の間へときた人馬の姿を見ながら)よい。楽にせよ。わざわざ挨拶にくるとは得正な奴じゃ
      まぁあれは木偶が悪いでな、ヌシがきにすることではない。命さえあれば、失敗などというものは成長の糧となるでな? -- グラベール 2012-01-14 (土) 22:11:45
      • で、ですが城主様の御前ですし………いえ、でもお心遣いを無碍にしては……し、失礼します…(おずおずと顔を上げての上目使い、溢れる小心者オーラ)
        木偶…ですか……そうですよね…私や死んでしまったあの人なんて城の主のような方からしたら木偶で…… あ、あわわ…木偶にそのようなお心遣いは勿体なく…(再びへーこら頭を下げて)
        …と、ところで…その…大変失礼ではあるのですが…… 大蜥蜴…?と人…どちらが…その…本当の…といいますか主な…といいますか…(どちらに目を向け話せばいいのか、困ったように声をかけ) -- ぶぶ? 2012-01-14 (土) 22:21:52
      • (うむ、と大層上機嫌、こうやって敬った態度のものにはとても優しくなる城主でもある)
        死ねば木偶である。死者は物と同じでな、生きておるうちはそうならぬよう必死にあがくがよい人馬よ…
        うむ?あぁそれか…今喋っておるはワシであろう?ならばワシにたいして語ればよい…これもまた我が身が一部。一は全、全は一。つまりそういうことじゃ -- グラベール 2012-01-14 (土) 22:24:21
      • ……あ、そ、そういう考え方もあるんですね……(首ぐらいは綺麗にして埋めてもらいたいな…と思うも口には出さず)…ひ、ひぁいっ…あがきます……あがかせていただきます…
        そ、そうですよね……考えがそこまで至りませんでした……(納得し、そちらの方へ顔を向けるものの…目は依然と節目がち)えーと…一は全…の…でも全は一の…でも頭は二…つ、強そうですし頭が二つなら知恵も二つで便利ですよね…?え、えへへ…へへ?(良くわかっていないので、やりすごそうと笑ってみる) -- ぶぶ? 2012-01-14 (土) 22:46:08
      • それでよい。生きるとは足掻く事である。足掻くことをやめ、歩みをやめたとき、それは死と変わらぬであるからな。うむ
        …よくわかっておるではないか人馬よ。名を聞いてやろう。かしこき人馬よ。我に名を名乗る名誉を授けるぞ? -- グラベール 2012-01-14 (土) 22:50:42
      • ……え、えぇっ!?私の名前なんてそんな……こ、光栄です……(しばらくどぎまぎしていたものの、決心を固めたのかすぅと深呼吸)
        あ、あ、うあー……東の地の出身の、弓馬家のぶぶと申します……(先ほどよりも頑張って手をつく、なんか手やら全身やらがぷるぷるしながら一生懸命我流の土下座) -- ぶぶ? 2012-01-14 (土) 22:57:13
      • ブブか、覚えておこう。そしてその耳で聞くが良い。我の名を。偉大なるは真なる魔竜の王。一の尾、一の首 我名はグラベール
        (尊大な良く通る女の声が広間いっぱいに広がり)…表をあげるがよい。礼を尽くそうとしているのはわかるでな…されど無理があるであろうその大勢は、体が壊れるでな? -- グラベール 2012-01-14 (土) 23:04:02
      • ………魔、魔龍…の王…?(さっき大蜥蜴っていっちゃった…… さぁっ、と大してよくない顔色が更に悪くなる)わ、私はなんて…そんな……とんだご無礼を… は、腹を割るのはどうか……ご勘弁を…
        ううっ……寛大な御心有難うございます……確かにこれをやると腰が……筋が…(人の方の腰をさすりながらゆっくり起き上がり)
        ……では、私のようなものが長々と居てもお邪魔でしょうし私はこれにて……し、しし…失礼しましたっ!(最後に一礼すればそろそろと門へ……出ればへたへたと崩れ落ち)……はぁ……なんだか凄い人とばっかり知り合ってしまった……これじゃあただでさえ一つきりなのに割くお腹がいくつあっても足りないな……がんばろう… -- ぶぶ? 2012-01-14 (土) 23:13:50

最新の3件を表示しています。 コメントページを参照


七の首・四の腕・二の脚・一の尾 Edit

巨大な竜が居た。グラスオルベルグと誰かが呼ぶ世界に。
世界を支える7の首、空すら覆う巨大な胴
薙ぎ払えば大地が抉れ裂ける2対の強靭な腕
大海を蹂躙しつくす1対の鱗に覆われた足
そして竜を支える1なる尾

その世界に住む全てのものは彼を恐れ慄き敬った。悠久の時の中、彼は唯一無二、真なる魔竜の王であった。


王とは討ち果たされる者である。何処から来たかはその世界に住むものは誰も知らない
ただ記録に残るのは千の刃持つ黒山羊が彼らの王を、真なる魔竜の王を討ち滅ぼしたと言う事実だけ
27日。竜と黒山羊の戦いは続いたと記されてる。王の腕が切り落とされれば、それは山脈となった。
王の首が切り落とされれば、それは山脈から流れ落ちる川となった。
王の胴が大地におちれば、それは…この先は過擦れていて読めない。

王を討ち滅ぼした黒山羊は何処へとなく消え。悠久の時の中にグラスオルベルグと呼ばれる世界の名も消えていった。今は知るものも無い。


1の首、1の腕


長き眠りより目覚め、己が体を求め異世界にて今、復活を果たす

竜腕のグラベール Edit

  • 長き眠りより蘇った真なる魔竜の王の1本の首と1本の腕の化身である。
    • 黒山羊の住むこちら側の世界に引っ張られ、こちら側で目覚めた。
  • 全高は5m弱。力を取り戻すために魔物、人間、様々なものを喰らう。
    • されど己が体を取り戻すためには異世界から己の体の一部を召喚せねばならない。
    • 故に強大な魔力を持つ者を求める。魔王と呼ばれるほどの、魔力の持ち主達を。
  • 力の大半は失い、己が居城に貼る固有結界から抜けると酷く衰弱する。存在の維持が困難となる。なので喰らう。
    • 固有結界の名は箱庭の王 結界に入ってきた者より少しだけ強いグラベールの姿をした化身を具現化される能力を持つ。
    • 相手と近しい力で相手を打ちのめし、肉体的にも精神的にも屈服させ配下とするための物。
    • 排除する結界ではないので入るだけなら少し違和感を覚える程度で楽に入れる。
    • しかし結界を破ろうとするものにはその破ろうとする力より少しだけ強い力で拮抗され続けるだけである。
  • 突如現れた大聖堂にも見える巨大な中世風の城に住んでいる。冒険へ行く時や帰るときに見かけるかもしれない

復活条件 Edit

  • 配下10人に付き首1本
  • 老練で首1or腕1
  • 英雄で首2or腕2or脚2 2個まで組み合わせ
  • 武器7段階称号で首1or腕1
  • 武器8段階称号で首2or腕2or脚2 2個まで組み合わせ
  • 武器9段階称号で胴体
  • 討伐王で尾
  • 討伐の英雄でどれか一つ
  • 埋葬者・傷滅ぼし・迷宮の覇者・魔獣狩り・断罪の剣 どれか一つ

倉庫 Edit

  • 城の中の倉庫。グラベールの主観によって自動で書き記された書物や武具・装飾品が並ぶ。

    小さく 恐れず前に突き進む 西の者ネスラティーナ・ドルム?Neutral-Neutral好奇心・虚栄エメラルドの書 第一巻
    うらぶれし 白亜の神コルネリウス・マガトNeutral-LAW礼節・静寂・退廃灰羽の杖 一杖
    丘の上にて星喰らう 鯨と 風に喰われた女ソネット?Dark-CHAOS空虚・暴食空飛ぶ鯨の彫刻 一体
    無謀と蛮勇を履き違えぬ者不明Neutral-Neutral慎重・観察力土色の種 一粒
    魔に憑かれ 抗えぬ運命に足掻く者リッド・アースバーグLight-Neutral悪魔憑き・楽観的・豪胆スパンコールのドレス 一着
    鉄鎖に 繋がれし 首輪の女王エリスティン・ディーケイト?Dark-LAW傲慢・不遜・暴虐鋼の輪 一個
    古き世界の 無垢なる 太陽の羽セネカLight-CHAOS自由・好奇心・戦慄トネリコの葉 一枚
    数多の兵統べる 偽人の王の 子ジャック・スペードNeutral-Neutral偽造・人造・王の器

Last-modified: 2011-03-04 Fri 18:41:21 JST (3206d)