企画/ゴルロア聖杯戦争

グレンモーリス家出身 ローテローゼ 457820 Edit

ID:457820
名前:ローテローゼ
出身家:グレンモーリス
年齢:17
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
方針:
edit/refer
難易度:
edit/refer
信頼性:
edit/refer
その他:ステータス/戦歴/名簿Edit
頂き物BGM薔薇獄乙女
頂き物BGMNoble Dolls
メモキフィお兄様・アイヴィーお師匠様、ラージャにお礼
金〜日と居ないので月曜から復活。滞ってる皆さんごめんなさい
http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst075005.jpg

http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp013885.jpg
クリスマスっぽくとか思っていたのにどちらかっていうとバレンタインだこれ
私服1水着冬服
【最近のメモ】

  • アイヴィーさんに弟子入りしました
    • それとは別に、弟子でもないのにとある薔薇の魔女を勝手に師匠と呼んでいた過去がある(今は呼んでいない)
  • 最近の髪型は、ツインテールをメインに 時々思い出したようにポニーテールだとか
  • タロット占いを勉強中(剣馬から頂いたデッキを愛用:現在は大アルカナを学んでいるレベル
    • 大小共にウェイト版、またはそれに準ずるタロットなら小〜中級者レベルに昇格
      • 薔薇の魔女から貰ったタロットを研究中……だが全然使いこなせてない。ワカラナイ
  • お酒は、日本酒やワインをコップ3杯以上で酔うので危険
    • ビールは苦手、カクテルは好きで3杯以上大丈夫
  • 料理が壊滅的に下手
    • タマラに教えてもらった際、あまりの腕のなさとセンスのなさを改めて再確認
      • フォンダンショコラ事件で、半年かけて上達しない料理の腕に絶望した
      • ……と、同時に辛うじて誤魔化したホットチョコレートを美味しいと言って貰えた事にもう少し頑張る事にする
      • タマラから料理本を借りている
  • 装飾過多のお洋服とヒールで誤解を招きがちだが、非常に運動神経が良い

街の中の薔薇屋敷 Edit

https://lh3.googleusercontent.com/-QgrX5He-xpE/TpBB11tDD4I/AAAAAAAABlw/oSF__wOHlNY/s87/kuma.png 私何も聞いておりませんわ

  • 近況
    • 周期性傾眠症にかかっている
      • 眠り始めると一週間、甚だしい場合は10日間眠り続ける病気で、今のところ治療法の見つかっていない稀な病気
      • 目が覚めると非常に食欲旺盛になるが、起きて居られるのは1日くらい。またすぐ眠りについてしまう
      • 寝ている間に無理矢理起こす事も可能だが、まるで夢遊病患者の様で、起きた時にそことを覚えていない ログ
お名前:
  • …うーん…まだ、治ってないんだ…出来れば、また前のように話せれたらいいんだけど…。
    …せっかくの人生なのに、寝てばかりじゃ勿体ないしね…何か方向性は見つかったりはしたの? -- ラージャ 2012-02-20 (月) 22:28:57
  • 眠り姫が増えては王子様もたまったものじゃないよね(くすりと笑って、マフィンをお土産に) -- スアラ 2012-01-31 (火) 22:52:47
    • ……半分眠り姫……って ところ……かしら?(お礼に会釈をするとマフィンを受け取って「一緒に食べましょう」と、お茶を出す)
      …………王子様、ね……キスで 目を……覚ます……なら 来て欲しい……のだけれど、ね -- ミスティーク 2012-01-31 (火) 22:56:05
      • ぷかりと浮かんでまた沈んで、か。深すぎる眠りは終わりの入り口、目覚めるだけきっとまだ手の施しようはあるだろうさ(小さく頷いてミスティークのほうへ)
        もしかしたら待ってるのかもしれないね。王子様のキスみたいに、真に目覚めるべききっかけを……。
        (ティーカップに口をつけ) 何か、解決策のほうは見つかったかい? -- スアラ 2012-01-31 (火) 23:13:16
      • ……眠り姫、なんて……お姉様の柄では……ないもの……ね(ありがとう、と微笑んでスアラを見つめて)
        ……王子様……きっかけ……(目覚めるきっかけがあるとすれば……お姉様はどうして固く扉を閉ざす様に夢の世界へと浸ってしまったのか。何があったのかと思いつつ)
        ……今、銀のバスケットさんの……アイヴィーさん、と キフィお兄様に……お世話になるお話しが……出ているわ(これから、ヒーリングを受ける事を話して)
        解決、策ではないけれど……そうで 合って欲しいと……思っているわ -- ミスティーク 2012-01-31 (火) 23:42:58
      • はは、手厳しいね? ローテローゼはお姫様みたいで綺麗だと思うよ? もちろんキミも(やんわり笑って)
        ……思い当たる節といえば聖杯だけど、さて。アレは根深いからな……剣馬の方がよほど詳しいはず
        (マフィンを軽くかじった。心配のせいか、妙に味気ない) そっか、キフィのところに。いざというときに頼りになるものね、少しずつでも……うん。 -- スアラ 2012-01-31 (火) 23:50:46
      • ……ありがとう……(姉と自分と、褒められると微笑んで) スアラも、優しいのに芯が強く、気高くて……美しいわ。 貴方は、嫌うけれど……ドレス姿も綺麗で、似合っているわ
        ……聖杯……(詳しくは知らないが、欲に塗れた気配だけは感じた事を思い出して)……朱に交われば……捉えられた、の かしら……ね。 剣馬……
        (原因を探りながらのせいか、普段なら美味しい筈のお茶とマフィンは、苦味を感じとったり甘さが遠い様な気がした。きっと、考え事をしているせいで上手く味覚が働かなかったのだけれど)
        ……ええ。 やっぱり、アイヴィーさんは……凄いわね。私……聞きながら 分からないことばっかり だったの(悲観している顔ではない。寧ろ、自分の拙さと、彼女の知識の差が浮き彫りになる事で 謎を紐解く鍵を握っている様な気がして)
        (厚く覆われた雲の隙間から差し込む光の筋の様に感じていた) -- ミスティーク 2012-02-01 (水) 00:15:52
      • ……ありがとう、キミに褒められるとなんだか照れちゃうね。(クスクスと笑って、ドレスも悪くないかもなんて思いながら)
        事は因果が複雑に混ざり合った「戦争」だった。耐え忍びきったものもいれば、そうもいかなかった者もいる。
        (紅茶で唇を湿して目を伏せる。目の前の彼女は、アイヴィーやキフィというアリアドネの糸を辿っていて、そこに光明を見て取っているのだろう。少なくとも、その方面から出来る手助けはなさそうだった)
        餅は餅屋、だね。アイヴィーさんの大きな知識とキミの小さな機転がパズルのように組み合えば、きっとローテローゼも目覚めるさ。大丈夫。(に、と笑って席を立つ。ミスティークの背中から腕を回して抱きしめた) ……大丈夫。きっとね。 -- スアラ 2012-02-01 (水) 00:26:16
  • ……最近姿を見ないと思ったら、妙な事になってたのか -- ショウ 2011-12-30 (金) 22:26:33
    • (ローテかと思えば、普段は姿をめったに表さない妹が出て来て)……ショウ、さん……
      (のんびりとした口調で妹の現状説明を詳しく話す……死んだわけではないけれど、殆ど冬眠状態に等しい話) -- ミスティーク 2012-01-02 (月) 12:49:27
      • ……呪いや魔術が原因ならまだしも、病気じゃ手が出せないな……
        ……精々栄養失調にならないように注意するぐらいか -- ショウ 2012-01-02 (月) 17:55:59
      • ……困った事に、難病……みたいなの(傍目には殆ど無表情だが、もし、妹の表情が読みとれるなら溜息をついて残念そうなのがわかるだろう)
        ……栄養は、多分大丈夫…なの……時々目を覚ますと、ものっ凄い沢山食べて……それからまた寝ちゃう……から。食べる為に起きているみたいで……身体の維持の為の生活をしているように 感じるの…… -- ミスティーク 2012-01-03 (火) 02:51:01
      • ……単純な病気が一番手出しできないな……
        ……それならいいが、生きる為の本能か、それとも別の理由か……気にしすぎても仕方ない……対策は起きた時のために食べれるものを用意しておくぐらいか -- ショウ 2012-01-03 (火) 20:41:18
      • ……原因も、分からないから……尚更……
        深く考えても、答えは出そうにないから……今できる対処をして、何とかしようと 思っている、の……
        お医者様の 他にも……銀のバスケットに行って、アイヴィーさんや、キフィさんに 相談してみたり……しているわ -- ミスティーク 2012-01-04 (水) 03:06:22
      • ……精密検査でも受ければまた違うかも知れんなぁ
        ……対処療法しか無さそうだから仕方なしか……あの二人なら、まあ、多分上手くやってくれるだろう -- ショウ 2012-01-04 (水) 11:43:20

最新の3件を表示しています。 コメントページを参照

思い出、もしくはアルバム Edit

ガジェニと一緒に喫茶店で楽しい一時を過ごした時の写真
スパイクと海でビーチボールバレーをしてた時の写真

設定 Edit

T163 kg?? 金髪紅眼 種族は人間
この街にある貿易商の娘、街の中央に位置する 赤い薔薇の目立つお屋敷に住んでいる
胸が急激に成長したのはここ最近、もう去年まで本当にぺたんこだった
黒を基調に白レース、赤いリボンと薔薇飾りの格好を好む

溺愛されて育てられ、小さい頃は我儘と悪戯が過ぎ、かつ毒舌……おまけに機嫌が悪いとすぐむすりとするような子供だった

我儘放題で育てられた為に、現在も少し威張った様な強めの口調、そして気位が高すぎる訳ではないが妙にツンとしたような棘を感じる事も多々ある
……が、本人としてはそんなつもりはこれっぽっちもない、天然が若干混じっているのかもしれない
猫みたいな気紛れさで、今日は快晴明日は大雨みたいな読めないところもある

現在、魔女や魔法少女に憧れていて 将来はなりたいと思っている
その為、お姉様系の魔女には高確率で懐く・甘える事が多い

レズではないが、幼馴染にその気の多い子も多々いるので理解はしている
本人も時折、お姉様系魔女に「お姉様」と呼んで懐く姿が時折見られるがレズではない(二回言った)

性格 Edit

  • 昔は元気で悪戯っ子、習い事を無理矢理やらされて嫌だったタイプ
    • 昔から気が強いので、別にいじめっ子で苛めていた訳ではないけれど、中には泣かされた子、苛められたように感じた子もいるかもしれない

  • 昔から装飾過多のお人形の様な格好をさせられていたが、実は昔は男勝りで非常に嫌いだった
    • むしろ、他の子のTシャツにGパンスタイルが羨ましかったくらいであり、本人も汚しても元気に走り回っても文句を言われない家庭に生まれたかったと思っていた
      • それまで嫌で嫌でたまらなかった女の子らしいことや行儀作法等のしがらみに目覚めたのは10歳頃だろうか
      • 男女や恋愛を意識し始める初期に、女の子は綺麗であることに目覚め そこからは逆に女の子らしいお洋服も、今まで嫌いだった事を頑張り始めて今に至る

  • 今現在は、魔女に憧れている為 ローテンションというか暗い・アンニュイ分が含まれている性格を目指してややとっつきにくい事がしばしば
    • ただ、ブチ切れたり何かの拍子で昔のハイテンションが出て来て簡単に表面の仮面が崩れる
      • 憧れているせいで、魔女のお姉さん系統には憧れを示す事が多い
      • 他にも、綺麗な年上の女性は好みでよく甘える
      • その分、年下は面倒見てお姉さんぶりたがる
  • スキンシップ過多。特に女の子に抱きつく事が多い

魔女のお茶会と秘密事項 Edit

ローテローゼには三時に欠かさず行う日課のお茶の時間以外にお茶会の集まりがある

一つは仲の良いお友達を誘った他愛ない、お茶とケーキを食べるだけの集まり

一つは、本来の約束事を踏まえた『特別の日の紅茶』であり、彼女の母が親しい友人やお世話になっている人を招いてお茶やお菓子を頂く
会話を楽しむティーパーティーでありながらも、昔の社交の為のお茶会として簡素に引き継がれた伝統を行うもの

一つは魔女のお茶会であり、同時に彼女の秘密でもある
元々は、とある事からこの街にいる ある魔女の屋敷でお茶を一緒に過ごしたことから円が出来た
同時に、彼女が魔女に憧れ そちらの道へと進んで行くきっかけでもある

青薔薇と赤薔薇 Edit

お名前:
  • (偶然か、必然か――……あるいはどちらでもあるかもしれないし、どちらでもないかもしれない)
    (ローテローゼがサーヴァントの召喚を済ませた夜、もう彼女が寝ようとベットに潜り込んだ時)
    (小さい音を響かせながら窓を叩いて)……こんな時間にごめんなさい、今ちょっとだけよろしいかしら? -- ベラドンナ 2011-10-04 (火) 23:30:53
    • (初めての召喚が無事に終わると同時に、魔術を行うと言う事はこれだけ身体が思った以上に反応し、疲労することである事を同時に知り)
      (聖杯戦争関連者の切符を手にした事や、気付かないうちにサーヴァントに魔力を吸われていることから 何だかいつも以上に体調が悪いような気がしていた)
      (けだるい疲労感に頭痛に近い症状……先程も、くらりと軽い眩暈が起きたので早々に夢の中へと逃避しようと思ったところだった)
      (微かに聞こえる、窓をノックする音……怪訝に思いながらも窓の方を向くと、薔薇の魔女の姿が見える)
      っ……!!(嬉しさと驚きと……それ以上に、ネグリジェ姿が何より恥ずかしい。上に軽くロングケープを羽織るとすぐさま窓に駆け寄って 開ける)
      いえ! 来て下さってありがとうございますわお姉様……っ 昼間のようにおもてなしは出来なくて恐縮ですわ -- ローテローゼ 2011-10-04 (火) 23:37:18
      • ……ありがとう、お邪魔します(慣れたように窓から部屋へと入ると箒を魔術で仕舞う。ローテには手品のように見えるだけかもしれない)
        この間はごめんなさいね、遅くなってしまったわ……お詫びの代りにこれを……(そしてまた、魔術で取り出したのは一つのタロットセット)
        貴方、フルデッキが使える程度にはなったのよね? -- ベラドンナ 2011-10-04 (火) 23:41:02
      • (ナチュラルな仕草で繰り広げられる魔法もそうだが、それ以上に手の動きがしなやかで綺麗だと魅入りそうになる……)
        (『……この間の? ああ、あの 黒い魔女の……』 思い出したくもない嫌な記憶。感情に遮られるかのように、何だかあまりよく思い出せない気がする……いや、思い出したくないの間違えかもしれない)
        ……えっ? いいんですか、貰ってしまって……はい、そうですわ まだ勉強中ですけれど(側面が少し薄灰色になり、表面も光に反射してよくよく見れば細かい傷が幾つも見える。使い古されたデッキ)
        (記憶違いでなければ、彼女が愛用していたデッキの中の一つだった気がする)……いいんですの?これ……お姉様の愛用していたものですわよね?
        それから、一つ聞きたい事がございますの……(聖杯の事を聞きたいと思い真っすぐベラドンナを見つめる……彼女は何か聖杯について知っている事があるかもしれない) -- ローテローゼ 2011-10-04 (火) 23:50:57
      • ええ……新しい物を使う事になったのですけれど、使いこんでいるとはいえまだ捨てるほどの物ではないの よかったら気兼ねせず使って頂戴
        (物には魂が宿ると言われるように、持ち主の影響を受ける……特に精神的な物、宝石や呪術・魔術・占い道具等に逸話が多いのはそのせいだ
        中古の品は以前の持ち主の運や性質が影響するが、それをあえて逆手に取って、タロットに自分の魔力を注いでおいた)
        (導きだす答えは若干厳しすぎる感も否めないかもしれないが……彼女が何か疑問などがあったら、タロットを媒体としてベラドンナに直接聞き その答えが返ってくるような効果があるくらいだ、時にそれが惨酷な事に繋がるかもしれないのだが……)
        ただし、これはあまりお友達とかを占うのには使わない方がいいわ……特に恋愛系とか、ちょっと救いや希望の欲しい事を占う場合は避けなさい。それは貴方自身も占う時も一緒、希望を見出したい 優しい言葉をかけて欲しいならカードを切るのをやめておきなさい
        それから……?(真紅の彼女の瞳を覗き込む、燃え盛る炎が激しく揺らめき、なびく赤い天使の羽がカーテンの幕開けの様に場面が切り替わると……暗い石室で何やら召喚をしている姿が垣間見えた
        ブラッドストーンにミルラの香の香りが伝わるかのよう……)そう、貴方も聖杯のマスターなのね……
        この先、私に聞きたかった事を折角だからタロットで占ってみてはいかがかしら?練習にもなると思うの
        ……今日は、綺麗な月でしょう?占星術でも星の配置が良いわ、もし何かそうなって欲しいと思うならイメージして、その未来像を貴方の中に刷り込み落としなさい
        ……貴方の迷いも晴れて、願いや目的が浮かび上がる一歩にもなるかもしれないわ -- ベラドンナ 2011-10-05 (水) 00:17:45
      • そうですの?ではありがたく頂戴いたしますわ♪(ベラドンナの愛用品を譲り受けて貰って嬉しい、程度の甘い考えで 今はタロットを手にした事に手放しで喜んで)
        (嬉しさに溺れている中で、そんな甘美な感情を壊すような強い魔力をタロットから感じる)……は、はい……恋愛で占うのは禁止ですわね?
        (何だか持っているタロットがちょっと怖い、だから恋愛には向かないのだろうか?)
        (聞きたい事をずばりと当てられれば、驚きで目が丸く大きくなる)……貴方も、って事はお姉様も関係者なのですか?
        (……おかしい、聖杯関係者には彼女の名前なんてなかった筈だ、まさか過去の関係者であるというのか)
        (見透かされている様な眼に怖さを覚える……今までの只のお茶をしていた関係ではわからなかった彼女の仮面を覗いたような気がした)
        ……は、はい(こくりと頷く。今日はこれから寝ようと思っていたがその前に月を見て言われた事を行おうと思う ) -- ローテローゼ 2011-10-05 (水) 00:28:14
      • (フッと微笑むと)……では、今日は失礼して……もし使いにくかったり相性が悪かったら無理に使わなくてもいいわ……おやすみなさい
        (闇に溶けて行くように、姿が見えなくなると帰っていった) -- ベラドンナ 2011-10-05 (水) 00:41:06
      • おやすみなさいお姉様……(居なくなると、早速タロットの絵柄を丁寧に見ていく……絵柄そのものは綺麗だが、ちょっと怖い気がする)
        (聞きたい事は沢山あったけれど、一つづつタロットに聞いてみようと思いながら……忘れないうちに窓を開けて月を眺める)
        (少し青ざめたような透き通った色が何とも言えない綺麗さだった……自分には星の事はよくわからないけれど、願い事を祈るようにして月に届けようとする)
        (それなのに、どうしたいとか、未来の映像が上手く見えない 思い描けない)
        ……これだから私は前に進めないのかもしれないのですわね……(はぁ、と溜息。自分自身を見据えられないものが、未来なんて望む資格は無い。刻一刻と時は過ぎる以外は停滞と何も変化はない)
        ……イメージできるまで寝るのはお預けですわね(他の人を起こさないようにこっそりとキッチンへと向かうと眠気覚ましのお茶を入れる)
        (ゆっくりと自室へ持ってくると、月明かりに照らされながらお茶を飲み、ゆっくりと自分が何をしたいかを考えて 夜は深けていった……) -- ローテローゼ 2011-10-05 (水) 00:56:22

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照

妹設定 Edit

名前:ミスティーク
出身家:グレンモーリス
年齢:17
性別:
edit/refer
その他:ステータス/戦歴/名簿?Edit

T161 kg?? 金髪紅眼 種族は人間
ローテローゼの双子の妹、基本的に純白や生成を好んでよく着用する
ほわんほわんな雰囲気に癒しオーラを漂わせる……が、それと同じくらい高天然濃度が高すぎて時折意味不明な会話をしだす

この街で過ごした時期生まれてからずっとこの街に居る
どんな子だったか昔はとんでもない悪戯っ子かつ毒舌、悪気ははい
家族構成双子の妹が一人、両親は健在で実家住まいだが殆ど家にはいない
その他知っておいて欲しい事一つか二つ絡みづらそうなら双子の妹追加するかもしれない
魔女のお姉様系の人には人懐っこい

硝子ケース入りの真紅の薔薇(コメアウ) Edit


Last-modified: 2011-12-26 Mon 00:52:58 JST (3124d)