ディムホルゲルツ家出身 スアラセニア 459271 Edit

ID:459271
名前:スアラセニア
出身家:ディムホルゲルツ
年齢:17
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
方針:
edit/refer
難易度:
edit/refer
信頼性:
edit/refer
一度目:ステータス/戦歴/名簿Edit
二度目:ステータス/戦歴/冒険中?Edit
企画/幼馴染

3行!+α Edit

  • 幼馴染のあの子は伯爵の娘、でも地位とか名誉とか割と関係ないよ!
  • でもある日、突然子爵になっちゃって、まさかの騎士様に。
  • そんでもって冒険者になれって女王陛下が言うので冒険者始めました。
  • そして、物語は唐突に動き始める。
    この街で過ごした時期この街で生まれ育ち、少しの間(数ヶ月ほど)街を離れていた。
    その頃どんな子だったか快活。多少傍若無人だが憎めないタイプだった。
    家族構成父と母との三人家族
    その他知っておいて欲しい事一つか二つゴキブリは死ぬ。

スアラセニア・ディムホルゲルツ Edit

+  初期設定

使える力 Edit

  • 胎動する水晶トライバル
    • スアラセニアの体に刻まれた魔法のタトゥー。普段は不可視であり、魔術を使うときだけ顕在化する。
      タトゥーでありながら形は定まっておらず、蛇のようにのたうち、炎のように揺らめく青い水晶に例えられる。
      その能力は「エーテルのアストラル変換」。指定された座標・一定領域のエーテルを透明で頑強なアストラル体に変換する魔法。
      言い換えれば、魔力の物質化。物質化した魔力はスアラセニアの制御下に置かれる。物理攻撃の補助や防御に使用可能。
      応用として、相手の周囲にあるエーテルをアストラル変換することで魔術を封じることもできる。
      射程距離は7m。
    • 複数の武器を携帯するための簡単な魔法。普段は手のひらサイズの鍵だが、戦闘時には元の形を取り戻す。
      本来はディムホルゲルツの別邸地下に封ぜられていた魔法武器の類であり、それぞれに固有の名を持つ名剣ぞろいである。
      ただし、今は大半がその名を失っている。女王の手によって破却されたとミーナレティは考えているようだ。
      • 火の双剣:与えた傷をも焼き焦がして止血してしまうレベルの炎を常に纏っている。揺らめく陽炎に似せた刀身を持つが、武器として扱いづらいということはない。
      • 氷の長剣:強い冷気を帯びたロングソード。鋭い切れ味と魔法武器としての高いポテンシャルを持つ。見た目は普通。
      • 風の短剣:ブロンズダガー。風の魔力が投擲武器・暗器としての使い勝手を高めている。
      • 雷の大剣:魔術師の称号を得たために、その真価を最大限に発揮させることができる唯一の武器。重い。
      • 鋼の刀剣:シンプルな鋼鉄製の刀や剣。これらは魔力を持たず、特殊な力も持たない。出所も地下ではなく、流通品をそのまま使っている例外的なものである。
        ただし、冒険者の街の鍛冶の手によるものなので非常に粘り強い。数本ある。
      • A-SO-XC004 スレイヤー:高周波振動ブレードと先端部についたアダマンタイト製丸ノコのコンパウンドウエポン。
        実は、アルタイでドアカッターとして設計されていた。

審判の輪 Edit

+  アメジストめいた輝きを帯びた大剣は、影も形もなくなっている

それなりのお屋敷の応接間 Edit

編集:struggle for existence / 差分:struggle for existence ログ1
お名前:
  • …(暇潰しに足跡を残していく男。…扉に) -- カウェント 2012-07-24 (火) 22:19:56
  • スアラはいない。流石にいない -- カウェント 2012-02-27 (月) 21:29:34
    • だよなぁ…次に会えるのは4年後ぐらいかな(頭掻きつつ出て行った) -- カウェント 2012-02-28 (火) 20:41:32
      • (//すみませんすみません…) -- スアラ 2012-02-29 (水) 02:05:08
      • //NoPro. 楽しみましょう -- カウェント 2012-02-29 (水) 18:51:45
      • //その気になったら声かけてください -- カウェント 2012-04-13 (金) 22:50:57
      • //準備再開します、気長に待っていただければ幸いかと… -- スアラ 2012-04-13 (金) 23:08:51
  • 準備は順調に進んでるかい、お姫さん
    俺はちょっと待ちすぎて暇もてあまし中だよ。アッハッハ
    退屈凌ぎに話をしようぜ -- カウェント 2012-02-19 (日) 19:56:44
    • いやー、いくら準備してもし足りないさ。相手方は待ってるだけで身じろぎすらしない、気味が悪いったらありゃしないや。
      キミたちを飼い殺しにしておくのはあまり気が進まないんだけど、当分は様子見になると思うよ。にゃんとも。 -- スアラ 2012-02-19 (日) 20:14:58
      • ワンワン。御主人敵はまだか敵は!(棒読みで犬の真似)
        そういやスアラの戦いは前回見させてもらったけどあれは誰かに教えてもらったものなのかい? -- カウェント 2012-02-19 (日) 20:19:11
      • まだよ! ……ギリギリまで見極めて、というよりも貿易封鎖で国力が弱りきったところに奇襲を仕掛ける。大きすぎる敵に真っ向からぶち当たる必要はないからね。
        ……基本の剣術は国で学んだかな。後の動きは異国の「忌み者」って呼ばれる人たちに教えてもらったんだ、たくさんの武器を並行思考で使う立ち回り、ちょっと難しいけどね。 -- スアラ 2012-02-19 (日) 20:35:49
      • ちぇ〜、つまらん
        色々策を弄してるねぇ…大変だな四の五の考えなきゃならねーってのは
        忌み者?人外の事かい?なるほどなー…俺も似たようにいろいろ使うしちょっと勉強になったよあれは -- カウェント 2012-02-19 (日) 20:41:35
      • 不謹慎だけど、相手が飛車角落とした状態でショーギさせてもらってるのが現状。さらに弱らせてから叩かないとねえ、まあ色々考えるのも楽しいもんさ。
        人外は種族だけど、彼らは……いわゆる被差別階級っていうのかな? ともかく事情持ちさ。カウェントは言うほどアレコレ使ってなかった気がするけど、実は色々持ってるワケ? -- スアラ 2012-02-19 (日) 21:05:52
      • 大変だなー考える役は
        あぁ、なるほど。どこにでもつまはじき者はいるもんな(種族そのものがつまはじき者の男が笑い)
        あるよ。ただ必要ないからやらんかっただけ。一応言っておくと手を抜いてたからじゃねーぞ?極力剣以外を使いたくないのが本音だからなぁ -- カウェント 2012-02-19 (日) 21:12:40
      • どこにもいるのさ。(自分の頭をとんとんとつつく。がわは人間でも頭の中は違う、とでも言わんばかりに) 力があるから村八分にされるのか、村八分にされるから力を手に入れるのか。ハハハ。
        そんなこといって手加減バリバリしてたくせにー。剣以外って言うと銃器も持ってる、みたいな感じだね。 -- スアラ 2012-02-19 (日) 21:42:40
      • 確かによくある話だ。ハハハ
        (誤魔化すように笑い)ああ、一応あるぜ(コートから二兆の大型拳銃を取り出すと手の中で回し)ただしこいつは人外限定と決めてるんだ
        負けられない時だけ。一応剣士のプライドがあるもんで -- カウェント 2012-02-19 (日) 21:49:22
      • ひゅー、モンスター。大口径だからまっとうな人間には扱えないけど高火力。さすが狩人だねえ。(パチパチ)
        どこかの悪魔混ざりは銃も剣も織り交ぜて使うって言うけど、こだわりがあるとなるとそうもいかないかー。銃は基本直線にしか飛ばないってのもネックだよね……。 -- スアラ 2012-02-19 (日) 22:10:49
      • いや多分普通に使えるよ。45口径だし。肉厚なのは耐久性向上の為…これに『力』を乗せて撃つから初めて意味を成す。ってな(言いつつコートに戻し)
        というか面白くないんで。あくまで剣の腕一本で戦いたいんだよねぇ -- カウェント 2012-02-19 (日) 22:18:43
      • ほへー、当て推量が外れてしまった(てへぺろ) ダンピールは武器に力、乗せられるんだ。なるほど、それでそんなゴッツイ作りなワケ。
        男の人ってなんかこだわるよね、こだわりに生きてるよね。ボクだったら銃でも何でも……まあボクの場合は反動に耐えられないから魔法だけどさ。
        面白い面白くないで剣を取るって言うのも妙な話だけど……何か理由でも? -- スアラ 2012-02-19 (日) 22:49:56
      • んー…不死者を殺す力ってのが俺達にはあるんだが。そいつを乗せてる。不死者が死ぬのならそれ以下の物はお察しの通り
        男が拘り無くしたら終わりだよ、スアラはそれでいいと思うぜ?目的を見失う方が問題だ。あと俺は魔法が前に飛ばせないから使ってるってのもある。正直羨ましい
        前にも言ったろ。剣一本で神をも倒すのが目標だって。だからなるたけ剣の腕を上げるためにそれ以外に頼らんようにしてるんだ、ただそれだけ -- カウェント 2012-02-19 (日) 23:05:48
      • アンチアンデッド……俺達って言うところから察するに、聖職者みたく神様頼りとかじゃなくて純粋にそういうタイプの力ってことかな。皮肉めいたものを与えられたもんだね……。
        大事なのは過程じゃなくて結果、結果を得るためにボクは魔法と剣を、カウェントは剣をメインで銃がサブ……うん、まあ納得だけど。おや、魔法が前に飛ばせないっていうのはあれれ? もしかして魔法分野は弱かったり?(にやにや)
        ……もうそれは狩人というよりも、完璧な武人の道だね。突き詰めたところに何があるんだろう、キミの目標の先。いやはや気になるね、大いに。
        //すみません、若干風邪気味なので早めに休みます……カウェントさんの秘密をほじくりたいので文通をばー -- スアラ 2012-02-20 (月) 00:17:17
      • //寝落ちしただろ!?無理するな!体調悪いならさっさと寝なさい! -- 2012-02-20 (月) 00:19:30
      • 神は等しく俺達の敵だ。そんなものに頼りはしないよ…そうかい?俺は感謝してるけど。だからこそ神を斬れる。・・・だろ?
        大の苦手。家の家系でまともに使えるのは一人しかいない。だから術師を羨ましくも思うし、剣術もできる奴は尊敬に値する。お前も含まれるな、スアラ
        なに、天辺にいてやりたい放題の糞野郎に一発ぶちかましてやりたいだけさ。舐めんじゃねえぞってね(片目をつむってシニカルに笑う) -- カウェント 2012-02-20 (月) 00:40:05
      • //暫時文通モードでお願いします、アバーッ
        救いだけじゃなくて艱難辛苦を与える神様はある意味で絶対悪、なんてね。まー意地悪なのは間違いないし、ボクもあんま好きじゃないや。
        不恰好ながら何とかおっつかっつ、なんだけどうへへそういってもらえると照れますな〜(てれてれ) でも、カウェントの話聞いてたらボクもちょっと視点を変えたくなったよ。誰かを倒すためだけじゃなくて――
        自分に向き合ってまっすぐ、極みを目指す。ボクもその神様を一発ぶん殴るための修行ロードを上ってみようかな。(カウェントに朗らかな笑顔を返して) -- スアラ 2012-02-21 (火) 22:32:50
      • 救いが必要な状況に行かせてるのもまた神って事だ。碌なもんじゃない
        照れろ照れろ。その方が言い甲斐あるしな。ははは
        悪くはねーけど人の身で進むとなるといろいろ大変そうだぜ?良いのかいそんな不毛そうなロードに踏み込んじまって -- カウェント 2012-02-21 (火) 22:46:11
      • 物に憑くって言うツクモガミとか、東洋のヤオヨロズ、人間を含めた世界そのものが神様っていうのは別に気にならないんだけどね。
        (首をぽきぽき鳴らして) 唯一神っていうのだけはどうしても、性に合わないや。タチが悪すぎると思わない? 悪も善もキミたち人間に施してあげてるんだ!なんてのはさ。
        あんまり照れさせるとデレるよ? 好感度ぐいーんとあがっちゃうよ? 冗談だけど。
        人間だって鍛えればなんとでも! 美しく老いながら高みを目指す、なんて純粋な選択肢だけを選ぶ気は毛頭ないさー。
        人間捨てるのもまた、道を志すためには必要かもしれない。まあ、その辺は女王サマを叩いてから考えても遅くはないと思うけどね。
        そういえば……ダンピールって長生種なんだよね? やっぱり、友達に先立たれることって多い? -- スアラ 2012-02-21 (火) 23:40:19
      • へぇ、東国だとそんな考え方なのか、いや変わってる。相変わらず興味がそそられるところだ事
        そう、そんな感じ。それで私は神様ですって顔してやがんだ(手を広げて演技っぽく)だからその鼻っ柱に一発入れて。違うねそいつはただの糞野郎だ。って言ってやるのが俺の目標の一つって訳だ(掌に拳を打ちつけシニカルに笑う)
        いいぞ?お前に好かれて困る男はいないと思うぜもっと自信持てよな…ってなんだ冗談か
        …ああ、前にも言った。…3年だ。ガラッと変わる。立ち去る奴もいるが死ぬ奴も多い…が、俺は何時までも変わらないし何時までもここにいる…
        選ぶのはお前の勝手だが俺はその道を勧めない。悪い事は言わん人として生きて人として死ぬ方を選べ(サングラスの奥で細められた瞳は愁いを帯びた色を発してスアラを見つめた) -- カウェント 2012-02-21 (火) 23:59:38
      • 同じ理不尽……たとえば災害なんかでも、神が成したことだから「絶対に悪くない」っていう一神教に対して、自然現象に神性を見出し畏敬の念を持つっていうのがアニミズムやシャーマニズム。
        民俗宗教のほうがよっぽど、リアルな世界に生きてると思うよ。面白いよね、まーボクはこういうの調べるのが好きなだけで宗教家ではないけどね(肩をすくめる、ともかく「主」とかそういう絶対者が嫌いな様子で)
        おや、好かれたい? 嫌いではないよ色男、それに頼れる腕っ節と切れる頭がついて回るなら尚更ね〜(すすすと寄り添ってみる、だが身長差でどうみても兄妹的)
        ……きっと、キミが見てる世界は人間の見てるそれとは厳密には違うんだろうね。だけど、キミは止めてくれる。ずいぶんと優しいというかなんというか。
        来る者、去り行く者、いずれにしたって冒険者の街なんだから当たり前なのかもしれないけど……そんな人たちを見ていて、キミは寂しくないの?(カウェントのコートをきゅっと握る。400年を生きる女王に近しい道を行くカウェントの死生観が気になった) -- スアラ 2012-02-22 (水) 00:47:14
      • そんな物無くても生きていけるってのが持論。勿論自然に敬意は払うけど
        サンキュー。でも男に好意を打ち明けるならもう少し勿体付けた方が良い。そっちのが相手も喜ぶぜ(笑って眼下の金髪をポンポンと叩く)
        当り前だ。美しく老いながら高みを目指す。俺はその純粋な選択肢を何より羨ましいと思う。限りある命で精一杯生きる。俺はそんな人間が好きなんだよ…きっとそれは俺達には無い強さだから
        ・・・だから俺がうらやむものを軽々しく捨てる!って言われるのを見てると言いたくなる訳だ。HAHAHA
        んー…寂しくないと言ったら嘘になるが…俺には家族が居るからな。俺と同じ存在だから俺と同じ時間を生きてる。今の所はそれで平気だ(普段と違った微笑みを浮かべるがその表情もすぐに消え)
        …大切な者が居ない奴は辛いだろうがね。…耐えられるかは…ちょっと想像つかねえな。悪い、お前の求めてる答えは出してやれそうにはないな(眉を顰め苦笑い) -- カウェント 2012-02-22 (水) 01:12:32
      • そーいうのボク苦手って言うかよくわかんないしねー。騎士ではあっても淑女じゃないもーん(少し照れた様子でカウェントの腕に頭を摺り寄せて)
        ……そこまで言われると、否が応にも人であることの価値って言うのを考えざるを得ないよね。卑怯だなー。
        一人ぼっちはやっぱり寂しい、かー。カウェントはどういう家族構成なんだっけ?――仮にさ、自分と同じ時間を過ごした家族でも、胸襟を開いて打ち解けられなかったらきっと、狂おしいほどに苦しいよ。
        こればっかりは本人に聞くしかないんだろうけど、なんだかな。(今更ながらに、敵の人間性を考えてしまうなんて、とため息をついた) -- スアラ 2012-02-22 (水) 21:01:21
      • ま、男女の関係なんて俺もいまだによく分かんねえしそれでいいやな。HAHAHA
        卑怯とかズルいとか悪いとか酷い男とかなぜかよく言われる…なんでだろうな?不思議でならんぜ(全く思ってなさそうな表情で笑い)
        両親と姉が一人と妹が二人に弟が一人…あまり考えたくはないがある所にはそういうのもあるんだろうな…それでも俺は守ろうとするのかな…どうだろう、なってみないとわからん
        (浮かない表情でため息をつくスアラを見ると)・・・(何を言うでもなく頭を荒っぽく撫でまわした。その表情は心配でも同情でもない不思議な色を浮かべた笑みだった) -- カウェント 2012-02-22 (水) 21:20:12
      • んだね(猫のようにじゃれつく、甘えられる相手にはとことん甘える) 必ずしも形が決まってるわけじゃないもんね、こーいうのはさ。
        透徹した考えと真っ当な意見を直截にいう……良くも悪くもあけすけ、なんていうか存在そのものが罪? あは、冗談だよ。
        ん〜(猫だったらごろごろと喉を鳴らしているだろう、普段のキリっとした表情とは正反対のふんにゃりした笑顔) -- スアラ 2012-02-23 (木) 22:59:55
      • 良い男ってのはそういうもんなんだよ、多分な。AHAHAHA
        (甘えるスアラとは対照的に真面目な口調で言葉を紡ぐ)…敵とはいえ人を思いやれないのならそれはただの人でなしだ。昔読んだ小説でこう言う台詞がある
        『強くなければ、生きてはいけない。 優しくなければ、生きる資格がない』
        迷うの結構それでこそ人間だ。お前はそのままで行け
        (僅かに声のトーンを落とし)人でなしは俺だけで十分だ…ダンピールだけに人じゃないってね。HAHAHA(最後にくだらないジョークを言うと頭から手を離し)
        じゃ、ま。いい感じに暇も潰せたんでこの辺でな。また今度暇な時に遊ぼうぜ(手を一振りすると部屋から出て行った) -- カウェント 2012-02-23 (木) 23:14:24
  • 地下訓練施設がほぼ連日のように使われるようになって、私としては嬉しいやら悲しいやら。
    (掃除も楽じゃないんだ、とぼやきながらスアラセニアの攻撃をスティレットだけで受け流す女。眠たげな目は確実に軌道を読んで、的確に攻撃を弾く) -- ミーナレティ? 2012-02-16 (木) 23:56:19
    • あはは、でも宝の持ち腐れ状態で気まぐれに使われるよりはマシだと思ってくれなきゃ。
      キミヴァレットの仕事よりも地下の管理の方にご執心だったじゃない。これでようやく面目躍如って奴だよ……っと!
      (ステップインから逆手で持ったダガーを振り上げる。右手に持ったグラディウスは時間差で振り下ろされるだろう) -- スアラ 2012-02-17 (金) 00:03:21
      • (相手の体に、自分の体を割り込ませて動きを強引に止めさせる。同程度の体格が活かされて、力比べのような様相を呈す)
        体を開きすぎだ、攻撃を重視するのもいいけど身を守ることも考えるべきだよ。
        (膝を曲げ、屈伸の要領で強烈な頭突きをスアラセニアに見舞った。そのまま大雑把に突き飛ばして距離をとる) -- ミーナレティ? 2012-02-17 (金) 00:10:05
      • いぎっ!?(つんのめってそのままたたらを踏むように後ずさる。首を振って) クソ、一本とられたかぁ…。
        今日の掃除当番はボクだね。はあーあ、もっと青春したいよー。あと女の子だけでお茶会とかしたーい。(ダガーとグラディウスを鍵に戻して、大きなため息をついた。少なくともまだ人らしさは大いに残っているようだ) -- スアラ 2012-02-17 (金) 00:13:28
      • 私も手伝うからぶーたれないで、ほらしゃっきりしたまえ。お茶会はほら、麗しの眠り姫が目覚めたって言うじゃないか? 彼女やジィ嬢でも誘ってみればいい。
        誰も君を縛っちゃいない、少なくとも風雲急を告げるような事態にはいまだなりそうもないからねえ(クスクスと笑ってスティレットを鞘に収めると、薬莢や折れた刃の散らばった石畳を掃除し始めるのだった) -- ミーナレティ? 2012-02-17 (金) 00:18:01
  • スアラちゃんの家に来るのも久しぶりだなぁ……なんとなく、雰囲気が違って感じられるのは、大人になったからかな…。
    とりあえず、久しぶりに戻ってきたんだからうちのケーキを食べて貰わないとね(アクア・アビスのお勧めショートのセットを箱に入れて持ってきたようだ。) -- ラージャ 2012-02-10 (金) 20:10:53
    • おや。(執事が迎えた青年の顔を見て) 元気そうだね、ラージャ。こんな寒い中、さ。あったかいお茶でも出すから飲んでいってよ(応接間へと) -- スアラ 2012-02-10 (金) 22:33:01
      • …ごめん、来るのが遅くなっちゃって…あ、それじゃあせっかくだし頂いていこうかな…。
        スアラちゃんの家の紅茶、いつもおいしいもんねぇ……でも、本当久しぶりだよね…。
        ボクの方はようやく老練にもなれて…自分の必殺技を習得したり…頑張っているよ(笑顔で言った。) -- ラージャ 2012-02-12 (日) 01:03:58
      • えー? 別に義務じゃなしいいんだよ。ボクも本を持ってお邪魔するって言っておきながら物臭きわまってこのざまだからねえ(ケラケラ笑う)
        うん本当に、ここんとこみんなの出足も鈍ってたし仕方ないことだとは思うけど(ティーセットが並べられ、温かい紅茶が注がれた)
        冒険者もいよいよ佳境だね? っていうか必殺技かぁ、ラージャもついに男の子のロマンに目覚めてしまったね? いいぞいいぞ、どんなの? -- スアラ 2012-02-12 (日) 21:54:59
      • あぁ、いいよその事は気にしなくても…でも、御互いがんばりましょう…なのかな?(笑いながら言った。)
        …やっぱり長くいると、ボクたちが子供の時見ていたような先輩たちのように、動き鈍っちゃうものなんだねぇ…昔はどうしてだろうって思ったものだけど。
        後は、英雄まで頑張って…英雄になったら引退するだけ、かなぁ…うっ、それはやっぱりね…必殺技の一つくらい欲しかったし…。
        んっと…単純に言うと…どんな硬い敵でも分厚いものでも…貫通してダメージを通す技、かな? -- ラージャ 2012-02-12 (日) 23:17:21
      • ごもっとも。できるだけウロウロしてみるのもいい運動になるかもだしね。(紅茶に口をつけ)
        英雄は通過点さ、そもそも冒険者自体が人生の生きがい…っていうのもちょっと寂しい考えじゃない。人は夢想できる全てに挑戦していいんだから、楽しくやろうよ。
        うーん……間接ダメージって奴だね。発剄とかそういう感じかな? 気の力は扱いが難しいって聞くね。 -- スアラ 2012-02-13 (月) 20:16:51
      • …うん、冒険は一つの目標ではあるけど最終目標ではないもんね…うぅ、すべてに挑戦かぁ…(何か思い当ったのか苦笑している。)
        …一度はあきらめて、周りから顰蹙をかってることでもまた挑戦すべきだったりもするのかなぁ…(一度はあきらめて、でも内心は諦めて切れていない事があるようだ。)
        あぁ、結構似てるけど…触れなくても一定の射程範囲はあるし。触れるとその点から直線的に威力が通る点が違うかなぁ…急所に当たると、普通は一撃で戦闘不能に出来るはずだし。 -- ラージャ 2012-02-13 (月) 22:00:19
      • 「人生という旅は続く」。冒険者やめても残りの人生、案外長かったりするんだよねえ。(くすくすと笑って)
        冒険者なら、険しきを冒す覚悟をいつでも持ってなきゃ。一回二回失敗しても、目の前にその壁がある限りは……いつかぶち抜くその日までみんなで頑張ってみるのも悪くないんじゃないかなあ。
        (もっとも、向こう見ずは程々がいいと思うけどねと付け足して) なかなか必殺技の名に相応しいというか、問答無用のすり抜けダメージっていうのはなかなか恐ろしいところがあるね……物理技なのかそうじゃないのかわからないから対処しづらそうだ。 -- スアラ 2012-02-13 (月) 22:23:47
      • そうだねぇ…人の基準だけでいってもそうだし、僕達みたいな人と違う場合なんてもっと先は長い訳だし…(ちょっと寂しそうに笑いながら言った。)
        …そっか…ボクも最初はそのつもりだったんだけど、壁のとっかかりすら見えなかったから…(頬をかいている辺り、試行錯誤はしたようだ。)
        んー、どちらでもある…が正解かなぁ…物理威力を増大させながら破壊力を集約させたものだから…魔法無効だとただの発剄になるのかも? -- ラージャ 2012-02-13 (月) 23:01:49
      • ま、取り残されるにしろ先に行くにしろ……生き方自体はそうそう変わらないんじゃない? 太いか細いか、長いか短いか、その程度の違いしかないよきっと。(に、と笑った。人であろうが人でなかろうが、同じだと言わんばかりに)
        ふーむ。高すぎる壁、平坦すぎて掴みどころのない壁、厚すぎる壁。どっから手をつけたらいいかわからない事もある、ね。そんな時はこうして、いろんな人と話をするのが一番さ。
        (ウインク一つ飛ばして) 特殊な技術なんだねえ、なんというか複数の体系の技を混ぜて作ったみたいな? -- スアラ 2012-02-13 (月) 23:14:29
      • ……そう、だよね…うん、そうだといいな…あ、でも出来れば皆長く生きては欲しいけどね?
        …必殺技に関しても、そういう思いがあって編み出したようなものだったし…もちろん物理的な壁ではないから直接的な意味はないけど…。
        色んな人と話、かぁ…そうだね、何か道が見えてくるかもだし…あ、同時に魔法と体術を使う感じだから確かにちょっと特殊ではあるかも?
        ただ、自己強化魔法と体術はどちらも得意分野だったからね…あ、お茶有難う。美味しかったよ(飲み干したところで席を立つ。) -- ラージャ 2012-02-13 (月) 23:22:12
      • とりあえず、ボクはできる限り長生きしたいねえ。おばあちゃんになってもシャキシャキ。
        必殺技を作り上げた思いこそ、壁を打つための力になるんだと思うよ。水滴が石を穿つように、思い続けていればいつかは乗り越えられるはずだからね。
        無論行動に出なければそれも机上の空論。だからとにかく、色んな人にあって色んな事と触れ合って、色んな事を知るのだ。お互い、まだまだ頑張れる余地はあるさ! ベストを尽くすゾ(おー!)
        長所を伸ばすのはいいことだね……ああいや、大してお構いもできずに。もういくのかい? -- スアラ 2012-02-13 (月) 23:40:29
      • うーん、スアラちゃんがお婆ちゃん…想像できないなぁ…ヴィータちゃんとか、皆まだまだ想像は出来ないけど。
        …うぅ、ほんの10年くらいで諦めるの早すぎたのかなぁ…はぁ、今になって諦めきれませんでした…と言うのもアレなんだけど。
        …うん、そうだね…分かった、とりあえず少しずつ模索してまた頑張ってみるよ…スアラちゃんもやる事があるみたいだし、そっちも頑張ってね?助けが必要なら、ボクで良ければ力になるし。
        あはは、色々と話をして貰ったしね…うん、それじゃあまたね?ばいばい(手を振って帰って行った。) -- ラージャ 2012-02-13 (月) 23:44:04

最新の5件を表示しています。 コメントページを参照

いつもの公園 Edit

編集
お名前:
  • そして気が付くともう秋広場
    • うん、時間立つの早いよね……ボーッとしてると置いてかれそう -- レイト(弱) 2014-11-29 (土) 22:06:25
      • いやー、ほんと。気付いたらすっかり秋も深まった感じー…… -- オニキス 2014-11-29 (土) 22:27:20
      • せっかくだから私も裸になるわね芸術の秋で -- ヒュウノ 2014-11-29 (土) 23:26:59
      • ナチュラルに裸になってる!?いや確かに絵画だと裸婦の絵は多いけど! -- レイト(弱) 2014-11-29 (土) 23:29:53
      • 特に深い意味はないけど久しぶりなんでつい。公園なら焚き火だのなんだのできっと暖かいだろうし -- ヒュウノ 2014-11-29 (土) 23:39:24
      • むぅ、丸々とたわわに…なんか前より育った?(チラ見してぼそっと)
        (…ヒュウノ的には青少年ズが観衆でいた方が出し甲斐あるんだろうなぁと察するが) -- オニキス 2014-11-30 (日) 00:02:33
      • うーん、94が98くらいになったかもしんない。そんなボールっぱい
        人前で脱ぐ方がいいんだけど、まぁ今回は久し振りの挨拶代わりってことで本来の露出道から外れた露出ね -- ヒュウノ 2014-11-30 (日) 00:21:39
      • やるねェ…!(露出を極める修行中と聞いて見物に来る) -- ゲま 2014-11-30 (日) 00:26:17
      • 前に見かけた気がする露出にも手慣れた風の女性が来たわ…露出濃度が高まりつつあるわね(簡単なベーコン白菜鍋を出しておく) -- ヒュウノ 2014-11-30 (日) 00:37:40
      • これは…ありがたい…(鍋いいよね…しつつ例のテーマで盛り上げておく) -- ゲま 2014-11-30 (日) 00:44:18
      • 確かにおっぱいにも色々あって、それぞれに似合う音の表現もあるわ…露出道に関わってくるかも。ちなみに私はボインとかブルンね
        温まると露出もしやすいですしね。今日はマジ露出というよりはおまけみたいなもんだけど -- ヒュウノ 2014-11-30 (日) 00:57:42
      • 弾力重視って感じの音ねえ(アタイむにゅうとかにゅむぅっていう指を飲み込む系の音ーと自己申告しつつ、なんか熱くね!?と脱ぐ) -- ゲま 2014-11-30 (日) 01:08:42
      • だぷんとかドプルンって感じの人もいますよ。胸のパラメータによって露出時の効果的な動きも変わってくるわね(ノートにメモる)
        噂に聞くヌーディストガーデンがここに。まぁとりあえず他に誰か来ないかなんておもいつつ裸で鍋をつつきましょう -- ヒュウノ 2014-11-30 (日) 01:12:53
      • 確かこのへんでもいたわね、どぷるんって感じの子(アークちゃんだっけ?と温泉での事を思い出し鍋を…あつっ!はだかで鍋くうと汁はねたとき熱い!) -- ゲま 2014-11-30 (日) 01:20:01
      • この辺でいたっけ……?おっぱいも色々あるってことね…裸での食事は跳ねない様に気をつけないと。しばらく全裸生活すると結構慣れるわ -- ヒュウノ 2014-11-30 (日) 01:35:32
      • 食うときもそうだけど肉焼くときとかも地獄だよね…(油が跳ねる!)
        …せっかくだしはだかエプロンでもやる?(取り出すエプロン) -- ゲま 2014-11-30 (日) 01:37:17
      • 調理時はさすがにエプロンをつけた方がいいですよ……食べる時なら大丈夫、日々訓練した箸さばきが見せられるわ
        でも、露出に鍋は向いていないというデータは取れたわ。同じ暖かい物でも別のが良さそうね -- ヒュウノ 2014-11-30 (日) 01:58:14
      • そして気が付いたらもう秋も終りだね、これから本格的に冬になるよ、寒い… -- テッサロッサ 2014-12-05 (金) 09:54:34
      • 年末かー……いや、テッサくんはいつも寒そう? -- オニキス 2014-12-05 (金) 20:35:46
      • フォルダみてたらそういえばオニキス姉さん描いてたの思い出した(すっ) -- アーク 2014-12-05 (金) 20:51:05
      • アーくん……ありがとう、私引退しちゃってねー(はぐ) -- オニキス 2014-12-05 (金) 21:13:36
      • 僕なんて茜の攻撃で1回死んでるからね、引退しても大丈夫だよオニキス姉さん!
        んわぁ!(ハグされて超どぎまぎしつつ胸が…胸が!…これは…天国となりつつ) -- アーク 2014-12-05 (金) 21:17:06
      • ははっ、それは確かに……あと雫三個で再出発ってもあるしねー。
        これはあったか……しばらくぼんやりチャージに励もう、かなー(生身カイロにしながら) -- オニキス 2014-12-05 (金) 21:34:55
      • ん、まあ焦らないでゆっくり…オニキス姉さんのペースでやれれば僕はいいと思うな。
        あ、それと何時もありがとうねーオニキス姉さん! -- アーク 2014-12-06 (土) 02:49:06

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照


script Edit

+  プロローグ
+  瀕死−1度目
+  侍女長からの証言−母の憂慮1
+  口さがないものの噂話―母の憂慮2
+  
+  ミコトとの会話から
+  女王の意図
+  Dear Future
+  開闢前夜
+  女王の召還、そして彼女と父との会話
+  学び

手帳 Edit

同志軍曹・ペトロ幼馴染は北風の人、赤い旗に映えるのは金の髪
海の少女・環幼馴染は潮風の中、大海原を無尽に駆ける成長期
吸血鬼探偵・ヴァルカン幼馴染はヴァンパイア、未だ思春期真っ最中?
セクハラ坊主・タグ幼馴染はセクハラ魔、両親亡き後、自ら険しき道を行く
ガンナー少女・セイ幼馴染はボクっ子被り、無愛想でも心は優しい
縦横無尽の衛兵・スパイク幼馴染は自警のプロ、衛兵以上に店員が似合う
眼帯の剣士・シュナー幼馴染は魔法騎士、奇妙な凝り性はいつ治る?
オリエンタルガール・ミコト幼馴染は東洋の香り、幼馴染の友情は爵位をも越えて
オートクチュール女装っ子・カザリ幼馴染は女装趣味、趣味というより英才教育?
ふんわりお姉さん・ジィ幼馴染は大人の女性、柔き表と鋭き裏と
ニヒルな衛兵・レナルド幼馴染は沈思の青年、物憂げな眼は何を見る
黄金暦の錬金術士・ミューリィ幼馴染は錬金術士、深くまどろむ眠りの姫君
フェミニンボーイ・マティアス幼馴染は可愛い少年、少し影ある
みんなの兄貴分・剣馬幼馴染は剛腕一閃、妹だけには頭が上がらない
静かなる少年・ジョシュ幼馴染は寡黙で一途、なんだかんだで優しかったり
エキセントリック・サイプレス?幼馴染は華麗で豪奢、見た目と裏腹意外と真面目
お菓子屋さんの息子さん・ラージャ幼馴染は好奇の塊、幼心は夢にも満ちて
犬?・ラウリィ幼馴染は半神半人、犬にもなれるし女(?)にもなる
年齢不詳の美少年・九?幼馴染は見目麗しく、酒に酔ったら一大事
絢爛少女・ローテローゼ幼馴染は優雅な美女、綺麗な薔薇には魔術の心得
本の虫・タマラ幼馴染はビブリオフィリア、古書店開く知性の女
武芸百般の顔役・ジュロウ幼馴染は豪放磊落、幾多の武術に通ずる男
エロ魔神・アナゴ冒険者は性欲の人、淫蕩に耽る御大尽
人魚姫・ラララ冒険者は人魚姫、泡を転がし東奔西走
冒険者の守護天使・カナエル?冒険者は聖なる御使い、想いを束ねて力と成す

コメントアウト Edit

http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp011229.gif http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp011750.png


Last-modified: 2011-12-12 Mon 22:41:37 JST (3158d)