Get Ready? Edit

ID:480338
名前:リチャード
出身家:リックガート
年齢:20
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
その他:ステータス/戦歴Edit
企画企画/再開発史

三行 Edit

  • トライク乗りの青年が
    • 再開発区を舞台に
      • 運び屋稼業

街中にて Edit

qst070556.png

リチャード>名簿/480338 &color(#b7b700){};
編集はここから
お名前:
  • おじゃまします〜…(そういえば、ちゃんとこちらに顔を出すのは初めてかな、と思いながら尋ねてくる) -- ルーツァ
    • …ふぁーい、どちらさま…(ガチャ、とドアが開く。顔を覗かせるのは、寝癖がついたまま、シャツを羽織ったような恰好の男。寝起きであるらしい) -- リチャード
      • あ〜、こんばんわです〜(姿を見ると、少し顔を赤くして)…寝起きさん〜、ですか〜? -- ルーツァ
      • (欠伸をかみ殺したせいで出てきた涙をぬぐおうともせず、漠然とした動きで頷く青年。その弾みで引き締まった胸板が見え)
        ええ、ちょっと昨日は夜更かししすぎたもんで…ルーツァさんがこられるとは思ってもなかった、もん、で…?(自分で発した言葉の内容に、自分で疑問を覚えたのだろう。だんだんと、瞳の焦点が戻ってくる。目の前の相手の姿を認識して)
        (それから、自分の姿を見下ろす。改めて相手を見ると、そそ、と扉の内側へ引っ込み、ぱたん、とそれを閉め)…少々お待ちを。
        -- リチャード
      • (そこそこな年齢とはいえ、男性の身体をまじまじと見るのは初めて。胸板にしばし目が釘付けになるも)
        …ああ、いえいえ〜。こちらこそ〜、急に来ちゃって申し訳ないです〜 -- ルーツァ
      • (しばらく、何かをひっくり返すような音が響く。そして再びドアが開かれたとき、出ていた姿は普段の青年のものとあまり変わらないものだった)
        いやホント、ええホント失礼しました…!!(何度も何度も頭を下げる青年。微かに頬に朱を宿らせながらも、ドアを開いて客を招きいれようとする)
        -- リチャード
      • あの〜、大丈夫、ですか〜?(いつもの間延びした感じだが、心配そうに)今日来たのも〜、この前の怪我を診に来たんですけど〜…
        あ〜、でも〜お見舞いの品もあるので〜すみませんが少しおジャマしますね〜 -- ルーツァ
      • 怪我。…怪我?(はて、と考え込みつつもリビングへ案内する。ややあって、言われたことの内容に思い至った)
        あー、爪先の件なら大丈夫ですって、業務にも支障ないですし。わざわざすみません、はい
        (必要最低限、という言葉が相応しい殺風景なリビングへとルーツァを通しつつ、また頭を下げた)
        -- リチャード
      • もう治ってるみたいなら〜、なによりです〜(ニコニコしつつ手に抱えたバスケットを置こうと机を探して)
        いえいえ〜、あれは私の所為ですし〜。お見舞い〜、ヨーグルトとカルーアミルクなんですけど〜、どこに置いておきましょう〜? -- ルーツァ
      • はは、すみませんね、心配かけて…と、それじゃあそこのテーブルの上にでも頼めます?
        コーヒー入れますけど…ミルクはもちろん?(キッチンに立ちつつ確認の言葉を投げる)
        …しかしなんというか…こういう形でルーツァさんを家に上がらせることになるとは思ってもいなかったな。
        -- リチャード
      • ここですね〜(テーブルにバスケットを置くと、中身を取り出して)
        はい〜、ミルク半分くらいで〜(店をやっているとはいえ、普通に飲むのも好きらしく)
        すみません〜、なんだか〜急に押しかけるみたいに〜なっちゃいまして〜 -- ルーツァ
      • ああいえいえ、こちらこそなんだかすみませんね。殺風景すぎて退屈でしょう?(苦笑しつつ、オーダー通りにたっぷりとミルクを注いだカフェオレを差し出して、対面に座る)
        大抵は店で顔を合わせてますし…うん、やっぱり新鮮だ(差し入れを眺めて中身を確認しつつ、何とはなしに笑う青年)
        -- リチャード
      • いえいえ〜、男性のお部屋って大体こんな感じって言いますしね〜(ニコニコしたまま、カフェオレをお礼を言って受け取り)
        そうですね〜、こういうのも〜、たまには良いものです〜(カップに口を付けて)おいしいです〜 -- ルーツァ
      • あれ、あんまりこういう風に男の部屋に入ったことはないですか?(ふと気になったことを訊ねながら、自分もコーヒーを口にする)&br:はは、それはよかった。本職の口に合うなら、ここも結構評判になりそうかな。ライバル出現かもしれませんよ、ルーツァさん。
        …そういえば、どうして今の店をやってるんでしたっけ?
        -- リチャード
      • そうですね〜、家族とパル君の部屋くらいです〜。男の人の友達って〜あんまり居ないですし〜
        ふふ〜、それはそれで面白そうですね〜(にこにこ)今のお店ですか〜?そうですね〜、私は荒事は向いてないですから〜、
        自分に出来ることって言ったら〜、こんな事くらいしかなかったから〜という感じですね〜
        もちろん〜、今は自信を持って仕事してますけどね〜 -- ルーツァ
  • ほうほう、賭けレース開催…。こりゃ宣伝になるかなぁ?
  •  

最新の3件を表示しています。 コメントページを参照

設定 Edit

  • 別の街からの来訪者
  • 容姿は若干細め、年相応の青年だが、顔つきや表情などは幼さが残っている
  • 帽子(ボルサリーノタイプ)とゴーグルが特徴的 帽子の下の髪色は柔らかい金色
  • 生活資金稼ぎに運搬屋を営む
  • 月に一度は遠方への運搬を行っている
  • 仕事には真面目
  • 護身用に回転式拳銃(6連装)を携帯

トライクについて Edit

  • リチャードが仕事や移動手段に使用するもので、彼自身カスタマイズを施している
  • シルバーの本体に、ブラックのカウルが特徴的
  • 火属性の魔導器を流用したエンジンを搭載。燃料でも走行はできるが、馬力は魔導エンジンのほうが遥かに上。
  • 専用のコンテナを後部に連結することができる
  • 基本的には一人乗り。無理をすれば二人乗りもできなくはない
  • その他いろいろな機能を盛り込みたい、と本人の弁

住所録 Edit

依頼先・配達先
ランデバール乳製品店店主:ルーツァ 業務:乳製品の配達牛の獣人の店長 この地域で初めての大口の顧客
《エンプティ・カンパス》店主:リスタ 業務:宿泊業まだ若い女将が経営 ランデバールの乳製品の納品先


知人
ゴーゼン東洋の生臭坊主破戒僧
リーネ牛乳の配達先 隻腕
クワトロピザ屋の店員 配達で同道すること多々あり

郵便受け(コメアウ) Edit


Last-modified: 2012-06-01 Fri 11:55:27 JST (2918d)