カージュ家出身 リベルテ 503584 Edit

別に常時この格好じゃないですしASB買えてないですしID:503584
名前:リベルテ
出身家:カージュ
年齢:23
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
その他:ステータス/戦歴/名簿Edit
きかく:企画/サモンナイト外伝
同居人:アニエス

さんぎょう Edit

  • 無気力
  • へっぽこ召喚士
  • とくにがんばらない
  • がんばらない
    http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst070556.png

|>はなす ツリー上げ等ご自由に Edit

#showrss: Failed fetching RSS from the server

編集:此岸の戯言

お名前:
  • (その夜の東区は、いつもと勝手が違っていた)
    (あちらこちらから食べ物の香りが漂い、色とりどりの照明たちが、誰が一番輝いているのかを競っている)
    (夜なのに昼のような明るさに喧騒。夏の夜の東区、縁日だ)
    リベルテ! すごいわよすごいわよ、夜なのにこぉーんなに明るいわ!!(リベルテとともに選んだ、金魚柄の浴衣。金糸の髪が白と赤のコントラストをより映えさせている) -- アニエス 2014-04-02 (水) 01:19:01
    • はしゃいでおるねぇアニエスさん……ふふふ、眩しかろう楽しかろう素敵だろう!
      (腕を組み、なぜか自分のことの様に胸を張る。そんな彼女はと言えば、白地に紫色の花殻浴衣に身を包んでいる。)
      これぞ縁日って感じだねー……懐かしい、最近はこんなのも行ってなかったしなぁ
      さて、はしゃぐと危ないよ…こっから先は人がいっぱい居るから、ね。(と言えばしゃがみこみ、手を差し出して)
      お手を拝借しても?…なんて、ごめんね、浴衣だから跪けなくて格好ついてない。
      -- 2014-04-02 (水) 02:58:07
      • 吸血鬼的には光はアレだけど、夜にこんな人がいるのはなんだかわくわくするわね!
        なに、昔は行ってたの? まあ夜会みたいなのは私様たちの文化でもあるけどね
        いざとなったら飛んで見つけるわよ。……まあどうしてもって言うなら、カッコ付かない奴にも手を貸してやらないでもないわ(小さな手でリベルテの手を掴んで)
        さあさあ、美味しいもの、きれいなもの、楽しい物があるところに連れてきなさい! -- アニエス 2014-04-02 (水) 21:02:27
      • 夜会って言うと途端におしゃれ感漂うなぁ……ま、子供ならねだっちゃうよね、行くの。育ってからはそう行かなくなったなぁってー
        浴衣着て低空飛行すると危ないよ…何がとは言わないけどさ。…ま、手間はないほうがいいじゃない?何にしたって、私がこうしたい訳ですけど(掴まれればシェイクハンドし、立ち上がる)
        んー、まずは腹ごしらえしよっか。動き回ると結構体力使うんだー…今日は無礼講です。端から端まで買っちゃう?(などと言って、まずは近場のたこ焼きの屋台に足を向ける)
        -- 2014-04-04 (金) 00:53:28
      • おしゃれというより豪華ね。ま、私様はあんまり行かないんだけどね。……ふーん、そういうもんなの。まあ一人で行くのは楽しくないしね
        ? 何が危ないっていうのよ飛ぶぐらいで(全く分かってない)……ま、いいけどね。げぼくと親睦を深めるのもいいものだわ(くふ、と八重歯を見せるように笑って)
        あらいいの? どういう風の吹き回し? ふふっじゃあ遠慮しないわよ? ……ところで、あのまるっこいのはなに?(ジュージュー焼けるたこ焼きに興味津々だ) -- アニエス 2014-04-09 (水) 00:29:26
      • 行かないの?好きそうなのに…実は嫌い?そゆトコ。
        好きな人は一人で行くのもオツなもんって感じかもしれないけど、私は好きじゃないかなあ。寂しくなりそ…
        色々危ないのー。慎ましい感じでおねがいしますよー……じゃあいいや、危ないとか置いといていいよ、私が傍に居て欲しいっていう、そういうあれです。はぐれて一人になったら、さっきも話したように寂しくなっちゃう
        なぁに、屋台は屋台値段だけど、今日くらいは構わんさー。副業で稼がせて頂いてまーす、しっ(と言いながら金貨を指で上へと弾き、落ちてきた所をキャッチして)
        あれはたこ焼きです。中にタコが入っててなー……私様はあれだな、粉物とか詳しくないかな……物は試し。食べてみた方が早いね、うん
        (そう言えば、屋台で忙しそうにたこ焼きをひっくり返す店主へと硬貨を渡し、引き換えにたこ焼きを1セット)
        熱いから一気に食べると危ないかも。タコは出てこないだろうけど、まずは小さく一口とかでどーぞ(落としたり服を汚さないようにと配慮しつつ、たこ焼きを一つ串に刺しアニエスの口元へと持っていく)
        -- 2014-04-11 (金) 02:55:01
      • 興味が無いだけよ。……それに、吸血鬼って結構性根が悪い奴ばっかりだからね。話してて不愉快になること多いのよ
        (吸血鬼はアニエスが吸血鬼ではないことを知っている。そのことを本人に告げようとこそはしないが、どこか小馬鹿にしたような態度になってしまっていた)
        これだけ人がいて、一人で行くっていうのはたしかに寂しいかもね。まあ、ここで友達とやらを作るのも私様はいいと思うけど
        ふふん、少しは言葉を選ぶようになってきたじゃない。しょうがないわねえ、そこまで言うなら一緒にいてあげなくもないわよ。(上機嫌だ)
        ……え? いまのなに、かっこいいと思ってやった……?(くす、と生暖かい笑み)
        タコ? あまり口にしたことがないわね……人間はあれを悪魔だなんだと言って忌避するじゃない。こっちの連中は普通に食べるのね
        (そして爪楊枝の先端に刺さった丸いものを見て、くんくん鼻を揺らす)匂いは悪く無いわね、香ばしい感じがして食欲がそそられるわ……はむっ
        (犬歯の発達した口を大きく開いて、結局一口にすべてを食べ――)
        ――んっーーーーーーーー!!!!!(じたばた) -- アニエス 2014-04-12 (土) 01:10:31
      • ふぅん。そんなもんか(とりあえずな返答をして身近な吸血鬼を思い出す。…「性根が悪い」という訳でもなかったような。と考えたあたりで頭の中をアニエスとの会話へと戻す)
        私様はアクティブだもんね、こういう所でも友達作れそうな気がするよ
        カッコイイというか何と言うか…いや、確かに根底にはカッコイイってのがあるんだけど、手にあるとやりたくなるじゃん、なんか。(なんない?と問いかけつつ小首を傾げ)
        あー、場所によっては食べない所もあるねぇ。この辺は海もそこそこ近いし、そうでもないんじゃないかな…私は結構普通に食べるし
        中がとろふわでそこが美味しいけど舌に優しくな──(と言いかけて、すべてを口に収めるアニエスを見てぎょっと目を見開く)
        あーああ!?言わんこっちゃない……飲み物、飲み物(と、隣の屋台に慌てて硬貨を投げてコーラを購入し、手に握らせる)
        -- 2014-04-21 (月) 23:11:16
      • だからリベルテも、私様以外の吸血鬼と合うときは気をつけるのよ。言っとくけど、血を吸われでもしたら承知しないんだからね!
        私様は別にいらないわよ、友達なんて。友達っていうのは対等な立場でないと成立しないもの。私様とその辺の一般人とじゃ吊り合わないわ!
        なんない。(ふるふる)私様はもちろんできるけど、仮に、万が一失敗した時拾いに行くのも面倒じゃない
        二、三度は食べたことあるけど、しかしあんな小さな玉の中に入れるほど小さなものではなかった気がするけど(どうやらまるごと一匹入ってると思ってるようだ)
        んぐっんぐっんぐっ……(一気に瓶の中の炭酸を飲み干して)し、死ぬかと思ったわよ流石に……ちょっと店主! こんな熱いもの食べさせようなんておかしいんじゃないの!?(店に文句をつけだしたぞ!) -- アニエス 2014-04-28 (月) 03:09:58
      • 承知するしない以前に私がおっかないので気をつけますよー…
        あれ、私様友達結構居なかったっけ。遊ぶような感じの子と言うか……(まぁ、自分は当然の如く友達にはカウントされてないんだろうな、などと考えつつ)
        失敗しなければいいのでは!(と、言いつつもう一度空へ放つが)っとっとっとお!…危ない!
        ……全部入ってませぬよ!?細切れにしたやつをね、ばらばらーっと。ええ。
        こういうもんだからアニエスさん店に文句言っても!?あぁ…すいませんすいません(何故か文句をつけられ困り顔の出店主に苦笑いで謝り倒す)
        -- 2014-06-02 (月) 02:52:26
      • そうよ、リベルテなんか一瞬で吸い尽くされてミイラになるのがオチなんだから! その点わたし様ならちゃーんと加減して吸ってあげるわ、ありがたく思いなさいよね!!
        いないわよ? 遊んであげてるだけよ! 私様は心が広ーーーーいの。だから程度の低い連中にも合わせて遊ぶことが出来るのよ! ふふんっ(どやっ)
        ほら言わんこっちゃない! 私様のげぼくがダサくちゃ私様がナメられんのよ! やるならやるで完璧にすることね!
        そうよ、リベルテ私様にも謝りなさいよ! こういうものとわかってるなら普通ふーふーしてから食べさせるでしょう!? -- アニエス 2014-06-03 (火) 00:58:53
      • それって一度に食いつくすなんてバカのやること!自分はきちんと管理して吸い続ける!みたいなそういうちょっと賢いやり方なだけで食い物にされているのに変わりはないのでは…
        ふうん………じゃあ私も友達にカウントされてないわけですかぁ。ははぁ。(ざーんねん!とわざとらしく声を上げつつ)
        (そのやり取りで何となく関係性は読めるのか、店主側も苦笑いで応える…その言葉に再びアニエスへ視線を戻し)
        んえ?あ、は、え??ごめんなさい?(何が何やらと言った様子の中だが流れ的に謝るべきかと自然と謝罪の言葉を口にするが)
        …………ふーふーとかさ、なんか、もっと、親密な仲の人間がその、やるべきなんじゃ……とか、言って…みたり…?
        -- 2014-08-16 (土) 16:19:35
      • なによ、私様のありがたーーーーい温情を無下にするつもり! リベルテのくせに生意気よ!!!(きーっと地団駄を踏むぞ)
        はあ? アンタと私様はトモダチなんて浅い間柄じゃないでしょうに(事も無げにそう言ってのけた)
        (店主の苦笑いもさくっとスルーして、しかしリベルテの謝罪にはうんうんと満足気に頷く、が続くリベルテの言葉にまたもやはぁ?みたいな顔)
        アンタ私様とどれだけ一緒にいると思ってるのよ! それぐらいさせてあげる程度には私様も気を許しているつもりなんだけど? ……なによ、アンタはまだ抵抗あるっていうの?(じ、と赤い瞳が、ほんのすこし。ちょっぴりと。不安げに揺れた) -- アニエス 2014-09-06 (土) 23:39:23
      • どっかのガキ大将ですかアンタは…あー、うん、はい、ありがたいデース…
        (その言葉に少し目を見開いて。小さくだがぽかんと間抜けに口を開けた)は、え、…
        (思考が回っているとはとても思えないような気の抜けた声をあげたのもつかの間、話は変わってしまい)
        (…聞きたいことがいろいろあった。元々あったのもそうだし、今の事で、増えたような気もする。)
        (けれど聞き直す空気でもなく…きっと、機会があっても、聞けないだろう。ただただ心臓がばくばくと大きく動く。周りの人間に聞こえてしまうのではないかと錯覚してしまうくらいに、大きな音で鳴っているように思えた)
        (「落ち着け落ち着け…」と胸元に手をやって居た所に、僥倖と言うかな提案が転がり込んで来て。…変な顔しなかっただろうか。心配だ。)
        抵抗ある、というか……違う、そうでなくて。いいのかって、言うか……私様そういう事したら、子供扱いすんなってよく怒る…じゃん?
        (向こうから提案したものに、良いも悪いもあるかとも思うが、つい口から出てしまうそんな言葉。自分らしくもなく、躊躇しているのだろうか?と内心自分の事を笑ってしまう。)
        (「いや、でもこの言い方はなんか、私様のせいに、してるっぽい…」それはなんだか女がすたると言うか、違う気がして。…ほんとはそんなにかっこいいものでもなく、揺れる彼女の目が、痛かっただけなのだろう)
        ……いいや!怒られてもいいからしーちゃお。なんてったって私は、そういう人間!
        (そう言ってアニエスの手からたこ焼きを奪い取れば、一つを楊枝に刺して自分の口元へと寄せる。軽く息を掛ければ、まだ温かいたこ焼きの湯気が揺れた)
        …まだ熱いかな?もうちょっとかな………んー…ん!このくらいでいい筈…
        (落ちないようにと自分の手を添え、アニエスの口元に持ってってやり)アニエス、 …あーん。
        -- 2014-09-07 (日) 23:33:38
      • ……アンタ、大丈夫? 顔色悪いわよ?(実際にはそこまででもない。本当に親しい者でなければわからない、機微)
        たかだかタコヤキをふーふーするぐらいでそんな動揺してんじゃないわよ! 子供扱いとかそういうのじゃないでしょ、主人が熱いって言ってんだから、冷ましなさいよね!
        (あくまで主従として。そう言い放っているようにも取れる言い方だ)
        (しかして冷ましたのを見れば満足気に頷いて)それでいいのよ! あーん♪(上機嫌に、やはり事も無げに。ぱくんとひとくち)
        ん、んん、ちょっとは良くなって、ん、ん……? ……んーーーー!!!
        (さすがに中の熱さ全てをカバーできたわけではなく)
        (しかし)
        ……だ、大丈夫よ、これくらい、ふう……おちゃほしい…… -- アニエス 2014-09-08 (月) 01:47:01
      • え”っ。いや、だいじょぶ、だいじょぶ!顔色悪いというか、むしろ血色いいというか…?(まごまごと何か誤魔化すように慌ててそう言う。ばたばたと手を振り否定する動作は少々うるさい程だ)
        (…ホントは救われているはずの言葉に、今は少し胸が痛くなった。「主従」と言われれば自分の行為にも多少言い訳がきく。そう思っていたはずなのに、笑顔に少し、陰りが混じった)
        (そんな所にアニエスの声ではっと我に返り)大丈夫?やっぱ出来たてアツアツは美味しいけど、危ないな………あ、おじさーん、お茶、お茶ももらえるかな。
        (先程何やらあった店主に再び声をかけ、お茶を持ち寄っていく)はい。ごめんね、気ぃきかなくってさ。
        -- 2014-09-18 (木) 23:51:44
      • ……アンタ、私様に隠し事はナシなんだからね(ジト目で睨みつつ、しかしもらったお茶には素直に礼を言ってこくこく飲み干した)
        はふ……もう熱いものはこりごりだわっ! リベルテ、今度は冷たいものでも教えなさいよ! せっかくの夏なんだから、すずまなきゃダメでしょっ!!
        (教えろ、という割にはリベルテの手を掴んでずいっと先に進もうとする。アニエスの手は、しっとりと温かった) -- アニエス 2014-10-08 (水) 23:20:44
  • ……(無言ながら、分かったらするのかなと伺うような目で見やる)
    えっ何その聞きかじった知識みたいな……私様はどう思う?
    実際味が変わるとかは別にないけどさ、美味しいごはん食べてる時にする話じゃないかなぁって……思ったわけ。
    (観念したと言う顔。フォークを置こうかどうか逡巡するが、まぁいいかと呟きまたパスタを巻き取る作業に)
    あんまり信じてもらえないかもしれないし…あとまぁ、私様からしたら些細な問題なのかもなんだけど……あ、そもそも「げぼくの悩み」なんて私様からしたら全部些細なもんかな
    …私、結構、人の目とか、気に、なる……わけ。なんです。
    (……こんな話は人にしたことがない。まだ躊躇がない訳ではない事をありありと表すように、途切れ途切れに話しだす)
    …わかる?
    -- 2014-01-31 (金) 03:47:29
    • さすがの私様もナマで食べるほど野蛮じゃないからね。……なによ、その目は。いっとくけど料理なんてしはいかいきゅーの者がすることじゃないんだからね!!
      実際聞きかじった知識だわよ。なんか大きいほうが男は喜ぶと聞いたわ。私様としてはあんまり実感わかないんだけどね。
      それは私様が、聞いてから判断することよ。ちゃちな悩みならずばーっと解決してやるのが主の勤めだわ
      ……はぁ? え、いや、わかんないわよ!? なに、私様が余りにも派手で注目を集めるから恥ずかしいって話? シャイなんですアピールかしら?
      もっと詳しく。私様にはなんでもさらけ出しなさい。じゃないと解決のしようもないわ。 -- アニエス 2014-02-03 (月) 01:05:47
      • ふぅん…じゃあいいや。どうでもいい(アニエス本人の意見ではないなら意味が無いと言いたげに言い捨てる)
        え?まぁ私様と歩いてると色んな意味で視線は集まるよね…シャイなのも間違ってないよ
        ………っだからあ、そういうのだよ。
        (ずびしと指差し)
        誰々だから〜とか、そういうのも縁遠いわけ。私が友達だと思ってても、他の人は私の事友達と思ってるなんて、確信持てない、わけ。
        …人との距離も掴めないし、いちいち人の視線気にしてる。友達相手も結構顔色、伺ってる。ワケ。
        (傍から見たらこんな小さい子に何を話してるんだろうって感じだろうな、とぼんやり考えて。また人の目を気にしてる事に気付いたらなんだか悲しくなって、手に持ったフォークを口に入れ巻いてそのままにしていたパスタを咀嚼する。)
        -- 2014-02-06 (木) 04:04:17
      • あら、そう。まあ私様は外面より中身を見るからね。かといって美しくないのはNGだけどっ。(要するに全部欲しい)
        ……ははぁ、なるほどね。(ハンバーグをキコキコ切りながら、事も無げに口へ運び、飲み込んでからまた口を開く)アンタ、自分に自信がないのね。
        まあ、たしかに私様のようなパーフェクトヴァンパイアと共にしていれば自信が失われるのも分からないでもないわ。
        (再びハンバーグを口にする。今度は、その後に水を飲んで)でも、私様はリベルテのこと結構気に入ってるわよ。最初はダメダメだと思ったけど、一緒にいるとわかってくるものね。
        いいこと? アンタは私様のげぼくなの、しょゆーぶつなの! だから私様以外の視線なんて気にすることないわよ! 私様のことだけ考えてればいいのよ!! ……まあ、両親やあのいけ好かない師匠も、その中に入れてもいいけれど。 -- アニエス 2014-02-08 (土) 00:38:34
      • ふぅん…じゃあ私は?どう思う?……なーんて(このような問いも冗談らしさを付け加えねば言えなくなっている。ある種良くなっている筈の間柄だが、なんだか距離が空いたようにも思えた)
        (今の空気で「いえそれ以前からこうでした」とは言えず黙って続けられる言葉を待ち、ひと通り聞き終える)
        …………あ、のさあ。(一言言うのが精一杯という風にだんだんと顔を赤らめていって)まず聞きたいんだけど、その「リベルテ」っての…わざと、やってる?
        (今黙ると何を言われても黙りこくってしまう気がするとばかりに続けて口を開き)所有物とか、そういうの、さあ…
        (調子狂うとばかりに頭を掻いて、あーだのうーだの唸り始めつつ)
        -- 2014-02-24 (月) 23:35:02
      • は? うーん、そうねえ……(じっと目を凝らして)……まあ、見た目はフツーって感じかしら。私様のびぼーには到底太刀打ち出来ないわね!!
        性格は気丈なのかなと思うと変なところで落ち込むしでめんどくさいやつだけど、まあそれは慣れたわ。住めば都よ(使い方が違うのはご愛嬌)
        わざともなにも、名前を覚えたから言ってるだけよ。いいこと? 私様に名前を覚えられるというのはそれはもう名誉なことなんだからね!!
        不満でもあるわけ? 今更人権とか言い出しちゃう? それこそ散々今まで言ってきたじゃない。
        私様は私様がいいと思ったものは何が何でも自分のものにしなきゃ気が済まないタイプなの。リベルテのこともその中に入れてあげるっていうんだから、むしろ嬉しがるべきよ!!
        あ、でも。言いたいことははっきり言いなさいよね。私様、そこはリベルテの悪いところだと思ってるわよ。私様だって神様じゃないんだから、いってくれなきゃわかんない時だってあるわ。 -- アニエス 2014-02-25 (火) 02:19:07
      • は?とか言わなくていーっしょ。(口を尖らせてみるものの、目を凝らされれば居心地悪そうにもごもごと動き)
        ………そんだけ出てくるって、私様けっこー私のこと、見てんだね
        私様相手のことアンタとかすぐ言うもんね。そっか。…ふぅん
        (変に喉が渇くのか、勢い良くコップの水をイッキしてお代わりを注ぐ)
        だめとかじゃなくて。分かれ、ばか。そーゆーの、わたしさm、……アニエスの、その、いい感じの表現ってゆーかそういうニュアンスの言葉だって、わかってるから…
        (先程水を注いだばかりのコップを手に取り、再びイッキして。口の中で言葉を咀嚼するようにもごもごと)嬉しいって、言いたい、わけ…

        ……っ言った、けど?(顔を赤くしながらも、なぜかやってやったと言いたげな顔。所謂、ドヤ顔だった。)
        -- 2014-02-26 (水) 05:17:48
      • 突然聞かれたから出ただけよ! 見てるも何も一緒に住んでるんでしょうに、嫌でもわかるわよ! 毎日顔突き合わせんのよ? わかってる?
        そうよ、だいたい、何の特徴もない凡人なんか星の数ほどいるというのに、どうしてそれらを一つ一つ覚えないといけないわけ? 私様は私様にとって必要な物しか覚えるつもりないわよ。
        (言い換えれば名前を覚えた人は自分にとって必要だと言っているわけで。先ほどからまるで告白のような言葉ばかりを連発しているが、本人は全く気づいていない)
        ば、ばか!? あ、アンタ誰に向かって物を――(激昂しかけたが、その後に続く言葉を聞けばぽかんと目を丸くして)

        ――ふ、ふん! 当たり前よ! 私様にたとえほんの少しでも気に入られるなんて、普通じゃ考えられないことなんですからね! でも勘違いしないでよ、まだ全部を認めたわけじゃないんだから!
        (そう捲し立てるアニエスの顔も、ちょっとだけ、ほんのりと紅が差していた。ハンバーグは、いつの間にか綺麗に平らげており)
        ほ、ほら!! 私様は全部食べたわよ?! アンタも早く食べないと、私様がそれ食べちゃうわよ! -- アニエス 2014-02-26 (水) 05:40:10
      • 「見てる」ってそーゆー意味だけじゃないんですよ。わかります?わかってください
        ─っほんっと、アニエスには自覚というかなんというか…
        (いいんだけどさぁ、と今度は聞こえるか聞こえないか分からない声の大きさでもごもご)

        …まだ足りないの?あとは何が足りないんだか……
        (言われてアニエスの皿を見れば綺麗になっており、口にしていたコーラも無くなってしまっている)
        えっあっちょっと待っ…話しろとか言うから、食べられなかったんじゃんかあ!!
        (わぁわぁと騒ぎたて、怒られるかと思った店員の顔を伺えば苦笑いされているのに気付き。百面相をしながらなんとか食事を済ませたのだった)
        -- 2014-02-26 (水) 06:42:03

最新の2件を表示しています。 コメントページを参照


気づいたら増えてく感じの詳細 Edit

つべ:yliaLY7g0CQ

気が向いたら描くやつ Edit


当人について Edit

  • 普段着
  • 身長163cm+ブーツのヒール3cm=平均より高めの背丈
  • 暗い桃色の髪を大雑把に後ろで一つに 長さは肩甲骨を少し過ぎたほど
  • 飄々…と言うよりへらへらとしていて、掴み所がないと言うより掴み所をチラつかせつつも掴ませない様な捻くれた所がある
  • 思ったことはオブラートに包まず平然と口に出す
  • …などと自由で無神経そうな所が目立つが敢えてやっている節アリ
  • 好きなモノは魚介類と野菜、ストレートの紅茶
  • 好きな事(?)は厚着
    • 嫌いな季節は夏
      • 「厚着できない。紫外線も死ね。太陽も死ね。」
  • スタンスとしては財団よりは協会寄り
  •  
  •  
  • 実は人一倍人目を気にする面がある

当人の周りについて Edit

  • 召喚師教会所属の師を持つ。男性。年齢の割に見た目が若々しいらしい
    • リベルテ自身は所属していないのだが師は教会へ所属させたいらしく
      頻繁に彼女を連れて協会を出入りしているだとかしていないだとか

  • 中央区在住。大きな通りより少し外れたこじんまりとした家(師提供)にて、アニエスと同居している

雑な字で殴り書かれたアドレス帳 Edit

名前メモ同行
リーベ顔見知り欠食児童。多分三足くらい草鞋履いてる。
ベスパタインのビジルお前んち、おっばけやーしきー。正直なので許した。
デムちゃん可愛いが脅かされた。こわい。箱の子も可愛い。こわい。
カラノサン?強い子で面白い子。ベロで握手とか初体験!
トーヤえもん二足草鞋の他称世捨人。コインもろた。何でも屋やさしい!
ひなたちゃんわんちゃんの子。鼻が利くらしい。素直すぎて良いやら心配やら
ナルトくんちゃらい。ゆるい。しかし突っ込む。ああいうのは天然が多い気がするのに

相談は大事よね(相談&めたこめ欄 私様との共有) Edit

+  ...

Edit

exp026588.png
#include(): No such page: info/界境街

ちょっと裏こいよオラ Edit


Last-modified: 2013-09-16 Mon 07:16:46 JST (3372d)