名簿/235527

  • ふうむ…ここがリュカ殿のいっていた鍛冶屋…の居る、いや…居た所でござるかな?
    人が住んで居る気配があるのかないのか…まあ、鍛冶屋であれば住み込む場所でもござらぬか -- ササキ@お品書き 2016-06-17 (金) 23:40:36
    • よく見たら普通に休業って書いてござる!そりゃあ店も開かんでござるわ! -- ササキ@お品書き 2016-06-18 (土) 02:35:03
  • --
  • --
  • --
  • …嫌な予感がする(片割れがわりとシャレにならない事をしでかしているような確信に近い予感が外れてくれていることを祈りつつ、センセに教えられた鍛冶屋の住所を探すメガネ) -- セイ 2015-05-25 (月) 00:54:43
  • -- 2014-03-17 (月) 10:27:25
  • -- 2014-03-17 (月) 10:27:11
  • -- 2014-03-17 (月) 10:27:04
  • 『…』(噂通りならここにいるはず、店の戸を開け放って入店) -- ディーブレイク 2014-03-11 (火) 19:13:27
    • …zzz -- アレキ 2014-03-12 (水) 14:50:58
      • (ハナをつまんでみる) -- ディーブレイク 2014-03-12 (水) 14:53:15
      • ……何の用なのだ…(むーっと判目で見る) -- アレキ 2014-03-12 (水) 14:57:53
      • 『冷やかしなら起こさん』(仕事だと告げて素材を取り出す、紫色にも見える闇色の結晶)
        『これをある男へ届ける品に加工してもらいたい、外套がいい』
        (全身を覆える、呪術師の王に送る闇の力を秘めた外套をプレゼントしたいと語る) -- ディーブレイク 2014-03-12 (水) 15:08:05
      • わかったのだ…それならそこのボードに書いておくが良い。
        ……所で客。外の看板を見なかったのか? -- アレキ 2014-03-12 (水) 15:29:01
      • 『…お前が起きるのを待っていると、贈る相手が寿命でくたばりかねんからな』
        (腕がいいのと引き換えに、起きている時に出会うという条件をクリアしなければならないと聞いていた)
        (襲名と結婚祝いも兼ねているので今を逃す手はないとして無理を言いに来た、と告げる) -- ディーブレイク 2014-03-12 (水) 15:32:30
      • // -- 2014-03-12 (水) 15:56:41
      • // -- 2014-03-12 (水) 16:15:54
      • // -- 2014-03-13 (木) 06:50:28
      • // -- 2014-03-13 (木) 11:45:56
      • // -- 2014-03-15 (土) 19:23:24
      • // -- 2014-03-15 (土) 19:33:01
      • ほれ、出来たぞ
        裁縫は慣れん物でな、少し時間が掛かったのだ。ゆるせ(絆創膏だらけの手を隠す) -- アレキ 2014-03-15 (土) 19:36:25
      • 『これで慣れん仕事なら、ほとんどの仕立て屋は看板を下ろすようだな』(やはり当代随一の腕は本物だったとその外套を受け取る)
        『…対価は払う、受け取ってくれ』(取り出したのは特製の飴、各種の薬草を練りこんで死人でも目が覚める味に仕上げた。と効能を説明して引き上げていく) -- ディーブレイク 2014-03-15 (土) 19:46:52
      • 良い。ウチはまた寝る(飴を受け取れば満更でも無さそうにして 客の背を見送り) -- アレキ 2014-03-15 (土) 20:07:58
  •   -- 2014-02-18 (火) 17:59:09
  •   -- 2014-02-18 (火) 17:59:05
  •   -- 2014-02-18 (火) 17:58:59
  • "お仕事"の時間だオラァ!!(静寂を引き裂いて雄叫びが響く!) -- ゲまスーノ 2014-02-16 (日) 21:19:39
    • …zzz -- アレキ 2014-02-16 (日) 22:04:09
      • ……(すっっとお鼻のあたりに手をかざす) -- ゲまスーノ 2014-02-16 (日) 22:10:46
      • んん…あと1年…(むにゃむにゃ) -- アレキ 2014-02-17 (月) 10:50:40
      • もう20年ば寝たでしょ!アタイのバイト代がかかってるんだからしっかりしてよー(ゆさゆさ) -- ゲマこ? 2014-02-17 (月) 11:21:15
      • 五月蝿いのだー…んんん…看板には休業と書いてあるはずなのだ…(カウンターで眠そうにして)
        客か、客…何の用なのだ。 -- アレキ 2014-02-17 (月) 11:43:27
      • 営業に来たように見えて?(などという娼婦、その手には何やらどえらい気配を発する包みが) -- ゲマこ? 2014-02-17 (月) 11:45:36
      • 依頼なら手短に頼むのだ。ウチを起こしてまで頼みにきたのだろ? -- アレキ 2014-02-17 (月) 12:49:16
      • あら乗り気じゃなあい?(差し出されるのは黄金の葉をつけた抱えるほどの木材、いわゆる御神木) -- ゲマこ? 2014-02-17 (月) 13:06:23
      • こいつで太鼓の撥をこさえてほしいのよ、化け物でも殴り殺せるくらいの…ね -- ゲマこ? 2014-02-17 (月) 13:08:04
      • ウチは道楽でやっとるものでな、これ、客の物ではなかろう?(大きく欠伸をして)
        まぁ…良いのだ。起こされた訳だし仕事はしようなのだ。(その素材を見れば目を細め)
        // -- アレキ 2014-02-17 (月) 14:46:40
      • 寝ぼけてても目は確かってワケね…(暗に穢れてる奴がめっちゃ光の属性マシマシの素材持ってきてるのっておかしくね?と言われた気がして不機嫌な顔)
        そいじゃあお任せね!お代その他はここに請求してちょ(と、住所をかきかき)// -- ゲまスーノ 2014-02-17 (月) 15:23:06
      • // -- 2014-02-18 (火) 14:03:47
      • // -- 2014-02-18 (火) 14:09:27
      • // -- 2014-02-18 (火) 17:23:23
      • // -- 2014-02-18 (火) 17:31:21
  •   -- 2012-09-08 (土) 21:25:56
  •   -- 2012-09-08 (土) 21:25:52
  •   -- 2012-09-08 (土) 21:25:49
  • //あとやまですが、お手手ドラゴンハンドじゃなくてもいいでしょうか……か、かけなっ、ぶわっ -- 2012-05-19 (土) 03:56:28
    • 良いんだ! -- 2012-05-19 (土) 04:38:54
      • //サンキュー愛してる! -- 2012-05-19 (土) 04:48:01
      • というわけでようじょかビーム! -- 名簿/247354 2012-05-23 (水) 09:27:44
      • うわー!やめろアトリアー!(棒)
        (ありがとうございますありがとうございます!!わぁい) -- アレキ 2012-05-23 (水) 16:02:10
      • gff……arkchang……イイコトしようねえ……(あんてん)
        (遅れちゃってごめんね!!!! 立ってくれてありがとうね!!) -- 名簿/247354 2012-05-23 (水) 16:06:49
  • (小さな人影が工房を覗き込んでいる) -- ミエズ 2012-05-11 (金) 20:56:00
    • ん?客か?(覗き込んでいる人影を見て覗き返す様に) -- アレキ 2012-05-15 (火) 22:07:32
      • (ぬっと顔を出されて少し驚いたか身を仰け反らせて)
        …肯定。夜分にすまない……ボクは、クドラクに仕えるミエズという
        此処で武具を仕立てていると噂を聞いて来たのだけれど。
        (如何という事はなかったとばかりに淡々とした口調、平静を装っているが…若干毛が逆立たせて)
        もしかして…休業中だっただろうか?起床中と聞いてきたのだけれど…
        (頭上の看板に気付いたかやや躊躇いがちに尋ねて) -- ミエズ 2012-05-15 (火) 22:32:00
      • うむ、まあ此処は如何にも鍛冶屋だが。よくこんな所まで来たな?まあゆっくりして行くが良い
        あぁ、まあ最近は寝てる事も多いでな?起きている間はやっているのだ、わはは(笑いながらカウンターの奥へ座り直して) -- アレキ 2012-05-15 (火) 23:05:15
      • うん、お邪魔する……アナタは化外向けのキワモノも扱うと聞いたから。
        年単位で不在になる可能性も否定できないとは聞いていたけれど…
        (展示品を眺めながら立派な尻尾の後にとことこ早足で続き) -- ミエズ 2012-05-15 (火) 23:18:43
      • ははは、そんな事は無いと思うのだ。ウチは唯の鍛冶屋、それ以上の仕事は出来んぞ?(そう断っておいて)
        不在というわけでは無いのだが、昼寝をしているとついな?(悪びれも無く笑い) -- アレキ 2012-05-15 (火) 23:53:48
      • なら、アナタが目を覚ましている時期に来れたのは幸いか……肯定。
        (直立不動の姿勢で小さく首肯し)
        一応了解している心算だし、お願いしたいのは…特殊な力を秘めた代物というワケでもないから…
        (依頼の要点は三点のみ、吟味後に判断して欲しいと前置きに告げて)
        一点は長物、次はボクの身体で持て余さない重み、三点は威圧感のある見目…
        (十代前半といった容姿、小柄で体格的にも同世代と比較してあまり恵まれてはいない風情だが) -- ミエズ 2012-05-16 (水) 00:16:35
      • 威圧感のある見た目というのは中々難しそうだな?ふむ…
        まあ良いのだ。作ろうぞ -- アレキ 2012-05-16 (水) 01:09:34
      • ボク自身の見目は正直虚仮脅しにもならないから、遣り難いかもしれないけど……アナタに宜しくお願いする
        (深く頭を下げて仔細を詰めに入る//) -- ミエズ 2012-05-16 (水) 22:03:43
    • //今日の所はこの辺りで……押し掛けておきながらすまない -- ミエズ 2012-05-16 (水) 00:33:10
      • // -- 2012-05-16 (水) 01:10:06
  • -- 2012-04-14 (土) 19:06:07
  • -- 2012-04-14 (土) 19:06:01
  • -- 2012-04-14 (土) 19:05:55
  • …おるーすでーすかー? -- ウィステリア 2012-03-02 (金) 01:23:56
    • んあ…?(その声に気づき、奥のカウンターで突っ伏していた亭主が顔を上げる)
      んん〜…起きてるぞ。いらっしゃいか?(相変わらず眠そうにしたまま手をヒラヒラと振り) -- アレキ 2012-03-05 (月) 21:55:40
      • ……ほんとに寝てたよ(噂どおりだった)
        …ん、お客なのはそうなのだがー……おねーさん、槌って作れますか、壊れない丈夫なやつ。 -- ウィステリア 2012-03-05 (月) 21:57:13
      • おぉ、単刀直入、なのだな?ふぁ〜…わはは、嫌いじゃないぞそう言うのは(欠伸をしながらも小さな客に笑って見せて)
        うむ、作れる。良いぞ。(そして適当とも取れる態度で作るという) -- アレキ 2012-03-05 (月) 22:52:41
      • ……おぉ(きらきらと目を輝かせるけど無表情、でも喜びオーラ放ち)
        ………お金は貯めてるので、いける…デザインとかは苦手なので、うん(お任せしたいと) -- ウィステリア 2012-03-06 (火) 00:19:25
      • ちょいと待っておれ。(そう言って奥の部屋に消えていく) -- アレキ 2012-03-06 (火) 14:03:12
      • …(大人しく目を細めたり、きょろきょろしたりしてまってる) -- ウィステリア 2012-03-06 (火) 23:35:55
      • 出来たぞ、ちと遅くなったが…(そう言って巨大なを床に置いて)
        魔動器と魔石を組み込んでおいたのだ。これなら御主の体でもそれなりの破壊力が出るだろう。 -- アレキ 2012-03-17 (土) 12:45:26
      • ……ふぁ(超寝てた、めをごしごししながらおきる)
        …………わ、ふぁ、……かっけー……わぁい…ありがとうございます!…ん、えーっと、おいくらですか(カバンごそごそ) -- ウィステリア 2012-03-22 (木) 01:16:06
      • 金は要らんぞ。わはは
        ウチは道楽でやっとるでな?ん〜…(等と言いつつまたうつらうつらと) -- アレキ 2012-04-01 (日) 23:49:32
  • おーい、やってるかー? -- ジーク 2012-02-02 (木) 18:53:14
    • んあ…?う、うむ…やっているぞ…zzz -- アレキ 2012-02-03 (金) 05:03:42
      • まーた寝てんのか おーい!おーきーてーくーれーっ!!! -- ジーク 2012-02-03 (金) 08:37:32
      • んん…なんだ、起きているって言っているぞ…
        うるさいのだ、もう。(眠そうにしながら客をみあげる) -- アレキ 2012-02-16 (木) 08:49:39
      • カハハ そりゃすまんかった よ、おひさ
        ちょいと依頼をしたいんだけどよ 盾の加工って、やってくれるか? -- ジーク 2012-02-16 (木) 09:06:41
      • 盾か?ふむ…まあ専門ではないが、できない事もないぞ。 -- アレキ 2012-02-16 (木) 11:05:06
      • お、そりゃありがたい この盾に灰色狼と炎の紋章を彫って欲しいんだ(と、ヒーターシールド(カイトシールドを短くした方)を見せる) -- ジーク 2012-02-16 (木) 13:21:19
      • 金物屋の仕事ではないのか?まあ良い、少し待っておれ// -- アレキ 2012-02-16 (木) 13:56:15
      • 言われてみれば……すまん、金属関係で知ってるのココしかなくてよ ああ、頼むぜ// -- ジーク 2012-02-16 (木) 14:05:50
      • 全く…ほれ。(暫くして出来上がったをテーブルに置いて) -- アレキ 2012-02-21 (火) 05:11:11
      • サンキュ! おお、やっぱスゲエ!!金物屋じゃ、ここまでのは出来ないぜ -- ジーク 2012-02-21 (火) 19:42:53
      • しかしこう言った物は不慣れなのだ。まあ、御主が気に入ったなら良いがね。 -- アレキ 2012-02-21 (火) 21:50:28
      • ああ、無理言ってホント悪かった……ん、惚れ込んだぜ! (盾に見とれながら) -- ジーク 2012-02-21 (火) 21:54:23
  • -- 2012-01-24 (火) 13:03:43
  • -- 2012-01-24 (火) 13:03:38
  • -- 2012-01-24 (火) 13:03:32
  • (工房の前で看板を見上げる男がいる)ここだな、ふむ…んじゃま、取り敢えず挨拶と行きますかね(首を回しつつ扉の前へ)
    せーのっ!Yeah!!(思い切り扉に蹴りを入れると内側にはじけ飛ぶ扉)こんちわー鍛冶屋さんはここかい?(倒れた扉を踏みつつ辺りを見回す赤いコート姿の男) -- カウェント 2012-01-16 (月) 21:15:04
    • ん?…ぁあっ!?なにしとんじゃあ!!(扉が破壊された事に瞬時に反応し、客に向かって包丁を投げつける亭主) -- アレキ 2012-01-16 (月) 21:41:06
      • だわっ!?(眼前に飛んできた包丁を背を反らして間一髪避ける)
        (が、そのまま背中から倒れ地面に寝そべった)こえ〜何しやがんだ一体
        (自分の行いを無視してそんなセリフを吐きながら、ようよう体を起こしつつ包丁を投げつけた相手を一瞥した) -- カウェント 2012-01-16 (月) 21:44:07
      • ウチの台詞だ!扉を壊しおって…(尻尾をうねらせつつジト目で客を見て)
        …強盗にでもきたのか?(ジトー) -- アレキ 2012-01-16 (月) 21:55:53
      • 強盗がこんなのんきに家主に話しかけるかよ(その場で胡坐をかいて手を振る)
        人伝に鍛冶屋があるって聞いてなーどんなもんかと見に来たわけだ -- カウェント 2012-01-16 (月) 21:58:17
      • む…客か?客。確かにウチは鍛冶屋だが。
        どんな物かといわれても今はレプリカしか置いておらんぞ。(壁を見れば複製品が所狭しと並んでいる) -- アレキ 2012-01-16 (月) 22:09:56
      • そっか。ちょっと残念。でもまーラズ君の紹介だし腕は確かだろ(立ち上がってコートについた埃を払いつつ)
        実はこれの(背を飾る大剣を顎で示しつつ)寿命が尽きかけててね、新しのを探してるんだ -- カウェント 2012-01-16 (月) 22:28:20
      • …ちゃんと直して行くのだぞ。(その様子を見てぼそりと)
        ほう…確か子鬼だったかな?此処に店を開いてもう60年位になるが、健在とはのう。
        (そしてその背中の剣を見れば目を細める様にして見て)…中々の物だな。随分と腕の良い鍛冶師の物に見えるが…大分使い込んだな?
        ふむ…良いだろう。御主が望むなら創ろうぞ。// -- アレキ 2012-01-16 (月) 22:37:40
      • へーい(扉を拾い上げ戸口へ戻す)
        そうその子。へー随分とまぁ長いねぇ、そんじゃ確かに腕がよいのだろうね
        本当は変えたくないんだが、そいつはもう居ないもんでね、頼むよ。リクエストは受け付けてるのかい? -- カウェント 2012-01-16 (月) 23:07:02
      • ま、道楽でやっているからな。腕が良いかは分からぬが
        ウチは元々オーダー制なのだ。どうゆうのが欲しいのか言ってみるのだ -- アレキ 2012-01-16 (月) 23:10:46
      • (後ろを振り返り)両刃直剣の背丈並みにでかい大剣を頼む
        それと余計な魔力・鉱石の力等は一切使わないでくれ。俺は純粋に剣の腕だけで戦いたいんでね
        あとは重くて頑丈ならいい。ん〜…こんなもんかな?後なんか必要な情報あるかい?
        (反応を待つ間に扉の修理にかかる) -- カウェント 2012-01-16 (月) 23:18:33
      • 良いぞ、作ろう。
        ちょっとまっておれ(そう言って工房へと入っていった) -- アレキ 2012-01-17 (火) 00:40:18
      • 出来たぞ!(そう言って打ち終わったばかりの刀身が黒い大剣をカウンターに置く) -- アレキ 2012-01-17 (火) 15:37:24
      • はやいな!?ふーん…(大剣を手に取るとマジマジ見つめ)ふむ……Yeah!(気合と共に剣を振るう)
        ・・・ん。気に入った(笑って剣を小脇に抱えると直したばかりの扉が二つに両断され再び床に倒れ伏した) -- カウェント 2012-01-17 (火) 19:44:31
      • うむ、唯頑丈なだけで良いと言ったからな。それならばそんなに手をかけることもないのだ。
        ちと特殊な合金を使ったが、問題はないだろう?
        (そして扉がまた破壊され)…また壊したな!許さんぞ!? -- アレキ 2012-01-17 (火) 20:25:28
      • 魔力の類が付与してなけりゃ別にいいよ・・・
        あ?あ、やべ・・・つい(指摘されてようやく気が付く辺りよほど浮かれていたのだろうか) -- カウェント 2012-01-17 (火) 20:35:27
      • さては御主…馬鹿という奴だな…?(ジトーッとした目で客を見つつ、呆れる)
        あぁ、唯頑丈なだけの剣なのだ。ありあわせの素材で作った物だがね -- アレキ 2012-01-17 (火) 20:51:30
      • ははは(笑ってごまかし)だったら何の文句もねーよ
        しかしまー壊しちまったもんはしょうがねえか・・・(コートを探り)
        じゃ、これ修理代な(ジャラジャラと音のする革袋を置き笑う) -- カウェント 2012-01-17 (火) 21:00:16
      • な お し て い け(笑顔で)
        はぁ…鍛冶とは別の所で疲れたぞ。
        ウチは昼寝するがちゃんと扉は直していくんだぞ。(そう言ってカウンターに突っ伏すようにして昼寝を始めた) -- アレキ 2012-01-17 (火) 21:24:46
      • 悪い、流石に真っ二つのものをもとに直すのは無理だ(笑顔で答え)
        あら、寝るのか。ならそーっとね(足音を殺しながら逃げ出すように出て行った)
        (後日置かれたままの皮袋に鍛冶屋が手を付ければ、それは修理代には見合わぬほどの貴金属の束。素直に受け取りそうにない作り手への報酬の証として狩人が置いていったものだという事が分かった) -- カウェント 2012-01-17 (火) 21:45:18
  • (プレイヤーの間に密かに噂になっている鍛冶屋。そこは龍が営む鍛冶屋で、期待以上の武器を作ってくれると言われていた)
    おじゃましまーす……(恐る恐る辺りを見回しながら) -- イヴェール 2012-01-11 (水) 17:54:42
    • んぁ…?客か?(珍しく起きていたのか、店内に入ってきた人影に目を向けて) -- アレキ 2012-01-11 (水) 18:38:38
      • わ……!(むっちりとした肉感の女性。だが驚いたのはそちらではなく立派な角。龍という話は本当だったのだ)
        えーっと……鍛冶屋さん、ですよね?杖とかは作れるんですか? -- イヴェール 2012-01-11 (水) 19:25:46
      • うむ。如何にもウチは鍛冶屋だが。はて…(寝ている間に地震でも起こしたのかと首をかしげて)
        む、杖…杖か。作れない事は無いぞ?(なんて言って) -- アレキ 2012-01-11 (水) 20:10:25
      • やっぱり……龍、なんですよね?炎は自分で吐いて使うんですか?
        やった……!それじゃ、これを使って氷属性の杖を作って欲しいのです。
        (ことり、とアレキの目の前に結晶のような鉱石を置く)シベイ・ドラゴンシャード……龍の氷の息吹を閉じ込めた結晶らしいです。 -- イヴェール 2012-01-11 (水) 23:36:49
      • ウチのブレスは炎ではなく光線タイプだぞ。まあ、吐けない事はが
        ほう…(それを見れば、関心する様に)
        珍しい物を持っているな?…良いだろう、ちょっと待っておれ(鉱石を受け取り、工房の奥に入って行く。どうやらその場で作る様だ)
        // -- アレキ 2012-01-12 (木) 02:01:13
      • 光線かー……口から出るの?角からも出そう……
        うん、珍しいものが売ってるお店にあって、譲ってもらったの。って、え?今作ってくれるんですか?(わくわく) -- イヴェール 2012-01-12 (木) 02:10:55
      • (暫くして奥から戻ってきて)
        ふぅ…こんな物かな?(そう言って今しがた精製したをカウンターに置いて見せて) -- アレキ 2012-01-13 (金) 20:07:27
      • お?……おおおおお!(その場で作ったとは思えない精巧な出来に、思わず唸る。見ただけでその杖が激レアな杖と同等かそれ以上の性能を秘めていることが分かった)
        こ、これ……これが、本当にあの石から……? -- イヴェール 2012-01-14 (土) 00:10:14
      • うむ。素材が中々の物であったのでな。素材の力を存分に生かせたと思うぞ? -- アレキ 2012-01-14 (土) 00:16:25
      • ほへー……そんなにすごかったんだ、あれ……で、でもこんなに凄そうなの、おねだんもすごいのでは…… -- イヴェール 2012-01-14 (土) 00:20:52
      • 最近はドラゴンも少なくなってしまったのだ。ああした物が人間の手に渡る事が珍しい事だ
        ウチは道楽でやってるでな、金は要らんぞ(そう言ってカウンターに戻り腰掛ければまたうつらうつらとして) -- アレキ 2012-01-14 (土) 00:32:19
      • そうだったんだ……うへへ、得したかも。
        えっこんないいものを無料で!?ナ、なんか悪い気が……あれ(気づくと半分寝ているようですらあり)……それじゃ、有り難くもらっておきます。ありがとうございましたっ(ぺこり、と頭を下げると静かに去って行った) -- イヴェール 2012-01-14 (土) 00:40:02
  • 地図の通りなら……ここか? 確かに鍛冶屋だな
    (軽く戸を叩いて)ごめんくださーい、っと -- ジーク 2012-01-05 (木) 20:17:01
    • …(亭主と見られる女性がカウンターで眠りこけている) -- アレキ 2012-01-06 (金) 04:58:27
      • お、ちゃんと人がいる……でも寝てんのか こりゃタイミングが悪かったかね
        ……よく寝てるな(もし顔に落書きしても起きないかな?という思考が頭をよぎる) -- ジーク 2012-01-06 (金) 10:30:58
      • (カウンターにメモ帳が置いてある。そこには「客が来たら起こせ」と書いてある様だ)
        (一体誰に向けて書いてあるのかは謎だが、要件があるならそうするのがベストな判断だろう) -- アレキ 2012-01-06 (金) 10:39:29
      • と、それじゃあ素直に起こすとするか おーい、すんませーん、起きてくれー(ゆさゆさ) -- ジーク 2012-01-06 (金) 10:58:30
      • ん…?客か…?(起こされれば、眠そうにしながらも目を覚ましたようで) -- アレキ 2012-01-06 (金) 12:14:55
      • お、起きた起きた ああ、その通り、ちょいと剣が必要でさ(しかしそう言う背中には鞘に収まった剣がある) -- ジーク 2012-01-06 (金) 14:00:53
      • ほう…しかし客よ、剣といってもピンキリだぞ?どうゆうのが欲しいのだ(まだ眠いといった表情で) -- アレキ 2012-01-06 (金) 14:11:12
      • あーっと……まだ半人前なんで、クセのない普通の剣、かな
        両刃で、なるべく頑丈なヤツ っても、そんな高いのは無理だから出来れば値段も…… -- ジーク 2012-01-06 (金) 14:25:25
      • 普通の剣でよいのか?それならば直ぐ出来るのだ。
        あぁ、金は要らぬぞ?ウチは道楽でやってるでな(はははと笑い) -- アレキ 2012-01-06 (金) 14:36:57
      • マジか!そりゃ助かるぜ!!あ、っと、そいじゃあ駄目元で聞いてみるけど
        何というか、ちょいと変わった剣の修復とかって出来るかな? -- ジーク 2012-01-06 (金) 14:49:52
      • ふむ、どうゆう物なのだ?ウチが加工、生成出来る…つまりウチが作れるレベルの物ならば出来なくは無いと思うが
        あまりに手に余る様な物ならば無理だぞ -- アレキ 2012-01-06 (金) 15:05:24
      • こういうモンなんだけど……(鞘から剣を抜くと赤錆に包まれた刀身が露わになる)
        山ん中で重傷負って行き倒れてた騎士から貰ったもんなんだ その騎士が持ってる時は凄え綺麗な剣だったんだが、そいつが息絶えたらこうなっちまって
        その騎士が死ぬ前に言ったんだが、コイツは世界樹を守る聖剣で、剣の魂を集めて復活させなきゃいけない、ってさ// -- ジーク 2012-01-06 (金) 15:37:06
      • (聖剣と聞けば、眠そうにしていた首を上げて)ほう…珍しい物を持っているのだな?ウチも何本か打った事があるが…ただの人間には過ぎる物だぞ?(そしてその錆び付いた剣に目をやり)
        当たり前なのだ、聖剣は生きているからな。つまりそれは客の度量という事なのだ(まだまだ、と言った顔で…そして少し考えこみ)
        …良いだろう。だが今のままではまだ打てん。聖剣を鍛えるにはそれなりの材料が必要なのだ。まずはそれを集めてくるが良い
        とりあえずその聖剣を御主に合わせる様にだけ調整してやろう。それでよいかな?(そして近くに置いてあった樽に手をつっこみ 何の変哲も無い両刃の剣を引っ張り出し「クセの無い普通の剣」と言った物をカウンターに置いて) -- アレキ 2012-01-06 (金) 23:26:56
      • つまりはこの姿は俺の未熟、って事か ま、確かに冒険者になるまでは剣を振るった事も無かったしなあ
        ああ、ありがたい!それじゃそういう感じで頼むぜ!!材料……つまりは剣の魂って奴か、あの騎士は手に入れりゃあ分かるって言ってたな
        (剣を受け取り)サンキュ!それじゃ、なるべく早く手に入れて戻ってくるぜ!! -- ジーク 2012-01-07 (土) 03:28:56
  • (鍛冶屋のドアをノックする音) -- 2011-12-30 (金) 14:36:27
    • ん…(ドアをノックする音が聞こえれば顔を上げて)
      やっているぞ、入るが良い(そう声をかけて) -- アレキ 2011-12-30 (金) 14:45:12
      • よっしゃ!…いやぁ助かったぁ〜…ここの店主って腕は確かだけどねぼすけで一度寝ると次起きるのが何年後かわかんねえって噂だったからさぁ(そんな事をつぶやきながら入ってくる桃髪のオヤジ)
        ついでに美人って噂もほんとだったみたいね(眼福じゃあと胸の辺りを見て拝む) -- アル斗 2011-12-30 (金) 14:49:51
      • む、ウチとしては昼寝をしているだけなのだが
        …目つきがやらしいぞ客。 -- アレキ 2011-12-30 (金) 14:54:16
      • ごめんごめん、龍から見れば人間の方がせせこましい生き方してるだけだもんね…うちにも1万年くらい生きてる奴がいるんだけどマイペースでさぁ(馴れ馴れしく話しつつ近づく)
        ごほん!失敬…(わざとらしく咳払いして目を逸らすがどうしてもチラチラと視線が行く)そうです、お客なんです僕…なにぶん門外漢なんでどんなモノになるか解らないけど素材を持ってきまして…
        (そう言うとポケットから無造作に怪しく煌く http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp013984.png を取り出す) -- アル斗 2011-12-30 (金) 15:03:26
      • ふむ…なんなのだこれは?(素材を見ればマジマジと眺めてみて そう聞いて) -- アレキ 2011-12-30 (金) 15:17:14
      • うちのばーさまが言うには暗黒竜の天鱗?とかなんとか…まっくろ森の族長から剥ぎ取ったって(言ってる本人もあんまり信じてない顔)
        竜のことなら龍にって思って持ってきたんだけんども(使えそう?と不安げな視線を送る、ダメもとらしい) -- アル斗 2011-12-30 (金) 15:22:27
      • ほう…暗黒竜…(少し考える素振りを見せて)
        良いぞ、やってみよう。(そう言って)
        // -- アレキ 2011-12-30 (金) 15:32:13
      • おおー…!ありがとうありがとう!(手を取ってシェイクハンド)
        そんでその…代金のほうは?(天鱗が噂どおりの超レアアイテムだったらそれで作った武器のほうもとんでもない値段になるだろうなと内心ビクビクしている)
        // -- アル斗 2011-12-30 (金) 15:44:01
      • ウチでは金は要らんのだ。道楽でやってるもの故な?
        ではやってみるとしようか。 -- アレキ 2011-12-30 (金) 15:50:23
      • えっ…いいの?本当に?(最後の噂、金はいらねえ!!もマジだったのとあっけにとられた表情)
        じゃ…じゃあ終わったらここに連絡くださいね、よろしくぅ!ヒャッホー!(メモと天鱗を手渡して足取り軽く店から出て行く、手書きのメモには電話番号と住所が書き込まれている) -- アル斗 2011-12-30 (金) 15:57:41
  • (アトリアから渡された地図を参考に、職人街と呼ぶべき店が並ぶ通りを歩く。目標は「アレキ」なる人物が経営する工房だ」)
    ここね。(「竜の鍛冶屋」という表札を発見し、早速中の様子を伺おうとする)
    //今夜は寝るので文通でおねです -- レムレース 2011-12-13 (火) 01:29:35
    • (中で寝ている様子の亭主)
      ん〜…あと10年…なのだ…(なにやら寝言が聞こえる)
      //ゆっくりでいいのだ -- アレキ 2011-12-13 (火) 01:34:31
      • (店主は人間と異なった種族らしい。この世界にはよくあることだ。この分だと起きそうもない、実力行使に限る)
        (惰眠を貪るアレキに近寄ると、身体をゆさゆさ動かして)
        何年ぶりかの客よ、起きて。 -- レムレース 2011-12-13 (火) 18:38:48
      • んぅう…お、おお…?(眠たげに顔をあげて)
        客か?よく来たのだ、ゆっくりしていくと良い(NPC的なお決まりのセリフを言って) -- アレキ 2011-12-13 (火) 19:27:34
      • (アレキが身体を起こすと、暴力的なまでのバストがいやでも目に入る。慎み深すぎる自分のものと比較すると、蟻とティラノザウルスほどには戦力差がある)
        アトリアに聞いてあなたを尋ねたのよ。腕の立つ鍛冶屋だってね。
        (武器「風化した剣」を取り出し、アレキに示した。剣は完全に汚れ錆ついており、元の用途を取り戻せるかは疑わしい)
        この剣を鍛え直してほしいの。金なら積むわ。 -- レムレース 2011-12-13 (火) 19:38:13
      • アトリアか。元気で良い事だが…ふぁあ…
        (そして剣を示されれば)ふむ…ではちょいと、磨いてみるか?(片目で見て足を組み)
        // -- アレキ 2011-12-13 (火) 19:54:38
      • (よく考えれば、長命種らしきアレキと顔馴染みということは、アトリアもそれなりの設定年齢なのではないか。邪推することは止めた。それはそれこれはこれ!)
        ついでよ。補修する場合は素材にしちゃって。(いくつか鉱石の原石らしき塊も加えた。青いもの、赤いもの、鈍い光を放つもの……)
        私はレムレース。完成したら連絡くれる?(ギルドホームのアドレスを残し、去ってゆく)
        // -- レムレース 2011-12-13 (火) 20:14:39
      • // -- 2011-12-13 (火) 23:46:27
      • (暫く作業をして)
        こんな物かなのだ。(どうやら磨きあがったらしく)
        …アドレス?うむ、良くわからんが、此処に持っていけばよいのかね。(荷物を片手に、大きな翼を広げ空高く飛び立ち) -- アレキ 2011-12-14 (水) 18:35:22

Last-modified: 2016-06-18 Sat 02:35:03 JST (1347d)