ZS個人イベント「Butterfly Effect」

  • 『Butterfly Effect』 -- 2023-06-06 (火) 23:10:50
    • 樒の霊力障壁が戦場へ張り巡らされ、一行の盾となる 振り下ろされた大剣の一撃を遮り、輻射熱を弾く
      手榴弾に括り付けられたピーナッツはカオスの『口』……二つある輪の内1つへと飛び込み、炸裂した 平面になったグラフに大きく衝撃が走る
      白き極光が駆け、混沌であったものを打ち貫く プリンセスアベリアの放つ力は既にカオスの身を焼いて余りある
      二つの輪が舞い、吹雪のごとく氷の結晶が吹き付ける 炎の大剣の熱を喰らい、つばさの輪は攻めを成す
      数多に増えた御影による、数多のスリケン攻撃!あらゆる元素が刃を成し、カオスを突き立てる 大振りな大剣では防ぎきれぬ
      残月の二刀がカオスの身を凍てつかせ、切り裂いていく その刃の鋭さに対応する術を今は持ち合わせない 大振りな刃しかない故に
      義覚の鬼の棍棒が盾となり、大剣をせき止める 地上に突き立てば熱を放つそれを、キミに、退魔師たちに振り下ろさせないために
      黒き片刃の怪異殺しの刃が大剣を破壊すべく、ガシガシと振るわれる その度に熱量を弾かれ、押し戻される
      超電磁抜刀 目にも止まらぬ亜音速の刃が振るわれカオスの翼がざっくり割れる 灯華の刃は悪性情報をも押しのけ
      しらせが告げた人魚の肉の逸話 刹那にはその献身の言葉だけでも十分だっただろう サムズアップをし、大人びた女は緑の輪を睨む

      押しきれない。奪った力を最大限に振るってさえも。否、もはや最大限には振るえなくなっていた
      「初期値鋭敏性付与」で「レーヴァティンの欠片」が起こしうる挙動をあらぬ方向へ変化させ、最大効率を遥かに超えた熱量を生み出していた
      それがなければこの剣の真価を生かし切ることは出来ない もはや雑魚での足止めも聞かぬ
      絶体絶命の危機に、己を貶めたこの女だけは殺さなければと熱を集中、大剣を縮め集中させ突破力を得ようとする
      -- 2023-06-06 (火) 23:11:08
      • (だが、それでも刹那はもはや怯まない)そうだ、蘭からお前に返礼をする必要があったんだな(そう告げれば、架空のキューブが浮かび上がる)
        お前を封じ込めたがっていた冬茨の魔女からの返礼だ。しっかり受け取れ!!(キューブは反復魔法陣を通り、数を増しルーン文字を形成する)
        (そしてそれを更に反復魔法陣が取り囲み)(イサ) Σ2^k (k=1)(ジオメトリック・プログレッション)
        (氷、束縛を意味するルーンから放たれたのは氷で出来た茨 それ反復魔法陣で恐ろしい勢いで増殖し、カオスを縛り上げ凍結させる氷の檻と化す)
        (「お前」はカオスではなく欠片に対してだ 蘭京香の務めは京極刹那に引き継がれた)
        (そして)いまだ、全力をぶつけろ!!(号令が上がる ついに巡ってきた、大怪異を仕留めきるチャンスだ!!)
        -- 刹那 2023-06-06 (火) 23:11:24
      • (ばちんと納刀)
        (からの)
        色 即 是 空
        赤錆(あかさび)」「青褐(あおかち)」「鶸萌黄(ひわもえぎ)」!!!
        (三色混合の抜刀術)
        (パワー・技巧・速度 何一つ落ち度のない完成された刀技がカオスを斬り裂くだろう)
        ほな さようなら -- 片刃@コーザリティ 2023-06-06 (火) 23:15:40
      • おっけー!あったぜ口ぃ!!(地面にずだっと叩きつけられるも無傷で起き上がり勝ち誇る)
        ・・・あん?(大地からかなえの手元へ、ばしっと音を立てて雷が落ちる・・・手にしてみればそれは)・・・短剣・・?
        (へっと笑う)誰だか知らねぇが余計な事を・・・だが!(担ぐように構えれば雷が迸り、巨大な剣の形を成す)こいつぁいいなぁ!いつもの調子って感じだぁ!
        (カードをタッチし、再びの【ニンジャスタイル】に)
        行くぜ!秘奥義!!桜時雨・春雷!!(桜時雨の衝撃波に雷を乗せただけだぞこれ) -- かなえ 2023-06-06 (火) 23:19:49
      • そうだ、返礼だ。返礼がいるんだよ。(目を閉じる。映研結成時から共に戦っていた男の事を思い出していた。)
        (記憶を残した存在がいる。完全に失われたわけではなく。彼の続きは、彼女として今でも友としてある。それでも。)
        (振り切った太刀を、両手で構え直す。大上段に掲げた白い太刀は、長さを増して行き)
        (そして跳躍)
        (同時、上空のゲイザーと黒衣の魔術師に合図。「茶庭」からの魔術援護として繰り出されるのは…雷鳴だ。雷が、白い刀身にまとわりつき)
        『はい、あちこちで政治利用された結果色ボケにされた悲しき神の雷〜』(例えでしかない。だが莫大な稲妻が空の絨毯から落とされて)
        (支援の稲妻は正確に白太刀にまとわりつく。そして、灯華が叫んだ)
        雷!
        剛!
        凱!
        斬!
        (雷撃を纏う大太刀は、天から振り下ろされる。亡き友の仇への返礼として、轟音と共に!) -- 『黒衣』の灯華 2023-06-06 (火) 23:25:15
      • (空中を跳ぶ、魔法少女が空を往く!!)
        (氷の檻に入ったカオスへ拳を振り上げる)
        くらいやがれええええええええええええぇぇ!!!(輝く拳を振り抜いた) -- プリンセスアベリア 2023-06-06 (火) 23:26:51
      • 決め技か。俺、すぐに出せるのあんまりないんだよな。
        (水塊を生成し、おもむろにカオスに叩き付ける)
        (速くもなく、衝撃も伴わないそれは)
        溶熔式、『卯花腐』(うのはなくたし)。
        (水が、物体を溶かし錆びさせ腐らせる。その性質を強調させた水塊。それは)
        (端的に言えば、物理的な防御力や霊的な抵抗力を低下させる呪いである。それは他者の必殺技が万全に徹るように)
        名アシストしきみんと呼んでくれ。……いや、やっぱいいわ。(帽子を深く被り直す) -- 2023-06-06 (火) 23:29:52
      • (これがカオスへの最後の攻撃)
        (凱と蘭の物語が完全に幕を下ろす 刹那の物語に引き継がれ続いていく)
        よーし全力全開でいこう!
        (宙に浮かぶデュアル・ハーロゥに手を伸ばしてレールガンの砲身にセット)
        (熱があればあるだけ強度が上がる砲身を強化するためにデュアル・ハーロゥはレールガンへ熱を供給する)
        電力供給(エネルギーチャージ)のカードは解放器とともにレールガンに内蔵済み)
        改良型レールガンのお披露目だー! エネルギーオーバーロード…リリース!
        貫けーーーーー!!
        (強化された電磁力によって加速された弾は18.8km/sの速度をもってカオスを撃ち抜く!) -- つばさ 2023-06-06 (火) 23:30:57
      • さて、と……準備運動は終いだ。今度は俺の技で行かせて貰う…じっくりとその目に焼き付けて…逝け。
        (などと言ってから、あやつの目はどこだ?と思ったのだ 口はあったようだが…分からん)
        (再び地を蹴れば、空中で自らの尾を傷つけ…出血させる。そこから生えるは妖血刀…全部で5本、両手の刀と合わせて7刀。)
        味方がいる以上、これが限度だろう…孤月・拾壱連、改め…孤月・七連!!
        (うっすらと妖血を刀身に乗せて、赤い軌跡の残る斬撃を飛ばす「紅月千里」)
        (振るった刀から払った妖血を無数の刃として多方向へ飛ばす「誅秋無月」)
        (一振りで一往復半、三度の斬撃を繰り出す「一月三終」)
        (二刀による突きが、凄まじい強風を纏い繰り出される「銀風弄月」)
        (刀の峰と柄尻で続けざまに殴打する「年災月殴」)
        (四本の刀を上から下、三本を下から上へ 刀を牙に見立てて相手を噛み砕く「落月臆霊」)
        (月魄の抜刀に合わせ、五本の妖血刀を時間差で振り抜く「風清月魄」)
        (それら7つの技をほぼ同時に、一点に叩き込む最終奥義) -- 残月九尾 2023-06-06 (火) 23:35:08
      • よーし!そんじゃあまあ!怯え!竦め!震えなさい!!!(無数の御影がどんどんと寄り集まって青黒い何かが膨れ上がっていく。)
        (それは最早出来の悪いホラー映画か怪獣映画の様相だ、巨大な御影がその手刀をカオスへと振り下ろしていく。)
        (物理法則などあったものではない、元よりコレほど巨大な生物がこの地上で存在していい理由が無い。)
        (ならば夢か?否、これは現実であり純然たる事実だ。だいだらぼっち然り、海ぼうず然り、夢だと思いたかった恐怖はあちらこちらに古来より在った。)
        (怪異とは恐怖を振りまくモノ、パラドックスとは人類の数式から生まれたモノ、だからこそ本来物理には圧倒的に強い。)
        (それをさらなる暴力、さらなるパワー、さらなる巨大さで蹂躙する。今までカオスが己が能力でやってきたそれをただただただ原始的で悪夢めいた光景でお見舞いした。)
        (((うん、私が言うのも何だけどすっごい滅茶苦茶だよね!とはいえこれは君の身から出たサビだ文明の産んだ澱よ、君は今の世界を否定しようとした。ならば君自身が否定されるのは当たり前の事だ。)))
        (((せめてこの原始的な恐怖を以て君が何故生まれたのかを思い返すといい、君はただ人類の恐怖で在るべきだった。))) -- 御影 2023-06-06 (火) 23:38:46
      • 一発ぶん殴ってやんなくっちゃあ気が済まねえ、なァんて思ってたんだけどよ(もしもの時のことを考えて、最悪を想定してこの場に臨んだつもりだった)
        (皆を信じていなかったのではなく、それでも力が及ばなかった時には彼女ひとりの命を繋ぐことができるようにと、そのことだけを考えていた)
        (その懸念が杞憂に終わりつつあるこの瞬間、胸に去来するのは怒りでも憎しみでもなく、ささやかな安堵だった)やっぱいいや、オレはいい 元々荒事は苦手だしよ
        ただよ、言いてえことならちゃァんとあるから安心しな(胸いっぱいに息を吸って)やいこの野郎、手前の勝手でさんざっぱらァいじくり回しやがったやつはな!!
        すっげえ苦労してここまで来たんだ! お前にだって散々ブチのめされて、今度も虫けらみてえに這いずり回ンのを高みの見物と洒落込むつもりだったんだろうが……
        そうは問屋が卸さねえ!! こいつはもうお前ンじゃねえ(ぐい、と刹那の腕を強く抱き寄せて)お前のモンだったことなんか一度もありゃあしねえが!
        刹那はなァ、お前のことなんかとっっっくに忘れてオレとよろしくやってんだ! 復讐なんざァ下らねえ 毎日毎日、面白おかしく生きてんだ!
        でもってよォ、オレにホの字の首ったけさァ!! 残念だったな!!!!(カラッと笑って啖呵を切った)わァッたらとっとと尻尾巻いて消えやがれってんだ!! -- しらせ 2023-06-06 (火) 23:49:15
      • 赤、青、黄。三重重なり黒く染まった切っ先がカオスを断ち割る それが彼女の色の果て 最強の刃
        怪異使いから投げ渡された雷剣が桜吹雪に春雷をまとわせ、かなえの奥義を押し上げる 雷纏う花びらがカオスの輪を焼いていく
        灯華の「友」への弔いの刃が至高神の雷とともに振り下ろされ、天罰の一撃となる 天意を押し返す力は斥力場には残っていない
        プリンセスアベリアの無垢なる拳の一撃が振るわれ、カオスを叩き砕く 滅びを避ける願いを叶えるために
        腐食の呪いを宿した樒の水塊が斥力場を弱らせていく 物理的な融解ではないがゆえ、溶けぬはずのものも溶け
        シンプルな速度、それは何よりもの武器 つばさのレールガンは極音速を遥かに超え、混沌を貫く
        7つの刃、7つの秘技 余人に止められぬ残月の奥義は今や凍りついたカオスを引き裂いていく 目にも止まらぬ7つの死が迫る
        巨大化した御影の圧倒的質量 凍りついたカオスはその質量を計算しきれず、ただチョップの圧力に沈み込んでいくのみ
        小天狗の刃は梵天への祈りにより光を帯びた その刃は大きく伸び、カオスの輪を断ち割る
        太陽が収束したかのような光が爆ぜ、混沌を貫いた 魔法少女の光は圧倒的質量の悪性情報を祓う浄化の光
        それに続く影の大剣 太陽が作り出した影はより濃く地を写し、混沌を飲み込む闇となり切り裂く
        仮想されたガトリングガンの連射力がガリガリと斥力場を削り取る 穴は広がり、悪性情報を漏出させる
        黒の魔法少年の鎖が氷茨の上から絡みつき、完全な脱出不可能領域を作り出す これから迫る最後の一撃から逃さぬために
        そして。遠く京都皆子山より、創造された魔弾の一撃が舞洲に飛来する 景色をホワイトアウトさせる一撃はカオスの抵抗を奪うに十分だった
        -- 2023-06-06 (火) 23:58:40
      • (災害級怪異に対する総攻撃 これほど恐ろしい集中砲火は他に類を見まい)
        (そして形を残すのが精一杯というカオスに対し刹那は再度飛びかかった カオスの頂点を取って)お前の力、貰い受けるッ!!(一枚のカードを振り下ろし、落下していく)
        (異界映研部員ならばそれを知るだろう ムービーカードをコピーするためのブランクカード 刹那はコレを使いカオスの力をコピーしようと試みた)
        (カードによる斬撃が限界だったカオスの斥力場を縦に引き裂き、悪性情報をブランクカードにコピーしていく)
        (着地の衝撃をゼロ反復で殺した刹那の手には、カオスと同じローレンツアトラクターが描かれたムービーカード 否、「怪異カード」が)
        (解放器で発動すれば、刹那の周りに荒れた天候が舞う 竜巻も豪雨も落雷も カオスほどの規模ではないにしろ十分に扱える)
        完全ではないがエッセンスは十分に取れたか。「ディザスター・リポート」とでも名付けようか
        (そして起こした嵐を貫き、赤熱した鉄塊が落ちてきてコンクリートに突き刺さった 俵ぐらいはありそうなこの鉄塊こそが「レーヴァティンの欠片」)
        コレが災いの元凶か。早く持っていけ(駆けつけた星樹館の生徒たちが特注の箱にしまうのを手伝い、最後に氷の術式を刹那が掛けて仮封印とした)
        -- 刹那 2023-06-06 (火) 23:59:03
      • かっかっかっ この(コーザリティ)状態でも だいぶ技ぁ出せるようになってきたなぁ
        慣れ次第じゃあ 最強の更なる最強も可能かもしれんやぁ
        (嬉しい とてもとても嬉しそうに 笑っている) -- 片刃@コーザリティ 2023-06-07 (水) 00:07:19
      • ……殺った。任務完了。(仇を取ったぞ。という言葉は胸の内に沈む)
        (黒衣を解除し。普段着のジャケット姿に)
        ってやったのか刹那! あの集中攻撃の中でよく……!(攻撃の後もしっかりとその姿を目で終えていた)
        そしてレーヴァテインの欠片デカッ! そりゃあ封印にあんだけ人数いるわ…もう盗まれないでくれよ〜
        それにしても凄い人数凄腕が集まってたな? 雑魚の邪魔が一切入らないのすごかった。 -- 灯華 2023-06-07 (水) 00:08:57
      • (「ディザスター・リポート」の発動を切る 流石にこのままだと歩く熱帯低気圧になる!)
        後はバックアップチームに後処理を頼んで、ユニバーサルシティで飯食ってUSJだな。怪我したやつは治療班に行って15時までに何とか治るよう手配してもらえよ
        書類?明日でいいだろ。お前たちはUSJ行かんのか?……護送があるか。(欠片をしまった箱を台車で転がす星樹館の女生徒達は苦笑いした)
        -- 刹那 2023-06-07 (水) 00:11:09
      • (巨大化した御影がギュンギュンと小型化していけばヒーロー着地。)膝に悪い!(直後に立ち上がり両手を掲げる)うおー!
        聞けーーーーーい!パラドクス共ーーーーーー!貴様らに恐怖を齎すこの織部御影の名をなーーーーー!
        良し、宣言も終わりましたのでカオスを…カオスを食べ…おっおっおっ(カードに消えていく姿を見て。)これ食える分残りませんね。 -- 御影 2023-06-07 (水) 00:12:03
      • うん・・・結構やれるじゃん、アタシ(カードを解いて満足気)
        (手の中にある雷の短剣を見て)・・・このままアタシの子になる気は──(ばちっと音を立てて短剣が主の元へと帰っていく)・・フラれちまったか
        しかし・・マジでできたな・・・怪異のカード化(しかも微分されて弱体化した状態でもかなりの物が入手できたように見える) -- かなえ 2023-06-07 (水) 00:12:18
      • 終わった……(ふぅ、と大きく息をついた 指先から力が抜けてレールガンが地面に擦った音がした)
        ぎゃっ これくらいで壊れたり傷ついたりしないけどやってしまった!!
        刹那ちゃんブランクカード使ってたよね…転んでもただは起きぬってことかな
        (今回も大変お世話になった白狼を労わるように撫で、樒のもとへと返した)
        (ぐーっと大きく伸びをして)よーしあとはUSJ!USJ!! -- つばさ 2023-06-07 (水) 00:13:50
      • …これなら、安心だな。(結果を見届け、そう呟く。納刀し、妖血刀も解除した上で)
        しかし、あの状況でカードまで…というより、ブランクカードの特異性か?よもや怪異の力まで複製できるとはな…
        (その後、サポート陣営側に視線を向け)…幾らか興味深い連中が居たな。もう少し近くで戦いぶりを見ておきたかった。 -- 残月九尾 2023-06-07 (水) 00:13:55
      • はー! 終わった終わった(奇跡的に大した怪我もなく乗り切ったようで、考えられる事態の中でも最善の結果と言ってよかった)
        やったなパイセン(ハイタッチをしにいく)去年の春からほとんど一年がかりでよ、頑張ってたと思うぜマジで でもってよ、全部キレイに片付いちまったんだな…… -- しらせ 2023-06-07 (水) 00:21:03
      • 確かに、肩の荷は一つ降りた。私の担当する案件はしばらく大きいのはないだろうな(ハイタッチを静かな笑みで受けて)
        だが今日の用事は終わってないぞ。無論USJだ(カードの効果で大人びたこの女もウキウキを隠しきれない様子!)
        -- 刹那 2023-06-07 (水) 00:24:17
      • やったーUSJだー!!(拳を空に向けて突き上げる) -- 千歌 2023-06-07 (水) 00:28:24
      • ンン? 「私」って言ったか? あとなんかよ、色々でっかくなってねえ? こいつァ妙だぜ、目の錯覚にしちゃあ……(抱きついてみて腕回りで実測した)やっぱでけえって!!
        まァいっか 生きるか死ぬかって話が終わったばっかだけどよ、こんな時だからこそだ 遊ぶぜ! 野郎共、しらせパイセンについてきやがれ!(拳を振り上げる) -- しらせ 2023-06-07 (水) 00:33:50
    • サポート陣営枝 -- 2023-06-06 (火) 23:12:51
      • 成哉さん、こっちに来たって事は向こうはもう片付けたのか・・・凄いな「こっちだってもう片付いた様なもんよ」
        「ほら、いいからあの子に貸してあげなさい?ライケンを」えぇ〜・・・大丈夫かな・・迷惑になるんじゃ
        「あれはそんなにヤワじゃないわよ、それに、いくら弱体化したからってアイツを仕留めなきゃこの戦い終わらないんでしょう?」
        ・・・(少し迷ったが、最終的には腰に収まった・・・雷を押し固めたかのような光輝く短剣を手にし)行け!(かなえ目掛けて放つ) -- 大地 2023-06-06 (火) 23:18:55
      • あんにゃろう。(いい所をごっそり持っていった旧知の狐に毒づく小天狗 仲がいいのか悪いのか)
        (だが雑魚パラドックスは既に枯れ、カオスも凍りついて止めを刺すチャンス コレに乗らない手はない)
        ナウマク・サマンダ・ボダナン・ボラカンマネイ・ソワカ(真言を唱えれば構える刃に銀色の光がやどりだし)
        梵戟(ブラフマーストラ)(振るえば銀の刃が空を舞い、その翼を断ち切らんと)-- 小天狗 2023-06-06 (火) 23:18:58
      • よっし、チャンス!(最後の数式を砕いた所で大物の動きが止まった 大砲を打ち込むチャンス)
        フォローはお願いね☆(そう紫のシノビに声を掛け、魔法少女は空を飛び)
        シャイニィィィィィィ!ギガァ!!ゾディアックゥゥゥゥゥゥ!!!バスタァァァァァァァ!!!!!
        (極限まで圧縮された光の奔流が走る 混沌を解きほぐさんとする秩序の光 そしてその下には影が出来る 太陽が影を作る) -- 光の魔法少女 2023-06-06 (火) 23:22:31
      • (生まれた影は輝きに追従する)
        何度でも、汝の名を……(すぐ近くに立つ影身、それに光の糸を接続して)
        (振るわれるは影なる巨剣、振り下ろされるはカオスへと) -- 紫のシノビ 2023-06-06 (火) 23:28:39
      • (銃座とガトリングガンを錬成して)せーのっ。(撃ちまくる)
        これが回転式機関砲!!(銃身が赤熱する頃に)久しぶりの異能バトルだけど。なんとかなるもんだ! -- マザー・グースの少女 2023-06-06 (火) 23:33:05
      • おぉ当たった当たった!(遠距離合戦となればもう見守るしかできなかったりする狼男だ) -- 成哉 2023-06-06 (火) 23:36:34
      • (振るわれる超抜級の技の数々にうろたえる少女たち 外部の退魔師の力の強さは聞いていたがコレほどとは、と)
        (それでも彼女達も「レーヴァティンの欠片」の再封印に選抜された星樹館の魔女である 意地はあると術を振りかざす)
        (石の槍を突き立てる者、月光の爪を振りかぶる者、雷光を顕現させるもの……周囲の退魔師からすれば見劣りするかも知れない それでも懸命に魔術を投げかけ、討伐に手を貸す) -- 星樹館学園生徒 2023-06-06 (火) 23:36:53
      • (十分な戦力が揃い、掃討も順調。主目的の大怪異も集中攻撃を受けている。この場でする事は…力の温存だった。)
        (新手が出るとも思えないが。何が起きても大丈夫。とするために。静かに戦う退魔士達の後方を守っている。) -- 勇樹 2023-06-06 (火) 23:38:47
      • 僕に大した事はできないけれど…逃がしはしないよ、避けるのもダメだ。(魔力を練れば、幾つもの極太の鎖が地面を割って現れ)
        (カオスめがけて絡みつき、その動きを制限していく)攻撃は…他の人たちに任せよう。きっと大丈夫… -- 黒の魔法少年 2023-06-06 (火) 23:38:48
      • (とびきりの品質の回復薬を持って戦況を見守っている) -- 錬金術師 2023-06-06 (火) 23:40:33
      • ははははは。今度喰三を遊びにでも誘ってあげてくれないかな?ああやっていつも何処かで暴れ回っては去っていくから少しは休んだ方がええ。
        (シャンと鈴を鳴らして音の範囲に在る壊れた怪異達を散らしていけば白狐達に周囲の警護を任せる。)ノウマク サンマンダ バザラダン カン
        (印相を組めば先程敷いた巨大な結界の周囲に倶利伽羅剣が現れ結界を更に補強する、1分の隙も作らず逃さぬ為に。) -- 倉守永業 2023-06-06 (火) 23:46:53
      • (戻ってきた短剣を腰に納め直す)「あげちゃえばよかったのに、ケチねー」
        そんな簡単に渡せないよ・・・結構大事なんだよこいつ・・・ほら、終わったし、その後の事は本職の人に任せて帰るよ? -- 大地 2023-06-07 (水) 00:18:36
    • 京都府皆子山山頂 -- 2023-06-06 (火) 23:17:36
      • (カオスが氷結の檻に捕らえられたと見るや、カオスの体のど真ん中に照準を合わせ息を止める)
        (偏差射撃は必要ない。異能で出現した銃と弾丸はスコープにカオスの姿をとらえ続けている限り、必ず狙った場所に当たるからだ)
        フー…行くぞ…『魔弾』…(絞り出すように声を発すると、トリガーを引く)
        (その瞬間、通過したもの総てを蒸発させる白いビームの弾丸が京都市内から大阪の舞洲スポーツアイランドまでの間にある景色を白く白く照らしいった) -- 創真 2023-06-06 (火) 23:21:33
      • …ふー…(カオスに自身の攻撃が当たったのを見届けると深く息を吐いて銃座から離れ)
        さて…行くか(早々と山を下りる。流石に人目につきすぎる、長居はできないとその場を立ち去った)
        (あとに残された巨大な銃は、人が集まる前に霧のように消え去っていた) -- 創真 2023-06-07 (水) 00:05:08
  • 『Butterfly Effect』 -- 2023-06-06 (火) 21:10:56
    • 作戦開始の号令が成され、ロッジに待機していた退魔師一行は広場へと出動する その先陣を切るのは刹那を筆頭とする瑞祥生達
      広場の中心に彼らが布陣し、その周囲、あるいは広場の外側に他の退魔師が着き、被害を最小限に押さえるためのサポートを実施する
      刹那の顔を認めたのか、広場に猛烈な陰気が立ち込めていく 怪異の気配だ それも災害級のそれを彷彿とさせる程 耐性のないものなら気分を害するほどの
      そしてその輪郭は象られていく 不気味に輝く巨大な緑のシルエット 楕円を二つ合成したかのような形 気象予測モデルとして生まれたローレンツ・アトラクター
      「カオス」。舞洲を、関西圏を、日本を……いや、下手すれば世界もろとも焼き尽くさんとする邪悪な数式。
      「定理XX及び定理XYで定義されるH'。問いに答えよ。『人間の完全性を証明せよ』」
      その問いはパラドックスを人間の上に置き、人間を奴隷化させよという要求。
      -- 2023-06-06 (火) 21:11:09
      • (カオスの要求に対し、フ、と鼻で笑い)語るまでもないことだ。人類は既に完全性を証明している。
        個体ごとの個性のないお前たちパラドックスには分からんことだろうがな。人類はそれぞれが独立しており、お互いを支え合っている
        強きが弱きを守り、迎え入れるものが戦うものの疲れを癒やし、違う目的を持つ者同士が一つの目標に対し肩を並べる。
        己の生涯を掛けた課題の成果が次の世代に受け継がれ、新しい世代の者達の課題へと繋がっていく。
        無論その発展は人類に害をなすこともある。だが、それを解決するのもまた後の人だ。
        そんな事はありえんと思うが、もしお前たちが人類の行く末に懸念を抱いているとするなら大きなお世話だ。人類は一人で生きているのではない
        総体で生きるからこその人類だ。人類の命題は常に証明されている。貴様らは不要な産業廃棄物だ 緑色の寄生虫共め
        (確かな口調で断言してみせたのは、この一年弱を女として生きてきたからだろう 皮肉にもカオスの行いは人類の完全性を証明してしまった)
        -- 刹那 2023-06-06 (火) 21:11:51
      • そもそも なにをもって完全と為すかぁなんて なかなかに主観やない?
        (言い切ったもん勝ちやなぁ とうむうむ) -- 片刃 2023-06-06 (火) 21:16:38
      • 結局、ざっくり理屈が通ってればいいんだよ。要は、『相容れないお前をぶっ殺す』って、小難しく言ってるだけなんだから。 -- 2023-06-06 (火) 21:18:10
      • (手首に付けた解放器を、折りたたんで首に潜ませたカードに接触させる・・・ムービーカード【ニンジャスタイル】で眼光鋭いくノ一に)・・・・・・・・・これいる?(網タイツを摘まむ)
        わかりやすく行こうぜ?完全なら戦っても強いんだろ?(忍者刀を構える)小難しい話は捨てて、殴り合って証明しようぜ(体育会系!) -- かなえ 2023-06-06 (火) 21:18:10
      • 問答無用でよかろう、どうせ言葉の通じる相手ではない…分かり合う気があるなら、ハナから危害など加えんものだ。 -- 残月 2023-06-06 (火) 21:19:39
      • (パラドックスの問いに自身を満面の笑みで指差す。)究極の生命体を見ておいてまだ納得してないんですか?此処に居ますよ宇宙最強の存在が。
        至高天の神々をぼてくりまわし地獄の最下層嘆きの川で釣りをする大天狗織部御影を…。
        (((御影君御影君今はそういう個人の我を見せる時じゃないから、あいつはこの世界の根本原理を書き換えようとしている。つまり世界そのものの敵だよ)))
        我々と何一つ変わらないのでは?(((ん…まあそれはそう。)))という事は友人にはなれない奴って事ですね。(((そういう事。)))(女ニンジャは独特な呼吸を開始すると桁違いの気を発し始める!) -- 御影 2023-06-06 (火) 21:21:11
      • ……(相変わらず目を背けたくなる醜悪な緑だ)
        (それでも即座に気を失うような失態は犯さずに済みそうだ 刹那が力強く宣言する言葉が聞こえてくる)
        良いこと言うねぇ刹那ちゃん! すくなくともストレンジアトラクターの1種に偉そうに言われるまでもないよね!! -- つばさ 2023-06-06 (火) 21:21:24
      • 御託捏ねて人殺した害虫が一丁前な口を利いてんじゃねぇ。(指さして)
        私はお前が気に食わない!! だからてめぇをぶん殴る!! それだけのシンプルな話だ!! -- プリンセスアベリア 2023-06-06 (火) 21:24:39
      • へへっ、こいつァいいや 妙ちくりんな理屈でも捏ね回して言いくるめてやんのかと思ったけどよ、何でえ、これならオレにもよォくわかるぜ つうか数学ですらねえ!
        言葉の定義なんざァ時代によってコロコロ変わっちまうもんだからな そン時に一番つええやつが完璧だって訳でもねえ(何やらこそばゆいような表情で鼻の下を擦っている)
        言い換えりゃあ、もっとマシな未来を欲しがる姿そのものが完全の近似解ってやつなのかもしれねえ どう転んだって正解なんざどこにもねえんだ、自信満々にかましてやりな! -- しらせ 2023-06-06 (火) 21:25:56
      • 『……その解は不適当である』不服そうな電子的な声が響き、風が渦巻いていく 「初期値鋭敏性付与」により、風は予想外の方向へ収束する
        風は水蒸気を巻き上げ、水蒸気は雲を作り、雲は嵐を呼ぶ これこそがカオスの「天候操作」
        季節外れの積乱雲が立ち上り、人々を薙ぎ払うほどの嵐が巻き起ころうとしていた……
        -- 2023-06-06 (火) 21:31:41
      • (それでも刹那は笑い、カオスを見上げる)俺が一度やられた手を対策も打たんままにしてるとでも思うのか?(一枚のムービーカードに対し、チョーク型解放器で書き込みを入れる)
        (『∴f:U→I』私は貴方であるという宣誓 すると)お前の「天候操作」、私が打ち破ってやる(その姿は大人びた姿へと変貌する 己の最強の姿へと変わる「コーザリティカード」だ)
        (そして更にもう一枚ムービーカードを取り出す 解放したのは緑色の龍のアギトに似た銃器)出番だ、DXドラゴンボーン(そう告げ、セレクターを弄る)
        Lok…Vah…Koor!!」(龍の唸り声のような合成音声がボイスロイドめいた形で出力され、詠唱されたのは龍言語魔法 そして)
        (ファイン) t (t→5)(ディレイペンタプル) (龍言語魔法は反復され発動される それは荒天を突き破る空の魔術「晴天化」)
        (カオスの仕掛けた天候操作は龍の雄叫びによりかき消され、冬の太陽の視線が地上を見守る)
        -- 刹那 2023-06-06 (火) 21:32:02
      • 「天候操作」の甲斐もむなしく、積乱雲は下から突き上げた高気圧に押し破られ散っていった
        もしカオスに感情を示す術があればその様は慌てていただろう、再度の天候操作で嵐を形成しようとするが……反復された晴天化の術が再び空を晴らす
        天候操作に頼ることは出来ぬと判断したカオスは、炎の剣を現出させる 星樹館学園から奪った「レーヴァティンの欠片」の力だ
        空に浮かんでいるだけでも熱気を発するそれからフレアが発生し広場中に降り注ぐ!退魔師たちを纏めて焼殺せんとする勢いだ!!
        刹那はその隙間を縫ってカオスへの距離を詰める 未だ「初期値鋭敏性付与」の守りはある 彼女の道を作り、解除させなければ
        -- 2023-06-06 (火) 21:32:21
      • (見上げれば風は凄まじいを通り越して嵐そのもの。天候をも操作するカオスの底知れなさが思い知れる)
        …ホントマジでヤバいね。…あ、刹那先輩!?(そうして動けずにいれば、彼女が、凄まじい魔法を放ったのを見る) -- キミ 2023-06-06 (火) 21:34:51
      • (空で静止できる航空機はない。あったらSFだ。しかしファンタジー…魔術はそれを可能とする)
        (空の広場の上空。カオスを見下ろせる高度にその姿はあった。)
        (絨毯だ。空飛ぶ絨毯である。緑色の生地に金色の横糸が入っているが、地上からそれを確認するのは難しいだろう。)
        (その絨毯の上に黒衣を纏う影が3人。高空に吹きさらす風からは魔術で防護されている様で)
        で、ここから降りろって?
        『せっかく私の絨毯貸したんだから奇襲したいじゃない。黒衣の性能なら問題ないからやっちゃって。慣性制御もかけるから。』
        ゲイザーの無茶振りひでえな……
        (絨毯の操縦者はロリエルフで。それに同乗している黒衣の魔術師もしきりに頷いている。)
        所で地上にいるあんた、分身?
        『ひ・み・つ』
        可愛くねえ〜外見しか可愛くねえ〜……さてさて、雲が出てきた……消えた!? 刹那の奴、やりやがったな?
        『ヘウレーカ! 天候操作妨害成功〜えら〜い。じゃ、お土産はレーヴァテインの欠片でよろしく。現場判断じゃ渡せないって言われた。』
        そもそもお前の趣味に付き合うわけねーだろ! 知らん!


        任務開始。標的:ローレンツ・アトラクター・カオス
        (黒衣に身を包み白い太刀「閃翼」と鞘を腰に携えた灯華が空中にダイブする)
        (電磁抜刀のために鞘に磁力を蓄積させ、紫電を纏いながら天から剣士が舞い降りる)
        (奇襲になるのでもよい。カオスに気付かれ、攻撃されても刹那の行進のためにはなるだろう。) -- 灯華 2023-06-06 (火) 21:38:23
      • 黒狼。(いつもより、ずっと厳しい表情をしている)
        (コンディションは最悪。けれど敵は、時間は待ってくれないから)
        (挫けている間にも、人は死んでしまうから)
        (だから心に鞭打って、今日も雨月樒は人を助ける。今、この瞬間も)
        風莠亜Α惱寳帖——広域展開
        (熱を奪い気温を下げる ただそれだけの術式は、空間に満ちるレーヴァテインのフレア、その超高熱を常温まで落としてしまう。相殺というより温度の代入だ、強制的な)
        (とはいえ範囲は限定的。具体的には、刹那の周囲10mほど。炎の嵐から身を守らせる、防御結界と考えていいだろう) -- 2023-06-06 (火) 21:43:18
      • ちぇっ嵐の中で走る訓練してきたんだぜこっちは!(そう言いつつ嬉しそうに地を駆ける・・・速い!)行くぜ翔子ぉ!!
        (元々高い運動能力にニンジャスタイルが力を与える)
        振り子を・・ずっと動かしてて気づいたんだけどよぉ・・・(確かに、多重振り子は最初の角度の微細な違いでいくらでもその挙動を変化させる・・・だが)
        どんな動きでも、必ず止める事が出来たんだ(それはなぜか?軸は動かないから?否)
        アタシの手が、止めようとし続けているからだよ!根元に向かって、進み続けているからだ!奥義・・・・桜時雨!!
        (桜吹雪を纏う衝撃波、それを刀から離すことなく降り注ぐフレアから刹那を守る盾とする) -- かなえ 2023-06-06 (火) 21:43:22
      • (周囲に集う、焔をなんとかしなければならないという祈りを感じ取り)
        願いを叶える魔法(ウィッシュ・トゥ・スター)!!(炎を減衰させる祈りを放出し)
        かーらーのー! ホワイトルシファー!!(両手から白い気弾をカオスに向けて連射する) -- プリンセスアベリア 2023-06-06 (火) 21:44:48
      • …ふん、やはり分かり合えたものではない。(刹那に続き、コーザリティカードを解放器に読み込ませる)
        嗚呼、やはりな……だが、悪くない気分だ。(千切れた片耳、割れた狐面、そして何より…9本の尾。己の最強たる姿は、過去にある。それは分かり切っていたことだ)
        未来の姿を見る者もあれば、現在の姿のままの者も居た。ゆえに、過去の姿である俺も…ありうる話(これ以上の伸びしろは無い、と暗に示されたも同然だが、戦意は全く薄れない)
        何せこれは…未来を切り拓く為の過去の姿ゆえ、な…!(猛烈な冷気を両の手に湛え…拳を軽く突き出すようにすれば、炎の剣の熱気を貫くトンネルが作られる)
        行けぇっ、刹那ぁ!あのたわけを黙らせてやれ…!!(扱い慣れぬ術を、増加した膨大な妖気で制御する。それでもそう長くは持つまい) -- 残月九尾 2023-06-06 (火) 21:45:58
      • うわっははははは!そら見た事かぁ!所詮貴様は人より生まれた数式の齎したサンシタの怪異に過ぎぬ!それを生み出した人に勝てる道理は無し!
        (バトウ・ジツを叫びながらもコミックめいた手印を組めば空中に現れるは神剣に比する巨大な氷の剣5つ!だがただの氷の剣ではない!)
        おうよ見よ!これぞヘリウム・コリ・ケン!人類の生み出しし凍れる時に最も近付いた人の剣よ!燃やせるモノなら燃やしてみなさい!
        (京極に迫る剣をカチ上げる形で極低温の剣がレーヴァテインへと迫る、ヘリウムは不活性ガス!故に相性良しと見たのだ!)
        (一方で若干嫌な気配を周囲から感じている、倉守の存在だ。が…今はそれどころではない。) -- 御影 2023-06-06 (火) 21:47:55
      • んーーー? ますます何したいかわからんようになってきたなぁ 自分
        自分が上やぁ言いたいだけにしても 完全にバッコミュすぎるでそれ
        (コーザリティカードをセットして解放)
        (全身を 黒 へと変えて)
        まず鍛えなおした方がいいんちゃう? コミュ力を なぁ?!!
        色即是空
        木蘭(もくらん)」!
        (ざんばらと大量に分裂した黒い刀が空へと飛び 炎の剣を散らさんとざくざくと刺さって行く) -- 片刃@コーザリティ 2023-06-06 (火) 21:50:01
      • そもそもの話、数学ってなァ世界をどう見るかって話だろ コイツがこうだって考えるなら、こっちはこういうモンだろうってな話だ
        つまりは人間様が何千年もかけてこさえた仮説の塊だ どこまでいったって理屈は理屈だ 世界そのものなんかじゃねえし、取って代われるようなシロモノでもねえ
        その理屈の先に生まれたヤツが、オレたちをどうにかしようってのがおかしな話なんだよな(おとぎ話が読み手に牙をむくようなもので、その不条理たるや荒唐無稽のひとことで)
        逆理(パラドックス)たァよく言ったもんだぜ(空が焼け焦げて、さながら太陽が落ちてきたかのような熱量が降り注いでくる)ウオオオ!! あっちいなこんちくしょう!
        うかうかしてっと焼き魚になっちまう…!(支給品の耐熱外套を頭から被って、激突の中心地である刹那の一番そばを駆けていく)よォ刹那ァ!!
        オレはあいつらみてえには戦えねえけどさ、お前をひとりにしねえってことなら得意中の大得意だぜ!(たとえ足手まといになろうとも、同じ危険に身を晒すことにしたのだった) -- しらせ 2023-06-06 (火) 21:51:43
      • 初期値鋭敏性といっても極短時間であれば予測も不可能ではないっ
        というわけで、刹那ちゃんの道を作るっ!
        (改良型デュアル・ハーロゥから氷晶を短時間、非連続に放つ)
        (カオス的振る舞いをするのを避け、効率的に刹那の通り道の気温をできるだけ下げようという試みだ)
        ところで今とーか降ってこなかった!? -- つばさ 2023-06-06 (火) 21:54:31
      • 前鬼招来!(もはやこの状況、鬼に任せるが得策と紋様をなぞれば、赤い髪を持つ、角を持つ鬼が現れて) -- キミ 2023-06-06 (火) 21:58:01
      • はっはぁ!!天気が相手なんざやっぱすげぇなぱらなんとかやらはよぉ!(赤い光から現れざま、金棒を真っ直ぐに、刹那の先へと)
        どけどけぇ!(妖力を込めれば、金棒が幾本にも幾本にもするどい棘のように枝分かれし、彼女の道先を開かんと) -- 義覚 2023-06-06 (火) 21:58:17
      • 大剣を振り上げたカオスが見ていたのは地上だけだった 灯華による直上からの強襲は予想しておらず、混沌の中でも輪に大きく切れ込みを入れてしまうことを許す!!
        樒による炎の常温化は刹那としらせの道行を守る 世界を滅ぼす炎にも、いまだ対抗策はある
        ニンジャスタイルの奥義、桜時雨が降り注ぐ炎の雨を反らしていく かなえの意志が、混沌の意図を打ち破る
        魔法少女の祈りは通じ炎を和らげる願いは叶えられた 続く気弾も大仰な舞いを描きながらもカオスへと着弾 強い祈りは予測不可能性を突き破った
        残月の最強の姿が顕になり、その妖力で持って残る炎を防ぐ道ができる 古来よりの妖の力が未来の道を切り開く
        御影の放った固体ヘリウムスリケンは炎を分解しカオスへと迫る あらぬ方向へそれたそれも一つが突き立ち、斥力場の動きを鈍らせていく
        真っ黒に染まり上がった片刃は刃を放つ 混沌に舞う刃は炎の剣と剣戟を演じ、鍔迫り合いを制する
        危険だと何度告げても帯同を願ったしらせの思いは刹那には心強かっただろう 一人で駆けるべき血路を今、二人で駆けている
        キミが呼び出した義覚の針が炎を退ける策となる 鬼の金棒を破れる温度にはいまだ至らず
        つばさの氷晶で持って、完璧に道は成った もはや炎が二人の道を遮ることはない カオスを見きった目が成し得たこと

        『f(re)≠∞』多くの攻撃を弾き返すも、全ては防ぎきれぬ 斥力場も何時までも持たぬとカオスは判断した
        故に早々にケリをつけてしまおうと、炎の大剣を更に巨大化、そのまま叩きつけ舞洲ごと一行を焼却してしまおうと言う肚だ
        -- 2023-06-06 (火) 22:10:08
      • (だが、そこに飛び掛かるものが一人、いや二人)その力の高まりを、待っていたぞ!!(手に反復の魔法陣 常ならざる、図形の代わりに数式の入った魔法陣を突きつける) (デストラクション) ∂f(x,y)/∂x(デリバティブ)
        (強く熱を持つカオスの周辺の外気を耐熱外套で押し返し、カオスの表面に触れた瞬間……三次元的表現をされていたカオスの身体は押し込まれるように平らになり、二次元のグラフとなってしまった!!)
        -- 刹那 2023-06-06 (火) 22:10:30
      • 『な、なにを した』(平面グラフになったカオスは驚愕を隠しきれず問うた 数学ではない自然言語で) -- 2023-06-06 (火) 22:10:50
      • 貴様を微分した。(共に翔けたしらせを抱きかかえ、地上に降り立った) 微分とは物事の変化量を取り出す行為だ。私達を纏めて薙ぎ払おうと力を高めたな?
        その変化量を貴様の身体で記述させてもらった。お前の脅威は「初期鋭敏性付与」とそれによる「天候操作」、そして取り込んだ「レーヴァティンの欠片」によるものだ
        だが、その変化量だけを取り出せば貴様の強さには由来がなくなる。確かに依然貴様は世界を滅ぼしうる脅威の怪異だ。だが、それはどこから生まれた強さだ?
        そう、これで貴様はただ力を振るうしか能のない脳筋に成り下がったというわけだ!!
        -- 刹那 2023-06-06 (火) 22:11:11
      • 『ならば よい ほろぼす だけだ』拙い言語で持って変わらぬ決意を告げる そして今度は大剣を振り上げる
        振り下ろせば、地上には熱波と斬撃の衝撃が走るだろう それだけをもってしても災害級怪異であることに代わりはない
        ……だが、「初期値鋭敏性」と「天候操作」は失われた ただ力の強い怪異に成り下がった ここに集う面々なら倒せない敵ではない!
        -- 2023-06-06 (火) 22:11:42
      • (微分って分かるか?と自問する。方程式の次数を一個落とすやつ。それ以上深い理解など無い、一介の文系の学生に!!)
        風莠亜Α惱寳帖戞―院覆さね) 障盾式・『青葉』 複数展開!!
        (側にいる味方に、対熱効果を持った霊力障壁をばら撒いてゆく)
        (どうも援護防御を重視して今回は動くようだ)
        (自分への斬撃は騎乗した黒狼が自律的にで躱す) -- 2023-06-06 (火) 22:19:02
      • ははっ面白い姿になったじゃぁねぇか!そっちの方が可愛いぜ!!
        (走る衝撃波に、桜時雨の衝撃波をぶつければ)よいっしょぉお!!(その反動で撃ちあがる様に、軽やかに空高く舞い上がる・・平面の体を蹴り、駆け抜けてカオスの直上へ・・・)
        お前用の対策、もう一個用意してたんだ・・・もう必要なくなっちまったけど・・・折角だから受け取ってくれ?
        (舞い降りる、その姿は【マフィアスタイル】へと変化していた)
        (どれ程カオスな状況でも、それでも確かな事と言うのは存在する・・・)
        (例えば、落ちるかなえが手榴弾を放り投げたという事・・・その手榴弾にはピーナッツが硬く括り付けられているという事・・・そして)

        ──「誰の」かはこっちで決められるんだぜ?

        落下流星(ライド・オン・シューティングスター)

        (ピーナッツは「確実に」口に入るという事だ・・・手榴弾と共に)
        (そこでふと気づく)・・・口・・あるっけお前?(喋ってるならあるだろう多分) -- かなえ 2023-06-06 (火) 22:25:42
      • はははっ、やるじゃねーか刹那センパイ!! あれなら戦える!!
        (両手を組んで)出し惜しみはなしだ……神鳴手ー!!(両手の間から白い極光が溢れ、カオスへ向かう) -- プリンセスアベリア 2023-06-06 (火) 22:26:53
      • …っぷ(微分され次元が落ちたカオスに思わず笑みがこぼれる)
        (もちろん脅威が去ったわけでは全くない、ないのだが) あはは、あははは 傑作じゃん!!!
        (斬撃は白狼が避けてくれる 熱波は樒が防いでくれた)
        (風圧に髪が強く靡いたが顔を守るように両手で庇いながらも笑って)
        最終的にはやっぱりちからこそパワー!ってね
        (デュアル・ハーロゥを両輪とも宙に投げる 2つのリングは衝突せず、けれども重なり合うように回転して)
        (どちらのリングからも吹雪のように氷晶が放たれた!) -- つばさ 2023-06-06 (火) 22:28:44
      • ふぃひっ!フィーヒヒヒヒ!やはり私は強くなっている!周囲も驚く程成長している!おおこのままぶち殺せるんじゃないかと思う所にこのシンプルさよ!
        難しい計算式は全てパイセンに放り投げ!私は粛々と脳筋めいて殺すだけよーーーーーーーーー!
        (サンシタめいたセリフ!常ならばこの後爆発四散しかねない危険なワードだ!決断的に駆け出した御影は笑顔のまま増える!ブンシン・ジツだ!)
        (1、10、100、増えた御影は更にジツを行使し倍々に増えていく!増えながらもそれぞれが稲光のスリケン、氷のスリケン、炎のスリケン、土のスリケン、鉄のスリケン、闇のスリケンの投擲!)
        (キチガイニンジャ大量発生という悪夢的光景による超物量戦だ!刹那の証明が失敗した時の為に用意しておいた秘中の秘!防げぬ今ならばより効果的と見てカードを切った!) -- 御影 2023-06-06 (火) 22:30:09
      • (「貴様を微分した。」恐らく今後の生涯でも聞く事は稀であろう台詞を耳にし、現実に起きた現象を目の当たりにすれば 笑いが零れた)
        くく、はっはっはっはっは! 実に痛快ではないか…刹那。(それから二刀をゆるりと引き抜いて)
        良かったな、カオスよ…当たり判定が大幅に減ったぞ? それでかわしきれるとも思えんが…(ぱきぱきと音を立てて刀身が氷で覆われて行く 妖気由来の氷の刃は、その供給が続く限り解けはしない)
        あのたわけの技を使うのは癪だがな…氷の術を練ったおまけだ、受け取れ。(とん、と軽く地を蹴れば…弾丸の如く加速し、平面となったカオスのもとへ迫る)
        ……月下氷刃(げっかひょうじん)!(己の前でクロスさせた氷の二刀を、振り抜く!) -- 残月九尾 2023-06-06 (火) 22:30:46
      • (は?って顔になる赤鬼。平面になったのは分かった。でもそれ以上のことは何もかもさっぱりわからない。)
        美文?けっ!てめぇ数学の妖怪じゃねぇのかよ!!数字の事も文章の事も俺ぁ希未以上に分からねぇってぇの!!
        (金棒へ妖力を更に込める。奴の炎は鬼鉄を溶かすに至らず。金棒は自在に姿を変え、希未と己を守る壁となる)
        (そのまま、出来るだけ広がる熱を弾くように、人間が持ち上げる事の出来るレベルでない重量の壁で守りに徹する) -- キミ 2023-06-06 (火) 22:32:46
      • あははっ ええなぁええなぁ ええ姿になってまぁ
        ほんなら次は 点 になってまうんちゃう?
        そうなったら ほんまに終いやなぁ?
        色即是空
        薔薇(そうび)」
        薔薇(そうび)」!
        薔薇(そうび)」!!
        薔薇(そうび)」!!!!!




        (破壊 破壊 破壊だ 振り上げられた大剣を破壊せんと幾度となく斬撃が加えられて) -- 片刃 2023-06-06 (火) 22:33:39
      • (手応えあり、直撃。一撃で仕留められないのはまあ、剣士としては不満だが。織り込み済みだ。)
        (地面に大きなひび割れを作りながら着地。目深に被ったフードとロングコートが衝撃の生む風に揺れた)
        ……怪物が喋ったら終わりの始まりだな。やるじゃないか刹那(平面化…あからさまに弱体化したカオスを見て頷き)
        (再度納刀、電磁力を蓄積。巨大化した炎の剣を真っ向から迎撃するだけでなく…)
        (衝撃波を。熱波を突き抜ける。ダメージは軽微で、黒のロングコートに損傷はなく。)
        これはまず……前回の分の返礼!
        (カオスへ向かうは超電磁抜刀。亜音速のそれが一撃目とばかりに逆袈裟に振りぬかれる!) -- 『黒衣』の灯華 2023-06-06 (火) 22:34:27
      • そういやずっと言い忘れてたんだけどよ、マジで死にそうな時は一回だけどうにかしてやれる オレは人魚だからよ、ちょっとやそっとじゃ死なねえようにしてやれるんだ
        退魔師サマなら知ってんだろ、人魚の伝説とかよ(人魚の肉を食したものは不老と不死を得るという 少なくともこの身に限っては、その逸話は真実であると刹那にだけ告げた)
        そン時は食えよ、刹那(襟首を掴んで引き寄せ、青い瞳に揺るがぬ決意のまなざしを向ける 勢いのままに唇を奪い、白い歯を見せて笑った)世にも珍しい人魚の刺身だ
        オレの女を生かすためならこれっぽっちも惜しかねェ たらふく食わせてやるからよ、絶対好き嫌いすんじゃねえぞ だがよォ刹那、死んでも食わねえってんなら……
        やるこたあひとつっきりだよなァ?(すべての因果の元凶たる逆理の怪異を蒼く燃える瞳で睨み、刹那の尻をひと叩きした)そらっ、決めてきな!! -- しらせ 2023-06-06 (火) 22:36:38
      • (気配を感じた瞬間本体であろう御影が外へ一瞬視線を向ける。)(((いや大丈夫だよ、一瞬こちらを見てきたがどうやら敵意は無い。)))
        (あの男も六神通持ちである以上今の御影を把握したのだろう、猫ちゃん…言い得て妙かも知れないなと天狗は笑う。) -- 御影 2023-06-06 (火) 22:57:55
    • サポート陣営枝 -- 2023-06-06 (火) 21:11:26
      • 言うようになった。跳ね返りの理系坊やが(彼女の……いや、過去の彼を知る小さな女性はそう呟いて) -- 小天狗 2023-06-06 (火) 21:17:02
      • 可愛くなったけど、カワイくないよねー。(同じように頷いた そして拳を握って臨戦態勢) -- 光の魔法少女 2023-06-06 (火) 21:18:59
      • 終わったらレーヴァテインの欠片くれない? ダメ? そっかー…(星樹館学園のお偉いさんと話すがダメダメでしょんぼりロリエルフ。何しに来たんだコイツ) -- ロリエルフ 2023-06-06 (火) 21:20:21
      • リジー・ボーデンは斧を取り……お母さんを40回打った…そして自分のしたことに気付き…
        お父さんを41回打った。(両手に何も持っていない耐熱外套の少女…いや小さいだけで18歳なのだが。とにかくいる)
        私たちの居場所は……妹のいる街は、私が守るっ! -- マザー・グースの少女 2023-06-06 (火) 21:22:00
      • 「そうだそうだー!人は怪異の下にあるべきよー!」
        ・・・成哉さん・・・彼らの言っている事の意味・・わかりますか?(通信機に呼びかけ)『わからん、さっぱりわからん。殴りに行っていいのか?』まだ・・ですね -- 大地 2023-06-06 (火) 21:24:22
      • はいっ 次はレヘルンですね、こちらになります!(慌ただしくアイテム分配中) -- 錬金術師 2023-06-06 (火) 21:27:10
      • 割と知り合いがいるような……安心安心(剣を構えるでもなく、錬金術師の力作業を手伝っている。) -- 勇樹 2023-06-06 (火) 21:31:15
      • そして瑞祥生の周囲を囲むように出現したのは特定の理論を持たないパラドックス達 図形から数式から証明文までズラズラと試験問題のごとく
        包囲したかのような布陣はしかし、更に外側から退魔師達によって包囲されている 雑魚の対処に手を割かせその隙に強大な一撃を加える手は既に推測されていた
        カオスへと立ち向かう彼らをサポートするべく、退魔師達は雑魚の討伐を、支援の展開を開始する!!
        -- 2023-06-06 (火) 21:32:33
      • (「姉君はお越しには?」「来られぬ、南海の邪神を封じに向かったと弟君が仰っておった」「お前如何にして倉守の御方達と連絡を?」「スマホで」「左様か、そういう事ではない。」)
        (巨大な白狐達は各々に好き勝手な会話をしながらも周囲を走り回り外部への影響を抑えるべく結界の構築に奔走している。)
        滅茶苦茶な図やねぇ、そやけど狭い土地を使うならしゃあないか(地図に指で墨によって九字を引けば手印。)ま、これで大凡ええやろ。皆気張りなさい。 -- 倉守永業 2023-06-06 (火) 21:33:12
      • うわぁ、ウジャウジャ出てきた!!(両手に拳銃を錬成して雑魚パラドックスを撃つ) -- マザー・グースの少女 2023-06-06 (火) 21:37:36
      • (発生したパラドックスに向き直り)帝釈天の加護は今回はちょっと望めないか。晴れさせるんじゃないよ(雷光の加護は周りに被害をもたらす可能性があるか、と首を振り)
        しからば(と印を組む すると小天狗の分け見が現れ)一気につぶす(小刀を抜き、総勢20に及ぼうかという軍勢が一斉に飛びかかり)
        だだだだだだだだー(覇気のない叫びで、しかし力は籠もった斬撃と打撃の嵐が数式を分解していく) -- 小天狗 2023-06-06 (火) 21:38:17
      • 忍法……(影が伸びて変質し、黒い棘が無数に出てきて敵を貫く)影牙・連ね。 -- 紫のシノビ 2023-06-06 (火) 21:39:01
      • うわぁ、キモいキモい 数学なんて受験以来だよー(嘆く魔法少女 大学生でも魔法少女だろうか?)
        とりあえずここは、これっ!!(強く念じ、手を掲げれば広場に集った退魔師達の武器に光の加護が宿るだろう パラドックスも怪異である 陽光の加護が悪性情報に届けばそれだけ分解が早くなる) -- 光の魔法少女 2023-06-06 (火) 21:42:42
      • (確率回避をするパラドックスに、白い輝きを纏う勇者の剣が叩きつけられ、そのまま破壊した。錬金術師に近づく怪異を的確に破壊していく。)
        …シュレディンガー…ってなんだっけ…?(確率操作による回避を「なぜか」無視して攻撃の命中率は100%である) -- 勇樹 2023-06-06 (火) 21:47:23
      • 「今日は嵐って言ったじゃない!今日は嵐っていったじゃない!!」(太陽光を浴びて消えていく白くてちっちゃい子)
        お前の力はいらないよ(少年の左手に月の光を放つ手綱が握られれば・・・無数の数式からなる怪異達がぴたりと動きを止め、同士討ちを始める)何だろうと怪異は怪異だ -- 大地 2023-06-06 (火) 21:48:25
      • (パラドックスの攻撃、まさに直撃コース上にあった黒装束が、すっとワープしたように瞬時にズレて)
        …ダメだよ、そっちへは行かせない。(一刀両断、返す刀でもう一体に手傷を負わせ)
        フェルも居ない、リーセさんも居ない…こういう時だけ貧乏くじだな、僕は…。 -- 黒の魔法少年 2023-06-06 (火) 21:50:34
      • (これは自分を除いたこの場に居る者達でもあの巨大怪異を十分討伐出来るのでは?とメガネの壮年の男性は考えている。)
        (巨大な白狐達が自分の周囲に集ってはすはすと鼻息荒ければニコリと微笑んで。)ああ好きにしてええよ、お腹は壊さんようにな。
        (男は符をバサリと放る、それぞれが氷炎や雷鳴、疾風となりパラドックスへと襲い掛かる。自身に妹や弟の才は無い、故にやれる事をやるのみだ。) -- 倉守永業 2023-06-06 (火) 21:53:53
      • 「初期値鋭敏性」が解除され、遠距離への攻撃も予測が容易になった 所で、雑魚のパラドックスは急速に数を増す!
        どうやらカオスが能力を失い劣勢に傾いた戦局をどうにかすべく一斉の戦力投入を行ったと見える
        逆に言えば、これが連中の戦力の出し切り 潰しきり、瑞祥生を支援するのだ
        -- 2023-06-06 (火) 22:14:56
      • わーお(ぺたん、と潰れたカオスに抜けた声を上げた 別に緊張していないわけではない これが彼女の素)
        あいつは来てないのですか?(増援の発生に一度距離を取ったところに顔見知りの神主を見つけ、そう問うた だがどちらにせよ、己のやることは同じ)
        ここは電線がすくない。ちょっと弱いけど ナウマク・サンマンダ・ボダナン・インドラヤ・ソワカ(帝釈天への祈りを捧げ、手に雷光を走らせる)
        (そして指を前に向ければ)雷鉾(ヴァジュラ)(稲光が走り、パラドックスを次々分解していく) -- 小天狗 2023-06-06 (火) 22:20:34
      • うっわぁ。もう二度と数学に関わらなくて済むと思ってたのにー(潰しても潰しても湧いてくる数式!!魔法少女は嫌な顔)
        でも、叩いて壊して、いいんだよねっ!(光り輝く両腕を振り上げフックで三角錐を、肘打ちで長ったらしい証明文を打ち砕く)
        しゃいっ☆(そして二次関数グラフの中間点をホールドして数式に関節技!これが魔法少女のやることかよ!!) -- 光の魔法少女 2023-06-06 (火) 22:25:01
      • (影に忍刀を浸すと黒い刃となり、それを飛ぶ斬撃として無数に放つ) -- 紫のシノビ 2023-06-06 (火) 22:32:35
      • 「うわだっさぁ・・・ああはなりたくないわ・・・」他人の事言えるのか?(怪異を切り捨てて)
        「それはそうとダイチ?あの子面白いわ・・・何か、近い物を感じる」・・え?誰?誰の事言ってる?(怪異を使役し、怪異を倒す) -- 大地 2023-06-06 (火) 22:32:37
      • (たっぷり予算が出ているので普段は勿体ないと思ってしまうような高品質のヴィアレヘルンをぽいぽい投げる) -- 錬金術師 2023-06-06 (火) 22:40:27
      • (巨大な白狐達がパラドクス達へと飛びかかりバキバキと食い散らしていく、各々が低位であろうとも神獣の格を持つそれらは極めて強力だ)
        ノウマク サラバタタギャテイビャク サラバボッケイビャク サラバタタラタ センダマカロシャダ ケンギャキギャキ サラバビギナン ウンタラタ カンマン
        (長い祈り、それは才無き者が故に深く明王に祈らねばならぬが故。現れたるはパラドックスを飲み込む炎の海)
        どうやろう?気ままやさかいねうちの弟は、んっああどうやら眺めてたみたいです。 -- 倉守永業 2023-06-06 (火) 22:41:31
      • シャイニィエンチャント…!(久しぶりなので感動している) とはいえ今日は姫乃の護衛なんで…(張り切らずに余力をもって怪異を破壊していく)
        大地君もいるし高坂先輩もいるし…あとなんか初代の方のコンジュラーさんのそっくりさんが…何者…?(大物との戦いの趨勢を気にしながら周囲を見る。その余裕があった。)
        ……状況が動いた。ちょっとは手伝う…か!(勇者の剣から青光が延びる。大剣と化したそれを大きく薙ぎ払えば、味方に勇気を分け与える青い極光が怪異を駆逐していく) -- 勇樹 2023-06-06 (火) 22:41:37
      • 呼ばれたら来るよ。(怪しい笑みの薄目の男が突如現れれば腕を一振り、視界内のパラドックスが突如全て消失する。)
        ん〜ほんまに天狗やったら殺さんとと思うてたけど虎ですらなくネコちゃんみたいや、じゃっ多少楽になったろうし僕は行くわ。またな〜楓ちゃん、兄貴。
        (幾つかの怪しい気配へと目線を向ければ偶には家に顔を出せよという兄の言葉を背にキツネ目の男は消えた。) -- 狐目の男 2023-06-06 (火) 22:42:49
      • 数が増えた… 七瀬より本部、エルドブレの使用許可を…ダメ…?(仮面に付けたマイクで何やら会話中)
        了解、現状戦力で何とかしてみます。(時折コマ送りのように不可思議な移動を交えて、近くの敵は軍刀で切り伏せ、離れた敵は風魔法で斬撃を飛ばし、少しずつ数を減らしていく) -- 黒の魔法少年 2023-06-06 (火) 22:44:11
      • ちょっと厳しいな……! 空論の獣(ジャバウォック)、サードステージ………災禍(ヒューマンドゥーム)!!
        (パラドックスに触れたら齧れとプログラムしたリスを際限なく生み出して放出していく) -- マザー・グースの少女 2023-06-06 (火) 22:45:09
      • がーんばれっ♡ がーんばれっ♡(本部より動かずロリエルフ) 魂120%ちゃんお手柄〜。数式入り魔法陣すご〜い。まだまだ新手の増援もきそうだし、来た甲斐あった〜(大きく伸び) -- ロリエルフ 2023-06-06 (火) 22:46:07
      • ウォオオオオオオオ!!(狼男が力強く吠えると突撃し、マザー・グースの少女を守る様に怪異をぶん殴る)
        ゴメン遅れた、怪我してないか? -- 成哉 2023-06-06 (火) 22:50:10
      • 成哉、私は大丈夫。でも成哉も無理はしないでね!(異能の力を全開にして)帰るまでが、異能バトルです! -- マザー・グースの少女 2023-06-06 (火) 22:52:33
    • 京都府皆子山山頂 -- 2023-06-06 (火) 22:42:25
      • (先に戦いを始めている一行とは別に山頂付近に開けた場所に霧人は立ち、ひとつの物を『創造』し始める)
        (巨大な建築物と思わしきものは金属の輝きと重量感を抱いて山の間からその姿を下界へと覗かせる)
        (首長竜のように長く伸びたフォルム、それを支えるカメラの三脚のような物体が地面に深々と根を下ろす)
        (巨大な物体は、遠目で見てようやくそれが何かとわかるほどの物。その全体を捉えればそれが巨大な『銃』だと分かる)
        ・・・さて、準備は整った・・・(流石に疲れたのか、エネルギー補給用のカロリーメイトをひと齧りしつつ)
        (銃身の端にあるトリガー兼銃座の元へと歩いて行った) -- 創真 2023-06-06 (火) 22:43:01
      • (流石にこの巨大な銃身を生身で操る訳にもいかないのか、別途遠隔操作用に設けられた銃座部分の座席に腰を下ろし)
        (各スイッチを入れていくと、銃身の上に据えられた望遠レンズからの画像が銃座の前面に置かれたディスプレイに表示された)
        (一行が苦戦している様子が鮮明に見える。手を貸したいが、ここで撃っては元も子もないと、一人息を深く吐き出す霧人)
        (落ち着きよりも、画面に映る仲間達がなんとかするとの信頼があってか、スムーズに銃身のコントローラーに手を置く -- 創真 2023-06-06 (火) 22:56:50
      • (握られたコントローラー、その先にある巨大な銃身は現在この世界には存在しない武器だった)
        (『ポジトロンライフル』。陽電子砲とも呼称される未知の兵器。言わずと知れたアニメ世界の兵器だったが)
        (もうひとつの魂の目覚め以降、驚異的な能力向上が行われた霧人は想像力だけでこの兵器を作り出していた)
        (自身の力に恐怖を覚えつつも、今は目の前の事を遂行するため集中して射撃の瞬間を待つ)
        (ぶれるはずの照準は異能を併用し、抑え込んでいる。能力酷使の影響か座って間もないのに、霧人の額から脂汗が浮き上がっていた) -- 創真 2023-06-06 (火) 23:07:56
  • 『Butterfly Effect』 -- 2023-06-06 (火) 20:29:40
    • 冬の風が吹き荒れ、災いの予兆を感じさせる。カオス討伐作戦が発令された舞洲は今や警察と退魔師による厳戒態勢の元にある
      8月に京極刹那によって行われた調査に伴ったカオス撃退戦は芳しいものではなく、むしろカオスの脅威を全国に知らしめることとなった
      カオス理論に定められた「初期値鋭敏性付与」による予測不可能性、そしてそこから派生した気象予測モデルとしての「天候操作」
      先の戦いでも超巨大積乱雲(スーパーセル)を発生させるなど、災害級怪異と認定されるに相応しい恐るべき力を奮って見せた
      それのみならず、星樹館学園から盗み出した災いを呼ぶ品「レーヴァティンの欠片」は、欠片といえど今やカオスの力によって120%以上の力を振るうという
      宇宙を破壊するという触れ込みは誇張が紛れていようが、炎の大剣が突き立てられれば日本が蒸発する、などということもありえなくはない
      普段人口の少ない舞洲をカオスが潜伏先に選んだのは幸いだっただろう 今や舞洲の周囲には対災害級怪異の魔術障壁が展開され、沿岸の神戸や大阪に被害が出ぬよう対処されている

      一行はカオスの潜む舞洲スポーツアイランドを望むロッジ舞洲を中継地点とし、多数の退魔師が集う対策本部で開戦の準備を整えていた
      少なくとも2024年3月31日を超えるまでは直接的な破壊行動に出ることはないと、先の戦いの最後に突きつけられた脅迫が示していた
      だがカオスの要求通り人類をパラドックスの奴隷にするつもりはさらさらない 刹那はコンクリートで舗装された広場を遠くから睨んでいた
      「完全性の証明」を己の手で成し、人類の運命を人類自身に取り戻さなければならない
      -- 2023-06-06 (火) 20:29:50
      • 全国に戦力提供を呼びかけたら結構な大所帯になったな。まぁ、流石に行政も今回は相当な大事だと理解しているということだ
        それでもカオスと直接やり合うのは俺達瑞祥高校のメンツだ。前回かなりの痛手を負ったとはいえ、奴と対面して手口を直接理解している
        ヤツの「初期値鋭敏性付与」のせいで攻撃が真っ当に当たらんのは実際にやらんとどれぐらいのものか理解出来んからな
        他の連中に手を出させると予測不能な攻撃が俺達に降り注ぐ可能性がある だから、バックアップとサポートを依頼している
        幸いにも災害級怪異の討伐に関わったことのある連中まで呼ぶことまで出来た 雑魚に煩わされる憂いなくカオスに集中できる
        まずはヤツの能力を削いで攻撃を当てられるようにするところからだ。それは俺の担当。お前たちはまずヤツの懐に飛び込む道を作ってくれ
        「天候操作」については防ぐいい手を手に入れた。少なくともスーパーセルが出来てもみくちゃにされるところまでは行かないだろう
        (緑色の龍のアギトの形をした銃が描かれたムービーカードを手にして、そう語る 異界映研部員なら、それが碧龍と同じ七悪竜から作られたものと知るだろう)
        恐らく問題になるのは「レーヴァティンの欠片」による炎の大剣、あるいはその余波による極大な炎だろう
        本物かどうかは今ひとつ真偽に欠けるという話だったがな、放ったらかせば十二分に世界を焼き払えそうだ
        熱対策はしてあるか?ないなら耐熱外套を貰っておけ。陰陽省手配の最高級品らしいぞ(肩を竦める それだけの予算が降りているということだ)
        -- 刹那 2023-06-06 (火) 20:30:10
      • 結局のとこ 侵略型宇宙人やったん? かな? カオスってのは
        (熱対策? なにそれ? だったので耐熱外套を貰いながら) -- 片刃 2023-06-06 (火) 20:37:33
      • (しきみんにメール送信。『遅刻するのでつばさにわんわんを貸してあげてください。よろしく。借りはしきみんがピンチの時に俺が助けに行くという券で返します』) -- 灯華 2023-06-06 (火) 20:37:40
      • (工作した多重振り子をくるくる動かしては止めてを繰り返してる)・・・多分、行けるな(カオス対策を色々講じてきたようだ)
        懐に飛び込む道・・・ね?降り注ぐのをぶっ壊してやりゃ良いのか?
        (炎の大剣と聞けば苦々し気な顔、自分の頑丈さならあるいはとも思うが・・・炎はスペックよりメンタルに来る)・・・借りとく -- かなえ 2023-06-06 (火) 20:38:09
      • 例の龍を素材とした銃のムービーカードか…俺も異世界の同胞を連れて来たいところだな、まったく。
        熱か…練習しておいた氷結の術が、こんなところで役立つことになろうとはな。 -- 残月 2023-06-06 (火) 20:40:32
      • (不思議と気配の無い女が準備運動代わりに足首をグリグリと回している。)
        レーヴァテインですか、中々ワクワクするネームが出てきましたね?本物なんでしょうか、その辺気になりますね。
        (特に耐熱外套を借りるつもりは無い、相変わらず怪異と同質のニンジャ衣装を身に纏う。これで十分という事だろう。)はははっ。宇宙を砕く、なるほどいい勉強になりそうですよ。 -- 御影 2023-06-06 (火) 20:40:35
      • (改良型デュアル・ハーロゥ用に耐熱・耐冷グローブを改良、効果範囲の大幅拡大をしておいてよかった)うむ。 早速役に立ってよかった
        うー前回はあっけなく気絶しちゃったし今回は気を付けないと…ね
        火の剣が降ってきて焦土になりましたなんて笑えないし、刹那ちゃんが突っ込むための道を切り開けばいいってことだよね 改良済みの自慢の武器たちをお披露目するぞー! -- つばさ 2023-06-06 (火) 20:41:52
      • (シャイニングプリンセスコンパクトを押して)魔法少女……プリンセスアベリア!(白の極光に包まれて変身)
        耐熱はこのフォームで良いか……後は雪辱戦と行かせてもらうぜ。(両手の輝甲を胸の前で打ち合わせて)
        レーヴァティンの欠片にカオス、今までで一番苦しい戦いになるだろう。でも、負ける気はねー!
        奇跡を起こしてやらぁ……!(気合は十分) -- プリンセスアベリア 2023-06-06 (火) 20:42:43
      • 西条のやつ、遅刻か。全く 美味しいところは残しておいてやらないとな?(それは暗にキツイ部分を押し付けるという意) -- 刹那 2023-06-06 (火) 20:43:05
      • (『了解。借りを返される機会に恵まれないのを祈ります』返信。 つばさには白狼が貸し出されるだろう) -- 2023-06-06 (火) 20:44:04
      • (秋口まで刹那が着ていたものと同じ制服を着た女生徒達が瑞祥生のほうを注視していた 星樹館学園の生徒達だろう)
        (「レーヴァティンの欠片」の回収を担当するのは彼女達なのだろう そして、それを確実に成すためカオス討伐のサポートにも入る形となる)
        (刹那の方を睨んでいたのは複雑な心境があったからなのだろう 同門の蘭京香の姿をする何者かに対する嫌悪感もあるのかも知れない)
        (それでも彼女の最後を看取り、仇討ちの機会と失われた厄物の回収の手立てをくれたことも事実と、彼女達も静かに決戦の刻を待つ) -- 星樹館学園生徒 2023-06-06 (火) 20:44:07
      • 今度のテストはぶっつけ本番なんかじゃねえ 一度は見てきた問題だしよ、何なら持ち込みだってアリなやつだ
        レーなんとかってのは知らねえけどさ、うんと研究してきたんだろ(耐熱外套をふわりと羽織った)やってやろうぜ、刹那! -- しらせ 2023-06-06 (火) 20:44:26
      • (今回ももちろん樒の式神の白狼を借りて跨っている)
        もし私の意識が飛んだら踏んでもいいから起こしてね -- つばさ 2023-06-06 (火) 20:45:08
      • 天候操作は足り無さそうなら俺も頑張るよ。
        炎にも、出力負けしなければけっこう相手どれると思う。水克火ってやつだ。……初期値鋭敏性云々に関しては、刹那先輩にお任せします。よろしく! -- 2023-06-06 (火) 20:45:54
      • (俺はやるぜ 俺はやるぜ って顔してる白狼)お前、俺といるときよりいきいきしてないか?(つんつんされるとふんすと鼻を鳴らす) -- 2023-06-06 (火) 20:46:58
      • か、かわいい!!!!(毛並みを逆立てないように撫でる) 私とわ…白狼の絆は固いのだよ……!!!(ドヤァァア) -- つばさ 2023-06-06 (火) 20:49:22
      • (招致された退魔師達の中に一際背の小さな女性がいる まかり間違えば小学生にすら見えてしまうほど)
        (だがその身に宿る法力を感じることが出来たなら歴戦の退魔師であるということが分かるだろう 修験道に連なる者だ)
        (黒い衣の上から耐熱外套を羽織り、身軽なその姿は広域をカバーできると確信させてくれる) -- 小天狗 2023-06-06 (火) 20:51:10
      • (陽光の如く光り輝く魔法少女の姿もまた退魔師の一段の中で目立つ それもファーレンバニア式ではない、別の方式の魔法少女)
        (立ち上る強大な神気から神に関わる力を有する事を感じさせる それも魔力というより巫力 日本よりの神の力だ)
        (何故か格闘技のスパーリングめいた動きをしているのが気にかかるが……それでも彼女も後衛に周り、サポートを実行するだろう)
        -- 光の魔法少女 2023-06-06 (火) 20:52:51
      • ホットココア美味しー(対策本部の隅で何もせずに寛いでいるロリエルフありけり。なぜかお偉いさんのいる席の隣に着席中である。) -- ロリエルフ 2023-06-06 (火) 20:53:41
      • へえ、樒のやつこんなでっけえワン公連れてたのかよ へへっ、かわいいじゃねえか 白狼ってのがコイツの名前かい?(目線の高さを合わせてそっと撫でる) -- しらせ 2023-06-06 (火) 20:56:34
      • (人より濃密な黒の影を持つ忍者が時を待っている……) -- 紫のシノビ 2023-06-06 (火) 20:57:07
      • 道具の持ち込みがアリな試験は大抵発想力を求められる試験だがな。無理するなよ海道(ぽんと肩を叩いて見せ)
        足りないなら手を借りたいが、こっちは龍言語魔法だ。恐らくは心配ない。お前には前を頼む、雨月
        -- 刹那 2023-06-06 (火) 20:58:34
      • ……なんか行者っぽい感じがすっごいする…(小天狗を見て訝しむ山伏)あの子私よりつよくねー?(指を◯にして覗きながら) -- キミ 2023-06-06 (火) 21:00:36
      • (軍刀一振りだけを手に、無数の傷を持った少年が静かにたたずむ 仮面と前髪でその表情は殆ど窺い知れない) -- 黒の魔法少年 2023-06-06 (火) 21:01:42
      • (ここは危ないから外に出ようね〜と猫誘導する少女 警戒線が張られ人がいなくなったことでのびのびしていた猫たちは足並み揃えて避難していく) -- 猫の王 2023-06-06 (火) 21:02:48
      • (白と黒という異色の神職の衣装に身を包んだ眼鏡の壮年の男性が各々虎程の大きさの白狐達に指示を飛ばしている。)
        (「世界浸潤級を想定した結界を」「弟君は?」「来たると此度の討伐組が緊張するとか何とかで」「鞍馬の御方達も来ておられる。」等々白狐達が話し合っている。)
        (壮年の男性は手際よくバララララララと符を飛ばす、どれもこれも相当な強度を誇る結界用の符だ。) -- 倉守永業 2023-06-06 (火) 21:03:28
      • 猫カフェのオーナーがいる不思議………… -- つばさ 2023-06-06 (火) 21:03:28
      • やっぱ物々しいな・・・(見慣れぬ退魔師達を見ながら)・・・やっぱかわいいな・・・(並んで歩く猫達を見ながら) -- かなえ 2023-06-06 (火) 21:04:24
      • (影の薄い青年が、しかしぴったりと猫誘導のお姉さんを護衛する様に張り付いていた。) -- (目立たない青年) 2023-06-06 (火) 21:04:44
      • 総員、準備ができたら広場に向かうぞ。奴はどうせ俺を待っている。俺が行って初めて姿を見せるだろう
        だが無論、ヤツの理想の世界を叶えてやるつもりなぞさらさらない。この世界は俺達のものだ あのクソ数式共のものではない!
        いい加減好き勝手のさばって物理法則を書き換えようとする緑の蛆虫どもには退場してもらおう
        それでもって、今度こそ勝って気持ちよくUSJに行くぞ。まだチケットは持っているな?(自分の分のチケットを取り出して)
        -- 刹那 2023-06-06 (火) 21:05:51
      • (生きてる荷車に大量の錬金アイテムを乗せて納品する錬金術師) -- 錬金術師 2023-06-06 (火) 21:06:23
      • (シャイニィがんばえ〜したら怒られるのか? それでもやるべきか? 勇者は真剣に悩んでいた。錬金術師の隣で。) -- 勇樹 2023-06-06 (火) 21:07:59
      • 成哉さん、聞こえてますか?(通信機に呼びかける少年)『あぁ良好だ大地、上手く連携していこう。』
        「カオスねぇ・・・放っておきましょうよ?その方がきっと面白くなるから」(適当な事をいう白いSDサイズの女の子を窘める)口を慎めよ、これもお前のせいじゃないだろうな?「おぼえてなーい」 -- 大地 2023-06-06 (火) 21:11:01
  •   -- 2023-06-01 (木) 21:57:43
  • 『Butterfly Effect』 -- 2023-05-16 (火) 23:12:53
    • (先程よりも激しい空気の淀みが怪異を形作っていく キラキラと輝く、美しくも悍ましい悪性情報が図形を描く)
      (その姿は何かしらの三次元グラフのようであったが、見方によれば蝶の羽のようにも見える、二つの円盤が合成したかのような形であった)
      (具体的な姿を持たないパラドックスではあるが、しかしそれでも強大な、理論を下敷きにしたパラドックスであることが伺えた)
      -- 2023-05-16 (火) 23:13:09
      • ぐぅっ、またか……!!(頭痛が響き、過去の記憶が蘇る あの日にも同じ姿を見ている 顔を上げた瞬間、ヒヤリとしたものが背筋を伝う)
        ローレンツ・アトラクター……!!(その図形の名を知る凱は青ざめた表情で呻いた)
        『カオス』か!!!!(それがこのパラドックスの正体 そして凱の身体を女のものと入れ替えた元凶)
        気をつけろ!ヤツの能力は恐らく「初期値鋭敏性付与」……いや、それだけじゃない 「天候操作」も……!?
        (幻視の中の『カオス』は広場に恐るべき嵐を招いていた 間違いなく先のマクスウェルよりも強い力を持つ!)
        -- 2023-05-16 (火) 23:13:30
      • (凱の言葉通り、『カオス』はこの広場の大気の動きを操作し、渦巻く嵐を呼び寄せていた)
        (先程まで熱気にうだるほどだった晴天は見る影もなく、瞬く間に曇天が、雨が降りしきる)
        (舞洲の上空には今や、超巨大積乱雲(スーパーセル)が出来上がるほどの荒天)
        (それも自然界では発生しえないほどの規模 握り拳ほどの雹が、肌を刺すほどの豪雨が、数多の竜巻が、そして落雷の数々が一行を襲う)
        (凱の解説が追いつかなかったが、この天候操作もカオスの「初期値鋭敏性付与」によるもの それは毛先ほど、否、それよりも遥かに小さい位置の違いからでも結果に大きな差を生む)
        (非常に厳密な予想無くしては、今や飛び道具を当てに行くことすら難しいかもしれない それはもはやカオス自身にも予測出来ないことだが)
        -- 2023-05-16 (火) 23:13:45
      • カオスだと!?(その言葉を聞くと空が色を変えていく)
        嘘だろ……オイ。(車のウインドウガラスが粉砕されるレベルの雹が次々に体を打つ)クソっ、ジリ貧だ!!
        (鎌を握り直してカオスに接近を試みようとした瞬間)
        (落雷)
        が……ッ!(その力、人に抗えぬ1億ジュール。変身が解除され、その場に倒れ込んだ)
        (超巨大積乱雲のエネルギー、1兆メガジュール)
        (既にただの魔法少女が何かできるレベルを超越していた。カオスが齎すもの、それは理の超越) -- 千歌 2023-05-16 (火) 23:20:03
      • 何の何の何!? わかんねーって!(何かを察して戦慄しているらしい凱のケツをひっぱたきにいく)オレにもわかる言葉で喋ってくれよセンパイ
        (ディザスタームービーみたいな勢いで荒れだした空を見上げて)ったく、降ってきやがったぜ オレにとっちゃ恵みの雨みてえなモンだけどよ -- しらせ 2023-05-16 (火) 23:21:31
      • 何の何の何っ!?(凱が言っていることがさっぱりわからない。だが、彼女の声の必死さに、尋常でない事が起きているのは分かる)
        ああああ!でも天候操作は分かる、分かるけど規模が凄い!!!オン・マユラ・キランデイ・ソワカぁ!!!
        (力いっぱい真言を叫んで霊力を注ぎ境界結界を張る。振ってくる数々の異常気象から自らを含め仲間たちを守ろうとするが、果たして天が襲いかかってくるに等しい惨状にどれだけ功を成すか)
        凱先輩!!!あれ反証できないの!?こーなんかさっきみたいにズバッと言い負かしてやってよ!!(反証は言い争いではない、ないがそんな泣き言が出るくらいには慌てている) -- キミ 2023-05-16 (火) 23:22:13
      • カオスと来たか (まさしく混沌とした天候操作に、歯噛みすると同時)
        (左眼から膨大な霊気を解放して。夢に出るほど脳と体に刻んだ術式を組み上げる)
        雨月の家は雨乞いの家。天候操作には一家言あってね。
        領域限定展開
        (操作するのは自分の周囲数メートル。まさしくそれが限界)
        天象式『薬降』
        (天候操作の術式。慈雨が干天を癒さしめるが如く、ごく穏やかな雨模様が、嵐の中に眼を作る)
        退避するなら俺の周りへ。長くは持たない。
        凱先輩が方針を判断するまで間だけ、どうにか保たせてみせる。 -- 2023-05-16 (火) 23:25:19
      • 凱の言った事が何一つ分からん…!(雹の直撃を避けるようにいなし、落雷を寸前で回避して、竜巻に巻き上げられながら)
        (おまけに空中でカオスに対し射撃を試みもしてみせたが…)…当たらん。何だこの手ごたえの無さは…また何かからくりがあるな。
        そいつを解き明かさん限り、先のような力技でのごり押しは通用せんという訳か…!(流石に着地の瞬間だけは動けないので背を雹に乱打され)ぐっ… -- 残月 2023-05-16 (火) 23:26:08
      • (カオスの出現にその色をさらに深い緑へと変えて)
        (残心よりの超必発動)
        空即是色
        国防(こくぼう)」
        (雹を弾き竜巻を散らせ雷をそらし)
        千歳緑(ちとせみどり)」
        (その身を分身刺せれば散って飛び上がり)
        常磐(ときわ)」
        (目標不明の時は全方位攻撃だ) -- 「深緑」片刃(カタノハ) 2023-05-16 (火) 23:27:33
      • カオス理論!格好いい設定を探している時に名前だけは聞いた奴です!具体例はちょっと知らんですね!
        (((名前の通りだよ、混沌だ。正確には単純な計算のみでは表せないもの、もっともっと巨大な面ではある程度の形が見えてくるけれどね。)))
        (((そうだなぁ…分かりやすく対処をするなら相手の移動に対して一切のブレの無い完全な一打か…もしくは無限に等しく攻撃を続けるか、どちらかかな?)))
        わはは!わはははは!成る程無理ゲーって奴ですね?ふーむそうなると逃げる以外の選択肢は…これか。
        (何も無い手の内からスリケンが幾つも幾つも湧いてくる、そして湧いてくる度にそれを猛烈な勢いで投げる、1000発で足りぬのなら1万発投げれば良いの精神!)
        ぶっ殺すまでやる!全ての理屈はこれで解決な!イヤーーーーーーーーーーッ!!! -- 御影 2023-05-16 (火) 23:29:38
      • おいおい立て続けかぁ!?(再び雷を纏う)・・・ごめん!よくわかんない!(嵐に打たれる、雨だか強風だか雹だかもう訳が分からない)雹が痛いのはわかる!(わかった!)
        (突然の環境変化に雷精達が戸惑っている・・・いくら何でも荒れすぎだ、戦うどころじゃない)
        (仲間も大分疲弊していたはずだが・・・凱をみて)で?やるの?逃げるの?アタシはいけるぞ? -- かなえ 2023-05-16 (火) 23:31:54
      • カオス? カオス理論… ローレンツ方程式…… 初期値鋭敏性…バタフライエフェクト……
        (出現した『カオス』を直視してブツブツと呟いている)
        (こんな規模で? 天候操作…に見える現象まで引き越してカオス理論が顕現する?)
        (悪夢だ、悪夢でしかない 引き起こされる結果に連続性がない)……っく
        (絶望、膝をつき、茫然自失状態に陥っている) -- つばさ 2023-05-16 (火) 23:32:12
      • (空におかしな文様が浮かび、夏の京都にはありえない気象変化が起こる。竜巻!豪雨!落雷!)
        \しゃりしゃりしゃりしゃりしゃり/(そんな天変地異の中、車輪が回る音がする……と、思っていただきたい)
        (新しい気象操作かな?車輪と車裂き用の牛とか降ってくるのかな?)\がっしゃんがっしゃんがっしゃん/(あっ違うわこれ人力だわ。チャリの音だわ)
        うおおおおおおお!!夕方からはバイトさんが入ってくれたぜええええええええ!!!!(あっエドワード!そんな……観光シーズンの殺人的客足を捌き終えてここまで来たというの!?チャリで!!)
        カオスでもかぼすでもしるかあああああ!!!!(漕いできたチャリを足場に大跳躍!フロギストン燃焼によってその身体は嵐渦巻く上空へと駆け上がった!)
        俺の炎は!一切合切を燃素に変えて燃え上がる!!(空中で叫びながら雹も落雷も『燃やす』。そう、操作によって発生した自然現象ならそこには「元素」と「幻素」が!エドワードのパワーソースがふんだんに含まれているのだ!)
        えーとそんでなんだ図形を燃やせばいいのか!?しらん!!とりあえずなんか燃えちまえぇぇぇ!!!!(すっごい雑に竜巻やら何やらを炎に変え、ろー…ろーれ……何?なんかその元凶と思しき幾何学模様にぶつける!) -- 8世 2023-05-16 (火) 23:32:46
      • …カオス? カオス理論?(首をひねる。) つばさ〜説明〜
        うわ…天候変わったぞおい。これはちょっと洒落にならんな。てった〜いてった〜い。俺、この戦いが終わったらUSJ行くんだ…
        (拳銃で倒れた一ノ瀬に当たりそうな雹を銃撃しつつ近づき、首根っこ引っ掴んで拾って)
        (茫然自失のつばさをさらに片手で拾い、しきみんの方を見る)
        (落雷を踊るように交わし、時折姿が消えながらの移動……縮地だ。しきみんの作る安全地帯にたどり着いた)
        3人はいりま〜す -- 灯華 2023-05-16 (火) 23:34:05
      • すげーわかりやすく言うと射撃武器ならアムロの先読み射撃みたいな超予測・精緻偏差射撃が必要って事
        近接系も同じね。この状態だと近づくのも…きついけど(近くに避雷針とアース代わりに槍たてておくが混沌が相手な以上これも気休めだ。避けきれない数の雹が霧人の体をしたたかに打ち付ける)
        一発だけならやってやるけど、やったらたぶん俺動けなくなるから、後、任せていい?
        (それだけ言うと深く息を吸い込み吐き出す。両手を広げると頭上に出現する巨大な槍)
        (先ほど雹に当たった影響か、頭から血潮を流しつつ敵を見据え)
        行くぞ…『神槍』…(放てば必ず当たる。神の武具の名前を冠した巨大な一振りを思い切り)
        (彼の意思をもって自在に動く一投は、高速の速度をもって敵を貫く)
        (はずだった。彼の意思が最後まで残っていれば…だ。放った直後に気力も体力も使い果たした霧人は意識を失い、糸の切れた人形のように地面へ倒れ伏した) -- 創真 2023-05-16 (火) 23:38:45
      • (千歌には落雷が、残月には雹が襲いかかる 超常の自然現象はマクスウェルの比でなく、一行を痛めつける)
        (落雷、竜巻、雹が届かない限りはしらせにとっては恵みの雨だったのかもしれない それでも嵐は、ローレライの歌が響く海原に似る)
        (樒の天候操作が嵐の目を作り、キミの境界障壁が風雨を遮る 守りを即座に突き破るレベルの理不尽ではない それでもこの猛威をいつまで耐えられるか)
        (片刃の飛ぶ斬撃は全方位に飛ぶが、その動きは真っ直ぐでなく嵐を舞うように荒れ狂う 幸い、その幾つかがカオスの輪を傷つける 全てを制御できている訳では無い)
        (御影の無数のスリケン連打はあるいはカオスの初期値鋭敏性付与に対する最適解だったのかもしれない 100のスリケンが逸れても1000を放てばカオスの身体を幾つか傷つける)
        (千歌、つばさを庇い樒の作った嵐の目に避難した灯華の判断は恐らく正しかった つばさの告げる通り、バタフライエフェクトは観測が困難)
        (エドワードが乱入し、竜巻が燃素に代わり燃え上がれば状況は少し持ち直す 熱気が荒れた空気を焼き、荒天が持ち直し、カオスの力場にも痛みが走る)
        (創真による「意思で操る槍」は空中を滅茶苦茶に舞いながらも、カオスの翼を貫いた 強い意志を持って投げかける限り、当たらない訳では無い)
        (無味乾燥なカオスに対し、「初期値鋭敏性」による不可測の守りを抜けた攻撃がどれほど響いたかはわからない)
        (ノーダメージではないのだろう それを証明するかのように、攻撃を変え、一行の抹殺を図りに来た まるで苛つきを覚えたかのように)
        (しかしその攻撃は先程までとは違う 炎が巻き上がり、巨大な剣のような形を成していく これも「初期値鋭敏性付与」によるものか?)
        -- &new{2023-05-16 (火) 23:44:19
      • そんな……そんなはずはない!お前が何故熱を扱える!?!?(凱の驚愕は最もだった 「熱量操作」はマクスウェルの領分だ)
        (数学・物理学上における「混沌」を示すだけのカオス理論に、熱量を扱う術があるものか それも炎の剣という、具体的な形に)
        (凱が目を見開き天を仰いでいると……炎の剣はそのまま止まった)
        ; -- 2023-05-16 (火) 23:44:41
      • (カオスは凱の方へ向き直り、静止していた 生き物の動きにするなら、凱を見つめていたと評するのが近かっただろう)
        (そして、突如道路側に面していたフェンスとアスファルトがぐちゃぐちゃと、まるでゲームのバグのような動きで絡まり合う)
        (その末に出来上がったのは、フェンスの材質がアスファルトに置き換わったかのような奇妙な残骸だった それは自身の所業を示すように)
        (それこそが凱の性別転換の原因だったと悟るだろう 二人の人間を構成する原子間に「初期値鋭敏性」を付与することで互いの要素を撹拌し、一人の新しい人間に置き換えたのだ)
        (続いてカオスは語りだした 電子音声のような継ぎ接ぎの男性めいた音声で)

        exp037388.png
        (謎めいた数学の問題のような問いかけを投げかけてきた 炎の大剣を脅しのように突きつけたまま)
        (そしてそのまま、蝶の羽の如き怪異は輪郭が滲み、舞洲の空気の中に溶けていった 炎もまた、掻き消えるように)
        (そして残されたのは静寂 性別転換の謎は解けたものの、新たなる謎と驚異を突きつけられる事となった)
        -- 2023-05-16 (火) 23:46:18
      • (カオスの告げる設問を汗が滝のように流れる表情で聞いていた凱もようやく緊張から開放され)生きた心地がしなかったな、クソっ(大きな溜息を付いた)
        ヤツの要求は少し時間を掛けて解読する必要があるな。数学語でしか喋れんらしい、アイツは
        それでもどうやら、時間はあるようだ。じっくり考えたいところだ……(カオスの語る言葉から一部を読み解く事が出来たか、そう告げた)
        とりあえず今の事態を大阪の方の退魔師部署に通達……ッッッ!!(先程よりも激しい頭痛に襲われ、顔を歪めた)
        (広場の隅、土手になっている部分 穴を掘り返し何かを埋める光景 そして風になびいた、己の黒く長い艶髪)
        ……もう一箇所、調べるところがある。そこを掘り返すぞ(そうさした先には、土手があった 広場の隅で目立たず、何ヶ月も立っているが、よく見れば一度掘り返されたような跡が)
        ; -- 2023-05-16 (火) 23:48:25
      • あんちきしょうはもういなくなったんだろ 綺麗さっぱり跡形もなく消えちまった はじめっから全部嘘だったみてえによ
        キツいんだろ 無理すんなって、ほら、凱、掴まんな(具合の悪そうな凱に肩を貸して、それから思い直して抱え上げようとする)大丈夫かよ すっげえ顔色悪いぞ -- しらせ 2023-05-16 (火) 23:54:51
      • (不可視の術を解除して)千歌ちゃんっ 起きてよ、千歌ちゃんっ(泣きながら倒れたままの一之瀬千歌に声をかける) -- ヴェルデ 2023-05-16 (火) 23:55:48
      • ういっててて。雹がだいぶ当たったな…(運んだ二人を庇いながら食らったダメージに顔を顰め)
        ガス欠変態マンすごいな…あの威力を出せるなら以前の事は水に流…すかはつばさ次第だが。
        (カオスと凱のやりとりまで動かず状況の推移を見守っていたが……倒れている者の回収に移る)
        創真君もぶっ倒れてる…回収回収っと。え、土の掘り返し? ナンデ? -- 灯華 2023-05-16 (火) 23:56:17
      • (静寂の中 色も白黒に戻り)
        (>性別転換の謎は解けたものの)
        えっ 待って何かいっこは解決したんかこれ?
        (まずそこも理解出来てない) -- 片刃(カタノハ) 2023-05-16 (火) 23:57:27
      • 消えた・・・?一体何なんだ・・・(凱の方を見て・・・千歌に向き直る)おいおいおい千歌、しっかりしろよ(助け起こそうと) -- かなえ 2023-05-16 (火) 23:58:34
      • ちっくしょう、あっちもやべえんだった 誰か千歌のやつを見てやってくれねえか! いや救急車だ、早く!! -- しらせ 2023-05-16 (火) 23:59:09
      • ぶわーかがぁ!自然の荒々しさの具現たる天狗がこんなもん効くかぁ!見習いでもなぁ!
        (バチバチと雨が当たり肌が切り裂かれる程の風が続いてもニンジャはスリケンを投げ続けて高らかに吠える、バスケットボール大の雹が頭部に当たれば流石に頭から大量に血を流すが。)ITEッ!
        (何より投げれば投げる程重くなるのが腕の道理だ、どう考えても勝てる相手じゃない。)
        (そうして雨か汗かも分からぬ程ドロドロになりながら息を荒らげている内に事態は一変。)ヌウウ〜!何たる侮りか!許し難い!助かった!!!で…あの意味分かんない数式と掘る?何をです?
        (((あれは容易く物質を置き換えた、私の想像が間違っている事を祈るよ。))) -- 御影 2023-05-17 (水) 00:01:09
      • 場をかき乱すだけ乱して消えた、という風に見えるな…(意味不明な問題に関しては、考えるだけ無駄と判断した)
        そこに何か埋まっているのか… 俺には何が何やら、だな(ムービーカードの効果を解除すると、辺りを見回し) -- 残月 2023-05-17 (水) 00:01:36
      • ふー……すっきり!!(突然カッ飛んできて暴れたいだけ暴れてまんぞくげ。いいストレス解消になった!)
        って何、キリヒトと一之瀬だいじょうぶか?おれ燃やす以外できねえから介抱も介護もできねーぞ!?(医者!?医者案件なの!?)
        と、とりあえず穴掘るか穴!介抱はできるやつに任せる!おれむり!
        あととーかパイセン、その節のことはほんと伏してお詫びするので変態マン呼ばわりだけは勘弁して下さいまじで(まじで。心にクるんだよなぁ…) -- 8世 2023-05-17 (水) 00:02:23
      • (凱の指示の通り掘り返してみれば……気の弱い者であれば卒倒するかも知れない光景だった)
        うっ……!!!(凱ですらも慄いた かろうじて人の形を留めた、撹拌されきった何か だが凱にはそれが何かわかった)
        俺だ……!!(腐敗が進み、そもそも骨格も曲がってはいけない方向へ曲がり切ってはいるが、身につけていた衣服は間違いなく凱の所持していたもの)
        (そしてその遺体に添えるように埋められていたのは女子のモノと思われる様々な品 壊れたスマホ、品のあるカバン、そして……「星樹館学園」の刻印が入った生徒手帳)
        (生徒名は……「蘭京香」 行方不明になった星樹館学園の女生徒 そしてその顔写真はいくつか違う点もあるが、今の凱のそれとそっくり)
        そうか、そういうことか……(証拠が全て出揃うまで目を背けていた事実に、ついに向き合わなければならない時が来た)
        俺はこの蘭京香とともにカオスに立ち向かった。何とか奴に痛手を負わせることは出来たが……撹拌されこのザマ、蘭は搾りカスになって死んだ訳だ(二人の人間から別の二人を作ることは叶わなかった)
        つまり……俺はもう、元の姿には戻れない。男になったとしても、また別の人間になるだけだ。
        (そこから長い、長い沈黙の末)……俺は、今日から完全に女だ。俺の名は、京極刹那だ。(新しい人生を歩みだす決意を抱いた)
        ……すまん、もう少しだけここにいさせてくれ。先のバスでUSJに向かえ。一本後のバスで……俺も合流する(首を弱く振って、皆にそう告げた)
        ; -- 凱→刹那 2023-05-17 (水) 00:02:44
      • ……はぁ、はぁ…(兎に角もう結界を維持して被害を減らすことしか考えていなかったが、その困憊した体に謎の呪文のような声)
        なんなのもう……(なにはともあれ、凱の指示通りに土手へいき、疲れた体に鞭打って土を掘り返せば)
        ……!!え、この死体って……(まさか、と思った。だが目の前の数々の物証が、それを示していた。まるで数式の証明のように、ただ一つの解を)
        (そうして、凱が、知らぬ新たな名を名乗ったのを聞いた。長い沈黙、その声には…強さがあった)…分かった。お疲れ様ね、凱先輩…ううん、刹那先輩(告げて、その場を離れた) -- キミ 2023-05-17 (水) 00:07:58
      • 馬鹿な……戻るべき本来の身体がこれでは、凱は…もはや…。(遺体を目の当たりにすれば、それ以上は言葉を紡げず)
        ……分かった、俺は先に行く。とはいえ、このまま直行出来る者がどれだけ居ることか…(負傷者も少なくない状況、どうしたものかと思いながら静かにその場を去る) -- 残月 2023-05-17 (水) 00:09:33
      • (一之瀬千歌は)
        (その後、搬送された病院で目覚め───その事実を知らされた)
        (夏が過ぎていく) -- 千歌 2023-05-17 (水) 00:11:17
      • (千歌を助け起こしたまま凱の方へ向かおうとして)あぁダメだ、見るなよ(意識はないと思うが一応反対方向へ)
        なかなか、エグイなおい・・・(チケットは貰ったが・・・正直、楽しむ気にはなれなかった) -- かなえ 2023-05-17 (水) 00:13:51
      • うんわかった。俺は許そうたぶんエドワード君。だがつばさは許すかな? フフフフフフ…(不吉な笑み)
        (凱の掘り返したものを見ればさすがに眉を潜めた)
        ……いやな予感が当たるってよくねえな……マジか……(凱を見る)
        オッケー、ケガ人の回収とか病院送りは任せな
        (けが人の応急手当やら病院の手配などをそれぞれに適切に行ってからその場を去っていった。つばさちゃんは茫然自失としてたのでショック療法でびびっとしつつ連れて行きました。) -- 灯華 2023-05-17 (水) 00:14:15
      • ぎゃー腐乱死体ーっ!?(慄くどころかドン引きして跳ね上がって仏さんから少し離れて)\うぉろろろろろろろろろろ/(吐いた。盛大に吐いた)
        う゛げぇ……が、凱パイセン……が、なに?せつな?俺いま来たばっかで\うぼああああああ/(事情もよくわかってないところに死体はインパクトがキツすぎた!USJどころじゃないよもう!) -- 8世 2023-05-17 (水) 00:14:39
      • (術式の発動を終え、大きく呼吸していたのがようやく落ち着いた頃)
        (その事実を耳にして 去り際、帽子を深く被り直す)
        (表情は見えないが、きっと哀しい顔を隠していたのだろう)
        (頼りになる先輩『京極凱』は、とっくにどこにもいなくなっていたのだ、と) -- 2023-05-17 (水) 00:16:59
      • ンだよ、ふざけやがって(この世のどこかにもうひとり、元々の凱がうろついているんじゃないか、なんて根拠もなく考えていた)
        (鼻を突く異臭が、飛び回る蝿の羽音が楽観的に過ぎた見通しの甘さをせせら笑っている様で、ただただ打ちのめされて四肢から力が抜けていく)
        (もっと手酷く打ちのめされているのは凱の方だ 先に膝をついてしまう訳にはいかず、震えながらその肩を支えつづける)
        ………ちくしょう…何だってこんなことになっちまったんだ(あまりにも無惨に過ぎる光景から目を逸らせない)痛かったよな、苦しかったよな
        (震える声を押し殺して、下唇を強く嚙んだ)すまねえセンパイ、オレ………しくじっちまった あんたの役に立てなかった、みてえだ -- しらせ 2023-05-17 (水) 00:17:13
      • (流石に慣れたゴアな光景の中でも腐敗のあるそれを見るのは少々精神面に影響があるのか少し嫌そうな顔をする。)
        (((やはりそうか、彼等はまだ観測の範囲内でのカオス理論によって置き換えられ…それでももう一人分は大きくズレた結果が出力された訳だ。生存不可能な形でね。)))
        …まあ、なんていうか(これは言うべきではないな?と思ったのかそこで口を閉じる、そして両の手を合わせて腐敗したそれへと祈った。)
        (祈るのを終えれば背筋を伸ばして。)ちょっとUSJに行く気は起きませんなー、どうやってあいつ殺すかなー、どうすりゃいいのかなー。(はーと空へ向けて手を伸ばす。) -- 御影 2023-05-17 (水) 00:17:57
      • (凱の結末も 長い沈黙も 新たな名乗りを聞いてもなお言える言葉は一言もなかった) -- 片刃(カタノハ) 2023-05-17 (水) 00:21:31
      • (証拠となりうる生徒手帳だけ残し、遺体と遺留品をもう一度優しく埋め戻してやった あの時の自分も、きっと同じ事をしたのだろう)
        (それでも証拠を確保しておかなかったあの時の自分の間抜けさに溜息が出る 撹拌され正気でいられただけマシだったのかもしれないが)
        ……いや、余計な希望を抱いていた俺が馬鹿だった。幾つかの情報は、もう俺の身体が死に絶えてる事を示していただろうにな
        (海道の言葉に力なく首を振った それは男に戻れるかもしれないという希望にすがった、弱さを悔いるように)
        この状況ではUSJは無理か。また今度振り替えて行けるようにする。その時は言え。カオスには……いつかリベンジを果たす
        (支えてくれる海道の震える声に、自分の頼りなさを実感する その最中、瞳から雫が溢れる)
        ……何故だろうな。否定していても、心の何処かでは分かっていたはずなのに。こうなる可能性が一番高かったはずだと
        (とめどなく溢れ、声は嗚咽に濡れていた)何故、俺は今っ、こんなに悲しいんだ……っ?(冷静沈着が売りだった女の顔は泣き顔に歪み)
        うっ、ううっ……(海道にもたれかかるように、ずっと泣き声を漏らしていた)
        -- 刹那 2023-05-17 (水) 00:27:48
      • (遺体に湧いた虫たちの蠢くさまに息が詰まった 凱/刹那のとなりに膝をついて、ぐちゃぐちゃの泥を被せてやるのを手伝った)
        記憶を消されちまってたんじゃねえ こんな目に遭って、記憶がすっぽり消えちまったんだ さもなきゃ心がぶっ壊れちまうとこだった
        訳も分からねえ、自分が何なのかもわかんなくなっちまって、でもほっとけねえからって、弔ってやったんだよな 全部お前が始末をつけてたんだ
        (状況証拠がミッシングリンクを繋いでしまった それはいかなる想像をも超える陰惨な結末で、すべては最初から終わっていたのだった)
        ふーっ………(気づけば呼吸をすることも忘れていて、思い出したように長い長い溜息をつく やるべきことは山ほどあるのに、身体は少しも動かずに)
        (途方に暮れている、という言葉すら生温いこの感情を絶望というのだろう 味わったことのない情動に心が怯えて震えていた)いいよ、いいって…何も考えねえで……
        (現実感がひどく薄くて、すすり泣く声だけがたしかで 自分が先に折れてはいけない、その気持ちだけで膝をつかずに、涙に暮れる女を抱いた)
        (一体どんな言葉をかけていいのか、もうわからなくなっていた 黙って何度でもうなずき、背中をさすって、気づけばこちらもぽろぽろと涙を流していた)
        (人魚の涙は、散って真珠になるという そんなに美しいものであるはずがなかった)…………オレさ、新しい名前…考えてたんだ
        「しらべ」………平仮名で、しらべ オレと一文字違いでさ、なんか…かわいいだろ?(視界が、思考が揺れる)気に入ってくれんじゃねえかな、って思って………
        あっ、あのさ、頼みがあったんだ!(明るい声はすぐにしぼんで)北海道、一緒に来てくれよ オレ、頑張るから………負けねえから、なァ、後生だからよ…
        (ただ、この人をひとりにしてはいけない……考えこんでしまう時間を与えてはいけない、と虫の知らせのようなものを感じて、強くねだった) -- しらせ 2023-05-17 (水) 01:06:01
      • (枯れたと思っていたはずの涙がとめどなく溢れる 女になって感受性を取り戻したからか、感情は制御できず溢れる)
        (それでもカオスの弄った荒天が晴れに変わる頃には、激情は収まり何とか泣き止んだ)そうだ、俺とて死んだ女を……俺の身体をそのままにして置けず、何とか掘って埋めたんだ。この細い腕で
        (ぐしっと残った涙を手で拭って)お前まで泣くことあるかよ。(しらせの涙を拭ってやった 口ではそう言いつつも共感してくれることに嬉しさを感じていた)
        (他の仲間は治療と病院で退出した後、何もない、破壊の跡だけが残る広場に二人で立ち尽くしていた)
        「しらべ」……それもいい名だな。だが、俺はやはり数学の女だ。数学由来の名前の方が馴染む。その名はまた別の機会に使おう(気を使ってくれていたことに微笑んで)
        (明るい声がしぼんでしまったしらせに)大丈夫だ。絶対に行く。応援に向かう。だから勝て。絶対だ(この期に及んでも心配を掛けてくれる 何と良い友を持ったことだろう)
        (だから今自分が返してやれることは、応援してやることと折れないことだけだった 怪異に向けた憎悪の炎でさえも今は温かい篝火に感じる 己の軸を立て直し、いつか来る反攻の時に備えるのだ)
        -- 刹那 2023-05-17 (水) 01:30:28
  • 『Butterfly Effect』 -- 2023-05-16 (火) 22:25:56
    • (魔法少女ブラックアベリアの鎌はざっくりと、悪魔の尻尾を切り落とす 悪性情報は漏れ出すが、かの怪異はまだ形を成す)
      (更に連撃を加えられれば翼は切れ、片翼の悪魔と化する 怪異を切る片刃の刃はパラドックスをも断つ その身が悪意で出来ている故)
      (斥力を弾き返されればマクスウェルの身を穿つ 触れ得ぬはずの斥力をあたかもボールのように触れる灯華に身じろぎする)
      (樒の秘刀が冷気を裂けば、その異常は正され冷気が拡散し散っていく 怪異の技はこの世にはあってはいけない異常なもの)
      (応援と力を振るう様は、人の悪意で出来た怪異に取って脅威である しらせのあっけらかんとした態度はそれだけでも力になる)
      (手榴弾が身を支える足を砕き割る 二足歩行の形を象ったのが仇に出、バランスを崩し態勢が乱れる 残月の戦術眼は弱みを見破る)
      (つばさの論拠が後押しとなり、反証は更に強い力を持つ 存在してはいけない理論は、非難を受け形を乱す)
      (独鈷杵が放たれ、悪魔の身につき立つ 破邪に対し大きな効果を示さない数理怪異ではあるが、直接注がれるとなれば別 内部から情報が分解されていく)
      (創真のナパームの炎を斥力場は押し返そうとする だが持続的に焼かれればその分押し返す力がいる 斥力場を弱める力としては最適)
      (極低温で強化された雷光を纏うかなえの飛び蹴りは勢いを載せ、マクスウェルを押し返す 大きくよろめいた悪魔はその雷を睨む)
      (御影の瞳から放たれた憎悪の熱線は冷気をも焼き払い、悪魔の身体に焼けた線を残す 斥力場の守りも貫く悪意に狼狽を見せる)
      (極大冷気攻撃すらも凌がれ、数多の怪異達を葬ってきた退魔師達の技の数々を受け、マクスウェルの体を形作る斥力場もボロボロに崩れてきた)
      (反撃を見舞おうと再度熱量操作を行おうとするが……凱の論述によって熱量操作の精度が著しく落ちている!)
      (それでも、とマクスウェルは今まで溜め込んできた負債……後回しにしてきた観測記憶の忘却を今実行、記憶忘却に伴うエネルギー消費を熱として放出)
      (その熱を放射することで接近を阻む腹積もりだ だがそれも、攻め手を失った苦し紛れに過ぎない)
      (熱気をやり過ごした後は隙だらけだ 必殺の一撃を見舞うチャンスだ!
      -- 2023-05-16 (火) 22:26:08
      • 一之瀬のセリフを借りるならクライマックスを始めようか、と言うやつか!(などと、他人のセリフを借り最後の攻撃の号令を出す)
        (ゴスペル) 四重(クアドラプル)(しらせの背に手を付けた凱は、歌の演算をしマクスウェル目掛け叩きつける想像上の音響を演算する)
        夏フェスは終わったが今はお前だけのステージだ。唄え!! (彼女の歌声とともに四重奏(カルテット)が響くだろう セイレーンの歌が)
        -- 2023-05-16 (火) 22:26:21
      • !!(マクスウェルに熱を放射される、それは広範囲攻撃だ。おおよそ回避できる余地のない)
        (熱気と蒸気の後から出てきた漆黒の影は)
        魔法少女……アビスアベリア。(歪なる黒の装甲に身を包んだ魔法少女が姿を表す)
        クライマックスだってさ……(黒の外套の空間歪曲防御でダメージは受けておらず)
        端役は退場の時間だぜ……(必殺技は大鎌による斬り上げ)タナトスインパクトッ!!
        死ねッ……死ね死ね死ね死ね!! 端役は死ねぇー!!(それは一振りで魂すら穿つ惨撃) -- アビスアベリア 2023-05-16 (火) 22:34:03
      • (片翼斬り落とせれば十分)
        (刀を納刀すれば少し離れて 静かに残心する)
        (備えるのは次 大いなる次がある気がして!) -- 「薄緑」片刃(カタノハ) 2023-05-16 (火) 22:38:27
      • (カロリーメイトを齧って補給をしつつ手を広げて次の一手) 流石にエネルギー効率が悪いか…(ちらりと京極を見つめ、ひらめく)
        だったら次は相乗効果(地面に手を当てると歌を唄うしらせの周りに天井と壁が形成されていく)
        (逆すり鉢状に形成されたそれらは、コンサートホールや映画館等で見られるつくり。音響効果を狙った構造)
        (しらせの歌を強化する京極の異能、そのコンビネーションをさらに後押しする狙い) -- 創真 2023-05-16 (火) 22:38:44
      • 黙ったまま睨んでばっかだなお前!?(流石陰気を吸っただけの事はある)
        (舞洲は大阪湾に浮かぶ人工島・・・つまり水分が多い)・・ふんっ(右腕から雷を放つと、その雷精にしがみつく形で一瞬で上空に移動する事で超高熱の直撃を避ける・・・まぁそれでも熱いのだが)
        (極大の冷気を放ったことで凍っていた水分が、今度は膨大な熱量によって一気に気化し、上昇気流となる)
        曇るの、出番だ(じりじりと身を焦がす気流の中、腹部に浮かぶ『雷雲が近づき、天地が暗くなる様』の具現を発動すると上がってきた水分を受けとめる形で巨大な積乱雲を構成していく)
        お前・・・アタシとの相性最悪だよ!(頭部の『一際激しい雷』の具現を雲に放り込む・・・雷は雲の中で飛躍的にその威力を増していき)お前ら離れろ!でっかいの行くぜぇぇぇ!!!(巨大な雷がマクスウェルをぶち抜かんとする) -- かなえ 2023-05-16 (火) 22:41:37
      • 臨兵闘者皆陣烈在前———
        (呪文と共に、霊木が清冽な水を纏う。魔を流し祓う、破邪の霊気を)
        (左眼に、晴明桔梗が輝く。溢れる霊力を掬い上げ、この一刀に込める)
        正刀、怪力乱神を断つ。
        斬散式、村雨
        (水の刃によって拡張された破魔の斬撃が、虚論の怪物を両断しようと翻る)
        ———露と散れ。(絶刀、一閃) -- 2023-05-16 (火) 22:41:39
      • よォしお前ら、ちいっとばかし耳塞いでな(地上での活動を繰り返し、競泳競技で鍛えた肺活量は並みの人魚を遥かに遠く引き離すもの 冷たい大気が肺腑をいっぱいに満たして)
        (人間のそれとは異なる構造を備えた声帯が震え、本職のオペラ歌手と比べても遜色のない圧倒的な声量をもって歌声を紡ぐ)”Summertime, and the livin' is easy”(夏が来て、左うちわさ)
        ”Fish are jumpin' and the cotton is high”(魚はぴょんぴょん、綿はすくすく)(ローレライの唄、とでも呼ぶべき”滅びの歌”がある訳ではない ただ発声法を変え、人の可聴域の外で脳髄を揺らすだけだ)
        ”Oh, Your daddy's rich and your mamma's good lookin'”(おとっつぁんは金持ちで、おっかさんもきれいだろ)(その歌声は精神に作用し、破滅的なまでの魅了効果をもって正常な判断能力を喪失せしめる)
        (たちまち人は心を奪われる、水底へと身を投じてしまうのだ そう、口ずさむものは何でもよかったのだが)”So hush little baby don't you cry(だから泣くなよ、泣くなって)......”
        (熱くて寒い奇妙なサマータイムに選んだ調べは、泣きじゃくる幼子をあやすために書かれた子守唄(アリア)だった) -- しらせ 2023-05-16 (火) 22:42:07
      • ひひひ!ははは!うええっ!(笑った後に頭を抱える、余程の無理があったのか頭をブンブンと振り回した。)
        (((まずは低出力で練習って言ったよね!?なんでこういう修羅場で突発的に全力で打つかな!?もー!頭の損傷は私が治すから君は戦闘に集中!)))
        すいませんつい!スゥーッハァーッ…(深呼吸一つすれば九字護身法の手印!)ニンポ!(御影の全身がメラメラと燃え始める。)
        こういう時はねぇ!相手の得意なフィールドで強引にスレイをするのが最高に!気持ちいいんですよ!
        (理屈違いの熱対熱、熱気の中を高速で走り出せば女の姿が一瞬消えてマクスウェルの背後に突如現れるとその両手を手刀の形にして斥力ある背部に強引に突き立てようとする。)
        イヤーーーーーーーッ!死ねーーーーーーーーーーーーーーっ!!!マクスウェル=サン!!! -- 御影 2023-05-16 (火) 22:42:37
      • くっ…!(錫杖から放っていた境界結界の力で放出された熱を凌ぐ。さっきの攻撃に比べればこの程度)
        (だが、自分ではそれを押し切って接近できるほどではない。ならば、決めるべきはいまだ)
        前鬼招来!!(体の入れ墨のような紋様を指先でなぞれば、そこから赤い赤い光が溢れ、瘴気ともまた違う妖しの気が放出される) -- キミ 2023-05-16 (火) 22:43:40
      • ………主ん中で聞いてたがよ。定理だ数理だ物理だぁ、俺にゃさっぱりだ(少女が体から溢れさせた、赤い光の中から…大柄な角持つ赤い髪の鬼がゆったりと現れ…爆発的に前へ駆ける)
        (その片手には、金棒。2m近くもあるそれを構えれば…赤鬼は鬼にとっての妖力…鬼気を高めて金棒へ込める。するとそれは見るまに、太く、長く伸び)
        (一瞬で縦にも横にも倍近くに大きくなった金棒。無論、質量も相応にそれは増す。それは皮肉にも通常の物理法則など完全に無視した、まさに鉄塊で)
        でもよぉ!お前さんも現世に現れちまった肉持ちにゃぁ変わんねぇんだろぉ!?その肉が、何とか場とやらで出来てようとよ!!
        なら…ぶっ壊れちまえ(鉄塊の如くの金棒をまるで軽々とバットのように構える。ただそれだけで、赤鬼の尋常でない膂力が伺える)
        せらぁ!!!(そして、次の瞬間…それを目に見えぬ程のバットスピードで振り切った。直撃すれば、この広場を飛ぶ飛行機さえもへし折ろう、破壊的スイングだ)
        へっ!(そしてその結果を見届けることなく…鬼は赤い光になってまた白髪の少女の体へと還っていく) -- 義覚 2023-05-16 (火) 22:43:53
      • (もう悪魔は自らのメモリリセットによって生まれるエネルギーを放出しているに過ぎない、つまりそんなものは自殺しているようなもの)
        どうやらもうぼろぼろのようだねぇー じゃあ…って千歌ちゃん!! ダメだって言ったのに!!!!!!!!!!!(アビスアベリアに早速なっているのを見てしまった)
        さっさと決着をつけなきゃ(持ってきたエネルギーを全てつぎ込んでデュアル・ハーロゥで氷晶を放出 ) そんなへろへろ理論に負けるほどやわな武器じゃないぞ! -- つばさ 2023-05-16 (火) 22:45:39
      • こいつは弾切れだ(マシンピストルを投げ捨て、ナイフを引き抜くと…突然、自分の掌を切りつけた。滴る血が、ナイフの刃に伝っていく)
        (刃全体を赤く染め、重力に従って滴ろうとする血は…更に伸び、刃を延長していくような形状をとって、硬化した)
        妖血刀応用編…といったところだ。…手向けだ、くれてやる!(脇差サイズにまで伸びた即席の血刀を、マクスウェルに向けて投げ放つ)
        (切れ味もさることながら、怪異にとっては毒ともなりかねない血液。それを体内に撃ち込まんとした) -- 残月 2023-05-16 (火) 22:45:44
      • 凱とつばさの論理攻撃? が効いてるな……数学怪異は数学に縛られるわけか……今度は熱気か!
        (再度震脚。熱気が灯華の周囲だけはじけ飛び)
        火力は火力組に任せて……悪いけど余力を持たせてもらうわ。(拳銃を両手で構え。片刃と同じ感覚を持っている。こいつで終わりではないはずと)
        はいドン(全弾斉射。正確な射撃が周囲の火力を縫ってマクスウェルに放たれた) -- 灯華 2023-05-16 (火) 22:48:13
      • (アビスアベリアのタナトスインパクトは冥界色の斬撃を生み、悪魔の片腕を叩き落とす 仮想された悪魔は本物の闇に抗する事が出来ない)
        (雷鳴の化身と化したかのようなかなえの雷鳴は、舞洲全てを揺さんほど響き渡りマクスウェルを穿つ 斥力場は極大の電圧に抗えず)
        (霊気をまとった水の刃が悪魔を断つ その刃は悪性情報を浄化させていく 揮発させるよりもさらに早く)
        (創真の音響壁のセットが、しらせの歌を更に収束させていく その光景だけでも分かるだろう 歌はもはや、破滅を呼ぶ嵐になるだろうと)
        (反復と整えられた音響壁が響かせたのは人魚のオペラ 人の妄念で出来た悪性情報はその歌に誘われるように傷口から溢れ出す ローレライの歌に誘われた船員のように)
        (御影のチョップ突きが熱を帯び、マクスウェルを背割りにしていく 天狗の領域の技はこの怪異にも止められるものではない)
        (赤い鬼の金棒が、理外の膂力で振るわれ斥力場に大きな穴を開ける ただの力を極めれば、どのような悪意も貫く)
        (氷晶が熱を奪い、悪あがきを無為なものに変えていく つばさの理性と知能はパラドックスにとって天敵と言えるだろう)
        (妖血刀の投擲が突き刺されば、悪魔は悶え苦しむ 自身の身体とは異なる妖怪の血は毒である 情報がかき乱される)
        (灯華の射撃は余力を残したものだが、それでも的確に斥力場に穴を開け、致命点を広げていった)

        (悪魔の威容を支えた翼が、尾が、天を衝く角が崩れ落ちていく 斥力場の消失に伴い悪性情報が空気中に揮発していき、マクスウェルの身体は消失する)
        (その周りを漂っていた剥き出しの幾何学と数学達も衝撃に耐えきれず形を失っていった 人間の負の感情を形に留める事が出来なくなっていた)
        (それでも……悪寒は収まらないだろう この地に残留する人の妄念はまだ、全て吐き出されたわけではない 片刃や灯華の懸念は正しかったと言える)
        (番人を失った主が身体を起こし始める 事件の元凶が顔を見せる時、謎は解けるのだろうか)
        -- 2023-05-16 (火) 22:57:18
      • マクスウェルは……これで片付いたか。だが、陰気が収まってない。何よりこいつに俺を女に変えられたとは思えん。
        すぐに出てくるだろうよ。海道、大丈夫か?(ローレライの歌が負担になってないかと気にかけ)
        -- 2023-05-16 (火) 22:59:18
      • 23:10頃植え替えます -- 2023-05-16 (火) 23:00:36
      • One of these mornings you're going to rise up singing(いつかの朝に、歌いながら目を覚ましてさ)(心狂わす歌声が、あらゆる論理を、証明を、合理性を粉々に解体してゆく)
        (けれどもそれは、誰かを傷つけるためではなく 助けるために紡がれる歌)Then you'll spread your wings and you'll take to the sky(翼を広げて、空に飛んでいっちまうんだろう)
        But until that morning there's a'nothing can harm you(けどよぉ、そん時がくるまでは心配なんざいらねえ)”(原作通りの滅茶苦茶な英語で、うまく言葉にできない慈愛と悲哀をソウルフルに歌い上げる)
        (思えば人に歌って聞かせることもあまりしてこなかったが、不思議と悪い気はしなかった)With your daddy and mammy standing by...(オレたちがついててやるからさ)

        (余韻を残して歌い終えれば、悪い夢は消え去っていて)どうってこたぁねえさ こんなモンでよかったかね -- しらせ 2023-05-16 (火) 23:02:23
      • (残心。そう、この相手は黒幕が置いた番人に過ぎない。すなわち、前座なのだ)
        (木刀を構え、油断せず魔眼の霊力を保ち続ける)
        果たして、鬼が出るか蛇が出るか それとも宇宙船かな?(この場所を特定する契機となった、未確認飛行物体の噂を脳裏に浮かべた) -- 2023-05-16 (火) 23:03:19
      • マクスウェルはやばいけど凱が単純に負けるとも思えないし負けてたらTSじゃなくて大怪我だろうしなあ(しらせの歌に拍手しつつ)
        (拳銃のリロードを済ませてから懐に仕舞い、バチを取り出しておく)
        さて鬼が出るか蛇が出るか…鬼はさっき役ちゃんが出したし蛇かぁ? -- 灯華 2023-05-16 (火) 23:04:13
      • しらせ先輩すごーい!!歌も綺麗なんだ……(戦場を吹き払う爽やかな風のような歌声に、思わず場違いに拍手するが)
        …でも…まだ…だね…(予感がする。負の思念は…まだ強い) -- キミ 2023-05-16 (火) 23:04:49
      • クライマックスってゆったじゃん! クライマックスってゆったじゃん!!(エネルギー全部使っちゃったよ)
        (鈍いこの身にもわかる 何かがくる!) -- つばさ 2023-05-16 (火) 23:06:09
      • (舞い上がった時と同じように雷に乗って舞い降りた、衝撃なんかもいい感じに軽減してくれるらしい)
        まぁ、元凶って言うにはちょっとパワー型過ぎるよな?(もっと搦手を使いそうな印象だった) -- かなえ 2023-05-16 (火) 23:07:00
      • …ようやく前座も終わりか(今のうちにとアサルトライフルを取り出しておきながら) -- 残月 2023-05-16 (火) 23:07:46
      • ズーズルズル!ズーズルズル!(蕎麦を啜るかのように揮発していく悪性情報を取り込もうとする。)あっ駄目ですねこれ。
        (((ああプリミティブな怪異とは違い彼等はよりデリバティブだ、ある種新種とすら言えるだろう。その分揮発していく悪性情報はそれそのものとは言えないね。)))
        精々が普通の怪異と食ったのと変わらんですね、まあ、本命はまだまだ居るようですし体力回復程度に務めておきましょう。
        さてさて…性別を反転させるような作用となると一体どんな法則ですかね?楽しみです(肩を楽しげにぐるぐると回す。) -- 御影 2023-05-16 (火) 23:08:22
      • もっかいTSしてもらったら何気に元通りになったりせんかなぁ? -- 「薄緑」片刃(カタノハ) 2023-05-16 (火) 23:08:32
      • ハァ・・・(疲れた様子で立ち上がると、再度バッグから補給食を取り出し口にする)
        あ〜?マジで?まだ終わらんの…?しんど…(言いながらプロテインバーを齧り取って食べる) -- 創真 2023-05-16 (火) 23:11:00
  • 『Butterfly Effect』 -- 2023-05-16 (火) 21:00:34
    • (バスを降りて歩きだしてまもなく、とても大きく開けた広場が目に飛び込んでくる)
      (舞洲スポーツアイランド・空の広場。元々は軽飛行場であった、大規模に舗装された広場。その広さから国内最大規模の夏フェスにも使用される会場)
      (ついこの間にその夏フェスにも使用されていたのだが、ここに来て滲み出す陰気を感じるだろう まだ燻る程度の、しかし溢れようとする邪気を)
      (人が多く集まるイベントに反応しなかったのは凱との戦いで失った力を取り戻す為に臥せっていたのか、あるいは夏フェスに集った人間の陰気を蓄え切る為待っていたのか、その両方か)
      (どちらにしても戦闘が待ち受けていることだけは間違いない 覚悟を持って乗り込むべきだろう)
      -- 2023-05-16 (火) 21:00:46
      • 普段は立入禁止だがな。これだけ怪異の気配がするとなれば俺達プロ退魔師の侵入は後付でも許可が降りる(と、立入禁止の看板を後目に堂々広場へ侵入)
        (とにかく広く、大部分が舗装されている以外は何もない広場を歩いて行く 奥の方まで行けば大阪湾の眺めが)……神戸から来たというのなら、確かにこっち側か
        (神戸の灘区から飛来したという緑の未確認飛行物体を辿るように、対岸に映る神戸の景色を眺めている)
        -- 2023-05-16 (火) 21:01:03
      • ・・・ちょっと前までフェスやってたとは思えねぇなぁおい(辺りを見渡し警戒心を高める) -- かなえ 2023-05-16 (火) 21:03:28
      • なんかいるな……いると、思う…(異能未覚醒者(マンデイン)なのでその辺鈍い) -- 千歌 2023-05-16 (火) 21:05:25
      • はたして UFOは怪異なんか否か ちょっとドキドキしてきたなぁ  -- 片刃(カタノハ) 2023-05-16 (火) 21:05:41
      • 噴き出す直前の間欠泉みたいな気配がするね。(後付けでも許可が下りる、という言には)全面同意。慣れたもんだぜ不法侵入&緊急避難、と。
        (日傘を差したまま飄々と、広場に足を踏み入れた)
        (魔眼の励起は維持したまま、四方八方に索敵の眼は絶やさない) -- 2023-05-16 (火) 21:05:45
      • トーテモ・アツイ。トテーモ・アツイ。(両手で太鼓で使うバチのような短い棒を二本持っている)
        もしかしてここで行われた夏フェスは…陰キャの集う夏フェスだったのでは!? -- 灯華 2023-05-16 (火) 21:05:56
      • うっわ、ひっろ(その広大な土地に驚く。京都で暮らしていれば見たこともないような土地の広さだ)
        うっわ、きっも(そんでそこに溜まっている陰気に眉をしかめる。まあこれは京都でもありがち)
        ……でもこんな広くて辺り一帯陰気が充満してると、どこに敵がいるやらだねぇ(仕方なし、と辺りを見つつ進む) -- キミ 2023-05-16 (火) 21:06:05
      • 力の使用は最低限に抑えるか…(狐火を3つ、索敵に飛ばし)暑さに怪異もやられている、などという訳もあるまいな -- 残月 2023-05-16 (火) 21:08:45
      • (((御影君。)))そうっすね居ますわ、こんだけ開けてても怪異が餌場にするんだからよっぽどデカイイベントやってるんでしょねここ。
        (いつの間にか女の格好は私服からニンジャ衣装へと変換されていた。そして御影が手印を作ると周囲が突然冷えだす。)
        (1、2、3、4、5…氷の槍が次々と御影の周囲に出来てふよふよと浮いているのだ。)ニンポ!コリ・ヤリ・ジツ!スゥーッハァーッ!(漏れてる陰気を吸い込み始める。) -- 御影 2023-05-16 (火) 21:09:06
      • うぉ、なんだこりゃ!? あっちいぞパイセン こンなとこに長居するもんじゃねえ 焼き魚になっちまうよ(白い日傘をさして、アスファルトの照り返しに辟易したような顔をする) -- しらせ 2023-05-16 (火) 21:10:38
      • バトルフィールド、広い! はやくもしきみんのわんわんが恋しくなってきた -- つばさ 2023-05-16 (火) 21:10:56
      • (大阪湾を見つめていると不意に)ぐっ……!?(凱の頭に痛覚が走る そして既視感(デジャヴ)が脳裏に浮かびだす)
        (広い広い大阪湾の光景 声が掛かった気がして振り返る 頭一つ小さい、美しく長い黒髪の少女。星樹館の黒い制服を着た……)
        (これはただの既視感ではない。あの日の記憶だ。なにか異常があって繋がりきらなかった、三月三十日の記憶)
        (溜息をついたように視点が動いた次の瞬間、空気が淀みだす そして緑色の輪郭が……)来るぞ!!(それは今まさに現実でも起ころうとしていた)
        -- 2023-05-16 (火) 21:12:44
      • (えづきを催しそうなほど空気が淀んでいき、陰気が、人の発した負の感情が形を成していく 数学という理論を軸に、緑色の悪性情報へと)
        (二次関数を示す曲線グラフ、複雑な文字列の並んだ数式、あるいは三角錐などの図形 それらは確かに数学を根に持つ「パラドックス」だ)
        (だが、これらの中学・高校レベルの教科書に出てきそうな者達は単なる数合わせ 斥力を投射しての攻撃はするだろうが、退魔師一行なら労なく祓える範囲)
        (問題はそれらに続いて現れたものだった ズン、と斥力に押しつぶされた空気が足音を模倣したような音を立て、巨体を想像させる)
        (屈強な手足に大柄な翼、先の尖った尻尾、そしてねじれた角。緑色の悪魔の影と呼ぶべきそれが両手を掲げれば、片手には熱が、もう片手には冷気が集っていく)
        (そうして固まった熱気はやがて炎の塊として一同に打ち出された 地獄の業火の如き輝きを持って!)
        -- 2023-05-16 (火) 21:13:00
      • マクスウェルか!!(平常な空気の分子運動……熱量を観測し、熱気と冷気を選り分ける『マクスウェルの悪魔』の理論を元に象られたパラドックス)
        ヤツの力は「熱量操作」だ。際限無く熱を生むぞ。しかも何の消費もせず、無限にだ!(それは現代社会が望んでやまない無限エネルギーの具現)
        逆に言うなら奴に搦め手はない。変な心配はいらん うまくいなしてお前たちの得手をぶつけろ!(指示らしい指示とは呼べない 力勝負を望まれている)
        (だが凱の胸中には別の不安が渦巻く 「こいつじゃない」。恐らくはただの護衛 このレベルのパラドックスが?)
        (懸念を振り払い)(サイクロトロン) 十二重(デュオディカプル) (十二重の遠心力で持ってスリングで石を射出 雑魚を次々貫き、皆が駆ける道を作る)
        -- 2023-05-16 (火) 21:13:24
      • ちょっと遠いな…(ムービーカードを腕時計型解放器にスキャンし)じゃあこうさせてもらう。
        先手必勝ッ!! 『災害の余波』カードだ!!(どこからともなく英字の看板がマクスウェルに向かって落ちてくる)
        (テンペスタに煽られたかのような強烈な勢いで落ちてくる看板ッ! 戦いの口火を切るッ!!) -- 千歌 2023-05-16 (火) 21:17:55
      • 一頭使いますか?(『白狼』を顕現しつばさに随伴させる。乗ろうと思えば以前のように乗せてくれるだろう)
        (正体が水、というだけあるのか。毛並みはひんやりして心地よい……)
        などとやっている場合では無かった。(両手で印を次々と組み、術式を発動させる)
        射討式、『五月雨』(一発一発が骨をも砕く威力がある水弾が無数に、弾幕となって初級中級レベルの『問題』を破砕してゆく)
        それにしても無限熱量、そんなのありか。(あきれ顔で威容を見上げる) -- 2023-05-16 (火) 21:18:29
      • 凱先輩?(急に頭痛を催したらしい様子に心配そう)・・・っ!(改めて緑の輪郭に向き直る)
        (雑怪の類を軽い電撃パンチで弾いて飛ばしながら巨体を見やる)あぁ、聞いた事くらいはある・・・否定されてるって事も含めてっ
        (かなえの全身から雷が吹き上がり・・・体の八か所に球状に集約していく…それは、雷に纏わる8つの事象に形を与えた者達だ)
        いいよっと!!(適当なパラドックスを数匹掴むとぶん投げて炎に対する盾とし)
        ほんじゃぁ行きますか!(頭部に浮かぶ『一際激しい雷』の具現に触れると)デカいの、いっけぇぇ!!(挨拶代わりというように雷をド派手に放つ) -- かなえ 2023-05-16 (火) 21:23:13
      • フォーホホホホホッ!食べ甲斐があります!イーデスネ!(御影が指を天へと向ければ氷の槍が空高らかに移動、そしてその指をパラドクス達へと向ければ氷の槍は分裂、分裂、分裂、また分裂!)
        (僅かな数だった氷の槍は無数の氷の槍となり自らの意思を持つが如くにパラドクス達に襲い掛かる!)
        さーてそれではこっちが本命!(手をパンと叩いてバチンと地面を叩けばアスファルト混じりの土の槍がマクスウェルの悪魔の足元から幾つも湧き立ち貫かんとする!何処かで見た漫画の技だ!)
        (((理屈に沿わないね、だがその性質は実に良い。隙があればちょっと食べちゃおうかあれ。)))うっす! -- 御影 2023-05-16 (火) 21:23:58
      • (空気の淀みに呼応するように その眼の色や髪先の色を薄緑に変えて)
        ええねぇ ええ緑色やぁ でもなんで数学で緑なんやろぉなぁ?
        自分 知っとる?
        色即是空
        鶸萌黄(ひわもえぎ)」
        (凱が開けた道を疾く疾くと駆け 瞬速の抜刀術がマクスウェルの翼の根元を斬り落とさんと狙う) -- 「薄緑」片刃(カタノハ) 2023-05-16 (火) 21:24:36
      • ……来たね!数学おばけたち!(自身の身の丈ほどもあろう長錫杖を構え、現れたパラドックス対へ身構える)
        (いつもの携帯錫杖とは違い、長いそれは、頭の鐶環部分に特別頑丈な金属を用い、更にはウェイトも増している)
        (打撃力を高めるためにパラドックス対策に用意したそれは、ポールウェポンとしてのメイスに近いものだと言えよう)
        せいっ!!(だから、緑色に光る雑魚二等辺三角形など物ともしない。すくい上げるような一撃でその斥力場を破壊する)
        …問題はあの大物か…!(と、マクスウェルに対し、ひとまずは様子を伺う) -- キミ 2023-05-16 (火) 21:24:38
      • 熱力学第二法則くん!!! 破られてますよもっと頑張って!!! 何アレ。せめて氷投げろよ気が利かない悪魔だな!!!(バチを持って火球に走り込み)
        Vulnerant omnes ultima necat (異能『会者定離』発動)
        ドン、ドン!(マクスウェルから放たれた炎の塊をバチで弾き、味方に当たらないようにガードする。合わせてマクスウェルの方へ肉薄していく。) -- 灯華 2023-05-16 (火) 21:24:38
      • (禍々しい巨体を見上げれば、額の汗を拭い)…なるほどな、こいつは少々手間がかかりそうだ。(飛来する火炎の塊を、音もなく両断した後)
        …今の俺ではな。(ムービーカード「マフィアスタイル」を解放器に読み取らせ…)……暑い。(真夏にピンストライプのスーツ姿&中折れ帽。防弾チョッキ入りという地獄が完成した)
        しかし、他に良い選択肢も無い。ここは短期決戦を挑むよりほかあるまい…!(凱の作ってくれた道を突き進み、懐から取り出す二挺のマシンピストル それを尻尾に持たせ…更にはもう二挺、自分の手に)
        梨月が読んでいた漫画のキャラが言っていたな…「戦闘は火力!」だと。(計4挺のフルオート射撃の弾幕が、雑魚とマクスウェルの悪魔、双方に撒き散らされる) -- 残月 2023-05-16 (火) 21:24:59
      • やったー! しきみんありがとー!(嬉々として白狼に跨る) しかも冷たい、最高!!!(さすすすすすと撫でる)
        ……うわ。(数式が、グラフが、図式が 無数に 一瞬だけ見えた)
        なるほど、これはこれは確かにマクスウェル方程式にマクスウェル分布?
        気持ち悪い、あまりにも醜悪!! 数式はこんなことするためにあるものじゃな―――い!!
        (天才エンジニアとして許せないものがある 白狼に依頼して急接近、慣性を利用してセムテックス爆弾を投擲)
        (爆風をくらわないように即座に反転して退避) -- つばさ 2023-05-16 (火) 21:25:08
      • へえ、あいつが憎いあんちきしょうか? 数学の大ッ嫌えなやつが見る悪夢みてえなやつだな どおりで見覚えがあるわけだぜ!
        (怪異の攻撃は本職の退魔師たちが対処するはずだ 彼らの防戦を見極めた上で、位置取りを誤らなければ見かけほどの危険はないと踏んでいる)
        (討ち漏らしの小物を畳んだ日傘でぶん殴り)へへっ、こいつぁいいや 数学の問題をぶん殴れる日がくるたぁお釈迦サマもびっくりだ! -- しらせ 2023-05-16 (火) 21:29:38
      • ムービーのストーリーに沿わなくていい分こっちの方が気が楽だったりして
        (手を振るうとそこから棒状の形の物が現れ、硬質の響きと共に地面に突き立つ)
        (見ればそれは様々な形をした剣。軽く指を振るうとそれらが宙に浮き上がり意思を持ったかのように怪異に疾走する)
        (防御はほかの物に任せ、攻撃に集中する一手だ) -- 創真 2023-05-16 (火) 21:29:38
      • (災害の映像を再現した千歌のカードの記憶はアメリカンな看板を振らし、マクスウェルを打ち据える 弾かれたように飛んでいく看板だが、マクスウェルもまた怯む)
        (樒の時期外れの五月雨がバスバスとパラドックスを穿ち、その斥力場をかき消す 雑魚のパラドックスはやはり柔らかい それでもその分数が多い 斥力による援護射撃は止まない)
        (『一際激しい雷』の一撃はマクスウェルにも相当の痺れを与えたのだろう 首を振り、雷を落とした少女を睨む)
        (氷の槍、アスファルトの槍、土の槍。恐るべき天狗の技は数理怪異たちを証明を待つことなく破却されていく)
        (高速で駆けた片刃の抜刀術がマクスウェルの翼に大きな切れ目を作る それでもギリギリ根本は持ちこたえる 痛みに呻くかのような震えを残し)
        (キミの新型錫杖が二等辺三角形の定理を打ち砕く 斥力場に負けぬ力を振るわれている証拠だ)
        (灯華の異能は触れ得ぬはずの炎をバチで弾くことに成功 着弾し爆ぜることなく、一行を炎の魔の手から守る)
        (残月のマフィアスタイルの四丁マシンガンは効果的に機能し、雑魚は海を割るように裂け、マクスウェルにも痛打を浴びせる 本命の生命に届くには、もう少し必要だが)
        (セムテックスを投げ込めば、その爆発力に耐えきれずパラドックスたちは爆ぜて揮発していく 天才エンジニアの怒りが数理怪異を砕くのだ)
        (しらせの日傘の打撃でも、簡単なパラドックスは粉砕される 数学に恨みがある人間にとってこれほど都合のいい怪異もいない)
        (剣が空を駆け、数式を切り裂く 映画でもありえない荒唐無稽な光景は現実の怪異退治 創真の創造性がそれを切り開く)

        (一行の激しい攻撃に怯み、影は乱れ、ダメージを大きく受けている様子はある しかし緑の悪魔はいまだ現実に影を写している)
        (強大な熱気を乗り切った一向に対し、マクスウェルはもう片方の腕に留めていた巨大な冷気の塊を広場目掛け落としてきた!)
        (マクスウェルの熱量操作は常温の空気中の熱を持つ速い分子と熱を失った遅い分子を選り分けることで行われる 極大の熱気を作れば、極大の冷気もまた生まれる)
        (広場のコンクリートごと凍てつかせんとする極寒圏の投下を追って、配下のパラドックスによる斥力の投射 動きの鈍ったところに当てに来る腹積もりだ!)
        -- 2023-05-16 (火) 21:41:05
      • こんなものボカボカ落とされてたら何時までももたんぞ……!(地獄の釜の底のような熱気から煉獄に囚われたかのような凍気 温度差だけでも体力を奪う)
        (魔術で身体を保護していなければこの細い体はあっという間に朽ち果てていただろう 早急に対策を打たねば)
        ヤツの熱量操作を緩める。反撃は任せたぞ(斥力投射の合間を掛け、凱はマクスウェルへ向かい距離を詰めていく)
        (そして)(デシベル) 五重(ペンタプル) (反復の魔法陣は口元に浮かび、仮想の声を複製する)
        『マクスウェルの悪魔による熱量操作は分子速度観測が必要であり、再観測のためリセットし観測結果を忘却するためには得た仕事W以上のエネルギーを熱として廃棄する必要がある
        よって、マクスウェルの悪魔は無限のエネルギーを生み続ける事が不可能である!!!』

        (拡声された凱の理論は簡略化されたマクスウェルの悪魔に対する反証 全てを論述し崩壊させることは不可能でも、凶悪な熱量操作を緩めることが出来るか)
        -- 2023-05-16 (火) 21:41:28
      • やべ……!(敵の攻撃が来る直前に)ヴェルデッ!!(と短く叫ぶと緊急変身)
        (緊急変身モードは状況申請が後から必要なものの、変身タイムを0.0094秒まで縮めることができる)
        魔法少女………ブラックアベリアッ!!(冷気の真っ只中を斥力攻撃だけ回避しながら突っ切る)
        うおおおおおおおおおおぉぉッ!!(傷つきながらも突進、大鎌の一撃をマクスウェルへ) -- ブラックアベリア 2023-05-16 (火) 21:45:53
      • (防御方面の心配はしていない 攻撃あるのみ)
        (一撃斬れ目を入れれば即踵を返し二撃目)
        今度は斬れるまでいこかぁ にゃ!
        色即是空
        菊塵(きくじん)」
        (落ちろ機動力 斬りそこなった翼を再度)
        (みじん斬るように連撃を) -- 「薄緑」片刃(カタノハ) 2023-05-16 (火) 21:50:51
      • 火力役が多いと助かる。げ、これはまずいなあ…周囲まで守れん…!
        (震脚と共に、灯華の周囲に押し寄せた冷気が「砕け散り」はじけ飛んだ。異能による現象破壊だ)
        攻撃に回るには…っと(利用できそうなもの…として飛んできたものに目を付けた)
        法則は…破るためにある!
        (バチを振り回す。雑魚パラドックスの斥力の投射を異能ではじき返してマクスウェルに只管打ち上げ続ける。斥力弾ホームラン!) -- 灯華 2023-05-16 (火) 21:53:00
      • 俺の頭がやられそうなんだけども。
        まあ、何事か反証してるのは理解したよ。
        (『黒狼』を顕現し騎乗。片手で抜刀するのは霊木の木刀、『九字顕正』)
        (霊力を流し込めば発動するのは、異常を正常へと還す力)
        (黒狼がマクスウェルへと疾駆する中。尋常ならざる冷気を全てでは無くとも打ち破らんと、輝く木刀を一閃、返す刀でもう一撃)
        ———燕返し。 -- 2023-05-16 (火) 21:53:46
      • 捨てちまったテストやなんかが化けて出やがった訳じゃねえよな 妖怪ってなァトンチキな野郎どもでよ、いつ見たって不思議なもんだが奴さんがたは相当だぜ
        オレにはさっぱりわからねえけど、センパイはわかってんだろ(\不可能である!/と合の手を入れる)おうおう、もっと言ってやりな!
        あんにゃろう、やっぱりなんかインチキしてやがんだな いいぞぉ! やっちまえー!!(握りこぶしをぶん回して声援を送りながら、迫り来る怪異に日傘のフルスイングを見舞う) -- しらせ 2023-05-16 (火) 21:55:09
      • お次は冷却か、コートが欲しくなってくるな…リロード!(そう、敢えて尻尾を1本フリーにしたのは、予備マグを取り出させる為)
        氷には嫌な記憶しかなくてな…分かるか?「ずっと冷凍庫の底に忘れ去られてたアイスみたいな匂いがする」と梨月に言われた時の俺の気持ちが…
        (不快感を隠そうともしないが、怒りもしない。努めて冷静に、動きを止めず…足元から凍らされることを避ける)
        (雑魚パラドックスの斥力投射を迎撃しながら、合間に手榴弾を取り出し…そのピンを抜く)使い方はもう覚えた…ッ!(マクスウェルの悪魔の足元へ、それを投擲する) -- 残月 2023-05-16 (火) 21:56:23
      • 汗が引いて寒すぎ! 耐熱グローブだけじゃなくてスーツにするべきだった
        おーおー 凱ちゃんが反証に走ったね そう、残念ながら「完全なる永久機関」ではないのさ
        1982年のIBMの研究員の研究結果でわかっているし、2010年には共同研究で実際に「マクスウェルの悪魔」と同等の操作を実現した実験報告もある
        お前は破綻している!(反証に実在する実験結果や論文を添え、効力が増さないか試みた) -- つばさ 2023-05-16 (火) 21:57:42
      • わお、みんなすごーい(凄まじい火力に次ぐ火力が広場を飛び交う。長錫杖を振るい、木っ端のパラドックスを叩き落としつつ霊力を高め、備える。そして)
        ……ッ!オン・マユラ・キランデイ・ソワカ!!(真言を一息に唱える。込めし意念は結界。そして境界。いつもならば退魔の意も合わせて込める、それ、しかし今は違う)
        (通常の魔を退ける結界とは違い、対物理の属性を強く境界結界は持つ。それは単純かつしかし苛烈な冷気へ対し仲間たちをも守るように広がり、凱が弱めた冷気を更に和らげるだろう)
        (凱が、叫んだ。いや、反証を行ったのだ。以前凱に聞いた、通常ならば行わぬパラドックスへの対処。だが…彼女は、いや彼女は)
        やっぱ…ふつーじゃないね!凱先輩は!!(叫び、懐から独鈷杵を数本持ち、境界結界の意念を込める。おぼろげに光る独鈷杵、だがこれは、守るための物ではなく)
        そんな高尚な理論なんて私にはさっぱりだよ!だから…消えちゃって!(投げる。独鈷杵は空気を切り裂きマクスウェルへと迫る)
        (そして怪異へと刺されば…その瞬間に境界結界を瞬間的に、そして爆発的に極小にだが広げるだろう。つまりこれは、物理結界による、炸裂弾だ) -- キミ 2023-05-16 (火) 21:57:57
      • …ケリは京極先輩の力が尽きるまでか(短く息を吐く。ならば決着は速い方がいいと手を頭上で広げる)
        (形成されていく新たな武器。細長い、筒状の物体の後ろに矢羽根のようなものが付いたフォルム。所謂ミサイルや、ロケットと言われる見た目)
        (再度指を振るえば、推進力の火を噴かずにそのままパラドックスへと飛翔する)
        (そこから発生するのは1300度の熱をもって燃え上がる主燃料材ナフサの燃焼兵器)
        (ルイス・フィーザーが作り出した地獄の業火『ナパーム』が、彼敵を焼き尽くさんと炸裂する) -- 創真 2023-05-16 (火) 21:59:43
      • 応援はありがたいがな海道。お前の歌、借りていいか?次のチャンスでな!
        (それは海道の歌を反復しようという作戦だ! これだけの大規模の相手に使わない手はないと)
        -- 2023-05-16 (火) 22:00:51
      • ははっ怒ったか?(睨まれてもひるむことはない)
        (そしてマクスウェルの動きを見れば)そうだよなぁ熱を集める力だもんな、奪われた側は冷えるもんなぁ
        おもしれぇ物見せてやる(左腕に浮く『稲妻が齎す作物の実り』の具現を発動させればかなえの全細胞が活性化し、冷気の中でも凍える事無く体を躍動させると)
        はぁぁぁぁぁぁぁっ!(冷気の中、かなえの纏う電球たちがその輝きを増していく・・・極低温の中、明らかに雷の出力が向上している)
        (右足に浮かぶ『雷が雲に潜む様』の具現を発動、全身に雷の力をエンチャントさせると・・・)こいつを習うのは小学校だっけ?中学だっけ?まぁいいか!(かなえの体が浮かび上がり、凄まじい力で前方へと射出させる)
        だぁらっしゃぁぁぁ!(体の頑丈さに物を言わせ、迫りくる斥力を弾き飛ばしながらマクスウェル目掛け飛び蹴りを放つ) -- かなえ 2023-05-16 (火) 22:02:45
      • 純粋に無料で仕事をしてくれる悪魔は居ないという証明デスネー、情報からエネルギーを取り出す事は可能だが悪魔にもお賃金が必要という奴です。
        (カクン、と首を冷気の塊のある方向に傾ければあの青い光を灯した瞳が見開かれる。)おおでは君に新しい理屈を与えてあげよう、お爺ちゃんから教わった新技だ。
        腹から沸き立つ憎しみはぁ!その視線を以て全てを灰燼へと帰す!(冷気の塊へ向けてキュンッと御影の瞳から光線が放たれた、それは神通力ではない遥かにおぞましい気配。)
        (怪異が負の要素から生まれたのならばこれはもっともっとそれを凝縮した悪意、全て滅びろという人間の悪意そのものによる超熱量熱線だ!本来人が放つものではない!) -- 御影 2023-05-16 (火) 22:03:38
      • おうさ! 構わねえけどよ、歌ってやつァみんなに聞こえちまうもんだろ? 使いどころに困ってたんだ そこんとこ、うまくやってやろうってんだな?
        (凱の異能と組み合わせれば、音源を指向性をもって増幅させるスピーカーのような役割を持たせられるのかもしれない)だったら話は違ってくらァ
        このしらせパイセンが一丁かましてやろうじゃねえか センパイは大船に乗ったつもりでドーンと構えてな! -- しらせ 2023-05-16 (火) 22:12:38
      • 22:25頃植え替えます -- 2023-05-16 (火) 22:23:40
  • 『Butterfly Effect』 -- 2023-05-16 (火) 20:14:27
    • (盛夏を迎えギラつく海面の大阪湾を横目に、バスは高架を進み人工島へと乗り込んでゆく)
      (大阪・舞洲。ゴミ処理の為の人工島として作られたかの地は今やサッカーチームやバスケスタジアムなどを備えるスポーツの地にもなった)
      (とは言え、大きな催し物がなければ人は疎らな土地 大阪の片隅にある土地であり、京極凱率いる一行が連れ立ってくる理由もないように思える)
      (だが、ここにはあるかもしれないのだ 凱を女に変えたかもしれない原因が そして恐らくそれは強大な怪異であろうと)

      (三月三十日、神戸市灘区で未確認飛行物体が確認される。緑色に輝く奇妙なそのUFOは地上から飛び立ち、大阪湾を大胆に横断)
      (最終的にここ舞洲にて確認報告が途絶えていることが、互助部による入念な情報捜索によって判明していた)
      (そしてその当日の記憶を失っていたはずの凱の交通ICの利用履歴には、舞洲への最寄り駅となるJRゆめ咲線「桜島」駅の降車履歴が)
      (飛行物体の色が凱の仇敵である「パラドックス」を彷彿とさせる緑色である事が決め手となった)
      (すなわち、あの日の凱は舞洲まで飛行物体の調査に来た上で、何者か……恐らくは飛行物体そのもの、それも強力なパラドックスと推測されるなにかに性別を入れ替えられてしまった)
      (何故それは凱の性別を転換させたのか。どのようにして術でも薬学でもない手段でそれを成したのか。わからないことは山積みである)

      (一行は電車でUSJを通り過ぎ、桜島駅からバスで舞洲を進んでいく 一見すれば京都から来た観光目的の学生達に見えるかもしれない)
      (だが、国家公認退魔師である凱を始めとした京都の歴戦の退魔師、あるいはそれに準ずる腕前の者達だ 舞洲の光景のそこここに目を配り怪異を探している)
      (……あるいは観光のついでに怪異を探しているだけかもしれないが。 ともかく、いつ敵が飛び出したとしても万全の状況であることに変わりはない)
      (バスはゆっくりと舞洲各所を回り、一行は怪異の気配を探る この地の何処かに潜んでいるのだろうか 凱の運命を捻じ曲げた悪意が)
      -- 2023-05-16 (火) 20:15:00
      • ちゃんと監視してるか。観光に来ているわけじゃないんだぞ。……違うな(双眼鏡でバスの外を眺め監視している 派手なデザインのゴミ処理場を見るも、陰気は感じない)
        パラドックスと交戦したことがないやつもいると思うので改めて説明しておく。奴らは数学・物理学を元にした数理怪異。人の悪意や負の情念が固まった悪性情報の塊だ
        人の噂を元に形作られる都市伝説に形式は近い。人の文明の発展の礎となった数学、それが陰気・瘴気によって形を持ったものだ
        緑色に光る身体が特徴的だな。あのサッカー場は……言うほどでもないか(紫が基調のサッカーチームのフィールドを横切るが、またも肩透かし)
        奴らの身体を構成する悪性情報は空気中では急速に揮発する。それを防ぐため、奴らは斥力……重力と逆の、引き離す力でもって外界と自分を区切る殻を作っている
        これは物理的な力に対する鎧でもあるが、負荷が強く掛かれば斥力場は散逸し、奴らは消滅する。つまり物理攻撃は有効だ 情報体と言うと物理が効かないように思えるかもしれんがな
        それとだ。強力なパラドックスは自身を象徴する数学・物理学理論を持っていることがある。役や西条、エドワードは見ただろうが、シュレディンガーなら「シュレディンガーの猫」とかな
        そういう奴らはその理論を元にした特殊能力を有している。シュレディンガーは「存在確率非決定論」 つまり居る場所が見た目に関わらず確率で決まる、というものだった
        そんなところか。相手がパラドックスなら俺なら所見でも大体能力は看破できる。……あの体育館も違いそうだな(バスケの試合を主にやっている体育館の前を横切った)
        ロッジまで見たらそこからは一旦歩きだ。舞洲スポーツアイランドと言ったか。夏フェスの会場になるようだが、その辺りはここのバスは止まらないんだ
        -- 2023-05-16 (火) 20:15:36
      • (索敵は得手とするところ。魔眼を励起しあちこちに視線を配るが)
        (雑怪が沸きそうなちょっとした瘴気だまりが、ごく注意すれば散見される、と言った程度で)
        (それはつまり、ごく普通の人間の生活の場であると言ってよかった)
        量子力学が出てくると俺の理解のライン超えだすんだよな…。文系脳。
        とにかく殴れば死ぬのは楽で助かります。あとそろそろ尻が痛い
        (頷きつつ、バスに揺られる。むしろ早く歩きたい) -- 2023-05-16 (火) 20:23:43
      • 数学は嫌いな奴が多いからな、嫌気も溜まるってもんだ(違う)
        奴らが持ってるバリアをぶっ壊してやれば消え去るって事か
        (凱の説明を聞きながら)・・・この辺りの事詳しいんだな?下調べってやつ?(当日の記憶はないと聞いていたが) -- かなえ 2023-05-16 (火) 20:26:45
      • パラドックス……か。敵対的怪異なら殺す。だけなんだが。
        (相手の斥力を超える力を自分が出せるだろうか) -- 千歌 2023-05-16 (火) 20:29:35
      • 無論下調べはした上で来ている。何処に何があるか分からんまま調査しても見逃す部分が出るだろう
        もしかしたら、記憶が繋がってないだけで奥底では覚えているのかもしれんがな。……やはり試合もやってないと人影は少ないな(住宅の類は殆ど見られず、人影は疎ら)
        -- 2023-05-16 (火) 20:30:02
      • がーんばれッ! がーんばれッ! こんにちは、索敵応援係の西条灯華です。
        (スマホで自撮りして喋る。二本の短い棒状の物が2本。そして拳銃で武装していた。)
        凱としきみんが真面目にやってるのに俺の出番があろうか? いやない。(キリッ) パラドックス未体験の人は凱の説明をきちんと聞いておけよ〜
        出番までは気を抜いて耳を澄ませておくさあ…(窓を開けて風に当たっている。) -- 灯華 2023-05-16 (火) 20:30:47
      • つまるところ、鎧ごと叩き切れば良い…という事のようだが、相応の防御力は有していると考えるべきか(手元のムービーカードに視線を落としながら)
        徒歩…どれほどの距離を歩くか分からんが、水分補給は忘れるべきではないな。外は暑くてかなわん…
        -- 残月 2023-05-16 (火) 20:30:53
      • 完全な実体の無い連中はそういうとこ不便だね、死に難い分死にやすいっていうの?ガスボンベみたいな構造していらっしゃる。
        まあとはいえボンベの部分を壊せば良いだけだから実に話は単純だ、いつの世もカラテよ、カラテを極めた奴が上に行く。
        (外を眺めるでもなく足を組んでのんびりしている、ただやる気が無い訳ではなくその「耳」はフル稼働させてはいるが。)
        (((昔から概念系の妖怪は珍しい種類だったが居なくはなかった、だがそれが増えだす辺りは時代の変化を感じるよね。))) -- 御影 2023-05-16 (火) 20:34:28
      • あ、梨月ちゃんの親戚の人。どーもでーす(と軽い感じで残月にご挨拶)梨月ちゃんにはお世話になってまーす(遊んで貰っているとも言うが)
        …しかしこんな所にいるんだねパラドックス。数学とか物理とかもー全然だけど…物理でなぐる、これがいけるなら…いける! -- キミ 2023-05-16 (火) 20:34:49
      • 駅で水分買っておけば良かったな。これほど普段人影がないと自販機の一つも期待出来んかもしれん……(バスは空調が効いているが、外は灼熱) -- 2023-05-16 (火) 20:34:58
      • …臥待月残月だ。逆に梨月が迷惑をかけているのではないか、と思うが…話は少しだけ聞いている(キミに対し、短く名乗り)
        戦わずして熱中症で倒れるなどしてくれるなよ?(水筒の準備は万端…なんと竹製だ) -- 残月 2023-05-16 (火) 20:40:03
      • 水分か……役ちゃん鬼いちゃん達に買ってきてもらってみては? 酒買ってきそう? 途中で自販機あってもこの暑さだと売り切れまくってそうだな〜 -- 灯華 2023-05-16 (火) 20:40:30
      • 我らが文明を怪異に貶めるなんてほんとに困ったやつだよね
        実物は見たことないけど資料は読み込んできたから何か見つかるといいんだけど―ー…
        あ、飲み物なら探索リュックにポカリが何本かあるよ いる? -- つばさ 2023-05-16 (火) 20:42:53
      • (カロリーメイト食べなが水ごくごく飲んでる。あらかじめ補給しておくつもりらしい)
        (背中にデイパック背負ってるが、中身はほぼほぼ食料品)
        まぐまぐ…ん〜難しい事考えずに攻撃すればいいってのは助かりますね
        面倒が無くていいや -- 創真 2023-05-16 (火) 20:43:09
      • 飲み水はいくらでも作れるから必要になったら言って欲しいな。
        容器は作れないからペットボトルは捨てないこと。
        (水属性の便利さを遺憾無く発揮) -- 2023-05-16 (火) 20:46:46
      • 俺にもくれ。(ペットボトル飲み干し樒に差し出した) -- 2023-05-16 (火) 20:48:10
      • すぅ………すぅ……(いよいよ来週に迫った決戦、日本高校選手権に向けた猛特訓の合間に駆けつけたのもあって爆睡している) -- しらせ 2023-05-16 (火) 20:48:14
      • いえいえ!梨月ちゃんが迷惑なんてそんなことないよ!臥待月でも一位の強さって聞いてるよ、頼もしいね!(と笑顔を向けつつ)
        灯華先輩……特に危機的でもないのにそんな使いっぱしりさせたらあいつら機嫌悪くするよー(と苦笑し)
        それに今は"ここ"に居るし、そういう意味でもびみょーかな(胸の紋様に手をやり言う。まあバスから飛び降りて行って帰ってくらいは出来るが、多分おこる) -- キミ 2023-05-16 (火) 20:48:19
      • あ!それじゃつばさ先輩ポカリ一本頂戴!……修羅場の時に飲み飽きた感はあるけど(とおいめ。閑話休題である) -- キミ 2023-05-16 (火) 20:49:23
      • 水は作れますよ、私のお手製なんで他の人の体に良いかは判断つきかねますけどね?体がブクブクに膨れてピンクの丸い怪物になるかも。ペポォ!
        (御影の指先で水が丸くふよふよと重力を無視して浮いている、神通力の操作に随分と慣れてきている証拠だ。)
        (((それだけ人の在り方は悪に偏っているという事だろう、そう在り方を定めているのも人だろうけどね。だがそれは悪い事ではない、エネルギーは多ければ多い程本来は良いんだ。)))
        (難しい事を考えていらっしゃる、…まあお爺ちゃんの世界がどうなったかを考えると仕方ないかもっすね。) -- 御影 2023-05-16 (火) 20:50:43
      • 了解(ペットボトルに向けて何事か唱えると、底の方から湧き上がるようにして飲み水で満タンになるぞ)
        水系の術師としては自前で水を用意できないと話にならないのであった。 -- 2023-05-16 (火) 20:51:14
      • (ロッジの付近にバスはたどり着くが、やはり凱は首を横に振る)仕方ない、降りるぞ(停車ボタンを押して申告)
        (全員分の料金を支払い、バスを降りれば舞洲は夏の熱気に蒸しかえっている)暑いな……(爽やかな装いの夏服を持ってしてもうだるような空気)
        (それでもまだ日が登り切る前に来たのは幸いだったか 後の予定の事を考えればできるだけ早く済ませたい)
        とっとと済ませて昼飯ユニバーサルシティで食べてUSJ行くぞ。マヒナも待たせてるんだからな(それは空気を弛緩させるためではなく、生き残る意思を示す為に)
        -- 2023-05-16 (火) 20:51:43
      • 21:00頃植え替えます -- 2023-05-16 (火) 20:52:00
      • ああ。行こう。(とか言いながらちょっとだけ乗り物酔いしていた) -- 千歌 2023-05-16 (火) 20:52:42
      • こんなに水作れるマンがいるなら次からポカリ粉末でいい気がしなくもないなー はいキミちゃんどうぞ
        ニンジャの怪しい水は飲みたくないからやっぱり携帯しようっと。 -- つばさ 2023-05-16 (火) 20:52:57
      • 怒られちゃうか〜じゃあしゃーないな! しきみん水、ニンジャ水、色々あってみんな水(要出展)
        これ真夏デバフがかかるの一番苦しそうなの海道さんだな? よし下りて頑張りますかー…ウワーッアツイ! カエリタイ! -- 灯華 2023-05-16 (火) 20:55:20
      • ちぇー、見つからないから降りるってこと?(凱に続いてバスを降りる)うわ あっつ…!!
        USJのためにも余裕をもって倒さないとねー -- つばさ 2023-05-16 (火) 20:55:46
      • しかし USJ×人数分とか 凱せんせぇはなかなかのお大臣やなぁ -- 片刃(カタノハ) 2023-05-16 (火) 20:56:08
      • 海道大丈夫か?……キツイなら多少休み休みでもいいぞ(人魚である彼女にこの陸の暑さは堪えるだろうと、気にかけてやる) -- 2023-05-16 (火) 20:57:00
      • むしろお風呂でも入れられるのでは…?(山伏は訝しんだ)ありがとーつばさ先輩!(こくこく、と二口ほどポカリを飲んでにっこり)
        っと、ここで降りるんだね、りょーかーりょーかい(いいつつ降りて…うわぁ、あつぅ…(げんなり顔になった) -- キミ 2023-05-16 (火) 20:57:05
      • 水分補給の心配は要らぬ、か。 これで暑さもどうにか出来る者がいれば文句は無いな…では行くか… -- 残月 2023-05-16 (火) 20:57:11
      • ンン…着いたのか?(ぱちり、と目が覚めてあたりの景色を見回す 気だるさを払うように大きく伸びをして、一行に続きバスを降りていく) -- しらせ 2023-05-16 (火) 20:57:24
      • (降りるなり日傘を展開するぞ。メンズのくせに!) -- 2023-05-16 (火) 20:58:22
      • くわっはははは!我が神通力に満ちた水だから耐えられれば多分体に良いぞ!知らんけど!
        成る程これはまた…(バスの外に出てむわっとした空気を浴びればあっつーと手で顔を仰いで。)こういう時黒い眼帯が恨めしいなぁ。
        まあいいや人も殆ど居ないみたいだし取っちゃおう。(しゅるりと外せば青い瞳が外を見る。)ハハハなんて歪だ、気は歪んでるのに見た目はこんな小綺麗とはね。 -- 御影 2023-05-16 (火) 20:58:24
      • どうってこたぁねえさ それより手前の心配をしな(スポドリ持参で水分補給に不安はないらしい ☆型のグラサンをかけてニッと笑った) -- しらせ 2023-05-16 (火) 20:58:46
      • はい了解。あち〜(相変わらず何かしら物食べながら、頭に氷嚢を付けて歩き出す) -- 創真 2023-05-16 (火) 20:59:31
  •   -- 2023-05-07 (日) 01:13:26

Last-modified: 2023-06-07 Wed 00:33:50 JST (107d)