WaG/0004

  • ''黄金歴435年5月 ガーベラ・サクラケーキ:戦死"" -- 2019-07-03 (水) 01:07:50
    • 死因は失血、ならびに衰弱と見られる。死体は無残な状態だったとだけ報告された。
      なお、遺品として巨大な魔剣、衣装の一部、等が回収されている。
      -- 2019-07-03 (水) 01:09:43
      • (墓碑に立てかける一枚の色紙。白紙のそれは誰かのサインを書いてもらうためにリーゼルが準備し、そして永遠に叶わなくなったもの)
        ガーベラおねーさん……(泣きはらした後のある瞳を閉じて)……悲しいですね。戦争とは…もっといっぱい話したかった。貴女の歌を聞きたかった…。
        (エルフに伝わる死者を弔う祈り。静かに胸に手を当てて)……敵は取ります。必ずこの戦争に終止符を。…おねーさん、またいつか。きっとずっと、もっと未来で。(静かに立ち去る) -- リーゼル 2019-07-03 (水) 20:40:02
      • ガーベラさん……悼みます…貴女の分まで戦うわ。(涙を流して)貴女の歌が好きだった…… -- ステーシー 2019-07-03 (水) 21:24:15
      • あー…そうっすか(ガシガシ頭をかいて)
        そうなっちまうっすか…(魔剣に軽く触れ、溜息一つ)ままならねえなあ…(ハンドポケットで戻って行った) -- グリード 2019-07-03 (水) 22:08:46
      • …そん、な。…あんなに元気に…歌って…楽しそうに…してたじゃ…ないですか(しかし…鮮やかなな桃色の布切れ、その色こそは見知った彼女のもので)
        いちごジャムを…作ろうって。春になったら…また………(うつむいてぐっと何かを堪えるように耐える。やるせなさが胸を埋め尽くしてどうしようもなくなる)
        ……うん、諦めないよ。絶対に、勝ってみせる(ぶんぶんと強く首を振って、彼女の衣装の切れ端を前に無理矢理にでも笑顔を浮かべて笑う)
        (広場で聞いたライブ、彼女の上げた、おたけびとも言えるような応援の声を思い出し)だから…ゆっくり休んでね。僕らのアイドル(静かに…その場を後にした) -- トリム 2019-07-03 (水) 22:49:59
      • (松葉杖をつき、左手にギプスを嵌めた姿)いつか地獄で逢いましょう!(敬礼の後、天に向かって吼えた)
        ……うーん? いや、地獄にも居ない気がするなー、ガーベラお姉さんは。どこに行ってしまったんだろう -- ヘリオ 2019-07-03 (水) 22:56:29
      • 先日の貴様の歌な、私も聞いていたよ。
        実に愛らしく歌うものだと感心したし、恥ずかしながら憧れもした。笑えるだろう?この私がだ(肩を竦める。その笑みはどこかぎこちなく)
        ……せめて忘れるまい。貴様はまさしく戦場の華であった。必ず、必ず勝利を手向けてやる。(深く長い祈りを捧げて、その場を辞した) -- ディートリンデ 2019-07-03 (水) 22:59:01
      • お嬢ちゃんの歌は耳に馴染むんで好きだったんだがねぇ…同じく獣を宿すからか、まあ単に俺がミーハーなのもあるんだろうが
        それでも人の側に立って歌う姿は俺にはない強さだった、その気高さには中々に胸を打ったよ
        (かつて渡した花束よりも更に色鮮やかな大きな花束を墓碑に添え)真面目に再デビュー…期待してたんだがね -- ヤークート 2019-07-03 (水) 23:19:44
      • 死んだ後にも愛ってヤツは残るみてえだぜ、なあ…(人の命がゴミみたいに消える戦場だってのに悼む者が後を絶たない、なるほどこれがコイツの言ってた愛ってヤツなのかもな…なんて) -- グンター 2019-07-03 (水) 23:25:49
      • あるいは貴女の力になれたのかもしれない。僕は(なにやら察していた様子の禁呪使い)…でも
        闇をどれだけ濃くしても、あの日貴女が見せてくれた光にはきっと及ばないね(いつかのように指先から花を出す。幾本も、止めどなく。やがてそれはひと抱えの花束になる)
        会えてよかった。…さよなら -- オードック 2019-07-03 (水) 23:51:02
      • (じっと自分があげた魔剣を眺めるのりかず)
        (╹v╹)
        (戦果報告のアレコレからきちんと譲渡証明して遺品の魔剣を譲り受けるのりかず)
        (╹v╹)⁾⁾
        ヽ(╹v╹)ノ -- のりかず 2019-07-04 (木) 00:27:46
      • 平時に、ガーベラ殿が歌う姿を見たかったのだ…(包帯だらけの身体を引き摺り、墓前にドッグフラワーを供えた)
        だというのに、現実はあまりに…酷いのだ…。 お互い生き残ろうと、言ったではないか…
        わたしは、そろそろ行くのだ…まだ、歩みを止めるわけにいかないゆえに……そこから、皆を見守っていて欲しい…(ザーラ式の敬礼のあと、杖をついて去った) -- コルネリス 2019-07-04 (木) 03:37:56
      • ううっ、ガーベラざぁん……なんで、なんでなんですかぁ……折角あんな素敵な、歌、聞けたのに……
        これからもっと、聞く事出来ると思ったのに……(ぐしぐしと目と鼻を何度もぬぐって)ぐすっ……あれが餞別なんて、悲しすぎまずよぅ…… -- ピオ 2019-07-04 (木) 21:34:40
  • − -- 2019-07-03 (水) 01:06:33
  • − -- 2019-07-03 (水) 01:06:24
  • (頭上にお返しのオリーヴオイルの入った瓶を持ち、ガーベラ背後から忍び足で近寄る。気配は消しているんだろうけど、なんか獣臭いのでバレバレではある) -- ヘリオ 2019-07-02 (火) 11:01:21
    • あー…痛たたたた…(部屋の入り口前。箒を手に玄関前の掃除をしている)
      (今月はゴブリン司祭の魔術により苦戦させられ、あちこちを負傷し、包帯を巻いていた)
      (そんな身体の不調と、普段はあまり気を張っていないという呑気さもあって…)んー?なんとなく動物臭いような…。
      誰か兵舎の中で豚とか飼ってるんじゃねーだろうなー?
      (そんな事を呟いて、立ち並ぶ兵舎の別の部屋の方を眺める)
      (背後から忍び寄るハリオの気配には、まるで気付いていない様子だ)
      (//申し訳ないけど、死んだので会話カットでお願いいたす)
      -- ガーベラ 2019-07-02 (火) 19:35:19
  • 愛があるかどうかは知らねえが、もらったモンのぶんにはなるか?(とれたてのお肉の塊を背負って訪問、シカ でし た ) -- グンター 2019-07-01 (月) 23:05:50
    • いらっしゃい、グンタ―さん。愛はどこにだってありますよ。
      もちろん、ここにもです!(近寄り、グンタ―の胸を指差す)て、おお、これはまたどっしりとしたお肉…!
      この鹿は狩ってきたのですか?
      -- ガーベラ 2019-07-01 (月) 23:15:37
      • はは…(このグイグイくる感じ…またも気圧されている…さすがのグンターも苦笑いである)
        ああ、狩場も減っちまってそんなに捕れねえがな…(なんせ戦争中、焼けるだのなんだのは日常茶飯事で自然も荒れ放題…だが悪く思うなと日々の糧の足しにしている…)
        一番迷惑してんのは、こいつらなのかもな…(人間と小鬼の戦争に巻き込まれた上に文字通りの食い物にされて…同情ではないが、諸行無常だとかそういうものを感じずにいられない)
        いけねえ、せっかくの肉がマズくなっちまうな…(足一本分はありそうなお肉の塊をそちらにわたして) -- グンター 2019-07-01 (月) 23:36:51
      • 恋愛はもちろん、親子愛、友情、師弟愛、慈愛、愛のカタチは様々ですから。
        って、う…、そ、そうですね。ゴブリン領が広がるに連れ狩り場も減ってきてます…よね!
        (何か誤魔化す様に笑いながら同意する。…実は今月、小さな森をひとつ薙ぎ倒してきたのだ)
        まあ、人間としてはどのみち狩猟もしなければなりませんけど、それはそれとして
        そろそろ戦争にも終結してほしいところですね。街でのんびり美味しいものも食べたいです。
        (どさっと渡される脚一本分の鹿肉。しかしそれを軽々と受け取って)
        ありがとうございます!これでたっぷり体力をつけて、冬を乗り切りますね!
        -- ガーベラ 2019-07-01 (月) 23:48:14
      • なおさら縁がねえ…(そういうもんとは真逆の殺し愛…いやなんでもねえ、と思いついたことを自分でもないなと目をそらしつつ)
        あぁ?(グイグイきてたとおもったらなんかギクシャクしだすガーベラに首を傾げ)
        そういうのもいい、のかもな。(街で堂々と飯を食う…戦で活躍し信用を得ればそんなことを俺たちもできるだろうか…?なんて思いつつ話を聞き)
        おう、小鬼のまえに冬将軍に殺されるなんてシャレにならねえ。(エネルギー補給して戦って…皮肉なことにすさまじく生きるって闘いをしてる実感を得つつその場を後にする) -- グンター 2019-07-02 (火) 01:56:02
      • きっと自分ではそう思っているだけですよ。中々気付かないものです。
        (難民キャンプに人を集め、その人らと共感をもって暮らしている人物だ。それが無いわけがないと自信たっぷりに返す)
        ええ、何をするにせよ、まずは美味しいごはんです!まあ別に街でなくともいいのですが
        やはり、人と物が集まる場所のほうがお料理も多彩ですからねー。
        せめて年内に戦争を終えることが出来るよう、頑張っていきましょー!
        (何か生き生きとする目の輝き。そこに更に激を飛ばしつつ見送った)
        -- ガーベラ 2019-07-02 (火) 19:31:04
  • …む!これは…ちょっと重めの差し入れになっちゃうかな?(がさり、と片手に紙袋を抱えてやってくる。見ればその中にはドーナツ、桜色のストロベリーリング)
    ガーベラさんの衣装に合わせてみたんだけど、大変なようなら無理して食べなくてもいいからね(しかし改めてよく見てみれば…結構露出高いなこの衣装!などと思いつつ紙袋を置いた) -- トリム 2019-07-01 (月) 23:13:01
    • トリムさん、ようこそ。差し入れならいつだって歓迎ですよー。
      なにせ、最近は普通の食べ物も手に入りづらくなってますからね。あのエルフでなくともはらぺこになります。
      (言いながら紙袋を受け取って中身を見る)おお?これはピンクのドーナツ…?あ、なるほどイチゴなんですね(匂いでわかった)
      いえいえ、お心遣いを無碍になどできません。これはゆっくり食べさせていただきますね!
      (露出も高く、戦にはとても向かない服装。しかし寒さ耐性のある北の蛮族ゆえへっちゃらだった)
      -- [[ガーベラ>WaG/0004℞]] 2019-07-01 (月) 23:19:37
      • この前王女様から臨時の褒賞が入ったしね、僕もこの辺りの粉屋にはだいぶ顔が利くようになったし、まだどうにか、ね。
        うん、いちごミルク風味の甘酸っぱいチョコのコーティングだよ、そう言えばガーベラさんって何か好みの味とかあったのかな?まあ今回は先に作っちゃったけども。
        (直視するには少々…いやだいぶ目に毒。加えてアイドルである彼女を汚してしまいそうで、まじまじと見るのは躊躇われたが)
        ……もしかしたらマフラー、なんてのの方がよかったかもかな?でも流石にそれはそれで違う意味で重いよね(などと苦笑し)
        まあ、現役の時はそんなの比較にならないようなヘビーな贈り物もらってそうだけど…カミソリだとか、貰ったりしなかった?(冗談半分でそんなこと言う) -- トリム 2019-07-01 (月) 23:36:12
      • うーん、休戦期に大量に買っておいた小麦粉も残り僅か。なんとか秋までもたせたいです。
        おお、それは美味しそうですね。イチゴもドーナツも大好きですよ!そうだ、また春になったらイチゴでジャムを作りましょう。
        (その時には持っていきますね、と言って笑み)マフラーですか。たしかに装身具や身に着けるものは重めですね。
        特に指輪やネックレス、イヤリングには、貴女を独占したい!なんて意味が込められますから。
        ええまあ、重いというかもうサイコな感じのものもありました。カミソリならまだしも
        特性の自作短剣とか、下着セットとか、そういうのも。
        -- ガーベラ 2019-07-01 (月) 23:42:25
      • きっと…その頃にはまた小麦も買えるようになってるさ、それでもいよいよ持たなそうだったらお勧めの粉屋を教えるよ(予感がある、戦いは激しさを増している。勝つにしろ負けるにしろ…長くはないだろう)
        それはよかった。ああ!いいねぇ、いちごジャムは何に使うにしろ万能だからね、パンは言わずもがなお菓子にもだし、お茶にもいい、楽しみにしてるよ(彼女の作るクッキーは美味だった、ジャムも美味しいだろう、と微笑んで)
        …え、そんな意味が。危ない、指輪は流石にないとしてもイヤリングくらいだったらちょっと考えてたかもしれない…ガーベラさんほど華やかで可愛らしい子に似合うイヤリングとか思いつかないけども!
        (ちょっと冷や汗。なにぶんその手の事に疎い青年だ、心のメモに覚えておきながらも)……あったんだカミソリ!?っていうかそれカミソリとか比較にもならなくない!?
        曲がりなりにも騎士団だったんだろうし短剣は千歩くらい譲ってまだしも、下着とか完全にセクハラじゃないか!どんな悪戯が仕込まれているかたまったもんじゃない!…ま、まさかとは思うけど、着たりはしなかったよね?(おそるおそる) -- トリム 2019-07-02 (火) 00:06:25
      • その時はお願いしますね。でもそうなる前にいい加減ゴブリン帝国をやっつけましょう!
        (ぐっと拳を握って意気込む。決戦の気運はガーベラも本能的に感じはじめていた)
        ええ、ジャムはパンに塗ってよし、クッキーと一緒にいただいてよし、そのまま舐めちゃってもよし、ですね!
        そして作るのも簡単です!(クッキーは焼くだけ、ジャムは煮詰めるだけ。そういった事はできた)
        ふふふ、まあ、あまり深く考えると何も贈れなくなってしまいますけどねー。
        それに大事なのは心です。相手の事を思えば何が似合うかも自然と分かってきますよー。
        (昔話はあははと笑って)それがもう、装備したら外れなくなる呪い付きだったりしますからね。どれだけ独占したいんだって話ですよ!
        なので着たりはしません。デザイン的にすごくかわいくて着たくても怖いですから!
        -- ガーベラ 2019-07-02 (火) 00:13:08
      • 次の年越しは…みんなで笑ってやれるといいよね。…うん、頑張ろう!(と背筋を伸ばす。今が正念場なのだ、と改めて気合を入れ直し)
        確かに(簡単さを強調する彼女にくすくすと笑って同意する)うちではいちご酒を作った後のいちごをジャムにしたりしてたね。新鮮なジャムとは一味ちがうジャムができるから、お試しあれさ。
        贈り物には結構意外なところに意外な意味があったりするからねぇ、流石にそれを全部気にしてはいられない、か(などとちょっと頭を捻って)
        ドーナツの意味……「貴方の身体をふくよかにしたい」みたいな。…ダメだねこれもセクハラだ(などと苦笑して冗談めかして肩を竦め)
        ……悪戯の領域を完璧に超えてる!独りよがりもそこまで来ると怨念になってない!?(と大いに驚いていたが)…でも…まあ、ちょっとだけ…ほーんのちょっとだけだけど…分からなくもないかも。
        ガーベラさんはいつも元気に、可憐にキラキラ輝いてる。そんな眩しい光みたいな存在が居ることを知ってしまったら、自分のものにしたくなる。…それが本当の意味では叶わずとも、君に、何かしらの痕を残したくなる。
        ある意味では…うちらの王女様みたいなものだよね、アイドルも大変だ(などと気遣うように言う顔には尊敬の念が籠もって)
        さて、それじゃ僕はそろそろ失礼するよ、くれぐれも気をつけてね!(そうしてひらひらと手を振り、去っていった) -- トリム 2019-07-02 (火) 00:40:46
      • ああ、いいアイデアですねそれ!皆で大きなお鍋でも囲んでにぎやかに(先日の芋煮を思い出す)
        おお、イチゴでお酒ができるのですか!まずはそこから調べないといけないですね。
        ふくよかにしたい、にはぶふぅ!と吹いて。それはセクハラというかただ太れという呪いですね!(と笑った)
        愛情も…というか愛情こそ、行き過ぎれば怨念になるのでしょうね。特に報われない愛情は。
        あー、ディートリンデ様は終戦後も大変になりそうですね。兄王様らの容態次第でしょうけど。
        (場合によっては、グロム王国の戦乱は続くのかもしれない、とちょっと憂鬱そうに)
        はい!ドーナツありがとうございました!トリムさんもお気をつけてー!
        -- ガーベラ 2019-07-02 (火) 00:49:00
  • んっ(色とりどりの花束を差し出す、この時期、この辺りでは見られない花々から内地から運ばせたようだ)
    ああそれと粉末コーヒーも持ってきたがいるか?濃く淹れると消化を助けてくれるぞ -- ヤークート 2019-07-01 (月) 22:48:41
    • ヤークートさんいらっしゃ…お、おおこれは…!!
      (どこのものだろう。この近隣でとれる野生の花々ではない事はわかる)す、すごいですね!本当に色とりどりで…!
      (思わず頬がゆるむ。思わず頬がゆるむ、花束を受け取ってそれを抱きしめる様に持ち)
      ありがとうございますヤークートさん!コーヒーは…
      (実は苦いのが苦手な子供味覚。でも消化を助けると聞いて)い、いただきます。
      お湯沸かしますね!(ポットに水を入れ直火にかける蛮族スタイル)
      -- ガーベラ 2019-07-01 (月) 22:52:55
      • 駐屯地に鉄火場に必要な物以外を運ばせたのは随分久々な気がするよ(喜ぶガーベラにこちらも満足げな柔和な笑みだ)
        だが、まあ、正解だったな。お嬢さんのそんな笑顔を見てると落っことしちまいがちな人間性を随分拾い直せた気がする
        (普段まるで様子が変わらず笑ってばかりの男だが戦争が長期化すれば多少険が増すのだろう、それが取れたと)
        おお?その様子だとストレートは苦手かね、なら粉と同量のたっぷりの砂糖で飲むといい
        オススメは書いてある3倍の量の珈琲の粉末と同じぐらいの山盛りの砂糖だ、胃も動けば気分も軽くなる -- ヤークート 2019-07-01 (月) 23:04:33
      • (長引く戦争でどこも物資不足。そんな中で異国の花束を取り寄せるのにはどれほど苦労するのか)
        (野蛮人の身ゆえ具体的な事まではわからなかったけれど、先月した話を覚えていてくれた、それが嬉しかった)
        ふふふ、大事にしてください。人間性。…人間性というものがガーベラにはまだわかりませんけど。
        (言いながら花瓶に花束を生ける。割合殺風景な兵舎の部屋が華やいだ)
        はい、ミルクもいれてお砂糖も…あれ?(くすっと笑い。甘いものでもたれていた胃にまた砂糖かと)
        ええ、でもせっかくですから少し苦めなのにも挑戦してみます。いつまでも同じではいられませんから。
        -- ガーベラ 2019-07-01 (月) 23:13:35
      • そうかい?危なっかしい所もあるにはあるが人間性に関しちゃ胸を張っていいと思うぜ
        人でなしの俺が言うんだから間違いない、ぎひひっ!(砕けて笑う男は人間性を指して言っているのだろう、それだけでも無さそうな含み方だが)
        (そりゃそうかとこちらも笑う)あれだな、良薬は口に苦しって事で頑張る方向もありだわな
        そうやって一歩進むのも大事な事だ…んっいかんね最近は妙に真面目な顔しちまう -- ヤークート 2019-07-01 (月) 23:25:17
      • ふふふ、人でなしですか?でもヤークートさんは今、人の、人間のために頑張っているのでしょう?
        (男がどこまで自分の事を言っているのか、どこまで此方の心を見抜いているのか、それは分からなかったが)
        (とりあえず、してやったり顔で言い返しておいた)
        ええ、こうして気遣って持ってきてくれたコーヒーですから、きっと美味しいに決まっています!
        そうですね。戦争なんて事を続けているとどうしても真面目になってしまいます。
        こんな時こそ、もっとふざけてもいいとは思うのですけどねー。
        -- ガーベラ 2019-07-01 (月) 23:32:39
      • おっとそう言われると今はちと弱い、いつもなら金の為さと言い返せるんだが
        (人間の為であるかは兎も角として相応にこの戦争に関わる理由は持っているようだ)
        (その為かしたり顔に対して苦笑で返す)
        ついでにそこまで真っ直ぐ言われると胸がチクチクするんでこいつも人間性だなぁ!(不味い水を誤魔化す為の戦場用の珈琲)
        となると…重ね重ね言うがあれじゃないか、ライブの一つもあるといいと思うんだがね?
        リーゼルなんかも喜びそうだし(そんな事を言いつつ珈琲を楽しんでいったという) -- ヤークート 2019-07-01 (月) 23:41:01
      • そんな顔をしないでください。別にバカにしてるわけではないです…と言いますか
        むしろ、感謝してますからね。戦争そのものに詳しくない身としては、ベテランの経験と知識はすごくアテにしてますし。
        (続いてなにか照れた様な、バツの悪そうな顔を見るとくすりと笑み)
        ライブですか。アイドルとして復帰してからと言いたいところですけど…望む声が多ければ、ですかね。
        あとはまあ、それをしている余裕があるかどうか、もありますけど。
        (等と話しながら淹れたての珈琲を楽しむ。いや、珈琲に挑んだ)
        (そして結局、にがあじには勝てず砂糖とミルクをたっぷり入れたのだった)
        -- ガーベラ 2019-07-01 (月) 23:58:50
  • なんかでろってるっす?ホワイトデーのお返しに手作りペンダントをどうぞっす
    (シンプルな星の形をしたペンダント、一応は純金のそれを見せ) -- グリード 2019-07-01 (月) 21:58:54
    • あはは、ちょーっと甘いものの食べ過ぎでして(自分の胃のあたりをさすさす)
      いらっしゃい、グリードさん。…て、おお、それは…
      (見せられたペンダントを見詰める)金色の…星。(それだけ呟き、数秒言葉を失くす)
      素敵ですね!しかも手作りですか!?鋳金の技術まであったなんて…すごい!
      でもいいんですか、クッキーのお礼にそんなすごい物をいただいてしまって。
      -- ガーベラ 2019-07-01 (月) 22:03:55
      • あー、バレンタインデーにモテ男子がなると言うあれの女子版と言う事っすか…よく別腹って聞くっすけど甘いものだけだと別腹しか使えねえっすからねえ
        いつまでも色あせない金のスター…つまりアイドル、ガーベラさん向きって事っすね!
        加工の方は昔取った杵柄…と言う事になるんすかね
        そりゃもう、砂金集めからやってるんで材料費こそはかかってねえっすからね、盗品を送るのも…と言うんで手作りで申し訳ねえっすけど
        最後の加工がこれからなんすけど…ガーベラさんって俺の能力知ってたっすかね? -- グリード 2019-07-01 (月) 22:09:59
      • ふふふ、でもガーベラは太ったりはしませんけどね!(くびれた腰に手を当てていばり)
        ええ、夜空に煌く一等星はいつだってアイドルを、アイドルが掴みたいものの象徴です!
        (真上に手を伸ばし、何かを掴む様な仕草をして笑み)おお、泥棒だけしてたわけではないんですね。
        (であれば、目の前のペンダントも本当にただ手から出したという物ではないのだろう)
        って、さ、砂金から…?またそれはそれでえらく地道ですね!?
        最後の加工、ですか?その手から何か…主に食べ物を出せるのは知ってますけど。
        -- ガーベラ 2019-07-01 (月) 22:18:27
      • いやっほう流石ガーベラさんっす、一部の油断もねーっす!でもふくよかだったり腹筋が6つに割れてたりしていても…アリっすね
        俺にとっちゃガーベラさんは(当時から)ずっとアイドル一番星っすけど、アイドル当人の一番星はもっとでっかく輝いたところにありそうっすからねえ…
        そうっすよー、ドブ掃除とか砂金からアクセサリ作って露店で売ったりとか…靴磨きは踏み倒されたり蹴り飛ばされたりするからあんまやんなかったすねえ
        砂金以外の金がどうやってあるのかよく知らねえんで…(金鉱石とか何とか、そう言う知識は特にない…あっても採掘などが出来るかは不明だが)
        食べ物と言うか…願ったものを取り寄せるっすかねえ、あんまり重いもんは無理っすけど… -- グリード 2019-07-01 (月) 22:26:06
      • ふ、腹筋!?そういうシュミもあるのですか…。いやまあ割れてはいませんよ?
        ええ、アイドルと言っても沢山いますし、ピンキリでもあります。
        そして星の、スターの称号を頂けるのは文字通りのトップスターだけなのです。
        露店に靴磨き。ご苦労なさったのですね(それでも食えずに盗みに走った、という事を思うとその苦しさは想像の外だった)
        うーん、ガーベラも埋まってるくらいしか分からないです…(かつて金銀財宝は奪うものだった)
        ふむふむ。…それで、その力でどう加工するんです?
        (いまいち、装飾品の加工とアポート能力が繋がらず、目をぱちくり
        -- ガーベラ 2019-07-01 (月) 22:31:41
      • 趣味って言うか…なんすかね?スポーティーな感じがしてよいと言うかっすかね…陸上選手的な奴っすよ
        地下アイドルってカテゴリーを初めて聞いた時は如何わしいもんだと思ってしまった位っす…
        トップスターになるには何年か積み重ねた実績もないとっすね、いくら人気が出ても一発屋で終わってしまったらトップにはなれねっす、ガーベラさんなら行けるっすよきっと!
        力のある大人の食いもんにされるようなのがガキの定めだったっすからねえ、逃げる事も出来ずに堪えるばかりだったっすがそれでも死なずに成人できたのは上々っすよ
        前にちょっと言ったガーベラさんが命の恩人ってのはそこん所っすね、死んだ方がマシなんじゃねえかって思ったりした頃にガーベラさんを見て、もうちょっと生きようって思ったっすから
        と、加工の話っすね?加工と言っても形状を変えたりするわけじゃねえっす、おまじないみたいなもんっすよ
        こうやって…むっ、掴んだっす!(宙で握りこぶしを作る、何かを取り寄せたらしい) -- グリード 2019-07-01 (月) 22:40:31
      • ああなるほど、運動選手の鍛えぬかれた体はとても美しいですからね!
        そういうローカルなアイドルでも、ファンが居てくれて、自分をアピールできる場所があればそれも立派なアイドルです。
        もっとも、そのアイドルである自分を維持できるかは…うぐ(所詮は自分も落ちぶれた身、ブーメランが刺さった!)
        力ある者が、弱い者から奪い取る。それは世の定めですけど…される側は…つらいですよね。うう…(また刺さった)
        そう言ってもらええると、ガーベラとしても生きていた意味があるというものです。
        歌ったり踊ったり、それ自体はただの芸にすぎないですけど、それを見た誰かの力になれば…
        力になりたいという思いが届くのなら、アイドルというものにも価値はあるのでしょう。
        おお、ここでするのですか!何が起きるのでしょう…!?グリードさん、何かを掴んだようですが…!
        (まるで実況するかの様に語りながら、しかし何が起こるのかとワクワクと見詰める)
        -- ガーベラ 2019-07-01 (月) 22:49:07
      • ボディビルダーみたいになると流石に…敗北感が強そうっすからその手前までならいい感じっすねえ
        地下アイドルの場合はライブ会場とかっすかね
        アイドルがアイドルであるためには…深い言葉っす…大丈夫っすか!?
        辛いって言うかそれが当然だと思ってたっすからねえ、辛いとか苦しいって言うより生きてる意味あるんすかね…みたいな達観つーんすかね、そう言う気分に近かった気がするっす
        また見たい、また会いたい、だからこんな所で終われない!って…ムショで狂わなかったのもそのおかげかも知れねっすね
        ゴブ退治して自由を勝ち取ってからと思ってたガーベラさんがここに居るじゃねーっすか!ってなったのは笑い話みたいなもんすけど
        今俺が取り寄せたのは「栄光」っす、形も重さもないけど今ここにあるっす
        この栄光をペンダントに…重ねるっす!(概念を手繰り寄せる、真にそれが出来ているのかわかるものではないが…)
        あはは、まあおまじないみたいなもんすかねえ、これで完成っす、アイドルとしての栄光を目指すかの如く、永遠不滅の黄金の輝きを持った栄光の星…と言う事っすねえ(どうぞ…とペンダントを差し出して) -- グリード 2019-07-01 (月) 22:57:02
      • ボディビルダーさんらはある意味芸術家ですから、アスリートとはまた別な感じですね。
        え、ええ、大丈夫です。ガーベラはいつだって大丈夫で頑丈ですので…!
        ああ、わかります。生きるための事だけをしていると、急に虚しくなってきたりするんですよね。
        人間の性と言いますか、どうしても意味や異議を考えてしまう。ガーベラもそんな時があって…
        (目を細め、ちょっと懐かしそうに)そんな時、初めてアイドルを目にして…憧れたんです。
        ガーベラの場合は、また見たいではなく、ああなりたい、でしたけどね(えへへと笑う)
        え、栄光…ですか。またすごいものを引き寄せましたね!?ふふふ、これはおまじないに負けないよう頑張らないとですね!
        (言って、グリードの目の前まで近付くと軽く屈む様に頭を前に出し)付けてください。栄光の星を。
        (手で受け取りはせず、着けてくれる事を要求する)
        -- ガーベラ 2019-07-01 (月) 23:07:51
      • なるほど芸術家とはよく言ったものっす、肉体の美を突き詰めた存在なんすねえ…筋肉もさることながら脂肪を落とさねえと筋肉が目立たねえって命削ってるっすもんね
        ガーベラさんにとってもアイドルとの出会いは人生の分岐点だったんすねえ、ああなりたいと思ったのはやっぱり女の子だからっすかね!
        男の子な俺はなりたいとはさすがに思わなかったっすからね、なりたくないって言うか…想像つかネッすから
        了解っス、未来のトップスター、ガーベラさんに栄光の星を授けるっす!(チェーンの接合部を開き、ガーベラの首元に手を回して…ハタと気づいた)
        (やっべえっす!ボリューム感のある果実が大接近して…おちつけ、おつつくっす、噛んだっす)
        (とかなんとか葛藤しつつも深呼吸して落ち着き、首にチェーンをかけ)ちょっとうらやましいっすね(大きく開いた胸元に輝く星の位置を羨む) -- グリード 2019-07-01 (月) 23:20:32
      • はい。見せるために体を作る、と言う点ではアイドルもビルダーさんに近いですね。
        (自分の場合は本当に造った肉体だけれど、と内心で自分にツッコむ)
        ああなるほど、そこは男性と女性で感じ方が違うのですね!実は先日、リーゼルさんに
        アイドルに興味があるならなってみてはどうか、と勧めたのですけど、断られてしまったのです。
        (目を閉じ、首にネックレスが着けられるのを待つ。首筋に触れるチェーンの冷たさが心地よかった)
        (そしてペンダントヘッドの微かな重みが首にかかると、着け終わったのを察して目を開け)おお、綺麗です。ありがとうございます!
        (星のペンダントヘッドを掌に載せて微笑む)大事にしますね、本当の星になれるその時まで!
        -- ガーベラ 2019-07-01 (月) 23:27:02
      • む…(ガーベラさんのグラビア…!とか想像してしまったり)ビルダーは歌ったり踊ったりしない分、鑑賞特化型なんすねえ
        男性アイドルなんてもいるっすけど、そう言う人はどういう経緯でなるもんかよくわかんねっすね…男性的にはモテたいがあるとは思うんすけど…
        リーゼルの場合はアイドルって言うより子役になりそうっすねー、でもエルフから見たら子供には見えなかったりするんすかね?その辺よくわかんねえっすね
        応援しているっすよ!当時から今、そしてこれからも…俺はファンっすから!復帰したら休止している過去のファンたちもきっと再動するにちがいねっすね
        いつかトップアイドルとして君臨する事を願って…っす、それじゃあ俺はこれで! -- グリード 2019-07-01 (月) 23:33:19
      • ええ、でも動きはしなくてもポーズは獲りますよねビルダーさん!(力こぶを作るフリをして笑う)
        経緯は謎ですね。男性でも煌びやかな世界にあこがれる人もいるでしょうし。
        リーゼルさんは見た目はまだまだ幼いですけど、あれで知識量などはかなり凄いですし
        それに最近は、精神的にもすこしだけ大人っぽくなってきている様ですよ(ふふっと笑う)
        ありがとうございます、グリードさん!これからも応援してくださいね!
        (一度頭を下げて手を振って見送る。そして――)
        -- ガーベラ 2019-07-01 (月) 23:53:03
      • (――そして、グリードが去った後であらためてペンダントの星を眺める)
        スター、か。もう一度輝くためにも頑張らねーとな。だけど…
        (だけど、それはもう自分のためだけではない。それがほんの数人であろうと)
        (自分を見てくれる。自分の歌を聞いてくれる。心配して、応援して、共に笑ってくれる)
        ファンのためにも、な(呟いて、栄光の星をぎゅっと握りしめた)
        -- ガーベラ 2019-07-02 (火) 00:03:33
  • ガーベラ殿、クッキーは美味しく頂いたのであるっ して、そのお返しを持ってきたのだっ!(ラッピングされた箱を差し出す)
    今は戦場の…とはいえ、アイドルに食品系の差し入れは大丈夫なのであろうか?(中身は世話係に作ってもらったマドレーヌだ) -- コルネリス 2019-07-01 (月) 19:07:22
    • いらっしゃい、コルネリスさん!甘々のクッキーでしたがお口に合ったのなら幸いです!
      (差し出された箱を受け取り、おお、と驚く)本来は食べ物はNGですけど、ガーベラはあくまで元、ですし
      それに信頼できる方からのプレゼントはまた別の扱いですよー。さて中身は…
      (笑みながら包みを解いて箱を開ける)おおお…美味しそうですね!
      -- ガーベラ 2019-07-01 (月) 20:10:27
      • ふふふ… 甘いものは好きであるゆえ、バレンタインでなくとも歓迎なぐらいであるっ
        たまにおやつで作ってもらっているものなのだ、なので味は保証するのである!
        もしもガーベラ殿がアイドルに返り咲いた暁には、こういった事も難しくなる…となれば、これはレアな体験であるなっ -- コルネリス 2019-07-01 (月) 20:45:03
      • よかった!ここの皆さんの好みまでは把握してませんからねー。それにお菓子やお砂糖は最近入手しづらくて。
        (戦時中ゆえの物資不足は、街での個人的な買物にも暗い影を落としていた)
        マドレーヌですね。どれ、ちょっと失礼しまして…(マドレーヌをひとつまみ千切ると口に運び)
        おお、このしっとりかつもふもふとした食感!たっぷりバターにアーモンドの香りが効いていて…
        とても美味しいです!(食レポのごとく喋りながら食べ、サムズアップ)
        ふふふ、もしそうなったとしても、ここで共に戦った皆さんは特別ですよ。
        -- ガーベラ 2019-07-01 (月) 20:50:26
      • 休戦期間中に入ってきた分では、到底足りないのであるな…闇市ならば売っていても、高価なのであるっ
        おぉ、分かってもらえたであるかっ!微かなアーモンドの風味がわたしも気に入っているのであるっ(うんうん、と深く頷く)
        戦友、とでも言うべきであろうか…戦後もまた、こういったやりとりができるよう…お互い生き残らねばなのだ -- コルネリス 2019-07-01 (月) 21:06:42
      • 闇市も含めて甘あじは高くなる一方ですねー。まあ季節的な都合もあるのでしょうけど。
        はい、マドレーヌにも色々ありますけどやはりアーモンドが基本ですね!
        (そのまま1個を食べきって満足そうに微笑む)あ、それですね!戦友!生死を共にした者同士の絆は、とても深まると聞きます。
        もちろん、生きてこそですけどね(ゆっくりと頷く。もう、そう言えなくなってしまった者の顔を思い浮かべながら)
        コルネリスさんは無事に戻ってくださいね。…あ、そうそう(何か思い出した様に)
        コルネリスさんはまだ、ゴブリン軍の戦車やその部品って必要としてますか?
        -- ガーベラ 2019-07-01 (月) 21:11:25
      • もし材料や砂糖が足りないのであれば、わたしの方で少し融通できるかと思うのだ…
        毎月、故郷のスラフィアから船便で幾らか物資が届くので そこから個人的な分は捻出しているのであるっ
        できることなら、同じ戦場で肩を並べて戦いたいものである…いっつも違う場所なのは残念なのだ
        これ以上、獣人小隊のメンバーを減らすわけにはいかないゆえ、わたしは簡単には死なないのであるっ(腕組みして、どやぁっとする)
        んー…現状ではほぼストックが足りているので、大丈夫であるなっ 強いて言うなら、燃料があると有難いのである…
        とはいえ、運搬も大変なので余裕があれば…ぐらいに思って頂ければっ では、わたしはこれにて…!(一礼して部屋に戻っていった) -- コルネリス 2019-07-01 (月) 21:22:18
      • もし、またこの駐屯地でヴァレンタインを迎える事になる様なら、その時にはお願いするかもです。
        まあ流石にもう1年は勘弁してほしいところですが。…スラフィア、そう、物資支援をしてくれる国は有り難いですね。
        (続く言葉にはちょっと困った様に笑い)あはは、同じ戦場だと…ガーベラが応援しかしてないのがバレてしまいますー。
        ですので、獣人小隊の方々には、独自に大戦果を上げてほしいところです。もちろん、無理しない範囲で。
        燃料、あああの、燃える水ですね!わかりました、もしまた戦車などをブッこ…いえ、倒す機会があったら残骸の場所をお教えしますね。
        それでは、お互いに無事、戦を乗り切りましょー!(と見送るのだった)
        -- ガーベラ 2019-07-01 (月) 21:29:50
      • (ふぅ、とひと息を吐き、マドレーヌをもういっこ箱から出して今度は一気に食べる)
        うーん、このしっとり感が好みだ。そのうちまたゴチになりに行くかなー。
        (上機嫌に味わいながら、先ほどの会話を思い出す)信頼…。アタシは信頼って言ったのか。そうか…
        (へへへと、何か嬉しそうに笑み、さらにマドレーヌを頂くのだった)
        -- ガーベラ 2019-07-01 (月) 21:32:56
  • 僕もお返しに来ました。今回はちょっと食べ物で頑張ってみました。これどーぞ(手渡す小袋には、出来の良い手作りのベリークッキー)…僕が作りましたので。
    そしてこちらはエステルおねーさんから(専属の料理人に作ってもらった超高級なチーズタルト。宮廷料理人の作るものは質が違う)むしろこっちが本命では。 -- リーゼル 2019-07-01 (月) 20:07:25
    • おやおや、リーゼルさんが自分が食べる以外の目的で頑張るなんて…!
      (心底驚いた様な仕草をしながらも、両手を小袋を受け取り)食料事情の改善はここまで人を変えますか。
      ふふふ、ありがとうございます!…ってこっちのタルトは何か凄いですね?高級菓子店の物みたいです…。
      どちらがメインと言う事はありませんよ。大事なのは心ですから!
      -- ガーベラ 2019-07-01 (月) 20:13:44
      • 初めての料理だと思います。でも作り方を教えてもらって頑張ればー、なんとかなりました。ガーベラおねーさんに食べてもらいたくて頑張ったところある。
        どういたしまして。タルトのほうは流石は宮廷料理人ってところですねー。僕もいっぱいいただきましたが超うまあじだったのでおすそ分け…。
        …でもそう言ってもらえると嬉しいのです(照れるように微笑んだ)お口に合うとよいのですがー。 -- リーゼル 2019-07-01 (月) 20:17:49
      • (ベリークッキーをひと齧り)ほうほう、サクッとした歯ごたえの後に口の中に拡がるベリーの甘あじと香り…
        上品かつ美味しいですね!初めてのお菓子作りでこれとは、末恐ろしいものも感じますけど(くすっと笑み)
        宮廷料理人!?そんな凄い人だったのですか、あのメイドさん。それを個人に…
        (オイオイオイ、太っ腹だわ王女様、と心の中で称え)自分が食べる事ばかり考えていたリーゼルさんが
        こうしてガーベラのためにがんばってくれた。その事がガーベラに美味しさと、力をくれます。
        (それは誰への言葉だろう、言いながら、少しはにかんで)本当にありがとうございます!タルトはゆっくりと頂きますね!
        -- ガーベラ 2019-07-01 (月) 20:24:13
      • 教える人が上手だったのでしょう。レシピの通りに作るだけなのでー…こう、毒物の解析とか精製よりだいぶ楽でした。もしや調理人になれる…?
        いや無理だなー(自分でご飯食べきってしまうー)ええ、そうなので。元は第二王子直属…おっと。お口にチャック。何も聞かなかったことにー。
        確かにー…なんでしょうね、僕もここにきて少しは変わったのかもしれないので。昔はこうではなかった。
        けど、変わったことをよかったとは思いますね。喜んでくれて嬉しいです、どういたしましてー(にこー)味わって食べるとよいです。うまみなので。
        ではではー。美味しいものを食べてまた元気出してゴブリン退治がんばりませうー。またね。(去っていった) -- リーゼル 2019-07-01 (月) 20:28:06
      • ま、まあお薬に比べれば簡単でしょうね…。
        レシピ通りに作るだけで料理人になれるかはガーベラには判りかねますが、まあ食べるのを我慢できないと、ですね?
        (続く言葉には頷いて)戦は人を変えるのでしょうか。あるいはここの人々に影響されているのか…。
        (自分の変化にも、近頃気付きはじめている。ゆえにリーゼルの弁には共感して頷き)
        ふふ、うまみ派は素直ですね。それでは今夜はひとりお菓子祭りを開催させていただきます!
        (がんばりましょう、と言葉を返しながら見送る)
        -- ガーベラ 2019-07-01 (月) 20:35:24
      • ――そうだ、心。心だけがアタシの唯一の…
        (リーゼルが去った後、さっそくチーズタルトに手を付けながら独りごちる)
        うわ!?なんだこれ超うめえ!…や、やっぱ技術も大事、か…?
        (やめられないとまらない状態になってあっと言う間に平らげた)
        -- ガーベラ 2019-07-01 (月) 20:37:33
  • (ふらふら外を歩いているとふと顔見知りに出会う)あ、ガーベラさん?こんにちはーです、元気そうで何よりです)
    もしかしてこの近くにお住まいなんです、か? -- ピオ 2019-06-30 (日) 22:35:35
    • おや、ピオさんじゃないですか。ええ、ガーベラはこの遊撃隊駐屯地の宿舎に住んでいます。
      開戦時からいる隊員の多くはそこに住んでるんですよ(宿舎の方を指差してそう説明し)
      ピオさんもそろそろ幾度か戦場に出たと思いますが、お元気なようで何よりです!
      -- ガーベラ 2019-06-30 (日) 22:40:42
      • あー、なるほど、私はお師匠様が勝手に手配していたので……普通ならこっちの方に入るわけ、なんですね……
        (住み心地よさそうですね、と指さされた方を見る)あ、えへへ……おかげさまで何とか、部隊の皆さんに守ってもらってます
        何て言うのかこう、最初に想像していたゴブリン退治とは全然違ってましたけど……随分と頭がいいんですねゴブリン -- ピオ 2019-06-30 (日) 22:56:15
      • まあ、設備としては接収した宿屋のお部屋のほうが良いのですけどねー。
        (宿まで使う様になったのは、それだけ隊が、そして戦の規模が拡大したためかな、と自分で納得する)
        ええ、それでいいと思いますよ。戦場に出る事自体に意味や意義が無いのなら
        まずは生き残る事を最優先にしないとですからね。とは言え、かなりの戦果を上げているとも聞いてますけど。
        (最後の言葉にはうーん、と唸り)ゴブリンが賢いのか、それとも悪賢い何者かがゴブリンを統制してるのか…
        ゴブリンのあまりの急激な変化に、いろいろ疑っている人は多いみたいです。
        -- ガーベラ 2019-06-30 (日) 23:03:37
      • お宿はもともとそういう施設ですからね、でも私としてはこっち(宿舎)の狭さの方が何となくいいかなって……
        ぐ、偶然ですよ?たまたま私みたいな素人冒険者に化けたのが相手だったりしたので、うう、ラッキーが続く間に戦争終わって欲しいなぁ(さめざめ)
        多分そう言う黒幕?とか暴かないと終わらないんでしょうけれど……あれ?その白い袋はなんです?(チョコ入りのを目ざとく見つける芸術家) -- ピオ 2019-06-30 (日) 23:26:15
      • すこしの間ならいいですけど、1年以上もあんなとこで暮らしていると流石に気が滅入ってきますねー。
        化けるゴブリン、ウワサで聞いただけですけど本当に出たのですね。うーん、面白そうな敵です。
        運も実力のうちと言いますし、そのゴブ運が長く続く様にお祈りしますね!
        (こくこくと頷き)そもそもゴブリンが帝国なんて規模になっているのがおかしいですからね。まあつまり、怪しいのは…皇帝、ですよね!って、ああ。これですか
        (白い袋をひとつ、はいどうぞ、と差し出して)これはチョコクッキーです。ヴァレンタインの慰安行事として配って回ってました。
        -- ガーベラ 2019-06-30 (日) 23:31:58
      • 私は狭い所ならずっと籠っていたいです……あ、いえなんでもー(こほん)ガーベラさんがアイドルだけあってやっぱり外がいい感じですか
        あはは……私の魔術は形だけ真似しても駄目なのだから勝てましたけど、体術剣術だとどうなるか分からないので、もし出会ったら気を付けてくださいです
        (あ、どうも、と受け取って)なるほどバレンタインのチョコですか、もうそんな時期なん、です……ね、ってえええ!
        ああっ!私、何も、全然、全く用意してないっ!ごっごめんなさい、私急に用事できましたので、またーっクッキーありがとうでーす(と去ってく芸術家) -- ピオ 2019-06-30 (日) 23:43:37
      • 閉所恐怖症という病気を聞きますけど、その逆もあるのですね。まるで猫みたいです(くすりと笑み)
        そうですね、元アイドルという事はあまり関係なくて、広い田舎で育ったせいでしょうか。風に吹かれるのも好きですし。
        え、つまり能力まで真似してくるのですか。それはちょっと…見たくないかも、です(自分のそれを想像すると、ゾッとした)
        あはは、気にしないでください!戦時中に前線でチョコを用意してるほうが珍しいと思いますし!
        って、長話になってしまいましたね。それではガーベラもこれで!またですよー
        (去る背を見送り、そして自分もチョコ配り行脚へ)
        -- ガーベラ 2019-06-30 (日) 23:51:31
  • こんな時に何だが…。いや、こんな時だからこそ、だな。
    (部屋のテーブルの上に大量の紙袋を積み上げ)営業の、時間だあああッ!!
    -- ガーベラ 2019-06-30 (日) 16:02:45
    • ちょっと待てよ!去年よりさらに多いじゃねーか!?
      こりゃ霊圧上がってきた順に行くしかねーな…。でないと死ぬ、アタシが。
      -- ガーベラ 2019-06-30 (日) 16:16:33
      • やりとげ…たぜ…(帰ってくるやベッドに倒れこんだという) -- ガーベラ 2019-07-01 (月) 00:05:57
  • 折角の訪いだったが、碌に手土産も持たせられん武骨な幕舎で悪かったな、だっはっはっはっは!
    (ベルトラン不在の折り、ガーベラが無人の幕舎を訪れた時に中で派手な物音がしていた、とご近所さんからの報告を耳にしていた)
    御婦人が慌てて男の部屋から出ていくと、妙な噂が立ちかねんぞ。ふっはっはっはっは! -- ベルトラン 2019-06-29 (土) 21:41:00
    • おや、ベルトランさんじゃないですか!生還を果たしたとは聞いていましたけど
      何か、思いのほか元気ですね!?ゴブリンに捕まってイジメられたりはしなかったのですか?…って…
      (男の言葉に、先日の失敗の事を思い出す)あ、アレはその…す、すみません、お部屋を荒らしてしまって…!
      (バレてたならしょうがないと謝る。自分の後にマメな男達が片付けをした事はしらない)
      うー、その手のウワサは不味いですね。まあ、広まってはいない様ですがー。
      -- ガーベラ 2019-06-29 (土) 21:47:51
      • もしかすると捕まってた方がマシだったかもしれんな! ふっはっは! (豪気に笑う男の鎧の下には、未だ深い傷が残っている)
        なぁに元々荒れ放題だった部屋だ。幸い相手が俺ならおかしな噂が立つこともない。安心しろ。
        (別な男の部屋を訪れる際には気を付けてな、と少し意地の悪い笑みを浮かべ)
        まめやかな心配りが出来るお前さんのことだから、様子を見に来てくれたのであろう? その心馳せ、嬉しく思う。
        ではな、ガーベラ (さらばだ、と豪快に笑ってその場を後にしていった) -- ベルトラン 2019-06-29 (土) 22:25:45
      • そんな酷い目にあったんですか?(いつも通り、豪快に笑う男には苦痛や悲壮の陰は見えず)
        そう言えば、この遊撃隊の男性陣はわりと皆紳士的と言いますか、普段は穏やかな方が多いですね。
        えっちな視線で見られる事もあまりありませんし、酔っ払いに絡まれたりもないですし。
        (なので安心ですと、ベルトランの注意喚起には微笑みで返し)
        いえいえ、普段目立っている人が急にいなくなると不安になる、それだけですよー。
        なので、せめて終戦まではしっかり帰ってきてくださいね!
        (そう言って、去る背を見送った)
        -- ガーベラ 2019-06-29 (土) 22:33:39
  • (運んでもらったお礼に一応回収しておいた魔剣を献上するのりかず)
    (魔剣設定はご自由に)
    L(╹ω╹)」 -- のりかず 2019-06-28 (金) 01:22:24
    • ただ一緒に帰ってきただけだって言うのに、お礼なんていいんですよー?
      (普段の、アイドルとしての口調で応対する。渡された剣は、ゴブリンが振るっていたとは思えないほど巨大な大剣で――)
      しかもこれ、なんか怖い剣なんじゃないですか?(――その刀身は、禍々しい瘴気を帯びていた)
      (とは言え、せっかくの心遣いを突き返すのも何だと思い直し)ありがとうございます、のりかずさん。
      これは、ここ一番と言うときに使わせていただきますね!
      -- ガーベラ 2019-06-28 (金) 01:37:51
  • 気がつけば一年近くも戦っていたのであるな…お互いこうしてまだ生きていられることに感謝なのであるっ
    (再び戦闘が再開され、慌しさを取り戻した要塞内。姿を見かけて声をかけた) -- コルネリス 2019-06-27 (木) 22:23:13
    • 1年?ああ、そう言えばそろそろ開戦から1年なのですね。早いものです。それとも長かったですか?
      こんにちはコルネリスさん。お互い、五体満足で生き残れている事に感謝ですね!(声を掛けられれば振り向いて微笑む)
      もっとも、ゴブリンたちはまた武力を増しているようですが。
      -- ガーベラ 2019-06-27 (木) 22:28:49
      • 後者であるなっ、あっという間だったのである…色々ありすぎて、どれほど経過したか考える余裕も…。
        こんにちは、ガーベラ殿…今お忙しくなければ、少々お聞きしたいのだっ(廊下の壁に背を預け)
        以前より激しい攻撃が予想されるのであるなー…そんな中、ガーベラ殿は何を目指して戦っておられるのか、聞いたことがなかったのである。 -- コルネリス 2019-06-27 (木) 22:40:19
      • そうですね。ここでの生活に追われつつ前線でゴブリンと戦う…
        なんともあわただしい1年でした。しかもまだ戦争は続きます。
        (質問があると言われれば、はい、と全身をコルネリスの方へ向き直って)スリーサイズは秘密ですよ?(とお約束の台詞で返す)
        ああ、その事ですか。ガーベラの目標はひとつ、この国の救国のアイドルとして、華やかな世界に返り咲く事です!
        (指を1本立てた手を天へ向けて伸ばし、きっぱりと語る)
        -- ガーベラ 2019-06-27 (木) 22:47:12
      • 季節の変化で、なんとか時間の経過を感じ取れるといった具合だったのだ…
        なっ…アイドルの公開されたプロフィール以外の部分を詮索するのは流石に拙いのであるっ わたしもファンに刺されたくはないゆえっ…
        (天井に向けられた人差し指を目で追って、その向こうの空を思い浮かべ)…確かに討伐数一位ともなれば全国民が注目であるっ!
        一度引退した後の復活ともなれば、何か話題性のあるものを引っさげての方が…と考えると、これ以上のものは無いのであるなっ -- コルネリス 2019-06-27 (木) 23:01:00
      • ああ、これからまた寒くなってきますね。ガーベラは北国の生まれなので寒いのはへっちゃらですが。
        ああ、コルネリスさんもご自分のしっぽで温まれそうですね(ふさふさの大きな尻尾を見詰め)
        あはは、今のガーベラにはそんな熱心なファンはいませんよ。だからこそここでこうしているのですし。
        ええ、出来ればそういう結果を残したいところですけど、現状なかなか厳しい感じです。
        (おのれ、はらぺこ!と拳を握って笑い)はい、不謹慎ですがガーベラにとってはこの戦はチャンスです。
        トップになれるかは分かりませんが、なんとかモノにしてみせるつもりです!
        …で、そういうコルネリスさんは何故、この戦争に?
        -- ガーベラ 2019-06-27 (木) 23:06:20
      • 生まれもグロムかと思ったのであるが、違ったのであるか…わたしは寒さには弱いのだっ
        うむ、ゆえに冬場は抱き枕として使っているのであるぞっ(ふんわり尻尾をガーベラのそばに寄せて見せ)
        まだまだ逆転のチャンスはあるのだっ、最後の最後でどんでん返しとかも劇的なのであるっ
        わたし…であるか?(返された問いに、少し悩み)家の、名誉のため…英雄となりたかったのである。
        …が、こうして皆と共に戦ううち、戦争が早く終わりさえすればそれで…と思い始めているのだ わたしの動機は、いささか不純であった…(恥じるような表情で) -- コルネリス 2019-06-27 (木) 23:20:32
      • はい、恥ずかしながら田舎〜のほうの生まれです(てへへと笑む)
        むむむ、もふもふの抱き枕が常に!おおお、これは羨ましいですね…!(寄ってきたので軽く撫でてみる)
        ええ、なにせ敵はゴブリン帝国。であれば最高の大物…帝王がいるはずですからね。その首を狙いたいです。
        (質問の答えにはふむふむと頷いて)なるほど、名誉。おおまかには同じ目的ですね。
        ふふふ、いいじゃないですか。たとえ家のため、我欲のためだとしても
        命を賭けて戦い、それが誰かのためになっている事は間違いなく、誰に咎められる事ではありませんから!
        -- ガーベラ 2019-06-27 (木) 23:26:57
      • 地元でないとなると、下積み時代は大変な苦労をなさったのでは…いや、あまり詮索はよろしくないだろうかっ(ふるふる、首を振って)
        ふふふ、夏場は有難くないのであるが ここの冬は寒いので役立っているのだっ(手入れはしているようで、手触りがいい)
        同じとはいってもガーベラ殿の場合は生活に直結した、仕事に関することゆえ…正当性があると感じられるのだっ
        う、うぅむ……何かこう、情が移ってしまったのであるな… 他の誰かの、切実な願いの方が叶えられるべきであると。
        …も、もっとも そのためにゴブリン討伐の手を緩める気は毛頭ないのであるがっ(ふんす) -- コルネリス 2019-06-27 (木) 23:36:48
      • ええまあ、右も左もわからない街で仕事もなく、ひもじい思いをした事もありますよー。
        (あはは、と笑いながら語るも、餓死寸前までいった思い出は苦く、苦笑になってしまう)
        ああ、もふもふにして滑らかな手触り。冬の狐の毛皮よりもさらに…って、す、すみません!
        (触りすぎた、と手を引っ込め)切実ですか。あー、たしかグリードさんなどが何か切実な感じでしたね。
        でもね、それがどんな夢、どんな欲でも、どれが正しいというものではないとガーベラは思います。
        極端な話――世界を征服する大魔王になりたい、と願うならその道をひた走ればいいと(言って、悪戯っぽく笑み)
        それでこその、人生でしょう?ですから、コルネリスさんもどんどこゴブリンをやっつけちゃうといいのですよー。
        -- ガーベラ 2019-06-27 (木) 23:44:24
      • その頃培われた忍耐力が、今の戦場で役立っているのであるな…人生何があるかわからないのだっ
        ん、ふふ…少しくすぐったいのであるが、これは友好の証と思っていただきたいっ
        グリード殿にとっては釈放がかかった戦いであるから…とはいえ、ある程度刑期を減らせていれば、戦勝による恩赦なども可能性は…?
        潔い…のであるなー…(噛み締めるように、その言葉を頭の中で反芻し)願うのなら、他者を押し退けてでも……気持ちとして、その覚悟は必要なのであるなっ
        なにやら最近少し弱気になっていたようだ…ガーベラ殿のおかげで、目が覚めた思いであるっ!ありがとう…(にっこり笑って)
        では、わたしは次の戦いに備えなければ…ガーベラ殿の活躍をわたしも応援しているのであるっ(一礼すると、また歩き出していった) -- コルネリス 2019-06-27 (木) 23:54:14
      • 昔とは変わっている、と思いたいのですけどね…。
        (困った様な顔で、独り言の様な呟きを返した)
        はい!ガーベラにもしっぽが有ればよかったのですが…流石に生えてはきませんね。えへへ。
        ああ、グロム王国側が大勝利ともなれば恩赦の可能性だって出てきますね!(なるほど、とポンと手を打つ)
        ええ、ですので、コルネリスさんが名誉のためではなく、別の何か、誰かのために戦いたいと願うのなら
        躊躇うことなくそれをすればいいのです。何のために戦うか、何をしたいのか、何になりたいかは…
        (自分の胸に手を当てて)胸の声に耳を傾ければ、きっと聞こえてきますから!
        (にっこり笑い、手を振りながら去る背を見送り)さて、ガーベラも戦場に赴く支度をしましょう。
        次の戦場もなかなか厳しそうな感じですが――戦います、心で。
        -- ガーベラ 2019-06-28 (金) 00:02:09
  • (匂いにつられてふらふらやってきた)にく……おにく…… -- リーゼル 2019-06-26 (水) 20:31:33
    • (炎を見詰めながら、ぼんやりと調理器具のハンドルをゆっくりと回している)
      (肉は表面が焼け、肉汁が火にしたたり落ち、それが実に香ばしい匂いをあげている)
      -- ガーベラ 2019-06-26 (水) 20:36:52
      • (ガーベラおねーさんだ。…驚かせてみよう。足音を殺してそっと後ろに忍び寄って…)……ごはんください。(いきなり声をかけてみる) -- リーゼル 2019-06-26 (水) 20:37:56
      • (思案に沈む女は、背後より近付いてくるはらぺこ男の気配に気付かなかった)
        (そしてやおら、夜空、そこにひと際まばゆく星の方へと右腕を伸ばすと)
        大丈夫、アタシはもう知ってるんだ(等と、突然独り言を口にした)
        (その直後、突然、声を掛けられ)――ぬああああああ!?なんだ、なんだおま…リーゼル、さん…!?なんで、なんでいるんだ…ですか!?
        (作っているキャラと素、双方の口調が入り乱れながらの返答)
        (驚きのあまり、腰を下ろしていたベンチ替わりの倒木からもずり落ちた)
        -- ガーベラ 2019-06-26 (水) 20:44:51
      • ぬわーっ(こちらは大声にびっくりした様子だ。が。その後に続く言葉は意外)本性あらわしたねー。ふふん。ガーベラおねーさんの素が見れました(満足そうな顔だった)
        …ここ最近はガーベラおねーさんの過去のライブ映像とか色々調べたりしましたので。そういう一面があるって噂も聞いておりました。…見れて嬉しみ。驚かせてごめんね。
        (ずり落ちたガーベラに手を貸しながら笑顔で)…今日は綺麗な月夜ですね。ごはんください。(そんなことを言った) -- リーゼル 2019-06-26 (水) 20:50:00
      • え!?な…?(本性という言葉にほんの刹那、絶望的な顔を見せるも、すぐにそんな筈はないと思い直し)
        い、嫌ですね。こんな時間に急に声を掛けられたら誰だってびっくりしてしまいますよー
        (少々、動揺の残るちょっと引きつった笑顔で、しかし普段通りに言葉を返し)
        む、むぅ…。そんな記録まで残っているのですか。まったく、ディスクというのは怖いものですね…。
        (差し出された手を握って、身を起こす。お尻についた草を払い落とし)ああなるほど、お肉の匂いに釣られてきましたか。
        たっぷりありますし、いいですよ。ちょっと待ってくださいね(言いながら、焼け具合を確かめる)もうちょいですね。
        フンフフン、フフフフンフフン、フフフ、フフフンフフフンフフフンフフフンフフフフフーン
        (そしてハンターが肉を焼く時のテーマを口ずさみながら、更にハンドルを回す)
        -- ガーベラ 2019-06-26 (水) 20:57:40
      • 見せてくれてもファンやめないのにー。気張らなくてもよいのでー。自然にしてくれれば。ごはんはください。
        こんな夜におにくのにおいがしたら僕はつられてしまうよね。匂いでおなかはぺこりんです。ありがたみ…。(隣にちょこんと座る)
        ふんふふーん(鼻歌デュエットしながら)もうすぐ?もうすぐなのでは??(これはいい感じの焼け方では?よだれがこぼれそうになります) -- リーゼル 2019-06-26 (水) 20:59:49
      • いやですねー。ガーベラはいつだって、リーゼルさんのしってるガーベラですよ?
        (見せろと言われても、はいそうですか、とは行かないのが人の素顔だ)
        (それはそれとして、表面がパリッと焼けたあたりでハンドルを止め)よし…上手に焼けましたー♪(とお約束の台詞を吐く)
        (そして腰のショートソードを抜くと、肉の表面、よく火の通った部分を削ぎ)はい、どうぞ。熱々ですから気をつけてください(とそのまま差し出す。皿はない)一応、お塩と香草で下ごしらえはしてありますけど、味の保証はしませんよー。
        -- ガーベラ 2019-06-26 (水) 21:06:36
      • 僕の知らないガーベラおねーさんを見たいって言うのはー…まぁご飯を前に無粋なお話はやめとこ。焼けましたー☆(焼きあがればそっちに全部意識は向く)
        わぁい。いただきますので。(肉をキャッチ。あっつ。なので口に入れた)あむあむあむ…あふ…うまあじ…(ご満悦顔だ)
        きちんと味が通っておりますのでー…噛めば噛むほど肉の味…うまあじ…。サバイバル料理得意なのですねガーベラおねーさん。キャンプ経験がおありでー?(もっちもっち) -- リーゼル 2019-06-26 (水) 21:10:45
      • ああ、もしリーゼルさんもナイフか何か持っていたら、どんどん削いで食べていいですよ。
        (こうして獲物を焼きながらシェアして食べるのも、生まれた部族のやり方だ。個人所有の概念が薄いとも言うが)
        (とりあえず、リーゼルの意識は食べ物へと移ったのを感じると、はふ…と息を吐いて)
        えーと、ガーベラは田舎のほうの生まれでして、よく村の猟師さんがこうして食べていたのを真似してるんです。
        今日はたまたま、近くの村の猟師さんからお肉を頂けましたので。
        (言って自分の分の肉もそぎ落とし、肉片を…小さく齧る)
        -- ガーベラ 2019-06-26 (水) 21:17:18
      • 残念ながらナイフはないー…けど、魔力のほうは余裕があります。(てーい、と人差し指から純粋に魔力のみで編んだ小型ナイフ)
        (恐ろしく鋭い切れ味。削いで食べる。もっちもっち)うまー。…おねーさんはのどかなところの生まれなのですね。僕と一緒。
        僕もエルフの里ではよく獣を捕えて食べたものです。肉の味を知ったエルフにはそれはもうごちそうですので。猟師さんに感謝せねばですね(うむうむ、とエルフに伝わるお祈り)
        (めっちゃがぶがぶ食べるエルフ。がふとガーベラの食べ方に気づく)…おねーさん。その食べ方とてもかわいくて胸きゅんなのですが。無理しなくてもよいのですよ? -- リーゼル 2019-06-26 (水) 21:21:25
      • 魔力を使うとおなかが空くのでは…。まあお肉いっぱいありますし、いいですね。
        (一応ツッコむものの、北国に生きる鹿は巨大で、その脚も人の子供に匹敵するサイズだ)
        ふふふ、エルフの里に比べたら、貧相な土地ですけどね。…あ、そう言えばエルフというと何故か草食なイメージがありますけど
        弓が得意なあたり、猟もするんですね。きっと豊かな森で獲物もいっぱいなのでしょうね…。
        (頬張らず、すこしずつ食べるのもキャラ作りだ。まあ、目の前のエルフほど大喰らいというわけでもない)
        む、無理なんてしてませんよ?ほら、よく噛まないと消化に悪いですし!(ちょっと焦った)
        -- ガーベラ 2019-06-26 (水) 21:30:04
      • この魔力ナイフは収納すればほとんど魔力を消費しない優れものです。ゴブリンと戦う時には使いませんが。お肉を食べる分で充分カバーできるやーつー。
        (もっちもっち)実際大昔は草食だったようです。が、里に来た人間が肉の味を教えてしまって。以来、僕が生まれた後はもう普通に肉食べてましたね。
        森のエルフの武器と言えば弓!みたいなところありました。僕はー…まぁ、実はあんまり狩はしませんでしたが…(10日くらい触っただけで…と天才の片鱗を見せつけるスタイル)
        確かに噛まないと普通の人は消化に悪い…たしかに…(納得した顔でもっちもっち食べてる)僕は所謂普通の消化はしませんので盲点でした。
        食べたものはまるっと魔力になりますからおしっこくらいしか出すものないですしね…(もっちもっち)…女性との食事中の話題ではなき。ごめんなさい。(耳へにょる) -- リーゼル 2019-06-26 (水) 21:35:02
      • 何時でもどこでも出せる、というのは便利そうですね。切れ味も良さそうですし。
        ガーベラの剣もまた戦がはじまる前に研ぎに出さないと(包丁としてしか使ってない剣。それでも切れ味は落ちていくようだ)
        おお、エルフが人間の風習や文化に感化される事もあるんですね。エルフですら変わっていくのですか…。
        ああ、リーゼルさんは里でだらだらしていて追い出されたんでしたっけ?それでも弓を扱えるのは流石ですね!
        (話を聞いていて、え!?って顔に)では、その…食事中にアレですが、大きいほうはしないのですか…。
        (はたと気付いて)あ!ガーベラもおトイレとか行きませんよ!?元でもアイドルですからね!?
        -- ガーベラ 2019-06-26 (水) 21:41:57
      • 魔術はこういうところは便利ですね。消費激しいのは疲れますが…。刀の切れ味は命にもかかわるのでー、おきをつけて。
        エルフだって永く生きる中で、よりおいしいもの、たのしいものを見つけて楽しみたいという気持ちはあるのです。最近はライブ映像とても楽しませてもらいました。
        そうなのです。15になるまではご飯貰うだけで過ごしていたのですがー。さすがに怒られた。それから2年は人里で色々見て回ってご飯をもらっていたのです。
        しないですね。何のために穴がついてるのか自分自身もわかっていないところあるので。うちの里のエルフ特有の進化、ですね。尤もお腹が減るのは僕だけですが。
        (にこ。やさしいほほえみ)お仲間ですね。僕はガーベラおねーさんのファンなので。信じますよ(このファン業が深い)
        (その後月と火に照らされる夜半、二人で肉をもっちもっち食べてリーゼル君はご満悦でした) -- リーゼル 2019-06-26 (水) 21:48:18
      • ガーベラは魔法はサッパリで…魔力というものがイマイチ掴めないのです。
        あー、むしろ長く生きるぶん、楽しみは多く必要になるのかもですね。って、話がまたそこに!
        でも、楽しんでもらえたのならガーベラとしても、とてもうれしいですよー。
        (リーゼルの言葉にすこしだけ、いつか見た憧れのアイツ、に近付けた気がして、嬉しそうに笑み)
        ふふふ、この辺りが豊かな国で良かったですね。今も、戦のために国民のみなさんが色々と供出してくれてますし。
        え、え…?ではリーゼルさんの里のほかの皆さんは、おなかが減らず、出しもしない…と…。
        (流石に驚いた。思いのほか別の生き物だった)…うっ。し、信じてくださいね。ええ、それがアイドルです…から…
        (もはやリーゼルの前では何がなんでもトイレに行くことは出来まい、と冷や汗が頬を伝った)
        (そして、なんやかんやと雑談しながら鹿の脚を食べていく。余った分は燻製にと思っていたが…)
        (まったく余らなかった!)
        -- ガーベラ 2019-06-26 (水) 21:57:18
  • (今月は休戦期間。軍の告示にはそうあった)
    (別にゴブリン相手に休戦協定を結んだわけではないだろうが、互いに準備期間という事だろう)
    (その辺りを適当に飲み込んだガーベラは、この夜、宿舎近くの空き地に陣取り、火にあたっていた)
    (焚き火には、それを跨ぐ様に調理器具が設置され、大きな串に刺された巨大な肉の塊が炙り焼きにされている)
    (鹿の腿肉。昼間に森で獲った獲物の一部だ)
    (近隣の猟師に貰った、という体で肉のほとんどは部隊に寄付し、自分は脚1本を取り分としたのだ)
    (調理器具のハンドルをゆっくりと回しながら、ガーベラは揺らめく炎を見詰める)
    「あー。こうしていると、昔の事を思い出すな…」
    (等と、呟きながら)
    -- ガーベラ 2019-06-26 (水) 20:28:48
    • (ガーベラは北の地…今、ゴブリン帝国が領有しているよりも更に北の、辺境に生まれた)
      (そこに暮らす者達は、グロム王国をはじめとする、王侯貴族達の国に恭順しない蛮族達だ)
      (彼らは蛮族の名の通り、野蛮だった。普段は狩猟と漁を主体とする暮らしをし)
      (それで足りなければ、川伝いに南下。王国の街や村を襲撃し、金品を、糧を奪い、奴隷を得た)
      「はは、まるでゴブリンじゃねーか」
      (ガーベラは自嘲するも、当時はその生き方に何の疑問も抱いていなかった)
      (身に潜む獣、それが昂るままに吼え、暴れ、殺し、奪い、食らった)
      (それが当たり前だった。そうしなければ飢え、死んでいた)
      -- ガーベラ 2019-06-26 (水) 20:31:03
      • 「だけど、あの日――」
        (――普段と同じ略奪だった。…川、生活に必須となるそこからの街への奇襲は効果覿面だった)
        (燃える街。立ち塞がる兵士達を叩き潰しながら、アタシ達は街の連中が立て籠もる教会へと向かっていた)
        (アタシ達は異教徒だ。教会への畏れはなく、そこは直ぐに恐怖と絶望、怨嗟の声で満たされる筈だった)
        (だけど、その日は違った。耳に届いたのは悲鳴ではなく――歌)
        (縋る者達を勇気付け、抗う者達の背を押す、そんな歌が、教会に響きわたっていた)
        (アタシは歌声に惹かれるままに、教会に飛び込んだ。そこに居たのは…)
        (アイドル。人々の求める偶像)
        (後で知った事だが、教会に聖女と認定された歌姫。民衆のアイドルだった)
        (…その日、アタシは初めて戦に負けた)
        -- ガーベラ 2019-06-26 (水) 20:35:10
      • (アタシは敗北と同時に、憧れと夢を知った)
        (追い詰められながらも、誰よりも強く華やかだったアイツ…)
        (アイツに憧れ、そしてアタシもそうなりたいと夢を抱いた)
        (ただ生きていただけの人生に、生きる意味が生まれた)
        (まあ、その事を部族の連中に話したら、大笑いされたけれど)
        (お前は獣だ。狂った獣で殺戮者だ。お前は華にはなれない、と…)
        「まあ、当たってたけどよ…」
        (フン、と鼻を鳴らして次の肉片を削ぐ。今だってそうだ)
        (ゴブリンを殺すための駐屯地で、鹿を殺し、その肉を喰らっている)
        (偶々、悪魔と出くわした事で一時期はアイドルにはなれたものの、自分の本質は…)
        「ああ、いけねえ。まだ、そうと決まったわけじゃないさ」
        (ネガティブに落ち込みそうな思考を振り払う様に、ぶんぶんと被りを振る)
        (大きく息を吸って、吐く。そろそろ冷気を帯び始めた夜風で頭を冷やす)
        「大丈夫、アタシはもう知ってるんだ」
        (…殺す以外の生き方を)
        -- ガーベラ 2019-06-26 (水) 20:40:13
  •  
  •  
  • カラカラカラカラ…(台車を運んでやってくる)ビーフorチキン?ビーフorチキン?
    先日はありがとうっすよ、花のおかげで多少なりともまともに風呂に入れない状況でにおいをごまかせたと思うっす…
    それにアイドルからリンゴを食べさせてもらうとか夢のような一時だったっすよ(多少逝きかけました)
    お返しの品を配布してるっすけど申し訳ない事に真空パックとかでもない食べ物なんすねえ…生鮮食品って事で一つお目こぼしが欲しいっす!
    …ところで、ガーベラさんはお料理とかされたりするんすかね…?(リンゴの惨状を思い出し) -- グリード 2019-06-22 (土) 17:01:56
    • いらっしゃいグリードさん、って何ですかその荷物は。精肉業者…?
      (台車で肉を運んでいる様子に驚き)でもまあ、荷運びできるくらいに回復したようで何よりです。えーと…ビ…チキンで。
      (がっつりビーフを選びそうになるも慌てて訂正)ふふふ、まあケガ人はほって置けませんからね。
      ガーベラでもお料理くらいはできるのでご心配なく。だいたい焼いたり、焼いたり…すれば美味しくなりますし!
      -- ガーベラ 2019-06-22 (土) 18:26:45
      • お中元返し…じゃなかったお見舞い返しっすよ、こう言うところだと生鮮食品はやっぱり遠ざかるっすからねえ
        バッチリ回復したっすよ!まあ…成績が上がるかと言ったら微妙っすけれど…(耳ざとく入ってくる訂正前の言いかけ…これは…食事制限…?)
        ふふふ聞いただけっすよ、余っても仕方ないんで両方差し入れるっすけれどね!(食事制限してる?とは流石に聞けないので両方渡してみようと…しかしふと思いつき)あっ、牛肉にアレルギーとか合ったらヤバいっすけど大丈夫っすかね?
        やさしさが身に染みるっすねえ…あっ!…女神様かと思ったらガーベラさんだったっすよ
        基本は焼きっすね!(言うて牛肉や鶏肉を焼く以外に…と言われて、鶏肉なら唐揚げがありそうだが牛肉は思いつきさえしなかった)
        塩と胡椒とハーブ的なものがあれば味付けもそれだけで上等っすからねえ、この味付け一式がオールインワンした系調味料の便利な事っすよ -- グリード 2019-06-22 (土) 18:37:27
      • 街から駐屯地まで新鮮なまま食材を運べればいいんですけどねー。
        それこそ、ゴブリン達の使ってる飛空艇ですか。ああいうのがあれば…(コストを考えてない短慮)
        成績ですか。集計表を見ると、ガーベラもちょっとトップ集団から引き離されていて苦しい感じです…むむむ。
        おお、両方ですか!(目を輝かせる)ここだとどうしても穀物主体の食事になってしまうので本当にありがたいです!
        アレルギーとかは特にないですね。苦いもの以外はだいたい食べれます。
        (過剰なほめ言葉にはちょっと照れつつ)はい、塩とハーブをまぶしたお肉を串に刺して、焚き火でじっくり炙り焼きに(モンハン的料理)
        それに煮るのもいいですね。香草や根菜といっしょに。
        -- ガーベラ 2019-06-22 (土) 19:14:17
      • 冷凍したり干物にしたり塩漬けにしたりと、産地からはどうしても遠くなるっすからねえ、馬は居ても食用じゃねえっすし
        あー、確かにああいうのは便利そうっすね!逆に俺らが奪って使えるようにはならないんすかね、倒す時に破壊しちゃって使い物にならないと言われたら仕方ねえんすけど
        トップ集団は凄いっすね…もう600を超えてるとかハンパねえっす、逆に今月一桁なんてのも居て逆に凄いと思ったっすけど
        両方…っす!ビーフアンドチキンっすねえ、穀物も悪くはねえんすけどどうしてもパンチを聞かせたくなるのは仕方ないす
        苦いものはダメなんすね!ピーマンとかみたいな…(そっち系にならないようにしようと頷き)
        フライパンなんかじゃなくて串っすか!バーベキュー味が出てる感じっすねえ…
        煮るのは調味料の加減が焼くより難しい気がするっすねえ、焼くのはちょっとでいいっすけど煮るのはスープ全体に味を加えないといけないっすからついつい濃くなってしまいがちっす -- グリード 2019-06-22 (土) 19:22:12
      • 冷凍は便利ですけど、これからの季節はそれも厳しくなってきますねー。
        あー、ガーベラも含めてですけど、ゴブリン飛空艇は全部落としちゃってますよね。困ったものです。
        このペースだと1年で800匹に達する人も出そうですね!ガーベラも負けじと頑張らないとです。
        1桁は戦果としてみれば驚きの微妙さですけど…(人1人の殺害数としては普通かも?と首をかしげ)
        体力の維持のためにも、お肉や魚はなるべく摂りたいところですしね(新鮮なお肉を前にじゅるり)
        ええ、にがあじだけはどうしても慣れません。あのコーヒーという豆を煮た飲み物も…。
        (ハッと気付いて)あ、いえ、フライパンとかえーと、オーブン?とかも使いますよ!文明的に!
        まあお肉は骨といっしょにじっくり煮込めば出汁が出ますし、お肉も柔らかくなります。調味料の順番とかはわかんないですけどねー。
        -- ガーベラ 2019-06-22 (土) 19:30:16
      • ルートにもよるかも知れねっすよ、今月の担当の所じゃまだまだ分厚い氷が湖に張ってたくらいっすからねえ…雪が降ったりもするんじゃねえっすかね?
        だいたいみんな地上に居るから結果的に落としちゃうことになるんすかねえ…空飛べても落としそうっすけど
        いやあもしかすると1000の大台も夢じゃねえっすよ…頑張ってくださいっすガーベラさん!
        1ヶ月間で9ゴブだと兵士の人でももうちょっと行けるんじゃねえかなって思うんす…
        タンパク質っすかね、豆でも植物性がどうのこうの、でも動物性を口にしたいっすからねえ…植物性で身体って維持できるのかわかんないす
        コーヒーもダメだったっすか、紅茶とかあっちの香りのいいお茶の方がいいんすかねえ
        オーブンまで使うんすか!本格的っすねー…(どこまで使いこなせるかわからないが、あの包丁さばきから料理下手ではあるだろうと思い込んでいる)
        骨を煮込むんすか?その発想はなかったっすねえ…調味料はあらかじめ色々混じって完成した奴を使うのが楽でいいっす…(めんつゆ的な) -- グリード 2019-06-22 (土) 19:41:16
      • なるほど、雪が降れば冷蔵は万全。運搬する人が凍えるだけで済みますね!
        上空から攻められることがこれほど面倒だとは知りませんでした。ガーベラたちにも翼があればいいのですが…。
        ええ、グリードさんも頑張ってくださいね。もちろん、命を落とさない範疇で!
        栄養素の話は詳しくはわかりませんが、お肉の方が力が湧く気はしますね…って、いえいえガーベラの主食はお菓子ですよ?(キャラを思い出して、てへへと笑い)
        はい、まあ紅茶にもお砂糖を入れて飲みたい派ですけどね。あと、ジャムとかもいっしょに。
        はい、オーブンは食材をいれて火焚いてほっとけばいいので楽ですね!(オーブン=石窯の感覚)
        食べ物の乏しい場所では骨も髄も無駄にはできませんからねー。
        調味料の多彩さは街で見ましたけど、結局何が何あじなのかよくわからない感じでした。
        -- ガーベラ 2019-06-22 (土) 19:52:24
      • そう言うルートはゴブリン範囲中!なんて―こともあり得るかもしれねえすけれどもね…
        ゴブリン相手にも上を取れれば楽そうっすねえ、俺は爆弾を投げるから落とすのは凄く相性がいいっすからねー
        アイドルも大変っすね…甘いものを食べ過ぎて虫歯にならないよう気を付けて欲しいっすよ!
        ジャムを紅茶にって聞くっすけどやったことはないんすねえ、美味しい物なんすかね?
        そんなに楽だったっすかオーブンって!てっきりもっと複雑なもんだとばかり思ってたっすよ
        流石にゴブリンを食べてみようって気にはならないっすけれどねえ…これだと思う奴を一つ心に留めて置くくらいがちょうどいいかもしれないっすね -- グリード 2019-06-22 (土) 20:03:23
      • たしかに、北に行けば行くほどゴブリン帝国の勢力圏になりますもんねー。
        なるほど、空から爆弾をポイポイですか!それは強そうな予感がしますね(空爆の概念はまだ持っていない蛮人)
        ええ、歯が痛いのは怖いですしね。歯磨きもしっかりとです!あ、そういう事でしたら…
        (戸棚へと歩いて開ける、中から大きめの瓶を取り出して)お礼のお礼になってしまいますが、これをどうぞです!
        (赤いジャムのみっちり詰まった瓶を差し出す)先月とれたイチゴで作ったジャムです。甘々ですよー。
        まあ、窯を作るのには何か理屈があったと思いましたけど、使う分は火を着けて焼くだけですね。
        ゴブリン食は流石に…。ばっちそうですし!
        -- ガーベラ 2019-06-22 (土) 20:17:05
      • そんな所を勢力圏にしてるからゴブリンは必死に南下してくるんすかね…まあそれだけじゃないと思うっすけど
        高い所に行くのは怖いっすけれどねえ、安全と引き換えなら仕方ない話っす!問題はゴブリン以外が居てもわかんない事っすかね…(人質とか仲間とか見えない気が…)
        昔はが痛くなったときは乳歯で助かったっす、引っこ抜いて…今はもうそうならないように気を付けないとっすねえ
        おおお…これもまたガーベラさんの手料理と言って過言じゃねえっす!(高々と掲げ)大事に食わせてもらうっすよ…(瓶に頬ずりしている)
        本格的な調理機材はやっぱりプロ向けなんすねえ、俺が使う鍋は煮込んで味付けってより茹でる程度すけど火を通すくらいしか考えてなかったっすね
        味も酷そうな気がするっすね…何かに使えないもんすかねえあいつら、肥料にでもなるっすかね?
        まあそんな不味そうなものの事はさておいて、俺は早速こいつで一杯やりに行ってくるっすよ!(※紅茶の事です)今日はありがとうっした!それじゃまたっす! -- グリード 2019-06-22 (土) 20:28:55
      • そもそも自給自足で生活できるのか分からないですしね、ゴブリン。
        細かい事はさておき、拠点攻めにはいいんじゃないでしょうか、まあそれも、飛空艇があればですけどね。
        ガーベラはそのへんしっかり元気です!病気とは無縁ですよー。
        (にっこり笑って健康アピール。それもまた悪魔契約の賜物ではあるが…)
        なるべく涼しいとこぶ保存して、早めに食べてくださいね。
        だいたいのものは火を徹せば美味しくなる。これ自体、理屈はわからないですよね…。
        (腕を組んでうーん?と考え)まあ死体を森にでも撒いておけば、獣や虫の餌くらいにはなるんじゃないでしょうか。
        はい、それではお見舞いのお礼参り、がんばってくださいねー!
        -- ガーベラ 2019-06-22 (土) 20:37:48
  • 実のところ僕はガーベラおねーさんのアイドルのお姿を見たことがないのです。エルフの森で最近まで過ごしていたので。
    (ごはんくれるので)ファンになりたいのですがー、そういう活動時代のお写真とかってないのです?みたい。 -- リーゼル 2019-06-21 (金) 22:14:52
    • ま、まあもう何年も前の事ですからね。今のガーベラは元アイドルです。
      (答えながら、出来立てのイチゴジャムとコッペパンを皿に並べ)こんなものしかないけれど、どうぞですよ。
      ガーベラ自身はそういうものは持ち歩いてはいませんよ。自分のグッズを持ち歩くなんて気恥ずかしいですし。
      昔の映像を納めたディスク?でしたらたしかヤークートさんが持っているとかいないとか言ってましたけど…。
      -- ガーベラ 2019-06-21 (金) 22:21:43
      • そーなのかー…今も可愛いのに。アイドルの世界は大変なので(そして何も言わずに出てくるごはんに)僕のことを犬って呼んでいいので(深々お辞儀とともにいただく)うまあじ…。
        んー、見てみたいと思ってたのですが、確かに本人がいつでも持っているというのも妙なのかー…?残念。でもよい情報を貰えたので。
        あとでおっちゃんに見せてもらうことにしましょう。(もっちもっち)…ところで何故ガーベラおねーさんは戦場に?腕前は確かなようですが、アイドルがいる場所としては…その…差し出がましいようだったらごめんなさい。 -- リーゼル 2019-06-21 (金) 22:25:12
      • ガーベラはえいえんの17歳ですので!(ウインクしながらキラッ☆のポーズ)
        そろそろイチゴの美味しい季節です。でもわんこは別にいるのでやめておきますね。
        まあ、ガーベラもこれでもここには戦いに来てるわけですしね。その理由は――
        大戦果を上げて、名を上げ、救国の英雄としてトップアイドルの座に返り咲くためです!
        -- ガーベラ 2019-06-21 (金) 22:29:49
      • エルフのようなものですね。(うんうんと頷いてそこで理解を止めておいた。てんさいてきずのうでその先を考えようとするとなぜか命の危険を感じるから)
        ウィット君に負けたところあります。いちごは僕も森でよく食べました。へびいちごですが。人間の食べるいちごは大きくて甘くてよき…あまあじすき…(ジャムをパンにつけて)
        戦いは危険ですがー…(理由を聞いて)なるほど、ガーベラおねーさんにとって命を懸ける価値があるのですね、アイドルとは。深みが深い…(ふむふむと頷いて)
        ではアイドルに返り咲いた暁には改めてファンになりますので。そのために頑張って生き延びて、薬とか開発しませう。ゴブリンどもを絶滅させるその日までー。 -- リーゼル 2019-06-21 (金) 22:33:53
      • そのようなものです。人間、歳をとるのをやめる事もできるのです(うんむ、と頷いた)
        ウィットといえば、最近元気がなくて心配ですね…(まだ生まれ変わった?事はしらない)
        その甘いイチゴの砂糖漬けですから、それはもうあまあじたっぷりですよ(美味しそうに食べるのを見て、ジャム作りの成功を確信)
        ええ、命も魂だって。人生の全てを賭して追い求めるもの…つまり夢です。
        ふふふ、その時にはいっぱい応援してくださいね。尤も、そのためにも生きて、かつ大戦果をあげねばなりませんが。
        それこそゴブリン帝国を全滅させるつもりで!(ぐっと拳を握るポーズ)
        -- ガーベラ 2019-06-21 (金) 22:44:40
      • 事実、禁術のような扱いにはなるけどそういう魔法もありますしね。僕は修めていませんが。僕は覚えてないです(たいせつなことなので)
        …ウィットはきっと、少し姿が変わるかもしれません。いなくなったわけではないですよ(存在の秘密には感づいており、恐らくは…と推測しているエルフ)きっとそのうち元気な姿を見せるでしょう。
        砂糖は麻薬だと思います。エルフの里にはこのようなものは…ごくまれにしか…(ご満悦の笑顔だ)もちろんです。ご飯食べながらめっちゃ応援しますので。
        (アイドルらしくない拳だとは口には出さず、こくこくと頷いて同意した。その後パンを食べ終えるまでお茶会が続いたのだった) -- リーゼル 2019-06-21 (金) 22:50:51
      • (ガタッ。自分もパンを食べようとジャムの瓶に手を伸ばしたところで体制を崩す)
        そ、そうですよね!禁断、禁断…。不自然な事ですからね!あはは…。
        (誤魔化す様に笑うと、あらためて薄切りにしたパンにジャムを厚めに塗って)
        姿が…?言ってる事はサッパリわかりませんが…まあ無事ならそれでいいですね。
        あまあじの何と暴力的な事よ、とか言いますしね。砂糖を巡る戦争がないのが不思議なくらいです。
        (ジャムのせパンをかじってもぐもぐ。それからしばらくの間…)
        (具体的には買い置きのパンが食いつくされるまで、他愛もないおしゃべりが続いたのでした)
        -- ガーベラ 2019-06-21 (金) 22:59:27
  • (ふすふす匂いを嗅ぎ・・擦りついてくるわんこ) -- ウィット 2019-06-20 (木) 21:33:18
    • おや、わんこ。いえ、ウィット。お散歩ですか?それともおなかでも空かせましたか?
      (犬には自分のニオイはどう感じられるのだろう、などと思いつつ、身を屈めてよしよしと頭を撫で)お前、なんかこの数か月でずいぶんと落ち着いた感じですね。
      まあもともと子犬ってわけでもなかったですが…(訝し気に首をかしげる)
      -- ガーベラ 2019-06-20 (木) 21:36:35
      • (ぱたぱた尻尾を振ってる、単に人肌が恋しかったとでもいう様にすりすり甘える、取り敢えず特に嫌っている様子はなく人間として接してるわんこ?だ)
        わふっ(元気は控えめだが機嫌はよさそうに返事をする、背中の草花は完全に枯れて、体は全盛期より少し小さく、近くでみれば体毛の中に明らかに色艶のない白髪が多く混じっているのが分かる事だろう) -- 2019-06-20 (木) 22:01:09
      • よーし、よしよし。なんですか、暖かくなってきたというのに寂しがって。
        (言いながらも抱き寄せ、首から背へと撫でていく…がそこで気付く)あれ?お前背中に生えてた草は…?
        それに何だか落ち着いたを通りこして…(老いたとは口にはせず毛並みを眺める)
        (しかし分からない。背中の草に養分を吸われたのなら、草が枯れているのがおかしい)
        (だからと言って普通の犬としてはあまりにも…)むむむむむ…?
        (しょせんは学のない蛮人、わけがわからず唸るのみであった)
        -- ガーベラ 2019-06-20 (木) 22:06:48
      • (ハグされると嬉しそうに尻尾をふりふり・・・不思議そうにしているその顔を、まるで大丈夫だという様にぺろぺろと舐めて)
        ぅゎっふ!(一通り擦りつくと満足したかのように離れて、よたよたしつつもご機嫌な様子で帰っていく) -- ウィット 2019-06-20 (木) 22:16:38
      • うわあ、顔べっちゃべちゃに…(ははは、と困ったように笑う)
        まあ人前に姿を見せているうちは大丈夫か。役に立てなくてすまねーな
        (なんとなく素、頼りない足取りで帰路につくのを見守るのみだった)
        -- ガーベラ 2019-06-20 (木) 22:19:04
  • やっほー、ガーベラちゃんはガス系攻撃受けてない?大丈夫ー?(様子を見に来たついでにアレルギーや炎症対策の入浴剤持ってきた) -- ブラン 2019-06-20 (木) 18:54:59
    • こんにちはブランさん!…ガス、ガスですか?(化学兵器がピンとこない蛮人)
      それはこう、すごく臭いオナラとかそういう感じの攻撃をゴブリンがしてくると…。
      それとこれは何ですか?(入浴剤をしげしげ眺め)
      -- ガーベラ 2019-06-20 (木) 20:30:26
      • んー、肌荒れすらしちゃう絶対花粉症になっちゃうようなやつ?(どうも伝わってないなー、とイメージしやすそうな例を出してみる)
        こっちは入浴剤だね、ボクも最近使い始めたよ、その肌荒れとかの成分が体に引っ付いてたら何時までたっても治らないから、それを洗い流すやつだね(シャワーじゃなくてしっかり湯船に使う方がいいけどと説明する) -- ブラン 2019-06-20 (木) 20:37:25
      • 花粉症ってくしゃみがでるアレですか。なるほど、コショウを撒き散らす感じですね!それは凶悪かつ贅沢です!
        入薬剤、おお、お風呂にいれるとなんだかポカポカ温まるやつですね!
        たしかにお肌のケアは大事です。アイドルとしても女としても!
        ガーベラは北の出なのでサウナなどが馴染み深いのですが、たまにはゆっくり湯に漬かるのも良さそうですね。
        ありがとうございます(入薬剤をいただいてぺこりと頭を下げ)この駐屯地にも大きな入浴施設などがあれば楽なんですけどねー。
        -- ガーベラ 2019-06-20 (木) 20:42:45
      • その超強力な奴だね、それが煙みたいに出てる感じ?
        一応私のコテージは常備されてるけど、野営地でも入れるようになんとかしたいところだよねぇ
        サウナもいいよねー、でも今回ばかりはちょっときついかも?成分が残ったままだとずっと痒いかもだし、本当に大型入浴施設とか欲しいよねー(他にも保存食を胸元から取り出して)
        あとはこれお土産?(保存食だけどー、とフルーツ味だった) -- ブラン 2019-06-20 (木) 20:53:28
      • ふむぅ。そういう厄介なものをゴブリンが持ち出してきたというのですか。
        実際に使われてみないとわかりませんが、頑張って耐えるしかなさそうですね!
        兵士さんらも入浴はできた方がいいでしょうしねー。とは言え大規模な建築ができるわけでもないですし…
        (そこに物入れてるのかーと巨大な乳を眺め)これは保存食?しっかり固形になってるパンのようなクッキーのような…どれどれ?
        (早速包装を解いて一口かじってみる)ほほう!片手でも食べやすい手軽さとは裏腹に
        どっしりした甘みと絡み合う様々な味…これは!?
        -- ガーベラ 2019-06-20 (木) 21:00:41
      • それを吐くでっかい金属の蟹とか出てくるから気を付けてねー?ボクは距離あったから大丈夫だったけど、接近戦だと大変そう
        とりあえずこの飴舐めてる間は口閉じてても息できるけど、あ、間違って飲み込むとげっぷ止まらなくなるから気を付けてね(氷砂糖みたいな飴を取り出す)
        簡単な形でいいから欲しいよねー、これは保存食だね、年単位で持つけど、栄養より味優先な奴だからお腹に貯める以外には効果ない感じ
        (栄養不足にならない程度しかなく補充にはやや足りないぐらい)とりあえずこれも試供品、興味あったら野営地に置いておくから現地に持って行ってもいいかもねー? -- ブラン 2019-06-20 (木) 21:19:26
      • カニ。カニはヤバイですね。最強の生物と目されるカニがメタルに…(ゴクリ)
        (なにやらひんやりした飴を受け取って)なんだかすごい便利アイテムをいただけました!何から何までありがとうございます!
        (サクシャキと保存食を噛んで呑み込み)この軽さと携帯性、それに年単位でもつとなれば隊で正式採用してほしいですね。
        まあ量産できるのかどうかガーベラにはわかりませんが。通常の食料と併せて持っていくのが良さそうですね。
        -- ガーベラ 2019-06-20 (木) 21:25:26
      • メタルで蟹だからね、やばいよ、まあそれ以上にガスやばいけど
        私の安全の為でもあるからね!今の戦力で頑張らないといけないっぽいし!(無理そうなら逃げるのも手だよーとだけ言って)
        栄養価高い奴は不味いのが難点なんだけどねー(量産はできるが既存の保存食の方が入手しやすいからとあまり売れてない様子)
        まあ頑張って戦うしかないけど、消耗しすぎないように気を付けてね?それじゃボクはこれでー(仮設設備でも浴場用意できないか本社に交渉してみるつもりの狐だった) -- ブラン 2019-06-20 (木) 21:39:55
      • 金属カニにガスですか。なにか戦争の仕方が変わって来ているのを感じますね。剣や馬の時代が終わるというか…。
        ええ、頑張ればなんとかなります。気合いと殺意と根性で耐え抜きましょう!
        (野蛮人特有の精神論、というだけではないが、精神が肉体を凌駕する事は普通の人間には求められまい)
        むむぅ、そういうものですか。あじを濃くすれば美味しくて栄養満点とはいかないのですね…。
        あ、いろいろ有り難うございました!今夜はお風呂でゆっくりしますね!
        -- ガーベラ 2019-06-20 (木) 21:49:51
  • (ガーベラの元に手紙と小奇麗な箱が届けられる)
    『手紙にて失礼。先日は貴重なる甘味とひと時の癒しを賜り感謝の極み。貴女の麗容を彩る香気となれば幸甚なり。』
    (箱の中身は、微かに花の匂いが漂う香り袋が幾つも収められている) -- ベルトラン 2019-06-19 (水) 23:01:43
    • おんや?なんだこりゃ?(人が居ないので素。テーブルに置かれた箱と手紙に気付き)
      懐かしのファンプレゼントってわけじゃねーよなあ。えーと、なになに…?
      (手紙の封をきり、目を通す)うお、なんか達筆だ!?ああ、これはあの豪傑のおっさんか!
      ハハハ、見た目によらずマメじゃねーか(言いながらもうれしそうに、今度は箱を開ける。解き放たれる花の香り)
      香り袋?へえ…本当に見た目によらねーものを贈ってくれたな。へへへ…(袋を取り出してくんくんと香りを楽しむ)
      そうか…。そろそろそういう季節か…(そして、訪れんとする春に思いをはせるのでした)
      -- ガーベラ 2019-06-19 (水) 23:08:17
  • ほれ(ガーベラに差し出されるはマシュマロ、ただし男のこぶし大程の巨大な物が4つパッケージングされた物だ)
    あとこれだ(同じく個包装されたキャンプ用の水でもさっと溶けるココアを箱で差し出す)
    平時なら薔薇の一つでも渡すんだがこんな状況だしな、色気が無くて悪いね -- ヤークート 2019-06-19 (水) 22:09:18
    • いらっしゃいヤークートさん!お待ちしてました!
      (目を輝かせて、差し出されたマシュマロのパックを受け取り)おおおおーすごく大きい!すごくやわらかい!すごいマシュマロです!
      (見た目以上のボリュームに、わくわく顔)こちらは粉末のココアですね!まだまだ寒い日が続きますし、ありがたいです!
      ふふふ、オシャレなプレゼントもいいですけれど、こういったものも十分嬉しいですよ!
      ティータイムが楽しみになりますから!
      -- ガーベラ 2019-06-19 (水) 22:13:48
      • 喜んで貰えたみたいで何よりだ(ハッハと笑って返し)
        そのまんま一つ枝に刺して焼くのも中々満足感はあるが…お仲間と千切り合って一緒に焼くと連帯感が生まれる
        お嬢さんの言う様な寒い日なんかは熱く淹れたココアに浮かべるのもいいな、体温が高まればそれだけ肉体精神双方の活力になる
        とは言っても元騎士団のアイドルにはブッダの耳に…んん?まあそんな感じの奴かね -- ヤークート 2019-06-19 (水) 22:20:35
      • (4つ全部、1本の串に刺してガブガブなどと考えていたが)なるほど、ちぎってシェアですか。
        たしかに広場などでそれをやれば何人か寄ってきそうですね。
        身も心も温まるホットココアのマシュマロいり、を振る舞うのもウケが良さそうです。
        いえいえ、ガーベラは戦場の機微にまで聡いわけではありませんからヤークートさんのお話はすごく勉強になります!
        これまでどれほどの戦を潜り抜けてきたんですか?
        -- ガーベラ 2019-06-19 (水) 22:27:05
      • おじさんがやるにはちょいと顰蹙を買う光景なんでココアにマシュマロなんかはこっそりやってるがね、ギヒヒッ
        甘味は平均的にストレスを感じるようになってきた状況でもそのストレスを下げてくれる
        お仲間に妙にイライラしてる奴が出始めたら無理やりでもいいから口に放り込んでやりな
        (今まで参加した戦場の数に関しては指でひーふーみーと数え)数えても意味はねえか、毎度家に埃がだいぶ積もったら帰る生活だよ -- ヤークート 2019-06-19 (水) 22:36:51
      • それはむしろギャップ萌えを誘える光景じゃないですかね。おじさん+甘いもの。
        ここ駐屯地を含めて、前線はストレスがじわじわ溜まっていきますからねー。そろそろ戦争開始から4ヵ月。兵士の皆さんの顔にも疲れが見えはじめています。
        尤も、戦果を上げ続けている皆さんは、まだまだ元気な印象ですけれど。
        (指折り数える、のをやめた様子を見て)指が足りないほどですか。…まったく、戦いなんてものは個人レベルでしたい時にだけすればいいのに、とガーベラは思います。
        -- ガーベラ 2019-06-19 (水) 22:44:34
      • ハッハッハ萌えられても困る!ただ男連中は俺の様に気楽に甘いモンは摂って欲しいもんだ、格好つけるのは平時で十分ってな
        (兵士の様子に関しては思う所があるのかだろうなと唸り)ただ踏ん張って貰わないとな、今回は政治で済まない以上どうしてもある程度は長引いちまう
        お嬢さんは気持ちとしちゃあ正規軍寄りだろうがな…士気の維持も何とかしねえとか(やれやれと)
        ヒヒヒッ闘争本能と戦争は時に切り離されるのさ、お蔭で飯のタネにはなるがな?ただ今回は長引いていい戦争じゃない気張らせて貰うさ -- ヤークート 2019-06-19 (水) 23:06:36
      • なんで男の人は甘いものやお菓子をカッコ悪いと思うんですかねー。
        甘いという言葉のイメージのせいでしょうか。好きなものは好き、それでいいのに。
        はい、なにせ相手は言葉も通じないモンスターです。モンスターだけに倒す分には気楽なのですけど
        まあ、興和して終わりというわけにはいきませんよねー。そして長引く分だけ士気の維持も大変になると。
        まあ部隊の維持はあのお姫様次第でしょうけれど、なるべくサポートはしたいですね!
        ええ、お互い頑張りましょう。集まった各自、この戦争を利用しているという部分はあるにせよ…
        いつまでも続けたいと思っている人はいないでしょうから!(ぐっと拳を握って)
        -- ガーベラ 2019-06-19 (水) 23:14:03
      • そうだなあ、ディートリンデ殿下の不利にならない程度に目には付かないよう頑張らなきゃな
        だが正直な所政治の関わらない戦争ってのは気楽でいい、楽しいとすら言える
        (この王国の人間の前でこの戦争を楽しんでいる発言は不適切だったなと気付けばバツが悪そうにしつつ)
        兎も角頼りにさせて貰うぜガーベラちゃん、そんじゃあな?(渡す物も渡したので男は去っていった) -- ヤークート 2019-06-19 (水) 23:23:30
      • た、楽しいですか!?まあ…細かい配慮抜きで自分の力を発揮できる場、と考えるなら…
        (殺戮を愉しみ、酔い痴れる。本性的には否定できないので言葉を濁して目を逸らし)
        はい!ありがとうございましたヤークートさん。マシュマロとココア、美味しく頂かせてもらいますね!
        (そう言って、にこやかに手を振って見送る。姿が見えなくなれば、ふぅー…と息を吐いて)
        ああいった経験豊富なおっさん相手だとちょーっと緊張するな。見抜かれちまいそうで。
        ま、それはそれとして、デカいマシュマロ…どうすっかなー(腕を組んでうーんと悩むのでした)
        -- ガーベラ 2019-06-19 (水) 23:30:29
  • そんな訳で俺はホワイトデーのお返しをするのだったっす…
    大体お返しって言うとマシュマロ、クッキー、キャンディが定番っすかね?
    だけど俺はアイドルに食べ物を差し入れるのは割とNGって聞いたことがあるっす!
    けどホワイトデーと言うには食べ物って気もするっす…その折衷案がこれっす(白い紐でギュッと縛られたハムの詰め合わせ1kg分を差し出し)
    異物混入を許さない安心の真空パックって奴っすねー、ハムだからそれなりに日持ちもするので安心って奴っス -- グリード 2019-06-19 (水) 21:08:23
    • しっていますかグリードさん。その定番のみっつのお菓子には
      「貴女が好き」「貴女が嫌い」「貴女は友達」という意味が振り分けられているのですよ!
      って詳しいですね。たしかに食品…特に手作りのそれは材料に何を使ったかわかったものじゃない、という怖さがありますからねー。
      (差し出されたギフトを見て、おお…!と呻き)こ、これはすごい。まるで盆とお歳暮がまとめてやってきたみたいです!?
      しかも長持ち仕様。よろしいんですか?こんないいものを…!}(じゅるり); -- ガーベラ &new{2019-06-19 (水) 21:17:42
      • そんな意味があったっすか!好きや友達はまだしも貰っときながらお前嫌いなんじゃボケー!みたいな贈り物はヤバいっすね…意図して送ってたら人格がヤバいっす
        ぬいぐるみとかも送るのはNGって調べはばっちりっすよ、悪意が込められたぬいぐるみはヤバいっすけど善意でもぬいぐるみは邪魔になるような事も多々っすからね…気軽に捨てられず供養も必要になったりするっす…
        うぐっ、お歳暮と言う事がばれてしまったようっすね…どういう贈り物がいいかと参考にお歳暮のチラシを見た結果だったりするっす
        だけどよいものと言って頂いたなら少なくともハズレ問答品ではないと信じるっす… ファイナルアンサーっす!(そっと手渡し) -- グリード 2019-06-19 (水) 21:26:34
      • 言われてみればたしかに、私あなた嫌い!(バァァァン)で贈り物をするのはサイコじみてますね!
        ちなみにド定番のマシュマロが嫌い担当っていうトラップまで仕込まれてるので気を付けるといいですよ。
        ガーベラとしてはぬいぐるみ自体は問題ありませんが、処分の事を思うとたしかに困りものですね…。
        (ハムの箱をトライフォースの様に掲げ)いえいえ、これはありがたいですよ! ここ、前線駐屯地では慢性的に生鮮食品が不足しがちですし
        そこにハムときたらもう、ああ、想像しただけでほっぺが落ちそうです!(箱をおろし自分の頬に手を当ててうっとり)
        -- ガーベラ 2019-06-19 (水) 21:33:20
      • 好きと友達と気になる人くらいで分類したらよかったのに、だれが嫌いなんてカテゴリ作ったんすかね…オコトワリアイテムとして需要あるんすかねえ…
        (やっべ、マジヤッベ、他の人のお返しにめっちゃマシュマロったわって表情、気をつけるのが半歩遅かった)
        一つ二つならいいかもしれないっすけど多すぎると今度は置き場も無くなる位かさばるっすからねえ…消えモノがいいとはよく言ったもんす、ギフト券なんかもあるみたいっすけどそれは…ビジネス的な空気になるっすから…
        ああ確かにこんな所じゃ新鮮なものは基本的に食べられないっすからねえ、甘いものも保存が効く物がどうしても主になりがちっすか
        俺はその辺無視できるからつい忘れがちになるんすよね、でもまあ喜んでもらえたようで何よりっす -- グリード 2019-06-19 (水) 21:41:36
      • 好きとか嫌いとか最初に意味付けだしたのは誰なのでしょう。
        まあマシュマロにしても、すぐ溶けてなくなるから、とかそんな理由でのこじつけですけどねー。
        (グリードの様子から、ああこれは贈ったな、と察してくすりと笑み)
        まあぬいぐるみならよし、手作りフィギュアなんかが贈られて困る場合もありますね。
        秋にもなれば食料事情は開腹するでしょうけど、そこまで戦争が続くかはわかりませんし…
        って無視ですか?微妙な食事に耐えることに慣れている…?
        -- ガーベラ 2019-06-19 (水) 21:51:09
      • 俺たちのメモリアルが駆け抜けていきそうな話っスねえ…誰と言うかどこの菓子メーカーなのかって気もしなくはねえっすけど
        口どけさっくりで言えばクッキーも負けてない気がするんすよ、キャンディはーかなり残留するっすねえ、ソフトキャンディはその限りじゃねえっすけど
        そんなものまであるんすか…いくら嬉しいものであってもケースを用意したりしていたらかさばって大変そうっす、なんかアイドルよりも特撮ヒーローの人に多そうな気がするっすね
        ゴブリンめっちゃ多いっすから秋どころか1年や2年で終わるのか疑問になる位っすよ、10年20年戦い続けるのはちょっと勘弁っすねえ
        それもあるっすけどこう、欲しいと思ったものを手元に手繰り寄せられるっすね、試しに適当に…(スィとポケットティッシュが出た)
        ああホントに適当に何かこう…ティッシュでもなんでもって思ったせいでティッシュが来たっす、こんな具合で夜食にラーメンが食べたいとうっかり思い込むとどこからともなくラーメンが出たりするんすよ
        魚喰いてえ…と思ったら魚が出るっすかねえ、イメージできねえもんは無理っすけど -- グリード 2019-06-19 (水) 21:57:55
      • なるほど、キャンディ業界がイメージアップを図りつつマシュマロを潰そうと…
        いや、もともとマシュマロにそれほどのシェアはないですね(あははと笑い)
        いえ、流石にフィギュアまでいくと嬉しいよりも怖いが先に来ますね。そして処分はますます困るという…。
        ゴブリンはこうしてる間にもぽんぽこ増えるのも厄介ですね。やはり頭を叩いて組織として瓦解させるのが一番でしょうか。
        (続いて見せられた不思議な光景には目を丸くし)え!?グリードさんは手からティッシュでるマン!?…あ、ティッシュに限らずですか!
        す、すごいですね。まるで魔法の絨毯です!!
        -- ガーベラ 2019-06-19 (水) 22:04:35
      • マシュマロだけに潰されてもふんわり元通りって寸法っすね…
        そう言えばマシュマロ推しの記念日は聞いたことねえっす、ニッチって程でもない気もするんすけどねえ
        あーやっぱり怖いもんっすか…執念みたいなのが籠ってそうっすもんねえ、完成度が高いとぞわぞわしそうで低いと…悲しい気分になりそうっス
        ゴブリンの王子とかがいるならキングがどっかに居るんすかね、一番頭が居るならそこを狙うと良さそうっすけど…
        魔法の絨毯って空飛ぶ奴じゃねえっすか!?まあ何でも出る訳じゃねえっすよ、市販品とか量産品みたいなもんばっかりっすねー
        オーダーメイドの世界に一つだけのナンタラみたいなのは気後れして欲しいと思えないんすよ -- グリード 2019-06-19 (水) 22:09:56
      • マシュマロのイベントとしては、屋外で焼いて食べるとかそんなイメージですね。
        そもそも人形を作って贈る時点で、並々ならぬ執念を感じるのに、キャストオフ仕様とか凝ったものが贈られる事もあるそうで…。
        まあ帝国と名乗っている以上、いるんじゃないでしょうか、ゴブ帝。数千数万のゴブリンを統べるゴブ帝…
        どれほどの怪物か、想像するとちょっとわくわくしますよね!
        あれ?ごちそうが出てくるのって何でしたっけ!?魔法の…テーブルクロス…?(うろ覚えだった)
        でも、その力があればいくらでも仕入れ…(あくどい事を言いそうになり、ハッと言葉を止め)い、イクラとかもポロポロ出そうですね!?(無理矢理ごまかす)
        -- ガーベラ 2019-06-19 (水) 22:21:31
      • それはなんかイベントってよりキャンプのついでとかみたいなイメージするっすね…決してメインにならずおまけの一品っす…
        自分らで楽しむ分にはまだしもご本人にそんなもん送り付けてどうするんすか…ただのセクハラでしかねーっす、しかもリアクションを見る事も出来ない状況だから…これもサイコっすね!?
        キングの上にエンペラーっすかね…ゴブリンエンペラーって言うと名前だけで言えばあんまり強そうな気はしねえっすけど…想像はし辛い存在っすね
        強そうに考えるとオーガだこれ!になっちまうっす、アリの女王が英雄をビビらせる位っすからゴブリンの皇帝ならかなりやるんすかねえ
        グルメテーブルかけとかマジカルテーブルクロスとか諸説はあるみたいっすね…(後者は…とそっと目を覆い)
        イクラっすか!?さすがにそれは出そうとした事がねえっす… … … 試してみようかと思ったっすけど手からポロポロ魚卵が出るのを想像したら心の底から欲しいとは思えなかったっすね…(不発) -- グリード 2019-06-19 (水) 22:31:58
      • お菓子としても何となく華のない、半分材料みたいな存在ですしねー…
        うーん、たしかに贈る側の心境はサッパリですね。まあ、まずせっかく作ったんだから見て欲しいのでしょうけど。
        (ゴブリンエンペラー。その姿を想像し)うーん…オークに対するオーカスのような、上位の魔神みたいな存在だったりするんでしょうか。
        あるいはゴブリンを統べる帝王という立場だけどゴブリンではないとか…ぬぅ…(結局なんもわからなかった!)
        あ、あ、はい。イクラ直はおもしろくなっちゃいますね!シャケとイクラの親子丼とかそういう方向でお楽しみください!?
        -- ガーベラ 2019-06-19 (水) 22:39:11
      • その辺で売ってるかって言われると微妙に見ない気もするっすね…決して悪いものじゃないと思うんすけどアピールするものがないっす…
        本人に見せるのは子供がお母さん見てみてするような気持ちなんすかねえ…違うかも知れないっすけど俺にはわからねえっす…
        もしも存在するとしたら見てのお楽しみって事っすね!敵のボスだって言うならそう簡単には見えないと思うっすけど、要るのかどうかもわかんねっす!
        丼物なら行けるかもしれねえっすねえ、まあなんかあったら言ってくれれば呼び寄せるっすよ…一点狙いじゃなくて丼物くらいでファジーさを頂けるとアリがてえっす
        それじゃあおれは戻るっすよ、チョコありがとでしたっす! -- グリード 2019-06-19 (水) 22:45:39
      • 言われてみればマシュマロがどこで作られ、どこで売られているのかわかりません!
        地味にして多くの謎に包まれた物質マシュマロ。はたして人はこれを口にしていいのか…!(演劇めいた口調で言って笑い)
        ガーベラにもわかりません!まあ、世の中にはいろんな人がいる、というお話ですね。
        ゴブリン帝王がいるとすれば、ゴブリン帝国のゴブリン帝都。そこに建てられたゴブリン王宮とかゴブリン司令部的なとこでしょうか。
        いずれにしても、そのへんはお姫様の手の方が情報を掴んでくれる事に期待するほかないですねー。
        はい、もしどうしても必要なものがあったら頼らせてもらいますね!ここに居るとどうしても不足する物もありますし
        食料はもちろん、衣料品とか、そういうものも。
        (去る背にぺこりと頭をさげ)こちらこそ、けっこうな物をありがとうございました!
        -- ガーベラ 2019-06-19 (水) 22:53:26
      • (んで、帰ったのを確認すると、再びハムの箱を掲げ)いいいいやっはぁー!!
        今夜は炙りハム祭りだぜーッ!ああもうたまんない!今夜じゃなくて今からだ!
        (早速、ハムを取り出すと大雑把に輪切りにし、暖炉の火であぶりだすのでした)
        -- ガーベラ 2019-06-19 (水) 22:55:32
  • チョコのお返しをするのが人里の礼儀だと聞いたので。…食べ物以外でもいいんですよね?食べ物だとちょっと僕が耐えられない…。
    そういうわけでこれをどうぞ。ガーベラおねーさん、この間綺麗を保つためにはーって言ってたので…エルフの里に伝わるスキンミルク、乳液です。エルフたちのお肌はこれで保たれてるところあります。(500mlくらいの瓶を差し出す) -- リーゼル 2019-06-19 (水) 00:25:29
    • リーゼルさんいらっしゃい。お礼なんて気にしなくてもよかったのですよー
      (紅茶とお茶請けのクッキーを用意し、クッキーは別途大き目のお皿にどさっと盛って)はい、召し上がれ。
      …で、乳液ですか。これは助かります!寒い時期はお肌も乾燥しますからね。
      って、エルフは皆オシャレさんですか。そろって乳液ぺちぺち付けてるエルフは想像しがたいですが…!
      -- ガーベラ 2019-06-19 (水) 00:30:24
      • (すいと出されたお茶請けに感動を覚える)ガーベラおねーさんは天使…(ぱぁぁ)ごちそうさまです。いただきます(もっちもっち)
        エルフの里ではー…女性9割の世界でしたが。ほら、エルフは長寿なのでお年を召した方も外見は若いでしょう。人間基準で。
        でも、だからこそ乳液が重宝したりするようなのです。人里では高く売れるらしいので。僕も作らされていたので、ちょっと作り方を思い出して作りました -- リーゼル 2019-06-19 (水) 00:34:07
      • 常に食べ続けてないとダメってそこはかとなくネズミですよね…(椅子に腰を降ろしもちもち食べる様を頬杖付いて眺め)
        そんな男女比ですか。じゃあリーゼルさん、故郷に戻ったらハーレム状態!ですね!(にひっと笑み)
        (話を聞きながら頂いた乳液を一滴掌に出してみる)なるほど、すごくしっとりなめらか。えまるじょーんって感じです!
        そう言えば乳液って別にお乳ではないのですよね。
        -- ガーベラ 2019-06-19 (水) 00:39:53
      • 自覚はあります。しかしそうしないと僕は餓死してしまうので…食べなければこの先生きのこれない…(もぐもぐ)うまあじ…
        あー……(遠い目)…そういうことになるので。でも、うん。お年を取ったエルフはちょっと怖いところあります(目が虚ろ…!)
        そうでしょう。そこそこ頑張って作ったので。喜んでもらえると嬉しいので(にこー)成分的な話です?乳白色だから乳液と呼ばれますが―、素材は別物なので。
        言ってしまえば油とロウと、あとバターとか花のエキスとか…魔術的なものもちょっとだけ。詳しいレシピは秘密なので。 -- リーゼル 2019-06-19 (水) 00:46:33
      • 生死がかかっているのでは是非もありませんね。せめてお菓子だけでもいっぱい食べていってください。
        (カロリー高いほうがいいのかな?と砂糖をまぶしたプリッツエルを追加)
        ふふふ、人の身としては何百歳年上のおねーさんとか正直想像もつかないですね。
        ええ!貴重な手作り品ですし、大事に使わせていただきますね。これでトップアイドルに一歩近づいたというものです。
        なるほど、やはり油膜でお肌を保護するという感じですか…って魔術!?むむぅ、魔法の乳液…
        ますますレアものの気配がしてきました!
        -- ガーベラ 2019-06-19 (水) 00:54:29
      • ありがたくいただいていますので…(追加されたお菓子に\うわー!/と喜んでハムスター状態)もっもっ…
        長く生きると色々とタガが外れる部分もあるので…15歳までは何とか養ってもらいましたが流石にこの食事量では里を追い出されるのもやむなし…。今は人里に降りてよかったなと思う部分もありますがー。
        アイドルとは過酷な物…頑張ってねおねーさん。…その乳液で少しでもお力になれれば幸いなので。
        レアもの―…まぁ、前にお金にどうしても困って人の町で売った時は結構高額でしたので(さらっと零れる1Lが個人年収平均並みのそれという情報) -- リーゼル 2019-06-19 (水) 00:59:44
      • 食べ物も魔法でチチンプイプイと出せればいいのにね…(あるいはそれも可能か、呟き)
        大飯喰らいだってだけで貴重な男子を追い出すなんて、厳しいところですねエルフの里。
        食べ物はエルフの里と、人里とどっちがいい感じなんです?(紅茶を啜りながら)
        まったくもって修羅の道ですよアイドル道。まあ今は物理的に修羅の道ですけどね。
        流石エルフのハンドメイド、使うのが惜しくなりますが実用品は使ってナンボですよね。ありがとうございました!
        これで戦場でもしっとりお肌でやっていけます!
        -- ガーベラ 2019-06-19 (水) 01:08:16
      • 試したことはあります。ありますがー、魔力を使うとお腹が空いて…意味がないのでー。かなしみ…。
        まぁその頃の僕はあんまりにもニート極めてたのでー…追い出されてもやむなしといいますか。今もできれば働きたくないでござるなところありますので…。
        (もっちもっち)味なら圧倒的に人里かとー。色んな味がありますよね。紅茶も好きです(くぴくぴ)…深みあじ…。
        まずは生き延びてからなので…(頷く)いいえー。お気持ちですから。使っていただければ僕も嬉しいので。
        (その後お出しされたお茶請けを見事完食して)ごちそうさまでした…色々ごちそうになって助かります。よければまたくださいね(ぺこりと頭を下げて前線に戻った) -- リーゼル 2019-06-19 (水) 01:11:36
      • エネルギーは変換するほど目減りする、という奴ですね。なかなか便利にはいかないものです。
        (もうひとつの魔術的手段、超常的存在に願いを叶えてもらう…にしたって代価は必要だ)
        あはは、ニートですか。それだともう普通に極潰しになっちゃいますねー。
        でもニートが出来るほど時間的余裕があるのもエルフのような長命種の特権な気はします。
        はい、人は食べる事の研究にかけては並ぶものなしでしょうね。数多の飢饉がそうさせてきたのでしょうけど。
        ガーベラもひと冬アザラシ肉しか食べれない時とかあって、飽きがつらかった思い出があります…。
        ええ、またどうぞ。隠しお菓子をたっぷり用意しておきますね!
        (リーゼルを見送ったあと、乳液を化粧品入れにそっと仕舞うのでした)
        -- ガーベラ 2019-06-19 (水) 01:21:10
  • 2月。この時が来たか…(カレンダーの前、1枚の紙を手に呟く)-- ガーベラ &new{2019-06-18 (火) 14:26:58
    • (手にした紙、遊撃隊員の名簿に目を通し)ひのふの…だいたい5人か。いけない数じゃねーな!ならば―― -- ガーベラ &new{2019-06-18 (火) 14:29:33
      • ――営業の時間だッ!! -- ガーベラ 2019-06-18 (火) 14:30:08
  • -- 2019-06-18 (火) 14:25:25
  • いやーガーベラさんは歌や踊りで鼓舞する役割かと思ってたら前線にも行くんすねえ
    大丈夫っすかケガとか、アイドルもちょっと方向性違うかも知れねっすけど体が資本っすからねえ
    (そっと箱を差し出し)こっちはスキンケアグッズっす!場所が場所だけに補充難しいと思うんで使って欲しいっす!それと…
    (少しヨレたTシャツを見せる、デフォルメされたガーベラの姿が印刷されているであろうそれはグッズの一つだったに違いない)これにサインの方オナシャス!(深々と頭を下げ) -- グリード 2019-06-16 (日) 21:19:40
    • いらっしゃいグリードさん!ガーベラはこう見えて元騎士団所属ですので戦う事も出来るんですよ。
      なんて言う割には戦果はしょっぱい感じでしたけど(てへっと笑ってみせる。そこに箱を差し出され)
      これは…そこまで気を遣ってくれるなんて、ガーベラ感動です!いやー、群れを相手にするとどうしても無傷とはいきませんね。
      (箱はテーブルの上に。続いて出されたTシャツを見ると、おお…と呻き)
      これは懐かしいものを!デビューして間もない頃のグッズじゃないですか。
      本当に書いちゃっていいんですか?(言いながらもペン立てからマジックを手にとる)
      -- ガーベラ 2019-06-16 (日) 21:41:15
      • 凄い経歴だったんすね!?騎士団って言うとやっぱりフルプレートアーマー着たりするんすかねえ(重装備をしている姿が想像出来ずに)
        そりゃ現役騎士団員って訳じゃなかったらブランクもあるっすよ!勘を取り戻していけばいいっすからねえ
        歌って踊れて…戦えるアイドルっすか!なんかいいっすね…
        あんまし新しい方のは手が出なかったっすからねえ…服だけに洗ったりするとサインが落ちちゃうかも知れねっすけど
        これは今の俺にゃちっとはいらねえっすから飾り一辺倒になるっすけどよろしくっす!(恐らくは昔購入したものなだけに当時のサイズSなのだろう、今は成長して入らなくなってしまっているのだ) -- グリード 2019-06-16 (日) 21:48:54
      • ガーベラは顔が見えてないとダメでしたので、フルプレートは結局着ずじまいでした。チェインメイルの上にサーコートが精々ですね。
        ええ、戦いはこれから。目指せ討伐数2000超えです!(ぐっとがんばるポーズ)
        そういうグリードさんこそ、大丈夫なんですか?お怪我をされたと耳にしましたけど。
        (ふふふと笑い)ガーベラは何度でも書きますから、あまり気にしなくていいんですよ…っと!よしよし
        (慣れた手つきでキュキュっとイラストの脇にサイン)
        …ということは随分体が大きくなったんですね。男の人は本当に大きくなって驚きます。
        ――はい!できました!(サイン入りシャツをそっと手渡し、軽く手を握ろうと)
        -- ガーベラ 2019-06-16 (日) 21:57:28
      • 騎士団の方でもアイドルっつーか看板娘っつーか…新人を募集するための顔役だったんすかねえ、そこで目に留まってスカウトでもされっす?
        2000!そいつは大台っすね、俺っちは1800が目標っす、ガーベラさんも頑張って欲しいっすよ!
        あー、俺っちの怪我はゴブリンにやられたんじゃなくて…天気の方っすね、雹とか初めて体験したっすけど氷の塊が降ってくるなんてマジヤベエっす、上半身ボコボコになったんでガーベラさんも気を付けて欲しいっす
        へへぇ…いやまああの頃は成長期だったっすから…さすがにもうこれ以上はでかくならないっすよ
        へえっ(思わず手を差し出せばふわりと暖かな感触が伝わり)うぉー!(テンション爆アゲでTシャツを持った拳を高々と掲げた) -- グリード 2019-06-16 (日) 22:03:43
      • はい、新規勧誘も大事なお仕事のひとつでした。まあ釣られて入団しても待っているのは…
        従騎士としての下働きと地獄の訓練の日々ですけどね!(くすりと笑う)
        具体的な数はともかく、とにかく倒して目立ってあの王女様の目に留まることがガーベラの目標です。お互い頑張りましょうね!
        なるほど、それは災難でしたね。氷の粒というものはまったくバカにできないものです。
        (言いながらも顔には笑みが宿る。雪と氷、故郷を思い出してちょっと懐かしくなったのだ)
        って、うわわわわ、ちょ…ちょっと喜びすぎですよー!?(目をぱちくりさせて驚いてみせる)
        -- ガーベラ 2019-06-16 (日) 22:10:40
      • 女性騎士と男性騎士じゃ訓練とかも違いそうっすね…下心アリで入ったら周りは屈強な男騎士ばかり…辞めさせて貰えない地獄沼っすねきっと!
        王女様の目に?何か思い入れとか因縁とかあるんすかねえ(実はガーベラさんも王家の人とかそういう…?謎は深まるばかりっすねえ、ミステリアっす)
        氷の粒は大きくなくても高い所から降ってくるから相当なもんだったっすよ、医者センセみたいな人に魔法で治して貰ったっす…他の奴は雪で足を取られたりしたりと天気も強敵っすねえ
        へへへ…憧れの人と握手をした!となったらこうなるのも当たり前っすよ!(当然のようにスキャンダルやら何があったかは全く情報として入手出来ていない、世間的な情報は5年以上前から止まっているのだ) -- グリード 2019-06-16 (日) 22:16:43
      • まあその辺は、ふしだらな事があると問題になりますので基本男女別になりますね。
        あはは、そういったつながりは一切ないですよ。ただ、出世するならそれが近道じゃないかなーと思っているだけです。
        ですので、ここに集ったみなさんの事は仲間であり、ライバルでもあると思っているんですよー。
        魔法は便利ですね!ガーベラは魔法はからっきしですけれど、魔法があればきっと何でもできる様になるんでしょうねー。
        そ、そうですか。でもはしゃぎ過ぎずに養生してくださいね。グリードさんに何かあればガーベラも悲しくなってしまいますから!
        -- ガーベラ 2019-06-16 (日) 22:28:08
      • 規律を守る騎士団が何事かーってパッシングデカそうっすね、職場内恋愛が許されない仕事と理解できなかったら捕まるんすねー
        出世っすか!王家の人の目に…いい意味で留まったら確かにそれ相応の振る舞いは必要かも知れねっすけど上へ上へと行けそうっすねえ(具体的な地位は思い浮かばない)
        なるほどライバルっすか!俺っちの場合司法取引とかってので減刑っすからへへへ…お目こぼしを、ノルマさえ達成できればお手伝いしやすぜ
        魔法っても何でも出来る訳じゃないみたいだったっすね、全身打撲を治すために一日安静だけなのは良かったんすけど、下手に動いたら全身が癌になるって言われったすからリスクがマジヤバイっす
        はい!不肖グリード!ガーベラさんを悲しませないように頑張るっす!(ビシッと敬礼をして見せて)それではありがとうございましたっす!またよろしくお願いしやす!(普段猫背な彼が見せた真っすぐな挨拶、それをして部屋を出て行くのだった) -- グリード 2019-06-16 (日) 22:34:46
      • 騎士団含め、軍といったものは割と面子が大事ですので醜聞は厳禁ですね。
        その一方で騎士物語と言えばロマンスが付き者ですから面白いものです(うむうむと頷き)
        高い武勲を挙げればそれこそ騎士への取り立てもあるかもですし、少なくともパトロンくらいにはなってもらえるかもしれません。
        そう言えばそういったご事情でしたね。でもそれは言い換えれば自由のための戦いですね!
        グリードさんは己が自由を掴むためにゴブリンを狩るのです!(ぐっと拳を握る脳筋)
        ぜ、全身ガンというパワーワード。おっかなすぎです!?…と、お帰りですね。お気をつけて!
        そして次の戦いではもっと戦果を挙げていきましょー!(笑顔で見送り…)
        (グリードの姿が消えたあと、ふぅ、と息を吐き出す)こういったファン交流って超久々だなあ。ハハハ、なんか懐かしいぜ。
        (ベッドに腰を下ろし、そのままバタンと横になって)でも、悪い気分じゃねーな。
        アイツはどうもアタシの顛末を知らないようだし、たまに昔気分に浸させてもらおうかね…
        (目を閉じ、そのまま眠りに落ちるのだった)
        -- ガーベラ 2019-06-16 (日) 22:51:39
  •  
  • 名前色のタグってこんな感じだったか? -- &color(#ff6688){ガーベラ? 2019-06-15 (土) 19:53:04
    • あ、色付けるの文章のほうだっけ!? -- ガーベラ 2019-06-15 (土) 19:55:51
      • (にゅっとでてくるドレスの娘)多分名前欄にはカラー無理じゃないかな?自動的にリンクタグになるから -- ブラン 2019-06-15 (土) 19:57:55
      • 枠の色と同じにしてみる -- ガーベラ? 2019-06-15 (土) 19:58:29
      • あらいらっしゃい。使うのが久々でして、普通に勘違いしちゃってましたー -- ガーベラ 2019-06-15 (土) 20:00:03
      • よくある、ボクも普段使わないのはさっぱりだったりするからね
        コメントの上にでも半角スペースで開けてから名前やカラーを置くと便利だよ(自分のところ参照な感じ) -- ブラン 2019-06-15 (土) 20:01:53
      • なるほどそういう手段もありましたね!(じわじわよみがえる記憶)
        アタシはタグごと辞書登録して変換で出してた飢餓しますー。
        それはそうとまあ何と言いますか、でっかいですね。 足元見えますか?
        -- ガーベラ 2019-06-15 (土) 20:04:03
      • 変換登録!そう言うのもあったね、ボクそこまでしたことなかったや
        んー、もう慣れみたいなものかな?色々不便なのは確かだけど(苦笑するが重さとかはもう全然平気らしい) -- ブラン 2019-06-15 (土) 20:09:31
      • 超乳でボクっ娘とか、またえらくあざといですね!
        あ、私はガーベラといいます。ゴブリン討伐の間よろしくお願いしますね!
        (にこり!と笑顔で自己紹介し、握手を求めて右手を差し出す)
        お陰様で助かりました。これで今後は色付けて喋ることができそうです!
        -- ガーベラ 2019-06-15 (土) 20:14:42
      • ふふー、あざとく生きるのもいいものだよ!
        まあボクが直接戦う訳じゃないけど、その時はよろしくねー
        あ、ボクはブラン、よろしく!(手を前に出して握手するだけでも胸肉に干渉しますが無害です) -- ブラン 2019-06-15 (土) 20:20:05
      • まったくですね、あざとくかわいく生きていきましょう!
        (手を軽く握って、軽く振る…と肉塊に振動を与えてしまいそうなのでやめた)
        それにしてもすごい。いったい何を食べたらこんなお胸になったんですか?
        -- ガーベラ 2019-06-15 (土) 20:24:29
      • ガーベラちゃんもあざとい感じがするから大丈夫だと思う!
        なんでだろうね?普通にしてただけのつもりだけど、ああでもご飯は一杯食べるかな?(食べたものが全部胸と尻に行く体質) -- ブラン 2019-06-15 (土) 20:26:45
      • ガーベラはこう見えてアイドルですから(くるっと回って決めポーズ)
        なるほど、やはり栄養ですか!ちょうどごはんの時間ですし、今夜は脂肪分を多く摂ってみましょう。
        昨今のおっぱいインフレに着いていかないといけませんからね!
        -- ガーベラ 2019-06-15 (土) 20:30:40
      • アイドル!歌って踊れるやつだね、ボクもそう言う仕事したかったなぁ(絶対に踊れないとは思っていない)
        今は贅沢できる時代だからね!ボクもご飯食べなきゃだね(お肉にしようかなぁ、と悩む) -- ブラン 2019-06-15 (土) 20:33:39
      • ブランさんなら相当に人気が出ると思いますよ。強力な武器を持っているんですし!
        そんな時代ではありますが、今夜、えーと広間でしたか…で戦の前の大宴会が催されると聞いてます。
        そちらでたっぷり腹ごしらえをしておく事をおすすめしますね!
        -- ガーベラ 2019-06-15 (土) 20:37:16
      • ニッチすぎるんじゃないかなって思うけどね?まあ武器は全力で使うけど!
        あ、いいねー、それじゃボクも準備してから参加かな、それじゃガーベラちゃんも頑張ってね!(来た時同様唐突に帰る狐) -- ブラン 2019-06-15 (土) 20:41:28
      • 全力で…(片方200kgありそうな肉の塊。それで全力でどつい7たら…)なるほど、破壊力抜群ですね。
        はい、ガーベラもひと準備終えたらのりこむつもりです!あとお陰様で口調も決まってきました!
        ブランさん、色々ありがとうございましたー!お気をつけて!(にこやかに手を振って見送り)
        (ドアを閉じて)――さって、ひとっ風呂浴びてから宴会とすっかあ!ハハハ気前のいい話だぜ!
        さっすが暇さんだ!(等と言いながら服をポポーンと気前よく脱ぎ捨てシャワーを浴びに向かうのだった)
        -- ガーベラ 2019-06-15 (土) 20:48:16

Last-modified: 2019-07-04 Thu 21:34:40 JST (11d)