◆◇◆ バディン ◆◇◆ クリフ ◆◇◆ ショウ ◆◇◆ マルク ◆◇◆
+  
 部屋の様子 
バディン>名簿/515123 クリフ>名簿/515126 ショウ>名簿/515113 マルク>名簿/515139

編集:寄宿舎201号室(炎のインディアンショタカレー) 差分:寄宿舎201号室(炎のインディアンショタカレー)

お名前:
  • これで最後の男四人部屋 -- 2014-08-19 (火) 23:48:28
    • ……さて、片付けも済ました。ここを去るのは名残惜しいな、本当に(男四人で四年間、バカな話やスケベな計画、あるいは料理や模擬戦、建築の話題で盛り上がった相部屋を眺め大きく息をつく) -- マルク 2014-08-19 (火) 23:50:18
      • 校舎は建て替えになるという話だが、この宿舎も取り壊しになるのだろうな(暖炉をこつこつと叩きながら) -- バディン 2014-08-19 (火) 23:54:44
      • かも知れないし、もしかしたら残すかも……そこは学園長の胸先三寸だな。 残ることに賭けて、何か証拠でも残していくかい?(早速ナイフを取り出し、暖炉の内側に傷で落書き 「王子参上!」などとチンピラめいている) -- マルク 2014-08-19 (火) 23:58:50
      • ふむ、であればちょっとした悪戯もいいだろう(暖炉の内側に火力を増す術式を刻み、ついでに自分のサインを入れておく) -- バディン 2014-08-20 (水) 00:16:20
      • くくっ、バディンも随分と人が悪い真似をするな。……この部屋名物のカレーを絶やすのも忍びないな(クリフと共に作った特製カレーのレシピをしたため、ベッドの裏側にこっそり差し込んでいく スパイスの分量まで細かく指示した本格派だ) -- マルク 2014-08-20 (水) 00:24:15
      • カレーは美味いからな…。きっとハマってくれるだろう。
        さて、こんなところか? -- バディン 2014-08-20 (水) 00:30:27
      • そして今度は学園中にカレーの輪が広がると実に素晴らしいと思うんだ
        ああ、これ以上は未練を残す。そろそろ巣立ちの時だ(改めて纏めた荷物を抱え上げ、戸口へ歩き出す) -- マルク 2014-08-20 (水) 00:36:53
      • さらば我らがアドベンチャラー・アカデミー。願わくは後輩たちに幸福とペナルティの多く、恋の花の咲くことの少なからんことを、だ
        達者でな。(荷物を背負い、然るべき一歩を踏み出した) -- バディン 2014-08-20 (水) 00:42:41
      • 恋の花は少なくていいのかな……いや、健全な学生生活としてはありだが これからも栄光と夢に溢れた冒険者たちを輩出せん事を遠き地より祈らせてもらおう
        そちらこそ、ご武運を、だ(学生生活の終わり、そして新たなる戦いの始まりへと向かい、歩を進めていった) -- マルク 2014-08-20 (水) 00:49:26

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照

+  
 格納 

Last-modified: 2014-08-20 Wed 00:49:26 JST (2961d)