『にゃにゃめにゃにゃじゅうにゃにゃどのにゃらびでにゃくにゃくいにゃにゃくにゃにゃはんにゃにゃだいにゃんにゃくならべてにゃがにゃがめ』
「かわいいいいいぃぃぃぃぃ!」?

  • 最近の酒場のマスターはガチで僕を殺しに来てるんじゃないかと時々疑念が沸くのだけれど……七日先の討伐とか無理難題を言われてもさ、いや、やっぱり…ねえ?言わんとするところはきっとお分り頂けるだろう。周りが英雄とか先達ばっかりとはいえ僕は騙されないぞ!?
    …と、まあそんな感じで。ナーバスに、或いは疑心暗鬼気味になっているのが吸血鬼擬きの人間擬きな僕の近況なのだった
    -- アララギさん? 2011-10-21 (金) 11:09:50
    • ち、畜生っ!情熱補給を考えてから此処までの討伐を見なおしたら、殺す気と見せ掛けて……ショボい依頼を回していやがった!?久々に好調だったのに…っ!!
      其処まで脳内で思考を繰り広げている間、僕は呻き声をあげる事すら出来ずに寝台でぐでーんと無気力に突っ伏していた……流石に僕とてへこむ事はあるのだ。
      -- アララギさん? 2011-10-25 (火) 17:49:23
  • ……(黙ってはいるが心の中でとんでもなく何かを思ってるような気がしてしばらく見つめたあと帰った) -- ディーブレイク 2011-09-25 (日) 21:50:54
    • 「何も言わずに帰るのか?大事な事だから二度言おう、何も言わずに帰るのか!?」
      知ってるかい、意味ありげに現れて多くを語らない影のある二枚目キャラなんて近頃じゃ流行らないんだぜ?喋らないって事はそれだけキャラをアピールする機会を逃す事に等しい。つまり、存在を認識して貰わなければ人気なんか取れるわけ無いじゃないか!?
      -- アララギさん? 2011-09-25 (日) 22:07:48
  • そんなこんなでじきに七月に差し掛かるのだが、毎度の貴族護衛の時期でもあるらしい。久々に、割と順調に此処まで来ているので無難に乗り切りたい所ではあるのだが……人選的に半分以上は死にそうな按配で。また暗殺者だか盗賊にボコボコにされそうだと思うと日差しよりも滅入るばかりだったりする -- アララギさん? 2011-09-24 (土) 17:17:40
  • 九月の末にしのぶタイムが発売されるらしいのだが、よくよく考える迄もなく…まだ囮物語を読み始めてすらいないので、時系列がどうなるとか以前に如何いった類の話になるかすらも全く情報が皆無で、僕には想像もつかないのだ。無論意図的に事前情報をシャットアウトした訳でもないのだが -- アララギさん? 2011-09-09 (金) 10:00:18
  • (連絡が付いた人にはポストに、亡くなられた方には墓前にクリスマスカードが届けられた)
    197年4月(9/10 土曜日)に同窓会を開催します。会場は校舎跡地を予定しているので時間に余裕があればどうぞご参加ください。
    //コメント欄をキャラ用と中の人用の二箇所予定していますのでキャラを締めた方もふるってどうぞ! -- 2011-09-06 (火) 17:44:35
    • 同窓会って用務員も呼ばれるものなのか…とか如何でもいい妙な所に思わず感心する僕だった -- アララギさん? 2011-09-08 (木) 17:02:56
  • あの右端で空気読まずに割り込んで写ってるアホ毛はやはり僕なのだろうか……あんな目立つ場所、大丈夫だろうかと一瞬思ったけれど、最後列の卑怯さ加減が尋常ではないので問題ないと割り切る事にした -- アララギさん? 2011-08-07 (日) 12:49:07
  • アララギさんは一体何時まで死に続けるの? -- 2011-07-25 (月) 21:27:24
    • 随分と哲学的な話を突き付けられて僕は言葉に詰まる……詰まるところは僕が冒険者に成らずとも済む状況になれば必然的に終わりなのだが。一つには僕の吸血鬼としての不死性が喪われた場合、完全な滅びが訪れるのだろうし…故郷である彼方側の世界にさえ戻れれば、ある意味でハッピーエンドだろうか?
      尤も帰還の術が見つかっていないのだが。手掛かりは送還術と最初の召喚者。或いは……伴に居て然るべき、あの美しい鬼にさえ出遭ってしまえば全ては始まるのだろうか。
      -- アララギさん? 2011-07-25 (月) 22:03:52
  • ギエエン(先日は見舞いをありがとう、アララギ。これはお礼だ。夏休みに帰省したとき、田舎の鉱山で取った光石を加工した)
    淡い光を放つペンダントトップが渡された
    (アララギは男だから、使い所がないかもしれないが) -- ギャブルダノン 2011-07-17 (日) 21:56:41
    • 目の前の少し縮んだ…スケール的に僕からはイマイチ分からないけど…怪獣を見上げる。見舞いには行ったものの、消力談義とか無駄なバカ話してた僕だった!つまり、お礼されるような事してないんだけど!?…とか思いながら渡された品を眺める
      帰省した田舎ってギャブルダノンパパやギャブルダノンママ、怪獣が犇めいてるんだろうかとか余計な事も考えたけど…微かな、淡く光を放つ石。
      感謝を伝える、確かに僕が身に付けても微妙かもしれないが…使い道は思い浮かんだ。大切な僕の彼女への、この街での思い出の詰まった土産として。
      -- アララギさん? 2011-07-18 (月) 09:26:30
  • お久しぶりです先輩。この世界で長く生きているという大先輩に一つお尋ねしたい事が…ずばりこの世界で生きていく為のコツは?あとどうやってか帰れる方法とかって見つけたりしてません? -- 歳明 2011-07-11 (月) 23:57:58
    • 「…健在だったかトッシー後輩!僕に聞きたいこと…?」
      何処となく親近感の湧く彼は僕同様に一人漂流教室仲間である…恐らく近似した世界の、同様の時代と国の出身なのだろうけれど
      「帰る方法が判ってたらとっくに僕が実行してるよ……」
      とてもおっかない愛の重い佳い女を待たせているのである…正直これだけ長引いてるだけに帰った後を考えるのも恐いのだが、戻らないともっと怖いのだ
      …閑話休題。これまでに得た情報の中でも有力な帰還手段として召喚と対を為す送還術の話を彼に提供する事にした、かなり廃れた技術らしいが
      -- アララギさん? 2011-07-12 (火) 11:01:22
  • ギエエン(アララギ、また一緒になるな。経験の長さの裏打ちされた活躍に期待する) -- ギャブルダノン 2011-06-26 (日) 16:36:14
    • 任せろ相棒!其処ら辺の学生とは死線の年季が違う不死身の男、アララギコヨミだからね!
      …そうは言ったものの、自分で言ってて何だかへこんだ様子で沈んでいる用務員の姿が其処にはあった…具体的には僕だった!
      -- アララギさん? 2011-06-27 (月) 09:10:45
  • 怪獣が現れた!
    ギエエン(学校の関係者だったのか。気が付かなくてすまない。次も一緒のようだ、よろしく   ※テレパシー) -- ギャブルダノン 2011-06-24 (金) 00:37:21
    • 今、僕の目の前に怪獣が居る。そう、正しく怪獣なのだ。ゴジラとかガメラ、或いはピグモンやらエレキングやゼットン…ああいった有名どころと同列に語っても間違いではあるまい。以前…と言ってもこの世界に来る前だが…馬鹿デカいとしか形容しようのない現実離れした虎の怪異に出くわした事はあったのだけれど、それと比較しても明らかに巨大な威容が其処にはあった。何処となく愛嬌もある気はするけど……まあ、実はうちの学生さんなんだよね!高い知性の持ち主で非常に友好的に、念話で挨拶してくれたのをこうして僕は出迎えていたのだった -- アララギさん? 2011-06-24 (金) 09:20:28
      • ギエエン(アララギは怪獣に詳しいのか。そういえばアララギという名前はどこか怪獣的だ)
        (俺は身長的には……学校の図書館で読んだガンダムというものに近いらしい。アララギはガンダムを知っているか) -- ギャブルダノン 2011-06-24 (金) 09:26:50
      • 何れも知名度の高い怪獣で別段僕自身が詳しいという程でもないのだが。いや、怪獣っぽい…ってそのもののキミに言われても……僕はただの人間だし、一種の誉め言葉なのだろうか?…いや待て。もしかして、濁音入ってるからなのか!?アララギは家名で名前はコヨミだよ!
        ガンダムと言えば武士道先生が専門家だろうが、一般メディアにも取り上げられる程で青少年で全く知らない奴はあまりいないだろう。初期と比べて後期作品では小型化していくのだが…少なくとも五階建てのビル程度はある巨大ロボである。あと聞き流し掛けたが読書するんだ…
        -- アララギさん? 2011-06-24 (金) 09:47:50
      • ギエエン(詠嘆怪獣アララギとか、しっくりこないだろうか。濁音よりはラだ。確かに、コヨミは怪獣的ではない)
        (ブシドー先生か。こんど18メートルなりの都市破壊術など、教えてもらうとしよう)
        (目はいいので、人間用の本も読める。ページは司書の先生にめくってもらわないといけないが) -- ギャブルダノン 2011-06-24 (金) 09:53:11
      • 詠嘆怪獣…長口舌であらゆる相手を引き付け、語り掛ける間は一切の行動を許さず疲労衰弱させる能力とか地味に強くね!?…しかし、外国だと怪獣も吸血鬼も、大きな括りでは同じモンスターだったりするのだろうか?
        僕も割と目はいいのだが、彼の大きさで視覚に優れるのは彼等にはそういう小さな対象を知覚する必要があったのだろう。確かに校内に入るのは校庭以外だと講堂でも入り口的に難しそうである…司書さん地味に付き合いのいい人だな、マブダチか!?あとグラ公はタイマンのプロっぽいかな…破壊はヒロシの十八番ではないだろうか?
        -- アララギさん? 2011-06-24 (金) 12:32:50
      • ギエエン(怪獣とモンスターの概念が別れていない言語もあるのだな。だが俺は怪獣であることにはこだわりたい)
        (体じゅうの光石が全部目なのだ。ヒザのは、下の方を見るのに都合がいい)
        (決闘のプロか。いずれ訪ねてみよう。では、仕事の現地で。お互いがんばろう)  帰っていった -- ギャブルダノン 2011-06-24 (金) 12:42:14
  • 今年に入ってからの依頼を振り返ると今月も先月も死者を出しての敗走続き……はじめての冒険で死者が出ないのは当然の事としても、非常にまずい状態なのは言うまでもない。今度の依頼は特に勤務先の学生達が同行しているのだ。生け贄が僕なら兎も角として、学生の中から死人が出た日には気まずいどころか社会的に絶体絶命である……夜闇に潜む怪異の王である吸血鬼をかんかん照りの真夏の日差し投げ入れる位に憂欝な状況だった -- アララギさん? 2011-06-22 (水) 20:03:48
    • そんな用務員のアララララララララギさんのところに同行の挨拶に来る俺。教職員の人と同行とかちょっとビックリした。
      来月はよろしくお願いします!胸を借りるつもりでがんばります!(ぐっ) -- ナナツ 2011-06-22 (水) 23:58:08
      • 「アとギの間にどれだけラを詰め込んでるんだよ!寧ろ君はラを言いたいだけだろう!?……ともあれ。いらっしゃい、かな?此方こそよろしく頼むよ……おいおい止してくれよ、僕なんかより名も無きさん達の方が下手すると頼りになる感じ程度の人間なんだ。いざとなったら盾として囮に使ってくれてもいいよ?生贄最高ー!」 -- アララギさん? 2011-06-23 (木) 12:47:43
  • うん、確かこの雰囲気は…銃の形の召喚器でいくつもの仮面(ぺるそな)を操る人に違いないっ…でも良く見るとヘッドホンつけてないナー -- ひーる 2011-05-21 (土) 08:35:52
    • 「事前に伝えるべきだろうけれど人違いじゃないかな……僕はアララギコヨミといって、ごくごく普通のこれといって取り柄もない元学生だ。だからモテモテのハムの人じゃないよ!無敵のオルフェウス違うし、キタローさんじゃないんだよ!?…あ、でも球体関節は実にステキだと思う。」
      何と無く露出加減が初期のワンピに素足だった忍を思わせる幼女が話し掛けてくれたのだけれど、微妙に人違いされたっぽい僕だった
      -- アララギさん? 2011-05-21 (土) 09:58:29
      • そっかー、ごめんね人違いしてお詫びに薬草をあげるよ、あるぁるぁぐぃくぉよぉみぃ君(すごい巻き舌で)
        モト学生の冒険者さんかなー?つらいこともあるだろうけどひーるが応援したりしなかったりするから頑張ってねーばいばーい -- ひーる 2011-05-21 (土) 10:12:11
      • 「何だその暗黒神話大系の邪神みたいな名前はー!?もう一度言うけれど、僕の名前はアララギ・コヨミ…穴子さんみたいな発音は止めてくれ、というか今のはわざとだな!?」
        思わず僕は幼女に突っ込んだ…ナニじゃないよ!?僕はロリコンじゃない、紳士的な男だからね!元学生の苦悩を知る辺り、彼女は薬草売りだったりするのだろうか…再出発が二桁に達したので出落ちに効果のある薬草とかないものだろうか……
        -- アララギさん? 2011-05-21 (土) 12:20:09
  • フーム……(おにぎりをがっつきつつ品定めするような目で見る)間違いないようだな。
    ドーモ、アララギ=サン。来月の依頼で同行することになった忍者のオボロです(そして丁寧にオジギした)見たところ忍者ではないようだな……よろしく頼むぞ。 -- オボロ? 2011-05-21 (土) 08:22:34
    • 「…はい?ああ、これはご丁寧に……同行に気付かずですみません。僕がアララギコヨミです、以前は学生をしてたんですが…オボロさんは……忍者?ニンジャって……。全く忍んでねー!?」
      不意に話し掛けられ値踏みするような視線に僕は困惑する…正直接近に気付かなかったのでちょっと驚いた。食べてるにぎり飯と名前の語感は日本に近い…この世界にも戦国時代のジパング的な地域が東の方にあるらしいので、そちらの文化もかなり流入してきているらしいのだけれど。この辺りでもそうした東国出身者を時折見掛ける
      -- アララギさん? 2011-05-21 (土) 09:39:13
  • おーい所々発言が不穏な不埒な少年ー 元気かー?生きてるかー? -- ルカ(少女姿) 2011-05-20 (金) 22:19:38
    • 「ハハハッ、お嬢さん冗句がきついよ……ボクを誰だと思っているんだい?品行方正で清廉潔白なアララギコヨミだよ?たとえ学園屈指のスターや同じクラスの学年屈指の美人達に迫られても指一本触れない自信がある…そう、僕のように金剛石如き意思を持つ男が不埒極まりない発言なんてする訳ないじゃないですか!」
      元気かと問われて僕はそう応えた…とりあえず今年二・三回既に落ちたのはさておき、彼女は誰なのか?何と無く見覚えのある容姿だけれど…
      -- アララギさん? 2011-05-20 (金) 22:51:32
      • いやー名前聞いてなかったなーと思ってなー
        え? あぁほら俺だよ俺、サンタのかっこで前にここにきたことあっただろ? -- ルカ(少女姿) 2011-05-22 (日) 13:38:03
      • 「んんっ?数年前にサンタがうちへやって来たのは事実だけれど、あれは確か少年だったような……」
        あれは実は女の子だったとか言う所謂ハニートラップという奴なんだろうか…そんな事を徒然なるままに僕は考えていたのだけれどまあ、本人がそう言っているのだからそうなのだろうと納得して気持ちを切り替える
        「…あれ、名乗ってなかったかな?そうか…じゃあ、僕はアララギ・コヨミ。大概はアララギさんって呼ばれてるかな。ごく普通の高校生をしてたんだけど…やむをえない事情で冒険者をしてるんだ」
        -- アララギさん? 2011-05-22 (日) 22:07:05
      • アラララギさんか…よし、覚えた。 ん?あぁ、少年であってるぞ?
        俺はえーと…確か初めに名乗った気がするけどルカ・ポーゼスってんだ、ごく普通でない人間だ -- ルカ(少女姿) 2011-05-23 (月) 18:37:31
      • アララギくん、この程度の問題も理解できないだなんて私には到底理解できないわ。貴方、本当にバカね?…と恋人から心底罵倒される位の物覚えの悪さを誇る僕の記憶力も案外馬鹿にしたものでもなかったらしい。
        「ルカくん…いや、ルカちゃん……?」
        彼、いや、今は彼女か。普通でないのは僕だって無論承知している。
        何せ彼女は……子供たちに夢と希望を運ぶサンタさんなのだから!
        -- アララギさん? 2011-05-23 (月) 19:34:08
      • いや、くんかちゃんで言えばくんで正しいんだ。この街じゃよくあるけど、ちょっといろいろあってこんな姿になっててさ…
        あとなんか盛大に勘違いされてる予感がするんだけど俺の気のせいかな -- ルカ(少女姿) 2011-05-24 (火) 13:00:49
      • 誤解だなんて…サンタ稼業が秘密だって勿論僕すら把握済みだ
        「ならルカくんで……はははっ、誤解なんてしてる訳ないじゃないか…しかし、なるほど。性転換の薬の散布が流行してたのか…キミの場合、あんまり違和感はないけど」
        よく似合ってる!…と称賛を込めて親指を立ててみる僕だった。この街では石を人混みに投げると八割以上は人外に当たり、一歩外を歩いただけで騒動に巻き込まれ、住んでいれば危ない薬が其処かしこから流れ着く……ちなみに僕が記憶する限り、うちには薬の散布も転移ゲートの出現もこれまでなかった…筈だ。
        -- アララギさん? 2011-05-24 (火) 23:51:45
      • (たしかサンタで来たときにも人間だっていったから俺の勘違いだよなぁ…と高をくくる)
        ん?そうか?てっきり俺は性転換薬なんかじゃ溢れ出す漢パゥワーを隠しきれないと思ってたぜ(サムズアップ) -- ルカ(少女姿) 2011-05-26 (木) 03:33:16
      • 「いやいや、完璧じゃないかな!街角で見掛けたら思わずナンパしちゃいそうだよ!」
        まあ、体そのものが変化しているのなら完璧なのは当然ともいえるけれど…ちなみに僕は実際にナンパなんてした事はない。そもそも街で数少ない友達を見掛けても迷惑がられないかと心配してしまう性質で、そんな事を出来るほどの勇気を持ち合わせていないのだ
        あと、男の子?ご褒美です!なんて言うような変態的嗜好の人間じゃない……極々普通に女大好き!女の子サイコー!…と叫べる健全性の持ち主だからね!
        -- アララギさん? 2011-05-26 (木) 09:26:16
      • そうか?女になっても似合ってしまうとは俺もなかなかいけるもんだな!(はははは、と大きく笑う)
        さてと…とりあえず目的は達成したし俺はこの辺で帰るよ、次会うときには男に戻ってると思うよ -- ルカ(少女姿) 2011-05-27 (金) 12:57:02
  • 生きてるーー!!?(ガビーン)(in酒場)(死んだと思われた戦友の元気な姿に驚愕) -- カー 2011-05-10 (火) 22:49:44
    • けたたましい叫び声、振り返ればキミがいた……唖然としたような顔に色濃く残るのは疲労なのだろう、あの状況から誰でもなくただ独りで此処まで帰ってきたのだ。気を張り詰め、肉体的にも精神的にも追い込まれたのは想像に難くない…だから。僕としては何でも無い風に、軽い調子でキミを出迎えたのだった
      「おかえり。依頼報告任せて悪かったけど、随分遅かったじゃないか?僕は待ちくたびれたよ…。」
      -- アララギさん? 2011-05-10 (火) 23:29:53
      • えっ、ぇつ!?(思わず、足元を確認した。確かに足がある、自分もアララギさんも。つまり幽霊ではない。良かった)
        (「あ、あの状況から生還……?」自分なりに推測してみた。リミッターを外すと敵と味方の見境がなくなるかわりに、強大な戦闘力を得ることができる。だから自分を遠ざけて、その後然るべき時に能力を解放した……「ないな」)
        (そろそろ、混乱から立ち直る。柳に風と、事ともしない彼の前で慌てるのは少々恥ずかしい)……いや、なに。後で追いつく、なんて言わせてしまったのに待たせるなんて。
        (良かった。今更思う。メンバーのうち一人や二人倒れるのは、たまにあることだ。それは皆仕方ないと思ってるし、皆それを覚悟している)
        (でも、こんなに痛めつけられることなんてない。慣れない痛みは、二重に押し寄せる)……ただいま。ああ、僕がおかえりって言うはずだったのに。
        いや、帰ってきたのに違いはない。早いか、遅いかで。大した違いはない。だからこっちからも、おかえり。
        (気の抜けた、張り詰めた心の軋みが抜けた笑顔で言う、それから)……しかし。一体、どうやって。 -- カー 2011-05-12 (木) 23:00:59
      • 「ははっ、ちょっと格好付け過ぎたかな……でもキミだって一生に一度位は言ってみたいって思うだろ?うん、そうだね…それじゃあ…ただいま!」
        暫らく動転していたみたいだけれど一応受けとめてくれたみたいだ。どうやってと問われればこう答えるしかないだろう
        「あれ、あの時聞こえてなかったかな……僕は不死身だ、ってさ?何せ少なくとも十二度の死線から還ってきた男だし」
        説明になっていない不実な答えを。ちなみに、先程理由があってこれまでの落ちた回数を数えたので実話である。正確に言えば今月落ちた分も含めているのだが
        -- アララギさん? 2011-05-12 (木) 23:24:14
      • え、聞こえてたけど……『どんな死地からも帰ってこれるぜ!』とかそういう意味でなく? マジ?
        (見るからに普通の人間だ。どころか体格も冒険者としては中の下ぐらいに入る)12度ぉ!?
        つまり……死んだけど死ななかった、という解釈でOK……? あ、なに言ってるのか僕ちょっとわかんない。 -- カー 2011-05-12 (木) 23:35:49
      • あ、意外というか…結構彼は耳がいい方なんだろうか、あの時の言葉も届いてたらしい。しかもわりと…いや、全く?誤魔化せなかったようだ。僕の回答を誇大表現ではなく額面通りに受け止めて、更に正答へと近付いていた…こうなると大雑把に話した方がやはりいいのだろう。この街の住人だし。意を決して僕は
        「詳しく話せば長いんだけど、昔吸血鬼に噛まれてさ…友達とかの協力もあってだいたい人間には戻れたんだけど、後遺症でちょっと…死ににくいんだ」
        詳しくは化物語や傷物語を買って読んでほしい!と販促混じりにあらましを話した
        -- アララギさん? 2011-05-13 (金) 00:17:26
      • (耳が良い、というか目が良い。あの死地、最後に投げかけられた言葉の唇を読んでいた)
        (確証は持てなかったが、先ほどの彼の発言で裏づけが取れたというわけ)
        ……ほう……吸血鬼の存在はよく聞くけど、不思議と噛まれた人を見たのはこれが初めてかもしれない。(特に驚かず、かえって腑に落ちた気分だ)
        (読んだことなかったので、そういう経緯があったのかと素直に感心した。今度見かけて覚えてたら買おうか)
        死ににくい、ね。あの靴底についたガムよりねちっこい暗殺者が、そうそう逃しはすまいと思ってたから、そんぐらいじゃないと生きて帰れないだろうな、と思ってたよ。まさか当たるとは思ってなかったけど、なんだかそんな気はしてた。
        ……成程、成程。これで、カラクリは解け……残るは敗残兵二人。折角酒場だし、慰労会でもしめやかに開こうか。(メニューを取り、椅子へ座る。微笑みを浮かべて) -- カー 2011-05-13 (金) 01:04:56
      • 正直こういう反応な辺りは此方の世界、この街の住人だからこそだろう…僕がいた向こうの世界なら魔法や魔物といった怪異の存在なんてそれこそゲームや書物に出てくる程度の認識が常識で、向こうにいた僕の数少ない友人達みたいに出遭わなければオカルトじみた話だと正気を疑われかねないだろうし。何はともあれ、彼が度量の広い人物で良かった
        「目の前で見せてくれとか言われないで助かったよ……あ、とりあえず今晩の男二人の残念会は先輩持ちでお願いします!何故ってそりゃ…僕の方はまた駆け出しからだからね!」
        -- アララギさん? 2011-05-13 (金) 21:41:41
  • 黒 -- 2011-05-06 (金) 18:52:49
  • 齣 -- 2011-05-06 (金) 18:52:17
  • 颯爽登場ッ!! サンタッ…美少年ッ!!
    (キラキラとした効果音と演出が出そうな動きでいきなり現れるサンタっぽい服の子供) -- ルカ 2011-04-15 (金) 18:59:32
    • 「……ぇ。え、ええぇぇー…!?中学のうちの妹ちゃん達ですら疑い始めているのに、僕の所にサンタクロースが来てるよ!しかも最近の萌主体の風潮の影響か白髭のお爺さんじゃなくて少年姿とかあざといな、ぉぃ!?しかし、普段から行いのいいよい子な僕の元に来てくれたって事はプレゼントをくれるんですよね!ね?ね!?さんたさーーーん!!」
      どりーみぃなさぷらいずにすたーとからてんしょんまっくすなぼくだった!
      -- アララギさん? 2011-04-15 (金) 19:36:39
      • 何かリアクションからしていい子っぽさがあんまりしない家に飛ばされたみたいだな
        で、まぁ別に本物のサンタってわけじゃないんだけども…少し残念なプレゼントととても残念なプレゼントどっちがいいかなっ! -- ルカ 2011-04-15 (金) 19:45:48
      • 初めて見た生サンタに大喜びのあまりその初対面のサンタ少年に頬摺りしたり抱き締めたり撫で撫でしている男子高校生の姿が其処にはあった…具体的には僕だった!
        あと、何だかその前にダメ出しされた気もするけど聞いていなかったので気にしても仕方ないと僕はあっさり聞き流していた…それでも大事な事や聞き捨てならない事はしっかりと逃さず聞いているのだ
        「残念じゃないプレゼントはないんですか?ないんですかサンタさん!?」
        -- アララギさん? 2011-04-15 (金) 20:32:12
      • 何だろうこの人の話を聞かないって言うか一歩間違えなくても犯罪っぽい…サンタゲートは俺にこいつをどうしてほしかったんだ
        一応もっかい言うけど本物のサンタじゃなくて俺はルカっていう普通の人間だから…あと金銭的な問題で残念かすごく残念なモノしか用意できなかった -- ルカ 2011-04-16 (土) 01:15:14
      • 「奸じゃないよ!よい子な僕はこれ以上無いくらい混じりっ気のない純粋さでサンタさんに戯れてるだけだからね!」
        だが、存在自体が奇跡みたいな彼の言うとおりだ。子供たちに贈り物と夢を届ける彼に感謝こそすれ、刹那で良いから恋人の声が聞きたいなど僕は高望みで恥知らずも良いところだ。
        「僕は貴方がくれた夢みたいな奇跡、この暖かな気持ちを胸に新しい道を探してみるよ!…サンタじゃないルカさん、どうもありがとう!」
        感謝の気持ちを伝えた。彼によってこの後の僕の人生観は大きく変化し、この出会いが僕を大きく育てるのだ
        -- アララギさん? 2011-04-16 (土) 21:10:08
      • ……何だか良く分からないけど…とりあえず残念な方ととても残念な方、両方置いていくよ
        それじゃっ!メリークリスマス!(持ち前の運動神経で颯爽と窓から去っていったあとには、下処理された兎肉と山菜セットと、あまりいい物ではないペンが残っていた。) -- ルカ 2011-04-17 (日) 03:19:17
  • 原典最新刊に漸く追い付いたと喜んで読み進めていたら主人公の変態っぷりが加速し過ぎてて、あのどえろいと一目置いている後輩ですら手の施しようがないみたいな雰囲気の反応だった事実に打ちのめされるボクだった……! -- アララギさん? 2011-04-08 (金) 21:57:00
    • そういえば今突然思い出したのだけれど。此処で暫らく前に酒場に出かけた時の話をしようと思う。特段何か今の僕に影響を与えたとかそういう訳ではないのだけれど…もう随分と記憶も曖昧になり果てた僕が居た世界、故郷への旅愁の感情が久々に蘇って来るのだ。此処まで言えば有りがちな事だし、凡そ僕の話に見当が付く人も中には居るかもしれない。此れ程異質な土地にも故郷を思い起こさせる懐かしい雰囲気を持つ人が居たのだ。
      あの胡散臭い男によく似た
      -- アララギさん? 2011-04-12 (火) 08:43:48
  • よー、アリャリャギさん。こないだの居酒屋じゃあまり会話出来なかったが元気かー?
    とりあえず俺の方はお勧めされたヒメカって子に会いに行ってみたぞ…いい子はいい子なんだが、あの子は何でまたあんな疲れてるんだ?
    仕事中に寝てるから不真面目なのかと思ったらとてもまじめだし、それなのに眠るってのはよっぽどだろ -- リート 2011-03-27 (日) 21:20:06
    • 「人の名前をうっかりはちべぇみたいに言わないで欲しいな!?…元気そうだね」
      僕が会った時はそんな様子はなかったけど…
      「んー?間が悪かったんじゃ…それかまあ、春だからじゃないかなー…?」
      その時は気にせず、いつ合いに行ったのかは分からないけれど時期的にそういう線もあるんじゃないかと思ったんだ…それが実はあんな事になっていただなんて、とか意味ありげに伏線を立てるべきなんだろうか?
      -- アララギさん? 2011-03-28 (月) 20:28:39
      • ハッハッ、冗談だよ冗談。それでアラララさんも元気そうで何よりだ(笑って言いながら)
        あー、確かに春だもんなー…まぁ、それでクマがなければ俺もそう思う所だったんだが…あの子巫女と冒険だけなんだよな?
        まぁ、それだけでもお疲れになりそうではあるんだが…小さい子だけに心配だよなー…特にアラララさんは小さい子好きそうだし -- リート 2011-03-29 (火) 21:40:02
      • 「ははは、そうだよね。まさか本気で間違える訳が……ラが多い上に義がないじゃないか!?」
        冗談じゃなかった!この人やっぱり僕の名前覚えてないぞ!?
        閑話休題、何やら心配しているらしい……
        「僕がどういう奴と思われているか凄く気になるけれど……この際捨て置いて。君が心配するような事はないと思うけど……言いたい事は分かってるさ、けど…」
        ちなみに恋人はガハラさんだけど結婚するなら間違いなく八九寺だと僕は思ってるよ!
        「性格的に向いてないだろうし。夜のお仕事とか想像してるんだろ?」
        -- アララギさん? 2011-03-30 (水) 16:23:24
      • 細かい事気にしてたらモテないぞ、アララギさん。まぁそれは置いておいて
        …うん?なんというか…ムッツリの割にセクハラもできるタイプ?と見てるんだがどうだろうか?
        …いやいや、ちょっと待ってくれ。俺こそ一体どういう奴と思われてるんだ?あんな子が夜のお仕事とかしてる訳ないだろうに
        それにそんな仕事してたらもっと艶があるしそれ以前に男慣れしてるだろう?…まぁ、考えすぎならいいんだけどな -- リート 2011-03-30 (水) 22:46:36
      • おいおい、誤解にしてもひど過ぎる……僕は純情で人畜無害な只の高校生に過ぎないんだぜ?
        どんな人と思ってるか…って?笑顔で僕は答えた。それは勿論…
        「…素人童貞?」

        うん、同意は得られた…無論夜のお仕事は彼女には無理だろうという点なんだけどさ
        「女の子は装うのは得意なんだぜ?何せ化粧で毎日化けるんだから…男じゃ到底全ては見極めきれないよ」
        茶化してそんな事を言ってはみるも、やはり僕らの考えは一致しているのだろう
        たぶん目の前の顔と似たような表情を僕もしているに違いないのだ
        -- アララギさん? 2011-04-01 (金) 08:44:02
  • (青緑色のゆったりしたローブを着た女がいる)こんばんわ、来月同行のパシュミナと申します。(そういって女は深くお辞儀した)
    仕事の前に挨拶に伺いましたわ。 -- パシュミナ 2011-03-19 (土) 20:15:22
    • オーカ−ゼリー2連続でしたね……(疲労の色が濃い顔で)
      でも無事に冒険を終えることができて良かったです。また一緒になることがありましたら宜しくお願いします。 -- パシュミナ 2011-03-20 (日) 18:51:28
      • 綺麗なお姉さんは好きですか?と訊ねられれば僕とて男の端くれだから彼女がいようと一も二もなく躊躇いなしに大好きです!と路上で絶叫するくらいに応えるのはやぶさかではない。そして道ですれ違って微笑み掛けられたりしたらおいおい、もしかして僕にきがあるのか…困っちゃうなーとかなんとか勘違いするのは三つ子の魂百迄とばかりに男の悲しい習性だけれど。つまり何がいいたいかといえば…声を掛けられた上に頼りにされたら免疫のない僕とかは舞い上がるわけである -- アララギさん? 2011-03-20 (日) 21:38:04
      • そんな訳で有頂天だった僕は気合いが空回りしていいとこなしだったのだけど……去りぎわにもにこやかに挨拶してくれた彼女に次に同行する時はしっかり役立ってみせると心の中で誓っていたりする -- アララギさん? 2011-03-20 (日) 21:43:37
  • このタイミングで同行挨拶…っ!ヒメカと言います!よろしくお願いしますねコヨミさん! -- ヒメカ 2011-02-22 (火) 12:45:44
    • 出立直前、その子はやってきた……年頃は僕より随分若いんじゃないだろうか
      「別にいいんじゃないかな!改めて僕はコヨミ、アララギコヨミだ。これでも結構この仕事は長いんだ……頼りにしてもいいんだぜ?そういえば、もしかして……ボタンの友達かな?」
      -- アララギさん? 2011-02-22 (火) 15:43:29
  • ふぇぇーん……(ひざにすがり付いてめそめそ) -- セスティア 2011-02-19 (土) 11:46:28
    • 色香も漂う筈の年上のお姉さんが僕の膝に縋り付いて子供のように盛大に泣きじゃくっていた……というか、元男子学生アララギコヨミの主人である新進気鋭の美人召喚師セスティアさんだった。孤島を脱出して落ちるまで頑張っていた僕より彼女は更に頑張っていたのだが、ついこの前の依頼で『鷲獅子の王』に出くわして散々な目に遭ったのだ。まあ、地方の権力者(下手な貴族より大物)から託された討伐対象の情報すら曖昧(姿も判らずただ怪物とだけ)で片道八日の遠出(遠方ほど強敵が潜んでいる)の依頼だったから、僕らも冒険暦が浅くないだけに初めから『きな臭い』というのがある程度解ってはいたのだけれど。そんな訳で僕はボロボロな彼女を宥め慰めている訳だった -- アララギさん? 2011-02-19 (土) 13:43:45
      • いいとこまで言ってたのにぃ〜……ぐすん(抱き着いて涙を拭う)
        あのマスターへんなところで殺しにくるんだからもう……負けないわ! -- セスティア 2011-02-19 (土) 15:06:22
      • 命も危うかったとかそういう事よりも此処まで順調だったのを邪魔されたのが何より痛いらしい……実際これまで手に入れてきたそれ一つでも一財産の上等な魔導器等を惜しみなく使い捨てて何とかであったと考えれば当然ではあるのだけれど、生きて戻ってこれたからこそこうして愚痴れる訳で。そういう意味では彼女は存外元気だった……リベンジを誓って再び出立の決意を固めるくらいに -- アララギさん? 2011-02-19 (土) 18:33:41
  • だれかおるんじゃろか…。オラ来月一緒に仕事さいくから挨拶に来ただよ。(おそるおそる話しかける) -- ぼたん 2011-02-15 (火) 21:26:28
    • 何だか居るか居ないか解らないと言われているみたいで少し凹む僕だった……それはさておいて。この酒場の街の人と依頼に同行するのも随分と久しぶりで、所謂出落ち体質らしい僕はすっかり確認するのを怠っていたのだけれど、どうやらこの少女は…東洋系の容姿と和装、年頃は僕の妹である月火ちゃんと同じ中学生位だろうか…しっかり確認して僕の住まい、セスティアさんの邸宅までわざわざ来てくれたらしい、なんていい子なんだ!
      「…此処にいるよ。やあ、今晩和。僕は阿良々木暦……ええと、一応元学生って感じかな。」
      -- アララギさん? 2011-02-15 (火) 22:04:26
      • 書生さんかや?(ころころと笑う13歳児)オラは牡丹さいうだ。来月はティア姉も一緒だべ。 -- ぼたん 2011-02-15 (火) 22:24:41
      • だべ…って何処の訛りだっけ?しかも何処となく古めかしい喋り方の様な……文化が入り混じってるだけに同じ地域でも随分と違うんだなーとか思う訳だけれど。
        「とりあえずコヨミとでも呼んでくれれば大丈夫。しかし書生さん、か……ボタンはよく言葉を知ってるんだね?今はこの家の主人のセスティアさんっていうんだけど。住み込みのお手伝い、って感じかな……」
        ……とりあえず嘘はついてない、筈だ。色々あるはあるけれど、ボクに関する余計な話はこの際抜きにしておこう。しかし、他にも同行がいるとは驚きだ……名前からすると血縁では無さそうだけれど近所のお姉さん…って事かな?
        「へえ…他にも?知り合いなのか……近所のお姉さん、かな?」
        -- アララギさん? 2011-02-15 (火) 22:41:26
      • コヨミ兄ぃか、よろしくだべ。
        んだ(無警戒な笑顔)。ティア姉は教会にすんどるだよ。来月はたのむだよー。命かかっとるからの(笑顔で言うが、要は「死ぬよ」てことである) -- ぼたん 2011-02-15 (火) 22:44:15
      • /コヨミくーん、お客さんなのー?\ -- セスティア 2011-02-15 (火) 23:10:42
      • 「ああ、よろしくな。頼りにしてもいいんだぞ、ボタン。こう見えても僕は…歴戦の剣士、なんだぜ?」
        教会…今の僕では近付けるかちょっと怪しい気もする。しかし、これって妹くらいの年下の女の子に真面目に心配されているって事だよなー。頑張らないとだなぁ…と内心思いながら、懐こい笑みを浮かべる少女へと冗談混じり…一応嘘ではないのだけれど…笑いかけて

        不意に、奥から声が聞こえて…とりあえず返事をしておく
        「セスティアさん、僕の依頼の同行の方ですよー!」
        -- アララギさん? 2011-02-16 (水) 00:19:38
      • あら、そうなの。(降りてきた)
        コヨミクンをよろしくね、お嬢ちゃん(ふんわりにっこり) -- セスティア 2011-02-16 (水) 00:31:00
      • (成功して帰ってくる牡丹さんたち)
        来月もよろしくなー。来月はロッテがおるでよ。二月続いて酒場の顔が居って嬉しいべな。 -- ぼたん 2011-02-16 (水) 19:32:12
      • 「お疲れ様、ボタン!今回は上々だったね、戦利品の分配が少し残念だったけどさ」
        此処最近依頼先でも独りで話す相手もいなかった僕……人間強度が下がるなどと馬鹿みたいに強がっていた頃なら兎も角、少ないながらも友人を得てその喜びを知ってしまった後だけに中々辛いものがあったりもしたのだけれど。また顔見知りが出来て、これでようやく"もう一人ぼっちじゃないんだよね?"…とかうっかり言いそうになったが、死亡フラグっぽいのでやめておこう。これでもう何も怖くない!
        -- アララギさん? 2011-02-16 (水) 19:50:04
  • 本来なら何回死んでいるのだろう、いや幾度死に損なっているのか?致命的なまでに身体が壊れ、復元し、壊され、再構築し……吸血鬼、その怪異としての不死力は過去何度も体験してはいるけれどやはり驚異的で。無論不死鳥の不滅性を思えば弱点だらけのこの身体には終わりがあるのだろう。今ならレクイエムなスタンドを喰らったボスの気持ちの何割かは分かるような気がする僕だった…… -- アララギさん? 2011-02-04 (金) 10:28:38
  •   -- 2011-01-24 (月) 15:38:40
  •   -- 2011-01-24 (月) 15:38:33
  • カインさんが言ってた日本人が居るのってこの辺かぁ…?(メモを片手にきょろきょろしてる。制服姿の少年) -- 宗一 2010-10-01 (金) 00:47:33
    • 「……」
      僕はつい先程までこう…男子の本懐的な楽園にいた気もするが、そこで自制しなければならないとなれば逆に地獄な訳で
      げっそりとした顔で制服姿の僕は夜空を見上げていた訳だが
      ふと見やれば…うちの学校とは勿論違うのだが…学制服姿の青年、東洋系を思わせる風貌
      「今晩和、大丈夫ですか?」
      メモ紙を見ながら辺りを見回すのを見て道を探しているのかと一先ず声を掛けてみる僕だ
      -- アララギさん? 2010-10-01 (金) 01:10:29
      • おわ!?(急に声をかけられたからか、驚いて振り向いて…そのままマジマジと顔を見る。日本人っぽい)
        大丈夫っていうかこう…もしかして…あんたも日本人? -- 宗一 2010-10-01 (金) 01:15:30
      • 『あんたも日本人?』
        別に道に迷った訳ではないらしい、僕の勘違いか…でも。何だか今とても、懐かしい単語が…しかも日本!?
        目を丸くして暫し茫然と見た後に此方も問い掛ける
        「勿論!僕はアララギ・コヨミ…まさかキミも…ええと、日本?他にもユナイテッドなステイツとかがある地球の…」
        たまに大日本帝国とか江戸から来たという人も居たので不安に駆られるが見るからに現代風だし
        -- アララギさん? 2010-10-01 (金) 11:16:03
      • あららぎ・こよみ? …ちょっと変わってるけど日本語だよな! カインさんが言ってた通り本当に居たのか…ちょっと安心した
        ユナイテッドな? ああ、アメリカか。そうそう、地球地球! 門倉宗一、日本人だ…よろしくな!(同郷人に会えて単純に喜んでいるようだ) -- 宗一 2010-10-01 (金) 20:57:46
      • 「おぉ……!宗一、だね。僕の事は暦でいいよ…うん、似たような世界もあるらしくてこの位まで聞かないとはっきりしなかったりするんだ。僕は高校に通っていたんだけど……宗一も、かな?」
        漢字で名前を書き示しつつ、心なし声も弾む。結構感動的だ…きっちり思ったとおりの答えが返ってきた。見た感じ同じくらいの年だろうか?
        「カインさんって、護衛の相方を探してるって言う……?」
        そういえば彼にあったとき、僕以外にも同じ様な境遇の人が居ると言っていたなぁ……共通の知人経由で会えたと言う事か
        -- アララギさん? 2010-10-01 (金) 21:15:00
      • 似た世界? そんなんあるのか…高校生だったよ。というか入ったばっかだったから…もしかして先輩?
        そうそう。街の広場であって、俺と同じような人がいるから声かけてみてくれってさ…このメモに居場所が書いてるっていうからこの辺まで着たんだよ。色々大変だけど日本人がいると分かると落ち着くなぁ… -- 宗一 2010-10-01 (金) 21:49:42
      • 「うん、酒場で聞いた人だと…クルルギ(仮)さんは日本人で地球の大陸の位置関係も大体一緒だったけど、米国をブリタニアって呼んでた」
        正直どういうことなのか僕にはさっぱりだが
        「そっか……あの人、僕達以外にもう一人くらいは知っているのかもしれないな」
        活動的な人だ……話を整理すると僕と会った以降に宗一に会った筈で、あの時言っていたのは彼ではない事になる
        「そっか。ぴかぴかの一年生、か……こっちは受験勉強中ってとこさ。確かに……そういや、宗一は今どうしてるんだい?僕は冒険者やってるんだけど」
        ツンドロな彼女ガハラさんと同じ大学でキャンパスライフ、遠いな……気を取り直して暮らしぶりなど聞いてみた
        -- アララギさん? 2010-10-01 (金) 22:22:51
      • くるるぎ? また聞いた事無い苗字が…ブリタニア…ってなにそれ。イギリスっぽい名前なのにアメリカ…何で呼び方が違うんだろう?
        そういえばよくわからないけどもう一人いるとか言ってたような…気もする。受験勉強って事はやっぱ先輩か……えーと。今度から俺も冒険者やる予定。お金が無いと生きてけないし…戦った事なんてないんだけどなぁ -- 宗一 2010-10-01 (金) 22:31:04
      • へえ、ブリタニアって英国の方なのか…問い掛けには僕にもさっぱりわからないと肩を竦めて
        「うん、文明社会はお金ないと二進も三進もいかないからなぁ……護衛とかだと同じ人間相手だって聞くしね」
        どうやら僕の方がこっちでの暮らしが長いようだ、怪異との遭遇経験はあったが帰宅部の僕でもそれなりに頑張れている訳だし平気だとは思うが、確かに辛いものはあるだろう
        尤も僕の場合は最初絶海の孤島だったからお金どころの騒ぎじゃなかったけど……
        「帰る方策も探さないとだし……カインさんの話だと召喚師の中でも蒼の派閥の人達が技術面は詳しいらしいけど」
        やはり彼も戻る方法を探しているんだろうか?出来れば情報を共有したり協力できるといいんだけど
        -- アララギさん? 2010-10-01 (金) 22:46:46
      • 拾ってくれた人が少しくれたけど、残り少なくなってきたし…人間相手は怖いな。モンスターも怖いけど…別の怖さっていうか(人を自分が殺してる姿は想像できないようだが、難しい顔で)
        そうだよなぁ…自分を召喚した人を探さないとダメとかも聞いたけど。蒼の派閥なら俺を拾ってくれた召喚士の人が居るから、もし何か分かったらあららぎさんにも教えるよ -- 宗一 2010-10-01 (金) 22:54:24
      • 「うん、そうだろうね…けど自分や相手だけでなく、迷いで同行する仲間が亡くなる事もあるんだ」
        悲しいけどこれが戦争なのよね…と言った人がいたが命の奪い合い、どう考えても心に重く圧し掛かる
        怪異慣れと孤島での人の死との遭遇経験…その点では僕は運良く段階を踏んで準備できていたのかもしれない
        「…な、何だって!?」
        召喚した人でなければ戻せない…そうか、あの時彼女が自分では不可能と言っていたのはそういう事、なのか?
        「僕の方は金の派閥の人の所で働いているから色々情報を合わせれるかもしれないな…」
        -- アララギさん? 2010-10-01 (金) 23:19:02
      • 同行する仲間が……それも困るよな……はぁ。慣れないとダメなのかなぁ…自信があんまりない(大きく溜息を吐いて)
        召喚獣だとそうらしいから俺もそうかもしれないってその人が言うには…理屈は知らないんだけど
        金の派閥…そういえばなんか名前聞いた様な…うんうん。じゃあ、お互いなんか分かったら教えるって事にしよう。うん、俺は向こうの方のボロ屋敷に住んでるから…それじゃ、またなアララギさん!(戦闘に関しては忘れておいてとりあえず日本人に会えてよかった。とだけ思う様にして、その場から歩き去った) -- 宗一 2010-10-02 (土) 00:49:28
  • // -- 2010-09-29 (水) 15:28:05
    • この世界でも梅雨はあるらしい、意外と四季豊かな地域だ……湿った空気の中、広場の紫陽花通りを歩く男子学生アララギコヨミ…そう、僕は傘を差して空を見上げていた。 -- アララギさん? 2010-09-29 (水) 17:41:52
      • // -- 2010-09-30 (木) 00:04:02
  • (たまたま大通りで彼の顔を見かけたから、笑顔で手を振ってみる)
    (直後に蛇行してる馬車にはねられそうになって「どこ見て走ってるの!?危ないでしょ!」と怒っていたりもする) -- イーリス 2010-09-29 (水) 09:08:10
    • 街の大通り、人や馬車だけでなく…サイドカー?…兎も角、色々なものが通っている
      活気のある街だ、少々奇異ではあるが明治維新とか産業革命辺りの街の印象を受ける事もあれば、
      中世さながらのお城や近代建築を思わせる高層ビル……魔術が実在するのもあって、ちぐはぐとでも言おうか。不思議な感覚を受ける
      ふと通りの反対側を見れば見知った顔が歩いている、此方に気付いた様で笑顔で手を振ってくれたりもして……何だか今轢かれそうだったけども。このままだと危なそうなので僕の方から駆け足で近づいて
      「今日和。イーリスさん、大丈夫ですか?」
      -- アララギさん? 2010-09-29 (水) 17:53:44
      • だ、大丈夫、大丈夫。まだ心臓がどきどきいってるけどね。
        こんなところで死ぬわけにはいかないし。
        (混沌が渾然一体となって一体感を醸し出している不思議な街)
        (そんな街のごく当たり前の光景に、2人の冒険者は自然と、溶け込んでいるのであった) -- イーリス 2010-09-30 (木) 00:14:00
  • 随分と召喚獣も売れ始め暫し考える、たぶん売れ残り濃厚だけど……召喚師を探すとすればカインさんからの情報からすれば蒼の派閥が最良に思えるが、それ以外はそれもまたなかなか美味しい展開のような気もする辺り僕はMなのだろうか?それはさておき、このまま売れ残ったとしても一応はぐれのまま各サモナイペアに絡んでいけるので、ある意味僕は登録しただけでも大義名分を得ると共に顔が売れたのだからこの企画はかなり相性がよかった気がする。 -- アララギさん? 2010-09-22 (水) 22:48:51
  • またか。どう見ても普通の人間だ(訪ねてくる険しい目つきの青年//相談未満の挨拶回りです)
    やはり、異世界から来た人間なのか? -- カイン 2010-09-19 (日) 23:26:17
    • 依頼にもだいぶ慣れ始めたある日の事、見知らぬ相手に不意に声を掛けられた。
      赤毛の青年、僕よりやや年上だろうか?どうにも穏やかならぬ視線に幾分緊張する
      何と無くバイトの面接の気分だ…引きつり気味に愛想笑い、一先ず友好的に今日和と挨拶してみて
      『異世界』『人間』…男の口から発せられた語句、僕は目を見開いていた
      その上で、やはり…という言葉が少し引っ掛かる。文字通りなら同類とでも言うべき人々がいるのか…?
      「地球の日本という国の学生でアララギコヨミと言います……貴方は一体…?」
      -- アララギさん? 2010-09-20 (月) 00:02:49
      • カインと言う。異世界の住人を呼び出したり、呼び出された住人と意を通じる術を聞き齧った身だ。俺はモグリだが、そういう術を使う連中を召喚師と言うらしい
        それで、珍しい力を持った相棒を探して回っているんだが…(険しい目つきは生来のものなのだろう、それに加え今度は眉間に沈鬱な皺を寄せる…コヨミの様子から、訳も知らず召喚されてきたもう一人の「人間」を思い出したからだ)
        「人間」が呼び出されるケースは本来は事故に近いもののようだ。他に見かけた異世界の人間も自分が何故、と嘆いていたな -- カイン 2010-09-20 (月) 00:15:00
      • //寝オチ警報なんで中断で… -- カイン 2010-09-20 (月) 00:45:16
      • 召喚師ってゲームで出てくる《青眼の白竜》を場に召喚し、手番終了…とかやる人って事だよな
        「カインさん…相方探し、ですか。能力と言っても…まあ、僕は見たままなので……眼がいいとか傷の治りが早い程度ですし」
        珍しいとは到底言い難いし、そういう希望には添えないだろう
        しかし、彼の話はこれまでになく…かなり事態の核心に近い気がする
        もぐりと言う割に詳しいし、色々話を聞きたいものだがどうしよう
        「僕も早いとこ帰りたいですが…事故となると難しかったりするんでしょうか?」
        -- アララギさん? 2010-09-20 (月) 00:45:17
      • そうか。せっかくだから俺も未知の力を持った相棒と組みたいと思うし、なにより自分の状況を解っていない子供に無理強いをするつもりも無いさ
        …なにぶんモグリなんでな(一応護衛獣の送還術は知っているが、力にはなれそうも無いと首を振る)
        詳しいのは多分、まっとうな召喚師の中でも「青の派閥」というやつに属している連中だろう。召喚術のことを研究している集団だそうだ//もうすこし頑張ってみた -- カイン 2010-09-20 (月) 01:03:18
      • 剣呑な目付きながら真っ当な人なのだろう、あの春休みに出くわした吸血鬼ハンター…年は兎も角としてドラマツルギーを何と無く思い出す……
        分からないという言葉に落胆する気持ちはあったが、心当たりを示してくれるなど初対面の相手にこれほど親切にしてくれる相手に感謝の念を抱くのはとても自然な事だった
        「青の派閥……召喚師の組合があるんですね。色々教えて頂いてありがとうございます!」
        -- アララギさん? 2010-09-20 (月) 15:39:59
      • 案内までしてやれればいいんだが、俺にとって「青の派閥」は鬼門だからな。悪いがこれで消えさせてもらう
        それじゃ、邪魔したな(ほんの一瞬表情を和らげ、別れを言うとその場を後にした) -- カイン 2010-09-20 (月) 16:23:23
  •   -- 2010-09-18 (土) 13:25:01
  •   -- 2010-09-18 (土) 13:24:57
  • 次回同行しますレイって言います。…この街じゃ今まで見かけなかった人だけど新人…て雰囲気でもないなー? -- レイ 2010-09-10 (金) 22:12:17
    • 人間食わねば生きるのは難しい……というか飲み食いできねば石をパンに変えたり出来るか悟りを開くような聖人か霞で済ます仙人でもなければ無理だ
      そして経済が一定以上発展した社会においてはそれらを得るには物々交換ではなく、通常対価を支払う必要がある…つまりお金だ
      見ず知らずの地にほぼ身一つでくる羽目になった僕がこの辺りの通貨を得る為に即刻働く他になかった
      そんな訳で僕は現在冒険者という仕事で対価の報酬を得ている…
      目の前に居るこの子も同じ冒険者のようで、今回同じ現場で働く僕に事前の顔合わせに来たのだろう……というのが現在の状況だ

      「アララギ・コヨミ…です、よろしくお願いします」
      首を傾げている相手、レイに一先ず名乗り返して挨拶してみる僕だった
      -- アララギさん? 2010-09-10 (金) 22:32:23
      • あう、これは丁寧に(慌ててお辞儀し返す)…この街広いから今まで出会わなかっただけかな?
        それに何処となく雰囲気が違う?まいっか。無理せず頑張ろうね -- レイ 2010-09-10 (金) 22:59:08
      • 「いやー…実は最近この辺りに着たばかりで。ええ、お互い無理せず…!はい、改めて…どうぞよろしく!」
        割と腰が低いのかお辞儀合戦の様相になりつつ、頑張りましょうと手を差し出す…
        なかなか友好的な人のようで僕は内心安堵しつつ、レイの呟きは聞こえていた……何と無く分かるものなのだろうか?
        そもそもレイは……僕の違和感、一体どちらに気付いたのだろう?
        -- アララギさん? 2010-09-10 (金) 23:09:48
  • 剣一筋と言いながらも魔導器を拾ってついどの程度の性能か確認してしまう僕がいた…… -- アララギさん? 2010-09-07 (火) 16:11:58
    • 魔法剣士になってもいいんじゃないかという誘惑がアララギさんを襲う…… -- 2010-09-07 (火) 17:42:28
      • 「正直未使用の状態で攻撃力が百も違わないという事実が怖いね……流石学生って事かな」
        流石に名手となれば圧倒的に剣の方が強いのだが……初期の時点で魔導器という適正武器を手に入れていれば随分違っていただろう
        -- アララギさん? 2010-09-07 (火) 18:27:36
  • セックス! -- 2010-08-27 (金) 18:05:06
    • いきなり参上の来客に対し、僕は落ち着き払って冷静かつ沈着にこう話しかけた
      「スウェーデンの早口言葉を知ってるかい?羽川から聞いたんだけどさー……それじゃあ、いくぜ。準備はいいかい?」
      6匹の鮭が鮭の箱の中に居る!(セックス ラクサール イ エン ラックスアスク)
      -- アララギさん? 2010-08-27 (金) 18:22:17

Edit

セスティアコヨミ? Edit

+  ...

Last-modified: 2011-10-25 Tue 17:49:23 JST (3082d)