名簿/400467

  • お久しぶり〜♪ これ、今年のバレンタインチョコ♪ 受け取ってね〜。(普通のチョコケーキを渡して)
    今、協会ではせりやぼ参加者を募集してるのよね。時間があったら、協会会議室を覗いてもらえるかしらぁ? -- アーシュラ 2012-02-11 (土) 22:34:19
  • (特に魔力も隠さずに転移してきた)…ふう、到着 -- タツマ 2011-08-28 (日) 21:41:59
    • ……あらあら。 珍しいお客様…と、困った姉、といったところかしら………(笑って迎える 姉に何かあったであろうことは分かっていたから)
      ラゼンシアいっぱい?? -- 2011-08-28 (日) 21:47:34
      • 直接会うのは久しぶりですね、御無沙汰してます(困った姉、に苦笑して)ええまぁ、事情は見ての通りで…僕じゃ統合なんてとてもできないのでお力を借りたいんですが(本体のラゼンシアをそっとメルリーリの方に差しだし)
        そうだね、一杯だね…ちっちゃいけど(遠い目) -- タツマ 2011-08-28 (日) 21:56:09
      • 案外やってみたら出来るかもしれないわ…? これだけ分かれていると難しいかもしれないけれどね……(本体受け取る) ……あら。
        ちっちゃくて、面白い。(紅いの瓶詰めをシェイクしまくる精霊) -- 2011-08-28 (日) 22:09:39
      • 挑戦してみたくなる気持ちはありますけど、さすがに失敗できませんからね…あ、結界はいつ解きましょう
        面白いかな…ってあああ。そんなに振ったら中の赤い子達が…(目を回してるだろうなぁと覗く) -- タツマ 2011-08-28 (日) 22:12:06
      • そうね…結界は全て解いてしまって問題ないわ…。 それより………………何か言いたそうにしているみたいだけれど…気付いたかしら…?
        (完全に目を回してぐったりしてる紅いのたち) ……静かになった。 -- 2011-08-28 (日) 22:24:57
      • (一応周囲を確認してから)…では、解きますよ(両手を合わせ、キーワードを唱えると、結界は霧散する)……言いたそうに、ですか…?(目を丸くして)
        ほら、ぐったりしてるよリフィ… -- タツマ 2011-08-28 (日) 22:36:47
      • (結界が解けるとメルリーィなりの簡易結界に周囲が包まれる) ええ……すごく訴えているわね… 戻りたくない、そうよ…?
        んー。 大丈夫。 すぐ戻る。 キャンディあるから。 -- 2011-08-28 (日) 22:44:13
      • (メルリーィの結界を確認して一息吐く。やはり負担が大きかったようだ)…戻りたくない…ですか?(本体の方をじっと見て)
        え、本当に? よ、よかったらキャンディ補給してあげてくれないかな -- タツマ 2011-08-28 (日) 22:46:44
      • お疲れ様…。 ここまで厳重な結界を張らなくても……キアラくらいしかこなかったでしょう…? (本体は相変わらず無表情で、どこも見ていない) ええ…。 それはもう訴えているわね……
        でも理由は………ふふ、本人に言わせましょうか…。
        リフィ、瓶を貸して頂戴……

        (上からぎゅうぎゅうに飴を詰め込む作業に夢中だったが言われた通りに手渡した) -- 2011-08-28 (日) 22:51:38
      • 結局着ませんでしたけど、心配でしたし…基準点にして悪いですが、キアラさんレベルに合わせればほぼ安心ですから…本体の方からは感じ取れないんですが…(困った顔になり)
        ……うわ、凄い事になって……(飴と瓶を見ながら続きを待つ) -- タツマ 2011-08-28 (日) 22:54:31
      • 一理あるけれど……それでタツマ君がまいってしまったら、元も子もないから……気をつけてね…
        そう……それじゃあ…戻ってからの方が、大変かもしれないわね…(深刻な顔どころか微笑んでいるので難しい話ではなさそうだ)
        (//すみません文通でお願いします)
        -- 2011-08-28 (日) 23:19:25
      • さすがに依頼中とかは厳しかったですけどそれ以外は…ええ、気をつけます(かなり疲労が溜まっているのを見て取られたかと苦笑い)
        …とにかく早く戻さなきゃとばかり考えていたのは否めませんね…(難しい顔で)…話す機会されあればいいんですが(//文通了解です) -- タツマ 2011-08-28 (日) 23:24:57
      • (いろんな意味で土下座する妖精と精霊)
        とにかくはやくなんとかしないともう色々許されない気がするわ…………
        シアの都合よりもさっくりいきましょう…さっくり(目が据わっている)
        (それはから恐ろしい光景だった。 リフィから受け取った瓶を逆さにして一度中身、ぷちんしあ含む、を出して、今度は紅いのも蒼いのもまとめて12匹全部詰めた)
        (最後におまけといわんばかりに本体も押し込んで)
        (蓋をして…………)
        (そして……シェイク。)
        (最初はゆっくりと、徐々に早く)
        (中身がなんか見たくない感じになってきて。 気がついた頃には全部ひっついて戻っていた)
        ふう…。 ここまで振る必要はないけれど…つい、やってしまったわ…(タツマに瓶ごと手渡し)
        目が覚める頃には治っているはずよ……
        -- 2011-09-23 (金) 22:59:03
      • (そろそろラゼンシア分が枯渇して死ぬ所でした 土下座しなくていいのよ)
        僕は許しますけどええまぁ、速く戻ったシアと話したい気はします…
        さっくり…!?(流れる様に瓶詰・シェイク、元に戻ると見せられて感じた物は)
        (この人は怒らせないようにしよう。の一言に尽きたという)
        (瓶を受け取り)…す、凄かったですね…では、持って帰ります。ありがとうございました…!(転移術式を起動して家に帰還する) -- タツマ 2011-09-23 (金) 23:03:08
      • もう帰る? ばいばい。
        (見送る娘は平然としていたとか…)
        -- 2011-09-23 (金) 23:06:20
  • ・・・今はお休み中かしらぁ?(冒険者100周年記念濃厚度100%チョコケーキを片手に) -- アーシュラ 2011-06-29 (水) 02:52:25
    • お久しぶりね…ありがとう……。 お休みというよりも…待っている、といったところかしら… -- 2011-06-29 (水) 21:33:48
  • 不意に開いた転移門から響く焼芋屋の声がアナタを誘惑する! -- 2011-04-14 (木) 20:05:49
  • (非常食の缶入りカップチョコケーキをアイスゴーレムに抱えさせて)大丈夫かしらぁ?ちゃんと食べれてるぅ・・・? -- アーシュラ 2011-03-13 (日) 11:23:35
    • 大丈夫…私は問題ないわ………。 心配をかけてしまったわね… -- 2011-03-15 (火) 02:57:00
  • (緑の子をよしよし) -- マーチ? 2011-03-07 (月) 16:17:55
    • (俯いたまま撫でられる)リフィ、悪い子。 -- 2011-03-09 (水) 20:02:39
      • 悪くないよ。がんばってもどうにもできないことっていうのもある(ぽふぽふ) -- マーチ? 2011-03-09 (水) 22:23:08
      • きゅう…(その後くまにコロコロされました) -- 2011-03-15 (火) 02:56:39
  • ごめんくださーい -- サヨリ 2011-02-12 (土) 19:12:18
    • はーい!(元気良く出てきた精霊) -- 2011-02-12 (土) 23:47:04
      • リーフフィールドって人はあな…うん? 精霊さん…かな? -- サヨリ 2011-02-13 (日) 00:30:46
      • ん。 リフィがリーフフィールド。 精霊。 -- 2011-02-13 (日) 01:08:57
      • そっか、リフィがリーフフィールドなのね。私はサヨリ、来月一緒に護衛しに行くからヨロシクね? (挨拶と同時に首輪の鈴から水の波長)
        なんとなくで言ってみただけだけど本当に精霊か〜…何でそう思ったんだろ -- サヨリ 2011-02-13 (日) 01:36:46
      • サヨリ…。 よろしく。 リフィと、キアラが一緒。
        水の…? サヨリは水の人? ここにはリフィとシェーラがいる。 大地と、水の精霊。
        -- 2011-02-13 (日) 01:44:33
      • 水の人…まあそうかなー 四六時中泳いでるって意味で。 泳ぐのが世界で2番目に得意なの
        こんな街のど真ん中に精霊の住処が… 大地に、水? 水の精霊かぁ…(もそもそ考え込む) -- サヨリ 2011-02-13 (日) 02:19:11
      • そう。 リフィ泳げないから、すごい。
        水はおかーさんが呼んでる。 大地がリフィ。 今月お疲れ様、来月よろしく。
        -- 2011-02-14 (月) 01:38:43
      • 知り合ったばっかりなのにもういっしょにいけなくなっちゃったよ… リフィもトロルには気をつけてよね〜…(がっくり) -- サヨリ 2011-02-16 (水) 00:24:36
      • ん。 リフィ順調。(NOT嫌味)
        サヨリも…うんと先、もっと強くなったらきっとまた一緒になる。
        -- 2011-02-21 (月) 21:12:58
  • リフィちゃんや、リフィちゃんは居るかな。(家まで歩いて訪ねに来る) -- ウィリアム 2011-02-10 (木) 01:41:43
    • 居ないかな。……ああ、どうしようかな…………久々に会って言うのがこれじゃ、泣かせちゃう。
      見たくないな。行きたくなくなっちゃう。いつまでもそうしていたくなっちゃうな。(逡巡、そして溜息)
       苦手だけど、手紙を書こう。ガストはよく、そうしてるみたいだけど……どんな文がいいかな、さて。(メモ帳を取り出して、書き込んでいる) -- ウィリアム 2011-02-10 (木) 03:10:54
      • 『リフィちゃんへ。
         ちょっと街から離れます。また紅茶飲もうね。ラゼンシアさんにもよろしく』
        ………………。……二行…………。(自分の文章能力の無さに途方へ暮れる) -- ウィリアム 2011-02-10 (木) 03:33:10
      • (//風邪で死んでるときになんてこった)
        お手紙?
        (開いた手紙は簡潔二行。) ウィリアム旅行に行った??
        -- 2011-02-10 (木) 12:25:34
      • //うぉおお無理はするなーー!!?
        あっ。(悩んでそこらへんをうろうろして、一周して戻ってきた)……リフィちゃん。ひさしぶり。 -- ウィリアム 2011-02-10 (木) 14:03:52
      • (裏返したり斜めにしたり やっぱり二行だった)
        むー…。 帰ってくるのかな。
        ん? ウィリアム! 久しぶり。 元気だった?
        -- 2011-02-10 (木) 14:09:25
      • 元気だったよ。いやぁ、リフィちゃんもお変わりないようで。(我を忘れてきゃっきゃ)
        ……はっ。(持って居る手紙に気づく)……あーっはっはー……見た、それ……? -- ウィリアム 2011-02-10 (木) 14:14:53
      • うん。 リフィ元気!(一緒になってきゃっきゃっ)
        見た。 ウィリアム旅行に行くの?
        -- 2011-02-10 (木) 14:56:16
      • ……。(伝わらないかー。そうだよね、伝わらないよねそれじゃ……てことは、伝えなきゃならないんだ)
         違うんだよね。……あの、ガストが故郷に帰ることになって。私もそれについて、帰るの。
        (何度言ってきても慣れないもので、悲しい気分になる。なんとも心苦しい。さらりと流せやしない) -- ウィリアム 2011-02-10 (木) 17:53:33
      • ………帰る。 家に帰る? ウィリアムは、それが嬉しい? -- 2011-02-12 (土) 02:15:57
      • ……リフィちゃんとかさ、この街で出逢った人……私、友達と呼べる人なんて少なかったから。
        離れるのは寂しいよ。会えなくなるわけじゃないけど、傍に居られないのは、やっぱり寂しい。
        でもね。(ぎゅっと自分の肩を抱く)……嬉しい。凄く嬉しい。本当に、言葉じゃ足りないぐらい、嬉しい。 -- ウィリアム 2011-02-12 (土) 02:20:42
      • (搾り出すように喋るウィリアムの頭に手を乗せる 身長的にさほど変わらないのだが)
        ウィリアムが嬉しいなら、リフィも嬉しい。 だから、皆嬉しい。
        悲しいことなんてない、また会えるなら…大丈夫。(にぱっと笑ってみせる)
        -- 2011-02-12 (土) 02:23:13
      • (撫でられた。小さな手なのに、包み込まれるような気分だ。空気に抱かれて、草っ原に倒れこむみたいに、安心する)
        ……そうかな、そうだね。……あはは、どうもありがとう。なんだか、さっきより嬉しい。(顔がふにゃりとにやける)
         ねぇ、リフィちゃん。いつになるかわからないけど、帰ってきたらお茶会でもしようよ。どっちが上手く淹れられるかとか、競争したり。
        (顔が笑ってるのに、目だけ、なんだか、ぽろぽろ潤いを帯びてくる。……あれ、おかしいな。私が先に泣いてどうするんだ) -- ウィリアム 2011-02-12 (土) 02:28:17
      • (わらったまま、同じ色の髪をくしゃくしゃと撫でる)
        うん。 リフィ次は上手に淹れられるようにする。
        ウィリアムは……泣き虫を治す?(わしゃわしゃ、わしゃわしゃ)
        泣き虫のウィリアム、いいこと教える。 リフィはー…リフィは、木も、花も、葉っぱも。 石も、岩も、大地も。 全部、分かる。 リフィは大地の精霊だから。 ウィリアムが、大地に立つなら、リフィはきっと傍にいる。
        -- 2011-02-12 (土) 02:35:56
      • あは、はっ、それじゃあまた次会うときまでには直しておかなきゃいけないねっ。
        (涙はぼろぼろ出るわけじゃなくて、少しだけゆっくり流れている。撫でられて、さざめいた心から水が溢れてる)
         いいねぇ。それならいつでも安心だ。……うん。私はなんだか、幸せだねぇ。
        うん。安心して、歩いてけるよ。……だから、リフィちゃんも安心して見てて。(目元を拭って、離れる)
         あ、そうだ。ラゼンシアさんにも、よろしく。こっちに来たらまた寄るからって。
        (小走りで、歩いていく)うん、リフィちゃん。それじゃあ、またね! また会おうね!(走って、去っていった。涙はちゃんと止まっていた) -- ウィリアム 2011-02-12 (土) 02:44:29
      • ん、ウィリアム元気でた?
        リフィはしっかり伝える。 しっかり、見守ってる。
        また会うときまで、元気で。(自分の大地に水が零れることなく去っていく相手を、笑って見送った)
        -- 2011-02-12 (土) 03:10:55
  • (庭にいたリフィを呼んで家の中でメルリーィと会う。クリスタを肩に乗せつつ)
    えー、僕・リフィ・キアラさんで同行
    クリスタとメルリーィさんが同行
    …見事なまでにシアが省かれて家で拗ねてそうなんですがどうしましょう、いや本当に -- タツマ 2011-02-08 (火) 20:38:36
    • (すごく いい えがお の ひとづま が でむかえ た !)
      うふふふ……ふふ………くすくす…………っ
      そうねえ…今頃…膝を抱えてぶつぶつ言っているか……それとも…大規模な爆発でも起こしているか………それとも…誰かと自棄酒しているかもしれないわね…ふふっ
      タツマ君が取るべき行動は…ここで、うろたえることではなくて……慰めることではないかしら……?(とっても楽しそうですが無害です)
      -- 2011-02-08 (火) 21:18:54
      • なんでそんなにいい笑顔をー!? 爆発以外の何かであって欲しいなぁ…後片付けが大変ですし
        いやぁ、リフィとは初めて組むので挨拶ついでに何かいい考えが無いかなーと…あ、クリスタもよろしくお願いしますね -- タツマ 2011-02-08 (火) 21:25:19
      • リフィ一人だったとき寂しかった。 きっとラゼンシアもそう。(きゃっきゃっ) -- 2011-02-08 (火) 21:29:09
      • そんな笑顔じゃないわ…(笑顔) ええ、笑顔じゃないわ……(いい笑顔)
        よろしくね…クリスタさん… 長い間一緒になるというのは…初めてかしらね…
        自暴自棄になってないといいわね…(笑顔) いい考えなんて…それこそ…慰めるくらいしか… 高いお酒と…美味しいおつまみでも…さしいれてあげるしかないのではないかしら…?
        -- 2011-02-08 (火) 21:31:26
      • この、満面の笑み…っ!
        はい、キアラさんに合わせるのは大変だけど頑張ろうねリフィ(リフィの頭を軽く撫でて)…やっぱり寂しいのか
        クリスタ「はい。基本的に後衛ですが前衛の穴を埋める事は可能なのでよろしくお願いします」(ぺこり)
        来月の依頼書取ってすぐ着たのでまだ顔合わせてないんですよね…! …ああ、お酒とおつまみですかー…じゃあその方向で行きますね。じゃ、来月よろしくお願いしますという事で…(急いだ方がいいと思ったのか空間転移で移動して帰っていった) -- タツマ 2011-02-08 (火) 21:36:34
      • うん。 寂しい。 一人だと退屈。 -- 2011-02-08 (火) 21:41:10
      • キアラなんて…ほうっておくのが一番よ… リフィのこと、頼むわね…
        私はお世辞にも前衛には向かないタイプだから…頼りにしているわ…… それでは、また来月…
        あらあら、本当に急いでしまったようね…(終始笑顔の人妻だった)
        -- 2011-02-08 (火) 21:42:14
  • あ、あの……(かつてメルリーィが同行した「ベルメィユ」と顔は瓜二つの少女がやってきた。しかし、雰囲気は少し違う……)
    と、突然の訪問、お許し下さい……なの。え、と……ベルメィユ、が……お世話になりました(ペコリと頭を下げる) -- ベルメーユ? 2011-02-06 (日) 23:42:50
    • お久しぶりね…よく来てくれたわ……(笑顔で出迎える) ……あなたは…そっくりだけれど、ベルメィユさんとは違うのかしら…?
      何も謝る必要はないわ…こちらこそお人形をもらったり…よくしてもらったもの…(安心させるように、ゆったりとした口調で)
      -- 2011-02-06 (日) 23:47:36
      • あ、ええと……はい。ベルメィユは……私、ベルメーユの……妹みたいなもの、なの……うん
        (口下手で人見知りな性格のようだが、メルリーィの優しい口調に対しそれなりに落ち着いて話せているようだった)
        あの子は……うん、いい子だったの……。仲良くしてくれて、ありがとう……ございましたっ(もう一度頭を下げた)
        よ、用件はそれだけ……です。お騒がせしました……なの(ベルメィユについては詳しく話さないまま帰っていく……) -- ベルメーユ? 2011-02-06 (日) 23:54:34
      • そう…妹さんなの…… では、貴方の名前は…?
        ございましたって、何故過去形なのかしら……あら、帰ってしまったわ…。
        今度お茶のセットでも持って、ゆっくりとお話を聞きに行きましょうか…
        -- 2011-02-07 (月) 00:26:22
  • …久しぶりね、メルリーィ…色々と話は聞いてるわ、貴方もなかなか色々と大変そうよね…(出落ちの連続に苦笑しながら言った。)
    …まぁ、気持ちは分からなくはないけど…あまりラゼンシアさんを苛めてはダメよ?結構気にするタイプなのだから…。 -- クノン 2011-01-24 (月) 21:57:17
    • あら…お久しぶりなお客さまね…… 幸せそうで、なによりだわ…
      連続出落ちも落ち着いたことだし…そろそろやめようと思っている…わ……(くすくす) シアは、ちょっと気にするくらいが…ちょうどいいと…思うけれどね…
      -- 2011-01-26 (水) 17:46:02
      • …あら、幸せとかそういうのは分かるものなのかしら…別にまだ惚気たりはしてないと思ったけれど…。
        …全く…ラゼンシアさんを弄りすぎると可哀想よ?まぁ、タツマさんがいるから大丈夫とは思うけれど…。
        …まぁ、そういう意味では貴方も旦那さまがいるのよね?まだ見た事はないけど。 -- クノン 2011-01-28 (金) 23:04:10
      • 幸せな人はね…見ただけで分かるのよ……
        いいのよ…普段は立場が逆だもの…たまにはこういうのも、面白いわ…
        ヴィクセンのことね… もう冒険にはでていないし……でも家いるから…会う機会はあるのではないかしら…
        -- 2011-02-06 (日) 00:59:00
  • 次、ご一緒するみたいなんで挨拶に……ははは、何かロックだのなんだのって聞いてるけど大丈夫さ!次は俺が同行しちゃうんだぜ…!(無意味なガッツポーズ) -- アロン? 2011-01-24 (月) 19:58:09
    • お疲れ様…ええ、おかげさまで大丈夫だったわ…… 今後とも、よろしくね… -- 2011-01-26 (水) 17:44:57
  • 大丈夫かしらメルリーィさん。グランギニョルと遊びすぎていないかしら? それとも私のあげたお人形がイタズラしているのかしら…… -- ベルメィユ? 2011-01-23 (日) 08:51:08
    • 物騒なものと遊んでいるつもりはないのだけれど……はぁ……。 -- 2011-01-26 (水) 17:44:03
    • (そこには変わり果て、干乾びた妖精がいました…) -- 2011-01-23 (日) 00:21:20
      • (だばだばだばだば)だって……出落ちは……最近しなくなったわね…(しゃっきり) -- 2011-01-26 (水) 17:43:30
  • ええー…なんといいますか今回はそのー…大変でしたね…大丈夫ですかメルリーィさん(何か非常に差し入れしなきゃいけない気持ちになったのでショートケーキ1ホール入りの箱を渡しながら) -- タツマ 2011-01-20 (木) 20:51:13
    • うふふ…(綺麗に傷も治って笑顔 目が笑っていない笑顔) いいのよ、別に…出落ちは今に始まったことではないし…タツマ君に当たっても…仕方のないことだし……うふふふふ………
      お見舞いありがとう…シアは、来てないのかしら…来るはずもないわね……ふふふふふふ…………
      -- 2011-01-21 (金) 01:29:01
      • さすがに怪我は治ってる様で何よりで…(怖い凄い怖い目が笑って無い)…いえまぁシアの代わりに愚痴くらいなら聞きますけど…
        ええはい、家で弱っていたというかなんというか…あ。ああそうだ、リフィは順調みたいですね!(話を 逸らそうと する) -- タツマ 2011-01-21 (金) 01:32:17
      • ………ふぅ。(一つ溜息をついていつもの微笑み) ビックリしたかしら…? いいのよ、本当に怒っているわけではないのだから…。
        実際に皆一杯一杯で…シアだけ生き延びたのだって奇跡のようなものよ……
        ええ、リフィは先月は一人だけ外れたこと…気に入らなかったみたいだけれど…今月は良かったって言いながら跳ね回っていたわ……。
        タツマ君も…順調で何よりね…
        -- 2011-01-21 (金) 01:37:21
      • びっくりというかなんというか…シアもメルリーィさんも怒ると目から表情消えるから怖いんですよねー…(遠い目)
        恐ろしいですね、妖精の出落ちの呪い…クリスタもまだ三ヶ月目ですし。リフィと組んだ事ないから組んでみたいんですよねぇ…ああ、喜んでるなら何よりです
        まあ、今の所は…1年目はずっと気が抜けませんけど -- タツマ 2011-01-21 (金) 01:39:55
      • あら、怒る所似ていたかしら…?(自覚症状なし)
        ええ……おかげで私はロック状態よ…1年の壁どころか2ヶ月の壁さえ…… クリスタさんに…気をつけて、と伝えてね…。
        何にせよ、リフィまで落ちるようなことにならなくてよかったわ… 組むことは、諦めてないみたいだけれど…
        -- 2011-01-21 (金) 01:45:52
      • 似てますよー…ええ、確認はできないでしょうけど
        それは酷い…回ってくる依頼が悪いんでしょうか…まだまだ出るならめげないで頑張って下さい…はい。今回は僕と一緒だし大丈夫だといいな…
        方針が似てれば組めると思うんですけどね…まあ、ご家族でケーキ食べてその辺りはじっくり話し合って下さい…さて。シアの様子がちょっと気になるので今日はこれで…リフィによろしく言っておいて下さい、それでは -- タツマ 2011-01-21 (金) 02:02:16
      • そうだったかしら………(首をかしげる) 二人でそうなってしまっては手もつけられないものね……(くすくす)
        私は何も悪い事をした覚えは…ないわ…… 酒場のマスターが意地悪なだけよ…
        二人ならきっと…大丈夫ね……。 シアの…? 傷が長引いたりしているのかしら…ええ、帰ってあげてちょうだい……。
        -- 2011-01-21 (金) 02:10:56
  • ………(何か最近全然同行しなくなったなーと思ったら気が付かない内に落ちていて、現在「ロック」の称号襲名手続き中っぽくて思わず苦笑する半裸) -- 人修羅 2011-01-20 (木) 19:25:14
    • これだけ落ちたら…ロックかもしれないわね…(死んだ目)
      絵に描いたようなロックだわ……………
      -- 2011-01-21 (金) 01:27:34
      • ………(大変申し訳ないと思いつつも、プップクプー♪な表情にならないよう努めて笑いを堪えるせいで余計不謹慎な表情になっている半裸) -- 人修羅 2011-01-22 (土) 17:02:39
      • (4回連続二ヶ月ピチュンで反論する気力もない妖精) -- 2011-01-23 (日) 00:20:55
  • 「呼んだ?」 (ひょこっ と曲がり角?からメルリーィに似せたパペット人形が顔を出し、口を開いて喋る。すぐにその人形の主も顔を出す)
    御機嫌よう、お見舞いに来ました。お加減はどうですか? 心臓はちゃんとドクドク動いてますか? -- ベルメィユ? 2011-01-19 (水) 03:08:54
    • きゃあっ!?(さすがに愕いた) 私に良く似た…人形…………?
      あなたは……今月の……。 ええ、大丈夫よ…私は妖精なの…人じゃないから…心臓は動いていないけれど、死んでもないわ…
      -- 2011-01-19 (水) 03:10:16
      • 可愛いでしょう? 頑張って貴女に似せて作ったの♪ この子もメルリーィさんが元気で喜んでいるみたい……(にこにこ)
        ? 心臓が無いのに生きてるの? すごいわ!私と同じなのね、ふふっ -- ベルメィユ? 2011-01-19 (水) 03:14:42
      • 自分に良く似た人形を可愛いというのは…少し照れてしまうけれど…ええ、可愛いわ…
        人とは違う生物だもの…… あなたも、そうなのかしら…?
        -- 2011-01-19 (水) 03:18:42
      • そうなのかしら。でも私は人間なのに……そしたら私は死んでいるのかも? 死んでいるのに喋ってる……私って不思議
        そうだ、このお人形あなたにあげる。可愛がってあげてね♪ (手にはめていたパペットを渡して帰っていく……) -- ベルメィユ? 2011-01-19 (水) 03:24:45
      • …………??(首をかしげ、不思議そうにベルメイユを見つめた) それは…どういう………?
        もらってしまっていいの…?ありがとう…大切にするわ… また、気をつけて…ね…
        -- 2011-01-19 (水) 03:31:15
  • (大丈夫かな・・・と覗きに来るアーシュラさんだ) -- アーシュラ 2011-01-19 (水) 02:49:22
    • お客さん??(ひょっこり顔を覗かせる精霊 まゆはハの字、ご機嫌斜めといった顔) -- 2011-01-19 (水) 02:56:34
      • いらっしゃい…アーシュラさん………お久しぶりね…(特に怪我の跡もない) -- 2011-01-19 (水) 02:57:20
      • ええ、お久しぶり〜♪ 酒場で色々大変だったって聞いたから着てみたけど、大丈夫みたいで何よりだわぁ。
        お見舞いは必要なかったかしらぁ?(傍らに立つフルーツ盛り合わせの籠を抱えたゴーレムをチラと見ながら) -- アーシュラ 2011-01-19 (水) 03:00:41
      • (娘を撫でながら)確か…どこかの宗教の方と一緒だったけれど…この通りなんともないわ…
        あら…わざわざありがとう……いただけたら、リフィの機嫌も少しは治ってありがたいわ…… 偶然、今月落ちたのよ…
        -- 2011-01-19 (水) 03:04:23
      • ああ、今なんだか色んな人が集まってるみたいね。うちの息子もその一人・・・ワダツミちゃんところの子と同行してたわぁ。
        それにしても同時とはまた・・・酷い事もあるものねぇ。(ゴーレムを一歩前に進ませると、籠を差し出させ)
        それじゃ、やっぱりお見舞いは必要ね。はい、リフィちゃん♪ -- アーシュラ 2011-01-19 (水) 03:09:44
      • ん。 ありがと!(ハの字だったまゆをいつも通りに戻してゴーレムから受け取る) -- 2011-01-19 (水) 03:16:46
      • また懐かしい…… 不穏になりそうでならない…不思議な感覚ね…
        本当に…社長は何かを狙っているとしか思えないわ………
        -- 2011-01-19 (水) 03:17:45
      • (リフィに笑顔で小さく手を振り)お姉ちゃんもびっくりしたわぁ。意外な縁もあるものね〜・・・
        まぁ邪教については、うちの子は元々アンデッドだし闇の力が強い方が力を増すから良いんだけどね。
        今回の同時落ちは厄払いってことで・・・次はきっと上手く行くわよ、うん♪
        ・・・・・・お姉ちゃんみたいに毎度老練前後で落ちて英雄になれないよりはマシだし、ね・・・(遠い目で) -- アーシュラ 2011-01-19 (水) 03:22:54
      • 本当に何が起きるか分からないのが…この酒場ね……
        そう、そういう利点が在るなら…尚更、問題ないわね……。 次こそ…次こそ…出落ちはしたくないわ…
        私は…出落ちと120〜150回冒険をして落ちるのを定期的に繰り返して……はあ……… アーシュラさんも、苦労をしているわね…
        -- 2011-01-19 (水) 03:27:32
      • だからこそ楽しいんだけどね♪ お姉ちゃんは出落ちするの方針変更忘れたときくらいねぇ。
        それ以外は大体100回以上は出れてる感じ。・・・メルちゃんも似たような状況なのねぇ・・・お互い頑張りましょうね?
        さて、メルちゃんの無事も確認できたしお姉ちゃんはそろそろ。協会も最近ちょこちょこ盛り上げようと色々してるし、
        気が向いたら顔出してみてね♪ それじゃね〜♪ -- アーシュラ 2011-01-19 (水) 03:33:35
      • 飽きないわね……(すこし微笑み)br;暫く顔を出していなかったわね…、ええ、近いうちに顔を出したいと思うわ… 今日は…ありがとう…… -- 2011-01-19 (水) 03:57:54
  • あのすいません自分実力相応ってマスターに言ってあるんですけどアレはどういうことでしょうか(なんか作業着溶けてるけど気にしてはいけない) -- ヘッサー 2011-01-16 (日) 01:39:12
    • 私なんて……安全第一といっているのに…この有様よ…… つまり、酒場とはこういうところなの……(諦めて…と呟く妖精) -- 2011-01-16 (日) 03:53:15
  • ………(こんにちは、来週の依頼で組むんで挨拶に来ました心優しい少年です と思いながら現れる半裸) -- 人修羅 2011-01-13 (木) 19:52:52
    • (思いっきり警戒する人妻)どなたかしら…? -- 2011-01-14 (金) 02:43:21
      • ……(やだ、微妙に傷付く態度でつらい…。来月の依頼で同行する人修羅っすよ人修羅ー。 と、微妙に笑顔を曇らせながら無言で来月の依頼書の自分の名を指さす) -- 人修羅 2011-01-14 (金) 06:05:39
      • うふふ…冗談よ……………(にっこり)
        そしてお疲れ様…。 つらい依頼になってしまったわね……。
        -- 2011-01-14 (金) 16:41:48
      • ……(良かった、妖精さんは体が大きくなればなる程辛辣になるというトラウマを植え付けられるいたいけな少年は居なかったんだ…!)
        …(はい、お疲れ様です。魔導器使わない奴に魔導器持ってかれたとか色々辛いところはあるけど、針に二度も刺されて大丈夫なん?) -- 人修羅 2011-01-14 (金) 23:04:51
      • 痛かったわ…(よく見なくてもぼろべろ)
        魔導器はいつだて使わない人の所に行くものなのよ……はあ……欲しかったわね……
        -- 2011-01-15 (土) 22:12:30
  • はいどうもお疲れ様でした、っと。 噂にゃ聞いてましたが冒険者ってのは痛い商売ですねえ…爆弾なんか誰が仕込むんだか -- ヘッサー 2011-01-12 (水) 00:31:47
    • お疲れ様…新人さんにとっては…特に辛いかもしれないわね…… それも……(この先楽になることがない、という言葉は飲み込んでおく妖精)
      何にせよ…帰る事が出来たことを…喜びましょう……
      -- 2011-01-12 (水) 16:58:57
    • ありがとう…(チョコを受け取り微笑んで)
      私の名前が…? そんなに難しいかしら…ああ、でも…ここにきたばかりの頃は…発音しにくいと言われていたわね……
      メルリーィ、よ……いいにくいなら…メルでも構わないわ…
      -- 2011-01-12 (水) 16:57:46
  • えーっと、ここで合っている……筈、よね?(ベラから貰った地図と、大豪邸の簡単なイラストの特徴と照らし合わせ確かめると扉をノックする)
    こんにちは、来月ご一緒させて貰うロゼ・フィヨルドと申します -- ロゼ 2011-01-11 (火) 01:33:48
    • いらっしゃい……(扉を開けて一瞬驚く)
      …え、ええ…私はメルリーィ・リンクス・テールよ…よろしくね…
      それにしても……(誰かに似ているような気がして首をかしげた)
      -- 2011-01-11 (火) 01:41:06
      • メルリーィさんね、よろしくお願いしますね(にぱーっと人懐っこい笑顔を見せると)
        わぁっ……!すっごく声、可愛いっ……!ベラちゃんが言っていた通りだ(妖精の甘い声に聞き惚れて)
        私、ベラドンナの姪なんです -- ロゼ 2011-01-11 (火) 01:47:48
      • そうかしら…(面と向かって褒められると少し照れる) ありがとう…
        やっぱり……そうだったの…雰囲気が…、ベラドンナさんに似ていると思ったのよ…ふふ、よろしくね…(笑顔で手を差し出す)
        今組んだということは…きっと今後も組むはずだもの…困ったことがあったら…何でも言ってね…無論、何もなくても…お茶に来てくれるだけでも大歓迎よ…
        -- 2011-01-11 (火) 13:35:52
      • いいえー……好きだわ、その声。特に歌を聞きたいくらいね
        ……ベラちゃん似なのは髪型のせいかもしれないわね(姫カットか否かの違いの、自分の髪を手に取り)……こちらこそ、仲良くしてね(手を差し出して握手すると)
        ありがとう、私も何か手伝える事あったら遠慮なく声かけて下さいな
        ありがとう、冒険と関係ない時にもまったり遊びにくるわね(またね、と手を振ると明日の冒険の為に早めに帰っていった) -- ロゼ 2011-01-11 (火) 23:06:36
      • 歌は…少し得意なのよ……… 何か機会があったら…聞かせたいわ…
        綺麗な深い色の髪…艶もよくわかって…うらやましいわ……(しっかり握手を交わしてから離し)
        ええ…またね……
        -- 2011-01-12 (水) 16:56:12
    • あら、あなたは今月の…… 大変な依頼だったわね…。 もしも怪我や痛みが長引くようなら…治癒は得意だから…任せて……
      きっとまた組むこともあるでしょうし…お願いね…
      -- 2011-01-10 (月) 20:05:52
  • 最近かつて組んだ人が今どうしてるか気になったんで確認しに来たら…お疲れー?(バニーカタログをチラつかせながら) -- アディック 2010-12-07 (火) 06:11:17
    • あら…お久しぶりね………。(笑顔でバニーカタログの存在そのものを消す厨性能妖精)
      できれば…姉と同じくらいまでいきたかったけれど…無理だったわ……
      -- 2010-12-08 (水) 09:46:36
  • (「情熱の減少には勝てなかったよ…」という札を背負ったミニドラが昨年以上にやる気なく横たわっている)
    (ただ、一応黒いのに持たせられたケーキとかは持ってきているようだ) -- リュート(ミニドラ) 2010-11-10 (水) 19:12:30
    • (そーっと持ち上げて)大丈夫? ぐでぐで…… -- 2010-11-11 (木) 03:04:49
      • ドラゴンさんも大変ね…毎年ありがとう… -- 2010-11-11 (木) 03:05:06
  • (まさかあのラゼンシアの姉妹で更にリフィの保護者と同行するとは……そんな顔で覗き込んでる黒いの) -- マオウ 2010-11-09 (火) 12:19:26
    • 私も驚いたわ…… 何が起こるかわからないものね……。(小さな頭を見つけてくすくす微笑む妖精)
      ともあれ…精一杯頑張りましょうね…
      -- 2010-11-09 (火) 14:31:34
  • 今月同行したのって君、だよね?ん、何かどうやら近くに住んでるって分かったから挨拶に来たんだ。
    内心不安だったけど色々とやる気出て良い依頼だったね、また同行する事があったらその時はよろしくね? -- エイミア 2010-11-05 (金) 21:30:00
    • 酒場の人だったの…それは、奇遇ね……
      お互い中々情熱が回復しないようだけれど… ええ、よろしくお願いするわ……
      -- 2010-11-07 (日) 19:53:57
  • (連続の同行に対する挨拶を行う殺人機械)
    不確定ゆえ もし 危険な魔物が出たら この私を 盾にするが良い -- キラーマジンガ 2010-10-29 (金) 20:32:35
    • なんとなったわね……おつかれさま……
      できるだけ誰かを盾にするようなことは…しないようにしているわ…………。 それにしても…随分と強い方と組んでいたのね…
      -- 2010-11-01 (月) 09:39:42
  • (情熱枯渇寸前のミニドラゴンがケーキを運びに来た!)
    (そして運搬が済んだらやる気なさげに横たわりだすミニドラゴン) -- リュート(ミニドラ) 2010-10-29 (金) 19:42:36
    • ドラゴンも情熱枯れると悲し?(横たわっているミニドラなでり) -- 2010-11-01 (月) 09:37:53
      • 今年もありがとうね… -- 2010-11-01 (月) 09:38:06
  • 今月はお疲れ様ね……もう少しやりがいのある依頼だったら、私としてはもっと嬉しかったのだけれど。
    …ところで、メルリーィさん…貴方、ラゼンシアさんの妹さん…なのよね?(以前ラゼンシアから名前を聞いていて覚えていたようだ。)
    まさかその妹さんと、こうして冒険で出会えるとは思っていなかったけれど…面白いものね。 -- クノン 2010-10-26 (火) 19:39:44
    • お疲れ様…。 私ももっとやりごたえがないと…引退してしまいそうだわ…(苦笑しながら)
      あら、シアを知っているの…? その通り…私はシアの妹に当たる妖精よ……… ふふ…これも何かの縁、なのかもしれないわね…
      -- 2010-10-28 (木) 23:07:29
      • 何ともしがたいところよね…私としては熊が出そうだから危険な依頼は避けたかったのだけれど…(ため息をつきながら言った。)
        えぇ、色々とよくしてもらっているわ…うちのお店も洋菓子店なのだけれど…一緒に共同制作のお菓子を作ったりもしてるもの。
        …えぇ、今後とも組むときが増えるでしょうから…よろしくお願いするわね。 -- クノン 2010-10-29 (金) 00:40:39
      • じわじわと上がってはいるけれど…まだまだ油断が出来ないのよね… はあ…。 熊、出てしまったわ…
        近いうちに…そちらのお店にも行かせて貰おうかしら…… 甘いものは、私も好きだわ…
        こちらこそ…姉共々お願いね…
        -- 2010-11-01 (月) 09:36:45
  • まあ冒険に拘りがないのならこのまま復帰しねえのも一つの手ではあるよな
    ……と一年以上前の何かに答えつついつもの料理をば…… -- ディエート(供 2010-10-05 (火) 20:44:48
    • (もっしゃもっしゃ)リフィはずっとごろごろしてた。
      このままだと、だめかも………
      -- 2010-10-16 (土) 16:19:20
      • それもまたアリ……なのかねえ……(今年の分の料理を追加しながら) -- ディエート(供 2010-10-17 (日) 19:20:36
      • (ごーろごろごろだらだらりん) -- 2010-10-28 (木) 23:04:21
  • そういやリフィは冒険者として復帰はしてねえんだなー
    ……まあそう何度も復帰する必要性ってのもありはしないんだが(自分の事を苦笑しつつもいつものメニューを出しておく黒サンタ少女) -- ディエート(供 2010-09-23 (木) 18:32:22
    • (家でごろごろしてたのでばっちり見てます)
      リフィは悩んでる。 どうしようかな。 ディエートありがとー!
      -- 2010-09-24 (金) 03:04:40
  • …しまった。深夜だった…(1、リフィを呼んで起こす。2、嫌がりそうだけど水玉を呼んで起こす。3、ノックノック。どうしようか考えてしばし家の前に立つ) -- タツマ 2010-09-17 (金) 01:05:46
    • (明かりは落とされていて静かだ 家族そろって寝ているのだろう)
      (が、何か小さいものが専用出入り口から家の中に入っていった)
      -- 2010-09-17 (金) 01:09:40
      • ……皆寝てるならいいか(と思いなおして水の精霊を呼ぶ。本体でもどっちでもいいから来てくれと)
        ……あっちは(目を細めて専用出入口の方へ) -- タツマ 2010-09-17 (金) 01:12:25
      • (寝てようがなんだろうがちゃっかり本体で出てくるシェーラ)…お呼びですか? こちらはスイさんやミィムさんの出入り口ですが何か……ありましたか?
        今の召喚でメルリーィさんが起きたようです…こちらへ(氷の形の鍵で扉を開けて中に招いた)

        (玄関ではメルリーィが目を擦りながら立っていた)………こんな時間に…何かあったのかしら…? なんて…、聞かなくても大体分かるけれど……。 一先ず…座って待っていて……(応接室を指差し) -- 2010-09-17 (金) 01:19:16
      • や、シェーラ。今家に入って行ったの誰かわかる? …って、あれ? シェーラ呼ぶとメルリーィさんが起きるの…? 初耳なんだけど
        すいません、起こす気はあまりなかったんですが…そうしましょう(話は通じていると見て応接間へ) -- タツマ 2010-09-17 (金) 01:22:24
      • これだけ近くで私を呼びましたから、その魔力の流れは感知されているということですよ…(笑いながら)
        そうでなくとも…私とメルリーィさんの繋がりは強いですから…遠くで呼ばれても、凡そ感知できる、と…メルリーィさんはおっしゃっていました…
        (顔を洗ったり着替えたり、暫くして戻ってきた)待たせたわね…。 こんな時間に来るくらいだもの…シアについて…その行方について知りに来たのではないかしら……? 最初に言っておくけれど…テレパスは通じないわ…。 でも、気配は感じられる……何か危機的状況にさらされて消えそうな目にあっている…そういうことはないわ…… -- 2010-09-17 (金) 01:30:42
      • なるほど、そういえばこっちの世界にシェーラを呼んでるのがメルリーィさんなんだっけ。直接契約しても分かるものなんだねぇ
        そういう事になります、スイさんを通じてしばらく前まで連絡が着てたんですが…途絶えましたし
        最悪の状況ではない…というか、さすがにシアがそこまで深刻な状況になると先にキアラさんが出てきますよね…一応探しに行こうと思うんですが手掛かりあります? -- タツマ 2010-09-17 (金) 01:36:12
      • その通りです…… 常時召喚状態であるからこそ…動きに機敏なのですよ…
        ……スイ…? きっと今頃必死になっているのでしょうね…(苦笑しながら)
        私は…シアに何かやりたいことがある、もしくは…連絡をよこす余裕のないことをしているから……あえて、連絡をよこさないのではないかと思うから…そっとしておいているの……それでも…探したい……?
        -- 2010-09-17 (金) 01:41:52
      • よく分かった…覚えておくよ。そろそろシェーラと試したい事もあるけど機会が無いな…スイさんが必死に?
        それなら尚更いきますよ、危険でなくとも一人で抱え込む癖は治りませんね…世界の時間の調律とか自分にしかできない事ならまだしも。どうせ月に行く気でしたし、予定を早めたと思って探しにも行きます -- タツマ 2010-09-17 (金) 01:47:51
      • いつでも…、余裕が出来たら呼んでください…
        ええ、だって…スイでは分からないところにいるようだから…… 自分の創造主の様子が分からないのは…きっと不安なのね………
        加えて…確証を持つまで言いたがらない点もね…(タツマの様子に微笑む 笑うような状況ではないにしろ、好ましい)
        予想できるのは…月か、仕事場か…。 どのみち仕事場に侵入するのはたやすいことではないから…、月にいくのが一番だと思うわ……
        -- 2010-09-17 (金) 01:55:19
      • 荒事が起きたらだけどいいの?(シェーラに向けて肩を竦めて)
        ああ、なるほど…連れていく…っても僕にはついてこないかな
        見栄っ張りですからねー…シア。仕事場は行けても迂闊に入りたくないですしね…分かりました。じゃあ月に行ってきます、ゲート貸して頂けますか? -- タツマ 2010-09-17 (金) 01:59:33
      • やりたいというのなら……断りませんよ…(タツマの肩に手を添え)
        ついていかないでしょうね… プライドが高いもの……
        ゲートがなくてもいけると思うけれど…? でも座標がわかりにくいかしら…… まあ、いいわ… ゲートはこっちよ…シアと違って設置型だから…、場所をとるの…(別部屋へと案内)
        -- 2010-09-17 (金) 02:05:08
      • 分かった、じゃあその時は頼りにしてるよ(添えられた手に自分の手を軽く乗せて)
        クリスタ曰く面白い人って評価でしたけどねー…人工妖精同士だと何か違うんだろうなぁ
        すいません、ぶっちゃけていうと魔力節約です。座標が分からないのもそうですが…ゴーレムで乗り付けたら喧嘩売ってる様に見えるかもしれませんし(メルリーィの後についていく) -- タツマ 2010-09-17 (金) 02:10:49
      • (重ねた手はひんやりとしていたが優しさが溢れていた)ええ…。 それでは私は一旦戻りますね…(召喚解除、戻ったようだ)
        備えあれば憂いなし……とは言うけれど…、月にいる妖精たちはとても大人しいわ… そこまで、心配しなくても大丈夫だと思うけれど… それこそ、ゴーレムで乗り付けても問題ないくらいに…おっとりだもの…
        (ゲートを置くための一室といっても過言では無いほどに場所を取るゲートが設置された部屋へと通し)座標は…月の表層でいいわね…?
        -- &new{2010-09-17 (金) 02:16:02
      • そんなに危ない事考えてる訳じゃないんですよ、ただ…時間があれば、第二の月に跳んで渡る予定なので余力が欲しいんです
        安定稼働にはこれくらいの大きさがいるのか…ええ、構いません。あ、移動前に一ついいですか -- タツマ 2010-09-17 (金) 02:19:11
      • 小さい方の月へ…? あそこには…何もないわ………??(不思議そうに)
        そうよ…、小型は負担がかかるから…やめた方がいいと…何度言っても…シアは聞かないの… 界を渡るというのは…大変なこと…なのに……。
        聞きたいことがあるなら…今のうちに……(ゲートのクリスタルに手を添えて調整中)
        -- 2010-09-17 (金) 02:24:52
      • ないでしょうね…でも、痕跡か何かあるんじゃないかと思いまして
        あの、中継用の世界を使えば負担は減るんでしょうか…負担があるなら今度僕からも言って置きましょう
        現在どっちに居るかは知りませんが、新しいエリュクシアが着てますよね。この家周りに現れた事はありますか? ヒヨリの方でもいいんですが -- タツマ 2010-09-17 (金) 02:28:29
      • 痕跡……? よく分からないけど…タツマ君は行った事ないものね… 気になるなら、止めないわ…
        そうねえ…中継地点があったほうが…少しは楽になるかもしれないわ…… 言っても、聞かないと思うけれど…根気良くお願いね…
        エリュクシアさんは…私の近くに来たことはないわ………。 もちろん、ヒヨリも…。
        -- 2010-09-17 (金) 03:00:42
      • 危険でもないらしいですし軽い気持ちで行ってきますよ
        いっそうちの地下室でも掘ってこれと同じスケールのを用意する手もありますけど…まあ、何にせよ家に連れて戻してからですね
        そうですか…なるほど。わりがとうございます、では行ってきますね(ゲートに歩み寄り) -- タツマ 2010-09-17 (金) 03:04:32
      • (//ここらで一度切ってイベント本編はまた後日ということでお願いします) -- 2010-09-17 (金) 03:06:12
      • (//了解です、お疲れ様でした!) -- タツマ 2010-09-17 (金) 03:07:11
  • (生きているようなので胸を撫で下ろし、そのまま戻りました) -- イーリス 2010-09-12 (日) 00:29:17
    • ……? 今だれかいた? -- 2010-09-12 (日) 00:49:55
      • (タンポポ柄の紙のカードに「無理しないでね いーりす」とメモ書きしたものがふよふよと舞い降りたという) -- イーリス 2010-09-12 (日) 01:07:25
      • カード…?(降りてきたカードをそっとつかみ) イーリスから。
        嬉し、今度お礼言う。} -- &new{2010-09-12 (日) 01:18:08
  • りっふぃーりっふぃーお加減いかがー? -- チャトラ 2010-09-12 (日) 00:04:19
    • ん、元気。 リフィ足ひっぱってごめん。 -- 2010-09-12 (日) 00:12:39
      • 元気ならばよーし
        しょうがないよ、私が死んでてもおかしくなかったし、私もごろごろするし -- チャトラ 2010-09-12 (日) 00:33:17
      • チャトラは頑張って、英雄とって?
        疲れたら一緒にごろごろする。
        -- 2010-09-12 (日) 00:49:42
  • ………………聞かれてたのかな。私があんな話を振ったばっかりに…(青い顔で正座) -- ユウ 2010-09-11 (土) 22:56:41
    • あ、ユウ。 よくきた。(ぴんぴんしている)
      気にしないで。 シャチョの怖さがわかっただけ。
      -- 2010-09-11 (土) 23:05:18
      • (思ってたよりとても元気そうなのでずっこける黒いの)
        そう言うなら、あまり気にしないようにはするけど…せっかくよく組めてたから、残念。リフィは、冒険引退? -- ユウ 2010-09-11 (土) 23:15:28
      • うん。残念…。 もっと一緒に遊びたかった。
        どうするかはわかんない。 今度考える。 今はごろごろ。
        -- 2010-09-11 (土) 23:21:17
      • 残念だけど、リフィが無事なら冒険以外でも遊べるから…… (親戚一同集まって遊ぶ光景を想像したら軽く眩暈がした)
        そうだね、急ぐことはないし… ゆっくりごろごろしよう(一緒にごろごろ) -- ユウ 2010-09-11 (土) 23:33:07
      • …? どうした? ユウ疲れた??(子供にはわからないのでした)
        ユウもごろごろ好き。 一緒。(ユウの上を転がる)
        -- 2010-09-12 (日) 00:12:01
      • (ごろごろ) -- チャトラ 2010-09-12 (日) 00:33:31
  • あっちにいないからどこかと思ったらこっちか…リフィが元気か見に来たんですけどー(家のドアをノック) -- タツマ 2010-09-11 (土) 20:06:44
    • あら…いらっしゃい、久しぶりね…。 リフィはログハウスを引き払って戻ったみたい…(ドアを開けて招き入れる)
      それと…具合はもう大丈夫……特に傷も残っていないわ…
      -- 2010-09-11 (土) 20:08:39
      • お久しぶりです、あそこ夏は自然に涼しい感じなので好きだったんですけど残念ですねー…一人暮らしは終わりですか?(お邪魔しますと中に)
        無事ですか。よかったです…精霊や妖精で傷痕が残るっていうのはあるんですか?(リフィの姿を探しながら) -- タツマ 2010-09-11 (土) 20:12:47
      • リフィがいたら…山も元気になるから、居心地はよかったわね… ずっと…ここにいるかどうかは…リフィにしかわからないけれど……、しばらくは…こちらで過ごすと思うわ…
        ええ、もちろん…あるわ…。 エーテル体といえど…その核に当たるものにまで損傷が及べば…目に見える部分にも現れてしまうもの…(リフィの部屋へ案内する)
        -- 2010-09-11 (土) 20:22:32
      • (布団を頭からかぶって不貞寝中) -- 2010-09-11 (土) 20:22:51
      • ふむふむ、後はリフィ本人次第って所ですか…
        核に当たる物に損傷か…核って何だろう…逆に核が治れば傷は癒えると。うーむ…メルリーィさん、失明の経験とかあります?(ラゼンシアの状態を思い出し)
        リフィ、入るよー…何で不貞寝してるの(苦笑しながら) -- タツマ 2010-09-11 (土) 20:28:53
      • 私たちの体を形成するときに中心となるものよ…。 必ずしも心臓の位置にあるわけでも、頭の位置にあるわけでもないのだけれど… つまりそこだけが唯一実体のない私たちの弱点になるの… シアなんかだと相当偽装しているから……派手に死ななければ傷の一つも負わないわね…
        ええ、失明…したわね…… 確か人間の体の器を作って…冒険で野垂れ死にしたときに傷ついてしまったのよね……
        こんなこと聞くのは…きっとシアのためだと思うけれど…私の例は、参考にならないわ……。 ごめんなさいね…
        -- 2010-09-11 (土) 20:52:51
      • (もぞもぞ)
        リフィせっかく長いこと頑張ったのに。
        -- 2010-09-11 (土) 20:53:21
      • 人間と同じ急所では無いけど存在の核になるもの…ですか……結構シアって派手に傷ついてません? リフィの時の無茶分を差し引いても
        む、あったんですか…人間の器? うーん……参考にならないのか…核を癒すとかそういう方法はないんですか?
        今回は結構頑張ってたからねぇ…もう冒険はいかないの? -- タツマ 2010-09-11 (土) 21:02:55
      • それは……(遠くを見る) で、でもほら…出落ちの時は…ぴんぴんしているでしょう…?
        ええ、私は一時期人間の器に入っていたことがあるから… ヴィクセンと一緒に年を重ねたかったの……… それで、その時に負った傷だったから…役には立たないわ…
        核……普通であるならば、できるわ……でもね…私の力はシアやキアラには干渉できないから…そういう理由癒せないの…。 それともうひとつ……これは、確信もないことだけれど………いえ、関係のないことね…なんでもないわ…
        -- 2010-09-11 (土) 21:09:09
      • (布団にくるまった塊がもそもそ)わかんない。 あとで考える。 -- 2010-09-11 (土) 21:09:45
      • 出落ちの目撃ってあんまりした覚えがないんですよねー…
        なるほど、そういう理由で……妖精の方に戻ったから治ったとかそんな感じなんでしょうか
        存在の力ではできないとすると別に魔術とかでは? ……? 何かあるんですか? 推測でも構いませんよ?
        (布団に近寄ってぽんぽん叩く)そう? まぁ元気出すんだよー、めげなければ英雄も取れるものだよ -- タツマ 2010-09-11 (土) 21:16:00
      • そうだったの……? タツマ君が来てからは…そんなに出落ちしてなかったかしら…? いえ、文士の時に2,3回は出落ちしていたと思うけれど…
        あの時は…普通に人間と同じで…視神経が傷ついていただけだったみたいで……ちょっと変わった猫さんに治してもらったわ…
        私たちの世界に、時間・空間・存在を上回る力を持つ属性はないわ…… 水や光では治せないの… なんでも…ないの……今回のことには関係ないわ…
        -- 2010-09-11 (土) 21:21:29
      • (もそもそもそ)知ってる。 ラゼンシアもそうだった。 でも…今はお休み。 -- 2010-09-11 (土) 21:21:59
      • うーん、皆無ではないかもしれませんか派手に落ちた時の印象が強くて…(苦笑しながら)
        なるほど、視神経…直すのが恐ろしく厄介なはずですけど。凄い猫ですね……
        …ふむ。最悪存在の力を魔術として落としこんでやればいいんですね。約束があって不可能ですけど…むう、気になりますが…じゃあ、何か一時的に色覚の補正するメガネとか作れません? シア用に
        はいはいお休みリフィ。例の物はまた今度元気な時にね -- タツマ 2010-09-11 (土) 21:27:27
      • 派手なものは印象に残るけれど…それよりももっと多くの回数を落ちている、ということよ… そしてそれが印象に残らないのは上手に回避しているから…ね…
        きっと、すごい猫さんだったのよ…(柔らかく微笑んで桃色の猫を思い出した)
        問題があるのは視覚ではなくて、それを認識する方、と言ってなかったかしら…? メガネなどで物理的に補正することは不可能だわ…
        -- 2010-09-11 (土) 21:32:55
      • (「英雄」タツマだからこそ納得できるようなできないような、ちょっぴり悔しいリフィでした)} -- &new{2010-09-11 (土) 21:33:28
      • 数は膨大だというのは聞いてますけど…シアらしいですねぇ(好意的では無い苦みを見せつつ)
        魔術だとしたら光魔術と雷魔術に傾倒してないとできないと思うんですが…凄いですね
        むう。魔術で光の認識方法を変える…みたいのができないかと思ったんですが…あ、もう一つ。以前シアに向こうの世界の言語を同調して翻訳してもらった事があるんですが…あれを逆にこちらと同じ視覚認識に同調させるとかできませんかね -- タツマ 2010-09-11 (土) 21:39:08
      • 心配、のようね……… 今までの傾向としては…冒険していた時期が長ければ長いほど派手に傷つくみたいだから…今回は、私も心配だわ…
        雷に傾倒している猫さんだったのよ…
        認識方法を変えるのは、かなり根本に近い部分をいじらなければならないもの…  ああ、同調…つまり視覚だけを同調させる、と…… どうかしら…できるかもしれないわ…
        -- 2010-09-11 (土) 21:45:38
      • そりゃあそうですよ……簡単に言うと、強い敵にやられたら…という事ですよね。今回はそうなると半端なさそうな…なるほど、雷
        ええ、視覚だけの認識同調…可能性はありますか。しかし、以前見た時は恐ろしく速くて把握しきれなかったんですよね…もしあの魔術知ってたら教えて頂けませんか? -- タツマ 2010-09-11 (土) 21:48:51
      • …しっかり、見ててあげてね…。
        それくらい大変な術式なのよ……一朝一夕でできるようなものではないわ…… それに…やりかたが………………(やや赤面)
        -- 2010-09-11 (土) 21:57:47
      • 出来得る限りは。もう少し勇気を持ってほしいものですけどね…僕がもっと頑張って勇気づけないとだめですかね
        …となると、あの時間まで認識を戻して1コマ単位で見て来るしかないか…エーテルを何かに入れて譲ってくれませんか? …やっぱり最後はあれなんですか!? そこまで実践して貰うつもりはなかったですよ!? -- タツマ 2010-09-11 (土) 22:00:52
      • ……そんなに臆病だったかしら…? 奥手だとは思ったけれど………?(妹からは違うように見えるのかもしれない)
        そんなに早かったのなら…恐らくスピードマスターを使ったのでしょうから…ただコマ送りで見ただけでは…わからないわ…? 短縮されているから…あれだけでは発動しないの…
        …………(こくり) ……そ、それに…タツマ君が覚えなくても……シアがタツマ君に同調すればいいのだから…シアがやれば…いいのではないかしら…(それなら問題ないでしょうとでも言いたげ)
        -- 2010-09-11 (土) 22:08:45
      • 意外とそんな所もある気がしますよ奥手なのの一環かもしれませんけどね
        そこは「かけられた」時の経験で埋め合わせますよ、1から10まで教えてもらえばければ分からないようじゃ出来の悪い弟子だと思いませんか?(冗談めかして)
        なるほど…うん。事情を説明してもやってくれるか…90%くらいの確率で恥ずかしがってやりたがらない気がしますので…やっぱり自分でも覚えておきます -- タツマ 2010-09-11 (土) 22:13:22
      • そう……… それはきっと…私が見たことのないシアなのでしょうね…(少しさみしげに)
        大した自信だわ…… 「弟子」さんも大きくなったものだわ…(笑いながら、それでも信頼しているのは確か)
        そこは…聞いてみないと…………(十中八九恥ずかしがるだろうなあと思いつつ) わ…からない………わ…
        -- 2010-09-11 (土) 22:17:42
      • そんなものでしょう。メルリーィさんもヴィクセンさんにしか見せない顔があるんじゃないですか?(少し笑いながら)
        実は一応僕も弟子を持った時期があるくらいですからねぇ…少しだけ自信はつきました
        自分でも今恥ずかしがるだろうな…と思いましたね?(確信あり) というわけで魔力源にするエーテルだけ下さいませんか? -- タツマ 2010-09-11 (土) 22:22:08
      • ……!(指摘されて驚き) そうなのかしら………意識したことないわ…
        くす…っ 一人前ならエーテルも自分で…なんて意地悪は言わないわ……はい…どうぞ………(すぐに掌大のエーテルの塊を差し出した) わかっているとはおもうけれど…これはとくに長期保存するように創っていないから…そのうち消えるわ… 早めに使ってね……
        -- 2010-09-11 (土) 22:26:11
      • あるはずですよ、勿論僕にはそれを確かめたりできませんけどね?
        一人前でも魔力量は誤魔化せないんですよ…ありがとうございます(エーテルいの塊を受け取り)帰ったら夜までに片をつけますから、大丈夫です
        それでは今日はこれで…ああそうだ。リフィ、お見舞いにコレ上げるよ。クリスマスプレゼント(何やら四角い箱を布団の傍に置くとその場から転移した。中身は何故か徳利だったそうな) -- タツマ 2010-09-11 (土) 22:31:24
      • …………………(考え込んだ)
        お見舞い…?(中身は気になったが勝手に開けるようなまねはしなかった)
        (あとで本人が開けてみてこっそりメルリーィやヴィクセンに見つからないように隠したとかなんとか)
        -- 2010-09-11 (土) 22:35:05
  • (家の中の様子を覗きこんだ後、玄関前にフルーツバスケットのお見舞いを置いていく黒サンタ少女) -- ディエート(供 2010-09-11 (土) 18:19:30
    • …果物…? 誰かからの…お見舞いかしら…あ、もしかして…12月だから………。 -- 2010-09-11 (土) 18:26:43
  • リフィちゃぁあああん!!!(飛び込んでくる)大丈夫!? 生きてる!? -- ウィリアム 2010-09-11 (土) 18:15:18
    • うー。(もぞもぞ動くみいら…のように包帯を巻かれた精霊) -- 2010-09-11 (土) 18:26:07
      • いやあああ! 生きてるけどヤバいぃいいいいい!!(あまりのショックにキャラが変わりつつも、生きてることにとりあえず安心)
        (なんてったって大地の精霊だから大丈夫だとは思うんだけど。やはり心配は心配である)
        おーい、わかるー……? ウィリアムだよー……?(顔らへんで手をひらひら) -- ウィリアム 2010-09-11 (土) 18:30:30
      • (前は見えないが声でわかるのでこくこく頷く)
        (どうやら包帯を取ってほしいらしく手をぶんぶん振っている)
        -- 2010-09-11 (土) 18:32:56
      • (一体なにと戦ったらこんなんなるんだろうか……知りたいけど知ったら後悔しそうな二律背反)
        ……聞こえてるっぽいね。ええと、この、包帯、取る?(手の振り方で会話。なんとなく通じるボディーランゲージ)
        ええと、こんな感じ?(包帯をどうにかこうにか緩める。ていうか口や目にまで巻く必要あったのかなこれ) -- ウィリアム 2010-09-11 (土) 18:39:07
      • (包帯の下には痛々しい傷…は一つもなく綺麗なものだ)
        ぷはっ ふー。 助かった。 ありがと、ウィリアム。 おかーさんが心配性だからこうなってただけ。
        おかーさん怪我治すの上手。 もうなんともない。(ぴんぴん)
        -- 2010-09-11 (土) 18:43:24
      • ……あれ?(顔に傷ぐらい通ってるものかと思ったけど無傷。じゃあこの包帯は一体……)
        心配性の結果だったのこれ!? 怪我しっかり治してから何故包帯を……!? いや、わからないでもないけど心配するってのは……。
        いやあ、最初見たときはどうなっちゃってるかと思ったけど心配ないみたいで安心したよ……包帯なのかリフィちゃんなのかわからなくなってたもん。 -- ウィリアム 2010-09-11 (土) 18:47:55
      • (元気よく伸びをしながら)んんん〜〜〜〜〜〜。
        リフィ何回も失敗して何回もこうなった。 慣れた。 でも邪魔。
        それと、ウィリアム来てくれてありがと。
        -- 2010-09-11 (土) 18:54:08
      • 失敗するたびにこれ!? リフィちゃんのおかーさんってのも随分心配性っていうか……どこでも親ってのはそうなんかねぇ。
        (ガストの父親もそうだったし。でもリフィちゃんのおかあさんっていうんだから、結構凄い存在のはずなのに、)
        (なんとも人間くさいというか、そういうところがあるんだなぁ)ああいやぁ、どういたしまして。
        えっと……。(手に持った籠をテーブルに置く)みかん持ってきたんだけど、折角だから一緒に食べようか?
        (本当はお見舞いだったんだけど。とっても早い快気祝い?) -- ウィリアム 2010-09-11 (土) 19:01:43
      • うん。 おとーさんも心配性。(ちなみに養子だったりするので直接の関係はあるようなないような)
        リフィ暇だったから来てくれるのが一番うれしい。 一緒に食べよ!(ベッドから降りて跳ねまわっています 無傷です)
        -- 2010-09-11 (土) 19:07:39
      • ……ううむ、すっかり元気。元気なのに安静にしなくちゃいけないっていうのは、暇でしょうがないよね。
        そんじゃあ、折角だし食べようか。最近寒くなってきたから緑茶でも淹れて……あ、緑茶ある?
        (というわけで、その後はゆっくりのんびり過ごしました。みかんはすごく甘かったです) -- ウィリアム 2010-09-11 (土) 19:26:42
  • 次回の冒険で同行させてもらうブロッサムといいます。ふふ…頑張りましょうね、お互い。 -- ブロッサム 2010-09-01 (水) 21:32:58
    • あら…遅れてしまったわね…お疲れ様……。 -- メルリーィ 2010-09-03 (金) 15:13:38
  • やっぱり普通が一番だよなー……いやそもそもこのクリスマス恒例行事自体があんまり普通じゃねえけど(シチュー鍋を運び込みながら) -- ディエート(供 2010-08-30 (月) 19:02:36
    • んー……(暇なあまりしにかけていたとか)でぃえーとーことしもありがとー…… シチュー? -- 2010-08-31 (火) 09:54:06
  • はい、久しぶりー…リフィとシェーラはいるかな(何故か酒瓶片手にやってくる) -- タツマ 2010-08-26 (木) 00:07:32
    • (泉に足を入れてぐったり)タツマ。
      シェーラは今居ない。 呼ぶ?
      -- 2010-08-26 (木) 00:14:17
      • …日光は植物にはよさそうだけど強すぎる?(手を翳しながら夏の空を眺めて)
        呼ぶ呼ぶ。ちょっと三人で飲んでみようと思うんだけど(酒瓶を泉につけて冷やしながら) -- タツマ 2010-08-26 (木) 00:16:48
      • 暑すぎるのはダメ。 元気なくなる。(ばちゃばちゃ) それ、お酒…?
        水玉を? シェーラを?? 水玉ならリフィがテレパスで呼ぶ。
        -- 2010-08-26 (木) 00:25:56
      • でも、夏に日差しを浴びないと育たない作物もあるんだよね…難しいね。そうそう、面白いお酒を手に入れてね(なんか青い。というか水属性を感じるかもしれない)
        あ、簡単に出てくるのは水玉だけか…じゃあ僕が呼ぼう。感想を聞きたいし(目を閉じて軽く集中。透き通ったブレスレットに魔力を注いだ) -- タツマ 2010-08-26 (木) 00:28:58
      • リフィはただの植物じゃない。(むー) ……ふぅん、ヘンなお酒。(穴が空くほど見ている)
        (速やかに呼びかけに応え魔力を消費し姿を現す)
        こんにちは… 泉から様子を見ていましたが……お酒、ですか……?(飲まない性格らしい)
        -- 2010-08-26 (木) 00:39:15
      • いやほら、例えだからね?(ごめんごめんとリフィの頭を撫でながら)
        はいこんにちは、契約して以来かな。そうそう、水の属性酒っていうんだけど。試しに三人で少し飲んでみようかなって…飲まない?(瓶を泉から上げて) -- タツマ 2010-08-26 (木) 00:43:26
      • (長いこと外に居たのか頭は熱くなっている)わかった。
        属性酒? 普通のとどう違う?

        (誘われて一思案。 いつもだったら進んで飲むようなことはないが…しかし目の前の酒からは確かに水の属性が感じられる)そうですね……では、一口だけ…。 -- 2010-08-26 (木) 00:48:56
      • 頭が暑い…日陰に居た方がいいんじゃない?
        違いは…そもそも水の属性を持っているのと…水属性の場合。水属性に親和性があると凄く酔う…らしい
        最初はシアと開けようかとも思ったんだけど何か酔っぱらうと困るらしいから…酔ったら直してくれそうな人の所で(要は血の中のアルコール濃度だからシェーラがなんとかしてくれるだろうという考え)
        じゃあ注ぐよー…コップはこれでいいか(氷でタンブラーを3つ作るとそれぞれに属性酒を少しずつ注いで行く) -- タツマ 2010-08-26 (木) 00:53:37
      • んー……前は当たらなかった、でも今は日が傾いて当たるようになった。(座ったまま動かなかったらしい)
        それって、シェーラが酔うってこと?(わくわくしながら) 楽しみ! リフィはきっと全然。

        酔うとどうかなってしまうのですか…?
        あの…話を聞けば聞くほど遠慮してしまいたくなるのですが……… 私の水属性への親和性は最高に位置するといいますか、嫌な予感がします…
        -- 2010-08-26 (木) 01:02:55
      • …リフィ、日の角度が変わるほどずっとここにいたのか…! 暇ならうちにでも遊びに来ればいいのに。庭に野菜とか花とか作り始めたんだよ
        …あ。(その可能性は考えてなかった)リフィはそうだろうね…大地のがあったら今度買ってこようか?
        …いや、実は人間がの話で…精霊に飲ませた事例は聞いてなかった…あははははは
        もし、精霊にも効くなら…恐ろしく酔いそうだね…止めておいてもいいよ? じゃあ僕から…(とりあえず飲もうとする) -- タツマ 2010-08-26 (木) 01:07:17
      • でもおかーさん、二人の邪魔はよくないって言った。 どうしてかわかんない。
        リフィ酔ったことない。 これが美味しかったらほしい。(ちびりと舐めてみる)

        精霊の事例はないのですか……。 ですが種族ではなく、属性に反応しているのであれば…精霊であろうが妖精であろうが酔ってしまいそうですね……(とりあえずタツマの様子を見守る) -- 2010-08-26 (木) 01:20:08
      • ああ、メルリーィさんが気を使ってくれたんだ…まぁ、たまになら大丈夫だよ?
        普通のお酒も飲んだ事なさそうだよね…飲ませたらメルリーィさんになんか言われるだろうか。どう?(味は甘そうだ。飲みやすい感じ)
        そっちの可能性はあるねぇ…(飲んだ)……(顔が全体的に真っ赤になった)…うはぁ…(くらくらしている!) -- タツマ 2010-08-26 (木) 01:24:37
      • (やはり何も起きないようで)…ジュースみたい。
        たまに…。 一週間に1回くらい? リフィが庭見たら、綺麗になる。
        あー…… タツマ真っ赤。 酔ってる!(面白がっている)

        これは…いけませんね…(タンブラーをリフィに渡すとタツマの額に手を当てて血中アルコール濃度を下げる)…大丈夫ですか…? -- 2010-08-26 (木) 01:41:31
      • 飲みやす、飲みやすひっくね。はははは(リフィの頭を酔っぱらって高速で撫でながら)
        一週間に一回ならたまにじゃないかな、まぁ好きな時に着てもいいんじゃないかなーあー。トマトが元気に…
        うん。酔い…酔って無い!(シェーラに直して貰いましたこの辺で)
        ……これは酷い(ぐったり) -- タツマ 2010-08-26 (木) 01:44:40
      • あははははは!! タツマおかしー。(ぐしゃぐしゃと撫でられて笑う)
        じゃ、リフィは遊びにいく。
        (持たされたタンブラーを眺めて)これ、シェーラに飲ませたら面白そう。

        はあ…治ったようでよかったです…。 嫌な予感的中でしたね……。 水親和性への効力は確か、ということのようです…
        えい。(蔦が器用に伸びてきてタンブラーをシェーラの口元に) -- 2010-08-26 (木) 01:55:09
      • 酔いが一瞬で覚めたから珍しく覚えてるけどおかしかったね今の僕は…!(がっくりしながら)
        おいでおいで。たまにはシアと三人でご飯とかもいいものだと思うんだよね
        人間にはばっちり効くね…メルリーィさんとかも不味いのかなこの分だと……あ(リフィのツタが伸びていくのを見守る) -- タツマ 2010-08-26 (木) 02:00:57
      • (急だったので驚きながらも飲み込んでしまう)……っ!!!
        ……ひどいです… 嫌だって言ったのに飲ませるなんて…。 リーフフィールドは私のことなんだと思っているのですか……(はらはらと涙をこぼしながら訴える 泣き上戸)

        シェーラも酔った。 泣くとは思わなかった…タツマと違う。
        おかーさんも酔うかな、面白そう。
        -- 2010-08-26 (木) 02:07:54
      • あらー…まさかこうなるとは(泣き上戸になったシェーラを苦笑しながら撫でて慰める)
        リフィ、酔い方は人それぞれなんだよ…飲む人で違うみたいな
        ……少し譲ろうか?(まだ瓶には属性酒がかなり残っている) -- タツマ 2010-08-26 (木) 02:12:31
      • (めそめそ泣きながらタツマに寄りかかる ひじょーに珍しいシェーラ)リーフフィールドが全然反省しません…… 私の接し方は間違っていたのでしょうか……(しくしくしくしく)
        リフィも酔ってみたい。 どうなるかな。
        ん。 欲しい! おかーさんもきっと面白い。 どうなったか、教える。
        -- 2010-08-26 (木) 02:21:31
      • (うわ、なにこれ凄い珍しい…と面白みすら感じてしまう、軽く撫でるのは続行しながら)そうだね、大丈夫だよシェーラは悪くないよ(よしよし)
        うーん…大地のがあるか聞いてないけど、見つけたら買ってきてあげるよ
        分かった…けど、瓶ごと上げるわけには…リフィ、何かお酒を密封出来るの作ってくれる? …ひょうたんとか(酒を淹れるとなるとそのイメージ) -- タツマ 2010-08-26 (木) 02:26:42
      • (//ぶんつうでおねがいしますのふだ) -- 2010-08-26 (木) 02:56:30
      • そうですよね、私は…悪くないですよね…… きっちりと、それこそ…メルリーィさんよりもしっかり見守ってきたと自負しています…(しくしくしく) さすがに…ヴィクセンさん以上とはいえませんが…それでもしっかりと見守り、時に力添えを、時には厳しく…してきたはずです……(しくしくしくしく 撫でられながらもめそめそ泣き続ける)
        聞いてみて! 楽しみにしてる。
        んー…シェーラいつまでこのまま?(指差してつんつん)
        ひょーたん。(ボコォッ 地上から巨大なひょうたん出現)
        -- 2010-08-26 (木) 23:15:25
      • 両親に匹敵するくらい頑張ったんなら偉いようん、ちゃんと褒めてあげるから泣かない泣かない(何か落差が凄いなと思いつつ慰めるしかない)
        じゃあ手には行ったらね? …酔いがさめるまで…こっちから何とかできるかな?
        …中を抉らないとダメだっけ…ていうか枯れてないと…むう(少し困る) -- タツマ 2010-08-26 (木) 23:34:06
      • (酔いがさめるまでこのままのようだ)
        タツマが治せない?? 回復魔法。 リフィ回復の覚えてない。
        (枯らす、と言われると嫌そうな顔) じゃあこっち。(不器用な木の器が出来た ただし蓋はない)
        -- 2010-08-26 (木) 23:42:22
      • (なんか可愛いしこのままでもいいかなぁとかちょっと思ってた顔)
        酔いを薄める魔術なんて知らないんだよねぇ…毒消しって難しいんだ(とりあえず緩く回復魔法をかけつつ思案中)
        そうやって作る器があるんだよね…じゃあ蓋もお願いリフィ(とくとく樹の器に属性酒を注ぐ) -- タツマ 2010-08-26 (木) 23:52:28
      • (回復魔法に薄く目を閉じる……と、なんと!寝ている。)
        あ。 めずらし……………(立ってシェーラの様子をのぞく)
        蓋…? 蓋、難しい。(なにやら大きな板のようなものを作った 被さればなんでもいいと思っているらしい)
        -- 2010-08-26 (木) 23:56:40
      • ……初めて見た。寝るんだねぇ……よし、これでどうだろう(先程かけられた酔い覚ましの魔術を思い出して真似てシェーラにかけておく)
        こう、もうちょっと器の形に合わせないと……切ろうか? -- タツマ 2010-08-27 (金) 00:05:27
      • (すうすう)
        リフィもはじめてみた。(つまりそれほど珍しい) シェーラも寝るんだ。 んー……起きないからそっとしとく。
        これじゃダメ? 蓋にはなる。(べこんと被せてみせて)
        -- 2010-08-27 (金) 00:23:09
      • (魔術が効いたか確かめられなかったがとりあえず支えたまま寝かせておく)
        精霊って睡眠必要なのかなー…休養? じゃあこのまま寝かせてあげようか
        ダメとは言わないけど、メルリーィさんの所に持ってった時にそれだときっと困るよ?(切るから貸してと手を差し出しながら) -- タツマ 2010-08-27 (金) 00:26:07
      • リフィたちおかーさんと一緒、必要ない。 でもリフィやおかーさんよく寝る。 ごろごろ、好き。 シェーラは真面目だからごろごろしない。 だから、寝かせてあげる。
        むー…(しぶしぶとタツマに蓋を渡した)
        -- 2010-08-27 (金) 00:37:13
      • シアも結構寝てるし、寝るの皆楽しいんだろうね…確かに珍しいし、シェーラは真面目だからたまには休ませてあげないとね(酒を飲ませた側が言う事じゃない気もするが)
        ありがとう……(指で器の淵をなぞるように。指先から光がレーザー状に出て丁度いい形の蓋が完成)はい、簡単だけど出来たよ -- タツマ 2010-08-27 (金) 00:48:25
      • ごろごろ楽しい。 タツマは嫌い?&b;器用…(悔しそうにその様子を眺め、蓋をした)ありがと、これ後でおかーさんに持ってく。
        …きっと酔う。 ラゼンシアも酔うかも。 シェーラと契約してる。
        -- 2010-08-27 (金) 01:09:39
      • 嫌いじゃないけど、やらなきゃいけない事が沢山あるから…ね(苦笑して)
        リフィもメルリーィさんもそうだけど…能力が器用すぎると手技は中々身につかないみたいだね。どういたしまして…シアは風の方が酔うんじゃないかな? よし、僕はそろそろ帰るよ(シェーラを泉の中に寝かせてあげる。彼女にとってはベッドの様なものだろう) -- タツマ 2010-08-27 (金) 01:16:38
      • ふぅん。 タツマもシェーラと一緒、真面目。
        んー…そうかも。 でも水もそこそこ、酔う。
        (泉で安らかに眠る… 目を覚ましたとき羞恥心のあまり姿を消したのはまた別の話) -- 2010-08-27 (金) 01:27:22
  • こんにちはリフィ、卒業してから元気にしてる? それとシェーラ居るかな? あ、これお土産(持参したチョコプリンの箱を渡しつつ) -- タツマ 2010-08-13 (金) 00:11:00
    • タツマ。 久しぶり。 リフィは卒業してから暇。(それは暇そうにごろごろしていた そのすぐ近くで椅子に腰掛けているシェーラ)
      プリンだ。 ありがと。 皆で一緒に食べよ。(早速箱を開けて)

      こんにちは………(タツマを見ると微笑んだ)トリエラから…聞いています……精霊雫の入手、おめでとうございます… それと、お説教の途中で逃げたそうですね…(くすくすと止まらない優しい笑み) -- 2010-08-13 (金) 00:15:25
      • 久しぶりだねー…ちょくちょく力は借りてたけど。暇そうだねぇ…学園は忙しかったからかな?
        うん、どうぞどうぞ。そしてこんにちはシェーラ、思ったより重要なものだったみたいでびっくりしたけどね…あれ? 説教の途中で逃げたのはキアラさんじゃ…いや僕もついでに帰ったけど(苦笑しながら懐から精霊雫を取り出して見せる) -- タツマ 2010-08-13 (金) 00:21:28
      • 学園はイベント一杯。 楽しかった。 卒業すると暇。 冒険だけだと、つまんない。
        タツマも一緒に食べよ?

        それは……そうですね…、重要なものですよ… リーフフィールドとの契約の際に用いた精霊樹も同じように深い意味を持ちます…… 長と契約を交わすと言う事は…そういう事です…
        トリエラから聞いた話と…少し違いますね… またあの子は…大げさに尾ひれ背びれを付けて……(お見通しといったところか)……はい、間違いなく精霊雫ですね……
        -- 2010-08-13 (金) 00:28:16
      • 確かにクリスタも楽しそうにしてたからなぁ…まぁ、しばらくはのんびりしてるのもいいんじゃないかな?
        うん、食べていきたいんだけどこれからシェーラと契約して貰いに行こうかなって(一応受け取りつつ)
        事前にあおのゆめも貰ってたから悪いなぁ…って…精霊樹も。今はチャームになってるけど…大きさで判断するのは悪い癖か(なんとなく木刀の方が有難みを感じていたらしい)
        水の精霊にしては活発な感じだったねトリエラさんは…間違いなしと。それじゃこれから契約して貰う最後の対価…でいいのかな。見せようと思うんだけど -- タツマ 2010-08-13 (金) 00:33:46
      • 暇なの、飽きた……………。(ぐだぐだ) むう、これから? わかった…大人しくしてる。(一人で食べ始めた)
        秘めた力は必ずしも大きさに比例しません…… 見た目ではなく、その本質を……見抜く力、どうか身に付けてください…
        ええ、あの子は…見ていて飽きない子で…とても面白いですよ……(まるで母親のようだ)
        早速……移動しますか…?
        -- 2010-08-13 (金) 00:39:23
      • ぐだぐだしてるねぇ…(なんとなくリフィの頭を撫でつつ)…ごめんね、今度リフィと遊ぶ計画も立ててあるからその時に
        身近に妖精も精霊もいるから見に染みてるはずなんだけどねー…いや、うん。肝に銘じるよ(軽く頷き)
        …なんていうか母親みたいだねシェーラも。年季が入ってるからかな? ああ、移動しよう。準備は…あー、移動過程で力を貸して貰うのはあり?(確認するように聞いてみる) -- タツマ 2010-08-13 (金) 00:45:56
      • (撫でられる 水分たっぷりの季節なのでツヤツヤしている) 遊ぶの? 楽しみ…………。
        実際に母のように見守ってきましたから…どの子にも、愛着はありますよ……… リーフフィールドにもいずれはこのようになってもらいたいのですけれど…まだ、遠い話です…
        え移動に私の力を……ですか…? ………いまだ嘗てそのようなことは言われたことはありませんが……いいですよ…お力になりましょう…
        -- 2010-08-13 (金) 00:58:31
      • 6月だとこんな感じなのか…うん、契約者で友達だし遊ばないのもなんだからねぇ
        なるほど…僕よりは長生きそうな感じだったけど。(頭の中で概算)…1000年じゃ無理そうな感じが…するね…(遠い目)
        移動にね…うん、転移してもいいんだけど。移動以前に色々やってもらうけどそこはよろしく…さてと。じゃあ移動の準備を(魔剣を取り出すとリフィから少し離れた所で剣を地面に突き立てる)
        シェーラはこっちに着てねー(//この辺りからイベント会場をお借りしてもよろしいですか!) -- タツマ 2010-08-13 (金) 01:03:35
      • (遊んでくれた方がリフィ嬉しい。 ラゼンシアとか、おかーさんとか、たまに遊んでくれる。(後者はまだしも前者はいつ時間を「創って」いるのやら)
        トリエラはまだまだ若い精霊ですが…貴方よりはずっと長い時を過ごしています… 精霊と人間の時間感覚は同じではありませんから…仕方ないとは言え、リーフフィールドは幼すぎますね…

        (言われるがままに移動して)ここで…いいですか………?

        (//掃除してきました、オッケーです!) -- 2010-08-13 (金) 01:13:29
      • メルリーィさんは…シアはいつのまに遊んでるんだろう(さらっといい加減慣れてきた呼び名が飛び出しましたがリフィの前では油断してました。シェーラには気付かれそうな物を)
        ははは、僕はせいぜい60程度だからねぇ……本当に幼いね。人間で言ったら……10代前半…よりももう少し幼そうな気も
        いいよ。じゃあ行こうか!(空間転移が発動し、タツマとシェーラを別の空間へ運んだ//わざわざありがとうございます!) -- タツマ 2010-08-13 (金) 01:20:13
  • (//長いので、今さら、新しい木を生やすのでした…)
    んー、住んでたトコがそうだったら気付かないものなのかも?(楽しげに笑い)
    わかった、高い所から思いっきり。(両手でやかんを精一杯上に掲げてて………)あれ。(なかなか上手く傾けられず、お湯が出てこない) むう!(熱いと思わず恐る恐るになってしまうのだがなんとか、なんとか注ぐ 外したりはしない必殺の業師)
    -- 2010-08-12 (木) 02:44:19
    • (//新しい木で寛ぐ私)
      おー……なんかこっちの細い注ぐ側から入れても注げそうなコントロール……。(ぱちぱち)
      ……というわけでまー、後は三分間待ちましょう。葉の大きさにもよるけどだいたい3分がちょうどいいの。(のんびり) -- ウィリアム 2010-08-12 (木) 02:52:46
      • リフィ器用になった。 これくらいできる(えへんえへん)
        三分。(取り出したのは小さな砂時計 紅茶用らしい) これ、おかーさんがくれた。
        -- 2010-08-12 (木) 02:58:06
      • おお、便利アイテム……。私なんかすぐうっかりして忘れちゃうから無理矢理目覚まし時計使っててね。
        (本とかに手を伸ばすと、気がついたら10分ぐらいたっててお茶がめっちゃ苦くなったことが……忘れたい思い出)
        あ、そだ。ちょっとポットの中を見てみましょー。(蓋を閉める前に、その中を覗きこむ) -- ウィリアム 2010-08-12 (木) 03:01:30
      • ウィリアムがうっかり? 実はうっかりや??
        中に何かいる……?(一緒になって覗き込み)
        -- 2010-08-12 (木) 03:10:43
      • う、ぐっ……いいやぁ、たまにうっかりするだけで全然うっかりやじゃないよ? 全然うっかりやじゃない。
        (中を覗いてみると、茶葉がお湯に煽られてぐるぐると泳いでいる)……お茶の葉が動いてるでしょ? これがいわゆるジャンピングってやつ!
        これが起こるか起こらないかが美味しい紅茶かそうでないかを決めるわけ! ガラスのやつだとよく見えるんだけどさっき無意味に陶器とか言っちゃったからねー。 -- ウィリアム 2010-08-12 (木) 03:13:27
      • おー………くるくるしてる。 そういう意味…知らなかった。 これは美味しい紅茶。(自分の作った紅茶が目に見えて美味しいもの、と言う事がわかって嬉しそうに)
        やっぱりウィリアムはうっかり。(トドメを刺した)
        -- 2010-08-12 (木) 03:23:49
      • ぐはっ!(無邪気なリフィちゃんだからこそ放てるクリティカルヒット。私の心はそろそろうっかりを認めそうになるぐらいのダメージを受けた)
        も、もうちょっとで三分たちまーす……カップにお湯入れて温めてから注ぎましょー……。 -- ウィリアム 2010-08-12 (木) 04:00:52
      • 認めたら、楽になる。(なでりなでり)
        それ、聞いたことある。 カップが冷たいから、紅茶が冷める……わかった。(先にカップに湯を注いで十分に暖めた後にポットから紅茶を注いだ)
        -- 2010-08-12 (木) 23:37:34
      • うう、私はうっかりです……この前卵焼き作ってるときに砂糖と塩間違えて、「今日は甘くしてみましたーっ♪」ってごまかしました……。(負ける)
        うん、そして紅茶は最後の一滴までしっかり注ぐ! その最後の一滴の名前は……“ゴールデン・ドロップ”!(かっこいい) -- ウィリアム 2010-08-12 (木) 23:53:44
      • 甘い玉子焼きも、いい。 だから大丈夫(楽しそうに撫で続ける)
        最後の…?(やがて中身が少なくなり、ぽたりぽたりと雫を落とすポットを眺め) ゴールデン・ドロップ……… ん、綺麗な色。
        -- 2010-08-12 (木) 23:57:40
      • うん、そっちのほうが好きだってさ……怪我の功名かな……?(少し論点がずれているが納得、そして意識はお茶へ)
        はい完成でーす! 香りは完璧だねぇ。(爽やかな、茶らしい香り。温かいながら清涼感もある素敵なウバ) -- ウィリアム 2010-08-13 (金) 00:17:46
      • ガストは甘い玉子焼きが好き…… 結果オーライ。(こくこく) 新発見だから、むしろよかった。
        (良い香りに美しい色 こんなにも上手に紅茶を入れたことなどない)いつものと違うのみたい。 早速、飲もう!(もう待ちきれない)
        -- 2010-08-13 (金) 00:24:02
      • (クッキーのカゴはテーブル中央にスタンバイ)冷めないうちに飲みましょう! 席につきましょう! わー!(テンション高い)
        (ついた)……んじゃ、いただきましょうか?(リフィちゃんへにっこり。かくいう私もヒャア我慢できねぇ) -- ウィリアム 2010-08-13 (金) 00:33:42
      • (テーブルに着く前にテーブルセット。 これは授業で習ったからなんとか、なんとかこなす もちろん途中手伝ってもらいつつ)
        すぐ食べたい、でも食べるのが勿体無い。 そんな気分。 ゆっくり、いただきます!
        -- 2010-08-13 (金) 00:35:27
      • まー、あれだよ。覚えちゃえば毎日これが飲めるというわけさ。(私もこんなにしっかり淹れたのは久しぶりというのは内緒)
        そんじゃ飲もう!   いただきます。(カップをとって、傾ける。強め苦味と香りが鼻を抜ける。不快な部分はなに一つない。度数の高いお酒のように、澄んだ味わいになっている) -- ウィリアム 2010-08-13 (金) 01:00:04
      • 覚えて……出来るようになるまで練習。 できたら、ウィリアムとまたお茶する。 約束!
        (うっとりと楽しむ 特徴のある味だが今はそれも楽しめる)おいしい。 ウバじゃないみたい。 クッキーも食べて良い?(手を伸ばしつつ聞いた)
        -- 2010-08-13 (金) 01:10:23
      • うん、約束! ま、のーんびり練習すればいいよ。紅茶なんて毎日飲んでもいいんだしね。(にこにこ)
        どんな淹れ方してもウバはウバっぽい味が出るわけ。つまり他の味と香りとかがしっかり出てないと、ウバのスーッとする感じが強く出ちゃうのね。
        だから今回のは美味しいってわけ! ……あ、勿論! 食べるために持ってきたんだからむしろ食べて欲しい!(と、言いつつ自分もとる)
        (いかにもなシナモン。焼けるような甘い香り。とりあえずここでうっかり塩と砂糖は間違えなかったみたい) -- ウィリアム 2010-08-13 (金) 01:25:37
      • 毎日。 うん、それもいい。 リフィ卒業して暇してた。 紅茶頑張る。(ぐーたら毎日を過ごしていたらしい)
        ふーん…… ウバは上級者向け。 もっと簡単なので練習する。
        (やたらとお菓子を差し入れる妖精のおかげで少し味にうるさい精霊なのだが、おいしそうに頬張る)美味しい。 シナモンがいい香り。
        -- 2010-08-13 (金) 01:32:11
      • はい、そんじゃラストのアドバイス。(紅茶を口に含みながら一指し指を立てる)一杯分だけ淹れようとすると、お湯の温度の伝わりかただとか、そういうのの調整が難しくなるの。
        だから、一人で淹れるときもあらかじめお代わりのぶんを一緒に淹れるとやりやすいよ。まー、覚えたら簡単だからがんばって!
        (実はちょっと不安でした。趣味に走りまくったものだったので)……そうでしょう、自信作だもの。香りが強いけど、ウバなら負けないから一緒に楽しめる。
        ……まぁ私の主観なんだけどね。ミルクティーとかにもいいみたい、ウバ。(ああ、でも合う。上手く入ってるから香りも喧嘩しないし) -- ウィリアム 2010-08-13 (金) 01:41:04
      • 一人のは難しい? んー…じゃあシェーラと飲む。 だから大丈夫!
        ウィリアムは紅茶だけじゃなくてお菓子もすごい。(素直に信じ込む) ラゼンシアみたい。
        二つの味、喧嘩しないで美味しいね。(穏やかな昼下がりに美味しいクッキーと紅茶でひととき。 これが贅沢なのかなとふと思った)
        -- 2010-08-13 (金) 01:50:47
  • リフィちゃんおひさー! ねー、卒業したよ、卒業!(訪ねてきて出会うなりリフィちゃんに飛びつく私) -- ウィリアム 2010-08-10 (火) 22:09:01
    • 久しぶり、ウィリアム!(自分と同じくらいの体躯ならば受け止められる しっかりと抱きしめ)
      おめでと! ウィリアムは、一人前のメイドになった??
      -- 2010-08-10 (火) 22:20:40
      • あっはっはー……一人前とは言いがたいかもなんだけど……。卒業したから一歩前進ってとこかな!(ぎゅー)
        (離す。持ってきた籠を掲げる)というわけで……クッキー持ってきました! 一緒に紅茶を淹れよう! -- ウィリアム 2010-08-10 (火) 22:55:16
      • ん、偉い。 リフィは卒業してもできないの、いっぱいある。
        クッキー…(目を輝かせ) 一緒にやる! どの葉っぱがいい?(でもけっきょくウィリアムに頼るのでした)
        -- 2010-08-10 (火) 23:10:28
      • まぁ、なんていうか家の仕事こなしてたら自然と身についてきてね……。
        (なんだかんだで実戦経験は多い。屋敷で働いてるんだから)
        ふふふ、しかも聞いて驚くなかれ、これはシナモンクッキーだよ!
        甘くてすぱいしーなのさ!(バスケットにかかっているピンク色のクロスを開ける)
        紅茶は、こういう味にも負けないウバ! こっちも香りが強くて、味も強め!
        苦めだけど、お菓子があればちょうどいい感じかな。 -- ウィリアム 2010-08-10 (火) 23:35:57
      • リフィいつもさぼってる。 んー……ウィリアムの屋敷に、修行にいかなきゃ。(冗談めかして笑った)
        (クロスが外されるとふわりと広がるシナモンの香り その香りに目を細め)いい香り。 おいしそう。 もっと美味しくなる紅茶、頑張っていれる!
        ウバ…(こくりと頷くとログハウスの置くから茶葉の入った缶を持ってくる もちろん自家製) これ、普段飲まない。 いっぱいあった。
        -- 2010-08-10 (火) 23:50:23
      • ……修行に来たらうちの主人、あらぬ噂かけられるかもね。(年端もいかない少女二人をメイドにして囲う鬼畜貴族……)
        そうそう、がんばりましょう。なによりも大切なのはがんばること、手間をかけることなのです。(むぅ……なごむ。背を見送りながら余韻に浸る)
        (缶を受け取る)尖った香りだからねー……普段から飲むんじゃなくて、たまに楽しむといいって感じなんだねこれは。
        (茶葉を見て、ああ、自家製の紅茶っていいなあ。なんか……と、少し惚ける) -- ウィリアム 2010-08-11 (水) 00:15:45
      • どうして?(首を傾げる精霊 その辺には気が回らないらしい)
        じゃ、まず…お湯? ポット?(気合は十分に教えを請う姿勢)
        うん。 リフィもっと柔らかいの好き。 これいれるの難しい。 ウィリアムはこの紅茶気に入った?(帰りにお土産として渡そう、そう思った)
        -- 2010-08-11 (水) 00:43:19
      • あはは、貰いたいかも……。っとと、それはともかくまずはお茶です! それが済んでからにしましょう!(ぴしっと気合を入れなおす)
        まず必要なのは、やかん! あ、ここらへんて水道通ってるー? -- ウィリアム 2010-08-11 (水) 00:55:41
      • わかってる。 お茶が済んでから。
        やかん!(高々と掲げられたやかん。 ただのやかん。) 水、きてない。 でも、シェーラがいる。(呼ばれてリフィの後に姿を現した水の精霊 おっとりとした顔つきの大人の女性の姿をしている)
        シェーラは水の精霊。 おいしいよ。
        -- 2010-08-11 (水) 01:02:03
      • ……わあお。……そうだね、リフィちゃん地の精霊だったね……。(ちょくちょく忘れるが、このふわふわした女の子は地の精霊なのだ)
        ええと、シェーラさん?(だからまあ、水の精霊と知り合いでもおかしくは……いや、この水の精霊すっごい高位じゃないかなこれ)
        (おいしいっていうことは、この家の水道を任されて……なんて壮大な日々なんだろう……!) -- ウィリアム 2010-08-11 (水) 01:07:20
      • (ウィリアムを見下ろしているのは水を統べる精霊の長。 それもリフィのような新米ではなく、長年その任に就いてきた熟練の最高位。 だがその気高さや気品を隠す穏やかな微笑み ゆっくりと手を伸ばしウィリアムの頭を撫でた)
        (その後、やかんに水を注ぎ、さらに別の大きな器に予備の水をたっぷりと注いで姿を消した)

        シェーラはおかーさんが召喚してる。 リフィのこと助けてくれる。 庭に水やったり。(最高位なのに実に家庭的)
        これで、沸かせば良い?
        -- 2010-08-11 (水) 01:15:17
      • ……わぁお、貫禄……。(リフィのおかーさんって一体……?)
        (なでられた頭にほんのりと残る感触。実に優しい撫で心地であった、ガストじゃこうはいかない)
        ……って、あ! ちょっとまって! これ、軟水かな……? -- ウィリアム 2010-08-11 (水) 01:30:33
      • んー。 リフィわかんない。 でも、シェーラに任せたら大丈夫。(妙に自信満々に頷く。 だが、その自信は伊達ではなく…注がれた水は必要とされたもの、紅茶に最適なものになっている) -- 2010-08-11 (水) 01:37:20
      • ……すぺしゃりすとというわけか。伊達に水の精霊じゃない……!(やってることはひたすら家庭的だけれども)
        ほう……ちゃんと空気も混じってるみたいだね。(といっても、経験上からそう見えるってだけのことで、確証は得られない。だが、リフィちゃんの自信からするとそこもしっかりとやってくれているのだろう)
        というわけで、これを沸かせばOK! 次のステップいってみよー! -- ウィリアム 2010-08-11 (水) 01:46:43
      • シェーラは、すごい。 リフィはシェーラみたいになるのが目標。(こくこく)
        沸かす………(やかんをコンロに乗せて恐る恐る火をつける というのもこの精霊、火が苦手なのだ) こう?(火加減も見ずに適当、火をつけただけで手を離した)
        -- 2010-08-11 (水) 01:57:54
      • シェーラさんみたいなリフィちゃん……。(頭の中で想像。勝てる要素がなに一つ見当たらない生き物が浮かぶ)
        (今はそのままでいてほしい、そんな私心)……リフィちゃん、強火強火。大丈夫、コンロは飛び火したりしないから。
        (心を鬼にして見守る……慣れないと怖いけど、メイド的なことしようと思ったら火は欠かせない) -- ウィリアム 2010-08-11 (水) 02:02:10
      • あと500年くらいしたらなれるかな…。(平気で言ってのける 精霊の時間間隔)
        むう。 強火………(火のついていないコンロに手を伸ばすのよりも、弱火でも火がついているコンロに手を伸ばすのは数倍も怖い)
        (慎重に、こわごわと火力調節に手を伸ばして強火にした瞬間手を離した)
        ふう。 大変。
        -- 2010-08-11 (水) 02:17:34
      • (遠っ。私も基本鉱物だから遅いけど、人間の時間を生きてるから500年は遠い。その頃にはガストも居ないと気づいてちょっとしんみり)
        はいよくできました。(ぱちぱち)さて、お湯を沸かしている間にポットの準備!
        ……えーと、魔法瓶かなんかに入ったお湯ある? -- ウィリアム 2010-08-11 (水) 02:22:35
      • ? どうした? ウィリアム寂しい顔。(自分の言葉が原因だとは分からずに)
        他にお湯がいるの?(この精霊の言葉が指す意味は………つまりは用意していないと言う事)
        -- 2010-08-11 (水) 02:28:46
      • ああうん、大丈夫大丈夫。(今はすごく幸せだから。心配なんていらない笑顔)
        ないならないでよし! ……あれだね、お湯が沸くまで暇だから、そのうちにポット暖めて茶葉を入れておくっていう作業をやるんさね。
        ま、ほんの一分ぐらい手間が増えるだけだから問題ないんだけど。あるときでいいから覚えといてね! というわけで沸くのを待ちましょう。(待機) -- ウィリアム 2010-08-11 (水) 02:31:35
      • そう?(元気そうな笑顔に安心)
        わかった、次は用意する。 今は……お話??
        お湯が沸くまで。 リフィはウィリアムのこと色々知りたい。
        -- 2010-08-11 (水) 02:44:14
      • ……私のこと? ……やー、私が話せることなんてたかが知れてると思うんだけどな、なんか気になることとかある? -- ウィリアム 2010-08-11 (水) 02:49:31
      • んー。 好きなものとか。 どうしてガストのところにいるのかとか。 嫌いなものとか。 普段なにしてるのかとか。 いっぱい! -- 2010-08-11 (水) 02:52:24
      • わっとと、整理整理。一個ずつ答えていこう!(空色の目がきらきらと。ううむ、たじろぐ……可愛さで)
        まず好きなものはというと……これだね。(持ってきたシナモンクッキーを指差す)
        甘いものと、スパイスなものが好き。だからこれはそれがあわさって完璧ってわけ。
        あとは苺が好きかな……。(好きなもの、で食べ物がまず浮かぶあたりに気づいてちょっと固まる) -- ウィリアム 2010-08-11 (水) 02:58:10
      • 甘くてスパイス。 んー…ウィリアムは大人の味が好き?(ただ甘いものが好きな自分とは違う好みに素直な感想)
        あとはイチゴ。 リフィ覚えておく。
        次、次は?(きらきら)
        -- 2010-08-11 (水) 03:06:24
      • で、まぁ私がガストのところに居るワケですよ。(頭の中で整理してみる。うむ、理由上手く言える自信全く無し!)
        いろいろあって、ガストの家に私が引き取られてー……で、ガストのお付きになった。
        で、まあそのままずっと一緒に居るわけ。(ううむ、ざっくばらんな説明……) -- ウィリアム 2010-08-11 (水) 03:10:37
      • ふうん。 リフィと一緒。 リフィも色々あっておかーさんのところにきた。
        あ、でもリフィは娘になったからちょっと違う?
        -- 2010-08-11 (水) 03:12:52
      • 似たよーなもんだね。お付きって言っても家族みたいなもんだし。
        ……特に今は国に居た頃より家族だなー……。
        (ぼうっとする。……あれ、なんか忘れてるような)
        ……あ。(そこには沸騰しかけのヤカンが!)
        ッはぁあああいっとぉぉおおおっ!!!(カチッ)(火を消す)
        危なかった! ギリセーフだった!! -- ウィリアム 2010-08-11 (水) 03:15:11
      • 国? ウィリアムはどこからきた??
        (質問に答える前に、華麗に火を消すウィリアムを見て拍手)すごい、カッコイイ!
        お湯、わいたらだめなの?
        -- 2010-08-11 (水) 03:23:37
      • 沸かしすぎると、お茶のいい香りが出せなくなっちゃうんだよ……水の中にはそれで飛んじゃうものがあるの。
        だから、沸騰する直前がベスト!(ポットにお湯を入れる)……ああ、どこの国って話だったっけ。ガストの故郷だよ、オーラアウロリオっていう国。
        西のほうにある中くらいの国……川がたくさんあって水は豊富でね。四季もここぐらいはっきりしてるの。過ごしやすいとこだよー。
        (ポットのお湯を流す)……あっと、これは基本。ポット温める。これは知ってるよね!
        後、これは陶器だから言う必要ないんだけど……金属製の使っちゃだめだよ。すっごい苦くなって黒くなっちゃうから。 -- ウィリアム 2010-08-11 (水) 03:34:42
      • ふぅん。(どこからか取り出したメモに取りとめもなく書き留める お湯の温度、ウィリアムの国、ポットのこと 全部。)
        リフィいつか遊びに行って見たい。 きれいなの、すき。
        やっぱりウィリアムは詳しくて、偉い。 葉っぱは? いついれる?
        -- 2010-08-11 (水) 03:36:53
      • 本当に四季の流れがはっきりしてて、それに精霊も多い。……だからリフィちゃんが行ったら楽しめるかもね?
        (リフィちゃんほど強い精霊が行ったらまかり間違って拝まれたりしそうだけどまたそれは別として)
        お茶葉は今! 一杯につき、スプーン一杯。だから今は私とリフィちゃんで二杯だね。
        西洋の一部の国だと、硬水っていう水のところがあって……そこだと、淹れる杯数にプラス一杯。一杯はポットのために……って言葉があるの。
        これは、その水だと味が出にくいからなんだよね。今は当然必要ないけど! 覚えておくといいよー。
        (そういえば言うの忘れてた)それから、お茶葉が細かいタイプならスプーンに普通に盛って、大きいタイプなら山盛りにするのが一杯ね! -- ウィリアム 2010-08-11 (水) 03:43:08
      • (言われた言葉を必死に書き取り)ウィリアム物知りー。
        ポットのための葉っぱ。 少し面白い。 人間って面白い。
        スプーン二杯……(ここはいつもと同じ、のはず。 言われたとおりに缶から茶葉をスプーンに掬って二回ポットに入れた)
        -- 2010-08-11 (水) 03:49:01
      • 紅茶をよく飲む国だってのに、味がよくでる水じゃなかったーなんてのが少しおかしく見えてきたりもするんだよね。ポットのための一杯。
        (その頃は水の硬さなんて調べなかったんだから仕方ないと思うけど。)
        入れた? それじゃあ次、いよいよお湯を注ぐわけだけど……高いところから勢い良くどどどっと注ぐ!(ビシッ) あ、火傷しないように気をつけてね。 -- ウィリアム 2010-08-11 (水) 03:54:09
      • (//文通でお願いしますの札を立てて転がる ごろり) -- 2010-08-11 (水) 03:57:32
      • //うむ わたしもねる おやしみ(がたーん) -- ウィリアム 2010-08-11 (水) 03:58:12
  • わたしも卒業できたよー。結局、女子寮に泊まりにいけなかったのはちょっと残念。 -- イーリス 2010-08-09 (月) 23:58:20
    • 卒業おめでと、イーリス! リフィ気づいたら卒業してた。 ごめん…。
      学園じゃなくても、集まりたい。
      -- 2010-08-10 (火) 00:00:34
      • ありがとうー。気にしない気にしない…。
        いいねー。ちょっと集まるのに良い場所とか、あるといいのにね。
        誰かの名簿にふらっと集まってもいいかもしれない。それじゃ、また来るね -- イーリス 2010-08-10 (火) 00:15:54
      • んー…。 誰かの家。 広いとこが、一番。 探してみる。
        またね、イーリス。 卒業しても、またね。
        -- 2010-08-10 (火) 00:18:49
  • 来月一緒………ニアピン…… -- ユウ 2010-07-29 (木) 01:15:05
    • お疲れ様。 ユウはおとーさんと組んでた人。 おとーさんのいもーとのお嫁さん。
      リフィまた一緒がいい。
      -- 2010-08-03 (火) 11:56:37
  • ミスコン審査員お疲れ様でした。お礼って言うほどの物じゃ無いけれどチョコだよ(可愛らしいラッピングの小箱を手渡す) -- アレッシオ 2010-07-28 (水) 02:19:44
    • いっぱい、大変だった。 でももっと面白かった。
      ありがと、アレッシオ。
      -- 2010-07-28 (水) 04:19:29
  • ミスコン参加賞zipで纏めてごめん -- 2010-07-26 (月) 23:07:48
    • わ! リフィ審査員だったのにもらっていいの? ありがと!! -- 2010-07-28 (水) 04:18:49
  • こんにちは−!S科3年のアレッシオだよ?今回は学園祭実行委員の用事出来たんだ。 -- アレッシオ 2010-07-21 (水) 20:53:38
    • ん? アレッシオ? リフィはリーフフィールド。
      用事、何??(首をかしげてアレッシオを見上げている)
      -- 2010-07-21 (水) 22:27:00
      • 学園祭のミスコンに出てくれないかな?マオウさんの推薦で来たんだよ。ルートさんも同室の人に声を掛ければいいのにね? -- アレッシオ 2010-07-21 (水) 22:35:00
      • ミスコン…。 リフィチラシみた。 んー………ルート忙しいからかも?
        出るかどうか、わかんない。 むー…マオーが? マオーでるって?
        -- 2010-07-21 (水) 22:40:42
      • マオウさんはOKだって言ってたよ?エントリーは後になるって言ってたけど。
        参加者が居ないと盛り上がらないイベントだし、ルートさんや他の参加者のためにも駄目かな? -- アレッシオ 2010-07-21 (水) 22:43:10
      • マオーでるの。 んー……でも、ミスコン、何するのか分からない。 -- 2010-07-21 (水) 22:48:34
      • ステージで自己アピールするんだ。(身振り手振りを加えて説明を始める)
        大体分かってくれたかな? -- アレッシオ 2010-07-21 (水) 22:52:18
      • ……(神妙な顔で説明を聞いていた)
        …分かった…、考えておく。(でもまだ自信はないようだ)
        -- 2010-07-21 (水) 22:58:28
      • もちろん、都合が悪ければ参加を無理強いしないよ?出来る範囲で参加してくれるのが一番だからね?
        それじゃ、ボクは他の人にも打診しに行ってくるから。またね?(手を振って駆けだしていった) -- アレッシオ 2010-07-21 (水) 23:02:05
      • ん…(こくりとうなずき)
        またね。
        -- 2010-07-21 (水) 23:07:32
  • 掃除。 -- 2010-07-21 (水) 19:53:11
  •   -- 2010-07-21 (水) 19:53:03
  • ふぅ、ようやく準備が整った…(水の揺り籠を持ってシェーラを召喚しつつ、以前あった森のログハウスの近くまで行ってからリフィを召喚してみる) -- タツマ 2010-07-20 (火) 00:26:50
    • ……(揺り籠の内部に召喚され、微笑む)こんにちは… 思ったとおり…ここは…すごしやすいですね…
      (次いで召喚された地の精霊も相応の魔力を消費して姿を現し)…ん、タツマ! 読んだ? -- 2010-07-20 (火) 00:34:34
      • うん、おかげで消費も少ないんだけど…さすがに二人分は堪えるね…(苦笑いしながらシェーラに答え)
        呼んだよ、この前に言ってた時間旅行の目途がついたから目的を話しておこうと思って…(これも貰ったしね、とあおのゆめをリフィに見せる) -- タツマ 2010-07-20 (火) 00:40:45
      • 二人も呼ぶようなものではありませんから…(苦笑して、進言する)リーフフィールドは元々コチラの世界に存在することが出来ますから…召喚を解除して、改めてここに来てもらったほうが…楽なのではないですか…?
        ゆめ………(透き通る雫に見入っていたが首を振って)リフィ、それがいいと思う。 お話するなら長くて疲れる。
        ここ、遠くないからすぐ戻れる。
        -- 2010-07-20 (火) 00:46:57
      • いいんだ(二人の当然の進言に笑って…しかし、明確に首を振る。やせ我慢しているのは二人には分かるだろうが)
        せめて説明が終わるくらいまではこのままここに居てくれるかな、リフィ。お願い…
        さて、本題に入ってもいいかな? -- タツマ 2010-07-20 (火) 00:53:15
      • ………貴方が、それを望むなら…
        むう。 わかった、お願い。 -- 2010-07-20 (火) 01:03:12
      • …ごっそり減る…これの大地バージョン要るかなぁ…(膝の上に乗せている水の揺り籠を見ながら)
        …ごほん。さてと、今回の時間旅行だけど…見ての通り、あおのゆめを使って、二人の世界の過去に行く予定だ
        遡る時間は…これが、未定。何億年かかるかなぁ… -- タツマ 2010-07-20 (火) 01:06:53
      • リフィ大変…? これ、リフィじゃどうにもならない。
        気軽に呼ばれるような立場ではないこと…リーフフィールドもわかっているはずです……
        億!? そんなに戻る? リフィ全然知らない。
        そんなに…戻るつもりですか……… それほどになると…私も存在していませんね… 一体何を見るつもりです…? -- 2010-07-20 (火) 01:11:09
      • リフィだって精霊の長何だから当たり前だよ…そういえば召喚のコストって相性とか熟練で変わるのかい?(これはシェーラに視線を向けて聞き)
        うん、二人が知ってるくらいの昔に戻っても仕方ないし…もっというならキアラさんもメルリーィさんも居ない時代にまで戻りたい
        目標座標は…ラゼンシアの誕生日(時間の妖精の発端) -- タツマ 2010-07-20 (火) 01:19:13
      • そうですね…相性や熟練である程度減らすことは出来ますが…ですが、重いことに変わりはないですよ……
        (ぽかーん)ラゼンシアの…?? ラゼンシアも知らないって言ってた。
        なるほど…ラゼンシアさんの発端を垣間見たい…ということですか…… ですが……(不安な表情を浮かべる) -- 2010-07-20 (火) 01:25:59
      • でも相性は中々変わらないよね…やっぱり熟練か…今度リフィと練習しよう……(疲れてるのか座ったまま)
        知らないだろうねぇ…だから確かめに行くんだけども。まあ、最初は単に好きな人の誕生日くらい知りたいなというのが思いつきだったんだけど
        やっぱり色々問題……というか障害があると思う?(シェーラの表情に気付き) -- タツマ 2010-07-20 (火) 01:31:22
      • (疲れて座ったタツマの隣に座り)うん。 練習しよう。
        好き…? タツマはラゼンシアが好き………(首をかしげ)

        ここから先は…私の推測でしかないのですが……(言い辛そうに)
        ……ラゼンシアさんが…自身の誕生日を気にしないというのは…少し、不自然だと思いませんか…?
        誰よりも…そういうイベントを楽しみにしているような方ですから…、わからないまま…放置しているというのは…おかしい、と…私は思います……… 何か…裏があるのではないかと…考えずにはいられません… -- 2010-07-20 (火) 01:37:21
      • 遠距離から呼びだす訓練と、後は…憑依ができるようにならないと、ね(隣のリフィに頷き)
        ? うん(最早隠す事でもないので素直に頷く)
        (シェーラの言葉を聞くと難しい顔になり)……む、その可能性は少し思い至らなかったな…単純に、正確に割り出せない。知ってたとしても先生を創った神だけだから…って事だと楽観してたけど
        シェーラの言うとおりだね…裏がありそうだ…けど。それなら尚更確かめに行かないと…気になる -- タツマ 2010-07-20 (火) 01:44:40
      • うん。 頑張る。
        ふうん。 リフィよくわかんない。 おとーさんとおかーさんみたいになるの?

        ……割り出せないということは、現実問題ありえません…、いえ、あってはおかしいのです… 世界の時を司る妖精が……自分が生まれてから流れた時がどれほどかということ…わからないはずがないのです……
        つまり…何らかの理由があって…あえて隠しているのか…もしくは………………(何かを言いかけて口を噤む)
        ………?(不自然に首を傾げて)もしくは…何か…理由が……… -- 2010-07-20 (火) 01:53:59
      • 僕もがんばるよ…どうも憑依の際のイメージが掴めないし、頑張らないと
        へ? それは……うん、そうだね。そこまで一足飛びにはいけないけど…いつかはね。リフィも…500年くらいすれば自然に分かるんじゃ(大雑把な読みだ!)
        ………あ、そっか。失念してた…!(今さら気付いた、と指を弾き)…そうだね、その辺今度聞いてみるよ…さりげなく
        どっちの可能性もあるな…もしくは……?
        (首を傾げている間だけ視線を鋭く、冷たい物にして)……ふぅん。そうか、尚更行く気になってきた(頭の片隅に過ぎる、修正の二文字) -- タツマ 2010-07-20 (火) 02:01:06
      • リフィもやったらどうなるか、わかんない。 タツマもさってなる??
        500年……(かおを顰めて)むう。

        今まで教えなかったのですから…、…きっと…聞いても何も教えてくれないだろうと……分かっているとは思いますが…それでも、聞くのでしょうね…
        (冷たい視線にも気づけなかった それだけ不可解な何かが起きていた)一筋縄に…済むとはとても思えません……どうか、お気をつけて……… -- 2010-07-20 (火) 02:08:26
      • 人間だからねぇ、妖精と憑依するのとは違うだろうし…もさっと?
        もしくはそれを実感させてくれる人が居ればもっと速いかもしれないけど…どうなる事やら(楽しそうに笑い)
        「答えてくれない」というだけでも十分な情報だからね? 有効に利用しないと
        ん、ありがとうシェーラ…ごめんね(小さいシェーラにするように頭に手をやって撫でるようにして)…困ったな。実はリフィだけじゃなくシェーラにもついて着て貰おうか…と思って今日試しに二人とも召喚したんだんだけど…(難しい顔で) -- タツマ 2010-07-20 (火) 02:15:53
      • 草がもさっと。
        ……タツマだけ楽しいの、ずるい!

        そう…ですか………。(釈然としない表情で)
        私も……ですか……?! それは、あまりにも負担がかかりますから………どちらか一方にした方がいいと思います… -- 2010-07-20 (火) 02:28:27
      • ……今までの人生でなった事は無いなぁ……憑依したらなるの?
        こればっかりは楽しめるようになるのはもう少し大人にならないとね?
        ごめんね…(修正させてしまったのをどこか悔いている顔で)
        うん、どうせならついてきて欲しかったし…でもほら。あおのゆめがあれば魔力量に関してはなんとかなるんだよね。時間移動に使う余剰分だけでもなんとかなりそうだし(あおのゆめを掲げて) -- タツマ 2010-07-20 (火) 02:38:07
      • わかんない。 なりたかったら、する。
        大人………わかった、リフィ頑張る。

        いえ…?(何故謝られたのかも分からない 修正とはそういうものだ)
        ………私が心配しているのは…移動先において…万が一のことが起きた場合に…二人の召喚を維持し続けるのが難しいのではないかと…思うのです……
        確かに……あおのゆめがあれば…何事も無ければ問題はありませんが……… 嫌な…予感が…………(ゆらりと精霊の姿が歪む) -- 2010-07-20 (火) 02:45:34
      • ……とりあえず形は人間のままでいいや……うん
        応援してるよ、相談にも乗るしね
        (心底の苦い笑みでシェーラの様子を見て)
        ……ん。ああ、あまり派手に動く気は無かったけど…確かにそういう事はありうるかもね
        何かあっても…最悪ゴーレムで何とかする…というより、元よりあれに乗って行く予定だったんだけど…シェーラ、大丈夫? -- タツマ 2010-07-20 (火) 03:01:27
      • そう? もさもさ、楽しいかもしれないのに。
        難しいこと? …………むー。

        (精霊は首をかしげるばかり)あれに乗って………はい、きっと…そのほうが………いいと…………………
        (大丈夫と答えることも、助言を続けることも出来ずに強制的に召喚は解除されてしまった)
        (静かな水音だけが響き、揺り籠の中は空) -- 2010-07-20 (火) 03:13:38
      • もさもさよりは堅い方が役に立ちそうだなぁ…髪の毛金属にしたりできない?
        まあ、人の世界で生きていけば理解が速いかもね…っていうか学園ならその手の話もよく転がっていそうだけど
        …っ!?(強制的な切断に顔を顰め)
        ……驚いた。ここまで厳しいとは…リフィ、シェーラがどこにいったか分かる? -- タツマ 2010-07-20 (火) 03:19:56
      • かちかちがいいの? わかった、考えて見る。
        学園…(メイド科は異色を放っています) んー…………??(分からない様子)
        シェーラ…帰っちゃった。 おかーさんのとこにいる。 どうしてか、リフィわかんない。
        -- 2010-07-20 (火) 03:22:26
      • …リフィ、考えてくれるのは嬉しいけどやる前に僕に、何をするか教えてね…?(念を入れておく)
        んー…こう、カップルが出来たとかそういう話、聞かない?(学園の様子をクリスタから聞いているので不思議そうに)
        …そっか、現召喚者に…よし(立ち上がると、その手には時間の魔剣が握られており)…メルリーィさんの所に行ってくる。一旦召喚を解くからもし話の続きがあったらメルリーィさんに呼んで貰って(厳しい顔で空間の力を展開し始めた) -- タツマ 2010-07-20 (火) 03:33:53
      • わかった。 やるまえに言う。
        聞かない…。
        ………リフィ、何か悪い事した? 怒らせた…?
        -- 2010-07-20 (火) 03:40:19
      • 聞かないんだ……あれー?
        (リフィの頭を優しく撫でて笑いかけ)そんな事無いよ、大丈夫。ただ…久しぶりに怒る事を見つけた、かな(そこまで言い終えると転移が完成。その場から姿を消した) -- タツマ 2010-07-20 (火) 03:43:36
      • あ……。(口を開こうと思った頃にはもういなかった) -- 2010-07-20 (火) 03:48:12
  • ほんと……寮となるといろいろやり辛い感じだなー……(寮の郵便受けにリフィ宛てのラベルを貼ったシャンメリーを入れておく黒サンタ少女)
    中に入るにもいろいろ警戒すべき点が多くなるし……いやそもそも不法侵入自体が駄目なんだけどまあそれはいいや -- ディエート(供 2010-07-13 (火) 20:39:25
    • ポスト…?(がさごそ) プレゼント! ………ディエートだ。
      部屋まで、きたらいいのに。
      -- 2010-07-14 (水) 23:12:29
  • (女子寮の中には入れないので召喚プロセスを介して外から呼んでみる) -- タツマ 2010-07-12 (月) 23:22:15
    • (ぴくり)…ん? タツマ??(とりあえず呼ばれたのでほてほてと外に出て)
      タツマ! どうした? 中来ない??
      -- 2010-07-12 (月) 23:28:38
      • こんにちはリフィ、僕は男だから基本的に呼ばれないと女子寮のリフィには行けないよ、許可貰うのも時間かかりそうだし(苦笑いして手招きしつつ)
        えーと、すぐ済むから何も聞かずにやって欲しいんだけどこう。このくらいのアイオライトが欲しいんだけど出来る?(割と大きく、直径10cmくらいの球を手で示してみる) -- タツマ 2010-07-12 (月) 23:30:57
      • どうして? タツマは入れない??(その辺り全く気にせず男子寮にもずかずか入っている精霊だ)
        うん? アイオライト。(パキンッと鉱石特有の音がして一瞬にして生成された きっかり半径10cmほどの美しい菫色の宝石)
        -- 2010-07-12 (月) 23:36:12
      • そういうものなんだよ、同じクラスの子に聞いてみれば分かるんじゃないかな…?(苦笑いしつつ)
        …さすが。僕がやってもこうはいかない…ありがとう、貰って行っていい? -- タツマ 2010-07-12 (月) 23:41:41
      • ふぅん??(納得のいかない様子) うん。 リフィいっぱいできる! もってって。 -- 2010-07-12 (月) 23:45:35
      • まだリフィにはその辺り分からないかなー…まあ、時間が解決するよ
        ありがとう…あ、じゃあ念のためにもう一つくれる? 貰ったら今日は帰るよ -- タツマ 2010-07-12 (月) 23:50:12
      • むう。 ………ん!(即座にもうひとつ創って手渡し)
        あー……水玉、呼んでほしいって。 あおのゆめ、とったって。
        -- 2010-07-12 (月) 23:54:42
      • ありがと(二つ受け取ると懐に納め)
        え、もう取ったの? 速い…! わ、わかった、来年になったら呼ぶからって伝えておいて! じゃあ今日はありがとう(不味い、時間制限が…! とか言いながら帰って行った) -- タツマ 2010-07-13 (火) 00:00:46
      • タツマ忙しい……??(不思議そうに見送りました) -- 2010-07-13 (火) 00:04:52
  • トリックオアトリート……お菓子貰えるかしら?(貰う側なのに何故か妙に偉そうな態度と口調のが来る) -- アイリス 2010-07-11 (日) 23:07:18
    • ………??(首をかしげ。 アイリスを見上げ。) 誰…?
      お菓子、これ!(リーフパイを差し出した)
      -- 2010-07-12 (月) 23:20:42
  • (4人部屋の表札を羨ましそうに眺めつつ、女子寮で涼んでいる狼娘) -- イーリス 2010-07-08 (木) 23:10:03
    • あ、イーリス! 遊びに来た? 皆と遊ぶの、楽しい。 -- 2010-07-09 (金) 17:05:43
      • うん、近くまできたから。 いいなー、今年は相部屋の募集も少ないみたいでね -- イーリス 2010-07-09 (金) 17:10:45
      • イーリスも皆と一緒がよかった? 今度泊まりに来る? -- 2010-07-09 (金) 17:12:55
      • まぁねー…いいの?泊まりにいくかも。 -- イーリス 2010-07-09 (金) 17:17:22
      • うん。 リフィたちの部屋広い。 だから大丈夫。
        多かったら、皆楽しい!(こくこくとなんども頷いて)
        -- 2010-07-09 (金) 17:18:32
      • (感激の握手) -- イーリス 2010-07-09 (金) 17:20:09
      • じゃ、イーリスとみんなの都合のいいときに来る!! リフィ楽しみにしてる。
        これから出かけるから、またね!(手を振ってどっかへ行きました)
        -- 2010-07-09 (金) 17:23:06
  • いつのまにか学園の寮住まいに……女子寮は入り辛いな。クリスタに呼んで貰うべきか、シェーラが居る方に戻って召喚してみるか…(リフィの姿を探して歩いている) -- タツマ 2010-07-05 (月) 22:40:31
    • (タツマは女子寮の入口付近で右往左往している精霊を見つけることが出来る) -- 2010-07-05 (月) 22:44:42
      • ……?(視界に入る。いつものんびりしているのに慌てているようだと思い歩いて近寄る)
        こんにちはー…どうしたの? -- タツマ 2010-07-05 (月) 22:49:18
      • あ……タツマ…。(声を掛けられて慌てて振り向いた)
        ……マオーっていう妖精、帰ってこない。 リフィ待ってた。
        -- 2010-07-05 (月) 22:55:33
      • マオー…どこかで聞いたような…というか先生の部屋に結構着てたような…ふむ
        帰ってこない…っていうと…冒険でだよね(難しい顔になり) -- タツマ 2010-07-05 (月) 23:01:02
      • ん。 ラゼンシアとも仲いい。 リフィ、ラゼンシアから聞いた。
        ……まだ、遅れてるだけ。 って、リフィ信じてる…(険しい顔のタツマにますます不安になったのか、自分に言い聞かせるように)
        -- 2010-07-05 (月) 23:02:41
      • …そう、先生とも仲いいのか…ちょっと予定変えて早めに帰ろう(視線を家のある方に一瞬向け)
        酒場の死亡報告があったんだろうけど…うん。それだけじゃ本当かは分からない、帰ってくる可能性もある、と思う(不安そうになったリフィを見てゆっくり言い聞かせるように) -- タツマ 2010-07-05 (月) 23:07:40
      • きっと、ラゼンシアも悲しい。 から、そうしてあげて。(この精霊は時間の妖精よりもずっと素直だ)
        リフィは…ここで、マオー帰ってくるの……待つから…。
        ……タツマの用事、何??
        -- 2010-07-05 (月) 23:10:57
      • …分かった、でもリフィも無理せずにね。何か元気づけてあげられればいいんだけど…(精霊の言葉にしかと頷き)
        …うん、そうだね。妖精は…妖精ならきっと、そこにいたと信じてあげればそれが力になる…と思う、遅くても信じて待ってあげてね(それくらいしか言えないが、アドバイスを送り)
        ん、今日はいいよ。落ち着いたら僕の家に来てくれる? -- タツマ 2010-07-05 (月) 23:19:18
      • リフィは…部屋の皆がいるから。 大丈夫………。
        ん……。(こちらも頷いた)
        いいの? わかった、今度いく。
        -- 2010-07-05 (月) 23:22:42
      • …相部屋なんだ、分かった。
        あんまり的確な事言えなくてごめんね…でも信じてれば報われる事もある…はずだから
        それなりに長く話す事になるし…今は待つのに集中した方がいい。じゃあ、僕は行くけど…ないとはマシだと思って僕も帰ってくるように祈っておくよ。じゃあ、またね(ポンポンリフィの両肩を叩いて激励すると、ゆっくり歩いて帰って行った) -- タツマ 2010-07-05 (月) 23:31:02
      • うん。 4人部屋。 ……これからも4人がいい。
        きっと、タツマのも伝わる。 ……長いお話…ごめん、また今度。 リフィ近いうちに行く。
        (叩かれて大きく頷き、タツマを見送ると再び待ち始めた)
        -- 2010-07-05 (月) 23:38:30
  • 前トナカイに行ってもらった家じゃなくてー……(地図を片手に歩いてきた黒サンタ少女)
    寮住まいになってるのな……ここだな、よし仕事と行くか!(寮の郵便受けにパーティーバーレルとかを入れ出す黒サンタ少女) -- ディエート(供 2010-07-01 (木) 20:36:55
    • (ちょうど帰ってきてその様子を後から見ている精霊)ディエート! -- 2010-07-01 (木) 22:43:32
      • な……後ろだと!?(ずざざっと少し後ずさり周囲を見回す黒サンタ少女) -- ディエート(供 2010-07-01 (木) 22:45:59
      • リフィ今学園から帰った。(にんまり) ディエートありがと! -- 2010-07-01 (木) 22:47:40
      • あーもう……いつものように見つかる前に済ますつもりだったんだがなー……(頭を掻きながら)
        ……まあ見つかっちまった以上はしかたねえや、んじゃいいクリスマスを!(と言いながらやっぱりさりげなく逃走する黒サンタ少女) -- ディエート(供 2010-07-01 (木) 22:53:52
      • メリークリスマス!(ごくごく自然に見送るのでした) -- 2010-07-01 (木) 22:56:03
  • -- 2010-06-28 (月) 22:45:08
  • -- 2010-06-28 (月) 22:45:00
  • うにぃ…(ひょっこり) -- ポプリ 2010-06-27 (日) 23:05:11
    • あ、ポプリ……?(初対面なので首傾げ) -- 2010-06-27 (日) 23:12:58
      • (こくこく)リヒーでしか…?(首かしげ) -- ポプリ 2010-06-27 (日) 23:13:32
      • (一緒に首をかしげたのが面白かったのか笑いながら)ん、リフィはリーフフィールド。 リヒーじゃない。 -- 2010-06-27 (日) 23:16:42
      • おぉ〜(こくこく)ポプリがポプリでし!一緒のお部屋の人でし〜♪(にこにこ) -- ポプリ 2010-06-27 (日) 23:19:10
      • 一緒の部屋! きっと楽しい、よろしく!(手を掴んでぶんぶんと握手する) -- 2010-06-27 (日) 23:22:44
      • ひゃぅ〜♪(ぶんぶんっ)よろしくでしっ!(ぺこぺこ)
        どう言うお部屋にしましょうでし…? -- ポプリ 2010-06-27 (日) 23:23:59
      • 部屋……部屋…………んー、寮の、適当に選ぶ?
        (//実際に何号室というのはどう決めたら良いのかさっぱりです)
        -- 2010-06-27 (日) 23:30:04
      • そうでしね〜(こくこく)二人で住むのにちょうどいいお部屋を探すでし〜
        (2桁も居れば4桁もいるので、特に気にしなくてもいいのかもしれませんね、二人のID下2ないし3桁を足した数値とか・・・) -- ポプリ 2010-06-27 (日) 23:31:53
      • ポプリもリフィもちっちゃい。 小さめのお部屋…?
        (//ではそれで決めてしまいましょう! (987+467)…だと4桁になるので÷2で727というのはどうでしょう〜?)
        -- 2010-06-27 (日) 23:36:10
      • (えへん)ポプリの方がちょっと大きいでし〜♪
        (//(こくこく)どうやら問題は無さそうです) -- ポプリ 2010-06-27 (日) 23:37:58
      • う。(悔しそうに) リフィもきっと大きくなる。
        (ぺらぺらと寮の案内を見ながら)んー………727号室、他の部屋よりちょっと小さい、ここ?
        -- 2010-06-27 (日) 23:44:25
      • お〜、大きくなったらまた背比べするでし〜♪(ぴょんぴょん)
        おぉ〜、ぴったりのお部屋でしっ!(こくこくこくこくっ) -- ポプリ 2010-06-27 (日) 23:48:44
      • 次、負けない!(ポプリよりも高く跳ねつつ)
        じゃ、決まり! リフィたちの部屋、ここ
        -- 2010-06-27 (日) 23:56:28
      • (ぴょーんぴょーん)むぃー…高いでしー(かてない)
        おー!早速行ってみるでし〜♪ -- ポプリ 2010-06-27 (日) 23:58:44
  • こーんにちはー…リフィ学園にまた行ってるって聞いたんだけどー(精霊樹の木刀を片手に大樹に傍にやってくる) -- タツマ 2010-06-27 (日) 21:43:42
    • (暑いので泉に足をつけて涼んでいる)ん…? タツマ、こっちー。
      リフィはメイド、っていうとこにいる。
      -- 2010-06-27 (日) 21:46:44
      • ここは天然で涼しくていいね…魔力使わないで済む。こんにちはリフィ、シェーラはさっきまで呼んでたね(暑かったので道中召喚していたようだ)
        …メイド科? …リフィ、メイドになりたいの?(隣に座ると目を丸くして) -- タツマ 2010-06-27 (日) 21:53:46
      • 水玉の傍は涼しい、リフィも知ってる。(泉は魔法がかかっているのか周囲が心地よい温度になっている)
        ううん、リフィはメイドよくしらない。 でも楽しいってラゼンシアが言ったから入った。 楽しい。(理解していないがとりあえず楽しんでいるようだ ばちゃばちゃと足で水飛沫をあげる)
        -- 2010-06-27 (日) 21:56:34
      • 勝手に涼しくしてくれるのか…いいなぁこの環境。うちの庭に池を…さすがに無理か…あー、これ気持ちいいね(自分もブーツを脱いで素足をつけてみる)
        …メルリーィさんじゃなくて先生の差し金か…! 楽しいならいいんだけどね、精霊…大地の長としては何か変わった事ある?(木刀を膝の上に乗せて) -- タツマ 2010-06-27 (日) 22:01:19
      • リフィ暑いの苦手だから、水玉やってくれた。 タツマも気に入った?
        うん。 制服欲しいって言ってた。 リフィ、ラゼンシアに制服あげた。(らしい)
        長として……? んー……(タツマの膝の上にある木刀を手に取って) 説明するの難しい。 でも、できるの増えた。(手持ち無沙汰に木刀を膝の上で転がしたりしながら)
        -- 2010-06-27 (日) 22:06:44
      • リフィは熱というか火は鬼門だよね…そういえば。塩水もダメ?(植物が枯れる事があるので聞いてみる)
        ……なるほどー……いや、うん。別に僕が言う事じゃないんだけどありがとうね?(なんとなく)
        ?(木刀の行き先を目線で追い) 出来る事は増えたか…じゃあ聞いてみたいんだけど、僕に憑依するとかその手の事は? -- タツマ 2010-06-27 (日) 22:12:14
      • 暑いのも、寒いのも、だめ。 リフィよく燃えるし凍る。 んー? 塩水、大丈夫。 でも浮かない。
        リフィ、12cmの制服もらうの、どうしてって聞かれた。 でも買えた。?? うん? どういたしまして?(よくわからないのでとりあえず返す) 
        (今度は柄を握って木刀を立てる と、何かしらの金属でコーティングされてすぐに元に戻った ただやってみただけ、というだけのようだ) 憑依……? できる、はず。
        -- 2010-06-27 (日) 22:19:35
      • まさに植物…大地よりやはり、樹の方が強い感じだ…あ、塩水大丈夫なんだ…海水浴は行けそうだね
        …というか妖精サイズの制服、あったんだね…いや、先生が趣味に走ってけしかけたんだろうから…ははは
        …前言撤回。大地の方もちゃんとなってそうだ…。はず…まだ試した事が無いのかな。今日は木刀の名前とそれに纏わる技が出来たのでも教えようと思って来ただけなんだけど(そういえば魚居ないのかなと池を見てみる) -- タツマ 2010-06-27 (日) 22:24:45
      • 海水浴!! リフィ行きたい!(ばちゃばちゃ) でも、浮かないから、泳げない…(しょんぼり)
        学園で、売ってた。 ちっちゃいのも、すごく大きいのも。 うん………??(裏事情は全く知らず)
        リフィは大地の精霊!(胸を張り) おかーさんもラゼンシアも出来る、て言う。 でも、やったことない。 技できたの?? リフィ見たい!(木刀をタツマに返しながら)
        -- 2010-06-27 (日) 22:29:36
      • うーん…樹なら浮くんだし練習次第でなんとかなるんじゃ…泳ぎ方は知ってる?
        それは想定外だった…クリスタの分も買ってあげないと…あ、うんそれはこっちの話だからいいよ
        植物よりかと思っ絵ったんdなけどねー…まぁ、先生達は妖精だしリンクしやすそうだけど僕は人間だからなー…出来た。けどどちらかというと「これ」は水よりなんだよね…それと物騒だから場所を変えないと。いい?(木刀を受け取り) -- タツマ 2010-06-27 (日) 22:35:08
      • ううん、大地は水の下にある。 だから、絶対浮かない。(はっきり言い切った)
        クリスタ… クリスタ、授業であった。 ちっちゃかった。 うん、買ってあげて。
        人間だと、難しそう。 色々違う。 ………んー…もっと向こうの広いとこいく?(とりあえず見てみたいようだ)
        -- 2010-06-27 (日) 22:39:18
      • む、そうなの? そういう概念なら仕方ないな…樹で作った海に浮く船とかもあるんだけどね、この世界には(他ならぬ大地の精霊の言なのでとりあえず納得し)
        みたいだね、ちっちゃいけどいい子…だと…思うから仲良くしてあげてね。了解
        でもまあ、契約してる以上やって欲しいから…今度お願いするよ。じゃあ移動しようか…シェーラ!(立ち上がりブーツを履いてから池に手を差し出す。相応の魔力消費で水の精霊の本体を呼び出すために) -- タツマ 2010-06-27 (日) 22:51:07
      • リフィは樹だけじゃない、から浮かない…。 残念。
        ん、クリスタ賢かった。 リフィ知らなかったことも知ってた。 し……しもへい?
        いいの? んー…じゃ、リフィも練習しとく。

        夏は…よくお会いしますね……(くすくすと柔らかな笑みを浮かべて現れる) -- 2010-06-27 (日) 23:00:13
      • ……ああ、金属は浮かないね……例外はあるかもしれないけど
        逆にクリスタが知らない事もあると思うけど…でも大分人慣れしてきたからなぁ…しもへい?
        今日は水よりだからリフィに貸して貰う力は木刀の分だけで十分だから…お願いね。はい、夏は頼りっきりだね…冷房用の魔導器より効率がいいし…じゃあシェーラにも力を借りるよ…せっかくだし憑依して貰おうか…いい?(開けた場所まで歩くと木刀を両手で構え) -- タツマ 2010-06-27 (日) 23:06:08
      • ん。 大部分は浮かない。
        そうなの? リフィ知ってたら教える。 しも………シモヘイヘ! クリスタが知ってた。
        おー…シェーラ憑依する? リフィ見てる。(少し離れた所にちょこんと座って)
        わかりました…(両腕を広げてタツマの背後から包み込むように。 憑依開始) -- 2010-06-27 (日) 23:16:10
      • 残念。浮輪とか用意するか…足がつくプールかな…
        うん、何かこう集める知識が偏ってたりするから……ああ、確か有名な狙撃兵の…? なんでクリスタが知ってるんだろう(?マークが頭上に浮かぶ)
        (憑依しやすくする為の呪文で魔術的に体内を整調する)
        海は幅広く、無限に広がって流れ出すもの
        水底の輝きこそが永久不変
        (木刀に魔力を注ぐと周囲が凍結する…はずなのだが。魔力を僅かにしか注がず、木刀の周りに霧が発生し始めた) -- タツマ 2010-06-27 (日) 23:23:35
      • 浮き輪リフィ持ってる。
        タツマが教えた、違う? クリスタはシモヘイヘ好き………? だから調べた…?
        (調整された体内へと宿る 済んだ水の清流が内に宿る感覚)
        (思い出したならば、クゥのそれとは全くタイプが違う)
        ………(狭められている魔力にも何か理由があるのだろうと察しており、タツマを信頼して何もしない)
        霧…? -- 2010-06-27 (日) 23:33:34
      • じゃあ浮き輪を持って行ってみるのもいいかもね…いや、好きではないと…思うけど(苦笑して返し)
        (内心、合わせられてるなと頼もしく思いつつ…この感覚を覚えておく)
        (そのまま霧は前方に直線的に50m程度にまで広がる。シェーラの感覚からすればまだ10倍は伸ばせそうだがそこでタツマが上段に木刀を振り上げ)
        開眼せよ……村雨!
        (銘を名乗ると同時に振りおろせば。50m程の領域が空気を裂いて破裂。空中の地面に深い傷跡を穿った。極めつけに、霧であった水分が全て凍結。氷刃とかして空中を乱舞した) -- タツマ 2010-06-27 (日) 23:46:10
      • うん、行くなら浮き輪持ってく。 …違った…………。
        んっ!!!(地を抉り、氷刃が宙を舞うと精霊は思わず目を見開いた)…………すごい。
        大きな、刀。

        …手加減して…この威力…… お見事です…… -- 2010-06-27 (日) 23:54:06
      • 万が一沈んだら大変そうだから誰かと一緒に行くんだよ…たぶん
        (木刀を降ろして一息吐いて。氷刃も消え去り)
        ふぅ、ありがとうシェーラ。もういいよ…そうだね、今の範囲がもしシェーラに憑依して貰わないでやった場合の限界かな…目標は1km何だけど。範囲攻撃が欲しくて…ね -- タツマ 2010-06-28 (月) 00:06:31
      • ん。 大丈夫、リフィ沈んでも死なない。
        タツマはこういう、強いの好き?
        お疲れ様です…(憑依を解き、姿を現し) 範囲攻撃を…お望みですか…… -- 2010-06-28 (月) 00:16:31
      • …思ったより便利だ…!
        本当は平和な術式を探求した方がいいのかもしれないけど…ね。どうにも…もっと強く、もっと高みに…目指したくなるんだよね(遠くを見る目でリフィに答え)
        んー…そうだね。狭い範囲での必殺性はある程度得たから…あ、ともかく。さっきのがこの木刀の名前という事で(木刀をリフィとシェーラに見えるように掲げ) -- タツマ 2010-06-28 (月) 00:22:20
      • リフィ息してない、から。 それに、もともと下にあるのが大地。 何も問題ない。
        ん。 タツマ強いの好き、わかった。(シェーラに目配せしつつ)
        村雨が名前。 カッコイイ!(はしゃぐ精霊) リフィたちの剣、カッコイイ名前になった。

        そうですか…。 ……(水の精霊も地の精霊に目配せした) …! ありがとうございます… その名に応えられるよう…頑張ります……ね… -- 2010-06-28 (月) 00:32:30
      • なるほど…うん、いやしないのはいいんだけど…自力で上がってこれる?
        まあ、思う所が無いでもないんだけど……? どうかした?(不思議そうに精霊二人を交互に見て)
        ある有名な刀から貰ったんだけどね…気に入ってくれたならよかった。うん、こちらこそ。貰った物に恥じない強さを身につけるから -- タツマ 2010-06-28 (月) 00:42:58
      • んー……歩いてたらそのうち??
        なんでもないっ(にっと笑ってタツマの方を見た精霊二人)
        有名なの? リフィ今度調べる!

        (知っているけどそっとしておく水の精霊)ふふ………… いつでも、応えてもらっています…… -- 2010-06-28 (月) 00:48:12
      • ……えーと、道に迷って深い所に行かないようにね……(圧力とか大丈夫かなと心配しながら)
        …? まあ、それならいいかな(この二人に限って特に悪い事もないだろうと信じてるので追求もロクにせず)
        うん、学園の図書館で武器についての本とかあれば分かるんじゃないかな…? 応えられてるといいんだけどね…と。そういえばリフィはともかく、シェーラって物を食べたりする趣味はある? -- タツマ 2010-06-28 (月) 00:56:32
      • (過保護な妖精と優しい精霊が守っているから大丈夫だって話だ)
        リフィ学園での楽しみ増えた。

        私は……余り食べませんね… 勧められて、何度か食したことはありますが… -- 2010-06-28 (月) 01:04:09
      • …まぁ今まで大丈夫なら大丈夫かな(軽く頷いて納得し)
        メイド科で何を教わるか分からないけど頑張って楽しんでね…む、シェーラはあんまりか…いやね(空間制御で何か引っ張り出す。箱だ)
        せっかくだしアイスケーキ作ってきたんだけど…リフィしか食べない?(二人に箱を見せ) -- タツマ 2010-06-28 (月) 01:11:08
      • メイドの勉強する。 んと…(シャツの裾を引いて) お帰りなさいお嬢様(ぺこり) 間違えた。 タツマお嬢様じゃない。
        リフィだけだとつまらない、シェーラも一緒に食べる。
        ………そうですね。 折角ですし、頂きます -- 2010-06-28 (月) 01:27:56
      • メイドの勉強というとテーブルマナーとか給仕の方法とか…?(シャツを引かれる)…お嬢様ー!? …そうだね…うーん、仮に僕がリフィをメイドさんとして雇ったら…旦那様…かご主人さま…になるのかなぁ…貴族とかじゃないからピンとこないけど(首を捻り)
        よしよし。じゃあ三人で食べようか……お皿が無い(シェーラ召喚中なのをいい事に氷で皿とフォークを作り。ナイフも作って三人前に切り分ける)
        …はい、どうぞ二人とも -- タツマ 2010-06-28 (月) 01:34:27
      • お帰りなさいませ旦那様(改めて) うん、こう。 ………テーブルマナー、難しい。 覚えられない。(苦い顔で)
        氷の…アイスケーキ溶けない、偉い。 頂きます。(ナイフは使わずにフォークだけで小分けにして食べている テーブルマナーを覚える日は遠そうだ)
        頂きます……(一方でこちらは優雅にナイフとフォークを使い分けている 使う機会はそうそうないのだが覚えてはいるらしい) 冷たい…ですね…… -- 2010-06-28 (月) 01:42:17
      • …そんな感じかな? 使う機会があるかどうかはともかく……んー、あれは反復練習だと思うから…頑張って。普段の食事から気をつけてみるといいかも…
        今シェーラが居るから凄い簡単だった。術式もいらないでほぼイメージするだけ(リフィの食べ方を見ながら苦笑し)
        シェーラはソツがないよね…うん。暑い時期だからこういうのが美味しい(自分も出来るだけ綺麗に食べ始め) -- タツマ 2010-06-28 (月) 01:46:53
      • リフィ将来メイド…じゃない。 から、使わないかも。 でも楽しい。
        (まぐまぐと食べながら)ふーん…リフィもう水の魔法使えないから、わからない。
        長く生きていますから… メルリーィさんに付き合って食べた…時以来ですが…… ふふ、たまには…こういうのもいいですね…… -- 2010-06-28 (月) 01:56:50
      • だね、まあ色々やってみるのは間違いなく今後の経験になるよ
        そっか。封印の枷があった頃は使えたんだ…精霊も便利な事ばかりじゃないねー…リフィの力だとそのまま木製スプーンとか作れそうだ
        長く生きてる、か…(少し黙り、樹を取り直して)…ん、また機会があったら一緒に食べてくれる?(魔力消費もバカにならないのだがそんな事は気にせず) -- タツマ 2010-06-28 (月) 02:03:43
      • うん。 おかーさんもおとーさんもそういってた。 ラゼンシアも。 タツマも一緒。
        精霊は、妖精より制限が多い。 便利じゃない…。 樹のスプーン…(大きいしゃもじくらいの大きさのスプーンができた)…………あれ?
        いいのですか…? こうしている間にも…魔力が………。 負担になっていませんか…? -- 2010-06-28 (月) 02:09:47
      • ほぼ皆一緒の見解か、それだけ確かって事だよね。うんうん
        魔術という観点から見ると1属性に縛られるのは不自由だからねー…特化はこの上なく強力でもあるけど……しゃもじ?(素直な感想)
        魔力量は上がって着てるしなんとか…どうしても気になるなら小さいシェーラでもいいけどね。ダメかな? -- タツマ 2010-06-28 (月) 02:13:19
      • ん。(頷いた)
        しゃもじじゃない! スプーン!!(むーっと口をへの字に曲げた)

        リーフフィールド…、大きすぎです…。(ツッコミまで穏やかな精霊)
        いえ…大丈夫なら、いいのですが……。 小さな私では言葉が不自由ですし…。 -- 2010-06-28 (月) 02:18:51
      • (リフィの様子に思わず笑い)ああ、そっか。話の流れ的にそうだったけどつい…大きいスプーンだなぁ
        まあ、食事中だけなら1時間もかからないし…大丈夫じゃないかな? あれあれで可愛いけどね、御馳走様でした(ケーキを食べ終え) -- タツマ 2010-06-28 (月) 02:23:04
      • むー………そんなに変??
        (むくれていてもしっかり食べていたので)ごちそうさま。 美味しかった。

        かわ…いい………ですか……!? あれが…………?(珍しく表情が崩れた)
        あ…ごちそうさま…です…… -- 2010-06-28 (月) 02:33:26
      • スプーンとしてはちょっと変かな…次は頑張ってねリフィ
        …今、凄く珍しい物を見た…可愛くないかなあのシェーラ。全体召喚だと落ち着いた美人風だし…と、そろそろ帰るから…ありがとう、お疲れ様(シェーラの召喚をゆっくり解除し)
        じゃあ、リフィもまたね(軽く手を振りつつ帰っていった) -- タツマ 2010-06-28 (月) 02:38:24
      • むぅ。(後日タツマの部屋に大量の木製スプーンが届けられたとか)
        ………何と返せば良いのか分かりません…。(召喚解除されながら呟いた)
        ん、またね。 -- 2010-06-28 (月) 02:48:27
  • (きょろきょろ)ここに一緒に住む人がいますでしか? -- ポプリ 2010-06-27 (日) 16:14:42
    • まだ帰ってきてないみたいでしかー…(ぽてぽて) -- ポプリ 2010-06-27 (日) 18:30:39
      • (ばたばた走って帰ってきた)
        今日、部屋決まる…遅れた………。
        -- 2010-06-27 (日) 21:33:13
  • ここがリフィちゃんのハウスね・・・ (お土産を手にログハウス前に現れた) -- リノン 2010-06-25 (金) 18:11:36
    • リノン! よくきた。 遊ぶ?(嬉しそうに出迎える精霊) -- 2010-06-25 (金) 21:00:11
      • やーリフィちゃんこんちゃ! リフィちゃんは普段どんなことして遊んでるんだろう。 と、これこないだのお返しついでのお土産!
        (水羊羹を取り出し) そろそろ水羊羹が美味しい季節だよねー -- リノン 2010-06-25 (金) 21:49:01
      • (//自分のところを見逃していた悲劇…ごめんなさい!!)
        リフィはね、んー…お庭いじり? あと魔法使ったり。 歌ったり。
        暑い、からおいしい。 冷たいともっと美味しい。
        -- 2010-06-26 (土) 08:00:45
      • (//いいのよ!)
        お庭のあるおうちいいなぁ! リフィちゃんなら魔法で自由に弄れるんだろうなぁ。 歌、か... (人には聞かせられない自分の美声に冷や汗を垂らしながら)
        冷やしてから縁側で冷たいお茶と一緒にどうぞ! おいしいよ -- リノン 2010-06-26 (土) 08:25:56
      • ん。 リフィは庭広いからここにいる。 でも、寮入る。 暫くお別れ。
        リノンは歌きらい?? 楽しい。  ありがと!(両手で受け取る)
        -- 2010-06-27 (日) 21:32:37
      • (いえいえどういたしまして、と会釈し) あ、そっか。あたしも今日から寮に入ったんだー。M科の子と一緒なんだよー。楽しくなりそうだね!
        歌は大好きだよ!ただちょっと発声に難有りで・・・ もっと上手くなるように努力するよ、うん! -- リノン 2010-06-27 (日) 21:45:37
      • !! リノンも? それじゃ、リフィたち近い。 楽しくなる!!
        リフィもM科の子と一緒。(にこっと笑って)これからきっと、いつもより楽しい。  皆で歌ったらきっと上手になる。
        -- 2010-06-27 (日) 21:51:24
  • (今日も今日とてリフィの洗脳説得にやって来る黒いの)リフィーいるかー? -- マオウ 2010-06-25 (金) 08:43:49
    • (草に水をやっている精霊)……マオー! あざとやさしい、マオウ。(覚えてた、と胸を張り) -- 2010-06-25 (金) 11:39:48
      • リフィはいい子だな、でもあざとやさしいじゃなくてやさしいマオウだからな?はい、もう一度(頭をぽんぽんしながらクッキーを取りだす) -- マオウ 2010-06-25 (金) 11:53:17
      • んー……あざ……やさしいマオー。(視線はクッキーへ)
        そうだ、リフィ紅茶の葉っぱ育ててる。
        -- 2010-06-25 (金) 12:00:46
      • むー……(腕組み)半分だからクッキーも半分!(ぱきっと折って手渡し)
        ふむふむ植物の精霊らしいや、でもその力で一気ににゅー(下から上へのジェスチャー)って伸ばしたりはしないのか(葉っぱを覗きこむ) -- マオウ 2010-06-25 (金) 12:16:04
      • えー。 半分……(恨めしそうにもう半分を眺めながめたがすぐにひらめいて) これなら、一緒に食べれる。
        すぐににゅーって出来る。 でも、できるのはやすぎる。 一番美味しい時、来月にする。(艶々のはっぱだ)
        -- 2010-06-25 (金) 12:22:17
      • うぐぐ、そう切り返されるなんて……リフィは賢いな(撫でくり撫でくり)じゃ一緒に食べようぜ、特製蜂蜜をたっぷり使ったハニークッキーだし(さくさく)
        えーと、つまり伸ばすのは出来るけど逆に縮めるのは無理ってことか、一番いい時期を逃したら勿体ないもんな確かに(頷く)あれ?来月って事は学祭に合わせてるのか(ほへーと感心する黒いの) -- マオウ 2010-06-25 (金) 12:26:26
      • リフィえらい?(うれしそうに撫でられている) 蜂蜜…おいしそう、頂きます。(もぐもぐ) おいし。 マオーお菓子上手!!
        縮めたらかわいそう。 だからしない。 リフィは学園祭に美味しい葉っぱ持ってく。
        -- 2010-06-25 (金) 13:42:26
      • そっか美味しいかー(にへーと表情を崩して)へへ、流石にもう20年以上もお菓子作り続けてるからな
        ラゼンシアには及ばないけどそれなりには作れてると思うし、リフィも頑張ってるならオレも頑張って美味しいケーキつくらねーと(ぐぐっ)
        それじゃそろそろ冒険に出発しようかなぁ、んじゃまた教室でな! -- マオウ 2010-06-25 (金) 14:02:44
      • ラゼンシアも、マオーも上手。 おかーさん下手。 妖精でも色々。
        お祭り楽しみ、うまくやる。 ん、またね。
        -- 2010-06-25 (金) 14:08:01
  • ん、この二ヶ月くらいお疲れ様。たぶんまた会うだろうしそのときはよろしくね
    (ふと目に入って開いてみた青文字名簿がちょうど同行者だったのでせっかくだから挨拶していった) -- マーチ? 2010-06-23 (水) 21:04:49
    • おー。 酒場の人だった。 リフィ知らなかった。 これからもきっと一緒、よろしく。(ぺこり) -- 2010-06-23 (水) 21:18:12
  • …………フンスフンス(「匂いを嗅ぎながら森の中の家を探すトナカイ、その後ろにはいろいろ入っているソリを引いているようだ) -- トナカイ 2010-06-19 (土) 20:35:02
    • (強い緑の香りがするが、ある種の甘い香りが家へと続いている…) -- 2010-06-19 (土) 22:35:44
      • …………!(不思議な匂いに気付き、それを辿って歩き出すトナカイ) -- トナカイ 2010-06-19 (土) 22:43:17
      • (香りをたどっていくと小さなログハウスがある その前には精霊が座ってまっているようだ) -- 2010-06-19 (土) 22:44:58
      • …………(目的地に付けたようでどことなくほっとした様子の雰囲気を出すトナカイ)
        ……(気を取り直してソリに頭を突っ込み中からケーキ入りの箱を取り出して玄関先に置くトナカイ) -- トナカイ 2010-06-20 (日) 07:11:59
      • (ケーキを拾い上げてにんまり)ん、ディエート忘れなかった… うれし。 -- 2010-06-20 (日) 23:30:12
  • ……この辺りかなあ、明らかに……(ダウジングロッドを使って森の辺りまで来ると、ロッドが指し示す方向へ更に進んでいく)
    (恐らくその先にひと際大きな樹があると見当をつけて) -- タツマ 2010-06-13 (日) 23:57:03
    • (美しく、緑に溢れた森が、草花がタツマを歓迎する)
      (タツマの想像通り森の中には大きな木があり、そのすぐ傍に小さなログハウスがある)
      -- 2010-06-13 (日) 23:59:15
      • 歓迎はされてるみたいだなあ………ん? 樹…だけじゃないな、水……(別種の力も感じたのか、ログハウスの前でぐるりと視線を巡らせ)
        …とりあえずいこう(ログハウスの扉をノックする) -- タツマ 2010-06-14 (月) 00:07:01
      • (周囲を見渡せば大地だけではなく水の力もありありと感じることが出来るだろう)
        (大木の傍には美しい泉もあり、水の精霊の気配が強い)
        (ログハウスの扉をノックしても返事はない 静穏に包まれている)
        (だが、大木の影から視線を感じるかもしれない)
        -- 2010-06-14 (月) 00:10:06
      • …いない? じゃあ水の力の出所は……あれか(探さなくてもすぐわかった、大木の傍に泉がある。そちらの方に歩いて行き)
        ………?(泉の傍まで着た所でくるりと視線を感じた方に振りかえる) -- タツマ 2010-06-14 (月) 00:19:22
      • (泉からは笑っているような、苦笑しているような…そんな雰囲気が伝わってくるだろう)
        (タツマが振り返ると緑の髪が一瞬見えたが、すぐに木の後に隠れた)
        -- 2010-06-14 (月) 00:23:24
      • (そこに何かが居るのかはもう分かっていた、ので背中側に手を回して挨拶代わりに軽くひらひら振り)
        ……リフィ? 今ちょっと見えたよ?
        (苦笑いしながら樹の後ろに声をかける) -- タツマ 2010-06-14 (月) 00:26:44
      • (水面が僅かに揺らめき、手に応えた)
        いない、リフィなんていない。(明らかにご機嫌斜めな声が木の後から響く)
        -- 2010-06-14 (月) 00:36:03
      • (泉の気配とはコンタクトが取れたようなので一旦手の動きを止めて)
        …リフィ、いないなら答えないようにしないと…もしかして怒ってる?(樹の方に一歩近づき) -- タツマ 2010-06-14 (月) 00:43:22
      • いないってば。(タツマが一歩近寄ると一歩木の裏側へと回り込む) -- 2010-06-14 (月) 00:45:28
      • えーと………(とことこ歩いて大樹にまで歩み寄ると、そこに手を当てて)
        ……色々ごめんね?(謝罪した) -- タツマ 2010-06-14 (月) 00:59:34
      • (ちょうどタツマの真反対側に立ち、木に背を預けて)
        …………。 タツマは、もうリフィの力、要らない。 だから、返した? リフィ悲しかった。
        -- 2010-06-14 (月) 01:10:10
      • …あー、もしかして黙っててくれたの…かな?(泉の方に振り向いて、声をかけるとまた樹の方を向き)
        そういう事じゃないんだけど…ん、ブレスレットを返した時に僕が何をしてたか…ちゃんと話そうか。少なくとも要らないから返した訳じゃないんだよ(ゆっくり説得するように声を投げ) -- タツマ 2010-06-14 (月) 01:17:08
      • (泉の精霊は慈悲深く、また思慮深い 事の顛末は自分の口からではなく本人の口から直接語られるべきだとちゃんとわきまえていた)
        じゃあ、どうして?(木の反対側から顔だけ覗かせて問う)
        -- 2010-06-14 (月) 01:25:20
      • (水の精霊に感謝しつつ言葉を考え)
        ん、僕はあの時先生と戦ってたからね…殺すつもりで。仮にもあの世界の精霊のリフィをそれに参加させるわけにはいかなかったんだよ(顔を覗かせたリフィの方を向いて) -- タツマ 2010-06-14 (月) 01:36:42
      • 殺す? ラゼンシアを?? どうして、タツマはラゼンシアのこと、好き。(深い意味は無い、純粋な言葉)
        どうして、殺すの? リフィはそれは、手伝えない。 リフィはラゼンシア、好き。
        -- 2010-06-14 (月) 01:40:58
      • ああ、そうなんだけど…ね。だからこそ…自分が死ぬ可能性もあることを知って貰いたかった
        ああ、もう殺さないから大丈夫だよ…その件は片がついたから…ね。ともかく、そういう理由で…先生が好きなリフィを僕の側に居させるのは不味いと思って一旦ブレスレットを手放したんだ -- タツマ 2010-06-14 (月) 01:52:49
      • ?? ラゼンシア、死ぬの? リフィは、ラゼンシア、おかーさん、キアラは死なないって、生まれたときから知ってたよ。 死ぬの?
        んー……リフィまだよく分からない。
        -- 2010-06-14 (月) 02:02:19
      • 不可能ではないよ、次にやろうとすれば相当苦労するだろうけどね…種は割れたし。ま、そんな事は無いから安心して
        いつか…僕がやった事の意味も分かると思う。それにこれからはきっとそういう事もないから…もう一度、君「達」の力を僕に貸してほしい(泉の方にも聞こえるように) -- タツマ 2010-06-14 (月) 02:10:06
      • ………???? だって、死なないって…。(不安そうに顔を顰めた) リフィたちは死ぬよ、でもおかーさんたちは死なないんだよ、皆、そう知ってるよ……?
        リフィにも、分かるの? …………。

        (泉が揺らめいてヒトガタを取る)'私は……構わない…… でも、リフィは…まだ納得がいかない? -- 2010-06-14 (月) 02:20:19
      • …さすがにもう一度やれと言われても証明は出来ないけど。あの世界の人はともかくリフィ走っておいた方がいい…永遠はあっても、不滅は、無いんだ(噛んで含めるように一言ずつ言葉を告げ)
        分かる、リフィはちゃんと成長していくはずだから…信じてるよ
        …シェーラも、ごめんね?(ブレスレットを外した時と同じように謝罪をしておく) -- タツマ 2010-06-14 (月) 02:30:00
      • どうして………? 死んじゃったら、不安。 怖い。 でも、知っていた方がいいの? ……むう……。
        シェーラは、いいの? シェーラは知ってて、タツマに力をもう一度貸すの??

        知っている。 何があったかも、知ってる…… それでも、私は納得をしている……。 だから再び力を貸そう…タツマ・ベルモンド……… -- 2010-06-14 (月) 02:36:48
      • …そうだね、怖い。でもそれは、生きてるものなら当然の怖さなんだ…だからちゃんと知って抱えて行かないといけないんだよ…きっと
        (リフィとシェーラのやりとりを見つつシェーラの方に振り向いて)
        …少し、喋り方変わった?(そんな事を問う) -- タツマ 2010-06-14 (月) 02:50:31
      • 皆怖い? タツマも?
        ここにいるの、シェーラの一部、水玉。 ほんとはもっと偉そうな態度、でも今頑張って穏やか。 だから混ざっておかしい。(水の精霊を指差して笑う)

        …………。 そういうこと…。(恥ずかしいのか、やや俯きがちに) -- 2010-06-14 (月) 03:07:36
      • うん、普段からいつも気にしてる訳じゃないけど…ね
        ああ、リフィと違って全部ここにいるわけじゃないのか…水玉さんとは初めて話す気がするね?(ちょっと嬉しそうに)
        ん、全体で着たいなら呼ぶけどどうしよう(水玉を見て) -- タツマ 2010-06-14 (月) 03:12:28
      • ふーん…。 タツマも、リフィも、一緒。(に、と笑いかけ)
        呼んで…欲しい……… 中途半端なままではなく…きちんと、したい… -- 2010-06-14 (月) 03:22:52
      • …そうだね、一緒だ。人間と精霊でも、ね(頷き。水玉の言葉を聞くと息を吸い)
        海は幅広く、無限に広がって流れ出すもの
        (一節の詠唱と共に水玉に手を差し伸べ、莫大な魔力を解放する) -- タツマ 2010-06-14 (月) 03:28:45
      • (精霊もまたタツマに手を伸ばし、重なる頃には完全体が召喚された)
        ありがとうございます……
        シェーラ、ちょっとこっち!(水の精霊の長を手招きし、再び木の反対側へ)
        (精霊二人はなにやら話し合っている)
        -- 2010-06-14 (月) 03:38:15
      • 久しぶりだね、詠唱の続きはまた今度に(手が重なるとシェーラに微笑み)
        ………?(とりあえず耳を澄ませる程度の事はしてみるが積極的に追いかけたりはしない) -- タツマ 2010-06-14 (月) 03:42:29
      • (ほどなくして二人で戻ってくる 声を潜めていたのか会話内容はあまりわからないだろう)
        ん。 おまたせ。

        タツマさん、これを………。(水の精霊の長が差し出しているのはなじみのあるブレスレット そこには地の精霊の長のチャームも付けられている) -- 2010-06-14 (月) 03:58:12
      • …二人で何を話してたんだい?(よく聞こえなかったので不思議そうに)
        …あ。ありがとうシェーラ…よし(チャームもついているのを確認すると、受け取り左腕に早速嵌めた。ほっと一息つく) -- タツマ 2010-06-14 (月) 04:02:58
      • お話、秘密! 教えない。 でも、リフィは…んー…まだわからない、けど、タツマに力を貸す。
        いつでも……力になりましょう………… -- 2010-06-14 (月) 04:05:45
      • 気になるなあ……ありがとう。まあ今日の話はまた今度、気になったら聞きに来てね
        シェーラもありがとう、これからもよろしくね(軽く頷き) -- タツマ 2010-06-14 (月) 04:14:40
      • ん。(頷く) 分かっても、分からなくても、行く。 リフィ暇。
        よろしく、タツマ。 リフィの力、ちゃんと役立てて。

        はい…よろしくお願いします…… -- 2010-06-14 (月) 04:18:22
      • ……暇なんだ……ま、僕も大抵暇してるし丁度いいかな。
        よろしく、ちゃんと使わせて貰うよ…よし、それじゃ今日は帰るから。またねリフィ、シェーラ(ブレスレットを軽く撫でつつ、一旦家に帰る事にした) -- タツマ 2010-06-14 (月) 04:21:09
      • (二人の精霊はその背中を見送った) -- 2010-06-14 (月) 04:25:37
  • ふぃー。 -- 2010-06-11 (金) 13:03:33
  • 掃除大事。 -- 2010-06-11 (金) 13:03:21
  • お掃除ね… -- 2010-06-11 (金) 13:04:01
  • (メルリーィの調査メモ)
    資料とエンリケの魔力を入手」
    -- 2010-07-06 (火) 00:57:18
  • (家の前から空間の力を感じるかもしれない) -- タツマ 2010-07-20 (火) 03:44:21
    • ……キアラ…?(家の前の気配に呟く)
      いえ、違うわね…キアラだったら…目の前にくるもの……ということは…タツマ君かしら…(そう言いながらも玄関へ向かう)
      -- 2010-07-20 (火) 03:47:41
      • (魔力切れで玄関前でぶっ倒れているタツマが居たのだった)
        (//長々と話してた挙句に恐縮ですが以下文通でお願いしたく…!) -- タツマ 2010-07-20 (火) 03:56:27
      • …あら………?(来るなり倒れているタツマを介抱しながら起きるのを待った)
        (//分かりました、文通スイッチオーン!)
        -- 2010-07-20 (火) 04:04:09
      • …あー…ダメです先生。そんなに食べたら在庫が…(寝言)
        (しばらく昏倒していたが魔力の回復と共に目が覚める)……おはようございます(場所は予測通りなのであんまり驚いていない) -- タツマ 2010-07-20 (火) 23:13:54
      • (らしすぎる寝言に思わず笑が漏れたが、タツマが起きる頃にはいつもの表情に戻っていた)おはよう…… ずいぶんと…無理をしたみたいね……(おでこに手を翳して容態を探る) -- 2010-07-20 (火) 23:17:22
      • 色々焦ってたというかありまして…精霊の長の同時召喚は自前の魔力だけでは厳しいですね
        シェーラこっちに着てますよね? -- タツマ 2010-07-20 (火) 23:23:07
      • 当然よ…。 長なのだから……魔力消費は…普通の精霊とは…比べ物にならないわ……
        ええ…なにやら…様子がおかしかったから…休ませているけれど…こちらに帰ってきているわ……。 何があったのかしら…?
        -- 2010-07-20 (火) 23:27:12
      • まあ無理でしょうが、なんとか2人同時くらいはやってみせたいんですけどねぇ…今後の課題にしておきます(苦笑いして)
        やっぱりか…すいません。僕のせいですねそれは…まさかこっちの世界でも修正が起きるとは思って無かった(苦い顔になり) -- タツマ 2010-07-20 (火) 23:32:00
      • 魔方陣の力を借りるなりして…負担を減らす努力をしてみてはどうかしら… とっさの融通は利かないけれど…話をするくらいなら…問題はないでしょう…
        修正………? 何らかの強制力が働くこと………そう、シェーラは無理をしたのね…。
        -- 2010-07-20 (火) 23:35:24
      • 魔法陣ですか…ふむ。考えてみましょう…そして、ついでにシェーラが寝てるうちに…シェーラが喜びそうな物を教えて欲しいんですが
        無理させちゃったなぁ…とりあえず、なんとなく修正が起きる要因は分かった気がしますけど -- タツマ 2010-07-20 (火) 23:55:10
      • シェーラが喜びそうな…? そうねえ…清浄な水に満ちた場所…かしら……。 物欲は無いに近いから…そういう場所に連れて行って上げるのが…一番よ…
        ………要因…? どういう、ものなのか…聞いてもいいかしら…?
        -- 2010-07-20 (火) 23:58:54
      • ええ、いい加減正式に契約したいと思いまして…それと精霊滴というのも探しに行かないと。清浄な水……海…って訳には行きませんよねぇ…(押し黙り)
        ……そうですね。メルリーィさん…自分が創造した時の事はどの程度覚えていますか? -- タツマ 2010-07-21 (水) 00:03:32
      • こちらの世界には…まだ色々な場所があるもの…きっと探したら…美しい場所があるのではないかしら………。 ヒントとしては…そうねえ…私がシェーラと契約した時に…何をしたか…教えましょうか…?
        精霊雫は……リフィの場合とほとんど同じね………シェーラの住処に行けば…手に入ると思うわ…
        …? 私が創られた時、というこかしら…??
        -- 2010-07-21 (水) 00:13:28
      • 水を湛えた美しい場所……湖かなぁ…いや、滝の方がいいかも…ええ、色々ありますから……むう、聞いてもいいんでしょうか
        リフィの時はギルゼットさんから貰いましたからねぇ……シェーラの住居はどこに…とそういえば聞きたかったんですが、これ使えばメルリーィさんや先生に道具借りなくても向こうにいけますっけ…?(時間の魔剣を掲げ)
        ええ。またはそうですねー…意識をついて最初に見た物はなんですか? -- タツマ 2010-07-21 (水) 00:20:15
      • ふふ…自力で頑張りたいというなら……言わないで置くけれど…
        シェーラの住処は…以前…地の中枢に行ったと思うけれど…あれの…水属性のところにあるのよ… 行きは…そうね、直接座標を教えた方がきっと早いわね…
        ええ…その魔剣には…もう空間の力もあるから……私達の助けがなくても移動は出来ると思うわ……
        私が…初めて見たもの…ぼんやりしていたから…確信はもてないけれど…多分………シア…だと思うわ…
        -- 2010-07-21 (水) 00:28:08
      • ………ヒント、ヒントを下さい!(たまには見栄を張る、シェーラの前であまり失敗したくないらしい)
        中枢…ええと、属性の柱がある所では無く…ギルゼットさんの精霊樹があるような場所の水バージョンでしょうか…はい、お願いします
        移動は可能と……わかりました。やはり、先生ですか…時間という性質もありますが、やはり修正についても一番近そうなのは先生ですね…厄介な -- タツマ 2010-07-21 (水) 00:32:41
      • あら…素直ね………(くすくす笑っている どこまで見透かしているのかは本人のみぞ知る) 私のときは……これよ…………(一度キッチンへ行き、色々石の詰まった濾過器らしきものを手渡す) ……もちろん…こんな小規模なものでも…人工のものでもなくて……自然に出来た…巨大な水晶や鉱物がたくさんあるところがあって…そこを通過した水は自然に濾過されて…とても綺麗になっていたの…… そういう場所へ…連れて行ったわ…
        じゃあ…行く時になったら…座標を教えるわ……。
        ……タツマ君は…シアを…疑っているの…?
        -- 2010-07-21 (水) 00:51:21
      • 失敗したくないですし……濾過機?(出てきた物を不思議そうに見て)
        (一連の説明を聞き)………分かりました。なんとなく想定はできそうですが…探すのが厄介ですねー 頑張ろう
        お願いします。…へ? 疑ってるって?(珍しくきょとんとして) -- タツマ 2010-07-21 (水) 01:00:13
      • 頑張って……ね…。 こんなに広い世界だもの…きっとどこかに素敵な場所が…あるわ…
        修正について…一番近いのは…シアだって言うから…てっきり、疑っているのかと思って……
        -- 2010-07-21 (水) 01:06:18
      • ええ、場所自体は知識にあったので…後は実地に行って見つかるかどうか…ですね。頑張ります
        ああー…そういう事ですか。真実に近い所には居て、何か話していない事がある…という風には思ってますけど。先生が黙ってるからには理由があるんだと思います。だからなんとかこう…色々と、押し込めてるであろう物を出せるようにしてあげたい、ですね -- タツマ 2010-07-21 (水) 01:09:31
      • そう………。 でも、ね…もしかしたら…黙っているだけでなく…ごまかしていることもあるのかもしれない……ひょっとしたら…シアでさえ…知らないことも…あるのかもしれない………
        だから…難しいとは思うけれど………シアの言うこと…全てを…鵜呑みにしないで…タツマ君自身の……判断基準を…もってね……
        -- 2010-07-21 (水) 01:15:42
      • …誤魔化している事に知らない事、ですか…そうですね。ちょっと違うでしょうけど恋愛感情についてもそんな感じっぽかったですし
        …ええ。信じる事と盲信は違いますから…そもそも何も考えずついていくだけなら剣を向けたりしませんでした(少し笑い)
        さて、2つほど聞きたい事が残っています、いいでしょうか…これなんですが(ラゼンシアから以前プレゼントされた厳重な封印付きの箱を取り出し) -- タツマ 2010-07-21 (水) 01:25:57
      • …ふふ、そうね……。 信頼…しているわ………。
        (取り出されたものを見て目を細める)すごいわね……完全に漏れないように…九重の封印に封印布…。 一体何が入っているのかしら……
        -- 2010-07-21 (水) 01:29:38
      • 信頼に応えられる様に頑張ります…何かこう、先生が好きそうな場所ってないですかねー…さっきのシェーラの話じゃないんですが
        先生からの貰いもの何ですが…空間を無理矢理に越えて取りだすとかじゃなくて封印を解くならメルリーィさんが一番だと思ったんですが…解き方、わかります? -- タツマ 2010-07-21 (水) 01:37:56
      • シアの…??(くすくす笑って)そういうのこそ…頑張るべきじゃないのかしら………?
        解けるとは思うけれど………解いてしまって、いいの…?
        -- 2010-07-21 (水) 01:40:33
      • そうなんですけど…こう、ねえ…一世一代の、みたいになると迷うじゃないですか…(唸っている)
        ああ、やっぱりメルリーィさんなら解けるんですね。予測通りだ…いえ、「解き方」だけ教えて貰えれば…なんでしょうね 危険物ではないと思うんですが -- タツマ 2010-07-21 (水) 01:43:32
      • 盛大に迷って…悩むといいと思うわ…… その悩んだ分は…決して無駄にならずに…シアに、伝わると思うの…
        解き方ね…。 口で説明するのは難しいのだけれど……端的に言うのならば、火・水・風・地・光・闇・星・月…各属性の力を反応させて、最後に……存在か、空間か…時間の力を注げば…九重の封印は解けるわ… 封印布については…、九重の封印を解いてからしか…その性質はわからないわね…。
        -- 2010-07-21 (水) 01:51:13
      • …伝わるか、伝わるといいですね…ちょっと実家から手紙が来て色々考える事がありまして…うん
        各属性を使う、というのはシェーラに聞きましたね…僕が自分で星と月の力を使う方法が分からないんですが。…3つのうちどれでもいいんですか? …ってその後に布もあるのか…
        …身も蓋もない事聞きますが、メルリーィさんなら封印解除とかじゃなくて封印の存在を無かった事にできますよね? 僕じゃそれは無理そうですが -- タツマ 2010-07-21 (水) 01:56:46
      • ご実家から…? お見合いの話でもきたのかしら………?(首を傾げ)
        星や月は上位にあたるものね…… 精霊が居ない、妖精だけが司っている…異色を放つ属性よ… ええ、残りの一つはどれでもかまわないわ…
        できるわ…… でもね…、マジメに封印を解かないと…シアの事だから…どんなトラップが仕掛けてあるか…わからないわ……。 そのトラップを全て予測して…防ぐくらいならば……普通に解いた方が、楽だわ…
        -- 2010-07-21 (水) 02:01:36
      • アレッサの子供というか孫が出来たとか凄い細かく…じゃなかった。ちょっと物騒な話もありまして…改めてちゃんと、先生との関係を見直そうかなって
        妖精だけが…うーん。人間に使えるんでしょうか…使えないと、妖精さんを探してこないといけませんよね。メルリーィさんに直接協力して貰うと自力で解く範疇を逸脱する気がしますし
        ……トラップはありそうですね……なるほど。わかりました。封印の話はこのくらいでいいかな…解くのはもう少し先になりそうだ -- タツマ 2010-07-21 (水) 02:12:40
      • ………お孫さん…!? 物騒って…聞いても大丈夫なら…聞いておきたいのだけれど……
        シアとの関係……今一体どういうことになっているのかしら、ね… まだ逃げているのかしら…
        ちゃんと段階を踏めば…人間にも使えるはずよ…その辺りは、安心していいと思うわ……。
        まあ…害になるようなものは…入っていないと思うから……… 気長に解析していくのが…いいのではないかしら…
        -- 2010-07-21 (水) 02:24:51
      • なんか超喜んでましたようちの両親(どんよりした眼で) んー…僕くらいの実力では少し危ないかもしれませんが、仮に先生が巻き込まれてくれて(・・・)も、身の危険はないはずです…ので、今は秘密という事で
        …なんでしょうねぇ。お互い好きだとは言ったはずなんですが…それきりで。その辺、ちゃんとしたくなってきました…師弟以外の関係として
        ふむふむ。わかりました、星の妖精さんってどこにいるんだろうな…
        気長にか…はい、ではそうします。さて、二つ目に入ってもいいでしょうか -- タツマ 2010-07-21 (水) 02:39:21
      • (//すみません…文通でお願いします… ぱたり) -- 2010-07-21 (水) 02:39:43
      • (//こちらも了解です…! おやすみなさい) -- タツマ 2010-07-21 (水) 02:45:12
      • ……ご両親は嬉しいかもしれないわね… えっと…初孫さん…よね……。 だけれど…いつのまにご結婚…さらに子供が生まれて…さらにその子供が………。 全然知らなかったわ…。(苦笑)
        …それだけだと…よく分からないけれど……まあ…大丈夫だというのなら…いいわ……
        ふ、ふふ…っ(口を押さえて笑い出す)その手の話題…シアがどれほど逃げ腰になるか…目に浮かぶわ………散々困らせてあげるといいと思うの…(積年の恨み)
        星の妖精は星に、月の妖精は月に………。そういうものよ…?
        ええ、二つ目とは…何かしら…?
        -- 2010-07-21 (水) 19:18:35
      • 僕がそういうのに縁がなかったのでそうなりますね…初孫かな。アレッサ自体が僕らにも隠してたようなので…驚かせる為に。今度先生にも話さないとなぁ…
        んー、まあある意味普段の冒険と似たような物なんですが…やる事が決定したらお伝えしますよ
        それはもう逃げるでしょうねー…逃げ腰じゃないもんとか言いながら。でもどこかで捕まえないといけませんから…頑張ります(苦笑しながら)
        …星ってどこにあるんでしょう…2つ目はあれですね。キアラさん向けの質問なんですが捕まらないでしょうし…存在の感知とかでなんとなくわからないかなと…これはシェーラから貰ったんですが(あおのゆめを取り出して見せ)
        他の「ゆめ」ってどの程度あるものなんでしょうね? -- タツマ 2010-07-21 (水) 19:30:36
      • ……。(今後も、縁が無いであろう未来に少し顔が曇る) そ、そう……アレッサさんも…お茶目なところがあるのね…… シアもきっと驚くわ…
        きっと……こういうのが…男の見せ所……?よ……? 頑張って…困らせてね…
        星は、空に。 月の周りにあるわ……
        キアラを捕まえるのは…まあ…普通無理じゃないかしら…? 他のゆめは…フレアが持っていたり、クゥが放置していたり……色々ね… 今失われていてないものは… ひかりと…みどり以外なら…あるとおもうわ…? あおは…タツマ君の手元にあるみたいだしね…
        -- 2010-07-21 (水) 19:35:51
      • まあ、なんとなくわかりますけどそんな顔しないで下さい。ええ、それはもう…というか主に僕に向けて…(遠い目で)
        ええ、まさしくその通りですねー…まともに恋愛した回数が少ないとこういう時に困る…が、なんとかします
        ……つくづく異世界ですねー……(この世界の空を思い出しながら)……分かりました 空間転移ならいけるかな…?
        光は先生に以前使って、緑はギルゼットさんが…でしたね。平行世界に行くと先生に怒られるし…となると残り…うーん。火と風は交渉できる気がしないな…わかりました。これは大事に使った方がよさそうですね(あおのゆめを懐に仕舞い) -- タツマ 2010-07-21 (水) 19:44:57
      • …そんなにひどい顔をしていたかしら…? ま、リフィのように養子を……とることもできるし…(とはいえ、自分は昔悩んだことであり、姉もまた悩むのだろうと思った) いいじゃない…兄弟だもの…
        なんとかしないと…多分ずっとシアは…今の状況に甘えるでしょうしね……(くすくす)
        移動するなら…ちゃんと結界や障壁を張ってから…ね……。 大分環境が違うから…十二分に気をつけて……
        …ええ、大事にした方がいいわ……
        -- 2010-07-21 (水) 19:50:54
      • 酷くはありませんが…悩んだ後を感じました。まあ…そうですね、もう一歩進めたらその辺も真面目に考えようと思います。今の段階だと自意識過剰な気がして…(苦笑いしながら) …そうですね、双子ですし
        なまじ、時間があるだけそうでしょうねー…僕の方からガンガン行く事にしますよ
        (めんどくさいからゴーレム持ち出そうかなと思ってる顔)…環境かー…はい。ちょっと行く前に色々調べてからにします
        わかりました。さっきいってた修正云々の件を調べるのにも使えそうですし…過去にも行かないといけないし…大変だ。と、では今日はこの辺りで失礼しますね(時間の魔剣を持って転移する準備) -- タツマ 2010-07-21 (水) 19:57:03
      • …ふふ。(笑っただけだった)
        その顔…楽しようとしてないかしら…?
        やることがあるということは…悪いことではないわ…… 頑張って…ね…(手を振って見送るのでした)
        -- 2010-07-21 (水) 20:03:10
  • お掃除よ…… -- 2010-07-23 (金) 14:25:48

Last-modified: 2012-02-11 Sat 22:34:19 JST (3029d)