名簿/458900

  •   -- 2011-09-22 (木) 03:23:51
  •   -- 2011-09-22 (木) 03:19:58
  •   -- 2011-09-22 (木) 03:19:51
  • おや…これはまた、珍しい顔だ。久しぶりだねシャスカ。(つてつてと近寄ってきて)
    ハッピーバレンタイン。ついでに、旧知の仲の再会を祝して…なんてね。なんでも、お医者さんになったんだって? すごいな…。 -- スアラ 2011-09-21 (水) 02:11:25
    • あぁ…スアラ、かな。久しぶりだ。元気にしていただろうか。大きくなったね。
      おや。いいのかい。それじゃあ、ありがたく。…そうでもないさ。それより、君が爵位をいただいたと聞いたよ。そちらのほうがすごいことだ。おめでとう、スアラ。 -- シャスカ 2011-09-21 (水) 21:53:30
  • 御機嫌よう、今年はフォンダンショコラですわ(黒と白、二つの箱を持ってくる 下一桁が奇数なら黒のローゼ手作りのモザイクがかかって見るからにヤバそうなチョコ、偶数なら白の箱 ミスティ手作りの絶品フォンダンショコラ
    0かぞろ目なら両方だが、ローゼの手作りが ホットチョコレートなので無害……かもしれない -- ローテローゼ 2011-09-21 (水) 01:03:50
    • 白と黒の二つの箱…これは…モザイクをすでに展開しているとは、ローテローゼには幻影魔術の才能があるのだろうか。恐ろしい…けれど、ありがたくいただこう。 -- シャスカ 2011-09-21 (水) 01:23:29
      • (黒い箱を手に取られてしまったので目を逸らす)……そ、その……幻影魔術の勉強を今度真面目に学んでみようかしら……?
        も、勿論異物混入はしておりませんので……無理はしないでね…… -- ローテローゼ 2011-09-21 (水) 02:15:41
      • 無理なんて。チョコレートからしかできていないものが害を及ぼすなんてそんなことは(口に含んで固まる)……ありがとう。 -- シャスカ 2011-09-21 (水) 21:51:04
  • (綺麗なお姉さんがポストにチョコレートケーキとメッセージカードを突っ込んで去る)
    (カードには大きく医龍と書かれてある) -- 2011-09-21 (水) 01:02:02
    • おや、これは……そうか。今月は二月、か。ありがたい。チョコレートと…医龍?(不思議そうに首を傾げる)誰か大学病院の医局に残った知り合いがいただろうか…あの派閥闘争があまり好きではないので出てきてしまったけれど、大学は今もあの場所にあるのだろう、きっと。置いていってくれたのが誰かは知らないけれど、ありがとう。 -- シャスカ 2011-09-21 (水) 01:21:52
  • (怪獣が現れた!)
    にゃー!次の仕事で同行するカラビンカにゃー、よろしくにゃー!
    シャスカはお医者さんなのにゃー?アタシがケガしたら治してくれにゃー! -- カラビンカ 2011-09-16 (金) 20:53:20
    • おや、こんにち、は…(大きい相手を完全に見上げる形)僕はシャスカ。シャスカ・ディランディだ。
      あぁ、冒険者と医師を並立している。二束の草鞋は非効率だ、とも思うけれど。冒険中に何かあれば、拙い腕だが診察させてもらうよ。無事に帰ってこよう。 -- シャスカ 2011-09-17 (土) 07:59:02
      • アタシは街ではごろごろしてるだけだから、2倍働いてるシャスカはすごいと思うにゃー!
        それじゃ、しっかりがんばるにゃー!(ばっさばっさ飛び去っていった) -- カラビンカ 2011-09-17 (土) 10:04:44
  • お初にお目に掛かります。自分はJ=ガイスト、来月の冒険に同行する物でありますー。
    冒険者としてはまだまだ素人の域を出ない物ではありますが、どうぞよろしくでありますー。 -- ? 2011-09-16 (金) 17:41:12
    • あぁ、はじめまして。シャスカ・ディランディ。冒険者で、医師をしている。そうか、同行する……
      こちらこそよろしく頼むよ。信頼度から言えばそう難しい依頼ではないと思うが、油断せずに行こう。 -- シャスカ 2011-09-17 (土) 07:56:09
  • (以前初めて出会った場所で、何かを探すように同じ場所を何度も行き来する少女…ふとあなたを見つけると微笑んで、側まで駆けてくる。途中足を引っ掛け転びそうになりながら)
    危なかったー…っと、ドクター、お久しぶりです。お元気してましたかー…って、お医者さんに聞くことじゃないかな? -- 紫夕 2011-09-15 (木) 22:17:01
    • (少し大きな袋を右手に提げて、ふらり、ふらりと街を歩く男。聞こえた駆け足の音に僅か眉を上げれば、そちらを向いて。)
      危ない。転ばないように、気をつけたほうが、いい。(少し眉を寄せながらそんなことを言って)久しぶり。えぇと、シユウ、だったね。僕は特に変わらない。季節の変わり目だけれど、君はどうかな。体調を崩したりはしていないだろうか。 -- シャスカ 2011-09-15 (木) 22:51:21
      • ごめんなさいー…声掛けても分からないかもしれないから、急がなきゃって思って、つい。
        覚えててくれて嬉しいな、ふふ。お元気そうで何より…わたしは体調崩すことって余り無いので、いつも大体元気です。元気だけが取り柄かもしれないー
        (と、大きな袋に目が行って)わ、お買い物の途中だったかな? -- 紫夕 2011-09-15 (木) 23:13:49
      • まだ若い。体を大事にしたほうがいい。特に女の子は。(相手が元気だと聞けば、うん、と頷いて)元気なのは、いいことだ。
        これかい?(袋を持ち上げて、中身を示す。ぎっしり詰まったりんご)買い物ではなく、もらいものでね。
        治療した老人が、治療費はないので代わりに、と。いくつか持っていくかい? -- シャスカ 2011-09-15 (木) 23:40:38
      • えへへ、気遣ってくれてありがとうー。…わ、りんごいっぱいだ……びっくりした。ここまで買い込むくらいにはりんご好きなのかとー…
        (経緯を聞いて一瞬目をぱちくりとさせていたが、すぐ微笑んで)うん!…あ、でも、いいのかな?貰っちゃって。その人はドクターにってくれたみたいだしー… -- 紫夕 2011-09-15 (木) 23:54:46
      • 農夫の一家だったようだけれど、出荷が遅れて、懐が暖かくはなかったみたいだ。(袋の口を広げて、相手のほうへと差し出すように)
        りんごは嫌いではないけれど、ここまでは。あぁ、問題ない。どうせ僕一人では、食べきれない。好きなだけもって行くといい。
        (そこでふと思い出したように)…そういえば、一つ聞いて良いだろうか。 -- シャスカ 2011-09-16 (金) 00:05:59
      • (聞いていいものか少し躊躇したが意を決したように口を開き)…あくまでお金って言う訳では、ないんだね 勝手な想像だけど、なんだかドクターらしいと言うか、そういう所とっても素敵だと思う!
        リンゴは調理するにしても甘味寄りになっちゃうから、量はあんまり、ね。…ありがたく頂きます!(差し出された口からいくつか手に取り)
        ジャムとかコンポート…シロップ…んー…(調理法をいくつか上げつつ)…ん。なんでしょうー? -- 紫夕 2011-09-16 (金) 00:19:20
      • 持っていない相手からもらうことは、物理的に無理だろう?(相手の言葉に不思議そうに首を傾げた)…よくわからないけれど、褒めてくれているのなら、ありがとう。
        どうぞ。まだ若いのだし、たくさん持っていくといい。(相手が満足するまで取り終えれば、再び右の手に袋を提げて)
        パイもいいけれど、りんご自体の消費はそう多くないかな。あぁ、いや、たいしたことではないのだけれど。僕は前に君を治療したことがあっただろうか? -- シャスカ 2011-09-16 (金) 00:24:14
      • 普通そういう職業だったら、あとでも良いからお支払いはしてもらうものだと思うよー?それが一般的。…わたしが間違っていなければ、だけど
        若さは関係ないよー。でも結構頂いた気がする…ドクターも、農夫さんにも、ありがとうございます
        アップルパイ、いいですねー…ん?いえー、こないだが初対面だったと思うよ?さっきも言ったように、元気が取り柄みたいな所あるし。 -- 紫夕 2011-09-16 (金) 00:42:39
      • 支払いに目処の立つ患者であれば、診療所に通う。僕が見る時点で、大体はそうではないということになる。それだけの話だね。時にこうして思いがけぬものをもらうこともある。
        どういたしまして。まだずいぶんと残っている。消費しないといけないな。
        そうかい。いや、以前に君から手紙をもらっただろう?以前治療した少女から同じようなものをもらったことがあって、同じかと思ったのだけれど…(好意の記された手紙を思い出して、首を傾げる) -- シャスカ 2011-09-16 (金) 00:50:55
      • …なるほど、なあ…うん、やっぱり、素敵だね。…りんごジュース、すりおろし、タルト…暫くはリンゴ祭りだねー
        …ああー…んー、なんだろう、似てるけどきっと違うと思う、かなあ。わたしはその女の子じゃないから、なんとも…だけど。ベクトルが違うというか…
        でもきっと、その子からもらった方が気持ちの重みがあるかもしれない。わたしの気持ちに重みがないとは言わないけど、その子は先生個人に宛てて手紙を書いているから。…わたしは、みんなに宛てて書いてるんです -- 紫夕 2011-09-16 (金) 01:11:08
      • 涼しい場所においておけばもつだろうし、色々と調理は可能だから、そうだね、祭りだ。(袋の中のりんごの量であれば、男の食欲的に数週間は持ちそうだ。)
        似てるけど、違う。(相手の言葉を繰り返して、話を聞いて。ふむ、と一度頷いて思案するように。)
        みんなに、というと。顔見知りの相手に普段の感謝を、というようなことだろうか。しかし僕と君は先日が初対面だったように思う。 -- シャスカ 2011-09-16 (金) 01:19:17
      • 色々調理する・たまに素で食べてみる・色々調理する のサイクルをー…!
        そう、ですね。…寧ろ初対面の人をメインターゲットとした…というとなんか変な商売みたいだけど。勿論、顔見知りの人に伝えるのも忘れませんが(と言って先日のようにまた手紙を出して)
        だいぶアバウトに言うと…会うまでもなく、好きなんです。みんな。 -- 紫夕 2011-09-16 (金) 01:29:13
      • サイクルか……しかし考えてみれば、きっと僕は、素でしか食べないように思う。僕の分まで楽しんでほしい。
        (相手の言葉を聞いて、しばらく沈黙。)……知らない人間を悉く嫌っているよりは、いいんじゃないだろうか。(仮にもこの街育ちであった)
        けれど、先月も別の子にも言ったのだけど、そういう心持ならば、身の回りには気をつけたほうがいい。それだけはしっかり。 -- シャスカ 2011-09-16 (金) 01:36:01
      • 勿体無いー…尚更飽きないようにしないとー?
        …ううん。大体なんだかそんなリアクションで、ここの人たちは本当に懐が広い…わたしにとっては、すごく有難いのだけれど
        うぇ?…あ、はい。(こんなセリフを言わざるを得ないような女の子が他にいるのだろうか…とぼんやり考えつつ)…なんだかお兄さんみたいですね。 -- 紫夕 2011-09-16 (金) 01:46:53
      • そう、食に対して執着はないんだ。だから、きっと飽きずに食べることができると思う。安心してほしい。(小さく頷いた。)
        この街を見回せば、王族からマフィアから、果ては機械まで、さまざまな人が溢れている。多様性こそがこの街の魅力だろう。だから、みんなにとっても君もそうおかしなものではないんだろうね。
        先ほども言ったけど、色々な人がいる。危ない相手もいるかもしれない。……お兄さん。そう見えるのなら、少しだけ、喜ばしい。(口元がほんの少しだけ、小さく笑んだ。) -- シャスカ 2011-09-16 (金) 01:55:44
      • それなら良かったー…農夫さんから頂いたのならきっと美味しいしー…
        居ないことを祈りたいけどー…そうも行かない…ですよねー。居てもなんとか更生をーとか甘いことも言えないですしー……とりあえず気をつけます、はい。
        (あ、笑った、と思えばこちらもつられて笑って)お兄さん。お世話を焼くところというか、心配してくれるところが。…ふふ、貴重な面を見れて満足したのでそろそろ帰りますねー…先生も帰り道、お気をつけて(りんごを抱えてあわあわしつつ帰っていった) -- 紫夕 2011-09-16 (金) 02:10:08
      • あぁ。まだ食べてはいないけれど、美味しいといいのだけれど、と思っている。
        多様性が魅力だからこそ、その弊害をこの街は持っている。そこはどうしても避けられない。だから、君が無事であることを願っているよ。
        貴重な一面、だろうか。(普段の自分がどう思われているのだろうかと、少し不思議に思いながら)あぁ、ありがとう、シユウ。そちらもどうか、気をつけて。(去っていく相手を見送って、再びふらり、ふらりと歩き始めた。) -- シャスカ 2011-09-16 (金) 02:42:41
  • (空を飛ぶスパゲッティ―モンスター的な機械に乗った少女がドクターを頭上から眺めている。)
    先ほどから見ていたところ、どうもこやつは医者らしい……医者ならばこの星の人間の生体にも詳しいはず……手ごまにしておけば後々楽かもしれんな。接触するとしよう。
    おいお前、お前に一つ命令をやろう。(そんなことを言いながら、乗り物の上から降り、シャスカを見上げる少女) -- チュールー 2011-09-14 (水) 06:31:01
    • (少女の視線の先、地上を歩く男は時折道端の通行人と立ち話をし、スラムの病人を治療し、ふらふらと街中を歩き回っている。)
      (真夏にもかかわらず外套をまとったまま、暑い街中をふらりふらりと歩く中、頭上から降りてきた謎の相手。)……。
      (告げられた台詞に首を緩く傾げる。)……誰か、怪我人や病人がいるのかい? -- シャスカ 2011-09-14 (水) 22:24:31
      • そんなものはおらん。私は見ての通りの健康体だ。
        お前はどうやら医者らしいが……そうであるならば人類の体の構造も良く知っておるはず。
        それを私に教えるのだ。(びし、とシャスカを指さして言う。不躾であった。) -- チュールー 2011-09-14 (水) 23:22:14
      • そうか。それはよかった。(相手の言葉に頷く口元は、小さく笑んでいる)
        そうだね。人よりは詳しいと思うけれど。教え……(相手の言葉に少しだけ考え込んだ後。)あぁ。(納得したように頷いた)
        夏休みの宿題、かな?(季節は夏真っ盛り) -- シャスカ 2011-09-15 (木) 00:04:26
      • ふふ、どうやら我が風格に納得したようだな。そう、いかにも我こそはゾアスゾアス星……って何?
        (夏休みの宿題という言葉に怪訝な顔をする)
        って阿呆か! お前は私がそんな子供に見えるのか!(ぷりぷり怒り出す姫。)
        ならば教えてやる! 私はこの星を侵略するものなのだ。故に、人間どもの体の構造を知り、それを侵略に生かしたい。協力すれば、侵略後も良い生活を送れるよう手配してやるぞ。どうだ。悪くはない取引であろう? -- チュールー 2011-09-15 (木) 00:25:51
      • 人体の仕組み、という自由研究のテーマはすごくいいものだと思う。けれど、まずは図書館で本を調べたりすることから始めた方が、勉強に――…
        (突然怒り出した相手に驚いたように、瞬き数回。)あぁ、すまない。14、5歳くらいだろうか。(つまり始めはもっと幼いと思っていたらしい。首をかしげながら相手の格好を眺める男。)
        ……。(相手の言葉に沈黙して、一思案して、目を閉じた後。)うん。(相手の手をとって)病院にいこう。君はとても危ないことを言っている。 -- シャスカ 2011-09-15 (木) 00:46:53
      • なるほど、図書館か。それも一理ある。人間にわざわざ聞かずとも良いものな。(納得した風に頷く)
        阿呆! もっと上だ! 私は……この星の一年に換算していえば、17歳ぞ!(見た目は幼いので仕方ないかもしれない。チュールーのファッションはどこか変で、ズレているように思われるかもしれない。)
        な、何をする! 勝手に手に触れるとは無礼であるぞ!(ぺちんと相手の手を叩く) お前は私が頭のおかしいものだと思っておるな。真実と言っておろうが! これを見よ!(取り出したのはゾアスゾアス王家の紋章であったが、それを知らない人間にとっては何の価値もないものである。) -- チュールー 2011-09-15 (木) 00:59:08
      • 17、歳?(若者言葉で言うと「え、マジで?」といった感じであるが、男はわずか眉を寄せるだけ。)…それは、すまなかった。自分が年をとりすぎて、君たちくらいの歳が判別つかなくなったのかもしれない。(フォローフォロー)
        痛い。(叩かれれば素直に手を離した。)いや、そうではなくて…(示された紋章を見る。記憶の中を探るように目を細めた後、首を振って。)学校の校章か何かかな?
        そんなことはどうでもいいのだけど。(そっと膝と腰を曲げて、相手に視線の高さを合わせて。)いいかい。人気の少ない路地裏。夏場に外套なんて着ている怪しい男。そんな場所でそんな相手に、人間の体の構造を教えろ、なんていってはいけない。 -- シャスカ 2011-09-15 (木) 01:06:29
      • ふんっ、これだから耄碌した年寄りはだめなのだ!(子供扱いされたことに腹を立てている姫。)
        ……だから、王家の紋章だと言っておるだろ! これは我がゾアスゾアス王家の紋章なのだ! 全く、この星の辺境ぶりは飽き飽きするな。
        ……は? 何故だ?(なんで? と言った表情を浮かべ、首を傾げる。) -- チュールー 2011-09-15 (木) 01:12:14
      • そうだね。君たち位の子が立派になって、僕たちを追い落としてくれるといいな、と思っている。(相手の言葉に同意して、わずか笑みを浮かべて数度小さく頷いた。)頑張って。
        五年旅を続ける中で、その紋章を見た覚えはないよ。王族を名乗るのは、場所によっては死罪になる。注意しなさい。(心配するように少し眉を寄せて)
        ……。(理由に思い至らないらしい相手に目を閉じて。)医師として言うけれど、君くらいの子が性病治療や堕胎、性器修復といったような依頼をしないような世の中だと、僕はうれしい。(遠まわしに、遠まわしに、襲われることに対する注意を言い聞かせる。これで通じてくれれば良いな、という願いが透けてる。) -- シャスカ 2011-09-15 (木) 01:17:34
      • 言われんでも既に追い落としておる。私は貴様より上の、高位の立場におるのだ。王族だからな。
        全く田舎者め……ハッハッハ、阿呆か。事実を言って死罪になるとはこの星の住民は野蛮だな! やはり私が侵略してやらねばならん!
        ……? なんで私がそんな病や怪我をするというのだ。そんな破廉恥なことはせんぞ変態め。まあ実際に解剖したりするのが早いが、面倒くさいからな。(その願いはむなしかったようである。)
        さて、私も忙しいので今日は帰るとしよう。次会うときはちゃんと人体の構造を教えるのだぞ、良いな!(そういうと奇妙な機械に乗って空に消えていった。) -- チュールー 2011-09-15 (木) 01:27:31
      • 立場に胡坐をかいて、考えることをやめていないかな?(相手の言葉に怒るでもなく呆れるでもなく、そっと問いかけた。)立場ではなく、君は、子供たちは、君自身に何かの力を手に入れるべきだ、と。僕は思う。
        ……見た目が幼いから、子供の遊びだと思われるだろうか。なら、大丈夫、だといいのだけれど。(小声で小さく呟いて、祈るように少し目をつぶった。)
        ……とりあえず、人通りの少ない道や、怪しい相手には、気をつけることを薦めたいと思う。(右手で額を押さえて、ため息を隠すようにしながら)
        あぁ、それじゃあ。まずは自分で調べてから。それでわからないことがあれば、僕でよければ質問に答える。(向学心の奨め。飛んでいく相手を見送って、再びふらふらと歩き出す。行き先は町全体。) -- シャスカ 2011-09-15 (木) 01:35:00
  • やぁドクター、修行の旅に出ていたらしいね(診療所のチラシを渡しながら) ドクターにチラシ渡すのも気が引けるけど一応何かあったらうちのこと思い出してよ -- フタレイン? 2011-09-13 (火) 12:49:51
    • やぁフタレイン先生。診療所を任せられたそうじゃないか。ようやく君の夢の第一歩だ。僕の手に余る患者が出たら、特に内科関連はフタレイン先生を紹介するかもしれない。その折は、患者のことをよろしく頼むよ。 -- シャスカ 2011-09-13 (火) 22:31:39
  • なんかシャーさんとは色んな部分で分かり合えそうな気がするんだけど、どうかな
    っていうか、まだあの珍しいやり方の医者さんやってるんだ? -- クルツ 2011-09-12 (月) 18:27:06
    • やぁ、クルツ。藍凪の少女がなかなか面白かったけれどモンスターはでてこなかった。
      あぁ、まだ続けている。この手法でしか解決できない事例も多いから、腕をあげなければ。クルツは冒険者一本に生きるのかい? -- シャスカ? 2011-09-12 (月) 20:03:49
      • シャーさん、俺はまだソレを読んでないんだけど、一つだけ言わせてくれ世間的に言うと言うと人外主人公ってニッチ成分
        ふぅん…オレも世話になる時があると考えると、そういうお医者さんってのは便利なんだよなぁ……でも、シャーさん利害ド無視だし…
        おうよー勿論これだけだぜ、最初はちょろっと冒険者か商人かで迷ったけど、やっぱこっちだよなー -- クルツ 2011-09-12 (月) 20:09:56
      • だな
        とん
        傷跡を消したいときには、僕のところに来るといい。顔を変えたいときは要相談。金は持っている相手からもらっているから、大丈夫。
        商人?(不思議そうに首をかしげて)何かやりたいことがあったのかい? -- シャスカ? 2011-09-12 (月) 20:24:26
      • 落ち着いて、落ち着いて、ゴブ朗が一風変わった作品だって事くらいわかるでしょ!
        なぁ、シャーさん、それアンタの存在がバレたら結構真面目に犯罪に使われる気がするわ、顔変えられるって……
        うんにゃ、でも行商して稼いでとかって楽しそうじゃん、あっちこっち見るより町の連中とバカやる方が楽しいって思ったからこっちだけどなー -- クルツ 2011-09-12 (月) 20:32:14
      • 実は気づいていたんだ。リザードマンとクレリック少女の二人旅小説なんて存在しないって…
        (相手の台詞にただ微笑むだけの29歳お金は持ってる相手からもらっている医師)
        なるほど、旅に出たかったんだね。旅をしていた身からすると、旅は老後でもできる。友達を選んだ君の選択は正しいと思うよ。 -- シャスカ? 2011-09-12 (月) 20:41:41
      • ホラ、相棒がモンスターとかだったらいっぱいあるから、ショタ性格スライムとかもいるからね?
        ……(その微笑に何か感じ取ると思わず苦笑いしつつ)
        そりゃそうだよ、ちょっと位みてまわりてーって思うし…まぁ、この街があれば大体の不思議は見れるだろ、ってのもあるんだけどなー -- クルツ 2011-09-12 (月) 20:51:37
      • モンスター使いに近くなってしまうのはどうかと思うんだ、僕は。主役にモンスターをおくことで個人としての人外を描き出すひとつの手段として推したい。でも実は別にそんなに人外好きではない。
        しかしこの街は医師が多いから、絵の具が足りなくて見捨てることも少なくていい。いい街だよ。
        あぁ、うん。正直この街は異常だから、ここに慣れてると他は物足りないかもしれない。というかおかしい。 -- シャスカ? 2011-09-12 (月) 20:58:39
      • なん、だと…シャーさんじゃなかったのか…!!主役にモンスターかぁ、阿地都のタカさん物語とかあったら面白いんだろうな
        ん出、シャーさんはなんだかんだで稼いで生活できたりしてるし・・・あんまり、経営無視した営業しないほうがいいぜ〜?栄養失調で医者が倒れたらしゃれにならんべよー
        あ、やっぱそうなんだ うすうす思ってたけどやっぱおかしいとね、ここ…!! -- クルツ 2011-09-12 (月) 21:05:40
      • 僕は転生ハーレムから軍記ものまで行ける雑食派ですまない…
        ありがとう、クルツ。優しい子だ。けれど、どうにも僕は空腹になりづらいから。それなら、患者を助ける方がきっと有意義だと思う。
        あぁ、おかしい。何百年生きるような人外やら英雄が揃っている上に大事件が起こるし野菜が町をうろついているし何かがおかしい…けれど、そこがこの町の魅力だね。 -- シャスカ? 2011-09-12 (月) 21:14:01
      • 軍記モノ見てると途中でキャラ名がごっちゃになるんだよ・・・!!
        あぁ…多分それ飯食ってないからお腹が小さくなってんだよきっと、もし…もし仮に普段の治療が出来なくなったら、シャーさんは普通の医者としてはどうなん?
        なるほど…やはり、この街こそが……(意味深に言いつつ実は意味は無い) ま、楽しい所だよねーシャーさんは戻ってきたのは、どういう理由で? -- クルツ 2011-09-12 (月) 21:16:23
      • おっさんキャラとサブヒロインを混同してしまったときは脳内で中年ハゲのラブシーンだった。ひどかった。
        僕の腕かい?そうだな。知識自体は一般の医師程度だろう。腕は、外科は縫合以外は人並み、他は劣ると思う。
        そう、この町こそがかの方の意思…(意味なく物陰を見る)……戻ってきた理由かい?特に大きなものはないよ。気になったんだ。みんなどうしてるか。元気そうで、何よりだった。
        ……と、すまない。巡回の時間で、少し空けなければ。すまないね、クルツ。ありがとう。 -- シャスカ? 2011-09-12 (月) 21:28:13
      • ひどいな……そっか、まぁ人並み程度だったら食いぱぐれることもないだろうし
        うぃ、オレもそろそろ帰るよ…長居して悪かったね、じゃねシャーさんありがとっ! -- クルツ 2011-09-12 (月) 21:29:41
  • シャスくんにもヴァレタイン!(クレヨンチョコ120色セット) -- ナル 2011-09-09 (金) 15:13:29
    • あぁ、えぇと、ナル、だね。ありがとう、みんな優しくて僕は嬉し…なんだか凄い量だけどこんな豪華なものをもらっていいのだろうか。 -- シャスカ 2011-09-09 (金) 21:50:20
  • シャスカさんお久しぶりです…あっこれバレンタインチョコで…よかったらどうぞ -- ミモザ 2011-09-09 (金) 01:29:02
    • ミモザ、であっているよね。久しぶり。大きくなったね。(小さく笑って)…いいのかい?それじゃあ、遠慮なく。なんだか申し訳ないけれど。 -- シャスカ 2011-09-09 (金) 01:50:04
  • 御機嫌よう……今年はバレンタイン+私の闇の指輪ゲット記念と合わせまして黒薔薇のチョコレートクッキーですわ -- ローテローゼ 2011-09-09 (金) 01:05:49
    • ……ローテローゼ、だろうか。(双子の妹のほうでは無いことは色でなんとなく分かるが、一応聞く) あぁ、これは…ありがとう。バレンタインにチョコなんてもらうのは、何年ぶりだろう。 -- シャスカ 2011-09-09 (金) 01:07:56
  • (バレンタインなのでヘアカット用のハサミを置いていくヘルメットさん) -- ヘルメットさん 2011-09-08 (木) 20:14:43
    • これはありがた…ありが…バレンタインにはさみを贈る習慣、この街にあっただろうか。(ありがたくしまい込みつつ、お前髪切れよという意味だとは気づいていない) -- シャスカ 2011-09-08 (木) 21:03:57
  •  
  •  
  • 誘ってたから来てみたわ -- イルゼ 2011-09-08 (木) 01:33:50
    • こんばんは。えぇと…(名前を思い出そうとして思い出せなくて悩んではっとした顔で)芸人さん。 -- シャスカ 2011-09-08 (木) 01:35:22
      • (容赦のない尻尾ビンタ) -- イルゼ 2011-09-08 (木) 01:36:50
      • (くるくる回って吹っ飛ぶ。壁に叩きつけられた。地面にのびる) -- シャスカ 2011-09-08 (木) 01:38:06
      • (有無を言わさず逆レイプ) アーッ -- イルゼ 2011-09-08 (木) 01:42:16
      • (近くのベンチに腰掛けてそれを眺めながら)処方箋、必要だろうか。 -- シャスカ 2011-09-08 (木) 01:43:44
      • アタシは一体だれをレイプしてたの……!? (ざわ…) -- イルゼ 2011-09-08 (木) 01:45:04
      • 他人の色恋に口を出す趣味はないから、僕の口からは何も申し上げられない…(まぶたを伏せて、そっとアレルギー薬の処方箋を差し出す) -- シャスカ 2011-09-08 (木) 01:47:02
      • そうそう。アタシってばイケメンアレルギーで…って、こら! (ビターン) -- イルゼ 2011-09-08 (木) 01:49:02
      • (くるくる回って吹っ飛ぶ。街路樹の枝に引っかかってぶらんぶらん揺れる。) -- シャスカ 2011-09-08 (木) 01:49:53
      • (襲い掛かる) -- イルゼ 2011-09-08 (木) 01:51:18
      • (近くのパン屋から出てきながら)街路樹に傷をつけると器物損壊になるので注意したほうが良い。 -- シャスカ 2011-09-08 (木) 01:53:10
      • 一体アタシは……!これは催眠術とかそういうチャチなものじゃなく恐ろしい……(略) -- イルゼ 2011-09-08 (木) 01:54:29
      • ところであなたの名前は何だっただろうか… -- シャスカ 2011-09-08 (木) 01:55:44
      • イルゼよ。覚えておきなさい -- イルゼ 2011-09-08 (木) 02:00:36
      • あぁ、そうだ、イルゼさんだ。ごめん。頑張って覚えておくようにする。ところで芸人さん、この街は相変わらずだろうか。 -- シャスカ 2011-09-08 (木) 02:03:49
      • 30年近くこの街にいるけど変わらないわね。生活が便利になったりするけど基本は昔のままよ -- イルゼ 2011-09-08 (木) 02:08:15
      • そうか…よかった。先月帰ってきたら誰も知り合いが居なくて、がらりと変わってしまったのかと思っていた。 -- シャスカ 2011-09-08 (木) 02:10:44
      • 先月?なんかこの街の子供たちが一斉に温泉旅館に行ったって話らしいわよ -- イルゼ 2011-09-08 (木) 02:12:01
      • あぁ。酒場のこやすもそう言っていた。まだみんなが一緒に旅行に行くぐらい仲良くしているのは、凄く嬉しい。もう、混ざれそうに無いのは少し悲しいけれど。 -- シャスカ 2011-09-08 (木) 02:17:47
      • 失礼なことを言うかもしれないけど……。アナタ、もう遊べるって年齢でもないでしょう? -- イルゼ 2011-09-08 (木) 02:21:22
      • (少しだけ笑って)昔なら、みんながまだ小さな子供の頃なら混ざれたけれど。今はもう、無理かな。彼らから見て僕は多分「仲間」じゃなくて「大人」だろうね。 -- シャスカ 2011-09-08 (木) 02:24:03
      • そう思ってるなら「大人」にできることをやりなさい。それが「幼馴染み」ってものでしょ -- イルゼ 2011-09-08 (木) 02:33:47
      • ……中々難しいことを言うね。でも、思いついたら、何かやってみよう。ありがとう芸人さん。 -- シャスカ 2011-09-08 (木) 02:37:44
      • (最後に全力でひっぱたいて帰って行った) -- イルゼ 2011-09-08 (木) 02:40:36
      • (くるくる回って吹っ飛ぶ。噴水に頭から突っ込んだ。) -- シャスカ 2011-09-08 (木) 02:41:50
  • 虹を作ってた -- 2011-09-08 (木) 00:29:28
  • 手を伸ばしたら -- 2011-09-08 (木) 00:29:19
  • 消えてった -- 2011-09-08 (木) 00:29:09
  • (街中、暇そうにふらふらと歩いている少女がいる)
    (ふわふわと漂っていた視線はたまたまそこに居たシャスカに向けられた…何となく目が合っただけなのになぜか視線を外そうとしない少女は、小走りでシャスカの元へ向かってきた)
    初めまして。…お暇? -- 紫夕 2011-09-07 (水) 21:21:39
    • (少女とは対照的に、あいまいな何かを探すように左右に巡らされていた視線が、紫夕とかち合った。)
      (僅か首をかしげながら、駆け寄ってくる相手を眺めて。)あぁ、はじめまして。特に急ぎの用事はないけれど…何か。(不思議そうに。) -- シャスカ 2011-09-07 (水) 22:28:16
      • ん、特に何と言うこともないの(言い難そうに手元の手紙を指先で弄び、少しの間のあと)
        あなたとお話したいなーって思っただけ。…だめ? -- 紫夕 2011-09-07 (水) 22:35:20
      • (返答を聞き、表情に少し困惑が浮かんだ。金のありそうな見た目でもない自分に話しかける相手は、なんだか珍しい。)
        (相手の様子を見れば、思案の後緩々と首を振って)いや…いいさ。シャスカ。僕の名前だ。君は? -- シャスカ 2011-09-07 (水) 22:40:27
      • (困惑した表情を見て、困らせてしまっただろうかと表情を一瞬曇らせた)
        ん、ありがとう…良かった、気を悪くさせちゃったかと思って。んー…わたし、シユウ。よろしく、おねがいします。(少々の思案の後の名乗り。挨拶し合っただけだと言うのに何故だかとても嬉しそうで)
        何してたの?何か探してるみたいだったけど…手伝おっか。 -- 紫夕 2011-09-07 (水) 22:57:31
      • シユウ。(反芻するように一度呟いてから、相手に応じるように僅か笑んだ。)よろしく、シユウ。
        いや…特に、探し物をしていた訳じゃないんだ。(言いながら、視線を左右にめぐらせて。再び相手のほうを見て)
        患者を――(ぽつり呟いて、あぁ、と頷く。)怪我人や病人が居たら、手を貸そうと思って。道端を眺めてた。 -- シャスカ 2011-09-07 (水) 23:01:19
      • (きょとんとした顔で患者、怪我人、病人、と頭の中で並べたのち)お医者さんなの? -- 紫夕 2011-09-07 (水) 23:11:01
      • あぁ、うん…一応は。(懐をごそごそと漁れば、古びた聴診器がでてきた。それをふらふらと揺らす。身分証のつもりらしい。)
        けれど、この街は道端に転がる患者が少ない。医師が多いんだろう。久しぶりに戻ってきたけれど、良い街だ。 -- シャスカ 2011-09-07 (水) 23:13:24
      • 一応って…あ、ほんとだ。年期入ってるー
        …患者ってそんなに道端に転がってるものなの?(自分の知らない現実を知り、苦々しい顔で)
        元々ここの人なんだね?確かに、ここに来たばっかりのわたしでもいい街って言うのは分かるなあ(街行く人々へ視線を移しながら笑顔で) -- 紫夕 2011-09-07 (水) 23:22:41
      • 大きな街だと、道に。小さな村だと、家の中に。医者が少ない所だと、そんな感じかな。
        あぁ、五年前まではここに…君は、見た覚えの無い顔だね。学校にでも、入りにきたのかい?(相手の服装を見て、そんな風に当たりをつけて) -- シャスカ 2011-09-07 (水) 23:25:29
      • …そっか、何だか悲しいね。知らなかったから尚更…それでも、あなたたちみたいなお医者さんが居るからここはこんなに平和なんだね。ありがとう
        えっと、学生服だけどこっちでは学生やってなくて。(自分が冒険者を少々、などと言って信じてもらえるだろうかと考えつつ言葉を濁す)
        (はっと思い出したように持っていた手紙を差し出して)大事な事を伝えに来たんです、わたし。 -- 紫夕 2011-09-07 (水) 23:35:16
      • 街にずっと居る医師たちの仕事だろうね。僕は何も。……知らないほうが、いいことだったかもしれないね。すまない。
        なるほど。じゃあ、学生を辞めてやりたいことがあったんだね。この街は活気もあるし、何をするにもいいかもしれない。
        (ふむ、と一人納得したように頷いていたところに差し出された手紙。目を瞬いて。)…大事なこと?この、手紙? -- シャスカ 2011-09-07 (水) 23:38:55
      • 今まで他所に居たってことは、そこで色々やってたんでしょう?なら謙遜する必要なんてないよ。…ううん、知らないより知っていた方が良いよ。勉強になりました(頭を下げる)
        そう、ですね…今やってる仕事はそれのためって言うか…(頷き、指し示すために差し出された手紙を今度はシャスカに手渡すように更に差し出して)
        はい。色んな人に伝えなくちゃいけなくて。勝手にやってることだけど…よかったら受け取ってください。…お友達、だし -- 紫夕 2011-09-07 (水) 23:53:02
      • やりたいことのために働く、というのは、偉い事だと思う。応援することしかできないけれど、どうか、がんばって。
        …郵便配達?(相手の様子に勘違いしたように首を傾げた後、差し出された手紙を手にして。)
        それじゃあ、ありがたく、っていうのもおかしいのかな。(小さく笑って、受け取った手紙を懐に仕舞い込もうとして、逡巡の後。)…中を開けても? -- シャスカ 2011-09-07 (水) 23:57:53
      • ありがとう…あなたも頑張ってね。わたしなんかじゃ尚更応援しか出来ないけれど、その手は命を救える手だよ
        うーん…近い、かな?(その様子に苦笑いで返し)…そだね。ありがたがってくれるのは嬉しいけど、なんか恥ずかしい
        うん…でも、わたしの目の前は恥ずかしいから、あとで。もっと配らないといけないから、わたしはそろそろ行くよ…見えなくなったら、開けて。それじゃ、また(照れくさそうに頬をかきながらそう言って、手を振って駆けていった)
        (手紙の内容は好意を綴ったもの。短い文章で、ストレートに書かれていた) -- 紫夕 2011-09-08 (木) 00:14:17
      • そうだね…一人でも多く、救えればいい。ありがとう、シユウ。
        近い…(なんだろう、と首をかしげて)恥ずかしい、ということは、中身は通知とかじゃ、ないんだ。
        あぁ、すまない、引き止めてしまったみたいで。それじゃあ、また、シユウ。(去っていく少女を見送ってから、手にした手紙の封をといた。) -- シャスカ 2011-09-08 (木) 00:18:44
      • (中に書かれた旨に、不思議そうに首を傾げる。)…どういうことなんだろう。(不思議なことの多い一時だった。) -- シャスカ 2011-09-08 (木) 00:19:49
  • (宿の部屋の中でオレンジ色の小石を磨り潰している) -- シャスカ 2011-09-07 (水) 02:26:42
    • (水に溶かし、上澄みをとって乾かして、膠に混ぜる) -- シャスカ 2011-09-07 (水) 02:28:54
      • (しばらくして、オレンジ色の絵の具が出来上がった。大事そうに小瓶に収め、懐へとしまいこんだ。) -- シャスカ 2011-09-07 (水) 02:29:53
      • (立ち上がれば部屋を後にする。また街の中を巡るのだろう) -- シャスカ 2011-09-07 (水) 02:32:06
  • セックス! -- 2011-09-07 (水) 00:31:01
    • そういうことを突然叫んではいけない(絵筆で塗りつぶしておく) -- シャスカ 2011-09-07 (水) 00:40:33




      • -- 2011-09-07 (水) 01:57:44
      • 絵の具代がかかるのであまりこういうことは…(べたべた) -- シャスカ 2011-09-07 (水) 02:06:29

Last-modified: 2011-09-24 Sat 17:38:03 JST (3451d)