FA/0032

  • センロア・ル=フェールはゾンビ討伐依頼を受けた。

    冒険成功!

    筋力が8上がった!
    耐久が4上がった!
    敏捷が6上がった!
    器用が5上がった!
    知力が2上がった!
    魔力が3上がった!
    感応が3上がった!
    幸運が2上がった!

    ネバネバしているトライデントを手に入れた!
     
    報酬として金貨7000枚を受け取った!
    -- 2017-11-13 (月) 23:18:24
  • センロア・ル=フェールは貴重な薬草捜索依頼を受けた。

    冒険成功!

    筋力が9上がった!
    耐久が5上がった!
    敏捷が6上がった!
    器用が2上がった!
    知力が7上がった!
    魔力が6上がった!
    感応が6上がった!
    幸運が7上がった!

    よくわからない護符を手に入れた!
     
    報酬として金貨4000枚を受け取った!
    -- 2017-11-11 (土) 23:20:25
    • センロア・ル=フェールはクラーケン討伐依頼を受けた。

      冒険成功!

      筋力が3上がった!
      耐久が3上がった!
      敏捷が5上がった!
      器用が7上がった!
      知力が19上がった!
      魔力が6上がった!
      感応が1上がった!
      幸運が10上がった!

      よくわからないポールアックスを手に入れた!
       
      報酬として金貨1000枚を受け取った!
      -- 2017-11-12 (日) 13:26:16
      • ……ニャんなの。最近はよくわからニャい強化月間ニャの? -- ニャンロア 2017-11-12 (日) 13:29:17
  • センロア・ル=フェールは銀鉱脈捜索依頼を受けた。

    冒険成功!

    筋力が5上がった!
    耐久が8上がった!
    敏捷が10上がった!
    器用が8上がった!
    知力が4上がった!
    魔力が8上がった!
    感応が6上がった!
    幸運が7上がった!

    よくわからないクロスボウを手に入れた!
     
    報酬として金貨2000枚を受け取った!
     
    道中、センロア・ル=フェールは 忌むべき巣の中のもの を撃退し、三本角の獣の印 を手に入れた!!
    -- 2017-11-10 (金) 23:37:42
    • あの巣の中も謎だし……この戦利品のクロスボウ、なんでこんな構造で矢がまっすぐ飛ぶの……? -- セン 2017-11-10 (金) 23:38:20
  • センロア・ル=フェールは遺跡探検依頼を受けた。

    冒険成功!

    筋力が10上がった!
    耐久が5上がった!
    敏捷が5上がった!
    器用が17上がった!
    知力が8上がった!
    魔力が4上がった!
    感応が9上がった!
    幸運が3上がった!

    ごくありふれたクロスボウを手に入れた!
     
    報酬として金貨1000枚を受け取った!
    -- 2017-11-09 (木) 23:58:31
    • ……まあ、楽は楽だ。 -- セン 2017-11-09 (木) 23:58:54
  • センロア・ル=フェールは行方不明者捜索依頼を受けた。

    冒険成功!

    筋力が3上がった!
    耐久が8上がった!
    敏捷が10上がった!
    器用が2上がった!
    知力が2上がった!
    魔力が5上がった!
    感応が6上がった!
    幸運が8上がった!

    ごくありふれた闇の魔法書を手に入れた!
     
    報酬として金貨3000枚を受け取った!
    -- 2017-11-08 (水) 22:39:06
    • ……なるほど、これにタチの悪いのが憑いていたわけか。 -- セン 2017-11-08 (水) 22:39:44
  • センロア・ル=フェールは鉄鉱脈捜索依頼を受けた。

    冒険失敗……

    筋力が7上がった!
    耐久が7上がった!
    敏捷が5上がった!
    器用が3上がった!
    知力が5上がった!
    魔力が9上がった!
    感応が4上がった!
    幸運が10上がった!

    ごくありふれたショートソードを手に入れた!
    -- 2017-11-07 (火) 23:35:32
    • ……地中から磁力の反発を感じない。少なくともこの近辺の地層に鉄というか金属の脈はなさそうだよ。 -- セン 2017-11-07 (火) 23:37:48
  • センロア・ル=フェールは街頭警備依頼を受けた。

    冒険成功!

    筋力が9上がった!
    耐久が13上がった!
    敏捷が5上がった!
    器用が7上がった!
    知力が1上がった!
    魔力が4上がった!
    感応が9上がった!
    幸運が3上がった!

    上質なモーニングスターを手に入れた!  

    報酬として金貨9000枚を受け取った!
    -- 2017-11-05 (日) 13:00:52
    • 実入りは良いしもらえるものはもらっておくけれど……どうもピリピリしていないかな? -- セン 2017-11-05 (日) 13:06:14
  • センロア・ル=フェールは珍しい茸捜索依頼を受けた。

    冒険成功!

    筋力が7上がった!
    耐久が4上がった!
    敏捷が1上がった!
    器用が8上がった!
    知力が10上がった!
    魔力が3上がった!
    感応が4上がった!
    幸運が10上がった!

    上質なフレイルを手に入れた!
     
    報酬として金貨2000枚を受け取った!
    -- 2017-11-03 (金) 23:39:25
    • 本格的に復帰。まあ肩慣らしくらいかな。 -- セン 2017-11-03 (金) 23:40:27
  • センロア・ル=フェールはオーク討伐依頼を受けた。

    冒険成功!

    筋力が9上がった!
    耐久が6上がった!
    敏捷が3上がった!
    器用が1上がった!
    知力が6上がった!
    魔力が3上がった!
    感応が9上がった!
    幸運が1上がった!

    出来の良い盾を手に入れた!
     
    報酬として金貨5000枚を受け取った!
    -- 2017-10-31 (火) 23:57:37
  • センロア・ル=フェールは巨大トカゲ討伐依頼を受けた。

    冒険成功!

    筋力が9上がった!
    耐久が3上がった!
    敏捷が6上がった!
    器用が1上がった!
    知力が11上がった!
    魔力が4上がった!
    感応が8上がった!
    幸運が7上がった!

    ありふれたロングボウを手に入れた!
     
    報酬として金貨3000枚を受け取った!
     
    道中、センロア・ル=フェールは 絆の帰るべき場所 を発見し、古い孤児名簿 を手に入れた!!
    -- 2017-10-30 (月) 19:35:29
    • そう、これは……。ひとついらいついか、かな。 -- セン 2017-10-30 (月) 19:35:59
  • センロア・ル=フェールは洞窟探検依頼を受けた。

    冒険成功!

    筋力が10上がった!
    耐久が8上がった!
    敏捷が3上がった!
    器用が1上がった!
    知力が2上がった!
    魔力が1上がった!
    感応が5上がった!
    幸運が7上がった!

    上質な闇の魔法書を手に入れた!
     
    報酬として金貨6000枚を受け取った!
    -- 2017-10-29 (日) 23:29:49
    • ふふ、たんけんならこの小さいからだでかえってできることもあるんだよ。 -- ちびセン 2017-10-29 (日) 23:30:39
  • センロア・ル=フェールは宝石鉱脈捜索依頼を受けた。

    冒険成功!

    筋力が7上がった!
    耐久が7上がった!
    敏捷が1上がった!
    器用が4上がった!
    知力が2上がった!
    魔力が6上がった!
    感応が10上がった!
    幸運が2上がった!

    壊れた光の魔法書を手に入れた!
     
    報酬として金貨2000枚を受け取った!
    -- 2017-10-26 (木) 23:53:47
    • 属性コンプ? と思ったら請われてるし……。 -- セン 2017-10-26 (木) 23:54:12
  • センロア・ル=フェールはデーモン討伐依頼を受けた。

    センロア・ル=フェールはアポカリプスデーモンに遭遇してしまった!冒険失敗……

    筋力が5上がった!
    耐久が6上がった!
    敏捷が10上がった!
    器用が4上がった!
    知力が8上がった!
    魔力が3上がった!
    感応が2上がった!
    幸運が9上がった!

    ごくありふれた闇の杖を手に入れた!
    -- 2017-10-25 (水) 23:22:02
    • さすがにデーモンはまだまだ役者不足だったか……いたたたた。 -- セン 2017-10-25 (水) 23:22:30
  • センロア・ル=フェールはトロル討伐依頼を成し遂げた!

    筋力が6上がった!
    耐久が4上がった!
    敏捷が4上がった!
    器用が10上がった!
    知力が5上がった!
    魔力が1上がった!
    感応が8上がった!
    幸運が2上がった!

    出来の良い闇の魔法書を手に入れた!

    報酬として金貨8000枚を受け取った!
    -- セン 2017-10-25 (水) 00:23:26
    • 闇の魔法書! 強力だけれど応用と使いどころがむつかしいよね…。 -- セン 2017-10-25 (水) 00:24:08
  • センロア・ル=フェールは古文書捜索依頼を受けた。

    冒険成功!

    筋力が3上がった!
    耐久が10上がった!
    敏捷が3上がった!
    器用が12上がった!
    知力が2上がった!
    魔力が9上がった!
    感応が1上がった!
    幸運が5上がった!

    ごくありふれたカタナを手に入れた!
     
    報酬として金貨10000枚を受け取った!
    -- 2017-10-23 (月) 23:55:45
    • (カタナはともかくかなり良い稼ぎ、と伏し目がちなホクホク顔) -- セン 2017-10-23 (月) 23:56:14
  • センロア・ル=フェールは貴重な薬草捜索依頼を受けた。

    冒険成功!

    筋力が2上がった!
    耐久が9上がった!
    敏捷が6上がった!
    器用が5上がった!
    知力が9上がった!
    魔力が4上がった!
    感応が9上がった!
    幸運が8上がった!

    高級なショートボウを手に入れた!
     
    報酬として金貨8000枚を受け取った!
    -- 2017-10-22 (日) 19:36:22
    • 高級なのは嬉しいんだけどショートボウ、かあ……。 -- セン 2017-10-22 (日) 19:36:56
  • センロア・ル=フェールは未開地探検依頼を受けた。

    冒険成功!

    筋力が2上がった!
    耐久が10上がった!
    敏捷が1上がった!
    器用が5上がった!
    知力が1上がった!
    魔力が8上がった!
    感応が8上がった!
    幸運が5上がった!

    質の悪いクロスボウを手に入れた!
     
    報酬として金貨6000枚を受け取った!
    -- 2017-10-20 (金) 23:06:06
    • はて……原住民の人が使っていたものかな? -- セン 2017-10-20 (金) 23:06:32
  • センロア・ル=フェールはゾンビ討伐依頼を受けた。

    冒険失敗……

    筋力が5上がった!
    耐久が5上がった!
    敏捷が7上がった!
    器用が5上がった!
    知力が7上がった!
    魔力が10上がった!
    感応が3上がった!
    幸運が2上がった!

    壊れたロングボウを手に入れた!
    -- 2017-10-19 (木) 00:10:47
    • いたたたた……。 -- セン 2017-10-19 (木) 00:11:14
  • センロア・ル=フェールはミイラ討伐依頼を受けた。

    冒険成功!

    筋力が2上がった!
    耐久が4上がった!
    敏捷が9上がった!
    器用が7上がった!
    知力が4上がった!
    魔力が16上がった!
    感応が6上がった!
    幸運が10上がった!

    ありふれた炎の杖を手に入れた!
     
    報酬として金貨5000枚を受け取った!
    -- 2017-10-17 (火) 23:59:45
    • もう出来の良いのがあるんだよねえ…… -- セン 2017-10-18 (水) 00:04:36
  • センロア・ル=フェールは隊商護衛依頼を受けた。

    冒険成功!

    筋力が10上がった!
    耐久が4上がった!
    敏捷が8上がった!
    器用が2上がった!
    知力が5上がった!
    魔力が3上がった!
    感応が3上がった!
    幸運が5上がった!

    標準的なショートボウを手に入れた!
     
    報酬として金貨8000枚を受け取った!
    -- 2017-10-16 (月) 00:53:38
    • これどこかで適当に売らないとそろそろ部屋の一角を射撃武器が占めてきたね…。 -- セン 2017-10-16 (月) 00:54:14
  • センロア・ル=フェールは遺跡探検依頼を受けた。

    冒険成功!

    筋力が3上がった!
    耐久が6上がった!
    敏捷が1上がった!
    器用が5上がった!
    知力が10上がった!
    魔力が5上がった!
    感応が4上がった!
    幸運が5上がった!

    ありふれたクロスボウを手に入れた!
     
    報酬として金貨2000枚を受け取った!
    -- 2017-10-12 (木) 23:41:18
    • また
      クロスボウ
      か。
      -- セン 2017-10-12 (木) 23:41:37
  • センロア・ル=フェールは金鉱脈捜索依頼を受けた。

    冒険成功!

    筋力が2上がった!
    耐久が2上がった!
    敏捷が6上がった!
    器用が2上がった!
    知力が3上がった!
    魔力が9上がった!
    感応が8上がった!
    幸運が3上がった!

    上質なクロスボウを手に入れた!
     
    報酬として金貨4000枚を受け取った!
    -- 2017-10-11 (水) 22:49:41
    • 射撃は苦手なんだよねえ……。 -- セン 2017-10-11 (水) 22:50:04
  • センロア・ル=フェールは森林探検依頼を受けた。

    冒険成功!

    筋力が9上がった!
    耐久が5上がった!
    敏捷が7上がった!
    器用が5上がった!
    知力が1上がった!
    魔力が4上がった!
    感応が7上がった!
    幸運が1上がった!

    標準的な氷の魔法書を手に入れた!
     
    報酬として金貨1000枚を受け取った!
    -- 2017-10-10 (火) 22:32:29
    • 氷……氷か。一度何ができるのか確かめておかないと。 -- セン 2017-10-10 (火) 22:33:24
  • センロア・ル=フェールは森林探検依頼を受けた。

    冒険成功!

    筋力が2上がった!
    耐久が3上がった!
    敏捷が1上がった!
    器用が1上がった!
    知力が2上がった!
    魔力が9上がった!
    感応が8上がった!
    幸運が4上がった!

    標準的なロングスピアを手に入れた!
     
    報酬として金貨7000枚を受け取った!
    -- 2017-10-09 (月) 22:40:04
    • なるほど、こうも報酬と能力の上りが違うんだねえ……それは命の危険があってもやりたがる人がいるわけだ。

      ……命の危険があっても、か。
      -- セン 2017-10-09 (月) 22:41:20
  • センロア・ル=フェールはミイラ討伐依頼を受けた。

    冒険成功!

    筋力が6上がった!
    耐久が8上がった!
    敏捷が3上がった!
    器用が4上がった!
    知力が9上がった!
    魔力が3上がった!
    感応が5上がった!
    幸運が10上がった!

    出来の良い炎の指輪を手に入れた!
     
    報酬として金貨3000枚を受け取った!
    -- セン 2017-10-08 (日) 23:57:10
    • 壊れてない? 今度は壊れてないよね?(ガッツポーズ) -- セン 2017-10-08 (日) 23:57:44
  • センロア・ル=フェールは洞窟探検依頼を成し遂げた!

    筋力が9上がった!
    耐久が4上がった!
    敏捷が3上がった!
    器用が2上がった!
    知力が4上がった!
    魔力が1上がった!
    感応が1上がった!
    幸運が2上がった!

    壊れた炎の杖を手に入れた!

    報酬として金貨1000枚を受け取った!
    -- セン 2017-10-07 (土) 16:10:49
    • やったね、念願の炎の魔導器を……
      壊れてる……。(とてもしょんぼり)
      -- セン 2017-10-07 (土) 16:21:45
  •   -- 2017-10-06 (金) 22:09:27
  • ぁ・・こ、こんにちは・・センさん(宿でばったり会ってぺこり、頭を下げれば腰の方に目が行って)
    ぁ・・・そ、その・・・ポーチ・・・ひょっとして・・チグサさんの・・所の・・ですか?(と革のポーチに気付く) -- リリア 2017-10-05 (木) 17:59:52
    • やあリリア君。今からお出か(おでかけかい、と聞こうとしてリリアの視線に気づく)
      ああ、君もチグサ君と知り合いなのかい? 確かにこれはRagdollで買ったものだよ。この街に来てすぐのときにあのお店を見つけてね。(いい仕事をしてくれるよね、彼女。と頷く)
      -- セン 2017-10-05 (木) 19:50:00
      • えぇ・・でも・・・ただのお散歩というか・・・練習なので(大丈夫とこくこく)
        や、やっぱ・・り・・・ぇへへ(と照れくさそうに青く染色されたお財布を出して)私・・も・・・そこで・・買って・・・いい・・ですよね・・・あのお店・・(近くにお仲間がいた事がうれしいらしい) -- リリア 2017-10-05 (木) 20:15:41
      • ……練習?(はて、と首かしげ)
        まったくだ。(青い財布を見やって大事にしているようだねと頷き)彼女の仕事はビジネスではなくて……いやもちろんそれで生計を立てる以上ビジネスなんだけど、それだけではない情熱と愛着があるまさしく一点ものだからね。
        そういうものを身に着けているとこう、気が引き締まる思いがするよ。リリア君もするんじゃないかな?
        -- セン 2017-10-05 (木) 20:35:18
      • えと・・・(ちょっと言いにくそうに)魔法の・・練習・・・です・・・私・・もっともっと・・上手くならないと・・・いけなくて
        ぇへへ・・・(ですと頷きはにかんで)情熱と・・愛着・・・(改めて財布を眺める)・・・ですね・・
        引き締まる・・・そう・・かな?・・・えと・・わ、私・・・凄く単純に・・・かわいいな・・いいな・・・好きだなって・・くらいで・・・(そこまで深く考えていなかったものから、ちょっと気まずそう) -- リリア 2017-10-05 (木) 21:01:52
      • はは、気まずい思いをすることはないさ。(リリアの表情から概ね察した様子)可愛いな、好きだなって思ったら粗末な扱いはできないし買い物で財布を出すときにちょっと嬉しくなったりするだろう? 僕が言っているのはそういうことさ。
        ああ、魔法の鍛錬だね。そういえばお互い魔法使いだけれど……僕は雷で君は水。それもあまり見たことのない形式で行使するようだ。(興味深げな顔) -- セン 2017-10-05 (木) 21:46:33
      • ぁぅ・・・(察せられてちょっと気まずそう、諭すように説明されればふんふんと頷き)・・・そ、そういう事・・ですか・・・ぇへへ・・はい!(わかりますと頷いて)
        そういえばセンさんは・・よく雷をお遣い・・ですね・・・私の・・は・・・正確には・・水・・・というか・・(捧げる様にした手の間にふよんと液体が浮かび上がる)・・流体・・・と言って・・・スライムの・・・体組織を・・抽出した物・・です・・・これ・・を・・・体内の水分と・・入れ替えて・・・思念で操れるように・・したのが・・・私たち・・・しょうえのほう・・の使い手・・です -- リリア 2017-10-05 (木) 22:03:15
      • (話を聞くうちに目を丸くする)……すると君たちは、そのショウエの法というのを使うために自分の身体の方を魔に近づけているわけか……(そういう発想はなかったな、と感心顔)
        それで水を思いのまま操ったり霧状で広範囲探査を行ったりしていたのか。僕が雷を扱うのは単に先天属性が雷だからというだけなんだけどね。
        ……しかしそうすると、鍛錬と言うのはどんなことをするんだい?
        -- セン 2017-10-05 (木) 22:10:21
      • (こくこくと頷く)です・・・言って・・見れば・・この流体が・・・私たちの魔力・・って思ってくれて・・いいです・・・・・・(魔に近づけてと言えばちょっと後ろめたそうな素振りをみせる)純粋な魔力・・を扱う術・・を・・・私たちは学んでない・・・ので・・先天属性・・って考えがないっていうか・・・
        はい・・・流体とは・・思念でつながってる・・から・・・手足みたいに・・使えるし・・・触れたところは・・私にもわかって・・・
        鍛錬・・は・・・えと・・手足も・・・自在に扱って、重い物を使うには・・・訓練がいるのと同じ・・・っていうか・・・
        私の場合・・・もっと・・固い結晶を作れるように・・・石を叩いたり・・・もっと力強くなれるように・・・物を持ち上げたり・・です -- リリア 2017-10-05 (木) 22:24:40
      • ああ、いや、すまない……表現が悪かった。非難しているわけではないんだよ。人間の可能性のうち、成長か拡張性かどちらを見るかというだけの話だからね。(わたわたおろおろ。)
        へえ……となると、肉体のほうの鍛錬が同時に魔術の鍛錬になっているのか。それはまた興味深い……。ちなみにその入れ替える、流体だっけ。それは増やせるのかな?
        -- セン 2017-10-05 (木) 22:45:24
      • い、いえ・・・いいん・・です・・(謝られるほどになんだか気を落としていく)
        そう・・なります・・・思念の・・強さが・・・流体の強さになるので・・・(こくりと)ふやせ・・ます・・・水と・・特に親和性が高いので・・容量を増やしたり・・・渇いても・・水を飲めば回復して・・・継承も・・基本は・・・師から弟子に・・・流体を提供する・・・形で・・・行います -- リリア 2017-10-05 (木) 22:58:12
      • ああ、もうある人から追加で移植をしなくても、なんだ、こう。……自分の中にタネがあればそれをどんどん増やしていけるわけだね
        ちょうど……というとなんだけれど、実は僕も肉体的な方面の鍛錬が必要でね。付与魔術師は魔術で直接攻撃するにはひと手間多くって。良かったら一緒にどうかな、訓練?
        -- セン 2017-10-05 (木) 23:06:13
      • です・・・(こくこく)そういえば・・・センさんは・・いつも付与で・・使ってます・・ね?・・・
        えと・・・私の・・結構地味・・ですけど・・・(いいんですかと伺う様に) -- リリア 2017-10-05 (木) 23:24:57
      • そりゃあ、僕は付与魔術師だもの。直接飛ばして攻撃するには、まず武器なり拳なりに雷を付与してからそれを飛ばす、という二段階を経ないといけない上に連射が利かない。それなら付与した剣なり何なりで直接戦った方が早い、という感じだね。(ひと手間多い、の部分の内訳説明)
        そういうわけで、地味なのは大歓迎。僕だって普段地味に走り込みから始めてるし。
        -- セン 2017-10-05 (木) 23:34:13
      • 付与魔術師・・・付与を・・専門としている・・という事・・・です?・・・そっか・・だから・・体を鍛えて・・・飛び道具とか・・とも・・・相性良さそう・・ですね?(うんうんと)
        は・・はひ・・で、では・・宜しくです・・・行きましょう(ぺこりと改めてお願いしていつも訓練している公園へと向かいました) -- リリア 2017-10-06 (金) 02:45:40
  • ヘイ、ミスター! えーと確か……セン、だっけ? しばらく(コボルド退治強化月間)ぶりじゃないか! 結局不作だったが!
    ま、そりゃいいんだ終わったことだし。 ちょいとあん時の服とか気になったんだが……
    もしかして魔法だとか魔術の類使う人だったりするのかい? いや俺生まれてこの方その手のものを見たことないんでちょっとわからないんだ
    (食材を満載にした箱を抱えて赤黒いロボットが近づいてくる。 なんだか声が馴れ馴れしいかもしれない) -- アンゼルム 2017-10-04 (水) 22:30:34
    • ああ、アンゼルム君。あまりにも人間離れしたフォルムだったからてっきり魔術で意識を鎧に飛ばしているのかと思っていたけれど……。(本人の口ぶりからするとどうも違うらしい)
      そうだよ、僕は魔術師の中でも特に付与魔術師と呼ばれる類。武器の切れ味を上げる魔法をかけたり素早く動ける魔法をかけたり、それを自分にかけて直接戦ったりする。
      -- セン 2017-10-04 (水) 22:37:32
      • 動力内蔵の操り人形、っていえば多分文化が違ってもある程度通じると思う、思いたい。 糸はないけど。
        やはりその類のものが……! つまりそれをやるとこう、壁ごとざぱっと切り捨てたり
        敵方が飛ばしてきた矢を足場にして突撃とかそんな真似が……コミックの中だけだと思ってたが実在しちまうのか……
        (声だけで憧れが滲んでいるのがわかる、子供がきらきらした顔で出すような声だ)
        ……実際問題としてそこまで無茶苦茶できるかもわからないけど壁ごとざぱーって切り捨てたりするレベルまで持っていけたとしてどんくらい習得その他時間かかるもんなんだろうか? いやこれは無知から来ているので気に触ったらすいませんでしたなんだけれども -- アンゼルム 2017-10-04 (水) 22:57:20
      • ……こまかくは分からないけどだいたい分かった。要するにゴーレムのたぐいだね。(ひとまず自分の知識に当てはめて考える)
        そうだねえ……僕はまだ壁ごとざぱっとか矢を足場にとかはできないけれど、これでも物心つくくらいから修行しているよ。なので四半世紀くらいかな?(憧れを壊すようでなにやら申し訳ないけれども、と苦笑い)
        -- セン 2017-10-04 (水) 23:23:22
      • そういえば前もゴーレムの類って言われた気がするから今度からそっち使ったほうが効率が良さそうな気がする。 気が利かなくてごめんよ
        …………よし! あきらめた! 俺の生きてる時間と同じくらいやっても無理って言えるのなら憧れが叶う頃には爺さんになっちまう!
        現実に打ちのめされた俺は涙を見せる前に逃げるのであった。 答えてくれたのにこれですまないありがとう…… -- アンゼルム 2017-10-04 (水) 23:39:51
      • そっちは特に気にしなくてもいいよ、大丈夫大丈夫。
        まあもともと目標がだいぶ高いのはその行為の問題点としてあげられると思うよ。要するに、壁ざぱーとか矢を足場とかにするのに魔術と体術の全く違う方向の技術を両方修めないといけないわけだから。
        普通の現象魔術師の修行ならその1/3くらいで壁と言わず小屋を吹っ飛ばすくらいはできるようになるんじゃないかな?
        -- セン 2017-10-04 (水) 23:48:41
  • エッチな巨乳になっちゃう薬が振り撒かれた -- 2017-10-01 (日) 12:35:27
    • ――完成せよ、雷神掌。(ばさばさ払う) ……逆に聞くけれど、僕がえっちな巨乳になって誰か喜ぶのかい? -- セン 2017-10-01 (日) 19:28:33
      • やっぱりセン殿は男の体のままがいいでござるよね。(うんうん) -- エソルハ 2017-10-02 (月) 23:31:23
      • うわあエソルハ君いつの間に。(びくっ!?)
        そういえばエソルハ君、僕の写真いつの間にあんな見事に写していたんだい?
        -- セン 2017-10-03 (火) 00:04:48
      • //ごめんなさいちっとも気づいてなかったorz -- セン 2017-10-03 (火) 00:06:47
      • 拙者、忍者でござるゆえ、気配を消すのは得意でござる!(にこっ)
        そして忍者は間諜でもある……つまり、スパイグッズな隠しカメラで写真なぞ撮り放題にござるよ!
        ……いや、実際は魔道スマホ具のカメラ機能でフツーに撮影しただけなんでござるけどね。
        //ええよでござる!気にせんでええよにござるよ!セン殿だけに気にセン……!ぐふっ!(自らの駄洒落で死亡。) -- エソルハ 2017-10-03 (火) 00:23:39
      • で、結果リーゼロッテ君に渡ってノリノリだったと勘違いされてしまったわけだ……。(はふ、とため息) -- セン 2017-10-03 (火) 00:26:39
      • 逆に考えるでござるよセン殿。昔の偉い武術家は言いました。「なっちまえばいいじゃん。ノリノリに。」と……にござる! -- エソルハ 2017-10-03 (火) 00:29:23
      • 誰その無責任な武術家!? 女装にノリノリになるのはさすがに僕も抵抗が大きいって……ところであれからあの学校はどう? 平和そう? -- セン 2017-10-03 (火) 00:36:59
      • 女装にノリノリなのではなく、乙女力を高めるのにノリノリだ、という事にすれば安心にござる!(にこにこっ)
        うむ。至って平和のようでござるよ。……正確には、時折近隣に響くほどの爆発音が聞こえるけれど、それがあそこの平和な日常だそうにござる。 -- エソルハ 2017-10-03 (火) 00:41:31
      • あのね、多分僕には乙女力よりも優先した高めないといけないものがあると思うんだ。
        なんというか、ずいぶん過激な平和な日常だね……。でも、あれから大きなトラブルは起こっていないようで、よかった。(伏し目がちに微笑み)
        -- セン 2017-10-03 (火) 00:50:51
      • つまり、美男力を優先して高める事によって、美男乙女としてのジャンルの確立を目指すのでござる……?
        ……ふふ、それは置いておいても、セン殿のその優しさは魅力的だと思うのでござるよ。もちろん笑顔も。(己の頬に片手を当てて、再度うんうんと頷く。)
        そうそう、今更な報告でござるが、拙者もこの石畳の雄牛亭に部屋を借りてるのでござる。
        だからセン殿が望むならば、今度は外部の目を気にする事無く女装パーティーが可能ということでござるな!
        今日はそれを伝えに参ったのでござる!というわけで、目的を果たしたのでドロン! -- エソルハ 2017-10-03 (火) 01:09:38
      • 冒険の魔術の腕とか新しい魔道具の探索とかそういうのだよ?
        ……いや、まあ。うん。ありがとう…?(どうやら褒められるのには慣れてないようで、ちょっと顔が赤くて微妙に挙動不審で照れてる)って、誤魔化されないしお世辞を言っても何も出ないよ。
        あと望まないし他の知り合いも結構泊ってるから見られたらかなりアウトだよね……って、行っちゃった。望まないからね。本当だからね。(最後の一言は虚空に剥けてだが、多分エソルハには伝わっているだろうと思った。)
        -- セン 2017-10-03 (火) 01:17:32
  • 噂の雄牛亭に泊まってたんだな、店主が男嫌いだって聞いたんだけど、快適そうじゃあないか
    (宿からセンが出てきたところでばったり会った青年が声をかける 宿を見上げ、) メイドさんとは知り合いだが、センが泊ってるとはな嗚 -- イーリアス 2017-09-30 (土) 17:56:56
    • //実はまだ帰宅できてないので反応遅いのご容赦……
      やあやあイーリアス君。そうそうそのメイドさん……セティ君に誘われてね。一度見学に行ったときに思いのほか知り合いが多かったので、それで泊まることにしたのさ。 -- セン 2017-09-30 (土) 19:01:55
      • 成程なあ…俺はここの地元だから宿に泊まるきっかけが無くって、噂に乗り遅れててな…ちょっと羨ましいぜ…
        って、知り合いと言うと、他に誰が住んでるんだ? 世間は狭い、意外と俺が知ってる奴がいるかもしれんなあ -- イーリアス 2017-09-30 (土) 19:04:18
      • そうだね……酒場のバニーのアコヤ君に無口なスカウトのリッキー君、それと猫人の錬金術師のダー・フェンザー君に水を操るリリア君……それと、毎日泊まってはいないようだけれど、なんというかこう色々と丸出しのハロリータ君も姿を見るよ。(指折り数え) -- セン 2017-09-30 (土) 20:29:52
      • リッキー、ダー・フェンザー、リリア…え、リリアもここに泊まってるのか 一端の冒険者って感じだなあ
        (知ってる名前を拾い上げれば、感心したように頷いて) 色々と丸出しって、その人大丈夫か…? 黄金歴時代は全裸冒険者とか居たって聞くけども… -- イーリアス 2017-10-01 (日) 09:58:03
      • そうだよ? セティ君と仲が良くてね。傍から見ていると姉妹にも見えるくらいなので、よくなごんでいるよ。(口元に手を当ててくすりと笑う)
        なにやらやんごとのない理由があるようでね……。え、本当にいたの全裸なんて?
        -- セン 2017-10-01 (日) 19:16:42
  • 〜ここは場末の酒場〜
    はい (酒場で立ちながら) ハッ見たことある男の子!ヤッホー!元気してる?
    ん〜この呪文はなんじゃらほい(センの左下の隅にある呪文を唱えてみました)
    これは…一体どんな魔法なの… (RINMARUGAMES…恐ろしい魔法だ…) -- ネピェ 2017-09-27 (水) 21:44:23
    • やあ。とりあえずは元気しているよ。あの時思い出したのだけれど、広場で銀月の宣伝をしていた人だよね(獲物を見る目は今でも若干コワイ)
      ……ああ、それかい? 看板用にね、望みの人物の顔を空間に固着しておく魔法。害はないよ?
      -- セン 2017-09-28 (木) 01:20:37
      • //今の今まで寝落ちていた上にやっぱり寝ないとまずいのですすまない、文通で…… -- セン 2017-09-28 (木) 01:21:13
      • そうよ〜♡ 劇団銀月のマネージャーをやっております、ネピェリヌラリリュア・ティヌティンクドゥエと申します
        でも今はだたのお酒飲んでるお姉さんよ〜ン♡ みんなーっ!のんでるぅ〜?
        ウェーイ!せーのっ、飲んでるー!! (ネピェの掛け声とともに返事、そして爆笑の渦)
        なるほど…ちょっと唱えてみたら、いろんな看板が出てきたわ!ゲームというわけじゃないのね、看板を作るための魔法なのね… -- ネピェ 2017-09-28 (木) 22:47:23
      • 飲んでるー。(ここで合わせておく程度の世間慣れは世俗に交わる以上はできている、つもりだ)
        ええと、ネピェリヌラリリュア・ティヌティンクドゥエ。(一度言うとだいぶ滑らかに言えるようになってくる。伊達に普段呪文詠唱ばかりしているわけではない)
        そうそう。こういう魔法とかで誰がいるのか分かるようにしておくのは、大きな町では重要だからね。
        -- セン 2017-09-28 (木) 23:11:52
      • いえーい♡ おにーさんノリいーね〜♡ 今晩どお? (獲物を見る目)
        わっすごい、一発で覚えられたのはじめてみた、あいや2回目か、にかいめみた
        すっごいなめらか〜な発音!訓練してるんでしょ〜?わかったアナタのご職業はアナウンサーですね?
        いろんなところでこういう姿見、と申しましょうか、看板の魔法見るもんねー でも実物とちょっと違う感じなのもさもありなん
        私もやってみようかしら…りんまるげいむずの魔法… -- ネピェ 2017-09-29 (金) 01:08:25
      • //ねてた めっちゃねてた やはり睡眠は必要…! -- ネピェ 2017-09-29 (金) 01:09:42
      • ええ、と……酒なら付き合うけれど。(ちょっと腰引け気味)
        残念、僕はアナウンサーじゃあない。北の国の魔法使い、センロア・ル=フェールだよ。(よろしくね、と会釈)
        いいんじゃないかな。儀式自体が魔力を持つ儀式魔術のたぐいだから、正しい手順さえ踏めば誰にでもできるからね。
        //私も結局寝落ちてたしお互い様お互い様。
        -- セン 2017-09-29 (金) 19:48:00
      • うっふ〜ん♡ イケメンさん横にしながら一緒にお酒、わかってるわね〜♡ (スッと距離を詰めて横に来ました 近い)
        あら魔法使い、女の子魔法使いはけっこういるけど、男の子の魔法使いって珍しいかも?
        どれ、魔法を発動して… (ちょっとやってみた) な、なにこれ!?スゴイ設定しなきゃならない項目が割といっぱいある!
        けっこうメンドくさいわね…なるほどこれを使って看板を作っているのね…やるじゃない!
        髪とか帽子とか設定して…色はこれか…展開!RINMARUGAMES!!! (発動してみました)
        できた しかしちょっとイマイチ…!練習が必要ね… (そっとタブを閉じました タブってなんでしょうね)
        そうだ、今日お花見があるんですって!行って飲み直さない? (お花見会場の方へそれとなく誘いながら) -- ネピェ 2017-09-29 (金) 20:11:19
      • 自前で看板作れる人は無理して使わなくてもいいんじゃないかな……。(伏し目がちな苦笑い。さり気なく数センチ離れた)
        お花見か。悪くない。他の人も色々といそうだ。……となるといくつか取ってきたい道具があるから、会場で現地集合でもいいかい?
        -- 2017-09-29 (金) 20:36:49
      • いいとも〜!! (←古い表現ですね)
        じゃー先行ってるわね〜♡ (いざ会場へ!) -- ネピェ 2017-09-29 (金) 20:57:35
  • 酒場でとなりだったので押しかけてみるの巻!って前に依頼で一緒だった人だ!
    あの時はありがとねー、電撃投げ縄とか初めてだったけど! あれはいわゆるエンチャント魔術なのかな? -- エル 2017-09-28 (木) 21:04:13
    • やあ、エル君か。君も結構依頼で一緒になるからいつも心強いよ。(お茶でもどうだい、と早速お湯を沸かし始める)
      そのとおり、改めて……北の国の魔法使い、センロア・ル=フェールだよ。専門は付与魔術。今は雷しか扱えないのだけれど、ね?
      -- セン 2017-09-28 (木) 21:07:51
      • ふふふ、やっぱりある程度顔知ってるのと知ってないのとでは違うからね―(ではご厚意に甘えて、とおとなしくお茶を待つ)
        じゃ、こちらも改めて。エルネスティーネ・ブレイネル。劇団銀月の女優だよ― カウガール姿なのはただのコスプレ!
        センさんは北国の魔法使いかー、あっちの方だと氷魔術とか逆に炎とかに走りそうな気がするけども -- エル 2017-09-28 (木) 21:13:52
      • ああ、銀月の。シンデレラも美女と野獣も見せてもらったよ。(出てくる紅茶とハニーレアチーズケーキ)
        なんというか……色々と刺激が強い内容になっていたけれど、面白かった。
        ……確かに故郷ではね、氷や炎など、直接熱量を操る魔術が重宝されていた。では僕がなぜ雷魔術をもっぱらにしているか、分かるかな?(人差し指を一本立てていたずらっぽい顔)
        -- セン 2017-09-28 (木) 21:18:50
      • へへへ、シンデレラでは割合とんでもない所をお見せいたした。どうもこう刺激強めに走るところがあるねうちの劇団。アドリブだったり台本からだったりでいろいろだけど!
        わお、思ったより豪華なお菓子が出てきた!ありがたく拝領いたします(拝むようにしてからチーズケーキを崩し食べる 至福の味!)
        ふむー、なんだろ。オリジナリティとか敢えて違う道を行ってみるとか?違うかな……視点の広さを求めて? -- エル 2017-09-28 (木) 21:27:58
      • いやなに、そこまで拝まれるほどのことでもないのだけれどね。(でも喜んでもらえると悪い気はしないお人よし)
        残念、どれも不正解だ。正解は……単に、僕の先天属性が雷だからだよ。(割と身もふたもない付与魔術師しんじつ。)
        -- セン 2017-09-28 (木) 21:42:00
      • 甘いものは拝んで食べないとねー それにしても凝ってる。まさか手作り?(ケーキを頬張りつつ紅茶を一口 スッキリとしたハーモニー!)
        シンプルな答えだ!まぁでも魔法って結構才能に左右されるみたいだね。ボクはあんまりダメっぽい(そうは言うものの残念がってはいない)
        付与魔術が得手って言ってたけど、他の魔術は使わないんだ?あるいは研究してる分野を絞ってるとか? -- エル 2017-09-28 (木) 21:54:41
      • まさか。まあそれなりに良い店のものではあるけれども。……というか、僕の調理技能は十人並みだからこんな美味しいの作れないって。(こういうの作りそうに見える? と苦笑い)
        後者がおおむね正解かな。家系として付与魔術の家だから、先祖代々研究を続けてきたものを発展させて……って感じだよ。僕らは分家なので、本家筋だと通常の現象魔術や儀式魔術が得意な家系もあるそうだよ。
        -- セン 2017-09-28 (木) 22:02:43
      • あっはっは、意外な趣味持ってたりすると興味深いかなって思ったけどそーでもなかった?でも美味しいお菓子売ってる所知ってる男の人ってのもなかなかだねー ご馳走様でした(スイと最後の一切れを口にし、紅茶で余韻を楽しむ)
        へー、家ごとに研究分野が違ってくるんだねぇ 魔術師って結構血族の繋がりを重視したりするのかな、例えば特殊体質的な? -- エル 2017-09-28 (木) 22:12:22
      • どちらかというと食べ歩きのほうが趣味かな……。これを売っている店の外にもいくつかオススメのお店もある。(確かにあまり金銭に困っているような様子はない)
        特殊体質も少しは関係あるかな。現に僕も、しかるべき魔導器さえあれば雷以外の付与魔術もすぐにでも扱える。そういうフィルターのようなものがあるんだよ。あと、血族同士なら知識の伝承も比較的容易だしね。(この街に来ている理由の一つには、強力な魔導器の蒐集、という意味もあるんだよ、と。)
        -- セン 2017-09-28 (木) 22:30:36
      • ほほぅ、街のグルメスポット通……ぜひとも美味しい所を教えてもらいたいところだけども!
        一子相伝ってわけじゃないけど一族継承ってそういう利点もあるんだねぇ、広く教えるだけが伝承のやり方じゃないんだね 今更だけど納得!
        んまぁ、今日はご挨拶程度って所で。それじゃまた冒険とかで会う機会があったら!(と、来た時同様明るく帰っていった) -- エル 2017-09-28 (木) 22:34:55
      • じゃあ今度、わかりやすいようにリストと簡単な解説もつけておこう。情報の濃さとしても伝承の難易度としても、一子相伝と広く教えるの中間くらいかな。うん、またいつでもおいで。お客さんが来るのは嬉しいよ。(伏し目がちな微笑みを浮かべながら去っていくエルを見送る) -- セン 2017-09-28 (木) 23:00:35
  • センロア・ル=フェールは未開地探検依頼を成し遂げた!

    筋力が8上がった!
    耐久が7上がった!
    敏捷が5上がった!
    器用が1上がった!
    知力が1上がった!
    魔力が7上がった!
    感応が2上がった!
    幸運が2上がった!

    ありふれたハンドアックスを手に入れた!

    報酬として金貨9000枚を受け取った!
    -- セン 2017-09-25 (月) 23:57:44
    • さすがに斧の類となると魔術師兼用が扱うには重いかなあ……。 -- セン 2017-09-26 (火) 00:00:36
  • はあーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!
    (盛大な掛け声、そして直後に響くズズン…という重い何かが落ちた音、青年の眼前にはヒーロー着地をした女が一人!)
    神に反逆するのっていわゆるアベンジャーズって感じがしないかな!しない?それはそうとどう?悪魔信仰しない? -- サフィリア 2017-09-24 (日) 23:47:16
    • あ、竜人君の隣のベンチに座ってたいつぞやの。(ひさしぶり、と手を上げる)
      ええと……何の神に反逆するかで決まってくるんじゃないかな? あとどう? で勧めるには悪魔信仰ってちょっとハードルが高い気がする。
      -- セン 2017-09-24 (日) 23:55:23
      • (パンパンと膝に付いた埃を払うとへ〜いと手を上げて返す)ハハハッ何の神とは不思議な事を!ありとあらゆる神さッ!
        夢はでっかく全世界!全次元!全上位次元!欲望や憧れは止められねえんだ!
        そう考えるとほら途端にハードルが低く感じてこない?だって悪魔に祈って本の読みすぎで疲れた目をしゃっきりさせるぐらいだぜ? -- サフィリア 2017-09-25 (月) 00:01:26
      • それはアベンジャーズじゃなくてもうちょっと別の荒くれな何かに見える…。
        夢を見るのはいいけれど、そこに行くなら足元も見ないとね……あ、だからこうやって勧誘に回ってるのか。
        欲望が止められないのは人間の性だとは思うけれど……逆に悪魔に祈るって加護それだけなのかい?(素朴な疑問に首を傾げ)
        -- セン 2017-09-25 (月) 00:23:00
      • そういう事です、ついでに欲望に弱い人間の足元も見ている訳です…ウフフー!(上手い事言ったぞと物凄い胸を張って満面の笑み)
        オット!ここで勘違いされちゃあ紹介してる魔王様方に申し訳ねえ!勿論欲するならすげえ加護はあるさ!
        無限の魔力に全知…世界を滅ぼす程の淫蕩に止め処なく進化し続ける力!ありとあらゆる欲望は叶えられる!がっ!これはちょっと今駄目よされてる!
        一番えらい大魔王様がですね…あと4000年は地上に手は出さないと、歴史を変動させる事は許さないと…なので今は安全で健康的に抑えないと駄目なんだなあ… -- サフィリア 2017-09-25 (月) 00:32:30
      • なるほどうまい。(ぱちぱち、と拍手。ついでにお客さんには紅茶を淹れよう)
        つまりあれだね、その4000年後の来たるべきなにがしかに備えて、まずは草の根で馴染んでいこうとかそういうことで勧誘をしてるわけだね。
        -- セン 2017-09-25 (月) 00:43:47
      • (紅茶を出されれば異様なハイテンションとは裏腹に普通にテーブルに着いて問題無い作法で飲む)
        そう…そう!(センを指差した後親指をぐっと立てて言葉にならないとでも言うように何度も頷いて同意を示す)
        ついでに言えばほらかっちょ良くない?神様達が負けた後の世界で最初から魔王を信仰してる最先端の集団って感じじゃん?ファッション誌出る? -- サフィリア 2017-09-25 (月) 00:49:43
      • (お茶うけにクッキーも出す)
        ああ、正解だったんだ。かっちょいいかはともかくとして、ファッション誌に出る気はないな……それこそ僕はそんなものに出られるほど容姿が整ってはいないだろうし……。(苦笑い)
        広場では色々な悪魔がいる、みたいなことを言ってた気がするね。あのほかには例えばどんな悪魔がいるのかな。
        //時間かかり通しで大変面目のうござるがそろそろ文通スイッチで…
        -- セン 2017-09-25 (月) 01:21:41
      • (あんまり出されてばかりも悪いなーと紙に包まれた一口チョコをぽんとお皿に置いた、懐かしさのあるパン生地包みの駄菓子チョコだ)
        いやいや謙遜をするこたぁない!いい線いってるよ!(やんやと言いつつ悪魔を問われれば指折り数えて)
        さっき言った目の良くなる魔王様ソヨ=ゴでしょ?胃腸関係とかおかずが増える魔龍アルボレウスでしょ?家庭的な事ならお任せ太母リリスでしょ?
        猫の言葉が分かるようになるのもいるしー…あっこれ外の人なんだけどね豊穣の羊魔神ディアマンテってのもおすすめしとります、まだまだ居て多いぜえこれが
        //遅くに申し訳無い…それでは文通で -- サフィリア 2017-09-25 (月) 01:31:39
      • ……魔王ソヨ=ゴに魔龍アルボレウス、太母リリス……リリスってこちらでは淫魔の王女的な存在の名前なのだけれどね、それからディアマンテ……ディアマンテ!?(がたっ)
        え、金曜の魔神にして欲望をつかさどるあのディアマンテかい? 発祥はルブルムあたりだと記憶していたけれど……そうかこの辺にも名前が伝わっていて、しかも豊穣になってるのか……。(大変興味深そう)
        お茶とお菓子は沢山出すしなんなら夕飯奢るからちょっとその辺可能な限り詳しく教えてくれるかな? 論文が一本書けるよこれは。
        -- セン 2017-09-25 (月) 11:04:59
      • その辺はアタシもよー分からんのだけど名は体を表す様に体が名を表す…んだ…そうだ…
        リリスって名前が淫魔の女王の代表なら淫魔の女王ならリリスって名前?みたいな?能力によって名前が似通うってのがあるそうよん
        ん?ん?(足を組み意外と優雅な姿勢でクッキーを齧りながら)発祥はー覚えてない!この世界の魔神とは教科書に載ってたね
        と言ってもさしたる事は知らないぜ?さっきも言ったけどディアマンテって魔神はアキベドル様と上下関係にはないみたいだし、同盟とかなのかな? -- サフィリア 2017-09-25 (月) 20:23:59
      • つまり客分ないしは同盟……彼の大魔王とね、なるほどなるほど。(懐から取り出したメモ帳に書き付け)
        ああいや、羊神ディアマンテのこともなのだけれど、大魔王の配下や他の魔神邪神の名前とか、権能とか、そういうの。
        -- セン 2017-09-25 (月) 20:34:04
      • ほほうそう来ましたか、生憎とアタシの記憶容量は物凄く心許ないのでお菓子だけで十分ですよ
        羊神に関してはねーさっきキミが言った通り欲望の魔神なんだな、でも大魔王様はその前を知ってらっしゃるらしくてね
        それが富を司る女神様だそうで?更に欲望の魔神ってのも魔族が信仰するには相性がいい!
        (そこまで言うと紅茶に小指を浸して山羊の横顔のマークを描いて)だから商売をする魔族はこのマークを身に着け祈るんだと
        他の配下と言えばやっぱりカレンジュラ様かな?いやーこの御方のいいとこはなんと言っても秩序が好き!凄い暮らしやすい!権能は憎悪と金属なのに! -- サフィリア 2017-09-25 (月) 20:50:40
      • そのあたりで信仰の変遷が起きたんだね……それで今は一神教で言う商売の守護聖人みたいな扱いになっていると。そっち方面で神格が高まってそうだね……(かきかきさらさら)
        憎悪と金属を司る魔神が秩序を好む。それだけだとこう、裏社会のドンみたいな印象だね?(続けて続けて、とペンを持った手で促す)
        -- セン 2017-09-25 (月) 20:59:10
      • この魔神は他の魔王様方と違って地上にいる…って話だからそれ以上の細かい事は知らないな、ただ大魔王様奨励の一柱って感じ
        (口内の甘味を紅茶で流して)ヒトでも魔物でも金属はお金に関わるからね、うーんその印象はバッチリかも知れない
        後は不死者の王であるアタゲイレブなんてのも居てこれはちょっとアタシもおすすめ出来ない、死を司ってて生者にめちゃんこ厳しい
        あーっでっさっき言ったソヨ=ゴなんかはー…(全知と千里眼を持つ異界の何かであるなど様々な事を語り続ける)
        (この女の知識はこの黄昏の時代に於いて明らかに異質だ、学術書には存在しない剥き出しの情報を語っているかのよう…むしろ) -- サフィリア 2017-09-25 (月) 21:09:40
      • (逐一メモを取ったりするので手元と相槌が大変忙しい。メモ帳が3冊目に入った)
        魔王信仰者というのもだいぶ立場が違うだろうから、よく人里に来る気になったよね、それにしても。いや僕個人としてはまったくありがたいのだけれど……君たち側の人間ではそういう知識は普遍的なものなのかい?(首を傾げ)
        -- セン 2017-09-25 (月) 21:14:41
      • そりゃあそうさ!他の邪教徒は知らないけどうちはやましい所しか無いがなんたって胸を張れる!
        だからこそもモリモリ信者を増やすんだ!やりすぎるなって言われてるから程々にね!
        (憧れは止められねえんだ!と言わんばかりに楽しげだ)
        まあねー時々魔王の代替わりが起きたり外から誘致はするけれどこれからも概ね変わらないじゃないかな?
        というかアタシから質問したいんだけど?魔王に関する知識って随分失われてるのかい? -- サフィリア 2017-09-25 (月) 21:22:24
      • やましいのはやましいんだ……。(苦笑いしつつ大体の話が収まったので3冊目のメモ帳も閉じる)
        多分ね。僕はこの街に来てまだまだ日が浅いけれど、聞いた名前と言えば大魔王アキベドルと、それから矛盾の魔王ヴァルキサスくらいだよ。……こちら側の人間は大多数が日々の生活に忙しいし、あまり日常で魔王の話をしている暇もないからじゃないかな?
        -- セン 2017-09-25 (月) 21:33:53
      • ははあ、流石のむーちゃん…まだまだ名前が残っている辺りにこの土地での信仰の根深さが分かりますな…
        その信仰をちょろまかせるかと思うと楽しくてしょうがねえや!ぐふふ!(女性が出してはいけない笑い声)
        でもまー暗がりを眺める人が少ないのはいい事さ、見るとこがあるんだろうしアタシも布教に精が出るし
        (紅茶を飲み干すとごちそうさまでしたと立ち上がり)よし!小腹満たしたし帰る!………んっ!来た理由思い出した!
        なんか信仰したくなったらご一考を!(そう言うとじゃーねと笑って帰っていった) -- サフィリア 2017-09-25 (月) 21:40:44
      • いやいやいや。むーちゃんて。矛盾の魔王をむーちゃんて。(逆にすげえ、ってなってる顔)
        こちらこそいろいろなお話が聞けてとても助かった。また会うときまで健やかにね。(最後の最後で思い出した目的に苦笑いしつつも見送るのだった。)
        -- セン 2017-09-25 (月) 21:59:51
  • センロア・ル=フェールは商人護衛依頼を成し遂げた!

    筋力が3上がった!
    耐久が9上がった!
    敏捷が8上がった!
    器用が4上がった!
    知力が7上がった!
    魔力が7上がった!
    感応が7上がった!
    幸運が3上がった!

    標準的なロングボウを手に入れた!

    報酬として金貨8000枚を受け取った!
    -- セン 2017-09-24 (日) 23:11:28
    • ちなみに前回はごくありふれたクロスボウだったのだけれど……やっぱり射撃武器多いよこれ。 -- セン 2017-09-24 (日) 23:12:58
    • ん〜射撃武器まみれ。これはもう猟友会に入るしかないな -- アコヤ 2017-09-24 (日) 23:13:41
      • やあ、アコヤ君。いらっしゃい。……一応、射撃武器にも付与はできるけれど……この場合問題は僕の射撃技能のほうだね。 -- セン 2017-09-24 (日) 23:24:52
  • (街行く貴方にメイド服風の女がチラシを渡してくる)お宿…お宿をお探しではないでしょうかぁ…((手渡されたチラシには冒険者向けの宿:石畳の雄牛亭 長期滞在者募集中!と書かれている) -- セティ 2017-09-23 (土) 22:13:04
    • ん……?(少女の手渡してくるチラシを見る。どうも明らかに女性を意識したチラシだが)
      君……ひょっとして僕のことを女性だと思ってる?
      -- セン 2017-09-23 (土) 22:20:37
      • い、いえ…男女関係なく…ですが…(ちょっと中性的な方だけど言い方で男性なのだろうと)
        い、今は男性の長期滞在の方も…居ますので…元々…冒険者宿なので…男性のほうが…あ、でもいまは…女性客のほうが…多いかもしれません… -- セティ 2017-09-23 (土) 22:30:11
      • まあ、こういうチラシだとそうなるだろうねえ。(これでもかと女性向け特典の書かれたチラシをぴらぴらさせて苦笑い)
        男性もいることはいるのか。それなら今度様子を見に行こうかな?
        -- セン 2017-09-23 (土) 22:33:36
      • (店主が作ったものだからと苦笑いしながら答えることもできず)も、もしよろしければ一度みてくだされば…最近は…共有ロビーとかも…賑やかで楽しいかもしれません…!
        (宿自体よりそっちのほうがセールスポイントになりそうだと思ってアピールしながら) -- セティ 2017-09-23 (土) 22:35:07
      • なるほど、一生懸命だね。……あれかな、一人新客をゲットしたら君にボーナスが入るとか、そういう感じなのかな?(くすりと口元に手を当てて冗談めかす) -- セン 2017-09-23 (土) 22:43:43
      • …えーっと…そういうのは…無いです…(ただ店主の機嫌はよくなるので怒鳴られずにすむ…くらいの感じである) -- セティ 2017-09-23 (土) 22:49:16
      • ないか……余計な勘繰りだったね、すまない。(ちょっと眉が下がってしょんぼり顔。ごめんね、と頭を下げる)
        ともあれ、近いうちに見学に行かせてもらうとするよ。
        -- セン 2017-09-23 (土) 23:09:35
      • い、いえ!お客様が謝ることなど何も…!で、ではお暇なときにでもご見学くだされば…!
        そ、それでは私…チラシ配りがあるので…失礼いたします!(深々と頭を下げると、またチラシ配りへと戻っていくのでした) -- セティ 2017-09-23 (土) 23:13:35
  • センロア・ル=フェールは未開地探検依頼を成し遂げた!

    筋力が8上がった!
    耐久が9上がった!
    敏捷が3上がった!
    器用が8上がった!
    知力が9上がった!
    魔力が7上がった!
    感応が5上がった!
    幸運が10上がった!

    ごくありふれたロングボウを手に入れた!

    報酬として金貨2000枚を受け取った!
    -- セン 2017-09-22 (金) 22:35:39
    • ……射撃武器多くない? -- セン 2017-09-22 (金) 22:48:08
  • 例の「女装しなければ生きのこれない依頼」の件、何とかなるかもしれない事をご報告しておくのでござる。
    拙者、ホウ・レン・ソウのデキル忍者ゆえなー。(でも報告と連絡だけして相談抜きでいったん帰る卑劣なニンジャスタイル。) -- エソルハ 2017-09-22 (金) 00:05:14
    • え。ちょ。えっ。(マジかよ……的な顔)
      ちょっとそろそろ出かける用事があるから今すぐではないけれどどういうことか聞かせてもらいに行くからね?
      -- セン 2017-09-22 (金) 00:06:55
  • (ちりんと鳴る鈴の音。それは、革細工士の女が頭につけている大きな鈴のものだ)
    (今日は休みかはたまた仕事の買い出しか、恐らく自作であろう革のリュックサックを背負ってふらりゆらりと歩いていた)
    ……あら、貴方は。(目があってしまった) -- チグサ 2017-09-21 (木) 20:52:06
    • やあ、君は革小物屋の。(どことなく儚い雰囲気の笑みを浮かべて片手を上げる。本人としてはこれで朗らかなつもりである)
      ウエストポーチ、いい具合だよ。公私問わず役に立っている。今日はお買い物? それともどこかへ配達かい?
      -- セン 2017-09-21 (木) 21:03:30
      • ソヨギよ、ソヨギ・チグサ。貴方、普通に立ってても絵になるわねー。ちょっと頼りないけど
        それはよかった。あれは私も結構気に入っていた出来だから、可愛がってもらえてるなら何よりよ。……私は配達なんてするガラじゃないわよ、買い物買い物。
        自分で獣を狩ってなめすわけにも、この細腕じゃできないからねー。そこはさすが冒険者の街、革なんかは結構売っているのであったとさ -- チグサ 2017-09-21 (木) 21:19:42
      • ソヨギ君か。僕はセンロア・ル=フェール。北の国の魔法使いだよ。……こっちではセンって呼んでくれたほうが嬉しいな。あと、ソヨギ君はお世辞が上手い。何も出ないよ?(伏し目がちに微笑み)
        ああなるほど、仕入れか。熱心だね。(納得して頷くと同時にふと思いついたような顔)……革をなめすのも大変だろうけど、それを縫い合わせたりするのも大変じゃない?
        -- セン 2017-09-21 (木) 21:47:16
      • センね、ああ、やっぱり魔法使い。武闘派には見えないものね。あら、まあまあ本音だけど? 頼りない、のあたりとか特にね(くす、といたずらっぽく笑う)
        物がなければ作ることも売ることも出来ないからねー、ふつうよふつう。まあ、大変じゃない仕事なんて逆にそんな無いわよ。手に職つけるって、つまりはそういうことなんじゃない? -- チグサ 2017-09-21 (木) 21:50:00
      • こう見えても戦闘では前衛なのだけれどね。(肩をすくめて苦笑い)
        ……(チグサの弁を真剣な表情で聞いて頷く)確かにその通りだね。なんであろうとその道の一分野に練達しなければ生業にするなどおぼつかない。改めて教えてもらうと意識できるよね、ありがとう。
        -- セン 2017-09-21 (木) 21:59:38
      • 魔法使いなのに前衛なの? 身体強化系の魔法を使うということかしら?
        そう真面目に感謝されても。大したこと言ってないわよー、ふつうよふつう。……そういえばずっと気になってたんだけど、その首飾り。魔法使いってことはマジックアイテム? -- チグサ 2017-09-21 (木) 22:20:14
      • ほぼ正解。僕はね、付与魔術師なんだ。先天属性が雷だからそれで戦っている。
        普通のことを気づかせてくれることこそ大切なんだよ。ああ、この飾りかい? 全然違うよ、ただの首飾り。特に魔力も何もないよ。
        -- セン 2017-09-21 (木) 22:34:12
      • 雷……そう言えば私の遠い祖先も、雷を操るなんたらだって、昔じいさまに聞いたような……雷って便利?
        お上手なのはどっちなんだか。へえ、なんか力を感じるマークだなーって思ってたからてっきり。でも白シャツは単体だと寂しいから首元でお洒落をするのはいいわよね -- チグサ 2017-09-21 (木) 22:51:07
      • そうだねえ、便利だけれど当然一長一短だね。全身に纏って素早さを上げることもできるけれど炎みたいに力はあまり上がらない。水棲系の魔物や生物の内側に届けばとても効くけれどゴーレム系とかには威力は微妙。(この魔法使いは大変正直であった)
        もっとも……こういうのは人によって同じような魔法でもまったく効果が違う、というのはよくあることだよ?
        -- セン 2017-09-21 (木) 23:04:47
      • 素早さがめちゃめちゃあがる気がするけど、その素早さを活かして手刀で切るみたいなことできないの?(想像力が豊か)
        なんだっけなー、マナだっけ。それが多いと強いとかなんかそういうの……本で読んだことあるようなないような……護身術に使えるならその雷の力をなんとか呼び出せないかなって思ってるのよねー。ほら、最近物騒だし。 -- チグサ 2017-09-21 (木) 23:17:55
      • できるよ。(こともなげに頷く)というか、それと似たようなことをおおむねやっている。手刀で切り裂かなくても直接雷で刃物のようなものは作れるしね。
        君が言っているのは現象魔術師……チグサ君たちがイメージするところのファイアーボールどっかーん、みたいないわゆる魔法使いだね。そういう人に師事するのが一番だとは思うけれど……ちょっと心当たりはないなあ。(役に立てなくてごめんね、と困り顔)
        ……いや、ちょっと待って?
        -- セン 2017-09-21 (木) 23:26:37
      • おおーー、雷で刃。それならゴーレム?も倒せるんじゃない? 切れるならそれでいーでしょー
        そうそう、そんな感じ。雷なら天から降らしてズバーン、みたいな? いや、師事とかそこまで本格的には……うん? 誰かそういう人いるの? -- チグサ 2017-09-21 (木) 23:54:42
      • うん。なのであとは彼らの素材や技術と僕の魔術と技能の勝負、といったところかな。
        チグサ君の話が事実なら君の血筋には雷の魔力が眠っていることになる。当然雷の魔力は雷の魔力と親和性が高いから、僕が君に雷を付与すれば、それが眠っている方の魔力を励起する可能性はあるかな、と思って。試してみるかい?
        -- セン 2017-09-22 (金) 00:01:23
      • 結局はそこに至るのね。難儀だわ……戦いって、そういうのが苦手なのよね。ものづくりはある程度できればそれなりの形にはなるけど、戦いは勝つか負けるかだから。
        じいさまの話だからいまいち眉唾だけどね。……雷を付与? 具体的にはどういうことをするの? -- チグサ 2017-09-22 (金) 00:16:15
      • 君の身体全体に雷を纏わせる。ほら、武器にエンチャントファイアってやるだろう。あれの雷版。もちろん纏う人間に害はない。普通ならばそれで素早く動けて拳が雷電撃になるだけなのだけれど、君の場合は何か目覚めるかも、ということだね。
        ただ場合が場合なのである程度準備を整える必要がある。今すぐ、というわけにはいかないかな。
        -- セン 2017-09-22 (金) 00:21:58
      • そう……危険はないのね……い、一応、用意だけはじゃあ、しておいて……私みたいな一般人には、覚悟する時間が必要だから。
        それじゃ、私はこの辺りで。準備が整ったら教えて頂戴な、その時までには答えを決めておくから。――まあ、やらない理由があんまりないからやるんでしょうけど
        (好奇心旺盛な方じゃないはずなんだけどね、と苦笑いをこぼしながらその場を去った) -- チグサ 2017-09-22 (金) 00:25:39
      • 一応、これで冒険に生き残っているから腕に信頼はしてくれてもいいよ。
        こんなご時世だし場所も場所だからね、無理もない。2週間くらいあれば必要な物品もそろうはずだからね。それくらいにまたうかがうよ。またね?
        -- セン 2017-09-22 (金) 00:29:53
  • センロア・ル=フェールは神官護衛依頼を成し遂げた!

    筋力が1上がった!
    耐久が7上がった!
    敏捷が2上がった!
    器用が9上がった!
    知力が7上がった!
    魔力が3上がった!
    感応が3上がった!
    幸運が2上がった!

    ありふれたクロスボウを手に入れた!

    報酬として金貨9000枚を受け取った!
    -- セン 2017-09-21 (木) 23:45:07
    • はい、おつかれさま。説法頑張ってね。 -- セン 2017-09-21 (木) 23:46:30
  • センロア・ル=フェールはリザードマン討伐依頼を成し遂げた!

    筋力が3上がった!
    耐久が8上がった!
    敏捷が2上がった!
    器用が5上がった!
    知力が1上がった!
    魔力が1上がった!
    感応が8上がった!
    幸運が7上がった!

    ありふれたブロードソードを手に入れた!

    報酬として金貨6000枚を受け取った! -- セン 2017-09-20 (水) 20:32:09
    • ……近接武器多くない? -- セン 2017-09-20 (水) 20:32:40
  • センロア・ル=フェールは街頭警備依頼を成し遂げた!

    筋力が8上がった!
    耐久が3上がった!
    敏捷が3上がった!
    器用が3上がった!
    知力が3上がった!
    魔力が2上がった!
    感応が2上がった!
    幸運が2上がった!

    上質なレイピアを手に入れた!

    報酬として金貨3000枚を受け取った!
    -- セン 2017-09-19 (火) 22:56:35
    • レイピアかあ……。んー、せめて短剣の類だったら良いのだけれど。 -- 2017-09-19 (火) 22:59:15
  • そういうわけでセン殿に拙者の下着を穿かせるという約定を果たしに来たのでござる。(来た。) -- エソルハ 2017-09-18 (月) 23:45:54
    • 本当に来た……。え、本当に見ず知らずというか特段親しくもない男に自分の下着をはかせる気かい?(でもお茶は出す。そこそこの品質の紅茶だ) -- セン 2017-09-18 (月) 23:56:11
      • ふふ、部屋の中に招いて茶を出している時点で、知らぬ仲というわけではないとも言えるでござろう?
        (軽いドヤ顔で、ものは言いような理屈を捏ね繰り回しつつ、「お、このお茶美味しいでござるね。」などと雑談もしつつ。)
        それに、そのままでは穿きづらかろうから、ちょっと男性向けにアレンジしてきたんでござるよ。胸元とか。 -- エソルハ 2017-09-19 (火) 00:09:11
      • (ついでにお菓子も出す。普通のショートケーキ)いやだから特段親しくもないって言い添えたじゃないか。(そこらへんの対策も完璧である)
        ……ちょっと待って。広場では確かパンツって話だったよね。胸元ってどういうこと。
        -- セン 2017-09-19 (火) 00:13:28
      • なーに、そんな遠慮しなくてもいいのでござるよセン殿?(こっちは遠慮なく、そして美味しそうにショートケーキを頂いている。)
        うむ。言葉だけで説明するより、実物と着用イメージ図を見て貰ったほうが早いでござろうな。
        そんなわけで、まずはこちらをご覧くださいにござる。

        ロダ3:032592.png

        (※画像はイメージです。) -- エソルハ 2017-09-19 (火) 00:18:58
      • あーつまり上下セットの下着を着せようというわけだね。しかも僕の似顔絵までしつらえてくれたのか。ありがとうね。うん、見た見た。けっこうしっかり見たよ、わざわざ恥じらいの表情まで。
        着ないよ?
        -- セン 2017-09-19 (火) 00:22:03
      • いやいや待ってくだされセン殿。もぐもぐ。(合間合間にショートケーキを頬張るニンジャ)
        結構合理的な装いなのでござるよコレ。あむあむ。 たとえば、男が女物を着る場合、どうしても性差による身体つきの違いが目立ってしまうでござろう?
        そこでこのように、はむはむ、チョーカーで喉仏を隠し、肩の骨格を目立たせぬようケープを合わせ、
        大きめの篭手とブーツで手足の筋肉をなるべく見せぬようにし……ん、ごちそうさま!でござる!
        とまあ、そんなこんなで拙者頑張って考えたんでござるよ?どうでござろうか?(じゅんすいなひとみでみつめる。) -- エソルハ 2017-09-19 (火) 00:31:25
      • なるほどなるほど。(相槌を打ちつつ合間合間に紅茶のお代わりを注いだりしつつ)おそまつさま。合理的なのは分かった。そもそも筋肉とか身体つきとかを隠すなら体の線を隠すようなゆったりした装束のほうがいいんじゃないかと思うけれど。
        そもそも僕女装をする用事がない、という根本的なところを理解してほしいな、って。(にっこり)
        -- セン 2017-09-19 (火) 00:35:31
      • ふふふ、そこであえて適度に身体のラインを出すことで、セン殿の内なる乙女力がさらに高まるって寸法にござる!
        (糖分を摂って満足したところで、お代わりの紅茶の香りを楽しみつつ)
        むぅ、しかし先日リーゼロッテ嬢と再び会ったとき、彼女も
        「センロアさんは女装すべきですわ!っていうか絶対にさせますわ!大空、海原、地の底まで追いかける事になっても、ですわ!!」
        と言っていたでござるよ?(※Ninjyaフィルターを通しての認識なので、現実と多少異なる恐れがあります。) -- エソルハ 2017-09-19 (火) 00:45:43
      • それなら自分で女装させに来るべきじゃないかなあ、彼女……。(自分の分の紅茶を啜りながら)
        あと内なる乙女力とか言われても困るのと、下着に等しい布面積は「適度」とは言わないと思うのと……。(一つ一つ丁寧にツッコミを重ねながら困り顔)
        じゃあ、こうしよう。ひとまずこの衣装は受け取っておいて、こう、潜入依頼とかでどうしても女装せざるを得なくなった時に使う。
        -- セン 2017-09-19 (火) 00:51:15
      • でも直接となると、セン殿が年端も行かない女子(リゼ嬢)の下着を奪う形になってしまうゆえなあ……。(ニンジャ式論理の飛躍!)
        \ピコーン!/(閃き) つまり、セン殿が女装せざるを得ないような依頼を探して来れば、万事上手くいくわけでござるね!
        わかり申した!拙者の新たな人生の目標が見つかった気がするでござるよー! あ、お紅茶とおケーキ、たいへん美味しゅうございましたにござるー!
        (そうお礼を言うと、次の行動に移るべく、忍者らしい素早い動きで帰るエソルハであった…… [クエストが更新されました!]) -- エソルハ 2017-09-19 (火) 01:00:50
      • わざわざ衣装の提供までしなくてもほら、説得とかそういう方面でね?
        HAHAHA、そんな依頼がそうコロコロ転がっているものかい。……え、本気? え?(どうもガチ本気らしいと気づいた時にはエソルハの姿はだいぶ小さくなっていたのであった。)
        -- セン 2017-09-19 (火) 01:03:22
  • (センの家の前で野良猫らしき猫を撫でてる中背の男が一人、猫は気持ちよさそうにお腹まで見せていて)
    (これはノラ猫が無警戒、と言う訳ではなくレンジャーの技術として野生動物の扱いに慣れているというだけであるが)
    (そしてセンの存在に気づくと軽く手を挙げてご挨拶、隣に住んでいる青年の顔は覚えていたようで) -- リッキー 2017-09-18 (月) 22:02:18
    • やあ、どうも。(片手を上げて挨拶を返す。今日は猫を連れているらしい。特に急ぐ用事もない)
      ……それは君の飼い猫かな。ずいぶんと慣れているようだけれど。(飼いネコでも知らない人が不用意に近寄るとあまりよろしくない。ちょっと距離を保っている)
      -- セン 2017-09-18 (月) 22:14:07
      • (飼い猫という問いかけに対して無言で首を振る、もちろん飼ってもいなければ餌をやってる訳でもないので)
        (しかしならなぜ?という疑問も生じるだろうが、その答えはリッキーの撫でている左手とは反対側にあり)
        (右手から覗くのは木の枝らしきもので、それを近づけるだけで猫はとろんとしたような状態で寝転がっていて) -- リッキー 2017-09-18 (月) 22:25:48
      • ははあ、またたびか。(猫好きたるもの猫の好物もそれなりには知っている。ノラ猫なら確かにまたたびの匂いはイチコロだろう。謎が解けて近寄る)
        しかし、君も猫が好きだったんだねえ。(そして同志と分かるとだいぶ親近感が沸く)
        -- セン 2017-09-18 (月) 22:33:54
      • (実は木の皮は入浴剤になったり葉は茶葉代わりになったりと、意外と使い道があるので冒険中に拾ったらしい…が、無口ゆえに説明は出来ず)
        (猫が好きかという問いには、ゆっくりと頷く様子はちゃんと猫が好きと言う意志を感じさせるには十分で)
        (そして右手に持った木の枝をセンに向け、使ってみるか?と言うかのように) -- リッキー 2017-09-18 (月) 22:41:02
      • おや、いいのかい?(それでは遠慮なく……とマタタビを受け取り、左手でゆーっくりと野良猫の鼻先に近づけ、まずは背中を撫でる撫でる。)
        んー……この野良ネコの少し荒い毛並もいいものだね。野生を感じるよ。(大変な上機嫌。でも猫を撫でる手つきは丁寧そのもの。)
        -- セン 2017-09-18 (月) 22:59:31
      • (何度もうなずくように同意する、飼い猫が悪いという訳ではないが、飼いなされた動物よりは野生の方が逆に馴染みがあるもので)
        (そしてなごやかに眺めていたが、思い出したようにポケットを探ると差し出したのはギルドのカードで)
        (そこには名前などが記されており、どうやら自己紹介をかねてのようで) -- リッキー 2017-09-18 (月) 23:25:50
      • (ちなみに適度に撫でたらマタタビを遠ざけてさようならする。こちらの都合であまり拘束するものではない)
        ん? ……ああ、ギルドカード。君も冒険者だったのか。どれどれ、リッキー君。なるほど。覚えておくよ。(ありがとうね、とうんうん頷き)
        僕はセン。正式にはセンロア・ル=フェールなんだけど、発音しづらいからセンって呼んでくれた方が嬉しいな。魔術師だけど前衛だから、一緒になったら頼りにさせてもらうね?
        -- セン 2017-09-18 (月) 23:34:52
      • (あまり束縛しない姿に親指を立ててサムズアップして、とはいえあまり長時間効き目なかったりもするのだがそれはそれで)
        (そして相手の名前を聞き、なるほどセンか…確かに呼びにくいしセンでいいなと頷いて)
        …こちらこそ、な…(ちなみにこの言葉を出すのに1分ほど謎の無言があったりしたが) -- リッキー 2017-09-18 (月) 23:52:02
      • ……う、うん。こちらこそ。(なぜかこう若干だんだんと前傾姿勢になりながらリッキーが言葉を出すのを待っている雰囲気だったかもしれない) -- セン 2017-09-19 (火) 00:00:20
  • センロア・ル=フェールは商人護衛依頼を成し遂げた!

    筋力が1上がった!
    耐久が2上がった!
    敏捷が3上がった!
    器用が6上がった!
    知力が1上がった!
    魔力が7上がった!
    感応が4上がった!
    幸運が2上がった!

    標準的なクロスボウを手に入れた!

    報酬として金貨5000枚を受け取った!
    -- セン 2017-09-18 (月) 12:32:03
    • クロスボウ、クロスボウか……隠し玉には使えるかもしれないね。 -- 2017-09-18 (月) 12:32:41
      • (依頼の報酬を受け取る場に居合わせたハロリータ、彼女の収穫はその日他の冒険者の信仰のみ、はたから見ればゼロだったが
        その分周りを観察する余裕があって、珍しい装備(クロスボウ)を持つセンが目に留まる、近くのテーブルについてじーっと観察している) -- ハロリータ 2017-09-18 (月) 21:49:33
      • ん……んんっ!?(なにやら視線を感じて軽くそちらを確認して、それから相手がとんでもない恰好をしているのが分かって二度見)
        え、ええと……すまない、そこの君。その恰好は自分でやりたくてやっているのかな……?
        -- セン 2017-09-18 (月) 21:55:16
      • ひ…との、ため…(異様な姿ではあったが不思議と彼女を咎めるものは居なかった、それは何かが彼女を取り巻いているからなのだろう)
        …れ、なに…?(当人も当たり前のように露出したまま、センのもつクロスボウに興味を示していて) -- ハロリータ 2017-09-18 (月) 22:06:02
      • その恰好が人のためになるのかい……?(頭をよぎるのは先日の魔術師に見えるけど魔術師ではないフィオメルの言葉。全裸でオタついていてはいけないと言われたが、こうして目の前にそれに近い恰好がいると)……まあ平静を保つのは無理だよねえ。(ふう、と息を一つ。どうも当人もなんとも思っていないようだし咎める筋でもないだろう)
        で、これか。これはクロスボウと言って、弓矢の一種だよ。ここのすじに専用の矢を通して、ここのハンドルを回して巻き上げて……(と、どういう風に動くのかを一通り解説している)
        -- セン 2017-09-18 (月) 22:10:27
      • (こく、小さく頷く どうためになるのかは伝えない、不滅の祝福のことを聞き目の色が変わった友達、信者は多かったからだ)
        気に…これで…いの…(気にしないでこれでいいの、半ばあきらめのようにも聞こえる言葉を返してセンの手元に視線を近づける)
        …ゆ、み…狩…?(見たことのないギミック、それは仕掛け時計のような魅力があった、あなたは狩人?といいたそうに途切れた言葉を発する
        おそらくセンのローブ姿が弓使いのそれと似ていたのだろう) -- ハロリータ 2017-09-18 (月) 22:37:31
      • いいならいいんだよ。咎めるようなことを言ってすまないね。(言いたくないものを無理に聞き出して良いことはない、その程度の道理はこの若造も心得ている)
        狩人ではないんだけどね、魔法使いだよ。……魔法使いの中でも若干変わった魔法使いなのだけれど、まあ気にしないで。冒険の戦利品というものはどうにもこう、人間の得手不得手とは関係なく配られてしまうんだよ。できれば僕は魔導器のほうがいいんだけどねえ。(ことん、と彼女の目の前にクロスボウを置いて肩を竦めて苦笑い)
        -- セン 2017-09-18 (月) 22:46:10
      • ん…(この街の人は聖女のことをまだ知らないのだから、あまり気を張っても相手を困らせるだけ、と少し学んだ)
        …この街…まほうの、まち?…(会う人の多くが魔法の心得をもっていて、そのおかげか裸以外は浮いて見えなくて居心地がいいとまで感じ始めていた)
        …ん、(気を落とさないで、そう無意識に手をかざすとほんの少し気持ちが楽になるかもしれない)…こん、どは…拾え、そ? -- ハロリータ 2017-09-18 (月) 23:07:01
      • この街が魔法の街かはよくわからない。僕は冒険者としてこの街にやってきて日が浅いからね。そんなに魔法使いが多かったかい?(何しろニンジャと魔法使いっぽいけど魔法使いじゃない人とお嬢様くらいだ。)
        ん……ありがとうね。(少女が気遣ってくれたのでなごんだのだろう、くらいの気が楽になり方)拾えるかどうかは時の運というやつだと思う。気にするよりは拾えた時にしっかり使いこなせるように日々の冒険をしっかり頑張らないとね、って。
        -- セン 2017-09-18 (月) 23:16:06
      • あう人…多…くて、び…っくり(中には魔法使いというよりは何か奇怪な儀式をしている人も含まれているが、そもそも故郷に魔法が無かったのが大きかった誰もが魔法使いに見えるのだ)
        ん…(せめてわずかにも役に立てばと祝福を与えたつもりだったが、本人の意思とは関係なく、セン自身がのぞまなければ作用しないようで)
        運…(あくまでも自分の力で手に入れるという姿に、この街の冒険者の野心というかたくましさを感じて、少し自分が小さく見えた)
        (ハロリータ様、そんな自分を呼ぶ声が依頼所に響く、近衛兵が迎えに来たのだ、お話にしてくれてありがとう、と頭を下げ別れ際名乗るのを忘れていた彼女は)…バイ…ばイ…あ、…ハロリータ
        (そう名前を告げると迎えに来た近衛兵に連れられその場を去っていく) -- ハロリータ 2017-09-18 (月) 23:38:53
      • ハロリータ君って言うのか。いいよ、僕の方もおかげでだいぶ気が紛れた……と、あ、僕はセンロアだから、センって呼んでねーっ(近衛兵に会釈しつつ、連れていかれる最中のハロリータに慌ただしく名乗るのだった)
        ……やんごとなき人だったのかな。
        -- セン 2017-09-18 (月) 23:44:12
  • もし、そこのお方(酒場を後にしたセンの後ろから、幼さの残る声が響く。振り返れば東国人の少年の姿があるだろう) -- 久世 2017-09-17 (日) 22:56:44
    • うん……?(1秒ほど経ってから振り返り)ひょっとして、僕のことかな? -- セン 2017-09-17 (日) 23:01:59
      • そうです。貴方です。いや酒場で依頼を受ける姿を見かけましたもので…、拙僧はこの地に疎く、良ければお話など伺えませぬかと。
        (しゃらん、と錫杖を鳴らしながら東国の僧の姿をした少年が近づく、その背は小さく、センと並べば頭一つ…いや頭二つ分はあるだろう差がある) -- 久世 2017-09-17 (日) 23:06:47
      • ああ、なるほど。(伏し目がちのままふ、と微笑む。身体の線が隠れる長衣姿、というのは共通点があるので、恐らくは少年も魔術師や僧侶それに類する職業か、などと思う。なお彼自身もローブ姿である。)
        もちろん構わないけれど……実のところ僕もこの街に来たばかりでね。道案内とかそういうのは役に立てないと思う。それでもいいかい?
        -- セン 2017-09-17 (日) 23:11:17
      • おお、そうでありましたか。申し訳ありませぬ、何分まだまだ不徳を致す所、そのろーぶを着た佇まいも慣れたものとお見受けしたもので…(物珍しそうな視線を向けつつ)
        となると…冒険とやらも貴方様は…(と問いを続けようとしてはっ、と気付き)これは失礼。拙僧は久世と申します。遥か東よりまかりこして来た僧にございます(そう名乗り、錫杖を持たぬ手で片合掌をした) -- 久世 2017-09-17 (日) 23:22:25
      • 一応魔法使いの家系でね。ローブには慣れているからその観察眼はとても正しいと思う。(なので気を落とさないで、とゆるり微笑み)
        丁寧にありがとう。僕はセンロア・ル=フェール。センと呼びやすく呼んでくれたら嬉しいな。とても北の国から旅をしてきたんだよ。なので冒険者というのも間違っていない。ええと……こうかい?(見様見真似の片合掌)
        -- セン 2017-09-17 (日) 23:26:03
      • お気遣い頂き有難く。魔法使いですか…それも風の噂には聞いておりましたがまともに見るのは初めてです(ほほう、と視線の質が変わる。どこか幼い子どもらしい目だ)
        …センニョァリュヒュー……(噛んだ)…失礼。それではご厚意に甘えセン様と。ふむ…それではあの依頼は植物の採取とのことでしたが、
        冒険の依頼とはあのようなこともするものなのですか?拙僧はてっきり切った張ったの戦仕事をするのが冒険者かと存じていたのですが…(と不思議そうに尋ねる) -- 久世 2017-09-17 (日) 23:36:03
      • 植物採取でも切ったはったの戦仕事はするよ?(純真なまなざしに頬を緩める) ターゲットの植物が生えているところに危険な野獣が住んでいたり、あるいは山賊の類の縄張りだったり。もう少し珍しいと、そもそも植物型の魔物なので戦闘能力がないと採集できなかったり。(やや虚空を見上げ、指折り数えて植物採取に戦仕事が必要だった例を数え上げる)
        ……まあ、そういう具合でね。場合によっては草一本取りに行くにも大変な場合というのはあるのさ。} -- セン &new{2017-09-17 (日) 23:42:17
      • ほほう…そういうものですか…。つまりもはや切った張ったが出来るのは当然で、その上であのような目的を達成するのが仕事なのですね…(などとこくりこくりと頷きながらセンの話を聞く)
        得心致しました。となれば今回の依頼もそのような危険があることを想定しておいて然るべき…と(そう納得したように呟きながら、ふと何かに気付いたように)
        しかし…そうなるとセン様も戦闘能力を…?戦いのための魔法をお使いになられるのですか?(そう問う少年こそ心得があるようには一見見えないが、そんなことを問う) -- 久世 2017-09-17 (日) 23:50:36
      • たまにそもそも情報自体がガセ……つまり偽物で、そもそもターゲットが存在しなくて戦いだけさせられた、なんてこともあるから冒険者は困るよね。(肩を竦めて微かにため息をついて見せ)
        そういうこと。僕は雷の魔法を得意としているんだよ。魔導器が在れば他の属性も扱えるけれど。それに、こう見えてもそれなりに身軽なんだよ?(見えないかな、と今度は苦笑い)
        -- セン 2017-09-17 (日) 23:58:25
      • むむむ…依頼まで出してそれが偽物と?冒険稼業とはかように難儀なモノなのですね…しかしこれもまた修行。御仏の示した試練と考えましょう(目を伏せ片合掌をし)
        雷ですか!それはまた頼もしい。それでは如何に植物の魔物が居ようがセン様がいらっしゃれば焼き払ってくださいましょう(と見上げるような身長差のセンの苦笑を見て微笑む)
        いえ、セン様には戦いを生き延びられた経験を感じ取れます。そのろーぶも飾りではないのでしょう?(と言って小首を傾げローブを見る。とても昨日今日下ろしたような物ではなく、センに良く馴染んでいる) -- 久世 2017-09-18 (月) 00:11:13
      • 僕が見た中で一番質が悪かったのは……実際には怪物討伐の依頼だったんだけど報酬の元手がないから、薬草捜索と偽って依頼を出した、とかそういうケースがあったかな。(あの時は揉めに揉めたね、とやや遠い目で苦笑い)
        ああ、わかってくれるかい? もうこのローブもだいぶ馴染んできているからねえ……。焼き払う目的ならダイレクトに炎を使った方がいいとは思うのだけれどね。そんな風に頼りにしてくれるのはとても嬉しいよ。あとはどんな人が仲間になるのか分からないけれど、まずはみんなで無事に帰ることを考えてがんばろう?
        -- セン 2017-09-18 (月) 00:23:39
      • はぁ…それはまた…(とため息をつく)兎角洋の東西問わず、人の世は世知辛いものでございますねぇ…セン様も御苦労なさっておいでで(と今度は労いのつもりなのかセンに片合掌)
        ええ、もちろん。命あっての物種ですからね。拙僧も愚昧ながら力を尽くしますので、ぜひ宜しくお願い致したく存じます。その折は、セン様の魔法、しかと見届けさせて頂きたく。
        (その黒い瞳にはそれこそおとぎ話の魔法使いを見るような、少年らしい輝きがあった。そして、ぺこりと頭を下げれば)
        では次の依頼、お互い精進致しましょう。セン様の教え、しかと身に刻ませて頂きました。感謝致します(しゃん、と一つ錫杖を鳴らし、その場を後にした) -- 久世 2017-09-18 (月) 00:33:32
      • まったくだね。……もっともおかげでというかなんというか……。(言葉を探す沈黙)まあ、ある種の社会勉強にはなったよ。ああ、君がどんな戦いをするのか知らないけれど、頼りにしているよ。(手を振って見送り)
        ……それにしても、あの目は絶対誤解しているよね。どのみち依頼になったら明かすことになるから、いいか……。
        -- セン 2017-09-18 (月) 00:42:03
  • ……あと、なに書いたらいいかな? -- セン 2017-09-17 (日) 22:14:21
  • 掃除。 -- セン 2017-10-06 (金) 22:07:48
  • -- セン 2017-10-06 (金) 22:08:50
  • 微改装。 -- セン 2017-10-06 (金) 22:09:04
  • この宿めっちゃ人多いっすね……しかも長期滞在が多いとか(部屋を覗く人) -- クーロ 2017-10-07 (土) 00:57:27
    • おや……見慣れない人だね。宿の見学かい?(部屋でお茶を嗜んでいる人 -- セン 2017-10-07 (土) 00:59:19
      • む!(扉を開けるとくるっと回ってスカートの端を持ちお辞儀)こんばんは、私は……えーと。まぁ、通りすがりの冒険者です
        この宿は冒険者の方が多いそうっすね。貴方も? -- クーロ 2017-10-07 (土) 01:04:46
      • そうだよ。(冒険者か、と問われると悠然と頷き、ついでに立ち上がってお辞儀を返す)
        僕はセンロア・ル=フェール。北の国からやってきた魔法使いだよ。よろしくね、通りすがり君。……せっかくだしお茶でも飲んでいくかい?
        -- セン 2017-10-07 (土) 01:07:21
      • 私はクロゥシス…クーロでいいっすよ(素晴らしく素早く滑らかな動きで着席)お茶と言われては断る訳にはいかないっすね、輪国淑女としては
        ふ……危機感のない人だな!なんて思ってやせんか?私はこう見えて専業冒険者ですよ……その辺りの見極めも……あ、魔法使いなんすね。すげー -- クーロ 2017-10-07 (土) 01:13:27
      • なるほどクーロ君。(反対に立ち上がってクーロの分のお茶の準備)
        魔法使いは魔法使いなのだけれどね。僕の専門は付与魔術だよ。
        -- セン 2017-10-07 (土) 01:18:14
      • それはまた色々便利そうなタイプじゃないですか。なんといっても私がこの煌びやかなドレスで冒険できるのもそうした付与強化あってのことっすから(煌びやかというかあまり冒険に向いてなさそうな露出ドレス)
        こう見えて私も魔法を使うんですよ。使うだけっすけど -- クーロ 2017-10-07 (土) 01:22:25
      • なんだ、同業だったか。色々省けるね。……いやおもてなしを、ということではなく。付与魔術ってなーに、とか聞かれることが結構あってね。(お盆を揺らして紅茶のカップとお茶うけのクッキーを持ってくる
        はて、使うだけとはどういうことかな? クーロ君のところではもっと別の活かし方があるのかい?)
        -- セン 2017-10-07 (土) 01:36:52
      • この香り……紅茶っすね。やっぱり紅茶はいいですなぁ……この街では良質なものが手に入るので実にいい。お茶と言えば紅茶。輪国淑女ですから(フレミングみたいな右手を振るサイン)
        ああ、普通魔法ってあれじゃないですか、魔力の使い方を学んで、呪文とか編み出したり学んで、計算式の様に結果を導くのが大体の定番だと思うんだけど。私の場合結果だけを使ってるんすね -- クーロ 2017-10-07 (土) 01:42:17
      • まあ、僕のところも確かにそうだね。結果だけを使う、というのだけを聞くと魔法魔術のたぐいというよりはサイキックや超能力のような感覚的なしろものに近いように思えるね。
        その輪国というのが君の出身地だとして、そこ独特の業なのかな。(好奇心を刺激された顔)
        -- セン 2017-10-07 (土) 01:48:09
      • まあまあ……まずは紅茶を一口(優雅っぽくカップを傾けて)素晴らしい……
        輪国というのは私の生まれ故郷、大動輪ルオルンのことですが、私の技は土地ではなく家系由来っすね。私は触れたものを魔法に変えて使えるんすよ
        超能力っぽいすけど、できるものはちゃんと魔法なのでやはり魔法使いってわけでさぁ -- クーロ 2017-10-07 (土) 01:56:23
      • おや、気に入ってもらえたかな。それはなによりだ。
        代々伝わる秘法、というわけだね…。触れたものを魔法に、とはどこかの神話の王様を思わせる発動方法だね。確かに結果だけを使ってると表現するわけだ……。あれだね、剣に触れるとカマイタチが飛ぶみたいな感じかな。(今にもメモを取らんばかりの)
        -- セン 2017-10-07 (土) 02:04:59
      • 美味い紅茶を淹れられる人に悪人無しっすよ(クッキーを一枚口に放り込んで)
        いや、特殊な力が血族の中に目覚める場合がある、的な。そうっすねー(もう一枚クッキーを手にとる)
        ……これをこうだ!(クッキーが手の中で光になった)…面白い、クッキーって飲み物を甘くする魔法になるんすね(勝手にセンのカップの方に光を注ぐ。なんか甘くなる) -- クーロ 2017-10-07 (土) 02:10:33
      • 茶葉が良いんだよ。さっき君も言っていたけれど、この街はいい茶葉が手に入りやすいからね。(照れ笑い)
        ふむ……(甘くなった紅茶を啜りながら考え)……質問いいかな。クッキーを魔法に変換した時点でどういう効果になるのか分かったの?
        -- セン 2017-10-07 (土) 02:20:23
      • わかりやすよ。こう……ピキーン!って感じで、これは射程距離30cm程で液体を少し甘くする!って風に
        (自分はストレートで紅茶カップを傾ける)この街なら産地やブレンドなんかも探せば色々ありそうだなぁ -- クーロ 2017-10-07 (土) 02:24:04
      • なるほどねえ……逆に言うと魔法にしてみるまで効果は分からないのと、元に戻せないのが難点と言えば難点なわけだね……。(こっちにもお茶うけのクッキーをかじりつつ) -- セン 2017-10-07 (土) 02:32:16
      • 一応、これは大体こうなる…って法則性くらいはあるみたいっすよ。火はやっぱり炎の攻撃魔法になりやすいようだし
        元に戻せないのは確かに!だから割と慎重に使うんすよ……そして優雅に(紅茶を最後まで飲み干す)
        さて、お茶ご馳走様でした。私はこことは違う冒険者向けの宿に泊まってますんで……金儲けになりそうな冒険があったら教えてもらいてえところです。それじゃ!(最後にスカートを持ってお辞儀すると風の様に帰っていった) -- クーロ 2017-10-07 (土) 02:40:42
  • ダーさんやセンさんは…共有スペースで見かけること多いので…案外お部屋で…っというの少ないですよね…(シーツの取替とかにきてたセティがそんな世間話をしながら) -- セティ 2017-10-07 (土) 20:25:51
    • 部屋でもろもろの勉学やらに励んでいるだけでは旅に出た甲斐がないからね。外には積極的に出るようにしているんだよ。(作業の邪魔にならないようにベッドから距離を置いてなにやら探している) -- セン 2017-10-07 (土) 21:00:47
      • 確か…センさんも魔術系の方でしたよね…(ちらっと見える冒険道具の中に杖っぽいのやら、本っぽいのやら混ざって見えて)
        …何かお探し物中ですか…?お手伝いいります…?(シーツはテキパキと交換しながら) -- セティ 2017-10-07 (土) 21:06:18
      • そうだよ、付与魔術師。なので実際の戦法としては魔術系と武術系のあいの子みたいになるね(普通の戦士のような肉体鍛錬道具も荷物にチラチラ見える)
        いや、もう見つけた。(はい、これ。と透明な袋をセティに渡した。ドライフルーツの小さな詰め合わせだ)
        いつもがんばってくれているからね。チップだと思って?
        -- セン 2017-10-07 (土) 21:20:40
      • 付与…そういうのもあるんですね…!武器とか…身体に魔術を付与…?するということなのでしょうか(言葉の響きから適当にそんなことを想像して)
        えっ…あっそ、そんなこれは仕事ですから…(と少し遠慮しつつも…直接お金を渡されるよりはまだ受け取りやすいというかなんというか…美味しそうだったので誘惑に負けました)
        ………あ、ありがとう…ございます…(とそっとドライフルーツを受取り微笑む) -- セティ 2017-10-07 (土) 21:22:33
      • たとえばこんな感じでね。――完成せよ、雷神拳。(ばちばちっと音を立てて立てて握って見せた拳が紫電を纏う)こうやって武器の威力を底上げしたり、素早さを上げたりする。
        いいんだよ。セティ君の仕事熱心ぶりに対する気持ちだから。(受け取ってもらえてほっと一息)
        -- セン 2017-10-07 (土) 21:39:21
      • わっわっわっ(目の前でバチバチしてるのでちょっとビクっとして一歩さがったあと…じーっと見て凄いです凄いですと拍手する)
        センさん、普段はマイペースな感じでお優しい感じですけど…やっぱり冒険者として、そういう技能はしっかり身につけた方なんですねー…(なんとなく普段の様子から戦ったりするのが想像できてなかったようだ) -- セティ 2017-10-07 (土) 21:47:43
      • 一応、魔術は家業だからね。(ふっと雷を消して手を振り、もう大丈夫と)
        なに、普段の僕はそんなに戦ったりできなさそう? 実はこう見えて直接敵と切り結ぶんだよ、僕?(くすりと微笑む
        -- セン 2017-10-07 (土) 21:53:25
      • え、えぇ…なんだかあんまり想像できなくて…身だしなみもいつも綺麗な感じですし…?
        冒険って…どんなことをなさってるんですが…?討伐とか…探検とか…護衛とか…そういうのですか? -- セティ 2017-10-07 (土) 21:57:13
      • そりゃあね。冒険に来ていくものと普段街歩きに着ていくものは分けているから。
        直近で受けたのは洞窟探検依頼だけど、他にはチョコレート工場の防衛依頼とか、カンガルーの撃退…まあこれは失敗したけれど。あと、珍しいところでは魚釣りの依頼もあったかな。(ほら、カーツ魚をお土産に持ってきたときがあっただろう? と微笑む)
        -- セン 2017-10-07 (土) 22:05:03
      • 魚釣り…あのお魚は美味しかったですね!…それにチョコレート工場…カンガルー…ほんとう、様々な依頼を受けてらっしゃるんですね…!
        (案外、他の人からそういう話をきいたりもしないので、楽しそうにふんふん!っと頷いて話をきいている)怪我などもあまりなさった様子もないですし…やっぱり付与術で、身体能力を強化なされてるから…なのでしょうか? -- セティ 2017-10-07 (土) 22:13:13
      • 冒険者ギルドには結構変わった依頼も舞い込むからね。芋ほり手伝って―とかもあったかな…。
        それもあるけれど、それだけじゃないよ。ちゃんと身体も鍛えているし。この街にはちょうど良く武芸の道場なんかもあるからね。そこで修行している。強化してもほら、元がひ弱だとダメだから。
        -- セン 2017-10-07 (土) 22:20:47
      • …なるほど…なるほど…(参考になるなーっと…ちょっと冒険者復帰を考えてるセティは興味深そうに話を聞き続ける)
        …やっぱり地道な努力と鍛錬が大事ですね…他の人もそういってましたし…参考になりました…!(大きく頭を下げて)…っと部屋のお掃除も終わったので私は次の部屋に…今日は色々お話きかせていただき楽しかったです…!(そういって次の部屋の掃除へと向かっていったのでした) -- セティ 2017-10-07 (土) 22:28:05
      • なあに、僕たちが普段快適に過ごせているのは君のおかげだ。これくらいはお安いご用だよ。お仕事、がんばってね。(短い時間で、しかも話しながら手際よく掃除を終えた手腕に感心しながら見送るのだった) -- セン 2017-10-07 (土) 22:37:37
  • 以前、潜入捜査に使ったセン殿のあの衣装でござるが、水着と称して海に着て行く事も出来るような気がし始めたのでござる。(そんな報告。) -- エソルハ 2017-10-09 (月) 22:35:06
    • やめて。(がっしり捕まえる) -- セン 2017-10-09 (月) 22:39:07
      • い、いやでござる……拙者、セン殿乙女化計画を諦めとうない……でござる!(がしっと捕まえられても「いやんいやん」ってふるふる首を振る忍者。) -- エソルハ 2017-10-09 (月) 22:42:25
      • この場合あの冒険者制服と同じような露出度の水着にするんだろう? 確実に僕だってバレるじゃないか。それでこう「そういう趣味が……」って生暖かい目で見られるのは必定じゃないか。 -- セン 2017-10-09 (月) 22:47:45
      • いいじゃないでござるかー似合ってるんでござるしー。そういう趣味があるって思われても似合ってればいいんでござるよー。
        堂々としてれば皆も何となく納得するでござろうし!(口をとんがらせて文句?を言うNinjya。) -- エソルハ 2017-10-09 (月) 22:50:49
      • 似合ってるからかえって若干嫌なんじゃないか。ただでさえリーゼロッテ君に表情だけで雄弁に似合ってるって言われて割とショックだったのに。
        依頼でもないのに堂々とーとか僕の性格ではかなり無理があるし……。
        -- セン 2017-10-09 (月) 22:54:18
      • 似合ってるから嫌とは、乙女男子心は複雑でござるなぁ。(ううーむ、と唸る。)
        セン殿は真面目でござるから、自然に着こなせば周囲も「ああ、そういうものなんだ」って違和感無く受け入れてくれそうでござるのに……。
        あ、じゃあまずは。拙者の前だけでもあの服を着て過ごす、というのはどうでござろうか?(忍者式、譲歩した提案!別名、食い下がりとも言う!) -- エソルハ 2017-10-09 (月) 22:59:37
      • そもそも乙女男子じゃないからね。普通の男子だからね。エソルハ君だってこう、やりたくないことをものすごい褒められても微妙だろう?
        ……それ、誰が得するんだって僕が聞いたら君が真顔で「拙者」って即答するやつだよね?
        -- セン 2017-10-09 (月) 23:03:44
      • う〜、これが「優れた才能があるのに本人が乗り気じゃないパターン」ってやつでござるな!
        まあ確かに拙者が忍者の仕事っぷりよりバニーガールとしての才覚を褒められたら……それはそれで面白そうではござらん?
        (こくこく、と力強く頷いて)もちろんでござるとも!徐々に慣らして行く、っていうのは何事でも大切でござるし?(可愛らしく(?)小首を傾げる。) -- エソルハ 2017-10-09 (月) 23:13:00
      • 今徐々に慣らしていくって言ったね? そんな可愛くしても騙されないよ。(ジト目)
        逆に聞くけども……それで僕が慣れて平然と例の制服で街中を闊歩し始めたらそれはそれでダメじゃないかな? そんな恥じらいなしの方向に進めていいの?
        -- セン 2017-10-09 (月) 23:19:28
      • ぐっ……!さすが前衛魔法使いはガードも固いでござるな!(「いやーんみないでーでござるー♪」と、いやんいやんしてジト目を受けるくのいち。)
        むむむ!それは難しい選択にござるな!あのときの恥じらいあるセン殿も可愛かったでござるが、ヒ蟻婦人を前に堂々としていたセン殿も素敵でござったし、
        何よりあの服装で自然に街中を歩き、人々と触れ合うセン殿も見て見たい……う、うぐうううううう!!!(悩ましくてごろごろ転がる!) -- エソルハ 2017-10-09 (月) 23:25:10
      • 転がらないの転がらないの。あんまり勢いがいいとこう、ズレて色々見えちゃうよ、嫁入り前の女の子が。
        というか堂々としててもそれはそれでOKとは……。(どう話をもっていこうかと悩むきょうこのごろ。)
        -- セン 2017-10-09 (月) 23:28:19
      • 拙者、忍者でござるから多少脱げても問題ないでござるし……セン殿なら拙者の裸を見ても「ふーん」で済ませてくれそうな信頼感があるでござるし……。(ぐでぽた〜って感じでちょっと伸びて)
        (ふとセン殿の顔を見れば、悩ましげな物憂げな雰囲気で……どことなくセクシーだったのでちょっと満足する。した。)
        ……ともあれ、セン殿の自由意志を害してまであの服を着せるつもりはござらんよ。
        皆に称えられ(?)、セン殿も喜んで女装する。それが拙者の望む社会のあり方(?)ゆえなー。
        そういうわけで、今すぐにとはいかなくとも、そういう選択肢があるという事を忘れず元気に生活して欲しい……そう思う拙者なのでござった。
        (そのままころころと転がってベッドの下に入り……覗き込むと消えていた!まさに忍者!) -- エソルハ 2017-10-09 (月) 23:43:22
      • 僕のことを買ってくれているのはありがたいのだけれど、ちょっと君の裸を平常心のままに「ふーん」で済ませるのは無理があるかな……(僕をなんだと思ってるの、と苦笑い)
        だいたい僕が女装して讃えられることはまずないと思うし、ちょっと、エソルハ君?(のぞき込む)
        ……いない。
        -- セン 2017-10-09 (月) 23:49:53
  • (部屋を出るとばったり隣人に出くわし)あ、えっ、と、こんにちは、このたびお隣の207号室に入りましたヤヤヤと言います、よろしくおねがいします(わたわたとお辞儀する小さいの) -- ヤヤヤ 2017-10-10 (火) 20:23:06
    • おや、こんにちわ。(50センチくらい背の違う相手に目線を合わせ、お辞儀に合わせてこちらもお辞儀)
      丁寧に、ありがとうね。僕はセンロア・ル=フェール。北の国の魔法使いだよ。
      ……とって食べたりはしないから、そんなに緊張しないで?(くすりと伏し目がちに微笑みながらリラックスリラックス、と手をふにょふにょゆらゆらさせる)
      -- セン 2017-10-10 (火) 20:27:16
      • う、ううん大丈夫、怖いとかは特に思ってなくてびっくりしただけで……えっと、センロア・るフェール?だから(一瞬だけ考えた素振り)
        センちゃん、かな?よろしくねセンちゃん!私は東の方の冒険者で、冒険者なら一度はこの街に来るべきって聞いてやって来たんだ
        おお、北国で魔法と言うとやっぱりこう、氷や雪を出したりとか? -- ヤヤヤ 2017-10-10 (火) 20:35:34
      • そうそう。センと呼んでくれたら僕も嬉しいな。センロア、だと少し言いづらいからね。(言う前から呼んでくれたので嬉しそうだ)
        そう思うだろう? 実は僕は雷魔法が得意なんだよ。もっとも雷は雷でも直接どーんって雷で敵を攻撃したりするのは不得意なんだけどね。
        -- セン 2017-10-10 (火) 20:56:16
      • 私はねヤヤでもヤヤヤでもいいよ、と言ってもどっちかくらいしかないんだけどねぇ(むふー)
        雷!雷は格好いいよね、空いっぱいに光が走るとなんとなくわくわくするんだけど、そういう魔法じゃないんだ
        じゃあ具体的にはどいう雷なのセンちゃん?(あまり想像できず難しい顔) -- ヤヤヤ 2017-10-10 (火) 21:06:43
      • まあ、実際に見せたほうが早いね。(と、左腰から刀剣でも抜くような手つきで杖を抜いて口早に詠唱)――完成せよ、雷霆剣。
        (次の瞬間、杖の先端を包み込むようにして伸びた雷が剣の形を成して安定する。)こんな感じでね、僕は現象魔術の中でも付与魔術が専門なんだよ。
        -- セン 2017-10-10 (火) 21:16:00
      • かっ……(雷の剣を見た瞬間そう口にして固まるヤヤヤ)……かっこいい、格好いい!!なにこれすごーい!
        へー杖に雷を纏わせて剣にしてるんだねぇ、こんな魔法初めて見たよーセンちゃん凄いね(触れるんじゃないかと心配になるくらいの至近で見つめてる)
        ねえセンちゃん、これって私でも使えるようにんるかなぁ?なんかね使えたら勇者!って呼ばれそうな魔法だよねこれ -- ヤヤヤ 2017-10-10 (火) 21:20:39
      • (ふっと雷を消して、杖を腰に戻す。やはり刀剣類を戻す所作じみている)
        勇者って言われるかどうかは分からないけれど……まあ、教えることはできるよ。ここは本国からも遠いしね。魔術というのはとかく適正とか個々人の感性とかでどんな魔法が発現するかが違ってくるから確言はできかねるけれど……。
        -- セン 2017-10-10 (火) 21:33:40
      • 魔法って今まで習ったことなくて、だから出来るかどうかは分からないんだよね……でも、やってみたいって思った
        (と口にしつつも、何となく教えちゃいけない技術なのかなーと言葉の端から察して)
        ええと、でもセンちゃんがもし良かったら、でいいよ?お部屋もお隣だし、きっと答えはいつでも出せるよね、ダブン
        あそうだ(と部屋に戻ってすぐ出てくる)これは引っ越しの挨拶のお蕎麦、私のトコだとこうやって渡して歩くんだって -- ヤヤヤ 2017-10-10 (火) 21:48:36
      • ああ、気を遣わせてしまったかな……ありがとうね。それじゃあ、少し考えさせてもらおうかな。本国では一族に迎え入れる級の選別をするんだよ、この術。術というか、部門ごとにね。
        おや。(出てきた顔を見て、次いで挨拶の御蕎麦を見る)蕎麦があいさつ…してみると、ヤヤヤ君は東洋の人か。ありがとう、こちらは気持ちと一緒にありがたくいただくね?
        -- セン 2017-10-10 (火) 22:04:01
      • (流石にマジでって顔になるヤヤヤ)それならやっぱり、センちゃんが考えてだね
        もし教えてもらえなくても大丈夫!私は私で冒険者して強くなるんだからねぇ(とにかくすごい自信で胸を張る)
        東が出身だよ、でも東洋の人とは違うかも?髪の色も珍しいからねぇ、それじゃ改めてよろしくおねがいします、またねセンちゃん(そう言い残し一階へと降りて行ったのでした) -- ヤヤヤ 2017-10-10 (火) 22:16:03
      • 門外不出、というわけではないのだけれどね。いつの間にかそんな勢いでね。
        うん、こちらこそ改めて。もし冒険で一緒になったときには僕の付与魔術、頼りにしてほしいな?
        -- セン 2017-10-10 (火) 22:26:33
  • こんにちはセンロアさん。何だか偶然居合わせただけなのにすっかりお世話になってしまって…本当になんとお礼をしていいものか… -- リリネ 2017-10-15 (日) 21:24:44
    • //全然気が付かなくて土下座な中身
      いやなに、僕は大したことはしていないよ。第一、あの劇場まえであんな蛮行を見せられたら黙っていられるものではない。まあ……リリネ君の術の強力さにはかなりびっくりしたけれどね?
      -- セン 2017-10-15 (日) 22:06:05
      • いえいえ、ちゃんと足元の奇襲から守ってくれたのは覚えています。ありがとうございました (深々とお辞儀するリリネだ)
        ああ……えっと、先日のあれはちょっと特殊でして。海魔としての力を発揮すると、一時的に魔海とパスが繋がって魔力を無尽蔵に使えるんです
        リミッター解除…的なやつですので、普段は大したことありませんよ。ふふっ -- リリネ 2017-10-15 (日) 22:10:37
      • あー……そういえばそんなこともしたね。あの時はあんまりそういうのは意識できていなかったけれど。どういたしまして、だね。(お辞儀し返す)
        いずれにせよ……あの亀の老人を止めないことには街の住人にも大きな被害が出ていたのは確実だ。むしろ僕のほうこそかかわらせてくれてありがとうを言いたい気分だよ。……そうだ。
        お茶は飲むかな?(いけないいけない忘れていた、とお茶菓子の準備も始める)
        -- セン 2017-10-15 (日) 22:16:51
      • ふふっ…一歩間違えば怪我をするかもしれないのに、見かけによらず勇敢なんですね? でも、やっぱりお礼を言う立場はボクですから
        (お茶を飲むかと聞かれれば頷き、手近な椅子を借りて座った) ちなみに、あの老人について色々調査結果が自警団の方から来ました。興味あります? -- リリネ 2017-10-15 (日) 22:29:24
      • 一応、もとはといえば貴族の出だし、今は冒険者だし、こうして人の役に立てないとせっかく身に着けた魔術も甲斐がないからね。(見かけによらず、の部分にやや苦笑い)
        おや、それは気になるね。ぜひ聞かせてもらえる?(沸いたお湯で二人分紅茶を入れて、ミルクピッチャーと砂糖壺も用意してお茶請けのスイートポテトと一緒にリリネの前に)
        -- セン 2017-10-15 (日) 22:32:31
      • ほうほう、センロアさんは貴族の出なんですか。なるほど確かにル=フェールって高貴な響きだ…!(※独断と偏見)
        ええ、ではかいつまんで説明させて頂きます (その前に、紅茶を一口貰って喉を潤した。尚、砂糖もミルクも入れずに)
        あの老人、元々は黄金歴時代にこの街に入ってきた冒険者だったそうです。しかも、現役時代に英雄の称号まで貰うほどの -- リリネ 2017-10-15 (日) 22:41:37
      • 昔はもう一文字多かったらしいんだけどね。分家の分家のって感じで貴族の権能も財産もほとんどない。残っているのは矜持くらいさ。(肩を竦め)
        それはまた……穏やかではないね。確かにあの甲羅戦術と動きは老人とは思えないものだった。英雄ともなれば確かに納得だよ。
        -- セン 2017-10-15 (日) 22:45:24
      • 矜持があるだけご立派ですよ。あれですね、ノブレス・オブリージュ的な心意気ですよねっ?(※ニワカ知識でキラキラ眼差しを送る)
        昔取った杵柄、ということだったんでしょうね。センロアさん達足止め班に頑張って削ってもらったというのに、ボク達負けそうになりましたし……
        それで、問題はその元英雄さんがある日姿を消したんだそうです。どうもスラム街の廃屋に住み着いて、隠居したとか……
        スラムに潜伏していては、空き家とかも突然壊されることがなく誰の目にもつかないわけです……
        ただ、それで1000年過ごしたというのはやはり凄いですね……亀の海魔たる、長寿の力でしょうか -- リリネ 2017-10-15 (日) 22:55:27
      • まあそんな感じだね。あとは貴族時代に営々と積み上げてきた役に立たずに散逸するのが嫌だった、というのもあるようだけれどね。
        ふむ。やはりあれかな、一口に海魔と言っても元の種族で能力傾向とかが違ってくるんだろうねえ。
        君は……(バシーベラシックの時の帽子の形が思い出される)……貝かな?
        -- セン 2017-10-15 (日) 23:09:55
      • ボクが貝? なるほど、その可能性は高いですね…何せ、子供の頃は「ボクは貝になりたい」と言って部屋の鍵を閉めて引き篭もったことがありますから
        (※なお、その後先生が物理でドアを蹴破ってリリネは引きずり出され…コミュ症を矯正されたって話だ!)
        となると、ボクもあの亀の海魔のように堅牢な守備が得意なのだろうか。確かに魔術も防御系が得意だった… -- リリネ 2017-10-15 (日) 23:14:57
      • え。(リリネの言葉にちょっと目を丸くする)……自分が何か、とかそういうのの自覚はないの? あの老人は海栗の業も使っていたから違う種族の力も会得はできるのだろうけど…… -- セン 2017-10-15 (日) 23:18:35
      • あっ ボクは、その……(少し目線が泳ぎ、帽子の縁を右手で握って下げる。まるで右目を隠すかのように――)
        ……海魔なんて、バケモノみたいなものじゃないですか。ボクはハーフだけど、この力がとても怖い……だから、緊急事態でないと頼りたくないんです
        今までも極力使うのを避けてきたので、自覚とかはよく分かりません。ごめんなさい……(どうやらリリネは自分の海魔の力を嫌悪しているようだ)
        あ、でもあの老人が海栗の力を使っていた理由は分かります。恐らく……「喰った」んです -- リリネ 2017-10-15 (日) 23:27:58
      • そうだったか。すまないね、辛い話をさせてしまった。(しょんぼり顔になって頭を下げる)
        ……劇場で見たあの時のように、かい? 同じ海魔を食べることで、その力を奪い取ることができる、と?
        -- セン 2017-10-15 (日) 23:30:59
      • いえ、別に……き、気にしてませんから……(と、ここばかりは誤魔化すのが下手な魔女であった。交流を深める内に話せるようになるかもしれない)
        あ、いいえ。劇場前のあれは単なる「栄養補給」だったのだと思います…1000年以上休眠していて、急に十全に動けるわけはありませんから
        「喰う」というのは落とし子同士に限るものです。落とし子は互いに食い合って…そうして相手の力を取り込み霊格を上げる。そして深みに至るのが目的なのです
        深みに至れば本物の「魔海」に侵入する力を得られるので、きっと彼は……魔海に帰るために必死に生きたのだと思います -- リリネ 2017-10-15 (日) 23:38:11
      • だから体液を吸ったとかなんとか言っていたのか……。落とし子というのはつまりあれだね、魔海の深いところから陸に来た海魔のことを言うんだね。色々と興味深い話だ。(聞かせてくれてありがとうね、と今度は真顔で頭を下げ)
        ところで……話は変わるのだけれど。聖リーゼ女学院、というこの街の学校を知っているかな。冒険者を養成するところなのだけれどね。
        -- セン 2017-10-15 (日) 23:43:48
      • 落とし子は、夫を無くした魔海の女王が黄金歴時代に自らの夫とするために地上へ放流した子供の海魔です(※掘れば掘るほど出る設定)
        え゛……? ホントに変わりましたね話……ええと、まったく知らないのですけれど…その学校が何か? -- リリネ 2017-10-15 (日) 23:53:50
      • つまり亀やら海栗やらいろいろな海魔を放流して一番強く育った落とし子を自分の夫にしよう、という……おとぎ話のような話だ。(頷き)
        僕はね、さる依頼を受けてそこに潜入したことがあるんだよ。……女装する必要があったけれどね。恥ずかしかった……。
        -- セン 2017-10-15 (日) 23:57:52
      • ……何故、今センロアさんが恥をかいた話を? (そしてボクは何故それを聞かされなければならないのか…アーンイーンストー アーンインストーーーー) -- リリネ 2017-10-16 (月) 00:00:59
      • いや、僕の恥はどうでもいいんだよ。そこね、公立の学校だったんだけどね。生徒の中に……アリがいた。アリの特徴を持つ亜人とかそういうのじゃなくて、普通のアリ。超巨大アリ。それが普通に学校で勉強して、僕その子と一戦交えた。
        ちなみにそのギャラリーにはレッドバックウィドウのアラクネの子とブルーギルとブラックバスの人魚の子もいた。侵略的外来種クラスっていうんだって。
        -- セン 2017-10-16 (月) 00:06:42
      • (正直話の行き着く場所が分からなくなってきたが、まだ続きそうなのでお茶を飲みながら一応黙って聞くことにする) -- リリネ 2017-10-16 (月) 00:10:51
      • ごめんね、いきなりこんな話をされても戸惑うだけだと思うけれど、だいたい大事な話は半分くらい済んだから。(苦笑いしながらクッキーのお代わりを出してくる)
        まあ要するに、さ。外見が異形だったりするのは、他の街ならともかくこの街ではあんまり気にされないんじゃないかなって。町公認の学校でさえそうやって受け入れてるし、普通に授業受けてたのだし。
        なのでほら、そのー……僕は海魔がバケモノかどうかは分からないけれど、よしんばバケモノだったとしてもそれだけでどうこう言われることはないと思うんだよ。
        力の由来がバケモノでも、その使い方が善ければ、君は決してバケモノではない。僕はそう思うよ。(話が長くてアレではあるが……どうやら励ましたかったらしい)
        -- セン 2017-10-16 (月) 00:17:41
      • ……なるほど。言いたいことはよく分かりました…ボクを気遣ってくれて感謝します。ただ…今日の時点ではあまり聞きたい話じゃありませんでした
        恐らく、センロアさんは思わずボクの地雷を踏んでしまって…それを気に病まれてそんな話をしたのでしょうけど、別に大丈夫ですから。本当に気にしないで下さい
        では、今日はお暇しますね? さようなら―― (人にどう思われるか、じゃない……ボク自身が、嫌なんだから――)
        (リリネは足早に帰っていった。交友の浅い段階で深く入り込もうとし過ぎたのかもしれない……) -- リリネ 2017-10-16 (月) 00:27:25
      • すまないね、おせっかいが過ぎる性質が治らなくて……。(とはいえここでさらに食い下がらない程度の分別はこの男にもあった) -- セン 2017-10-16 (月) 00:31:23
  • あ! 花火のお祭りのときのー・・・魔法使いのひとだ!! この匂いはー・・・間違いないね!
    なにしてるの? お散歩? ごはんめぐり?? ご飯は・・・お肉を食べるといいよ! -- レン 2017-10-15 (日) 22:13:34
    • //入れ違ったァー!? しかもこっちのが遅かったー!?orz
      そう、魔法使いのひとだよ。名前はセンロア・ル=フェール。センって呼んでくれたら嬉しいかな。で、何をしているのかというと……もちろんご飯だよ。ちなみにメニューはまだ決めていない。……お肉の美味しい店とか君……レン君だっけ。知ってる?
      -- セン 2017-10-15 (日) 22:27:43
      • 魔法使いの・・・セン! ボクはレンだよ! よろしくねー!
        お肉はね! フライドチキンとか・・・ケバブとか・・・とてもおいしいよ! 肉と油は・・・強い! -- レン 2017-10-15 (日) 22:33:21
      • 強い。(頷く。見た目や雰囲気と違ってそれなりに健啖家なのだ。)
        レン君だね。肉、そうだね……それじゃあケバブと一緒にティッカでも食べに行こうか。スパイシーに決めよう。せっかくだし、レン君も来るかい?
        -- セン 2017-10-15 (日) 22:42:06
      • うん、行く! センのおごり? ごちそうしてくれる?? センもー・・・お肉が好きなんだね! 仲間だ! (さりげなく図太い要求をするわんこ)
        それでー・・・ティッカってなーに? それもお肉? (センを案内するようにてこてこと歩き出す) -- レン 2017-10-15 (日) 22:53:38
      • そうだね、仲間仲間。仲間つながりでごちそうしてあげよう。(すっかりごちそうする気で頷く)
        ティッカはね、鶏肉だよ。鶏肉をピリ辛のタレに漬け込んで焼くんだよ。そんなに辛くはないけどね。レン君は辛い物は好きかな?(先導に従って歩き出す)
        -- セン 2017-10-15 (日) 22:56:38
      • わーい! ティッカは・・・鶏肉! フライドチキンの仲間かな・・・? おいしそうだけど・・・辛いものはちょっと苦手! ボクはふつーのケバブにする!
        センはー・・・辛いものが好きなの? からとう? (振り向いて話しながら歩いて、たまに壁とかにぶつかりそうになるわんこ) -- レン 2017-10-15 (日) 23:11:23
      • そうだね、好きなものを頼むといいよ。(うんうん頷く)
        辛い物も好きだし甘い物も好きだし……そうだね、好き嫌いなく何でも食べる、というのが正しいかな。レン君はお肉以外にも好き嫌いなく何でも食べらっと危ない危ない(肩に手を添えてストップだよ、とぶつかりそうになるのを制止する)
        -- セン 2017-10-15 (日) 23:15:33
      • わふっ・・・ありがと!! 前を見てあるかないと・・・あぶないね! (ぶつかるのを防止してもらい)
        好き嫌いがないのは・・・素敵なことだね! でもブロッコリーは・・・あれはダメだよね? 歯ごたえが・・・よろしくないね? (同意を求めるような視線) -- レン 2017-10-15 (日) 23:32:43
      • んー……そうはいっても人間だからね。いや君は獣人だけれど。一つや二つ好き嫌いがあるのはしかたないね。(曖昧な笑みで頷く)
        ちなみに僕はシナモンがダメだったりするんだよ。
        -- セン 2017-10-15 (日) 23:38:40
      • (ふんふん、と頷き返し) センはー・・・シナモンがダメ? シナモンって何? ブロッコリーの仲間??
        ・・・あ、もう着くよ! すぐそこ! そこがケバブ屋さん! とても・・・おいしい!  -- レン 2017-10-15 (日) 23:45:45
      • シナモンというのは、アップルパイなんかに良く入っているスパイスだよ。独特な香りがするから好きな人は好きなのだけれどダメなひとはダメなんだね。
        ほう、ここかここか……(と二人連れで入店)ケバブとー……あとはレン君は何が食べたい?} -- セン &new{2017-10-15 (日) 23:53:58
      • あー・・・・・・あれは・・・匂いが凄いやつだ! 嫌いではないけど・・・あえて好きというほどでもない! 感じ!
        (連れたって入店し)ボクはケバブ! お肉! あまくちで! あとー・・・芋! 揚げた芋がいいな! -- レン 2017-10-16 (月) 00:00:14
      • じゃあ僕はー……(チキンティッカと自分もケバブを頼みつつ、フレンチフライポテトと自分用にナンをオーダー。あとサラダとスープ。細身に似合わず健啖家である) -- セン 2017-10-16 (月) 00:12:22
      • ・・・センすごい! そんなに食べるんだ! あまり大食いには見えないけど・・・意外と大食い?(たくさんやってきた食べ物を興味深そうに見つつ)
        ケバブはー・・・なんていうか、お肉! って感じなのがいいよね・・・。 お腹すいた! いただきます! -- レン 2017-10-16 (月) 00:30:12
      • 魔法を使うにもそれなりにカロリーは消費するしね。それに僕は魔法使いだけど前衛で直接戦うから。結構食べるんだよ。
        僕もいただきます。(行儀はそれなりによいのだが、ペースは速い)
        -- セン 2017-10-16 (月) 00:36:52
      • ふんふん、センは戦う魔法使いなのかー! どんな魔法を使うの? かぼちゃを馬車に変えたりする?? ぬいぐるみの演奏会できる!?
        わふ、はふ・・・っ! やっぱり・・・ケバブはおいしい! (大口あけてがっつきながら、幸せそうに尻尾をぶんぶん) -- レン 2017-10-16 (月) 00:42:17
      • かぼちゃの馬車もぬいぐるみの演奏もできないな……僕は付与魔術というのを使うんだよ(尻尾がぶんぶん振れてるのを目を細めて見守る)
        付与魔術というのはね。剣や体に魔法を纏わせて、それで強くする魔法だよ。
        -- セン 2017-10-16 (月) 00:48:12
      • 付与魔術! なんか、よくわからないけど・・・それが戦うのに役に立つの? スコップにやったらー・・・凄い穴が掘れたりする!? (思考が平和なわんこ)
        もしかしたら、凄く派手な魔法なのかな・・・? 光ったり、音が出たりする? -- レン 2017-10-16 (月) 01:01:05
      • 派手ではないけど、そうだね。スコップにやったら楽にたくさん穴が掘れたりするかな。(わんこの例示に合わせて答え)
        音は出ないけれど光るよ。炎とか雷を付与すると、こうばちばち、とかめらめら、とかがスコップの周りに広がるからね。
        -- セン 2017-10-16 (月) 01:07:25
      • ふんふんふん! それはー・・・とても凄いな! 花火にそれをやったら・・・凄まじい花火ができそう! すごくキラキラする!!
        ボクのししょーも錬金術師なのに魔法を使えるんだけどー・・・すごく地味だからね! 見ててもあんまりおもしろくないの! センのはー・・・おもしろそう! -- レン 2017-10-16 (月) 01:09:59
      • 地味かどうかはあんまり魔法には関係ないからね。それじゃあ今度レン君のところに遊びに行ったら付与魔術を見せてあげる。師匠がどんな魔法を使うのかもできたら見せてもらいたいしね -- セン 2017-10-16 (月) 01:16:56
      • やったー! ・・・・・・はっ、もしかして・・・串焼きに付与魔術したら・・・もっと美味しくなる!? それは・・・やばいな・・・!
        (話をしながら食べ進めて・・・) けふっ、ごちそうさまでした! ケバブもー・・・お芋も! 美味しかった! -- レン 2017-10-16 (月) 01:18:51
      • ごめん美味しさの付与魔術はちょっと使えないな……。(しょんぼり顔)
        僕も、ごちそうさまでした。おなか一杯になったかな?
        -- セン 2017-10-16 (月) 01:23:45
      • そうかあ・・・美味しいのは・・・職人さんが頑張るしかないんだ・・・。 中華のおじさん・・・。
        うん、お腹いっぱい! お肉とー・・・パンとー・・・野菜! ・・・・・・お芋も野菜だよね? -- レン 2017-10-16 (月) 01:31:35
      • そうだね、お芋も野菜だ。(と、お会計も済ませて一路宿へ) -- セン 2017-10-16 (月) 01:56:49
      • うん! ごちそうさまでしたー! ボクとししょーはー・・・あっち! あっちにあるー・・・小屋にいるから! 遊びに来てね! -- レン 2017-10-16 (月) 02:02:39
      • なるほどこっちの小屋だね……うん、遊びに行くから待っててね -- セン 2017-10-16 (月) 02:12:57
  • たま
  • には
  • 掃除
  • せっ セン、セン〜〜〜〜(男の名前を呼ぶのは、聞き覚えのある声……だが、その姿は見えない。なぜなら一面を黒い雲が覆っているからだ。) -- ?? 2017-10-16 (月) 21:48:45
    • ? ……???(やたら切羽詰まった様子の声に振り返ると、カートゥーンでみたような感じの人形の黒い雲)……ひょっとして、チグサ君かい? どうしたのそれ。 -- セン 2017-10-16 (月) 21:54:52
      • わかんない〜〜〜〜、なんか珍しい鳥見てたら急にブワッとでた〜〜〜〜〜
        (声でわかるだろう、珍しく狼狽している) -- チグサ 2017-10-16 (月) 22:23:44
      • //20分位いないですごめんなさい -- 2017-10-16 (月) 22:31:28
      • 珍しい鳥か……とりあえず詳しい話はあとだ、こっちへ(と手を掴みかけて止まる。先日の会話を思い出した)
        ……念のために聞いておくけれど、この雲の内側にはチグサ君の人間の身体があるよね? 丸ごと雲に変身しちゃったりしてないよね?
        -- セン 2017-10-16 (月) 22:57:13
      • だ、大丈夫、あるわよ、あるはず……(ペタペタ自分を触る。手、よし。顔、よし。身体、よし、足、なし)
        ……うわあ……足、なくなってる…… -- チグサ 2017-10-16 (月) 23:06:53
      • ……足がなくなった状態で酷とは思うけれど、とりあえず深呼吸して落ち着いてみよう? それからこっちへ(黒雲が散らないようできるだけ静かに自分の部屋に案内する。近場で落ち着いて作業できるところにそこしか心当たりがなかったからだ)
        確か先日の静穏陣の材料は……あったあった。急いで描くから少し待っていて。(広めの部屋を取っていたのを幸い、円陣を描いて要所に宝石を配置…といういつぞや見た工程)
        -- セン 2017-10-16 (月) 23:10:55
      • 足がないのに自立できてるってことは、私これ浮いてるのよね、うっわー全然そんな感覚ない、やっばいなーこれ……(ちょっと楽しそう)
        (そして言われるがままセンの部屋へ。考えてみれば彼の家に来たのは初めてだな、なんて、悠長なことを考える)
        策があるのね、いいわ待つ待つ、なんとかなってくれないと困るのよこれ -- チグサ 2017-10-16 (月) 23:20:23
      • それだけ今の状態が君にとって自然な状態ということではあるのだろうね。チグサ君は普段立っていて「うわすごい私今立ってる!」とか思わないだろう?
        これでよし、と。いつぞや雲を出した時みたいに、この真ん中に立ってみてくれる。この陣がきみの精神集中と体や魔力の制御を手助けしてくれる。
        -- セン 2017-10-16 (月) 23:35:20
      • はー、そういうものかしら……ん、つまり私の本質は雲……? これ、つまり私、魔物……?
        オーケー、今回は必死に念じるわよ〜(足音一つ立てずに雲が揺らぐ。意志を持った黒雲が陣の中央を揺蕩い、穏やかに佇んだ)
        ……(一言も発さず、元の体、元の足をひたすら思い浮かべる。雲よ去れ、今は出なくていい、帰ってお願い、とにかくありとあらゆるアプローチで雲を遠ざけようとした)
        ……えっ、いま、セン、何か言った?(急に妙なことを言い出した) -- チグサ 2017-10-16 (月) 23:50:44
      • そりゃあ君、血筋の中に竜がいるのならばそういう側面があって当然じゃないか。あとはどちらの面が表に出ているかと、どうやって面を制御するかの問題だね。(と言った後で集中の邪魔をしないようにかたずをのんで見守っていたが)
        ……いや、何も言っていない。何か聞こえた?
        -- セン 2017-10-16 (月) 23:55:59
      • ……あー、考えてみりゃ、そりゃそうよね……龍、龍か……今更ながらどえらい血を引いてる気がしてきたわよ……
        うん……なんか、力に身を委ねよ、って……もしかして内なる自分ってヤツ……? いよいよオカルトめいてきたわね…… -- チグサ 2017-10-17 (火) 00:01:45
      • 力に身を、か……。それは今もまだ聞こえているかい?
        あと、無理矢理こう登ってきそうな感じとかはあるかな?(これは分水嶺というやつだろうか、と目が細くなって真剣みが増した)
        -- セン 2017-10-17 (火) 00:11:05
      • ……いえ、今は聞こえないし、そういった気配もないわね……むしろ、なんだかだんだん落ち着いてきたような……
        (そうしている内に徐々に雲は晴れ……ややあって、元の通りのチグサが現れた)
        治った……の、かな。とりあえず雲はないけど……(きょろきょろと自分の周囲を見つつ、足に触れる。生身だ) -- チグサ 2017-10-17 (火) 00:17:37
      • 治った、ね……。(目をぱちくり)
        何かの予兆とみるべきかな。ひとまず今のところは解決だと思うけれど……何かのきっかけで暴走しないとも限らない。また声が聞こえてきたら、僕に相談してくれるかな?
        -- セン 2017-10-17 (火) 00:26:16
      • そもそも、鳥を見たら雲が出るってなんなのよ……確かに赤くて何故かマフラー巻いてる変な鳥だったけど……
        もちろん。頼りにしてるわよ〜セン、あなたは私にとっての魔術の扉なのよ。 -- チグサ 2017-10-17 (火) 00:28:35
      • そんな風に言ってくれると僕も嬉しいよ、頑張る。(あまり力が入っているようには見えないガッツポーズ)
        ひとまず今日のところは帰って大丈夫だと思うよ。僕もその鳥……? のことを調べてみるから。
        -- セン 2017-10-17 (火) 00:32:01
      • あっはは、相変わらず見た目の頼りがい度ゼロねえ、でもほんと、お願いするわ
        急に押しかけちゃってごめんなさい、私の方でも調べてみるわ。またね、セン(いつものようにひらひらと気だるげにではなく、しっかり頭を下げて帰っていった) -- チグサ 2017-10-17 (火) 00:34:13
      • ああ、また。何かわかったら店にいくからね。(頭を下げるチグサに目を細めて、手を振って見送るのだった) -- セン 2017-10-17 (火) 00:41:12
  • (街中で見知った背中を見つけて声をかけた)…こんにちは、セン。夏祭りぶり…。
    …そういえば、前、例の事件の時(亀騒動)、センに魔法をかけてもらった気がする…あの時の事は、怒ってたからよく覚えてないけれど。センは、魔法が使えるんだよね…(ヨーヨーの成果はどうだったかな…と聞いて) -- アヴィス 2017-10-17 (火) 21:13:24
    • アヴィス君! ちょうどよかった、君のところに行こうと思っていたんだよ。危うく入れ違いになるところだ。
      そうだよ、僕は付与魔術師……直接攻撃や防御に使うんじゃなくて、魔法を「纏わせて」強くするものが専門なんだ
      (伸縮自在の柔軟さと武器に使える強靭さの両立を考えているところだよ、と肩をすくめて)
      -- セン 2017-10-17 (火) 21:17:54
      • ん、それは入れ違いにならずなにより。なにか、私に用でもあった…?(聞くよ、と述べて)
        うん…魔術、最近は私も興味が出てきた。私にも魔術回路があり、魔法が使えることが分かったから…覚えられるものなら、覚えたい、と。
        機会があったら、センにも魔法の事を教わりたい…。…まだ何も知らないから、おいおいね。 -- アヴィス 2017-10-17 (火) 21:26:28
      • 何かを新しく始めるのはいいことさ。そうして得た経験は決して無駄にはならないから。ただそうだね……そのときには君の得意なことを僕に教えてくれたら嬉しいな。
        それで、僕の用事というのは……単刀直入に言って、リリネ君の好きなものを知らないかな?
        -- セン 2017-10-17 (火) 21:39:06
      • 得意なこと、というのは少し難しいかもしれない。…私は、あらゆる魔術の才能があるとビエネッタが言っていたから。魔術の事じゃなければ、手先が器用、とかいろいろ取柄はあるけどね…。
        うん、…うん。(うん?)…ああ、先日の、お礼とかかな。ううん、トリーとはよく図書館で一緒に本を読んでるけれど…本は好きみたい。恋愛小説とか…。
        あとは……ちょっと、思いつかない。一緒にどこか買い物に行ったり、とかはしてないから…。……ええと、お礼の品を買うんだよね? -- アヴィス 2017-10-17 (火) 21:48:57
      • 本……恋愛小説か。(ジャンルが難しいな、と眉をひそめ。表情が真剣というより深刻だ)
        ……違う。お詫びの品を買うんだよ。
        -- セン 2017-10-17 (火) 21:55:08
      • …ううん、勧めておいてだけど、だいたいの流行の本は一緒に読んでしまった…。……(深刻な表情を見て、そして続く言葉に)…詫びの品?(首をかしげる)
        え、なにかトリーにしたの、セン…。怒られるようなこと…? -- アヴィス 2017-10-17 (火) 22:07:48
      • してしまった。自覚悪意のあるなしは関係ない。言ってしまった、が正しいけれど。(深刻な顔のまま何があったかをつらつら白状。力は使い方次第だと思うからバケモノとか関係ないよ、と励まそうとしたら逆効果だった、と。詳しくはコメントページのちょっと上参照)
        そういうわけで、僕は彼女に謝りたい。そのときにこう、何かお詫びの品があったほうがいいのではないか、と。こういうわけだよ。
        -- セン 2017-10-17 (火) 22:14:08
      • ……ううん、言ってしまった。口が滑ったとかそういうあれ、かな。…私もだけど、センも口下手な方だと思う…ので、うん。事情は察した。(頷く)
        なるほど。…もちろん、そういうものを持っていくのも、いいと思う。し、こうして気にしているから、私にも相談している。それは、トリーにとって悪い気持ちにはならないと思う…。
        私はあんまり力になれなかったけど、トリーが喜びそうなもの、探して持っていけばいいと思うな。…もし駄目だったら、また相談してほしい。私もとりなしてみる…。 -- アヴィス 2017-10-17 (火) 22:19:49
      • (神妙な顔でアヴィスの言を頷きながら聞き入っている)ありがとうね、励ましてくれて。
        そう言ってくれるとなんというか、気が楽になるよ。アヴィス君には助けられてばかりだ。(やや深刻な雰囲気が和らいで、力が抜けたように笑った)
        -- セン 2017-10-17 (火) 22:34:43
      • 少なくとも……貶める気持ではなく、思いやる気持ちで出した言葉なら、トリーも説明すればわかってくれる…と、思うよ。トリーも、善意を受け止められない人じゃないし、うん。
        頑張ってね、セン…無事に終わることを、祈ってる。うん、それじゃあまたね…(握りこぶしをぐっ、と小さく掲げて去っていった) -- アヴィス 2017-10-17 (火) 22:38:32
      • ありがとう。如何にせよ、きっと言いに行くよ。その時に一緒に魔法も勉強しよう。(ぐっと拳を掲げ返す。あまり力が入っているようには見えないが) -- セン 2017-10-17 (火) 22:41:04
  • 僕の自意識過剰だったら大変申し訳ないのだけれど…… -- セン 2017-10-19 (木) 01:03:02
    • http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp033012.png -- セン 2017-10-19 (木) 01:03:16
      • ちょっと危険を感じるよ!? あと勝手に返事したの誰!? -- セン 2017-10-19 (木) 01:03:39
      • …頑張れ…(同情に満ちた目で肩を叩いてあげながら) -- リッキー 2017-10-19 (木) 19:23:29
      • リッキー君か……。君はなんというかこう、そういう展開にはならなさそうだよね……。 -- セン 2017-10-19 (木) 19:51:20
      • …全力で、逃げるからな…(平地だと分が悪いが、市街地なら、さらに言えば森の中だと負ける気がしないので)
        …それに、一番の対処法…知ってるぞ?(指を一本立て) -- リッキー 2017-10-19 (木) 19:59:56
      • 遮蔽物と立体的な戦いはレンジャーの真骨頂だからねえ……。(うんうん、と頷き)
        一番の対処法?(なあに、と首を傾げて続きを請う)
        -- セン 2017-10-19 (木) 20:11:45
      • …彼女を、作る事だ(そうすれば、この手の話題は一気に収束していくだろうと)
        …それが、難しいんだがな(ちょっと遠い目をして) -- リッキー 2017-10-19 (木) 20:14:51
      • あー……。(確かに有効だろうけど、難しいのもまた確か、と二つの意味で納得してさらに頷き)
        この街はなぜか美男美女ぞろいだからね……
        -- セン 2017-10-19 (木) 20:21:11
      • …センなら、やる気さえあれば…そう難しくないとも、思うんだが?(顎に手を当て)
        …あぁ、それは実に…そう思う…宿の親父みたいな、ケースもあるがな?(小さく笑い) -- リッキー 2017-10-19 (木) 20:25:16
      • ……そうかな? あんまり美形とか男らしいとか言われたことはないのだけれど……。(リッキー君たらお世辞がうまい、とくすりと笑う)
        ご主人の恰幅の良さは確かにねえ。もっとも、それがレアケースになってしまうのがまた……ってところかな?
        -- セン 2017-10-19 (木) 20:32:40
      • …随分と、自己評価が…低いんだな…(どう考えてもイケメン枠だと思うんだがなぁと)
        …まぁ、それはな…普通の住人も、いるといえばいるんだが…あとは、平凡代表だと…俺とかな(自分で言ってて悲しいなこれ!と思い) -- リッキー 2017-10-19 (木) 20:54:24
      • 評価が低いというか、評価が少ないので据え置きというか保留というか、そんな感じ。
        ……んー。(改めてリッキーの周りを右に行ったり左に行ったりしてまじまじ)
        リッキー君はリッキー君で自己評価が低くない?(精悍そのものじゃないか、と)
        -- セン 2017-10-19 (木) 20:59:22
      • なら、安心するといい…きっと、モテモテだぞ?(小さく笑い)
        …どうした?…いや、俺の評価は…こんなもの、だろ…(肩を竦めるように)
        …それに、口も達者じゃ、ないんでな(女性を口説くには不向きすぎて) -- リッキー 2017-10-19 (木) 21:07:15
      • モテモテかなあ……?(あんまり自分がモテている図がリアルに想像できない朴念仁であった)
        口が達者ではないのは知っているし、それは確かにディスアドバンテージだと思うけれどね。うーん……(セリフにしようとするだに陳腐で月並みなものにしかまとまらないないので出すのが憚られる)
        まあ、なるようになるさ。僕も、君も。急いでいないのならば気長に構えていればいいよ。
        -- セン 2017-10-19 (木) 21:28:03
      • …上手く言葉に出来たら、そう思う事は…異性だけでなく、いつもある事だからな…(苦笑い気味に)
        …そうだな、俺も少しずつ…(慣れている所なのだし、と思いながら)
        …まぁ、センは気長にしてたら…やはり、頑張れ(もう一度肩を叩いて笑って自分の部屋へと) -- リッキー 2017-10-19 (木) 21:34:31
      • うん、お互い気長にね。(最後の「がんばれ」はハンドサインで。これくらいは覚えたんだよ、と伏し目がちなドヤ顔であった) -- セン 2017-10-19 (木) 21:52:49
  • センさーんセンさーん、鉄板の電池きれちゃったー補充してー?(ガラガラーっとトランク型の大きな鞄に鉄板のせてやってくる) -- ビスコ 2017-10-20 (金) 22:55:52
    • いいともいいとも。ちょうどいい時に来てくれたね……ああいや、こっちの話。(運ばれてきた鉄板に視線を走らせ)
      ……ん?
      -- セン 2017-10-20 (金) 23:02:10
      • あー、ごめんごめんー魔力の間違いでしたー(例の炎魔術を付与した鉄板だ、どうやら10時間超過してしまったらしい)
        んー? ボクに何か用でもあったー? ……さてはー、女装のための衣装作りの依頼だねー?(うんうんと頷きながら冗談を言う) -- ビスコ 2017-10-20 (金) 23:06:53
      • いや、それは分かっているのだけれど。(やや難しい顔)珍しいね。ただの鉄板にしては魔力のなじみが早い。
        女装についてはまあ、おなかいっぱいだから遠慮しておくよ。というかビスコ君、君衣装も作れるのかい?(冗談であることに気付いていない)
        -- セン 2017-10-20 (金) 23:20:38
      • え、そうなのー? てっきりボクはセンさんが鉄板くんの事を忘れちゃったのかとー(およよよーと鉄板の後ろに隠れて鳴き真似)
        まーある程度はねー、昔からお裁縫はよくやってたし、ししょーにも教わったしねー? 最近だとヤヤちゃんのモデル衣装を作ったかなー?(本人は謙遜してるがなかなかの裁縫スキルだ) -- ビスコ 2017-10-20 (金) 23:26:12
      • もちろんそっちは覚えているとも。あとそこで泣き真似をしていると付与した時に熱いよ?(と、一度付与した魔力を再び励起させて起動できる状態まで魔力を込め、熱くなったところでいつものカンカカカンカン カンカンカン
        へえ、ヤヤヤ君の。確かにあの子は活発で可愛らしい。衣装も似合うだろうねえ。(なるほどなるほど、と繰り返し頷き)
        -- セン 2017-10-20 (金) 23:35:11
      • うわっとと……あぶないあぶないー(慌てて飛び退けば、ふー、と汗を拭って) ……なんか知らないけど、リズムが前より卑猥な感じに聞こえるー(ビミョーな視線)
        魔力のなじみって言ってたけど、それって物によって違うのー? 馴染むとなにかお得なイベントが起きたりするー?(わくわく) -- ビスコ 2017-10-20 (金) 23:39:10
      • 普通はいわゆる魔術の触媒に向いた素材が魔力のなじみが早いとされている。代表的なもので言えばミスリルだとか、あとは宝石・輝石類だね。逆にそういったものとは縁遠いこの手の鉄とか鋼なんかはなじみは早くないんだよ。ちなみに具体的には貯めて置ける魔力が多くなる。これなら半日くらいは持つんじゃないかな? -- セン 2017-10-20 (金) 23:42:00
      • へー、適当によろず屋で中古で買った鉄板なんだけどー、意外な掘り出し物だったのかもー(なんて満足そうな笑みを浮かべると、よいしょーっと抱えてまた鞄に乗せる)
        ところで、さっきのちょうどいい時ってなーに? センさん何かしてたのー?(無遠慮に部屋を見回します) -- ビスコ 2017-10-20 (金) 23:45:44
      • それはね、ヒミツ。(立てた人差し指を口の前にもってくる「しー」のポーズ)
        (部屋には冒険者の宿として一般的なベッドとかスツールとかの外に大きめの本棚にびっしり入った様々な書物やら魔法陣を描いた紙やら明らかにトレーニング器具と思しきモノやら)
        -- セン 2017-10-20 (金) 23:56:20
      • (ぶーと面白く無さそうに口を尖らせる、だが彼は気づかないほうが幸せだろう…『>雌男子のあの子に性的な事にひどいことをしたい』に許可を出したのは彼では無いのだから……ホントに違いますからね!)
        ほー……センさんもトレーニングとかしてるんだー、でもなんかひょろく見えるのは気のせいー?(首を傾げる人のこと言えないヤツ) -- ビスコ 2017-10-21 (土) 00:03:25
      • するよ。こう見えても僕は前衛で戦うからね。(とてもそうは見えないのは確かである。違うのはもともと疑ってないので大丈夫よ!)
        そう見えないのは多分、僕が筋肉もりもりの剛力とかそういうのではなくて素早さとスタミナに重点を置いているからだと思う。
        -- セン 2017-10-21 (土) 00:07:56
      • へー、それじゃー思ったよりセンさんって運動神経抜群なのかなー…… \とぅー/(ジャンプしてニの腕にぶらさがってみる) -- ビスコ 2017-10-21 (土) 00:10:12
      • \イヤーッ/(避けた! と見せかけて空中でビスコを抱えてそのままぐるんと回って床に着地させた) -- セン 2017-10-21 (土) 00:20:13
      • ふぎゃぁぁー……あぅ? ……おぉぉー!?(何が何やら分からないうちに一回転させて着地させられてぽかーん)
        す、すごいすごーい! センさんめっちゃ動けるんだねー、ワザマエ!(キラキラーっと目を輝かせて)
        面白いからもっかいー……あ、そーいえばリリネとは仲直りできたー?(もっかいやろうとしてフェイントキャンセル) -- ビスコ 2017-10-21 (土) 00:24:21
      • イーリアス君のところの道場で鍛えているし、それなりにはね
        仲直りというか、彼女があまりにも普通で勢いに呑まれたというか……聞きしに勝る本好きだね。でも、君の掃除好き情報を採用させてもらったよ。ありがとうね。
        -- セン 2017-10-21 (土) 00:30:51
      • あ、そーいえばボクもあそこで鍛え始めたんだよー? もしかしたら一緒に訓練する機械もあるかもねー?(なんて言いますが幼年部なので多分無いです!)
        あー、もう気にしてなかったかー リリネってそういうとこあるよねー、でも仲直りできたみたいでよかったー(うんうん)
        それじゃーボクそろそろ帰るねー…………とー、見せかけてからのー?(リベンジ二の腕ぶらんこチャレンジをしかけて帰りました、果たして成否や如何に…!) -- ビスコ 2017-10-21 (土) 00:35:52
      • おおっと。(今度は二の腕に掴まらせてやり、腕を振って空中ブランコよろしくベッドに着地させるように放り投げる別のワザマエなのであった。) -- セン 2017-10-21 (土) 00:47:32
  • セーンちゃーん、技術交流しましょーだよ!(ノックしてそう声をかけてみるヤヤヤ) -- ヤヤヤ 2017-10-23 (月) 21:14:01
    • いいともー。(ガチャっと扉を開いて少しいたずらっぽく笑む。それからどうぞどうぞと部屋の中に招き入れた)
      さて……ではアレだね。この間クキ君の影業と君の料理を見せてもらったから、今度は僕の付与術をもう少し詳しく教えるのだったね。(淀みない紅茶の準備)
      -- セン 2017-10-23 (月) 21:38:14
      • やった!じゃあよろしくお願いしますセンちゃん(お辞儀してごく自然に紅茶をごちそうになる)
        あ、でもねセンちゃん、私魔法とか魔力とか全然習ったことないんだよね、それでも大丈夫かなー?(ちょっと不安そうに) -- ヤヤヤ 2017-10-23 (月) 21:50:23
      • (なお本日のお茶請けはブルーベリーショートケーキである)
        ふむ。じゃあまずは魔力の励起のしかたから覚えたほうが良さそうかな。ヤヤヤ君の出身は極東だっけ? -- セン 2017-10-23 (月) 21:57:12
      • (出されたものは遠慮なくむぐむぐ頂くムーヴ)うん、うん!おいひい……これはセンちゃんが作ったの?
        んーと、多分東の方だと思うねぇ、名前とか?はっきりした事は分からないけれど、多分!えっと生まれたところと魔力って何か関係あるの?
        (ごちそうさまでした、と口もとを拭いて今日の講師に向き直るヤヤヤ) -- ヤヤヤ 2017-10-23 (月) 22:05:49
      • いやまさか。これは近所のお菓子屋さんで買ってきたものだよ。(好きなんだよね、甘いもの、と伏し目がちに笑う)
        じゃあ文化的にそちらのほうが基盤ということはないのか……。(どうしようかな、と唸る)
        ああいや、直接関係はないんだけど。魔力の集中にはそれぞれやりやすいスタイルがあるから。それを確認したかっただけ。(要するに極東出身なら座禅とか星座が集中するものとしてやりやすいかな、とか思っていただけらしい) -- セン 2017-10-23 (月) 22:15:20
      • (うん!いいよね甘いもの、と全力同意)あ、そうだ、今日の技術交流の分でねーこれ持って来たんだよ(と紙を差し出す)
        私のつくり方がよく分からないって言ってたから、ちゃんとレシピにしてきたんだよねぇ、これならセンちゃんも大丈夫!のはず、だよ!
        おーなるほど(大きくなずいて)えーっとね剣の練習するときとかはこんな感じで集中するからこれでいいのかな?(椅子に座って瞑想して見せる) -- ヤヤヤ 2017-10-23 (月) 22:27:33
      • おや、これはありがたい。あとで改めて見せてもらうよ。(丁寧に受け取って懐に収め)
        ああ、そうそうそれでいい。あと、君の先天属性を見る必要があるね。ちょっと待ってくれる?(ヤヤヤの部屋でも広げた顕魔陣の紙を出してきてその上に椅子を置く)この上で集中してくれる? そしたら魔力の色で君の先天属性……つまり生まれつき扱いやすい属性がわかる。
        例えば赤なら炎だし青なら氷、雷は紫って感じでね。
        //属性は自由に決めてネ! -- セン 2017-10-23 (月) 22:33:44
      • 簡単に作れるお菓子のレシピだからきっと大丈夫だよぉ?(中はバターたっぷりでカロリーの高い携帯行動食のレシピだ)
        魔方陣だ、この上って椅子に座って?うん、わかった、じゃあ……こんな感じかな?(目を閉じ集中すればほどなくして紙に変化が現われる)
        ねーセンちゃんまだ分からない?(そわそわしつつ目を閉じたまま結果を聞くヤヤヤ、色は黄色かあるいは白か、光属性っぽい) -- ヤヤヤ 2017-10-23 (月) 22:44:12
      • んー……よし、わかった。光だね。あるいは雷よりも勇者っぽい剣が作れるかもしれないよ。(うんうんと頷きつつもう目を開けていいよ、と。)
        それじゃあ次のステップ。魔力の励起を始めよう。その前に、目を開けてくれる?(ヤヤヤに自分の右腰から抜いたきわめて鋭角の短剣……白銀に輝くスティレットを渡す)
        -- セン 2017-10-23 (月) 23:05:23
      • 光!?すごい、なんだか勇者っぽいね!(キラキラ)そっか光かぁーえへへー、こう光の剣をぴかっと、ふぇ?
        あっうん、これを持てばいいんだねセンちゃん(目を開いて渡された短剣を素直に持つ)今度はこれに集中するの?(奇麗な剣だねーとまじまじ見るヤヤヤ) -- ヤヤヤ 2017-10-23 (月) 23:12:09
      • そういうこと。ちょっと白っぽい銀色だろう? これは銀ではなくてミスリルという魔法金属でできているんだ。魔力を通しやすく、媒介に向いている。そういうものがある方が集中しやすいんだよ。自転車の補助輪みたいなものだと思って。
        それでね。イメージしてほしいのは目に見えない力。それが自分の中を巡っていると思ってね。深呼吸して、ふいごのようにエネルギーをその流れに送って、少しずつ流れる力を大きくしていこう。(と、イメージの助けになる言葉をかけ)
        -- セン 2017-10-23 (月) 23:19:22
      • ミスリル!聞いた事ある!確かすごく貴重な金属だよね、へぇーこんなに奇麗なんだー……ええっと、自分の中をめぐってる目に見えない力?
        ちょっと難しいけど、やってみるねセンちゃん。深呼吸、深呼吸……ふいご、ふいご?(なんだっけ?と自分なりに流れを絞り出す道具を想像する)
        (それは生クリームとかを絞り出すアレ、むにーんと美味しいケーキをデコレートするように剣先に意識を集中する)……えへへ(ケーキに意識が行った、まだ駄目だこれ) -- ヤヤヤ 2017-10-23 (月) 23:31:42
      • まあ高価なのは高価だけれどね、命を預けるものだからしっかり投資しないとね。
        あ、ふいごから? ええとそれじゃあ……ってなんでちょっと表情が緩んでるの。(別のたとえを考えているとなにやらヤヤヤが嬉しそうなのに気付く)
        -- セン 2017-10-23 (月) 23:35:03
      • (ぱち)えーっとね、何となく絞るものでいいのかなって思って、生クリームを想像したらねーなんだか美味しそうってなって……(てへ)
        ごめんねセンちゃん、だからもう一回やるよぉ(と今度はふいごも分かって真面目に集中する、今度はおそらく大丈夫であろう) -- ヤヤヤ 2017-10-23 (月) 23:44:09
      • 甘い物いいよね……でも今度はちゃんと、うん。頑張れがんばれ。(ヤヤヤが自室で見たのと同じように、今顕魔陣によって彼女の隣の人型の虚像に白い光点が活発に循環している)
        励起できるまでが早いね……ええとそれじゃあ、今ヤヤヤ君の中で今いつもと何か違うっていう感覚はあるかな? それが魔力の励起ができている状態だから、感覚を覚えておいてほしいんだ。
        -- セン 2017-10-23 (月) 23:54:38
      • (目を閉じ集中しまたままで異なる点を探す)んー、と、ちょっと痺れる感じがするかも?あとは何だかぽかぽかしてるかなぁ?
        (集中を解いて小さく息を吐き)えっと、自分だとよく分からなかったけどちゃんと魔力?れいき出来てたんだ、わかった!ちゃんと覚えておくよぉ
        ……って、ああ!もうこんな時間だ!センちゃんごめんね、今日はここまででもいーい?ちゃんと復讐しておくからね -- ヤヤヤ 2017-10-24 (火) 00:10:51
      • ああ、少し時間としては遅めだね。それじゃあ……僕から宿題。(顕魔陣の紙をたたんでヤヤヤに渡す)今度は、目を開けたまま励起できるようにしてくれると、とても捗るよ。実践では目をつむらないと励起できないのはとても危ないからね。 -- セン 2017-10-24 (火) 00:22:01
      • うん!分かった!今日やったのを目を開けたままできるように、だね?やってみるよぉ!(うおーと燃える)
        それじゃあセンちゃん、今日はありがとうございました(お辞儀)今度また新しいレシピ持ってくるからねー?(とドアを開けて帰っていきました) -- ヤヤヤ 2017-10-24 (火) 00:42:08
      • どういたしまして。(お辞儀返し)おや、それは期待させてもらうね。それと今日のレシピも試作したら味見してくれると助かるかなー(何かにつけて勢いのいい生徒を目を細めて見送った) -- セン 2017-10-24 (火) 00:54:01
  • はあい、こんにちは。 うちのレンから、どうも私に用事があるように聞いたんだけれど。 ・・・まさかデートのお誘いかしら? なんて、ふふふ。 (おっぱいオバケことししょーがやってきた!) -- ししょー 2017-10-24 (火) 21:44:41
    • うちのレン……ということはレン君のお師匠様かな。(どうぞどうぞ、と部屋に招いて紅茶の準備)
      あらためて、初めまして。僕はセンロア・ル=フェール。北の国の魔法使いで、レン君のお友達だよ。
      -- セン 2017-10-24 (火) 21:48:01
      • はじめまして、センロアさん。 私は・・・特に名乗っている名前はないわ。 好きなように呼んでくださいな。 (と言いつつ招かれて)
        レンのお友達の・・・魔法使いさんね。 レンと遊んでくれたみたいだから、お礼を言いに来たの。 これは、おみやげね。 (お手製のお菓子! 錬金術やってるだけあり、味はそこそこ) -- ししょー 2017-10-24 (火) 21:57:14
      • おやおや、これはまた……お茶と一緒にいただこう。(淀みない紅茶の支度。お盆に開始を敷いてビスケットのたぐいを自由に取れるようさらさらと入れる。)
        (名乗る名前を持たない人と話すのは初めてだが、魔術界隈で真名を大事に秘している人間はいくらでもいる。そういう方面だろうと納得して)それじゃあ師匠さん、で。レン君はね、とても明るく屈託がない。接していると僕の気持ちも明るくなるよね。
        それで、僕の方から訪ねようと思っていたのはあれだよ。どんな魔法が得意なのかとか、同じ魔法使いの人から色々話を聞けたらと思ったんだ。まだ修行中の身でね。
        ちなみに僕は付与魔術師、先天属性は雷だよ。 -- セン 2017-10-24 (火) 22:25:26
      • ふんふん、そういうことだったのね。 ふふ、レンったら・・・光るスコップで小屋の周りを穴だらけにしちゃったのよ。 センロアさんの付与魔術でしょう? あれはかなりの効果ね。(思い出すとフフと笑い)
        私の魔法は、そうね・・・。 レンが喜ぶような・・・派手なものではないわね。 じっくり、ゆっくりと・・・マナを擁する森を育てているわ。 あとは・・・そうねえ、森を守るゴーレムを作ったりとか。 そんなところね。
        (要は陣地作成に特化したような魔法使いなのだ。 今は森から出てきているので、かなりの弱体化をしているといっていい) -- ししょー 2017-10-24 (火) 22:31:00
      • 師匠さんに見られていたか……然り、僕の魔法に興味を持ってくれたのでね。それで一番無害でレン君の役に立ちそうなものをかけさせてもらったんだよ。
        ふむ……領域型、またはごくゆっくりとした固有結界が専門というわけだね。平和な方の人の営みを象徴するような感じだ。本国にはそう言った類の人は……うん、いなかったなあ。
        -- セン 2017-10-24 (火) 22:58:03
      • あら。 センロアさんの故郷は、戦が多かったのかしら? それで・・・なるほど、付与魔術なのね。 北の方も大変なのね
        ふふ。 でも、私の魔法が平和・・・と言った覚えはないわよ? 右も左もわからない人が入ってきたら、大抵は森の養分になってしまいますからね。 ふふふっ。 (魔女らしい笑みを浮かべる) -- ししょー 2017-10-24 (火) 23:06:34
      • まあそれはそれで人の営みの一つ……と言えなくもないかもしれないけれども。無害なだけでは魔法使いはやってはおれぬからねえ。(目を細める)
        戦が多いのもそうだったし、僕の故郷はなんというかこう……身近にとんでもないのがいたからそれに対抗しようと魔導の研究が盛んだったんだよ。割合早い段階で魔術の系統わけがされて、それぞれを専門に研究する血統が生まれた。
        ところで、師匠さんはどうしてこの街に? レン君を追いかけてきたのかい?
        -- セン 2017-10-24 (火) 23:19:10
      • ふうーん・・・。 じゃあ、センロアさんは・・・付与魔術の後継者ということになるのかしら? ふふ、この街に居ても大丈夫なの?
        ああ、私は・・・そうよ。 レンに普段よりもちょっと強く叱ったら、一向に帰ってこなくて・・・。 ああ、あの時は焦ったわあー・・・ -- ししょー 2017-10-24 (火) 23:24:00
      • 正確には後継者候補のうちの一人、だねえ。旅は家のしきたりというやつでね。見聞を広める旅というやつさ。
        それで探して探してようやくこの街にたどり着いた、ということか……再会できて何よりだよ。それにしても。
        そうなると師匠さんの業を目の当たりにすることはどうやら敵わなさそうかな。かなり残念だ……。
        -- セン 2017-10-24 (火) 23:57:44
      • なるほどねえ。 私も・・・森を育てていなければ、レンを連れて旅・・・という選択肢もあったかもしれないわね
        あら、私の魔法・・・とはいかないけど、スキルの粋を集めた物は、センロアさんも目の当たりにしているのよ? (ふふ、と笑い) -- ししょー 2017-10-25 (水) 00:04:02
      • それはなぞかけかな。さりとて師匠さんに関係するものなんて、それこそ僕はレン君くらいしか……。(笑みを返そうとして固まる)
        ……今、僕の脳裏にかなり衝撃の走る答えが浮かんだのだけれど。
        -- セン 2017-10-25 (水) 00:10:22
      • センロアさんは・・・正解できるかしら? (と言いつつ、答えのひとつを揺らして微笑む。 この師匠、とても男癖が悪いのである) -- ししょー 2017-10-25 (水) 00:14:04
      • ……レン君自体師匠さんの被造物……とか?(考えるフリをして目線を上に。あんまりセクシーとかそういう方面への免疫が在る方ではなかった) -- セン 2017-10-25 (水) 00:18:50
      • それは・・・半分正解、ね。 あの子ったら悪戯っこだから、私の作った試薬を被って飲んでしまったのよ・・・それで、あの有様
        元々、かわいいかわいい子犬だったのよ、あの子。 行動や仕草に、犬っぽいところ・・・あるでしょう? (センの反応に満足したように微笑み) -- ししょー 2017-10-25 (水) 00:30:16
      • ……棒をかじる、穴を掘る……耳とかを触られても特に嫌がらない……。(これまでに見た「犬っぽい」ところを列挙して頷く。衝撃、とか自分で言っていた割には落ち着いている) -- セン 2017-10-25 (水) 00:41:21
      • ・・・私がああしちゃったから、何かしら責任は取らないと・・・ね。 さて! 美味しい紅茶も頂いたし、センロアさんの初々しい姿も見られたし・・・
        今日はお暇させてもらうわ。 また、レンと遊んであげてね (バイ、と手を振って自分の部屋に戻っていった) -- ししょー 2017-10-25 (水) 00:45:28
      • 師匠さんがそう思っているのなら、僕から言うことは特にないかな。レン君の友達として、何か助けになることがあればできるだけ力になるからね。
        もちろん、遊ばせてもらうよ。たくさん、ね。(ドアの前まで見送った。もっとも隣の部屋なのだが)
        -- セン 2017-10-25 (水) 00:48:08
  • おにいちゃん…じゃ、なかった…ええと… (私は広場でおにいちゃん呼びしていた彼を、うっかりその呼び方で呼んでしまった)
    冒険者の人とお見受けします (もうお兄ちゃん呼びした事実は取り消せない…私はなかったことにしながらも、少なからず顔が角まで赤くなっているような気がした) -- アレチェ? 2017-10-26 (木) 22:59:55
    • なんだいなんだい、先日おねいちゃんと一緒にいた人か。さてはうつりでもしたかい?(くすりと笑う)
      いかにも僕は冒険者。北の国の魔法使い、センロア・ル=フェールだよ。
      -- セン 2017-10-26 (木) 23:13:37
      • (//すみませんちょっと今日は早く寝ないといけない) -- 2017-10-26 (木) 23:51:17
      • やだー!もー!うつっちゃったわよー!もー! (私は顔を両手で覆った こうなりゃずっとおにいちゃん呼びで行っちまうか…開き直っちまうのも悪くねえ…とも思った)
        あのおねーちゃんのせいなんだからー! あの時もなんかテンション上がっちゃって…普段はあーじゃないんだからねー!
        私はアレチェテケレィトリ・パードライースヒサァ、エルフで前衛やってます センロアさんね、なんか高貴な響き…なるほど北の国は一味違うのね
        魔法もすっごいキラキラしてたし… (私は彼の付与魔法でキラキラになってかーっくいーっ!って言っていた事を思い出してまた恥ずかしくなってきていた…) -- アレチェ? 2017-10-27 (金) 03:02:20
      • //開幕即値落ちしちゃった!やだもー!ゴメン!お仕事頑がんばってください! -- 2017-10-27 (金) 03:04:13
      • いや、北の国はあんまり関係ないんじゃないかな……別の国の出身も、あるいはこの街の出身も、偉大な冒険者はたくさんいる。
        それで、ええとアレチェテケレィトリ・パードライースヒサァ……ええとごめん、何か呼ばれ方に希望はあったりするかな?(合っているのは合っているがさすがに長いらしい)
        -- セン 2017-10-27 (金) 20:43:27
      • あら、地域によって名前の響きはけっこう違う感じはあると思うわ? 私の故郷だとみんな名前は10文字だけど、この街だとゼンゼン見ないし
        でもそうね、偉大な冒険者は時も場所も選ばずどこにでもいるものね 才能と地域は関係はあまりないわ…いやーちょっとあるかも
        スゴイ、一発で覚えちゃってる!まず覚えられないのに… うん、じゃあ…アレチェって呼んでください -- アレチェ? 2017-10-27 (金) 20:55:30
      • //携帯環境なら落ち着いてからでいいのよー リアルをだいじにー -- アレチェ? 2017-10-27 (金) 20:56:27
      • //お気遣い感謝ー。仕事は終わってるので、大丈夫ようん
        割とね、そういうのはすぐなら覚えていられるのさ。でも時間が経つと厳しい。(伏し目がちな苦笑い)
        では遠慮なくアレチェ君と呼ばせてもらうけれど……(暖かい紅茶を用意。今日のお茶請けは洋梨のショートケーキである)
        冒険者と見受ける、なんてつかみで来たということは、何か仕事でもあるのかな?
        -- セン 2017-10-27 (金) 21:22:35
      • 私は逆に、他の人の10文字は一気には無理だけど…時間をかけると覚えられるって感じかな
        はっ、そしてさりげないおもてなしの心持ち…これがさりげないイケメンしぐさってやつね…いただきます (私は紅茶とケーキにおよばれした)
        ほぅ…柔らかく、解けるような舌触りとほんのり奥深い甘さ…そしてほのかな固さ、これは洋梨…
        クリーム部分の甘みも少し抑えてあるのね、口の中で洋梨とクリームが溶けて混ざり合い…上品な甘さが鼻から脳へ突き抜けていく…
        美味し… (私は天を仰ぎ…心なしかその目には例の線が…)
        あ、そう…仕事じゃないの、こう、なんていうか… (私は言葉に詰まった…説明自体はそれほど複雑な事ではない…しかしそれは)
        剣を…思いきりぶちかませる相手を、探しているの… (メリットなく戦える相手を探している…伝わるだろうか?そして受けてくれるのだろうか…?) -- アレチェ? 2017-10-27 (金) 21:47:23
      • ほう。(意外と言えば意外な提案をされるものである。)
        つまりそれはあれだね。命のやり取りの伴わない、言ってしまえば他流試合のような鍛錬相手を探しているのかな?
        -- セン 2017-10-27 (金) 22:11:18
      • 例えば木や岩に思い切りぶちかましていても、自然破壊にしかならず、やがてそれらは壊れて消えるでしょ?
        今の私はもっぱらモンスターにぶちかましているんだけど…これでは単純な動きしか習得できないの
        このままでは私はいずれもっと強いモンスターにあっけなく敗れて死ぬ…私が今までそうしてきたように
        そして、命のやり取りの伴わないと言えど…私の全力を受け止められる相手が欲しいの (紅茶をひとくち 私は甘いものに合わせる紅茶は渋めが好みである) -- アレチェ? 2017-10-27 (金) 22:26:50
      • 忌憚のないところを言わせてもらえれば部分的に僕はそうは思わないところもあるけれど、鍛錬や切磋琢磨の精神は素晴らしいと思う。僕でよければ相手になろうじゃないか。
        それから、僕よりももっとすごい武芸者でそう言ったことに応じてくれそうな人も知っているよ。(なお、紅茶は香りを充填しているので甘くこそないが渋みは控えめであった)
        -- セン 2017-10-27 (金) 23:35:43
      • 私の剣は田舎者の単純なものよ…ただ力だけはある この力に寄らない強さを求めたいの
        センロアさんが見せてくれた魔法、あれが私の力を上回るものだったら… (鍛錬、切磋琢磨…それとは少し異なる目的ではあった)
        今日は遅いし、おやつもいただいたからまた後日、よろしくお願いします! (紅茶とケーキを美味しくいただき、私は決闘の約束をした)
        あなたよりもっと強い人も…言ってたわね、偉大な冒険者はたくさんいると -- アレチェ? 2017-10-27 (金) 23:55:59
  • (頭上にジェル状の魔水ボールを浮かせながら宿に訪ねてきた) セン殿ー、お届け物ですよー?
    ご注文の真珠と、珊瑚と、星の砂…それとアクアマリンですね。お確かめ下さいっと…
    (魔水ジェルを廊下に降ろす。衝撃から守るために荷物を包んでいたそれが弾けて霧散すると、中を確認できるようになった) -- リリネ 2017-10-27 (金) 23:46:30
    • ああ、待っていたよリリネ君。……そういう風な使い方は初めて見たけれど、すごいねそれ。(水魔法で攻撃する直前みたいな見た目を保ってやってきたリリネに対して拍手拍手)
      それでは失礼して……(真珠、珊瑚、星の砂、さらにアクアマリン。一つ一つ仔細に改めていく)
      間違いない。さすがだ。ええとこれだけでいくらになるかな?
      -- セン 2017-10-27 (金) 23:56:25
      • ふふっ…まぁ、得意分野の魔術くらいはこの程度こなしてみせます。魔女の端くれとしては…ね?(不敵に笑う)
        ええと、お代はですねぇ… (ホタテ貝型ポーチから算盤を出して、パチパチっと計算する。なかなかお値打ちな値段が提示された)
        宝石以外は直接ボクの採取で、卸し問屋を通さないからこそのこのお値段です。是非今後ともご贔屓に♪(※満面の営業スマイル) -- リリネ 2017-10-28 (土) 00:03:25
      • 技術の進歩は生活に溶け込んで初めて進歩という……という言葉をどこかで見たことが在るけれど、これはまさに、という感じだよ。
        うん、問題なく即金でいける。ただ結構……少なくとも本よりは重いけれど大丈夫かい?(おどろきとまんぞくが半分半分くらいの顔)
        -- セン 2017-10-28 (土) 00:07:09
      • 重いからこそ、こうして魔水で浮かせて運んできたんですよ。まぁ魔力は食いますが…体力を減らすよりそっちが向いていますし
        宿の滞在費や生活費、その他調査費に趣味の本……満足な生活のためには労働は不可欠ですからね?
        これは商人が負うべき当然の手間です。そこを心配されてしまっては……世の中回りませんよ?(にっこりと、営業スマイルを見せた) -- リリネ 2017-10-28 (土) 00:17:06
      • ……そうか、さっきので普通に運べるね。(さっき見たばかりだというのに、と小さくため息)
        ともあれそういうことなら問題はないね。少し待ってね。(と金庫から10枚ずつの小袋で分かれた金貨を運び出してくる)……ええと、これでピッタリちょうどだと思う。確かめてくれるかな?
        -- セン 2017-10-28 (土) 00:27:06
      • まぁ……リリアだったらスライムに命令してオートで運べるからもっと楽なんでしょうけどねぇ…(溜息)
        はいはい、ではお代を確かに…(確認中)…はい、確かに丁度頂きました。毎度ありがとうございまーす♪
        う〜んっ、これは豪華なクリスマスが送れそうな収入になりました。ケーキはセン殿に感謝しつつ食べないといけないね…! -- リリネ 2017-10-28 (土) 00:34:42
      • そうかもしれないね……ちなみに僕だったら多分炎身纏してパワーを上げて直接運ぶことになるかな。三者三様だよね、本当に。(多分状況に応じた向き不向きもあるだろうし、と苦笑い)
        そこは所謂ウィンウィンというやつさ。こちらはリリネ君のおかげで首尾よく任務を遂行できたわけなのだし。改めて助かったよ。ありがとうね。
        -- セン 2017-10-28 (土) 00:41:43
      • ああー…セン殿は身体強化で解決するタイプなんですねぇ。亀の海魔ともそういう方向で戦ったのだろうか…(依頼中に同じようなものは見ていそうだ)
        いえいえ、どういたしまして……折角魔術の話になってので聞いてもいいですかね? セン殿って、得意属性はなんでしょうか?
        雷をよく使っているのは依頼で何となく知っていますが、結構色々やりますよね? -- リリネ 2017-10-28 (土) 00:50:34
      • 僕より前にアヴィス君があの甲羅に亀裂を入れてくれていたから、僕はそこに取りついて雷を流しただけだよ。
        僕かい? 先天属性は雷だから一番手馴れているのは雷だね。ご存知の通り専門は付与魔術……いわゆる「まとわせる」ものだね。素早さを上げる雷とか、それから当たるとマヒさせる雷を付与する術も最近使える。
        今は魔導器も冒険で揃ってきたから、炎と氷と闇も一応扱えるかな。
        -- セン 2017-10-28 (土) 00:56:17
      • ……アヴィスやばいなぁ(戦慄) やはり得意なのは雷でしたか。ボクの先生も雷が得意だったっけ…(しみじみ)
        それにしても、他属性は魔導器由来だったのか……まさか複数属性の資質持ちなのかと、才能に嫉妬するところでしたよ〜
        ボクは魔導器は扱わないので、ほぼ水魔術専門ですね。一応闇属性の資質も少しありますが、鍛えていません -- リリネ 2017-10-28 (土) 01:04:55
      • 彼女の活躍がなければ、正直僕はあの老人の周りを飛び回って地味な嫌がらせをするくらいしか打つ手がなかったところだよ。(彼女には本当に助けられた、と謹厳に頷く)
        そういうこと。地学顕性の理由で本国で魔術に目覚める人間は半分近く氷なんだけれどね。あと光が手に入れば回復魔術も多少できるようになるのだけれど。(そうしたらもう少し冒険でもできることが広がるのだけれどね、と苦笑い)
        やはり一点特化型か……冒険先ではいつも頼もしく思っているよ。
        -- セン 2017-10-28 (土) 01:12:17
      • //そしてそろそろおやすみなさいします……! -- 2017-10-28 (土) 01:15:25
      • 港の1割しか不凍港がないくらいの北国、でしたものね? そりゃあ氷属性が多くなることでしょう…欲しいのは暖かい炎だというのにままならない
        あー、ボクも光欲しいですね。治癒魔術がもっと得意なら後衛支援型としては完成するんですが…無い物強請りです、はい
        他にも、水という性質上火力面で劣るのが悩みなんですよねー……その点、雷はいいですよね。威力がある…!
        うん、セン殿の魔術に関して理解が深まったところで今日はそろそろお暇しますね? (//あとは雑談目的なので〆る!ノシ) -- リリネ 2017-10-28 (土) 01:17:45
  • (POM!) -- 2017-10-29 (日) 11:45:25
  • ……じかんがたったらもとにもどるそうだけれど、どうしようこれ……。 -- セン 2017-10-29 (日) 11:45:58
  • (12月いっぱい、身長が100センチぴったりになっています) -- セン 2017-10-29 (日) 11:46:53
    • あら、かわいい男の子 (私は自分と同じくらいの身長の男の子に気づいた)
      センロアさんはいるかしら?(身長が低い固有の種族、という事もないわけでもない…私は彼が子供なのか、それともノームやホビットなどであるかもしれないと思った)
      20秒って案外長いのね… (刹那の瞬間に立っている所を見かけたような気がしたのだが、名簿IDは見えども姿は見えず…) -- アレチェ? 2017-10-29 (日) 14:06:05
      • やあ、アレチェくん。ざんねんながらぼくがセンロアだよ。(ひゅい、とぶかぶかの袖を振り上げて挨拶。本人としては軽く手を上げているだけのつもり)
        いやあ、ちょっとぼうけん先でしくじってしまってね。ぼうけんじたいにはせいこうしたからよいのだけれど、うまくいかないこともある。
        -- ちびセン 2017-10-29 (日) 14:09:05
      • あれ、なんで私の名前を知ってr…なんですとー!? (私は彼をまじまじと見た…なるほど若い頃からイケメン、憂いを含んだ表情、言われてみればたしかにセンロア氏である)
        ほう…同じ目線…なんか、すっごい新鮮…こっち来て同じくらいの背の種族の人ゼンゼン見かけなくて…
        私の同行者も真冬の川にザブンしてたわ、しかも2人も!冒険者ですものね…でも無事でよかったわ
        一体どうしたの?身長を吸い取られたとか… そのまま若くなってるなら、永遠の命とかできそうね -- アレチェ? 2017-10-29 (日) 14:14:59
      • 冬のかわ……ぼくとしてはそちらのほうがしんぱいなのだけれど。だいじょうぶそうだった? ちゃんと火とかであたたまったかい?
        ぼくのほうはね、かんたんに言うとまほうやくのざいりょうのあつかいをまちがえたんだよ。年内いっぱいはこのままらしいから、きみともぎせんするのはそれからかな……。
        -- セン 2017-10-29 (日) 14:45:42
      • 冒険は成功したんだけど…そうね…その2人は… (私は思い出していた…彼女らの凍えて震えるさまを…もう冒険どころではなかった…)
        魔法は一つ間違えると取り返しのつかない度は物理を大きく上回るものね、でも良かったわ、即死してたりモンスターに変身してたりしたらもう…
        うん、私は大丈夫… (やるか!!!って感じでやって来たのだが、彼がベストコンディションでなければ意味はないのだ) -- アレチェ? 2017-10-29 (日) 14:59:37
      • すまないね……
        あれだったら、先にぼくがまえに言っていたもっと強い人のところに行ってみたらどうかな。イーリアスくんと言って、まちはずれでどうじょうをひらいている。ぼくもそこの門下生なんだよ。
        -- ちびセン 2017-10-29 (日) 15:29:03
      • ううん、大丈夫 おにい…センロアさんは身体を治すことに集中して (私は彼の身を案じた…思わずおにいちゃん呼びになりそうだった所もきっちり修正した)
        その道場も見たことあるんだけど、こう…メッチャ人がいるから…ハンパない数いるから、割り込むの無理…
        スキがあれば… (スキなどある時が来るのだろうか?新規が割り込む事など許されるのだろうか?私は躊躇した…そしてこれからも躊躇し続けるのだろう)
        それじゃあね、センロアさん 落ち着いたらまた (私は彼の頭をなでた 他人の頭をなでるという行為そのものが不可能であったので、密かなあこがれでもあったのだ) -- アレチェ? 2017-10-29 (日) 15:48:45
  • う、うわーーッ!!カワイイ!!ちっちゃくなったセン殿めっちゃカワイイでござるーーッ!!
    (ちびセンchanの姿を見てエソルハの母性は最初から俺もお前もフルスロットル状態!)
    (許されるのなら即タックル即抱っこして即ぎゅるんと回転しながら跳び上がって即ベッドにぽふんと着地して即一緒にごろごろごろごろごろしたい程だ!) -- エソルハ 2017-10-29 (日) 18:07:03
    • やあエソルハくむぐう!?(なにしろちびっちゃいので抵抗も不可能である。即タックルからの即抱っこされて即ぎゅるんともろとも回転しながら跳び上がって即ベッドにぽふんと着地して即一緒にごろごろごろごろごろまでエソルハの思いのままである)
      きゅう……
      -- ちびセン 2017-10-29 (日) 18:19:19
      • はぁ……はぁ……堪能した……でござる!!!(しばらくちびセンchanのボディーをアレコレした後、珍しく?ちょっと上気した満足げな表情で一息)
        ……はっ!いつの間にかセン殿がのびているでござる!? セン殿ー!しっかりいたせー!! 意識を取り戻さないと拙者、自分の心の中のブレーキを躊躇いなく破壊するでござるよ! -- エソルハ 2017-10-29 (日) 18:40:09
      • たんのう、してくれた……? それは良かった……(ちょっとまだ酸欠気味。なにしろ服がぶかぶかなのでかなりはだけた)
        ……ちなみに、心の中のブレーキがはかいされるとどういうふうになるのかだけきいてもいい……?
        -- ちびセン 2017-10-29 (日) 18:55:03
      • ううっ、こんなときでも自分の事より拙者が愉しめたかどうかを気にしてくれるとは……きっとセン殿の優しさは七代先まで語り継がれるでござろうよ……!
        (ハグの腕を緩め、背中を優しく撫でて呼吸を整えさせてあげる。あと、服を直してあげるふりをして、もうちょっと脱がせようとしてみたり。)
        ブレーキが壊れると……とりあえず子供用ビキニアーマーを着せるところまでは確実でござるね……。その先は……ああっ……半裸で泣きじゃくるセン殿の姿が見える……見えるぞ…・・・でござる〜〜ッッ!!
        拙者は……拙者はなんという事をしてしまったのかーーッ!!! -- エソルハ 2017-10-29 (日) 19:05:15
      • 小さくなってしまったものはしょうがないからねえ……。(ふーふーと背中をさすってもらいながら深呼吸。別の意味で危険が危なくなってきた。いい匂いがするのだ)
        ありがとう、もう大丈夫……あれ?(いつの間にかおへそが見えそうなくらい脱げてる)というかこども用とかあるのあれ。しかもぼくをはんらにしてなにしたの。おこらないからくわしくせつめいしてみて?
        -- ちびセン 2017-10-29 (日) 19:24:56
      • (そして今のセンちゃんさんの身体の大きさ的に、ちょうど目の前に豊満なクノイチおっぱいがむぎゅむぎゅ押し付けられる形になるので……今なお危険は加速中かもしれない!!)
        そ、それはその……(説明を求められて暫し口ごもったあと)……ムッ!今のセン殿は、見た目は子供だけれども中身は大人でござるよね!
        ならば合法!合法にござる! というわけで、滅茶苦茶合法的な行為をしただけでござるよ?だから安心して欲しいのでござるよ? -- エソルハ 2017-10-29 (日) 19:39:33
      • うん、エソルハくん。とりあえずはなれよう? いまかなりだいたんなことしてるよきみ。(押して離そうにも大変非力である。ついでにラッキースケベ的なのを恐れてどこを押せばいいのか迷う。エソルハほとんど半裸だし)
        つまり見た目もなかみもこどもだったらいほうなことをするつもりだったんだね……?
        -- セン 2017-10-29 (日) 19:47:28
      • む〜……セン殿のカワイイボディがふにふにすべすべ心地よ過ぎて、離れろと言われると逆に離れたくなくなってくるでござるな……。
        (迷ってる間にも、女忍者による再度のもふむぎゅ攻勢!二人ともほぼ半裸なので、条件はイーブンなので……ラッキースケベ的な事が起こっても怒られないシチュエーションである。たぶん。)
        えーと、えーと、それはセン殿が気を失ったままだったら、っていう仮の話でござるし……それにセン殿が合意してくれれば違法も合法に変わると思うでござるし! -- エソルハ 2017-10-29 (日) 19:57:13
      • いや、ほんとうにあの、これいじょうはあぶないから。さっきエソルハくんが言ったんだよ見た目はこどもだけれどもなかみはおとなって!(若干の前かがみ気味。男心的にこれを悟られると非常に気まずい)
        まあ、そのごういはその……。(顔真っ赤でごにょごにょ目を逸らす。根本的にこういう話に耐性というか免疫がないらしい)
        -- セン 2017-10-29 (日) 20:09:12
      • ああ、危ないってそういう意味で……って、言われてみれば確かにそうでござる!
        (ちびセンちゃんをひょいと抱え上げて、ちょっと距離を離して降ろして、ベッドの上に座って正面から向かい合う形になる。)
        (……持ち上げ方的に、運が悪いとさらに服がずり落ちてしまうかもしれないけれど!)
        これで一安心でござるよね? ……んむぅ?どうしたでござるか言葉を濁して……。
        やっぱり拙者は性格がアレだからちょっと……みたいな話でござる?(むー、と口を尖がらせ、指先でセン殿の鼻の頭をちょいと突く。) -- エソルハ 2017-10-29 (日) 20:21:14
      • うん、とりあえずひとごこち……。(ちっちゃい手でボタンをちょいちょいとなおして肌の露出が減ったぞ!)
        ふぎゅ。いやそういうことじゃなくってね。(鼻の頭を突かれて変な声が出た)
        エソルハくんはなんというかこう、いっしょにいてたのしいしせいかくがどうのってぼくはいちどもおもったことはないのだけれど、なんていうか……
        そういうてんかいのわだいとなるとこう、はずかしい……。(ぷしゅーって顔から蒸気でも吹きそうな赤面具合)
        -- ちびセン 2017-10-29 (日) 20:42:51
      • ぐむ、視界に入る肌色が減って損した気がする一方で、男の子のお着替えを覗いたような背徳的なお得感もあり……悪くは無い!でござる!(なんかマニアックな趣味に目覚めそうになってる!)
        恥ずかしい、って……(一瞬、「ほへ?」と呆けた表情になって)……子供の身体になったせいで精神もちょっと引っ張られてる、ってわけでもなさそうでござるな……。
        (それがわかると、くすくす笑い) なるほどセン殿は“善い人”らしく純真なご様子。
        ……「若返ったから、マズいと思ったが欲望を抑え切れなかった!」みたいな理由をつけて、はめを外しちゃってもいいんでござるよ?
        (真っ赤になってるちびセンちゃんさんがとっても可愛いから、耳元でそんなことを囁いて、もうちょっと悪戯しちゃう!!) -- エソルハ 2017-10-29 (日) 20:58:31
      • っ、ぃぅ……!?(されたことは耳元で囁かれただけなのだが、首を竦めてぶるぶるぞくぞくっと震える過剰反応。別に痛いわけではないらしいというかくすぐったいへの防衛反応に近い全身の硬くなり方である)
        あ、いや、ごめん……と、ともかく、エソルハくんはまったくもう。それでひがいをうけるのはきみなんだよ?
        -- ちびセン 2017-10-29 (日) 21:06:12
      • ……〜♪(セン少年の反応に、満足げに「にぃっ」と微笑むエソルハ。曲がりなりにもクノイチとして、殿方の誑かし方を多少は心得ているらしい。)
        ふふふ、拙者は一向に構わんッ!というヤツでござる。 拙者、おぼこ娘ってわけじゃござらんし、相手がセン殿なら嫌だとは思わぬ。(サラッと言い切った。)
        もっとも……セン殿の意に反して襲い掛かる、みたいなつもりもござらんがね。(微笑は優しげなそれに変わり、センロアの頬をそっと撫でた) -- エソルハ 2017-10-29 (日) 21:17:01
      • ぅー……まさか分かっててわざとやったの……。(ちょっと目がうるってなって上目遣いにエソルハをにらむ)
        う……(言い切られる。自分も何かこう、伝えなければいけないと思って、こう口がぱくぱくした末に)
        ぼくは、その、エソルハくんとちがってそういうのぜんぜんないけど……エソルハくんがいいって、おもってくれてたら、おそいかかられても、ごうほうに、なる……。
        -- ちびセン 2017-10-29 (日) 21:31:51
      • (上目遣いの潤んだ瞳、少年の姿とも相まって、何かを伝えようと頑張る様子がいじらしく……その口から「ごうほう」との言葉が聞こえると、エソルハも微かに頬を染める。)
        …………流石の拙者も今のはくらっと来たでござる。 セン殿は訓練すれば立派なくのいちになれると思うでござるよ……!
        むむむ……! このままでは拙者、本当に心の中のブレーキが壊れてしまいそうなのでござるが!!(エソルハの最後に残った理性の部分が「……どうしよう?」とセンchanに問いかけている……!) -- エソルハ 2017-10-29 (日) 21:45:54
      • ビキニア^マーの次はくノ一って……男だってば。それはともかく、もう。さっき言ったじゃない。
        エソルハくんなら、ブレーキこわれても、おそわれても、ごうほうだって(だから大丈夫だよ、とばかりに笑いかけ)
        -- ちびセン 2017-10-29 (日) 21:54:36
      • ん……わかったでござる……(幼い姿になっても変わらない、伏し目がちで、優しいセンロアの笑顔。それに誘われるように、エソルハも再び笑顔になって……唇を重ねる。)
        (そしてぽふっと押し倒すように、しかし優しく抱きつくと)……子供の性欲って、割と底なしでござるからね。こっちもさっき言ったように、我慢しないでいいでござるよー?
        (にっと悪戯に、そして妖艶に笑って、センロアの胸元に指を這わせ――楽しげに幸せに暗転――) -- エソルハ 2017-10-29 (日) 22:10:48
      • うん……ありがとう、エソルハくん(はじめての性体験が子供の時……という割合奇妙きわまるものだったので、宿の壁の厚さに感謝しないといけないレベルで攻められて妙な癖がついたとかつかなかったとか……暗転) -- ちびセン 2017-10-29 (日) 22:19:46
  • ……センさん、居ますか? 例の物が仕上がったのでお持ちしましたが…(手提げのケース片手に、こんこん、と部屋のドアを叩く) -- ティレット 2017-10-29 (日) 20:49:43
    • ティレットくんかい? まっててね、いまあけるから(舌足らずな声といつもより軽い足跡。きぃ、と軽い音を立てて開いた扉の向こうには普段の半分強のサイズになった人影) -- ちびセン 2017-10-29 (日) 20:52:47
      • ああ…(そういえばそうだった…と沈痛な面持ち。こちらは少し早く戻っていた) 大変ですね…
        一応、完成品がこちらになります。(と、ケースを掲げて) 今その状態ですと、装着するのは…難しいかもしれませんけど、確認だけでも。
        (ケースをテーブルの上に置き、蓋を開ければ、鏃と巻き取られたワイヤーの装備された機械が顔を出す。レザーのリストガードを使って前腕にかっちりと固定出来る構造になっている) -- ティレット 2017-10-29 (日) 21:03:41
      • まあ、しかたないね。小さくなったら小さくなったでできることもあるし。(肩を竦めてみせる。余った袖がぷらぷら)
        おお……イメージどおりのものだね。(椅子の上に登ってのぞき込む)これ、うでにこていしなくてもはっしゃじたいはかのうだよね。どうさかくにんだけしてもいいかな?
        -- ちびセン 2017-10-29 (日) 21:13:36
      • 早く戻ると良いですね… 私はライフルを撃つのも大変でしたよ…(頷き、苦笑を向けて)
        …良かったです。 ええ…どうぞ。鏃は鋭いので気をつけてくださいね。 装着して使う時は手袋の着用をお勧めします。
        (剃刀のように鋭い三つ葉の鏃は、見るからに殺傷力がありそうな凶悪な見た目をしている) -- ティレット 2017-10-29 (日) 21:25:09
      • どうにもふかくしんとうしてしまったみたいでねえ……(などと雑談しながら宿の裏庭に。薪割場で薪を一本立てて、両手で持つ)
        ええと、どこにまりょくをとおせばいいかな?
        -- ちびセン 2017-10-29 (日) 21:37:09
      • まぁ、時間経過で戻ると分かっているものなので、そこはマシですけどね…
        発射の際は前側のここ…(鏃の付け根、すぐ傍の色の違うネジを指差して)銀色のボルトが発射機に繋がっています。 巻き上げは後部のここ…(巻き上げ機の軸受け部分、同様に目立つ銀のボルトがある)発射速度や巻き上げ速度は魔力の込め方で微調整できます。 -- ティレット 2017-10-29 (日) 21:53:16
      • ああ、いろ分けされているんだね。分かりやすくてたすかるよ(ティレットを見上げて微笑む)
        ではさっそく……!(狙いを定めて、ボルトに魔力を通す。滑らかに矢じりとワイヤーは射出されて、狙いたがわず薪に突き刺さ……らなかった。精度の問題ではなく単にセンが慣れていないだけだ)
        うーん、ざんねん。でもちゃんとどうさはもんだいなくできるね。ありがとう。けっきょくいくらになったかな?
        -- ちびセン 2017-10-29 (日) 22:05:37
      • ……あら。 少々特殊な武器なので慣れも大切なんでしょうか…(外れた鏃を眺めながら) 使ってみてもし何か不具合があれば言って下さい。
        それとこの巻き上げ機の後ろは小物入れになっていますので…予備の鏃と緊急用のワイヤーカッターが入るようになっています。
        値段の方は、以前計算したのとほぼ同額になりました。(懐から請求書を取り出して見せ)
        使ううちに消耗すると思うので、予備の鏃二個と移動用の付け替えフックアンカー。 それと練習用の金属キャップ…鏃を外してこれを被せればいわゆる「峰打ち」状態になります。 以上のものをサービスでお付けしておきますね。 -- ティレット 2017-10-29 (日) 22:23:07
      • うん、それくらいなら用意できている。(薪はきちんと元あったところに戻して自室へ戻り、改めてティレットに紅茶を用意。ちょっと重たげに小分けにした金貨の袋をちょっと引きずりながら持ってきた)
        なるほどなるほど……(納品リストを見てうんうん頷く)いたれりつくせりじゃないか。いいしごとをしてくれた。ティレットくんにたのんでよかったよ。ありがとうね。
        -- ちびセン 2017-10-29 (日) 22:42:03
      • …確かに。(紅茶をいただきながら、金貨袋を鞄につめて) 何しろこういうものを作ったのは初めてなので…気に入っていただけたなら職人として嬉しい限りです。
        (少しはにかんだ笑みを見せながら) 後は実際にどれくらい役に立ってくれるか…ですね。 使用感などもまた聞かせてもらえたら。
        私の方も…これを応用して冒険具を作れないか考えてみたり…本当、いい刺激になりましたよ。(そんな事を話しながら、しばらくお茶をして帰って行くのだった) -- ティレット 2017-10-29 (日) 22:52:24
      • そうかな? ぼくのいらいがティレットくんのやくにも立てたならよかったよ
        年明けくらいにじっせんのよていもあるし、またほうこくに行くね。
        -- ちびセン 2017-10-29 (日) 23:22:23
  • センにいにいセンにいにい! ちょっと試したいことがあるんすけどいいっすか! -- コバヤシ 2017-10-31 (火) 19:14:49
    • やあいもうとよ、このあいだ(スケートリンクでスッ転んでた時のことを指す)はたいへんだったね。
      ためしたいこと? まずは言ってみてごらん。(ぶかぶか袖のまま顎に手を添えて首傾げー) -- ちびセン 2017-10-31 (火) 19:40:00
      • うぐぐ、だってあんなに氷が滑るとか思ってなかったっすから……
        あー、ええとっすね にいにいならきっとなんか……あ、ていうか今の状態でもできるんすかね? ええと、コバヤシはっすねぇうでのとこから盾的なものが出せるすよ -- コバヤシ 2017-10-31 (火) 23:58:46
      • これかどのくらい固いのか試して見たいンすね -- コバヤシ 2017-10-31 (火) 23:59:32
      • ほう。それはまたずいぶんぼうけんしゃむきのいのうだね。(初耳だ、と目を丸くする)
        つまり、ぼくがそのたてをてんかいした上から思いっきりこうげきをしかければいいのかな?
        -- ちびセン 2017-11-01 (水) 00:28:14
      • そうっすそうっす!あ、でもいきなりは怖いっすから徐々にやってく的なBAReeeeeeeeeeNてなったら洒落にならないすからね!
        ではお願いするっす! ムムム(左腕をL字に構えて念ずれば淡く輝く緑色透明の円形物体が出現する 非常に薄いようにみえるが果たして?) -- コバヤシ 2017-11-01 (水) 00:36:58
      • ふむふむ、ではまずこてしらべ……――かんせいせよ、らいじんけん。(元来雷系の付与魔術は素早さを重点するもの。その速さでもって敵をゆさぶり防御の薄い箇所に必殺の一撃を加えるべきものだ。ゆえに防御を固めた上から速いが重くはない一撃が紫電を纏ってコバヤシの防御力場に激突する) -- ちびセン 2017-11-01 (水) 00:56:40
      • ちょあー!(特に意味はない掛け声 自分の腕に片腕を重ねてぐっと踏ん張る そしてセンの放った一撃は当然、その盾に命中したが…)
        ぐぐぬぬーー… まだっすか?ほら、さくっとやってくださいっす!(驚くべきことにその盾はまるでビクともしていなかった) -- コバヤシ 2017-11-01 (水) 01:00:29
      • //そろそろ時間なので文通スイッチで…! -- ちびセン 2017-11-01 (水) 01:11:12
      • //おきになさらずー -- 2017-11-01 (水) 01:18:33
      • ……こてしらべはもうおわっているよ。おどろいた。こうげきをちかくさえさせないけんろうさ。
        コバヤシくん、かまえなおして。ギアを一つ上げていく。――かんせいせよ、えんじんてん。きえんじん。(スティレットを抜く。彼の炎付与が司るのは体力・攻撃力の増強である)
        いやぁーっ!!(可愛らしい気合とは裏腹に、まともに受ければ硬革鎧程度は溶けかけバターのように切り裂く一撃である。)
        -- 2017-11-01 (水) 20:10:53
      • え、あれもうやったんすか? うわぁ頑張ったすねぇお前(盾をなでなで) え。あっはぃ!ええとふん!(盾を構えてぐっと踏ん張る)
        うわぁっ!!(センの一撃を受けて非力かつ軽いコバヤシの身体が若干あがるも 盾は特に別状もなさそうだ) ひえええ…こわっ!なんすかいまのぉ〜 -- コバヤシ 2017-11-01 (水) 21:27:24
      • なるほど、しょうげききゅうしゅうはそこまででもないようだね。(一人納得してうんうん)
        いまのかい? けんとからだとのりょうほうにほのおをふよしたこうげきりょくマシマシバージョンさ。
        さらにつよいのもいけるけれど、どうする?
        -- ちびセン 2017-11-01 (水) 21:35:38
      • いやぁもう十分っす!コバヤシの盾は頑丈さは凄いってわかったすよ!いやぁ勉強になったすよ
        エンチャントファイアってやつっすね!コバヤシシールドはめっちゃ強いってわかっただけで十分っす -- コバヤシ 2017-11-01 (水) 21:50:04
      • そうそう、そういうのそういうの。ぼくはそういう、いわゆるエンチャントけいのまほうをせんもんにしているんだよ。
        そうか、もうじゅうぶんか。ぼうぎょにとっかしたたいへんきょうりょくないのう……サイキックのたぐいだね。けいけんから言わせてもらうと、たぶんまだつよくなるよ。
        -- ちびセン 2017-11-01 (水) 21:54:57
      • いやぁほんと助かったすよぉ!流石センにぃにぃっすねぇーどれだけいけるのか分かってないと使えないっすもんね
        なんかコバヤシ、自信がついたっす!これをつかってこう… なんかこう凄い使い道を考えるっすよ! -- コバヤシ 2017-11-01 (水) 22:23:22
      • それはとてもよいことだけれど、きみ自身をきたえることもわすれてはいけないよコバヤシくん。げんにいま、ぼくの攻撃でふわってなっただろう? たてがかたくてもそれをあつかうきみがくずれてはぼうぎょもなにもないからね。 -- ちびセン 2017-11-01 (水) 22:35:33
      • たしかにそうっすねぇ なんかもっと食べて体も大きくしてっ もちろんちゃんと鍛えるべきっすね
        あ、あとこうなんか受け流すってやつすかね?そういうのも覚えないといけないっすね -- コバヤシ 2017-11-01 (水) 22:53:19
      • そういうこと。ぎじゅつときそたいりょくと、にぐるまのふたつのしゃりんだとおもえばいいよ。どちらかだけではかたむいてころんでしまう。
        こんどはしりこみにつきあおうか? そろそろこのちいさいからだももとにもどるし。
        -- ちびセン 2017-11-01 (水) 23:22:57
  • ……センちゃんの弟さん?(部屋の前で見かけてなんか似てるなーと -- ヤヤヤ 2017-10-31 (火) 22:20:03
    • いもうとはいるけれどおとうとはいないなあ……こんにちはヤヤヤくん。センロア本人だよ。ちょっとわけあってしばらくこどものすがたをよぎなくされている -- ちびセン 2017-10-31 (火) 22:23:08
      • (その言葉にピンとくるものがあった)あー、あれだよねあれ、ええっとー……幼女草?だっけ?依頼でちょっと見かけた気がするねぇ
        ……(じーっと見てる、見てる、にへー)センちゃん可愛いねー、それでもちゃんと魔法使えるのー?練習成果を見てもらおうかなぁって思ったんだけどね(そーっと手を伸ばして撫でたそう) -- ヤヤヤ 2017-10-31 (火) 22:30:34
      • ようかそう、だね。そうそうあれがだいぶふかく聞いてしまって。(いや恥ずかしい、と苦笑い)
        うーん……かわいいかな? まほうはそうおうにスケールダウンするけれどかわらずつかえるよ。(撫でる? と言いたげに頭をそっちに向ける。さらっさら)
        -- ちびセン 2017-10-31 (火) 22:40:37
      • (頭を向けられるや、ふすーと鼻息を出しつつ撫でる)かわいいよー?かわいいかわいい、センちゃんかわいいー(わっしわっしわっしわっし)
        はー……満足したねぇ……(ぽへー)あ、うん!じゃあ、ほら、あれ、励起?多分出来るようになったから見てもらいたいなーって! -- ヤヤヤ 2017-10-31 (火) 22:44:24
      • かわいいと言われるとてれるねえ……ありがとう。でもなでなでより先はだめだからね?(くすくす笑いながら撫でられるがまま)
        ほう。れいきがいけるようになった?それじゃあさっそく見せてもらおうかな。入って入って(背伸びしてドアを開けて手招き手招き)
        -- ちびセン 2017-10-31 (火) 23:18:04
      • んー?(なでなでより先と言われてはてと不思議に思いつつも)あ、うん!おじゃましまーす!(部屋の中に入るヤヤヤ)
        えーっと、ミスリルの剣を持って集中……だったよねぇ?こう、暖かくてピリピリするような感じを忘れないようにーって -- ヤヤヤ 2017-10-31 (火) 23:47:45
      • そうそう。それから目をあけたまましゅうちゅうできるように。(ミスリルのスティレットをまた渡して)
        それじゃあヤヤヤくんのせいか、みせてもらおうかな?(からだがちみっこいのでやや苦労しながらいつもの顕魔陣の紙を広げる)
        -- ちびセン 2017-10-31 (火) 23:55:33
      • うん!たぶん大丈夫、きっと出来る……と思うねー?じゃあ、いくよ……!(剣を握ってその先端を見つめるようにして集中する)
        (そうすれば顕魔陣には魔力が励起し循環している様子が映るであろう)どう?ちゃんとできてるかなセンちゃん? -- ヤヤヤ 2017-11-01 (水) 00:07:08
      • おお、さすがだね。できてるできてる。クキくんにも見てもらったりしたのかな。がんばったね、ヤヤヤくん(お見事お見事、とばかりに拍手拍手)
        じゃあつぎはこのまりょくをけんにまとわせてみよう。このスティレットをしんにして、ヤヤヤくんがふだんつかっているけんのかたちをかさねあわせる。そこにいまびりびりしているちからをそそぎこむんだよ。
        -- ちびセン 2017-11-01 (水) 00:26:18
      • //こちらも文通でお願い申す… -- ちびセン 2017-11-01 (水) 01:11:38
      • そうそう、クッキーちゃんにもアドバイス貰って練習したんだよー?ちゃんと成果出てて嬉しいなぁ(拍手されるとテレテレ)
        おお、次の段階だねセンちゃん!えーっと、この剣を芯?にしてー、びりびりしてる力を注ぎ込む……?こんな感じかなぁ?
        (剣を体の一部だと思ってびりびりの循環の道筋を増やすようにイメージしてみるヤヤヤ)……どうセンちゃん、何か変化ある?
        //文通ありがとう -- ヤヤヤ 2017-11-01 (水) 23:12:02
      • (ちんまいなりに目を細めて魔力の流れを見ている)みたところまりょくのけいろはただしいよ。あとはしゅつりょくのもんだいだけにみえるから、そのちょうしでもっとしゅうちゅうしてみよう! -- ちびセン 2017-11-01 (水) 23:36:07
      • ホント!?やった!じゃあじゃあ強く念じればいいんだね?分かった!つよーく、つよーく……!むむむーーーー!
        (眉間にしわを寄せてむむむーんと唸る、体だけ前のめりになり精神の集中はさほど変わらなく)……ど、どうー?センちゃーん -- ヤヤヤ 2017-11-01 (水) 23:39:56
      • うーん、あまりまりょくりゅうりょうはかわっていないね……りきみすぎてこきゅうがあさくなっていないかな? いちどはなからおおきくいきをすって、くちからおおきくはいて。くうきといっしょによいエネルギーもからだのなかにとりこんでしまおう。 -- ちびセン 2017-11-01 (水) 23:50:36
      • あ、うん、深呼吸だね、しんこきゅうしんこきゅう……(すーはーすーはー……すーーー)んー……!
        (さっきまで張っていた肩の力が抜け、さっきよりは大分魔力流量が増加している)……(呼吸も深くゆっくりで今までで一番いい状態だ)
        あ、なんだかこう……よく分からないけど、入った?気がする……! -- ヤヤヤ 2017-11-02 (木) 00:10:13
      • お……いけたかな、これはいけた?(ヤヤヤの目の前で通常の視界で見えるほど励起した光の魔力の粒子が渦を巻きながら剣の周りにもう一回り大きな県のシルエットを形作る)
        いけた! やった!
        -- ちびセン 2017-11-02 (木) 00:16:57
      • (目前の剣に魅入られる、光の魔力を宿したそれが自分の行ったことだとは俄かには信じられず、センの声を聴いて初めて嬉しさが込み上げて)
        やったー、やったぁ!出来た出来た!……って、あーっ!(集中を乱し途切れさせてしまったため、光の粒子はあっという間に霧散してしまった)
        うう、折角上手に行ったのにねー……(尖り口で落ち込むヤヤヤだ) -- ヤヤヤ 2017-11-02 (木) 00:22:26
      • まあまあしょげないしょげない。いちどにできたのはまちがいないのだから、こんどやるときにはもっとじょうずにできるはずだよ。
        きょうはこれくらいにして、おちゃにしようか。ちょうどまえにきみがもってきてくれたレシピ、つくってみたんだよ。(と、紅茶とお茶請けの手作り菓子を運んでくる)
        -- ちびセン 2017-11-02 (木) 00:38:33
      • うん、そうだよねセンちゃん、また沢山練習してちゃんと出来るようになればいいよね!ねね、それで今のでどのくらい?(進捗の事を聞いているらしい)
        おおーセンちゃんも頑張ってるんだねぇ……うんいい匂い、食べてみてもいい?(答えを聞く前にそーっと手に取ってみる) -- ヤヤヤ 2017-11-02 (木) 00:46:09
      • けんをはつげんさせるまではいったのだからはんぶんはこえていると思っていいよ。(にこにこしながらどうぞどうぞ、と手で示す)
        あとはこのわざを、いきをすってはくようなきがるさでにちじょうのものとしてこうしできるようにくんれんをかさねるわけだね。
        -- ちびセン 2017-11-02 (木) 00:55:35
      • (半分と聞いてめっちゃテンション上がる)早くセンちゃんみたいに、完成せよ!ってやりたいねぇ、楽しみー(ぱくサクサク)
        ……ん!こっちも美味しいよセンちゃん、センちゃんも訓練を重ねてるみたいで良かったよぉ(うんうんと採点する料理のししょーである)
        これならもっと複雑なレシピでも大丈夫かな……今度持ってくるね!(とその日はお茶会を楽しんで帰ったのでした) -- ヤヤヤ 2017-11-02 (木) 01:02:22
  • 忙しさにかまけていたらいつの間にか真冬だわ……セン、いるー? -- チグサ 2017-11-01 (水) 21:27:16
    • いるよチグサくん。いよいよ行くのかい?(やあ、と手を振るとぶかぶかのいわゆる萌え袖がふらふら揺れる) -- ちびセン 2017-11-01 (水) 21:36:42
      • ……(ふう、とため息一つ)一つ聞くけど、それ、そういう魔法を使っている……わけじゃないわよね? -- チグサ 2017-11-01 (水) 21:48:47
      • ちがうちがう。こんなことをかのうにするわざはぎしきまじゅつしのなかでもれんきんじゅつしのりょうぶんさ。これはなんというか……ちょっとしたじこでね。(おはずかしや、と照れ笑い) -- ちびセン 2017-11-01 (水) 21:50:19
      • 事故……まあ、事故そのものよね……口調もたどたどしくなってるし……大丈夫なの、別に治ってからでも私はいいのだけど。 -- チグサ 2017-11-01 (水) 22:04:45
      • だいじょうぶだよ。たんじゅんなきんりょくとかはたしかにさがったけれど、そのぶんこまわりがきくからそうごうてきにはせんとうりょくはそんなにかわらないからね。(まかせて、とばかりに胸を叩くがやっぱりあんまり力が入っているようには見えない) -- ちびセン 2017-11-01 (水) 22:09:21
      • ……まあ、頼りないのは何時もと変わらないか(ひどい言い草だ)ほら、じゃあ行くわよ。……ああ、やだわ。まるで私が子連れの母親に見えるじゃない…… -- チグサ 2017-11-01 (水) 22:28:23
      • えー……。(ほっぺぷくー)ええと、まずはあのとしょかんだっけ。(チグサについてちょこちょこあるく) -- ちびセン 2017-11-01 (水) 22:36:33
      • ほっぺぷくー、じゃないわよ、アンタ、中身のトシ考えなさいな。……いや、何歳かそういや知らないけど(肩を落としながら[[図書館>[PukiWiki] FA/0999 ]]へ) -- チグサ 2017-11-01 (水) 22:46:09
      • このすがたならにあうかなあ、って。あ、ちなみに28だよ。 -- ちびセン 2017-11-01 (水) 22:51:33
  • (POM!) -- 2017-11-02 (木) 20:56:50
  • んんんー……!!(ぐぐーっと伸び) -- セン 2017-11-02 (木) 20:57:45
  • ようやく戻れたね。視点の高さが懐かしい……。 -- セン 2017-11-02 (木) 20:58:45
  • センさん小さくなったんだってー!? あっ、やばーもう戻ってる(子供服持ってぱたぱたーとかけてきたと思ったら、戻ってるの見てUターンして逃げていく) -- ビスコ 2017-11-05 (日) 14:18:24
    • 待とうね逃がさないよ。(ダッシュ。付与魔術は使わないなりに付かず離れず。追いつかれないけど後ろにずっとセンの気配を感じる不気味な速度だ!) -- セン 2017-11-05 (日) 16:11:31
      • やーだー、待たないよー!(道場で走り込みを続けただけあって逃げ足には自信があったのだが……振り返ってみると)
        ひぃっ!? め、めっちゃ早いじゃんーセンさん……そんな見た目で早いなんて詐欺だー!横暴だー!(なんて文句言ってると転びそうになって、前のめりにつんのめって)……あっ(宙に浮く体) -- ビスコ 2017-11-05 (日) 16:16:03
      • //気付かなくて申し訳無さ……orz -- 2017-11-05 (日) 16:16:42
      • あ、ビスコ君足もtああもう!完成せよ雷身纏(スピードアップ! ビスコが空中にいる間に駆け抜けて捕まえ急ブレーキ。ずざざざざ)
        ……つかまえた。(にっこり)
        -- セン 2017-11-05 (日) 16:27:12
      • おぁー!?(つんのめった体勢のまま抱えられ、一瞬何が起こったかわからず目をぱちくりさせて)
        ……おぉ、あ、ありがとーセンさん! いやー、センさんのおかげで怪我せずにすんだよー、ほんとーにありがとねー?(にこにこ笑って誤魔化すつもり満々) -- ビスコ 2017-11-05 (日) 16:34:45
      • ふふ、いいんだよ。怪我がなくて何よりだ。とりあえず……(離さない)
        なんで人の顔を見るなり逃げ出したのかを聞かせてもらおうかな?
        -- セン 2017-11-05 (日) 16:39:52
      • え?(やっぱりダメー?みたいな苦笑いを浮かべて)
        な、なんでもないよーちょっと人違いだったっていうか、急用があったっていうかー?(ぴひゅーっと口笛吹いて明後日の方向を見ますが、その手にはしっかりと子供用の可愛らしいワンピースやらリボンやらが) -- ビスコ 2017-11-05 (日) 16:42:08
      • そうか、これは困ったな……話してくれないか……(伏し目がちなしょんぼり顔)
        これはあれかな。またくすぐって素直になってもらうしかないかな……。 -- セン 2017-11-05 (日) 17:30:42
      • あっ、これをちっちゃいセンさんに着せて記念撮影しようと思ってましたー(あっさり白状)
        ごめんなさいもうしませんゆるしてくださいー!(持ち上げられたままばたばたと手足をバタつかせて逃げようとする) -- ビスコ 2017-11-05 (日) 17:40:21
      • 記念撮影か……それは残念。(ものによっては撮影されてあげたのに、とくすくす)
        そういえば、年が明けたねえ。おめでとうビスコ君。でも逃さないよ。(ほっぺぷにぷに) -- セン 2017-11-05 (日) 17:55:33
      • ものによってはー……セーラー服とか?(水兵さんのセーラーの方です)
        あ、うんーあけおめだよーセンさん めでたいからこのまま逃しちゃうっていうのはー…だめですかーそうですかー(ぷにぷにされながらぐてーっと諦めた表情) -- ビスコ 2017-11-05 (日) 18:12:58
      • ♪(ぷにぷにぷに。楽しい。)
        セーラー服でもいいけれど、あとこう制服っぽいのとか。メイド服とかは不可。 -- セン 2017-11-05 (日) 18:27:19
      • ……センさんなんか楽しそうだねー(こっちは好き放題されてげんなりした顔である)
        え、制服って女子の制服でもいいってことー? 意外と心広いねーセンさん、うーん、服のチョイス間違えたかなー(むむーっと今更後悔) -- ビスコ 2017-11-05 (日) 18:40:43
      • もちろん楽しいとも。君も大きくなって子供のほっぺをぷにぷにしてみればどれくらい癒やされるか判るよ。
        いや女子の制服はダメだよもちろん。やったことはあるけれど僕が言っているのはこう……ウェイターとか。警備員とか。そういうの。 -- セン 2017-11-05 (日) 19:54:43
      • それいい大人が言っていい発言じゃないよーギリギリだよー それにボクはもうすぐ14歳だってばー(ばたばた)
        今さー、女子の制服着たことあるって言ったよねー? 一回着たなら一緒じゃんー、ワンピースでもいいじゃーん(ぶーぶー) -- ビスコ 2017-11-05 (日) 20:04:05
      • (露骨にしまった、という顔)
        その時はこう……どうしても必要だったんだよ。女装しないと依頼が完遂できなかったんだよ。
        どうしてもと言うなら君もだビスコ君。君も一緒にしてくれるなら着ようじゃないか。(だいぶその場のノリで言っている)
        -- 2017-11-05 (日) 20:24:55
      • ゔぇっ!?(女装は既にしたことはあるが…あれをもう一度というのは出来れば御免被りたくて)
        い、いやいやー、センさんが嫌がってるのに無理に着せるわけにはいかないしねー……?(すぽっと腕から抜け出すと)
        とりあえず今日の所は諦めておくー、もしまた着たくなったら教えてねー!(ぴゅーっと今度こそ逃げていった) -- ビスコ 2017-11-05 (日) 20:33:45
      • あっ逃げた。……いや今回は逃してあげよう。
        必要に迫られない限り嫌だから安心してていいよー!
        -- セン 2017-11-05 (日) 20:43:45
  • あ・・せ、センさん・・(濃紺と白のリボンでラッピングされた小箱を手にくいくいと袖を引いて声をかける)
    お体・・元に戻った・・んです・・・ね?・・・良かった・・です(こくこくと) -- リリア 2017-11-06 (月) 21:12:38
    • ……と、済まないリリア君。うん?(袖を引かれるまで自分に用と気づけなかったことに恐縮しつつ明らかにプレゼントらしき箱を見て首を傾げる)
      ああ、年明けまでかかったのは流石に想定外だったけれどね。(肩をすくめて苦笑いしてみせ)
      -- セン 2017-11-06 (月) 21:28:11
      • ・・・ぁ・・(気づいた事に気づき、ちょっと気恥ずかしそうにその小箱を掲げて)え・・えと・・・えへへ・・バレンタイン・・です・・・お口に・・会えば・・いいんですけど・・・(どうぞと差し出す、開ければ色とりどりのチップで飾られた星とか丸とかハートとかのチョコが入ってる、甘くて柔らかなくちどけ)
        効果は・・それほど長くないって・・話でしたけど・・・人に寄って結構まちまち・・・だったみたいです・・ね?(うんうんと) -- リリア 2017-11-06 (月) 21:58:13
      • バレンタイン! あれだね、異国の聖人になぞらえて恋の成就を願ったり時節の挨拶の意味での贈り物の日。いやあ旅の途中で何度かそれ関連の売り出しは見たのだけれど実際僕にとなると経験がなくてね。ありがとう、おいしくいただくね。とても嬉しい。(ほとんど糸目の勢いで目を細めている)
        僕と相性がよかったのか、もしくは僕の扱いが特にまずかったか……後者だとしたら魔術を扱うものとしてまったく恥ずかしいことだよ。(はふ、とため息)
        -- セン 2017-11-06 (月) 22:11:59
      • で‥です・・・えへへ・・(素直に喜んでもらえて嬉しそうに微笑む)
        あ、相性の・・・いいのも考え物・・ですね・・・・よしんば・・扱いがまずかったのだとしても・・・えと・・ほら・・・専門でないのなら・・しょうがない・・です(なんて励ます様にこくこく) -- リリア 2017-11-06 (月) 22:40:13
      • 逆に、瞬間的になにかこれで戦術が広がる可能性もなくはないけれど、制約が大きいから非常手段だね……。ありがとう。リリア君。(励ましてくれる小さな魔女に礼を述べた後、ふと真顔に)
        ……そういえば、君も候補か。……あ、いや、失礼。探している人がいてね。
        -- セン 2017-11-06 (月) 22:55:33
      • 体を小さくしたり・・大きくしたり・・・ですか?・・(もうちょっと極端な形で発現しないと難しそうだと思いつつ)潜入とか・・なら使えるかも‥ですね・・・
        ・・・?・・こうほ・・ですか?・・・・えと・・なんの・・・?(はてと不思議そうに) -- リリア 2017-11-06 (月) 23:00:23
      • それもあるけれどほら、洞窟とかで狭い場所の探索が必要になることがあるじゃない。その時に時間制限付きだけれど狭いところに入り込めるのは利点と言えなくもない。(子供になっていた間も冒険は受けていたから、と)
        端的に言って……「勇気ある者」を探している。リリア君も僕の探す勇気ある者ではないかと思っているひとりなのさ。……なんだか尋問じみてきたね。先に言っておくけれど君に一切の非はないから、そこは安心してほしい。
        -- セン 2017-11-06 (月) 23:28:09
      • なるほど・・・それ・・は・・いいかもです・・・ね?・・・でも・・子供でいる間って・・・色々大変じゃなかった・・ですか?・・・力仕事とか・・お洋服とか(自分もそうだったのでとこくこく)
        勇気ある者・・・ですか?・・(不思議そうに首をかしげて)・・えと・・・ごめんなさい・・ちょっと話が見えなくて・・・(困ったように胸を手で押さえている・・その右薬指には銀の指輪がはまっていて) -- リリア 2017-11-06 (月) 23:39:46
      • ……すまない。(天を仰いで自分の言動を顧みるに確かにこれでは分からないわ、と目元に手を当てる)
        順を追って話すのだけれど。発端は僕の友人なんだ。ほら、革細工師のチグサ君。彼女が赤い小鳥を見て、力に目覚めてちょっとした暴走状態になった。いや周囲に危険は及ばなかったけれどね。
        僕はその鎮静に協力して、そして謎の小鳥を追うことになったのさ。ここまではいいかい?
        -- セン 2017-11-06 (月) 23:47:40
      • チグサさん・・ぁ・・・はい(こくこく頷く、加えて赤い小鳥だ)アトちゃん・・・?(ぽつりとつぶやく)暴走・・しちゃったんです・・・か?
        (チグサの力は知っている・・・以前にも相談を受けた事があったから、その力があまり良くない方向に進んでいるのではと不安になる)
        じゃ、じゃぁ・・・ひとまず・・・チグサさんは・・・無事・・なんですね?(ホッとしつつこくこく) -- リリア 2017-11-07 (火) 03:33:16
      • もちろん無事も無事。そもそもその騒ぎがあったのは夏頃……半年くらい前だからね(だから安心して、とばかりに大きく頷き)
        で、図書館で文献を当たるうちに管理人さんが転生龍アトリアというドラゴンの存在を教えてくれた。……が、その居場所は教えてくれなかった。その代わりにヒントとして提示されたのが、さっきの「勇気ある者」というわけだ。(ここまで滔々と説明を終えて一息)
        ……さっきの君の反応を見るに、勇気ある者とは君のことで間違いないと僕は思ったのだけれど……どうかな。教えてくれるかい?
        -- セン 2017-11-07 (火) 20:00:09
      • そ・・そうだったんです・・か・・・(安心というより気づかなかったショックでちょっとしゅんとしつつ)
        ・・・(うんうんと頷きながら話を聞く)多分そう・・・なんですけど・・・(そう呟き、頷きながら指輪をいじって)
        一つだけ・・訂正すると・・・・「勇気ある者」は・・多分アトちゃんが求めている人・・で・・・私は・・「勇気を示す者」「勇気を試されている者」・・・といった方が・・正しい・・です・・(と頷く)
        ビエネッタさん・・は・・・どうして・・そんな回りくどい事を・・させたんでしょうか・・(そこが疑問だという風に首をかしげて) -- リリア 2017-11-07 (火) 20:12:57
      • 彼女の力をわずかながら引き出すのに以前から協力していたからね。ことが起こってすぐに僕のところに駆け込んできたので……2時間弱くらいのできごとかな。
        そういえば管理人さんも言っていたね。かの龍は勇者を求めていると。(つまりリリア君も彼女の言ってみれば試練の最中なわけか、と納得して頷き)
        それについては……僕も曖昧な推測しかできない。管理人さんもとても底が知れない感じがしたしね。何しろ龍とまみえようというのだからそれ相応の……単純な筋力や魔力に限らない力が必要だと考えたのではないかな、というくらいさ。
        -- セン 2017-11-07 (火) 20:28:33
      • 筋力や魔力に限らない力・・・・なん・・でしょうね?(よくわからないといった風に小首を傾げて)
        何にしろ・・アトちゃんに会うのに・・そんなたいそうな物はいらない・・ですよ?・・・ただ会いに行って、お祈りをすれば姿を現してくれます・・・
        誓約に・・関わる部分だと・・・ちょっと厳しい時もあるけど・・・優しくてかわいい・・・親しみやすい子・・です(うんうんと)
        ただ・・アトちゃんがあそこにいるのは・・・誓約の為に・・だから・・・別の用事に関して・・・ちゃんと対応してくれるかは・・わからないです(心配しなくてもいいとは思うがとこくこく) -- リリア 2017-11-07 (火) 21:04:39
      • 人の和とか縁とかそういうもの。ほら、おとぎ話の勇者も全く独力で竜なり魔王なりの討伐に至った話はほとんどないだろう?(完全に僕の推測だけれど、と伏し目がちに肩をすくめ)
        席巻した君が愛称で呼ぶくらいだからねえ……それも貴重な情報だ、ありがとう。それからごめん、これが大事なんだけれど……場所を聞いてもいいかな?
        -- セン 2017-11-07 (火) 21:15:00
      • そっか・・ビエネッタさん・・・魔族ですものね・・・(気にする事はないのにと呟き)
        いいですよ?(っと簡単な地図を描いて場所を教えて)そ、それでは・・・私はこれで・・・(ではっと頭を下げてその場を後にする) -- リリア 2017-11-07 (火) 21:27:56
      • なるほど、あのあたりか……。(地図を見て頷く。わかる。)
        ありがとうリリア君、このお礼はきっとするからね! -- セン 2017-11-07 (火) 21:50:37
  • センにいにい!(どたどた走ってくるコバヤシ 後ろ手に隠した包みを出して)
    じゃん!コバヤシ、もちろん女子っぽくチョコを用意してきたっす!! あー、普通に売ってるやつで申し訳ないんすけどね……てひひひ
    実は自分で作ってみたんすけど、全然うまくいかなかったんすよね…… ていうわけで普通のですいませんっす!
    (中身はごく普通のアーモンドチョコ どこでも売っているものに自分でラッピングしたようだ) じゃ、じゃあ早めに食べてくださいっすね! 他にも配るっすからコバヤシはこれで! -- コバヤシ 2017-11-06 (月) 23:19:19
    • やあ妹よ。そんなに息せき切ってどうしたんだい……って、ああ。くれるのかい?
      店売りだからと言って恥じることはないさ、それを選んで僕にくれるように包んでくれたのは君だからね。
      ……相変わらず慌ただしい子だ。頑張るんだよー。
      -- セン 2017-11-06 (月) 23:33:06
  • (クナイ型チョコ──イチゴ味──を2、3本投擲して帰る) -- アコヤ@ニンジャ装束 2017-11-08 (水) 02:28:50
  • センちゃんいえーい!(ハイタッチを求めるちっこいの) -- ヤヤヤ 2017-11-08 (水) 20:03:35
    • ヤヤヤ君いえーい!(とりあえず応じる)
      ……で、どうしたの。スムーズに出るようになった?
      -- セン 2017-11-08 (水) 20:07:39
      • うん!あれから沢山練習したよー?だからー……むむっ(集中するとヤヤヤの体の表面に魔力の膜ができる)こんな感じ、でいいんだよねセンちゃん?
        でもねー、私の使ってる剣とか盾にもやろうとするとねー、ミスリルの剣?よりも通りが悪くてなかなか上手く行かないんだよねぇ -- ヤヤヤ 2017-11-08 (水) 20:11:03
      • ほほう。(目をみはる)かなりの魔力展開速度だ。これなら十分に実践でも活かしていけると思う。
        (ついで悩みを聞けば頷いて)ミスリルは魔法金属というだけあって通りがかなりいい部類だからね。普通の剣では通りが悪く感じるのも道理。……ところで、どういうふうに上手くいかないのか聞いていいかな?
        -- セン 2017-11-08 (水) 20:41:29
      • ホントに!?じゃあセンちゃんみたいに、てんかいせよほにゃららけん!って出来るのももすぐかな……!
        あ、ええとねぇ……何て言うんだろ、こう、詰まる?感じがして、とーっと無理にやろうとすると溢れちゃうみたいな?
        安定?しないんだよねぇ -- ヤヤヤ 2017-11-08 (水) 21:07:36
      • 割ともう一歩、という感じだね。
        ふむ。その症状だと多分魔力の流量に対して素材……つまりこの場合は剣や盾の伝導性が見合っていないのだろうね。(顎をサラリと指先で撫でながらしばし考え)
        その剣ってさ。先祖伝来の家宝とかでぜったい汚しちゃだめなやつかな? -- セン 2017-11-08 (水) 21:26:56
      • そうなの?じゃあセンちゃんもエンチャント?だっけ、それしやすいように装備を選んだりしてるんだ
        んーん(首よこにふるふる)ただ私用に作って貰った剣、だから加工したりとかは別に大丈夫だよー?
        いちおう銀を混ぜた合金?でつくった剣だから、金属混ざって魔力通しやすくないのかなぁ? -- ヤヤヤ 2017-11-08 (水) 21:36:34
      • 何と混ぜたかにもよるからそのあたりは一概には言えないね…。
        ともあれ、ある程度加工してもよいのであれば、僕に改善の目途がある。……図式を取り寄せないといけないから、2週間くらいまってくれるかな?
        -- セン 2017-11-08 (水) 21:55:21
      • そっかぁ、ただ魔法を練習するだけじゃなくて魔力を通す物も考えないとダメなんだねぇ……(勉強になるとこくこく)
        おおさすがはセンちゃん!良くなるならいつまで待ってて大丈夫だよー!その間は沢山練習しておくからね!
        あそうだ、後はこれ、今月は2月だからお世話になってる人にはチョコレートを渡してるんだよね(どうぞと猫の包装紙で包まれたそれを上げる) -- ヤヤヤ 2017-11-08 (水) 22:07:33
      • そうだね。僕にどうにかできるのは魔力伝導の是正だけだから、展開速度は君次第。その意気はとても大事だ。(がんばって、とあまり力が入っているようには見えないガッツポーズ)
        この街では本当にバレンタインが盛んなんだねえ。(受け取って目を細め) ヤヤヤ君がくれたものなら味もお墨付きだよね。ありがとう。大事にいただくね?
        -- セン 2017-11-08 (水) 22:30:09
      • バレンタインはねぇ、私が暮らしてた街の孤児院でもやってたから全世界?的なものなのかも
        みんなでチョコレート食べられるから毎年この月が来るのが楽しみだったんだよねー(懐かしいなーと馳せ偲ぶ)
        あ、味は取っても甘めだからセンちゃんの舌には合わないかもだよー?大人はビターが好きなんだよねぇ? -- ヤヤヤ 2017-11-08 (水) 23:17:35
      • そこは特に問題ないよ。僕は甘いのもビターなのも、チョコレートに限らなければ辛いのも結構いけるよ。(酸っぱいのはちょっと苦手だけれどね、と笑う)
        大切な思い出なんだね……それじゃあ、今度はヤヤヤ君がそのみんなにチョコを配れるように頑張らなくちゃ、ね。僕も伝導の改善、頑張るから。
        -- セン 2017-11-08 (水) 23:42:08
      • 酸っぱいチョコレートは多分ないと思うからセンちゃんはチョコなら何でも大丈夫だね!
        それともーちょっと作ってみようかな酸っぱいチョコレート……(ドッキリになるなって悪だくみ顔しつつ)
        うん!勇者たるもの皆に色々配って歩かないとねぇ、ありがとうセンちゃん魔法も早くマスターするように頑張るからねぇ、それじゃあずしき?待ってるよー(と手を振り戻るのでした) -- ヤヤヤ 2017-11-09 (木) 22:24:43
      • ……せめて甘酸っぱいくらいにしておいてね。(悪だくみ顔にちょっと戦々恐々)
        一応資格も持ってるから手続き自体は問題ないはず。届き次第加工に行くからね。
        -- セン 2017-11-09 (木) 22:55:32
  • ん、センのところ…ひさし、ぶり…み、て…ちゃんと、服着た、の…(くるくるまわってお披露目) -- ハロリータ 2017-11-10 (金) 23:14:14
    • 小さくなったときに夕食で一緒になって以来だから……なんだかんだでふたつきも顔を合わせていないことになるのか。(伏し目がちな苦笑い)
      可愛らしい装束だ。それなら寒くないだろうし……誰かに選んでもらったのかな?(紅茶とそれからお菓子の森で採れたスイートポテトを用意しつつ)
      -- セン 2017-11-10 (金) 23:17:06
      • わたし、も時々しか…宿舎に、こな、いから…(小さいセンは、同い年が増えたようで少し嬉しかったと伝える)
        うん、リリアが、一緒に買いに、行ってくれた、の…中の服は…イーリアスから、もらって
        セン、あまいもの、すき…?(すぐにこんな用意ができるなんて、と嬉しそうに口元を緩ませながらテーブルについて) -- ハロリータ 2017-11-10 (金) 23:25:59
      • そうか、そうか。そう思ってくれているなら僕もあれだけ長期間小さくなりっぱなしだったのも意義が増えたね。
        なるほどリリア君とイーリアス君か。彼らなら目利きも確かだろうしー……ん?
        ああ、甘い物は好きだよ。糖分は頭の栄養だ。先日冒険でね、この手のお菓子が大量に手に入る依頼があったのさ。(おすそ分けといったところだね、と笑う)
        -- セン 2017-11-10 (金) 23:31:56
      • また、小さくなっても、いいと、思う…わたし、さみしくなく、なる…(遊びたい盛りだが、聖女の務めがあるので相手がいても時間が取れなくて、とため息をついて)
        わか、る…ちゃん、と下着も選んでもらった、もの(語弊があるようだが選んだのはお店の店員さんです)
        あまいのは、あたまにいい、のね…わたしも、覚えておっく…そんな、素敵な依頼…いきたか、った… -- ハロリータ 2017-11-10 (金) 23:41:16
      • なるほどねえ……。(大きすぎる力は決して個人を幸せにするものではない、というのを思ってやや渋面)
        その手の依頼はあるかもしれないから機会もあるかもね。失敗の結果なので若干複雑ではあるけれど……
        ああ、それはざんねんだけれど君は難しい……。その領域というのが男しか入れないといういわくつきでね。
        -- セン 2017-11-10 (金) 23:48:57
      • で、もね…セン、これでも、前よりは…ううん、初めて、友達と…遊べるように、なっただけで、も
        嬉しいから…いい、の(これからもっと、友達と遊ぶ時間は増えていくのだから、と前向きに笑顔をして見せて)
        う、それは…ざんね、んね…依頼もうまく、いかな…く、て…なら、これ…大切に食べる…(はむ、と小さな一口)
        おいし、い…いっぱい、センたちが、頑張ったから…手に入った…から、かな… -- ハロリータ 2017-11-11 (土) 00:24:46
      • ハロリータ君はきちんと前を向けているのだね。……この街は、楽しいかい?(目を細めて唐突な質問)
        ああ、ごめん。依頼で失敗した結果が小さくなっただけで、お菓子の依頼は普通に成功しているよ。意外な人がものすごい勢いで食べ進めていてかなりびっくりしたけれどね。
        お菓子の依頼は普通に成功してたくさん持ってきたから、遠慮せずに食べるといいよ。(紅茶のお代わりも用意して置く)
        -- セン 2017-11-11 (土) 00:33:54
      • たの、しい…(しっかり、と迷わずに)さいしょ、はね…友達も、いなく、て…冬に来た、から
        裸で、さむく、て…大嫌いだった、けど…今は違う…
        よか、った…じゃ、あもう一つだ、け…食べていく…(ほっとしたら、欲が出たのかそれともほんとうにおいしかったのか、もう少しお邪魔していく、と頭を下げるハロリータであった) -- ハロリータ 2017-11-11 (土) 00:50:30
      • ……僕は別にこの街の出身でも何でもないのだけれどね。それでも君のような子の笑顔がこの街で増えてくれて嬉しいと思っているよ。(目を細めてハロリータの返答に頷く)
        一つと言わずに食べていくといいよ。太らない程度にね?(どうぞどうぞ、と頭を下げ返すのであった)
        -- セン 2017-11-11 (土) 00:53:40
  • そろそろ私の魔術もより難しいものを覚えていく時期に来ていると思う…。セン、前に言ってた付与魔術、教えて…。 -- アヴィス 2017-11-11 (土) 19:40:50
    • そういえばなんだかんだでそんな時間が立ってしまっていたね……(ごめんね、としょんぼり顔)
      もちろん構わないけれど、その前に。アヴィス君は自分の先天属性は分かるかな。それとももう属性の使い分けもできてしまう感じ?
      -- セン 2017-11-11 (土) 19:46:13
      • 先天属性は…いわゆる、一般的な魔術の属性すべてに該当する。私の中の魂たちすべての魔術回路を所持しているから…。
        火、水、風、土、雷、光、闇…特殊な、そう…リリアのような一子相伝に近い属性でなければ、何でも、同時に使えるよ。 -- アヴィス 2017-11-11 (土) 19:48:10
      • そっちの面でも強力だったか……。
        選択肢が多すぎると逆に迷うね……じゃあアヴィス君、君が戦闘する上で弱点に感じていることはあるかな?(弱点を補う方向を考えついたようだ)
        -- セン 2017-11-11 (土) 19:59:22
      • (首を横にふるふる)違う…前提が違う。私は戦いのために魔術を覚えたいわけではない…知識として、また生活に役立つものとして覚えたい。
        戦いを好むわけでもないからね…力は必要だけど。だから、戦闘における弱点は特に感じたことはない。もしやむを得ず戦いになっても、私は力もあるからね…。
        それよりも、誰かのためになるような…誰かを助けられるような、そんな魔術を覚えてみたいの。出来るかな…? -- アヴィス 2017-11-11 (土) 20:02:27
      • あー……。(天を仰いで自分の額をぺちんってやる)
        申し訳ない、かなりひどい心得違いをしていた……。でもそういうことなら色々あるよ。包丁がよく切れるようになる、器のスープがいつまでも冷めない、水を入れておくと氷ができている、虫が嫌う匂いを放つ……。(色々な属性の付与魔術で生活に役立ちそうな効果をつらつらと挙げていく)
        -- セン 2017-11-11 (土) 20:09:52
      • 戦いを好む人もいることは理解しているし、戦いというコミュニケーションの存在を否定するわけではないけれど。私に闘争欲は、今のところないからね…謝られるほどではない、私も説明不足だった。
        そう、まさにそういうもの…強化魔法、付与魔法、といったものがあれば、それが。この間貰った微弱なバリアを発生するものは、自分だけでも出来るようになった…ああいうのを覚えたい。
        というわけで…(胸の前で両手を組み、祈るようなしぐさを取る。すると全身の魔術回路が励起し、アヴィスの体に白い光の筋が何本も生まれて)…お願いします、先生。 -- アヴィス 2017-11-11 (土) 20:13:18
      • え。(ショック顔)あれかなり頑張って作った術式だったのだけれど……そうかーこの短期間でできるようになったか―……。
        そうだね、それじゃあ質問をもう一度替える。リュキア君の好物は把握している?
        -- セン 2017-11-11 (土) 20:17:54
      • ううん、少し自分のほうから魔力を流すときに意識して読み取って…そのまま術式をコピー&ペースト?したような感じだから…センのそれを見ないとできなかった。そういう術式を1から組み上げるのはまだ私には無理だから…。
        だからこうして教えてもらっている、と。リュキアの好物?うん、いっぱい知ってる…私のコーヒーが好きだし、一緒にお茶をする時間も好きだし、私を抱いて眠るのも好きだし、一緒にお風呂に入るのも好きだし…(と赤裸々に日常を告解し始める) -- アヴィス 2017-11-11 (土) 20:21:34
      • あー、ごめん。好物って料理的な意味での好物のつもりだった。オムライスが好き、とか鶏肉が好き、とかそういうの。
        要するに君が料理上手ならそういう方面にするつもりだったわけだね。でも話を聞いているとそうだねえ……湯たんぽ付与とかひんやり付与とかもいい気がしてきた。(悩むね、と伏し目がちな苦笑い)
        -- セン 2017-11-11 (土) 20:26:24
      • …(ぴーん)もしかして、センは言葉が少なくて誤解を生みやすい…?(自分も昔そうだったから何となく察して)…好物なら、それこそ食材から把握しているけれど。
        でも、私の料理はすべて味付けがリュキアの好みで構成されているから…。…ああ、そうだ。私の体、人肌くらいに温める魔術とか…覚えられたらうれしいかな。お風呂に入るときに困らない…。 -- アヴィス 2017-11-11 (土) 20:28:58
      • その傾向はあるとは思うけれど今回に限っては原因はそれだけじゃないと主張したい……。
        今度辞書を引いてみると分かるけれど単に好物といった場合第一義は好きな飲食物なんだよ。
        とにかくそうそう、そういうやつだよ。僕の言ったゆたんぽ付与。もともとかけるとその人が温かくなるものなんだけれど、くっついても温かいからね。(本棚から本を一冊取り出しペラペラ捲る)
        -- セン 2017-11-11 (土) 20:50:24
      • ………はっ(ここで自分の過失に気づいた)……もしかして、私が惚気たいという無意識の部分が顕在化していた…?いや、その可能性が大…。…いわゆる、恥ずかしいというやつ。(やーん、とわざとらしそうに顔を隠す)
        まぁそれは置いておいて(ジェスチャー)ゆたんぽ付与、それを覚えたいな…まずは。私の体が、人間の体温を持つようにしたい…。(センのめくる本を真紅の瞳で覗き込む) -- アヴィス 2017-11-11 (土) 20:56:34
      • 惚気てくれるのは正直歓迎なのだけれどね。幸せそうな人を見るのは好きだよ。(ここで置いておいて、と同じゼスチュアをするあたりそれなりにノリはいい青年である)
        いいともいいとも。(本の表紙にはutiles ad vitam magicaeなどと書かれている)熱をつかさどるのはだいたい炎なわけだけれど、これを纏うもの全体に均一にしかも薄く炎の魔力を伸ばすためにもうひとつ追加の術式が必要でね。それがこれなんだよ。(と、ページを開いて見せると魔術式を文字に転写したものが細かい文字で書かれている)
        -- セン 2017-11-11 (土) 21:05:01
      • (見たことのない本だが、少なくともセンが開いていたページの内容はすべて暗記した)…炎魔法を均一に引き延ばすための術式が…なるほど、確かに通常、出力を絞るか広げるか、くらいしかないもんね。
        (ページを開いて見せられる。既にビエネッタより魔術関係の本は何十冊も読まされており解読できる)……ああ、なるほど…術式の仕組み自体はシンプルなものだね…(納得、と言った風に頷く) -- アヴィス 2017-11-11 (土) 21:09:19
      • 絞るとどうしてもなんというか、ムラができるからね。バリアくらいならまだしも、人が直接触るところに出力ムラで熱いところができるとよろしくない。(どうやら解読できそうな様子に頷いて返し)
        そういうわけで、炎術式に引き延ばす術式を混ぜたものがこちらになります、と。(紙を取り出しかさささささささ、と書き出す。炎術式の後に引き延ばし術式を、という単純なものではないようだ)
        -- セン 2017-11-11 (土) 21:20:07
      • たしかにそれはよくないね…。でも、この魔術は使いこなせれば体温をさらに高くすることもできるみたいで…お風呂を沸かし治すのにも便利かもしれない。
        …(センが書き出すのを眺めつつ)…センは、こういう魔術のことを、どこで覚えたのか…聞いてみてもいい? -- アヴィス 2017-11-11 (土) 21:24:55
      • ああ、そうだね。君が入っている限りお湯が冷めないというのもこの術式出力を多少高くすれば問題なく展開できる。
        本国だよ。(ごく端的な答え)僕はいわゆる魔術によって命脈をつないでいる一族の出身でね……。1000年くらい前は貴族の号ももっていたらしいけれど、零落したそうだ。
        -- セン 2017-11-11 (土) 21:28:15
      • (//ちとお風呂やらなんやらいってきます) -- 2017-11-11 (土) 21:29:02
      • 素晴らしい…これまではすぐにお湯が冷めて困っていたところがあったから助かる…。
        …生まれた国。魔術に造詣のある一族だったんだね。それで覚えた……それは、いわゆる、没落、というもの。…辛い話をさせてしまった?(ごめんなさい、と頭を下げる) -- アヴィス 2017-11-11 (土) 21:33:14
      • それこそアヴィス君が謝る必要はないよ。君は事前に聞いていいか聞いて、いいと思ったから僕は話したわけでね。僕から数えて7代か8代前には貴族の号はなかったのだし、貴族がどうのというのは昔話に過ぎない。(だから頭を上げて、と苦笑い)
        だから家名の復興には興味はない。ただ、この家系に蓄積された知識をどう活かすべきかは割といつも考えている。
        -- セン 2017-11-11 (土) 21:44:04
      • …なるほど(理にかなっている、と思い。これ以上の謝罪はやめた)では、センの祖先が学んだ魔術をどう活かすべきか、というところで…こうして私に教えてくれることで活かしてくれている、という。
        (センが書き連ねた術式。完成したそれを読み)……こう、だね(無詠唱で、魔術を発動させる……じわっ、と一気に体が温まる感触)…どうかな?(センに握手を求めてみる) -- アヴィス 2017-11-11 (土) 21:46:18
      • 最初に僕が勘違いしたように……祖先が開発したものは戦闘用のものが多くてね。それをどうにかしてこう、平和な方向で活用できないかの結果がゆたんぽとかよく切れる包丁、というわけさ。(滔々と話しながら握手握手)
        うん、温かい。きっとリュキア君も喜ぶよ。(伏し目がちににっこり)
        -- セン 2017-11-11 (土) 21:52:18
      • なるほど…1000年前は冒険が最も盛んだったと聞くから、そういう方向に進歩するのも当然の理だね…。でも、応用が増えるのも大切なこと。わかる。
        温かかった…?(こちらも、普段感じる相手からの熱伝導がないことに喜んで)…成功だね。ありがとう、セン。とてもいい魔術を覚えられた…!
        今夜はこれで、リュキアを驚かせてみるね…重ね重ねありがとう、また相談に乗ってね…(そしてその日は帰っていきました) -- アヴィス 2017-11-11 (土) 21:56:31
      • できたらその時の反応も聞かせてほしいな。楽しみにしているよー。(手を振って見送る)
        ……そう、日常に役に立つものって、案外紙一重でね。
        -- セン 2017-11-11 (土) 22:06:28
  • ふむ…初詣のときの事を伝え聞いたのと、この前の神社調査依頼の時に思いましたが…思ったよりセン様は東国についてお詳しいようですな? -- 久世 2017-11-11 (土) 21:59:50
    • やあやあ久世君。改めて建立おめでとう。こちらからお祝いに行けなくてすまないね。(紅茶を用意しつつカスタードパフェなど用意してみる)
      東国出身の久世君にそう言ってもらえると僕も嬉しいよ。……実は一時期、東国文化とかそういうのにかなりハマっていたことがあってね……。材料さえあれば肉じゃがも作れる。 -- セン 2017-11-11 (土) 22:08:53
      • いえいえ…参拝に来ていただいたことが何よりなれば。お気になさらず(と恐縮していたが、パフェが出てきてそっちに気を取られ)これはこれは茶請けにはちと豪華ですな(と微笑み)
        ほほう…?それはなかなか凄いですな。まず料理をなされるというのが…(なんか線の細い感じのセンを見つつ)…いやそれは出来そうな気がしてきました。…しかし何故に?魔術的な知見を得るためですかな。 -- 久世 2017-11-11 (土) 22:16:38
      • ああ、いや。新しいレシピを手に入れたので、それで作ってみたんだよ。(パフェと言いつつできたてカスタードクリームとフレッシュフルーツを段々重ねにしていった割合シンプルなもの)
        料理はね、それなりにするよ。鶏肉のももを皮をパリパリになるように焼いたのとか好きだし。
        理由を聞かれると、そうだね……しいて言うなら趣味というか、勉学目的ではないのだけれど……ほら、あっちの神様って800万いるというレベルの多神教だろう。しかもそこにまったく体系の違う仏まで混じっているうえにそれが並立している。そのあたりが単純に興味深くって。
        -- セン 2017-11-11 (土) 22:40:15
      • むう…!拙僧は自分が食べる程度にしかしませぬで、このパフェなどはそれなりとも思えませぬが…!有難く頂きましょう…!(ナムーしてハシュッと掬いぱくりと食う。弾ける甘さとフルーティ!)
        …ふむ、確かに神道はこちらまで含めても珍しい多神教とも言えますが…しかし実質八百万居るという訳ではなく、あれは沢山の、という意味と同様とも言えます。
        なれば天竺より生まれし仏道もその内に含めることを良しとしたとも言え、どちらかと言えば東国という国そのものが懐の深い土地柄であった、とも言えますな(などと真面目な顔して言いつつも、舌鼓を打ち) -- 久世 2017-11-11 (土) 22:55:51
      • 正確にはレシピはそのクリーム部分だけなんだけれどね。ちょっと作りすぎちゃって。(伏し目がちな苦笑い)
        ああ、なるほど……平たく言えばすでにたくさんいるから多少入ってきても気にならないわけか。そういえば風のうわさで西洋の聖人を菩薩として拝んでいる僧侶がいるとかも効いたからなあ……。
        ともかく、その関連で料理なんかも調べてみたらこれがかなり美味しくて。それで本格的に東国料理にもハマり始めた感じかな。
        -- セン 2017-11-11 (土) 23:05:41
      • ふふ、では遠慮なく在庫処分に預からせて頂くとしましょう。しかしそれだけであっても充分に美味くあります。……菓子屋などをしてもいいのでは?(などと冗談っぽく言い)
        然り。外から観ている拙僧としては、あれはこちらの精霊信仰と似ているとも思えます。自然が厳しく、気候も四季折々があり安定しないため…それらが神にまで昇華されたのかと。……ふむ?寡聞にしてそれは知りませぬな。
        なるほど…拙僧はてっきり魔術に活かすためかと思っておりました。その分ではやろうと思えば味噌汁やおでんなども作れそうですな。あれらは具材もこちらの物が使えますし。 -- 久世 2017-11-11 (土) 23:19:52
      • まさか。そこまでの技能ではないし……新しい魔術式ならともかく新作お菓子の開発とかできそうになくって。
        ああ、そっちはできるよ。なぜかこの街、普通に東国の食材とかも売ってるから。宿で稀に作ることもある。
        -- セン 2017-11-11 (土) 23:27:56
      • はは、でしょうなぁ。セン様ならお菓子作りも似合うのではと思ったのですが、分かります。拙僧も術の開発などすることもありますが、出来の良い菓子などは魔法のようで(と苦笑し)
        それはそれは。昔から東国の人間が流入していたと聞きますし、その辺りは文化がある程度根付いているのでしょう。ふふ、ならばまだ和料理屋、の方が望みがありそうですな? -- 久世 2017-11-11 (土) 23:34:03
      • 本当にね。飴細工とかすでにどうなってるのアレって感じで
        和料理屋ねえ……そちらはそちらで腕前が微妙だけれど…今度もっていってもいいかい? 東国人の君に判定してもらえたら実際にやるかと言われたら多分やらないけれど励みになるからね。
        -- セン 2017-11-11 (土) 23:48:43
      • 飾り切りなどで動物を模したりなども謎ですな…絵画的技能は当然で、素材をどう扱えばどうなるのか熟知しているのでしょうが……ふふ、案外料理人の方も我々を「なんで光るのあいつら」などと思っておるのかもしれませんぞ?
        ええ、もちろんでございます。さっぱり食べられぬ、ということは無いとは言えやはり少々珍しいものですからな…和食を食べられるのは拙僧にとっても喜ばしく思いまする。 -- 久世 2017-11-11 (土) 23:56:50
      • OKOK。(大きくうなずく)
        ついでと言ってはなんだけれど、久世君のリクエストも聞くよ? なんというか、選択肢が多すぎると逆に悩むんだよ。素材単位の指定でもいい。
        -- セン 2017-11-12 (日) 00:01:33
      • ああ…確かにそれはありますなぁ。懐に余裕がある時など、何を食べて良いのやら迷うことが…。
        では…生臭…動物性の肉や魚などを避けて頂ければと願います。…いや、セン様自身が獲物を仕留めるのでもなければ戒律的にも問題はないので、できれば、というくらいですが。
        絞る、という意味でなら…そうですな、拙僧は豆腐やらの大豆が好きですなぁ。長年食べていますが、米の次には飽きが来ぬ大地の恵みです。 -- 久世 2017-11-12 (日) 00:22:10
      • 豆腐か、そして肉や魚……つまり動物性を避けるわけだね。宗教者らしい選択ではあるけれど、なるほどなかなか……。(抜群のチョイスに思わず唸る)
        OK、頑張って君がおいしい豆腐料理を作ってみるよ。楽しみに待っていて?
        -- セン 2017-11-12 (日) 00:40:37
      • 中東の宗教ほどには厳しくはありませぬし、拙僧の宗派自体は特に禁止の名目もさっぱりありませぬし拙僧が修行で勝手にやっているだけではあるのですがな(と苦笑し)
        ええ、どのような物が食べられるのか、胸踊らせてお待ち致しましょうぞ(などと微笑みを漏らしつづ、スプーンを置く。パフェは最後のひとすくいまで綺麗に食べられていて)
        では、思いがけず美味な甘味も頂けましたし拙僧はそろそろ失礼させて頂きます。では、また、別の皿にて(少々おどけて言って、坊主は去っていった) -- 久世 2017-11-12 (日) 00:46:20
      • うん、それじゃあまたねー。
        ……あれ。動物性のものが、ということはつまりダシが封じられた……?
        -- セン 2017-11-12 (日) 00:50:28
      • (ふふふさあ昆布だしをじわじわと取るのだのだのだのだ…という念が遠くから届いた) -- 久世 2017-11-12 (日) 00:53:52
  • 猫化薬が撒かれた(猫化の程度はご自由に) -- 2017-11-12 (日) 11:48:33
    • (発情薬と気になる相手…または好みのタイプの下着姿写真が撒かれた!) -- 2017-11-12 (日) 11:59:25
      • (POM!) -- セン 2017-11-12 (日) 12:37:06
      • 2種類連続とか……もう少しこうタイミングとかニャいのかい……けほっ -- ニャンロア 2017-11-12 (日) 12:38:57
  • セン兄ー、セン兄さーん? お兄さ……お兄ちゃーん?(※誤解を招きそうな呼び方で貴方を探す魔女!) -- リリネ 2017-11-13 (月) 20:45:00
    • リリネ君リリネ君、僕はここにいるのだけれど。(デカい猫グローブをはめてるみたいな手を上げ)
      その呼び方は一体どういう風の吹き回しかニャ。
      -- ニャンロア 2017-11-13 (月) 20:56:31
      • (ソナーで感知中)…………大火傷でもしました? (※でかい手のシルエットはギャグ漫画的火傷表現にしか見えなかった!)
        え、なんですかその語尾気持ち悪い…(辛辣ゥ) そうか、ボクがコバヤシの呼び方を真似たから仕返しというわけですね? ふふっ…まぁいいでしょう
        (どうやらコバヤシの「セン兄」呼びを参考にまた呼び方を変えたということらしい) -- リリネ 2017-11-13 (月) 21:02:59
      • いやこの語尾は不随意のものでね。君のところには変な薬、撒かれなかった? -- ニャンロア 2017-11-13 (月) 21:19:11
      • (噛んだ)まあ君の言葉で呼び方の謎は解けたけれど……というか、どうしたのリリネ君。これが火傷……?(リリネの顔と自分の手を見比べ怪訝な顔) -- ニャンロア 2017-11-13 (月) 21:21:31
      • 変な薬、ですか? うーん、そう言えば何か来てたような……何か厚紙と一緒に (発情薬と写真は来てたようだが、ただちに影響はなかった模様)
        (よく見るとリリネは顔にアヴィスがしているような布を巻き、目隠しをしていた…そして、微弱だが魔術を発動しているのが分かる
         それは以前の会話時も展開していたソナー魔術で、センロアも気付いていたかもしれない……)
        今、魔術の修行中でしてね…すみません。今日は一日視界を無くそうという試みの最中なのでセン兄さんの手がどうなってるのか分かりません
        まぁ、別に会話には支障はないですし……構いませんよね? -- リリネ 2017-11-13 (月) 21:26:43
      • 厚紙……ああ、写真の方か。僕の方にはそれも来たのだけれど、ニャぜか猫になる薬まで撒かれてしまって…
        修行というと、この音属性っぽい魔力のこと? 視覚を封じて修行にニャるということは……探査魔法のたぐいかニャ。僕はもちろん構わニャい(当然猫手はあんまりうまく動かないので、闇魔法による影の腕で紅茶の準備。多分ソナー魔術には引っかからないのでティーセットが宙を浮いているように思えるかも。普通に魔力を放っているので引っかかるかも)
        -- ニャンロア 2017-11-13 (月) 21:36:46
      • ボクのソナー魔術は、主に空気中の水分の振動を捉えるものなんです。これも水魔術の分野内ですよ
        ただ、音に関しても他の魔術師よりは詳しいかもしれません。ボクは母から「震語詠唱」という詠唱術を受け継いでいます
        リズムを詠唱として成立させるもので、ボクがスピアロッドを持つのは震語詠唱のためと言っても過言じゃありません
        発声にイルカのような超音波を含ませる訓練も積んでいるので、水中でも詠唱が可能なんです。何気に水魔術と相性いいでしょう? ふふっ♪
        ……というか、セン兄さんも何か妙なことをやっていますね? 闇の魔力が手のように…モノを掴んでいるのかな?(ソナーは魔力も感知するようだ) -- リリネ 2017-11-13 (月) 21:49:32
      • ……つまり、仮に僕と君が水中戦闘を演じることにニャったとして詠唱できニャい僕を君は自在に魔術攻撃できる、と……ゾッとしニャいね。(冗談めかして肩をすくめ)
        驚いた。僕と似たようニャことをしているね。もっとも僕のは戦闘に使えるほど強力ではないけれど。……超音波まで。なんとまあ……いや失礼。(感嘆のため息)
        ああ、そうだね。君はヤヤヤくんを知っているかい? 彼女に僕の付与魔術を教える代わり、相棒のクキ君に影魔術のなんたるかを教えてもらってね。意外なところで役に立つね。
        -- ニャンロア 2017-11-13 (月) 22:05:31
      • あはは。そうなりますねー(のんびり口調でエグい!) とは言え、水の中に入る機会なんてそうそう無いでしょう。うんうん…
        ああ、ヤヤちゃん…彼女の自称保護者であるクキの魔術か…! そう言えば、彼女は影使いのようだった
        ふふっ…意外だなんて、彼女が聞いたら怒りますよ? それに、繊細な制御が難しい貴方の雷属性を考えると使う機会はむしろ多そうだ
        ……あ、そう言えば。コバヤシちゃんの部屋でセン兄さんに貰ったあのペンダント、実験してきましたよ -- リリネ 2017-11-13 (月) 22:15:31
      •  確かに……それに人間は足元は死角だからニャあ。こうして足元からの奇襲手段があると戦術がぐっと広がる
        おお、使ってくれたんだ。どうだった?ちゃんとホコリだけシャットアウトしたかニャ?(興味津々)
        -- ニャンロア 2017-11-13 (月) 22:26:13
      • 足元、ですか……それなら、「地電流」を用いた雷魔術とかどうです? ボクの先生の持ち技でした
        空からは落雷、大地からは電流噴火…! 使えるようになったら面白いかもしれませんよ。ふふっ…
        で、実験結果ですが……見事に見えない埃と髪の毛を一箇所に集めることに成功しました!(※反発を利用して掃除に!)
        そんなわけで、広いエリアの掃除には意外と良いかもしれないという結果が出ました。うんうん… -- リリネ 2017-11-13 (月) 22:35:33
      • それもまた興味深そうニャものだけれど……実は僕、いわゆる一般的な現象魔術は全く使えないんだよね。ファイアーボールとかも。使えるのは付与魔術と、あとは一部の簡単な儀式魔術だけ。(伏し目がちに苦笑いしつつ肩を竦めて)
        ほほう。リリネ君はあれをただの受動的なマスクとしてではなくて言ってしまえば広範囲のホウキとして活用したのか。僕が考えつかなかった使い道だ……
        -- ニャンロア 2017-11-13 (月) 23:08:29
      • あ、そうでしたか……やはり流派が違うと同じ属性でも使い方が変わってくるのですね? ふむふむ……
        いえいえ、仕組みがハッキリしているのでそんな大したことではありませんよ。要するに、自分が近付いた埃は弾かれるというのは分かっていたので…
        まぁ、コバヤシはこの道具に色々文句があったようだけれどね? ふふっ…♪(と、少しのイタズラ心で告げ口する魔女) -- リリネ 2017-11-13 (月) 23:19:41
      • 流派というか、単純に僕の適性の問題かニャ……。たぶん本国で先天属性がかみニャりの他の現象魔術師ならその地電流というのも問題なく使いこなせると思う
        色々文句。ほうほう。例えばどんなかニャ。(真剣な顔になる)
        -- ニャンロア 2017-11-13 (月) 23:27:24
      • ふふっ……さぁ? ボクの口からは言えませんね。今度、直接伺うといいでしょう♪ (小悪魔リリネの笑顔であった)
        ……あの、センロアさん。以前、ボクに「君はバケモノじゃない」的な話をしてくれたの…覚えていますか? -- リリネ 2017-11-13 (月) 23:33:26
      • そうだねえ。たぶんそのほうが正確な意見が聞けるだろうし。(文句というか改善のためのヒアリング的な勢い)
        ……もちろん覚えているとも。……その節はその、よく知りもしないのに訳知り顔でそんなことを言ってしまって……。
        -- ニャンロア 2017-11-13 (月) 23:36:24
      • いえ、もういいんです。それに…実際あの時は貴方の言葉を気にしていませんでした。というか……「取るに足らない」まで思っていたかもしれません
        ボクは普段から人との会話で考えています。この言葉はこの人との関係で言ってよいものか? 逆に、相手からの言葉が今の関係でボクに響くものだろうか?と……
        で、殆どの場合ボクは言葉を引っ込めてきたんです。旅人のような身分ですからね…それに、他人とは一定の距離を置く方が落ち着くんです
        ――ですが、最近ボクは本格的に海魔化が進んでいます。そう、本当にバケモノになりつつある……ボクは自分がバケモノだと、今でも思ってます
        けれど、貴方の言葉のように受け入れると言ってくれる親友達がいるんですよね…何でだろうね、本当に謎だけれど…
        そこで、普段考えない「取るに足らなかった」貴方の言葉を最近考えるようになりました。今更礼を言おうとは思いません
        でも、親友の想いを受け入れる上で……貴方の言葉は必要だったのかもしれない。それだけ言っておきたくて……
        それでは、今日はこの辺りで……さようなら―― (一方的な自分語りをすると帰っていく…) -- リリネ 2017-11-13 (月) 23:48:43
      • ……そう、か。(黙ってその言葉を時折頷きながら聞いていて)
        多分それは日頃の行いだと思うよ。たとえ君がその通りだとして、それでも受け入れてくれるだけの行いをしてきたんだと思う。絆を築いてきたと言い換えてもいいけれど。
        季節の変わり目だ、身体に気を付けてね?
        -- ニャンロア 2017-11-13 (月) 23:59:36
  • (猫じゃらしぴょこぴょこ。) -- エソルハ 2017-11-14 (火) 00:01:35
    • ……。(目で追っている。うずうず) -- ニャンロア 2017-11-14 (火) 00:09:10
      • ……♪(うずうずニャンロア殿がかわいいので、しびびびび!と、より激しく振ってみる。) -- エソルハ 2017-11-14 (火) 00:15:19
      • ……ええいああもうああもう!(猫グローブ的な手でぱしんと猫じゃらしを抑えようと) -- ニャンロア 2017-11-14 (火) 00:19:38
      • おおっ、見事な猫パンチにござる!セン殿は身も心も猫になってしまったのでござるね……ああっ、可愛い!可愛いでござるよ!
        (ほわああ、って顔してうっとりしながら、掴まれた猫じゃらしをくいくい引っ張る。引っ張って少しずつ自分の方にニャンロア殿を誘き寄せる。) -- エソルハ 2017-11-14 (火) 00:25:33
      • 誰が身も心も猫だい誰が。人としての理性は保っているつもりだよ。
        くっ、さすがエソルハ君、素早い(理性は保っていてもちょっとは影響を受けているようで……かなり猫じゃらしとじゃれている)
        -- ニャンロア 2017-11-14 (火) 00:43:59
      • そんな理性捨ててしまえーでござる!もっと猫みたいに丸まったりごろーんと転がったりするといいでござるよ!
        そうすれば拙者の目の保養になるでござるから!(実は猫語を理解できるマジックアイテムを貰って猫集会に参加するぐらい猫好きの忍者。)
        にゃははは……(十分に引きつけて)そーれっ!捕まえたーでござるー!(がばっと抱きついた!) -- エソルハ 2017-11-14 (火) 00:56:58
      • ご、ごろーんってここで? ニャるの保養? うわあ!?(つかまった)
        ええと……。(膝の上で丸くなってみる。顔がめっちゃ赤い)
        -- ニャンロア 2017-11-14 (火) 01:02:47
      • なるでござる!(断言!)セン殿は背が高いから、猫らしくのびーんって伸びをしたり
        ぽてっと横になったりしても絵になると思うでござるし……ふぁぁ……(また想像してうっとり。)
        (そしてそのまま膝枕体勢になって、ニャンロア殿の頭を猫なでりこなでりこ。耳の付け根辺りも優しくふにふに。)
        ……んん〜♪ 猫は可愛いし、セン殿は可愛カッコイイ。その二つが合わさったら最強に強まるのは道理でござった……(うっとり……うっとりうっとり……。) -- エソルハ 2017-11-14 (火) 01:11:28
      • ニャるんだ……君、僕にそういうのさせようとするの本当に好きだよね。(目を細めてサービスでうーんって背筋を伸ばして伸びの仕草)
        んっ……ちょっとくすぐったいけど、大丈夫。続けて?(耳の根元のコリコリ触感。目を細めてされるがまま)
        //そしてそろそろ文通スイッチでー
        -- ニャンロア 2017-11-14 (火) 01:16:11
      • だって似合うと思うでござるゆえ……ああっ、やっぱり素敵にござる……!(猫セン殿のサービスシーンでくらっと来たくのいち!)
        は〜いでござるよ〜♪ 拙者、猫が気持ちよくなるポイントは結構知ってるでござるゆえな?
        (楽しげに鼻歌を歌いながら、ニャン殿の喉をこしょこしょごろごろしたり、背中をなでーりなでーりしたり、もしかしたらお腹ももっふもっふしたり。)
        //了解ーでござるー!拙者、明日以降も霊圧確保できるのは遅い時間帯になるかもでござるが、よしなにーでござるよ! -- エソルハ 2017-11-14 (火) 01:25:03
      • んー……(目を細めてされるがまま)
        胴体は人間のままだから感覚も変わらないはずなのだけれどねー……。(お腹に手が及ぼうとすると手が胸の前に揃ってお腹を見せるポーズ)
        -- ニャンロア 2017-11-14 (火) 18:36:09
      • もしかしたら内面が猫っぽくなってるのかもしれんでござるな!神経とか!(わー!とセンにゃんこ殿のお腹をふもっふふもっふ。)
        (そしてそのままお腹にぽっふと顔を埋めて) ん〜……体温も普段よりちょっと高いかも、でござる。(頬ずり頬ずり。) -- エソルハ 2017-11-14 (火) 21:56:00
      • ……。(いつの間にか目を細めて優しい瞳でおなかをふもふもすりすりしているエソルハを見つめている)
        そうやって無邪気にじゃれついてくるのも君くらいだ。あんまりニャがもちはしないだろうし、今のうちに楽しんでね。(肉球で後頭部をなでなで)
        -- ニャンロア 2017-11-14 (火) 23:29:20
      • うにゃにゃ……うにゃ〜。(気がつけばエソルハも心地よさげな猫めいた声を上げ……仲良しキャッツな雰囲気。)
        うむっ!今日は期間限定センにゃんこ殿を目一杯楽しむでござるよ!……もちろん、猫モードが終わった後も楽しませて貰うでござるがね?
        (にくきゅうハンドで撫でられ撫でられしながらにひひと微笑むと、くのいちも撫で返しすりすりすりすり、その日は二人寄り添って過ごしたのでした。) -- エソルハ 2017-11-15 (水) 00:07:11
      • (そのうち……安らぐあまりに折り重なるようにしてスヤァするセンの寝顔があったとか。) -- ニャンロア 2017-11-15 (水) 00:09:52
  • (POM!) -- 2017-11-14 (火) 18:31:14
    • ふう……(手をぐーぱーぐーぱー) -- セン 2017-11-14 (火) 18:32:20
      • (ここから下は猫モードOFF) -- 2017-11-14 (火) 18:33:22

Last-modified: 2017-11-15 Wed 00:09:52 JST (737d)