桐生家出身 颯 467430 Edit

ID:467430http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp011872.jpg
名前:ハヤテ
出身家:キリュウ
年齢:20
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
方針:
edit/refer
難易度:
edit/refer
信頼性:
edit/refer
その他:ステータス/戦歴
参加:企画/ノタレガタリ
よく置かれるものの詰め合わせ

三行 Edit

  • 没落した退魔師の家系の末裔が!
  • 刀袋を手に!
  • 極貧生活!

退魔手形:所持
http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst075154.png

あばら家同然の庵 Edit

  • 街の外れ、森に程近い場所に朽ちかけた庵が建っている…
    外観は補修がなされ、それなりに綺麗にはなってきたようだ。
    &color(#0033FF){}; ハヤテ>名簿/464539 &br;
    編集:四次元刀袋  差分:四次元刀袋
    お名前:
    • せりやぼ2期への参加について話し合うております。意見や参加表明などくだされ -- 2012-03-12 (月) 23:34:33
    • はーやーてーさんっ
      お加減いかがですか?(ひょこっと覗き込む -- 礼蓮 2012-01-05 (木) 00:32:30
      • (ちょうどサラシ巻きの白い背中が着流しに覆われるところだった)…っ、と…!? こ、これは礼蓮様、お久しゅうございます。
        怪我の具合はもう大分良くなりましたゆえ、そろそろ少し身体を動かす時分かと…
        -- ハヤテ 2012-01-05 (木) 00:49:14
        • あや、お着替え中でしたか。ごめんなさいです(ハヤテが女だとまだ知らないので、さほど気にした様子もない)
          何よりです。動かないとなまっちゃいますもんね(無邪気に笑う。とてもはたちすぎとは思えない) -- 礼蓮 2012-01-05 (木) 00:59:20
        • ああ、いえ…もう済みましたゆえ。(帯を締めて礼蓮に向き直る。少し頬を描きながら)
          療養の間、あまりしっかりと動けませなんだ…腕が落ちていないと良いのですが。 ……しかし礼蓮様は相変わらずにございますなぁ。
          そちらは順調にございますか?
          -- ハヤテ 2012-01-05 (木) 21:00:23
    • (大怪我と同時に胸がしぼんでレイプ目で横たわっている) -- ハヤテ 2012-01-01 (日) 02:51:51
      • (ぶわっ)…胸の事はともかく、大丈夫かー…・? -- ライズ 2012-01-01 (日) 22:48:37
        • (むくり) ……むしろ怪我よりも胸の方が…(サラシに褌姿でさめざめと泣く) -- ハヤテ 2012-01-01 (日) 23:00:23
        • そんなに、だからあれほど戻った時のダメージは大きいだろうなって言っておいたろ!ちゃんと覚悟しておきなさいって!
          ………うん、うん?なんかすごい格好してる!?わ、悪い悪い(ひょいっと後ろを向き -- ライズ 2012-01-01 (日) 23:03:26
        • ううっ…されどこの格差は…! この虚しさは…!(泣きながらばしばし床を叩く)
          もう当てるものも見られて困るほどのものもありませぬ…! 男と変わりませぬゆえ…(半ば自棄を起こしながら着流しを申し訳程度に羽織る)
          -- ハヤテ 2012-01-01 (日) 23:33:36
        • そんな悲しい事言うなって!ちょっとはあるんだろ!全く男と同じってわけじゃないだろ!
          それにほら…胸だけじゃないって、他にも色々あるって…脚とか…?
          ってか、どうするんだ?まだ冒険者は続けるのか?…もう振り向いて大丈夫か? -- ライズ 2012-01-01 (日) 23:37:06
        • されど此処に来てからというもの、見た目で看破された事はありませぬ…!
          脚、にございますか…?(ふぅむ、と自分の足を伸ばして観察してみる。一応綺麗な脚線を描いてはいたが)
          ……分かりませぬ。どうにも色々と…気力が。 あ、はい…大丈夫にございますよ、見て面白いものでもありませぬが…(脚を眺めながら生返事。どうにも色々と自信を失っているらしい)
          -- ハヤテ 2012-01-01 (日) 23:57:11
        • そ、そこはほら、身体のラインが出にくい服を着てるからとかじゃねーかな!
          あと見た目が女っぽくても男って奴だっているからあんまり疑われないんだってきっと
          そうそう、脚とかお尻とかさ…そういう所にも男はどきっと来たりもするものだと思うぞ…?
          だーなぁ…ここからまた1からは結構キツいよな…ん(くるりと振り向き、覗く脚にびくっとしながら
          …ほらちゃんと綺麗な脚してんじゃん、もっと自信持てって、な…?いや巨乳で喜んだ俺も悪かったけども -- ライズ 2012-01-02 (月) 00:02:49
        • うむむ…男として生きるつもりにございましたが、今は女のとしての悩みに…
          いけませぬな、酷い半端者にございますよ……っ、たた…(少し傷が痛んだのか、そのまま仰向けに横になる)
          むぅ…殿方にとっては脚も魅力の一つにございますか?(レイプ目のまま、天井を見上げてぼんやり呟く。羽織っただけの着流しはあんまり隠せてない)
          -- ハヤテ 2012-01-02 (月) 00:21:15
        • まぁ…そう簡単に自分の性別を変えられるもんでもないだろーさ…しょうがねって
          ん、あ、大丈夫か、せめて傷が治るまではちゃんと大人しくしてろな…?ってなんちゅー顔でなんちゅー格好してるんだこれ!
          あ、相変わらず無防備なやっちゃな、襲われても知らんぞ全く…(ぽりぽり、と頬をかきながら視線を逸らし
          んー、まぁ、そだな…スカートがひらっ、てなったりすると思わず脚に目が行ったりとか…ハヤテは男を見てあんまりそういうのはねーの?筋肉が好きとか -- ライズ 2012-01-02 (月) 00:32:15
        • 今誰かに見られでもしたら…言い逃れできませぬな、ライズ様?(ハイライトの消えた瞳でぎしりと微笑む)
          ライズ様のおなご論は良く聞きまするが…いつもそうして目を逸らす所は実に初々しゅうございますな。(とりあえず襟を合わせた。多少隠れた)
          私はー…あまり考えた事がありませぬ。 されども…なんといって良いものやら。 腕に抱かれればきっと…幸せな気分になってしまうものやも知れませぬ。
          -- ハヤテ 2012-01-02 (月) 01:00:52
        • なにその微笑み!?落ち着け!落ち着け!気をしっかり持つんだ!妙な事企むなって!?
          ち、ちげーって、純粋に紳士だから的なあれであってハヤテの為をと思ってであって本気出したらマジすごいし、視線だけで孕むし!
          ハヤテは甘えたいタイプか…あー、まぁ、なんだ、今は色々弱ってるだろうし、そういう時は特にそうかもしれねーな…元気出せ、な(ぽむ、と頭に手を置き、撫でてみる -- ライズ 2012-01-02 (月) 01:19:12
        • ふふふ…そういえば…あの時は大丈夫にございましたか?(ふと先日の添い寝事件を思い出す)
          左様にございますか? しかしあの時もライズ様は……(表情はそのままで少しからかうように)
          ん、言われてみればそうやも知れませぬな…特にライズ様には甘え通しな気が致します…(撫でられると吐息を一つ。猫のように目を細めて擦り寄る)
          -- ハヤテ 2012-01-02 (月) 01:30:42
        • 兄にめっちゃ言われてんけど!何してたのー?ってにやにやしながらめっちゃ言われてんけど!
          ちゃうねん、あれはな、ちゃうねん、トマトジュースやねん、もう大人なのにそんな胸くらいで鼻血出して気絶とか?あり得ないっていうか?ちゃんちゃらおかしいっていうか?(肩を竦める)
          ま…俺の方が年上なんだし…それくらいは…(擦り寄るハヤテに例のごとくびくっ、としながら撫でる、なでなでしているうちに恥ずかしくなってきた弟
          …か、かぁっ!やっぱ柄じゃねーし、やっぱ柄じゃねーし、ツンツンクールボーイのイメージ崩れちゃうし!オラッ、オラッ(ぴしっ、ぴしっ、とハヤテのおでこに軽くでこぴんしながら -- ライズ 2012-01-02 (月) 01:39:53
        • それはそれは…されども、ああして添い寝するのもなかなか良うございましたよ?
          ふふ、ならばそういう事にしておきましょう… しかし、そんなライズ様もなかなか面白うございました…
          (柔らかい肌が微妙に触れたり触れなかったり。姿勢は日向で撫でられる猫状態)
          あにゃっ!? あぅっ!? なにをなさいます、ご無体なー…(やる気の無い悲鳴。しかし少し笑顔が戻った。少し感謝を込めてぎゅっと抱きついてから身を離す)
          -- ハヤテ 2012-01-02 (月) 01:49:18
        • こ、小悪魔的言動を!なんかちょっとイニシアチブを握られている気がする、くそぁ…!
          い、いや、まぁ、なんつーか、悪かったな、うん、ハヤテにも恥ずかしい思いさせちゃっただろうしな、うん、ハヤテには少しSっ気もある、俺覚えた
          女子の顔にデコピンとか完全にちょいワルだわ…キレたナイフだわ…尖ってるわ…さ、さて、んじゃ、今日はそろそろ帰るとするわ、またな、お大事にな! -- ライズ 2012-01-02 (月) 02:00:16
        • た、たまには…こういうのも良いかと。(若干恥ずかしかったらしく顔が赤い)
          …はい、少し気持ちが楽になりました…ありがとうございます、ライズ様。
          (着衣を整えながら、その背中を見送った)
          -- ハヤテ 2012-01-02 (月) 02:21:41

    最新の3件を表示しています。 コメントページを参照

少し詳しく Edit

  • 物語
    • 桐生家は元々「鬼斬り」の伝説を持つ退魔師一族であった。
      とある寒村にて退魔業を生業としていたが、歴代頭首は次々と夭折し、鬼の呪いとの噂すら囁かれる様になる。
      そんな折、御家再興をかけて一人の若者が旅立った。
      その者の名は桐生 颯。 十分な路銀も持たぬまま、家伝の刀袋のみを手に、退魔師募集の噂を聞いてやって来たはいいが…
  • 桐生 颯という者
    • 桐生家最後の生き残り。
      幼少の頃より病弱で、ある程度健康体となった今でもかなり線が細く、背丈は低く、一見女と見紛う童顔。
      物腰は柔らかく、穏やかで暢気者。
      しかし退魔の腕は確かで、故郷ではそれなりに実績を積んでいた。
  • 家伝の刀袋
    • あくまでも刀袋であって家伝の宝刀が入っていたりするわけではない。
      その価値は、巫術によって見た目以上の物が入れられることにある。
      刀は勿論の事、槍や薙刀、火縄銃まで、様々な武器を用いて退魔を行う。
      ちなみに、何をどれだけ入れても重さは刀を一本入れた刀袋の重量から変わらない。
      また、刀袋の中には代々様々な武具が入れられてきたため、颯自身も一体どれほどの武具が入れられているのか知らない。

  • 退魔の力
    • 鬼斬りの伝説を持つ陰陽師である初代当主より、代々受け継がれてきた武術と巫術を用いて戦う。
      颯の場合は武器に木火土金水の5行の力を宿して戦う事を最も得意とする。
      様々な武器を使い分けるが、最も得意とする武器は刀。長巻や野太刀なども使う頻度が高い。
      他にも様々な効果を持つ呪符を使ったり、型代を操ったりと、いくつかの巫術を扱える。

  • 桐生家
    • 地方の寒村にて退魔を生業としてきた一族。
      初代当主が一刀の元に鬼を斬り伏せたと言われ、『鬼斬りの桐生』という名は退魔師界隈ではそれなりに知られている。
      当主は代々家伝の刀袋を受け継ぐが、その房紐の結びが桐の花を象った飾り結びとなっているのが特徴でもある。

  • 武器
    主に使う武器は以下の通り。
    • 打刀
      近距離における基本の武器。扱いやすく最も手に馴染んだ武器である事から最も多用する。
      銘は無く、実用性重視の天正拵。

    • 野太刀
      長さ5尺近くに及ぶ長大な飾太刀。桐生家初代当主が鬼を斬り伏せた際に使用したという逸話の残る太刀である。
      体躯に恵まれない颯は、舞うような動きの反作用で振り回す事を得意とする。
      桐生家においては『童子切』の通り名で呼ばれている。

    • 長巻
      全長6尺5寸、その半分が柄という構造の刀剣。野太刀のような長大な刀身を長い柄で扱いやすくした代物。
      野太刀よりも扱いやすいため使用頻度は高い。


    • 長さ約8尺ほどの標準的な素槍。長い間合いを持ち、貫通力に優れる。
      硬い相手や大柄な相手に使う事が多い。

    • 火縄銃
      口径十匁、破壊力を重視した大口径の火縄銃。早合を用いて装填を行うものの、やはりあまり連射が利かないのが難点ではある。
      近づくのが危険な相手、または飛んでいる相手などに対して用いる。

    • 焙烙玉
      いわゆる手榴弾。導火線に火をつけて投擲する。
      爆風と破片で攻撃するものの他、油で炎上効果を狙ったもの、煙を噴き出す物、強烈な光を放つものなど、いくつか種類がある。
+  隠し設定



英雄町 Edit

http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst075124.png
編集
お名前:
  • 英雄町
    • 大通り
    • めし処・茶屋

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照

文を送る  Edit

 //


Last-modified: 2011-11-26 Sat 22:45:56 JST (3113d)