施設/英雄町
英雄町へ

  • 英雄町
    • 大通り
    • めし処・茶屋
  • 英雄町
  • 英雄町
    • 旅籠の連なる通り
      • 最近この街に来たという男が滞在している) -- 2011-12-05 (月) 23:09:27
      • 思っていた以上に活気がありませんね…(旅籠の一室で呟く)
        土地の宗教施設と組んで出開帳でもできれば、有耶無耶に店を開けるかとも思ったんですが…ふむ -- セデス 2011-12-12 (月) 23:22:49
      • 仕方がありませんね。いったん引き揚げて、政情が変わるのを待ちましょうか(溜め息ひとつ)
        (荷物をまとめ、長く逗留していた宿を後にした) -- セデス 2011-12-13 (火) 17:10:32
  • 英雄町
    • 大通り
      • (旅装束の男。黒髪に黒い目、服装にも違和感は無く… 見た目から異国の人間とは知れないだろう)
        さて、先ずは足がかりにホテr… 宿を探さないとですね(辺りを見回す) -- セデス 2011-12-05 (月) 00:06:37
      • (長屋の屋根を飛び移って、今日も今日とてお使いの真っ最中 最近宿屋の小間使いみたいな感じになってきた) -- 礼蓮 2011-12-05 (月) 00:34:46
      • (屋根の上の様子には気付く風も無く、通りを歩く)ディアマンテさんの言っていた宿は、もうすこし奥でしょうか
        …先に、腹ごしらえをしたほうがいいかもしれませんね(めし処の暖簾を横目に) -- セデス 2011-12-05 (月) 00:39:06
      • (屋根から下りてきて、セデスの前でひと声鳴く) にゃあ -- 黒猫 2011-12-05 (月) 01:16:48
      • …おや、黒猫とは縁起がいいですね(遥か西方の国ベルチアでは、黒猫は功績高き魔術師の生まれ変わりとされる)
        試しに訊ねてみましょうか。このあたりに、あまり堅苦しくない宿はありませんか? -- セデス 2011-12-05 (月) 01:25:00
      • (猫は暫くセデスのことを赤い目で見上げていたが、タタッと通りを駆け…)
        (とある路地の前で一度立ち止まり、セデスを振り返ってから… 路地に消える)
        (追いかけて路地を覗けば、旅人が良く使うような安宿の多い通り… どの宿も、身元の詮索などは煩くなさそうだ) -- 黒猫 2011-12-05 (月) 01:32:44
      • おや、これは… (黒猫を追い、路地を曲がれば) 訊いてみるものですね
        お礼をしないといけませんが…さて、なにか持ってたでしょうか (猫が好みそうなお礼を考えつつ、路地に黒猫の姿を探す) -- セデス 2011-12-05 (月) 01:43:38
      • (見回せど猫の姿は見当たらない… 何処かへ走り去ってしまったようだ) -- 黒猫 2011-12-05 (月) 01:57:49
      • …不思議な猫でしたね。まるで、こちらの言葉がわかるかのような(それでも暫し、路地を眺めてから)
        またあえるといいのですが… (諦めて近くに宿を取り、旅の疲れを癒したという) -- セデス 2011-12-05 (月) 02:05:48
    • めし処・茶屋
  • 英雄町
    • 打って変わって晴れ晴れしい朝
      • なぜか置いてある振る舞い酒 -- 2011-11-19 (土) 06:15:20
    • 大通り
    • めし処・茶屋
    • 昨夜事件があった
      • (詳細はコメントページ内)
  • 全て世は事もなし……
    (一夜の騒乱の跡を見て、些か溜息混じりに呟いた…神世からすれば些末な出来事なのだろうが) -- ? 2011-11-19 (土) 08:25:43
  • 英雄町
    • 大通り
      • (わらわら出てきた通行人ABCDEFの一団は、惜しげもなく地面に山を作る小判の山をみて、何事かとささやきあっている) -- めもり 2011-11-19 (土) 01:03:00
      • あー……えーと、あれ?あれって……(鎧と暢気にコントをしていたが何か非常に不味い事が起こっている事はよく分かった)行って見ないと、ですかね(正直言ってあまり相手をしたくないタイプな気はしているが、仕事である以上これ以上許す訳にも行かないのである) -- 一片 2011-11-19 (土) 01:06:11
      • んまぁ女と二人でデートに『お食事』ってどこにでもある風景だぁなぁ(ありゃりゃやっちまったと他人事のような雰囲気、俺頭痛がするからパースとひとひらちゃんに折衝を任せちゃう) -- 隆斗 2011-11-19 (土) 01:08:02
      • (そんな野次馬の壁に当って、みるみる増えていく人だかり。)
        (しかし突然、緩みきった恵比須顔の店主が影に飲まれる異常事態が発生!一斉にみな逃げ出した!)
        (はじめに居た野次馬供は逃げ送れたり腰を抜かした、善良なる市民を手助けするように物陰へ引っ張り込む。) -- めもり 2011-11-19 (土) 01:08:59
      • そんな暢気な……と言ってもお仲間さんですもんね、仕方ありません!ここは私の仕事ですか!
        ってもう誰かいるので様子を見つつにしますかね……しまらないな、私 -- 一片 2011-11-19 (土) 01:11:25
      • いやいやいや、君タイマシーだろ。あの2人とあと横のちっこいのも妖怪だぜ、加勢いった方がいいとおもうなぁ! -- めもり 2011-11-19 (土) 01:17:28
      • ほれ、私後ろから補助系のスキルつかってあげるから、ね! -- めもり 2011-11-19 (土) 01:18:36
      • いやまぁそうなんですけどね、あんまり人の手柄を横取りするのもどうかと……でもそんなに一杯いるならひとつくらい貰ってきますか!お姉さん妖怪事情に詳しいですねぇ(ほんの少し怪しむ視線を投げてから茶屋の方へ慎重に移動する) -- 一片 2011-11-19 (土) 01:20:49
      • そんなキャラだったっけキミ…(なんか妙に押すなぁとぶるんぶるん揺れるおっぱい見つつ) -- 隆斗 2011-11-19 (土) 01:22:44
      • がんばれ〜 (いぶかしげな視線を笑顔でスルーしてさっと、道端の背景と同じ柄のシートを被って隠れる) -- めもり 2011-11-19 (土) 01:24:36
      • (シートの内側、染み出すように猫の体温。外に聞こえないヒソヒソ声) …イチザの次にはコレ?
        何を企んでるのさ -- 黒猫 2011-11-19 (土) 01:29:23
      • よけいなこというとその鎧を全部プラ成型に作り変えてやすっぽくしてやるわよ
        (こそこそと隠れつつ様子を伺う) -- めもり 2011-11-19 (土) 01:29:46
      • ぬこは三味線にしちゃうわよ -- めもり 2011-11-19 (土) 01:30:04
      • (シートの下から様子を覗うめもりの、肩ごしに顔を出して様子を覗う)
        あの大物妖怪も「利用」する気? あれは、イチザみたいに単純じゃないと思うよ クキ♪(あくまで、ヒソヒソ声で) -- 黒猫 2011-11-19 (土) 01:34:32
      • 利用だなんて、人聞き悪い、私は面白くしてあげてるだけよ?
        どんな物語だってね、観客がいなきゃ名作にはならないのよ。ふっふふーん♪もうすこし、逃げ出すのが速かったら・・・今頃この辺には誰もいなかったでしょうね?
        (そう、ここには観客が居る。逃げるタイミングを失った町の人達が、退魔師と妖怪の立会いを遠巻きに見守るハメになっていた。) -- めもり 2011-11-19 (土) 01:45:56
      • 観客かー…。相変わらず、僕には理解できないや (背中の猫が溜息をつく)
        半分くらいはエサにするつもりだったんじゃないの? (この猫は、そう思ったのだ。被害を、「話」を、大きくするための贄かと) -- 黒猫 2011-11-19 (土) 01:51:12
      • もう1人喰われてるもの、それをたくさんの人がみた。物部壱座の襲撃に続いてふたたび町で妖怪が!
        話手が増えれば増えるだけ盛り上がるのよ、使い捨てになんて出来るわけないじゃない? -- めもり 2011-11-19 (土) 02:01:41
      • 店の中でも、何人か食べられてるよ。あのお姫さま、すごい大食らいだ (そういえば、また一ヶ月ほど人を食べていないなあと思いながら)
        …あ、沙耶子が逃げたね -- 黒猫 2011-11-19 (土) 02:09:27
      • (沙耶っ子あいかわらずキャラがぶれないあざとい萌えっぷりを、発揮・・・と)
        ああ、そういえば、ねぇ黒QB、あんたあの黒いのの事詳しいの? -- めもり 2011-11-19 (土) 02:10:18
      • あの大物妖怪のこと? …間近で見るのは、今日が始めてかな
        僕も詳しく知りたかったんだけど、好奇心は猫を殺すね… 肝が冷えたよ -- 黒猫 2011-11-19 (土) 02:18:43
      • あっはぁ!そーなんだ!また調べなきゃいけないことがふえちゃった!・・・おっと、大声だしたら、ばれちゃうわ。
        ふふっ今日のカードは最高ね、謎の大妖怪に、あの烏帽子の人も大概謎いのよ、よくみえないのよ、物語が・・・
        見えないと知りたくなってたまらないじゃない、あはぁっ -- めもり 2011-11-19 (土) 02:30:13
      • あとあの耳っ子は沙耶子と絡み合ってくれたらよかったのになーざんねん、殺されないといいなー
        (自分であおっておいてこれである) -- めもり 2011-11-19 (土) 02:32:34
      • …物語 (きゅ、と綿入れ越しの背に爪が立つ)
        イチザと伊東天狗のケンカの理由、めもりなら知ってるかい? -- 黒猫 2011-11-19 (土) 02:32:48
      • 何のお話?(シートを影の手がめくってひょいっと覗き込む。それを見た町人が悲鳴を上げた)
        (くるっと振り返って)…あ、逃げなくて大丈夫よ、もういっぱい食べたし「お菓子」ももらったから。
        …煩く騒いだら食べちゃうけど。ふふ(逃げ遅れた町人がどよめく中、鈴のような声を響かせその場に凍りつけるような事を言い、笑う)
        ……で、何の話?あれ、さっきの猫はお話できるの?(無邪気に首をかしげて興味津々な瞳を二人に向けた) -- 藍鬼太夫 2011-11-19 (土) 02:37:06
      • にゃぁー…ぉぅ (目を逸らしてひと鳴き… しかし誤魔化しきれないと諦めたらしく、空気の漏れるような音をさせて笑う) クキ♪
        …たまに、あのお大尽が引手茶屋を借り切って大盤振る舞いするじゃない。木っ端妖怪や、肝の据わった人間も交えて
        僕は、時々おこぼれに預かってた化け猫だよ。太夫の道中も、何度も見たさ -- 黒猫 2011-11-19 (土) 02:43:48
      • (おい黒QB爪痛いといおうとしたところで、ひゅるりと冷たい風が被った布の中に吹き込む。)
        いやん、えっちぃー!(黒猫を背中にひっつけたまましゅばっと影から逃げる。)
        (その瞬間、めもり達が隠れていたシートが文字となってバラけて消えた。)
        あんたとあっちの黒いの物部の仲間かしら? -- めもり 2011-11-19 (土) 02:49:12
      • (ひらりと めもりの背から降りる) こっちの女は退魔師だけど、働かない退魔師だって自分で言ってる
        陰でもっとタチの悪いことしてるけど… 太夫にはあのおっかないお大尽が付いてるから大丈夫だね、きっと クキキ♪ -- 黒猫 2011-11-19 (土) 02:53:31
      • ふふっ、猫の子はおかしな笑い方するのね?上様が「おだいじん」やる時はいつも側にくっついてるから知らなかったな。
        (しゃがみこんだまま、シートが文字になって消えると瞳を輝かせて)…わあ、面白い仕掛け!!
        人の匂いがするから何かなと思って来てみたらいいものが見れたの。あなた人間?それはどうやって……
        うん?物部さんってなぁに?どこかのお茶屋さん?朱藍は東から来た人食いの鬼で…ただの遊女だよ。上様の。ふふっ。 -- 藍鬼太夫 2011-11-19 (土) 02:57:35
      • Dr.ライトマンの話が本となら、そのまぶたの動きは嘘をついてる時の反応ではないわね
        (誰も見たことのないのに、在ると言われる、妓楼『蜂兎』そこにそんな名前の妖怪遊女がいると、メモしたことがある。)
        黒Q?私に協力してくれてるからって、変なこと言いふらしたらヒゲひっこぬくからねー! 
        (わざと大声である、周りで息を潜めて、事件を見守っている周りの目があるのだ、うっかり正体がばれるのはまずい)
        わたしはめもりっていうの、かんせ・・・じゃない、隙をうかがってたら、あっさり見つかっちゃったみたいね! -- めもり 2011-11-19 (土) 03:12:53
      • 朱藍は嘘が下手だからあんまりつかない事にしてるの。えへへ。
        (立ち上がって着物の裾を持ち)あなためもりって言うのね。覚えておくわ。妖怪と仲がいいのに退魔師なんて不思議。
        皆は朱藍のこと藍鬼太夫って呼ぶけど二人は朱藍って呼んでいいよ。面白いから。
        ふふふ、話し声はするし、人もまだいるし気づくよ、朱藍は鼻がよいの。
        …めもりも上様と朱藍の首を取りに来たの?(敵意のない様子でニコニコはなしかけ) -- 藍鬼太夫 2011-11-19 (土) 03:30:16
      • …こっちの台詞だよ。人間にならまだしも、妖怪に睨まれたら僕この町に居られないんだからね(めもりをジト目で、こちらは小声で続ける)
        (注目は集めているが、さっき何人もの人間を「食べて」みせた遊女の… その声が届く間合いに居られる者がどれほど居るだろうか)
        小芝居には、付き合わないよ (トトッと二人から距離をとり、毛繕いをする。ただの猫のように) -- 黒猫 2011-11-19 (土) 03:38:51
      • (安心しなさいよ、この暗がりでアンタが黒猫かアメリカンショートヘアかなんて見分けつく人間は居ないわ。とつけくわえておく)
        これ以上悪さするなら、首を狙うのもやぶさかではないわね・・・人を守るのがお仕事なので! -- めもり 2011-11-19 (土) 03:54:16
      • (毛繕いをしていた猫はめもりの声に跳びあがり、物陰へ。どの口が言うかな…と聞こえたような、聞こえないような)
        でもまあ、めもりが「仕事」するところが見れるとしたら… 見逃す手はないよね クキ♪ -- 黒猫 2011-11-19 (土) 03:59:15
      • 朱藍悪いことしてないよ。お金払ってご飯食べただけだもの。うーん、でも人を守る子にとっては悪いのかな…。
        (眉根を寄せて悩む声)そだな、めもりはおいしそうな匂いがするからめもり食べさせてくれたら今日はもう食べないで帰ろうかな。
        …なんか不思議な匂い。いい匂いだけど食べた事ない匂い(くんくんとくっついて匂いかぐ)…ひとくちでもいいよ? -- 藍鬼太夫 2011-11-19 (土) 04:01:33
      • あはぁーそのなりで太夫って名乗ることはあるわね、本当に綺麗な子だわ、誰でも一目ぼれするわねぇ
        (藍鬼太夫の顔くらいありそうな乳房が潰れるほど、密着されても動じた様子は見せない。)
        (むしろ、喜んでいるような、困り眉の笑顔である。)
        でも、断る!一口で丸呑みされちゃたまんないわ
        (しゅっと袖の中からその手にメモ帳と筆・・・じゃなくてシャープペンシルを握る。) -- めもり 2011-11-19 (土) 04:18:13
      • ふふ、ありがとう。女の子に褒められるとちょっとくすぐったい感じ(ぎゅーっと抱きついてすりすり。よっぽどいい匂いらしい)
        めもりも金の髪が似合って綺麗……うん?何か書くの?歌?(きょとんとした顔で腕を緩め) -- 藍鬼太夫 2011-11-19 (土) 04:26:29
      • (とん、と軽く後ろへ飛んで太夫から離れる。)
        歌でもあり詩でもあり、そうね、私が綴るのは「記憶」あんまり、人には見せないことにしてるんだけど・・・
        今日は誰も食べずに、おとなしく帰るっていうなら、特別に私の術?って奴、見せてあげてもいいわよ -- めもり 2011-11-19 (土) 04:33:49
      • 記憶…?何だろう。朱藍は人の技はあまり知らないの(おいしそうなにおいが遠ざかったので名残惜しそうに指をくわえた)
        んー…いい匂いかいだらお腹がすいてきちゃったから…術見てから考える(影から触手のような手が無数に伸びてあたりに広がる)
        (遠巻きに見ていた人々に届きそうなほどに。凍り付いていた人々が小さく悲鳴を上げた)…ふふ、どんなのかな。 -- 藍鬼太夫 2011-11-19 (土) 04:47:44

      • それで、見るだけみて、やっぱり面白くないとか言うのかしら、ずるい子!そういうの好きよ
        でも、これは掛け値なしにすごいわよ!(めもりがメモ帳にペンを走らせる、Reproduction
        (それは突然現れた。大通りの両側の家並の軒先が巨体に押しのけられて、へし折れた垂木と瓦が落ちる。)
        (あまりに巨大すぎて、一瞬では全容がわからない。見上げれば、それは巨大な白馬に)
        (跨った黄金色に輝く騎士の威容であった。)
        (出現と同時に足元に燃え上がる篝火を受けて、騎馬と騎士を鎧う甲冑の黄金が揺らめき煌いた。)

        (家並の遥か頭上に振り上げられた剣は燃え盛る火炎ような模様が掘り込まれ、)
        (それが揺らめく篝火をうけてうねるような光の反射をみせる。)

        (騎士は黄金をまとい、鍛え上げられたその肉体は、一切の闇を払うように純白)
        (まるで西洋のおとぎ話に出てくる英雄、光の勇者の姿そのものの巨人が大地を揺らし降臨した。) -- めもり 2011-11-19 (土) 04:52:21
      • (物陰。赤い目が光を受けてキラキラと)
        (何処から取り出したのか判らなかったが、さっき纏っていた布は文字になって消えたのを見た)
        (その前に姿を変じていた時は、かりそめの姿が文字になって剥がれ落ちるのを見た)
        (そして今、メモ帳になにやら書き綴ることで大通りの景色を一変させるのを見た) つまり、あの帳面が術のタネかな…?
        思ってたのよりずっと、すごい術だね(物陰に、空気の漏れるような音が響く) -- 黒猫 2011-11-19 (土) 05:09:38
      • なっ…幻…?(突如現れた巨大な存在に後ずさり、焦る声)
        (…違う。幻じゃない。大地が揺れ素振動は影を通して伝わる)
        (てっきり異人が見せる手品というようなものだと思っていたのに、見たら食べてしまおうと思っていたのに)
        (見上げると剣が鎧が篝火に光る。…喰われるのは自分の方か)
        …ずるいのはめもりだわ。こんな力を持っていて弱いふりなんて。
        (菫色の瞳が細められ、唇が弧を描く。人間の中にこんな存在があったなんて)
        (糧となるだけの人間に脅かされる屈辱。でも、同時にとても嬉しい。新しいおもちゃを見つけたようなそんな気分)
        すごく面白いけど、大人しく帰るのは無し。人を食べないのも無し…それは上様の邪魔になりそうだもの。
        (影の触手たちが一気に人に伸び、喰らい尽くそうと人々を覆う。戦うためには力が必要だ)
        (はじめに眠らせておいた水干姿の童を租借する)
        (バリバリと乾いた音が響き)
        …えっ。なに、この音…人形?
        (驚いて童を見る。誰が見てもお人形。今更だ。けれど彼女にはずっと人に見えていて…)


        (一瞬で影の触手たちが消える。か細いうめき声をもらして花魁は地に倒れた。口元を押さえて苦しそうに)
        う……っ。うえ、さま……。 -- 藍鬼太夫 2011-11-19 (土) 05:15:52
      • (藍鬼太夫が、ずっと連れていた「人形」を喰らった瞬間に狼狽するのを見て。)
        (よっしゃぁああ!やっぱあれあいつの罠だったぁ!ラッキー!超ラッキー!と内心ガッツポーズしまくるめもりさん。)
        (でもかっこ悪いから、意地張って、にやりっと笑うだけで我慢しとく、冷や汗だらだらものである。)
        (なぜなら、この巨人、実はただの像なのだ) -- めもり 2011-11-19 (土) 05:27:36
      • ……余の顔を見忘れたか?
        (余裕の中にも僅かに苛立ちを込めた声色……其の声が朱藍の耳に届いた時、既に其れを発する主は既に朱藍を抱き抱えていた)
        阿呆が……拾い喰いのし過ぎだ……租の様で余の伽を担おうなどとは笑止千万……どうなるか、分かっているだろうな朱藍?
        (眉根を吊り上げ、腕の中の花魁にきつくそう言葉を投げる) -- 零院殿龍山永秋蓮嶽公大居子 2011-11-19 (土) 05:30:19
      • (闇夜の中に輝きを放つ巨人の足元でめもりがビクッと固まる。)
        (こいつらは、ヤバイくらい強い、でも強いから2重に張られた罠には気づくまい!そこまで考えたはよかったが・・・完全に2人組みだったことを忘れていた。)) -- めもり 2011-11-19 (土) 05:37:32
      • (しかも間をおかずに、再現した巨大な勇者像が勝手にその姿を揺らがせて、きえていくではないか!) -- めもり 2011-11-19 (土) 05:40:25
      • うえさま…ごめんなさい、だまされちゃった……。
        (人形の破片が影の中からばらばらと飛び出した。破片に少し血のようなものがついている)
        (影からつながる本体に傷がついたようだった)
        (少年の腕の中でしゅんと身を竦める)…勝手なことしてごめんなさい…。
        は…早く、早く逃げて…朱藍が邪魔ならおいてって、あんな大きいのと戦ったら上様だって傷ついてしまう。
        (ぎゅっと彼の着物を握って金髪の少女と猫を振り返る)うえさまは、誰にも傷つけさせな…
        …っ(言葉の途中でかくんと気を失ってしまった。口の端から細く血が一筋。人形を飲み込んだ傷のせいだ) -- 藍鬼太夫 2011-11-19 (土) 05:45:47
      • (巨大な像は黄金の粒子を放つように、まだそこにぼんやりと存在してはいる、が・・・) -- めもり 2011-11-19 (土) 05:47:32
      • 余を侮るな愚か者が……
        (苛立ちを露にして一度だけ大きく大地を踏みしめれば、少年の影が大きく広がり、周囲の幻を飲み込んで消える)
        たかが側室一人を守るなど造作もないことだ……汝は余の供物……余に捧げられた供物を余が手放す事はありえない……目を覚ましたらまたじっくりと其の身に刻んで教えてやる
        (そして、一度周囲を見渡して、微笑む)
        思った以上にやれるようだな、退魔師共……汝らの活躍で珍しく之のしおらしい様を見れて余は満足だ……愉悦に足る座興であった。今宵は退くとしよう
        (そう云えば、既に闇に融けて其の身は宵闇の中に消え……紺と菫の眼光のみがその場に残る)
        遊興の駄賃だ……受け取るが佳い
        (そう云って完全に闇に溶けて二人の姿が消えると同時に……その闇が凝縮し、奇妙な欠片となってその場に落ちた)
        (人数分あるが、拾わなければ勝手に消えるだろう。光を反射しない、黒塗りの奇妙な物体だ。手に取れば手に取ったものの望む形となるだろう) -- 零院殿龍山永秋蓮嶽公大居子 2011-11-19 (土) 06:01:10

      • (朝日が照らす前の一番暗い闇に沈むその姿が消えると同時に、黄金色の飛沫も篝火も消えた。)
        ぶはぁー!!あはは、アイツ一度も巨像につっこまなかったな・・・やっぱ見破られてたかしら
        (※どっかの国の世界遺産、伝説上の王様の像だったらしい)
        (完全にその気配が消えたのを確認したあと、おそるおそる残ったものを一つ手に取った。)
        なんだこれ・・・?
        (なんだかさっぱりわからない、わからないが・・・怖い思いして手ぶらは癪なので、持って帰ることにした。) -- めもり 2011-11-19 (土) 06:10:42
      • 全くもう、疲れる相手でしたね……はぁ(がっくり)首とまではいかなかったですけど、まぁこれで我慢しますか……罠な気もするけど(よく分からない黒い欠片を拾ってもっていく) -- 一片 2011-11-19 (土) 06:13:12
    • 茶屋前
      • (其の仕草から意図を察して、深く嗤う。元因り其の心算で買い上げた。なら返答は一つしかない)
        (店主の顔を見て、徳利を空にして嘯く)
        余は店ごと買うと云った……そして、その男は其れに是と答えた。ならば同意の上ということだ
        その男は欲望の儘に余の代価は受け取った……ならば、契約は既に成されている。思う様喰らえ
        (深く、深く……微笑んだ) -- 零院殿龍山永秋蓮嶽公大居子 2011-11-19 (土) 00:55:48
      • 嬉しい。ずっとおなかすいてたの。欲が深くておいしそうね。
        (二人の言葉の意味がわからなくて、あいまいな笑いを浮かべている店主に花の様な笑みを向ける)
        (太夫と呼ばれる少女の優雅で無邪気な笑み)
        (そして)
        …いただきます。
        (彼女の微笑みに呆けている店主の影が突然膨れ上がり)
        (一瞬でその姿を飲み込んでしまう。ごりごりと租借音が響き、合間に醜く濁ったうめき声)

        (その様子見見た人間達が悲鳴を上げて逃げ出していく)
        …うん、なかなか(猫の背を撫でて、満足げに呟く) -- 藍鬼太夫 2011-11-19 (土) 01:02:16
      • 凶事の叫びの中、龍笛の音がどこからか流れるだし、いつのまにやら能面をつけた童が立いた。 その童の背後にもまた水干姿の童、こちらは面をつけていない。 そして、鬼の前に畏み我が身を差し出している。 もはや、叫ぶものはおらず、かがり火の爆ぜる音のみが静かに響いた。 -- ビクシュ 2011-11-19 (土) 01:08:17
      • (急に見物人が増えた。視界に「めもり」が居るのを捉える)
        (まさか…  ともかく、普通の猫の振りをするしかない。太夫の行動に、眼前で起きた惨事に驚いた振りをして身を翻らせる)
        に゛
        (おそらくは太夫が「人の味」に酔う隙を突き、腕を逃れ通りの影に奔った。肝を冷やしながらも、あくまで猫の速度で) -- 黒猫 2011-11-19 (土) 01:10:19
      • くくく……余程空腹だったようだな……それだけ喰いっぷりが佳いと余も散財した甲斐があるというものだ
        (大通りに満ちる悲鳴……恍惚とした表情で其れに聞き入りながら、二本目の徳利に手をつける)
        中々に心地佳い懐疑と恐怖だ……之では酒も進むというものよ…… -- 零院殿龍山永秋蓮嶽公大居子 2011-11-19 (土) 01:11:33
      • 珍しい食い方するわね、あんた。
        (無事逃げおおせた黒猫を内心ほっとしながら見送りつつ)
        で、どうすんの朱藍?逃げるなら手ぇ貸すわよ、お連れさんの力ならカチあっても問題なさそうだけど -- 沙耶子 2011-11-19 (土) 01:16:08
      • お店ごと、だから従業員の子も入っているよね?いただきまーす。
        (影は身をすくませて動けない人間に無差別に襲い掛かり、その身を飲み込みつづける)
        …あっ…猫、逃げちゃった。むう、笛の音苦手なのかな?
        (人の悲鳴も彼女にとっては日常。猫が自分や悲鳴に驚いたとは思わない。残念そうに小さな姿を見送って)
        なぁに。食べられに来たの?朱藍は醜い大人が好きだけど…上様、食べる?
        (童に緊張感のない声で話しかけて、隣の少年を見て)
        ふふ、沙耶子大丈夫よ。上様が守ってくれるもの。
        (一寸も疑いのない彼を信じきった笑顔で答える) -- 藍鬼太夫 2011-11-19 (土) 01:21:56
      • なるほどなるほど、それならそちらには私がお邪魔させていただきましょうか!
        助太刀を断られたからって黙って見ててくれるとも限りませんしねぇ(腰の刀に手をかけて精一杯余裕の口振りで話しかけながら近寄る 相手どころか仲間と思しき者の手の内も知らないので慎重に) -- 一片 2011-11-19 (土) 01:24:58
      • 如何にも。逃げる必要はない……天下の往来は等しく皆のモノであろう?(愉快気に笑声を漏らしながら、龍笛の音色に耳を傾ける)
        ……ほう、今宵の遊興……題目は汝か? -- 零院殿龍山永秋蓮嶽公大居子 2011-11-19 (土) 01:29:57
      • 鬼の目にはまことの童に映るが、退魔師の目には童は人形で有ることが見て取れる。
        あたかも人形浄瑠璃。
        すでにこの場は夢と現が混ざり合い、座興なのか凶事であるのか、鬼と術師、術師と人、人と鬼。
        それらの人垣の間には見えない壁のようなものができていた。 -- ビクシュ 2011-11-19 (土) 01:32:24
      • そう、ならいいけど…気をつけないとだめよ、どっから来るかわかんないからね?ここは人間の領域だし。
        さて…ふ、運が悪かったわねそこの獣耳っぽいの!あたしは強いわよ!
        (戦闘はてんでだめな小鬼達、沙耶子の後ろにくっついてぎーぎーが鳴りたてる) -- 沙耶子 2011-11-19 (土) 01:33:12
      • あら、もう一人。食べられに来たの?…貴方、おいしそうね。高いお菓子みたいな匂いがする。
        …上様、手を貸した方がいい?(唇を舐めたあとに、くすくす笑い)終わったらあの子を朱藍に頂戴な。
        朱藍は着物を汚したらかむろに怒られるし、上様と沙耶子を応援するわ(お腹いっぱいになったので足をゆらゆら上機嫌) -- 藍鬼太夫 2011-11-19 (土) 01:36:24
      • 安心してくださいそこの西洋っぽいの!私だってそれなりですよ、小さいからって甘く見ない方がいいです!(目立ちたがりの血が出てきたのか大きな身振りでびしっと指を突きつける)
        細かい事情は分かりませんが、これ以上人をどうにかするというなら私達が相手です!増援を待つまでもない! -- 一片 2011-11-19 (土) 01:39:44
      • 要らん……人の子が何人束になろうと同じ事……余一人で十二分だ。終わったら土産にくれてやる。下がって大人しくしていろ
        (徳利を投げ捨てて立ち上がり、朱藍と沙耶子を背後に押しのけて前に出る)
        さて、退魔師といったか……? 今宵、余は気分が佳い……暫し戯れに興じることもまた吝かではない……魔性の凶行、止める気概があるのなら……かかってくるがいい
        (凄絶な笑みを浮かべ、腰の大刀に手をかける) -- 零院殿龍山永秋蓮嶽公大居子 2011-11-19 (土) 01:44:21
      • ほう……面白い遊戯だな……成程、座興に足る愉悦……ある程度期待は出来そうだな……くくく
        (ビクシュの幻術……同じく幻術を繰る身。妖怪は一目で其れを見破り、酷薄に微笑む)
        (続いて一片を見て、同じく嗤う)
        其方も其方で面白い『形』をしている……芳しい同属の匂いだ……喰らえばさぞかし美味であろうな -- 零院殿龍山永秋蓮嶽公大居子 2011-11-19 (土) 01:49:31
      • あや、相手が変わってしまいましたか……別に構いませんけど(刀を抜いて下段に構える)
        お褒めに預かり光栄ですけど、まだ食べられるつもりはないですからね!寧ろあなたが私の大手柄になるがいいでしょう! -- 一片 2011-11-19 (土) 01:53:34
      • くくく……威勢が佳いことだ……ならばやってみせるが佳い。我は幽世の懐疑と恐怖を統べし者……零院殿龍山永秋蓮嶽公大居子
        之もまた戯れだ……宵闇の深淵を恐れぬと云うのなら、かかって来るがいい -- 零院殿龍山永秋蓮嶽公大居子 2011-11-19 (土) 02:00:48
      • 朱藍は折角だし「お菓子」をもらっておこう(赤い敷物、赤い傘。主のいなくなった店。傘の影から同じ色の手が伸びて、童の人形を引き寄せる)
        (彼女には人形は怯えすくんでいる子供に見えて、なだめる様に頭を撫でる)大丈夫よ。怖いことなんて何もしないわ。
        (人形に微笑みかけて、戦いを見守る。いつこの子を食べようか考えながら、楽しそうに) -- 藍鬼太夫 2011-11-19 (土) 02:04:31
      • ぎぎぎ…(自分より格上の妖怪に一喝されれば、歯噛みしながらもそれに従う)
        ぐう、じゃ、じゃあ後はあんたに任せるわよ。あたし達は一足先に失礼するわ!
        ちゃんと朱藍を守りなさいよー…(ちゃっかりお菓子の載った器を持ちつつ、小鬼達とさっさと逃げ出した) -- 沙耶子 2011-11-19 (土) 02:06:29
      • ひょーう、ひょーう…ビン、ビン、トントト…トトト…。 誰が打ちならしているのか、場に合わせて龍笛だけでなく琵琶、小鼓の音がひびく。 -- ビクシュ 2011-11-19 (土) 02:08:43
      • ええい舌噛みそうな名前して!言われなくてもやりますよ、もちろん!あっちは……まぁ大丈夫そうか……(逃げる妖怪の方を一度見てからきゅっと刀を握りなおす、ちょっと自分には大きすぎる手柄首の様な……)
        戯れで食べられたり殺されたりしたらたまったものじゃないんですよこっちも!退魔師が一人、雪野一片……参ります(下段の構えのまま、まずはゆっくりと自分の間合いへ持ち込むべく移動を開始する) -- 一片 2011-11-19 (土) 02:10:44
      • 沙耶子、またね(ひらひら手を降って見送って)…お菓子結構おいしかったから店主を食べちゃったのは失敗だったかな。ふふ。
        でもいいわ、退魔師のあの子のほうがおいしそう。この頃いいもの食べてなかったもの。楽しみ。 -- 藍鬼太夫 2011-11-19 (土) 02:17:03
      • くくく……狐喰いも久々だ(大刀を抜き、そのまま横薙ぎに虚空を切り裂けば)
        黄泉比良坂より来たれ。六道の輩よ
        (切り裂いた虚空より無数の雑霊が飛び出し、退魔師達に襲い掛かる)
        (この周辺で死に、そして迷い続ける魂が悪霊となって牙を剥いて来る) -- 零院殿龍山永秋蓮嶽公大居子 2011-11-19 (土) 02:20:33
      • (この楽器の音は味方と見ていいだろう、と言うか一人だといざ二人にかかってこられた時にあっさりやられてしまいそうで)……全く、皆してあっさり見抜いて!何か垂れ流してるんじゃないですか雪桜!(思わず自分の内に眠る妖狐に毒づいて)
        ……剣士じゃない!(怨霊の類を呼び出す様子を見て、術を警戒し一旦距離を開け)はっ!(悪霊をかわしつつ切り捨てんと太刀を振る ただの鋼で出来た刀が霊にどこまで通用するだろうか?) -- 一片 2011-11-19 (土) 02:27:30
      • 汝の身に眠る力が其れだけ色濃く、芳しいということだ……くくく……
        (退魔師の力か、はたまた狐の力か……どちらかは分からないが、一片の斬撃によって確かに悪霊は切り払われる。しかし、無数に居るそれらは無数に寄って、一片に喰らいつこうと殺到する)
        力を其の身に宿した不幸を呪え……其の悲哀が余の力となる
        (そして、再び刀を振るえば、拡散した瘴気が鬼火となって一片へと迫る) -- 零院殿龍山永秋蓮嶽公大居子 2011-11-19 (土) 02:43:42
      • 一方、霊威を示す能面をつけた童、ビクシュのまわりは亡者も群がる事もなく静かである。
        童は、天秤の支柱のように微動だにしない。 -- ビクシュ 2011-11-19 (土) 02:54:15
      • くっ……(倒せる、倒せるが自分には群れを散らすのに有効な戦術はない)元を、たたないと……(とは思えど術で出来たと思しき霊の入り口を閉じるにはどうすればいいのか、こんな事ならもう少し勉強にも身を入れておけば)
        (防戦一方、悪霊の群れに少しずつ傷つけられながらそんな事を考えていたが)えっ、ちょ、ちょっと!?(鬼火を見てこれは触れるとまずいと直感する、普通の火ではない……が、いつまでも距離を取ったままではこのまま食い殺されるのは想像に難くない)
        だったら、行くしか!(覚悟を決め、姿勢を低くして黒髪の男に向けてまっすぐに全力で駆け出す 鬼火は体の捌きでかわす気でいる、軌道が変わったらその時はもうその火に炙られるしかない あるいは能面の者が助けてくれるだろうか) -- 一片 2011-11-19 (土) 02:58:53
      • ほう、翔けるか。佳かろう。近う寄れ
        (迫る一片に対して大刀を振り下ろす事で応える。間合いの外で振るわれた其れ……遠近法で小さく見える黒髪の少年の振るう刀の像が僅かに一片の刀に触れた瞬間)
        (其れは遠近法をまるで無視して吸い付くように鍔迫り合いを挑んでくる)
        (しかし、之は塞ぎ手。つまり狙いは……軌道を変化させて追いすがる鬼火の一撃!)
        (鬼火は空中で四散して一片、ビクシュの両者へと放たれる) -- 零院殿龍山永秋蓮嶽公大居子 2011-11-19 (土) 03:13:18
      • 勿論っ!(答えて駆けつつ刀を上げ、胴体への突きを狙うように腰溜めに構え)……えっ!?(その刀が持ち上がり、突撃の勢いごと留められる 遠くにいる為自分の刀に比べて小さく見える相手に押し留められ、小人と戦っている錯覚に陥りながら)
        やっぱり……(実際は分裂する所までは読んでいなかったが、軌道を変えて自分の方へ飛んできたのだからよしとする)ちょっと、力貸しなさい!(鍔迫り合いをする刀を左手だけに任せ、自由にした右手を鬼火を打ち払わんとして振るう ただ振るうだけではない、正体不明の鬼火へのせめてもの抵抗として手首から先に青白い狐火を纏わせて) -- 一片 2011-11-19 (土) 03:27:14
      • (薄紫色の鬼火が果たして狐火に触れたその瞬間に、それは霧散する。同質、或いは異質……何れにせよ妖怪の力である鬼火は狐火によって払われた)
        面白い。予想以上に力を持っているようだな……其れでこそ喰らい甲斐がある……
        だが、片手で余の相手をしようとは片腹痛いわ
        (ぐっと鍔迫り合いをする妖怪が力を込め、大きく踏み込めば、気付けばすでに黒髪の妖怪は目前。其の様はまるで騙し絵。しかし現実。浮世絵から飛び出す偶像の如き摩訶不思議な現実)
        (其の儘、推し伏せんと力を込める) -- 零院殿龍山永秋蓮嶽公大居子 2011-11-19 (土) 03:54:44
      • ふー!(駄目元でやってみた事ではあるが思った以上に功を奏した様子に息を付く)
        ……って、何で!?(本当に驚くと間抜けな事しか言えなくなるのだろうか、突如として目の前まで移動してきたかの様にも思える相手と目が逢っているにも関わらずそんな事を考える)
        うっ……あっ!(慌てて右手を刀に戻すが後の祭り、元々剛力な方でもなく一度勢いを持っていかれた鍔迫り合いに逆転する事は叶わない そのまま上体を押されて後ろに倒れこむ、片手を自分の刀の峰に当ててかろうじて斬られずに済んでいると言った状況である)
        くっ……!(敵の力を支える自分の刀の圧迫と精神的な圧迫の両方に押しつぶされそうになりながら逆転の一手を探すが) -- 一片 2011-11-19 (土) 04:05:51
      • くくく……佳い格好だな退魔師……中々にそそるぞ?
        (邪悪な冷笑……其の貌を見れば、言葉の意味が性ではなく、食に直結する笑みであるということがありありと分かる。其の細身の身体からは想像も出来ないような重圧を一片に掛け続けながら、少年は紺と菫の瞳を細める)
        そういえば其の身体……佳く見れば随分と霊媒に適しているようだな? なら、このような趣向はどうだ?
        (少年がそう云って眼光を光らせれば、大地から無形の邪精が怨霊となって這い出し、一片の身体に入り込もうと群がってくる)
        精々仲良くすると佳い -- 零院殿龍山永秋蓮嶽公大居子 2011-11-19 (土) 04:23:19
      • ええもうどうやらその様で、よくそんな風に口説かれますよ……!(せめて軽口でも叩いておかないとこのまま潰されてしまいそうだった ただ殺しが好きなだけ、ただ人を食らうだけの悪鬼の類なら何匹も屠って来たが、彼はその力を除いてももっと何か異質なものだと感じている)
        (気付かれた!と危機感を覚える 初めに呼び出された悪霊に触れられた時でさえ乗り移られかねなかった、これまでピンチの時はしばしば表に出てきた妖狐も今回は自分の居場所を守るので精一杯らしい)
        頑張……って……(自分達を鼓舞するように半分呻く様な声を出す、見える者には怨霊に群がられている様には見えるが狐が占有権を主張している為にまだ何とか憑依されるには至っていない まだ今なら、と苦し紛れに相手のどこかを蹴るくらいは出来ないかともがいて見る) -- 一片 2011-11-19 (土) 04:36:07
      • 寝相の悪い女だ……朱藍程では無いがな
        (同じく軽口を叩きつつ、もがく一片の脚に触れぬよう、大きく退く。退魔師であり、同時に狐でもある一片の身体は触れるだけでも妖気の塊である少年の身体に害を成す。如何に大妖怪といえど、外界に出ればその力は無尽蔵ではない。最期の一線では慎重に行動する)
        思ったよりも仲良くやっているようだ……丁度、余も更けて来た。其の儘交わうと佳い
        (そう云って大地に大刀を突き立てれば、邪精が寄り一層勢いを増して一片の身体に纏わりついてくる) -- 零院殿龍山永秋蓮嶽公大居子 2011-11-19 (土) 05:03:40
      • 惚気は要りませんよ!(ここまで追い詰めておきながら何故退いたのか?余裕の表れだろうか?そんな方向に推し量りながら、今まで圧迫されていた胸一杯に空気を吸う)
        誰が仲良くなんて……うあっ!(その手数に押されるように体が徐々に邪精の侵入を許し始めた)あっ……ちょっ、これ……!(痛みも無く体を削られる様な感覚に魂を弄られながら、それでも刀を握り立ち上がろうともがく そろそろ限界が来ているのが傍目にも明らかなのは自覚しているが、ここで抵抗できなければ退魔師である意味が無い) -- 一片 2011-11-19 (土) 05:15:17
      • くくく……頃合のようだな
        (明らかな衰弱を見せる一片の姿を見て満足気に嗤い、右手を振り上げる。瘴気が集い、妖気が渦巻き……宵闇の中でも殊更暗い、正に深淵そのものといえる負の力……その波動が右手に集って行く)
        案ずるな退魔師よ……汝の身に宿る其れもまた忌避されし我らが輩……余と共に闇とあれ……さすれば……む?
        (しかし、妖怪は突如、口上を区切り)
        朱藍……仕様の無い奴だ
        (僅かに眉間に皺を寄せて踵を返し、完全に一片とビクシュから視線を外して距離を取る……互いに一息で干渉出来ないほどに大きく……)
        (そして、そのまま退く) -- 零院殿龍山永秋蓮嶽公大居子 2011-11-19 (土) 05:25:23
      • あっ、れぇ……(思わず笑ってしまいそうなくらいの絶望的な状況で、どうやら相手は自分にとどめを刺すつもりらしい……ここで、こんなあっさりと終わりなのか?余りのあっけなさに気の効いた言葉も出てこない)
        (困ったなぁ、もしかして人食い妖怪の一部になっちゃうのかな……ぼんやりとそんな事を考えながらそっと目を閉じた)……?(が、何も起こらない 目を開けてみればあの少年もいない)
        えーと……あれ?(体力を奪われてへたり込んだまま気の抜けた声で誰にともなく聞いて見る)そのー……どうなりました? -- 一片 2011-11-19 (土) 05:32:54
      • 童の身体は鬼火が触れ、燃え盛っている。
        しかし、それでもじっと身を固め、事の成り行きを観るばかりであった。
        そして、妖魔が退くやいなや、その身をクシャクシャと縮み上がらせながら踊り舞い上がった。
        火の粉を散らせながら夜空へ消え、灰が降る…「紙の人形」がいたところには、「姿を表した」ビクシュがいる。

        「――破疾用穣跡、金剛降伏、妖怪、化為吉祥、急急如律令。」
        「天陽地陰、三光普照、吉鰯臨門、迎請家堂司命――。」

        なにやらまじないの言葉を口にし、それが終わると、
        どんっ
        どんっ
        と、大地を踏みしめた。
        妖魔、退魔師、何れの術も消し去る地鎮の禹歩である。 -- ビクシュ 2011-11-19 (土) 05:38:26
  • 英雄町
    • 大通り
      • 剣呑剣呑……あの店の主人も厄日というか、とんだ災難でしょうね…
        (新年早々…大通りの人込みの中からでも気付くほど)
        (茶屋の男女は異彩を放つ存在だ)
        (ただ、夜月を肴に団子と酒を愉しんでいるだけの他愛もない光景の筈なのだが) -- ? 2011-11-18 (金) 23:10:47
      • いやはや、物騒なご注文をなさる方々でありますよねぇ……ほんとに食べようとかしなければほっとくのですけど、何ともはや(ちょっと高い所に乗ってしゃがんでいる) -- 一片 2011-11-18 (金) 23:54:22
      • 食われた方がいい奴もいるしゴミ掃除を自分からしてえってんならいいんじゃねえの?(後ろから声をかけつつ)
        にしても人間食いたいなんてマトモな舌してたら思わないよな、普通(おえーっと吐くそぶり) -- 隆斗 2011-11-19 (土) 00:03:24
      • 基本的にああ言う手合いは汚れてない子供の方が美味しいとか言っちゃったりしますからねぇ、何事も都合よくいかないものなのです
        人間だったら舌と言うより精神的にまともじゃないというべきかもですねぇ……妖怪だったら人間が人間を食べる場合とはまた違うのでしょうし、蓼食う虫も好き好きって奴ですよきっと -- 一片 2011-11-19 (土) 00:09:41
      • (蜂兎の太夫は近場の同業の集いにて幾度か見えた事もある)
        (…もう一方も以前同道の機会があった、蜂兎の主人である『上様』だろう…)

        (ひらひらと人波の向うで揺れる手を見て、にこりと笑んで会釈を一つ…)

        (逢瀬の間に入るほど無粋をする心算もないが…双方表へ足を運ぶのは珍しい)
        (気にならぬといえば嘘であろうが) -- ? 2011-11-19 (土) 00:15:56
      • そうでもねえぜ?まっさらなガキより業でドロドロに淀んだ大人のほうが好みだっていう知り合いもいたし…
        まぁアレだ、好き嫌いせずなんでも食えってんだ全くよ…偏食してっとロクな事になんねえぞ(やだやだと誰に言うでもなく呟く)
        あんなマズいモンを平気で食えるんだから子供もオトナもそう変わらないと思うんだけんどもな…(食ったことがるらしい) -- 隆斗 2011-11-19 (土) 00:16:20
      • そう言うものなんですか……まぁ全部分かる必要もないですか、気にしないようにしましょう
        あんまり好き嫌いしなさすぎるのも困りますけどね、こっちとしても動物は食べて良くて人間がダメな理由を説明し辛いので嫌いであって欲しいところなのですが……せめて緊急回避くらいにして欲しいですねぇ -- 一片 2011-11-19 (土) 00:22:26
      • …ああ見えて太夫は戯れのお好きな方ですから。あの方なりの御冗談かと思いますよ
        (人を喰ったような物言いを取り成すように、喩と答えてはみたものの…きっと本音であろうとは思うのだ)
        (聡明だが大人びた容姿より幼く、無垢な童心に近い)
        (…それ故に先のように人前で思慮を欠いて本性を垣間見せる事もある) -- ? 2011-11-19 (土) 00:29:56
      • とどのつまり生きるってのは殺して食う事だかんね、自分か身内が食われるでもねえ限り言いっこなしってのが理想だぁなぁ(退魔師?なにそれくえんのと言わんばかりの発言)
        …どうしよう俺もひとひらちゃんをたべたくなってきちゃったー!みたいな?(がーっ!と襲い掛かるポーズ 無論捕食的でなく性的に) -- 隆斗 2011-11-19 (土) 00:30:01
      • いやぁ、普通なら趣味の悪い冗談だなぁですむのですけどねぇ……何と申しますか、違和感が(取り越し苦労ならそれでよし、と笑いつつ)
        同族の誰かが食べられるのを許すってことは自分や身内を食べても良いよって意思表示と取られかねませんからねぇ、その辺はきっちりしないと仲良く出来る相手とも出来ない!と言うのが私の持論です!
        いきなり何言ってるんですか!?悪いですけど驚いて悲鳴上げたりはしませんよ、退魔師ですから!(突っ込みのごとくチョップを入れる) -- 一片 2011-11-19 (土) 00:36:03
      • 言うだけならタダって言葉もある、口に出したら戦争って言葉もね…時と場合とノリで言葉の意味なんざいくらでもかわらぁね(こういう言葉遊びって面白いよね!とげらげら笑いつつチョップを喰らう)
        んもー…ひとひらちゃんのイケズぅ…(おーいて、骨折れたわー慰謝料ほしいわーとわざとらしく兜をさする) -- 隆斗 2011-11-19 (土) 00:48:26
      • (物陰からぞろぞろと、いかにも通りすがりな人たちが出てくる、しかもぞろぞろと。)
        (そしてなにやら茶屋の前を覗き込むポジションで遠巻きに陣取った。)
        (やや遅れて、同じ物陰からひょいっとでてくる金髪女) -- めもり 2011-11-19 (土) 00:50:56
      • あなた骨ないでしょ!脳味噌もないのかと疑ってましたけど中々どうして色々考えてるんですね、感心しました!ここは褒めてあげます(兜を撫でる) -- 一片 2011-11-19 (土) 00:51:09
    • めし処・茶屋
      • あむ…あむあむ(赤い敷物に赤い傘。その下でほっぺいっぱいにお団子を詰め込む人食い鬼)
        んーおいし。人のほうがおいしいけど…人のお肉のお団子はないの?
        (人間の店主に笑顔で聞いて困らせ中) -- 藍鬼太夫 2011-11-18 (金) 22:40:51
      • くくく……其の上人まで喰らえば益々頬が膨れるぞ
        (冗談めかして窘めながら、自分は自分で月見酒で一杯やっている)
        (店主に渡すのは一先ず小判。しかし、其れが本物であるという保証は何処にも無い) -- 零院殿龍山永秋蓮嶽公大居子 2011-11-18 (金) 22:57:49
      • むう、大丈夫だもん。どんなに食べても太らないし!…多分(ちょっとだけ心配になったのか自分のほっぺつまんで)
        (店主は小判に浮かれて山のように菓子を積んだ器を持ってきた。しばしの葛藤の末、洋菓子をつまむ)
        (洋菓子「まかろん」片手に道行く人に視線を移して足をゆらゆら)…人がいっぱい。妖怪も結構混じってるの。
        朱藍のお店は妖怪しかいないから不思議な感じ。食べ物と仲良くしてるなんて、ふふ。変なの。 -- 藍鬼太夫 2011-11-18 (金) 23:04:53
      • (同じように隣で「まかろん」をモソモソと摘まんで食べながら、ため息を吐く)
        何も訝しがることはない……異種どころか同種すら喰らうのは人も魔も同じこと……衣食住足りるなら座興に傾くのは何時の世も何処の世も同じだ
        聊か世には退屈な風景ではあるがな……
        (店主が目が離した隙に「まかろん」を手の中で転がして、手の平で一瞬隠せば、それがまた小判になる。再びそれを店主に投げて、嗤う) -- 零院殿龍山永秋蓮嶽公大居子 2011-11-18 (金) 23:16:06
      • (1月の切り付けるような夜気から逃げるように、一匹の猫が二人の足元に歩み寄る)
        (上客の機嫌を気にして、店主が追い払おうとするかもしれない) -- 黒猫 2011-11-18 (金) 23:20:11
      • (道の向こうの白拍子にひらひらと手を降る。同業なのは知っているようで)
        やっぱり新年は人が多いね(隣の少年に笑いかけて一緒にもそもそ「まかろん」頬張る)
        流石にたいましがここで襲ってきたりはしないのかな。そうなったら上様は楽しい?
        人をひとりこの場で食べてみようか。誰か命知らずが来るかもしれないの。
        (本気が冗談か、無邪気に笑って彼を覗き込む。丁度「まかろん」が小判に変わる時で)
        …あー悪い子(けれど咎める気はなくて、くすくす笑い) -- 藍鬼太夫 2011-11-18 (金) 23:28:46
      • あ、猫だ。猫だ。おだんごたべる?(珍しいのかお団子の皿を向ける)
        ここのお店の猫…じゃないみたい? -- 藍鬼太夫 2011-11-18 (金) 23:30:15
      • アヤカシに相応しい所業であろう?(くすくすと嗤い返してまた小判を投げる)
        ふむ……退魔師と一戦交える、か……悪くもなさそうだが……
        (舐めるように周囲の雑踏、もしくは背後にいる主人……そして足元に擦り寄る黒猫などを見て舌なめずりするが……)
        まぁ……今しばらくはこの戯れを楽しみたい気分だ。之だけ食材が在れば夜食は何時でも楽しめる…… -- 零院殿龍山永秋蓮嶽公大居子 2011-11-18 (金) 23:39:15
      • (猫は団子には興味が無いと言った様子で、じっと藍鬼太夫を見上げる。血のように赤い目で)
        にゃあ 
        (ひと声。鳴くと太夫の高下駄に額を当て、その足元に丸くなる) -- 黒猫 2011-11-18 (金) 23:40:03
      • (小判が追加される度にお菓子の山は増えていき、増えているのにどんどん減っていく。重に小さな花魁のお腹の中に)
        魔が魔を呼ぶように、お菓子がさらにお菓子を呼ぶ?…あっ猫は食べちゃだめよ上様。
        ふふ、じゃあもうしばらくは大人しくしていましょう(かがんで足元の猫を撫でる)
        赤いおめめの猫なんて珍しいの。猫はこの世とあの世をつなぐ生き物だから、妖怪猫も普通の猫もよく似ていて朱藍にはわからないのよね。
        かわいい猫。朱藍は妖怪食べないけど、上様は妖怪も人も食べてしまうお方だから気をつけるのよ。ふふふ。 -- 藍鬼太夫 2011-11-18 (金) 23:50:54
      • くくく……むしろ、歯応えの無い人の子よりも妖の類の方が余は好みだな……
        (朱藍の足元に擦り寄る猫を見て犬歯を覗かせる) -- 零院殿龍山永秋蓮嶽公大居子 2011-11-18 (金) 23:57:38
      • (外からまかろん持ってる藍鬼太夫をガン見する) -- 沙耶子 2011-11-19 (土) 00:02:37
      • (撫でられれば、目を細めてゴロゴロと。しかし太夫のほうを見るでなく… 瞼の隙間から覗く赤は「上様」と呼ばれた妖しを映していた)
        (その纏う気配に身のすくむのを、毛皮の下に押し殺しながら) 
        …にゃあ -- 黒猫 2011-11-19 (土) 00:04:08
      • …う、上様。猫食べると猫耳はえてきちゃうって噂があるの知ってる?(ほんのり嘘をついて猫を守ろうとしながら)
        な、何か視線を感じるのよ…いっぱいあるし、たべる?洋菓子もそもそしてるけど結構おいしいのよ(花魁の華やかな着物の袖をゆらゆらさせて沙耶子手招き)
        (言うとおり、まかろんやかすてら、しょーとけーきなど色とりどりのお菓子が器に積み重なっている) -- 藍鬼太夫 2011-11-19 (土) 00:09:27
      • ふむ……其れは面白い噂だ。嘘か誠か確かめてみるのも一興だな……
        (などといいながらも、大通りから注ぐ視線や、足元の猫から感じる違和感……酒の肴に其れ等を愉しんで嗤う) -- 零院殿龍山永秋蓮嶽公大居子 2011-11-19 (土) 00:18:21
      • ふん、そんな安い釣り餌にあたしが引っかかると思ってるのかしら!(あっさり寄ってきた、姿は見えないがあちこちに子分である小鬼の気配)
        にしても…あんたこれだけの量どこから買ってきたの?まあお金に困ってる感じじゃなさそうだけど
        (煌びやかな着物、一つ一つの仕草、加えて連れの上様と呼ばれる妖)
        (人にしろ人外にしろ、かなりの地位である…或いはあったのは流石に気づいたようだ) -- 沙耶子 2011-11-19 (土) 00:18:57
      • 猫耳はえた上様になったら朱藍は一日中抱っこしてはなさなくなると思うわ(ひょいと黒猫を抱き上げてガードガード)
        …ふふ、上様はお金持ちだから。お店ごとだって買ってくれるよ。ねー?(と隣で猫を見る少年を見てから沙耶子に笑う)
        朱藍は「蜂兎」の遊女なの。遊郭は女の子はあんまり知らなさそうね…よろしくね。朱藍もう沢山食べたから皆で食べていいよ。 -- 藍鬼太夫 2011-11-19 (土) 00:30:27
      • 遊女…ああ、どうりで(その派手な着物にも合点がいく。藍鬼太夫の許しを得れば、そこかしこから小鬼が湧き菓子に手をつける)
        ってこらー!あたしの分、じゃなくて隠れてないと駄目じゃない!…もう
        ?とりあえずお菓子ありがとう。あたしは沙耶子、あんたは…何て呼べばいいかしら? -- 沙耶子 2011-11-19 (土) 00:36:19
      • 其れは其れで悪くないが……身動きが取れなくなるのは困るな。やめておこう
        (黒猫から視線を外し、再び店主から徳利を受け取って一杯)
        ふむ……確かに店ごと買い取るのも吝かではないな。店主
        (呼びかければ、懐から小判の束をどさどさと往来に落として嗤う)
        足りるか? -- 零院殿龍山永秋蓮嶽公大居子 2011-11-19 (土) 00:37:11
      • (抱き上げられる。人形のように。目は「上様」から離さない… 離せない)
        (太夫は自分を守ってくれる。最悪でも盾にはできる…「上様」は「太夫」を傷つけない。巻き込むような荒事はしない)
        (そう信じて好奇心に負け、大物妖怪に近付いたが… 抱き上げられるのは困る。逃げられない)
        んび、(太夫の手の中でもぞもぞと) -- 黒猫 2011-11-19 (土) 00:38:51
      • どういたしまして沙耶子。お店では藍鬼と呼ばれているけど…沙耶子は女の子だし朱藍って呼んでいいよ。
        ……あ。お菓子、全部持っていっていいよ。ふふ。

        (少年が小判の山を店主に見せると、二つ返事で「売る」と言った。とても媚びた笑い方)
        (見る人間は不快に思う人が多いその仕草をうっとりとした表情で見つめる)
        …朱藍は別のもの食べるから。甘いお菓子はもういいや。
        …ねえ、上様。買ってくれたもの、食べて…いい?
        (猫を撫でながら甘えたような声で、少年に擦り寄る) -- 藍鬼太夫 2011-11-19 (土) 00:46:08
      • 朱藍ね…ん、よろしくね。え、これくれるの!?(言いながら、朱藍に抱かれた黒猫を見る)
        (多少とはいえ知り合った縁のある妖怪、いざとなれば助けるつもりだがまだその時ではなさそうなので放置する)
        その黒いの、ちゃんと捕まえとかないとウナギみたいに逃げるから注意しなよ…
        (朱藍の気配が変わったのに気づく。) -- 沙耶子 2011-11-19 (土) 00:57:25
  • 英雄町
    • 大通り
      • きなくさく…なってきましたねぇ(通りの隅にござを敷いていつものように絵を売っている。このところ、手配書は増える一方だが今までのように個々で動いているようではなく、稼ぎは殆どない) -- まゆる 2011-11-17 (木) 23:47:16
      • 前に立ち寄ったときに比べて、ずいぶんと人通りが減ったようだけど… 冬だからかな?
        この街で、何かあったのかい?(ござの前に屈みこんで訊ねる) -- 虚無僧? 2011-11-17 (木) 23:58:45
      • ご存じないんですかい?
        妖怪がね、暴れてるんですよぅ。それもどうやら徒党を組んで暴れてるらしいじゃあないですか -- まゆる 2011-11-18 (金) 00:23:40
      • 「おのぼりさん」なものでね(深編み笠の向こうでクスクス笑う)
        それにしても… 街の中で暴れてるということなのかい? それは、物騒だね -- 虚無僧? 2011-11-18 (金) 00:29:26
      • ただ暴れてるだけならアチキらみたいのにとっちゃあ稼ぎ時なんですがねぇ……。賢しくやってるようで、閑古鳥ですよ -- まゆる 2011-11-18 (金) 00:36:55
      • おや。するとこれは(並べられた絵を一枚手に取り)副業かな? …良い出来だけど
        店に飾るわけにはいかないだろうけど、ひとつ貰って行こうか(深編み笠を持ち上げ、絵を眺める。緑の髪に青灰色の目、そして長耳) -- 虚無僧? 2011-11-18 (金) 00:40:38
      • 合い方が手慰みに描いたもので、そんなにいいもんじゃあございませんよぅ(どうもと言ってかなり安い値段を提示)
        お坊さん、商いをやってらっしゃるんで? -- まゆる 2011-11-18 (金) 00:54:08
      • ここから少し… いや、けっこう離れた小さな村で居酒屋をね (まゆるの反応に、にっこりと笑顔になる)
        このあたりでは、僕の風体じゃ妖怪と間違われるかと思っていたんだけど… どうやら、そんな心配は要らないらしい (深編み笠を脱ぐ)
        僕は売僧じゃないよ。今は酒好きの、旅人さ (代金を支払い、絵を受け取る) -- ヴェール 2011-11-18 (金) 01:05:01
      • (さっと半被の背の手裏剣に手を伸ばす)見たことないアヤカシですねぇ……
        手配書にも…(記憶を探る)ありませんね(しかし警戒は解かず)今のうちに出て行ったほうが身のためですよ。桝村藩は今、ずいぶんとピリピリしていますからね -- まゆる 2011-11-18 (金) 01:24:12
      • おや、これは残念だ。…僕と同じような長耳や半馬人を見かけたから、きっと大丈夫だと思っていたんだけどね (困ったように笑う)僕は、異国人だよ
        やれやれ、通りに人が居なくなるのも道理か… 仕方が無い。どうやら熱燗はお預けみたいだね(苦笑して、ありがとうと言い残して通りを離れた) -- ヴェール 2011-11-18 (金) 01:30:13
      • アヤカシが、大手を振って歩いてるんですかい…?(記憶を探る。耳はともかく馬の妖物の手配書は無かったはずだ。だったら、場所を問いただすこともあるまい)
        異国人が絡んでるなんて噂も…開くまで噂ですけどね。本当かどうかはわかりませんがね。なんにせよ、藩の者で無いのなら早く藩を離れたほうが良いですよぅ(手裏剣に伸ばした手を離さず、見送る) -- まゆる 2011-11-18 (金) 01:40:18
    • めし処・茶屋 -- 2011-11-17 (木) 23:38:00
      • 3053・3053・306F・9055・3046・・・・・・(不穏な光が揺らいで消えた) -- 名簿/465255 2011-11-18 (金) 02:36:19
  • 英雄町
    • 大通り
      • (妖怪に間違われないよう、手ぬぐいを姉さん被りにして大きな角を隠し、着物姿で通りを歩く女)
        (商家などを見て回っているらしい) -- 髪を隠した女 2011-11-17 (木) 00:25:59
      • 思ってた以上に賑やかな街じゃない。この規模の市場ならぜひとも、ってところね
        商いの許可を得るには……家老か代官あたりとパイプが築ければいいのだけれど
        役所は、向こうね -- 髪を隠した女 2011-11-17 (木) 00:39:29
      • ……なんだか不穏な空気。一筋縄ではいかなさそうねぇ…とりあえず今日はここまでにして旅籠でも探しましょ -- 髪を隠した女 2011-11-17 (木) 00:59:19
      • わぁ、御白さんのところの絹糸みたいな髪……(見とれている) -- 礼蓮 2011-11-17 (木) 01:09:11
      • (手ぬぐいから覗く、露に濡れたような金の髪。少年と目が合うと、艶のある笑み)あら、どうもありがとう
        御白さん? その人はお役人様? -- 髪を隠した女 2011-11-17 (木) 01:12:54
      • いいえ呉服屋さん、というか反物屋さん……?すっごい質のいい着物なんですよ(にこ、と背格好相応に無邪気に笑う)
        何かお探しです? -- 礼蓮 2011-11-17 (木) 01:15:43
      • 残念。でも、面白そうねえ。シルクとコットンを扱う商家、か……このあたりで宿はない?
        できれば、高級と場末の間くらいのところがいいのだけど -- 髪を隠した女 2011-11-17 (木) 01:19:46
      • 中くらいの旅籠、ですか?僕の泊まってるところで良かったら案内できますけど……(どうしますか、と首を傾げてみせ) -- 礼蓮 2011-11-17 (木) 01:22:25
      • あなたも他所から来た人だったの。(目を細め)ええ、お願い -- 髪を隠した女 2011-11-17 (木) 01:24:21
      • 多分、お姉さんよりは近所からだと思いますけど(そんなきれいな色の髪の人はいませんでしたしと)
        わかりましたっ♪それじゃあこっちです(とてとてと自分が泊まっている宿まで先導する) -- 礼蓮 2011-11-17 (木) 01:25:53
    • めし処・茶屋
  • 英雄町
    • 高札
      • 城下町でも一番人通りの多い大通りの交差点。そこに設置された高札において、とあるお触書が張り出されていた
        内容は、かねてより枡村藩の領内に妖怪を送り込んでいると噂される妖怪衆「物部壱座」と
        武蔵山の頭目、鴉天狗「伊東小太郎」がいざこざを起こし、その喧嘩で山が一つ形を変えた…というニュースだ
        領民にはその山近辺は勿論、出歩く際には細心の注意を払うようにと書かれている
        さらに詳しい情報…なのだろうか? 尾鰭のついた話が書かれた瓦版を配り歩く者もいる
        -- 2011-11-10 (木) 22:13:06
      • (高札の前に佇む巫女姿)…イチザ、あれは壱座と書くのですね……。
        なるほど、先日のあの瘴気は物の怪同士のイザコザだと…。
        (鬼に関する情報では無いため、ごく冷静に情報を飲みこんで) -- 皐月 2011-11-10 (木) 22:17:26
      • ハタ迷惑もいいとこだぁね全く(山一個オシャカとかどんだけー!!と思いつつ) -- 隆斗 2011-11-10 (木) 22:18:25
      • これは隆斗様…(頭を下げ)山に害あらば、木々は勿論、獣も鳥も川魚も、筍も、蕨も、茸も、柿も、栗も…
        大変な事になってしまいます…。おのれ物の怪…。 -- 皐月 2011-11-10 (木) 22:25:21
      • やぁサッキー!今日もいいおっぱいだね!(挨拶)んだねえ…癇癪起こすたびに地図書き換えるんじゃ林蔵さんも報われねえや!(ゲラゲラと他人事のように笑う)
        にしても肝心要のことがなーんも書いてないってなぁ憎いね、続報を待てって奴かぁ?(高札とその辺にバラ巻かれる瓦版に視線を送りつつ) -- 隆斗 2011-11-10 (木) 22:30:04
      • 相変わらずですね、隆斗様は…。間宮はともかく、山を抉るほどの力……
        流石は物の怪一党の頭領といったところです……(天狗はよく知らないのでイチザの仕業と決め付けた)
        其れにしても、討伐令ではなく注意だけとは…。お上はどういうつもりなのでしょうね…。 -- 皐月 2011-11-10 (木) 22:35:33
      • イチザって、確かあのイモリや杖のあやかしの頭目ですよね……?
        やっぱりあやかし同士でも内紛があるんだ…… -- 礼蓮 2011-11-10 (木) 22:35:48
      • ほほー、これはこれは……もしやお手柄を立てる好機では!ただまだ情報が少ないのが困りますねぇ…… -- 一片 2011-11-10 (木) 22:38:51
      • どういうふうにするか考え中だからお前らちょっとまっとけ!!ってことじゃねーの?(鼻くそほじるジェスチャー
        あっちが何考えてたか知らねえがこっちのお偉方がビビっちまったとかー…出たな非童貞(ジト眼) -- 隆斗 2011-11-10 (木) 22:39:24
      • ひ、ひどうていっていわないでください!(赤くなってぷんすか) -- 礼蓮 2011-11-10 (木) 22:43:51
      • 物の怪共とて一枚岩ではないのでしょう…。頭領を名乗る者がいれば
        其れに反旗を翻す物の怪も居る――この様なところではないかと、皐月は思います…。
        まあ、山を抉った跡をみれば、腰が引けるのは詮無き事です……。 -- 皐月 2011-11-10 (木) 22:46:19
      • ハデに潰しあってそれが触れ回られてじゃ弱り目に祟り目だぁ、攻め込むのはいまだ!!…と思ったとこを罠にかけるとかそういうのかもしんねぇぜー?(勇み足のひとひらちゃんをからかいつつぷんすかする非童貞をスルー) -- 隆斗 2011-11-10 (木) 22:47:24
      • 理由はどうあれ厄介な相手でしょうからねぇ……本当なら漁夫の利を狙いたい所ですけど、小競り合いのたびに山を潰されていてはたまりませんし
        それに……次が無人の野山とも限りませんし -- 一片 2011-11-10 (木) 22:49:49
      • そうですねぇ、そこの鎧妖怪さん!罠に混乱して何を思ったか先にあなたを斬り倒しちゃうかも知れませんしね!(脱がされた屈辱は忘れてないよ!と言う笑顔) -- 一片 2011-11-10 (木) 22:53:53
      • (一片、そうよばれた少女の言う事に頷く)…もし街中で、山を抉るほどの一撃を放たれたら……。
        それこそ枡村転覆の野望は一夜にして叶ってしまうかも知れませんね…。 -- 皐月 2011-11-10 (木) 22:54:26
      • 見てきたように書いてありますが一体誰が書いてんですかねェ、この話。 -- ビクシュ 2011-11-10 (木) 22:54:37
      • ま、まあまあ一片さん。街中の往来ですしおさえておさえて(どうどうどう、と声をかけるちっ子いの) -- 礼蓮 2011-11-10 (木) 22:57:28
      • おーこわ、くわばらくわばら…(わざとらしく手を挙げて降参のポーズを取りつつ)
        転覆結構だけんどもするにしたってエサの人畜生を全滅させたらてめぇらもおまんまの食い上げだって風には考えないのかねえ(素朴な疑問) -- 隆斗 2011-11-10 (木) 22:59:25
      • 妖怪は何でもありですからね、何があるやら分かりませんから困ったものです……とりあえず警戒しないと!具体的には何も考えてません!
        さぁ、見た人でもいるか……親切な妖怪仲間さんが伝えて来てくれたとか?まぁそれはともかく大丈夫ですよ礼蓮さん!やる時は声かけずにバッサリです! -- 一片 2011-11-10 (木) 23:01:20
      • そりゃあアンタ、見てきた奴が書いたに決まってるさ…っておい先っちょ黒マティ!こんどはひとひらちゃん狙いかぁ!?(そこかしこでブイブイいわしてるそーじゃねえの!?と興奮しつつ) -- 隆斗 2011-11-10 (木) 23:01:25
      • 人を餌にする妖ばかりとは限らない…。怨み憎む相手を殺せさえすればそれでいい……
        そのように考えている者も居るのでしょう。ことに怨霊の類であれば……。 -- 皐月 2011-11-10 (木) 23:01:44
      • 先っちょクロまてぃもやめてくださいっ!(ぴょんっととんで隆斗に肩車する形で飛び乗る) -- 礼蓮 2011-11-10 (木) 23:03:28
      • 今回は妖怪同士の喧嘩のようですしねぇ……人間も戦の時、山やら田んぼやらの事考えませんし -- 一片 2011-11-10 (木) 23:06:03
      • 存在そのものが人の世の仇となるなら、いずれにせよ討ち滅ぼすほかないでしょう…。
        其れが可能か否かはまた別の問題として…ですけど…。 -- 皐月 2011-11-10 (木) 23:11:43
      • 人間も妖怪も皆兄弟、いいとこもわるいとこもぜーんぶ同じ!ってかぁ?(戦が絡むと種族や生まれがどうこうという問題でもないのでやだやだと首を振り…)
        …もしかして今度は俺のケツかぁ!?(乗られてやめてください!やめて!乱暴するつもりなんでしょう!と半狂乱) -- 隆斗 2011-11-10 (木) 23:14:02
      • 枡村藩の人は暢気ですから山一個くらいではそれほど慌ててないのが何よりです。 -- ビクシュ 2011-11-10 (木) 23:15:43
      • …こんな往来で衆道とは……。おふたりとも、不潔です…! -- 皐月 2011-11-10 (木) 23:15:55
      • 一緒ならまだマシかも知れませんけどねぇ……妖怪の倒し方って結構色々あるじゃないですか、単純に斬って突いてはい終わりじゃないかもですから
        あんまり騒ぎにならなさすぎるのも……ですけど、てんやわんやよりはマシですかね?
        えっ!?お、お二人はそう言う関係だったのですか……ちょっと離れた方がいいかも知れませんね(皐月と一緒に二人から離れる) -- 一片 2011-11-10 (木) 23:20:11
      • え、ちがいますよ?(きょとん)
        ここからこう、ぺいぺいっと(肩車からぽかぽかと殴るジェスチャー) -- 礼蓮 2011-11-10 (木) 23:23:17
      • だーもうよせって!次からは田亀先生って呼ぶよ!?(ほら!女の子引いてる!引いてる!!と二人を指差しつつ肩の上から下ろす) -- 隆斗 2011-11-10 (木) 23:24:50
      • 元はといえばからっぽ鎧さんが勘違いしてへんなこと口走ったからじゃないですか……(おとなしくおろされる) -- 礼蓮 2011-11-10 (木) 23:27:42
      • 流石に鎧と少年の絡みを見てどうこうとか……ちょっと私の趣味ではないんです…… -- 一片 2011-11-10 (木) 23:29:45
      • 勘違いったっておめえ…会う娘会う娘と浮名を流しまくってるって噂で持ちきりだぜ?(こいつはとんだヤリチンだぜぇーっ!!としっとの心が滾っている)
        ちょっとそこ、普通に美少年同士の絡みならいいと申すか(そして不穏な発言に吹く) -- 隆斗 2011-11-10 (木) 23:30:51
      • 僕と若宮丸さんとか、です?(首をかしげる) -- 礼蓮 2011-11-10 (木) 23:32:03
      • 隆斗様は、生前はどの様なお人だったのでしょう…。
        其れにしても、鎧、鎧を纏った怨霊……(イチザと隆斗は似たような存在ではないか、そんな疑念を覚える) -- 皐月 2011-11-10 (木) 23:33:10
      • そうですねぇ、美少年同士ならまだ見れる様な気がします……出来ればちょっと青年期って感じで一つ……ってなんでですかー(突っ込み) -- 一片 2011-11-10 (木) 23:35:55
      • どのような?決まってんだろ…? イ ケ メ ン さ !(フッと髪をかきあげるしぐさで ズ ァ ッ 皐月の疑念が吹っ飛ぶほどバカバカしい振る舞いかもしれない) -- 隆斗 2011-11-10 (木) 23:39:35
      • ……。では鎧×鎧で…(隆斗を見て皐月は考えるのを止めた) -- 皐月 2011-11-10 (木) 23:43:09
      • 中々、奇特なご趣味で……(鎧の絡みを想像しながら) -- 一片 2011-11-10 (木) 23:46:23
      • (二人の横で絡む絵面が想像できずに首をかしげている) -- 礼蓮 2011-11-10 (木) 23:47:34
      • 君たちね、もっとこう…合体してかっこよくなる系には考えられないのかい(思わず穏やかな口調になる) -- 隆斗 2011-11-10 (木) 23:49:01
      • …!?べ、べつに趣味というわけでは…。唯その、適当に思っただけで……。
        (矛先が自分に向いておろおろ)…うう、皐月は失礼いたします……(そんで袖で顔を覆って逃げていった) -- 皐月 2011-11-10 (木) 23:50:00
      • 合体と言われても……腕が四本になったりするんですか?あ、手足のあるべき部分に全部兜つけるとかどうでしょう! -- 一片 2011-11-10 (木) 23:50:47
      • いっそこう、腕が四本ある四足獣とか(ケンタウロスの四本腕ッポイものを地面に描いてみせる)
        あ、皐月さんまたですー -- 礼蓮 2011-11-10 (木) 23:53:52
      • 適当な割に直接的でしたね!まぁいいでしょう、突っ込まないのが優しさです!
        あ、じゃあこういうのも嬉しいですね!(兜に刀を書き加えて一角獣みたいにする) -- 一片 2011-11-10 (木) 23:56:25
      • (そろりそろりと忍び足でバレないように去っていく、あんなモンにされた日にゃたまったものじゃない) -- 隆斗 2011-11-11 (金) 00:08:23
      • あ、一片さん!空っぽ鎧さんが逃げました! -- 礼蓮 2011-11-11 (金) 00:09:06
      • あっ、ほんとです!よーしものどもー!追えー!追えー!(追いかけたりした) -- 一片 2011-11-11 (金) 00:14:30
      • わー♪(楽しそうについて追いかけていった) -- 礼蓮 2011-11-11 (金) 00:16:47
    • 大通り
    • めし処・茶屋
  • 英雄町
    • 大通り
      • っくしゅん…(半被の上に小袖、その上に半纏を着て通りの隅に店を広げる) -- まゆる 2011-11-07 (月) 22:41:56
      • (半纏をその背中にかぶせてやるおばば) おうおう、ようやるのぉ -- 御白? 2011-11-08 (火) 00:44:01
      • あれ……どこかで会ったような……?(店の前でうーんと悩む) -- 礼蓮 2011-11-08 (火) 00:52:14
    • めし処・茶屋
    • 大橋
    • 河原
    • 湯屋
    • 遊郭
  • 英雄町
    • 草木も眠る丑三つアワー
      • フッフッフ。 -- ビクシュ 2011-11-06 (日) 02:21:34
      • あっはっは、あっはっは。 -- ビクシュ 2011-11-06 (日) 03:24:06
      • く、黒幕……?(物陰から観察) -- 礼蓮 2011-11-06 (日) 03:28:26
      • うん、なんか誤解を受けてるいるような、そうでもないような。 -- ビクシュ 2011-11-06 (日) 03:54:27
      • そんな風に高笑いをする人、黒幕意外にそんなにいないと思います……なんの黒幕かはともかく(物陰から挙手 -- 礼蓮 2011-11-06 (日) 03:58:47
      • ほうき星マジウケル。(天体観測中) -- ビクシュ 2011-11-06 (日) 04:11:21
  • 英雄町
    • 年の瀬の大通り
      • ええと……(なんだこれは、どこからツッコミすればいいの…!) -- ミコト 2011-11-05 (土) 17:50:02
      • しかもなんか増えてたー!? 男の子ってなんだよ!何を始めたの?! -- ミコト 2011-11-05 (土) 17:52:39
      • 陰間茶屋じゃないですかね。 -- ビクシュ 2011-11-05 (土) 18:04:31
      • 年の瀬の大通りがどうかしたんですか?(今年も年を越せることに感謝しつつ隅っこで絵を売る) -- まゆる 2011-11-05 (土) 18:07:44
      • またそっち系かよ!もうやだ下の方向にばっかり本格的なこの町!! -- ミコト 2011-11-05 (土) 18:08:38
      • なんでも女形の修行には実体験が良いとか、なんとか。 -- ビクシュ 2011-11-05 (土) 18:11:46
      • 独り身でなくとも、人肌恋しくなる時季でございましょうからね……商う側も忙しくなるもので -- ? 2011-11-05 (土) 18:38:05
      • でも特に役者修行じゃない人の方が多い気がするんですよ陰間。 -- ビクシュ 2011-11-05 (土) 19:09:04
      • (年末商戦でバナナを叩き売る) -- 隆斗 2011-11-05 (土) 19:13:38
      • つまりはそうした名分抜きでも皆様望まれ、入り用…という事かと。 -- ? 2011-11-05 (土) 19:40:34
      • (南蛮渡来の品かと叩き売りされる黄色い房を眺めて) -- ? 2011-11-05 (土) 19:41:56
      • どうだいお姉さんお一つ!安くしとくよー(一ふさ差し出して) -- 隆斗 2011-11-05 (土) 19:43:41
      • 建前は女形修行ですが、後家のお客なんかも取りますからね。 -- ビクシュ 2011-11-05 (土) 19:57:26
      • 噺の種に一つ頂くはやぶさかでもございませんが……ご主人
        これは如何に食べるものでありましょう?
        (食べ方や食材としての扱いを訊ねて) -- ? 2011-11-05 (土) 20:09:45
      • コレかい?こいつはこうやって…中身を食うものなのさ(バナナの皮を剥いて手渡してみる)
        イモみたいに石焼きしたりブツ切りにして大福に仕込んだりもするんだってよ -- 隆斗 2011-11-05 (土) 20:15:14
      • 儒家が幅を利かせているとそちらの趣向も難しいのでしょうけれど…
        …近頃は市井でも飯炊きの娘が身を商う事は珍しくないとか -- ? 2011-11-05 (土) 20:16:39
      • ははぁ…そういうものなのですか。
        (御代を渡して、では頂きますと下から横から…しげしげと眺めて)
        (ゆっくりと舐るように、細まった長い棒の先端を小さな口に含んで)
        ……やらかく、殊の外甘味の強いものですね。
        色合いから淡泊な味かと思いましたが… -- ? 2011-11-05 (土) 20:35:59
      • (なかなか房から千切れようとしないバナナと格闘している) -- ミズナラ 2011-11-05 (土) 20:40:42
      • かぁーっ!役得だぁねこりゃあ!(南国産の珍しい果物、そのわりに安くうまいそうなのでよく売れることはもちろん女性に薦めてその食べっぷりを観察するという楽しみもあるのだ)
        だろ?しっかり甘くて栄養豊富!老若男女にはばひろーく人気の果物ってなあ伊達じゃねえぜ!
        …まぁ薦めといてナンだけどなんせ自分じゃ食ったことねえからさぁ、毎度食って反応見るまでヒヤヒヤモンなんだけんどもね(バナナと格闘する小さいのを見て一つ剥いてやりつつ) -- 隆斗 2011-11-05 (土) 20:49:09
      • (真っ白な果肉に目を丸くする、まずはおっかなびっくり一口)
        (もぐもぐ)…。……。………
        (気に入ったらしい。自分より大きなバナナに抱きつくようにして、ばくばくと猛烈な勢いで食べはじめる) -- ミズナラ 2011-11-05 (土) 20:56:13
      • おっ 気に入ったと見える…(こういうとき小さいと便利だあねと見守る)
        もしかして座敷童子って奴?(猛烈な勢いの食いっぷりなのでこの前のようにギャラリーが増える…いらはいいらはいと飛ぶように売れるバナナ) -- 隆斗 2011-11-05 (土) 21:09:07
    • 年越し蕎麦屋
      • そんなことよりそろそろ除夜の鐘タイムな気がするので私は年越し蕎麦を注文するぞ親父ィィィィ!!
        それも海老の天麩羅乗せでだァ!! -- ミコト 2011-11-05 (土) 22:51:52
      • というか今月に限っては蕎麦屋限定なんだねよく見たら…… -- ミコト 2011-11-05 (土) 23:04:25
    • 湯屋<じゃあここで乱交してよ!
      • (誰も来ず貸切状態なので湯船に大の字で浮いて極楽気分) -- 蘭音 2011-11-05 (土) 21:24:21
      • むぅ、乱交……道場では稽古の事をこう呼んでいたような、そうでもないような……湯屋で武術?(とりあえず風呂に入りながら) -- 一片 2011-11-05 (土) 22:02:38
      • それはもしや、「乱取り」のことじゃなかろうか……(その指摘をするためだけに出没する忍者。湯船でちゃぷちゃぷ) -- ミコト 2011-11-05 (土) 22:05:15
      • それは乱取り稽古じゃないかな……(烏賊のような動きの泳法でゆっくり移動しながら) -- 蘭音 2011-11-05 (土) 22:05:52
      • そ、そんなすてれおで突っ込まなくたって……!(かぽーん)いやぁ、でもいいお湯ですね!泳いでもいいものなのですかここ! -- 一片 2011-11-05 (土) 22:07:17
      • よくないけどついさっきまで貸切状態だったから(風呂から上がってもぶ男衆に背中を流してもらう) -- 蘭音 2011-11-05 (土) 22:10:14
      • 分かりやすいボケにはツッコミを入れるのが粋ってもんでしょ?(満足そうにスィー…と遠ざかっていく) -- ミコト 2011-11-05 (土) 22:10:15
      • いや、お邪魔してしまって……ええっ、ここって男の人に背中流してもらうところなんですか!?
        ああいえ、突っ込み自体は非常に嬉しかったです!ボケを回避された時のかなしさったら……るーるるー -- 一片 2011-11-05 (土) 22:11:58
      • 年の瀬くらいはゆっくりお風呂に浸かって、一年の垢を落とすのもいいものですよぅ
        ともあれ、泳げるほど広いのでしょうか? -- まゆる 2011-11-05 (土) 22:20:31
      • 町の湯屋じゃ男も女も一緒に入るのは普通じゃない?最近はそうでもなくなってきてるのかな -- 蘭音 2011-11-05 (土) 22:20:55
      • 一年分の垢を落とすって言うのはいいですよね、言葉のあやであってすごい垢を溜め込んでる訳ではないですけど!
        一緒に入るのは普通なはずですけど、背中流してもらうのは初めて見ました……つ、追加料金とか取られないでしょうか! -- 一片 2011-11-05 (土) 22:24:35
      • 桝村藩がどうかは知りませんが、寛政の改革後は男女別湯になったらしいですよ(今適当に調べた) -- まゆる 2011-11-05 (土) 22:26:37
      • なるほどなるほど……時代がよく分からないのでとりあえずその場の雰囲気でって事ですね!私も背中流してもらおうかな……何か気持ち良さそうだし…… -- 一片 2011-11-05 (土) 22:29:26
      • ここで乱交してよ!って湯屋も叫んでるし、ここは混浴なんじゃないかな(流してもらいながら)
        追加料金とられるほどの仕事じゃないとしたい……全身手洗いなら取られるかも(ざー) -- 蘭音 2011-11-05 (土) 22:34:52
      • そ、そうですよね!じゃあちょっとお願いしちゃおうかな……て、手洗いはちょっと!こっちがお金もらいたいくらいですよ!(背中流してもらいながら) -- 一片 2011-11-05 (土) 22:36:05
      • 建物の言葉だよ? 信用に値すると思ってるの? -- 湯屋? 2011-11-05 (土) 22:37:07
      • 酷い建物だな!信用失して倒れても知らないぞ!(お先、と声をかけて上がっていった) -- 蘭音 2011-11-05 (土) 22:39:35
      • まず建物が叫んでる事自体結構怪しいですよ!あ、それじゃー(蘭音に声をかけて湯船に浸かる) -- 一片 2011-11-05 (土) 22:40:30
      • (乱闘がはじまることならあります。) -- 2011-11-05 (土) 22:43:28
      • 僕達は利用する人間の望む形で在ろうとするだけさ…僕達が生きている君らの可能性を狭めてはいけないんだ
        それはとっても哀しいことだから…分かってくれるよね?(そして湯屋の声は響かなくなった…) -- 湯屋? 2011-11-05 (土) 22:43:50
      • あかすりをする三助というのは大体男性で、終わったら札を渡すそうですよ それが歩合給になるそうです(ミル貝) -- まゆる 2011-11-05 (土) 22:44:12
      • むぅ、素肌で戦う事で回避能力を高める……お風呂で乱闘、修行としてはアリですね! -- 一片 2011-11-05 (土) 22:44:52
      • へー、貝さんには何でものってますねぇ……この際やってもらっちゃいます?垢すり! -- 一片 2011-11-05 (土) 22:45:48
      • 一年の垢を落としましょうか(湯から上がり、石榴口をくぐる)
        すいませーん、垢すりをおねがいします -- まゆる 2011-11-05 (土) 22:54:31
      • ええ、この際ですしね!お願いしまーす!ばっさり擦ってください! -- 一片 2011-11-05 (土) 22:55:35
      • SUNSUKE -- 2011-11-05 (土) 22:55:50
      • ああっ、何だかこれはすごいさっぱりするような気がします……全身お願いしちゃいたくなりますね! -- 一片 2011-11-05 (土) 23:05:06
      • つい見てしまった……
        全身お願いしちゃいましょうか 徹底的に垢を落としましょう -- まゆる 2011-11-05 (土) 23:20:26
      • はー、極楽極楽って気持ちよさじゃないですけど、さっぱりしますねぇこれ……あっ、あっ、もうちょっと優しく…… -- 一片 2011-11-05 (土) 23:28:10
      • はぁ〜……のんびりしちゃいますねぇ(時折くすぐったそうにもぞもぞしつつ) -- まゆる 2011-11-05 (土) 23:42:21
      • あぁ……何となく恥ずかしいような気もしますけど、気持ち良かったですね!もう一回体流して帰るって感じです! -- 一片 2011-11-05 (土) 23:49:49
    • 遊郭<待て
      • この界隈は熾烈な様子でございますね……
        (土産のバナナを進呈して、白拍子は思案げに扇子を弄び)
        …流石に尼女郎辺りはキワモノ過ぎるのか客入りがいまひとつ、のようでしたが
        (何れもある種同業だけに視察に回ったのだろう) -- ? 2011-11-05 (土) 22:43:56
    • 茶屋<男の子、始めました -- 2011-11-05 (土) 17:46:17
      • 男の子を3つ -- 御白? 2011-11-05 (土) 21:57:50
      • 新鮮なおちんぽを3つと申しおる!二人は妾の両側に寄り添え!一人は仰向けに寝ろ!ハリアップ!! -- 御白? 2011-11-05 (土) 22:02:41
      • http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp012522.png -- (割と正確であろうもの) 2011-11-05 (土) 22:17:05
      • 帰れ -- 御白? 2011-11-05 (土) 22:18:04
      • http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp012523.jpg -- 2011-11-05 (土) 22:24:27
      • 帰れ!帰れよう!妾はこんなしもぶくれのお多福顔は好みではない! -- 御白? 2011-11-05 (土) 22:27:30
      • http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp012524.jpg < えー -- 2011-11-05 (土) 22:33:51
      • おい三人目 -- 御白? 2011-11-05 (土) 22:36:49
    • 尼寺<当寺院の尼達が穢れと煩悩を払い、極楽浄土へご案内! -- 2011-11-05 (土) 20:24:11
    • http://notarejini.orz.hm/up2/s/qst018342.jpg
      • ぐえー -- 2011-11-05 (土) 21:32:38
      • こ、転んだ……それも盛大に……(見なかったことにして素通りしてあげる優しさを発揮) -- ミコト 2011-11-05 (土) 21:42:38
      • くぅ、誰じゃこんなところへ実芭蕉の皮を捨てた者は!!………見るな、……見るなーーーー!!!!(ちらりと見てくる通行人達に向かってわめく) -- 2011-11-05 (土) 21:51:04
      • …?こんな所で寝てたら風邪引くよ?(わめいてるところに声をかける、しかし近寄る足元にはバナナの皮が) -- アスカ 2011-11-05 (土) 21:54:41
      • リアクションゲイというやつですか?(しゃがんで覗き込む) -- まゆる 2011-11-05 (土) 21:55:20
      • ち、違うわ!寝ておらん!そこの皮で…お、おい……(アスカの足元に視線を移し) -- 2011-11-05 (土) 21:57:17
      • 今師走だからマジで風邪はひくね… そしてそのリアクション何某はそこ片仮名じゃ駄目だから!? -- ミコト 2011-11-05 (土) 21:57:17
      • ん、どうかしたの?(視線を向ける紬を見て、足元が疎かになってそのまま滑る)
        ・・・お、お?(そのまま前のめりに滑って顔面から地面に落ちる、見るからに痛そう) -- アスカ 2011-11-05 (土) 21:59:34
      • (ぱっぱと埃を払いながら立ち上がり)ふん、こんな所で寝ておったら風邪引くぞ?(勝ち誇った顔で先程言われた言葉を返した) -- 2011-11-05 (土) 22:04:47
      • (顔面を地面にくっつけたまま、言葉を返されるが)……ぐぅー…(文字通り寝息を立てている) -- アスカ 2011-11-05 (土) 22:10:11
      • ………わしよりコイツの方がよほど"りあくしょん"芸が得意だぞ!? -- 2011-11-05 (土) 22:11:32
      • 芸ならまだ良かった。彼女の場合は大体天然で……(目を逸らす) -- ミコト 2011-11-05 (土) 22:19:36
      • 通りで寝ていると、踏まれてしまうかもしれませんねぇ…… -- まゆる 2011-11-05 (土) 22:21:49
      • むにゃむにゃ……まだ、食べられる…(顔面をくっ付けたまま寝言を言いだす始末) -- アスカ 2011-11-05 (土) 22:24:50
      • 天然、天然なのか……も、もうわしは知らん!(先程自分も盛大にずっこけた気恥ずかしさもあり、逃げるように足早に去っていった) -- 2011-11-05 (土) 22:25:40
  • 英雄町
    • 大通り
    • めし処・茶屋
    • 大橋
      • (頭の上から羽衣を被って顔を隠した上品そうな出で立ちの女が、笛を奏でながら橋を渡っている……) -- ??? 2011-11-04 (金) 20:46:48
      • ) -- 音響係 2011-11-04 (金) 20:50:50
      • (音響がガチで吹いた 笛だけに) ううむ、流石に牛若丸ごっこじゃ弁慶っぽい武芸者は現われないか…残念 -- ミコト 2011-11-04 (金) 21:02:08
      • なんの座興ですか、それは。 -- ビクシュ 2011-11-04 (金) 21:15:39
      • こう、ね…橋の欄干を飛び回って戦いたいなぁ〜…と(※発作的行動) -- ミコト 2011-11-04 (金) 21:32:42
      • こんなとき覇皇の力がありゃあなぁ…(ぼそり -- 隆斗 2011-11-04 (金) 21:36:52
    • 湯屋
      • ああ、湯屋って…… -- 御白? 2011-11-05 (土) 00:48:36
      • ……お風呂ですが何か? -- ミコト 2011-11-05 (土) 00:57:00
      • 殿方は皆、背中を流されるなら女と考えるであろ? -- 御白? 2011-11-05 (土) 01:01:19
      • かわりにおんなゆのほうはおっさんが洗ってるので無害です。 -- ビクシュ 2011-11-05 (土) 01:03:38
      • 女湯におっさんがいたら蹴り出すわマジ…… で、御白さんは何を言わんとしてるのやら -- ミコト 2011-11-05 (土) 01:09:44
      • () -- びーんあいであ 2011-11-05 (土) 01:14:22
      • 例えおっさんがその昔、幼き頃…捨てられて凍えてる仔犬を助けたことがあるとしよう
        でも蹴り出す! ビバ西洋化ーッ!! そして御白さんが何が言いたかったのか気になりつつ帰る -- ミコト 2011-11-05 (土) 01:35:24
      • ビクシュが全てを語っておる ちなみに西洋ではもっと以前からお風呂=乱交じゃよ -- 御白? 2011-11-05 (土) 01:51:02
  • 英雄町
    • 大通り
    • めし処・茶屋
      • あついのー(天ざるそばズルズル) -- 御白? 2011-11-03 (木) 00:23:10
      • いつになったら涼しくなるんでしょうか…(ぐでーんとしながら釜玉うどんを食べている) -- ライブラ 2011-11-03 (木) 17:40:17
      • ん?見ない顔じゃな -- 御白? 2011-11-03 (木) 22:18:56
    • 河原
      • …日の暮れるのも、早くなりました……。
        (茜色を帯びはじめた空を見上げ、ふぅ、と息を吐く。手にしていた箒をぽいと投げ捨て足元へ視線を移す)
        (其処にあるのは集められた落ち葉。そして長い串に刺した、芋…。) -- 皐月 2011-11-03 (木) 21:55:36
      • 焼くんですか?(ひょこっ) -- 礼蓮 2011-11-03 (木) 21:56:19
      • …無論です。ほっくほくの熱々になるまで…て、あら?これは礼蓮殿…。
        この様な処を見られてしまうとは、お恥ずかしい限りです…。
        (頭を下げて礼。そして芋を落ち葉の中へと押し込んでゆく) -- 皐月 2011-11-03 (木) 22:00:00
      • いえいえ。秋の楽しみですよね、焼き芋(にこにこしながら布袋からいくつかさつまいもを取り出す) -- 礼蓮 2011-11-03 (木) 22:01:52
      • (ほへ?と言う顔で目をぱちくり)…お持ちになっていたのですか、お芋……。
        (此方も芋の個数はひとり分ではない。合わせると相当な量になって)…なれば共に焼くといたしましょう…。 -- 皐月 2011-11-03 (木) 22:04:37
      • もしかして火が入用かい?(ずぁっ -- 隆斗 2011-11-03 (木) 22:08:00
      • あ、空っぽ鎧の人だ -- 礼蓮 2011-11-03 (木) 22:09:25
      • そういうキミは先っちょ黒マティじゃあーりませんかー(口から火吹きながら) -- 隆斗 2011-11-03 (木) 22:10:13
      • …炎は、間に合ってます。…と言いたいところですが隆斗様がどの様に火を付けるのか…
        皐月は見てみたいと願います…(頭を下げる) -- 皐月 2011-11-03 (木) 22:10:14
      • マジで!?俄然張り切っちゃうぜ俺ー…パパラパッパパ〜!放射能熱線〜!(どっかで聞いたモノマネでそう言うやいなやノーモーションで口から青い炎を吹く、全身を覆っている炎を噴射できるようだ) -- 隆斗 2011-11-03 (木) 22:12:56
      • …こんな処にまで核の汚染が。芋がいろいろな物質を含有してしまいます……。
        そんな火力ではああ、芋が黒焦げに…(カクンと肩を落とす) -- 皐月 2011-11-03 (木) 22:18:29
      • (涙目でじーっと隆斗を見上げる) -- 礼蓮 2011-11-03 (木) 22:20:09
      • やべぇ!?(頭から突っ込む)セーフ!ほらセーフだって!泣くなよ!(死にもの狂いで芋を確保しながら) -- 隆斗 2011-11-03 (木) 22:26:32
      • …芋に続いて焚き火まで破壊するとは……(呆れ果てた、そんな表情を作ってみる)
        ……まあ芋は、皮は焦げても中は無事でしょう。…逆に中が焼けてない可能性は高いですけれど…(ぼそり) -- 皐月 2011-11-03 (木) 22:30:49
      • そのときは葉っぱ集めからですねー(のんびり) -- 礼蓮 2011-11-03 (木) 22:31:55
      • サッキーの愛が厳しい…(視線とお小言が少年ハートに突き刺さる)
        くそっ!余裕かましやがってこの非童貞!んーと……あっ!そうだよこの手があったんだよ!(川原の石を拾って熱しながら) -- 隆斗 2011-11-03 (木) 22:34:09
      • ……?(何をするのか見ている) -- 礼蓮 2011-11-03 (木) 22:34:45
      • ……意外なものです…(驚きの視線で礼蓮を見る)
        …石を?これはもしや、あの噂に名高いアレを……? -- 皐月 2011-11-03 (木) 22:37:09
      • そういうことさ!(芋を熱した小石の中に入れて)どうよこの逆転ホームラン!褒めてもいいんだぜ?(これなら炎で焼き尽くす心配もないだろう) -- 隆斗 2011-11-03 (木) 22:39:04
      • ?(にこにこしながら皐月に頸をかしげる)
        ああ、これが石焼きいも……! -- 礼蓮 2011-11-03 (木) 22:40:18
      • …焼けた石での調理は、お芋の中にまでよく熱が通ると聞きおよびます…。
        これは隆斗様をほめるほかない…ですね…。 -- 皐月 2011-11-03 (木) 22:40:59
      • (どやどやする顔)おっと、そういやこんな調理もできるって言ってたな…(小石の中にバナナをつっこむ) -- 隆斗 2011-11-03 (木) 22:45:30
      • や、焼きバナナ!? -- 礼蓮 2011-11-03 (木) 22:47:23
      • つっても食べたことねえんだけどね!仕入先の若旦那から聞いたけどむちゃくちゃ甘くてうめえんだってよ?(そろそろいいかな?と芋を取り出して古新聞でくるんで二人にパス) -- 隆斗 2011-11-03 (木) 22:49:47
      • それは、ばなな…と言いましたっけ…。まあ確かに皮に覆われてはいますけれど…。
        (うーんと首を傾げる。温かいバナナが想像出来ないようだ)
        まあいずれにしても、お芋の焼けるまで待ちましょう…。 -- 皐月 2011-11-03 (木) 22:49:49
      • 仕入先って何を仕入れてるんですか?(熱い芋を手の中で転がしながら) -- 礼蓮 2011-11-03 (木) 22:51:03
      • (取り合えず焼き上がったらしい芋を手にあちち…と呟き)読売で芋を包んで…?こういうのもあるのですね…。
        よろしければ隆斗様、もう三個ほどこの様に包んでいただけませんか…? -- 皐月 2011-11-03 (木) 22:53:09
      • いやなにこのバナナをね、こっちじゃ珍しいだろ?南国の果物だし(叩き売り業者)
        そのままだと熱いかんね、手ごろな包み紙さぁ(あいよと芋三個とサービスでバナナもつけちゃう!するすっかり焼き物屋の親父と化すよろい) -- 隆斗 2011-11-03 (木) 23:00:38
      • …隆斗様が商いをしていたとは驚きです。…お客が来る事も含めて…。
        (ありがとう、と頭を下げ)では、失礼乍皐月はこれにて…。このお芋を届けたい方がおりますゆえ……。
        残った芋はお好きに、どうぞ…(と言っても隆斗は食事の出来ない身。礼蓮はいくつの芋を食べるのだろう…)
        (そんな事を想像してくすり、と微かに笑み、川原を後にする) -- 皐月 2011-11-03 (木) 23:04:23
      • はい、またですー♪(笑顔で手を振って見送った) -- 礼蓮 2011-11-03 (木) 23:07:10
      • 死んでもなんでも金が入用なもんでね、そいじゃまたね〜(愛想よく見送る)
        んだら残ったバナナを売りにいくとしますかねぇ…芋は食っていいぜ(非童貞に芋をわたしつつ帰る) -- 隆斗 2011-11-03 (木) 23:11:55
      • ありがとうございましたー♪ -- 礼蓮 2011-11-03 (木) 23:12:54
  • 英雄町
    • 夏真っ盛りな大通り
      • ……アヅイ……(ぽたぽた汗をかきながら堂々と大通りをふらつく烏天狗) -- 全々 2011-11-01 (火) 18:37:07
      • こういうときはかき氷など、誰かにたかりたいものだけどー・・・(キョロキョロ) -- 全々 2011-11-01 (火) 18:43:38
      • (瓜売り) -- ビクシュ 2011-11-01 (火) 20:44:15
      • (バナナの叩き売り) -- 隆斗 2011-11-01 (火) 21:29:37
      • もっとこう、暑さをしのげるようなものは売ってないのですか!?瓜は何となく買ってその場で食べる物のような気はしないですし! -- 一片 2011-11-01 (火) 21:39:18
      • 暑さを凌げるものと言ったら……風鈴? ただの誤魔化しだけど -- ミコト 2011-11-01 (火) 22:07:25
      • 風鈴、風鈴では……やっぱり物理的に冷たいのがいいですよね!出来れば! -- 一片 2011-11-01 (火) 22:25:30
      • ごめんね、お兄さん火遁の術しか使えなくてごめんね(火を吹きながら)) -- 隆斗 2011-11-01 (火) 22:26:12
      • あんたのそれは火遁でいいのかよ……! ええと、物理的なら…す、簾?(※電力不足対策) -- ミコト 2011-11-01 (火) 22:27:45
      • (瓜売りが瓜売りに来て瓜売り残し売り売り帰る瓜売りの声の声真似の物売り) -- ビクシュ 2011-11-01 (火) 22:28:28
      • 一応中級の免状をいただいてますが何か(しれっ)そんな事いうみちんこはおんみょうだんをくらえー!(指から光出す) -- 隆斗 2011-11-01 (火) 22:32:35
      • 暑いっ!?暑いです!我慢大会やってる気分じゃないんですよ!簾も今やこの火の燃料にしかならそうですね……
        瓜売りならよく冷えたスイカとか置いてないですか!? -- 一片 2011-11-01 (火) 22:34:04
      • すみませんねぇ、今年のスイカはすべて畑で爆発したんですよ。 -- ビクシュ 2011-11-01 (火) 22:37:28
      • 蚊が止まって見えるわそんな火遁! すげぇぜこの甲冑、落ちながら戦ってやがる…(肥溜めに蹴落とそうとしながら)
        ああ、西瓜とかそういう食べ物が良かったのか……残念ねー(団扇と扇子で涼みつつ) -- ミコト 2011-11-01 (火) 22:39:44
      • ここは一体どこの国ですか!なんでも爆発すりゃいいってもんじゃないですよ!
        あんまりまぶしくない感じですよね……ああっ、もう川にでも入りたい! -- 一片 2011-11-01 (火) 22:42:10
      • やめろし!エグいし!!(ぐいぐい押されるので抵抗中) スイカがダメならメロンって手も… ここにはねえか(土地柄考えるとダメそう) -- 隆斗 2011-11-01 (火) 22:42:46
      • 仕方がないですねぇ、涼しくなる話とかどうでしょうか。 -- ビクシュ 2011-11-01 (火) 22:46:44
      • なんか鍬形兜さんって女に踏まれるの好きそうだから……てへぺろ★
        …そんなに暑いならいっそ川で泳いでいいんじゃないの? 私も暑い日は川で泳いで涼むし -- ミコト 2011-11-01 (火) 22:46:49
      • 涼しくなる話、いいですよね……夜中に聞くと眠れませんけど……
        いいですかね、水も綺麗ですよねきっと!よし、川に行こうそうしよう! -- 一片 2011-11-01 (火) 22:54:02
      • 踏まれるの大いに結構!ぼくもだいすきだ!(下からのぞく)…あざてえ!やっぱこの子あざてえ!!(てへぺろを見逃さない) -- 隆斗 2011-11-01 (火) 22:56:12
      • あー、足が滑った〜(※渾身の蹴りでガチで落とそうとする)
        お盆の船幽霊の話、全部聞いちゃった……やっぱりお年寄りの言う事は聞かないとね… -- ミコト 2011-11-01 (火) 23:01:50
      • (落下) -- 隆斗 2011-11-01 (火) 23:04:11
      • いいオチがついたわ。「落下」だけに…… (どっ!と笑い出す異様にノリがいい背景のモブ東洋人達) -- ミコト 2011-11-01 (火) 23:21:18
    • めし処・茶屋
    • 遊郭
    • 河原でAh〜〜〜〜!夏祭りィ!! -- 2011-11-01 (火) 21:12:15
      • 暮れ闇に蛍がぼんやり浮かび上がる時間、提灯明かりを提げた屋台がいくつも並び、町人達が景気のいい声で客に呼びかけ
        綿飴を持った浴衣姿の子供達は蛍を追って河原を走り回っている……
        川遊びするもよし、屋台を巡るもよし、金魚すくいに興じるもよし、花火を打ち上げるもよしだろう -- 2011-11-01 (火) 21:23:58
      • 暑い!納涼企画! ってことか…! フンッお祭りなんてそんな子供っぽい…(金魚すくいしながら) -- ミコト 2011-11-01 (火) 21:31:01
      • あっ、くそぅ! この出目金、しぶといぃ〜!!(悪戦苦闘) -- ミコト 2011-11-01 (火) 21:33:33
      • (やや人ごみから外れたあたりでござを敷いて春画を売っている) -- まゆる 2011-11-01 (火) 21:37:20
      • ははは!それじゃあうちの活きが良い金魚は掬えねーぜ嬢ちゃん? -- 屋台のおじさん 2011-11-01 (火) 21:38:15
      • (まゆるの春画屋の前にたむろして)
        「ねーねー、お姉ちゃんは何を売ってるのー?」 「売ってるのー?」 -- わらべ達? 2011-11-01 (火) 21:40:37
      • (失敗して放置された型抜きをぽりぽり) -- ミズナラ 2011-11-01 (火) 21:43:45
      • 大人用…の絵だよ(ぎこちない笑顔) -- まゆる 2011-11-01 (火) 21:43:48
      • な、なにおぅ!? こんな生意気な金魚私が全部掬ってやるわ!うりゃー!!(※ゾロ目で成功、奇数で網が壊れる) -- ミコト 2011-11-01 (火) 21:44:25
      • ありゃ? 型抜きのゴミどこいったかなぁ… -- 屋台のおじさん? 2011-11-01 (火) 21:46:48
      • 「おとな用?」 「どんな絵どんな絵ー?」 「「「見た〜い」」」 -- わらべ達? 2011-11-01 (火) 21:47:57
      • い、いきなり網が……(レイプ目) ええい!親父!二つ目を要求する! うおりゃああああ!! -- ミコト 2011-11-01 (火) 21:48:44
      • どんなって…大人が遊んでいるところ…かな? -- まゆる 2011-11-01 (火) 21:50:57
      • 掬えた!初めてなのにこんな簡単に掬えちゃった!!(※画像略) フフン、金魚掬いなんてちょろいっ! -- ミコト 2011-11-01 (火) 21:51:06
      • いや、描かれてるのはアチキですから、大人がって訳でもないんだけど…… -- まゆる 2011-11-01 (火) 21:51:58
      • や、やるなぁ嬢ちゃん…ええい持ってけ泥棒!(一番活きのいいボス出目金を掬われたので内心涙目) -- 屋台のおじさん? 2011-11-01 (火) 21:53:55
      • 「お姉ちゃん何言ってるの?」 「大人の遊びってあれだろー!ほら…各々方、よござんすか? カラカラカラー!」
        「半か!」 「丁か!」 「……丁!!」 「おいらも丁!」 「…半でしたー」 「「ぐわー!?」」 -- わらべ達? 2011-11-01 (火) 21:56:53
      • もっとこう…原始的な遊び…かなぁ? -- まゆる 2011-11-01 (火) 22:00:46
      • (上機嫌で金魚を持ち帰りながら綿飴もぐもぐ) ……で、そっちは何やってんだろ(子供に群がられるまゆるに気付く) -- ミコト 2011-11-01 (火) 22:01:09
      • 「あーっ こっちの姉ちゃんは綿飴持ってるぞー」 「わたしも綿飴食べた〜い」 -- わらべ達? 2011-11-01 (火) 22:05:46
      • ちょわっ!? こ、こっちに群がらないの! 綿飴なら向こうの屋台で売ってるから… -- ミコト 2011-11-01 (火) 22:12:44
      • 助かった…… -- まゆる 2011-11-01 (火) 22:14:29
      • 「あっちに売ってるってさー」 「食べに行こうぜ〜」 「「「わーい」」」 (去っていく子供達) -- わらべ達? 2011-11-01 (火) 22:17:53
      • 子供は無邪気でいいわね〜……それで、安心してるところ悪いけど私も気になるわ。あんた何を売ってるのか! -- ミコト 2011-11-01 (火) 22:22:30
      • 肉筆の浮世絵ですよ 大してうまくありませんから、ご覧の通りの閑古鳥ですけどね -- まゆる 2011-11-01 (火) 22:27:05
      • その歳で手描きの浮世絵ぇ? ふぅむ…だったら子供にも見せてやればよかったのに
        それにもっと明るい屋台の方で売ればいいんじゃないの?(春画とは想像ついていない) -- ミコト 2011-11-01 (火) 22:32:58
      • 描いてるのはアチキじゃなくて、相方なんですよぅ あっちはいろいろ縄張りがあるようですから -- まゆる 2011-11-01 (火) 22:34:50
      • なぁんだ、じゃあアンタは絵描きの弟子みたいなもんかー(勝手に解釈して勝手に納得)
        縄張りねぇ……まぁいきなり出て行っても同業者には煙たがられるか〜 -- ミコト 2011-11-01 (火) 22:41:45
      • アチキは旅の退魔師ってところですかねぇ…… 絵は相方が趣味で描いてるんですよ
        もっとも、桝村藩に来るまでは物の怪退治のほうは商売にはなりませんでしたけどね 一枚どうですか? -- まゆる 2011-11-01 (火) 22:48:09
      • ただの趣味かい。どちらにせよ、私は絵の良し悪しも分からないし好きでもないしいらないかなー……悪いね -- ミコト 2011-11-01 (火) 23:03:44
      • それは残念 あまりいいえとはいえないんで、アチキも無理には勧められないんですよぅ(苦笑い) -- まゆる 2011-11-01 (火) 23:26:06
  • 英雄町
    • 夏の大通り
      • つゆもあけて、商売にはいい時期になりましたねぇ(通りの隅にござを敷いて絵を並べている) -- まゆる 2011-11-01 (火) 01:48:53
    • めし処・茶屋
    • 涼しげな河原
    • 遊郭
  • 英雄町
    • 梅雨の大通り
      • 雨宿り、雨宿り。 -- ビクシュ 2011-10-30 (日) 21:28:03
    • めし処・茶屋
      • ……ふむ、今宵はまだ静かなようにございますな。(ずるずると掛け蕎麦を手繰りながら) -- ハヤテ 2011-10-30 (日) 19:32:21
    • 大橋
    • 湯屋
    • 遊郭
      • (遊郭の表に立ち客引きをしている) -- 華夢路 2011-10-30 (日) 21:57:50
      • (のしのし、と。歩き姿にはそれが相応しい表現だろう。目に入った見慣れた顔に足が止まった)これは、驚いたな。 -- 教家 2011-10-30 (日) 22:01:57
      • ほう、何に驚いたというのだ? それよりどうだ、今宵は遊んでいかぬかな? -- 華夢路 2011-10-30 (日) 22:06:31
      • 全部だ。まあそれはともかくとして、そうさせてもらおうか。遊ぶのはあまり得意じゃないが。 -- 教家 2011-10-30 (日) 22:10:17
      • 今宵はいいのが揃っておるゆっくりして行け……ちなみに、私は新造だから御相手できぬがな。 -- 華夢路 2011-10-30 (日) 22:12:29
      • そうか……なら今の内に話をしておこうか。どういう風の吹き回しだ? -- 教家 2011-10-30 (日) 22:14:51
      • どういうと言われてもな……女の修行といった所だ。 -- 華夢路 2011-10-30 (日) 22:21:21
      • 女の修業、か。前に話した俺の愚痴がどうこう働いてのことだろうかね。 -- 教家 2011-10-30 (日) 22:23:29
      • それもあるな、それにくノ一の修行に取って代わるものだと私は思っておるよ。 -- 華夢路 2011-10-30 (日) 22:27:27
      • くノ一の修行に、なるほど、通じるところはありそうだ。(遊郭前で話をすれば、その答えに行き着くのは難しくない)だがあれもあるか。影響を与えたのは……いや、いいことだ。
        そろそろ入らせてもらって、気を晴らすとしよう。なにぶん武骨者、楽しみあえるかは別にしてもな。 -- 教家 2011-10-30 (日) 22:32:30
      • あぁ、今宵は楽しんでゆくと良い いずれは私も客を取れるようになろう、お主にその気があれば私が相手してやろうぞ。
        さぁ、入るがよい。(教家の手を引きを遊郭へと案内するのであった) -- 華夢路 2011-10-30 (日) 22:37:14
  • 英雄町
    • 大通り
      • ……暇ね。妖怪でも歩いてたら退治だー!ってできるけど、そう都合よく物の怪もフラフラしてないし -- ミコト 2011-10-30 (日) 00:48:12
      • (串団子を食べ歩きながら)退魔師武芸者のみんなは今も妖怪退治に東奔西走してんのかなー? -- ミコト 2011-10-30 (日) 00:53:53
      • 朝10のテンションじゃ歌えない歌を歌いつつ遊んでいる、おひねりはそこそこ) -- 隆斗 2011-10-30 (日) 01:07:00
      • ……はい、全然東奔西走してませんでしたね! ムカつくくらいのハイテンションでエキサイティングしてらっしゃる!?
        (何となくその観衆に混ざり歌を最後まで聞いた) -- ミコト 2011-10-30 (日) 01:12:48
      • サンキュー!グラッツェ!メルスィー!!(場末のライブハウスなテンションで観客に挨拶)
        へイどうしたんみちんこみこちん?暇そうじゃん(そして目が合う) -- 隆斗 2011-10-30 (日) 01:19:11
      • いや、この街で西洋言葉不要だろ!? ああでもなんか観衆は満更じゃないこの空気…!
        おい今私の愛称間違えた? ん、気のせいか……いや、「暇そう」じゃなく信頼度バリ四で暇なのよ(キッパリ)
        鍬形兜さんは曲芸師みたいなことして小銭稼ぎかな? -- ミコト 2011-10-30 (日) 01:26:10
      • 時代は横文字だぜ?右からじゃなくて左からね(流行るホ!)
        そりゃ大変だ、人間暇だとあれこれ不道徳な遊びに走っちゃうかんなぁー(あれこれに思いを馳せる)
        ま、そんなとこかね…生きてても死んでても金は必要だからさ(それなりに良い音をさせる財布を見せて) -- 隆斗 2011-10-30 (日) 01:31:32
      • こうやって固有の文化は失われていくのね……!(ホロリ) でもこの国は洋菓子を逸早く輸入すべきだと思うわ(キリッ)
        そうそう、つい買い食いに走ってまた財布の中が寒くなっちゃってー……って変なこと言わせないでよっ?!
        ああそうだ、私もおひねり出さないとねー(ゴソゴソ) -- ミコト 2011-10-30 (日) 01:41:49
      • 輸入と言わず職人さんこっちに呼ばったりあっちの食材をこっちで育てたり…夢が広がる国際都市って奴だねぇ(ガッポリ儲けられそうな気配を感じる)
        女の子ならフツーフツー…変なことってなぁ(ピー)とか(プー)とか(銃撃音)、(特殊音声)みたいなことを言うのさ(地上波じゃ流せないよ!なワードを交えたウィットな会話を行う)
        マジで?まいどありー(お財布を広げていらっしゃいませ!する) -- 隆斗 2011-10-30 (日) 01:49:15
      • 真昼間から往来で放送禁止用語言う奴は嫌だわー……その辺の効果音担当は夜型人間だから休ませてあげて!
        (銭の入った巾着袋の中を覗く→手頃な小銭が無い→手には串団子がある→三兄弟の長男はいない食べかけ→…ま、いいか)
        はい、どうぞっ!現物支給だよー♪ (3-1=2になった串団子を渡した!) -- ミコト 2011-10-30 (日) 01:55:44
      • ありゃ?自由ってそういう事じゃないのかい(夜型のVEさんを休ませてあげつつ)
        …んー…男の子としちゃ魅力的な提案なんだけんどもよ、俺ってば食べられない子だから…悪いね(突っ返しちゃう格好になるので申し訳なさそうに)
        気持ちだけ受け取っとくよ、あーばよーい(どことなくしょんぼりした背中を見せつつどこかへ去っていく) -- 隆斗 2011-10-30 (日) 02:06:51
      • あ、そっか……中身がらんどうだもんねあんた。緑茶を飲む骸骨とかいるし、大丈夫かと思ってたよ
        んーん。気にしないで! 私も今度何かあんた好みの物持ってくよ。それじゃーねー? -- ミコト 2011-10-30 (日) 02:14:43
    • めし処・茶屋
      • そろそろ衣替えの次期じゃのぉ(泥鰌の天ぷらを食べながら) -- 御白? 2011-10-29 (土) 21:42:46
      • 男性客を呼び込むためにこちらにもチラシを貼っておきましょう(男物割引の広告をぺたぺた)
        異国のかたにきていただけたらいいですね -- 惣一郎? 2011-10-29 (土) 22:26:11
    • 芝居小屋
      • (一番後ろの方。他の客の邪魔にならぬようにして、茫と眺めている) -- 教家 2011-10-29 (土) 19:52:17
      • (あれ、舞台の役者よりも目立つ御方が・・・。) -- ビクシュ 2011-10-29 (土) 20:08:08
      • (視線を感じて、少しだけそちらを見た。こうした視線はいくらか、時折注がれてくすぐってくる。茫としているわりに芝居は見ているのだが、なかなか集中できないようだ) -- 教家 2011-10-29 (土) 20:12:19
      • 裸同然の遊女が太刀を手に踊っている -- 2011-10-29 (土) 20:15:30
      • (見世物としては悪くない。女が艶姿を晒して躍動する。刃と女体。生と死。血沸き肉踊るものがあった) -- 教家 2011-10-29 (土) 20:18:55
      • (以前、舞台には視線を移さず・・・。一番後ろのその席を見据えている) -- ビクシュ 2011-10-29 (土) 20:22:06
      • (大概視線は横からだけに、前方から来るその視線はえらく気にかかった。一つ視線をあわせてやればそれるだろうと、目をあわせてみる) -- 教家 2011-10-29 (土) 20:24:53
      • (視線の先には翁の面当を後ろ前につけた男が座している。 男の顔は確かに前を向いているのだが、 逆さに面をつけているせいで、睨みを効かせようにも 五穀豊穣を願うなんともめでたい翁の面が有るばかりでかえって不気味である。) -- ビクシュ 2011-10-29 (土) 20:31:49
      • (ふむ。と。片肘を付き、頬杖をついた。実際には目より上の辺りを広げた手で受けている。面の見えるほうだ。物が面となっては些かとがめかねるところ。となればこちらで工夫を凝らすが良いか、と) -- 教家 2011-10-29 (土) 20:37:23
      • 「どうぞ。」(声を掛けられ見ると脇から見目涼やかな水干姿の童が桃を差し出している) -- ビクシュ 2011-10-29 (土) 20:53:53
      • (顔を上げた。あちらから声をかけてきたか。少し目を丸くして手元の桃に目を落とす)……何か用か? -- 教家 2011-10-29 (土) 20:59:46
      • (しかし、顔を上げると童の姿はすでになく・・・男の姿も消えている。残ったのは目出度き果実。) -- ビクシュ 2011-10-29 (土) 21:10:33
      • ……?(あとはただ、舞台の上で女の舞があるばかり)……桃か。(知っている限り、悪い話はない。もっと俗に何か盛ってある可能性は頭をよぎるが、口の慰みにかぶりついた) -- 教家 2011-10-29 (土) 21:14:50
      • (ふつうにおいしい) -- 2011-10-29 (土) 21:27:02
  • 英雄町
    • 春の大通り
    • めし処・茶屋
    • 春の うららの 隅田
      • 暖かくなってきたのう(舟遊び中) -- 御白? 2011-10-28 (金) 23:10:10
      • (大橋から飛び降りてきたのだろうか 船上に人型が一つ ごしゃり)  -- 三照? 2011-10-28 (金) 23:49:34
      • どあああっ!?何事じゃっ!?(揺れる舟の縁を必死につかまえる) -- 御白? 2011-10-28 (金) 23:53:05
      • ……………    (むくり)失礼しました… 
        こっちに 何か 妖気が  -- 三照? 2011-10-28 (金) 23:56:52
      • (扇子を投げつける)折角の妾の酒が川に飲まれてしまったではないか!
        妖気……ふむそれはあれじゃ 妾からしとるだろ? -- 御白? 2011-10-29 (土) 00:03:58
      • (立ち上がった三照の額にこつりと扇子が当たって落ちる) 
        (しばらくじっと御白を見下ろしていたが 無遠慮に指をさし)……  妖怪 ですか? -- 三照? 2011-10-29 (土) 00:09:25
      • うむ、妖怪というのとは少し違うかもしれんな 妾は蚕と着物と婦人を守護する 御白と言うものじゃ -- 御白? 2011-10-29 (土) 00:23:00
      • …… 対話○ と うん 大丈夫そう… ? 
        (御白の前に正座で座る)ミツデ です 一つ相談 良いですか?  -- 三照? 2011-10-29 (土) 00:29:00
      • むぅ……? なんじゃ急に… 妾でよければ聞いてやるが… とりあえず話してみよ -- 御白? 2011-10-29 (土) 00:32:59
      • (三照の背後からぬるりと出てくるサカナのような妖怪)あー あー 
        この子口下手やし うちが説明してもええかなお嬢さん? 
        簡単な話やと お嬢さんが妖気持っとるならちぃーっとうちに分けたって欲しいなって話なんやけど 
        どうやろか? -- ジャヘン? 2011-10-29 (土) 00:37:30
      • あ なんやったら銭なら払うけどー  これ対価にはなるやろか?  -- ジャヘン? 2011-10-29 (土) 00:40:43
      • え、妖気分ける? まぁ減ったりせんからいいけど…疲れるし… どんな風に妖気吸われちゃうの… しかもこんな目立つ所で…いやぁん♡
        別にそんなはした金などいらん、腐るほどあるわい なんじゃ、妖気をすわんと死ぬ系なのか? -- 御白? 2011-10-29 (土) 00:43:34
      • ロハでええんかー? 良かったー いやな単純にうちの主食やねん  妖気が 
        あ ちょちょっと齧るだけやし 大丈夫やでー 傷とかは一切つかへんから 
        じゃあ ほなー (あーんと大口を開け近づく) -- ジャヘン? 2011-10-29 (土) 00:52:31
      • うわっ、こわっ! キャァー!たべられるぅー! (船の上なので逃げ場などなく……) -- 御白? 2011-10-29 (土) 00:54:33
      • (ばくりと一口 ジャヘンが御白の体をすり抜ける) 
        (合掌) ………  ご馳走様です  -- 三照? 2011-10-29 (土) 01:00:31
      • 妾……たべれちゃった……(へなり) -- 御白? 2011-10-29 (土) 01:04:31
      • … 御用は済みましたので  ここで失礼します 
        それでは (立ち上がると倒れるように川の中へダイブ) -- 三照? 2011-10-29 (土) 01:10:46
      • おー これは美味いっ 上質上質ー 
        あ ほなまた よかったらお裾わけよろしゅうー (続いてぽちゃりと消える) -- ジャヘン? 2011-10-29 (土) 01:11:15
    • 湯屋
    • 春の遊郭
  • 英雄町
    • 春の大通り
    • めし処・茶屋
    • 春の うららの 隅田
    • 湯屋
    • 春の遊郭
      • 晩春の季語に「吉原の夜桜」という言葉があります。 -- ビクシュ 2011-10-28 (金) 21:39:07
      • 元々は鉢植えに、桜の枝をさし、夜桜見物に見立てたもので有りましたが、それがたいそう、 評判になったということで・・・ -- ビクシュ 2011-10-28 (金) 21:39:43
      • なんと次の年には本物の満開の桜をまるまる植え替えた事に由来するそうです。 -- ビクシュ 2011-10-28 (金) 21:40:09
  • 英雄町
    • 合戦場跡 -- 2011-10-27 (木) 21:54:32
      • (それが起きたのはどれほど前のことなのか。知りもしないが用はある)……流石に、昔に過ぎるか?(土を掘って確かめて見るに、金屑すらもめどはないかと) -- 教家 2011-10-27 (木) 21:56:33
      • (手を払って立ち上がり、初春の風に息を紛らせ、平野に瞼を下ろした。両手を合わせ、指を組み、合掌の形) -- 教家 2011-10-27 (木) 22:01:32
      • (合掌をほどいて手を下ろす。開いた眼で歩き出し、そこかしこに戦の名残もないかと探し続けた) -- 教家 2011-10-27 (木) 22:09:36
  • 英雄町
    • 滑りやすい大通り
      • (口笛を吹きながら、堂々と大通りをあるく全々) 今日は何を食べようか、にゃー -- 全々 2011-10-26 (水) 20:25:13
      • おうどん〜? おそば〜? トン汁〜? こういう寒い日は暖かい汁ものがいいよねー(きょろきょろ) -- 全々 2011-10-26 (水) 20:28:48
      • おなべもいいと思いまs(つるっ どすん -- 礼蓮 2011-10-26 (水) 20:32:22
      • (音がしたので振り返れば、見知った顔が尻もちをついていた) ……ああ。お餅も良いね? -- 全々 2011-10-26 (水) 20:33:02
      • おなべって言ったのに……じゃあ間をとってお汁粉にしましょう、おしるこ! -- 礼蓮 2011-10-26 (水) 20:33:48
      • 何食っても胸にはいかないってツッコミ待ちかよおい(腹ですべりながら) -- 隆斗 2011-10-26 (水) 20:34:32
      • おしるこには持ちが入ってないんだよらい山。餅が入っているのはぜんざいというんだ(とてつもないどや顔でトリビア) -- 全々 2011-10-26 (水) 20:34:56
      • (メモ:201年2月、今日も当たり前のように街をぶらつく全然を目撃、あまりの馴染みっぷりに、おそらくただのコスプレ少女だと思われてる) -- めもり 2011-10-26 (水) 20:35:21
      • 乙女の身体的特徴をあげつらうそこの最低鎧男略してヨロオは一度腹を切って死ぬべきである -- 全々 2011-10-26 (水) 20:36:19
      • (くいくいと全々の足袋を引っ張って、自分もつれてけと自己主張するコロボックル) -- ミズナラ 2011-10-26 (水) 20:36:44
      • たーっ!!!(メモをとっているページをおもむろに破く確定RP) -- 全々 2011-10-26 (水) 20:37:01
      • お、ミズナラもいく?(ぽんぽん、と頭を軽くたたいて答えて) というか皆お腹すいてない? お昼にしようよ -- 全々 2011-10-26 (水) 20:37:46
      • そうなんですかっ!?(がーん
        あ、こないだえびの取り合いしてたちっちゃい子だ(しゃがみこむ -- 礼蓮 2011-10-26 (水) 20:37:48
      • いわれなくてもしんでますよ あっ!見ろよあれ〜!!あのボインちゃん!ちょっと分けてもらってこいよ! -- 隆斗 2011-10-26 (水) 20:38:02
      • (礼蓮をじっ…と見上げたあとぺこりと小さくお辞儀) -- ミズナラ 2011-10-26 (水) 20:41:04
      • これは体から直に生えてるものなので -- めもり 2011-10-26 (水) 20:41:31
      • うっせーヨロオ! わたしは着やせする隠れ豊満美少女だって前々からいってんでしょーが!! -- 全々 2011-10-26 (水) 20:41:52
      • ……というか何食べよっか……。鍋物のほうがいいのかな、結構人数いるし -- 全々 2011-10-26 (水) 20:44:18
      • (肩を竦めて苦笑する) -- ミズナラ 2011-10-26 (水) 20:44:29
      • じゃあお昼でおなべとか!
        かわいい……なでてもいいですか?(ミズナラにほわわん -- 礼蓮 2011-10-26 (水) 20:44:43
      • こぶとり爺さんがいるんだからおっぱい取り美少女がいてもいいとおもうんだけどナァ…えー?じゃあ脱いでくださいよー(メジャー出しながらクチクチ) -- 隆斗 2011-10-26 (水) 20:44:54
      • む、むぅ(なんとなく、妖怪の方が多い気がすると思った人) -- 2011-10-26 (水) 20:45:30
      • 大鍋で味噌煮込みうどんとかいいよなぁ、肉はいってるやつ、しかしめもりさんは今日も忙しいので観測にもどるよ -- めもり 2011-10-26 (水) 20:47:24
      • 一緒に楽しく食べませんかと書かれた看板を往来にブッ立てて)……そこのちっこいのとヨロオは一人渇いていけ。さて鍋でもたべますかー?(と、めし処にはいっていく) -- 全々 2011-10-26 (水) 20:48:27
      • 気が向いたらきてねー(めし処から顔をひょっこりだしてめもりさんを見送る) -- 全々 2011-10-26 (水) 20:49:15
      • (どこかで見たことあるなーと思いながらメモリさんを手を振って見送る) -- 礼蓮 2011-10-26 (水) 20:49:45
      • (腕でばってんを作る、ぺたぺた触られるのはお好みじゃないらしい) -- ミズナラ 2011-10-26 (水) 20:54:22
      • 残念です……(おとなしくてを引っ込めた) -- 礼蓮 2011-10-26 (水) 21:01:50
    • めし処・茶屋
      • さて、何鍋にするかだが? -- 全々 2011-10-26 (水) 20:49:27
      • もつなべがいいとおもいます! -- 礼蓮 2011-10-26 (水) 20:49:59
      • きむち鍋というものが食べてみたいのぅ(ちゃっかり同席してる) -- 2011-10-26 (水) 20:52:06
      • あたしてっちり鍋食べたい!(スッ) -- 沙耶子 2011-10-26 (水) 20:55:22
      • とりあえず食べたいなべをあげてもらい、一番票がおおかったのを頼もうか
        わたしは……蟹入りの水炊きかなぁー? -- 全々 2011-10-26 (水) 20:55:38
      • (広げられたメニューの上に乗って、石狩鍋と書かれた部分をぺちぺち叩く) -- ミズナラ 2011-10-26 (水) 20:55:45
      • 君ら意見を統一する気は? -- 全々 2011-10-26 (水) 20:57:39
      • ケチくせえこといってねえで片っ端から注文すればいいんじゃね? -- 隆斗 2011-10-26 (水) 20:58:38
      • ……一人1鍋で食べられるのかと問いたい!! ちなみにヨロオは? -- 全々 2011-10-26 (水) 20:59:38
      • みんなが食ってるとこを見るのがご馳走なんだ…(どやっ) -- 隆斗 2011-10-26 (水) 21:01:07
      • …ぷっ -- ミズナラ 2011-10-26 (水) 21:02:45
      • ふ、あたしにとって鍋如き味見ですくった御汁程度の量よ(ふぁさあ) -- 沙耶子 2011-10-26 (水) 21:03:01
      • こやつ…詰まらん、実に詰まらん……おとなしくきむち鍋と言うておればいいものの(ゴゴゴゴ、殺気の篭った視線) -- 2011-10-26 (水) 21:03:17
      • (体育すわりで凹む) -- 隆斗 2011-10-26 (水) 21:03:36
      • 'ヨロオは'水でも飲んでろ''
        じゃ、とりあえずこのレスの秒数下一ケタで決めることにするね
        1.もつなべ 2.キムチ鍋 3.てっちり鍋 4.水炊き 5.石狩鍋 6.全部ぶっこみ鍋 7〜0.↓の人が挙げた鍋を採用 -- 全々 2011-10-26 (水) 21:04:50
      • (キムチ鍋とかかれた部分に縦線を引いて消してしまう) -- ミズナラ 2011-10-26 (水) 21:05:01
      • 店員さーん、石狩鍋くださーい!! -- 全々 2011-10-26 (水) 21:05:38
      • (ばんざーい) -- ミズナラ 2011-10-26 (水) 21:07:32
      • 鮭ってあんまり鍋に入れないイメージあるんだけど……臭みつよくないのかな -- 全々 2011-10-26 (水) 21:08:42
      • これ小人。何を消しておる(そこではっとして)……なんぞ御主、もしや辛いの苦手か?(ちょっと笑って) -- 2011-10-26 (水) 21:09:13
      • まあまあ可愛い紬さん、石狩なべって決まっちゃったことですしね? -- 礼蓮 2011-10-26 (水) 21:09:40
      • ちっ!まあいいわ、とりあえずはその石狩鍋というのを食べてみましょう…で、石狩鍋ってどんなの? -- 沙耶子 2011-10-26 (水) 21:09:54
      • (こくこく) -- ミズナラ 2011-10-26 (水) 21:10:44
      • (ちゃき、と眼鏡をかけて)石狩鍋は、鮭の身や粗と豆腐、タマネギ・キャベツ・ダイコン・シイタケ・ニンジン・長ネギなどの野菜を、昆布で出汁を取った味噌仕立ての汁で煮込むものとされている。また、汁へ酒粕を加えたり、バターや牛乳などを隠し味に使う場合もある。最後に山椒の実か粉をふりかけて食べる。(とカンペを見つつ) -- 全々 2011-10-26 (水) 21:11:01
      • (背景にて北海道らしい効果音を流す) -- 隆斗 2011-10-26 (水) 21:11:52
      • …(むっとしながら)そーじゃな、かわゆいかわゆいらいれんよ。まあよい、鍋ならどれでも温まろうよ。
        小人もちょうどよかったようだしな〜 -- 2011-10-26 (水) 21:13:08
      • (そうして運ばれてくる大鍋、中には大量の、具、具、具!!) -- 2011-10-26 (水) 21:17:52
      • ぜ、ぜんぜん頭でも打った?へー北の方の鍋なんだ… -- 沙耶子 2011-10-26 (水) 21:18:51
      • さて皆さん、お鍋も運ばれてまいりました。飲み物は各自勝手にたのむということで。
        それではー、手をあわせてー・・・イタダキマス!! -- 全々 2011-10-26 (水) 21:19:26
      • いただきまーす♪ -- 礼蓮 2011-10-26 (水) 21:20:56
      • いただきまーす☆(可愛らしく) -- 沙耶子 2011-10-26 (水) 21:23:20
      • (皆の真似をして手を合わせる) -- ミズナラ 2011-10-26 (水) 21:24:59
      • さて、せっかくだからわたしはこの一番大きな鮭の切り身をえらぶぜ!!(ブスゥ!! と箸で刺すが実がこぼれる) ああっ!! -- 全々 2011-10-26 (水) 21:26:05
      • (手を合わせて)うぅ〜〜む、この立ち込める湯気がたまらん…冷えた身に沁みる……では、いただくとしよう(鍋の中身を器によそう)
        ほれ、小人よ。御主の分じゃ、熱いから気をつけよ?(小ぶりな器の盛って目の前に置いた) -- 2011-10-26 (水) 21:26:26
      • Hunt in the delicious world
        Life in the danger side…♪

        (食欲が増す一曲を奏上中) -- 隆斗 2011-10-26 (水) 21:27:10
      • なに? ヨロオはこんな所にも三味線もってきてんの……? -- 全々 2011-10-26 (水) 21:28:55
      • こんなところだから、だろ?(べんべんとかき鳴らしつつ言う、にぎやかならもっとにぎやかにが信条) -- 隆斗 2011-10-26 (水) 21:30:19
      • そうしているあいだにわたしは鍋をたべてるわけですが(もぐもぐもぐもぐ) -- 全々 2011-10-26 (水) 21:32:07
      • (もっと鮭が欲しいのか鍋の端から身を乗り出して取ろうとしてる、危ない) -- ミズナラ 2011-10-26 (水) 21:32:20
      • あ、ちっちゃい人危ない危ない(器にさけをよそってあげる) -- 礼蓮 2011-10-26 (水) 21:33:04
      • よかよかたーんと食え!胸についたらめっけもんだぜ(からから笑いつつみんなが食べる様を見るだけのよろい) -- 隆斗 2011-10-26 (水) 21:35:15
      • ……小人のだし汁……(ずずず、と汁をすすって)
        そういえば退魔師混ざってるから聞くんだけど、わたしらみたいなのは居ても大丈夫なの? 色々と(気楽なふうにもぐもぐもぐもぐ) -- 全々 2011-10-26 (水) 21:36:28
      • なんじゃ鎧武者よ、御主は食べんのか??(もぐもぐもぐ) -- 2011-10-26 (水) 21:38:09
      • んー(ずずず…とだし汁を啜って)
        あきらさまとかそっちの空っぽの人とか、そんな悪いことしてませんし。特にあきらさまはいい人ーって分かってますからね(にぱ -- 礼蓮 2011-10-26 (水) 21:40:44
      • (見えないとこで触手にも食わせつつ凄い形相で食ってる自称美少女)おかわり! -- 沙耶子 2011-10-26 (水) 21:41:22
      • メシ食いにきてるだけの奴を問答無用でぶっ殺すってタダのキチガイだろ?冗談じゃねえ(ひらひら手を振って)
        ん?食わないんじゃなくて食えないのさ、色々あってね(べんべんと三味を鳴らしつつ気のない返事) -- 隆斗 2011-10-26 (水) 21:41:47
      • ほらみんなきいた!? いまらい山がわたしの事を良い人といったよ!? もっと皆はわたしへの認識を改めるべきだと思う(もぐもぐと食べつつ、がなりたてる) -- 全々 2011-10-26 (水) 21:42:26
      • (ぺこりと二人に頭を下げてから、改めてお鍋を頂く)
        (はふはふ、ぱくり、もぐもぐもぐもぐ………にへら) -- ミズナラ 2011-10-26 (水) 21:42:38
      • ふむ、食えぬのか…(もぐもぐ)…そうか(もぐもぐもぐ)………そうか(そこはかとなく幸せをかみ締めるようにもぐもぐ食べてる。それも見せ付けるように) -- 2011-10-26 (水) 21:43:46
      • らいやまじゃありません、らいれんですっ!(諦めない -- 礼蓮 2011-10-26 (水) 21:44:08
      • ああ、やば、この鮭ちょーうめぇー!!(わざわざ隆斗の前に来て美味しそうにもぐもぐ) -- 全々 2011-10-26 (水) 21:45:11
      • へいへい…(こういう奴なんだなとスルーしつつ)
        いい人悪い人以前に人じゃねえだろお前(ひややかなツッコミ) -- 隆斗 2011-10-26 (水) 21:47:23
      • 甘いわねぜんぜん、きっとそこの人は食いっぷりがいい人って言ってるのよ
        (喋りながら凄い勢いで鍋の具を空にしていく) -- 沙耶子 2011-10-26 (水) 21:48:33
      • ちょ、まちなさい! わたしのなべの具っていうかどれだけくうのさ、すごい勢いで胃の中に……
        こうしちゃらんねぇ!!(と自分の方も加速。無理な速度で食べ始める) -- 全々 2011-10-26 (水) 21:51:31
      • (これ絶対そのうち喉を詰まらせるなあ、とあらかじめ水を用意しておく) -- 礼蓮 2011-10-26 (水) 21:52:27
      • そこの御主!少し食べすぎではないか!?!わしまだ二杯目いっとらんぞ!?!(気づいたので沙耶子に指差す) -- 2011-10-26 (水) 21:53:08
      • (マイペースに鮭をはむはむ、にへら) -- ミズナラ 2011-10-26 (水) 21:54:20
      • 食べるという事は戦争なのよ!!!!!!!!!(食べカスのついた顔で大絶叫) -- 沙耶子 2011-10-26 (水) 21:58:01
      • そうさ! 食は闘争!!(もぐもぐもぐもぐ、と勢いよく食べていたが……) ウぐっ!(と、目を白黒させた。どうやら大方の予想通り喉をつまらせたよう) -- 全々 2011-10-26 (水) 22:03:14
      • ……こやつら、食い意地張りすぎておのこに敬遠されるな。なあ、礼蓮よ?御主、このようなおなごをどう思う? -- 2011-10-26 (水) 22:05:01
      • (流れるような動作で湯飲みの水をあきらに差し出す) -- 礼蓮 2011-10-26 (水) 22:05:14
      • 闊達な人なんだなあ、って思います(もぐもぐ -- 礼蓮 2011-10-26 (水) 22:05:53
      • んぐ、んぐ、んぐ!(ぷはぁ、と息をはいて) ……へへん。どーよ、わたしの魅力はこんなことじゃ陰らないってことよー(どやがおで紬 -- 全々 2011-10-26 (水) 22:07:44
      • (途中送信して三角座りする全々) -- 全々 2011-10-26 (水) 22:08:08
      • (中田笑い) -- 沙耶子 2011-10-26 (水) 22:08:59
      • (肩を叩いて慰める) -- 礼蓮 2011-10-26 (水) 22:11:23
      • だが、こやつらは度量よりも胃袋が広いようじゃぞ……
        で、なんじゃ、どや顔でわしがどうかしたのか(どや顔で指差して笑う) -- 2011-10-26 (水) 22:11:38
      • ち、ちがうのよ。わたしがこう、いそいでね? ほら、たまにみするって言うか
        植林しないだけ偉いもんだよ!!!(逆切れ) -- 全々 2011-10-26 (水) 22:11:56
      • ……あ。(なべがついに具材がなくなった) -- 礼蓮 2011-10-26 (水) 22:22:00
      • いいのよぜんぜん…間違えは誰にでもあるもの…ね?(優しい目で眺めつつパクパク) -- 沙耶子 2011-10-26 (水) 22:22:38
      • もうなくなってしまったな……はぁ、空の鍋の熱気が暖かい……(両の手を出して) -- 2011-10-26 (水) 22:24:24
      • ……うっぷ、だべずぎだ……(ぽんぽんに張ったお腹をさすりながら) -- 全々 2011-10-26 (水) 22:23:03
      • それではごちそうさましますかー・・・みなさん、手を合わせてー
        ごちそうさまでしたー!! -- 全々 2011-10-26 (水) 22:26:31
      • うむ、実に美味だった。ごちそうさまじゃ!(手を合わせて) -- 2011-10-26 (水) 22:27:50
      • さまでしたー♪
        ところであきらさま、今大通りにいましたよね? -- 礼蓮 2011-10-26 (水) 22:28:15
      • お前、イワナクテイイコトヲ……!!! -- 全々 2011-10-26 (水) 22:29:02
      • ごちそ…え、もう!? -- 沙耶子 2011-10-26 (水) 22:29:09
      • わしも見たぞ?こやつ、枝を間違うておった。なかなかに芸のできるやつじゃな(くつくつと笑い) -- 2011-10-26 (水) 22:30:05
      • ……そこはほら、見ないふりしてあげるのがやさしさってもんじゃろー!!
        なべの具がなくなる→ごちそうさま。何かまちがっているかね? -- 全々 2011-10-26 (水) 22:31:58
      • ワタシハナニモミテイナカッタワ(慈悲の目) -- 沙耶子 2011-10-26 (水) 22:35:00
      • ……締めの雑炊とかでしょうか? -- 礼蓮 2011-10-26 (水) 22:35:14
      • だ、だって鍋まだお代りもしてないし…あ、そうだ雑炊も食べてないわね -- 沙耶子 2011-10-26 (水) 22:42:10
      • よう食うな……さて、わしはそろそろ暇を告げさせてもらおうか。ではな、旨かったぞ〜〜(御代は誰が持つのだろうかと思いながら一人足早に去っていく) -- 2011-10-26 (水) 22:44:07
      • (どうしよう、とあきらを見上げる) -- 礼蓮 2011-10-26 (水) 22:44:30
      • (既にいなくなってる自称美少女) -- 沙耶子 2011-10-26 (水) 22:53:29
    • 雪降る河原
      • こう……雪を見ると、アレをやりたくなるなぁ -- ミコト 2011-10-26 (水) 21:59:33
      • (釣り糸を垂らしながら、きしりと笑って)アレですかィ? -- 岸涯小僧 2011-10-26 (水) 22:09:53
      • どわっ?!あ、あんたいつからいたの? 人の気配は無かったと思うんだけど…ううむ考え事してて油断してたか
        ほら、アレよ。分からない? この物悲しく舞い落ちる粉雪を見てやることと言ったら… -- ミコト 2011-10-26 (水) 22:13:56
      • (いつの間にかいたのか、ずっとそこにいたのか、どうにもあやふやにしたまま、その曖昧さを楽しむように笑う)
        あっしは釣り人ですよゥ?魚に気付かれちゃァよろしくないじゃありませんか(そういってまた、きしりと笑い)
        といったら? -- 岸涯小僧 2011-10-26 (水) 22:23:57
      • (そもそも釣れてるんだろうかこの人は……) え、何? 分かんないの? んもー、しょうがないなぁ!
        だったら私の美声の見せ所だね! すぅ……はぁ……(一度大きく深呼吸して、川と舞い散る雪景色を見据えて集中し――)
        こなぁぁぁぁぁぁぁぁゆきぃぃぃぃぃぃぃぃ!!
        (と絶叫してから) ふぅっ……満足♪ -- ミコト 2011-10-26 (水) 22:31:33
      • (傍らの籠の中にそこそこの釣果)
        なんといいますか、よく理解はできかねますけれど……魚が逃げますねェ……
        (両耳を押さえていた手を外しつつ溜息) -- 岸涯小僧 2011-10-26 (水) 22:35:54
      • ハッ しまった……てへぺろっ☆ まぁそんだけ釣れてるならもういいじゃない? っていうか真冬なのにむしろ大漁
        あなた結構釣り上手みたいね。私はミコトって言うんだけど…釣り人さんのお名前は? -- ミコト 2011-10-26 (水) 22:39:43
      • まァ、それが生業ですからねェ。生きる業と書くくらいですから、できなきゃ生きていけません
        恥ずかしながらみなし子でございましてね、親から名をいただけておりません。
        だので皆のお好きに呼ばれておりますが……そうですねェ。一番通りがいいのは「小僧」ですかねェ -- 岸涯小僧 2011-10-26 (水) 22:47:26
      • 小僧? …あははっ!なんか一つ目小僧とか、妖怪っぽいなぁその呼び方だとさ? それに小僧って寺住まいでもなさそうだし
        魚売さんっぽいし魚売さんでいいや。うん、決定! 安易なネーミングこそ基本〜 -- ミコト 2011-10-26 (水) 22:57:39
      • 妖怪っぽいですか、初めていわれましたねェ(不思議そうに首を傾げつ、きしりと笑って)
        (勘がよいのか変に鈍いのか。「子供を荒っぽく呼ぶときいうじゃァありませんか、『そこの餓鬼』とか『おい小僧』とか。要するにまだ子供ってことですよゥ」……なんて、言うだけ妖しいだろうと思いながら)
        ……ねえみんぐ、ですかィ?横文字はよくわかりませんが、まァ、こだわりゃしません。
        ちなみにあっしは卸しのほうですがね。魚を売るには変わりませんが、あっしは魚売りに売るんで。……まァ、よろしくお願いしますよ、ミコトさん -- 岸涯小僧 2011-10-26 (水) 23:08:57
      • クンクン…そういやその魚臭い匂いもちょっと妖怪っぽいよね? あ、いや…それは職業柄だし失礼だったね。御免
        ああ、私不意に西洋の言葉使っちゃうんだよね。まぁそこは気にしないでくれたまえ魚売さん! さって、私は寒いしそろそろ行くわ
        そっちも風邪引かない内に釣りを切り上げなよ? そんじゃねー(甘味処へ走る) -- ミコト 2011-10-26 (水) 23:14:22
      • いいえェ、言われ慣れておりますよゥ。何分懐が寂しいもんで、満足に湯屋も行けやしませんし、ねェ?
        ええ、ええ、構やしません。わからなかったらお聞きしますし。お気遣いには感謝しますよゥ……それじゃァ、また。
        (そうやって見送った後で)……ありゃァ長生きできないたちですねェ(人知れずぽつりと呟いた) -- 岸涯小僧 2011-10-26 (水) 23:22:33
    • 湯屋
    • 遊郭
  • 英雄町
    • 大通り
    • めし処・茶屋
      • おそとでおとそ! -- 御白? 2011-10-26 (水) 00:00:08
      • お屠蘇気分でハメを外して家から追い出されてしまって、これはお外気分… -- 御白? 2011-10-26 (水) 00:05:53
    • 大橋
    • 河原
    • 湯屋
      • (大狐が湯に浸かっている。毛皮が湯にたゆたって、細めた目はいかにも気持ち良さげ) -- 教家 2011-10-25 (火) 21:59:49
      • (手ぬぐい片手にやってきて、大層びっくりしている) -- 礼蓮 2011-10-25 (火) 22:03:34
      • (人の気配。窓からさす光が照らすのみの暗い浴室で、ゆらりと顔を向けた。二三度またたきをすれば角度を戻して)
        ……俺のことは気にしなくていいぞ。 -- 教家 2011-10-25 (火) 22:06:18
      • あ、はい。それじゃあ、失礼します……(そーっと湯船に入って、肩までお湯に)
        はふー……(狐の大男に興味しんしんの体 -- 礼蓮 2011-10-25 (火) 22:10:22
      • (注がれる視線をはじめは気にしないように努めたが、空間のせいもあるか、つい追いかけるように振り向いて)
        何か、用か?(礼蓮と目を合わせる) -- 教家 2011-10-25 (火) 22:13:25
      • あ、、お気に触ったらごめんなさい……
        きつねのみみをつけた人は見かけるんですが、全身きつねの人って初めてなので、つい……(頭につけた手をぴょこぴょこさせてきつねのみみを表現しながら) -- 礼蓮 2011-10-25 (火) 22:15:31
      • いや、安心していい。俺も大概慣れている。(口の端が持ち上がる。小さく牙をのぞかせて、笑なのだろう)
        そうだな、なら、そう思うのも当然だ。だが……元を辿ればひょっとすると、昔々は俺みたいなのがいたのかもしれない。そう考えると、さほど驚くことでもないはずだ。
        いや……いま見かけないなら同じ事かな……。(おどけたように、耳を動かしてみせる) -- 教家 2011-10-25 (火) 22:20:13
      • つまりきつねさんはあれなんですね、先祖がえりの人
        洗うの全身毛皮だと大変そうですね…… -- 礼蓮 2011-10-25 (火) 22:23:20
      • 残念ながら、ハズレだ。正解は俺の故郷では混血が進んでいなかった。そこをいけば、この辺りはいいもんだと思ったものさ。過ごす内に、形態も様々と見えてきたんだが。(湯を掬って軽く自身にかけて首を回す。ゴキリと音がした)
        ふふふ……そんな事が気になるのか。まあ、楽ではないといっておこう。そのぶんした日には気分もいい。ただよく乾かさないと、風邪をひく。 -- 教家 2011-10-25 (火) 22:28:58
      • あ、それはわかります(こくこく)
        僕も髪の毛乾かさないまま寝ちゃったらカゼひいちゃったことがあって……やっぱり毛がたくさんだとそれもすごいんですね。
        ……あと、夏とか平気なんですか? -- 礼蓮 2011-10-25 (火) 22:37:28
      • 災難だったな。(おかしげにくっと、緩やかに体を揺らした)
        俺が寒いところ育ちのせいかあまり得意じゃないが……そちらの想像しているよりは大丈夫なつもりだ。
        ……そういえば、名乗っていなかったな。俺は神無月 教家。見ての通り、狐だ。 -- 教家 2011-10-25 (火) 22:39:58
      • 犬みたいに生え変わったりするんでしょうか…
        あ、はい。僕は霧谷礼蓮、人間の退魔士です。……あ、悪さしてない神無月さんを討伐しようとしたりはしないですからね -- 礼蓮 2011-10-25 (火) 22:50:41
      • 夏と冬の変わり目に生え変わりはある。しかし……(また、可笑しげだ)やはり同じ言葉が出てくるな。
        他に何人か退魔士とは知り合ったが、似たようなことを言っていた。俺は別に妖怪じゃあない。ただの狐だっていうのに。
        ついでにいえば退魔士でもある。宇迦之御魂大神……稲荷様を祭りながら、使いの狐は至極曖昧な存在のようだ。 -- 教家 2011-10-25 (火) 22:56:11
      • あ……(そういえば、といった表情で口元を押さえる)
        多分僕らにとって、ただの狐って四足で歩くしゃべらないしっぽが一本しかないののことですから……
        神の使いなこともありますし、妖怪なこともありますし。…考えてみると、不思議ですよね -- 礼蓮 2011-10-25 (火) 23:02:12
      • かといって、俺は四つん這いで駆けることなど出来ん。そこに差異の由来があるとすれば、俺にはどうしようもないか。
        ただそうして多様に分かたれている以上、皆が気づいてくれるならありがたい。さもなくば、化け狐を同行するか……化けても狐は狐。出来れば穏便にいきたいところ。退魔士であるからには、ことがあれば遠慮しないつもりといはえ。 -- 教家 2011-10-25 (火) 23:08:32
      • …………???(理解が及ばなかったようで、とにかく「穏便にいきたい」だけは理解した)
        僕も仲良くしたいなって思うので、その。よろしくお願いします(ゆらゆらと湯の中を近寄って、神無月に手を差し出す) -- 礼蓮 2011-10-25 (火) 23:11:00
      • ……どうこう、だ。発音が悪かったな。時々こうして舌が回らなくなることがある。俺も途中で熱がこもりすぎたのもあるが……
        (少し長風呂かと、頭を軽く振って)ん……(笑を浮かべた)ありがとう、礼蓮。(手を重ねる)こちらこそ。とても心強く思う。 -- 教家 2011-10-25 (火) 23:16:10
      • はいっ♪(手を握る にぎにぎ にぎにぎ 長い)
        ……にくきゅう(感触が良くて手放せないらしい) -- 礼蓮 2011-10-25 (火) 23:22:24
      • (別に悪い気分でもなし。満足するまでさせておくことにした。ちら、と。出さなかった方の自分の腕を見下ろして。すぐに戻す)
        握手すると、そこがよくよく気に入られる。 -- 教家 2011-10-25 (火) 23:25:56
      • なんていうか、人間考えることはおんなじですね(すっごい幸せそう)
        はふ……ありがとうございました。あ、なんかすごい握手しちゃいましたけど… -- 礼蓮 2011-10-25 (火) 23:31:05
      • いいさ、握手は慣れてる。どうやらご満足いただけたようで俺もいい気分だ。そちらの手も人なりに、悪い感触じゃなかったしな。 -- 教家 2011-10-25 (火) 23:33:06
      • そうでした?(手の感触をほめられたのは、もちろん始めてでちょっと照れる
        自分じゃないものは珍しいってことかもしれませんね。僕も良かったです♪ -- 礼蓮 2011-10-25 (火) 23:37:23
      • かもしれないな。(ふう、と一つ息を吐いて)……んむ。そろそろいい加減に長風呂も過ぎる。俺はそろそろ上がることにするよ。(立ち上がった。毛皮から湯が零れ落ちる) -- 教家 2011-10-25 (火) 23:42:53
      • はぁい。僕はもう少し浸かってますね。それじゃあ、またです、神無月さん -- 礼蓮 2011-10-25 (火) 23:46:52
      • ああ、それじゃあな。(背骨に沿った黒い線。肩甲骨のあたりで走る横の線。十字模様を見せながら、湯殿から去っていった) -- 教家 2011-10-25 (火) 23:48:18
    • 遊郭
  • 英雄町
    • 大通り
      • おにやらい -- 御白? 2011-10-24 (月) 23:00:48
      • どうかしましたか?(ござの上から顔を上げる) -- まゆる 2011-10-24 (月) 23:01:50
      • (でんでん太鼓をふりふり)うむ、古い晦日にやる儀式でな こうして鬼を祓うのじゃよ、おにやらい! -- 御白? 2011-10-24 (月) 23:09:16
      • (目がむっつばかり並んだお面を差し出す) -- 礼蓮 2011-10-24 (月) 23:17:02
      • 師走ですねぇ…(ハァとため息)年だけはなんとか越せそうですけど…
        そういえば、女将さんは大店の女将さんでしたよね?
        ちょいとお聞きしたいんですが…その、女将さんみたいな大店の旦那でですね(言いづらそうにもごもご)
        は…初物の小娘が好きって物好きの旦那は……いませんかね…流れ者でも構わないって言う物好きの中の物好きなんですが… -- まゆる 2011-10-24 (月) 23:18:15
      • おにやらい!(お面を被って)なんじゃ、まゆるちゃん…詳しく話してみなさい -- 御白? 2011-10-24 (月) 23:24:19
      • ちぃと、懐具合が寂しくて 退魔屋も実際やってみると道具の手入れや調査やらでいろいろと入用で
        それでですね、その…通りすがりの魚屋さんに、絵と抱き合わせで売ったらどうかといわれまして… -- まゆる 2011-10-24 (月) 23:29:59
      • やれやれ…花魁にでもなるか?どうしてもと言うなら口を聞いてやるが
        ほんとうにそれでいいのかね?よく考えてみなさい -- 御白? 2011-10-24 (月) 23:33:10
      • (どこかから借りてきた弓でびぃんびぃんと鳴弦) -- 礼蓮 2011-10-24 (月) 23:38:30
      • 流石に本職にはなるつもりはありませんが
        アチキも今すぐどうとか言うつもりじゃありませんよぅ なんとか年も越せますし、ね -- まゆる 2011-10-24 (月) 23:39:18
      • 雪が降って参りましたな。 -- ビクシュ 2011-10-24 (月) 23:42:41
      • どーしても食いつめたらうちに来なさい もちろんその気があるならな
        昼はうちで働き、夜は絵を売ればええ
        ふむ、冷えてきたのー
        みなで年越しそばと洒落るか?妾がおごるぞ -- 御白? 2011-10-24 (月) 23:48:49
      • お下りモノの御神酒もここに御座いますよ。 -- ビクシュ 2011-10-24 (月) 23:52:15
      • そりゃいいですね ご馳走になっちゃおうかな
        雪も降り出しましたし、春画売りも今夜は店じまいです(半纏の襟を押さえて小さくくしゃみ) -- まゆる 2011-10-24 (月) 23:55:09
      • あ、いいんですか♪(きらきら -- 礼蓮 2011-10-25 (火) 00:02:23
      • いいんじゃよいいんじゃよ みんなで食べなさい食べなさい -- 御白? 2011-10-25 (火) 00:06:15
      • そこの・・・殿上様みたいなのもこっちに来なさい(手招き招き) -- 御白? 2011-10-25 (火) 00:15:43
    • めし処・茶屋
      • ―――、―――、―――・・・。 -- ビクシュ 2011-10-24 (月) 21:11:09
      • どっとはれ。 -- ビクシュ 2011-10-24 (月) 21:17:26
      • そんな訳で温かい蕎麦を!人数分! -- 御白? 2011-10-25 (火) 00:06:41
      • あ、天ぷらもつけてくれな -- 御白? 2011-10-25 (火) 00:06:56
      • 蕎麦が茹で上がるまでまずは一杯、どうぞ。 -- ビクシュ 2011-10-25 (火) 00:16:02
      • おお、気がきくのぉ おっとっと(おちょこで酒をついでもらうババ) -- 御白? 2011-10-25 (火) 00:17:10
      • (くいっ)っ〜 冷えた体に染み入るわいのぉ それ、妾からも次いでやろう とんと飲めとんと飲め -- 御白? 2011-10-25 (火) 00:30:57
      • えっと、じゃ、そっちの方も一献……(この背丈の少女に酒は駄目なので葛湯をつぐ) -- 礼蓮 2011-10-25 (火) 00:33:45
      • うめー!酒うめー! -- 御白? 2011-10-25 (火) 00:36:54
      • この寒さも、酒の香りを引き立てると思えばまた一興ですね。 -- ビクシュ 2011-10-25 (火) 00:38:13
      • (ようやく出された蕎麦をずそずそ)ん、雪を見ながら温かい蕎麦を食うのも乙じゃのぉ -- 御白? 2011-10-25 (火) 00:52:22
      • ♪(美味しそうにそばをすすっている -- 礼蓮 2011-10-25 (火) 01:08:17
    • 大橋
      • (目に映るは一面の白。そして舞い落ちる雪の合間にゆらめく街の燈)
        (その燈に集う人々の醸し出す喧騒を独り離れ、箸の欄干に腰を降ろすは巫女姿。白の髪は雪に溶け、目立つは緋の袴ばかり)
        (傍らには酒の徳利。何処ぞの寺で参拝客に振舞っていた甘酒だ。其れを注いだ猪口を手に呆、と雪景色を眺める)
        ……白、白、白…。このまま全て白く綺麗になってしまえばいい…。
        (温かい甘酒を一口。白い息と共に呟きが口をついて出た) -- 皐月 2011-10-25 (火) 01:06:24
      • (お猪口を両手で包む様に抱く。悴んだ指先が温まり心地よかった)
        今年もこれでおしまい。大鬼は見付からなかったけれど…今は、いい…。
        (己の憎悪もまた雪に白く染められれば、と思う。…有り得ない事だが気分は落ち着いていた)
        (此処でならば酒に溺れる事もないだろう。ちびちびと飲み、ほぅ、と熱を帯びた息を吐く) -- 皐月 2011-10-25 (火) 01:19:47
      • (どれほどの刻をそうして過ごしたかは判らない。ただ…)
        (日が変わり年が明ける頃には、白い巫女姿の娘の姿はもう其処にはなかった) -- 皐月 2011-10-25 (火) 01:30:47
    • 湯屋
      • 落ちねえ落ちねえ血の匂いが落ちねえよ〜♪とくらぁ(カポーン) -- 諏訪しかみ 2011-10-25 (火) 01:16:47
      • 一番風呂かね、今日は妖怪の匂いがしなくて良いねぇ♪ -- 諏訪しかみ 2011-10-25 (火) 01:21:39
    • 遊郭
  • 英雄町
    • 大通り
      • (例のごとく通りの端っこで春画を売っている) -- まゆる 2011-10-24 (月) 00:03:42
      • (ニヤニヤした酒臭い男が近付く)おぅ、お嬢ちゃん -- 2011-10-24 (月) 00:40:16
      • おや、いらっしゃい どうです一枚? -- まゆる 2011-10-24 (月) 00:49:49
      • http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst019579.png いらんかねぇー、http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst019579.png いらんかねぇー。 -- ビクシュ 2011-10-24 (月) 01:38:26
    • めし処・茶屋
      • (料亭でお刺身と酒をいただく) -- 御白? 2011-10-23 (日) 23:41:07
    • 河原 -- 2011-10-23 (日) 21:12:45
  • 英雄町
    • 大通り
      • (あいもかわらず売れない春画を並べている半被姿の売り子) -- まゆる 2011-10-22 (土) 22:15:39
      • 向こうの通りで騒ぎが起きている、何でも誰かが犬の糞に爆竹を仕掛けたそうだ -- 2011-10-22 (土) 22:25:31
      • 酷い悪戯をするやつもいるもんだ… こりゃあ今日も橋の下かねぇ…(絵を片付けて、ござを丸める) -- まゆる 2011-10-22 (土) 22:28:44
    • めし処・茶屋
      • (屋体の長椅子で握り寿司を食べるロリババ) -- 御白? 2011-10-22 (土) 21:48:44
      • (きちりと伸ばした背のまま、ざくざくと茶漬けを流し込んでいる) -- 不破文四郎 2011-10-22 (土) 22:00:33
      • はて、あれは……ああ、不破様のうちのせがれさんかや 立派になったもんじゃのう
        (と、昔から容姿のかわらねロリババ曰く) -- 御白? 2011-10-22 (土) 22:04:30
      • おっじゃまー(いつもの如く飯屋にやってくる)…おや、オシラとぶんしろーの組み合わせか、珍しい事もあるもんだねー(いつもの席に座り)
        店主ー、いつものー(と、20人前の料理をいつものように注文する)…さて?(二人がどんな会話するのか気になって眺める) -- ムァン? 2011-10-22 (土) 22:09:28
      • (あらかた茶漬けを食べ終えると、一切れ残しておいた沢庵で器を拭い、口に放り込んだ)
        亭主、ここに置くぞ (文銭を机に置くと腰を上げ、御白と目礼を交わして大通りへと出て行った) -- 不破文四郎 2011-10-22 (土) 22:09:59
      • …あり、いっちゃった(何も面白い会話がなくてつまらんー、と思いつつもぶんしろーに手を振りつつ)またなー。
        (そして自分の分の料理が運ばれて来れば、そっちを食べるのに集中する)うまうま。 -- ムァン? 2011-10-22 (土) 22:13:37
      • (ぺこりと御辞儀を返して手をひらり)凛々しい若者に育ったのぉ うちの惣一郎にも見習わせたいわ(鯛寿司もぐもぐ)
        お?なんじゃ、ムァンか -- 御白? 2011-10-22 (土) 22:14:03
      • おー。ぶんしろーとオシラの会話に興味があったんだけどなー。なんか何もなく終わっちゃったなー(もぐもぐ) -- ムァン? 2011-10-22 (土) 22:31:31
      • ああ、うまがうまうまって -- 御白? 2011-10-22 (土) 22:31:44
      • おお、ムァンは不破様を知っておるのか……妾は街に長く暮らしておるからのう
        しかし相変わらず色気ないたべっぷりじゃな -- 御白? 2011-10-22 (土) 22:36:44
      • そこは突っ込むなってー。うんー、ぶんしろーとは頭が丸かった時からの知り合いだぞーいい男だよなー筋が通ってる。
        はっはっは、女が食事の時まで色気出して男を誘う意味なんて無いとあたしは思うけどねー。腹いっぱい食べるのが生物の幸せってもんよー(がつがつ) -- ムァン? 2011-10-22 (土) 22:40:24
      • まぁ妾も豪快なほうが好きじゃなぁ ほれほれ、口の周りにお弁当がついとるぞ
        (ムァンの口元をぬぐってあげながら) ん、ここの鯛はとても美味い(ほんの数皿でまんぷくなババ) -- 御白? 2011-10-22 (土) 22:47:24
      • あーありがとーなー(おべんとを取ってもらいつつ、食事をする手は止めない)鯛かー、悪くないかもなー。
        今度来るときは少し豪勢に食べてもいいかもなー。…ま、今日はこんな所で(20人前を平らげて)ごちそうさまーっ、と。 -- ムァン? 2011-10-22 (土) 22:48:23
      • うん、お利口さんお利口さん(頭まで手が届かないので代わりに尻を撫でる) -- 御白? 2011-10-22 (土) 22:56:02
      • ひひんっ(馬の様な声を挙げて)んもー、オシラはすぐに変な所撫でるんだからー(撫でたいなら言ってくれれば頭下げるのにー、と文句を垂れつつ)
        ん、腹も一杯になったしあたしも帰るかなー、またなーオシラ―(代金を払い店を出ていった) -- ムァン? 2011-10-22 (土) 22:58:28
      • いつでも尻を撫でていいのか!(ちがう) ん、達者にのぅ -- 御白? 2011-10-22 (土) 23:00:20
    • 大橋
  • (欄干にもたれかかり、煙管を加えて茫としている。視線は眼下の川と空を行ったり来たり) -- 教家 2011-10-22 (土) 21:50:19
  • (橋の下では三味線をかき鳴らして叫ぶ声) -- 隆斗 2011-10-22 (土) 21:55:59
  • (ふと聞こえてきた歌声に見下ろしてみる)あいつは確か……よく見かけるな。 -- 教家 2011-10-22 (土) 21:57:26
  • …お?よーう、お互いまだくたばってなかったみてえだな!(いや俺もうくたばってますからー!残念!!というどっかで見たネタをしつつ挨拶) -- 隆斗 2011-10-22 (土) 21:59:18
  • どうにかな。そちらの相変わらずな気性は、嬉しいやら疲れるやらなんとも判断がつきかねる。(火の始末をして、長く煙を吐いた) -- 教家 2011-10-22 (土) 22:02:41
  • そいつぁどーも、どうしたい今日は?(べんべんと三味線をかき鳴らしつつ橋の下から聞く、待ち合わせでもなさそうなのは解るが一応社交辞令という奴だ) -- 隆斗 2011-10-22 (土) 22:06:57
  • どうしたってこともなし。敢えて言うなら、郷愁にふけっていた。その他にもいろいろだ。(橋を渡って河原の上。土手道に立つ) -- 教家 2011-10-22 (土) 22:09:41
  • 郷愁だぁ?いい年してほぉむしっくかい旦那ぁ(げらげらとなんも考えていない笑いをしつつ三味をかきならし続ける) -- 隆斗 2011-10-22 (土) 22:11:15
  • いい年だからこそ、昔の思い出には痺れさせられるものだ。(ロングコートのポケットに手を突っ込んで)
    暇があると、悪いことを思い出していけないな。 -- 教家 2011-10-22 (土) 22:15:50
  • なんでぇなんでぇいい年ったって老け込むにゃあ早いぜ(やだやだ湿っぽいのはと手をひらひら振る、いい意味でも悪い意味でも前しか見えていない死人)
    …なんかあったのかい?(また三味を鳴らし始めつつ聞く、別に話しても話さなくてもいいぜという態度の表れである) -- 隆斗 2011-10-22 (土) 22:20:02
  • いいや、何も無い。(首を横に振って、鼻で笑った)単純に俺が、後ろ向きなだけだ。 -- 教家 2011-10-22 (土) 22:22:45
  • じゃあメシでも食いに行くか?腹が減ってると人間後ろ向きになっちまうんだってよ(って俺ら妖怪じゃーん!とセルフ突っ込みを入れつつ) -- 隆斗 2011-10-22 (土) 22:27:34
  • 飯はありがたい誘いだが……俺は妖怪じゃない。俺は狐だ。化け狐でも何でもない、ただの狐だよ。(と歩き出して) -- 教家 2011-10-22 (土) 22:32:01
  • ただの…ねぇ…(歩いていく狐を止めるでもなく見送る) -- 隆斗 2011-10-22 (土) 22:34:59
  • 遊郭 -- 2011-10-23 (日) 02:08:30
  • 英雄町
    • 大通り
  • あいかわらずの客足だなぁ…(絵を並べたござの上で、にぎやかな人通りをぼーっと眺める) -- まゆる 2011-10-22 (土) 18:41:19
  • ん(通りがかりに何を売ってるのかちらりと覗き込んでる) -- 2011-10-22 (土) 18:44:54
  • いらっしゃい(愛想の良い笑顔を向ける 並べられてるのは春画であり、描かれているのはこの売り子の少女のようで、よく似ている) -- まゆる 2011-10-22 (土) 18:50:24
  • (ぼっ、そんな音を立てて顔を赤くした)わ、わしにはまだ早いんじゃよ(目をそらす) -- 2011-10-22 (土) 18:52:43
  • 見ての通りの下手っ糞ですから、安くしておきますよ(提示された金額は肉筆の絵からすればかなり安い よく見ればそれも納得できる出来栄えで、女性はそこそこ肉感的によくかけてはいるが、それ以外が妙にふらふらしていておぼつかない) -- まゆる 2011-10-22 (土) 19:05:07
  • ふ、ふむ…(ちらり、ちらり、ちら……)い、いやいやいやいや、そんなわしのような童子に勧められてもなっっ(被り振る) -- 2011-10-22 (土) 19:10:42
  • お客さん、いくつなんです? -- まゆる 2011-10-22 (土) 19:18:56
  • わしは……十六じゃよ。見てもわかるじゃろ?(自分を見下ろして) -- 2011-10-22 (土) 19:21:53
  • 十六なら、早すぎるって事もないんじゃないですか?(旅してきた田舎町では十六ともなれば立派に働いてる男ばかりだった) -- まゆる 2011-10-22 (土) 19:27:31
  • と、とにかく、わしにはまだ早い!し、失礼すりゅ!(すたたーっと駆け足に去っていった…) -- 2011-10-22 (土) 19:32:25
  • そうですか… またどうぞ -- まゆる 2011-10-22 (土) 19:40:34
  • めし処・茶屋
  • (飯屋の片隅、十字模様の小袖一枚を身に着けた少女が焼き魚定職をもりもりと食べている)
    こっちの魚はみょーに美味しいわね。何だろ、塩がいいのかしら…。ああ、おばちゃんご飯おかわりねー!
    (丼を掲げて白米のおかわり。三杯目だ) -- ???? 2011-10-22 (土) 17:38:17
  • (ちりんちりーん、と店内に入ってくるケンタウロス)店主ー、今日もご飯食べに来たぞー…お?(いい勢いで食べている若い少女が目についた)
    いい食いっぷりだなーおじょーちゃん。見てて気持ちいいぞー -- ムァン? 2011-10-22 (土) 17:44:38
  • (おかわり待ちし乍お茶をひとすすり)腹ごしらえが済んだら探す物を探さないとだわね…。
    でも餡子、て言うか小豆ってどこで売ってるんだろ…。むぅー…
    (お茶を置くと腕を組んで店の中をぐるりと見まわす) -- ???? 2011-10-22 (土) 17:44:57
  • (味噌汁を啜りながら)あの子よく食うなぁ…羽振りいいみたいで羨ましいわ。あ、しかも切詰め裾仲間だ -- ミコト 2011-10-22 (土) 17:44:57
  • …て!はぁーこっちにも居るんだケンタウロス。いあ、こっちの言葉で喋らないと…えーと…人馬?それとも健太虚素?
    (等と呟いてると声を掛けられ)あら、ありがと。長旅でちょっとお腹すいてたのよ。
    アンタもよく食べそうよね、その体だと。(席に座れるのだろうかと眺める) -- ???? 2011-10-22 (土) 17:47:51
  • (ミコトのすする味噌汁の椀をじ…と見詰める)…味噌スープ。美味しいものみたいね(そして自分のそれを真似して飲んでみた) -- ???? 2011-10-22 (土) 17:49:49
  • (や、とミコトにも手を挙げて挨拶しつつ)…はっは、あたしは元々この外の生まれだよー普通に喋ってくれていいぞー。ムァンってんだー。(隣のテーブルの椅子をどけて、によいしょ、と馬体をしゃがませる)
    あー、20人前くらいは食べるかなーここの店主とはもう顔なじみになっちゃっててなー(言われずとも、店員がバンバン料理を運んでくる)…ってわけさー。 -- ムァン? 2011-10-22 (土) 17:53:16
  • おじょーちゃんはこの街の出身じゃないのかな、みそ汁も飲んだ事がない所を見ると…(こちらも味噌汁を鍋ごとがぶ飲みしつつ)
    ミコトー、奢ってやるからこっちで一緒に食べようぜ―。みんなで食べる飯が一番うまい(鮭を一切れ丸ごと飲み込み、ご飯をかきこむ) -- ムァン? 2011-10-22 (土) 17:55:44
  • あ、ムァンの姐御ちーっす!(荒くれ者っぽく挨拶してみるお茶目な年頃。早速擦り寄って行ってお零れに預かる)
    ふぅむ、今日の味噌汁はワカメ、豆腐、ナメコか……美味い! そっちのあんた、この辺じゃ見ない顔だね?味噌汁も初めてみたいだし
    (何気無く???さんにも話を振ってみるみこちん) -- ミコト 2011-10-22 (土) 17:55:56
  • 無庵?いあ、ムァンね。言われてみれば確かに顔立ちとか髪の色とか西の者って感じよね。
    アタシは冒険者の守護――じゃない、三塚井 鼎(みつかい かなえ)よ。ここではそう名乗る事にしたの。
    主、曰く「郷に入っては郷にしたげ」ってね。…て、そんなに。
    (自分もおかわりを貰ってまた食べはじめ) -- ? 2011-10-22 (土) 17:57:56
  • (自分の椀を覗く)豆腐、わかめ、なめこはこの茸の名前ね。なんか猥褻な名前だわ…(と呟く)
    そーよ、アタシはちょっと訳あって西国からやって来たの。鼎ってよんでね。
    アンタはミコトでいいのよね?(ムァンがそうよぶのを聞いてた) -- ? 2011-10-22 (土) 18:00:40
  • 今日はなめこ汁できめよー(鍋を完食して、おひつのご飯二杯目に入りながら)
    だろ?眼の色も金だー自慢なんだぜ―。カナエか、よろしくなーこの街はいい町だぜー。妖怪も多いけどなー(10人前を平らげてさらに食べるスピードは落ちない)
    主いわく?(神馬アイで鼎を見る)…んー、カナエはもしかして教会とかそういう所の人か―?なんか聖なる感じを受けるけどーんー(腐っても神獣らしい) -- ムァン? 2011-10-22 (土) 18:00:48
  • うん、フルネームだと風魔命ねー。にしても三塚井鼎…なんかカッコいい名!(此方は東洋人の様だが、西洋言葉も使っていて気兼ね無さそうに見える)
    っていうか相変わらずよく食べるなぁ姐御〜……ん、教会? それって、十字架が大好きな人達だっけ(もぐもぐ) -- ミコト 2011-10-22 (土) 18:05:16
  • 綺麗よね金の瞳。魔性を感じるわ…。ああ、その噂はアタシの住んでる街にも聞こえて来てるわよ。
    モンスター…もとい物の怪が大量に出没してるから退治屋を集めてるってね。…て、食べるの早!
    もっとこう、食べ物に感謝しながら…あ、まあそーよ。アタシは言うなれば神に仕える者ってトコね。 -- カナエル? 2011-10-22 (土) 18:06:18
  • 命でみことって読むのね。本当、漢字って難しいわ、読み方が複数あるとか…。
    まあアタシの方は仮名だけどね。こっちの風習に合わせてみたの。…て、別に十字架が好きってわけじゃ!
    いあ、十字架は象徴ではあるけど…むむぅ。 -- ? 2011-10-22 (土) 18:09:00
  • そりゃあ馬だからねぇ、胃袋が。んーあたしもこっちの家に住んでない時はやっぱりここの話は聞こえるなー、あたしはこの中と外に両方家があるからなー
    食べ物には感謝してるぞーこうしてあたしが生きていられるしおなかも膨れるしなー。神に使えるものかーこっちでいったら尼さんみたいなもんだなー。
    (しかし、ただの人間にしては聖なる気が強すぎる気もする…が、細かい事は気にしない性質の駄馬)…んー、ごちそうさまー(気がつけば20人前を食べ終えていた) -- ムァン? 2011-10-22 (土) 18:09:11
  • そういや姐御も当然物の怪大捕り物に参加してるんだよね…今この街には腕利きの武芸者&退魔師が集まってる
    鼎も遅れ馳せながら参じた教会の退魔師だったりするのかな…私知ってるよ!ええと、確か…えく……
    そう!絵楠紫蘇(えくすしそ)とか、そんなのっ!(←エクソシストと言いたい) -- ミコト 2011-10-22 (土) 18:12:50
  • (ぴたり。動きが止まる)…あ、あーもちろんさーあたしだってそりゃあ参加してるよー退魔師だもんー(めんどくさいので一回もやってないのは秘密である)
    えくすしそ?薬氏っていう薬法師は昔にいたけど違うぞー、エクソシスト、だろー?機関銃とか火炎放射器で戦う人たちだよー -- ムァン? 2011-10-22 (土) 18:15:01
  • 胃袋が4つあるのは牛か…て、この街とあっちを行き来してるの?ああ…そっか…
    馬の走る速さならそれほど時間は掛からないのね。ちょっと羨ましいわ…。
    (自分の丼をタン!とおいて)ごちそう様。アタシも恵みに感謝っと(食べた命に対して十字を切り)
    (そしてミコトに方に)アタシは残念ながら戦いに来たわけじゃないのよ。祓魔の担当でもないしね。あ、そーだ!
    (目的を思い出し)…ねえ、アンタ達ってこの街の事には詳しいのかしら? -- カナエル? 2011-10-22 (土) 18:15:29
  • ああ、あたしは脚の速さも自慢だからなー馬なんかと一緒にするなよー倍は速いぜ―?十字に着る所がシスターっぽいなー(あっはは、と笑って)
    …詳しいかって?(ミコトと顔を見合わせる)…んー、まぁ人並みかなー?噂話なら結構聞くぜー?詳しい奴も知ってるけど。何か聞きたいのかー? -- ムァン? 2011-10-22 (土) 18:20:07
  • きかっ、キカンジューに火炎ホーシャキ? やべっ、エクソシストマジ強そうなんだけど…!
    あ、でも鼎は違うのか……ちょっと残念(自分も御馳走様、と両手を合わせて全ての食材達に感謝を捧げる)
    ふぇ?この町、って……枡村藩の英雄町? -- ミコト 2011-10-22 (土) 18:21:11
  • 馬の二倍て、えーと…(指折り計算)げぇー!120km/hは出るんじゃない。速いってレベルじゃなかったわ…。
    エクソシストのイメージがコマンドーになってるわ…。ああ、こうして国外で異文化への誤解が広まっていくのね…。
    (ほろり。けど気を取り直して)うん、噂とかそういう事じゃないんだけど、この街で…最高級のちょー美味しい餡子か、でなければ
    小豆を買えるお店って無いかしらね?実はアタシ、仕入れに来たのよ。 -- ? 2011-10-22 (土) 18:25:57
  • 餡子か小豆、ねぇ……それも最高級かぁ。生憎と、私が使うのは美味しいけど安物だからちょっと御門違いだね
    取りあえず、甘味処の主人にでも聞けば早いんじゃないかな? 運搬はムァン姐御で -- ミコト 2011-10-22 (土) 18:31:39
  • んー実際に計った事は無いからわからないけどなーそれくらいは出るんじゃないかー?軽く。
    …餡子か、小豆?んー美味しい甘味処は幾つか知ってるけど、あんまり深い知り合いってほどでもないなー。ちょっと思いつかないよーミコトはどうだー? -- ムァン? 2011-10-22 (土) 18:32:58
  • あ、運搬なら任せろータクシー業もしてるからそれくらいはお安い御用だぞー。 -- ムァン? 2011-10-22 (土) 18:33:27
  • 甘味処!スイーツ専門店ね。なるほど、餅は餅屋か…!(ギラリ)
    んじゃ、おすすめの甘味所があったら場所だけ教えて貰える?後で何件か回ってみるわ。
    (言って懐からメモとペンを取りだし、ムァンには)ありがと。けどそんなに量はいらないのよ。そうね…
    試作分も入れて…鯛焼き十個分もあればいいかしら。 -- 2011-10-22 (土) 18:36:37
  • なんだーそっかー。それじゃああたしの運搬の仕事は無いなー。とりあえずあたしの知ってる甘味処の住所をー、っと(適当に紙に地図を描いて)
    まーこんなところかなー。あとは色んな情報に詳しい、ライブラって子がこの街によく来てるんだー新聞屋さんなんだけどなー。その子がもしかしたら情報知ってるかもなー? -- ムァン? 2011-10-22 (土) 18:40:01
  • 私行きつけの甘味処は〜……ここと、ここっと!(地図に書き足して位置関係まで分かりやすい!)
    特に高級志向ならこの店とか赤丸ポイントだね。こんなところかな? -- ミコト 2011-10-22 (土) 18:43:23
  • 正直運送にまで使える経費も、大量仕入れする費用も無いのよ。ごめんね。
    ライブラ?名前から察するにその人もこの街出身とは違いそうね。出来たら後で言ってみるわ。
    (地図を貰いぺこ、と礼)そして二人共ありがと。これでアタシは目的を達する事が出来そうよ!
    んで、この丸を付けてくれたお店が高級店ね。これだけお見せがあれば…
    ――よし!(チャキ) -- ? 2011-10-22 (土) 18:46:33
  • 行くのか? -- ムァン? 2011-10-22 (土) 18:49:05
  • ……死ぬなよ(※コンビニに行く戦士を見送るかのような顔で) -- ミコト 2011-10-22 (土) 18:50:59
  • 鯛焼きなど何個食べたか知れないよ。
    (席を立ち振り返り様にフッと笑って告げる)本当にありがと!またどっかで逢えるといいわね。そいじゃ、失礼するわ。
    アンタ達の冒険――こっちだと退魔だっけ?に、幸あらん事をー!
    (地図を大事そうに懐にしまい、背の翼を拡げて空へと飛び去ってゆく)
    (その後、十数件の店で鯛焼きを食べた挙句、小豆を求めて農家を何件もまわる羽目になったという…) -- ? 2011-10-22 (土) 18:53:46




  • ン -- 隆斗 2011-10-22 (土) 18:54:16
  • …やっぱり、天使だったかー。んー人間にしちゃあ聖なる気が強すぎると思ったよー(空を飛んで行く天使を見送って)
    ………で、タイミングを逃したタカト君はあれかな、腹筋を殺しに来てるのかなー(片腹大激痛で) -- ムァン? 2011-10-22 (土) 18:55:38
  • 全て計算だよクソァ!(もだえる -- 隆斗 2011-10-22 (土) 18:56:37
  • 不憫な甲冑……(ホロリと涙しながら店を出た) -- ミコト 2011-10-22 (土) 19:19:34
  • 英雄町
    • 大通り
      • (いつものように通りの端にござを敷いて絵を売っている) -- まゆる 2011-10-21 (金) 21:34:16
      • (その向かいでござを敷いてதிを売っている) -- ビクシュ 2011-10-21 (金) 23:34:43
      • (この間は追い払われたので、まゆるの前を素通りし… ビクシュの広げるゴザの前で足を止め、திを見る)
        (猫に小判ならぬ猫にதி、見つめる黒猫の目にも困惑の色が浮かぶ) -- 黒猫 2011-10-21 (金) 23:46:43
      • (ニヤニヤと笑いながら目を合わせる) -- ビクシュ 2011-10-21 (金) 23:48:20
      • (やがて窮したようにひとこえ鳴き、何かを諦めたようにビクシュの前を離れる)
        (食べられるものでなかったことに失望した野良猫…そんなふうに、見えなくもないだろう) -- 黒猫 2011-10-21 (金) 23:56:45
      • (あまり見かけないお向かいさんにぺこり オジギ) -- まゆる 2011-10-21 (金) 23:57:05
      • あれはこの間の… このあたりの猫なのかなぁ…(などとつぶやきつつ眺める) -- まゆる 2011-10-21 (金) 23:58:23
      • こんにち、は。 -- ビクシュ 2011-10-22 (土) 00:00:28
      • こんにちは
        お公家様がこんなとこでなにやってるんです? -- まゆる 2011-10-22 (土) 00:02:36
      • いえ、いえ。わたしはただのதி売り。この御衣は、そう、さるお方からの賜り物ですよ。 -- ビクシュ 2011-10-22 (土) 00:07:46
      • そんな着物をほいっとあげられるなんて、たいしたお大尽様ですねぇ アチキもあやかりたいものですよ
        一枚どうです、旦那 ご覧の通りのへたくそな春画ですからね安くしますよ -- まゆる 2011-10-22 (土) 00:16:54
      • ほう、ほう。これは、これは。なかなかの趣がありますね。 -- ビクシュ 2011-10-22 (土) 00:22:49
      • あんまり褒めちゃだめですよ 下手糞が調子に乗りますからね
        (あまり上手い絵ではない 売り子の少女がモデルであろう女は見て描いているのがよくわかる肉感的な絵だが、相手は想像で描いてるのか落書きに毛が生えた程度に見える) -- まゆる 2011-10-22 (土) 00:27:21
      • なれば、こちらの திを買って床に置くだけで、じっくりと・・・実物を、例えば、(※※※※)をもっと・・・。これの、それなんぞゴニョゴニョ(耳打ち)。 -- ビクシュ 2011-10-22 (土) 00:38:33
      • い…いりませんよっ!実物なんて!
        こっちはあくまで路銀稼ぎの副業なんですよ 本職は別にありましてね 相方が絵が描きたいっていうもんだから厭々付き合ってるようなもんでして -- まゆる 2011-10-22 (土) 00:44:58
      • 成る程、それは失礼・・・。では、この手の画に添えられている色歌なぞも、その方が書かれるのでしょうか。 -- ビクシュ 2011-10-22 (土) 00:53:10
      • そうなんでしょうねぇ アチキはあんまり興味ありませんから読んだことはありませんが… -- まゆる 2011-10-22 (土) 00:59:59
      • はじめると夜着から猫が滑り落ち―――、ほう、ほう。 -- ビクシュ 2011-10-22 (土) 01:05:46
      • ちょっと!読むならお家で読んでくださいなっ! -- まゆる 2011-10-22 (土) 01:13:30
      • (ほう、ほう。成る程… と何処かで頷く) -- 黒猫 2011-10-22 (土) 01:14:47
      • これはうっかり。しかしながら、あまり大きな声を出すと人が・・・ああ、集まってもいいか、物を売っているのだった。 -- ビクシュ 2011-10-22 (土) 01:16:15
      • そりゃあ、人が集まるのを期待してこんなところで商いをしてはいるんですけどね…
        もうすこしこう…(あたまに引っ掛けてた狐面を浅く被る) -- まゆる 2011-10-22 (土) 01:18:16
      • それでは気を撮り直して。ணுいらんかねぇー、ணுいらんかねぇー。 -- ビクシュ 2011-10-22 (土) 01:21:49
      • (恥ずかしそうに、ややうつむき加減に背を丸める) -- まゆる 2011-10-22 (土) 01:30:28
      • Mən sizə nə söhbət gedir bilmirəm -- 御白? 2011-10-22 (土) 01:42:35
      • この間の大店の…(ぺこり)なんかのまじないですか? -- まゆる 2011-10-22 (土) 01:53:38
    • めし処・茶屋
      • この国にもこんなところがあったとはな。ほかにも我が国のものに似たようなやつもおるようだし、
        異国と言えどもそう悪くはない。(往来を見つつ団子やら何やらを食い散らかしている古本類書) -- 類苑 2011-10-21 (金) 16:27:47
      • (その隣でがつがつと食事をしているケンタウロス)うめーごはんうめー。 -- ムァン? 2011-10-21 (金) 22:20:29
      • ……何だこれは……。(食べているところ、何やら見たこともないような種族の者が隣で食事をしていた。)
        (ぽかんと少女はその様子を見つめていた。) -- 類苑 2011-10-21 (金) 22:23:39
      • (がつがつがつ)…ん?(見られたので自分も目線を返して)どーしたー?お嬢ちゃんも食べたいのかー?
        別にいいぞーこれ全部タダだしなー、ほらー(ずいっ、と適当に料理の皿を差し出す) -- ムァン? 2011-10-21 (金) 22:24:59
      • タダ飯が食えると聞いて(ずぁっ) -- 日本 2011-10-21 (金) 22:37:18
      • ふえた。おーいいぞー。店主ー、こいつらあたしの友達だから奢りでもいいー?(そしてOKをだす店主)OKだってー。
        でもとりあえず、名前くらいは聞きたいなー?あたしはムァンって言うんだー、おにーさんとおじょーちゃんはなんて言うんだー? -- ムァン? 2011-10-21 (金) 22:39:03
      • いや、そういう意味でみたわけではないのだが……まあ良いか。いただくぞ。(皿の料理を頂きながら。) うーむ、この国には奇妙な種族もおるのだな。下半身が馬とは……新たな記録をつけねばな。
        む、今度は普通の人間が…… -- 類苑 2011-10-21 (金) 22:39:10
      • どうしたムァン、ブツブツ言いながら飯を食うなんてお前らしくないじゃ…ああ、隣に人がいるのか。どうも。 -- 烈火 2011-10-21 (金) 22:40:16
      • あたしはケンタウロスって種族だよー。おーガンダムー、お前も食べるかー?奢りは嫌いだったっけー? -- ムァン? 2011-10-21 (金) 22:41:02
      • タダ酒が呑めるってきいてー! -- 田中 2011-10-21 (金) 22:41:36
      • 増えた。よーし奢ってやるから名を名乗れ―お前ら―。自己紹介から友達ってのは増えるもんだぞー -- ムァン? 2011-10-21 (金) 22:42:27
      • いや俺は奢りは苦手なんだ、俺は俺で食べることにするよ。 -- 烈火 2011-10-21 (金) 22:43:47
      • おう、そういうわけだ店主ー!。ガンガン持ってきてくれー!!(OKもらうや否や即いただきますする)
        (がつがつがつがつ)…んー? (…ごくん) オレか?オレはヤマト。(答えると即食事に戻る。奢ってくれる相手の風貌はあまり気にしていないらしい) -- 日本 2011-10-21 (金) 22:44:34
      • はーい!田中はぁ…田中ジュリエットイイマース!ヨロシク、ヨロシクねー! -- 田中? 2011-10-21 (金) 22:44:45
      • けんたうろす……今度は、なに、がん、だむ……? 面妖な……。
        我が名は古事類苑! 日ノ本の遍く歴史、事物を記録した類書の精霊なり!
        うむ、なかなかに上手いな……。 -- 類苑 2011-10-21 (金) 22:47:53
      • ヤマトとー、田中とー、…ルイエン?でいいのかなー。よーし、それじゃあどんどん料理を食べるぞー(もぐもぐ)
        日本の歴史書かー、でもなんかオシラがいれば割と大丈夫な気がするなー。ルイエンは何歳なんだー? -- ムァン? 2011-10-21 (金) 22:49:35
      • んん〜〜?…どっかで見たかしらん…タッキュウドォ!(ヤマトくんをじっと見て奇声をあげるよっぱらい) -- 田中? 2011-10-21 (金) 22:53:05
      • 我か、我自体が類書に憑依したのはそう昔の事ではない。だが、我には神代よりの知識が備わっている。つまり、神代から存在していることと同義と言えるな……フフフ -- 類苑 2011-10-21 (金) 22:53:47
      • 俺は烈火、烈火武者頑駄無という。ここから遠い所にある天宮(あーく)という所の武将だ。
        こんなナリだが生きているから注意はしてくれ。よろしくな類苑。 -- 烈火 2011-10-21 (金) 22:54:46
      • ほえーん。それはすごいなールイエンはトンデモ無く長生きなんだなー。田中はあれかー酔っ払いなのかー?若い身分が酔っ払うのは感心しないなー?
        ヤマトはあれかー、見た所剣士っぽいけど、もしかして退魔師とかだったりするのかなー?最近多いからなー退魔師 -- ムァン? 2011-10-21 (金) 22:58:23
      • …んん?(箸を止めて、類苑をちらり) へぇ、書物の精霊か。そんなのは初めて見るな。 …ふうん。神代って、神話とかその辺の時代から、ってコトか?
        (田中の問いに)…さあ?(肩を竦めて) あんたみてーな酔っ払いはそうそう見ねえから、まず間違いなく忘れるこたあねーと思うがな(へっ、と笑えば、酒を注いでやる) -- 日本 2011-10-21 (金) 22:59:24
      • 若くてかわいいなんて田中こまっちゃーう…スイッチオンしちゃうぅぅ〜(くねくねしながらムァンちゃんに接吻)
        ありがとう、いい子なのねヤマトくんってぇ(お酌を受けつつ返す刀でヤマトにも接吻しにいく) -- 田中? 2011-10-21 (金) 23:04:06
      • むー、むー(キスされて苦しげに口を離し)こらー、酒癖悪いぞ―田中ー。しっかりしろー(あんまり気にしてない様子で食事を進める)
        そしてヤマトへとのびる歯牙。盛るなら店の外にしろよー店主が困るからなー -- ムァン? 2011-10-21 (金) 23:06:09
      • (ついでに自分の杯を持ってきては酒を注いで) …うn? …… いや、オレはただの剣士だな。そういう…馬っ子は?ずいぶん懐具合がいいみてーだけど(がつがつ食いつつ)
        あー、はいはい。どーいたましてー(頬に田中の接吻を受けつつ頭をなでてやる) …ときに、退魔師ってなんぞ? -- 日本 2011-10-21 (金) 23:07:03
      • 妖狐めいたものもおるな……これはまあ、我が国にもおるものだしな……。
        そうだ。我の中には神代よりの知識も備わっておるのだ。神代とは神々の時代ということだ。人代に変わるのは神武天皇のころからとなるな。 -- 類苑 2011-10-21 (金) 23:08:46
      • いや、ここの店主が気がいい人でなー。あたしには奢ってくれるんだ―。一応こんなでも神獣だからなーあたしはー。崇められる存在ってわけよー(ぺかーと後光)
        退魔師ってのはなー、妖怪を殺す事を生業としているやつらだー。妖怪と言っても悪い奴だけ、だけどなー。 -- ムァン? 2011-10-21 (金) 23:10:14
      • 田中のスイッチをオンさせちゃったからよぉ、あしからずー(唇を舌でくるりと舐めたあとへっへっへと口をぬぐうおっさんくさいしぐさ)
        そっけないとこもまたいいわぁ…(ごろにゃんとヤマトくんとこで寝転ぶ、エロいことしてないからセーフ) -- 田中? 2011-10-21 (金) 23:11:57
      • ま、まぁた古い名前が出てきたな… ちょっとした生き字引みてーなもんか(薄く笑いながら、好奇な視線を類苑に向けて)
        へぇ、神獣か。…なんだなんだ、この場で人間ってオレぐらいしかいねえんじゃねえ?ひょっとして(酒をちびちびやりつつ)
        ほう、悪い妖怪をやっつける仕事…だってよ?(と田中に意地悪そうに笑いかけ) -- 日本 2011-10-21 (金) 23:15:27
      • あたしはこの街出身じゃないからわかんないけどなー結構昔からいるぞー。
        うむー、なるべくなら共存の道を探しつつ、だけどなーあたしの場合はー。ヤマトもやってみたらどうだー? -- ムァン? 2011-10-21 (金) 23:17:08
      • 田中はいい子だもーん(わざとらしくむくれながらしっぽを動かす) -- 田中? 2011-10-21 (金) 23:21:05
      • 捕って捕られてまた捕って…か。その繰り返しで成り立ってんのかね、この辺は。 …オレが?退魔師に? めんどい(即手ぇパタパタしつつ)
        妖怪:酔いどれギツネ。昼日中から酒盛りしては酔った勢いで老若男女の是非を問わず絡みに行く -- 日本 2011-10-21 (金) 23:26:29
      • うむー。討伐の必要があるかなーこのよいどれはー。こらーそろそろオイタだぞー。(そんな事を言っているうちに自分は食事を終えて)御馳走様ー。
        んー食べた食べた。やっぱりみんなで食べる料理の方が美味しいなー。 -- ムァン? 2011-10-21 (金) 23:31:03
      • おっと。馬っ子が食い終えたんじゃ、俺らもお開きだな(どんぶりをかきこめば、ごっそさん、と手を合わせ)
        ほいじゃ、オレはこの辺で。また奢ってくれよ!(にっ、と笑えば、店主にも愛想のいい笑顔を送って。店を出て行った) -- 日本 2011-10-21 (金) 23:40:30
      • んもー…タダ酒呑みにきたら退治なんてじょーだんじゃないわぁー 田中もかえっちゃおーっとー(転がるようにして帰っていく) -- 田中? 2011-10-21 (金) 23:42:43
      • おー、またなーヤマトー。…んー、流石にこんだけ食べてタダってのもあれだしな、店主ー(店主を呼び寄せて)
        (その後、店の中を少しうろうろしてから)…これでよし、と。よーしそれじゃあまたなーみんなー(代金を奢って店を出ていった)
        (その後、その店は驚く様に商売繁盛になったとか) -- ムァン? 2011-10-21 (金) 23:43:41
    • 遊郭 -- 2011-10-21 (金) 18:00:36
      • そろそろご飯の時間にございますね 代わりの者がこなくて行けぬこの辛さ ぐぬぬ(今日も用心棒しつつお腹の機嫌で時間を知る) -- ミヅキ? 2011-10-21 (金) 18:02:32
      • (持ち帰りのはろ団子の包みを持って歩いていると戸棚の向こうから派手なお腹の音)
        うん?誰か腹が減っているのか、近所の子供か。遊郭なんかで遊ぶんじゃないぞ。 -- 烈火 2011-10-21 (金) 21:37:47
  • 英雄町
    • 大通り
      • (見た目ほぼ人と変わらない類の妖怪である)大捕物ですよゥ。妖怪どもが団体で飯食いに来てたんでさァ -- 岸涯小僧 2011-10-20 (木) 23:20:38
      • そりゃあ……飯の種を逃してしまいました…(頬をかいてため息)
        ずいぶんぴりぴりしてるってのに、物の怪ってのは大胆なもんですね(浮かしかけた腰を、再びござに下ろす) -- まゆる 2011-10-20 (木) 23:28:16
      • そうでございますねェ。近ごろは右を向いても左を向いても手形持ちばかりで、連中にとっちゃァさぞや窮屈なことでございましょうに(他人ごとのように笑って)
        隣は何をする人ぞ。口ぶりから察するに、そこな嬢さんもそういう生業でございますかィ? -- 岸涯小僧 2011-10-20 (木) 23:31:37
      • 路銀の足しにと、こんなものを商ってはいますけどね(ござに並んでいるのはあまり上手くもない春画 モデルはこの娘のようだ)
        アチキも本職はそっちのほうなんですよぅ 流れ者の物の怪斬りなんて、他所の藩じゃ商売になりませんものねぇ -- まゆる 2011-10-20 (木) 23:36:14
      • あらまァ(これはこれは、と、きしきし笑う)被写体手ずから春画を売るたァ、こりゃあよく売れそうですなァ
        それはそれは、お若いのに剣呑なご商売で。何分このあたりのあやかしはくせ者揃いと聞きますから、くれぐれもお気をつけくださいねェ -- 岸涯小僧 2011-10-20 (木) 23:44:31
      • やめてくださいよぅ… いろいろ事情がありましてね 他にいないんですよ(妖怪が描いている所など見せられないのだ)
        アチキは厭なんですけどね 他に売れるようなものが描ける腕でもないし(ハァとため息 女性はまだそこそこなのだが、それ以外が下手糞なのはモデルを使っていない所為もあるが、やはりいい腕ともいえない)
        アチキの親父が専門の剣術を修めてましてね 物心つく前からアチキも習ってましたから、そっちのほうは自信あるんですよ?(にこりと笑う)
        どうです?一枚買って行きませんか? -- まゆる 2011-10-20 (木) 23:52:23
      • 春画描きのくせに奥手なんでございますかねェ……春画を描くには画力も勿論あっちの腕も大事と聞きますが(そこでまた、ひひひと笑って)
        あっちはダメでもそっちがあると、そういうわけでございますねェ……いやァ、流石にあっしのような小僧に売っても仕方ありませんでしょう、ねェ? -- 岸涯小僧 2011-10-21 (金) 00:00:27
      • アチキは之でもまだオボコなんですよぅ?上手下手なんて、比べられませんよ(ぷぅと頬を膨らます)
        他所の藩じゃこの商売が唯一の収入だったんですがね 手形のおかげでちょっとは楽になったんですけど
        ご覧の通りの閑古鳥なんですよぅ 猫にも売りたいって状況なんです -- まゆる 2011-10-21 (金) 00:11:05
      • 未通女なら尚、一緒に花でも売ればよろしいんじゃァありませんかねェ?……これがほんとの抱き合わせ(自分でいって自分で笑う、けたけたと)
        にしたって、ねェ?あっしが買ったって、使い途も何もないんですから。せいぜい鼻嚼むくらいですかねェ。
        せっかくべとべとするならむしろ本懐を果たしたいと、春画だって思うでしょうに、これはいただけない、ねェ?。それにみなしごの貧乏暮らしに無駄金はないんですよゥ -- 岸涯小僧 2011-10-21 (金) 00:19:41
      • じょ、冗談はよしてくださいよっ!それにですねっ!オボコじゃ二束三文にしかなりゃしませんよ
        アチキはそれでもいいんですけど、鼻紙に使うにゃちょっとお高い物ですねぇ 懐具合はお仲間ですか…(ため息) -- まゆる 2011-10-21 (金) 00:30:23
      • いいえェ、むしろその方が好いってェ物好きな旦那もいらっしゃるようですよ。まァ、いっぺん済んだら用済みですがね?
        そうでございますねェ。幸いにしてあっしは魚を獲るのが生業でして、ある程度自給自足は出来るんですがね。飢え死ぬこたァありませんや
        ってェわけでね。あっしはそろそろお仕事に参りませんと。貧乏暇無しって奴でございますねェ。それじゃァ、またご縁がありましたら(ひひひと笑って川の方へと消えていく) -- 岸涯小僧 2011-10-21 (金) 00:39:38
      • それはそれでなんだか釈然としませんねぇ…(むすーっとした表情)
        魚屋さんでしたか それは食いっぱぐれなくて良い商いでございますね アチキの相方もそっちが上手けりゃ…いいえ、だめですね(妖怪が外で釣りなんかした日には面倒ごとになるのは必定)
        商売繁盛するといいですねぇ(と手を振って見送る) -- まゆる 2011-10-21 (金) 00:49:20
    • めし処・茶屋
      • ……(騒ぎの中で取り残された形になってぽかーんなう) -- 礼蓮 2011-10-20 (木) 23:23:24
      • 礼蓮じゃないか、ちゃんと飯食えてるか?(いつものように表の長椅子に腰掛けてはろ団子と抹茶をたしなんでいる) -- 烈火 2011-10-20 (木) 23:31:56
      • あ、むしゃがんだむさん。おかげさまで、なんとか。こっちもさっきまではにぎやかだったんですが、ね……(はふ、とため息 -- 礼蓮 2011-10-20 (木) 23:35:21
      • ぞろぞろ逃げ出してくる色んなヤツをすれ違いに見てたから俺も知ってる。(いいのやら悪いのやら、とため息)
        そうかそうか、このあたりの人間は魚と大豆を食ってしっかり体を動かすと筋肉が付くそうだ。毎日食っていけるだけの金を稼げてるならそれ以上に言うことはない。 -- 烈火 2011-10-20 (木) 23:41:43
      • あやかしと見れば誰も彼も全部、と手形じゃないと思ってたんですが……
        てゆか、むしゃがんだむさんも生きてて僕らと身体のつくりが違うなら、そちらの皆さんは何を食べてるんですか? -- 礼蓮 2011-10-20 (木) 23:44:15
      • 人の世の中に害をなさずに溶け込もうとしている妖怪は暖かく迎え入れてやるべきだな。誰もかれもが殺しあいたい訳じゃない。
        基本的には似たような感じだが、動物はこう…ぐぼぉん、と闇の中で光りそうな。ものあい、と言うのかな、そんな感じの面をしていたりする。 -- 烈火 2011-10-20 (木) 23:50:37
      • 今日なんかも別に誰かに危害ーとかそういうこと、誰もしてなかったですのに……まったくもう
        ものあい、というのが分からないんですが……とにかく闇の中で目がひかるんですね?(猫を想像している) -- 礼蓮 2011-10-20 (木) 23:52:39
      • 今までの積もり積もった互いの恨みつらみというものがあるんだろうさ。俺のいた天宮(あーく)でもそうだ。
        そうだ、そして桜色の一つ目をしていて、それが黒い横長の窪みの中を左右に動くんだ。(絵を描いて説明中 (■■○■) こんな感じに) -- 烈火 2011-10-20 (木) 23:55:51
      • それが、闇夜にぐぼぉんと光る……(ぶるるっと震える
        むしゃがんだむさんとこだと…あーく、ですか?そこではそれが普通なんですよね…… -- 礼蓮 2011-10-20 (木) 23:58:36
      • 俺と似たような見た目の者は武勇に長ける事が多いから、俺のように武将になったり剣士になることが多いな。
        外見はここの街よりも様々に違っているが、民を守りたいという気持ちは皆同じだ。そし

Last-modified: 2012-01-30 Mon 10:58:10 JST (3162d)