茫洋の地 Edit


彼の者焦眉の急の場において過日の遺恨を晴らす機会に恵まれたり

されど既に深手の身にして機に臨み変に応ずる事能わず

只目前にて過日の情景と再度見えん

ふとした絶望に片膝を屈せし時、怪鳥の鉤爪が彼の者を襲わん



後に見事怪鳥を討ち果たせし者共、彼の者の骸を探すもついに見つからずや

誰ぞ言うたり

「彼の者は天狗也。姿形見えずとも嵐来たればその高笑い響きたり」

一堂納得し森を出でたり



されどその後彼の者の姿形ついぞ現れず、幾度の嵐においてもその高笑いついぞ聞こえず

ただ静かに松籟の音響かん

Edit

編集:コメント/名簿/493789 差分:コメント/名簿/493789 

お名前:
  • …あん?なんでぇ…せっかく久しぶりに酒を飲もうって思ってたのによ…
    まぁ、おめぇならきっと…どこかで飄々とやってやがんだろうな…また、どこかで飲もうぜ… -- 可畏 2013-03-24 (日) 22:04:55
  • きゅー・・・(きょろきょろと右見て、左見て、上見て・・・お隣さんの姿がもう見えないと悟るとその場を後にする) -- ・・・ 2013-03-21 (木) 23:16:32
  • ハヤトのジョー……どこかに飛んでいっちゃったのかな……。 -- 見ル太 2013-03-18 (月) 23:31:30
  • スケさんも駄目だったかー……なんか知り合いが一気に減るのは堪えるよ…… -- 由佳 2013-03-18 (月) 23:21:07
  • む……すけさん帰ってない……やくめさん探しに行っちゃったのかな -- トキア 2013-03-18 (月) 22:26:33
  • ……死んじゃったのかな -- ピルカ 2013-03-18 (月) 20:03:58

最新の7件を表示しています。 コメントページを参照

+  松籟の音

帳面 Edit

帳面裏 Edit


Last-modified: 2013-03-18 Mon 22:21:09 JST (3187d)