テオドール家出身 ノイ 507663 企画/空中学園都市 Edit

ID:507663http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp027311.png
名前:ノイ
出身家:テオドール
年齢:15
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
方針:
edit/refer
難易度:
edit/refer
信頼性:
edit/refer
その他:ステータス/戦歴/名簿Edit
所属:超人レスリング部

設定 Edit

  • 黒髪碧眼のポニーテール少年
  • 身長は166cm、細身だが無駄なく引き締まっている、瞬発力と身軽
  • 袴姿、無手格闘、肩口から袈裟に大きな傷跡
  • 空気を踏みしめたり、圧縮して打ち出したりする特殊能力
  • 学びながら強くなる為に空学入学
  • オルガと恋人……というか結婚

現在、エリュシオンの町のアパートで独り暮らし
3年生、その上妻帯者 Edit

最新の5件を表示しています。 コメントページを参照

  • -- 2014-03-11 (火) 20:21:57
  • -- 2014-03-11 (火) 20:22:06
  • -- 2014-03-11 (火) 20:22:10
  • -- 2014-03-11 (火) 20:22:50
  • -- 2014-03-11 (火) 20:22:54
お名前:
&color(steelblue){}; ノイ>名簿/507663

修正

日記 Edit

お名前:
  • 黄金暦270年 5月 大雨 -- 2014-02-04 (火) 00:03:53
    • ヴェントさんとの試合は僕の負け。ヴェントさんは納得していない様だったけど、それなら、またお互いに、真正面から競える。良い友達になれそうだと思う。
      その数日後に花見があった。あったけど、あったけど……らっか は ちょう こわい ……無事でよかった、僕
      あと、のぞきはいけない事だと思う。いや、まぁ、うん、いけない、よ、うん。……むっつりじゃない!!
      ところで、ジョンが最近、気になる相手がいるみたい。応援したいけど、ついついからかっちゃう。でも、少し羨ましい。僕は初恋もまだだ。
      リクとラブラブ天驚拳の練習をする。出ない。心に愛がなければスーパーヒーローじゃないらしい。(メモ:コスパでカツラをおーだーめいど!)

      屋上で部長から怒鳴られた。自分でも驚く位ショックを受けてたみたいで、数日分の授業ノートが真っ白だった。
      寝る前にも、拒絶の声が頭に響いて辛かった。自分が何をそんなに仕出かしてしまったのか判らなかったから、しばらく、部活から足も遠のいていた。
      それを解決してくれたのはユヅルさんだった。部長の秘密を教えてもらう。……僕を襲わなかった理由は、何なんだろう。
      ……もしかして、部長は僕を(ここで数文字分がぐじゅぐじゅとインクで消されている。)
      来月だ。部長とちゃんと話さなきゃいけない、そう思う。……本当に、嫌われていないだろうか。それだけが心配だ。
      -- 2014-02-04 (火) 00:14:22
  • 黄金暦270年 3月 花曇り
    • 山篭りして風打ちの何かを掴めた気がした。その代償は、3か月分の休学。普段の素行が良いと言う事で、進級はさせて貰えそうだ。
      戻ってみると、バレンタインの時に投函されていたチョコが入っていた。
      部長からのハートのチョコレート。疲れた体にしみこむ気がした。
      考えてみると、母以外の女性からそう言う物を貰った事が無い事に気づく。義理だろうけど、気恥ずかしくて、嬉しい。お返しは何にしよう。
      ラヴラさんとピリエスさんからもそれぞれチョコレートをもらう。お返しは、それぞれが好みそうな物を考えた。喜んで貰えただろうか。
      女性へのプレゼントは、何が良いか全然分からない。朴念仁、なのかな、僕は。
      来月はみんなで花見。山篭りで掴んだ空気を操る感覚を発揮させるチャンス。少し荒療治だけど、きっと大丈夫。……たぶん。
      -- 2014-02-02 (日) 23:35:20
  • 黄金暦269年 9月 晴れ、夕方から雲が出てきて曇り -- ノイ 2014-01-27 (月) 00:26:32
    • 入院した。初めての病室だけど、実家に連絡が行ったらしく、目が覚めたら個室に入っていた。
      お蔭で、見舞いに来てくれた人とはゆっくりと話せた。ムスタファ先生のくれた水羊羹が絶品で、食べきっちゃうのが勿体無かった。今度どこで買ったのか教えてもらおう。
      オルガさんには、恥ずかしい所を見せてしまった。……でも、なんだか凄くスッキリした。僕自身で気づいてなかった、弱い場所を受け止めてもらえたからだと思う。
      強くなって何がしたい、と言うところまで、考えたことが僕は無かった。強くなると父さんが喜ぶ、父さんが認めてくれる。そればかりだった気がする。
      でも、違う。その強さで何をするか、何を守るか。それを初めて、教えてもらった。本当は、自分で気づいて、自分でつかむものなのに、まだまだ僕は甘えている。
      心に愛を。それがちゃんと判った時、僕は強くなれるのだろうか。……まだ、分からないけれど。
      ヌビアさんのかけてくれた治癒のお蔭か、2週間以上早く退院できた。何かお菓子でも持っていこうかなと思う。
      -- 2014-01-27 (月) 00:32:58
  • 黄金暦269年 7月 霧雨、夜から大雨 -- ノイ 2014-01-25 (土) 01:22:52
    • 月初めには、初めての部活。オルガ部長と組み手をした。ベルリンの赤い雨を教えて貰ったけど、まだ使いこなせない。要練習。
      顧問のディアナ先生にも挨拶を済ませた。学園にいる間に、少しでも多くの経験をして、強くなろうと心に決めた。
      しかし、心に決めただけでは駄目だった。
      突然の襲撃。突然の遭遇。僕は結局、一撃しかやり返せなかった。それも、隠し玉を使って奇襲をかけて、やっと一撃。
      また、僕の目の前で人が死んだ。今度はましてや、一緒に戦う覚悟を持ってた人じゃない。僕に助けを求めてきた人だったのに。
      悔しい。怖い。折られた脚が痛い。でも、その痛みを塗りつぶすほどに、血が熱い。何よりも、自分の弱さが憎くて、怒りを覚えた。
      もっと、もっと力を。何者にも負けぬ力を。屈せぬ力を。

      (筆圧が高くなり、ペン先が割れた跡がある。新しいペン先に変わって文が続く。)

      弱い者を守る為の物が武であると教えられた。
      なら、弱い僕はまだ武人じゃない。僕が振るうのは武じゃない。
      もっともっと、上を。
      今は、その為に休む。いつか、あのガズマスクの男を、倒してみせる。
      -- 2014-01-25 (土) 01:30:46
  • 黄金暦269年 6月 鯨晴れ -- ノイ 2014-01-24 (金) 00:30:27
    • 学園に入学して2ヶ月、色んな人と出会った。クラスメイトとの仲は良好で、友達も出来た。
      ラヴラさんは隣の席の女の子。褐色の肌と長い耳。快活で人好きする明るい女の子。
      一緒に来月は冒険だけど、話好きな彼女を含めた仲間との旅なら、道中楽しいだろう。
      でも、シャツのボタンはもう少し留めてほしい。……いや、あのままでも、悪くは。でもやっぱり胸……(ペンで塗りつぶしてある。)
      ヌビアさんは、僕が初めて見かける獣人さん。落ち着いた物腰と、不思議な目隠しをしている。背が高い、とても羨ましい。
      オルガ先輩とフレキは超人プロレスの部長さんとその飼い犬。犬?モフモフして良い毛並み。
      僕の知る戦い方は組み技が無い。組まれるほど近くに寄られたらそれでもう未熟者の証拠だからだ。だけど、組技の間合いも制することが出来るなら、きっと強くなれる。
      ムスタファ先生は力強く、熊のような人。男らしいとか、男くさいとか、良い意味でそう表現したくなる人。
      指導は厳しいけど、質問にはしっかり答えてくれるし、実直で信頼が置ける先生だと思った。
      まだきっと、これから色んな出会いがあるだろう。楽しみで、夜眠りにつくまでの時間が酷くもったいなく思える。
      明日も頑張ろう、そう思えた。
      -- 2014-01-24 (金) 00:39:23

最新の5件を表示しています。 コメントページを参照

裏話// Edit

増えたりもするスイッチ Edit

exp027456.jpg


Last-modified: 2014-02-18 Tue 11:46:47 JST (2482d)