ARA/王都アルミネラ

編集:ARA王都近傍
お名前:
  • 王都近傍
    • 街道(様々な都市に繋がる街道)
    • 農地(王都の外に広がる農業区画)
    • 大河パルラ(王都の傍を流れる雄大な大河。農業用水はここから引かれている)
    • 森林(鬱蒼とした森林地帯。瘴気だまりが出来やすく、魔物が湧くことがある)
    • 草原(広大な草原地帯。野生の狼が出ることがある)
    • 冒険先(任意のロケーションを設定して利用できます)

最新の1件を表示しています。 コメントページを参照

  • 王都近傍
    • 街道(様々な都市に繋がる街道)
    • 農地(王都の外に広がる農業区画)
    • 大河パルラ(王都の傍を流れる雄大な大河。農業用水はここから引かれている)
    • 森林(鬱蒼とした森林地帯。瘴気だまりが出来やすく、魔物が湧くことがある)
    • 草原(広大な草原地帯。野生の狼が出ることがある)
    • 冒険先(任意のロケーションを設定して利用できます)
  • 王都近傍
    • 街道(様々な都市に繋がる街道)
    • 農地(王都の外に広がる農業区画)
    • 大河パルラ(王都の傍を流れる雄大な大河。農業用水はここから引かれている)
    • 森林(鬱蒼とした森林地帯。瘴気だまりが出来やすく、魔物が湧くことがある)
    • 草原(広大な草原地帯。野生の狼が出ることがある)
      • (王都からおよそ7日ほどの平原において仮面は標的と会敵)
        (亜人型の魔物の群れ…サイズは中型区分、それでも小柄な仮面では見上げざる得ない体格差ではあったが)
        (規模から予想通り、他個体より脅威度の高い統率個体も存在し…掃討戦は長時間に及んだ) -- フォン 2022-06-23 (木) 12:22:09 New
      • (教派から貸与された装備、通称「巨鎧」もあり…戦闘終了時点で損害は軽微)
        (当初目標撃破の連絡後に増援を待たず独断で動いたが、魔物の移動原因までは結局掴めず仕舞いだった)
        (何やらきな臭さもあり、調査の継続が望ましいが一旦帰還を選択する…想定よりも長期遠征かつ強行軍で流石に仮面も限界を迎えていたのもあるが最大の要因は…)
        最後の定期考査に、間に合うでしょうか……(表情の見えない仮面は王都を目指し、慌ただしく駆けるのだった) -- フォン 2022-06-23 (木) 13:01:18 New
    • 冒険先(任意のロケーションを設定して利用できます)
  • 王都近傍
    • 街道(様々な都市に繋がる街道)
    • 農地(王都の外に広がる農業区画)
    • 大河パルラ(王都の傍を流れる雄大な大河。農業用水はここから引かれている)
    • 森林(鬱蒼とした森林地帯。瘴気だまりが出来やすく、魔物が湧くことがある)
    • 草原(広大な草原地帯。野生の狼が出ることがある)
    • 冒険先(任意のロケーションを設定して利用できます)
      • 村落(王都から北に五日の街道沿い) -- 2022-06-20 (月) 01:54:04
      • (教派からの指示書に従って北方への遠征…数はいたが如何にか討滅は終えた。)
        (しかし、瘴気溜まりは近傍では発見できず…何処か他所から移動してきたのではないかとの仮説が生じた) -- フォン 2022-06-20 (月) 02:08:07
      • (魔物の集団移動というのはない訳ではないが…群れを指揮する存在や圧倒的に強大な個体の発生に伴う縄張りの変動も懸念される)
        (学院を離れて既に一週間以上…戻りついても出立から二週間である。早く帰りたいものだと思って…仮面はふと気づく) -- フォン 2022-06-20 (月) 02:18:56
      • (殊の外、学院への思い入れが或る事に…もうじきに巣立つ場所であるのだが)
        (学院での講義時間を除けば教派からの指令での活動がこれまでは常であったが、この一年ほどは…随分と変わっていたように思うのだ) -- フォン 2022-06-20 (月) 02:35:13
      • もうひと頑張り、しましょうか…(決意を新たに仮面は還る場所を思い浮かべ…其処で何が起きていたとも知らずに) -- フォン 2022-06-20 (月) 02:56:35
  • 王都近傍
    • 街道(様々な都市に繋がる街道)
    • 農地(王都の外に広がる農業区画)
    • 大河パルラ(王都の傍を流れる雄大な大河。農業用水はここから引かれている)
    • 森林(鬱蒼とした森林地帯。瘴気だまりが出来やすく、魔物が湧くことがある)
    • 草原(広大な草原地帯。野生の狼が出ることがある)
      • (王都からすこしだけ歩いた辺り、街道脇の草原。その草の上にリーリエは腰を降ろし、書物を手にしていた)
        (日曜、休日の昼間。うららかな日差しの下で読み耽るのは魔導書。タイトルは標準魔術掘△垢覆錣疎荵旭務の呪文を記したテキストだ)
        んー。やっぱりここから術式が長くなるのよねー。…とにかく、これだけでも覚えないと。
        (開いた頁に記された呪文は<<炎の球>>、所謂ファイヤーボール、範囲攻撃魔術の基礎になる術だ) -- リーリエ 2022-06-15 (水) 00:02:20
      • (今日はその術を修得するための特訓に来たのだ)
        (なんで学院内の訓練場等でやらないか、と言えば恥ずかしいからだ)
        (第三位階の術の修得はほとんどの生徒が済ませており、2年生の終わりにもなって未収得なのはリーリエくらいのもの)
        (その事実を多くの生徒が訪れる訓練場で披露するわけにはいかない。そんなちっちゃな見栄が、こそ練を決行させたのである!) -- リーリエ 2022-06-15 (水) 00:07:54
      • …だいたいわかった(術式を「だいたい」記憶し、魔導書をパタンと閉じる)
        (魔導書を置き、かわりに魔術師の杖…赤百合を象った上質の杖を手にし、立ち上がる)
        (数歩前に歩き、すーっと息を吸って目を閉じ、精神を術に集中する)
        (普通はここで体内マナの流れを意識し、術式を描くのだが)
        (今回使うのはファセット先生から貰った、膨大なマナを内包したマナストーンだ)
        (左手に握ったマナストーンから右手に握った杖へ、マナを流しこみながら杖の先端で宙に術式を描いていく)
        (円を描き、爆発という現象への物理変換。炎属性の付与。そして…起爆地点へのマナの短距離転移) -- リーリエ 2022-06-15 (水) 00:14:25
      • (円陣の中にそれらの式をスラスラと描いているのだが、転移の式は少々複雑で…)
        (だいたいで覚えている上に、杖を操る指先が思った様に動かなかった)
        (その結果,…)万能なるマナよ、我が敵を焼きほろぼす炎となれ!(呪文を唱え、術を発動すると)
        ボッゴオオオオオオオン!!!!
        (リーリエ自身を爆心地として、大爆発が起こった!)
        (起爆するマナの転移に失敗したのだ) -- リーリエ 2022-06-15 (水) 00:19:19
      • ぐえー!?(車田式に吹きとび、頭から落ちるリーリエ) -- リーリエ 2022-06-15 (水) 00:20:11
      • いったーい!!…もー。何が悪かったのかしら…?
        (打ち付けた後頭部をさすさす。しかし痛みはすぐに消え、傷どころかコブすらなかった)
        (それどころか、服にダメージを負っているのに、身体には火傷も打ち身もない)
        …また、なの?(こういう事があるのは何度目だろうか) -- リーリエ 2022-06-15 (水) 00:26:22
      • えーと…?
        (アゴに指を当てて思い返す)
        (ウナ先生のゲリラ飛行授業。すごい勢いで自分を射出して衝撃波にぶつかった時…)
        (突発の冒険行、巨大ムカデに噛まれた時…)
        (愛の日、馬車に潰されたと思った時…)
        (ほかにもこんな事が何度かあった気がする)つまり、これは…。 -- リーリエ 2022-06-15 (水) 00:30:26
      • …どういうことだってばよ(わからなかった)
        (その答えに繋がる知識をリーリエ自身は持ち合わせていないのだ)
        (しかも、草原で炎系範囲攻撃魔術など暴発させたせいで、周囲の草が燃え上がりはじめていた) -- リーリエ 2022-06-15 (水) 00:32:38
      • うわっちゃべー!!?水、水のアレ…あっえーと…
        (慌てふためきながら、周囲に<<属性の矢>>の水属性版、<<氷の矢>>を両数拡大してばら撒く)
        (――が消火には至らない!)
        (属性相性の問題だ。リーリエの水属性魔術は異常なまでに弱い)
        わわわ、どうしようどうしよう!!?
        -- リーリエ 2022-06-15 (水) 00:36:36
      • (――などと、もたもた迷っている間に炎はどんどこ燃え広がり)
        あ、これもうだめなやつだわ…。(どうみても手遅れとなり、あきらめた)
        アタシは何もしなかった。アタシは何も見なかった。しらなかったんだから、しかたない。
        (死んだ目で自分にそう言い聞かせると、くるりと踵を返し、草のない街道側へとてってと逃げていった!) -- リーリエ 2022-06-15 (水) 00:40:00
      • (なお、家事は街まで近づいたあたりで、消防団の活躍により)
        (街および森林に達する前に食い止められたのであった) -- リーリエ 2022-06-15 (水) 00:41:33
    • 冒険先(任意のロケーションを設定して利用できます)
  • 王都近傍
    • 街道(様々な都市に繋がる街道)
    • 農地(王都の外に広がる農業区画)
    • 大河パルラ(王都の傍を流れる雄大な大河。農業用水はここから引かれている)
      • (大河の岸に座ってぼんやりしている) -- ウナ 2022-06-10 (金) 20:06:09
      • (大河パルラといえばそう呼ぶに相応しい景観と雄大さを誇ると異境の者にも知られるほどだが)
        (王都近傍の場所柄か流れる水と同じく、人や物も絶えず流れて止め処ない…一過の見知らぬ相手であれば気に置くほどでもないだろう)
        (川岸で座り込み、心此処に非ずといった風情の少女の姿…そうして時間も経ち、景色の一部にも見える在り様は些か気に掛かった) -- フォン 2022-06-11 (土) 14:56:11
      • (なるほど普段よりあくせく駆けずり回り、なにかとお騒がせで、外観や振る舞いに不相応な無茶を通す人物が、
         ただ何もせずぼんやりしている様子は、知己のものには奇異に映ることだろうが。)
        (世の天才が天才たるは、求める最適な道筋に人一倍気付き易いというものなのだから、
         その胸中で何をもの思いに耽っているのか、知れたものではなく――。)

        \……ぅぅぅうンなぁぁぁ〜〜〜〜……/ (時折そのままの姿勢で変な鳴き声が漏れるのも天才的には意味があるんだろう。たぶん。) -- ウナ 2022-06-11 (土) 15:31:39
      • (腰を下ろしたまま、不意に少女が泣く…でなし、よい声で鳴いている。発声練習のようでもあるが仮面の凡才にその意味までは到底汲みきれない。)
        (一つの所作に無数の意図を秘めるうる…才人とはやがて世界を満たす大河の、源流のようなものだ)
        (凡骨にできることは己が解釈で単純にすることだ。少し前に書類上14歳になったとの話があった気がするが…天才といえども若人、時には無性に声を上げたくなるものなのだろう。)
        (五年程前の自分にもそんな時が……あっただろうか?覚えていないのか忘却したのか。まあ些末な事だ。今はシャウトを後ろで見守ろう) -- フォン 2022-06-11 (土) 16:17:39
      • もしくはいい感じの自己紹介なのではないですかにぇ? (後方見守りゾーンに加わる祝福を約束されたニェ族) -- にぇ 2022-06-11 (土) 16:23:06
      • 野生に帰ろうとしているのかもしれぬ(同じく後方見守りスタイル) -- テンバー 2022-06-11 (土) 16:33:12
      • 野生に帰って自己紹介のために鳴く……あるあるですわね。(同じく後方見守りゾーンで。) -- カーラ 2022-06-11 (土) 16:37:51
      • 誰かを待っていたのかもしれませんが…(この見守り隊は完璧な布陣…と思いつつ、同志たちへ白薔薇を進呈する仮面) -- フォン 2022-06-11 (土) 16:40:39
      • (白薔薇のお礼に小腹を満たせるカップケーキをお返しするご令嬢。) -- カーラ 2022-06-11 (土) 16:49:21
      • 高度に計算された神秘的瞑想、あるいは何かの予言かもしれませんね(腕組みして木にもたれているポーズ) -- シデル 2022-06-11 (土) 16:54:42
      • (カーラを目にするといつも甘いものがあるな…と思いつつ、カップケーキを貰ってウキウキしてる先輩。あとはお茶でもあれば完成ですね!…という表情を仮面の裏に押し込めて) -- フォン 2022-06-11 (土) 16:58:48
      • (熱い紅茶をお出しする)どうぞ(授業で作った自律行動するポットがいるので何時でも紅茶が出せるのだ) -- シデル 2022-06-11 (土) 17:06:50
      • (ぼんやりしている天才の傍らに、いつしか人型の無色無貌のマナ塊が佇んで……やっぱり何もしない。)
        (ただ、時間を経るごとに天才はだんだん存在感が薄く……というか、体が透けていた。)
        (たぶん精霊魔術の秘術なんじゃないしょうかぁ。) -- うな 2022-06-11 (土) 17:07:32
      • 己と世界の境界が曖昧になってそうな雰囲気が…これだけワイワイしてる後ろを気に止めず集中…というか、没入が素晴らしいですが
        (読心術の使い手シデル?!…と、紅茶に動揺する仮面。これ真似すると術技の向上はしそうだけれど、危ういのだろうなーと邪魔しないように観察してた) -- フォン 2022-06-11 (土) 17:16:02
      • 紅茶はあってもテーブルが無いと飲みづらそうだ(あれなんかやばくねぇ?) -- テンバー 2022-06-11 (土) 17:16:04
      • ああ それはちょっと見守りがしにくくなってしまいますにぇ
        (ぬるりと近づいて透けきる前のうなの手を取ろうとする祝福を約束されたニェ族) -- にぇ 2022-06-11 (土) 17:17:34
      • (「それじゃあわたくしが」と流木をいくつか見繕って拾ってきて、即席のテーブルを作ってお茶会の準備を進めるご令嬢。)
        (ウナ先生の変化については……魔術素人なので「まあ何かそういう術なのでしょう」程度の認識だ!) -- カーラ 2022-06-11 (土) 17:18:57
      • みんなで川岸座れば茶台なくても怖くない…(術の集中の阻害は危うさのある行為だろうが、それでも…踏み込み、相手の手を取れるのがこの上なく「素晴らしいな」と仮面は独り言ち) -- フォン 2022-06-11 (土) 17:24:55
      • \うなっ!?/ (触られたらもどる。) -- うな 2022-06-11 (土) 17:25:17
      • 見守り的にはどうなろうとじっと眺めているのも一つの見守り道ですが……(先ずは先に見守っていた人達の動きを見守る) -- シデル 2022-06-11 (土) 17:27:01
      • あ、起きた -- テンバー 2022-06-11 (土) 17:30:30
      • 自己紹介中にすみませんにぇ (長い袖越しに振れた小さなうなの手をにぎにぎ)
        見えなくなると困る方々が若干名いましてにぇ (後方見守りゾーンを指し) -- にぇ 2022-06-11 (土) 17:32:12
      • (独特な鳴き声を聞いて、ミトでは比較的で回っていた魚料理を思い出し…食べたくなった仮面) -- フォン 2022-06-11 (土) 17:38:51
      • え……な、なにぃ……? 巻き込み事故? プレーンシフト……してないよね?(きょろきょろ) うなぁー……なんだ、にぇー子かぁ。 -- うな 2022-06-11 (土) 17:41:45
      • (微かに聞こえた「次元転移」らしき言葉に仮面の裏で厭な汗が流れ落ちる) -- フォン 2022-06-11 (土) 17:46:46
      • たぶんまぁおそらく? してない? してないのですにぇ (ぽんぽんと身体を確認し にぇーいと五体満足祝福を約束されたニェ族)
        (目の前の雄大な大河を眺めて)
        ナニか 広い場所が必要なコトでしたかにぇ?  -- にぇ 2022-06-11 (土) 17:49:09
      • (後方見守りゾーンに気付かれたので、会釈してからカップケーキと紅茶を掲げ) -- フォン 2022-06-11 (土) 17:51:23
      • (自然と一体化し存在感を希釈して見守っている) -- シデル 2022-06-11 (土) 17:52:58
      • ……なんだね。キミたち揃いも揃ってぴくぴくピクニックかね。(⩌‸⩌ ジト目しつつ、大河を見返して)
        工房ガッチリ組む魔術と違って、精霊術はなんかいい感じの環境が大事だかんね。きみらは? -- ウナ 2022-06-11 (土) 18:00:52
      • (後方見守りゾーンを見る感じ)揃いも揃った優雅なティータイムだと思われますにぇ -- にぇ 2022-06-11 (土) 18:06:04
      • わたくし、本日は大河パルラを味わいたいと思いまして。(片手を水面に突っ込んで、しれっとマナドレインめいた事をしてる。) -- カーラ 2022-06-11 (土) 18:09:01
      • (河、山、草原、空───世界と一体化し、内的宇宙へ向かうマクロな霊視を手に入れて見守っていたが……見守りからティータイムになっていたので普通に帰ってきた)……外で味わうお茶も良いものですね -- シデル 2022-06-11 (土) 18:16:37
      • なんてこった、ちょっと目を離したすきにカーラが異食に目覚めてやがる -- テンバー 2022-06-11 (土) 18:29:27
      • 務めの帰りに…茶に誘われて?(後半が全くの嘘である) -- フォン 2022-06-11 (土) 18:30:27
      • そっかー。いいーなぁー。わたしはこんなのどかなとこでも次の実験の準備だよぉ。あとここの生マナ吸ったらお腹壊さない? -- ウナ 2022-06-11 (土) 18:50:23
      • (ウナに耳打ちするようにひそり)
        モノは相談なんですが あちらにも見える形で術を続行するというのは不可能ですかにぇ? -- にぇ 2022-06-11 (土) 18:54:20
      • (お腹を)鍛えてますから!(なぜか自信満々に答えるカーラ!) -- カーラ 2022-06-11 (土) 18:58:42
      • 腹筋割れてたりするのかいかーらくん。(そわ…) ……うーん。見えるようにっていっても、外面上瞑想と変わんないし……ながいよ? -- ウナ 2022-06-11 (土) 19:05:10
      • (RP的問題なら行間でも最悪ほんとに背景化してでも見守るので)
        いいんだにぇ (祝福を約束されたニェ族的GOサイン) -- にぇ 2022-06-11 (土) 19:13:25
      • ま、まだ割れてませんことよ!?(ちょっと細いけど健康的なお腹です!)
        わたくしもいいと思いますわよ。ちょっと興味がありますし、魔術に造詣が深い他の皆さんにとっての学びの一環にもなると思いますし。
        (行間的な所も含めてにぇちゃんに同意するご令嬢。) -- カーラ 2022-06-11 (土) 19:20:40
      • えぇー? 本当に見ててもなんもないけど…… まいっか……。
        (座り直して……人型マナを出して……自然マナとのパスをつなげて……)
        (傍目に、ちょこんと座ってぼんやりとしているだけの状態に戻っていく。) -- ウナ 2022-06-11 (土) 19:47:53
      • (横に「Don't touch me」の立て看板を立てながら)
        少し お邪魔をしてしまったようですが 何をしているかは完全に把握できたので 安心して見守りに戻れますにぇ
        (見守り祝福を約束されたニェ族) -- にぇ 2022-06-11 (土) 19:58:24
    • 森林(鬱蒼とした森林地帯。瘴気だまりが出来やすく、魔物が湧くことがある)
    • 草原(広大な草原地帯。野生の狼が出ることがある)
    • 冒険先(任意のロケーションを設定して利用できます)
  • 王都近傍
    • 街道(様々な都市に繋がる街道)
    • 農地(王都の外に広がる農業区画)
    • 大河パルラ(王都の傍を流れる雄大な大河。農業用水はここから引かれている)
    • 森林(鬱蒼とした森林地帯。瘴気だまりが出来やすく、魔物が湧くことがある)
    • 草原(広大な草原地帯。野生の狼が出ることがある)
    • 冒険先(任意のロケーションを設定して利用できます)
      • ぐああああーッ!!!!
        (山中に悲鳴が響き渡った)
        (今より数百年の昔。人と魔の戦いにより世界が荒廃し、人心もまた荒れ果てていた頃…)
        (人を救わぬ神々を見限り、より身近な力ある存在、すなわち竜を崇める邪教が蔓延らんとした事件があった)
        (古の竜を祀る神殿は天空に在り、竜の威と力を地にあまねく示さんとしていた)
        (しかし神になり替わろうとする竜と、竜の威を借る人間たちは神の怒りをかい)
        (天空の大神殿は神の槌により打ち砕かれ、地に墜ちた)
        (墜ちた竜神殿。今ではそうよばれている広大な古代遺跡の、伝説である)
        (そして今、その遺跡は怒号と悲鳴、そして炎に包まれていた) -- 2022-05-29 (日) 20:34:36
      • (それらの声を上げているのは5人組の冒険者)
        (先日、冒険者ギルドでこの竜神殿に集う魔物の掃討を請け負ったベテラン冒険者たちだ)
        (ここ、墜ちた竜神殿は一種のパワースポットの特性を有する)
        (周辺の自然のマナが集い流れる、所謂レイ・ライン。あるいは地脈。そういった流れが交差する点にあるのだ)
        (ゆえに、ここにはマナを知覚する能力をもった魔物が集まる。これらの魔物を数年に一度、まとめて討伐するのが、彼らが受けた依頼だ)
        (そして彼らの腕前であれば、数十もの冒険以来を達成してきた彼らであれば、依頼は確実に達成できる筈であった)
        (冒険者ギルドもそう判断し、彼らを送り出したのだ)
        (しかし、その期待は裏切られた) -- 2022-05-29 (日) 20:40:59
      • (激しく震動する、半ば地中に埋没した遺跡。いや、揺れているのは遺跡を含めた大地そのものか)
        (遺跡の床が大地ごと大きく避け、飛びのきそこねた槍使いを飲み込んだ)
        (と、同時にその裂け目の奥から火柱、マグマが噴出し、槍使いの肉体を一瞬にして溶解させ、蒸発させた)
        (これで3人目だ。最初はパーティの斥候と魔術師が、突如発生した火炎の渦…今や彼らの周囲を覆う様に展開されている火炎の渦に巻かれて灰になった)
        (その時もアイツは、魔術を行使する様な素振りはなかった…アイツは!)
        テメェは、テメェはいったい何なんだ!!
        (パーティリーダーである剣士が、アイツに突っ込んでいく。ただの突進ではない、磨き抜かれた歩法…一足飛びにアイツとの間合いを詰め)
        (すれ違い様に、アイツの胴体を凪ぎ斬りにした。そう見えた…私には)
        (しかし、アイツの身体には傷ひとつない。バカな!アイツは鎧どころか、何も纏っていないのに)
        (しかも剣士の武器は名のある魔剣だ。それを用いて必殺の戦技を放った、その筈なのに)
        ……流し斬りが完全に入ったのに…
        (それが剣士の最期の言葉になった。アイツが剣士に触れた…と思ったら剣士がその場に倒れ伏した…死んだのだ) -- 2022-05-29 (日) 20:56:17
      • 「我が命、我がマナと等しくある。ゆえに我は滅びぬ。この世にマナがある限り」
        (アイツはそう言って笑った。どういう意味だ、わけがわからない)
        (とにかく私が最後の1人になってしまった。私まで殺されてしまえば全滅…)
        (しかし周囲を炎の渦に囲まれたここから、大地を自在に操るアイツを相手に逃げおおせる手段もない)
        (ならば――)
        (私はその場に跪く。アイツに降伏をしようというわけではない)
        (願う相手は我が女神。そう、救済の女神アイジアに我が命を捧げ、生涯ただ一度の規制を願うのだ)
        天にまします慈愛と――…
        (しかし、その願いは果たされなかった。<<救済>>の発動よりも早く)
        (アイツから伸びた腕が、鱗に覆われた巨大な、人のものではない腕が私の胸を貫き、どくどくと脈うつ心臓を抉り出していたのだ)
        「同じ真似など二度はさせん」
        「そして我が糧となれ。血を――…」
        (それが私の、冒険者パーティ「鉄の華」のヒーラーである私の、最期に耳にした言葉だった)
        (薄れゆく意識の中で、アイツが笑うのを見た)
        (それは美しい、少女の――) -- 2022-05-29 (日) 21:08:04
  • 王都近傍
    • 街道(様々な都市に繋がる街道)
    • 農地(王都の外に広がる農業区画)
    • 大河パルラ(王都の傍を流れる雄大な大河。農業用水はここから引かれている)
    • 森林(鬱蒼とした森林地帯。瘴気だまりが出来やすく、魔物が湧くことがある)
      • (上機嫌に踊るようなステップで鬱蒼とした森の中を進んでいく)
        人が多い所もいいけれど、こういうところもやっぱり落ち着くわね。(胸に手を当て肺いっぱいに空気を吸い、満足げに息を吐く) -- ル・トウ 2022-05-26 (木) 22:06:35
      • さて、と、この辺りは高木も少ないしありそうな気がするんだけれど。(図書館から借りてきた植生学の本を片手にうろうろする)
        さすがに花の落ちた時期に急いで探しに来たのは無謀だったかしら。 -- ル・トウ 2022-05-26 (木) 22:13:07
      • そうですにぇ
        この辺りは魔物が湧くこともあるそうですにぇ?
        大丈夫ですかにぇ?
        (街中や学院で出会うような気軽さで話しかける祝福を約束されたニェ族) -- にぇ 2022-05-26 (木) 22:16:57
      • わ、びっくりしたわ。ごきげんよう。(藪を漁っていた手を止め、軽く頭を下げる)
        ええ、私は大丈夫よ。森の中でだったらそんじょそこらの動物になんて負けないわ。
        それよりあなたこそこんな森の中で大丈夫?よかったら学園まで送るわよ -- ル・トウ 2022-05-26 (木) 22:22:22
      • (よく見れば無駄に樹の高い所にいる祝福を約束されたニェ族)
        ご機嫌そうなのは見ていたので大変わかりますにぇ (わかります)
        何かお探しなんですかにぇ? -- にぇ 2022-05-26 (木) 22:27:31
      • 森だからこそ摂取できる栄養があります。だからこそ、多少危険と言われても人は森まで足を伸ばす……(故郷を思い出す森林パワーを吸収しにきていた通りすがりのモブ) -- シデル 2022-05-26 (木) 22:28:35
      • ご同族……、じゃないわよねえ。(高い所にいるのをそれが自然かのように何も思わなかったことに気付き、小さく首を傾げる)
        やだ、恥ずかしい。見られてたのね。森まで来るの久しぶりだったからちょっと浮かれちゃってたの。(頬を押さえ恥ずかしそうに笑う)
        ええ、ちょっとノイバラを探してたの。種子と株を持って帰ろうかと思って。
        今時期赤い実がついてる低い木なんだけれどどこかで見たりしなかったかしら。。 -- ル・トウ 2022-05-26 (木) 22:35:58
      • 今の時期はちょっと冷え冷えとし過ぎだけど、夏とかに来ると緑の匂いも濃くて、涼しくていいわよね。虫は多いけれど。
        ふふ、なんだかこんな森の中でこんなに人に会うなんて思ってもなかったわ。お茶持ってくればよかったかしら。 -- ル・トウ 2022-05-26 (木) 22:41:11
      • あ こちらうろうろ仲間のヒトですにぇ
        (森に馴染むモブらしいシデルをトウに紹介しつつ)
        そんな時は運命にコトをゆだねるのも一興かと? 思いますにぇ!
        (倒す?と言わんばかりに一本の枝をトウへと投げ渡し)
        (もしも運が良ければ倒れた方向の先に…) -- にぇ 2022-05-26 (木) 22:41:59
      • エルフではありませんが、暗い森の奥の奥に住まいがあったんです
        木々の種類は違いますが、どこか懐かしい……(バラ発見の運気を上げる為ににぇ氏にチェロスを捧げておく森林浴のモブ) -- シデル 2022-05-26 (木) 22:51:51
      • (謎のアナウンス)
        「にぇ の こくみ が +1 されました」
        「あなたに幸福を」
        (上がったのはシデルの幸運値ですが微増しました) -- 2022-05-26 (木) 22:54:02
      • あら、お二人はよくこの辺り来る感じなのね?ということは今回迷い込んだのは私の方だったのかしら。
        そうね、ただただやみくもに探すよりはそういう風に探す方が楽しいかもしれないわね。よいしょっと。(受け取った棒をとん、と地面に立てて手を離す)
        あっちの藪ね。あまり日当たりはよくなさそうだけどどうかしら。(倒れた棒が指した藪の方へ向かっていきしばらくして戻ってくる)
        ……あったわー!(ノイバラの株を採取して戻ってくる)
        ありがとうふたりとも、ご利益バッチリだったわ。これはせめてものお礼。(どこからか赤々としたリンゴを二つ取り出し、手渡す) -- ル・トウ 2022-05-26 (木) 22:56:45
      • ありがとうございます。自分は何もしていないけど……(もう一つあったチェロスを齧りながらリンゴを受け取る、ちょっと色彩薄い感じに表現されたモブ) -- シデル 2022-05-26 (木) 23:00:55
      • にぇにぇ この程度のコト 礼にも及びませんにぇ
        (と言いつつリンゴをしっかりと貰えばすーっと森の中に消えてゆく祝福を約束されたニェ族) -- にぇ 2022-05-26 (木) 23:04:26
      • (残された謎のアナウンス)
        「にぇ の うまみ が +5 されました」
        「あなたに幸福を」
        (ル・トウの幸運値が微増しました) -- 2022-05-26 (木) 23:04:34
      • ふう、やはり森の空気は良い……精気が沸き上がってきます(茂みの中に消えていく) -- シデル 2022-05-26 (木) 23:08:36
      • さて、私はお目当てのもの見つけたから帰るわね。
        道に迷う心配はなさそうだけれど、あまり遅くならないように気を付けてね。今度よかったら一緒にお茶でもしましょ。(軽く手を振り帰路につきました。途中で葉ぶりのいいノイバラをもう一株見つけたとか) -- ル・トウ 2022-05-26 (木) 23:11:09
    • 草原(広大な草原地帯。野生の狼が出ることがある)
    • 冒険先(任意のロケーションを設定して利用できます)
  • 王都近傍
    • 街道(様々な都市に繋がる街道)
    • 農地(王都の外に広がる農業区画)
    • 大河パルラ(王都の傍を流れる雄大な大河。農業用水はここから引かれている)
    • 森林(鬱蒼とした森林地帯。瘴気だまりが出来やすく、魔物が湧くことがある)
    • 草原(広大な草原地帯。野生の狼が出ることがある)
      • http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp036720.png 
        (草原に佇む人馬が一つ 何やら悩んでる様子の祝福を約束されたニェ族) -- にぇ 2022-05-23 (月) 21:06:23
      • 馬術大会も終わった今現在 この子も野に帰すべきか…
        悩みますにぇ -- にぇ 2022-05-23 (月) 21:06:41
      • このままわらわらと増やしていく方向性も楽しそうなんだがにぇ
        一期一会感も大事にしたいにぇ とも思う今日この頃 -- にぇ 2022-05-23 (月) 21:19:42
      • ウマの次は何にしましょうかにぇ? -- にぇ 2022-05-23 (月) 21:28:31
      • お正月に向けて目出たげなトリとか… イケるかにぇ? -- にぇ 2022-05-23 (月) 21:32:46
      • ううむ 迷いますにぇ
        にぇ〜 -- にぇ 2022-05-23 (月) 21:45:40
      • (じぃとウマの方を見つめる祝福を約束されたニェ族) -- にぇ 2022-05-23 (月) 21:58:25
      • 徒歩で帰るの普通にめんどくさいしにぇ
        まぁ 帰りましょうかにぇ
        (結局ウマに乗ってそのまま帰っていった祝福を約束されたニェ族) -- にぇ 2022-05-23 (月) 22:20:07
    • 冒険先(任意のロケーションを設定して利用できます)
  • 王都近傍
    • 街道(様々な都市に繋がる街道)
    • 農地(王都の外に広がる農業区画)
    • 大河パルラ(王都の傍を流れる雄大な大河。農業用水はここから引かれている)
      • http://notarejini.orz.hm/up3/img/exp036720.png 
        (張り切って馬術大会に出駆けたが今ちょっと早かったのでとりあえず河原をぶらついている祝福を約束されたニェ族の図) -- にぇ 2022-05-22 (日) 20:38:14
      • でかい河であるのにぇ
        河はでかい でかいでかい でかいのは良いコトであるのにぇ -- にぇ 2022-05-22 (日) 20:39:48
      • 水が沢山あるはよいことじゃ!(うむりと釣り糸を垂らす釣りエルフ)
        大会前の仕上げか水飲みかぁ?仲は良く無いが足一杯馬も気張れよぉ -- アメア 2022-05-22 (日) 20:43:40
      • (描写を見るに)意外と 王都の中にまでは通ってないみたいにぇ?
        そうだにぇ
        ポケットの中に収めるにはこの河は大きすぎるのにぇ -- にぇ 2022-05-22 (日) 20:45:31
      • (釣りをするアメアを発見し)
        これだけの水があると雨のヒトの重用価値は…
        ・・・
        釣れますかにぇ? -- にぇ 2022-05-22 (日) 20:47:08
      • 普段は便利でも溢れたりすっと王都もてんやわんやになるんかのぉ…
        ……ってうぉい!?あるわい!?こう…河から離れたところではあるわい!(あるわい!)しおしおに干からびたら感謝するときが来んぞ!?
        おうよ、ぼちぼち釣れてる…ポケットに入る分だけ、恵み貰ったりするんが丁度…ええっ!(おりゃー!と秒数0〜3で空き缶、4〜6で普通のおさかな、7〜9でデカフィッシュを釣り上げ馬にあげる) -- アメア 2022-05-22 (日) 20:52:20
      • (馬みたいなんはようわからんけど缶でも喜ぶじゃろうという達成感にみちたひょうじょう) -- アメア 2022-05-22 (日) 20:53:04
      • なぜ…馬術大会前に…釣りを…?(ちょっと見慣れた八本足のウマ?とアメア見ながら) -- フルラ 2022-05-22 (日) 20:54:08
      • 大会前に焦って馬のけいこより平常心…平常心が大切なんじゃよ……(悟…)
        ワンチャン、ケルピーでも釣れりゃあ水属性っぽいワシと意気が合うかと…今日中にケルピーが釣れるにかけるぞわしゃぁ…!(ってない) -- アメア 2022-05-22 (日) 20:59:01
      • (ウマのモノはにぇのモノというわけで謎のアナウンス)
        「にぇ の えんみ が +10 されました」
        「あなたに幸福を」
        (アメアの幸運値が微増しました) -- 2022-05-22 (日) 21:00:14
      • 釣りの基本業務は精神統一ですかにぇ?
        (背景には空き缶で楽しそうに遊ぶ謎のウマ) -- にぇ 2022-05-22 (日) 21:00:36
      • やることがやることだし…慌てた気分じゃ馬も落ち着かないだろうから、ある意味じゃアリなのかもしれないね…(うむむ、と頭ひねる)
        ……でもケルピーは釣れないんじゃないかなぁ(とおいめしつつ、缶でもいいんだ…と馬眺める) -- フルラ 2022-05-22 (日) 21:05:50
      • うーむ、大分しおっけが増したのう……噂じゃかにあじと聞くしにぇの字は海から来たんかもしれんのぅ…(でっけぇ水に思いを馳せる系表情)
        んむんむ、ゆったり考える時間が確保され思考が研ぎ澄まされ気づけば時が流れ……大会まで時間がないのぉ!?ケルピィー!!(会いたいあの子の名前を叫びつつ、でもウマと少し仲良くなれた気がするので満足ですとは当人談) -- アメア 2022-05-22 (日) 21:07:53
      • 塩味をつければ基本なんでもだいたい食べれる!…というのはあるとしても、ニェは海の住人って感じなない気も…
        まあ、ともあれケルピーに乗るつもりなのでもなきゃそろそろ諦めどきだよ。頑張ってねぇ(にこにこしつつ、会場へ) -- フルラ 2022-05-22 (日) 21:12:17
      • (結局幸運値は上がったけれどケルピーは釣れずフィニッシュなハーフエルフ)
        どっちかっつーと山の兎っぽいもんのぉ……不思議な種族じゃ……魔ぁそれはともかくじゃ…ケルピーさ手に入らんかったから遅刻するまえにウマん背中一緒にのせてくれやぁ〜!(ひぃん) -- アメア 2022-05-22 (日) 21:14:19
      • (任されよう のポーズをとり)
        (アメアとついでにフルラも巻き込みなんだかんだ大会一番乗りレベルで間に合った祝福を約束されたニェ族) -- にぇ 2022-05-22 (日) 21:21:04
    • 森林(鬱蒼とした森林地帯。瘴気だまりが出来やすく、魔物が湧くことがある)
    • 草原(広大な草原地帯。野生の狼が出ることがある)
    • 冒険先(任意のロケーションを設定して利用できます)
  • 王都近傍
    • 街道(様々な都市に繋がる街道)
    • 農地(王都の外に広がる農業区画)
    • 大河パルラ(王都の傍を流れる雄大な大河。農業用水はここから引かれている)
    • 森林(鬱蒼とした森林地帯。瘴気だまりが出来やすく、魔物が湧くことがある)
    • 草原(広大な草原地帯。野生の狼が出ることがある)
      • まさか先に使われているなんて…そしてそしてこんなところまでくることになるなんて……なのです
        でもここならよっぽど誰かに見られることもないですしある意味安心ですね? -- アルベルティーナ 2022-05-16 (月) 21:22:31
      • 確かに見られる事はないが・・・事故っても助けてもらえないからな?気をつけろよ?
        にしても囮か・・・タフさか足の速さ・・・注目を集める方法・・・そういうのが大事になるのかねぇ -- テンバー 2022-05-16 (月) 21:26:10
      • それなりに回復できますが、いわゆるリジェネートと呼ばれる部類のものなのです 即効性はないので、……手加減はしてくださいね?(腕が吹っ飛んだりしたら治せません宣言)
        善神による奇蹟は魔物のヘイトを集めやすいので…例えばこのように(体力回復、マナ回復のリジェネの奇蹟を自分にかける この程度であれば詠唱や祈りの動作を必要としないらしい)しておけば、魔物は勝手に集まってきたのです
        でも…前回見学した限りではこの程度ではヘイトは集めきれそうにないですよねー……………
        もう一つ囮と言い出したのには理由がありまして(簡素なロッドを構えると) とりあえず適当に私に攻撃してもらえますか? -- アルベルティーナ 2022-05-16 (月) 21:36:08
      • (ほんほんと話を聞く)まぁ流石にいきなり竜を嗾ける様な事はしねぇよ(安心しなと笑って)
        さてな?そう思いきや効果てきめんかもしれないし・・・その辺りはそれこそ魔物にでも聞かないとな(今集まられても困るけどとぼやき)
        (「とりあえず適当に・・・」の辺りで石を投げていた)おうっ(何の気ない調子でも勢いはかなりの物だが・・・) -- テンバー 2022-05-16 (月) 21:41:52
      • ダンジョンの魔物、特にチュートリアル伯爵のような相手は知力も高いので効かないと思うのです
        有象無象には効果があるかもしれませんが…わからないのです
        てやあ!(投げられた石を打ち返す様にロッドを振る、も、全くタイミングが合っていないので空振り。)
        (ロッドを構えたのはただ気合を入れただけだったようだ)
        (アルベルティーナ自身はまるで対応できていなかったが、その石がアルベルティーナに届くことは無かった)
        (代わりに真白で眩しい手のひらサイズの光球が現れ、ホーリーライトを放って石を跡形もなく消し去った)
        ………………というわけなのです。 -- アルベルティーナ 2022-05-16 (月) 21:52:32
      • ある程度頭がいいと効かないって事か?(それは逆に言えば本能的なものに訴える物だという事で、無視できないというのは囮としては有用なのかもしれない)
        (話の途中で攻撃されても反応できる程度にはちゃんと集中している、基本的な所はちゃんとしているようだ)
        おぉー・・・自動の迎撃か(試しにまた、今度はひそかに二つ投じる・・・一投目の陰に二投目を隠す技法・・・そして)
        接近するとどうなんの!(走り、木の剣を手に殴り掛かってみる) -- テンバー 2022-05-16 (月) 22:00:09
      • そうですね 戦略を知る知性を持っていれば本能よりも理性に従う事で回避できてしまうはずです 思考の邪魔にくらいはなるかもしれませんけどね
        (キュィンッ キュィンッ 軽快な音と共に発せられた2発のホーリーライトは1個目の石と同様に2個目3個目の投石を消し飛ばし)
        え、2個? う、ゎっ(本人は石が2個投げられたことに気づかなかったので2回ホーリーライトが放たれたことに驚いているし、対人に滅法慣れていない素人の動きで顔を庇う)
        (アルベルティーナの手から20cmほど離れたところで光球から形成されているプロテクションが木剣を弾く)
        避けて!(アルベルティーナの叫びと同時に、カウンターとして光球からホーリーライトがテンバーへと放たれる なおヒトに対しては威嚇以上の効果はなく、当たってもちょっと熱いくらいだ)
        (アルベルティーナの意思や動きとは全く関係のない、完全自律型の何かに常時守護されカウンターすることができる、ということらしい) -- アルベルティーナ 2022-05-16 (月) 22:12:08
      • (キュィンッと音を立て放たれんとする光弾、それを一回避けかけて・・・)・・・(肩で受ける)
        あっちゅ!?・・・あっちゅ!?(ぺんぺんっと当たった所をはたく)
        なぁるほどぉ・・・?ティナ自身は反応できなくても加護が守ってくれる訳か(今度はそっと手を伸ばして障壁のあった辺りを確かめる)
        (ルールや判断を神に委ねている故、思いもよらぬ抜け穴があるかもしれないが・・・魔術よりも信用出来る術的防御だとファステンバーは思う)
        誤射しても大丈夫だしな(ホーリーライトの当たった肩を見て) -- テンバー 2022-05-16 (月) 22:24:12
      • 当たっちゃいましたー!?(慌ててリジェネをかける じんわりと癒す。)
        って、熱いだけなのですか? ヒトに当てたことがなかったので…初めて知りました! 味方に当たって大惨事ということはなさそうでよかったのです
        はいっ 私が寝てても守ってくれますよ(今はもうプロテクションの効果が切れているのか何もない)
        女神さまが3体の天使をつけてくださっているのです(あと2体いるらしい 女神直属の天使が3体。 過保護にもほどがある)
        というわけで囮にはなれると思うのですが、どうでしょう? 女神さまの天使に頼りっぱなしで情けない限りですが…現状はこれくらいしか役に立てそうなことが思い当たらないのです -- アルベルティーナ 2022-05-16 (月) 22:30:36
      • ふぅん・・・(自分の力に対する理解はまだ少し浅いか、でも本質的な所は見えているから問題ないかと分析・・・分析しつつさらに手を伸ばす)
        うぅん・・そうだなぁ・・・(特に問題がなければそのままアルベルティーナにふれて・・・)そぉい!(力任せに上に放り投げんとする)
        (攻撃を防御しても落とし穴なんかの脅威はあるし、度を越せば吹っ飛ばされることがあるかもしれない) -- テンバー 2022-05-16 (月) 22:36:02
      • (どうかなーどうかなーと心配そうにテンバーを見ていたが、あっさり掴まれる 掴む分には特にカウンターなどは無かった) (そのまま上に投げ飛ばされ)ひょゎぇ!?
        (獣人らしく本能で受け身を取りそのまま転がり落ちるか、といったところで地面から10儖未里箸海蹐埜球から放たれたプロテクションに守られ衝撃を散らしてから着地した)
        (アルベルティーナ個人に関しては過保護なほど守られているらしい)
        びっくりしたのです!?
        (ダンジョンに慣れているか、知恵の回るものであれば思いつくかもしれない こいつカナリアに最適なのでは?) -- アルベルティーナ 2022-05-16 (月) 22:44:14
      • おぉ!(しっかりと受け身を取ろうとする仕草も見えたし、加護もキチンと働いた)・・・楽できそうだな(同時に自分の立場も危うくなりそうだ)
        うん・・うん・・・多分まだ暫く浅層だろうし、この前の感じだと・・・いいんじゃないか?俺はやっていけると思うぜ?
        あー・・・でも最後に一点、気になった事だけど・・敵がティナを無視したら、お前どうする? -- テンバー 2022-05-16 (月) 22:56:50
      • (あくまでもアルベルティーナしか守られないので使いどころは限られるだろう)
        (魔界化しているというダンジョン内で加護が減衰するかどうかも要検証である)
        やったのです!! ちょっと自信つきました この間の見学会で本当に無理かもって思ってたりしたのです
        …………そ、それは…目下検討中なのです………… 現状では前衛になる方にリジェネかけて回るくらいでしょうか -- アルベルティーナ 2022-05-16 (月) 23:04:53
      • 身を挺して盾になってもいいし、相手の嫌がる事をしても良い
        なんて言うかな・・・陽動って「無視したくても出来ない、自由にさせちゃいけない」って思わせる事が大事なんだって俺は思うぜ
        (まぁその辺はティナの課題だなぁと笑って)自信持っていい、その気になったら俺も推してやるし、デモンストレーションがしたいときは言ってくれよ -- テンバー 2022-05-16 (月) 23:09:32
      • ふむふむ。 例えば敵前に出て大奇蹟の詠唱をするような…? 私自身は攻撃性の大奇蹟は使えないのでフリだけになってしまいますが
        とりあえずは当初の予定通り囮路線で行こうと思います お付き合いありがとうございました!
        もし部活の皆さんが見てみたいとおっしゃったら協力をお願いするのです
        (帰り道もあーでもないこーでもないと戦略のようなことを話しつつ帰るのでした) -- アルベルティーナ 2022-05-16 (月) 23:20:24
    • 冒険先(任意のロケーションを設定して利用できます)
  • 王都近傍
    • 街道(様々な都市に繋がる街道)
    • 農地(王都の外に広がる農業区画)
    • 大河パルラ(王都の傍を流れる雄大な大河。農業用水はここから引かれている)
    • 森林(鬱蒼とした森林地帯。瘴気だまりが出来やすく、魔物が湧くことがある)
    • 草原(広大な草原地帯。野生の狼が出ることがある)
    • 冒険先(任意のロケーションを設定して利用できます)

Last-modified: 2022-06-23 Thu 22:58:15 JST (2d)