V/リタ

  • どうも、お嬢さん ちょっとよろしいかな? (李鈴が学校に来なかった日の夕方、少女の帰り道で声をかける老人がいた)
    (白い髪、白い髭 しかし皺は少なく、背も曲がらず 微笑んでいるのに、目は強く光る そんな老人だった) マルガリータ・テレサ嬢、で、よろしかったかな? -- 2015-07-19 (日) 15:00:18
    • (彼が学校に来ない日は稀にある事で・・・それでもやはり寂しく感じてしまう)
      ・・・ぇ?(だからではないが、呼び止められたときに一瞬彼に呼び止められたかのように感じてしまった・・・)
      え・・えぇ・・・そう・・ですが(見た目も声もまるで違うのに・・・雰囲気のようなものが似ているのだ)貴方は・・?(この人がそうではないかという直感が走る)
      -- 2015-07-19 (日) 15:15:13
      • そのとおり (その直感を肯定する声 初めて会うのに見透かすような返答) …鈴の師をしている者です
        少々テレサ嬢に聞きたい事があってな 2、3よろしいかな? … (そこで、じ、と少女の目を見つめ) …君とアレの関係にもかかわることだ -- 2015-07-19 (日) 15:18:56
      • (言葉としてはまだ問いかけただけだ・・それでも見透かされたような言動・・・それだけで十分だった)・・・リレイさんの・・
        私に、聞きたいこと?(なんだろうと戸惑う・・強く光る瞳に真っ直ぐ見つめられて僅かにたじろぐも・・・彼の事が出されれば不思議な位に覚悟が決まる)
        はい・・私に、答えられる事であれば(改めて向き直り、真摯に見つめ返して頷く)
        -- 2015-07-19 (日) 15:37:13
      • いやあ、難しいことは聞かない、気を楽にしてくれ (ふ、と口元に浮かべる笑み しかし、目は強く見つめたままに)
        君は、アレを好いているね? (問いかけ…というよりも、確認のように、簡素明確) …しかし、アレは孤児だ その事についてはどう思う -- 2015-07-19 (日) 15:59:56
      • (気を楽にしてと言われて簡単に楽には出来なかった・・・老人に対する敬いの念も勿論あるし、師であるのなら彼の後見人の様な物だろうし・・・何より、自分と彼との間を裂ける人の一人だ)
        (迷い無く見据え、「はい」と応える・・・しかして続く言葉には)特に何も・・・失礼ですが・・・仰っている事の意味が判りかねます(僅かな間を置き、静かに応える・・・・だがそれは破裂寸前のボールを握った時の様な危険な予感を孕んだ静けさだ)
        (父の理解を得るのは容易では無いと思っていた・・・自分を幸せにする為によい家柄の者と添い遂げさせようとする気持ちは分かるつもりだが・・それはそれ、これはこれだ)
        (だがこの老人の側からこの話をされるとは正直思っていなかった)私はリレイさんが好きで、彼もそれに応えてくれました・・・その事と彼のご両親がご存命であるかどうかに関わりがあるとは思えませんが
        -- 2015-07-20 (月) 03:03:43
      • (ぴり、と空気が震える 嵐が訪れる直前の空のように落ち着いた表情のリタを眺める老人 その上での丁寧な返答を聞けば、片眉を上げ)
        君はまだ若い 私も若い頃の自分は忘れていないからな、その激情や、恋愛の万能感はわかるつもりだ …だがね、テレサ嬢
        そう言うからには、もうご両親には伝えたのかな? (まずそこに切り込む 言葉はいっそ優しいままに) 旅の、異国の、若い、親も知れぬ男と恋仲になったと、伝えてあるのかね -- 2015-07-20 (月) 07:52:19
      • (一度深く吸って、静かに吐く・・・激情を腹の内に納めて)
        いえ・・・まだ親しいメイドにだけです(ともすれば両親よりも親しいとすら感じている人だ)彼女に、時間をかけてそれとなく伝えていくように言われています
        父は、既に私と結婚させる相手にある程度の目星をつけている様ですので
        -- 2015-07-20 (月) 10:39:05
      • (だろうな、というような目をする 隠そうともしない表情) それとなく伝えようと、はっきり言おうと変わらんだろう 父が決めているのだろう?
        テレサ嬢、君にそれを跳ね除ける言葉も力も無いように思えるが ある、と思うのならば、それこそ恋の万能感に溺れている証拠だが
        あの未熟者が、恋する相手も選ばずに盛りおって (鼻を鳴らし呟く…いや、聞こえるように言っている) 俺に一撃も与えられるほど強くならんのは、横道にそれる余裕があるからか 成る程 -- 2015-07-20 (月) 19:58:02
      • (驚いた、この方は自分より私の父について詳しいらしい・・・なんて、らしくない皮肉が浮かんでしまう・・・)
        (認めよう・・自分はこの人が嫌いだ・・・自分の大事な人を傷つけるから・・・ 恋の万能感?そんな物は知らない・・言葉も力も無くても意思はある、それで十分だ)
        (聞えるように言っているのはわかっていた・・・自分の事は兎も角彼の事を動物のように言われるのは我慢ならなかったが)
        ・・・(続く言葉に何となくこの話の行き着く先が見えてきた・・・今日彼は学校を休んでいた)・・ところで、リレイさんは今どちらに?
        -- 2015-07-21 (火) 04:02:29
      • そんな目をするな、鈴が見たら驚くぞ …貴族ってもんはそういうものだ 特に、女は縁者を増やすに格好の駒だ (面白くもなさそうに肩をすくめ)
        (とげとげしいながらも礼を失せぬリタを眺め、僅かに目を細める) 牙があれば噛み付かんばかりの目をするな、テレサ嬢 男であってもアレとは仲良くなったろう
        (顎鬚を撫ぜ、僅かに語気を緩める しかし、続いた問いかけには、) さあ、死んでは居らんと思うが (自分の掌を眺め、軽く握る) まあ、そのうち目を覚ますだろう
        だが、駄目だな アレはまだ弱い 一月眺めては見たが、アレではまだ十分ではない …そろそろ連れて帰らせてもらおうと思うのでな
        暫しの別れを伝えに来た (あっさりと言った) -- 2015-07-21 (火) 22:50:54
      • (下手に声を発すればそのまま本当に噛み付いてしまいそうだった・・・落ち着いて、静かに応える)
        駒などとは心外です、お父様は私が幸せとなるにはそれしかないとお考えになっているだけ・・・それを変えるのに少し時間が必要なのです
        (今日着ていなかった時点で予想しておくべき事態だった)・・・また、リレイさんを苛めたんですね(非難を込めて敢えてそういう言葉を選ぶ)
        (ギリ・・っと歯がなる)・・・弱くて何が悪いというのです?・・それでもリレイさんは他の人よりも十二分に力はあるでしょう?・・第一、孤児であるリレイさんが何処で生活するのかを何ゆえ貴方が決めるのです?
        ・・・貴方に別れを告げられる道理はありません、彼に会いに行きます(言うが早いか、彼の元へと足を向けて)
        -- 2015-07-22 (水) 14:03:03
      • それを変えてどうなる 何も持たぬアレに着いて行ったといって、お嬢さんの身体では、貴族の庇護を受けないままで生きていけるとも思えんが
        (駆け落ちでもするものと決め付けている様で、そんな事を言う 歯を食いしばっての非難は風と受け流す) 鍛える事を苛めると言うのならば答えよう 『そのとおりだ』 常人なら二日は足腰も立たないだろうよ
        人より強くとも、俺よりも弱い 俺の友や、知り合いよりも 戦う者として、それではまだ半人前よ アレは戦う事を選んだのだ ならば、アレが弱い事はそのまま、罪よな
        なぜ俺が決めるのか? (その言葉を聴けば、歩き出す少女の背に笑い声がぶつかる) 私は師で、アレは弟子だ そして二人の間で交わした約定よ なれば、俺が決める理がある
        会いにいっても、すぐには目を覚まさんだろうよ お嬢さんの力じゃ起こす事もできまい 無駄無駄 (止めはしない あざ笑うような声 …いつも稽古している 宿舎裏の広場に転がっているのだろう…) -- 2015-07-22 (水) 21:46:04
      • (生きていけるかなんて知らない、いざとなれば頼れる人もいる・・・兎に角今、彼と離れ離れになる未来だけは拒否しなければならない)
        言ってなさいっ・・・(となれば話は早い、早く起こして彼と共に逃げるのだ・・・読まれているのならそれこそ一秒でも早く・・・)
        (走る・・・)はっ・・はっ・・はっゲヒッ・・ゲホッ・・・(呼吸が乱れ、変な咳がでる・・・一応走ることもメニューに加えているが・・それでもまだまだ辛い)
        (ホリーに助けを求める事も考えたが・・彼女を探すだけの時間も惜しかった・・・兎に角急いで見つけて・・・)

        (何度も足をもつれさせそうになりながら、息も絶え絶えに寄宿舎の広場へとたどり着く)は・・はぁ・・ひ・・ふ・・・り・・レイ・・・さ・・・ゲホッゲホッ・・・(辺りを見渡して)
        -- 2015-07-23 (木) 18:26:57
      • (走る少女を追うことはせず、それを見送った老人は歩き出す リタが知りえぬその先にあるものは、何か…)
         
        (果たして、そこに少年はいた 木の根元、うつ伏せで倒れたまま動きもしない 服を羽織らぬその背には、痛々しい痣、切り傷 咳き切る少女には、いっそ死んでるのではという不安すら与える)
        (しかし、近づけば、浅いが胸が呼吸で上下しているのも確認できるし、触れれば痛みで呻く事もする) …う、まだ…まだだ、師匠… まだ、おれは…
        (絞り出すような声 震える手が少女に伸ばされる 気配に向けて、縋り付いてでも抗そうと 気力を振り絞る姿) …負け…ねぇ…っ -- 李鈴 2015-07-23 (木) 20:25:10
      • はっ・・はっ・・はぁ・・・・(見つけた・・・ふらりふらりとその倒れ付す背に向かって歩く・・・酷い話だ、今日一日ずっと此処で倒れていて、誰も助けてはくれなかったのか・・・でもそれは自分も同じ)
        (ふらりふらりと歩み寄り、跪いて伸ばされた手を取る)はぁ・・はふ・・・はっリレイさ・・ん・・・しっ・・かり・・・(伏せる頬をそっと撫でて)
        -- 2015-07-23 (木) 20:56:17
      • ん、ぐ… (触れる冷たい手に顔をしかめ、しかし、声に反応して、薄く目を開く) …あ、れ、リタ…? 何で、こんなとこに…い、てて…っ
        (身体を起こそうとしたが、べしゃっと顔から地面に崩れた 深呼吸して、苦労しながら仰向けに直り) あれ、師匠はいなかったか…リタ、どうした、そんな息切らして… (痛みに歪んだ声だが、努めていつも通りの調子で話そうとする 仰向けになった胸や腹には、背中以上の怪我だ) -- 李鈴 2015-07-23 (木) 21:12:25
      • はぁ・・はぁ・・・・・はぁ・・・(目を覚ましいつもの調子で話そうとされればほっとする・・・倒れる彼の頭を抱いてそっと膝に乗せる)
        (胸や腹の傷を悲しげにそっと撫でて)リレイさん・・お師匠さんに、お会いしました・・・『時間』が・・来てしまったと・・・
        (声が・・手が震えてきてしまう・・失うことが、どうしようもなく怖い)・・・逃げましょう?・・・いっしょに・・いま・・すぐに
        -- 2015-07-23 (木) 21:44:37
      • ん…はは、こりゃあ、快適だ… (膝枕に、少し冗談めかして でも、傷が痛むのか時折顔を顰めて呻く)
        ん、とうとう会っちまったか …どうせ、あの糞爺、別れろやら何やら言ってきたんだろ …声だけで分かる (苦々しく笑い、ゆっくりと目を開ける 見上げる瞳)
        …逃げたいな あの爺さんは絶対に追ってくるような真似はしない 逃げようと思えば、逃げ切れる そうしたら…リタとずっと一緒にいられるな (そう言った唇が、しかし、苦笑に歪む) …でも、それは解決にならんぜ、リタ
        逃げて、師匠の手を交わして でも、次はリタのご両親の事がある …みすみす逃がしてくれるかぁ? 可愛い娘が、俺みたいなやくざもんと駆け落ちして …悲しむし、絶対に引き離そうとするさ リタ お前は、それで良いのか (痛む、震える手を持ち上げる その手を、自分をなでる手に重ね、握る) -- 李鈴 2015-07-24 (金) 02:16:39
      • ・・もぅ・・(冗談めかした調子にくすっと笑って・・・でも傷は痛そうで・・見ていて辛い)
        大丈夫・・私はそんなつもり全くありませんから(見上げる瞳を悲しげに、でも優しく、真摯に見つめて)
        (「なら・・」と希望を抱く)リレイさんは、そんなヤクザ者なんかじゃないです・・・(握ってくる手を握り返す・・・両手でしっかりと)
        構いません・・・(悲しいけれど、でもいざとなればどちらを選ぶかなど決まり切っている)何があっても・・どこまででも、付いて行きます
        -- 2015-07-24 (金) 07:10:56
      • …まったく、リタは細いように見えて、結構激情家だよなあ… (握り返す手は弱くともしっかりと 指を絡め、自分の頬に押し当てる)
        良い女だよ、リタは本当に …なあ、最初に言っておくぜ…俺はお前が好きだ …リタ、俺も、お前をどこまでだってつれていきたい
        …その上で言う (ボロボロでも、目は強い 師匠によく似た、しっかりとした瞳) …逃げたくない お前が好きな位に、強い気持ちだ 俺は逃げたくない
        逃げたら、俺は本当になにもなくなっちまう 男として、人として、俺は、逃げたら俺自身許せない …乗り越えないと、俺は、リタと一緒にいられない リタが許しても -- 李鈴 2015-07-24 (金) 21:50:39
      • ・・・(握りあった手が震える・・絶望感より憤りの感情が強い)なん・・で・・・
        (分かる・・・彼を自分の好きな彼であらせる為に、逃げてはいけないのだと・・・真に彼を想うのであれば・・・と)
        嫌です・・・いや・・・(でも納得は出来なかった・・彼は良くても自分は良くない・・・もっと一緒にいたい・・・)なら・・私もついて・・・
        -- 2015-07-24 (金) 22:21:23
      • …俺はさ、なんにも持ってないんだ 頭も悪いし、経験もない、血筋もなければ親も知れない …そんな俺が、自分のものだって言えるのは、今までこの拳ひとつだったんだ
        それは裏切れない 裏切りたくない リタがそんな風に言ってくれればくれるほど、俺は、なにもない俺を許せなくなる
        それに、別に俺はお前を諦めてる訳じゃないぜ、リタ …むしろ、絶対離したくないって思ってる …だから、俺は、リタの親父さんたちにも許してもらいたいとも、な
        …リタはどうだ? (痛め付けられていても、言葉は、声は、目は、しっかりとリタに向けられている…) -- 李鈴 2015-07-24 (金) 23:25:10
      • 何を持っていなくなんかない・・・親なんて選んで生まれてきた訳じゃない・・たった一つでも確かな物を築き上げる方がずっと立派・・・
        (だんだんと、彼の目を見れなくなってくる・・・お互い何もかも捨てて添い遂げた時・・築き上げたものが残る彼と、何も残らない自分・・・自分で手に入れた物が何もないから、容易に捨てられる自分)
        (何もない自分を許せないと言う彼に、何もかもを捨てて構わないと言ってのけた自分が・・・酷く未熟で・・無様で・・恥かしくなってくる)
        ・・・ッぁ・・・・う・・(苦しげに胸を押さえる・・頭を振り、駄々をこねる)分からない・・わかんないですっ・・・私には・・貴方しかいない・・・リレイさんがいれば・・他の何もいらない・・・・・いらないって・・そう、思ってたのに・・
        ・・・貴方の目を・・真っ直ぐ・・・・見れない・・っ(気付けば涙がこぼれ、俯いていて)
        -- 2015-07-25 (土) 01:12:16
      • (そんな恋人の苦悶を見つめ、その手を握ったまま、痛む身体に鞭を打って身体を起こす)
        たった一つなんかじゃない、何個でも、欲張って良いんだ 欲張るべきなんだ リタ、お前には沢山あるんだぜ、確かなもの 家も、親の愛もそうだ 俺がリタを好きだって気持ちも、リタが俺を好きだって気持ちも
        (ボロボロな体で、でも、少女の頭を胸板にぎゅっと抱き寄せる力は強く) 俺が強くなれば、全部を掴めるはずなんだ
        (ごめんな、弱くて、と、困ったような声で囁き) …前は、俺がここにいるって確信がほしいから強さを求めてた …けど、今は違う リタと一緒にいたいから、強さを求めてる
        …だから尚更、逃げないよ 逃げたら、俺の方こそリタの目を見れなくなるから (少女の頭を撫でながら、ゆっくりと、優しい声で)
        …リタ、親御さんのことは好きか? 育ててくれた乳母さんや、友達は好きか? …それを全部捨たいか? (捨てても良い、ではなく、捨てたいか、捨てたくないか、単純な問いかけだ) -- 李鈴 2015-07-25 (土) 11:13:24
      • (撫でられながら彼の胸板に頭を預ける・・・その優しさを感じながら)全部・・・つかめる・・・(静かに反芻するように呟く)
        ・・・・・好きです・・・皆・・皆大好き・・・捨てたくなんか、ない・・・(それが素直な気持ちだった・・・・)
        でも・・・それなら・・どうすれば・・何処まで、強くなれば・・・・・時間は・・もう来てしまっています・・・
        -- 2015-07-25 (土) 21:45:38
      • 俺は掴みたい 全部を リタも、強さも、…リタが大事だと思うすべても だから、俺は逃げない
        (強い目で言ってから、すぐに笑い) リタがそれでも良いといってくれるのは、凄い嬉しいけどな …愛してる 俺も、普通の生まれなら、このまま手をとって逃げてただろうな
        (抱き締める力を緩め、顔を見つめ、額に軽く唇を寄せる) どれくらいまで強くなれば良いか、正直判らない 天の雲の先よりも見えないよ
        …でも、俺は、例え師匠に引き剥がされても、リタを迎えに戻ってくる (頬に、額に、ゆっくりと降らせるキス) どこまでつれてかれても、堂々とリタを迎えにいく
        …俺を愛したいと思ってくれるなら、俺はリタを待たせると思う …俺を待つ気は、あるか 俺を愛してくれるなら、待つ覚悟はあるか? -- 李鈴 2015-07-25 (土) 23:37:52
      • (額に、頬にキスを受ける・・・目じりに涙を湛えながら震えて)・・・・・・(ぐっと精一杯抱き返す手は強く)
        ・・・5年・・5年だけ待ちます・・・・それ以上は待てません(見返す目には力がある・・ぐいっと身を寄せキスをして)
        ・・それ以上は、私が貴方を探しに行きます・・・それまでに私も強くなります・・父も、説得します・・・だから・・(気丈な態度もそこまで・・早く迎えに来てと訴える声は悲しみに震えて)
        -- 2015-07-26 (日) 00:35:52
      • (誓いのキスは血の味がした 重ね、交え、…離せない、離したくなくて、今までで一番長いキスをした)
        5年、約束する リタが家を出てやろうと思う前に、戻って見せるさ (頷く力は強く 頬を撫でる手は優しく 愛してる、ともう一度ささやいた)
        …リタの親父さん、躍起になって見合いを吹っ掛けてくるだろうなあ 俺より良い男なんて見つけないでくれりゃあ良いけど (苦笑し、苦労かける、と)
        …3日後、師匠がまた戻ってくる そこで決まる (そう言ってから、少し躊躇うように言葉を止める そして、) …泊まっていかないか、俺の部屋に (目を見つめ、抱く手は離さず) …リタに、約束を刻みたい -- 李鈴 2015-07-26 (日) 00:51:11
      • ・・・(強く腕を絡め、しかと抱き締めながらのキス)
        絶対ですよ・・・(期限を定めれば父も説得させやすいかもしれない・・家族も大事にすると、今ここで言ってしまったから・・何処かで安心させないといけない)
        いませんよそんな人・・・いざとなれば叩いてでも諦めさせるんですから(つんっと言ってのける)
        ・・・・・・・・・3日?(今日これからいなくなってしまうのだと思っていたから・・意外な時間の猶予にきょとんと)・・わ・・・私てっきり・・・ぁ・・ぁぁぁ(真っ赤になった顔を押さえて恥かしげ)
        ぇ・・・(そんな中でも問いかける声は胸の奥まで響く・・・泊まっていく・・約束を刻む・・それってつまり・・・)・・・っ(ぼふんと湯気が出そうなくらいに赤くなる・・痛いほどに高鳴る心臓を押さえながら)・・・はい・・(こくりと、頷いて)
        -- 2015-07-26 (日) 01:27:09
      • ああ、絶対だ …5年かあ、会ってからまだ数ヵ月なのに、くそ、離れたくねえなあ… (年頃らしい弱さを溢すが、その分強く強く抱き締めて)
        はは、リタがビンタすりゃあ、そこいらのへなちょこ貴族なんて尻尾巻いて逃げてくさ …最初は弱々しく見えたけどな
        (誉めてるんだぜ、と笑い) ああ、大体師匠は3日4日居なくなるんだ …その間は、リタと居たい (赤くなる少女に微笑み、頷いたあと、柔らかな口づけを交わし) …怖いなら、五年後までお預けされるけど?
        (からかうように笑いながら、ふらつきながら立ち上がる 深呼吸すれば、リタに手を差し出し) …俺は部屋にいるから、一回戻りな …アリバイ工作とか、あるだろ? (冗談めかして) -- 李鈴 2015-07-26 (日) 10:43:27
      • 私だって・・・(額を擦り付ける・・自分で設定しておいて長いと思う)だから、早く戻って来てくださいな・・・
        (くすくすと笑って)自分でも驚いています・・・変われば、変わる物なのですね・・・
        〜〜〜〜っ(キスを受け、うっとりとしながら・・でも少し釈然としないものを感じる)・・・それなら3日後認められる努力をするべきではないですかぁ(頬をむにむにひっぱって)でも・・・認められても、られなくても、行ってしまうんですね・・・
        (その貴重な3日間を自分と過ごしたいと言ってもらえて嬉しかった・・・だから)怖いけど・・お預けなんて嫌です・・・
        ア、ありばい・・・(なんだか酷く悪い事をしてる気がして・・・実際親には言えない事なのだが・・・ふらりふらりと立ち上がる)は・・はい・・・それでは・・・(そのままふらふらーっと帰途に着く、途中ホリーの所に寄ったりしたり・・・)
        -- 2015-07-26 (日) 18:23:02
  • 見事に風邪でぶっつぶれて、臨海学校行けなかった俺に、今回の臨海学校を一言であらわしてくれ! -- 李鈴 2015-06-28 (日) 23:03:20
    • (少し考えて)・・・爆発オチです(外洋側から見るとそうだった)
      (元気そうな少年の胸に手を置いて労わるように)風邪をひかれていたのですね・・・姿が見えなかったので心配しました・・もう、よろしいので?
      -- リタ 2015-06-28 (日) 23:12:52
      • …リタは怪我とかないよな? (本気で心配になった) 何でこう、平和に物事が終わらないんだあの塾は…!
        っと、はは、ちょっと雨に降られてな (触れられ、照れくさそうに笑って) お蔭様で ホリー婆さんは凄いな、部屋で寝込んでたらひとっとび来て治してくれた
        リタも治療受けてるって聞いたけど、あの腕なら納得だよ (元気、とアピールするように力瘤を作って見せる体育会系男子だ) -- 李鈴 2015-06-28 (日) 23:21:30
      • いやはや、死ぬかと思いましたよ(ふふふと笑える程度には無事だった)あれだけ色々な方が集まれば仕方がないのやもしれませんね・・・
        もう・・ちゃんと暖かくしないとダメじゃないですか(まさか動けなかったのだとは思わずにくすくすと暢気に笑って)ホリー先生が・・・そういえば仕事があると途中いなくなっておりました・・
        ふふっあの妖しげなお料理、振舞われました?(あれ不思議ですよねぇと頷きながら元気そうな様子にほっとして)
        -- 2015-06-28 (日) 23:39:54
      • リタには危ない事して欲しくないけどなあ…意外と活動的だから、巻き込まれやすいんだろうな まあ、無事なら良いけど
        ああ、本当だよ、身に染みた でも、お陰で、風邪の前よりもぐっと快調だよ 取れなかった怪我の痛みも、魔法の薬でこのとおりだ
        (そう言って、リタが触れていた胸元を緩め、胸板を覗かせる 最近はいつも包帯が残っていたのだが、今日は滑らかに鍛えられた素肌が覗く)
        不思議って言うか、見た目が普通な感じに出てくるから、目を疑ったなあ 美味いのがまた不思議だ (リタの言葉に何度も同意を示した)
        しかし、良いなあ、海かー…リタも泳いだのか? (どんな水着だったんだ?とちょっとからかう様子を見せる男の子) -- 李鈴 2015-06-28 (日) 23:46:00
      • ・・・ゴメンなさい・・でも、見てるだけって中々出来なくて・・・
        まぁ・・・包帯も取れたのですね?(良かったと胸を撫で下ろす)いつも、何処かしら怪我をしてらしたから・・・お師匠さんに当てる前にボロボロになってしまうのではと・・・
        あれ、妖しげな食材は全部ドロドロに溶けてスープになっているのだと思います・・見た目がちょっとなだけで味も栄養も確かな物らしいので・・・(神妙に頷く、同じものを体験したというのがなんとなしに嬉しくて)
        えぇ少しだけ・・・ん・・ひ、秘密ですよ・・?(バッチリ着てた癖にいざ説明するとなると恥かしくなってついついそんな事を言う)
        -- リタ 2015-06-28 (日) 23:59:44
      • いや、謝る事はないんだけどな!? 俺が勝手に心配してるだけだし… それに、危ない事してる俺が言う言葉じゃないか
        ははは…俺も心配かけてたな (実際ぼろぼろで、下手すると肺炎とかで死ぬ所だったなんて絶対に言えない…!) ホリー婆さん様様だ
        あのスープに全部…普通のポトフに感じたけど、なんかこう、秘伝なんだろうなあ (納得いった様ないかない様ななんとも言えない顔)
        少しだけ? …なんだよ、良いじゃん、教えてよ (にやにやと笑えば、ちょっと顔を寄せて内緒話するように) -- 李鈴 2015-06-29 (月) 00:05:40
      • 私も良く心配してるのに自分がしていたらダメだなと・・・(困った様に笑いながら)ふふ、お互いで心配掛け合って、同じこと考えてしまってます
        (あの場でホリーちゃんが乱入しなかったらどうなってたんだろうーとか一人RPを中断させた身としては考えてしまう)
        なんかこう・・・あるんでしょうねぇ・・・(でもそれ以外考えられないのだと不思議そうな顔)
        (がっつり泳いだーっといった感じではなかったので「少しだけ」・・・でも良く考えたら外洋までがっつり出ていた)
        ・・・・っ(にやにやと顔がよってくれば顔を真っ赤にして身を引いて)ぁ・・ぁぅ・・・じょ、上下に・・・分かれてる感じで・・・(恥かしがってぼそぼそいう感じで・・・いまいち要領を得ない)
        -- リタ 2015-06-29 (月) 11:46:57
      • 心配しあう、か なんかこう、ちょっと恥ずかしいけど、リタに心配されんのはー…うん、嬉しいな ありがとうな
        (どうなってたかはそっと闇の中…ふふふ、ありがとうホリー婆さん) 意外と出汁だけ取ってたり? でも、旨かったなあ… (じゅるり)
        泳ぎたかったなあー…結構上手いもんなんだぜ、水泳も (羨ましそうに言いながら、行けなかった臨海学校を想像する)
        へえ、なんかリタはワンピースとか着そうなイメージだったけど… (想像中…) 似合いそうだなあ ちぇーっ、それも見てみたかったな
        なあ、写真とか無いのか? なんだったら、今着て見せてくれても良いけど (身を引くリタに呵々と笑い、ちょっと意地悪に) -- 李鈴 2015-06-29 (月) 12:21:56
      • ふふ、感謝されて・・良いんでしょうか?なんだかちょっと変な感じ・・・
        また食べたいって顔してます・・・私最初あれ食べた時胃もたれしちゃって・・・・(美味しいんですけどねぇと唸って)
        そうなのですか?・・・私実はからっきしで・・・・・泳いだと言っても実はこれに頼ってしまってたりして(例の透玉を見せて)
        えぇ・・そう思ったのですが・・・こっちの方が絶対に良いと・・・(メイドに強く勧められたって話だ)・・・ってな、なんですかその顔、何想像してるんですかぁ(やめて〜ぇとゆさゆさ)
        き、着ないですよぅこんな所で・・・(意地悪な様におろおろしながら・・・でも)その・・・そんなに・・みたい・・ですか?(自信の無さが躊躇いがちな聞き方に現れている)
        -- 2015-06-29 (月) 13:18:00
      • 気にしてくれてるってことだからな (そこで思い出す、抱き締められた感覚 ちょっと恥ずかしくなって視線をさ迷わせ)
        胃もたれはせんかったなあ 胃腸は強い方だったし、内蔵やられてた訳じゃなかったみたいだしな (今度また食わせてもらおうかな、とか思いつつ)
        慣れてないのに本体で泳ぐってのも危ないしな、使えるもんは使って良いんじゃないか?
        メイドさんの趣味か でも、意外性があって良いかもしれんな え、何ってどんなのかなーって…うん、似合いそうだ (揺らされつつうんうん頷いて)
        はは、そっか、残念ー… って、うん? (おずおずとした様子に首をかしげ、すぐに頷く) めっちゃ見たい! -- 李鈴 2015-06-29 (月) 13:38:11
      • いえ、感謝する前に心配されない様にするべきだったかなーと・・(ふるふる)・・・・・・どうしました?(今度は彼の方が急に恥ずかしそうにしだして首を傾ぐ、傾いで覗き込む)
        いいなぁ‥胃腸が健康だと、そう言う時でもしっかり食べられるし元気になるのも早そう・・・・
        でも泳ぐと言うのは良い運動になると言いますし・・・やっぱり、今思うとこう・・ちゃんと泳げるようになっておきたかったなって・・・(若干の後悔がにじみ出ていて)
        趣味・・というか私に似合うだろうと・・・(もじもじ)うぅー・・や、やだぁ・・恥ずかしいですよぅ・・・(水着姿を想像されているという事がもう恥ずかしいらしい)
        (素直に頷かれるとちょっとたじろぐ)・・・・・・ではその・・・
        (課題一、以下の条件に適合するイベントを提案しなさい 「彼は海に行きたかった」「自分は泳げるようになりたい」「彼は泳ぎが結構上手い」「彼は自分の水着を見たい」)
        その・・・・・・(詰まって動かない喉をむりやり動かす)・・い・・・ぃ・・ぃいっしょに・・い・・行き・・ません?(無理やり動かしたから変に上ずった、二重の要因で耳まで真っ赤になる)
        -- 2015-06-29 (月) 14:13:55
      • 心配はするさ、どんなになってもな 例えリタが俺よりずっと強くても、俺はお前を心配するぜ (だから有難うで良いんじゃないか?と笑った)
        (覗き込まれれば、なんか押したり引いたりだな、とか思いつつ、くりくりとリタの額に指を当てて押し返す) 内臓は鍛えられんから仕方ないさ
        そうだな、水練は鍛える…まではいかなくても、身体を育てるのにも良いしなー… って、おきたかったって事は、まだ金槌なのか? そりゃあ勿体無いな
        人に選んで貰った方が、意外と自分が思うよりも似合ってるもんだぜ? …はは、悪かった 妄想はこれくらいにしといてやろう (照れるリタに明るく笑った)
        (そして、真っ赤になったり他の突然の申し出にきょとんとして、それから少し恥ずかしがるように首の後ろを掻いてから) 喜んで (うれしそうに目を細める)
        実は、リタが泳げないって聞いたときに、誘おうかなって思ったんだ …先に言われたな (苦笑してから) デートの誘いを女の子からされるとは -- 李鈴 2015-06-29 (月) 20:23:35
      • ん・・・(その言葉はなんだか酷くくすぐったい)・・えへへ・・では、ありがとうで・・・
        (押し返されて「んぁー」っと呻いて、額をさすりさすり)・・・?
        え、えぇまぁ・・・・(恥かしげに頷く、妄想を辞めてもらえればほっとして)
        ・・・!(やっぱり女性からそういう事を言うのははしたない事で・・・上手くいって嬉しい思いと彼の前で恥ずかしい事をしたという意味で酷く混乱してる)ぁ・・ぁぅ・・・ょ・・宜しく・・お願いします(なんかふらふらしながらペコリと)
        -- 2015-06-29 (月) 21:57:02
      • どういたしまして …って、なんか変だな、この会話 (思わず吹き出して明るく笑った)
        (呻くリタを見れば、最初の頃の物静かなお嬢様なイメージがいつの間にか変わったな、と思い) 明るくなったな、リタ (そんな事を言って)
        はは、ああ、こっちこそよろしくだ って言っても、俺もまずは水着を買いに行かないとな… 裸で泳ぐわけにはいかねえし (とんでもないことを言いつつ)
        って、お、おい、何かめっちゃふらふらしてないか? 熱でも出たか (言いながら無遠慮にリタの額に手を当て、自分の額と熱を測り比べる) -- 李鈴 2015-06-29 (月) 22:15:44
      • ふふ・・(思わずつられるように笑いあって)ん・・・そう・・ですか?あまり変わった気はしていなかったのですけど・・・明るく・・か・・・(えへへと嬉しそうに)
        あら・・リレイさん水着を持っていらっしゃらなかったので?・・・準備する前に忙しくなったのですね・・・(裸での件にはまぁっと驚いたように笑って)
        だ、・・だだっだいじょうぶれふ・・・あっあぅ・・・(額にぺたりと触れられればやめてーと引き剥がそうとしてる、病気という訳ではないがいい感じに火照ってる)
        -- リタ 2015-06-29 (月) 22:32:15
      • ああ、明るくなった …と言うか、余裕が出てきたって感じかな 今みたいな笑顔、俺好きだぜ
        故郷じゃ下帯一枚で泳いでたが、そうもいかんしな (ガキの頃は裸で川遊びしてたよ、と笑い話)
        (剥がそうとする手には逆らわずに手を離し) 風邪だったらアレかな、俺が水着買うのについてきてもらおうかと思ったが、寝てた方が良いかもしれんな (心配そうに、残念そうに) -- 李鈴 2015-06-30 (火) 19:49:20
      • 余裕が・・・ん・・そ、そう・・・ですか?(またなんか赤くなって頬を抑えながら嬉しそうに)
        まぁはしたない・・(ふふふと微笑み笑い話に頷いて・・・「寝てたほうがいい」発言には)そっ・・そんな事は!ないれふ!です!(ぶんぶんぶんぶんと首や腕を振って元気アピール)
        -- リタ 2015-06-30 (火) 21:04:43
      • そう見える 良い事だと思うぜ? 心身を鍛え、健康になった余裕でおもしろおかしく暮らす!ってのが大事だ
        はは、ガキのころだから許してくれー…って、おお?! そ、そうか? (勢い良く否定するリタに目を丸くして、勢いに押されるようにうなづき)
        よっしゃ、そんじゃあ早速行くか 何かお礼に奢ってやるから、買い物終わったら甘いものでも食い行こうぜ (機嫌良く、いつもどおりリタの手を握る) -- 李鈴 2015-06-30 (火) 21:26:47
      • 健康になって面白おかしく・・・いいですねそれ・・うん、凄く魅力的です
        そうっそうっ!(ぶんぶん、目がぐるぐる・・・ふーはー息を整えて)けほっけほっ・・
        ふふ・・そんなお礼なんて・・・でも、食べに行くのは賛成です(嬉し恥ずかし、きゅっと大事そうに手を握り返してついていく)
        -- 2015-06-30 (火) 21:48:09
      • 武道にはそういう面もある、って、師匠の知り合いの爺さんが言ってたよ 俺もそれは賛成だしね
        そ、そうか、って、リタ、ほらお前興奮すると咳が出るんだから… 無理すんなって (背中をぽんぽんと叩いてやりつつ)
        無理しない程度に遊ぼうぜ よっしゃ、んじゃあ、俺の海パンを買いに! (れつごー、と楽しそうに町に繰り出したのだった リタの趣味はどんなのかも知らずに…) -- 李鈴 2015-06-30 (火) 22:06:11
      • (亀の甲羅でも背負っていそうなおじいさんの思想に思いを馳せつつ頷いて)
        は、はい・・すみません・・・・えぇ、無理のない程度に・・
        (正直男性の水着はよく分からず、ただあまりきわどいのは恥かしくなってしまうので無難でぴっちりしてないハーフパンツタイプのを薦めたとか)
        -- 2015-06-30 (火) 22:26:22
  • ふと、最近体力作りに励んでおられるという噂を耳にしましたが…
    お体のほう、具合はよろしいので…?(そういえば少し前は咳き込んでいる姿をよく見たなと思い出しつつ) -- 伊織 2015-06-24 (水) 20:57:01
    • けほっけほ・・・(まだ時折咳き込んでいたりする)
      えぇ・・これでも段々と調子がよくなってきているのですよ
      -- リタ 2015-06-24 (水) 21:10:21
      • (背中をさすりさすり。触れてみればやはり何かを察した様子で) …やはり、ここに来られた当初は…何か、別の手段を使っておられたのですね。
        ですが…良くなってきておられるのであれば安心です…これも鍛錬の成果でしょうか。 -- 伊織 2015-06-24 (水) 21:17:53
      • えぇ・・・当時はなんと言うか、具現化した幽霊だったのです・・・幽体離脱していて(ややこしい)
        はい・・・皆様に色々と、教えて頂きましたので・・・ふふ、まぁ鍛錬というほど厳しい物ではないのですが・・・
        -- リタ 2015-06-24 (水) 21:30:08
      • 成る程、それで盛り塩に弾かれていたのですね。 触れたときの感触もこう…普通とは少し違っていましたから。
        それでも、健康に向かっているのなら良い事です。 私も何か…お手伝いできると良いのですが。(うーん、と少し考える) -- 伊織 2015-06-24 (水) 21:35:13
      • やはり、分かってしまいますか・・・(複製体は感触や匂いも再現するが・・それでも所詮作り物は作り物だ)
        ふふ、私としても伊織さんにも何かご教授願えればと思いますが・・・・(ぽんと手を打って)トレーニングとは少し違いますが・・・伊織さんって、お料理も得意でしたよね?(見かけたのはおにぎりだったが、そういうイメージを持っているらしい)
        -- リタ 2015-06-24 (水) 21:56:17
      • 私もこれで退魔師ですからね。 いわばそういったものの専門家ですので…
        料理…は…ええ、一人暮らしで困らぬ程度、料亭の味…とまでは行きませんが。(苦笑を見せつつ頷いて)
        では…リタ様には料理をお教えいたしましょうか? -- 伊織 2015-06-24 (水) 22:11:11
      • 退魔・・・なるほどそれで・・・ふふ、退治されなくて良かったです(等と冗談めかして)
        ふふ、私はさっぱりですよ・・えぇ出来たら・・・お願いいたします(ペコリとお辞儀して)
        -- 2015-06-24 (水) 22:32:27
      • そうした人ならざる方々との理解を深め合うべくこうしてやってきたわけですからね。
        ではまず…何から始めたものか。 白飯を炊く、というのは意外とコツが要る物ですので…もう少し簡単な…(顎を撫でつつ少し考え)
        …では、卵料理あたりから始めてみましょうか!(思いついたようにポンと手を打ち) 簡単ながら定番の惣菜として便利に使え、奥が深いものですよ。 -- 伊織 2015-06-24 (水) 22:51:26
      • ・・・(そういえばその話は前にしたような・・・気のせい?っと首を傾げたり)
        ただ炊くのではないのですか・・・卵!ただ焼くだけでも、何かと混ぜても、様々な使い道がありますものね・・(楽しみですとこくこく)
        -- 2015-06-24 (水) 23:01:58
      • (こちらもまたデジャヴを感じて首を傾げていたり)
        米を炊くには水加減と火加減が重要ですので、ある程度慣れませんと難しいかと。 自動で炊いてくれる便利な機械もあるとは聞きますが…
        卵でしたら沸騰させたお湯にどぼんと沈めるだけでも食べられるようにはなりますからね。 ですが流石にそれではあんまりですので…目玉焼きから!(襷をかけて袖をまくり、笑顔を浮かべて) -- 伊織 2015-06-24 (水) 23:12:56
      • 奥が深いと・・・ただ炊く・・なんて物は無いのですね
        ふふ・・でも私ゆで卵も好きですよ?・・・はいっ!(元気に頷く、此方もエプロンをつけて、場所は台所・・)
        -- 2015-06-24 (水) 23:43:58
      • 白飯を美味しく完璧に炊き上げるのは職人技…とまで言われるほどです。私でも流石にそこまでは…
        ゆで卵もゆで具合で色々とありますが、ひとまずそれはまたの機会にいたしましょう。
        さて、目玉焼きですが…浅鍋…フライパンを熱して油を引き、割った卵を焼き上げる…という手順は分かると思います。(フライパンを加熱して油をひく所までやってみせ)
        まず油を引いたら中火にして、卵を落としてみて下さい。 -- 伊織 2015-06-24 (水) 23:53:49
      • 職人・・・!なんとも・・・えぇなんとも・・・(びっくりしてそれしか言えない)
        えぇそれ位ならば(こくこく)はい・・中火に・・・(調節、中火って言うからにはコンロの設定は真ん中くらいだろう・・卵を・・卵を・・・)
        (もたもたヒビをいれ、落とさないように慎重に指をいれ)ん!・・む・・・(じゅぅっと見事に割れた卵、卵黄も見事に割れてる、殻も混じってる)できた!(できてない)
        -- 2015-06-25 (木) 00:07:45
      • 因みに中火とは鍋の底に炎の先端がギリギリ触れる程度の火力、という意味です。(補足しつつ火力調整を見守り)
        ん、む…? お、おおぅ…(殻まじりの目潰し焼きになりつつある卵から、とりあえず殻だけサルベージしつつ)
        で、では卵割りのコツもお教えしましょう。 まず平たい部分に真っ直ぐぶつけて… これが角ですと殻がへこんで入ってしまいやすいんです。(こつん、とテーブルの平らな面にぶつけ)
        次に出来たヒビに両手の親指の先を当てて…関節をくっつけたまま左右に開く…と。(ぱか、と割れた卵は綺麗に丸くフライパンに広がる)
        このとき、できるだけ低い位置から落とすと黄身がつぶれにくくなります。 -- 伊織 2015-06-25 (木) 00:20:03
      • そ、そうだったのですか・・・(かがんで火を見ながら調節しなおす、設定したより低めで驚く)
        角ではダメなのですか・・・(普通に角にぶつけてへこませてた子だ・・・既に二つ割っているが、これで最後にするつもりでもう一個手に取る)
        (見よう見まねではあるがアドバイスの通りに卵を・・・・)う・・・(低い位置というのが怖い、若干へっぴり腰気味に割ると)・・お、おぉっ(今度は綺麗に出来た)
        -- 2015-06-25 (木) 05:39:20
      • 補足しますと、弱火はその半分ほどの高さ、強火は全開ではなくて鍋の底に火が当たっても底からはみ出さない程度の火力、となります。
        割れすぎてしまうことが問題ですからね。慣れた方なら角でも良いのですが…(などと言いながら卵を割る様子をじっと見守り…)
        おお! そうです、よく出来ました!(今度は綺麗に形になった目玉焼きに拍手する)
        さて、ここから焼き加減ですが…お好み次第です。 白身もちゅるっとした半熟がお好みでしたらこのまま固まるまで焼けば良いだけですし…
        白身を固めて黄身も少し火を通して…とするのでしたら、ほんの少し水を入れてフタをし、弱火にして蒸し焼きにします。(都合三個分の卵が融合して並んだフライパンの中を見守りながら) -- 伊織 2015-06-25 (木) 09:18:43
      • 単純に強ければよい、という訳では無さそうですね・・覚えておきましょう・・・(んむむ・・っと唸りながら火を見て)
        ふふっフライパンに近すぎるのは怖いですけど・・何とかできました(拍手にえへへーっと笑って)
        ふむふむ・・・(せっかくならこのまま焼けるのを見るより・・)蒸し焼きにしてみましょう・・・水は・・(コップに軽く汲んで・・チョロッと垂らしてフタをする)
        (水が蒸発し、じゅぅぅーっと音を立てていると料理をしてる感が益々高まって)ふふっ楽しくなってきましたね
        -- 2015-06-25 (木) 23:44:53
      • 煮込み料理などになりますと火加減が重要になりますからね…
        ふふ、偉大な第一歩ですね。 ここからゆっくり慣れて行きましょう。(笑顔を見せるリタに微笑み返し)
        しっかり固めに焼いたものはそのまま食べてよし、パンなどに乗せてよし…と、ここから応用するのもまた料理の楽しみです。
        さて…そろそろ、でしょうか。(しばらく待ってフタを取れば、綺麗に固まった目玉二つとつぶれたのが一つ) -- 伊織 2015-06-26 (金) 01:14:23
      • 今の内に覚えておくと良い・・と(了解ですと頷く)
        はいっ(元気に応えて見せて)・・この位・・ですか・・・(フタを取る前にどのくらいの焼き加減なのか確認しておいて・・)
        おぉぉ・・・と、とりあえずお皿を・・・(さささと並べ・・・ヘラを使って切っては掬って分ける)・・・パンに乗せるのであればベーコンやレタスなども欲しくなります・・・
        -- リタ 2015-06-26 (金) 01:34:16
      • 味噌汁などはともかく、かれーやしちゅーなどは火加減を間違えるとすぐに焦げてしまいますからね…そうなれば台無しになってしまいます。
        蒸し焼きにする場合は上面の白身が固まって、黄身に白く霜が降ったような程度になれば…後は黄身の固さの好みで大丈夫です。
        (しっかり焼けている様子に頷きながら)塩胡椒はお好みで… ハムやベーコンをあらかじめ焼いて、その上に卵を落としても朝食にちょうど良いですね。
        ですが今はまず肝心の目玉焼きの味見から参りましょう。応用は追々、です。(いただきます、と手を合わせて) -- 伊織 2015-06-26 (金) 19:37:31
      • 汁物なのにこげるのですか?(びっくりした顔で)・・ちょっと想像が出来ませんが・・そうなのでしょう(こくこく)
        白身が固まって・・・黄身に霜が・・・(呟きながらまじまじと観察して)なるほどこの位で・・・
        はいっでは早速・・・(習い、戴きますと塩コショウを少し振って)うんっバッチリ固焼きです(指導されつつも自分の手で作った目玉焼きは格別に美味しく思えて)
        -- 2015-06-26 (金) 20:07:06
      • ええ、とろみがある煮込み料理は焦げるんです… そして全体が焦げの味になってしまうんです…
        (そして出来立ての目玉焼きを口へと運び、その出来栄えに目を細める)…うん、ちょうど良い具合ですね!
        この調子でいけば…ほかの料理もきっとすぐに覚えられると思いますよ? ……ぅ。(にこやかにそう言った矢先、拾いそこねていた卵の殻を噛み締めて苦笑に変わる)
        こうした失敗も…前に進むための糧です、うん。(そんなこんなで料理教室初日は過ぎてゆくのだった) -- 伊織 2015-06-26 (金) 20:53:54
      • なんと・・・それを聞くとやってみたくなってしまうのは良くない考えですね・・・
        本当ですか!?ふふふっ楽しみです・・・ね?(はてと不思議そうに首を傾げたり)
        あ、あはは・・・上手く出来たと思ったのですが・・・精進いたします・・
        -- 2015-06-26 (金) 21:00:48
  • そういえばリタさん、最近はずっと生身なんだ?温泉の後ぐらいから魔力のもやっとした感じ、感じなくなったから -- 2015-06-22 (月) 22:34:28
    • いえす!(bと手を作って)ふふ、灯さんのアドバイスのお陰なんですよ?(元気ーっと腕を広げてアピール)
      ・・・まぁ・・流石にちょっと咳き込む時もあるというか・・・あっちの体の時ほど動き回れなくはなってしまったのですが・・・
      -- リタ 2015-06-22 (月) 22:42:35
      • おお!そりゃ良かった!(釣られて満面の笑み)やっぱり少しずつでも運動してると良くなるよね
        むむ、まぁそこもこれからの改善目標ってことで。まずは徒競走をしっかり走れる位を目標に、とかかな? -- 2015-06-22 (月) 23:11:14
      • ふふ・・そういう事ですね?やっぱり人間ちゃんと鍛えないとです・・・
        徒競走・・徒競走かぁ・・・私ちゃんと走ったことってあっちの体の時以外だと本当に小さな頃しかなくて・・・(出来るかなぁと手足を動かしイメージ)
        -- リタ 2015-06-22 (月) 23:38:33
      • そんなに長い距離から始めなくても大丈夫じゃないかな まずは25m、出来るペースでいいから完走とかね
        ゆくゆくは山越えのふるまらそんとか!(すぐに目標が飛躍する脳筋であった) -- 2015-06-23 (火) 00:33:58
      • そ、そうですね・・短い距離の完走から・・・ジョギングとかしてみてもいいかも
        や、やまごえ・・ふるまらそん・・・(突然見せられた途方もない目標点にくらくらしながら)が・・・がんばります
        -- 2015-06-23 (火) 00:52:13
      • まぁ、一日一回ちょっと走ってみて、どのへんぐらいまで大丈夫だったか記録をつけるといいかもねー 成果が数字になって現れるとやる気が出てくるからね!
        まぁ、何年も何十年も掛けてもいいからね、大きな目標は ふるまらそんでなくても持っておいて損はないかも知れない -- 2015-06-23 (火) 01:05:34
      • そうか・・記録をつける・・達成感って意味で凄くいいかも知れないですね・・・
        期限などないですからね・・何年でも確実に続ければきっと・・・(夢が広がる)
        ・・・そういえば私の事ばかりですけれど・・灯さんは普段どのようなトレーニングをされているので?
        -- 2015-06-23 (火) 01:38:43
      • 腕立て一回、腹筋一回増えただけでも喜べるようになるともう楽しくなってくると思うよ!
        私だと標準的な筋とれの他に武術の技の練習とかかなー ほぼ実戦に近い形でやると結構持久力を要求されるよ
        後は……力仕事かな 雄二くんに時々お仕事斡旋してもらったりしてね -- 2015-06-23 (火) 01:52:23
      • うぅん・・達成感はありそう!(前向きに捉える)
        武術の・・練習ですか・・・そういえば灯さんもリレイさんとかと同じ武闘派なのでした・・・(頼もしいが何となくそういう印象が無くて)
        雄二さんの・・お仕事を?・・・え、それって・・・(表の方だろうか裏の方だろうか・・・聞いていいのか分からずかたまる)
        -- 2015-06-23 (火) 02:14:59
      • 結構この塾、武闘派の人って多いと思うよ。ユエさんとかもそうだしね(ぐっと力こぶを作ってアピール)
        ああ、パン屋さんに小麦粉を納品したりとか、そういう力仕事をね(リタの顔色を察したのだろう 付け加えて説明を入れた) -- 2015-06-23 (火) 02:26:40
      • え?ユエさんも?(気付いていなかったようだ)なんだか凄い人だとは思っていましたが・・・
        ・・・あ、あぁ・・・そう、でしたか・・・(「察した」空気になんだか気まずい・・・自分達が話す様な事ではないが・・それでも、彼女がどう思っているのか聞いてみたい)
        その・・・灯さんは・・雄二さんのお仕事についてどう思われています?
        -- リタ 2015-06-23 (火) 19:39:15
      • ユエさんは恐らく私塾で一番強いんじゃないかな……なんていうか、勝てる気がしないしどうしたらって想像も浮かばないよ
        む、雄二くんのお仕事?(やはり何らかの形で裏の仕事があることも聞いていたのだろう 自分も伝聞でしかないが、その上で聞かれたなら、答えざるを得ない)
        雄二くんは、街を守るために仕事をしてるって言ってたし、私はそういう方向なら応援したいなって。でも、できれば一人で抱えないで頼って欲しいってところも、ね -- 2015-06-23 (火) 22:01:42
      • そん・・なに・・・?私にはそっちの方が想像できないですよ・・
        ・・・街を守るのは・・治安維持の方がキチンといるのではないでしょうか・・・?雄二さんの力は使いすぎれば危険になるといいます・・・
        そこまでの危険を冒してまで街を守ろうとするのが・・・私には分からなくて・・
        -- 2015-06-23 (火) 22:57:02
      • (小さく首を振り)・・ゴメンなさい・・灯さんにいう事ではなかったです・・・ -- 2015-06-23 (火) 22:59:14
      • 「大きな力には大きな責任が伴う」……って台詞は何の話だったかな ともかく雄二くんはそんな風に捉えてるんじゃないかな
        でも、皆と触れ合って人間性を保っていられれば負担も和らぐみたいだからさ、ちょっとした事でも手伝ってあげられればいいと思うんだ -- 2015-06-23 (火) 23:41:38
      • ・・・望んだ力でもないのに、責任を負う必要があるのでしょうか・・・(やっぱり自分には分からなかった)
        (ただでも、理解できないからといって彼を嫌う事もできない、願わくば平穏であって欲しいと思う)そう・・・ですね・・私も、たまにお手伝いに行くんですよ?・・書類整理くらいですけれど
        (困った様に笑って変な事聞いてゴメンなさいともう一回謝って)
        -- 2015-06-24 (水) 00:33:00
      • 書類整理も結構大変そうだよね。仕事いっぱいあるみたいだったし、それぞれにいっぱい書類があったら
        (雄二の平穏無事を願うのは同じ気持ち 困ったように笑うリタに微笑み返す)
        ん、今までよりも元気そうで何よりだったし、今日のところは帰るね それじゃ、また! -- 2015-06-24 (水) 01:02:59
      • えぇ・・なんであんなにあるのでしょう・・一人でこなす量でもないような・・・
        ・・・はい・・それではまた・・お互い、頑張りましょうね?トレーニング(話を戻すようにぐっと握りこぶしを作り決意を新たにして見送った)
        -- 2015-06-24 (水) 01:58:12
  • (友人帳を見ながら)色は第一印象による所が大きいのですが・・・シュラさんとシトラスさんが被ってるのが個人的にいまいち・・・お二人とも全然違いますのに
    ・・・灯さんとリレイさんも被ってますね・・・これは由々しき事態?
    -- 2015-06-13 (土) 19:18:51
    • 何が被ってるって? (後ろから覗き込む少年だ) -- 李鈴 2015-06-17 (水) 10:51:13
      • (めっちゃ余所見してて気付くのに遅れたようだ)ひぁあ!?(びっくり)
        けほ・・けほ・・・ふぅ・・いえ・・お友達の連絡先を手帳に纏めてて・・・その飾りの色合いが結構似たようなパターンになっちゃうなーと・・(見られるのが恥ずかしいのかちょっと隠し気味に)
        -- 2015-06-17 (水) 12:22:26
      • (久々に学校に来てるので、髭はちゃんと剃ってるいつもの格好)
        はは、別に気配消してたわけじゃあないんだけどな、驚きすぎだぜ、リタ (からかうように笑って、)
        へぇ、色が… まぁ、イメージってのはなんとなく被っちまうのも分かるけどな …な、な、俺の所だけ見せてよ、何色なのか (興味津々だ!) -- 李鈴 2015-06-17 (水) 12:32:52
      • (清潔感のあるいつもの姿にほっとしつつ照れ隠しのようにこほんと)ぼぅっとしていたもので・・
        リレイさんは黒い髪と・・中国服の美しい臙脂色が良いと思ったもので・・・でもそれが灯さんと同じ感じだったなぁと
        -- 2015-06-17 (水) 12:56:31
      • 今日は天気も良いし、のんびりした気分になるのは分かる 今度ボーっとしたら驚かしてやろうかな (わ、と驚かす仕草)
        あー、灯も似た感じだもんな、袴とか (納得したように頷きながら、向き合って座る) んじゃあさ、リタは自分で何色だと思う?
        髪の色とか抜きで、自分の色 -- 李鈴 2015-06-17 (水) 13:00:56
      • (うっと身構え)気分が分かるのに脅かさないで下さいよぅ・・・頑張りますから
        私の色・・ですか・・・(んーっと考えて)青か・・青紫か・・・そういう色でしょうか・・単純なインスピレーションですけれど
        -- 2015-06-17 (水) 13:19:35
      • 驚いたときの表情が、いつもとずいぶん違うからさ、リタ ついつい (冗談冗談、と笑った)
        あー、紫の方が分かるな 上品で清楚な感じ (言ってから、まじまじとリタの目を見て…ふいに、この間のことを思い出して気恥ずかしくなり視線をはずし) エメラルドグリーンも良いかもな -- 李鈴 2015-06-17 (水) 13:42:35
      • (ぺたぺたと確かめるように頬に触れ)そんな違いました・・?(まったくもうっと呻く・・なんだかまだ胸がドキドキしてる)
        えぇ・・何となく惹かれる物があって・・・?(まじまじと目が合って小首をかしげて)エメラルドグリーン、ですか・・・あ、ひょっとして私の目ですか?(なぜ逸らすのだろうと覗き込むように)
        -- 2015-06-17 (水) 14:06:26
      • なんとなくな、なんとなく (気恥ずかしさを誤魔化すようにごにょごにょと言葉を濁し)
        紫と薄緑なイメージかな うん、目の色なんだけどー… (覗き込まれて、また改めて目を見つめれば、じわじわと目元を赤く染めて) ち、近いよ、顔…!
        (人差し指でリタの額を押せば、顔を離す ドキドキしてる自覚がある 珍しいくらいにどぎまぎした顔で) -- 李鈴 2015-06-17 (水) 15:04:04
      • なんとなく・・・随分違う・・・?(ごにょごにょした感じになんだか不思議そう)
        仮に私をこの手帳に加えるとしたらそんな感じでしょうか・・(普通に髪の色にしそうだったなぁと笑って)ちなみにリレイさんが思うご自分の色はー・・ぁぅっ
        (ぐいぃーっと押されてぁぅぁぅ呻く、額を揉み摩りながら)そう、でした?いつもこの位だったかと・・・なんだか今日のリレイさんちょっと変です・・どぎまぎしてると言うか・・
        (そんな彼を見てるとなんだか此方まで妙な緊張をしてしまう・・いつだったか彼の目をちゃんと見れなかった時を思い出してしまうというか)何か・・ありました?(ちょっと赤くなりながらも心配そうな顔で)
        -- 2015-06-17 (水) 15:40:38
      • あ、あんま深く考えないで良いよ、うん (首をかしげるリタに、自分が変なことをいってる自覚はありつつ誤魔化す)
        髪の色はやっぱ印象強いからわかるけどな …俺自身か、エンジと黒は結構自分でも納得なんだよな、リタのイメージ通り
        いつもこの位だったか? …そ、そうか… (自分も距離が近いのを、今さらに自覚をした) べ、別に普通だって!
        (心配そうに重ねられる問いかけに、意識しないようにすればするだけ、抱き締められたときの感触やらを思い出してしまって)
        あ、そろそろバイトだ! (強引に話を句切って立ち上がる) 何もなかった… (は、嘘になるので、ワケジャナイケド…と口ごもってから) と、とりあえず、またな! (足早に出ていったのだった) -- 李鈴 2015-06-17 (水) 16:22:16
      • (自分で言っていてよく分からなくなる経験はある、取り合えず何となくなのだろうと納得して)
        ふふ、なら私の第一印象とおそろいですね?(やったぁと手を合わせて嬉しそう)
        ふ・・普通じゃないです・・な、なんか変と言うか・・なんというか・・・(上手く言い表せない)・・やっぱり・・あの時その・・・(思い当たる節はやはりあれで、その事に言及しようとした所で)
        あ、待っ・・(その切り上げ方はあからさまに言及を避けるそれで、話がまだ終わっていないと思うも)・・・はい・・・(引き止めてどうしたいのか、どうなるのか・・・言い知れぬ不安に苛まれ見送る事しか出来なかった)
        -- 2015-06-18 (木) 03:02:00
    • (おかしい・・・以前より彼と仲良くなれているとはっきり感じるのに、以前のように気軽に話せない)
      • 「ミツゥムェアーウトーォ♪」
      • (不快な気分になる訳ではないのだ・・こそばゆくて、照れくさくて、ドキドキして、暖かくて・・・受け入れられれば多分嬉しいような・・・)
      • 「スナァーオニィ♪」
      • (もどかしいと強く感じる・・何とかしたいのに、誰に相談していいかわからない・・自分の気持ちに整理がつかない・・・)
      • 「オシャァーベェリィ♪」
      • ・・・
      • 「「「デェキィッンナァイィ♪」」」
      • (がらっ)んもーぅ!うるさーい!!(自宅の庭で休んでるおしゃべりカラスに叫ぶ、叫んでみても心のもやもやは晴れなかった)
        けほ・・けほ・・・・・・はぁ・・ちょっと、歩こう・・・(体を鍛えるための定時の運動が、今は気晴らしになる気がした)
  • そういえばアンタのユーレイ疑惑がアタシの中で中途半端になってる気がした。したの(した)
    塩とか投げつけれたら成仏しちゃうの?(手には塩。いちおう配慮した結果、沖縄産の高級な塩だ!) -- シュラ 2015-06-08 (月) 22:52:28
    • (ふるふる)投げないで下さいね?・・多分有効です・・・そしてどんな配慮なのでしょう・・・? -- 2015-06-08 (月) 22:58:41
      • いや、ぶつけるならおいしい塩のほうがいいかなって……てか効くの!?そのレベルでユーレイなの!?
        足もあるし触れるとかどんな高性能ユーレイよアンタ…リッチだってパンチ素通りするわよ(頬ぷにぷにする確定ロール) -- シュラ 2015-06-08 (月) 23:05:55
      • 鰹節が木の如き凶器となりえる様に、美味しくてもダメージは変わらないかと・・以前盛り塩の結界で教室に入れなくなった事もありますし
        高性能なのでしょうか・・劣化にも思えますがー・・・(困った感じでぷにられながら、肉は薄い)
        オレンジ(体)からジュース(魂)を絞って、それをゼラチン(アイテム)で固めたような・・?ゼラチンを用いているか否かが私とリッチーさんとの違いといいますか・・(自分でもよく分からないたとえ)
        -- 2015-06-08 (月) 23:35:55
      • なるほど…おいしい鰹節も工業生産の鰹節も殺傷力は変わらないわね……(納得した)
        \なそにん/ てーか本体あんのよね確か。アンタが活動してる間本体はどーしてんの?寝てんの?(とりあえず封切ってない塩を差し出す。お料理とかにドーゾ)
        ふむう、ニュアンスは伝わる……ゼラチンで固めてあるからぷにぷにしてんのね(つんつん。シュラちゃん爪長いけど指の腹でつついてるので痛くない) -- シュラ 2015-06-08 (月) 23:46:34
      • 思い返せば食べ物の話題ばかり・・・私お腹空いているのでしょうか?
        えぇ寝ています・・そのままだと鈍ってしまうので、起きたらストレッチとか運動とかしっかりする感じで・・・(ドーモと受け取る)
        そ、そこは必ずしも関わりないかもしれませんが・・・(つんつんされる)・・・えい・・(お返しで頬をつんつんし返す、勿論痛くない)
        -- 2015-06-09 (火) 00:07:58
      • 思ってみれば食べ物食べるユーレイってのもヘンだわね…飴幽霊だって本人はアメ食べてないわよ子供が食べてたのよ。食べたものはどーなるの?ユーレイが活性化すんの?
        めんどくさいわねえ、多少カラダが弱くても本人が来ればいいのに。いじめるやつとかいたらあたしが叩きのめしてあげるわよ?強いんだからあたし(ふふん、って感じのポーズ。自信に満ち溢れていらっしゃる)
        あぁん(ぷにられた。さすがに頬にはキン肉ついてない、ぷにぷにしとる) こーして見てると全くふつーの人族なのにねー。アンタ固めてるゼラチンっって相当の上物ね、あたしの国にもないわよきっと(つつかれながら真顔。アーティファクトはカネになるからね、気になるんだね) -- シュラ 2015-06-09 (火) 00:17:10
      • ユーレイが活性化します(こくこく)病は気からと申しますが逆もまたしかり、心が元気になると体もそれに引かれて元気になろうとするのだそうで・・・この状態で楽しい事をしたり美味しい物を食べたりすると、私が元気になるのです
        ふふ・・暴力はいけませんよ‥(くすくすと)でも・・そうですね・・・段々と出歩いても大丈夫になって参りましたので、そろそろ、本体の方で塾に行ってみようと思っています・・
        (意外な柔らかさ(失礼)に思わずにっこり)ホリー先生の言うにはガラス玉の作成過程にとある薬草の灰を混ぜるだけだそうで・・・知識さえあれば結構お手軽だそうです・・(彼女にとってのお手軽が人にとってもそうだとは限らない)
        -- 2015-06-09 (火) 00:48:19
      • なるほどねー、つまりユーレイのアンタを満足させれば本体のアンタも満足するwin-win関係なワケね!そーゆーことなら思う存分満足させてあげるわ覚悟しときなさい!(にへっ)
        あらほんと?やっぱユーレイのアンタに不備があるってわけじゃないけど本物にお目にかかりたいしねー。気を確かに保つのよ?つらくなったらすぐセンセイか誰かに言うのよ?(一応心配はしてる。話し聞く限り本体は相当虚弱っぽいので)
        ホリー……あぁ、あの保健室のおばあちゃん。あの人幽体離脱させるワザマエとか持ってんの?そんなガチな魔女だったの?
        その知識を欲しがる輩は死ぬほど居るでしょーね……魔女はヤバイわよ、たいてい独自の研究の果てに変なトコ行ってるから「その人にとっての初歩」が「一般的には無理」だったりすんのよ。
        そーゆー人と縁を繋げられたのはいいことだわ、大事にしなさいね(為政者から見た魔女という人種のめんどくささを知っているので神拳な口調。縁はカネでは買えんでぇ) -- シュラ 2015-06-09 (火) 01:01:14
      • //(そして寝とかないとヤバイあたしは静かに息を引き取った。ゆるせ…ゆるせ…) -- 2015-06-09 (火) 01:02:34
      • win-winです・・(こくこく)ふふふ、実はこの前の温泉旅行の時がそうだったり・・こちらの体では一日も持たないので・・(本体だってすぐ倒れる、倒れた)
        え、えぇ・・・先生の話では、魔女になる為の修行の一環・・・精神を鍛える為の物だと・・・(当たり前の様に教わったのでそんなに凄い物だと思ってなかった)
        そ、そんなに・・ですか?(気付かぬうちに凄い人に教わっていたのかもしれないと思いつつ)な、なんだか実感がこもってます・・シュラさんとしては・・何か思い入れがあるのですか?
        -- 2015-06-09 (火) 01:20:16
      • //わたしもそろそろ寝るのです!お休みなさいなのです -- 2015-06-09 (火) 01:20:47
      • \まじで/ もっとちゃんと見ておくんだったわ生身リタ……!(ぐぬぬ。なんかレアモノを逃したような気がした)
        あたしの知ってる魔女はイィーッヒッヒとか笑いながらイモを煮るのが日課だったけどね、まー魔女によって修行法が違うんでしょーね
        そんなによー。あたしの弟の一人がへんな病気にかかったことがあってね、うちのママ王様だから権力フル活用して治せる医者探したけど、それが魔女だったのね
        んで、弟連れてったら「アンタが今すぐ王位を退くなら治したげる」って。よーするに依頼人の本気度を観ようとしたんでしょーけど相手が悪かったわね
        「かわいい我が子とはいえ国家国民と天秤にかけられるかあほう!」ってその魔女は斬首。弟も死んじゃったわ
        魔女ってそんなもんよ、自分ルールにすっごい忠実なの。アンタの何があのおばあちゃんの琴線に触れたのか知らないけど、せっかくの幸運は大事にしないとね?(ね?って感じに頬突っつく。ぷにぷにしとる) -- シュラ 2015-06-09 (火) 19:21:15
      • ふふ、残念ながら何度もすぐに倒れてしまってあまり皆さんと接せられなかったのです・・
        お芋を・・・ですか・・・えぇ、魔女にも様々な形があるようで・・・先生も良くウチの流派はーと言っています・・
        えぇぇっ!?(残虐な結末もだがシュラが王女様だったことにも驚いて)・・・えっと・・何故魔女さんの首を落としたのでしょう・・・失礼だったから?
        ・・・似た様な境遇かも・・先生も、父に頼まれて私の治療にと・・・それで出会って・・どのような取引があったかはわかりませんが(ぷにぷにされる、ぷにぷにし返す)はい・・
        -- 2015-06-09 (火) 21:10:31
      • おぅふ。ユーレイ形態でたくわえたスタミナがあってもそんななのね、健康への道長いわねぇ……走り込みよ!走ってカラダを……まず散歩くらいから、かしら?(あっ脳筋が妥協した)
        その魔女はセキ止めとおいしいイモしか作れないポンコツだったけどね、まぁイモのおいしさは大したもんだったわ。ただのお芋料理が上手いばあさんだっただけの気もするけど
        んー……なんでってそりゃ、シツレイなのも当然だけど…ママがホイホイ玉座投げ捨てたら国一つがおかしくなるわけじゃない?
        そーなったら困るのは国民で、その結果何人の人が苦しむかわかんないわけよ。そーゆートコまで考えず試すようなこと言ったのに腹立ったんじゃない?
        あらま、アンタのトコもそうなの…………(難しい顔でぷにぷにされる。ついでにやり返しもする)……ま、アレよ。
        あのおばあちゃんがどんな対価要求したかは知らないけど……悪いようにはなんないわ、きっとね。根拠なんかないわよあたしのカンよ。よく当たんだからこれが(ぷにる超ぷにる) -- シュラ 2015-06-09 (火) 21:27:43
      • 散歩くらいからで・・・(くすくすと)そのうち倒れ芸になるかもしれません
        なんだか家庭的なお婆ちゃんといった雰囲気がいたしますね・・・
        人を試す様な事をしてはならないというお話なのですね・・・(そこまで考えた上での発言だったとしたら・・ある種の比喩で、お国がひっくり返るくらいの投資が求められる難病だったら・・考えるだけ無駄である)
        難しいお顔をされてます・・・(ぷにりぷに)ふふっ勘ですか?・・・えぇ・・信じますとも(なんだかそう思わせる物が彼女にはあった・・・ぷにぷに・・・喋りづらい)あの・・そろそろ・・・
        -- 2015-06-09 (火) 21:56:42
      • ははっ、その時は介抱してあげるから安心してぐえー芸人になっていいわよ!(けたけた)
        家庭的っていうか幼稚園の園長さんやってたわね。……今にして思えば子供が喜ぶから魔女っぽい格好してただけだったのかしら…(むむむ)
        そーね、安易に人を試す奴はそんな死に方をするって話。……はいおしまい!ダメね、こーゆーのキャラじゃないわねあたしの!
        あらごめんなさい、ゼラチンがいいぷにぷに具合だったからつい(頬から指を話して、ついでに席も立つ) うし、んじゃあたしそろそろ帰るわ!
        アンタも遅くなる前に帰んなさいよ!本体によろしく!(どうやら放課後だったらしい新事実を明かして帰ってった) -- シュラ 2015-06-09 (火) 22:12:59
      • 嫌ですよぅそんな芸人さん(ころころ)
        あぁそれは人気が出そう・・・ふふ、良いたとえが出来たようで
        えぇ、それではまた明日・・・(ぱたりと手を振って見送って)・・さてと(自分も帰宅する)
        -- 2015-06-09 (火) 22:33:48
  • 二日の工程のうち二日とも寝落ちるという醜態を晒しました・・
    きっと発作か何かで倒れていたのでしょうそうでしょう
    -- 2015-06-08 (月) 06:03:05
    • でもまあ、生身の方で遠出できたってのは大きな一歩だと思うぜ… (旅行後にお見舞いに来た少年だ) -- 李鈴 2015-06-08 (月) 10:40:01
      • あたしも似たようなもんだ……混浴入りたかったなあ -- 七巻 半 2015-06-08 (月) 20:21:17
      • …大変な騒ぎだったし、良かった悪かった半々かなあ… (絶妙に微妙な表情) -- 李鈴 2015-06-08 (月) 20:56:46
      • 私は10分程度の睡眠を繰り返しながらでしたね… -- 伊織 2015-06-08 (月) 21:26:34
      • こほ・・・えぇ・・それは本当に自分でも思って・・少し自信がついたと言いますか・・・
        温泉も入っている間は調子が良くて・・苦しかったけれど行ってよかった・・・
        もし、次の機会があるのなら、その時はデミさんも・・・・・入り・・たかったですか?・・・こ、混浴・・・(ぁぅっと顔を赤くして)
        -- 2015-06-08 (月) 21:27:49
      • セクシャルタイムの1日目を逃したのが悔やむ… -- シトラス 2015-06-08 (月) 21:27:54
      • 一度寝入ると起きる自信がありません・・・(1時間以上がっつりだった・・) -- 2015-06-08 (月) 21:28:51
      • シトラスさんも、折角話しを振って戴いたのにその時には既に・・・(申し訳ない) -- 2015-06-08 (月) 21:29:42
      • 「違うんです、今のはちょっと長めに目を閉じてただけなんです」状態でした…
        私は二日続けて少々羽目を外しすぎた気がいたしますね…(思い出して赤くなる) -- 伊織 2015-06-08 (月) 21:41:56
      • 良いさ…良いのさ…そういう事もあるよね。
        うん、伊織はだいぶはっちゃけてたよ…(リタの後ろに隠れながら -- シトラス 2015-06-08 (月) 21:49:40
      • 少々・・・?(思い返す)え、えぇ少々、でしたね・・・(隠れたシトラスを撫で撫で) -- 2015-06-08 (月) 21:50:50
      • 伊織は酔うと凄いんだ… (頷きつつ女子会から離脱男子) -- 李鈴 2015-06-08 (月) 21:51:10
      • あら・・帰る事ありませんのに・・・それではまた塾で・・ -- 2015-06-08 (月) 22:05:28
  • 魔力電池的なものが必要であればメカボディのコアをお貸ししますが、解決はしますかね? -- レズエル 2015-06-05 (金) 20:55:47
    • (小さく首を振る)単純に時間が延びればよいと言うものではなく、私自身の体を定期的に動かし食事を取らなければならないので・・・
      2,3日くらいなら大丈夫だとは思いますが・・・寧ろ体調を見て本体が参加する方向で考えませんと・・・
      -- リタ 2015-06-05 (金) 21:03:11
      • なるほど離れて放置しすぎると腐ってしまうと、私の予備のようにぞんざいに扱えないのは苦労しますね
        それでは精々本体を時間の流れの異なる収納スペースに隔離する位の案しか思いつきませんね、体調的にはよろしいです? -- レズエル 2015-06-05 (金) 21:09:09
      • 点滴やマッサージなどでは衰えは回避しきれません・・・異なるスペースに・・ですか・・・私の魂の時間まで遅くならないでしょうか・・・
        私も何やかやで少しずつ調子がよくなっているので・・・大丈夫だとは思いますけど・・あまり無理は出来ないでしょうね・・・
        -- 2015-06-05 (金) 21:18:15
      • 魂の時間はよくわかりませんね、本体に魂を宿したまま動かしているのであれば遅くなるでしょう、魂ごと移しているのなら遅くなったりはしないと思いますが
        救急セットのようなものを用意しておくくらいでしょうか、もし倒れたときに飲む薬など… -- レズエル 2015-06-05 (金) 21:30:20
      • うぅん・・・此方に移している筈なのですが・・繋がりが保たれているようで、此方の感覚が本体に伝わったり逆もあったりしまして・・・いかんともし難いですね
        救急・・・(AEDばちーんとなるイメージ、いたそう)お、お薬を準備しておきます・・・
        -- 2015-06-05 (金) 21:49:52
      • 繋がりはあると…ほうほう…キュピーン(何かろくでもないことを思いついた顔)
        ええ、お薬を用意するのはよい事ですね、紐につけて首から提げておくことで意識を失っても周囲の誰かが飲ませることができるでしょう…さて、私は急用を思いつきましたのでこれで(さっと手を上げて去っていく、向かった先は…リタの家だ!本体にいたずらをするつもりである) -- レズエル 2015-06-05 (金) 21:53:50
      • んな・・っ何ですかその顔・・い、嫌な予感しかしませんよ!?
        なるほど・・ではそういったものを準備しまして・・・え?えぇ・・それでは・・・(見送り・・先程感じた嫌な予感がむくむくと膨らんで・・・)
        ま、待ってレズエルさんっちょっとまって!(慌てて追いかける遅い)
        -- 2015-06-05 (金) 21:59:38
      • (リタ家)
        フィーヒヒヒ、この無防備なリタさんに…これ(羽である)
        こちらを用いて擽ればあちらの体がくすぐったい気分になると…おや?
        (そのとき天使が気づいた事とは!)
        …ふむ、くすぐってもそのダメージが行っているかがわかりませんね、仕方ないのでリタさんが帰るのを待ちましょう(楽しい所が見れなくては意味がない、と待つことにした) -- レズエル 2015-06-05 (金) 22:08:39
      • (眠ってるリタ(生)の顔色は酷く優れない、悪夢でも見ているようで)
        (やがて屋敷がにわかに騒がしくなり、リタ(偽)が帰ってくる)
        はぁ・・はぁ・・げほっ・・・はっ・・・やっぱり・・ふ・・ぅ・・ここ・・・げほっげほっ・・・でしたか・・・(息も絶え絶えだ)
        -- 2015-06-05 (金) 22:19:42
      • スヤァ…(あろうことか!何もせずにボーっと待っている間に眠りこけてしまっていたのである、リタルームの床に転がるように眠っている…)
        (なお眠っているリタ本体の方は足元が捲くられ素足が出ている上に、近くに羽箒が落ちており言い逃れはできない状況証拠が) -- レズエル 2015-06-05 (金) 22:23:21
      • はぁ・・ぜぇ・・・つ・・ついに・・・抑えましたよ・・・証拠・・ばっちし・・・で・・・げほっげほっ!(何言ってるかわからない)
        はぁ・・はぁ・・・はぁ・・・ちょ・・ちょっと休みましょう・・・寝てるし・・・ふぅ(此方もまたばったりとレズエルの横に倒れる、レズエルが寝ていた事で安心し、疲れが一気に出た感じだ)
        -- 2015-06-05 (金) 22:28:22
      • (そして翌朝…)
        ふあぁ…いい朝です、なんだか床がふかふかしますね、よく眠れますね(自室は固い床に雑魚寝なのでとても寝苦しいのだ!)
        …おやリタさん、おはようございます、朝ですよ、朝ですよダブルリタさん(両方を起こそうと体をゆする、すっかり忘れているぞ) -- レズエル 2015-06-05 (金) 22:36:39
      • (流石に夜までは持たないのでシングルリタさんになってるぞ!ふわぁっと複製体が消えて本体が起きる)ふはっ!?(ぐったりした感じで目を覚まし)・・・おきました・・昨日はなんだか酷い一日でした・・・(ぐぅぅっとなるお腹) -- 2015-06-05 (金) 22:41:28
      • 昨日、昨日は何でしたっけ…おや、お腹がすいているようですね
        仕方ありません、ここは私が…(エプロンの中に手を突っ込んでごそごそと) -- レズエル 2015-06-05 (金) 22:42:40
      • いえ・・・覚えていなければ良いのです・・・(本来しなければならない運動も食事も取れていないのでかなりぐったり)
        くちゅんっ!(ついでに足を出したまま寝てたのでちょっと熱っぽい・・)今日は遅刻するかも・・・ん・・何を?(エプロンの下って素肌じゃ・・っていぶかしんだ顔)
        -- 2015-06-05 (金) 22:47:24
      • (過去にとらわれない自由さがこの天使にはあった)
        …非常食の兵糧丸です(取り出されたのはみすぼらしい忍者食だ!)これ一つで人間なら三日は食事をしなくても大丈夫なくらいの栄養素が詰まっているのです…味は、だめですね(作ったはいいがまずかったので残しっぱなしになっていたのだ)
        さて私は…なにかしようとしていたのですが忘れましたね、まあいいでしょう、いつか思い出すでしょうし…ではおたっしゃで -- レズエル 2015-06-05 (金) 22:58:47
      • 兵糧丸・・・こんなものが・・・(これがあれば大丈夫かなと思うも)・・ダメか・・(それ一つでの解決は難しい)
        えぇそれではおたっしゃで・・・はぁふ・・(よかったーっと深く安堵の息をつくのだった)
        -- 2015-06-06 (土) 00:52:28
  • リタ! (不意に声をかけられる 振り返れば、暫く話していなかった少年) 話がある、っていうか、相談がある! リタの女の子らしい感性を借りたい! -- 李鈴 2015-06-02 (火) 23:45:23
    • (とか言ってたら着た!?って感じの顔でびっくりして振り返る)リレイ・・さん・・・?
      あいや・・その・・・私・・(頭が真っ白になってなんていったら良いかわからない)
      -- 2015-06-03 (水) 00:07:30
      • そ、そんなビックリするなよ!? ああ、俺が来た! (よう、と片手を挙げて見せる こっちもちょっと動きが硬いが)
        なんだなんだ、その壊れたブリキ人形みたいな動き いつものほわほわなリタはどうした! (不自然に自然に明るくしつつ)
        (それはそれとして、とリタが落ち着く前に話を変える) リタ、猫は好きか? -- 李鈴 2015-06-03 (水) 00:13:33
      • こ、壊れ・・そ、そんな事ない・・ないですはい・・・(こくこくこくこく頷く)ほ、ほわほわなんてしてないですよはい(ぎぎぎぎってなりそうな挙動)
        ん・・・猫?・・・はい、好き・・です(良かったあの話題じゃないとほんのり安堵しながら、猫は大好きだ、シュラと共に猫カフェに行ってからは以前よりも輪をかけて)
        それが・・どうかなされたのですか?
        -- 2015-06-03 (水) 00:40:42
      • やっぱり壊れてるし、普段はほわほわしてるよ、やっぱり (錆付いた動きを意識すれば、お互いやっぱりぎこちなく)
        そう、猫! (そういって、ごそごそと袖を引いて懐を漁れば、ほい、と取り出すはキジトラの子猫)
        桜井と拾って、俺の部屋で育ててるんだけどさ 名前が決まらなくって 募集中なんだ (まん丸な目でじぃっとリタを見る子猫だ) -- 李鈴 2015-06-03 (水) 00:49:56
      • ほ・・ほわ・・・ほわ・・・(声に出して動いてもやっぱりぎこちない、声に出してるからぎこちないともいえる)
        (だがそれも猫を出されるまでのこと、目の前に出されればぱぁっと瞳が輝いて)まぁ・・可愛いです・・・(思わずにっこりだ)
        雄二さんと?まぁそうなのですか・・・アナタは女の子?男の子?どんな名前がいい?(ニャチュラルに猫に話しかけている)
        -- 2015-06-03 (水) 01:02:24
      • なんか動物の鳴き声みたいだな… (そんな様子にちょっと笑って、少し気が緩む 久々に話したが、気が楽になる)
        可愛いだろ、桜井がこっそり塾の裏で育ててたんだけどさ (話しかける様子を眺めながら、猫の頭をなでてやる)
        (ぐるぐると人懐っこく喉を鳴らしながら、耳がぴくんと話しかけるリタに向いて、またじぃっと見つめた)
        メスだよ 桜井とも考えたんだけど、俺は全然名前でてこないし、桜井は桜井で桜井だったし…お手上げだったんだ 何かないか? -- 李鈴 2015-06-03 (水) 01:06:32
      • ぅうーっ!(上手く調子を取り戻せずもどかしげに腕をぶんぶん、なんだかそうしてるうちに自然といつもの調子に戻ってる気がする)
        まぁそんな事が・・・名前・・名前・・・せっかくならこの子の特徴に因んだ名前がいいですね・・縞模様(タビー)とか・・・まん丸の目が可愛いから、其処からとってもいいですし・・(何かないかしらと目の色を見たりして)
        後は・・育ての親の雄二さんやリレイさんのお名前に因んだ物とか?・・ほら、リレイさんのお名前、鈴って書くじゃないですか・・・雄二さんもファミリーネームの桜なんて綺麗ですし
        -- 2015-06-03 (水) 01:18:16
      • (悔しそうにする様子を見れば、冗談だよ、と明るく笑う そんな二人を見て、耳を立てた猫が不思議そうに鳴いた)
        タビー? …へえ、そう言う意味なんだ (子猫のとび色の目がくるくるとビー玉のように輝いてリタを見ている)
        よくそんなに色々出てくるな (感心したように目を瞬かせて) やっぱりこういうのは女子が向いてるな …俺と桜井の名前をあわせて…オウリン? 和風だな -- 李鈴 2015-06-03 (水) 01:25:41
      • //(ここでいったん寝る俺だ!おやすみ!) -- 2015-06-03 (水) 01:27:03
      • んもぅっ(明るく笑われたら此方も怒りながら笑ってしまう、なんだかうやむやになってしまった気がするが、元々そんなに深く追求する事じゃないのだ)
        とび色タビー、トビー・・女の子っぽくはないかなぁ・・茶色くて光ってるからガーネット・・・はお高く留まり過ぎているかしら・・・
        ふふ・・あまりに可愛いものだから、なんだか張り切ってしまって・・・・オウリン、アジアンテイストで素敵だと思いますよ?・・私だったら・・チェリィベルとかセリジェクロシェと呼ぶかしら?この子自身のイメージからは離れてしまうけれど・・・
        うぅん・・・いざ名前を付けるとなるとなかなか決まらないですね(困った様に笑って)
        -- 2015-06-03 (水) 01:54:58
      • //お二人から一字貰いつつこの子の目とか模様とか好きな物とかを混ぜ混ぜして可愛い響きに出来たらと思うのだけど・・ぴんと来ない、名づけは怖い!
        //そしてお休みなのです!
        -- 2015-06-03 (水) 02:00:14
      • (次第にいつもどおりに戻るお互いの雰囲気、ほっと息を漏らし) 良かった (うれしそうに微笑んだ)
        タビー、トビー、ガーネット、オウリン、チェリーベル、セリジュクロシェ・・・なんか最後の強そうな名前だな (繰り返しつつ、苦笑を見れば首を振って) それだけ考えてくれるってのが嬉しいよ
        チェリィベルが音としては好きだな、俺は (腕に抱いた猫が前足を突っ張って伸びをする リタに興味がわいたのか、細い声で鳴く) リタ、抱っこしてみるか? (リタの手でもまだ収まりそうなくらいに小さい) -- 李鈴 2015-06-03 (水) 06:58:42
      • うん?・・・ふふ(ほっとした声に彼を見て、嬉しそうな様子に此方もまた微笑んで返す)
        あら鈴をクロシェと呼ぶフレンチの響きは良いと思いますけど・・・ふふっでもそうですね・・全体的な響きは、私もチェリーベルがシンプルで可愛いと思います・・二票ですね?(ぐぐったら同名の物が結構出たけど気にしない)
        はいっ是非っ(おいでーと囁きながら手を伸ばして)
        -- 2015-06-03 (水) 08:49:00
      • なんだよ、そんな笑うなよ (聞こえたか、と照れ臭そうに頭を掻き、誤魔化す)
        フレンチ…まだそんな西の方まで足は伸ばせてないなあ…よく知ってるな、リタは物知りだ (共通語と母国語しか知らない、と)
        桜井にもあとで聞いてみるよ、チェリーベル 良い感じじゃん (手を伸ばすリタに抱かせる まだ子供らしいふわふわ小さな仔猫)
        (長めの尻尾に、まんまるな瞳、大きめの耳は好奇心旺盛な様子でリタに向く ちょっと身を伸ばしてリタに顔を近付けて匂いを嗅ぐ 小鈴のような声で鳴いた) -- 李鈴 2015-06-03 (水) 10:50:26
      • いえ・・私もほっとしてしまって・・あのままリレイさんとお話できないままだと、寂しいなと思っていたので・・
        ふふっ私の方がリレイさんより知っている事があるというのは不思議な感覚です・・・(といってもそれ程知っている訳ではないので恥かしそうに)
        決まったら教えて下さいな?・・何かプレゼントをして差し上げたいです・・・(そして抱きかかえればその柔らかさに思わずふにゃける)ふぁぁ・・
        んー?・・(よしよしと優しく撫でて、顔を近づけて匂いを嗅がれれば・・・こちらもちょんと唇をあてて悪戯っぽく微笑む)可愛いです・・・
        -- 2015-06-03 (水) 11:06:42
      • 俺もだよ 来る切っ掛けをくれたこいつには感謝だな お前の名前、しっかり選ばないとな (うりうり、と仔猫の鼻を指先でくすぐる)
        不思議じゃないさ、俺は俺の知識があるけど、リタは俺の知らないこと、沢山知ってると思うぜ 経験の方向性が違うだけさ
        プレゼントか…良いなアお前、早速甘やかされてるぞ (仔猫に話しかける声は優しい 結構動物にしゃべるタイプらしい) 可愛いよなあそいつ、なつこいし
        (仔猫に唇を寄せるリタを見れば、ちょっと恥ずかしそうに目を細め、) さっきミルク呑んだばっかりだから、ちょっと匂い甘いだろ (さり、とリタの口許を舐める仔猫を眺めつつ) -- 李鈴 2015-06-03 (水) 12:00:29
      • えぇ・・・(彼も切欠を探していた・・・元通りになりたいと思われていたことが嬉しかった)
        経験の、方向性・・・そうなのかしら・・(そうだといいなと微笑んで)
        ふふっまだ首輪とかしてないですもんね?してても、これから大きくなるでしょうし・・・ねー?(二人して話しかけている)人と接した事があるのでしょうか・・生まれたばかりの頃とかに・・・
        えぇちょっと・・・・やんっ・・ふふっ擽ったぁい・・(さりさりした感触にくすくすと笑って、はいとリレイにお返しする)
        -- 2015-06-03 (水) 12:25:34
      • (微笑むリタに照れを誤魔化すように笑って返し、) そうさ、まあ、経験とか難しい話がなくても話したいしな
        結構前足太いから、結構でかくなりそうなんだよなコイツ…首輪か、首輪も良いなぁ (ネコ好き二人でネコを甘やかすほんわか空間)
        多分な、捨てネコか、親とはぐれたか…判らないけど だから桜井にかくまってもらえたから、良かったぜ
        一応探しネコの情報は探ったんだけど、特に見当たらなかったから、このまま俺が育てることになりそうだよ (ネコを抱き直し、) 俺が旅に戻ったら、桜井に任せる感じかな…? -- 李鈴 2015-06-03 (水) 12:37:08
      • あら、そうなんですか?(改めて前足を見て)それは楽しみです、しっかり大きくなってねー(撫で撫でほんわか)
        そう・・・なのですか・・(不憫な境遇に少し曇る・・・そして更に)・・リレイさんも・・またいつか旅に・・・?
        (旅をして此処まできたのだ、いつか旅立つのは当然と言えるが・・・差して遠くない内にその日がくると思うと寂しい)
        -- 2015-06-03 (水) 12:52:09
      • 多分な 今はチビ助だけど (指でネコの喉を撫でれば、子猫はぐるぐる一丁前に喉をならして目を細める)
        捨てられることは不幸じゃないさ こうして拾う手も、リタみたいに可愛がってくれる手もある手もある それに出会えてるんだから (どこか自分と重ねる様に、落ち着いた声)
        うん? ああ、そうだな… (言いかけ、リタの表情を見れば、少し笑い 仔猫の手を取ってリタの頬に肉球をポンポン) まだ判らないよ、決めてないしさ
        なんだよ、俺がいないと寂しいか、リタ? 照れちゃうぜ (からかうように目を細め、ネコを抱き直す) -- 李鈴 2015-06-03 (水) 13:21:37
      • (前足をまじまじ眺め、よくわからないけれど確かに大きく見える)・・・そう・・ですね・・・(落ち着いた彼の目に、何処か自分と重ね合わせているのではと優しく見つめる)
        (しゅんとしているとぷにりと当たる柔らかさ)きゃ・・ふふ・・・えぇ・・寂しいです・・・リレイさんは大事なお友達だから・・・(からかわれてもそれだけはちゃんと言いたい)
        (決めていない、の言葉に少しだけ安堵しながら)それでも、私がリレイさんの旅路をお邪魔する訳には参りません・・行くと決まった時はお伝え下さいな
        -- 2015-06-03 (水) 13:50:02
      • (猫をあやしているところに、向けられている優しい視線に気づき、ん?と首をかしげて見せた)
        (そして、素直な返答を聞けば、ちょっと驚いた顔をして、それから嬉しそうに恥ずかしそうに笑い) 多謝、俺も、リタと会えなくなるのは寂しいよ、凄くな
        ああ、そのときには必ず 勝手に何も言わずに居なくなるほど人情のない男じゃないつもりだしな …約束する (目を見つめて微笑んだ) -- 李鈴 2015-06-03 (水) 16:30:14
      • いえ・・(小さく首を振り)雄二さんに・・等と言わず、その子はリレイさんといた方がいいんじゃないかなってふと思ってしまって
        (真っ直ぐすぎるその目に、なんだか照れくさくなってしまう・・・胸を押さえ軽く俯き・・ほんのり朱に染まった顔を上げる)はい・・約束です・・
        -- 2015-06-04 (木) 03:37:08
      • はは、どうだろうな …ちゃんと家族が居る桜井の家の方が落ち着くかもしれない 俺は結局根無し草だからな (そう言うが、リタの言葉には有難う、と目を細める)
        (そして、染まった少女の頬に子猫の手をぽんぽんと当ててから明るく笑って) そんじゃ、俺は桜井のとこでも言って話してくるよ、名前について
        謝謝リタ、知恵を借りた …また道草、誘わせてもらうぜ (そういって、子猫を懐に入れて帰って行った) -- 李鈴 2015-06-04 (木) 07:23:31
      • ん・・(ひんやりした肉球が心地よかった)えぇそれではまた・・・良い名前がつくといいですね・・ -- 2015-06-04 (木) 10:12:29
  • おっはー!!なのじゃ。(まだ朝霧のたちこめる早朝、窓から直接ベッドに上がりこんで超今風のあいさつをかわす) -- ハダリー 2015-05-30 (土) 22:27:21
    • (気付くのに遅れたよゴメンネ!)んぅ・・ぁ・・・?(ゆっくりと目を覚ます・・・気だるく、体が重い)
      ハダリー・・さん?(寝ぼけ眼で見返しおはよう御座いますと返す)
      -- 2015-05-30 (土) 23:46:12
      • (よくある!)ノンノン!!! おっはー!なのじゃ。
        さいきん流行のあれじゃよあれ。(こう!と満面の笑顔つきでやってみせる)りぴーとあふたみーなのじゃ。おっはー! -- ハダリー 2015-05-30 (土) 23:59:37
      • (さ・・さいきん?さいきんって何?・・・何、このテンション・・って顔)お・・おっはー・・・(取り合えず真似して返す)
        (なんか違う気がしてもう一度)おっはー!(病弱+寝起きでテンションが上がらないなりに精一杯の笑顔と声で)
        -- 2015-05-31 (日) 11:53:05
      • Good!!!(はじけるような笑顔で太鼓判をおす)Marvelous! Excellent! Incredible!!なのじゃ。さわやかな朝の目覚めはこうでなくてはの。
        そしてまだ頭がボケておるうちに襲ってしまうのじゃ。(おフトンの中にもぐりこんでひょこっと顔をだす。朝の日差しにかがやく白銀の髪がまぶしいかもしれない) -- ハダリー 2015-05-31 (日) 21:47:10
      • え・・えへへ・・・(困ったような感じで微笑み・・・力尽きる)も、もうちょっと寝させて・・
        ぅぁー・・・(抵抗する元気はない)きゅ・・吸血鬼なら夜に来るんじゃないんですかぁ・・・(髪を覆い隠すように抱き締めて)・・・ふゅ・・(そのまま寝入ろうとする)
        -- 2015-05-31 (日) 22:35:10
      • そう思うじゃろ? くっくっく、それが狙いなのじゃ。常識の通じる相手ばかりとは限らnぬ!?!(つかまった)ええいはなせリタよ、きさまを喰ってやるのじゃー!!
        (じたばたと頭半分くらい背伸びして眠る少女の首もとを暴く)ふむ。実物はずいぶん白いのじゃな。写し身にくらべれば肉付きもうすい気がするの。すこしちくりとするのじゃ。 -- ハダリー 2015-05-31 (日) 22:56:04
      • んぅー・・・そこはー・・あれです・・えっと・・風情とか・・・そういうサムシング的なあれで・・・(まったく頭が回ってない)
        ぅぁー・・(会話を続けじたばたされれば段々意識がはっきりしてくる)はぁぅ・・・って・・ていうか・・ホントに吸うのですか?・・
        も、もっとこう・・ムードとか・・・(弱々しげに問う・・・晒された白く細い首元、弱々しい肌の内側に確かな生命の活力を感じさせる・・・高貴で穢れのない少女の気配)
        -- 2015-05-31 (日) 23:08:08
      • 夜会服に襟を立てたマントがよいかの? ロマンチストなのじゃなおぬし。そういうのはルゴシが適任なのじゃ。あやつ、今は新大陸のほうにおるようじゃがの。
        ほんともなにも、喰らいに行くと言っておったじゃろうが。ムードうんぬんを申せばいっそ、荒ぶる狂犬リタをむりやり捻じ伏せて噛みつく方が興が乗るのじゃがな!
        ともかく。朝ごはんの時間じゃな。いただきますなのじゃ。(がぶぅ、と大口をあけて首もとを噛む。汗ばんだ髪の匂いにむずむずしながら、小さく穿った肌から湧き出すものを啜りはじめる) -- ハダリー 2015-05-31 (日) 23:26:13
      • あぁ・・いいですねそういうの・・・ハダリーさんならドレスとか・・・吸血鬼なら優雅さが大事です(なんかもう寝なおすといった風じゃなくなった)ルゴシさん・・ですか?・・お知り合いなので?
        あ、あらぶる狂犬って・・・私そんなんじゃないです・・(とか言いつつ軽く押しのけようとしてみたり・・非力が手を抜けば当然なんの阻みにもなりはしない)
        ちょ・・ちょっと・・心の準備が・・せめてシャワーを・・・あぁっ!(体外離脱の経験が夢のように語られる様に、複製体の感覚は生身ほど鋭敏ではない・・・差としては僅かな物だが、その微細な違いが今はとても強く感じる)
        ぁ・・・ぅ・・ぁ・・・(ちくりとした痛みは少し・・その後に来る痺れる様な恍惚に体が震える・・・突き放すように置いていた手は一瞬強くなった後、足掻くように悶え・・段々と求める様に引き寄せだす)
        -- 2015-05-31 (日) 23:41:54
      • くくく。この衣装は優雅ではないかの? うむ。映画というものをいたく気に入っておっての、向こうでノスフェラトゥものの映画づくりに手を貸しておるのじゃ。
        謙遜じゃな。おぬしが何といおうと気に入ったのじゃぞ私は。理不尽をよしとせぬもの、心のうちに反骨の獣を飼っておるというのは…恥じることではなかろうなのじゃ。
        (痛みが和らいだと見て、さらにミリ単位で柔肉を裂いていく。瑞々しい果実を噛みしめる喜びにぞくぞくと震えて、顔にかかった髪をかきあげながら鼻にかかった熱い吐息を漏らす)
        (多くを味わえないと知るがゆえに、その風味はいっそう甘く酩酊を誘う。熱に浮かされ、理性が崩れる前に息を継いだ)……っは…。ふふ、たまらぬ……の…。 -- ハダリー 2015-06-01 (月) 00:07:23
      • 優雅・・だとは思いますけれど・・・メイドはやはり主人が伴っている物という印象が・・・(こくこく)まぁ・・本物の吸血鬼を使って吸血鬼映画を・・・(本物の動物を使って動物物を・・・首を振って失礼な考えを打ち消す)
        ・・そう・・・です?(照れる・・・狂犬はやっぱりちょっと恥ずかしいけれど・・)
        ぁ・・ぁ・・・(また一つ、牙が食い込むのが判る・・それ程までに強い集中・・・髪に触れる指の動きの一つ一つにぞわりと震え、かかる吐息にしっとりと汗ばむ)
        ・・・ん・・ぅ・・(そして彼女が息を継げば唐突に訪れた終わりの気配に寂しげな吐息と、潤んだ視線を向けるのだ・・)ぁぅ・・・(傷口から紅の滴を滴らせながら何かを言いたげに唇を戦慄かせ、返すようにハダリーの首筋に触れる)
        -- 2015-06-01 (月) 00:34:39
      • いや? 我らはカメラに映りこまんゆえ、代役を立てたのじゃろうな。本人によく似たそっくりさんなのじゃ。演技指導くらいはしておったかもしれんの。
        誇ってよいのじゃぞ、リタよ。くくく。よい顔をしておるの。(紅い雫がシーツを汚す前に舌でうけとめ、ほんのりと赤みがさした肌をさかのぼって傷口までたどりつく)
        (喰らうものの愉悦と喰われるものの歓喜は等式で結ばれるものではないらしい。その中毒性も、おそらく後者の方がずっと大きいのだ)
        (遠い昔、この細い首筋に突き立れられたものの感触を思い返しつつ、流血が収まるまで舌を這わせつづけた)くふふ。味をしめてしまったかの。 -- ハダリー 2015-06-01 (月) 01:12:48
      • 鏡に映らぬとは聞いていましたがカメラにもなのですか・・・なんだか不便そう・・その割には、身だしなみキチンとしていますよね、ハダリーさん(何となく髪をなでり)
        ひゃ・・・ぁ・・ん・・・ぅ(再び舌が首筋を這えば縮めるように敏感に反応して)・・は・・ぁ・・・ぁぅっ(首筋を這う間、小さく身を震わせ喘ぎながら堪える)
        良く・・ひゃ・・ぁ・・わから・・ないです・・んっ・・・こんな・・感覚・・・初めてで・・ぇっ・・ぁ・・・(やがて出血も収まる頃にはすっかり体は火照り上がり、堪えようもない情念に足をすり合わせていて)
        はぁ・・ふ・・・ハダリーさんも・・嘗ては・・こんな感じだったんですか?・・(湧き上がる情念をどう発散していいか判らず、ひたすらに体を悶えせさせている)
        -- 2015-06-01 (月) 01:30:07
      • どれもこれも中に反射鏡が仕込まれておるのじゃよ。身なりのことはそうとう厳しくしつけられての、目をつむっておっても…や、やめい! 頭がくしゃくしゃになるじゃろうがっ。
        くくく。(苦しそうじゃの、とわるい顔をして)二、三度あったくらいじゃな。しかも三度目か四度目か、最後は死にかけておっての。
        私が望み、あるじが吸った。そして眷属になったのじゃ。あるじの血を享けたもの。イシュトヴァーンのノスフェラトゥにの。
        その時はエルダーの仲間入りをするくらいまで永らえるとは思わなかったがの! バンソーコーをはっておくのじゃ。(ぺたり) -- ハダリー 2015-06-01 (月) 01:50:57
      • なるほど・・・(ファインダーを覗き込んだら移ってないけど映像は残ってるとかありそうとか思いつつ)ふふっ大丈夫ですよ(なでりと戻す)
        うぅ・・・(シーツや布地が擦れると少し気持ちが和らいで、それが物凄くはしたないことのように思えて真っ赤になる)死に・・・かけて・・・
        (ぺたりと貼られながら話を聞いて)死にかけて・・でも、眷属になったら・・・生きながらえたのですか?・・・なら・・(自分も眷属になれば・・)
        -- 2015-06-01 (月) 06:48:00
      • (でこぴん)まだ寝ぼけておるようじゃの。若いノスフェラトゥは苦労ばかりじゃぞ。人界をうろつくなど正気の沙汰ではないのじゃ。
        どこもかしこもハンターどもが闊歩しておるゆえ、そなたのようにぽわぽわしておる小娘などよい獲物なのじゃ。みるからにちょろいのじゃ。
        こうなる前にもずいぶん理不尽な時代に暮らしておったがの。それが人目を忍び世に隠れ、猟犬どもに追われる日々に変わったのじゃ。
        二度と人間扱いされぬと信じ込んでおった。ノスフェラトゥは今よりずっと忌み嫌われておったのじゃな。しかも、狩人どもとの戦いに果てなどない。
        あやつらの血に手を染めながら、この世の終わりまで安らげぬ。人界におる限りはの。それでも構わんと言えるかの? よくよく考えてみることじゃな。 -- ハダリー 2015-06-03 (水) 00:25:54
      • あいたっ(ぺちーんとされて涙目、デコを摩りながら)ぽ、ぽわぽわってぇ・・
        ・・・(吸血鬼とて無敵ではない・・人に追われる生き方など、人である事を諦める人生などまるで想像が出来ない・・・その事がそのまま自身の浅はかさの証明になっている)
        (嘗てデミによって一刀の元に両断された蚊を思い出す・・あれは正に自分だ、運命の暗示だったのだ・・・此処で愚かな選択をした場合の)
        ・・・ゴメンなさい・・・(心底反省した様子でポツリと漏らす)・・私は・・・ただ・・(元気に生きていたい、唯それだけなのだ)
        -- 2015-06-03 (水) 00:51:38
      • 争いを煽るものどもが消え、たがいの遺恨が薄れればお気楽な暮らしができるのじゃ。いつかそうなればよいのじゃが、今すぐには難しかろうの。
        しょげたような顔をしおって。リタはすぐ謝るの。おぬしの願いはまっとうなものじゃぞ。咎めるものなどどこにもおらんじゃろうが。
        願いをかなえる手立てはひとつではあるまい。さいわい、そなたは選べるのじゃ。選べぬものもおると思えば儲けものじゃぞ。
        そなたにはおのれの意を通せるだけの強さがあるじゃろ。こちらはたしかに茨の道じゃが、同じ地獄でも私やイシュトヴァーンの同胞がおる地獄なのじゃ。
        狩人どもをぶちのめしてでも生きることを望むならば歓迎するがの。くっくっく。馳走になったのじゃ。では、遅れんようにの!(腕の中をぬけだして学び舎に帰っていった) -- ハダリー 2015-06-03 (水) 02:11:13
      • (それは今、ハダリーは追われる状況にあるという事で)
        ・・・はい・・はい・・・それでは・・(自分には向かない道かと思いながら見送る・・そろそろ自分も起きなくてはならない)ん・・・あれ?・・・
        (よいしょよいしょと身を起こそうとする度くらくらとする)・・・あれ?(貧血だ!動けない!肉体的な疲労と魔力には密接な関係がうんぬん、今日はいけないかもしれない)・・・えぇ〜・・
        -- 2015-06-03 (水) 09:07:44
  • (遠巻きにリタの姿を発見、匍匐前進で接近を試みようとする) -- シトラス 2015-05-30 (土) 21:40:21
    • 〜♪(まるで気付かず歩き続ける、並みの匍匐前進じゃ追いつけないかもしれないぞ) -- 2015-05-30 (土) 21:47:55
      • (果たしてその歩みに追いつくことは出来るか…!?四肢を動かすだけでなく、身体の捻りも加えて片手片足を前に出しながら…しっかりと大地を掴み、踏みしめて蹴って前へ前へと進む)
        (その動きの原動力はスカートの中を拝む…シンプル故、その欲求に対して一直線に進む形になり徐々に距離を詰めていく。尚隠密活動ではないため傍目からは見つかるぞ!) -- シトラス 2015-05-30 (土) 21:59:36
      • (異様な気配で持って迫り来るシトラス、それに気付かず歩き続ける・・・)
        (だがそれもあと少しで見えかかるといえる距離まで・・ひらりひらりと揺れるスカートの端がその奥の暗がりを見せるか見せないかというギリギリの所で・・・)
        あら?シトラスさん・・そんな所で一体何を?(振り返り、微笑んで声をかける、何気なく組んだ手がスカートの裾を押さえていてその奥を伺わせない)
        -- 2015-05-30 (土) 22:32:48
      • (きたっ…やはりラッキースケベよりも、チャンスは自らの手でつかみとる物…!そんな思いでスカートの奥に目を凝らそうとして)
        なん…だと…!?(振り向かれ声をかけられて、その上でスカートは手で押さえられてその一歩が届くこと無く)……そう、だね…バードウォッチングかな…(フッとどこかアンニュイな笑みと共に立ち上がり、砂埃を払って) -- シトラス 2015-05-30 (土) 23:26:02
      • ・・・?(物凄く驚いている様子にきょとんと)
        バードウォッチングでうつ伏せになる事があるのですか?(あらまぁと埃を払うのを手伝う)・・・ふふ、それで、今日はどんな鳥を?
        -- 2015-05-30 (土) 23:49:26
      • (尚返信されている事に気付いてなかったその2であった)
        そうそう、うつ伏せになる必要が…ほら…燕とか雨が振りそうだと低く飛ぶじゃん?(晴天であった)
        で、今日は……すんません嘘です。リタのパンツ覗こうとしてました(陳謝) -- シトラス 2015-05-30 (土) 23:53:12
      • (よくある、あった!)えぇ・・でも今日は晴れて・・・
        ・・・!?(すっとぼけでもなんでもなく鵜呑みにしていたらしくビックリした様子でスカートを抑えて後ずさる)み・・・・見てない・・ですよね?(耳までまっか)
        -- 2015-05-31 (日) 11:48:44
      • (//今日いないので先まで追記る勇気)まったくもう・・どうしてシトラスさんは・・・(顔を赤らめたままそれでもなあなあに許してしまう・・)
        (同時にふと思う、同性でありながら女性の体に興味がある彼女になら相談できるかも知れない・・と言っても具体的にどう聞くかも決まっていないが)
        シトラスさん・・その・・・相談といいますか・・・伺ってみたい事があるといいますか・・(もじもじ)
        -- 2015-06-01 (月) 07:51:28
      • (//すまぬ…ごたついてようやくゆっくり出来て返信おくれて申し訳ない…)残念ながらまだ見てないから安心して欲しい…しかし出来れば見せて欲しい。(素直)
        (あけすけというか欲望に忠実と言うか、しかし本当に困りそうな事に対しては足を踏み込まない…多分、多分踏み込んでない)まあ、リタが可愛いから…かな?
        で、どうしたの。パンツ覗こうとしてた相手に相談とか……はっ!?
        あー…リタは可愛いからその気持は嬉しいし、できればあたしも応えたいけれど…(と、勝手な勘違いをしつつ) -- シトラス 2015-06-02 (火) 18:35:36
      • (//い い ん だ)
        嫌ですよ恥ずかしいですし・・・(でも其処まで真っ直ぐに踏み込まれると気まずい・・元々真摯とか誠意とか正直とか、そういうのに弱い)
        ・・・一方的なのは・・ずるい・・です・・・私の・・・を見るために、シトラスさんは何かしてくれますか?
        い、いやさっきからその・・可愛いかわいい言われると恥ずかしいんですけれど・・・(やめてと顔を赤くしながら手を振り)
        ・・・?その気持ち・・とはどの気持ちなのかは判りかねますけれど・・(勝手な勘違いにいぶかしみながらも、「応えたい」と言ってくれるならばと覚悟を決める)
        (決めたがいざ聞くとなるとどう切り出せばいいかわからない・・・散々迷って)その・・私たち位の年代の男性も・・シトラスさんと同じような感じなのかなと・・・女性の体に興味があるというか・・・
        -- 2015-06-02 (火) 19:22:50
      • (何かしてくれますかという問いかけ、少し考えてから珍しく頬を染めて)あー…そ、それじゃあ…あたしのパンツも見せる…ってのじゃ…ダメ、かな?(ダメだろう)
        えー…でもリタが可愛いのは事実だしなー、まあ嫌がるのなら我慢するよ。頭のなかでだけ連呼するようにするよ
        …それは、次の機会に話すとしようかな。(まずはリタの話を聞いてからにしようと思い)
        (そしてリタからの言葉に目を丸くして)………あたしが言うのも何だけどさ?あたしが女として間違った方向に居るのは置いといて、年頃の女の子の身体にそりゃ基本青少年は興味津々だよ?というか男子の大半は女性の身体をいやらしく描写したエロ本を所持してるからね…。っていうか何でリタが急にそんな事を?! -- シトラス 2015-06-02 (火) 19:57:06
      • ・・・・・・(まったく嬉しくないが・・・彼女は自分がされるのは嫌がっていたように思う・・それを思えばこれは彼女なりの最大限の譲歩・・なのだろうか)
        (時間軸はずれるが相談を聞いて貰っている面もあるとなれば無碍には出来ない)・・・良いでしょう・・それで手を打ちます(ダメじゃなかった!)
        (頭の中で連呼・・でなんだか余計に恥ずかしい事になった気がするぞと思いつつ話を聞いて)い・・・っ!(エロ本のくだりになると露骨なくらい過剰に反応する)
        (思い出す光景を振り払うように頭を振って)あ・・あぁぅ・・・じつは・・その・・・以前・・リr・・友達とばたりとあった際にですね・・・手に持った本を露骨に隠されてしまいまして・・・
        その事が物凄く寂しかった物で、少し無理を言って見せてもらったんです・・そしたら・・・・そ・・その女の人の・・・・・・いやらしい・・その・・・(真っ赤になってそれ以上言えない)
        私・・どうしたらいいか判らなくて・・そのまま逃げてしまって・・・以来ちょっとその方と気まずいままで・・・どう、したら良いのかと・・・
        -- 2015-06-02 (火) 20:27:40
      • え、ええ!?(恥ずかしいが多分それじゃ受け入れてもらえないかなと思っていたところ、すんなりとはいかないが受け入れられて)
        あ、いやその……ぅー……わ、分かったよ(お互いの需要と供給は不確かだがここを落とし所とする!)
        (そしてエロ本という単語に過剰反応を示すリタに改めて目を丸くして)あ、あー……んと……そう、かー…そうか…(どうしたものかなと考えながら、不意に思い出すのは似たような出来事が自分にも起きた事で)
        …どう、かな…あのー………あたしもさ、無理言って見せてもらった事があって……その、あたしに似てる女の人が、やらしい恰好で…(言ってから一気に耳まで赤くなって)
        その時はその…あたしも、リタと同じことやらかしちゃったからな……うん、どうしようね。(一応解消は出来たけれどと続けつつも) -- シトラス 2015-06-02 (火) 21:03:07
      • ・・・私自身何をしたいのかよく判らなくなってきました・・・(赤い顔を手で覆って呻く)
        あう・・では・・・その・・道端ではなんですので人に見られない所へ・・・(誰が得をするのだろうときょろきょろとぼとぼ)
        シトラスさんも・・?・・・え・・(自分に似てるそういう本を見た衝撃たるや・・・自分だったらまず耐えられそうにない・・耐えられなくてどうなるかはわからないが・・・)
        大丈夫・・ですか?(彼女が此処まで真っ赤になってるのも珍しい気がして心配そうに)・・え?・・・解消・・・出来たのですか?・・・(どう・・やって?とためらいがちに)
        -- 2015-06-02 (火) 21:37:45
      • 自分で言ってて悔やんでたら世話ないよ!?おーけー落ち着こうリタ…え、もしかして今から見せ合うつもり…?(言いながらついていく)
        あ、えーと…まあ色々とね、あってね(流石にそれを見る経緯を話したら多分目の前の少女には耐えられないだろうとぼやかしつつも思い出して余計赤くなって)
        え!?あ、大丈夫…大丈夫…解消出来たというか、相手の方からその…謝りに来たというか…無理に見たのあたしの方だってのに。(何だろうねあの状況と遠い目をしながら)
        まあ…こっちから変に謝りに言ったら、面目とか潰れちゃうかな男の子は。…案外今頃、話すきっかけを掴むタイミングを図ってるんじゃ無い? -- シトラス 2015-06-02 (火) 22:46:55
      • どこがいいのでしょう・・どこが・・・(当てもなく歩く、目がぐるぐる泳いでて明らかに清浄な判断を失ってる)え・・え?・・・(違うの?って顔、状態異常:混乱)
        向こうから・・謝りに・・・・なんだか・・無理を言って見せてもらったのにそれも良くないような・・・
        面目・・うぅん・・・そう・・なのでしょうか・・・(そうだと嬉しいけれど・・あまりに無礼な行動に見放されたのではと不安にもなる・・だがどういう経緯にしろ解消するには動くしか無さそうだ)うぅ・・・なんて言って謝るか・・
        -- 2015-06-02 (火) 23:05:32
      • いや、いや見たいけど…見たいんだけど!?でもほら、いや…見たいけどさリタのパンツは…でも落ち着こう!まずは深呼吸…パンツを見せ合うが為に場所探すって変な状況だよ!?(欲求はおかしいが、何故かまともな事を言っている様に思える)
        気持ちはわかるけどさ…あっちだって顔を合わせづらいとも思ってるんじゃないかな?気持ちが落ち着いたら顔を見せにくるって…多分。
        じゃあ考えようかリタ…「無理言ってエロ本を見てしまってすいませんでした」って言ってみたらどうなると思う?
        …案外なかったコトにして平然と応対しようとするのが無難な気がしてきたよあたしは… -- シトラス 2015-06-02 (火) 23:34:43
      • は、はい、深呼吸・・・(すーはーすーはー・・・)うん・・うん・・変ですね・・・変です・・・変・・ってうわぁっ!?なんて事させようとするんですか(正気に戻ってびっくり、理不尽だ)
        そ、そう・・そうでしょうか・・・?
        アッハイ考えます・・・えぇっと・・・(脳内で繰り広げられるイインダヨーグリーンダヨーHAHAHAHAなお花畑な光景・・)元通り?(ダメだゆるい)
        -- 2015-06-02 (火) 23:59:22
      • 分かった!分かったから落ち着いた?…落ち着いたね?全くリタの突飛な行動力にはあたしもビックリだよ…驚いたから折角だしパンツ見せて?(正気に戻ったのを見計らって)
        うんうん、だから少し落ち着いて考えをだね………ダメだよ!?一対一ならともかく周りに人がいる状況だと最悪顔真っ赤にして逃げるよ!?相手が!あたしも大概碌な人生送ってないとは思うけどどれだけ発想がこう…こう、何というか…!
        とりあえずアレよ…謝っても良いと思うけどそれをそのまま言ったら多分ロクな結果にならないと思うから気をつけて…。 -- シトラス 2015-06-03 (水) 00:07:37
      • (「分かったから落ち着いた?」)はい・・(「落ち着いたね?」)はい・・落ち着きました・・・(「パンツ見せて?」)はい・・・・・ん?い、いいやダメッダメです!(ぶんぶん首を振って否定する)
        逃げるっ!?相手が!?(ナンデ!?って顔)・・・な、なるほど・・・つまりは言い方が大事であると・・・はい・・気をつけます・・(左手を上げる例のポーズ)
        -- 2015-06-03 (水) 00:35:33
      • よし、正気に戻ったね。良かったー…(今回はあえて話を振って反応が正常になったのを確認し、ホッとした様子)
        人前で女の子にエロ本見せた上で逃げられた状況だけでも間違いなく周囲に知られたらからかわれるだろうし…その事で謝りに来られたら周囲の視線でいたたまれなくなるんじゃないかな…
        …何だか危なっかしすぎて見守ってたくなるよ…。 -- シトラス 2015-06-03 (水) 00:55:46
      • つ、つまり他に誰もいない時に・・呼び出したり・・(その時点で噂確定だ)寮に直接会いにいったり(噂確定だ)
        シトラスさんが一緒にいて戴けるととても気持ちが楽になりそうですが・・(第三者同伴なんてメンツも何もあったもんじゃない)
        うぅ・・やっぱり・・彼の方から来てくれるのを待つ・・・のが一番なのでしょうか・・・
        -- 2015-06-03 (水) 01:07:08
      • なんという冷静で的確な判断力なんだ…(落ち着きを取り戻してどういう風な結果が生じそうなのかというのを考えている様を見て)
        いっそあたしが出向くってのもそれこそお節介の極みだしね…ちなみに誰のエロ本を無理矢理?(そして若干の野次馬根性) -- シトラス 2015-06-03 (水) 10:08:04
      • (突っ込みどころ満載な表現なつもりだったよ)はう・・・難しいですね・・こういう問題は・・(悩ましげにため息)
        えぇリレイさんのを・・・・ってはっ!?(言う気は無かったのに言ってしまった!)わ、わわっわすれ・・忘れて下さーい(ぶんぶん)
        わ、私が言ったのですからせめてシトラスさんの方も・・・
        -- 2015-06-03 (水) 10:23:03
      • もういっそ開き直って教室で皆の目の前でエロ本無理矢理みてごめんなさいしたら良いんじゃないかな…気持ちは多分伝わる…いや無いな(ぶんぶんと首を横に振って)
        おおお落ち杖k!?何で軽く振ったつもりなのにサラッと名前言っちゃうのかな?!OK分かった!リレイがエロ本をリタに見せつけて逃げられたなんて忘れたから!(何故か今度はこちらがテンパり)
        え、えぇ!?あたしの方はほら、アっちゃん…アトラスとは一応の収集付いたし…さすがに謝りに来られた上で何故か付き合ってと告白されて、しかも振ったなんてこ、と…は…(口走ってしまった事に次第に固まり、おそるおそるリタの様子を伺う) -- シトラス 2015-06-03 (水) 10:29:50
      • (真っ赤になって目を丸くして固まっている・・・ぷしゅーっと湯気) -- 2015-06-03 (水) 10:35:31
      • み、水ー!?いやタオルと水…水ー!(慌てふためいてぷしゅーってるリタを二重の意味で冷まそうと四苦八苦して) -- シトラス 2015-06-03 (水) 10:40:35
      • (冷まされて)はふぅ・・・それまでの会話が全て吹っ飛んでしまう衝撃でした・・・(忘れてないではないですかぁとぼやき)
        そ、そう・・・ですかアトラスさんと、その・・お・・・おつ・・おつ・・・(再びぷしゅぅ)
        ・・で、でもお振りなさったというのはその・・・突然すぎたからとか・・でしょうか?
        -- 2015-06-03 (水) 10:52:25
      • 何だろうこのめまぐるしくボケとフォローが入れ替わっている様な感覚…順逆自在の術?(忘れてない事はとりあえず今は置いとこうと物を持ち上げてどかす動作)
        まずは落ち着こう!な!?…いやその、正直恋愛とか良く分からないし……付き合うのも唐突だったし、まだ…考えられないというか……ごにょごにょ(まるで歳相応の少女の様な反応。普段のシトラスからは到底考えられない様子) -- シトラス 2015-06-03 (水) 11:02:41
      • いえ大丈夫・・こう、てんやわんや気味ではありますが、まだ、まだ一応正常ですはい・・・(冷静でない者同士が冷静になろうと言い合って上手く行くだろうか)
        で、ですよね・・良く・・分からないですし・・・で、でもそこはほら・・シトラスさんはどう思うのかが重要だったり・・い、いえ私もよくは知らないのですがそういうものかなって・・・
        (彼女にこんなにも乙女な一面があったとは知らなかった・・勿論、それについてどうこう言えるわけではないのですが)それでその・・振られて、アトラスさんはなんと?
        -- 2015-06-03 (水) 11:22:38
      • よし落ち着いたぁ!……というか、恋愛って何をしたら良いの…セクハラじゃダメなの…?(落ち着いてそもそも恋愛とはなんぞやと考えながら)
        あ、あたしは……いや、アっちゃんの事は別に嫌いって訳じゃないけどそれがその…男女の好きかどうかは良く分かんなかった…でも多分違うと思ったし…
        うん、直前でもやもやした気分だったけどとりあえず元の通りのバカをやる友達同士って事になった…け、ど…多分そうは行かないよね(ずーんと気持ちが沈んで)
        状況考えると…本人に似たエロ本を本人に覗き見られて、逃げ帰られた挙句…謝りに行って勢いのまま告白、しかし振られるって…これあたしだったら再起不能案件だった?!あああ、あたしはどうすれば!? -- シトラス 2015-06-03 (水) 11:33:42
      • 何ってそれは・・・なんでしょう・・?(勿論こっちも全然知らないのだ)セクハラは・・・どうでしょう?・・ダメ・・・だと・・思いますけれど・・・?(本当にダメなのかもよく分からない)
        (直感でも違うと思ったのなら多分そうなのだろう・・この先もそうかは分からないが)行かない・・ですよね・・・そんなお話、した後じゃ・・・(自分だって何て接したらいいかわからない)
        お、おぉっお・・・落ち着きましょう!・・・も、元のとおりという事になったのですから、アトラスさん的には大丈夫なのかもしれません・・・だから変にまぜっかえしたりしなければ・・(それが出来ないから気持ちが沈んでいるのだ)どうすれば・・・
        -- 2015-06-03 (水) 11:45:17
      • 愛って、恋って何だろう…?愛のある行為であれば恋愛…?ううん、やっぱり違う気が…(何が正しくて何が間違っているのか)
        正直恋愛とかそういうのはまだ考えられないというのは確かにあったから…あったけど…(明確な正解は無い、というのは何となく感じ取りながら余計に頭を悩ませて)
        どう、すればいいんだろうね…とりあえず……色々と考えてみようとは思う………気付いたら自分の事で手一杯になっちゃってたよ…(帰るね、と軽く手をあげて2本の足でふらふらと帰っていく) -- シトラス 2015-06-03 (水) 12:07:05
      • 私には分かりません・・とても素敵な物だと思うのですけれど・・同時になんだか苦しいです・・・
        え、えぇそれでは・・・どうなっても、応援してますからね?(ぱたぱたと手を振って見送る)
        -- 2015-06-03 (水) 12:31:44
  • おみやげはお饅頭がいいです…と -- レズエル 2015-06-01 (月) 15:54:33
    • 名物だった焼き饅頭は煙の関係で今はやっていないらしく・・・(差し出される温泉饅頭、キャラ的な部分も含め湯治にでも行っていたという事で一つ) -- 2015-06-02 (火) 14:54:56
      • まんじゅうを焼くのですか、それは不思議な…と思いましたが、それほど不思議な物でもない気がしますね
        時折メロンパンの皮だけのようにお饅頭の皮だけなどが欲しいと思ったりもします、あんこが甘過ぎるとそう思いますね
        (饅頭を受け取り)ありがとうございます、それでは早速頂きましょうか(お茶を淹れる) -- レズエル 2015-06-02 (火) 14:59:35
      • 甘い感じのタレをつけ、串に刺して焼くのだそうで・・・持ち帰ってから焼けるタイプのがあるらしいのですが・・見つかりませんでした(ふるふる)
        八橋の皮などもありますよね・・あれもきっとそういう事なのでしょう・・餡子も二三食べる程度なら大丈夫かと・・(うんうん)
        私の個人的な好みでこしあんとなっております・・・(世間的にはつぶあんのほうが人気な気がして肩身が狭い)
        (栞には「伊香保源泉の茶色い源泉にちなんで作られてのが、この湯の花饅頭です。優しい甘さの小豆餡と、黒糖の豊かな香りが際立つ逸品に仕上がっております。」とある、食べてみたら極普通の温泉饅頭だこれ!)
        -- 2015-06-02 (火) 15:15:12
      • 雰囲気としてはみたらし団子に似たような物なのでしょうか、みたらし団子も好きですよ私は、串に小ぶりの団子が5つ程連なって…根本の団子が齧り辛いのですが美味しいのですね
        生八橋の皮も良いですね、あんこがあるとすぐに食べられなくなりますが皮だけならそれなりに…いえ、あれは皮だけでも十分に甘かったですね、抹茶味が好きですが
        (めっちゃ撫でる)私も粒あんよりこしあんの方が好きですよ、その選択はグッドです…粒あんは皮が邪魔臭く感じてしまうのですね
        温泉にちなんでいるだけでお湯の成分が使われているとかそういう事ではないのですね(まあ普通の饅頭ですねーと普通に食べる)小豆餡はごく普通ですが黒糖の皮でしょうか、これが少しプラスと言う所なのですね -- レズエル 2015-06-02 (火) 15:20:20
      • 餡のないお饅頭を使うらしいのでまさにそうかと・・・・私も好きですみたらし、ふふっ最後の一つは横から齧る・・お団子あるあるですね?(くすくすと)
        いいですね抹茶味・・プレーンも好きですが・・・(なでなでされつつにへりと)ふふっレズエルさんとは色々と趣味が合いそうです
        ねぇ・・温泉を使って蒸しているとかそういうのを連想してしまいますが・・・温泉饅頭特有の茶色い雰囲気は黒糖を使って出していますという事なのでしょう(はむはむ言われてみるとほんのり黒糖の甘さ)
        うん・・・二個三個で十分満足する感じです・・・(こくこく)
        -- 2015-06-02 (火) 16:05:23
      • たれが多いと少ない量で甘さに負けてご勘弁を願う状態になってしまいますが、たれが少なければお腹いっぱいになるまで食べられてしまいそうですね
        ええしかもみたらし団子なので横から齧ると口の横にたれがついてしまったりしてもどかしいものです、ですがそれがよい…
        お土産で八ツ橋を言われて堅い方だと心底がっかりしてしまって申し訳ありません、生の方が好きなのですね、仕方ありませんね
        温泉で蒸す発想は面白いですね!蒸し饅頭だと日持ちの点で難点ですが…美味しい事は美味しいですがお腹いっぱい食べられる類ではないですね
        (リタの分もお茶を淹れつつ)ずずー…はぁ、お茶が美味しいです -- レズエル 2015-06-02 (火) 16:27:47
      • そう考えるとすごく甘くするのは沢山食べ過ぎないようにする工夫のように思えて・・・きませんね、程よい甘さと言うのはあります
        其処はほら、最後の一、二個であればその心配も少ないでしょうし・・でもつく時はついてしまいますよね(それも味であると同意)
        普通は生八橋の方を連想しますが・・・わざわざ「生」と言うからには硬い方が本来の形なのでしょうね(歯ごたえがあってあっちも好きですとこくこく)
        食用に適さない場合もあるでしょうけれど・・後蒸気にする事で温泉の成分が彼方此方について掃除が大変そうです
        (戴きますとお茶をずずり)ふふ・・甘さがいい具合にこなれます・・
        -- 2015-06-02 (火) 17:09:44
      • 甘党と呼ばれる方々は甘過ぎても楽に食べてしまうのかもしれませんね、私はわらび餅も蜜を使わずそのまま食べる事で沢山味わいたいと思うタイプです
        最後の一つともなると根本側、だんごエリアを超えた所に口の端が行くので棒へのたれ具合が多めだと…ですね(舌をちろっと出して口の端を舐めるおうちゃく天使)
        生と言われない限りは堅い方であると心構えさえあればなんとか、生の方が特別なのでしょうかね、古い時代では生を遠くへ持ち運べず堅い方が広まった…のかもしれませんね
        ああ…温泉の玉子の腐った匂い等は毒性がありますし、蒸気で毒素が溜まって食中毒になるのも困りものですね… -- レズエル 2015-06-02 (火) 17:20:11
      • その基準で言うと私は甘党やもしれません・・・(蜜をかける派)でも最近本格的なわらび餅をきな粉だけで戴いたらすごく美味しくて・・蜜派を卒業してしまいそうです
        なるほどそういう事でしたか・・・んまぁっはしたない(くすくす笑って)・・でもやりたくなってしまいますよね?(ちろりと此方も舌を出して笑って)
        保存性の問題ですか・・それはありそうです・・・後は元々固い物として作られて、生で食べてみたら意外と・・という流れかも・・・
        でも反面、そういうのを気にしなくて良いお湯ならば、薄めて香り付けとして使用するのもありかもしれませんね・・・ひょっとして探したらもうあったりして?
        -- 2015-06-02 (火) 18:03:42
      • ふふふ…私はさらにきなこすら不要と思うことすらあるぐらいで…キンッキンに冷やして何もつけず食べるのもいいものですよ
        おやこれは失敬、しかし最後の余韻まで味わいたくなってしまうというのも仕方のないものです、お腹いっぱいになるほど食べるというのもなんだか違いますしね
        焼いたりしてあのように変化するのかどうかもよくわかりませんが、実際焼いたらあの八橋へと変化するのでしょうか…いえ、私は焼きたくないですが
        よい香りのお湯ならいいのですが天然の温泉は不快なにおいが多いような…ヒノキの香りがするお饅頭はそれはそれで何か違いますし…あるんでしょうか?
        気になりますね…少し探しにいってくるとしましょう!(思い立ったが早いが、颯爽と探しに飛び立つのであった…) -- レズエル 2015-06-02 (火) 19:20:42
      • なるほど・・・自然な甘さ派の真髄は深そうです・・・
        生八橋として商品化する時点で何かしらの変化を加えている可能性は確かにありそうですね・・・
        それを差し引いたとしても・・・なる・・のではないでしょうか?・・直接火であぶると言うより熱して水分を飛ばすイメージで・・・
        世の中意外な物を意外な食べ方をする例もままありますし・・・案外あるのかも・・・って早い!・・行ってらっしゃいまし・・・(手を振って見送る、軽くミル貝見たら本当に製法に温泉を用いてる説があった)
        -- 2015-06-02 (火) 19:45:09
  • BGMをバックに窓際に現れる影) -- レズエル 2015-05-31 (日) 18:36:26
    • (びくぅっと)けほっけほっ・・え?・・・なんでそんな怖い感じで出てくるのですか? -- 2015-05-31 (日) 18:55:50
      • こちらで流れている曲を参考に私らしさを出してみた結果ですね、ランダムエンカウントするザコとは一線を画す感じです(ポスっぽい構え)
        体を変える事で二度三度と現れることも可能…しかしライバルポジションにはなれないので第二形態でしょうか -- レズエル 2015-05-31 (日) 18:59:01
      • (はーふぅと息を整えポスっぽい影を眺めて・・・ポス?)天使に使っていい曲じゃないですね・・・
        つまり・・・生身レズエルさんを倒した後現れる感じのメカレズエルさんと・・3度目はどんな形態になるのでしょうね・・
        -- 2015-05-31 (日) 19:06:14
      • 天使と敵対する悪い主人公ならありですよ、偽りのメシアなどは倒さないといけませんね
        第三形態は人界用のヨリシロを捨てた本体ではないでしょうか、ここで物理法則を超えられますので、肉体があるとどうしても物理法則はあんまり超えられなかったりたまに超えたりですね -- レズエル 2015-05-31 (日) 19:10:53
      • しかし悪い主人公の場合、天使側の音楽をあからさまに荘厳にする事で主人公のダークサイドっぷりが強調されるのではないでしょうか?・・だからといって天使側が実は悪だとしてもやっぱり荘厳にする事で偽りとかうさんくささの様なものが強調されるのですが・・(難しいですねとううん)
        そういえば本体が居られたのでした・・しかしそうなると主人公側も物理法則を超えてくるようになるのですが・・・
        ・・・というかたまに超えられるんですか?物理法則・・・
        -- 2015-05-31 (日) 19:24:57
      • なるほどいいアドバイスですね、もしやリタさんはダークサイド主人公…?
        天使側が悪はこの際考えないで置いて下さい、と言うよりリタさん天使本人を前にそれはないですよ(ほっぺをむにっと摘む、天罰だ!)
        その場合は主人公側も天界に乗り込んでくると言うことになるのでそれなりの力を手に入れているのでしょうね、デビルパワーか…
        もしくは神魔両方の子みたいなものなのでしょう、ええ多分たまに超えてるんじゃないでしょうか -- レズエル 2015-05-31 (日) 19:33:32
      • (中野人が良く知らないなりに想定している属性的にはNeutral-Chaos立ったりする、悪人じゃない・・・善人じゃない)
        いはいいはいれふこへんあはーいー(痛い痛いですごめんなさーいーと呻きながら摘まれて)・・・悪そうな曲で現れたのに・・(ぽつり)
        正邪入り混じった力とは豪気だと思うのですが・・やっぱり相当罰当たりですよね・・・
        確かに・・飛行に冷却にBGM再生・・・サイズ的に出来る範囲を超えているやもしれません・・
        -- 2015-05-31 (日) 20:06:47
      • (規律より混沌や自由を好むのですね…人間で言えばガイアーズあたりに…)
        わかればよいのです、わかれば…(心が読めるのでちゃんと通じているようで手を離し)どうやら反省が足りないようですね(何時右のほほを摘んだら左のほほも摘むべし!する)
        そうなるのは素質が必要でしょうし本人がどう…よりもご両親らがちょっとやらかし系なのではと思いますね、警察官の娘がやらかして出来ちゃった婚、少し違いますねこれは
        BGMはおいといて(置いといた)空気抵抗などは無視していますからねえ(UFO的にシャカシャカとぶぞ) -- レズエル 2015-05-31 (日) 20:18:01
      • (好むというか家や体からの抑圧に対する反動として自由を求めてる感じで)
        いはいいはいれふーっ(涙目でじたばた)・・ゴメンなさい・・(くすん)
        出来っ!?・・・あぁいえ・・純粋な素養より本人の技量的な物でも良さそうですね・・・人間的な魅力で天使と悪魔両方を味方にした的な
        すごい飛び方するのですね・・・(UFO的なら重力も無視してそうだ)
        -- 2015-05-31 (日) 20:55:47
      • よろしい(すっと手を離す、やさしみ…)反省のごほうびに飴ちゃんをあげましょう(ドロップ缶を渡す、ハッカ味しか残っていないと言うことはないぞ)
        天使も悪魔も篭絡するようなそんな厄介な…しかしもし両方を篭絡したとしても、ともに戦う事は出来ないでしょうね、そのものを認めてもあいつと一緒はいやだ!のような…(属性が違うから呼び出せない!のようなの)
        この体ではそっちの方がそれっぽいですからね、光臨!という感じで飛ぶよりもしゃきーん?なんというのでしょうねこの飛び方は
        さて私はさる用事で2,3時間ほど姿を消すので戻るとしましょう、それではまた -- レズエル 2015-05-31 (日) 21:10:42
      • はう・・(頬をもみもみ)ハッカって昔はちょっと苦手でした・・・(オレンジとかイチゴッぽそうなのを選んでころころ)
        其処を協力させるが故の篭絡なのです・・・がまぁ無理なのでしょうねぇ・・
        フワー・・よりはしゃきーんですね・・鋭い感じで・・・えぇそれではまた・・・
        -- 2015-05-31 (日) 21:27:13
  • やってなかった一人ロールのような何か
    • (灯にラジオを貰ってから、毎朝のラジオ体操は日課になりつつある、調子が悪くて出来ない日もあるが、よければ第二まで)
      『しんこきゅーにゃー・・・いち、にーさんしっごーろく、しーちはちっにゃー』
      (第一を終えて)ふぅ・・・今日はこの位・・・このラジオちょっと変ですね?(少しずつ、でも確実に体力はついてきている)
      •  
    • (練習用ビー玉をころころと回す、手の中で回るそれはあっちにこっちに飛んでまるで安定しない)
      もうちょっと・・もうちょっとで回転が安定する気がするんです・・
      • 回転ねぇ・・アタシにゃただ回してるようにしか見えないよ・・・本当に無限の力があるのかい?
      • あります!ホリーさんもこのボールを回せば判ります!このボールが持つ可能性が!!(ころころ、げほげほ)
      • あぁあぁそんなに気張るとまた堰が出るよ、まったく・・(ぶつくさ言いながら背中を摩り)
      • けほ・・ふぅ・・・でも、本当にもうちょっと(ぴんっ・・・ころ・・ころころころころころ・・・)っ!?
        い、いま回りました、成功しかけましたよっ!?見ました!?
      • え?(見てない)・・莫迦な事言ってないで、はよう横になりな
      • 本当なんです・・今ちょっとだけ・・・
        (回転の世界の入り口に到った事で複製体の持続時間が延びました)
      •  
    • (リレイの元から帰ってきてから飛び込むようにベッドへ)〜〜〜〜っ!
      • (それから2,3日学校を休む事になった)
        (心配したメイドに躊躇いがちに理由を説明すると『なんですかそれくらい』ところころ笑われてしまった)
        ・・・(頭ではわかってる・・月の物だってもう着てる、いつまでもコウノトリにキャベツ畑じゃいられない・・・)
      • それでも・・何処か遠くの出来事だと思ってたんです・・・自分に関わりのない事だって・・・(シトラスさんに触れられた時だって同姓同士のスキンシップの延長くらいに思っていた)
      • そんなこたない、アンタもいつかは通る道だ・・・いつかね
      • ・・そんな日・・来るのかしら・・・(なんにせよ彼に謝らなければならない)
      •  
    • ・・・人と化け物を分ける境は何処にあるのでしょうか・・?
      • 哲学かい?・・似合わない事は辞めておきな
        でもそうだねぇ・・この街じゃとても重要な問題だ・・・種族としての人間じゃない者も、時として人として扱われる・・・アタシだってとっくに人間を辞めてるけれど、人の心は忘れていないつもりだ
      • 人の・・心・・・?
      • 臭いセリフだけどね、大事な事だよ
        人間でありながら怪物の様に振舞う者がいる、怪物でありながら人として生きる者がいる、この街で受け入れられるのは後者だ
        大事なのは自分が何者かではなくて、何者として生きたいかだよ・・・生まれは選べなくても生き方は選べる、運命は選べずとも立ち向かい方は選べるんだ
      • 生き方・・・そっか・・だから・・・(ならば人の為に戦う彼はやはり化け物ではない・・そう思う、思いたい)
        ・・・(同時に思う、自分は生き方を選べているだろうか・・)
      • 何かを言い訳にして選ぶ事を諦めるのは弱さの証だよ、抗う事をやめたらいけない
  • ……リタ。少し、真面目な話がある………時間をもらってもいいだろうか。(校舎裏手まで呼び出す形) -- 桜井雄二 2015-05-28 (木) 22:03:37
    • 雄二さん?・・・えぇ構いませんけれど・・・(はてと首をかしげながらついていく)
      ・・・でもどうしてこんな所まで?
      -- 2015-05-28 (木) 22:10:21
      • …前は一方的にリタの秘密を知ってしまった形になり、すまなかった。(頭を下げて)
        ……そして、できるなら。俺の秘密を聞いてくれ。そのことでイーブンにしたいんだ。 -- 桜井雄二 2015-05-28 (木) 22:12:12
      • いえ・・雄二さんの特性のような物なのでしょう?仕方ありません・・
        ・・・雄二さんの・・秘密・・・・・わかりました、それで貴方が納得できるのであれば・・(こくりとうなずいて)
        -- リタ 2015-05-28 (木) 22:20:40
      • ……ああ。その特性の話なんだ……リタ、俺は人間じゃない。化け物なんだ。
        オーヴァードという化け物で、氷と炎を操れる。こうやって……(右手に小さな火を作り出す)
        …軽く使うだけなら問題はないが、戦闘に使いすぎるとジャームという理性のない怪物に成り下がる。
        ……騙していたようで、悪かった。 -- 桜井雄二 2015-05-28 (木) 22:28:31
      • 化け物・・・?ゎっ
        (説明を聞き・・・ちょっと判らないといった風に)それはその・・・魔法の形態の一つとは違うのですか?・・
        (騙していた事になるのだろうかと悩む)理性のない怪物・・とは・・・?
        -- 2015-05-28 (木) 22:36:49
      • 魔法の形態じゃない。オーヴァードはレネゲイドウィルスに感染した人間が変化する。
        理性のない怪物、ジャームはオーヴァードの成れの果てだ。オーヴァードは死ぬか、ジャームになるか。この二つの末路しか残っていない。
        ジャームになれば人間らしい思考はほとんどなくなる。そして、人に害を成すだけの存在になるだろう。 -- 桜井雄二 2015-05-28 (木) 22:45:55
      • レ・・レネゲ・・・ウィルス・・・感染?(この体であれば支障はないだろうが・・当然抱く疑問は)その・・感染と言うのは・・具体的にどの様に・・・?(正直聞きづらい質問だ、病気を移すなといっているような物だから)
        (魔性の力を使おうとすれば魔性の領域に踏み込むのが早いが、同時に危険な道だ・・・ホリーの言っていた言葉を思い出す)
        ま、待ってくださいな・・それは、戦いに身を投じればの・・・話なのでしょう?(はっとする・・・雄二の何でも屋は揉め事の解決が最も多い)
        ・・・危ない事は・・なさらないで・・・
        -- 2015-05-28 (木) 23:00:55
      • わからない。ウィルスのような動きをする、人を進化させるもの、ということしかわかっていないんだ。…俺がいるだけで、人に迷惑がかかるかも知れない。
        ……それはできない。力を持つ者には責任が伴う。俺は力を手にした以上、誰かのために使いたい。
        ……大丈夫だ、誰かとの絆を感じている間はまた日常に戻ってこられる。ジャームにはならない、という意味だ。
        昔から、人間と怪物を分けてきたのはいつだって日常だ。 -- 桜井雄二 2015-05-28 (木) 23:15:11
      • ・・・進化・・それは進化なのでしょうか・・・(ふるりと首を振り)大丈夫ですよ・・迷惑だなんて、きっとそんな事ありません・・(根拠はないがきっぱりいう)
        ・・・(はっきりと言われればちょっとだけしゅんとして)本当に、雄二さんはいい人です・・・(それが少しだけ悲しい)
        日常・・私がその一助になれたなら・・・いえ、私だけじゃない・・塾の皆が、雄二さんの日常となれたら・・嬉しいです
        -- 2015-05-28 (木) 23:52:02
      • そうだな…リスクがある力を持つことを、進化とは呼ばないのかも知れない。(俯いて)そうか…?
        本当に良い人っていうのは、俺みたいな化け物を受け入れてくれる人のことを言う。……拒絶されることも珍しくはない。
        ……そうだな。俺にとって、私塾に通うことが既に日常で。大事なものなんだ。痛感したよ……
        ……話は終わりだ。怯えずにいてくれて、ありがとう。それじゃ。 -- 桜井雄二 2015-05-29 (金) 00:02:14
      • ・・・そうですよ、自分がどうにかなってしまうかも知れないのに、それでも人のために頑張れるなんて・・・(お人よしだとは思わない、自分に出来ない事をしている人はそれだけで尊敬する)
        ふふ、雄二さんはまだ化け物ではないのでしょう?・・・それに、この街じゃ変わった人はありふれてます(奇妙な表現で)
        ・・・いえ・・此方こそ・・話して下さって有難う御座いました・・・(それではと一礼し、少し時間を置いて教室に戻る)
        -- 2015-05-29 (金) 11:06:28
  • 誰が居て誰が居ないのか悩ましい時間、いかがお過ごしでしょうか -- レズエル 2015-05-27 (水) 15:52:09
    • そんな私もそろそろ霊圧を落とさなければならないこの頃で御座います・・・いえ決まった時間はないのでまだまだいけるのですが
      けほっけほ・・・いつもの様にのんびりと言った所で御座います(自室のベッドの上、複製体でない生の姿でパワーリストボールをぐるぐる回して)
      -- 2015-05-27 (水) 16:01:30
      • ご無理はなさらぬように、私なども帰還後即休息日を求められる事もありなんともはや
        見ようによってはリハビリ中とも見えますね、松葉杖なども必要でしょうかこれは、それはさておき時期が悪かった様なので戻るとしましょう(シャキーン 飛行形態だ! 空の彼方へと飛んでいく) -- レズエル 2015-05-27 (水) 16:08:18
      • (巻き上がる風に髪を揺らしながら)申し訳ありません・・追い返すつもりだった訳ではなかったのですが・・・
        なんにせよこうなったからにはだらだらせずキチンと眠るが良いのでしょうね・・・(もぞもぞゴロゴロ)
        -- 2015-05-27 (水) 16:15:39
  • どうよ?(くるり1回転、スカートがふわと広がる) -- 七巻 半 2015-05-24 (日) 00:55:53
    • ふふっよくお似合いです・・・私も・・えっと(くるっと・・2/3回転・・足をついて前を向く)
      上手く回れません・・・(スカートを軽く手で抑えながら苦笑い)
      -- 2015-05-24 (日) 01:00:14
      • こうだよ、こうこう(調子に乗ってくるくるくるくる回る。停まる)おえっ……回り過ぎた……気持ち悪
        やっぱりリタ可愛いなぁ……思った通り完璧に似合ってる -- 七巻 半 2015-05-24 (日) 19:57:07
      • こう・・こう?・・・うぅっ・・・(一緒になって回って一緒になってくらくら)だ、大丈夫ですかぁ・・?(ふらふら)
        ぁぅ・・・(正面から言われると恥かしげにもじもじ)デミさんの方が良く似合ってますよぅ・・こう、健康的といいますか・・おしゃれもバッチリですし・・(バングルを見て)
        -- 2015-05-24 (日) 20:46:57
      • あんまり大丈夫じゃない(うえ、と口に手を当て。目を回している)
        ああ、これ?(よくよく見ればムカデの意匠である。趣味が悪いというか、禍々しいというか、妖術的というか……)
        そういやこの服さ……明るいところだとちょっと透けるよね?通気性はばっちりなんだけど。
        リタもブラうっすら見えてるよ -- 七巻 半 2015-05-24 (日) 22:34:03
      • (ふらふらとしながら背を摩る)慣れない事は、する物じゃないです・・・ね・・・
        えぇ段々になってて装飾が細かい・・・・ぇ・・?(気付く、ちょっと戸惑う感じ)その、よく見ると少し変わった意匠ですね?・・
        ・・・え?(すける?・・・ナニソレ?って顔)・・・え?・・(言われてみる・・・気づかなかったけど・・)わ・・わわわっ!?(むちゃくちゃ慌てて隠す、真っ赤になって胸を抱いてしゃがみ込む)うぅ・・
        -- リタ 2015-05-24 (日) 22:48:00
      • リタはもっと可愛いおしゃれにいそしむがよいよい(うんうんと頷き)
        リタの透けブラは男子の視線誘導率99%くらいかな。ふっくくくくく
        (たのしそうに笑い)大丈夫だって!教室とかならそこまで目立たないだろうし
        (と、少女の肩をぽんと叩いて宥めた)
        それじゃ制服の輪が広がることを期待しつつ戻ろっかな。じゃあねー -- 七巻 半 2015-05-24 (日) 23:05:41
      • おしゃれ・・おしゃれですか・・・(うぅんと唸る、家が家だ、装飾品には事欠かないが・・・こういう服に合いそうな控えめな物はない)
        え、えぇ!?・・そ、そんなに見えちゃってますかぁ?(ゃぁぁ・・っと耳まで真っ赤にして)
        そう・・ですかぁ?・・・うぅ・・こんなの知っちゃったらもう着れないですよう・・・(でも着ていく、基本的にゆるいのだ)・・・それでは・・
        -- 2015-05-25 (月) 01:05:23
  • (そう言いながら振り返ったリレイ、その視線の先で)
    はっ・・・っふ・・(リタは胸を押さえて息を整えようとしていた・・・顔色は明らかに青ざめて、額には玉のような汗が浮いている)
    (いつもは時間と共に緩やかに力を失い、体はだるく重くなっていく・・・だから帰るタイミングも見極められると思った・・)
    (でも自分は今想像以上に浮かれていたらしい・・はしゃいで笑って、消耗に気付かなかった)お願い・・もうちょっと・・だから・・・
    -- 2015-05-21 (木) 20:28:01
    • (その様子を見れば一瞬驚き、しかしすぐに辺りを見回し、切羽詰まった声で屋台の店主に大陸語を投げる)
      (驚いた店主が屋台の影から木箱を出してくれた) 多謝大爷 …リタ、こっちに (手を引いて木箱に座らせようと)
      …大丈夫か? 焦らんで良いから、ゆっくり息しろ、な (心配した様子で声をかけ、とりあえず休ませようと) -- 李鈴 2015-05-21 (木) 21:38:40
      • (手を引いた直後、一瞬リタの体が文字通り明滅したのが見えたかも知れない)
        はい・・はぁ・・・は・・・(彼に促されるまま呼吸を落ち着かせる・・・魔力切れが近くなって、複製体のパフォーマンスが落ちている・・だから簡単に息が切れるんだ)
        ゴメンなさい・・折角・・・リレイさんの・・・故郷の味を紹介してもらえそうだったのに・・・けほっハッ・・は・・・(安静にすれば少しは持つ・・どちらにせよ時間の問題だ)帰らない・・っと・・
        -- 2015-05-21 (木) 22:00:02
      • ! …リタ、お前ー… (見た、明滅する身体 店主は気づかなかったようだが、見逃さなかった でも、気味悪がる事はなく、目の前にしゃがんで)
        良いんだ、別にそんな事は これから何度だってある機会だから それよりも、友達の事の方が大事だろ (握った手を片手でぽんぽんと包み子供をあやすようにしながら)
        立てるか? さっきは遠慮されたが、遠慮は聞かんぞ こんな姿を見て放っておくのは、俺の為にもならないぜ な? -- リレイ 2015-05-21 (木) 22:13:45
      • ・・・(息苦しくて自分では何が起きたか判らなかったが、どうやら彼は何かを察してしまったようだ・・・驚かせてしまっただろうか・・騙していたようで後ろめたい)
        (それでもぽんと手を優しく握られ、友達と言われると胸に暖かな物が広がる)・・リレイさん・・
        (仮に此処で消えてしまっても別に死ぬ訳じゃない・・・それでもこんなに沢山の人の目のある所で消えてしまいたくなくて)・・・はい・・(こくんと申し出を受ける)
        ぅ・・ぅ・・(ふらりとしながらも立ち上がろうとして・・・すぐにリレイに寄りかかるような形)
        -- 2015-05-21 (木) 22:29:22
      • (心配しながらも色々と推測を立てるが、途中でリタの正体について考えるのはやめた さっき見た楽しそうな笑顔がすべてだ)
        おう、また似たような祭りがある時に行こうぜ それまでに体力を鍛えないとな (わざと冗談めかして言って、明るく笑って見せる)
        よし、そんじゃあ…っとと (寄りかかる身体を抱きとめれば、流石に少し照れたように口ごもり それから、一度リタを座らせれば、目の前でしゃがんだまま背を向けて)
        ほれ、おぶってやるから こっちの方が早いし、俺もリタも楽だろ -- 李鈴 2015-05-21 (木) 22:38:06
      • はい(冗談めかした調子に、此方も汗を浮かべたまま困った様に、でも笑って応えて)
        え・・そんな・・・(遠慮しようとするが・・そんな事を許す状況下でない事は自分が一番よくわかっていて)
        貸し・・もう返されちゃいました・・・(素直に彼の背に身を預けて笑う)
        (・・・・ちょうど、人の形をした袋に綿でもつめればこんな感じになるだろうか・・背に触れる柔らかさ暖かさうんぬん以上に際立つ異様な軽さは、明らかに人外の物だ)
        お願い・・家まで間に合わなくていい・・・できる限り、人目のない所に・・・
        -- 2015-05-21 (木) 22:59:12
      • 俺と一緒に鍛錬してみるか?武術とは心身を鍛えて強くなって、その余裕で面白おかしく元気いっぱいにー…長くなるなコレ (講釈を垂れそうになって、頭を掻いた)
        馬鹿言え、こんなん借りの内に入らないさ 男がちょっと格好つけてるだけってね よ、とと (勢いよく立ち掛けて、予想外の軽さに逆にたたらを踏んで)
        …ああ、了解 (尋ねたい言葉を飲み込む、) しっかり掴まっとけよ、ショートカットだ (身を翻せば、リタの座ってた木箱を踏み台に、身長ほどもある柵を軽々飛び越えて祭りの外に)
        (暖かさも、柔らかさも、意識すると少し照れるが、それよりも今は…) 裏路地通っていくぞ だから、頑張れリタ (軽身功、身軽俊足の技を使い、駆ける 頭に地図は入っている リタの屋敷に向かって) -- 李鈴 2015-05-21 (木) 23:08:03
      • 武術だなんて・・・私にも、出来るでしょうか・・(その目には暴力云々以上に、自らの体を自在に操る様への渇望がある)
        ふふ・・ではそういう事で・・・んっ(驚きは一瞬、こんな移動方法があるなんて知らなくて・・・呼吸が苦しくなければもっと見ようとしていた)
        (頑張れと、応援されながら運ばれる・・・でも時間切れは刻一刻と迫っていて・・・いや・・もうダメだ・・)
        (屋敷が見えてきた裏路地の只中)リレイ・・さん・・・・(大事な話があると囁く)
        私は・・・っは・・死にません・・・でももうすぐ消えます・・・けほっけほっ・・はぁ・・は・・・その時、ビー玉みたいのが落ちます・・落ちた衝撃でわれちゃったら仕方ないですけれど・・・ひび割れたくらいなら・・・ふ・・はふ・・・大丈夫ですから・・・
        それを持って・・・そのまま家に来て・・ください(そこで全てをお話しますというと背中の感触が更に現実感を失っていき・・やがて夢か何かのようにふわりと消えて、玉虫色のビー玉が残される)
        -- 2015-05-21 (木) 23:36:49
      • 出来るさ 俺が出来てるんだ …ガキの頃は、チビでひょろかったんだぜ、俺
        だから、リタも鍛えればきっと…って、おい、気張れよ 屋敷に着いたら医者もいるんだろ? だから、おい、リタ!
        (弱弱しくなる呼吸に、希薄になる気配 走りながら焦燥が募り、思わず声を荒げたところに、少女の言葉 思わず足を止め、振り返って) え?
        (既にそこには居ない 誰も、気配も、熱も無い そして、背負っていた手の中にビー玉の感触 落ちそうになって慌てて両手で包むように握る 死んでない、家に来て、そう言われても、ゾッとした)
        …大丈夫、なんだよな? (喪失感からくる寒気に青白い顔をしながら、答えを返さないビー玉に問いかけて 震えそうになる脚に力をこめて、深呼吸…よし、) 行こう
        (死という縁起でもない言葉が段々膨らむが、それを押さえつけて屋敷の門 ノックをして開くまでの間ももどかしく) -- 李鈴 2015-05-21 (木) 23:46:48
      • (ノックして、程なく開かれる扉・・いつぞやの人の良さそうなメイドが迎える)
        (彼女はしかし、リレイの持つビー玉を受け取れば今日はお引取り願えないかと頼んでくる・・・それを)

        待って・・・いいの・・・(メイドの後ろから声がかかる・・・「お嬢様起きてらしていいのですか?」と「しかしそれでは」と食い下がるメイドにもう一度「いいの」と告げる)

        (そして現れる・・リタだ、リレイの背から消えてしまった筈のリタが、普段より幾分血色悪いパジャマ姿にカーディガンを羽織った姿で迎える)
        ケホっ・・けほ・・・こんな格好でゴメンなさい・・今、起きたばかりで・・・
        -- 2015-05-21 (木) 23:58:38
      • (挨拶もそこそこに、リタに会わせて下さい、と性急に頼む 一度やんわりと断られて、もう一度頼もうとしたところに声)
        リタ! …良かった、リタだよな…? (さっき自分の背中で消えてしまった感覚を思い出し、思わず身震いして、それから改めて姿を眺める)
        今起きたばかり…? え、でも、 (さっきまで、と言い掛け、言葉を飲み込んで) …遠隔操作、写し身? (残ったビー玉、消えた身体、血色の違い…そこからの推測) -- 李鈴 2015-05-22 (金) 07:37:47
      • (緊張に高鳴る胸を押さえ、そっと息を整えて)はい・・ゴメンなさい驚かせてしまって・・・
        (推測にこくんと頷く)はい・・・そのビー玉に私の霊体を込めて、仮初の体を作っていたのです・・・けほっ・・・けほっ・・エネルギー源の魔力が切れてしまうとあのように・・・
        (息を整えながら電池切れですねと困った様に笑う)・・・お騒がせしました・・
        -- 2015-05-22 (金) 20:42:57
      • いや、別にー… (気にするな、と言いかけたが、同時に、言っとけよ!と怒りたい気持ちもあった、ただ、こんな事までしてるのだ、外に出たいという強い気持ちも判る)
        (でも、だからと言って、あんなふうに消えてどれだけ心配したか、とはいえ、今こうして無事だから問題はない)
        (だけど、起こる気持ちも、ほっとする気持ちもごちゃ混ぜになって…結局、玄関先でへなへなと尻をついて座り込んだ)
        良かったぁあああああ…っ! あー、もー、マジで、目の前で、あんなふうに…
        死んだかと…もー、あーっ (ちょっと涙目で文句のような喜びのような声を上げて)
        …顔色悪いな (見上げ、文句の一つでも言ってやろうと思ったけど、) 無茶させたか?
        (先に心配を向けた 隣のメイドに) ごめん、連れまわした リタは悪くないよ -- 李鈴 2015-05-22 (金) 21:29:21
      • ・・っ?・・??・・(へなへなとなったり叫びだしたり・・・それだけ心配を掛けたのだと申し訳ない気持ちが強くなる・・・それでも・・)
        いえ・・顔色は・・元からで・・(ふらりとした所をメイドに支えられる・・・彼女はかといってリレイが悪いわけでもないと返して、立ち話もなんだからとソファのある部屋へと案内する)
        私は・・・普通になりたかったんです・・誰に気を使われる事のない普通の、健康な体に・・・先生にその願いを、たとえ仮初でもかなえてもらった後、鏡で自分を見た時・・見比べた時・・・誰にも、知られたくないって思ってしまったんです
        (座っていると落ち着くのか、出されたお茶を前にぽつぽつと己の心情を吐露して)
        -- 2015-05-22 (金) 22:25:35
      • そっか、これがリタなんだな… (元から、という顔色 悪いのではなく、生来の物なのだ 変わり身の顔色は、リタの希望する自分の色なのだろう、と納得する)
        (そして、ソファに座ってリタの話を聞く) …かりそめの自分は元気で、動き回れて でも、それは本物の自分じゃないから…って、理想の自分と比べちゃう、か
        (改めて部屋の明かりでリタの顔や体つきを眺める 確かに元々、細い印象があったが本物は更に) 確かに、学校に来てるリタとは違うな
        …他に知ってる人は居るのか? 先生あたりは知ってそうだけど、生徒で -- 李鈴 2015-05-22 (金) 22:33:19
      • ・・・えぇ・・本当に・・・そういう事で・・・向こうの体も大して強くはないけれど・・・それでも走れるんです・・外を、誰かと・・・
        (けほりと咳をして)子供じみた話です・・本当の事を言わなければと思うのですが・・・どうしても切欠が欲しくなってしまって・・
        (ふるりとゆったりと首を振る)先生も、ホリー先生しか知りません・・・ハダリーさんは全てを・・灯さんも、私が仮初の体で通学している事は知っています
        ・・・ハダリーさんに知られてしまった時に色々あって・・・それからは聞かれたら答えるようにと決めてはいるのですが・・・
        -- 2015-05-22 (金) 22:54:21
      • 寄り道したり、買い食いもできる、って事だな …今のリタは、走る事もできない… … (少しためらうように言葉をとめて)
        …家の中に居れば、問題ないんだな 通学して、一日動き回るとかは無理でも (先生はホリーだけ、ハダリーはすべてを…全て?)
        という事は、まだ話せない何かもある、って事で考えて良いのかな いや、今追求はしないけどさ (何かを考えるように腕組みをしてうなり…)
        食べたものとか、そう言うのってどうなるんだ? というか、リタ本体は、物は食べれるのか? (そんなことを不意にたずねる) -- 李鈴 2015-05-22 (金) 23:00:58
      • (躊躇う様子に大丈夫と頷き)そういう事です・・(ある種の諦めと・・受容の表情)
        えぇ・・・元々あっちの体でいる時は寝ていますから・・・・あら・・(灯さんと比べてと言う意味で言ったのだが・・・話せない何かがにはがっつり心当たりがあって)え、えぇ・・・(気まずそうに目を逸らす)
        そんなに多くはありませんが、食べられます・・・向こうで食べたのは・・私も不思議なのですが消えてしまうみたいで・・・でも沢山食べた後って起きた後すごくお腹がすくんです・・多分心が満たされて、体がそれに追いつこうとするのかと・・・(だから今も・・と恥かしそうにお腹を摩る)
        -- 2015-05-22 (金) 23:24:34
      • (諦め、気まずさ、色々な負の表情を見せる少女を、じっと目をそらさずに見つめる少年は、しかし、恥ずかしそうな声を聞いた所で、に、と笑った)
        なんだ、それなら問題無いな …俺も、実は、拾われた時は5歳まで持たないだろうって言われてたんだぜ 体が弱いのはお互い様さ
        (言えば、腰から下げたポーチをぱちりと開ける そこには、油紙に包まれた包み それを開けば、瓶 それは、先程屋台通りで、リタが食べようか悩んでやめた物)
        買い食いができなくても、こうやって持ってくることはできる へへ、本当は、帰りに渡すつもりだったんだけどさ (手渡し、少し笑って)
        身体弱いのも、本体じゃないのも判った でも、中身も意識もリタなら、俺はそれで良いや …か意食いが出来ないなら、持って来てやるからさ
        『次からは』ちゃんと、無理せず言うんだぜ? (写し身も今までどおりで、そして、本体ともこれからも仲良くしたい そういって、少し恥ずかしそうに笑った) -- 李鈴 2015-05-22 (金) 23:38:47
      • ・・え?・・・リレイさんも・・・?(自分の中で彼はある種の健康体の象徴のようなものがあったから、これには心底驚いた)い、一体どうやって?
        ・・ぁ・・・これ・・(受け取り、開いて)・・・ありがとう・・ございますっ(顔を赤くして、きゅっと大事そうに抱える)
        はい・・私も、これからもリレイさんと仲良くしたいから・・ちゃんと言います(にこーっと笑って改めてお願いしますと告げた)
        -- 2015-05-23 (土) 00:09:42
      • 地道な鍛錬、これだけさ (そういって、日に焼けて鍛えられた腕を軽く叩いて) 本当に基礎の呼吸とかなら、今のリタでも出来そうだ
        リタが鼻の頭にアイスくっつけて慌ててる所でこっそとね (してやったり、と目を細めて)本物の舌で経験積んで、ゆっくり行こう
        隠したいなら隠すのも良い でも、知っちまったからには、俺は、リタに会いに来るよ (こちらも似、と明るく笑って見せ)
        (そうしてその日から、ちょいちょいと高級住宅街の一角を訪ねる少年の姿がみられるようになった) -- 李鈴 2015-05-23 (土) 00:35:04
    • //ダレるのを恐れるあまり強制で巻いてしまっている・・・申し訳ないのです -- 2015-05-22 (金) 07:28:57
      • //(そんな時に寝落ちる俺ですまねえ…!) -- 李鈴 2015-05-22 (金) 07:31:13
      • //いえいえ、風邪など引かぬようにーなのですっ -- 2015-05-22 (金) 07:47:13
      • //リタ超可愛い…長い遊びありがとうね! -- 李鈴 2015-05-23 (土) 00:41:12
      • //本当、言っておけばスムーズな話なのにね・・此方こそありがとうっ -- 2015-05-23 (土) 06:17:32
  • リタ! (帰り道後ろから追いかけてきた少年が) …俺と付き合ってくれないか! (真面目な顔でそんなことを言ってきた!) -- リレイ 2015-05-19 (火) 20:15:22
    • (セーラー服は思っていた以上に涼しく過ごしやすい・・足が露出するのが恥ずかしく思えたが慣れてみると可愛くて良い)
      (そんな事を考えながら歩いていると後ろから声をかけられて)え?・・・付き合う・・・?・・(真面目な調子で突然言われてきょとんと、意味を反芻する)
      (ちらりと時計を見る・・・時間は・・まだ大丈夫だと思う)えぇ良いですけれどどちらに?・・・何か、あったのですか?(走り寄る+真面目な顔+言葉足らず=急を要する案件と思った様だ)
      (罠だ、『付き合う』の用法を理解していない)
      -- 2015-05-20 (水) 11:27:55
      • よっしゃー!(天に向かってガッツポーズをすれば満面の笑みで) こないだ言ってた屋台通りでスイーツ祭りやってんだよ
        でも、それが男だけだとダメらしくて…女性の同伴者探してたんだ 良かったー、今日最終日なんだよ
        ありがとな、付き合ってくれて こないだの約束も果たせるし、行こうぜ (嬉しそうに礼を言えば歩き出す)
        時間ヤバかったら持ち帰りもできるしな …あ、それってアリ? リタの家的に (お屋敷だし厳しいのかな、とか心配しつつ) -- リレイ 2015-05-20 (水) 12:48:50
      • ?・・??・・(真剣だと思えばすごく嬉しそうで・・反応がよく分からず首を傾げていると)スイーツ・・まぁっ甘い物ですか?(思わず声に嬉しそうな色が混じる)
        はい、是非に・・っ(誘われるがままにこちらも歩き出す)ふふ・・ダメとは言われませんよ、多分(その辺は上手く取り繕ってくれる人がいるのだろう)
        それに・・そういう事でしたら持ち帰りではなくその場で楽しむのが良いと思うのです・・・(何せ初めての寄り道と買い食いだ、雰囲気も楽しみたい)
        リレイさんは、甘い物がお好きなのですか?(男の人では珍しい気がしてそんな事を尋ねる)
        -- リタ 2015-05-20 (水) 13:17:57
      • そう、甘いもの! これまたいろんな国のが揃ってるらしくてさー…行かざるを得ないだろ!
        って、ああ、あのメイドさんか? (あの人いい人っぽかったもんなあ、と頷き) ちょっとくらいの寄り道は心の栄養だしな
        そうだな、でも時間があれだったら言ってくれよ? また送るからさ (こっち、とリタの帰り道から外れて町中の方に)
        うん? ああ、沢山は食わないし、クリーム系はむしろ苦手だけど… (リタの想像通りなのだけど、) 今回のは、俺の国の人も店だしてるらしくてさ
        こう言う機会じゃないと中々売ってないし、どうしても行きたくなっちまったんだ (段々と人通りが多くなり、雑多な人種が入り交じる下町 喧騒)
        そういや、その服って学生服ってやつだよな うちの塾って制服あったの? -- リレイ 2015-05-20 (水) 13:36:17
      • 様々な国の甘い物・・・どんなものがあるのでしょう・・・っ
        (そういう事ですと頷く、実際寄り道という未知の経験を前に、足取りからして浮かれていて)
        いえ・・流石にそこまでお世話になる訳にはいきませんから・・でもありがとうございます(申し出は素直に嬉しいのでぺこりとして)
        まぁリレイさんのお国の物も?それは是非にでも見に行きませんとっ(真っ先に行きませんとねっと握りこぶし)
        ・・・え?えぇこれですね・・・(えへへ・・・とちょっと嬉しそうに制服を抓んで)いえ、服装は自由ですから・・・それならばと、デミさんと示し合わせまして・・・(似合い・・ませんか?と少し不安げに)
        わぁ・・・(普段あまり見る事のない下町の喧騒・・・人通りが増えてくると目をきらきらとさせてきょろきょろと)ぁぅ・・あ・・ごめんなさい・・ゎっ(下町の歩き方など分からない、ぶつかりそうになったり人波に呑まれたり)
        -- 2015-05-20 (水) 14:26:52
      • 天井まで伸びるような濃厚ジェラート、ミルクたっぷりで練った小麦粉を揚げて蜂蜜に漬けた菓子…色々さ!
        (浮かれた様子を見れば、誘った側としても気持ちが好い 祭りに向かう足取りも軽く、話す二人の声ははしゃいで)
        そうか?気にしないで良いけど…はは、真っ先に行かんでも、時間があるならぶらっと見て回るのも良いさ 気になる菓子も見つかるかもしれんし
        七巻も? へえ、並ぶと目を引きそうだな、東洋美人と西洋美人だ 似合ってるぜ、リタ (不安を吹き飛ばすような素直な誉め方)
        印象が変わるけど、いつもより活動的に見えるな 良いと思うぜー…って、おいおい、リタ (人並みに揉まれるのを見れば、その手に手を伸ばし)
        悪い、ちょっと歩調速かったな 繋ごうぜ、はじめての道草で迷子になっちゃあコトだ 祭りの会場はもっと多いかも知らんしな -- リレイ 2015-05-20 (水) 15:55:09
      • わぁ‥っ・・・そんな素敵な催しも男性だけではダメと言うのは少しもったいない気も致しますね‥
        いえいえ、リレイさんの故郷の物は私も興味があるので・・・
        えぇデミさんは健康的な方ですから、こういう格好も映えると思います・・・(それに比べるとと少し後ろめたいが美人と言われれば顔を赤くし、素直な賛辞に照れたように笑って)ありがとうございます・・っ
        (はしりと伸ばされた手を掴む)は・・はぁ・・・凄い人です・・目が回りそうで・・・(既になんかぐるぐるしてる)
        はい・・このままで(取った手をぎゅっと、縋る様に握って付いていく)リレイさんが巡った国にはこれ以上の人だかりがあったりしたのですか?
        -- 2015-05-20 (水) 16:42:28
      • ナンパ防止なんだとさ 俺がナンパするような男に見えるのかねぇ (ちょっと拗ねるように)
        はは、嬉しいなそりゃ 良い国だぜ、飯も上手いし国土も広い、いろんな顔を見せてくれる国さ まずはデザートの味から知ってくれ (旨いゾ!)
        七巻とリタは違うだろうさ (遠慮と卑下が混ざったリタの声に肩をすくめ) 七巻も可愛いけど、あっちはあっちでリタを見て同じようなこと考えるんじゃね?
        (礼の言葉には、おう、と明るく笑って返す 掴むリタの手を握り返す、見た目より固くて大きな手だ)
        はは、こんなん序の口だぜ 押し合い圧し合いをこじ開けて進むような市場だってあるぞ (手を繋いでからは随分歩きやすいだろう 慣れた様子で人の波を掻き分けてリタの道を作る)
        そろそろ着くな…っと、此処だ此処だ (人混みがまばらになれば、ある一角が華やかな柵で区切られている 看板に甘味祭り的な…)
        おお、もう漂ってくる匂いが甘いな…! …ああ、でも、確かに… (近付けば、ちょっと気後れしたように笑い) 女の園だこれ…! -- リレイ 2015-05-20 (水) 18:43:07
      • なんぱ?(あまり良い意味ではないのだと察して)ふふ、リレイさんが良い人であるという事、私は知っていますから(だからと宥める様に)
        デミさんも・・?(そうなのかしらと呟く・・・彼女には彼女の魅力がある様に自分もまたそうであると考えると思いあがりを恥じる心地がわいてこそばゆい)
        (台風の時も繋いだ固いが力強い手に頼る、彼が作る道を辿る形で歩みも楽になる)此処よりももっと・・・(ふわわと気が遠くなりそうな話だ)
        ここ・・ですか・・・(見上げ、目に入る看板や鼻腔を擽る甘い香りに瞳を輝かせる)わぁ・・・凄いです・・なんだか夢の国の様な・・・(思わず走り出しそうになりながらくいとリレイの手を引く)ほら行きましょう?リレイさんっ
        -- 2015-05-20 (水) 19:38:25
      • ナンパってのはー…って、本当に箱入りだなあ (説明しかけて、流石にちょっと恥ずかしいのかそう言って誤魔化した)
        そうさ、俺だって桜井のクールさやリトラの華やかさが羨ましい、けど、憧れるのと自分の魅力を否定するのは別問題ってね
        そう、ここよりもっと…って、おいおい、想像だけで気を失ってたら大変だぞ! (その手を引いて笑い)
        屋台もお菓子で出来てるって言われても信じそうな香りだ… (きゃっきゃしてる空間にたじろぐも、手を引かれて慌てて歩き出す)
        さっきと逆になったな はいはい、転ぶぞリタ (笑いながら看板の下のゲートをくぐる 路地の左右にずらりと並ぶ万国の屋台)
        (人種国籍、種族もバラバラ、香りも様々 ) 春夏秋冬の花を纏めてもこうまで華やかじゃないだろうな ほら、リタ、あそこの屋台さっきいってたジェラート! -- リレイ 2015-05-20 (水) 22:09:10
      • ・・・え、えぇっ!?そういう言い方しなくても・・・(わたわた)知らないだけです・・良い意味で無い事くらい分かりますから(むむっとむくれて)
        自分の魅力・・・(果たしてなんだろうかと思うが・・・変にネガティブになりたくなくてはいと頷く)
        ぁぅ・・・すみませんつい・・・(いやはやと照れ笑い)
        ふふ・・そこまで柔じゃないですっ(柔だけど今はなんだか元気で溢れている・・)ぇ?・・・わぁっ本当に大きい・・・(食べきれるでしょうかと思いながら目先の魅力に惹かれる様にジェラートに向かう)
        -- 2015-05-20 (水) 22:44:18
      • はは、悪い、馬鹿にしたわけじゃないんだ (むくれる様子に) そう言う顔もできるんだな (好意的な意味をこめて笑った)
        その内分かるさ、自分の事は一番最後に分かるってね (頷くリタに頷き返し、照れ笑いを見ればまた楽しそうに笑った)
        おう、その意気その意気! (ジェラートの屋台に手を引かれれば、いろんな色を練り上げた虹色のそれを眺め) 好きな所を取ってくれるってさ 食ってみようか
        (屋台の親父に声をかけて、代金を払えば、カップを二つとお玉のようなスプーンを受け取る) ほれ、好きなとこ (お玉をリタに渡す) -- リレイ 2015-05-20 (水) 23:11:06
      • わ、私だって怒るときは怒るんですから・・・(あらやだと頬を揉み揉み、和らげる)
        (お玉を受け取る)・・・つまりこれで・・・(タワーを見る)・・・此処から?・・すごい・・え、えっと・・・じゃぁ‥
        (こことーこことーっと拙いながらもなるべく色の混じりあってる所を削って・・・加減が分からない物だからすぐにカップがいっぱいになってしまう)
        あはは・・お店でもらう様に綺麗にはいかない物ですね‥(あまり良い出来栄えといえないのを見て困った様に笑って)・・はい、リレイさんの番です
        -- 2015-05-20 (水) 23:40:30
      • そりゃあ怖いな、怒らせないようにしないと (降参するように両手を挙げる そんな様子を見た屋台の親父が笑った)
        おう、そこからー…ほらほら、こっちも混ざってるぞ、倒すなよ? ほら (楽しそうに声をかけながら時々からかって) お、多謝 いただくよ
        (そのカップを貰えば、お玉も受け取って) じゃあ、リタはー…そうだな (ジェラートの山を見回し、一角にお玉を沿えればぐりっと手首を捻って一息にえぐる)
        ほい、リタの分 (ぽん、とカップにお玉をぶつければ、綺麗にまん丸、虹色ジェラート) よっしゃ、上手くいった! 親父さん、スプーン頂戴! …謝謝 (それを受け取り、リタにも渡した) -- リレイ 2015-05-20 (水) 23:55:20
      • あ・・ぁぅ・・・(リレイが手を上げて屋台の親父さんに笑われるとなんだか大事になってしまった気がして、顔を真っ赤にしてしおらしくなる)
        ふふっ急かさないで下さーいっえ?おっとと・・・(からかわれながらもきゃっきゃと笑って形作り・・・)
        え?・・・(できたーっと思ったらぱっと受け取られて呆然と、そのまま見事な手つきで新たに、綺麗に作られていく虹色のジェラートを見る)
        (それを受け取って)え、えっと・・・どうも・・(スプーンも受け取る・・・でも視線はリレイの手のジェラート)
        (自分の為に作った物のつもりだったから多少(?)汚くてもしょうがないと、それはそれで達成感があった・・・でもそれが友人の手に渡ったと思うと)ぁ・・・ぁぅ・・・
        (リレイの作った綺麗な球体との差もあいまり、出来栄えの拙さが途端に恥ずかしい物の様に思えてきてしまう)
        -- 2015-05-21 (木) 00:28:05
      • (わいわいと賑やかな屋台通り、真っ赤になる少女と明るく笑う少年だ)
        (そして、自分のすくったジェラートをリタに渡して、早速食べようとスプーンを取ったところで…止まって)
        え? なんか俺、不味い事したか?! あ、もしかして、俺勘違いしてたか (リタの視線の先の、自分が持っているカップを見れば慌てて)
        自分がすくったので食べたかったか? そ、そうだよな、初めてやったんだもんな まだ口つけてないから、返すよ? (先走ったか、とすまなそうに眉を下げ) -- リレイ 2015-05-21 (木) 00:45:15
      • ・・・(息を吸って・・吐いて落ち着く・・彼は悪くないのだ、自分に恥をかかせたかったなんてある訳がない)
        ・・・んっ(はしたなさなど考えずはむっと受け取ったジェラートにかぶりつく、これでもう交換できない)
        一つ、貸しです・・・(つんと)次はあったらもっと上手に作るんですからっ(びしっと指を突き付ける・・こんな仕草した事が無いからもうどきどきである)
        -- 2015-05-21 (木) 01:06:58
      • あ (お嬢様らしからぬ感じで被りつくのを見れば、目を丸くして それから指を突きつけられれば、戸惑うようにこくこく頷いて…ぷ、と吹き出した)
        悪かった、リタ ああ、この借りは返さないとな そうだな、次があったら…まあ、あるさ、また誘うから (そういって自分の口の周りを指でつついて)
        それはそうと、口の周りが凄い事になってるぞ? (慣れない食べ方で、ぺったり口の周りが汚れていたのだ) -- リレイ 2015-05-21 (木) 01:11:30
      • (貸し借りでいえば彼から借りている物の方が多いのだが、それでもそう言う・・・それが功を奏したように和らいだ雰囲気にほっとして)
        ・・・?・・えぇ・・お願いします・・・?あの・・どうしてそんな笑って・・・?
        (示されるままに口元に触れて)あ・・ゎ・・あーぁぅー・・っ(また真っ赤になって手で隠す、涙目で親父さんに紙ナプキンを貰って拭い去る)
        ・・あはは・・・慣れない事は、する物ではないですね・・・(恥ずかしげに笑い、照れ隠しに今度はちゃんとスプーンで食べる)うん、おいしいです・・・
        -- 2015-05-21 (木) 01:23:03
      • はっはっは! いや、良いと思うぜ 小奇麗にちまちま食べてたら溶けちまうからな (大口を開けてがぶっと齧るジェラート)
        うん、美味い! これだけでも来た甲斐があるってもんだぜ リタも、慣れないなら慣れるまでがぶっとやってみりゃ良いさ
        (恥かしそうな様子に明るく笑って) よっしゃ、食いながら屋台冷やかそうぜ 見てるだけでも楽しそうだし 俺のお目当ては奥の方みたいだしな
        (屋台に引っ掛けてあった地図を眺めながらもう一齧り) ゆっくり行こうぜ (片手を差し出し、目を細めた)
        //(眠るます 一日またぎで長いようなら〆ても大丈夫なのよ) -- リレイ 2015-05-21 (木) 01:30:05
      • ふ・・ふふ・・・それもそう・・ですねっ(はむっとまた被りついてみる‥家の人が見たら卒倒するかもしれないが‥スプーンで食べるのよりずっとおいしく感じた・・また口元についたが)
        (それを拭いながら)えぇ、いろいろと見て回らないとっ・・・(これで一件目、屋台はまだまだ沢山あるのだ)
        (片手にジェラート、片手は握り合えばいよいよスプーンの出番はなくなる・・大胆に被りつきながら次の店へと向かう・・・いつしか時間など忘れていた)
        //(お休みです!いえまだ大丈夫・・・このまま時間切れで弱る展開とかしてみたいし(酷い)出来れば続ける感じで・・・ただ次当たりから植え替えるかもです)
        -- 2015-05-21 (木) 01:42:02
      • 思った以上に店があるからなー…日が暮れるまでに全部覗けるかな? (そんな事を言いながら、わいわいと二人で店を覗いては楽しんで、)
        お、あったあった! (一番向こうにあった中華菓子屋台 懐かしい装飾を見かけて、匂いをかげば、リタを振り返って) 俺のお目当てはあれさ
        //(おーけーしのぶ!続きは別ツリーで行くとしよう!今日はおやすみなさい!) -- リレイ 2015-05-21 (木) 01:46:30
  • (その日の授業が終わる頃に視線が合う)…マル……リタ。少し相談があるんだが。
    ……カラオケ、というものを知っているか?(遠い目をして)みんなで一部屋に集まって機材で歌を歌うものなんだが。
    それでみんなの前で『上を向いて歩こう』を歌ったら苦笑いされてしまった。一体、どうすればよかったのだろうか… -- 桜井雄二 2015-05-20 (水) 20:45:52
    • ふふ・・どうしても言いづらかったら好きな風に呼んで頂いて結構ですよ?
      まぁ‥そんな物が・・・?(知らなかったらしい)上を向いて・・・少し、存じ上げませんがタイトルは素敵だと思います・・(どの様な歌なのでしょう?と首を傾げる‥暗に歌ってって言ってる!)
      -- 2015-05-20 (水) 21:15:27
      • いや、大丈夫だ。慣れる。リタ、リタ、リタ。大丈夫だ。慣れる。
        あまり上手くはないが。上を向いて 歩こう 涙がこぼれないように(本当に歌った!)
        (クラスの注目が一瞬だけ集まり、また桜井かと視線が散っていく) -- 桜井雄二 2015-05-20 (水) 21:19:07
      • そう・・ですか?・・・そういう事であれば、慣れて頂ける日をお待ちしております(ちょっぴり厚かましいかなと思いながらもその努力を尊重して)
        ・・・(静かに目を閉じて曲に耳を傾ける、何か辛い事があって一人になっちゃって、その悲しみにくれながらもせめて振る舞いだけは明るく行こうという心持が歌詞や曲調から感じられる)
        (ぱちぱちぱちと手を叩き)いい・・と思います、とても素敵な曲だと私は思いますが・・・苦笑い、というのは少し不思議ですね?・・ハッピーエンドな曲で無かったのが良くなかったのでしょうか?
        -- 2015-05-20 (水) 21:29:01
      • ああ。まだ普通に喋る訓練をしている途中だからな。いつか自然に名前を呼べるようになる。
        そうか、ハッピーエンドな歌………歌自体をあまり知らないが、明るい歌を歌ったほうがよかったのか。
        (それをメモって)次にカラオケに行くことがあってもこれで対応できるかも知れない。礼を言う。 -- 桜井雄二 2015-05-20 (水) 21:37:17
      • 普通に・・・喋る訓練?(どういう事なのかと不思議そう)
        やはりお友達とどこかに行くとなれば楽しくなれた方がいいですから(こくこくと)
        いえ・・それにしてもカラオケですか・・・ふふ、なんだか楽しそう・・人前で歌った事なんてありませんから、私には出来そうもないのですが・・・
        -- 2015-05-20 (水) 21:46:41
      • ……口下手で。それを何とかしたいと努力している。発声練習とかな。
        そうだな、それで砺波は明るくてノリが良い歌を選んでいたのか……
        …俺も人前で歌ったことなんて、カラオケに行くまで一度もなかった。何事も経験だ、リタ。 -- 桜井雄二 2015-05-20 (水) 21:53:07
      • まぁそうだったのですか・・・お手紙で拝見した時とは印象が違うと思っていました・・・
        砺波さんですか・・・(前に一度だけ話した時はまさか同じ私塾に通う仲間とは思わなかった物だ)親しいのですか?・・砺波さんが行き慣れているのなら色々訪ねてみるのもアリかもしれませんね?
        ふふ、そうですね・・・では今度行くときは、私もご一緒します(こくこく)
        -- 2015-05-20 (水) 22:25:51
      • ……手紙の時には、気兼ねなく書けるんだが。人と向き合うと、余計なことを考えてしまう性質らしい。
        ああ、砺波に誘われてカラオケに行ったんだ。参考にCDも借りたけれど、多すぎてどれから聴けばいいのかわからない。
        そうだな、またメンバーを変えて私塾のみんなでカラオケに行くのも楽しいかも知れない。李鈴辺りを誘って。 -- 桜井雄二 2015-05-20 (水) 22:32:24
      • それはそれだけ雄二さんが慎重な方だという事でしょうね・・・(そう言うのもアリだと思いますとこくこく)
        ふふっ多すぎるのも考え物ですね・・・でも娯楽なのですからどれからーなんて決まりなどないのかもしれませんよ?
        えぇ・・皆さんで行った方がきっと楽しいですから・・・(うきうきとした様子で同意して)
        -- 2015-05-20 (水) 22:58:49
      • 慎重なのか、臆病なのかはわからないが。少しずつ変われたらいいと思っている。
        そうか……それじゃ帰ったらフィーリングで一枚選んで聴いてみよう。(薄く笑って)
        シュラは歌が上手いかも知れないな。ああ、それにリタも歌えそうな歌を覚えておく必要がある。
        それから……(気に入ったのか、意外とカラオケ話が盛り上がる雄二だった)
        …む。そろそろ事務所に行く時間だ。それではまたな、リタ。学校で。 -- 桜井雄二 2015-05-20 (水) 23:08:13
      • (あ、笑いました・・とちょっと嬉しそう)案外一つ選んだらそこからはトントン拍子かもですね
        えぇ・・ちゃんと覚えておきませんと・・・あ、はい・・それではまた・・(ぱたぱたと手を振り見送って)
        -- 2015-05-20 (水) 23:20:16
  • ……リタはセーラー服似合いそう。あたしらの塾って制服ないからこう、ちょっと憧れるものがあるよね制服
    (胡坐をかいて座り込む低女子力娘) -- 七巻 半 2015-05-17 (日) 19:40:45
    • 似合い・・ますかね?(なんだかちょっと嬉しそう)確かに制服を着ると学生って感じが出て楽しそう・・・・・・いっそ自主的に着てしまうとか?
      (思い切った事を考えつつ)・・・その・・デミさんスカートであまりそういう座り方はなさらない方が良いのでは・・・?(見えてしまいますよぅと心配そうに)
      -- 2015-05-18 (月) 02:50:01
      • いいんじゃない?確か特に服装の決まりは無かったと思うよ。尻丸出しの天使とか、フルプレートアーマーの騎士とか居るんだし、いけるいける。何の問題もないよね
        リタが着るならあたしも着てみようかなぁ……あえ? 別にリタに見られても困らないし。風入ってきて涼しいよ。リタもやってみ?
        (見苦しい!とかだらしない!とかいう観念は希薄なようだ。迷惑な娘である)
        (もちろん純白が見えてる) -- 七巻 半 2015-05-19 (火) 00:40:19
      • あはは・・ですよね・・・デミさんも?一人で制服を着るのも勇気がいるので、仲間がいると心強いです(嬉しそう)
        涼しいって・・(おずおず裾を握って・・・)やだ・・・(赤くなって下ろす)と、兎に角、あまり無頓着すぎても失礼になるかもでして・・(ほらちゃんと抑えてっとぱたぱた隠そうとしてみる)
        -- 2015-05-19 (火) 04:13:41
      • リタはいいお母さんになるよ。世話女房ってやつだね(苦笑いしつつ、促されるまましぶしぶ姿勢を正した)
        あたしもセーラー服見てくるかぁ、それじゃあまた、後でー -- 七巻 半 2015-05-20 (水) 00:54:33
      • (ちゃんと正されるとほっと胸を撫で下ろして)お、お母さんなんてそんな・・・
        はい、そうしたら見せ合いっこしましょう(えへへっと笑いながら見送って)
        -- 2015-05-20 (水) 11:13:08
  • そういえばリタさん、なんかこう、幸薄いとは違うけど、血の気が薄いというか生命力がなんか希薄な感じがして……(如実に生気を感じるほどではないが、感覚として普通の人間とは異なる様子を捉える)
    ハダリーさんみたいに吸血鬼ってわけでもなさそうだしね?(別段不審な、というわけではなく気にかかった事を聞いてみたくなったという 明るめな口調) -- 2015-05-16 (土) 23:44:31
    • え・・・そう・・思いますか・・?(ずばり言い当てられた気がして悲しげな顔)
      元々体の強い方ではなくて・・・そのせいかもしれません・・(ぺたぺたと頬を摩り血行を促進するように・・効果はないが)気になりますか?
      -- 2015-05-17 (日) 02:46:19
      • こう、ふわっとした言い方になるけど、人として普通にしてる感じなんだけど、覇気がたりなさ気と言うか……
        いや、こっちに来てから人間以外の人とかたくさん出会ったから、もしかしたらリタさんもそういう感じなのかなーってさ。気に触ったらごめんね
        (魔力を扱うとは言え本職の魔術師の足元にも及ばない リタの本質を捉えるには至らない)
        でも、確かにあまり表に出るような感じの人じゃないもんね、リタさん……運動して血行促進してみる?(とりあえず動けばなんとかなる、という脳筋思想) -- 2015-05-17 (日) 03:18:48
      • ぁ・・・(複製体は元の体を質感や匂いに到るまで丁寧に再現する・・・だから希薄なのは元からの物と思ったが・・・やはりわかる人にはわかってしまうらしい)
        いえ・・・流石といいますか・・慧眼でいらっしゃいます・・・(ハダリーに見られて一悶着あってから、言いふらさずとも無理に隠す事はないのではと思い始めていて・・・思い切って認めてみる)
        でもやはり、覇気が弱いというのは恐らく私自身の問題でして・・・運動すれば・・良くなりますかね?
        -- 2015-05-17 (日) 03:37:59
      • え、やっぱり何か事情があったんだ?(気のせいかも、という程度の感じ方であったらしく、驚きも交じる表情)
        私はリタさんの事情をあまりよく知らないから、断定は出来ないけどね。いきなり激しい方向に行っても無理そうだし、軽い徒競走……「じょぎんぐ」辺りから始めて見るといいんじゃないかな! -- 2015-05-17 (日) 03:52:30
      • えぇ・・少し信じがたいやも知れませんが・・学校に通っている時の私は幽霊のような物なのです・・・(キチンと自分から話すのは初めてになるので、ちょっと緊張する)
        毎朝体から抜け出て、仮初の体を得て、夕方には戻るという形で・・・この体が魔力で出来ているからか、元々の体の弱さが現れたか・・そのどちらかを感じ取られたのだと思います
        ジョギング・・(きつい、きつかった・・・)いえ、ウォーキングなら、一応毎日しておりまして・・・
        -- 2015-05-17 (日) 10:31:59
      • ゆ、幽体離脱!?そんな仙術みたいな……やっぱこっちの技術、凄いんだね(この手の霊体化術は聞くのも始めて 素直に驚く)
        となると、魔力を感じ取ったのかな。でも聞くまで本当にそんな体だと思わなかったし、凄い精巧……(ちょっと触ってもいい?と手を出して)
        む、じょぎんぐもきつい?それじゃあ……そうだね、れでぃお体操とか!アレなら少しずつできるんじゃない? -- 2015-05-17 (日) 16:28:23
      • せ、仙術?・・・よく、判らないですけど・・・これを教えて下さったホリー先生の話では、魔女の修行の一環だとか・・・
        無意識・・という事でしょうか・・・え、えぇ・・・(感触も体温も人と何も変わらない・・ただ鍛えぬいた灯の手には、その手は嫌に頼りなく感じるだろう・・単に細いと言うより脆さ儚さを感じさせる弱った腕)
        あ、ストレッチとかならよくします、ラジオ体操・・?はしたことはありませんが・・・良いものなのですか?
        -- 2015-05-18 (月) 02:45:18
      • 魔女……へー、西洋の術には疎いから全然だったけど、やっぱこっちの術って学びがいがありそうで
        む、ほとんど人だ……ただなんて言うんだろ、ガラスみたいな?(その繊細な指先を崩すのを恐れるかのように丁寧に触って)
        朝に一回、れでぃおから流れる合図とともにやる体操!とりあえず体は温まるかな トレーニングとしては頼りないけど、まずはここからみたいな?(ぽん、と古ぼけたラジオを取り出してみる) -- 2015-05-18 (月) 22:38:32
      • 私はあまり詳しくないのですが・・・とても流派が多彩なようなので、学ぶならどなたか一人、師となる人を探すといいのかもですね
        ・・・多分私の方の問題ですねそれ(困った様に笑う、ビー玉が核でも体までガラスではない・・)でも元の体よりは頑丈なので、そんなに恐る恐るしないでも大丈夫ですよ?
        毎朝・・・じゃぁ毎日ちゃんと決まった時間に起きてやらないといけないんですね(健康的でいいかもと頷き)ちょっとやってみようかなって思い・・・今どうやって出したんです?(ぽんっと現れたラジオを見ながら)
        -- 2015-05-19 (火) 03:59:35
      • うーん、私、というか私の一族は皆基本いいところのつまみ食いな感じだしね。複雑すぎて取り入れられない術なら参考程度、ってなるかも
        いやいや、ちょっと儚い感じがってね。でもホント、割と大丈夫そう(ぽん、とリタの手に自分の手を置いてみて)
        細かいことは気にしないでー(懐から取り出したことにしよう した) 体を動かすのに慣れてきたらちょっとづつ運動強度を上げるといいかもね 最終的には目指せ五輪、とか?(脳筋の立てるハードルは高い!) -- 2015-05-19 (火) 20:40:45
      • ふふ、つまみ食いだなんて(はしたないんだっと笑って)
        ・・・灯さんの手は、なんだかとてもしっかりしています・・力強くて、でもちょっと柔らかいような(ぽんと置かれてやわやわ握ってみる)
        えぇ、少しずつ・・・ご、五輪!?(この世界の五輪はすごそうだ)あ、あんなに速く走れるようになるでしょうか・・?(疑い半分でもちょっぴり希望を抱いている)
        -- 2015-05-20 (水) 11:03:05
      • そ、そうかもね。悪く言えば節操がないしね……(困ったように頬を掻く 実際、体系だった伝統ある武術とは一線を画す)
        どうにも鍛えすぎてて。ゴツゴツしすぎてないのは救いだけど(ぐっと握り返したその手は柔らかさの内側に強靭な芯を持つよう)
        もちろん段階は踏まないとだけどね。でも、夢ならおっきくなくっちゃ! とにかく頑張ってみてね 何か教えることがあったら付き合うしさ それじゃ!(その辺りで話題を切り上げ、去っていった) -- 2015-05-20 (水) 19:06:49
      • (ふるふると首を振り)いえ・・強さと優しさを感じさせるような・・私は好きですよ、灯さんの手(にへーっと)
        (後押しされれば嬉しそうに)はいっ・・・夢は大きくっ・・・それではっ(一礼して見送る)
        -- 2015-05-20 (水) 21:31:32
  • ・・・で・・・回転の練習をしてるのかい?
    • そうですっ敬意を払うといいらしくて・・・(練習用のビー玉をころころ回す)
      • まぁ、頑張んなさい・・(回転のエネルギーに関しては聞いた事が無かったが、彼女のそうという認識が一助になる筈だ、詰る所大事なのはイメージだ)
        でもそれに気を取られてこの前みたいに事故を起こさないようにね
      • はい・・(しょぼん、こほん)だ、大丈夫です、通学中とかはもうやりませんからっ(でもめげない)
        (回転の世界に入門してみた)
  • ・・・・・・・・・国旗ですこれ! -- 2015-05-16 (土) 08:22:04
    • 国旗ですこれ…コッキデスコレ、実はこれはアナグラムになっていて並び替えるとレッココデキス
      ぱっと見これでは意味が分からないいけど、レッ ココデキス…レッツここでキス、つまりリタは潜在的にキスを求めていたんだよ! -- シトラス 2015-05-16 (土) 09:23:39
      • な、なんですってー!?(びっくり)
        いえ、流石に無理があると思うのですが・・・
        -- 2015-05-16 (土) 09:28:34
      • 我々は真相を求めるべく……えー、ダメ?
        じゃあキスじゃなくてスキにして潜在的に人から好かれたいって方向から持っていけばキスはともかくスキンシップという名目で色々と出来たやもしれないってのに…! -- シトラス 2015-05-16 (土) 09:37:16
      • ダメ・・・とは言いませんよ?頬とかなら良くしますし
        というかそう言っている時点で思惑が滲み出てしまっているじゃないですか・・・
        そういえば以前も耳の裏の匂いがどうのと仰ってましたけど・・何かあるのですか?ここ・・(普段気にした事のない場所だけに変に意識してしまいそうで)
        -- 2015-05-16 (土) 09:52:27
      • 流石に唇同士とかは言わないし言えないよー うん、一度搦手使うと警戒されちゃうからね。だから正面から行くってわけ
        ああ耳の裏?そこねー…身体を洗ったりするときに少し疎かになりがちな場所でね?
        匂い自体より、その感想を口にした時の反応が楽しくって楽しくって…くひひっ★ -- シトラス 2015-05-16 (土) 10:04:18
      • く・・・そ、そこはダメですよ?勿論・・
        (まったくもうと息をついて・・・でもキチンと正面から言われるとそれなりに応えないとと思っていた所で耳の裏の件である)
        !?(顔を赤くしてばっと耳の裏を押さえる、勿論丁寧に洗っているつもりだが特別意識していた訳ではない)も、もぅっ・・シトラスさんはどうしてそんなに・・女性の体ばかり好きになってしまったのでしょう・・
        -- 2015-05-16 (土) 10:19:16
      • 当然、あたしだってまだだしそこは…まあ唇の件は置いとくとして。
        ちなみにあんま意識してない分腋の匂い嗅がせて!って言うよりも成功率は高いんだよね(リタの反応を見て満足そうに)
        (そしてリタの言葉、何故なのかという疑問に)えー…生まれつきかな?好きな物が何で好きかって明確な理由がある方が珍しいと思うよ。
        で、そういうリタの好きな物って何かなと。セクハラされること?(自分に都合の良い事を言いつつ尋ねて) -- シトラス 2015-05-16 (土) 10:27:49
      • あ、シトラスさんもまだなんですね・・・(意外と乙女なんじゃって推測は正しいのかも知れないとか思ってる)
        ぅー・・・(見事に術中にはまってしまったようで、むむりと呻いて恨みがましげ、もっと意識して綺麗にしようと心に決める)
        言われてみれば確かに・・いやでも経験的に好きになる物とかあると思うのですが・・・
        せくはら・・?い、いえたぶん違います(ふるふる)・・・自分の知らない土地の事とか、お話を聞くこと・・・でしょうか・・(挙げられるのはそれくらいで)
        -- 2015-05-16 (土) 10:51:59
      • もって言ったね?なるほど、リタはキスはまだという言質が取れた…!
        (その言葉を胸に深く刻んだ。乙女かもしれないが、乙女とみられる様な言動かはイコールではない)
        まあまだ匂い嗅いで無いから被害程度は軽微かな?(眼福とばかりにいい笑顔)
        うーん…実際、あたしの場合は思い当たる節があまり無いし…んー?(何で何だろと考え込みながら)
        えー?ちょっと試してみたら癖になるかもしれないよー?くひひっ★(手をワキワキさせてから) 好きなんだ、そういう話。
        となるとリタはこの辺り育ち?(あたしは色々転々としててね?と言いつつ) -- シトラス 2015-05-16 (土) 11:05:43
      • そりゃ、まだですよぅ・・・・私塾でもう経験された方は居られるのでしょうか・・(なんだか話題的に恥かしくて頬を抑えて)
        こっちはもう嗅がれたような気分です・・(ぐったり疲れた感じ)
        ・・じゃぁ初めて女の子に触れたいって自覚したのはいつなんですか?・・・まさか物心付いたときから?
        (手をわきわきさせる様をみてやっぱり!って顔)その手には乗りませんよー(腕で体の前をガード、よく判らないのでとりあえず胸とかお腹とか隠してる)
        えぇ・・・と言っても、これまで殆ど家を出た事が無かったので実は街の事もおぼつかなかったりしますが・・・転々と?ならば他の国の話なんかもいろいろご存知だったり
        -- 2015-05-16 (土) 11:38:20
      • 全員に聞いて回る……っていうのもあたしがやったら絶対警戒されるだろうし、単純に気も引けるし(と、普段と違って珍しく及び腰)
        あはは、ごめんごめん。ちょっと頭撫でて良い?(ぐったりとしている所に言いつつ、何気に身長の差に驚く156cm)
        自覚……う、ん……んー…記憶があるのは6歳位からかな?その頃は…あれ?(頭を抱えながら思い出そうとするが上手くいかず)
        別に身体は良いよー?腕、腕だけで良いから!(ダメかな?)
        色々と知ってるよー、って言ってるあたしも実は12歳ころまで殆ど家から出た事無かったんだけども。色々生活に必死だったりしたし -- シトラス 2015-05-16 (土) 12:18:27
      • シトラスさんならさらっと聞いてしまいそうに思ってました・・(失礼、でも現に今聞いたようなものだったし・・・)胸に触らせてと強請るのと違いはなんなのでしょう・・・・
        えぇ・・構いませんよ・・・(しょぼんと撫でられる、仮初の体とはいえ髪の手入れ具合までキチンと再現されている、さらさらとつややかで柔らかい指通り)
        ゆっくり、落ち着いて・・・何か強烈な経験だったのかもしれませんね・・・あまり思い出さないほうがいいのかも?
        ・・腕?・・・・腕でいいんですか?(それくらいならと差し出す・・肉もだが骨も薄い、細いというよりやつれていると言う方が近い腕)
        12の頃まで?・・病弱だった・・・とか?(何となく親近感が湧いて失礼かと思いつつも踏み込んで聞こうとして)
        -- 2015-05-16 (土) 12:41:09
      • んー…胸を触るのはスキンシップとかそういうので済むけど、済むよね?うん、済むけどさ?キスとなると、恋愛感情云々が混ざってくるから…
        綺麗な髪してるなぁ…(よしよしと撫でながら、その指通りを心地よく感じつつ。撫でる手は普段の手付きと違って優しげだ)
        ん、んー…何だろ…(はっきりとは思い出せない状態に少しすっきりしない様子だが)とりあえず切り替えて…っと、リタ細!?細いってか…ちゃんと食べてる?(二の腕の感触を愉しもうと思ったが思ってた以上に細くて逆に心配になり)
        んー…外は危ないからってかーさんに止められてたんだよね。でも、12歳の誕生日にかーさんが戻って来なくて…食べる物も無くなって……あ…じょ、冗談だよー?
        (言いつつ雰囲気を察して慌てておどけてみせようとして) -- シトラス 2015-05-16 (土) 13:13:16
      • 済みません(ふるふる)人を呼ぶ案件かと・・・(うーんと考えると・・・頬に頬をちょんと合わせてちゅっと音を立てる、エアキスだ)
        ・・・なんだか優しい・・ふふ、こういうスキンシップならうれしいです・・・
        (残念ながら封印された記憶を呼び覚ます手法に心得は無かった)た、食べてますよ・・(最近は食欲も増えた・・・それでも人よりはずっと細いが)・・・そ、そんなに細いですか(しょぼんと)
        戻って・・(一体それはどういう事なのか・・・まったく思考が働かない)そ、それはその・・え?あ?冗談?・・なんだ驚かさないで下さいよぅ・・・(安心したようにほっと息をつく、あっさり信じた)
        -- 2015-05-16 (土) 13:41:54
      • 同性なら合法案件だと思うんだけどなー…(ダメかなーと考えこんでる際に頬と頬をあわせられてのエアキス)
        (きょとんとして何が起きたか把握出来ないで一呼吸置いてから目に見えて顔を真っ赤にして)あ、えっと…あ、はは…(とりあえず笑って誤魔化そうとする。攻められるのは得意ではない様子で一通り撫で終えて)
        いやあ…それにしてもダイエットしている子とかと比べても細い…食べてるのなら良いんだけど。ま、まあ食べ過ぎるのもアレだしね!
        ごめんごめん…そもそもあたしのキャラじゃあ無いよね今の(とりあえず家の都合で各地を転々としたという事にして)
        でー…詳しい話は今度のお楽しみってことで(またねー、と告げてその場を立ち去っていく) -- シトラス 2015-05-16 (土) 14:03:12
      • ・・・ふふ、唯のフリですよ?(家族の間では結構普通ですよところころ笑って、なるほどこうすればいいのかと頷く)
        それでも人よりは少ないかも・・・そのせい、ですかね・・・(ちゃんと食べられるようになりたいと呟く)
        え、えぇそれではまた・・・キャラじゃないって・・・(やっぱり本当の事だったんだろうかとちょと不安げになって見送る)
        -- 2015-05-16 (土) 14:32:27
  • 別に
    • 悩んだけど、俺には、ボケられない… (大喜利みたいになってた) -- リレイ 2015-05-14 (木) 23:03:25
      • 大喜利ではないのです、ボケる為に用意したものではないので・・(ふるふる) -- 2015-05-14 (木) 23:29:02
      • あ、そうなの?なんかこう、塾の二大ネタ巨頭の気配があったからつい… (見えない下を眺め)
        まぁ良いや、で、どうだいその後、道草食ったか! (悪戯に誘う子供のような顔でたずねる) -- リレイ 2015-05-14 (木) 23:31:46
      • ネタ巨頭・・・(あの二人そうなんだ・・って顔、レズエルさんはなんかわかる 酷い)
        あぁいえまだ・・・いざとなるとどうしたものかと思ってしまって(いやはやと照れ笑い)
        -- 2015-05-14 (木) 23:35:48
      • あの二人は間違いないだろう… (うん…)
        なんだ、折角ならほら、女友達でも誘って小物屋とか、屋台とか、色々行って見れば良いのに (真面目だな、と笑って)
        最近町の東の大通りで屋台祭りがあってるし、歩くだけでも楽しいからお勧めだぜ? -- リレイ 2015-05-14 (木) 23:40:10
      • (聞かれていないかときょろきょろ)
        小物屋・・屋台・・・(そういう所に出入りした事がないのでいまいち想像が出来なかったが・・行けばなるようになるだろうか・・やはり不安感のほうが強い)
        リレイさんは・・そういうのお詳しいのですか?(どうしても知ってる人を頼りにしてしまう)(//霊圧なくなるのです・・・)
        -- 2015-05-14 (木) 23:55:31
      • そ、特にその屋台祭りは、世界からいろんな料理屋行商がー…って、うん? (不安そうに尋ねられれば、キョトンとして)
        あー、詳しいって言うか、俺はよく町をぶらついてるしな それに、他の国も旅してきたから、故郷からこの国までずっと道草してたようなもんさ
        道草のプロフェッショナルだ! (そんな事を言って笑い) よく分かんないなら連れてってやろうかね (//はいよ、遅くにごめんね!おやすみ!) -- リレイ 2015-05-15 (金) 00:13:56
      • 世界から・・いろんな・・・(大変だまだ街の中もおぼつかない内から世界がきてしまった)
        道草のプロフェッショナル!すごい事を聞いてしまいました(思わずぱちぱち)はいっ・・是非お願いしますっ(ぺこりと頭を下げる)
        ・・・そういえばこの国までずっと道草・・と仰いましたが・・どうしてこの国に留まろうと思ったのですか?
        -- 2015-05-15 (金) 20:08:57
      • はは、そんな驚かないでも、まあ、有名所が多いから各国の料理入門編って所だな (手をたたかれてちょっと恥ずかしそうに)
        お、良い反応だ、じゃあ今度行ってみるか…って、ああ、この国に来たのは、師匠に言われてさ 武者修行には此処が良いってね 師匠も若い頃此処に居たらしいんだ
        此処に居る理由は、強くなるため、あとは見聞を広めるため、さ 少なくとも、此処に来なければ、リタとは知り合えなかったな -- リレイ 2015-05-15 (金) 22:25:10
      • はいっふふ、今から楽しみです・・(全部食べられるかしらと嬉しい心配)
        お師匠様から・・・武人の方でこの街にいらしたという事は、ひょっとして冒険者でらしたので?
        (一瞬きょとんとしてから嬉しそうに微笑んで)えぇ・・リレイさんのように親切な方と合えたのも、リレイさんのお師匠様のお陰なのですね・・・
        故郷と比べてどうですか・・この国はどういう風に違うとか・・・そういうのってあります?
        -- 2015-05-15 (金) 22:52:17
      • ま、精々腹減らして行くとしようぜ (楽しそうに予定を立てつつ) ああ、冒険者 引退してから国に戻って道場を開いたんだってさ
        そういう事、とんでもない怖い爺さんだけど、そこは感謝だな (居ない相手に親愛をこめた憎まれ口をたたいて笑い) そうさなあ、何から何まで、空気の匂いまでだよ
        (気候や、自分の国の、突き立った針のような山岳の風景、どこまでも続く平原や、そこに住む遊牧民、動物の話) 何よりも、俺の国には人間以外は魔物か動物かだったからさ
        レズエルやシュラみたいな、人間とはまた違う種族の人と話せるってのが、この国の一番の特徴かな、俺にとっては -- リレイ 2015-05-15 (金) 22:57:09
      • そういうお話、此方にいてもよく耳にして・・・武人の方にとって此処は武者修行の場所としてよいのでしょうね・・・
        ふふ、またそんな事をいって・・・(憎まれ口にも微笑ましそうに)何から何まで・・・
        (見た事もない土地、風景や人の話を聞きながら、遠くの景色に思いを馳せる・・・)・・そっか・・・・亜人の方が珍しい国もあるのでしたか・・・(でしたら最初は驚かれたでしょうと頷き)
        -- 2015-05-15 (金) 23:18:26
      • 冒険が前はもっと盛んだったしな 今は下火だけど、それでもまだまだ、実践の機会が多いから、修行にはもってこいさ
        はは、師匠には内緒な って、会う事もないだろうけど (明るく笑ってから頷く) 何から何まで ああ、驚いたよ、コボルトの人にはじめて会った時に『犬が歩いてる!』って言っちゃってさ
        (今なら分かる失礼さ加減を笑い話として話して) お嬢様って立場だと中々旅なんて出来ないだろうけど、良いもんだよ
        もし興味があるなら、今度もっと話させてもらうよ もうこんな時間だし、今日は帰る! (荷物をまとめて) 今度、リタの家の話でも聞かせてくれよ -- リレイ 2015-05-15 (金) 23:26:08
      • 下火・・(盛んだった時期は今は昔、生まれてもいない頃の想像は少し難しかった)
        ふふ、それはすごく失礼な事を言ってしまったのですね・・・えぇ・・それでも許されるのならば、いつかとは思っております
        はいっ遠い異国の話、もっと聞きたくて・・・それではまた(此方も別れを告げて)
        ・・私の家かぁ・・(帰り道なんとなしに一人ごちるのだった)
        -- リタ 2015-05-16 (土) 00:20:39
  • 性格変わったりとかは
    • アッパー系のギャルギャルしいリタとかあると思うの(思う) -- シュラ 2015-05-14 (木) 19:03:13
      • あっぱー?・・・ぎゃるぎゃるしい・・・えっと・・どういった感じになるのでしょう?(知識がない!) -- リタ 2015-05-14 (木) 21:19:48
      • どんなってそりゃあ……(あっわかってない顔だコレ、という目)
        …………そーね、シトラスみたいな感じ。アレよ、アレがディスイズギャルよ(身近なもので例えようとして大惨事) -- シュラ 2015-05-14 (木) 21:28:00
      • シトラスさんのような私・・・(頭に浮かぶ ( ゚∀゚)o彡゜おんなのこ!おんなのこ! なイメージ)
        ・・・えっと・・お、おんなのこー(がおーっとシュラに向かって手を広げる・・・その先どうするか考えてない)
        -- リタ 2015-05-14 (木) 21:35:42
      • きゃーリタちゃんカーワーイーイー!いいのよ!?おんなのこであるあたしを好きなようにしていいのよ!?むしろしてくださいお願いしますッッ!!
        ……みたいな感じ?かしら?ギャルのハードルたっかいわね……(シュラにもギャルがよくわかってなかった) -- シュラ 2015-05-14 (木) 21:50:25
      • うっ(思わぬ攻勢にびくっと)
        うぅん高いですね・・・私には無理そうです・・・(ふるふる首を振ってギブアップ)・・・そういえばシトラスさんってさわりに行くけど触ってくださいー!とは言ってこないですね
        -- リタ 2015-05-14 (木) 21:57:19
      • いや、なんかごめん。好きにしなくていいからね?(ビビられたのであわてた)
        いい出しといてなんだけどあたしにも無理だわコレ…あの子スゴイわ、見習いたくないけどスゴイわ
        ふむう?そーいやそうね、触りたいだけで触られたいわけではないのかしら?ギャルって意外とオトメなのかしらね?(シトラス=ギャルの方程式は崩れない) -- シュラ 2015-05-14 (木) 22:04:00
      • いえ・・いざとなるとどうしていいのか判らず・・・楽しい・・のでしょうか?(戸惑う)
        えぇすごい方です・・・(見習いたくはないけれど)・・ふふ、だとしたら可愛らしいのですけれど・・・(逆に燃え上がる可能性は否定できないが)
        -- リタ 2015-05-14 (木) 22:10:20
      • 楽しいからやってんでしょーねえ……まぁ男触るよりは楽しいんじゃないかしら?カタいし、男
        ギャップっていうの?いいわよねそういうの。それこそリタみたいな子が一皮剥くと超肉食系だったり……あらいいわねコレ
        イメチェン案そのいちー。ガツガツいくおんなのこになりましょう!(人差し指っぽい二本目の指突きつける。びしぃー) -- シュラ 2015-05-14 (木) 22:16:53
      • はぁ・・男の方は固いのですか・・・(固いというよりは力強いという印象だったなぁと手を見て)
        ちょ、ちょうにくしょくけい・・・?が、ガツガツですか?私あまり沢山食べられる方じゃないのですが・・・(でもちゃんと食べないと力はつかないわけで、肉食え肉っとも言われたし)が、頑張りますっ(ぐっと)
        -- リタ 2015-05-14 (木) 22:29:52
      • なんていうの、犬と猫みたいな?犬ってキン肉硬いじゃない?んで猫はキン肉締まってるけど柔らかいじゃない?そんな感じよ、手触りの違い
        違う、そうじゃない もっとこう恋に遊びにガツガツいく感じの……まぁいいわ、アンタはそのままが一番いいわきっと(ガッツポーズにほっこり。なにこの子かわいい)
        てーか性格変わるかも知れない事態がなんかあったの?そこんとこが気になって来たんだけど -- シュラ 2015-05-14 (木) 22:43:22
      • んっと・・んっと・・・(犬・・・猫・・・触れた事よりその後体が痒くなった覚えしかない・・・シュラの手をとりにぎにぎとして)・・・なるほど・・・(何となく判るような判らないような)
        こ・・恋にですか・・・(それは少し想像できないが遊びにと言うのは魅力を感じて)でも・・ちょっと楽しそうですねそれ(いいなぁと笑う)
        ・・・ナニモナカッタデスヨ?それは唯掃除する時に書いた適当な文章で(目を逸らす、嘘は下手なようだ)
        -- リタ 2015-05-14 (木) 22:54:16
      • あー、あたしの手はちょっとサンプルになんないかも…(苦笑い。シュラちゃん武術やってるから手のひらガチガチなんやな)
        まー別に恋じゃなくてもいいのよ、好きなこと楽しいことに全力で行く系、みたいな?そんな感じでいきましょ!肉以外もガツガツと!
        ソウ、ナニモナカッタナラヨカッタワー、ホントヨカッタワー。マァ、ハナシタクナイナライインダケドー(とてもジト目) -- シュラ 2015-05-14 (木) 23:02:20
      • んーっ(悩んで)・・よく・・・判らないです・・実は犬や猫ってちゃんと触ったことが無くて・・・柔らかかったのは確かなのですが
        ガツガツと・・・えぇ、私ガツガツといってみたいですっ(肉食系目指しますとふんす)
        ぁぅ・・・(隠すくせに責められると弱い、とても弱い)・・・実は、私の・・・体の事でハダリーさんと一悶着ありまして・・・その時に少し声を荒げてしまったと言いますか・・・
        -- リタ 2015-05-14 (木) 23:26:04
      • えっ(えっ) いぬねこ触ったことないって……なに、喘息でもあんの?あの至福の瞬間を知らないなんて……(同情する目。かわいそうに…)
        そーよ、時代は肉食女子よ!精神がタフになれば喘息だってよくなるわよ!(ぐっ。脳筋理論だ!)
        ふーん……ハダリーと?なに、血でも吸われたの?そんで軽くキレちゃったー、みたいな?
        それで「別に性格が変わったりとかは竹刀」……あぁわかった、キレてもリタの心に住まう邪悪なわるリタは出てこないってことね!(納得できた!) -- シュラ 2015-05-14 (木) 23:34:57
      • そ、そんな目で見ないで下さい・・・い、以前まではそうだったのですが今はわりと大丈夫なはずで・・・ただ今の所そういう機会がないだけで(上手く説明できずにしどろもどろ)
        タフ・・うん・・・そうですよね・・・(その方向で行こうとぐっ。と)
        キレちゃったー・・みたいな・・(困った様に笑って)なにぶんちゃんと怒った事なんて無かった物で加減がわからなくて・・・(邪悪なわるリタと言われても否定できない所があるのが悲しい)
        -- 2015-05-14 (木) 23:41:30
      • (ところで今あたしは誰がネタ担当だと憤慨してる。ナンデ?なんででもだよ!)
        そうなの……喘息はすでに克服済みだったのね!じゃあ今度猫カフェとか行きましょ猫カフェ。猫触り放題よ?
        そっかーキレちゃったかー(うんうん。確かにこの子がキレる場面想像できないわ) ま、大丈夫でしょ。きっとハダリーなら「よいよい、私は心の広い吸血鬼じゃからな!」ってなもんよ
        スパッと謝って仲直りしちゃえばいいのよ(バカはてきとうなことを言った) -- シュラ 2015-05-14 (木) 23:49:20
      • (//霊圧なくなるのです、すみませぬ) -- 2015-05-14 (木) 23:55:57
      • //イエスイエス。おーやーすーみー -- 2015-05-15 (金) 00:01:19
      • (聞かれてる!大変だ!)
        ねこかふぇ・・・猫さんがいらっしゃるカフェ・・と聞いた事がありますっいいですね行きましょうっ(友達とお出かけな気配にうきうきと)
        私悪くないです(ぷいっと)・・・と言うのは冗談といたしましても、そうですね本日にでも会いに行こうと思っております(何処まで冗談かわからない調子で、でもキチンと正したくはあるようで)
        -- 2015-05-15 (金) 20:01:38
      • (そりゃ聞こえるわよ真上じゃないのほんと失礼しちゃうわ、とぷんすかする。ガチキャラだし!)
        そーそー、猫まみれの猫パラダイスよ?癒しのアトモスフィアが実際ヤバイんだから!(割とノッてきたのでうれしげ)
        ふふ、そこんとこはあたしノーコメね。現場見てないし(ぷいっとするところ見て笑顔。こーゆー顔もすんのねこの子) まぁ謝罪するのなんて簡単よ、非を認めて謝ればいいんだから
        ……そんな簡単な事もできないと家おん出されて一人暮らしするハメになんのよ。リタはちゃんときっちりやり遂げなさいね? -- シュラ 2015-05-15 (金) 20:16:16
      • (リレイさんに向かって両手を合わせる)
        猫パラダイス・・癒しのあともすふぃあ・・・(想像する、想像できない、にやにや)ぁんもう・・行きたい、すぐにでも行ってみたいですっ(思わず飛び跳ねたくなる衝動を抑えながらあわせた手をさすって)
        (ふんすと軽く息をつくと)・・・なんだか・・ちょっと実感の篭った感じです・・・その・・ハメになったって言うのって・・(シュラさんの事?と伺う様に)
        -- 2015-05-15 (金) 20:37:10
      • いいニヤケヅラね……まずこのあたしと共に猫カフェに赴く資格はあると見た!でもまずは落ち着きなさいな。ねこは逃げないからね、きっちりやることやってからね?
        まーなんていうの?そーゆーこともあるわよね……ちょっとね、ママとケンカしたあげく家追い出されてね……うちのは家庭の事情だけどアンタのは学校の事情だからまた別だけどさ。
        落とし所を見失うとこんなことになんのよ、ちゃっちゃとやっちゃいなさい、ちゃっちゃと(ね?って感じにウインク。女子力フピールだ!) -- シュラ 2015-05-15 (金) 20:51:28
      • おかしいです、猫は逃げます(ふるふる、おちつけ、おちつく)・・・はい、ちゃんと勉強して、ハダリーさんとも仲直りします
        ですが赴くのにも資格があるとは・・・(くすくす笑って)シュラさんは良くいかれるのですか?
        お母様と・・(母に反抗するという事が既に未知である・・聞くだけで既に想像の範疇外だが、それだけに苦労は十分に察せられる)はい・・(そうまで言われては素直に頷かざるをえない)
        -- 2015-05-15 (金) 21:07:27
      • ねこは逃げるけど猫カフェは逃げないわよ……えっあたし?まーそーね、二週に一回くらいね。行き過ぎるとダメなの、時々くらいがちょうどいいの
        ん、いいお返事。あとあと後悔しちゃダメよ?じゃあたし帰るわね!またね!(なんかシリアスになってきたので振り払うように笑って帰る。あぶねーあぶねーキャラじゃねーよ) -- シュラ 2015-05-15 (金) 21:18:30
      • 行き過ぎるとダメ・・・何かこう、充電期間のようなものなのでしょうか・・・(よく判らないといった様子だが、経験者の言である以上相応の理由があるのだろう)
        えぇ・・それでは、色々とありがとう御座いました、シュラさん(ぱたぱたと手を振り見送る。あぁ、リレイさんの言ってた事がわかった気がした・・・)
        -- 2015-05-15 (金) 21:30:46
  • しない
    • (木刀を差し入れる) -- レズエル 2015-05-13 (水) 22:27:23
      • なんで?・・え・・・なんで?(なにこれって木刀を眺める) -- 2015-05-13 (水) 22:31:16
      • しないよりは木刀の方が鍛錬になるかと…(かじきと呼ばれる素振り用の特大のものだ) -- レズエル 2015-05-13 (水) 22:32:19
      • なんの鍛錬なんです?こ、こんなの持てませんよ(握ってぐぎぎ・・・) -- 2015-05-13 (水) 22:34:32
      • 体力作りにしないを振り回して剣道少女になるのかと、おや持てなければどうしようもありませんね、素振りをする以前の問題でしたか(しっぱいしっぱい) -- レズエル 2015-05-13 (水) 22:37:42
      • もう少し細い物ならもてるやも知れませんが・・・(今更しないの意味に気付いた にぶい)
        でも体力づくりは必要かもですね・・(うんうんと)
        -- 2015-05-13 (水) 22:42:57
      • 細いと言えばこちらでしょうか、貴婦人も愛用されたかもしれない刺突剣レイピアにございます
        今なら脱いだときにどすんと音がする超重量の服も用意できますよ -- レズエル 2015-05-13 (水) 22:47:48
      • えぇこれなら(ちゃきっと)・・・武器しかダメなのですか?バランスボールとかウェイトとかウォーキングとか・・・
        そんなの着たらつぶれてしまいます・・と言うか効果が見込めるのでしょうか・・・
        -- 2015-05-13 (水) 22:53:06
      • ボール状のものをお求めでしたか、でしたらこちらのローラーリストボールをどうぞ、回すだけで腕の力がアップするそうですよ(例のボールを渡す)
        濡れたマスクをして呼吸を苦しい状態にしておき、そのまま鳴れたところでマスクを外すと一時的に呼吸効果がアップするとか、そんな開放による一時的な能力上昇は見込めるかもしれません -- レズエル 2015-05-13 (水) 22:57:06
      • これを回すだけで・・?それはまた珍妙な・・・(くりんくりんと回すと)お・・・おおお・・おぉぉぉおおぉっ!?(ぐいんぐいんとかかる力にビックリ)
        そんな効果が・・?(マスクの件はいい事を聞いたという風に)いやでも一時的ではあまり意味はないかもですね・・(重い物着たくないって顔でぶんぶん)
        -- 2015-05-13 (水) 23:28:26
      • 不思議なボールです、中にはこのボールそのものを目的としてしまう中毒に似た何かを秘めていたり居なかったり
        何らかのパワーアップ大作戦を考えてみるとしましょうか、今日の所はなにやら区切りタイムが近そうなのでこの辺でお暇するといたしましょう(ボールだけ置いて帰って行った) -- レズエル 2015-05-13 (水) 23:31:37
      • これ・・そのものを?(それは酷く変態的に思えたり)
        パワーアップ大作戦・・・あ、はいそれではまた・・・(なんだか自分の事を考えてもらえていると言う感じがして嬉しいと感じた)
        -- 2015-05-13 (水) 23:42:17
  • こりゃあ…今出て正解だったな、風強いし、雲も今降りだしてもおかしくない感じだし…こりゃあ、夜は相当だな(二人で帰る道、軽い物なら飛んでしまいそうな風の中) -- リレイ 2015-05-12 (火) 20:01:46
    • (風が強いので少し叫ぶ感じで)えぇ・・っ・・・あのまま留まってたらどうなっていたか・・・(他の人達は先に帰っていたのでしょうかとあまり考えちゃイケナイ部分を考えてたり)
      うわゎ・・(飛んでしまいそうになってる)
      -- 2015-05-12 (火) 20:05:35
      • 元々私塾だから、出席とかもないしな、最初からまず来てない生徒もいるんじゃないか?
        (鍛え方が違うのか、声を張らなくても届く少年の声)留まってたら帰れなくて教室泊りかなあ…って、おいおいおいおい(飛ぶわアイツ)
        儚いって言う以前の問題だコレー!?(よろよろしてるリタを見れば、妹や弟の事を思い出し、手を差し出す)つないどくか? -- リレイ 2015-05-12 (火) 20:16:45
      • それが懸命なようですっ・・・けほ・・(大して此方はあまり叫ぶ事すらないのか軽く咳き込んで・・・)
        お泊り・・(まず間違いなく朝まで持たない・・やはり帰って正解だったけれど・・玉を持ち帰る為に彼を巻き込んだ様で少し後ろめたい)
        わわわわっ!?(思わずといった感じではしりと繋ぐ、柔らかさよりも細さが際立つ手だ)お願い・・します・・・
        (彼の影に入る形で少し楽になる)リレイさん・・こういうの慣れていらっしゃるので・・?・・・(頼りがいのある様子に兄がいたらこんな感じだろうかと思う)
        -- リタ 2015-05-12 (火) 20:26:31
      • となると、わざわざ今日塾に行った俺達二人は、真面目なのか抜けてるのか…って、おいおい、無理すんな?
        そんな感じじゃあ、教室で夜を過ごすのはきつかっただろ(後ろめたい気持ちを抱くリタに、本人はそれを気にもしてない顔で笑って)そう考えると、俺は今日来て良かったな
        細いな、ちゃんと肉食え、肉!(照れた様子もなくその手を引いて)ああ、結構な、年長者だったし、よく世話をしたもんさ リタは一人っ子か?(ちょっと振り返り、自分の影の少女に) -- リレイ 2015-05-12 (火) 20:36:54
      • えぇ・・・(止めるメイドの言葉をよく聞いておくべきだったのだ・・・無理はするなという言に、呼吸を整えるようにして頷き)
        ・・・本当に・・今日リレイさんが来ていて下さってよかった・・・真面目なのが良いのか悪いのか・・・難しいところですね(くすりと笑って)
        いえ、弟が一人・・ただ私の体調の問題で、あまり触れ合う機会がなくて・・・だからやっぱり、リレイさんはすごい人です・・・(そう話している内に住宅街へ入る・・そろそろ近い)
        -- リタ 2015-05-12 (火) 20:56:25
      • 正しく真面目誠実であれば、そこに必ず助けは与えられる物…師匠の受け売りだけどね
        リタの真面目は、良い真面目なんだろうさ だから俺が丁度居たんだ…って事で(その方が気楽だろ、と笑った)
        あー、病弱な子の部屋には折れもあんまり近づけさせて貰えなかったな…凄かあないさ、家族の事は家族全員で見るって普通の事だろ?
        (そんな話をしながら歩く住宅街、気づけばしっかりした塀に囲まれた家が多くなって)俺、この辺りの土地勘はないから、案内頼むぜ(十字路で立ち止まっては、どっち?と) -- リレイ 2015-05-12 (火) 21:06:25
      • 正しく、真面目・・誠実・・・リレイさんの師匠さんって・・・どんな方だったのですか?(とても厳しそう・・と呟いて)
        (実際彼に言われると気が楽になって微笑み返す)・・・そう・・そうですね・・・
        あ、ではそこを左に・・・(真っ直ぐに、右にと誘導する・・・そうして少し行けば高い塀、広い庭園に囲まれた典型的な貴族の邸宅が見えてきて・・・)
        (門の前でおろおろしていた中年のメイドが慌てて駆け寄って声を掛けてくる・・・ほうっと息をついて)ありがとう御座いましたリレイさん・・・
        その、どうか上がっていって下さい・・今から帰るのは大変でしょう・・・?
        -- 2015-05-12 (火) 21:17:08
      • 凄く厳しくって、岩みたいに堅物で、そんでもって、とんでもなく強いんだ(苦い顔をしながらも、声は隠し切れない尊敬が見える)
        そうさ、少なくとも俺はそう思ってる…っと、左だな、…はぁー…こんな立派な区域もあるんだな、この町(感心して見回しつつ)
        うん?お、あれって…ども(駆け寄ってきたメイドに会釈して、もう大丈夫かな、と思った所に申し出)うん?あー、いや、別に問題ないけどー…
        (そこで、ぽたりと雨が落ちてくる 顔を上げれば、秒を追う毎に強くなり始める雨)と、とりあえず、雨宿りはさせてもらおうかな!よろしく! -- リレイ 2015-05-12 (火) 21:26:08
      • ・・・ふふ、でもリレイさん、嬉しそう・・・(厳しいのに尊敬できる・・・)お父様・・・のような方なのですね
        (雨に気付く・・・申し出を受け入れられればぽんと手を叩いて嬉しそうに)では早速・・
        (迎えに行った者とは行き違いになったのですねとかあぁ良かったどうなるか心配で心配でと兎に角喋り倒すメイドを宥めると事情を話す)
        では此方に・・(雨も降り始めで、大して濡れなかった・・・玄関ホールを通って妙に広い食堂に移動し、お茶を入れてもらう・・・何気なく置かれた調度一つとっても精巧で、高い品質をうかがわせる物で)
        ふふっお友達を招くなんて初めて・・・先程の話ではありませんけれど、台風も良し悪しですね
        -- 2015-05-12 (火) 21:58:55
      • うん?そうかな、痛めつけられた思い出の方が多いけどな!(呵々と笑って)まあ、親父代わりみたいなもんかな
        迎えに行った人、教室で立ち往生なんじゃないかコレ…あ、ども、クラスメイトの李鈴です(心配性のメイドに身分を明らかにしておく)
        ひゃー…こりゃあ凄い家だな、本物のお嬢様だ うっかり触って割ったら大変だな(綺麗な壷を眺めて首をすくめ)
        うん?そうなんだ、リタ女友達多そうなのに(意外そうに言いながら、入れてもらったお茶を飲む)お、あんまり飲まんけど、紅茶も美味いもんだな -- リレイ 2015-05-12 (火) 22:10:55
      • ふふ・・そういう顔をしていらっしゃいました・・・代わり・・・その、詮索するようですが・・リレイさんのお父様は・・・?
        (ご心配には及びませんとはメイドの言、相応に屈強な者達なのだろう・・少し警戒した様子もキチンと名乗れば安心したように)
        ふふ・・・昔弟が壊してしまった事がありました・・・お父様がカンカンで・・(あの時はひどう御座いましたとぼやくメイドと笑いあって)
        ・・・え、えぇ・・・実は学校に通いだすまで友達も出来たことがなくて・・・普段も特に寄り道せずに帰っていますから・・(少し言いにくそうに、お茶を褒められると微笑んで)えぇとてもいい物を使っているらしくて・・
        -- リタ 2015-05-12 (火) 22:58:32
      • 死んだって聞いてる、実際どうだか(あっさりと肩を竦めて話す)孤児院育ちでね、さっき言ってた弟妹も全員血の繋がりはない
        あ、でも、孤児院はちゃんとした所ですからね?この町の塾に紹介状出せる位には!(身元怪しいと思われて追い出されたらコトだ、と年かさのメイドに付け加え)
        はは、俺もガキの頃、弟達と悪戯して物壊して叱られたっけ、国が違っても大体同じだな、そう言う所は(呵々と声を上げて笑った)
        病弱で家から出れなかったとかそんな?(当てずっぽうでそんな事を言ってから、ちらっとメイドを見)やっぱり保護者側としては、箱入り娘が寄り道したら心配するもんなのかな
        でも、(声を落として、でもメイドに聞こえるような大きさでこそこそと)寄り道道草、友達と遊ぶには必要だぜ 『身元がはっきりしてる相手』を増やせば、少しは安心するんじゃないかな、メイドさん達も
        (言ってから、様子を伺うようにメイドに横目を送って、それからお茶をまた一口)高級なんだろうな…俺が普段淹れる茶は安いのばっかだよ、うらやましいぜ -- リレイ 2015-05-12 (火) 23:10:18
      • まぁそれは・・・(あっさりと言われても、やはり聞いたほうはあっさりとは行かず、かける言葉を失う・・)すみません・・浅はかな質問をしてしまって・・・
        (心配せずともわかっておりますと此方はお嬢様を送り届けて名乗った時点でちゃんと信用しているようで)
        はい・・・そんな所で・・・(囁かれれば聞えるのではとあからさまにオロオロして・・・)そ・・そうでしょうか・・
        (ちらちら伺う様に此方はもう少し小声で・・・背景でメイドがくすくすと笑っている、しかし同時に旦那さまの目もありますのであまり羽目を外しすぎませんようにと釘を刺すのも忘れていない)
        (それに、他の理由も御座いますでしょう?とも言われればしゅんとして)えぇ・・・少し、少しだけなら・・大丈夫かもしれませんね・・
        入れ方にも工夫があるみたいで・・キチンと正しく入れればどんな茶葉でも美味しく入れられるらしいですよ・・・(でしょう?とメイドを見やると頷き、よろしければお教えいたしましょうと告げる)
        -- 2015-05-12 (火) 23:37:55
      • //長引いてすまねえそろそろ霊圧落ちるのです -- 2015-05-12 (火) 23:42:27
      • 謝る事じゃないさ、リタ、お陰で俺は家族が人より多いんだぜ?(むしろそれを自慢するかのように言って笑った 出自に見合わず、ひねた所の無い明るさ)
        (メイドの返答にほっとしたように息を吐き 続いた、大きな声での内緒話では、メイドの笑みに子供のような悪戯な笑顔を浮かべて返した)
        (はっきりと『遊びにつれまわしたい』といっても通らないだろうし、メイドとしても通し難いだろうと踏んでの、わざとらしい内緒話だったが、メイドは判ってくれた様だ)
        そ、少しだけ!俺じゃなくても、レズエルさんとかユエとかシトラス…はあいつは別方向に不安だけど…とか、女友達も今は居るんだからさ 勿論、俺だって守ってやるぜ?
        正しく淹れればねえ…って、え!マジですか!やった、それはぜひ知りたいです!(メイドの言葉に素直に喜んで御礼を言う)
        じゃあ、次お茶淹れる時、早速教えてもらおうかな…まだ雨上がりそうにないし(窓の外を見て)そうすれば、少しは弱まるタイミングもあるだろ、嵐も -- リレイ 2015-05-12 (火) 23:50:33
      • //コレで〆で大丈夫ですのじゃー、ありがとう! -- リレイ 2015-05-12 (火) 23:57:48
      • リレイさんは本当に何事も前向きに捉えられるのですね・・・(何処か眩しい感じがして・・・)
        はい・・・そうできたら・・面白いかもしれませんねっ(上手くできるだろうかと思いながらも楽しそうな予感にうきうきとして)
        (ではさっそくと頷き厨房へ招くメイド、リタもそれに続いて一緒に紅茶の入れ方を学ぶ・・・少しして台風は目に入り、帰る事ができました)

        (ただ途中から、体調が優れないという理由でリタは退席していたって話だ)
        -- リタ 2015-05-13 (水) 21:17:58
  • (桜井雄二から何度目かの手紙が届く。お互い、手紙で時々やり取りをしていた)
    リタのいる冒険者たちの街は今、どんな感じだろうか。騒がしい? 静か? それとも。
    西の街は今日も今日とて商売人の小競り合いで騒がしい。だが、その喧騒は嫌いではない。
    近所の農家で生まれた猫たちが一丁前になったのか、抱き上げようとすると引っ掻いてくるようになった。
    子猫の頃は俺が色々世話を焼いたのに。猫は奔放だなと思う。
    リタは動物は好きだろうか。俺は好きだ。よって子猫とも成体猫とも言えない、中くらいの猫の写真を送付する。
    冒険者たちの街に来ることがあったら、この猫たちともお別れだな。マルガリータ・テレサへ、桜井雄二より。 -- 雄二からの手紙 2015-05-11 (月) 09:48:13
    • ふゎぁ・・・かわいい・・・っ

      此方は変わらず賑やかな毎日です、雄二さんのいらっしゃる西の街とどちらが賑やかかしら?此方に来た時に伺ってみたいと思います
      猫のお写真拝見致しました、とても愛らしいもので、写真立てに入れて飾らせて戴きます
      動物は好きなのですが、今まで触れ合わせて貰えた事はありません・・・だから少し雄二さんを羨ましく思います
      お別れは悲しい事ですが私塾にもいぬさんが居られます・・・普通の犬とは少し違うのですがとても可愛らしくてきっと雄二さんとも仲良くできると思いますよ
      桜井雄二さんへ、|マルガリータ・テレサより。
      -- 2015-05-11 (月) 15:40:35
  • 具現化した体自体が玉を守る筈なんだよ‥あの子はその最低限のレベルを満たせてない位、イメージも魔力も弱い・・・だから鍛えるんだけども・・
    流石にそこまで世話焼きじゃぁないよ‥・魔性の力に縋ってでも・・って所だろうさ・・・ただそれが親心とは、アタシには思えないけどねぇ
    (雑談は此処までと区切る・・そこそこ豪奢な邸宅・・ランク7とか8くらいの冒険者なら継続して雇えそうなレベルの貴族のお屋敷が見えてくる)

    (魔女に導かれた窓の一つ、ベッドに腰掛け真っ青な顔で胸を抑える少女がいた・・)
    (少女は窓の外に魔女がいるのに気づくとこの世の終わりでも迎えたかのように狼狽え、ごめんなさいと呟いて震える・・どうやらあのガラス玉が一つしかない物だと思っている様だ)
    -- 2015-05-11 (月) 01:25:13
    • リタはああ見えて足腰に肉がついておらんのじゃ。育ちがよいのじゃろうかとは思っとったが、よもやこれほどとはの。モノホンの深窓のご令嬢なのじゃ。
      どうなっておるホリーちゃんよ。なにか勘違いしておるようじゃの。(魔女の姿をいっそうおどろおどろしく見せていたコウモリの一羽が人語を発する)
      (その群れが窓に殺到し、窓ガラスにおでこをはりつけた吸血鬼のすがたに変わった)もしもーし、おとどけものなのじゃ。返事がなければ入るのじゃ。よかろうな? -- ハダリー 2015-05-11 (月) 01:52:00
      • (てへっと軽く舌を出す)いや楽に作れるからと大事に扱われないのでは意味がないなと
        (ハダリーが姿を現せば虚ろに呟き)・・・(きぃと窓を開ける)どう・・ぞ・・・・
        (そう言って室内へ招くパジャマ姿の少女・・普段見る彼女より明らかにやつれた様子のリタだ)
        -- 2015-05-11 (月) 02:19:02
      • この世の終わりのような顔をしておるのじゃが?(リタを指さして)ふ、ひとたび招かれてしまえばこちらのものなのじゃ。
        腑抜けた顔などしおって。(窓からコンニチワ)このハダリー・イシュトヴァーンのいたずらで望みが断たれたかの? もっと怒ってもよいのじゃぞリタよ。
        文句のひとつもあるじゃろうに、わめくだけの元気もないとは。毎度毎度このありさまでは先が思いやられるのじゃ。のうホリーちゃんよ。
        ともかく。すまぬことをしたのじゃ。思うところもあるじゃろ。聞いてやるのじゃ。(ベッドに腰かける)特別じゃぞ! ほれほれ、言うだけ言ってみるがよい。//ねるデース -- ハダリー 2015-05-11 (月) 03:10:39
      • この子はそう言う顔をしている時が一番輝いてね(小声で冗談だよと笑って)
        いえ・・・あなたのせいでは・・・ハダリーさんこそ、驚かれたでしょう?・・・急に消えたりして・・こんな・・こんなのが、本当の私で
        (意気消沈し、肩を落とす姿は本当に何もかも終わってしまった事を嘆いている物、入ってくる事を拒絶しなかったのは半ば投げやりに近い物)
        いいんです・・・ハダリーさんは悪くありません・・・本当は・・何日か前から罅が入っていたんです・・何かにぶつかったりする度に変な音がしてて・・・
        でも誰かに相談するのが怖かったんです・・・せっかく頂いた物を大事にしないなんて悪い子だって言われるのが怖くて・・・この夢のような魔法が解けてしまうのが怖くて・・・このまま割れなければって・・目を逸らしていたんです
        (言うだけ言ってみろで言うのが相手への非難ではなく自己の心の弱さからくる逃避への反省な辺り相当参っている様で、悲しげにつむる瞼の端に光る物がある)(//あいー)
        -- 2015-05-11 (月) 03:35:30
      • たわけ。だまって聞いておれば益体もない話ばかりつらつらと。たかが石ころひとつ失くしただけで、よくもまあ世迷言ばかり並べられたものじゃな。
        悪い子になるのが泣くほど怖いかの?(嘲笑しながら襟首をつかむ、人外の膂力が気道を圧して)……下らんなっ。ふんっ、虫唾が走るのじゃ。
        おのれのちっぽけな物差しなど振り回しおって。考えが雑なんじゃよ。雑すぎると思わんかの? 人の世の全てがそんなもので計れるならば苦労はなかろうなのじゃ。
        このありさまではホリーちゃんが浮かばれんの。(冷淡に突き放して)うかつに希望などくれてやるからこんなことになるのじゃ。
        リタもリタならホリーちゃんもホリーちゃんなのじゃ。おぬし、ホリーちゃんに叱られると思っとったじゃろ? ふふん、片腹痛いのじゃ。
        こうなることは百も承知よ。一歩間違えれば毒にしかならぬと知っておったじゃろうが。それをな、おぬし…。くくく、魔女には似合いの小道具よな。毒のリンゴはさぞ甘かったであろうの! -- ハダリー 2015-05-12 (火) 01:00:41
      • え?・・・あぁっ・・く・・・(しょぼくれているといきなり襟首をつかまれ息が詰る・・・そんな行為があるなんて事すら知らなくて、ましてそれが自分に向けられるなど未知の衝撃だ)
        けほっハ・・・く・・・(苦しいと訴えたくても声が出ない・・・正直息苦しさは発作と差して変わらない・・だがそれが人の、友人と思っていた人の手によってもたらされているという事実が、混乱と恐怖を煽って喉を縮こまらせている)
        (ハダリーの手を取りもがこうとする力も弱々しい、本気で何かに抵抗した事などないのだ・・引っ掻いたり何なりすればいいのに躊躇っている)
        (座っているのに、足元がぐらぐらと揺れていくような錯覚・・・息苦しい頭に響く彼女の声が自分の価値観を壊していく・・・自分なりに、小さく狭く何もなかったなりに頑張って出した答えを、願いを踏みにじられる)
        ぁ・・ぅ・・・ぅぅ・・・(何もかもが本当に終わってしまったような気がして・・悲しくて辛くて・・涙が止まらなくて)
        ぅぅ・・・(止まらなくて・・・)あぁあ!!!(気付けばぽかりっとハダリーを殴りつけていた、ぐーぱんだ)
        -- 2015-05-12 (火) 13:09:34
      • ようやっと手をあげたの。(拳の当たった場所から顔半分が爆ぜ、うごめく漆黒が噴きだす。鬼火のように紅く燃えたつ瞳が見開かれて)
        痛かろうよ。おのれの拳さえ。ひとつ賢くなったのう。(手心も加えずに頬を張った)くくく。ちやほやされて当然と思っとったじゃろ。
        リタよ。きさまのような腑抜けにかけてやる情けなど持ちあわせておらんのじゃ。(憎まれ役には慣れている、けれど胸の痛みはどうしようもなく)
        どう転ぶかもわからん内から早まりおって。浅はかなことよな。思い込みに惑わされた挙句、そんなものに溺れておったら世話ないのじゃ。
        愚にもつかぬ泣き言はおのれ可愛さの裏返しであろうよ。こちらの顔をよく見もせんで、話にならんじゃろ。たわけ。大たわけめ。

        して、どうするかの。魔女の毒リンゴ、じつはおかわりがあるのじゃが。リタよ、この毒はそなたを腐らせるであろうよ。
        しくじっても替えがきく。代償はないも同然。となれば、腐るじゃろ。並の凡愚ならば堕ちる一方よな。臆して逃げようとも、誰も責めはせん。
        じゃがの、おぬしの選択と勇気が我らを巡りあわせたのじゃ。無かったことになってよいとは思わん。選べ、リタよ。今ここでの。 -- ハダリー 2015-05-13 (水) 03:16:44
      • !?(殴った拍子に顔が弾けたものだからさっと血の気が引く)ごm・・・ぁっ(思わず謝る言葉が出かけた所で頬を叩かれる)
        (もちろん初めての経験だ、痛みよりも衝撃が強く来て、真っ白になる頭の中謀られたのだという意識が残る・・・首がなくなったかのような錯覚)


        (いや無くなっていた・・・少なくとも骨折は免れなかったろう・・軽減の魔法があと一手遅ければ・・・嫌な役を押し付けている手前、あまり言えないが)

        (透玉がまだあると聞かされれば頬がかっと熱くなる、此処で冷静になって、素直にはいと頷けば話はスムーズだったかも知れない・・・)
        (だがそれでも・・・此方は全然言い足りなかった・・益があるとこのまま唯々諾々と頷くなんて出来ない)・・んなんですか偉そうに・・・(睨む、食いしばった歯がぎりりと音を立てて)
        腐るかどうかなんてしりませんっ選ぶかどうかでもない・・・アレは・・・アレは私んだっ(吠える、こんなに声を荒げたことなんてないから、喉がやけに痛い)
        けほっ・・なによ・・ちょっと長く生きてるからって・・・ゲホっ・・・自分の力で生きていけるからって・・・(息が苦しいし殆ど言葉にならないが・・一度吐き出し始めた恨み言はとまらない)

        (それはハダリーだけに向けられた言葉ではない・・リタ自身気付かない様に、表に出さないようにしていた心の内、目に映る全ての健常な者に対する嫉妬の感情)

        あなた達なんて・・・皆・・皆私と同じになっちゃえばいいんだっ!・・ひゅー・・・毎日苦いお薬を飲んで、楽しそうな世界を目の前で見せ付けられてっ・・げほっ・・けほっ
        はぁ・・・はぁ・・・美味しいご飯はちょっとしか食べさせてもらえなくて、動物に触れただけで痒くなって・・・弟にも顔を忘れられて・・・
        ひゅー・・っは・・・ひゅー・・・それでも、頑張って元気になっても・・・どうせ、あった事もない人と結婚させられて・・・恋なんて物語の中でしか知らないような・・そんな人生に・・・
        そんな・・・そんな中で・・・ちょっとくらい夢見て何が悪いのよっ!誰かの気を引いてでも、醜い事ってわかってても・・それでも外に出てみたかった・・そうやって手に入れたんだ・・だから・・・
        (どんどん苦しくなる呼吸、動悸が激しくて、頭がくらくらする・・・足はさっきからまったくいう事を聞かなくて、ひたすらに布団を叩く腕は足さえ許せば彼女を殴打していただろう)
        返して・・・それは・・私の・・・(もう一度、搾り出すように吐き出す・・・後は唯ひたすらに呼吸を整えて)
        (勇気なんて綺麗な言葉じゃない・・・どれだけ生き汚くとも普通でありたいと願う野心に逃げると言う選択はない、腐る腐らないの話で言えば、最初からとっくに腐っていたのだ)
        -- 2015-05-13 (水) 20:55:06
      • ふふっ。くくっ、く…っく、はっはっはっはっは!!(犬歯も露わに笑いだし、呼吸の苦しさに声が裏返ってなお狂おしいほど腹がよじれてたまらない)
        ぬかしおる! 年寄りは敬えと教わらんかったかの?(目尻の涙を拭うことすらできずに笑い転げた)おぬし猫をかぶっておったのじゃな。
        一丁前に牙など剥きおって、手負いのけだものの様な目をしておるのじゃ。皆に見せてやりたいものじゃの。ういやつめ。すこしは喰いでが出てきたかの?
        人間なんぞ一皮向けば誰も彼もがそなたと同じよ。慇懃無礼に上っ面だけ取り繕ったものばかり、妬み嫉みは人の性よな。
        リタよ、聞いてやると言ったじゃろうが。なにゆえ隠した。殊勝げな言葉など聞いとらんのじゃ。まったく、手のかかるクソガキじゃの。

        さて、聞いとったかのホリーちゃん。悲劇のヒロインがわめいておるのじゃ。私は付きあいきれんでの、あとは任せたのじゃ。
        魔女には魔女の役目があるゆえの。(少女の姿がばらばらに崩れ、コウモリの群れと化してリタの私室を飛びだしていった) -- ハダリー 2015-05-13 (水) 21:58:56
      • ひゅー・・っは・・・ひゅー・・っは・・・ひゅー・・(玉のような汗も拭えず呼吸に集中する・・・何が年寄りだ唯の寝坊助の癖にという言葉は形にならない)

        あぁ(手間を掛けさせたねっとは彼女にだけ聞える声量)
        ・・・あの子はああ言ったけどね・・一皮向けば誰もが同じなら、向いた中身に意味なんてないとアタシは思うんだよ・・・まぁその辺りは追々ね
        (ことりと玉を置く)これからはひび割れたらちゃんとアタシに言いな・・まぁいつでも直せるとは限らないからまたこういう事は起こり得るけども
        少し冷静になったら、今後どうするか考えるといい -- 2015-05-13 (水) 22:18:05
  • リタはこわがりじゃったの。くくく、ちと脅かしてやるのじゃ………ばあっ!!(いきなり大声を出してとびつく) -- ハダリー 2015-05-10 (日) 21:27:09
    • (気づいていない・・まったく、どうしようもないくらい)うわぁっ!?(なのでいきなり大声で飛びつかれれば跳ね上がるように驚いて・・・)
      (そのまま一緒に倒れると・・・ぱりんと胸の奥で乾いた音、3out)ぁ・・(腕の中にいるリタの体が急速に現実感を失っていく)
      -- リタ 2015-05-10 (日) 21:33:18
      • ふっふっふー、大成功なのじゃ。………ふむ?(様子がおかしい、と気づいた時には何やらとんでもないことが起きはじめていて)
        リタ、リタよ! しっかりせい!! あわわわわわわ… -- ハダリー 2015-05-10 (日) 21:39:32
      • は・・ふ・・・っ(応援に応えるように体を抑えて何かを堪えるようにして・・)す・・すみません・・ちょっと・・・
        私が・・消えたら・・・ホリー先生に・・・あぁっ(掛ける言葉も虚しく腕の中の少女は力を失い、白い光となって消えていく・・・)
        (後に残るのは割れた玉虫色のガラス玉だけ) //(変なのに付き合わせてゴメンネ コメントを移動する必要はありません)
        -- 2015-05-10 (日) 21:58:02
      • (頭の中に火サスのイントロみたいなのが流れて視界がぐるぐる回りかける)…はっ。しまった! まだ血を抜いておらんのじゃ。
        待て待て、待てというに! 消えるなー!!(肩をつかんでがくがくがくがくゆさぶる)……くっ。おぬしのことは忘れないのじゃ。リタよ、安らかにの…。
        ホリーちゃん先生がどうとか言っておったが…。(泣きそうな顔をしたままガラス玉の残骸を拾いあつめ、光に透かし見る) -- ハダリー 2015-05-10 (日) 22:08:34
      • (透かし見たガラス玉は光を反射してキラキラと輝く・・・ハダリーに魔法の心得があるのならガラスに混ぜ込まれた物にある種の霊的な力を留める性質があるとわかる事だろう)

        (ハダリーがその場でガラス玉を見て暫くの後、角から老婆が現れる)
        あーぁーやっちまったみたいだねぇ・・ -- ホリー婆さん 2015-05-10 (日) 22:27:40
      • うむ、やっちまったのじゃホリーちゃん。(ひととおりの検分を終え、意外なほど落ち着き払った様子で)あれは人を殺めた感触ではない。なにか仕掛けがあるようじゃな。
        殺めたわけではない。じゃが、リタの姿は消えた。光に変わっての。合点がいかんのじゃ。そなたが納得のいく答えを持っておると見たが、どうじゃな? -- ハダリー 2015-05-10 (日) 22:56:29
      • ひぇっひぇっひぇ・・それじゃまるで人を殺めた感触を知ってるみたいじゃぁないかい・・・「冗談」でも、そういう事は言うもんじゃぁないよ(たとえ時効であってもそういう事にしておきなと暗に伝える)
        簡単だよ、アンタ等が普段見てたのはあの子の本当の姿じゃぁないのさ(ひょいとガラス玉の欠片を手に取り透かし見る)・・・おかしいね、そう簡単に壊れる物じゃぁないんだけど・・・
        本当のあの子は自宅のベッドで寝ていて、霊体だけがコイツの中に入って仮初の体を作っていたのさ・・・アンタが見たのは戻っていくあの子の魂魄だろうね(今頃は起きててんやわんやしてるだろうさと肩をすくめて) -- ホリー婆さん 2015-05-10 (日) 23:25:13
      • 打ちかかる火の粉は払わねばなるまい。魔女よ。そなたとて、世が世ならばあの飢狼どもに吊るされる側じゃろ。…まあ、笑えぬ冗談は好かんがの。
        なるほどのう。ホリーちゃんが作ったものかの。何もしとらんとは言わんが、ちと転んだだけでこわれたのじゃ。
        仕組みはともかく、理屈は通っておる気がするのじゃ。あやつを味見するには家庭訪問せねばならん…ということじゃな。それは、直せるかの? -- ハダリー 2015-05-10 (日) 23:44:34
      • だからこそ、だよ・・そう言う匂いを出すもんじゃないのさ・・・気を使いすぎて自分らしさを失うのもよくはないけどね
        って事はちょっとずつ罅が入っていったか・・・玉を守れない位複製体が弱いか・・・両方だねこりゃ
        おいおい味見する気かい?あんまり無茶させないどくれ・・・(やれやれと肩をすくめて)
        直せる・・が(ひょこりと懐から新しいのを取りだす)一度割れたモンを直すより新しい物を作っちまった方が固いし安定する、アタシが届けても良いけど・・・アンタ行くかい? -- ホリー婆さん 2015-05-11 (月) 00:04:38
      • 覚えておくのじゃ。精巧にできておる分もろいのかの。この手の品には手傷など本体に返るしろものもあると聞く。大事になっておらねばよいのじゃが。
        うむ。ここにいるもの全員一人残らず喰ってやるのじゃ。そなたもじゃぞホリーちゃんよ。案ずるでない。加減を誤ったことなど一度もないのじゃ。
        しかし、おぬしがあやつの面倒をみておるとはの。…消える間際に名を呼んでおった。そなたが顔を見せれば安心するじゃろ。むろん私もつきあってやるのじゃ。すぐ参るかの? -- ハダリー 2015-05-11 (月) 00:25:46
      • 一応、ダメージのフィードバックは無い筈だけどね・・・此処まで弱いとちょっと心配だねぇ
        ひぇひぇひぇ、それは怖いねぇ・・勘弁してほしいよ・・・
        あの子の親に頼まれているのさ、何とか元気にしてやってほしいってね・・・体よりも心のケアが先と思い渡したんだが逆効果だったかもねぇ・・・
        そうだねぇ・・行くなら放課後にと思ったが‥早い方がいいか・・・(ほれこっちだよと箒に跨り飛んでいく、はやい) -- ホリー婆さん 2015-05-11 (月) 00:43:51
      • もう少し頑丈にできておったような口ぶりじゃの? ふふ、戯れではないのじゃ。やるといったらやるのじゃ。眷属は増やさんがの。くくく。
        魔女も楽ではないのうホリーちゃんよ。その親も世話しておったような間柄じゃろうか。そなた、さては相当の世話焼きじゃな!
        早く安堵させてやらねばなるまい。詫びも入れておきたいしの。あやつの慌て顔、拝みにゆくとするかの。(コウモリの群れに姿を変えて追いかけていった!) -- ハダリー 2015-05-11 (月) 01:07:49
  • けほっ・・・けほけほ・・・
    • 疲れが溜まったか、あんまり良い状態じゃないねぇ・・・今日は休みにしな
      • だ、大丈夫です・・・あの体になれば、体調なんて・・・
      • 莫迦言うんじゃないよ、魔力の体だからって体力が要らないなんて事はないんだ、魔法を使うのはアンタなんだから
        ・・・それと、あまりあっちの体に依存しすぎる物じゃないよ・・・本当のアンタはこっちなんだから、与えたアタシが言うのもなんだけどねぇ
      • ・・・はい・・(中野人旅行の為休み) -- 2015-05-09 (土) 09:39:42
  • けほっ・・・けほっ・・・(目覚める・・・一気に襲い来る倦怠感と息苦しさ、慣れたもののハズなのにあの体験の後だと酷い違和感を感じる・・まるで自分の体じゃないみたいに)
    ・・・(手の中のガラス玉を見る、そう・・この道具を使っている時こそが本当の自分で、今の自分は何か悪い夢でも見ているような)
    莫迦みたい・・・(なんて考えてみても今の状況が変わるわけではない・・先生に言われた日課をこなさないと、唯でさえ体力が落ちるのだ)
    ぁ・・・(そして気付く)欠けてる・・・どうしよう・・(先生に相談して・・・怒られたりしたらどうしよう・・・貴重な物だとか言われたら、もう渡せないと言われたらこの夢はもう見れない)・・・ぁ・・(そう思うと怖くて何も言えなくなってしまうのだった)
    -- 2015-05-05 (火) 07:24:18
  • おん? よく見りゃリタってなんか儚い感じの子だねぇ……深窓の令嬢、箱入り娘……?だっけ。箱入り……つまりミミック?? よく分からないね
    ねえちょっと。さすがに冒険には出てないよね。出てたら逆にビビるよアタシ
    案外射撃とか魔術の名手かもしんないけどさ -- 七巻 半 2015-05-02 (土) 14:09:45
    • 儚い・・・(バッチリ言い当てられて難しい感じの顔・・でもちょっと逸れたので其方に乗って)ふふっミミックですね、がおーです(ちょこんと手を広げておどけて見せて)
      ミミックですから、あまり外に出たことがなくて・・・(ころころと笑う口元を押さえる手は武器も握った事も無さそうで)
      だから冒険にも・・・(ふるふると首を振って)でもいつか色々な所を見て回りたいなって思ってて、その為にお勉強を(こくこく)
      -- 2015-05-02 (土) 14:23:14
      • ひぃ、喰われる!(腕で顔をガード!ノリは良い) ああー、なるほどね。いきなり街の外はハードル高いから、って訳だね
        ま、実際ヤバいのがうろうろしてたりするから、それで正解かもね。外に行くなら護衛は付けなよ。信用できる奴をさ
        でないと怪物やら盗賊、邪教の連中にお持ち帰りされちゃうよ
        アンタみたいに可愛い子は特にね(肩を竦めてにやりとする、可愛げの無い奴) -- 七巻 半 2015-05-02 (土) 14:33:13
      • ふふふっ(くすくすと笑ってから息を整えて)そうなります・・・
        護衛さん・・ですか・・・まぁっ!(お持ち帰りされて・・・どうなるのかは判らないけれどそれゆえに不安感は強くて)
        そ、そうなのですか・・・(可愛いという言葉もこういう流れで言われると素直に喜べない)デミ・・さんは冒険をしていらっしゃるんですよね?
        でしたら、その時はデミさんにお願い致しましょうっ(お友達も一緒の方が楽しいと頷く)
        -- 2015-05-02 (土) 14:50:59
      • (リタの表情が曇るのを見て、本当に世間知らずなんだなーという感想を抱く、化け物娘)
        うん、いいよ。覚悟ができたら付いていってあげる。いつでも言いなよ。……寝てるとき以外で頼むね
        (背負った刀の鞘を指でトントンと叩くと、そのまま学び舎の屋上へ上がって行ってしまった)
        (今度は昼寝でもしに行くのだろうか) -- 七巻 半 2015-05-02 (土) 15:06:42
      • はいっよろしくお願いします・・・ふふ・・デミさんは良く寝る方です(私みたいとくすくす笑って)
        えぇそれではまた・・・・・・?(屋上になんの用だろうとまた不思議そうに見送った)
        -- 2015-05-02 (土) 15:22:08
  • (豪勢な洋館の奥の一室、ベッドに座る少女が近くに座る老婆に問いかける)
    ・・・じゃぁ・・私もホリーさんの様な魔女になれば外に出れるの?・・・ならっ
    -- 2015-05-02 (土) 09:33:47
    • 理屈で言えばそうなるねぇ・・・でも、ダメだよ(少女の瞳に希望の光が灯るのを見て、それでも魔女はぴしゃりと言い放つ)
      確かに魂焼術に特別な才能は要らないよ・・でもアンタには私たちに一番必要な火に対する敬意と憧憬がない
      アンタは自分が外に出たいだけ、元気になりたいだけ・・・自分の目的の為に、人を利用するモンじゃないよ -- 2015-05-02 (土) 09:33:58
      • ・・・ごめんなさい・・でも私はただ・・・(ぴしゃりと言われ、しょぼんと肩を落とす・・そしてまた何もかも諦めた様な目を窓の外に向けて) -- 2015-05-02 (土) 09:34:14
      • ・・・そんな顔するんじゃないよ、姑息な子だねまったく・・・(またもぴしゃりと言い放つ魔女だがやがて折れて)判ったよ
        (先手を打って遮り)魂焼術はダメだ・・・でもそうだね、アタシ等がする鍛錬法の中に、アンタの願いを叶えられる物があったと思うよ・・それをあげる -- 2015-05-02 (土) 09:34:26
      • (魔女が折れて道を示せばぱぁっと顔が華やいで)本当?ありがとう御座いますホリーさん!(きゃっきゃとベッドの上で小さくはしゃいで見せて) -- 2015-05-02 (土) 09:34:36
      • あんまりはしゃぐとまた咳き込むよ・・それと、毎日の運動もキチンとする事、いいね? -- 2015-05-02 (土) 09:34:46
      • はいっ(聞いているのか聞いていないのか返事だけは元気で・・・)
        (魔女の如何なる邪法か、少女は外に出れるようになり学校に通うことになった)
        -- 2015-05-02 (土) 09:36:00
    • ・・・これが?・・・(渡されたガラス玉を見る・・・透明な玉虫色で、小さなシャボン玉の様だ) -- 2015-05-02 (土) 12:28:33
      • そう・・・「キューブラー=ロスの透玉」・・・まぁ名前なんてどうでもいいさね
        コイツはアンタの離脱した魂を留めて、代わりの体の核となる物さ
        魔力を充填して、握って幽体離脱すれば後は玉がやってくれる -- 2015-05-02 (土) 12:28:45
      • そうですか・・魔力を封入して、幽体離脱・・・・・・え?(きょとんと)
        そ、そんなこと出来るんですか?えっと・・・(わたわた)
        -- 2015-05-02 (土) 12:29:13
      • そう幽体離脱・・・やり方は教えるから、心配はしなくて良いよ(きょとんとした顔にころころ笑って) -- 2015-05-02 (土) 12:29:33
      • (安心したようにほっと息をつく)よろしくお願いします・・・
        ──それから数日の訓練を重ねて

        (ベッドの上、言われたとおり手の内にガラス玉を納めて息をつく・・呼吸を整える、体の中心から生じた熱量が背筋を通って掌に集まるイメージ)
        (手の中の玉が淡く輝くのがまぶたを通して見える・・・そして改めて呼吸を整えリラックスすると・・・)んっ

        (何かに強く引かれる感覚と共に視界がぱっと開けると・・・体が浮いていた、訓練で霊体を抜いたときとは明らかに異なる実感)
        -- 2015-05-02 (土) 12:29:52
      • (それを傍から見ている・・・手の中から玉虫色の輝きが漏れ出る、リタの体から白い靄のような物が出て・・それが手の内に吸い込まれると・・・)
        (透玉から溢れる光が人の形を作り出す)
        ・・・アタシの声が聞えるかい?・・・普通に離脱したときとは違うのが判る筈だよ、その感覚を強くしていくんだ -- 2015-05-02 (土) 12:30:23
      • (言われたとおりに体があるという感覚に集中し、高めていく・・・指を、腕を足をお腹を、背を意識する程に実感は強くなっていく)
        (足の裏に固い感触・・・ゆっくりと目を開けると)・・・ぁ・・(自分の体が目の前にある、しかして離脱特有の浮遊感はなく、重力を感じながら枕元に立っている)
        ある・・体が・・・(それだけじゃない、すごく軽い呼吸もまるで苦しくないどこまでだって走れる気がして)すごいっ・・すごいすごい・・・ふふっ(思わず部屋を飛び出し駆け出していた)
        -- 2015-05-02 (土) 12:30:48
      • (玉が浮き上がる・・・光と共に実体が形成され、ゆっくりと降り立つのを見守る)そう、その調子だよ・・・
        (そして完全に体が形作られるのを見ると)成功だね、基本的に込めた魔力が続く限り動ける、動けなくなっても自然に体に戻るから不安にならなくて良いよ
        服装は基本的にアンタのイメージに寄るよ・・パジャマが多いからそうなってるんだね、あと離脱してる間は体は寝てる訳だから、今以上に体力が落ちないように毎日キチンと体を動かす事、いいね?って・・聞いているのかいっちょっと・・・
        (驚いた声をあげるメイドたちを尻目に、パジャマで庭を駆け回るリタを呆れたように見守る)まぁ・・今は良しとするかね -- 2015-05-02 (土) 12:31:04

Last-modified: 2015-07-26 Sun 18:23:02 JST (2004d)