名簿/488943

  • ふにゃふにゃ -- シラナ 2013-03-15 (金) 23:30:18
  • ……いんたいしてしまった
    でもまだシーナが現役だからなーただそうなるとなー……行ってらっしゃいとお帰りなさいを言う係か……
    -- シラナ
    • (いつの間にか、シラナの足下にティノとは違う一匹の兎が佇んでいる) -- 2013-02-28 (木) 21:54:08
      • …………。……え、何? 好きにして良いの? ……しちゃうよ? 最近あんまりモフれてないし……! -- シラナ 2013-02-28 (木) 23:19:23
      • (シラナが手を伸ばした瞬間、謎の兎は目からビームを放った)
        (謎ビームがシラナに直撃し、謎の煙に包まれ……)
        (煙が収まった時には兎の姿はなく、シラナひとりが残された) -- 2013-02-28 (木) 23:26:18
      • モフ―――わ!? っちょ、ええー……?(軽く咳き込み、煙を払おうと手を振って)
        もー……なんだったんだろ。いないし。…………。……あれっ。……あれえ?!(流石に驚きは隠せず)
        これは……うわ、うわあ……脱いだらまた着るの大変そーだなぁこういうの……うむむ(とはいえジェイに見せたらどういう反応をするのだろーかと考えたりもし、突然の事だがそんなに気にする事も無く姿見の前であれこれ全身確認したりしてからちょっとポーズ取ってみた所何故か偶然部屋のドアが開いていて妹にその現場を見られたと言う)

        (//うわっ、デカっ。お客さん信じられますかまだ処女なんですよこの娘ありがとうございます!) -- シラナ 2013-02-28 (木) 23:35:11
    • (風に運ばれ「おつかれさま」と言う声が聞こえたかもしれない) -- 2013-02-28 (木) 22:03:07
      • ……ん(聞こえた気がして、静かに頷いた) -- シラナ 2013-02-28 (木) 23:19:54
    • (お疲れ様の看板を出す包帯まみれの怪人) -- ティノ 2013-02-28 (木) 22:17:19
      • むぅ、ティノはいつまで怪人を続けるつもりなんだろーか……? -- シラナ 2013-02-28 (木) 23:20:43
      • (実はとっくに治ってる兎)……(しかし光学迷彩や偽装系技術をフル活用して壊死寸前の状態の外見に戻してみただけだったが)
        (包帯の隙間を見せれば剥き出しの頬肉やそこから見え隠れする腐りかけの歯茎や歯が見える本格的再現) -- ティノ 2013-02-28 (木) 23:22:35
      • 母様に言えば結構すぐちゃんと治ったんじゃないかなって感じなのにねー……
        ……わぁ。……それ……ちょっと触って良い?(惨さにまず引くべきだったが好奇心が勝ってしまった不具合)
        -- シラナ 2013-02-28 (木) 23:29:21
      • (失敗だったか!と内心舌打ち)
        (触ると感染する恐れがある、と看板を取り出す、看板を持つ手も壊死しかけて居た時の再現なのは細かい所まで気になる性分だから) -- ティノ 2013-02-28 (木) 23:37:19
      • (見せてくれるんなら大丈夫そうなんだろう、という謎の安心感があったが新たな看板にひゅっと伸びていた手が引っ込む)
        ……えー? 感染って。いや、ええー? …………んんー?(じーっとティノを見つめ。ティノはそこまで危険な状態ならわざわざ包帯の中をチラ見させるだろうか、とかそんなに危ないならお疲れ様を言う為だけに色々なリスクを冒すだろうか、とか漠然と考えつつ)
        ああ(ポンと手を打ち)にせものだこれ(凄い結論が出たので本物が周りに隠れていないか軽く見回し始める)
        -- シラナ 2013-02-28 (木) 23:45:27
      • ちっ、意外と頭が回るようになった(成長を喜んでいるが口からは悪態が出る)
        まあ一時は本当にこの状態だったけどね(何故か口から零れる声は以前よりやや高い) -- ティノ 2013-02-28 (木) 23:51:16
      • 意外ととか付けられる必要は無いんじゃないかな……(応えながら隠れられそうな場所はどこかなーしつつ)
        あ、そうなんだ? 確かえーっと、母様達に会った次の依頼? の時だっけ。まあ流石に結構経ったもんねー……(偽物だと思ってるので声の高低を気にする様子も無く)
        -- シラナ 2013-02-28 (木) 23:54:20
      • いや、昔は察しの悪い子だったと思う(断言する兎、主に押し倒さざる得なかった時の事を思い出してる)
        まあ、今はこうなってるが(包帯の偽装解除すれば腰まで届く長い髪に女性的な顔立ちになっているちのが姿を現す、以前と変わらないのはロップイヤーぐらい)
        流石に死に掛けていた時間が長すぎてホルモンバランス諸々に悪影響が出た(嫌そうに顔を顰めながら適度な距離を維持) -- ティノ 2013-02-28 (木) 23:58:10
      • えー? ……そうかなあ……(どこかなーの作業の手を止め)
        でもそんなに言われる程……お? ……おお。……あれ? 普通もっとこう……違う方向と言うか……なんで?(偽にしても女性っぽい点について)
        ……あー。……そういうのあるんだ。…………あれ? ……本物?
        -- シラナ 2013-03-01 (金) 00:02:08
      • 本物、偽装を上から被せてた、ダミーを動かすよりは手間じゃないから(無香性の煙草を銜えて火をつけようとしてる) -- ティノ 2013-03-01 (金) 00:03:37
      • (その隙に飛び付かんとす) -- シラナ 2013-03-01 (金) 00:04:29
      • (飛び掛る姿を確認もせずにデコピン+ワイヤートラップで迎撃、紫煙を吐き始める)はー、一度覚えると困るねこれは -- ティノ 2013-03-01 (金) 00:09:54
      • …………っ(涙目でぷるぷる)
        ほ、ほら引退祝いーとか……ティナちゃんだけじゃちょっと……だし……ねえ……?
        -- シラナ 2013-03-01 (金) 00:12:43
      • 前にも言ったけど、誰かと付き合ってる上で異性に抱きついたりもふったりってのは対外的に問題があるから、禁止
        ああ、ちなはいくらでももふっていいよ、許可する(しかしロップイヤーは隠さない、と言うか体質が変わったから以前の隠し方が使えない) -- ティノ 2013-03-01 (金) 00:15:15
      • ジェイ丸なら気にしない気がするけどなあ……。…………ティノがダメなら仕方無いのかなあ……(チラッチラッチラッチラッチラッ)
        あ、じゃあティナちゃんにはそう言って一杯もふるけど。…………ダメかー。……そっかー(チラッチラッ)
        -- シラナ 2013-03-01 (金) 00:19:24
      • 駄目、以前言っただろ?僕の精神力や耐久性は無制限じゃない、万が一を考えたら実行しないのが最良だよ(煙草を銜えたまま喋ってる)
        ちななら無茶しても壊れないし万が一も無いから好きなだけもふっていいよ(煙草には味覚調整の意味もあるが、唐突にもふられないように火傷する危険等を相手に認識させる意味合いもあった) -- ティノ 2013-03-01 (金) 00:21:12
      • ぶー。…………えっとじゃあつまり……全てをティナちゃんにぶつけろ……と……? -- シラナ 2013-03-01 (金) 00:45:55
      • イエス、それ以外に手はないね -- ティノ 2013-03-01 (金) 00:50:56
      • そっかー……。……なるほどなー…… -- シラナ 2013-03-01 (金) 23:22:53
      • そうなんだよ、理解してくれたなら僕の心労も非常に軽減される、あともふってくるのは精々ソラぐらいだが、こっちは拒否権ないからなぁ…… -- ティノ 2013-03-01 (金) 23:34:23
      • ソラちゃんのはオッケーなんだ……私はダメだって言うのに……いやらしい…… -- シラナ 2013-03-02 (土) 22:55:22
      • 別に裏は無いけどさ、ソラは特定の誰かってのが居ないみたいだし、あと一応最もリスクの低い解決法を提示してくれたからね、報酬代わりでもあるよ -- ティノ 2013-03-02 (土) 22:56:43
      • むぅ……。…………でもそれ報酬代わりと言いますがティノも良い思いをしてるのではないでしょーか? -- シラナ 2013-03-02 (土) 23:35:04
      • 昔のソラなら満更でもないけど、今のソラじゃなぁ……なんて言うか、本当に幼児体系って言うか幼児そのものみたいだし…… -- ティノ 2013-03-02 (土) 23:38:33
      • ……ティノもどすけべだねえ(しみじみ) -- シラナ 2013-03-02 (土) 23:49:47
      • そりゃ雄ってのは基本スケベなものだよ、だからこそシラナやシーナにはもふらせないんだ、間違いが起こらない対策としては最善だろう? -- ティノ 2013-03-02 (土) 23:54:47
      • ん、それはまー知ってる。ジェイ丸も押し付けると鼻の下伸びるし……。…………私はティノも女の子なら良かったのにねえと切に思うのです -- シラナ 2013-03-03 (日) 23:32:52
      • 諦めるしかないね、僕は男だしシラナはジェイの彼女だし、ああそれと、バイトには復帰しないから制服返しておいてくれないかな(アクアアビスの制服が包まれた袋渡して) -- ティノ 2013-03-03 (日) 23:42:54
      • はー……折角の……もふ……(うらめしげ)……? え、もう来ないのー?(袋受け取り)
        気にしなくて良いのになあ。……あ、でも辞めるのはちゃんと父様に自分で言っておいてよー?
        -- シラナ 2013-03-04 (月) 22:31:11
      • 諦めの悪い、関係が変われば出来ること出来ない事も変化するのは当然だろう?ああ、そっちの方もちゃんと連絡入れるよ
        流石にアクアアビスとEk Chuahのバイトを両立させるのは無理だから辞めるんだよ、今ならジェイも居るんだろう?人では足りてる筈だし -- ティノ 2013-03-04 (月) 22:52:52
      • それだけ諦めるには惜しいという解釈をお願いします……。ん、ならまあ
        ……って、ええー? まさかヘッドハンティングされていたとは……ラゼンシアさんも意外な所で攻めてくるなあ……
        -- シラナ 2013-03-05 (火) 00:37:03
      • たかが耳や尻尾だと思うけどねぇ、何がいいのかさっぱりわからないんだが
        いや僕から頼んだんだよ、治療まで手伝ってもらって無償ってのはどうも悪い気がしたからね -- ティノ 2013-03-05 (火) 00:47:38
      • それ宝の持ち腐れってゆーんだと思うよきっと
        えっ。……むー、そっか……そういう事なら、まあ、しょーがないのか……うちを頼ってくれればよかったのにー
        -- シラナ 2013-03-05 (火) 23:18:46
      • いや違うと思うけど
        それだけは絶対にない、ファイレクシア化する気はないし、フィールを曇らせる気もなかった、その線で行くと母さんを頼るのも論外、フィールの知り合いってのも治せそうだったけどリスクが読めないので却下
        と消去法でイプキス達が頑張ってくれるか、自力でどうにかするかしか残らなかった、OK? -- ティノ 2013-03-05 (火) 23:29:01
      • いやー違わないんじゃないかなー……
        ……ええー? …………ええええー?(疑問符を飛び散らかしながら)
        あんまりオッケーじゃないけど……んー、とりあえずティノなりの考えでそういう風になったのは分かった
        -- シラナ 2013-03-05 (火) 23:58:46
      • 同じ手触りの毛玉渡したら投げ捨てたじゃないか、何が違うの言うのか
        ミイラしてた初期に母親に頼めば女装と引き換えで一発だって言ったらフィールが微妙な評定したからね、それで基本的にアクアアビス関係は論外、母親も論外、僕としては自分のプライドは最優先させたかった
        ってところでソラから救世主を紹介されたわけだ -- ティノ 2013-03-06 (水) 00:09:24
      • ……そんなだからティノはモテないんだよー(溜息)
        …………はあ。……えー別にティノが思ってるような事にはならないと(多分)思うけどなあ……
        あの。……さっきと理解の程度が変わった気がしないんだけど……まーでも治ったんだしとりあえずそれで良いのかなー
        -- シラナ 2013-03-06 (水) 00:13:02
      • 女心は難しいもんだねぇ……
        いやどうかな、要塞の面々からはかなり嫌われてるみたいだったよ、ああ、忘れてた、あとこれ王。に渡してみて欲しい(荒廃鋼から逆算して再現したダークスティールの欠片を投げ渡し)
        まあ理由はそれだけだからね、説明しにくい、まあ僕としては呪いさえ止まれば後はどうなってもよかったんだけど、治ったのは嬉しい誤算、こうなったのは嬉しくない誤算 -- ティノ 2013-03-06 (水) 00:50:58
      • ティノがその辺りとんちんかんなだけだと思うけど……
        ええー? そうかなー……ん、へ? わ、ったっとっと……なにこれ?(慌てて両手で受け止め、首を傾げ)……渡すだけで良いなら渡しておくけど
        律儀だからねーティノはー(しみじみ)……まーそこはほら、治ったんだし。これからこう……男っぽくなる……と良いよ、ね(だが視線は泳ぐ)
        -- シラナ 2013-03-06 (水) 22:42:02
      • そう言うものかな、できるだけ手触り同じ奴だったのに
        渡してくれればいいよ、多分要塞なら利用できるだろうし(成型時の余り部品は処分も出来ずにどうしようもなくなってた技術職)
        律儀かねぇ、割と手抜きはしてるけど、まあその内戻ると思う、思いたい、思わせろちくしょう(しかし数ヶ月間で変化した部分は全く無く、それどころか耳や尻尾の隠蔽も無理になってた) -- ティノ 2013-03-06 (水) 22:58:29
      • だからそれだけじゃ駄目なんだってばー。もー
        そう? ん、じゃあそうしておくね
        私は律儀だと思うけどねえ……? うん、大丈夫、大丈夫だよきっと……気を確かに……!(そして数ヵ月後そんなティノを見かけて思わず目を逸らしたと言う)
        -- シラナ 2013-03-06 (水) 23:37:17
      • だってお菓子は論外だっただろ、それ以外にとなると何かもふれるものとなるし、アクセサリーとかシラナは付けなかったし
        まさか本当に破壊不可能とは思わなかった、いやまあ、試験段階の奴を普通に破壊していく人も企業に居たけど……
        筋は通したいと思ってるけど、それが律儀に見えるだけじゃないかなぁ、まあこれで固定ってわけじゃないだろうし、背も伸びるだろうし(まだ諦めてない150cmちょっと)
        魔、とりあえず、何はともあれお疲れ様、そしてお幸せに -- ティノ 2013-03-06 (水) 23:42:30
      • ……そういうのでもなくってさー。もー……そういう風じゃダメなのになあ
        ふえ? ……?(色々とよくわかってない)
        そゆのが律儀って言うんじゃないかなあって。……うん、うん……(実はシーナについても徐々にあれこれ実はもう育ち切ってる? 的な疑惑を感じ始めてきていたりした)
        ん。……う、あ、まあ、うん…………
        -- シラナ 2013-03-08 (金) 22:18:43
    • ぞわ(悪寒) -- ティナ 2013-03-01 (金) 00:52:57
      • にこ(笑み) -- シラナ 2013-03-01 (金) 23:24:47
      • お疲れ様でし……た……?(それだけ言ってその場を立ち去ろうとする) -- ティナ 2013-03-02 (土) 01:16:56
      • ありがとーティナちゃん(しかし回り込んだ!)
        えへ(抱き締めた!)
        うふ(頬擦り!)
        (モフり状態!!!)
        -- シラナ 2013-03-02 (土) 22:57:04
      • (にげられない)あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛……(にげられない)何ですこの回避を許さない確定、(にげられない)そしてヘヴン状態な顔……(にげられない) -- ティナ 2013-03-02 (土) 23:01:19
      • うふふふふふふふふへへへへへへへへへえ(話にならない!) -- シラナ 2013-03-02 (土) 23:36:18
    • …色々あったが、まずは一抜けお疲れさんだな。
      (冒険登録を解除してきた日の晩、夕飯時を過ぎた後で労いの酒類を手に携え勝手知ったるとばかりにドアを開ける)
      わーお…。なんつーのかな、そのバニースーツ姿?店の制服にでも?
      (勿論慣習としてのそれである事は承知の上、からかい癖は結局いつになっても治らない) -- ジェイ 2013-03-04 (月) 05:53:21
      • あ、シーナちょっとてtうひっ?!(どう脱いだものかと背中辺りを探っていたらドアが開いたので妹と思い振り返ったらちがった)
        えっあっ、これはほら、いや店の制服じゃなーくーってー(耳まで真っ赤になりつつ咄嗟でありしかも違うので大仰に否定する)
        (尚シラナは普段父の指導により胸周りの露出がほぼゼロの格好を長年続けている為現状の様に深い谷間が露わになっている事は極めて稀であり、両腕振り振りジェイの言葉に反応すればカップに支えられた乳房はそりゃあ微震する)
        -- シラナ 2013-03-04 (月) 22:36:32
      • へーい俺ちゃんですよ。えーもう脱ぐの?もったいねーな。(茶化し半分だけど残りの半分は本気で残念そうにする)
        いっその事特別なイベント日はそれにするか?主に男性客山ほど呼べそうだしな!
        …ああ、いや。分かった俺が悪かったからそのツタだかムチだか分かんないのを振り下ろすのは止めてくれマジで死ぬ。
        (こうでもからかっていないと口が止まってしまい、それはなんとも気まずい空気というか生物の基本的な欲求の一つをかきたててしまいそうになる)
        で、どーするこのまま晩酌するか、普通の服に着替えてからにすっか? -- ジェイ 2013-03-04 (月) 23:29:54
      • 勿体無いって……言うかジェイ丸はーっ、乙女の部屋に入る時はノックをだなーっ!
        うちはいかがわしいお店じゃありませんし?! こっのジェイ丸は何を言い出すかと……!(何処かから取り出した何かの種を握りしめるなり凄い勢いで茨的な長いのが伸びる)
        ……ああもう。あああもう(ジェイが急に素に戻ったので毒気を抜かれ、伸びた茨的なのはしゅるしゅると逆再生でもかかったかのように種にまで戻る)
        大体急に入って来てだねー、この恥ずかしい格好の時にだねー。着替え中寸前だったからまだ良かった物を……。……着替えはちょっと。慣れてないから脱ぐ難易度高くて
        でもこのまま晩酌は……まーもージェイ丸が別に良いなら良いんじゃないですかね(自棄になった感じでぺたっと座る。とはいえ頬は未だ赤く、恥ずかしいのか胸の露出部分は手で隠す様にして)
        -- シラナ 2013-03-05 (火) 00:43:51
      • いーじゃねーか婚約者だろー…って訳でもないか、悪い悪い。(驚かせようと思ったのもあったが、ノックをしなかった事については謝る)
        だーっ悪かった俺が悪かったっつーの!ったくあぶねえったらねえっての。でもま、いいじゃんそういう格好も。
        自分の魅力っていうの気づいてない年でもねーだろーし、さ。(やっぱり脱ぐの大変なのなー…と酒を飲み交わす用意をしながらへたり込んで座るシラナを眺める)
        ま、ま、今日は俺がねぎらうべきだし座ってろよ。飲もう飲もう、今日はビールを選んでなくてよかったよかった。
        (用意を整えて側に置いたテーブルに持って来た白ワインとフルーツ、それにクリームベースの甘いディップを添えたクラッカーを皿に
         メロンを皿に取り、人差し指に冷気を集めて氷の剃刀を指の腹に作ると、撫でるように一周しただけで真半分に分割される
         最近転向した剣士としての氷魔法の使い方らしく、二回三回とそれを繰り返してよくある切り分けたメロンの姿に)
        さ、どーぞっと。シラナが引退して家庭に入るってことはあれだ、家の話も本格的に進めなきゃなー…。 -- ジェイ 2013-03-05 (火) 22:32:47
      • 魅力と言われますがね。……もう十年以上付き合いがある訳だし(ジト目になって自分の乳房を見、軽く撫で摩り、ジト目のままジェイの方へ視線を戻す)
        はーい、そうしますー。……ビールだと何か問題が?(多少騒いだけどシーナが顔を出さないのは、隣室にいないからだろうかとか考えつつ)
        おー……(メロンをさくさく解体していく様に感心した声を漏らす)上手だねー
        いただきまーす(促されれば嬉しそうに言い、クラッカーから手を付け始め)……家庭に入るっていうのはちょっと違うよーな気もするけど……あ、うん、そだねえ
        ……金貨十万枚くらいなら別にだいじょぶだけど(ちょっと宙を見て何か考えていたかと思えば予算から入るのだった)
        -- シラナ 2013-03-05 (火) 23:25:53
      • 十年?二十年以上だろ。あーそれともアレか、18の頃から俺に惚れてたとかそういうアレ?やだなーそんな昔からモテてたとはなー。
        (よせばいいのにいらん口を叩くのがこの青年の悪いところである、後頭部に手をやって参ったねこりゃとポーズ)
        いや、そんな格好に俺の好きな薄めのビールってのも合わないな、とな。ピザだのチキンだのと一緒にガバガバ飲むのにはいいんだがこういう場合には合わねえし。
        これで冒険に出るのも最後だし、やりたい事やってみようと思ってさ。爪先を刃物に変えるってのは前々からやってみたかったんだ。
        (ワインを注ぎグラスをシラナの前に出し、自分のグラスにもッ注ぐと減った分だけクラッカーの上にディップを載せる)
        似たようなもんだろ?アクア・アビスでの勤務は続くとは言えさ。
        ああ、いや金の問題は別に苦労してないしな。あとは広さとかどこに建てたのが家から近くて便利だとか眺めがいいとかそういうのな。 -- ジェイ 2013-03-05 (火) 23:46:55
      • そーゆうのじゃないから。もーこのジェイ丸はさー(オナモミの果実の引っ付き性能がより強力になったような奴を投げつけながら)
        ……ふーん? そういうものかなあ。……ああ。そういう(納得)
        そっかそっか、じゃあ……んー……ん、まあ悔いの残らない感じ? で終えられると良いねえ。父様は一杯失敗した後最後の冒険は無失敗だったそうですが(笑顔でプレッシャーを)
        似たようなもんかなあ。家庭に入るって奥さんとして家を切り盛りするーとかそんな感じあったけど(くっとワインを呑み)……あ、良いねえ
        えーでも予算の上限は見ておいてもって思うけど。……あー。広い方が良いけど場所的には日当たりが良ければまあ(だが一方でシーナは日当たりを重視しないかも知れないが)
        -- シラナ 2013-03-06 (水) 00:05:23
      • うえーなんだこれは、恋人にこんなもん投げんなよなー!(のけるのける)
        (そうは言いつつも、二人とのこういう他愛のないじゃれあいが一番好きな時間であった)
        うわっプレッシャーだなおい、考えてみれば引退ってのは一度もしてないからせめて死んで終わらないように気をつけるよ。二人を悲劇のヒロインにしてやるつもりはさらさらねーしさ。
        なんならそのようにしてくれても俺ちゃんは全然構わないけどな?どうせ家事は三人が分担してやることになるんだろうし。
        (そういや花嫁修業的な物はやってんの?と相手を弄りつつワインを注ぎ足す)
        なんだったら一つでかいのをバーンと、三階建て四階建てどんと来いみたいな…流石にそれは掃除も維持もめんどくせえか、実家の屋敷に使わない部屋と家具がどんだけあったのか覚えてもねえや。 -- ジェイ 2013-03-06 (水) 00:56:22
      • なら恋人にそんなの投げさせないでくださいますかねぇ……!(投げつけ投げつけ。とはいえ程々な所で止め、再度もーと呟きつつ満更でもなさそうに微笑んで)
        うっふふふー。ん、そこはちゃんと引退で終えて貰いたい所だねえ。悲劇のヒロインになる気はないし、それにほら。……んー……いつになるかはともかく……多分子供いるんじゃないかなーって思うし。…………多分私の?(照れ笑いを浮かべつつ。唯一の引退した身であるのでどちらかと言えば自分が先なんだろうなという程度の考えだが)
        えー……? じゃあそうしようか。引退してるし……反動で暫く凄く寝てるかもだけどー……
        (一通りの事はちゃんと出来ますー、と眠らなければの一点をスルーしつつワインを軽く嘗め、メロンに手を付け)
        えっそんなに。……うん、面倒だよ色々ー。最初は人数分で丁度良い感じで良いんじゃないかなあ、こう、拡張性? を持たせる? とかで(実家の広さの点についてこちらは全容を把握出来ていなかったりする)
        -- シラナ 2013-03-06 (水) 22:50:03
      • へーい、無茶しねーよう頑張りまーす…なんかいきなり酷い依頼回されて死にかけたような気もするがまあいいや、生きてりゃいいんだ生きてりゃ。
        (子供のことについて言われるとん、んん、と咳払い
         未だに手を出すのを躊躇う気持ちがあるのか、それとも自分もシーナもいない時に身重なシラナを一人にする事の不安があるのか)
        ああ、まあ、いずれないずれ…。(どちらにしろ有り体に言ってしまえば先の事を気にしている難儀な性格だ)
        火の元にだけは注意しろよなー…ま、お前もシーナも人並み以上に何でもこなせるのは知ってはいるんだけどさ。
        なるほど、敷地だけ広めに取っておいて後から必要に応じて建て増しね…ふんふん。
        あー分かる、俺もガキの頃は使われてない鍵付きの部屋って何か出てきそうで怖かったな。大体は古い家具とか絵画とか突っ込んであるもんだけど。
        (求めに応じるまま酒を注ぎ足し、つまみを用意して自分も楽しむ
         そんないつもと役割が逆になっただけで、当事者にとってみればあまり変わらない楽しい時間をつい長引かせてしまう
         気付けば自分でもそこそこ多い量を、ワイン程度のアルコール量とはいえつい飲み干してしまっていた)
        うー…あちゃー飲み過ぎたぁー…。 -- ジェイ 2013-03-06 (水) 23:27:10
      • 他の誰を犠牲にしても良いからー、なんて言っちゃいけないんだけど。でも今となってはとにかくちゃんと還って来てくれるなら、って感じかな……
        (ジェイの咳払いに、あ、うんって感じで数度頷く)ん、急ぐ事でも無い、は無いし……ねえ(とはいえ自分が言い出した事の内容にまだ照れは抜け切っていなかったが)
        流石に燃えたら気付くし……多肉植物投げつけるし……。えへん(胸を張ればバニーゆえ普段より色々と色々)父様達がしっかり教えてくれたからねえ
        そうそう。そんな感じなら後からなんとでもなりそうだし? 後は縦横斜めに建て増ししたりしていけば……
        うちの場合は本当に危ない物が入っていたりただ広いだけで何も無い場所だったりで……
        (話に花を咲かせつつ、諸々美味しく頂きつつ、ワインも進む)
        (尚妹の方は酒を呑ませたらほぼ底無しの強さだが、姉の方はそれ程でも無く)
        …………んんっ、ちょっと暑いかも……(普段よりとろんとした目付き、上気した頬、どこか力が入っていない感じの肢体)
        -- シラナ 2013-03-06 (水) 23:48:28
      • ま、それは流石にちょいとエゴイズムが過ぎるわな。身内がいる奴は誰だってそう思ってるからさ。
        (自身の年齢のこともあり、早いに越した事は当然無いのだが…しかし、なあ、といつも思ってしまうのである)
        いや燃やす前に気づけよ?今更判ってっけどさー…各部屋に壁掛け時計と火災報知機は必須…と。
        (メモを取り出して本気かはたまた冗談か、ささっと書き連ねるのであった)ま、家事能力については心配なしだな。
        いやーしかしなんかいいなあこういう話、シーナとも後でやっとくか。それじゃあ敷地を広めに…あ、防音の地下室欲しいな地下室、アパート暮らしじゃできないからずっと我慢してるエレキギターガンガン弾きてえ。
        (そんな話をしたのはもう何時間前だったか、二人とも少しふらふらとかうとうとし始め)
        あー…立てるか…?ベッドまで運んでやるから後は自分で布団の中でその服脱ぐなりして…。
        (とろんと芯の抜けた様子のシラナに、自分もゆらぎながら肩を貸して)俺は下で寝るわー…。 -- ジェイ 2013-03-08 (金) 00:58:54
      • あぃー……立てまふ、いけるいける(肩を借りてふらっと寄りかかるように立ち、隣の寝室まで運ばれれば、ばふーっと倒れ込む)
        んん……っ(もぞもぞと身を起こし、ごそごそと背側の腰辺りを両手で探り)……取れない……(バニーのレオタードはファスナーで留められているのだが、金具隠しとしてボタン留めの部分があり、それを外さなければファスナーを下ろす事が出来ず、つまり脱げない)
        ……ううー……ジェイー、これ取ってー(ジェイに背を向け、髪を掻き上げれば大きく露出した背が露わになり、腰の辺りを擦る手の先にボタンがあった)
        (体形ぴったりのジャストフィットな事と、素面の時でさえ脱ぐのに妹の手を借りようとしていた事を鑑みれば、酔った状態での自力外しなどほぼ不可能。なので若干半泣き状態でジェイに助けを求めるのは自然な事と言える)
        -- シラナ 2013-03-08 (金) 22:27:58
      • いけてねーだろーがっ、ったくシラナよりシーナの方が滅茶苦茶酒に強いってのは付き合い始めるまで本気で予想外だったぜ。
        (倒れこむのを片手で支えて重力のままに布団に入るのを止め、掛け布団をめくって中へ押し込もうと)…先に脱ぐか、あー…どっか外す?
        着替えぐらいなら言えば探してやるけど…。(どこもかしこも柔らかくていい匂いがする上に多少の体温の上昇も感じる、これはいかんと頭を振った)
        取れない、って。あんなあ…これだけのためにシーナ呼ぶわけにもいかんか…。あーあーあー、外すぞ!俺が止め具外すぞ!いーな!
        (肘をめいいっぱい伸ばして手首だけで腰のあたりを探り、ボタンを見つけて横目でなんとか外す事に成功する)
        ふー…悪酔いしそうだ。着替えはいるかー?パジャマどこにあるんだったか…。 -- ジェイ 2013-03-09 (土) 23:36:24
      • うん、外してー。ジェイ以外いないじゃんー(外されるまで待つ)……んー……(待つ)…………ん(取れた)ありがとうねえ(微笑んで)
        (そうして額を拭い辺りに目をやったジェイを他所に早速ファスナー下ろしてレオタードを脱ぎにかかっていた。やはり少々窮屈だったのだろう)
        (ちなみに寝室の内装としてはシーナと同様ぬいぐるみが多く、シーナと違いあまり整理はされていない。全体の雰囲気として20年前から余り変わって無いんじゃないかという感があり、化粧台に並ぶ申し訳程度の化粧品が無ければいい歳した女性の部屋には見えないだろう)
        -- シラナ 2013-03-10 (日) 00:28:49
      • つっても男に外させんなよなーこういうのを…へいへいどういたしました。
        (感謝には片手をプラプラ振って、努めて普段通りの自分であるように意識して行動している
         周囲を見渡せば、そこには散らかし具合以外はいつ見ても代わり映えのしない、何年たってもこのままという錯覚すら起こしかねない配置の部屋がある)
        はぁー…シラナ君よー俺は前々から言ってたよな、ちっとは服とか化粧品とかバッグとか靴とか買わないと男のできないまま三十路だぞってなー。
        …まあ男はここにできてたけどな。ともかくもうちょっと自分を飾る物を買いなさい買い物に付き合ってやるから、な?
        思えばシーナもそんな感じだったな、ぬいぐるみ以外に何か買ってやるか…新居には衣装部屋をぜってー作ろう。ああ、全部脱げたか?もういいなら俺ちゃん下行って寝るわ…。 -- ジェイ 2013-03-11 (月) 22:35:21
      • (聞いているのかいないのか、多分聞いていない方だろうが、側にジェイがいると言うのに気にした風すら無くレオタードを脱ぎ、放り、タイツを脱ぎ、放る)
        ジェイも彼女できたしそこはおたがいさまでいーんじゃないかなー(言いつつショーツ(黒のTバック)のみの姿でごそごそと布団を被り、幾つかある枕の一つを抱き抱えるようにし)
        んぅ……(ジェイが言葉を言い終える前には既に寝息を立てていた。子供の頃から殆ど変わっていない、実に幸せそうな寝顔)
        -- シラナ 2013-03-11 (月) 22:57:40
  • うーん……(指でくるくると万年筆を回し、机に頬杖を突いて軽く唸る)
    (妹と同じ恋人を持った事に不満は無いが、相手への負担の大きさや二対一による不公平感等も有り、ちょっとやっぱり失敗だったかなと思わないでも無かった)
    幸せかそうでないかで言えば幸せの方なんだけどなー……。ティナちゃんはによによして話聞いてくれないし……こう言う時フィーちゃんかサリナちゃんでも居てくれれば良かったんだけど
    (親友か仲の良い姪か。色々話を聞いてくれるし相談にも乗ってくれるであろう二人は既に街には居ない。急に部屋の物を持ち出されて行った時は驚いたが、きっと親友は自分の事をまだ愛していたんだなと思えば少し納得も出来、荷を持ち出そうとするメイドに強く言って今手の中にある万年筆だけは確保したりもした。ただ親友に姪が付いて行ったと聞いた時は意外だったが)
    んんんー………………(そして万年筆の回転は止まり、頬杖のまま眠りに落ちていた)
    -- シラナ
  • (フィールがシラナの元へと訪れなくなって一ヶ月ほど経ったある日……)
    (フィールの屋敷のメイド達がシラナの元へと訪れた、フィールの私物を回収するためだ)
    (衣類、書物、小物…その他、メイド達は出際良くダンボールに詰めて行く)
    (フィールと過ごした十数年の間に溜まった私物はそれなりの量になったがほぼ全てを回収して行った)
    (僅かに残ったフィールの残り香もやがて消えて行く事だろう。 望むならばシラナの首筋に残る二つの吸血痕も……) -- 2013-02-02 (土) 23:31:43
  • …シラナ、ちょっといい?(ジェイに告白された日の晩、シラナの部屋のドアをノックする。)
    (たとえどんな状態であっても、双子の間なら開けても問題はなさそうだが、ちゃんと礼儀は守っているようだ。)
    (開けたシラナがシーナを見れば、他の人でも分かりそうなほどとても嬉しそうと言うのはすぐにわかるだろう。) -- シーナ 2013-01-26 (土) 00:20:48
    • あ……うん、なに? ……うっ(迎え入れれば、と言うより晩ご飯辺りから既に察していたのだが、いざこうして対面するとやや詰まる)
      まぁ……(入るよう手で示し、その後自分はクッションを抱え絨毯に座る)
      えっと。……どしたの?(概ね何があったかの予想なんて付いてはいるが)
      -- シラナ 2013-01-28 (月) 22:51:16
      • うん、それじゃあお邪魔するね…(詰まるのも突っ込まず、遠慮なく向かい合わせに座る。)
        …えっとね、まず何を話せばいいかな…まずはね…(そこから語り始めたのは、ジェイとのやり取りの大部分。)
        (自分を好きと言ってくれたこと、そして自分も好きだといったこと、そこまではとても幸せそうな様子のシーナ。)
        (しかし一端そこで区切って)…それで、ジェイはシラナも好きだって言ってたの…その事は、シラナも言われて知ってるんだよね?
        (まるで普通の会話をしているように、首を傾げながら聞いてみる。) -- シーナ 2013-01-28 (月) 23:36:26
      • ……ぅー(何を話されるかも大体分かっていたので、クッションを抱き締めて小さく唸るも、話は聞く)
        やっぱり……。……あーうん、それは聞いてる。というかそれ私が言わせたんだし、それで私がシーナに言っておいでとも言ったし……驚いてジェイ丸をシーナが好きなの言っちゃったし……(ぼしょぼしょ)
        -- シラナ 2013-01-28 (月) 23:49:41
      • …もう、そんな唸って聞かなくても…シラナは、喜んでくれないの?(少し寂しげに首を傾げる。)
        …そっか、シラナのおかげでもあるんだ…ありがとうね?(嬉しそうに微笑む。)
        …あ、それは問題ないよ?ジェイも、全く気づいてない、と言う訳じゃなかったと思うけど…私もジェイも、なかなか自分からは言えそうになかったから。
        (そういう意味では、本当に感謝している。あるいは幼馴染の関係で終わっていたかもしれない、その可能性も十分あったようだ。) -- シーナ 2013-01-29 (火) 23:31:13
      • うーうーうー(わざと)……別にそういう訳じゃないけど。出来れば別のにすれば良いのにーとか思うけど。でもシーナがそんなに嬉しそうだしもう何でも良いんじゃないかなって(ふっきれ気味の微笑み)
        ……お礼言われる所じゃない気がするけど。……ええー? あー……まあ、ジェイ丸も言わされなきゃ言わなかったみたいな事言ってたけど
        裏目だったんだなあ(頬を掻き、ながーく息を吐く)
        -- シラナ 2013-01-29 (火) 23:44:53
      • …ふふっ、まるでシラナが子供みたい…うん、そう言いたいのはなんとなくわかるよ(ジェイの事ではなく、シラナの内面を考えての言葉のようだ。)
        …ジェイも、私も…やっぱり幼馴染の関係も好きで、前に進みたいけど…進もうとして幼馴染の関係まで壊れちゃうのが、とても怖かったから…(カップを持つ手に力がこもる。)
        …だから、感謝してるの……ところで、シラナは…「告白」しないの?(唐突に、そんなことを聞いてみる。) -- シーナ 2013-01-29 (火) 23:50:01
      • そーは言ーますがー。……なんか何となく分かられてるし……(今度は面白く無さそうに口を尖らせ)
        シーナはそうでもジェイ丸の場合はへたれってだけじゃないのかなあ。……結局取っち付かず……ああ、シーナにしたから別に良いのか
        だから……え? ……はぁ?! なに、え、何をえ? どう……ええ?(露骨な動揺である)
        -- シラナ 2013-01-30 (水) 00:05:19
      • でも、双子の姉妹だもん…ちょっと隠そうとしただけなら、分かっちゃうものだよ?(これはこのあとのための発言でもあるようだ。)
        …ジェイは、二人共好きだっただけに余計苦悩したんじゃないかなって思う…片方だけなら…それでも、しなかったかもしれないけど(ちょっとだけ苦笑する。)
        …うん、好きじゃなくなられたら…とても辛いけど…(自分も好きでいてくれるのであれば、割と問題はないらしい。)
        ……もちろん、ジェイにだよ?(じっと髪の隙間から、真剣な表情で聞いている。) -- シーナ 2013-01-30 (水) 00:10:37
      • ジェイにだよって。……いや、ジェイ丸に告白するような事なんてなにもないし。あっても大体時効だし……(だが視線は逸れる) -- シラナ 2013-01-30 (水) 00:17:06
      • …時効なんて、シラナが思っているだけで…時効でもなんでもないかもしれないよ?
        …私は、私が思ってるようなことをシラナが本当に考えているのなら…嫌だなって思う…。
        (完璧に分かっている訳ではない、ただシラナとジェイの普段のやり取りやここ最近のシラナの様子、さらに今先ほどの反応からみても濃厚だと考えている。)
        (今日の目的は、報告というよりその事を聞き出すためのようだ。) -- シーナ 2013-01-30 (水) 00:21:39
      • それはシーナの思い違いとか勘違いじゃないかなって私は思うけど……
        ……そう言われても。……大体ジェイ丸がシーナに好きだって言って、シーナが頷いたんだしもうそれで良いじゃん? この上私が何を言えってゆーの
        (視線は戻し、真っすぐ妹を見)
        -- シラナ 2013-01-30 (水) 00:25:53
      • …ううん、良くないよ…もちろん、私はジェイの恋人になれて嬉しいのは確かだけど…。
        ……私は、みんなが幸せになれたらって思うだけだよ?何が幸せで、何が幸せでないかは…やってみないと、分からないけど…。
        …私としても、このままじゃ…(身を引かれたような後ろめたさが今後もシラナに抱いていまいそうで、それも嫌なようだ。) -- シーナ 2013-01-30 (水) 23:20:40
      • 良いのに良くないとか……(長めの溜息)
        皆って言うけど、この場合シーナとジェイ丸が幸せならそれでもう皆なんじゃないかなって思うよ
        ……どうもシーナはさっきから私に割り込んで欲しいみたいだけど……恋人って一対一じゃん普通。そりゃあジーク兄様の所で二対一があったから無いとは言わないけど。でもジェイ丸にそこまで甲斐性求めるのも酷でしょーが
        -- シラナ 2013-01-30 (水) 23:36:15
      • 割り込む、と言うより…その方が、いい気がしたの…(2+1ではなく、最初から3であればいいという考えだったようだ。)
        それに、普通がそうだったとしても…普通でなければ、幸せになれないということでもないし……ジェイだって、頑張ると思うもん(甲斐性がない、と言われると膨れるようにして庇う。)
        …それに、そういう常識とか、私たちの幸せとかじゃなく…シラナの気持ちを私は知りたいの…私が、前に進むためにも…。 -- シーナ 2013-01-30 (水) 23:45:45
      • 良いって。……ええー? だってそれ、ええ……? ……ジェイ丸がそうしたいとか言ったの? というか、え、待って、だってシーナ選んだんじゃ……? -- シラナ 2013-01-30 (水) 23:50:51
      • …?…あれ、私も選んだくれただけだよ?(戸惑ってるシラナに対し、言ってなかった?と言いたげに首を傾げる。)
        ジェイは、結局二人のどちからを決められなかったって自分のこと卑下しながら土下座していたけど…二人共好きだ、と言って…。
        私は、二人が好きのままでもいいよって言って…だから、あとは…シラナの気持ち次第…なんだけど。 -- シーナ 2013-01-30 (水) 23:58:48
      • ……もって。…………えっ。ええー? 何その、え、何その……どういう事なの……
        (訳が分からないといった顔をした後クッションに顔を埋め、暫しそうしたまま)
        (顔を上げた)……いややっぱり恋人をシェアリングって色々無理があると思うんだけど。どうしたってジェイ丸は一人なんだし
        -- シラナ 2013-01-31 (木) 00:04:08
      • …私としては…二人共好きでいてくれても、全然問題はないんだけど…(シラナはどうなのか、それが気になるようだ。)
        …そう、かなぁ…今も、別々にあったり時間過ごしたりしてるし…問題ない、と思うけど…。
        それに…サイフさんみたいに、二人以上いても幸せにしてるってケースも一杯あるよ? -- シーナ 2013-01-31 (木) 00:08:49
      • ……今はそうかもだけどさあ。何年かしてどっちかに偏ったりとかしたら目も当てられ無いじゃん……
        こう、夜の問題とか……(具体的には言わず、流石に分かってくれていると思いたくもあり)
        サイフさんとジェイ丸一緒にしたらサイフさんに失礼だと思うんだけど(素)それにやっぱりそんな風にジェイ丸が出来るかと言うのがまず……
        -- シラナ 2013-01-31 (木) 00:13:46
      • …それは…確かに、怖いけど…(自分に自信がない分、自分がそうなることを考えているようだ。) でも、ジェイを信じてるから…。
        夜の?…一緒に寝れば、いいんじゃないかな…あ、でも、ちょっと恥ずかしいかも…(実はまだ、誰も教えてくれてないある意味可哀想な子。)
        うー…ジェイだって、そんな負けてないもん…でも、シラナだって分かってるでしょ?ジェイが私たちの事、真剣に考えてるの…。
        それに…夫婦と言うのは、片方だけの問題でなく…双方の問題だから双方が頑張れば解決するって…姉さまも言ってたし。 -- シーナ 2013-01-31 (木) 00:23:13
      • 十年後二十年後なんて分かんないしー……
        一緒に寝るだけで済む訳が無いと言うのにこの妹は……! ……今度ラン姉様に聞いておくと良いんじゃないかな(色んな意味で適任と判断。自分も長女から聞いていた事もある)
        ……そりゃサイフさんだって最初から出来ていたって訳じゃないみたいだけど……。…………(指摘されれば押し黙る)
        ……苦労ばっかりかも知れないじゃん。シーナだけでもそうかも知れないかもなのに
        -- シラナ 2013-01-31 (木) 23:13:03
      • …うん、分からないよね…それでも、私は信じてるし…そうならないよう、頑張ろうとも思うから…。
        え、えぇっと…おやすみの前に、ちゃんとするのは知ってるよ?(赤面しながら言うが、きっと口づけの事だろう。後日姉の指導で顔真っ赤になるのはまた別のお話。)
        …私は、人見知りで…最初から出来ていた訳でもないし…苦労も多かったけど、でも色んな人と触れ合って…楽しかったよ…。
        もう、シラナは後ろ向きなんだから…大丈夫、三人で頑張っていけば…きっと…だから、ね?(シラナに手を差し伸べる。)
        (ジェイも大好き、ただ姉のシラナも半身のような存在。だからこそ、一緒に歩みたい、共有したいのだろう。) -- シーナ 2013-01-31 (木) 23:43:47
      • シーナが前見過ぎな気がするんだけど……なんでジェイ丸の事そこまで……
        (一度決めたら梃子でも揺るがず、曲げない妹の事だ。此方から何を言ってももう殆ど効果は無い。経験上そうと分かっていてもしかし言葉を連ねざるを得ず、でもそれは妹の為では無く自分の為の方が強い事はとうに分かっていて)
        ……大体……私がジェイ丸の事どう想ってるかとかなんて……(手は取らず、妹の顔を見ようとし、視線は逸れ)
        -- シラナ 2013-01-31 (木) 23:56:23
      • だって、ずっと見てきたもん…普通の人が、付き合って結婚するよりもずっと長い期間…頼りない部分も、心配な部分もあるけど…。
        (そういう面も知った上で不安も隠さずに、それでもなおジェイを信じているようだ。)
        …じゃあ…シラナは、どう思っているの?…本当に好きでもなんでもなくて…一緒になりたくないの?
        今のままで…本当に、シラナは今後後悔…しないの?(これは愛する姉のためにも、最後に問いかける。) -- シーナ 2013-02-01 (金) 00:15:18
      • だってジェイ丸人間じゃん。……どう考えてもジェイ丸の方が先に死んじゃうじゃん。……そんなの好きになったって後で苦しいだけじゃん
        ……そう言ってもシーナは聞かないだろうけど。でも私は今を優先して後で泣くのはどっちが嫌かなって……正直、まだ分かんないけど……
        -- シラナ 2013-02-01 (金) 00:18:46
      • …だからこそ、私はこの今ある時間を…もっと近くにいたいと思う…(考えた事がないわけがなかった。)
        …それに、ラン姉様だって…クノン姉様だって、後悔なんてしていないみたいだから…(ただ、その二人もいたからこと前に進めるのかもしれない。)
        …私も、正直どちらが正しいのかは分からないけど…でも、やっぱり…一緒にいたいと思うの。
        …でも……さっきから、シラナの口ぶりだと私がまるで頑固者みたい…(そういうところはまさしく父親の血だろう。) -- シーナ 2013-02-01 (金) 00:59:33
      • ぅぅぅー…………(妹の言葉を聞き、再びクッションに顔を埋めつつ軽く唸る)
        ……え?(顔を上げ)ああそれはうん、頑固じゃんシーナ。皆知ってる事だし……あー……もう、放っといて二人で幸せになればいーのにこの妹は(溜息)
        まーでも、本当、どうなっても知らないよ? この先(クッションを脇へ放り、腕を伸ばし妹を抱き寄せ)
        せーっかくお姉ちゃんが譲ってやろうとゆーのに。わざわざ引き戻して。あーあジェイ丸は大変だなー、本当に大丈夫なのかなー(楽しげに苦笑する)
        -- シラナ 2013-02-01 (金) 23:07:26
      • えー…私そんなに頑固じゃないのに…ティナやティノに聞いてみるからね?違うというに決まってるもん…(自分では違うと思っているようだ。)
        …ん、大丈夫…自分のしたことに後悔はないと思うから…少し、反省することもあるかもしれないけど(それは姉を思っていた人の事、そしてティノにも。)
        (抱き寄せられて、抵抗などはせずに姉の腕の中に収まりながら、この事で色々と周囲との関係も変化するかもしれない。それの怖さも確かにある。)
        (ただ…)…大丈夫、三人で頑張っていけば…きっと幸せになれるよ(大好きな二人と一緒にいられることを、嬉しく思うシーナだった。) -- シーナ 2013-02-01 (金) 23:13:57
  • ……これでいいのだ -- シラナ 2013-01-22 (火) 00:11:27
  • いぇーい…♪(シラナとハイタッチ)おつかれさま…これをするのも久しぶりね…ふふっ
    そして…来月もよろしくね…? 再来月は…討伐に行くから無理そうだけど…… -- フィール 2013-01-18 (金) 21:15:06
    • いぇいいぇーい♪(ぱしーん)んふふー、そうだねー。冒険の中身が遣り甲斐あればもっと良かったねー……アシストに徹し過ぎたのだ……
      うんっ、組むねー組んだねー組んじゃうねー(微笑みながら)……って、ありゃー。そっか。んー……でもまたすぐ組む事だってあるよー
      大丈夫だいじょーぶ
      -- シラナ 2013-01-19 (土) 01:03:24
      • (手を打ち合わせれば心地よい音が響き)…ふふっ…シラナちゃんのお陰で楽させてもらいました…♪(ふかぶかーと頭を下げてからクスリと笑み)
        ん、本当はもう少し探検を続けたいのだけど…ほら、やる気(情熱)の維持がね…? まー…直ぐ探検に戻るつもりだし…シラナちゃんの言うように…その時また組めるわよね…うんうん
        …それにしても……(シラナに肩を寄せて)シラナちゃんとまたこんな風に…冒険の会話が出来るなんて……危険な依頼をくぐり抜け続けた甲斐があったと言う物ね…… -- フィール 2013-01-19 (土) 01:23:12
      • どーいたしましてー(むーと少々不満そうに、でも楽しげに)
        ん、あー。確かにやっぱり探検は何だか……こう……疲れるもんね。報酬少ないし。……うん、そうだよそうだよー
        ……なに? ……んふ、それは私も思って無かった。運悪い依頼に当たって私は三度目だもんねー、四年くらい差が付いちゃって。でも実際肩を並べて一緒に冒険出来るなんてねえ
        ……あっでも、フィーちゃんが討伐で良い闇の魔導器をゲットしちゃったりなんかするとー……また今度が遠くに行っちゃうねえ。仕方無い事だけどー
        -- シラナ 2013-01-19 (土) 01:38:35
      • シラナちゃん可愛い…♪(頬をぷにぷに)…来月は…私がアシストする側になれるといいのだけど……(闇系の術は攻撃より支援に向いていて)
        そうなのよね…歩く距離は多いのに…実りが少ない事も多くて…せめて武器や防具をプリーズ…!(切実!)
        うん、普通にシラナちゃんと話すのも楽しいけれど…冒険者ならではの話題で盛り上がれるのは…また違った楽しさ嬉しさがあるわ……(共に苦難を乗り越えた者同士の会話?)
        …あー…新装備の入手もよかりしかりね…でも…一気に差が広がるとは限らないし…直ぐに拾えるとは限らないし…機会はきっとある…♪(ぐっ!) -- フィール 2013-01-19 (土) 01:54:18
      • んもーフィーちゃんはすぐそーゆー。……んーそれはどうなるんだろうねえ。遺跡在住の皆さん次第だから……
        ……でも確か、探検って他の三つと比べればアイテムが手に入りやすいとは聞くけど……あ、でも討伐より質がちょっとダメか……(先月は上質な弓、今月は良出来な弓という如実な差)
        冒険の話がズレ? とかの無い共通の話題になるもんねえ。これは大きい……
        魔導器は五種類あるからそうそう目的のは手に入らないって言うと言っても、やっぱり……そうかなあ……でも、あ、うん。あるよーあるある(同じようにぐっ!)
        -- シラナ 2013-01-19 (土) 02:11:04
      • ごめんごめん…でも…可愛いのは本当だもの…?(このやり取りが楽しくもあり)…そうなのよね…もし今回みたいな状況になったら…別の事で埋め合わせするわね…?(何か考えておいてと)
        …色々拾えても…適正武器や良質武器が拾えないといかんともしがたく……(はぁっとため息。弓なら三本持っているお嬢様)…結局は運次第よね……(あははっと苦笑して)
        怪我したりなんて事もあるけれど…それもまた共に経験した思い出になるし…やっぱり大きい…♪(二度目の冒険で共に落ちた事も今となっては思い出の一つで)
        私は闇の魔導器が欲しいけれど…さてどうなる事か……(肩を竦め)
        機会のためにも…お互い長く冒険者を続けましょう…シラナちゃんは特によ…?(今回の冒険で引退する事を思いだし) -- フィール 2013-01-19 (土) 02:25:38
      • むぅっ。……じゃあフィーちゃんも可愛くしちゃおう(両人差し指で左右からフィールの頬をむにぃ)……えー? それはそんな気にしなくても良いよー? 私が先に動いてたのだってそう出来るからそうしてたんだし……
        ……あー。そういうのあるよね……仕方ないよこればっかりはー(魔導器六個、弓三本、槍剣一本ずつだが何だかんだで適性武器と防具にさほど不自由はしていなかった……!)
        うんっ、こうして後でちゃーんと笑って話せるならもうなんて事も無いしねー……たまに思い出してうがーってなるけど(理不尽依頼)
        私はモールでもモーニングスターでもフレイルでもまーいっかーなのにねえ。魔導器ってパッと見分かんないから大変だねー
        うん、そうするつもりー。クノン姉様に倣って討伐時々探検ってやって、後は理不尽な目に遭わなければ……!
        -- シラナ 2013-01-19 (土) 03:08:06
      • ふぇ…私を…むにぃ……(両の頬をぷにぷにされ少し面白い顔になるお嬢様)そう…? でも…うーん…じゃあ私の方で何か考えておくわね…楽しい事を……
        …こればかりは冒険者の宿命的な物よね…焦らずに行くわ……(斧2槌1弓3魔3防2…そこそこ所持しているも質は微妙なお嬢様であった!)
        ふふっ…こうやって笑いあえるし…あれもこれも良い思い出……まー確かに…理不尽依頼はやるせなくなるけど……(理不尽依頼のせいで依頼失敗が多く未だ老練とれず)
        …ええ…さらに魔導器は属性ごとに称号も違うと言う……仮に初期装備(斧)で通していても良武器が拾えていないと言う…うぐぐ
        ん、冒険者をやめるにしても…一定の成果は欲しいものね……、クノンさんみたいに…英雄引退でバニー…それが理想かしら…?(ぷにぷにされたまま仲良く寝転がって) -- フィール 2013-01-19 (土) 03:35:32
      • んっふっへー悪魔は報復を忘れないのだー(むにいぃ)……これは……どう転んでも楽しい事が起こる直感……!(ピキーン)
        うんうん、あんまりぐわーってなっても相手は遺跡とかだし、自分に廻って来るとも限らないしねえ
        うまーく無事を通せれば、失敗失敗で済むんだけどねえ。……中々ねえ(苦笑する)
        フィーちゃんがちょっと詰みかけてる……! 運命はフィーちゃんを救うのか……!?
        理想過ぎるよー。伝説以上とか雲の上どころか星々の世界だし、それにクノン姉様冒険そのものを失敗せずに遣り遂げちゃってるし……
        ううー、とりあえずがんばろう……(もそ、もぞ、とフィールを抱き締めそのまま眠りに入った)
        -- シラナ 2013-01-19 (土) 18:40:17
  • むむむ…… -- シラナ
    • むむむ…? シラナちゃんどうしたの…?(窓からひょっこり覗き込むお嬢様) -- フィール 2013-01-15 (火) 00:44:40
      • あ、フィーちゃん。……んーとね。……こう。……言うなればジェイ丸おのれーと言うかね -- シラナ
      • …ジェイ丸おのれー…? えっと……(シラナの様子を見るにシラナがジェイに…と言う訳では無さそうで)
        もしかして…ジェイとシーナちゃんに…何か…?(そうなるとシーナの事だろうと) -- フィール 2013-01-15 (火) 00:52:59
      • ……ぐぐぐ。……いいもんずっと前から分かってたもんジェイ丸はシーナばーっか見てたしああいやらしいいやらしい
        (両手で持ったクッションをぶんぶん)
        -- シラナ
      • …あー…そう言う事ね……(もう大体の想像はついて)…そっか…シーナちゃんが……(ジェイと…とは言わず)
        まぁまぁ……(背中からハグすると頭を撫でて)…これがシーナちゃん成長に切欠になるかもしれないし……
        …もし…寂しいのなら…シラナちゃんの事は…私がずっと見てるから…… -- フィール 2013-01-15 (火) 01:11:11
      • ……うー! みゃー!(ぶんぶんぶんぶん)
        むむむ……(宥められればそれなりに落ち着く)……そうだけどこういうのはちょっと……だし……
        寂しいってよりはいつかこーゆーのくらいはあって当然だし、だけどなんでよりによってジェイ丸だしってのだし(ぶんぶん)
        -- シラナ
      • ……あ…♪…よしよし……(みゃーが可愛いかもと思ったりしつつシラナを宥めて)
        …ん…シーナちゃんが普通に接する事の出来る男性は少ないし……(フィールの思いつく範囲でも数人程度で)
        …シーナちゃんの選択でも…応援するのは難しいか……(なだめつつシラナの愚痴を聞いてやり) -- フィール 2013-01-15 (火) 01:52:01
      • そーだけどさーだからってさーなんでさー他にだってさー別にさーよりにもよってさー本当さーなんでジェイ丸なのー(ぶーぶー)

        -10分後-

        くひゅー(そこにはフィールの胸で熟睡に入ったシラナの姿が!)
        -- シラナ
      • うんうん……(こくこく)でも…他にどんな相手がいいかってなると……(シラナを抱っこしたまま話を聞く

        (やがて愚痴の代わりに寝息が聞こえてきて)
        ……うーむ…これからしばらく荒れそうね……(疲れ眠るシラナを胸に抱いたままそんな事を呟き)
        …私に何が出来るかわからないけれど…シラナちゃんの側にいるから…… -- フィール 2013-01-15 (火) 23:42:14
  • (明け方近く)
    すー……(ふとシラナが目を覚ますと見慣れた寝顔がすぐ側にあって)
    (一緒に眠りに付く事があればこんな事もある訳で……) -- フィール 2013-01-11 (金) 22:04:51
    • んい……。…………んー、よしよし……(軽く抱き寄せ頭撫でたり)
      はぁぬくぬく……(一寸先は眠だ)
      -- シラナ
      • …うにゅ……(撫でられればほわほわとした笑みを浮かべ)
        ……シラナちゃん……むにゃ(寝言を呟くともぞもぞと自分からも身を寄せる。その様子は子猫の様で) -- フィール 2013-01-11 (金) 23:20:23
      • んふふふ……フィーちゃん……(再び可愛がる様に撫で、もぞと抱き締め直すと幾度寝に入らんと) -- シラナ
      • ……ふぇ…? シラナちゃんだ……(うっすら目が開いた。寝ぼけていてもシラナの事はわかり)
        シラナちゃん…好きぃ……(自分からも手を回しぎゅ…とは言っても寝起きなので力は入っておらず) -- フィール 2013-01-11 (金) 23:31:46
      • 一緒に、寝てるもんねー……んー……私もー……んふ(応え、ほんのり目覚めたフィールと入れ替わる様にして寝入ってしまう) -- シラナ
      • …うん……(昨晩もシラナの所に泊った事を思いだし)……シラナちゃん…あったかい……(ほわりと笑み)
        ……んっ…やわらかい……(眠ってしまったシラナを今度はフィールが抱き寄せたりなでなでしたりするのであった) -- フィール 2013-01-11 (金) 23:49:02
  • こんっちわぁーん…どったのよ、まるで情熱の3分の1以上を一度に削られたようなツラして。
    ま、いいや、お前らが引退してくれるんなら俺ちゃんの寿命も延びる可能性が増えるってもんだ。
    嫁入りもまだの女が腕っ節を鍛えたって良いことはあんまり無さそうに思えるしな?頼むぜシラナちゃんよ。
    (カッコ付けてシュバっと音を立てながら振り返りつつ相手を指さす、いかにも呆れてくれと言わんばかりのポーズ) -- ジェイ 2013-01-07 (月) 00:17:58
    • おおーっとジェイ丸じゃないか……。……うぐぐ、探検はほら、何て言うか……面白くなくてね……!
      そうは言うけども、討伐ならやり甲斐がまだありますので……寿命はまあどうとでもなる気はするけど
      (ジト目)
      -- シラナ
      • んま、人には向き不向きってあるしその辺はしゃーねーよなー。やっぱり部屋をチクチク全部歩いて行くのはお嫌?
        健康優良不良少年つっても長く生きたとしてまあ残り60年、こういう稼業やってるとそれこそいつ死ぬか分かりゃしねー。
        (ジト目を待ってましたと言わんばかりに目を閉じた涼しい顔で受け流す)ところでどうしたい、ここんとこ俺ちゃんに何かかんかとつっかかってさ。 -- ジェイ 2013-01-07 (月) 23:31:52
      • んーむー、うろうろするのは別にいーの。ほら、私概ね引っ張って貰ってるし。ただこう、報酬が低い? とか安定しない? とかがちょっと
        それはそうだろうけど、こうねー、多分ねー、ジェイ丸は中々死なないんじゃないかなーとは思う訳よ
        (イラッ)……えー? ここんとことゆーか、んー、まあそれはしかし言う訳にもいかないと言うか。シーナの為にも
        -- シラナ
      • ああ、なーる。(眠ったまま手を引いてもらっている姿が容易に想像でき、そりゃ楽だなと相槌)
        宝箱見つけないと金が出ないもんなー、性分に合わないか。ただま、戦闘回数は多くなるよな。その辺で釣り合い取れる性格ならいいんだろうけど。
        そーかあ?死にかけたのは一回や二回じゃねーぞ?ちなみにここは二階。(真顔で床板を指さすアホタレ)
        (何で怒るんだこいつ…と意味がわからなさそうに)シーナの為シーナの為ってお前なー、俺とお前ら何年の付き合いだ?
        ガキの頃ならいざ知らず、今の時分になって女にイタズラして喜ぶような年齢かっての、そもそもイタズラですまねーし犯罪者になっちまう。 -- ジェイ 2013-01-08 (火) 00:33:58
      • こう、楽がしたいってゆー訳でも無いんだけどね。冒険に安定求める方が間違ってるんだろーけどもー
        んー……そーゆーのじゃなくて、ね。それでもなくて。死んでも死なせない系? みたいな……
        えー? それはもう結構な年月だけどー。うん、イタズラとか即通報だけどさー。そーゆーのじゃないの、ちょっと前から私の心配は
        あ、でもそれを具体的に言うつもりはないので……言えませんし……
        -- シラナ
      • 進路の不一致なんて良くあることじゃねーの、トータルだと情熱も少しづつ上向いてるみたいだし気にすんなよ。
        それにお前はアレだ、引退してもしっかり行き先があるっていうか路頭に迷うことは無いわけだし?気楽にやればいいじゃん。
        死んでも死なせない系?お前ホント最近たまに意味わからんこと言うよなぁー…死んでも死なせないってんなら俺が死にかけたのはなんだったんだっつーの。
        だろー?もう二十年近い腐れ縁だぜ、今更なにを心配することがあるんだっつーの。(なおも案じるところがあるらしいシラナに訝しげな顔)
        いえませーんわたしにはしんぱいすることがあるけどそれはいえませーん…あのなあ、俺ちゃんとお前の仲だろ?そんっなに俺が信用なんねーの? -- ジェイ 2013-01-08 (火) 22:54:32
      • んー、うん。討伐はボスやっつけたーやったーだからねー。分かりやすいのが良いのかも……
        ん? ……それはまぁ、兄様とか家の中で役職付きになったりとかしてるし……家令だったかな
        私もちょっとどーかと思うけど。でもそんな感じ。……えー? その時はまだそうじゃなかったってゆーか。うん
        いやいやいやー、そこはこう、だからこそーって言うか、大人だからーみたいな? でも具体的にはちょっとー、って感じで
        ……うー。確かに、同じような事ジェイ丸に言われたら私も傷つくかもだけど……これは……言えないかなぁ。言わないじゃなくて。言えないの。ここ大事なところね
        -- シラナ
      • 金がほしい奴の場合はそれで逆にさがることもありなんっと…ま、それこそ人それぞれだな。俺ちゃんはサクッと手早く終わる方が好きだね。
        いずれお前もシーナも何かの役目を任されたりするのかね。ちょっと想像付かんが、お前らならそれなりに上手くやれるか。
        …ますます意味が分からん、俺ちゃんの背中になんか守護霊でも見えるってのか?いやー長い黒髪な絶世の美女ならいいなぁー。
        ふん、ふん、ふーん…言わないじゃなく言えないねえ、ともかくアレだ、俺ちゃんと一緒にいる時にシーナが危ない目に合うような事はしないしそんな場所にも行かねえよ、これはマジで約束しとくからさ。
        だからお前さんの心配はきっと杞憂で終ると思うぜ?不良遊びなんかぜってーしないしさせねーからさ。 -- ジェイ 2013-01-08 (火) 23:49:58
      • なんだかねぇ。前の時みたいに我ながらなんで〜? って思う事もあったりするし……あ、ジェイ丸はそうだよね。分かる分かる(微笑み)
        どうなんだろう……? 私もシーナも一応役に立てそうな所があるから、どこかへ嫁ぐとか無いなら……そこを任されるのかなあ
        いやー分かんなくていいし……。……黒髪は黒髪だろうけど……(ぼそぼそ)
        いえすいえす。んー、大体その辺りは大丈夫だと思うし、不良遊びはするに決まってるので諦めてるのが本音だしで……
        まーその内私の杞憂の方向もジェイ丸に伝わるだろうしなあ。その時どうなってるやら(はふー、と溜息を吐き)
        -- シラナ
  • はじめて名手まで到達したぞー -- シラナ
    • おめでとうなのー、この上が達人で更に上が固有称号だったと思うの、壊し屋とか目指してふぁいとー -- サリナ 2012-12-25 (火) 23:44:26
      • シラナちゃん…名手おめでとー…♪(拍手&ハグ) -- フィール 2012-12-25 (火) 23:44:46
      • ありがとーサリナちゃん、そうさ私はこのまま破壊王に……とか……言ってみたりなんて……ねえ?
        いぇーいフィーちゃん、いぇーいー(ハグ返し)
        -- シラナ
      • このまま一直線なら格好いいのー、私もまた氷拾ったから芸術家一直線になればうれしいのー -- サリナ 2012-12-27 (木) 22:49:39
      • いぇーい…♪ 今回は情熱の加減も良さそうだし…行ける行ける…♪
        ん、私も…このまま闇に魅入られたいわ(称号です!)……(ハグしたままもふもふ) -- フィール 2012-12-27 (木) 22:53:43
      • 槌以外使おうって気も無いからなー、後はこう、残念な結果にさえならなければですね……あ、サリナちゃんは氷系かー……氷かー……あれ? ちょっと意外だ
        んっふふふー……と言いたいけど、こー、この三ヶ月で何か……ごそっと……数値で言うと800以上……?
        フィーちゃんは闇系似合うなあ……。……おのれー情熱よこせー(ぎゅー)
        -- シラナ
      • でも多色魔術師とかはちょっと憧れるのー、難しいけど格好いいと思うの
        にゃー、よく見たらシラナちゃんは情熱がー、私と同じなのー、フィールちゃんは情熱を分けるべきなのー(後ろからサンドイッチにする) -- サリナ 2012-12-28 (金) 00:12:36
      • ん、そのためにも…英雄は難しくても…老練越えはしたいわね……、複数属性となると…赤魔導士かしら…? そう言えば…サリナちゃんの服も赤が多めね…?
        ……え…あら…? ま、まだ慌てる時間じゃないわ…!…私も上がり下がりが激しいし…って、あーれー吸われるー…?(二人にサンドイッチされ情熱を吸われる?吸血鬼) -- フィール 2012-12-28 (金) 00:21:18
      • 多属性かー……樹属性とか無いからな……。まぁでも私は自分対象以外の魔法下手だしサリナちゃんには頑張って欲しい!
        老練、老練かー……121回かー……なんか凄い先の話に思える……
        いいや慌てる時間と見たねっ、なので遠慮は無用なのだー(ちゅーちゅー)
        -- シラナ
      • 樹も土も無いの、風もないのー、残念!とりあえず氷以外でも積極的に持ち替える予定ではあるのー
        丁度10年分なの、凄く遠いの……
        もう600台は危険地帯なの、吸うのー♪(抱きついて吸い取るつもり) -- サリナ 2012-12-29 (土) 00:46:06
      • 風は雷か氷で代用出来そうだけど…土属性が無いのは不思議ね……、複数の属性を習得したら…そこから編み出せそうではあるけれど……ともあれ私も応援してるわ…♪
        …前段階の歴戦でも81回だし…冒険者として大成するには…地味に積み重ねるしか……(苦笑しつつ肩を竦め)
        はぅ…吸われた情熱はどこに行くのかしらー…(吸われてしぼむ…しぼまない)…吸われるってこう言う感じなのね……(くすぐったくてもじもじ) -- フィール 2012-12-29 (土) 00:58:34
      • ざんねーん。あーじゃーサリナちゃんはあれこれ摘まんで色々やってくんだなあ……ふむ。潰しが利く感じ……? むしろミックスしちゃう?
        10年かー……よくそんなに……あっでも気付けば8年くらい経ってる訳で、残念な事になってなかったら歴戦にはなっていた…だと…
        んーむ……うっへっへ、姉ちゃん良い情熱しとるやないのー(フィールの額に頬擦りしいしい)
        -- シラナ
      • でも今回光を手に入れたから氷光炎で擬似樹属性は作れそうなのー、闇が欲しいけど闇はクラノ君が持っていったの……
        気がつけばもう8年、凄く早いの
        情熱に満ち溢れてるのー(背中から抱きついたままぎゅー) -- サリナ 2012-12-30 (日) 22:07:20
      • ん、氷を水…光を太陽…炎は五行だと土を生むのだったわね…足りない分は触媒を使えばいいかしら……、…闇は入手が困難だものね(クラノ君も大変だと苦笑して)
        …もう八年になるのね……(しみじみ)…私も…前に言った通り…シラナちゃんが頑張っている間は…冒険者を続けるつもりだから…焦らずに…ね…?
        …満ち満ちた情熱を弄ばれてしまうのね……(頬をすりすり)…サリナちゃん…もしかしてまた成長したー…?(背中の感触でなんとなく) -- フィール 2012-12-30 (日) 22:27:02
      • いやー土がないと樹は中々……あーそういう。木火土金水的な……クラ君はだめだなあ
        もう皆二十過ぎる訳だよー……でもシーナもだけどサリナちゃんもあんまり変わんないね?(フィールと頬を合わせつつ)
        やっぱりある所からもっていくのが自然かなって……んふふ。……成長? ……ああ、成長(納得)
        -- シラナ
      • その五行っぽいものなのー、樹を燃やせば灰になって土に返るの
        ちょっとずつ成長してるのー、身長もちょっとだけ伸びてるの、でも服の買い替えが大変だからお母様みたいに魔術で成長ストップさせるかもなの
        ちゅーちゅーと吸ったから大回復したのー、満足したの -- サリナ 2013-01-01 (火) 23:41:11
      • まー…零から樹を生みだすとか無茶をしなければ…五行の応用でどうにかなりそうだけど…やっぱり土をどうするかよね……
        …月日ってほんとにあっという間…はふぅ……(頬を擦り合わせながらしみじみとシラナを感じて)
        ふふっ…これで二人の情熱が回復するのなら…へにゃ……(吸われる…吸われた)、サリナちゃんはまだ育ち盛りなのね…止めなくてもある程度の所で止まりそうな気もするけれど…… -- フィール 2013-01-02 (水) 00:02:58
      • うーむー……。……種があればねー、こう、後は別に何とでも出来るんだけど。種無しからだと無理だなー
        えっ伸びてたの。……そっかー、そういうのもあるかー……でもかもなのって事はそうじゃないかもって事でもあるか……(うにゅにゅ)
        うっふっふ、良い味だったぜ……!(最後に改めてぎゅーした後離れる。吸った吸った)
        これなら達人まで問題無かったりとか……そういうそんな……よし……!
        -- シラナ
      • 種を普段から持ち歩いてないから流石にできそうにないのー
        ちゃんと測定してないからわからないのー、でも150には届いてるかもなの?
        十分回復したから満足なの、でもまた減りそうなのー(ぎゅー) -- サリナ 2013-01-02 (水) 23:34:27
      • んー…やっぱり触媒として持ち歩くのが無難かしらねー……(こう小袋を腰に下げるみたいな…?と)でも…植物を専門に扱うので無い限り…そこまでする必要はないか…うむ
        150cm…かなり伸びたわね…160cmくらいまでは行くかしら…? あー…でも…大きくなりすぎるともふり辛く……
        …シラナちゃんに堪能されちゃった……(くすり。こっちからもぎゅーし返して)…達人と言わずさらに上を目指しファイトよ…ふふっ
        …もしまた減るようなら…私から……って私も少しあぶなげだけど……(ぎゅーするサリナの頭を撫でて) -- フィール 2013-01-02 (水) 23:47:08
      • うむ。つまりあればこうこんな感じでだねー(ポケットから種を一粒。それを握ってむむむと念じれば、指の隙間から葉が伸び伸び枝が伸び伸びし、やがて手から盆栽が伸びてる風に)
        あまり伸びると……いや、シーナもその内伸びるからまぁ……? あ、そっか。確かにもふりにくくなるかも
        油断できないからねえ冒険って。ティナちゃん達みたいに100回くらい辺りで残念な事になったりするし……
        ん、ぎぶあんどていくなのだ
        -- シラナ
      • おー、シラナちゃんは無人島でも食事に困らなさそうなのー
        150ちょっとぐらいは欲しいの、お母様は170ぐらいだからそこまで伸びるかちょっと期待してるのー
        もふり辛くなったら成長停滞の魔法で元に戻ればいいと思ったのー
        100から120が一つの壁だと思うのー、そこを越えても英雄前にまた壁があるらしいの -- サリナ 2013-01-04 (金) 00:01:03
      • おー…やっぱり凄いわね……(小さく拍手)ん、種さえあれば…不毛の荒野を緑の大地に出来そう……
        …170…私より大きいサリナちゃん…?(フィールは168cm)…シーナちゃんも…制御出来るくらいに伸び始めると良いのだけど……
        確かに…油断は禁物ね…丁度私も100回越えたし…さて……(フラグを立ててみんとす)、私もシラナちゃんから…血をもらっているし…ぎぶあんどていく…ふふっ -- フィール 2013-01-04 (金) 00:20:51
      • んー……困らないは困らないだけど、私の魔力とかが元だから差引でマイナスかなあって。ちなみにもーちょっと頑張るとー……(更に育ち、林檎の実が二つ。早送りな感じで成長し赤々と熟れる)……食べる?(二人の方へ差し出し)
        シャナ姉様は結構背が高かったって聞くからなー。そう考えると、サリナちゃんも伸びて自然かー……んむ、シーナも早い所伸びればいーんだけど。育ちたくない訳じゃない筈なのになあ
        まずその壁まで辿りつかない事には……! 私もフィーちゃんみたいに二ページ目に行きたいなあ……がんばれっ、いぇーい(フィールとハイタッチ)
        -- シラナ
      • なるほど…魔力を消費した分お腹が空くと…上手くいかないものね…ん…?おー…まさに禁断の果実ね…♪(ありがととリンゴを受け取って)
        伸びる家系なのね……、つまりシーナちゃんも伸びる遺伝子はあるはず…なにか切欠があれば…と言う事ね…うーむー……
        今は積み重ねの時期…焦らずに…私もがんばるわ…♪(いぇーいとシラナとハイタッチして)
        ふわぁ…そろそろ眠くなってきたわね……サリナちゃんもうとうとしているし……(見ればほとんど寝ているサリナ)
        (//サリナちゃんが落ちてしまったので私のターンと言う事に。シラナちゃんで〆で良いかと) -- フィール 2013-01-06 (日) 17:19:30
      • そんな感じそんな感じー。……えー? 禁断って程大袈裟でも無いと思うけどなー……甘くておいしいのは品種の通りでもあるし
        父様も母様も背が……私と同じくらい? だから。そうなるとやっぱりな訳で……でもって言うとなんでかなーってなる……うーん
        んー? ……ありゃ。じゃー寝る? 寝ちゃおうか?(リフレッシュ発動し、ベッドを床から喚び出し)
        お休m(倒れ込むやすでに熟睡していたと言う……!)
        -- シラナ
  • (あれ、シラナってこんなに大きかったっけ?と思うような感じだけど、そういえばこれくらいだったかと再認識を)
    しかし、最近みんなやられてきてるな…シラナも気をつけろよ?時期的にはシラナは出直しもあるし、大丈夫だとは思うが -- ベン 2012-12-16 (日) 20:54:08
    • (会話中っぽいので、こっそりとずらしておき) -- ベン 2012-12-16 (日) 20:56:54
      • (//やあ申し訳ない……)
        ……?(ベンの視線に眠たげながら不思議そうな顔をし)
        んー、そだねぇ。ティノもティナちゃんもサリナちゃんも残念な事になっちゃってねー……え? ……ああ。うん、出来る範囲では気を付けてるよー(頷き、微笑み)
        -- シラナ
      • (いいってことよー!気にせずまったりすればいい…)
        あぁ、眠たそうなのはわかる。枕抱きかかてるもんな…(胸置き用なのか?とツッコミかけたが思いとどまり)
        サリナもなのか、何だかシーナの目が曇ってやしないか色々と心配なんだが…そういやシラナは三度目なのに地味に馴染みと組んでるな -- ベン 2012-12-18 (火) 20:36:20
      • はあ。……なんかベッ君が良く分からなく…………ああ、また胸関連ですかね、男ってなんでそうなんですかね(ジト目)
        なんだかねー。コンコンコンと……あ、大丈夫大丈夫左程の事は……一応皆帰って来てるし。ジェイ丸の見舞いにも忙しそうだしね
        ……あー。なんかね、やっぱりこうタイミングと言うか……割と……私だけじゃないんだなって感じで……
        -- シラナ
      • 違、シ、聞! あと男はそういうのばかりじゃないからな!性欲あるのか?と思う男子も少なからずいる
        皆それぞれ特殊能力とかあるのにな…普通の人間なのに生き延びてる辺り世の中分からないものだ…ほほぅ、ジェイの見舞いで…シーナにもようやく春が
        …それはそれで複雑か…でも組めないよりはまぁ、喜ばしいんじゃないか?俺なんて最近めっきりだぞ? -- ベン 2012-12-19 (水) 23:27:19
      • でもアニスちゃんの例からも分かる通りベッ君はそういうのじゃないですしね? …………(ふと何を思ったか、自分の巨乳を重そうに少し持ち上げて見せ)
        能力の有無なんてちょっとした事でしかないんだよきっとー。後なんも無いなら無いで慢心しないとかあるし……。……いえ春なんて全然来てませんし……
        ベッ君はほら。……周りを見ればそれは自ずと分かる事なのではないでしょーか……
        -- シラナ
      • 恋人を例にするのは卑怯すぎるだろ!?だ、誰にでもというわけでは……(もちろん目は持ち上げた胸に行き、本人は自然に目をそらし)
        そうなのだろうか…あー、それはあるかもしれないな。元々石橋叩いて渡るタイプでもあるし…何故そこでシラナが強く否定する?
        …それは言わないで欲しいものだな!くっ、皆俺を置いていく…英雄への道は孤独との戦いの道だと言うのか…!まぁ、まだそこまでじゃないが -- ベン 2012-12-20 (木) 23:53:14
      • 何が卑怯なのかが分かりませんが……。……また一つアニスちゃんに報告しなきゃいけない事が増えちゃったな……(ベンの様子に溜息を突き、胸から手を離し再度クッションを抱き)
        多分そうなんだよ。……え? ……だってシーナに春って……相手がほぼ変態ですし……あまつさえジェイ丸とか……
        えーでも置いてかれてるのはこっちな気がするんだ……。孤独なのはあってるだろうけど……クノン姉様も英雄になった時同期は殆ど残って無かったって聞くし
        -- シラナ
      • 止めて報告、割とジト目で見られたりするんだからな!まぁ、今アニスは遠出しててなかなか会えない訳だが…(レイプ目になり)
        お姉ちゃんなんだから妹の幸せを祈ってやろうぜ?…まぁシーナ相手だと変態的に見えるのは…でも、ジェイはいい男じゃないか
        …どっちも置いていかれるというか、それぞれ別々の道みたいな感じになるよな…まぁ、これもまた大人になるってことさ. -- ベン 2012-12-22 (土) 22:50:06
      • 自業自得じゃないですかー。……あぁ……つまり鬼の居ぬ間的な……あ、うん、ごめん
        だーかーらまだ早いってばそういうの。とちってるとちってる
        現役同士で一度差が付くと追い越されるとか追い越すとかっていうのもほぼ無いしね……うー
        -- シラナ
      • それはそうだがそれもまた男のサガなのだ……うむ、謝らなかったらアイアンクローしてたところだぞ(いい笑顔で手をニギニギと)
        そうか?シーナだって見た目はまだ幼いけど実年齢から言えば結婚していても不思議は無い訳だし…でも、種族的にもそうでもないんだろうか?
        冒険の方針によっては4〜5年なら英雄になる頃には挽回可能とも聞くが…それに、冒険は一緒でなくとも皆結構残ってるじゃないか
        むしろ、それを大事にするのも大切だと思うけどな。俺は…っと駄目だなー、30前にもなると説教くさくなっちまう(肩をすくめ) -- ベン 2012-12-24 (月) 20:23:03
      • 難儀な……。あいあん……だがいやらしい手付きにしか見えない……!
        それはそーかもですがー。……いえうちは姉様兄様達が大体結婚とかは30過ぎてからなので……
        それは……けどその位まで続ける事がまずですね……。……そうなんだけど
        確かに冒険から本当に帰って来なくなるとかおりはだけど……? ……あれ? ……30……あ、そうかベッ君6歳くらい上だから……うわ……ギリギリなんだ……
        -- シラナ
      • もしシラナに恋人が出来ても許してあげるんだぞ?浮気まで許すかは当人次第だが…待て、これは本当にそういう意味じゃないぞ?(第一絶対手に余るだろうしとか思い)
        あー…その辺りやはりズレはあったりするのか、しかしあっと言う前に20歳になったように…気づいたら30歳になってたりもするんだぞ?
        まぁな…俺もここ最近情熱がな、せめて老練は取りたいが…そうだぞ?忘れてたのか…って待て、ギリギリ言うなし!
        30すぎになっても男は渋みとかが出てきて成熟するとも言うんだぞ? -- ベン 2012-12-26 (水) 19:23:27
      • ええー。……浮気はちょっと……養分になって貰うしかないかなって……。……あ、はい。分かってるんだけどこう、その……つい……?
        んーむ。そういうものかなー(腕を組む。略)でも20歳過ぎるまで結構あった気がするし、もう暫くはかかるんじゃないかなあ?
        おやベッ君も情熱でお悩みですか。私もそんな頃がありました……どうしよっかなーってやってたんですがそれが二度目の冒険です。でもベッ君は恙無く持ち直すって私信じてる……! ……えーだってー、ギリギリじゃないですか……
        ……うーん。……え、でもほら、20過ぎてもあんまり変わった感じ無かった所からすると……その……
        -- シラナ
      • ふむ、シラナも一夫一妻派か。親がそうなんだっけか?…養分にされるとは、未来の旦那さんは大変だな!まぁ、言いたい事はわかるけどな?そういうのはもっとこう(こねて絞る手の動きで)
        その無自覚やめろし!またティノになんかされるぞ!(見てから目そらし) なるほど…まぁ、それにシラナたちは年見た目取らないもんな…
        あぁ最近組めないしな…って気づいたら危険域だこれ、仕方ない方針気にしないにするか…30は別に悪い事はない!おっさん扱いにはなるが!
        …くっ、痛いところをついてくれるじゃないか…とはいえ、お互いの関係が変わらない以上そうそう変わらないものじゃないか?お互いの交流だけで言えば…新人に対しては結構変わるだろうさ -- ベン 2012-12-27 (木) 22:59:21
      • 多対一ってちょっと……従兄がそれやってるけど……まぁお互いが良いならまあ……。うん……養分、どんな花が咲くかなって……。……ほう、アニスちゃんはそれで……。……(ちょっと考え)……あれ? せくはら?
        は? ……ええー、腕組む事すら許されないってどういう事なの……。んー多分ね、姉様兄様達見てると私も多分今のまんまがずーっと続くんじゃないかなーって。老けもせずに
        あるある。大丈夫ーって思ってて気が付いたらってあるある(同じく方針弄りながら)……そっかー、ベッ君もとうとうおっさんかー
        だって……ねえ? ……あー。それはそうかも。だけどまぁ……その辺りは……次の機会かなって……
        -- シラナ
      • でも、シラナとシーナは同じ人を好きになりそうな雰囲気だったが…そんな興味は止めなさい!怖いぞ!あとこれは疑問に答えただけなのでセーフ!
        むっ、そう言われると確かに…難しいところだな…まぁ、それは種族差だろうしな…俺がおじいちゃんになっても変わらずなんだろうな…
        そしてこういう時の方針変更は割とデンジャーだから困る…おっさん言うなし!まだ肉体的にも精神的にも若いつもりだっての!
        兄弟は年を得てお互い老齢になっても会話の中身は変わらないとも言うしな…そういや引退したらシラナは今度はそのまま引退なのか? -- ベン 2012-12-28 (金) 19:56:57
      • いやいくら双子でも流石にそこまでは……。……いえほら例えの話ですしね? うふふ? ……セーフ、セーフかな……
        やはりどすけべなのがいけないんじゃないかな……。……あー。多分。そしてベッ君は……でも私は変わらなくて……。…………あっ、悲しくなってきた(手の甲で目元を拭い)
        探検か討伐かーなだけで済む私は楽だなあって想う。……えっじゃあ……おっさん未遂……?
        そういうものかー……。……へ? あ、うん。シーナが今回で最後って言ったしじゃー私もかなーって
        -- シラナ
      • さすがにそこまでじゃないか…例えかー…本気も混ざってた気もするがな!まぁ、細かいことは置いておいて…(のポーズを)
        どすけべ言うなし!…あと、そこで泣くんじゃない。どうせなら笑って見送ってくれ、本番ではな(さっぱりとした笑顔で)
        俺も最初のうちはそうだったんだが、やはり老練間近ともなると…何だか嫌な未遂だな、ただでさえ未遂にはふのイメージが強いのに
        そうか…つまりは、引退したらバニー確定なのか二人共…(内心楽しみだと思い) -- ベン 2012-12-29 (土) 01:27:07
      • まーねー。そこまで素敵な殿方とゆーのにも心当たりありませんし……。……うふふふ? ……あ、うん(置いといてー)
        どすけべでないなら私の胸がどうなってもスルーなさればよろしい! ……えっと、あう、ええー、だってほらー、今そういうのはさー……今はまださー、ねえ? 後50年くらいすればまあ……かもだけど……
        やっぱり難しいんだねえ。……でも未遂で済んでる内はまだ良いんじゃないかなって……
        そゆ事になる。……その顔はまたいやらしい事を……どすけべって本当これだから……
        -- シラナ
      • いい奴は結構いるけど彼氏として勧めれそうなのは、難しいな…と言うか、そういえばシラナの好みってどんな奴なんだ?
        そんな枯れ木みたいな男になりたくないし…まぁ、そう思ってくれてるだけでも俺は嬉しいさ(頭を撫でてやり)
        それでももうそろそろ老練だからな、あともう少しだ。目標の一つのワイバーン討伐も出来たことだし
        …そ、そんな顔してません!これは伝統に対する思いやりです!造形に対する興味です! -- ベン 2012-12-30 (日) 22:17:38
      • やはり難しいか……。……え? 好み……。……さあ? 好きになった人が好みなんじゃないかな……いないけど……
        どすけべはこれだから……。……うむむむ(大人しく撫でられながら)
        10年選手かー……あーワイバーン。出来たんだ。ベッ君が具体的に強くなっていって……けど……まだ断然上がいるって凄いね、冒険者
        ふーん。バニーがそんなに好きですか。そうですか
        -- シラナ
      • まだピンとこないといったところか…いずれは旦那さんも出来るかもだし、俺が生きてる間に見れるといいんだが…大変興味がある
        だからどすけべ言うなし! あと、冒険は上はいるしここで油断して落ちたら大変だしなー…(実際やられることになるのだが)
        違、シ、聞…これ何度目だ!クッ、今日はもう逃げ帰るしかあるまい…それではまたな!シラナも気をつけてな!(笑顔で別れ) -- ベン 2013-01-01 (火) 23:43:33
      • だってねぇ。……いずれそうかもだけど今はまだねぇ。……あー、それはー、まぁ……見れると良いよね……
        どすけべじゃないですかー! 今落ちたらアニスちゃんに一生尻にひかれちゃうよね……(ひかれちゃうんだ……)
        違わないし……。あっそこで逃げるとか言うからやっぱり怪しいしー、んもー。……はーいまたね、ベッ君こそ気を付けてー
        -- シラナ
  • (クリスマスの夜と言う事で……)
    シラナちゃんメリークリスマス…♪(菓子類と紅茶セットを持った使い魔達と共にやってくるお嬢様)
    (そしてフィールに続く様にもう一人……) -- フィール 2012-12-07 (金) 00:41:15
    • …メリークリスマス…うちだと、忙して大変な日のイメージだけど…(事実お店は家族のランやラージャ、バイトのティナティノも出てもらっていた。)
      …それでも、お祝いすることにはかわりはないけど…あ、今日のお菓子は特別製…なんだよ?
      (どうやらお店のお菓子、というわけではないらしい。)
      -- シーナ 2012-12-07 (金) 01:01:03
      • メリークスマ……あれ? ……あー(この日に休んでいて良いと言われ首を傾げもしたが、フィール等に妹の登場を受けて納得)
        フィーちゃん、シーナもメリークリスマスー(なので改めて微笑む)
        えっなに、それでどうしたの? ……特別製って?(二人へ交互に顔を向け)
        -- シラナ
      • ん、そうそう…普段忙しいからこそ…こう言う日には楽しまないと…ね…?
        (テーブルの上にティーセットや菓子類を並べていく使い魔達。中央にはブルーベリーのチーズケーキが配置される)
        …何が特別かと言うとー…なんと私も頑張ったのです…!(ふふんと胸を張るお嬢様)
        (菓子類をよく見れば…アクアアビス製ともシーナ製とも思えない形のいびつな物も混じっていて)
        ……結果はこんな感じだけど…味は大丈夫だから…安心して…… -- フィール 2012-12-07 (金) 23:34:31
      • …それに、夕方まで頑張ったから…(晩から店仕舞いにかけては、交代して休みをもらったようだ。)
        …どうせなら、サンタさんの格好があれば良かったかも?(流石にそういう類の服は持ってないようだ。)
        …うん、私はほとんど助言しかしてないの…私のは、こっち…(相変わらず丁寧で繊細な出来、味もかなりのもの。)
        …味は、私も保証するから…それじゃあ、みんなで食べよ?(三角形になるように座る。)
        -- シーナ 2012-12-07 (金) 23:52:24
      • (並ぶティーセット、菓子類を見つつ)まぁたまにはこうゆうのも良いかもだねぇ
        サンタルック……私とフィーちゃんはちょっとジャンル変わりそうだなー
        ああ特別ってそう言う……(歪なのが混じってる事に納得した)ん、シーナと一緒にやったなら味は大丈夫だね
        てゆーか私も混ぜてくれて良かったんだけどなー。二人でずるいなー(椅子に付き、軽く拗ねて見せ)
        -- シラナ
      • ん…? あ…サンタルックなら…前にした事があるわよ…?(魔導端末にその時の画像を映して見せる)…次回があったら…二人の分も用意したいわね…ふふっ
        …ええ…8割…9割くらいはシーナちゃんの助言のお陰…勉強になったわ……(シーナに感謝しつつシラナに苦笑して)
        …あー…ごめんごめん…急に決めた事だったから……(シーナに同意を求めつつ、拗ねないで?とシラナにクッキーを勧め)
        代わりに次の時…飲む時は…三人で何か作ってから始めましょうか…?(どう?とシラナシーナに提案する) -- フィール 2012-12-08 (土) 02:22:36
      • …うん、こういうのを楽しんでこそ…お客様の気持ちもよくわかるものだと思う…(詭弁だが、実際そうも思うようだ。)
        …何でジャンル違うの?(不思議そうに首をかしげる。)…あ、フィールちゃんの格好いいかも…少し派手だけど。
        …私がいなくても、なんとかなった…と思うよ(少しだけ自信なさげに言った。)
        …あ、それは…うん、そうだね。今度は3人でしよっか(コクコクと頷く。)
        …ほら、それじゃあ早く食べよ?(まず手にとったのはフィールのもの。)
        -- シーナ 2012-12-09 (日) 00:13:36
      • そゆのなら今日じゃなくてもー、みたいな(妹の言葉にちょっと意地悪に応え、しかし忙しい時に長閑に過ごすのは何か普段の時とは違った気がして)
        いやらしい目で見る男が多いからかな……。……わーお(フィールのサンタ姿に息を吐き)
        そっかー……でもあれ、フィーちゃんって日頃あんまりやらないっけ?
        ……ふーん、いいですー、寝ちゃうしー(そっぽを向きつつ勧められるままにクッキーを頂く)
        ふえ? ……飲む?(そっぽから戻りつつ)
        -- シラナ
      • まぁまぁ…難しく考えず…楽しめる時は楽しむでいいのよ(姉妹のやりとりにクスクスと微笑んで)
        ふふっ、ありがと…ん、同じデザインの用意してもいいけれど…人の目が気になるなら…二人の…三人の時で楽しむのがいいかもしれないわね……(あの時の寝巻みたいに?とシラナにこっそり耳打ちして)
        …あー…私が料理すると大雑把になるのよ…だから普段はメイド達が……(苦笑しつつシーナのクッキーを齧り)もう…寝ない様に私が色々するから大丈夫よ…ふふっ、…で、どうかしら…?(自分のクッキーの味を問う。シーナの助言のお陰で及第点だが…一歩足りない感もあるかもしれない)
        ん、本当は…三人でこれを飲もうかと思って……(足元に置いた手提げ袋からワインを取り出して見せて)
        でも…シーナちゃんまだ本調子じゃないみたいだから…急きょお茶会にね…? -- フィール 2012-12-10 (月) 00:11:08
      • …で、でもほら…みんながウキウキしてる中、自分も楽しめるってのは大切だと思うし…(あぅあぅと言い返すも多少苦しそう。)
        クラノ君とかならやっぱり見ちゃうのかなぁ…わ、私はこういうのは遠慮しておくね?(恥ずかしいし何より似合わないと思ったようだ。)
        お料理は、大雑把でも作れたりはするけど…お菓子作りは、よっぽど慣れてないとキチンとしないと駄目だから…。
        もう…次はちゃんと呼ぶから…ん…(食べて、焼き加減にムラがあり、混ぜ方も多少足りないのか固めのクッキーだと思ったがシラナの感想を待つ。)
        …私は大丈夫だよ?(お酒が飲みたいから、というより自分のために変更になるのを気にしてるらしい。)
        -- シーナ 2012-12-10 (月) 00:18:17
      • だけど今も姉様達がお店で忙しくしてる訳であってー(妹の額を微笑みがてらつっつく)
        んふ。まぁフィーちゃんの言う通りではあるんだけどもねえ(いじわる気味に楽しげに)
        クラ君とかガン見するね間違いないね。……んー、私も、胸の露出があるのは……あーまー、成る程?(耳打ちされれば頷いて)
        お菓子作りは計量との戦いなのだ……その日の気温湿度天気で分量がちょっと変わったりしてだね……(父や長姉のね?簡単でしょ?風な手際に毎度打ちのめされつつ)
        んぇー? それもそれで困っちゃうにゃー。でもうん、次はね、ちゃんとね。……え? あー。……売り物にはならない、かな(正直に)
        ああ、飲むってそういう。……確かにシーナは復活開けみたいなものだし……大丈夫? 大丈夫だってー(妹の言葉を聞いて、それをフィールへ伝え、ワインの開栓は確定の運びとなった)
        -- シラナ
      • …お店の仕事も大変なのね…まぁ…その分は別の事で埋め合わせすればいいのではなくて…?(クリスマスが終われば年越し新年と忙しい日々が続くであろう事は想像出来て)
        ん…シラナちゃんは物分かりいー…♪ あー…遠慮だなん…三人だけのパーティーになるから大丈夫よ…たまには冒険冒険…♪
        …そうなのよね…計量スプーンがなぜ三つも……え…気温湿度まで考慮するの…?(目が丸く)…お菓子作りの道は険しい……
        (困るシラナににこにこ微笑んで)そんな訳で次は三人で料理してからね……、…あー……(二人の評価にガクっと肩が落ちる)……先生は良かったけれど…生徒がダメでしたー……修行しないと……(シーナのクッキーをカジカジ。そしてフィールの料理修業フラグが立ったかもしれない)
        …そう…? じゃあ…様子を見ながら…ゆっくりペースで行きましょうか……(ワインをテーブルに置くとソムリエナイフできゅぽっとコルク栓を抜いて見せる)
        (ワインはフィールの祖母の故郷である北国産。味はまろやかで喉越しも良い。アルコール度数は中程度) -- フィール 2012-12-10 (月) 23:48:36
      • …うぅ…そ、それを言われると…今日だけだもん…明日から、また頑張るから(苦しげに視線をそらしながら言った。)
        …三人だけなんだ?でも、三人だけなのもいいかも…(旅行の女性陣を呼んでも楽しそう、と思ったようだ。)
        うん、父様はそうしてるよ…こね具合とか、毎日違ってるし材料も…全て誤差のように見えるけど、だからあの味になると思う。
        …大丈夫、お菓子作りも練習でずっと上手になるものだから…フィールちゃんにも、きっと出来るよ。
        ん…有難う、シラナ……あ、これ美味しそう…まずは乾杯?(小声でシラナに感謝してから、美味しそうなお酒に早速興味津々。)
        -- シーナ 2012-12-11 (火) 00:04:47
      • だからこそこう、シーナをこう、つっつくとね(フィールへ頷きかけた後、妹の苦しげな様ににやにやした)
        ……ああ、その発想はなかった。けどうん、大人数であんな風な格好って言うのもなんだか変だし……?
        何故も何も……最低限必要な数だし……。うん、そうしないと味変わっちゃうし……実際変わるし……朝外出て深呼吸しただけで今日はどうするか大体見切ってるんじゃないかな父様達
        ん、次の機会は是非にーという事で。……そんな肩落とさなくても……。最初から上手に出来たら苦労なんて無いんだしー
        どういたしまして、シーナ。じゃあフィーちゃん……うん、そんな感じで……
        乾杯? あ、乾杯。そうだねえ、やっておいた方がいいねえ(妹の様子から酒豪フラグを感知しつつ)
        -- シラナ
      • あー…なるほど…ふふっ……(シラナ流の可愛がり方なのだと納得。こう言う時でないと分からない事もあるのね……と微笑み)
        パジャマパーティーのコスプレ版みたいになるのかしらね…?…この件は後ほどまたゆっくり考えましょう……
        …一本あれば大丈夫そうなのに……(この辺が大雑把なのであろう)…深呼吸で…身切る…?…匠だわ…鉄人だわ……(アクアアビスの菓子の奥深さを改めて感じ)
        ん、約束…♪(こくりと頷いて)……そうよね…落ち込むだけなら簡単…その先よね……(二人に励まされやる気を出し)
        じゃあ乾杯から……(二人のグラスそして自分のグラスに赤い…ワインレッドの液体を注ぐ。スキーの時シーナがかなり飲んでいた事を思い出し)
        では…乾杯…メリークリスマス…♪(グラスを掲げ二人と視線を交わす) -- フィール 2012-12-11 (火) 00:58:15
      • あぅ…シラナは意地悪さんな時があるから困る…フィールちゃんは見習わないでね?(数少ない曇らせ隊じゃない人だと思っているようだ。)
        …別に、露出高いお洋服じゃなくてもいいとは思うけど…前もって、予定しておけばいいのかも…うん、また今度…。
        えっと…例えるなら、3ℓの容器と5ℓの容器があっても、4ℓの水が必要な時がある…みたいな感じ、かなぁ…。
        うん…でも、こういうシラナだってそんなに上手って訳じゃないんだよ?途中で寝ちゃうから、と言うのが一番の理由だけど…。
        …うん、乾杯…メリークリスマス…(控えめにグラスを掲げ、一緒に祝い合うことを喜んでから、ゆっくりだが一度で飲み干した。)
        …ふふ、やっぱり美味しい…(お酒の礼儀とかあまり知らないために、美味しいから一気に飲んだだけのようだ。)
        -- シーナ 2012-12-11 (火) 01:13:51
      • あー成る程そんな感じ……。ん、そだねー色々
        一本じゃちょっと……一々計量しなきゃいけないし……。すり切り一杯ーとか半分ーとかで調整してくものだしねぇ
        頑張るのだフィーちゃん……ってあーっれー? シーナそこでそういうの言っちゃうの? ……んまぁ、そうだけどさー
        (用意されたグラスに注がれる様を見)……あ、飲めるからってあんまり飲み過ぎるのも良くないらしいからねシーナ
        かーんぱーいクリスマー(グラスを高く掲げコチンコチンと親友と妹とグラスを打ち合わせ)
        ……ふむぅ……(こちらは軽く含んだ程度。まだまだ妹程得意ではないようで)
        -- シラナ
      • 大丈夫大丈夫…私は私なりの可愛いがり方するから…ふふっ(可愛いと思う人や物をナチュラルに愛でるタイプ)
        …それだけお菓子作りは精密作業って事ね……二人に美味しいと言ってもらえるのは遠そうだわ……、シラナちゃんも…才はありそうなのに勿体ない……
        …ん……(二人とグラスを合わせた後ゆっくりと飲み干して)
        …ふぅ…いい味……って、シーナちゃん…? んー心配しすぎだったかしら…?(一気に飲み干すシーナを見て苦笑)
        むしろ…シラナちゃんの方を心配すべきかしら…?(シラナがどの程度飲めるかまだ知らないくて) -- フィール 2012-12-12 (水) 00:30:52
      • …なんだか、フィールちゃんはフィールちゃんで困ることしてきそうな気がする…。
        シラナも、元々は上手だと思うけど…細かいのは、あまり得意じゃないから…さっき意地悪したお返しだもん。
        …うん、それは分かってる。父様も母様に言われたりしてたもんね…(お酒止められた光景を見たことがあるらしい。)
        …?…あ、私は多分あまり酔わないから…シラナは、あまり美味しくなかった?(からのグラスを手に首をかしげる。)
        (流石にあの時と違い、勝手に自分からお酒入れたりはしないようだ。)
        -- シーナ 2012-12-12 (水) 00:47:26
      • 精密……あ、でも寸分の狂いも許さないとかそういう訳では……あったな……むむう。……ふっふっふ父様のお菓子で舌の肥えた私達を唸らせる事がフィーちゃんに出来るか……な……!? って。……いーのー、私は私なりに頑張るのー
        本当かなあ……(両親の光景が結構繰り返されているだけに酒飲みの言葉はあんまり信用してない)
        なんでいきなり一気しちゃうかなこの妹は……。……んー。前のよりは……って感じ?
        心配される程ではないと思うけども……あ、でもいきなり寝ちゃうとかあるかも。前も一杯飲んでそこから記憶無いし
        -- シラナ
      • えっ…?そんな事ないわよー…?(小さく首を傾げるお嬢様。無自覚にやりそうであった)
        ……匠の味は無理でも…せめて二人に美味しいと言ってもらえるのを目標にするわ……、シラナちゃん可愛い…お互いに頑張りましょう……(こう言うシラナも可愛いなぁとにこにこ)
        …ここはシーナちゃんを信じて……(でも…ゆっくりペースでね?と念を押しつつシーナのグラスにワインを注ぎ)
        双子でも…お酒の趣向に差が出るものね……、あ、そっか…シラナちゃんの場合それがあったかー…ん、でも…今夜は途中で寝るのは勿体ないわよー…?(お菓子類はまだまだあり)
        私とシーナちゃんで楽しむ事に…ふふっ(くすくすと微笑みながら自分のグラスにワインを注ぐ) -- フィール 2012-12-13 (木) 00:25:26
      • …そうかなぁ…でも…うん、フィールちゃんの事は信じるよ(本人が自覚してる限りではしないと信じているようだ。)
        ふふっ…うん、そうだよね。シラナもシラナなりに頑張ればいいから…(クスクスと楽しげに微笑んでいる。)
        …あ、その目は疑ってる…本当に大丈夫なのに…(ただし、黒ワインの部類は飲ませない方がいい方が確かかもしれない。)
        私とシラナは双子だけど、色々と違うから…そっくりな双子もいるけど…ほら、ティナとティノも結構違うし…(あちらは男女も差もある。)
        …シラナはあまりお酒強くないのかな…(自分の分を注がれると、ジュースのように飲んでいる。)
        -- シーナ 2012-12-13 (木) 23:59:53
      • 目標は手が届きそうな所から始めた方が良いからねぇ。……おかしいな……いつの間にかフィーちゃんとシーナににこにこされている……(眠たげだが納得いかない感)
        まあ……本人が言ってる内は? 後はこう、酔っぱらった感じも無いし……? むしろ今加減を見極めてみるとか……はやめとこう
        内部的にはシーナの方が大人だなんて思わなかったよ……(ちびちび)んーむ。……ん? あ、そっか。折角だし寝ちゃうのは……
        それは勿体ないなあ……まぁ、あんまり強くないっぽいけど……え、ペース速くない? 良いの? 平気?(妹の呑みっぷりに若干引く)
        -- シラナ
      • うん…♪(信じてと言う言葉ににっこり微笑む。ハイテンション状態にでもならない限り大丈夫であろう)
        目の前の目標からコツコツと…よね……。気にしない気にしない…シラナちゃんは可愛いなぁ…と言う事で…♪
        …疑っていると言うか…体調の事で一度は延期を考えた訳でしょ…? だから…飲ませた立場として…ね…? まぁ…いざと言う時は…私がアルコールを吸いだせばいいか……(黒ワインはあるかもしれないしないかもしれない……)
        だから…今夜はなるべく寝ない様に頑張って…♪ この場合…シーナちゃんのペースが早いだけだし……(フィールも二杯目ではあるがシーナと比べればペースは遅く)
        ……と言うかシーナちゃん…酔いとか大丈夫…? 平常に見えて実は酔っていたり…しないわよね…? -- フィール 2012-12-15 (土) 00:01:17
      • 別に変な意味じゃないよ?うん、フィールちゃんの言うとおり…シラナは可愛い所多いと思う(コクコクと頷く。)
        …ん…そういう事なら、控えめにするね?(飲ませてくれたのに、そのせいで逆に心配かけすぎるのであればと加減する。)
        …内部といっても、毒性とかに強いだけなのかも…植物性の毒には、シラナも強いと思うけど…。
        ?…大丈夫、だよ?(普段とかわりはない、ただジュースにしても飲みすぎてる辺り酔ってはなくても「嵌った」状態なのだろう。)
        -- シーナ 2012-12-15 (土) 00:13:14
      • むむむ……。私よりシーナの方が可愛いと言うのに……これは一体……?(お菓子食べ食べ)
        控えめ……(表情には疑問符が浮いている姉だった) んまぁ、うん、フィーちゃんの言う手もあるし良いか
        フィーちゃんが笑顔で難しい事を言う……。……植物性ならまぁそうかもだけど……ああ、身体が小さい分免疫機構も凝縮……?
        平気そうだ……! これは父様に教えたら晩酌の相手をする必要が出てくるかな……?
        -- シラナ
      • んー…シラナちゃんの可愛さ再発見ってところね…シーナちゃんとはまた違った可愛さがあるって事…ふふっ(同じくコクコク)
        シーナちゃんはいい子ね…まぁ、次の時は…思いっきり飲むと言う事で……(このペース以上で飲んだらどうなるのかしら…そんな考えはこっちに置いて)
        まあまあ…クリスマスの夜はまだまだ続くのだし…ね…? ん…二人…それぞれで抵抗出来る成分等が異なるのかもしれないわね……(シラナが植物性とするならシーナは薬物性…薬物…?)
        父の晩酌に付き合う娘か…世間のお父さん的には嬉しい図かも…?(でもジャン叔父様よりも強かったり…?と冗談めかす様に言ってクスクス) -- フィール 2012-12-15 (土) 18:50:20
      • …そういう、フィールちゃんも可愛さあると思うよ…人それぞれ魅力があるってこと、なのかな…私は、あんまりだけど(主に女性としての魅力の意味だろう。)
        ひ、控えめだよ?…うぅ、信用されてない…(しょんぼりするも、既に2本目だっただけに信用性に欠けていた。)
        …体小さいとか…シラナが寝たら、来週は一緒に寝るの禁止しようかな…(小さいと言った仕返しも込めて、そんなことを言う妹。)
        …あ、父様と?…うん、喜びそうだけど…悲しみそう、でもあるかも?(小さい子扱いなので、それはそれでジャンも複雑になりそうだ。)
        -- シーナ 2012-12-16 (日) 00:11:01
      • つまり皆可愛い訳か……。知ってた! ……んぇ? ……ああ。……シーナは早く可愛いじゃなく綺麗がメインで呼ばれるようになると良いのにねえ
        だってアルコールだし……身体小さいのにどんどん呑んじゃうとか……。これで思い切りってなったら樽単位で無くなるとかありそうだ
        んー……。抗体とかそういう……得意分野がとか……え? あれ? シーナが急に意地悪になる率が高まってるのが酷いなぁ……っ(はうあうと両手で軽く顔を覆ってみせ)
        ……お酒の量で娘に負けるのは確かにちょっと悲しいものがある……かも?
        -- シラナ
      • え…? あ…ふふっ…自分が言われると恥ずかしいわね…シラナちゃんの言うとおり…皆可愛いと言う事で……、ん…シーナちゃんだって…綺麗になれる資質は十分にあると思うけれど…何か足りないのかしらね……
        …なんて言うか…控えめの基準が私達と違う気が若干…?(空になりつつある二本目に目を丸くして)
        ふふっ…シラナちゃんも…シーナちゃんにかかると形無しね……(なんて言ってるフィールだがほんのり赤くなりつつあって)
        …ジャン叔父様の前では隠すのが無難かもしれないわね…ほどほどの所で酔ったふりをするのも…親孝行…? -- フィール 2012-12-17 (月) 23:58:44
      • …うん、私も二人みたいに成長したいのに…何かしらの要因があれば、成長するかもって姉さまたちが…何が足りないのかは分からないけど…。
        …そ、そんなことはないよ?お腹が一杯になっちゃうもん…(お酒の限界というより、摂取水分の限界的な意味合いだった。)
        ふふっ、私だって魔族の血が流れてるもん(ちょっと嬉しそうに言った、お酒の力も多少あるのかもしれない。)
        …難しそう…でも、父様に喜んでほしいし…ジェイとも飲んでみたいけど、ジェイ相手でもそうすべきなのかなぁ…(ジェイを挙げたのは別に意図はしていない様子。)
          -- シーナ 2012-12-18 (火) 00:27:26
      • いぇーいフィーちゃんかわいー、シーナかわいー。……んー、こう、やる気? 成長したい反面でもちっちゃいままだとちやほやがちやほやで……みたいな?
        お腹が一杯とな。……母様達の食べる量からしたらやっぱり……フィーちゃんこの妹ひょっとしなくても凄い量呑んじゃうよ……!
        それは私もだよね? 私もだよね? うぐぐ……む、昔は、何をするにも一緒だった頃はー……身長差が付き出してからおかしく……?
        酔った振りも難しいと言うか……酔ってみない事にはねえ。……シーナって酔えるの? ……あ、あ、あー、駄目だよそんな。ジェイ丸となんか呑んだらお嫁に行けなくなるよー(極めてまじめに)
        -- シラナ
      • シラナちゃんかわいいー…♪ シーナちゃんかわいい…♪(負けじと) …あ…なるほど…今が楽しいから…その殻を壊すのが…って事なのかしら…?(あくまで推測。真実はシーナの中にあり)
        …え…シーナちゃんって…そんなに食べるの…?(シラナの言葉に唖然)…飲ませた方が…元気になるんじゃないかって気がしてきたわ……
        あんなに一緒だったのに…いつまでも同じではいられないのね……(身長差だけでなく胸の差もと言う言葉を飲み込んでほろり)
        うーむー…シーナちゃんが酔うより…私達が酔い潰れるのが先な気がするわ……。男は狼と言うものね…ジェイだけでなく…男性と飲む時は…要注意よ…?(シーナの言葉にあら?と思いつつも真面目に) -- フィール 2012-12-19 (水) 23:25:20
      • …え、えぇっと…シラナもフィールちゃんも可愛いよ…でもこれ、終わりがない気がしてきた…(こちらも言い返すも、ちょっと苦笑する。)
        ん…ちやほやされたくない、という訳ではないけど…やっぱり、大きくなりたいよ?(ただ大きくなって変わるのが怖い、と言うのはありそうだ。)
        わ、私はそんなに食べないよ?食べようと思えば…多少は、食べれるけど…(やはり人と違う体だけに、食べ方や量に関しても違いがあるらしい。)
        …ぅー…私は変わってないはずだから、シラナがきっと変わったんだよ…(恨めしそうな視線をするが、本心はそんなことは全くない。)
        …酔った事ないから分からないけど……?…何でお嫁にいけなくなるの?…それに、ジェイは嫌な事はしないと思うの(絶対の信頼を置いているようだ。)
        -- シーナ 2012-12-19 (水) 23:41:10
      • 無限ループって怖いね……。……ふーん? でもこう、私は割と早くだったからともかく、急にするするっと大きくなると別人? みたいな感覚が出ちゃうかもだねえ。……あ、私はそんな事無いと思うけどね?
        見かけよりは……それは私もだけど。…………うーん……分からない事が多い……手探りだ……
        ……それは確かに変わってないけどさー(ぷーと軽くむくれ、両肘をテーブルに突き。同時に大容量の胸もテーブルに載せ)
        私もそんな気がします(酒量としては今の所一番少ないとはいえ)……えっなんでって。……えっ。……フィーちゃんどうしよういつの間にか妹がなんか凄い事言ってる気がする……?!
        -- シラナ
      • 可愛さ無限大って事ね…ふふっ。確かに…外見が一気に成長したら驚くかもしれないけれど…女は変わる時は急と聞くし…シーナちゃんもある日ふっと大人の女性になるのかもしれないわねー……(やはりそれもシーナの心次第なのでしょうね…と)
        …シラナちゃんも…? んー…私も吸血鬼だから…楽しむ以上の食事って…よくわからないのよね……(それは飲酒に関してお同じ事で)
        まぁまぁ…シーナちゃんだって…子供の頃から比べたら…随分と変わったと思うわよ…?(主に精神的な意味で)私だって…昔と比べたら…変わっていると思うし…関係も少しづつ変わって行くものよ……(シラナの頬を指でぷにぷに)
        飲酒経験が少ないから仕方が無いわ……(肩を竦めれば苦笑して) …えっと…つまり…酔った勢いでもにょもにょ……(流石のフィールも説明は難しく)凄い事って言うか…私もちょっと驚いて……(そう言う事なのかしら?と、それは想像の域を出ない事で)
        (//植え替えた方がいい気がするけれどどうでしょう?) -- フィール 2012-12-20 (木) 23:48:52
      • …うぅ、みんなに誰って言われるのも嫌だけど……ん、そうかな…そうだといいな(前よりは強く願ってはいないが、そうなったらいいなと今でも思ってるらしい。)
        食事で満足感はあるけど…満腹感、というのはあまりないのかも?…そういうことは、便利ではあるけど…(人と違うことが少しだけ寂しくもある。)
        …ん、そうだよね…皆変わって行くけど…それは悪いことじゃないし…変わった上で、仲良くなればいいと思う…あれ、そういう話…だよね?
        …?…二人共、どうしたの?(性的な知識が乏しいだけに、二人が思ってる意味合いとは違い、言葉通りの信頼かもしれない。)
        (//締めどき、でもあるかもしれませんけど…続けるのであれば、植え替えでしょうねぇ。)
        -- シーナ 2012-12-21 (金) 00:22:25
      • 段階的ならまだ何とかなるかも。……一日五センチずつとか? ……骨とか夜通し痛そうだけど……(普通に育って来た為成長痛経験者)
        えーだってほら。ケーキ1ホール食べちゃうのって普通じゃないんでしょ? うちでは普通なんだけど。……あー。お腹一杯ーっていうのは確かに……
        もう20歳過ぎちゃってるからねー。一応大人と言えば大人なんだけども……おぅおぅ(突っつかれくすぐったそうに)……ん、まぁそゆ話でいーんじゃない?
        どうしたのって。……シーナ流石にその……もういい加減誰かから教わるべきじゃあ……(ただ自分からと言うのはパスで)
        (//お任せしますー)
        -- シラナ
      • …一日5cm……んー…シーナちゃんも魔の血を引く者だし…そう言う成長もなきにしもあらず…かも…?(シラナと同じく普通ペースで成長したお嬢様)
        ケーキいちほーるが普通…私から見ても驚きだけど……、私も…血が主食だから…普通とは……(吸血による充足感は満腹とは異なり)…ま…楽しむ分には何も問題無いし…気にしない…!
        ん、変わりつつも…変わった部分を新しく知る…それも楽しいわよね……(ぷにぷに。それは以前シラナに告げた言葉にも重なり)…そう言う話でいいと思うわ……(にっこり微笑んで)
        …えー…なんて言うか…男と女の間は色々とあって……(女と女でも色々とあるが)うー…まぁ…ジェイと飲むなら…先にお酒に強いかを聞いた方がいいと思うわ…?(フィールも無理なのでせめても予防案を提示)
        (ふぅっと一息、ワインをくいっと飲み干して)…夜も更けてきたわね…ふぅ(ほんのり酔ったのかシラナの方によりかかる)
        (//では〆の方向にしましょうか。丁度リアルクリスマスも近いですし) -- フィール 2012-12-22 (土) 23:04:38
      • …い、痛いのかな…私はそれなら、シャナ姉さまみたいに一気に…がいいなぁ…(流石に痛いのはあまりしたくないらしい。)
        うぅ、それは知ってるけど…うん、ご飯が美味しいのはかわりないもんね…それは、良かった(コクリと頷く。)
        …教わる?…男女の間…父様と母様みたいな?……え、それは…き、キスとかはまだ、早いと思うからしないよ?(真っ赤に赤面しながら言った。)
        (父親と母親がいつもしてる男女の事と言えばキス、逆に言えばそれ以外はまだよく知らないようだ。)
        …うん、今度聞いてみるね?…あ、それじゃあ…今日はこのまま、みんなでお泊り?…私真ん中なのかな?(子供のようで少し複雑な心境。)
        -- シーナ 2012-12-22 (土) 23:13:10
      • ついで背以外も色々育つだろーしで……まあ一気も一気で一度に痛いのが纏めて来そうな気はするけどなあ……?
        んーむ、食って色々だなー。美味しいだけで良い様な気はするけど……ん、そうだねぇ(妹と同じように頷いた)
        んもー(突っつかれるのでフィールの指にこっちから頬を押し付けてうにーとしたり)
        うんまぁ……こう……しもべに聞いてみるとか……? ……ううっ、だけどそこで真っ赤になられてもお姉ちゃんとしては辛い……!
        あ、うんうんそれはそうしないと。嫌いかも知れないし。知れないし。……うん? ありゃりゃ、フィーちゃーん?(寄りかかって来たフィールにそっと腕を回し、肩を抱くようにしつつ)
        そんな感じになるねぇ。……シーナ真ん中の方がバランス良いというか、あったかいと思うし……(その後両サイドから巨乳で圧迫されて曇りながら眠る姿があったとかなかったとか)
        -- シラナ
  • シーナもどうやら治ったようで何より…まだ見舞い客が多いだろうから俺は遠慮するとして
    シラナには一足先にビフテキ弁当をやろう!たーんと食べて今日の活力にするといい!(弁当屋にしてはそこそこ上質の肉を使ったもので)
    とはいえ、そういえばシラナの家は普段からいいもの食べてそうだな -- ベン 2012-12-03 (月) 20:54:48
    • いやぁその節はどうも御心配をおかけしまして……えー? 私の時もそうだったけど遠慮しなくてもいーのにー
      なんだってー。……ほほう、これが……成る程ビフテキ……いただきます
      え、そうかな…………そうかも。でもなんてゆーか、美味しいの上限が高いってだけじゃないかなって(ビフテキ食べ食べ)
      -- シラナ
      • まぁこの稼業でこの街育ちならある程度は慣れてはいるが…シラナも随分弱ってたんじゃないか?(そう思って、回復してきた頃合でビフテキを)
        そういう訳にもいかないだろ…元々のんびり屋っぽいしなシーナ…またのんびり出来そうなときに行くさ
        しかし、味付けとか弁当に適した事ならうちだって負けない自信はあるぞ!(豪語するだけあって、なかなかのもので) -- ベン 2012-12-03 (月) 23:32:54
      • ん、まあ……フィーちゃんの胸や太ももの谷間に顔突っ込んだりジェイ丸に抱っこしてよしよしして貰ったりしたので……
        そうかなー。んー、まぁでも事後に来てくれるのも嬉しい物だしまぁいいか
        これが弁当仕様……! あ、そうかこれ単品じゃなくて他のと併せて食べる用な……道理でちょっと濃い目……(素敵な食べっぷり)
        -- シラナ
      • 胸はわかるがなんだ太ももってなんだ…あぁ、ジェイはおかんだもんな…俺は兄貴役なので甘やかさないがな!
        一応様子を見に行ったぞ?まぁ、向こうからくる感じかもしれないし…というのもある
        …しかしいい食べっぷりだな、やはり育つコツはよく食べよく寝る事なのか… -- ベン 2012-12-04 (火) 21:33:41
      • 膝枕……という奴ですかね……。男の身体は硬いけど寝心地はさほど悪く無かったかなー……おかんだけに? むぅ、この兄はダメだな……
        ああ……んー、行き違いもそれはそれで……?
        (そして既に綺麗に食べてごちそうさまでしたを済ませていた)ふむぅ……。……ん? んー、うん。それもあるんじゃないかなとは
        -- シラナ
      • それ突っ込むといわない気もするが!あれこれ誤解招くぞ!まぁそこはカラダのつくりの違いは仕方がない…ふっ、厳しくあってこその兄だ(弁当渡したりもしてるが)
        そうなんだけどな、やっぱり一度くらい相手から来て欲しいものだぞ?なんというか自信もつく
        普通はそれすると太るんだけどなー…この街の女子はそういう悩みが少ないらしい、カモネはああ見えて気にしてるが -- ベン 2012-12-04 (火) 21:57:20
      • そう……かなぁ。……えっ誤解? ……なにが?(眠たげだが真っすぐな眼差し)……むぅ、兄はそういうもの……?
        ……やっぱりアニスちゃんとのらぶらぶ空間もたまーには邪魔しに行くべきなんですかね……?
        あー。なんていうかそういうのは……人間って大変だなあって……(何ら気を使う事無くないすばでーに育った者故の無慈悲)
        -- シラナ
      • そこを聞き返すのか!?そ、そこはほら色々とアレが何で…(目をそらし) 甘いブラコン兄貴もいるだろうが、俺が目指すのはそういう兄なのだ
        え、そっち!?いや、そっちではなくて普通に店とかじゃないのか!?
        くっ、俺とてライダーだから気をつけてるというのに…でも人間は負けんよってどこかのサラリーマンみたいな人間もいるし… -- ベン 2012-12-04 (火) 22:23:36
      • ベッ君までよく分からない事を……(ジト目) 私は甘い方が良いのでやはり本物の兄様の方が素晴らしい事が分かった……!
        えっ? ……ああ。え、でも配達……お店って普通に営業してるの……?
        んーむー……大変だねえ。それはそうかもだけど、この場合の勝ち負けとは一体……
        -- シラナ
      • そういうのはほら、ティナとかに聞けば色々とソレがこうなるはず! くっ、甘やかし兄にいつも厳しめ兄は虐げられ…って、そういや何人兄がいるんだ?12人とか?
        うちをなんだと…弁当配達専門じゃないぞ?普通にお店もあるし弁当配達もしてる…最近はアニスが店番してくれることもあるな!
        むしろシラナにとって大変なことはあるんだろうか…まぁ、なんにせよ長短があったりするからな… -- ベン 2012-12-04 (火) 22:43:19
      • ああ……そういう言い方をする場合は大抵えろい事だと……やはりベッ君もどすけべ……。……え? 兄様なら二人だよ。上の兄様は私が生まれるずっと前に南の遠方に引っ越してて、下の兄様はうちで家令やってるの
        いえほらあの。配達ばっかりやってるなーって……だからつい……。店頭で買うのもあr……やっぱりらぶらぶ空間じゃないですかー!
        えー? ……あー。いつも眠い事……?
        -- シラナ
      • シラナが学習してきている…なんて事だ…い、いや男は基本がそれで特別おかしなことでは…あぁ、二人か…家令、家令って執事みたいな?
        まぁ、基本飛び回ってる時は配達だからな…でも店内に来ないから分からないだけで常時では…ち、違います!イチャイチャなんかしてません!試食あーんとかは時々!
        眠くて大変なのか、眠たいのに寝れなくて大変なのか… -- ベン 2012-12-04 (火) 22:59:33
      • そこで愕然とされても……言い訳までクラ君と同じだ……。んーと、執事みたいな、でも執事より偉い感じ?
        配達してる所ばっかり見かけるのも頷けた……。……お客が途絶える時間帯とかになると怪しいだなんてそんな……
        後者に決まってるじゃないですかそんなの……(即答であった)
        -- シラナ
      • クラノのせいか!おのれクラノめ… まぁ、身内だもんな。親のサポって感じだろうし…家事手伝いというと途端に情けなくなるな
        ということでシラナもお店に来てくだちい! そんな事は滅多にないぞ!だから安心してきてくれ
        ですよねー…何で冒険始めたのか不思議ではある -- ベン 2012-12-04 (火) 23:20:20
      • クラ君とベッ君が二人して男はどすけべで普通みたいな事言うから辛い……。……んーでも家事手伝いと言うよりは要塞の管理の手伝い……あれ? 家事手伝いだこれ……
        来られてばかりだなーと思ってたのでいずれその内には……。本当ですか? 入った途端キスシーンで気まずくなったりしませんか?
        ……あー。…………こう、そういう流れがあって……今はそれなりに冒険も楽しいかなって感じだけど
        -- シラナ
      • 俺たちはほかの男子よりちょっと素直でわかりやすいだけなのに… まぁ、でも家事手伝いが悪い訳では…何もせずにゴロゴロしてたらアレだが
        だ、大丈夫!そういう事は…それになんかシラナの両親がラブラブって話だし見慣れてるんじゃ?
        なるほどな…特に理由もない冒険を怒る人もいるが、楽しんで人の役にもたってるんだからいい気もするんだよな俺は
        さてと、それじゃあそろそろ引き上げるか。シラナにもよろしく伝えておいてくれー -- ベン 2012-12-04 (火) 23:35:20
      • しかも自分を過小評価気味に言う……ちょっとってそれ本当にちょっと……? それはそうだけど……あ、うん、そういうアレじゃ無いから安心
        ……親と友達とでは色々話が違うんじゃないかなぁって私思うんだけどなぁっ
        あー。ジェイ丸とか割とそういう風よね。……んー、私もどっちかと言えばそうだなぁ
        ん、はーい。ベッ君じゃあねー
        -- シラナ
  • で、どーよ。シーナはともかくお前ちゃんも飯食ってんのか?顔色よくねーぜっ。 -- ジェイ 2012-12-01 (土) 22:28:07
    • え。……あー。……いえそんな、毎日ごはんがおいしいですしさ、左様な事は…… -- シラナ
      • …ホントかぁ?(こいつが言葉に詰まる時はだいたい図星だからな、と眉の片方を動かして思う)
        んまー命に別条はないってのは確かで回復もしてんだろ、心配はしなくていいっつーのは無理だがもうちょい気楽になれよ。
        ったく、みんな無事なら今ごろてきとーに理由つけて海にでも引っ張り出したろうと思ってたんだがな。かわりに何かいきたいとこ…シーナの看病があるか、やって欲しいことねーか? -- ジェイ 2012-12-01 (土) 23:08:55
      • あい(何度か頷く) ……うんそんな感じそんな感じ。私の時もそうだったけどやっぱり母様の回復は効くね……
        う、そ、そこまで気を張ってる訳では……。……あー。海。ふむ……。…………それは今出来る感じで?
        -- シラナ
      • へー……母様ねえ、ま、いーけど。俺ちゃんは俺ちゃんでお前んちはお前んちだし?
        (直接しっかり話したことがないゆえに、年頃の娘を危険な場所へ平然と送り出す母親の実像というものに半ば不信感さえ抱いている青年だった)
        あー?俺ちゃんにはどーもお前が、あのお、ま、え、が寝不足なよーに見えちゃったりもするんだがな。(ま、これ以上つつくのもロクなことになるまいとここで止める)
        …今からだって?いやまあそりゃバイクあるし連れてけるが…俺とだけになるんじゃねーの?つまんねーぞきっと。 -- ジェイ 2012-12-01 (土) 23:50:56
      • むぅ……言外に何かを感じる……。……えー? ……あ、う、お。……ぐ、ぐぬぬ……
        いえす今から。……あ、そうじゃなくって。行くのは仰る通りなのでやって欲しい事でですね?
        -- シラナ
      • ケケケ図星か…いんや、べっつにー。(長々と引きずる話題でもない、青年はいつものように自分の腹にしまいこんで話を続けた)
        (ああ、そういう事ねと合点がいく)そりゃま出来る範囲でなら何でも。
        表で逆立ちしながら三編回ってアオーンと鳴くぐらいならやっちゃるぞ。 -- ジェイ 2012-12-02 (日) 23:25:36
      • むー……(暫しジト目を向けていた)
        ほうほう。……あ、そういうのはいいや。えっと、それで……んー……
        じゃあジェイ丸は私を優しく抱き締めて頭撫でてよしよしとかそんな感じの……をですね……?(上目遣い系チラッチラッ)
        -- シラナ
      • (口笛を吹いてごまかす青年、稀に優位に立ってる時はだいたいこんな感じである)
        …ああん?(上目遣いをしてくる相手を横目で見つつ、どういう事だこれはと考えている)
        『…カマ掛けてみたのは悪かったが、こりゃ相当滅入ってるな。シーナはこんな事はなかったが…姉妹つってもやっぱ違うもんだな』
        ん、まあ。お前がやれつったからだぞ、いいなそこんとこ分かっとけよ。
        (椅子に座って自分の膝をパンパンと叩き、ほれ前向きでも背中向きでもどっちでもいいから来いと呼び寄せる) -- ジェイ 2012-12-03 (月) 00:13:53
      • ……なにか?(相手の横目を見。大体普段通りと言えばそう思えなくもないが)
        それはまあ。はい。それで……あ、あー。椅子の上か……(些か残念そうな顔を見せるも、彼の膝の上に背を向けて座った後、ぐりっと九十度向きを変えて横向きに)
        あ、向かい合ってる方が良かった……?(等と間近で言い)
        -- シラナ
      • …いや、下のショーケースでちらっと見えたシューアイスが事のほかンマそーだったからそれ買って帰るか、それとも他にケーキも追加するか、それなら余分に筋トレしてエネルギー燃やしとかなきゃなって。
        (余計な気遣いをされないよう適当なことを言って煙に巻きつつ、いつも以上に面倒を見てやるべきかなとチラリと頭の中に考え事をストックしておく)
        どっちでもいーわい、俺の希望とかないっての。
        (椅子に座ったまま横抱きの形になりつつ、左の腕はシラナがよりかかれるよう相手の右肩に回し、右手は腕ごとシラナの背中に触れてさするように)
         
        (そのまましばらく黙っていたが、ふうと息を吐いて口火を切る)
        頑張れってのはアレだ、言われた方もめんどくせーが言った方もなんかその気になる厄介な言葉だよ。
        だからだ、俺は今のお前とシーナに頑張れとは言わねー。
        だらけろ腑抜けになっとけ無理すんな、お前らの周りにいる奴が代わりにその分やってくれる。
        俺もそれぐらいの甲斐性ってのは最低限持ってると思いたいしな。だからシラナ、頑張るなよ。 -- ジェイ 2012-12-03 (月) 00:59:20
      • ジェイ丸は時々急に全然関係ないとこに思考飛ぶよね……
        あ、そうなんだ。クラ君とかなら向かい合わせ希望するんだろーけど
        (そっと抱かれ、彼の腕の中で少し位置を変えたりしつつ、ただ嫌がる系の様子は全く無く)
        …………んぇ? ………………むぅ
        …………え。……なぁにそれー? もー(ジェイの言葉に軽く吹き出し、微笑みを浮かべ手近な彼の胸板を数度叩く)
        ……じゃあほら。……そんなに言うなら、ここで寝ちゃうし。寝ちゃうし(改めてもぞもぞと動き、よりジェイに体重を預ける形になり)
        (ちょっと間を置けばいつの間にか寝付いていた)
        -- シラナ
  • ……(やってくるなり無言でシラナの顔を胸に埋める様にして抱きしめた) -- フィール 2012-11-30 (金) 22:01:49
    • あ、フィー……っぷ(埋められつつちょっと驚いた顔になるも、暫しそのまま) -- シラナ
      • (フィールもシーナが心配であるが…自分以上に心配…不安なのはシーナの姉であるシラナで……)
        ………シラナちゃん…(抱きしめたままシラナの背をそっと撫でる。今のフィールに出来るのはこのくらいだから) -- フィール 2012-12-01 (土) 20:37:42
      • フィーちゃん?(顔を上げ)えっと……なんていうか……大丈夫だから。ね -- シラナ
      • ……本当に…?(見上げた瞳をじっと覗き込んで)……こう言う時くらい…甘えてもいいのよ…? -- フィール 2012-12-01 (土) 23:12:10
      • ……こ……ここまで心配される程では……(若干逸らし気味)
        んー、でもほら。お姉ちゃんとしてはくにゃってなる訳にもで……シーナもそんなに危篤で峠越えとかそこまででも無いし……
        -- シラナ
      • ……はぁ………(目を逸らされれば小さくため息)
        もう…私とシラナちゃんの仲でしょ…? 心配な時は…心配していいの……お姉ちゃんなら特にね…?
        ここには私とシラナちゃんしかいないんだし……(額と額を合わせれば柔らかく微笑んで)
        緊張を解いて…笑顔になれる準備をしましょう…お姉ちゃんならなおさら…でしょ…? -- フィール 2012-12-01 (土) 23:48:30
      • うぐ。……し、心配というか……母様に任せておけば……任せるしかだけど……
        うー……。…………(再度ぽふっとフィールの谷間に顔を落とし、若干押し込み)
        -- シラナ
      • ……ん……そう…そうよね……(「任せるしか」そして待つしか出来ない事は寂しい事であり……)
        その気持ちの分…シーナちゃんに笑顔を見せてあげましょう……(顔を埋めるシラナの頭をそっと撫でて)
        今は…私が受けとめてあげるから…… -- フィール 2012-12-02 (日) 23:20:21
      • うー……(フィールの谷間の中で少々唸るような声を漏らした後、こちらからも彼女の背に腕を回し)
        ……あ、でもきつい。姿勢(抱き締める前に顔を上げた)なのでこう……
        (フィールに座るよう指示しつつ自分も座り、膝枕風に彼女の下半身に抱き付いた。……互いの顔はちょっと見えないかも知れないが)
        -- シラナ
      • …ん……(唸るシラナの頭を撫で続けるが)
        …え…きつい…?…あー…姿勢ね…? こう…こうね…?(促されるままに座って)
        ふふっ……(顔は見えずとも…膝にかかる体重と体温にシラナを感じれば自然と暖かな笑みが零れ)
        …いいわよ…今夜はこのままで……(今はシラナの不安を少しでも和らげたくて) -- フィール 2012-12-03 (月) 00:22:51
      • ……んへへへ……(そんな風な笑みを浮かべ、落ち着いたのか、やがて寝息が漏れ始めた) -- シラナ
      • (柔らかく撫で続ければやがて聞こえてくる小さな寝息……)
        ……おやすみなさい…シラナちゃん……(囁く様に言えばそっと頭を撫でて)
        (その晩は朝までずっとこの姿勢でいたそうな)
        (そして…シーナの意識が戻ったとの報が聞こえるまでシラナの元に日参する事になるのだが…それはまた別のお話) -- フィール 2012-12-03 (月) 00:36:44
  • とりあえずもふるもふらないはどの辺で落ちをつけるか悩むんだけど、シラナ的にはどうなんだろう -- ティノ 2012-11-28 (水) 23:35:00
    • えっ、もふりますが?(一定距離を開けつつ) -- シラナ
      • いやそれ解決になって無くないですかシラナさん!?僕の精神力は有限なんですが!(とりあえず警戒はしてるんだなとちょっと安心してる) -- ティノ 2012-11-28 (水) 23:45:46
      • ……抱き締めて胸をぎゅーとかしなければ良いのでは……? -- シラナ
      • ああ、それなら色々安全かもしれない、シーナも手で触るだけだし、でも今耳を出していない僕をもふるのは不可能では? -- ティノ 2012-11-29 (木) 00:01:59
      • それと後ろからやれば尚更かもとか……そういえば結構目の前だもんね
        ? 出してないなら出せばいいんじゃないの?
        -- シラナ
      • いや後ろからの方でも僕は大ピンチになるんだけど……だから出す必要性がですね?
        (ふと思いつき)じゃあシラナが我慢できるか実験を(珍しく全身変化、通常変化なので白いロップ兎になってみる) -- ティノ 2012-11-29 (木) 00:19:32
      • そうかなぁ……手以外触れなければなんとかなるんじゃないかなあ……。……えー?
        ん? 何を……って(見るなり両腕を広げ飛び付かんとするありさま)
        -- シラナ
      • 後頭部が柔らかい感触とかかなり精神的にまずいよ!
        ぜんぜん成長も反省もしてねぇ!?(連続変化に制限があるので慌てて逃げようとする、がサイズも通常の兎なので遅い) -- ティノ 2012-11-29 (木) 00:28:19
      • うわああああ(むぎゅー)きゃああああ(もふもふもふもふ)ひゃあああああああああああ(すりすり) -- シラナ
      • だから成長が全く見られないー!?(捕まって全身もふられ)し、死ぬ……!(切実にそう思ったので逃げようともがく、元から非力だが兎の姿だと更に非力だがもがく) -- ティノ 2012-11-29 (木) 00:43:36
      • (もがくだけでは逃げられない!)
        いやああああ(もふりもふりもふり)ふかふかあああああああああああ(すりすりすりー)やわらかあああああああああああああ
        -- シラナ
      • 早く時間経過し、いやここで戻ったら別の意味で危ない!(必死にもがくが逃げれない)
        普通に苦しくて普通に死にそうなんですがシラナさん……!(てしてしと頬ずりしてる頬を前足で叩く) -- ティノ 2012-11-29 (木) 00:52:32
      • ぷにぷにかーわぁーいーいいいいいいい(火に油であったという。先程から凄く笑顔だ) -- シラナ
      • 選択肢間違えたか!(どうにか逃げ出して変化解除しようともがき、胸を蹴ってしまい)
        ひぎょぃ!?(蹴り方が不味かったのか放電、おめでとう、白っぷ兎は黒(焦げ)っぷ兎に進化した!) -- ティノ 2012-11-29 (木) 01:07:10
      • やああああああああああ……あ?(流石に通電音と焦げ臭さと黒化には我に返る)
        あっ……うわ、だ、大丈夫……?(そっと黒っぷを開放し様子を窺う)
        -- シラナ
      • (口から青白い兎がはみ出て)だからもふるのは注意して欲しいと思うんだよ(本体がぐったりしたまま説教する) -- ティノ 2012-11-30 (金) 02:42:53
      • あっ、はい、でもほら急にそんなのになられる方もいけないかなって、いえ、はい、ごめんなさい
        (青白いのを前に正座で説教され続けたという)
        -- シラナ
  • そういやシラナもスキー旅行行ってきたんだよな…寝ながら滑ったりしてたのか、実に興味あるんだが
    海では起きてたと言う話もあるし、命の危険があれば起きてるんだろうが…
    ちなみに今日はたまには弁当を持ってこようと思ったが…お前たちって普通の弁当も食うんだよな? -- ベン 2012-11-26 (月) 20:32:56
    • あ、話は聞いてたんだ。ベッ君もくればよかったのに。……え? いえ、左様な事は……大体雪山とか寒過ぎでしたし……
      ……なんだろう、ベッ君の印章の中の私は隙あらば寝てるとかそーゆーのなんでしょうか……?(眠たげに不服そう)
      あ、そうなの? ……それはまあ。ケーキしか食べないようなのは母様だけで十分だし……
      -- シラナ
      • 誘われてないのに行く訳にもなー…おぉ、じゃあ寝ずに滑っていたのか?…いや、もしかして外にすら出てないのか?
        …違うと言うのなら証明をしてもらわないと困るのだが…眠たいのか、不服なのかどっちかにしなさい!
        まぁ、それはそうだよな…ちなみに何弁当が好きなんだ?シーナのも教えてくれると有難い(メニューを渡し) -- ベン 2012-11-26 (月) 23:26:57
      • あー。でも言えばオッケーな感じじゃないかなーとは……ああでも二人きりの方がいいか……。……外、外には……露天風呂がありましたし……(視線逸らしがち)
        証明、証明と言われても……えっ? えっ?
        好きなお弁当ですか。……んー……ビーフステーキ弁当とか……? シーナは肉より魚ー野菜多めー……幕の内で良いんじゃないかな。松か竹
        -- シラナ
      • 確かに言えばOKしてくれそうな…待てなんだその二人きりってのは…シラナ、それは外言わない気がするぞ?(視線の先に)
        例えば、一二時間くらい起き続けるとか…あぁ、でもシラナでもそれくらいは出来るか……出来るよな?
        おぉ、意外と普通な…あー、シーナらしいな…ビフテキと幕の内か…でもシーナだとレディースサイズの方がいいんじゃないか?(メモを取り) -- ベン 2012-11-27 (火) 00:10:18
      • それに男女の人数比が1:2だしで、男子増えるのは歓迎されそう。……え? それはアニスちゃんとって事ですし……。……えー? 露天風呂は野外にあるじゃないですかー
        …………………………できません
        だってお肉美味しいですし……。うん、大体そんな感じで……あ、そだね。シーナは食が細いから……
        -- シラナ
      • そんなに…でもちゃんとティノとクラノ以外に男子いたんだな…あー、それはまぁそうだが皆で行く旅行はまた違う楽しみがあるしな
        でもそれだとただの温泉旅行じゃねえか!スキー旅行だって俺は聞いたんですがね? あと、もうちょっと頑張ろうぜシラナ…六時間はいけるだろ?ほらその2倍と思えば
        お肉好きかー…いい事だ、まぁ次来るときはそんな感じで…ちなみにビフテキ上げるとツーは超懐くぞ -- ベン 2012-11-27 (火) 00:30:48
      • あ、うん。ジェイ丸が。……あー成る程なー……でも部屋は二人だけで取るんでしょー?
        私にとっては温泉旅行でした。他の皆とはちょっと違うそうです。……え……六時間ですか……?(冷や汗)
        え、あ、くれるの? やったー(万歳。弾む胸)……ほう? そうかそれは……良い事を……
        -- シラナ
      • あぁ、ジェイかー…元気にしてっかな、全然会ってないが…いや待て、なんでそうなる。みんなで行く時は男女別が普通だろ!?じゃないと次の日みんなと顔合わせにくいっての!
        すなわちそれはスキー旅行なのだよシラナ…いや待て、6時間すらきわどいのか!?冒険中どうしてるんだ…
        最初だけな、そして常連になってくれると有難い…有難い(2度目は揺れる胸に) シーナも抱っこしたそうだったしな…おのれツーめ -- ベン 2012-11-27 (火) 00:53:19
      • うーん……頑張ってるとは思うよ? えっだって……別々にしても夜中こっそり居なくなって明け方にこっそり戻って来るんでしょ?(眠たげだが信じて疑っていない眼差し)
        そうかもしれませんね……。……際どいと言うか無理と言うか……冒険中でしたらほら、咄嗟の場合以外は割と歩きながら寝てても何とかなるし……
        ほうほう成る程……そういう手もあるのか……。……? むぅ、ベッ君はすぐ自分のパートナーにおのれとか言うー
        -- シラナ
      • 頑張ってるって何をだ、おかん業をか? くっ、何でそんな常時新婚夫婦みたいに思われてるんだ…仲間といるときはそんな事ないんだがな!
        無理なのか、6時間も無理なのか…いや、それ危険だろ!?もしかしてだから冒険は…(3度目、と言う文字をチラ見してから目をそらし)
        シラナの所も低価格で客層掴んでる気もするが…いやだって弟がモテたらなんか悔しくないか? -- ベン 2012-11-27 (火) 23:23:19
      • ……大体そんなの。……えーだって。ほら。なんとなく。……あ……二人きりだとやっぱりらぶらぶしちゃうんだ……
        連続覚醒時間とか測った事無いけど……一時間いくかな……。……あ、ちょっと待って欲しい。残念な事になったのはそもそも依頼の引きが悪過ぎたからであってですね……
        んー、うちはむしろ値段じゃなくて長年の信頼と味の方が大事っぽい感じ……かな。……えー。シーナがモテモテなのは心配になるけど
        -- シラナ
      • 当たってたのか… ま、まぁそれはな…カップルなんだしそういうもんだろ!?いいもんだぞ、恋人がいる生活!
        …え、1時間が限度なのか!?も、もうちょっと頑張ろうぜ? でも、そんな調子だとまた事故る可能性が…これはシラナの連続覚醒長期化訓練が必要だな
        あぁ、それもあるか…でもなんか時々突然閉まるってのも聞くが …そこはシラナらしいが、シーナなら割とモテてるだろ? -- ベン 2012-11-27 (火) 23:39:39
      • 後はこう、お前らの笑顔を守るーとか……みたいな。……うんまぁその辺りは父様と母様見てれば大体分かる事だし……へ? んー。……ふむ。お互い好き合ってるって言うのがまず……(腕を組み胸を若干迫り出させつつ首を傾げ。大きいと自然そうなっちゃうから仕方ないね)
        何か集中出来てればもっといくかもだけど。でも普段だとそんな感じじゃないかなー……いやそんな事は……次あったらもう引退で良いかなって感じあるし……? え、そ、そんな事は……(半歩引く。首を左右に振る。ふるふる)
        うちは不定休ですので……いえ、決して父様が母様にぞっこんで店の方に出てこないからとかでは……。……モテてるかなあ。どっちかっていうと、こう、妹扱い的な……私の妹なのに……
        -- シラナ
      • あー…まぁ、それは難しいな。色々と… オジさんしか見たことないけどラブラブなんだっけか…相思相愛は重要だな…あと、わざとじゃないんだよな?(思わず確かめるように)
        普段から訓練してると、いざというときさらに長くなるって事だろ?…引退も見てみたいが、まぁ訓練するに越したことはないよな(いい笑顔で、1歩詰め寄り)
        …それだったら駄目店長じゃねえか!まぁ、それでも許される人柄なんだろうが もうみんなの妹って感じだなシーナ、泣かしたら多方面から殺意が来るだろうな -- ベン 2012-11-28 (水) 00:00:28
      • 夫婦はあれが普通なんだと思ってた頃がありました……。……え、なにが? わざとって
        それはそうとは思いますが。……引退見てみたいってそれつまりバニーですか。またアニスちゃんに報告する事が増えちゃったな……(引きつつ)
        しょっちゅうある訳じゃないしそうじゃない事だってあるし……。あー。シーナ泣かすようなのがあったら木に封入する位はしちゃうだろうねえ
        -- シラナ
      • どんなのかは知らないが、まぁ幸せそうならいいんじゃないか?一人寂しく酒飲む父親見るよりかは(自分の父親を思い浮かべ) …この小悪魔め!(思わずそうも言いたくなり)
        だろう?だから大人しくするんだ!…って、てめぇ!余計な入れ知恵をしようなどと!…これは口封じもかねて特訓するしか…いや何をすれば覚醒長続きするかさっぱりだが
        信用、信用ってなんだ…まぁそれ前提での信用なのか …泣かせた段階でそれなのか、でも涙目になっても泣いた姿見たことないな -- ベン 2012-11-28 (水) 00:10:26
      • 大体らぶらぶしてるので……てっきり他所もそうなのかなーとか。ええ。……そういう場合もあるっていうのも想像つかなかったからなー……ふぇ? ええ? なんだろう、凄く理不尽な事言われた気がする……
        お断りしますので……。だってアニスちゃんいるのに私のバニー姿見てみたいってどうなのだし……。……うん、それに今更過ぎるから諦めようよ
        年に何回もある訳じゃないからセーフ……? え、だって泣かせるって時点であり得ませんし。シーナは強い妹なので……(誇らしげ)
        -- シラナ
      • まぁでもこの街はラブラブ夫婦多いぞ?片親や親なしも多いけど、まぁ冒険者の街だしな…いいや、きっと男ならみんなわかってくれるさ!
        いや、俺普通に大抵のやつに言ってるしな!シーナには色々と犯罪的で言えないが 諦めたらそこで試合終了だって、有名な人も言ってただろ!?ほら、起きてた時間分だけしかシーナを抱きしめれないとかどうだ?
        まぁ問題ないならセーフだな! 妹思いすぎる…そして妹愛すぎる…彼氏とか出来たらどうなるんだろうなシラナ -- ベン 2012-11-28 (水) 00:44:12
      • そうだけど、それをふつーと言い切るには些か……うん。……そんなまるでクラ君みたいなどすけべばっかりみたいな……
        アニスちゃんも大変だな……。え、シーナは可愛く似合うと思うけど? なら試合終了で構いませんしシーナを抱き締めるのは私の特権なのでそういった越権的な事はちょっと……
        ……シーナに彼氏? ……え? ……まあでも……シーナが騙されてないなら……良いんじゃないかな(面白く無さそうな顔)
        -- シラナ
      • いいか、男ってのはな。理性より本能を優先しちゃいたくなることがあるんだ…そういう意味でシラナはデンジャー
        大丈夫、わかってくれてるし!いや、可愛いだろうけどバニー見たいと言うのは犯罪かなって…駄目だこの姉、早くなんとかしないと…
        …なんというか親馬鹿ならぬ姉馬鹿だな!まぁでも騙されやすそうだから心配になるのもわかる -- ベン 2012-11-28 (水) 23:35:23
      • ああ……それはまぁ、うん、ティノとちょっとありましたので……
        ……あっ、これが惚気かー、ちょっといらっとしたなー。……犯罪かなあ……そう思っちゃう事が犯罪なんじゃないかなあ……え? 何も駄目な所はありませんが……?
        いえほら、ロリコン的変態なのだったらそれこそシーナの方からのーさんきゅーするだろうから……シーナは素直ないい子なので……
        -- シラナ
      • あー、そういえばティノも何か言ってたな…でも悪気はないだろうし、むしろ好意でもあるんだろうけどな…難しい問題だ
        いらっとしたシラナ始めて見た、いやあれは惚気…なのか? むしろある意味シラナに常時妹惚気言われてる気がする俺だ
        その辺りは多分そうだとは思うが…そういや、シラナたちは賭け勝負はしたりしないのか? -- ベン 2012-11-28 (水) 23:49:07
      • 何と言うか……大人になるって悲しい事なのって感じが。胸がこんなになってなかったらまだ話も違ったんだろうけどなー……(寂しげ)
        えっ、自覚してないんですか。恋人からオッケー貰ってるから問題無いって言うのは惚気に入りませんか……。……は? シーナは可愛いので可愛いと言うのは普通な事だし……
        むぅ……。ん? あ、あー。良くやってるって言うのは聞いたりするけど……しないかなぁ、今の所
        -- シラナ
      • んー…胸がどうこうっていう問題でもないような気もするが…まぁ、いつまでも子供のままじゃいられないって事さ
        OK貰ってるというか、バニー着せたいというのは理解して貰えるというか…それはまぁ否定しないが!まぁ仲がいいことはいいことか
        あー、シラナの場合欲しいものとかが基本的になさそうだもんな。俺が提示出来るとしたら肉系弁当1ヶ月お届けか、ツー抱き枕一晩の権利程度だろうしな… -- ベン 2012-11-29 (木) 00:04:01
      • そうかなぁ……私じゃなくシーナだったらティノも別にどうこうなかったと思うんだけどなぁ……
        それだけで充分じゃないですかね……。あい。シーナは可愛い
        大体そんな感じで……んー、一ヵ月もお肉はちょっと……ツーくん一晩も貰ったらどうにかしてしまいそうだし……
        -- シラナ
      • シーナも大抵無防備だが、なんというか不可侵オーラがすごい。手を出したらいけないオーラというべきか…ある意味お姫様的な?
        あと、シラナトシーナにはメイド服着て欲しいとも思うが何人か賛同者もいるしなんら変なことはない…
        さすがに重いか…いや待て、うちのツーを何をどうする気なんだ!? -- ベン 2012-11-29 (木) 00:19:06
      • むぅ……私に足りないのはそれか……。そんなに侵略おっけーというか無防備ですk……あ、無防備だ私(そりゃ寝てるしなーって顔)
        えっ、それはどういう事です?
        ……いえ、抱き締めて可愛がって寝るだけですが……多分……
        -- シラナ
      • シラナも無防備だが、魅力的に見せつけるような行動も多いだけにもう男は誘蛾灯のように…今まで襲われなかっただけでも男性陣の理性を褒めて
        いや、言葉通りだが…ほら、そういうメイド服とかお嬢様にはミスマッチかつ単純に似合いそうだなと…メイドフェチという訳ではないんだけどな?違うんだけどな?
        おい今多分って言ったね?まぁ、俺がして貰うとしたらメイド服で手料理1回とかになってただろうが…賭けしなさそうだからな -- ベン 2012-11-29 (木) 00:30:12
      • ……その魅力的に見せ付けの辺りが身に覚えの無い事なんですが……やはり胸か……母様を超えてしまった事の弊害か……
        えっだってメイド服って……あーミスマッチー。似合うと言われると微妙だけど……。……余り否定されると返って怪しまれますぞ?
        えっだって何をしてしまうか自分でもちょっと。……そこで私の手料理とかやめておいた方が……いえ、失敗しなければ問題は無いのですが
        -- シラナ
      • まぁ、俺としては今のままのシラナでいてほしい気もするな。それもまたシラナの魅力な訳だし…大きすぎても駄目な気もするけどな?
        では、試しにシーナのメイド服姿を思い浮かべて見てください…どうだ、似合うだろ? な、なんだと…じゃあ、どうすればいいのだ…
        あれ、シラナって料理苦手なのか?まぁ、そういう人のを食べるのも割と面白いんだが…で、どうする?するなら、3ヶ月の運勢値勝負でもいいが -- ベン 2012-11-29 (木) 00:43:21
      • えっ、つまり男性の理性を逆撫でし続けろと……? 際どい……。……ああ、それならうん。発育ならちょっと前に落ち着いたっぽいし
        それは可愛くて当たり前だけどなんていうか……違う……(メイドを使う側なお嬢様的発想) あえて否定しなくても良かったんじゃ……? フェチとか想定してませんでしたし……
        菓子屋の娘として恥ずかしくない程度には出来ますし……でもちょっとその……条件付きなだけですし……。……へ? え、いやいや、それは遠慮します。折角だけども
        -- シラナ
      • いやそういう訳では…あれでも話の流れとしてはそうなってしまうのか? そうか…これ以上シーナが曇ることはないんだな、まぁシーナ自身が育たないと意味ないんだろうが
        ふむ、やはり考え方の違いがあるか… あ、俺のもほら父子家庭だから家に女性がいてくれることに憧れがあるだけで、変な意味では決して…
        何なんだその条件って…あぁ、全然気にしなくていいぞ。試しに聞いてみただけだしな -- ベン 2012-11-29 (木) 00:54:38
      • だってそうなってしまうでしょうよ? ……シーナも近い内に私くらいになる筈なんだけどな……双子的な意味で……
        そうみたい。……あ、うん、だからそう思ってもないのに言い募られると怪しみたくなるから止めるべき
        ……寝ない事、みたいな……? そう? んー、まぁ、でも、ごめん。なんとなく
        -- シラナ
      • シーナがそうなったらそれはそれで俺としてはがっかりなんだが、でも俺は別に幼女がいいという訳ではなく今のママがシーナらしいからいいという訳で…シラナにも同じことが言える訳で、つまり無実!
        うごご…事実を言っても怪しまれるとか世の中間違ってる…一体誰がこんな世の中に
        …料理中くらい頑張って起きろし!まぁ、ともかく長話にもなったし帰るとするか。それじゃあまたな -- ベン 2012-11-29 (木) 01:13:06
      • ……皆そう言う風なんだよねー。おかしいの、単にあのままで見てるのが長いってだけな気もするんだけど……。……まぁそういう事にしとくね
        うーむー……そもそも言わなきゃ良かったんじゃないかな……
        皆そう言う。私もそう思う。……ん、あ、うん。じゃーねー(手を振って)
        -- シラナ
  • コツコツ……(深夜。シラナの部屋の窓を叩く音)
    (シラナが目を覚まし窓を見たならば、そこには月の光を背に受けた女性のシルエット……) -- ??? 2012-11-21 (水) 00:33:30
    • ん…………む…………?(結構な間叩く音が続き、ようやく気付く)
      んぃ……あ……ぁふ、んん……。だれー? あいてるよー?(着ぐるみパジャマの身を起こし、欠伸、目をこすり、それから音の方に声をかけ)
      -- シラナ
      • ………え…あ…?(「カチャリ」 声を聞けば窓を開けて室内へと)
        …起こしてごめんなさい…でも…私だから良かったけれど…不用心ね……
        (ベッドの側まで行くと、シラナの胸に顔を埋める様に抱きついた)……ちょっと…自己嫌悪…… -- フィール 2012-11-21 (水) 22:45:12
      • んー……いいよいいよー、フィーちゃんならべつにー。それにどろぼうさんとかはちかづけないようになってる……はず……(ベッドの上、うつらうつらと微笑みながら)
        ……はりゃ。……あれ、どーしたのフィー…ちゃん(よしよしする様にふわりと抱き締め)
        -- シラナ
      • ん、シラナちゃんのご両親なら…相応の警備やトラップを配置していそうだものね……
        ………うん…(胸に顔を埋めたまま話始める)…実は…ティノから聞いたの…ティナからも……
        ティノは…私に味方してほしかったみたいだけど…シラナちゃんとの事を聞いたら…無理だった……
        それどころか…黒い感情が沸き上がって…うー……(唸るような呻く様な嘆きの声) -- フィール 2012-11-21 (水) 23:00:12
      • そんなかんじそんなかんじー(えへへーと寝ぼけた笑みを浮かべ)
        …………んー。……んー? ……あー。ちょっと色々あったからねぇ(それなりに目も醒めた)
        味方……あれ、ティナちゃん穏便にするような事……あれ、言ってなかったかな……(フィールの背を撫でつつ首を傾げ)
        ……黒? ……ああ。フィーちゃんフィーちゃん(背をぽふぽふと叩く)私もほら、フィーちゃんが私とティノとであったみたいな事あったら怒るくらいはするし、気にしなくていーんじゃないかなあ?
        -- シラナ
      • ……ティナは……ティノに一撃いれるつもりだったみたい……(光学分身が必殺剣の餌食にされたと説明し)
        多分…私…嫉妬してた……(さらに自己嫌悪)…え…?…私にもそんな事があったら…怒る…の…?
        (胸から顔をあげればシラナの顔をじっと見つめて)…ねぇ…私とシラナちゃんって…どんな関係なのかな……
        お互いがそんな風に思ってしまう関係って…なんなのかな…… -- フィール 2012-11-21 (水) 23:15:51
      • ……ええー……?(説明された内容に首を傾げ)
        嫉妬? あれ……フィーちゃんはティノが好きなんだっけな……(んんー? と反対方向へ首を傾げ)……あ、それは怒るよー、胸揉むとかは流石にさー。事情が特殊と言ってもねー
        ?(じっと見詰められれば真っすぐ見詰め返し)……私とフィーちゃんの関係?
        なんなのって……友達だよね? こういうのに順番は付けるものじゃないとは思うけど、付けるなら私から見たら一番の(ちょっと照れて)
        -- シラナ
      • ……え…私が…ティノを…???(シラナと同じ方向に首を傾げて)
        ち、違う…私が好きなのは…愛してるのは…シラナちゃんなの…!!
        …だから…一番でも…友達じゃ…我慢できない……んっ(押し倒し気味になりながら唇と唇を重ね)
        (そのまま身と唇を重ね続ける。これまで何度もしたキスより情熱的な…フィールの思いがこもったキス)
        (キスを続けながらフィールの瞳から涙が雫となってシラナへと零れ落ちた) -- フィール 2012-11-21 (水) 23:36:32
      • ? だって嫉妬だって。でもそんな感じなかったし……私が鈍いだけかもだけど……
        ……へ。……え?(好きならともかく、愛しているともなると目が丸くなる)
        う、だけど……フィーちゃ、んむ……っ(押し倒され、半ば強引に唇を奪われ)
        (急な事に驚く内にキスは進み、普段であればそう躊躇いも無く受け入れていたが今は事情が異なる)
        (自分の上のフィールを脇へ押しやる事も考えたが、頬に熱い雫が当たり、そこで初めて彼女が泣いているのに気が付いた)
        ……っふ、ま、待って、待って、待って……(とはいえ、持ち上げる様に、事によっては力尽くででも押し離す)
        -- シラナ
      • あ……(強引な形で唇が離れる)……ごめん…ね……(まだ涙が溜まったままの瞳。自己嫌悪に表情が翳る)
        …違うよ…私が嫉妬したのはティノに…シラナちゃんを押し倒したティノに……
        それに…好きじゃなかったら……愛してなかったら……キスなんかしないよ……
        …だからもう一回言うね…私シラナちゃんの事が好き…愛してる…ずっと一緒にいたい…… -- フィール 2012-11-22 (木) 00:01:46
      • …………謝るならなんでこんな事したの……(とは言ったものの、相手の表情からそれ以上は言わず)
        ……でもこれじゃあ、そのティノと同じ……あれ? 押し倒されたっけ……ティナちゃん尾鰭付けたかな……あ、ともかく
        ……てっきりフィーちゃん流の親愛表現だとばかり。……シーナからそういうの聞かない辺りで察しなきゃいけなかったかもだけど
        んー……私もフィーちゃんの事は好きだけど……まだそこまで想ったりは無理かなあ。姉様達も兄様達もこれといった相手が出来たのって三十歳前後って聞くし、まだ早いと言うか全然考えて無かったし……
        うー……だからその、気持ちは嬉しいんだけど……急過ぎだし……
        -- シラナ
      • …だって……うー……(また唸る)
        ん…親愛表現でもあるけど…シラナちゃんの事好きだから……………
        はぅ……(まだ無理と聞けばがっくり肩を落とし)…ううん…今すぐでなくてもいいの……
        これからさらに私の事をもっと知ってもらって…シラナちゃんとの関係を深めて…それでそれで……
        私の事を…友達として好きから…恋人として愛してる…になってほしいわ……(それじゃダメ?と首を傾げる。まだ少し泣きそう) -- フィール 2012-11-22 (木) 00:20:24
      • ……フィーちゃんにレイプされちゃった……(わざとらしく)
        私も好きだからまあいっかなーとは思ってたんだけど……んーむむむ……
        ど、どんまい……!(肩を落としたフィールに何故か激励を)……ふぇ?
        あー、成る程。お互い先は長いもんねぇ、でも……(今更これ以上、と言いかけてついさっき新たな面を知ったばかりであったので黙る)
        それは……でも、そうなる約束なんて出来ないよ? うちの母様と父様みたいな関係に憧れが無い訳でもないし……
        -- シラナ
      • ……うにゃ…言わないでー……(はぅぅっと肩がもう一段階落ちて)
        …お互い好きではあるのよね……私…焦りすぎちゃったのかしら……(励まされ少しだけ元気回復)
        …ふふっ…シラナちゃんにだって…私が知らない事…まだまだあるはず…でしょ…? 私も…もっと知りたいし……
        …ん、約束できないかー……、でも…可能性がゼロでないなら…私…絶対にシラナちゃんと恋人になってみせる……(ぐっ! やる気を出した)
        …その最初の一歩として………(シラナを抱き寄せる。先の様に強引にではなくいつもの様に柔らかな仕草で)
        シラナちゃん…大好き…ん(そしてシラナと唇を重ねる…もう一度好きから始めるために)// -- フィール 2012-11-22 (木) 00:39:00
      • そうだけど……こう、私の好きとフィーちゃんの好きは多分ちょっと違う感じ……だし?
        んー……もう、なんて言ったらいいんだか。フィーちゃんはしょうがないねぇ(やる気充分なフィールに苦笑を見せる)
        うに?(大人しく抱き寄せせられ、しかし)あ(ひょいと顔を逸らし、フィールのキスを頬で受ける)
        ……えっとほら。……これまでは知らなかったけど、でも今は知ってるし、そう考えると、なんかちょっと……親愛でなく愛情表現なのは恥ずかしいかなあって
        -- シラナ
      • ………そうかもしれないけれど…でも…ほんとにちょっとだと思うわよ…?
        だから…そのちょっとを越えたら…私とシラナちゃんは…新しい関係を築けると思うの……
        それを考えたら…わくわくしてこない…?(にこにこと微笑みかけて)
        …あ…? ん、もう…シラナちゃんは…恥ずかしがり屋さんね……(肩を竦めつつも微笑んで)
        まぁ…今は…シラナちゃんがその気になるまで…待つ事にするわ……(それでも寂しさはあり)
        だって……(指でシラナの唇に触れ)…シラナちゃんと私が何度もしてきたキスは無くなる訳ではないもの……(でしょ?と額と額を合わせればシラナと視線を重ね)// -- フィール 2012-11-23 (金) 23:13:54
      • んぅー……。そーなるのかなー、どーかなー……うむむ、シャナ姉様が居たら参考になりそうな意見聞けそうなんだけど……あ、サリナちゃんの……えー……お母様の方ね? ママじゃなくって
        だぁってしょうがないじゃん、フィールちゃんはそのつもりだったけど私はそうじゃなかったんだしー(ちょっと口を尖らせ)
        ……ぅ(唇に触れられ、額合わせをすれば更に距離は近く)……もー……(困った風に笑い)
        んん……眠……まあ……取り敢えず寝よっか……(そうしてここはいつものように、一緒のベッドで朝まで眠りに付いたとか、いつものように寝坊してシーナが起こしに来てちょっと驚かれたとか)
        -- シラナ
  • 三度目にしてなんか普通に順調な感じするなぁ -- シラナ
    • ん、シラナちゃん…調子良さそうね……(背後からぎゅっと抱きつくお嬢様)
      うにゃー……(でも…そのままシラナにもたれかかる様に脱力) -- フィール 2012-11-18 (日) 00:26:41
      • わ、っと。……ん、何だろうねえ、前ほど冒険が詰まんなくないからかも……
        って……フィーちゃんの方は調子よくなさそうだね?(眠たげに苦笑をしつつ)
        -- シラナ
      • ふふっ、前の時はテンション低めな時期が長かったものね……(一時のシラナを思い出して)
        ……実は………血が足りなくて……あむあむっ(へにょったままシラナの首筋に甘噛み)
        (吸血は特別な行為…キスの様にいきなりはせず) -- フィール 2012-11-19 (月) 00:47:12
      • 色々悩んだりとかもしたしねー……。……それどころじゃなくなるとは思わなかったけども、まーそれは置いといて
        ……ほぇ。血って……あにゃ、ちょ、くすぐったい、くすぐったいよぅ(っくっくっくと肩を震わせ)
        あれ? でも血ならほら、メイドさんとか色々居たような……(自身が吸われる事に今更抵抗も無いが、疑問は抱く)
        -- シラナ
      • 一時は大変だったけれど…悩んだ事も…時が経てば笑えるって事よね……(こくこく。難しい話はこっちにおいて)
        …ん……(口を止め)確かに…メイド達の吸ったりしていたのだけど…最近…何か違うのよね……
        心が満たされないと言うか……多分…私が本当に吸いたいのわ…ん(また首筋…右の首筋に唇が触れ)
        だから…吸わせて…ね……(首筋に牙の触れる感触) -- フィール 2012-11-19 (月) 23:04:52
      • んふ。……へえ? んーむ、フィーちゃん所のメイドが血を不味くする訳ないしなー……
        心とか。なんだろうねぇ、吸い飽きちゃったとかなのかなー……うひゃ(再び首筋に唇が当てられれば、くすぐったげに軽く身を捩る)
        ん、良いけど……。……でもお互い胸大きいと、こういう風じゃないといけないのは困っちゃうねえ(苦笑し、無抵抗に牙を受ける)
        -- シラナ
      • ……はぁ(シラナの言葉に小さくため息)……吸血鬼が一番吸いたいのは……
        (「好きな人の血」 言葉と同時にシラナの首筋に…以前吸った時とほぼ同じ場所に牙を突き立てる。再度印を刻む様に)
        ん……(以前と同じ様に最初に来るのは牙の刺さるチクリとした痛み……)
        (前回と同じ様に痛みは直ぐに収まり、代わりに甘い感覚…疼きにも似た感覚が全身へと広がって行く)
        ……んっ……(耳元にフィールの喉の音が聞こえる。シラナの血を喉に落とす音が)
        (広がった疼きはやがて全身に口付けを受けている様な感覚へと変化する) -- フィール 2012-11-19 (月) 23:26:42
      • ……?(溜息に対し顔に疑問符を浮かべたものの、好きな人の血を吸いたいからと察すれば微笑みも零れ)
        んっ…………(やはり初めは痛く、だが二度目となればそれも経験済みであり、続く感覚についても違和感は無く)
        あれ……?(血を嚥下され続ける中ふと疑問を抱く、前とは違う、いや前より強い感覚。だがすぐに回を重ねればそうなるものかと納得し、くすぐったげに受け入れて吸血されるに身を任せる)
        -- シラナ
      • ……ぁ…ん……(「私の押しが足りないのかしら」…そんな事を思いつつシラナの血を微量づつ…ゆっくりと喉へと落として行く)
        …ふふっ……(シラナの血の味に笑みが零れる。自分が吸いたかったのはこの血なのだと……)
        (吸いながらシラナの胸を指で軽くつーっとなぞってみる。血を吸った事で余裕が出てきたのかもしれない)) -- フィール 2012-11-19 (月) 23:50:29
      • (過剰気味な心地よさに、そこは相変わらずの力が抜けていく感覚。そうこうする内にとろとろと瞼が下りてくるのは前回とさほど変わらず)
        んひゃっ……んもー、フィーちゃんわー……(柔らかな曲線に指が這えば軽く身震いし、欠伸交じりに近い様で軽く責める)
        -- シラナ
      • (シラナの胸に指を這わせながら、このままずっと吸い続けたい…そんな気分になりかけるが)
        あ…? ……ふぅ…危ない危ない……(シラナの声で我にかえり首筋から牙を抜く。後に残るは二つの刻印)
        ふふっ…ついつい気分が昂ぶっちゃって…?(シラナと向き合う様に抱きしめ直すとてへりと微笑んだ)
        …ん…やっぱり…シラナちゃんの血が一番美味しい…ありがと…ん……(シラナと唇を重ねればそのまま就寝の体勢へと移行して) -- フィール 2012-11-20 (火) 00:10:55
      • んっふ……(牙を抜かれると、ちょっと色っぽい吐息を漏らし)
        もー、フィーちゃんはすぐそうやってn(そしてうにゃらうにゃらと声の体を成していない言葉を続け)
        ん……それはどういたしまし…………(キスを受ける少し前に既に眠りに落ちており、就寝に至る際にフィールは少々苦労したかも知れなかった)
        -- シラナ
      • ふふっ…雷撃が無かったら…もっと大胆に行ってかもしれないわよ…?(どもるシラナにくすくすと)
        …ふぅ…あ…? ふふっ……(唇を離せば眠るシラナに笑みが零れ。この苦労ももう慣れたもので)
        …ん、シラナちゃん…おやすみなさい……愛してる……(囁く様に呟くとシラナに身を寄せフィールも眠りに落ちるのでした) -- フィール 2012-11-20 (火) 00:48:49
  • 久しぶりに着たら再出発してたんだなシラナ…そして、また俺より速く防具を手に入れてたんだな…! -- ルシード 2012-11-14 (水) 23:04:53
    • そんなこともありまし……。…………え。……えー? ひょっとして、まさか、まだ……? -- シラナ
      • 冒険失敗してたんなら無事で何より…ああ。そうなんだ…ていうか、前にシラナとアイテムの話して以来何も拾ってないんだ…探検にしてみたんだけどな? -- ルシード 2012-11-14 (水) 23:09:36
      • その節はお見舞いも多数いただいてしまって……そして復帰後早速失敗を三回もしてしまって……この居た堪れなさ……
        ……何も? ……え、増えてないの……?(これには普段眠たげな眼も丸くなる)
        -- シラナ
      • お見舞いにこれなかったのが痛いので今度賄賂でも送ろう…それは微妙に心配になるが大丈夫か?
        なにも ない あいてむ いない
        使えないアイテムが貰えた、とかですらないんだ…!(あ、また驚いてる…まぁ驚くよなと遠い目) -- ルシード 2012-11-14 (水) 23:24:14
      • いえほら、心配され過ぎて辛いのでこれ以上……え、ま、まぁ前の時みたいに何やっても詰まんない感じは今の所ないから……大丈夫だよ?
        ……どういうことなの……(他人事ながらありえないよ……と暫しそのまま。だが数度瞬きしたら戻ってた)
        -- シラナ
      • ははは、愛されてるな。羨ましい事だ…ふむ、冒険に飽きてきたら引退するのが常だが、引退はしたくないけど詰まんない…って時期があったと
        俺が聞きたい…! アイテム自体はたまに出るんだけどな? 俺の方には回って来なくてな? …あ、ショックが少ない。アイテム取れないまま歴戦とかになりたくないな… -- ルシード 2012-11-14 (水) 23:38:01
      • そう言われると照れますが……。うん、前の時はこう、シーナが浮き浮き冒険行くのに対し、なーんだか面白くないな―って感じの私っていう対比が存在してました。我ながらなんでかちょっと分かんなかったbr;ふむ……へぇ……それはなんとも……。…………だ、大丈夫だよほら、最初の武器のまま英雄とかになった人もいるって言うし……!(フォローのつもり) -- シラナ
      • もっと照れいいんだぞ…シーナがなんで冒険に楽しそうに行くのかが分からなくて自分も行ってみよう…みたいな? 今ではちょっと変わったのかな
        護衛に行きたいのにあまりにもアイテムでないから探検。しかしアイテムは出ても俺の方に来ないという…ああ、その話は聞いたんだ。でもきっと防具はあったと…思う…(ぐったり) -- ルシード 2012-11-14 (水) 23:49:31
      • おのれるっしー、私を照れさせて一体何が目的だ……! ……うにー、分かんない沼で足掻いてた……感じ? 冒険者になった理由もこれといってないからねぇ私
        なんていうかもう……本当…………よーしよしよし……(ぐったりきてるルシードをそっと抱き締め、頭をそっと撫で)
        -- シラナ
      • 照れされる事によって…! なんとなく満足する。気になる事が分からないのは苦しいってよくいうが、そういう状態だったのかな。そういやそうだな、お金に困ってるなんてありえないだろうし…強くなりたいってのもなさそうだしな。動機が思い付かない
        なんだろう、運の問題だからどうしようもないんだがな…お?(気付いたら抱きしめて撫でられてた)
        …ヤバイ、ヤバイ 何か凄いヤバイ、素でうわ気持ちいいとか言いそうになったくらいヤバイ、癒されヤバイ(おっかなびっくり逃げる) -- ルシード 2012-11-15 (木) 00:07:20
      • えっ。……なんなのそれー、もー。……んー、なんだろうね。ただそれでも止めたくなくて、ちょっと無理してたら……酷い依頼来てね、うん
        私みたいに酷い依頼で全滅とかしてないだけきっとマシだと思うし……ん?
        え、あれ? るっしー? おーい。……あれぇ? なぜ逃げる……?(心底不思議そうに見送った)
        -- シラナ
  • (同行するらしいので挨拶にやって来るミューレットのペット、シラナを見つけるとペコリと頭を下げる) -- フィス 2012-11-14 (水) 08:21:57
    • かーわーいーいー……と、あ、お疲れ様。……箱が開けられなかった件についてはな、何卒不問に……
      (そっと抱き寄せつつ)
      -- シラナ
      • くー……(いいんだ、宝箱なんて気にしなくていいんだ……と首を振る風霊獣、抵抗するまでも無くシラナの手の中に収まるもふもふ、やわらかい毛がとってももふもふである) -- フィス 2012-11-15 (木) 08:06:33
      • 優しいねえ優しいねえ……(通じたのかそっと頬擦りしもふもふし、流石に相手のサイズが小さいとそう思い切り抱き締めたりする事も無く、丁寧に可愛がり続けて離さなかったのでミューレット直々に取り戻されたという) -- シラナ
  • (アクアアビスでのお茶会の後シラナの部屋にて)
    ねぇシラナちゃん…教えてほしい事があるのだけど…いいかしら…? -- フィール 2012-11-13 (火) 23:29:03
    • うん、いーよ。……何が知りたいのー? -- シラナ
      • ありがと…これ……(シラナの胸を突く様に指差して)…維持に魔力が必要でしょ…?
        シラナちゃんはどんな風に…魔法を維持しているのかなって……
        最近…サリナちゃんにもこの魔法を教えているのだけど…私の知識だけじゃ足りなくて……(肩を竦める) -- フィール 2012-11-13 (火) 23:37:52
      • んぅ?(軽く揺れる)……ああ。……そうだけど……
        んー……維持、維持はほら、こう……眼鏡かけてる人が眼鏡かけてる事を忘れる位な感じで……慣れるまでがんばる
        あ、サリナちゃんもやってるんだ。便利だからねー
        -- シラナ
      • うん…眼鏡を…… うん…忘れるくらいな感じで…?(サイズ安定したのかしらと思いつつ話を聞き)
        ………むぅ…やっぱり…慣れしかないのね……(もう一回シラナの胸をツンっ。長年の付き合いで雷撃トラップが発動しない力加減は覚えた)
        ええ…サリナちゃんも…大きいでしょ…? だから…でも…教えるのって…難しいわ……(シラナに教えて貰った時の事が思い出されて) -- フィール 2012-11-13 (火) 23:57:13
      • んー、うん、慣れるしか。……慣れるまでには個人差がありますといった感じで……
        (揺れる)……もー。フィーちゃんどうしたのー?(ちょっと困った風な笑みを浮かべ)
        んーむー……でもこう、魔力で覆う感じが出来たなら後は慣れるだけ―だからなぁ……
        -- シラナ
      • サリナちゃんも覆う所まで行ってるから…後は練習次第なんだけど…維持のコツを聞かれて……
        それで…シラナちゃん独自のコツがあるかと思って聞いてみたの……やっぱり…魔法ってそう言うものよね……
        え…? あ…うん…なんとなく突きたくなると言うか…そんな感じ…? んー…私のも突く…?(雷撃トラップは付与されていないので触っても安全である) -- フィール 2012-11-14 (水) 00:14:16
      • コツ、コツ、コツ……。……コツー……な、無いんじゃないかな……。それに効果消えた時はすぐ分かるし、その都度がんばるしか……
        ……なんでさー?(フィールの些細な奇行に先程の苦笑を浮かべたまま)……んー、でも私のとそう変わんないだろうし、つついてもなぁ……
        -- シラナ
      • ……そう甘くはないわよね…ん、私も…冒険中や外では注意する様に言ってあるし…大丈夫か……(こくこく)
        そこに胸があるから…?(クスクスと笑み)…そう…? サイズによる差はあると思うんだけど……
        (自分の胸を自分で突いている見る)………ん…なるほど……(何かに納得した) -- フィール 2012-11-14 (水) 00:25:39
      • ブラジャー付けてられるならその方が最初の内は楽かもなんだろうけどねぇ……(サイズ安定するも結局ブラジャー着用はしていないという)
        それもどうなのかなー……。あーでも、シーナに抱き付くとかそういう感じならわかる
        ……でしょー。私の方がおっきいかもだけど、それでもそんなに変わんないんだしねぇ
        -- シラナ
      • サリナちゃん…絶賛成長中みたいだから……(やっぱりシラナちゃんの親族よねと)
        まー…この付け心地を知っちゃうと…普通のブラに戻れる気がしないし……(フィールもそろそろ安定…多分シラナの身長とサイズは追い越せない)
        ん…そこにシーナちゃんがいるから……そこに胸があるから……ううん…そこにシラナちゃんの胸があるから…?(フィールの中で何かカチっと収まった)
        …それはどうかしら…?(微笑めば少し背のび…胸と胸が合わせる様にしてシラナを抱きしめて)
        …ん…どう…?…少し違うでしょう…?(小さく首を傾げ問い尋ねた) -- フィール 2012-11-14 (水) 00:35:53
      • ……背はあんまし変わって無い感じなのになぁ……?(妹を思えば疑問も出る)
        実際、こう、改めて付けてみたんだけど……あれちょっと窮屈だよね。かといってこう、ゆったり目にすると位置安定しないし……
        (フィールが考える様をじっと見、何か合点がいった様子を感じると柔らかく微笑んだ)
        んー……? ん、こうなるとちょっと邪魔かなぁ……(当然のようにこちらからも抱き締める)
        んぇ? …………あー。……私の方が押し気味……見たいな……?
        -- シラナ
      • …んー…体質なのかしら……ま…遺伝もそれぞれって事よね……(シーナの事を思い出し心でそっと涙する)
        ええ…何より肩がこるのよね……(以前はメイドにマッサージさせていたが今はそれも減り)だから…もう…このままでいいかなって…?
        …互いに大きすぎると…ちょっと邪魔ね…キスする時とか……(強めにぎゅっとすれば二人の間でおしくら饅頭の様になる胸)
        ね…大きさによる差はあるのよ……(抱きしめあったまま互いの胸をぎゅむぎゅむ) -- フィール 2012-11-14 (水) 23:18:12
      • まぁシーナも20歳過ぎたし、これから雨後の筍状態になる筈だからなー(上の姉二人の前例もあり、それを疑って無い顔)
        確かに肩紐。あれ手強いよね……というかあれで吊るとかやっぱり無理があるし……。……うん、ブラ使わなくて良いよもう(頷き)
        首をこう横に向ければ、斜め同士の接触で出来なくもないけど……(そこまでしてするのもねぇ、と苦笑し)
        ふむー……。……あ、フィーちゃん。そろそろちょっと苦しくなってきたかも
        -- シラナ
      • ん…シーナちゃんも魔の血を引く者だし…心のありようで一気に成長するのかもしれないし……信じましょう
        (こくり)シラナちゃにこの魔法を教えてもらって…本当に感謝だわ……(魔法を完全に物にすればもうブラを使う事は無いだろう)
        …斜めか…この密着がいいのに……、あ…ごめんなさい…?(抱きしめる腕を緩めて)んー……(少し考える)
        あ…そっか…?(と少し身を横にずらし)…こうすればいいのよ……(二人の胸が互い違いになる様にして。ノーブラ状態だから出来る技)
        これなら…キスも大丈夫…んっ(にっこり微笑めばシラナと唇を重ねる) -- フィール 2012-11-14 (水) 23:42:26
      • 私を見ては溜息を吐くシーナは早く成長すると良いのになあっていつも思う……
        いやー、でも教えたって程の事は特に……してないし?(真向から感謝されると、大まかに曖昧な事しか出来ていない為少々申し訳無く)
        ……んーそれは分かるけど。でもそれとキスはセットかなぁ……? あ、いいのいいの。……んん?(考えるフィールをじっと見)
        うん? ……あ、これはこれでなんか……ちょっと恥ずかしいかも(胸の状態に苦笑気味になり)ん、フィーちゃんはキス好きだねー(言いながら慣れた風にキスをし)
        -- シラナ
      • …あのままでも可愛いと思うのだけど…でもシーナちゃん的には成長したいみたいだし……(がんばってほしいわとため息)
        ふふっ…いいのいいの…シラナちゃんに聞かなかったら…ずっとブラに苦労し続けていたし…?(切欠を作ったと言う意味でシラナの功績は大きい)
        (そう言う物なのよ?と笑い)…これまでより密着度は高くなったわ…ふふっ……(顔もこんなに近いし?と)
        …ん…ただキスが好きなだけじゃないわ…シラナちゃんとするキスが好きなの……ん…ぁ……
        (互いの唇の柔らかさ舌の熱さを感じながらそのまましばらく唇を重ね)
        ……はぁ……(唇と唇の間に銀糸を引きながら唇を離せば吐息)…シラナちゃんも…キス上手になったわね…ふふっ -- フィール 2012-11-15 (木) 00:08:21
      • 多分シーナは可愛いじゃなく綺麗って言われたいんだろうしー……
        そうかなあ? ……そうかも(でも照れたのか頬を掻く)
        んむぅ……フィーちゃんはこういうの好きだなあ……(間近、苦笑する)
        そう? ……それはそれで、嬉しい……かも。……ふ……
        ん……。……下手とか上手とかはちょっと分かんないけど……まぁ、それならそれでー(言い、こちらから抱き締め、頬を擦りあうようにし)フィーちゃん分を補充するのだー
        -- シラナ
      • …綺麗…あー…私達…シーナちゃんを子供扱いしすぎているのか……(むぅっと悩む)
        だって…シラナちゃんの事をもっと感じたいし…私の事をもっと感じてほしいし……
        (キスの余韻に浸りつつ)前の時は…ちょっと苦しそうだったでしょ…?(シラナに血を分けた時)それが…今では…ね…?
        あ…ふふっ…存分に補充して……(自分からも抱きしめ返せば頬を擦り合わせて)キスもいいけど…いいわね……
        シラナちゃん…あったかくて…柔らかいし……(頬を擦り合わせながらほわほわと笑みを浮かべほっとり) -- フィール 2012-11-15 (木) 00:52:29
      • 私達はほら、どっちでもと言うか綺麗の方が多い感じー? だけど。シーナも綺麗って言われたいだろうし……可愛いけど……
        こうしてるとあったかいのもあるしなぁ……あ、身体がってだけじゃなくね?
        前……あー。あの時は急だったし……んー……まぁそーなるのかー……(ちょっと照れ気味)
        んふーふーふーん♪(楽しげに抱き締め合い、頬を寄せ合い、微笑み合えばほんわかふわふわした空気は当たり前の様に眠気を誘い、やがていつものようにお泊まりの流れになっていくのでした)
        -- シラナ
  • 何で姉妹なのに耳の触り方一つにもあれだけ差が出るんだろうなぁ…… -- ティノ 2012-11-13 (火) 20:43:36
    • え、なに? ……何の話〜? -- シラナ
      • いや、シーナが耳を触るのは抱き締めたりしないから苦しくなくていいなぁ、と思ってね(ついこの前触らせた) -- ティノ 2012-11-13 (火) 22:54:29
      • ……つまり、抱き締めずに耳だけをもふられた方が良い……と? -- シラナ
      • もふられないのが一番だけど思いっきり抱き締めたりするのは苦しいし……ってそうじゃなくて、いやそれもあるけど、シラナも20歳だし男の耳もふって悦に浸るのはそろそろ卒業すべきじゃないかなと -- ティノ 2012-11-13 (火) 23:05:49
      • いやー(笑顔の即拒否であった) -- シラナ
      • いやって、あの僕も男で抱き締められててその内よからぬ考えを抱く可能性もあるんですけど!?と言うかこの前は実際危なかったんだけどさ! -- ティノ 2012-11-13 (火) 23:14:43
      • ……? ……ティノが? ……ははー、まっさかー(肩を竦め警戒感ゼロ。異性と認識して無いとも言う) -- シラナ
      • それ凄く傷つくんだけどさ!いや、でも本当にマズ行って思う時もあるし、この前の警戒解除とかも危なかったし、どれだけ自制してると思ってるのか……! -- ティノ 2012-11-13 (火) 23:21:39
      • そうは言うけど……。……んー……(ちょっと考えるような素振りを見せた後、おもむろに腕を広げ抱き付かんとす) -- シラナ
      • な、なにをする気かな……?さっき言ったように僕だって男なんですが……(じりじり後ずさりして) -- ティノ 2012-11-13 (火) 23:25:31
      • いやほら。……何で下がってくの。いーじゃん。ティノはセーフ、ティノならセーフだし(やっぱり男扱いして無い)
        とゆー訳でー(若干飛び付き気味に抱き付きにゆくも回避は不可能では無く)
        -- シラナ
      • いやアウトだし、アウトだから、僕だって性欲ぐらいあるし!(いっそ嫌われる覚悟もするか、と覚悟して抱き締められて)
        (下手に触るとこっちが死ぬの思い出して硬直してる) -- ティノ 2012-11-13 (火) 23:34:23
      • そうは言いますが……(ぎゅうと抱き締め。顔とか埋まってるんじゃないかな)
        私は嫌じゃないんだけど……嫌なんだ?
        -- シラナ
      • いや好きか嫌いかで言えば好きなんだけどさ、確かにそれは間違いなく
        ただ20歳にもなる年頃の娘さんが恋人でもない男にこうしてるのは大問題じゃないかと……(悶々としてどうにか説得しようとしてる) -- ティノ 2012-11-13 (火) 23:48:18
      • ……つまり流れる月日は無情にも……えーと……二人の仲を引き裂いてしまったとかそういう……感じ?
        (首を傾げ、腕を緩め軽く押し離す。とはいえティノの両肩に両手が載ったままな)
        -- シラナ
      • いや何か違う気もするけど、うん、まあ、それでもいいんだけど(首を傾げて深呼吸して)
        (不意に距離が開くと逆に胸が目に入ってしまい思わず目を逸らして)えーっと、その内シラナにできる、かもしれない相手に悪いとかそう言う理由でもいい、と思う -- ティノ 2012-11-14 (水) 00:08:18
      • …………つまんないの(目を逸らすティノにぼそっと言い)
        うーん……何その曖昧な……でもここで気にしなくていいのにーとかは何か違う気もしてきたし……
        -- シラナ
      • 本当に、本当に挑発してるのなら(ぐっと奥歯を噛み締めて)こんな事になってたかもしれないって思った事だってある(胸に触って見せる、下手するとカウンター発動で気絶ぐらいは覚悟している)
        そりゃ、まだ可能性の段階だろうからね、その相手が誰であれ祝福できると思う(あくまでシラナは妹分の一人、と自分に言い聞かせ) -- ティノ 2012-11-14 (水) 00:20:46
      • ぅん? …………。……う、うわぁ……?(真正面から胸を触られ、恥ずかしいのか嫌なのか何とも言えない声を出す)
        それはそうなんだけど……うーん。……変なの(そう呟き、そして魔力の硬化によりティノは岩でも触ってるような感触になる)
        -- シラナ
      • (とりあえず無条件に解除してる訳じゃないようなので何処か安心して)嫌だっただろ?だからこう、不用意に抱きついたりもふったりしない方がいい、と思う -- ティノ 2012-11-14 (水) 00:32:02
      • いやー……こう、嫌っていうよりは、嫌じゃないし、むしろびっくりとか意外とかそんな感じの……
        うーん……あ、いっそ……も、揉んでみる? あ、待って無し無し、いくらなんでも今のは(口走ってから何を言ったのか気が付いて、流石に恥ずかしいのか頬を軽く赤くして慌てて訂正、ティノの肩から手も退かして半歩下がろうと)
        -- シラナ
      • いや、うん、そういわれるとこっちが逆に恥ずかしくだな
        も、揉んで(耳にした時点で混乱、偽装を維持できなるほどに、もし普通の人間の耳があれば真っ赤になっていたのは間違いなく)
        (以下内面)
        ティノA「アパーム!理性持ってこい!すぐにだ!理性と自制心持って来い!」
        B「駄目です!本能、欲求共に限界値!」
        A「理性ー!自制心ー!早く来てくれー!」
        理性[旅に出ます探さないでください]
        自制心[東へ逝く]
        (以上、内面でした、そしてそのまま手をつかみながら押し倒し気味になりそうになる混乱中の馬鹿) -- ティノ 2012-11-14 (水) 23:14:04
      • やは、何と言うか……うぐぐ、ティノが恥ずかしがったせいで余計にこっちも恥ずかしくなってきたな……!(自覚する程熱を帯びてきた頬に手を当て)
        って……あ、あれえ? ティノ? ティノー?(半歩下がったものの、相手が混乱する事しきりな為半歩寄って目の前で軽く掌を振って様子を窺う)
        -- シラナ
      • この前だって我慢してたって言っただろ畜生!(寄って来たタイミングで普段は使わない筈のコードEを発動、両腕の筋力補強が発生し身長差を覆すように抱き寄せて)
        嫌うなら嫌うでいいんだよ畜生!(やけくそで混乱しながら胸に手をかけようとし、完全にカウンターの発動は頭から抜け落ちてる) -- ティノ 2012-11-14 (水) 23:23:08
      • へっ……?(急な大声、驚いている間にいつにない力強さで抱き締められ)
        (状況の遷移に頭が追い付かない内に片胸をほぼ鷲掴みにされ)……っ!(痛み、それから電撃によるカウンターが発動し、だがしっかと掴む指は電撃により余計に掴む動きを加速させ、指を食い込ませ柔らかく変形させる)
        痛……痛いっ!(乱暴にされた恐怖に、痛み、そして混乱が綯い交ぜになって、電撃を受けっ放しのティノを全力で押し離す)
        -- シラナ
      • ABBBBBBBBBBB!!!(ギャグ漫画のように骨まで透けてるうさぎ、耳まで骨があるように見えるのは気のせい)
        (感電すると人の神経は収縮する、それは例外なく発生し、本人が気絶してワイヤーの補強が消えても手はしっかり掴んだままで)
        (ごん、と頭を地面に打ち付けながらいろいろ焦げて停止) -- ティノ 2012-11-14 (水) 23:34:45
      • はーっ、はーっ……な、なんで……?(思い切り押し離した後、暫し胸を庇うように自分を抱きつつ、大きく肩で呼吸。目元には涙が溜まり、頭の中は混乱が変わらず渦巻いていて状況が巧く認識出来ていない)
        ……あっ、わ、だ、誰かー!? しもべー!?(ともあれ、ティノの容体が危険な事は分かったので、しもべを呼ぶと仔細は伏せて治療させたという)
        (その後暫くの間、少々距離をおくようになったとか)
        -- シラナ
  • はぅぅ…シラナちゃん…私…ダメかもー……(やってくるなりにシラナに抱きつくお嬢様) -- フィール 2012-11-09 (金) 19:59:39
    • わっ。……あれ? え、どうしたのフィーちゃん……?(早速抱き付かれ、抱き締め返しつつ普段と違う様子に、眠たげながら心配そうに声をかける) -- シラナ
      • うー…これ…見て……(嘆く様な唸り声。シラナの胸に顔を埋め片手で来月の依頼書を見せる。加えて情熱もピンチであり) -- フィール 2012-11-09 (金) 23:00:32
      • ? …………あぁこれは…………(どう言葉をかけていいか分からないので、取り敢えず改めて優しく抱き締めて背中をそっと撫で撫で) -- シラナ
      • ……うー………ぅ……(シラナが背を撫で続ければ唸り声は静かになって)
        …シラナちゃん…ありがとう…少し落ちついた……(胸から顔をあげ、ぎこちない笑顔を浮かべる)
        でも…ちょっと怖い……、あ…ごめんなさい…シラナちゃんも落ちたばかりだったわね…… -- フィール 2012-11-09 (金) 23:23:06
      • よーしよーし……(フィールからの意思表示があるまで撫で続ける)
        あ、良い? ……どういたしまして。でもこれじゃ仕方ないからねぇ……(見上げる視線に柔らかく微笑んで見せ)
        ……んーん、気にしなくて良いの。でも、んー…………か、回数が並ぶと思えば……? いや、ダメだよね、ダメだよね
        -- シラナ
      • (こくりと頷く)…依頼の信頼度を下げた途端これだもの……(笑みを交わし合うとシラナの胸に頭を乗せる様にして)
        …ありがと…シラナちゃんと一緒の回数……(少し惹かれた)……落ちても…そう考えると…楽になるのかしら……(悩みつつシラナに甘えるように寄りかかり) -- フィール 2012-11-09 (金) 23:39:59
      • あちゃー。……こういう事もあるとは聞いてたけど、そういうのって老練とか過ぎてからだと思ってたのになぁ(フィールの行動を特に気にした様子も無く)
        どういたしまして。……え、でもやっぱり落ちないのが一番良い訳だし……失敗しないとも限らないのだし?(相手の体重を受け止めながら)
        -- シラナ
      • うん…まだ歴戦にもなっていないのに……ん……いい匂い…落ちつく……(胸枕とシラナの匂いに身を任せ)
        …そ、そうよね…でも…今回失敗するとバニーが近づくと言う……どっちにしても私ピンチ……(…見たい…?となんとなく問うてみる) -- フィール 2012-11-10 (土) 00:21:48
      • それに……これ依頼者の村からそんなに離れて無いみたいだし。あんまり大した事にならない……んじゃないかな……?(言いながらフィールの頭から背中にかけてをやんわり撫で)
        あー。引退。……でも良いんじゃないかなぁバニー着るのも。バニー着た後また冒険者やるって場合も結構あるみたいだし……でも無理に見たいって程じゃないからね?
        -- シラナ
      • ……ん…私…少し臆病になりすぎていたのかもしれないわね……(撫でるシラナの温かさに不安はいずこかへ)
        勿論…引退しても…冒険者は続けるわ……、その…シラナちゃんが冒険者を続けている間は…私も続けるつもり……
        あ…いいのいいの…もし着る事になったら…真っ先にシラナちゃんに見せるわね…?(バニーなサービスもね?と付け加え)
        …シラナちゃん…今日はありがと…大好き…んっ(顔を上げれば唇と唇を重ね)
        (直後…頭がカクンとシラナの胸へと垂れ…小さな寝息が聞こえてきた)
        (珍しくシラナよりも先に眠りについてしまった様だ) -- フィール 2012-11-10 (土) 00:52:41
      • 行ってみないと分からないんだし、気をつけ過ぎて怖くなるよりもーちょっと気楽に行った方が良いよー、多分(にへ、と微笑み)
        そうなの? ん、じゃあもう暫くは続ける感じになるねぇ
        そう? あ、じゃあ見たい。可愛いもんねあの格好……。……サービス?(首を傾げた)
        どういたしまして、フィーちゃん。……んー(それが当たり前のような感じて抵抗もなくキスを交わす)
        ……あれ。……あー。……まぁ私も眠いし……(ただ二人して立ち寝は自分はともかくフィールには拙いと思ったのが、ベッドで一緒に寝る事にした)
        -- シラナ
  • そろそろシラナも出発する時期だと思って!まぁ、もう元気だろうという予測も立ててみたんだがどうなんだ?
    あの会話のあと本当に落ちたから心配したものだが…やっぱり冒険は油断出来ないものだな -- ベン 2012-11-09 (金) 19:44:06
    • あ……す、既に……(ばつが悪いのかやや目を逸らし気味)元気は元気な訳だし。うん
      いやぁ、あの時はまさかあの後◎3の4日先で全滅とか……ちょっと考えられない事態だし。やっぱり何があるか分からないものなんだねー(眠たげに苦笑する)
      -- シラナ
      • …なん、だと…それならちゃんと書いておかないと分からないだろ!?まぁ、元気ならそれでいいが
        本当にな…あまりに気まずい上にお見舞い客多くて来れなかったくらいだったしな…
        まぁ3度目の正直って言葉がある、次はいけるさ…しかし相変わらず眠たそうな… -- ベン 2012-11-09 (金) 22:58:47
      • 仰る通りで……。ん、まぁ怪我とかの治療なら母様が一晩でやってくれましたって感じだったから……
        逆だったら私もちょっと……顔合わせ辛いのあるし仕方ないよー
        あい。そうだといいなって(父、上の兄、すぐ上の姉の赤字数が脳裏をチラつく)……ふぇ? ……ああ。……いえ、それはほら……仕方ないというか……
        -- シラナ
      • 便利だなシラナのご家族…俺のオヤジなんてツバつけときゃ治るとか言いそうだぞ?…まぁツーは龍だから自己回復も出来て一ヶ月以内に全快したが
        あぁ、俺は死ぬ気はないしお見舞いは大歓迎だぞ!もちろん老練までやって引退するからやられる気もないんだが
        …そういやティノもシラナの睡眠癖は諦めてるとか言ってたな、妹のほうの人見知りはなんとかなりそうだって話だったが -- ベン 2012-11-09 (金) 23:18:02
      • 父様はベッ君も知っての通りお菓子職人ですが母様は割と一味違うので……。……ツーもツーで便利だね……?
        つまり……前例から言ってこの会話の翌月が危ないって事に……なりませんかな? 何かあったら見舞いに行くけど。でもアニスちゃんの邪魔にならないかな
        ティノは付き合い長いからねー……。シーナの方は影に隠れる事も減って来たし、お店番もやってるしで、大分いけてる感じ
        -- シラナ
      • いや、でもあの腕は只者じゃないぞ?弁当屋じゃなくお菓子屋だったら土下座して学んだくらい…魔術師だったらシラナのおばさんに土下座したんだろうか…まぁ、龍だしな?頂点クラスの生物だけはある
        ふっ、少なくとも俺は落ちる気はないし予兆もない!……今なんて?(急に恋人の名前を出され)
        おー、成長してるんだなー…シラナも見習おうぜ?いや、シラナも成長してるとは思うが… -- ベン 2012-11-09 (金) 23:32:23
      • うん、それは……知ってる。うん。あんまり分かって無いって言われるけど。……んー、母様弟子取らない気がするしなぁ。……龍いいなあ
        それはそれで良い事なんだけどなんだろう、ちょっともやっとするなぁ……っ。……えっ?(首を傾げ)
        怖がりは克服出来るもんねぇ。……眠いのは克服できませんし? ……背とかなら……(目は逸らしがち)
        -- シラナ
      • まぁ親の凄さってのはその道に進まないと分かりにくいのかもな、俺はオヤジすごいと思ってるし…面と向かっては言わないが
        あー、そういう人なのか。実際おじさんには会ったことあるが、見たことないもんな…どちらかと言うとツーの可愛さがいいなーに聞こえてきた
        そう言われても落ちるのとか俺嫌だぞ!?…いや、なんでアニスが邪魔になると!?
        眠気はなくせなくても寝過ぎなくせる気もするが…まぁなくせれるならそうしてるか…そういやシラナ身長今いくつだ?(負けてやしないか気になり) -- ベン 2012-11-10 (土) 00:22:04
      • ふむー……あ、その言わない辺りは父親と息子って感じするねぇ(何故か嬉しそうになる)
        たまに父様と手を繋いで外出するくらいで、殆ど要塞から出ないからねぇ……(ひょっとしたら見かけた事くらいはあるかも知れないかも)……いえ、左様な事は……ツーは確かに可愛いですが……
        それは分かります。だからこそこうもやっと……。え? だってらぶらぶなんでしょ? 二人の世界なんでしょ?(違った? って顔)
        ……出来てたらとっくに出来てるんじゃないかなって……うん……。うん? ……174cmだったかな……(とはいえ靴の踵が高いので抜かれてるようなもん)
        -- シラナ
      • まぁ男ってのはそういうもん…って何故嬉しそうなんだ?
        でも両親二人とも元気で仲が良いのはいい事さ…そういやシラナの家はペットとか使い魔とかは飼わないのか?
        難しいものだが、シラナも順調になれば落ち着くか…い、いやそれはまぁ、そうなんだがな?何で知ってるし!一応隠してたのに!
        やはりティノの言う通りか…なに…そんな馬鹿な……(横に並び、ちょっと負けてそうなので少し踵も浮かせ) -- ベン 2012-11-10 (土) 00:43:03
      • え? 男の子だなあって……。……へ、変かなあ……っ(指摘されれば何となく気恥ずかしくもなり)
        良い事……うんまぁ、良い事だよね……百年以上らぶらぶだしね……。……んぅ? あー。……んー、要らない、かなぁ……?
        依頼の引きが悪いのがいけないし。……やっぱりそうなんじゃん。…………。……あれ? 隠してたの?(ちょっと驚いた顔)
        うぐぐ……何を言ってたのか……。…………?(横に並ぶベンを不思議そうに見)え、なに?
        -- シラナ
      • いや、変ってほどじゃないが…おっ、なんだか恥ずかしがるシラナというのは貴重だな(楽しそうに笑い)
        百年以上か、やっぱり種族の違いは凄いものだな…なんだ、二人なら使い魔くらい扱えそうだし動物系好きそうなのにな
        …まだ新しいステ書いてないじゃないか!早く書けし!気になるし!…って隠してたつもりなんだよ!ちくしょう!(バレバレっぽいので悔しがり)
        …いや本当に負けそうだなと、まだ負けてないけどまだ負けてないけど…寝る子は育つか…(同じ目線から下ろすと盛り上がってる胸から即座に目をそらし) -- ベン 2012-11-10 (土) 19:14:03
      • むぅ……そ、そこで笑われるのもなんだかなぁ……(頬を掻き、若干居心地悪そうに)
        多分、そしてこれからもって奴だと思うし……。……んー、私は世話とかに些か不安あるし……シーナはそういえば影がそーゆーのに当たる気がしてきたし……?
        ベッ君は何でそんなの気にするかなぁ……! ……え? あ、あー……隠す事無いような気もするけど……(眠たげに苦笑し)
        ……アニスちゃんより大きいなら別に問題も無いんじゃ?(大体同じくらいなベンの言い様に苦笑した後、その様子の変化に不思議そうな顔をし、やがて理解し、ジト目を)
        -- シラナ
      • いいじゃないか、これからもなら…ちゃんと親孝行するんだぞ?したい時に親はなしっていうからな(少なくとも母親がいないので、妙に真剣味があり)
        あー…むしろ睡眠中に警戒してくれたり安眠させてくれるような奴が…いや安眠は逆に駄目か…影?あぁ、あれは…あれって自立した意識あるのか?
        気になるのだから仕方がない!…おっ、なんだ順調…になったじゃないか(4人くらい死亡からは目をそらし)
        誂われるからの処世術ってやつだ……あ、ち、ちが…いやこれはだな、男としては止むなしだって!?俺はムジツダ! -- ベン 2012-11-13 (火) 00:10:19
      • おやこうこう。…………うーん。……あ、うん、した方が良いのは分かるんだけど。……何やったら孝行になるやらって感じで……
        あー。……成る程そういうのもあるか……(感心げに何度か頷く)うん、影。……えー? ……無いんじゃないかな、多分
        …………既に三度ほど失敗してまして……その、一部からまた心配されちゃうなーこれって思うとですね……(目を逸らす)
        ……ベッ君もどすけべなんだ……そんなクラ君みたいな言い訳までして……後でアニスちゃんに教えないと……
        -- シラナ
      • なるほどな、それは確かに難しいな…欲しがってたものを買ってあげたりしてあげたりが一番無難だな
        安眠の方はするなよ?絶対にするなよ?状況悪化しかしねぇ! じゃあペットや使い魔とは別になるだろうな…
        …いいんだ、心配されてもいいんだ…まぁそれにほら、決まった依頼も来てるしそう心配はされないさ!おそらくはな
        それは間違いだシラナ、男とはそういうもので俺がどすけべというわけじゃ…ヤメテ!誤解招くようなことヤメテ! -- ベン 2012-11-13 (火) 00:24:27
      • ……うぅん。そういうのは……母様はあげる前にもう持ってるだろうし、父様は何あげても喜びそうだしで……む、難しい……!
        はい? え? ……やだなぁベッ君は何をいっているの(微笑んだ)……そういうのかなあ? シーナに聞いてみるとまた違うかもだけど
        いえほら、前の時に結構……それでこの出直しが序盤からこれでは……って感じで……。あ、それはうん。峠は越した感じだから今はもう良いかなーという所ではあるんだけど……
        ふーんそっかー、そーなんだー(優しく微笑んだ)
        -- シラナ
      • ふむー…シラナのおばさんはよく知らないが、あのおじさんなら娘からもらっただけで喜ぶんだろうし…上げることが重要だろうな!
        …おかしい、シラナの微笑みがおかしい…あー、まぁ本人次第か。ってそういやまだ行ってなかった、来月行くか…店貸切っぽくて行けてなかった
        そこは諦めて心配されるしかないな…まぁ大丈夫ってのも今後勝ち取って信頼を得るしかない訳で…頑張れ!
        …くっ、その笑みはやめろぉ!…こんな微笑みのシラナのところにいてられるか!俺は帰らせて貰う!…絶対いうんじゃないぞ!? -- ベン 2012-11-13 (火) 00:41:34
      • そういうものかなあ……。うーん、何か考えとこう……
        いえ決してそんな事は……。……シーナの影だし聞いてみないと分かんない事もあるだろうしで。……あー
        おかしいな……シーナもサリナちゃんも順調なのにな……うぐぐ。信頼、信頼を得るには……
        ……うふふ? あ、はい、そうですね、分かりました……(微笑んだまま見送った)
        -- シラナ
  • シーナの奴まだ泣いてたぞ(部屋に入るなり言いながら、この街にお前ん家以上の菓子屋がないから許せよな、と下で買ってきたプリンをスプーンと一緒に枕近くのテーブルに置く)
    それで痕になりそうな傷とかは、ありそうなのか? -- ジェイ 2012-11-04 (日) 23:01:01
    • ……私は悪くないし(ベッドの上、大人しく横になりつつ妹の名を出されればちょっと視線を逸らすも、見舞いに視線を戻し)
      あ……うん、そゆのは無いよ、大丈夫。……へーきへーき
      -- シラナ
      • (相手が悪かった事は百も承知だが、一言ぐらいは言っておきたいという気持ちもある
         だから顔を見てやろうと視線の先に移動しようとしたが、流石に参っている所に無理矢理話し掛けるのはマズイか、と止める)
        あー、そんなら俺ちゃんもお前の傷顔見なくて一安心ってか。りょーかいりょーかい、プリン今食べるゥ?
        (アーンしてやろうか、などと努めて茶化すように振舞うが、
         相手が言い返すこともできなさそうなほど打ちのめされているのを見て、はあ、と息を吐いて近くの椅子に座る)
         
        そんで…まだ続けるのか、この仕事。 -- ジェイ 2012-11-06 (火) 02:37:53
      • ……傷顔とか、ほら。付いてても全力で治しにかかられるから残りようも無い……ですよ?(付いてたらしい)
        あ、うん食べ…………(普段であれば付いていけたであろうけども)
        …………ん、ほら。危ない目に遭うのは分かっててやってるんだし。……続けるよ?(椅子に座り、語りかけるジェイをじっと見つめた後に応えた)
        -- シラナ
      • はぁー…愛されてるのか過保護なのかわかんねーな全く、ただ確実に恵まれてることは確かだな。
        (口ぶりから傷が付いていたが要塞の魔術的な処置で修復されたのだろう、と類推、全くこいつは、とため息)
        …さよけ。
        (一つ一つの言葉を精査するように口から紡ぐシラナを見るに、彼女の冒険に対する価値観、スタンスを変える事はとても難しいことだと理解できる
         しかしそれでも、それは違うと言うべきではないのか、止めるべきではないのか、とも青年は思った
         取り返しのつかない事が起きる前に行動しなければ、後悔が残るばかりではないのかと)
        …俺は違う答えを聞きたかったのよな、正直な所を言うと。
        命のやり取りをする場所に立つ意味ってなんだ、親兄弟がやって来たからってのを理由の助けにして続けるのか、とね。
        4年と少しの間自分なりに真剣に戦った、それじゃあお前ん家は認めてくれないのか?
        お前もシーナもじきに二十歳だぞ、今はその気が無くてもいつか縁談が来るなり好きになる奴見つけて結婚っていう選択は、お前ら二人の人生の中でもかなりのウェイトがあるはずだ。
        それを考えずに決めたせいで選ぶことが難しくなるかも知れないってこと、ホントのホントに分かってんのか、あぁ!?
        (いつの間にか自分の右手をきつく握り、普段ではありえない熱のこもった言葉を吐き出している自分に、言葉尻が荒くなった事でようやく気付く)
        …悪い、いつもの俺じゃねーなこれ。落ち着くから5秒くれ。 -- ジェイ 2012-11-07 (水) 00:07:06
      • いやぁ……それほどでも(照れたようで頬を掻き)
        うん(相槌をうったジェイに頷くも、彼が何やら考え込んでる様なので暫し様子を窺う)
        ……え? ……あー…………(堰を切ったような言葉の波濤、しかしちゃんと聞かなければならない気がし、聞いていたら最終的にちょっと怖い感じになって少しびっくりする)
        んー……うん、あげる(言い返すというか、反論と言うか、ともあれ言いたい所はあったがジェイの様子は彼が言った通り普段とは違うので、彼のしたい様に任せる)
        -- シラナ
      • (片手の親指と中指をこめかみに当て、強く押しながら深く息を吸って吐く
         普段身に付けている、お調子者でちゃらんぽらんな「自分」をただちに取り戻さなければ、まともに会話する事さえ難しいかもしれないとすら思えた)
        …あぁー、もう大丈夫だいける、いつもの俺じゃなかった。すまん、悪い、許せ。
        全くもって俺ちゃんの柄じゃねぇーよなあんな発言、あらやだ来る前に景気づけに煽ったビールで酔っちゃってたかしらオホホのホ。 -- ジェイ 2012-11-07 (水) 00:31:21
      • (何やら深刻そうな様子のジェイをじっと見続け)
        あ、そう? 大丈夫? 本当に? ……あぁうん、そんなに言わなくても良いけど……
        ……普段と違うのはびっくりしたけど……んー……でもこう、そういうリカバリは大分無理があるんじゃないかなあ……?
        別に、もうちょっとの間真面目でも良いんだよ?(じっと、眠たげながらジェイの目を見)
        -- シラナ
      • あー……ああ、うん、まあ。すまん。平気だから、もういける。
        (シラナの視線が心の深い所にすす、と何の障害もないように入ってくる錯覚を覚える
         ああ、こいつに虚勢を張るといつもこうだ、と相手の物事を見通す力に諦めのような、尊敬のような感情が湧いてくる
         椅子に座り直し、無理やり笑う事は止めて少しの間お互いに黙り込んだ)
         
        …いつもだ、冒険を始めてからいつもこうだ。誰の窮地も救えない、大事なものを守れない。
        公園のダチの親しい奴ぐらいは守ってやると思っても、気付いたら俺の周りには墓が一つ二つと増えてる。
        それでどうしたらいい、何ができると思ってた所に、お前の未帰還報告だ。聞いた時に腹の中に巡ってるはずの血が突然冷え切ったかと思った。
        俺の中でここは、この店はすげー大事に思ってて、それはお前とシーナが店に立ってることで成り立ってるっていうか。
        欠けちゃ駄目なんだよ。自分の勝手な理想を相手に押し付けてるのは俺自身わかってる、でもいつもと変わらず店に立ってシーナと変わらない時間を過ごすことは、お前だって怪物の胃の中に納まるよりもその方を選びたいはずだろ?
        大事なんだよシラナ、俺はお前とシーナが幸せに笑える状態をずっと続けて貰いたいんだ。 -- ジェイ 2012-11-07 (水) 01:03:33
      • …………(静かになったジェイが再び口を開くまでじっと待つ)
        ん? ………………(再び喋り始めたジェイの言葉を聞き続ける)
        ……ジェイが私達の事を気にかけてくれてるのも知ってるし、大事に想ってくれてるのも知ってる
        だけど……だからって、それだけで私やシーナの行動に制限はかけられないよ? ああしたらいい、こうしたらいい、それはそうかも知れないけれど、でも、ね
        例えば冒険者にならず、シーナと一緒にお店で働いて、ひょっとしたら誰か良い人が出来て、結婚とかそういう流れになったら、ジェイは喜んで祝福するんだろうけど
        でも、さ。まぁ……最初は流れで冒険者になったのは否定出来ないし、万が一の時に母様の手が差し伸べられるから甘く見てると言われたら、やっぱり否定し切れないけど
        だけどやっぱり……なんて言うのかな、四年続けて、それでこの結果で満足出来ないくらいには、冒険者になっちゃってるんだよ、私
        (時折苦笑を交えつつ真摯に応え、最後にダメかなぁ? と付け加えて微笑んだ)
        -- シラナ
      • (自分の気持ちを吐き出したなら、今度は相手の気持ちを受け止める番だ、と返事を聞く
         嘘偽りない気持ちを伝えたことで心に余裕が生まれ、余計な口を挟まずに最後まで聞き終えることができた)
        冒険者としての血、か…。正直なところそういう思いがあるとは考えてなかったな。
        家族に認めてもらうためにとか、友達と一緒にスリルを味わいたいとか…そういうのが気持ちの大半を占めてるもんだと。
        おいおい駄目かなあ、ってそもそも俺に聞くことじゃないだろ、確かに止めはしたけども。リスクがある事を分かって、身をもって実感して、それでもお前がやりたいって決めたんならそれでいいよ。
        結局の所俺が自分の頭のハエも追えないのに人の頭のハエばかり気にしてるってだけなんだしな…怪我してるってのに気を遣わせて悪かった。
        しつこいがくれぐれも二度とこんな目にあわないようにするんだぞ、いいなシラナ。俺はお前の葬儀にもシーナの葬儀にも絶対に出てやらんからな。 -- ジェイ 2012-11-07 (水) 02:23:52
      • ん、ジェイが言った様な事は大半も何も……そういう考え方もあるのかーって感じで……えへへぇ(何故か照れる)
        だってほら、やって欲しくない感じだったし……。……あ、いいんだ。じゃあもう当分は心配させますので……(眠たげに微笑む)
        あんまり気にしてないよー? ……ほら、ジェイ丸ってそういう風だし? しょーがないし?
        それはまあそう出来たらそうしてるしこんな事にもならない筈ですが……。……んー、うん。でもほら。……寿命的な話になるとむしろ先に……で、こっちが出るか出ないかって感じに……あ、はい、ごめんなさい(空気読まない事言った後、察して布団を上げて眉毛辺りまで隠れるも、すぐにちょっと下げて目だけ出した)
        -- シラナ
      • …そりゃ健全なこって、それぐらいのんきな方が長く続くのかもな?
        正直言えばそりゃまあな、なんのかんのと言い訳しつつも、詰まるところはやくざな仕事だぜ。そもそもお前にもシーナにも始めて欲しくなかった、っつーのが正直な気持ちだな。
        …うっせーやい、俺としてもできればそっちのがありがてーよ。
        いいからもう暖かくしてちゃんと寝ろって、来月海に行くんだろーが。迎えに来て寝込んでましたつったらシーナだけ連れてくぞ、それじゃな。 -- ジェイ 2012-11-07 (水) 20:52:37
  • 今回は惜しかったのー……(心配で見に来た) -- サリナ 2012-11-04 (日) 21:12:10
    • 前の時はカルピスが残ったんだけどねぇ。……今回はだーれもダメだったっていうねぇ
      ……惜しいっていうか……前もそうだったけど、無理って奴じゃないかなー……(語尾が下がり調子)
      -- シラナ
      • 頑張ってたから惜しかったの、無理だったのは結果なのー(頭抱いて撫でてみる) -- サリナ 2012-11-06 (火) 00:20:25
      • ……そゆのもあるか……(サリナの方に頭寄せ気味にしつつ大人しく撫でられる) -- シラナ
      • あと10回もすれば歴戦だった気もするのー、それも惜しいのー(膝枕しながら頭を丁寧に撫でてる) -- サリナ 2012-11-06 (火) 22:12:37
      • ……まあ……父様の経歴に比べたらコレくらいはまだまだどうって事ない範囲だし……
        ぅにぅに……。……姪の優しさが身に沁みる叔母さんです(大人しく略)
        -- シラナ
      • 私のお母様もママも結構やられてたけど負けずに頑張ってたのー、だからシラナちゃんもファイト!
        叔母の可愛さにぎゅっとしたくなるけど我慢してる姪なのー(楽しそうに髪を整えてみる) -- サリナ 2012-11-06 (火) 22:19:45
      • いぇーい(寝転んだまま片手を上げハイタッチ要求)
        ではサリナちゃんにはもっと我慢してもらうとか……どうかな……?(一向に整わないくせ毛。落ちかかる瞼)
        -- シラナ
      • にゃー♪(ハイタッチして)
        ん、それじゃ一杯我慢するのー(眠る邪魔にならない程度に撫でて) -- サリナ 2012-11-06 (火) 22:36:42
      • んーふふ(ハイタッチ後にサリナの頭をわしゃっと撫で)
        これは……姪の優しさが沁み渡るわぁ……(程無くしてサリナを撫でていた手が力無く下がり、胸で一度弾んでから落ちた)
        (いつも通りサリナの足がバッチリ痺れても尚眠っていたという)
        -- シラナ
  • し、しんでる… -- クラノ 2012-11-04 (日) 19:51:18
    • け、決して左様な事は……やめて欲しいんだけどな……(ジト目) -- シラナ
      • 悪い悪い…災難だったなー…怪我は大丈夫かー…? -- クラノ 2012-11-06 (火) 00:26:10
      • 怪我……。……あ……胸がえぐれましてね……?(無論大嘘だが。見れば寝てるのに山が出来あがっているのが明白だが) -- シラナ
      • 胸が…!?…いやえぐれてないけどめっちゃ盛り上がってるけど
        冗談が言える元気はあるようでよかった…食欲はあるでしょうか、まだ冒険者は続けんの?(お見舞いのりんごをお出ししながら) -- クラノ 2012-11-06 (火) 22:46:18
      • ええまあ。……もっと動揺するかと思ったけど……うつ伏せになっておくべきだったかー(残念げ)
        だってほら、こう、暇でもあるので……。あ、うん。うん、続けるよ? だいじょぶだいじょぶ(瞳からりんご欲しいビームだしつつ)
        -- シラナ
      • いやだってぱっと見て分かるもんよ明らかにえぐれてないもんよ!
        うんうつ伏せだったら危なかったな泣き崩れていたかも分からないな…そっか、次はちゃんと気をつけるんですよ
        シーナもみんなも心配するだろうしな…しょうがないにゃあ(果物ナイフを手にしょりしょりりんごの皮を剥きながら) -- クラノ 2012-11-06 (火) 23:00:18
      • ……詰め物とか上げ底とか可能性は色々……ああ、胸見てばっかりなクラ君はそういう真贋も一目で良いんだね……(納得顔)
        …………クラ君はどすけべだなあ(しみじみ)
        父様とか上の兄様に比べたらまだまだ大した事無い程度だしー……。……わぁい、うさぎさんがいいなあっ(手遅れかもしれませんが)
        -- シラナ
      • 失敬な!いつも胸ばっかり見てる訳じゃないって基本ちゃんと目を見て話してるって
        男はな…仕方ないんだ…シラナもほら…目の前にケーキがあったらわぁケーキだ!ってなるだろう…?
        うちの両親二人とも一発老練の上姉もまだ一回も落ちておらず俺だけ一回落ちてるという情けなさ、もう皮剥いちゃったよ!
        今日の所はうさぎさんは我慢してください…自分で食える? -- クラノ 2012-11-06 (火) 23:14:18
      • 見て話す事もあるって自白した幼馴染がいる……むしろ基本胸見てじゃない事に疑惑すら覚える……
        と思ったら白状した幼馴染がいた。前から思ってたけど……カモちゃんので見慣れてそうなものなのに……(ジト目)
        そう言う場合はまぁ……。……うちも母様と上の姉様二人が一度も失敗してないけど……。……ええ?
        クラ君にはがっかりだ。クラ君にはがっかりだよ……。……ん、食べる(もそっと身体を起こす。パジャマのボタンをちゃんと締めていた訳でもないので谷間チラが眩しいかもしれませんが)
        -- シラナ
      • さすがに普段からずっと胸見て話したらぶん殴られるだろそれ!ビンタされるだろ!
        姉のは…見慣れてるといえば見慣れてるけど、まぁでもさすがに姉をそういう目では見ていませんよ…?
        言うのが遅いって!剥いてあげるだけでもありがたいと思いなさいー、…おおっ(りんごが乗った皿をシラナの方に寄せ、見えた谷間に小さく声をあげる)
        お前もお前で無防備やな!まぁ今は怪我してるからしょうがないかもしれないけど(ふいっと目を逸らしてシラナの方を見ないようにしながら) -- クラノ 2012-11-06 (火) 23:44:02
      • だからつまり……殴られたりビンタされたりしてるのかと……。痕が無いのは回避能力があがったからかなって……
        ……つまりクラ君は……私の事をえっちぃ目で見ている……と……?(ジト目は留まるところを知らない)
        がっかりだよ……? …………(若干不思議に思う所はあったが、それが何故なのかはすぐに分かったのでボタンをかけ始める)
        しっかり締めてると寝苦しいから仕方ないと言うのに……(しゃり……しゃり……とリンゴを食べ始め。目を逸らしていてもジト目通りこして凝視されてる事はきっと伝わっていそう)
        -- シラナ
      • されてないされてない…!昔はよく殴られたりもしたけどなー…シラナも怒ると怖いからな…蔓でぐえーってなるからな…
        えっ、いや左様な事は…多少、うひょうってなったり、ならなかったり…いえ見てませんいえ見てません観賞植物を見るような和やかな目で見てます、わぁこりゃ緑
        (すごい見られてる、すごい見られてる…!と凝視の視線を感じながら汗を一筋たらり)
        …さてっ、それじゃ、シラナも結構元気そうだし、俺はこれで…お大事にな!(さささーっと凝視から逃れるように帰っていく) -- クラノ 2012-11-07 (水) 00:27:25
      • ……昔はよく殴られてたんじゃないですか……
        クラ君は本当どすけべで……なんて言うか……どうしようもなくて……彼女さんはきっと胸が大きいんだろうね……
        (見てる、めっちゃ見ながらリンゴ食べてる)
        あ。…………むぅ、逃げたか……(若干呆れつつ、でもクラノだから仕方ない的な思考も働いていたりした)
        -- シラナ
  • 前日あれだけもふって駄目だったか…… -- ティノ 2012-11-04 (日) 19:30:43
    • 前回あれだけ(中略)しても駄目でしたか…… -- ティナ 2012-11-04 (日) 22:21:46
      • ……きっと足りなかったんだよ。……所で……私のベッドは広いので両隣りにティノとティナちゃんが収まるくらいは造作もないのですが……
        どうでしょうか、お見舞いついでに……一緒にお昼寝など……(チラッチラッ、チラッチラッ
        -- シラナ
      • 怪我に障るから今日はこれで我慢して欲しいね(グリフォンの上質な羽毛で作った抱き枕を押し付けて) -- ティノ 2012-11-06 (火) 00:18:32
      • 今ならおまけにちのも付けておきましょう(ずいぃ、とティノを押しやって) -- ティナ 2012-11-06 (火) 00:29:20
      • わっぷ(押し付けられたのを抱き止めがてらティノの裾先も片手で掴みつつ)
        ……私はティナちゃんも一緒の方が良いなあ……っ(抱き枕の端から片目を覗かせつつ)
        -- シラナ
      • 謀ったな!謀ったなティナー!(振り解こうにも相手が怪我人だと思うと無理も出来ない) -- ティノ 2012-11-06 (火) 22:08:17
      • ごめんなさい、今日は私の方は売り切れなんです ほらちの、シラナは怪我人なんだからあんまり大きな声を出さない -- ティナ 2012-11-06 (火) 22:23:05
      • えー? ティナちゃんそこにいるし。ティナちゃんそこにいるし。そんなの絶対おかしいよ?
        (抱き枕共々ティノをベッド内へとじわじわ引き摺りこみつつ)
        -- シラナ
      • 本当に怪我人かこれ!?(非力なうさぎなのでずるずる引きこまれてる)くそ!これが近接冒険者との差だと言うのか……!
        売り切れてないからティナも道連れにしたいんですが!(ワイヤーで足を引っ掛けようとする) -- ティノ 2012-11-06 (火) 22:37:52
      • 売り切れですから、ほら、ここにいるのは商品見本みたいな?
        怪我人である以前に王。の娘でもありますから……ちの、それは男なのに鍛えてないからですよ……み゛ゃっ!?
        (足にワイヤーが絡みついてすっ転ぶ、が、引きずり込まれないように剣を床に挿してふんばる) -- ティナ 2012-11-06 (火) 22:43:42
      • なんかティノが酷い事言ってる気がする……(とはいえ引き摺る手は止めず)
        では見本……現品で構いませんので……(言いつつ、ティノにひっかけられたティナが踏ん張るのを見て何処から取り出したものか植物の種を幾つか放る)
        (ティナの手元辺りに落ちたそれらは、あっという間に芽吹いて成長し始める。もふぁっとした綿毛をびっしり生やした蔦系の植物で、剣を伝うように伸びてやがてティナの手指にも柔らかく絡まり始める。すげえくすぐったい)
        -- シラナ
      • 僕は鍛える必要が無い中距離特化だからいいの!(細腕としか言えない手で何とか抵抗して)
        死なば諸共だティナー!(ワイヤーの量を増やし編みこみワイヤーに変化させて引っ張り)
        シラナは能力使えるぐらいまで元気になってるんだな、とりあえず安心した……(下手に抵抗すると植物まみれになりそうだと思ってしまった) -- ティノ 2012-11-06 (火) 22:58:17
      • 滅多に見ないシラナの能力が使われたと思ったらまさかの触手ぷれいです!?お、お客様見本には手を触れないようn……んっ、くふっ
        (剣を握る手をぷるぷるさせながら必死で堪える、巧みな蔦ぷれいの前ではそう長くも保たず手を放してしまい、ずるずると引きずり込まれる)あーーー -- ティナ 2012-11-06 (火) 23:04:27
      • なんだかまるで私が怪力であるかのような……。……ティノとティナちゃんが軽いからだな、そうにちがいないな(自己暗示)
        こう……ほら、植物とか多少好きに出来ても……あんまり使う機会無いし? アブナイ植物だと……皆に迷惑かかるから冒険に使えないし
        とゆー訳でー。ほーら(ぐい) ほーらほら(ぐい、ぐい)
        (抱き枕は若干邪魔なので枕側へやりつつ、まずはティノが引き摺りこまれ、布団の中で抱き締められる)
        -- シラナ
      • 確かに毒性の植物は使いにくそうって結局こうなるかー!(引きずり込まれた) -- ティノ 2012-11-06 (火) 23:11:36
      • やだこの子自己暗示で腕力上げてる
        魔界のオジギソウは気が荒いですからね……いえ、とゆー訳でーじゃなくて!(謎の力でぐいぐい引きずり込まれ) -- ティナ 2012-11-06 (火) 23:25:39
      • 無差別なのばっかりだからね……と
        ぃ、よいしょー……(布団の中でティノを抱き締めたままころりと寝返れば、ワイヤーで繋がるティナが引っ張られ巧い具合に布団の中へ)
        ……ようこそいらっしゃいました(再度少し寝返りをうち、仰向け。両脇のティノティナ満足げに片腕ずつで抱き締めて)
        (加えるならば、当たり前の事ですが布団内は濃厚なシラナの香りに満ち満ちて)
        -- シラナ
      • 最終的に血を吸う薔薇出すんですねわかります
        何この、ある意味幸福だけど我慢すると地獄な空間……(狭いし相手は怪我人だしで何も出来ない) -- ティノ 2012-11-06 (火) 23:40:35
      • いやまぁその、いらっしゃったと言うか引きずり込まれたと言うか
        男性には危険と言うか、ちのじゃなかったらシラナが危険と言うか……とにかく何なんですこの状況(むぎゅぅ) -- ティナ 2012-11-06 (火) 23:44:25
      • えー。でも外したら恥ずかしいじゃんそういうの……(言いながらティノを更にぐいぐい抱き寄せ)
        あんまり変わんないからこの際どうでも良い……事ではないかなって……(言いながらティナをぎゅっと抱き寄せ)
        (色々柔らかかったりとかあるんでしょうけれどもそのまま幸せそうな寝顔を晒して熟睡に至ったのですよ)
        -- シラナ
      • 僕は別の意味で恥ずかしくて死にそうですがー!(抱き寄せられて色々当たってる)
        何故こうなった……(心の中でボスケテと叫び続けた) -- ティノ 2012-11-07 (水) 00:20:25
  • 生きてるの 死んでるの 寝てるの -- モミ 2012-11-04 (日) 18:07:05
    • はぅはぅ……。起きてる、起きてるという事でここは一つ…… -- シラナ
  • (満身創痍!) -- シラナ
    • はぅぅ……(情報は既に届いており転がり込む様にやってくるお嬢様)
      シラナちゃん……(涙目でシラナの顔を見つめる)// -- フィール 2012-11-04 (日) 17:16:12
      • …………よしよし?(広いベッドに一人寝。パーティの時のような着ぐるみパジャマではなく普通のパジャマ)
        (駆け込んで来たフィールにちょっと目を丸くするも、その様子に苦笑し軽く相手の頭を撫で)
        また運が無かったわねって母様に呆れられちゃったよー(声が普段程元気で無い以外は観た感じ大丈夫そう)
        -- シラナ
      • うー…呆れられちゃったじゃないわよ…もう……(撫でられつつも拗ねた様な声、涙目だった両の目は赤く)
        それで…シラナちゃん…身体の方は…痛い所は…ない…?(シラナの身体を見渡した後ベッドに半身を乗り出し)
        (シラナの顔の間近…互いの吐息の届く距離に顔を寄せ問い尋ねる) -- フィール 2012-11-06 (火) 00:28:39
      • う……ごめん、フィー…ちゃん……?(心配させた手前、少々咎めるものもあり、だが同時に相手の目の色の事にも気付き)
        うん。……ん、無いよ。へーき。結構酷い事になってたようだけど……(当然致命傷を負ってからの記憶は無く、気付いた頃には家で寝かされていた)
        ところで……フィーちゃん? ……近くない?(流石に気になった)
        -- シラナ
      • …無事に戻ってくれたから…許してあげる……(言えばふわり微笑んで。※泣いたせいで赤いだけでなので無害です!)
        ん、そう…シラナちゃんのお母様とお父様が…助けてくれたのかしら……(あるいは要塞のしもべ達が)
        …あ…だって……(近すぎた事に気付けば頬を染めてしまう)…えっと…まだ体力の回復はまだみたいね……
        私の力…少しあげる……っ……(自分の舌を自身の牙で傷付ければシラナの唇に自分の唇を重ね、そして舌から溢れた血を微量シラナに含ませる)
        (最初は鉄の味が口に広がるが直ぐに甘い味へと代わり……)// -- フィール 2012-11-06 (火) 22:19:39
      • 許されたー……えへへぇ(※あぁ赤いってそういう……)
        ピンチの時……ていうかピンチ過ぎちゃってるけど、とりあえずそんな時はしもべが助けてくれるのがうちの慣例なんだよ(要塞のメイド長の仕事の一環だが今期は双子なので中々気が休まらないらしい)
        んもー、心配させちゃったとはいえー……(フィールの様子に苦笑し)……ん、まぁ追々で良いって母様が
        ほぇ?(フィールの言葉に目を瞬かせるも、ディープキス気味に唇を重ね合わせば目は丸くなり)
        (口腔に浸み渡る味に何をされているかは理解したが、その味わいの変化を意外そうに受け止めて)
        -- シラナ
      • (※表現が変でもうしわけない)
        …普段は怖そうな人達(?)だけど…こう言う時は頼もしいわね…ふふっ(フィールがピンチの時は厨設定な祖母が出張ってきます)
        …ん……(舌と舌を絡め合う様にしながら自身の血をシラナに。血の味が甘く変化したのは血の味に慣れないであろうシラナへの配慮)
        (吸血鬼は不死の種族。不死とは死に反発し抗う力…血を与える事でその力を一時的にシラナに)
        (魔王の血を引くシラナならば血の効果を受け入れる事で疲弊した身の回復も早まる事だろう) -- フィール 2012-11-06 (火) 22:47:05
      • (※いいのよ)
        怖そうって言うか……んー……怖そうなのかなあ(自分の視点は立場あっての視点でもあり、第三者視点には馴染みが無く)
        んぅ……ふゎ、ぅ……(少々困惑がてら、舌同士の接触をくすぐったく感じつつ、息継ぎにちょっと悩む)
        (自分は吸血鬼では無いのに、と思えども相手の好意からと思えば悪く無く、素直に血を受け入れていた)
        -- シラナ
      • (※許された……)
        …なんて言うか…身に纏ったオーラ…?(フィールも魔の者ではあるが故に力量差も本能的にわかるのだろう)
        ……ん…ぁ……あ…?(暫し唇を重ね続けるも…口付けに慣れないシラナが息継ぎに困っているのに気付けば唇を離し)
        …え…えっと…少し長すぎたわね……(余韻を感じつつも顔を朱に染め照れ笑い)
        でも…これで…海までには体力が回復すると思うわ…… -- フィール 2012-11-06 (火) 23:12:09
      • ふむぅ。……そうゆうものかぁ……(こちらは生まれた頃からの付き合いなのでその辺りは余り分からず)
        んむ…………ふぁ、ぷ、ふは……(フィールが唇を離せば喘ぐように空気を求め)
        はー……びっくりした。色んな意味で(苦笑するフィールにちょっと咎め気味に口を尖らせ)
        ん、そっか。……ありがと、フィーちゃん(照れ笑ったフィールに柔らかく微笑んで見せ)
        -- シラナ
      • そう言うものなのよ……(こくこく)
        …はぅぅ…ごめんなさい……(両手合わせ堪忍なーのポーズ)…んー…でも…キスの度に驚かれるのは…この先困るわね……
        うん…海…一緒に行こうね…?(絶対に?と念を押せばシラナを抱きしめて)
        …シラナちゃん…たくさんの思い出を作りましょう……(抱きしめたまま笑みを交わし合う) -- フィール 2012-11-06 (火) 23:31:20
      • んもー(両手を合わせるフィールに苦笑、その時点で既に許していた)……んぇ? 何か困るかな……あ、さっきみたいなのまだ何度かする?
        うん、行こうねー。皆も居るだろうし(抱き締められればこちらからもそっと腕を回し)
        ……うん。あれだよね、一度きりの夏だもんねー(微笑み、抱き締め合って)
        -- シラナ
      • (シラナの苦笑で許されたと知れば微笑んで)…ん…それもあるし…シラナちゃんと…もっとキスしたいもの……
        皆で…たくさん楽しみましょう……(抱きしめたまま額と額を合わせればにっこり微笑む)
        ふふっ…一度きりなんてもったいないわ…機会があれば何度でも……(シラナと…皆としたい事はたくさんあって)
        (抱きしめたままころんと横になる。今夜は…今夜もこのままシラナと一緒にいるつもり)
        でも…今は…ゆっくりやすんで……んっ(もう一度シラナと唇を重ね合わせる) -- フィール 2012-11-06 (火) 23:51:58
      • もっと? キスを? ……ぅん?(ちょっと首を傾げ、だがそれだけ心配と好意を向けられているのだと解釈し納得し)
        んふふ……。……ん? ……うん、そうだね、楽しい事は何度でもあった方が良いもんねぇ
        (微笑み、そしてフィールが自分の隣で横になれば尚嬉しそうになり)
        ……はぁーい。……? ……んー(寝るよう促され、しかし顔を寄せるフィールを不思議そうに見るも、そういうものかと思いキスを受け、そう間を置かず眠りについた)
        -- シラナ
      • そっ…キスを…ね…?(首を傾げるシラナに苦笑の混じった笑みが零れる)
        …海だけでなく…山や…プールなんかにも行ってみたいわね……(シラナともっと共に過ごしたいと言う思いは強く)
        …私の血を受けたとはいえ…回復にはまだ時間が…ね……ん…ぁ……(暫し唇を重ね合わせる。先とは異なりソフトな口付け)
        …ふぅ……シラナちゃんおやすみなさい……(シラナが眠れば身を寄せて)今夜は…見守っていてあげる……
        (シラナを見守るべく今夜は眠らないつもりらしい…それでもシラナが朝目を覚ませばフィールの寝顔を見る事が出来るだろう) -- フィール 2012-11-07 (水) 00:28:53
  • (歩き寝してるシラナを尾行してみる) -- シシュ 2012-11-03 (土) 23:26:06
    • (若干ふらつきつつも割と普通な歩きっぷりで寝ている。進行方向は勿論定まらず、だが曲がる際に90度以上向きを変える事も無いのでどんどん明後日の方へ歩いて行く) -- シラナ
      • ……あの子、今まであれで大きな事故に遭ったり、誘拐されたこと……ないのが不思議だねえ
        (事故りそうになったら助けるつもりで、ついて行く) -- シシュ 2012-11-03 (土) 23:58:54
      • (見ればシシュの他にも寝歩き状態のシラナに目を向けたり気にした様子の者が何人か居た。やはり目立つし心配になるのだろう)
        (ただそれとなく尾行していたのはシシュのみだったが)
        (ともあれ、ふらふらとあっちへ行きこっちへ行きする内にいつの間にか自宅へ戻っていたという)
        -- シラナ
  • シラナに残念なお知らせがある…ツーがやられたのでもうツーと組む事はない、まぁ本人はこのとおり無事なんだが(包帯まみれのツーを見せ)
    シラナはあまり無理せずに頑張ってくれよ!とはいえ、無理しすぎずに引退というのもアレか…
    …ちなみにシラナやシーナもバニーになったりするのか? -- ベン 2012-11-03 (土) 18:52:51
    • えっ、残念って……あう、あわ……(包帯塗れのツーに表情を変え、手を伸ばしかけるも半端に留め、心配そうに視線をツーとベンとの間で交互させ)
      ……それは、うん、頑張るけど……むしろ引退よりツーの二の舞になりかけたりもしたり何とか……
      バニー? ……なるんじゃない? 姉様達もやってたみたいだし……シーナも多分するだろうし……
      -- シラナ
      • …そんなに心配しなくても、ツーだって一人前の竜だぞ?心配はいらんさ、抱いてみるか?
        …あー、そっちの危険もあるわけか。でも来月はまぁ、大丈夫じゃないか?情熱回復的には間違いなさそうだし
        …なるのか…シーナがすると犯罪的にしか思えない気がするんだが -- ベン 2012-11-03 (土) 22:27:20
      • えっ、だって、えっ……あ、はい、抱いてみたい(何度か頷く)
        ん。来月についてはまあ……多分。ちょっと前に研究所からの七日先って言うのが……ありまして……
        その頃にはシーナも成長して私くらいにはなってるだろーから問題など無いのです(自信満々)
        -- シラナ
      • 本当ツーは女の子人気高いな!まぁいいが 「…ガァッ」(抱かれながら大丈夫だと言いたいのか翼を小さく広げ)
        おぉ…それはなんとも、よく無事だったな本当に…まぁそれを乗り越えれたのならいける!来月何人もこの街出身者いるしな
        …そ、それはどうなんだろうな。最近会ってないから何とも言えないが…シラナの場合は店でバニーだと違う雰囲気の店になりそうな -- ベン 2012-11-03 (土) 22:50:29
      • えへぇ……かーいぃねぇかーいぃねぇ(猫撫で風な声をかけつつ、そっと抱き締める)
        ん……半壊で済みました。ぐりふぉん出てきましたので。でも確かに……それと比べたら? な感じはある……!
        えっ。姉様達からして20前後で急成長するのは普通の事なので……むしろ普通に育ってる私が変な方だし。……えー? そうかなー
        -- シラナ
      • …お持ち帰りするんじゃないぞ?(一応釘を刺し) 「…グルル」(優しくしてくれてるのが分かってるのか、大人しく抱かれ)
        半壊って…あー、グリフォンか。俺の最終目的でもあるんだよな…グリフォンのキングワイバーン…空の配達の天敵だからな…
        あー、そうなのか?なるほどそれならありえるのか…そういや、シラナは目標はどこまでなんだ?やっぱり英雄なのか? -- ベン 2012-11-03 (土) 23:03:03
      • 大丈夫だいじょーぶ……(ツーへ軽く頬擦りし)
        はい……前ーに二ヵ月だった時はゴブリンキングだったのですが……。ああ。そっか……大変なんだねえ
        うん、そういう風なの。……え、目標? 目標……続けられるだけ……?
        -- シラナ
      • …おーい、本当に大丈夫なのか?…ほら、そろそろいいだろう?(心配になりそちらに手を差し出し)
        ま、まぁそうそうやられたりはしないもんだ!頑張れ! まぁ、ツーの場合単体なら割と元の4mになればいけたりするんだけどな…
        漠然としてるな!?もうちょっとあってもいい気はするが…あ、今度アニスにケーキ買いに行くんだが、何かお勧めのケーキあるか? -- ベン 2012-11-04 (日) 00:07:26
      • うふへ……あ、うー……仕方ない……また今度ね(最後に改めてツーに頬を寄せ、それからようやく返す)
        そう、その筈……! ……あ、そうなんだ? ああ、でもそれもそうか……
        いやほら……英雄! とか破壊王! とか掲げてみても……なんてゆーか、ちょっと微妙? な気がして……あ、ケーキ? あー。そうだねぇ、ケーキねぇ……ちょっと待ってて
        (どこからかお店のメニューを取り出すと、色々と相談に乗ったそうな)
        -- シラナ
  • 情熱大打撃が連発したねぇ、グリフォン相手は流石にどうしようもないね(貴族護衛でグリフォン2匹殺してたりする囮役) -- ティノ 2012-11-02 (金) 19:55:50
    • ちょっと安定したと思ったらこれよ……どうなってるの……もふらせてよ……(近寄りながら) -- シラナ
      • 後半関係ない気がするんだけど!?グリフォンの翼から頂戴した枕はふかふかだからそれで我慢できないかな(じりじり下がりながら) -- ティノ 2012-11-03 (土) 19:22:59
      • 今の私に必要なのは枕ではなく……癒し……なので……ね?(にこり)
        別に耳とか尻尾とかまでは要求しないので……(腕を広げ、おいでおいでし。来なければ行くだろう)
        -- シラナ
      • 割ともふられるだけでも結構精神ダメージあるんだけどなぁ……(怖い思いをしたのは間違いないだろうし、と考え)
        あー、もうこうれはサービス、ただし今度何か奢ってもらうよ(耳と尻尾の偽装解除して一歩近づく) -- ティノ 2012-11-03 (土) 22:29:10
      • やーんもうティノ大好きー(満面の笑み。そして一歩近づいたティノを吸い込むように瞬く間に腕の中胸の中へ)
        もふ……(とはいえいつもよりは若干優しめなもふり。抱き締めの方は変わらないが)
        -- シラナ
      • むぐっ、これに死のトラップが無ければ僕もまんざらじゃないんだけどさぁ……(抱き締められて複雑な顔をしてる)
        (あー、やっぱり精神的にかなりキツかったんだな、と納得しながらじっとしてる) -- ティノ 2012-11-03 (土) 22:45:51
      • ……死? ……ああ。まぁ……ティノなら別にいっか(胸の中での言葉にふと考える様な顔を見せた後、一拍置いて再度抱き締め。普段と感触が若干違うのが熟練者なら分かる筈)
        ぎゅー……(口で言いつつ尚抱き締めて、時折長い息を吐きつつもふりつつ)
        -- シラナ
      • いやいや、あっさり解除しすぎじゃないかな!?(それでも緊張は若干解れる、やはりなんだかんだで怖い、過去に喰らっているかもしれない)
        あれだよね、僕が年上って事完全に忘れてるよね……(身長差もあれば抱き締められてる状態、何も出来ずにとりあえず胸の柔らかさだけ堪能してる) -- ティノ 2012-11-03 (土) 22:53:47
      • だーいじょうぶだって、ティノなら父様もオッケーだって。許される許される(※ゆるされません)
        ……歳とか背とか関係ありませんし……?(多分気が済むまでずっとこのまま)
        -- シラナ
      • シラナが許しても背後からジャンさんが湧いて出てきて一撃の元昇天とかありそうだしなぁ……
        いやまあいいんだけどね、もう色々諦めれるし……(試しに自分からも抱き締めてみる、が身長差でちょっと悲しい事になってる) -- ティノ 2012-11-03 (土) 23:01:40
      • そんな事はないよー、見られたって見た感じいつもの事だからバレないしどうって事もないよー(※うたがわしい)
        じゃあ良いじゃん……?(抱き締め返されれば、甘めな息を吐きつつ頬擦りし)
        -- シラナ
      • 色々とリスクが高すぎる気がするけどねぇ……ジャンさん勘がいいし
        うん、まあいいや(心地よい柔らかさを堪能して胸に甘えてみる、若干顔が赤いのはやはり恥ずかしいから) -- ティノ 2012-11-03 (土) 23:53:19
      • (その後暫くの間、シラナが癒しを実感するまでそうしていたそうです) -- シラナ
  • …今月の依頼…大変だったみたいね…あ……(心配だったのかやってくるなり抱きしめようとするが……)
    その…怪我の方は大丈夫…?(怪我をしていたらと手を止め、代わりにシラナの顔を覗き込む)-- フィール 2012-11-01 (木) 21:14:54
    • んー……(覗きこまれればちょっと考える素振りを見せ、その後半歩下がると膝立ちになり)
      はふ(抱き付いた。普段とは逆、フィールの胸に自分の顔を埋める格好)
      -- シラナ
      • (もしかしたら深刻な怪我をと心を不安がよぎる…が)……え…?(急に膝立ちになるシラナに目を丸く)
        ……シラナちゃん…?…ん……(シラナが胸に顔を埋めれば頭に腕を回し抱きとめ)
        …とりあえず…大丈夫そうね……(ちなみにノーブラなので以前よりふわふわである) -- フィール 2012-11-01 (木) 23:29:44
      • ぐりふぉんこわかったです(震え声。暫し抱き付いたまま)
        ……? あれ?(やがて感触に気が付いたのか谷間の中少し顔を上げ、フィールを見上げ)出来るようになったの?
        -- シラナ
      • ……あ……(「こわかったです」の言葉で気付く、身体の傷より心の傷の方が深かったのだと)
        …怖かったのね…大丈夫…私が側にいるから……(シラナの頭を抱きしめたまま、安心と温もりで包みたくて)
        …え…あ、うん…まだ若干不安定だけど…一応ね…?(まだ電撃は出ないけれど…と苦笑) -- フィール 2012-11-01 (木) 23:46:15
      • もふ……(げんきになりました)
        そっかー……フィーちゃん凄いねえ(素で感心。自分の拙い説明だけで出来るようになるとは思っていなかったようで)
        やわらか……(然る後再び谷間に顔突っ込む形に戻った)
        -- シラナ
      • (元気になってもそのまま抱きしめ続け……)
        …ありがと…でも…まだまだなのよね……(強い衝撃や驚きで魔法が解ける事があるので冒険中はブラ着用)
        ふふっ…シラナちゃんは…もっとふわふわよ…? それにいい香りだし……(埋めるに任せ。自分はシラナの髪を弄ってみたり) -- フィール 2012-11-02 (金) 00:20:19
      • そなの? でも……んー、いつもやってればその内……忘れちゃうくらいふつーになるから大丈夫だよー
        そうかなー……。フィーちゃんもいい匂いだしー……(少々くすぐったそうにしつつ、だがそう間を置かずしてフィールの胸の中で寝付いてしまったという)
        -- シラナ
      • ええ…毎日使っていればいずれ…… とりあえず…魔法の修行を頑張らないと……
        つまり…二人ともいい匂いって事ね……あ…? ふふっ……(抱きしめたまま髪をいじり続ければ、やがて胸元から聞こえるは穏やかな寝息……)
        …シラナちゃん…おやすみなさい……(眠ってしまったシラナと共にベッドへ横になり)
        …楽しい夢を見てね……んっ(唇に唇を寄せればそんな願いを込めた口付け)
        (そしてシラナに身を寄せ抱きしめればフィールも眠りに付くのでした……) -- フィール 2012-11-02 (金) 00:51:11
  • やあシラナ君、元気にしているかい?
    この前はすまなかったねえ…いや、謝ると言うのもおかしな話なのだろうけど、期待に添えなかったようなのでね
    さて1月だが…どちらか欲しい物はあるかね?(モミの樹が描かれたパッケージの箱と、凧の描かれたポチ袋を取り出す) -- 涼子 2012-10-31 (水) 23:00:43
    • あ、涼子せんせー…………。……涼子せんせーが涼子せんせーだ(眠たげながら驚いた顔)
      あーいやー……せんせーが謝る事でも……てゆか謝る事じゃないよーな
      はい。あ、え、うむ……(与えられた選択肢を前に考え込む)…………んす……(そのままねむってしまった)
      -- シラナ
      • そうだよ、私は私さ…それも普段ままのね?
        (本当は違うのだが)戻ろうと思えば戻れたんだけどねえ…きっかけもなかったのであのままでいたんだよ
        ふふふ、悩むとがっかりするかもしれない…おや? ……あまり頭を使わせるような事をしない方がよかったかな…(起こすのもどうだろうかと思案中) -- 涼子 2012-10-31 (水) 23:11:27
      • (見事な立ち寝。思案中からそのまま寝入ったものの、寝顔は実に幸せそうで、起こすのをためらうのも無理は無い)
        (とはいえ放っておくといつ目を覚ますか知れたものではなく、起こすのであれば手段はともかく早い方が良いだろう)
        -- シラナ
      • (叩き起こすのは性分ではないともすればどうするべきか、言葉を語り掛ける事で起きるだろうか?)
        (果たしてそれがどれほどの効果があるのかはわからないがしかし、何もしないよりはマシだろうかと)
        おーいシラナ君もう朝だよ、朝ごはんを食べて冒険に行く時間だぞー? -- 涼子 2012-10-31 (水) 23:23:56
      • (くわっ)
        ………………あれっ(冒険と言う単語が覿面に効いたようだが、その後狐につままれたような顔で眠そうに数度目を瞬かせる)
        ……あ、あー。……こっちで(そして何事も無かったかのようにモミの樹が描かれた箱を指差すのだ)
        -- シラナ
      • おおっと…お目覚めかな?(効果はないだろうと高をくくっていたため少したじろいだ)
        いやすまないねえ、冒険と言うのは起こそうとして思いついた方便、つまりは嘘なんだよ
        うん?ああ…こっちを選んだのかい、それじゃあリボンを解いてごらん?(箱ごと渡してはくれないようだ、横と下から箱を支えるようにしつつリボンをシラナに向けて) -- 涼子 2012-10-31 (水) 23:30:30
      • ……あ、いえ、寝ていたなどという事は……決して……(泳ぐ視線)後その、それも、分かってますし……?
        で、はい。選びました。……えっへへぇ、楽しみだなぁ……っ(いかにも楽しみ楽しみと言った風に浮き浮きとリボンを解き、箱を開けんとす)
        -- シラナ
      • ふふふ、お目覚めのキスは必要なかったようだね?(悪戯っぽく微笑んで見せて)
        (リボンを解いていくと中から何かコソコソと物音がする、やがて箱を開けようと手をかけると中から…)
        ばぁー!(ビックリ箱のように飛び出してくる猫のぬいぐるみ、よく見ると箱の底に穴が開いており、そこから腕を通して猫のパペットを操っているだけのようだ) -- 涼子 2012-10-31 (水) 23:50:58
      • あっでもそういうのがあった方が良かったかも(素で微笑み返したという)
        ほう……あれ? ……んむ……。じゃあ、おーぷー、っ!?
        (不意打ち、極めて珍しく目を丸くし、半歩下がり仰け反りすらして、しかし直後には出て来たのが猫のぬいぐるみと知るや大きく溜息)
        び、びっくりした……涼子せんせーの罠にしてやられてしまった……(パペットを突っつきつつ涼子には眠たげなジト目を送り)
        -- シラナ
      • おやおや女の子の唇はもっと大切にしなくてはいけないよ?大事にしなくてもいいのは私くらいのものさ
        ははっ、たまには私だってお茶目の一つくらいしたくもなるさ…そんなわけではい、お年玉だよ(ポチ袋を咥えて渡すパペット)
        それと箱を選んだ報酬は…このパペットをあげよう、ふふ…箱もいるかな?(パペットは単純に人形としてプレゼントのつもりのようだ) -- 涼子 2012-11-01 (木) 00:07:28
      • ええー? でもこう、同性同士ならせーふ的な……感じが……ていうか既に……(同性相手なら身に覚えがあるようで)
        うう、こんな不意打ちはきっと後で仕返しをしようと思うけど涼子せんせー相手だと多分無理かなって……あれ? こっち?
        (ポチ袋を受け取り、首を傾げ……)あ、これも? えへぇ、じゃあ……あ、うん、箱もちょーだい。シーナを驚かした後シーナに上げる事で連鎖していくんだ……(楽しそう)
        -- シラナ
      • 親子や姉妹ならそうかもしれないけどねえ…女の子同士や男の子同士で結婚する人もいるのだし考えてみるのもいいかもしれないね
        仕返しをするとここで言ってしまっては意味がないような…ふふ、それではシラナに驚かされないように気をつけておこうかね?
        それでももし私を驚かす事が出来たなら…なんでも一つお願いを聞いてあげようじゃないか
        それじゃあ…(箱の底を見せる、丸く穴が開いているようだがゴム製の返しが付いており軽いものなら落ちないようだ)ここは相手に見えないようにするんだよ、箱を支えるふりをして中に用意しておいたパペットを装着して…(使用方法も伝えておく) -- 涼子 2012-11-01 (木) 00:28:31
      • あー……そういえばすぐ上の姉もお嫁さん貰ってたな……。むぅ、そう考えると慎重になるべきか……
        いーの、涼子せんせーはこれから眠れない日々を過ごす事になるので……
        えっ本当? いいの? 聞いたよ?…………(早速皮算用を始めた様子)
        あ、うん。……あー、成る程、こういう……へぇ、それで……(レクチャーを受けた事で使用方法を習得したものの、後日妹に試そうとしたら早速バレたと言う)
        -- シラナ
  • んーむー……やはり◎が少ない方が冒険そのものとしては面白い……とゆー事になるか…… -- シラナ
    • そりゃま、どんな相手が出てくるかわかんねー方がハラハラするわな。
      (クリスマスケーキを買いに来たついでに顔を見せる
       見せに来たまではいいが、ああいう事があってからの次というのはそこから何をどう会話を拡げた物か言葉に詰まってしまう)
      あー…ん、まあ。程々にしとけよ、何が出てくるかわからんってのは危険だってことだし。
      怪我でもしたらメンドーだからな、うん。 -- ジェイ 2012-10-31 (水) 00:48:42
      • おやジェイ丸。いらっしゃいませー(眠たげ営業スマイル)
        …………? あ、うん。それはそうだけど。……なに? どーかしたの?(腰を軽く斜め前へ倒し、斜め下からジェイを覗く風にしながら)
        -- シラナ
      • おういらっしゃいました、今年も色々あったがまーなんとかこうやって顔見せられて一安心か。
        …あーっ止めろ止めろそういうの俺ちゃん超弱いから!見たらなんかこー言わなくてもいいことを口走りそうな気がする!
        要はアレだ、俺ちゃんこの店にはお前とシーナの両方が必要だと思ってるからさ、だからつまらん怪我なんてするんじゃねーぜってこと、オッケー? -- ジェイ 2012-10-31 (水) 23:04:27
      • ジェイ丸は大体そんな事言うよねえ。……まー私も一月一月一歩一歩地道ーって感じだけど
        ……いや何か相手の様子がおかしいので……突っついた方が良いのかなって……
        ほぇ。……それはまあ父様曰くダブル看板なのでその通りだけど。……そんな、なんで今更改めて……?(じー)
        -- シラナ
      • だってなんか劇的な事が起こってすっげー鍛え上げられるとか言うのもありえなさそうだしな、地道にやるっきゃねーだろ。
        君いつも眠たそうなのにそういうとこホントよく気が付くよな!?あーもう俺ちゃんいつになったらお前の尻に敷かれるの終わんだろーな!
        うんうんそういう事よ俺が言いたいのは、ってなんもないってマジで。いやホント…あーもう!大事なの、俺ちゃんここが気に入ってんの!
        俺の貴重な癒しスポットだからなここ!?そういう事よ。 -- ジェイ 2012-10-31 (水) 23:19:10
      • んー……でもほら、たまにこう凄いのが来てわーってなって八回くらい戦闘やったりしてがつーんと成長したりとかする……らしいですよ?
        眠たそうだからって寝ている訳ではない事を強く理解して頂きたい……! ……つまりジェイ丸は椅子になりたい類の人?(首を傾げ)
        だってほら……いつもより変だしいつもより怪しいしいつもより余裕無い感じあるし……何か知らないけど身体に毒……かも知れない
        -- シラナ
      • そーなるって事は身が危険な状況に置かれてるってこった、俺ちゃん危ない橋を渡る時は賭けるに値するなんかを守る時にしたいもんだね。
        ちげーよ馬k(馬鹿までは言い過ぎだと思って言葉を飲み込み)…いや椅子にはなりたかないからなほんとに、子供の頃からお前に椅子にされっと翌日腰が…ごほん。
        そーゆー姿勢をして男に尋ねごとをするっつーのがアレよ卑怯よシラナちゃん!?くそういつものペースじゃねーぞ俺。 -- ジェイ 2012-10-31 (水) 23:48:15
      • でも冒険先でどうなるかなんて予見できないもんねぇ。どうせなら実のある感じがいーんだろうけど……◎4つでも残念な事になりえるらしいしー
        うにゃ(頭上の衝撃から身を守るように軽く頭を抱え)……それはまるで私が重いかのような……いえ……軽くは無いですが……そうかジェイ丸が弱いだけ……そうに違いないね(うんうん)
        身の内に溜まったものを吐き出せば楽になると言うのに……。調子が悪いとかじゃないなら尚更。……ジェイ丸はすぐカッコつけるから。ジェイ丸はすぐカッコつけるから
        -- シラナ
      • ちょーど来月の俺の依頼がそんな感じだな、きっと行った先に大した敵もいないんだぜ。
        いや手を上げたりはしないっての、それに昔からお前は結構あれよ身が詰まってるのは事実…あーそーですね弱っちいですね、言っとくけど俺ちゃん結構鍛えてんだからな。
        うっせーやい、男には意地はっておかなきゃならん時があるの。大体お前が悪いんだぞーくっそ…顔見せに来てなんでこんな事に。
        ともかく!暖かくしてしっかり寝て…これは充分過ぎるぐらいか、ちゃんと飯食って新年を家族皆で迎えろよな。 -- ジェイ 2012-11-01 (木) 00:20:03
      • ほほう。……でも油断は禁物なのは言うまでもない事……ですよ?
        (頭抱えた状態から上目遣いチラッチラッ)……え、何その身が詰まってるとかいう……詰まって無い訳ないじゃないですか……。あ、それは知ってる、鍛えてる……にも関わらず? とか? 腰は鍛えてない? 的な……
        えー。……私そんな風になる程の事しましたっけ……? ちゅーにしたってリアクション薄かったし……(そういう認識)
        はい。……ええまあ。……取り敢えずジェイ丸もケーキは忘れぬよう……
        -- シラナ
      • あらやだシラナちゃん自分の重さをご存知でない…いや、うん嘘、ごめんなさいそんな目で見ないで。
        はあ!?お前からあんな事しといてそのリアクションっていうかはああ!?俺がこの前からどんだけ意味を考えて悩んだと思ってんだおい!?
        あー…なんかめっちゃ疲れた。うん忘れずちゃんと持って帰るなマジで。…んま、とりあえずシラナも、メリークリスマス。いい夢見ろよな。 -- ジェイ 2012-11-01 (木) 00:39:54
      • ジェイ丸……(凝視)……嘘は良くないなぁ……っ、んもー
        ふぇ? ……え? ……ええ……?(急に大きな声出され、それが何故かも分からず驚く)
        あ……うん、気を付けて。メリークリスマース、またどうぞー……(見送った後、ジェイのあの反応が何故か分からず首を捻る事しきりだったという)
        -- シラナ
  • (いきなりお泊まりモードから始まる事もある)
    ねぇ…シラナちゃん…… ふと…思ったんだけど……(シラナの隣でごろごろ。日常的になりつつある光景) // -- フィール 2012-10-29 (月) 20:21:30
    • ぅに……なぁにー?(白く大きく長い毛玉としか形容できない抱き枕をもふりつつ) -- シラナ
      • うん…私…こんな感じに…シラナちゃんの部屋に泊って行く事多いでしょう…?(夜の散歩帰りそのまま泊って行く事も多く)
        …でも…このまま寝ちゃう事がほとんどな気がしたの……(ころんと転がりシラナの方へ)
        (シラナのリフレッシュの魔法が便利な事もあり、着替えずに寝てしまう事がほとんどで) -- フィール 2012-10-29 (月) 22:42:19
      • うん? ……うん、そだねー。たまにシーナも一緒に寝るし……(んへへと微笑み)
        …………。……? 別に良いんじゃないかなー。寝るのは大好きだし、誰かと一緒に寝るのも良いし
        (毛玉越しにフィールと目線を合わし)
        -- シラナ
      • (毛玉越しに視線を交わせばにっこり微笑んで)ええ…楽しくて…だからつい泊りに…ね…?
        ん、それはいいんだけど…たまには寝巻に着替えて寝るのもいいかなって……
        それで…こんな物を用意してみました……(パチンと指を弾けばどこからともなく隠密メイドが現れ二つの箱を置いて…消える)
        …てな訳で…お着替えターイム…!(眠そうなシラナを起こすと服を脱がしにかかる)
        あ……電撃の魔法はしばらく解いてね…?(あれやこれやとシラナの声が聞こえたり聞こえなかったりしつつ着替えは進み……
        exp023303.png
        ふぅ…どうかしら…?(やりとげた顔のお嬢様)
        //絵ロールは確定で進んでしまうのであった…! -- フィール 2012-10-29 (月) 23:07:04
      • うん……うん……うん? ……ああ、着替え……(確かに、という顔で頷く)
        用意って……。…………えと(反応する前に事が終わってしまっていたのでちょっと目を丸くした後フィールに視線を戻す)
        え、わひゃ、わー(大人しく脱がされていく)……んぇ? ああ(頷くと、既に露わになっていた巨乳が戒めから解放されて揺れた)
        ……おおぅ、お揃いとは……あれ? でもこれ着てないのとそんなに変わんない感じあるな……(日頃父親からの要望もあって胸元の露出等を控えているのもあってやや気恥ずかしげ)
        //うわっ、エロっ。成る程こういう……エロっ。
        -- シラナ
      • 裸なら…お風呂で見た仲でしょう…?(くすくす。シラナに負けないサイズの巨乳がふわり揺れて)
        ええ…色はシラナちゃんの髪の色に合わせたの…… ふふっ……(照れるシラナに微笑んで)
        寝巻だから大丈夫…ここには私以外いないし…それに……(胸と胸を合わせる様に抱きしめて)
        普段と違って…伝わるでしょう…?(服を纏った状態と異なり、薄く少ない布地は互いの肌の柔らかさと体温がより伝わり)
        //そう言う事です。これでも少し控えた感じです、はい -- フィール 2012-10-29 (月) 23:34:29
      • ん、そうだけど。……お風呂じゃないからちょっと不思議な感じー(とはいえフィールと同様にくすくすと楽しげに)
        みたいだねー……んん、それにしてもやっぱり……(微笑まれ、自分のカップの縁を指でなぞったりしつつ)
        それはー……そーだけど……?(抱き締められれば、当たり前のように抱き締め返し)
        うん……? ……あ。…………えへへぇ(フィールの言わんとする所を理解したのか、微笑むともう少し強めに抱き寄せ、額を寄せ合うような風にして)
        //控え……ああ、でも確かに……ここに掲げてる絵もコルセット抜きにしたら既にとんでもない事になってるからなー……
        -- シラナ
      • そのうち慣れるわよ…ふふっ……(裸にか寝巻になのか…それは言わず)
        あ…ん……(背に回るシラナの腕に微笑んで)
        ね…? いつもより…柔らかいし…温かい……(自分からも強く抱きしめれば額を合わせ)
        普段のシラナちゃんもいいけど…やっぱり着せてよかったわ……(互いの息が届く距離 しばし視線を交わし)
        …ねぇ…シラナちゃん……(シラナの唇に自分の唇を寄せた)
        //二人も危ない身体付きですからね…二人の関係が進展する様だったら…またがんばります -- フィール 2012-10-30 (火) 00:03:24
      • ん〜……(とはいえ今はまだ違和感を拭いきれず)
        ふふ、そだねー、ふわふわでー、やわってして……良い匂いで……
        (ふにゃふにゃと起きているのか寝ているのか分からないがともかく幸せそうな様子でフィールを抱き締め続け)
        ……ん? ……んー(そんな折にフィールの唇が近付けば、自分からも寄せ、唇の柔らかさも堪能するようなキスの仕方をする)
        フィーちゃんはどこもかしこもやわっこいねぇ……(唇を離し、囁く様に言いながら微笑むと、いつ落ちても不思議はなかった瞼がとうとう落ち、寝息を立て始めた)
        //エロボディ! ……さて、今後はどうなるか。ともあれありがとうございましたー。
        -- シラナ
      • シラナちゃんも…良い香りよ……(互いの香りを楽しむ様に鼻をスンスンとさせて)
        …ん……(唇が合わされば身と胸もさらに密着し、互いの唇の柔らかさを楽しみ感じ合いながら暫しの時が流れ)
        ふぅ…シラナちゃんも柔らかい…あ…?ふふっ(眠ってしまったシラナに思わず笑みが零れる)
        …シラナちゃんおやすみなさい…ちゅっ(寝息を立てるシラナに今度は触れるだけの口付け)
        (そしてシラナと共にベッドに横になると、その身を抱きしめフィールも眠りに付くのでした)
        (互いの温もりと柔らかさと愛しさを感じながら……)
        //エロボディ!…さてどうなることか……。いえ…こちらこそいつもありがとうございます -- フィール 2012-10-30 (火) 00:28:21
  • そういえばアクア・アビスには何度も着てたけど、シラナさんの部屋には着てないんだよねぇ、こんにちはー(のっくのっく) -- ミューレット 2012-10-27 (土) 21:53:07
    • (返事は無い。留守では無い事はシーナから聞いているかもしれないし、返事が無かったらより強くノックするとか勝手に入って起こすとか位はしても良いとも言われているかもしれません) -- シラナ
  • ◎が四つの依頼が面白くない気がして来た。……危ないのが好きだったんだなあ
    ……えー(自己評価に無いわーって顔をし)
    -- シラナ
    • え…? シラナちゃんは…危ない事が好き…? そっかそっか……(こくこく) -- フィール 2012-10-26 (金) 22:39:58
      • ……フィーちゃん? -- シラナ
      • いやいや…みなまで言わなくてもいいわ…私も大人しすぎたのね……(色々と納得している顔) -- フィール 2012-10-26 (金) 22:50:09
      • …………フィー、ちゃん?(にこー) -- シラナ
      • これからはもう少し大胆に……ふぇ…? あ…えっと……ご、ごきげんようシラナちゃん……(たらー) -- フィール 2012-10-26 (金) 22:54:30
      • (接近、顔を寄せ、至近、相手の吐息を感じる様な)……きっと誤解があると思うんだけどね……? -- シラナ
      • だ…だって…危ないのが好きって……(接近するシラナと吐息に思わず赤くなりつつ背を逸らし気味に) -- フィール 2012-10-26 (金) 22:59:45
      • それはー、私が安全な冒険に面白味を感じない性質っぽい気がして来たのであってー(背を逸らされればその分離れるので等距離を寄りながら) -- シラナ
      • あ…やっぱり危ないのが…シラナちゃん近…あわっ…!?(さらに背を逸らそうとすればバランスを崩し)
        (前に身を戻そうとする反動で今度はこっちからシラナの顔にフィールの顔が急接近……)
        (でもやっぱり抵抗むなしく…シラナの身に縋りつきつつ倒れる) -- フィール 2012-10-26 (金) 23:11:52
      • むう。その割に何か受け止め方が……お? っと、と(バランスを崩したフィールが少々前後した後倒れかかったので抱き止める
        (抱き止めると言うか抱き寄せる形に近い。またこちらが腰を曲げていたのもあって、頭の高さは等しく、頬を寄せ合う様)
        ……だいじょぶ?(フィール側としてはエビ反り気味なので辛いかも知れませんが)
        -- シラナ
      • ……あ…あれ…?(背中あるいはお尻に来るであろう痛みが来ない)…シ…シラナちゃん……?(一瞬だけぽかーん)
        ありがとうシラナちゃん…私の方が危ない事になってしまったわね…ふふっ(シラナの腕に収まったまま微笑む) -- フィール 2012-10-26 (金) 23:23:53
      • うんうん。それでー、相変わらず何か誤解がある気がするんだけどね?(再開。しっかと抱き締めているので逃げられず、至近の相手、囁きは耳元で) -- シラナ
      • はぅ…流れてなかったのね……
        えっと…でも…私達みたいなお嬢様が危ない事に興味があるのは普通だし……(囁く度に耳に掛かる息に身をもじもじ) -- フィール 2012-10-26 (金) 23:32:53
      • ……なんかフィーちゃんと私のとで差異? とか齟齬? みたいなのがある気がするんだけどなあ……? -- シラナ
      • んー…だって…冒険以上に危ない事は少ないし…その中でもさらに危険を求めるのが好きって……そう言う事でしょう…?
        …だんだん…日常の中でもスリルを求める様になるんだわ……(こくこく) -- フィール 2012-10-26 (金) 23:41:08
      • …………(フィールの主張を聞いた後、彼女を抱いていた腕を急に解いた)
        求めない、そんなのは求めないよフィーちゃん……それ駄目な人だよ……(首を左右に振り)
        -- シラナ
      • あら…?(身は自由になるもなんだか寂しくもあり)ん…確かに日常の中でスリルを求めるのは駄目な人かもしれないけれど……
        でも…危ない事が好きって言うのは…楽しい事だと思うわよ…?(今度はこちらからシラナを抱きしめ)
        だって…私はそう言うのを求めて冒険者になって…世界が広がったんだもの…ふふっ -- フィール 2012-10-26 (金) 23:52:23
      • なんかフィーちゃんが良い話っぽく纏めてるような気がしてきたな……(背筋を伸ばし、改めて抱き返し)
        ………………まーいっかー……(ぎゅーと抱き締め)
        -- シラナ
      • …いいのいいの…締めが良ければすべてよしですもの…ふふっ(楽しげに微笑めば抱きしめたまま頬を擦り合わせて)
        (ふわふわとした空気が漂い始めればお泊まりコースになだれ込むのは当然の事で……)
        (シラナの召喚したベッドで抱きあったままふわふわと眠りに付くのでした)// -- フィール 2012-10-27 (土) 00:06:16
  • ふー……むぅ(若干の今一感が否めなかったのでどうしたものかと言った風) -- シラナ
  • よし……来月からは探検……!(二ヵ月! のトラウマであったゴブリンキングを打倒し意気上昇気分一新) -- シラナ
    • ん…シラナちゃんやる気満々ね…よかった……(先月の様子の事もあり様子を見に来たお嬢様)
      …でも…そっか…シラナちゃんは探検の方に行くのね…… -- フィール 2012-10-23 (火) 23:26:53
      • それは……まあ、イーちゃんがいつまでも悲しむのを良しとする筈が無い……し?
        ん(頷く)信頼度下げたら何だか急に面白くなったけど、危ないしで、前からやってみたかった方に行くなら今かなーって
        -- シラナ
      • そうよね…ふふっ……(シーナに似た事を言ったばかりと言う事もあり思わず笑みが零れ)やっぱり…シラナちゃんはそうでなくちゃ…♪(首に手を廻しハグする)
        …探検なら何度か行った事はあるけど…今はまだ行けそうにないのよね……(一時はバニーの衣装の準備を……)
        …歩く距離が長い事もあるから…寝ない様に注意よ…? -- フィール 2012-10-23 (火) 23:44:20
      • うむ……そう言う訳で私は悲しむのは止めたのだ……! ……を? おお(ハグを受ければ、遠慮なく抱き返し)
        フィーちゃんは……あ、そっかー……んー、暫く一緒にーは無理そうになっちゃうか……むむむぅ
        あ、それは分かってるよー、前ーに一回やったし、どんな感じかは……大体……(寝ていた)
        -- シラナ
      • あ…ふふっ…シラナちゃんかっこいい…ちゅっ…♪(微笑むと強く抱き寄せ頬にキッス)
        …いいのいいの…やる気を出しているシラナちゃんも…好きだもの…私……(普段のシラナちゃんも好きだけど…と、ふわり微笑んで)
        だから…探検がんばって……あ…?…あー……(やっぱりと言う顔)…で、でも…今の調子なら大丈夫よ…… -- フィール 2012-10-24 (水) 00:17:27
  • …………(先月一緒に楽しんだ友人の訃報に言葉も出ない) -- シラナ
    • ………(どうするべきかわからず店の前をうろうろ。シーナの方は影達の様子でわかったが)
      (シラナの方はどんな様子かわからず…… 気付かなければそのまま帰って行くだろう) -- フィール 2012-10-22 (月) 23:53:23
      • (同じように挙動不審になってる、付き合いが短かった分ダメージは少なかった子狐) -- サリナ 2012-10-22 (月) 23:56:56
      • はぅあぅ……(自室にてさめざめと。店外の様子に気が付く事はないだろう) -- シラナ
      • ………ん(小さく聞こえるシラナの音)……………(抱きしめに行きたい衝動を押さえ踵を返す)
        …今は……………(サリナを引っ張るとそのまま自分の屋敷へと帰って行った) -- フィール 2012-10-23 (火) 00:17:19
      • うにゅ、やっぱり友達がいなくなるのは寂しいのー(手を引っ張ってもらって帰った) -- サリナ 2012-10-23 (火) 00:26:27
    • (どちらかと言えば朝に近いほどの真夜中、シラナの部屋の明かりが付いているのを見ている人影が一つ
       よっこらせ、と二階の部屋に一番近い木に登り、背中に背負ってたギターケースからギターを取り出し
       周辺を見回して不審人物と思われないよう注意しながら静かに弾き始める)
       
      Yes there's a reason for all that we're given Just like the eyes in our head
      (人の瞳が背中に ついてないのは)
      They point the way so our lives can move forward to see what future lies ahead
      (前に向かい生きてゆく 使命があるから)
      Believe each other And relax for a while to stare at the stars in the sky
      (手を休めて 空を仰ぐとき)
      Believe each other And the strength of your smile...
      (君の笑顔が 心の支えになる...) -- ジェイ 2012-10-23 (火) 04:13:04
  • (鋭い視線を投げかけ、目が合うとギュッと握手して行った。よく分からない行動だが、同行の挨拶らしい) -- シシュ 2012-10-21 (日) 23:01:03
    • ……おっ? えっ? ……えー?(混乱する事しきり) -- シラナ
  • そういやツーがよく組んでるんだよな、シラナと…ちゃんと挨拶もしとかねえとだな、おーいシラナいるかー?
    …また寝てたりするんじゃないだろうな 「…ガァッ」(とりあえず肩に止まってるツーと一緒に待ち) -- ベン 2012-10-20 (土) 20:34:31
    • いーまーせーんー(返事) -- シラナ
      • そうかー…それならまた来るとするかー…ってんなわけねぇだろ!こらっ、丸分かりな居留守使ってないで出てこいー!
        ったく、こんなの今時イデやロナですら引っかからにっての… -- ベン 2012-10-20 (土) 23:27:29
      • なんで怒られるの……?(出てくる)んで……ええと……ああ(ベンを指差す)ああ(ツーを指差す)
        それで……なんだっけ……?
        -- シラナ
      • いや、そりゃ来客あるのにいませんとか言うからだろ…寝てるのならまだ普通に帰ったってのに(溜息をつき)
        おっ、俺の顔もちゃんと覚えてたのか?…いや、ほらツーと組んだだろ確か…組んだんだよな? 「ガァッ!」(しっかりと頷き)
        まぁそれにミューレットの話題の中で出たし、ということで久しぶりに挨拶に来たわけだ -- ベン 2012-10-20 (土) 23:40:31
      • 寝てましたというのは……うむむ……手遅れか……(見てみれば身なりが割と……ブラウスのボタンとか……)
        え? いえそれは流石に、ほら、ねえ? ……あー……うん、確か、ムカデの時に一緒でした……よ?
        あーミューちゃんの。あーあーあー。……えー……弁当屋さん!(改めてベンを指差し)
        -- シラナ
      • なんでそんな面倒くさがりなんだ…あー、それとちゃんと身なりは気をつけとくように。もう年ごろの子なんだからさ(思わずガン見しそうになって目をそらし)
        …覚えてないのかよ!…あぁ、その依頼だな確か。一応何事もなく無事終わったはずだが…最後疑問形になるな
        ……そう、弁当屋さんな…一応同じ飲食店やってる同士だぞ。こっちは食事でそっちはお菓子だが -- ベン 2012-10-20 (土) 23:52:12
      • いえ決して、左様な事は……うぇ? ……さ、さすがにパジャマにならずに寝たのはまずかったですか(きっと谷間が眩しかろう)
        いえほら……こう、私が蝶の夢を見ているのか蝶が私の夢を見ているのか……的な……。……ああうん、そうそう、そんなそんな……うん?
        うんうん。住み分け。仲良し仲良し(握手握手、ぶんぶん)
        -- シラナ
      • まぁそのあたりはよく俺も普段着のまま居眠りするが…そうじゃなく、ボタン閉めなさいって事なんだよ!(ボリュームある谷間だけに)
        急にいきなり哲学っぽい話になった?…シラナは相変わらず寝まくってるのか、流石に冒険中は寝てないと思うが…寝てないよな? 「…ガァッ」(何故か顔をそらし)
        まぁ同業でも敵対する理由にはならないが…何せうちは配達が売りだしな!シラナの所は味が売りだっけか? -- ベン 2012-10-21 (日) 00:05:22
      • へ? ……ああ、ああ(指摘されてようやくボタンを締め始める。かけ違えも気にしない)
        左様な事は……寝まくってるとかでなく、こう、頑張って……いえ、寝ておりませぬゆえ? ……ちょっと、君は(顔を逸らされ裏切られた表情)
        えー? 被ってたら多分売り上げ競争とかそういう……えーとうちは味と……値段?
        一番上の姉様が父様に商売やる気無くて辛いってたまに愚痴ってたりする……程度な
        -- シラナ
      • …お子様か!ボタン間違えてる間違えてる…はぁ、小さい頃ならまだ付け直してやっても良かったが…(今は流石に出来ずに)
        頑張らないと寝ちゃう辺り深刻だな…むっ、寝てないのか?んじゃ、寝そうになってたとかなんだろうな…まぁ、シラナの言うことを信じるか
        …値段も安いのか…って、それ駄目なんじゃねえか?うちはちゃんと利益出るようにしてるぞ、まぁ本来は配達料貰ってもいいくらいだけどさ
        あぁ、そういや妹のシーナだっけか。元気にしてるか?(一応顔くらいは知っており) -- ベン 2012-10-21 (日) 00:15:26
      • えっ、17歳……あれ、18? ですが……あ、あーあーあー(かけ直す。パッと見ノーブラゆえ谷間チラつき)
        ……ええと、まあ……ねえ? うん、うん、そんな感じで……信じて頂ければ……(眠たげな目つきで頷く)
        あ、でも利益は出てるらしい……よ? 経営自体は知らないけど……ほら、老舗、老舗
        んぇ? ああ。シーナなら病気良くなって来てる以外は相変わらずだよー(外見含め、とはあえて言わず)
        -- シラナ
      • 自分の年齢くらい覚えてような?(頭を撫で) …んで、わざとじゃないんだろうな。シラナの場合…(目をできる限りそらし)
        …信用度が低くなってきたぞおい!?夜ふかししてるってタイプでもないのに、なんでそんなに眠たいんだ?
        オー、それなら問題はないな…って経営面で黒字になってこその利益じゃないのか?…まぁ、老舗なのは知ってる。俺の数十年前からだっけか
        おー…それは何よりだ、イデみたいに元気になりすぎなのもアレだが…大きくなってるんだろうなー(シラナがこうなってるだけに誤解を) -- ベン 2012-10-21 (日) 00:28:14
      • いえその、誕生日祝いをやった……やりましたので、ええ18です(撫でられたので眠たげながらもやや相好を崩し)
        えー。……えー? いえ、眠いのが何でって言われたら眠いからとしか……昔からですし……母様も原因分かんないって言うし
        値段上げればすぐらしいけど、父様がダメーって言うみたいで……。……百年以上やってるっていうのは聞いた事ある
        イーちゃんは可愛いからオッケー。シーナも可愛いのでオッケー。そんな感じ(誤解を招いた)
        -- シラナ
      • 言い直さなくてもいいけどな、俺は気にしてないし…でも18かー…時が経つのは早いもんだなって改めて思うよ、おっさん臭いけど
        えー、じゃない!まぁでも無事に成功してるなら問題ないか…そこまでか、まぁ眠気で大事に至らないようにな?いろんな意味で
        まぁ値段上げれば利益は上がるが…安易に上げると客足落ちるし評判も悪くなるからな…しかし100年か、凄いな…年季がある店構えなだけはある
        …そういう基準でOKなのか……ってんじゃ、シーナは小さいままなのか?(イデと同列なだけに) -- ベン 2012-10-21 (日) 00:43:23
      • ちょっと年上だとすぐそーゆー事言うよねえ。ジェイ丸もそんな感じだし……
        ええー? ……あ、うん、そんな感じで一つ。……ええ、ええ(二ヵ月出落ち経験済みな件については目を逸らし)
        他所より安くて他所より美味しいのが売り? らしいけど……まあ、姉様と父様はよく口論してるし……
        他に何があると言うの……? ……うん? うん。見た目はそのままだから一目で分かるんじゃないかなぁー
        -- シラナ
      • ちょっとと言うが5歳年上は結構大きい気もするぞ?シラナからすれば13歳の子を見てる感じになるからな。
        単に増やしただけなのか!?…あー、まぁうん失敗は繰り返さなければいいんだ。今回頑張れ(なんとなく察し)
        経営方針の食い違いかー、まぁ親子でやってる店ではありがちだよな…親父さんはあと譲ったりはしないのか?
        んじゃ、ツーもシラナ的にOKなのか?(ガァッ?と首をひねり …そうか、双子なはずなのに差が著しいな… -- ベン 2012-10-21 (日) 00:59:39
      • そーゆーもんかなー。……いや、それは……むむむ。これが十代と二十代の差か……!
        ぅええ? ……大丈夫です、今回は、ええ、今の所。あんまりやる気伸びない以外は
        父様元気だからなー……まぁそれに姉様も時分の想い通りにしたいーって言う訳でもないみたい? だし。父様がほーらつだから説教する、らしい? ですが
        そこにいなかったらとおに抱き締めておりますれば……可愛いよねっ、可愛いよねっ。……まあでもシーナは自慢の妹なので問題は無いかな、って
        -- シラナ
  • (植林…!)大切にされているのね…ふふっ(いつも通りの笑顔と微笑みをシラナに返し)
    仕方がないわ…私達みたいに大きいと…油断は出来ないし……
    んー…言葉での説明は難しいものね……(いっそ実践してみる…?と肩を竦め笑う)
    ううっ…次は負けないんだから……(うぐぐと膝を付いた)…むぅ…勝つ自信あったのに……ペナルティを決め無くて良かった……(ぼそり) -- フィール 2012-10-18 (木) 00:28:08
    • 父様は過保護だって専らの評判です(そう言いつつもどこか嬉しげ、誇らしげ)
      単純に、こう……支えが無いと運動出来ないってゆーのもあるしね……
      魔力で透明な膜を作る所から始める感じ……で確か合ってる筈……みたいな(首を傾げさせ)
      いいんだ……勝者と敗者は必ず生まれちゃうんだ……(そっとフィールの肩に手を置き)……ああでも……今後誰かが見てる所でうっかり偶然フィーちゃんの弱点なぞる事があり得ないとも限らないとも……的な……(魔王の娘は微笑んだ)
      -- シラナ
      • 過保護な父親は多いと聞くけど…評判になるくらいなのね……(くすくすと微笑みつつも言葉の中に父親への愛情を感じ)
        …魔力の膜…ん、風船かシャボンを作るみたいな感じかしら……(集中しつつ空中に円を描く様に指を動かす)
        (すると指先に不可視の魔力の球が。シラナなら見えるだろう)…こんな…感じ…?(ぽよんぽよん)これを自分の胸にって事よね……
        …諸行無常…弱肉強食なのね……、ひぃ…!?魔王だわ…魔王がいるわ……(魔王姫の笑みに恐怖する吸血鬼の姫)
        シラナちゃん…シラナ様ご慈悲を〜……(シラナの足に縋りつく…こんなのでも吸血鬼の姫) -- フィール 2012-10-19 (金) 00:13:44
      • シーナ相手だと特に凄いよ。そうしなきゃーって場合でもあるけど、それでもーって風に
        んー……なんとゆーか……膜……巧くやんないと身に付ける時に身に付かず吸っちゃったりとか……
        ……あーおーうん、それそれそんな。後はこう、形成? して……姿見の前で裸でやれば……最初は大変だけど……おっぱい包むの結構大変で……?(大体大まかで理解を済ませていたのでいざ説明する時に困っており、普段あんまり働いていないっぽい頭を働かせ、言葉を選び)
        うむ……。……え? あれ、えー? フィーちゃん〜? わ、わ、わ。もうどーしたのー(いつもの洋菓子屋の娘の微笑み)
        -- シラナ
      • ん…シーナちゃんへはそうなって然りと思うわ…私だって心配になるもの……(シーナが幼き日から病弱なのは知っており、親ならばなお一層と)
        ここから先が大変って事よね……(ぽよんぽよんしながらシラナの方へ球をツンっと弾き)
        …やっぱり…やってみるのが一番かしら……(言葉で難しいのならばやってみる他は無く)…姿見…貸してもらえるかしら…?
        ………あ…? 元に戻ったわ…ううん…なんでもないわ…ふふっ(誤魔化し笑い。フィールはこの日シラナにだけは負けていけないと知った) -- フィール 2012-10-19 (金) 00:40:08
      • 慣れるというかコツというかで、出したり消したりも簡単なんだけど……最初の内は油断すると消えちゃうとかあるしで……(両手で受け止め、そっと跳ね返す)
        そんな感じー……? え、今から? ……んー、でも私から役に立ちそうな助言って出来なさそうだしなー……
        ……? そう? うーん、変なフィーちゃん〜(普段ののほほんとした笑みを返し、先程の片鱗は欠片も無く)
        -- シラナ
      • 私も魔術を使い始めて知ったけれど…上達には繰り返し練習しかないものね……(飛んできた球を掌に乗せる様に受けとめ…そしてまたシラナの方へ飛ばし)
        …そうね…今からだと時間もかかりそうだし……(困る姿を見れば苦笑して)…大体のコツはシラナちゃんの話で理解したし(多分)…家で練習する事にするわ……
        …いいのいいの……(緊張が抜ければその場にぺたりと座り込み)…ふぅ……(ぱたんと後ろに寝転がる) -- フィール 2012-10-19 (金) 01:09:25
      • うん。……最初の内はこう……リストバンド的な……ので感覚掴むとか良いかも……?(ゆーっくり手を振って弾き返す)
        んー……うん、ごめんねー? 母様ならあれこれ手取り足取りなんだろうけど……(申し訳なさそうに両手を合わせ)
        そう? ……ありゃ。……ありゃりゃ。……寝ちゃうならベッドで寝なきゃあ(隣に座り、今にも一緒に寝たそうにそわそわする)
        -- シラナ
      • あ…なるほど…わかりやすい場所で試せば……(そっかそっかと納得)まずはそこから…初めて見るわ……
        ふふっ…ありがとう……(シラナの頭を柔らかく撫でて)…機会があったら…シラナちゃんのお母様にご教授をお願いしようかしら……(指先でトンっと球を受けとめて。今日はここまでと魔力の粒子に変えて散らす)
        それじゃあ…今日もお泊まりコースで行こうかしら…?(ベッドお願いするわね…?と微笑む) -- フィール 2012-10-19 (金) 23:08:01
      • そんな感じで……うん、そういえばいきなりがばーっとやる事もないんだった……
        えへへえ(撫でられれば人懐っこい笑みを見せ)それが一番良いと私も思う。ただ何やってるのか知らないけど、母様忙しそうだけど
        行きましょう、そうしましょー(フィールの隣に倒れるように横になり、その途中から床からはベッドが召喚され、並んで寝る格好に)
        フィーちゃあん……(ごそもぞと抱き付きにかかれば、その途中で既に眠っていたという)
        -- シラナ
      • 魔王だものね…私達にはわからない…きっと何か凄い仕事があるのよ……(シラナを撫でつつ笑みを返し)
        ん、そう言う事になった…♪(何度目かと言う事もあり驚く事無く沸き上がるベッドに身を任せ)
        …シラナちゃん……あ…?ふふっ……んっ(既に眠っていたシラナに微笑めばその頬に唇を触れて)
        …このくらい…いいわよね……おやすみなさい…シラナちゃん……
        (シラナに身を寄せると温もりに身を任せフィールも眠りに付くのでした)// -- フィール 2012-10-20 (土) 00:10:21
  • シラナー、なんか忘れてると思ったらお前とシーナにホワイトデーのプレゼントやるの忘れてたのよな。
    (シラナにゃこれな、と羽毛でふっかふかの上等な枕と安眠用のアロマキャンドルを渡す)
    考えてみりゃー俺ちゃん個人的に忙しくてクリスマスもケーキ買いに来なかったし、それもあわせてだと思ってくれな。 -- ジェイ 2012-10-10 (水) 21:37:45
    • ほうほう、ホワイトデーの。それは感心な心がけですぞジェイ丸ー(頬を人差し指で突っつきながら)
      オゥ、そしてこれは……こう……(枕を受け取るなり早速包装を剥いでキャンドルを手に抱き締めて)
      ……ふすー…………(立ち寝である。既にジェイの言葉が耳に入っている様子ではなかった……)
      -- シラナ
      • うっせーやい、それでこっちはシーナに渡してくれよ。(別のアロマキャンドルに加え、山の草花と景色を撮った写真の入ったアルバムを上から置こうとする)
        あいつあんま高いもんだと気後れするタチだしな、というわけで行ったことない所の雰囲気だけでも思って、俺ちゃんバイク転がして写真撮りに登山してきちゃったぜ。
        んじゃシーナによろしく…おい!さっそく寝てんじゃねーかふざけんな!?
        しかもこれはいつもより深い『ガン寝』の体勢だッ!(ゴゴゴゴ

        …結局こーなんのなー。(近くの椅子に寝かせてシーナ宛へのプレゼントはメモを残し帰っていった) -- ジェイ 2012-10-17 (水) 22:07:52
  • シーラーナーっ、手作りチョコの時間だぞこのやろー!!(懐からチョコクッキーが入った箱をスッと取り出しシラナに投げつけた)
    チョコクッキーの焼き加減が良くわかんなくてな、焦がさず奇跡的にできたのは1個しかなかった。
    だからその1個をママに渡して手作りクッキーのクローン作ってもらったんだぁ、すげーだろ!
    もちろんそれもクローンだ。ありがたく食え食えー。気に入ったらアクアアビスで働いてやってもいいぞ!(元気に走り去っていくちびっこ、クッキーはぼそぼそしてた) -- イデ 2012-10-09 (火) 17:20:41
    • シーナの分もシラナに渡しておくー。一緒に食べれ。 -- イデ 2012-10-09 (火) 17:22:43
      • あ、イーちゃん……おおー、お? っぷ、む、ん(顔面でキャッチ、落ちてう胸でトス、落ちて両手に収まる)
        あー。あれ焦げちゃうからねえ……。……一個? グループ単位じゃないんだ……
        ……すげーけどなんか違う気がして来た……クッキークローン……?
        オリジナルは自分で食べたのかなー。あ、うん、ありがたく頂きます……つまり……イーちゃんが三人目のバイトに?
        うん、シーナにも渡しておくねー。……さて、どんなのかな……?(ぱくっ…ぼそ…ぼそ…)……ああ……これって……(懐かしいような悲しいような顔)
        -- シラナ
  • ケモ化薬が撒かれた(秒数二桁で種族、一桁でケモ率で遊ぶのいいし、自分で確定してもいい)
    (期間も自由で、既にケモっぽい人は人間化してもいい)
    -- 2012-10-05 (金) 10:38:00
    • (ゾロ目で猫化) -- シラナ 2012-10-10 (水) 18:10:11
      • Zzz...(猫耳猫ヒゲ猫舌猫手猫尻尾を手に入れたものの普段とあんま変わんねーや) -- 猫シラナ
      • 猫シラナちゃん!(即飛びついてもふる子狐) -- サリナ 2012-10-10 (水) 20:22:28
      • ……んに…………(可能な限り丸くなって寝てた所にサリナに飛び付かれ、薄く瞼を開いて彼女の方を見るも、寝るのを優先する猫) -- 猫シラナ
      • にゃー、寝るの優先でもも降らせて貰うのー(丸くなってる所でお構いなしに抱きついてもふもふもふ) -- サリナ 2012-10-16 (火) 19:43:23
      • んんん〜…………(割とされるがままだが、薄眼を開き、尻尾を振って数度打ち鳴らしてご不満アピール) -- 猫シラナ
      • にゃー、不満っぽいのー、シラナちゃんはもふるのは好きだけどもふられるのは苦手なのー?(一旦手を離して猫耳を撫でてみる) -- サリナ 2012-10-16 (火) 23:40:23
      • (猫耳を撫でられれば弾くようにぴるぴると微動する)……ん、にぁあ……ぉぅ(そうして寝返りがてら背伸びをしながら欠伸の様な声を漏らし、再度身を縮め丸まって寝に入った) -- 猫シラナ
      • にゃー、これはこれで可愛いのー(飽きずに耳や髪を撫で続け)んー、もう完全に寝入っちゃったの(暫く尻尾や耳を撫でていたが眠くなったので一緒に寝た) -- サリナ 2012-10-17 (水) 00:17:02
  • (難易度一個上げた効果が早速出て今度こそ機嫌が良い) -- シラナ
    • ふふっ…シラナちゃん機嫌よさそうね…♪(ぎゅっ。バックアタックしつつ文通覚悟でやってくるお嬢様) -- フィール 2012-10-05 (金) 00:52:09
      • おぅっふ。むむぅ、フィーちゃんから奇襲を受けるとは……! おのれー卑怯だぞ姿を見せろー -- シラナ
      • ふっふっふ…私だってたまには奇襲するのだー…♪(抱きついたまま耳の近くから聞こえる声)
        んー…もう少しこのまま…シラナちゃんの髪ふわふわだし…それにいい匂い…… -- フィール 2012-10-05 (金) 23:03:27
      • うーむー。し、仕方ない……このまま蹂躙されちゃうんだ……(両手を頬に当てていやいやん)
        ふわふわと言うか癖っ毛ってゆーかー。……フィーちゃんはすっとれーとだから羨ましいとかそういうそんななんでしょうか
        -- シラナ
      • ふふっ…そんな言うと…本当に押し倒して蹂躙しちゃうわよー…?(悪人風味。迫力はまったくありません)
        …それがいいのよ…でもそうね…自分の髪と違うのもあるけれど…やっぱりシラナちゃんの髪だから…かしら…?
        一緒に寝た時もだけど…シラナちゃんの髪…触っていると落ちつくの……(背をくすぐる様に髪の一房を指に絡め) -- フィール 2012-10-06 (土) 23:54:31
      • えー……? じゃあ押し倒されたら蹂躙し返しちゃうしー、フィーちゃん敷布団にして寝ちゃうしー
        やっぱりそういうのなんだ……。ん? え、ああ、それはそれで照れるにゃー(照れ照れ)
        んー、仲良い相手の髪ってそんな感じあるよねえ、っくくふ、やだ、ちょっと、背中、んもー(くすぐったい。身を捩る。)
        -- シラナ
      • 攻め攻めシラナちゃん…… 寝ちゃったら…私がやりたい放題するもの…? でも…試して見る…? どっちが蹂躙するの上か……(妖しげに笑み)
        ん、髪を弄り合えるのって…仲良しの中でもさらに特別な感じがして好き…… 特にシラナちゃんの髪は好きよ…他の所も好きだけど……
        (身を捩るシラナに笑み)シラナちゃん可愛い…まずは私が一歩リードかしら…?(くすくす) // -- フィール 2012-10-10 (水) 18:47:22
      • あ? あー……あー、そうか。……そうなっちゃうか。……むぅ、長期的に見て私に勝ち目が無い気がしてきたんだ
        んふー、そゆ感じは私もするかなあ。んふ……んー、フィーちゃんは柔らかいしねえ
        あんもう、背中ばっかりっていうかこの体勢が良くない……ので……ここをこう……(コルセットを緩め)そんでー……
        おりゃ(コルセットの中で少々強引に半回転、フィールと正面向き合う形に)私のターンだーっ(そして笑顔で抱き締め、された事をし返すようにフィールの髪を弄り始める)
        -- シラナ
      • 短期決戦でも…私が勝つかもしれないわよー…?(くすくす)
        ん、同じ気持ちって…嬉しいわ…シラナちゃんもふわふわだし…あら? あらら…?
        (フィールの攻め一方になるかと思いきや…反回転するシラナに目を白黒)…そんな手があったかー…むぅ
        でも…この姿勢は私も好きよ…シラナちゃんの顔が見易いし……(微笑むと自分からも抱きしめ返す…が)
        ひゃん…?(髪を弄られるくすぐったさに今度はフィールが身を捩る)シラナちゃんも…やるわね…… じゃあ…こんなのは…?
        (今度は背に回す形になった手…指で背筋をつつーっとするように髪をいじってみたり) -- フィール 2012-10-16 (火) 21:14:26
      • んっへへー、フィーちゃんの髪はするーっとしてよく指が通って凄いさらさらでー、良いなあこれ……!(弄り弄り)
        お返しなので止めてあげませんし……? ふえ? おぅぅっ、ちょ、それはずるいよ反則だってー(背に指を這わされればびくーっとなる)
        むむう、ならこっちはー……(ちょっと考えた後、似たような事をやり返す。ただし這わせる指は下から上へとなぞり上げ、途中で掌の向きを変えてそのまま後頭部へ指を広げて突っ込む)
        -- シラナ
      • シラナちゃんの髪だってふわふわで…あ…んっ……(髪を梳かれれば心地よさ半分くすぐったさ半分で身によじよじ)
        …ふぅ……反撃成功…♪…え……(びくっとする反応に満面笑み)…あ…や……(背筋をなぞる感触に肩が震え)
        ふわ……あ…?(うなじに触れる指に思わず艶のある吐息が漏れ頬が染まる)ううっ…もうこうなったら……
        ん……(かぷっと首筋に甘噛み。以前吸血したのと同じ所に) -- フィール 2012-10-16 (火) 23:51:10
      • ……おや、おやぁ? フィーちゃん私より背中弱い? ……弱いね?(一撫でで頬まで染めたフィールに楽しげに言うも)
        こうなったらって……あひゃ、わ、ちょっと、くすぐったい! 血を吸う訳でもないなら凄いくすぐったいよ?!(言いつつ、フィールの後頭部から手をやんわり撫で下ろしにかかる)
        -- シラナ
      • …そ…そんな事はないですのだ…?(語尾が変。吸血鬼は攻めな種族…背後からの攻めに弱くて当然かもしれない)
        ん……(口を外し)なら…血を吸っちゃう…? それとも…他の所がいい…?(抱き合った間近でくすくす)
        (撫でおろす感触は心地良くもあり…くすぐったくもあり……それでも攻めの姿勢は解かず) -- フィール 2012-10-17 (水) 00:11:04
      • そっかー……(眠たげながらもあ、これ間違いないな、と確信した目付き)
        吸われたら前みたいに寝ちゃうし……? 他って。首から以外? ……(考え、首を傾げ)まあいいや。お返ししとこう
        (言うなり抱き締めるフィールの手近な部位、ちょうど、彼女の片耳の上側がそれに辺り、そこを甘噛みする。吐息も混じって色々感ずるものはありそうだ)
        -- シラナ
      • そうよー…?(額に汗マークを張りつけつつあやふやな返事。フィールの弱点が一つ明らかになりました)
        …そう…? 前回は初めてだったから…緩めだったけど……他と言ったら…そうね……(「こことか」と指でシラナの唇に触れようとしたが)
        …ふぇ…? あ…ぁ……(自分から噛む事はあっても噛まれる事なんて事はなく…ましてや耳)
        (吐息がかかれば耳から顔へとさら朱に染めて先よりも甘い声を漏らしふるふると身を震わせてしまう) -- フィール 2012-10-17 (水) 00:35:15
      • んむー。ひょっほ変わっははんひょふ……ん?(フィールの様子に気付かぬまま甘噛みしつつ喋ったり)
        ……あれ?(だが流石に腕の中の彼女の様子に気付き口を離すと、眠たげながらも大丈夫? と目線を向けつつ)これは私の勝ちなのかなー?(軽く首を傾げた)
        -- シラナ
      • …だ、だって……あんっ……(甘噛みしたまま喋るものだからますますむずむずとして)
        はふぅ……(口が離れれば大きく息を吐く)…うう…このまま終わるのも……(吸血鬼はプライドの高い種族、負けましたなんて言える訳も無く)
        …えい…!(漫画で言えば「むにゅ」と言う擬音。首を傾げるシラナの胸を両手でホールド) -- フィール 2012-10-17 (水) 00:55:20
      • ねえねえフィーちゃん、ねえフィーちゃん(勝ったという事で良いんだろうなあとは思えども、呼吸を整える相手から応えが無ければちょっと不安にもなる)
        これってやっぱ……あ(感触で気付き、フィールの両手が自分の乳房に沈み込んでいるのを見て、)とぁ……!(咄嗟の反応はフィールを軽く押して自分から離す事だった)
        あっ、ごめん。……でも急に胸触ったりするからだよ?(恥ずかしげに腕で胸元を隠し、隠しきれず)
        ああいう触られ方でもうちょっとあのままだったら、ばちばちーって稲妻ショック出ちゃうもん。私ブラジャー付けてない代わりに魔力で覆ってるから……
        -- シラナ
      • …え…?…あ……(突き放されやりすぎてしまったかと…一瞬心がチクリとするが)
        ううん…私の方こそ…ごめんなさ…え…稲妻ショック…?(自己防衛システムがあったのね…と納得)
        でも…ノーブラなのには気付いていたけれど…魔力で覆っていたのね…私も今度教えて貰おうかしら…?
        (何度も抱きしめ合えば気付くのは当然で。そして絶賛成長中なのでブラに難儀しているお嬢様)
        と、とりあえず…反撃…いいわよ……
        (胸を隠し照れるシラナを見れば流石に申し訳なくなり両腕を広げてみる)// -- フィール 2012-10-17 (水) 01:24:20
      • うんそう、ばちばちーって、悪戯防止的なのが(フィールの表情の変化に慌ててフォローを入れ、疑問を返されれば何度も頷く)
        流石にノーブラだと揺れたりして邪魔だもん。……あ、良いよー? 魔力をこう……ちょっとコツ入るけど
        ……へ? ……え? えー? 反撃?(コルセットの位置を直しつつ、反撃と言うと……と考えて頬を赤くする)
        いやいやいやいやいや、それには及ばないと言うか……うん、うん。別に。うん。弱点とか分かったし?
        -- シラナ
      • ん、確かに…寝ている間に悪戯されたら……(シラナの優しさからの行動だと気付けば笑みを返し、もう大丈夫と)
        揺れすぎは痛いし…形にも影響するらしいものね……、…魔力をこう…? コツなら練習して掴む事にするわ……
        そう…?シラナちゃんがいいと言うのなら……あー…内緒よ…?皆には内緒よ…?(シラナ以上に真っ赤になる)
        …うう…この勝負…私の負けだわ……(ガクリと頭を垂れる) -- フィール 2012-10-17 (水) 23:45:02
      • そんな感じで……父様が凄い心配してて、でー母様から魔力で覆うのを教えて貰ってる時に、そういう風にするようにーって(安堵したように微笑みを浮かべ)
        型に入れないとダメーって何だか野菜とかみたいな気はするけどねえ。んー、何て言えばいいのか……うん、ちょっと大変かもだけど
        うん……うん? うん、内緒。大丈夫、大丈夫だよーフィー…ちゃん(真っ赤になったフィールに楽しげな笑みを見せ)
        へ。………………あっ(負けを認められた事で勝負があった事を思い出す)……勝った!(万歳)
        -- シラナ
  • (直行だったがボス含め討伐数2だったしすぐ終わったので機嫌が良い) -- シラナ
    • (充実している武器防具に羨ましげな目) -- クラノ 2012-10-03 (水) 22:34:06
      • (自分より四倍以上ある情熱に満ちた眼差しに先程よりは若干機嫌が悪くなる)
        ……あ、なんだ。クラ君か。……え、何? お店に何か用とか
        -- シラナ
      • (どや顔)
        まぁでもほら…大丈夫だよ、シラナならきっとバニーも似合うって
        んや、今日は遊びに来ただけー、久しぶりです、相変わらず寝てる? -- クラノ 2012-10-03 (水) 22:43:04
      • (植物の種を投げつける)
        しーまーせーんー。するとしてもシーナと一緒ですぅー
        そうなんだ。珍しい気がする……うん、うん? ……いえ?
        -- シラナ
      • (おでこにぴしーっ、と種が当たってぐえーする)
        シーナは…情熱安定してるみたいだな…?まぁそうそう引退する事は無いと思うけど
        寝てるんっすね…このままちょっと黙ってたら寝るんじゃないかなシラナ… -- クラノ 2012-10-03 (水) 22:50:46
      • シーナはほら。冒険凄い楽しみにしてたみたいだし、実際楽しんでるようだしで……
        うぐぐ……だがそんな安い挑発に乗る程私は面白くなんて無い、無いのだ……!
        -- シラナ
      • シラナはそうでもないのか?シーナに付き合って冒険者やってるー、とか?
        ほんとかー…?ほんとに寝ないかー…?
        じゃあちょっと実際に試してみよう、ちょっと黙ってみよう
        ……………(じっ、と黙ってみる) -- クラノ 2012-10-03 (水) 23:00:10
      • (既に立ち寝状態であった) -- シラナ
      • 寝てんじゃねーか…寝てんじゃねーか!俺が思ってたより早い段階で寝てんじゃねーか!
        …さて(きゅぽんっ、とマジックの蓋を開けながら) -- クラノ 2012-10-03 (水) 23:03:34
      • (悪戯とか躊躇われる程度には凄い幸せそうな寝顔) -- シラナ
      • …ぐっ…!お、おのれ、この寝顔に悪戯描きするのは俺にはとても出来ない(マジックをしまいながら)
        ほらおーきーろー、やっぱり寝てんじゃんかー、シラナー?(軽く肩を揺さぶりながら) -- クラノ 2012-10-03 (水) 23:06:05
      • (揺さぶられれば大体相応に揺れる胸)……はっ。……あ、や、え……えーと……
        いえ、寝てませんから……(ばつが悪そうに視線を逸らす)
        -- シラナ
      • わぁ(思わず揺れる胸に目が行ってしまい)……はっ、あっ、いや、お、おはよう?
        寝てたって完全に寝てたってすごいいい夢見てそうな顔してたって
        寝るのは俺も嫌いじゃないし気持ちは分からないでもないけどなー…冒険中寝ないようにな -- クラノ 2012-10-03 (水) 23:16:18
      • いえ、そんな……左様な事は決して……(別方向に視線を逸らす)
        え? う、うん、寝るのは良いよね。寝てないけど。……冒険中? ……あー、冒険中ね(いよいよもって背を向けた)
        -- シラナ
      • 寝てるんですね、冒険中も寝てるんですね…
        まぁそんな隠さなくてもほら前からそうだったしさ、寝る子は育つといいますし -- クラノ 2012-10-03 (水) 23:28:33
      • ですから左様な事は……手を引いて貰えば問題ありませんし……いえこれは机上の空論の話しでして……
        うぐぐ……(回れ右)まあ確かにシーナ差し置いて育ちましたけども。……いえ、日頃から眠り惚けている訳では……
        -- シラナ
      • うむ、まぁ実際ちゃんとやれてるんだから大丈夫ではあるんだろうけど
        強情だな!そこまで言うならそういう事にしておこう…!
        そいじゃ俺はそろそろお暇しよう、情熱上がるといいなー、ほいじゃなー -- クラノ 2012-10-03 (水) 23:40:52
      • だって寝てるって白状したらそんないつも寝てるみたいな扱いを受け入れざるを得なくなりますし……
        あ、うん。……来月からは難易度一個上げた効果が現れる筈……それを信じて……!(手ぇ振って見送った)
        -- シラナ
    • (情熱100減少を何故か増えてたと見間違えたから機嫌良いと書いたなんて今更いえない) -- シラナ
  • うーんむ……(やる気低迷の打開策に舵を切るべきか否かで悩む) -- シラナ
    • ぴ(そんなシラナの目の前で信頼度いっこ下げる情熱385の私) -- ティナ 2012-10-02 (火) 23:17:17
      • むぅ。こう、じわじわ〜っと来てて、ちょっと前に上向いたような気もして、でも今月やっぱりじわっと来て
        おんなじ風な筈のシーナはなんであんなに溌剌としてるのかが分かりません……
        -- シラナ
      • 言い回しがいちいちかわいいなぁ……ええと、シラナは武具貰ってるからそれでイーブン、とか……? -- ティナ 2012-10-02 (火) 23:34:30
      • ティナちゃんの耳と尻尾にはかないませんが。……かないませんが(チラッチラッ)
        前の二ヵ月落ちの時も魔導器拾ってたりでそれなりに拾得はあるんだけど、でもそれで……イーブンとは到底……
        -- シラナ
      • ……などと思っていると鋭い切り返しが来るのでなかなか油断なりません(目を逸らしながら)
        武具がある分少し楽になって張り合いが出なくなっている……とか? -- ティナ 2012-10-02 (火) 23:44:12
      • 不思議なのー、二人とも情熱が低いの(同じような条件なのに情熱溢れる子狐) -- サリナ 2012-10-02 (火) 23:47:11
      • なんでそこで目を逸らすの……ティナちゃん……(眠たげだがジト目)
        ふむぅ。……狼やゴブリンでなくオーク討伐の時はちょっとやる気戻った感あったし、張り合いが無いのがやはり……?
        ……取り敢えずサリナちゃんから情熱をゲットせんとす(現れた子狐を抱き寄せるや早速もふりだす)
        -- シラナ
      • 情熱吸い取られちゃうのー♪(きゃっきゃ喜んでる子狐)
        でも私もそろそろ確定依頼だと情熱苦しそうなの -- サリナ 2012-10-02 (火) 23:55:01
      • 目を見ると負けてしまいそうで……もう少し続けてワンランクの依頼になれば安定してくるんでしょうけどね -- ティナ 2012-10-02 (火) 23:59:09
      • 負ければ良いのに……。そうなるまで冒険者やってられたらいーんだけど……難易度一個上げようかなあ(サリナもふりながら)
        ああ……それにしても……サリナちゃんは柔らかくてもふっとしてお触りオッケーでもう……もう……(撫で頬擦りもふ)
        どうですティナちゃんも、300くらい持ってってもバレないと思うし……この耳が、この尻尾が、この長髪が……(弄りなたら)
        -- シラナ
      • ティナちゃんももふってみたいのー?(期待した目で見つめて)
        私はとても気にする相応なのー、ふにゃー♪(ごろごろ喉を鳴らして頬ずり返しして)
        600ぐらい減ってもまだ1000はあるのー(尻尾ぱたぱた動かして) -- サリナ 2012-10-03 (水) 00:07:54
      • 絶対に負けませんっ!(キッ)
        リザードマンまでが最初の壁ですねぇ……私もそこまで保てばいいのですが
        何ですそのバレないって……2人で600は流石に大きい……じゃなくて、それで持っていけるのはシラナくらいなものだと思うんですけど -- ティナ 2012-10-03 (水) 00:09:30
      • 負ければ良いのに……ほら、サリナちゃんも負けて負けてーって言ってるよ?
        気にする相応なんて私もシーナもそれだし……その上で不思議な格差が生まれてるし……(サリナをぎゅーっと抱き締め)
        蜥蜴人かー……どうだろうねえ本当。……え? バレ無いって言うか問題無い、みたいな? ……ティナちゃんもサリナちゃんもふってみれば良いんじゃないですかね。ほら……どうぞ?(名残惜しげにサリナから身を離し、彼女をティナの方へ軽く押してみる)
        -- シラナ
      • 負けてみて欲しいのー?(ほんとに言ってる)
        冒険者格差の時代なの、きっと不況が悪いの(抱き締められてご満悦)
        にゃー、トカゲぐらいは頑張りたいの、もふるの?(小首を傾げて尻尾揺らしてる子狐) -- サリナ 2012-10-03 (水) 00:19:43
      • まるで悪魔の囁き……って何割か魔族でした、魔乳でした
        いえ、もふりませんよキャラじゃありませんし、シラナみたいにやる気ドレインもできませんし!(押されたサリナを受け止めながら) -- ティナ 2012-10-03 (水) 00:21:30
      • ハーフなのー、妖怪のハーフでもあるのー(受け止められてそのまま腕の中で丸くなってもふられる準備万端な子狐)
        えー?じゃあティナちゃんをもふっていいー? -- サリナ 2012-10-03 (水) 00:25:51
      • 私は半分以上悪魔だし……魔乳? 魔乳……(自分の胸元を見る、サリナのを見る、ティナのを見る)……ああ(ポンと手を打つ)
        双子なのに格差とかー、同じ母様のお腹の中で栄養を分け合った仲だって言うのにお姉ちゃん悲しいわぁ
        ……もふっても良いって言ってるんだしもふれば良いのに……おっとここでサリナちゃんがティナちゃんもふる新展開が?(わくわく)
        -- シラナ
      • 誰が見ても分け合ったようには見えないんですよね……シラナがシーナの分まで持っていったようで
        いいえ私は遠慮しておきます、その分シラナがモフってあげて下さい、そんな訳で私は撤収しますさらば! -- ティナ 2012-10-03 (水) 00:39:42
      • 双子でも二卵性じゃ仕方ないの
        にゃー、残念、おやすみなさいなのー(ごろごろのびる) -- サリナ 2012-10-03 (水) 00:43:30
      • えー。……シーナだって姉様達の例に倣って20歳くらいになったら私くらいになる筈だし……
        ……勿体ない……なんでもふんないんだろう。あ、うん、またねえ(手を振って見送り)
        ……ああ言われたんじゃ仕方ないよね……(その後サリナをそれはもうもふーっもふ、もふもふもふ、もふーし倒したそうな)
        -- シラナ
  • シラナちゃんごきげんよう…昼が長くなってきたわね…夜が短くなって寂しいわ……
    (夏の夕方。日傘くるくるやって来るお嬢様) -- フィール 2012-10-01 (月) 21:31:02
    • フィーちゃんごきげんよー。……そだねえ、ついでに暑くもなってきたねえ
      うちの……お店じゃなくて、実家? の方だといっつも夜だから暑いとかそういうのは無いんだけど
      -- シラナ
      • ええ…日の強い時間帯はなるべく外には出たくないわ…だからこうして夕方に…ね…?
        …いいな…夏の間だけでも暮らしたいかもしれない…そうそう……(話をしつつ来月の依頼書を取り出せばにっこり) -- フィール 2012-10-01 (月) 22:30:58
      • やっぱり種族的にも辛いと余計大変なんだねえ。……いっそ夜になってからの方がとも……
        んー、でも景色の変わり映えとかそういうの全然無いからつまんないよ? ……え、何々? あ(依頼書を見れば、一瞥するまでもなくフィールへ笑み返す)
        やっと組んだねー。シーナも一緒だし、うふふふ
        -- シラナ
      • 昔みたいに(太陽で)死にかける事は無いのだけど…うん あ、だって…夜だとシラナちゃん…眠いでしょう…?
        …んー…景色の変化か…確かに…昼があるから夜が素敵なのかもしれないわね……むむぅ(腕を組んで悩む)
        ええ…シラナちゃんとだけでなくシーナちゃんとも一緒の依頼…来月は楽しい旅になりそうね…ふふっ -- フィール 2012-10-01 (月) 22:59:27
      • 日傘で割と何とかなるようになったフィー…ちゃんは丈夫になったなあって思う(微笑む)……え? あ、あー……うん、まあ眠いのはいつもだし……?
        常夜は常夜だけど、母様が作った結界だから……いつも満月だし。やっぱり変わり映えはあった方がいいよー
        シーナに頼めばお菓子も一杯持っていけるし、道中が楽しみ楽しみ。でも……んー……なんか何か足りない気がして来た
        -- シラナ
      • ふふっ、三年間修行を積んだから…えへん(胸を張る。こっちも立派になりました)ん…シラナちゃんがいいのなら…夜に訪ねようかしら…?
        ……ふぇ…? いつも満月なの…? あ…えっと…そ、それはまずいわ……(シラナの母…王。が作った物ならば疑似的な物でもかなりの魔力を秘めていると想像され)
        情報の信頼度も高いし…サクッと終わらせれば帰り道ものんびり……ん、足りない…?何かしら…? -- フィール 2012-10-01 (月) 23:20:57
      • ああ(ぽーんと手を打ち)フィーちゃん凄いなあ(馬鹿素直に感心する)……んー、うん、大丈夫大丈夫、夜おっけー(数度頷く)
        うん? うん、他の月は嫌いだって。……まずいのかなあ? ちょっと元気になる様な感じはあるけど……(魔族活性効果付きゆえ)
        うん……うん? うん、依頼はそうなんだけど、こう……ああ……そっか、今まさにか……フィーちゃん分……
        -- シラナ
      • ふふっ…シラナちゃんありがとう…… ん、それでは夜の散歩を兼ねて寄らせてもらうわね…?
        …まずいって言うか…その状況が続いたら我慢できなくなるもの……血を吸いたくなるのを……
        …特にシラナちゃんやシーナちゃんの側にいたら……
        う〜ん……(シラナと一緒に考えていたが)…あ…ふふっ、それね…!
        なら…私もシラナちゃん分の補給…♪(おいでとばかりに両手を広げる) -- フィール 2012-10-01 (月) 23:40:00
      • ん、りょーかいしました。……私も夜寄ろう
        ……あー。血。フィーちゃんなら別にいっかなーと思わなくもないけど
        まーでもでも取り敢えずは、とーうー(招かれて抱き付く。相変わらず身長差はあるものの、ぎゅーっと)
        あれー? でもどうなるんだっけ。……血を吸った方と吸われた方って?(首を傾げ)
        -- シラナ
      • (歓迎するわ…とにっこり微笑んで)
        …そう言ってもらえると…嬉しいわ……(シーナちゃんからも吸うなら寝てる時がチャンスかもなんて言われて……)
        ん…ふふっ……(シラナをぎゅーっ、互いにふわんわふんな感覚を楽しみつつ)…ん…そうね……(若干視線をあげ)
        私は…血を吸う事で(吸血)欲求と力を満たせるわ…… 
        吸われた方は気だるくて…少し気持ち良く…?(どの程度かは精神抵抗の強さによる。それと即座に吸血鬼になる事は無い)
        ……試して見る…?(くすくす) -- フィール 2012-10-02 (火) 00:13:46
      • んふー……(軽くフィールへの頬擦りを交えつつ、ハグしあう)
        うん、んー……? フィーちゃんはすっきりする感じで、私はちょっと疲れつつ……気持ち良い? うん?(再度首を傾げ)
        うーん。じゃあどうぞって言うのも何か変な感じあるけど……良いよって言ったら吸っちゃう?(眠たげながらじーっとまっすぐに見ながら)
        -- シラナ
      • …んー…ふふっ……(お互いの温もりと感じ合うひと時に幸せを感じ)
        吸われた側になった事がないから…説明が難しいわ……人によっては癖になる様な感覚ではあるらしいけれど……
        …吸うわ……(視線を逸らす事なくシラナの瞳をじっと見つめ)
        だって…吸血鬼にとって好きな人や…大切な人の血を貰うのは…嬉しい事だもの…?(ふわり微笑む) -- フィール 2012-10-02 (火) 00:41:54
      • 吸うんだ……(ちょっとだけ意外そうな色が目に宿る)
        うん……う……て、照れるなあ……っ(ストレートに言われれば流石に頬に赤みも差す)
        ええと、まあ、じゃあ、そういう事なら……(ぎゅ、っとした後にフィールから一歩離れ、首のリボンを緩めると、襟を指でなぞって軽く広げ)んー、どっち側から、とかそういうのはお任せで……(そう言って軽くフィールの方へ上体を傾げさせ、瞼を閉じ)
        -- シラナ
      • …はぅ…私も少し…照れるかも……(赤く染まる頬を見れば、大胆な事を言ったと気付き自身の頬も赤く染まってしまう)
        ……あ……(離れる体温に名残を感じつつもリボンを解くシラナから視線を外さず)…ありがとう……
        (シラナの肩に手をのせると首を廻し…そして右の首筋にそっと唇を触れ)ん…綺麗な首筋……
        行くわね……(囁く様に言うとそっと牙を突きたてる)
        (最初はチクリとした痛み、しかし痛みはすぐに収まり代わり来るは甘い感覚)
        (撫でられる様なくすぐられ様なふわふわとした甘い感覚)
        …ぅん……(肩に乗せていた手をシラナの背に回しゆっくりと血を啜る) -- フィール 2012-10-02 (火) 01:04:44
      • (気配と肩に置かれた手から、右からだと察し、腕を上げて邪魔にならないよう髪を背側へ軽く避けておく)
        うう……こ、こそばゆい(吐息や唇の感触に、微妙な笑みを浮かべつつちょっと身震い)
        ん……(軽く頷き、吸血鬼の接吻を首に受ける)
        (ちょっとした痛みの後、少し力が抜けるような、眠る前に似た安堵のようなものを感じ)
        はぅ……(軽く抱かれる風になれば、こちらからも左腕をフィールの背に回しかけ、背に至る筈だったそれは腰の辺りで止まる)
        (フィールはやがて気付くだろうが……既に眠りに落ちていた)
        -- シラナ
      • ……ふふっ…(シラナの反応に笑みを零しつつ、その血を啜りあげ喉へと落としていく)
        (そしてシラナの腕がフィールの背に回ろうとすれば強く抱きしめ返そうとするが……)
        ……ぁ…?(止まる腕に小さく疑問の声を発すも、すぐにシラナの眠りに気付き)
        …んっ…ふぅ……(背を支える形になったまま首筋から牙を抜く。白い首筋に残るは二つの刻印)
        …心地良かったのかしら…?ふふっ……(紅に染まった唇で微笑み)
        (シラナをお姫様だっこで抱きあげればそっとベッドへと寝かせ)
        …シラナちゃんごちそうさま…ふふっ……(自分の膝を枕にさせそのまま寝顔を見守るのでした) -- フィール 2012-10-02 (火) 01:35:49
  • 今度でシーナとは四度目かー……地味に涼子せんせーとの方が先に四度目だったりとかしたけども
    それにしても……(自分(情熱:568)と妹(情熱:1492)の意気込みの差にやはり首を傾げるのだった)
    -- シラナ
    • 引き続き五度目。……シーナとは本当組むにゃー、粋な計らい的なやつかな(モーニングスターの練習しながら) -- シラナ
      • (アレをツタで括って相手に叩き付けるんだわ…恐ろしい子!と言う表情で木陰から見守る) -- ジェイ 2012-09-30 (日) 23:08:11
      • ぶーんぶーん(ぶぉんぶぉん)……ぶーんぶーん(ぶぉんぶぉん)…………むぅ
        (掛け声付きで振り回した後、少々考え込む)……ぶーnお?(そして改めて振り回さんとしたらすっぽ抜けてごりふれたモーニングスターは木陰の方へすっ飛んでいくごりふれた展開)
        -- シラナ
      • なんだとォーッッ!?
        『腐れ縁の武器訓練の様子を見守っていた俺ちゃんに突如!
         モーニングスターが低い唸りを上げて飛んできた
         さあここで俺ちゃんはどう対処したか!投稿秒で判定しよう』
         
        1. 俺ちゃんは慌てて木の影に隠れてやり過ごした。(投稿秒下一桁が1)
         
        2. 「打ち鳴らせ鼓動の潮流(ハートビート・タイドストリーム)ッ!」
        愛用のアメリカンクラッカーに氷魔法を流してモーニングスターへ絡ませ氷で固定!(投稿秒下一桁が2)
         
        3. ハンサムな俺ちゃんは冷静にその場へしゃがんで地面に落ちるのを待った。(投稿秒下一桁が3)
         
        4.かわせない。現実は非情である。(それ以外) -- ジェイ 2012-10-01 (月) 23:11:09
      • 「ほんぎぇい!!」
        ザンネン!オレ・チャンのメンポにおはようハンマーが見事に着弾!ショッギョムッジョ!! -- ジェイ 2012-10-01 (月) 23:14:41
      • (何も持たぬ手を不思議そうに見た後、変な断末魔にはっとなってそちらの方へ向く)……大参事だコレ!
        鎖突きはなんか危ないなって思ってたら……案の定……これやっぱり味方に当たるから鎖外して棒に直接トゲ球付けた方が良いな……(幼馴染の有様に驚いた後、軽く現実逃避)
        えーっと……(現実逃避終了)ジェイ丸ー? ……生きてるー? 罠の岩とかよりはマシかなとは……(歩み寄って介抱せんと)
        -- シラナ
      • (ぶっ倒れたまま、顔のパーツがあるべき場所に居座っているモーニングスターの頭を片手で掴んで引っ張る
         グググ…スポン!と音がして顔からトゲ付き鉄球が引き抜かれた)
        …見えたわー、天国見えたわー。
        って危ないだろおい!俺ちゃんだったから顔面陥没で済んだけれども!
        (それ以上わーわー言おうとして、不意に黙る
         青年の視線を辿ってみると、近付いてきたシラナのアンダーバストが作る二つの山の稜線を視界にきっちり収めている
         表情から察するに『これはこれで役得だな!』とか考えているのだろう
         まったく現金な男である) -- ジェイ 2012-10-01 (月) 23:40:54
      • あ、天国見える位で済んだんだ? なら良かったわー、ギャグ時空じゃなかったら死んでたね……いや、むしろ……
        (不穏当な事を言いつつ、不意に黙ったジェイの視線が自分の顔じゃなく露骨に胸に言っているのに気付く)
        ……そういう視線はせめて露骨にしないって言うのが暗黙的な何かだと思うんだけどなあ(ジト目。……とはいえ流石に恥ずかしいので胸部は両腕で覆い隠す。隠しきれない)
        -- シラナ
      • いやいや、これはシラナ君は自分の身体が恵まれてるという自覚を持つべきだと俺ちゃん思った上での行動でな。
        (悪びれもせずにしれっと言いながら立ち上がり、ああ危ない危ないと首を左右に鳴らした)
        ところでそんな武器も貰えてるってことは相当に順調みたいだな。俺ちゃんはいいのが貰えなくて足踏みだね、闇魔法の指輪とか貰っても困るっつーの。 -- ジェイ 2012-10-02 (火) 00:16:33
      • 全力で余計な御世話だし……姪に私より胸大きい人いるけど、その人の言った通りだ……男性は胸がある相手だと胸しか見てないんだ……
        (相変わらずジト目で胸元隠しつつ。溢れるというか零れるというかな感じで柔らかく隠しきれてないのも変わらず。ノーブラ設定ゆえな)
        ……そうかと思いきや、ちょっとこう、シーナ程冒険に前向きに取り組めてないので……。ああ、そういうのは本当に欲しい人から殴られるからあんまり言わない方が良いらしい……よ? 私は魔法とかまっすぐ飛ばないから冒険で使う気無いけどさー
        -- シラナ
      • おーとこはオオカミなのよー気をつけなさーいー、と昔の人も歌謡曲にしたぐらいだ。
        (やっぱり微妙に音程がズレて決まらない鼻歌であった)
        これだけ破廉恥な視線を送れば少しぐらい気を付けてくれるだろう!という俺ちゃんの老婆心に感謝をしてもらいたいね。
        (公園一のチャランポラン男に言われても実感沸かないかもしれんけどなぁー、とジト目を軽く笑い飛ばした
         まるでだらしない所を相手に強調して、それ以上の追求を避けるかのようだ)
        それよ、それ。顔に向かって飛んできたのがドンピシャで俺ちゃんが欲しい打撃武器じゃねーか!おのれシラナ!
        …。んまー運が絡むことをグダグダ言っても仕方ないか、きっちり痛い目みたし帰りに何か買って帰るからお茶入れてくれ、お茶。
        シーナも最近店頭で見かけてねーし、喘息が出てるってんでなきゃ顔ぐらいついでに拝んでおこうかな、とね。 -- ジェイ 2012-10-02 (火) 01:13:03
      • それは聞いてる、聞いてるけどですね、そんなね。しかもそういうその恩着せがましいとか言う類の……やはりジェイ丸は駄目だ……! そんなに大きい胸が好きか……! シーナもその内育つだろうし……やはりダメだ……!(ジト目は留まるところを知らず)
        ……んぇ? ああ、あー、そういう。でも残念ながらこれは私にとっても必要なものですので……
        そういう事、そういう事。痛い目は事故な気もするけど……えー? お茶ー?
        ああ、シーナは、うん。あくまで大事を取る程度の範囲だからそう心配はしなくていいの
        -- シラナ
      • はっはっは俺ちゃんが駄目なのはいつものことだし男という生き物はみんな大きさの好みはあれバストが大好きなもんなの。
        …っていうかシーナは関係ねーだろシーナは!?しかもシーナがいくらなんでも今から成長するとは思えねーぞ!?
        あーうんそりゃ分かってんのよ?ギルドで冒険者登録する時に口酸っぱくして言われたしな。それでもこー、同行する事がそこそこあるダチが適正武器持ってると少しぐらい欲しくなるって気持ちもある訳だ。
        そ、なんだったら店の前の木陰でもいいや。ようはなんのかんのと理由つけて俺ちゃんがシラナにお茶淹れてもらいたいだけだしな。
        さよけ、んまその程度なら顔見せるぐらいは問題ないかー…あ、なんか手土産持ってくるの忘れてら。
        (夏に女の子が貰って嬉しいものってなんか分かるかしらシラナおねーさまぁン、とくねくねポーズを取りながら店の方にシラナと一緒に歩いて行く青年だった) -- ジェイ 2012-10-02 (火) 20:35:36
  • バレンタインは本当にありがとうございましたァーッ(改めて平身低頭する青年である)
    お返しは三倍とよく言うからんーまあ…あの量と味をマジで三倍にすると先月の金貨袋以上にいりそうな気がするし、二人で1.5倍返しずつにできない?
    …つーのは冗談、はいこいつをどーぞっと。(ターコイズの小珠をレザーの細紐で通したブレスレットを受け取ってくだせーと手に乗せて)
    とーぜんシーナにも色合いの違う同じのを渡すつもりだぜ。 -- ジェイ 2012-09-27 (木) 22:35:16
    • そんなにするほど大事だっけ……(青年の態度に首を傾げざるを得ない)
      え、でもあれは広告会社の罠だって姉様が。……まーそれにお金で換算されるのもなーって感じあるしで
      ……え、あ、はい(両手で受け取り、抓んで吊るし)……おー、何かそれなりに良さそうな……感じ……?
      ほうほう。ああ……こうしてジェイ丸のプレゼント攻勢にシーナは徐々に籠絡されていくんだ……
      -- シラナ
      • 非モテ系男子には確実にくれる相手って末永くお願いしたい貴重な存在なんだぜ?
        んま、俺ちゃんがそんなにチョコ欲しくて欲しくてたまらないって訳じゃないんだけどな。こういうのは気分よ、気分。楽しけりゃいいの。
        ターコイズブルーは俺ちゃんのフェイバリット、ほれ頭に付けてるこれもターコイズ(頭に巻いている飾り布に付いたアクセサリを指でつつく)
        …いやいや。待って、待ってシラナ君よう。シーナは関係ねーだろシーナは!?
        いや確かにシーナは大事よ!?大切なのはあったり前よ!? -- ジェイ 2012-09-27 (木) 23:39:00
      • そういうものかなあ……(反対側へ首を傾げざるを得ない)
        ふぅん? ……あー、イベントだしどうせならあげたり貰ったりとかしたいとかそんなそういうかんじか……
        ほうほう綺麗な色ですが……。……あー(突かれたのを見)……こうしてペアアクセ的なのを強要されちゃうんだ……(ブレスレット装備しながら)
        え、なに、どうしたのジェイ丸ー。えー? なんでー? シーナにもあげるんでしょー?
        ……おーっとやはり馬脚を現したな分かってたけど。そうだよねえ可愛いもんねえ抱き締めたいもんねえ(何度か頷く)
        -- シラナ
      • そーゆーこと、俺ちゃんが物乞いならぬチョコ乞いに出かけることで暇つぶしにもなるし会ってなかった奴と話ができる機会も作れるからな。
        …ん、んん。トルコ石はけっこーメジャーな貴石だと俺ちゃんは思うんだけどな!?ペアアクセではないぞ断じて!
        あげるけどさ確かにシーナに同じのやるけどさ!だからってそーゆー解釈の仕方はやめてくださいます!?(思わず声が裏返ってキモくなったのでゴホンと一拍)
        …いやまあなんだそりゃまあ可愛いは可愛いがね、抱き着きたいかどーかはシラナのアレとして。
        なんつーかアレよ、シーナは守ってやんなきゃならんだろ、そういう感じだっての…。 -- ジェイ 2012-09-28 (金) 00:08:17
      • ですが左様な有様で話す機会を得た場合、相手はジェイ丸の事をどう思うでしょうか……?(眠たげだが悲しげな眼差し)
        うんうん、メジャーメジャー。でも同じーのをプレゼントーと言う事は……やっぱり……
        そうでしょうあげるでしょうシーナにも同じのを! ……えっだって他にどう解釈しろと?!
        ……そうでしょう可愛いでしょう自慢の妹です(えへんと胸を張って揺らす)……そうやってまた誤魔化す……
        うんうん。うんうん。……ああ、護りたい護るそうやって一緒の時間を増やそうって言う魂胆か……周到な……
        -- シラナ
      • あー。(ものの見事に痛い所を突かれて頭をかくんと下げる)
        俺ちゃんこういうキャラだし今更チョコ恵んでもらいに行って下がるような株とかないっしょ、うん、悲しいのでそういうことにした。
        だーかーらー、なー!?単に俺が好きなの!好きな石だからなの!アンダスタン!?
        んもうすぐこれだ、ネタバラシするとあれだ、死んだ母さんが好きだったドレスの色なんだよ。そんだけだって。
        シラナとシーナ、姉と妹。俺同じの二人にあげる、二人よろこぶ。俺も喜ぶ。な!(未開の部族風のカタコト喋りで理由を熱弁する青年)
        誤魔化してなんかねーし一緒の時間を増やすことで妙な気を起こそうともしてねー!ああもうシラナと話してるといつもこうなるよな俺!?
        こ、これ以上痛くない腹を探られてたまるか!俺は帰らせてもらう!
        …って帰ったら駄目だったシーナんとこ届けなきゃ。…ええい、またなっ! -- ジェイ 2012-09-28 (金) 00:44:54
      • (そっと肩に手を置く)……え、でもそれはそれでどうなんだろうって思っちゃうんだけど……
        うんうんうん。つーまーりー、自分が好きな石をプレゼントって事はつまりそういう事じゃないですかね……
        ほう。……へえ、そんな……え? でもそれはそれで重みが付与されて重要性が存在するんじゃ……?
        ええ、ええ、まあ。それをそれだけと言い切るのって難しいんじゃ……
        誤魔化してない保障など……だって護るって事は一緒にいるって事じゃないですかー! ジェイ丸の言論が隙だらけなのがいけない
        腹を探られるような真似をジェイ丸がしてるからじゃないか! あ、え? ああ、シーナにも。…………やはり怪し過ぎる……
        -- シラナ
  • シラナちゃんごきげんよう…約束通り遊びに来たわ…ふふっ あ、手ブラもなんだし…はい(微笑むと紅茶葉のセットを渡す) -- フィール 2012-09-26 (水) 20:47:39
    • フィーちゃん、ごきげんよー。えへぇ、ようこそお出で下さいま、おお。これはどうも(受け取り、矯めつ眇めつし)
      後でシーナや母様達と頂くね?
      -- シラナ
      • おじゃましまーす、同行は出来なかったけれど…遊びに来るの楽しみに依頼に行ったの、ふふっ
        ええ、ケーキやお菓子に合う味だから…お店で出す紅茶の参考になるかも…?(紅茶はシラナも良く知る銘柄の最新商品の様だ) -- フィール 2012-09-26 (水) 21:48:34
      • うん、同行できれば良かったんだけどねえ……んふふ。でもこれはこれで問題はありませーん
        そうなの……? あっ、あーあー。試そうかって話に出てた奴だこれ。ありがとねフィーちゃん(眠たげに微笑む)
        -- シラナ
      • ん、問題無し結果オーライ…♪ 同行の機会ならこの先に…きっとあるし、今を楽しみましょ
        よかったわ…数種類入っているから…シラナちゃんのお父様が満足する味もあるとおもうわ…?(ふわり微笑み返し) -- フィール 2012-09-26 (水) 22:09:45
      • ねー。……でもこう、なんてゆーかなー。なんか冒険つまんなくって。シーナは凄い楽しそうなのになー
        ん。よろしく吟味しておくよー……で、さ。フィーちゃんもやっぱり冒険楽しい? 充実してる?
        -- シラナ
      • …シーナちゃんは冒険好きなのね…意外……、でもシーナちゃんって…冒険者に向いているのかもしれないわ……
        私…? ん、そうね……(口に右手を当て左手は組む様にしてしばし思案)
        …楽しいと言えば…楽しい…かしら…?、私の知らなかった世界を見る事が出来るし…… -- フィール 2012-09-26 (水) 22:30:10
      • 思うに世界が広がっていくのが楽しいんじゃないかなーとは。活動範囲狭かったしなあ……
        うん。……(纏まるまで待ちつつ)……あ、やっぱり
        う〜〜んむー。そうなんだよねえ、私もそう思わないでも無いんだけど。その内楽しめるのかなーとは思うんだけど
        でーもー引退しちゃったりとかしたらどーしよーかなーとかー(ぐでーんと仰向けに寝転んだ)
        -- シラナ
      • 自分の行動の成果が…目に見えるって言うのは嬉しいことだものね……、喜ぶべき所なんだけれど…寂しい…?
        シラナちゃんの両親も冒険者だったし…その血は引き継いでいると思うんだけど…得て不得手あるものね……
        引退したら…?(シラナの横にごろーんと寝転がり)…やっぱりバニー…かしら…?(万歳するように手を頭にウサミミのつもりらしい) -- フィール 2012-09-26 (水) 23:06:55
      • えー……? ……あんまりこう、寂しいとかは無いんだけど。でもこう、おんなじよーな動機で冒険者始めたのになーっていうのもあって。私は私がちょっと分かんないかも
        得手不得手の後者なんだろうなあ…………うぬぬぬぬ、ちょっと考え過ぎて頭痛い
        バニー? ……兎さんかあ、うさぎさん……(フィールをじっと見)……ちょっとうさぎさんにいやしてもらおうかとおもいまして……(ごろんと横向きになると、フィールを抱き寄せにかかる)
        -- シラナ
      • …姉妹のいない私には…難しい話ね……(自分にもいたら、色々な事を思ってしまうのかしら…そんな事を思い)
        大丈夫…?考えてるだけでは答えの出ない問題だものね……ん…? 癒す…?(寝転がったまま首を傾げ)
        あ、もうシラナちゃんったら、ふふっ(いいわよと抱き寄せられ)ウサギさんですよー(ふわふわと微笑む) -- フィール 2012-09-26 (水) 23:24:12
      • 姉妹は姉妹でも双子だから……こう、違うけど一緒っていう漠然とした考えがね、どっちにもあるんだけど。うーむーむむむ
        だめかも……でもきっと、来年くらいにはそんな事もあったねって笑ってるに違いないんだ……
        とはいえ未来は未来で今は今なので、はああ……いやされるわあ……(フィールを抱き寄せ、抱き締め、頬を寄せぺったりくっついて)
        -- シラナ
      • 違うけど…一緒…か……、一番近いからこそ色々と思ってしまうのね……(今度シーナに聞いて見た方がいいかしら…そんな事を思う)
        今迷ったり悩んだ事も…来年になれば…なんだったのかしら?と笑えるわよ、うん…だから今は今をね…?
        シラナちゃんもふわふわ…私も癒される……(全体的にふくよかなので抱き心地はいいフィールさん) -- フィール 2012-09-26 (水) 23:45:41
      • フィーちゃんフィーちゃん。…………(頬を離し、間近で名を呼んで、それから微笑み、再度頬を寄せ)
        あー。フィーちゃんが男の子なら彼氏にしちゃうのになあ。でも男の子相手だと流石にここまでは出来ないしなあ、やっぱり今のままでいいや……(もう少し強めに抱き締めて)
        -- シラナ
      • ん、なーに…シラナちゃん…?(呼びかけに答えるとほわほわと微笑んで)
        あらら…それは残念……、私もシラナちゃんが女の子でよかったわ……(ぎゅ仕返してすりすり)
        あ、でも…うちは女系家族だから…お嫁さんに来るの歓迎よ…?(冗談めかす様に言えばまた微笑む) -- フィール 2012-09-26 (水) 23:56:10
      • んふふふー……ん? ああ。シャナ姉様のとこみたいな感じか……ふむー(やわく微笑む)
        ……んー……(少し考え事をするように首を傾げた後、不意に床の絨毯が持ち上がり、そして次の瞬間には絨毯では無くベッドがせり上がって来たのだと分かり、気付けばベッドの上で横になっている状態に)
        もうこのまま寝ようかと……(軽く右手を掲げ、ちょいちょい人差し指を回せばくるくるとフィールとシラナの周りを水色の淡い光が巡る)……とまありふれっしゅもかけたので……おふろのしんぱい……むよ……(言いながら寝付き、寸前に指示をしていのたか、ふわっと柔らかな布団までかけられた)
        -- シラナ
      • あ、シラナちゃんの家も…そんな縁組があったのね……(この街では珍しい事ではないが、フィール的にはレアなケースだと思っていた所もあり)
        …ふぇ…? わっわわ……?(変化する絨毯に目を白黒フィールの家が裕福でもこんな機能は無く)
        (そして続くシラナのリフレッシュに身がすっきりとし)
        便利な魔法ね…今度教えてもらおうかしら…?(ベッドに転がりながらクスクスと微笑む)
        …このままお泊まりね……(そして一緒に寝ようと誘われたのだと理解し)
        …おやすみなさい…シラナちゃん…ん……(温かい布団の中シラナの方に身を寄せればすぐに眠気がやってきた) -- フィール 2012-09-27 (木) 00:16:18
  • (妹が情熱を更に増加させる一方自分は面白くないと感じている事を不思議に思う姉であった) -- シラナ
    • うぃーっす、とりあえずお土産が出来たので僕をもふる話は無かった事に(エーフィのところで貰ったぬいぐるみを差し出して) -- ティノ 2012-09-25 (火) 23:32:58
      • …………?(眠たげだが凄い不思議そうな顔)……あ。ありがとー(貰える物は取り敢えず何でも貰う精神)
        それでえっと。…………なんだっけ。そういえばティノを待ってたような気はするんだけど
        -- シラナ
      • 記憶でも吹っ飛んだ?いや待っててももふらせないけどさ、あと明けましておめでとう(お年玉っぽくコインをあげる) -- ティノ 2012-09-25 (火) 23:39:45
      • …………えっ(酷く残念そうな顔)……あ、うん、おめでとう(両手でコインキャッチ)
        とりあえず……おもいだしたのでもふらせて?(首傾げ)
        -- シラナ
      • なんだその謎の理由は……いやまあ何か訳ありなら仕方ないんじゃないかとも思うけどこれがシラナの策略じゃないかと疑ってる僕が居るんであって…… -- ティノ 2012-09-25 (火) 23:45:38
      • (相手の話を聞かずに抱き締めんとす) -- シラナ
      • (とりあえず様子見として抵抗はしないようにしてみる) -- ティノ 2012-09-25 (火) 23:50:05
      • (抱き締めるとティノの後頭部辺りを交差した両手でわしゃわしゃし始める) -- シラナ
      • (ため息ついて諦めてロップイヤーを隠すの止める) -- ティノ 2012-09-25 (火) 23:56:40
      • やはり刺激を与えると出てくる……(抱き締めたままぼそっと呟いた)
        (それと同時に出てきたロップイヤーを痛くない程度に好きに弄りもふ摩りし始める)
        -- シラナ
      • いや違うから!このまま出さなかったら諦めそうになかったから出しただけだよ!
        むー……(痛くは無いがむずむずするので複雑な表情)おかしい、僕の方が年上の筈なんだが -- ティノ 2012-09-26 (水) 00:03:00
      • ……それとこれに一体何の違いがあると言うのでしょう? それと、そこで喋られるとやっぱりこそばゆいので……
        (鼻歌交じりに上機嫌でもふり通す。抱き締めの基本姿勢を崩さないのは最優先にもふる事では無く逃がさない事があるのだろう)
        -- シラナ
      • 色々違うからね!(一応指摘して黙る、魔力補正で死にたくは無かった)
        (こうやられっぱなしでは男としてどうだろうと思う反面、年上なんだから多少は我慢しなければとも思い物凄く複雑な表情) -- ティノ 2012-09-26 (水) 00:10:51
      • (そして七分くらい経った辺りで手が緩んだかと思えば、寝ているという) -- シラナ
      • (手が緩んでる隙に逃げ出そうと思ったが微妙な緩み方なので抜けるのに時間が掛かってしまう) -- ティノ 2012-09-26 (水) 00:17:58
      • (脱出後、そこには何やらやわやわと宙で手を不思議に動かしたり動かさなかったりしながら幸せそうに立ち寝している幼馴染の姿が!) -- シラナ
      • むぅ、エアもふり……実在していたのか!(何か驚愕した表情で様子を見守ってる) -- ティノ 2012-09-26 (水) 00:23:59
      • …………(そして目を覚ました時、腕の中にティノが居ない事よりも、手の中にさっきまでもふっていた筈の物が無い事を知り、とても悲しそうな目を) -- シラナ
      • いやなんでそんな悲しそうな目するのさ!?(エアもふりを観察していたので耳は出しっぱなしだった) -- ティノ 2012-09-26 (水) 00:40:03
  • エーフィのとこでクリスマスパーティーしてるから良ければ参加してくれってさ、まぁ結構人集まってるから無理はしない方がいいと思うけど -- ティノ 2012-09-24 (月) 22:42:33
    • ……うん、エーフィーのとこは、ほら。教会だし、うん、前行ったら中に放りこまれたし…… -- シラナ
      • だと思った、無理して行かなくても僕が説明しとくよ、あとお土産はあまり期待しないように? -- ティノ 2012-09-24 (月) 22:46:48
      • ティノは理解が早くてたすかります。いいえ、お土産はティノをもふるという事で解決しますので…… -- シラナ
      • いやだからなんでそうなるのか、もうシーナにこれ装備させればいいんじゃないかな(猫耳ヘアバンド取り出して、何気にセンサー付きで動く精巧な猫耳) -- ティノ 2012-09-24 (月) 22:50:24
      • 所詮作り物なので……本物が最高なので……。それにほら、教会土産とか嫌がらせじゃないかなあって私思うの -- シラナ
      • 作り物じゃ駄目なのか……破壊力はあると思うんだけどなぁ、猫耳シーナ
        手土産が手に入らなかった場合のみ許可する可能性が少しだけあるぐらいで -- ティノ 2012-09-24 (月) 22:55:59
      • 偽物なんかもふっても嬉しくないでしょう?! 反応無いし……つまんないし……見た目だけの問題じゃない事くらい分かれし……
        つまりもふらせてくれるんだ……期待しちゃうなー……(ほほえみ)
        -- シラナ
      • そんなの判る訳無いし!?僕はもふられる側でしかないし!
        イや結論を出すにはまだ早いから! -- ティノ 2012-09-24 (月) 23:04:54
      • ……試しにティナちゃんもふってみるとか……?
        早くないと私は思いましたので……まだかな……(ほほえみ)
        -- シラナ
      • 斬り殺されるオチまで見えたから遠慮するよ
        仮にそうなってもまだだよ!っテコとで伝言は伝えた、伝えきった、多分(ぐにゃっと姿が歪むと無数のワイヤーの束が解け崩れていくダミー人形君) -- ティノ 2012-09-24 (月) 23:16:36
      • そうかなー……ちゃんとお願いすれば大丈夫なんじゃないかなあ(本当にそう思ってる顔)
        えっ。……むー、では伝わった気がするので私は待つ事にします。待ちます
        -- シラナ
  • ……あっ、シーナと組むの次で三回目だ。……多いなー -- シラナ 2012-09-24 (月) 22:38:11
    • (最近誰とも同行出来ないので羨ましいなーと言う顔) -- フィール 2012-09-24 (月) 22:40:05
      • 一度やられて数ヶ月分ズレてるのに結構組めるんですね……いいなー -- ティナ 2012-09-24 (月) 22:40:33
      • 討伐ばっかりだからフィー…ちゃんともてぃなちゃんともいずれ組めると思うんだけどなあ
        むしろシーナとがこうも多いのが不思議で不思議。なんでかなー?(首を傾げ)
        -- シラナ
      • ティナごきげんよう(ほぼ同時に飛び込んで吹きつつ)
        んーそうかもしれないのだけど…やっぱり少し寂しいわ……(うだうだ)
        やっぱり姉妹の絆かしら…? -- フィール 2012-09-24 (月) 22:47:52
      • 約30秒差でごきげんよう、フィー
        私は1年くらい差がありますから、組めるとしたらずっと後でしょうね……
        地味になにか引力的な物が働いているのかも知れません -- ティナ 2012-09-24 (月) 22:50:34
      • それは私もフィーちゃんと組めてないのは寂しいけど……。……ここは一つ補給で補うと言う方向で
        (うだうだしているフィールを抱き締め、ぎゅーっとしつつ)そういえばティナちゃんは結構先を行ってたんだったねー……一年差が誤差になるくらい続けられれば、組めるかも?
        引力かー……あ、そうだ。へいかもーんかもーん(片腕を開けティナにおいでおいでする)
        -- シラナ
      • こっそり一足お先してました この誤差って何年で消えるでしょうねぇ……
        って何を思いついたんです……へいかもーんじゃないですってば何だか曇りそうな予感がひしひしと! -- ティナ 2012-09-24 (月) 22:58:23
      • 私もシラナちゃん分を補給…♪(シラナをぎゅー返ししつつ)
        ティナは先輩なのよね…私達がもう少し強くなれば同行の可能性はあるのかしら…?(片腕を広げおいでおいで) -- フィール 2012-09-24 (月) 22:59:40
      • 練達とか……歴戦……とか? くらいまでには一回くらい機会あっても良いと思うけど。あとはー……ティナちゃんがずっと討伐でー私達が探検混じりとかだと早まるかも?
        えーだって、折角だし……ねえ?(ティナへおいでおいでを続行しつつ、フィールに同意を求める首傾げ)
        -- シラナ
      • ん、熟練や老練までかかると…組む前に落ちそうで怖いわね……
        私も…そろそろ探検に行ってみようかしら…ティナとの間を埋めたいし…むぅ
        折角だし、ねぇ…?(同じくティナにおいでおいで続行、そしてシラナと逆方向に同意の首傾げ) -- フィール 2012-09-24 (月) 23:09:03
      • シラナの言う通り探険護衛で荒稼ぎをすればすぐ追い付かれるかも?
        折角なのはいいとして、その圧倒的戦力差(胸)に気圧されるんですけどー…… -- ティナ 2012-09-24 (月) 23:10:59
      • いやー大丈夫だよ多分ー。最初の半年が危ないって言うけどそこを超えればまあそこそこ危ないってだけになるみたいだし……
        でも探検は一回やったけど、全部行き着くまで歩かなきゃいけないのが大変だからなあ……うむむむ
        えー? フィーちゃんは暖かくて柔らかいよー? 遠慮なんてしなてくいいんだよー?(おいでおいで)
        -- シラナ
      • ん、シラナちゃんが言うのなら…シラナちゃんやティナと組めるよう…がんばるわ
        それと探検や護衛はそれだけずっとって言うが難しいのが…難点よね……(情熱的な意味で)
        シラナちゃんもふわふわよ……えいっ…!(じれたので隙を見つけティナの手を引っ張る) -- フィール 2012-09-24 (月) 23:17:38
      • ティノなんかいきなり商人が続いたのであまりオススメはしませんが……
        シラナ、基準はそこですか、道中馬車に乗って歩かなくて済む護衛に行ったら絶対降りてこないですよね……
        ってよそ見してるとこれだから!何ですこの最凶タッグ!(引っ張られながら) -- ティナ 2012-09-24 (月) 23:28:10
      • うんうん、それにフィーちゃんとなら再来月にでもまた組めるかも? だし。私もティナちゃんと組めるよう頑張ろう
        んー……でも討伐もちょっと……(シーナやフィールとの情熱差に首を傾げざるを得ない)
        あ、護衛はそういうのあるの? そっかー……馬車かー……そうだね、護衛する人に怒られて報酬減らされるとかありそう……
        最強? じゃあティナちゃんも入れてもっと強いトリオになるという事で……! おりゃー
        (引っ張るフィールに加勢して二人掛かりでティナを引き込み、こちらからはフィールとティナを同時にぎゅー出来て満悦しきり)
        -- シラナ
      • 護衛は場合によってやる気ががっつり持っていかれますからね……おりゃーじゃなくtむぐぅ!?(曇る シーナみたいに曇る もしかしてこの四女ちっぱいを曇らせるのが趣味なのではと思いながら曇る) -- ティナ 2012-09-24 (月) 23:36:50
      • ん、再来月なら二月ね…もし組めたらおやつ的な期待もしちゃおうかしら…ふふっ
        私も外歩きは苦手なのよね……太陽眩しいし……、やっぱり探検の方に行ってみようかしら……
        最強トリオめざしましょう…うふふっ…♪(シラナと一緒にティナをぎゅむー、ティナとは対照的な満面の笑みをシラナとかわしあう) -- フィール 2012-09-24 (月) 23:40:36
      • 護衛はなんだか大変そうだなあ……やるなら探検の方かなあ
        あ、そだね。二月なんだし、一緒になったらチョコレートを父様に言って作ってもらおう、特製の奴。んふふー
        (ティナの曇りに気付く様子は全く無く、フィールと楽しげに微笑み合った後そのまま寝勝ちに行く奈落家四女の姿があった)
        -- シラナ
      • 一応確認しておきたいんですけど、私この中で一番年長者のハズですよね……?いえ、だから何だと言う訳ではないのですけど……(何だか2人の間で押しつぶされるような感じになって曇りながら、そのままシラナのスリープホールドに持ち込まれるのであった) -- ティナ 2012-09-24 (月) 23:48:15
      • もし組めなかったら…アクア・アビスの方に顔を出すわね…?(先客がいたらシラナの方へ)
        (寝始めたシラナににこにこ)…ん? 昔みたいにティナ姉様と呼んだ方がよかったかしら…?(ティナの憤りの意図を理解していない)
        ふわぁ…私も眠く…ティナ…諦めてね………すやぁ(便乗して寝始める吸血お嬢様) -- フィール 2012-09-24 (月) 23:52:34
  • 一月はさんでまたシラナと同行するようだね、妹が一緒じゃないのだけど…起こす時はどうしたらいいだろうか
    強制的に覚醒を促す薬はあるけれど… -- 涼子 2012-09-23 (日) 22:40:40
    • そのようですね。シーナはこの前二回連続で一緒になったから、多分涼子せんせーもその内機会あるんじゃないかなー
      ……いえ、あの。……起こせば起きる自信はあるので普通の方法で良いんだよ?
      -- シラナ
      • 先月はケルカリアと同行していたかな、今回はさてシラナとどこまで行くのか…
        おやっ?そうだったのかい、てっきり病的な眠りかと思ってねえ、眠れなくて疲れなくなるけれど三日後に疲れが一度に押し寄せて死んだように眠る事になる薬の投与を行なわないで本当によかったよ -- 涼子 2012-09-23 (日) 22:54:29
      • そうだんたんですよ? この前涼子せんせーのとこで寝ちゃった時だって起こされたら起きたと……思いましたし……
        なのでそのそういったお薬は遠慮しておきますから……大丈夫だから……多分……
        -- シラナ
      • 丸一日くらい寝かせっぱなしだったからねえ…ではもし冒険の最中で眠ってしまったときだけにしておこうか
        ふふふ…この薬はまだ実験段階でね、ちょうど試したいかなと思っていたんだよ -- 涼子 2012-09-23 (日) 22:59:02
      • 後でシーナに怒られたのも思い出の一つです……。……せ、せめて戦闘中だけになりませんかね……?
        う、でもその治験? とかはほらちゃんとした……いきなりその実地で試すのはよすべき……では?
        -- シラナ
      • 戦闘に入ったらもう遅いからねえ…現地についてからにするとしようか
        ああすでに別の者では試しているよ、最初は薬のダウン効果に耐え切れず死亡することもあったけれど、今は効力を緩和することで睡眠によって解消可能なレベルになっているんだ
        シラナのようなよく眠る子にはどれほど効果があるか、気になってねえ…ふふふ -- 涼子 2012-09-23 (日) 23:07:32
      • それはそうですが、それはそうですが……。……む、むむむ
        あ、それなら……。……すいません涼子せんせー今さらっと死亡とか聞こえたんですけど……
        わ、私まで医学の進歩の犠牲になる訳には……家族一杯いますので……
        -- シラナ
      • あっ…ああ、尊い犠牲と言う奴だよ(屈託のない笑み)
        戦闘中に眠るようなことになればどちらにせよ犠牲になるだろうし、なあに最終手段だから安心したまえ
        さてそれじゃあ来月はよろしく頼むよ(そうして帰っていく、薬が実際使われることになってしまうかは神のみぞ知る…) -- 涼子 2012-09-23 (日) 23:13:04
      • 涼子せんせー否定しない! 涼子せんせー良い笑顔! うわあ、うっわあ……お医者って怖い……!
        ……あ、はい、ですよね。でもそのそういう最終手段があるのって……心休まらないと言うか……休まらない方が多分良いかもだけど
        あい(頷く)こちらこそよろしくお願いします……お薬以外の所で! 是非!(ぎこちなく見送った)
        -- シラナ
  • トリックオアトリート!(十月のハロウィンの日 カボチャをすっぽりと被った男がシラナを尋ねてくる)
    約束どおり手作りお菓子を食べに来たぞ〜WOOO〜WOOO〜!(おどろおどろしい声色と手つきでシラナに迫るジャックオーランタン) -- アルバート 2012-09-23 (日) 21:30:56
    • とりーっく!(ノリノリなかぼちゃマンに対し笑顔でカボチャを引っこ抜く外道が居た)
      ……あ、アル君だ(挙句戻した)……するってーと……えっ、あっ、え?
      トリートを強制ですか? 私の手作り……を?(眠たげだがぎこちない薄笑い)
      -- シラナ
      • 素顔の方がシラナの好み?(にこやかな笑顔はすぐカボチャで隠された)
        イエ〜〜〜ス(薄笑いの顔にサムズアップを突きつけくねくねするカボチャ)
        出し渋らない出し渋らない あんまり待たされると覚悟が緩んできちゃうから早く早く!ナーウ! -- アルバート 2012-09-23 (日) 23:00:20
      • ぬう……まさか本当に来るとは思わなかった。……いや思ってたけど。本当に来た!
        うー……でも用意なんて勿論してないから、作る所から始めないといけないので……時間もかかるので……(チラッチラッ)
        -- シラナ
      • じゃあ待つね (ちょこんと椅子に腰を下ろして、シラナの部屋のレイアウトを眺めている)
        (鼻歌混じりに本棚などを眺めている)あ、これまだ読んでないや(パラララ…)あ、手伝った方がいい? -- アルバート 2012-09-23 (日) 23:18:38
      • だよね……(アルバートの即答に項垂れがてら頷く。大きなぬいぐるみが多い部屋、掃除は行き届いており、ベッドの類が無いのは寝室が別だからだろう)
        えー……とお。……あ、でもそれには及ぶけど及ばない方向で……なんか適当に時間潰してればきっとその内……
        まあ、待ってて。うん。お店の余ってる材料と機材使うから、一からって訳じゃないからそう時間も……どうだろう……(不安げな言葉を残し部屋を出た。暫くお待ち下さい)
        -- シラナ
      • オーケー待ってる 居眠りして火事だけは起こさないように!ジャコランタンとの約束だ!
        (扉が閉まる シラナが調理場へと歩いていく音が遠ざかっていく 一人ファンシーな部屋に残されたカボチャ頭 そのまましばらく本をめくっていたが)
        トリ〜〜〜ックオアトリ〜〜〜ト〜〜〜 (本を閉ざすと、両手を広げてくるくると回った)
        ヒミツの日記帳やラブレターとか置いてないかな?(きょろきょろ ぬいぐるみたちと目があう) 今日はハロウィンだから悪戯オッケーなんだよ 見逃してね -- アルバート 2012-09-23 (日) 23:35:41
      • (目が合う、と言うよりはぬいぐるみ達の視線がアルバートに集中している……ような気がする。その数ざっと二十以上)
        (当たり障りのない物しか載っていない机の引き出しに手をかければ、安定していた筈の大きな兎のぬいぐるみが音を立てて倒れた)
      • うわっとォ!(びくっと跳ね上がるカボチャ 手をかけようとしていた机から指を離して)
        違うんだよ、別に読もうと思ってるわけじゃないさ 純粋な好奇心なんだよ 見つけたらそれでそのままにしておくつもりで・・・オーケー君たちが正しい 悪かったよ
        (倒れた兎のぬいぐるみを起こして、元の場所へと納めた) -- アルバート 2012-09-23 (日) 23:55:08
      • (20分ほど経過、ノック音)……の、飲み物でも……あ、まだかかるからね。かかるから
        (紅茶の入ったティーポットにカップにソーサー、一揃えが載ったトレイを持ち、黒いエプロン姿で現れる)
        …………?(その後部屋を軽く見てちょっと首を傾げたが、すぐにまた調理場の方へ戻って行った)
        -- シラナ
      • ありがとう (紅茶のカップを口に運ぼうとしたが、カボチャが邪魔になって飲むことが出来ない 外した)
        ずず… おいしい (それにしてもぬいぐるみが多い部屋だなと改めて見渡す 20分 結構暇だ しばらく椅子の上で足をぱたぱたさせていたが、やがてぬいぐるみの前へと移動して、手ごろな二匹を手に取った)
        さあここでマスクドラビットの延髄蹴りがダイナマイト・キャットにクリーンヒットォー!デュクシ!これは効いたァ〜〜〜!
        そしてこの体勢は〜〜〜ブレーンバスター!炸裂ぅー!ドゥン!カンカンカーン! -- アルバート 2012-09-24 (月) 00:06:57
      • …………(物音、背後に感じる視線)
        (簡単なお茶菓子を添えるのを忘れていた為戻ってきたら、何か凄い事になっていたので少しだけ開けたドアから動けなくなっている。こういう時どうしたら良いかも分からず、見られた事に気付いたアルバートをただじっと見つめる事しか出来ない。後、非常に珍しい事に目元がいつもの寝ぼけ調子では無くしっかりと開いていた)
        -- シラナ
      • (握ったぬいぐるみからプェーと音が出た 流れるような手さばきでぬいぐるみを所定の場所に戻して、カボチャを被った)
        ぬいぐるみたちが教えてっていうからさ プロレスを だから指導をちょっとね 手ほどきをさ -- アルバート 2012-09-24 (月) 00:18:33
      • …………そ、そう。……や、優しくしてあげてね?(セットにぎこちなく少量のクッキーを添え)
        ………………(何か言いたげな、しかし何を言うべきか分からない、という表情を浮かべた後、改めて調理場の方へ戻って行った)

        (更に30分後)

        ぱ、パンプキンケーキになりました……(そう言って持って来たのは、かぼちゃ色でかぼちゃっぽい形をした柔らかそうなケーキである)
        -- シラナ
      • ジーザス・・・(待たされた期間たっぷりと後悔を味わってから、差し出されたケーキに思わずカボチャを取った)
        うわ、すっごい美味しそう!もう腹ペコだよ (食べてもいい?と目線で促してから、小さなフォークを手に取った)
        いただきます!(ぱくり) -- アルバート 2012-09-24 (月) 00:42:00
      • ……こう、手軽に済ますという手もあったんだけど、なんだろう、折角だからって頑張ってしまいまして……(眠たげに申し訳なさげ)
        あ、でも見た感じはともかく味見済ませてないから実際の所はどうなるか……とはいえ食べて頂く他……
        ……。…………ど、どうかな……(秒数ゾロ目:見た目を裏切らない美味しさ 偶数:ふっつー。一番コメントに困る味 奇数:成る程これは寝ながら作った不味さ)
        -- シラナ 2012-09-24 (月) 00:47:38
      • ウン、ウン(もむもむと咀嚼しながら、言うべきコメントを探し出す 特別美味しいわけでも、酷くまずいわけでもない)
        (いわゆる、「フツー」の味だった コメントに困る)
        ウン、んまい なんていうか普通に、いや普通ってヘンだな なんていうか飽きの来ない味って言うか、優しい味って言うか 安心するっていうか
        (覚悟していた悲惨な展開をいい意味で裏切られ、ほのぼのとしたお茶会を過ごしたという) -- アルバート 2012-09-24 (月) 00:59:40
      • うん、うん?(コメント待ち。不味ければ不味いと顔にも出るだろうけどそれも無く、しかしどこか難しい顔を見て不安が広がる)
        あ、そ、そう? おいし……あ、普通? ……う、う〜ん、今一だったかなあ。し、失敗しなかっただけマシと言う事で、マシと言う事で
        (味の評価がし辛いのを察し、だが言葉を選んでくれたし褒めてもくれた事に気を良くしたのか、終始微笑んで作ったケーキは全部アルバートに食わせたという)
        -- シラナ
  • 流石に三連続は無いかー……ちぇー -- シラナ
  • あ、来月シーナと一緒だ -- シラナ 2012-09-20 (木) 23:04:59
    • ……二連鎖! -- シラナ 2012-09-21 (金) 22:03:08
      • うーらーやーまーしーいーのー(ごろごろぐでぐでしてる姪) -- サリナ 2012-09-21 (金) 23:10:35
      • うーんなんでだろうねえー。二回分の出遅れが私にはあると言うのに……シーナの出来が悪いとかゆーのも聞かないしー -- シラナ 2012-09-21 (金) 22:03:08
      • 条件的には何も差が無いと思うのー、偶々とか? -- サリナ 2012-09-21 (金) 23:25:19
      • 偶々じゃないかな。……流石に……多分、再来月もー、とかは無いだろうし……
        サリナちゃんも一緒だったらいつでも好きな時にもふる事で癒しが……良いなあそれ……
        -- シラナ
      • でも連続して組むのは羨ましいの
        奇襲受けたら何だか大変な事になりそうだけど、メンタルケアが何時でも出来るのは便利そうなの -- サリナ 2012-09-21 (金) 23:55:02
      • 老練を過ぎるとよくあるっていうのはクノン姉様から聞いてたんだけどねー……やっぱり珍しいんだろうなあこういうの
        奇襲は……まあ……別の人に気をつけてもらうという事でなんとか……かんとか……
        -- シラナ
      • 序盤は人が多いと思うから、やっぱり運なの
        あとは落とし穴とか罠に注意しないと一緒に落ちちゃうかもなの(ぐにゃーっとのびてる) -- サリナ 2012-09-22 (土) 00:08:47
      • ……あ。そんな移動しながらとか……流石に休憩中とかに限ります……よ? そんないくらなんでも
        (伸びてるサリナの頭を撫で摩りし長い髪を弄り)
        -- シラナ
      • でもシラナちゃんは移動中も寝ながらもふもふしてきそうな気がするの……
        (手に甘えるようにごろごろ頭を擦り付けてる子狐っぽいの) -- サリナ 2012-09-22 (土) 00:35:43
      • そ……それはその時になってみない事には……気のせいかもしれないし……
        はあ……サリナちゃんマジ癒し……可愛過ぎる……(サリナの両腋に両手を入れ、抱き上げ抱き寄せ膝の上に乗せ)
        -- シラナ
      • 確認の為にも一緒に冒険できればいいのにねー?
        にゃー、ありがとうなの♪(身長差もあってかすっぽり収まってごろごろしてる) -- サリナ 2012-09-22 (土) 00:49:23
      • うん……そうなったらいいなあ。癒しのある冒険…………変な響きだ
        ああ……いい……さいこー……(膝の上のサリナを諸々可愛がりもふって堪能する内に寝てしまったという)
        -- シラナ
      • 癒しのある生活なのー?
        にゃー、またお泊りコースかもなの(ごろごろしてるうちに一緒に寝てしまった) -- サリナ 2012-09-22 (土) 01:09:12
  • シラナー、冒険成功したのでご褒美に何かお菓子をもらってもあたしは許されると思うの!(シラナの部屋でごろんぬ) -- エーフィ 2012-09-19 (水) 23:48:26
    • そんな、同行で成功の度にご褒美を上げていたらエーフィーが太ってしまう……!
      (切り分けられたチーズタルトを用意しながら)
      -- シラナ
      • 安心していい、悪魔はどんなに食べて呑んでもスタイルが変わることはない(わーい!と喜んでチーズタルトを咀嚼)んむんむ、うまい。この店のお菓子美味しいよねー。
        シスターだから料理も勉強したんだけど、お菓子ってあまり上手に作れないなぁ。店のお菓子ってシラナが作ってるの? -- エーフィ 2012-09-20 (木) 00:02:27
      • ふむ……納得できる(自分も妹も割とその通りなので。ただ自分は発育し妹は結構前から止まったままだが)
        そりゃー美味しいよー。父様が母様に美味しいと言って貰いたいからって百年以上ずっと続けてるんだし
        あ、そうなんだ。シスターも大変だねえ……え? えー? ……いえ、作れない事はないのですが(視線が泳ぐ)
        -- シラナ
      • だよねぇ。悪魔って便利だわーほんとうに便利だわ。空飛べるし。100年も…長い息の店なんだなぁここ、知らなかった。神父様がこの町に来たのと同じくらいのころ、なのかな?
        作れないことはないのですが?(にやぁ)何々?シラナはもしかして料理が苦手だったりするの?お菓子屋の娘なのに?(ずりずりずり、と匍匐前進で近寄ってくる) -- エーフィ 2012-09-20 (木) 00:14:06
      • 私は飛べませんが……。確か……父様の趣味が高じて始まったとか何とかで……気付けばそれだけ……経ってた? らしいね?
        ないんですよ。……えっ、ちょっと待って誰もそんな苦手だとは……母様の料理の腕が壊滅的という所もありますが私の場合はほら、その、起きてられないだけでして……ね?(両手を肩にやって前進を留めつつ)
        -- シラナ
      • …お父様側だと!?すげーや、何度か見たことあるけどそんなに(そんなに)
        起きてられないだけ…ああ、なるほど、シラナっていつも眠そうというか、寝てるもんね。…呪いか何か?そのあと大人になってからずっと眠れなくなったりしない?大丈夫? -- エーフィ 2012-09-20 (木) 00:25:45
      • そういえば夫婦の役割逆なんじゃないかなってたまに父様が笑って言ってる事があったなあー……
        そうそう、起きてられないだけなので……。……さあ? 分かんない。大人は……いつ大人判定が下るのかのタイミングにもよるかもだけど……でも眠れなくなるのはやだなー、寝てると幸せだし……
        -- シラナ
      • いいじゃないー、ジェンダーフリーな世の中なんだし、そういうの好きだなぁ。ふむ、料理が得意な男子ってこの町の名物なのかね?
        そっか、まぁ呪いとかだったら解呪もうちでできるかも…ああ浄化するかもその前に…うん。でもそうだよねー、眠ると幸せだよねー(早朝早起きのお仕事をしているシスター)
        ってことであたしも今日は仕事の合間合間にお昼寝するのです。シラナのベッド借りるねー(もぞもぞとベッドに這い上がる) -- エーフィ 2012-09-20 (木) 00:33:06
      • それを百年以上前からじっせんしているとゆーことは、かなり先進的だったと……あ、でも多いよね本当。なんでだろ
        神聖系に頼らなきゃならないようなのも憑いてないって話だから……それに、うん、ねえ?
        あっこら、そんなことすると後に続いてしまうのは避けられない事態なので反対側から入るのが私(妹と一緒に寝る事も多い関係からベッドは広々、女の子の二人くらい余裕です)
        -- シラナ
      • …………自分のことを鑑みるに、女子が頼りないというか料理できないから……ですかね………(沈痛な面持ちで)
        仕方ないね…ベッドだもんね…よし、じゃあ今日はシラナを抱き枕にしよう(布団の中でシラナをぎゅー おっぱい饅頭である)
        …あー……なんか甘い香りがする…   …すぅ(寝た) -- エーフィ 2012-09-20 (木) 00:41:39
      • …………いえ、でもお互いは料理出来る訳だし……一概には……多分……(余り強く反論も出来ず)
        私のベッドなので私が寝る事は自然ですしー……んぉ、あ、じゃあ私はエーフィーを抱き枕にするのだ(ぎゅーし返し。男子には見せられません)
        (一方でこちらは既に熟睡に入りつつあった……これが昼寝で済んだかどうかは不明である)
        -- シラナ
  • お。三ヶ月もったかノーブラ娘。次は半年目標ってとこか? -- エス 2012-09-19 (水) 22:01:29
    • 藪から棒にこのえすぷーは……目標は常に次を乗り越える事ですので……そんな長期的な…… -- シラナ
      • 藪から蛇が出てくるよりは良いだろうが。半年を長期的っていう奴、こと冒険含む荒事に関しては久しぶりに見たな…目標低いな… -- エス 2012-09-19 (水) 23:06:11
      • そう です ねー。……一足飛びより地道で充分ですし……次の依頼見てあれこれ考えるので精一杯ですし…… -- シラナ
      • この ひどい 棒読み。 確かにお前一足飛びしようとしたら転びそうだもんな…。つっても依頼受けたころには考えようなくねえか。おやつ考えるのか。300円か。 -- エス 2012-09-19 (水) 23:21:28
      • 一歩ずつ踏みしめようとしたら前みたいな事にもなりますが……すが……
        おやつて。……えすぷー……(眠たげながらも相手を小馬鹿にしたようなそれでいて同情的とも言える眼差し)
        -- シラナ
      • 詰みである。って単語聞こえてきたぞお前…。 なんだよ。お前自分では作れないから買ってくんじゃねえのか?(けけけ、と意趣を返すように皮肉げな笑い) -- エス 2012-09-19 (水) 23:27:00
      • えすぷーも二ヶ月目でゴブリンキングと戦ってくれば分かります……よ?
        え、別に。……作れない事は無いですし……でも父様や姉様が作ったのの方が美味しいのは明白……年期の差が百年以上あるし……
        -- シラナ
      • そりゃお前、依頼の選び方が悪いっつーかなんつーか……。
        百年菓子作り続けるってどんな気分なんだろうな…俺には想像がつかねえわ…っと。道草食いすぎるとボスが怒るな。そんじゃなシラナ。転ばねえようにヒール下げとけよ。(ひらひら手を振って帰る) -- エス 2012-09-19 (水) 23:37:28
      • 選びようもなかったような気がするんですが……カルピス以外皆ダメでしたとか想定してないし……
        父様の場合は母様に美味しく食べて貰う一心でって感じで……姉様は長女だから、みたいな……え? お?
        あー。えすぷーはそういえばいけな人でした。じゃあねー……いえ、転びませんし……転んでたのは前の話ですし……
        -- シラナ
  • シラナちゃんおつかれさま(お馴染みとなったハイタッチ)今回は皆で無事に帰れてよかったわ……
    次回はまた別の依頼だけど…また一緒に行けるようにお互いにがんばりましょう -- フィール 2012-09-19 (水) 20:52:24
    • お疲れさまーフィーちゃーん(ぱしーん)そだねえ、戦利品の配分もまあ……別にいいだろうし
      うん、また今度一緒になろうねえ(にへー、と緩く微笑んだ)
      -- シラナ
      • いえー…♪(ぱしーん)ん、今は無事に戻れるだけで…戦利品はそのうちきっと、ね…?
        うん、また一緒にね(釣られる様ににぱーと微笑み返し。なんとなくゆるゆるーとした空気が漂う)
        …ふふっ…昔もこんな感じだったわね……(ぼんやりしつつたまに笑ったり…それだけで楽しかった幼少時) -- フィール 2012-09-19 (水) 23:10:13
      • ……そういえばフィーちゃんは……まだ、何も?(酷い質とは言え一応外套持ちな為若干遠慮がち)
        ねー。……んふー、今も大体同じです……よ? ちょっと私の方が大きくなったり……シーナが割とそのままだったりとかはあるけども
        -- シラナ
      • ……ふふっ…まだ冒険して三ヶ月…拾えるチャンスはまだある…!…と、信じたいわ(へにょる)
        ん…そうね…変わった様で変わってない…シラナちゃんはシラナちゃんだし…シーナちゃんもシーナちゃん……
        でもちょっとだけ変わっている…なんだか不思議な感じ…… -- フィール 2012-09-19 (水) 23:24:13
      • うーむー。……ちなみに、前の時ははじめてで氷の魔導器貰ってた私だったりとか……する(へにょったフィールをやんわり抱き締めつつ)
        うん……うん、フィーちゃんもフィー……ちゃんだし……
        そこはほら、何年だっけ……間があいてたからだし。でも……私もシーナもフィーちゃんも、ちょっと不思議がちょっと積み重なったって大して影響無いしー
        -- シラナ
      • 前の…あー…そう言う事もあるのね……ん、ありがとう(身を任せたまま小さく笑み)
        三年…そうね…しんみりとしてしまったけれど…私達にとっては僅かな時間……
        これからも不思議がたくさん重なるのかもしれないけど……(ぎゅっと抱きしめ)
        よろしくね…?(顔をあげればふわりと微笑んだ) -- フィール 2012-09-19 (水) 23:48:43
      • つまりやっぱり運次第なので、フィーちゃんもきっと……だよ、うんうん(微笑み返し)
        今までから見れば長いけど、これからから見ればちょーっとだよ、ちょーっと。三年くらい。……まだ、くらい付けるのには抵抗あるけど(苦笑し)
        うん、どんな風になるのかはちょっと分かんないけど……。……(ぎゅっとされれば、少しだけ目を丸くした後、ぎゅっとし返す)
        ……うんっ、よろしくね、フィーちゃん
        -- シラナ
      • 運だよね…私もだけど…シラナちゃんも上の装備が拾える様に…祈っているわ
        そうね…まだ「くらい」をつけるにはちょっと…でも、きっといつかこう言うのも思い出になるのね……
        先の事はわからないけど…楽しい事がまっているわ……(抱きしめたまま囁き)
        …ん、またシラナちゃん分をたくさん補給しちゃったわ、ふふっ(ゆっくりと身を離せばまた微笑んで)
        じゃあ今日はこの辺で…またね、ごきげんようシラナちゃん(ふわり微笑むと帰って行く) -- フィール 2012-09-20 (木) 00:16:10
      • ん、じゃあ私も……祈るのも変だから、おまじないしておこう
        それこそ何十年とか経ったら一杯あるうちの一つになっちゃうんだろうねえ。……一緒に思い出話したいねー
        うん、一杯色々あるけど、きっと楽しい事が一番多いよー(囁き応え、軽く頬擦りし)
        えへえ、私はフィーちゃん分を頂きましたから両得になりました(ゆるい雰囲気のまま微笑み返す)
        うん、それじゃあねーフィーちゃーん(手を振って見送った)
        -- シラナ
  • 来月冒険一緒らしーぞーがんばるぞー! -- エーフィ 2012-09-18 (火) 20:16:57
    • え。……え? ……あ、あー、ああー。うん、頑張ろう、おー!(素で不思議そうな顔をしてしばし考え込んだ後に納得) -- シラナ
  • 最近、近隣の街にが出没しており治安が悪化しているため、注意喚起のチラシを自警団が配っている

    9/21(金)22:00から群像劇を行います。詳細はこちら
    今後も白船来航が群像劇を企画しますので、興味がある方はinfoを使用していただければ幸いです
    |#include(info/白船来航,notitle)| ←こちらを名簿や冒険中の邪魔にならないところに追加なさる

    ※この宣伝は邪魔なので目を通して頂いた後は消してもらって大丈夫です
     
  • (お邪魔にならぬように、お大事にとメッセージカード添えた籠とハムスタのぬいぐるみを置いて帰る) -- カルピス 2012-09-17 (月) 21:26:15
    • こ、これは!? ………………あっ、ああ、あー。うんうん(ぬいぐるみを頭に載せてにへーっと微笑んだ) -- シラナ
  • シラナちゃん今月はお疲れ様(ハイタッチ) お互い大怪我してどうなるかと思ったけれど…もう大丈夫そうね
    それにいきなりまた一緒の依頼に行けるとは思わなかったわ…… -- フィール 2012-09-17 (月) 21:00:41
    • いぇいふー(ハイタッチ)フィー…ちゃんも私もなんとか一味違うから……ロイはまあロイだし……
      だよねー、二度目のはじめてで早速とか私も思わなかった……けど、まあ、私は三度目来ちゃうかな……って
      -- シラナ
      • いぇー…♪ …ん、こう言う時両親の血には感謝しないとね…ロイは…うん、ふふっ
        集合場所に行った時は驚いたわ……わわっ…?
        …私もがんばるけど…シラナちゃんの無事も祈るわ(せめてもの応援とハグしようと) -- フィール 2012-09-17 (月) 21:25:54
      • カルピスが最後だったと言うのが正直意外だったけどもねー
        んっふっふ……うん、祈ってー(ハグされれば勢いでハグし返し)……だ、大丈夫だし……大丈夫だし……
        -- シラナ
      • んーやっぱりキンクマパワーかしら…?
        でも…そのおかげで無事戻れたし……(今回は引き摺って帰って貰った事にしました)カルピーには感謝しないといけないわね……
        ええ、祈るわ…だから大丈夫……(無事に帰ってね、そして無事に帰りたいね…そんな思いこめハグしながらぽふぽふと背を撫でて)
        (そしてひとしきりハグしたのち身を離し)…シラナちゃんにパワー充電できたかしら…? -- フィール 2012-09-17 (月) 21:50:12
      • さすがキンクマ……もふもふ……いやらしい……
        ん、それもそうだね。カルピスのいざという時の評価が……上がった……!
        うん……うん……(自分の方が背は高いがそんな風には感じられないような感じでぽふぽふされる)
        ……んー。……もうちょい(微笑み、自分から抱き締め。でも一度ぎゅっとしてすぐ離れた)よーそこれで大丈夫だよー(微笑んで万歳し)
        -- シラナ
      • やっぱりキンクマって…すごいのね……
        私たちもカルピーに負けない様…しっかししないといけないわね……(ぐっと決意)
        …あ…ふふっ……(ぎゅっされながら、もし自分に姉妹がいたらこんな感じなのかしら…そんな事を思い)
        …ん、よかった…ふふっ(鏡合わせの様に万歳)私も…過充電なくらいにシラナちゃん分を補給したし……
        今日はこの辺で…またね、ごきげんよう…… -- フィール 2012-09-17 (月) 22:10:22
      • いぇーいー。うん、ありがとうねーフィーちゃん。また今度ねー、無事の報告を……しに……行く……行きたいな……!
        (ぶぶぶんと手を振って見送った)
        -- シラナ
  • 来月の内容を見てあっこれまた駄目だなって顔になる) -- シラナ
    • (わー、と思いながらも自分の依頼も中々だったので渋い顔してる、とても気にするなのに……) -- サリナ 2012-09-17 (月) 16:14:52
      • (いつの間にかとなりに座って同じくダメだなって顔する) -- 沙和 2012-09-17 (月) 18:54:33
      • (あっ、今もふり的な意味で両手に花だな、と理解してテンション上がる) -- シラナ
      • (その理解はおかしいとテンションなだめる) -- 沙和 2012-09-17 (月) 19:03:43
      • (初めましてー、と手を振ってる魔族で狐、もふり甲斐がありそうで同じくテンション上がる) -- サリナ 2012-09-17 (月) 20:01:31
      • はじめま……いやいやいや違う、先月!はじめましてじゃないから! -- 沙和 2012-09-17 (月) 20:41:56
      • あ、ほんとうでした!気がつかなくてごめんなさいなの(慌てて頭下げて) -- サリナ 2012-09-17 (月) 20:43:20
      • いえいえばったーんしたし気付いてなくてもしょうがな………ところでシラ姉ぇとの関係は…? -- 沙和 2012-09-17 (月) 20:55:14
      • 逃げるのに必死で……あ、シラナちゃんとは叔母と姪の関係なの、私のお母様がシラナちゃんのお姉さんなの -- サリナ 2012-09-17 (月) 20:56:52
      • 人間、生きるのが、大切
        そんな!シラ姉ぇがおばさんだったなんて!(わなわな…)
        て思ったけどあのご家庭じゃやむなしか(うんうん) -- 沙和 2012-09-17 (月) 21:01:52
      • ふむ……よく分からないがとりあえず沙和にゃんはもふっておく。もふった、うひょう(抱き締めた) -- シラナ
      • 生きてこそなの、何事も生きてないと駄目なの
        シーナちゃんに叔母さんと言うと微妙な顔をするから普段は言わないようにしてるの
        私も妹がたくさん居るし、これは家庭の事情なの -- サリナ 2012-09-17 (月) 21:16:49
      • (もふられた)このシラ姉ぇが微妙な顔……物凄くみたいんだけど(シラナの顔を見ながら) -- 沙和 2012-09-17 (月) 21:26:57
      • シラナちゃんが微妙な顔をするかはそれこそ微妙ですがー(一緒にもふってみる) -- サリナ 2012-09-17 (月) 21:28:11
      • ほえ。……え? ああ、だって叔母だし仕方ないんじゃないかなあ。大体うち年齢差凄いから気にしてもバカみたいだし……
        そんな事より沙和ちゃんのこのもふ、もふ……やだもう、来月は無事に済むと良いなあ……っ!
        -- シラナ
      • あ、シラ姉ぇはいつもどおりだ…しかもそんなことで流された(微妙な顔)
        あのちょっとさすがにね左右からもふもふされるとこっちとしても微妙に動きづらいっていうかちょっと熱気がねぇいや別に嫌がってるわけじゃなくてえあはい無事帰りたいわ… -- 沙和 2012-09-17 (月) 21:41:58
      • つまりシーナちゃんが気にしすぎなだけなの
        私も無事帰りたいのー、ふー、最近もふられてばっかりでもふってる側になれて幸せだったの(満足して手を離す) -- サリナ 2012-09-17 (月) 21:51:42
      • だってそんな事なんだもん。シーナは実際気にし過ぎだって私も思うし……あ、かわいー(沙和の微妙な顔見て微笑む)
        えー?そんなまだ大した事じゃないから大丈夫だよ? ……あ、ほらサリナちゃん満足した様子だしさあもうちょっと頑張るのだ(ぎゅー)
        -- シラナ
      • 試しに今度シー姉ぇにあった時におばさんっていってみたいけどにらまれたらどうしようと恐怖に駆られることがないでもないけど勇気をもらいたい今日この頃
        あーサリナさんもこのもふられ仲間だったの…でも裏切ったのね…あーまだもふられたいむはつづくー -- 沙和 2012-09-17 (月) 22:03:40
      • きっとシーナちゃんは曇るだけだと思うの(シーナ曇らせ隊に任命しようかと思ったが我慢した)
        私はもふるのももふられるのも好きなの、でも身長の関係で今まではもふられる側ばっかりだったの(同じぐらいの身長の沙和が新鮮だったらしい) -- サリナ 2012-09-17 (月) 22:11:24
      • 敢えて呼ぶのはおススメしない、という姉からのワンポイントアドバイスを……(妹が曇るとかどうとかは耳に入らない姉)
        サリナちゃんも良い、けど沙和ちゃんも良い……和む……至福……ふへへ
        (抱き締めて頬擦りまでして)……んふ……もふふ…………(寝付いた。幸せそうな寝顔である、抱擁からの脱出は難しいが不可能ではないだろう)
        -- シラナ
      • 曇るだけなんだ…じゃあもし呼ぶならとっておきのタイミングを見計らわなきゃダメだねそれ
        おぉぅあぉぅあたしもたまにはもふる立場にたってみたい…みたい……ってあれ、ねぇシラ姉ぇ?……え、寝て…?おーい、おーい…?(ゆさゆさ)…………はぁ…しょうがない諦めよう(ため息ついておやすみしました) -- 沙和 2012-09-17 (月) 22:55:13
  • シーラーナーちゃーん?大丈夫ですかー? -- サリナ 2012-09-16 (日) 16:28:33
    • 大丈夫じゃなかったよ……(よよよとベッドの上で泣き崩れるも見た目大丈夫そう) -- シラナ
      • 油断大敵でしたの、でも思ったより元気そうで安心したの(頭撫でてみる) -- サリナ 2012-09-16 (日) 20:59:18
      • 油断は……油断……し、したつもりは決して……(と言いつつも撫でられれば気持ち良さそうに微笑む)
        ……サリナちゃんもふったらもっと元気になれそうなんだけどなあっ
        -- シラナ
      • 寝ながら冒険するのは油断なの、怪我が痛くないならもふっても大丈夫なの、多分?(ベッドに腰掛けてごろんと転がってみる140cm) -- サリナ 2012-09-16 (日) 21:11:15
      • だ、だから決してそのような事は……有事の際にはきちんとした対応をね、ちゃんとね? ううう
        怪我は凄い痛いのだけお母様に治して貰ったから、へーきー(もぞりとベッドから腕を出して抱き締めにかかる)
        -- シラナ
      • 私の記憶だとずっと寝てる印象なの……にゃー♪(翼が邪魔にならないように器用に畳んで)
        (140と170なのですっぽり収まる魔族な狐)うーん、シラナちゃんは背があって羨ましいの -- サリナ 2012-09-16 (日) 21:18:15
      • い、今起きてる、今なら起きてるし……起きてるのになあっ(ぎゅーと抱き寄せ抱き締め)
        サリナちゃんもその内伸びるんじゃないかな。……シャナ姉様って背が高いって聞いたし(抱き締めつつサリナの耳をやわく掴んでは引き掴んでは引きして感触を楽しみつつ)
        -- シラナ
      • 起きてる時間と寝てる時間の差がなくなったりすると困りそうなの
        お母様も背が高くなったり小さくなったり色々だったの、でもシラナちゃんはお母様と殆ど背が変わらない気がするのー、にゃーおー(さらさらの体毛がある耳を触られると気持ちいいのか目を閉じる) -- サリナ 2012-09-16 (日) 21:41:08
      • えっ。……ちゃ、ちゃんと差別化はしているし……大丈夫だし……起きてるし……
        そうなんだ? シャナ姉様全然見ないからなぁ……。……はあ、サリナちゃんは可愛いなあ……柔らかいしもふもふだしもふらせてくれるし……
        -- シラナ
      • その内寝てても受け答えしそうなの……
        実家に帰るとお祖父ちゃんが居るから帰りたくないらしいのー、もふられるのは気持ちいいの(ごろごろ腕の中で甘えてる) -- サリナ 2012-09-16 (日) 21:48:44
      • 流石にそれは……どうやってやればいいのって感じだし……大丈夫、だいじょぶ、うんうん
        うーむ。……むむむ。大人の事情なのね……。……ああもうサリナちゃんはぁ……っ!(抱き締めの強さが増す。耳を嬲っていた手は彼女の後頭部をもしゃもしゃし始める)
        -- シラナ
      • 寝ながらお店に立ってる姿を見たことがある気がするの……
        よく分からないけど大人の事情なの、にゃー♪(解くと長い髪は柔らかく指の間をさらさらと流れる) -- サリナ 2012-09-16 (日) 21:56:38
      • ……う、受け応えはしてないんじゃないかな……(寝てる事は否定しない)
        本当もうなんでこんなお人形さんみたいなもふーっ可愛いんだからあこのやわっこいのーもうサリナちゃんはこのまませいちょうとまっちゃえばいいのになあこのままずっとさらさらかわいいままだとわたしがうれしいわたしがよろこぶ(抱き締めてもふって指で梳いてぎゅー)
        (※途中から寝てます)
        -- シラナ
      • 寝るのは否定してないの……
        にゃー、確かに私の姿の抱き枕とかあったら私も使いそうなの、成長停滞の魔法はお母様から教わってるけどまだ使う必要はないかなー、と……シラナちゃん?(発音が怪しくなったので下から見上げて) -- サリナ 2012-09-16 (日) 22:12:42
      • ほにゃ……んに…………んぬ……(最終的になんかもごもご言いながら凄い幸せそうに寝てる。抱き締めた腕は解かれない) -- シラナ
      • 何だかいきなりお泊りになった気がするの(気にせず一緒に寝るつもりだ) -- サリナ 2012-09-16 (日) 22:24:20
      • んふふへへ……(微笑み。そのままぐっすり眠り続けたが様子を見に来たシーナ辺りに起こされてお開きになる、だろう) -- シラナ
  • シーナが無事に帰ってきたと思ったら……相変わらず眠ったまま冒険していたんです?
    シーナの方もまた来月アレですし……(お見舞いのイチゴを持参して) -- ティナ 2012-09-16 (日) 16:25:11
    • ティナちゃん……け、決して左様な事は……お、おかしいなあ、起きて……起き……(ゴブリンキングの頭叩いた辺りから記憶が無いらしい)
      むぅ、シーナもまた大変なのか……。…………(イチゴを視界に納めるやぱかっと口を開けて待ちに入る)
      -- シラナ
      • 御免なさい、聞くまでも無かったようです……むしろ途中までの記憶があるだけでも立派なものです
        確認してみたら、今月とあまり変わらない内容のようで……わぁ、一見重傷なのかいつも通りなのか分かりにくいこの反応(でもヘタをとって一つ口に運ぶ、あまい) -- ティナ 2012-09-16 (日) 21:04:48
      • ……えっ。……なんかおかしいよ? おかしいよね? なんか違和感あるよ?
        でもシーナは多分大丈夫なんじゃないかなー、今回大丈夫だったんなら尚更的な……感じで……
        (指ごと食われるのではという口の閉じ方の後に咀嚼、嚥下)……やーん(両頬に手を当てて溜息を零し)
        -- シラナ
      • 気のせいですよ?シラナも成長しているんだな、と……本当に、シーナが曇るくらい(これが15の体かありえんだろ的な顔)
        シラナがそう言うのであれば大丈夫なのかも知れませんけ……どっ!(しゅばっ、と指が無くなる前に手を引く)
        (手をにぎにぎしながら指があることを確認して)丁度季節の良いイチゴが手に入ったのです、その様子だと気に入って貰えたみたいですね(もいっこヘタを取りながら) -- ティナ 2012-09-16 (日) 21:17:41
      • ……えっ。……そ、そうかなー、て、照れるなあ……っ(後半部分は聞こえていないしティナの顔も見えていない照れ調子)
        (次のイチゴに対し両手でへいかまーんしつつ)シーナは私よりちゃんとしてるからなー。……わ、私もちゃんとしたかったなあ……っ
        (若干凹んだような顔を見せるが一秒後には口を開けてへいかまーんしていた)
        -- シラナ
      • (流石、ナチュラルにシーナ曇らせ隊なだけはあるなと内心思ふ)栄養の何割かをシーナにも分けてあげてやって下さい
        シーナはあの人見知りが治れば良いのですけど……シラナもシラナの良いところがちゃんとありますから大丈夫ですよ
        これ、新しい訓練になりませんかね……あ、私今真実の口を思い出してます(先程と同じようにイチゴをシラナの口に運び) -- ティナ 2012-09-16 (日) 21:37:03
      • 食べてる量は……途中から私の方が多くなったけど。途中までは変わらなかったし、姉様達が言うにはその内育つって話だし……?
        要塞にもっと酷い人見知りのヒトいるけど、全然治ってないらしいからなあ……。……えっ? それは、うん、そうだけど、うん。こ、この様ですので……っ(照れた後勝手に凹んだ)
        (ぱこっ、もぐもぐ)なにがー? でも本当おいしいねーこれ。あ、シーナの分を残しておいたほうがいいな……
        -- シラナ
      • あぁいえ、摂取カロリーの事ではなく……シーナもシラナも確か15ですよね?それでも見込みがあると言うのは……シラナの家系ではごく普通な事なのでしょうか
        シーナ以上というのもまた凄いですが、シーナは要塞の外に出てますからいつかはきっと治ると思、いたいです 先ずは冒険中に寝ない事から頑張ってみる、とか……?それよりも早く元気になってシーナを安心させてあげることが最優先ですが
        何でもないですこっちの事です……そうですね、後でシーナにも分けてあげると良いかも、残りはここに置いておきますから、後で2人で分けて下さいね それでは、また元気になった頃にまた来ますね、お大事に -- ティナ 2012-09-16 (日) 22:02:05
      • ほえ。……え? ああ、うん15歳。でも上の姉様二人は20歳くらいとかから大きくなったって言ってたから……普通なんじゃないかなあ
        うんうん、シーナも頑張ってるし、早くむくわれるべき。……いえ、ですから、冒険中に眠るなどそんな……あ、はい、分かってまふ。うう
        そうなの? ……うん、でー……あ、はーい。食べないように我慢する……。うん、またねティナちゃん
        -- シラナ
  • ハイ、シラナ …シラナ? おい、おいおいおい!(寝ながら歩いているシラナに声を掛けるも、そのまま素通りされた)
    (その足取りの先は車やら馬車やらが行きかう大通り 慌てて駆け寄って、肩を抱くように引き止めた) -- アルバート 2012-09-15 (土) 22:51:42
    • …………(一見して千鳥足めいた風でも無く、割と背筋も伸びて普通に歩いているが首が若干傾いでいる所から眠っていると判断するのは分かっていても大変難易度が高い)
      ……ふぉっ?(急な衝撃、ビクっとし流石に目を覚ます)……ええと……こうかな?(肩を抱かれていたので、アルバートの腰に手を回す)
      -- シラナ
      • 正解博士ご立派!じゃなくて、危ないだろう、また寝ながら歩いてたのかい?(肩から手を放して)
        よくそれで今まで生きてこれたと思うよ 元気?お店は繁盛してる? -- アルバート 2012-09-15 (土) 23:08:17
      • いえーい。……え? ……ああ、言われてみれば? でも仕方ないの、寝ちゃったからには……(若干不思議そうにした後、こちらも離れる)
        それはまあ私には何かきっと不思議な……何かが……。あ、うん、元気。お店も大体まあまあ大丈夫
        アル君はどうよー、どうなのよー?
        -- シラナ
      • 相変わらずふわっとしてるなあ、その内風に吹かれて飛んでいっちゃうんじゃない?
        ご覧の通り生きて歩いてるぐらいには元気だよ (両手を広げて、ざっとこんなもん、みたいな顔をしてみせる)
        行き先は?心配だからそこまで送っていくよ -- アルバート 2012-09-15 (土) 23:24:25
      • やーっだ、もー。見ての通りなんだから風で飛ぶ訳なんか無いし……(眠たそう)
        そーゆーのは元気と言うには如何なものだろう。……あっ、でも元気そう元気そう(小さく拍手)
        ……行き先? ……い、行き先ですか……(何故か腕を組んで考え込む)……あ、ありませんが……(散歩ゆえ)
        -- シラナ
      • オーケー オーケー判った、散歩だね、付き合うよ(両手を押すように広げて、観念した調子で平行して歩き出した)
        (その後は、幾たびも眠りこけるシラナをサポートしつつ 散歩が終わるまで付き合ったという) -- アルバート 2012-09-15 (土) 23:39:33
  • おーいシラナ、久しぶりだね(ぶらぶら歩いてくる元バイト、何故か手には糸の付いた穴あきコイン) -- ティノ 2012-09-15 (土) 20:35:41
    • ……お。…………(声に気付き彼の方を見、何故か無言のまま両腕を広げ抱き締めにゆかんとする170cm弱) -- シラナ
      • くっ!もふる気満々だな!?(警戒心むき出しの150cm強)
        しかし僕には秘策があった!(ひも付きコインを前で揺らしてみる) -- ティノ 2012-09-15 (土) 22:04:33
      • (だがティノは思い違いをしていた。その秘策は既に眠っている相手にどれほどの効果があるだろう)
        (抱き締めに行った歩き出しの数歩目で眠いから寝て、そのまま抱き締めに行っていたのだ……!!)
        (……と言う訳で真っ向から抱き付いた)
        -- シラナ
      • 効かない!?って言うか既に寝てやがる!(気づいた時は顔が確認できる位置)
        もがー!(逃げる間もなくそのまま抱きつかれる、身長差もあって色々マズい位置に顔があるかもしれない) -- ティノ 2012-09-15 (土) 22:15:31
      • (惰性も含めてしっかとティノを抱き締める。マズい位置にある顔についてはノーブラだしで随分柔らかい思いが出来てるんじゃないかなって。魔力補正は悪戯に対してしか反応しないので)
        (10分ほど経過)
        ……あれっ。…………あれっ? ……ふむぅ……(状況把握に十秒。抱き締めてるティノの存在に気付いた後、確かこの辺に……と言った顔で尻尾をもふらんとティノの尻辺りをまさぐり始める)
        -- シラナ
      • (下手に暴れて魔力補正が発生すると危険なのは理解しているので逃げるに逃げれず暫くされるがままの10分間)
        いやいや!まてまてまて!今耳も尻尾もないし!(尻を触られて慌てて逃げようとするが体格差と腕力の無さが致命的だった) -- ティノ 2012-09-15 (土) 22:22:37
      • ……えっ。……無いの(抱き締める相手の尻をまさぐる時点で若干以上の前傾は避けられず余計に柔らかくなってるでしょうが無害無害)
        …………無いんだ……ティノの癖に……(落胆を全く隠そうともせずに抱き締めていた彼を解放する)
        それでええと。……なんだっけ?(首を傾げ)
        -- シラナ
      • むがー!?色々男としては嬉しいけど命の危険がアラートを出してる!(正面だと呼吸できないので横向きになって)
        そうやってもふろうとするから隠したんだよ!僕はぬいぐるみや玩具じゃないんだ!(開放されて深呼吸して)
        いや、街に戻ってきたし挨拶ついでにまたバイトでもしようと思ってね -- ティノ 2012-09-15 (土) 22:30:07
      • だってもふらなきゃ駄目じゃんああいうのは?! ティノってそういうのでしょう!?(眠そうに大真面目)
        ……ああ。そゆ事ならうん、大歓迎なので是非。もふるし(にこにこ)
        -- シラナ
      • 力説するとこかそれ!?もふられる側は暑苦しいし苦しいんだぞ!?(と言いつつ一瞬だけ耳と尻尾を出してみる)
        企業でバイトしてるから昔よりは頻度下がるけど、ま、よろしく、いやもふるなよ? -- ティノ 2012-09-15 (土) 22:37:50
      • 大事な事だもん、大事な事だもん! ……あっ。あるじゃん。なんだ(早速もふりにゆかんとす)
        ん、そーなの? それでも父様もラン姉様も喜ぶと思うよー。……私とシーナがその、うん……えっ? もふるよ?
        -- シラナ
      • 大事なんだこれ、いや隠してるだけだから出すのも自由だし?(もふられる前に隠して)
        まあ人手は多いほうがいいだろうしね、二人でかよ!仕事中にもふったら怒られるからな!? -- ティノ 2012-09-15 (土) 22:44:30
      • もふるのがだいじですよ? ……なんでしまうの。なんで隠すのー……?(悲しげな瞳)
        うんうん。……うん? シーナは……どうだろ。あ、大丈夫姉様にはバレないようにやるし!(無論バレる)
        -- シラナ
      • いや大事な事じゃないし?そ、そんな目をしても……クソ、僕が悪いみたいじゃないか!(諦めてロップイヤーと尻尾を出してみる)
        身長的にシーナが僕をもふるのは難しいんじゃないかな、あと絶対ばれるから駄目だ -- ティノ 2012-09-15 (土) 22:52:28
      • 大事な事だから……(じー)……うわぁっ♪(抱き締める。もふる。もふった。もふ…もふり…)
        それは残念な事ですのでシーナの分も私がね、という理屈は皆が納得した。……バレないのに……(バレる)
        -- シラナ
      • シラナの基準がよくわからない……むがー!(大人しくもふられてる、顔がちょっと赤いのはやはり恥ずかしいから)
        いやその理屈はおかしい!?昔それでバレたし!僕まで怒られたんだけど!? -- ティノ 2012-09-15 (土) 23:00:10
      • このもふ感……変わらない……いえ、むしろこれは……進化……? ティノ、なんて恐ろしい……(もふっ…もふもふぅ…っ)
        何らおかしい所など無いので……昔は昔だし……それについては当時謝った気がするし……(気のせい)
        -- シラナ
      • いや進化とかしてないから!成長した分サイズが大きくなってるだけじゃないかな……(もふられもふられ)
        いやいろいろおかしいから!謝ったっけ……(流石に昔の事なのではっきりとは覚えてなかった) -- ティノ 2012-09-15 (土) 23:07:26
      • それは進化だよ? ……うーん。…………そこで喋られるとこそばゆいんだけど(もふりもふり)
        全然おかしくないし……謝ったし……問題無いね!(笑顔)
        -- シラナ
      • 身長差があるからね……いや男としては嬉しいんだけど、色々命が危ないよねこれ……(このまま何か悟れそうだと思い始めた)
        お客の邪魔になったり店の邪魔になったりするから最低でも仕事中は禁止するけどね? -- ティノ 2012-09-15 (土) 23:24:30
      • むぅ……(押し離す、回れ右させる、再度背から抱き締める)…………あ、だめだこれ。耳しか……(大いに落胆)
        休憩中ならやって良いって言った! 今休憩中ならやって良いって言った! やったー言質取ったー♪(万歳する)
        -- シラナ
      • シラナは何がしたいんだよ!?(見えないけど柔らかいものが後頭部に当たって顔が赤い)
        言ってない!仕事中駄目って言ったけど休憩中いいとは言ってない!ぐえーっとも言ってない!? -- ティノ 2012-09-15 (土) 23:46:09
      • えっ、だって喋るとくすぐったいからこうすれば良いかなって……思って……駄目だった……(離す)
        言ったー言いましたーいーいーまーしーたぁー!(両手で耳塞いですげえ楽しそうに)
        -- シラナ
      • そりゃ身長の問題だし、ふぅ、生きた心地がしなかった……(開放されると耳と尻尾を消して)
        言ってない!って精神的に殆ど成長してない気がする! -- ティノ 2012-09-15 (土) 23:54:06
      • えっ。それはティノが成長してないからそういう気がするだけと違うの……?
        ……そういえば……年上なのに……ティノ……(今更気が付いたかのような面で見下ろす)
        -- シラナ
      • いや成長してるから、昔バイトしてた頃と比べると伸びてるから!
        身長が伸びないのは遺伝子って奴の仕業なんだ…… -- ティノ 2012-09-16 (日) 00:04:01
      • ……そう……ですか……?(それ以上に伸びた手前気付くのは難しく)
        じゃあティナちゃんも小さいのかなー、遺伝子は残酷だなー……私はまだお母様よりちょっと小さいくらいだけど
        -- シラナ
      • 僕としてはシラナの成長にびっくりだよ
        いや、それは……10cmほど、かな、差は……僕の方が小さいけど -- ティノ 2012-09-16 (日) 00:16:02
      • それはよく言われます。お父様やお母様からも(どや顔)
        10cm……え、ああ、小さいんだ……。……基本男子の方が大きいと思ってたんだけど……
        …………がんばっ(ティノの肩に手を置きサムズアップ)
        -- シラナ
      • そりゃそうだろうさ、年齢からすればかなり背が伸びたよね
        動物はメスの方が大きい場合があったりなかったりする……
        頑張るも何もこればかりは、ね……まあまたバイトでも顔合わせするけど、今日はこれで帰るよ、これ以上居たらもふられたまま寝そうだ、それじゃまた -- ティノ 2012-09-16 (日) 00:29:08
  • せっくす!!(忙しそうにロキが走ってきたかと思うと一枚のチラシを投げつけて去っていく)

    黄金歴228年4月(9/16:曜日)
    ロキベン協賛のお花見パーティーを開催します!!

    場所:お花見パーティー会場

    時間:お花見&自己紹介 20時〜
       飲酒バトル(仮)21時〜
       温泉 22時〜
       書初め 20時〜24時(1人3票で人気投票をします。投票は23時より。25時に締め切ります)

    ルールなどの詳細については会場にて後日設置します。
    書初めの1位の人には似顔絵をプレゼント! どしどし参加してくださいね!!

    -- LOKI 2012-09-15 (土) 01:34:29
    • あと妹さんなどにもつたえといてぬー? -- LOKI 2012-09-15 (土) 01:35:17
      • やはり変態……あ、了解致したんぬ。……でも、シーナはこーゆうのは出たがらないだろーなー
        ……一応話はしとこう
        -- シラナ
  • セックス!!!!!!(菓子屋に入ってくるシスター)そういえば帰ってきてからシラナに挨拶し忘れてた!
    元気してるかーシラナーおーい -- エーフィ 2012-09-15 (土) 00:46:00
    • ……また変態だ! おかしいよえーふぃー! 絶対に……!
      だけどお帰り! ……どこへなにがどうなって……お帰りなんだっけ……?
      -- シラナ
      • あたしはいつも通りだし!!三年間修道院で勉強してシスターになって帰ってきました!戻ってきたのは4か月前くらいだよー。
        で、そういえばシラナの店に顔だしてないなーって思って。ってことでただいまー、久しぶりね、シラナ。元気…っぽいね、店もうまくいってる? -- エーフィ 2012-09-15 (土) 00:52:31
      • そうだった。……なにかの冗談だと思ったら本当に修行して帰ってきてる事に私は動揺を隠せません。隠せません。大事
        うん、元気……だし、お店はそもそも私が頑張っても頑張んなくても父様と姉様がメインだしで的な……
        そうだはぐしよう。する、した(抱き締めた)
        -- シラナ
      • 隠せてる!あんまり変わってないから隠せてます!!えへへー、仕事もしっかりできるんだよー、もう立派なシスターですよ!神父様を楽させてあげないと。
        うんうんはぐしよう、なんか三年で…大きくなったねシラナ、身長はあたしよりだいぶ伸びた?(はぐはぐ お互いのふくよかな部分がふにょふにょ歪む) -- エーフィ 2012-09-15 (土) 01:00:08
      • ……そ、そうなの……? 仕事までこなすようになるなんて、やはりエーフィーは異端だ……
        20歳過ぎるくらいまであんまり育たないのがふつーっぽかったんだけど……眠くて……(抱き締め続行しつつ)
        (寝た。寝落ちではないが)
        -- シラナ
      • 頑張れば人間やれるってことですよー、人間じゃないけど。三年間はきつかったぞー!
        シラナの家計って複雑だよねぇ、あ、シーナにもあとで挨拶しておかないとー…っと、って、あ(寝てることに気付いた)
        …そーだ、そういえば昔からこの子はこうだったなぁ…よく寝る子だからかね育つのは。…胸もノーブラ?っぽいし。むう、すさまじい威力…!
        ま、眠らせてあげましょうかね、今は(ベッドまで運び毛布かけて、アクア・アビスを後にした) -- エーフィ 2012-09-15 (土) 01:10:58
      • (30分後)……はっ。……あれ? ……うん? …………ああ(辺りを見回して若干混乱したかに見えたが、やがて納得)
        うん……(寝直した。後で妹に起こされた)
        -- シラナ
  • セックス! -- 2012-09-15 (土) 00:18:48
    • セッ…… -- シラナ
      • ……のーのー、今の無しで -- シラナ
      • セックス? -- 2012-09-15 (土) 00:24:06
      • ノーノーノー -- シラナ
      • セックス…(とぼとぼと帰っていった) -- 2012-09-15 (土) 00:31:41
      • オゥ…… -- シラナ
    • セックス!(隣人への挨拶) -- エス 2012-09-15 (土) 00:38:54
      • ……変態だ! -- シラナ
      • カマトトぶりやがって…誰が変態だおいノーブラ女!お前路地裏歩いたら一発だからな! -- エス 2012-09-15 (土) 00:44:30
      • えすぷー(微笑んで指を差す) 路地裏なんてあるかないし…… -- シラナ
      • オラあっちで悪魔シスターっつー矛盾の固まりもセックス言ってんじゃねえか=標準語だオラッ!あぁ言えばこういうやつめ…そんな風に育てた覚えはねえ。 -- エス 2012-09-15 (土) 00:52:36
      • じゃじゃーん、ローカルルール〜……なので標準語と言うのは……些か……ねぇ? 恥ずかしい……
        だいたいえすぷーにそだてられたおぼえもないし……
        -- シラナ
      • この町のローカルっつーことは標準じゃねえか。処女でもねえだろうにかわいこぶりやがって…
        育てた覚えがねえって言ったぞ俺は。えすぷーってやめろってのは十年来言ってるが。 -- エス 2012-09-15 (土) 01:01:18
      • ノーノー、私、私の。今この場のルール。おっけー? ……私はこう見えてまだ15歳ですが妹がいるお姉ちゃんなので、えすぷーみたいなのは遠ざけねばなりません……(眠たげで悲しげな眼差し)
        うん、だから問題無いよね……。……そう……でした……か?
        (首を傾げ、そのままゆるりと顔が斜め下へ向けられる。聞こえる寝息。立ち寝である)
        -- シラナ
      • お前は一体どこの覇王様だ…いや二十歳には見えねえが。オイ何だその自然な流れで有害物指定は。
        そうでしたけどそれに対するお前のリアクションも繰り返し十年は見てるけどその度にほら寝たよこいつはよォ!
        (慣れたパターンだったようで、眠るシラナの頭の上にみかんを載せて帰っていった) -- エス 2012-09-15 (土) 01:13:54
      • (八分後)……えふぅ、ん? ……んん? ……お、おぉ……(意識を取り戻すも、頭上の存在に気付きバランスを取る。取る。妹が来るまで取り続けた) -- シラナ

Last-modified: 2013-03-15 Fri 23:30:18 JST (3389d)