FA/0015

  •  
  •  
  •  
  •  
  • (長くなってきたので植え替え!)
    わたしは、お世話をしてもらわないと、生きられないから…でも、この時はお世話もいいか、なっておもう、よ…
    (丁寧に髪をタオルで包んで拭いてもらい、徐々に全身をふかふかのタオルで包まれていく、体のほうも敏感な部分を避けつつしっかりと拭いてもらう
    そうして髪を乾かす段階に入るとこれもまたふかふかのガウンを後ろから着せてもらうことだろう、その後は大鏡の前で髪を丹念に手入れしてもらえるぞ)
    -- 2018-01-12 (金) 21:59:29
    • (あい!)
      ちょっと・・・いいなって・・思うな(わかるかもとこくこく)
      ふわわっ!?・・わ・・・ふきゃぁ(思っていた以上に丁寧に拭いて貰えてついつい心地よくなってしまう)
      (ついつい気持ちよくなって目を細めているといつの間にかガウンを着させられていて)え、えへへ・・・なんだか・・すごい・・ね?・・・あっいえ・・その・・・ま、前髪は・・・その・・そういうのじゃないって・・いうか・・・(目が出る様にセットされそうになってわたわたしてたり) -- リリア 2018-01-12 (金) 23:42:53
      • よく暖まった後だと…時々眠くなって…くぅ…(頭を乾かし終わるまでしばしうたた寝、従者たちでハロリータの髪を弄る遊びが始まる)
        ん…寝てた、リリアも綺麗にな、った?(目を擦りながら起き上がるとすっかり着替えもし終わっていて)
        ふ、ふ…リリア、普段と違う髪形に、されそうに、なった、って聞いた、わ(くすっと笑いながら近寄るハロリータ、自分が三つ編みにされているとは思っていないようだ)
        -- 2018-01-13 (土) 00:02:47
      • う、うん・・・なった・・ね・・・(乾かしてもらい、ナイトキャップをかぶせられてほっと一息)ふふ・・・わたしも・・ちょっと眠くなっちゃったかも(なんて笑って)
        ま、前髪・・・整えられちゃうとこだったかも・・ふふ・・・ハロリータちゃんだって・・ちょっと珍しい感じに・・なっててかわいいよ?(編み込みを手に取って見せて) -- リリア 2018-01-13 (土) 00:09:04
      • 帽子を被ると、リリア、ますます魔法使い、さん、ね…(リリアの言葉に頷いて)
        わかる、わたしも、お風呂に入ると…後はそんなに起きていないから…お部屋に案内させ、るから
        鍵を開けて、まっていて、ね…ん、これわたしの髪…?編んである…む
        (従者達にやったなーという意味を込めて頬を膨らませつつ、可愛いといわれればまんざらでもないようで)
        そ、う…な、ら…今度、髪を使って遊ぶの…おしえて、リリア…わたしは、弄られるだけでもきっと、楽しいとおもう、から
        -- 2018-01-13 (土) 20:26:16
      • そう・・かな?(えへへっと嬉しそうにポーズをとってみたり)
        ん・・・わかった・・待ってるね(うんうんとわくわくした様子で頷き)
        (くすくすと)よく・・やられちゃうの?(仲いいんだなぁと嬉しそうにしつつ)ん・・いい・・よ?・・・私も楽しみ・・だな・・・(一緒に髪を梳いて弄り合うのは楽しそうで・・・なんだかわくわくしてしまう) -- リリア 2018-01-13 (土) 23:14:58
      • リリアは、わたしには、魔法使えるのきら、きらして見えるから
        寝ちゃうと、時々…いつもと違うとすこし、頭むずむず…(少しずつこういうことも楽しめるようになりつつあるようで)
        ほんと、…うれしい…すこししたら…お部屋いく、から…先に寝てたら…髪いじる、わ…よ?
        (三つ編みはそのままに一旦自分の部屋に戻されるハロリータ、流石に眠る時は髪は解いているだろう)
        -- 2018-01-14 (日) 21:33:31
      • 私が・・・きらきら?・・そ、そんな・・事(全然そんなつもりなかったのでちょっと驚いて)・・で、でも・・そうだったら・・うれしい・・・な・・・
        ふふ・・・(やられちゃってるんだなぁかわいいなぁとほんわかしつつ)
        あ・・うんっ・・・まってる・・ね?(弄られないようにしないとねと悪戯っぽく微笑んで自分もまた寝室に案内される・・・ベッドの上、枕を抱えてまだかなーと待ち受ける、訪れれば嬉しそうに迎える事だろう) -- リリア 2018-01-14 (日) 22:27:13
      • (コンコンとノックをする音、すこし間をあけて従者が毛布を抱えて入ってくる、リリアの居るベッドにそっとそれを下ろすと
        毛布に声をかけてから部屋を去っていく、もぞもぞと動く毛布からゆっくりと髪を下ろしたハロリータが顔を覗かせる)
        ん、だいじょ、ぶ?リリアまだ、寝てな、い…?
        -- 2018-01-14 (日) 23:25:34
      • っ(ハロリータではなく従者が入ってきたので混乱し、なんとなく隠れるみたいになって)
        ・・・?(声をかけられれば不思議そうにした後)ゎっ・・・そ、そこに・・いたんだ?・・・(ちょっと驚いた様な声を出す)
        ふふ・・抜け出すって・・・言ってたから・・・一人で来ると思ってた(くすくすっと笑って、顔をのぞかせた彼女の髪を撫でて) -- リリア 2018-01-15 (月) 22:49:11
      • 色んな方法で、抜け出すけど…これが、一番らくで…気持ちいい、の
        (毛布に包まれて抱えられるととても暖かく、心地が良いらしい)ん、…すこし、驚かせたかった、のも…ある
        -- 2018-01-16 (火) 23:59:00
      • ふふ・・驚いた(うんうんと頷く、毛布をほどき自分の分と合わせてお互いに掛けるようにする)えへへ・・・あったかい・・ね?
        (窓の外で風が吹きあれ、木が揺れ動く音が聞こえれば、自分がここにいるそもそもを思い出して)怖く・・ない? -- リリア 2018-01-17 (水) 04:26:10
      • (中から寝巻き姿で出てくるハロリータ、リリアを意識してか持ってきたナイトキャップを被り、気分は姉妹のよう)
        あったか、い…ね、従者とよりも暖かいかも、しれ、ない…(ひゅうひゅうと窓を叩く風に肩を縮めるも、リリアの声にはっとして)
        だいじょ、っぶ…リリアが一緒だから…リリアも一人じゃないから…安心?
        -- 2018-01-18 (木) 19:24:35
      • ふふっ・・・お揃いだね?(ナイトキャップごと頭をなでなで)
        (従者さんよりなんて言われたら悪いと思いつつ嬉しくなってしまう・・・身を竦ませる間も優しくなでて)・・うんっ・・・よかった・・・そうだね・・・私も・・ハロリータちゃんがいるから・・・怖くないよ
        (擽ったそうに笑いながら撫でつつそのままぽんぽんとあやす様に)ねね?・・・いつも・・眠れない時とか・・どうしてる?・・ご本読んでもらったり? -- リリア 2018-01-18 (木) 21:49:50
      • いらないって、いったのだけ、ど…リリアが被っているからって…(普段は頭に違和感を感じてしまうらしく)
        でも今日はふしぎ、気にならないの…リリアとあったかいを分け合うの…落ち着く(こくと頷いてお互いに安心できたことを確認して)
        ふふ、まるでお母さんといるみたい、…いつもこうしてもらったり…うん、本…経典だけど
        そういうのを聞いて気を紛らわせてもらって、寝てる…早く明日になってほしい気持ちと…
        そうじゃ、ないのが…入り混じって眠れなくなる…今は、へいき、よ?
        -- 2018-01-20 (土) 19:40:41
      • 被せてもらったんだ?・・・慣れると・・あったかくて・・いいんだよ?(うんうんと嬉しそうに)
        うん・・・そうだね・・・あったかい・・(ぬくもりを感じようとするように寄り添い・・ちょっと躊躇いつつも抱き寄せてみたり)お母さん・・・私・・お母さんみたいに・・なれて・・るんだ?・・・(母を忘れつつある自分でも、母のようになれる・・・それを聞けば嬉しそうに微笑んで)
        いろいろ・・・考えちゃうんだね・・・うん・・なら・・今だけでも・・・何も考えなくて・・いいんだよ?(よしよしと優しくさすり) -- リリア 2018-01-20 (土) 21:35:41
      • あったかい、のわかる…いつも、ひんやりした風が抜けていくから…朝もきっとさむくな、い
        うん、私が覚えているお母さんはそうだった…(抱き寄せられてほんの少しだけ母のぬくもりが恋しくなり、反射的にリリアに抱きついて)
        …!うん、でも、ね今はリリアのこと考えていたい…か、な…せっかく一緒に眠れるの、だから…
        -- 2018-01-22 (月) 23:29:28
      • (そっか・・・と呟いていると彼女の方から抱き着かれてちょっと驚きつつも微笑んで)
        うん・・・私も・・ハロリータちゃんの事だけで胸をいっぱいにしていられる・・・(温もりを分け合いながら横になる安心感についついうつらと来てしまって)ほら・・そろそろ寝ないと・・お寝坊さんになっちゃうよ?・・・明日はまた・・一緒に朝ごはん・・食べようね? -- リリア 2018-01-23 (火) 02:02:24
      • わか、った…リリアがそばに居るから…今日は安心して眠れる…の…
        (毛布に包まれている間にすっかり眠くなっていたようでうっつらうっつらしながら頷いて)
        -- 2018-01-25 (木) 19:58:30
      • えへへ・・・お休み・・ハロリータちゃん・・・(大好きだよと囁き眠りにつく・・・その日はぐっすり眠れて、朝にはまた二人楽しく食事をとったりする事だろう) -- リリア 2018-01-25 (木) 22:30:29
  • は、ハロリータちゃん・・・こんにちは(約束通りお屋敷に会いに来てみて) -- リリア 2017-12-27 (水) 21:45:59
  • リリア…お屋敷によ、うこそ…こっちは、初めて、よね…?(数メートルはあろうかという大扉からちらりと覗くハロリータ
    それもそのはず、お屋敷での服装は聖衣かあるいは、裸なので微妙に恥ずかしいのだろう、ハロウィンの時は平気だったのに)
    -- 2017-12-27 (水) 22:14:42
    • そうなる・・ね・・・(ちらりと覗くハロリータに歩み寄って)すごい・・・大きなお屋敷・・だね・・・・
      ・・・・・?・・・ハロリータ・・ちゃん?(恥ずかしがっている様子に少し小首を傾げてから)・・ふふ・・・そだ・・ハロリータちゃんの・・・お部屋・・行きたいなって・・・(どんなのかなと気になってる) -- リリア 2017-12-27 (水) 22:52:04
    • 大きくて、移動も大変よ…宿舎くらい小さいほうが動きやすい…うん、いっこ…わたしもそしたら、少しだけ毛布とか
      羽織れるから…(従者に周りを囲まれてハロリータのペースに合わせてゆっくりと部屋へ向かう
      やがて豪華で厳かな扉の前で止まると従者2人がかりでゆっくりと扉を開ける
      寝室はテニスコートほどの広さだが天井がとにかく高い、そして部屋の中一面を豪華な装飾と調度品が飾っていて、まるで宝物庫のようだった)
      -- 2017-12-28 (木) 21:31:38
    • うんっ・・いこ?(まさにそれが目的だったりする・・・従者の人達に入らないようにって言づけられたりしないかなとか思いつつなんか周りをがっつり囲まれて落ち着かない様子でおどおど・・そしてその仰々しい扉を開けてもらえば)
      わ・・わぁ…こ、これ・・・本当に・・・ハロリータちゃんの・・お部屋・・・なの?(はぇーと天井を見上げて呟く)す・・すごい・・・・けど・・な、なんだか落ち着かない・・・ね?(なんて困ったように笑って) -- リリア 2017-12-28 (木) 21:59:46
    • そう、私の寝る部屋…本当はもっと、広、いの…(よく見るとカーテンのようなもので半分に仕切られている)
      で、しょ…音は良く響くし…音楽を聴くなら…いいかもしれな、いけど…寝てるときの
      木枯らしのふく、ガサガサが…聞こえるの、こわい…よく響く、から…
      -- 2017-12-29 (金) 22:16:22
    • 寝る部屋・・寝る為だけの?(仰々しすぎない?と思いつつカーテンの向こうを見てみたり)
      ・・・そっか・・そういう時・・誰かがいてくれると・・いいのにね・・・(そう言って頭を撫でつつ羽織る物をさがし、そっと掛けてあげたり) -- リリア 2017-12-30 (土) 00:12:22
    • 朝はここで、軽く朝食も食べたりするけ、ど…そうね、ここは寝るための部屋…(イリディナから貰ったくまのぬいぐるみが
      枕元に座っている、それと例の毛玉の召喚獣も)リリア、だいじょ、ぶ…(枕もとのそれらを見て)あの子達がいてくれる、から…それ、でも
      隣に誰かいてくれたら、と思うことはある、の…ん、あったかい…(ベッドの横にある小さなテーブルに着くように案内して)
      -- 2017-12-31 (日) 08:51:04
    • (毛玉やぬいぐるみを指し示されれば)そっか・・(と少し嬉しそう)
      ・・・隣に誰か・・か・・・ねぇ・・その・・・お泊りとかって・・・してもいい・・のかな・・・(怒られちゃうかなと心配そうにしつつ示されたテーブルについて) -- リリア 2017-12-31 (日) 10:05:07
    • 泊まれる…わ、誰でも…お屋敷は…開かれたところだから…でも、ね
      お部屋は別なの…だから…(リリアに顔を近づけて耳打ちし、私がこっそり抜け出して部屋に行く、と伝える)
      そ、すれば…リリアはもし、見つかってもおこ、られない…だいじょ、ぶ…お部屋抜け出すのは…よくや、る…っの
      -- 2017-12-31 (日) 13:11:31
    • そう・・なんだ・・?(ひそひそ声で話し合えばくすくすと笑って)えへへ・・・わかった・・なんだか・・いけないこと・・してるみたいだね
      じゃぁ決まり・・っ・・・だ、誰か・・・に・・・話しておいた方がいい・・・のかな・・ -- リリア 2017-12-31 (日) 19:04:54
    • わたしから、話しておく…わ?ここは私のおうちだから…リリアはお友達だけ、ど…お客さんな、の
      今まで、出来なかった分、いっぱいもてなす、の……(ハロリータはどうやらささやかな晩餐会を用意したいらしく張り切っている
      食事シーンは豪華なものを食べたとカットしてもいい)
      -- 2017-12-31 (日) 19:21:43
    • (という訳でカット!)

      はふ・・・えへへ・・もう・・食べられない・・かも・・・(と食事を終えて一息ついて)
      ハロリータちゃんって・・いつも・・・あんなにすごいご飯・・食べてた・・・の?(ちょっと驚きといった様子で) -- リリア 2017-12-31 (日) 19:30:20
    • う、ん…私は、母国の一番大切な人だから…見栄っ張り?…しちゃうの
      わたしはあまり、食べられないから…いつもは少なめ…で、も今日はリリアがいるからいっぱい食べたかった、の
      一人だと、ね…あんなに美味しくても…ちっとも食べる気になれなくて…
      (私も食べ過ぎてお腹がパンパン、とぽっこりしているお腹を指差してくすくすと笑ってみせる)
      -- 2017-12-31 (日) 19:40:26
    • なんだかもったいない・・ね・・・使用人の・・人達とも・・一緒にたべられたら・・いいのにね?(それなら少なくとも一人と思う事はないだろうと)
      ふふっ・・・凄い・・膨らんじゃってるね(くすくすと一緒になって笑って)あ・・そだ・・お風呂・・・その・・前に・・一緒に入るって約束・・・したよね?(うんうんと) -- リリア 2017-12-31 (日) 20:21:00
    • ときどき、ね…厨房で皆でこっそり味見をするの、そのときが、一番楽しい
      そう、お風呂…リリア、従者はいら、ない…?ふたりが、いい?…(それならそういう風にも出来る、と説明して)
      -- 2018-01-01 (月) 11:47:21
    • ふふ・・・みんなで・・?・・・結構・・お茶目な人も・・いるんだね?(なんて言ってくすくす笑って)
      そ、そう・・だね・・・・なんかこう・・緊張しちゃうっていうか・・・ハロリータちゃんがいた方がいいって・・いうなら・・・大丈夫だけど・・・ -- リリア 2018-01-01 (月) 12:39:05
    • な、ら…二人ではいる…私洗うの、がんば、る…から、だいじょぶ(大浴場へ向かいながら)
      わたしだけ、もう裸だか、ら…まって、るね…服は…従者が洗って、明日用意してくれる、から
      籠に入れておけば、だいじょ、ぶ(代わりにバスローブなどを用意しておいてくれるそうだ)
      -- 2018-01-01 (月) 12:56:12
    • う、うん・・・わかった・・(躊躇いがちに頷く、脱衣場につき、指示された籠に衣類を置く)
      ・・・(鏡に映る少し大人になりかけた体を見て・・・・なんだか恥ずかしくなってきて手で隠しながらお風呂に入って) -- リリア 2018-01-01 (月) 19:35:57
    • (中は中央に大きな円形の浴場がある、石造りのもので滾々とお湯が沸かされ循環している)
      ここ、のお風呂がお湯に浸かるところ…あっちにあるバスタブ、が体を洗ってもらう時に使うの…
      リリア、だいじょ、うぶ?寒いなら早く、お湯にはいろ…う?(膝を曲げて体を隠す様子を心配そうに見上げて)
      -- 2018-01-02 (火) 21:27:44
    • わぁ・・すごい・・・広いね・・・・・あ、洗うための・・バスタブが・・あるんだ・・(おぉっと関心しつつ)
      ぁ・・う、うぅん・・こ、これは・・さむい・・とかじゃなくて・・・ぁぁうん・・さむいは・・さむいんだけど・・・(わたわたとしつつおずおず手を外し・・・やっぱり恥ずかしそうにもじもじとしながら)
      あ、改めて・・裸になると・・恥ずかしいなって・・・・・で、でも大丈夫・・だから・・(心配しないで欲しいといいながら示されるままにお湯に入って)はふ・・・ -- リリア 2018-01-02 (火) 21:44:54
    • …リリアは体、見られるとやっぱり、恥ずかしい…?(おどおどするリリアの手を握りゆっくりと湯船に浸かって行く)
      わた、しは…前は…どうだった、ろう…してはいけないこと…するの、今もわくわくしてしまうから…
      (そこで話すのを止めて、肩までお湯に浸かる、今日は特に薬湯ではなく透明な透き通ったお湯だ)
      -- 2018-01-02 (火) 21:51:00
    • そうだね・・・(そしてやはり、いつもこんな格好をする事になるハロリータに同情してしまう・・湯船の中でとった手をきゅっと握って・・・と)
      ・・・・・・え?・・(「してはいけない事をするのは今もわくわくする」・・・話の流れ的にはそれは裸になる事で)ハロリータ・・・ちゃん?(話すのをやめてしまった彼女を不思議そうに見つめて) -- リリア 2018-01-02 (火) 22:14:22
    • ん…わたし、ね昔はとても悪い子だったから、きっと神様がそういうこと、出来ないようにしたんだと、今も思ってる、の…
      (ぼんやりと自分がかつて破滅願望を持って、行動に移したことを話して)…今はそんな気持ち、無いの
      こういう(自由が欲しいゆえの行動)のは…時々してしまうけ、ど……(手を離してぷかーとお湯に浮く
      ずっと遊んでくれていたリリアにはそろそろどうしても本当の自分を打ち明けたかったのだろう)
      -- 2018-01-02 (火) 22:53:08
    • そう・・・だったんだ・・(詳しい事情は分からないけれど・・少し意外なその告白も・・自然と受け止められた・・・自分は今の彼女を知っているから)
      ふふ・・・・・よっと・・(なんだか嬉しくなってきてしまって、自分も一緒にぷかーと浮かんでみる・・はしたないと思いつつも、やっぱりちょっと楽しくて・・ついつい微笑んでしまう)
      いつか・・神様が許してくれたら・・いいね?・・・・・・(そして十分温まった所で)体・・洗いっこ・・しない? -- リリア 2018-01-02 (火) 23:03:55
    • う、ん…ずっと、誰かに言いたかったの…聖女なんていわれるたび、に…胸が痛かった…
      うん…あら、う…リリア、お話ししても…嫌わないで、くれた…の
      (そのことが嬉しかった、と浮いた状態から戻り、洗い場にリリアと向かう
      様々なアメニティーグッズがあるが、ハロリータにも分かりやすく今日はシャンプーとリンス、それと石鹸、スポンジだけが置いてある)
      -- 2018-01-02 (火) 23:23:48
    • ・・・ハロリータちゃん・・・(心配そうにつぶやき)・・・嫌いになんて・・ならないよ(安心させるように微笑む)
      (なんとなくしんみりしてしまった気分を吹き飛ばしたくなってきて・・・スポンジを石鹸で泡立てると)ふっふっふ・・・い、いく・・・よ!(えーいとわざとふざける感じでわしわし洗ったり) -- リリア 2018-01-02 (火) 23:37:55
    • わっあ!?リリア…くす、ぐったぁ…い(普段でないような大きな声でくすぐったそうに声を上げて)
      わたし、もリリアにいけないこと、する…の(こちらもスポンジをあわ立てて息でふうっと飛ばす
      ハーモニカで肺活量がふえたのか存外飛び散る泡)
      -- 2018-01-02 (火) 23:55:10
    • え、えへへっ(ほーらわしわしーと笑って、でも丁寧に肌にスポンジを滑らせて)
      ふぇ?・・・わっ・・きゃぅっ・・・(意外と強い肺活量でぶわーっと飛ぶ泡にびっくりした声を上げて)ふふ・・は、ハロリータちゃん・・・すごい・・ -- リリア 2018-01-03 (水) 01:53:43
    • 普段、こんなにくすぐったい…洗い方、されない、から…だめ、なのっ…(笑いそうなのをこらえて表情がもじもじ)
      ん…リリアも、洗うか、ら…だいじょ、ぶ…くすぐった、くし、ない…(むすっとした表情でスポンジを泡立たせ)
      …う、そ(以前の様な無表情に口元だけ笑みを浮かべて、リリアの弱そうなわき腹やお腹にスポンジを滑らせる)
      -- 2018-01-08 (月) 13:14:07
    • ふふ・・そう?・・・もっと丁寧・・なのかな?(うりうりとしっかり洗ってると)
      ん・・あらって・・くれるの?・・ふふ・・ふ・・ふゎ!?・・わ・・・・きゃんっ・・く・・くすぐったいよぉ・・(バスタブの中できゃっきゃとくすぐったそうに身を捩り)
      (くすくす)もー・・ちゃんと・・洗えない・・よ・・(楽しそうな声を上げながらこちらも更にと擦って返し・・・なんだかんだ二人とも泡だらけになって)はぁ・・はぁ・・はふ・・・ふふ・・・流さないとね -- リリア 2018-01-08 (月) 17:58:53
    • ひつじ…みたい、ね?(泡で全身を覆われて満足そうに頷いて)ん…流す、ならシャワー…ある
      (カーテンで囲われていて、壁面にシャワーヘッドが埋め込まれているタイプ、大きいので二人同時に流せそうだ)
      リリア、洗ってる時…色々大きくなって、て…びっくり、なの…大人に近づいてて…(カーテンを閉めて蛇口をひねる)
      -- 2018-01-08 (月) 18:51:46
    • ふふ・・だね・・・ん・・そこ?(彼女がシャワーの蛇口を捻れば二人にお湯がかかって)はぁふ・・・(息をついて手で泡を洗い流す)
      ん・・と・・・(指摘されれば少し恥ずかしそうに、膨らみだした胸やくびれた腰や丸みを帯びてきたおしりに触れる・・・前の方は少し毛も生えそろってきていて・・・触れ合う度にハロリータの無垢な体に比べて随分違う事を実感してしまう)
      そう・・だね・・・この一年くらいで・・大分・・変わって来たなって・・・戸惑いもして・・ね・・・ハロリータちゃんは・・変わらない・・ね?・・・やっぱり・・大人になりたいって・・思う? -- リリア 2018-01-08 (月) 20:39:49
    • リリア、大人になった…と、思う 胸も、体も…やわらかそ、うで…(母のような優しさを感じているらしい)
      なれる、なら…わたし、は大人に…なりた、い…ずっと、この高さからしか…世界を見られないから
      (シャワーでヒツジのようにもこもこした泡が落ちて、うっすらと肉のついた薄いからだが現れる
      普段のケアのかいもあって真っ白で、まるで人形のような儚さがある)
      -- 2018-01-08 (月) 21:08:00
    • そう・・かな・・・?(柔らかい?と気にするようにお腹に触れてみたり触れさせてみたり)
      ・・・そう・・だよね・・(無垢と言えば聞こえは良かったが、事情を知った上で見るとひどく悲しい物に見えて・・・そっと泡を落とすのを手伝ってあげて)
      聖女様を・・辞められたら・・・体も育ち始めるのかな・・・(労わる様にそっと頭を撫でて) -- リリア 2018-01-08 (月) 21:34:40
    • わたしより、いっぱい柔らかくて…お母さんみたいになったと、思う…(リリアとは違った柔らかさと弾力、張りがあるというよりは脂肪が薄い)
      大きくなれないのは、残念…で、も…前も話したけど…友達と、思い出があるから…時間は進んだように感じる、よ?
      (シャワーに打たれつつリリアの腰を抱きしめて、青く澄んだ瞳で見つめる、以前より生に溢れた表情だ)
      -- 2018-01-09 (火) 21:25:04
    • (やわこいなぁなんてついついほんわかしてしまうが)・・・そうだったね・・(でもなんだか・・どうしても・・この柔らかさこそ彼女が取り残されて行っている事の象徴のようにも思えてしまう)
      んゎ・・(先ほどの様に洗いっこという訳でもないのに抱きしめられれば、裸である事も手伝いなんだか妙にドキドキしてしまう・・・シャワーに当てられ髪がぺたんとなった事でいつもよりはっきり瑠璃色の瞳が見えて)
      (心配そうに揺れるその瞳が)・・・うん・・(生に溢れた輝きに元気をもらった様に明るくなって)わかった・・・心配・・しすぎちゃったね・・・ハロリータちゃんは・・今のままで、十分・・可愛いから・・(だから大丈夫と優しくなでて) -- リリア 2018-01-09 (火) 21:43:08
    • リリアの目…また、見られて…嬉しい…(ほんの少しだけ裸のまま見つめ合ってから離れて)
      ん、綺麗になった…し、リリアとお話…続きは温まり、ながら…(壁にかけてあったタオルを渡しつつ自分も髪を拭うハロリータ
      よく見ると脱衣所の入り口から心配そうに見ている従者達、お風呂上りはどうやら彼女達の御厄介になりそうだ)
      -- 2018-01-10 (水) 21:11:24
    • ん・・・そう?・・(普段は嫌だから見せない目だけれど、なんとなく今はいいかなとにこーっと笑って)
      そう・・・だね・・・?・・ぁ・・(髪を拭っていると向こうからうかがう気配)・・・ちょ、ちょっと・・恥ずかしい・・ね?(でもこればかりはしょうがないのかな?と)・・・上がる? -- リリア 2018-01-10 (水) 21:40:10
    • リリアの気持ち、あるから…余り、見ないほうがいいと、思ってた、の…
      ん、あがっる…ふかふかのタオルで拭いてもらうの、楽しみなの…(いこ、とリリアの手をとって)
      -- 2018-01-11 (木) 18:54:22
    • そっか・・・ありがと・・ね?(なんだか嬉しそうになでなでと)
      ふふ・・・私・・人に拭いてもらうなんて・・・子供の時以来かも・・・(そう言いながら一緒に上がれば待ち受けていた従者さん達に拭かれるのだろう、それをどこか懐かしい思いをしながら受けて) -- リリア 2018-01-11 (木) 21:28:49
  • (ということで市場で材料を買い込んだあとやってきましたセンの部屋。何故自分の部屋なのかと言えば簡易キッチンが1Fになくて2Fにあるから。)
    まずは基本中の基本。料理の前にはしっかり手を洗おうね。(手首とか指の間とかもしっかり洗う見本を見せる) -- セン 2017-11-29 (水) 22:46:11
    • おかいもの、たのしかった…料理する前は…あんな形してるの、ね…
      料理の前は、手洗い…わか、る…綺麗にするの、ね…?(流しでセンの横に立ちながらやり方を見て真似て)
      -- 2017-11-29 (水) 23:12:26
      • うん。今度お買い物に行くときには、見た目で分かるどれが新鮮でいいものかを少しずつ教えてあげよう。(きちんと洗えているね、と頷く。綺麗なタオルで拭いてもらう)
        さて、それじゃあさっそく材料を切っていこう。まずは野菜から。よく見ていてね。(まずピーラーを見せる)ここのところが刃になってるの。なので、こうやって当てて、すっと引くと皮が向ける。(人参で実演) -- セン 2017-11-29 (水) 23:38:42
      • 野菜、新鮮…?どれも同じに見えた…の、その、ときはよろしくね…セン 今日はカレーを、がんばっる
        切る…は、しってる…包丁で細かくしたり、四角くする、…ピーラー…すごい、皮がまっすぐ…むけ、る…
        (ぽかーんと口をあけて思わず見とれている)
        -- 2017-11-30 (木) 00:16:45
      • なにしろそんなに危なくないと言っても刃物だからね。こうやって、ぶつからないようにもってゆっくり引こう。(と、さらにゆっくり実演した後ピーラーとにんじんを渡す)
        さ、ハロリータ君もやってみよう? -- セン 2017-11-30 (木) 00:20:41
      • ん、やっる…皮に当てて…手に当たらないように…(力の入れ加減が分からないのでズッズッと細かく引いて少しずつ皮をむき始める)
        おも、ったより…力いらな、いの、ね…こ、う…して…(今度は適度に力を抜いて刃の部分が皮に当たるところだけ力を込めてみると、意外とすんなりと剥けていく)
        セン、みた…?さっきのセンみたいに…すっと、剥けた…
        -- 2017-11-30 (木) 22:14:21
      • とても上手だよハロリータ君。(大きく笑みを作って頷いてみせる。その調子で人参をきれいに剝かせる)
        じゃあ次はじゃがいもだ。これはデコボコしているから少しやりづらいけれど、焦らず少しずつやってみようね。ところどころこういう小さな凹みがあるのは……(一度ピーラーをもらって芽取りでゆっくり抉り出す)こんな風にしよう。 -- セン 2017-12-01 (金) 19:01:12
      • 綺麗に、むき終えた…これで、にんじんは皮が剥けた、のね…じゃが、は…うん、難しそう…
        (頑張る、と一言気合を入れてジャガイモを掴みピーラーを当ててみる)…ん、転がる…ころが、る…(ピーラーが引っかかるとシンクに転がるジャガイモ)
        これは…たいへ、ん…でも、美味しいカレーつくりた、いから…がんば、っる…
        -- 2017-12-01 (金) 21:59:47
      • ん、がんばれがんばれ。焦らなくてもいいからね。あ、でも落ちたら軽く水で洗ってね。(アドバイスだけして見守るスタイル) -- セン 2017-12-01 (金) 22:28:41
      • わか、った…洗って…また、剥く…(そうやって少しずつ剥き方と、ジャガイモの持ち方のコツを覚えていく)
        セン、じゃがいも…剥けた…?(つるんと皮の剥けたイモを見せて、うんうんとご満悦)
        -- 2017-12-01 (金) 22:47:54
      • どれどれ……。(仔細にあらためたあと大きく頷く)うん、上手にむけている。
        次は玉ねぎだ。これは一回切っちゃったほうがむくのは簡単(さっと半分に切って片方を渡す)皮がね、たくさん重なって一つの玉ねぎになっているのがわかるかな? 外側の薄いところから取ってしまおう -- セン 2017-12-02 (土) 17:36:52
      • や、った…にんじんとじゃがいもの、皮が剥けた…次は何を剥く、の…?(半分のたまねぎを渡されてびっくり、皮しかないように見える)
        セン、これ…皮剥いたら…(中心の目のような部分を指差して)ここだけ、食べる、の…?
        ん、まずは薄いのを…(ぺりぺりと手で剥がせる感覚に感動したのか、あっという間に薄皮を剥き終えて)
        -- 2017-12-02 (土) 23:50:43
      • よし、そこでストップ。(薄皮をむき終わったところで手で制す)
        玉ねぎは薄皮以外……この分厚いところも含めて食べるんだよ。なのでこれで大丈夫。これで皮を剥く野菜は全部できたかな。(改めてまな板と包丁を水で流し)
        今度は、包丁を使ってみよう。まな板の上に野菜を置いて、左手で抑える。抑える時には指をまげて、猫の手で抑えようね。包丁はこう持つ。縦に滑らせると切れるから、ゆっくり押して切ろうね。刃先から根元まで全部使って切るくらいのつもりがいいよ。(左手でネコの手を実演しつつ、ハロリータに良く見えるようにゆっくりとジャガイモを半分に切って見せる) -- セン 2017-12-03 (日) 01:18:26
      • 皮のところを食べてたの、ね…カレーに入ってるのは、形が分からない…くらいに、なってた、から…
        すご、い切れ味…気をつける…(両手を猫の手にして頷きながら緊張した様子で包丁を手にする)上から押すみたいに…切る…
        (刃先をジャガイモにあて、猫の手で動かないようしっかり押さえ、少しずつ押し切っていく)セン、セン…切れてる…の
        -- 2017-12-03 (日) 21:30:40
      • うん、とても上手に切れている。僕もきちんと見ているからハロリータ君も目を離してはいけないよ。包丁は便利だけれど危ないものでもある。注意して扱わないとこのジャガイモのようにハロリータ君の指も切れてしまうからね。 -- セン 2017-12-04 (月) 14:06:28
      • ひや…っと、する…(センの忠告が少し怖かったのか背筋を震わせて)しっかりやらないと、危ない…わかった
        ジャガイモ…いつも食べてるの、これくらいの大きさ…、うん、いい感じ…(一通り切り終えて次は?とやる気を見せている)
        -- 2017-12-04 (月) 22:36:23
      • 次はタマネギかな。加熱するととても甘くておいしいのだけれど、実は生のものを切ると涙が出てくる成分が出てくるんだよ。
        まっすぐざくっと切るとたくさん出てくるから、さっき言った基本に忠実に。包丁の刃の全部を使うつもりで、すーっと切るんだよ。(すーっと、の手本に包丁を滑らせるようにしてタマネギを切る) -- セン 2017-12-05 (火) 21:56:16
      • たまねぎ切ると泣く…あれは、本当だった、の、ね…(しかし最近涙を出したことが無いから出るか不安といいつつ包丁を握って)
        引くみたいに切る…やっる…(猫の手で押さえてすっと切る、少量だけど成分が飛んだのか目をぎゅっと瞑る)
        セン、…なみだでて、る…?(しかし特に涙で濡れた形跡はない、涙は枯れてしまっているのかもしれない)
        -- 2017-12-05 (火) 23:10:57
      • 出ていないね……(やや気遣わしげだ)
        ……ちょっとごめん、一回包丁を置いて上を向いてくれる? -- セン 2017-12-05 (火) 23:24:00
      • そ、う…わたしでも、たまねぎでなら…涙出るとおも、って…ん、どうした、の?セン
        (包丁を置いてセンの顔を見上げるようにしつつ、天井を見て)
        -- 2017-12-06 (水) 23:25:36
      • そのまま、目はつぶらないで。(ぱたぱたと目薬を取ってきてハロリータにさしてやる)
        ……いきなりごめんね。本来涙で洗うべきものがいつまでも残っていたらあんまり良くないと思って。 -- セン 2017-12-07 (木) 19:55:58
      • お、お…セン、それなに…初めての感覚…(目を開けようと頑張ると自然と口まであんぐりと開いて)
        めぐ、すり…?まるで、涙を流している、みたい…ね、たまねぎの、汁…目によく、ないの?
        たしかに、めが、沁みたけど…そっか、目が痛くなったらそれ、するといい…?(続き、と包丁を手に取る、目のほうは対策が浮かばないのでそのままで)
        -- 2017-12-07 (木) 22:39:56
      • たくさん切っていると慣れてしまうしそれほど害はないと思うけれど、流れないと目が痛いままだから流しておく方がいいかな、って。(この男なりの気遣い、ということらしい)
        そういうことだね。そのうちあんまり痛くないようになっていくよ。(がんばって、と再び見守る構え) -- セン 2017-12-07 (木) 23:51:22
      • セン、やさしい…ありがっと、う…わたしも、カレー作りがんばっる…(涙?を拭きつつスッキリした目でしっかりとたまねぎと向き合う)
        やさしく、切れば…痛くなりにくい…ん、…ちょっと、いたい…(少しずつ切り方のコツを覚えて目の痛みを訴える回数は減っていく)
        -- 2017-12-08 (金) 23:25:37
      • (痛みのあるたびにちょいちょい、と目薬を差してやる。段々痛くなくなってきたのを見ると頷いて微笑み、そうこうしているうちにタマネギも切れる。キノコ類は石突さえとってしまえばあとは何も難しいことはない)
        あとは鶏肉かな。皮のところが特にぐにょっとして切りづらいから、しっかり押さえてしっかり歯を滑らせて切ろうね? -- セン 2017-12-11 (月) 00:19:43
      • すごい…いっぱい、泣いた気分…すこし、うれしい…ずっと、頬を涙が伝うの、忘れてたから…
        きのこ、も切れて…次はとりにく、しっかり抑えるのがコツ…鶏肉は、すき、よ
        宿舎で食べたやきとりが、おいしくて…鳥を捕まえる依頼、で…鶏肉を貰ってきたことも、あるの…
        (しっかりと抑えながら包丁をスッと入れる、最初は皮の部分で滑って驚いていたがコツを掴むとすいすいと一口大にしていく)
        -- 2017-12-12 (火) 20:51:51
      • ほう……大したものだねハロリータ君。鶏肉に慣れるのが早い。(舌を巻く。自分のときはだいぶ時間がかかったものだが)
        じゃあ今度はこれに下ごしらえをしよう。(一口大の鶏肉をボウルに入れて取り出したのはしょうがとにんにくとおろし金)これは固い野菜を細かく削ってどろどろにする道具。こうやってつまんですりすりしていこう。(皮をむいたにんにくをつまんで実演し、しょうがを渡す)さ、やってみよう。
        //年末進行は滅ぶべきだと割と思う……orz -- セン 2017-12-15 (金) 12:42:43
      • すきなもの、は…頑張れる…鶏肉もね…前の時に少しだけ切るお手伝いさせてもらった、の…
        しょうが、ジンジャー…の香り、下ごしらえ、塩コショウみたい、なもの?…おろす…(おろし金を渡してもらい、レクチャーを受けつつ摩り下ろして)
        なんだ、か…指までおろしちゃいそうで、すこし…こわ、い…(素材の硬さのおかげでその心配はなさそうだがそれでも、おろし金の見た目にはそれだけの凄みがあるのだろう)
        -- 2017-12-15 (金) 22:34:20
      • //中の人も年末+クリスマスイベントで絶賛霊圧低下中なのでお気になさらず! -- 2017-12-17 (日) 21:20:45
  • もっともっとお菓子よー!
    ということでもう秋ね……モンブランを自作してみたわ……!
    栗の甘みと生クリームの柔らかさがとろける1品よ!
    ハロちゃん……まだわんこなのかしら……(そろそろーっと確認) -- イリディナ 2017-12-14 (木) 22:04:03
    • モンブラン…うねうねしてて、山すじみたい…(ハロウィンが終わり冬向けのワンピースを着てお出迎え
      しかし仮装の部分はそのまま、部屋の中だけなら、と今もつけて楽しんでいるようだ)
      -- 2017-12-14 (木) 22:43:02
      • 良かった……色々と良かった……!
        ふふふん、食べてもいいのよーあまあまよー!
        まぁこれから寒くなるものね……風邪引いちゃいけないからね……! -- イリディナ 2017-12-14 (木) 22:45:39
      • ん…ディナ、なんだかうれし、そう…わた、しが…まだ、わんちゃん、だから…?(ぷるぷると耳を震わせるように小刻みに揺れて)
        そう、ね…そろそろ冬物のお洋服を用意しないと、寒くなっちゃう…風邪…は、きっと、引きたくても引けないかも、ね…?
        (聖女の祝福がそれほどまでの力があるのかは分からないが、冬でも全裸だったせいで鍛えられているのかもしれない)
        モンブラン、は紅茶と…ミルクどっちがあう、かしら…?(紅茶の場合でもたっぷりのミルクを入れるので大差はなさそうだ)
        -- 2017-12-15 (金) 22:10:03
      • そうね……わんちゃんだからってのもあるけれどね……うん……!
        風邪なんて引かないほうが良いに決まってるわ! でもねハロちゃんが元気なくなった時は……今度は私が助けてあげるわね
        えーっとどうせなら紅茶かしらね? ふふふん……ミルクティーでも良いのよ……! -- イリディナ 2017-12-17 (日) 18:12:00
      • ふふふ、ディナが笑うと私も、ね…なぜだか笑顔になるの、ふしぎ、ね?
        ほんと、う?…わたし、はディナが元気をなくしたら…どうしたら、元気にできる、かな…
        (うん、と頷き従者が出かける前にポットに作ってくれていた紅茶をモンブランに添える)わたし、牛乳いっぱい…ディナは?
        -- 2017-12-17 (日) 21:24:53
      • えへへへ……それはちょっとじゃないくらい嬉しいかも……! 私も人を……ハロちゃんを笑顔に出来るんだぁ……
        だ、大丈夫よ! ハロちゃんを心配させるようなことはしたくないし……! う、うん……
        私はそうねぇ……紅茶で、ストレートで構わないわ。あまあまモンブランだからね……!
        (そう言いつつ用意ができてモンブラン一口)あむー……んー……我ながらよく出来たほうね……! -- イリディナ 2017-12-17 (日) 22:12:43
      • そ、う?ディナはずっと、そうして人を笑顔にしてきたと、思っていた、わ
        (それを聞いて安心したように、でもいつかディナだけで無く誰かの元気の源になれるようにと心で願って)
        おー、ディナすごい…わたしは、渋み?っていうの、が苦手でミルクいっぱい、必要…はむ、…
        栗の味、おいしい…こんなもの、を自分で作れるの、ね…わたしは、まだまだ、だ…
        -- 2017-12-19 (火) 20:46:56
      • そう、多分きっとそうだと、思いたいけど……笑顔にしてきたはず……!
        ふふん、苦味や渋みだけが好きなわけでなく、甘みと合わさると相乗効果というやつで美味しくなるからよ……!
        どんな気持ちも、感情も……組み合わせ次第できっと幸せに出来る! だから別にハロちゃんに出来ないからといって気にする必要は無いわ!
        ハロちゃんは私の作ったモンブランを美味しいと言ってくれる……! その役割も大事なので……ありがとうなので……! (なでなで) -- イリディナ 2017-12-19 (火) 21:55:48
      • ま、だ…苦いのとかわからなく、て…でも、香りは好き、だから時々ストレートでも…飲んでみる
        できなくても、気にしない…うん、ありが、とディナ…わたしずっと、出来なくちゃって思うこと、あったから
        それを聞いたら、すこし肩の荷が降りた、わ… ん、どういたし、まして…それと、ごちそう、さま…
        -- 2017-12-21 (木) 21:25:50
      • 出来ること、出来ないこと……それがあるから人は求め合うのかも……しれないわね……
        ううん、気にしないで……また、遊びましょうね……! (お辞儀して帰っていきました) -- イリディナ 2017-12-23 (土) 23:21:40
      • ディナの出来ないこと、代わりになれたら、わたしとディナは求め合える?わかんない、や…
        うん…うん、またあそぶ、ディナそれまで、さよなら…
        -- 2017-12-24 (日) 21:52:00
  • これで、かそう…できた…? -- ハロリータハロウィン 2017-12-10 (日) 21:02:33
  • たまにあたしもハロみたいな服着てみようかと思うときがある(どうやらちょっと酔っぱらっているらしい) -- アコヤ@ニンジャ装束 2017-11-30 (木) 23:55:10
    • わたしみた、い…この、ワンピース?それとも、聖衣の、こと…?(お酒のにおいに気づいて少しくらっとする、ちょっぴり苦手のようだ) -- 2017-12-01 (金) 21:55:26
      • 聖衣の方(キリッ)。ん? 酒臭かった? ゴメンゴメン。ちょっとな、つき合いで飲んでさ。 -- アコヤ@ニンジャ装束 2017-12-02 (土) 01:20:19
      • 匂いは…だいじょ、っぶ、最初だけ…でも、どうした、の?聖衣着ても…聖女には、なれない…よ?
        (今は宿舎なのでワンピースを着ているハロリータ、クローゼットを開けると王冠とあの聖衣がかけられていた)
        アコヤ、着ても…だいじょ、ぶ…大きいから、着られる…
        -- 2017-12-02 (土) 23:27:03
      • んー……無いものねだり? そっか、あたしじゃ聖女にはなれないか!! まー…そりゃそうだね。
        色々面倒な事あるだろうけどさ、ハロにしかできないことって、何て言うの? レアって言うか。欲しがっても手に入らないモノなんだなーって。
        着ても良いなら着ちゃうよ!? -- アコヤ@ニンジャ装束 2017-12-04 (月) 01:07:01
      • すごい力があれば…聖女、は…少し違うと、思うの…わたしが言うのも、なのだけれ、ど…
        ん、そうかも…わたし、も…どうして手に入ったか…よくわからん、から…(そのせいか力のことを実感はしても自分の力と認識してないようだ)
        だから、アコヤみたいに…ちゃんと自分で、手にしたおしごとのこと、少しうらやましい、の…よ?(ハンガーから聖衣を下ろしてアコヤに手渡す)
        -- 2017-12-04 (月) 22:43:22
      • ふーむ、なるほどなー。人生どこでナニがあるか分からんね。っと、あたしも最初は渋々だったんだよ。酒場の仕事も、バニー着るのも。
        でも段々楽しくなっちゃってさ!(ニンジャ装束を脱いで、聖衣着てみた) -- アコヤ 2017-12-05 (火) 23:50:06
      • しかた、なく…してた、の…?今のアコヤみてる、っと…あんま、り…想像できない、や…
        あ、…(アコヤが聖衣を着ている間にアコヤの着ていたニンジャ衣装を手に取り広げてみる
        独特の模様や縫い方が異国の風合いを出していて思わず袖を通してみたくなるが、アコヤが着替え終えるのを見て)
        ど、う…アコヤ…聖衣を…着るの、は…(素材だけで言えば最高級、着心地はかなりいいが通気性はそれほど良くないようだ)
        -- 2017-12-06 (水) 23:29:48
      • 着てみる?ニンジャ装束。ブカブカかもしんないけど。
        んー、むむむ。ふーん。ああ、なんかあれだね。思ったよりフツー(とはいえ、性器は丸出しにせずちゃんとパンツ穿いてます!黒の!)
        バニーとか、レオタードとか、そういう系をあたしが着慣れてるせいかもしれんね。 -- アコヤ 2017-12-07 (木) 02:16:39
      • きた、い…(ワンピースをたくし上げるようにして脱ぐと、履き忘れのたてすじがすぐに見えて)
        このひも…ど、する?(前をはだけさせて帯を手にアコヤを見上げる、どこか自分が着ているときとは違う聖衣に首をかしげて)
        そっか…アコヤはぱんつ、履いてるから…わたしと、ちょっとちがうの、ね…ふつ、う…だと、うれしい、の
        へんなの、着てるって、いわれたら…きになっちゃ、う…かっら…
        -- 2017-12-07 (木) 22:46:02
      • (奇麗な一本筋に、あたしもあんなころがあったなーと遠き日に思いを馳せ……)じゃない。相変わらず履いてないんだ!?
        えと、こうこう、こういう風に……っと(帯と紐を結んで、ハロリータの着付けを手伝う)
        うん。脱いだ方がいいんかなコレ(自分の黒パンの端に人差し指引っ掛け)。大変見苦しい物が出てきちゃうと思うんだけど。
        (フツー、フツー。あたしにとっちゃ、バニーも聖衣も伝統衣装みたいなモンよ、と力説) -- アコヤ 2017-12-08 (金) 01:29:38
      • あ、…ちがうの、まだ…下着をつけるの…慣れてなくて…時々、わすれちゃうの…
        (両手を上げてばんざーい、のポーズをしながら着付けしてもらうのを眺めて)アコヤの、手…あっちこっちから出てきて…手品、みたい…
        ん、…みぐ、るし?よくわからな、い…(アコヤの言いたい事が分からず不思議そうな顔、力説をされれば)
        そ、うね…これはこういうもの、…アコヤのバニーは、伝統ある、衣装なの、ね…
        -- 2017-12-08 (金) 23:15:20
      • そのうち慣れるよ。履いてない方がハロらしいっちゃらしいけど、履いた方が良い気もするし、なんかよく分からなくなってきた…!
        あー、まあ、こういう(ちょっとだけ自分のパンツ下ろす。もちろん年相応の大人の毛が覗き……またパンツ上げる)
        うん。伝統のスタイルなんだ。ウケるよな。開放的な感じの方向性が(聖衣とバニー)どっちも似てるわ。
        (などなど、服を交換したり、しばしハロリータ着せ替えで遊ぶアコヤであった) -- アコヤ 2017-12-10 (日) 02:55:00
      • おー、アコヤ、おとなのからだ…おとこも、おんなも、生えるのね…でも、それが…見苦しいとは思わない、から…だいじょっぶ…
        聖女もバニーも解放的…うん、すこし、にてて、おかし、い…ふふ(しっとりと笑いながらアコヤと楽しいお着替えタイムを楽しめたようだ)
        -- 2017-12-10 (日) 21:00:58
  • (宿にいってみると今日はいないと従者さんにきいて、お屋敷のほうに遊びに来る…そういえば宿でばかりあってこっちきたことないなーっと)
    …わぁ…すごいお屋敷…!(聖女様と言われていたしやっぱり凄いんだなーっとか実感する) -- トゥリパ 2017-11-30 (木) 18:17:51
    • (鉄柵の大きな門の奥に庭園、そしてお屋敷と広々とした空間が広がっている、天気も良いので
      パラソルのした、聖衣を着てお茶の時間を過ごしているハロリータの姿が庭に見えるだろう
      昼間の間は屋敷の一角にある教会に出入りする人のために門は開いているので入っても大丈夫そうである)
      -- 2017-11-30 (木) 22:22:59
      • はろーりーたーちゃーん!はろりーたーちゃーん!(ブンブンと手をふりながら、お邪魔しますとお庭に入ってくる)
        優雅なひとときだね!何してたの?お茶とか?日光浴とか?(パラソルの下まで近づいて、この服装久々にみたーっとなんだか笑顔が増えてるなーっと想いつつ) -- トゥリパ 2017-11-30 (木) 22:47:19
      • トゥリパ、いらっしゃ、い…お屋敷に来たのは…はじめ、て…?おおき、すぎるのも…かんがえ、もの、なの…
        でも、広いお庭があるとね…猫や小鳥が遊びに来て、すこしたのしい…(その表情に釣られてほんのりと微笑んで)
        公務が終わったから…お茶の時間な、の…クッキーある、の…よか、ったら…お茶飲んで、いって?
        (ハロリータが従者に声をかけて椅子と、お茶セット一式を用意してもらう)
        -- 2017-11-30 (木) 23:15:24
      • うん!!いつもお宿だったからー!(ヤヤちゃんとか他の人もいるからよく遊びにいってる)
        猫もくるんだー!鳥は…いいなぁー…(若干、羽毛欲しいねとか焼いたら美味しいよと言いそうになったのをなんとか我慢した)
        うんー!飲んでくー!!公務ってえーと前きいたーその格好で色々することだっけ?(あんまり好きじゃないみたいなことをいってたの思い出して) -- トゥリパ 2017-11-30 (木) 23:40:48
      • わたし、は小さいほうが、ちょうどいい、…でもトゥリパのおうちくらいは、欲しい…すこしわがまま、かな…?
        ねこ、は…近づいてお膝に乗ってくれて…小鳥は…パンくずをあげてる、の…綺麗な声で、鳴くの、よ?
        (紅茶がカップに注がれトゥリパの前に出される)そ、う…信仰を広めるの…私の体は祝福を受けていて…不幸を撥ね退けるから…
        -- 2017-12-01 (金) 22:07:59
      • 気持ちはわかるー!ある程度の大きさはないと困るけど大きすぎても困るって奴だよね!(ボクもあのサイズくらいがちょうどよくてと笑い合う)
        いいなー…!ボクも犬とか猫はよくよってくるから、可愛くてつい撫でちゃう…でもたまにノミとかダニもよってきちゃって(花の甘い香りのせいで)
        えへへ、それじゃボクがこの街にきてから良いことばかりで悪いことあんまりおこらないのも、ハロリータちゃんとよく遊ぶからかなー! -- トゥリパ 2017-12-02 (土) 00:12:52
      • (やっぱりそうなんだ、とほっとした様子で紅茶を一口)そ、う…ちょうどいい大きさ…
        私が触ると…虫さんは逃げていくの…トゥリパとは反対ね…?トゥリパ、いいにおいするから、よってく、の…かな?
        わからん…ない、わたしは祝福を発してるだけ、だから…でも、そうだと、うれしい…友達には、いいこと起きて欲しい、から…
        -- 2017-12-02 (土) 23:37:58
      • 何事もほどほど…ちょうどいい大きさってのがあるのー!人によってそれは違ったりするけどー
        蜂とかがねー花と勘違いして近づいてきたりすることもあるから怖いときもあるけどねー!(夏場なので香りも強めである)
        うん!!それじゃハロリータちゃんをぎゅーっとしたりしたら、いっぱい良いこと起こるかなー?逆に…ハロリータちゃんにいいことも起きるようにボクもお祈りするね! -- トゥリパ 2017-12-03 (日) 21:55:44
      • トゥリパのいい匂い、眠る時にあると、ね…落ち着いて眠れて…すき、よ?でも、怖いことがあるのは困る…
        ど、だろ…でも、きっといいと思う…(抱きしめられたり、撫でられる事が増えてきて、そういう誘惑には弱くなっているようだ)
        ふふ、ありがと、ねトゥリパ…祈る、のは…わたしもみんなのために、…してるから、きっと、いいこと…
        -- 2017-12-03 (日) 22:11:19
      • それじゃーよく眠れるようにーまたいっぱい香りをー(むぎゅむぎゅっとハロリータちゃんを抱きしめて)
        人の幸せを願う人には、きっと皆も幸せになってもらいたいと思うのー!だからハロリータちゃんはいっぱいお仕事頑張ってるから…!
        代わりにボクもいーっぱい!お祈りしておくー!ハロリータちゃんがどうか幸せになりますよーに…!楽しく毎日過ごせますように! -- トゥリパ 2017-12-03 (日) 22:18:44
      • トゥリパにね、抱きしめてもら、うと…苦しくなくて、ちょうどいい、の…赤ちゃん、もきっと優しく包んでもらえて、いいと、思う…
        体力無いけど…頑張ってる、けど…それはみんな、いっしょ、だと…思うの…幸せになりたい気持ちは
        私も、少しだけある、の…お友達と居られる時間がもっと、ほしいって…うれ、しい…(トゥリパに幸せを願われて心がぽかぽかしてくる)
        -- 2017-12-03 (日) 22:27:00
      • (ぎゅーっとすると、ちょっとお腹も押し付けられつつ)あんまり強くしすぎるとーお腹も押し付けすぎてちょっと不安になっちゃうしね!えへへ!
        そっかーお友達といる時間…大事…!大事!それじゃボクはもっとハロリータちゃんと遊ぶー!一緒にいるー!
        (自分にできることと言えばそれくらいかなーっとついでにトゥリパ自体もやっぱり遊びたい!) -- トゥリパ 2017-12-03 (日) 22:48:15
      • ふ、ふ…うれし、い…あのね、ここの町、トゥリパもだけど…旅の人多いから、旅のお話しを聞くのが楽しみなの…
        遊ぶ…うん、…何か食べたり、お買い物してみたい…トゥリパの好きなもの…も知りたい、の…
        -- 2017-12-04 (月) 23:01:10
  • …ハロリータ…ちょっと、いいか?…すっかり、ハロリータも…普通の女の子に、なってきたな…(普通の服装、そして表情も豊かで)
    …色々と、ハロリータは…心配な事も、色々とあったが…今のハロリータなら…安心、だな(笑みを浮かべ) -- リッキー 2017-11-25 (土) 21:24:31
    • ん、まだ…本当に笑顔できてない、と思うの…でも、そういってもらえると、とても、うれしい…リッキーありがっとう…
      (宿舎の部屋でベッドで休んでいたようで起き上がると少しよろめきつつも、しっかりした歩みでリッキーに近づいて、ようこそと招く)
      -- 2017-11-26 (日) 00:16:14
      • …本当の、笑顔か…その辺りは、俺も出来てないからな…なかなか、難しいもんだ(多少むすっとした顔がデフォな男は、自分の頬に触れ)
        …なに、それだけハロリータが、色々と頑張ってきた…それだけの話だ…あぁ、邪魔するぞ…
        …まぁ、なんだ…言葉を飾るのは、苦手でな…単刀直入に言うと…旅に出る事にしたんだ…数年は、かかる長い旅を… -- リッキー 2017-11-26 (日) 23:10:28
      • わたしも、こうなるまでは、大変…ううん、楽しいことが、いっぱいあった、の…だから、リッキーも楽しいこといっぱいしたら、上手になっる…
        ん…リッキーは旅に、出るのね…もう、すぐに行く、の…?どんな、旅する、の…?(寂しさを抑えつつも旅をしてきたのはハロリータも同じなので興味を抱いて話を聞こうと)
        -- 2017-11-27 (月) 00:11:41
      • …そうか…それなら、俺も本当は…上手になってきてるの、かもな…(楽しい事は、一杯この街であっただけに)
        7月の末には、出る予定だ…ん?あぁ…そうだな、まずは南方は…決めてある…密林が、どんな森か…興味があって、な
        …他の人に、南の部族の注意点…南の海での注意点…色々と、教わったし、な -- リッキー 2017-11-27 (月) 00:19:22
      • リッキーの優しい顔、私は、見ていると落ち着くから…きっと上手…いつも、なでて落ち着かせてくれる時の顔だから
        自然と、ね…顔が緩むの…南、あったかいところにいく…もう準備を進めてた…の、ね…
        (くるりと回り背中を向けるとそのまま寄りかかるようにリッキーに体を寄せていく、何だかもうすぐお別れと聞いて心がざわついてしまい、気持ちを落ち着けようとしているのだろう)
        -- 2017-11-27 (月) 00:34:31
      • …そうか…意図してないだけ、なのかもしれないな…表情っていうのは…(思わず苦笑しながら)
        …ビスコ辺りも、そういうのを見て…似顔絵を、書いたのかも…しれないな…
        …なんだ、今日のハロリータは…甘えたさん、だな(笑って突き放しもせず、頭に手を置いて撫でてやり) -- リッキー 2017-11-27 (月) 00:48:21
      • 思うだけで、笑顔になれたら…すてき、ね…で、も…顔に出さなくても…なんとなく分かる、…気がする
        …だ、から…笑顔の私が描けたのね…そんなこと、ない…いつも通り…(背中を向けていたが表情が見たいのか向き直って)
        ね、リッキー…わたしね、初めてちゃんとお友達と別れるから…どんな風に見送ればいいか、わからな、い…の
        -- 2017-11-27 (月) 22:34:59
      • …そういうもの、か…そういう面では…ハロリータの上が、俺より上手…なのかも、だな(何せ人の表情を読むなど、経験はほとんどなかっため)
        …いや、もっと甘えたでも…いいくらいだった、ぞ?…ハロリータは、いい子過ぎる、からな(見下ろすその表情は年下の妹を見守るような優しいもので)
        …ふむ…そうか…実はな、俺もだ…難しいな…何人からは、餞別貰ったり…言葉を貰ったり…なんだ、して貰って、ばかりだな…(今更ながらその点に気づき) -- リッキー 2017-11-27 (月) 22:40:43
      • う、ん…色んな人、信者、友達みてきたから…なんと、なく…リッキーもいっぱいの人に会えば分かる、…かも
        わたし、はいい子…で、しか居られないから…(その言葉を打ち消すように抱っこをせがむ)
        …ん、じゃあ…わたし、は…思い出つくる…リッキーとハーモニカ、吹いて…そのあと、お泊りする、の…だ、め?…
        -- 2017-11-27 (月) 23:27:49
      • …もっと、必要か…まぁ、旅をしてれば…そうなってくれる、はずだな…
        …そんな狭めた、生き方は…してほしく、ないんだがな…ん?抱っこ?…抱っこか…まぁ、今日だけだぞ?(他の人に見られたら、衛兵ものだからなと真剣な顔で)
        …お、お泊り…んー…(先ほどからかなり悩むお願いが多いが)…まぁ、仕方がないな…ハロリータの、数少ない…我儘だ…いいぞ?(笑って頷いてみせ) -- リッキー 2017-11-28 (火) 00:10:15
      • うん、今日だけ…今日を過ぎたらリッキーとさよならしないと、だから…わがままで、も…
        いっぱい覚えててほし、くて…(しっかりと手にはいつのまにかハーモニカと寝巻きを抱えていて)あり、がと…
        あり、がとうじゃ…足りない…リッキー…好き(我侭を聞いてもらえた嬉しさを表す言葉が見つからないので、彼女なりにつむぎだした言葉である)
        -- 2017-11-28 (火) 22:01:22
      • …なに、これくらいなら…お安い御用だ…よし、今夜はハロリータが眠くなるまで、色々とお話しをしようか…
        はは…こういう時は、動きが早いな…いや、いい事だ…最初会ったときとは、大違いだ…あの時は、随分驚かされたが
        ん?…あぁ、俺も好きだぞ…照れ臭いが、な(気恥ずかしそうに笑う、おそらくは好きでも、友達、あるいは家族めいた好きなのだろうと) -- リッキー 2017-11-28 (火) 22:05:31
      • リッキーのお話し、いっぱい聞く…それ、から…わたしのことも、いっぱい話す、の…
        最初は…わたし、わたしじゃなくて、聖女だったから…いまは、ハロリータ…だか、ら 最近ね、聖衣を着るのが…少し恥ずかしい、の
        て、れ…?そ、う?わたしは、すき、って伝えたり伝えられるの、嬉しくて、すき…よ?
        (そういう気持ちになれたり、伝えたくなる相手が出来たのも友達のおかげ、と自然と表情も笑顔になって)
        -- 2017-11-28 (火) 22:44:18
      • …なるほど、楽しい夜に…なりそうだが…眠たくなったら、無理しなくていいからな?
        …あぁ、そうなるのか…それはまた、難儀な話だな…(普通になれば、確かにあれは恥ずかしくもなるだろうと苦笑して)
        …そうだな、本当はその方がずっといいんだが…お、いい笑顔だぞ。ハロリータ(こちらも笑顔で頭を撫で) -- リッキー 2017-11-28 (火) 23:15:51
      • うん…眠くなったら、ねる…(リッキーに撫でられると自分にも自然な笑顔ができるのだと嬉しそうに小さく頷く)
        そうだ…リッキー、チューリップ…上手になった、から…聞いて…ほし、いの…
        (寝巻きに着替えてベッドに腰掛け、ハーモニカを口に当てるとゆるかった表情が少しだけ真剣になる)〜♪
        -- 2017-11-29 (水) 21:38:05
      • ほぅ…最初のうちには、失敗も多かったが…さて、ノーミスでいけるかな?(あえてそう言いながら笑い)
        (そして演奏が始まれば、静かに演奏の邪魔をしないよう、ただハロリータが奏でるハーモニカの音を聞いて) -- リッキー 2017-11-29 (水) 21:50:40
      • 〜♪(咲いた 咲いた…咲いた と繰り返しのフレーズが一回増えているが、本人は真剣なため気づいていない)
        (中盤は何とかミスを出さずにクリアし、最後「どの花見ても綺麗だな」の部分では
        音階がそこそこ早く細かく変わるので、速度を落として一つ一つしっかりと音を出し、何とか演奏し終えた)
        -- 2017-11-29 (水) 22:03:24
      • (その事に当然気づくが、その場では指摘せずに小さく笑って)
        …よく出来ました、本当に上達したもんだ…息も随分と、続くようになったしな…
        後半も、ちゃんと無理せずに吹き通した…よく、頑張ったな(ベタ褒めしながら頭を撫でてあげ)
        …ただ、咲いたの部分が多かったのがな…(と指摘する部分は、先生としてちゃんと忘れずに)
        …さて、それじゃ…今度は俺から…俺の好きな曲を教えるぞ…(自前のハーモニカを取り出して) -- リッキー 2017-11-29 (水) 22:15:06
      • いき、ね…最初は3回くらい、話すのも大変で…いまは平気になった、の…わ、あ…よく、できて よかった
        (嬉しそうな声、かつての弱弱しさは感じられず)そ、だった2回で…よかった、のね…途中で、不安になって…ふやした、の
        うん、リッキーのハーモニカ、聴く…(ゆっくりと瞳を閉じて音だけを聞こうとも思ったが、演奏する姿も見たい、と目を開けてしっかりと見つめる)
        -- 2017-11-29 (水) 22:23:10
      • あとは、泳いだリするのも…いいとは聞くな…俺は、やった事ないが…(むしろ泳いだ経験すらないのだが)
        気持ちは、分かるな…まぁ、あとは歌も覚えれば…より覚えやすく、なるかもだな…(自分が演奏し、友達に歌ってもらうのも、きっと楽しいぞ?と教え)
        大丈夫、難しくはない曲だ…(そう言ったあとしっとりと聞かせるように演奏したのは、とある明るくも寂しげな曲で)
        (あえてこの曲にしたのは、これからいくつも辛い事もあるだろうが、上を向いて歩いてほしいという気持ちも込めて) -- リッキー 2017-11-29 (水) 22:38:11
      • …(どこか暖かく、寂しげなフレーズに聞き終わると開口一番に拍手を添えて)リッキー…じょうず、とかじゃなくって…ここが(胸を指差して)きゅうって、なったの…
        これ、っは…どんな、きもち…?(答えを待ちわびつつも話を続け)なる、ほっど…詩と、演奏…なんだ、か…たのしそ、う…友達とやって、みっる…
        -- 2017-11-29 (水) 22:54:43
      • …感動、に…似た感情では、あるだろうな…ただ、俺は女性の感情に…詳しくはない、からな…友達に、聞いてみてくれ…(頭をかき)
        あぁ、やってみるといい…(それは、自分がしたこと無かった事だが、それだけにハロリータがするならそれはそれは喜ばしい事なので)
        ちなみに、この歌詞は…(その後も、その曲の歌詞や楽譜を教え、色んなことを夜が更けて、ハロリータが寝るまで続けて) -- リッキー 2017-11-29 (水) 23:11:17
      • だいじょ、ぶ…わたしも、普通の女の子、とちょっと、だけ…違うから…そ、っか…感動するとこう…なるの、ね
        うん、私が演奏して、お友達が歌ってくれて…そうぞうする、だけで、も…たのし、そう…
        …リッキーそろそろ…ねむ、い…一緒に寝る…(ハーモニカの手入れをし終わるとぺたっとベッドの上に寝転がって)
        -- 2017-11-29 (水) 23:27:44
      • 一緒、か…まぁ、いいか…(今更自分の事を変質者扱いされようとも、もう旅する身でもあるし、何よりこの子が傍にいることを望んでるのだし、と)
        (いっしょに横になり、天井を見上げながら)…次、会う時は…今度は二人で、演奏でもするか…(まるで来週の話をするように、未来の話をして)
        …その時は、どんな女性になってるか…今から、楽しみだ(きっと美人でいい子なんだろうな、と笑い) -- リッキー 2017-11-29 (水) 23:50:40
      • わたし、なかなかお友達とね…泊まったりできなくって…いつも、楽しかったってお話聞くの、うらやましくて…
        する…リッキーが居なくても、ハーモニカの練習は…できるだけ、する…わたし、大きくなっても
        リッキーにわたしだって、気づいてもらえる…か、な?…ふふ、ずっと先のことなのに…不思議、楽しみで…さよならが、嘘みたい
        (言葉と裏腹にリッキーの服の袖を引っ張りつつ、徐々にくっついていく、表情はもう眠気の限界を超えていそうな重たげな瞳で)
        -- 2017-11-30 (木) 00:23:13
      • …今後はすればいい…リリアだって、きっと喜ぶはずだしな…相手の都合も、考えて…だが
        はは…大丈夫だ…きっと分かる、レンジャーはそういうのも…得意なんだぞ?(実際にはレンジャーの技ではないが)
        なに…数年なんて、きっとすぐだ…その時を、楽しみに…今は、おやすみ…ハロリータ(大きな手で、ハロリータの頭を優しく撫でて) -- リッキー 2017-11-30 (木) 00:45:38
      • お友達の都合も、かんがえる…う、ん…出来ると、思う…
        そう、ね…声とか目とか…きっとどこかしら、面影を感じる…とこ、ある…から…なら、大丈夫…
        うん、リッキーもおやすみなさ、い…(今日は寂しくない、なでられながらほっと気が緩むとあっという間に眠りについた)
        -- 2017-11-30 (木) 22:06:24
  • 唐突で済まないのだけれどね、ハロリータ君。(ハロリータが雄牛亭にいる時にひょっこり顔を出す)
    君、イチゴは好きかい? -- セン 2017-11-21 (火) 22:11:15
    • ど、したの…セン?(宿舎の中なのでワンピースを着て過ごしていたハロリータ、杖を持って魔法の練習をしていたようだ
      いちご、うん…甘くて、すっぱくて、好き、よ…?(目を閉じてケーキに乗っていたイチゴの味を思い出して))
      -- 2017-11-21 (火) 22:21:10
      • ああ、よかった。(伏し目がちに微笑む)
        リッキー君とヤヤヤ君の合同の依頼でね。苺を育てて収穫するものがあったんだよ。なにしろ名前が奇跡のイチゴだ。大層素晴らしいので、君にもおすそ分けはどうかと思ってね。 -- セン 2017-11-21 (火) 22:30:06
      • イチゴを育てる…おしご、と…?なんだか楽しそう、な依頼…(農業をガーデニング感覚で想像して)
        奇跡のいちご…名前だけ、でも…すごそう…うん、食べてみたい…きせきのいちご…
        -- 2017-11-21 (火) 22:55:57
      • そう言ってくれると思って実はすでに持ってきてある。(デリケートなのでゆっくり取り出す、りんごサイズの見事ないちご)
        これを食べるに当たって、やっぱりシンプルに行くべきだと思ったんだよ。なので、これもついでに持参してきた。(牛乳と砂糖を出してきた。いちごミルクにするつもりだ) -- セン 2017-11-21 (火) 23:26:53
      • 大きい…これ、がいちご…?(余りの大きさに困惑、主にどうやって食べようと)
        ん、センはどうやって食べると、おいしい…?(なにやら用意してきたものを見て、何が始まるのだろうとそわそわ)
        -- 2017-11-21 (火) 23:56:45
      • これがいちご。で、どう食べるかというと(大きめのマグカップとフォークを借りる。ざっくりざっくり切った苺をマグカップの中に2/3ほど入れる。砂糖はパラパラ振りかける程度。フォークの背で荒く潰して、仕上げに牛乳を注ぐ)
        いちごミルク。子供のころ、稀にイチゴが手に入るとこうしてたべていたものさ。(なにしろ甘みも酸味も濃厚なので、砂糖がなくてもいけるくらい。ハロリータに差し出した) -- セン 2017-11-22 (水) 21:06:51
      • 小さく切って食べやすい…(しかしどんどんと調理が進むと考えが変わって)食べるというより…のみもの、…?
        わたしは、いちごは…そのまま食べたことしか…なか、ったの…だから、これは、初めて…
        (カップを受け取るとスプーンでぐるぐるとかき混ぜながら一口、さわやかな甘さと牛乳の濃厚な風味が混ざって
        とろける、と言いたそうな表情でセンを見つめる)…な、にこれ…すごく、おいしく、て…不思議なかんじが、すっる…
        -- 2017-11-22 (水) 22:15:33
      • イチゴの酸味も牛乳が柔らかく受け止めてくれるだろう? イチゴと牛乳は相性がとてもいいのさ。(目論見は大成功、とばかりに目を細めて)
        そのままでいくのも考えたのだけれどね。こういう素朴なものも悪くないと思って。 -- セン 2017-11-22 (水) 22:21:39
      • こんな楽しみ方もあった…の、ね…イチゴが優しい味で…飲みやすくて…(くぴっとまた一口呷って)
        …そのまま、でも…きっと美味しかったけっど…センがこうして、くれたおかげで 新しい味、覚えられた、の…
        (これはなんていう名前で呼んだらいい飲み物なんだろう、と言いつつカップの底に残ったイチゴまで綺麗に平らげてしまう)
        -- 2017-11-22 (水) 23:59:09
      • 基本的に「いちごミルク」で通じるよ。(美味しそうに平らげてくれるハロリータの年相応の姿に先ほどとは別の意味で目を細める)
        君、年としてはまだ10にはなっていないだろう? きっとこれからも僕以外からもたくさんのことを知ると思う。美味しいものとかいい景色とか。そういうのも楽しみにしてくれていたら、ぼくとしても嬉しいな。
        (//なんでここがすぽんと抜けてたのか自分……大変申し訳ござらぬ(土下座)) -- セン 2017-11-26 (日) 09:19:50
      • //気にしなくていいのよ!
        イチゴミルク?…その名前で聞いたら、作ってもらえたり…材料を用意してもら、えるのね…
        う、ん…きっと、ね年は10を越えてるとおもう、の…でも、ずっと閉じこもってたから…きっとそれくらいだと、おもう
        また私の知らない世界が…いっぱいあるの、ね…美味しいものとか素敵なもの…うん、大丈夫…見つけるためにもがんばれそ、う…
        -- 2017-11-26 (日) 23:58:09
      • そうだね。とは言え材料と言ってもイチゴと牛乳、それに砂糖があれば事足りてしまうからね。普通のいちごなら小さく切る必要もないから道具もマグカップとフォークがあれば十分だし。
        うん、がんばって。何か助けになれることがあれば僕もなるべく手伝うからね。 -- セン 2017-11-27 (月) 09:40:10
      • ほん、と?それなら…自分でもつくれ、そう…(包丁はまだ熱かった経験がないようだ)そう…だ、セン 料理できるって聞いたことある、けど…本当?
        あの、ね…作ったもの…食べてもらうの、嬉しかったから…また、何か作ってみたくって…
        -- 2017-11-27 (月) 22:06:41
      • できるとも。(こともなげに頷く)一通りの洋食と、それから東国料理に一時期ハマっていたことがあったからそのあたりもできる。
        僕も料理を作るのはとてもいいことだと思う。あれにはいろいろな学びが在る。何か作ってみたいものはあるかな? -- セン 2017-11-27 (月) 22:30:19
      • 洋食…シチューとか、のこと?…東国は、わからな、いけっど…(中華的なものは旅で食べたことを話して)
        料理、は…したことなく、って…最初に作るなら…宿舎でも…食べたことある カレー、がいい…かな…
        -- 2017-11-27 (月) 23:31:36
      • そうそうそういうの。……カレーとはまた、いいところを突いてくる。カレーはいいよ。難易度はそれほど高くないけれど調理の基本が詰まっているし、材料も身近。なにより美味しいからね。どうする? 材料をそろえるところから一緒にやってみる? -- セン 2017-11-27 (月) 23:47:29
      • そう、なの…?ここの食堂…決まった日にカレー、…出るから、どんなカレーか…毎週楽しみな、の…
        おかいもの?いってみた、い…いつも、食べ物は出来たものしか…みたことないか、ら…材料、きになっる…!
        -- 2017-11-28 (火) 22:03:44
      • よし、それじゃあさっそく行ってみよう。お財布にはあまりたくさんお金はいらないよ。 -- セン 2017-11-28 (火) 22:21:27
      • う、ん…お金はすこしだけ、あるの…上手なお買い物、おしえ、て…ね、セン
        (そういうとセンの歩みについていこうと張り切りながら、カレーの材料の買出しに向かうのだった)
        -- 2017-11-28 (火) 22:36:09
      • // -- セン 2017-11-28 (火) 23:27:23
      • // -- 2017-11-29 (水) 22:09:37
      • // -- セン 2017-11-29 (水) 22:24:23
  •  
  •  
  •  
  • (その幻影は突然現れた。そのシルエットは……魔女のローブを着た女性に見える。魔女の幻影はあなたに話しかけてきた)
    ……あなた、リリネのお友達よね? 良かったら協力してくれないかしら
    -- 魔女の幻影 2017-11-20 (月) 20:25:44
    • リリネ、ともだち…何か、やっぱり…あった…、目を隠してた、し…んっ、行く… -- 2017-11-20 (月) 23:47:21
      • むっ…! 貴女もまた、お持ち帰りしたくなる属性なのね……(※勝手に納得する幻影)
        貴女はあまり、喋るのは得意じゃないのかしら? でも安心して。言葉にできない気持ちもちゃんと届くわ……
        (そして、ハロリータがリリネへの言葉を紡ぐ様子を見守りながらその幻影は消えていった……)
        -- 魔女の幻影 2017-11-20 (月) 23:54:58
      • お持ち帰り…ど、ゆこと…?お泊り…? う、ん…話すのはまだ、少し遅い…
        それで、も…ちゃんと、言葉伝えられるから…いく、の…
        -- 2017-11-21 (火) 21:22:08
  • で、でかい……入っても良いのかしら……(お屋敷の前で佇みながら途方に暮れる) -- イリディナ 2017-11-16 (木) 22:19:16
    • (朝の礼拝の時間になると大きな鉄格子の扉が開き、屋敷の扉も数人係りで開けられる
      それを待っていた信者たちが中に入っていき、小一時間ほどで礼拝を終えて出てくる、それを見送るためにハロリータも外に出てきているが
      公務中のため服装は裸、もしくは聖衣を着ていてすじまるだしである)ん…あ、ディナ…おは、よう…朝の、お仕事、おわった、の…
      -- 2017-11-16 (木) 23:27:19
      • サササーッ(口で言いつつ物陰に隠れて)なんとまぁ…………まるでお店並の出入りと言うか……一体此処で何が……?
        (とか言っているとハロちゃんの姿を見かけて)あ、お、おはよう……! あ、あの……お仕事とは一体……そしてその格好は……!? -- イリディナ 2017-11-17 (金) 00:17:58
      • ん、聖女のおしご、と…皆に祝福と…これが、わたしの…聖衣…(慣れているとはいえ友達の前でこの格好でいるのは最近少しつらくなってきたようで)
        あ、っの…ディナ…私の部屋に…いこ…(ディナの手を引きゆっくりと歩いてハロリータの寝室へ
        寝室と言いつつ、大広間のような広さと装飾でまるで応接室のような豪華さがあった、ベッドのそばにある小さなテーブルと椅子、そこにイリディナを案内する)
        -- 2017-11-17 (金) 22:13:48
      • 聖女……ね。祝福を与えるのがお仕事……(複雑な表情をしています)
        あっ、うん……ハロちゃんのお部屋……! 行きましょうか(手を繋いだまま歩を進めて)
        (言われるがままに入ったお部屋はとても大きくて広くて……目移りするほどで)ちょっと、寝るには広すぎるかもしれないわね……!
        うん、それじゃあお邪魔するわね(そっと椅子に腰掛けます) -- イリディナ 2017-11-17 (金) 23:42:26
      • そう、落ち着かない…誰かと、一緒に眠れたら…いいの、だけれ、ど…(人を泊めたとしても別の部屋を用意されてしまうのだとか)
        ディナが、来てくれた…うれしい…け、ど…ごめんな、さい…今日は、お洋服じゃなくって……
        -- 2017-11-18 (土) 20:57:43
      • ううん、気にしなくていいわ。こちらこそごめんなさいね……落ち着かない気持ちはわかるわ。私もその……クマのぬいぐるみと一緒に寝たりするし
        わ、笑わないでよね……! まぁ……ハロちゃんは何を着ててもハロちゃんだし、気にしないで
        それじゃあ何しましょうか。お話でも、遊んでくれてもどっちでもいいわよ? -- イリディナ 2017-11-18 (土) 21:29:03
      • …そういう、方法も…ある…思いつかなかった…(そうすれば一人で寝ても寂しくないかも、重たそうなまぶたを見開いて名案に相槌を打つ)
        お話し…ね、わたしね…魔法を習ってる、の…まだはじめたばかり、で…何も出来ないの、だけど…いつか、上手く使えたら
        遠くにいる、パパとママに会いに…いく、の…ね、ディナは魔法が使えたら…なにを、した、い…?
        -- 2017-11-18 (土) 21:53:59
      • 寂しいもんね、わかるわよ……何かにつかまってるだけでもちょっとは気が紛れるわ!
        ふむ……魔法、かしら。確かに驚きだけど私も実物は見たこと有るから……
        ハロちゃんは両親にそれを見せたいわけね。うんうん……良いことだと思うわよ(にっこり)
        私? 私はそうねぇ……魅了する魔法を使って皆を私の虜にしてみせるわ! えっ、そうじゃなくても十分だって……なーんって……
        …………本当は、素直になれる魔法が、あれば良いな……なんて…… -- イリディナ 2017-11-18 (土) 21:59:25
      • 動く、動物は…朝起きて、いないと寂しいから…ぬいぐるみ、…(どんなぬいぐるみがいいだろう、と問いかけて)
        ん、遠くて、遠くて…公務の合間に行けないから、魔法で…そこまで行きたくって…で、も…魔法は見せてあげたい…
        ディナは…明るくて、はきはき…してる…、ん…素直だと…ディナはちが、う…の?
        (お嬢様という存在感が焼きついていて、ほかのイリディナがイメージできずに首を傾げる)
        -- 2017-11-18 (土) 22:38:28
      • ぬいぐるみと言えばやっぱりクマね! 私もこっちに来た時に買った凄く大きいのがあるのだけれど……良かったら要るかしら?
        (了承すれば後日送られてくることになるでしょう)
        なるほど、ワープの魔法でびゅーんっていけると良いってことね……それと見せる用の魔法も必要、と……
        ハロちゃんなら2つ覚える事もできるはずよ。頑張りなさいな
        わ、私はいつだって明るくて元気いっぱいよ! なんてったってお嬢様だからね!
        そう……そうよね……私からお嬢様を取れば、何も無い。お嬢様じゃない、私なんて……存在してはいけないのよ
        素直な私なんて……(少しだけ俯いて自分に諭す用にそう呟きました) -- イリディナ 2017-11-18 (土) 22:56:10
      • …こういう、とき…なんて言ったらいい、の…?(欲しいという気持ちはあるが、それを言い表す「欲しい」の言葉が出て来なくてもやもや)
        お嬢様…、聖女と…似てる…わたし、もね…聖女だって呼ばれたとき…最初はうれしか、ったの…で、も…
        (段々とハロリータではなくて、聖女という存在として見られ始めて自分が自分で無くなる感覚を味わったのだと話す)
        でも、今は違うの…聖女でも、普通の女の子…として、付き合ってくれる、友達…できた、から…
        だか、ら…きっと、ね…ディナが素直になって、も…いいと、思うの…(かつては表情筋も衰え、無表情だった彼女なりの精一杯の笑顔を見せる)
        -- 2017-11-18 (土) 23:20:18
      • そうねぇ……お嬢様的に言うともったいないから捨てるくらいなら貰ってあげるわ! といった所ね……!
        (彼女の小さいけれどとても優しくて、とても綺麗な笑顔を見てこちらも自然と微笑みます)……うん
        そうね、貴女と私……少し似ているかもしれないわね。ハロちゃんは私に似ていることを光栄に……じゃなくて、私なんかがハロちゃんに似てるだなんておこがましいけれどね……
        ……そうね。少しだけ素直になる努力、やってみようと思うわ
        ありがとうハロちゃん。貴女にあえて良かった、と思うわ……(さり際にきゅっと抱きしめてから丁寧なお辞儀と無礼を詫てから去っていったのでした) -- イリディナ 2017-11-18 (土) 23:25:37
      • 捨てるくらいなら…もらって、あげる、わ…?(イリディナのまねをして)
        そんなこと、ない…よ?ディナと一緒なら…わたし、うれしいもの…いつもの、素直のディナも…
        わたし、も…ディナに会えて、良かった…今度、ぬいぐるみ、貰いにいく、わね…?(ハロリータのほうからもそっと手を添えて抱き返し、おわかれするのでした)
        -- 2017-11-19 (日) 20:51:26
  •  
  •  
  •  
  • さて、少し遅くなったが…ハロリータにも、お返しを持ってきたぞ…まずこれは、ホワイトクッキーだ…美味しいぞ?
    なにせ、お菓子の森…なんて所から、取ってきたからな…品質は、安心していい…(サムズアップして、自信満々で)
    それと…合わせる形で、こういうお茶もあると…持ってきたぞ(とても細く小さい茶葉が一杯入った箱を見せ) -- リッキー 2017-11-13 (月) 23:39:13
    • リッキー、ようこ、そ…きて、くれた… ホワイト、クッキー…?初めて、聞くお菓子、ね
      お菓子の森…わあ、素敵なひびき、ね…リッキー、すごい、いい顔…うん、わかった…
      それは、?(箱を覗き込んで香りと色を確かめる)
      -- 2017-11-14 (火) 20:54:32
      • ホワイトチョコのクッキーのようだ…チョコクッキーと、そう変わらないはずだな…
        やっぱり女の子は、そういうの喜ぶか…とはいえ、依頼で知っただけで…どこにあるのか、さっぱりだが…
        あぁ、これは…高級茶でもなく、稀少なお茶でもなく…安いお茶の、切れ端のような…そんな、茶葉だ(ある意味贈り物には不向きなようでいて)
        …しかし、これも…淹れ方次第で、高級茶じゃでない…そんな美味しいお茶に、なるんでな -- リッキー 2017-11-14 (火) 23:12:39
      • チョコと、クッキー…どっちも、別々でも…すきだけ、ど…あわせると、どうし、て…こんな、に…おいし、いの…?
        (早速一つ袋から出して口へ入れている)ふつう、だけど…楽しみ方がある、のね…?どうやって、飲んだら、美味しい…?
        -- 2017-11-15 (水) 21:27:46
      • 合わせると、相乗効果が…あるものも、あるからな…その逆も、もちろんあるが…
        組み合わせを、見つけてくる…そういう職人たちに、感謝だな(自分はそういう発想、あるいは探究心は乏しいだけに)
        …では、実際…淹れてみようか(水、牛乳、たっぷりの砂糖を用意してから、まず水にそのまま埃のような細い茶葉を入れ)
        (そして沸騰させてから水より多いミルクを入れ、さらに砂糖をたっぷりと入れ、また沸騰したら後は弱火で少し待てば…)完成だ…チャイという、飲み物だ -- リッキー 2017-11-15 (水) 23:19:19
      • わかる、かも…暖かい、ミルク…とクッキーでも、ほっと…する…リッキーも今度、試して…?
        (台座を持ってきてリッキーがお茶を入れる様子をじっとみつめて)いっぱい、混ぜるのね…どれも、お茶を入れるときに…見るものだけ、ど
        混ぜ方を変えるだ、けでも…違う飲み物に、なるの…ね?(チャイ、なんだか可愛い響きね、と香りをかいで見る、甘くかぐわしい風味に思わず顔も緩んで)
        -- 2017-11-15 (水) 23:39:22
      • …あぁ、今度試して…みよう(もちろん知ってはいるが、しかし知ってるというよりは試すと言った方が喜ぶだろうと)
        …普通の紅茶でも、ミルクも砂糖も…淹れる人はいるが、これは量が多いからな…
        …これの場合、こういう茶葉だからこそ…美味しい、みたいでな…現地だと、料理の一つとも…言われてるが(さぁ、飲んでみてくれ、と…味はとても甘いがお茶の匂いなどもちゃんとするはずで) -- リッキー 2017-11-15 (水) 23:52:21
      • うん、寒い時でもおいしい、のだけ、ど…暖かくなっても、ほっと、するの…(眠れない時に従者がこっそり持ってきてくれた思い出深い組み合わせだったようで)
        いただき、ます…(しっかりと冷ましてから口へ運ぶ、まろやかで甘く、それでいてしっかりとお茶の味が口に広がると、徐々に目を見開くように表情が変わっていき)おい、しい…
        あの、ねリッキー…チャイ?っていうの…全部知ってる、もので…出来てるのに、味も別で、…おいしい…(そういってまた一口)
        -- 2017-11-16 (木) 00:13:12
      • …そうか…なるほど、それは実に…良さそうだな…(それを知ってるという事は、ちゃんと見てくれる大人もいるのだろうな、と安心して)
        …どうだ…ハロリータは、好きそうなもの…だから、選んでみたんだが…(少しだけ緊張して)
        (そして笑顔になるとホッとして) …そうか…まぁ、こういう茶…何事も、そういう側面があると…知って貰えたなら、何よりだ(満足そうに頷き) -- リッキー 2017-11-16 (木) 00:41:31
      • リッキーが、眠れなくなったら、作って…あげ…あ、でも…わたしの方がさき、に…寝ちゃう…
        うん、とても、とても好きな味…作り方、覚えて…自分で、も楽しみ、た、い…(リッキーの頷きに同調するように頷いて)
        -- 2017-11-16 (木) 21:31:46
      • …じゃあ、アレだな…お昼寝の時にでも、頼もうか(それならハロリータも起きてるだろう?と笑い)
        …あぁ、ちょっと変わった茶葉だが…探せば簡単に、見つかるはずだ…ただ、砂糖一杯だから…飲みすぎには、注意だがな?
        さて、今日はちょっと難易度は高いが…和音、二つ同時に音を鳴らす…そんな練習をしてみよう(そして今日もまた練習が始まった) -- リッキー 2017-11-16 (木) 23:05:08
      • いい、案だと思う…(それならきっと大丈夫と明るいトーンの声で答えて)
        それは…しかた、ない…の…ちゃんと守って飲む…わおん、二つの音を一緒に…?うん、頑張るから…よろしく、ね…リッキー
        -- 2017-11-17 (金) 22:08:58
  • お返し、と言っても何を渡すか悩んだ結果こうなってしまったよ(カスタムメイドの魔導器の杖を持ってくる)
    消費量を意図的に上げているから恐らくハロリータ君の魔力を半ば強制的に消費する筈だが、それで魔力を使う感触がわかれば御の字だね(登録術式は前と変わらず光源の発生、一応治癒なども登録だけはしている) -- ビデスト 2017-11-13 (月) 00:03:59
    • 光、と治す…ちか、ら…?すご、い…け、ど…まずは、自分の魔力、ね…?
      いい、の先生…わたし、は先生に…色々してもら、ってる、から…これ、もね…わたしの、こと、考えてくれ、てて…うれし、いの…
      (杖を両手でぎゅっとしっかりと握り、ビデストに深く頭を下げる)
      -- 2017-11-13 (月) 21:42:35
      • うむ、グリップのトリガーを引くだけで発動するようにしてある、ただ強制的に魔力を消費するので違和感を感じたら使うのを止めるようにね
        あくまでハロリータ君の魔力を引き出す試作品だね、これで魔力を使う感触を覚えれるならいいんだが(通常の魔導器としてなら欠陥品としか言えない機能である) -- ビデスト 2017-11-16 (木) 01:05:11
      • う…気をつける…魔法使える、と思うと…いっぱい使いたくなると、思う、か…ら…
        これを、引くと魔力…使う…(ためしにトリガーを引いてみる、ぼんやり光りそれと一緒に疲れるように体の力が抜けていく)
        -- 2017-11-16 (木) 21:46:16
  • (発情薬と気になる相手…または好みのタイプの下着姿写真が撒かれた!) -- 2017-11-12 (日) 11:56:57
    • …?(ハロリータに害をなすものと見なし、ビンの中身は無害化し 写真は白く色が抜け落ち、誰の写真かは判断できなくなる)
      だれ…の写真…だ、ろ…わか、らな…い…
      -- 2017-11-12 (日) 12:57:52
  • お返しにきたよハロちゃーん!(わーっと駆け寄ると、とりゃーっと持ち上げようとして) -- ビスコ 2017-11-11 (土) 14:13:26
    • き、た…これが、おかえ、し…ん、ビスコ、ようこ、そ…(おーっと両手を上げて抱っこしやすいようにして、ビスコを受け入れる) -- 2017-11-11 (土) 15:52:52
      • いぇー、いらっしゃいましたー(脇に手を入れて持ち上げるとくるくるーっと回って下ろす)
        うーん、ボクも大分力ついてきた感じするねー、えへへ さーて、実は本当のお返しはこっちなんだなー?(ぽんと、ハロリータの頭の上にラッピングされた箱を置いて) -- ビスコ 2017-11-11 (土) 20:02:40
      • おー、ビスコ…力持ち、もうすぐ、わたしを抱いて…あるけ、る?(近衛兵に抱いてもらって移動するのがハロリータの主な移動手段なのだ)
        あの、ね…くるくる、たのしかった…ん、…箱…あの、ビスコ あけてみて、いい?
        -- 2017-11-11 (土) 20:59:55
      • えぇっ!? ……こ、このまま歩くのはもーちょっと頑張らないといけないかもしんないなー……?(頭をかいて苦笑いしつつ)
        うん、いいよー? ハロちゃんのお好みに合えばいいんだけどなー?(中身はホワイトチョコの乗ったクッキーがいっぱい詰まっていて、手焼きしたものなのかバターのいい香りが部屋の中へふわっと広がる) -- ビスコ 2017-11-11 (土) 21:09:29
      • 期待して、る…あ、…でもビスコは絵を描く、ことが…好きだから…抱っこは、後でも、い…い
        甘くて、やきた、ての…香ばしい香り、ね…(一つ自分の口へ入れ、その後ビスコにも一つ差し出して)とて、も美味しい…の
        ビスコ、もそう…おも、う?(頬を手で押さえて美味しそうにもぐもぐ)
        -- 2017-11-11 (土) 21:27:07
      • そ、そうー?(ちょっぴりほっとする)とりあえず、当面の目標はハロちゃんを平気で運べるくらいかなー……あ、でも自分で歩くのも大事だからねー?
        ふふー、おいしー?(頬杖ついて食べる様子をにこにこ眺めていたが、一つ差し出されると)……あ、ボクはもう味見してるからー……?(と、断ろうかとしていたものの)
        (観念したようにぱくりと差し出されたのをそのまま食べて)……んー、ちょっと冷めちゃったけど、それでもやっぱり一人で食べるよりは美味しいねぇ(にーっと微笑んで) -- ビスコ 2017-11-11 (土) 21:33:12
      • だいじょ、ぶ…チョコはなるべく…自分の足でわた、しに…いった、の お洋服と靴ある、とね、歩くのが楽しかった…
        だ、って…おいしいもの、は…う、ん…一緒のほうが、おいしい、もの…(口元を白く汚しつつ、つられてにいっと笑ってみる)
        -- 2017-11-11 (土) 21:37:32
      • そっかそっか、それならいーんだー?(うんうん)運動していい汗かくのもなかなか悪くないよー、ハロちゃんにはまだちょっと早いかもだけどねー?
        わ、汚れてるよー口元……んもー、ハロちゃんはまだまだ子供だねぇー?(なんて笑いながらハンカチで口元拭ってあげて、笑顔をみせられればこちらもにぃっと笑って)
        お、今のいい笑顔ー……ちょっと悪っぽいけど!(そんな優しい時間を過ごした後は、またねーっともう一度たかいたかーいをして返っていったのでした) -- ビスコ 2017-11-11 (土) 21:46:34
      • 運動、体をきたえ、る…そう、ね…まだ、ちょ、っと…自信、ない…
        んむむ…あり、がっとう…ビスコ(まだお行儀よく食べるのは難しいの、とお礼を言いつつ)や、った、笑顔…あく…でも
        笑顔って、伝わったなら…うれし、い…(きゃっきゃっと高い高いではしゃいで、その日はホワイトデーのお返しで興奮して眠れなくなりそうだった)
        -- 2017-11-11 (土) 22:04:25
  • ハロリータ、おお、居た居た よしよし、今日は服を着てるな (頷いてから、持っていた布包みを手渡す)
    そろそろ暖かくなってきてこないだの厚着も使えないだろう チョコのお礼だ、貰ってくれ (中身はシンプルな、ハロリータの髪色に寄せた青色のワンピースだ) -- イーリアス 2017-11-11 (土) 10:28:10
    • う、ん…宿舎の中、なら…着られる、少しの、おで、かけ…も、ね…(うん、と強く頷いてから袋を受け取って)
      チョコ…おれ、い?(バレンタインデーについては教えてもらったが、ホワイトデーの存在をあえて教えてくれなかった従者のおかげで
      思いもよらぬサプライズ、嬉しさと照れから自分のツインテールを片方撫でる様に触って)…あ、りがと、う…イーリアス
      (以前なら服を貰うことに戸惑っていただろうが、今は克服できたことで、素直に喜べた)ん、お洋服のいい、におい…色も、わたしみたい、で…うれ、し、い…
      -- 2017-11-11 (土) 11:51:54
      • 良い事だ 聖女っても風邪ひいたら締まらないからな …おう、ホワイトデーって言ってだなあ (簡単に説明してから、) まあ、それが無くてもお返しはしたいと思ったがね
        どういたしまして、こちらこそ、先月は有難うな おう、街を歩いてて、これだ!って一目ぼれした服だ 似合うと思うぜ (喜ぶ様子を見てうんうんと頷き)
        まあ、今度散歩の時にでも着て見てくれよ (ポンと少女の頭を撫でて、その日は帰るのでした) -- イーリアス 2017-11-11 (土) 12:03:59
      • そ、うだったの、ね…ホワイトデー…こんな、きもちに…なれる、なら…毎月でもいい、の、に…
        イーリアスが、選んでくれたの、?…うん、そうす、っる…(撫でられた感触を思い出しつつ手を振って見送るのでした)
        -- 2017-11-11 (土) 13:48:06
  • はる? -- 2017-11-10 (金) 21:26:19
  • もうすぐ -- 2017-11-10 (金) 21:26:10
  • しあわせ -- 2017-11-09 (木) 21:41:08
  • あったか -- 2017-11-09 (木) 21:40:59
  • チョコ
    • (猪目紋の入ったボロい瓦をごろんと置くヒリ)
      快楽あれ 悦楽あれ 雅楽あれ らくらく 臓物を濯ぎ捧ぐばし -- ダイア 2017-11-07 (火) 21:46:26
      • むず、かし…わか、らん…(一体どんなことを伝えているんだろう、と首を傾げつつも
        持って来た物と、ダイアを交互に見てとりあえず手を振ってみる)
        -- 2017-11-07 (火) 22:03:33
      • (にこりと笑って、ずりずりと瓦をハロリータの方へ押す)
        気持ち気持ち 気持ちを込めます 神成る物へ 相殺の論理 福は内 -- ダイア 2017-11-07 (火) 22:07:15
      • 陶器…のかざ、り?…きもち…わたしに、くれる、の?(しゃがみ込みかわらをじっと眺める) -- 2017-11-07 (火) 22:25:19
      • (ハート柄が鏤められた瓦、和風なような、ファンシーなような)
        貫く視線 抜く弓矢 真鍮を穿ちませ なな なな 奮する翼も片目落ち(もう一度にこり) -- ダイア 2017-11-07 (火) 22:35:15
      • ど、うして…くれたか、わからないけど…かわいい、ね ダイア…ありがっと
        (うんうん、と頷いてダイアの笑みに相槌をうつ)これ、飾ると…いい?…お部屋に置く、の…
        -- 2017-11-08 (水) 21:20:16
      • 包む気持ち 固める気持ち 混ぜる気持ち 溶かす気持ち 刻む気持ち
        (こくこくこく)お大事に つもりつもる砂糖 甘く鳴く鈴虫 ぬぬぬめぬ めぇ
        (瓦を置いて飛び去って行くヒリ) -- ダイア 2017-11-08 (水) 21:24:13
      • ダイア、むずかしい、けど私の気持ち、分かる…の?(なんとなく自分のことを言われているような気がして)
        そうする、…ダイア、どうもありがと、う…(従者に飾り台を持ってきてもらい、寝室にかざることにしたのでした)
        -- 2017-11-08 (水) 21:54:19
  • つくる
  • ハロリータも、明けまして…おめでとう、だな…去年は、いい年だったか?…今年はそれに、負けない年にしよう
    …まぁ、色々と頑張ってる…ハロリータには、これをやろう(ポチ袋を差し出し) -- リッキー 2017-11-03 (金) 22:09:10
    • リッキー、新しい年、きた…?おめ、でと…う(聖女としての公務に明け暮れる日々、代わり映えのしない日常に長らく居たせいか
      新年になってもあまり実感が沸かないハロリータ、それでも去年アレだけの変化があったので)ん、今年はも、っと…よく、なる…
      (簡潔に目標を述べてからなぞの袋を受け取り不思議そうにしている)リッキー…これ、な、に?
      -- 2017-11-03 (金) 22:16:21
      • 何で、疑問形なんだ…あぁ、立場的に…忙しいのか…(また内心周囲の大人どもにイラッとくるが、心配させまいとそれを隠し)
        ご苦労、さまだな…無理は、するなよ?(褒めてやるかのように頭を撫でてあげ)
        …あぁ、これか?お年玉、と言ってな…まぁ、年始に渡す…特別な、お小遣いだ… -- リッキー 2017-11-03 (金) 22:21:35
      • わたし、のところ…あんまり、新年を、おいわいしない、から…(その分家族で集まって大いに騒ぐ旧正月的なものがあるらしい)
        まほ、うも…ハーモニカ、も…おお、いそ、がし…(友達と遊ぶ時に行くお店も調べたいと別のベクトルでの忙しさが増えた様子で)
        おと、し…おこづ、かい…?あけ、る…(撫でられて心地よさそうにうんうん、と頷きながら袋を開ける)
        -- 2017-11-03 (金) 22:26:34
      • …そうなのか…まぁ、文化の違いはあるな…だが、俺は好きだぞ…(子供が喜ぶ顔と言うのが好きなので)
        …あぁ、全くだ…ハロリータは、無理をしそうに…思えるからな
        左程、額はないぞ?(中身はブランド物じゃなければ服が1着は買える程度で) -- リッキー 2017-11-03 (金) 22:30:35
      • わ、ぁ…リッキー…これ、お金?…うれし、い…(友達とお店に行くと必ず使っていたもの、そして自分は支払いを近衛兵にまかせていたので持ったことがなかったもの)
        これ、あると…もの、が買える…知ってる、リッキー…リッキー…(何を買おうか、と初めて限られた予算で考えることを嬉しそうにしている)
        無理、しないよ、に…がんば、る…(それはほかの人たちにも優しく言われていて、守っていること、友達との約束なのだろう)
        -- 2017-11-03 (金) 22:53:01
      • …色んなものや、高いものは…流石に無理では、あるけどな?(小さく笑い)
        …それでいい…まぁ、ハロリータは、賢い子だ…きっと、大丈夫だろうと、信じてるが
        …さて、それではまた…今度の、練習の時に、な(撫でていた手を離し、手を振って帰り) -- リッキー 2017-11-03 (金) 22:57:56
      • だいじに、する…おとし、だま…(リッキーの言葉をしっかりと受け止めて何度も頷いて)
        う、ん…また、いく…リッキーバイ、バイ…(両手を上げておー、と元気よく返事をして)
        -- 2017-11-03 (金) 23:12:31
  • ねえ誰か
  • 傍に来て
  • 抱きしめて
  • ここの宿、本当に誰でも住んでるなー……(従者に戸惑いつつ部屋までやってきて)はろはろー、ハロちゃん 従者とか連れてる割には随分と庶民的なとこに住んでるんだねー? -- ビスコ 2017-10-31 (火) 20:27:54
    • 絵描きの人…びす、こ…こん、ちには…、んと わた、しはお屋敷に…(普段はお屋敷に住んでいるのだが、息苦しくなるので時々ここへ泊まりに来ているのだと話す)
      ビスコ…は、ひっこ、し…トゥリパ、のとこ…快適…?(友達同士でのお泊りにわくわくを感じざるを得ない幼い聖女)
      -- 2017-10-31 (火) 21:00:40
      • あー、あんまり見ないと思ったら普段はお屋敷にいるんだねー……すごいお屋敷なんだろうなー、シャンデリアとかいっぱいありそー(考えるだけで息が詰まりそうになってうぇーって顔)
        うんー、おかげさまでねー? ストーブも毛皮のマットもあるからもう快適過ぎてさー……ダメになっちゃいそーだよね(にへーっと苦笑い)ハロちゃんもいつでも遊びに来ていいからねー? -- ビスコ 2017-10-31 (火) 21:05:01
      • う、ん…あの、ね…部屋がひろ、っくって…おちつかな、い…の(ビスコの思っているとおり、広くて豪華だが快適化といわれればそうではないらしく)
        わ、あ…いい、な…わた、しも…お泊り…(公務の合間を縫って必ず遊びに良くと話して)
        (従者の部屋、とはいうがハロリータの私物のハーモニカやら、こっそり買った洋服などがあって、こちらが本拠にすら見える)
        -- 2017-10-31 (火) 21:17:28
      • まーそれでも、一度広いお部屋でごろごろーってしてみたい気持ちはあるけどねー?(今度行ってみていいー?と聞いてみる)
        こうむ……公務? そういえば何かお仕事やってるんだっけー、小さいのに偉いなー(うんうんと感心しつつ)
        それにしてもー……すごい生活感溢れるお部屋だねー、ここにあるものは全部自分で買ったものなのー?(手近にあったハーモニカを手に取ってみたりしつつ) -- ビスコ 2017-10-31 (火) 21:24:06
      • きて、くれる…うれしい(唯一好きなのはお風呂が大きいことなので、よければ一緒にと誘ってみる)
        そ、う布教…してるの…(その時だけは裸や聖衣で無いとダメらしく、外でその格好の時は公務の時らしい)
        んと、ぜんぶ…もらった…(これはリリアと、これはアクセサリーショップのチグサから、と一つ一つ思い出が詰まっているようで)
        ハーモニカ、はリッキーに…もらった、の…吹く練習、のせんせい…してくれ、て
        -- 2017-10-31 (火) 21:33:59
      • お風呂かーいいなー大きいお風呂……(ハロリータにはどうにも父性?のが働いてしまうようで、いいよーっと頷き返し)
        どうりですごい格好してる時があるわけだー……なかなか難儀な体質なんだねー
        へー、そっかそっか みんな優しいよねー、この辺りの人はさー……そのワンピースも誰かと一緒に買ったんだよねー?
        この辺りは冒険者の街だけあって色んな能力持った人が集まってるからさ、ハロちゃんの力とか関係なしに遊んでくれるでしょー?(いいよねーそういうの、と笑って) -- ビスコ 2017-10-31 (火) 21:53:38
      • 聖女…だか、ら…みんなの、こと幸せにする、のが…(不幸なものを幸福にする祝福は
        裸になればなるほど効力を増すらしく、そのためにあのような格好をしているのだと言う)
        そう、なの…友達に、なってくれるの、うれし…い(おかげでこの街に来てから楽しいことが増えたと嬉しそうに話す)
        -- 2017-10-31 (火) 22:20:17
      • なるほどなー……でもさー、やっぱり自分の生き方を決めるのって自分だけの特権だと思うんだよねー?
        だからハロちゃんも自分が本当はどうしたいのかーとか、考えてみるといいよー ゆっくりでいいからさー?
        今はほら、お友達と遊んでるだけでも楽しいでしょー? あ、せっかくだしボクもお友達になったげるよー(うんうん) -- ビスコ 2017-10-31 (火) 22:24:37
      • やめ、られるなら…聖女じゃなく、ても…いい…の(それくらいに今は縛られた人生だと目をうつろにして)
        う、ん…みんな、とあそんで、したいこと…みつ、けて…ビスコ…あり、がと(友達、友達と嬉しそうに何度も口にしてビスコの顔を見上げる)
        -- 2017-10-31 (火) 23:09:32
      • そっかぁ、難しいものだねー……でも……(「逃げるのは必ずしも罪というわけじゃないよ」と呟いたその声はまるで独り言のようでもあり)
        うんうんーともだちともだちー(両手を繋いで握手握手) んー、そろそろおやつの時間かなー、お腹すいたねー?
        仲良しになった印に一つどーぞ、今日は小麦粉が安く手に入ったから、カップケーキ作っておいたんだよねー(鞄から取り出したそれを二人で食べて、またねーと手を振りながら帰っていくのでした) -- ビスコ 2017-10-31 (火) 23:17:45
      • …?ビスコ、いま…?(その言葉はしっかりとハロリータの耳にも届いた、届いたが言葉の意味を理解するのは少し先になるだろう)
        う、ん…いつも食堂で、おやつ…もらう、の…ケーキ、ビスコ…作った(すごい、一人で暮らしてる時もこうして色々作っていたんだろうなと思いを馳せながら)
        いただき、ます…(いつもよりほんの少し甘く感じるカップケーキ、お手製だからなのか公務の後だったからなのかはハロリータだけが知っている)
        -- 2017-11-01 (水) 00:19:36
  • そういえば…先日、保険を薦めたんだが…男の人、来なかったか?(今日はハーモニカで、チューリップという練習曲をして、休憩中にふと思い出し) -- リッキー 2017-10-29 (日) 23:03:09
    • リッキー、あ…こんに、ちは ほけ、ん…うん、入ると冒険、安心だって…いってたから、(快く承諾したと貰ったハーモニカを取り出しながら語る) -- 2017-10-29 (日) 23:33:38
      • …そう、か…済まないな…変に、薦めてしまって…(だが、入ったと聞くと少し安堵の表情になり)
        …ハロリータは、考えて受けてる…とは思うんだが…こないだみたいに、素手で捕まえたり…油断が、怖いからな…
        (あの時は危険度も低かったし自分も回りにいたが、もしもの時に自分も仲間も助けに入れなかったらと思うと心配で) -- リッキー 2017-10-29 (日) 23:41:01
      • 友達がよろこぶ、って保険の人いってた、から…(謝ることは無い、という意味をこめて手でぽふぽふとリッキーをさすって)
        ちゅーり、っぷ…かわいい、曲、ね…そ、なの…?手で捕まえ、ると思ってたから…(ほかに手段も無かったので、そうしたらしい)
        ん…リッキー心配して…くれた、の…?ありが、とう…おか、げで(無事に依頼を成功させて、おいしい鳥のオーブン焼きを食べられたと報告する)
        -- 2017-10-29 (日) 23:54:32
      • …あぁ、少なくとも…俺は、安堵した…(これで万全、とまでは言わないが、あの保険会社は信頼できそうなだけに)
        …ん?あぁ…これか(分かりやすく、1音ずつ長く吹き)…練習には、持ってこい、だからな(それに、ハロリータに似合う曲だとも思っていて)
        …今後は、周りに聞いたり…見たりして、行動しても…いいかも、だな…(まぁ、よく出来ましたと褒めるように頭を撫で) -- リッキー 2017-10-30 (月) 00:07:02
      • リッキーが、うれしい、とわたしも…うれしい、かも(今回はお使いのような依頼なので危なくは無いと教えて)
        練習で、上手くなって…(リッキーに続いて同じ音を出そうと頑張る)わた、しも吹く、の…
        そ、っか…一人じゃない、んだ…(そのほうがきっと上手くいくことも増えるだろうと、頷く)
        -- 2017-10-30 (月) 21:32:09
      • …実の所、押し付けだったんじゃ…と心配、だったんだがな…(勝手に心配して、薦めただけに)
        …あぁ、いずれは…二人で一緒に同じ曲を…だな(今でも出来なくはないが、ハロリータが完璧に出来るようになってからの方が、本人も嬉しいだろうと)
        あぁ…ハロリータは…もっと、回りの人に…頼って、いいんだ…(まだまだ子供なんだから、と思いながら) -- リッキー 2017-10-30 (月) 21:42:47
      • わた、し…わから、ないこと…いっぱい、だ、から(リッキーのように親切に教えてくれる人がありがたい、とむしろ感謝して)
        ん、がんばっる…で、も 聞くのも、すき…なの(時々リッキーのハーモニカを聞くだけの時もほしいとねだって)
        ん、そ、する…(これまでは救わないといけない使命感からか、人に頼るのを遠慮していたが、今は人に助けを求めることも出来そうだ)
        -- 2017-10-30 (月) 22:17:44
      • なに…ゆっくりと、覚えていけばいい…ハーモニカだって、少しずつ、上達してる…だろう?
        …了解だ…色んな曲を、演奏するから…ハロリータのお気に入りを、作るといい(それもまた、上達へのモチベにもなると)
        まぁ…いまはいっぱい…友達も出来ただろうし(回りがもう放っておかないだろうな、とも思い) -- リッキー 2017-10-30 (月) 22:26:07
      • うん…服も着られた、から…次はなに、しよう…かな(女の子としてのオシャレへの目覚めもそう遠くはなさそうだ)
        (こくんと頷き)すきな、曲…いっぱい歌…聞いてふやし、たい…(それと、リッキーのハーモニカでも好きな曲を見つけられると嬉しいと話して)
        -- 2017-10-30 (月) 22:46:44
      • …ちょっと厚着の、服とかが…いいと思うが…(見た目寒そうな服装だけに、余計に)
        …よし、それじゃあ…今からまた、練習だな(そして練習の合間に、1曲聞かせるようになったという) -- リッキー 2017-10-30 (月) 23:00:05
      • ん、こんど友達と…あったか、いの…みに、いくの…(そわそわとそのことを楽しみにしているの思い出したようだ)
        うん、リッキーよろ、しっく…(その日はいつもより頑張って練習して、目に見えて上達できたとか)
        -- 2017-10-31 (火) 21:11:07
  • あ・・は、ハロリータ・・ちゃん(ワンピースを着てるのを見て声をかける)・・・えへへ・・やっぱり・・似合ってる・・ね?(うんうんと) -- リリア 2017-10-29 (日) 21:16:59
    • リリア、ありがっと…う(とてとてとやってきてくるりとゆっくり回転して見せて)
      あれ、からイーリアス…って人にも、もらった、の…(そちらは白でワンポイントでフリルが入ったシンプルなものだと話して)服、着るの
      たの、しい…ねリリア…(自然と口角が上がって笑顔になる、完璧とはいえないが大分さまになってきた)
      -- 2017-10-29 (日) 21:25:38
      • うんっ(くるりと回ればぱちぱちと手を叩いて)イーリアスさん・・にも?・・・ふふっ(あの人ならくれるだろうなぁと嬉しそうに笑って)へぇ・・・よかった・・ね?(思わずよしよしとなでる)
        で、でしょ?・・・そう・・なんだ・・よ?・・・色んな・・服を着てみるって・・・楽しいの(うんうんとハロリータがそう思ってくれて嬉しそうに微笑んで返す)
        もう・・聖女様の・・お仕事の時・・以外は・・・・着せてもらえてる・・感じなの? -- リリア 2017-10-29 (日) 21:35:27
      • リリア、もしってる、の…うん、怖い人、かと思ったけど…やさし…み(少し首をちぢ込めて撫でやすいようにして)
        リリアは、どれくらい、もってる…の?(私は貰った2つだけだけど、普通の女の子はどんなものだろう、と)
        ん…お屋敷のそ、とで…こっそ、り(宿舎の中や近衛兵の目が無い時の外出など、なるべく見つかるとまずい人を避けて着ている様で)
        -- 2017-10-29 (日) 21:51:53
      • ふふ・・・や、やっぱり・・怖いって・・・思う・・よね?(最初はそうだったとこくこく)
        ぇっと・・どれくらい・・・(春・・夏・・秋・・・冬と指折り数えるが割と足りてないようで)け・・結構・・沢山(と笑って)
        こ、こっそり・・・なんだ?(ちゃんと話して許可をもらってない状況に若干の不安を感じる)近衛の・・人にも・・・色々いるん・・だね? -- リリア 2017-10-29 (日) 21:59:58
      • ぜんぜん、ちが、う優しい…ひとで、わたし…(自分の境遇を助けてもらうのは無駄なことだとずっと思っていたけど、おかげですこし気持ちが変わったと話し)
        そ、っか…服は、季節で変える…の、(それは確かに数えられない、とつられて微笑み)
        前、捨てられたの、こわくって…(一番本国とつながっている隊長格の人がお堅い人らしく、規律を守らせようとするのだという)
        -- 2017-10-29 (日) 22:07:12
      • ・・・よかった・・ね?・・・無駄な・・事なんてないんだよ?・・・みんなが・・ハロリータちゃんを・・大事にしたい、救いたいって・・手を伸ばしてて・・ハロリータちゃんは・・その手を・・いつでも・・・取っていいの(縮めて撫でやすくする仕草をかわいいと思いつつもっとなでなで)
        そ・・暑い日や・・・寒い日・・だけじゃなくて・・季節の雰囲気?・・とかで・・ね?・・た、例えば・・そのワンピース・・・・春ごろの・・物だから・・・今の時期は・・寒い・・から・・・もっと暖かい物や・・上に何か・・羽織ってもいい・・かもね?(うんうんと)
        捨てられた・・って・・・昔・・持ってた服・・を?(その話はちょっと怖くて・・・・・・腹立たしい・・・)怖い・・人・・なんだね・・ほ、ほかの・・・近衛さんが・・隠してくれてる・・の?(自分の中に嫌な感情が湧いているのを感じ、抑えてなるべく表に出さないようにして) -- リリア 2017-10-29 (日) 22:27:29
      • だい、じょっぶ…今はちゃんと、わかるように…なった、の…(聖衣が無いので手元が寂しいハロリータ、リリアの空いている手をそっと握ろうと)
        あ…重ね着…わすれ、てた…今度は上に着るもの、あると…寒くない…(一枚以上服を着なかったせいで上に着ると言うのを忘れていたらしく)
        (聖女の服装が聖衣と全裸と決まった会議のあとの話しらしく)そ、う…みんな、ホントはやさし、い…の
        (迂闊に法に触れれば部下の家族まで危なくなる、ハロリータも部下も本当はこの取り決めは反対したかったのだと言って)
        -- 2017-10-29 (日) 22:59:29
      • ・・ぁ・・・(手をきゅっと握られる・・彼女の方から握ってくれるのは・・すごくうれしくて・・思わずもう一方の手も重ねて温もりを感じたり)えへへ・・・っ・・よかった・・
        うん・・そう・・重ね着(こくこくと)・・興味・・・ある?・・・また買いに・・言っちゃおうか?
        ・・・そっか・・その人・・も・・・やりたくて・・ハロリータちゃんに・・厳しくしてる・・訳じゃないんだね・・(酷い話だと思うが・・・同時に、9歳かそこらの女の子が隠している事を、大人が見破れない物だろうかとも思う・・ひょっとしたら、自分の見える範囲に出てこない限りは見逃してくれているのでは・・そうであって欲しいと希望を抱く)じゃぁ・・こっそり・・だね?(秘め事のように囁いてくすくす笑う) -- リリア 2017-10-29 (日) 23:14:29
      • い、く…ふゆ、あったかいと、うれしい…(指先までぽかぽかのハロリータ、寒いのに薄着だからかも)
        う、ん…雄牛亭…の部屋に、服おいて、あるの…(そこなら女性の従者の部屋で隠すにもいいだろうという風に、あの部屋の従者に言われたといって)
        う、ん…ひみつ、…友達同士の、ひみつ…(誰かに教わったのか指切りもやって見せて)
        -- 2017-10-29 (日) 23:41:09
      • えへへ・・決まりっ・・・手・・あったかいね・・・でも・・風邪ひいたりしたら・・大変・・・
        ふふっやっぱりっ・・・ここに・・従者さん・・泊めてもらって・・よかったね?(うんうんと)
        (えへへーと嬉しそうに指切りをすると、改めて手を繋いで)じゃぁ・・いこっか?(と誘って、さっそく服を買いに行くことにしました) -- リリア 2017-10-29 (日) 23:51:32
      • そ、うなの…宿舎の人…もいっぱい、やさしくって…来てよかった…(リリアと手をつなぎ楽しそうに友達の事を話しながらお買い物に) -- 2017-10-30 (月) 21:39:21
  • ねぇ、なんで
  • こんなにも
  • 心がズキズキ
  • 痛むの?
  • すみません私はオプス冒険保険から来た保険会社の社長なのですが、
    リッキー・ジョンソン氏のご紹介を受けて、ハロリータ嬢へ我が社の冒険保険を勧めに来ました。
    決して怪しい者ではありませんので、どうか通報は控えていただき、お時間を少し頂きたいのですが。 -- 社長 2017-10-27 (金) 00:16:53
    • ほけ、ん…しゃちょ、お…、おしご、との…人…?(従者に来客があると呼ばれて玉座のような豪華な椅子にちょこんと座る聖衣の聖女)
      ぼう、けん保険…どん、なの…(そもそも保険の意味から説明しないとわからなそうな聖女である、行間で説明したことにしても大丈夫だ!)
      -- 2017-10-27 (金) 21:25:26
      • (肉親以外の幼子に声を掛けただけで事案発生と見做すような官憲の手が及ばぬ治外法権と見ると、途端にくだけた態度に変わる)
        えーっとネー、お金をちょっと貰う代わりに安心をプレゼントするお仕事カナー。
        (紙芝居形式で保険自体の仕組みと、冒険保険の概要を行間で説明)
        ハロリータ君が請けてきた依頼の傾向を見るに……ああ、なんと言ったら良いカナ……。
        ウン、キミはあまりムリをしないようなので必要は無いかもしれない。
        が、何が起きるか分からないのが冒険の怖いところだ。しかし保険に入れば安全安心!
        怖い痛いを減らすなら保険に入ったほうがいいヨ! 特に『全滅防ぐよヤッタネ安心プラン』とか超オススメだからネ! -- 社長 2017-10-27 (金) 23:42:57
      • ん、安心する…のが、ほけん…(いつも危なっかしくて周りに依頼のときに心配されてしまうことも多いハロリータ)
        これ、入ると、友達…よろこ、ぶ?(最近は友達のことをいつも考えてばかりなので、そんな聞き方をして)よろこ、ぶなら…入る
        (これでもし、部下が冒険の依頼を持ってきても安心して冒険に出られる、そんな風に思っているようだ)
        -- ハロリータ 2017-10-28 (土) 00:10:30
      • 喜ぶとも。君の友達で、確実に喜ぶのが一人。
        (彼女を紹介しくれたリッキーの事を思い浮かべ、口元を柔らかく綻ばせる)
        あと私も喜ぶヨ。超喜ぶ。 -- 社長 2017-10-28 (土) 00:37:31
      • な、ら…入らない、りゆうは、ない…そ、の(全滅何とか〜くださいと、ローテンションで快く承諾するハロリータ
        近衛兵にペンとインクを持ってきてもらい、契約書にサインをする用意)
        -- 2017-10-28 (土) 21:14:48
      • イェス! よし、やったぞ! (思わず快哉を叫ぶ。恭しくハロリータに契約書を手渡し)
        あ、そうだ。ハロリータ君は冒険の時に使い魔が付いてっても大丈夫?
        キミの危険を私たちに教えてくれる小さなお友達みたいなものなんだケドね。
        (エイの形をした手の平サイズの使い魔が、社長の肩口で「いあいあ」と鳴き声を上げている) -- 社長 2017-10-28 (土) 23:12:04
      • しゃ、っちょ…うれし、そう…(契約書にさらさらと名前を書いて返して)
        だいじょ、ぶ…わるいこと、しなけ、れば…(聖女の祝福で悪意ある力を打ち消してしまうので
        攻撃や、妨害と行った能力を持っていないか念を押して確認
        -- 2017-10-28 (土) 23:29:52
      • そりゃ嬉しいさ。いつもより得する人が多いことだしネー (上機嫌に契約書の記名を確かめる)
        幸いかな『見る』ことしか出来ない使い魔だ。邪魔にならないように付いていくからどうぞよしなにネ。
        ではハロリータ君。『全滅防ぐよヤッタネ安心プラン』にご加入頂きありがとう。
        別な保険にも加入したくなったらいつでもどうぞ。歓迎するヨ。
        (契約書の控えと名刺を置いていき、深々と一礼してから帰っていった) -- 社長 2017-10-29 (日) 00:29:43
      • それ、なら…へいき、しゃちょ、う…のおか、げで…冒険ガンバ、れる
        (これで心配要らずで冒険にいける、もしかしたら自分の聖女の力を消してくれる力もみつかるかも、と少しやる気を出す)
        ほか、にもあっる…うん しゃちょ、ありがっと…
        -- 2017-10-29 (日) 01:07:22
  • 大分遅れちゃったけど三番手だね!(お掃除記念にやってくるヤヤヤ)こんにちはハロちゃん元気だったー? -- ヤヤヤ 2017-10-24 (火) 22:23:34
    • いらっしゃ、い…ヤヤヤ(ヤヤヤを迎え入れるハロリータ、だがどこか見た目がいつもと違った
      肌色が減っていて言うなればワンピースを着ている姿がヤヤヤの目に映るだろう)
      -- 2017-10-24 (火) 22:45:29
      • (当然すぐに変化に気づきだーっと駆け寄る)ハロちゃんいつもの服じゃないねー!ワンピースすごく似合ってるよ!
        へぇーこれがハロちゃんのお友達に貰った服なんだ、うん、うん、ハロちゃん笑顔笑顔(ぐるぐる回っていろんな角度から鑑賞会し始めるヤヤヤ) -- ヤヤヤ 2017-10-24 (火) 23:03:04
      • わ、っあ…(ヤヤヤのおどろき、はしゃぎっぷりにおおっ!?と珍しく動揺する反応)
        そ、そうなの…いい、よね…服…(ヤヤヤの姿を追って首と目を動かしているがやがて追いつけなくなり、ふらふら)
        今日の、ヤヤヤ…いっぱい、うごく…(どこか笑顔もさまになってきて、表情も豊かになったように見える)
        -- 2017-10-24 (火) 23:10:10
      • えー、だってハロちゃんのお洒落した姿って初めて見たからハイテンション?になるのは当たり前だよ?(まだまだ飽きずにぐるぐる)
        失敗したねぇ、もしハロちゃんがお着換えしてるって知ってたらビスちゃんに声かけたりしたのになー
        ねぇねぇハロちゃん、お着換えしたのって今日が初めて?その格好でお外には出られる? -- ヤヤヤ 2017-10-24 (火) 23:17:05
      • 服、着るの慣れない…から、まだ落ち着か…ない、の…(服が新しいせいか、肌が弱いのか
        長い時間着ているとむずむずしてくるらしい)…ん、次は一緒のときに…いく
        何度か、来てる…たぶ、ん出られる…(ただ、監視する近衛兵が一番少なくなるように前もってフリーな日を用意しておく必要があるという
        どうやら、これ以前にも服を持っていたが、祝福が遮られると言う理由で捨てられたことがあったので、気をつけているのだという)
        -- 2017-10-24 (火) 23:35:34
      • あそっか、今までほとんど肌に触れる事なかったんだね、それじゃあハロちゃんの肌が負けちゃうのも仕方がないねぇ
        でも大丈夫!そのうち慣れて着れるようになるよ!(うんうんこくこく)
        ふむふむでも注意しないと没収されちゃうんだね、その前に今のハロちゃんの姿を残しておきたいなって思って
        カメラとかあれば良いんだけど、私持ってないんだよね……(ビスコの名前が出たのも描いて貰えれば残せるとの考えだったようだ) -- ヤヤヤ 2017-10-24 (火) 23:50:27
      • ビス…?(先ほどは嬉しくてすっかり聞き流してしまったが、絵描きの人に絵画を残してもらえばというアイデアに目を開いておお、と頷き)
        それ、はすてき…絵に描いてもらえる…ビスちゃん?…ってひと?(ヤヤヤも書いてもらった事があるのだろうか、と聞きつつ名前をもう一度確かめて)
        -- 2017-10-25 (水) 00:00:00
      • うん!私も描いてもらったよー?(自分の部屋に行けばちゃんと額縁に入れて飾ってると説明しつつ)
        えっとね、宿とかじゃなくてテントで野宿だから見つけられるかなぁビスコって名前だからビスちゃんの狼の子供!
        あっでもね、絵を描くにはお金取られちゃうからそこは準備必要だよハロちゃん -- ヤヤヤ 2017-10-25 (水) 00:08:12
      • テント暮らし…ビスコ…、お金は…近衛兵に…だして、もらう…
        ヤヤヤ、絵を描いてもら、うの…大変…?(じっと動かないで居るのは得意だがガチガチに固まっていないといけないの?と不安そうに)
        -- 2017-10-25 (水) 20:49:57
      • あー……(大変?と聞かれると見る間に表情が曇りカタカタと震えだす)
        ううあれはもう思い出したくないよぉ……じっとしてるの飽きたーってちょっとでも動くとね
        動くな……!じっとしてろ……!って視線でじーっと見られちゃうんだよ…… -- ヤヤヤ 2017-10-25 (水) 21:08:32
      • ヤヤヤ、じっとする、の…にがて、そう…(自分とは対照的な快活っぷりだからか、なんとなくハロリータにも想像がついたようでうんうんと頷いて)
        じっと見られる…こん、なふ、う…?(爪先立ちをしてヤヤヤに最大限顔を近づけてみながら)
        -- 2017-10-25 (水) 21:23:22
      • えーハロちゃんはじっとしてて平気なのー?私は嫌なんだよねぇ……ん?(じーっと見られて見つめ返す)
        ……(うずっ)……あーもぅハロちゃん可愛いねぇー(むぎゅーと抱き着きながら)ビスちゃんはね、こう、狼に睨まれるような?そんな感じだから全違うよぉ? -- ヤヤヤ 2017-10-26 (木) 22:49:18
      • へい、き…じっとして、るの(一日くらいならまったく動かないこともできる、自慢ではないので小さめにささやく)
        な、…に、ヤヤヤ、さむ、いの…?(ハロリータにはヤヤヤの突然のハグが理解できずに、でもおそらく祝福も手伝ってぽかぽかしてくる)
        な、るほ、ど…狼は、こわい、いきもの…知ってる、の…(小さな頃に森に入ると食べられるぞと言い聞かされたことを思い出して)
        -- ハロリータ 2017-10-27 (金) 21:08:28
      • 羨ましいねぇ、クッキーちゃんもじっとしてるの平気みたいだし、コツを教えて欲しいなーなんて……?(しょんぼり)
        そうそうビスちゃんを怒らせるとそんなこわー感じになるから気を付けるんだよハロちゃん
        (しばらくむぎゅむぎゅして満足)はぁすっきりした!じゃあビスちゃんに絵を描いてもらえるといいね! -- ヤヤヤ 2017-10-28 (土) 23:33:19
      • 本を読む…と、じっと、してても…へいき…(果たしてヤヤヤにそれが出来るかは別として)
        (たっぷりとお互いの体温を交換してから離れて)う、ん…たのん、でみっる…ヤヤヤありがと…う
        -- 2017-10-29 (日) 00:05:25
      • うっ……(本を読む時もベッドの上でゴロゴロしながらなヤヤヤには無理な話であった)
        と、ともかく、ワンピースを着たハロちゃんは希少だもん、どうにかして形に残しておかないと……!
        私はちゃんと焼き付けたからねー、と言う事でまたねハロちゃん(手を振って部屋を後にするのでした) -- ヤヤヤ 2017-10-29 (日) 00:15:55
      • 絵が出来たら、ヤヤヤにも、みせっる…から(楽しみにしていてねと約束を交わしつつ帰っていくのを見送る) -- 2017-10-29 (日) 00:37:37
  • うじ
  • ちわー!おまたせしましたスッ募屋でーす(肖像画をドアの隙間からシュッと差し込み) -- スッ募屋? 2017-10-25 (水) 22:08:23
    • わ、ぁい…うれし、い…ありが、とう…すっぼや、さん…
      //古い頁にも投稿していただいてごめんなさい、ふふふ…より一層ぺどぺどしくて本当にありがたい…
      -- ハロリータ 2017-10-25 (水) 22:16:31
      • //(はろりたchang、描いてて非常に楽しいデザインでした!こちらこそ練習にお付き合いいただきありがとうございました!では!) -- スッ募屋? 2017-10-25 (水) 22:22:14
      • //パーツの解釈が理想的になってて次に描くときの参考になりそうなくらいです…しっかり飾って喜ばせてもらいます -- 2017-10-25 (水) 22:58:33
  • …あ?(そろそろ冷え込む時期かと思って様子見に来たらなんか服ちがくない?という視線) -- あざり 2017-10-25 (水) 21:58:15
    • あざり、わたし、ワンピースきて、る…の…(見れば分かることだが口に出していいたくなるほどに嬉しいイベントのようだ) -- 2017-10-25 (水) 22:07:18
      • なんだふつーの服もあんじゃんかよ!似合ってんぜ!(よしよしと頭をなでくって褒める、いつものよりこっちのほうがよさそうという認識) -- あざり 2017-10-25 (水) 22:17:09
      • こ、れ…一緒に、買いに行った…の(服が似合っていると言われるのが何より嬉しかったのかぶんぶんと、普段しないような勢いで頷いて)
        こ、れ…大事に着る…の、お屋敷だと…ぼっしゅう、され、そう…だか、ら…(なので着るのは近衛兵が居ないときか、宿舎の中にしておくつもりだと話す)
        -- 2017-10-25 (水) 22:29:26
      • やっぱ女の子だもんオシャレくれーしねーと…(俺みたいになるぞ。……とは言えずに地味にダメージを追う)
        ワケわかんねーな…(いっぺんブン殴ってきてやろうか?と近衛兵のアレさ加減に怒りを露わにしてみたり) -- あざり 2017-10-25 (水) 22:31:15
      • あざり、の…も…きて、みた…(かわいいデザインにももちろん興味があるらしく、ずっとパーカーが気になっていたと話して)
        だ、め…わたし、の格好…国、のお触れだ、から…(国に定められた格好で、むやみに止めようとすれば国民ならば罰もあった様で)
        あと…みか、たも…いるか、っら…(お目付け役の近衛兵を除けば皆ハロリータの格好に疑問を抱いているので、監視の目の薄いこの街ではわりと自由になってきているらしい)
        -- ハロリータ 2017-10-25 (水) 22:50:15
      • 俺の?まあちっとだけなら…(なんせ肌寒いので脱ぐのはつらいが、貸すだけなら…とパーカーを貸す)
        国でああいう格好ってどういうことだよ!(くるってんのか!と年頃のウーマンとしてはつらみ)
        そりゃそーだろうさ…(着るもの決められて囲われてじゃ生きづらいだろーにと渋い顔)
        よし!そのパーカーも貸してやっから好きなだけおしゃれしとけ!(俺はこのままでいい!と薄着のまま帰る…どっちにしろ冬支度は必要であるので新しい服でも探しにいくかと買い物の構え) -- あざり 2017-10-25 (水) 22:57:24
      • ん、ちゃんと、かえす…(何のキャラクターかは分からなくても可愛いと言うだけで十分だった、羽織らせてもらい
        あざりのようなはつらつとした動きをしようとして足をもつれさせて)くる、ってると…思う…(聖女と言う付加価値がそれさえも吹き飛ばしてしまうのだろう)
        あざり…いい、の…あ、の、ありがっ…あっ…(お礼を言いそびれた、とちょっぴり心残りを感じながらあざりの後姿を見つめるのでした)
        -- 2017-10-25 (水) 23:55:54
  • \掃除発見、10ポインツ!/ (掃除の悪魔が遅れ馳せながら加点していった…) -- リリネ 2017-10-25 (水) 21:00:37
    • い、まだれか…きた、よう、な…(増えたなぞのポイントに首を傾げつつも、どこかほっこりとその溜まったポイントを眺めるのであった) -- 2017-10-25 (水) 21:04:21
  • (少女を雄牛亭の廊下で見かけたので声をかけてみる冒険者)
    こんばんは、私フィルっていいます!
    先日から111号室で滞在してます、今後ともよろしくお願いします☆(丁寧なお辞儀) -- フィル 2017-10-24 (火) 21:53:03
    • こんば、ん…わ、わたしはハロリータ…聖女なの(どうぞよろしくと頭を下げる、丁寧な人だけど冒険者なのかーと物珍しそうに見つめる) -- 2017-10-24 (火) 22:01:23
      • ハロリータさんは聖女さんなんですね!
        ……?
        (そういえば聖女ってどんな職業だろうと数秒頭にハテナマークがポン!と出て消えた)
        はい!(手をあげて)聖女ってどんなお仕事なんですか?
        (単刀直入に聞いてみることにした) -- フィル 2017-10-24 (火) 22:06:43
      • わ、たしのしご、とは…布教、と…祝福を、あた、えること…かな(布教はズバリそのまま、主神デ=ィを信仰する宗教を広めること
        もう一つは神から与えられた力で困った人、不幸な人を幸せにすることだと言う)
        -- 2017-10-24 (火) 22:16:02
      • す、すごい…!私なんて明日のご飯…というか今日食べる夕飯の事しか考えてないのに…
        誰かのために頑張れる人って素敵だと思います!(輝いた目を少女に向けて)
        私も何かがんばってみようかなぁ、それではまた!
        (思いついたように呟くと、再び丁寧なお辞儀をして去っていった) -- フィル 2017-10-24 (火) 22:23:43
      • フィル、も困ったことが会ったら…来て…わたし、これしか、できないか、ら…(対照的にわりとすごい力とは思えていない様子)
        あ、うん…フィル、なにか、がんば、って…(ふわふわした応援をしてフィルを見送るのだった)
        -- 2017-10-24 (火) 22:32:51
  • ん…あたら、しく…した -- ハロリータ 2017-10-24 (火) 21:53:46
    • マルコスいいよね…… -- 2017-10-24 (火) 21:54:55
      • (いい…) -- 2017-10-24 (火) 22:02:01
    • (お部屋を綺麗に掃除していく) -- セティ 2017-10-24 (火) 21:55:04
      • セティ、ありがっと…う…おへや、いつも、きれい -- 2017-10-24 (火) 22:02:52
      • お仕事ですから(にっこり笑顔しつつも、丁寧に綺麗にお掃除お掃除) -- セティ 2017-10-24 (火) 22:06:41
      • セティのおそうじの…あとの、シーツ いつもたのしみ、なの…(今日も気持ちよく眠れる合図だと話しながら、掃除する光景を足をパタパタさせて眺めていた) -- 2017-10-24 (火) 22:14:09
      • (見てくれているので少し気恥ずかしそうにしながらもいつものように慣れた様子でシーツを取り替えて)
        …はいどうぞハロリータちゃん…!今日は晴れてたのでシーツもおひさまの香りですよー! -- セティ 2017-10-24 (火) 22:17:40
      • (やった、という表情、綺麗なシーツに干したてと言う付加価値が付与されて最強に見えるのだ)
        セティ…今日も、だいぶ…する…(両手を広げてぱたんっとシーツに倒れこむ、気持ちのいい肌触りといい匂いは何物にも変えられない贅沢であった)
        -- 2017-10-24 (火) 22:30:34
      • どうですかーお客様ー気に入っていただけましたか?(なんて従業員らしくふるまってみながら、シーツに身体を預けるハロリータちゃんに、さらに乾したてのお布団をかける)
        こちらも洗濯してしっかり干したいい香りのお布団でございますよー?(隣に座って、そっとお布団の上から寝かしつけるみたいに優しくぽーふぽふ) -- セティ 2017-10-24 (火) 22:52:28
      • まんぞく…ふわ、(ぽかぽかと体を包むお布団に思わず幸せなため息が出る、表情も和らいで心地よさそう)
        ん…セティ、これ…すぐねむ、れ、そ…っう(背中をぽふぽふされれば眠気が助長されて、うつらうつらと頭が舟をこぐ)
        -- 2017-10-24 (火) 23:13:38
      • …ふふっゆっくり眠ってくださいね?(よしよしっとしばらくの間撫で続けて、ハロリータちゃんが眠ったのを確認すると)
        (部屋の他のところもしっかりお掃除したあと、起こさないように…ゆっくりと部屋をあとにするのでした) -- セティ 2017-10-24 (火) 23:18:03

Last-modified: 2018-01-25 Thu 22:30:29 JST (683d)