英雄候補生引退/黄金暦80年代 Edit


黄金暦89年12月(2/27) Edit

ナイアーラ・シャメッシュ Edit

アザトースからの命を受けてやってくるも冒険に飽きる
直後バニーを回避するため酒場から逃げ出したが、追っ手により捕まりあえなくバニーに

コントン・ハイヨル Edit

ナイアーラが捕まっている隙にまんまと逃走。南の島でバカンスを楽しんでいるとか
「にゃはははははははは!まあ呼べば行ってあげない事も無いさ?」

黄金暦89年11月(2/26) Edit

サン・ネコヤマ Edit

冒険者に憧れてなったはいいものの自分の緊張感を満たしてくれるような生活ではない事に気づき辞める事に
これから何をするかは決めて居ないがしばらくはバニー猫という変な事をしながら友人の墓を守るつもりのようだ

フランクリン・バックブリーカー Edit

医学の進歩の為に、今までのカルテをまとめて新天地へと旅立つ
予断だが、そのカルテに書き記された治療法は後々医学ではなく対怪物戦の発展に貢献したとかしないとか…

八坂穂波 Edit

平凡な生活に飽きて冒険者に志願したはいいが延々とキノ鉱を回されて情熱が消えうせる
これから何をするかは考えていないが、とりあえずバニーを着て酒場に居座ろうと思っているようだ

ストレイト・クーガー Edit

自身の身体の限界を感じ、最終形態(フォトンブリッツ)で冒険後引退
今は酒場の一角で優雅な文化的生活を営みつつみのりさんへの思いを馳せる
その後真の速さを求め復帰する

黄金暦89年10月(2/25) Edit

ハンス・オッペンハイマー Edit

そこそこ稼いだこともあり、冒険への情熱を失い引退
奥さんと復縁したのち、とある田舎で教師の職を得て家族3人で幸せに暮らしている

黄金暦89年9月(2/24) Edit

ピート・センチ Edit

自分と同じはずの巨大ムカデを相手に歯も立たず
また最近、「自分にとって大事な事」に悩んでいた事もあってか、冒険者を辞める事に
今は、ポッカリと空いた時間で今後の事を考えている最中との事

黄金暦89年8月(2/23) Edit

ダーレス・サン Edit

旅籠が潰れて止むを得なくなった冒険稼業で思う程に稼ぐことが出来ず引退。
取り敢えずバニーになってはみたものの、この先どうするかは考え中。

チハヤ・リターンズ Edit

胸が大きくなると聞いた冒険方法は、全くの偽情報であった
怒りのチハヤは、情報の提供者に復讐するため、バストを増強するため、再び冒険の旅に出るのであった

ムキムキ・モリモリ Edit

筋肉が破裂した


夢か!
子リスのようにおびえて引退

黄金暦89年7月(2/22) Edit

アルノルト・ツヴァイク Edit

自己鍛錬としてこの地に来た、冒険者として酒場で依頼を受けていたが
最近の内容があまりにも刺激がないと感じ引退
現在はよく一緒につるんでいたペニー・スパーク?に付き合い酒場でバニーの格好で働いている

ペニー・スパーク Edit

地味に討伐依頼を請け負っていたが締まりのない依頼にやる気をそがれ引退
今では家族を養うために酒場でバニーの格好で働いている

スクリプト・テイジ Edit

「つまんねぇ!」と叫び冒険者引退。今後の身の振り方は未定。
とりあえずエールを飲みながらバニーカタログをペラペラめくってる。

黄金暦89年6月(2/21) Edit

ストーン・ロングスター Edit

スリルを求め冒険者になったはずが、連日のキノ鉱脈に嫌気が差し引退を決意
冒険者としての情熱は失ったが、冒険そのものに対するそれはまだくすぶり続けており
たまったお金でもっと広い世界を旅してみようかと画策している

フェルナンド・アルドゥク Edit

89年6月、ビレフォールが動かないどころか食事をとるのも億劫になるほど覇気が無くなり、花畑を作って花屋になることにした

ノエル・ノエル Edit

憑いてたアレの除霊?に成功
と同時に友に死なれたショックもあり以降の人生をのんびり過ごす。
守ってた墓はほったらかしであった。

テトロン・ポリエステル Edit

長年の研究の成果である汎用エルフ耳を世に広めるために転職
とりあえず行商と研究の傍ら、バニーをやりながら兄の帰りを待つことにした

黄金暦89年5月(2/20) Edit

エルーカ・アマンリーフ Edit

当初に比べヘタれてきて冒険内容が自分の実力より下のしかとらなかったため情熱激減し引退
田舎に帰って、再び猟師をやることにした

ティアスメル・ブラックロック Edit

「実はぜっせいのびじょじゃ無かった」
そう言うとびじょ仮面を外しティアスメルは去っていった

ミリエリン・ロアル Edit

89年5月某日、マスターから強制的に資金優遇を受けキノコ鉱脈へ
当面の資金はたまったので危険な冒険から引退し、彼と友人の無事を祈る生活へ
酒場では割とノリノリでバニーの仕事をしているらしい
追記:ゴルロアデイズ、緑編エンディング〜引退〜
※まだちょっとだけ物語は続くよ!

黄金暦89年4月(2/19) Edit

オリオナエ・プラトン Edit

89年4月某日、冒険者最後の戦いに敗北し引退を余儀なくされる。
今後は酒場に残り執筆と後輩指導、自己鍛錬に時間を費やす事に決めている。
だが、まだやるべき事が残っているようだ。

ゲンゾー・サナダ Edit

89年4月某日、マスターの心が壊れてしまったため、見るに見かねてバニーを着た
酒場で働く傍ら訓練場で剣術教官の仕事を兼任しているらしい
東洋の剣術は珍しいらしく、それなりに人気はあるようだ

ルチアサン・カワイイ Edit

大変だよ僕のルチアサンがもう冒険行きたくないって!!
「なんで?」って聞いたらちょっと怒ったような顔して胸元に飛び込んできて
「・・死んだら、す・・好きな人とずっと一緒にいれないでしょう?」って顔を赤くして言うんだ!
「それじゃこれからは可愛い可愛い僕の大好きなルチアさんとずっと一緒だね。」ってしっかりと抱き寄せて耳元で囁いたら、赤い顔をもっと赤くして「・・馬鹿」って言って俯いちゃったんだ!
でも大変だよ!
そんなルチアさん見ていたら僕の股間のタイガーが我慢できなくなっちゃってそのままベッドに押し倒しちゃったんだ!!
そしてそのまま一日中ルチアさんの未開の千佳ちゃん求めて僕のタイガーがルチアさんの体中を駆け巡ったんだけどね!!

アンゼロット・マヒルノツキ Edit

鉱脈生活に飽きて、「私、普通のバニーになります」宣言

アキ・イミジ Edit

冒険に飽き始めた頃、茸捜索が続き、「家でしいたけ作ってるほうがまだ面白い」と引退

ジュナン・サイナン Edit

89年4月、自分の求めるものは冒険の中ではなく、冒険者との関わりの中にあると気付き、引退
現在は冒険者の集まる酒場で働きながら、鍛冶屋復帰のため勉強中。

黄金暦89年3月(2/18) Edit

ムゲン・ムゲン Edit

冒険者に魅力を感じなくなり、大して面白くも無いので引退した。
女の子と一緒に居るほうが楽しいので、ウェイターとかになった。男には運ばないよ。

黄金暦89年2月(2/17) Edit

キトラ・パイロン Edit

幾多もの戦いですら彼の飽きを満たせる事は出来ず、引退を決意。
風の噂ではその後、西と東を行き来する古物商として名を馳せているようだ。
多忙な毎日ではあるがそれはそれで充実し、第二の人生に満足している。
尚、私用で虹の料亭に足を運んだ際に冒険譚を聞くだけでなく古物の買い付けをちゃっかり行うなど、
商魂の才能を発揮しつつある。

黄金暦89年1月(2/16) Edit

ベルグ・ワズフル Edit

気が付いたとき、すでに彼の姿はなかった
戦いを求めて彼は旅立っていったのだろう。

キビン・イモゲン Edit

以前執事をしていた屋敷に置いてきた主が放っておけなくなって引退。
酒場に後ろ髪引かれる思いもあって、半月ほどどうしようか悩むが
屋敷と酒場が歩いて5分の距離にあったことに気付く。
その後は執事と酒場店員の二足の草鞋生活を送る。

マジレス・ウマアジシンシ Edit

思わず敵を許してしまい引退
酒場の奴らは全員許さないよ!死んだら100倍だかんな!
彼はまだまだ許さないようだ

シィラ・レィザル Edit

黄金暦89年1月、冒険よりも自分のしたいことを見つける。
これからは酒場のバニーとして、冒険者達を見送り、迎える日々を送るだろう

黄金暦88年12月(2/15) Edit

ユマ・クイックシルバー Edit

自分の気持ちに整理を付け、冒険者を引退
山に帰り、現在猟師として生計を立てている。
冒険者上がりの異色の猟師は目立つらしい。

ナゼル・ガーミディー Edit

一通り冒険は堪能できたので引退.
そのまま街にとどまってこっそりお婿さんでも探します.

黄金暦88年11月(2/14) Edit

マフィア・イモゲオーネ Edit

本業に集中すべく引退……と思いきや、衝撃の二重生活を暴露。
ネブクロ・アルケルとしての冒険はまだまだ続く。

レニール・ロズワート Edit

キノ鉱脈に耐えきれなくなり引退。
バニーかウェイターへの転身をちらつかせていたものの失踪。
果てしない逃走劇が始まらない。
「絶対に帰ってきてやるからな!!」
捕まった…

カーツ・カニンガン Edit

キノ鉱脈ループに飽きていた所、仲間も引退すると言う話だったので引退
しかし、周りの人がまだ続けている事に困惑しつつ、引退生活を楽しむ予定
引退後は酒場には顔は出さない物の、知人の宿屋には顔を出すらしい
ちなみに、厨房で働くためコック服=バニーは着ない!

タルンダ・タルンダ Edit

プロテインの過剰摂取とタルンダの使いすぎにより引退
俺はまだ戦えるぞ!

シンディ・ローラン Edit

この近辺は大方見て周ったと判断し、2年近く滞在していたこの土地を去り再び旅巡業に出る。
別れはあえて誰にも告げなかった。

カカオ・ショコラ Edit

冒険者生活を経て鍛冶工房を開くことを決意
酒場の近くに工房を構え、冒険者たちを相手に武器の修理、新造などを行っている
武具だけでなく、細工物や冒険者たちの冒険譚の活版なども作っているらしい
工房のシンボルは常に未完成の剣『無銘』

黄金暦88年10月(2/13) Edit

マンタ・エイ Edit

お待たせいたしました
こちらご注文のドラゴンズレアセットでございます

リボルド・グスタフ Edit

恋人を想い、定職に就く事を決意
貯めた金で自分の店を購入し、植物・鉱物の鑑定商として生きている
引退後も酒場に頻繁に通い、冒険者たちの話に耳を傾けているという

黄金暦88年9月(2/12) Edit

ゴロー・サルディネーラ Edit

ゴールデンロア世界のエルフ達に出会い目的が果たされ、情熱が尽きて引退を迎えた
今後は元の世界を起点に、更なるエルフの探求を目論んでいる
彼が商会から仕入れる異国風雑貨の数々は、顧客達にはなかなか好評のようだ

ホーク・ジゴワット Edit

見つからない茸では腹は満たされず引退を決意した
またふらふらと旅に出ようかな等と考えている

黄金暦88年8月(2/11) Edit

ゲンタ・ガロク Edit

自分には冒険者は向いてないと感じ、引退
引退後は腕試しに各国の城の金庫に挑戦しようかと画策中
スーツでバニーOKなら・・・いや・・・無い!逃げるぜ!

フタリメ・シテンノー Edit

三十路目前なのにこんなことやってたら駄目だなぁと思い引退
魔界に帰って見合いでもする事にした
眼帯は伊達だった

ブリアス・エヴォリューション Edit

黄金暦88年8月、開始された2クール目の真っ最中
突然の番組打ち切り。
理由は1クール目全ての視聴率が*(測定不能)だったため・・・
そんなのって許せない!
怒りに燃えるエヴァはNHKに移籍し、新たな友達GET大作戦を考えるのであった。

黄金暦88年7月(2/10) Edit

シハマヌガレナイ・シハマヌガレナイ Edit

死をまぬがれた

黄金暦88年6月(2/9) Edit

アルフィ・フライヤ Edit

冒険の最中家から手紙が届く
家名を継ぐことが出来るかの試練が迫っているとの報告であり、この期に一度実家に戻る事を決意する
復帰するかはその後決めることにした
とはいえしばらくは猶予があるため酒場で冒険者の帰りを待つ用心棒兼給仕として働くことにする
彼女のもっとも愛しい二人を見守りながら

ウシ・カチク Edit

牛の平均寿命までもうそんなにないぞ
どうする牛
とりあえずバニーになる牛だ

クミロミ・エロナ Edit

普通の神様にもどりました
鎌が実装されたらまた来るそうです

クロウ・ソーマ Edit

エルフがどこにもいないことに絶望し引退
また一兵士となり国を守る為に生きていこうと決意する

テイル・ウィップ Edit

古くからの友人を探して冒険者になった彼だが
軍から帰還せよとの連絡が届いたために酒場を去る

メタル・メトロノーム Edit

ふと急に冒険への意欲がなくなったために引退した
相変わらず酒場近くの宿で用心棒をやっている

黄金暦88年5月(2/8) Edit

シェリー・ロック Edit

元の姿にもどるための方法を見つけ引退した
今はとある村の宿屋で見習いをやっているようだ

熟練のトキ・ニヤ Edit

世界を救うために冒険に出た
その後
ト・・ト・・ニヤト・・ニヤト・・ト・・ト・・ニヤニヤト・・ト・・つまんねト・・ト・・
ト・・ト・・ニヤト・・ト・・ト・・ト・・ニヤト・・ト・・ト・・ニヤト・・ト・・ニヤ
のため引退しト・・・!!

黄金暦88年3月(2/5) Edit

黒ユマ・キュクレイン Edit

黄金暦88年3月、冒険者に飽きて引退。
冒険者を巨大怪物討伐におくりだしたり、つけを払わない冒険者を撃ったりするために、酒場従業員に。
二日目以降は普通のバニー

ハナビ・マクスウェル Edit

黄金歴88年3月、キノ鉱脈がめんどくさくなって引退
探索で小銭も貯まったので街に小さな家を借りてのんべんだらりとした生活を送る
たまに気まぐれで酒場に現れバニーとして働いたりもする

黄金暦88年1月(2/4) Edit

ディオドラ・クードレーゲン Edit

黄金暦88年1月・引退
いずれその道程を語るときもあるだろう

デズトジュ・イモゲルド Edit

黄金暦88年1月、かびた。

ボリス・イモゲノフ Edit

姉の敵である巨大な怪物を倒す機会を狙っていたが彼の元に来る依頼は格下の狼討伐などばかり
自分が未熟であるが故に依頼が来ないと判断した彼は酒場を離れ、修行の旅へ出た

マリオン・リアス Edit

毎日出る死者に耐えられなくなり引退を決意
村に帰って自分の冒険譚で子供達に夢を与えている
たまに親御さんに怒られる

ヨレルタ・ネゴア Edit

依頼はほぼ完遂させる優秀な冒険者ヨレルタであったが
刺激の無いマンネリな冒険に冒険者としての情熱を失う
冒険者を引退し生まれ育った港に戻ったヨレルタを暖かく出迎えてくれた仲間に囲まれながら
現在は漁船を狙う海賊退治に新たな情熱を見出す日々である

黄金暦87年12月(2/3) Edit

パルフィナ・サズ Edit

18歳になったのを機に冒険者を引退
帰る場所が無くなったことを知り、まずはひっそりと武器の修理でもしながら自分の実力を試そうとしている

ルーイン・アストロラビウム Edit

自らの能力を生かせない依頼に不満が溜まり、ついに引退。
相変わらず酒場の空気は好きなようで、普段はバニーをしつつ
今度こそ能力を生かして冒険者相手の案内役などを買っていた……が
黄金暦88年8月、友人の死に思うところがあり再び冒険者の道を歩む。

黄金暦87年10月(2/1) Edit

イーノ・ボクオトコノコダヨ Edit

キノ鉱の洞窟で大事な服が湿気まくって嫌気が差した。酒場に帰ってからの踊り子家業の方が楽しくなる。
現在は酒場で給仕、兼、踊り子をしながら芸を磨いている。

シヴィライ・ガンディー Edit

モンスター相手の戦闘に飽きてきた所に受験勉強が重なり、引退を決意。
その後は国立図書館にて受験勉強に打ち込んでいる。

ベテラン・ブル Edit

出オチキャラなうえ生みの親に長期放置され情熱が低下。
自分より前にも「駆け出しのベテラン」が居たことを最近知り、完全に情熱を失う。
現在は捕食しようとする冒険者達から逃げ回りながら自分を鍛えている。

レジーウェ・ペイマニング Edit

結婚して引退。宿屋の女将になる。 族長とかそんなものより小さな幸せを手に入れたのであった。

黄金暦87年9月(1/31) Edit

デイジー・ジャンフォレスト Edit

探索や雑魚相手では物足りず引退を決意
当面は気ままな傭兵稼業を営む予定、今度の舞台は戦場だ!

ナハト・フィーア Edit

キノ鉱脈の日々に嫌気がさして引退
当分は酒場でだらだらしつつ今後の方針を考える予定

ロセリア・レスティーア Edit

ついに冒険者家業にも飽きて引退
とりあえず酒場でバニーをしている
両親のところへ帰る気はあまり無い模様だ

黄金暦87年8月(1/30) Edit

イレーネ・ベルトホルト Edit

カザ・ゴールドマインに惚れ、冒険者よりも幸せな女の子になりたくなったので引退

ロドリー・ロク ID:14306 Edit

  • 軌跡
  • 名簿
  • 元は街の衛兵長だったが、町がモンスターの集団に襲われ壊滅
  • そして各地を放浪
  • 街を復興させる為に、故郷の街の強大なドラゴンを倒すという活動が勃発。ロドリーも妻子の眠る地へと戦いに赴く。

黄金暦87年6月(1/28) Edit

ティチ・イモゲン Edit

己を鍛えることに限界を感じて引退(ゴリラ的な意味で)
酒場近くに道場を作り冒険者になってしまった妹を連れ帰るチャンスを待っている
今日もインド人が遊びに来た

ランス・テッカマン Edit

ブレードが明らかに殺す目で見てるので、逃げるように引退

黄金暦87年4月(1/26) Edit

ジョシアキ・アイエムジー Edit

子供を身篭り引退を決意、現在はSM嬢で生計を立てている。

マレナ・テイジ Edit

あれ? そう言や最近あいつを見ないな……

黄金暦87年3月(1/25) Edit

ウロン・ホホウ Edit

冒険者になっても代わり映えしない毎日に見切りをつけ、現在は冒険の途中に立ち寄った町に滞在。
キノコ料理の旨い店の常連で、狩ってきたキノコを安く卸してそこそこ楽しく暮らしている。
真剣に定住を検討中。

ベントレー・トゥエリチェヌ Edit

あまりにもつまらない冒険が続いたため、すっかりやる気をなくし、引退。
冒険者として生活していく中で、女の悲痛な顔に劣情を催すことに気づき、
現在は自分の下に組み敷かれながら表情をゆがませる雌豚を探している。

黄金暦87年2月(1/24) Edit

チハヤ・ナムコプロ Edit

冒険者になると胸が大きくなる――――
双海亜美にそう言われた事がきっかけで、冒険者家業に身を投じた。
十分に胸が大きくなったのでアイドルに戻る決意を固める。
その後、爆乳アイドルとして一躍有名になるが、それはまた別の話

黄金暦87年1月(1/23) Edit

カスパル・シュタインピルツ Edit

刺激を求めて始めた冒険者生活であったが、
理想と現実は異なり、鉱脈探索など昔の生活と代わり映えのしない依頼も多く
結局、彼の情熱を満足させるに足るものではなかったため、引退を決意する事となった
しかしながら、一時とはいえ味わった刺激に溢るる日々を忘れられるはずもなく
引退後、程なく、彼は刺激に溢れる日々を求め、冒険者時代の装備と蓄えを持って、あての無い旅へと出発する

ティカ・エーメンタール Edit

1年半を待たずに冒険に対する情熱を失い引退
マスターからなかなか返事がこないので、勝手に働くことにした
宿屋だけではなく酒場も手伝ったりするらしい
貧乳をバカにした冒険者には、密かに料金の水増しをしている
引退に胸は関係ない ないったらない

ラズールカ・ミハイロフ Edit

恋心を抱いていたポテトに先立たれ、それでも冒険者を続けていたが
周りの人間に諭され彼女の後を追うような危険な冒険者稼業をやめることにした。
引退後は冒険者達の酒場で働きながらポテトの墓や酒場の冒険者の墓をを守って生きることに。
ポテトのことが好きなことが彼の誇りであり生きる意味。
彼女の遺品のリボンは彼の帽子でいつもきらきら輝いている。

黄金暦86年12月(1/22) Edit

マリン・グレイス Edit

1年とちょっとの冒険の末「お姉さま」と再会し冒険の目的を達成する
冒険者時代にも発揮した料理の腕を活かし酒場の隣の小料理屋にて働き始める
人気メニューはクックのから揚げ

黄金暦86年11月(1/21) Edit

ホワイト・アマンリーフ Edit

冒険の間で考えていたやりたい事がまとまり冒険者を引退。一年で金貨も大分溜まりいずれは冒険者の酒場か槍術道場でも開こうかと考えている。

黄金暦86年9月(1/19) Edit

チュウカ・シンキ Edit

マスターに泣きつかれたため12ヶ月目で冒険を断念。神姫族初の生還者となった
2人で小さな商店を開き、今は平穏な暮らしを続けている

黄金暦86年7月(1/17) Edit

ウィタ・ロウ Edit

黄金暦86年7月、冒険者生活さえも平凡に感じていることに気がつき引退を決意
スリル溢れる生活を諦め、元の平凡な芸術家生活へ戻った


Last-modified: 2012-04-28 Sat 16:38:25 JST (3024d)