英雄候補生墓場(黄金暦129-132年) Edit


黄金暦132年12月(7/30) Edit

デスロック・ムドオン Edit

風邪がようやく治ってきたと思ったらオークにボコボコに
最後に意地で噛み付いたが頭を殴られてあえなく伸びた

マルガヴィエッタ・メフィスタフェレタ Edit

放置をこじらせて死亡、あまりにも酷過ぎる人生だったと思いながら別の時空に逃げたとか逃げないとか

黄金暦132年11月(7/29) Edit

クルーク・ベーレント Edit

熊は無理だって!
死体はその後回収されたそうだが、誰が回収したのかは不明。
死体の無い墓だけが作られた。

黄金暦132年10月(7/28) Edit

シリウス・カイオーン Edit

箱から赤いベストを来た黄色い熊が……

オーラツー・アクアフレッシュ Edit

「俺…無事に帰れたらマオちゃんに結婚を申し込んで手作りのサラダ食べて仲睦まじく小さな病院をきりもりする夢があるんだ…
だから絶対無事に帰ってくるよ!」
と死亡フラグを立て怪物討伐依頼(1人旅)に出かけたら長い間歯をみがいてなかったミイラにしゃかしゃかと使われた挙句アクアフレッシュのストライプってどうなってるの?と疑問に思われ解体
歯磨き粉としての一生を終えた

パク・ラスク・ボンベイ Edit

食堂の主人はリザードマンにおいしくいただかれました

デスロック・ムドオン Edit

連続狩猟の怪鳥は情報違い、3匹目に現れた突然の黒狼鳥になすすべなく2死
味方はリタイアして帰っていった

黄金暦132年8月(7/26) Edit

ジェイ・マグフライ Edit

決死の状況に破顔一笑。
「上等な最期だ」
と嘯いて死に臨んだ。

スコルピオ・スティンガー Edit

ワイバーンは卵生→乳首もお臍もない→死亡
「せめてカモノハシなら何とかなったはずです!」とは本人の弁

リュヌ・ノクターン Edit

何も果たせなかった無念と共に

アンク・ラシュヘイト Edit

熊男の攻撃にて頭の半分を吹き飛ばされて即死
生き残った同行者達が街へと持ち帰った遺体は何故か生前より明らかに美しい顔立ちになっていた

ジムストライカー・ネメシス Edit

海を制して次は山!とか思ってたらうっかりジャイアント相当ガルマザクと出くわして大破
ポストダグさん的立ち位置の酒場同行者を守り抜いたのがせめてもの救いか
…なお、史実だとこの後、奇跡的に修復され、歴史の闇に渦巻く陰謀劇へとその身を投じる事になるのだが
それはまた別のお話

フェアーデ・バッツォ Edit

132年8月、討伐依頼を受け洞窟に赴いたまま未帰還。
後日、別の討伐隊が同じ洞窟に向かったが、怪物は既に何者かにより掃討された後だった。
同時に冒険者一行の遺体も捜索されたが、遺体は人数分には足りず、冒険者の一人が同伴
していた馬の姿も見つからなかったという。

しばらく後、馬に嫁いだ娘の話が付近の村の民間伝承に語られ始めたとか。

黄金暦132年7月(7/25) Edit

イカ子 Edit

超巨大トカゲ「うまっ!こいつうまままっ!でもくさい!」

リエネッタ・ネクロスフィア Edit

死霊達の暴走に巻き込まれて死霊の何かが体に深々と食い込んで死ぬ。
こんなことになるだなんて…
のうのうと暮らしていた罰ですわ…
ひとりで死ぬのは寂しいけれど
きになる事ばかりですわ
こうなってしまっては
もうだめですわ…おとうさま、おかあさま…先立つ不幸をお許しください」
 りえねった

黄金暦132年6月(7/24) Edit

清々しい空気 Edit

突風が吹いた

残念な方の空気 Edit

ビームバリアーに引っかかって死亡(要約)

ヘズ・ロッツェム Edit

遺体は回収されず、彼の剣だけが遺品として遺された

エリクス・ボールドルーラ Edit

亡骸は故郷へと送られ、手厚く葬られた

黄金暦132年5月(7/23) Edit

スワロウ・グリード Edit

やられそうになったので実は盗賊の二重スパイだったとか嘘ついて盗賊側に味方する
当然そんな嘘通じるわけなくまたも死亡

アビリオ・ファスティーグ・ハルス Edit

不死者なのでトカゲのダメージはどうにか持ちこたえたが、帰り道、
同行者がシャカシャカしていたシャカシャカチキンの袋が力の入れすぎで破れ、
偶然スパイシーガーリック味だった粉が舞ったため気絶。
驚いた同行者にベホマをかけられて灰になった

レーヌ・マルグリット Edit

復権を目指した赤の女王は志半ばで斃れた

黄金暦132年4月(7/22) Edit

リオン・ヴィスペル Edit

キングワイバーンとの戦闘中に行方不明。
ギルドには死亡したものとして報告された。

黄金暦131年10月(7/16) Edit

セノー・ナツォナ Edit

死んじった、てへ♪

アルアズル・バーガンディ Edit

黄金暦131年 10月、貴族艦隊の護衛依頼にて甚大な被害を受ける
依頼自体は成功したものの そのまま洋上にて消息を絶つ

黄金暦131年9月(7/15) Edit

チェリオ・シーレーン Edit

流し斬りが完全に入ったのに死亡。

黄金暦131年8月(7/14) Edit

ジャーズ・オー Edit

それはその本当の存在理由を知る事もなく引き裂かれた
命の源泉たる電光が尽きた時、突如出現した謎の存在は再び歴史に埋もれる事となったのである

黄金暦131年6月(7/12) Edit

タキィ・アパラチア Edit

先月の古文書捜索での疲れが抜けきっていなかったのか、それともやっと命数が尽きる時がきたのか。
大熊に臓腑を貪られる最中、彼女が考えていたのは死の実感であり、完全な諦めと共に直面した場合のそれは決して悪いものでは無い。
そんな理解である。

そして、最期の思考で自宅の蒐集物を塵に返す事は忘れなかった。

浦見・積 Edit

冒険中、魔物から攻撃され致命傷を負い、馬車の中で治療を行うも傷は深いぞがっくりしろ状態でそのまま死亡
しかし死の間際にやっと見つけただのなんだのと意味不明な発言の後笑顔を浮かべ、そのまま絶命したという

ヤク Edit

まぁ、頑張った方じゃないかしら
気楽な半透明生活に戻るというだけの話よ。じゃ、そのうちまたね

シィ・ナヴィ Edit

おい社長ぬは多少の危険もいとわんといったぬ、誰が危険なほど良い依頼にぶっこめと
ちくしょうてめえおもてでろんぬ!
さよならぬ

黄金暦131年5月(7/11) Edit

キッスオブハート・ピンクダイヤモンド Edit

・・・ちゅっ♥(大好きなみんなに、最後のちゅー)

ナルル・アジャ Edit

再就職先がデ●キューブだったのでやっぱり倒産して死亡

黄金暦131年4月(7/10) Edit

袁鳳月 Edit

統一から僅か三月、天下は再び大乱へと飲み込まれた……

黄金暦131年3月(7/9) Edit

英雄王ギルガメッシュ Edit

アーチャーに額の真ん中ぶち抜かれてUBWルート完!
次はHFルートだ!もう後は無いぞ英雄王!

黄金歴130年8月(7/2) Edit

レムリア・ストーンバーグ Edit

色々な意味で目立ちすぎて死亡

黄金歴130年7月(7/1) Edit

雅蘭 僮 Edit

大熊戦で大ピンチに陥った所で「こりゃあ熊った」と口走ったせいで優先的に狙われ死亡
でも死に顔はちょっと満足げだったとかなんとか

氷バカ一代 Edit

\おわた/

黄金暦130年5月(6/28) Edit

アサシン Edit

神雷電が選ぶ「闘技場で戦闘RP中にアナルに物を入れられた時に叫びたい言葉ベストテン」(ゴルロアオリコン調べ)

十位「俺の尻は冷蔵庫じゃねえんだ!キュウリは糠床にでも仕舞っとけ!」
九位「むぅ、これはエクスカリバー……」
八位「ラズ君のが特に抜けませんでした」

※尚、七位から上は審査員が集計途中に野垂れ死んでしまった為、未定とさせて頂きます。ご了承ください

黄金暦130年4月(6/27) Edit

やきにく Edit

私:こんにちはインプさん
インプ:何か用かな?
私:見逃してくださいますか?
インプ:逃さない
私:そうですかありがとう早食いすごいですね
インプ:それほどでもない

黄金暦130年3月(6/26) Edit

英雄王ギルガメッシュ Edit

セイバーにバッサリ斬られてFateルート完!
次はUBWルートだ!

黄金暦130年2月(6/25) Edit

ユン・レイファ Edit

グリフォンとの空中乱戦の最中、グリフォンに超高所からスーサイドスピンドライバーを受け相討ち死に
海賊としてもダメダメ、独身で30歳になる前に死ねて本望だったのかもしれない。
そんなわけはないが…
そういうことにしておこう…

ジム・キャノン Edit

<<敵拠点>>
<<瀕死だ!>>
<<オトリになる>>
<<ここはまかせろ>>
<<もどれ!>>
 
160コストの使命をしっかり全うしたという

黄金暦130年1月(6/24) Edit

ロナ・リサク Edit

手強い狼男相手にIBカウンターを敢行するも、ショトカをミスって死亡
「だってチュートリアルで休憩はF1キーがいいっていってたんだもん!」

黄金暦129年10月(6/21) Edit

リモナ・ヘマト Edit

ヴァンダミングリザレクションの甲斐も空しくインプのハッスルマッチョが深々と突き刺さり死亡

馬超病 Edit

翔入りした途端空気になって死亡

黄金暦129年9月(6/20) Edit

ラミューエル・マタニティ Edit

浮遊霊はいつの間にか居なくなっていた。
後日、同名の冒険者登録用紙がギルドの未整理書類から発見された。
数年前に旅立ち、二ヶ月で行方不明となっていた人物だった。

黄金暦129年8月(6/19) Edit

ミッター・ミッター Edit

グールにぐーるぐるされてあほ毛が抜けたので死亡
…シャカシャカ

黄金暦129年7月(6/18) Edit

東眞子 Edit

祖国の解放を夢見た少女は自決した。
唯一つの遺書が遺されているのみだった。

黄金暦129年6月(6/17) Edit

クリスタルボーイ・シコシコリメンバー Edit

知るかバカ!そんなことよりオナニーだ!!

サテラ・ウヅキ Edit

ようやく大旋風と思ったら直後にガーゴイルに二度目の敗北
ユニット相性がとんでもなく悪いのかもしれない

黄金暦129年5月(6/16) Edit

スレイン・テクナー Edit

これは生涯ただひたすらに剣を握り戦い続けた男の物語。
呼び名は剣聖、英雄、伝説の大富豪、海魔沈め、鈴いらず、デーモンスレイヤー
いくつもあるただの人間が多くの友人と仲間達で共に歩いてきた物語
光の中へ消えていった物語
いびつにゆがんだ妖精時計が、静かに役目を終えた

黄金暦129年4月(6/15) Edit

バルザック・イナンシェ Edit

無法者が遵守するたった一つの法。
自身の死である。

先行者 Edit

同行者を守るため、最終攻撃(自爆)を行い、異世界の戦士は塵と消えた。

黄金暦129年3月(6/14) Edit

分解妖精グレコ Edit

ブーンと音を立てて飛んでたら、ミノタウロスにベチンってされたでち
妖精なんて居ないってため息をついたからガチ死にでち

フュールィ・ロックフィールド Edit

遺跡探検中狼男と一緒に象の群れが襲い掛かり踏み潰された。
親からもらったおまもりがなかったら危なかった。

Sephone・OZ Edit


Last-modified: 2010-10-12 Tue 16:26:38 JST (4246d)