ハルス家出身 アビリオ・ファスティーグ 336794 Edit

ID:336794
名前:アビリオ・ファスティーグ
出身家:ハルス
年齢:30
性別:
edit/refer
前職:
edit/refer
理由:
edit/refer
状態:
edit/refer
方針:
edit/refer
難易度:
edit/refer
信頼性:
edit/refer
その他:ステータス/戦歴
妖精達?:ステータス/戦歴
ステータス/戦歴
開発部?:ステータス/戦歴
企画/ゴルロア聖杯戦争/1期?
名簿/336794


三行で Edit

  • 吸血鬼の伯爵が!
  • 10歳の見た目で!
  • マスターだ!

アビリオ・ファスティーグ・ハルス Edit

qst041522.jpg

「利己的な犯罪者は、犯行のいかなる段階に及んでも、つねに自らに忠実で、真の性格にたがわぬ行動を取るものだ」
――チャールズ・ディケンズ

純血のヴァンパイア一族・ハルス家宗家の次男。金の髪に紫の瞳。
若年症を患っており、外見は10歳ほどだが伯爵の位についている。
実際の年齢は430歳。登録できないので下2桁を取って登録した。
ミラディーアという婚約者がいるが、彼女は外見など気にせず、
アビリオの内面に惹かれて共に歩んでいくことを誓った。
しかし、やはり外聞が悪いだろう。こんな者が夫では。
アビリオは、その外見から家を継ぐことは絶望視されていたため、
若年症を治す方法があるから手に入れに行くと言ったときも、
誰も反対はしなかった。それが、力の出せない光ある世界への旅でも。

性格 Edit

物越しは穏やかで、どちらかといえば気がつくほう。
いつでも状況と冗談を楽しむ余裕を持っている。
しかし、階級が高かったがゆえに、偉そうで説教臭い。
またあまり表には出さないが、割り切った冷酷な面もある。
一族に仇なす者達に対しては、アビリオのほうが人里に来ている事情もあり、
すぐに滅ぼそうとはせず、話しに来たのなら耳を傾けるというほどの穏健派

  • 本心のみで話すことは、婚約者以外にはしたことがない
    • 孤独さを理解してもらったりとかには、多少弱い

好物 Edit

血(吸うロールはしないと思うけど、ちゃんと行間で吸ってますので!)
トマトジュース(有塩派、レモン入りもOK)、ワイン、果物

  • お酒は飲むが、ある一定量を越えると酒乱になる。危険

マスターとして Edit

サーヴァント:ミラとディーア?ジャック?

胸の中央と右肩に令呪があるが、いつも暑苦しい貴族の服を着ているために隠れている。
またサーヴァントとは別居し、マスターであることを完全に隠している。
サーヴァントには自由に動き回っていいと言ってあるため、
彼の家へサーヴァントが訪れることを不審に思うのは難しいだろう。
もし繋がりを見つけるとすれば、両手の中指にはめているリングがそうだろう。
右には紅い石、左には蒼い石。サーヴァントを召喚した際に用いたリングだ。
しかしアビリオも馬鹿ではない。魔力の痕跡は消してある……
頼ることができるのは、妖精と同じ色だという、それだけだ。

さあ、まずは何より情報収集。打って出るのはそれからでいい。
長命だからこその余裕、なのかもしれない。

  • マスターだと知られたのなら、戦法をガラリと変えます
    • アビリオを出し抜くのもあり、このまま情報収集をさせておくのもありだ!
    • アビリオにとって数年ごとき短い時間なので、ずっとしっぽを出さずににこにこしていられるぞ!
    • 妖精かアビリオか、好きなほうをだましてもいいしだまさなくてもいいぞ!

持ち物 Edit

  • 紅い宝石と蒼い宝石のはまった指輪(右の中指に紅、左の中指に蒼)
  • 血赤色のガーネット(伯爵クラスのヴァンパイアが出す、炎の魔法が封じられている)
  • 黒色のガーネット(辺りを闇の瘴気で覆う魔法が封じられている)

バナー類 Edit

アンデッドなどに 魔族 長話・文通スイッチON 戦闘スイッチON 

我が城・・・とはいっても、安宿よ。阿ることはなかろう Edit

  • 安宿はカーテンが閉められ、電気の明かりが部屋を照らしている。花瓶には、真っ赤な薔薇が飾られている
  • 吸血鬼のわりに昼夜問わず歩き回っているので、宿ではなくて外に場面設定してもOK!

    編集
    お名前:
    • …結局、何にも知らなかったなぁ…アビリオのこと
      またいつか会えたなら…その時は、色々教えてね
      (主の居ない部屋へ花を添えて去っていった) -- ルーア? 2009-07-25 (土) 23:54:13
    • アーテリー「ここにくるの、久しぶり…になっちゃったかな」
      ヴェイン「…………。 遺体は残らず、灰に………」
      アーテリー「名を与えられ、魔力を与えられ、そうしてやっと限界できる私たちだった。 今はもう、名前も魔力の名残さえも残ってない……………」
      ヴェイン「それでも、忘れない………」
      アーテリー「覚えておくことしか出来ない…だから、だからこそ……忘れないよ。 ばいばい、最初のマスター………アビリオさん。」 -- アーテリーとヴェイン? 2009-07-25 (土) 18:50:51
    • わたしが置いたワインがまんま残ってる、帰ってないのかな。…部屋も荒れてるようには見えない。どうして、居なくなっちゃったんだろ……・・・どこか、遠く行ったんだよね、そうだよねそう、だよね。ワイン、置いたままにしておくから、ね。 -- シノ 2009-07-24 (金) 22:46:10

    最新の3件を表示しています。 コメントページを参照


来訪者 Edit

  • ムリエーコ:洋菓子店を営む亜人だ。家名が似ておるそうでな、親近感が湧くというものだ
  • ルーア?:ふむ・・・幻想的な髪の色をしていたが、話せば明るい娘であったな
  • シィ?:少しおつむが弱いようだ。だがそれ以上に、呪いが目を引くな。難儀なことだ
  • アーチャー?;聖域冒涜の調査に参った者。私がマスターと察せてはおらなんだようよな
  • チェリオ:海を臨む宿屋か・・・身の毛がよだつな。まぁよい。海に近寄らねばよいのだ
  • セイバー:ふむ・・・ダンピールではない。だが確かに、我らと同じ匂いがしていたな
  • ミサキ:美しい長い髪を持つ乙女。人里でなければ、あのような・・・まぁ、考えるまい
  • ステラ:地に埋まり治療をしておった乙女。珍しい術を行うようだが、地の力か?
  • シノ:血の味を豊かにするような感情を、心に抱かぬ系統の者よな。あまり興味が湧かぬ
  • ユリウス:人を遠ざけるような青年。だが、礼儀はなっておるようよな。良家の出やもしれぬ
  • ギン?:性転換の魔法をかけられたという元男、現娘。出歩きにくい体質というのは不便よな

訪問先 Edit

  • アーチャー:つまり、彼女もサーヴァントということか。気をつけておくべきだな
  • 歌丸:隣家に住む男だ。落語家だそうだ、有難い、笑いは心の栄養とは言ったものよ
  • ラック?:機械を得意とするサーヴァント。私は機械に疎いゆえな、多くを聞き出さねばなるまい
  • リュディ?:人見知りのきらいがある乙女。タバコの匂いは・・・あまり好きではないな
  • クラテール:聖の者らの性格を体現したかのような小娘。あれほど勝手に振る舞い、正義をかざすか
  • セドリック:キャスターのサーヴァントと契約をしておるマスター。頭は弱そうだな
  • ギルガメッシュ?:自らを王と名乗る者。ふむ、おそらくただの馬鹿だろう
  • 神鳥(336235):青い鳥、といえば幸せを運ぶと伝えられておるが、さて。あの鳥はどうだろうな?
  • ランス?:亜人と呼ばれることを嫌う亜人。捻くれておるようだな、劣等感からか?
  • レオノーラとシンセ?:診療所を営んでおる女性二人。力の強き者が、知に勝る者に仕えるのもまた道理か
  • アリアンロッド:屋敷を構える若き主。手ずから庭の世話をしておったな、良きことよ
  • ラーメン屋?:あのような店には寄るまい・・・。匂いが苦手だと言ったであろうが
  • タバコ:洋菓子屋を挟んだ、二つ隣の住民。こちらの事情を知っておるゆえ、話しやすいな
  • 花屋:こちらで花屋を見つけるとは僥倖よ。薔薇の生気で、少しは気を紛らそうではないか
  • 若人:魔法の鍛錬に出ようとしておった若人。良い良い、力を伸ばしてゆけるとよいな
  • 守人:夜に訪ねれば、力ある者も分かるというもの。恐らくサーヴァントであろう
  • キッスオブハート:ミスコンテストで票を投じた娘。元気で可愛らしい、微笑ましいな
  • パンドラ:ミスコンテストで票を投じた娘。娘?ふむ、娘でよいか。実に面白い者だ
  • ブランカ:ミスコンテストの優勝者。聞けば、彼の者の村には同胞がおるようだ
  • ペルテ?:体に見合わず、大きな斧を武器とする娘。純朴そうな娘であったな
  • フィオレンティナ(338475):アルビノの乙女。日の光が苦手だというのは、私と同じよな
  • とら:はんばっかなる食べ物が好きだという大妖怪。とはいえ、その実頭の弱い獣よ
  • リンデル:テント暮らしをしておる若人。あまり他の者には興味を抱かぬようよな
  • 見張り:錬金術の工房を見張っておった者。なかなかに話しやすい男であったな
  • ライコとミャードルフ:魔女と、魔女の術で動く腹話術人形。魔女の術もまた、奇怪よな
  • メイ:結婚相手を探しに来たという娘。可愛らしい娘が好きなのだそうだ、ふむ・・・
  • リーパー・キング?:こちらで見かけたモンスター。くく、どのような被害がでるのやら知れぬな
  • ミサオ:夜に動くという人間の娘。夜に生きる我らに近い生活を営んでおるようよな

// Edit


Last-modified: 2009-11-01 Sun 01:23:09 JST (3739d)