• 少し構成を変えてみます。 -- 2016-06-03 (金) 03:03:17
  • (せっかくだからロケーション表) -- ユウ 2016-06-03 (金) 21:28:41
    • (以前聞いた屋敷を探しに散歩がてら夜歩きをしていると丁度屋敷から出てくるアリーを見つける)
      (寂れた屋敷だが、遠目からにも手入れがされているのがわかる)
      やあ、アリー。今からお出かけかい(手を上げ、声をかける) -- ユウ 2016-06-03 (金) 21:34:29
      • (重そうな鞄を引きずるように持ち、玄関から出てきたところで声をかけられてそちらを向けば)
        あ…ユウさん、でしたっけ(そこで一旦立ち止まって向き直り、恭しくお辞儀をして)
        はい、夜のお散歩…と言えば聞こえは良いのですが、ちょっとお願いに回ってまして(と、答える。内容はきっと少女にとって必須の事だろう)
        -- アリー -- 2016-06-03 (金) 22:26:04
      • (こちらもスカートの裾を摘んで気取った礼をして)結構重そうなんだけど何が入っ…(言ってる途中で以前貰った物を思い出し)
        なるほど、お願いにってそういう。大変だなぁ(心からそう思う。なかなか頼みに行けるものではないだろう)
        血じゃなくてそっち、っていうのはなんかこだわりがあるの?…これ、聞いちゃまずい奴だったか -- ユウ 2016-06-03 (金) 22:35:55
      • …え、えぇ、まあ…(途中で言葉が止まり何をイメージしたのかが分かり、顔を赤くしながら肯定して)
        …大半の方は、直接お願いしたら協力してくださるので(恥じらいながらも、どうにかなっている事だけは伝えて、以前はお願いの手紙とオナホだけ入れて置いといたら無くなってるだけだったりで大変でしたと付け加え)
        …こだわりと言うか、その…私血を飲む事が出来ないんです(なので、その代わりに…ですねと何処か寂しげに微笑む横顔を覗かせる)
        -- アリー -- 2016-06-04 (土) 00:32:03
      • 牙がねえのかな、とか。単純に好きなのか、とか。軽い方で想定してたけど、どうも違うっぽいな…
        ごめん、詮索するつもりはなかったんだけど(その寂しげな横顔を見て、後悔が襲ってくる)
        (誰にでも触れてほしくない部分がある。自分もそうであるのにうっかりしていた、と苦い表情を浮かべ)
        気を取り直そう。どうにかなってるなら、これ持ってくるまでもなかったかな(ポケットから白く濁った液体の入った小さな瓶を2つ取り出す。こちらが来訪した本来の目的) -- ユウ 2016-06-04 (土) 00:48:01
      • …好き好んで飲んでたら、吸血鬼を自称してませんから(と、苦笑して見せて)
        いえ、気にしないで下さい。血を見たら気絶したりもしますし、そう言う意味では精液の方が好き…と言っても間違いではありませんから(そして気にしてる様子を察したのか、そうした言葉を続けて)
        …とはいえ、まだまだお願いして回ってる状況ですので十分と言う訳では無いのです、が…?(何でしょうかと首を傾げて
        (そうして取り出された物を見つめ)あ、これは…(こうして持ってきているという事は目の前の相手が出した物だろうと予測が付き…相手の表情と小瓶とを視線を往復させて)い、いいのですか…?
        -- アリー -- 2016-06-04 (土) 01:16:12
      • ああ、OK…(気絶する程のことなら余計聞かないほうがいいだろう)
        (事なかれ主義の少年は一度頭を振って、本格的に切り替える)よし、気にしない!
        いいも何も、いらないって言われるとこれ持ち歩いてる俺が悲しくなるから…(眉根を下げ、それを差し出し)
        正直ソニア経由だと金掛かりすぎて俺もきつい。その分依頼の危険度も増すし…
        って、訳でこないだ貰ったものの使用感も教えたほうがいいんかなって思って(初めて使ったけど温めて使うと結構やれる、と)
        あと、気になることもあるしな…味とか、変わるのかね?っていう(ソニアを相手に出したものと、一人で出したこれではさて、差があるのかと) -- ユウ 2016-06-04 (土) 01:27:25
      • (本来はもう少し込み入った事情はあるが、蛇足だと判断して頷くだけで)
        で、てすよね…(ここで断ったら持ち帰るであろう事は予測出来て、素直に受け取りながら)
        …詳しくソニアさんの料金を伺った事は無いのですが、因みに一回どれくらいに…?(改めて気になることだった様で尋ねてみる)
        な、なるほど…上手く手軽に温める事が出来れば…ですか。(となると人肌…熱すぎてはいけないですねと真剣な様子で呟き)
        ……えと(味が変わるのか、と言う疑問に少し間を置いて、口を開く)……もしかしなくても、この場で確かめた方が…?(と、脳裏を過る予感を口にして)
        -- アリー -- 2016-06-04 (土) 01:59:28
      • 料金な…まあ、相場とか知らんけど。この間一晩付き合って貰って大体…(日本円換算で120000円程、と目を逸らしながら呟いて)
        ちなみにこないだの奴は鍋で温めている途中やりすぎてひでぇ目にあった。うちの猫にめちゃめちゃキレられたよ…
        …えっ?(別に後ほど教えてくれれば、と続けようと思っていたが)
        (こういうのは刹那に生きると決めている)じゃあ、是非(真顔で即答した) -- ユウ 2016-06-04 (土) 02:15:45
      • えっと、え?(金額を聞いて指折り数えて、一般的な宿代に一週間泊まっても余裕でお釣りが来る金額に驚きがあり)…その金額は、確かに…ちょっと厳しいです、ね…(と、納得した様子で頷き)
        ユウさんのところの猫さんは中々に、過激…なのでしょう、か?ですが、それは心配して下さった事の裏返し、なのでは…?(と、良い方に解釈しようと)
        (ちなみにこの時、後で教えるという事は全く気付いて無い様子で。もしくはもう少し間があれば気付いてたかもしれないが)
        は、はい…っ(即答されることで一旦思考が途切れ、そこまで到達することは無かったという)
        ……瓶から直に戴く、という…のは少しはしたないかもしれませんが(と、逡巡した後に意を決して、小瓶の片方に手をかけ封を開け様として)
        -- アリー 2016-06-04 (土) 02:42:31
      • あの時(薬が巻かれた時の件)は理性がなかったので…後でびっくりしたのでもう二度はないかな…(懐的に、と)
        そういう性格なんだ…普段はそれこそ猫被ってやがるけど…アリーは優しいな!うん、そう思っとく(フォローに笑顔を返し)
        ストロー…じゃ、無理か…?そもそももってねえけど…(とめるでもなく様子を見守りながら)
        なんか掬えるもの、用意しとけば良かったか(その食事風景にも、純粋に興味があった) -- ユウ 2016-06-04 (土) 02:51:39
      • 一晩買うとそれくらい…です、か。……そう言ってる時にはえてして二度目があったりする流れだったりしますよ…?
        いえ、そんな。今度ユウさんの猫さんともお会いしたいです、ね(一体どのような方なのでしょうかと、少しだけ気になるようで)
        ストローだと詰まりますから…あんまり、肺活量とか体力に自信は無いもので…(と、線の細さや印象から得意そうではない様に見受けられ)
        (そもそも精液を口にするという事自体がはしたないのでは、と言う事は今は一旦置いておくとして)
        ユウさんのは…前回のを考えると、とても濃いので…では、頂きます…っ(と、封を開けた瓶を両手で持ち口を付けて傾ける)
        (透明な瓶の為、中の白濁の動きが良く分かる。傾いた瓶の中で少しずつ少女の口へと垂れていき、やがて口の中へと入っていく様子まで確認出来る)
        ん…っ(口をつけたまま少しだけ声を漏らし、舌先へ触れたであろう感触をユウへと予感させる。その間にも白濁は少女の口へめがけて垂れていき、ジワジワと瓶から口内へ白濁が移っていく)
        (やがて、一通り口へ貯めこんだ状態で一度瓶を口から離す。白濁が白い糸となって口と瓶とを橋渡ししながら)
        ふ、ぅ…ん…っ(瓶から片手を離し、口元を抑えながら味わう様に口内で舌を動かす。表情は少しだけ目元に光る物を見せながらも、吐き出す素振りすら見せずに)
        (よく見れば口の端から少し白濁の残滓が溢れていたりするが、抑えていた手の薬指で軽く拭って…少し身震いと、上気した表情を覗かせてから)
        ん…ふ、ぅ…っ(やがて喉を鳴らして、口の中の白濁を飲み干して…小さく息をつく。瞳を潤ませ、不意にユウさんの方へと視線を向ける)
        (…先程、薬指で拭った残滓…それを唇から少し出した舌先で舐めとるのを魅せつける様にしてから)
        (その残った部分だけを飲み込むように喉を鳴らして、改めてユウさんに目の前の少女が口にしたというのを意識させる)…ぁ、えっと……ご、ごちそうさま、でした…っ♡(と、小さく手を合わせて告げる)
        -- アリー 2016-06-04 (土) 03:14:12
    • うぅん…それは怖いな…気をつけないと本当に破産しちまう…
      うちの猫は、あー。煮干しでもくれてやると機嫌良くなるから、来るならそれで(ないと露骨に態度が違うことを注意する)
      (意識して、それが別になんでもない普通の物である事、これが何ら倒錯的な事のない言うなれば普通の事である、と言い聞かせるように脳内で反芻する)
      (いちいちえろい、などと思っていてはいけない、などという自己暗示は不意に視線があって瓦解した)
      (魅せつけるような、指の動きに思わず生唾飲み込んで)…あ、う、うん………あー…お粗末さま、でした…?
      あー、それで…なんか、違いとか。ある?どっちのがいい、とかさ(とにかく自分はなんとも思ってない、とアピールするよう笑顔で問うものの、月明かりで照らされるその顔はもう真っ赤であった) -- ユウ 2016-06-04 (土) 03:29:28
      • 大丈夫ですか…?あの、入れあげるのも程々にです、ね?
        にぼしですか……またたびとかも合わせてご用意しておいた方が良いでしょうか…?(と、更に付け加えた方がと)
        (そんな思いを知ってか知らずか、一連の動作に無意識で挟み込んだその仕草…誘っている様にも思える、先程までの会話や様子からは想像付かない分、認識を混乱させたりするかもしれない)
        (少なくともソニアさんが見せたであろう、飲み込んでいる様子の元の動作、それを行っていたというのは一気に信憑性を帯びさせて)
        …ん、えっと…前のと同じ、位…濃い様におもうのです、が………その、好みで言えば……前の方が…好きかもしれません(と、恥ずかしそうに消え入りそうな声で答える。その声を発する小さな唇が艶っぽく思えてくるかもしれず)
        -- アリー 2016-06-04 (土) 03:41:00
      • ま、老い先短いからね。適度に楽しむ、適度に。またたびは、あー…どうなんだろ?(やったことないから、と付け足して)
        (結構再現度が高かったんだな、という事と。本当に、実際に目にするのでは、迫力とでも言うのか、とにかくクるものがあった)
        (結局反応してしまったのを隠すように少し前屈みになりつつ)あ、やっぱり…違うんだな
        込められた情念、っつーのかな…やっぱ、そういうのが違うのかもな。ごめん、恥ずかしかったろ。無理言ったのに、ありがとな
        これ、唇拭くのに使ってくれ。そのまま捨てちまっていいし(手触りの良い、デザインとしては女性向けのハンカチを差し出し) -- ユウ 2016-06-04 (土) 03:51:10
      • 老い先が短いだなんて…またまた。私と同じ位の年齢では無いです、か…?(と、見た目通りの年齢であることを明かして)
        …では今度、ちょっとお持ちします、ね…?(と、持っていくことを決めたらしい)
        (果たして本当に無自覚での行動なのだろうか、何らかの参考にしている物があるようにも思えるが…少なくともそれが、そこまでの効果を発揮してるとは気づいてない)
        い、いえ…その、私の方こそ…道具の使い心地とか、お持ち頂いてる身ですから…これくらい、なら…っ(と、自分のお願いしてる事を鑑みての行動のようで)
        い、いえそんな…こんな綺麗なの…勿体無いですっ(と、ふるふると首を横に振ってから)あの……それと、伝え忘れてましたけど…ユウさんの、嫌いな味では…無かった、です…っ♡(と、そこだけは付け加えて)
        -- アリー 2016-06-04 (土) 04:04:44
      • ああ、今年で15になるね。そして、それでおしまい。だから、まあ好き勝手に生きてる訳で…大変だな、アリー(しみじみそう思う、と頷き)
        (気づいた素振りがない事だけが救いだ、バレたら自分で持ちかけたのに何興奮してんだ恥ずかしい、と自責の念でダメになってしまう)
        それでも、唇。拭いといたほうがいいよ…今にも吸い付いてくれって言ってるみたいに、やらしい感じになってるから(引っ込めるものの、それだけは指摘して、裏付けるようにじっとその唇を見つめ)
        ……そ、そう、か。まあ、気に入っていただけたら、な(本当にわざとではないのだろうかと。疑いたくなってしまう) -- ユウ 2016-06-04 (土) 04:13:18
      • ……おしまい、ですか?(好き勝手生きているというのは何となく感じていたが、思わず聞いてしまう)
        大変かもしれません、けれど…どうにかこうにか、今日も生きていけてます。…なので、ユウさん含めて皆さんに感謝しませんと、ですね(と、前向きな捉え方をして)
        (見つめられながら、指摘される言葉に…しかし不思議そうに見つめ返して)………よく、分かりませんが…分かりました(と、ハンカチを受け取り唇を拭って)
        よくよく考えれば…目の前でこうして飲んで、味わって…お礼を言うのは…実はユウさんが初めてです…ね。(だ、だからなんだって話ですけれどと顔を赤くしながら恥ずかしそうに微笑んで)
        -- アリー 2016-06-04 (土) 04:26:54
      • ああ、おしまい。どうせだから、周りもひっかき回そうか、とか、嫌なことを思っちまうくらいには
        君の秘密を聞かない代わりに、教えるよ。ほぼ確実に、俺はあと半年くらいしか生きられない…だから、後悔はしないようにしてるんだ(確固たる意志の乗った、言葉と瞳で)
        あれ、わからない…?(ハンカチを受け取ったその手をとり、ほんの少しだけ顔を近づけ)このまま、キスしてしまいたくなるよ、って意味なんだけど(そう言って、瞳を覗きこみ)
        そうなのか…なんか、いや、いい方向で意外だな…俺が、踏み込みすぎか。でも、知りたかったことはわかった。ありがとな(手を離すと同時にハンカチを抜き取り、半歩後ろに下がって) -- ユウ 2016-06-04 (土) 04:37:30
      • ……そう、ですか(何となくではあるが、ユウの言葉に何らかの重みを感じ)
        (そして、続く言葉を受けて…今後、長く生き続けるであろう自身と、寿命が先に来るであろう人とのギャップに苦しむかも…と、聞かされてはいた。いたが…)……そう、ですか。(向けられる意志のこもった言葉と瞳に、何かを返事する事が出来ないで)
        いえ…私の方こそ、臆病なもので…踏み込まな過ぎなんです。(と、手を取られ近づく顔…瞳を覗きこまれてから身を離されて)
        ……その、私の方こそ、ありがとうございます。というのが一つです。(下がったユウさんに言葉を向ける)…今さっき、臆病な私がもう少し踏み込んでいれば…キスは、されてたと思います…(今、触れなくて…後悔しないのです、か?と…続けてから)
        ……け、決して私が…キスして欲しいと、言ってるわけでは…無いのです、が…(と、少し慌てた様子で)
        -- アリー 2016-06-04 (土) 04:52:57
      • 今しちまったほうが、確実に後悔したよ。後悔を残して死にたくないけど、死にたくなるような後悔も生きてる内はしたくないからなぁ(苦笑をこぼし、くるりと身を翻して)
        それじゃ、次は踏み込んできてくれるのを期待しておくってことでね(肩越しに、意地悪気な笑顔を浮かべ)
        さて、と。散歩の続きを楽しんでくる。アリーも、出先に気をつけてね(手を降って歩み去るその足元に影はなく、些細な違和感を残すだろう) -- ユウ 2016-06-04 (土) 04:59:59
      • (身を翻すユウさんの背中、そして向けられる笑顔に少しだけ肩を竦めて)……難しいかもしれません、けれど…頑張ります、ね…。
        (そして、立ち去るのを見送りながら、…ふと見れば足元を見れば影が無い)…ユウさん、後悔をするのは…ユウさん自身、だけでは無いのですよ…?
        (きっと、避けられないのだろう…そんな予感をしつつも、誰に言うでも無く呟いて)
        -- アリー 2016-06-04 (土) 05:12:44
  • -- 2016-06-04 (土) 06:17:43
  • (ロケーションを回すふりをして普通に遊びに来てみたり)
    何だかんだでここに来る時はリラックスのリの字もない状況なのでゆったりと甘味でも食べるでござるよ -- ササキ 2016-06-05 (日) 13:56:20
    • 思えば…思えば、確かに…(と、顔を赤くしながら思い返しかけて。慌てて頭を横に降って)
      たまにはこんな日が合っても、良いのかもしれません。(と、ゆっくり頷いて)
      -- アリー 2016-06-05 (日) 14:00:01
      • 初めて会った時にブツを受け取って…こちらから向かう事提供やら別の提供物のため
        再度訪れられた時はカタ取りと…一切がアウトでござらぬ?(頭を抱える)
        他所でエンカウントする時はそうでもないのになぜこうなったのでござろう…そう思ったのでまあ土産でござるよ(重箱におはぎ、桜餅、三色団子を詰めて)
        チョイスが花見っぽいのは気にせん事でござる -- ササキ 2016-06-05 (日) 14:04:29
      • …私としては助かっては居ますが、よくよく考えれば…少し余裕が無かった様な気も…
        あ、ですが…こういった事は親告罪らしいので、私が訴え出なければ多分セーフだと思います。(なので安心して下さいと)
        うーん…どうなのでしょう、か(こちらも少し考えてから…小首を傾げ)…ササキさんが魅力的だから、でしょうか?
        …お、おみやげですか?良いのでしょうか…?いえ、ありがたく頂かせて頂きますけれども…っ ありがとうございます(と、重箱を受け取ってから頭を下げて)
        -- アリー 2016-06-05 (日) 14:15:02
      • まあ…差し当たって生きる手段を確保しておかねばどうしようもないと言うのもあるでござるかなあ(始めの頃、必要であったことには理解を示し)
        それとしても型取りは余裕関係ないような気もするでござるが…!
        拙者の方が訴えられる側でござるかぁー!立場的にやはり男は被害者にはなれんのでござるね…いや、訴えようという訳ではござらぬが
        (腕を組み首を傾げて)…魅力的と言われて悪い気はせんでござるが…それでそのような事ばかりに繋がるでござる…?
        ああうむ、土産なので遠慮はいらんでござるよ…ちなみに普段は何を食べてるんでござる?
        どちらかと言えばパンなどでござろうかなあ -- ササキ 2016-06-05 (日) 14:21:39
      • 最初の頃は本当に集められるかどうかすらあやふやだったのですが…たまにその……もしかして、臭いが付いてるのかって思えるほど…沢山頂きました、し(顔を真っ赤にしながら)
        ………えっと、ササキさんの大きさが色んな意味で余裕がないかな、と…?
        え?(キョトンとしたまま不思議そうな様子で、自分が訴えられる側という想定は全くしてない)………深く考えては、いけないのかもしれません。(思考が追いついてない)
        その…………私、人見知りする分二人だとちょっとこう…積極的になると、言いますか……私も、留置所入ってきます、ね…(すくっと立ち上がって)
        普段ですか?…えっと、アレ以外だと……お野菜くらいでしょう、か?(普段から食べてる物をと言われれば、たんぱく質以外はそれくらいですと)
        そういうササキさんは…やはり、東国のものを常食してらっしゃるのでしょうか?
        -- アリー 2016-06-05 (日) 14:35:14
      • まあそれだけたくさんあるようならしばらくは困らんでござろう、におい…(すんすんと匂いを嗅いでみる)
        そう来てしまうでござるかぁ〜、まあ…あれは限界状態なので普段はそこまででもないでござるよ…
        下手をしたら痴女扱いでパクられたりせんでござろうか…?(深く考える事をやめた)
        気分はわからんでもないからまあ…自首はせんでもいいでござるよ(してもいい)
        初対面よりも何度か会って打ち解けると話しやすいとかあるでござるからなあ…
        普段は野菜だけ?それで体力無さげなんでござろうか、いや普通の栄養って関係あるんでござるかな…
        拙者は和の国由来の物であれば嬉しいでござるが、結構何でも食べるでござるよ?
        …流石に拙者は人食いではござらぬから人は食わんでござるが -- ササキ 2016-06-05 (日) 14:42:24
      • う…(館のお風呂はだいぶまだ臭いが残ってる様だが。普段から公共浴場を利用している分、さして気になる匂いは大して無い様で)
        限界状態……いえ、単純にその…大きいですし。……(そう言いながら自身の左腕を右手で抱きこみながら)
        …お願い、してただけなのですが…やはりあまりよくはないんどえしょうか?(と、自分の行動が気になるようだが)……分かりました(と、今の所は思いとどまって)
        おかげでササキさんとはだいぶ話しやすくなってる分、お願いとかしてしまいがちと言いますか…ご迷惑、でしょうか…?
        多分栄養として身体が受け付ける事は無いと思います。…アレら以外は本当に嗜好品扱いだと思って貰えれば(だからいつも啜ってるって言われてしまうんでしょうか?と少しだけ複雑そうに苦笑して)
        なるほど…確かに、お見かけする頻度も多くないですから(と、街を出歩いてる時に見てきた様子を思い返しながら)
        そんな事してたら絶対討伐対象になってしまいますしね。では、ササキさんの好みの食べ物ってなんですか?
        -- アリー 2016-06-05 (日) 15:02:49
      • (すんすん)…ふむ、大丈夫…よい香りにござるよ
        薬を盛ったからそうでござるが…そうでなければあそこまで開放する必要ござらぬし!
        …どうなんでござろう?法律に触れるかどうかは拙者にはよくわからず…留置場で聞いてみるしかないのではござらぬかなあ…?
        拙者個人としては仕方ない、やむを得ないと思う面があるのでまあ構わんでござるが…店としては辛いのでそう言う場合は奥の部屋にお願いしたいでござるな…
        (逆に言えば奥であれば多少は良い、と言う事らしい)
        なるほど…栄養価は全く意味がないと、カロリーの高い物も味だけ楽しめると思えばそれは逆にいいのやも…?
        身体が弱そうなのはやはり血を摂取できないからか生まれつきの病弱さか…やはり白濁に僅かに血を混ぜてみるべきでござるかなあ?拙者としては血の方が渡しやすいでござるし…
        団子をよく食べるでござるが…ドーナツももりもり食うでござるし(ミスドと提携しました)
        好みの食べ物…となればそれが和食にござろうな、好みであり絶対にそれでなければならない…という訳ではないのでござるよ -- ササキ 2016-06-05 (日) 15:15:07
      • 良かったです…(ホッと胸を撫で下ろしながら)
        …任意でその、大きさが変えられるんでしたっけ…?……専用の物を今作ってますので(ちょっと待ってて下さいね、と言いつつ…留置所で聞くという部分に、あまりいい顔をしない)
        です、ね…まあ、その…世間的にはお店の奥へ連れ込んで…と思われてしまった場合には、私が望んで…と、言って下さって構わないので。(いかがわしくならない様にと気を回そうと)
        …どちらにしても一人で食べてるのでは、味気ない事に代わりはないのですよね。(そういう意味では、積極的に食べる気にはならなかった様で)
        …いつかは克服しないといけない部分、とはわかってるのですが。…せ、精液と血液の話題はこれくらいにしておきましょう。でないとどういった物が好みか思わず口を滑らせかねませんから…っ(と、少し慌てた様子で)
        ドーナツも。お団子は味見を兼ねてだとは思うのですが…少しだけ意外、です(何だか可愛らしいと内心で思いつつ)
        …分かりました、ちょっと何か作れないか、試してみますね。(と、微笑んで)
        -- アリー 2016-06-05 (日) 15:34:26
      • 汗臭いと言う事もなく、石鹸の香りでござろうかなあ…まあ、女の子らしい香りでござるよ
        任意という訳でも…生態的に相手に合わせて大まかに2段階あると言うような具合でござるよ、人間サイズと…異形用と…
        …ちなみに拙者はパクられたことがあるでござるし原因?はまあどこから生まれるかわからんので気にしすぎん事でござるな…
        ああ…確かに、何人もで食べるとしても本来の方を食べるわけにもいかんでござろうし…難儀でござるなあ
        (普通の食べ物を食べて消化されるのか、出るものは出るのか、食べなければ空腹になるのか…気になるがここは聞くをのやめておいた)
        左様でござるか…では、んっ?なんだちゃんと好みの食べ物もあるんじゃないでござるか!いったい何が好きなんでござる?物によるでござるが拙者が用意できる範囲であれば馳走する事も…
        ああいやいや、団子はもともと拙者が食べたいから…と作ってござるからなあ、きなこ団子以外は食べてござるよ?
        アリー殿が料理を…!?出来るんでござろうか…ああ、いや、正直料理を作る必要がないのであればそのようなスキルは無いのでは…と -- ササキ 2016-06-05 (日) 15:47:23
      • ……なんか、その言い方ちょっと恥ずかしい…です(頬を染めながら俯いて)
        …そんな反応をした直後に言うのもなんですけれども、すごいセリフですよね。…仮にですけど、本当に仮にですけど…私だと、どちらに…?
        いえ、留置所自体に入るのは別に良いのですが…今あそこに入ってる方とちょっと色々とございまして…。
        とはいえ出歩く時間もだいぶ限られてますから、さしたる問題も今の所ありませんし、ね
        ………あの、今のはその………せ、精液の好みの話題だったので、それにいつも用意してくださってますし…っ……可能な範囲でご馳走して下さるのです、か…?(と、上目遣いで見つめながら)
        …一応人並みの味覚は持ち合わせてますし、食べる必要は無くても…作るのが好きだったりも、しますから。(一人暮らしではそうして誰かに作ることすらありませんけれども、と)
        -- アリー 2016-06-05 (日) 15:59:31
      • むっ?ああ…すまんでござるよ、ともあれ臭くはないでござるから安心するでござる…
        アリー殿だと…?普通用だと思うでござるが…(輪郭を大まかに手でなぞるように腕で空を切り)拙者より小柄でござるし、まああっちのサイズも出来んことは無いでござるが…死ぬでござろうあれは
        ほほう、ニンジャとかもよく捕まっているでござるからなあ…まあ、健全なうちは近寄らん方がいいのかもしれんでござる
        そっちの好みにござるかぁー!前後の話もあって普通の好みかと思えば!
        ええー…言ったからにはするでござるが…どういう範囲を求めているんでござる…?(凄く不安に)
        味覚はあると言うのが良いのか悪いのか、普通の吸血鬼は血を美味いと思う味覚で違うんでござろうか?
        しかしまあ料理作りが好きとは、生まれ育ちさえ違えば普通の女の子になってござったろうなあ… -- ササキ 2016-06-05 (日) 16:10:31
    • //えぇと…文通でお願いします。 -- 2016-06-05 (日) 16:08:08
      • //お休みなされ… -- ササキ 2016-06-05 (日) 16:13:57
      • //ありがたく…あ、文通の方移しておきましょうか? -- 2016-06-05 (日) 16:47:51
      • //それもそうでござるな、最新に上った時に間違えんように…良し!でござる -- ササキ 2016-06-05 (日) 16:49:37
  •   -- 2016-06-06 (月) 18:51:14
  • -- 2016-06-04 (土) 06:17:47
    • はい水着はい脱いで -- ソニア 2016-06-05 (日) 22:31:55
      • (やり遂げた顔) -- ソニア 2016-06-05 (日) 22:32:13
      • …え?水着です、か?私、海は色んな都合があって多分顔出し位しか…もう用意してある、ですか…?(ほぼ強引な流れで水着を着る流れになって)
        (着替えてきて)あの…あのっ…凄く、布が少なくって…大丈夫ですか?変な所とか、はみ出てませんか…?
        (こんなのほぼ紐、ですし…と、軽く指を軽くかけて改めて確かめて。ただ、こうして送られたのは嬉しい為、喜ぶか恥ずかしがるかの間で悩み)
        …え?ほぼ紐ならもう脱いでも一緒じゃ…無いです…っ ぜ、全然違います…っ!
        ………確かに、お風呂とかでは裸だったりしますけど…場所と状況が、ちょっと違いますし……ホントに、少しだけです、から…?
        (同じようなポーズですか?と、指定されて周囲を気にしながらも応じたという。一幕があったとか無かったとか)

        //二度見しました、ナンデ!?水着ナンデ!?嬉しい驚きでいっぱいで言葉に出来ませんが本当にありがとうございます!ところでソニアさんの方は水着は…!?
        -- アリー 2016-06-06 (月) 03:31:51
  • //ちょうど寝るってなったとこで、なんか絵に小芝居ついてて吹いた私です。
    //自分の水着はもうあるけど、描き直したくなって。気がついたらアリーに水着着せて脱がせてた。
    //夏期間はまだあと5日あるから、がんばってみよ。…おやすみぃ! -- ソニア 2016-06-06 (月) 03:53:11
  • //実際どう反応したものか、迷った挙句にこの一人芝居に落ち着きました。
    //それでは仕方ないですね、しかたなくないですよね?改めてありがとうございました!おやすみなさいです
    -- 2016-06-06 (月) 04:08:40
  • //アリーはレスが丁寧で偉いとおもいます! -- ソニア 2016-06-06 (月) 14:35:23
  • //これくらいしか出来ませんから、照れますし…っ -- アリー 2016-06-06 (月) 18:23:10
  • //ちなみに描き直した方の水着がこちら最終日ぎりぎりだった! -- ソニア 2016-06-06 (月) 23:52:50
  • //わぁ…可愛い!と思って…あ、これ下穿いてない!やらしい! -- 2016-06-07 (火) 00:04:16
  • //と見せかけて実は穿いてるCストリング!穿いてないように見える角度があるやらしい!ラフだけど海最終日までにぎりぎりまにあってよかったです。 -- ソニア 2016-06-07 (火) 00:07:56
  • //良かった下半身露出してるソニアさんは居なかったんですね。十分やらしいっ
    //少しだけ気が気ではなかったですが、素敵なのを拝見出来てよかったなと
    -- 2016-06-07 (火) 00:23:08
  • //褒め上手過ぎて悶える。むしろ、勝手に描いてよかったのかなって思ってたので。逆に心配されてびっくりです!なんていうか安心したよぉ -- ソニア 2016-06-07 (火) 00:43:27
  • //いえそんな!私の方も、描かれるとは思っても見なかったので凄く嬉しいですし。
    //そこまでですか…安心っ?!基本やらしいのは嫌いではないですし、好き勝手されるのも…ですから。アクセル踏み込んだ分だけ多分速度出る系でもありますし
    -- 2016-06-07 (火) 01:10:29
  • //そういわれたらギアを上げていかざるをえない。ふふ…。メタいのはこれくらいにしておくねぃ。 -- ソニア 2016-06-07 (火) 01:24:16
  • //といいつつ、そういえば海に夜バナーつくったし。アリーってばお風呂とか普通に入ってるから。浅瀬をジープで掘って潮溜まりにしたら海水浴できそうとか今更おもったけどちょっとおそかった。らんちゃんライブでサイリウム振りすぎた。 -- ソニア 2016-06-07 (火) 01:37:59
  • //ばっちこい、ですね。はーい
    //流れる水が渡れないだけですからね。だいぶ盛り上がってたみたいで…っ夏は夏でまだ少し続きますし?
    -- 2016-06-07 (火) 02:00:07
  • //うん、だから8日9日くらいで水遊びしようとは目論んでる。 -- ソニア 2016-06-07 (火) 02:03:41
  • //8日なら多分参加できるかなーとは思うんですが、考えてるというのを聞くと他の方の都合もありそうな… -- 2016-06-07 (火) 02:16:06
  • //そうなん?うん、まぁイベントっていうか。ちょっとした銭湯ロールみたいなノリのだから。
    じゃあ熱帯夜で寝れなくて突発でビニールプール遊び始めたみたいな感じで白金庵で遊んでるので。個人アピールとかにも乗せて乱入オッケーにする予定なので。暇だったら覗いてねー。 -- ソニア 2016-06-07 (火) 02:21:58
  • //なるほど、銭湯ロール。じゃあその時は気軽に混じりにいきますね? -- 2016-06-07 (火) 03:10:45
  • //あーい -- ソニア 2016-06-07 (火) 03:17:06
  •   -- 2016-06-06 (月) 18:51:18
  • -- 2016-06-07 (火) 03:35:59
  • (ロケ表を回すフリをして実際回す) -- ソニア 2016-06-08 (水) 02:56:53
    • (何度も来てる家だから、返事がなくても鍵がかかってなければ勝手に上がり込むくらいする。
      なぜなら、彼女は、田舎もんだから。鍵?どこを締めるの?鯖?ってレベルの田舎で育ったから) -- ソニア 2016-06-08 (水) 02:58:50
      • (丁度その頃、自室でむくりと起き上がりながらもぼんやりどベッドの上で座ったままの姿勢で完全には目は醒めてない様子で)
        (なお、例によって例のごとく扉は開いていた為普通に上がり込める)
        -- アリー -- 2016-06-08 (水) 03:16:04
      • アリー居るー?居たー。寝てたのねごめんねー、起こしちゃった? -- ソニア 2016-06-08 (水) 03:21:29
      • (声をかけられて少し頭を揺らしてから)んぅ…あ、ソニアさん…?おふぁよう…ござい、ます(カクンとお辞儀する様に頭を垂れて)
        (顔をぐしぐしと擦ってどうにか起きようとしながら)い、ま…ちょーど起きたところ、ですからぁ…(と、いつもよりもどこか思考が蕩け気味。目覚めはあんまり良くなさそうで)
        -- アリー 2016-06-08 (水) 03:26:00
      • (そんな様子をいつもどおりの笑顔で見ているソニアは、レアなもの見たなーと心の中でもにこにこもんだ!)
        犬とか猫とかが、お昼寝しててこっちに気づいたんだけど、眠そうにしてる時って。思わず撫でたくなる。
        (ベッドに座るアリーの側にいくと、寝起きでふわふわしてる彼女の頭を、ソフトタッチに撫でる) -- ソニア 2016-06-08 (水) 03:35:58
      • (欠伸を噛み殺し、少しだけ身体を震わせて息をついて。少しずつ起きようとしながら)
        ん、ふ…ぁ…(少しだけ寝癖の跳ねている髪の毛、その頭を撫でられて心地良さそうに目を細めて撫でられるままになって)
        (そうして撫でられていく内に段々と意識がはっきりしてきて、嬉しくも照れた様子で顔を赤くしながら)……お、おはようございます(と、二度目の挨拶をして)
        -- 2016-06-08 (水) 03:41:47
      • おはよ。 (照れるアリーに、にっこり笑い返して挨拶を返した)
        今日はちょっと早く着過ぎちゃったかなぁ、コーヒーでも淹れてあげよっか?
        (寝癖を見つけると、自分の鞄からブラシを出してすごい自然な流れで梳いてあげようとする奴) -- ソニア 2016-06-08 (水) 03:47:38
      • (笑顔と共に挨拶が返ってきて、少しだけ気恥ずかしさが薄れて)
        (こうしてソニアさんに髪を触られるのは嬉しいらしく、そのまま好意に甘える形になりながら梳こうとするブラシに委ねながら)
        少し…5分か10分か、位で落ち着きますから…良いのでしょう、か?(色々とされるがままという状況に少しだけ落ち着かなくなりながら)
        -- アリー 2016-06-08 (水) 03:55:18
      • うん、私の事は気にしなくていいよ。アリーの髪、さらさらで触ってるときもちいいし。寝ぼけてるアリーって初めて見れたし♡
        (黒くて長い髪をいくらかまとめて房にして、滑らすように櫛で梳く。ブラシは癖っ毛なソニアが昔から愛用してるものなので髪の繫りもなく使いやすい)
        あっ…なんかこうして寝起きのお世話してると、私の中でおねーちゃんが高まってくるのを感じる…!えへっえへへっへへへっ。
        (ちょっと笑顔が気持ち悪いですね) -- ソニア 2016-06-08 (水) 04:02:38
      • その…朝は、いえ…寝起きは弱く、て…ソニアさんったら(意識させられて恥ずかしそうにしながら)
        (近頃はツヤの良い黒髪が、梳かれていく。少しくすぐったくもあるが、その動作に優しさを感じて)
        (そんな笑いと笑顔が、楽しそうにしていると実感して)…やさしいお姉ちゃんの事、大好きですよ…?(と、くすっと笑顔で)
        -- アリー 2016-06-08 (水) 04:13:56
      • はい!おねーちゃんもアリーが大好きだよー!
        (思わずむぎゅっと抱きついて、頬ずりなどしたものだから)
        おっと、ごめんごめん、髪がまたぐしゃっちゃった。 …よしっと。(やり直しました。綺麗にできました)
        なんかアリーにおねーちゃんって言われるの癖になっちゃそう。うちの弟よりかわいいかもしんない…ふふっ。 -- ソニア 2016-06-08 (水) 04:21:48
      • ふにゃ…っ(抱きつかれて思わず素っ頓狂な声をあげながら)
        い、いえ…その、また梳いてもらえるのなら…全然悪くないかなって(と、少し顔を赤くしながら)
        …そういえば弟さんがいらっしゃるんですね。どんな方なのですか?(と、そういえばちゃんと聞いた事なかったと思い)
        -- アリー 2016-06-08 (水) 04:25:27
      • (照れるとすぐ顔にでるのは、やっぱり肌がすごい白いからかなーとか思いながらにこにこしてる)
        うちの弟?んー…今年で9歳で、私と同じで背がちっちゃくてー…あっ、あと髪の毛の色は一緒なのに私だけ癖っ毛なのよね。あと、ママが一緒でパパがちがーう。 -- ソニア 2016-06-08 (水) 04:36:23
      • (表情は割りと分かりやすく、隠し事は出来ない質だったりするのは見ての通り。)
        9歳…ソニアさんの弟さんならとても可愛らしくって、将来は素敵な方になるでしょうね(と、特徴を聞きながら)
        ……ん?(最後の方で少し引っ掛かり、首を傾げ)うん…と?(複雑な家庭環境だったのかと思い、少しオロオロとしだして)
        -- アリー 2016-06-08 (水) 04:45:41
      • うん、すごいカワイイよ!…んー?
        (急に首をかしげるアリーに合わせて、自分も首を傾けてみたり。そしてブラシで自分のアホ毛を梳かして、ああ、と何かに思い至り)
        うちの田舎だとよくあるんだよー。ママと産んでくれたママが違うとか、パパはいるけど誰が孕ませたパパなのかよくわかんないとか。お姉ちゃんがほんとはママとか。
        (だから、育てる人が決まってれば別に誰の子でもいいじゃん。となるらしい。閉鎖的な田舎でありがちな複雜でインモラルな秘匿すべき血縁問題が、誰一人隠す気の無いがために、問題でも秘密でも無くなってしまったのだ)
        まーしょうがないよねーみんなえっち大好きだし。私なんかこれでも村じゃおとなしい方だったんだよ?
        (半年も街で暮らしてると、自分がドが付くスケベ人間だって自覚くらいは芽生えてるソニアさんだ) -- ソニア 2016-06-08 (水) 05:01:16
      • (お互い首を傾けあいながら、少しだけ照れた様子を覗かせたりして。)
        よくあるんです、か…っ!?え、え?(そうして聞かされる内容に両手の指をその関係に見立てて、顔を真っ赤にしながら)
        ソニアさんの故郷は…凄い、ですね…?なんだか、私の想像を軽く超えていく感覚で…そう、なのですか…(はぁー…と、思わず長く息をついて)
        ソニアさんでおとなしい方だとは…奔放な、方はどれだけ奔放なのでしょう、か…(と言った興味もありつつ)
        (改めて自分には刺激が強すぎるという思いと…少しだけ、伺ってみたいかも…と、いう気持ちもある様で)…それで、弟さんとはお父様が違うという事なのですね。(と、納得した様子で)
        -- アリー 2016-06-08 (水) 05:10:45
      • そういうことなのです。
        (にへっと笑いながらアリーの指を柔く握ってふにふにする。ふにふに)
        村の若い男全員の筆おろししたっておばちゃんが、43歳にして娼婦へと転身、大商人や偉い人を次々に骨抜きにして伝説になったって話も聞いたなー?
        そのぐらいみんなエロイ事に情熱燃やしてるから…きっとアリーみたいにカワイイ子が行ったら大人気だよ!
        (性的な意味で!と楽しげに笑い)
        そういえば、アリーには兄弟とか姉妹いるー? -- ソニア 2016-06-08 (水) 05:22:42
    • (笑顔と共に握られて、多分こんな風に血縁関係とかも特に関係なく絡み合ってるのでしょうか…と、悶々とした想像をしだして)
      …43歳で…!?ず、随分と思い切った事をなさったのです、ね…(きっとそれまでに…それこそ私やソニアさん位の年から色々となさってたのでしょうね…としみじみと頷いて)
      大人気…なのは良いのです、が…いえ、その…身体が持つかどう、か…(と、すっかりと勢いに飲まれた様子で)
      …ん、と…私の方は血縁では、居ないですね。(一人っ子)吸血鬼的な意味で言えば居るらしいのですがお会いした事は無くて(吸血鬼としての親が、吸血鬼させた人物が他に居るという意味で)
      ……そういう意味では、ソニアさんがちょっと羨ましく思ったりしますね。(と、頷いて)
      -- アリー 2016-06-08 (水) 05:33:57
      • そっかぁ。
        (頷き返して、おもむろに、ふにふにと撫で続けていたアリーの手を両手で包み持ち上げると)
        じゃあ私がアリーのお姉ちゃんになるね!
        (ほんとはアリーの方が2つ上なのだが。この姉ポジションに対する拘りはなんなのだろう)
        うんっ!そうしよう、超優しくするよ〜?甘々だよ〜?あと気持ちよくもするよ〜?
        (今度は手だけじゃなくて、全身を包んじゃう。) -- ソニア 2016-06-08 (水) 05:51:00
      • ふわ…っ?(撫で続けられていた手が、そのまま両手で包み込まれて)
        え、え?…良いのです、か?(と、突然の宣言で少し驚いた様子だが)
        (そんな言葉が、嬉しく感じられ…何となくであるが、弟さんの代わり…とは行かないだろうが、そんな存在になれればとも思って)
        はい…これからお願いします、ソニアお姉ちゃ……ん?あ、あれ?何か最後の方ちょっと凄いの混じってませんでした、か…っ?
        (言うが早いか、既に包み込まれて)
        -- アリー 2016-06-08 (水) 06:00:37
      • うんっ!だってアリーも気持ちいいの好きじゃない?私も気持ちいいの好きだし、アリーが大好きでしょ?
        (ここまで揃えば、ソニアの中にはしない理由がなかった。なお、姉妹設定は障害どころかもっと気持よくなるポイントであった。
        抱きついた上に押し倒しちゃう勢いで嬉しそう。寝起きそうそうにまたベッドに押し倒されるアリーも災難だ!)
        おぅっごめん起きるとこだったっけ。
        (一応思い出したようにそう言うけど、胸に頭を抱いたまま) -- ソニア 2016-06-08 (水) 06:18:32
      • 気持ち良いのは…だ、大好きですよ、確かに…(それを否定する気は無い様で素直に認めて)
        えっと姉妹で…姉妹でも家族でもその辺り関係無かったんでしたっけ…っ?(そこでそういえばと思い返して)
        (そのまま抱きしめられて胸へ顔を埋められながら、とは言え好き合ってるのなら問題無いですか…?とすっかり感化されてしまっている様子で)
        ん、い、いえ…ソニアさ…じゃなくて、お姉ちゃんがしたいのなら…良い、かも…(と、ぽつりと零して)
        -- アリー 2016-06-08 (水) 06:26:57
      • はわぁぁ…妹になったアリーが可愛すぎるっ♡♡
        (♡2つもつくくらい感動した)
        今のすごいイイよ!おへそのとこきゅうってなった!あー…どうしよう、えっちな声じゃなくても、普通に可愛くされるだけで
        私、アリーに気持よくさせられちゃう体になっちゃってる?うん、どうもしなくていいやもっとして!
        (すでにしてだめなお姉ちゃんになりかけながら、なんかもう目とか♡になりかけ…なってる)
        はふぅぅ…今日はこのままおねーちゃんとお寝坊さんしちゃおうねー?
        (だめなお姉ちゃんになった) -- ソニア 2016-06-08 (水) 06:43:43
      • そ、そんなにですか…っ?(ここまで反応されるとは思っても見なかった様で)
        何だかその反応だと、お姉ちゃん専用サキュバスみたいな感じになっちゃってませんか私…っ
        (と、流石に言い過ぎかなと言いながら思って…いたが、本格的にそんな雰囲気を感じて、どうしようか考え様としたが)
        おねえちゃん…気持よくさせちゃう分、アリーのことも…きもちよくして、ね…♡
        (たまにはこんな日もあってもいいかなと、とことんお姉ちゃんに付き合うことにした)
        -- アリー 2016-06-08 (水) 06:54:15
      • おねーちゃんにまかせなさーい!にっへへぇ、おねーちゃん専用サキュバス妹って…なんだか響きがよくて好きぃ。
        (ソニアのセンスはちょっとどうかしてるかもしれないが、本人は満足そうだ)
        一緒にいてあったかくなれて、どきどきもさせてくれるってとっても素敵だよ。
        (そう言って優しく髪を撫でてから唇にキスをした)

        //とりあえずこれで今日は引き上げるね!7時…っ!おかしい、シラフなのに歯止めが…歯止めがどっかいっちゃった…。ごめんおやすみ。 -- ソニア 2016-06-08 (水) 07:03:33
      • …おねえちゃんが喜んでくれるのなら、私それでも良いかも…しれない、です(少し、内心で揺らぐ物が合ったようだが)
        (センス云々は置いとくにしても最初に言い出したのはアリーからな為、やはり少なからず影響を受けてる。そして満更でも無い様子)
        (掛けられる言葉、そして撫でられながらのキスを受けて)…えへへ♡…確かに素敵すぎて、どうにかなってしまいそう、です…っ♡(と、幸せそうに微笑んだとか)

        //はいっ!大丈夫です、歯止めは私が先に外してましたから…では、おやすみなさいです
        -- アリー 2016-06-08 (水) 07:16:18
      • //両方はずしてたじゃあしかたないね!おやすみぃ -- ソニア 2016-06-08 (水) 07:18:13
  •   -- 2016-06-08 (水) 19:10:34
    • ん…? -- アリー/水着 2016-06-08 (水) 23:03:29
      • 短縮がダメなのでしょう、か…? -- アリー/水着 2016-06-08 (水) 23:04:24
      • ( -- アリー/水着 2016-06-08 (水) 23:06:12
      • (アドバイスを受けて修正して)出来ました…っ -- アリー/水着 2016-06-08 (水) 23:06:47
  •   -- 2016-06-08 (水) 19:10:39
    • (ろだがひらがなだからでござるよ…) -- ササキ 2016-06-08 (水) 23:04:56
  • アリーも水着を用意しているような気配がする… -- 陽子 2016-06-08 (水) 23:43:13
    • ……水着は、ちょっと借りただけですよ…? -- アリー 2016-06-08 (水) 23:44:47
      • なるほど…それならよし…よし…?(良いのか悪いのか…) -- 陽子 2016-06-09 (木) 00:01:14
      • ……ちょっと、布の少ない水着も頂きました、けれど。(と、俯き気味に恥ずかしそうに) -- アリー 2016-06-09 (木) 00:02:38
  • あ、この前のスク水の!えーっと、あにーさん?(まだムチムチなうさぎ) -- アリス 2016-06-09 (木) 01:51:17
    • 惜しいです、アニーさんは金髪の方が確かいらっしゃった筈です、ね…(アリーですと名乗って)
      えっとそちらは確か、アリスさん…?(と、首を傾げて。特徴的な体つきをしているのですぐに覚えられた様で)
      -- アリー 2016-06-09 (木) 01:58:31
      • おしかった!あ、自己紹介ちゃんとしてなかったですね、アリス・レイレナードです!(頭を下げると胸もゆっさゆっさゆれてる) -- アリス 2016-06-09 (木) 02:00:09
      • そういえば、そうでしたね。アレクサンドラ=フローライトです。アリーとお呼びください。よろしくお願いしますアリスさん
        …ところで、その…凄く大きい、ですね…?(そんな大きいのこちらに来て5人位しかお見かけしてませんと…言ってから5人も十分多いんじゃと内心思いつつ)
        -- アリー 2016-06-09 (木) 02:05:57
      • ありーは愛称なんですねー、これは外的要因で大きくなりました!だいたい芝浦サッカースタジアムが悪いんです
        お風呂屋さんや雪国の人と並ぶぐらいのサイズです!(どやぁと胸を張る、ゆれる、大きくなった理由が理由なので母乳も出る、においで気づくかもしれない) -- アリス 2016-06-09 (木) 02:08:23
      • …アレクサンドラの名前は、ありがたくも少し仰々しい気がして…なるほど、許せませんね芝浦サッカーグラウンド…
        雪国の方とは40cmほど差があるので…印象的だったのですが(そして目の前で揺れる大きさに軽く目が回りそうになりながら)
        それにしてもこれだけ大きいと母乳とか出てきそうな気がします、ね…(と、匂いには気付かずにそんな事を口にして
        -- アリー 2016-06-09 (木) 02:15:11
      • なるほどー、確かに貴族っぽさとかそういう感じもしますね!まあ楽しいし気持ちよかったのでありかなと思います!
        私は背が低いので余計大きく見えるみたいですね、んにゃ?出ますよー?飲みます?(冗談半分で自分の胸を持ち上げてみて) -- アリス 2016-06-09 (木) 02:21:22
      • 大したことはないです、よ…?正式には貴族ではなく、そう言った所に一時期預けられてた所で…アリなんですか…っ?(あっさりとそんな事を言っている様子に)
        え、え?出るのですか?…あ、いえ…出るのなら頂きたいです、が…(私より幼いですよね…?既に出産後…?と首を傾げて)
        -- アリー 2016-06-09 (木) 02:26:31
      • 気持ち悪いより気持ちいい、不快より快ですよ!
        あ、意外な回答、だいたい躊躇されるんですけどねー?(べろんと衣装を捲ると乳房の大きさに見合った大きな乳首が晒されて) -- アリス 2016-06-09 (木) 02:28:19
      • な、なるほど…痛いよりも気持ちいいのほうがいいです、もんね…(と、納得しながら)
        あ、えっと…経緯を話せば長くなるのですが、母乳か…せ、ぃえ…き(少しだけ声が消え入りそうになりながら)が、必要な身体でして
        ……え?もしかして…(そのままぺろっとまくられて出された乳房、大きさに見合う乳首に少しだけ気圧されながら)…直接、ですか?
        -- アリー 2016-06-09 (木) 02:35:13
      • サキュバスかなにかの種族です?んー、瓶とかあれば移しかえれるのですがー、特に用意がないので今回はそのままかなと!
        (大きいだけでなく若干引き伸ばされ、弄り回された形跡がある、見方によっては子供の肉棒のようでもある) -- アリス 2016-06-09 (木) 02:37:01
      • いえ、吸血鬼です。…血が飲めないので代用として、その…そのどちらかを頂いてるだけで…そ、そのまま…っ!?
        (その迫力に圧巻されながら、そっと手を伸ばして先端部を小さな手で握ろうとして)
        -- アリー 2016-06-09 (木) 02:49:59
      • あー、なるほど、確かに母乳って血液が原料ですしね!(納得した)
        みゃぅ♪うーん、やっぱり感度?上がってます(握られると一瞬びくっとするが逃げようとせず、握った乳首から甘い匂いのする母乳が滲み始め) -- アリス 2016-06-09 (木) 02:52:20
      • 話に聞くと成分は大体同じだとか違うとか…涙や汗なんかも近いらしいですけれど、まとまった量はどちらも出ませんから…?
        そ、そうなのですか…(弄られた跡があったとしてもそういう事は乏しくて気付いてない。握ったままところの先端から滲むのを見て感じて)えっと…こ、こうですか…?(と、握ったまま前後に手を動かして絞ろうと)
        -- アリー 2016-06-09 (木) 02:59:34
      • 確かにまとまった量が汗とかで出たらべたべたになりそうですね!
        うみゃぁぁ♥(びくびく身体が震えるとぶびゅっと濃い母乳がアリーの顔にぶっ掛けられ、さながら顔射になってしまう//ねむいのいで文通すいっちでも暗転でも!もうしわけない) -- アリス 2016-06-09 (木) 03:02:22
      • ひゃぅ…っ!?(顔にたっぷりとかけられる母乳、身体の方にも掛けられてすっかり母乳まみれになってしまいながら)
        わ、ぁ……♡(思わず息を飲んで、まだ噴いている母乳を口に含む。…ほんのりと甘みを感じ、手についた分を舌で舐め取りながら…//あ、えっと…あ、暗転で…?お願いします。その、また仕切り直しとかでも良いでしょうか)
        -- アリー 2016-06-09 (木) 03:11:04
  • (斜めに構える) -- ササキ 2016-06-09 (木) 02:21:54
    • あ、ササキさん。……何か許されざる雰囲気を感じるのです、が…? -- アリー 2016-06-09 (木) 02:27:06
      • …カタを取ったのはいいでござるし、それをレイレイ殿辺りに提供するのもまあ仕方ない事でござる
        けどサイズ周りについてまでソニア殿について話すのはどうかと思うんでござる… -- ササキ 2016-06-09 (木) 02:28:31
      • …え、ええ…それは…行いました、ね。作って貰ったものがちゃんと動いたのを伝えに行く必要がありました、し
        ……?(キョトンとしたまま、首を傾げて)え、ササキさんの事とまでは言ってませんよ…?大きな方が居るとは伝えました、けれど
        (心当たりがあるとしたらそれくらいですよと)
        -- アリー 2016-06-09 (木) 02:40:27
      • ええ…拙者の事っては言ってないでござる…?
        おもいっきりソニア殿は拙者のが大きいだの、腕位あるだの…的確な情報だったんでござるが…
        どういう経緯でああなったんでござろうなあ…(頭を抱える) -- ササキ 2016-06-09 (木) 02:43:15
      • ほぅ…やはりお団子屋さんのことだったか…。(スッ -- ソニア 2016-06-09 (木) 02:44:07
      • ゲェー!ソニア!謀ったでござるか!? -- ササキ 2016-06-09 (木) 02:45:39
      • つまり…どういうことだっていうのですか…っ?
        話の流れで何となくソニアさんがササキさんだと当たりをつけて発言して
        それをてっきり私が言ったとササキさんが思い込んで
        結果的に言質取られた…?
        -- アリー 2016-06-09 (木) 02:54:25
      • 思いっきり拙者だと名指ししてきたから…いやしかし…アリー殿が形状を知っているとなれば…
        あて先は限られていることでござったなあ…(膝から崩れ落ちる) -- ササキ 2016-06-09 (木) 02:57:17
      • すごいおっきいサイズのおちんちんは、どうやって気持ちよくするのって聞かれて。誰だろうって思って。
        まぁ仲いい人の誰かかかなって。それでとりあえずお団子屋さんが思い当たりました。鬼の金棒っていうし?
        発情薬騒ぎの時、私もアリーんち居たし。バスタブ一杯にしたりしたの知ってたし。
        まぁ腕くらいは私の適当だけど。だって私が驚くサイズってそのぐらいだし♡ -- ソニア 2016-06-09 (木) 03:00:53
      • 完璧なプロファイリングでござる…(魂も抜ける) -- ササキ 2016-06-09 (木) 03:01:52
      • ちょっと悪戯しすぎちゃった、ごめんねー?アリーも驚かせてごめんね。 -- ソニア 2016-06-09 (木) 03:05:03
      • い、いえ…誤解が解けてなにより、です。…(魂が抜けたのを見送り)
        あ、私の方は大丈夫ですよ?ただ、その…という訳で、凄い大きさ…です(一連の流れで知ってもらえた事を改めて口にして)
        -- アリー 2016-06-09 (木) 03:14:42
      • (魂を回収しつつ、人差し指でアリーの口をふさぎ、しぃー…と伝えて)
        ないしょ、ないしょでござる…お願いでござる… -- ササキ 2016-06-09 (木) 03:16:37
      • あれ、腕くらいはアリーに聞いたっけ、あ、聞いてた。
        (アリーの腕を見て、ササキさんを見る)
        ちなみにナンデ私がここにいるかは、今日は白金庵で一緒に遊んでたからということにしておいて…あんまりじゃまするのもなんだからおやすみなさい! -- ソニア 2016-06-09 (木) 03:17:25
      • あっ、ソニア殿も他言無用でござるよー! -- ササキ 2016-06-09 (木) 03:18:05
      • (私も言いふらしたりはしないからあんしんしてー、とジープにのってかえってく) -- ソニア 2016-06-09 (木) 03:18:05
      • だ、大丈夫です。ササキさんの事はニンジャさん以外には出来る限り直接お話したりはしてませんから…っ(と、人差し指が唇に押し当てられて。柔らかな感触が指に触れている状態で)
        (ソニアさんを見送りながら)なので、名前は…伏せてますけれど、それも…ダメですか…・(一連の流れを見て大人しく頷いて)
        -- アリー 2016-06-09 (木) 03:21:03
      • ニンジャにもサイズの事は言っちゃダメでござるよ…
        (腕を組んで悩んでいる)ん〜…?名前を伏せたとして…それを伝える必要って何かあるでござるか…? -- ササキ 2016-06-09 (木) 03:22:59
      • ……言われてみればあんまり無いです、ね。あ、オナホを渡すときに一番大きな方でこれくらいありますけれど問題無く使えますよ…と言ったせーるすとーく…?(首かしげ) -- アリー 2016-06-09 (木) 03:29:40
      • そこは…一番大きな方じゃなくて…サイズで何センチまで…の様な数字で上限を表して頂ければ、そうするでばあくまで耐久上限と思われると思うでござるし… -- ササキ 2016-06-09 (木) 03:30:55
      • た、確かにそうですね…えっと、気をつけます…あ、今度改良したものお持ちするので…っ(そういえばと思い出して) -- アリー 2016-06-09 (木) 03:38:33
      • (ふぅ…と一息ついて帰ろうとしたところで呼び止められて)ええっ…あ、ああ…改良でござるね…いったいどうしたんでござろう… -- ササキ 2016-06-09 (木) 03:40:19
      • …使い心地を、また確認していただきたいな、と…思いまして。また、お願いします…ね -- アリー 2016-06-09 (木) 03:52:05
      • …了解いたした…(いったいどんなものが出てくるのだろうと不安になったりしていて) -- ササキ 2016-06-09 (木) 03:56:54
      • 安心して下さい…思い切り出せるようにしておきますから(それこそお風呂一杯分と、どこか晴れやかに答えて) -- アリー 2016-06-09 (木) 03:58:17
      • ああ…そう言う意味の今度でござるか、いや…今出てくるのかと思ってしまったでござる(額をぬぐって)
        いったいどんなものを持ってこようとしているのか…不安でござるが…まあ、うん…まあお待ちしておくでござるよ…?(どっと疲れたように帰って行った) -- ササキ 2016-06-09 (木) 04:00:14
      • 流石に今からじゃお出しできませんよ…その、準備もありますし…?
        は、はい…お疲れ様です、その…出来ればそれを癒せればなといった思いも兼ねてます、ので…(そう言いながら見送った)
        -- アリー 2016-06-09 (木) 04:04:17
    • //この拙者はどう詰めてもあと1レスが限界でござる! -- ササキ 2016-06-09 (木) 03:57:24
      • //了解いたした。いたしました。…笑いすぎて寝られないかもしれませんがおやすみなさいです -- アリー 2016-06-09 (木) 04:01:41
  •   -- 2016-06-10 (金) 12:50:38
  •    -- 2016-06-10 (金) 12:50:42
  • …来てもらう前にきちゃった♥(冗談っぽく年甲斐もない口調で笑いながら)…大きなお屋敷にすんでるのね? -- メリジェーヌ 2016-06-12 (日) 02:43:20
    • メリジェーヌさん…ですね、こんばんはです。(丁度庭先で作業をしようと作業着に身を包んだ格好で姿を現して)
      い、いらっしゃいませ…です、ね。ここまで出歩いていても大丈夫なのです、か…?(身重の身体なので、こうして訪ねてくるのも大変そうだと感じて)
      -- アリー 2016-06-12 (日) 02:48:18
      • 少しだけ今は元気だから…そういう時に出歩かないと…逆に太りすぎちゃってね?(もう安定期だから大丈夫よと)
        …大きなお屋敷だと思ったら…アリーちゃんはメイドさんだったのかしら…? -- メリジェーヌ 2016-06-12 (日) 02:49:30
      • そういうもの、なのですか…確かにずっと動かないという訳にもいきません、からね(と、たしかにと頷いて)
        あ、いえ…この格好は、お庭仕事やお掃除の時に着ているだけで…メイド、ではないです。えっと…多分、この館の主人にあたります…でしょう、か?(と、少し言い分はあやふやだが…目の前の少女がこの館の所有者だと言うのが伝えられる)
        -- アリー 2016-06-12 (日) 02:59:52
      • ただ、階段とか…段差は気をつけないとね…転んでお腹うっちゃうとあぶないから…(そこは流石に気をつけてるようで、足取りは少しゆっくりめ)
        …まぁ…つまり…趣味なのね?(可愛らしいわと、そっちいっていい?と庭のほうへ、歩いて行く) -- メリジェーヌ 2016-06-12 (日) 03:10:33
      • 確かにそんなことになったら一大事です、ね。(そのゆっくりとした足取りに合わせる様にこちらも、普段以上にゆっくりと歩いて)
        趣味…なのでしょう、か。ただ作業する時はこれを着た方が良いと教えられた物で…(実際、便利ですからと答えつつ…歩いて向かった先には花壇があり、季節の花が鮮やかに咲き乱れて)
        -- アリー 2016-06-12 (日) 03:16:21
      • メイド服は機能的だものね…花壇弄り好きなのかしら?(私もよく庭で花壇いじってるからお花はいいわよねーっと)
        …そろそろ秋だけど…アリーちゃんのお屋敷に栗の木があるってわけではないのねー… -- メリジェーヌ 2016-06-12 (日) 03:17:44
      • 花壇…と言うよりこういった作業が好きなんです、お掃除とかそういうのがですね(共通する話題に少し言葉が明るくなりながら)
        ……え、ええ…ちなみに、ここに至るまでや周囲の森にもそう言った木は生えてたりしません、ね(と、何が言いたいのか薄々と感じながらも伏し目がちに答えて)
        -- 2016-06-12 (日) 03:26:04
      • うちのメイドさんとして雇いたいほどね…子供も多くて…特に男の子が多いから本当大変なのよ…?
        (ちょっとだけ、距離が近すぎるくらい隣に座り込んで)ほら…酒場だと話しづらかったお話も、アリーちゃんのお家ではきけるかな…って思ってね? -- メリジェーヌ 2016-06-12 (日) 03:27:57
      • 確か…今8人目でした、か…その、大変そう、ですね。で、ですが私はちょっとお手伝い出来そうに無い、かも…お昼に出歩けません、からね。(と、何やら事情があるようで)
        (密着、とまでは行かない程度に近い距離に座り込まれる。そして問われるのは先日の一件)あ、あ…えっと、そうなるとちょっと経緯からお話しないといけませんね(と、頷いてから)
        あの…結論だけ言えば、私…その、栗の花の様な臭いがする物を毎日、頂いてまして…(と、言いながら顔を赤くして)
        -- アリー 2016-06-12 (日) 03:37:25
      • まぁそれは残念…前から思っていたのだけどやっぱり…(昼に出歩けないこと…そして栗の花の匂いをするもの…)
        (メリジェーヌが導きだした結論は)…貴方…もしかして…(密着してるような距離で耳元で囁く)…同族かしら…? -- メリジェーヌ 2016-06-12 (日) 03:47:58
      • …エルフではないです、よ…?(耳元で囁かれる言葉にゾクリとする物を感じつつも)
        その…た、たまに勘違いされるのですが…私がその、栗の花の匂いをしているものを…口にしている、のは…あの…血液の、代わりでして…っ(そこで、自身が吸血鬼であること…それから、血を飲むことが出来ない事を告げる)
        …ただ、たまにそんな事しているので間違われるんです。吸精鬼や、淫魔…サキュバス、と…(と言う事はもしかして、とメリジェーヌさんを見つめて)
        -- アリー 2016-06-12 (日) 03:55:11
      • …あら、勘違い(まだエルフと思われているようなので、あえて…淫魔であることは言わなくてよいかと)
        吸血鬼なのに血が飲めなくて…精液を…?(話を聞けば、それはそれですごいことねと笑う)
        精液は…多少の成分の差はあれど体液で血液に近いものね…&br:…他のものは…ためしたことあるのかしら…血に近いもの…一番近いものまだあるわよ…? -- メリジェーヌ 2016-06-12 (日) 03:57:12
      • そう、ですね…その…具体的には、キスよりも…せ、精液を口にしたのが、先な…くらい…です(と、聞かれてない事まで赤裸々に応えて)
        街中の色んな方にお願いして飲ませて貰ってます、ね。…その、自慰行為用の道具を作って、出して頂いてます…
        …えっと、第一候補ではあったのですが…2点程理由があって断念してる母乳の事でしょうか。そちらは…まず、妊娠前後の女性しか基本的に出せない…という点
        それから、出来ればお子さんが優先して欲しいと言った点ですね。……精液なら、健康な男性なら誰でも基本出せます、から(と、入手頻度の可能性を考慮して主に精液を摂取している様で)
        -- アリー 2016-06-12 (日) 04:11:31
      • …匂いが強かったのは道具を使って…たからなのね?(この前カバンに入ってたのもそれかしら?と尋ねる)
        そうよね…妊婦さんは基本的1年…長くても2年くらいででなくなっちゃうものね…それに子供優先してほしいというのももっともだわ…
        ………(ニッコリ笑顔で)…ただ私、もう8年くらい毎年子供産んでるのもあって…母乳がちょっと出過ぎちゃうくらいなのよね
        (大きなバスト、衣服越しに甘い香りがして)ほらこれ…(ブラの隙間に母乳が漏れないようにシートをいれてるほどで)
        …普段も多すぎて搾って捨てちゃうくらいなの…逆に余ってるならちょーだーいって3歳や4歳の子まで言うくらいで困っちゃってて…(なかなか乳離できない子達でと笑う) -- メリジェーヌ 2016-06-12 (日) 04:19:14
      • (少しだけバツが悪そうにしながら)…そ、その…お腹が空いてたので、お会いした前にこっそりと頂いてたので…(そう言った経緯もあって、それでも匂い消しをしていたつもりなのですがと呟き)
        そういう意味で、基本は男性の方にお願いして回ってまして…(メリジェーヌさんを見てたのは、そう言った事もありお願い出来ればと言った物も合ったようだが)
        …え、毎年ですか?(8年くらいと言えば最初の子から毎年…と驚きつつ)
        (そして覗かせる大きな乳房、シートの存在とそれに染みこんだミルクを匂いで感じて)
        そ、それはなんとも…(と、メリジェーヌさんの子育ての一幕を垣間見ながら少し微笑んで)……えっと、その…わ、私にもメリジェーヌさんの…戴けます、でしょうか…?(と、意を決して) -- アリー 2016-06-12 (日) 04:26:59
      • 私、鼻がとてもいいのと…(ほら…8人もいるでしょ?それはもう匂いが嗅ぎ慣れててと笑う)
        7人目が1月で…今の子が12月予定だから…年子になっちゃうかしら(学年は離れるのだけが安心かしらなんて家庭の事情話しつつ)
        …口にあわなきゃだけど…もしあうならね…?お役にたてるかもだし…あ、でも…流石にお庭は恥ずかしいわ(お部屋、あがってもいいかしらと微笑む) -- メリジェーヌ 2016-06-12 (日) 04:31:46
      • な、なるほど…(と、納得しながらも内心で首を傾げる。…確か精通ってそんなに早く来るものなのでしょう、か?と。それとも、それだけ産んでるということは行為もその分多く…?と、少しだけ悶々とした考えが頭を回り)
        …それだけお子さんが居らっしゃると子育てなんかも一苦労そうで(一人暮らしな為どれだけ大変になるのかと想像も付かない様で)
        そ、それはもちろんです。中に上がって下さいっ(そう言うと館の入り口…一階のどの部屋にお通ししようか考えて)と、とりあえず私の部屋でよろしいですか…?
        -- アリー 2016-06-12 (日) 04:40:21
      • (自分の子の香りではなく夫とかそれ以外の人という意味だったが、勘違いされてることは気づいてない)
        そうなのよー…だからさっきメイドさんに来てほしいわなんて思っちゃったくらい…
        それじゃ案内よろしくね?(そのままアリーの部屋に案内されれば)どこに座ろうかしら…ベッドでまれば座らせてもらえれば一番楽かしらね -- メリジェーヌ 2016-06-12 (日) 04:45:39
    • (お互いが噛み合わないまま噛み合ってるという奇妙な状況が続きながら)
      …お聞きしたらお手伝いしたくはあるのですが、夜しか出歩けない分私では不向きなので(申し訳ありませんと改めて)
      (二階へと上がらなければ特に段差の類は無く)入ってちょっと奥ですね、ベッドは多分十分な大きさがありますから…(と、小さな少女の身体に不相応な程大きなベッド…3〜4人寝転がっても十分な物が置いてある、ちなみにベッド脇の机にはオナホがあったりして)
      -- アリー 2016-06-12 (日) 04:51:29
      • 夜なら夜で手伝ってもらいたいことはあるのだけどね…ふふふ…その時は…(今度きたときにでもと)
        それじゃ少しベッド借りるわね…(ゆっくりとベッドに座り込めば)
        大きなベッドね…うちのベッドと同じくらい…(ちょいちょいっとアリーを手招きをして…遠慮無く胸を肌蹴させる)
        (母親らしい、豊かな乳房で片方だけで、アリーの頭ほどの大きさがありそうで) -- メリジェーヌ 2016-06-12 (日) 04:59:15
      • (何のことでしょうか…?と思いながらも、どこか背筋に冷たいものを感じて。気のせいですと首を横に振って)
        メリジェーヌさんの所もこの位のベッドを…?(座り込んだメリジェーヌさんから手招きをされて近づく)
        …わ、わっ(肌蹴させられた乳房に思わず声を漏らす、その大きさに軽く圧倒されながら)改めて、その…大きい、ですね…?(と、目を白黒させて
        -- アリー 2016-06-12 (日) 05:05:20
      • 3人か4人くらい眠れる大きめのベッドなの…夫自体が…二人分くらいの大きさあるっていうのもあるのだけど…今は子どもたちが潜り込んできても大丈夫な用途が多いかしら…
        (目を細めた、少し艶めかしい笑顔で、近づいてきたアリーを隣に座らせば、ポンポンっと膝を叩く、頭をどうぞと)
        子供達や…大きな子供みたいな人達がずっと吸ってるから…どうしてもね?(乳輪の大きめでブラも外しシートも外せば…母乳が少し滴っている) -- 2016-06-12 (日) 05:08:35
      • そうなの、ですか…(少し顔を赤くして旦那さんの体躯がとても良いのだろうと思い、少し想像してしまいながらも)今は、ですか…?(と、続く言葉に思わず口を挟んでしまい)
        (隣に座らせられて、自分の寝ているベッドなのにどこか借りてきた猫の様な様子で)…あ、は、はい…っ(促されて、おずおずと横になって膝に頭を預ける)
        お子さんが多くて、乳離れしてないのでは…確かに…ん…?(やはり所々でメリジェーヌさんの発言が気にかかりながらも、そんな考えを吹き飛ばす様な迫力に思わず喉を鳴らして)…そ、それでは頂いてしまっても…?(と、先に断りを入れて
        -- アリー 2016-06-12 (日) 05:15:50
      • えぇ、遠慮しないでね?(膝枕をして、少しだけ手でアリーの頭を支えてあげると、簡単に先に口がつく)
        夫は冒険者で英雄を目指しててね…数ヶ月家をあけることが多いの…(よーしよし、と赤子に授乳するように優しく揺れながら)
        口にあえばいいのだけど…ダメそうなら口離してね? -- メリジェーヌ 2016-06-12 (日) 05:21:34
      • (膝枕の状態から軽く頭を支えられる、それだけで口が先端について…そのまま唇を開いて吸い付く)
        ん…っ(そうして授乳させられていく、口の中に広がる甘い風味…精液より飲みやすい為か目を細めながら飲んでいく)
        (軽く揺らされながら、どこか懐かしい感覚を心のどこかで思いつつ……少しそのままついばむ様に唇をすぼめて、そのまま舌先で唇でつまんだ先端を軽く弾こうとして)
        -- アリー 2016-06-12 (日) 05:34:33
      • 大丈夫そうね…安心…(子供みたいに思えたけど、しっかり吸い付いてくるのでちょっと心地よさそうに)
        んっ……(舌先で弾けばぷっくりとした乳首から母乳がさらに強く溢れて)
        出が悪かったら…ん…胸…搾ってくれても大丈夫だからね…自分で調整してね…?
        (完全にはだけてる胸元、手を伸ばせば根本でも先端でも簡単に届く距離) -- 2016-06-12 (日) 05:41:17
      • ぷ、ぁ…っ(少し息を漏らしながら、再度吸い付いていく。口の中に溢れる母乳を次々と喉を鳴らしていき)
        ひぼる…れふか…?(と、吸い付いたまま呟き、小さな手を伸ばして乳房を軽く握る)
        (これだけ大きいのを触れた事はあまりなく、最初はおっかなびっくりといった様子だが…懸命に絞ろうとして、飲んで行く内に少しだけ表情が蕩けていく)
        (そんな状態で、先端に軽く甘噛みをしたり舌先で転がしていこうともして)
        -- アリー 2016-06-12 (日) 05:49:33
      • お腹すいてたかしら…美味しい?(笑顔でいっぱい飲んでくれているのにちょっと母性本能が刺激されながら)
        …んぅっ…そうよ…(軽く搾れば、ビュっと口の中で少し多めの母乳があふれる、少しだけ味も濃くなった気もして)
        上手上手……(甘噛され、転がされ、子供に授乳するのとはまた違う心地よさに…反対側の乳房からも、母乳があふれて、アリーの顔に滴り落ちる) -- メリジェーヌ 2016-06-12 (日) 05:56:20
      • ふ、ぅ…美味しい…です、メリジェーヌさんの、ミルク…(表情が蕩け始めたまま、その風味がどこか美味しく感じられて)
        (口の中に広がる濃い味…それを求め初めて絞ろうとする手つきも少し力が入っていく、口の中にビュっと勢い良く溢れる感触がどこか心地良さを感じたりして)
        (白い肌に垂れる白濁とした母乳、そんな風に刺激していきながら…少しして口を放して)は、ぅ…お腹いっぱい、です(と、どうやら少食の様で)
        -- アリー 2016-06-12 (日) 06:06:59
      • んふぅ…(口を離したアリーの口元を、ポケットから取り出したハンカチで軽く拭く、顔についものなども丁寧に)
        お粗末様でした…案外少食ね?(うちの赤ちゃんより少ないくらいだなんて笑いながら)
        これくらいだったら…いつでもいってくれていいから…(まだ胸元近くにあるアリーの耳に顔を近づけて)
        精液だけで物足りなかったりしたら…遠慮無くいってね…?(微笑みながら囁いて) -- メリジェーヌ 2016-06-12 (日) 06:09:37
      • んん…(顔をハンカチで拭われていく、まるで子供に戻ったみたいな気分になって…多分メリジェーヌさんから見れば子供かも知れないが)
        …普段飲んでる物の量を考えて貰えれば、これくらいでも十分にお腹いっぱいになったりします、から…(そういう意味で少食なのかもしれませんと答え)
        (そして顔を近づけられながら伝えられる言葉、囁かれる言葉に)
        …良いのでしょう、か…わ、私は嬉しいのですが…その、何か代わりに何か私に出来たり、しませんか…?(と、お礼をしたくと思い)
        -- アリー 2016-06-12 (日) 06:26:55
      • えぇ、いいのよいいのよ…普段は搾って捨てちゃってるものだし…可愛い女の子に飲んで貰えるなら私も役得だわ?
        (なんだか凄く満足そうな顔で笑顔を向けつつも、何かかわり…と言われれば…)
        …んー…そうねぇ…それじゃ…夜とかしかできないお掃除とか…タイミングがあえばお願いしようかしら…アリーちゃんなら得意そうだし…? -- メリジェーヌ 2016-06-12 (日) 06:34:56
      • …メリジェーヌさんみたいな綺麗な方に、可愛いと言われると何だか嬉しくもこそばゆい気分です、ね…(と、はにかんで)
        …夜しか出来ないお掃除です、か?えっと、場所とか掃除の仕方によりますけれど…ちなみにどういうところのお掃除でしょうか…?
        -- アリー 2016-06-12 (日) 06:46:35
      • (そーっと耳元で他の人に聞こえないように)ベッドの上の精液とか…私の体に付着した精液とか?
        (少しだけアリーを誂うように、そう言った。本気か冗談か、わかりずらい、そんなニュアンスで) -- メリジェーヌ 2016-06-12 (日) 06:48:57
      • (耳元に囁かれる言葉、それだけでは半信半疑で…どこか本気と思えない内容ではあるが)
        ‥…あの、その…私が言うのもなんですけれど…程々に、の方が…?
        -- 2016-06-12 (日) 06:55:17
      • えぇ程々に…だからタイミングがあえばね?(アリーちゃんにあげるのならこっちがあるしねーっとまだ露出している胸元をふにょんっと持ち上げて)
        ふぅ…それじゃもう大丈夫そうだから着替えるわね(そういって、テキパキと身なりを整えて、とてもなれた様子で…まるで何事もなかったかのように身嗜み来た時のようだ) -- メリジェーヌ 2016-06-12 (日) 06:59:25
      • …あ、あの…ここだけの話、ですね…他愛のない独り言かと思って貰えれば良いのですが。…実は精液、結構嫌々で最初の頃口にしてました。……近頃、悪くないかもと…思い始めていたり、します(なのでこちらはこちらで…持ち上げられる胸を示すような様子)
        …今日は色々とありがとうございました、メリジェーヌさん。(身だしなみを整え終えた頃に改めてお辞儀をして)
        -- アリー 2016-06-12 (日) 07:14:03
      • まぁ……ふふふ、そうね…毎日同じものだと飽きるみたいなもの…たまには違うものを口にする程度に思えばいいわね…
        さてそれじゃ…子供たちが起きる前に帰らなくちゃ(こちらこそ、色々と楽しかったわと微笑んで)またね?アリーちゃん…(ゆっくりと扉をしめ、部屋をあとにした) -- メリジェーヌ 2016-06-12 (日) 07:18:38
      • (そうして部屋を後にするメリジェーヌさんを見送りながら)
        ……もしかしなくても、サキュバスなのではないでしょうか…(と、誰に言うでもなく呟いたとか)
        -- アリー -- 2016-06-12 (日) 07:27:20
  • (辻絵がコメアウに来てるよー) -- ソニア 2016-06-12 (日) 06:48:45
    • (すごくびっくりした…嬉しい、恥ずかしい、ありがたい!みたいな気分で…!) -- 2016-06-12 (日) 06:51:30
      • (ナイスデザイン…) -- ソニア 2016-06-12 (日) 07:13:03
      • (授乳プレイで驚かせてしまい申し訳ないと思いつつ、やらしい表情してますよね、私こんな表情してます…か…?)
        後気付けば7時半で流石にちょっと厳しい感じかなと
        -- 2016-06-12 (日) 07:29:00
      • そろそろ声掛けようと思ってました!なんか前戯すっ飛ばす気にならなくて。長時間に! -- ソニア 2016-06-12 (日) 07:37:09
      • それはこちらも同じ感じなので。ついつい…では、文通でお願いしても良いでしょうか -- 2016-06-12 (日) 07:42:27
      • うい、そのつもりで文通エリアにおじゃましてた。 -- ソニア 2016-06-12 (日) 07:43:57
      • (寝落ちしました…おはようございます…) -- 2016-06-12 (日) 14:38:40
      • (無理さしてごめん…) -- 2016-06-12 (日) 18:48:46
      • (こちらが原因ではありませんので…っ、ちょっとこっちじゃ無い所で急に人手として駆り出されただけなので…一言言う間も無くてご心配おかけしました) -- 2016-06-12 (日) 19:02:50
      • (あい、カラダに気をつけて!) -- 2016-06-12 (日) 19:05:07
  •   -- 2016-06-12 (日) 14:39:09
  • ……(夜、いつものように玄関の扉の前に立ち。コートのポケットに入れた左手を抜く)
    (左手で拳を握れば、コンコンと、これまたいつものようにドアをノックする)
    ……ふーむ、あんな話を聞いてしまったものの。やっぱり心配さはぬぐえないねぇ
    (ただ、ひとついつもどおりじゃないのは顔に黒いものをまとっていない事。ノックをしたあと、呟きながら家人の出現を待つ) -- タビビト 2016-06-13 (月) 04:04:16
    • (ノックをされて少しすると館の中から近づいてくる気配)
      (ドアを開けて顔を覗かせるのは黒衣の少女で)あ、タビビトさんっ(どこか弾んだ調子の声と共に姿を現して)
      こんばんは、今日も良い夜ですね(と、微笑みかけながら挨拶をして)
      -- アリー 2016-06-13 (月) 04:12:31
      • やぁ、お嬢さん。良い夜な今夜も元気にしてるかな?(相手が出てくれば、こちらも笑顔を作り手を軽く振って)
        さて、今日は魚ではなく君を心配してきたのだけど。大丈夫かな? 体調とか、気分とか
        風邪をひいていないかとか……まぁ、月並みな心配だけどさ。やはり、あんな話を聞いてしまうとどうにも気になってしまってね
        ……招かれても、よろしいかな?(開いたドアの隙間に足の先を向け。とんとんと地面を軽く踏み鳴らし) -- タビビト 2016-06-13 (月) 04:20:21
      • はいっ、夜も涼しく長くなってきて…とても過ごしやすくなってきてますね(見ての通り元気ですよと笑顔のまま首を傾げて)
        …夏の頃は少し寝苦しくて大変でしたけど、今は特に体調不良は無いですね(と、自分の身体を確かめる様に見下ろしながらおかしな所は無いですと)
        …そうですね、とりあえず中へ。(以前お話した事を気にされている様子、そこで声をかけられ少しだけハッとして)
        申し訳ありません気が付かなくて(言いつつドアを開け館の中へと招き、応接室へと案内しようとする)
        (その途中の廊下、水槽を見れば空気を送り込む為の管が用意してあり…元気に泳いでいる姿も伺えて)
        -- アリー 2016-06-13 (月) 04:31:48
      • そうかそうか、それなら良かった……ん、それじゃあお邪魔します。悪いね、催促したみたいで、実際したんだけど
        (招き入れられれば、案内されるままに歩く。途中、水槽が目に付いて)
        おや、随分と設備が充実し始めているね……魚も元気そうでなによりだよ。アリー君は生き物を飼うのが上手いのかもね
        (などと、良いながら水槽を見ながら歩き)その代わり、自分に対しては少々無頓着そうではあるが(途中、そんな事を呟く)
        ……ご飯、あー……物が物だけにこうは言いにくいけど、ちゃんと食べてるかい? -- タビビト 2016-06-13 (月) 04:38:48
      • いえいえ、訪ねてきて下さったのに何のおもてなしもしないのがおかしいですから
        (どうぞこちらへと案内している途中で)…アドバイスと、皆さんの助けがあってこそです。この子達も、私も…そうした手助けがあったからこそ、こうして元気に過ごせているんです(と、慈しむ様にオリーを見つめてから)
        ……そうかもしれませんね、自分より他の方ばかりに気を向けてる所はありますが…ある意味では私の我儘な所かもしれません(と、聞こえた言葉に苦笑しながら)
        (そうして到着した応接室、そちらにかけて下さいと促しながらお茶の用意をしようとして)……え、ええ…その…近頃はその、まあ…母乳…的、な…物も頂いて、いたり…(と、少しだけ答えづらそうにしながらも口にして
        -- アリー 2016-06-13 (月) 04:51:30
      • ん、いろんな人とちゃんと絆をもててるようで何より。あの魚はその象徴かも知れないね
        しかしその様子だと、ご飯はちゃんと食べてるよう……ぼ、母乳?(答え辛そうにする口から出るその言葉に、少し驚いたように)
        それはまた……随分と、好きものな女性がいたものだ……あぁ、いや別にお嬢さんがどうというわけじゃないんだが
        しかしそうか、母乳か。あっちもいけるんだから、そりゃあ未だにそっちも大丈夫だよな……(うん、と納得し)
        しかしその、母乳を飲ませてもらうというのは……君から頼んだのかい?(おおよそ、目の前にいる少女にはそんな大胆な事は頼めないだろう、と思い) -- タビビト 2016-06-13 (月) 04:56:30
      • そうですね…オリーはタビビトさんとの、特に大きな絆…そう思います(もちろん釣り竿の方もありますけれどと続け)
        ……(その言葉を改めて口にされると恥ずかしそうに顔を赤くしながら)
        え、ええ…その…アレどころかそちらまで…食事にしてしまうというのも…って、え?(てっきり自分の事かと思っていた様で)
        …栄養価、と言いますか…成分的にはそちらの方がより血液に近いとの事です。…ただ、出せる方が限られるのと育児を優先してもらいたいので…普段はお願いするつもりは無かったのですが
        ……いえ、お知り合いになった方が母乳が出るとの事で…捨てる位ならという経緯があって…さ、最終的には飲みました、ので…そうなる、かも…?
        -- アリー 2016-06-13 (月) 05:20:10
      • 魚の名前、オリーって言うのか、アリーにオリーだな(うんうんと)
        だがそうかぁ……結果的とはいえ君から頼んだ感じにそのソレを貰ったのか。いやぁ、なんと言うか&br;お嬢さんのまわりは話を聞けば聞くほど倫理観が薄れていく気がする……(少し考えて)
        でも、そうだな。考えたら君がいろんな人に協力してもらってる中、僕だけほとんど何も出来てないじゃないか
        よし!(ひざを叩き)アリー君、今ここでちょっと僕にひとつ。我侭を言ってみたまえ、できるかどうかは別として善処しようじゃないか -- タビビト 2016-06-13 (月) 05:27:14
      • あ、それからですね。その後に館に来た…(と、言っていると応接室に箒がひとりでにやってきて。)
        あ、お客様がいらっしゃってますのでここは良いですよハヴェリー(と、箒に語りかけて別の部屋に向かってもらう)…えっと、頂いたゴーレムのコアを付けた箒のハヴェリー、です。
        ……倫理観については、ある程度覚悟してましたけれど……ここまで、とは…わ、私自身はそれを望んでる、かどうかが少しあやふやな感じは最近してきました…(どんどん朱に混じっている様に)
        えっ、良いのですか?(そうしてひざを叩いてからの申し出に…じゃあ、と)……難しい方と、もっと難しい方とあるのですが…(と、2つしてほしいことがと告げて)
        -- アリー 2016-06-13 (月) 05:36:36
      • おおう、そんな便利なものが……まるで御伽噺に出てきそうなほうきだが。家族が増えてるのはいいことだ、うん
        そ、そうかい? まぁその……君が生きるために必要なら仕方無いんだが……あまりその、僕が言えることじゃあないんだけども
        あまりハメをはずし過ぎないようにね……体の安売りはなんだ、きっと悲しんでしまう人も出てくるだろうし。いや、今現状の君がそこまで言ってしまうかは僕には分からないし
        君の進む道は君が決めるべきなのではあるのだけど(ゴニョゴニョと)んっ! ゴホンッ、とにかく。余り染まり過ぎないように
        さて、それでは我侭の話になるが……む、難しい方しかないのかい? ううん、とりあえず言ってみるだけ言ってみてもらってもいいが
        ……ええい! どんと来いだ!(万が一自分がいざアレを求められたらどう言い訳しようか必死に考えながら胸を張る) -- タビビト 2016-06-13 (月) 05:43:44
      • …もう一人、いえ一人と数えて良いのか分かりませんけれども…あと一人いると何となくしっくり来るような…
        それは、分かってます。…誰彼に構わず言ってるつもりは、あまり無いですから。この方なら安心してお願い出来る…そういう方にお願いして回ってます。……という余裕は最初の頃無くて色々とお願いして回ってましたね…
        …か、身体の安売りはしてませんよ…!それこそその、私の身体じゃ色々と吊り合わないのもあるのですが…基本出して貰ったものを頂いてる、という感じですから(なので、安心して下さいと言いつつも…どこかそう言った所に疎い、危うさも感じられて)
        えっと…簡単にはちょっと思えないので(と、考えてる事を思えばそう表現するしかと思い)
        …難しい、のは……その、ご飯のお手伝い…(と、その予測を裏切らない事を、顔を赤くしながら口にする。…それではもっと難しい方は?と、当然疑問を抱くだろうか)
        …もっと難しい方は、こんな私の事を引かずに…お友達で居て欲しい、です…けれ、ど…(どうでしょう、か…?と)
        -- 2016-06-13 (月) 06:00:23
      • なんだろう、確かにちゃんとした事を言っているはずなのに、アリー君が言うと頼りなく感じてしまうな……
        いっそこれはもう誰か一人の味を知ってしまったほうが……いや、いやしかしアリー君がそうなってしまうのは
        なんだか娘にそういうのを勧めてるようで……すごく嫌な気分だっ!(我侭な事を言いながら両手で顔を覆い)
        あ、あぁ……やはりそう来たね…その、意や僕自体アレをもうここ数百年出していないし。正直もう出るかどうかなんだが……
        しかし難しい方は非常に難しいが、もっと難しい方は僕にとっては簡単だ。もちろん友達で居続ける事にはやぶさかではないさ
        というか、こう言う事はあの話をした時にそういったニュアンスも含まれていた気がするけど(ふむ、と考えて)
        ならこうしよう。もっと難しい方は今ここで、もちろん完遂だ。つまり友達でいる事に対しての返事は「もちろん」だ、そしてその言葉に少しでも不安を覚えるなら
        こうして体を使った約束事をしようじゃないか(と、小指だけを伸ばした状態で左手を差し出し)指切りというのだけど……知ってるかな? -- タビビト 2016-06-13 (月) 06:09:04
      • これでも…もうすぐ一年、大きな問題も無く過ごしてこられました。なので、きっと大丈夫ですよ(根拠はないが、どこか自信はある様子で)
        …誰か一人の味を‥ですか?う、ん…そういうのも考えてはいるのですが、経緯はともかくやってることは…なので
        (到底見つかるとは思ってませんと小さく首を横に振り)…憧れてはいるのですが、自分の相応さは理解してるつもりですので…その、落ち着いて下さい…?(と、両手で顔を覆ってる様子に少し困惑しながら)
        …えっと、試しに出るかどうか…器具だけお渡ししますけれど(どうでしょうかととりあえず勧めて)
        …改めての決意表明みたいな所でしょうか(そうして考えている様子のタビビトさんを見つめながら)
        ……身体を使った約束事、ですか…身体を(と、何を考えたのか顔を赤らめて)…あ、ああ指切りですね…っ(知ってます、知ってますと…やはりどこか危うさはありながら)
        …その言葉に不安を覚える訳では無いです、ただ…こうした方がより、実感出来ますから(と、こちらも左手の小指を伸ばして差し出して)
        -- アリー 2016-06-13 (月) 06:24:32
      • ……いや、もはやこの体器具が必要かどうかではないだろう。むしろ気持ちというか、性欲の有無というか
        最近そういう気持ちがまったくないというか……すまない、そっちの方は少し考えさせてくれ…(と、器具の勧めを手で静止し)
        ま、そちらのほうはともかくだ。言葉だけより、やはり物理的接触があるとそういうものだよね(差し出された小指を自分の小指と絡めて)
        ゆーびきりげんまん、嘘ついたら……うーん、カサゴ飲む。指切った(と、最後に互いの小指に息を吹き、それを解く)
        ……うん、さて。なんとなく長居してしまったね、約束もした事だしそろそろ帰ろうか……、また困った事があれば来なさい
        無くても来てもいいけども。それではね……(そう言って、再び玄関の方へと歩き。最後までアリーのどこと無いゆるさを心配し)
        (むしろ来た時より心配の種を増やして帰っていきました) -- タビビト 2016-06-13 (月) 06:32:15
      • そ、そうですか………(静止されて大人しくしまいながら少しだけ残念そうにして)
        です、ね…言葉で交わすだけよりも、もっと色々と感じるにはこうした接触があるとより実感出来るものですから
        (そうして絡めながら指を切り)……カサゴですか?(少なくとも初めて聞く約束の仕方なので思わず聞き返して)
        い、いえ!私の方もお話出来て楽しかったですから…また釣りをしに行きたいとも思ってましたので
        はい、それではまた(玄関までついていき、帰っていく背中を見送る。そんな心配をされているとは気付いてないようだったという)
        -- アリー 2016-06-13 (月) 06:52:36
  •  
  • 夏も過ぎたけど鍛えること出来たのかしら (するり -- クレア 2016-06-14 (火) 01:18:53
    • ん、ぅ…っ(丁度、習って間が無いホットヨガを行っている最中で、薄手のインナーとスパッツの姿で行っているところである) -- アリー -- 2016-06-14 (火) 01:30:35
      • 頑張ってるわね… (偉いわと、ほろりと涙) -- クレア 2016-06-14 (火) 01:39:42
      • クレアさん…こんばんは、ですっ(一通り終えて汗を拭いながら) -- アリー 2016-06-14 (火) 02:01:50
      • はい、こんばんわ。どう? 頑張ってる? -- クレア 2016-06-14 (火) 02:06:21
      • はい!この柔軟一セット終えても息が切れないくらい体力が付いたんです(ただし、見ていた限り然程激しい物ではない。…もっとも元々の体力の無さが多少改善されたことは間違い無く) -- アリー 2016-06-14 (火) 02:09:48
      • 継続は力なりということかしらね (ひと夏おわって私なにもしてないと少し冷や汗)
        それでどう? あれからラバー着たりしてみた? -- クレア 2016-06-14 (火) 02:15:12
      • それでも中々…まだまだ身体の方が付いていかない事のほうが多いですけれども(先は長いですとうなずきながら)
        いえ、それは…また脱げなくなると困るので、袖は通してないですね(と、前回の事を思い返して)
        クレアさんの方は…ラバーの理解者さんは居らっしゃいましたか?
        -- アリー 2016-06-14 (火) 02:31:59
  • そういえば…アリーって誕生日は? -- ソニア 2016-06-15 (水) 00:29:25
    • 私の誕生日ですか?10月ですね(確かプールの時にお話した様な…と、思い返すように呟いて)
      …あれ、今何月でしたっけ…?(基本夜間行動な為、月日の感覚は緩め)
      -- アリー 2016-06-15 (水) 01:04:59
      • じゃあちょうど今月だねー。プールの時忙しくて聞き逃してたかも。過ぎて無くてよかった! -- ソニア 2016-06-15 (水) 01:08:16
      • だいぶ賑わってましたからねあの時。あ、おねえちゃんの誕生日はいつなんですか?(話題が出たのでこちらも気になり) -- アリー 2016-06-15 (水) 01:14:27
      • 実は4月だから過ぎちゃってるんだよねー。4月ぐらいだとまだあんまり慣れてなくっていろいろ忙しかったし。 -- ソニア 2016-06-15 (水) 01:21:45
      • 4月だと…あ、ああ…あの時の(春先の出来事を思い出して顔を赤くして)
        私もあの時は、こっちに来てまだ数ヶ月しか経ってなくてバタバタしてましたっけ。まだこっち来て一年経ってないんですよね…(と、少し懐かしみながら)
        -- アリー 2016-06-15 (水) 01:29:41
      • お花見の温泉の時だねぇ、アリーと初めてエッチした時の♡ (めっちゃ黄昏歴数えながら、数えてた)
        確か私の少しまえだっていってたよね、アリーがこの街きたの。 -- ソニア 2016-06-15 (水) 01:52:47
      • (思い出すだけで少しだけ身悶えして身体を抱きしめ)…思えば最初もお風呂でしたね、来たばかりのソニアさんとお会いしたのは
        そう、ですね。一ヶ月とちょっと…年末にこっちにきて、あの時は…だいぶ心細かったですし、お腹も空いて大変でしたね…(しみじみとつぶやきながら)
        -- アリー 2016-06-15 (水) 01:59:43
      • 私も2月に来たから宿屋でガタガタ震えてたよ…物理的に。…アリー今日は忙しくない?大丈夫? -- ソニア 2016-06-15 (水) 02:07:06
      • 時期的にだいぶ辛いタイミングでしたからね(今は無事済む所が見つかって良かったですと思いつつ)
        今日は…少しだけ忙しい感じでしょうか
        -- アリー 2016-06-15 (水) 02:11:52
      • //もっと言えば明日がだいぶ忙しいので文通スイッチ入りそうです -- 2016-06-15 (水) 02:12:26
      • 今年の冬はあったかくしておきたいなぁ。うん、今日はちょっと誕生日の事聞きたくなっただけだから。
        アリーを見てたら、ついゆっくり話したくなっちゃって。だから、また来るねー。
        //はーい、もどるよー。おつかれさまです。 -- ソニア 2016-06-15 (水) 02:19:29
      • あったかく…お鍋とかしましょう、か?それかまたお風呂とかも、いいかもしれませんね
        そう言って下さるだけで嬉しいです、私の方からもまた遊びに行きますね//という訳で、ありがとうございました…っ
        -- 2016-06-15 (水) 19:33:04
  • ぐぐぐ、なんでこんな辺鄙な所に屋敷を……。やっとたどりついたわい。 -- イェチン 2016-06-15 (水) 21:48:07
    • あ…えっと、えーっと…(顔を見てすぐさま誰かを思い出す事が出来ずに居て)
      ……あ、あの…もしかして…ちょっと特製のラバーを着てらっしゃった方…?(と、何となく体型からそうではないかと)
      -- アリー 2016-06-15 (水) 21:59:40
      • おい、私を忘れたか!というか顔じゃなくてそこで覚えておるのか…。私は悲しい。
        ほれ、うぬのほうからうちの道場へ来ておっただろう。鍛えたいとかなんとか。 -- イェチン 2016-06-15 (水) 22:01:55
      • す、すみません!何分その……印象が強くて、色んな意味で…えっと、もうあの格好止められてしまわれたのです、ね…?
        あ、はいっ そうでした。…心と体を鍛えていきたく、思ってまして。…それで、何でも最近評判だと聞いて伺ったのが…あの時でした
        -- アリー 2016-06-15 (水) 22:11:47
      • だからあれは趣味でもなんでもなく罰ゲームで着せさせられていたのだと言ったろう!もうあの事は忘れて欲しい。私のために。
        そうそう、そこじゃ。それで気になって訪ねようと思ったら…なんでこのような所に…しかも昼間から真っ黒ではないか。 -- イェチン 2016-06-15 (水) 22:24:17
      • …えっと、その…わ、私はあの格好は…あ、えっと何でも無いです。(顔を背けて言い淀みながら)
        あ…えっと、そもそも名乗ってましたっけ…?あ、改めて自己紹介させていただきます、ね?
        私はアレクサンドラ=フローライトと申します。(よく、アリーと呼んで貰って居ますと続けてから)…その、実は私…吸血鬼、でして。(まだ見た目相応の年齢ですがと続けて)
        -- アリー 2016-06-15 (水) 22:33:03
      • ん、私はイェチンだ、アリーよ。名前は聞いておるぞ。ははぁ、吸血鬼…吸血鬼?むぅ、普通の者ではないなと思っていたが……
        にしてはうぬは、なんというか生気が無いな。いや吸血鬼はみな顔色の悪いやつが多いが、なんというか、黒く禍々しい生気にあふれているものよ。だがそれがない。
        さてはあまり「食事」をしていないな? -- イェチン 2016-06-15 (水) 22:43:35
      • イェチンさん…です、ね。改めてよろしくお願いします。…呼び方は道場ですし、師匠とか師範とかそういった形の方がよいでしょうか…?
        …あ、えっと…分かってしまわれます、か…(食事をしてないことを突かれ、少しだけ悩みながらも)…食事、所謂血液の摂取は…行ってないです、ね(ここまでは隠す事でもないと思い)
        その…代わりの物で代用してまして、よく吸血鬼らしくは無いとは言われます、ね…(と、苦笑して)
        -- アリー -- 2016-06-15 (水) 23:05:21
      • うむ、イェチン師匠と呼びなさい。ほほう、血を吸わないとは殊勝な事であるな。人に迷惑をかけないのならばうまくやっていけるであろう。
        ほう、代用とは。どんなものを代用に?動物の血とかか? -- イェチン 2016-06-15 (水) 23:17:51
      • はい、イェチン師匠っ…正確には血を吸わないのではなく、て…吸えない、が正しいですね(少し自嘲気味になりつつ)
        ……今は、主に……その、男性が…健康的な男性が、その…えっと…出す、その…せ、精液…です(途中の健康的な男性が〜の辺りから声が小さくなっていき)
        -- アリー -- アリー 2016-06-15 (水) 23:27:50
      • 吸えないとは面妖な…。えっそれはその……あ、あれを?あー・・・うん・・・(気まずい空気)
        それはなかなか大変そうだな……。ははぁ、それで体を鍛えたいと・・・・ -- イェチン 2016-06-15 (水) 23:37:55
      • 吸えない…血を見るのもダメですから、ね…どうしても気が遠くなってしまって。え、ええ…その、人の半分は男性ですし…その、母乳でも代用できるのですが、人数や期間に限りがありますから。
        …は、はい!それと…えっと、イェチン師匠は…その……一部で…チンチン、の…師匠…とお話を耳にしたので、えっと…か、身体のついでで構わないので…わ、私をおちんちんに強くして下さい…!(何か勘違いしている様だ)
        -- アリー 2016-06-15 (水) 23:49:04
      • ああ、血がダメな系か。まぁ判る。私も献血とか苦手じゃからな。母乳なら産婦人科とか回って…まぁそれも大変ではあるか。
        え、ちょっと待ちなさい。なにその話は、どこで耳にした!そんなもんの師匠なわけないじゃろ!!まっとうに武術の師匠じゃ! -- イェチン 2016-06-15 (水) 23:57:36
      • それに、出来れば母乳は…生まれてくる赤ちゃんの為に、と思うので…正直気が引けてしまいます。なので…第二候補のそちらを、口に…
        ち、違うのですか!?正直その…もう一度ぶり返すのも何ですけれど、あの格好してたので…てっきり裏では…と。
        -- アリー 2016-06-16 (木) 00:13:04
      • 母乳はわりと出すぎて困るもんじゃぞ。いや、妊娠経験は無いが…。違う!まったくの誤解じゃ!
        だいたいなんじゃチンチンの道場って!うちはまったく健全!エッチな事はしませんっ!ゆーおけい? -- イェチン 2016-06-16 (木) 00:27:07
      • …そうなのですか?その、物心付いた時に母乳が出る方は近くに一人も居なかった物で。
        えっと…お、おちんちんを強くしたり…おちんちんに強くしたり…とか、そういう…のだと、勝手に…。り、りありー…?(首を傾げて)
        -- アリー 2016-06-16 (木) 00:31:54
      • ええい!だから誤解だと言ってるだろう!というわけで、本気で心身を鍛えたいと思うならうちに来なさい。
        しっかりと鍛えてやるぞ。 -- イェチン 2016-06-16 (木) 00:38:38
      • …わ、分かりました。その…人並み未満な体力ですが、改めてお願いします、イェチン師匠 -- アリー 2016-06-16 (木) 00:47:49
  • アリーちゃん、ちょっと聞きてぇことあるんだけどよ、今大丈夫?(部屋のドアをノックしながら勝手にドアあけて) -- ボブ 2016-06-18 (土) 02:54:23
    • ボブさん…?えっと、どうかなさったのですか?(悲鳴を上げるでもなく問いかけに首を傾げて) -- アリー 2016-06-18 (土) 02:56:45
      • 大きな声じゃいえねぇことだが…………アリーちゃんってバイブ作れる?(至極真面目な表情で) -- ボブ 2016-06-18 (土) 03:00:15
      • …バイブ、ですか?…バイブというと、えっと……えっと(顔を赤くして何を言いたいのかが理解できて)
        ………作った事は無いです、し…その…振動したりする機能は…専門外なので…形だけでいいのなら…(と、真っ赤にしながら俯き気味に) -- アリー 2016-06-18 (土) 03:09:20
      • あぁ、もう機能とかそういうのはいいんでな、形を完全再現してぇんだ俺のチンコを(サムズアップ)
        …他に頼めそうな奴もいなくてな…ちょうどアリーちゃんにこの前オナホの話きいてたからよ…金ならちゃんと払うから頼めねぇ? -- ボブ 2016-06-18 (土) 03:17:31
      • ……あ、形の完全再現だけなら問題無いですよ。えっと……丁度その、主に人体の型取りを目的とした機械を持ちあわせてますので
        えっと、ササk(言いかけて少しわざとらしい咳き込みをして)…えっと、構わないですけれど…ちなみに何に使うかお聞きしても良いでしょう、か…?
        -- アリー 2016-06-18 (土) 03:21:19
      • マジかよ!そんな便利なものまであるとかマジかよ!いたれりつくせりだな!オナホとか作るシリコンにチンコつっこんで型でもとる?とか聞くところだったぜ…
        あぁ…女の子にプレゼントするんだよ(凄く良い笑顔) -- ボブ 2016-06-18 (土) 03:29:31
      • …大切な友達に作って貰ったものですね、色々とあって…もう少しちゃんとした物をお願いしておけばと思うことはあるのですが(自分の行動を変な方向に悔みつつ)
        ……は、はあ…。えっと…え?女の子に…?…一応聞いておきますけれど、ご関係は…?
        -- アリー 2016-06-18 (土) 03:36:54
      • とりあえず、どうやって使う?いつ出発する?俺も同行するぜ(いつでも脱ぐ準備完了で)
        …友達…かな…別にセクハラ目的で送るんじゃねぇぜ?俺のサイズのが欲しいっていうからよ…(状況を説明しづらいので端折って説明した) -- ボブ 2016-06-18 (土) 03:39:02
      • えっと…マキシマムドライブさせて張り詰めた状態で差し込んで…(勃起させた物を差し込んで、1分で型が取れて…外して少しすると一週間程形が保持される物が出来上がる…型取りどころか形成までされるという)
        …えっと、ちなみにそれって私の知ってる方だったりするでしょうか…?(念の為聞いてみる、もし友達だったら何となく気まずい為で)
        -- アリー 2016-06-18 (土) 03:44:12
      • …どうだろうな…知り合いなのかな…さっきニンジャの家にはいた子だぜ…?
        よし、使い方教えてくれマキシマムドライブにはすぐなるからよ…見られてると流石に恥ずかしいぜ…? -- ボブ 2016-06-18 (土) 03:45:23
      • フィルメリオさん…ではない方ですよね。(何だか活発そうな方ですね、初めてお見かけしましたと)
        えっと、マキシマムドライブさせて…差し込んで、一分程で取り外せる様になるので…ゆっくり引き抜いて、少し待てば出来上がります。…総工程時間は3分程でしょう、か?あ、す、すみません…っ(言いながら背中を向けて)
        -- アリー -- 2016-06-18 (土) 03:56:49
      • いや、フィルメリオちゃん。あっちのほうはまだ俺も少ししか話したことねーからな…バイブ送ったら射殺されかねぇ…
        OKOK(ボブ・マキシマムドライブ!!して、突っ込む)いやー、変なお願いを深夜に頼んですまねーな…今度お礼に飯…と思ったらそうか…外食は奢れねぇんだよなぁ -- ボブ 2016-06-18 (土) 04:01:25
      • そんなにアグレッシブと言いますか…その、強い方なのでしょうかあの方は。……フィルメリオさんにお見せするのですか、ううん…それにしてもみたいと言うのも、物好きと言うのは私が言える立場では無いですけれど
        …いえ、私に出来る事って限られてますしこういう形でもお役に立てれば嬉しいですよ。…なので、そのお気持ちだけで結構です(と、どこか満足気に頷いてから)
        …その(少し言い淀んでから)……もう、お腹いっぱいにしてもらいました、し(少し消え入りそうな声で、しかしはっきりと答えて)
        -- アリー -- 2016-06-18 (土) 04:15:05
      • 強いっていうか…文化圏の差なんだろーな…色々こっちの子とは考え方がちげーんだよ…タブン
        (というわけでマキシマムドライブ終わって、型とりおえて)んじゃまぁ、なんつーか別の形でなんか、お礼できるように考えとくわ
        ……どれくらいの期間でできる?すぐできるなら待ってるけど、時間かかりそうなら…都合いい時に連絡くれりゃとりにくるぜ -- ボブ 2016-06-18 (土) 04:20:48
      • 色々と激しいところからこちらに来たのでしょうか…。実力行使で対応…する必要があるところから(だとしたら、なるべく普通に接するべきでしょうかと考えて)
        い、いえ…その、気持ちだけで十分過ぎるのですが…(と言いつつ取り外している状況が気になりながら)
        あ、直ぐにできますよ。ただ、仮の形成で一週間しか持ちません。なので…しっかり固めた物が必要ならもう少しお待ち頂く必要が…あ、る…かと…(型取り機から出てくるボブさんの最大時の大きさの物を、真っ赤になりながらチラチラと視線を向けて
        -- アリー -- 2016-06-18 (土) 04:26:34
      • まぁそのあたりは…俺が喋ると怒られるから興味あるなら自分できいてみな、女の子なら…普通に教えてくれるんじゃねーかな?
        (だいたい38cmほど、太さも腕くらいある)あー1週間くらいか…とりあえずこれ受け取っておいて…
        しっかり固めたヤツも頼める?代金どれくらいありゃいい?(財布とりだして) -- ボブ 2016-06-18 (土) 04:36:57
      • そうですか…ちょっと時間帯が合うかどうかが難しいところですが…そもそもお名前も知らない間柄なのにそこまで込み入った事を聞くのも何ですね
        …ササキさんと同じくらい…(と、ポツリと呟いてしまい)
        代金はしっかりと出来てからで良いでしょうか…?作り慣れて無い部分でもあるので、私の勉強も兼ねて…(と、多分昼食一食分代金でお釣りが来るくらい)
        -- アリー 2016-06-18 (土) 04:47:52
      • …ササキと同じくらいか…ササキすげぇな…マジかよ
        OKOK…とりあえずしっかりとした奴できたら連絡くれな!とりにくっから…
        そんじゃ、深夜にすまなかったなーまた、今度普通に遊びにくるぜー! -- ボブ 2016-06-18 (土) 04:54:47
      • …多分腕サイズだとササキさんの方が大きいくらいかもしれません。うん…しっかりと比べたわけではないのですが
        あ、出来上がったらおもちしますので…(そうして見送りながら)
        ……とりあえず急ぎ作ってしまいましょう、か(と、作業に早速とりかかったとか)
        -- アリー 2016-06-18 (土) 05:20:27
  • (お鍋と荷物を抱えてやってきてノックノック) -- カレリア 2016-06-18 (土) 03:21:10
    • はいー…?(ノックを受けてドアを明ける。そろそろチャイムの一つでも付けようかとも思ったりしつつ)
      こんばんはです、カレリアさん(メイド服姿で、傍らに箒が動いてまわっている)
      -- アリー 2016-06-18 (土) 03:24:23
      • えぇこんばんは・・・ふふ、ミネストローネ・・ちょっと作りすぎちゃってね・・(一緒に食べましょうとお鍋を掲げて)キッチンある?
        あらハヴェリーもこんばんは・・・良くしてもらっている?(動き回る箒に尋ねて) -- カレリア 2016-06-18 (土) 03:43:36
      • あ、ありがとうございますっ…ミネストローネ、実は食べた事ないんです(と言うより食べた事があるものの方が少ないかもと言いつつ)
        ハヴェリーで館内の掃除をしてると凄く喜んでる様に思えます、ね(まるで懐っこい犬の様に動き回りながらカレリアさんにも懐いて)…よく考えれば、カレリアさんがお母様に当たるのでしょうか
        (ここまで嬉しそうにしているのはそう見ないですねと、少し妬けてしまいますと良いつつキッチンへと案内する。全く使ってない訳ではないが、綺麗な状態で保たれている)
        -- アリー 2016-06-18 (土) 03:54:12
      • そうなの?・・・ふふっなにが好きだったのかとか聞き忘れちゃったなって少し後悔していたの・・・
        (順当に絆が深まっているように思える・・・渡した当初の真っ新な状態から見ればかなり自意識も芽生えている)そうみたいね・・・愛されているのが分かるわ・・・私が?・・(お母さん・・確かにそうだ)そうね・・・ふふっ早く親離れしないとダメよ?(くすくすと嬉しそうに)
        ふふっいつもそばにいる人が本当に大事なのだと気づくのは、少し難しい物よ(長い目で見てあげなさいと)うん、綺麗にしているのね・・・暖め直すから、少し待っててね?(弱く火にかけかき回して) -- カレリア 2016-06-18 (土) 04:03:35
      • …普通の食事自体、実はそんなに行ってませんでしたから。(基本いつも頂いているのはアレですから…と、少し言い淀みつつも口にして)
        ……ハヴェリーの気持ちは、分からなくも無いので。(親離れ云々と言ったカレリアさんの言葉に少しだけ寂しげな横顔を覗かせながら、箒のハヴェリーを撫でて)
        大丈夫ですよ、痛いほど…その事は分かってますから。(少しだけ自嘲気味に肩を竦めてから)…基本はサラダを作ったりとか、お茶を淹れる為にお湯を沸かしたりとか…それくらいでしょうか(と、使用頻度は多く無いらしい。そして大人しく待つこととにして)
        -- アリー 2016-06-18 (土) 04:21:54
      • 確か吸血鬼になる前は・・・随分幼い頃だったかしら?・・・その頃好きだったものなんて分からないわよね(うんうんと)
        (寂しげな表情に)そう・・この子に自分を重ねていたのね・・・(少し不用意だったかと反省する)
        そんな雰囲気ね・・(キッチンを見まわせば、普通に使っていれば自然と付く汚れが極端に少ないと気づく・・・料理を温め直すうち)・・・そうだ・・(思い付きだが、そう難しい事ではない・・クィールとの訓練を思い出しながらそっと料理に魔力を込めてみて・・味見して確認)うん♪
        (二人分よそい、パンも並べて)もう一品何か用意すればよかったわ(なんて笑いながら席に着く・・・用意されたスープはごく普通の家庭の味といったレベル・・・ただし込められた温もりの魔力が体を芯からじんわり温めてくれる筈だ) -- カレリア 2016-06-18 (土) 04:42:02
      • //ぶ・・ぶんつうで!(ねむい) -- カレリア 2016-06-18 (土) 04:43:15
      • 子供の頃と言いますか…聞いた限りでは生後数日から数週間程度だとか(それこそ記憶がある方が稀と言うもの)
        い、いえ…勝手に私がそんな気分になっているだけなので…っ!(心配をかけさせてしまう訳には行かないと声をかけながら)
        もう少し料理とかすればとも思うのですが…ひとり暮らしで、食べる物も限られていると中々機会がなくて…(何か手を加えている様子は何となく分かる、少なくとも以前はわからなかったと思うが…そういう察知する力は付いてきている様で)
        (少なくとも何かいいものであるというというのは分かりながら)は、はい…えっと、サラダとか作れば良かったかなと思いましたが…用意していると冷めてしまいますから…。…それでは、えっと…(手を組み合わせて食事前のお祈りをし始めて)
        //了解ですー(身体を大事に)
        -- アリー -- 2016-06-18 (土) 05:04:32
      • 赤ちゃんの時なのね・・・吸血鬼の寿命は長いというけれど、成長自体は早いのかしら・・・それとももう結構長く生きていたり?
        ふふっ心配させてはくれないのね(くすくすと笑って)
        (祈るアリーにこちらもまた合わせる・・・終えれば)・・いつもお祈りをしてるの?(敬虔なのねと) -- カレリア 2016-06-18 (土) 10:44:35
      • 一定年齢までは普通に成長しますけれど、それ以降はだいぶ緩やかだと聞いてます。(でないとずっと赤ちゃんのままですから)…一応ですが、今月で16歳になります
        …心配させたくない思いというのがあります。ただ、同じような方が居た場合…私も心配してしまうかもしれません(これって我儘でしょうか…?と問いかけて)
        …出来る時はいつも、です。しなかった時も、こういう感謝の気持ちはいつも持ってますね。では、いただきます(そうしてスプーン手にして、ミネストローネを一口)
        (味わいが口の中いっぱいに広がり、喉を通って身体の中に入って行く・・・味だけでなくじんわりとした暖かさが喉やお腹を中心に広がるのを感じて)
        (それ以上に煮こまれたスープの優しい味が嬉しく感じて)美味しいです…っ(と、思わず笑顔をこぼして)
        -- アリー -- 2016-06-18 (土) 14:55:05
      • ・・そうだったの・・・ふふ、ケーキでも用意してくるんだったわ・・・
        私が心配したいのよ・・・我儘ね(くすりと)そういうのって大事よ・・・気持ちを常に持ち続けるのはね・・・(さぁいただきましょうと)
        ふふっ・・口にあった様でよかった・・・(にこにこしながらその笑顔を眺め、自分の分も口にして)
        (美味しそうに食べてくれる様にほんわかとしながら・・・)ねぇアリー・・・一緒に暮らしてみない?(なんて問い掛けてみて) -- カレリア 2016-06-18 (土) 15:37:40
      • そのお気持だけで十分嬉しいですよ、とっても…(その言葉を受け止め、喜びとして噛みしめる様に頷き)
        …大人しく見えますけれど、こんな風に我儘だったりしますよ(つられて微笑んで)…普段の生活の中でも、そう言った気持ち忘れない様にと心がけてます
        (美味しいですと頂いていき、どこかゆったりとした時間を感じながら、ふとした問いかけに一瞬何のことか理解出来ずに首を傾げて)
        …え?え、っとそれって…っ(少し顔を赤くして、慌てた様子を覗かせながらも)その…お、お気持ちは嬉しいのですが…(と、少し迷った上での言葉)
        -- アリー -- 2016-06-18 (土) 16:13:41
      • んもぅ・・16と言ったらもう殆ど大人だけれど・・・そんな事を言うにはまだまだ若いわよ
        ふふっじゃぁわがまま同士だ、意地の張り合いは私の負けね(肩をすくめて、しかしとつなげ)・・それならしっかりちゃんと、ハヴェリーの親をしてあげて・・・貴女の心の変化や思いを、ハヴェリーは敏感に感じ取ってしまうから・・・
        (あわてる様を可愛いと思いながら見守る・・・迷ったうえでの結論を聞けば)そう・・いいのよ今のはただの気の迷いだから(くすっと微笑む)
        (食べ終わった食器を洗いながら)・・時々ね、思ってしまうの・・・魔女にも冒険者にもならず普通の町娘として育ってたら、今頃子供の一人や二人いたのかなって・・・そう思うとついつい・・誰かにそれを求めてしまうのよ(変な思いを押し付けてごめんなさいと笑う) -- カレリア 2016-06-18 (土) 19:46:04
      • …誕生日は去年までお一人の方からお祝いしてもらっていた位ですから、ね(引き取って下さった方にささやかですが、祝ってもらっていたんですと説明して)
        …もう少し、色んな事に素直になりたいとは思ってはいるんです、これでも。(それが中々上手く出来ないものでと方を竦め)…親の背中を見て子は育つ、ですね。ハヴェリー…これからもお願いします、ね?(と、笑いかけて)
        気の迷いですか…?(ようやく落ち着いて息を付きながら不思議そうに首を傾げて、手伝いますと横で一緒に洗いながら)
        …いえ、私もたまに似た様な事を思うんです。もし吸血鬼にならなかったら、もし血液が普通に飲めていたら…って(そういう意味ではやっぱり似た考えがあるのかもしれないですねと答えながら、気にしないで下さいと口にして)&br:…私、今のカレリアさんの事好きですよ。もしも、では無く今のカレリアさんが。…そんなカレリアさんのお力に成れるのなら、出来る範囲でなら応えて行きたいなとも思います。……ただその、今の言葉ぶりだと私がカレリアさんの娘になるのでしょうか…?
        -- アリー -- 2016-06-19 (日) 05:17:27
      • ふふ・・・なら私も祝うわ・・言葉だけだけれど・・・おめでとう・・(よしよしとなでなで)
        貴女は十分素直だと思うわ・・そうやってちゃんと自分の信条を吐露できるのだから(ハヴェリーに微笑みかける様を見て)・・・思いついたわ・・お祝い・・・ただちょっと準備が必要だけれど(うんうんと)
        (一緒に、並んで洗い物・・・これもまた少し憧れた光景だった)そうね・・・ふふ、案外こういうのは誰にでもある考えなのかしら
        ・・・ありがとう、アリー・・・・・(きょとんと)えぇそのつもりの発言だったのだけれど・・・でも私は貴女の母親じゃない・・・だから気の迷いよ(ちょっと恥ずかしそうにくすくすと) -- カレリア 2016-06-19 (日) 12:24:57
      • ありがとうございます…っ。(照れながら目を閉じて、撫でられる感触を喜びなら)
        そうなのでしょうか?…こういった部分で、自覚って中々出来ない物ですから。……良いのでしょう、か…?あ、それではカレリアさんの誕生日もお聞きしても良いですか?今度その分お祝いしたいので
        (洗った食器を布巾で拭いて、カチャ…と重ねたりしながら)…多分あると思います、隣の芝生は青いって言葉もありますから
        …私も普段からどうしたら良いか迷う事も多いです。迷ってばかりなのも困りますけれど…たまになら、迷うのも面白いかもしれませんよ。その、カレリアお母さま…?(口にすると照れが目立ちつつ、ママとかの方が良かったでしょうかと思ったりして
        -- アリー 2016-06-19 (日) 13:58:49
      • ふふっホント可愛いんだから・・(喜んでる様にニコニコと)
        えぇ・・なんでも背負い込んで嘘ばかりつく子もいるもの・・(少し悲し気に、悼む様に目を閉じる)ふふっ遠慮なんてさせないわよ?・・私の?9月よ・・・気が付けばもう過ぎているわね?(くすくす)
        (片づけを終えればまた席で一息ついて)そうね・・・なにかを持っているという事は、必ず何かを持っていないという事なのかもしれないわね・・・(だからそれを求めると)
        (そうねと応えて、それから呼ばれればきょとんと)・・・ふふなんだか他人行儀よそれ・・お母さんじゃ、ダメ? -- カレリア 2016-06-19 (日) 14:35:15
      • 私の場合は、嘘が付けないだけですから。…顔にも出るので隠そうとも中々出来ないだけで。…何か、あったのでしょうか(表情と雰囲気からか、そんな風に思い)では、少し遅れましたけど…誕生日おめでとうございます、カレリアさんっ
        …例えば、私が日光の下に出たいと思った場合…憧れみたいな物を持ってるとして、実際に出られる様になったら…その憧れは無くなってしまう…(何かを得ると何かを失うというのはこういうことでしょうかと)
        そ、そうですね。…では、改めて(一度深呼吸をしてから)お母さん、大好き…です。(はにかみながらそう口にして)
        -- 2016-06-19 (日) 14:53:28
      • それでいいのよ、嘘なんかつかない方がいいんだから・・・ふふっありがとうアリー?(少し擽ったそうに笑って)
        そういうことね・・・そしてそれは同時に新たな憧れを生んで・・・そしていつしか、出られなかった頃の自分を失う・・・なにがいい事で、何が悪い事かなんて分からないけれど・・・確かなのは、どの頃の自分の気持ちも本当で、かけがえのない物だという事よ(随分抽象的になっちゃったわと笑って)
        ふふっ(よいせっと抱き上げるとぎゅーっとして)ありがとうアリー・・・・・・・・でも大好きは言い過ぎよ?(セリフっぽいと意地悪気に笑ってぷにっと頬を突く)
        貴女は魅力的な子よアリー・・魅力的過ぎて惑わされてしまいそう・・・だから今日はこの位で失礼するわ(下ろすともう一度なでなでして)ご飯・・またいつでも作るわ?(またねと帰っていく) -- カレリア 2016-06-19 (日) 15:11:15
      • ええ、どうにも上手く誤魔化す事も出来ないので……最初からそのつもりも無かったりはしますし。(何かお渡し出来る物でもあれば…と少し思いながら)
        その時その時、今を大事に生きて行こうとも思いますし…これからも、ありますから。…少々過去に囚われ過ぎている感は少し私の中であったり(と、少しだけ憂いを覗かせ)
        きゃ…っ?(細くて軽いからだが抱き上げられて、照れ恥ずかしい気分もありつつ)…嘘は、付いてませんから(本心からの言葉だと言うことを伝え)
        (そうして降ろされて撫でられ)…えっと、良く分からないですけれど買いかぶり過ぎですよ。誰かを惑わすだなんてそんな大それた事…多分、出来ませんから。それでは、また…(そうしてそのままカレリアさんに手を振って見送った)
        -- アリー 2016-06-20 (月) 03:22:20
  • ロスタイム!今10月のロスタイムだから!はい、着替えて! -- ソニア 2016-06-19 (日) 00:01:54
    • うん、誕生日プレゼント。うちのお店の可愛い衣装のやつをアリーに合わせてみたよ。
      (18日24時はまだぜんぜん10月中だからセーフということにしながら)
      (あと、投下pngのアリー単体差分とかハヴェリー単体差分とか必要ならおだしするよ
      ハヴェリーの外見箒としか見つけられなかったんで、デザインは完全に想像なのであとどこ変えよう) -- ソニア 2016-06-19 (日) 00:06:14
      • は、はい…っ!?(手渡された服を着替える様にと言われるがままに着替えていく)
        (可愛らしい制服の様な衣装を身に纏わせてその場で少しスカートを翻して)
        …誕生日プレゼント…あ、10月だから…です、か?…ありがとうございますっ(嬉しそうに笑顔で答えながら)
        (傍らにハヴェリーがいつの間にかひょっこりとやってきていて)似合ってます、か?(どこか嬉しそうに自然な笑顔を見せ、嬉しそうに懐く箒のハヴェリーを楽しそうに見つめている)
        //わわわ…っ!ありがとうございます!ハヴェリーは特別なデザインはない普通の子ですね!嬉しすぎて言葉にならない位ですっ
        -- アリー 2016-06-19 (日) 05:38:25
      • qst086711.jpg
        (衣装用意したのは自分だけど、アリーの反応が可愛すぎてもはや言葉にならない言葉を勢だけで表現したソニア) -- ソニア 2016-06-19 (日) 06:01:03
      • ふゃぁ…っ!?(勢いに思い切り流されたりとかがよくありそうな感じかもしれない、勢いのまま抱きついたりして) -- アリー 2016-06-19 (日) 06:06:48
      • かわいい!ちょうかわいい!!(むぎゅーっ)
        (ちなみに、こないだアリーが、ソニアの部屋に来た時にごそごそやってたのがこのコスプレでした)
        パーティとかは企画しそこねたんだけど。せめてプレゼントはがんばった。あと着せたかった。お姉ちゃんは満足したよ! -- ソニア 2016-06-19 (日) 06:12:33
      • そんなにですか…!?あ、ところで合わせたって…もしかしてあの時していたのって…?(と、そこで気付いた様子で)
        …こんな風に祝って貰えるだけで、十分過ぎます。ありがとう、おねえちゃん(言いながらこちらからも抱きしめて)
        -- アリー -- 2016-06-19 (日) 06:24:06
      • どういたしましてー!うへへうぇへへ…新しい衣装とアリーの匂いする…。
        (抱きしめられながらソニアの笑顔はだらしなくなった)
        ぎりぎりセーフで間に合ってよかったー。今日は遅くなっちゃったからケーキ買ったりとかはまた明日やろうね♡
        (頬ずり、そしてほっぺにちゅっ) -- ソニア 2016-06-19 (日) 06:38:55
      • おねえちゃん、また顔が緩んでますよ…?
        (抱きしめながら正面の顔を見つめて、そんな表情もまた好きだったりしながら)
        …本当にありがとうございます。はいっ、その時はいっぱいお祝いしてもらえるように…と言うのも何だか少し変な感じですけれども。楽しみにしてます、ね…?
        (おねえちゃんの誕生日の時にはもっと何か凄い物を用意しなきゃ…と、内心で思ったりしていたりしたとか)
        -- アリー 2016-06-19 (日) 06:52:51
      • //もうすぐ7時なんではい、いったんおつかれさまですっ -- ソニア 2016-06-19 (日) 06:54:21
      • //こちらこそ、ですね。お疲れ様です -- 2016-06-19 (日) 07:01:51
  •  
    • //コメントアウトを別枝につけるいつもの習慣っ!時間もあれなので今日はぼちぼちひきあげますねぃ。あとソニアのこの反応?おそらくただの初恋の衝撃でしょう。 -- ソニア 2016-06-20 (月) 06:23:21
      • //今日もありがとうございます。…まさか!とは思いましたけど、言われてみればそんな気はしますね。それにしても、ここで初めてそう意識させてしまうとは…っ -- 2016-06-20 (月) 06:40:31
      • //今までどおりひたすらかわいいっ言うだけの生き物に徹する手もあったけれど、そのかわいさが当初の予想を遥かに超えていたとのことです。
        アリーはこういうこと言うって分かってたけど、分かってたけど・・・!かわいすぎたなぁ!あ、一応まとめる方向でいきますねぃ。ほんと限界時間までありがとうございます! -- ソニア 2016-06-20 (月) 06:44:48
      • color(crimson){//想像以上に可愛かったとは…!?こう言う時は可愛すぎてごめんなさい…だと、何だか凄く嫌味っぽいてすね
        いいえいいえ、連日ありがとうございます…!}; -- 2016-06-20 (月) 06:53:57
      • //初体験はめちゃめちゃ早いけど初恋は歳相応にまだなソニアさんでしたっていう。ちょっとくらい嫌味っぽくしてもそれはそれで興奮するよ!かわいいなぁ!踏まれたいなぁ!とかになる! -- ソニア 2016-06-20 (月) 06:59:46
      • //可愛すぎる…そんなこと言われたらSっ気に目覚めてもおかしくないかも…?(寝落ちしまいた) -- 2016-06-20 (月) 16:38:11
  • そして連日即わきする私です。ケーキ食べよう!
    (しゅばっとでてくるソニアさんです)
    黄金歴のレシピ…っていうやつらしいよ! -- ソニア 2016-06-20 (月) 03:28:55
    • おねえちゃんっ わ、わざわざこんな早くに用意を…?(驚きを隠せない状態になりながらも)
      あ、ありがとうございますっ …綺麗で美味しそうなケーキですね(食べるのが勿体無い位と呟きながら)
      …黄金歴……って、すごく昔の…あの…っ!?(そんなレシピが遺ってたのですねとそれこそ目を丸くしながら)
      -- アリー 2016-06-20 (月) 03:33:43
      • 大昔に実際に作られた時のまんまの製法なんだって!ああ、でも作られたのは今日だから出来立てだよ。
        (ケーキをテーブルへ)
        んと、前に16歳って聞いたから、10月で17歳? -- ソニア 2016-06-20 (月) 03:41:05
      • そんな昔に作られた物なら、形すら残ってませんから、ね。(甘い香りに惹かれながら)
        (お皿とフォークと、切り分ける包丁を用意して)
        10月に16歳です、ね。16歳です。ここから東の方にある国では結婚出来る年齢らしいですよ…?
        -- アリー -- 2016-06-20 (月) 03:52:25
      • アリーが結婚できちゃう年齢に…!そんなっおねーちゃんより早くお嫁さんに行っちゃうなんて…!そんなっ…!あっ、でもウェディングドレスは絶対似合いそう!!
        (なんか興奮してぎゅーと抱きつく14歳) -- ソニア 2016-06-20 (月) 04:01:08
      • だ、大丈夫ですっ そういういい人は今の所居らっしゃらないので…っ それだったらおねえちゃんも似合うと思いますよ、ウェディングドレス
        (そんな風に抱きつかれながら)…何だか少し気になりますね、その…結婚って。(いつかそうなれるのかなと思いを馳せて)
        -- アリー 2016-06-20 (月) 04:15:37
      • 結婚かぁー…大人になったらするんだろうなぁって思ってたけど。少し前まで自分が大人になるんだってことも全然感じたことなかったなぁ。
        (心地がいいからアリーには抱きついたまま。そう言って)
        でもこの街に来て、私は村に居た頃は知らなかった事も沢山覚えて、…私と少し似てるアリーも、きっと同じように成長してて…。だから、結婚したりするのもそんなに遠いお話じゃないのかもね?…まぁ背は、今年も全然伸びなかったんだけどっ。
        (前髪を触れ合わせるよう向き合って、悪戯ぽくにへりと笑う) -- ソニア 2016-06-20 (月) 04:39:13
      • 私も全く想像はつきませんね…このままずっと私が私のまま、暮らしていく…と、までは思いませんけれど。
        (抱きつかれたままどうなっていくのでしょうかと呟きながら)
        それだったら私も、いろんな苦労して…その分知った事がたくさんあって…急激ではない、緩やか変化もいっぱいです。…結婚はそもそもお相手の方が想像出来ないですよ(言いながらこれまで会った方を思い返し、これから出会うかもしれない方に思いを馳せて)
        …おねえちゃんの背が伸びたら、きっととても素敵にカッコいい風になるのでしょう、ね(それも楽しみですよ。と、微笑んで)
        -- アリー 2016-06-20 (月) 05:06:41
      • ほほぅ、可愛くでなくかっこ良く…。それを言われたのは初めてだなぁ〜。じゃあ、私がかっこ良くなったらアリーをお嫁さんにしてしまおう!
        (両肩に手をぽんっと置いて、キメ顔で声のトーンを低くイケボ風に)
        アリー…僕と幸せになろう…。
        そういうのもいいかもねー!アリーちょうかわいいしっ!大事な妹だし!知らない人にあげちゃうくらいなら…なんてもー!
        (キメ顔は2秒と持たなかった上に、テンションが変な急上昇した) -- ソニア 2016-06-20 (月) 05:15:20
      • …少しだけ私の欲求が入りました、おねえちゃんは可愛くなりそうだとも思いますけれど、かっこ良くなっても素敵だなって…って、ええ…っ?
        (肩に置かれる手と、表情がどこかキリッとして続けられる言葉。ほんのりと顔を赤くしながら)
        は、わわ…っす、少し本当かと思ってしまいました…っ(すぐに表情が緩んだ為、そういうのも悪くないかも…と言った思いも少し踏みとどまって)…でもそうなったら、おねえちゃんのウエディングドレスが見られませんよね、いっそ二人共ウエディングドレスになってみますか?なんて…っ(少しだけ冗談めかして見せて)
        -- アリー 2016-06-20 (月) 05:28:43
      • 二人共お嫁さんかぁ〜…♡
        (純白の衣装をまとった自分とアリーを想像して。頬に手を当てながら目を閉じる。すごく幸せそうな…あるいはだらしない緩み顔になり、想像の中でご丁寧にジープもハネムーン仕様になっていた。あの、後ろに空き缶とかついてる今時カトゥーンくらいでしかみないやつ)
        えへへ、へへ…あっ!それなら結婚式をお誕生日にしたら、結婚記念日とお誕生日がいっぺんに来て2倍ハッピーになれそう! -- ソニア 2016-06-20 (月) 05:40:10
      • (だいぶ乗り気になってますかと思いつつも)……お嫁さん、ですか…♡(やはり憧れというものはある様で)
        (2人揃ってドレス姿、そんな光景が現実になればきっと楽しいし幸せだと感じながら)
        (誕生日と結婚式を一緒に、の言葉に少し考えて)……おねえちゃんの誕生日って確か、4月でしたよね…。…しちゃいましょう、か?その、式……し、姉妹なのに私なんだか変な事言ってますよ、ね…?え、えへへ…っ(もじもじしながらはにかんで)
        -- アリー -- 2016-06-20 (月) 06:02:55
      • (しばし、ソニアは、アリーの顔を笑顔のまま見つめた。なんどか瞬きとかして)
        えっ…えと…ふ、ふつつかものですがよろしくお願いします…?
        (そして、急に顔を赤らめてもじもじしだした。なーんちゃってってやる前フリだろうか。いや…)
        や、でもほらほんとの姉妹ってわけじゃないし…。あ、あ…でも!お姉ちゃんって呼ばれるの好きだし、ほんとの妹みたく思ってるけど、ほらその、私の故郷ってそういう所ゆるいっていうか別に兄弟とか姉妹で好きでも全然って。それにアリーとは…な、なんどもえっち…とかしてるから、私は全然気にしないっていうか…。あ、あれ?あれれ…??
        (頬に当ててた手でぺちぺちと顔を叩いてみたり、胸を押し上げて心臓のあたりに当ててみたり…)
        な、何言ってんだろう私…ちょっちょっとまってね…急に、心臓とかどきどきして息とかっ…!なんかおかし…いって。ああちがうの、アリーは別におかしくないけど、私がね??ちょっ、急に壊れちゃった…?ジープみたいに?
        (顔真っ赤で、ちょっと涙目にすらなってへたりこんでしまう) -- ソニア 2016-06-20 (月) 06:20:32
      • こ、こちらこそふつつかものですが………お、おねえちゃん…?(普段と違う様子にどうしたのでしょうかと顔を覗きこみながら)
        う、うん…?えっと…何だかすごく顔が赤くなってませんか…?えっと…あの、大丈夫ですか…?(心配そうにオロオロとし始めながらも、様子を見ていく内に)
        ………あ、あぁ…なるほど、そういう事…でした、か。(と、その様子と動きから何となく理解できた様子で)
        大丈夫です、おねえちゃんは壊れてなんか無いです、よ?…不安なら落ち着くまでずっと抱きついてます、から…っ(へたりこんでいるソニアさんにこちらから抱きついて、落ち着く様にぽんぽんと撫でて行き)
        -- 2016-06-20 (月) 06:36:27
      • だ、大丈夫だと思うん、だけど…っ!はふぁぁぁ……ハっ!…ぅ、うん……あ、ありが…と…。
        (アリーの身体が触れると途端に、また鼓動は跳ね上がり、声は上ずった。まるで生娘だ。しかし、生娘のように身体に触られて悲鳴をあげ逃げ出すことはできない。アリーとは、触れるどころか交わったことすらあるわけで。触れられる事は、心地よいことだと思っているから拒む理由が見つからない。だからますます顔は赤くなり動機は早まり、まるで熱病のような熱量は逃げ場を失ってソニアの中に貯まるいっぽうで…)
        大丈夫だいじょう…あっ…。
        (とうとう、あまりの熱さに茹だったようになって失神してしまったのであった) -- ソニア 2016-06-20 (月) 06:57:22
      • あ、明らかに大丈夫そうには見えないのですが…お水とか飲みますか…っ?
        (これまで見たことのない様子にオロオロとしながら、顔を赤さが増して伝わる鼓動が早くなるのを感じながら気にかけている様で)
        ……おねえちゃんっ!?おねえちゃん…っ!(気を失った様子を揺さぶって呼びかけていたという)
        -- アリー -- 2016-06-20 (月) 16:36:08
  • 偶然再会した♪あなたに恋したの、不思議だよねっ でもほら優しいでしょ? あなたの傍に居たくて想い寄せるの♪
    なにも言えなくて、だから勇気だして想い伝える 強いこの気持ち♪yeah yeah…♪
    (まるで狂い咲く花のように暗がりの街路に明るい音楽を奏で歌う少女) -- らん 2016-06-20 (月) 19:31:45
    • (暗い道で聞こえてくる明るい歌声、この声はと思い歌い終わるまで立ち止まって聴いていようと)
      (目を閉じて、その歌声のリズムに軽く頭を揺らして)
      -- アリー -- 2016-06-20 (月) 20:00:58
      • いつも願う未来は あなたの笑顔、だけよ あ〜いつも一緒に笑ってたいよね♪
        早く気づいてわたしの 夢の春の予感を あ〜なんて恋しいあなたの存在…が♪(サビを繰り返し徐々に小さく声のトーンを下げていく)
        …はーっ(手のひらに吐息をかけて擦り合わせ、春を待ちわびるように星空を見上げる) -- らん 2016-06-20 (月) 20:29:32
      • …お疲れ様です。(パチパチと手を叩いて空を見上げるらんさんに声をかける)
        この時間に珍しい…でしょう、か?(基本は夜しか出歩かない為か、こうして歌ってる所にお会いする機会が少ない為そんな風に口にして)
        -- 2016-06-20 (月) 20:51:37
      • アリーさん、そういえばこの辺はアリーさんのおうちのそばでしたね(目的なくふらついていた、と口にして寂しさを隠して)
        最近お友達とお別れしたからなんか眠れなくってさ、歌って疲れればスッキリ眠れるかなって -- らん 2016-06-20 (月) 21:01:18
      • ええ、聞き覚えのある歌が聞こえてもしかしたらと思ってきたので…
        ……奇遇ですね、私もです。仲良くなれた方が、旅立たれたり…色々とあってお会いできなくなったり…(少しだけ寂しそうに俯きながら)……後は、誰かに今の思いを口にしてスッキリするとか…と言うのも悪くはないですよ。(と、暗にお話を聞きますと申し出て)
        -- 2016-06-20 (月) 21:09:23
      • アイドルさんをしているといつも見る人がふと、いなくなってまた見ると嬉しくなって、その繰り返しで、いつかまた会えるって思っていました
        でも、本当のお別れは初めてでちょっとスイーツさんでも埋められないものってあるんだなって(アリーの言葉に甘えて心のうちを開けて)
        …えへへ、アリーさんとお話しするときっていつもこんなしんみりとお話しちゃいますねっ
        夜できっとあんまり体力無いからかな…? -- らん 2016-06-20 (月) 21:16:13
      • …本当のお別れ、ですか。頭で分かろうとしても…受け入れ難い事、沢山ありますよね…(どこか実感の篭った言葉を口にしながら)
        …そういう風に、直後が一番辛くて、泣きたくなって、悔やんで…辛いのなら心の片隅に置いてしばらく見ない様にする、という事でも良いと思いますよ。…ただ、そうして…辛くなくなったらそちらを改めて見て、思い出して…受け入れて下さい。多分、そういう時に出来るのは…それくらいですから
        な、何だかすみません…こういう話ばかりになってしまって(と、恐縮しながら)
        …後は、暗い分夜にはそう言った話をイメージしがちだったりするかもしれませんね。…夜が悪い訳で無いですし、夜にも、良いところはあるのですが(と、続けて)
        -- 2016-06-20 (月) 21:42:17
      • いやいやーそんなことないよ、チョコも昔は甘くなくて今でこそスイーツさんだけど、最初は受け入れがたいものだったんだなって
        99%カカオのチョコ食べて思ったもん…なるほど、いいところっていえばさ、アリーさんとお話した後って
        とっても元気になる気がするんだーっ(先ほどまでがウソのようにぴょんと立ち上がって)ちょっとだけ夜のお散歩いきましょうっ
        きっと楽しいよっ(とぐいぐい手を引っ張って歩き出すのだった) -- らん 2016-06-20 (月) 21:56:56
      • 99%カカオ…ほぼカカオです、か…(中々食べるのも難しそうな気がとか思いつつ)そうなのですか?…だとしたら、お役に立てて何より、です(どこか嬉しそうに頷き)
        (立ち上がったらん山に手を引かれて)夜のお散歩です、か?…確かに一人よりも誰かと行けばもっと楽しいかもしれませんね。(と、引っ張られてその後をついていく)
        (歩きながら、らんさんと2人で並んでいると何となく普段と違った景色を感じて)
        -- アリー 2016-06-20 (月) 22:42:45
  •   -- 2016-06-22 (水) 22:20:36
  •   -- 2016-06-22 (水) 22:20:41
  • (我慢に負けた顔でロケ表回す) -- ソニア 2016-06-23 (木) 02:13:13
    • (最近調子がいいジープはエンジン音も当社比40%カットでスムーズで静かだった) -- ソニア 2016-06-23 (木) 02:16:39
      • (夕刻、自室にて机に向かって眠りこけている状態も然程珍しくない。)
        (机で散らかっているのは、アリーの腕に近いくらいの張型と大きめの男性用自慰器具で…そんな状況でも心地良さそうに寝息を立てている様で)
        -- アリー 2016-06-23 (木) 02:32:04
      • (昼でも暗い邸内は、夕刻ともなれば一足先に夜だが。正直目を閉じていても歩けるから困ることはなかった。水槽のあるエントランスを抜け、そっと忍び込むようにアリーの部屋へ。)
        …。
        (声をかけようとして…止めて。寝てる肩に手を伸ばそうとして…止めて。しばらくあどけない寝顔と、凶悪なサイズの張型とオナホが並んでいるのをぼんやり見つめて…。
        届けにきた荷物だけそっと机においておくことにした) -- ソニア 2016-06-23 (木) 02:51:29
      • (水槽も静かに何時も通り、一匹の魚が悠々と泳ぎ…いつもは動き回っている箒も一休みしているようで、私室の辺りに立てかけられたままの状態)
        (窓も無い部屋は間接照明等の最低限の灯りだけがあり、そんなぼんやりとした灯りの中で寝息を立てて)んぅ…?
        (置かれた音で、ピクリと動き…顔を上げて)……ん、おねえ、ちゃん…?(半分寝ぼけたままソニアさんの姿を見てそう口を開いて)
        -- アリー 2016-06-23 (木) 02:56:59
      • \ぴゃぃっ!?/
        (小動物か、しらたま君あたりが出しそうな鳴き声めいた声を出して、まだ後ろを向けても居ない状態でソニ子さんは固まった。机にはいつもの精液保存容器がおかれていて)
        …はぅっ。
        (薄明かりでもはっきり分かるくらいソニアの顔がみるみる赤く…) -- ソニア 2016-06-23 (木) 03:01:26
      • …は、う…?(鳴き声めいた声に思わず寝ぼけた目をぱちくりさせて、そのやり取りで少し頭が冴えはじめてくる)
        (机の上の精液保存容器と、ソニアさんとを視線を何度か行き来してから)
        お、おはようございます…おねえちゃん。…あの…だ、大丈夫です、か…?(と、眠い目を擦りながら心配して立ち上がろうとして)
        -- アリー 2016-06-23 (木) 03:10:44
      • だ、大丈夫大丈夫…大丈夫だからっ!ほら、アリーの方が疲れてるみたいだから、無理しなくていいのっ。
        (座らせようとして)
        その、すぐ帰るとこだから…うん。 -- ソニア 2016-06-23 (木) 03:17:39
      • …(座らせようとしてくるソニアさんの様子をじっと見つめてから、おもむろに腕を回して抱きつこうとして)
        わ、私なら少し寝たので大丈夫です、が………おねえちゃん、何か…我慢してませんか…?(と、顔をじっと見つめて)
        -- アリー 2016-06-23 (木) 03:27:01
      • ソ、そんなことないよっ!欲求に忠実な私だからね!私ができる我慢はオナ禁くらいなもんだよ!…はぅっ!あの、あの…えーと…。あの……。
        (抱きつかれると、頭の中で言おうとしていたセリフがあっさり上書きされて妙な間が空いてしまった)
        何考えてたのか出てこなくなったよぉ…っ!
        (半泣き半笑いで、アリーの髪を撫でる) -- ソニア 2016-06-23 (木) 03:41:57
      • は、はいっ あの、おねえちゃんの言いたいことは分かるような分かる様な…で……え、えと…?(目の前で言い淀んでいる様子を見ながら、抱きついたのが原因かとも思った物の…小さな身体でギュッと抱きついて)
        …じゃあ、おねえちゃんが今一番やりたいことって何です、か…?(髪を撫でられながら心地良さそうに目を細めて、もたれかかる。…こちらの鼓動が伝わる様にと、少し身を寄せて)
        -- アリー 2016-06-23 (木) 03:52:33
      • はっ…ぁっ…はわぁぁ…わっ…♡♡
        (可愛くおねえちゃんって言われて、ソニアがはわぁぁ…っとだらしなく弛緩する時の顔に泣きっ面までまじっておまけに耳まで真っ赤だ。そんな状態でふるふると声を震わせてやっと声を絞り出し)
        だ、やっぱだめぇ…っ!頭の中、いっぱい…いっぱい言いたいこと、とか、あとほかとか、あったのに全部真っ白なっちゃ…っ!
        あ、アリーに触りたいし、ぎゅって抱きしめたり、髪の毛さらさらってしながらキスとかして、ちょっと歯の尖ってるとこ?牙?牙だよねアリー吸血鬼だから、そこをベロでナデナデってするの実はすごい好きなのって。あとあったかいの、胸とかお腹のあたり暖か柔らかいなって思ってて、あっ今丁度私のお腹に胸あたってて♡アリーってば乳首の周りのところなぞるみたいに転がすと腰がピクンッってなるよねぇっあれが可愛くって。あとすごく細いの気にしてるの知ってるけど細いからキスしてるついでに下着を覗き込むと隙間ができててへへへーってなるから、そこの隙間のお腹のくぼみのとこもぺろぺろって♡それからもう足もかわいいよねでも私ストレートにえっちすぎるから、ついついいつも割れ目の方に手が行っちゃって、指の半分くらいまで入れたとこで上のとこトントンッ♡てするとすごい可愛い声だすからそっちに釣られるのはしょうがないってああーでもやっぱり足もいいとおもうの、寝てる間に膝の裏2〜3回は舐めたことあるし、ごめんうそ、アリーのとこ泊まったりする日はたいていやってる。くすぐったがって面白い。でもやっぱりおでこにちゅー♡ってするのがおねえちゃんっぽくて好きかなぁっ!っていうかもう可愛い!すごい可愛い!可愛くて側に居るだけで心臓止まりそう!最近アリーの声聞いてるだけで何秒か時間飛んでることあるから、ボスにキングクリムゾンされてるんじゃあなければきっとほんとに止まってるなぁって。じーぷが直ったのに私がポンコツだよ!はぁぁおかしいって♡私おかしくなっちゃってる…♡♡こんなの知らないし、どうなっちゃってるんだろう、もうどうにでもなっちゃえばいいかなっ!?おなかっアリーがちょっと背中そったりふりかえったりするとお腹が動いてて…っはぅっまた心臓と頭がっ…!♡♡どうしよう、なんで精液飲んでもらおうとおもっていっぱい頑張ったのにいつもみたく飲んで♡ってできないの!?なんとなく好みわかってきた感じするからちっちゃいのにエッチで身体中いっぱいなカレル君の精液とか今日も搾りたてして…そうだおなかっお腹に垂らして私が口で吸い取ってから口移しとかってぇ♡♡♡やりたいやりたいっアリーが飲んでるとこすっごいみたいーってノリノリでえっちしてきたのにはぅぅだめぇっ♡頭がからっぽになって何も言えなくっ…あっまた心臓が………! -- ソニア 2016-06-23 (木) 04:20:30
      • (頭の中から消えたと思った思考が、なるほど口からスイと出ていた) -- 2016-06-23 (木) 04:21:19
      • はぁ…はぁ……はぁぁっ!?
        (また心臓がっ!) -- ソニア 2016-06-23 (木) 04:21:58
      • あっ違っ…違わなけどっ…あっ…! -- ソニア 2016-06-23 (木) 04:28:02
      • (顔を覗き込みながら、色んな思いが渦巻いていそうな表情を心配そうに見つめて、絞りだそうと声を震わせている様子を見守り)
        ……っ(次々と浴びせかけられる言葉のシャワーを漏らさず受け止めながら、顔を赤らめたり驚いたりとこちらは表情をころころと変わっていく)
        た、確かにキスの時にやけに牙の辺りが舌を絡ませられて、それが私も好きです、ね…♡あ、えっとそれから…は、はい!あの、おねえちゃんの柔らかいおっぱいの方がどうしても気持ちよくって自分のことあまり気にしてませんでしたけれど…!わわ、あ、そ、そんなところまで見てたのですか?…た、確かに弱いですし、これ以上小さいサイズだと子供用とかになってしまって…その、出来れば可愛らしいだけじゃない私も見て欲しいって下着に今はしてます、からっ …そ、そうですかお腹のこの部分が…え、え?足?私が寝てる時に足を…?ん、う…弄られた覚えはあんまりなかったですけれど、そんなに足を…確かにたまにくすぐったい時とか…起きた時に少し不思議な感覚があったとは思ってましたけれど…う、ん…もう、まあ…おねえちゃんなら寝てる時でも良いかな、って…え、え?か、可愛いと言われるのは分かりました!分かりましたけれど…心臓は、心臓は落ち着いて?大丈夫ですか?本当に大丈夫ですか?どこまで私が好きすぎるのですか?私ももっと好きですし、もうおねえちゃんの子とか産んでみたいとかずっと思ったりしてます、し…っ 頑張って、おねえちゃん頑張って…!?あ、あの、深呼吸して?落ち着いてからその、精液飲むところも何でも好きなところ全部見せますから…っ

        (あわわと慌てふためきながらも、胸を抑えようと……)これ私が触ったらもっと悪化したりします、か?ちょ、ちょっと落ち着いてくれないとおねえちゃん呼びじゃなくてソニアさん呼びに戻しますよ!?(顔を赤くしたまま目を軽く回しかけて)
        -- アリー 2016-06-23 (木) 04:38:05
      • ヴェア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛ア゛!? 
        (奇声を発してソニアは卒倒!)
        (あまりの悲鳴に驚いたのか、邸内に飛び込んで来て変形したジープが横倒しになりながら部屋を覗き込んだ、エントランス広くてよかった!)
        まっておちつく、おちつくので…考えてたこと、どっかいっちゃったっておもったら、全部口からでちゃっただけなの…だから、おねえちゃんって…おねえちゃんって…。
        (カタカタプルプル、擬音にするとこんな感じだ) -- ソニア 2016-06-23 (木) 04:46:32
      • ヴぇ…っ!?(突然の奇声と卒倒に思わず真似た言葉が口からこぼれて)
        な、ああ?!じじじジープさん…?!(扉から覗きこんでくる大きな頭に更に驚きながら)
        だ、大丈夫…大丈夫です…っ、そんな所もソニ…おねえちゃんのこと…大好きです、から…っ
        (お部屋の中で震えている様子のソニアさん、安心させるようにそう語りかけて、少しもじもじしてから)…口から出ちゃった後は、今言った事…して、くれないんです、か?(と、どこかねだるように言葉を続けて)
        -- アリー 2016-06-23 (木) 04:57:38
      • (バネめいてソニアは跳ね起きアリーのすぐ側に着地!)
        するっ…!するよぉ!
        (アリーの手をしっかりと握って、まっすぐに見つめ返しながらソニアは力強く頷く。 その力強さに安心してジープ殿もビークルモードへ戻りしめやかにエントラスよりと戸外へバック)
        …ところで、赤ちゃんほしいって言わなかった?私の。 -- ソニア 2016-06-23 (木) 05:05:51
      • (目の前で飛び起きる様子、即座に立ち上がってる様が一瞬スローモーションに見える程綺麗に見えて)
        …よ、良かったです…(少しホッとしながら、手を握られて見つめあって。…ジープさんだけじゃなくハヴェリーもこちらの様子を伺ってたけれど、安心したのか館内の掃除に移動して行って)
        ………あ(どさくさ紛れに言った言葉をしっかり聞き取られていた様で、顔を真っ赤にしながら)…っ(言葉は発さず、小さく頷いて)
        -- アリー 2016-06-23 (木) 05:13:23
      • …………っ!はっ…あっ、…はわっ…あ…っ!
        (ソニアの顔も真っ赤っ赤だ。そして今度は、薄暗い照明の中でも輝きそうな表情も混じっていて…)
        できるっ!……っと思う!ほんとに…できるって…やりたいってアリーにっ…わた、わた…しの…はぅぅっ!!
        (最近ソニアには卒倒癖がついてしまったのではないだろうか。これで2回目の気絶オチ!ソニアの顔は真っ赤っ赤だった) -- ソニア 2016-06-23 (木) 05:24:09
      • おねえちゃん…おね、おねえちゃん…!?(目の前で自分よりも顔を赤くしている様子に恥ずかしさも吹っ飛んだのか)
        (そのまま卒倒する様子を再び見届ける形になりながら)あ、ぅ…お、おねえちゃん…こ、これは私が悪いのでしょうか…?(とにかくどうにかベッドに寝かしつけ様として、そして目覚めるまで見届けようと)
        -- アリー 2016-06-23 (木) 05:32:43
      • …んっ(少し肌寒さを感じて、横になっているソニアさんを見てから…いそいそと添い寝をして、寒くならない様にと考えて)…あったかい、です(と、心地良さげに微笑んで) -- アリー 2016-06-23 (木) 05:35:19
    • //今更おもったんだけどこれこのまま続けちゃってもいいやつだったのかな -- ソニア 2016-06-24 (金) 03:20:31
      • //流し忘れ…ではなく、流しそびれですね。 -- アリー 2016-06-24 (金) 03:23:56
      • //あ、はい(おとなしく座る) -- ソニア 2016-06-24 (金) 03:26:06
      • //という訳で流しますので…続きは下で仕切り直しでいいでしょうか…? -- アリー 2016-06-24 (金) 03:31:58
      • //はい!(シュバッと立ち上がる) ああでもなんか最近ほぼ毎日押しかけてるから疲れてたらやすんで。 -- ソニア 2016-06-24 (金) 03:36:30
      • //何時も通りの時間か、昨日と同じ位までなら大丈夫ですよ。それに、ソニアさんとはもっと色々としたりしたいですし…っ -- アリー -- アリー 2016-06-24 (金) 03:43:08
      • //はい! -- ソニア 2016-06-24 (金) 03:47:46
      • //ではちょっと新しいツリー立てて来ますね? -- アリー 2016-06-24 (金) 03:49:56
      • //めっちゃ今たてようとしてた、しょうとつしなくてよかった、おまかせしますっ -- ソニア 2016-06-24 (金) 03:55:18
      • //だいぶゆっくりめの立ち上がりになりそうですが…OKですー -- アリー 2016-06-24 (金) 04:04:17
      • //ちょっと気合入れすぎそうになったので、はいゆっくりめでリラックスしながらでいいとおもいます。 -- ソニア 2016-06-24 (金) 04:07:38
      • //そんな事言いつつも、言われた事を徐々に再現したくなってますね -- アリー -- 2016-06-24 (金) 04:15:39
      • //ちなみにあの長いの元は倍くらいありました。 -- ソニア 2016-06-24 (金) 04:16:31
      • //…全文見たくなってきました。あ、この場で先に言っておきますね?おねえちゃんなら寝てる時でも何しても…良いです、よ…? -- アリー 2016-06-24 (金) 04:32:10
      • //あれは貼付け用のメモ帳に書きなぐっただけなので保存はしてなかったですね、ちょっともったいなかったような、アリーがエッチしてるところ見たいだのもっと中出ししたいだの書いてあったので残さなくてよかったような。あといいんですね?しますからね、寝てる間におねーちゃん本気だしちゃうからね!でも向こうのはちょっとおもしろくなってきたから、まだ寝てる! -- ソニア 2016-06-24 (金) 04:50:27
      • //…私もおねえちゃんがエッチして気持ちよくなってる所は見てみたいですし、中出しされたところとか直接吸い出したいとか…思ったりは少しだけしてます。後自覚してなかったんですが自然とおねえちゃん呼びしてました…意識してませんでした…っ
         同意してるので問題無いですし、おねえちゃんになら何されても良いですから…? これは積極的に攻めるしか無いです? -- アリー 2016-06-24 (金) 04:58:26
      • //実は中に出したの飲んでもらおうとおもって、そういう精液もパッケージングはすでに完了してる…!
        ごめんねなんかこっちでもやたらうるさくて、ほっとくといくらでも反応しちゃう。かわいいなぁーっ。積極的にいくしかないなー! -- ソニア 2016-06-24 (金) 05:06:18
      • //それもそれで、素敵ですね。まあ、その…可能ならどこかで直に飲みたいなと…?
        ここまでストレートに言われると最初は私で良いのかと戸惑いもありましたけど、何だか段々楽しくなってきまして…!あまり積極的な攻めは経験無いのでお手柔らかに…?
        -- アリー -- 2016-06-24 (金) 05:17:21
      • //可愛すぎるから他の人ももっと手出せばいいのに!っていうよくわからないことになるくらいアリーが良いよっ!うんっ攻め自体はわりとノーマルなことするので、ハードなのじゃないと興奮しないとかはないので!
        でも精液風呂にはネタじゃなくて本気で沈めようと思ったくらいにはどろっどろになるようなえっちが好きです。ふへへっへへっ -- ソニア 2016-06-24 (金) 05:26:02
      • //…直接精液を絞らせて下さいと何人かにお願いしてるんですけれど、何か遠慮されてしまうんですよね。まあ…段階踏んでるのもあるのですが。あ、私が、積極的な攻めの経験が無いというだけなので。
        あの精液風呂はすごかったですね…ああいうのも全然バッチコイなので…多分、思っている以上にえっちなのが大好きですので…はい…♡
        -- アリー 2016-06-24 (金) 05:31:55
      • //アリーはすごく可愛く恥ずかしそうするから可愛いけどついやらしさより、やさしみが先に来ちゃうのかもしれない。いっそ私と2人で組んで乗り込んでみたりしたら。
        ほら、私は寧ろ相手押し倒してシゴキにイケるタイプなので、なし崩し的にアリーも巻き込んでいけるかもしれないっ!精液風呂よかったよねー、とにかくアリーが精液にまみれてるとこが好きなので。ほんとにっそしてあと自分からもうごきたくなってつい起きました。っていうか実は起きてました。アリーとおそろいにしようとソニアも実は前髪のばしてるので、それ動かすとかなり大きな刺激になるので、髪いじられた時にもう起きてました。 -- ソニア 2016-06-24 (金) 05:37:00
      • //そしてまたブレーキがアクセルにすり替わってましたが、5時半まわったので、いったんとめておきましょうか、っていう…。 -- ソニア 2016-06-24 (金) 05:45:00
      • //最初が恥ずかしさとかそういうのが先に強く印象に残ってたのかもしれませんし、なるほど…無理しない範囲でちょっと回ってみようと思います。2人で組んで乗り込むのも魅力的ですけど、相手の負担考えると何とも…?
        押し倒すどころか、基本お願いな所がちょっと弱いのでしょうか?精液をもっとかけられて、掌についた分とかを舐めとったりとか色々してみたいんですよねぇ…
        前髪伸ばしてたのですか…っ!…あ、あれ?髪を弄られた時ということは、ほぼ頭の方から気付かれていました…?
        -- アリー 2016-06-24 (金) 05:48:13
      • //3Pは大変、とはアト山も言ってましたからね。いろいろ経験しておちんちんへの興味が隠しきれなくなってきた感じだと行けるかもしれない…可愛すぎるかもしれない…。
        あ、前髪の下り、向こうでのネタにしようとおもってたのを、思わずこっちで言ってしまったので。いつから起きてたかは、やっぱり本編ではぼかしときます。はい。 -- ソニア 2016-06-24 (金) 05:53:11
      • //基本1対2か、1対1対1になりますから…1対1と比べるとテンポとか悪くなりますし。……触らせて下さいとか、少しお口に触れても良いですか…?とか、あの…私も気持ちよくして、欲しいです…とか、段階的にしていければ…お付き合いしてくれる方をどこかで探す必要がありますでしょうか…?
        なるほど…了解しました!
        -- アリー -- 2016-06-24 (金) 05:59:17
      • //ソニアさんのお客さんなってくれた人とかね頼みやすいよね!ソニ子さんからお願いすることもできるし。そういう意味でも私ももっとお客獲得に向けて頑張るといいねっ。
        あともう6時だけど大丈夫?そろそろセーブしておいたほうが… -- ソニア 2016-06-24 (金) 06:05:37
      • //そうなると…私も名目上所属することにして、新人のお手伝いとかそういう名目のほうが相手もお願いしやすかったりするでしょうか…?とか思ったり
        ではすみませんが、セーブお願いします。今日もありがとうございました
        -- アリー 2016-06-24 (金) 06:09:42
      • //姉妹でえっちで娼婦でって興奮が止まらないです!ホントに娼婦になるかどうかは別として、そういう理由でお願いするのいいよね…すごく興奮するっ。
        はい、こっちこそ今日も朝までありがとうございますっ! -- ソニア 2016-06-24 (金) 06:15:46
      • //思い切り乗っかってしまうことになりますが…凄く良いと思います、凄く。(ぐっ)
        それでは、おやすみなさいです。ではー
        -- アリー -- 2016-06-24 (金) 06:19:20
      • //はーい、おやすみー -- ソニア 2016-06-24 (金) 06:20:53
  • あけましておめでとーございます!と言うことで挨拶にきました!(まだ戻れてない肉ウサギ) -- アリス&(・x・) 2016-06-27 (月) 23:48:30
    • あ、あけましておめでとうございます。アリスさんは、その…相変わらず、みたいです、ね?……むしろ以前より少し膨らんだり、してませんか…? -- アリー 2016-06-27 (月) 23:50:14
      • ご、ごはんがおいしいので……!(本来食べても影響しないがいろいろあって影響するようになった様子、お腹とか、つまめます) -- アリス&(・x・) 2016-06-27 (月) 23:53:44
      • …それは、確かに仕方ないかもしれません。(ちょっと触れても良いでしょうか?と、言いながらお腹を撫でようと) -- アリー 2016-06-28 (火) 00:06:16
      • ん、まあ問題ないですがー(触ると摘めるぐらい柔らかいお肉になってるお腹) -- アリス 2016-06-28 (火) 00:07:45
      • …何だか凄いことに、なっちゃってますね…?あの、色んな栄養が詰まってる…みたい、な…?(そう言いながら触る手を止めずに、軽くつまんだりして) -- アリー 2016-06-28 (火) 00:14:38
      • まあ栄養たっぷり!と言う気はしますが、みゃぁぁ(むちむちの張りと柔らかさが両立する不思議な感触) -- アリス 2016-06-28 (火) 00:28:56
      • …たしかにその、凄く詰まっているのは…見て分かりますけれど(触りながら、大きくふくらんだままの胸元を見て)
        …あの、また飲ませて頂いても良いでしょう、か? -- アリー 2016-06-28 (火) 00:32:05
      • ん、アリーさんにとっては食事ですしねー(気持ちいいのは嫌いじゃないどころか大好きになってしまってるので胸元を肌蹴て)
        普通の食事ができないのはやっぱり不便な感じです?カレーとか食べれなくて(相変わらず大きすぎる乳輪の肉ウサギ) -- アリス 2016-06-28 (火) 00:34:12
      • …もうすっかりサキュバスか何かになってる気がしてきます。(そう言いながら肌蹴させられる胸元、大きさに思わずため息を漏らして)
        あ、普通の食事は出来なくは無いのですが…栄養にならない、お腹にたまらないという点がネックでして……(目の当たりにして、二度目とは言え恐る恐る手を伸ばして)
        -- アリー 2016-06-28 (火) 00:42:33
      • 意外と吸血鬼と近いものかもしれませんねー?アリーさん自身が母乳体質とかになってもだめなんです?
        ん、それは残念です、でも味だけは楽しめるならまだましかもですねー(手で触れると徐々に大きい乳首が勃起し、ミルクも滲み始め) -- アリス 2016-06-28 (火) 00:45:10
      • サキュバス経由で吸血鬼になる可能性も…何だか無さそうな気がします、なれても何だか全く新しい種族な気がしますし…。自分が出した物を摂取しても、徐々に目減りしていきそうな気がしますから
        …わ、わ…っ(むくむくと膨らんで、滲む様子に慣れていてもドキドキが止まらないでいて、そのまま小さな手で包み込みながら)
        -- アリー 2016-06-28 (火) 00:51:58
      • 逆は、なさそうですねぇ?んー、確かに補給できないと厳しいですね
        んふー、アリーさんの反応はいつも可愛いですねー(手で包むと既に母乳でしっとり濡れていて) -- アリス 2016-06-28 (火) 00:53:29
      • なので、誰かから頂くのは…変わらないですけれど…段々自分が正直よく分からなくなってきてます、ね…(このままで良いでしょうかと不安にもなりながら)
        はわ…っ…あ、あまりその…こんな風に乳首を握るのはしたことが無い、ので…見てきた限りではアリスさん位しか、こんなふうになってませんけれどこれが一般的なのでしょうか…?(と言いながら、濡れて固くなっている乳首の先端に恐る恐る唇を近づけて触れさせようと)
        -- アリー 2016-06-28 (火) 00:58:37
      • んー、まあ私はいいと思いますがー?(軽く胸で頭を抱きしめミルクの匂いで包み込み)
        いえいえー、これは芝浦サッカースタジアムと言う特殊なトラップの結果ですから!ひゃふ♪んー、まあ似たような体系になる、かも知れない薬はつくってみましたが使います?(甘いミルクが徐々に溢れ始め) -- アリス 2016-06-28 (火) 01:01:46
      • (包み込まれる匂いを、吸って吐いて…少し悩ましげに息を漏らし)
        ……お、お気持ちだけで、私はその…今のままで良いかなと…(言いながら、甘いミルクが溢れる先端に口付けして吸い付き始めて…そのまま少し口を開いて咥え様と)
        -- アリー 2016-06-28 (火) 01:09:03
      • うーん、残念、実験げふげふ、被験者を増やして安定を図りたかったのですが、みゃぁぁぁ♪(口に含むと少しずつミルクの量も増え、吸い続けるぐらいでないと溢れそうになり) -- アリス 2016-06-28 (火) 01:13:43
      • …何だか凄い不穏当な発言が三重になって聞こえた気がするのですが…ん、んんっ
        (咥えたまま吸い続けながら、軽く頭を前後させて…少しずつ飲んでいって))
        -- アリー 2016-06-28 (火) 01:15:39
      • きのせいです(きのせいです)
        ん、みゃぁぁ、アリーさん舌使いが上手です♪(銜えていない方の乳首からも溢れるので搾乳機で瓶に貯め始め) -- アリス 2016-06-28 (火) 01:16:59
      • 気のせいなら良いのですが………元に戻れないとちょっと、困ってしまいます、し。
        んん…は、ふ…っ(口を開いて、片手で軽く扱きながら口へとミルクを溢れさせていく。そんな様子をあえて見せる為に口から離して…再度咥え込みはじめて)( -- アリー 2016-06-28 (火) 01:23:41
      • まあ、私以外はだいたい戻れるのが確認済みですがー(短い人は1ヶ月持たないので、と付け加え)
        みゃぁぁぁぁ♥いやらしい感じがしますがなんだか気持ちいいですね♥(溢れる分も吸い出す分もどろどろの濃すぎるミルクに変化し始め) -- アリス 2016-06-28 (火) 01:26:01
      • 一ヶ月……ですか。(少しだけ迷いながら、考え込んでいる様子で)
        こうすると…喜んでくれると、聞いた事がありますので…ふぁ…ぁ…あ、どろどろが…服に付いちゃって…(と、少しだけ着衣を乱しながら肌を晒しつつ、ミルクを飲む口は収まらずに)
        -- アリー 2016-06-28 (火) 01:31:07
      • 人によってはぜんぜん効果が出なかったりも、私みたいになるのはまだ確認されてないですがー
        んにゃぁぁ♪確かに気持ちいいです♥(粘り気のある濃いミルクが両胸から溢れ、瓶も2本目にしないといけなくなり) -- アリス 2016-06-28 (火) 01:33:19
      • ちなみに、どんな風になるのです、か…?(アリスさんみたいにならないのであれば、と気になることは気になる様で)
        …これだけ硬いとその、色々と入りそうな気もしてきます、ね…?(言いつつ、舌を動かして口淫に近い形で頭を動かしながら…乳房に手を添えて軽く絞る手付きも合わせて行い
        -- アリー 2016-06-28 (火) 01:38:30
      • 最大で私みたいに、最小だとちょっと3サイズアップぐらいですねー(今のところ最大反応はないですねーと残念そう)
        ん、入れたり入れられたりもできちゃうかもですね?にゃぁぁぁ♪(手が搾る動きになるとまるで射精しているかのような勢いでミルクが溢れ続け) -- アリス 2016-06-28 (火) 01:43:01
      • 3サイズアップ……えっと、触手とかそういうのがくっついたりとかは無い、ですよね…?(やはり興味自体はあるようで)
        …ふ、ぁぁ…っ あ、いっぱい…んん…っ(溢れ続けるミルク、勢いがつくと咥えてられなくなって口を離し…身体を白くドロドロで染め上げられて
        -- アリー 2016-06-28 (火) 01:46:49
      • あくまで私がこうなった要素を抽出したものですから、過程をすっ飛ばして結果が出ますねー
        にゃぁぁぁ♥ちょっととまらなくなりそうです♥(口を離してもびゅるびゅるとミルクが溢れお互いの衣装を白く染めて) -- アリス 2016-06-28 (火) 01:48:13
    • なるほど…………や、やっぱり少し考えさせてもらっていいでしょう、か…?(と、飲むのはやはり躊躇って)
      あ、ぁ…ぁ…匂いとか、凄いことになっちゃって…ます…ね…ぁ…っ(白く染め上げられてゾクゾクと身体を震わせ)
      -- アリー 2016-06-28 (火) 01:55:33
      • それじゃサンプルおいときますねー(12個いりの錠剤を置いて)
        んふふー、ねちゃねちゃになっちゃいますねー(ぎゅっと抱きつくとミルクが卑猥な水音を響かせ) -- アリス 2016-06-28 (火) 01:56:34
      • ちょっと使うかどうかは分かりませんが…(とりあえず所持しておくようだ)
        ふにゃぁ…っあ、ぅ…凄いことになっちゃって、ます…これだけで…少し気持ちいい、かも…。
        -- アリー 2016-06-28 (火) 01:59:48
      • 他にも、生える薬とかも作れちゃいましたけどいりますー?(毛はえ薬を弄ってたら何故かちんこが生える薬に進化した)
        んふふー、ねちゃねちゃになっちゃいまいたね♥これはこれで気持ちいいです♥(お互いの体にミルクをしみこませるように擦り付けあい) -- アリス 2016-06-28 (火) 02:02:03
      • ……要ります(ポツリと呟いて手を差し伸ばして受け取ろうとして)
        です、ね…気持よくて、少し変な気分に、なって、しまうような…(と、擦り付けられていくことでクラクラとし始めて)
        -- アリー 2016-06-28 (火) 02:06:46
      • ん、アリーさん的には必需品かもですね(12個いり3枚の36個差し出す)
        ふふ、変な気分ですー?(大きい胸や柔らかいお腹で全身包み込むように抱きつき) -- アリス 2016-06-28 (火) 02:08:49
      • こ、こんなに…良いのです、か?(差し出された分を受け取りその量を見て)
        その…変な気分は、変な気分で……あ、えっと、何だか……少しやらしい気分、に…(声が段々と小さくなり始めながらも、そう呟いて)
        -- アリー 2016-06-28 (火) 02:12:33
      • ある意味失敗作ですが量産できますからー(元の毛はえ薬も作れる、ただし頭髪ははえない)
        いやらしい気分になっちゃいますー?私はさっきからそんな気分でした♥(抱きついたまま頬に口付けして) -- アリス 2016-06-28 (火) 02:15:30
      • 再現性が高い分、量産出来るのです、ね…。(そういう事なら今回は頂きますと)
        す、すみません…ミルクを貰ってるのに、そんな事を言い出してしまいまし、て…っひゃぅ…(頬に口付けされてビクっとしながら、こちらからもギュッと抱きついて)
        -- アリー 2016-06-28 (火) 02:17:40
      • そんな感じです、頭髪だけはだめですが
        いえいえ、私も気持ちいいのは大好きですから♥んふー♥(ぬちゅぬちゅとミルクまみれになりながら抱き合い) -- アリス 2016-06-28 (火) 02:22:10
      • ……何だかどんどんサキュバスになっていってる気がしますけれども(ふたなりにさせてミルクを頂く事を考えている様で)
        じゃあその‥お、お礼に私で、気持よくなりません、か…?(まだ、飲む勇気は無いですけれどと受け取ったばかりのそれを差し出して)
        -- アリー 2016-06-28 (火) 02:25:05
      • ん、それじゃ、使っちゃいます?(受け取りながら微笑み)
        //しかしちょっと眠気が、また後日と言う硬いでいいですかー -- アリス 2016-06-28 (火) 02:37:51
      • …頂いた、お礼ということも兼ねて…その、どうなるか気になりますし
        //了解しましたー。一旦区切って、後日仕切り直しと言うか続きからでこちらもお願いしたく
        -- アリー 2016-06-28 (火) 02:40:22
  • アリー、アリーっ!アリー…愛してる! -- ソニア 2016-07-01 (金) 02:52:45
    • おねえちゃん…っ!?…あの、抱きしめて貰っていいですか…?(おずおずと腕を広げて) -- アリー 2016-07-01 (金) 02:55:17
      • うぉぁぁあああっっ!!
        (唐突に愛を告白してからソニアは、唐突に顔を両手で押さえて転げまわった!)
        ぬぁあぁあぁぁぁ…ッッ!!
        (唐突にブレイクダンスめいて背中で逆立ち状態になり跳ね起きると、唐突にアリーに抱きついた!というか目が回ってしがみついたのかもしれない)
        はぁー…はぁー…っヤッパだめぇっ。心臓が跳ねまわりすぎて、目、めまいが…ッ!はぁぁ…最近ずっとこうだから!アリーをみておねーちゃんこんなんだからぁ!いっそ考える中で一番考えるだけで頭ふっとーしそうなセリフを言えば一周回って落ち着くかとおもったらっ…らっ…ッ!!!スゥー…ッ…ハァー…ッ!…アリーの匂い超落ち着く……。
        (彼女の心音は早鐘のようだった)
        はぁぁ…あっ…ごめん、今なんて言ってたのアリー。 -- ソニア 2016-07-01 (金) 03:04:22
      • (年明けからお話する機会が中々取れず、どこか寂しさを感じていたところに唐突な愛の告白。ただそれが嬉しくて思わずしてほしい事を口走り)
        (とはいえ、目の前でソニアさんが転がり回る様子には目を丸くして…抱きつかれて嬉しくてこちらからも腕を回して抱きしめて)
        あぁ…あ、あ…おねえちゃん、…おねえちゃぁん…っ(匂いを嗅がれながらのソニアさんの息遣いを感じて切なげな声を漏らしながら、伝わる鼓動が心地よく目を細めて)
        …はぅ…ふぅ…ん、えっと…大好きなおねえちゃんに、抱いてほしいって…言いました…♥)
        -- アリー 2016-07-01 (金) 03:13:53
      • ウェァッ!?そっか、うん!私もアリーをぎゅーってしたいと思ってたよぉ!
        (ちょっと奇声が出かかって、鼓動が大きく跳ねた。体を押し付けてたら心臓がバックバク言ってるのがまるわかりで、なんとも体の内も外もむず痒いような思いがするけど。こんなに可愛く抱いて欲しいと言われたら離れるわけにはいかない)
        あ…ぎゅうってしてると、逆に落ち着く…。 -- ソニア 2016-07-01 (金) 03:23:16
      • わ、ぁ…おねえちゃん、あったかい…っ♥
        (伝わる鼓動はソニアさんだけではなく、こちらからの鼓動も伝えていきながら…抱きしめられたまま、こちらもスーハーと匂いを嗅いで)
        …このまま、落ち着くまで抱きしめていていいですから…ね…?
        -- アリー 2016-07-01 (金) 03:32:21
      • うん…っ。あーへへっ。落ち着くは落ち着くんだけど…こうしてるとアリーの事で頭が一杯に……はわっ!アリーの息がちょっとくすぐったい…。
        (少し、身を捩る。ぞくっとした) -- ソニア 2016-07-01 (金) 03:37:07
      • 大丈夫です、よ…私はとっくにおねえちゃんで頭がいっぱいに…わ、わ…すみません、ちょっと我慢できなくてつい…っ
        (少しだけ落ち着きながらも、抱きしめる腕は緩めずに)
        -- アリー 2016-07-01 (金) 03:41:44
      • あはっ、なんだぁじゃあ一緒だぁ♡
        (アリーの髪に頬をつけて、柔くなでるように擦りつけた)
        どうしよう…アリーの事考えてすぐ苦しくなるのなんとかしようとおもって。アリーの側で、前みたく普通に居られるように特訓しようと思って来たのに…。
        (ソニアも抱きしめている腕を離す気配はなく)
        アリーの抱き心地がよすぎるよぉー♡ 離れらんないー♡♡ -- ソニア 2016-07-01 (金) 03:49:07
      • (頭…髪の毛に頬擦りされながら求め合ってる事は一緒だと言うことにどこか嬉しく感じ)
        …苦しくさせてしまうのは、その…私も何でも協力するのでどうにかしてもらいたいなとは、思いますけれどー…どうすれば良いのでしょう、か…?
        …こういう風にくっついている限りは大丈夫なんですよね?…とりあえず、このままで…居てほしいです(抱きしめられたまま、そうつぶやきながら)
        …はぅ…♡(抱きしめられている感覚が、心地良くて次第に思考が蕩けていって)
        -- アリー 2016-07-01 (金) 03:57:07
      • (→1.このまま抱きしめる 2.ひとまず抱きしめる 3.少し考えて抱きしめる 4.決断的に抱きしめる)
        特訓は…後にしよう…っ。
        (ソニアは誘惑に負けた)
        とりあえず座ろっか…。あ、隣じゃなくて膝にのってねっ!
        (欲望に素直になったので離す気など皆無になった) -- ソニア 2016-07-01 (金) 04:04:02
      • いいのです、か…?私の方は、後でも何時でもお付き合いはしますけれど…っ
        …膝に、ですね。それでは…んっしょと…(ちなみに受け答えはしているものの思考は蕩けている事に違いは無い為…膝の上に正面から向かい合って座ろうとして)
        -- アリー 2016-07-01 (金) 04:13:19
      • (ほんの数歩移動する間も体を離さないようにして。そして、アリーの部屋の中で2人が座るのに丁度いいのは…手近なのがベッドだった。大きめだしね)
        おおぅ…っ
        (膝の上に跨るように乗っかってくるアリーに、思わず、少し驚いたように吐息を漏らして)
        …んっ♡
        (でも腕を伸ばすと、ちょうどお尻の辺でアリーの体ごしに指を組める体制で。足には心地よい暖かさと重みがあって。普段は少しソニアの方が高い目線も、今はアリーの方が上にある。目の前はアリーで一杯だ。おもわずにやけた。顔を少し上げながら唇を近づけたくなる。目を閉じてキスを強請るように唇を近づける) -- ソニア 2016-07-01 (金) 04:24:18
      • (2人が寝転がるには十分過ぎる程のベッドに、寄り添いながら移動して…先に座られたらまたがる様に座って)
        …膝の上、ですよね…?あ、も、もしかして私何か間違いを…?ひゃう…っ
        (お尻へと伸ばされる腕、そこでしっかりと抱えられる様な体勢にもなっているような感じだろうか?…座る事で目線はこちらが少し上回るが…互いに見つめているのは正面の相手で)
        あ…んっ(少し上向き気味に向けられる唇、近づけられたそれを拒む事はまず無い。…近づけられる唇をこちらからも求める様に、合わせるように少し体勢を下げて重ねて…やがて柔らかな感触を重なり合わせて心地良さげに声をもらし)
        -- アリー 2016-07-01 (金) 04:32:43
      • ちゅっ…ちゅっ♡
        (アリーの気持ちよさ気な吐息を吸い込むと、ちゅっちゅっと甘えるように唇を触れ合わせる)
        ねぇアリー、少し長めにキスしていい?私にアリーの唇を少し好きにさせてほしいなぁって… -- ソニア 2016-07-01 (金) 04:42:32
      • ふ、わぁ…っ♡(触れる感触に表情が熱に浮かされた様に変わっていって、触れ合わせられる感触を堪能するように目を閉じて)
        ん…っ 眺めに、ですか?…良い、ですよ。…おねえちゃんだったら、唇以外も…いつ、でも…っ♡(と、呟くように零しながら…少し唇を開きながら)
        -- アリー 2016-07-01 (金) 04:46:16
      • んふっありがと、アリー…♡ んっ…ふぅ、…っちゅ♡ ん、…んっ………は、…ちゅぅ…。
        (もう一度、唇を触れ合わせて、しばらく唇を吸い合って居ると、2人同時して舌を差し入れようとするから、舌先がちょん、とぶつかり合った。そのまま、舌同士をこすり合わせるように相手の口の中に舌を入れる)
        …ふ、ちゅっ…っちゅぷ…っ
        (濡れた舌同士を、抱き合うように絡めあう。気が済むまで何度も差し入れたり引っ込めたり…。そしてソニアのちょっと長めの舌が、頬の内側や小さな牙の方に浮気し始めると、その舌の動きを受け入れやすいように微妙に重ねあわせる唇の角度が変えられて…。 ソニアが好きなようにキスをするとは言ったけれど、されるアリーも2人で気持ちよくなるキスの仕方を覚えるくらいには何度もしてきたわけで)
        んっ…ちゅぅ…じゅ、…んっくぅ…♡
        (アリーの口の中と交尾するみたいに夢中になって動かす舌を、横から不意打ちで舐められるとくすぐったそうな吐息をソニアは漏らした)
        …ちゅっ…はぁ、ぇ…っぅ…んっちゅぅっ…ちゅっぷじゅ…っ。
        (お互いに潜めた呼吸で息継ぎをするタイミングで、ソニアはアリーの舌裏を撫でて、こっちに来てと誘いだすと、不意打ちのお返しとばかりに唇で食む)
        (なんどか息継ぎするほど長くなったキス、お互いの口の中は唾液が溜まって水音を増す。アリーの顎をやさしく添えた指で下に引っ張りながら、じゅっじゅっ…と音を立てて、アリーの舌の深い部分まで唇でこすりあげ。開かせたアリーの口の端からよだれがこぼれても気にすることなく。むしろ口の中に入れた自分の舌と唇でずずっと吸い込んで飲み込む) -- ソニア 2016-07-01 (金) 05:02:56
      • んーん、おねえちゃんが喜んでくれるのなら…私も、おねえちゃんが感じられるから…好き、ですし…♡は、ぅ…んん…ふ…ぅ♡ちゅ…は、んん…ちゅ…っ
        (長めのキスとの事でされ始めながらも、されるばかりでなくこちらからも触れされたり吸ったりとをしたくなり)
        (舌同士の先端が同じタイミングで触れ合ったのを感じて、少しだけ遠慮しながらも受け止めるようにした同士を擦れ合わせていきながら)
        ふぁ…ぁ、む…んん…っ♡
        (唇や舌を触れ合わせた感触、堪能するように絡めあいながら…差し入れて引っ込まれて、まるで口でする性交の様な動きに…指が回されているお尻が少しビクりと震えながら。)
        (舌が牙や頬の内側、他に舌が触れられそうなところへと伸ばされていく。傍から見ても深い口付けを行っている様子が一目瞭然と言った具合で)
        (もちろんされる側である自身も、お互いが気持ちよくなれるようにという思いとともに舌を動かして)
        ん…ふ、っふ…ぅ…♡んー…っ♡
        (重ねたまま、少しだけ悪戯っぽい目をソニアさんに向けて…吐息を漏らす様子を尻目に二度三度と小さな舌を使い、舌を舐めあげて行く)
        …んん…っ ふ、ぅ…っんん…ちゅ…は…ぷ…んぅぅ…♡
        (そんな様子にお返しとばかりに、誘い出された舌が唇で食まれて…少し目を見開きつつ)
        (増していく、淫らな水音に頬が紅潮しはじめながら…顔を軽く下げられて、音を立てて舌への口淫が続けられる…まるで男性器に対する口での行為に近いそれ)
        (口の端からよだれが垂れながら…音を立てて吸い込まれていくのを実感しつつ、ゾクゾクと腰を震わせてくたりと身体から力が抜けて)
        っぁ…♡♡ ぁ、ふ…くふぁ…‥っ♡(甘さが蕩けた、乱れた吐息も一緒に口の端から漏らしていって)
        -- アリー 2016-07-01 (金) 05:22:32
      • んっく…んっ…はぁぁ…アリーの、気持ちよさそうな声♡ はぁ…あはっこのままアソコ触らないでイっちゃえるかなぁ?やってみよ?アリー…んふぅ…かわいいよぉアリー…♡
        (口内に溜まった唾液を飲み込んで、うっとりと、ソニアは言った。離した唇を再び、重ねあわせて。舌を扱くのを再開する)
        ちゅぷっ…んっくぅふ…ず、…ちゅっ♡
        (そうして、お尻に回していた手を片方ひっこめると、くったりともたれかかるアリーと自分の体の間に差し入れる。少し動かしづらいけど、手のひらをアリーの方へ向けて、自分のヘソのあたり。膝に跨るアリーの足の間の辺に指をあてがい、くっと指先に力を入れる)
        (前にもやった子宮と膣を体の外から揺さぶる手つきだ。もうすっかりアリーが蕩けているのを見れば、今度は以前よりも少しだけ強めに、震わせた。柔い下腹部の肉が、波立たされているように感じるかもしれないそんな動きで) -- ソニア 2016-07-01 (金) 05:39:41
      • は、ぅ…っ…んん…っ ぷぁ…おね…ぇ、ひゃんっ♡あ、ぅ…ふぁぁ…っ
        (すっかりと蕩けた様子で、呂律が少し回らない状態。そこに再び唇が重ねられて…舌が口によってイヤらしく乱れさせられていき)
        ぢゅ…ちゅ…じゅ……ぁ…ふぅ、ん…っ♡
        (柔らかなお尻から手が片方引っ込まれて…ズリ落ちてしまいそうな気もして、力の入らない腕を回しながら。…手が間に差し込まれて、手のひらが充てがわれる部分には覚えがあり)
        くふぁ…っ♡(込められる力、揺さぶられる胎内の大事な場所。拒むことが出来ない状況で強く震わせられれば)
        ふぁ、ふぇ…っへ、んひぃ…っ♡(直接触れられている訳ではない、だのにイカされてしまう…そんな予感は程なくして的中することとなり)ぷぁ…ぅんん…っ♡♡(声を漏らしながらガクガクと腰を震わせて、表情に力が入らない状態になりながら達してしまった事を伝えて
        -- アリー 2016-07-01 (金) 05:53:31
      • あっ…♡ アリーの身体…気持ち良いって…びくんびくんしてるぅ。えへへーへへぇー♡
        (力の抜けるアリーを支えなくちゃ…と思って。お腹に添えてる手とお尻を掴んでる手とどっちを引っ込めようかソニアは迷った。手が3本あればいいのに)
        (結局2人のおなかの間から手を引き抜くと、柔らかいお尻を両手でしっかり支えて自分の身体にしっかりもたれかからせる。ついでに、揉んでイッた余韻を、アリーの身体の中で転がすように)
        あふぅー…アリーが私のお腹にくっついてイってるのいいなぁかわいいなぁ…好きっすごい好きぃ♡
        (頬と唇に軽くキス)// -- ソニア 2016-07-01 (金) 06:04:59
      • はにぇ…っ…ぁ、ぅ…んん…ふぁ…ぁ…♡
        (小刻みに震える身体、座ってられずに今にも倒れてしまいそうな所を…お尻へと回された両手でしっかり支えられる事で抱きしめられて、荒い息遣いのままもたれかかり)…ふぁ…♡…ん、はぁ…っ(そんな状態でお尻を揉まれると余韻によって更に声を漏らして火照った身体は鎮まらず)
        お、ねぇ…ちゃぁ…んっ…す、き…です…♡ぁ、好きぃ…♡(どうにか言葉を漏らしながら、軽い口付けが頬と唇とへされただけで身を震わせて)
        -- アリー 2016-07-01 (金) 06:12:40
      • あっ…ふぅぅぅっ…くぅっ…♡
        (アリーの絶頂が伝搬したかのように、ソニアもぞくぞくっと身体を震わせて、蕩けたような笑顔になってしまう)
        うんっ…!きもちいいの収まるまでギューってしててあげるからねぇ?
        (そう言いながら、お尻を揉む手も、キスも止めないので、すぐに鎮めてあげる気などはなさそうで。たっぷりと余韻に浸らせて、ちょっと舌っ足らずになったアリーのえっちなさえずりが楽しくて、少しだけ優しくするのを忘れてしまう) -- ソニア 2016-07-01 (金) 06:20:36
      • (目の前で身体を震わせ、蕩けた表情を見せているソニアさんの顔を見てたらこちらからも気だるい身体を少し動かして唇を奪おうとして)
        は、ぃ……おね、ひゃいします、ね…?おねえちゃん…っ♡あん…っは、ひゅ…
        (昂ぶったままの身体を遠慮せずに揉んだりキスも止まない…恥ずかしくもあり、気持ちよくもあり…嬉しくもあり、そんな風にしてこられても体中で受け止めていって)
        -- アリー 2016-07-01 (金) 06:28:50
      • ちゅっ…ん、ふぅ‥ちゅぅ♡
        (唇が側に寄ってきて、ふたたびキスをする。唇が熱い…とソニアは思った)
        キスしながら気持よくなっちゃうの好きなのかなぁ?
        (絶対好きだよねって、妙な確信に自信をもって内心頷いた。それはソニアの願望もあったかもしれない)
        (どうにも…さっきのアリーのだらしない程気持ちよさそうな声を聞いていると…失神するほど気持ちよくさせたらどうなっちゃうんだろう…と。そんな思いが子宮の奥から浮かんで頭に昇ってくるような感覚があって…)
        (アリーは体力そんなに無いんだから、無茶させちゃだめ。そう考えなおしてもやもやとした思いを払う)
        んっ、ぷぁっ…アリー…。
        (唇を離して優しく名前を呼んで見る。気持ちよさそうに蕩けた瞳が目の前にある。自分のアイカラーと補色関係の赤くて愛らしい瞳…。吸い込まれるように綺麗で、小動物のように愛くるしい瞳を見つめていると…)
        ぬはっ…!
        (よだれがたれかけて、ハッとした。よだれを拭って、アリーの身体をぎゅっと抱いた) -- ソニア 2016-07-01 (金) 06:48:34
      • ふぁ……んー…っ♡ぷ、ぁ…
        (こちらから唇を寄せていって、どこかそれだけで満たされるような感覚…触れあう事で感じる熱は心地よくて、もっと欲しいと思いっているところに)
        ……(どこか照れた様な恥ずかしがる様子で頷き)…キスされながら気持ちよくされてたら…何だか、キスだけで気持ちよく…‥なっちゃって、ます…ね
        (わ、私ってやらしい子なのでしょうか…?と、思わず尋ねながら)
        ……?(問いかけに対して返答がなく、何やら考え込んでいる様子に少し首を傾げて、ただ…その瞳の奥で考えている事はきっとやらしくも、素敵な事なのだろうという予感があって)
        …おねえちゃん…っ(興奮からか息遣いが荒い状態で、見つめ合う…蕩けた瞳で見つめていると、ソニアさんの方からも見つめられて…それを意識しているだけで胸の鼓動が強くなるのを実感しながら)
        (慌ててよだれを拭い抱きつかれながら)……あの、おねえちゃんがしたい事…好きなだけ、されたいなって思ってるんです。
        (そしてそのまま耳元で囁くように)……我慢してるのは、おねえちゃんだけじゃ…無いんですから…♡(と、その思いを待ちわびている事を伝えて)
        -- アリー 2016-07-01 (金) 07:02:10
      • …ッ!
        (ソニアは、思わず息を飲んで。飲み込んだ息の塊が血管に入って心臓をどくんと膨らませた気がした。思わず声にだしてたのか、心を読まれたのか。まぁどっちでも良かった。声を聞かれてたにしても、妄想を覗かれたにしても、アリーはまるで身体の内からくすぐるような声で、していいんですよ…?って声で愛撫して誘っているのだから)
        はわっ…あっあっ…!あ、アリー…アリィ…
        (お腹と腰の間の、身体の深いとこが痺れて熱くなる快感を感じながら、ソニアは震えながらアリーの名前を2回呼んで…それから)
        アリーッ!愛してるぅぅッッ!!
        (名前を3回呼んでぎゅうっと抱きついた。そして、抱き上げてベッドに押し倒した。だって良いって言われたから。ソニアの理性はこの夜初めてふっとんだ) -- ソニア 2016-07-01 (金) 07:19:19
      • (囁き、恥ずかしそうにしながらも覗きこむように見つめて…どうでしょうか?と言いたげな顔をしていたと思う)
        (一度、二度と…こちらを求めるように呼んでくるソニアさんの声に胸の鼓動が強まるように感じて)
        きゃん…っ!?あ、あの…っ私も、おねえちゃんのこと…たくさんたくさん愛してま、す…ぅぅ…っ♡ふあぁ…っいきなり、はげし…っおねえちゃ……っ♡
        (理性を飛ばしたのは自分の言葉、そして…理性どころか意識を失う程激しい攻め…持ちえる限りの手段と手管で意識を失うほどの攻め立てを受けて行ったという。ただ…どこかその評定は嬉しそうでいたという)
        -- アリー 2016-07-01 (金) 07:27:53

    • //そろそろ一区切りにしておきましょうかって、もう6時なんだけど。デート誘うつもりだったのに気がついたらアリーとえっちはじめてました。最初の抱きしめてからもうだめでした、えろでした。やられました。 -- ソニア 2016-07-01 (金) 06:06:27
      • //本日もお付き合いありがとうございま…デート?デートですか…っ!?…ここ最近おねえちゃん分が不足してて、つい抱きしめて欲しくなっただけという…だったのに凄いことになっちゃいました、ね…っ -- アリー 2016-07-01 (金) 06:14:11
      • //ありがとうございます!あんまり連日おしかけるのもあれかなって我慢したり。我慢しきれなかったり…!
        あとアリーがすごいえっちな反応してくれるからほんとにずーっとベッドでいちゃついてても寧ろうれしいんだけど。ソニアさん夜の街には詳しいはずだし。アリーの見てる夜の世界にも興味あるだろうし。そろそろアリーの側にいるだけで頭沸騰するのもどうにかしなきゃだしで。デートしてみたらいいんじゃないかなって。
        まぁ最終的に夜明けにラブホ連れ込んで朝から晩までえっちしたいですけど?デートですから? -- ソニア 2016-07-01 (金) 06:26:13
      • //こちらこそです!私の方からも押しかけようかなと思って…ちょっと迷ったりもしました。飛び込めばよかったかもしれません
        それはもちろんおねえちゃんにそんな風にされて嬉しくない妹なんていませんっ!…いませんよね?
        お互いの知っている夜を回って行って…という風な感じでしょうか?楽しみですし、おねえちゃんの身を考えたらそういう風な流れもきっと必要ですしっ
        …最後の部分、夜明け前の流れ…期待しているのはおねえちゃんだけじゃないですから、ね…♡デートですもんね…っ
        -- アリー 2016-07-01 (金) 06:34:17
      • //はい!時期的に冬なのもちょうどよいので。夏だとすぐ夜が明けるから。寒いけど、一杯一緒に遊べるからって。 -- ソニア 2016-07-01 (金) 06:37:50
      • //それにはじめて出会ったのも冬ですから、そういう意味でも良いかもしれません。…今から楽しみです -- アリー 2016-07-01 (金) 06:40:27
      • //はいっ!じゃあデートは次の機会にでも…。もう我慢できないから明日?今日??にでも来ていいですか。めっちゃいちゃこらしたいです。えっちはさすがに出先ではあれだけどキスはおーけーですよね、キスしたら舌ぐらいまでいれますよね。ついでにお腹撫でるくらいもしますね!デート中がもはや前戯?いや実際健全です猥雑は一切ない。 -- ソニア 2016-07-01 (金) 06:51:55
      • //時間はいつもの時間とかになってしまいますが…一向に構いません、どころか楽しみすぎて今から寝られるかどうか…いや寝ないとダメなんですけれども
        …デート中に…ですか?(ごそごそとYesとNoが書かれている枕を取り出して「Yes」側をそっと見せるように身体の前に持って)
        -- アリー 2016-07-01 (金) 07:05:25
      • //ひゃっほーう!(アリーにダイブ)
        むしろ遅い時間なのに付き合ってくれてありがたいので。ちょっとあれこれ考えだすとアリーのことで頭一杯になってしまうので。
        勢まかせでやってみたいとおもいます!はい、あ、じゃあ上の方は〆にできるような感じにするねって。 -- ソニア 2016-07-01 (金) 07:09:53
      • //(ダイブしてくるソニアさんを抱きとめようとしてそのまま倒される)
        そんな風に言ってくれるおねえちゃんが可愛すぎます…色々とされてしまう様な事を夢に見ても仕方ないですよね…?
        どういった所を回るとかそういうのも私も考えないと…っ!それではお願いしますねー
        -- アリー 2016-07-01 (金) 07:14:15
      • //はい!いきました。理性を失くしました!とっくに無かったかもしれません!気がついたら7時でした!ごめんなさい!
        デートには、ジープが当然足になるし、遺跡イベントこなしたので故障はないです。 -- ソニア 2016-07-01 (金) 07:21:38
      • //おねえちゃんはもっと私のことを好き勝手犯すべきだと思います。…夜明けテンションで少し変な事言ってると思いますけれど
        楽しみすぎて眠れなく…なる訳では無いのですが、凄く楽しみにしてますねっ それでは!
        -- アリー 2016-07-01 (金) 07:30:19
      • //はーい、おやすみなさーい。寝てる間にも2〜3回…ふふっ -- ソニア 2016-07-01 (金) 07:31:08
  •  
  • (月蝕館を訪れて、帽子を脱いで頭を下げる)こんばんは、アリーさん。戻ってきちゃいました。 -- レイチェル 2016-06-24 (金) 22:04:44
    • (訪れたレイチェルの姿に一瞬反応が遅れ、挨拶から一呼吸置いてから)…レイレイさん…?…レイレイさん…!長い時間待ってようと思ってたのですが…っ(驚きも喜びもあり、言葉が上手く出てこない状況…感極まって抱きつこうとして) -- アリー 2016-06-25 (土) 03:08:31
  • ここが嬢ちゃんの家かえ。立派なところじゃのう。(老人がてくてくとやってくる) -- ガイン 2016-07-02 (土) 03:37:00
    • あ…おじいさんっ(こんばんは、とにこやかに挨拶をして)
      …建物は立派ですけれど、住んでるのは私一人ですから…(そんなに大して何かあったりはしませんねと苦笑しながら)
      -- アリー 2016-07-02 (土) 03:44:48
      • おう、おう、おう。元気そうじゃのう、嬢ちゃんや。(片手をあげて挨拶を返して)
        そうなのかえ?まぁ、ワシのところも一人暮らしには大きい家じゃしの。一緒じゃて。 -- ガイン 2016-07-02 (土) 03:48:58
      • おかげ様で…(と、こちらは一度お辞儀をして)
        ある意味でお揃いかもしれませんね?なんて…宜しければお茶のお返しを差し上げたいので(良かったら上がって行かれませんか?と申し出て)
        -- アリー 2016-07-02 (土) 03:51:45
      • ふぇっふぇっふぇ、そう思えば気にする必要も無かろうて。うむ、せっかくだし頂いていこうかの。 -- ガイン 2016-07-02 (土) 03:54:05
      • …その、前回色々と見せてもらったりしたお礼もありますから…(去り際に見せてもらったのを思い返したのか、顔を赤くしながら。館に招き入れて応接室へとお連れして)
        すぐに入れて参りますので…っ(と、程なくして紅茶を淹れて)
        -- アリー 2016-07-02 (土) 04:03:22
      • ほう、ほう。興味があるのかえ?なら、また見せてやるからのう。(なんとも嬉しそうに)
        ふぇっふぇっふぇ、別に焦らんでええでの。(のんびりと座って待ち)うむ、いい香りじゃ。 -- ガイン 2016-07-02 (土) 04:06:39
      • …その、興味が無いと言えば嘘にはなります…あ、でも…興味を持ってない女の子って居ません…って聞いた覚えがあります、し…(と言い訳をしつつもやらしくてすみませんと思わず謝って)
        ……お待たせしました、どうぞお召し上がり下さい。お外は寒かったですから、ね(お茶を注いでカップをすっと前にお出しして)
        -- アリー 2016-07-02 (土) 04:21:51
      • ふぇっふぇっふぇ、確かに。興味のないおなごもおらんとは言わんが、あるおなごの方が多いじゃろうて。気にしなさんな。
        うむ、うむ。助かるのう。(お茶を一口飲み)うむ、ええ茶じゃ。
        …して、どうする?ワシは今ここで見せても構わんが? -- ガイン 2016-07-02 (土) 04:28:22
      • (恥ずかしさから紅茶を持ってきたトレイを顔の前に掲げ、恥ずかしそうにその端から顔を覗かせて)…そう言ってもらえるのなら…
        …お口に合っていただいた様で何より、です(少し安心した様な笑顔を浮かべ)
        ……い、今ここでです、か?…その、前は…チラッとしか見てなかったので…おじいさんさえ、よければ…(お願いしたいですと、おずおずと)
        -- アリー 2016-07-02 (土) 04:35:19
      • ワシは一向に構わん。(お茶の残りを飲み切ると、立ち上がり、袴の帯に手をかける)
        見るのも触るのも、好きにするとええぞ。ええ茶を貰った分も返したいしの?
        (袴がパサリと落ちると、以前同様の小さなそれが露わになる) -- ガイン 2016-07-02 (土) 04:40:08
      • 良いのですか…!?(すでに準備出来ているとばかりに立ち上がられて、脱ぐ構えを見せている様子に驚きを隠せないでいながら)
        …それではその…お言葉に甘えて…(そして露わにされた物、外見相応の大きさに…今まで見たものと少し違うように感じながらまじまじと見つめて、少しずつ距離を詰めて覗き込もうと)
        -- アリー 2016-07-02 (土) 04:44:17
      • (じっくり見られるのを楽しそうにしつつ)どうじゃ。小さいじゃろう?
        おぬしがどれほど見てきたかは知らぬが、一番小さいんじゃないかのう。 -- ガイン 2016-07-02 (土) 04:49:08
      • …‥あ、いえそんなっ…!?(小さいだろうと言われて慌てた様子だが、誤魔化し切れずに…頷いて)
        ……大きい方は、私の腕位の方をお見かけしたことがあります。多分…一番小さいかもしれませんね…あ、ですがここから凄く大きくなったり…?(と、首かしげ)
        -- アリー 2016-07-02 (土) 04:58:23
      • この前もそれくらいの大きさは見た、と言っておったのう。じゃが小ささ一番は、それはそれで嬉しいわい。
        安心せい、大きくなっても然程変わらん。精々上を向いて固くなる程度じゃよ。 -- ガイン 2016-07-02 (土) 05:02:55
      • …お恥ずかしながら、本当にその辺りの大きさのは見ただけですので…小ささ一番って嬉しいものなのでしょう、か…?(何となくイメージとしては大きい方が良いのかなと思っていた様で)
        …なるほど、えっと…さ、わってみても…良いでしょう、か…?(と、触れる前に一度お伺いを立てて)
        -- アリー 2016-07-02 (土) 05:12:54
      • うむ、大体の男は大きい方がええというが、ワシは小さいのは小さいのでええと思っとる。かわいいじゃろう?
        ええぞ。存分に触るとええわい。(ちょっと腰を突き出してみると、小さく揺れる性器)
        (もしその為に顔を近づけると、何かに気づくかもしれない)
        (匂いである。凄まじく濃い精液の香り。近づくだけで、それを感じられる事だろう) -- ガイン 2016-07-02 (土) 05:20:23
      • …かわいいか、どうかはわかりませんけれど……あれだけ大きいと私にはとてもじゃないですけれど、受け止めきれません…とだけ。
        ひゃぅ…っ(突き出された腰、揺れる小さな性器におずおずと手を伸ばして…それと同時に顔も近づけてみれば)
        …?…あ、れ?(床に正座で座り込んで視線はガインさんよりもだいぶ低くなりながら…今まで何度と嗅いだ事のある香り、それが…だいぶ濃いのを感じ取って…これだけのは早々…近いのでも一人いるかどうかだろうか)
        (手を添えるように触れさせながらガインさんの顔を見上げて)…ちなみに、おじいさん…凄く量を多く出せたりするのです、か?
        -- アリー 2016-07-02 (土) 05:27:34
      • 大きいのは、おなご側の負担にもなるからのう。ええことばかりでもないわい。
        (手が添えられると、それが小さく動いて)うむ、柔らかでいい指じゃ…ふぇっふぇっふぇ。その質問は2回目じゃぞ?
        それとも、今からどうなるか確認したいのかえ? -- ガイン 2016-07-02 (土) 05:32:25
      • …そうですね、その…したことがあるのは一人だけなのですが…極端に大きくなくって、気持ちいいところとかに当たって…(と、問われてもいないのに勝手に語りだして恥ずかしそうにしながら)
        …実感して、今のは質問というよりも確認…にちかい感じですね。……その、確認…出来ればなと思うのですが…だ、大丈夫でしょうか…?
        -- アリー 2016-07-02 (土) 05:42:26
      • ほう、既に経験済みじゃったか。ふぇっふぇっふぇ、嬢ちゃんは大きい方が好みじゃったかの?
        では改めて…無制限、じゃ。おぬしが出させようとする限り、幾らでも出せるぞい。 -- ガイン 2016-07-02 (土) 05:46:31
      • …あ、えっと…わ、分かりません…っ(かぁぁっ…と、顔を赤くしながら、思わず口走った事を恥ずかしそうにうつむきつつも手は触れたままで)
        ……いくらでも、ですか?……例えば、お腹いっぱいになるくらい出して欲しいとお願いしたらそれくらい…?
        -- アリー 2016-07-02 (土) 05:49:46
      • まったく可愛い嬢ちゃんじゃのう。(頭を撫でようとして)
        いくらでも、じゃ。お腹いっぱいどころか、中を全部埋めた後で外を全部白く染めても、まだまだ続けられるくらいじゃぞ? -- ガイン 2016-07-02 (土) 05:53:54
      • あ、ぅ…(自分より見た目は小さな相手だけれど、そんな様子は年長者というのを実感して)
        …そうです、か。ただ、出すのなら…直接行為をした方が、というよりそっちが主なんですよね。……(と、前回のやり取りを思い出しながら…触れた手が軽く摘む形になりそのまま擦り始めようと)
        -- アリー 2016-07-02 (土) 06:03:28
      • (よしよし、と頭を撫でながら)うむ、本来はそうじゃが、ワシは相手が悲しむことはしとうなう。
        おぬしがしたいようにしてくれれば、それでええわい。(ゆっくりと扱かれ出すと、徐々に硬さを得ていく)
        ふむ、ふむ。慣れた手つきじゃのう? -- ガイン 2016-07-02 (土) 06:07:26
      • (撫でられてのくすぐったさと、どこか心地良さを感じつつ)…あ、いえ…出して頂くのなら、そういう行為も覚えて行かないと・・・と、思ってました、し…(段々顔を紅潮させはじめて)
        わ、ぁ…硬く、なり始めました、ね…?(手の中で硬度を増していくのを感じながら)
        …練習だけは少ししてますので…あ、手でこんな風に続ければ良いですか?…何か他にして欲しい様な事、とかは…?
        -- アリー 2016-07-02 (土) 06:12:51
    • //そろそろ一旦文通でもいいです? -- ガイン 2016-07-02 (土) 06:07:53
      • //こちらもお願いしたく思っていたところなので…すみません何だか変な時間から変な事にお付き合い頂いて…ありがとうございます -- アリー 2016-07-02 (土) 06:13:35
      • //いえいえ、では後日に。ありがとうございましたー! -- ガイン 2016-07-02 (土) 06:16:35
  • そしてアリーのとこにも置くスペースをふやして、と…。
    qst086970.jpg はい!ハッピーバレンタイーン!まぁ、アリーには当然アリー用のがあるんだけど。これも一応っ -- ソニア 2016-07-04 (月) 00:15:15
    • おねえちゃん…っ(もじもじとしながら)
      わ、私からもバレンタインです…っ何をお送りするかちょっと迷ったので…手作りのチョコレートですけれど(と、トリュフチョコの入った包みを差し出して)
      -- アリー 2016-07-04 (月) 04:20:20
      • ……ん、んん…?(顔を赤くしながら、ビク…と、身体を震わせてどうして急に…と言った様子の困惑顔になって) -- アリー 2016-07-04 (月) 04:38:02
      • (時間無くなりそうだったのでとりあえずこれで) -- ソニア 2016-07-04 (月) 22:04:06
      • (疼くような感覚を感じた後に、口移しで甘い甘いチョコレートを食べさせてもらい…)あ…っ
        ……も、もっと…して欲しい、です…♡(と、ねだり始めて、この後沢山食べあったり)
        -- アリー 2016-07-04 (月) 22:17:22
  • (時刻は正午をまわりました。冬も終わりかけ、天気は晴天。この時期にしては少し日差しが強め。相手のことなど何も考えずやってくるのは褐色娘。激しく扉をノック)アリー!散歩よー!散歩の時間よー! -- リルノラ 2016-07-04 (月) 20:16:39
    • (けたたましいノックにたまらず起き上がり、寝ぼけ眼を擦りながらパジャマ姿で出てきて)ふあぁ…ん、ぅ…リルノラ、さん…?おはよう、ございま、ぅ…(こくりこくりと船を漕ぎながら挨拶して) -- アリー 2016-07-04 (月) 21:27:21
      • アンタってやつはー!!!(寝巻き姿のアリーに詰め寄る)こんな時間まで寝てるの?!ねぼすけさんにも程があるわよ!!しっかりしなさいよ!!(まだ眠いのか!!と肩を揺さぶり) -- リルノラ 2016-07-04 (月) 21:29:22
      • ふにゃぁぁ…っ(詰め寄られて肩を揺さぶられて小さな身体はされるがままに頭をガクガクと動かされて)
        ち、ちが…いまふ…ね、寝たばかり、でぇ…目が、目がぁ…(ガクンガクンと頭を揺らしながらどうにか答えていくが、振られ過ぎて目が回りそうになって)
        -- アリー 2016-07-04 (月) 21:32:25
      • (お人形を揺さぶる感覚。しかし、相手はアリーだ!やり過ぎた!と手を離し)…わ、悪かったわね…そんなにヤワだとは思わなくって…
        (手を離せば倒れそうなアリーを今度は優しく支え)大丈夫なの…?アンタ、今寝たとか言ってたケド…?夜更かしには程があるわよー…? -- リルノラ 2016-07-04 (月) 21:44:14
      • す、すみません。身体があんまり…丈夫では、無くって…へぅ…(軽く目が回りながら)
        (支えられて身を預けながら)…あ、えっと…昼間は、外に出られ無いので昼夜逆転しているんです…(意識が次第にはっきりしだして説明をしはじめて)
        -- アリー 2016-07-04 (月) 21:55:36
      • は、はぁああ?!昼夜逆転んんんんん?!?!(はっきりした説明でようやく事情がわかってくる)
        何やってるのよアンタ!そんな生活してるからフラフラなんでしょ!!出られないじゃなくて出るのよー!!アタシが散歩に誘ってるのよ!?(相手の事情を知らないリルノラはアリーをそのままお外へ連れだそうと引っ張りだす) -- リルノラ 2016-07-04 (月) 22:03:40
      • ちょ、ちょっと待って下さい!待って、待って…死んじゃう、死んじゃいますから…っ(引っ張りだそうとするリルノラさんに引きづられるままとなって)
        わ、私…吸血鬼で…ッ日差し、無理…ぃ…っ(必死で涙目になりながら)
        -- アリー 2016-07-04 (月) 22:08:00
      • なにワケわからないこと言ってるのよ…!!(陽と影の狭間までじりじりと引っ張ってゆく。しかしアリーの必死な様子に慌てて手を離し)…は?なに言ってるのよ…?マジ? -- リルノラ 2016-07-04 (月) 22:15:42
      • マジ、です…マジです、からぁ…っ(必死で出るのを留めてもらおうとして)
        (手を離されて肩で息をしながら…夜の闇より黒い髪、透き通る様に感じる程白い肌、涙目ではあるが吸い込まれそうな紅い瞳…何となく信じられそうな気はして)
        -- アリー 2016-07-04 (月) 22:21:10
      • (たしかに吸血鬼っぽい!自分とは違うキレイな肌!澄み渡った瞳!!なにより色っぽい!)
        (しかし、ソレ以上にアリーが嘘つくはずがない、本当のことを言っている…と、会って間もないハズなのにそんなことが心のどこかをよぎり、その自分の直感を信じることにした)
        ……はぁ…悪かったわね、無理やり引っ張って。大丈夫?(珍しく相手を気遣う言葉、不意に出てしまい、慌ててソッポをむく) -- リルノラ 2016-07-04 (月) 22:29:48
      • だ、大丈夫です…あまりに、突然でしたので…(と、気丈に振る舞い笑顔を浮かべようとするが少しだけ肩を震わせて)
        な、なので…昼間に、お外に出たことは無くって…あ、あれ?(その場にへたり込んで足に力が入らない状態で)
        -- アリー 2016-07-04 (月) 22:39:15
      • (そっぽを向いていたが視線だけはアリーへ向け…ようとした瞬間その場で座り込むアリーが目に入る)
        (慌てて駆け寄ると、肩を抱いて)ど、どうしたのよ…ああああ、アタシのせい…?(そう思えば立ち上がり扉を閉める。大きな扉の音と共に訪れる静寂と暗闇。これでなんとか大丈夫だろうと安堵の溜息、果たしてアリーは…)) -- リルノラ 2016-07-04 (月) 22:50:06
      • ち、違います…大丈夫、大丈夫なのですが…安心して腰が抜けてしまいまし、た…(静寂と闇の中にいて、困ったように笑いながら…)
        …あの、その…お、落ち着くまで抱きしめて貰ってもいいです、か…?(少しだけ震えが治まらないのか、そんな風にお願いをして)
        -- アリー 2016-07-04 (月) 22:57:37
      • (耳をすませばアリーの息遣いと笑い声、それを聞けば本当の意味での深い深い安堵の溜息)
        ってなんて言ったのアンタ?!ばっかじゃないの!?アタシがそんなことするワケないじゃない!!!ああん!もう!!!(じわじわと近づきつつ…。誰もいない、見てない状況であってすら恥ずかしい気持ちは抑えきれず。しかしながら自分のせいでこうなってしまった…、そんな自責の念が心を苛め、どうしたものか抱きしめようと手を伸ばしたり引っ込めたり…)
        //もうしわけないです…寝る時間でございます…よければ文通スイッチ押させていただければ…(連打しながら) -- リルノラ 2016-07-04 (月) 23:07:33
      • す、すみません…っ!落ち着くまでの間だけで良いので…っ(と恥ずかしいと分かっているものの、このままだとちょっと時間が掛かりそうなのも自覚して)
        …ど、どうぞ…お願い、します(腕を広げて抱き着きやすい体勢を整えながら)//了解です、お体に気をつけてー
        -- アリー 2016-07-04 (月) 23:20:37
      • しょ、しょーがない…わねー!!(恐る恐る手を伸ばし抱きつく、小さく折れてしまいそうな身体に力を込め過ぎないように気を使い)
        大丈夫なの…?その、悪かったわね…アンタのこと全然わかってなかったみたいだわアタシ…(普段の刺々しい言い方とは違い申し訳なさそうに、優しげに呟くように)//いつもすみません…あと勝手に表示件数増やしちゃいました -- リルノラ 2016-07-05 (火) 20:17:57
      • (抱きつかれて少しだけビク…と、身体を震わせるがこちらを気遣うような力具合に安心した様子で吐息を漏らし)
        い、いえ…先にお伝えしてなかった私もご迷惑をおかけして……その、ありがとうございますリルノラさん…っ(優しげな言葉、そして申し訳無さそうにしているのを感じ…安心させるような声をかけて)
        //いえいえ、お時間ズレて申し訳ないのと…気づいた段階で表示件数変えておけば良かったです。お騒がせしました…
        -- アリー 2016-07-06 (水) 03:31:58
      • (意外と大丈夫そうで一安心、ため息を吐く)べ、別にいいのよ…こっちだって急に押しかけちゃたし…寝てたとこ起したみたいだしね…
        で、立てそう?ま、立たなくていいケド。(玄関先は休むには向いてない。そのままひょいと抱きかかえる。見た目通りかるーい身体、簡単に持ち上げられることができた)
        さ、さあ…アンタの部屋…いくわ…よ…?案内して…(部屋が遠くない場所にあることを祈りながら) -- リルノラ 2016-07-06 (水) 18:46:09
      • い、いえ…こうして尋ねて来てくれたそのお気持ちが…嬉しくて。おまけにご心配とご迷惑をおかけしてしまったりで…っ
        ひゃぅ…っ!?(答えようとした矢先に抱きかかえられて顔を赤くしながら、少しだけ苦しそうにも感じつつ)
        へ、部屋はあの扉の開いている所で、す…(玄関ホール入ってすぐ右の扉を指差して)
        -- アリー 2016-07-06 (水) 19:56:22
      • はぁ?何言ってんのよ…し、心配してないし…迷惑だなんて思って、も…ないんだから、ね…!アタシのせいとは言え、アンタが弱すぎるの…よ…(歩きながら悪態をつく。しかし一歩一歩進むにつれ歩みは遅くなり、腕も震えてきた)
        (そんな様子で部屋の前まで来る)…アリー、一つ聞くわ。…アンタ、アタシと仲良くしてくれるって言ったわよね…?どんなことしても、許してくれる…わよね……? -- リルノラ 2016-07-06 (水) 20:06:47
      • あ、あはは…これでも普段から身体を鍛えようと頑張って入るのですが…あ、あの…大丈夫ですか?肩だけ貸して貰えれば多分立てそうな気はしますけれども…っ(腕を震わせている様子を見て心配する様に声をかけて)
        は、はい…っ確かに言いましたけれども……どんなこと、でもですか…?……(問われ、少し顔を赤くしながら)…あ、あの…お手柔らかにお願いします…っ(と、何を連想したのか恥ずかしそうに顔を赤らめながらも頷いて)
        -- アリー 2016-07-06 (水) 20:16:36
      • あ、アンタ…おめでたい頭してるのね…(赤くしているアリーに呆れた様子でため息を吐き、最後の憎まれ口)
        ふふふ…歩けるなら先に言って欲しかったわ…。悪い知らせが……あるのよ…アタシはこの体勢を長く続けてられな…(言い終わらないうちに糸が切れた人形のようにふらぁっと後ろにアリーを抱きかかえたまま倒れる) -- リルノラ 2016-07-06 (水) 20:23:57
      • な、何か変なことを言いましたか…?そ、それじゃあそれ以外と言うと…(と、首を傾げていると)
        …え?ひゃ、わ…わぁ…!(答えようとした矢先に抱きかかえられたまま倒れこまれて下敷きになる形で)
        -- アリー 2016-07-06 (水) 20:33:14
      • \もう…ムリ…/
        (それだけ言うとピクりとも動けなくなった) -- リルノラ 2016-07-06 (水) 20:37:18
      • リルノラさん…リルノラさん…っ?(下敷きになりながら揺さぶって起こそうとしているが、非力な腕では抜け出すことも出来ずに)) -- アリー 2016-07-06 (水) 20:43:03
      • (揺さぶられても返事はない…時は流れて数時間後…)
        はっ!!!ここは?!…………そうだ!アリー!!アリーはどこなの?!(今まさに下敷きになっているアリーを探し、キョロキョロ) -- リルノラ 2016-07-06 (水) 20:50:10
      • (数時間揺さぶり続けてぐったりと力なく下敷きになったままの少女がリルノラの下にある)
        あ、ぁ…ふぁ…(うわ言の様に声を漏らして)
        -- アリー 2016-07-06 (水) 20:58:20
      • あああああありいいいい!!!!!!しっかりしなさいよ!!(慌てて抱き起こすと頬をひっぱたき)
        なんでそんなトコにいたのよ!バッカじゃないの…!…やめてよ…死なないでよ…うっうぅぅわああぁぁぁん!!(溢れる涙を抑えきれずそのままアリーの胸へ顔をうずめ泣き叫ぶ) -- リルノラ 2016-07-06 (水) 21:04:19
      • ふにゃぁ…っ!?(息も絶え絶えと言った状態で抱き起こされて顔を引っ叩かれて目を白黒させて)
        し、死にません…まだこれくらいじゃ、死にません、から…あ、ぅ…(カクンと頭が揺れて意識も落ちて)
        -- アリー 2016-07-06 (水) 21:19:44
      • うわああああ!!!ありー!何で死んでしまうん?!(そのままアリーが起きるまで泣き続けたのだった)
        (その後ふつー生きていて、ふつーに目を覚ますアリーに罵詈雑言を浴びせたのは言うまでもない…) -- リルノラ 2016-07-06 (水) 21:25:24
      • お、おかげで体力使い果たしました…(浴びせかけられる罵詈雑言にはそう答えつつも)
        …心配してくれて、ありがとうございます…っ(弱々しくも、笑顔で答えていき)
        -- アリー 2016-07-06 (水) 21:31:15
      • //ながらく文通に付き合ってくれて感謝です…ありがとね… -- 2016-07-06 (水) 21:41:55
      • //お気になさらず‥・ちょっと居られる時間が限られてるので遅くなってしまいこちらこそ申し訳なく -- アリー 2016-07-06 (水) 21:48:09
  • そーいやアリーちゃん、そろそろ例のもの…できてっかい?(一週間どころでなくだいぶたったし流石にできてるだろうと) -- ボブ 2016-07-04 (月) 23:19:22
    • (//反応遅れてすみません)
      ああ、すみません…お待たせしました。あの…硬さとかの調整がちょっと中々上手くいって無いのですが(そう言いながらゴソゴソと取り出す…大きくした時の大きさと何ら遜色ない物を差し出して)
      -- アリー 2016-07-05 (火) 01:41:16
      • (気にしなくていいんだぜ!とサムズアップ!)
        おーういい感じだぜ…これならきっとフィルメリオちゃんも満足してくれるはずだ!! -- ボブ 2016-07-05 (火) 02:09:43
      • …まだその、硬さとかの作り込みがちょっと納得行かない所があったりしますが。…えっと、フィルメリオさんにそれをお渡しするんですよね?
        ……は、挟むのでしょう、か…?(使用用途が気になり何となくそんな風に口にして)
        -- アリー 2016-07-05 (火) 02:12:02
      • 入るか試すんだってよ!フィルメリオちゃんはすげぇよ…レベルがちげぇよ…一段階上にいる人だぜ…
        まぁ、そんなもんをアリーちゃんに作らせてすまねぇな…だが頼めそうな人が他にいなくてよ! -- ボブ 2016-07-05 (火) 02:14:34
      • ああ、なるほどはいr…はい?は、はいぃ…?!あ、え…これ、を入れようとするんです、か…?む、無理無理…無理ですってっ!(何故か慌てた様子で首を横に振って)
        い、いえ…こんな事でお役に立てて嬉しいですけれども…そちらを、入れるのですか…(渡したものと、ボブさんとをちらりとそれぞれ見てから顔を赤くしてうつむき)
        -- アリー 2016-07-05 (火) 02:22:21
      • 大丈夫、俺の入る子って結構いるから…ちゃんと大人の女ならな!なので俺はガキには興味がねぇぜ!
        (顔が赤いので、ちょっと試しに股間に受け取ったバイブを当てて見る。あ、俺のね。つまりそそり立ってる感をアピールするセクハラ) -- ボブ 2016-07-05 (火) 02:26:01
      • ……すみません、ガキで、本当にすみません。(顔を赤くしたままうつむき気味に、指を絡めて少しだけバツが悪そうな様子で) -- アリー 2016-07-05 (火) 02:28:03
      • あ、そういう訳じゃねぇんだけどな…アリーちゃんはそのうち…ソニアちゃんみたいになるって…たぶん…(慰め味) -- ボブ 2016-07-05 (火) 02:33:29
      • そ、そうですか?おねえちゃんみたいに…(その言葉で喜んでいるのか嬉しそうに笑って)
        もしそうなったら…なりたいですね。……ちなみにその、本当に入る方ってそんなにいらっしゃるんですか…?(それはそれとして、興味はあるようで)
        -- アリー 2016-07-05 (火) 02:37:12
      • 最近顔までソニアちゃんそっくりになってきてる気がするぜ…!
        あぁ、スラムの娼婦とか、娼婦でなくてもビッチな奴とか…俺みたいな黒人相手ばっかりしてるような女は結構入るぜ…冷静に考えな…赤ちゃんが通る場所だぜ!頑張れば問題ねぇ!
        つーわけで、ソニアちゃんとのイチャイチャ邪魔すんのもあれだし帰るわーバイブありがとうよ!早速フィルメリオちゃんに届けてくらぁ! -- ボブ 2016-07-05 (火) 02:39:44
      • そ、そうですか?それもそれで嬉しいです、ね…っ
        …あ、あー…なるほど。そう考えたらボブさんのも入って当然なんですね…私には、入りませんでしたけれど。
        …あ、はい。えっと、お気をつけて…(何かとんでもない事を口走っていたようだが見送って)
        -- アリー 2016-07-05 (火) 02:45:57
      • (試したんだ…っと聞き逃さないボブだった) -- ボブ 2016-07-05 (火) 02:48:02
      • (そこまで聞こえてるとは思ってなかったらしいです。) -- アリー 2016-07-05 (火) 03:09:09
  • …白き日、白きモノを食む者には…白きモノがよく似合う…
    ホワイトデイ参上!(窓から飛び込んできた変態が箱を差し出してきた!) -- 変態仮面 2016-07-05 (火) 15:01:59
    • そして私はホワイトデーに水着を着せていくマンレディ!ビキニの日だったらしいので。 -- ソニア 2016-07-06 (水) 02:43:17
      • 水着…?(ソニアの名簿へのリンクだこれ!) -- 変態仮面 2016-07-06 (水) 02:44:08
      • 酒場に貼り付けたあとじぶんちのリンクコピーしてたせいだよ!くっそぅ!修正したし編集画面からレスもした -- ソニア
      • あ、ありがとうございます…!?(困惑顔で水着姿になりながら差し出された箱を受け取り)…だだだ、誰ですか…っ!?
        (そこで変態仮面の存在にようやく気づいた様で)
        -- アリー 2016-07-06 (水) 02:59:18
      • あなたにクッキーを貰った物の一人と…お伝えしよう
        (箱の中身は…いろいろな石鹸だ、泡風呂などもあるようだ…そう、泡風呂である)
        (その他にはボディソープ…ボディに塗って相手に塗ると言う意味ではない、体用の石鹸など、そう言ったものの詰め合わせ)
        食べ物は栄養にはならないと言う事で実用品とさせていただいた…では、さらばだ -- 変態仮面 2016-07-06 (水) 03:01:27
      • ええと…(受け取った箱の中身を促されるように確認していき)
        わ、わ…いっぱい何か詰まってますね…?………‥今の注釈必要だったのでしょうか?(ボディソープの辺りで少し首をかしげる、それにしてもお互いこの状況だと露出が過多どころではない)
        …あ、えっと…ありがとうございます。どなたか…?(一体何者なのでしょうかと悩みながら見送っていく)
        -- アリー 2016-07-06 (水) 03:13:23
    • …えと、冬用水着?なのでしょうか。……以前貰ったのと大事な部分の隠れ具合があまり大差無いですけれども…
      (顔を赤くしながらぺたんと座り込んでいる)…この猫の意匠、可愛いです…ねっ♡(えへへと照れた様子で見下ろしている)
      -- アリー 2016-07-06 (水) 03:16:04
      • 私がバレンタインの時に着てたのと同じやつだからねー。冬用なので、なぜか暖かいんだよ。
        配ってた時あっちこっちで寒そういわれてた面白かったから黙ってたけど。 -- ソニア 2016-07-06 (水) 03:21:46
      • 黙ってたのですか……おねえちゃんらしいといえばらしいですけれども(色んな意味で困惑しながら、言われてみれば思っていたよりも暖かい)
        ……ちなみに、念のため聞きますけれど…やらしい気分になりやすくてそれで身体が一時的に温まってたりとかそういうのじゃ、無いですよね…?
        -- アリー 2016-07-06 (水) 03:30:25
      • そんな機能あったら冬の下着ずっとそれにしてるよぉ♡ えっちな視線は感じやすいけどね
        (マイクロビキニだし)
        へへへよくにあってるよぉ♡ (えっちな視線) -- ソニア 2016-07-06 (水) 03:41:58
      • そうですよね?おねえちゃんなら、多分そうしますよね…(着用したままで少しもじもじとしながら)
        あ、ありがとうございますおねえちゃん。……その、えっと(少し言い淀む様に自分の口元に手を添えてから)
        ……本当にそんな機能無いんですよね?…その、おねえちゃんに見られてる内に何だか少し身体が…あつ、くて…(切なげな表情で座り込んだまま上目遣いで見つめ)
        -- アリー 2016-07-06 (水) 03:48:35
      • へへへへぇ、それはきっと服関係なくアリーがえっちな子だからなのだよー。
        (ぐっへっへっへっと笑いながらにじり寄り)
        そんなおねーちゃんを誘うような声だしちゃって!もー!うれしいです!(押し倒す) -- ソニア 2016-07-06 (水) 04:42:21
      • あぅ…そ、うですか?…そうかも、しれません(ここ一年で少なくとも性的な事に忌避感よりも受け入れてどこか喜んでいる事を自覚しながら)
        …お、おねえちゃん?あの、ち、近い…近くなってきてるのです、が…?ひゃあう…っ!?
        (可愛らしい悲鳴を上げながら押し倒されて)…水着関係なくもっと身体があつくなってしまいそう、です…っ♡(と、囁く様に口を開いてそのまま身体は受け入れていく事になって)
        -- アリー 2016-07-06 (水) 14:54:10
      • 暑くなって汗かいても大丈夫だよっ水着だもん!
        (そして温かいのにほとんど裸も同然なのだ。かわいいだけじゃなく機能性も抜群な水着に感謝しつつ。どんどんえっちな子になっていくアリーに興奮して)
        だからもっと暑くなっちゃおうねぇ♡
        (自分も服を脱いで素肌を合わせた) -- ソニア 2016-07-06 (水) 21:06:53
      • そう、ですね。水着ですから濡れたり濡らしたりしても…大丈夫、ですから、ね…?
        (次第に息遣いがどこか艶めかしいものになっていくのを自覚しながら、その分向けられる視線も熱の篭った物を感じていき)
        …わ、かりました…おねえ、ちゃん…っ♡(素肌で触れ合うとそこから止めることも出来なくなって)))
        -- アリー 2016-07-06 (水) 21:26:03
      • うんっ♡ へへぇ♡ アリーのほっぺたもう熱い…
        (火照った頬に口付けをしたら止まる理由もないので…。絡め在った指先まで汗にべたつくほど抱き合って汗以外でも濡れに濡れたりで。いつもどおりなんかもう色々大変熱くなった) -- ソニア 2016-07-06 (水) 22:16:41
      • え、えへへ…っ♡その…熱く、なっちゃってます。すごいです、ね…冬用の水着…っ♡
        (お互いの距離がゼロより近くなる様な事を何度も何度も続けていって、幸せな気分を感じていたとか)
        -- アリー 2016-07-06 (水) 22:42:40
    • ↑のインパクトに勝てそうにないんで拙者は普通に豆大福進呈にござる(通常の3倍の量の豆大福) -- ニンジャ 2016-07-06 (水) 20:53:19
      • 豆がこんなに…あ、ありがとうございます。…持ち味を活かして下されば良いと思います、よ…?(受け取りながらありがたく頂く事にした) -- 2016-07-06 (水) 21:00:49
      • この豆大福は拙者のオススメゆえ日本茶などと一緒に頂いてほしい。
        イヤー持ち味って言っても拙者これといって特徴ないでござるからなー・・・ -- ニンジャ 2016-07-06 (水) 21:05:37
      • おいしく頂きます、ね…?ありがとうございます、ニンジャさん
        えっと…潜在的なスタミナと腰使い…?(顔を赤らめながらぽつりと)
        -- アリー 2016-07-06 (水) 21:22:08
      • そっち方面!?この先使う機会がなさそうな方面で!?(がっくりと地面に膝をつく) -- ニンジャ 2016-07-06 (水) 21:24:25
      • …使う機会があるかないかは、ニンジャさん次第だと思いますよ…?
        その…既に受け取って置いてなんですが、ホワイトデーは、そういうのも…受け付けてますので…(顔を赤くしたまま)
        -- アリー 2016-07-06 (水) 21:32:50
      • おそらくないんじゃないかな・・・(遠い目)
        アリーちゃん・・・切羽詰ってるでござる?(沈痛な面持ち) -- ニンジャ 2016-07-06 (水) 21:38:51
      • …きっと素敵な方が現れると思います、よ…?(と、首を傾げながら)
        ………あの、その…ニンジャさん(の味)が、忘れられなくて…
        -- アリー 2016-07-06 (水) 21:40:38
      • この誤解を招く表現ー!
        助けてあげたいが何もできない拙者を許して欲しい・・・! -- ニンジャ 2016-07-06 (水) 21:48:22
      • 問題は大体間違ってないという所です、ね。
        ………あの、応援はしてますけれど…私の方も待ってます、からっ
        -- アリー 2016-07-06 (水) 22:06:09
      • この優しさが今はつらい!まぁそれはさておき、ソニアちゃんと仲良くするでござるよ!では拙者これにて! -- ニンジャ 2016-07-06 (水) 22:17:45
  • 結婚式の招待状が届いた)
    結婚することになりました。ブイ。4月2週目(7月10日 日曜日)です、とはいっても。
    日中なのですが、大丈夫でしょうか。なんてことを考えたりもします。
    アリーさんの不便を解消するために色んなことをしました。
    しかし、それはただの商売ではなく、自分が成長する切欠であったようにも思います。
    例の筒、まだ壊れていませんか? また何かありましたら、魔女の店ミスティフィカシオンまでご来店ください。
    …新婚の、ちょっと浮かれ気分な店主がサービスしますよ。なんて、宣伝ばっかりしましたね。すいません。
    レイチェル・ペレグリーニより。 -- 手紙 2016-07-08 (金) 23:43:43
    • ブイ…ぶい?…(招待状を最後まで読み終えて…はー…と息をつきながら)
      …おめでたいことです、ね。ただ、日中…なので参加でき無さそうなタイミングみたいなので…。…うん、サザンカさんにお話していた通り…お祝いの言葉をお送りしておきましょう。
      …それにしても、レイレイさ…いえ、今後はレイチェルさんとお呼びすべきですね。…お幸せに、ですっ(と、呟き。そうとなったらお祝いの言葉をお送りしないと…っと、机に向かって考え始めるのだった))
      -- アリー 2016-07-09 (土) 05:10:56
    • 結婚式の招待状が届いた)

      拝啓 立春の候、皆様にはお健やかにお過ごしのこととお慶び申し上げます。
      このたび 桐生 山茶花桐生 英龍ファウスト・ペレグリーニレイチェル・ペレグリーニの2組の結婚式を挙げることとなりました。
      つきましては、日頃お世話になっております皆様に感謝の気持ちを込めて、ささやかな小宴を催したく存じます。ご多用中誠に恐縮でございますが、ぜひご出席賜りますようお願い申し上げます。
      敬 具 -- 2016-07-09 (土) 20:49:44
  • (ここは初めてのロケーション表に挑戦…) -- オカリナ 2016-07-07 (木) 21:23:51
    • (冒険の帰りが夜遅くなってしまい、夜道を急ぐ 生来闇には強いが夜に近寄りたい雰囲気と言う訳でもない館の近くを軽く駆け足で通り過ぎようとしていた)
      …あや、ここ人住んでたのか?見覚えがある様な…あっ、アリーじゃん!どったのこんな所で?ここに用事あったん?(館から出てくるアリーに鉢合わせし、声をかける) -- オカリナ 2016-07-07 (木) 21:27:33
      • (館から出てきた姿はごく一般的なメイド服、妙に様になっていたりする姿で傍らに箒が自律して動いているのも確認できて)
        あ、オカリナさん。それはこちらのセリフですよ…どうしたのですかこんな夜遅くに。私は…館にちょっと呼び鈴の設置をと思ってまして(と、今この館に住んでいることを説明して)
        -- アリー服装 2016-07-08 (金) 03:08:57
      • 何その格好、もしかしてここで働いてるとか?(メイド服を見ての第一声、箒に関しては便利なアイテムだな!と目をつけておいた)
        へー、住んでるのかぁ…何でメイド服?主人なのに!あたしはちょっと冒険の帰り、遅くなっちゃって近道をって思って…ついでにご飯食べられたら嬉しいけど、こんな時間にどこも開いてないよね(そもそもそれをアリーに聞くのもどうか、と言う気もしている) -- オカリナ 2016-07-08 (金) 21:49:57
      • この服装は…お掃除とか作業する時に、とても便利なのですよ?…あ、この子はハヴェリーです。ゴーレム…で、私の大事な家族の一人です、よ?(視線を向けられて少し恥ずかしがってるのか、アリーの後ろに隠れている人見知りする箒)
        ご飯…ご飯は、えっと、簡単な物で良ければお作り出来ますけれど。(普段は作りませんけれど最近人の出入りが多いので…簡単な物で良いのならと)
        -- アリー 2016-07-09 (土) 04:16:37
      • ゴーレムか…結構一杯いるなゴーレム使い、あたしもそう言うの一つ欲しいかも(隠れているのを覗き込みに行った)
        メイド服はメイド服で最近良く見るな、ブームなのかな…え、ほんと?いいの?じゃあ折角だし…ご馳走になってもいいかな?お返しは今度するからさ! -- オカリナ 2016-07-09 (土) 22:04:50
      • 実際の所私にはそういう術式とか…全く組めないので、頂いたコアを入れた感じです。(カレリアさんと仰る方がお詳しいですよと言いつつ、ハヴェリーは恐る恐ると顔…顔?を覗かせて、首を傾げる様な動作を見せて)
        …あまり大したものは作れませんけれども、お夜食みたいな感じで召し上がって貰えればと(そう言いながら館の中に招き入れて応接室へ)
        -- アリー 2016-07-10 (日) 03:53:35
      • リア姉かぁ、確かにくわしそうって言うか専門家じゃんね!こんなのも作るのか…にゃー!!(突然箒を脅し始める猫娘)
        いやいや、夜食って感じのが欲しい時間だし!そんじゃお邪魔しまーす…(歩きながら屋敷内を見回す) -- オカリナ 2016-07-11 (月) 21:50:41
      • ふやぁぁ…っ!?(箒のハヴェリーといっしょに脅かされて思わず後ずさりして揃って物陰に隠れる、反応がそっくりで)
        それではこの部屋で待ってて下さいね、すぐに作ってきますから…(屋敷内を見回して、明かりはほの暗くどちらかと言えばホラーっぽくはあるが…よくよく見れば掃除の手入れは行き届いており、やたら暗い点を除けば落ち着いた印象を与えていく調度品も並んで)
        (程なくして甘い匂いが近づいてきて)お待たせしました…パンケーキです(二枚を重ねてお皿に乗せ、バターとメープルシロップを別の容器で添えた状態でトレイに乗せて持ってくる)
        -- アリー 2016-07-11 (月) 22:11:34
      • あはは、ゴーレムも飼い主に似るんだな!大丈夫大丈夫、お腹空いててもお前食べたりしないって!(楽しそうに笑いながら箒に手を振る)
        はーい、お願いします!(中々いい雰囲気だと思う、吸血鬼の住処というには少し綺麗過ぎる気はするが…まぁアリーだもんな、なんて思いながら)
        わ、すごい!やるなアリー…負けてらんないぞ!でも今はとりあえずいただきます!(ホットケーキにバターを乗せて溶かし、目一杯シロップをかけて大きめに切り分けて一口)…うん、おいしい!夜中に食べるのは罪な気がするけど…おいしい! -- オカリナ 2016-07-11 (月) 22:17:49
      • あ、あんまりいじわるしてあげないで下さい、ね…?(と、隠れたまま言っているあたりアリー自身の影響というのはだいぶハヴェリーの中で大きい様で。…それでも手を振られておずおずと顔?を覗かせる箒)
        (紅茶も合わせて用意して)お気に召した様でなにより…ええ、こんな時間にこんなバターたっぷりシロップたっぷりって…ただオカリナさんは活発な方なのでこれくらいなら大丈夫かなと。
        -- アリー 2016-07-11 (月) 22:43:48
      • ごめんごめん、つい猫の狩猟本能がさ…(ちょいちょいとハヴェリーの頭?を撫でて)
        幸せな気分で眠れそうだけど…そうだよな、明日運動して取り返せば良いよな!(ホットケーキを口にいれて、んー!とか言いながら耳をぱたぱた 見るからにお気に召したという感じだった)
        いやー、急に押しかけておいてありがとな!お茶までいただいちゃって…今度ソニアんトコきたらうちにも寄ってよね、好きなものは用意できなくても何か食べるものくらいは出すからさ!ごちそうさんな!(全部平らげて軽く話をしてから走って帰ったのだった) -- オカリナ 2016-07-12 (火) 01:12:46
      • 狩猟本能…ですか、本能なら仕方ないかもしれません、ね…?……仕方ないのでしょうか(ハヴェリーを撫でられながら自問自答)
        (気に入っていただけた様でなによりですと、耳をパタパタさせている様子に思わず笑みをこぼして)
        いえいえ、お気になさらず、…こうしてお話出来るのも嬉しいですから、夜道ですから気をつけてくださいね?(と、オカリナさんを見送ったのだった)
        -- アリー 2016-07-12 (火) 02:29:34
  • うーん…(これって代わりになるかなとホワイトデーに白子持ってくる) -- 陽子 2016-07-07 (木) 21:46:08
    • こんばんは陽子さん。…こんな夜更けにどうかなさいました、か?…白子…?(首を傾げて何で白子をお持ちなのでしょうかと疑問に思っている様で) -- アリー 2016-07-08 (金) 03:10:29
  • お昼寝の時間帯ってやたらに眠いのです…というわけで夜行性?のアリーさんのベッドにこっそりと
    お邪魔してびっくりさせてみようと思います…(寝巻きをご丁寧に持参して着替えアリーの眠るベッドにそっと入り込む) -- らん 2016-07-09 (土) 04:50:05
    • くー…(入り込まれた事に気づかずぐっすりと眠っている、心地よさそうに寝息を立てて)
      (時折身動ぎをするが起きる気配は無く、ぐっすりと夢の世界に身を委ねている様で)
      -- アリー 2016-07-09 (土) 05:14:11
      • アリーさんぐっすり寝てますね…深い眠りについていて…(頬をツンツン)
        何だか見守りたい気持ちはあるものの、私も眠いので…ほわわ一緒に寝させてもらいましょうか…
        (アリーの腕を軽く抱いて目を閉じる) -- らん 2016-07-09 (土) 05:22:06
      • (無防備な寝顔を見せながら、頬を軽く突かれむにゃむにゃとくすぐったそうにしてから、再び寝息を立てていく)
        (腕を抱かれてらんさんの抱きまくらとなりながら。…目を閉じたらんさんの身体、腕が抱かれてる状態で無意識の内にこちらからも抱きつく様に身を寄せて)ふ、にゃぁ…(と、寝ぼけて少しだけ声を漏らして))
        -- アリー 2016-07-09 (土) 05:31:55
      • ん…うっかり少し寝てしまいまし…ひゃ(抱き寄せられとても安らかな寝顔からとても近い、漏れたと息が耳をくすぐる)
        ひゃあ…動くに動けないよぅ…(しっとりと汗ばみつつ、アリーの寝相がおとなしい事を願いつつ、また寝てしまおうと目を閉じる
        アリーと自分の鼓動、寝息だけが感じられむしろ感覚はその2点に集中して過敏に) -- らん 2016-07-09 (土) 06:17:24
      • (安らかな寝顔のまま、抱き寄せて…身長としては少し大きいくらいの身体)
        んに…ぃ…(少しだけ身じろぎをしながら、声を漏らして)
        …んにゃ…?(ふと、目覚めたのかまだ寝ぼけているのか…ぼんやりと腕の中のらんさん、だと気づかずに…髪に顔を埋めて、んふー…と寝息をかけて))()
        -- アリー 2016-07-10 (日) 03:48:32
      • (何だか耳がそわそわします…アリーさん早く起きてください…でもでもすごくよく寝てますから起こさないように…)あっ、それダメっ…
        (抱き合いしっとりと寄せ合う二人その香り、吐息と全身でアリーを感じている、そんな気持ちでいっぱいにときめいている小学生)
        息はだめです…声が出てしまいます…(髪を通り抜ける吐息に時折体をぴくぴくと縮みこませて) -- らん 2016-07-10 (日) 04:03:48
      • (寝ぼけているのか、甘えるように顔を埋めたまま頭を軽く振って堪能しようとして)
        (こんなに良い匂いを、もっと堪能したいと思っているのだろうか?軽く呼吸する様に吸って吐いてを繰り返して)
        …んぃ…にぇ…?(ふとなんの気なしに目を開いて…寝ぼけたまま首を傾げて、何を…誰を抱きしめているのかわからないまま、身体を撫でる様に確認していく)
        -- アリー 2016-07-10 (日) 04:11:45
      • (子どもっぽい甘いイチゴのような香り、友達と現代で買った可愛らしい香水によるもの、人工的だけど魅力的な香り)
        あ…良かった目覚めたみた…わっ(ぴくくん、と呼吸に合わせて体を走るぞくぞくっとした感覚に体を震わせているとアリーの瞳が開き、赤い柔らかな景色が広がる)
        ん…ほわわ…(触れるところ皆柔らかで、それでいて抱きしめやすい大きさ、小さな子どもを思わせる感触がアリーの手のひらから伝わる) -- らん 2016-07-10 (日) 04:25:34
      • (甘酸っぱい果実の香りに夢中になって抱きついたまま匂いを感じていき)
        んんぃ…ぅぃ…?(もぞもぞと手を動かしていきながら、視界に広がる赤い柔らかな景色にまだ状況が把握出来ないでいて)
        はぅ……んぅ…?(そんな風に寝ぼけたままだが、触ったり揉んだりしていく内に思考がはっきりしていき…手のひらに伝わる柔らかな感触に)…あ、れ?…え?(目の前の相手の様子を恐る恐る覗き込もうと)
        -- アリー 2016-07-10 (日) 05:05:20
      • あの…アリーさん…おはよう…あれ?まだちゃんと醒めてない…(アリーさんの触り方が優しくそれで居てくすぐったく撫でる、それも体のいたるところへ伸びていく)
        ドキドキしてきました…気持ち良いけどお友達にドキドキするのって変なんじゃ…(そんなことを口走りなんとか誤魔化すこと数分)
        あ…っおはようございまぁ…す…(小学生がしてはいけないような色気づいた表情と熱っぽい声がお出迎え) -- らん 2016-07-10 (日) 05:16:24
      • (寝ぼけているのか、胸元を揉む様に触れたり…そのまま大きさを確認する様に手が撫で回して)
        …え、え?らん…さん?あ、えっと…ど、どうしてここ…ど、どうしたのです、か…っ!?(どうやら寝ぼけていた間の事は覚えてない様で)
        …あ、あの…おはようございます…(妙に艶めかしい様子に少しドギマギしながらそう声をかけて)
        -- アリー 2016-07-10 (日) 05:40:00
      • アリーさんはお昼の間寝ちゃってて中々お話できる時間が合わないので会える様に起きるまで一緒に寝てようって思って…(やっと起きたぁ…とアリーの腕をぎゅっと抱きしめほっとしたようす)
        あ、わたしのことは気にしないで下さい…ちょっと…えっちな夢を見ただけなので(ようやく目覚めたばかりなのできっと、らんのどこかに手を触れたままなのかも知れない)
        なんでもないので気にしないで下さいアリーさん…(もう限界ーと気を紛らわせるように顔を見られないようにアリーの胸に顔を隠すように埋める) -- らん 2016-07-10 (日) 06:45:04
      • お昼寝…え、ええそんな感じで…(そういえばまだお伝えしてなかったと気付き、なるほどそれで潜りこんだと…腕を抱きしめられたまま気付いて)
        そ、そうでしたか…(あまり深く気にしてはいけないですねと、この話題は軽く流そうと思いつつ…手はらんさんの胸元に、もう片方の手がお尻に添えられているのに気付かず揉む様に手が動いて)
        あっえと…えと…は、はいぃ…(申し訳無さと恥ずかしさにしどろもどろになりながら、胸元に顔を埋めるらんさんの頭をそっと抱きしめて)
        -- アリー 2016-07-10 (日) 15:03:11
      • はふー…お昼寝させてもらったはずなのに何だかとっても疲れてしまいました…
        普段はきっと抱き枕とかをこうして抱いていたりするのですね(年齢的にもそういった経験は希薄で
        まさかそういった行為の賜物とは彼女には想像もつかない)でも、とても優しい手つきでしたので、きっと抱き枕さんも幸せだと思いますです
        (落ち着いてきたのかそっと顔を上げてにこりと微笑む、前髪から見える黄金色の瞳はうるっとしていてとても綺麗) -- らん 2016-07-11 (月) 05:28:01
      • あ、ぅ…あう…(疲れた原因は少なからず、どころかほぼ間違いなく自分にあるのを状況から察して)
        え、ええと…その…抱きまくら、いえ…私が抱きまくら…かも、しれませんけれども…(と、消え入りそうな声で答えていき、聞こえるか聞こえないかの声量)
        ……多分、私のほうが幸せにしてもらってる様な気がします、ね…(と、普段の様子に思いを馳せてそんな風に呟いて)
        ……(顔を上げて表情を覗きこまれて、前髪越しに覗く黄金の瞳を…真紅の瞳で見つめ返して、思わずまた抱きしめてしまおうと)
        -- アリー 2016-07-11 (月) 05:45:40
      • アリーさんが抱き枕…そっか、普段は抱く側じゃなくて抱かれる側なのですね(やましい意味は全く無いのだがアリーには別の意味にも捉えられてしまうだろう)
        そうなの…じゃ、じゃあ今日はわたしが幸せになる番…ひゃっ(アリーのほうからの抱擁を予想していなかったらん
        不意打ち気味に抱きしめられくすぐったそうに声を漏らす)びっくりしました…アリーさんのほうから抱きしめてくれると思わなかったので…嬉しいですっ
        こちらからもぎゅーってしますね(二人でピタリとくっつけば間に暖かな空間が生まれ、起きたばかりの体に再び安らぎが満ちていく) -- らん 2016-07-11 (月) 06:15:48
      • 抱かれ…っ!え、ええ…まあ、その…抱かれる側、で間違いは無いんですけれども…っ(と、顔を赤くしながら)
        たまには私だってこういう風にすることも、ありますよ…?(ぎゅーと抱きしめながらちょっと楽しそうに言葉を口にして)
        …なんかちょっと楽しくなってきてしまったかもしれません(そんな風に言いつつ抱きしめられてこのまままた微睡んでしまいそうになりながら)
        -- アリー 2016-07-11 (月) 20:06:58
      • だよねだよね、アリーさんは抱きたいか抱かれたいかでいうと、抱きたい、の方だと思うのです
        ん、とっても暖かいです、さっきよりもちょっと暖かくてこう、お家の中なのに日向ぼっこしてるみたい
        (元気に外を歩き回った後なのだろう、らんからは少し汗と太陽の匂いがした)ひゃわわ…あれ?アリーさんももしかして眠くなってきたんですか…わたしもです -- らん 2016-07-11 (月) 20:37:40
      • 抱きたい、方ですか…そうです、か…(自分よりも小さならんさんに言われるのは少々複雑な気持ちにもなりながら。)
        おひさま……光は苦手ですけれど、も…匂いはすごく良いです、ね…
        (暖かい感触に、次第に眠りへと誘われていき…答える間もなく)すー……(と、寝息を立てて)
        -- アリー 2016-07-11 (月) 21:47:28
      • そっか、夜にしか歩いてないって事はお昼寝の匂いも…今度ふかふかに干した枕を持ってきてみようかな?
        アリーさんが寝てしまったので私も…もうちょっとだけー…(アリーが抱きやすいよう背中を預けて眠る) -- らん 2016-07-11 (月) 22:11:22
      • すー…くー…(今まで感じたことのない匂いに不思議と安らぎを覚えて、心地よさそうな寝息をたてている)
        (背中を預けられてしっかりと抱きしめながら、きっと起きた時に訪ねて来てくれたのにと申し訳ない気持ちになるかもしれない…が、そんな事とは考える事も出来ずに今この時間を享受していって)
        -- アリー 2016-07-11 (月) 22:29:27
    • (かわいいアリーとかわいいらんちゃんがセットで…。笑顔で見守るしかない) -- ソニア 2016-07-09 (土) 05:16:26
  • ようやく調子が整ってきたんで、遅くなったが見舞いの礼だ(小さな木箱、中にはミニマムサイズのジェラートグラス)
    (涼しげな青のラインが入っていて、ごく少量のヨーグルトとか白くてドロリとしたものを盛るのが似合いそうだ) -- エール・バスペイル 2016-07-11 (月) 23:02:31
    • エールさん…体調はもう大丈夫なのです、か?エルフ…ええ、エルフとはいえ身体を壊したら行けませんからお大事に…
      …えっと、頂いても良いのでしょうか?あ、ありがとうございますっ……とても小さなグラスですね…?綺麗で可愛らしくて…素敵、ですね(しみじみと頷きながら)
      -- アリー 2016-07-11 (月) 23:32:38
      • 前に詫びたが、中身は用意できんからな… (話に聞いたアリーの主食を盛るために選らんだ様子)
        気が向いたときに使ってくれ。ミントを飾っても似合うだろう -- エール・バスペイル 2016-07-11 (月) 23:45:00
      • (このグラスの大きさ、中身を用意できないというエールさんの言葉に)…あ。
        あ、あー…は、はい…いえっ その…ありがとうございます…っ その、大地に使わせていただきますから…っ …あ、確かにインテリアにも…少し先の季節には涼しげで良いかもしれません、ね‥?
        -- アリー 2016-07-12 (火) 02:31:36
  • とつぜんのしらたまです。こんばんは。
    えっと ソニ子さんつながりで、めんしきはあったけど。きちんと、お話したりしたことなかったなって… ごめーわくですかー。 -- しらたま 2016-07-12 (火) 03:20:39
    • こ、こんばんは…とつぜんのしらたまさん。えっと…面識は凄くありましたけれど言われてみれば…お話したこと無かった、ですね
      あ、いえ!お気になさらず…えっと、改めましてこんばんは、です。アリーと呼んで下されば…っ
      -- アリー 2016-07-12 (火) 03:31:45
      • ん… いそがしかった? ソニ子さん、きてた?(きょろきょろ)
        …んと。アリーさん。本名は、あれくさんどらってゆうのでしたよね。サザンカんたちのケッコン式で初めて聞いて、なんかびっくりしたので。
        あ。いえ。わるいいみでなく。西洋的、みやびなので。(こくこく)
        とゆーか、ヨウコの家に行くときに、いつも見かけてたお館が、アリーさんの家だったのですねえ。(しみじみしじみ) -- しらたま 2016-07-12 (火) 03:37:33
      • あ、いえ!気になさらずに…です。
        お、お恥ずかしい限りで…ちょっと長くて、私にはもったいない名前ですけれども…アリーで結構ですよ…?
        み、みやび…ですか…っ(何となく嬉しさと恥ずかしさから照れて)しらたまさんのお名前も可愛らしくて私、好きですよ
        1年ちょっと前まで誰も住んで無くて放置されてたので廃墟と間違われてたみたいですね、陽子さんに限らず。…そういうしらたまさんは、えっと…ササキさんのところとか色んな所でお見かけしてますけれど、今のお住まいは…?
        -- アリー 2016-07-12 (火) 03:54:56
      • 最初見かけた頃よりきれいになっていったから、人の気配は、明らかだったですけど――。(控えめに、内装を見)
        …あ。しらたまは、今は仙人さまの道場に身を寄せていますよ。仙人さまは、やさしいです。お母さんみたいなので。(こくこく)
        それで… ソニ子さんと、アリーさんって。しらたまの目前で、すごーくのうこうに、あいをささやきあっていたのですけど。
        …こいびとなので? -- しらたま 2016-07-12 (火) 04:04:23
      • (掃除は行き届いており、十分に人の気配はする。…ただし大きさの割に静か過ぎる気がするのは住人が一人だけだからだろうか)
        仙人と、言いますと…イェチン師匠の所でしょうか?…私より小さくて大きくて、厳しいけど凄く立派な方ですよね(こくんと頷きながら)
        …お恥ずかしい所をお見せして…(と、恐縮した様子から、問われれば)…おねえちゃんは、私にとって…とっても大切な方…です♡(と、恥ずかしげ無く答えて言って)
        -- アリー 2016-07-12 (火) 04:24:32
      • よどみなき。(こくり…)
        じゃあ、やっぱり。しらたまの――ソニ子さんのぶーけのほこさきは、アリーさんなのですねえ。
        ちゃかしたりしませんよ。このしらたま。友から友へとわたる、あいじょうのくさび。にないての一人ですゆえ。
        わかりやすくいうと、しらたまはけっこんしました。 -- しらたま 2016-07-12 (火) 04:27:59
      • そしてしらたまがほうりなげたぶーけはソニ子さんにわたりました。 -- しらたま 2016-07-12 (火) 04:28:48
      • …おねえちゃんのブーケのほこさき…?え、うん…‥?(そういえばこの間結婚式があったと聞いてましたけれど・・・しらたまさんの?と首を傾げて)
        …へ?え、ええ…っ?え、お、おめでとうございます…何だか唐突で状況が理解出来ませんが…あ、えっとお相手はちなみにどなた…?
        それにしてもおねえちゃんがブーケを…っ(良い結婚式だったと伝聞では聞いてましたけれど詳細は知らず、驚きと少し惚けた様子で)
        -- アリー 2016-07-12 (火) 04:34:07
      • もっと詳しくいうと…れるちぇ…レイチェルさんのぶーけを、しらたまがうけとったので。
        こちらのならわしにのっとって、タタラ姉にケッコンを申し込み。その場で式を。(こくり)
        ゆえに、ぶーけの新たな担い手となったソニアさんは。誰に申し込むのかな、と思って。(こくこく)
        でも、聞かずとも、でしたので。(こくり)
        だって、彼女。アリーさんの話をする時、眼の色がぜんぜんちがうので。 -- しらたま 2016-07-12 (火) 04:36:50
      • あ、あー…その場で結婚の申し込みするものなのです、か…!?
        多分その時私が居たら連鎖……い、いえ流石にそれは…それにその、おねえちゃんと私は女同士ですし…っ
        …もしそうなれればすっごく嬉しいと思いますけれども(言いながらも少し自分に自身が無いのか落ち着かないイジイジと少し後ろ向きになっていて)
        -- アリー 2016-07-12 (火) 04:46:57
      • しらたまは、ひなびたいなかの出身ですので。意外と、保守的なようにおもわれ… おもわれてませんけど。
        同性間でも…別によいではありませんか…。(パァァ…)
        ふかいあいじょうとか、相手をにくからずおもうきもちとか…
        互いをおぎないあうとか… あまえあうとか… そういうかんけいは、なかなかえがたいのです…。(パァァァ)
        欠点あって、あたりまえ… 自信がなくて、あたりまえ… だから… ひかれあうのですよ… 凸と凹が…。(ほとけたま) -- しらたま 2016-07-12 (火) 04:56:36
      • …良いのでしょう、か?その、おねえちゃんと一緒になりたいと改めて伝えても…?
        え、ええ…私の存在が重荷にならなければと思ってたりもしますが…う、ん…あんな風に甘える事が出来たりするのって…思えばはじめて、だったりします。
        2人が惹かれ合って、上手く噛み合って…です、か(深く考えながら何かを決めようと思いつつ)……なんだか、しらたまさんの背後に光がさして…光…が…(クラクラと目眩を起こす、それはそうとタタラさんとという部分に驚いたのが今になって響いてきた感もあり)
        -- アリー 2016-07-12 (火) 05:02:14
      • あっ えっ あっ(無意識に、キの力で実際に光ってたらしいぞ!)
        ごめんなさい、なにか… 体調わるくするようなことを言ってしまったかもしれないので…?!(とてとて寄ってきて支えて) -- しらたま 2016-07-12 (火) 05:09:55
      • あ、い、いえ…気になさらず、その…光はちょっと得意では無いので…っ
        (軽い身体は容易に支えられて)…貧血気味かもしれません、ね。アレを口にすれば少し落ち着くかも……(言ってから、いや流石にそれはと顔を背けて)
        -- アリー 2016-07-12 (火) 05:22:45
      • ひかりがにがて… ひんけつ… アレ…。
        わかりました…(こくり) レバーですね…。 ちょっとまってて。しらたま。そういうりょうりはとくい。(こくこく)
        ちょっと走って、食材かって。ちゅうぼうをおかりする。(よいしょ、とアリーをソファに座らせつつ) -- しらたま 2016-07-12 (火) 05:25:10
      • 待ってください、待って。レバーではないです。吸血鬼です
        なので…一番良いのは血液の類ではあるのですが…レバーではなく、レバーではなく…っ(座らせられながら)
        …ただ私血液が飲めないので別の物を代用に口にしてまして…(恥ずかしそうに顔を赤くしながら)
        -- アリー 2016-07-12 (火) 05:28:45
      • えっ(えっ)
        きゅうけつきだったの…。あぶなかった… にらればーいためをつくるところだったので…。(ニラはネギ属でありにんにくの仲間。犬猫に与えてもいけない。)
        えー… でも、血が飲めないとゆーと。血にほど近いもの? …あっ(はずかしそうにしてるということは…)
        ざんねんながらしらたまは男なので、ぼにゅうは…。 …えっと、ぎゅうにゅうじゃ、だめ? -- しらたま 2016-07-12 (火) 05:31:57
      • あ、言ってませんでしたっけ…言ってませんでした、ね…ううん、そもそも普通の食事では栄養が摂取できないですから、ね…(仮にニンニクを克服しても根本的に難しい様で)
        …ぼにゅうでなくても、その…男性が気持ちよくなると出る白いの、でも…構わないと言いますか…その…お相手(タタラさん)がいるのにこんな事を頼むのは流石に…っ
        なので、その精液が…欲しくて…(耳まで真っ赤にしながらぽつりと)
        -- アリー 2016-07-12 (火) 05:57:51
      • (しらたまが、固まる瞬間を、見るだろう)
        (例の、ジト目真顔である)
        (責めているわけではなく なにか考えているわけでもなく ただただ 固まっていたのだ)
        …………それは。きゅうけつきでなく、むまのりょうぶんなのでは。
        ………いや。そうでなく。えっと。
        ……それじゃないとだめなの。
        …いやじゃないの。
        体、つらいの。

        \えー…/ (死に設定たる羽織の背の文字が、葛と藤で明滅していた) -- しらたま 2016-07-12 (火) 06:05:48
      • な、ぅ…っ(ジト目で真顔で見つめられて思わず押し黙り、どう言葉を繋げていこうかおろおろとしていると)
        ……よく、言われます。一応分類は吸血鬼、の筈です…多分、まだ…(今後変わっていってしまうのではと自分自身薄々と思いながら)
        いや…だったのは最初の頃で、その…出して頂いているのにイヤイヤ飲むのも…提供して頂いた方に失礼、ですから…
        細かい説明を省きますけれど…摂取しないと、満足に動くことも出来なくって…
        なので…その…無理にとは言いません、から…っ(と、強がって見せてはいるが…あまり顔色が良いとは言えない)
        -- アリー 2016-07-12 (火) 06:14:20
      • ……。(考える)
        ……。(考える)
        ……。(大混乱 考えがまとまらない 当然だ、種族が違う 食物が違う 体質が違う 知らないことばかりだ)
        ……。(ただ、その精神性は、女の子だと思った)

        ――……。えー……。(少し、視線をそらし)
        このおうちのそふぁは。なかなか、ふかふかで。おひるねによいですね。(ぽふ、ぽふ、と手触りを確かめる)
        ……しらたま、よく人の家でねてしまうので。今度も、少し、おかりしたいところです。

        (しゅる、と普段着の着物の帯をゆるめ、着物を脱ぎ、畳み、肌着だけになって)
        なので。しらたま。ねるので。(うむはいわさない)
        『何かあったら』起こしてください。
        こんな静かなお家だし、しらたま、きっと一度ねむったらなかなか起きないので。
        あとは、『アリーさんにお任せ』するのです。(よいしょ、と長ソファを見繕って)
        (仰向けに寝転がり、目を閉じて…)

        …………スヤァ。
        (本当にねた。) -- しらたま 2016-07-12 (火) 06:29:03
      • (凄く無茶な事を言ってしまいましたと反省をして、少しくらいならガマンすれば大丈夫ですから…そう言おうと決心をしていると)

        ……え?あの…しらたま、さん?(目の前で確かめるように、説明口調の様な言葉を口にしていくのを見届けるしか出来ず)

        (しゅる…と、楽な格好に肌着になって…すぐに肌蹴させやすい格好となっていく)
        『何かあったら』ですか…何か、ですか…
        (そしてお任せするという言葉に悩みながら、寝息を立てていくしらたまさんに…へなへなと緊張していた身体から力が抜けて)
        …ここで本当に眠ってしまいますか。ちょっと私もびっくりです……
        ……(チラッとしらたまさんの方を見て、『私にお任せ』すると言ってたのを気にしながら)
        ……そうですね、お任せ…されますから、ね…。寝てるのなら…誰も、見てませんから
        (自分に言い聞かせる様に…果たしてどうしたかは、彼女自身が知る事であった)))
        -- アリー 2016-07-12 (火) 06:58:11
  • ちょっと流します
  • ちょっとだけ流します
  • おらぁー!失礼します…弟、いや、妹か?
    とにかく、公共の場ですら弟子とあまり触れ合わない間に、イェチン先生との期間が切れたんで、遊びに来たぜ
    …こういうときは、元、妹弟子と、って言うべきなのかなぁ… -- 四季 2016-07-10 (日) 05:46:19
    • ひゃんっ!?(大きな声で訪ねて来られて思わず声を上げて物陰に隠れる、背後には箒のハヴェリーも同じ様に隠れて)
      …あ、えっと…いつの間にか時間ばかりが過ぎて修行をしてもらう間が無かったのですが…あ、ということは師匠のお弟子さん…?
      …あ、えっと…元々弟子入りを志願している身…でしたが、何だか上手く行ってないだけで……あ、えっと…私はアレクサンドラ・フローライト…アリーと申しますっ(と、深々とお辞儀をして)
      -- アリー 2016-07-10 (日) 06:06:07
      • 隠れられた!?…まさかの展開、と、喉を鳴らして、深呼吸を一つして
        いや、良いんだぜ元々アンタもエクササイズコース、ちょっと身体を動かして健康になろう、だったんだろ、あんまり無理はするべきじゃないさ
        (そう言って、笑いかけたら弟子入りを志願していると聞けば)アリーと名乗った少女をじろじろ、と見渡たし
        うぅん、…いや失礼とは思いながらも、細い…コレでちゃんと稽古に耐えられるのか、ってよりもちゃんと、ご飯食べてるのか心配になるぜー? -- 四季 2016-07-10 (日) 06:32:34
      • ……ここだけの話、その…仙人コースにも興味はありますけれども。その…あまり本気に取られてません…から…(と、恐る恐る姿を現してジロジロと見られていく)
        ……あまり、食べる方では無いですし…その、ご飯もちょっと普通とは違ったりしますから…っ(顔を背けて言いづらそうにして、どこか恥ずかしげな様子で顔を赤らめて)
        -- アリー 2016-07-10 (日) 06:44:18
      • オイオイ、まさかの仙人コース受講希望者だよ…アレやる人いたのか…
        (スゲェ…と戦慄と尊敬をかねた眼差しで相手を見つつ)
        そうか、まぁアレだぜ偏食とか、アレルギーとか種族的ならともかく、好き嫌いはなく食べないと大きくなれないって言うぜ、って言うかオレは言われたぜっ! -- 四季 2016-07-11 (月) 09:48:05
      • え?え?…何かおかしな事を言いました、か…?…ただ、今のままでは身体が追いつきません。(だから一旦身体を鍛えてから…ですねと口にして)
        …わ、私の方は種族的な部分で…えっと、私これでも吸血鬼…なのです…血液か、それに近い物でないと栄養として身体が取り込まないみたいでして…(と、依然として顔を赤くしたまま)
        -- アリー 2016-07-11 (月) 20:09:36
      • 仙人になりたい、何て奴がほかに居たことに驚いてるだけだぜー…応援するから、その時は頑張れよな!
        -・あぁ、なるほど吸血鬼か-・それはその、生きるのも大変そうだな(と納得した様子で)
        だがしかし、鬼で仙人となればなんかもう無敵!って感じになるし、やっぱり是非妹弟子として応援するぜー! -- 四季 2016-07-11 (月) 21:10:26
      • は、はい!頑張っていきますので…兄弟子として、ご指導とご鞭撻のほどお願いします…っ
        …鬼と言っても、大して力が強かったり…吸血鬼らしい強さとかそういうのも全く無かったりしますけれども
        そもそも、血が飲めませんから…(なんて肩をすくめて答えながら)
        -- アリー 2016-07-11 (月) 21:50:19
      • …血が飲めない吸血鬼?
        だ、だめじゃん!ご飯食べられなくて死んじゃうじゃん!? -- 四季 2016-07-12 (火) 18:34:39
      • だ、大丈夫です!生きてますからっ
        …今は、その…血液の代用になるものを、代わりに頂いてまして…
        -- アリー 2016-07-13 (水) 22:10:10
  • へぇー…中々、雰囲気があるというか…吸血鬼ーって感じの所に住んでるのねアリーって(ふよよよ、と空から館にやってくる悪魔) -- ハミル 2016-07-12 (火) 22:07:59
    • 飛んで、ます…!?あ、えっとハミルさん…こんばんは、です(ふよよ…と飛んでる様子を羨ましげに思いながら頭を下げて挨拶して) -- アリー 2016-07-13 (水) 22:07:33
      • 飛ぶわよぅー、ふふんちっちゃい羽根だってちゃんと飛べるのよー!(ふよよよ)
        よいしょっと(着地)やっほーアリー遊びにきたわよ!
        結構雰囲気あるわねーこの館ー、こういう感じあたし嫌いじゃないわ(へぇー、と辺りを見回しながら) -- ハミル 2016-07-13 (水) 22:14:56
      • 私の羽の方が大きい気がするのですが…色々と足りてないみたいで(ぶわっと羽を広げて、複雑そうに自分の羽を撫でて)
        改めていらっしゃいませ、ハミルさん。良ければ上がって行って下さい。(お茶くらいしかお出しできませんがと、薄暗い館のドアを開けて)
        -- アリー 2016-07-13 (水) 22:23:20
      • あたしの場合は魔力で飛んでるわねぇ、でもコツをって言われると難しいわね…感覚で飛んでるからなー
        はーい、お邪魔しまーす、わぁ薄暗い、やっぱりアリーって光は苦手なの? -- ハミル 2016-07-13 (水) 22:34:36
      • 魔力です、か…どうにもそういった部分は疎くて、普通のお勉強ならともかくその辺りは全く…
        光は、陽の光以外は全くダメではないのですが、こちらのほうが落ち着きますね。(応接室へと案内して)待ってて下さい、今お茶を淹れてきますからっ
        -- アリー 2016-07-13 (水) 22:47:29
      • あれ、そうなんだ、じゃあ…吸血鬼としての能力も使えない感じ…?
        あたしも実際に見た事はないけどー、何か色々使えるって聞くけど
        そっかぁ、吸血鬼以外にもなんだか色々出そうね…!(ドキドキ)あ、はーい(ちょこん、と椅子に座りつつ待つ悪魔) -- ハミル 2016-07-13 (水) 22:50:33
      • えっと…体力は無いですけれど、病気とかとは無縁です、よ…?
        聞いた限りでは蝙蝠とか狼とか、霧とかに変身したり…時を止めたり運命を操ったり、丸太を持ったり…とかは、出来ませんね。…その、多分それ以外普通の人と変わらない、です
        (私自身筋力も普通の人並未満ですしと困ったように笑って)
        (お茶を淹れている間に、一人でに廊下を掃除している箒が一本通過しかけて…軽くハミルさんに会釈する様に傾いてから掃除に戻る箒)
        お待たせしました(直後に戻ってきて)
        -- アリー 2016-07-13 (水) 23:04:44
      • そうそう、そういうー…そっかぁ、使えればすごそうなんだけどねー
        …おうっ?(一人でに掃除をしている箒に驚いて変な声を出しつつ、あ、どうも…と頭を下げ返す)
        あ、おかえりー…今なんか箒が勝手に動いてたんだけど!あれは…魔力、じゃなくて…そういう箒…? -- ハミル 2016-07-13 (水) 23:09:28
      • いつか使える様になったら私も色々と変われるのでしょうか…(等と口にしながら)
        箒ですか…?あ、ああハヴェリーの事ですね。あの子は…頂き物のゴーレムのコアを使った、大切な家族の一人です。
        ちょっとだけ人見知りする恥ずかしがり屋さんですよ(と、ごく普通に答えながらお茶を出して)
        -- アリー 2016-07-13 (水) 23:15:48
      • アリーが…すごい力を持って…くくくこの力ならば…って…?世界をアリーのものに…?
        あ、あー…なるほど、ゴーレムの…この館広いもんね…アリーが一人で掃除するには大変よね…
        ん、ありがとー(ふーふーしてお茶をいただきつつ)あ、そうそう、家族と言えばソニアと知り合ったわ、アリーのお姉ちゃんだって聞いたわ -- ハミル 2016-07-13 (水) 23:23:45
      • この館ですら私に広すぎますし…世界なんてとてもとても。(困ったように笑って見せて)
        ゴーレムの元の部分も私じゃなくてカレリアさんって方に譲っていただいたものですから。日常的にお掃除出来る様になるのはありがたいですし、ハヴェリーってとても可愛いんです(手を胸の前で合わせて嬉しそうに答えながら)
        おねえちゃんとお会いしたのですか?はい…そ、その…とても、とても大切なおねえちゃん…です…っ(照れ恥ずかしそうに答えていって)
        -- アリー 2016-07-13 (水) 23:32:35
      • そうよねぇ、あたしも世界はいらない!まぁ、そういう…すごい力があったら…自信がついたりは、するかもしれないわね
        うんー、あたしにもぺこって挨拶してたわ、すぐ掃除に戻っていたけどー、働きものね
        ふっふー…仲がいいのね…(照れ恥ずかしそうなアリーに、にひひっと笑みを浮かべつつ)
        さてっと、お茶ごちそうさま!あたしはそろそろお暇するわ、それじゃまたねー -- ハミル 2016-07-13 (水) 23:42:07
      • 自信が付き過ぎるのも考えものな気はしますけれども…
        それまで私一人で掃除とかしていたので…掃き掃除と、時々荷物運びもしてくれたりして凄く助かります
        …は、はいっ!ではまた…お気をつけて…っ(お辞儀をしてハミルさんを見送って)
        -- アリー 2016-07-13 (水) 23:56:06
  • 訪れては頂いたが拙者の変え間違いによりお手数を取らせた…的に来襲!(離席にしようとして生きています!に間違えました) -- ササキ@お品書き
    • あー…えっと、上(コメント)の方に移してもいいでしょうか…? -- アリー
      • (文通になるかと思ってこっちに来たでござるが問題はないでござる) -- ササキ@お品書き
      • 改めていらっしゃいませ…えーと、その…来ていただいてありがたく、それと同時にお騒がせしてまして…? -- アリー 2016-07-13 (水) 22:32:25
      • いやあこっちも紛らわしくて申し訳ない…(ひれ伏す) -- ササキ@お品書き 2016-07-13 (水) 22:35:36
      • こちらこそ、落ち着かずに…(深々と頭を下げて)
        …何だか続いてしまいそうなので、ちょっと話題戻しましょう。…メニュー本当に増えてましたけれど、あの…特設ブロマイドコーナーって何ですか、あれ?
        -- アリー 2016-07-13 (水) 22:49:42
      • うむ…ニュートラルに戻すでござる
        あれはシャノルと言うシスターが借金返済のために自分のブロマイドを販売しているのがきっかけでござるなあ
        それに賛同した者が売り上げを寄付するぞ、と言う形でブロマイドになって行った…という訳でござるよ
        お品書きに含んでいるのは…場所を貸しているだけでござるな、なので特設、という訳でござる -- ササキ@お品書き 2016-07-13 (水) 22:58:44
      • …なるほど、ササキさんのお店の一部を借り受けて、シャノルさんと仰るシスターの方がご自身(のブロマイド)を売ってらっしゃるのですか。
        ……それにしては、ブロマイドの種類がシャノルさん以外にも何人か居らっしゃるようですが、これも寄付の為に…?
        -- アリー 2016-07-13 (水) 23:07:21
      • 直接そのシャノル殿が依頼に来たのではなく…うちの居候の一人であるゲルニコ殿が協力するために置きたい!と言う事だったのでござるよ
        それで置くことを許可してこうなったと…左様、他の連中は寄付するぞと…あるいは多少の分け前も貰っているのやもしれぬが、そこの金銭の流れは拙者は知らぬなあ
        あくまで拙者は置いているだけで、ブロマイドの売り上げはすべてゲルニコ殿に預けてござるよ -- ササキ@お品書き 2016-07-13 (水) 23:09:30
      • ゲルニコさんですか…お名前はかねがねお聞きしてますが
        ああいえ、お金の流れはあまり気にしてる訳ではなく…単純にどうして売ってるのかなという疑問が来ただけなので
        ……その、私も買いにいっても良いでしょうか?
        -- アリー 2016-07-13 (水) 23:17:39
      • まあ一度会ってみればどんなものか分かると思うでござるが…時間が合わぬでござるかなあ…
        うむ?ああ、まあ簡単に言えばいろいろなボランティア精神の集まりみたいなもんでござるよ
        うむ…アリー殿が?別にいかんと言うことは無いでござるが…18禁の品は無い、健全なブロマイドでござるよ -- ササキ@お品書き 2016-07-13 (水) 23:23:30
      • どうにも夜、深夜帯が主だった活動範囲ですから…
        …実は前にチラッとメニューを見た時から何枚か欲しいのがありまして…
        あ、ぅ…わ、私の事を何だと思ってるのですか…?(18禁とか…と、顔を耳まで赤くしながら)
        -- アリー 2016-07-13 (水) 23:35:25
      • ゲルニコ殿は夕方〜夜に入り立てくらいが主でござるかなあ…
        ほう…何枚もあったでござるか、予備ならここにもあるでござるが…
        何って…未成年でござろう?(未成年に18禁は売れないが、そう言うものはないので安心して売れる…!) -- ササキ@お品書き 2016-07-13 (水) 23:43:52
      • だいぶ差がありますね…仕方ないですけれども
        …確かに未成年ではありますが、逆にあるんですか…?18禁な品って…
        あ、それじゃあ…らんさん2枚、イェチン師匠3枚、アゲハさんのを今あるだけ…
        -- アリー 2016-07-13 (水) 23:52:32
      • その辺りの感覚はどうにもならんでござるからなあ…
        うむ、酒類は一応18禁…いや、20禁になるでござるかなあ…あくまで目安で、地方の風習で成人して飲んでいいとかなら10代でも出すでござるが…
        オット!これはラバチン仮面で…えっ、アゲハ殿を全部って!?お金は大丈夫でござる…?結構あるでござるがストック… -- ササキ@お品書き 2016-07-13 (水) 23:54:48
      • 今できる範囲でだけ…頑張っていこうと思います
        お酒ですか…それは確かに成人指定になります、ね?
        そんなにあるのですか?…流石にそこまでまとまったのは無いので、それでは…これで買えるだけ下さい(金貨の入った袋を重そうに引っ張りだして)
        -- アリー 2016-07-14 (木) 00:07:55
      • 早朝具合にもいた痕跡があったり…なかなか人の居らぬ時間帯だったりするでござろうがふぁいとーでござるよ
        うむ、まあ未成年で酒を飲みたがるようなのも折らんと思うでござるがなあ…無礼講の時はまあ別でござるが
        左様、100枚程度で束になっているので…お、おおっ!?そんなに蓄えがあったのでござるか…
        (らんちゃん2枚…ラバチン仮面3枚…アゲハちゃん50枚くらいが用意されて)
        しかしアゲハ殿がそんなに気に入ったでござるかな?(丁寧に袋詰めをして渡す) -- ササキ@お品書き 2016-07-14 (木) 00:18:34
      • それはこちらも同じ事ですから…っ
        …私がお酒飲んだらどうなるのでしょうか?味とかは普通に感じますけれど、栄養の類は摂取出来ないので…アルコールの摂取も出来ない可能性ありますし
        …あ、いえこれはお小遣いなので…っ(在庫量に少し驚きながら)
        まとまったお金はもっと別の所にあったりしますから…アゲハさん、可愛らしいじゃないですか。
        少し、ブロマイドが欲しくなってしまったので…つい。(ありがとうございますと受け取って)
        -- アリー 2016-07-14 (木) 00:45:31
      • ああいや、アリー殿の痕跡がでござるな…
        ふうむ…そう言う意味では少しは試しておいた方がいいのやも…でござるかなあ、酒宴で普通に摂取したら大変な事に…となっても困るでござろうし
        お小遣いでこんなに!?お金持ちなんでござるね…(これがお小遣いとは…と戦慄しつつ、販売して)
        可愛いというのは認めるでござるし5枚とかならまあわかるでござるが、ありったけと言うとさすがにぎょっとするでござるよー -- ササキ@お品書き 2016-07-14 (木) 00:51:32
      • 基本深夜から早朝にかけて、ですね…確かに
        試しておくのって大事です、どんな事でも…
        …普段はあまり使いませんし、食費らしい食費も殆ど…ですから。(確かにと受け取って)
        …そうですか?アゲハさん可愛いですし…ちょっと沢山欲しくなってしまってます。…これで結構欲張りですから(なんて言いながらニコッと微笑んで)
        -- アリー 2016-07-14 (木) 01:17:54
      • 都合よく?ちょうど今ゲルニコ殿の霊圧がオンに…!?
        酔い方によっては何が起きるかわからんでござるし、同性の前で少量口にしてみる程度がよろしかろうなあ
        ああ…ほぼゴラクのようなものでござるからなあ…食品は…あとは管理維持費ていどと
        ふうむ…独り占めしたい気分とかでござろうか、拙者は1枚あれば満足しそうなのでわからぬ感覚でござるなあ…
        さて、それでは拙者は戻るとするでござるよ!ゲルニコ殿の所に行くなら頑張って!それではこれで -- ササキ@お品書き 2016-07-14 (木) 01:23:26
      • …よくよく考えたらお話自体で何かしたいことというのも…う、ん…流石にノープランで訪ねて行くのも何ですからね…?
        …何で同性の方に限定してらっしゃるのでしょう、か…?
        ……そんなIQの下がりそうなのにはあんまり手を出してませんよ…?
        えっと、観賞用、保存用、閲覧用、経口用…とか、色々と必要です、から
        あ、は、はい!ササキさんもお気をつけて!
        -- アリー 2016-07-14 (木) 01:43:21
  • (久しぶりなのでロケーション表を回して見る) -- ユウ 2016-07-19 (火) 23:45:22
    • (以前、アリーがそうしていたように漏れる光を頼りに窓を探しては顔を覗かせてみるもめぼしい部屋はなく)
      そりゃ日光はいったら困るもんなぁ…仕方ない。正攻法で行こう(言いながら、ノブを回す。当然ながら鍵の感触が返ってきて)
      ま、そうなるよな…(再びノブに触れる。目を閉じ、深呼吸を一つ。影が鍵穴に侵入しガチャン、という音がしてノブが回る)
      冒険者的には正攻法ってことで…(さて家主はどこかと耳を澄ませ、物音のする方へ足を向ける) -- ユウ 2016-07-19 (火) 23:57:11
      • ん…ふ、ぁ…えと…んんっ!(ユウさんが侵入を成功させた頃、入ってすぐの部屋から音が漏れているのが聞こえて)
        (仮に耳を澄ましてみれば…それは、妙に艶めかしい声と…不思議な水音をたてている様子が確認出来るかもしれず)
        ん、く…はぅ…ぅぅ…っ ん、と…まだ、固まらないのでしょうか…?(と、もじもじと何か下腹部の辺りに押し当てて覗き込んでいる様子が確認出来るかもしれない)
        -- アリー 2016-07-20 (水) 03:34:58
      • (すぐ近く、音の聞こえてくる方へ足を向け…聞こえてくる音と声に、一瞬足を止め眉を顰める)
        これは…いわゆる、お楽しみ中って奴なのでは…?(ピントのずれた察し方をした挙句)…これは見るしか(割と最低な動機でそっと部屋の中を覗き)
        …あれ…?(期待とは微妙に違った光景に思わず声を出し、首を傾げ) -- ユウ 2016-07-20 (水) 21:19:37
      • (ユウさんが首を傾げながらじっくりと覗いていると)んぅ…ふぅ…っ
        (何やら卑猥な音と声色を響かせながら、下腹部に押し当てていた手を引いていく)
        はぅ…(表情を窺い知ろうとすれば顔を赤らめて、手の中にある上手く言葉に出せない形の物体を見つめていて…)直接型を取るのって、流石に…大変、です…ね…ぅん…っ♡(と、呟いてビクンと身体を震わせて)
        -- アリー 2016-07-20 (水) 21:39:13
      • ふむ…(聞こえてくる言葉から察するに、要は以前貰った例のアレを今まさに作る工程の一つであろうかと)
        (足音を立てぬよう気をつけ近付き)…なるほど、やっぱりアレのモデルってアリーだったんだね
        (どちらか選ぶなら面白い方優先な精神の少年は作業半ばのアリーの顔を眺めながら、声をかける) -- ユウ 2016-07-20 (水) 21:54:11
      • ふゃ…ぅ…(今までは見よう見まねで作っていたが、最近は見て作ったりしていて…こうして型を取るのは中々大変ですと内心で思っていると)
        え、ええ…どうしたら気持ちよくなってもらえるか考えて…見たままで作ったりしたのですが……って、ユウさん…っ!?
        (いつの間にか近づかれて顔を覗きこまれながら声をかけられ慌てた様子でその場で倒れこんでしまい)あぅ…いたた…(と、型を取った物を手にしたまま打ったお尻を擦って)
        -- アリー 2016-07-20 (水) 22:05:13
      • はい、こんばんはお邪魔してます…って、大丈夫おねえちゃん(流石に心配になり助け起こそうと手を伸ばし)
        前に言ってた例のアレの感想なんかを伝えに来たんだけどね…お取り込み中だったみたいなので、ちょっと見学してたんだけども
        (どうやって入ってきたのかなどは特に説明せず、来訪の目的だけ告げて) -- ユウ 2016-07-20 (水) 22:18:54
      • だ、大丈夫です…体力なくても身体は丈夫です、ので…(と、恥ずかしそうにしながら伸ばされた手を取り立ち上がり…妙にスカートを気にする様に手で抑えて)
        なぅ…っ!あ、ぁ…えっと、見てたの…です、か…?(見学していたという言葉に頬をほんのり紅くしていた顔が赤面していって)&r;…うぅ…は、恥ずかしすぎて消えてしまいたく…なってしまいます…っ(何かを隠そうとしていたスカートから手を離して、恥ずかしそうに顔を覆って)
        -- アリー 2016-07-20 (水) 22:32:01
      • まあ、声をかけようかちょっと迷ってたしね…少し興味もあったし(それでも声をかけたのは気が引ける部分もあったからで)
        今から消えたくなっていたら感想聞いたら跡形もなくなってしまうのでは…(苦笑を浮かべ)
        うん。なんだな…ごめん、次からはちゃんと声かけてから来ることにするよ(落ち着かせるように、ゆっくりと声をかけ) -- ユウ 2016-07-20 (水) 22:42:36
      • そ、そうでしたか…(見られていた事自体が恥ずかしくあり、それで興味もあると聞いて…少し考えこみながら)
        と、とりあえず…落ち着きましたし、跡形も無くならない様に気を付けますの、で…(そう言うと室内のソファーに腰掛けて)
        (スカートを少し心もとなそうにしながら)…ではその、感想を教えていただけます、か…?
        -- アリー 2016-07-20 (水) 23:12:50
      • スカート、そんなに気になる?(先ほどからしきりに気にしているせいかどうにもこちらも気になってしまい)
        改めるとこう…(ソファに腰掛け感想を待つアリーを眺め)
        こっちも恥ずかしいな、これ…とりあえず、以前に貰った奴よりもずっと良かった、ってのと
        まあ、やっぱりモデルがいると聞くとその人を想像してしまう訳でね。そういう意味でもはい…(暖暖尻すぼみに消えかかる声) -- ユウ 2016-07-20 (水) 23:39:57
      • …先程までちょっと色々としてて、下…何も穿いてなくて…(だからこそ落ち着かない様で)
        …(見られているだけで何だか恥ずかしさがこみ上げてきつつ)
        …あ、えっと…そうでした、か…それは…よ、良かった、です…
        ………(落ち着こうとすると言葉数が少なくなり、そして目の前のユウさんも尻すぼみになるのを感じて)……あ、えっと…実物と見くらべたりしますか?な、なんて…(と、言ったことを口走って)
        -- アリー 2016-07-20 (水) 23:51:36
      • ああ、そりゃ落ち着かないな…当たり前のことを聞いて申し訳ない…
        (口走る台詞に、一瞬ギョッとするものの)…いいの?冗談、通じないけど(誘蛾灯に惹かれる虫のようにソファへと近づき) -- ユウ 2016-07-21 (木) 00:02:13
      • …い、いえ…私も玄関の鍵をちゃんとかけなかった状態でいたからいけなかったですし…かけたと思ってたのですが…
        も、もしかしたら今後慣れていく必要もあるかも…知れませんし…前にお話した…お、おちんちんにする側だけでなく、される側も…です、し…っ(ソファーに近づかれ、おずおずとスカートを少しずつ引いて…普段履いている薄手のそれも無い…白い肌と太ももを徐々に覗かせていきながら)
        -- アリー 2016-07-21 (木) 00:13:20
      • うっ…うん。そうだね…用心しないと、ね(どうやって開けたかを説明する訳にも行かないのでうやむやにしつつ)
        (徐々に顕になるその太ももに視線を奪われ、手を伸ばし)それじゃ、特訓で、ってことで…
        お姉ちゃんは、どういう風にされるのがいい…?(ソファに座るアリーに覆い被さるように、顔を近づけ) -- ユウ 2016-07-21 (木) 00:30:22
      • 心配かけさせるなんてユウさんのお姉ちゃんとして恥ずかしいですし、おねえちゃんに申し訳もたたないですし、ね
        (ユウさんの視線が徐々に顕になる太ももに注がれているのを実感しながら)
        ん…その、慣れてないのでユウさんにお任せしてもいいですか…?(覆いかぶさられながら近づく顔に、胸をドキッと弾ませて…そのまま瞼を閉じていき)
        -- アリー 2016-07-21 (木) 00:39:00
      • 俺もそこまで慣れてるわけじゃないんだけどね…いわゆる素人童貞って言う奴で…(落ちる瞼に合わせ頬に手を添え、唇を合わせ)
        (そのまま唇から頬、首筋へと口吻を降らし、跡が残らない程度に啄んで)
        (開いた手は先程から心奪われていた太腿へと伸ばされ、感触を確かめるように撫で) -- ユウ 2016-07-21 (木) 00:59:36
      • という事は…おねえちゃん以外でのはじめてが私に…んっ(唇が合わせられ、小さく柔らかな感触を与えながら)
        (口付けの位置が次第に降りていきながら、啄まれる感覚に小さく声を漏らして)
        ひゃぅ…っ(肉付きは薄い太ももに伸ばされる手、触れられ撫でられて行くだけで声を漏らしながら…たくし上げながら、次第に足を開いていって)
        -- アリー 2016-07-21 (木) 01:09:19
      • んっ…(唇を離し、火照る吐息を漏らし)そう、だね…そう、なるかな…もっと経験豊富な相手が良かった、かな…?
        (漏れる声と、次第に広がっていくその隙間により奥へ誘われるように手を動かし)
        (そのまま下着に拒まれることなく到達したそこへ軽く触れ)ここ、触ってもいい…?(甘えたような声音で、耳元へ唇を近づけ囁く) -- ユウ 2016-07-21 (木) 01:24:18
    • そ、そんな事は…っ ユウさん、なら…わ、私も経験の少なさは同じくらい、ですし…っ(言ってから落ち着いていた顔色をかぁぁ…と、紅潮させて)
      (差し込まれていく手、その指が軽く触れられて…先程まで触れていた太ももとは違う柔らかさを感じさせながら)
      もう、触ってるでは、ないですか…っ んぅ…ユウさん、の…好きに、触って…?(瞳を潤ませながら、そのままスカートをつかむ様にたくし上げて…未発達な割れ目に触れているのを実感させるように、露わにして)
      -- アリー 2016-07-21 (木) 01:33:23
      • そういうわけで、ちょっと痛いかな、とか…やだなって思ったら、教えてね…?そういうのあると、気持ちくないからね…(赤らむ顔に、もう一度唇同士を合わせ)
        (軽く触れていただけの手が、許可を得て少しだけ活発に動き回る。その形や温度を確かめるように、指が這い、ゆっくりと擦り上げ)
        なんだか、もう…ぬるぬる、してる…?型を取ったりしてたから、かな…?(顔を覗き込むようにし、確認するように。その間も、指はその割れ目の奥へゆっくりと侵入しようと蠢く) -- ユウ 2016-07-21 (木) 01:47:13
      • だ、大丈夫ですよ?ユウさんは…優しいです、から(僅かに微笑みながらも緊張は隠せず、しかし唇を合わせられれば次第に力も抜けて)
        …えっと…型を取るのに、ある程度ぬるぬるしてないと…いけないので……取る前に少しだけ、じ、自分で……っ
        (赤裸々に答えていきながら、擦られる度に息を僅かに漏らして…そうしている間に入り込もうとする指、キツく侵入を拒んでいたが…つぷ、と押しこめば指一本でも十分すぎる締め付けをかけて…その度に少し身を捩りながらも苦痛と言った様子は見受けられない)
        …自分でする、のと…誰かに触られるのって、ぜ、んぜん…違い、ますね…?ぁ…ぅ…声、出ちゃ、ぅ…♡(と、甘い声を抑え気味に漏らしはじめて)
        -- アリー 2016-07-21 (木) 01:55:58
      • 型取り目的じゃなくても…お姉ちゃんも、自分でしたりするの…?(赤裸々に語られる言葉に、気になった事を率直に重ねる。意図せず、羞恥を煽るように)
        ここ、キツくて…いっぱい、締め付けてきて…アレ、再現度結構高かったんだね
        (痛がる様子がないのを確認し、少しずつ指の動きを激しくして)いいよ、声、聞かせて…?お姉ちゃんのえっちな声、もっと聞きたいな…? -- ユウ 2016-07-21 (木) 02:05:28
      • うぅ、ん…あまり慣れて…無い、ですし…頻度は…そんな、に…(その言葉に羞恥を感じて、それでもポツリポツリと律儀に答えて…)あの、敏感なところ…指で弄りながら…かき、混ぜたりとか…っ
        あれ、は…見たまま、作って…自分で、指とかで感触確かめながら…作ってて…型取るのは、今までちょっと上手く行かなくって…っ
        そんな事、言われても、ぉ…あぅ…聞いて貰いたく、ても…自分で、は上手く出せない、から…ユウさん、出させて…下さい……?ふぁ…っ!(激しくされていくと、次第に卑猥な音を指で奏でられ…それに伴う様に声も次第に大きくなり)
        -- アリー 2016-07-21 (木) 02:10:54
      • 結構な苦労の上に成り立ってたんだねアレ…(帰ったらもう少し大事に扱おう、と心に決め)
        じゃあ、声が我慢できなくなるくらい、気持ちくなってもらえるように…頑張るね…?(差し入れる指に、内側を引っ掻くような挙動を混ぜ)
        (その指の付け根と手のひらで、クリトリスを探し、見つければ強すぎない程度に加減して押しつぶすように刺激し) -- ユウ 2016-07-21 (木) 02:31:04
      • …まだ、試作ですから…出来る限り感触を重視して…ます…(と、消え入りそうな声で答えていき)
        それって…っふぁぁ…!(その攻め方に変化が生じると、途端に声が溢れて…そうすれば抑える事も叶わなくなっていき)
        んぃ…あぅ…ひゃぁぅ…っ!あ、ぁ…んんぁ…だ、め…声、止まらなくなっちゃ、います…っふぁ…♡
        (刺激を与える度に甘く蕩けた様な声を溢れさせて…それに比例するように秘部からも溢れさせながら、そんな風に声を出したり反応してしまうのが恥ずかしいのか顔を腕で隠しながら・・・逆に体のほうが無防備に曝け出す形となって)
        -- アリー 2016-07-21 (木) 02:43:19
      • ん…とめなくて、いいよ…?聞きたくて、してるんだから…(下腹部を責め立てる手はそのまま、空いた手はその胸元へ伸ばされ)
        (衣類の上から、脇腹から胸へかけて撫で上げるように手を這わせ)
        (そのまま、指はボタンに掛かり器用に、片手で1つずつ、開放していく) -- ユウ 2016-07-21 (木) 02:55:01
      • (胸元に伸ばされる手、そのままボタンが一つ一つ器用に外されていき)
        (夏場でもきっちりと着込んで隠された肌、その火照った身体が外気に触れて…薄手の下着を覗かせて)
        ぅ、ん…分かり、ました…あっ …ふぁ…♡たく、さん…聞いて、下さい、ね…?(と、言いながらも声をあげて行く内に少し体力を使ったのか…身体が気だるげに少し四肢を垂らしながら、熱の篭もった視線を目の前のユウさんに向けて…何かを欲しているかのように訴えかけているように感じるかもしれない)
        -- アリー 2016-07-21 (木) 03:03:08
      • (自らの手によって着衣が、アリーが乱れていくという光景がより興奮を掻き立て)
        (アリーの跳ねるような嬌声を聞きながらも動かしていた指を止め、ぬらぬらと輝く粘液の糸をひく指でその首筋に触れ)
        ね…おねえちゃんにも、触って、ほしい…(既に激しく自己主張しているソレが伺えるよう、自らのスカートをたくし上げ)
        //申し訳ないです、流石に寝ないとまずいので今日はここで…! -- ユウ 2016-07-21 (木) 03:20:34
      • (ユウさんの手でされるがままになっていく様な感覚、それが…どうしてか酷く興奮してしまうのを自覚しながら)
        (首筋に触れられる指、それは自分が責め立てられた事で生じた結果で…くすぐったさの中に興奮をしながら)
        あぅ…わ、私ももっと触って欲しい…ので…お互いにもっと触れ合いませんか…?(たくし上げられるスカートの奥、ビクビクと主張をしているのを見つめながら腕を伸ばして触れようとしながら)
        //了解しました。ちょっと夜遅くなってしまいますが…文通という形で良ければ。あ、下に移して置こうと思いますが…構わないという返答を頂き次第移しますね。お疲れ様でしたっ
        -- アリー 2016-07-21 (木) 03:33:04
      • うん…一緒に…気持よく…ね?(伸びてくる手に誘われるように自らも体を近づけ)
        んー…ただ、触り合うよりは…慣れるように、ちょっと、体勢変えてもいい、かな…?
        (華奢な首筋を愛でるように撫でながら、姉と呼び慕う相手との行為により既に張り詰めたそれを震わせながら、提案)
        //もちろん構いませんよ、という訳でお手数おかけしますがよろしくお願いします… -- ユウ 2016-07-22 (金) 01:44:15
  • 浴衣とか欲しいなーっておもうんだよねぇ。アリーも着てみたいー?
    (まだ6月なのに、一足先に来た熱帯夜な夜だった。庭先に停めたジープのボンネットに座りながらソニアが言った。普通の車なら凹みそうだけどそこは元軍用だけあってジープのボディは頑丈で分厚く、そしてひんやりしてて触ってるとちょっと涼しかった) -- ソニア 2016-07-21 (木) 04:04:39
    • 浴衣ですか…?…東の方の民族衣装、ですよね。興味は…あります、ね。
      (ジープさんの傍らに立ち、夜空を見上げていた所に話を振られて…思い描く様に答えながら)
      -- アリー 2016-07-21 (木) 04:11:55
      • 涼しいらしいよー。アリーあっついの苦手って言ってたし…。あと柄とかすごいいっぱい選べてかわいいって♡
        アリーは、好きな模様とかってなに?
        (ボンネットの脇から足を投げ出すと、こっちおいでーって手を伸ばしながら) -- ソニア 2016-07-21 (木) 04:18:09
      • 日差しを浴びない様に気をつけるとそんな風に厚着になりがちですから…それ抜きにしても暑いのは得意ではないですけれども
        好きな柄ですか…?あ、以前に頂いた冬用水着の猫さんみたいなのは気に入ってますっ
        他…他は…お姉ちゃんとお揃いだったら嬉しい、ですねっ(はにかみながら、手を伸ばされていくと近付いて)
        -- アリー 2016-07-21 (木) 04:28:18
      • (手を取って、アリーもジープの上へ引っ張り上げる)
        あれねー!シンプルっぽいけど。気の抜けた猫柄と、可愛い肉球と、あとリアルなの3種類あったりとか。地味に凝ってて私も結構気に入ってる♡
        あ、猫の足あと柄っていうのも… -- ソニア 2016-07-21 (木) 04:33:23
      • きゃっ(引っ張りあげられて小さく声を上げつつ、お邪魔しますね…?とジープさんに語りかけて座り直して)
        リアルなの、というのがすごく気になりますけれど…(と、言葉に耳を傾けながら…そんな風に語っているソニアさんの顔をじっと見つめて)
        (それだけで自然と嬉しそうに微笑んで…少し身を乗り出して頬に口付けをしようと)
        -- アリー 2016-07-21 (木) 04:40:43
      • 色は黒がいいかなぁ私はピンクが好きなんだけど、アリーのイメージだとやっぱりー…
        (アリーの方に振り向こうとしたところで、頬に柔らかい感触。不意打ちにちょっと驚いたけど、すぐに、にへぇっと笑って。お返しに頬にキス) -- ソニア 2016-07-21 (木) 04:46:08
      • えへへ…♡…あ、えと…お姉ちゃんを見てたら、つい…っ♡
        (そうして頬にキスをお返しにされて少し表情を緩ませてから、夜空を見上げて)…今が幸せ過ぎて、ちょっと怖いくらいです。いつまでも続けていきたい…と、思っていて…
        -- アリー 2016-07-21 (木) 04:58:50
      • 怖いの?怖いことなんてないよ、大丈夫…。私も、アリーとこうしている今が本当に大好きだから。
        (アリーの手に自分の手を重ねて、優しくにぎる。重ねた手を見て、それからアリーと一緒に空を見上げて)
        私もずっとこうしてたいって、思うし♡ -- ソニア 2016-07-21 (木) 05:09:36
      • …その言葉だけで、幸せ過ぎて…だからこそ、…悪い考えもちょっと浮かんで来たりするんです。杞憂かもしれないですけれど
        (手を重ねられ、握られて…ソニアさんの存在を実感しながら)
        …私も、です。大好きなおねえちゃんとなら…いつまでも、一緒にって…♡…何だか、変な事を言ってしまいました、ね…(途端に自分の杞憂が恥ずかしくなりながら)
        -- アリー 2016-07-21 (木) 05:23:29
      • 不安になったら私がいつでも一緒にいるよー、だってアリーのおねえちゃんだもんっ。ジープでどこでへだってかけつけちゃうし!…でも不安?
        (手を握るだけじゃなくて、横から抱きしめて頭に肩をのせるように、頬を寄せて)
        …あっ、ちょっとひんやりしててきもちいい…♡ -- ソニア 2016-07-21 (木) 05:52:40
      • …ううん、おねえちゃんが居たら不安なんて吹っ飛んでしまいますね。
        (抱きしめられて、先程まで感じていた不安も霧散するのを感じ取りながら、頬を寄せられるとこちらからも身を寄せて)
        ふふ…何だか、嬉しいです(目を閉じて今の状況を噛みしめる様に)
        -- アリー 2016-07-21 (木) 06:06:52
      • 私も…♡
        (暑い夜だけど、くっついて近くに感じる互いの体温はむしろ心地良いくらいで)
        アリーとしたいことや、行きたい場所もいっぱいあるし…もっともっと遊びたいし、えっちもしたいし…♡
        (少し顔を横に向けると、頬に唇をくっつけて)
        でも、今はもうちょっとこのままね…。 -- ソニア 2016-07-21 (木) 06:14:35
      • (伝わる熱と鼓動…ソニアさんのだと思うと、不思議と心と身体が安らいでいくように感じ)
        …私も、ですっ。エッチなこと…♡も、ですけれど…っ…こうして居られるだけで、本当に幸せですっ
        …はい、おねえちゃんの好きなだけ…私も、こうしてたいですしっ
        (二人の夜はこうして過ぎていく。)
        -- アリー 2016-07-21 (木) 06:25:12
  • そうじ -- ちびありー 2016-07-23 (土) 03:52:59
  • しました -- ちびありー 2016-07-23 (土) 03:53:20
    • ……(ちびアイコンの足あと) -- 街人/田舎娘あとロボ 2016-07-23 (土) 04:15:02
      • ちびありー -- 2016-07-23 (土) 04:20:46
      • ||http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst087121.png || (スッ… -- 2016-07-23 (土) 04:27:14
      • Σ ちびありー(ピクッ、シュッ -- 2016-07-23 (土) 04:37:01
  • http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst087118.png http://notarejini.orz.hm/up2/file/qst087121.png(ガシッ -- 2016-07-23 (土) 04:45:03
  • 来たよ!なぜか夏服で! -- ソニア@夏服 2016-07-25 (月) 06:39:37
    • 夏服で良いのでしょうか…!?いえその…とても健康的で、素敵だとは思いますが
      (色々とはみ出そうでドキドキしている)
      -- アリー 2016-07-25 (月) 06:42:23
      • 涼しいから夏服!アリーも夏服とかしないのかな。
        (抱きつきながら) -- ソニア@夏服 2016-07-25 (月) 06:46:08
      • ううん、興味はあるのですけれど…っ えっと…普段から肌を出すのがどうにもなれなくて
        …おねえちゃんの前とかなら大丈夫なんですけれどね…?(抱きつかれつつ恥ずかしそうに)
        -- アリー 2016-07-25 (月) 06:49:23
      • アリーはどこに出しても恥ずかしくない最高のお肌だよっ!
        (力説しつつベッドに押したおし) -- ソニア@夏服 2016-07-25 (月) 06:56:40
      • どこに出しても…お肌は普段から出さないので確かにそうかもしれませんけれど…ひゃぅっ!?
        (そのまま押し倒されながら、恥ずかしそうにしつつも抵抗の素振りは無くて)
        -- アリー 2016-07-25 (月) 07:03:45
      • ほらっこんなに綺麗で、気持ちがいいし。
        (手慣れた手つきでボタンを外して、お腹も胸も撫で回す)
        ああー…♡ やっぱりアリーをさわってるのしゃーわせー…♡♡ -- ソニア@夏服 2016-07-25 (月) 07:06:52
      • あ、ぅ…あ、ありがとうございます…んん…っ♡
        (シャツを肌蹴させられ、素肌のお腹や胸を触れられ撫で回されていくとそれだけで甘い声を漏らして)
        おねえちゃんに触られて…んん…っ 声、出ちゃいます…ふぁぁ…っ♡(身を捩らせながら、触れやすい様に脱がしやすい様に身体を軽く浮かせて期待している様子で)
        -- アリー 2016-07-25 (月) 07:12:33
      • 出しちゃっていいよ♡ アリーは声もかわいいんだから。
        (服と肌の間に手を滑りこませるようにして。コルセットもスカートもすぐ脱がせちゃって。でもブラウスだけ着せたまま)
        アリーも涼しそうな格好になったね。へへへっ
        (顕になった素肌に手を這わせ、お腹も腰も内腿も、ひとしきりなでてから自分の手袋を咥えるとスルリと手を引き抜き、素肌に素手で触れる。じんわりと熱い体温の感触が、アリーの下腹から、産毛をそばだてる力加減でゆっくり胸へとあがっていく) -- ソニア@夏服 2016-07-25 (月) 07:20:34
      • あ、ぅ…我慢しようとしても、そんなふうに言われたら…声、出ちゃまいます…っ♡
        (手慣れた様子で脱がされていきながら、シャツと下着を残して素肌を晒してしまう格好…恥ずかしくも、ソニアさんに見られているのならと考えると興奮してしまうのが隠しきれず)
        んん…っ ふあ、ぁ…おねえちゃんみたいに…涼しく…なってる筈なの、に…何だか熱くなってきちゃいました…よ…?
        (手袋越しに撫で回される感触は普段触れられるのと違う感覚に、新鮮な驚きもありながら…少しだけひんやりとする素肌を、素手で触れられ…身体の内側に熱が生じるのを実感しながら…胸にあがってくる手、ドキドキとその様子を見つめて…)
        -- アリー 2016-07-25 (月) 07:31:20
      • アリーに触ってるから、私の手が熱いんだよ。
        (手に触れる心地よさを求めるように、ソニアの手は胸へ触れて。ゆるい膨らみを撫でて。
        寝そべったアリーの横に腰をつけて座ると、もう片手は足とその間を撫で、下着の上から足の間を軽く刺激する)
        うんっやっぱり今日も我慢できないね!もーアリーを見てるとすぐにえっちしたくなちゃうー!だからするね? -- ソニア@夏服 2016-07-25 (月) 07:45:40
      • それも、あるのですが…にゃぅ…っ!…おねえちゃんに触られている内に、身体の中から…おへその下の辺りから、熱いのがじんわり体中に広がる様な…感じが、するんです…っ
        (触れていた手が上がってきて、そのまま胸を撫でる様に手を動かされていく…)
        (そして同時に、もう片方の手が脚の付け根の辺り…下着越しに刺激されていって)ゃぁぅ…っ♡
        ん、ぁ…は、ぃ…おねえちゃん、我慢せず…たくさんして、下さい…♡私も、もう…我慢、出来ませんからぁ…っ(と、ねだるように声をあげて)
        -- アリー 2016-07-25 (月) 07:51:18
      • くふぅぅー…っ♡ アリーのおねだり…かわいい!!好きぃ!だーい好きぃ!
        (たまんなくなってアリーの横にすべりこんで抱きついて。アリーの脚の間にふとももを入れて。手は背中越しにお尻の方から回すので大丈夫。こうすると自然と抱き寄せる格好にもなるので一石二鳥です。顔と唇も近づいて…)
        -- ソニア@夏服 2016-07-25 (月) 07:56:13
      • んぁぅ…っ♡は、ぁ…♡ わ、私もおねえちゃん大好き……ですっ!(好きと言われるだけで快感に近いものを感じたりして)
        (抱きつかれながら、脚の間に入り込んでくる太もも…押し付けられて擦れる感覚に声を漏らしながら)はぅ…おねえちゃんが、近くて…ん…っ(背中からお尻に手が回され自然と密着して、近づく顔と唇に…目を閉じてそのまま重ねようとこちらから首を伸ばし)
        (こちらの手も、ソニアさんの服…その脇から豊かな膨らみに触れていこうとして)
        -- アリー 2016-07-25 (月) 08:02:24
      • えへぇーこの服すぐ脱がされちゃうね。アリーの手、気持ちいいよ…♡
        (身体を内から撫でるような声で囁くと、唇を触れ合わせて、舌を絡ませ合うまえに唇を啄み合うようなキス)
        んっ…ちゅっ、はぷっ…ふぅ♡ きょうも、いっぱい気持ちよくなちゃおうねっ一緒に! -- ソニア@夏服 2016-07-25 (月) 08:10:26
      • (//全力で文通になりそうなのでここでいったん引いておきます…! -- 2016-07-25 (月) 08:11:34
      • おねえちゃんのここも…触ってるだけで、幸せな気持ちになりますし…おねえちゃんに触られてるだけで気持ち良すぎて…っ♡
        (囁く様な声で耳から撫でられていく感覚…唇を啄んでのじゃれ合う様なキスから…互いを求め合うような舌を絡ませるキスに移行するのに時間は掛からず)
        は、ぁぃ…♡いっぱい、いっぱい気持ちよく…っ(そうしてふたりきりの時間が始まり、お互いが満足するまでお互いの触れ合いは収まらなかったという)

        (//はーい、お疲れ様でしたっ)
        -- アリー 2016-07-25 (月) 08:20:45
      • (//他にやりたいことないわけじゃないけど、気がついたらアリーを触りまくりたいのでした。おつかれさまですっ -- ソニア 2016-07-25 (月) 08:23:53
  •    -- 2016-07-25 (月) 22:55:43
  •   -- 2016-07-25 (月) 22:55:48
  • (明け方もそろそろ近い時間で。パジャマで。枕持参してアリーベッドの枕に並べて置いて)
    …よしっ! -- ソニア 2016-07-26 (火) 02:56:55
    • (今日も日が出てきて…そろそろ休みましょうかとパジャマに着替えて…2人でも広すぎるベッドにソニアさんが枕を置いて満足気にしているのを見て)
      …おねえちゃんと一緒…っ♡(と、嬉しそうに呟いて)
      -- アリー 2016-07-26 (火) 03:02:39
      • 前から思ってたんだけど、アリーのパジャマってかわいいよね♡
        (ベッドに座っておいでおいでしながら) -- ソニア 2016-07-26 (火) 03:04:17
      • 出来るだけリラックスしやすいのを選んだので…そういうの気にしては無かったですね?
        (手招きされてソニアさんの横にちょこんと座り…軽い身体を預ける様に寄り添って)
        -- アリー 2016-07-26 (火) 03:20:07
      • そうなんだー。んーとねなんだろうなー…。
        (こっちからも頭を傾けてアリーとくっつくようにして)
        そう、なんだか高貴な雰囲気がでてるよ…!
        (そういうソニアは下着の上からうさみみパーカーを素肌に一枚着てるだけ) -- ソニア 2016-07-26 (火) 03:27:47
      • 強いて言うなら前から着ていた物に近いものを選んでた位…?
        (くっつきながら首を傾げて考えて)
        …高貴だなんてとてもとても、その…越してくるまでに居た所は確かに、ここより大きなお屋敷でたくさん人もいらっしゃいましたが…
        …おねえちゃんみたいな服装もたまにしてみたいとも思ってますし(思えば普段着からしっかりと露出を抑えた服装…もっとも近頃は脱がされ易くなっていたりするけれども)
        おねえちゃんの着こなしは…ちょっと憧れてるんです
        -- アリー 2016-07-26 (火) 03:37:43
      • もーアリーってばーうれしいなぁーっ♡そんなこといっておねだりなの?いいよ私みたいな服ならいくらでも買ってあげちゃうよぉー♡
        (嬉しそうに、腕を回して抱きつく)
        まー私の服っていっても、ほとんどお店の衣装なんだけどね。持ってる服は、私も村に居た頃に着てたのとあんまかわんないなぁ?あっ、そういえば…アリーの服ってメイド服とかもあったね。やっぱり前に住んでたところって本物のメイドさんとかも居たの? -- ソニア 2016-07-26 (火) 03:45:23
      • 違います違いますっ!その…おねえちゃんみたいな服が着てみたいってだけなので!それに、おねえちゃんの選んでくれた服なら…何でも嬉しいですからっ
        (少し慌てながらも抱きつかれて嬉しそうに)
        ‥自分で服を選ぶ、というのは思えば私そんなに経験がありました。おねえちゃんも、普段は変わらないのですか…何となく落ち着く服装、というのがありますからね。
        ええ、ありましたねメイド服。何だか着てると凄く落ち着くと言いますか…しっくり来ると、言いますか…メイドさんですか?ええ、居ましたね。私にもお付の方が居らっしゃいまして…その方に無理を言ってお掃除とか料理とか教わってました
        -- アリー 2016-07-26 (火) 03:52:52
      • あのメイド服もかわいいし。そっかーやっぱりメイドさんとか居るとこだったんだねぇ♡
        (気持ちがいいから抱きついたままアリーの髪と頬を撫でる)
        お友達なのそのメイドさんって。 -- ソニア 2016-07-26 (火) 04:03:34
      • (撫でられていくと心地よさそうに目を細めながら)
        お友達…と言うよりも、10代後半位で…お姉さん、というよりもお母さん…に近い不思議な感覚のする方でした。
        屋敷の方も概ね良い方ばかりでした、ね…(と、少し歯切れの悪い様子で)
        -- アリー 2016-07-26 (火) 04:11:02
      • (ベッドが揺らして上に登ると、アリーの後ろに回って座って。後ろから抱きすくめておっぱいクッションになる)
        そっかー。私もちょっとアリーのご実家?の方は興味あったりするし、会いに行ってみたいなーとか思うけど。やっぱり、食べられちゃったりするかな…! -- ソニア 2016-07-26 (火) 04:19:21
      • (後ろから抱きすくめられて、背中に柔らかな感触を味わいながら)&r;ん…実家、うん…第二の実家、と言っても過言ではないですね。…またいつでも遊びに来てとは言われてますけれども…あ、大丈夫ですおば様は、今は気に入った殿方からしか頂いてないとの事ですし…
        (言いつつも何か歯切れの悪さがあり、何か懸念がある様子で)
        -- アリー 2016-07-26 (火) 04:24:22
      • そっかぁじゃあ安心だねっ!他の人も全員吸血鬼なおうちなのかなとか思ってたり…。
        でー、アリー、どうかした?なんだかちょっと悩んでるな時の感じだよ?
        (アリーの額に手のひらを乗せると、子供の頭を撫でるようにやさしく手を動かして) -- ソニア 2016-07-26 (火) 04:28:31
      • 吸血鬼にかぎらず…無計画に増やすと色々と手間があると仰ってました。基本買い物とかそういう事をするのは昼間ですから…全員吸血鬼だと弊害もたくさんでますしね
        …その、屋敷の皆さんとても良い方なのですが…ちょっと一人苦手な方が居らっしゃいまして…
        (昔のこととは言え、これを話して余計な心配掛けたく無いなと思いながらも…撫でられていくと、その強張りも少し緩んで行って…そう口を開いて)
        -- アリー 2016-07-26 (火) 04:34:25
      • あっそういうことかぁ。私も、ちょっと人付き合い苦手なとこあったから…。
        (ちょっと苦笑いして、アリーの髪に頬をつけた。それから優しく手を握り、こんどは、小さく頷いたのを感じさせて) -- ソニア 2016-07-26 (火) 04:39:58
      • その…何と言えば良いのか分からないのですが、私の存在が何だか疎ましく思われている…みたいな感じで
        (そういう意味で苦手な感じでした…と、答えながら…頬を寄せられて頷かれて、その感触に幸せそうに声を漏らして…触れ合って安心してくれば段々うつらうつらとし始めて)
        -- アリー 2016-07-26 (火) 04:58:25
      • 大丈夫だよ、アリーはちゃんと強くなってるから。すぐに誰も怖くなくなっちゃうんだから。
        (ゆっくりとした、呼吸をするような囁き声を出して。まどろみ始めたアリーを、邪魔しないように。撫でる手も、ゆったりとした心音と同じ速度へ落ちていって)
        それに、私は誰がなんて思っていたって、アリーが大好きだから。
        (胸にアリーの頭を乗せたまま、後ろへ寝転がってラッコみたいにアリーを抱えて自分も目を閉じる) -- ソニア 2016-07-26 (火) 05:08:54
      • …実感は沸かないのですが…でも、おねえちゃんがそういうのなら…?
        (だい好きなソニアさんにこうして抱きしめられ、撫でられながら…安心しきった様子で意識が次第に眠りへと誘われていき)
        …わた、しも…だいすき、です…ふふ…なんだか、しあわせな気分のまま…‥寝るのって、嬉しい、で、す…
        (抱きかかえられたまま、寝転がられ…ゆりかごの様な心地のまま、意識がスー…と、眠りへと落ちていって…)
        -- アリー 2016-07-26 (火) 05:15:53
      • おやすみぃ…ちゅっ。
        (胸の上でアリーが寝息を立て始めると、前髪に優しくキスをしてソニアもまどろみに身をまかせた。抱き合って眠るには少々暑い時期だけど、互いの体温は心地よく感じて。二人分の密やかな寝息は静かに重なっていった。) -- ソニア 2016-07-26 (火) 05:28:45
      • (起きた時。やっぱり乗っけて寝るのはちょっと無理があったよ…。とソニアはぼやく事になった) -- ソニア 2016-07-26 (火) 05:50:42
      • (今度は…こう、横から抱くように…抱きまくらみたいな形になりましょうか?と、提案と心配そうにしていたとか)) -- アリー 2016-07-27 (水) 04:11:49
  • そうか、貴様はあの乳がただデカいだけの鍛えることしか知らぬ仙人のイェチンの元に弟子入りしておったのか。
    (夜闇に紛れて館の窓際に霞の如く現れる。黒衣の童女である。食堂にて出会った少女のところを訪れた。イェチンへの悪口を散々述べながら。)
    ……武術や拳法をやるようには見えんな。(アリーの姿をまじまじと見る。) -- 2016-07-26 (火) 06:55:31
    • は、はい…っあれで、遊び心とかもいっぱいある方だとは思いますよ。…初めて訪ねた時に、ちょっとすごい格好もしてらっしゃいましたし
      (一方でこちらも黒衣の少女で、窓を開けて)とりあえず中、入られますか…?
      …まだ弟子の末席に加えて頂いて日が浅いですから、ね…えっと…お名前をお伺いしても良いでしょうか…?(ジロジロと見られながら、アリーとお呼びいただければと)
      -- アリー 2016-07-27 (水) 04:16:20
      • フン! 奴の遊び心など逍遥子たる我には遥かに及ばん!
        (窓が開けられると、遠慮無く中に入り、アリーをまた眺めていく。)
        我は邪仙。イェチンを潰すためにこの街にやってきたのだ。名を冲玄という。好きに呼んで良いが、まあ玄と呼べ。
        貴様がイェチンの弟子とあらば少し話が違ってくる。貴様はなぜ奴に弟子入りしておるのだ? -- 2016-07-27 (水) 19:42:18
      • ん、んん…?ちょっと意味は良く分かりませんけれど…遊びに長けてる、という意味でしょうか…?いわば、遊び人…?
        (首を傾げながら眺められていき、不思議そうにしていると)
        何だかよく分かりませんが…分かりました、よろしくお願いします玄さん。お二人はライバル関係なのでしょう、か…?
        と、質問される前に気になってしまったので…何故か、ですか…。
        l師匠の所に弟子入りした理由は、縁でしょうか。なぜ弟子入りしたのかは私が強くありたい…そういった理由ですね
        -- アリー 2016-07-27 (水) 20:05:49
      • 逍遥子というのは我の道号……つまりは道士としての号よ。既に仙人になってはおるがな。何事にもとらわれない自由な存在ということなのだ!
        ライバルゥ? たわけ、そんなものではない! 我と奴は敵同士なのだ! いずれ決着をつけるな! ライバルなどではないぞ、いいな!
        (そんな実際は仲が良さそうなものではないと強調する)
        ……縁? フン、東国の者のようなことを言うのだな。
        食堂の時に仙薬などに興味を示しておったからな、仙人にでもなりたいのかと思ったが。……そういえばなんで精液が飲みたいだの言っておったのだ、そういう趣味か?
        (特に躊躇するわけでもなく首をかしげて言う。) -- 2016-07-27 (水) 20:13:15
      • 何事にもとらわれない…?随分と修行とかそういうのをなさったのですね、玄さん。
        (きっと自分の想像も付かない程研鑽を重ねたのでしょうと)
        …ライバル関係ってそういう物ですよね…?いずれ決着をつける…宿敵?とかそういう…間違ってないのでは…?(首を傾げつつ)
        …何か変な事言ったでしょうか?その、いい言葉だと思ってます。縁。それで色んな出会いがあって、色んな出来事がありましたから
        身も心も強くなって何れはそうなりたいと思ってます。……しゅ、趣味ではありません!…その、最近は美味しく感じてきた事もありますけれど…
        …私、吸血鬼なんです。ですが…血が全くダメで、代わりに生命力の溢れる物として…せ、精液を…(と、顔を赤らめながら)
        -- アリー 2016-07-27 (水) 20:24:51
      • 修行? 修行などする必要はない。ただ、この世の理を「識れ」ば良いだけよ。
        そうすることにより、根源たる「道」と合一し、仙人となれるわけだ。我はそもそも修行ではなく、金丹を作り、それを服用して仙人になったのだがな。
        修行ばかりやり続けて仙人となったどこかの誰かとは違うわけだ、クハハハ!!
        ライバルなどという生ぬるい表現では足りぬ。奴と我はどちらかが滅ぶまで戦い続けなければならんのだ。
        (椅子を引っ張って勝手に座る。)
        ……ほう、やはり仙人になあ。(それを聞くと、目を光らせて邪悪に笑う。)
        なるほど、吸血鬼で血が吸えぬというのはかなり危機的な状況だと思うが……クク、それで精液か。おいしく感じてきたんだろう? 本当に食事のためだけか?
        ふむ……そうすると。もしやソニアの妹というのは、貴様のことか? -- 2016-07-27 (水) 21:51:48
      • この世の理を『識れ』ば…ですか。まずその段階が普通の私には難易度が高いのですが…
        …金丹と言うのも毒とかそういうのが大変だと聞いて…そもそも造り出すのが既に色々と一線を画している感ある様に感じるのですが…?
        …道は違えど現時点で到達点は似通った辺りに落ち着いた辺り実は気が合ったりするのでは無いですか…?いえ、私が勝手に考えて思ったままを口にしてるだけですけれど…
        …‥今の時代にちょっとおかしな事を言ってるとは思いますけれども、そう考えて行動してます。
        少なくとも記憶にある限りでは一度も血を口にした事は無いですね…
        (そうして問われる食事のためかという点に)…も、もちろん食事のためですっ!…ななわ…いえ、ろk……五分五分位…美味しく感じてきてたり、します…ね
        あ、おねえちゃんの事をご存知なのですか?はいっ私がソニアさんの妹で…実の妹ではないですけれど、そういう存在ですが…おねえちゃんのこと、ご存知なのですか?
        -- アリー 2016-07-27 (水) 22:00:58
      • 仙人とはそういうものだ。ただ、この世が万物斉同、絶対無差別であるということを識ればよいのだ。
        我はその上で、邪仙の道を選んだ。……ま、貴様も何れわかるだろう。吸血鬼なのだから、仙人にならずとも寿命はそれなりに長いのではないか?
        フン、奴と気が合うなどあるものか!! ええい、そんなことはいいのだ。我等は最終的に雌雄を決しなければならないのだ!
        ……ふうむ。なかなか奇妙な話だな。まあ、貴様が血が飲めないというのならそうであろうが……クク、本当かあ? 可愛い顔をしてなかなか見どころがありそうだな貴様は!
        (問いへの答えを聞いて口角を釣り上げて笑う。相手に顔を近づけて問いただすように。)
        ああ、知っておる。以前奴が我の住んでいる道観に来てな……その時に、我に尋ねてきたのだ。日の光に当っても大丈夫になるような術はないか、とな。
        恐らくあれは貴様のことだなと今わかったわけだ……たしかに仙人になれば、日光がどうとかを考える必要はなくなるだろうな。……ふむ、義兄弟みたいなものか。 //遅くなってすみません!! -- 2016-07-28 (木) 01:53:23
      • 特に選んだ理由は無いのですね…それはそうと随分と前から師匠のこと存じ上げている様な口ぶりですが。
        あ、ちなみに吸血鬼と言っても…これで別に特有の身体の強靭さと言った物も無ければ、目立った特殊な力もない…それどころか同年代の普通の人間の方と比べても見劣りする程度の体力しか無いですので…(寿命以外は取り柄が無いという事を説明しながら)
        …褒められて素直に喜ぶべきなのでしょうか…?(と、複雑そうにしながらも近づけられる顔、問いただされながら少し後ずさりをして)
        おねえちゃんがそんな風に…?(玄さんに聞かされた内容に驚いた様子で、嬉しく感じながら…なら尚更早くそうなりたいなとという思いも増してきて)
        …力不足自体も感じてるので、仙人を目指しているのはありますけれどね。…義兄弟、が一番近いですけれども…ちなみにおねえちゃんにはなんてお伝えしたのですか?//いえいえ、気になさらずです -- アリー 2016-07-28 (木) 02:10:08
      • まあ、奴が山にいた頃から因縁があるからな。何度か奴と戦って決着がつかなんだ。奴は仙人、我は邪仙。相容れるはずもないのだ。
        (実際は敗北したのだが、それを言おうとはしないのである。)
        なるほどな。吸血鬼といえど、何か力があるわけではない、と。
        それならば……フン、忌々しいが、イェチンのところで修行するというのも、ありではあるだろうな。
        金丹も、我のような天才が作ればほとんど問題はないが、一応今では毒とされているものも材料となる。貴様には少し合わんかもしれんな。
        クク……喜べ喜べ。我は邪仙故な、貴様のようないやらしい娘は好きだぞ。ああ、違ったな、食事のためだったか、クハハ。イェチンではできないであろう、我の方法で仙人になってみるか?
        (妖しく笑い、邪悪な瞳の輝きを見せる。)
        ん? ああ……奴の誤解を少し解いてやったわけだ。よく、吸血鬼は邪悪であるから日光に弱い、などというがそれは当たらん。
        別に貴様が邪悪なわけではないだろう? ならば、他に理由があるわけだ。日光に弱い理由がな。その原因をなんとかしてやればいい、と教えた。
        まあ、奴から貴様に話も行くだろうから、別に我が教えてやる必要もないが……たしかに、仙人になるというのはいい方法だと、最終的には伝えたな。 -- 2016-07-28 (木) 02:39:47
      • えっと…ざっくりといえば幼なじみ的な感じで…?反りが合わない割にはこう、別々の街や場所で暮らそうとはしないんですね…
        (ただこれ以上深く突っ込まないほうが良いかなという思いもありながら)
        金丹を使って仙人を目指す方法も示されましたけれど…体のほうが持たない可能性もあると言われたりしました、ね…。
        べ、別にいやらしい訳では…そうです、食事の為ですっ!…半分位は…(少なくとも半分は楽しんでいる自分が居るのは自覚している様で、その辺りが少々素直過ぎるきらいもあって)
        (そうして瞳の輝きを見せられながらの勧誘ではあるが)…今は、イェチン師匠に師事をしている身ですから、玄さんの好意はお気持ちだけ受け取っておきます…
        …最終的に、その道を薦めてくださったお優しい方と、その言葉を伝えてくれるであろう大事な方が居て
        …こんな私にご指導して下さる方も居らっしゃいます。なので…お気持ちだけ(微笑みながら頷いて)
        ……ちなみに玄さんの方法と言うのはどういう内容ですか?(そして気になったのか単純な好奇心から尋ねて)
        -- アリー 2016-07-28 (木) 02:52:20
      • クク、クハハ、まあそう言うだろうと思った。無理やり弟子を奪ったとなると奴が五月蝿いからな。我は人の師弟関係などどうでも良くはあるがな。
        暇つぶしに貴様に剣でも向けてやろうと思ったが、吸血鬼として何か力があるのでないのならばそれをしても仕方がない。
        (勧誘を断られても特に不快そうな様子は見せない。元々ちゃんと弟子を取る気はなさそうだ。)
        だが、仙人になろうというのは興味がある。貴様の事はこれからも見させてもらうぞ。
        吸血鬼から仙人になったやつなど今まで見たことがないからな! だがまあ気の長い話になるとは思うぞ。早々なれるものでもないからな。イェチンのお手並み拝見といくか。
        (今後アリーがどうなるのかが楽しみだという様子である。)
        ああ? 我の方法? それは大きくは二つだな。まずはさっき言ったように金丹などの薬による外丹法だな。まあ飲んですぐに仙人になるというのはよほど上等な仙丹だ。
        普通は潔斎などをしたりしつつ、一定の期間飲み続けねばならん。
        その次はな、房中術よ。ああ、イェチンのとはまた少し違うやつだ。房中術は体内の陰陽の気を外からも得ることによって、等しく保つもの。
        そしてやり方によっては、長生の道も開ける――まあ要するに、まぐわいだな。 -- 2016-07-28 (木) 03:08:33
      • 人との関係、縁と言うのはやはり大事な物…大事にしていきたい物ですから…後剣とか向けられても本当に困ってしまいます
        (困った様に笑いながら)
        …普通、それなりの力があって別の何かを目指そうとはしませんからね。そういう意味では私はまだ人寄りなのかもしれません…そうありたいと思っていてもこれから変わって行くのですけれど。何にせよ長いお話になりそうです
        …実は金丹も師匠から伝えられた方法ではあったのですが、人ではない分耐えられる可能性があるにしても…と、言われたりしましたね。急激な変化自体そうそう耐えられる身体とかありませんsに
        …師匠からも教わってます、その…手を握ったりとかの方法ではありますけれども…
        ……やっぱりそういう方向ですか…(顔を赤らめながら)ど、どちらにしてもそう言うのは協力して下さる方が居ないと実現不能ですし…(地道にやっていくしか無いですねと)
        -- アリー 2016-07-28 (木) 03:18:41
      • ま、貴様は地道に修業をするイェチンのやり方が合ってるんだろう。
        寿命も長いのだ。適当にやってればそのうち仙人になれるだろう。なにせあのイェチンが仙人になってるんだからな、クハハハ!
        フン、そりゃそうだろう。奴は未だ男を知らんからな。500年間だぞ? さすがの我もそれには驚きしかないわ。
        勿論イェチンのそれも房中術だ。まあ、我のはより直接的である、といったところだな。
        そう、そういう方向だ。クク、我が相手してやってもいいのだぞ。仙人にまで導かないとしても、長生の道ぐらいは授けてやれる。その代わり、我の好きなようにさせてもらうがな?
        (服の上から相手の下腹部に手を伸ばし、指でなでた。)
        まあ、貴様は精液しか飲めないんだろう? ならどのみちそういうことはしておるわけだ。何、吸血鬼の寿命も合わせて、かなりの長寿にはなっておろう。
        貴様の義姉も娼婦だと言っておったしな、貴様らは長生きするだろうよ。
        今日襲うのは勘弁しておいてやるが、何か邪悪なことをしたいと思うことがあれば我にいうが良い。手伝ってやるからな。クハハハ! -- 2016-07-28 (木) 03:35:01
      • 寿命が長いのは幸か不幸か…少なくとも今の私はまだ困ってませんから幸運と思っておきましょう。
        ……え?500年…500年、ですか…?え、イェチン師匠500年………そ、れは…(思わず何度も繰り返してしまう程驚いた様でそれ以上は何も言えない様子)
        直接的な…いえ、私にはちょっとまだ荷が勝ちすぎてます…その、経験が然程多くはないのですぐ気持ちよくなって気をやってしまったりするくらいです、から…(と、赤裸々に告白しながら)
        にゃ…っ!?(服の上から撫でられて思わず声を挙げてしまい、恥ずかしそうに俯きながら)
        …先程も行ったとおり経験はおねえちゃんに比べてまだ全然ですし…まだ快感に押し負けてる感はありますので…うう、ん…そんな単純な話で良いのでしょうか…?
        は、はあ…多分そう頼むことは無いかもしれませんけれど…覚えて起きます。襲われるのは…………い、いえ…何でも無いです(と、ごまかす様に首を振って)
        -- アリー 2016-07-28 (木) 03:45:35
      • あれだけデカい乳を持ってても男を知らんのだ。だからイェチンにそこら辺は優しくしてやってやれ。我は莫迦にするがな!
        クク、ククク……そんな反応をされてしまうとどうにも虐めたくなってしまうな。我は邪仙だぞ、あまり正直にしないほうがいいぞ? それを見てみたくなるだろうが。
        (赤裸々な告白を面白がるように聞く。
        ) ま、実際は単にまぐわっているだけでは長生の道には到達できんがな。それで上手くいけば世の中の人間の寿命はもっと長くなっておるはずよ。
        我は邪仙だ、邪悪なことであるならばいくらでも協力してやるが……貴様はどうにもそういう感じではないな。
        どうしたどうした? 嫌だと言わんのか? 本当に襲ってしまうぞ? 敢えてそういうふうにして誘っておるのか?
        (立ち上がって相手の耳元で囁いていく。邪悪なボイスだ!)
        ま、今日は遅いからな。貴様にとっては今が昼なのかもしれんが。貴様はなかなか特殊で面白い、気に入ったぞ、また来ることにしよう。
        せいぜい修行を頑張って、日中でも平気で出られるようになることだな――(そう言い残すと、いつの間にか姿は館の中から消えていた) -- 2016-07-28 (木) 04:09:37
      • (やっぱり玄さんは師匠のことを気にかけてるのでは…?と、優しく…と言った部分でそんな印象を受けつつもそれは口にしない)
        な…っ!?あ、ぅ…そんなに見せて良い物ではないので…出来れば見ないで欲しい所ですけれど…っ
        (と、顔を赤くしながら)
        ……やっぱりまぐわい方にも、そういう作法とかもあるのでしょうか…?あ、むしろしていたからこそあれ位生きられる…とか…?…流石に無いですね
        …人の迷惑になることとかはちょっと、尻込みをしてしまいます。吸血鬼なのにちょっとおかしいですよね…
        (どちらかと言えば、白とかが似合いそうな様子の少女…耳元で囁かれる邪悪なボイスに身体を震わせ)んぅ…そ、んなこと…はぁ…っ(無いと一概にも言い切れない現状、複雑そうな様子でうつむき気味に)
        ……な、何だかそういう風に気に入られても素直に喜べないのですが…っ!?
        ぅぅん…気づいたら居なくなってますし…やっぱり邪仙とは言え仙人に違いは無いですね…手も足も出ませんでした…(大多数の相手には事実その通りな少女。……手も足も出ない状態で…襲われたら…?と言った思考が脳裏を過ぎってブンブンと首を振り)
        …今日はもう休みましょう、考えたら…ドツボにハマってしまいそうですから(そう言いながら窓を締めてフラフラと自室へと戻っていくのだった)
        -- アリー 2016-07-28 (木) 04:25:58
  • さて、というわけで本格的な気孔の訓練を始めていこうと思うが、体調などはだいじょうか? -- イェチン 2016-07-27 (水) 21:41:57
    • は、はいっ大丈夫です 準備運動とかも済ませてあります
      …気功の訓練に必要かどうかはちょっと分からないですけれども(ジャージ姿で気合は十分という様子)
      -- アリートレーニング 2016-07-27 (水) 21:48:36
      • もちろん、体を鍛えることも大事だ、集中するのは意外と体力を使うしな。あと頭も使うので糖分もだいじ。私は仙人なのでいらんが。
        大事なことはリラックスすること、余計な事を考えないようにすることだ。おぬしも吸血鬼であれば多少なりとも魔力のことは知っているだろう?
        気孔と魔力はだいたい同じようなものだ。まずは自分の中に満ちるエネルギーを捉えることからはじまる。
        そこに座りなさい、楽な姿勢でいい。まずは呼吸、口から大きく吸い込み・・・ 30秒ほどかけてゆっくり吐き出しなさい -- イェチン 2016-07-27 (水) 21:59:20
      • 何かをするのに身体は資本なのは基本ですね…。
        ……それが、魔力回りの事はさっぱりで。ぼんやりと何かが感じられる位ですけれども
        …そのエネルギーを捉える、ですか。楽な姿勢で…‥
        (正座で座り込みながら…30秒、30秒と意識をしながら息を吸い始めて…ゆっくりと吐いていく…。…意識し過ぎてリラックスから少し外れ始めていたりしている様で)
        -- アリー 2016-07-27 (水) 22:17:47
      • (アリーの背後に周り、後ろから抱えるように腹の下あたりをぐっとおす) よいか、ここが丹田。ここに意識を集中しなさい。
        生き物の気がもっとも深くたまるところなのだ。ゆっくりでいい、ここに、お前の力が満ちていくのを想像しなさい。 -- イェチン 2016-07-27 (水) 22:40:49
      • ん…っ こ、ここにですか…?は、はい…っ!
        (回りこまれて押し込まれる指、お腹の下辺りを意識させられて…力が、何かが満ちていくのを想像し始め…位置的に少し想像するのが…これはダメです、そっちのイメージではないですと頭のなかで雑念を振り払おうとして)
        -- アリー 2016-07-27 (水) 23:08:29
      • これ、気が乱れているぞ!何を考えておる、ちゃんと集中せい!(かすかな心の乱れも、真面目モードの仙人には手に取るようにわかるのだ!) -- イェチン 2016-07-27 (水) 23:10:50
      • は、はいっ!お腹の中がたくさん満たされていくのを想像してました…っ!
        (もっとこう、内側から溜まっていく様にしながら…と心と思考を落ち着けて…少し落ち着いた辺りで、集中し始めた様で…意識が一本筋を通して…)
        -- アリー 2016-07-27 (水) 23:13:04
      • お腹すいてるのか?食事の時間は後であげるから今は集中しなさい。
        うまくすれば -- イェチン 2016-07-27 (水) 23:27:45
      • うまくすれば、日の光に怯えることも、いちいち食事に難儀することもなくなるかもしれんぞ。
        さぁ集中しなさい。腹のなかに、力の輪が回るのを、頭から丹田へ、螺旋を描き気が流れていくのを。 -- イェチン 2016-07-27 (水) 23:29:26
      • …お腹の下に満ちていくと聞いて、ちょっとだけ…いやらしい想像をしてました(素直である)
        (そんな素直さからか、言われたとおりのイメージが…すんなりと受け入れられていき…描かれる螺旋、身体の丹田を中心に体中を巡る様子が感じられて…
        -- アリー 2016-07-27 (水) 23:33:28
      • いやらしい?……やれやれ、そういうのは押し込めておきなさい。どうだ、なにか見えてきたか?
        頭頂から丹田へといたる気の道、 これはあらゆる生物に普遍のエネルギーであり、螺旋を描いてまわる。これをクンダリニと呼ぶのだ。
        これを意識し、より強くイメージしていくのは初めの一歩。まずはここからだ。 -- イェチン 2016-07-27 (水) 23:56:42
      • は、はいっ 押し込みました、今全部押し込みました…っ
        …なんとなく見えて来ましたけれど、これが…誰にでも存在している…強くイメージしていくのですね。
        ……頭と、お腹の下をこう…ぐるぐると回ってるのが感じられるのですが…危なくないですか?
        -- アリー 2016-07-28 (木) 00:12:54
      • 危なくなどあるものか、それはお前の力だアリー、お前自身の、いきる力よ。それを常に意識していなさい。
        次の段階ではそれを[回す]ことを学ぶ。だがいまはまぁここまでだな。 -- イェチン 2016-07-28 (木) 00:20:08
      • これを常に…ですか。ん…難しいですけれど…これからも頑張って行きますね。
        ん…(目を閉じて、改めて意識をする様にしながら…落ち着いた様子でうなずいてから)えと…これを常に意識し続けてれば良いのです、ね…?分かりましたっ
        -- アリー 2016-07-28 (木) 00:35:04
      • それができたら今度は気を一時的に高める訓練、そして気を臓腑へとおくる訓練、そして… コホン、いわゆる房中術を行う。
        他人から気を分け与えてもらうというものだな。これはお前の鍛錬のきもとなる部分であろうと思う、 -- イェチン 2016-07-28 (木) 00:41:08
      • 気を高めたり送ったり集中させたりと…なんとなくで意識は出来てますけれど、中々に骨が折れそうですが…やりがいがあります、ね
        …ぼーちゅーじゅつ…です、か(少し緊張した面持ちで座り直して言葉に耳を傾けて聴いて)…それで、その…具体的にそれはどんな事を…?
        -- アリー 2016-07-28 (木) 00:51:43
      • 具体的説明は難しいが… こう、お互いの力の輪を繋いで回し合うようなイメージか。陰陽の和合の姿であり、非常に強力な方法である。
        たがいに体をふれあい、もっとも強く気を感じれるように集中して高めあう・・・ まぁお前のほうが詳しいだろうが、性的な活動を伴う場合もある -- イェチン 2016-07-28 (木) 01:06:33
      • もっと言えば手を繋いで気をお互いの身体を循環させる様な…?もっと違う形もありそうですけれども…
        …く、詳しい訳では無いですけれど…経験は、その…無くは無い、です…(性的なと、と言われて気まずそうにして)
        -- アリー 2016-07-28 (木) 01:09:24
      • まぁ手を繋いだり、抱き合ったりな、なるべく肌が触れる方が効率はよくなるのだ…… で、男女で究極的に肌が触れ合う方法とはな、つまりそういう事だ。
        一応言っておくが私が教えるのは別に健全な方法だからな?変に心配しなくていいからな! -- イェチン 2016-07-28 (木) 01:26:48
      • …男女でなくても肌が触れ合う様な事ってできるものですけれど。えっと…い、今は関係ないですね
        で、ではお願いします…ちなみにその方法、その…究極的なの…師匠を介さずに自主的に覚えられたりしますか…?
        -- アリー 2016-07-28 (木) 01:35:11
      • 基本は別に同じであるからな。基礎さえつかめばそこはどうとでもなる。もちろん相手が同性でもな。
        ええい、そこは自分で考えろ!私は知らん! -- イェチン 2016-07-28 (木) 01:38:22
      • 自分で察して行動しろ…と、何だか途端に修行っぽくなってきました…っ
        わ、私、頑張ります…!(と、気合十分な様子だがどこか危なっかしくも見えて)
        -- アリー 2016-07-28 (木) 01:42:03

Last-modified: 2016-07-30 Sat 03:52:08 JST (2008d)